比較2018'【結論】東プレ日本語キーボード23点の性能とおすすめ:リアルフォース R2対応!【日本語モデル】

2018年02月15日

比較2018'【結論】東プレ日本語キーボード23点の性能とおすすめ:リアルフォース R2対応!【日本語モデル】

【今回レビューする内容】2018年 新製品の東プレのリアルフォースキーボード23製品の性能とおすすめ・選び方【省スペース・フルサイズ静電気接点方式】JIS配列【Topre・ダイヤテック・アーキサイト】人気高級キーボードの機種の違いや口コミランキング

【比較する製品型番】東プレ Realforce REALFORCE R2 R2-JPV-IV S R2 R2S-JPV-IV 108UBK SJ08B0 SA R2 R2SA-JP3-BK SA R2 R2SA-JP3-IV108US SJ38D0 108U-AXE3100 アーキサイト ダイアテック 108U-A XE01L0 108UDK SJ38C0 108U-A XE31B0 108UD-A XE31L0 R2 R2-JP4-BK S R2 R2S-JP4-BK A R2 R2A-JP4-BK 108UH SA0100 108UH-S SA010S 108UG-HiPro SJ38C0 RGB JP AEAX02 91UBK NG01B0 91UBK-S NG01BS 91U NG0100 91UDK-G 91UG-S NG31BS 23UB

今回のお題
東プレのリアルフォースキーボードのおすすめモデルはどれ?


 どもAtlasです。

 201802152030.jpg

 今日は、東プレのリアルフォースキーボードを全18機種比較します。

 なお、このブログ「モノマニア」では、高級キーボードを中心に、性能の比較記事をいくつか書いています。

 今回は、1番の記事です。

 2017年に発売した東プレの新R2シリーズのほか、ダイヤテックやアーキサイトが東プレから受注して販売しているRealFroceの外注モデルを含めて比較します。

 以下では、いつものように、各機種を個別に紹介したのち、最後に「結論」として、目的別・価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・Real Forceを買うメリットは?

 具体的な製品比較に入る前に、「高級キーボードの代名詞としてなぜ20年以上愛されているのか?」、言いかえれば「「リアルフォースをわざわざ買う意味」を確認しておきましょう。

 Atlasが思うに、リアルフォースの「魅力と人気の秘密」は、次の3点に集約できます。


201802151729.jpg

 第1に、入力の正確性です。 

 他社の格安のPCキーボードは、メンブレン式という仕組みが使われることが多いです。

 201802151718.jpg

 「メンブレン式は、キーごとに個別スイッチがない構造です。

 そのため、上下二枚のシートが接触することでキーが反応する仕組みです。しかし、反発構造がないために、正確さを求められる数字の入力などには不向きです。

 201802151717.jpg  

 メカニカル式は、しかし、キーごとに個別のスイッチがあります。そのため、入力の正確さを確保できます。 メカニカル式は、他社からも発売されています。しかし、東プレの場合は、技術体型がそれらとは異なります。

 なぜなら、東プレの場合、内部に大きめの円錐スプリングを採用するからです。そのため、適度な反発力を確保し、安定して心地よい打ち心地を可能にしています。多少、「変な打鍵」をしても、素直にキーが返ってきます。

 加えて、東プレの場合は、複数キー同時押しでも全て反応する構造(Nキーロールオーバー)で、キーの二重入力も防げる構造(チャタリングフリー)なので、誤動作も少なく入力は快適です。


 201802151739.jpg

 第2に、キーの耐久性が高い点です。

 通常のキーボードの場合、メカニカル式でもメンブレン式でも機械的接点があります。そのため、物理的な摩耗によるスイッチが劣化しやすいという、デメリットがあります。

 201802151718.jpg

 一方、東プレは「静電気無接点方式」という方式を取ります。これは、機械的接点が不要なため、キーの耐久性が極めて高いと言えます。

 東プレのキーボードは、もともと、お金のデータ入力などを高速に長時間行うような金融機関の人が使う業務用キーボードでした。そうした用途に足るだけの安定した品質を備えています。


