比較2019’【解説】スマート家電リモコン16機の性能とおすすめ:IOT家電 (1)

2019年10月11日

比較2019’【解説】スマート家電リモコン16機の性能とおすすめ:IOT家電 (1)

【今回レビューする内容】2019年 最新の家電リモコン・スマートリモコン・スマホ対応家電リモコンの性能とおすすめ・選び方:音声やスマホで家電操作!エアコン TV レコーダー対応のスマート家電コントローラー:値段や使い勝手・人気ランキング Google Home Amazon Alexa iPhone・Android 音声入力対応

【比較する製品型番】LinkJapan eRemote RJ-3 eRemote mini eRemote PRO ラトックシステム REX-WFIREX4 REX-WFIREX3 iRemocon WiFi RM-03WLA Nature Remo Remo mini covia ORVIBO Magic Cube CT-10 パナソニックKOE REMO SC-GA1-K LINE CLOVA WAVE Friends Dock CLOVA DESK

今回のお題
IOT時代に対応するスマートリモコンのおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年10月現在、最新のスマートリモコンの比較です。

 201910111157.jpg

 スマホを家電リモコン化したい方ほか、Amazon AlexaやGoogle Homeを利用して、家電を音声操作できるようにしたい方に向けての記事となります。

 Atlasは、(珍しい米国モデルを含め)20年近く学習リモコンの愛用者で、6年にわたって「スマートリモコン」も色々試しています。

 その成果をふまえて、今回の記事を書いています。

 201910111201.jpg

 なお、AV機器の利用に向く、昔ながらの(アナログな)「コマンダー型リモコン」については、記事を分けてあります。

 恐れ入りますが、このブログの【多機能学習リモコンの比較記事】をご覧ください。

1・スマホのリモコン化 ★★★★★
2・音声コントロール  ★★★★★
3・外出先からの制御  ★★★★★
4・赤外線の強さ    ★★★★★
5・高度な設定     ★★★★★

6・総合評価      ★★★★★

 というわけで、以下では、各製品を個別に比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ製品を最終的に提案していくつもりです。

 よろしくお願いします。

ーーー

1・Amazon Echoの比較
2・各社のスマートスピーカーの比較
3・スマート学習リモコンの比較

 なお、今回の記事は、このブログのスマート家電比較シリーズの3目記事として書きました。

1・スマートリモコンの比較

 201805301227.jpg

 では、具体的な製品比較に入ります。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。

1・eRemote社のスマートリモコン

 201809190946.jpg

 【Alexa対応】【GoogleAssistant対応】

 1・LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥5,968 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直180度・水平360度
赤外線距離:最大8m
センサー:温度センサー
機器名の呼び出し:不要
外出先からの操作:対応
IFTTT:対応
サイズ:113mm×113mm×34m

 eRemoteは、日本でも比較的早くスマートリモコンの販売をはじめた会社です。

 201809190948.jpg

 対応するスマホは、iOS/ Androidです。タブレットでも操作可能です。

  201711191427.jpg

 LinkJapan eHome
  ¥0 Apple iTunes Store

 LinkJapan eHome
  ¥0 Google Play

 これらのリモコンアプリを利用しての操作となります。

 201711181646.jpg

 通信の仕組みは、単純です。

 スマホからWi-Fiで発信したリモコン信号をeRemote本体が受信します。

 そして、この本体が、TVやエアコンに赤外線信号を送るというものです。

 また、後述するように、「外出先からエアコンを付けるなどの操作」も可能です。

 201809190949.jpg

 音声操作は、本体単体ではできません

 しかし、Google HomeとAmazon Echoと連携可能なので、それらを利用することで操作が可能です。

 順番に解説しておきます。

 201809072213.jpg

 第1に、Amazon Echoの場合です。

照明器具
 ・ON/ OFF
 ・ 明るさ

テレビ
 ・ON/OFF
 ・ チャンネル
 ・
ボリューム

エアコン
 ・ON/OFF
 ・温度(1度/3度ごと)
 ・モード(暖房/冷房/自動)

他の家電
 ・ON/OFF

 この機種の場合、「Alexa!なになにをして!」というシングルフレーズで、以上の操作が可能です。

 これらの同士は、Amazonが設定した公式スキル (SmartHome Skill)なので、Alexaアプリで設定するだけで、安定して、利用可能です。

 また、基本動作は、今後、追加されていく予定です。最新の対応動作は【対応動作表】で確認が可能です。

--

 なお、照明・テレビ・エアコン以外の「他の家電」について、現状ではON/OFF操作のみ対応です。

 しかも、「照明操作」に割り振られている「ON/OFF」を、他の機器に割り当てる方式なので、照明との並行利用はできない、という難点が、あります。

 201910111027.jpg

 設定は、Amazon公式のSmartHome Skillを利用する方式なので、簡単です。

 201807111903.jpg

 第2に、Google Homeの場合です。

照明器具
 ・ON/ OFF

テレビ
 ・ON/OFF
 ・ チャンネル
 ・
ボリューム

エアコン
 ・ON/OFF
 ・温度(温度指定可)

