Top 映像機器 比較2020’ 海外で日本のTVを見る!ロケフリ9機のおすすめ・選び方

2020年04月29日

比較2020’ 海外で日本のTVを見る!ロケフリ9機のおすすめ・選び方

【今回レビューする内容】2020年 ロケーションフリープレーヤーの選び方・使い方:海外で日本のテレビを遠隔視聴する方法:海外でスカパープレミアムを見る方法:地上波・CS・BS対応:設置法:長期の海外留学時・海外赴任時のハングアップ フリーズの対処法 実家の地元地方局のTVを見る方法

【今回比較する製品】 SONY nasne ナスネ トルネ 1TBモデル CUHJ-15004 Sling Media Slingbox M1SMSBM1H121 SMSBM1H111 I-O DATA Rec-ON HVTR-BCTX3 テレキング GV-NTX2 GV-NTX1A

今回のお題
海外などから日本のテレビ番組を視聴するために必要な機器や、設置法は? 

 どもAtlasです。

 今日は、2020年4月現在、最新の「ロケフリ(ロケーションフリープレーヤー)を紹介します。

 ロケフリとは、インターネット回線を利用して、自宅外から日本の自宅のTVを遠隔視聴できる家電のことです。

 201802061604.jpg

 留学生海外赴任の方のほか、国内の出張先などから、「日本の法律に適った形」で、地上波、BS・CS・スカパープレミアムなどの番組全てを見たい方に向けての記事です。

 Atlasも海外にいる際はユーザーだったので、その際考えた、フリーズやハングアップ対策についても説明します。

1・現在のロケフリを巡る状況について

 はじめに、ロケーションフリープレーヤーの「現在」について触れておきたいと思います。

1・ロケフリ対応ブルーレイレコーダー

 201805251532.jpg

 【チューナー数:3】

 1・Panasonic DMR-BRT530
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【チューナー数:2】

 2・SONY BDZ-FW500
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【チューナー数:6】【全録対応】

 3・Panasonic DMR-BRX2050
  ¥69,800 Amazon.co.jp
(4/29執筆時)

 【チューナー数:7】【全録対応】

 4・東芝 REGZAサーバー DBR-M2008
  ¥71,600 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 あまり知られていませんが、最近のブルーレイレコーダーは、単体で「ロケフリ」的な機能があります。

