Top 暖房器具 比較2021’【暖かい!】電気毛布36製品の性能とおすすめ:電気敷き毛布・電気掛け毛布

2021年01月05日

比較2021’【暖かい!】電気毛布36製品の性能とおすすめ:電気敷き毛布・電気掛け毛布

【今回レビューする製品】2020-2021年 高性能な電気毛布の性能とおすすめ・選び方:電気かけ毛布と電気しき毛布:Panasonic・KOIZUMI・広電・Sugiyama:水洗いOK 機能の違いとランキング:タイマー 室温センサー シングル・ダブルサイズ対応

【比較する製品型番】Sugiyama NA-023S NA-013K KOIZUMI KDS-4001 KDS-5009CT KDS-5096D KDS-5098T KDS-5091R KDK-7509CT KDK-7598T KDK-6001 KDK-7596D KODEN VWS-401B CWS553DT CWK803DT CWK806S CWK805S CWK802-NC CWK802-NB Panasonic DB-U12T-C DB-U12T-G DB-US12LS-C DB-U31S-C DB-U31LS-C DB-UM4LS-C DB-R31MS-G DB-R31M-C DB-R40L-D DB-RC40M-C

今回のお題
タイマーなどが充実した電気毛布のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2021年1月現在、最新の電気毛布の比較です。

 201809231327.jpg

 今回は、業界大手のパナソニックコイズミ広電の新製品は(ほぼ)全て紹介できました。

1・暖かさ    ★★★★★
2・毛布の吸湿性 ★★★★★
3・清潔性    ★★★★★
4・タイマー機能 ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 以下では、いつものように、各製品を個別に紹介していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、「おすすめ」の機種を提案していきます。

 よろしくお願いします。

1・電気毛布の選び方の基本!

1・しき専用毛布
2・かけしき敷兼用毛布

 電気毛布を選ぶ場合に最も重要なのは、その種類の違いをを理解することです。

 電気毛布には、敷き専用毛布かけ敷兼用毛布の2種類があります。

 これらは、用途や快適性がが大きく異なるため、注意が必要です。

 「選び方の基本!」と言える部分なので、はじめに説明しておきます。

1・しき専用電気毛布

  201809231616.jpg

 敷き専用毛布は、シーツの下に挟み込んで利用するタイプの電気毛布です。

 価格は、比較的安いです。

 温度は、さほど高くならないため、マンションなど、部屋の密閉度が高い場合は、熱過ぎて寝苦しくなりにくいこの方式が向きます

 ただし、かけ敷兼用毛布を「掛けふとん」として使う場合に較べると、暖を得にくいです。

 また、冬の夜間にに零下5度を下回るような地域では、かけ敷兼用電気毛布を買った方が安心です。

2・け敷き兼用電気毛布

  201809231328.jpg

 かけ敷兼用毛布は、名前の通り、かけ毛布としても、敷き毛布としても使える電気毛布です。

 価格は、生地が長い分だけ、敷専用毛布より、3割程度高くなります。

 温度は、利用法により異なります。

---

 第1に「掛け毛布」として使う場合、「敷き専用毛布」より暖かみを得られます。

 冬に零下5度を下回るような地域で、すきま風の多い和風建築の場合は、このタイプが良いです。

---

 第2に、「敷き毛布」として使う場合は、基本的に安い敷き専用毛布と変わりません。

 そのため、「1人用」ならば、あまり購入する意義を見いだせません。

 さらに言えば、敷き毛布としてこれを利用する場合、横幅の広さに注意が必要です。

 201809231144.jpg

 例えば、横幅80cm程度の(普通の)ふとんの場合、横幅が広すぎるので、巻き込んで利用する必要があります。端的に家って、「光熱費の無駄」です。

 ただし、140cmのダブルベッドの敷き毛布は、ちょうどのサイズで、使い勝手は良いでしょう。

4・今回の電気毛布の比較基準

 また、以上の2分類をふまえた上で、今回の比較のポイントとしたい機能は、以下の3つです。

1・毛布素材のグレード
 
=吸湿性の良い綿100%素材か?
2・洗濯の可否
 =洗濯機で縮まずに洗えるか?
3・タイマーの充実度
 =便利なON/OFFタイマーが付属か?

