Top 照明器具 比較2022' 目に優しいデスクライト67機の性能とおすすめ・選び方(1)

2022年10月13日

比較2022' 目に優しいデスクライト67機の性能とおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】2022年 LEDデスクライト・LEDデスクスタンドの性能とおすすめ・選び方:山田照明 Zライト パナソニック BenQ スワン:OLED有機ELデスクライト対応:PC向け 子供向け 学習机向けのデスクライト:Wクランプ式やデスクスタンド式の違いや人気ランキング:照度 演色値 調光調色 色偏差対応

【比較する製品一覧】山田照明 Z-LIGHT Z-10R Z-1000 Z-11R Z-S5000 Z-80N Z-81N N-1100 Z-S7000 Z-80PROII B Z-208PROB Z-209PROB Z-10D Z-S5000N パナソニック SQ-LC518 SQ-LC528 SQ-LC516 SQ-LD310 SQ-LD320 SQ-LD560 SQ-LD420 SQ-LC570-W SQ-LC570-K SQ-LC470-W SQ-LC470-K NEC HSD16022K-D12 HotaluX HSD16032K-D24 HSD16032W-D24

今回のお題
「目に優しい」LEDデスクライトのおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2022年10月現在、最新のLEDデスクライト・LEDデスクスタンドを比較します。

 人気の山田照明のZライトをはじめとして、格安製品から高級製品まで95機以上を紹介します。

  202007191406.jpg

 スワン電器やエコリカのOLED(有機ELデスクライト)や、ベンキューのBenQ WiT アイケアLED自然光デスクライトなど、珍しい製品を含めて、とくに「目に優しい」という観点を重要視して比較しました。

1・LEDデスクライトの比較 (1)【長形】
 1-1:山田照明〈日本〉
 1-2:パナソニック〈日本〉
 1-3:NEC(HotaluX)〈日本〉
2・LEDデスクライトの比較 (2)【長形】
 2-1:BenQ 〈台湾〉
 2-2:ジェントス〈日本〉
 2-3:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-4:ツインバード〈日本〉
 2-5:TaoTronics〈中国〉
 2-6:スワン〈日本〉
 2-7:エコリカ〈日本〉  
3・LEDデスクライトの比較 (3) 【丸形】
 3-1:ジェントス〈日本〉
 3-2:山田照明〈日本〉
 3-3:バイオライト〈日本〉
 3-4:ダイソン〈英国〉
 3-5:バルミューダ〈日本〉
4・LEDデスクライトの比較 (4)【まとめ】
 =最終的なおすすめ機種の提案

 ただし、紹介したい機種がかなり多いので、記事は、上記リンク集のように、全4回に分けています。 

 spdrias-3.jpg

照射範囲:広範囲
用途:机全体を照らしたい方

 今回は、1回目の記事です。

 机の上を広く明るく照らせる、仕事や勉強用のLEDデスクライトを紹介します。

 202007191401.jpg

照射範囲:手元中心
用途:デザイン性を重視したい方

 手元をスポット的に照らす、小型製品は、これらとは記事を分けています。

 例えば、ヤマギワ・バイオライトRebioや、バルミューダ・The Light L01A-BK、または、ダイソンのLightcycle Morphなどの有名製品も、そちらのカテゴリです。

 こうした製品をお探しの方は、恐れ入りますが、3回目の【丸形LEDデスクライトの比較記事】のほうをご覧ください。

 よろしくお願いします。

明るさ    ★★★★★
演色値の高さ ★★★★★
調光の柔軟さ ★★★★★
調色対応   ★★★★★
アームの品質 ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ製品!を提案していきます。

ーーー

1・LEDデスクライトの比較
2・シーリングライトの比較
3・LED電球の比較

 なお、今回の記事は、このブログ「家電批評モノマニア」の「目に優しい照明器具」の比較シリーズの1回目記事として書きました。

0・LEDデスクライトの選び方の基本

 具体的な機種を紹介する前に、「LEDデスクライト選び方の基本」について、あらかじめ紹介しておきます。

1・照度の高さ
2・演色値の高さ
3・多重影対策
4・調光機能の充実度
5・調色機能の充実度
6・アームの柔軟性

 「目に優しいLEDデスクライトを選びたい場合、上記の6つの要素に注意が必要です。

 これらを軽視すると「デザインはよい」が、「極端に見にくい」LEDライトを選んでしまう危険があります。

 以下、これらの点について順番に紹介しておきます。


 aofaigafg-17.jpg

 第1に、照度の高さです。

 照明器具の「明るさ」については、国内基準があります。

 具体的には「光源30センチで500ルクス・50センチで250ルクス」を満たす製品が、JIS規格のAA水準をクリアしており、デスクライトとして「最高水準」であるとみなされます。

