比較2018' スマホ対応!人気の体重計24機の性能とおすすめ:iPhone Android対応(2)

2018年04月09日

比較2018' スマホ対応!人気の体重計24機の性能とおすすめ:iPhone Android対応(2)

今回の結論!
スマホに連動する体重計のおすすめはこの機種!

 どもAtlasです。

 今回は、iPhoneやAndroidなどスマホやPCと連動するネットワーク体重計に関する記事です。

 前回の前編は、11機種のネットワーク体重計を具体的に比較 すてきました。

 今回の後編は、それをふまえて、価格別・目的別に、Atlasがおすすめできる機種を数機種あげていきます。


 第1に、ダイエットにもっとも最適な体重計としておすすめなのは、

 201804091252.jpg

 8・Body Cardio WBS04-BLACK-ALL-ASIA
 9・Body Cardio WBS04-WHITE-ALL-ASIA   
  ¥17,671 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応
Google Fit 対応
PC連動 対応
減量オススメ度 ★★★★★★
メーカーサイト:こちら

 減量を意識づけるために「体重や健康をヴィジュアルから意識させること」という点では、Body Cardioが最もおすすめです。

 専用のスマホアプリがあり、体重の目標値も設定できるため、ダイエットのモチベーションの維持に向いた機種だと思います。

 測れる数値も、体重BMI体脂肪量という科学的なダイエットに欠かせない三要素のほか、「心拍数」・「部屋の二酸化炭素濃度」など健康に関するデータも測定できます。科学的に健康に気をつけながらダイエットできるでしょう。

 また、高血圧気味の方やご家族にそのような傾向の方がいる場合、脈派伝播速度を測れるのも良い部分です。

 やや値段が高いのがネックですが、「値段の重圧」もダイエットのモチベーションにつながるかもしれません。実際Atlasもそれが大きな「重し」となって、体重を20キロ落としました。

 201804091457.jpg

 Apple iOSアプリヘルスケア
  ¥0

 Google Fit
  ¥0

 こちらの商品は、健康維持に関連するアプリが多数用意されています。とくに、iOS Android双方のOS公式の健康管理アプリにデータが転送できる点は魅力です。体重計メーカーのサービスが終了して、データが無駄になるリスクがないですから。

 そのほか、この機種の「一番の魅力」は、スマホと体重計だけで簡単に使えるユーザーフレンドリーなところです。予算が許せば、これをイチオシします。家族全員の体重が管理できますしね。

 セットアップも簡単ですし、データは自動でサーバーに転送され、長期的にNOKIAが無料管理してくれます。MacやWindowsなどのパソコン、そしてAndroid系のスマホでも体重をチェックできる点も大きいです。 

ーー

 201804091459.jpg

 NOKIA Steel HWA01-STEEL-WHITE
  ¥13,097 Amazon.co.jp (4/9執筆時)
 NOKIA 活動量計 Go 【各色】
  ¥3,737 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 また、この機種は、活動量計を導入することで、体重だけでなく、活動量や睡眠量を同じアプリで計測できます。

 そのため、総合的にデータを管理使うことも可能です。とくに活動量計は、裏面に心拍数計が内蔵され心拍数も計測できるタイプです。そのため、体重計と同じアプリで、運動強度や正確なカロリー消費量が測定できます。

 身につけるものなので、デザイン性も気になりますが、フランスの製品と言うこともあり、腕時計(アクセサリ)としてもデザイン性は高いレベルだと思います。


 第2に、データの正確性を重視したい方、とくに運動をよくする方におすすめしたいのは、

  201804091237.jpg

 【2016年型番】

 1・タニタ 体重計 RD-906-RD [赤]
 2・タニタ 体重計 RD-906-BK [黒]
 3・タニタ 体重計 RD-906-WH [白]
  ¥12,616 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応
Google Fit 非対応
PC連動 不可
減量オススメ度 ★★★★★
メーカーサイト:こちら

 タニタの「RD-906」が良いでしょう。

 測定値の正確性という点で、はかり専業メーカーの同社は信頼性が高いです。JIS規格に準拠している上、最先端の「デュアル周波数」を搭載しているため、どの機種よりも測定値は正確だと言えます。

 測定値の点でも、コビアのWS-50と同じく、「体重」「BIM」に加えて「体脂肪量」が測定できますから、健康にも気をつけたダイエットができるでしょう。

 とくに、ジョギングなどの継続的な運動でダイエットしている方(目安として週12時間以上)、部活動を含めたアスリートがご家族にいる方は、こちらの機種が良いでしょう。というのも、筋肉量の違いなどから一般の人と、運動をする人とでは体脂肪率などの数値の出し方が異なるからです。

 タニタは、こういった方のための「アスリートモード」での計測に対応してます。家族で利用する場合でも、個人単位でこのモードを使うかどうか選択できます。

 使い勝手の面でも、Covia社並に「視認性・実用性の良いアプリ」が採用され、ブルートゥースによる接続も簡単です。また、iOSユーザーは「ヘルスケア」アプリとデータリンクできる点も嬉しいでしょう。

 

 タニタ 活動量計 カロリズム AM-161
  ¥5,300 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 なお、タニタは活動量計も販売しています。腕に巻くタイプでなく、持ち歩くタイプになりますが、歩数や消費カロリーなどをはかることができます。もちろん、体重計と同じアプリでデータを総合的に分析可能です。


第3に、小さなお子さんのいる家庭などで家族全員の総合的な健康管理を行いたい方は、

  201804091322.jpg

 【通常型番】

 14・オムロン HBF-255T-R【赤】
 15・オムロン HBF-255T-W【白】
 16・オムロン HBF-255T-BK【黒】
  ¥11,669 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 【Amazon限定型番】

