比較2018' Mac対応ブルーレイドライブ12機種の性能とおすすめ: iMac Macbook Pro Air Mac mini OSX 10.13 対応

2018年02月07日

比較2018' Mac対応ブルーレイドライブ12機種の性能とおすすめ: iMac Macbook Pro Air Mac mini OSX 10.13 対応

【今回レビューする製品】2017-2018年 Macbook AirやiMac Macminiで使えるポータブルブルーレイドライブ の性能とおすすめ:USB-C(USB Type-c) Thunderbolt 3対応バッファロー・ IOデータ・ロジテック・パイオニア: USB-C対応機種などの違いとランキング

【紹介する製品型番】パイオニア Mac用 BDR-XS06JL BDR-XS06JM BDR-XD07BK BDR-AD07BK BDR-XD07R-N【 BDR-XD07LE BUFFALO BRXL-PT6U2V アイオーデータ EX-BD03K EX-BD03W Logitec LBD-PVA6UCMSV LBD-PUD6U3MSV LBDW-PUD6U3MSV

今回のお題
Macbook proやAir, iMacにオススメなポータブルブルーレイドライブはどの機種


 どもAtlasです。

 201711011213.jpg

 今日は、Macで使えるブルーレイドライブのおすすめ機種について比較します。

 従来のUSB端子の他、新しいMacbookやiMacで採用されつつあるUSB Type-C端子(Thunderbolt3)搭載機種にも対応するように書いています。 

 以下では、いつものように、各製品を比較した後で、最後に「結論」として、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

今回の記事の趣旨

 Appleのパソコンは、2015年以降、MacBook Pro, Macbook Air, iMac, Macminiを含めて、内蔵ドライブを全面的に廃止しました。

 全てApp StoreiTunesに依存することもできないため、ブルーレイドライブを本体と同時に探す方が最近多くなっています。

 こうした状況をふまえて、このブログ「モノマニア」では、複数の「ドライブ関連記事」を書いてきました。

1・Mac用外付DVDドライブの比較
2・Mac用ブルーレイドライブの比較
3・Mac用ブルーレイ視聴ソフトの比較

4・Mac用ブルーレイ書込ソフトの比較

 今回は、2番の記事です。Macに対応するポータブルブルーレイドライブを比較します。

 価格的には、およそ5000円前後から購入できます。もちろん、DVD・CDの再生もできる仕様です。

 一方、ブルーレイドライブは、どのメーカー基本的にはWindows向けに販売しています。

 そのため、メーカーが公式に「Macで使える」と宣言していない製品が多いです。こうした製品は、実際は「動く」にせよ、万一のトラブルの際にサポートが受けられないというリスクがあります。

 そのため、今回の記事では、こういった点で問題がないドライブの選び方を含めて詳しく説明します。

再生・書込に必要なソフトについて

 Appleは、MacOSXにおいて、ブルーレイの書き込みに公式に対応を表明しておりません

 しかし、「公然の事実」として、Mac OSX標準のDVD書き込み機能を使えば、BD-Rなどの一部のブルーレイメディアについて読み書きが可能です。

 ただし、Windowsや、Blu-rayレコーダーと互換性のある形でディスクの書き込みをしたい場合は、専用の書き込みソフトが必要です。

4・Mac用ブルーレイ書込ソフトの比較

 これについては、Blu-ray書込ソフトの比較記事で詳しく説明しました。

 

 コーレル Toast 16 Pro ブルーレイ対応
  ¥ 16,239 Amazon.co.jp
(2/7執筆時)

 結論だけいえば、現状、手に入れられるMac用のブルーレイの書き込みソフトとしては、ラネクシーの Roxio Toast 16 Proが唯一の選択肢です。

 このソフトは、ご覧のように値段が高いです。

 しかし、後ほど紹介しますが、実はこのRoxio Toastは、特定のポータブルブルーレイレコーダーに付属しており、ドライブと合計でも1.5万円ほどで買えます。


 