 しかし、蛍光灯に比べ、この基準をクリアするLEDデスクライトは限られるため、注意が必要です。

ーーー

 201608021323.jpg 

 第2に、演色値の高さです。

 聞き慣れない言葉ですが、太陽の光をRa100として、どれだけそれに近いか、を表した値です。

 基本的に、この値が高いほど自然光に近く、「目に優しい」といえます。

ーーー

 201701211412.jpg

 第3に、多重影対策です。

 これは、LEDが超小型ランプを複数使う関係で、影が多重化してしまう現象です。従来、スリム蛍光管タイプのデスクライトに比べて、LEDのデメリットでした。

 しかし、これらについても、配置の工夫などから、問題が解消されたLEDランプが多く販売されてきました。そういったものを選ぶのが、重要となります。

ーーー

  201701211414.jpg

 第4に、調光機能の充実度です。

 「目に優しい」デスクライトを選ぶには、眩しすぎない明るさに調節できることがかなり重要です。

 その点で言えば、多段階調光や、無制限調光機能をもつ機種を選ぶ必要があります。

ーーー

 201701211406.jpg

 第5に、調色機能の充実度です。

 とくに、室内で利用する場合ですが、部屋のLEDシーリングライト などの室内照明と、デスクライトの色温度を合わせることが重要です。

 もちろん、勉強の時は文字がみやすい昼白色にしたり、間接照明的に電球色にするなどの使い分けにも便利でしょう。

 いずれにしても、色温度が調整できる(=調色ができる)点は、蛍光管に較べてLEDの良い部分です。

 202109111319.jpg

 なお、色温度について、1点だけ補足です。

 パナソニックが最近「色偏差」という概念を家庭用照明器具に持ち込んでいます。

 色温度(青〜赤の指数)に対して、「色偏差」は、から赤紫方向の指数です。

 同じ色温度でもメーカーで色が異なるのは、各社で色偏差の設定がことなるからです。

 パナソニックによると、デスクライトについては、「青白みを帯びた光」は、パソコンの視認にはあまり良くないとされます。実際そうでしょう。

ーーー

 201701211418.jpg

 第6に、アームの性能です。

 デスクで使う場合、基本的に広範囲に照らせる明るいライトをできるだけ上方から照らすのが良いといえます。

 そのためには、アームの長さや柔軟性が重要になります。

ーーーー

 というわけで、今回は、上のような基準に注意しながら、日本の高級照明器具のトップブランドである山田照明のZライトを含め、LEDデスクライトを比較します。

1-1・山田照明のZライトの比較

 202109111138.jpg

 はじめに、日本の山田照明のデスクライトです。

 山田照明は、1954年創業の高級照明器具メーカとして国内で有名です。

 東急ハンズなどの専門店でもよく見かけるブランドで、性能面で高品質と言えるモデルが多いです。

 同社のデスクライトとなるZライトシリーズは、照明デザイナーが手がけるモ看板デルで、そのデザイン性を含めて、「指名買い」をする人も多いと言えます。

 照明として必要なスペックを「省かず公開」してくれるので、他社モデルを含めて、「性能の比較」にはもってこいです。

ーーー

1:調色未対応のZライト
2:調色対応のZライト
3:高演色性のZライト

 同社のデスクライトはかなり種類があるので、以上のように(さらに)3カテゴリにわけて、 紹介するつもりです。

---

 また、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で記していきます。

1・調色未対応のZライト

 202105131320.jpg

 はじめに、山田照明のZライトのうち、調色に対応しないシンプルなタイプからです。

 (パナソニックなどの)LED照明で言うところの基本的に昼白色で固定され、白系の光の明るさを調光して使うタイプです。

 そのため、電球系の光は出せないのですが、多くの場合、実用上、問題はないです。


 202105131314.jpg

 【2019年発売】

 【クランプ式】

 1・山田照明 Z-LIGHT Z-10R
  ¥11,830 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 202109111234.jpg

 【2021年発売】

 【卓上ベース式】

 1・山田照明 Z-LIGHT Z-10D
  ¥13,355 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra90
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-10Rは、山田照明Zライトシリーズ入門機です。

