比較2019'【高速/軽量】59機のポータブルHDDの性能とおすすめ・選び方 (1)

2019年10月16日

比較2019'【高速/軽量】59機のポータブルHDDの性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】2019年 小型USBポータブルハードディスクの性能とおすすめ・選び方: 4TB 3TB 2TB 1TB 500GBポータブルHDD:耐衝撃 パスワードロック・セキュリティ・USB-C変換対応機種:違いや性能ランキング

【紹介する主な製品】バッファロー MiniStation HD-PCG1.0U3-BBA HD-PCG2.0U3-GBA HD-PCG3.0U3-GBA HD-PCG500U3-BA WD Elements Portable WDBU6Y0040BBK-WESN トランセンドStoreJet 25M3 TS2TSJ25M3G TS1TSJ25M3S アイオーデータ HDPX-UTS2K HDPX-UTS1K HDPD-SUTB2 HDPD-SUTB1 HDPD-SUTB500 HDPT-UT1K エレコム ELP-QEN010UBK ELP-QEN020UBK 東芝 CANVIO HD-TPA4U3-B/N HD-TPA2U3-B/N HD-TPA1U3/N

今回のお題
おすすめの最新ポータブルハードディスクはどの製品?

 どもAtlasです。

 今回は、2019年10月現在、最新のUSB3.0対応の小型ポータブルハードディスクを比較します。

 201809141056.jpg

 WindowsにもMacにも対応する記事として書きました。

1・軽量性   ★★★★★
2・堅牢性   ★★★★★
3・PC利用  ★★★★★ 
4・TV利用  ★★★★★
5・保証    ★★★★★
6・総合評価  ★★★★★

 以下では、「スピード」などからの選び方を解説したあと、上表の様なポイントから、各社の製品を比較します。

 そして、最後に「結論」として、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

ーーー

1・ポータブルHDDドライブ
2・ポータブルSSDドライブ
3・USBフラッシュメモリー

4・外付けハードディスク(電源付)
5・NAS(ネットワークディスク)
6・Mac向きのドライブのまとめ

 なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」のPC周辺機器比較記事の1回目記事として書きました。

1・ポータブルハードディスクの選び方の基本 

 201904141402.jpg

1・パソコン向けのHDD
2・テレビ・レコーダー向けのHDD

 ポータブルハードディスクを購入する場合、上表2点の「利用目的」の違いをふまえて、選ぶのが基本です。

 選び方の基本となるので、以下、順番に解説しておきます。

1・パソコンで使う場合

  201904141406.jpg

 はじめに、パソコンで利用する場合です。

 この場合、Windowsでも、Macでも、今回紹介するポータブルハードディスクならば、どの製品でも問題なく利用可能です。

 その場合、皆さんが気になるのは「転送速度」でしょう。

 この部分について言えば、最近のポータブルハードディスクは、全てUSB3.0規格対応です。そのため、「理論的」には、最大5Gbps(625メガバイト/秒)まで、速度を出せます。


現実のスピード
USB2.0 最大480Mbps
USB3.0 最大960Mbps

 ただし、HDDの場合、ハードディスク内部の円盤の回転数の遅さがボトルネックとなっています。

 そのため、実際は、最大960Mbps(=120メガバイト/秒)あたりが、現在のHDDの最高速です。

 201904141941.jpg

 なお、速度について言えば、「ポータブルハードディスク」の場合、現状どの製品を選んでも最高速度は同じです。

 例えば、回転数の速いHDDを採用する「上位機」、回転数の遅い「格安機」のような区別は、見られません。

---

 結論的にいえば、「転送速度」という要素は、現状では、ハードディスク選びの「比較基準」にはなりません

 では、何を比較基準とするべきなのか?

