Top 掃除機・掃除用品 比較2023’【吸引力で選ぶ】掃除機95機の性能とおすすめ ・選び方 (1) :サイクロン式ほか

2023年04月25日

比較2023’【吸引力で選ぶ】掃除機95機の性能とおすすめ ・選び方 (1) :サイクロン式ほか

【今回レビューする内容】2023年 吸引力で選ぶ!最新掃除機の性能とおすすめ:1人暮らし用・世帯用・ペットの毛用: 軽量なサイクロン式 キャニスター型ほか:機種の違いと性能ランキング

【比較する製品型番】東芝 VC-CF21A VC-CF31 VC-CF20A-W VC-CF30-R VC-C7A-W VC-C7-R TORNEO V VC-S620X-S VC-S610X-W VC-SG920X-R VC-SG930X VC-S630X-S パナソニック MC-SR590K MC-SR39K MC-SR600K MC-SR49K MC-SR37G-N 日立 CV-SP900K-R CV-SP900J-R CV-SP300J-N CV-SV90K-W CV-SP300K-N Dyson Ball DC48 TH SB N シャープ EC-CT12-C EC-VS510-P EC-VS530-N EC-MS330-N 三菱電機 Be-K TC-ED2B-S アイリスオーヤマ KIC-CTP1-S IC-CTP2-C IC-C100TE IC-C102-W KIC-CTA3-W マキタ CL501DZ

今回のお題
最新モデルの掃除機で、軽量で強力なおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今回は、2023年4月現在、最新の家庭用の掃除機の比較です。

 パワー・軽さ・静音性などの要素に注目しながら、各機を分析します。

 202103261154.jpg

1・サイクロン式の掃除機の比較
 ・タイプ車輪型(キャニスター)
 ・紙パック:不要
2・紙パック式の掃除機の比較
 ・タイプ車輪型(キャニスター)
 ・紙パック:必要
3・コードレス掃除機の比較
 ・タイプスティック型(手持ち)
 ・紙パック:不要(一部除く)
4・ロボット掃除機の比較
 ・タイプロボット
 ・紙パック:不要
5・おすすめ掃除機の選び方 【まとめ】
 ・結論的な掃除機の選び方の解説

 このブログ「モノマニア」では、掃除機を4つタイプに分けて解説をしています。

 新機種だけで100機種近くは見ているので、どこから読んだら良いか?記事の「見取り図」を示しておきます。

ーー

 202304251804.jpg

  1回目記事(今回)は、車輪付で「サイクロン式」集塵の掃除機をみます。

 このタイプだけで、新旧合わせて、30機ほどみていきます。

  2回目記事こちら)は、車輪付ですが「紙パック式」集塵の機種をみます。

 このタイプも、40機前後を比較するつもりです。

 202304251653.jpg

 3回目記事こちら)は、コードレスタイプです。

 4回目記事こちら)は、ロボット式です。

 いずれも、購入目的が違うと、技術大系の違いが大きいので、記事を分けました。

ーー

 どの記事から読んでも「分かる」ようにしています。

 お目当てのジャンルがすでにある場合は、それぞれの記事から読んでいただいて構いません。

 201807131321.jpg 

 どのタイプか決めかねているという方は、5回目記事こちら)が適当かと思います。

 ご自宅の状況に合わせつつ、スペック面での「選び方の基本」を書きましたので。

 よろしくお願いします。

ーーー

1・サイクロン式式掃除機の比較 (1)
 1-1:選び方の基本の説明【導入】
 1-2: 東芝〈日本〉
 1-3:パナソニック〈日本〉
 1-4:日立 〈日本〉
 1-5:三菱電機〈日本〉
 1-6:ダイソン〈英国〉
2・サイクロン式掃除機の比較 (2)
 2-1:シャープ 〈日本〉
 2-2:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-3:マキタ〈日本〉
 2-4:おすすめ機種の提案【結論】

掃除機の軽さ  ★★★★★
操作性の良さ  ★★★★★
静音性     ★★★★★
集塵力の強さ  ★★★★★
センサー性能  ★★★★★
ゴミ箱のサイズ ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 というわけで、1回目記事では、キャニスター式(シリンダー式)のサイクロン式掃除機を、メーカー順に比較します。

