比較2017' 強くて軽量!折りたたみ傘18製品の性能とおすすめ【男女対応】クルニプス・トーツ・モンベルなど人気ブランド:価格・丈夫さ・重さの違い・ランキング:クニルプスX1 T2 T3 T.100 T.200 T.300 totes トーツTITANIUM など

2017年09月03日

比較2017' 強くて軽量!折りたたみ傘18製品の性能とおすすめ【男女対応】クルニプス・トーツ・モンベルなど人気ブランド:価格・丈夫さ・重さの違い・ランキング:クニルプスX1 T2 T3 T.100 T.200 T.300 totes トーツTITANIUM など

今回レビューする製品:2017年 頑丈・丈夫・台風・強風にも強い軽量折りたたみ傘17製品の性能とおすすめ・選び方:男性用・女性用・修理対応モデル Knirps FiberLine X1Knirps Fiber T2 Duomatic Knirps Fiber Y1Travel KNA815-100 KNA815-120 T.200 Medium Duomatic KNT200-1000Travel T.010 Small Manual KNT010-1000 T.300 Medium Duomatic KNT320-1000 Knirps Flat Duomatic KNF881-441 totes VENTEDCANOPY 3 sec AOC 7523 TITAN line 7571 7559 8698 8661 8403 mont-bell ロングテイル トレッキングアンブレラ Bodyguard 折り畳み傘・耐久力最強の折りたたみ傘の違いや価格ランキング

今回のお題
軽量かつ頑丈な「折りたたみかさ」のおすすめ製品はどれ?


 どもAtlasです。今回は、折りたたみ傘(男性用・女性用)の記事です。

  

 人気3社(クルニプス・トーツ・モンベル)の折りたたみ傘を中心に、他社モデルをふくめてそのの性能を詳しく比較します。そして、最後に、予算別・目的別に「Atlasのオススメ折りたたみ傘」を選定していくつもりです。

折りたたみ傘の選び方

 さて、今回の比較にあたって、Atlasが重要視したポイントは 以下の4点です。

1・コンパクトサイズであること
 全長35cm以内のサイズで収まること
2・軽量であること
 バッグでも無理なく持ち運べる重さであること
3・頑丈であること
 軽量であっても、ある程度の強度が保証されていること
4・大きいこと
 雨天の時に体や持ち物が濡れないように、使用時90cm以上の大きさがあること

 上記の基準でに合致する傘を探した結果、人気3社(クルニプス・トーツ・モンベル)に優れた傘を多く見つけました。

 これら3社は、「携帯折りたたみ傘マニア」にはよく知られたブランドです。デザイン性はもちろん、機能性に優れた傘を多く出しています。 どの商品も、20代・30代以上のお洒落な大人の男女が持つ逸品であり、「ブランド」として知られているので、ちょっと気の利いたプレゼントにも最適です。

 なお、Atlasは、昔は全然傘が上手に巻けず、綺麗に収納できませんでした。しかし、いろいろな方にコツ教えて貰ったり、本をみたりして、それでも昔よりはまともに巻けるようになり、今では必ず持ち歩いています。

 というわけで、以下、メーカーごと、軽量折りたたみ折り畳み傘のスペックを具体的に比較していきます。

クルニプスの折りたたみ傘 

 最初はドイツのクルニプスの折りたたみ傘を紹介しましょう。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチとおもう部分を青字で記していきます。


  

 1・FiberLine X1 Night KNX06N(ブラック・ナイト)
 1・FiberLine X1 Navy KNX07N(ネイビー)
 1・FiberLine X1 Heart KNX10N(レッド・ハート)  
  ¥5,750 Amazon co.jp
(9/3執筆時)

 サイズ:直径94センチ
 重量:228グラム(ケース込み292グラム)
 収納時長さ; 直径6cm×長さ18cm

 クニルプスは、世界で最初に折りたたみ傘を発明したドイツの会社です。そして、このX1シリーズは同社の代表的なモデルで、同ブランドの「顔」となっています。

 201304042009.jpg

 カラーバリエーションは、全11種類あります。リンク先では他の色も見ることが可能です。 

 広げた時の傘のサイズは、94センチです。男性用の標準的な折りたたみ傘としては小さめです。男性ならば、非常時の携帯用にバッグに忍ばせておく用途の傘ですね。ただし、身長180センチを越えるような大きな方にはそれでお小さいです。一方、女性用の傘として見れば、94cmはやや広めのサイズであり、普段使いもできるでしょう。

 傘の開閉は、マニュアル式で、いわゆる「ジャンプ式自動折り畳み傘」ではありません。クルニプスの小型は全て層ですね。ただ、ジャンプ式と異なりギミックがない分、故障はより少ないです。

 傘の収納方法は、コンパクトですが三段折りです。東急ハンズなどではより小型の「4段折り」の傘もあります。しかし、収納が難しく、綺麗に畳めません。こちらは、たいしたコツも要らず、簡単かつ綺麗に畳めます