 Mac go Mac Blu-ray Player
  ¥ 5,144 Amazon.co.jp
(2/7執筆時

 また、OSXは、ブルーレイの再生は標準対応しません。そのため、ブルーレイを再生するためにも別のソフトが必要です。

 結論だけいえば、ブルーレイソフトをMac用で再生するために現状最もおすすめできるのは、、Max goというプレーヤーソフトです。

3・Mac用ブルーレイ視聴ソフトの比較

 詳しくは上記の記事で説明しました。この記事の最後にもリンクを付けるので、興味のある方は、後ほどご覧ください。

Mac対応のブルーレイドライブ

 それでは、Mac対応のブルーレイドライブを紹介していきましょう。

 ここから紹介していくのは、メーカーが「Mac対応」を明示している「例外的商品」と、Atlasが、MacbookとiMacで動くことを確認しているモデルだけです。この点については安心してください。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で紹介します。

  

 【通常製品】

 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-BKD 【黒色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-SVD 【銀色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-WHD【白色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-RDD 【赤色】
   ¥ 8,858 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 【Amazon限定モデル】

 2・BUFFALO BRXL-PT6U2V/N【黒色】
   ¥ 7.073 Amazon.co.jp
(2/7執筆時) 

対応ディスク: BL-R BL-REなど50GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 こちらは、バッファローブルーレイドライブです。同社のラインナップでは、価格が安いモデルです。

 「通常版」のほか「Amazon限定モデル」があります。フラストレーションフリー(簡易包装)ですが、通常版と同じ仕様の商品で「格安」です。

 本体色は、黒色のほか、「キレイめ」の赤色など、4色から選択が可能です。

 本体の開閉は、スイッチ式です。故障した際の強制イジェクトボタンもあるため、電源故障などでレンタルCD・DVDなどが「詰まった」場合も、処理可能です。

 Macへの対応は、AMAZONモデルを含めて、Macへの対応を表明しています。この点では安心です。

 201802071423.jpg

 接続端子は、この機種の場合、ドライブ側とケーブルが直付けとなります。これは、収納性にはメリットとなります。

 

 AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ
  ¥ 1,199 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 ただし、新しいMacでUSB端子がType-Cの場合は、別売の変換ケーブルを購入する必要があるでしょう。費用面はしかたないですが、この手の変換コネクタは、美観的に「野暮ったく見える」のがMacユーザーにとって悩ましい部分です。

 対応フォーマットは、BL-R BL-REなどのメディアの認識が可能です。もちろん、DVDやCDの再生にも対応します。一方、容量は、Mac側の対応の問題で「50GBまで」となります。超大容量メディアはMacでは扱えない点は、注意しましょう。

 DVD書込ソフトは、未付属です。

 なお、こちらには、選択肢として「ACアダプターセットモデル」があります。これは、Windowsのネットブックなど電源が弱い場合に用いるもので、Macの場合不要です。

 以上、バッファローのブルーレイドライブの紹介でした。Amazon限定モデルについてはかなり安く非常にオススメできます。機能面でも、十分なクオリティですので、選んで間違いないドライブの1つと言えます。 


  

 3・I-O DATA ピアノブラック EX-BD03K
   ¥7,902 Amazon.co.jp  (2/7執筆時)
 4・I-O DATA パールホワイトEX-BD03W
  ¥ 8,580 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-REなど50GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 EX-BD03シリーズ日本のIODATAブルーレイドライブです。

 本体色は、黒系と白系の2色構成です。流線型のバッファローと比べると、普通の四角形のモデルです。ただ、シンプルな形状のほうが、デザイン的にはマックとマッチしやすいでしょう。

 本体の開閉は、こちらも、スイッチ式です。故障した際の強制イジェクトボタンもあり安心です。スロットイン式と異なり、内部のクリーニングもしやすいので、Atlasは基本的に「スイッチ式」を推します。

 Macへの対応は、MacBook Airと Mac miniについてメーカーが動作確認しています。他の機種でも問題なく使えるでしょう。

 接続端子は、この機種の場合、バッファローのような直付けではなく、本体側にUSB 3.0 micro-B端子があるタイプです。普通のUSB端子がある製品ならば付属の50cmのUSBケーブルを差し込んで使うことになります。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)  

 USB-typeCの場合は、別売のケーブルが必要です。なお、バッファローと異なり、ケーブル直付けではないので、不格好な変換コネクタタイプではなく、ケーブルでつなげられるため、美観は良くなります。