 201802151750.jpg

 第3に、指が疲れにくい点です。

 指の位置により荷重を変えられる点、接点がないので、無理にキーを押し込まなくて良い点、列の位置によってキーの高さが最適化されている点で、他機種に較べると格段に疲れにくいです。

 この点は、多くのユーザーが評価するところです。

 Atlasもすでに20年近くこの製品を愛用し、おそらく10台以上使い潰してしています。パソコンに向かうことが多い仕事の友人にも、聞かれれば、これを「おすすめ」することが多いです。


 以上、リアルフォース導入のメリット性を3点書いてきました。

1・打鍵の正確性
2・キーの耐久性
3・打鍵の疲れにくさ

 繰り返せば、上記3点において、東プレのリアルフォースは、他機に見られない格段の能力を持ちます。

 一方、最大の難点は、その価格です。東プレの特許技術でキーを自社生産し、あまり他社にださないので、価格的な競争が生まれにくいからです。

ーーー

 実際、2万円以上のキーボードもざらで、「こんな値段だせない!」・・と思う方も多いでしょう。

 201802151806.jpg

 しかし、打鍵の柔らかさ、プレスとリリース時の荷重変化のなだらかさは、腕の疲れ、手の疲れ、肩こりも減り、作業の生産効率が高まるメリット性は、このキーボードしか得られません。

 また、先述のように、耐久性も高く、長持ちするため、導入することは決して「無駄づかい」ではないでしょう。

ーー

 リアルフォースシリーズは、シリーズが多様化し、中級者以上でも選び方に迷うほど機種が増えました。今回の記事は、こうした状況に対応するため、それぞれの製品の特長や違いを皆さんに紹介するために書きました。

 これらのキーボードは、マックでも刻印通りに使うことができます。これについては、詳しくは【こちら】の記事で解説しました。

2・今回の記事における比較基準

 さて、今回の記事で、東プレのキーボードを比較するにあたり重要視する評価基準は次の3つです。

1・キーの重さ
【変加重・30g・45g】
2・キーの刻印
【ゴールド・ブラック】
3・キーの静音性
【静音対応/未対応】
  

 この3つの言葉で「キーの重さ」というのは聞き慣れない表現でしょう。

 東プレキーボードを選ぶ場合、「キーの重さ」が、最も重要なポイントになります。そのため、「キーの重さ」については、最初に補足しておきます。

 201505051521.jpg

 東プレの場合、「キーの重さ」は、【変加重】・【30g】・【45g】と3種類の選択肢があります。

ーー

 第1に、「変加重」は、キーの列によって加重を変えたキーボードです。

 普通の場所は一般的な45gの重さですが、上図にあるような、小指で押す位置にあるものは軽め(30g)に、親指で操作するキーは重め(50g)というように作られています。

 「変加重」は、Realforceの昔ながらの仕様です。Atlasは一般的な筋力の男性ですが、とくに押し疲れはありません。一般的に売られている安物キーボードよりも軽く、軽快に打てます。

ーー

 第2に、「30g」は、全部のキーの重さが30グラムに統一されたキーボードです。

 これは、キーボードを使っているとすぐ指が憑かれる人向けの「ニッチな」キーボードです。Atlasも1枚所有しています。とりわけ、数日間籠もって徹夜で論文を書くときなど、指が疲れそうな時に使います。

 ただ、一般的に言えば「軽すぎ」のキーボードです。

ーーー

 第3に、「45g」は、逆に押し味がしっかりしたモデルです。

 キーボードを力強く叩くのが好きで、打鍵感がないと入力が不安な人や、誤入力しないようにしっかり打ちたい方は、こちらがいいでしょう。と

 なお、キーボードをよくご存じの方向けに例えれば、FILCOのマジェスタッチ2の黒軸の高級版と言えます。いずれにしても、あまり一般向けではありません。

ーーー

 これ以外に、一部のキーボードは、打鍵時の静音性を謳った「静音モデル」があります。今回の記事では、これらを分類しながら、それぞれの機種を紹介したいと思います。

 以下では、はじめにフルサイズのキーボードを紹介し、続いて、数字キー(テンキー)のない省スペースキーボードを紹介していきます。

3・フルサイズの日本語キーボード 

 では、最初に、最もスタンダードなPC用キーボードと言える、フルサイズのキーボードを紹介します。

 なお、以下ではAtlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと感じる部分を青字で記していきます。