 201304042010.jpg

 収納時のサイズは、18cmになります。なお、X1シリーズは、中袋の他に専用のプラスチックケースが付くので、使用後に濡れたままバッグの中にかさを入れることが可能です。ケースは、傘の色ごと色やデザインが異なっており、統一感があります。重さもケース込みで300gを切ります。

 傘の強度は、小型の傘ですが、8本骨であり、強風にも対応できます。もちろん、他の傘と同じで、気をつけてさす必要はあります。

 以上、クルニプスX1シリーズの紹介でした。傘の業界では、不動の人気を誇る折りたたみ傘です。そのため、大人への気の利いたおしゃれなプレゼントとして最適です。また、クニルプスの傘は、全て日傘としても使えます。もちろん、雨傘としても高機能で素晴らしいですし、違和感は全くないです。


  

 2・Knirps Travel KNA815-100(ブラック)
 2・Knirps Travel KNA815-120(ネイビー)
 2・Knirps Travel KNA815-300 (ネイビードット)
  ¥5,184 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径93センチ
 重量:195グラム
 収納時長さ; 直径6cm×長さ17cm

 クニルプストラベルシリーズは、クルニプスの小型モデルとしては比較的新しいラインで、比較的安いモデルです。

 カラーバリエーションは、ネイビードットの3展開です。明るい色目はなく、実用性重視ですね。

 広げた時の傘のサイズは、93センチX1シリーズと同じです。傘の開閉は、同じくマニュアル式です。

  201706021153.jpg

 収納時のサイズは、17センチで、X1シリーズよりわずかながら小さめですね。こちらは、プラスチックケースではなく、普通のナイロン製の袋に収納するタイプです。

 傘の強度は、一方、傘の骨が6本と2本少ないので、台風のような強風を伴う雨の際には、多少不向きな部分もあります。そのかわり、軽量性はかなり重視されており、重さは195グラムと、今回紹介する折りたたみ傘としては最軽量です。

 以上、クニルプストラベルシリーズの紹介でした。ビジネスバッグに非常用として持ち歩く傘としては、軽量・コンパクトでよい製品だと思います。TUMIのビジネスバッグなど、傘専用の収納があるバッグには特にオススメですね。また、名前通り、旅行などの際の「非常用」にも良いと思います。


 

 3・Knirps T.010 Small Manual KNT010-1000(ブラック)
 3・Knirps T.010 Small Manual KNT010-1200(ネイビー)

  ¥5,255 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径94センチ
 重量:
255グラム
 収納時長さ; 直径6cm×長さ18cm

 T.010シリーズは、2016年3月に新発売されたクルニプスの小型モデルです。

 201706021132.jpg

 カラーバリエーションは、主要ラインの1つなので多彩です。リンク先では、基本色のの他、ネイビーや、柄物など8種類あまりから選べます

 広げた時の傘のサイズは、94センチトラベルシリーズとほぼ同じです。収納時のサイズも、直径18センチですので、同じと言えます。傘の開閉は、こちらもマニュアル式ですね。

 201603081046.jpg

 傘の強度は、クルニプスの小型製品のなかでは最も頑丈です。こちらの機種は、新規格のシャフトが採用されています。8本骨である点はX1シリーズと同じですが、強風の際のシャフトのねじれを効果的に防げる構造で、超小型機種の中では強風対応性が高い製品です。ただし、本体の重さは250gとトラベルシリーズよりも多少ですが重いです。

 以上、T.010シリーズの紹介でした。超小型の傘としては、高級な傘をできるだけ壊したくない、という方に特にオススメできるモデルです。その分重さは増加しますが、安心感は上位です。ただ、X1シリーズも8本骨で強風には十分強いと言えますし、ケースが付かない分、やはり、こちらのシリーズは、位置づけ的にはX1シリーズの下位機種でしょう。


 

 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1000 【黒】
 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1200 【ネイビー】
  ¥6,940Amazon co.jp  (9/3執筆時)

  
 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1000  【柄付各種】
  ¥6,940 Amazon co.jp  (9/3執筆時)

 サイズ:直径98センチ
 
重量:320グラム
 
収納時長さ; 直径6cm×長さ28cm

 T.200.シリーズは、クルニプスの三段収納のやや大ぶりの定番モデルです。以前人気だったT2シリーズの後継品となります。

 201609221108.jpg

 カラーバリエーションは、10以上あります。なお、単色のラインと一部の柄物のラインとは、Amazonのリンクとしては別立てなので注意してください。黒が定番モデルで売れ筋になりますが、柄物を含めて色のラインアップは多いです。実店舗よりもアマゾンでは結構安く買えます。

 201308011206.jpg

 傘の収納ケースもおしゃれですし、中のストラップも幅広で傘が巻きやすいです。先ほど紹介したX1よりは大きいですが、仕事用のB4書類かばんには無理なく入るサイズです。

