比較2018' 小型スチームオーブンレンジ15種の性能とおすすめ(1)【小型〜大型:シャープ・日立・東芝 ・パナソニック・ヘルシオ・石窯ドーム・エレック・ヘルシーシェフ】加熱水蒸気式 スチームオーブン・ウォーターオーブンの違いとランキング

2018年01月10日

比較2018' 小型スチームオーブンレンジ15種の性能とおすすめ(1)【小型〜大型:シャープ・日立・東芝 ・パナソニック・ヘルシオ・石窯ドーム・エレック・ヘルシーシェフ】加熱水蒸気式 スチームオーブン・ウォーターオーブンの違いとランキング

今回レビューする製品: 2017-2018年 小型ウォーターオーブン・スチームオーブンのおすすめ:【シャープウォーターオーブン ヘルシオ・東芝 石窯ドーム・日立過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ・ パナソニック・ エレック オーブンレンジ】 最強のスチームオーブンとは?

今回のお題
機能が充実した小型スチームオーブンレンジはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、スチーム(過熱水蒸気式)オーブンについて、2018年シーズンの最新モデルを比較します。

 201401061010.jpg

 なお、本ブログは、オーブンなどの「焼く・温める」家電製品について次のような記事があります。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・高級なスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【結論】

 今回の記事は、2番の記事です。

 「小型」スチームオーブンを扱います。

 1人暮らし〜2・3人程度の少人数世帯に最適なサイズで、トーストなら2枚まで同時に焼けるサイズです。予算としては、だいたい3万円〜5万円の予算で選びたい方に向いた製品です。

 「大型」スチームオーブンは、3番の記事で別に扱っています。

 これらは、レンジ内が上下2段になっており、大家族にも対応できます。予算としては、だいたい5万円以上15万円以下という高級機になります。なお、少人数世帯でもハイエンド商品をお探しの方は、3番の記事のが良いでしょう。なぜなら、「小型でかつ最高性能」という機種はないからです。

 というわけで、以下では、いつものように製品を比較・説明します。また、記事の最後に「結論」として、目的別・予算別に「Atlasのオススメ機種」をあげていきたいと思います。

スチームオーブンの健康効果

 製品の比較に入る前に、「わざわざスチームオーブンを買う意義はなにか?」について、「健康」という視点から書いておきましょう。

 さて、Atlasですが、健康診断での指摘を受けてダイエットをし、1日1500キロカロリー程度への食事制限ロードバイクによるトレーニングにより体重を20キロばかり落としました。78キロまで体重を減らすことに成功し、今もほぼキープしています。

 ウエストは最終的に95センチから85センチくらい細くなりました。食事療法ダイエット終了後のリバウンドも5年以上なく、腰痛もだいぶ緩和しました。

 その際に役に立ったのが「スチームオーブン」です。体重の減りが落ちてから、食事量や食事内容を通常に戻す頃、スチームオーブンが大活躍しました。

 では、どうしてスチームレンジがダイエットに結びつくのか?この分野を切り開いたシャープのヘルシオを例に説明しましょう。


 キーワードは「脱油」と「減塩」です。スチームオーブンで調理すると、油と塩分を効率よく落とせるのです。

 testdsok-2d.jpg

 スチームオーブンは、蒸気の力で内部の油を溶かすことで、無駄な脂肪分を溶かし出すため、カロリーがセーブできるわけです。

 また、その際、オーブン調理に比べて大事なビタミンなどの栄養素はキープできるため、必要な栄養素もとれます。そのため、無理なダイエットにならないわけです。

今回のスチームレンジ比較基準

 昨今の健康ブームから、スチームオーブンは、シャープ以外からも多く発売され、オーブンレンジの「標準機能」となりました。

 ただ、各社のスチームオーブンは、同じシリーズ名でも性質がかなり異なります。そこで、このブログでは、次の2つを基準として、性能を比較することにします。


 第1に、スチーム加熱の性能を比較基準にします。

 201510121744.jpg

 普及価格帯(安い)のスチームレンジは、内部に付属する角皿に水を張ることで、スチームを起こす仕組みです。このブログでは、角皿式と呼びます。

 ミドルレンジ(高い)のスチームレンジは、外部に給水タンクを装備して、過熱水蒸気を出す仕組みです。このブログでは、水タンク式と呼びます。

 角皿式と水タンク式で比較した場合メンテナンス性や使い勝手の上で、給水タンクを装備していた方が使いやすいことはいうまでもありません。角皿式の場合、作れるレシピの数や、健康効果はきわめて限定的です。