 対応フォーマットは、BL-R BL-REなどのメディアの認識が可能です。容量は、Mac側の対応の問題で「50GBまで」となります。

 DVD書込ソフトは、未付属です。

 なお、こちらも、選択肢として「ACアダプターセットモデル」があります。先ほど書いたように、Macの場合は不要です。

 以上、アイオーデータのブルーレイドライブの紹介でした。

 バッファローと性能部分の差は見られない機種です。ただ、四角形のデザインは、Macとの調和性が高いです。また、Type-Cを利用する場合は、ケーブル全体を交換できるため、机の上の美観の面でもやや良いでしょう。

 置きっぱなしにする場合は、やや価格が高いですが、このモデルを選んでもよいでしょう。


  

【2017年モデル・通常版】
 5・Logitec LBD-PVA6UCMSV
  ¥ 18,445 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-RE BDXLなど128GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 LBD-PVA6UCMSVは、国内メーカーのロジテックから発売されているドライブです。

 201802031610.jpg

 本体色は、シルバーです。こちらは「マック専用設計」なので、シルバー基調のMacに合うようにデザインされています。本体も薄型なので、モバイル用のMacbookにもデザイン的に調和します。

 本体の開閉は、スイッチ式(トレー式)です。アクセスランプも付属し、稼働状況が確認できる使用です。

 Macへの対応は、メーカーが公式に動作確認しています。そのため、万一の故障の際には安心です。

 201702031139.jpg

 接続端子は、この機種の場合、Mac専用設計ということで「豪華」です。

 つまり、この機種は、新しいMacに使うUSB Type-Cケーブルと、以前のMacに使う普通のUSBケーブル(TyoeC-to Aケーブル)がダブルで付属します。とくに、新しいMacと同時購入される場合は、とても「お買得」でしょう。

 対応フォーマットは、こちらも、BL-R BL-REなどのメディアの認識が可能です。一方。容量は、多層のBD-XLに対応できるため、BD-Rならば4層の128GBまで対応となります。

 

 コーレル Toast 16 Pro ブルーレイ対応
  ¥ 16,239 Amazon.co.jp
(2/7執筆時)

 DVD書込ソフトは、この機種の場合「付属」します。正確にはダウンロード対応ですが問題ないでしょう。このソフトは単体で購入すると、相当の値段がするので、非常にお得です。

 なお、先述のように、このドライブは100GB以上のブルーレイの書込もできますが、Macで書き込む場合は、OS標準機能では対応できない使用です。しかし、こちらのToast16は対応しており、問題ありません。

 以上、ロジテックのMac用ブルーレイドライブの紹介でした。

 本体価格よりも高額な書込ソフトが付属する点が最大の魅力です。Toastは毎年バージョンが上がりますが、基本的に新OSでも動きます。また、1度手に入れれば、アップグレード版も利用できるため、ドライブと一緒に購入してしまうのがよいでしょう。

ーーー

 

【2016年モデル・通常版】
 6・Logitec LBD-PUD6U3MSV
  ¥ 15,100 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

Amazon限定
 7・Logitec LBDW-PUD6U3MSV
  ¥ 14,662 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-RE BDXLなど128GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 なお、在庫限りですが、Toastが付属する点では同じ旧製品が併売中です。こちらには、Amazon限定モデルがありますが、パッケージが簡易包装である点以外は通常版と同じです。

 201802071442.jpg

 一方、新しいMacのUSB Type-C端子については、新機種と異なり、変換ケーブルでの対応で、いささか不格好です。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)  

 そのため、気にされる方は、ケーブルだけ買い直しても良いでしょう。

 201702031135.jpg

 一方、toastのバージョンは1世代古く、ダウンロードできるのはToast15です。とはいえ、Toast16との機能差は、インターフェースの改良などのマイナーチェンジであり、実際の使用上問題ないでしょう。

 ディスクについても、こちらもBL-XLにも対応ですし、在庫があるうちはこちらを選んでよいでしょう。


 

 【Toas12無し】

 8・パイオニア Mac用 BDR-XS06JL
  ¥12,376 Amazon.co.jp(11/1執筆時)