 202004201507.jpg

 本体色は、三色です。

 ホワイト(Z-10RW)とブラック(Z-10RB)とシルバー(Z-10RSL)から選べます。

 202109111232.jpg

 また、本機については、スマホスタンド付きの卓上ベース式も追加で発売されました。

 こちらは、ベース一体型なので、机にクランプで設置は不可です。

 本体色は、ホワイト(Z-10DW)とブラック(Z-10DB)とシルバー(Z-10DSL)から選べます。 

 201509011757.jpg

 LEDの明るさは、記事冒頭で説明したJIS規格AA水準の明るさをクリアします。

 さらに、照明専門メーカーらしく、照度に関する細かいスペックデータも細かく公開されています。

 AA形基準は50cm離れた場所で、250Lxあればクリアですが、「それ以上に明るい」ことが示されます。

 白熱灯換算で150Wの明るさである点から、かなり優れていると言えるでしょう。

 202105131322.jpg

 色温度は、一方、5000K昼白色です。

 他社の場合、ケルビン値が昼光色文字くっきり)」にしている場合もあります。

 ただ、「目の優しさ」の部分で言えば、調色できないモデルの場合、昼白色のほうが「目には良い」と思います。

 ケルビン値がより高い昼光色のほうは「集中力を高める」とも言われますが、その分、長時間利用時には疲れにくいとも言えるので、一長一短はあります。

 長時間利用時には、とくにそのように思います。

 202004201514.jpg

 演色値は、Ra90です。

 冒頭で書いたように、太陽の光に近いほど数字が大きくなります。

 より高演色な専門機もありますが、Ra90は、この値段の機種としては優秀です。

 目にも良いですし、色を扱う作業にも向きます。

 明るさ調整は、こちらの場合、5%〜100%の間で無段階で調光できます。

 この点は、他社よりもかなり高性能です。細かく調整できるため、眩しすぎることはないでしょう。

 202004201517.jpg


 アームの使い勝手や品質は、Zライトの「売り」といえる部分です。

 Zライトの伝統的な形状で、稼働範囲が広く、動きも安定しています。

 デザインもシンプルで非常に良い感じです。

 なお、格安製品は、PCタイピングなどの振動で、アームが揺れるなど、ストレスを感じる製品もあります。

 蛍光管次代からのデスクライトの日本トップブランドとして40年以上の蓄積のある同社は、この部分の信頼性があるため、諸方面の「プロ」にも人気です。

 202004201728.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B17B ST
  ¥8,922 Amazon.co.jp  (10/13執筆時)

 なお、先ほどの卓上ベース付を除けば、同社の製品は基本クランプ式です。ねじ回しでデスクサイドに固定するのが標準です。

 ただ、デスクベースを追加購入すると、スタンドタイプとしても利用可能です。これは、同社の他機種も(ほぼ)同様です。

 201509011758.jpg

 寸法はこのような感じです。同社の製品としては格安ですが、背が高く、机の上を広範囲に照らせます

---

 以上、山田照明Z-10Rの紹介でした。

 JIS規格照度AA形の照度・演色値Ra90であるうえ、品質の良いアームを装備し、明るさ調整も細かくできる良い機種です。

 価格は高いですが、「目に優しい」という点を考慮にいれるならば、この価格が最低ラインといえます。LEDランプは寿命も長いですし、買って後悔しない機種でしょう。

----

 201801161403.jpg

 【2014年発売】

 2・山田照明 Z-LIGHT Z-1000-B
 2・山田照明 Z-LIGHT Z-1000-W
  ¥11,493 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra85
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:5000K(昼白色)

 なお、同社からは、格安の廉価版として、Z1000シリーズも出ています。

 201701211345.jpg

 ただ、 「JIS規格照度」ではA型相当に止まります。

 実際、同社の製品としては「暗い」ため、こちらは、あまりおすすめできません。


  201808161012.jpg

 【2019年発売】

 3・山田照明 Z-LIGHT Z-11R SL
  ¥11,840 楽天市場 (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra90
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:4000K(昼白色)

 Z11は、山田照明Z10シリーズの改良モデルです。

 201506042259.jpg

 LEDの照度は、Z10と同様に、JIS規格照度AA形の基準を満たしています。

 白熱灯150W相当とかなり優れている照度です。

201506042254.jpg

 一方、この機種の場合、色温度が珍しく4000Kという色温度です(図左)。

 通常の「昼白色」5000K(図右)に比べて、やや黄色がかった白色です。

 4000Kは、オフィスの長尺のLED天井照明と同色になります。この商品は、オフィス用として開発されたものです。

 ただ、自宅用のLEDシーリングライトとの相性を考えればZ10のほうが向いています

 アームの使い勝手や品質など、その他の部分は、Z10シリーズに準じます。

 詳しくは1つ上の記事をご覧ください。


 202109111226.jpg

 【2021年発売】

 4・山田照明 Z-LIGHT Z-S5000NB
 4・山田照明 Z-LIGHT Z-S5000NW
  ¥17,862 楽天市場 (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra90
多重影:対策あり
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-S5000Nは、山田照明Zライトシリーズの「大きめ」デスクライトです。

 202109111239.jpg

 傘の部分だけで60cmあり、新聞などの閲覧に便利です。

 蛍光灯時代にあったニッチなモデルがLEDデスクライトとして復活したものです。

 202109111240.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形の基準を満たしています

 読書に重要な30cm離れた場所の明るさは778ルクスと十分に明るいです。

 左右に離れた所も明るいので、ある程度遠いところから机全体を照らす用途に向きます。

 色温度は、こちらも、5000K昼白色です。

 室内の天井照明と調和が取りやすいでしょう。

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、本機もRa90です。

 明るさ調整は、こちらの場合、30%〜100%の間で無段階で調光できます。

 あまり暗くできないのは、そもそもの光量が大きいからですが、用途的に問題はありません。

 201801161319.jpg

 アームの使い勝手や品質は、この機種も高いです。

 特に、こちらについては、アーム部分のスプリングが露出しないスマートなデザインです。山田照明としては、比較的新しいデザインです。

 201808161011.jpg

 なおこちらの場合も、ベースを追加することが可能です。

 202109111242.jpg

 寸法はこのような感じです。可動域は十分広いです。

----

 以上、山田照明Z-S5000Nの紹介でした。

 おそらく、新聞を読むのを日課としているお年寄りには最適なモデルです。

 そのほか、デスク上で細かい作業を行う方などで、明るさを最重要視する場合は、とてもよい選択肢です。

ーーー

 201801161311.jpg

 【2015年発売】(在庫限り)

