比較2018’ 暖かい!遠赤外線ヒーター最新16機の性能とおすすめ:ダイキン・コロナ・アラジン

2018年10月16日

比較2018’ 暖かい!遠赤外線ヒーター最新16機の性能とおすすめ:ダイキン・コロナ・アラジン

【今回レビューする製品】2018-2019年 電気代の安い遠赤ヒーターの性能とおすすめ・選び方:ハロゲンヒーター 遠赤外線・電気ストーブ 遠赤グラファイトヒーター セラムヒートスリムカーボン カーボンヒーター 遠赤外線パネルヒーター コアヒートスリムの評判 人気機種の性能の違いなど

【比較する製品型番】アラジン CAH-2G10A(G) CAH-2G92A-G CAH-G42GA-G ERFT11VS-H DH-918R-W DH-C918 DH-1218R-SS AH-128R-SS CH-128R-W

今回のお題
パワフルで光熱費の安い遠赤外線ヒーターのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今回は、遠赤外線ヒーターの比較です。

 201809231759.jpg

 業界トップのダイキン・コロナのほか、英国のアラジンの製品を含め全16機種を紹介しました。

--

 以下では、各製品を比較してから、最後にAtlasのおすすめ機種を提案したいと思います。

1・遠赤外線ヒーターの選び方の基本!