  201805201024.jpg

1・本体の堅牢性
2・本体の軽量性
3・保証期間の長さ

 その点についていえば、現在でも、製品間で差が見られる要素は、主に、上表の3点です。

 したがって、PC用に選ぶ際は、「本体の堅牢性」・「本体の軽量性」・「保証期間」といったスペックを把握した上で、「価格」を考慮して選んでいくことになります。

  201809141122.jpg

  AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ
   ¥ 999 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 なお、Macbookなど、新形状のUSB3.1(TYPE-C)規格の端子を採用している場合は、基本的には、変換アダプタを購入してください。

2・テレビ・レコーダーで使う場合

  201904141431.jpg

 つづいて、テレビやレコーダー用途での利用する場合です。

 こちらも、基本的に(今回紹介する)ポータブルハードディスクなら、どれでも「OK」です。

 ただし、注意点が2つあります。

ーー

 第1に、トラブルの際の保証についてです。

 メーカーが「推奨」しないモデルの場合、トラブルに際しての保証が自己責任になる点です。

 この点は、割と注意して、今回は比較するつもりです。

 201805201106.jpg

 第2に、SeeQVaultという新規格への対応です。

 2016年以降発売のテレビ・レコーダーについては、概ねSeeQVaultという業界団体がさだめる新規格に対応しています。

 以前は、USBポータブルHDDに録画したTV映像は、録画した機種だけで再生可能でした。

 しかし、SeeQVault規格に対応するポータブルハードディスクを導入する場合、録画したテレビ・レコーダー以外でも映像が再生可能です。

 201805201110.jpg

 そのため、対応機は、持ち運びの際や、TVが故障した際の買換にも便利と言えます。

 詳しくは、このブログでは、【ブルーレイレコーダーの比較記事】で紹介しまました。

  201904141424.jpg

 なお、小型機は、BUFFALOが生産から撤退したので、対応機の選択肢は少なくなっています。

 とはいえ、「ないわけでもない」ので、この部分を含めて、今回の記事では紹介しています。

ーーー

 以上、PCとTVとの場合の、ポータブルハードディスクの選び方の基本を紹介しました。

 以下では、これらの基本をふまえつつ、各機について、個別に詳しく説明していきます。

2・BUFFALOのポータブルHDDの比較

 201805201001.jpg

 はじめに、日本の大手周辺機器メーカー、バッファローのポータブルハードディスクから比較します。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思える部分を青字で記します。


 201805201008.jpg

【2018年発売】

【3TB】

 1・3TB HD-PCG3.0U3-GBA
  ¥14,060 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】

 2・2TB HD-PCG2.0U3-GBA
  ¥9,882 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:240 g
寸法:75×19.5×117mm

【1TB】

 3・1TB HD-PCG1.0U3-BBA
  ¥6,609 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:175 g
寸法:75×14×117mm

【500GB】

 4・500GB HD-PCG500U3-BA
  ¥5,810 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:145 g
寸法:75×11.5×117mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★★ 
4・TV利用  ★★★★☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★☆

 最初に紹介するのは、バッファローの「ミニステーション」です。

 今回紹介するHDDの中では、価格が安く、「最もお財布に優しいHDD」の1つです。

 配色は、一般的なブラックのほか、ホワイトもラインナップされます。

 201805201048.jpg

 堅牢性は、しかしながら、さほど重視されていないと言えます。また、排熱もさほど重視されていないため、パソコンに常時接続する用途には不向きです。

 なお、2018年新モデルについては、底面に衝撃吸収剤を採用し、置いた際や、ずれた際の衝撃を緩和する仕組みが新採用されました。

 ただし、これは、上位機のような落としても壊れにくいという設計ではなく、「おまけ」程度です。

 サイズも、同社のHDDとしては、厚みがある方ですね。

 201904141332.jpg

 付属ソフトは、事後のダウンロード対応ですが、SecureLock Mobile2という暗号化ソフトが利用できます。

 そのほか、Windowsのみですが、データの圧縮転送で、バックアップ時間を削減するBackup Utilityと、論理フォーマットのための、Data Formatter 2が利用できます。。

 201904141329.jpg

 ユーザーサポートは、最近の国内周辺機器メーカーは充実させてきている部分です。

 バッファローの場合、HDD故障復元のためのラボがあるため、軽度の論理障害の無償対応を売りにしています。

 201805201053.jpg

 それに関連して、この製品には、OSのSMART機能を利用し、ハードディスクの故障を予測するLEDランプが付属します。

 いずれも、「ユーザーの利便性向上」と「企業の利益増進」の総取りを目指した、同社らしい「Win-Win」的なシステムです。

  201904141431.jpg

 録画機器への対応は、【こちら】で動作確認済みの機種が検索できます。

 冒頭に書いたように、最近の大手製(ソニー・シャープ・東芝・日立・Panasonic・三菱)ならば、未記載でも(原理的にはですが)利用可能です。

 ただし、冒頭で書いたような、SeeQVaultには対応できません

---

 以上、バッファローの「ミニステーション」の紹介でした。

 他機種と比較すると「値段の安さ」は圧倒的です。外観や堅牢性などあまりこだわらないならば、コスパのよいこちらを選ぶのが最善でしょう。

ーーー

 201904141438.jpg

【2TB】

 5・2TB HD-PUS2.0U3-SVD
 5・2TB HD-PUS2.0U3-RDD
  ¥ 12,998 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【1TB】

