Top 研究道具(ソフトウェア) 比較2022' Mac用ブルーレイ書込ソフトの性能とおすすめ【iMac, Macbook pro, Macbook Air, iMac, Mac mini】

2022年10月20日

比較2022' Mac用ブルーレイ書込ソフトの性能とおすすめ【iMac, Macbook pro, Macbook Air, iMac, Mac mini】

【今回レビューする製品】2022年 Mac OS対応のBlu-rayライティングソフトの比較:コーレル Toast 20 Pro Toast 20 Titanium toast 19 18 17 16との違い・ブルーレイ対応版・ Leawo Blu-ray Creator・Quick Blurry-Creator 64bit対応のMac用書込ソフト

今回のお題
Macで使えるBlu-ray書き込みソフトはどのように選ぶべき?

 どもAtlasです。  

 今回は、2022年10月現在、最新のMac OSX対応のライティングソフトを比較します。

 201906281419.jpg

 (ソフトを購入しなくても)OSXの標準搭載の「ライティング機能」だけで、「できること」「できないこと」を紹介したあと、有償アプリを購入する意味について解説していきます。

ーーー

1・Mac用外付DVDドライブの比較
2・Mac用ブルーレイドライブの比較
3・Mac用ブルーレイ視聴ソフトの比較
4・Mac用ブルーレイ書込ソフトの比較

 なお、今回の記事は、このブログモノマニアのドライブ関係比較記事の4回目記事として書いています。

1・Macでブルーレイの書込はできるか?

 201805230836.jpg

 皆さんご存じでしょうが、新製品のMacbookiMacは、「オールインワン型」が用意されないので、DVDドライブ・ブルーレイドライブともに付属しません

  201711011023.jpg

 【中古】

 ・Apple USB DVDスーパードライブ
   ¥3,278〜 楽天市場 (10/20執筆時)

 一方、Appleは、ドライブが必要な方向けに、純正のDVDドライブを別売していますが、純正のブルーレイドライブの販売はありません

 201805231211.jpg

 しかし、【Mac向けのブルーレイドライブの比較記事】で紹介したように、サードパーティ製のブルーレイドライブを購入すれば、MacでBlu-rayの書込は可能です。

2・MacでのBDライティングの方法


 201906281433.jpg

 Macの場合、(有料ソフトを買わずとも)OSXに搭載されるDVDの書き込み機能ブルーレイにも対応します。

 Appleは非公認で、Mac専門誌でも書いていないこともありますが、「事実上可能」という状況が10年近く続いています。

  201805230852.jpg

 書込み方法は、とても簡単です。

 ブルーレイドライブ接続し、ドライブにDVDを挿入すると、デスクトップにドライブのアイコンが出ます。そこに、焼き付けたいファイルをドロップするだけです。

 【ディスクを作成】を選べば、焼き付けが始まります。これは、OSX10.6以上ならば、どの機種も対応します。

ーーー

1・BD-R XLの利用(100GB/128GB)
2・Windowsとの互換ディスクの作成
3・BDレコーダー対応ディスクの作成

 ただし、【ディスクを作成】では、50GBを超えるディスクに対応できないなど、上表のような「不可能なこと」が、主に3点あります。

 こうした部分を「回避」したい場合、今回紹介する市販の書込ソフトの出番となります。

---

 結論的に言えば、大容量メディアを焼き付けたい場合ほか、仕事や趣味などでMac以外でも再生したい場合、書込みソフトを購入することが検討対象になります。

3・Mac用のブルーレイ書込ソフトの比較

 201603151037.jpg

  Leawo Blu-ray Creator
  ¥4,100 APP STORE
(10/20執筆時)

 App Storeで、いくつか書込ソフトが売られています。

 202008291450.jpg

 例えば、Leawo Blu-ray Creatorです。Leawo中国深圳の会社で、DVD/Blu-ray関係のソフトをいくつか出しています。

 AppleのAPP Store認証基準を通っているので、その点安心でした。こちらは、ブルーレイの書込が一通り可能です。また、相当程度の編集も可能な多機能ソフトでもあります。