 201809231944.jpg

 遠赤外線ヒーターは、暖房器具としては、良い部分イマイチな部分がハッキリしている家電です。

 初めて購入する方もいるでしょうし、概要を簡単に紹介しておきます。

1・遠赤外線ヒーターの良い部分

 良い部分と言えるのは、次の2点です。

1・速暖性の高さ
2・空気を汚さない
3・風の影響を受けない

 第1に、速暖性の高さです。

 遠赤外線ヒーターは、「風」で暖めたり、オイルヒーターのように空気をじわじわ暖めるのではなく、遠赤外線を利用して体に「熱」を含める仕組みです。

 ヒーターの熱が届く範囲にいれば、すぐに暖かさを感じます。洗面所など短時間しかいない場所の暖房として最適です。

 第2に、空気を汚さない点です。

 遠赤外線ヒーターは、「光」を使って暖める仕組みなので、燃焼で空気を汚さないというのも利点です。

 そのため、(同じく空気を汚さない)エアコンの補助暖房向きでだと言えます。

 第3に、風の影響を受けない点です。

 ファンで熱を運ぶ仕組みではなく、光が直進的に人間の肌に暖かさを運びます。

 寒風が吹きすさぶ場所で、短時間で暖を取りたい場合にも良いでしょう。

2・遠赤外線ヒーターのイマイチな部分

  slim_view_image.gif

1・効果範囲が狭い

 イマイチな部分は、ハッキリしています。 その「効果範囲」です。

 光を利用する仕組みなので、光が届かない範囲しか暖かくありません。

 グラファイトヒーターを利用する大型モデルでも、基本的にヒーターの前方1.5畳程度しか効果が及ばない家電です。

2・遠赤外線ヒーターの選び方

1・メイン暖房の補助暖房
2・脱衣所などの短時間暖房

 結論的に言えば、この家電は、以上2つの事例にのみ向く家電です。

 201809231751.jpg

 第1に、メイン暖房の補助として、直接的な暖を取りたいニーズです。

 例えば、超寒冷な地域でメイン暖房が弱い場合、補助的に「ぬくぬく暖まりたい」ならばベストな選択肢でです。

 和風建築ですきま風が悩みの場合も、風に影響を受けない方式の遠赤外線ヒーターは良い選択肢です。

 201809231748.jpg

 第2に、比較的狭い場所で、短時間暖を取りたい場合です。

 例えば、寒い脱衣所や、キッチンの暖房には向くでしょう。

 キッチン内は動き回ると思いますが、首振り機能が利用できるため、キッチンほどの空間ならば、輻射熱は届くでしょう。

ーーー

 一方、これ以外の場合は、他の方式を選んだ方が良いでしょう。

  201809211459.jpg

 例えば、部屋のメイン暖房で空気を汚したくないというニーズならば、オイルヒーターのほうが適合的で良いでしょう。

----

1・セラミックファンヒーター
2・遠赤外線ヒーター
3・オイルヒーター
4・石油ファンヒーター
5・こたつ
6・電気毛布
7・ガスファンヒーター(都市ガス)
8・ガスファンヒーター(LPガス)
9・足元用暖房(カーぺット)
10・冬の暖房記事全体のまとめ記事 【結論】

 「どうも別の家電の方が良さそうだ」と感じる場合は、上記のリンクから、このブログのそれぞれの家電の比較記事をご覧ください。

2・コロナのコアヒートの比較

 ここからは、メーカー別に具体的な製品の比較に入ります。

 はじめに、業界大手のコロナからです。

 なお、ここからは、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で書いていきます。


 201809231806.jpg

 【2018年】

 1・コロナ コアヒートスリム DH-918R-W 【白】
  ¥18,631 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 2・コロナ コアヒートスリム CH-98R-S 【銀
  ¥15,800 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 【2017年】

 1’・コロナ コアヒートスリム DH-917R-W【白】
  ¥18,450 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 2’・コロナ コアヒートスリム CH-97R-S【銀
  ¥15,780 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

パワー:900W〜340W
温度設定:10段階
タイマー:1・2・3時間
首振り角度:70度
熱の到達距離:1.8m×1.0m
センサー:室温センサー
本体サイズ:幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 こちらは、コロナの「コアヒートスリム」です。

 現在2017年旧モデルが併売中ですが、型番のみの変更で性能は同等です。

 gg9rjg92tui-22.png

 暖房力は、最大900Wのパワーです。

 遠赤外線ヒーターとしては、すこし控えめの機種になります。

 そのかわり、スリムで、省スペース性を重視したモデルですね。

 また、小型で取っ手がついて持ちはこびがしやすく、キッチンなどで、ある程度持ちはこびながら利用するには最適と言えます。

 電源ケーブルは2mなので、可動範囲も広いです。

 slim_view_image.gif

 自動首振り運転は、対応します。

 前方140度に角度のうち、任意の70度の角度で首振り運転ができます。

 ただし、先ほど書いたように、遠赤外線ヒーターは、肌に「光」を当てることでで暖める仕組みです。

 そのため首振りを使ったとしても、リビングでの多人数での共用は難しいサイズです

 そのような用途には、後ほど紹介する大型モデルを買うべきです。

 gg9rjg92tui-23.png

 コントロールパネルは、本体の上部に付属します。

 設定温度は、10段階で調節できる仕様です。

 ただし、マイコン式サーミスタ(温度センサー)を利用しないので、他型式の暖房器具のように、温度を度数単位で設定することはできません

 センサーは、室温センサーが搭載されます。

 石油ファンヒーターやエアコンのように、温度は設定できません。

 201809231815.jpg

 しかし、ECOモードにするとある程度室温に合わせた運転をしてくれます。ただし、補助暖房ですから室温センサーは必ずしも必要はない気もします。

 ただ、「つけっぱなし」前提ならば、削減効果は高いでしょう。

 タイマーは、切タイマーが1時間刻みで3時間まで設定できます。

 そのほか、6時間で電源が自動的にオフになる仕様です。


slim_power_image.jpeg

 安全面、省エネ面では、前面に大きめのパワーモニターがついているのは、メリット性が大きいと言えます。

 なぜなら、遠赤外線ヒーターは、ヒーターユニットが赤熱しないので、動いているかどうかが分かりにくいからです。その点、大きめのモニターは、消し忘れ防止になります。

 そのほか、チャイルドロック・過熱防止・転倒OFFなどは、他機同様に付属です。

----

 以上、コロナの「コアヒートスリム」の紹介でした。

 201809231818.jpg

 スリムで設置性が良いため、部屋の角などに容易に設置できるのが「売り」です。多人数で共用するには向きませんが、1人〜2人用としては、これで十分でしょう。

 洗面所やキッチンにとくにオススメします。


  201809231823.jpg

 【2018年】

 3・コロナ スリムカーボン ゴールド DH-C918
   ¥16,997 Amazon.co.jp  (10/16執筆時)