−−

 こうした点をとくに重視しながら、以下では、詳しく各社の電気毛布を紹介していきます。

2・国内メーカーの電気敷き毛布

 最初に紹介するのは、「敷き毛布(シーツの下に敷くタイプ)」です。

 数社から出ているので、メーカーごと順番に見ていきましょう。 まずは、なかぎし敷き毛布を見てみます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  201809231204.jpg

 1・Sugiyama 電気敷き毛布 NA-023S
  ¥2,550 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:なし
素材:ポリ70% アクリル30%
消費電力:55W
サイズ: 縦140×横80cm

 NA-023Sは、椙山紡織(旧なかぎし)の敷き毛布です。 

 比較的価格が安いため、売れ筋の電気毛布です。

 本体サイズは、長さ140×80cmなのでシングルのふとん用です。

 201902201302.jpg

 本体の素材は、ポリエステルとアクリルの化繊です。

 敷き毛布の場合、快適度の部分では「吸汗性」が重要です。化繊(化学繊維)は、抗菌性・防かびに優れる一方、この部分が弱いです。

  201902201300.jpg

 センサーは、リモコン部分に室温センサーが搭載されます。

 室内温度に合わせて強弱調整がなされます。適切に強弱調整しておけば、寝苦しくはないでしょう。ま

 お手入れは、洗濯機での丸洗いに対応します。

 タイマーは、しかしながら未搭載です。

 このほか、「頭寒足熱配線」を採用し、足元のほうが暖かいように調整されています。これは、国内各社共通の様式です。

---

 以上、椙紡NA-023Sの紹介でした。

 格安ですが、必要最低限の機能は網羅されている機種です。タイマーがないのは残念な部分です。


 201909231401.jpg

 【2020年】

 【縦130×横80cm

 2・KOIZUMI 電気敷毛布 KDS-4001
  ¥2,728 楽天市場 (1/5執筆時)

 2・KOIZUMI 電気敷毛布 KDS-4091
  ¥2,350 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【縦130×横80cm

 3・広電 電気敷き毛布 VWS-401B
  ¥2,250 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【縦180×横80cm

 4・広電 電気敷き毛布 VCS801HL
  ¥3,810 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:
洗濯機:対応
タイマー:なし
素材:化繊100%
消費電力:40W
サイズ:上記参照

 これらの製品は、性能がほとんど同じの低価格な敷き毛布です。

 本体サイズは、130×80cmです。

 これは、一般的な標準より10cmほど短い水準です。

 一方、広電のVCS801HLは、逆に、180cmとしき専用布団にしてはロングです。

 ただ、基本「頭寒足熱」を実践するには140cmあれば足りるため、ズレにくい以外の利点はないでしょう。

 本体の素材は、両メーカーでやや異なりますが、いずれも化繊です。

 センサーは、この機種も室温センサー未搭載です。

 お手入れについては、繊維部分の丸洗いに対応します。

 201902201304.jpg

 タイマーは、こちらも未搭載です。

----

 以上、コイズミ・広電の電気敷き毛布の紹介でした。

 消費電力は40Wですから、1番目に紹介した椙山紡織より0.1円/時安いです。

 ただし、長さが短い電気毛布で、男性には向かないと思います。また、室温センサーもないため、快適度も低い機種です。あまりオススメできません。


 201909231404.jpg

 【2020年発売】

 5・KOIZUMI 敷電気毛布 KDS-5009CT
  ¥5,475 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【2019年発売】

 6・KOIZUMI 敷電気毛布 KDS-5099CT
  ¥7,700 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:2時間オフ/8時間自動オフ
素材:綿100%
消費電力:50W
サイズ:  縦140×横85cm

 KDS-5009CTは、コイズミの電気敷き毛布です。

 新旧ありますが、性能は同じです。

 本体サイズは、縦140×横85cmと敷き毛布タイプとしては広めです。

 シングルロングサイズのベッドにも対応できるでしょう。

 本体の素材は、こちらは、綿毛布になります(毛羽100%綿)。

 綿は、水分の吸収性に富む素材です。シーツの下で、汗から発生する水分の調整をしてくれますので、快適度は高いでしょう。

 201902201305.jpg

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 室温センサー搭載機は室温に応じて温度を調整するため、寝苦しさ対策の部分で有利です。

 お手入れについては、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、高度なものではないですが、2時間オフボタンを装備します。

 また、8時間後自動オフ機能もあります。

---

 以上、コイズミのKDS-5009CT の紹介でした。

 吸汗・吸湿性の高い綿が使われている点と室温センサーが搭載されている点が良い機種です。

 電気毛布に性能を求める場合、この水準が「最低ライン」となるでしょう。


 201909231409.jpg

 【2019年発売】

 7・KOIZUMI電気敷毛布 KDS-5096D
  ¥5,700 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:なし
素材:アクリル30% ポリ70%(毛羽)
消費電力:50W
サイズ:  縦140×横80cm

 KDS-5096Dも、コイズミの敷き毛布です。

 本体の素材は、こちらは、アクリル混の化学繊維です。

 暖かい素材ですが、吸湿性は綿に適わないため、電気毛布として機能的ではない素材です。

 201902201306.jpg

 一方、この機種独自の特長は、電磁波カット機能です。

 電気毛布は、電子レンジの20%程の電磁波が発生します。ただ、電磁波が体に及ぼす影響は、好影響・悪影響ともに「科学的」に解明されていません。

 気にされる方は一定数いるので、需要はありそうです。

 センサーは、室温センサーが搭載で、お手入れについては、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、ただし、本機は未搭載です。