 第2に、「コンパクト性」を比較基準にします。

 私のようなキッチンの狭いマンションに住む者や、しつらえのレンジ台が相当小さいご家庭にとって、ここ最近までスチームレンジは「導入したくてもできない」ことが多かったと言えます。

 というのも、給水タンクと蒸気発生機能を加える必要があるために、スチームレンジの小型化が難しかったからです。しかし、ここ5年間で、小型のスチームオーブンレンジが多数登場してきました。

 小型のオーブンは、短時間で加熱ができるため、調理時間や電気代の節約の点でもメリットがあります。

 今回は、庫内容量20−30L程度で、コンパクトに設置できるスチームオーブンレンジに限定して比較をしていきます。ワンルームマンションから、3LDK程のマンション生活に最適なサイズです。

パナソニックのスチームオーブン

 では、レビューをはじめます。 

 なお、以下ではいつものように、高評価できる点については赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。


   

 【2017年】

 1・Panasonic エレック NE-MS234-W
  ¥26,250 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 【2016年】

 1・Panasonic エレック NE-MS233-W
  ¥25,630 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:
幅483×奥行396※1×高さ310mm
 トースト:◎
 スチーム:
角皿スチーム
 センサー:蒸気センサー
 オーブン最高温度:250度

 NE-MS234は、パナソニックの「エレック」シリーズのスチームオーブンレンジの入門機です。

 なお、【在庫限り】で2016年モデルが売られています。今年度は、「煮物10分モード」という自動メニューが加わっただけの差です。ただ、すでに価格差はない状況です。素直に新機種を買えば良いでしょう。

 庫内容量は、庫内容量23リットルと3人家族程度まで対応できそうなサイズです。

 スチーム方式は、水タンク式ではなく廉価版の角皿式のスチームです。そのため、過熱水蒸気を使った料理もそれほど多彩にはできません。オーブンを使っての「カロリーオフ調理」「減塩調理」には対応できません。可能な自動メニューも、「茶碗蒸し・おかず蒸しパン・卵のココット、ガトーショコラ・濃厚チーズケーキ・とろけるプリン・煮物」の7種類に限定されます。

 電子レンジとしての性能も、あまり高くありません。なぜなら、レンジに搭載されているセンサーが、蒸気センサーだけだからです。とりわけ、ラップやジップロックをした食品は、蒸気が検知できないので、ラップが破裂するまで温度感知できません。そのため、この場合は「自動あたため」機能に未対応です。電子レンジとしても機能的は物足りません。

 オーブンとしての性能は、遠赤Wヒーターの採用で、最大250度までと出力が確保されておりこちらは高評価できます。火力の強いエレックシリーズらしい作りです。トーストも5分で2枚を焼き上げます

 以上、NE-MS234の紹介でした。省スペースモデルで、デザインもスタイリッシュな電子レンジでアス。しかし、肝心なスチーム機能や電子レンジとしての性能はイマイチな機種です。


 

 【2017年】

 2・Panasonic エレック NE-MS264-K
  ¥28,479 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 【2016年】

 2・Panasonic エレック NE-MS263-K
  ¥26,998 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:
幅500×奥行400×高さ347mm
 トースト:◎(裏返し必要)

 スチーム:角皿スチーム
 センサー:
スイングサーチ赤外線
 オーブン最高温度:250度

 NE-MS264は、パナソニックの中位機です。

 こちらも【在庫限り】で2016年モデルが売っています。新機種との相違点は、煮物10分モードパスタ10分モードが付属しない程度です。ただ、すでに価格差はあまりないですね。