 ただし、 AppStore版は現在更新がなく、Blu-ray CreatorOSXの10.10までの対応です。また、BD-XL(50GB)までの対応です。

 同社の公式サイト では、最新のOSXに対応する「Leawo Blu-ray作成(Mac版)」の販売があります。

 そちらの場合は、有償ライセンス(PC1台)で7,410円(1年間版は4,935円)となります(2022年7月調査時)。


  202203311548.jpg

 【2021年】

 コーレル Toast 20 Pro ブルーレイ対応
  ¥17,380 ソースネクスト直販 (10/20執筆時)

 コーレル Toast 20 Pro ブルーレイ対応
  ¥8,980 Amazon.co.jp (10/20執筆時)

 パッケージ製品版もある製品として、「Macでのブルーレイ書込」を正式にサポートするのは、ソースネクストが取り扱う「コーレル Toast」です。

 現在のところ、唯一の選択肢と言えます。

 202012041023.jpg

 最新版は、2021年登場の「Toast 20 Pro」です。

 毎年1バージョン上がりますが、今年は、UIの使い勝手に関するマイナーな改良だけでした。

 202012041027.jpg

 実際のところ、書込に関わる部分の性能は、2019年登場のToast18 Proから過去2年、大きな変更はないです。

 もちろん、UI(インターフェース)が改良され、使いやすさは少しずつ向上しています。

 202210201201.jpg

 なお、2020年以降登場の、M1プロセッサ搭載のMacについても、公式的に「対応」と書いたのは、「Toast 20 Pro」からです。

 ただ、実際的には、旧バージョン(「Toast 19 Pro」)でも使えました。

 仕組み上、それ以前のバージョン(17以降)なら行けるでしょうが、メーカーが対応明記しない以上、19を含めて「自己責任」です。OS対応も同様です。

 202001061653.jpg

 もう少し振り返れば、近年の大きな変更は、2018年登場のToast 17 Proの時でした。

 Toast 16 Proと比較した場合、64bitアプリとなったという大きな変化がありました。

 2019年秋登場のMac OS 10.15からは、32bitアプリのフォローが終わっています。

 そのため、本ソフトをお持ちの方でも、Toast 16 Pro以前のバージョンを利用中の方は、買い換えが必要です。

 201603151044.jpg

 書込み方法は、簡単です。

 起動して、DVDの場合と同じに焼き付けられます。

 多少高いですが、このソフトは、「Mac系のメディア総合管理ソフト」のようなもので、書込以外の面でも「多機能」です。

 例えば、壊れたCDなどの修復(データの拾い出し)や、デスクトップに表示した映像の録画、インターネット上のストリーミング画像の自動キャプチャビデオの編集などの機能を持ちます。

 そのほかにも、YouTubeやFaceBookへの投稿や、iPadやスマホに最適化されたサイズへの変換など、メディアにまつわる多くのことができるソフトです。

 ビデオカメラで撮ったHD画質のビデオをそのままブルーレイに焼き付けることもできます。


202104141415.jpg

 対応するメディアは、BD-R XLについては、100GB・128GBまでです。

 その上で、Windows系やブルーレイレコーダーとの互換性を持たせたままの保存に対応します。

 201903301810.jpg

 できないのは、ブルーレイの再生くらいでしょう。

 これだけは、別記事で紹介した、ブルーレイの再生ソフトが必要です。

ーーー

 202203311545.jpg

 【2021年】ブルーレイ非対応

 コーレル Toast 20 Titanium
  ¥7,980 ソースネクスト直販 (10/20執筆時)

 コーレル Toast 20 Titanium
   ¥7,980 Amazon.co.jp (10/20執筆時)

 なお、下位版に「Toast 19 Titanium」もあります。

 しかし、こちらの場合、ブルーレイ用プラグインが有料で別途(2,160円)となります。

1・テンプレート集
2・圧縮ツール (win zip)
3・写真編集ツール

 合わせて考えると、PRO版との価格差もないですし、Pro版は上表のような「おまけ」も付くので、単品で買う場合は、素直に「コーレル Toast 19 Pro」を選ぶとよいでしょう。

2・Toastを安く手に入れる方法

 ご覧のように、Toastは、かなり高いソフトです。

 202101162000.jpg

 ただ、ここ5年ほど、一部の「Mac対応」を謳った、ブルーレイドライブにToastの製品版の利用権が付属し、セットで1万円代前半で購入できるようになりました。

 とくに、Toastが添付された製品が出回ってきました。

 基本的に、Toastが毎年秋冬に登場したあと、だいたい半年遅れで最新バージョンが添付された製品が登場します。

 ただ、先ほども書いたように、Toast 17以降は、マイナーチェンジです。

 「64 ビットでリライト」もされているので、基本的に問題はないです。

  201809170821.jpg

 【2022年モデル】(toast20付属)