 4・コロナ スリムカーボン グレー CH-C98-H
   ¥13,800 Amazon.co.jp  (10/16執筆時)

 5・コロナ スリムカーボン ホワイト DH-CM918
   ¥------- Amazon.co.jp  (10/16執筆時)

パワー:900W〜350W
温度設定:10段階
タイマー:1・2・3時間
首振り角度:70度幅
熱の到達距離:1.6m・幅1.0m
センサー:室温センサー
本体サイズ:幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 コロナのスリムカーボンは、先ほど紹介した「コアヒート」スリムの格安モデルです。

 上位機種と較べると、、ヒーターの塗装が異なります。

 201809231824.jpg

 上位機種は、遠赤効果の高い遠赤塗装(ブラックセラミック)コーティングがなされていますが、この機種はコーティングがなされません

 遠赤で暖かくなる仕組みの赤外線ヒータの場合、コーティングはかなり重要な要素ですので、できれば上位機種が良いでしょう。

 その他、上位機種と同じ首振り機能こそありますが、エコモード・パワーモニターなどの機能も省略されているため、基本的に「コアヒートスリム」を選んだ方が満足度は高いでしょう。


  

 【2018年】

 6・コロナ コアヒート DH-1218R-SS
  ¥29,078 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

 【2017年】

 6’・コロナ コアヒート DH-1217R-SS
  ¥26,500 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1150W〜330W
温度設定:11段階
タイマー:1・2・3時間
首振り角度:70度
熱の到達距離:1.8m・幅1.0m
センサー:人感センサー
本体サイズ:幅34.0×奥行30.0×高さ71.7cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

  DH-1218R-SS は、コロナの「コアヒート」シリーズに属する製品です。 

 新旧ありますが、特に性能面での変更はありません。

 201809231827.jpg

 暖房力は、最大で1150Wです。

 コロナの「コアヒートスリム」はに比べて「極めて高い」と言えます。例えば、ダイニングや和室などで多人数で共用して使うことも可能です。

 熱の到達距離は、最大1.8Mと同じです。

 201809231828.jpg

 ただし、パネルを横に向けた状態で、首振りが可能なことから、リビングに対応させています。

リビングの補助暖房にはぴったりです。

  201709291707.jpg

 設定温度は、「パワフルモード」を含めて、11段階の温度設定が可能です。

 タイマーは、下位機種と同じ仕様です。

 201809231932.jpg

 センサーは、人感センサーが搭載されます。

 人がいない間にヒーターを自動で制御することで、電気代を抑える仕組みです。

 ただ、室温センサーは搭載されないため、部屋の温度に応じた運転セーブはなされません。

 なお、人感センサーは、2メートル以内の人影を検知できます。10分(首振り時は26分)人がいないと運転温度を自動的に下げます。

 201809231835.jpg

 省エネ面では、「ゆらぎ運転」機能も見逃せないでしょう。

 体感温度をふまえて、温度を自動的に調節して節電機能です。ただ、室温センサーはないので、センサーとマイコン制御するわけではない仕様です。


 gg9rjg92tui-31.png

 首振り機能は、また、上下角度も30度調整可能です。細かな部分ですが、使い勝手の上でメリット性がありますね。

ーー

 以上、DH-1218R-SSの紹介でした。

 リビング用に考えている場合、照射範囲の広さ人感センサーの搭載は魅力です。ただ、リビング用と考えた場合、室温センサーがない点は不利でしょう。

 エアコンなどのメイン暖房の温度に準じて運転できない点は、この機種の課題だと思います。


 201809231852.jpg

 【2018年】

 7・コロナ コアヒート AH-128R-SS
  ¥24,500 Amazon.co.jp (10/16執筆時)
 8・コロナ コアヒート CH-128R-W
  ¥20,980 Amazon.co.jp (10/16執筆時) 

