Top PC用液晶モニター 比較2021'【目に優しい】液晶モニター95機からの選び方〈まとめ〉

2021年08月15日

比較2021'【目に優しい】液晶モニター95機からの選び方〈まとめ〉

【今回レビューする内容】 2021年 目が疲れない!PC用液晶ディスプレイの価格・性能とおすすめ・選び方:EIZO イイヤマ LG ASUS フィリップス DELL: 疲れにくいPCパソコンや動画・ゲーム向け口コミ:IPS液晶 VA TN ADS液晶の違いや人気ランキング Windows Mac

今回のお題
目に優しいPC用液晶ディスプレイのおすすめの選び方は?

 ども、Atlasです。

 今日は、2021年8月現在、最新のパソコン用液晶モニターの比較です。

 スペック面から、用途別にどのように選ぶべきか?について解説します。

 201804130736.jpg

1・31.5型フルHDモニターの比較
2・27.0型フルHDモニターの比較
3・24.1型フルHDモニターの比較
4・23.8型フルHDモニターの比較
5・21.5型フルHDモニターの比較
6・4K解像度のモニターの比較
7・WQHD解像度のモニターの比較
8・タッチパネルモニターの比較
9・ゲーミングモニターの比較
10・Mac向けPCモニターの選び方
11・液晶モニターの選び方【まとめ】

 このブログ「家電批評モノマニア」では、最新液晶モニターについて、以下の11本の比較記事があります。

 今回は、11回目の記事です。

 ここまで比較した95機種以上新製品から、最終的なおすすめ機種を提案する【まとめ記事】です。

 今回は、「選び方の基本を詳しく説明します。

 そのため、最初にお読み頂くに適した【モニター選びの導入編】とも言えます。

 201804130741.jpg

 ネット上には、モニターの比較記事が多くあります。

 その中で、このブログ「モノマニア」の独自性は、長時間モニターを眺めても「疲れにくいモニター」という観点から比較する点にあります。

 ビジネス用・動画用・ゲーム用などでモニターを多用する方に対応できるように書いています。

 もし、興味があれば、お付き合いください。

ーーー

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 なお、以下では、最初にAtlas的に「目に優しい」ディスプレイの選び方の基本を説明します。

 その上で、上表のような観点から、、目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」を複数提案してきます。