 201802151820.jpg

 【2017年新モデル】

 【通常モデル】【変加重】

 1・東プレ REALFORCE R2 R2-JPV-IV
  ¥16,891 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【静音モデル】【変加重】

 2・東プレ REALFORCE S R2 R2S-JPV-IV
  ¥25,034 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 REALFORCE R2シリーズは、東プレの現行機種では、最も「スタンダード」といえるモデルです。2017年冬に登場した機種で。

 なお、REALFORCE S R2シリーズは、「亜種」となり、キーを静音化しています。

 キー配列は、日本語108キーです。写真のようにカーソルキーとテンキーが付属するフルサイズキーボードです。ただ、スペースバーは、従来より広めの設計です。一方、本体自体は、キー間隔を維持したまま、上下を削り、やや省スペース化しました。

 201802151826.jpg

 キーの重さは、変加重です。先ほど書いたように、これが東プレの「標準」であり、最も「東プレが打ちやすい」と考えている荷重です。

 201802151841.jpg

 キートップは、アルファベットのほか「かな文字」の刻印があるタイプです。この場合、特殊記号キーの省略がなく、中級者以下でも分かりやすい仕様です。また機能キーは灰色系に色分けされています。この点で言えば、仕事用に向くキーボードです。また、キートップの印字は、昇華印刷であるため、経年変化で摩耗して見えなくなることはないでしょう。

 そのほか、LEDランプの色と明るさが変えられる仕様です。

  201802151833.jpg

 キーの静音性は、R2S-JPV-IVのみ、静音仕様です。図にすると結構な違いに見えます。ただ、通常品は、メカニカル方式のキーボードとしては、静かな部類です。そのため、深夜に家人の周りで使うなどではないならば、この部分を過度に心配しなくても良いでしょう。

 以上、REALFORCE R2シリーズの紹介でした。

 一番標準的なモデルで、最も売れている、ロングセラー機種です。多くの愛用者がおり、ハイエンドキーボードの入門用として、1台目に購入するのに適している機種です。初心者の方は、迷ったらこの機種を選べば間違いないでしょう。

ーー

  201802151842.jpg

 【旧モデル】【変加重】

 3・東プレ Realforce108UBK SJ08B0
  ¥16,891 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 【旧モデル】【変加重】【Dip付】

 4・アーキサイト Realforce108U-A XE01L0
  ¥19,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 なお、一世代前のフルサイズの日本語キーボードとして108UBKが販売中です。

 本体色は、新モデルと異なり黒で、キートップがゴールド刻印です。

 しかし、新機種に較べると、高速タイピング時などの誤入力を防げるフルNキーロールオーバーに未対応です。そのほか、LEDランプの調整ができないなど、仕様が「古くさい」ので選ばない方が良いでしょう。

 201310231045.jpg

 108UBKシリーズは、ゲーミングキーボードを出しているアーキサイトが東プレに発注して、販売しているモデルです。

 こちらは、ディップスイッチ搭載で、キーの配置を切り替えることができます。それ以外の点は108UBKと同じです。専門性のある製品為、価格はやや高いですね。こちらも、基本的には選ばずとも良いでしょう。

 ただ、(レアでしょうが)親指シフトその他の関係で、スペースバーが短い必要がある方は、新機種よりもこちらでしょうか。


  201802151855.jpg

 【2017年新モデル】

 【静音モデル】【軽め30g】【APC対応】

 5・東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-BK
  ¥27,021 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 201802151911.jpg