 17・オムロン HBF-256T-W【白】
 18・オムロン HBF-256T-BK【黒】
  ¥12,480 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応
Google Fit: 対応
PC連動:対応
減量オススメ度 ★★★★★
メーカーサイト:こちら

 続いて、オムロンの「カラダスキャン」です。オムロンのカラダスキャン HBF-254Cが良いでしょう。

 赤ちゃんの体重を自動で量るモードや、6歳児以上の幼児の体脂肪率などが測れるモードを搭載するために、小さなお子さんの健康管理や、成長記録を残したい方にオススメな機種だと思います。

 201804091502.jpg

 ・オムロン 活動量計 HJA-405T
  ¥4,951 Amazon.co.jp (4/9執筆時)
 オムロン 手首式血圧計 HEM-6323T  
  ¥10,980 Amazon.co.jp (4/9執筆時)
 ・オムロン 婦人体温計 MC-652LC-PK
  ¥3,290 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 また、周辺機器も、体重計・血圧計・活動量計のほかに、基礎体温計がラインナップされています。そういった意味で、大人向けの健康管理機能も充実しています。

 とくに「血圧計」のスマホ対応はオムロンの独壇場ですが、iPhoneユーザーについては、オムロンの血圧計がApple純正アプリの「ヘルスケア」にデータが単独で送れるため、体重と一括で管理できるは便利です。

1・スマホ対応基礎体温計
2・スマホ対応基礎体温計

 なお、このブログでは、オムロンのヘルスケアアプリに対応する製品については、上記2つの記事で紹介しています。

 血圧計については、iPhoneユーザーの場合は、「ヘルスケアアプリ」にこれらの機器が直接データを転送できますので、オムロン以外の体重計を選択して、「血圧計だけオムロン」でも良いでしょう。


 第4に、スマホで体重管理ができる比較的低価格な体重計としておすすめなのは、

 201804091444.jpg

 21・Panasonic EW-FA43-K
 22・Panasonic EW-FA43-W
  ¥6,424 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応
Google Fit: 対応
PC連動:対応
減量オススメ度 ★★★★☆
メーカーサイト:こちら

 Android系スマホユーザーの場合、パナソニックの体組織バランス計がオススメです。

 格安ですが、測れるデータは「体重・体脂肪率・BMI・基礎代謝・内臓脂肪レベル・皮下脂肪率・筋肉/骨レベル・体年齢・体幹バランス年齢」と豊富です。

 体重計自体に備わる表示機能(過去の体重との比較)も、効果的にダイエットを強制させるのに極めて効果的です。また、

 スマートフォンとの連動も、タニタのようにただ単にデータを見るだけではなく、ダイエット継続のモチベーションを上げる多くの仕掛けがあり、効果的だと思います。

 bjdf6gaf-77.png

 パナソニック 活動量計 EW-NK63
  ¥1,659〜 Amazon.co.jp   (4/9執筆時)

 また、体重計単体だけでもかなりダイエットの補助になる思います。

 しかし、ダイエットでウォーキングをしようと思っている方はさらに活動量計(高性能な歩数計)と併用すれば、食事ダイエットだけではなく、体を使ったダイエットとも連動できるでしょう。

ーーーー

  201804091316.jpg

 【2017】
 10・NOKIA Body+ WBS05-WHITE-ALL-JP
 11・NOKIA Body+ WBS05-BLACK-ALL-JP
  ¥10,946 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応
Google Fit 対応
PC連動 対応
減量オススメ度 ★★★★★
メーカーサイト:こちら

 iPhoneユーザーは、ノキアの下位モデルのBody +が良いでしょう。

 「体重、BMI(体格指数)、体脂肪率」まで測れれば、一般的な健康管理には十分すぎるでしょう。また、iPhoneではApple純正のヘルスケアアプリに対応する部分が魅力です。

 本体デザインも、上位機と同じでオシャレです。


 第5に、健康管理サービスのFitbitを利用することを考えている人、

 201804091358.jpg

【並行輸入品】

 19・fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale 【黒】
 20・fitbit Aria Wi-Fi Smart Scale 【白】
  ¥21,000 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

iOSヘルスケア:対応可
Google Fit: 対応
PC連動:対応
減量オススメ度 ★★★★★
メーカーサイト:こちら

 Fitbit ariaが良いでしょう。体重計としてはシンプルですが、直接的にFatbitサービスにデータが送れるというメリット性がありますから。

 201707090839.jpg

 ・Fitbit Alta HR FB408SBKS-CJK 【S】 
 ・Fitbit Alta HR FB408SBKL-CJK 【L】
   ¥16,207 Amazon.co.jp
  (4/9筆時)

 ただ、これらのFatbitを利用するつもりがない人は、Withings で良いでしょう。

 体重計としての正確性もそちらの方が上だと思います。なお、活動量計全般に関心のある方は、こちらの【ワイヤレス活動量計の比較記事】にまとめて紹介しました。よろしければご覧ください。

 というわけで、今日は体重計の話でした。

 このブログ「モノマニア」では、体重計などのIOT家電については以下のような比較記事を書いています。

1・スマホと連動する体重計
2・ワイヤレス活動量計
3・ランニングウォッチ
4・スマホ対応血圧計
5・スマホ対応基礎体温計

6・Apple Watch

 これらの記事もよろしくお願いいたします。 

 201804081648.jpg

 とくに、日々のウォーキング(通勤)やジョギング、睡眠量、消費カロリーなどの活動量全般についてもパソコンで記録したい方、腕に巻くタイプの活動量計流行の兆しを見せています。

 上で紹介したFitbitなどです。もし興味がある方がいたら、別に書いた記事があります。2番の記事をご覧ください!

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 15:22 | 健康家電

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png