 【2017年】

 7・コロナ コアヒート AH-127R-SS
  ¥21,999 Amazon.co.jp (10/16執筆時)
 8・コロナ コアヒート CH-127R-W
  ¥22,093 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1150W〜330W
温度設定:11段階
タイマー:1・2・3時間
首振り角度:70度
熱の到達距離:1.8m×幅1.0m
センサー:人感センサー
本体サイズ:幅34.0×奥行30.0×高さ71.7cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 AH-127R-SSCH-127R-W はコアヒートの下位機種です。


 201709291711.jpg

 ただ、暖房器具としての性能は、上で紹介した上位機機種と同じです。

 ただ、操作パネルのデザインが旧式で、運転ボタンランプがないなどの点で相違します。

 それ以外は、やや形状が変化し点と、上面が熱くなりにくい新形状を採用しない点が主な相違点であり、上位機種と性能は同じです。上位機種と一定程度の価格差がある場合、この機種を選んで良いと思います。

 なお、コロナは、卸先の違いで、「特定家電量販店用」、「ホームセンター用」、「一般用」と異なる型番を3つ使っており、製品によって価格差が多いですが、性能は同等なので、価格で決めて構いません。

 2017年モデルとも基本性能は同じですので、それを含めて良いでしょう。

3・ダイキンのセラムヒートの比較

 ここからはダイキンの遠赤外線ヒーターを紹介していきます。


 201809231904.jpg

 【2018年】

 9・ダイキン セラムヒート ERFT11VS-H
 10・ダイキン セラムヒート ERFT11VS-W
  ¥39,500 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1100W〜250W
温度設定:10段階
タイマー:0.5-6時間
首振り角度:70度(横)×30度(上)
熱の到達距離:1.8m×1.0m
センサー:温度・人感センサー
本体サイズ:725×320×300cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 ダイキンの「セラムヒート」は、コロナの「コアヒート」のライバルと言える人気の大型機です。

 201809231907.jpg

 また、2018年に筐体デザインを完全に変更しました。黒モデルは「やたら格好良く」なっています。

201809232007.jpg

 暖房力は、最大で1100Wです。

 細かく言えば、コアヒートよりも50W弱いですが、到達距離は1.8Mと同じです。

 ただ、エコモード時の最小運転出力もコロナのほうが低く設定できるので、温度設定幅は多少不利です。

 201709291803.jpg

 さらに、セラムヒートは、遠赤と近赤の中間と言える人に吸収されやすい波長域の遠赤外線を利用する技術を採用しているため、通常の遠赤外線ヒーターよりも暖かさを感じられます。

  201809231914.jpg

 首振り運転は、この機種も、横にして多人数対応にできる点でコロナのコアヒートと同じです。

 201809231916.jpg

 首振り角度も、上下に移動できる点を含めて、コロナとさほど相違点はありません。

 201809231912.jpg

 操作パネルは、こちらも上部にある構造です。パワー調節つまみとタイマーつまみがあります。

 タイマーは、ダイキンは6時間までの5段階設定が可能です。

 201809231920.jpg

 センサーは、2018年のモデルチェンジでパワーアップしました。

 第1に、温度センサーが搭載されます。

 そして「温度モード」ボタンを押すと、サーミスタが「室温22度」を感知した時、自動的にセーブ運転し始めます。ただ、セーブ運転からの再復帰は、自動ではなく、手動復帰は必要です。