 6・1TB HD-PUS1.0U3-SVD
 6・1TB HD-PUS1.0U3-RDD
  ¥7,694 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:130g
寸法:79×8.6×116mm

1・軽量性   ★★★★★★
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★★ 
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★★

 なお、BUFFALOからは、HD-PUSU3-Dシリーズという、姉妹品が販売中です。

 201904141445.jpg

 この製品は、本体にアルミを利用することで、軽量化が図られるほか、とくに、厚みの部分で8.6mmと、下位機種より相当程度薄くなっています。

 その点で、身軽に持ち歩きたい場合に便利ですが、外観が金属製とはいえ、耐衝撃・落下性は期待できないため、どちらを取るかという「選択」となります。

 また、(原理上、使えはしますが)PC/Mac専用として売られており、映像機器用ではない点も注意点です。


 201805201008.jpg

 【2019年】

【耐衝撃・4TB】

 7・4TB HD-PGF4.0U3-GBKA
  ¥16,632 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:250 g
寸法:79.5×21.5×119mm

【耐衝撃・2TB】

 8・2TB HD-PGF2.0U3-BBKA
  ¥10,109 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:180 g
寸法:79.5×21.5×119mm

【耐衝撃・1TB】

 9・1TB HD-PGF1.0U3-BKA
  ¥7,882 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:150g
寸法:79.5×16×119mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★★
3・PC利用  ★★★★★
4・TV利用  ★★★★☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★☆

 HD-PGFシリーズも、バッファローのポータブルHDDです。

 価格帯で言えば、一つ上のディスクよりも高い価格のモデルです。

 201904141326.jpg

 配色は、基本的にはホワイト/ブラック色ですが、売れ筋の1TBモデルに限っては、他のカラーモデルも選べます。

 201904141339.jpg

 堅牢性は、この機種のもっとも「売り」の部分です。

 先ほどの機種よりも耐衝撃性能が向上し、落としたときなどに壊れにくくなっているといえます。

 内部にゴム材を入れることで、落下時の衝撃を和らげています。

 サイズは、堅牢性を高めるため、下位機種よりも0.2cm程度厚みが増しています。

 重さは、一方、下位機とほとんど変わらず、軽量です。

 その点でいえば、持ち歩き用途にするHDDで予算が許せばこちらが良いと思います。

 201904141344.jpg

 付属ソフトは、下位機種が持つソフトは全て網羅します。

 その上で、「おでかけロック」というHDDにパスワードをかけられる機能が提供されます。他のPCにつなげた場合も、ロックは有効ですから、持ちはこびに便利です。

 201904141345.jpg

 ユーザーサポートは、下位機種同様で、特に復旧サービスにかかわる部分が充実します。

  201904141431.jpg

 録画機器への対応は、下位機種で説明したのと同様の意味で、利用は可能です。

 ただし、SeeQVaultには対応できません

---

 以上、耐衝撃HD-PGFシリーズの紹介でした。

 「ミニステーション」に比べると、重さはそのままで耐久性が上昇している点、外観デザインが綺麗な点が見所です。持ち運んで利用するならば、こちらが良いでしょう。


  201809141026.jpg

【2018年】

【耐衝撃 2TB】

 10・BUFFALO HD-PZF2.0U3-BKA
   ¥14,364 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【耐衝撃 1TB】

 11・BUFFALO HD-PZF1.0U3-BKA
   ¥10,855 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:300 g
寸法:90×21×141mm

1・軽量性   ★★☆☆☆
2・堅牢性   ★★★★★★
3・PC利用  ★★★★★
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★☆