---

 以上、コイズミのKDS-4071の紹介でした。

 電磁波カットの部分が特色です。

 ただ、電気毛布は伝統ある家電ですが、健康被害は聞いたことがないため、過剰に心配される必要はないと思います。


 201909231412.jpg

 【2019年発売】

 8・KOIZUMI 電気敷毛布 KDS-5098T
  ¥4,700 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:快眠タイマー
素材:アクリル30% ポリエステル70%
消費電力:50W
サイズ:  縦140×横80cm

 KDS-5098T は、コイズミの敷き毛布では「上位機」にあたります。

 本体サイズは、縦140×横80cmと通常サイズです。

 本体の素材は、アクリル混の化学繊維です。吸湿性はイマイチですが、抗菌防臭加工がなされます。

 センサーは、室温センサーが搭載です。電磁波カット機能は持ちません。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 201411061512.jpg

 タイマーは、一方、この機種の大きな特長です。

 なぜなら「快眠タイマー」が搭載されるからです。

 こちらは、タイマーを入れた後2時間稼働し、運転停止時間後、6時間後にスイッチが再び入る仕様です。

 節電にもなりますし、熟睡後の寝苦しさの防止に効果的でしょう。基本、8時間前後の睡眠が前提の方は、この方式のタイマーはかなり有効です。

----

 以上、コイズミのKDS-4071の紹介でした。

 電気毛布はコモディティ化が進む家電ではあります。しかし、タイマーの部分で特色を出しているこの機種は優秀だと思います。

 他機種にはない、ハッキリとした魅力がある機種です。選んでも後悔することはないでしょう。


 201909231555.jpg

 【2019年発売】

 9・KODEN CWS553DT
  ¥5,183 楽天市場  (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:おはようおやすみタイマー
素材:ポリエステル100%
消費電力:55W
サイズ:  縦140×横80cm

 CWS553DTは、広電の販売する、電気しき毛布の上位機です。

 本体サイズは、縦140×横80cmと通常サイズです。

 本体の素材は、ポリエステル繊維です。

 やはり、吸湿性はイマイチですが、抗菌防臭加工はなされます。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 201909231503.jpg

 タイマーは、コイズミの快眠タイマーより融通が効きます。

 この機種の場合、4〜8時間後のONと、1-2時間後のOFFとさらに細かく選択できるからです。

 必ずしも、8時間前後の睡眠時間ではない方は、調整の幅がきくでしょう。ただ、その分、ボタン操作の回数は増えるため、人によっては、「コイズミの快眠タイマーのが簡単で良い」という場合もあるでしょう。

----

 以上、広電のCWS553DTの紹介でした。

 コイズミ同様に、タイマーに工夫がある機種です。ほぼ互角の性能ですが、やや高めです。ただ、タイマー部分をかなり細かく設定したい方には、さらに向く機種です。


 201909231415.jpg   

 【2019年】

 10・KOIZUMI 電気敷毛布 KDS-5091R
  ¥6,536 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:なし
素材:ポリエステル100%
消費電力:50W
サイズ:  縦140×横80cm

 KDS-5091R は、やや特殊な電気毛布です。

 本体サイズは、縦140×横80cmと通常サイズです。

 本体の素材は、こちらは、ポリエステルですが、ラビットファー調でふんわりで肌触りの良い生地を採用します。

 要するに、こちらは毛布的なので、シーツを使わず直寝すること前提の製品です。長さ的は、お子さんの「お昼寝」用の毛布として運用されることを想定した作りです。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、この機種の場合、非搭載です。

----

 以上、コイズミのKDS-5091R の紹介でした。

 就寝用と考えるとやや特殊ですが、1枚でも使える点で、「お昼寝兼用」でお子さん用に向く機種でしょう。


 201809231323.jpg

 【シングル】

 11・Panasonic 電気しき毛布 DB-U12T-C
 12・Panasonic 電気しき毛布 DB-U12T-G
  ¥5,190 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【シングルロング】

 13・Panasonic 電気しき毛布 DB-US12LS-C
  ¥6,980 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:ポリ70% アクリル30%(裏ポリ100%)
消費電力:47W
サイズ:  縦140×横80cm/160×80cm

  DB-U11Tシリーズは、パナソニック敷き毛布です。

 大手家電メーカーという信頼感があってか、最も売れている電気毛布です。


 201809231337.jpg

 本体サイズは、縦140×横80cmと通常サイズのほか、160cmの長さのシングルロングタイプがあります。

 本体の素材は、化繊のポリエステルです。2色から選べますが、性能は同じです。

 センサーは、や室温センサーが搭載です。

 パナソニックは、室温5度ごとに、自動的に1度調整される仕様です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、非搭載です。