 庫内容量は、26リットルと広いです。 世帯向けとしても十分です。下位機種よりも外形寸法がわずかに大ぶり(幅500ミリ)ですが、壁にぴったりにつけても良い機種なので、設置の自由はきくでしょう。

 スチーム方式は、水タンク式ではなく、廉価版の角皿式のスチームです。「カロリーオフ調理」「減塩調理」はできません。

 電子レンジとしての性能は、しかしながら、下位機種よりも上位です。こちらは、「スイングサーチ赤外線センサー」が搭載されるからです。こちらは、ラップをした食品の自動加熱にも対応でき高性能です。ただ、オーブン機能を利用した直後だと(庫内に赤外線が一杯なので)センサー感知ができないという弱点はあります。

 オーブンとしての性能は、下位機種同様ですが、250度出力ができます。庫内が大きくなったので、遠赤ヒーターが2つ搭載されます。温度的に、クックパッドなどの大抵のレシピに対応できます。

 以上、NE-MS264の紹介でした。過熱水蒸気による調理機能は角皿式なので「おまけ」程度の機種ですが、電子レンジとしての性能は下位機種よりも良いという機種です。


 

 【2017年】
 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS604
  ¥42,800 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x347x400 mm
 トースト:◎
 スチーム:
水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線
 オーブン最高温度:250度

  NE-BS604は、パナソニックの「3つ星 ビストロ 」シリーズに属する機種です。これは、パナソニック社の中上位機種にあてられるブランド名です。こちらは、同シリーズでは、最もお買得な機種です。

 庫内容量は、26リットルです。小型としては割と広いですが、外形寸法は横幅50センチとスマートサイズです。この点で優秀だと思います。

 201407061318.jpg

 スチーム方式は、こちらは、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種は「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。また、タンク式のため、ヘルシーメニューを含めて62の自動メニューの調理が可能です。

 201709270824.jpg

 電子レンジとしての性能は、こちらもスイングサーチ赤外線センサーが搭載される点で高機能です。庫内の温度を広域にわたって測れるため、加熱ムラも少ないといえます。

 さらに、今年度から、サイクロンウェーブ加熱が新しく加わりました。これは、パナソニックの特許技術で、マイクロ波の改良で、冷凍食品の解凍ムラを防ぐ作用があります。2015年に上位機に搭載されたもので、今年度からこの価格の製品にも下りてきました。

201407061322.jpg

 オーブンとしての性能は、下位機種よりもより充実します。上部の遠赤Wヒーターと下部の平面ヒーターを採用し、250度まで出せる上で、両面グリルとビストログリル皿が搭載されているからです。片面グリルに止まった下位機種に較べて、焼き目を付けるこんがり系の料理がとくに得意と言えます。オーブン機能重視ならパナソニックは良い選択肢の1つです。

 そのほか、オーブン調理時に、加熱するエリアを限定して、効率よく調理できるエリア調理機能が搭載されます。2人分の材料のみ加熱する場合17%の時短効果がありますが、一部の自動メニュー以外には使えません。

  201709270827.jpg

 トーストは、4枚同時の調理が可能です。また、プレートの改良などで、裏返す必要なしに両面を焼けるようになりました。

−−

 

 【2016年】

 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS603
  ¥37,400 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 なお、この機種についても安価な旧製品が併売中です。

 ただし、解凍に有利なサイクロンウェーブ加熱機能が不採用です。また、トーストを焼く際に、、焼く際に途中で一旦裏返す必要があります。

 価格は多少安いですが、基本性能と使い勝手の部分で新機種に明確に劣るため、できれば新機種が良いと思います。


  

 【2017年】

 4・パナソニック 3つ星ビストロ NE-JBS654-K
 4・パナソニック 3つ星ビストロ NE-JBS654-W  
  ¥67,011 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅500x高さ347x奥行き400 mm
 トースト:◎
 スチーム:
水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線
 オーブン最高温度:250度