1・目に優しいモニターの選び方の基本

 はじめに、「目に優しい」液晶モニターはどのような「基準」で選ぶべきかという話からです。

 ビジネス用・動画用・ゲーム用を問わず、目が疲れにくい液晶モニターを選ぶ場合、最も注意するポインは4点あります。

 大事な部分ですから、以下、順番に紹介していきましょう。

1・適切なモニターサイズを選ぶこと

 201804130736.jpg

 第1に、モニターサイズです。

 PC用モニターの場合、「画面が大きければ大きいほど目に良い」とはなりません。

 なぜなら、必要以上にモニターが大きいと、目線を移動させる回数が増えるため、眼精疲労が生じるからです。

 202108142336.jpg

 この点を考慮に入れて、目とモニターのと距離に応じて適切なサイズのモニターをを選ぶのがポイントです。

 例えば、最近の「大画面モニター」として標準的な27インチの場合、目から最低80cm以上24インチなら70cmは必要です。

 201802161126.jpg

 【パソコンデスクの比較記事】で紹介した、事務机・学習机は、奥行65-70cmほどが標準です。

---

 結論的にいえば、椅子に座った状態で使う場合、27インチ以下のモニターがおすすめです。

 奥行が短い机を使っている方は、さらに小さい方が良いです。机に比して過度に大きいディスプレイは控えましょう。

2・スタンドの稼働性を重視すること

 201804111725.jpg

 第2に、モニタースタンドの稼働性です。

 机で使う場合、上下・左右・高さ方向にモニターが稼働するかが重要なポイントになります。

  201411061749.jpg

 各記事でも繰り返し書きました。「モニターと目線を水平にする」のが、目が最も疲れないポジションです。

 しかし、格安モニターは、画面のチルト(角度)の調整のみで、高さの調整ができないモデルが多いです。

 その場合、目線を水平にしようとすると、椅子の高さを不自然に調整せざるを得なくなり、今度は腰痛などの原因となってきます。本末転倒と言えるでしょう。

---

 結論的に言えば、モニタースタンドの高さが柔軟に調整できるモデルを選ぶことが大切です。

3・液晶パネルのグレードを考えて選ぶこと

 201811231255.jpg

 第3に、液晶パネルの品質です。

 現在、大きく分けて、上表のような、4種類の方式あります。

 重要なので、その特長欠点を以下で紹介します。

ーーー

 201804121507.jpg

 はじめに、IPSパネルです。

 視野角が178度とと広く、「目が疲れにくい」点で、20年来の定評がある、PC用では最も高品質な液晶です。

 高評価の理由は、視野角が広いこと、色味の変化が少ないこと、「ギラツブ」とも呼ばれる液晶の粒状感がないこと、などです。

 201908261232.jpg

 一方、過去には欠点もありました。

 第1に、応答速度がやや劣るため、動画視聴で残像が見えがちな点、 第2に、コントラストが上げづらく「黒が締まらない」点です。

 202108152352.jpg

 しかし、技術改良がありました。

 応答速度は、Fast-IPSの登場で、1msという高速モデルが出ました。

 黒表現も、2.5K・4K高級機などに限定されますが、Nano-IPS液晶など、映像美を極めたパネルも出ています。

 そのほか、TVの量子ドット技術を利用したQLED-IPSや、シャープのIGZO-IPSなど、広色域化パネルもあります。

---

 結論的にいえば、画質面での向上が著しいのが、IPSパネルです。

 無印のIPSをふくめて、IPSを選べば(まず)「安心」です。ただ、「ランク」はあるので、記事では、そこもふまえて書いています。

ーーー

 201804111636.jpg

 ADSパネルは、IPS(無印)と、ほぼ同じ生産方式で作られる液晶です。

 したがって、性質は同じです。(正確には電界の利用法が異なります)

 ADSパネルは、特許関係でIPSを名乗れない企業が生産している、「ジェネリックのIPS」です。

 液晶生産は品質管理が重要なので、IPSに比べると、信頼性(輝点・ドット欠け数・スペック調整)が読めない部分はあります。

 サイズによっては、視野角がだせない(170度)の製品もあります。

 ただ、IPSより安いので、コスパを重視したい方は、IPS液晶と比較検討できます。

 PCモニターにおけるADSの信頼性も、今ではかなり上がってきました。

ーーー

 202108151605.jpg

 VAパネルは、IPSとは別の角度でで優れた液晶です。

 視野角は、IPSと変わらない水準です(178度)。その上で、コントラスト比3倍以上(3000:1)だせる点が「売り」です。

 コントラスト比が高いと、黒が引き締まって見えるため、映画やゲームの暗いシーンが、はっきりと見えます。

 「映像美」の部分で優れるので、高級液晶テレビの採用例も多いです。

 ただ、VAパネルには、「ギラツブ」と呼ばれる独特の粒状感があります。

 TVと違い「近接視聴」になるPCモニターでは、不快感と「目の優しさ」に悪影響する場合が多いです。

 動画視聴優先と割り切るのならば、選択肢として良いです。しかし、長時間の仕事には、「難あり」といえます。

 201908261153.jpg

 ちなみに、VA液晶・IPS液晶は、湾曲液晶パネルもあります。

 臨場感は期待できます。ただ、直線が正確に表現できないため、ワープロなどのビジネスには向きません。

 甲乙含めて興味のある方は、【曲面ゲーミングモニターの比較記事】の冒頭で少し詳しく書きました。

ーーー

 201804111715.jpg

 TNパネルは、最も安価に生産できる液晶です。

 視野角は、左右170上下160度劣る上で、独特の黄色系の色味の変化があります。

 この点で、「目に優しい」モニターとは言えない方式です。

 しかし、TNパネルは、応答速度が出しやすい特性があります。その点で、ゲームでは、残像感の軽減が期待できます。

 ただ、IPS液晶もこの部分が進化したので、値段以外にTNを選ぶ理由は減っています。

ーーー

 以上、液晶パネルの方式について説明しました。

 202108161223.jpg

 結論的に言えば、もっとも「目に優しく高品質」といえるのは、IPSパネル、ないし、その上位互換パネルです。

 視野角が広く「ギラツブ」問題もないからです。

 202108161229.jpg

 もう少し「ざっくり」書けば、用途別の「おすすめ度」は、以上です。

 202108161309.jpg

 一方、パネルは、デンキヤで実物を見ても、どれがどのパネルなのか分かりません

 しかも、最近は「IPS系パネル」「IPS方式パネル」などと称して、IPSを本来名乗れないパネルを、消費者が「誤認しやすい名前」で売る企業がでています。

 先述のように、ADS(IPS-ADS)は、PCモニター用への採用実績は多いです。

 上表にある他方式でも「目の優しさ」は、視野角をいじっていないならば、そうそう変わりません。LGがほぼ生産している「純正」IPSの信頼性は、繰り返すまでもないです。