 【2017年新モデル】

 【静音モデル】【軽め30g】【APC対応】

 6・東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-IV
  ¥26,774 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 R2SAシリーズは、東プレのややキーが軽めのキーボードです。

 キー配列は、先ほどと同じ、一般的なフルサイズの日本語108キーです。

 キーの重さは、「ALL30グラム」で、全キーが最大に軽量に作られています。とても軽いキーが採用されている点で、長時間の打鍵において疲れにくいと言えます。Atlasは長時間文章を書くときなどは軽い方が好みで、論文執筆時用に限定して使っています。

 201802151916.jpg

 キートップは、2種類で異なります

 第1に、本体が黒いモデルです。

 こちらは、ブラック印字になります。文字が目立たずにスタイリッシュなのですが、視認性の良いゴールド印字に較べて、暗い場所で使う場合、キーの刻印が見えにくいというデメリットがあります。

 第2に、本体が白いモデルです。

 こちらは、先ほど見たように「かな刻印あり」で、ビジネスに向いた仕様です。

 201802151927.jpg

 なお、いずれの機種も、APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)も搭載です。左図のように、キーをを押した際に、入力を感知する場所を三段階に可変できます。物理的には、2mmと3mmのスペーサーが付属します。

 APCは、2017年新モデルから上位機のみ搭載された機能です。例えば、高速タイピング時は1.5mmと浅く、慎重を期す場合は3mmと深く設定します。ただ、基本的には2.2mmが「メーカーの指定するベストポジション」で、Atlasもあまり不便に感じたことはありません。対応は必須ではないでしょう。

 キーの静音性は、こちらは静音仕様です。押し味は、通常と変わりません。

 以上、R2SAシリーズの紹介でした。相当に押し味が軽量なので、キーボード入力でひどくお疲れの方はこちらを試す価値はあるでしょう。とくに、高級キーボードに慣れた方にはオススメできます。

ーーー

 【旧モデル】【軽め30g】

 7・ダイヤテック Realforce108UDK SJ38C0
  ¥18,247 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【旧モデル】【軽め30g】【Dip付】

 8・アーキサイト Realforce108U-A XE31B0
  
¥19,800 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 9・アーキサイト Realforce108UD-A XE31L0
  ¥20,100 Amazon.co.jp  
(2/15執筆時)

 【旧モデル】【軽め30g】

 10・東プレ Realforce108US SJ38D0
  ¥17,990 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 【旧モデル】【軽め30g】【Dip付】

 11・アーキサイト Realforce108U-AXE3100
  ¥20,000 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 なお、All30gについても、旧機種が売られています。

 新機種と違い、フルNキーロールオーバーに未対応のほか、APCにも対応しません。ただ、格安に入手できるので、とくに、APCが不要そうならば、こちらでも良いでしょう。

 アーキサイトのモデルはDipスイッチ付きです。XE31B0は、キー刻印が見えにくいブラック刻印で、XE31L0は視認性の良いゴールド刻印です。


  201802151849.jpg

 【2017年新モデル】

 【通常モデル】【重め45g】

 12・東プレ REALFORCE R2 R2-JP4-BK
  ¥15,811 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【静音モデル】【重め45g】

 13・東プレ REALFORCES S R2 R2S-JP4-BK
  ¥27,289 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【静音モデル】【重め45g】【APC対応】

 14・東プレ REALFORCES A R2 R2A-JP4-BK
  ¥26,530 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 これらは、東プレの「少し重め」のキーボードです。どちらかと言えば、エクセル入力業務など正確さを求められる業種向けのキーボードですね。

 キー配列は、一般的なフルサイズの日本語108キーです。

 キーの重さは、「ALL45グラム」です。やや重めの押し味なので、しっかりと間違いなくキーを入力できるタイプです。

 とはいえ、(他社の黒軸のように)「激烈に重い」わけではなく、「気持ち重いかな」というレベルでです。ある程度指の力がある男性なら、一日中使っていても問題ないです。Atlasも、現在は45gです。