他の家電
 ・ON/OFF

 こちらについても、Google公式の「SmartHome Direct Action」 が認める、上表の動作のみフォローします。

 Amazon Alexaに較べると、照明の明るさやエアコンのモード設定に、非対応です。

 一方、こちらも、照明・テレビ・エアコン以外の「他の家電」の操作に利用する場合、照明器具のON/OFFは、利用できなくなります

 最新の対応動作は【動作表】で確認可能です。 
--- 

 なお、これらの音声入力システムとの連携方法については、【スマートスピーカーの比較記事】 でも、別の角度から紹介しました。

 201711191437.jpg

 リモコンアプリは、メーカーごとに使い勝手が異なる部分です。

 eRemoteは、長い販売経歴があることもあり、他機と比較しても使い勝手は上々です。

 例えば、ボタンの割り当ては、自由にカスタマイズできます。また、ボタンを押した際に「バイブ」を設定できるので、物理的なボタンを押す感覚で操作できます。

 201809191001.jpg

 登録方法も、主なメーカーには「プリセット設定」があります。

 また、ない場合も、(覚えさせたい)リモコンかのボタンを押し、eRemote本体の赤外線受信部向けて押すだけで、手動登録が可能です。

 つまり、(赤外線リモコンならば)エアコンや映像家電に限らず、どの家電でも登録できるという製品です。

 Atlasも、夏は、扇風機と空調を連動させて利用するなど、便利に使いました。

 201711191436.jpg

 複数機器の連動設定も、対応します。 

 Atlasは、TVをONにした際に、自動で、BS-TBSを出すようにプログラムしています。

 応用的には、TV・アンプをオンにして、部屋の照明を消すなどのプログラムも可能です。

 なお、TVを起動してから、チャンネル操作ができるまではタイムラグがあるので、「5秒後に次の動作」など、時差設定もできます。設定は、感覚的にできるため、非常に簡単です。

 201711181523.jpg

 外出先からの操作は、この機種も対応します。

 帰宅直前に、「エアコンを25度・除湿」でなどの設定が可能です。

 仕組みは、eRemoteのサーバーを経由させ、リモコン信号を本体に送る方式です。初期設定も、eHomeアプリ上でユーザーIDとパスワードをするだけですので、誰でもできるでしょう。

 良い部分は、この機能が「登録料なしで無料」で利用できる点です。

 課金がないのは、この機種の大きな魅力です。

 201809191011.jpg

 赤外線の照射範囲は、他機に比べても「広い」です。

 本体の前方だけではなく、四方に7つもの赤外線ユニットが配置されます。

 したがって、360度どの方向にも電波を飛ばせます。なお、赤外線の性質上、壁紙が白い部屋の場合、赤外線は壁紙で反射しますので、部屋の大抵の部分には電波が届きます。

 201711181538.jpg

 搭載されるセンサーは、こちらの場合、温度センサーが内蔵されます。

 このセンサーを利用して、エアコンのON/OFFを室温と連動させることも可能です。

 201809191621.jpg

 LinkJapan eSensor
  ¥8,713 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 また、こちらには、eSensorという製品が発売されています。

 これと連動させることで、温度・湿度・照度・音・空気質のデータも同様に連動させられます。

 例えば、「湿度が80%を上回ったら」「除湿モードにする」など、色々な設定が可能です。

 201901120954.jpg

 LinkJapan - ePlug
  ¥3,002 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 また、Wi-FiでON・OFFできる電源スイッチも売られています。

 201809191016.jpg

 この機器を利用すると、リモコンのない(単純な)家電の操作が可能になります。

 Atlasは、室内換気扇に付けて、「空気質が悪くなったら」「換気扇を起動」という設定を冬場にしています。

 201910110912.jpg

 LinkJapan eCurtain(イーカーテン)W1
  ¥72,600 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 そのほか、かなり高いですが、182cmまでのレールと電動モーターをセットにして、片開きのカーテンの開閉が可能となるeCurtainも利用できます。