 NE-JBS654パナソニックの少人数世帯用の高級スチームオーブンです。小型では最も高級なモデルです。

 ちなみに、こちらの製品だけ型番に「J」が付いているのは、パナソニックの団塊世代向けの「Jコンセプト」シリーズに属する家電だからです。

 庫内容量は、26リットルです。横幅も50センチであり、この点では NE-BS602と同じく設置性の点で優れていると言えるでしょう。

 スチーム方式は、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種も「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます

  201709270838.jpg

 自動メニューは、ヘルシー系を含めて168種類あります。料理好き用の高機能モデルと言えます。とくに今年度モデルについては、「Jコンセプト」として、かき揚げや、ナスの揚げ出しなど、和食メニュー50選が搭載されました。

 なお、自動メニューが多くできるのは、上記のようなカラータッチパネル液晶が搭載されるからです。メニューの他、レシピ表示なども対応します。

 また、  下位機種に搭載されていたエリア調理機能に加えて、こちらは、「スピードスチーム機構」が搭載されます。強力噴射のスチームのため、スチーム調理の時間がはかれます。

 電子レンジとしての性能は、下位機種とスペック的に同じです。電子レンジは、スイングサーチ赤外線センサーとサイクロンウェーブ加熱が搭載されます。

 オーブンとしての性能もほぼ同等で、遠赤Wヒーターと平面ヒーターの組み合わせで最大温度も同じく250度です。

 トーストは、4枚まで裏返さずに同時の調理が可能です。

 以上、パナソニックの3つ星 ビストロ NE-JBS654 の紹介でした。他社の小型モデルでカラー液晶を採用した多調理対応モデルはないため、この機種はデザイン家電として今後売れていくと予想します。メニュー数も多彩で、オーブンも強力なので、料理好きには良い選択肢と言えます。

日立のスチームオーブン

 続いて、日立のスチームオーブンを紹介したいと思います。

 日立は、他社に較べて安い価格で高機能のスチームオーブンを出しています。


 

 【2017年】

 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-TS7-W
  
¥35,980 Amazon.co.jp  (1/10執筆時)

 【2016年】

 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS7-W
  
¥29,799 Amazon.co.jp  (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅483x高さ340x奥行386 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:温度・赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 MRO-TS7は、日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズの入門機です。

 過去モデルが併売されていますが、庫内容量が22Lと1L狭い程度で、その他の基本性能は同じです。日立は「型落ち」が結構長いこと残るメーカーです。

 庫内容量は、23リットルとやや小さめの機種です。その分設置性は良く、幅も48センチほどで収まります。

 スチーム方式は、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種は「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。 価格的に3万円以下で、水タンクを備える機種はほぼ日立に限られるため、人気の機種です。

 オートメニューは42種類になります。ただ、この機種の注目点はマニュアル操作の部分で、スチームやオーブンの温度設定も手動で手軽に調整できるため、ある程度高度な料理も可能だと思います。

 電子レンジとしての性能は、赤外線センサーに加えて、温度センサーがダブルで搭載されます。ラップした食品の対応から、冷凍したお肉の半解凍まで十分以上の性能を持ちます。

 オーブンとしての性能は、250度まで出せる本格仕様になります。なお、2016年までは上部に管ヒーター、下部に平面ヒーターの構成でしたが、2017年以降は上部・下部とも平面ヒーター採用で、庫内がフラットで掃除しやすい仕様です。また、両面グリルに対応します。

 トーストは、パナソニックの下位機同様に、途中で裏返す必要があるものの焼けます。  

 以上、日立の「ヘルシーシェフ」MRO-TS7の紹介でした。注目するべき点は、水タンク式スチームの採用と、高度な電子レンジとしての性能です。とりわけ、後者については、日立が最優秀のため、この点でこの機種を選択するのは「あり」です。


 

【2017年】

 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-TS8-R
  ¥37,946 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

【2016年】

 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-R
  ¥35,727 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅486x高さ365x奥行430 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:温度・赤外線・トリプル重量
 オーブン最高温度:250度