 広げた時の傘のサイズは、98cmです。男性用の3段の折りたたみ傘としては標準的なサイズで、実用的です。これくらいのサイズがあれば、横降りでもない限り、ずぶ濡れはないでしょう。

 収納時のサイズは、直径28センチです。ここまで見てきたX1 シリーズのような小型の傘よりも長さがあります。ただ、コンビニなどで見かける一般的な折りたたみ傘と同じサイズですので、一般的にはこれが普通です。

 201603081103.jpg

 傘の開閉は、傘の自動開閉ボタンが付きます。いわゆる「ジャンプ傘」と違って、ボタンで全開するだけではなく、開いた状態でボタンを押すと傘が閉じます。このギミックがオシャレなので、「モテ傘」と言われることもあります。色も男性向けが多いですね。ブランドロゴも目立つところにあります。また、持ち手には、ヒモが通してあり、小ぶりながら持ちやすくなっています

 傘の強度は、こちらもグラスファイバー製の骨を使用しており非常に頑丈で壊れにくい傘です。また、前モデルT2と比較すると、親骨を20%程強化して、特に横風に強くなりました。このように、剛性を重要視した機種ですが、傘の重さは320グラムと比較的抑えられており、優秀です。

 以上、T.200.シリーズの紹介でした。非常用の「超小型」ではなく、日常用の「普段使い」の傘を探している方は、この機種が良いでしょう。「ある程度軽量で、ある程度頑丈で、ある程度大きめの傘」、と非常にバランスの取れた傘ですね。

 なお、近年の天候不順に対応するには、このくらい頑丈で大きな傘が必要です。とくに、台風などの強風が多い日本には向いています。その点、高価な傘ですし、なるべく傘を壊したくない人にもおすすめです。


  

 6・T.300 Medium Duomatic KNT320-1000  【黒】
  ¥7,733 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径105センチ
 
重量:520グラム
 
収納時長さ; 直径6cm×長さ30cm

 T.300シリーズは、2016年3月に発売された新製品です。以前のT3シリーズの改良版・後継品です。

 201310172231.jpg

 カラーバリエーションは、黒系のバリエーションがある程度です。実用性を重視したラインですね。傘の収納ケースは、T2を踏襲していておしゃれです。

 広げた時の傘のサイズは、105cmですので、折りたたみ傘としては、相当広いです。男性でも十分なサイズです。スーツを濡らすことも少ないでしょう。ただ、重さは、520グラムと少し重いです。コンビニのビニール傘と同じほどの重さです。

 収納時のサイズは、大型化のため、こちらも30センチと大ぶりです。傘の開閉は、こちらも、T.200.シリーズと同じ、傘の自動開閉ボタンが付きます。いわゆる「ジャンプ傘」と違って、ボタンで全開するだけではなく、開いた状態でボタンを押すと傘が閉じます。Atlasも、大きめのナップザックに使うため、この傘を常備しています。

 201603081118.jpg

 傘の強度は、T.300系もT2の設計思想を受け継いでいて、グラスファイバー製の骨を使用しています。非常に頑丈で壊れにくい傘といえます。また、以前のT3に較べると、シャフトやジョイントがより強化されています。

 以上、T.300シリーズの紹介でした。男性がスーツを濡らしたくない場合に向く製品です。ただ、重さがあるのがネックですね。その点で言えば、雨の日にだけ持ち歩くか、自動車などに常備しておきたい傘です。ビジネスバッグに入れて持ち歩くとすれば、大きさとしても、T.200.シリーズのが良いと思います。Atlasも大柄ですが、97センチのT.200でも、携帯傘として十分間に合っています。


  

 7・Knirps Big Duomatic Safety Black KNF880-710
  ¥8,229
Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径123センチ
 重量:620グラム
 
収納時長さ; 直径6.5cm×長さ35cm

 Big Duomatic Safetyは、クルニプスのなかでは特殊な製品で、T.300シリーズをより大型化したものです。

 カラーバリエーションは、かなり「ニッチ」な製品ですので、黒だけですね。

 広げた時の傘のサイズは、123cmですので、もはや「普通の傘」と変わらないサイズです。頑張れば、2人でも入れるでしょう。したがって、重量も重めであり、620グラムあります。

 収納時のサイズも、直径35cmと長いです。普通の傘に比べれば、収納時の全長はコンパクトにできるものの、折りたたみ傘としては、若干大きすぎですね。傘の開閉は、こちらも、傘の自動開閉ボタンが付きます。

 傘の強度は、こちらも親骨にグラスファイバーを採用する8本骨の傘で、頑丈さは保証されます。

 以上、Big Duomatic Safetyの紹介でした。こちらについても、やはり、車のダッシュボードや、ゴルフバッグなどに入れっぱなし使う携帯用の傘です。そのような用途としては最高でしょう。もちろん、骨の頑丈性や、オート開閉機構などは、他のクルニプスの傘と同じく堅牢です。


  