---

 以上、パナソニックのDB-U11Tシリーズの紹介でした。

 大手メーカーの製品ですが、さほど特色がない製品です。ただ、珍しいシングルロングタイプがあるため、背の高い人には選択肢となるでしょう。


 201810161347.jpg

 【シングル】

 14・Panasonic しき毛布 DB-U31S-C
  ¥6,364 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【シングルロング】

 15・Panasonic 電気しき毛布 DB-U31LS-C
   ¥7,155 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応(抗菌防臭)
タイマーなし
素材:ポリエステル65% アクリル35%
消費電力:47W
サイズ:  縦140×横85cm

  DB-U31シリーズも、パナソニック敷き毛布です。

 本体サイズは、こちらもシングルロングタイプが選べます。

 本体の素材は、アクリル混です。

 こちらはキトサンによる抗菌防臭加工となっています。

 パナソニックの空清機や冷蔵庫のフィルターにも見られる防臭剤で、このあたりに付加価値がありそうです。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、非搭載です。

---

 以上、パナソニックのDB-U31シリーズの紹介でした。

 下位機種との違いは、抗菌性の部分です。電気毛布は「微妙に暖かい」ため、雑菌の繁殖に向くわけですが、その部分に配慮があります。

 また、キトサンは、ニオイの抑制効果もあるため、この部分に期待したい方は、良い選択肢でしょう。

 また、シングルロングタイプがあるため、背の高い人には向くでしょう。

 タイマー部分は、下位機種同様に「弱い」です。


 201809231344.jpg

 【シングルロング】

 16・Panasonic しき毛布 DB-UM4LS-C
  ¥8,636 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:マイクロファイバー
消費電力:47W
サイズ:  縦160×横80cm

 DB-UM4シリーズは、パナソニック敷き毛布です。 

 本体サイズは、縦160×横80cmとなり、シングルロングのみの展開です。

 201809231348.jpg

 本体の素材は、マイクロファイバーを使った機種です。

 敷き毛布としては、暖かく手触りの良い製品で、シーツを引かずに利用するのが基本でしょう。また、シーツの下でも空気を含みやすい素材ですから、ふんわり感を感じます、

 センサーは、室温センサーを搭載です。

 お手入れは、洗濯機での繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、こちらも非搭載です。

---

 以上、DB-UM34リーズの紹介でした。

 マイクロファイバー製のベッドパットなどを使っている人が通電して利用したい場合に向くと思います。

 電気を使わなくても暖かい素材ですが、冬場に微妙に寒いときはあるため、需要はありそうです。

 タイマーが付属しない部分だけは難点です。ただ、これについては、別売タイマーを利用するという解決法があるため、記事の最後の「結論」で紹介します。

3・国内メーカーの電気かけしき毛布

 201809231354.jpg 

 続いて、ここからはかけ敷兼用毛布をみていくことにします。

 先ほども書きましたが、かけ敷兼用毛布は、厳寒地での掛け布団としての使用シングルベッドの敷きパッド代わりの使用などの用途が考えられます。

 メーカーごとに見ていきましょう。


 201809231404.jpg

 【ミドルシングル:180×130cm】

 17・Panasonic DB-R31MS-G
  ¥9,800 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【ミドル:188×137cm】

 18・Panasonic DB-R31M-C
  ¥9,480 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【ロング:200×140cm】

 19・Panasonic DB-R40L-D
  ¥12,200 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応(抗菌防臭)
タイマーなし
素材:ポリ65% アクリル35%
消費電力:75W
サイズ: 上に記載

 これらは、パナソニックのかけ敷兼用毛布です。

 201809231328.jpg

 本体サイズは、3種類から選べます。

 掛けふとんとして利用する場合は、敷ふとんより大きなサイズである必要があります。シングルの場合は、180×130cmは最低限必要です。

 一方、掛けふとんの場合、毛布の保温性も重要です。その点で言えば、アクリル65%の合繊であるこの製品は、暖かさの部分では期待値が高いです。その上で、天然素材のキトサン加工で、抗菌防臭効果が期待できます。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。ただ、ドラム式洗濯機・衣類乾燥機は不可です。

 タイマーは、非搭載です。

--

 以上、パナソニックのかけ敷兼用電気毛布の紹介でした。

 結論的にいえば、繊維の部分は、縫製を含めて期待値の高い製品です。毛布としてのスペックは高いと思います。

 機能面では、室温センサーを搭載しますが、タイマー系の機能がない点は、やはり不便です。ただ、先述のように、この部分に「迂回手段」があるので、最後に紹介します。


 201809231418.jpg

 【ミドル:188×137cm】

 20・Panasonic かけしき毛布 DB-RC40M-C
  ¥11,609 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:綿100%
消費電力:75W
サイズ: 縦188×横137cm