 201802151935.jpg

 キートップは、3機種で異なります。

 R2-JP4-BKR2S-JP4-BKは、黒いキーの上に視認性のよいゴールド刻印です。

 R2A-JP4-BKは、スマートに見える一方、視認性が悪い、黒いキーにブラック刻印です。

 201802151927.jpg

 APCは、ブラック刻印のR2A-JP4-BKのみの対応ですね。これについては、先述にように、Atlasは「マスト」の機能だとは思っていません。上級者向けですね。

 キーの静音性は、R2S-JP4-BKR2A-JP4-BKのみ対応です。静音キーは、かなりの「プレミア価格」だと思います。先述のように、通常製品でもさほど打鍵音がうるさいわけではありません。

 以上、東プレの「少し重め45g」のキーボードの紹介でした。この場合、打ち間違いが少なくできるため、とくに表計算などの入力仕事用として1台おすすめを上げるならば、こちらは有力候補です。APCと静音性は、あまり魅力的ではないので、基本的には安価なR2-JP4-BKでしょう。

ーーー

 201802151943.jpg

 【旧モデル】【重め45g】【通常モデル】

 15・東プレ REALFORCE 108UH SA0100
  ¥18,902
Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【旧モデル【重め45g】【静音モデル】

 16・東プレ REALFORCE 108UH-S SA010S
  ¥18,980 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 なお、こちらも旧モデルが売られています。

 しかし、旧機種はフルNキーロールオーバーに非対応ですし、割高なので、あまりおすすめではありません

 なお、ホワイト本体の後継機は、現在出ていません。



 201802151948.jpg

 【プロモデル】【重め45g】

 17・東プレ Realforce108UG-HiPro SJ38C0
 ¥22,196 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 108UG-HiProは、プロフェッショナルl仕様の高品質キーボードです。

 キー配列は、一般的なフルサイズの日本語108キーです。

 キーの重さは、正確な打鍵を優先する、しっかりした押し味の「ALL45グラム」です。

 201802151952.jpg

 キートップは、オリジナルの高級キーを採用します。キートップに、なだらかな凹みがあること、キーの高さが数ミリ程度高くなっている点で、下位機種とことなります。

 これは、昔の電子式タイプライターを真似て考案したもので、1つ1つのキーが、指にフィットしやすい構造になっています。キーストローク(=推したときの深さ)もあり、通常のキーボードよりも誤入力が格段に減ります。

 キーの静音性は、ストロークがやや長めの分、通常機よりもハッキリした打鍵音がします。これは、入力の正確性を高める点では効果的ですが、ややうるさく感じる人もいるでしょう。

 以上、108UG-HiProの紹介でした。

 きっちり「押した感」と「軽い押し返し感」があり、高レベルでバランス良くまとまっている「名機」だと思います。Atlasは発売されてすぐの時期に入手しましたが、それ以来手放せなくなっています。

 価格が高いので、全ての方におすすめできる商品ではありません。ただ、文筆業などパソコンの仕事が多い方で、タイピングの正確さを重要視したい方は、この機種はおすすめです。個人的には、使い込めば使い込むほど、タイピングが愉しくなる良キーボードだと思っています。

 なお、困ったことに、こちら「生産終了の見込み」です。Atlas愛用の品なので、予備に1つ早急に買う予定です。



 201703030836.jpg

 【ゲーミング】【重め45g】

 18・東プレREALFORCE RGB JP AEAX02
  ¥27,981 Amazon.co.jp (2/15執筆時)  

  REALFORCE RGBは、東プレの発売するゲーム用キーボードです。

 キー配列は、こちらは日本語108キーで、テンキーが付属するタイプです。

 キーの重さは、「ALL45グラム」で、変加重よりやや重めです。ゲーム用に、打ち間違いを減らすための仕様です。

 201703030840.jpg

 キートップは、バックライトカラーの変更が可能な、特殊仕様です。

 Windows用の専用ソフトで、キーのバックライト色がカスタマイズできるので、夜間視認性が高い製品です。ただ、キー配列は基本覚えているので、ファッション性の意味合いが強いと言えば強いですね。