 そして、そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

0・サイクロン掃除機の選び方の基本

 202203251602.jpg

 具体的な、製品紹介にはいる前に、サイクロン式掃除機の「選び方の基本」を書いておきます。

 特に、「紙パック式」と迷っている方のため、そちらとの違いを、あらかじめ「導入的」に説明していきます。


 202304251707.jpg

 第1に、吸引力の持続性です。

 サイクロン式が、間違いなく「紙パック式」に優位する部分です。

 この方式は、上方にあるサイクロン室で旋回気流を起こし、「ゴミを下」に、「排気を上に」飛ばす、遠心分離の仕組みを利用しています。

 紙フィルタにゴミを落とすパック式の場合、貯まってくるとゴミの偏りで、吸引力が落ちていくのですが、これがないのが、サイクロン式の最も良い点です。

ーーー

 180713-0018-33%.png

 第2に、ゴミ捨ての回数です。

 これは、「紙パック式」にはっきりと「負ける」部分です。

 サイクロン式は、大きめな機種でも、一般家庭で2週間に1回は「ゴミ捨て」になります。

 2ヶ月ほどは保つ場合も多い紙パック式と較べると、周期は1/4ほどです。

ダストカップが大きめで、圧縮機構があるものでも、紙パック式に較べて、4倍ほどのゴミ捨て頻度です。 

 ただ、配慮のある高級機だとゴミ捨ては「比較的簡単」です。日々のストレスにはなりにくいです。

 逆に言えば、そういった部分に「配慮のある」機種を選ぶことが重要なので、今回はしっかり比較します。

ーーー

 202304251717.jpg  

 第3に、吸引力です。

 サイクロン式は、吸込仕事率で言えば、高級機で最大300Wです。

 紙パック式は、最大650Wのモデルもあるので、数字だけで見ると「弱い」です。

 しかし、遠心分離式は、気圧差を利用してモーターで強引に巻き込む方式と違って、仕事率が低く出るので、ここで比較はできないと言えます。

 「吸込力持続率」「捕集率」という数字を出す場合がありますが、こちらも、紙パック式との比較には、あまり用をなさないです。

---

 結論的にいえば、同じクラスのホース径・ヘッド性能の機種で比べれば、両方式は「実用上差はない」と言って良いと思います。

 201807131349.jpg

  集塵方式の違いより、ヘッド部分の工夫ホース径などが、機種間の差を生んでいます。

 各社の上位機同士で較べる場合、サイクロン式だから「特別強い」ということはないので、この部分は「選ぶ理由」にはならないでしょう。

ーーー

 202304251631.jpg

 第4に、消耗品コストです。

 サイクロン式は、消耗品コストがないのが、言うまでもなく良い部分です。

 紙パック式の場合、5枚・1000円以内の普及品を、耐用年数(6年)使うとして、一般家庭で、約6000円の追加コストが必要ですから。

 ただ、同じ企業・同クラスの機能性・吸引力の製品同士で較べる場合、本体価格や修理費も「少し高め」です。

 この部分でも、サイクロン式だから「特別お得」とも言えない部分はあります。「選ぶ理由」としては、やや弱いです。

ーーー

 201807131358.jpg

 第5に、清潔性です。

 サイクロン式は、清潔性にこだわる場合、見どころがあります。

 ゴミ捨て頻度が多いのは、裏返せば「ゴミを溜めない」ことになります。また、ゴミが「見える」ので、まさかの事態の際、適切な処理ができます。

 さらに、上位機だと、ゴミにふれずゴミ捨てが可能ですし、ダストカップ周りが丸洗いできる機種もあります。

 排気は、サイクロン式はフィルタ性能が重要ですが、この部分も上位機だと多重の配慮が見られます。

 紙パック式は、ただ、紙パック式を捨てれば(ほぼ)清潔性は担保されるとは言えるので、やはり明確な差ではないです。

ーー

 202009251658.jpg

 第6に、軽量性です。

 軽量性を自慢にする機種は、サイクロン式・ 紙パック式ともあるので、この部分も(一見)差がないと見えます。

 しかし、同じほどの吸引力の製品同士で言えば、サイクロン式のが、小型・軽量だとは言えます。

 というのも、仕組み的に紙パック式で、吸引力(仕事率)を高めたい場合、ホースパイプにの径を太くする必要があるからです。

 202105221545.jpg

 紙パック式で、吸引力の高いモデル(仕事率500W以上)は、だいたい同じ能力のサイクロン式より径が太いです(左図)。

 軽量化を重視したモデル(仕事率300W前後)はサイクロン並の「細さ」のモデルもある(左図)のですが、吸引力は同じクラスのサイクロン式と比べて、「そこそこ」になります。

 202105221547.jpg

 パイプも同じことが言えます。本体も、構造的に小型・軽量にしやすい部分があります。

---

 結論的にいえば、サイクロン式は、この部分では一定のメリット性がみられます。

 もちろん、サイクロン式ならば、「どれも軽く・小さく・パワフル」なわけではないですが、「取り回しやすさ」を重視する場合、良い機種が多い印象です。

 あとの部分は、集塵方式の違いで、目に付く違いはないです。

 静音性も、サイクロン式のほうが傾向として高周波ですが、騒音値の部分では、あまり変わりません。


 202203251602.jpg

 以上、紙パック式との違いを見ながら、サイクロン式の「選び方の基本」と言えるものを、ざっと説明してきました。

 改めて言えば、サイクロン式は、比較的、小型・軽量機でも、パワーがキープできる機種が多い点、吸引力が持続しやすく常にパワフルで使える点が、サイクロン式のメリットです。

