Top PC周辺機器 比較2022' 新型!東プレキーボード63機の性能とおすすめ・選び方:日本語 Real Force R3 (1-1)

2022年09月06日

比較2022' 新型!東プレキーボード63機の性能とおすすめ・選び方:日本語 Real Force R3 (1-1)

【今回レビューする内容】2022年 打ち味爽快!東プレのリアルフォース R3キーボードの性能とおすすめ・選び方:省スペース・フルサイズ・静音タイプ・静電容量無接点方式 JIS配列【Topre・PHU・アーキサイト】人気高級キーボードの機種の違いや口コミランキング R2 R3

【比較する製品型番】東プレ REALFORCE R3 R3HA22 R3HA12 R3HC22 R3HC12 R3HA23 R3HA13 R3HC23 R3HC13 R3HA21 R3HA11 R3HA41 3HA31 R3HC21 R3HC11 R3HC41 R3HC31 R2A-JP4G-BK R2TLA-JP4G-BK R3UA21 R3UA11 R3UC21 R3UC11  REALFORCE R3S R3SA12 R3SC12 R3SA13 R3SC13 R3SA21 R3SA11 R3SA41 R3SA31 R3SC21 R3SC41 R3SC31

今回のお題
東プレのRealForceキーボードのおすすめモデルはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2022年9月現在、最新の東プレのリアルフォースキーボードを比較します。

 PFUによる別注モデルを含めて、現在手に入る製品は全機を比較しました。

 201802152030.jpg

 AtlasはReal Forceを大学院時代に初めて利用してから、最新機のR3まで20年以上、総計、20台以上は利用してきました。

 今回はこれまでのな経験を「まとめ」つつ、選び方について解説します。

 201904152005.jpg

1・東プレ日本語キーボードの比較
2・東プレ英語キーボードの比較
3・Mac配列キーボードの比較

 最初に、一点だけ、お願いです。

 東プレはかなりの数のキーボードがあります。そのため、今回(1回目記事)日本語配列のWindows向けのみの紹介です。

 英語配列(US配列)とMac配列でお探しの方は「2回目記事」以降での扱いとなります。

 共通の「選び方の基本」は今回の記事の冒頭で書きます。しかし、各機の細かい説明は、2回目記事以降に書いている点をご了承ください(リンクは後ほど再掲します)。

 よろしくお願いします。

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各機種を個別に比較していきます。

 そして、最後に「結論」では、上表のような観点から、目的別・価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・他社の高級キーボードとの違い

 201806021012.jpg

 はじめに、東プレのRealForceシリーズは、他社の高級キーボードと比べて「何が優れるのか?」という部分を解説しておきます。

 いわゆる「高級キーボード」としては、ほか、FILCOのマジェスタッチや、ロジクールのCRAFTなど、新興のライバル機も多いからです。

 東プレには、「ライバル機が敵わない特許技術」があるので、他機に追い越されることもなく、「打ち味の爽快感」では水をあけていると言えます。

ーー

 一方、他社と比べた場合の「東プレキーボードの良いところ」は、次の4点にまとめることができます。

1・キー入力の正確性・確実性

 201802151729.jpg

 第1に、入力の正確性です。 

 一般的なキーボードは、メンブレン式という仕組みが使われることが多いです。

 201709021109.jpg

 「メンブレン式は、キーごとに個別スイッチがない構造です。

 そのため、上下二枚のシートが接触することでキーが反応する仕組みです。しかし、反発構造がないために、正確さを求められる数字の入力などには不向きです。

 201802151717.jpg  

 メカニカル式は、しかし、キーごとに個別のスイッチがあります。

 そのため、入力の正確さを確保できます。メカニカル式は、マジェスタッチシリーズなど、他社からも発売されています。しかし、東プレの場合は、技術体型がそれらとは異なります。

 なぜなら、東プレの場合、内部に大きめの円錐スプリングを採用するからです。

 そのため、適度な反発力を確保し、安定して心地よい打ち心地を可能にしています。多少、「変な打鍵」をしても、素直にキーが返ってきます。

 加えて、東プレの場合は、複数キー同時押しでも押した順に反応する構造(Nキーロールオーバー)で、キーの二重入力も防げる構造(チャタリングフリー)なので、誤動作も少なく入力は快適です。

2・キーの耐久性の高さ

 201802151739.jpg

 第2に、キーの耐久性が高い点です。

 通常のキーボードの場合、メカニカル式でもメンブレン式でも機械的接点があります。そのため、物理的な摩耗によるスイッチが劣化しやすいという、デメリットがあります。

 201802151718.jpg

 一方、東プレは「静電容量無接点方式」という方式を取ります。これは、機械的接点が不要なため、キーの耐久性が極めて高いと言えます。

 東プレのキーボードは、もともと、お金のデータ入力などを高速に長時間行うような金融機関の人が使う業務用キーボードでした。

 そうした用途に足るだけの安定した品質を備えています。

3・タイピングで指が疲れにくい

 201802151750.jpg

 第3に、指が疲れにくい点です。

 指の位置により荷重を変えられる点、接点がないので、無理にキーを押し込まなくて良い点、列の位置によってキーの高さが最適化されている点で、他機種に較べると格段に疲れにくいです。