 5・山田照明 Z-LIGHT Z-S5000
  ¥19,893 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当(924Lx)
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

 なお、本機には、LED第一世代の旧機種が残ります。

 本体色は、ホワイト(Z-S5000W)ほか、ブラック(Z-S5000B)とシルバー(Z-S5000SL)です。

 201801161313.jpg

 シェードの形状は同じなのですが、本機の方が光源自体は明るく、読書に重要な30cm離れた場所の明るさは924ルクスでした。

 反面、演色値がRa80と低めです。

 実際、新聞などを読む際、照度が高めより、演色値が高い方が有利という点で言えば、素直に新機種を選ぶべきでしょう。アームの形状も少し新機種と変わっています。

2・調色対応のZライト

 202105131320.jpg

 続いて、山田照明のZライトのうち、調色に対応するタイプです。

 電球系の光も出せるので、「持ち帰り残業」などで、(健康などのため)夜に部屋の照明を「電球色」にしている場合、重宝しそうです。


 201801151220.jpg

 【人感センサー無】

 6・山田照明 Z-LIGHT Z-80NW
 6・山田照明 Z-LIGHT Z-80NB
  ¥19,090 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【人感センサー付】

 7・山田照明 Z-LIGHT Z-81NW
 7・山田照明 Z-LIGHT Z-81NB
  ¥18,500 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 無段階調整
調色:2700-4200K(電球色-昼白色)

 Z-80は、山田照明のLEDランプの中でも売れ筋な商品です。

 201808161020.jpg

 実はAtlasも愛用していたもので、非常によくできたデスクライトです。

 Z-81は、Z80の上位モデルにあたり、新機能として人感センサーが搭載されます。

 これは、設定しておけば、人がいなくなってから自動で5分後に消灯させる機能です。その他の仕様は、変更ありませんので、両方一緒に紹介します。

 201801151221.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形です。

 白熱灯150W相当の明るさで十分です。

 明るすぎず、暗すぎず、読書に適した明るさは300ルクスから750ルクスですから、照度は十分です。

 多重影対策はもちろんなされています。

 spdrias-3.jpg

 色温度は、本機は、細かい調整が効きます。

 電球色から、昼白色相当まで、2700K〜4200Kまでの無段階での調整ができます。

 蛍光灯の色で言えば、電球色と昼白色まで調光できることになります。

 演色値は、ただ、Ra80です。

 未開示の製品よりは良いでしょうが、太陽のような自然光には近い色ではありません。

 

 明るさ調整は、無段階調整が可能です。

 こちらは色温度が変更できるタイプなので、連動しながら照度が変更されます。

  

 アームの使い勝手や品質は、山田照明は、Zライト独自のシステムが使われるため、能力が高いです。

 aofaig-3.jpg

 浅原重明氏及び鴨志田厚子氏などの照明デザイナーがデザインしている山田照明のものらしく、洗練されています。

 スイッチは、傘の裏にあり、手元で操作できて便利です。

 なお、こちらもクランプ式で机に固定するタイプですが、別売りの台座Z-B13などを使えば、スタンドライトにもなります。

---

 以上、山田照明のZ-80Z-81の紹介でした。

 調色・調光とも無段階で、アームの剛性も十分で、読書に適した照度が出せる、万能型の製品です。

 演色値が低めの部分と、昼光色に対応できない部分はありますが、全体としてまとまっています。

 価格が値頃な、1万円前後のの調色対応モデルとして、Z-80はおすすめできます。


 201801161327.jpg

 8・山田照明 Z-LIGHT N-1100
  ¥10,636 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:3000K-6200K(電球色-昼光色)

 Z-N1100は、山田照明のLEDデスクライトでは、少し特殊な小型モデルです。

 201801161330.jpg

 本体色は、白(N-1100W)・黒(N-1100B)・ブラウン(N-1100BR)です。

 写真のように、シェード部が短く、20cmほどです。手元などを部分的に照らすタイプです。 

 201801161329.jpg

 LEDの照度は、一方、小型ゆえにJIS規格照度A型です。

 スリムタイプですから、仕方ない側面はありますが、目の疲れを考えると、やや不利と言えるでしょう。

201801161333.jpg

 色温度は、固定式で、3000k・4000k・5000K・6200Kに対応です。

 文字がくっきり見える、6200Kの昼光色に対応するのは、この機種の特長です。

 演色値は、Ra80です。

 明るさ調整は、30%〜100%の範囲で無段階調整が可能です。

 201801161335.jpg

 アームの使い勝手や品質は、スプリングが露出する伝統的なタイプです。

 価格的にもエントリーモデルですし、この部分は妥協するべき部分と言えます。

---

 以上、山田照明Z-N1100の紹介でした。

 「目に優しい」という観点では、こうしたスリムタイプはあまりおすすめできません

 ただ、十分明るい室内照明がある環境下で、ピンポイント的な作業に用いる場合は、格安で、昼光色まで発光できるこの機種は良いと思います。


 201801161340.jpg

 9・山田照明 Z-LIGHT Z-S7000W
 9・山田照明 Z-LIGHT Z-S7000SL    
  ¥19,652 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:2700K-6200K(電球色-昼光色)