 8・Knirps Piccolo 7 LIMITED KNAL868-J002【各色】
  ¥3,767
  Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径88センチ
 重量:223グラム
 収納時長さ; 直径6cm×長さ20cm

  Piccolo 7シリーズは、クルニプスの女性向けラインです。

 201603081135.jpg

 カラーバリエーションは、人気のX1シリーズも女性向けの柄はありますが、こちらの場合、さらに多数のカラフルなモデルが展開されています。傘の開閉は、マニュアル式ですね。

 201603081130.jpg  

 広げた時の傘のサイズは、一方で、88センチとX1シリーズより小さいです。にもかかわらず、収納時のサイズは、20センチとこちらの方が長いですね。なお、X1シリーズの特徴である防水性収納ケースは付属せず、こちらは通常タイプのカバーのみ付属です。

 傘の強度は、X1シリーズよりも傘の骨の数が1本少ない7本で、剛性の面でも劣ります。

 以上、女性用の小型モデルPiccolo 7シリーズの紹介でした。デザインが豊富で、柄を楽しみたい方におすすめしたいモデルです。ただ、傘の機能性を考えると、最初に紹介したX1シリーズや、次に紹介するFlat Duomaticシリーズが良い気もします。


  

 9・Knirps Flat Duomatic KNF881  【各色】
  ¥5,940〜
  Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径94センチ
 重量:265グラム
 収納時長さ; 直径6cm×長さ26.5cm

  Flat Duomaticシリーズ は、人気のT.200シリーズを軽量化することで、女性など向けに改良した機種です。 

 201603081147.jpg

 カラーバリエーションは、かなり豊富です。T.200シリーズよりもデザインを重視したモデルが多いですね。

 広げた時の傘のサイズは、98センチのT.200シリーズよりも小さめの94cmです。94cmはX1シリーズと同じサイズで、女性用にとしては多少広めのサイズです。人気のT.200シリーズが女性用としては大きいので、その欠点を補うために開発されたものでしょう。

 収納時のサイズは、26.5cmですので、X1シリーズのような非常時洋の「超コンパクト」モデルではなく、T.200シリーズと同じ、普段使いに向いたサイズですね

 201603081152.jpg

 傘の開閉は、T2シリーズを踏襲しており、クルニプスの「売り」の自動開閉機能が付属します。X1 シリーズには付属しませんが、こちらには付属しており、便利です。

 傘の強度は、一方で、こちらは6本骨であるため、軽量性の点では有利ですが、剛性はT.200シリーズには劣ります。ただ、グラスファイバー製の質の良い骨なので、台風などを除けば、普段使いにおいて過剰な心配は不要でしょう。

 以上、Flat Duomaticシリーズ の紹介でした。収納時にX1シリーズほど小さくなくて良く、T.200シリーズほどは広げた際の傘のサイズは不要な方はこの機種が良いでしょう。男性向けの色目もありますが、女性向け傘としては広めの94cmで、265gと軽量なので、とくに「T.200では大きすぎる」、「X1のようなケースは不要」と感じている女性の日常用には、選択肢としてもよい製品です。長めの傘なので、収納時に綺麗に巻きやすいのもメリットですね。

TOTESの折りたたみ傘 

 つづいては、トーツの傘を見ていきましょう。

 トーツ社は、アメリカの傘メーカーです。クニルプスよりやや安価ラインで出していますが、材質や機能面ではあまり変わらないという世間的評価を受けているようです。

 なお、トーツは携帯用についても、クルニプスの折りたたみ傘とことなり、プラスチックケースは付属しません

 日本でも人気ですが、2016年シーズンに大幅なモデルチェンジがありました。今回は、新機種に対応したものを、種類ごとに解説します。


 

 10・totes Line 3 sec AOC 8403 【各色】
  ¥3,780 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径93センチ
 重量:365グラム
 収納時長さ; 直径4.5cm×長さ15cm

 こちらは、トーツtotes Lineシリーズの傘です。こちらは、同社では、最も格安な自動折りたたみ傘です。 

 201609221004.jpg

 カラーバリエーションは、こちらは、同社の定番シリーズだけあり。ブラック・ネイビーなど20種類近くの展開であり、単色系のほか、明るい色目もあります。

 201609221013.jpg

 また、TOTES傘はどれもそうですが、傘の巻き取り部分が幅広なので、簡単に綺麗に巻けます。もちろん、巻きやすい3段折りですね。

 広げた時の傘のサイズは、93cmです。サイズ的に言えば、クルニプスのT.200と較べると多少小さいです。それでも、女性向きとしては広めで普段使いもできると言えますが、男性が使う場合は、X1 シリーズ同様に「非常時の携帯用」です。

 収納時のサイズは、15cmと「超小型」です。。この点で言えば、クルニプスのX1シリーズと同等の携帯性です。ただし、それに比べると、プラスチックケースなしの状態で365グラムの重さがあり、T.200シリーズよりも重量があるほどです。この点は注意が必要でしょう。傘の開閉は、こちらは自動開閉機能が付属します。