 この点は、多くのユーザーが評価するところです。

 Atlasもすでに20年近くこの製品を愛用し、おそらく10台以上使い潰してしています。パソコンに向かうことが多い仕事の友人にも、聞かれれば、これを「おすすめ」することが多いです。

4・「比較的」静音性が高い

 201806021029.jpg

 第4に、静音性の高さです。

 キーの静音性に関しては、メカニカル式は、「メンブレン式」に及びません

 例えば、ロジクール社は、一部の高級キーボードに「Mem-chanical」という「改良型メンブレン」を投入し、「静かな高級キーボード」を出しています。

 201802151833.jpg

 ただ、東プレも、最近「静音キー」を採用した「改良型リアルフォース」を展開しはじめました。あまり変わらない「ロングセラー機」の久しぶりの技術革新で、問題点は他社の「メカニカル式」よりだいぶ改善しました。

ーーー

 以上、リアルフォース導入のメリット性を3点書いてきました。

1・打鍵の正確性
2・キーの耐久性
3・打鍵の疲れにくさ
4・静音性への配慮

 繰り返せば、上記3点において、東プレのリアルフォースは、他機に見られない格段の能力を持ちます。

 一方、最大の難点は、その価格です。

 東プレの特許技術でキーを自社生産し、あまり他社にださないので、価格的な競争が生まれにくいからです。

ーーー

 実際、2万円以上のキーボードもざらで、「こんな値段だせない!」・・と思う方も多いでしょう。

 201802151806.jpg

 しかし、打鍵の柔らかさ、プレスとリリース時の荷重変化のなだらかさは、腕の疲れ、手の疲れ、肩こりも減り、作業の生産効率が高まるメリット性は、このキーボードしか得られません(=ソフトタクタイルフィーリング)。