 201809231934.jpg

 第2に、人感センサーが搭載されます。

 約10分で250Wの低音運転に切り替わり、15分後に停止する仕様です。

 なお、細かいところで、コロナの人感センサーと挙動が異なります。

 ダイキン(左図)は、15分停止後に戻ってきても、運転を再開しない方式です。長期に不在にした場合は再度電源をつける必要があります。

 コロナ(右図)は、完全に停止せず「低出力運転」です。その代わり、帰還後に電源ボタンを押さずとも「復帰」できます。

 一長一短ですが、補助暖房という用途を考えると、こちらのダイキン方式の方が省エネ性の面で優れるでしょう。

 エコ運転機能は、コロナの「ゆらぎモード」に類するリズムモードが採用されます。

 これは、横浜国立大学との共同研究で、人間が「快適に感じる範囲」のうちでパワーを落とし、快適温度を持続させる仕組みです。15%の節電効果が期待できるそうです。ただし、利用時は、「温度モードが」利用できません。

---

 以上、ダイキンのセラムヒートの紹介でした。

 大々的なモデルチェンジで、外観が相当良くなったほか、センサー周りが大きく改善されました。リビング用の補助暖房としては、コアヒートとの差が広まった感じがしています。

 ラインアップが整理されてきたので撤退もあるかと思っていましたが、今年度の新製品は、特におすすめできます。

4・アラジンのグラファイトヒーターの比較

 つづいて、アラジンのグラファイトヒーターを紹介します。

 同社は、とくに寒い北海道などの地域のストーブではシェア率が高い会社です。


 201809231950.jpg

 【2018】 

 11・アラジン 遠赤ヒーター CAH-2G10A(G)
 12・アラジン 遠赤ヒーター AEH-2G10N(W)
  ¥33,914 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1000W〜300W
温度設定:9段階
本体サイズ:H703×W320×D350 mm
タイマー:0.5-8時間
首振り角度:60度
熱の到達距離:
センサー:
保証期間  :1年

 アラジン遠赤グラファイトヒーターは、同社の製品のプレミアム機です。

 コアヒートやセラムヒートの「ライバル」です。こちらも今年度大々的なモデルチェンジをしています。

 201809232024.jpg

 暖房力は、最大1000Wです。

 アラジンは今年から新型形状の遠赤外線ヒーターを採用しました。従来に比べて熱の広がり方が均一化しました。

 とくに、上下に均一に進むような改良で、足もとの暖かさが改善されました。

 201809232003.jpg

 また、最大運転時の到達距離は、ダイキン/コロナより長く2.1mです。

 細かく言えば、アラジンは、2.1m先で12度の温度上昇、ダイキンは1.8m先で6度の温度上昇という情報開示なので、単純に到達温度の点で言えば、アラジンは「最強」と言えます。

グラファイトヒーター(アラジン)
 ・熱の到達距離は長め
 
・遠赤外線の量は普通
 ・速暖性が高い

シーズヒーター(他社)
 ・熱の到達距離は普通
 ・遠赤外線の量は多め
 ・速暖性は普通

 ただし、アラジンは、炭素由来のカーボンヒータの一種であるグラファイトヒーター、コロナとダイキンは、ニクロム線にセラミックコーティングをしたシーズーヒーターを採用しています。

 グラファイトヒーターは、速暖性・熱の到達距離に優れる一方、遠赤の量は、シーズーヒーターには及びません

 そのため、シーズーヒーター特有の「ぽかぽかな感じ」では、及ばないと言えるでしょう。

 201809232013.jpg 

 首振り運転は、この機種は対応です。ただし、範囲は60度とやや狭めですね。

 一方、アラジンの場合、スイッチ1つで縦横をモーターで回転する機構を装備します。

 他社は手動なので独自で面白いです。ただ、自動化して便利かは微妙なところでしょう。リモコンなどが付属して沿革的に操作できるわけでもないので。 

 タイマーは、8時間まで30分刻みで設定可能です。

 201809232019.jpg

 センサーは、一方で、人感センサー・温度センサーとも未装備です。

 節電効果を期待できるモードは一切なく、このあたりは課題でしょう。


 201809232021.jpg

 安全性は、一方で、欧州の企業らしく、相当配慮があります。

 この機種は「セーフティサポートセンサー」を搭載します。4つの赤外線センサーが、カーテンなどの異物が発光面に近づくと、センサーが検知し、自動的にオフとなります。縦横無尽のクロスセンシングで、相当精度は期待できそうです。