 201603211441.jpg

 IFTTT
  ¥0 Apple iTunes Store
 IFTTT
  ¥0 Google Play

 応用的で高度な設定にも対応します。

 iPhoneやAndroid系の有名アプリに、IFTTTというアプリがあります。

 このアプリは「もし、○○」になったら「××」を実行する、という類の命令をスマホで可能にするアプリです。eRemoteはこのアプリに正式対応しています。

 したがって、「気温が20度」になったら、「注意のメールを出し」、「換気扇を起動」といったように、複数の操作をかなり詳しく関連づけられます。

----

 以上、eRemoteの紹介でした。

 スマホ利用型の学習リモコンは数多くありますが、こちらは、機能が最もまとまった製品です。また、IFTTTを利用できるため、拡張性も高く楽しんで使えるでしょう。

 また、利便性の面でも、赤外線リモコンの受信範囲は、正しく設定すれば現行機種の中でも範囲が広いため、この点でも「おすすめ」です。


 201907131318.jpg

【Alexa対応】【GoogleAssistant対応】

 2・LinkJapan eRemote mini
  ¥5,165 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直180度・水平360度
赤外線距離:最大8m
センサー:
機器名の呼び出し:不要
外出先からの操作:対応
IFTTT:対応
サイズ:55mm×55mm×65mm

 eRemote miniは、LinkJapaneから販売されている、小型機です。

  201809191022.jpg

 eRemoteと比べると小さくて設置性が良い機種であり、「できること」は中型機と同じです。

 また、上位機と異なり、USBからの給電でも動くため設置性も良いです。電波も360度飛びます。

 ただし、温度センサーを搭載しない点と、形状的に、Wi-Fiの受信範囲は上位機種よりはシビアです。

 これらの点でいえば、最初に購入するのは中型機のほうが良いでしょう。


 201809191029.jpg

【Alexa対応】【GoogleAssistant対応】

 3・LinkJapan eRemote PRO
  ¥−− Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直180度・水平360度
赤外線距離:最大8m
センサー:電流センサー
機器名の呼び出し:不要
外出先からの操作:対応
IFTTT:対応
サイズ:73mm×70mm×70mm

 eRemote PROは、LinkJapaneが2019年に追加販売を予定する、上位機です。

 201809191549.jpg

 新機能は電流センサーの搭載です。

 (付属コンセントを利用する限りにおいて)電流量が分かるため、実際にエアコンが付いているかどうかをスマホで把握できるという点が新機軸となります。

 新機軸は、現在的にこの部分のみの違いなので、基本的には従来機で良いと思います。

2・ラトックシステムのスマートリモコン

 201910110920.jpg

 【2019年】

 【Alexa対応】【GoogleAssistant対応】

 4・スマート家電リモコン REX-WFIREX4
  ¥7,070 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直180度・水平360度
赤外線距離:最大30m
センサー:温度・湿度・照度センサー
機器名の呼び出し:不要(一部)
外出先からの操作:対応
IFTTT:対応
サイズ:45mm×45mm×15mm

