Top PC周辺機器 比較2022' 新型!東プレキーボード63機の性能とおすすめ・選び方:日本語 Real Force R3 (1-2)

2022年09月06日

比較2022' 新型!東プレキーボード63機の性能とおすすめ・選び方:日本語 Real Force R3 (1-2)

1回目記事からの続きです→こちら

今回の結論
東プレReal Forceのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、東プレの日本語キーボードを比較してきました。

 最後に、いつものように、Atlasのオススメ機種を、最後に提案しておきます。


 第1に、家庭用・仕事用として高級キーボードを初めて購入される人には、

 202204301749.jpg

 【2021年発売】

 【変加重】【APC】【静音】【BT接続】

 1・東プレ REALFORCE R3 R3HA22【白】
 2・東プレ REALFORCE R3 R3HA12黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209061002.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【変加重】【APC】【静音】

 3・東プレ REALFORCE R3S R3SA12【黒/金】
  ¥23,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 R3シリーズの変加重モデルでしょう。

 色以外、Bluetoothの要不要で選んでください。

 本編で書いたように、Bluetoothは信頼性が完全ではないので、直販限定のスリム型で良いと思います。

 ただ、Bluetoothモデルは、USB接続おできるため「試して後悔」した場合、取り返しは付くでしょう。

201802151826.jpg

 キーの重さは、変加重のモデルです。

 「正確性」の部分では、キーの重さが関係するため、【ALL45g】でも問題ありません。

 しかし、重く感じる小指操作の部分について軽いキーを採用する【変加重】は、長時間のタイピングにおける「疲れにくさ」も併せ持っています。

 銀行業務などに数十年使われている信頼性がありますし、最初に買う1台としては、これが向きます。

ーー

 202204301751.jpg

 【2022年登場】

 【変加重】【APC】【静音】【BT接続】

 4・東プレ REALFORCE R3 R3HC22【白】
 5・東プレ REALFORCE R3 R3HC12【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209060946.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【変加重】【APC】【静音】

 6・東プレ REALFORCE R3S R3SC12【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 もちろん、机が狭いなどの事情や、テンキーを使う可能性が全くない場合は、同じ仕様の【変加重】の省スペース型でOKです。

 これは、テンキー付もそうですが、Bluetooth付より、筐体が少し「スリム」です。


 第2に、仕事用ほか、ゲーム用として考えていてる方で、誤入力を少なくしたいと考えている方にオススメの東プレキーボードは、

 202204301749.jpg

 【2021年発売】

 【ALL45g】【APC】【BT接続】

 22・東プレ REALFORCE R3 R3HA41白】
 23・東プレ REALFORCE R3 R3HA31
黒/金】
  ¥31,240 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209061053.jpg

 【ALL45g】【APC】

 28・東プレ REALFORCE R3S R3SA41【白】
 29・東プレ REALFORCE R3S R3SA31【黒/金】
  ¥21,340 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★☆
打鍵の正確さ ★★★★★★★
静音性    ★★★★☆
総合評価   ★★★★★★

 この場合、ALL45gが良いでしょう。

 Bluetoothの有無は、本機の場合も必要に応じてで良いかと思います。

 202204301327.jpg

 キーの重さは、45gです。

 この部分で「最もしっかりとした打ち味」製品です。

 入力ミスに注意が必要な仕事用にはこちらが向きます。

 キーも過度に重いわけではないので、たいていの方は重さの違いを感じずになじみます

 静音キーは、不採用です。

 ただ、Atlasも両方使っています。 

 とくに静音性に気をつける必要がない環境ならば、やはり「音で打鍵を確認できる」従来のキーの方が、入力ミスは減ると思います。

 東プレも(どうやら)このタイプの従来キーは(まだ)生産するようですし、以前とは、おすすめを少し考え直しました。

ーーー

 202204301751.jpg

 【2021年登場】

 【ALL45g】【APC】【BT接続】

 33・東プレ REALFORCE R3 R3HC41【白】
 34・東プレ REALFORCE R3 R3HC31【黒/金】
  ¥31,240 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

  202209061124.jpg  

 【ALL45g】【APC】

 39・東プレ REALFORCE R3 R3SC41【白】
 40・東プレ REALFORCE R3 R3SC31【黒/金】
  ¥20,900 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★☆
打鍵の正確さ ★★★★★★★
静音性    ★★★★☆
総合評価   ★★★★★★