 DB-RC40Mも、パナソニックのかけ敷兼用毛布です。

 本体サイズは、188×137cmですから、1人用のやや広めのサイズです。

 201902201314.jpg

 本体の素材は、天然素材の綿100%になります。

 綿素材は寝汗の吸収に富むので、掛けふとんとしては向くでしょう。重さは合繊モデルと同じ1..1kgで、重くしていません。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、非搭載です。

---

 以上、パナソニックのDB-RC40Mの紹介でした。

 素材は綿100%ですので、寝汗をかきやすい方には向くでしょう。難点は、タイマーが未搭載な点な位でしょう。毛布の厚みも十分です。



 201909231433.jpg

 【2020年発売】

 21・KOIZUMI 電気掛敷毛布 KDK-7509CT
  ¥6,182 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【2019年発売】(新製品と同性能)

 22・KOIZUMI 電気掛敷毛布 KDK-7599CT
  ¥8,917 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:2時間オフ/8時間自動オフ
素材:綿100%
消費電力:75W
サイズ:  縦188×横140cm

  201809231457.jpg

 23・リフォン 夢あんないセレクト2 LWK081-CL-T
  ¥9,280 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:2時間オフ
素材:綿100%
消費電力:80W
サイズ:  縦188×横130cm

 これらは、日本の小泉成器と広電が発売するかけ敷兼用毛布です。

 両者とも似ているため、同時に紹介します。

 本体サイズは、両者異なり、コイズミはやや大きめ、リフォンは普通のサイズです。

 コイズミは「幅広構造」のために、寝相が悪い人にも向きそうです。

 201909231437.jpg

 本体の素材は、こちらは、綿100%毛布になります。

 水分の吸収性に富む素材で、かつ、静電気でホコリを寄せにくいため、掛け毛布には最適です。

 重さもある程度あるため、掛け布団としては最適な素材の1つです。

 また、しっかりした質量があるため、素材の品質も良さそうです。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れについては、綿100%ですので、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、2時間オフ/8時間自動オフ機能が付属です。広電は、2時間オフのみ搭載です。

---

 以上、コイズミと広電の電気かけ敷兼用電気毛布の紹介でした。

 綿かけ毛布はパナソニックも販売しているので、「ライバル関係」です。

 一方、パナソニックは、1.1kgで軽さを重視、コイズミ・広電は1.6kgで保湿性・断熱性を重視した作りです。

 一長一短ですが、従来的な「しっかりした質量」を得たい方は、綿毛布ユーザーはこちらをを選ぶとよいでしょう。パナソニックにないタイマーも付属しており、快適度も高いです。

 逆に、重さの点で敬遠していた場合は、パナソニックが良いかと思います。


 201909231516.jpg

 【2019年】

 24・広電 電気毛布 CWK803DT
  ¥5,773 楽天市場  (1/5執筆時)

 【2018年】

 25・広電 電気毛布 CWK803ST  
  ¥5,450 Amazon.co.jp (1/5執筆時) 

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:おはようおやすみタイマー
素材:ポリ50% アクリル50%
消費電力:80W
サイズ:  縦188×横130cm

 CWK803DT は、広電の発売するかけ敷兼用毛布です。

 新旧両機種ありますが、柄以外の部分は同じです。

 本体サイズは、180×130cmのシングル用の標準サイズです。

 本体の素材は、毛羽の部分がポリエステルとアクリルの合繊です。

 高級さ素材ではないですが「割と暖かい」でしょう。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 201909231455.jpg

 タイマーは、広電の上位タイプとなる「おはようおやすみタイマー」を採用するため、この機種は充実します。

 1-2時間単位のオフ、3−8時間単位の間でのオン設定ができるため、寝入りと寝起きだけ電気を入れることが容易です。

----

 以上、広電のCWK803DT の紹介でした。

 タイマー部分の充実は、文句なく優れた機種でしょう。その上で、このグレードの毛布としては、暖かい素材を使うため、電気かけ毛布として良い選択肢です。

 綿100%に必ずしもこだわらないならばこちらも良いでしょう。


 202009191405.jpg

 【フランネル生地(デオテックス)】

 26・広電 電気毛布 CWK806S
 27・広電 電気毛布 CCBC802NS
  ¥12,233〜 Amazon.co.jp (1/5執筆時) 

 【フランネル生地(消臭)】

 28・広電 電気毛布 CWK805S
  ¥5,880 Amazon.co.jp (1/5執筆時) 

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:おはようおやすみタイマー
素材:ポリエステル100%
消費電力:80W
サイズ:  縦200×横140cm(上位機)