 2015年以降、放送業界の規約が変わり、普通のブルーレイレコーダーから、自宅外転送(スマホ・タブレット)に対応する機種が普通となっています。

 初心者にはこれがもっとも手軽な方法です。

2・ブルーレイレコーダーの欠点

 ただし、ブルーレイレコーダーを利用する方法は、次のような弱点があります。

  201809190750.jpg

1・BS放送・CS放送が一部視聴できない

 第1に、業界規約などの関係で、ロケフリできるのは、地上波デジタル放送と一部のBS/CSに限られる点です。

---

 201809190751.jpg

2・スカパープレミアム!が見れない

 第2に、別にチューナーが必要なスカパープレミアムが視聴できない点です。

----

 201809190753.jpg

3・海外からアクセスの問題

 第3に、海外からのアクセスです。

 原理的には各社のブルーレイとも、スマホ(タブレット)アプリでの視聴「可能」です。

 パナソニック(どこでもディーガ)は、現地の法規的に受信が認められない地域がある旨の注意があります。

 ソニー(Video & TV SideView)・シャープ・東芝はそのような記述は見られないものの、常識的に、やはり、その部分は注意するべきでしょう。

----

  201809190753.jpg

4・90日後の再認証なしでは見れない

 第4に、スマホ(タブレット)とブルーレイレコーダーを90日以内に「自宅で」再度ペアリングさせないと使えなくなる点です。

 そのため、仮に海外法規的にOKでも、長期の海外赴任などでの利用は困難です。

---

 結論的にいえば、ブルーレイレコーダーは、国内出張ならまだ良いですが、海外では基本的に運用が困難ということになります。。

3・ブルーレイレコーダーが向く

 201805251534.jpg

 とはいえ、仮に、上記の4つの制限が問題にならず、ブルーレイの買い換えも考えられるならば、最新のブルーレイレコーダーを導入するのが現在的には最も簡単で手軽です。

 国内での単身赴任の場合、また、海外赴任でも、「90日以内」ならば、以外と手軽に「ロケフリ」視聴可能です。

 202004291417.jpg

 長期赴任でも(かなり面倒ですが)、例えば、専用のタブレットを複数用意し、都度、実家に送り返すならば可能でしょう。

 201908051357.jpg

おすすめブルーレイレコーダー 【結論】

 なお、対応機種は、かなりの数がある状況です。

 詳しくは、このブログにおいて【人気ブルーレイレコーダー全機種の比較】をした、上記の記事をご覧ください。

----

 一方、これら4つの制限が問題となる場合もあるでしょう。その場合には、「ロケーションフリープレーヤー」の出番となります。

 このほかにも、「高画質で転送ができる点」、「新規にブルーレイレコーダーを買うよりも安価な点」などでもこちらに優位性があると言えます。

 以下、具体的に紹介していきます。

2・ロケフリ本体の比較

  201907132004.jpg

 5・SONY nasne 1TBモデル CUHJ-15004
  ¥31,980 Amazon.co.jp
(4/29執筆時)

 ロケーションフリープレーヤーとして、日本で最も有名だったのは、ソニーNasne(ナスネ)です。

 ソニーは、(世界中で)ロケフリ機を作っていたので、その技術の一部が、Nasne製造に活かされた形です。

 ただ、惜しくも、2019年で生産終了になりました。アプリ更新も漸次停止されるでしょうし、本体価格も2倍程度まで上がりました。

---

 結論的にいえば、この方法は「ないもの」と考えて、現状では、別の方法を取るべきです。


 201905081254.jpg

 【3チューナー機】

 6・I-O DATA Rec-ON HVTR-BCTX3
  ¥19,900 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【2チューナー機】(在庫限り)

 7・I-O DATA テレキング GV-NTX2
  ¥16,000 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【1チューナー機】

 8・I-O DATA テレキング GV-NTX1A
  ¥14,980 楽天市場 (4/29執筆時)

 国内メーカーのアイオーデータの「テレキング」は、同社が「海外でも使えると宣伝」してきた製品です。

 201905081300.jpg

 本機は、ブルーレイが付属しないTVチューナーです。

 3波対応(地上波・BS・CS)です。

 202004291440.jpg

 REC-ON App
   ¥0 iTunes (2/27執筆時)

 REC-ON App
  ¥0 Google Play

 本機は、スマホ・タブレット用のアプリが用意されるほか、「テレプレ(テレキングプレイ) 」という、Windows用の視聴アプリに対応します。

 202004291441.jpg

 テレプレを利用する場合、PCでも、それを出力したTVでも、海外から視聴が可能です。

 201809190753.jpg

4・90日後の再認証なしでは見れない

 一方、本機もあくまでチューナー機器なので、各社のブルーレイと同様に外出先から見たい場合、90日認証の問題があります。

 202004291455.jpg

 ただし、「迂回手段」があります。

 本機は、【NASの比較記事】で紹介した、同社のネットワークHDD(RECBOX HVL-DR2.0 HVL-DR3.0 HVL-DR4.0)に、録画した映像をリモート転送できます。

 202004291440.jpg

 そして、RECBOXも、上記アプリで操作できるので、海外で、PCやスマホ・タブレットからの視聴に対応できます。

 202004291447.jpg

 その場合、録画番組の視聴については、(チューナー内蔵形ではないので)90日認証問題からフリーです。

 ただし、注意があります。

 201910131250.jpg

 【2019年】

 ・IODATA RECBOX HVL-AAS2 【2TB】
   ¥18,500 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 ・IODATA RECBOX HVL-AAS3 【3TB】
  ¥19,545 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 ・IODATA RECBOX HVL-AAS4 【4TB】
  ¥23,345 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 同社のRECBOXは、2019年に新機種に更新されました。

 その際、外出先からのアクセスを可能にする機能(DTCP-IP+規格)が省略になりました。

 メーカーサイトで、こうした情報を2年も更新しないのは不親切に思えますが、とにかく、注意が必要です。

---

 結論的にいえば、「テレキング」も、現在では、ブルーレイと同じく90日認証の問題があります。

 別の方法を選ぶべきです。

1・スマホ用のTVチューナーの比較記事
2・家庭用のNASの比較記事

 なお、これらの機種の他社版については、以上の記事でも紹介しました。

 ただ、類似の他社製品でも、DTCP-IP+規格が省略になっている点に注意してください。


  201907132006.jpg

 【HDMIセット SMSBM1H121】

 9・Sling Media Slingbox M1
   ¥52,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 アメリカのスリングメディア社Slingbox M1は、ロケーションフリープレーヤーの草分けです。