 一方、ゴミ捨て頻度が増えるのと解決できない課題だと言えます。

 しかし、先述のように、上位機の場合「ゴミ捨て方法の改良」で、実用上のストレスは減っています。

 昔と違って、サイクロン式固有の欠点は減ったといえます。

 したがって、以下の説明記事をご覧いただき、皆さんにとって「便利そうな機能」があったならば、サイクロン式であることを毛嫌いせず、選んでOKだと言えます。

ーーー

1・サイクロン式式掃除機の比較 (1)
 1-1:東芝〈日本〉
 1-2:パナソニック〈日本〉
 1-3:日立 〈日本〉
 1-4:ダイソン〈英国〉
2・サイクロン式掃除機の比較 (2)
 2-1:シャープ 〈日本〉
 2-2:三菱電機〈日本〉
 2-3:マキタ〈日本〉
 2-5:おすすめ機種の提案【結論】

 というわけで、サイクロン式の掃除機の比較をはじめます。

 今回は、紹介したい機種が多いので、メーカー別に、以上のような順番で、紹介していきます。

1-2・東芝のサイクロン式掃除機の比較

 202105211558.jpg

 はじめに、東芝ライフスタイルのサイクロン式の掃除機です。

 キャニスター型サイクロン式掃除機をとくに「得意」とするメーカーで、過去には、名作を幾つも出しています。

---

 以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 202206291852.jpg

 【2022年6月発売】VC-CF31(R)

 1・東芝 トルネオ ミニ VC-CF31-R
  ¥24,567 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2020年発売】

 2・東芝 トルネオ ミニ VC-CF30-R
  ¥41,570 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2019年発売】【ネット限定】

 3・東芝 トルネオ ミニ VC-C7-R
  ¥19,458 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.25リットル
吸込仕事率: 290 W
騒音値: 63dB〜約58dB
フィルター:高集塵プリーツフィルタ
ヘッド:自走式
本体重量:2.2kg
スティック重量:1.4kg
本体サイズ:220x295x255 mm