 ただ、マイナーパネルの場合、部品の調達価格や、PCモニターへの採用実績(信頼度)面は違います。

 この記事では、できる限りで明記して比較しました。

ーーー

 

 なお、液晶テレビは、表面パネル処理にがグレア・ハーフグレア(光沢)です。

 液晶モニターは、基本的に「ノングレア(非光沢)」です。

 外光が入りにくいので、「目の優しさ」の部分で、その仕様でOKです。

 ただし、「映像美」という観点では、発色と黒の締まりの部分で、(本職の)テレビよりは、やや「落ちる」ことは、念のためにふれておきます。

4・適切な解像度のモニターを選ぶこと

 201804111618.jpg

 第3に、液晶パネルの解像度についてです。

 ディスプレイで最も多いのは、フルHDとも呼ばれる、フルハイビジョン解像度(1920×1080)です。

 しかし、上位機だと、WQHD解像度2560x1440)や、4K解像度3840x2160)パネルもあるので、どれにするか迷っている方も多いでしょう。

 202108121501.jpg

 上表は、画面密度(ppi)の細かさをしめしたものです。

 202108121530.jpg   

 スマホと同じで、同じ画面サイズなら、画面密度(ppi)の数字が大きなほど「細かく、キレイに」に表示できます。

 これがもたらす利点は、4K動画やゲームの画質アップという部分ほか、仕事における「目への優しさ」にもあります。

 180415-0026-22%.png

 例えば、画面上で、書類(Word)を同じサイズで拡げたとします。

 その場合、4K解像度は、ドット単位で正確にフルHDの4倍(2×2)なので、同じ文字を2倍の高密度で描写できます。

 一般的なビットマップフォントなら「4倍キレイ」に文字が見えるわけで、相当程度「目の負担が減り」ます。

 一方、2.5K(WQHD)だと、フルHDとは、25%ほどの差に止まるので、この部分の利点はあまりないです。

 細かく表示しても文字が見えるので、「実作業領域が拡がる」というメリット性に止まります。

 201804150342.jpg

 老眼世代の方も、4Kについていえば、同じ画面サイズでは、フルHDより「目の負担が減る」と言って良いです。

 実際、文字の「美麗さ」において抜群に優れるので、「目に最も優しい解像度のモニターは4K」と断言できます。

 スケーリングによる「ぼやけ」問題も、2015年以前から未更新のレトロソフトを除けば、Macほか、Windows10でも問題はなくなりました。

 もちろん、4Kモニターは値段が高いです。フルHDや2.5Kでも、良いディスプレイがたくさんありますから、それでも、十分満足されるでしょう。

ーーー

 202108161650.jpg

 映像について言えば、4K解像度のモニターは、(Netflixなど対応するサービスの場合)4K動画サービスの視聴にも対応できるため、映画視聴中心に考えた場合、メリット性があります。