 スマート家電リモコン RS-WFIREX4は、日本の中堅周辺機器メーカーの「ラトックシステム」が発売した学習リモコンです。

 2017年に初号機が発売され、2019年発売の本機で、「4世代目」になる製品です。

 人気商品であり、デンキヤで販売されているのは、(出所が明瞭な)eRemoteとこちらの製品が多いです。

 201910110925.jpg

 大きさは、直径4.5cmと相当小さいです。

 eRemoteより一回り以上小型です。

 電源が取れる場所であるかぎり、設置の自由度は高いです。

 一方、16gと軽量であることもあり、(地上設置では)設置後に「動いてしまう」ことも多く、軽さは一長一短の側面はあります。

 201910110937.jpg

 ただ、ストラップホールがあるため、吊り下げて利用するならば問題なさそうです。

 201809191445.jpg

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。タブレットでも操作可能です。

 通信の仕組みも、先行したeRemote本体と同じで、Wi-Fiを利用する型式で、スマホをリモコン化する仕組みが取られます。

 赤外線の照射範囲は、ただ、この機種から、距離の部分で、最大30メートルとなりました。

 先ほど見た、eRemoteは公式的に、8mなので、広い部屋には(スペック上)有利です。

 ただし、方向性は、水平方向に最大360°、垂直方向に最大180°ですから、eRemoteと同じです。


 201809191447.jpg

 音声操作は、この機種も本体単体ではできません

 しかし、やはり、Google HomeとAmazon Echoと連携可能なので、それらを利用することで操作が可能です。 

 一方、eRemoteと比べて、どのような操作ができるか、比較しておきましょう。

 201809072213.jpg

 第1に、Amazon Echoの場合です。

照明器具
 ・ON/ OFF
 ・ 明るさ

テレビ
 ・ON/OFF
 ・ チャンネル
 ・
ボリューム

エアコン
 ・ON/OFF
 ・温度(温度指定可)
 ・モード(暖房/冷房/除湿)
 ・温度・快適度通知

他の家電
 ・ON/OFF

  RS-WFIREX4は、eRemoteと同様に、Amazon (SmartHome Skill)に対応する上表の動作は、面倒な設定なしに、可能です。

 また、照明のON/OFF操作と、他の家電の操作が併用できない難点も、Remoteと同じです。

 ただ、設定可能なコマンドは、多少異なります。

 こちらの面白い部分は、スクリーン付きのEcho端末用に、温度・湿度・快適度の表示通知が可能である点でしょうか。

  201807111903.jpg

 第2に、Google Homeの場合です。

照明器具
 ・ON/ OFF

テレビ
 ・ON/OFF

エアコン
 ・ON/OFF
 
・モード(暖房/冷房)

 こちらについても、Google (SmartHome Direct Action) が公式に許可する、上表の動作をフォローします。

 ただし、eRemoteと比較した場合、認識できる点数が明らかに少ないです。

 ---

 なお、この機種の最新の対応動作は、【説明書】の21ページ以降に詳しいです。

 201910111054.jpg

 一方、REX-WFIREX4の場合、Alexa・Google Home双方について、メーカ側が独自に設計した「カスタムスキル」に対応します。

 要するに、音声コントロールで、「家電コントローラー(の中の人)を呼び出し」、その後、オリジナルな動作を実行させる方式です。

 カスタムスキル」は、eRemoteにはない、独自機能です。

 これを利用すれば、Google Homeでもエアコンの温度設定やテレビのチャンネル設定ができるほか、照明やその他の家電を、2台まで操れるので、便利と言えば、便利です。

 201809191509.jpg

 ただし、「Alexa!家電リモコンを使って、チャンネルを1にして!」などと、と起動するスキルの名前(家電リモコン)を指定して、呼びかける必要があります(=カンバセーション・アクション)。

 この場合、フレーズが複雑化するため、音声認識の失敗が増えるほか、失敗すると、(本家より認識性能が劣る)家電リモコン内のAIが「何をするか」尋ねかえしてくるので、余計なストレスがかかります。 

---

 結論的にいえば、個人的にも利用していますが、「カスタムスキル」については、実用度において、実験的な域は出ない仕組みです。

 「シングルフレーズ」で済むは動作の際も、(勝手に)「カスタムスキル」と誤認識されてしまうこともあるため、現状では「無くても良い機能」と感じます。

  201711181455.jpg

 スマート家電コントローラー
  ¥無料 Apple App Store

 スマート家電コントローラー
  ¥無料 Google Play

 リモコンアプリは、上記アプリにより、iPhoneAndroidどちらでも対応します。

 この製品も、専用操作画面は自由にカスタマイズはできません。

 しかし、日本の家電に対応したボタン配置で、一般的な操作は十分です。

 また、エアコンなどの温度設定もできます。レイアウトは、eRemoteと比べると、ポップで温かみのあるデザインです。

 201809191513.jpg

 ただし、 複数機器の時差連動設定もできるeRemoteと比べると、細かい使い勝手はアバウトで、「検討課題」でしょう。

 外出先からの操作は、この機種も対応します。特に費用もかかりません。

 赤外線の照射範囲は、最大20mで、水平方向に最大360°、垂直方向に最大180°というスペックです。

 ただ、実際の電波の飛びは、eRemoteの上位機に比べると場所と方向を選ぶ感じではあります。

 201809191538.jpg

 搭載されるセンサーは、温度・湿度・照度センサーです。

 デフォルトで確認できる要素は、eRemoteより多いです。ただし、それを有機的に結びつけて「25度以上でエアコンを付ける」などの設定に結びつけられないのが、ネックです。あくまで「外出先からの確認用途」です。

 また、先ほど紹介したIFTTTについても、4世代目からは対応となっています(RATOC Remocon)

---

 以上、RS-WFIREX4の紹介でした。

 ほぼ、eRemoteと互角ですが、赤外線センサーの到達距離は広いので、リビングに壁掛けで設置するなら利点があるでしょう。

 また、(IFFTTを利用しない)「カスタマイズ性の高さ」点では、中級者以上に向くでしょう。

 ただし、その分、安定性は、eRemoteに劣るため、あまり詳しくない方、トラブルを避けたい方は、そちらの方が良いと思います。

ーーー

 201805301132.jpg

 【旧製品】

 5・スマート家電コントローラ REX-WFIREX3
  ¥5,980 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 6・スマート家電コントローラ REX-WFIREX2
  ¥5,400 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 7・ラトックシステム REX-BTIREX1
  ¥1,078 楽天市場 (10/11執筆時)