 また、先述のように、耐久性も高く、長持ちするため、導入することは決して「無駄づかい」ではないでしょう。

2・東プレキーボードの選び方の基本

 201806021036.jpg

 続いて、リアルフォースの「選び方の基本」です。

 東プレは、2021年に、第3世代となる「RealForce R3 シリーズ」を発表しました。

 初めて購入する方もいるでしょうから、キーの特性の違いを含めて、「選び方の基本」といえるものを、順番に確認しておきます。

1・キーの荷重の違い

 202204301327.jpg

 はじめに、キーの重さについてです。

 重さは、打鍵の正確性軽快感(指の疲れ)に影響する部分です。

 現状では、(55gが廃盤なので)「変加重」「30g」「45g」という3種のキーボードが選択可能です。

 その性質を順番に説明しておきます。

ーー

 201505051521.jpg

 第1に、変加重は、キーの重さに変化を付けた方式です。

 この場合、中央部のキー45gの重さの押し味です。

 しかし、上図にあるような、小指で押す位置にあるものは軽め(30g)に、親指で操作するキーは重め(50g)というように作られています。

 「変加重」は、Realforceの初期からの仕様です。

 Atlasは一般的な筋力の男性ですが、押し疲れはありません。一般的に売られている安物キーボードよりも軽く、軽快に打てます。

ーー

 201806021046.jpg

 第2に、「ALL30g」は、全部のキーの重さが30グラムに統一されたキーボードです。

 これは、キーボードを使っているとすぐ指が憑かれる人向けの「ニッチな」キーボードです。Atlasも1枚所有しています。

 とりわけ、数日間籠もって徹夜で論文を書くときなど、指が疲れそうな時に使います。

 ただ、一般的に言えば「軽すぎ」のキーボードです。

ーー

 201806021047.jpg

 第3に、「ALL45g」は、全部のキーの重さが45グラムに統一されたキーボードです。

 こちらは、押し味がよりしっかりしたモデルです。

 キーボードの打鍵感(クリック感)が強くないと入力が不安な人や、誤入力しないようにしっかり打ちたい方は、こちらがよいでしょう。

 なお、45gはキーボードをよくご存じの方向けに言えば、FILCOのマジェスタッチ2の茶軸の高級版と言えます。黒軸・青軸ほど重くなく、「一般的な重さ」と言えます。

2・キーの刻印の違い

 刻印の印刷方法は、東プレの場合、基本的に3通りのパターンがあります。

ーー

 201806021051.jpg

 第1に、ゴールド印字です。

 黒いキートップに、金色の文字でレーザー刻印(レーザーマーキング)がなされます。

 インクを使う一般的なキーボードと比較して、摩擦で消えにくい仕様です。また、「かな」印字がないのでスタイリッシュです。

 ある程度コントラストがあるため、キー文字の視認性も良いです。

ーー


 201806021055.jpg

 第2に、ブラック印字です。

 黒いキートップに、摩擦で消えにくい昇華印刷がなされます。インクを熱転写する方式で、例えばサッカーのユニフォームにも使われる耐久性のある印刷方式です。

 黒で印刷しているため、見栄えが良いモデルです。ただし、視認性は皆無に近いので、マイナーな記号を含めて、ブラインドタッチができる上級者向けの製品です。

ーー

 201806021058.jpg

 第3に、かな印字です。

 白とグレイのキートップに、黒で昇華印刷する、オーソドックスなモデルです。

 かなキーの印字や、日本語入力特有の記号の印字が全てなされるため、ブラインドタッチを覚える過程の方は、こちらが良いでしょう。

 二色のコントラストは打ち間違いを減らす役割もあるため、金融機関などで多く採用されます。

3・静音性の有無

 静音性は、単純に「静音モデル」と「通常モデル」の2種に分類可能です。

 201802151833.jpg

 第1に、「静音モデル」は、スイッチの改良で、2.5-5KHzの周波数帯域の音の軽減を目指したものです。

 同じ方式なので、打ち味は変わらない印象です。

 ただ、古参のユーザーは違和感を感じる場合もあります。これは特有の「カタカタ音」が、正確な打鍵終了のシグナルとなっていたからでしょう。

 第2に、「通常モデル」は、こうした工夫の無いモデルです。

 ただし、打鍵音は、他社のメカニカル式に比べて過度にうるさいわけではない点は強調しておきます。

4・接続法の違い

 202204301430.jpg

 2022年登場のR3シリーズから、従来の有線USB接続に加えて、Bluetooth接続を搭載する「ハイブリッド型」が登場しました。

 Bluetooth接続は、単3電池2本の利用で、約3ヶ月の電池寿命とされます。

 USB給電もできますが(充電池はないので)あまり意味はないでしょう。

 202204301436.jpg

 規格的には、本機は、Bluetooth 5.0です。

 キースイッチで、最大4台までのペアリングできる仕様です。

 PC側が、Bluetooth5.0対応ならば、通信安定性が高いので、遅延もなく比較的「安定的」に使えるでしょう。

 下位互換性があるので未対応の古いPC(Bluetooth4.0〜)でも使えます。ただ、通信安定性の部分と(おそらく)電池の保ちの部分でやや不安定でしょう。

 201810061305.jpg

 また、これは、Bluetooth 5.0も含めての話ですが、Bluetooth通信を使って(高解像度の)音楽を聴いている方は、データレートの限界で、キーボードとの通信が不安定になる場合がよくあります。また、電子レンジなどのノイズにもBluetoothは弱めです。

---

 結論的にいえば、PCの場合、可能な限りは有線USB接続を利用したほうが、ストレスを溜めないと思います。

 スマホ・タブレットの場合など、どうしようもない場合に使うのが良いでしょう。

---

1・東プレ日本語キーボードの比較
2・東プレ英語キーボードの比較
3・Mac配列キーボードの比較

 というわけで、ここまでは「選び方の基本」を書いてきました。

 冒頭書いたように、1回目記事は、日本語配列のWindows向けのみの紹介です。

 そのため、他のタイプをお探しの方は、以上のリンクをご利用ください。

3・東プレ日本語キーボードの比較

 というわけで、ここからは、東プレの日本語キーボードを順番に見ていきます。 

3-1・変加重モデル
3-2・ALL30gモデル
3-3・ALL45gモデル

 日本語キーボードだけでも格好な数があるため、以上のように小分けしつつ紹介していきます。

3-1・変加重モデル

 はじめにスタンダードなPC用キーボードと言える、「変加重」のキーボードを紹介します。

---

 以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと感じる部分を青字で記していきます。


 202204301749.jpg

 【2021年発売】

 【変加重】【APC】【静音】【BT接続】

 1・東プレ REALFORCE R3 R3HA22【白】
 2・東プレ REALFORCE R3 R3HA12黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HA22R3HA12は、リアルフォースでは、最も「スタンダード」といえるモデルです。

 2022年に登場したR3シリーズに属する製品です。5年降りの新製品でした。

 202204301357.jpg

 キー配列は、日本語112キーです。

 メインキーの部分は、Windowsキーがあるタイプです。

 スペースバーもそれなりに広めです。

 オーソドックスな配列で、ブラインドタッチしやすいと言えます。

  202204301359.jpg

 ちなみに、日本語配列のキーボードは、日本語108キーの場合が多いです。

 本機の場合、テンキーの上にいわゆる「メディアキー」が4つ付属するので、112キーとなります。

 201802151826.jpg

 キーの重さは、変加重です。

 冒頭で書いたように、これが東プレの「標準」です。

 最も「東プレが打ちやすい」と考えている荷重と言えます。

 202204301402.jpg

 キートップは、アルファベットのほか「かな文字」の刻印があるタイプです。

 この場合、特殊記号キーの省略がなく、ブラインドタッチに慣れない中級者以下でも分かりやすい仕様です。

 白モデルと黒モデルで比べれば、白がキーの視認性が良い「仕事向け」、黒はデザイン性重視の「自宅向け」といえます。

 ただ、ブラインドタッチができるならば、シンプルに好みで選んで良いでしょう。

 キートップの印字は昇華印刷で、経年変化で摩耗して見えなくなることはないです。

  201802151833.jpg

 キーの静音性は、【静音仕様】です。

 変加重モデルは、今回、全機種が「静音化」しました。

 新しく、東プレを買う方はこれで問題ありません。打ち味も標準モデルと同じですから。

 ただ、打鍵したときのスイッチ音が従来機と違うので、この部分で違和感を感じるベテランはいるでしょう。

 その場合は、後ほどみる、ALL45gに通常キーのモデルがあります。

 202204301418.jpg

 APCは、本機については対応です。

 APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)とは、 キーをを押した際に、入力を感知する場所を可変できる機能です。