 逆に、4K解像度古い動画やゲーム画像が、必ずしもキレイにみえるわけではないです。

 古いメディアを「大きく」する場合、相当の拡大処理(アップスケーリング)するからです。

 とはいえ、テレビの技術を転用し、この現象の解決を目指す4Kモニターもあります。

 このブログも、こうした機能は重視しています。

ーーー

 202108142203.jpg

 画面の縦横比も、ゲームや動画をよくみる方は、注意が必要です。

 フルハイビジョン・2.5K4Kのディスプレイは、画面の詳細さは異なりますが、画面の縦横比は16:9という比であり、どれも同じです。

 しかし、一部細部のモニターは、WUXGA(1920×1200)という縦横比が16:10という縦長の画面を採用します。 

 縦長なので、ワープロ・表計算などは使いやすいです。

 しかし、映像やゲームで利用する場合、相性が良くありません。このサイズだけは、避けた方が良いでしょう。

5・デジタル接続でつなげること

 202108142151.jpg

 第4に、モニターの接続方法についてです。

 現行水準のPCは、HDMI端子があります。

 それで接続するのが良いでしょう。

 DVI端子でも構いませんが、D-Sub(VGA)はNGです。色のズレが生じるほか、色ムラが起こるからです。

 202108142158.jpg

 一方、WQHD2560x1440)までならば、普通のHDMI端子(HDMI1.4)で接続可能です。

 しかし、4K3840x2160)は、HDMI2.0という上位規格の端子がPC側にないと、接続できません。

 デスクトップPCには、たいていDisplay Port(DP)はあります。

 HDMI2.0未対応でも、それでつながります。

 高性能ノートPCでも、HDMI2.0端子ほか、(PC充電に使う)USB-C端子(USB3.1)などがあれば、たいていつながります。

 端子部分の詳しい話は、【Mac向け液晶モニターの比較】と【PC向け4Kモニターの比較】でフォローしました。後ほどご覧ください。-

---

 結論的にいえば、面倒くさがりな方は、WQHD2560x1440)までなら、たいていOKと思ってください。さらに、で、リスクを避けたいならば、フルHDなら「そこそこ古いPC」でも、問題はまずないと思ってくれてOKです。

 201804130909.jpg

 一方、4Kで考えている方で、TV的に使おうという方は、HDCP2.2規格に注意してください。

 ないと、TVや、ネット4K動画、Ultra HD Blu-rayなどで、著作権保護された4Kコンテンツを表示できないからです。

 詳しくは、【PC向け4Kモニターの比較】に書きました。

ーー

 以上、「目に優しいモニター」を選ぶための重要な4点を説明しました。 

 これ以外にも、HDR機能、輝度、画面の調整機能、など色々あります。

 しかし、あまり項目を立てすぎると「ややこしい」ので、各機を解説で説明しています。

今回の結論
目に優しい液晶モニターのおすすめはこの機種!

 201502111423.jpg

 というわけで、全11回の記事の「総まとめ」として、ディスプレイサイズの選びかを紹介しました。

 それぞれの記事で、目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」は提案しました。

 改めて「おさらい」として、選び方のポイントをふまえつつ「おすすめ」を示しておきます。

1・大画面モニターのおすすめ


 202108152129.jpg

 はじめに、大画面機のなかでの「おすすめ機種」の提案からです。


 第1に、格安に27インチの大画面を得られる機種としてオススメできるのは、

 201908211835.jpg

 【2018年】

 7・DELL P2719H プロフェッショナル
  ¥28,340 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

 7・DELL P2719H プロフェッショナル
  ¥27,960 楽天市場 (8/15執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:300cd/u
液晶の方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
USB給電:
HDR:
接続端子:HDMI DP D-sub
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 米国のDELLP2719Hが良いと思います。

 202108152352.jpg

 パネル品質は、IPS液晶です。

 視野角などの部分で、現状でもっとも「目に優しい」パネルです。

 解像度は、(普通の)フルハイビジョンです。

 細かく美しい表示こそできませんが、大きめの文字表示です。

 とくに「老眼世代」には優しいでしょう。

 応答速度は、5msです。

 高速のため、ゲームや動画も対応できる実力です。

 画質調整は、他社より「あっさり」です。

 目の優しさに絶対必要な、チラツキを防ぐ「フリッカーフリー」には対応しています。

 大事な部分で漏れがないので、問題ないでしょう。

 201908211856.jpg

 モニタースタンドも、稼働性が優れます。

 格安モニターはこの部分が疎かにされていますが、この機種は良いです。

 202007011739.jpg

 販売価格も相当安く、「導入しやすい」と思います。

 その上で、1点からの「ドット抜け」も初期交換保証なので、個体差という部分で安心感があります。

ーー

2・27.0型フルHDモニターの比較

 なお、27インチフルHD機の、より細かい条件に分けた「おすすめ」は、以上の記事でフォローしています。

 後ほど、お時間があれば、ご確認ください。


 第2に、2.5Kで「目に優しい」27インチモニターとして最も優れた製品は、

  202010131622.jpg

 【2020年】【27インチ】

 【USB-C給電あり】

 37・BenQ デザイナーズ モニター PD2705Q
  ¥46,800 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

 【USB-C給電なし】

 38・BenQ デザイナーズ モニター PD2700Q
  ¥40,390 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:WQHD (2560x1440)
輝度:350cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:4ms (GTG)
HDR:HDR10
USB給電: 60W
接続端子: HDMI DP USB-C
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm    
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 台湾の大手ディスプレイメーカーのBenQ の出しているEV2705Qでしょう。