 201809190753.jpg

4・90日後の再認証なしでは見れない

 本機の場合、先ほど説明した、90日認証の問題からフリーです。

 この機器が問題にされないのは、後ほど詳しく書くように、ハードディスクやTVチューナーを搭載しない単なる「転送システム」だからです。

 基本的な仕組みは、ご自宅のブルーレイレコーダなどから、放送中の番組や録画した番組を、インターネット装置に配信するという、ものです。

 正規代理店は、日本ではイーフロンティアという会社です。

 たまに、格安の並行輸入品があります。しかし、日本のPSEマークを取っておらず、電気安全法上問題があります。また、日本語でのサポート・保証を受けられません

 なお、Amazonで売っている商品はイーフロンティアを通したものですので、正規品です。

 201506301611.jpg  

 本体の設置は、ブルーレイレコーダーとテレビの中間に、この製品に付属するHDMIコンバーターを介在させる方法をとなります。

 そのほか、スカパープレミアムチューナーを設置したい場合も、同じように接続するのが基本です。

 なお、上図の家「コンポーネントケーブル」は、本体に付属します。

 201711201403.jpg

 ネットワークへの接続は、本体後部にある、有線LANコネクターかWi-Fiを利用します。それを、ご家庭のルーターに接続してネットに「飛ばす」、というのが、基本的な設置法です。

 201904111903.jpg

 スリングボックスの画質は、「高画質」な、フルハイビジョン画像で転送できます。

 これは、ブルーレイレコーダーの転送機能を利用する場合より、高画質です。

 設置側の回線は、この画質を楽しむためには、ADSL、できれば光回線が合った方が有利でしょう。

 スマホならば、4K(LTE)回線が利用できれば十分です。

3・スリングボックスの操作

 201907132006.jpg

 スリングボックスは、TVチューナーを内蔵しません

 生放送を見る場合も、ブルーレイレコーダーなどに搭載されるチューナーを利用します。

 そのため、同機はレコーダーなどのリモコン操作ができる仕組みを持ちます。

 201506301639.jpg

 本体の付属品は、図のような「赤外線リモコンケーブル」が1本です。

 これを、ブルーレイレコーダーや、スカパープレミアムチューナーの赤外線受信部(リモコン信号を受け取る部分)に、シールで貼り付けます。

 そうすれば、スリングボックスが発信したリモコン信号で、ブルーレイレコーダーが操作できます。

 結果、遠隔地からブルーレイレコーダーのチャンネルを変えたり、録画操作ができるわけです。

 201506301709.jpg

 実際の操作は、遠隔地に設置したパソコンやスマホブラウザに現れる「仮想的なリモコン」を操作する方式です。

 これにより、ユーザーは、自宅のブルーレイレコーダーなどのチャンネル操作や録画操作が可能です。

 ソフト設定は、非常にオーソドックスで簡単なもので、ネットワークの知識が無くても、手順に沿うだけで簡単に進めることができます。

4・受信側の設定方法

 スリングボックスは、Windows系Mac系パソコンや、Android系iOS系スマホタブレットに転送できます。


 201506301708.jpg

 第1に、パソコンで見たい場合です。

 インターネットブラウザを経由して、Slingboxの専用ホームページにアクセスして視聴します。MacでもWindowsでも可能です。

 感覚的には、You tubeを見る感覚で、フルスクリーン表示にもできます。なお、映像上のリモコンを操作すると、送信地にあるHDDレコーダーを操作可能です。

 etypistfafsargae-7.png

 第2iPhoneandroidで見る場合です。

 タブレットでも、スマホでも対応できますが、専用アプリが必要です。

 201212122044.jpg

 SlingPlayer Mobile for iPhone(iPhone専用)
 ¥1,840 iTunes

 iPhone用が以上のものになります。上のようなアイコンを使いながら操作します。

 mzl.qinizanz.480x480-75.jpeg

 SlingPlayer Mobile for iPad(iPad専用)
 ¥1,840 iTunes

 一方、こちらはiPad専用アプリです。

 解像度がiPadに最適化されています。iPadの画面サイズならばフルHDがかなり綺麗に見えます。

 201612011829.jpg  

 SlingPlayer Mobile for Phones
  ¥1,840 Google Play

 SlingPlayer Mobile of Tablets
  ¥1,840
Google Play 

 Android系の場合は、こちらのアプリ(アプリ内課金方式)になります。

5・フリーズ・ハングアップへの対策

 201907132006.jpg

 スリングボックスは、長期間海外赴任をする人に売れている機種です。

 Atlasも海外赴任時にはお世話になりました。

 201809190759.jpg

 スカパーオンデマンドが、海外から使えないので、(当時)日本のサッカーを見るためにどうしても必要でした。

 なぜなら、スカパーオンデマンドは、利用時にサービスの居住地判定がなされていたからです。

 正確に言えば、有料の日本のVPNサービスを契約して、IPアドレスを迂回させれば使うことも(原理的には)「可能」です。

 一方、スリングボックスはこうした制限がなく使えますし、画質も良いです。

 ただ、問題点もありました。

 それは、夏の時期、自宅のスリングボックスがハングアップ(フリーズ)したことです。数ヶ月に一度ありました。

 Atlasの場合は、家人や知人にお願いして、電源を抜き差ししてもらいました。しかし、単身者はそう簡単にはいかないでしょう。

 201510062006.jpg

 簡単デジタルタイマー PT70DW
  1,551 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 一方、帰国した今考えると、デジタルタイマーがハングアップ対策に有効かもしれません。