 他社の場合、転倒するか、異常加熱してからの停止なので、やはりこちらのほうが「安全」です。

 他社に見られるチャイルドロックなどの安全機能も完備します。

 とくに、転倒時の自動停止は、光センサー式なので、本体が壊れても消灯するタイプです。

ーー

 以上、アラジンの遠赤グラファイトヒーターの上位機の紹介でした。

 遠赤の到達距離やモーター回転機能に注目が集まるだろう新機種です。ただ、ポイントとなるのは、やはり、「セーフティサポートセンサー」でしょう。

 動物や小さいお子さんがいる場合、この機能はとても有効だと思います。

 一方、パワーと実際の暖かさの面では、近赤との中間の光を利用するダイキンの技術に見所があるほか、人感センサー・温度センサーなど、節電性についても国内勢が上位でしょう。

 最終的な「オススメ」については、最後に改めて考えたいと思います。


 201809232032.jpg

 【2017年】 

 13・アラジン 遠赤ヒーター CAH-2G92A-G
 14・アラジン 遠赤ヒーター AEH-2G92N-W
  ¥20,045 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:900W〜250W
温度設定:8段階
タイマー:1/2/5/8時間
首振り角度:60度
熱の到達距離:不明
センサー:
本体サイズ:高さ884×幅300×奥行300mm
保証期間  :1年

 アラジン2G92シリーズは、同社の製品のスリムタイプとなります。

 201809232036.jpg

 ライバルは、コロナのコアヒートスリムですね。キッチンなどに向きそうなスリムタイプで、サイズも背格好もほとんど同じです。

 暖房力は、最大900Wです。

 この部分もコアヒートスリムと同等で、性能差はない状況です。

 首振り運転は、この機種も対応です。

 ただし、角度の面で言えば10度だけこちらが少ないです。


201809232042.jpg

 タイマーは、8時間まで30分刻みで設定可能で、かなり細かく優秀です。8時間の自動オフタイマーは、設定しておけば、毎回8時間で切れるため、消し忘れ対策に有効でしょう。

 センサーは、やはり節電に寄与するものは未付属です。

 安全性は、こちらも、相当配慮があります。

 この機種は「セーフティサポートセンサー」を搭載します。4つの赤外線センサーが、カーテンなどの異物が発光面に近づくと、センサーが検知し、自動的にオフとなります。点灯センサーなど安全部分は上位機を踏襲します。

 以上、アラジンの2G92シリーズの紹介でした。

 こちらの場合も「売り」は「セーフティサポートセンサー」です。安全性を最優先しているため、やはり動物などがいる場合は、こちらが良いでしょう。一方、節電系のセンサーは未装備なので、そうでない場合は、コアヒートスリムが良さそうです。


  201809232052.jpg

 15・アラジン CAH-G42GA-G
 16・アラジン CAH-G42GA-W

  ¥9,768 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:200-400W
温度設定:2段階
タイマー:1/2/5/8時間
首振り角度:自動首振り(70度)
熱の到達距離:
センサー:
本体サイズ:高さ548×幅190×奥行190 mm
保証期間  :1年