 なお、ラトックシステムは1年ごとに新製品を更新してきたため、旧製品が割と市場に残っています。

 ただ、新機種と比較すると、形状が大きいほか、このメーカーの特性である「30メートルという電波の到達距離」に非対応です。

 狭い部屋でも、安定性にかかわる部分なので、選ばない方が良いでしょう。

 とくに、REX-BTIREX1については、これらに加えて、外出先からの操作にも非対応になります。

 音声コントロールにも非対応となるため、かなり「古くさい」機種です。あまりオススメはできません。

3・アイリモコンのスマートリモコン

 

 【Alexa対応】

 8・iRemocon WiFi RM-03WLA
  ¥22,400 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:
赤外線距離:
センサー:温度・湿度・照度センサー
機器名の呼び出し:必要
外出先からの操作:有料
IFTTT:
サイズ:105mm×37mm×37mm

 iRemocon は、Glamoが発売している製品です。

 スマホで家電操作ができる!という機能を持つ学習リモコンは、この機種が「先駆者」でした。

 大きさは、直径105mm x 高さ37mmですので、こちらも「十分小型」です。

 201705071909.jpg

 iRemoconWiFi
  ¥0 Apple App Store
 iRemoconWiFi
  ¥0 Google Play

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。タブレットでも操作可能です。

 201807111742.jpg

 音声操作は、この機種も本体単体ではできません

 一方他社機と同じく、 Amazon Echoと連携可能です。ただし、音声制御機能は、月300円の月額会員のみに開放されているという点でイマイチです。

 Google Homeは、公式には非対応ですが、有志で対応させている状況です。

 通信の仕組みは、Wi-Fiを利用する型式で、スマホをリモコン化する仕組みが取られます。

 201501041419.jpg

 赤外線の照射範囲は、こちらの場合、本体(中継機)前方から発する方式です。

 そのため「2台設置で360度をカバー」という説明の仕方で、照射方向・範囲については記載はないです。

 ただ、広角高出力赤外線LEDを採用するため、壁紙が白い部屋の場合、赤外線は壁紙を反射します。

 eRemoteと同等程度には期待値があると言えます。

 201904061454.jpg

 iRemocon用IR延長ケーブル IRM-C02M
  ¥2,940 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 その上で、例えば、部屋の真逆にエアコンがある場合などについては、別売りのIRケーブルを本体に差して、このケーブルをそちらの方向に向ければ、赤外線を飛ばせます。

 同時に2本まで設置可能です。

201501041407.jpg

 外出先からの操作は、こちらも対応します。

 面白いのは、iPhoneのGPSと連動する点です。

 そのため、自宅に近づいたらエアコンをON!照明をONなどの連動設定も可能です。逆に、離れたら自動でエアコンをOFFという設定も可能です!総じて、消し忘れなどに強い機器です。

 ただし、外出先からの操作は、先ほど書いた「有料会員のみ」に限定されます。

 月間300円かかるので、他社サービスに比べてコスパは悪いです。 

 搭載されるセンサーは、温度センサー・湿度センサー・照度センサーが内蔵です。

 室内の快適性の測定ができるというメリット性のほかに、外出先から自宅の状況を確認できるため、防犯やお子さんの帰宅確認にもなります。

---

 以上、iRemoconの紹介でした。

 機能面は、カスタマイズ性についてeRemote同様にまとまっています。また「古株」だけに、詳しい有志が色々な補足情報・ツールを開発している点も面白いです。

 たただ、外出先からの家電操作・音声操作において、月額費用が発生する点と、本体価格が割高である点は、導入を躊躇する要素でしょう。

 GPSに連動する機能など、相当魅力的なシステムが搭載され、それが利用できる唯一の製品である点は悩ましいです。

4・Natureのスマートリモコン

  201809191625.jpg

 【Alexa対応】

 9・Nature Remo
  ¥16,485 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:
赤外線距離:
センサー:温度・湿度・照度・人感
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:対応
IFTTT:対応
サイズ:74mm×74mm×17.9mm