 【Toas12付属】

 9・パイオニア Mac用 BDR-XS06JM
  ¥18,316 Amazon.co.jp(11/1執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-REなど50GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止: Pure Read 2+

 こちらは、パイオニアのドライブです。同社は、昔からのドライブメーカーで、高品質で信頼性の高い製品を生産することで有名です。

 本体色は、シルバーです。こちらは「マック専用設計」なので、シルバー基調のMacに合うようにデザインされています。また、ケーブルが収納できるなど、使い勝手の部分も評価できます。

 201711011304.jpg

 本体の開閉は、こちらはスロットイン式です。スイッチ式に較べてスリム化できるのですが、故障の際の強制イジェクトができない点で、やや不安のある方式です。ただ、パイオニアのドライブは堅牢性で定評がありますので、多くの場合、問題ないでしょう。

 Macへの対応は、メーカーが公式に動作確認しています。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)  

 接続端子は、この機種の場合も、取り外し可能なUSBケーブルでつなげる方式です。以前のMacの(普通の)USB端子の場合は、付属の30センチのケーブルで対応できます。

 新しいMacbookなどのUSB Type-C端子の場合は、他社の場合と同じで、別売のケーブルを買えば良いでしょう。

 USB-typeCの場合は、別売のケーブルが必要です。なお、バッファローと異なり、ケーブル直付けではないので、不格好な変換コネクタタイプではなく、ケーブルでつなげられるため、美観は良くなります。

 対応フォーマットは、こちらも、BL-R BL-REなどのメディアの認識が可能です。容量は、やはり「50GBまで」となります。

 DVD書込ソフトは、この機種は「付属」します。ただし、原稿から3世代前の旧バージョンとなるToast12です。ただ、12と16の間では、書込に置ける大きなバージョンアップがなかったため、仕様上問題はないです。ただし、公式サポートはOS10.11までです。なお、Toast12が付属しない下位機種も、メーカーがMacの標準機能でのBLの書き込みを保証しています

 音質面の工夫は、一方この機種の最大の特長です。この機種PureRead 2+という、強力なリードエラーの訂正機能が付属します。そのため、リッピング時のエラーの低減や、オーディオCD再生時のノイズ低減効果も期待できます。リッピングを考えているならば、選択肢として候補になるでしょう。

 その他、こちらのモデルは、4MBのバッファメモリが搭載されているため、映像再生時の遅延対策に非常に有効です。

 以上、パイオニアのドライブの紹介でした。映像においては、バッファメモリが、音楽においては、エラー低減技術が見所の製品です。メディア再生に多用する場合は、この機種は有力な選択肢でしょう。一方、Toastのバージョンはかなり古いため、格安な、付属しないモデルを選ぶとよいでしょう。


 201802031527.jpg

 【ソフト付属】

 10・パイオニア BDR-XD07BK 【黒】
 10・パイオニア BDR-XD07R 【赤】
 10・パイオニア BDR-XD07W【白】
  ¥11,980 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

 【ソフト付属】【Amazon限定型番】

 11・パイオニア BDR-AD07BK 【黒】
 11・パイオニア BDR-AD07R 【赤】
 11・パイオニア BDR-AD07W【白】
  ¥11,124 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

 【ソフト無】

 12・パイオニア BDR-XD07LE【黒】
 12・パイオニア BDR-XD07R-N【赤】
  ¥10,772 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-RE BDXLなど128GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止: Pure Read 3+

 こちらは、パイオニアの新製品です。先ほどの製品とは違って、Windowsとの共用製品です。

 大きく分けて3種類あります。「ソフト付属」とある2モデルは、Windows用の書込・読み込みソフトが付属します。しかし、Macの場合は関係ないので、値段と色だけ見て決めて良いでしょう。なお「Amazon限定」は、包装が簡易的な通販用モデルとなります。

 本体色は、黒・赤・白から選択できます。

 本体の開閉は、スイッチ式です。イジェクトに関わるトラブルが生じにくいと言えます。

 Macへの対応は、メーカーが公式に動作確認しています。


 201802071447.jpg

 接続端子は、この機種の場合も、下位機種と同じでMicro USB端子です。ただし、上述のような変換ケーブルが付属するため、新しいUSB Type-CのMacでも対応可能です。なお、Amazon限定モデルについては、変換ケーブル部分は未付属です。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)  