 HD-PZNシリーズは、Buffaloでは最も高価で最も堅牢なポータブルハードディスクです。

 201805201024.jpg

 堅牢性は、このモデルの「売り」です。

 なぜなら、米軍納入品規格である「MIL-STD-810F 516.5 procedure IV」準拠で、 1.2mの落下に耐える性能を持つからです。

と 市販のハードディスクの中でもとくに「堅牢なモデル」です。

 サイズは、下位機種より一回り大きいです。

 また、堅牢性を売りにしているため、本体重量も重めです。

 2.jpeg

 ただ、持ちはこびの点で言えば、本体の中にUSBケーブルが収納できる構造になっている点が便利です。

 また、セキュリティスロット(ケンジントンスロット)もあるため、据置時の盗難防止にも役立ちます。

 その他の部分は、ソフト・ユーザーサポート・TVの利用の部分を含めて、下位機種と同じです。

---

 以上、HD-PZNシリーズの紹介でした。

 持ちはこびなどが多い方で「とにかく頑丈なモデル」であることを重視するならば、最高の選択肢です。

3・アイオーデータのポータブルHDDの比較

 201805201118.jpg

 つづいて、日本の周辺機器メーカーとして、バッファローと同様に有名な、アイ・オー・データの機種を紹介します。


 201904141502.jpg

【2019年発売】【カクうすLite】

【5TB】

 12・アイオーデータ HDPH-UT5DKR
  ¥24,053 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【4TB】

 13・アイオーデータ HDPH-UT4DKR
  ¥18,638 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【3TB】

 14・アイオーデータ HDPH-UT3DKR
  ¥14,957 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】

 15・ アイオーデータ HDPH-UT2DKR
 15・ アイオーデータ HDPH-UT2DWR
 15・ アイオーデータ HDPH-UT2DNVR
  ¥10,627 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:230g
寸法:76×15×114mm

【1TB】

 16・アイオーデータ HDPH-UT1KR
 16・アイオーデータ HDPH-UT1WR
 16・アイオーデータ HHDPH-UT1NVR

  ¥7,132 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【500B】

 17・アイオーデータ HDPH-UT500KR
 17・アイオーデータ HDPH-UT500WR
 17・アイオーデータHDPH-UT500NVR
  ¥5,757 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:160g
寸法:76×20×114mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★★
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★☆

 かくうすliteシリーズは、アイオーデータでは、最も安いポータブルハードディスクです。

 冒頭でみた、バッファローの格安機種である「ミニステーション」のライバル機種と言えます。

 201805201122.jpg

 配色は、一部の容量を除いて、ブラック以外にホワイトブルー(ミレニアム群青)も選べます。


201904141510.jpg

 サイズは、2TBまでのモデルは厚みが15mm、2TB以上は厚みが20mmです。

 「かくうすlite」という商品名ですが、BUFFALO機に比べて、薄さ部分でさほど優秀とも言えないです。

 重さも、同じです。

 一般的な意味では、十分軽いとは言え、比較した場合とくに軽量でもありません。

 201904141520.jpg

 堅牢性は、特段、この機種は強調しません

 一方、ドライブの静音性が強調されますが、実際のところは、さほど他社と変わりません。

 201802041410.jpg

 付属ソフトは、アイオーデータの場合、強調できます。

 ダウンロード対応ですが、【IO APPsというアプリ群】が無料で提供されるからです。

 Sync Connectというバックアップソフトのほか、データ消去アプリ・データ抹消アプリなど充実します。

 パスワードロックについては、フォルダ単位のロックをフォローします。

 なお、多くのアプリがありますが、一部は試用版です。

 201904141431.jpg

 ユーザーサポートは、一方、土日のサポート電話対応など、同社は充実していることで有名です。

 ただし、PC用HDDについては窓口が別であり、とくに強調するべき部分はありません。

 故障診断もBUFFALO機のように、SMART機能とリンクするランプなどはありません。

 録画機器への対応は、「PC用」として特化しているため、原理上は使えますが、動作保証はとっていません

 201805201125.jpg

 なお、アイオーデータは、初期値ではFAT32ではなく、NTFS形式でフォーマットしています。

 そのため、Macで使うには、再フォーマットしないと使えない仕様です。

 NTFS-3G for Mac I-O DATA」というMacでもNTFS形式を扱えるアプリを付属させていますが、Macは1年ごとにOSが更新される性質があるため、初心者には、この仕様は微妙です。

----

 以上、かくうすliteシリーズシリーズの紹介でした。

 基本的に「PC専用」である点、さらに、WindowsPC向きである点に、注意が必要です。

 ただ、Windowsならば、便利なアプリも多めであり、割と良い選択肢でしょう。

 なお、特に500GBモデルは、やや重め・大きめである点に注意が必要です。

ーーー

 201802041430.jpg

【2TB】

 18・アイオーデータHDPX-UTS2K
  ¥ 16,114 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【1TB】