 傘の強度は、メーカー横断的な比較は難しいのですが、クルニプスのT.200などと比べると骨の数も7本と少ないです。ただ、TOTESは傘が頑丈なことが「売り」ですが、こちらは、格安なラインなので、その方面での性能は「そこそこ」のレベルです。

 以上、トーツtotes Lineシリーズの傘の紹介でした。クルニプスに比べると重量がある点が注意点でしょう。折りたたみ時のサイズはかなり小型にできますが、非常用に普段持ち歩くにはやはりネックですね。


 

 11・totes TITAN line 4 sec AOC 8661 【各色】
  ¥5,109 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径100センチ
 重量:365グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ24cm

 こちらは、トーツTITAN line 4シリーズの傘です。

 201609221024.jpg

 カラーバリエーションは、Lineシリーズほどではありませんが、10種類程度から選択ができます。

 広げた時の傘のサイズは、直径100cmのワイドサイズです。比較的大柄な男性でも濡れずに済むでしょう。

 収納時のサイズは、直径が24cmとその割にはコンパクトです。ただし、これは、傘が3つ織りではなく、4つ折りだからです。4つ折り傘は、収納時に綺麗に巻くことが難しいので、上級者向けの傘です。

 傘の開閉は、こちらも自動開閉機能が付属します。

 傘の強度は、チタニウム(タイタン)という名前から分かるように、傘の骨格の一部にはチタン合金が使われており、堅牢性が高いかさになります。ただ、頑丈な分、クルニプスT.200シリーズに較べると少し重たく、360グラムの重さがあります。日常に携帯するものというよりも雨が降りそうな日にだけ持っていく感じでしょう。なお、チタン合金を使っており剛性は高いですが、傘の骨は6本ですので、突風に対する頑丈さは、多少落ちます。

 以上、トーツTITAN line 4シリーズの紹介でした。ライバルは、クルニプスの定番シリーズであるT.200シリーズでしょう。これと比較すると、傘はこちらが幅広です。ただ、突風対応力や、重量、収納の容易さの点では多少弱いですね。ただ、5000円を割る価格はお買得感があります。


  

 12・totes TITAN line 3 sec AOC 8698 【各色】
  ¥5,566 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径96センチ
 重量:350グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ29.5cm

  TITAN line 3も、1つ上の傘と同じで、Titanシリーズの傘です。

 201609221033.jpg

 カラーバリエーションは、こちらも10種類ほどあり、選択に迷うほどです。

 広げた時の傘のサイズは、先ほどの機種よりもやや小さいとは言え96cmとわりと広めです。男性用の普段用といえるサイズです。

 収納時のサイズは、一方、こちらは、折りたたみやすい3つ折りの傘ですが、収納時の長さは29.5cmとコンパクト性は維持されています。ただし、重さは重さは、350gと重いです。 傘の開閉は、こちらも自動開閉機能が付属します。

 傘の強度は、こちらもチタン合金を使った剛性の高い仕様です。また、こちらは、8本骨を採用しており、頑丈さでは、下位機種よりもかなり高く、価格以上の耐風性が期待できます。

 以上、トーツTITAN line 3シリーズの紹介でした。こちらも、スペック的に言えば、クルニプスの人気シリーズT.200がライバルです。同じく3段折りで剛性が高いモデルなので、どちらを選ぶか迷います。重さや収納性などは多少こちらが弱いですが、価格面でやすくお買得感が高いです。

 クルニプスT.200と同じ、自動開閉機能が付属しますので、「モテ傘」が欲しいが、予算は抑えたい場合は、こちらを考えるのも「あり」ですね。


  

 13・totes TITAN line 3 sec AOC 7559 【60cm】
  ¥3,945 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径108センチ
 重量:410グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ32cm

 14・totes TITAN line 3 sec AOC 7571【70cm】
  ¥7,560 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径124センチ
 重量:420グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ36.5cm

 こちらも、チタン合金を使った、トーツの頑丈なTITAN line 3シリーズの3段折り傘です。

  

 カラーバリエーションは、黒・青・茶など幾通りかのバリエーションです。

 広げた時の傘のサイズは、2製品で異なりますが、傘の大きさが直径108cm、124cmと相当大型化しているモデルです。それぞれ、クルニプスのT.300シリーズBig Duomaticシリーズのライバルと言えるでしょう。

 収納時のサイズは、32cm、36.5cmとクルニプスのT.300シリーズBig Duomaticシリーズよりも多少長いです。ただ、また、ライバルのクルニプスと比較した場合、重さも100g以上軽量です。とくに、直径124cmの上位機種が420gというのは相当軽量と言えます。