 CWK806SCWK805Sは、広電の発売する、かけ敷兼用毛布です。

  201909231447.jpg

 本体サイズは、CWK805S縦188×横130cmと普通ですが、CWK806Sは、200×140cmです。

 やや長めですから、背の高い方に対応するでしょう。

 毛布をある程度落として使う、ベッドを想定した作りとも言えます。

 本体の素材は、ポリエステル繊維です。

 ただ、いずれも、毛布のようなフランネル素材を採用するため、毛布単独で「暖かい」という製品です。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 なお、どちらの製品も消臭繊維を使っていますが、上位機は効果が高いとされる、デオテックスという広電が最近「推す」消臭繊維を採用します。

 201909231455.jpg

 タイマーは、この機種も、「おはようおやすみタイマー」を採用します。

----

 以上、広電のCWK806SCWK805Sの紹介でした。

 逆説的ですが、電気毛布の暖かさが(必要だが)苦手で、できるだけ毛布の保温力に頼りたい、という場合は選択肢でしょう。

 ただ、全体的に値段が高いため、一般的には下位機種で良いとも思います。

ーーー

 201909231532.jpg

 【フランネル生地(消臭)】

 29・広電 電気毛布 CWK802-NC
 30・広電 電気毛布 CWK802-NB
  ¥5,650 楽天市場 (1/5執筆時)

 31・広電 電気毛布 CCBR803HS
  ¥7,970 Amazon.co.jp (1/5執筆時) 

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:
素材:ポリエステル100%
消費電力:80W
サイズ:  縦188×横130cm(上位機)

 なお、広電には、CWK802という下位機種もあります。

 こちらも、暖かいフランネル素材を採用するのですが、高性能タイマーを搭載しません

 厚い毛布で調整ができないのは、「片手落ち」といえるため、あまりおすすめはできません。


  202009191357.jpg

 32・KOIZUMI 電気掛・敷毛布 KDK-7598T
  ¥6,691 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:快眠タイマー
素材:アクリル30% ポリ70%
消費電力:75W
サイズ:  縦188×横130cm

 KDK-7598T は、コイズミのかけ敷兼用毛布の「上位機」です。

 本体サイズは、188×130cmと一般的なシングルサイズです。

 本体の素材は、先ほどの製品と同じで、アクリル混の化学繊維です。

 毛布として一般的な素材で、暖かみもあるでしょう。抗菌防臭加工もされます。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 201411061512.jpg

 タイマーは、「快眠タイマー」が搭載です。

 タイマーを入れた後2時間稼働し、運転停止時間後、6時間後にスイッチが再び入る仕様です。

 広電のおはようおやすみタイマーと異なり、細かい設定ができないですが、毎回8時間前後の睡眠が前提の方は、設定を含めて楽でしょう。

---

 以上、コイズミのDK-7598Tの紹介でした。

 タイマー設定の細かさの部分では、広電が有利でしょう。ただ、(眠い)寝る前に1ボタンでこのモードを選択できる「シンプルさ」はある種、便利とも言えます。

 そのため、比較的規則正しい睡眠時間の方は、こちらが向くでしょう。そうでない場合は、広電の「おはようおやすみタイマー」搭載機が良さそうです。


 201809231436.jpg

 33・Sugiyama 掛け敷き毛布 NA-013K
  ¥3,540 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:ポリ70% アクリル30%
消費電力:80W
サイズ:  縦188×横130cm

 NA-013Kは、椙山紡織(なかぎし)の発売するかけ敷兼用毛布です。

 今回紹介する製品の中では価格的に抜群に安いです。

 本体サイズは、188×130cmと一般的なシングルサイズです。

 本体の素材は、アクリル混の化繊です。

 ただ、アクリルの混合率が低いです。また、薄めのため、毛布としての品質は低いです。

 それを補うため80Wという高出力を必要としているとも言え、電気代の面でもあまり有利とは言えないでしょう。

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、非搭載です。

---

 以上、椙山紡織かけ敷き毛布の紹介でした。

 格安で導入しやすい一方で、毛布の薄さと利用電力の多さが気になります。1時間あたり1.4円の水準は、かけ敷き毛布としても高めです。


 201909231536.jpg

 【2020年】

 34・KOIZUMI 電気掛敷毛布 KDK-6001
  ¥4,480 楽天市場 (1/5執筆時)

 【2019年】(新機種と性能は同じ)

 35・KOIZUMI 電気掛敷毛布 KDK-6091
  ¥9,480 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:アクリル30% ポリ70%(毛羽)
消費電力:60W
サイズ:  縦188×横130cm

 【電磁波カット】

 36・KOIZUMI 電磁波カット KDK-7596D
  ¥7,300 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:アクリル30% ポリ70%(毛羽)
消費電力:75W
サイズ:  縦188×横130cm