 19・アイオーデータ HDPX-UTS1K
  ¥ 8,649 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:130g
寸法:76×8.6×114mm

1・軽量性   ★★★★★★
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★★ 
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★★

 なお、BUFFALOにもありましたが、通常機にアルミを採用して、軽量・省スペース化を図った製品が、アイオーデータにもあります。

 201802041435.jpg

 BUFFALOの軽量機と比較して、重さも薄さも同等です。

 ただ、縦横のサイズだけ、ほんのわずかですが、アイオーデータの方が薄いです。とはいえ、明確な機能差があるわけでもないです。

--

 結論的にいえば、「薄型・小型」という点で選ぶ場合は、両機から、値段とデザインで決めてしまって良いでしょう。


 201809141124.jpg

【5TB】

 20・アイオーデータ EC-PHU3W5D
  ¥21,586 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【4TB】

 21・アイオーデータ EC-PHU3W4D
  ¥14,899 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【3TB】

 22・アイオーデータ EC-PHU3W3D
  ¥13,354 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】

 23・アイオーデータ EC-PHU3W2D
  ¥8,798 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:230g
寸法:75×20×112mm

【1TB】

 24・アイオーデータ EC-PHU3W1
  ¥6,838 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:160g
寸法:75×14×112mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★☆ 
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★☆☆

 EC-PHUシリーズは、流通経路が限定的なIO-DATAの廉価版製品です。

 配色は、シルバーのみです。

 こちらの場合、かくうすシリーズの旧製品使われていた古い外装をそのまま使って、安く売っている製品です。

 サイズは、現行製品よりも重さが変わらず、多少スリムです。

 堅牢性は、先ほどの製品と同レベルでしょう。

 その他の部分は、同社の充実したアプリ群の利用がフォローされない部分を除けば、ほぼ同じです。

---

 以上、EC-PHUシリーズの紹介でした。

 見所はこちらも「価格の安さ」です。ただ、筐体の質感は値段なりです。

 実際、持ち歩く用としては外観のデザインがイマイチと言えます。ただ、データ保存用には、格安でよいと思います。選択肢にしても良いでしょう。


  201802041358.jpg

【3TB】

 25・アイオーデータ HDPT-UT3DK
  ¥20,800 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】

 26・アイオーデータ HDPT-UT2DK
  ¥11,500 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】【アマゾン限定型番】

 27・アイオーデータ HDPT-UT2DK/E
  ¥12,322 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:220g
寸法:75×20×112mm

【1TB】

 28・アイオーデータ HDPT-UT1K
  ¥8,775 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【1TB】【アマゾン限定型番】

 29・アイオーデータ HDPT-UT1K/E
  ¥7,591 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【500GB】

 30・アイオーデータ HDPT-UT500K
  ¥7,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:160g
寸法:75×14×112mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★☆
4・TV利用  ★★★★★
5・保証    ★★★★☆
6・総合評価  ★★★★☆

 HDPT-UTシリーズも、アイオーデータの製品です。 

 同社の「中位機」ですが、堅牢性・軽量性のスペックは、下位機種とほとんど変わりません

 201805201136.jpg

 相違点は、ブルーレイやTVなどの家電との接続にも公式対応する点です。もちろん、PCでも使えます。

 BUFFALOを含めて他社の場合、ポータブルHDDについては製品をPC向けと、TV・レコーダー向けに、しっかり分けません。

 201904141547.jpg

 一方、アイオーデータが分けるのは、ユーザーサポートが大きな理由です。

 同社の場合、録画対応HDDについては、メーカー動作確認を取った上で、「土日も電話サポート」をするなど、サービス面で充実します。

 その分のサービス料を価格に組み込むため、PC用と録画機器用に明確に区分していると思われます。

201904141550.jpg

 堅牢性は、先述のように、下位機種と、明確な差は無いです。

 ただ、外観にハードコーティング加工・ラバー素材の採用があるので、傷が付きにくく、滑りにくいと言えます。

 201805201139.jpg

 そのほかは、筐体のサイズも性能も、ほとんど変わりません。

 USB3.0で接続できているかを示すLEDを搭載する点と、PC向けの30cmのケーブルの他、TV向けの1mケーブルが付属するのが相違点です。

 201904141552.jpg

 なお、【アマゾン限定型番】とある製品については、形状や保証面では同等で、パッケージだけ「エコ包装」にすることで、値段を抑えたモデルとなります。サポートも、同水準です。