 【ダイレクト販売版】

 12・Logitec LBDW-PUH6U3CMSV
  ¥16,480 Amazon.co.jp (10/20執筆時)

 【通常版】

 12・Logitec LBD-PVE6U3CMSV
  ¥16,215 楽天市場 (10/20執筆時)

書込ソフト:Toast 20 Titanium +BD

 【2021年モデル】(toast19付属)

 【通常版】

 13・Logitec LBD-PVD6UCMSV
  ¥12,855 楽天市場 (10/20執筆時)

書込ソフト:Toast 19 Titanium +BD

読込速度:6倍速 (BD-R)
書込速度:6倍速 (BD-R)
対応メディア:CD DVD BD BD-R XL
USB規格:USB 3.0
ケーブル:USB-A USB-C
エラー防止:
重さ:230グラム

2・Mac用ブルーレイドライブの比較

 現状で、購入に障害がなくなっているため、ドライブ付きで安く購入したい場合は、このブログのドライブを比較した関連記事こちら)で、対象製品をご確認ください。

 先述のように、書込部分の機能は変わらないので、Toast 19搭載の旧バージョン2021年旧モデルが、現在的にお買得です。

 ただ、先述のように、M1 Macと最新OSへの(公式の)対応はToast 20以降です。ユーザーレビューを見る限りおそらく大丈夫ですが、未保証ですので、万一のリスクだけは考えてください。

 この製品以外にもいくつか選択肢がありますので、関連記事こちら)で詳しく紹介しました。

今回の結論!
Macで使えるBlu-rayライティングソフトはこれがおすすめ!

 というわけで、今回は、Macで使えるブルーレイ書込ソフトを紹介しました。


  202203311548.jpg

 【2021年】

 コーレル Toast 20 Pro ブルーレイ対応
  ¥17,380 ソースネクスト直販 (10/20執筆時)

 コーレル Toast 20 Pro ブルーレイ対応
  ¥8,980 Amazon.co.jp (10/20執筆時)

 結論的に言えば、(単品で買う場合は)現在のところ、単品でおすすめできる書込ソフトは、コーレルのToast 20 Proということになります。

 売価は、アマゾンが現在は安いのですが、ソースネクストのほうは、たまにセールの場合があります。

  201809170821.jpg

 【2022年モデル】(toast20付属)

 【ダイレクト販売版】

 12・Logitec LBDW-PUH6U3CMSV
  ¥16,480 Amazon.co.jp (10/20執筆時)

 【通常版】

 12・Logitec LBD-PVE6U3CMSV
  ¥16,215 楽天市場 (10/20執筆時)

書込ソフト:Toast 20 Titanium +BD

 【2021年モデル】(toast19付属)

 【通常版】

 13・Logitec LBD-PVD6UCMSV
  ¥12,855 楽天市場 (10/20執筆時)

書込ソフト:Toast 19 Titanium +BD

 ただし、先ほども書いたように、ドライブとのセット販売品もあります。

 正確には、下位版のToast 19 Titaniumに、BDプラグインが付属する形式ですが、ブルーレイ書き込みに関係する部分は同じです。

 そのため、必要ならば、ドライブ付きで入手するのも手でしょう。この部分は、関連記事こちら)で詳しく紹介しました。

補足:その他の周辺機器について

 というわけで、今回は、Mac用のライティングソフトの紹介でした。

 201711011213.jpg

1・Macbookの比較
2・iMacの比較
3・Mac miniの比較
4・Mac studioの比較

 なお、このブログには、Mac関連製品について、以上記事があります。

 一緒にMacの購入を検討している方は、ご覧ください。 

5・Mac向きディスプレイの比較
6・Mac向きキーボードの比較
7・Mac向きプリンターの比較
8・Mac用テレビチューナー
9・Mac用Office2021の比較

 また、Mac関連製品についても、以上のような記事もあります。これらの記事もよろしくお願いいたします。

 ---

 最後になりますが、今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 12:08 | 研究道具(ソフトウェア)

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png