 Nature Remo は、日本のベンチャー企業のNatureが販売するスマートリモコンです。

 大きさは、直径74mm x 高さ20mmですので、かなりの小型機と言えます。

 201809191630.jpg

 Nature Remo
  ¥0 Apple App Store
 Nature Remo
  ¥0 Google Play

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。

 既存の他社に比べると、UIがとても美しいのが特長です。

 思わず使いたくなるデザインであり、ここ10年で成功しているデザイン系家電メーカーの特長をしっかり持ち合わせています。

 201809191629.jpg

 音声操作は、この機種も本体単体ではできませんが、Amazon EchoとGoogle Homeに公式対応です。

 201809191635.jpg

 ただし、この製品については、Amazon・Google各社の(純正の)スマートホームシステムとの提携がないため、先述の(英語ソフトの)IFFTTを利用して、相互に紐付ける点で、初心者にはやや「しきいが高い」です。

 とはいえ、公式の説明は丁寧で分かりやすいので、長い休みなどに楽しみながら設定できる(Atlasのような)「家電好き」ならば、とても良いと思います。

 通信の仕組みは、他社と同様で、Wi-Fiを利用する型式で、スマホをリモコン化する仕組みが取られます。

 また、外出先からの操作のために、ID・PWの提供が必要な点も同様です。

 赤外線の照射範囲は、詳しい説明はありません。

 ただ、本体の形状を確認すると、この部分での優位性はあまりないでしょう。

 201809191642.jpg

 外出先からの操作は、こちらも対応します。

 また、スマホのGPSと連動させて、自宅から出たらOFFなど他機に比べて、ルールの設定が単純・便利で、ここが人気の秘密です。

 搭載されるセンサーは、温度センサー・湿度センサー・照度センサー・人感センサーが内蔵です。

 多彩なセンサーを使い、エアコン周りの設定については、(1万円以内の)他社機を無双しています。別売のセンサーを買わずに済む点も、親切です。

---

 以上、Nature Remoの紹介でした。

 この製品の進化は、IFFTTを使うかどうかにかかっているでしょう。 

 この点で、初心者向けではないですし、かといって既存の機種にできないことができるわけでもないとも言えます。また、 赤外線の感度は(無骨な他機種に)負ける部分はあります。

 しかしながら、とくにUIが美麗で、使い勝手も良いため、この点だけでこれを選ぶ価値はあるでしょう。各社のスマートホームシステムにどう対応していくか、個人的にも注目しています。

ーー

  201809191625.jpg

 【Alexa対応】

 10・Nature Remo mini
  ¥16,285 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 なお、下位機種として、Nature Remo mini の販売もあります。、

 サイズは、5.8cm四方とやや小型な機種です。一方、上位機と比べるとセンサーが温度センサーだけという機種です。

 豊富なセンサーが自慢のシリーズなので、できれば上位機種を選びたいところです。

4・他社のスマートリモコン

 続いて、ラインナップは多展開していないけれども、注目するべき製品を出しているメーカーの製品をいくつか紹介します。


 201809191731.jpg

 【Alexa対応】【GoogleAssistant対応】

 11・covia ORVIBO Magic Cube CT-10
  ¥3,180 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:360度
赤外線距離:8メートル
センサー:
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:非対応
IFTTT:対応
サイズ:53mm×53mm×54mm

 Magic Cube CT-10 は、フランスのコビアが製造するスマートリモコンです。

 日本にも輸入されており、正規代理店の販売するCovia Inc.のみ日本の「技適」を受けています。

 赤外線の照射範囲は、eRemoteと同様で8メートル以上というスペックです。

 ただし、この機種は水平・垂直の区別なしに360度の赤外線発信をうたっており、その部分では(スペック的)期待値があります。

 201910111004.jpg

 音声操作は、GoogleとAmazon Alexa双方に対応します。

 ただし、無設定で公式に対応するのは、【説明書】によれば、「テレビを付けて」と「テレビを消して」のみです。

 他機同様に、Alexaの「定型アクション」を使えば、「テレビ」のON/OFF機能を「照明・エアコン・その他」に割り当てられますが、利用できるのは「あくまで1つの機器の操作」だけなので、低機能です。

 その上で、カスタマイズができない仕様です。

 201809191744.jpg

 リモコンアプリは、ただし、、UI(ユーザーインターフェイス)もユーロ的デザインで使いやすいです。

 TV・エアコンについても、スマホ操作用のプリセットが豊富ですし、この点では不満のない機種です。

 外出先からの操作は、メーカー側にサーバーの準備がなく、外出先からの操作に対応しない点が、ネックです。

---

 以上、Magic Cube CT-10の紹介でした。

 対応する周辺機器は割と多いのですが、他社が技術を競う音声コントロールの部分での弱さが目立ちます。

 一方、スマホのリモコン化については、それなりに多機能であり、おすすめできる製品です。


 201904061402.jpg

 【GoogleAssistant対応】

 12・パナソニックKOE REMO SC-GA1-K
   ¥19,000 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直230度・水平360度
赤外線距離:8メートル
センサー:
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:非対応
IFTTT:対応
サイズ:100mm×100mm×54mm