  Z-S7000シリーズは、山田照明の調色対応のモダンデザインなデスクライトです。

 201801161346.jpg

 写真のように、アームの間接が1カ所で、スマートに見えるのが「売り」です。

 201801161344.jpg

 LEDの照度は、本機は、JIS規格照度AA形相当です。

 中心直下照度は1255ルクスとさほど高くないですが、本機は器具高が50cm(他機は40cm)で、その分不利です。

 一方、高所から照らすため、重要な30cm照度はさほど減衰せず、明るさの部分で及第点です。

 色温度は、2700K(電球色)〜6200K(昼光色)までの無段階調整ができます。

 明るさ調整も、30--100%の範囲で無段階で可能です。

 演色値は、Ra80です。

 太陽のような自然光には近い色ではありません.

 アームの使い勝手や品質は、ただし、間接が1カ所です。

 事務机のどこでも動かして使えるような利便性はありません

 201801161349.jpg

 寸法は以上の通りです。どちらかといえば、ノートPCむけのサイズです。

---

 以上、山田照明のZ-S7000シリーズの紹介でした。

 アームやセードのデザインは、たいへんオシャレです。

 ただ、今回最も重要視している「目への優しさ」という観点から言えば高く評価できないですが、デザイン重視で選ぶならばありでしょう。

 また、デスクトップPCというよりもノートパソコンを照らすならばこちらで良い気もします。

3・演色値が高いのZライト

 続いて、演色値の高いLEDデスクライトを紹介します。

 201608021323.jpg

 改めて言えば、演色値とは、太陽の光をRa100とみなし、その光にどれだけ近いかを表す数値です。

 従来、デスクライトは、「目の優しさ」において、照度(ルクス)が重要だと考えられていました。しかし、最近は、演色値も注目されています。

 通常のLEDデスクライトの場合Ra80台後半ほどですが、以下で紹介する機種は、演色値がそれより高く、「より自然で、目に優しい光」を得ることができます。


  201808161025.jpg

 10・山田照明 Z-LIGHT Z-80PROIIB
  ¥22,800 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-80PROIIは、山田照明のデスクライトでは、機能性の面で最上位モデルです。

 201801161354.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形相当です。

 白熱球で150W相当となりますし、問題ありません。

 201808161027.jpg

 演色値は、Ra97です。

 太陽の光に近い自然に近い色味を出すことができます。

 これは、「目に優しい」という利点があるほか、写真関係の仕事をする場合、色合わせがしやすいというメリットもあります。

 明るさ調整は、無段階で可能です。

 色温度は、その一方で、5000K(昼白色)に固定で、調色はできません

 演色値を最大限重視した製品なので、このあたりは仕方ないです。

 201801161355.jpg

 アームの使い勝手や品質は、本機、Zライトの多軸アーム採用します。

 もちろん、別売りの台座を買えば、スタンドライトとしても利用可能です。

---

 以上、Z-80 Proの紹介でした。

 「目に優しい」「目が疲れない」という点では、Ra指数は無視できません

 自然な色の再現性は、この部分でとても重要な要素ですから。

 調色できないのは残念な部分ですが、今回の「目に優しい」という基準からすれば、こちらの機種が良いと思います。


 201902141721.jpg

 【2018年発売】

  【昼白色 5000K】

 11・山田照明 Z-LIGHT Z-208PROB
  ¥19,500 楽天市場 (10/13執筆時)

  【昼光色 6500K】

 12・山田照明 Z-LIGHT Z-209PROB
  ¥19,868 楽天市場 (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準(1144Lx)
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:500k/ 6500K

 Z-209PROZ-208PROは、山田照明のデスクライトの多少特殊なプロ用モデルです。

 201902141737.jpg

 両モデルの違いは色温度です。

 Z-208PROは昼白色ですが、Z-209PROは、昼光色です。

 Z-80 Proは、昼白色でしたので、その部分が「合わない」と感じる方は、「文字くっきり」な、Z-209PROは、待ち望んだ製品となるかもしれません。

 201902141725.jpg

 LEDの照度は、どちらも同じです。

 JIS規格照度AA形の基準を満たしている機種で、中心直下で2240ルクス、30cm距離も1144ルクスすすから、ここまで見た中では最も明るいです。

 201902141730.jpg

 演色値は、この機種の場合も、Ra97となります。

 太陽の光に近い自然に近い色味を出すことができます。これは、「目に優しい」という利点があるほか、写真関係の仕事をする場合、色合わせがしやすいというメリットもあります。

 色温度は、Z-209PROが6500Kで、Z-208PROは、5000Kです。

 いずれも固定であり調色はできません

 201902141727.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらもZライトの多軸アーム採用します。

 もちろん、別売りの台座を買えば、スタンドライトとしても利用可能です。

 201902141728.jpg

 一方、シェードは下位機種に比べて10cm以上長い60cm(発光面積は54cm)あるため、机の上を照らせる面積だけで言えば、今回紹介し他機種の中では最高クラスです。