 専用ソフトで4段階(0.8mm・1.5mm・2.2mm・3.0mm)で、キー単位で変更可能です。

 一般的には、いじらなくてOKです(その方が使いやすい)。

 ただ、上級者は、底打ちせず高速にタイピングしたい派の方は浅く(0.8mm)、しっかり打鍵し正確性を担保したい派の方は深く(3.0mm)設定することも「あり」です。

 キーボード本体に2種類記憶できるので、使い分けもできるでしょう。

 そのほか、APC対応機の場合、専用ソフト経由で、ファームウェアのアップデートや一部キーの入れ替えなどにも対応できます。

 202204301448.jpg

 REALFORCE R3 キースペーサー M0401J
  ¥2,090 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 キーストロークは、4mmです。

 これは、リアルフォースの共通仕様です。

 上級者でこの部分に、こだわりたい場合は、R3シリーズ用の「キースペーサー」で、ストロークは調整できます。

 無線接続は、USB接続ほか、Bluetooth5.0に対応です。

 冒頭で詳しく書きましたが、通信信頼性を考えると、PCとの場合はUSB接続を利用した方が良いです。

 202204301457.jpg

 Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプタ
  ¥999 Amazon.co.jp (9/5執筆時)  

 付属ケーブルは、(キーボード側が)丸いUSB-C形状、(PC側が)四角いUSB-A形状です。

 PCにUSB-Cしかない場合は、変換アダプタを使うと良いでしょう。

 ケーブル全体をリケーブルしてもOKですが、リアルフォースは太めでノイズ対策されたケーブルですし、それだともったいない気がします。

---

 以上、REALFORCE R3シリーズR3HA22R3HA12の紹介でした。

 先述のように、変加重は、もっとも標準的なモデルなので、初めて東プレのキーボードを買う方は、この仕様が良いかと思います。

 一方、今回からすべて静音仕様になりました。ある程度、打鍵音(スイッチ音)があった方が安心(あるいは爽快)という場合は、本機は向かない部分はあります。

 個人的に触った感じでは、その場合は、後ほど見るALL45gを選んだ方が違和感は生じにくいでしょう。


 202209061002.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【変加重】【APC】【静音】

 3・東プレ REALFORCE R3S R3SA12【黒/金】
  ¥23,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3SA12 は、東プレのR3Sシリーズに属する製品です。

 本機については、Amazonを含む東プレ直営店のみの展開です。

 キー配列は、本機も日本語112キーです。

 1つ上でみた製品と同じです。

 ただ、Bluetooth用のユニットを搭載しないので、写真のように、とくに上部余白の見た目が、スリムになります。

 あとは、先ほどの製品と同じです。

 したがって、キーの重さは、スタンダードな変加重で、キーストロークも、同じく、4mmです。

---

 以上、R3SA12 の紹介でした。

 実質的に下位機種とは言え、Bluetoothが不要という考えならば、本機でしょう。

 値段ほか、スリム形状の本体のデザイン性も近代的ですし、本機で良いかと思います。


 202204301751.jpg

 【2022年登場】

 【変加重】【APC】【静音】【BT接続】

 4・東プレ REALFORCE R3 R3HC22【白】
 5・東プレ REALFORCE R3 R3HC12【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HC22R3HC12も、東プレのR3シリーズに属する製品です。

 キー配列は、日本語91キーです。

 メインキーの部分は、キーサイズやピッチも先ほどみたフルサイズと変わりません

  201505051625.jpg

 違うのは、テンキーとその上のメディアキーがない部分だけです。

 201802151826.jpg

 キーの重さは、本機も変加重です。

 先ほども書いたように、東プレでもっとも「スタンダード」な押し味です。

 そのほかの部分は、APC対応 静音キー搭載Bluetooth接続対応の部分を含めて、上で見た、フルサイズモデルと同じです。

 202204301448.jpg

 REALFORCE R3 キースペーサー M0401J
  ¥2,090 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 キーストロークも、同じく、4mmです。