---

 以上、HDPT-UTシリーズの紹介でした。

 堅牢性などの部分で、PC向けではオススメしません。一方、映像機器用としては、土日を含めて電話サポートが充実する点で、割と良い選択肢と思います。ゲーム用にも良いでしょう。

 ただし、録画機器用を銘打った製品ですが、冒頭で紹介したような、SeeQVault規格には対応できませんので、注意が必要です。


 201904141610.jpg

【2016年発売】

【耐衝撃 2TB】

 31・アイオーデータ HDPD-SUTB2
  ¥15,398 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【耐衝撃 1TB】

 32・アイオーデータ HDPD-SUTB1
  ¥9,696 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【耐衝撃 500GB】

 33・アイオーデータ HDPD-SUTB500
  ¥8,332 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:180 g
寸法:84×19×120mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★★★
3・PC利用  ★★★★★
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★★

 HDPD-SUTBシリーズは、アイオーデータでは、最も堅牢なポータブルハードディスクです。

 堅牢性重視のモデルは、BUFFALOでもありました。

 しかし、アイオーデータは堅牢性を担保しつつ、ある程度は、軽量性も追求した方向性の製品となります。

 201904141617.jpg

 堅牢性は、アイオーデータの場合、外装のTPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)と内装のポリカーボネートが担います。

 201904141619.jpg

 剛性と弾力性を併用することで、BUFFALOの最上位機と同じ「MIL-STD-810F 516.5 procedure IV」準拠の資格を得ています。

 201904141620.jpg

 サイズは、その上で、BUFFALO機より、一回り小さいです。

 重さも、BUFFALOはケーブル収納式である点を割り引かないといけないものの、180gと、100g超軽量です。

 スマホとだいたい同じ重さで、持ちはこびの利便性は良さそうです。

 201904141623.jpg

 付属ソフトは、アイオーデータは、このグレードから、BUFFALOでみたハードウェア暗号化(AES256bit)をフォローします。パスワードロックをかけて持ち運べる仕様です。

 セキュリティスロット(ケンジントンスロット)もあるため、据置時の盗難防止にも役立ちます。

 その他の部分は、同社の(PC向け)下位機種と同じです。ただし、

---

 以上、HDPD-SUTBシリーズの紹介でした。

 堅牢性を重視したい場合は、BUFFALOの最上位機か、こちらが良いでしょう

 比較した場合、MIL-STD-810F 516.5 procedure IV」準拠の部分は同等ですが、その上で、ある程度「軽い」ので、持ち運びを考えた場合は、こちらがオススメと言えます。

4・WDのポータブルHDDの比較

 201805201143.jpg

 続いて、アメリカのウエスタン・デジタルのハードディスクです。

 東芝の一件で日本でも知名度を高めたと言えますが、古くから日本市場でシェアがあるHDDメーカーで、信頼度の高いブランドです。


 201809141045.jpg

【Elements Portable】

【4TB】

 34・ WD WDBU6Y0040BBK-WESN
  ¥12,218 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【3TB】

 35・WD WDBU6Y0030BBK-WESN
  ¥10,800 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

【2TB】

 36・WD WDBU6Y0020BBK-WESN
  ¥8,263 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:234g
寸法:82 x 21 x 112 mm
保証期間: 2年

【1TB】

 37・WD WDBUZG0010BBK-WESN
  ¥5,949 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:136g
寸法:82 x 15 x 111 mm
保証期間: 2年

1・軽量性   ★★★☆☆
2・堅牢性   ★★★★★
3・PC利用  ★★★★★★
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★★★★
6・総合評価  ★★★★★★

 WD Elements Portable世界的な米国のハードディスクのメーカーWestern Digitalが販売するポータブルHDDです。

 201805201147.jpg

 同社は、「中身のHDD」自体を自社生産できる企業です。

 そのため、特に2TB以上のハードディスクは、かなり安めの値段で買えることで有名です。

 201904141632.jpg

 本体のデザインは、アメリカらしく省スペース性よりも堅牢性を重視したデザインです。

 重さは、1TBモデルは、136gと軽量です。

 しかし、2TB以上は、234グラムとなかなか重量があるため、持ち運んでの利用には多少難があると言えます。

 201805201149.jpg

 堅牢性は、「故障しにくさ」という側面において、この機種は期待できます。

 なぜなら、自社で生産したWestern Digital製の高品質ハードディスクが中に入っていることは確定的だからです。WDのハードディスクは、他社製HDDより技術的信頼性が高いですから。