 201703030842.jpg

 また、摩耗して文字の視認性が低下しないよう、印刷ではなく二色成形にしています。キーの文字が消えていくのを「美観的に気に入らない」方には向きます。

 201703030845.jpg

 KEY SPACER for REALFORCE RGB
  ¥2,267 Amazon.co.jp (2/15執筆時)  

 また、キーストロークを調整できるキースペーサーを利用することが可能です。こちらは、反応強度など微妙な調整をしたい向けのカスタマイズ用です。

 キーの静音性は、こちらは特段の配慮はないタイプです。

 以上、東プレREALFORCE RGBの紹介でした。

 耐久性の高い静電容量無接点方式のスイッチは、ハードな打鍵に耐えるため、ゲーミング用には向くと思います。一方、それ以外の方は、あまり購入のメリット性はなさそうです。

省スペースキーボードの比較

 つづいて、テンキーの付かない日本語配列のキーボードを紹介します。

 なお、省スペースモデルについては、2017年にモデルチェンジがありませんでした

 現状では全てフルNキーロールオーバーに未対応で、同時入力数に制限のあるNキーロールオーバーのみ対応です。LEDランプの色調整も非対応となります。


 201802151954.jpg

 【通常モデル】【変加重】

 19・東プレ・Realforce 91UBK NG01B0
  ¥17,380 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【静音モデル】【変加重】

 20・東プレ Realforce 91UBK-S NG01BS
  ¥20,591 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

201802151956.jpg

 【通常モデル】【変加重】

 21・東プレ Realforce 91U NG0100
  ¥ 15,463 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 Realforce 91UBKシリーズは、2012年発売のロングセラーモデルです。

 キー配列は、日本語91キーで、一般的な省スペースキーボードです。省スペースですが、テンキー部分がないだけで、特殊なキー配列や、キーの縮小がないため、ブラインドタッチの妨げにならないでしょう。Windowsキーはあります。なお、東プレは全機種Windowsキーがあります。

 キーの重さは、「変加重」です。先述のように、この方式が東プレの「標準」であり、「万人が最も使いやすい」とメーカーが判断している重さです。

 201802152000.jpg

 キートップは、それぞれ異なります。

 第1に、本体が黒色の機種は、ゴールド印字で、暗い場所でも視認性が高いモデルです。アルファベット刻印だけでかな刻印がないため、見た目がスマートです。

 第2に、本体が白色の機種は、「カナ刻印あり」のビジネス用になります。

 キーの静音性は、91UBK-S NG01BSについては、静音キーを採用します。ただ、通常モデルもさほどうるさくはないです。回りに、キーボードの打鍵音を気にする人もいる場合のみ、選ぶと良いと思います。なお、打鍵感は、通常モデルと変わりません。

 以上、Realforce 91UBKシリーズの紹介でした。省スペースではスタンダードなモデルです。テンキー(数字キー)を仕事で使わない人の最初の一台におすすめです。

 ただし、フルサイズのキーボードの方が置いたときにしっかり安定するので、サイズにこだわりのない場合はフルサイズのキーボード方が良いでしょう。


 201802151954.jpg

 【通常モデル】【重め45g】

 21・ダイヤテック Realforce 91UDK-G
   ¥17,153 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 91UDK-Gは、ダイヤテックの依頼で受注生産している省スペースモデルです。

 キー配列は、日本語91キーで、一般的な省スペースキーボードです。

 キーの重さは、一方で、「ALL45グラム」となります。やや重めの押し味なので、しっかりと間違いなくキーを入力できます。文字入力をできるだけ間違えたくない方は、重めのキーボードが有利ですので、こちらを選ぶのも良いでしょう。

 201505051537.jpg

 キートップは、「ブラック刻印」です。カッコイイですが、暗くなると文字の視認性が悪いので、完全にブラインドタッチができる人以外は避けましょう。

 キーの静音性は、特別な配慮はありません。

 以上、91UDK-Gの紹介でした。重めの押し味が好みの方で、省スペースモデルを探しているならば良い選択肢でしょう。ただし、ブラック刻印なので、記号キーを含めて完全にキーを把握している方以外は避けた方が良いでしょう。