 なぜなら、デジタルタイマーを購入し、1週間に1度ほど(ないし1日一度ほど)、電源をオンオフするように設定しておけば、スリングボックスの電源を定期的に入れ直すことができるからです。

 また、長期間留守にする場合、ルーター(終端装置)もたまにフリーズし、再起動が必要な場合がありますので、同様の方法を取ると良いです。

 これは、自宅にサーバーを設置したり、自宅のPCにアクセスするような環境にある海外赴任者にもオススメの方法です。

 なお、スリングボックス自体に電源スイッチはなく、電源ケーブルを差すだけで起動できるため、この手法が使えます。もちろん、設定した時間になるまでハングアップは続くわけですが。


 202004291523.jpg

 Belkin WeMo
  ¥5,280 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 そこで、より高度に対応したい場合は、Wi-Fi対応のインサイトスイッチを購入する方法が考えられます。

 こちらはスマホやタブレットで、外出先から電源の入切を設定できるタップになります。

 スリングボックスが起動しなくなったら、即座に電源を入れ直すことができます。ただ、Wi-Fiに依存する機器なので、ルーターのトラブルには無力です。

 もし、使うならば、デジタルタイマーとの併用が良いでしょう。

今回の結論
海外などで日本のテレビ番組を視聴するためにおすすめの製品はこちら!

 というわけで、今回はロケーションフリープレーヤーについて解説しました。

 最後に必要な機器について改めてまとめておきたいと思います。


 第1に、長期の海外出張や留学で、PCやスマートフォンなどで安定的に見たいと考えている場合は、

  201907132006.jpg

 【HDMIセット SMSBM1H121】

 9・Sling Media Slingbox M1
   ¥52,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 現状では、Slingbox M1が実際的に唯一の選択肢でしょう。

 「90日問題」に完全な意味でフリーな製品が他になくなってしまいましたから。

 セットアップに迷った場合も、Slingboxならば、日本語でサポートを受けられます。 ただし、設置は手順にそってやっていくだけで本当に簡単なので、まず相談する必要もないと思います。


 第2に、90日以内の海外出張や、短期留学の場合で、スマホで放映中のTV番組・録画番組をみたい方は、

  201805251532.jpg

 【チューナー数:3】

 1・Panasonic DMR-BRT530
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【チューナー数:2】

 2・SONY BDZ-FW500
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 【チューナー数:6】【全録対応】

 3・Panasonic DMR-BRX2050
  ¥69,800 Amazon.co.jp
(4/29執筆時)

 【チューナー数:7】【全録対応】

 4・東芝 REGZAサーバー DBR-M2008
  ¥71,600 Amazon.co.jp (4/29執筆時)

 短期間で、かつ、スマホ・タブレットで見れれば良いという方は、「90日後の自宅でのペアリング」の問題が発生しません

 202004291417.jpg

 スマホやタブレットでの視聴で構わないならば、ブルーレイレコーダーに内蔵される「ロケフリ機能」を利用するのが良いでしょう。

 海外から利用する場合も、90日以内ならば問題なくアクセスできます。 無論、海外だけでなく、日本でもこの方法は可能です。

  201908051357.jpg

おすすめブルーレイレコーダー 【結論】

 なお、対応機種は、上記の4種類以外にも、かなりの数がある状況です。

 詳しくは、このブログにおいて人気ブルーレイレコーダーの比較をした、上記の記事をご覧ください。

 201810022039.jpg

1・Androidタブレットの比較
2・iPadの比較

 また、この方法だとPCベースでは見れませんが、タブレットならばそこそこのサイズで見れるでしょう。

 格安品などをお探しの方は、以上の記事をご覧ください。

 201804051657.jpg

 一方、滞在先で、PC・スマホなどからテレビに画像を飛ばしたい(=ミラーリング)かたについては【セットトップボックスの比較記事】で、そういったことができる製品を紹介しています。

ーーー

 というわけで、今回は、ロケーションフリープレーヤーの紹介でした。

 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:32 | 映像機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png