 ただし、「落としても壊れにくい」という意味では、国内2社の「耐衝撃・落下モデル」に及ばないでしょう。

 サイズは、重さは他社とさほど変わりませんが、横幅が多少大きめに取ってあります。

 このあたりは堅牢性とバーターですが、1cm未満のレベルの話ですので、持ちはこびには影響しないと思います。

 201904141639.jpg

 付属するソフトは、割と多めです。

 通常、ハードディスク内のパーティションの一部にWD Backupなどがはいっています。また、消した場合も、【WDのダウンロードサイト】からフォローできます。

 201904141431.jpg

 録画機器への対応は、原理上は使えますが、動作保証はとっていません

 ユーザーサポートは、日本的な意味での電話サポートは、充実しません。

 ただし、他社では通常1年の保証期間が、WDの場合は2年保証です。排熱関係のトラブルでハードディスクはよく壊れるので、長期保証がついているのはかなりのメリット性があります。

---

 以上、WDElements Portableの紹介でした。

 中身のHDDが「信頼のWD製で確定」している点が「売り」です。

 価格としてみても、2TB以上のモデルは、他社の廉価機種並みに安いです。中身が自社生産できるメーカーの強みでしょう。保証期間の長さも、もちろん「売り」です。


 201702031505.jpg

 【My Passport】

 【4TB】

 38・WDBYFT0040BBK-WESN【各色】
  ¥ 13,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 38・WDBP6A0040BBK-WESE 【Mac】
  ¥ 14,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 【 3TB】

 39・WDBYFT0030BBK-WESN【各色】
   ¥ 14,200 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 39・WDBP6A0030BBK-WESE 【Mac】
  ¥ 12,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 【2TB】

 40・WDBYFT0020BBK-WESN 【各色】
  ¥ 8,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 40・WDBP6A0020BBK-WESE 【Mac】
  ¥ 9,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:250g
寸法:81.5 x 21.5 x 110 mm
保証期間: 3年

 【1TB】

 41・WDBYNN0010BBK-WESN 【各色】
  ¥ 6,480 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 41・WDBFKF0010BBK-WESE 【Mac】
  ¥ 7,480 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

重さ:170g
寸法:81.5 x 16.3 x 110 mm
保証期間: 3年

1・軽量性   ★★★☆☆
2・堅牢性   ★★★★★
3・PC利用  ★★★★★
4・TV利用  ★★★☆☆
5・保証    ★★★★★★
6・総合評価  ★★★★★

 WD My Passportは、WDのどちらかと言えば「デザイン重視」の製品です。

 201805201205.jpg

 配色は、先ほどのモデルに較べるとカラフルな多色展開です。

 「オシャレ系」のデザイン重視のHDDは、以前はLaCieというフランス系のメーカーが出していたのですが、残念ながら日本撤退しています。その「間隙を突く」モデルとして2016年に颯爽と登場したのがこちらです。

 堅牢性は、WD Elements Portableと同じ程度です。

 とくに特別な工夫はなされません。もちろん、Western Digital製の高品質ハードディスクが採用されます。

 サイズは、この機種の場合、デザイン重視のため5mm程度厚みが増しています。

 重さも、20g程度重めですが、これは、デザイン性を重視したためであり、堅牢性とは(ほぼ)無関係です。

 201702031518.jpg

 そのほかの面では、とくに他機種と変わりません。

 ユーザーサポートの部分では、ただし、保証が3年とより長めです。

 そのほか、同色のケーブルが付属するのも、オシャレだと思います。

 201904141649.jpg

 なお、各製品とも【Mac】と書かれたのは、APPLEのOSX用にフォーマット済みの機種です。

 ただ、発売時期の関係で割高です。Windows用のモデルでも、フォーマットすればMacで利用できますし、バックアップ用ソフトウェアなども付属します。

--

 以上、WD My Passportの紹介でした。

 デザイン性はかなり良く、持ち歩きたくなるようなモデルです。下位機種よりも保証期間が長いのは魅力ですが、重さと厚みが増している点は、やや残念な部分です。

5・東芝のハードディスクの比較

 201805201211.jpg

 続いて、東芝のハードディスクの紹介です。

 ポータブルハードディスクについては、日本では、基本的に「撤退」ですが、BUFFALOがサポートを引き継ぎ、一部機種について継続販売の様子です。


 201910161826.jpg

 【4TB】

 42・東芝 CANVIO HD-TPA4U3-B  [黒]
  ¥ 14,558 楽天市場 (10/16執筆時)