 東芝トルネオミニは、小型のサイクロン掃除機です。

 サイズ的に言って、一戸建てなど広い面積に対応できないものですが、軽量・小型機としては、性能面で優れる機種であり人気です。

 202206291803.jpg

 2021年機は、2022年機(新型)に付属しない隙間ノズル(右図)が付いていました。

 ただ、新旧機種含めて、左図のような「2WAYブラシ」仕様なので、あまり使わないから減らしたという部分はありそうです。

 2019年機は、Amazonほかネットで「アウトレット」的に売られている格安機です。

 部品在庫の調整のためか、Amazonだけで過去の型番が売られていることは、家電ではよくあります。

 こちらも隙間ノズルが付属しています。

 違いは、こちらだけブラシの抗菌処理がない部分です。時代のニーズですが、マイナーチェンジですし、値段面で決めてOKです。

---

 結論的にいえば、(隙間ノズルはたいてい不要でしょうし)年度にかかわらず値段で決めてOKです。

 201807131425.jpg

 本体の重さは、2.2kgです。

 キャニスター式は車輪で押し歩くため、重要なのはスティックとヘッドの重さです。

 グラスファイバー製のヘッドなどを採用するため、1.4kgと相当軽量です。

 ホースと本体を合わせた総重量としても3.5kgであり、サイクロン式として最軽量です。

 掃除機のパワーは、「吸込仕事率」として290Wです。

 小型サイクロン掃除機としては、十分なスペックです。

 ホースなどの口径がやや細い割には、優秀な値です。

 201807131433.jpg

 掃除機のヘッドは、モーターが搭載される自走式です。

 「自走式ヘッド」は、モーターで推進をアシストしてくれるので、格安のエアタービン式より動きが軽いです。

 この部分の差は、キャニスター式のサイクロン場合、掃除機の操作性を「決定的に左右」するので、とても重要です。

 201807131430.jpg

 ダストボックスは、0.25Lと小さめです。

 ただし、この機種はゴミ圧縮機能が搭載されます。

 そのため、その小ささをある程度補えています。

 また、圧縮機能がある場合、吸引力の持続性や・ゴミ捨ての容易さにおいても優れます。

 一方、家庭用のような1/5圧縮などは無理ですから、一戸建てのような広い面積には対応しません。

 point2.jpg

 お手入れも、簡単です。

 ゴミ圧縮機能がついている機種は、ゴミが固まっているため未搭載の機種よりゴミ捨てが楽です。

 ダストボックスの開閉も容易で、水洗いも可能で清潔です。

 201903091604.jpg

 掃除機のグリップも高レベルです。

 持ちやすい「新楽わざグリップ」が搭載されるほか、2WAYブラシも装備です。

 掃除機のヘッドが90度まで曲がるため、隙間や壁際の掃除に便利です。

 そのほか、掃除機を持ち上げた際にパワーを落としたり、ダストカップのゴミ量で出力を調整する「エコモード」も付属です。

---

 以上、東芝のトルネオ ミニ の紹介でした。

 上位機種には自走式ヘッドゴミの圧縮機能が搭載されている点で、2万円以下のモデルとしてはかなり優秀です。

 本体の軽量性も最高水準のため、軽量な掃除機を探している人には、おすすめです。

 小型ですが、圧縮機能があるため、ワンルームから2DKほどのマンションならば対応できそうです。

ーーーーーーー

 202206291854.jpg

 【2022年6月発売】

 4・東芝 トルネオ ミニ VC-CF21A-W
  ¥ 18,854 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2020年6月発売】

 5・東芝 トルネオ ミニ VC-CF20A-W
  ¥ 19,650 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2019年6月発売】Amazon直販】

 6・東芝 トルネオ ミニ VC-C7A-W
  ¥15,635 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.25リットル
吸込仕事率: 290 W
騒音値: 63dB〜約58dB
フィルター:高集塵プリーツフィルタ
ヘッド:エアタービン式
本体重量:2.2kg
スティック重量:1.3kg
本体サイズ:220x295x255 mm

 なお、本機については、以上の下位機種の展開もあります。

 新旧機種がありますが、本機は、2022年機でも隙間ノズルを装備します。

 そうなると、2019年機についてブラシの抗菌化がなされない部分で、後は同じといって良いです。

 202206291858.jpg

 一方、1つ上でみた上位機と比べると、本機については、ヘッドがエアタービン式で、モーターによるアシストを伴いません(フローリングターボヘッド)。

 そのほか、先述のように2WAYブラシが未搭載で、代わりに、セットが必要な「隙間ノズル」が付く仕様です。

 先述のエコモードも未付属です。

--

 結論的にいえば、値段差を考えた場合でも性能差が大きすぎるため、選ぶならば、先ほどみた上位機と言えます。


 201903091618.jpg

 【2022年6月発売】

 7・東芝 TORNEO V VC-SG930X-R
 8・東芝 TORNEO V VC-SG930X-N
  ¥38,590 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2021年発売】

 9・東芝 TORNEO V VC-SG920X-R
 10・東芝 TORNEO V VC-SG920X-N
  ¥43,200 楽天市場 (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.2リットル
吸込仕事率: 180 W
騒音値:64dB〜約58dB
フィルター:(マイナスイオン)
ヘッド:自走式
本体重量:2.3kg
スティック重量:1.4kg
本体サイズ: 180×300×276mm