 SC-GA1は、パナソニックが2019年に発売した多機能型リモコンです。

 赤外線の照射範囲は、8メートルです。

 赤外線の方位は、垂直230度・水平360度ですので、他社機より多少優秀です。

  201904061503.jpg

 ただ、パナソニック製の家電のスマートコントロールのために開発されているので、他社製品をどの家電でも登録できるわけではなく、【対応機器一覧表】にあるよう、シビアです。

 例えば、ソニー・シャープ・東芝のテレビ、コロナ・ダイキン・日立・三菱電機のエアコンの一部機種に対応します。

照明器具
 ・ON/ OFF

テレビ
 ・ON/OFF
 ・チャンネル操作

エアコン
 ・ON/OFF

 音声操作は、この機種は、GoogleAssistantを「内蔵」します。

 他社機を含めて、扱える音声操作は、上表の通りで、やや少なめです。

 201910111137.jpg

 ただ、パナソニックのテレビ(VIERA)・ブルーレイ(DIGA)・オーディオ機器、ペットカメラについては、より多機能にできます。

 2019年以降発売の同社の上位機に限られますが、チャンネル設定・録画操作・ボリュームや曲のスキップ、ペットカメラの表示などが可能です。

 他社のシステムより多機能にできるのは、CLUB Panasonic IDを使って、同社独自のネットワークを利用して制御するためです。

 スピーカーユニットは、出力5Wの50mmのフルレンジスピーカーが1機です。

 音質もモノラルですので、音質の期待値はさほど高くないです。

 201904061428.jpg

 パナソニック ワイヤレス送信機 HK8900
   ¥5,052 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 ただ、これは、Panasonicの場合、スピーカー付きIOT照明を使って貰うことを前提としているからです。

 なお、この照明器具は詳しくは、【LEDシーリングライトの比較記事】で紹介していますが、音楽を送信する必要があるため、ワイヤレス送信機を必要とします。

 ただ、デフォルトで何曲かのBGMがインストールされており、手軽にBGMを流すことができます。

 201910111131.jpg

 全てを導入するには、お金がかかります。

 しかし、一度構築すれば、音声で、音楽と照明を制御できるため、「ゲストをビックリさせる」ことができます。

 201910111127.jpg

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。

 ただし、スマホの多機能リモコン化は、意識した製品ではなく、この点が、他社機との大きな違いです。同社の「あかリモ」など、機器側のために用意されたアプリで制御することになります。

 なお、【シーリングライトの比較記事】で紹介した、同社の照明と照明付き音響機器は制御可能です。

  201904061512.jpg

 一方、パナソニックのIOT家電は、赤外線を装備せず、Bluetoothのみである場合、Wi-Fiのみである場合があります。

 そういった機器を「音声操作」できるように、BluetoothとWi-Fiをフォローします。

1・ブルーレイディーガの比較
2・4Kテレビの比較
3・ミニコンポの比較
4・シーリングライトの比較

 したがって、パナソニックに限りますが、TV・レコーダー・コンポなどの対応機の音声操作が可能です。

--

 以上、パナソニックSC-GA10の紹介でした。

 住設部門もある同社らしい製品で、パナソニック製品の「IOTハブ」となるため、開発されたと思います。

 新居などで、この際「パナソニックでシステムを構築しようか?」と考えている方は、とくに導入する意味があるでしょう。

 一方、他機と異なり、スマホを多機能リモコンにするという目的では使えない製品である点は、注意が必要です。


  201711181239.jpg

 13・LINE CLOVA WAVE
  ¥13,966 楽天市場 (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:
赤外線距離:
センサー:
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:非対応
IFTTT:
サイズ:約87mm×140mm×201mm