 アラジンCAH-G421Nは、遠赤外線ヒーターでもとびきり安い価格の製品です。通称「鳥かご」です。

 201809232102.jpg

 本体サイズは、高さ548×幅190×奥行190 mmとかなりの小型機です。設置性が良いため、アラジンは、トイレ・脱衣所などに置くことを提案しています。

 その用途では、泡沫防水機能もありますので、水気のある場所に強い仕様です。

 暖房力は、最大でも400Wです。

 あきらかに弱いため、広い場所では使えません。出力は2段階のみ切替対応です。

 安全性は、さすがに、赤外線の「セーフティサポートセンサー」は未付属ですが、転倒防止センサーはあるため、地震などの際も安全でしょう。

---

 以上、アラジンAEH-G421Nの紹介でした。

 トイレ用に遠赤外線ヒーターの導入を考えている場合、邪魔にならないのがこちらでしょう。また、お風呂の脱衣所(洗面所)もこのサイズで足りる気がします。

 タオルなどの可燃物もある空間ですが、鳥かご形状で安全性は高いでしょうし、この機種のみ泡沫防水機能があるため、水の近くの利用でも安心できます。電源スイッチも防滴仕様なので、濡れた手での操作も安心できます。

 さらに言えば、グラファイトヒーターは、シーズーヒーターに比べて速暖性がある点もこの用途に向いているといえます。

今回の結論
この冬最適な遠赤外線ヒーターのおすすめは結論的にこれ!

 以上、2メーカーの遠赤外線ヒーターを紹介してきました。

 最後にいつものように、目的別にAtlasのおすすめ機種を書いておきます。


 第1に、主にキッチンで使うスリムタイプとして、最もオススメできるのは、

  201809231806.jpg

 【2018年】

 1・コロナ コアヒートスリム DH-918R-W 【白】
  ¥18,631 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 2・コロナ コアヒートスリム CH-98R-S 【銀
  ¥15,800 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 【2017年】

 1・コロナ コアヒートスリム DH-917R-W【白】
  ¥18,450 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

 2・コロナ コアヒートスリム CH-97R-S【銀
  ¥15,780 Amazon.co.jp
(10/16執筆時)

パワー:900W〜340W
温度設定:10段階
タイマー:1・2・3時間
首振り角度:70度
熱の到達距離:1.8m×1.0m
センサー:室温センサー
本体サイズ:幅30.6×奥行30.6×高さ89.7cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 こちらは、コロナの「コアヒートスリム」でしょう。

 新旧機能的な相違がないので、旧モデルでも構いません。

 201809231824.jpg

 より小型機もありますが、首振り対応で、遠赤が多く出てポカポカ暖かいシーズーヒーターを採用している点でこちらは優秀です。

 また、調理により質変化が起こりやすいキッチンでは、室温センサーによるエコ運転機能が一定程度意味を持つと思います。

 gg9rjg92tui-22.png

 重さも、こちらは3.7キロと軽量です。上部に取っ手がついている点も良いと思います。もちろん、キッチン以外でも利用できます。


 第2に、エアコンの補助暖房として和室やリビングルームで多人数で使う場合ですが、

 201809231904.jpg

 【2018年】

 9・ダイキン セラムヒート ERFT11VS-H
 10・ダイキン セラムヒート ERFT11VS-W
  ¥39,500 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1100W〜250W
温度設定:10段階
タイマー:0.5-6時間
首振り角度:70度(横)×30度(上)
熱の到達距離:1.8m×1.0m
センサー:温度・人感センサー
本体サイズ:725×320×300cm
保証期間  :1年(ヒーター部のみ3年)

 今年度大々的なモデルチェンジをしたダイキンの「セラムヒート」をイチオシとします。

 201709291803.jpg

 遠赤外線を多く発するシーズーヒーターを採用しつつ、近赤外線との中間波長を出すという点を評価しました。

 「ポカポカ暖かい」というこの方式最大の美点を最も説得的に高めた機種だと思います。

 節電系のセンサーも、人感センサー・温度センサーをダブルで搭載します。

 いずれも節電面で寄与しますので、日本の高めの電気代の節約になるでしょう。

 201805241558.jpg

 エアコンなどの補助暖房として、最も向いている機種だと思います。本体も「やたら格好良く」再設計されたので、インテリア性の面でもオススメできます。


 第3に、動物や小さなお子さんがいるご家庭でオススメできるのは、

 201809231950.jpg

 【2018】 

 11・アラジン 遠赤ヒーター CAH-2G10A(G)
 12・アラジン 遠赤ヒーター AEH-2G10N(W)
  ¥33,914 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:1000W〜300W
温度設定:9段階
本体サイズ:H703×W320×D350 mm
タイマー:0.5-8時間
首振り角度:60度
熱の到達距離:
センサー:
保証期間  :1年