--

 以上、Z-209PROとZ-208PRの紹介でした。

 どちらかと言えば、この2機で迷うと言うよりも、下位機のZ-80 Proとどちらにしようか迷う機種です。Atlasとしては、基本的にはZ-80 Proで良いと思っています。

 ただ、机が広い場合、ないし、部屋の明かりが昼光色系で、統一をはかりたい場合、Z-209PROは選択肢となるでしょう。

 なお、シェードが長いZ-209タイプの山田照明のライトは昔から人気があります。ただ、不格好であるほか、たいていの場合はオーバーサイズであり、使わない状況でやや邪魔に感じるのも事実です。


 201902141751.jpg

  【昼光色】Z-208LEDSL

 13・山田照明 Z-LIGHT Z-208LED
  ¥14,479 楽天市場 (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準(1696Lx)
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:5000K(昼白色)

 Z-208LEDSLは、先ほど紹介したZ-209PROの改良型といえる製品です。

 201902141755.jpg

 LEDの照度は、本製品も JIS規格照度AA形の基準はもちろんクリアです。

 その上で、幅広のシェードを利用するため、直下で3242ルクスと、眩しいほどに明るい製品です。

 かなり広い机ででも、全体を明るく照らせます。

 演色値は、ただし、演色値はRa80と劣ります。

 色温度も、昼白色の5000Kのみのラインナップです。

 201902141727.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらもZライトの多軸アーム採用します。

 全体としてのサイズは、Z-209PROと同じです。光の性質(広がり)のみ異なると考えてください。

----

 以上、Z-208LEDの紹介でした。

 Z-209PROと同じ形状で、明るさだけのランキングならば、同社で最も良いです。ただ、今回の「目に優しい」という観点では、演色値の部分で微妙な位置づけと言えます。

1-2・パナソニックのLEDデスクライト

 201808240845.jpg

 つづいて、家電メーカーの製品を中心に、注目するべきデスクライトを紹介していきます。

 はじめに、パナソニックのLEDデスクライトです。ほぼ、全ての家電ジャンルを網羅している、日本屈指の総合家電メーカーです。


 202004201456.jpg

 【2018年】

 【通常型番】

 14・パナソニック SQ-LC518
  ¥7,415 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【特定量販店用型番】

 14・パナソニック SQ-LC528
  ¥7,300 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:6200K(昼光色)

 SQ-LCシリーズは、パナソニックLEDデスクライトです。

 複数の型番がありますが、これは、通常製品と、大型のデンキヤで型番2種類分けているからです。性能は同じです。

  202105131403.jpg

 本体色は、ブラック(SQ-LD517-K SQ-LD527-K)のほか、白系のグレイ(SQ-LD517-W SQ-LD527-W)も選択可能です。

 201804201042.jpg

 LEDの照度は、この機種も、AA形基準に適合します。

 そのため、新聞などの読書用として十分な水準です。

 色温度は、本機は調色はできないタイプで、固定です。

 ただ、文字がみやすい昼光色(文字くっきり光=6200K)です。

 202109111302.jpg

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra83です。

 この部分は、あまり重視していません。

 明るさ調整は、この機種は対応し、5段階調光に対応します。

 実用性として十分だと思います。

 202004201443.jpg

 アームの使い勝手や品質は、かなり自由度が高く高性能です。

 途中に間接がつくために、取り回しの自由度が高いからです。どちらかと言えば機能性重視ですが、デザインもスリムで良いです。

 なお、本機は、机が邪魔になりにくいクランプ固定式もあります。

 照度などは、スタンド式と同じです。パナソニックは、アームの稼働性もスタンド式と同じですので、好みに合わせて、どちらを選んで良いでしょう。

---

 以上、パナソニックSQ-LCシリーズの紹介でした。

 本機は、デザイン面がかなり良く、価格も安いためお買得感がある製品です。

 LEDの明るさも、AA形相当に対応する上で、「文字くっきり光」に対応するなど優秀です。

 Ra値は物足りないですが、スタンド式ではアームの稼働性が良く、フラットな状態で高所(机上40cm前後)に調整できるため、机全体を照らすという用途にも使えそうです。

 他社機もありますが、「目の優しさ」を考えるとこの程度のグレード以上が良いでしょう。

ーーー

  202004201456.jpg

 【2018年発売】

 【通常型番】

 15・パナソニック SQ-LC516-K
  ¥17,088 楽天市場 (10/13執筆時)

 【特定量販店用型番】

 15・パナソニック SQ-LC526-K
  ¥13,800 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:6200K(昼光色)

 なお、本機には、上位機として、以上の機種もあります。

 本体色は、黒色モデルほか、こちらも、グレイモデル(SQ-LD515-W SQ-LD525-W SQ-LC516-W SQ-LC526-W)がそれぞれ選べます。

  201804201038.jpg

 一方、下位機種と比較する場合、こちらだけ、スマホ充電用のUSB端子があります。

 写真はすでに廃止された台座式ですが、クランプ式の場合も同じです。

 ただ、2.5W(5V 0.5A)の端子なので、スマホの高速充電などは無理ですし、現在的に「陳腐化」しています。

 あまり実用性はないでしょう。

ーーー

 202007191123.jpg

 【2020年発売】

 【通常型番】

 16・パナソニック SQ-LD310-K
 16・パナソニック SQ-LD310-W
  ¥7,979 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【特定量販店用型番】