 こちらは東芝の「トルネオ ヴイ」のVC-SG930Xです。

 同じ「トルネオ」という名前でも、先ほどの小型機種と違って、本機は軽量機ながら、2DK程度までのメイン機にできる性能がある機種です。一戸建てでも対応できます。

 なお、新旧機種あります。

 下位機種と同じで、すきまノズルが新機種で未付属になったのが違いです。

 ただ、2WAYブラシだけで(実際は)ほぼカバーできますので、値段で決めてOKです。

 201811041240.jpg

 本体の重さは、2.3kgです。

 一軒家に対応できる機種としては軽量です。

 キャニスター式は車輪で押し歩くため、より重要なのはスティックとヘッドの重さです。その部分もこちらは1.4kgとかなり配慮があります。

 201811041242.jpg

 スティックの握りやすさに関しても、自由な位置で握れて、ヘッドの方向の操作も手元でできる「楽わざフリークリップ」など、東芝は配慮があります。

 東芝はアイロンの場合もそうですが、「握り」には独自のこだわりがあります。

201509021136.jpg

 掃除機のパワーは、吸い込み仕事率は180Wです。

 この機種は10気筒です。先ほども書きましたが、サイクロンに多気筒を利用している場合、実際の能力より吸込仕事率は低く出てしまいます。

 それを勘案すると、実際は500W以上クラスの強力機と同等以上の性能を持ちます。電気代も2割くらい安くすみますので、その点でもお買い得かと思います。

 201708261054.jpg

 掃除機のヘッドは、こちらも自走式ヘッドです。

 「ラクトルパワーヘッド」というブランド名で、ヘッドの吸引部が広いほか、回転ブレードを着脱させ洗える点を「売り」にしてます。

 ブラシは、汚れにくいフッ素加工ブラシに、静電気をおさえるAg(銀イオン)繊維を加えたものです。

 201811041245.jpg

 ダストボックスは、ゴミの圧縮率は1/7と、相当強力です。

 先述のように2.0Lサイズの集塵容量ですが、東芝は気筒が多く圧縮率が高いので、一軒家でも無理なく使えます。

 201811041247.jpg

 お手入れも、その手軽さが、この機種の売りです。

 フィルターレスサイクロンを採用し、目詰まりの心配がありません。

 さらに、分離してサイクロン気筒の中まで水で洗えバーティカルトルネードシステムCLEARも内蔵です。

 そのほか、ダストカップに親水性コーティングを施すことで、水洗いでゴミが簡単に洗える仕様にしました。

201807131553.jpg

 センサーは、パナソニックのようなゴミ量センサーと、日立のような床面検知センサーがダブルで搭載です。

 後者は、床面に合わせたパワーの自動制御も行えます。掃除機を床から離したときに自動的にオフになるオートオフ機能も搭載です。

 付属品は、充実します。

 201807131555.jpg

 第1に、通常のモーターヘッドの他に、電動ふとんブラシが付属する点です。

 ブラシは、布団を叩きながら吸い出す構造になっている点で、「以前紹介したレイコップ」などと同じです。

 201811041258.jpg

 第2に、エアコンの上部などが掃除できるロングアタッチメントがついている点です。

 つまり、付属品の相違のみです。価格が高いため、高度なふとん掃除機能が不要ならば、VC-SG700Xでも十分です。

 そのほか「隙間用ノズル」がつきます。

---

 以上、「トルネオ ヴイ」のVC-SG920Xの紹介でした。

 世帯用としては多少小さめですが、2DKまでなら十分に利用可能です。

 その上で、高度なゴミ圧縮機能やハウスダスト発見センサーが付属しており、機能の充実度では群を抜いています。小型化でもパワフルなメイン機を探している方に特にオススメできます。

ーーーー

 201903091616.jpg

 【2022年7月発売】VC-S630X(S)

 11・東芝 TORNEO V VC-S630X-S
  ¥29,542 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2021発売】

 12・東芝 TORNEO V VC-S620X-S
  ¥ 32,700 楽天市場 (4/25執筆時)

 【2019年発売】

 13・東芝 TORNEO V VC-S610X-W
  ¥ 27,758 楽天市場 (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.2リットル
吸込仕事率: 180 W
騒音値:64dB〜約58dB
フィルター:(マイナスイオン)
ヘッド:自走式
本体重量:2.3kg
スティック重量:1.4kg
本体サイズ: 180×300×276mm

 なお、下位機種として、VC-S630Xという製品も発売されています。

 新旧機種ありますが、本機も、隙間ノズルの有無に止まります。

 一方、1つ上でみた上位機と較べる場合、ゴミ量センサー楽わざフリークリップ、そして家具の隙間を照らす、ワイドピカッとブラシ省略されます。

 それ以外は、上で書いた2点の(豪華)付属品がない以外は同じです。ただ、(発売年度単位でみれば)さほどない価格差を考えると、基本的に上位機が良いでしょう。

1-3・パナソニックのサイクロン式の比較

 201903091412.jpg

 続いて、パナソニックのキャニスター型のサイクロン式掃除機を比較します。

 同社は、「お年寄りより向け」の掃除機を新しく展開するほか、ペットを飼っている方にも人気のある機種が多い点に特徴があります。


 202210111709.jpg

 【2022年8月発売】

 14・パナソニック MC-SR600K-W
  ¥47,882 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

 【2021発売】

 15・パナソニック MC-SR590K-W
  ¥51,500 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.25リットル
吸込仕事率: 60W
騒音値:62〜約59dB
フィルター:抗菌消臭フィルター
ヘッド:自走式
本体重量:2.6kg
スティック重量:1.5kg
本体サイズ:238×327×290mm