 202010131621.jpg

 少し高いですので、USB-C給電機能のないPD2700Qでも良いかと思います。

 ただ、USB-Cがある場合、USB-C一本で、音声と映像信号のやりとりほか、ノートPC側への60W給電も可能です。

 201804131539.jpg

 パネル品質は、IPSです。

 解像度は、2.5K解像度(WQHD)に対応します。

 フルHDに較べて、小さな文字表示でも視認できるため、書類を複数並べて行う作業には最適です。

 「老眼世代」の方を除けば、フルHD機の「上位互換」と言えます。

 応答速度も、4msです。

 仕事以外に、ゲームや動画も対応できる実力です。

 画質調整は、調光力が優れ、明るさが10段階で調整できます。

 また、フリッカー対策もあります。

 201801131722.jpg

 ディスプレイアームも、自由に効く構造です。

 上下左右と回転ができる製品です。

 販売価格も、他の2.5Kモニターに較べて値頃感があります。

 費用対効果も高いでしょう。

ーーー

7・WQHD解像度のモニターの比較

 なお、これらのモニター以外を含めた、より細かい「おすすめ」は、以上の記事でフォローしています。


 第3に、4K解像度の27インチモニターとして最もオススメできるのは、

 202108091632.jpg

 【2021年】

 【27インチ】

 6・LGエレクトロニクス 27UP650-W
  ¥43,920 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:4K(3840×2160)
輝度:400cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1200:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR: HDR400
USB給電:
接続端子:HDMI2.0x2 DP
スタンド:チルト・高さ
VESA:100mm   
スピーカー:
4K動画再生:HDCP2.2
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★☆
3・動画ゲーム対応  ★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 LGの27インチモデルの227UP650-W でしょう。

 201811231326.jpg

 パネルは、IPSパネルです。

 解像度は、4K解像度に対応します。

 その上で、HDR(ハイダイナミックレンジ)もフォローします。

 4Kテレビなどにも採用されます。

 PCの場合も、対応するゲームや映画コンテンツは、光をより明るくリアルに表現できるため、映像美を楽しめます。

 HDMI2.0とHDCP2.2にも対応するので、著作権保護された4Kコンテンツにも、対応できます。

 応答速度も、5msと高速です。

 ゲームも含めてマルチ利用できます。

 画質調整も、TVでお馴染みの画質向上技術となる超解像度技術をはじめ、本機は充実します。。

 ディスプレイアームも、高性能スタンドです。

 4K・IPS・HDRを網羅しつつ、この価格を実現できているのは、パネル生産企業ならではであり、お買得感があります。

ーーー

 202108182112.jpg

6・4K解像度のモニターの比較

 なお、4Kモニターについては、相当な数80機以上)を比較しています。 

 パネル的には、画質の良いNano-IPSほか、上表のような、特別仕様のハイエンドも多く紹介しました。

 4Kの「選び方の基本」や、他サイズの「おすすめ機種」など色々と書いています。

 よろしければ、以上のリンク記事もお読みください。


 第4に、27インチ機で、本格的なゲーム用としておすすめできるのは、

  202108151958.jpg

 【2020年】

 【27インチ】

 3・LG UltraGear 27GN650-B
  ¥34,623 Amazon.co.jp (8/13執筆時)

 【23.8インチ】

 4・LG UltraGear 24GN650-B
  ¥34,310 Amazon.co.jp (8/13執筆時)

周波数: 最大165Hz
解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:350cd/m2
液晶方式: Fast-IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
認証: FreeSyn & G-Sync
応答速度:1ms (GtoG)
HDR:HDR10
USB給電:  
接続端子:HDMIx2 DPx1
スタンド:上下左右高さ回転
VESA: 100mm  
スピーカー:
保証期間: 3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★☆
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 LGUltraGearでしょう。