  201703030758.jpg

 【通常モデル】【軽め30g】

 22ダイヤテック Realforce 91UG-S NG31BS
   ¥27,400 Amazon.co.jp  (2/15執筆時)

  91UG-Sは、ダイヤテックが販売する、もう一つの省スペースモデルです。

 キー配列は、日本語91キーで、一般的な省スペースキーボードです。

 キーの重さは、「ALL30グラム」となります。先ほどとは逆に、軽量化を重視したモデルですね。同社の省スペースキーボードとしては、最も軽快な押し味で、タイピング疲れをしやすい方に向いています。

 201703030803.jpg

 キートップは、「プロ仕様機」でも使われたグレーと黒のオシャレな配色です。昇華印刷で文字が消えにくい仕様で、カナキー刻印もないので、スマートです。一方、キーの凹みは、通常タイプと同じで、溝が深いプロ仕様ではありません

 キーの静音性は、こちらは静音キー採用です。

 以上、91UG-Sの紹介でした。軽量な小型キーボードを探しているならばこちらでしょう。また、静音キー採用で、しかもキーが軽量なので、おそらく東プレでは最も静かなキーボードと言えると思います。軽い感度のキーボードで、「スコスコ」打ちたい方はこちらでしょう。


 201505051625.jpg

 23東プレ・Realforce 23U
 23東プレ・Realforce 23UB
   ¥10,171 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 Realforce 23Uは、東プレの販売するテンキーです。

 キーの重さは、「ALL45グラム」となります。正確な打鍵を重視した作りであり、エクセル入力が多い人に向けた製品と言えます。

 テンキーとしては価格が高いですが、信頼性は高そうです。

今回の結論
東プレReal Forceのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、現在日本で手に入りそうな東プレのキーボードを総ざらいしてみました。

 いつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種を書いておきます。 


 第1に、1万円以上の高級キーボードを初めて購入される人には、

 201802151820.jpg

 【2017年新モデル】

 【通常モデル】【変加重】

 1・東プレ REALFORCE R2 R2-JPV-IV
  ¥16,891 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★★
 静音性    ★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 変加重日本語108キー・フルサイズのキーボードR2-JPV-IVでしょう。

 先述のように、「変加重」が東プレにおける「標準」です。そして、All30グラムの軽量キーボードや、All45 グラムのキーボードは、東プレのキーボードではやや特殊なモデルです。

 キーボードはデンキヤで触ったくらいでは試せない(長時間打ってみないと本質が分からない)ため、最初に購入するのは、最も利用者の多い、伝統的な変加重のモデルが良いと思います。

ーー

  201802151849.jpg

 【2017年新モデル】

 【通常モデル】【重め45g】

 12・東プレ REALFORCE R2 R2-JP4-BK
  ¥15,811 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★★
 静音性    ★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 ただし、コーディネートの関係で白モデルが「イマイチ」と感じる場合は、【重め45g】R2-JP4-BKが良いでしょう。ある程度の指の力のある男性ならば、さほど重さの違いを感じずになじんでしまうでしょう。

 とくに、ゲーミング用にも使われる場合は、このキーボードは「ゲーミングキーボード」としても売られるものなので信頼性が高いです。

 ゴールド印字で視認性も良いので、最初はこちらが良いと思います。


 第2に、できるだけ手の疲れない日本語キーボードを探している方は、

  201802151855.jpg

 【2017年新モデル】

 【静音モデル】【軽め30g】【APC対応】

 5・東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-BK
  ¥27,021 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 201802151911.jpg

 【2017年新モデル】

 【静音モデル】【軽め30g】【APC対応】

 6・東プレ REALFORCE SA R2 R2SA-JP3-IV
  ¥26,774 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★
 静音性    ★★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 押し心地の軽い「ALL30グラム」のこちらの機種をオススメします。