 ただ、常設する場合は不格好ですので、こちらの場合も、別売のケーブルをオススメします。

 接続端子は、この機種の場合も、下位機種と同じです。取り外し可能なUSBケーブルでつなげる方式です。以前のMacの(普通の)USB端子の場合は、付属の30センチのケーブルで対応できます。

 新しいMacbookなどのUSB Type-C端子の場合は、他社の場合と同じで、別売のケーブルを買えば良いでしょう。

 対応フォーマットは、こちらも、BL-R BL-REなどのメディアの認識が可能です。容量は、多層のBD-XLに対応できるため、BD-Rならば4層の128GBまで対応となります。

 

 コーレル Toast 16 Pro ブルーレイ対応
  ¥ 16,239 Amazon.co.jp
(2/7執筆時)

DVD書込ソフトは、しかしながら、Mac用についてはToastなど未付属です。OSX付属の書き込み機能では、100GBは対応できないので、50GB以上のメディアを使いたい場合は、新しいToast 16を別に買う必要があるでしょう。

 201802031550.jpg

 音質面の工夫は、しかしながら、この機種は、新しいPureRead3+を搭載しており、キズなどによるエラー補正をより強力に行います。CDのリッピングを考えているならば、選択肢として候補になるでしょう。

 また、レンタルブルーレイなどのキズについても、PowerReadの搭載で、コマ落ち時も停止してしまわずに、再生可能です。こちらのモデルも、4MBのバッファメモリが搭載されているため、映像再生時の遅延対策も優れます

 このほか、新しいMacbookユーザー用にUSB-C変換ケーブルが付属する点も気が利いています。

 以上、パイオニアの新しいドライブの紹介でした。

 先ほどの機種と違い、Mac専用のデザインではありません。しかし、特に音質補整は強力です。その点で言えば、現状でパイオニアの製品を選ぶならば、こちらを選んだ方が良さそうです。ただ、Toast付属モデルが欲しいところですね。

今回の結論
Macにおすすめなポータブルディスクドライブはこの機種!

 というわけで、今回は、Mac OSXで利用できるポータブルブルーレイドライブの紹介でした。

 最後に、いつものように、価格別・用途別に「おすすめ機種」をあげておきましょう。


 第1に、Mac用のブルーレイドライブとして最もおすすめできる機種は、

  

【2017年モデル・通常版】
 5・Logitec LBD-PVA6UCMSV
  ¥ 18,445 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

対応ディスク:BL-R BL-RE BDXLなど128GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 ロジテックのMac用ブルーレイドライブでしょう。

 本体はMacに調和するシルバーのデザインでMac向きです。通常のケーブルの他、USB-C端子が付属する点も、新しいMacユーザーにも、従来のユーザーにも嬉しい部分です。

 

 コーレル Toast 16 Pro ブルーレイ対応
  ¥ 16,2392 Amazon.co.jp
(2/7執筆時)

 そして、言うまでもなく、ライティングソフトのtoast16が無料でダウンロードできる点は相当の魅力です。書込ソフトの値段を考えれば、「ドライブ自体は無料同然の激安価格」と言えますから。

ーー


【2016年モデル・通常版】
 6・Logitec LBD-PUD6U3MSV
  ¥ 15,100 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

Amazon限定
 7・Logitec LBDW-PUD6U3MSV
  ¥ 14,662 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 なお、一世代古い、2016年モデルは、1バージョン古いToast15となります。

 しかし、先述のように新旧はマイナーチェンジですから、旧機種でも問題ありません。新OSとの相性についても、拙宅では、最新のOSX10.13上で、Toast 15.1が動作しています。

 在庫のあるうちは、こちらの旧機種で良いと思います。


第2に、ブルーレイドライブ頻繁に動画を見るかたや、リッピングを行う方は、

 201802031527.jpg

 【ソフト付属】

 10・パイオニア BDR-XD07BK 【黒】
 10・パイオニア BDR-XD07R 【赤】
 10・パイオニア BDR-XD07W【白】
  ¥11,980 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