 MC-SR600Kは、パナソニックの軽量タイプのサイクロン掃除機です。

 通称「ダブルメタル プチサイクロン」です。

 小型タイプではないので、一戸建てのメイン機にもできる対応できるタイプです。

 202210111707.jpg

 なお、新旧両機種あります。

 旧機種は、後述するクリーンセンサーでゴミが確認できなかった場合、青色LEDが光るのですが、新機種だと青ではなく「消灯」になります。

 恐ら原料高と円安ゆえのコストカットでしょうが、ゴミがある場合の赤色は同じですし、実用上問題ないでしょう。あとは性能差はないので、値段で決めてOKです。

 201807131525.jpg

 本体の重さ2.6kgです。

 そえなりに、パワフルな機種のなかでは、軽量なモデルです。

 スティック部分とヘッド部分の重さを合わせても、4.1kgですので、持ちはこびはに有利でしょう。

 吸引力が落ちるホースの細径化などではなく、中空ガラス配合軽量プラスチック採用など素材の工夫で軽量化を図っている点は、好感が持てます。

 201609070929.jpg

 掃除機のパワーは、仕事率としては60Wです。

 先述のように多気筒のサイクロンの場合、仕事率は低くでるため「あてにならない」です。

 ステンレスガードを使った一次遠心分離ユニットと、メタルコートがされた8気筒の2次遠心分離ユニットをダブル搭載する「ダブルメタル」ですから、吸引力は期待できます。

 とくにこの構造の場合、ゴミの遠心分離の精度が高く、ゴミが溜まっても吸引力が持続します。

 パワー面で不満に感じることはまずないでしょう。

 202009251700.jpg

 掃除機のヘッドは、自走式(パワーノズル)です。

 さらに、ヘッドは、2020年新開発の「からまないブラシ」です。

 中心部でローラーを2つに分けて、配置も円錐型にしてあります。これにより、髪の毛やペットの毛が劇的に絡みにくくなっています。

 掃除機は、完成された家電であまり進化がないですが「毛がらみ」という誰もが不快になる部分にメスを入れたことは、高く評価できます。

 新機構の搭載により、重さは200gほど増えたのですが、もともと軽いですし、問題ないでしょう。

 202009251707.jpg

 機能性の部分では、フローリングの「ふき掃除」を再現できる機能が搭載されます。

 202111181143.jpg

 その上で、ヘッドを取り外した部分の子ノズルに、LEDナビライトが付きます。

 他社はヘッド自体にLEDを搭載する場合が多いですが、パナソニックはすき間掃除の利便性を考えて、子ノズルに搭載です。

 簡単に外せますし、パナソニックは機構的に隙間は外してノズルの方がやりやすいため、この仕様で良いかと思います。

201807131358.jpg

 ダストボックスは、 0.25リットルです。

 小さめですが、こちらもゴミ圧縮機能が付属しますから、2LDKあたりまでならメイン機になるでしょう。

 また、パナソニックは、ブリーツフィルタがなく、フィルターレス構造です。

 サイクロン式の吸引力を維持するためには、フィルターの手入れが欠かせません。しかし、こうした機種は、2年間手入れが不要です。

 お手入れは、フィルターレス構造で、手入れする点数が少なくて済む上、ダストボックスの丸洗いも可能です。


 202210111705.jpg

 センサーは、ハウスダストセンサーが搭載です。これは、従来からパナソニックの「売り」です。

 絨毯など「目に見えない」部分にゴミが残っていた場合、手元のランプでゴミがあることをお知らせしてくれます。

 センサーは、ハウスダストや花粉までセンサーが検知可能な高性能センサーです。アレルゲン対策としては非常に有効な機能です。

 センサーをつかって、ゴミがある場合/ない場合で運転の強弱を付ける自動運転もできます。

 静音性は、後述する日立機ほど徹底はしませんが、最大でも62dBと標準レベルです。

 202111181134.jpg

 付属品は、本機は、ふとん清潔ノズルとすき間用ノズルです。

 ふとん用は、モーターは付属しませんが、モーター式は吸いつきすぎるので、この仕様でも良いかと思います。

---

 以上、パナソニックのMC-SR580Kの紹介でした。

 小型機では「パワー」と「軽量性」の両立度する機種です。

 自走式構造かつ、軽量スティックで操作性が良い上、8気筒サイクロンで吸引力も期待できます。メンテの部分も、「丸洗い対応」「フィルターレス」と能力が高いです。

 ハウスダストセンサーも、絨緞の奥に潜んだハウスダストを全て吸い尽くすには効果的な装備です。

 その上で、新たに「からまないブラシ」を採用することで、掃除効率も上がり、隙の無い機種になった印象です。マンションなどでのアレルゲン対策やペットのダニ対策にはきわめて良い機種です。

ーーー

  202210111711.jpg

 【2022年8月発売】

 16・パナソニック MC-SR40K-A
  ¥37,100 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

 【2021年発売】MC-SR38K-T後継

 17・パナソニック MC-SR39K-T
  ¥35,164 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.25リットル
吸込仕事率: 60W
騒音値:62〜約59dB
フィルター:抗菌消臭フィルター
ヘッド:自走式
本体重量:2.6kg
スティック重量:1.6kg
本体サイズ:238×327×290mm

 なお、本機の下位機にあたる製品がMC-SR40Kです。

 202210111705.jpg

 新旧両機種ありますが、性能は同じです。1つ上の上位機の場合、クリーンセンサーの青色LED搭載の有無が違いましたが、下位機種の場合は、旧モデルから「消灯」仕様だったので、色以外は同じです。