 KDK-6091 は、日本のコイズミの発売する、かけ敷兼用毛布です。

 201902201306.jpg

 2種類ありますが、KDK-7596Dについては、敷き毛布でもみた「電磁波カット配線」となっているモデルです。

 本体サイズは、180×130cmと一般的なシングルサイズです。

 本体の素材は、アクリル混の化繊です。しっかりした質量があり、暖かさはあります。また、抗菌防臭加工がなされます。

 なお、通常モデルは、パワーも60Wと控えめで済んでいますが、電磁波カットモデルはやや電力を余分に使います。

 201902201305.jpg

 センサーは、室温センサーが搭載です。

 お手入れは、繊維部分の丸洗いに対応します。

 タイマーは、非搭載です。

---

 以上、KDK-6071かけ敷き毛布の紹介でした。

 これといって特徴のない製品ですが、5000円前後の予算である程度性能の期待できる物は少なく、その意味でこの機種は貴重でしょう。

 安めで探している場合は、良い選択肢です。

今回の結論
高性能な電気毛布のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回は電気毛布の比較でした。

 最後にいつものように、最もおすすめな機種について書いてみます。


 第1に、「電気しき毛布」で、性能と価格のバランスがとれたおすすめ機種は、

 201909231404.jpg

 【2020年発売】

 5・KOIZUMI 敷電気毛布 KDS-5009CT
  ¥5,475 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 【2019年発売】

 6・KOIZUMI 敷電気毛布 KDS-5099CT
  ¥7,700 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:2時間オフ/8時間自動オフ
素材:綿100%
消費電力:50W
サイズ:  縦140×横85cm

1・暖かさ    ★★★★★
2・毛布の吸湿性 ★★★★★★
3・清潔性    ★★★★★★
4・タイマー機能 ★★★☆☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 日本の小泉成器が発売する KDS-5009CTでしょう。

 性能が同じ、旧製品でも良いでしょう。

 本体素材は、吸湿性素材である綿を採用している点で、他の格安機種と較べて差があります。

 敷き布団で使う場合も、薄いシーツの下に敷くわけですから、素材的なメリット性を享受できます。

 本体サイズも、縦140×横85cmと敷き毛布タイプとしては広めですから、寒がりの方でも対応できると思います。

 タイマーについても、2時間オフボタンと8時間後自動オフがついているので、この価格では優秀です。

 201902201305.jpg

 センサーは、室温センサー採用で、性能面でも問題ありません。

 清潔性の面でも、綿は洗濯に強いですし、静電気が起こりにくい素材です。長期間、清潔に利用できるでしょう。

ーーー

201909231555.jpg

 【2019年発売】

 9・KODEN CWS553DT
  ¥5,183 楽天市場  (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:おはようおやすみタイマー
素材:ポリエステル100%
消費電力:55W
サイズ:  縦140×横80cm

 一方、タイマーを重視したい場合は、広電のCWS553DTが選択肢です。

 オフタイマーとオンタイマーが同時に設定できるので、入眠後と朝方の温度設定にこだわりのある方は、こちらの方が合うでしょう。

 第2に、「電気しき毛布」で、暖かさに期待できる高級製品と言えるのは、

 201809231344.jpg

 【シングルロング】

 16・Panasonic しき毛布 DB-UM4LS-C
  ¥8,636 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:マイクロファイバー
消費電力:47W
サイズ:  縦160×横80cm

1・暖かさ    ★★★★★★
2・毛布の吸湿性 ★★★★☆
3・清潔性    ★★★★★
4・タイマー機能 ★★★☆☆
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 パナソニックDB-UM3シリーズでしょう。

 201809231348.jpg

 こちらは、素材に保温性のあるマイクロファイバーを採用し、毛布のサイズも縦160cmと大きめです。

 また、起毛しているので、シーツなしの直敷で問題なく使えます。なお、起毛した「ふかふかなベッドパット(シーツ)」と電気毛布の併用は、(室温センサーを活かせない部分を含めて)メーカーもあまり推奨しません。

 ただし、「一体型」となっているこちらは「話は別」で、利便性も高かろうと思います。生地自体が暖かいため、省エネ意識の高い方にオススメします。

  201909231558.jpg

 簡単デジタルタイマー PT70DW
  ¥1,481 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

 タイマーについては、この機種の最大の「弱点」です。

 ただ、(裏技的ですが)コンセントタイマーを別途買えば、「快適タイマー」のように使うことができます。

 デジタル式なので、作動音も気にならないでしょう。ただ、タイマーを利用する方法以外の、より面白い提案は、最後に紹介します。


 第3に、寒冷地などで、性能の良い「かけ敷き兼用毛布」を探している方は、

 201909231516.jpg

 【2019年】

 24・広電 電気毛布 CWK803DT
  ¥5,773 楽天市場  (1/5執筆時)