 17・パナソニック SQ-LD320-K
 17・パナソニック SQ-LD320-W
  ¥7,608 楽天市場 (10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:6200K(昼光色)

 また、パナソニックからは、自社のカタログに載らない2系統の「廉価版」があります。

 202007191128.jpg

 同じく、文字くっきり光(昼光色)を出せる製品ではありますが、照度がJIS A水準相当と落ちてしまいます。

 その代わり、収納性が良いのが「売り」ですが、今回の「目に優しい」という基準での比較では「選外」でしょう。 


  202109111310.jpg

 【2021年】

 【スタンド型】

 18・パナソニック SQ-LD560-W
 18・パナソニック SQ-LD560-K
  ¥15,840 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

  202203261159.jpg

 【クランプ型】

 19・パナソニック SQ-LC570-W
 19・パナソニック SQ-LC570-K
  ¥16,830 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 7段階
調色:6200K/5000K

 SQ-LDシリーズも、パナソニックLEDデスクライトです。

 本機は、卓上スタンド式クランプ式と、双方の展開があります。

 LEDの照度は、この機種も、AA形基準に適合します。

 202109111316.jpg

 色温度は、2段階ですが、昼光色(6200K)と、昼白色(5000K)に対応します。

 一方、読書によい昼光色の「文字くっきり光」と、新機軸となる、昼白色の「パソコンくっきり光」を搭載です。

 202109111319.jpg

 「パソコンくっきり光」は、他社にも見られた、5000K昼白色ですが、色偏差をDUB-4(マイナス4)にしています。

 色偏差は、パナソニックが最近強調してきた指数で、色温度(青〜赤の指数)ではなく、から赤紫方向の指数です。

 本機は、「パソコンくっきり光」を赤紫よりにすることで、光から青白い成分を減らし、画面のコントラスト(黒の締まり)を高めるという意図性があります。

 家庭用照明器具としては「新機軸」で面白みのある技術かと思います。

 202109111325.jpg

 視認性についても、第三者機関(北里大学)での実験も行われており、ある程度信頼して良い数値だと感じます。

 202109111313.jpg

 なお、PC照明については、ノートPCのパネル性能ほか、部屋の天井照明が、より重要な要素を持ちます。

 実際、パナソニックも、「周囲の明るさなど環境によって、効果を感じにくいこと」があると注意書きをしています。 

---

 結論的にいえば、基本的には、(家族が寝ているなどで)部屋の照明が明るくできない方に限って重宝しそうです。

 また27インチ前後の大画面モニターだと、やや配光範囲が足りないので、使うにしても小型モニターまでです。

 なお、【LEDシーリングライトの比較記事】で紹介したように、同じ色偏差・色温度が出せる製品が同社から登場しました。大画面の場合、これを買ったり、あるいは、これと合わせるならば、かなり良いように思えます。

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra83です。

 したがって、 「パソコンくっきり光」を含めて、高演色性のある機種とは言えず、そこは目的とはしません。

 明るさ調整は、この機種は対応し、7段階調光に対応します。

 202109111342.jpg

 アームの使い勝手や品質は、自由度が高く高性能です。

 USB端子は、ただ、2.5W(5V 0.5A)の端子なので、スマホの高速充電には対応できません。

 202203261202.jpg

 クランプ式の場合は、以上の可動範囲です。

 USB端子は、棒の部分の下部になります。

 操作パネルも、感覚的で使いやすそうです。

---

 以上、パナソニックSQ-LDシリーズの紹介でした。

 先述のように、(家族への配慮など)何らかの事情で部屋の天井照明を明るくできない方には、「文字くっきり光」や「パソコンくっきり光」の部分で、テレワーク時代に良い機種なのかと思います。

ーーーー

  202109111418.jpg

 【2021年】

 【スタンド型】(欠品中)

 20・パナソニック SQ-LD420-W
 20・パナソニック SQ-LD420-K
  ¥(15,800) Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【クランプ型】

 21・パナソニック SQ-LC470-W
 21・パナソニック SQ-LC470-K
  ¥12,870 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 7段階
調色:6200K/5000K

 なお、本機は、下位機種となる、 SQ-LD420が同時に発表されました。

 ただ、照度がJIS A水準相当と落ちます。

 そのほか、間接が2つとなり稼働性がやや悪い点USB端子が付かない点が相違点です。

 一方、本機のみ、50分後に照度を落とし、30秒後に消灯する休憩タイマー30秒後切タイマーが付属となります。

1-3・NECのデスクライトの比較

 202107261419.jpg

 続いて、NECのデスクライトです。

 2019年から照明部門が分社となり、社名がHotaluxになり、それ以降はその名前で出しています。

 展開数は少なめながら、人気モデルを抱えます。


 202004201351.jpg

 【2018年】

 22・NEC ブラック HSD16022K-D12
 22・NEC ブルー HSD16022L-D12
 22・NEC レッド HSD16022R-D12
  ¥4,491 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra80
多重影:
調光: 3段階
調色:6600K(昼光色)