 一方、上位機との機能差は、スティック部分です。

 形状が異なり、ロングハンドル不採用で、重さも100g重いです。

 上位機は中空ガラスを採用するなど、軽量化もなされますが、本機についてはありません。抗菌も同じくです。

 202111181136.jpg

 付属品も、2WAYノズルのみです。また、子ノズルにLED照明がありません。

 値段差をふまえても、上位機種が良いでしょう。

1-4・日立のサイクロン式掃除機の比較

 201903091410.jpg

 続いてに日立のキャニスター型のサイクロン式掃除機です。

 多気筒式を採用するパナソニックと方向性が違って、モーター出力を重視します。サイクロン式でも、「モーターの日立」らしいラインナップと言えます。


  202107081438.jpg

 【2022年6月発売】

 【上位機種】

 18・日立 CV-SP900K-R
  ¥40,169 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

 【下位機種】

 19・日立 CV-SP300K-N
  ¥34,252 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

 【2021年6月発売】

 【上位機種】

 20・日立 CV-SP900J-R
  ¥47,800 楽天市場 (4/25執筆時)

 【下位機種】

 21・日立 CV-SP300J-N
  ¥31,320 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.25リットル
吸込仕事率: 300W
騒音値:59〜約54dB
ヘッド:自走式
本体重量:2.5kg
スティック重量:1.3kg
本体サイズ: 300×224×287mm

 CV-SP900シリーズは、日立の中型の「パワかるサイクロン」シリーズの掃除機です。

 新旧ありますが、性能差はないです。

 一方、各年度とも下位機がありますが、後ほど紹介するように、アクセサリーの違いだけです。そのため、同時に見ていきます。

 201909091344.jpg

 本体の重さは、2.5kgです。

 抜群に軽いわけではないですが、パナソニックと同等水準です。

 一方、パナソニック同様、日立はスティックに「カーボンライト」素材を採用するなど、スティックとヘッドの軽量化に力を入れています。

 この機種の場合も、1.5kgの重さを実現しています。

 ただ、パナソニックの方が、ほぼ同じ仕事率(吸引力)で、スティックは軽いです。

 201909091335.jpg

 掃除機のパワーは、300Wです。

 多気筒のパナソニックと分離方式が違うので、パワー差が性能差ではないです。

 ただ、「モーターの日立」としてこの部分は負けていないことは、実際操作を試すと分かります。

 正確には、2019年以前(410W)より数字が落ちたのですが、ホースの小径化(軽量化)は、高齢化社会では重要ですし、現在でも他社平均よりも「パワフル」です。

 先述のように、紙パック式よりこの部分は影響が少なめなので、そのように評価しました。

 202304251835.jpg

 掃除機のヘッドは、自走式ながら小型パワフル スマートヘッドです。

 2022年モデルは「パワフル スマートヘッド light」表記ですが、同じものです。

 202107081445.jpg

 ヘッドには、LEDナビライトが付属です。

 緑色の場合、フローリングでゴミがくっきり見える特性があるので、同社は採用します。

 ダイソンのスティック型などにも採用例があります。

 202107081055.jpg

 ヘッドは、前後にフラップを配置して、押し/挽きで圧力を調整できるシンクロフラップを採用しています。

 吸引力が強すぎる場合の張り付きを防ぐためカーペット掃除に向きます

 そのほか、毛絡みの少ないからまんブラシを採用するほか、フローリングなどの(簡易的な)「ふき掃除」機能も、ブラシに搭載です。

 しっかり、この部分の新旧のトレンドを抑えています。

 202105221509.jpg

 なお、日立は「ヘッドの利便性」は改めて強調に値します。

 日立機は、首の部分が90度曲がるような仕様(クルっとヘッド)になっており、部屋の隅のまで掃除機のヘッドを付けたまま掃除をすることが可能です。

 また、右図のように完全に180度水平にできる「ペタリンコ構造」で、すき間掃除が巧みです。

 他社(パナソニックなど)は完全に水平にできないため、日立の利点といえます。

 202105221512.jpg

 加えて、すぐ取り出して使える「パッとブラシ」(左図)や、持ち手にあるトリガーを引きつつ、ヘッドを踏んで押し上げるだけでヘッドの伸縮ができる「サッとズームパイプ」など、使い勝手の工夫は、同社は研ぎ澄まされたものがあります。