 MRO-TS8は、日立の「ヘルシーシェフ」の中位機です。

 こちらについても2016年旧モデルが併売中です。ただ、この機種については基本性能は変わっていないのですが、すでに価格差は小さいです。

 庫内容量は、31リットルと、かなり広々と使える機種です。しかも、横幅が48センチに収まっており設置性の点でも優秀です。

 スチーム方式は、下位機種同様に水タンク式です。「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。スチーム用のオートメニュー数も充実しています。メニューは総計75種類になります。

 201404181718.jpg

 電子レンジとしての性能は、下位機種よりも強化されました。こちらは、赤外線センサー温度センサーに加えて、重量センサーが搭載されるからです。 重量センサーは、右・中央・左に3つセンサーが配置され、複数の食品を一緒に温める際も、適切な温度設定にしてくれます。「レンジでのあたため」がメインのユーザーは、日立が最も高機能です。

 電子レンジ・オーブンとしての性能は、下位機種同様に高いです。レンジについては、赤外線センサー温度センサー重量センサーが搭載され、オーブンについては、250度の加熱ができます。

 トーストはやはり、途中で裏返す必要があります。

 以上、日立の「ヘルシーシェフ」MRO-SS8の紹介でした。スチームはもちろん、電子レンジとしての性能が高い点が最大の魅力です。普段多用する部分ですから、個々を重視するのは「あり」でしょう。庫内容量が増していて、世帯向けでも使えそうな小型機種です。庫内が広いため、ピザなどを焼く際も十分なスペースがあります。

東芝のスチームオーブン


 

【2017年】

 7・東芝 石窯オーブン ER-R6-W
  ¥27,980 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

【2016年】

 7・東芝 石窯オーブン ER-P6-W
  ¥25,347 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅480x高さ390x奥行325 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:角皿式
 センサー:温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-R6は、東芝の「石窯オーブン」シリーズの製品です。なお、こちらには2016年モデルが併売されていますが、今年度は性能面での進化がなかったため基本機能の機能差はありません。ただ、すでに価格差はない状況ですね。

 庫内容量は、23リットルとやや少なめです。ただ、その分設置に要する面積はさほど必要ないモデルです。

 スチーム方式は、最廉価モデルということで簡易的な角皿スチームだけに対応します。一応、油を使わないノンフライ調理は一部対応しますが、簡易的なものに止まります。減脂効果などを期待する場合は上位機種を選ぶべきです。

 電子レンジとしての性能は、かなり平凡で、センサーは温度センサーのみになります。ラップをした食品の加熱などは自動では不可能な仕様です。

 201510121829.jpg

 オーブンとしての性能は、他社の小型機よりも高く東芝の「売り」の部分です。「石窯オーブン」という名前が示すように、石窯を摸した庫内で遠赤効果で「ふっくら」焼くことが可能です。温度は250度まで対応です。ただ、後ほど見るように、東芝の上位機「石窯ドーム」は、より性能が上になります。

 トーストは、石窯の効果でふっくら焼くことができますが、裏返しは自分で行う必要があります。

 以上、東芝の「石窯オーブン」ER-R6の紹介でした。

 言うまでもなく、この機種の「売り」はオーブンとしての性能です。パナソニックも同じですが、そちらは「こんがり焼き目を付けるのが得意」な機種であり、東芝は、「遠赤効果でふっくら加熱するのが得意な機種」であるという点で異なると思います。この点をふまえれば、東芝の場合は、ピザやパンを焼くのには向いているといえます。


  

 【2017年】

 8・東芝 石窯ドーム ER-RD7-W 【白色】
 8・東芝 石窯ドーム ER-RD7-K  【黒色】
  ¥31,743 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅480x高さ400x奥行348 mm
 トースト:●(グリル)

 スチーム:角皿式
 センサー:赤外線・温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-RD7は、東芝の「石窯ドーム」シリーズに属する小型機種です。先ほど見た「石窯オーブン」よりも上位グレードの機種となります。