 傘の強度は、こちらも8本骨とチタン合金を採用した、たいへん頑丈なモデルです。傘の開閉は、こちらも自動開閉機能が付属します。

 以上、なTITAN line 3シリーズの大きめの製品を2つ紹介しました。クルニプスの大型と比べると、収納時の長さは多少劣りますが、「軽量」かつ「頑丈」で「大きな」な傘がこの値段で購入できるのは、お得と言えます。もちろん、自動開閉機能が付属し、傘も3つ折りで、傘の巻き取り部分が幅広で、扱いやすい傘です。ゴルフバッグや自動車などに置きっぱなしにする用途には向くでしょう。



  

 15・ totes VENTEDCANOPY 3 sec AOC 7523 【各色】
  
  ¥5,400 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径124センチ
 重量:500グラム
 収納時長さ; 直径5.5cm×長さ35cm

 TotesVented Canopyシリーズは、同社の「代名詞」とも言える頑丈さを突き詰めた製品です。

 201409041341.jpg

 カラーバリエーションは、こちらについては豊富で、10種類以上から選択できます。ただ、用途とサイズ的に男性向けの色目が多いです。

 41752FKdgWL._AA300_.jpg

 こちらも、幅広のストラップが付属し、大きさの割に巻きやすいですね。

 広げた時の傘のサイズ直径124cmと、AOC 7571と並び、今回紹介する折りたたみ傘では最も大きなサイズです。

 収納時のサイズは、35cmと、サイズの分大きめですが、引き続き、収納しやすい3つ折りを維持しています。ただし、頑丈な分、重さは500グラムとなります。

 傘の開閉は、こちらも自動開閉機能が付属します。

 B007UKLSZ4.03.jpg

 傘の強度は、このシリーズの最大の特色です。写真のように、天蓋を二重にして散風する構造で、風による傘の反り返りを防ぐ構造になっています。折りたたみ傘ながら、台風などの際に、傘を後ろに持っていかれる状況はほとんどありません。骨組みが強化された、まさに強風対応モデルです。こちらも8本骨とチタン合金を採用します。

 以上、TotesVented Canopyシリーズの紹介でした。ライバルは、クルニプスの Big Duomaticシリーズでしょう。比較すると、剛性などはほぼ同等でしょうが、重さも100g以上軽量です。この点で、この製品は大型モデルの中では軽量性があり優秀ですね。剛性もあるので、台風などの時に傘を壊したくない方には最適でしょう。

モンベルの折りたたみ傘

 最後に日本のモンベルの傘を紹介します。


   

 16・mont-bell トレッキングアンブレラ 【各色】
  ¥4,860
Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径98センチ
 重量:
150グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ26cm

 モンベルは、日本の高級アウトドアブランドです。こちらの傘は、トレッキング用として、軽量で防水性の高いポルカテックス加工を施したナイロンを使用した傘で、重さが150グラムとここで見たモデルの中では最大級に軽量化されています。

 201603081220.jpg

 カラーバリエーションは、毎年変わりますが、黒の他、明るめの色目の製品も何種類かあります。

 広げた時の傘のサイズ直径98cmと、男性が普段使いできるほどのサイズを確保しています。このサイズをしつつ、重さが150グラムというのは他社には見られず、さすがに登山用品のメーカーだと感じます。

 収納時のサイズは、折りたたむと3段折りの25センチです。小型のバッグにも入るし、ちょうど良い大きさです。

 ecinfo_002_01202.jpg

 傘の開閉は、ただし、マニュアルです。持ち手は小さめですが、こちらは、グリップを逆に取り付けることで持ちやすくなる仕様です。

 傘の強度は、カーボン製の8本骨で、軽量性をキープしつつ剛性を高めています。携帯性の良いモデルとして、強風への対応力もそこそこあります。

 以上、モンベルトレッキングアンブレラの紹介でした。

 サイズや機能的に、クニルプスのX1シリーズと、T.200シリーズの中間に位置する感じです。開いた時の傘の大きさと、収納時の長さ、重量が非常にバランスが取れているので、軽量性を重視しつつ、ある程度大きな傘を探している方にはおすすめです。。日本製の安心感もありますね。

 そのほかの利点としては、モンベルはかさの修理に対応しているということがあります。ここで書いた折りたたみ傘は全て強度を売りにしています。しかし、やはり、強風の多い日本において折りたたみ傘は総じて壊れやすいといえます。アマゾンのレビューをみても強度に不満を持っているユーザーの声が(どの傘についても)結構書かれていますし。これらの傘は、消耗品としてはそれほど安い価格ではないですし慎重になりますよね。

 その点、モンベルのアンブレラは傘骨などが折れた場合修理対応してくれます。折りたたみ傘は特殊なパーツが多いため、傘の修理屋さんでも断られることがあるそうですが、モンベルは直営店が全国展開していますし、Webサイト上で修理の相談も載ってくれるようなので、もしもの際の安心感がありますね。。

 一方トレッキングアンブレラということで、実用性重視のため、あまり「お洒落」ではありません実用性をふまえた総合性能は高いのですが。その辺りが「惜しい」ところでしょう。


  

 17・mont-bell ロングテイル トレッキングアンブレラ (各色)
  ¥5,940 Amazon co.jp  (9/3執筆時)