 別売のスペーサーは、キー部分だけですので、省スペースキーボードでも利用できます。

 ---

 以上、R3HC22R3HC12の紹介でした。

 テンキーレスのコンパクト機ですので、狭い机で利用する場合は有利です。

 リアルフォースは、コンパクトでも剛性や重量感は同等ですので、特段仕事にテンキーを利用しないならば、これでもOKです。

 ただ、仕事の場合、あった方がたまに便利なシーンがあるのは確かですので、少しでも使いそうな場合は、基本的にフルサイズが良いかと思います。


 202209060946.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【変加重】【APC】【静音】

 6・東プレ REALFORCE R3S R3SC12【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3SC12は、東プレのR3Sシリーズに属する製品です。

 キー配列は、本機もTKL(テンキーレス)仕様の日本語91キーです。

 ただ、Bluetooth用のユニットを搭載しない機種です。

 そのため、写真のように、とくに上段の見た目がスリムになります。

 あとは、先ほどの製品と同じです。

 キーの重さは、スタンダードな変加重で、キーストロークも、同じく、4mmです。

 ---

 以上、R3SC12の紹介でした。

 筐体バランスは(昔から合った)従来のTKLと同じです。

 Bluetoothユニットが不要ならば、本機の方が「見栄えが良い」ので、新しいR3に違和感があったことは本機を選ぶと良いでしょう。

 本機は、直販系限定ですが、おそらく、旧ユーザーからの要望があったゆえの再販かと思いました。

----

 201806021143.jpg

 【2019年】

 【変加重】

 7・REALFORCE TKL R2TL-JPV-IV
  ¥23,100 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【変加重】【静音】

 8・REALFORCE TKL S R2TLS-JPV-IV
  ¥34,799 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【変加重】【APC対応】

 9・REALFORCE TKL A R2TLA-JPV-IV
  ¥22,609 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、このシリーズは、旧機種(R2シリーズ)が少し残ります。

 上で示したように、Bluetoothがない上で、静音・APCが選択性でした。

 値段を含めて、現状で選ぶ理由に乏しいですが、色目の好みほか、従来の静音スイッチではないモデルがどうしても欲しい場合は、「回収」もありかと思います。

 APC対応機は、調整幅が新機種より1つ少なく3段階(1.5mm・2.2mm・3.0mm)です。

3-2・ALL30gモデル

 続いて、手が疲れやすい方や、高速タイピングする方に適した「ALL30g」の軽いキーボードを紹介します。


 202204301749.jpg

 【2021年登場】

 【軽め30g】【APC】【静音】【BT接続】

 10・東プレ REALFORCE R3 R3HA23【白】
 11・東プレ REALFORCE R3 R3HA13
【黒/金】
  ¥34,980 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HA23R3HA13は、R3シリーズに属するキーボードです。

 変加重ではなく、キーが軽めのキーボードになります。

 キー配列は、フルサイズの日本語112キーです。

 変加重にもあったBluetooth搭載機と筐体の形もキー配置も同じです。

 202204301327.jpg

 キーの重さは、ALL30グラムです。

 全てのキーが軽量に作られています。

 ニーズとしては特殊ですが、普通のキーボードだと疲れやすい方や、軽い押し味で、高速タイピングをしたい方に向く機種です。

  202204301402.jpg

 キートップは、先ほどの機種と同じです。

 アルファベットのほか「かな文字」の刻印があるタイプです。

  201802151833.jpg

 キーの静音性は、こちらも全て【静音仕様】です。

 東プレは、R3シリーズから、「静音キー」をデフォルトにしたようです。

 202204301418.jpg

 APCは、本機についても対応です。

 詳しくは、1つ上の「変加重」で説明した通りです。

 押した時キーが反応するポイントを4段階(0.8mm・1.5mm・2.2mm・3.0mm)で変更可能です。

 202204301448.jpg

 キーストロークは、4mmです。

 ストロークの深さは、本機も別売のスペーサーで調整できます。

 ただ、繰り返しますが、APCやスペーサーを調整しない状況でも十分に「使いやすい」ので、これは、上級者向けの話です。

 無線接続は、本機もUSB接続ほか、Bluetooth5.0に対応です。

 Bluetoothについての問題点は、冒頭書いた通りです。

 付属ケーブルは、(キーボード側が)丸いUSB-C形状、(PC側が)四角いUSB-A形状です。長さは1.8mです。

---

 以上、REALFORCE R3シリーズR3HA23R3HA13の紹介でした。

 30gは(思った以上に)押し味が軽量だと考えてください。

 基本的には、変加重ALL45gを使ってみて、重いなと感じた方が選ぶべきすこし特殊な製品です。

ーーー

 202209061002.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【軽め30g】【APC】【静音】

 12・東プレ REALFORCE R3S R3SA13黒/金】
  ¥23,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、上記製品の使用から、Bluetoothを除いた、USB接続だけの製品がR3SA13です。

 変加重モデルにもあったR3Sシリーズに属する製品で、やはり、Amazonを含む直販限定です。

 仕様は、同じですので、Bluetooth不要ならばこちらで良いです。

 ユニット形状も、このタイプの方が、少しスリムです。

ーーー

 201810031059.jpg

 【2019年発売】

 【軽め30g】【APC】【静音】

 13・東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-BK
 14・
東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-IV
  ¥27,480 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 一方、R3Sシリーズについては、旧製品が少し残ります。