 【2018年】

 25・広電 電気毛布 CWK803ST  
  ¥5,450 Amazon.co.jp (1/5執筆時) 

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:おはようおやすみタイマー
素材:ポリ50% アクリル50%
消費電力:80W
サイズ:  縦188×横130cm

1・暖かさ    ★★★★★
2・毛布の吸湿性 ★★★★☆
3・清潔性    ★★★★★
4・タイマー機能 ★★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 広電のCWK803DTCWK803DTが良いでしょう。

 より暖かい製品が良ければ、毛羽の長い、フランネル生地を使う広電の上位機でも良いです。

 ただ、毛羽の長い毛布を電気毛布で使う場合、一般的に「寝苦しくなりがち」なので、電気毛布の場合、このくらいのグレードでちょうど良いと感じます。

  201909231455.jpg

 その上で、高性能タイマー搭載で、「就寝時と起床時」という最も「暖かさ」が欲しい時間に電気を使えるため、便利でしょう。


 第4に、コストをなるべく抑えつつ、できるだけ性能の良い電気毛布を探している方は、

  201809231204.jpg

 1・Sugiyama 電気敷き毛布 NA-023S
  ¥2,550 Amazon.co.jp (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマー:なし
素材:ポリ70% アクリル30%
消費電力:55W
サイズ: 縦140×横80cm

1・暖かさ    ★★★★☆
2・毛布の吸湿性 ★★★★☆
3・清潔性    ★★★★★
4・タイマー機能 ★★★☆☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★☆☆

 「しき毛布」として使うならば、椙紡の電気敷き毛布でよいでしょう。

 タイマーはない機種ですが、毛布のサイズは標準で、室温センサーも搭載します。

 素材は化学繊維ですが、敷き毛布としてシーツの下に引くならば問題ないと思います。

 201909231536.jpg

 【2020年】

 34・KOIZUMI 電気掛敷毛布 KDK-6001
  ¥4,480 楽天市場 (1/5執筆時)

センサー:室温センサー
洗濯機:対応
タイマーなし
素材:アクリル30% ポリ70%(毛羽)
消費電力:60W
サイズ:  縦188×横130cm

1・暖かさ    ★★★★★
2・毛布の吸湿性 ★★★★☆
3・清潔性    ★★★★★
4・タイマー機能 ★★★☆☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★☆

 「かけ毛布」としてならば、小泉成器の発売するかけ敷兼用毛布K KDK-6081 でしょう。

 より安い機種はありますが、消費電力を考えると、一定程度「毛布だけでも暖かい」このグレード以上が良いと思います。

 室温センサーも搭載しますし、毛布の重さも一定程度あるため、安めのかけ敷兼用電気毛布としては、この機種をオススメとします。

補足:遠隔操作で電気毛布をつける!

 というわけで、今回は、電気毛布の比較でした。

 最後に「おまけ」で、電気毛布の遠隔操作についてです。

 201809190948.jpg

 冬の寒い時期、寝る前、寝室に電気敷き毛布のスイッチを入れに行くのが「シンドイ」方は多いと思います。

 その場合、今回紹介した電気毛布は、単純なON/OFFスイッチだけなので、スマホで電源が入れられるようにできます。 

 具体的には、スマホでON/OFFコントロールできるコンセントと、コントローラーが必要ですが、「新しもの好き」の方は試しても良いでしょう。

 具体的な方法については、このブログの【スマートリモコンの比較記事】で説明しています。

 「アレクサ(OK Google)電気敷き毛布をつけて!」と音声コントロールで対応する応用法についても書いていますので、よろしければご覧ください。

補足2:寝具に関係する記事の紹介

 続いて、寝具についてです。

 201809101358.jpg

1・暖かい羽毛毛布団の比較
2・暖かい綿ふとんの比較
3・敷きふとんの比較
4・マットレスの比較

 寝具については、「快適な眠り」「肩こり・腰痛」をテーマとした、5つの記事があります。

 電気毛布も暖かいですが、極寒地でないならば、合い掛けの厚めの羽毛ふとんなどの上に、毛布を置くパターンでも暖かく就寝できます。興味のある方は、上の記事をご覧ください。

 そのほか、【肩こり・腰痛・対策用の高品質まくらの比較記事】 もありますので、こちらもよろしくお願いします。

補足3:暖房家電についての関連記事

 最後に、暖房家電についてです。

 201809221230.jpg

1・セラミックファンヒータの比較
2・遠赤外線ヒーターの比較
3・オイルヒーターの比較   
4・石油ファンヒーターの比較
5・こたつの比較
6・ガスファンヒーターの比較
7・ホットマットの比較

 このブログ「モノマニア」では、最新の暖房器具について、以上のような記事もあります。

 よろしければ、これらの記事もご覧ください。

 最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、はてなブックマーク・Twitter Facebookなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 12:15 | 暖房器具

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png