 サイズ:直径92センチ
 重量:145グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ26cm

 ロングテイル トレッキングアンブレラ もモンベルの傘です。

 201502261010.jpg

 カラーバリエーションは、毎年変わりますが、複数の色目がある場合が多いです。

 広げた時の傘のサイズ直径92cmと、クルニプス社のX1とほぼ同様の小型サイズですが、重さは145グラムとひときわ軽量です。

 201502261014.jpg

 なお、この傘は、形状がやや特殊で、後ろの部分のテイルが長い構造です。そのため、リュックサックが濡れにくいという特長があります。Atlasも、国内旅行用のリュックサックにはこの傘を入れています。

 収納時のサイズは、折りたたむと3段折りの26センチです。ねじ式クリップなど、その他の特長は、1つ上で紹介したトレッキングアンブレラと同様です。

 傘の強度は、こちらもカーボン製の8本骨で、軽量性をキープしつつ剛性を高めています。

 以上、モンベルロングテイル トレッキングアンブレラの紹介でした。通常のトレッキングアンブレラに比べて、品薄な場合が多く、形状も特殊ですが、リュックサックを利用する方や、旅行用として特に優れた製品です。

ネットで人気の折りたたみ傘

 最後に、「三大ブランド」ほど名が知られていませんが、おもにネットショップで「売れ筋」の製品を紹介します。


 

 18・Bodyguard 折り畳み傘 ワンタッチ自動開閉
  ¥2,099 Amazon co.jp  (9/3執筆時)

 サイズ:直径105センチ
 
重量:445グラム
 
収納時長さ; 直径6cm×長さ32cm

 Bodyguard 折り畳み傘は、Amazonなどのネットショップで売られている折りたたみ傘です。2016年いらい相当数売れている製品です。

 カラーバリエーションは、黒のほかブルーの製品が展開されます。

 広げた時の傘のサイズは、説明には 「118cm」とありますが、これは曲線に沿ったサイズです。直径105cmです。だいたいクルニプスのT.300と同じほどのサイズで、男性用の「大きめの傘」といえます。重さ445グラムで、T.300に比べても健闘していると言えます。

 収納時のサイズは、ただし、32センチと大ぶりです。傘の開閉は、こちらも、自動開閉ボタンが付きます。

 傘の強度は、クルニプス系の8本骨に対して10本骨で、こちらもグラスファイバー製の骨を使用しています。強度が相当程度保証されているのが、ネットで人気がある最大の理由でしょう。ただ、総合的な剛性は、シャフト部分などに工夫がある8本骨のクルニプスと同等でしょう。

 以上、Bodyguard 折り畳み傘の紹介でした。現物を使用しましたが、剛性は十分で、実力はある傘で、コスパは相当の魅力です。ただ、同サイズの傘に比べて、収納時に32cmと大ぶりな点と、縫製や特に傘のマジックテープの部分が貧弱である点など、「三大ブランド」に敵いません。また、T.300と同じく、ずっしりと重さがあるため、普段の携帯用と言うより、自動車などのダッシュボードへの携帯に本来的に向く製品ですね。

今回の結論
最新折りたたみかさのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、軽量で頑丈な折りたたみ傘を紹介しました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案しておきます。


第1に、できるだけ小さく収納できる傘を探している方は、

 201304042009.jpg

 1・FiberLine X1 Night KNX06N(ブラック・ナイト)
 1・FiberLine X1 Navy KNX07N(ネイビー)
 1・FiberLine X1 Heart KNX10N(レッド・ハート)  
  ¥5,750 Amazon co.jp
(9/3執筆時)

 サイズ:直径94センチ
 重量:228グラム(ケース込み292グラム)
 収納時長さ; 直径6cm×長さ17.12cm

 携帯性 ★★★★★★
 実用性 ★★★★☆
 デザイン★★★★★★

 携帯性を重要視するならば、クルニプスの小型X1シリーズが最も良いでしょう。色が豊富にあるので、男女問わず、ユニセックスで使えると思います。プラスチックケース付きなので濡れたままバッグに入れられるのもメリットです。

 男性用としては、サイズ的には激しい風雨に対応できるものではないので、本格的な雨降りには対応できませんが、普段持ち歩く非常用の傘としては、軽量かつ小型で、またデザイン性もよく最強だと思います。

 女性用としては、直径94cmと日常用としてもやや使いやすいサイズと言えます。デザイン的にも、カラフルなモデルが多く、この点でもおすすめできます。日傘としても使える点も魅力でしょう。

 プラスチックケース付きの傘は珍しいですし、デザインやカラーバリエーションも多いので、ちょっとしたプレゼントにも向くのかと思います。価格も百貨店や路面店で購入するよりも数割安くなっています。

ーーー

  201603081220.jpg

 16・mont-bell トレッキングアンブレラ 【各色】
  ¥4,860
Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径98センチ
 重量:
150グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ26cm