 本機もBluetoothに対応しない製品ですが、APCの調整幅が少ない(4→3)ほどで、あとはR3Sと同じです。

 ただ、価格面のメリット性はないので、(特に黒モデルは刻印は墨消しですので)配色が気に入ったならば、選択肢にできるでしょう。


 202204301751.jpg

 【2021年登場】

 【軽め30g】【APC】【静音】【BT接続】

 15・東プレ REALFORCE R3 R3HC23【白】
 16・東プレ REALFORCE R3 R3HC13【黒/金】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HC23R3HC13も、東プレのR3シリーズに属する製品です。

 キーの重さは、本機もALL30グラムです。

  202204301627.jpg

 キー配列は、日本語91キーの省スペースキーボードです。

 先ほども書いたように、テンキーとメディアキーがない部分を除くと、フルサイズと変わりません。

 キーストロークも、本機も4mmです。

 別売のスペーサーで、調整できるのも、フルサイズ機と同じです。

 そのほかの部分は、APC対応 静音キー搭載Bluetooth接続対応の部分を含めて、上で見た、フルサイズモデルと同じです。

 ---

 以上、R3HC23R3HC13の紹介でした。

 変加重のところでも書いたように、リアルフォースは、省スペース型でも、しっかりした剛性を持ち、安定感があります。

 その部分で言えば、机が狭いなどの事情がある方や、テンキーはそもそも使わない方については、省スペースでOKです。

 ただ、フルサイズと価格は大きく変わらないので、こうした問題がないならば、(テンキーはあると便利なシーンはあるので)フルサイズで良いかと思います。

ーーー

 202209060946.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【軽め30g】【APC】【静音】

 17・東プレ REALFORCE R3S R3SC13 【黒/金】
  ¥23,100 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、ALL30gのテンキーレスについても、Bluetoothを省いたUSB接続のテンキーレスモデルがあります。

 変加重モデルでも書きましたが、Bluetoothがない以外、仕様は変わりません。

 筐体もスリムなので、実際、(信頼性が担保される)有線しか使わないという方は、こちらで良いかと思います。

ーーー

 201806021230.jpg

 【2019年】

 【軽め30g】【APC対応】【静音】

 18・REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3-BK
 19・REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3-IV
  ¥26,500 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、Bluetoothを装備しないテンキーレス機は、旧機種が残ります。

 すでに何回も書きましたが、旧機種の場合はBluetooth非対応である上で、APCの調整幅が3段階になります。

 一方、旧機種は、2mmと3mmのスペーサーも最初から付きますが、すでに、価格面の「うまみ」には乏しいので、「キーの墨消し」など、キーボードの配色が気に入った方限定でオススメします。

3-3・ALL45gモデル

 最後に、しっかり下押し味が人気のALL45gのキーボードを見ていきます。


 202209061054.jpg

 【2021年発売】

 【ALL45g】【APC】【静音】【BT接続】

 20・東プレ REALFORCE R3 R3HA21【白】
 21・東プレ REALFORCE R3 R3HA11【黒/墨消】
  ¥34,980 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【APC】【BT接続】

 22・東プレ REALFORCE R3 R3HA41白】
 23・東プレ REALFORCE R3 R3HA31
黒/金】
  ¥31,240 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【静音】【APC】

 24・東プレ REALFORCE R3 R3UA21 【白】
 25・東プレ REALFORCE R3 R3UA11 【黒/墨消】
  ¥25,740 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HA21R3HA11など、これらの製品もR3シリーズに属するキーボードです。