  202101161214.jpg

 ゲーム専用モニターは、応答速度・リフレッシュレートが重要です。

 202108160000.jpg

 液晶パネルは、LGの新しいFast-IPSの系統です。

 目に優しい上で、ゲームに必要な応答速度を「1ms」まで高めています。

 加えて、リフレッシュレートも、高い機種です。

 この場合、映像のコマ数が多くなるので、ゲームにおいて、残像感軽減につながるほか、キャラが「なめらかに」動くなどの、利点があります。

 モニタースタンドも、高性能スタンドです。

 パネルサイズは、27インチ以外に23..8インチもあります。

 フルHDでゲームするならば、むしろ23.8インチでも良いかなと思います。

 27インチの高リフレッシュレート機を選ぶならば、2.5K機を(少し奮発して)選んだ方が、表示領域と美麗さの部分で「投資効果」が高いでしょう。

----

9・ゲーミングモニターの比較

 その辺の事情を含めて、以上の記事で、様々なタイプに分けつつ「60機以上」みています。

 ゲーム用モニターの「選び方の基本」も書いています。よろしければ、上記リンク記事をお読みください。 

  202104261823.jpg

 とくに、最近、PS5が「高リフレッシュレート対応」になった関係で、ライトユーザーも「ゲーミング用」に関心を高めています。


 第5に、すこし大きめ31.5インチの大画面機としてオススメできるのは、

 202003302008.jpg

 【2020年】モデル番号:XB3270QS-2

 1・iiyama ProLite XB3270QS-B2
  ¥36,480 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:WQHD (2560x1440)
輝度:250cd/u
液晶方式:ADS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:DVI HDMI D-SUB
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(3w×2)
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 イイヤマXB3270QS-B2をおすすめします。

 202108152129.jpg

 このサイズは、フルHD・2.5K・4Kと選べます。

 31.5インチは、フルHDだと、画面密度が粗くなり「映像のアラ」が目立ちます。また、4Kだと予算は6万円からです。

 2.5Kが最も費用対効果が高いかと思います。

 ただし、31.5型は、机で使うには「大きすぎる」場合が多いです。

 しっかりと、画面とモニターとの距離(90cm)がとれる場合に限って、「おすすめ」します。

 202003302036.jpg

 性能面では、視野角の広いADSパネルを採用します。

 その上で、高性能スタンド・フリッカー対策という、「目の優しさ」に重要な機能を網羅します。

 「映像美」も、十分な応答速度を持つ上で、コントラストを強化する諸技術もしっかり装備します。

 こうした点で、35インチの2K機では、本機が良いかと思います。

ーー

1・31.5型フルHDモニターの比較
6・31.5型4Kモニターの比較

 なお、これらのモニター以外を含めた、より細かい条件に分けた「おすすめ」は、以上の記事でフォローしています。

 予算がある方は、4K解像度も比較検討したら良いかと思います。

2・中画面モニターのおすすめ

 202108152145.jpg

 続いて、中画面サイズのモニターの中から「おすすめ機種」を提案してみます。      


 第1に、24.1インチ機で、ビジネス用としておすすめできるのは、

 202010131720.jpg

 【2020年】

 【24.1型】

 3・EIZO FlexScan EV2495
  ¥63,230 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:WUXGA (1920×1200)
輝度:350cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:
USB給電:70W
接続端子: HDMI DP USB-C
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★★

 EIZOEV2456でしょう。

 パネル品質は、目に優しい、IPSパネルです。

 品質管理もしっかりしており、画質面において個体差が少ない点で高品質です。

 202010150838.jpg

 解像度は、WUXGAです。

 フルHDよりも画面が縦方向に長いです。

 そのため、ワープロ作業などが快適です。

 一方、ゲームや動画のフル画面表示には向きません。兼用で考えたい場合は、のちほど、同社の23.8インチ機を紹介するので、そちらが良いです。

 応答速度も、5msです。

 動画コンテンツなど、仕事以外にも使える水準です。

 画質調整は、EIZOらしく、輝度をしっかり2cd/uまで落とせる機種です。

 ま低輝度表示時のチラツキを防止する機能も付属しており、実際、ワープロなどの実務中心で考えるならば、この機種が最も「おすすめ」と言えるでしょう。

 利便性の面でも、USB-C給電(70W)にも対応できます。


 201611181147.jpg

 ディスプレイアームも、高さの調節や角度の調整・縦表示など自在です。

 EIZOがこだわる部分であり、優秀です。

 とはいえ、やや値段が高めです。

 しかし、5年間保証と、6ヶ月間の無輝点保証が付属しますし、長期的に考えるならばそうでもないです。

ーーー

3・24.1型フルHDモニターの比較

 なお、本機のように「縦長」に使える24.1インチ機について、より細かい「おすすめ」は、以上の記事でフォローしています。


 第2に、23.8インチ機で、仕事・ゲーム・動画などマルチに対応できる家庭向きモニターは、

   201908211112.jpg

 【23.8型】

 30・IODATA EX-LDGCQ241DB
  ¥26,800 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:2560x1440 (WQHD)
輝度:300cd/u
液晶方式:ADS液晶・ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子: HDMI×3 Display Port
スタンド:上下左右高さ回転
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(2w×2)
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 アイオーデータEX-LDGCQ241DBでしょう。