 省スペースならば、非静音モデルはこちらになります。


 第3に、職場や深夜の書斎など、静音性をあるていど重視しないといけない環境で、打鍵の正確性を重視する場合に選びたい製品は、

 202209061215.jpg

 【2021年発売】

 【ALL45g】【APC】【静音】【BT接続】

 20・東プレ REALFORCE R3 R3HA21【白】
 21・東プレ REALFORCE R3 R3HA11【黒/墨消】
  ¥34,980 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209061053.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【ALL45g】【APC】【静音】

 26・東プレ REALFORCE R3S R3SA21【白】
 27・東プレ REALFORCE R3S R3SA11【黒/金】
  ¥(21,340) Amazon.co.jp
(9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★☆
打鍵の正確さ ★★★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 ALL45gの以上の静音モデルをオススメします。

  202204301809.jpg

 ただ、Bluetoothモデルについては、黒モデルが「墨消し刻印」です。

 完璧にブラインドタッチできる方でも、あまり使わない記号の配置は覚えていないものですし、個人的にはそのモデルを除いて「おすすめ」とします。

 先述のように、最初買われる場合は、冒頭におすすめにした「変加重」の静音モデルで良いと思います。

 ただ、打鍵の正確性をより重視したい場合、こちらを選ぶ意義はあるかと思います。

ーー

 202209061216.jpg

 【2021年発売】

 【ALL45g】【APC】【静音】【BT接続】

 31・東プレ REALFORCE R3 R3HC21【白】
 32・東プレ REALFORCE R3 R3HC11【黒/墨消】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209061124.jpg  

 【2022年発売】【直販限定】

 【ALL45g】【APC】【静音】

 37・東プレ REALFORCE R3 R3SC21【白】
 38・東プレ REALFORCE R3 R3SC11【黒/金】
  ¥23,100 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★☆
打鍵の正確さ ★★★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★★
 

 テンキー不要で構わない場合は、こちらを選んでください。

 こちらについても、Bluetoothの黒モデルは、キーが「墨消し」しかないので、注意してください。


 第3に、できるだけ手の疲れない日本語キーボードを探している方は、

 202204301749.jpg

 【2021年登場】

 【軽め30g】【APC】【静音】【BT接続】

 10・東プレ REALFORCE R3 R3HA23【白】
 11・東プレ REALFORCE R3 R3HA13
【黒/金】
  ¥34,980 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209061002.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【軽め30g】【APC】【静音】

 12・東プレ REALFORCE R3S R3SA13黒/金】
  ¥23,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 押し心地のこちらの機種をオススメします。

 Bluetoothの有無は、こちらの場合も、必要に応じてでOKです。

 繰り返しになりますが、Bluetoothで試してみて通信環境に問題があっても、ハイブリッド仕様なので、USBでもつながります。

 キーの重さ【ALL30g】でもっとも軽いですから。

 これで疲れるようならば、「病院に行くしかない」という意味での「最終兵器」と言えます。

 ただ、先述のように「変加重」でも、この部分に十分配慮がありますので、最初に買うならば、そちらでしょう。

----

 202204301751.jpg

 【2021年登場】

 【軽め30g】【APC】【静音】【BT接続】

 15・東プレ REALFORCE R3 R3HC23【白】
 16・東プレ REALFORCE R3 R3HC13【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 202209060946.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【軽め30g】【APC】【静音】

 17・東プレ REALFORCE R3S R3SC13 【黒/金】
  ¥23,100 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

キーの軽さ  ★★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 こちらについても、省スペース型でもOKです。

補足:キーボード関連記事の紹介!

 というわけで、今回は、東プレのUSBキーボードについてお送りしました。

 201806021509.jpg

1・東プレキーボード
2・マジェスタッチ2キーボード
3・Bluetooth無線キーボード
4・Mac配列のキーボード
5・プログラマー向けのHHKB

6・おすすめ高級キーボードの選び方【結論】

 なお、このブログには、他メーカーの高級キーボードと比較して考える記事もあります。

 全体の「結論編」ともなるので、ぜひご覧ください。

---

 また、最後になりましたが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:46 | Comment(0) | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png