 ここまでみた製品のなかでは、キー荷重が全体的に「重め」で、しっかりしたタイプになります。

 キー配列は、本機も、4つのメディアキーが付く、フルサイズの日本語112キーです。

 202204301327.jpg

 キーの重さは、ALL45グラムです。

 先ほどみた「変加重」も、人差し指で押す部分などは45gのキーを使います。

 ALL45グラムは、小指など力が弱い指で押すキーも45gになっています。

 ただ、「はっきりとした打鍵感」が得られるので、上級者には割と人気です。Atlasも最近は、専らこの規格をメインの仕事には使います。

 (他社の黒軸のように)「激烈に重い」わけではなく、「気持ち重いかな」というレベルです。

  201810031051.jpg

 東プレは、ALL55gが(英語キーボードで)かつて存在しました。

 しかし、現在は「テンキー」モデル以外はありません。

  202204301809.jpg

 キートップは、一部の機種については注意してください。

 【黒/墨】と書いた 静音仕様のブラックモデル( R3HA11 R3UA11 )は、ゴールド刻印ではなくブラック刻印(炭刻印)です。

 格好良いですが、ブラインドタッチができないと少し見にくいです。

 202204301402.jpg

 あとのモデルは、他機と同じです。

  201802151833.jpg

 キーの静音性は、ALL45グラム【静音仕様】以外の選択も可能です。

 先述のように、この重さのキーボードは「はっきりとした打鍵感」が好まれて愛用者が多いです。

 その部分で、「音(押し味)」で識別してきたベテランユーザーは、静音仕様を好まない場合が多いからだと思います。

 ただ、繰り返しますが、初めて東プレを買う方は【静音仕様】で良いでしょう。

 実際、R3からは【静音仕様】が標準という売り方に変わったので、それで慣らしていった方が、将来買い替える際の選択の幅が拡がると思います。

 APCは、対応モデルとそうでないものがあります。

 非対応モデルについては、ストローク調整を含めたカスタマイズ全体ができないほか、ファームウェア更新もできない点に注意してください。

 キーストロークも、同じく4mmです。

 無線接続は、USB接続ほか、Bluetooth5.0に対応です。

 ただ、上に書いたように一部(R3UA21 R3UA11 )は非対応です。

 202209061044.jpg

 【5枚セット】M0601B

 REALFORCE パネルデザインキット R3
  ¥2,640 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 Bluetooth非搭載で、スリム型でなく、この筐体形状のモデルを(わざわざ)出すのは、家庭用プリンタを塚っての、パネルデザインキットが、R3シリーズのみある関係です。

 付属ケーブルは、(キーボード側が)丸いUSB-C形状、(PC側が)四角いUSB-A形状です。長さは1.8mです。

---

 以上、REALFORCE R3シリーズR3HA21R3HA11などの紹介でした。

 最初に書いたようにALL30gは、初めて東プレを買う方が最初に選ぶのは少し「危うい」部分があります。

 一方、ALL45グラムについては、他社のメカニカルキーボードに比べて、過度に重いわけではないので、「しっかり押したい派」の方は、こちらを選んでも良いかと思います。

 とくに 表計算などの入力仕事用として1台おすすめを挙げるならば、変加重よりもALL45グラムのが変加重より向きそうです。

ーー

 202209061053.jpg

 【2022年発売】【直販限定】

 【ALL45g】【APC】【静音】

 26・東プレ REALFORCE R3S R3SA21【白】
 27・東プレ REALFORCE R3S R3SA11【黒/金】
  ¥(21,340) Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【APC】

 28・東プレ REALFORCE R3S R3SA41【白】
 29・東プレ REALFORCE R3S R3SA31【黒/金】
  ¥21,340 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、ALL45gについても、Bluetoothを省いた「スリム型」のUSB接続専用のR3Sシリーズがあります。

 仕様は、Bluetoothの部分を除くと同じですが、先述のパネルデザインキットは、筐体形状が異なるため使えなくなっています

 APCはこのシリーズでも対応です。専用ソフトでのキーの入替もBluetoothモデル同様にできます。

ーー

  202204301600.jpg

 【2019年発売】

 【ALL45g】【APC】【静音】【墨消】

 30・東プレ REALFORCES A R2 R2A-JP4-BK
  ¥28,878 Amazon.co.jp
(9/5執筆時)

 加えて、R3Sシリーズの旧製品としてR2シリーズが残ります。

 Bluetooth接続ができないほか、Bluetooth接続に非対応である部分とAPCの調整幅が少ない(4→3)部分が違いです。

 現行製品で、「墨消し(黒刻印)」のスリム型は出ていないので、この部分が「マスト」な場合、本機が選択肢になるでしょう。


 202209061115.jpg  

 【2021年発売】

 【ALL45g】【APC】【静音】【BT接続】

 31・東プレ REALFORCE R3 R3HC21【白】
 32・東プレ REALFORCE R3 R3HC11【黒/墨消】
  ¥34,540 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【APC】【BT接続】

 33・東プレ REALFORCE R3 R3HC41【白】
 34・東プレ REALFORCE R3 R3HC31【黒/金】
  ¥31,240 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【静音】【APC】

 35・東プレ REALFORCE R3 R3UC21 【白】
 36・東プレ REALFORCE R3 R3UC11 【黒/墨消】
  ¥25,300 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 R3HC21R3HC11なども、東プレのR3シリーズに属する製品です。

 キーの重さは、こちらもALL45グラムです。

 キー配列は、日本語91キーの省スペースキーボードです。

 テンキーとメディアキーがない部分を除くと、フルサイズと変わりません。

 202204301809.jpg

 キートップは、本機も、黒の静音モデル(R3HC11 R3UC11 )だけは、ブラック刻印(墨消し刻印)ですので、注意してください。

   202204301448.jpg

 REALFORCE R3 キースペーサー M0401J
  ¥2,090 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 キーストロークも、本機も4mmです。

 別売のスペーサーで、調整できるのも、フルサイズ機と同じです。

 そのほかの部分は、APC対応 静音キー搭載Bluetooth接続対応の部分の違いで複数の機種がある点を含めて、フルサイズモデルと同じです。

 詳しくはそちらをご覧ください。

 202209061044.jpg

 【5枚セット】M0602B

 REALFORCE パネルデザインキット TKL R3
  ¥2,640 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、TKLについても、プリンターを利用するパネルデザインキットが存在します。