 CLOVA WAVE は、LINEが発売するスマートリモコンです。

 201807112129.jpg

 赤外線の照射範囲は、情報非開示です。 

 また、この製品は、赤外線信号を学習できない、パナソニックと同じ仕様なので、【照明対応表】と【テレビ対応表】に記載がある製品のみ設定が可能です。

 音声操作は、こちらについてはLINE Clovaを搭載です。

 「2強」に較べれば知名度は劣りますが、特に、LINE系サービスとの相性が「売り」です。

 対応する家電は、ただし、TVと照明の操作のみです。

 単純なON/OFFのみ対応ですので、多機能とは言えません。

 なお、こちらについては、(パナソニック以上に)本来的な用途が「スマートスピーカー」なので、【スマートスピーカーの比較記事】で詳しい説明をしました。  

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。

 ただし、スマホ自体をリモコンにすることは想定していない製品です。

 外出先からの操作は、非対応です。

---

 以上、CLOVA WAVEの紹介でした。

 スマートスピーカーとしては、LINEとの連携面で「一芸」のある製品です。

 ただ、家電コントローラーとしては、機能が他社より少なく、今後の改良が待たれる、と言えるでしょう。


  201910111227.jpg

 14・LINE CLOVA Friends 【ブラウン】
 15・LINE CLOVA Friends 【サリー】
  ¥5,400 楽天市場 (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:垂直100度・水平360度
赤外線距離:最大15メートル
センサー:
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:非対応
IFTTT:
サイズ:約87mm×140mm×201mm

 CLOVA Friends も、LINEが発売する製品です。

 201910111230.jpg

 Clova Friends Dock(赤外線リモコン)
  ¥3,810 楽天市場 (10/11執筆時)

 これらの製品は、単独では、家電リモコンの機能は無いのですが、別売の台座(ドック)にその機能があります。

 赤外線の照射範囲は、ドック利用時に垂直100度・水平360度です。

 形状的に垂直方向は、多少弱めですが、赤外線自体は15メートルと(スペック上)性能は良いです。

 音声操作は、先ほどの機種と同じで、LINE Clovaを搭載です。

 スピーカーは、口径が小さいので、音質はCLOVA WAVEがだいぶ優るでしょう。

 201910111235.jpg

 対応する家電は、一方、ドックを利用する場合、テレビと照明に加えて、エアコンに対応します。

 また、こちらについては、赤外線の学習機能があるので、基本的にどの製品も登録できます。CLOVA WAVEと大きく異なる部分でしょう。

照明器具
 ・ON/ OFF
 ・明るさ

テレビ
 ・ON/OFF
 ・チャンネル操作
 ・音量調整
 ・入力切替
 ・録画
 ・番組表

エアコン
 ・
ON/OFF
 ・外出モード/帰宅モード
 ・おはようモード/おやすみモード
 ・
モード(暖房・冷房・自動・除湿)

 特に、エアコン・テレビについては、かなり多数の音声操作に対応します。

 テレビは、番組表を呼び出せる点と、地デジ・BS・CSの切り替えに対応できる点が便利そうです。

 エアコンも、多数のモード設定が可能です。

 温度自体の変更が対応しない点は、多少ネックですが、大きな問題ではないでしょう。

 201910111345.jpg

 一方、この機種は、基本「スマートスピーカー」なので、Wi-Fiを搭載します。

 それを利用して【対応IoTサービス一覧】にあるような製品については、より高度な制御ができます。

 ただ、この部分は、Amazon alexa端末やGoogle Assistant端末でも同じことなので、優位点とも言えません。

 対応するスマホは、こちらの場合も、iOS/ Androidです。

 こちらも、スマホ自体をリモコンにすることは想定していない製品です。

 外出先からの操作は、非対応です。

---

 以上、CLOVA Friends の紹介でした。

 テレビ・エアコン・照明器具の操作を「音声」で行いたい場合で、設定面を含めてかなり手軽な手段といえます。

 外出先からの操作など、あまり複雑なことはできないものの、初心者でも設置しやすそうなので、主に、LINEユーザーがカジュアルに設置するには良いでしょう。

---

 201910111309.jpg

 16・LINE CLOVA DESK
  ¥28,050  (10/11執筆時)

スマホ連携;iOS/Android
赤外線方位:
赤外線距離:
センサー:
機器名の呼び出し:
外出先からの操作:非対応
IFTTT:
サイズ:約181mm×105mm×173mm

 なお、LINEの直販限定で、モニター付きのCLOVA DESKが発売されています。

 この機種も、赤外線信号の登録機能があるため、エアコンを含めた操作に対応します。

 ただし、前方後方の発信器の配置なので、到達範囲はやや狭いでしょう。

後半に続く!
スマートリモコンのおすすめ機種は結論的にこれ!

 とううわけで、今回は、スマートリモコンの比較でした。

 しかし、記事は、もう少しだけ「続き」ます。

  201809191022.jpg

1・スマホのリモコン化 ★★★★★
2・音声コントロール  ★★★★★
3・外出先からの制御  ★★★★★
4・赤外線の強さ    ★★★★★
5・高度な設定     ★★★★★

6・総合評価      ★★★★★

  続く後編記事こちら)では、ここまで紹介してきた全機種から、予算別・目的別Atlasのおすすめ機種!を改めて提案します。

 引き続きよろしくお願いします。

 後編記事は→こちら

--

 もし今回の前半記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:15 | 映像機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png