 庫内容量は、26リットルです。小型としては標準的で十分なサイズです。設置性の面でもとりわけ問題は無さそうです。

 スチーム方式は、簡易的な「角皿式」です。価格が3万円を超えますが、東芝の場合、このグレードでも水タンクは採用になりません。

 電子レンジとしての性能は、下位機種より上で、赤外線センサーの搭載になります。3種類のセンサーを装備する日立や、より上位の「スイングサーチ赤外線センサー」を搭載するパナソニックには敵いませんが、「ラップした食品非対応」という東芝の下位機種の弱点は緩和されています。ただ、赤外線センサーは、オーブンを使った直後は(庫内の赤外線が溢れているため)無力ですが。

 201510121708.jpg

 オーブンとしての性能は、小型機では極めて高いと言えます。こちらは、庫内に写真のように湾曲したドーム構造の石窯ヒーターを搭載します。「石窯ドーム」の名前の由来ですね。

 point1.jpg

 天井の湾曲ヒーターの効果で、オーブンを使う際に均一に加熱ができる「石窯の仕組み」を下位機種よりも高精度で再現します。そのため、ピザなどを焼く際、遠赤外線効果で「ふっくらと」うまく焼くことができるわけです。

 トーストについては、こちらの機種は、裏返さずとも両面を焼くことが可能です。予熱したオーブンで3分ほどで2枚のトーストが焼けます。

 以上、東芝の「石窯ドーム」ER-RD7の紹介でした。オーブンとしての性能がここまで紹介してきた機種のなかでは格段に優れた機種です。また、下位機種でネックだった、電子レンジとしての性能も他社標準に追いついており、オーブン以外を多用する方でも選びやすくなっていると言えます。

 ただし、スチーム方式は角皿式なので、スチーム調理のは「おまけ程度」と考えてください。

ーーーー

 【2016年】

 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-PD7-W
 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-PD7-K
  ¥28,580 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 なお、こちらも2016年旧モデルが併売中です。

 今年度モデルとの最も大きな相違点は、温度センサーが搭載されない点です。ただ、赤外線センサーはセンサーの中では性能が良い部類のため、さほどのマイナスではないでしょう。あえて言えば、温度センサーは、解凍時間の短縮などに効果は見込めますが、価格差もあるため、基本的にはこちらがおすすめです。


 

 【2017年】

 9・東芝 石窯ドーム ER-RD8-W
  ¥43,718 Amazon.co.jp   (1/10執筆時)

 【2016年】

 9・東芝 石窯ドーム ER-PD8-W
  ¥35,800 Amazon.co.jp   (1/10執筆時

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅480x高さ348x奥行400 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:赤外線・温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-RD8は、「石窯ドーム」の上位機種です。

 こちらも新旧2機種ありますが、新機種に温度センサーの搭載で、解凍時間が短くなった点以外は基本性能は同じです。

 庫内容量は、26リットルで、先ほどの機種と同じです。設置に必要な面積も変わりません。また、電子レンジとしての性能オーブンとしての性能も下位機種のER-PD7と同様です。

 異なる点は、スチーム方式です。

 スチーム方式は、こちらの機種は、本格的な水タンク式の過熱水蒸気を採用します。下位機種と異なり、「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。ダイエット目的には適った機種であると言えます。

 トーストは、スチームを使ってふっくらさせる「スチームトースト機能」が付属します。ただ、裏返す必要は同様にあります。

 これ以外の部分は下位機種と変化がありません。そのため、ER-PD8は、優秀なオーブン(グリル)としての性能も利用したいが、同時に、過熱水蒸気によるヘルシーな料理もしたい、という方にオススメの機種と言えます。


  

【2017年】

 9・東芝 石窯ドーム ER-RD100(W)  
  ¥41,514 Amazon.co.jp
(1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅500x高さ388x奥行416 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:スイングサーチ赤外線・温度
 オーブン最高温度:250度