 解像度は、2.5K(WQHD)です。

 年代的に「老眼世代」の方は(細かいので)おすすめしません。

 しかし、ゲーム用として、または、仕事用として、文字を細かく表示しても「文字が見える」ので、それ以外の方は、だいたいフルHDより「使いやすい」と感じるでしょう。

 201908211129.jpg

 パネル品質は、ADSパネルです。

 視野角などの性能面はIPSと同等です。

 最近は信頼性もあがってきました。問題ないです。

 応答速度は、5msと十分です。

 画質調整も、超解像度技術・コントラスト強化ほなど、動画再生やゲーム関係に強い仕様です。

 ディスプレイアームも、フルスペックで柔軟性があります。

 仕事と言うより、ゲームや動画中心に考える場合、このモニターが「ベストバイ」と言えます。もちろん、仕事利用にも、問題はみられない仕様です。

ーーーー

  202104241320.jpg

 【2021年発売】

 【23.8インチ】

 【USB-C対応】

 11・EIZO FlexScan EV2480
  ¥37,746 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:70W
接続端子:HDMI DP USB-C
スタンド:上下左右高さ
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★★

 「仕事優先」で考えたい場合、EIZOの23.8インチ機もよさそうです。

 202108152057.jpg

 先ほど「おすすめ」した、同社の24.1インチ機と違って16:9という一般的な縦横比ですの。

 仕事以外の利用と兼用がしやすく、「使いやすい」です。

 202104241325.jpg

 とくに、EV2480-BKは、USB-Cで、ノートPCに給電もできます。

 その部分で、テレワークにも良いでしょう。

 目の優しさは、全方位的に「最上位」です。保証も長く、無輝点保証もあるので、隙のない機種です。

 また、ゲームや動画向けに弱い要素はないので、汎用用途で選んでもOKです。

ーーー

4・23.8型フルHDモニターの比較

 なお、このサイズのモニターも人気があるので、結構多く(50機以上)を紹介しています。

 ビジネスや動画視聴やゲームそのほか、より細かい「おすすめ」も、以上の記事で書きました。


 第3に、23.8インチ機で、4Kモニターとしておすすめできるのは、

 201808141152.jpg

 【2016年】

 1・LGエレクトロニクス 24UD58-B
  ¥29,136 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:4K(3840×2160)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:  
USB給電:
接続端子:HDMI2.0x2 DP
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:
4K動画再生:HDCP2.2
保証期間:3年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★☆
3・動画ゲーム対応  ★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 LG23.8インチモデル24UD58-Bです。

 解像度は、4K画質で、液晶パネルは、IPS液晶を採用している機種です。

 応答速度は、5ms(GTG)をキープしており、このサイズでは最も優秀です。

 ただ、目には「キツい」サイズであり、解像度です。「老眼世代」の方はやめた方が良いと思います。

ーーー

6・4K解像度のモニターの比較

 このサイズを含めて、4Kモニターは、以上の記事でフォローしています。

3・小画面モニターのおすすめ

 202108101112.jpg

 最後に、小画面サイズのモニターを紹介します。

 上図は、画面サイズの比ですが、横幅は、どれも3cm未満の差です。

 この3サイズからなら、基本、どれを選んでもほぼ同じです。


 第1に、21.5インチ機で、費用対効果に優れた機種としておすすめなのは、

  202007011626.jpg

 【2018年】 【21.5インチ】

 29・BenQ GW2283 21.5インチ
   ¥21,040 楽天市場 (8/7執筆時)

 29・BenQ GW2283 21.5インチ
   ¥24,000 Amazon.co.jp (8/7執筆時)

解像度:フルHD(1920×1080)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms( GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:HDMI×2 D-Sub
スタンド:チルト
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間: 1年(本体は3年)

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★☆☆
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 台湾のBenQ が選択肢です。