 HSDシリーズは、NECLIFELED’Sシリーズのデスクライトです。

 201808161002.jpg

 LEDの照度は、「JIS規格照度」ではA型相当に止まります。

 色温度は、本機も調色はできないタイプです。

 ただ、パナソニックと同じで、6500Kと昼光色を採用しているため、文字の視認性は高い機種です。

 202004201357.jpg

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、ただし、Ra80となります。

 従来機より落ちましたが、おそらく、ブルーライト低減LED(Eye Protection LED)を採用したためでしょう。

 明るさ調整は、その一方で、3段階と弱いです。

 202004201359.jpg

 アームの使い勝手や品質は、フレキシブルアーム採用の機種です。

 あまり広範囲に照らせるわけではないため、本機も手元灯です。

---

 以上、NECHSDシリーズの紹介でした。

 「色温度」に注目し、昼光色を再現した点、眩しい系の光の場合に問題になる、ブルーライト問題にメスを入れた、面白い製品です。

 この色温度は、短時間ならば、新聞などの読書には向くので、(部屋の照明が十分な場所で)新聞などの手元の読書灯としてつかう場合に限定すれば、割とよさそうです。

 ただ、「目に優しい」という部分では、演色値がかなり低いのはネックでしょう。

ーーー

 202210131242.jpg

 【2022年】

 22'・NEC Hotalux HSD16022K-D12
 22'・NEC HotaluX HSD16032W-D24
  ¥4,491 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra80
多重影:
調光: 3段階
調色:6500K(昼光色)

 なお、同社からは、2022年の本機の「機能強化版」として、以上の機種が出ています。

 202210131247.jpg

 照明スペックは(ほぼ)同じです。

 しかし、ブルーライトの波長(380〜500nm)のうち、目の負担が大きい短波長域(415〜455nm)を70%低減した製品という触れ込みです。500nmあたりにピークを置くので「ブルーライト」はでているのですが、調整自体の意味はありそうです。

 一方、「メラトミン(睡眠ホルモン)の分泌を抑制する波長のLED採用」で、利用中の眠気覚まし(集中力向上)効果も謳っています。

 この部分が気になります。

 照明器具ならば、どれでも昼光色でブルーライトが多く出ていて、対策をせずとも、メラトミンも抑制(=眠くなくなる)され「眠くなりにくい」と言えます。

 スマホでは、むしろ、そこが「副作用」として問題視(=体内バランスが崩れて、眠れなくなる)され、暖色系の「睡眠モード」ができています。

 本機が、普通の昼光色のデスクライトより「メラトニン分泌がさらに抑制」されるLEDならば、「目」ではなく体調のほうに問題がでないのか、少し心配です。

 とくに、子供にも推奨している製品ですので。

 202210131306.jpg

 集中力向上についての試験は第三者(山形大学工学部)です。しかし、母数の表示もない利用者のアンケート試験で、実際的に効果は分かりません。

 そもそも「見つめる」ことを要するPCモニター・TVならともかく、天井照明やデスクライトで、ブルーライト問題に「触る」のは意味がない気がします。

 本機の場合、Ra80と演色性が低いのと、JIS照度AA水準が出せない部分が問題であり、そもそも「目に良いとは言えない」です。

 ちなみに、このブログには【PCモニターの比較記事】もあります。PCモニターの場合、ブルーライトカットすると色味がズレて、かえって疲れる場合が多いです。

 ブルーライトはいじらずに、フリッカー(ちらつき)対策があり、照度をしっかり落とせるモニターを選ぶことを、Atlasは「おすすめ」しています。

次回につづく!
目に優しいLEDデスクライトのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、LEDデスクライトをレビューしてきました。

 記事は、もう少し続きます。

  202105131458.jpg

2・LEDデスクライトの比較 (2)【長形】
 2-1:BenQ 〈台湾〉
 2-2:ジェントス〈日本〉
 2-3:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-4:ツインバード〈日本〉
 2-5:TaoTronics〈中国〉
 2-6:スワン〈日本〉
 2-7:エコリカ〈日本〉   
3・LEDデスクライトの比較 (3) 【丸形】
 3-1:ジェントス〈日本〉
 3-2:山田照明〈日本〉
 3-3:バイオライト〈日本〉
 3-4:ダイソン〈英国〉
 3-5:バルミューダ〈日本〉
4・LEDデスクライトの比較 (4)【まとめ】
 =最終的なおすすめ機種の提案

明るさ    ★★★★★
演色値の高さ ★★★★★
調光の柔軟さ ★★★★★
調色対応   ★★★★★
アームの品質 ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 続く2回目記事こちら)では、前半で紹介できなかった製品を紹介します。

 その上で、4回目の結論編(こちら)でここまで紹介してきた全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきたいと思います。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

posted by Atlas at 14:08 | 照明器具

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png