Top 研究道具(ソフトウェア) 比較2022’ 最新Windows11のライセンス数と格安購入法:Win 11 HomeとPro

2022年04月02日

比較2022’ 最新Windows11のライセンス数と格安購入法:Win 11 HomeとPro

【今回レビューする内容】2022年 Windows11の選び方とお得な激安購入方法:ライセンスインストール可能台数・アクティベーション・オンライン認証の仕組み・通常版 DSP版の違い インストール可能な台数 Microsoft Windows 11 Home 日本語版 Microsoft Windows 11 Pro Professional DSP版 パッケージ版 リテール版

今回のお題
必要に応じたWindows11のお買得な買い方は?

 ども、Atlasです。

 今日は2022年4月現在、最新のWindows11のライセンス数やアクティベーション(オンライン認証)の解説記事です。

 202204021728.jpg

 2021年登場のWindows 11を新しく購入する場合、どのような購入法がお買得と言えるのか、ライセンス形態・ライセンス数などに注目しながら考えていきます。

 基本的に、自作などのPCにインストールする方向けに書いています。

 また、l最後の「結論」では、目的別のオススメの買い方も提案していきます。

ーーー

  202204021614.jpg

CPU:2コア・1GHz以上
メモリ:4GB
ストレージ:64GB
グラフィックス: DirectX 12互換

 なお、Windows10をプリインストールしたPCをお持ちの場合で、Microsoftが定める要件(=マシンスペック)を満たしていれば、無償でアップデートが可能です。

 この部分については、【マイクロソフト自体が詳しい要件を説明】しています。

 マシンのシステム要件は緩いのですが、TPM(セキュリティ)が関わる部分もあるため、ご自宅のマシンであらかじめ確認をしたほうが良いかと思います。

ーーー

 202110130933.jpg

 なお、Macユーザーで仮想環境やBootCampWindows11を入れたい方については、このブログでは【Parallels Desktopの比較記事】のほうで、詳しく説明しています。

 よろしければ、そちらをご覧ください。

1・Windows11のラインアップ

 はじめに、Windows11を新しくパッケージ購入する場合の方法、現在選択できる方法を書いておきます。


 202204021622.jpg  

 【パッケージ版】 HAJ00094

 1・Windows 11 Home 日本語版
  ¥19,360 楽天市場 (4/2執筆時)

 【パッケージ版】 HAV00213

 2・Windows 11 Pro 日本語版
  ¥28,380 楽天市場 (4/2執筆時)

 第1に、最も標準的と言えるのがこれらの「パッケージ版」です。

 ライセンス数は、「同時使用しない限り2台まで」とされた昔のWindowsとは異なります。

 ライセンス数は「1台まで」です。つまり、「PCか仮想環境PCの1台のみ」という規約であり、それ以上はオンライン認証で弾かれてしまいます。

  201805111301.jpg

 インストールは、パッケージに同梱されているUSBフラッシュを利用するか、ネットから、インストールメディアをダウンロードするかします。

 最終的にアップデートはネットでするでしょうから、「シリアルナンバーを買う」という感覚で良いかと思います。

 なお、プロ版とホーム版との違いについては、後ほどまとめて解説します。


 202204021633.jpg

 【DSPバンドル版】LGY-PCI-TXD付属

 3・Windows 11 Home 日本語版 DSP版
  ¥18,540 Amazon.co.jp (4/2執筆時)

 【DSPバンドル版】LGY-PCI-TXD 付属

 4・Windows 11 Pro 日本語版 DSP版
  ¥21,329 Amazon.co.jp (4/2執筆時)

 第2に、【DSPバンドル版】です。

 【DSPバンドル版】は、パソコンやパーツとの「抱き合わせ購入」を条件として売られている特殊なWindows10と言えます。

 これまでの常識では、一般的に「通常製品より安い」のですが、最近は価格差はあまり付きません。

 ライセンス数は、こちらも「PCか仮想環境の1台のみ」という規約です。

 それ以上は、オンライン認証で弾かれてしまいます。

 製品の種類は、DVDでの提供になります。

 USBドライブ版の場合、BIOS上で起動ドライブをUSBフラッシュを指定しないといけないため、「面倒」と考える人も多いようです。

 昔のやり方を望む場合、DSP版は選択肢になります。

 201805111307.jpg

 なお、Windows 10までは、DSP版には32ビット版と64ビット版がありました。

 しかし、Windows 11は、システム要件として32ビットをフォローしないので、違いは認識しなくてもOKです。

ーーーー

 202204021639.jpg 

 なお、熟練ユーザーは、この手の商品の「偽物リスク」を心配するでしょう。

 ただ、執筆時現在のところ、この商品は「【Amazon.co.jp 限定】」として、Amazon本体が発送しています。「自社での扱い」なので、正規品であることは、(ほぼ確実に)保証されます。