 202108152006.jpg

 ただし、21.5型は「第2次テレワーク需要」で、本機以外を含めて、現状、在庫切れが長いこと続いています。

 液晶パネルは、IPSです。

 フリッカー対策もありますし、目の優しさの部分で優れます。

 応答速度も、5msです。

 ディスプレイスタンドは、ただ、チルト角度調整のみで、弱いです。

 この部分は課題です。使ってみて問題を感じたら、アーム交換を考えても良いかと思います。

 202007011330.jpg

 一方、「目の優しさ」は、本機は、明るさセンサーを備えます。

 部屋の明るさに合わせて、輝度が自動調整されるので、その部分も評価できます。

 加えて、このセンサーは、バックライト制御にも使われていて、「映像美」の部分でも本機は性能が良いです。

ーーー

202108151941.jpg

 21.5インチは、最近本当に在庫がないです。

 その点で言えば、スペースがあれば、先ほど見た、23.8インチのモデルをえらんだ方が満足度は高いとはいえます。

 展開数が多いので、在庫もそれなりに豊富です。


 第2に、22.5インチ機で、仕事用に最も便利といえる製品は、

  202104241139.jpg

 【2020年発売】

 【22.5インチ】

 8・EIZO FlexScan EV2360
  ¥33,311 Amazon.co.jp (8/15執筆時)

解像度:WUXGA(1920×1200)
輝度:250cd/u
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:5ms (GTG)
HDR:
USB給電:
接続端子:DVI HDMI D-sub
スタンド:上下左右高さ
VESA:100mm
スピーカー:内蔵(1w×2)
保証期間:5年

1・液晶パネルの品質 ★★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★☆
4・品質保証     ★★★★★★
5・総合評価     ★★★★★★

 EIZOEV2360-BKが良いでしょう。

 202108072304.jpg

 解像度は、WUXGA(1920×1200)です。

 縦長サイズなので、動画やゲームには向きません。

 ただ、仕事優先で考えると、モニター上部空間が有効利用できるといえます。

 液晶パネルは、IPSです。 

 その上で、室内照度をみて調整できる明るさセンサーを備えるほか、低輝度に調光できる点で「目の優しさ」の部分において、とても高度です。

 ディスプレイスタンドも、稼働性が良いです。

 保証も5年と長い上で、無輝点保証もあります。

 値段の高さをカバーするサービスもありますし、仕事用ならば、本機が良いでしょう。

5・21.5型フルHDモニターの比較

 なお、このサイズの小型機については、以上の記事で、フォローしています。

補足:モニター関連機器について

   201808140915.jpg

 というわけで、今回は、全11回の記事の「総まとめ」として、ディスプレイサイズごとのオススメ機種を紹介してみました。

1・31.5型フルHDモニターの比較
2・27.0型フルHDモニターの比較
3・24.1型フルHDモニターの比較
4・23.8型フルHDモニターの比較
5・21.5型フルHDモニターの比較
6・4K解像度のモニターの比較
7・2.5K解像度のモニターの比較
8・タッチパネルモニターの比較
9・ゲーミングモニターの比較
10・Mac向けPCモニターの選び方

 はじめにお伝えしたように、今回の記事は、ここまで書いた、第1回〜第10回目の記事「まとめ」たものです。

 それぞれの記事では、より多くの製品を紹介・比較しています。

 より詳しく「オススメの理由」を知りたい方は、上記のそれぞれの記事にジャンプしていただければ幸いです。

 最後にいくつかおまけで周辺機器の紹介です。


 201810050906.jpg

 第1に、モニターアームについてです。

 「目への負担の軽減」をお考えならば、モニターアームを導入は効果的です。

 今回の比較記事で出した、スペック表に、Atlasが【VESA100mm】などと書き入れているものは、VESA統一規格のネジ穴があるモニターです。

 そのため、高性能モニターアームに交換することもできます。

1・PC向けモニターアーム
2・疲れないPC向けデスク
3・疲れないPC向けチェア
4・目が疲れない液晶モニター
5・目が疲れないデスクライト
6・手が疲れないマウス
7・手が疲れないキーボード

 上記の1番のリンク記事で詳しく紹介しています。

 同時に買う必要はないかと思います。買った後、もし駄目だったとき、後日、ご覧くださ

 また、今回同様に「疲れない」という観点で、チェア・入力機器・デスクライトなどの記事もありますので、こちらも、よろしくお願いします。


 201601121611.jpg

 第2に、スピーカーについてです。

 モニター内蔵スピーカーの音質は全く期待できません

 PC用の場合、基本的に「OSの警告音を出すだけの装備」と考えてください。

8・PCスピーカーの比較
9・Bluetoothスピーカーの比較

 音にこだわりたい方は、外部スピーカーを買われると満足度が高いと言えます。

 有線、無線とも、1万円ほどの予算から購入可能です。

 よろしければこれらのリンク記事もご参考になさってください。

ーーー

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、幸いです。

 ではでは。

posted by Atlas at 18:43 | PC用液晶モニター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png