 ---

 以上、R3HC21R3HC1のなどの紹介でした。

 剛性・安定性はフルサイズと同様ですので、特段フルサイズである必要がなければこちらを選んでもOKです。

 一方、静音仕様の有無については、先述のように、初めての東プレの場合は(今後静音以外が続くのかという問題も含めつつ)静音で良いかと思います。

 あとは、APC未付属の機種については、ファームウェア更新を含め、事後のカスタマイズ全体に対応しない点を注意するれば、問題ありません。

ーーー

 202209061124.jpg  

 【2022年発売】【直販限定】

 【ALL45g】【APC】【静音】

 37・東プレ REALFORCE R3 R3SC21【白】
 38・東プレ REALFORCE R3 R3SC11
【黒/金】
  ¥23,100 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 【ALL45g】【APC】

 39・東プレ REALFORCE R3 R3SC41【白】
 40・東プレ REALFORCE R3 R3SC31
【黒/金】
  ¥20,900 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、テンキーレスのALL45gにも、Bluetoothを省いたUSB接続専用モデルがあります。

 他機の場合とおなじで、スリム型なので、不要ならば、こちらでも良いかと思います。

 ただし、先述のプリンターを利用するデザインキットは、本機については利用不可です。

 201806021240.jpg

 【2019年発売】

 【ALL45g】【APC対応】

 41・REALFORCE TKL A R2TLA-JP4-BK
  ¥22,980 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 また、Bluetooth非対応モデルの旧機種(非静音モデル)が残ります。

 USBモデルについては、墨消しがないので、これだけは継続販売のようです。

 他機同様、新機種とはAPCの調整幅が少ない(4→3)部分も違いです。

ーーー

 201810031117.jpg

 【2019年発売】

 【ALL45g】【静音】【APC対応】

 42・REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP4-BK
 43・REALFORCE TKL SA / R2TLSA-JP4-IV
  ¥31,350 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 また、東プレにPFUが特注したこちらのモデルも、Bluetooth未付属の旧モデルです。

 黒モデルついてキー刻印が「ブラック刻印(墨消し)」、白モデルは「業務用」の白灰2色キーになります。

 ただ、価格面ではすでに割高になっています。


 201703030836.jpg 

 【2019年】

 【ゲーミング】【ALL45g】【APC対応】

 【2019年】

 44・東プレREALFORCE RGB R2A-JP4G-BK
  ¥30,600 楽天市場 (9/5執筆時)

  REALFORCE RGBは、東プレの発売するゲーム用キーボードです。

 キー配列は、本機も日本語112キーです。

 キーの重さは、本機も「ALL45グラム」です。

 ゲーム用に東プレを選ぶ方は、(東プレはロープロがないので)割としっかりした押し味を好む傾向があるようです。

 201703030840.jpg

 キートップは、バックライトカラーの変更が可能な、特殊仕様です。

 Windows用の専用ソフトで、キーのバックライト色がカスタマイズできます。

 なお、本機以外の東プレキーボードはバックライトがないです。

 派手なRGBカラーにせず常時単色設定もできるため、なんらかの事情でライトが欲しい場合は、仕事用でも選択肢になるかもしれません。


 201703030842.jpg

 また、キーは、摩耗して文字の視認性が低下しないよう、印刷ではなく二色成形にしています。キーの文字が消えていくのを「美観的に気に入らない」方にも向きます。

 APCは、本機も対応です。

 ただし、発売時期の関係もあり、3段階(1.5mm・2.2mm・3.0mm)です。

 201703030845.jpg

 KEY SPACER for REALFORCE RGB
  (¥2,530) 楽天市場 (9/5執筆時)

 キーストロークも、同じく4mmです。

 キースペーサーは、本機は付属です。キーごとに換える仕様で、2mmが10個、3mmが10個付きます(ほかWASDキー用)。

 ゲームについては、反応強度など微妙な調整をしたい方がいますので、こうなります。

 キーの静音性は、こちらは特段の配慮はないタイプです。

 無線接続は、非対応です。

----

 以上、東プレREALFORCE RGBの紹介でした。

 耐久性の高い静電容量無接点方式のスイッチは、ハードな打鍵に耐えるため、ゲーミング用には向くと思います。

 一方、それ以外の方は、あまり購入のメリット性はなさそうです。

---

 202001241629.jpg

 【ゲーミング】【ALL45g】【APC対応】

 45・REALFORCE RGB TKL R2TLA-JP4G-BK
  ¥28,000 Amazon.co.jp (9/5執筆時)

 なお、本機のテンキーレス版も追加発売となっています。

 テンキーがない部分以外は性能差はないため、好みでこちらを選んでも構わないと思います。

次回に続く
東プレReal Forceのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、東プレの日本語キーボードを比較してきました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

 201802152030.jpg

キーの軽さ  ★★★★★
打鍵の正確さ ★★★★★★
静音性    ★★★★★
総合評価   ★★★★★★

 次回の2回目記事こちら)では、今回見た全てのキーボードから、いつものように、Atlasのオススメを提案していきます。

 引き続き、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら!

---

 今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:47 | PC周辺機器

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png