 【4TB】【アマゾン限定型番】

 43・東芝 CANVIO HD-TPA4U3-B/N  [黒]
  ¥ 13,480 Amazon.co.jp (10/16執筆時

重さ:206 g
寸法:78×19.5×109mm

 【2TB】

 44・東芝 CANVIO HD-TPA2U3-B  [黒]
  ¥ 9,781 楽天市場 (10/16執筆時)

 【2TB】【アマゾン限定型番】

 45・東芝 CANVIO HD-TPA2U3-B/N  [黒]
  ¥8,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時

重さ:140 g
寸法:78×14×109mm

 【1TB】

 46・東芝 CANVIO HD-TPA1U3-B [黒]
  ¥ 6,282 楽天市場 (10/16執筆時)

 【1TB】【アマゾン限定型番】

 47・東芝 CANVIO HD-TPA1U3-B/N  [黒]
  ¥ 6,480 Amazon.co.jp (10/16執筆時

重さ:125 g
寸法:78×14×109mm

1・軽量性   ★★★★☆
2・堅牢性   ★★★★☆
3・PC利用  ★★★★☆
4・TV利用  ★★★★★
5・保証    ★★★☆☆
6・総合評価  ★★★★☆

 こちらは、CANVIO(キャンビオ) ブランドで売られる東芝のハードディスクです。

 実際の販売・サポートはBUFFALOが行っています。デンキヤでは、東芝のHDDは「ブランド的価値」があるため、同社から引き継いで売っているようです。

 東芝は、2.5インチのHDDを自社グループで生産できるため、WDと同様に信頼性は期待できます。「東芝製」という言及があるため、(さすがに)中身も同社製でしょう。

 ただし、保証期間は1年です。

201802041501.jpg

 筐体は、東芝のロゴが目立つほどで、ベーシックな作りです。

 サイズは、BUFFALOなどの通常モデルと同じで、WDほど重さや厚みがない仕様です。

 堅牢性は、特段の強調はなされません。

 201910161843.jpg

 付属ソフトは、とくにめぼしいものはありません。

 ただ、BUFFALO製になってから、先ほど同社のHDDでもみた「故障みまもり合図」機能と、同社の「データ復旧サービス」に対応しました。

 201805201226.jpg

 録画機器への対応は、ただし、あくまでPC/Mac用としての販売のため、公式的には対応しません。

 ユーザーサポートは、先述のように、BUFFALOは最近力を入れているため、問題はないでしょう。

しっかり、フリーダイヤルがありますが、土日については、休みです。

----

 以上、東芝のCANVIOの紹介でした。

 同社が製造していた時代は、同社の録画機器に公式対応した点もあって人気でした。

 その部分の魅力はなくなりましたが、中身のHDDについて東芝系を希望する方には、引き続き、ある程度需要があるでしょう。

後編記事の予告!
おすすめのポータブルハードディスクは結論的にこれ!

 以上、今日はUSB3.0ポートを搭載したポータブルハードディスクを紹介してきました。

 しかし記事は、もう少し続きます。

  201904141713.jpg

 【2TB】

 ・エレコム ELP-QEN010UBK
  ¥ 11,124 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 続く後編 では、前編で紹介できなかった、エレコムの「テレビ・ブルーレイ向け」のSeeQVault規格対応HDDのほか、東芝の残りの機種と、台湾のトランセンドの製品を紹介します。 

1・軽量性   ★★★★★
2・堅牢性   ★★★★★
3・PC利用  ★★★★★ 
4・TV利用  ★★★★★
5・保証    ★★★★★
6・総合評価  ★★★★★

 その上で、ここで紹介した全機種から、価格別・用途別に、Atlasが最もおすすめできる機種を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 後編は→【こちら

 最後になりますが、今回の前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 19:02 | PC周辺機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png