 【ソフト付属】【Amazon限定型番】

 11・パイオニア BDR-AD07BK 【黒】
 11・パイオニア BDR-AD07R 【赤】
 11・パイオニア BDR-AD07W【白】
  ¥11,124 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

 【ソフト無】

 12・パイオニア BDR-XD07LE【黒】
 12・パイオニア BDR-XD07R-N【赤】
  ¥10,772 Amazon.co.jp(2/7執筆時)

対応ディスク: BL-R BL-RE BDXLなど128GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止: Pure Read 3+

 こちらは、パイオニアの新製品が良いでしょう。

 エラー防止機能は、音楽再生に、バッファメモリは動画の遅延対策に有効ですから。最近は、あまり「高度な」ドライブは売られていませんが、その中でもこちらの製品は突出して技術水準が高いと言えます。

 コモディティ化が激しい分野で、いつまで売ってくれるか分かりませんが、現在的に非常に貴重なのは確かです。ドライブの信頼性も高いため、多用するならば、こちらが良いでしょう。

 

 コーレル Toast 16 Pro ブルーレイ対応
  ¥ 16,239 Amazon.co.jp
(2/7執筆時)

 なお、書込ソフトは未付属です。ややコスト高になりますが、100GB以上のブルーレイメディアに書き込みたい方は、正規版のtoast16を購入しましょう。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)  

 なお、新しいUSB Type-C搭載のMacユーザーのためには変換ケーブルが付属します。ただ、常設する場合は不格好ですのでケーブルを買い増ししても良いと思います。


 第3に、BD-Rへのデータバックアップがメインのユーザーにおすすめなのは、

  

 【通常製品】

 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-BKD 【黒色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-SVD 【銀色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-WHD【白色】
 1・BUFFALO BRXL-PT6U2V-RDD 【赤色】
    ¥ 8,858 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 【Amazon限定モデル】

 2・BUFFALO BRXL-PT6U2V/N【黒色】
    ¥ 7.073 Amazon.co.jp
(2/7執筆時) 

対応ディスク: BL-R BL-REなど50GBまで
DVDとCD  :標準規格に全て対応
Mac対応 Mac OS X 10.5〜10.13
エラー防止:なし

 さほど高性能なデスクは不要でしょう。

 持ちはこんで利用するならば、ケーブルが収納できるバッファローのモデルが良いでしょう。価格面で有利な【アマゾン限定】モデルがありますし。

ーーー

  

 3・I-O DATA ピアノブラック EX-BD03K
   ¥7,902 Amazon.co.jp  (2/7執筆時)
 4・I-O DATA パールホワイトEX-BD03W
  ¥ 8,580 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 一方、新しいUSB Type-Cのユーザーで、常に据え置いて使う方は、アイオーデータが良いでしょう。

 

 エレコム microB-USB-Cケーブル
  ¥1,509 Amazon.co.jp (2/7執筆時)

 バッファローとことなり、USBケーブルが直付けではないため、美観を損ねず、長さの調節などができるからです。

 ただ、両者とも本体自体の性能差はないので、購買時期により安いものがあれば、価格重視で選んでも構いません。

ーーー

 というわけで、今日は、Mac向けのブルーレイドライブの紹介でした。

1・Mac用外付DVDドライブの比較
2・Mac用ブルーレイ視聴ソフトの比較

3・Mac用ブルーレイ書込ソフトの比較

  ブルーレイの視聴や書込に利用するソフトや、より格安なDVDドライブの情報をお探しの方は、上記のリンク記事も、よろしければご覧下さい。

 また、Macの最新機種については、以上記事があります。

 ドライブだけでなく、新しいMacの購入を検討している方は、ぜひご覧ください。 

7・Mac向きディスプレイの比較
8・Mac向きキーボードの比較
9・Mac向きプリンターの比較
10・Mac用テレビチューナー
11Mac用Office2016の比較

 そのほか、Mac関連製品についても色々記事があります。お時間があれば、これらの記事もよろしくお願いいたします。

 また、最後になりますが、今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:58 | Mac関連機器

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png