 なお、リュックサックや、小さなビジネス鞄にも収納できる携帯軽量モデルとしては、モンベルのトレッキングアンブレラがおすすめです。こちらも軽量・コンパクトで、携帯用として優れます。とにかく軽量なので、普段着での旅行用にはこれが良いでしょう。


第2に、携帯性・軽量性とともに、傘の広さや、強風への対応性を加えた総合力を重視するならば、

 201609221108.jpg

 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1000 【黒】
 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1200 【ネイビー】
  ¥6,940 Amazon co.jp  (9/3執筆時)

 サイズ:直径98センチ
 
重量:320グラム
 
収納時長さ; 直径6cm×長さ28cm

 携帯性 ★★★★★
 実用性 ★★★★★★
 デザイン★★★★★

 クルニプスの定番T.200シリーズをオススメします。

 3段折りで傘が巻きやすいですし、重さも320グラムと軽量性をキープしています。自動開閉機能も、例えばバスから乗り降りするときなどには非常に重宝するでしょう。

 収納時の直径も28センチと、ブリーフケースに無理なく収納できるサイズです。

 実用性はもちろん、デザイン性も高く、「見せる傘」としても重宝するでしょう。グラスファイバー製の骨を使用しており非常に頑丈で壊れにくい傘ですし、多少高いですが、その分長く使えるので、投資する価値は十分にあると思います。

 なお、アマゾンでは市場価格よりもかなり安いです。トーツ並みの価格でクルニプスブランドが購入できるため、お得でしょう。

  201609221111.jpg

 5・T.200 Medium Duomatic KNT200-1000  【柄付各種】
  ¥6,940 Amazon co.jp  (9/3執筆時)

 なお、このT.200シリーズは、人気のシリーズのため、バリエーションも多いです。特に柄物シリーズは、シーズンによって、柄が変わりますので、上のリンク先で、現在のデザインを確認すると良いでしょう。

ーーーー

 201603081147.jpg

 9・Knirps Flat Duomatic KNF881  【各色】
  ¥5,940〜
  Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径94センチ
 重量:265グラム
 収納時長さ; 直径6cm×長さ26.5cm

 一方、T.200シリーズは、女性用としては、「やや大きめ」です。その場合、のT.200シリーズを軽量化することで、女性など向けに改良した機種である、Flat Duomaticを選ぶとよいでしょう。

 女性向きには、X1シリーズも良いです。ただ、さほどの収納時のコンパクトが不要ならば、大きめで、綺麗に巻きやすく、自動開閉機能も付属するこちらの方が利便性は上です。使っている際のファッションとしても「見た目」もこちらのはよいです。色目を選べば、日傘としても利用できます。


 第3に、大きめの傘で、強度を重視して選びたい場合は、

 201409041341.jpg

 15・ totes VENTEDCANOPY 3 sec AOC 7523 【各色】
  
  ¥5,400 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径124センチ
 重量:500グラム
 収納時長さ; 直径5.5cm×長さ35cmm

 携帯性 ★★★★☆
 実用性 ★★★★★★
 デザイン★★★★★

 TOTESVented Canopyシリーズが第一候補です。TOTESの傘はどれも頑丈ですが、こちらは、とくに、2重天蓋構造で、骨組みが強化された強風対応モデルで、同社のなかでは最も頑丈なモデルです。

 開いた時のサイズは直径124センチと普通の長傘と同レベルで、雨に濡れることは少ないでしょう。ただ、収納時の長さは35センチなので、自動車の置き傘としてなど用途は多いと思います。

ーーー

 201609221045.jpg

 13・totes TITAN line 3 sec AOC 7559 【60cm】
  ¥5,327 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 サイズ:直径108センチ
 重量:410グラム
 収納時長さ; 直径5cm×長さ32cm

 なお、大きめのバッグで持ち歩く場合は、Vented Canopyシリーズに準じて性能が良い、これらが良いと思います。100gほど軽量で、収納時のサイズも32cmとなりますので。

ーー

 というわけで、今回は、折りたたみ傘の紹介でした。最後に「おまけ」

  

 LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml
  ¥612 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 なお、折りたたみ傘の「お手入れ」ですが、新品でも(できれば)防水撥水スプレーを最初に利用することをおすすめします。後片付けが格段に「楽」で快適ですから。

 折りたたみ傘のほか、レインコート防水素材の鞄などに広く利用できます。雨天でのスポーツ観戦が多いAtlasはこれを愛用しています。

   

 M.MOWBRAY M.モゥブレィ プロテクターアルファ
  ¥1,620 Amazon co.jp (9/3執筆時)

 なお、傘類だけでなく、靴などの革製品にも対応させたい場合は、こちらが良いです。Atlasは、革靴の防水には、変色などの点で信頼性がより高いこちらを利用します。多少高いので、傘には勿体ないですね。 

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどのボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 11:02 | Comment(0) | 旅行用品

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!



<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png