 おそらく、高級キーボードのなかでは、マジェスタッチ2も含めて最も軽量なモデルでしょう。これで疲れるようならば、病院に行くしかないという意味での「最終兵器」と言えます。

ーー

 【旧モデル】【軽め30g】

 7・ダイヤテック Realforce108UDK SJ38C0
  ¥18,247 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 【旧モデル】【軽め30g】

 10・東プレ Realforce108US SJ38D0
  ¥17,990 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★
 静音性    ★★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 ただ、こちらは旧モデルがかなり安く売っています。

 APCと静音キーが非対応ですが、先述のようにこの2つの機能は「疲れにくさ」にとって必ずしも重要とは言えない機能です。価格差も大きいので、基本的にはこちらで良いと思います。


 第3に、正確に入力できる、押し味の良いキーボードを探している方は、

 201802151948.jpg

 【プロモデル】【重め45g】

 17・東プレ Realforce108UG-HiPro SJ38C0
 ¥22,196 Amazon.co.jp
(2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★★★★
 静音性    ★★★★★
 総合評価   ★★★★★★★

 Realforce108UG-HiProをおすすめします。Atlasも現在使っていますが、独自の凹タイプのキートップと、ALL45グラムという押し味のあるキーの採用で、ワンランク上の正確な打鍵を確保できます。ミスタイプを減らしたい方には特におすすめできます。

 やや高価ですが、耐用年数を考えるとキーボードは一度買うとパソコンより長く使うことになります。そのような意味で、できるだけ信頼性の高い機種を買うのは「無駄ではない」と思います。

 あと、この機種を買われた方は、「自分に合わない」「まずったなあ」と感じても最低1-2週間は使い続けてみてください。このキーボードが真価を発揮するのは、指がキーボードに慣れた後ですから。


 第4に、省スペースタイプの日本語キーボードを探している方は、

 201802151954.jpg

 【通常モデル】【変加重】

 19・東プレ・Realforce 91UBK NG01B0
  ¥17,380 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

201802151956.jpg

 【通常モデル】【変加重】

 21・東プレ Realforce 91U NG0100
  ¥ 15,463 Amazon.co.jp (2/15執筆時)

 キーの軽さ  ★★★★★★
 打鍵の正確さ ★★★★★
 静音性    ★★★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 省スペースの場合は、「変加重」で「ゴールド印字」が採用されいる、オーソドックスな91UBがオススメです。最も売れているモデルですし、安定した打鍵感です。静音仕様のモデルで良いでしょう。また、白の91Uでも良いでしょう。

 なお、省スペースキーボードは、コンパクトで邪魔にならないメリット性があります。ただ、本体が短い分、打鍵時の安定感は、フルサイズのが上です。そのため、スペースが許すならば、快適な入力のためにフルサイズのキーボードを買われるのをおすすめします。


 第5に、高級ゲーミングキーボードとしてオススメできる製品は、

 201703030836.jpg

 【ゲーミング】【重め45g】

 18・東プレREALFORCE RGB JP AEAX02
  ¥27,981 Amazon.co.jp (2/15執筆時)  

 12・東プレREALFORCE RGB US AEAX01
  ¥30,184 Amazon.co.jp (2/15執筆時)  

  REALFORCE RGBでしょう。キーストロークが調整できる点と、LEDライトが搭載される点で、ほかに比較できる機種がないですから。ただ、このモデルは、英語キーボードもあるため、どちらを選ぶかは悩む部分でしょう。

 ゲーム専用と考える場合は、英語キーボードの方が良さそうですが、通常の用途と兼用する場合は、やはり日本語モデルでしょうね。

ーーー 

 というわけで、今回は、東プレのUSBキーボードについてお送りしました。

 最後におまけ。

1・手指の疲れないキーボードのオススメ機種まとめ

 高級キーボードの二強といえば、東プレのリアルフォースとFILCOのマジェスタッチですが、両社のモデルから選ぶ場合のオススメ機種について上の記事でまとめています。よろしければご覧ください!!

 もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:42 | PC周辺機器

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png