  201809232032.jpg

 【2017年】 

 13・アラジン 遠赤ヒーター CAH-2G92A-G
 14・アラジン 遠赤ヒーター AEH-2G92N-W
  ¥20,045 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:900W〜250W
温度設定:8段階
タイマー:1/2/5/8時間
首振り角度:60度
熱の到達距離:不明
センサー:
本体サイズ:高さ884×幅300×奥行300mm
保証期間  :1年

 用途に応じて、アラジンのリビング機か、スリム機を選ぶとよいでしょう。

  201809232021.jpg

 4つの赤外線センサーを利用した「セーフティサポートセンサー」は、発熱面への異物の侵入を防ぐ最も効果的で堅実な手段だと思います。

 他機種でも日本の安全機種に適った安全機能を備え相当高レベルな安全性能を持っています。ただ、動物やお子さんがいる場合は、「安全に越したことはない」ため、やはりこちらでしょう。

 アラジンのグラファイトヒーターは、熱の到達距離も長く、速暖力もあります。シーズーヒーターに及ばないにせよ、十分に「ポカポカ暖かい」ですから快適性も堪能できるでしょう。、


 第3に、脱衣所やトイレなどの「瞬間暖房」として最も効果的だと思われる製品は、

  201809232052.jpg

 15・アラジン AEH-G421GA-G
 16・アラジン AEH-G421GA-W

  ¥9,768 Amazon.co.jp (10/16執筆時)

パワー:200-400W
温度設定:2段階
タイマー:1/2/5/8時間
首振り角度:自動首振り(70度)
熱の到達距離:
センサー:
本体サイズ:高さ548×幅190×奥行190 mm
保証期間  :1年

 英国の家電メーカー、アラジンAEH-G421Nでしょう。

 201809232102.jpg

 本体サイズは、高さ548×幅190×奥行190 mmとかなりの小型機です。この点は、狭めの脱衣所やトイレで、「1人」で使う場合に評価できるでしょう。

 その上で、速暖性のあるグラファイトヒーターを採用している点、ツマミを含めた飛沫防水性がある点もこれらの用途に向きます。

 ユニークな形状ながらこの用途にはもっとも向きますし、値段も手頃で入手しやすい機種である点も評価できるでしょう。

  201809232159.jpg

 ちなみに、アラジンは、20世紀前半に起業したイギリスの老舗暖房器具メーカーです。

 日本では、北海道の寒冷地仕様の暖房器具に昔から強みのある会社です。その上で、最近は「デザイン重視の家電」で再勝負をかけてきており、日本の「家電好き」でも注目されている会社ですね。

 独特のグリーンカラーもストーブから来ています。

補足:そのほかの暖房家電記事の紹介

 以上、今回は、各社の遠赤外線ヒーターを比較しました。

  201809211200.jpg

1・セラミックファンヒーター
2・遠赤外線ヒーター
3・オイルヒーター
4・石油ファンヒーター
5・こたつ
6・電気毛布
7・ガスファンヒーター(都市ガス)
8・ガスファンヒーター(LPガス)
9・足元用暖房(カーぺット)
10・冬の暖房記事全体のまとめ記事 【結論】

 なお、遠赤外線ヒーターにすべきか、別の暖房器具にすべきか迷っている方は、6番で暖房器具全体のまとめ記事も書いてあります。

 よろしければ、そちらをご覧ください。

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 18:25 | 暖房器具

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png