 ER-RD100は、小型の「石窯ドーム」の上位の機種です。この機種も2015年モデルがありますが、基本性能は同じです。

 庫内容量は、30リットルと世帯用としても余裕のあるサイズです。ただ、横幅は50センチなので、今回の「小型機種」の基準に敵ったサイズのモデルになります。

 スチーム方式は、こちらも水タンク式を採用します。そのため、過熱水蒸気によるヘルシーな調理は一通り可能です。

 201407061455.jpg

 電子レンジとしての性能も高いです。レンジのセンサーは、こちらはスイングサーチ赤外線センサーに強化されています。通常の赤外線センサーに比べて、庫内の温度を広域にわたって測れるため加熱ムラが少ないといえます。さらに、東芝は独自のドームアンテナ形状を取っているため、加熱ムラがより少ないようです。

 また、下位機種に引き続き温度センサーが搭載されるため、解凍時間は短くて済むでしょう。

 オーブンとしての性能も、下位機種より高いです。こちらの機種も、下位機種同様の「石窯ドーム構造」ですが、新しい形状の湾曲ヒーターが搭載されているため、火力ムラが起こりにくく、よりパリッと仕上がるように工夫されています。

 オートメニュー数は、92種と十分です。また、このグレードからは自動調理メニューにおいて、オーブン(グリル)で焼き目を付けてから、過熱水蒸気によるスチーム調理に移行し、油を落としていくという「ハイブリッド調理に対応するメニュー」も搭載になりました。

 トーストも下位機種同様にグリル機能で2枚同時に焼くことが可能です。

 以上、東芝の ER-RD100の紹介でした。下位機種に比べて、電子レンジとしての性能オーブンとしての性能の両方が確実に強化された機種です。価格は高いですが、オーブンや過熱水蒸気による調理を多用したいと考えている方は、投資する価値は十分にあるでしょう。


 

 【2017年】

 10・東芝 石窯ドーム ER-ND200(W)
  ¥63,266 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:幅480x高さ395x奥行350 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:スイングサーチ赤外線・温度
 オーブン最高温度:270度

  ER-ND200は、石窯ドームの最上位機種です。発売が年初と速かったので、下位機種よりも価格は結構安いです。

 庫内容量は、26リットルと、先ほどの30Lより多少コンパクトです。少人数用の高性能機という位置づけですね。

 201608071124.jpg

 スチーム方式は、こちらも水タンク式を採用します。また、この機種は東芝の小型機では唯一液晶が付属するため、自動メニューは304種と群を抜いて多く、過熱水蒸気のレシピも豊富です。

 電子レンジとしての性能は、下位機種同様です。加熱にムラが生じにくいスイングサーチ赤外線センサーと解凍に有利な温度センサーが採用されます。とくに解凍にはこだわりが有り、スチームを使った全解凍急速解凍刺身などに便利な半解凍などが搭載です。

 オーブンとしての性能は、この機種は上位です。小型では最も温度が高いと言える最高270度の加熱が可能です。ピザなどはよりクリスピーに焼けるでしょう。トーストは、やはり途中で裏返す必要があります

 以上、東芝の ER-RD200の紹介でした。液晶を採用することで、300を越える多彩な自動メニューが撰べるのが魅力です。レシピ集を用いて、レンジを使った料理を楽しみたいかたに特におすすめできる機種ですね。

後編の予告!
機能が充実したスチームオーブンのおすすめは結論的にこれ!

 以上、今回の前編では、パナソニック・日立・東芝の小型スチームオーブンを比較してきました。

   

【2017年】

 14・SHARP ヘルシオ AX-CA400-R
  ¥51,500 Amazon.co.jp (1/10執筆時)

 続く後編では、シャープのヘルシオAX-CA400や、RE-SS10D-W・RE-V90A・RE-V80Aなどの機種を紹介します。
 
 その後で、ここまで見てきた、パナソニック・日立・東芝の機種を含めて、前機種から、予算別、機能別、目的別に選ぶ場合、どの機種がおすすめか?についてAtlasの見解を書いていこうと思います。

 後編の記事は→こちら

 また、今回の前編記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどから話題をシェアしていただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 19:40 | Comment(0) | 調理家電

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png