 202204021638.jpg

 一方、ネットでは、相当安い価格のWindows11 DSP版、Windows 11 Retail版がみられます。

 1万円以下でも見られます。ただ、こういったものは出所不明でトラブルを抱えます。選ぶべきではないです。

2・Win11 HomeとProとの違い

 202204021710.jpg

 Windows11は、Widows 11homeと、Windows 11 pro、そして、Windowsストア専用となるWindows Sが存在します。

 このうち、ソフトとして単品で購入可能なのはWidows 11 homeWindows 11 proです。 

 一般ユーザーは、基本的にプロフェッショナル版を買うメリットは乏しいです。

 なぜなら、Homeに比べて追加される機能が企業内ネットワークを前提としたグループワークやセキュリティに限定されるからです。

 職場で使うユーザーも、会社自体が対応していない場合は意味がないため、基本的にpro版を購入する必要はないでし ょう。

 詳しい違いを知りたい方は、【マイクロソフトの解説ページ】をご覧ください。

 202204021645.jpg

 ただし、「以前のWidows OSへのダウングレード権」については、Windows 11プロだけに付属しています。

 例えば、Windows11で動かないソフトがあり、過去のバージョンに戻らざるを得ない場合、Windows 11 pro を購入していれば、無償で(=古いOSを購入することなしに)過去のOSに戻ることもできます。

 ダウングレードできる過去バージョンは、Windows10Pro Windows 8.1 ProWindows 7 Professionalになります。

今回の結論
Windows11は、このバージョンを買えば良い!


 というわけで、今回は、Windows11の選び方や購入方法について解説しました。

 最後にいつものように、事例別にAtlasのおすすめ機種を提案しておきます。

 第1に、一般ユーザーが、Windows11の新規インストールに使うのにおすすめなのは、

 202204021622.jpg  

 【パッケージ版】 HAJ00094

 1・Windows 11 Home 日本語版
  ¥19,360 楽天市場 (4/2執筆時)

 パッケージ版のHOMEライセンスが良いでしょう。

 DSP版とさして値段が変わらない現状では、保証性の確実さで、こちらを選ぶ方が良いと思います。

 DSP版は、マイクロソフトの保証(無償サポート)がないので。

 DSP版は、先述のように「パーツとの抱き合わせ」でそれを利用することが、要件的に定められるので、インストールトラブルの際の保険を考えると、現状ではパッケージ版が良いかと思います。


 第2に、過去のOSを利用するなどのシーンが想定される場合は、

 202204021622.jpg  

 【パッケージ版】 HAV00213

 2・Windows 11 Pro 日本語版
  ¥28,380 楽天市場 (4/2執筆時)

 パッケージ版のProライセンスが良いでしょう。

 DSP版を選ばない理由は、先ほどと同じです。

 その上で、ダウングレード権が付属するのは、プロ版だけなので、これを選ぶことになるかと思います。

ーー

 202204021633.jpg

 【DSPバンドル版】LGY-PCI-TXD付属

 3・Windows 11 Home 日本語版 DSP版
  ¥18,540 Amazon.co.jp (4/2執筆時)

 【DSPバンドル版】LGY-PCI-TXD 付属

 4・Windows 11 Pro 日本語版 DSP版
  ¥21,329 Amazon.co.jp (4/2執筆時)

 ただ、プロ版については、DSP版がかなり安いです。

 要件と保証部分が十分把握できる方は、DSP版を選ぶことも可能でしょう。

補足・同時に必要なソフトなど

  202110192046.jpg

1・Windows版 Office2021の比較
3・Windows 10の購入法
5・ウイルス対策ソフトの比較
6・Adobe CCの比較

 というわけで、今回は、Windows11の購入法の話でした。

 Windows系の基本ソフトについては、以上のような比較記事もありますので、よろしければ、ご覧ください。

ーーー

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。   

posted by Atlas at 17:12 | 研究道具(ソフトウェア)

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png