 201909091341.jpg

 ダストボックスは、0.25Lです。

 小さいですが、ゴミ圧縮機能が装備されます。

 ただ、東芝やパナソニックのようなフィルターレス構造ではありません

 センサーは、他社に見られるゴミセンサーは非搭載です。

 一方で、床面検知センサーが付属するため、「エコモード」の際は、自動で強弱の調整が可能です。

 静音性は、最小運転時で54デシベルです。

 最大運転時でも59デシベルで、割と静かです。

 少しでも、騒音を押さえたいと考えている方は、この機種はオススメです。

 202006181044.jpg

・CV-SP900K
 ・パッとブラシ ・ほうきブラシ
 ・ワイドふとんブラシ
・CV-SP300K
 ・パッとブラシ

 付属品は、収納式のパッとブラシ(左図)・ほうきブラシ(中図)・吸い付きにくいワイドふとんブラシ(右図)があります。

 ただし、下位機種は、付属品が減ります。

----

 以上、日立のCV-SP900シリーズの紹介でした。

 キャニスター式のサイクロン機の高級機の中ではパワーが上級である上で、「取り回し」もこなれていて、使いやすいです。

 とくに、スティックの操作性がかなり良く、独特のシンクロフラップの工夫も評価できます。

 緑色のLEDヘッドライト搭載の部分を含めて、隙間や壁の近くのゴミの取り残しは「少ない」と言えます。

 上位機は、付属ツールも充実します。天井など高い部分を除けば、先述の操作性の良さを含めて、「だいたい家中きれいにできる」のが(パワーと共に)日立の新しい特長に思えます。

 一方、パナソニックなど他社に比べると、ゴミセンサーが付かない部分や、フィルタレスではない点など、全方位的に上回るわけではないです。

 そのため、最終的な「おすすめ」は、記事の最後に改めて考えるつもりです。

ーーーー

  202304251904.jpg

 【2022年6月発売】

 22・日立 CV-SV90K-W
  ¥22,419 楽天市場 (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.4リットル
吸込仕事率: 300W
騒音値:59〜約54dB
ヘッド:エアタービン式
本体重量:3.5kg
スティック重量:1.3kg
本体サイズ: 336×40×290mm

 なお、日立機で(数字の上で)パワーが最も強いのはCV-SV90Kです。

 202105221538.jpg

 本機は(軽さと操作性にシフトする前の)2019年までの日立の上位機と似た仕様で、他社よりも幅広といえる25cmヘッドを採用します。

 昔の機種をお持ちの方ならば「なじみ」の形状かと思います。

 ただ、普通のエアタービン式(パワフルエアーヘッド)で、LEDなどの工夫もない製品です。

 ホース径の部分で、同じ仕事率でも上位機より「吸う」部分はありそうです。しかし、ヘッド性能が低いですし、小回りも効きません。

 今選ぶならば、ヘッド性能がよい上位機が断然良いです。

1-5・三菱のサイクロン式掃除機の比較

 201903091411.jpg

 続いて、三菱電機サイクロン式掃除機です。 

 紙パック式では、個性的な機種をだします。しかし、キャニスター型サイクロン式は、軽量機を除いて、最近規模を縮小しました。


 202003101442.jpg

 【2022年2月発売】

 22・三菱電機 Be-K TC-ED2C-S
  ¥38,280 Amazon.co.jp (4/25執筆時)

 【2022年発売】

 23・三菱電機 Be-K TC-ED2B-S
  ¥27,500 楽天市場 (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.6リットル
吸込仕事率 :320W
騒音値:64dB〜約58dB
ヘッド:自走式
本体重量:2.4kg
スティック重量:1.4kg
本体サイズ: 323×210×220mm

 TC-ED2Cは、三菱のBe-Kシリーズのサイクロン掃除機です。

 202304251950.jpg

 新旧両機種ありますが、抗菌加工の違いです。

 同社は1年に、1箇所ずつ抗菌加工(プラスチック練込)を増やすことで、旧機との違いにしています。ただ、まあ、重視する必要はないかと思います。

 値段で決めてOKです。

 202203251524.jpg

 本体の重さは、2.4kgです。

 スティックとヘッドの部分は1.4kgですから、家庭用としては、十分な軽量機と言えます。

 掃除機のパワーは、仕事率としては320Wです。

 本機も日立と同じで多気筒ではないので、そのままの値を信じて良いでしょう。

 絨緞にも対応できるスペックです。

 202203251436.jpg

 掃除機のヘッドは、しっかり自走式ブラシが搭載されます。

 「快速からみにくい自走ブラシ」という名前です。

 最近の掃除機の「流行」ですが、ペットなどの毛がからみにくいような特殊な植毛を採用しています。

 202203251439.jpg

 三菱の場合、ブラシに付いた毛自体から毛をこしとるバンパー(らくリーニングヘッド)もあるので、他社機と比べても、この点に工夫があるほうだと言えます。

 202203251442.jpg

 毛絡みの処理も、ブラシを引き抜くだけで、処理できるような構造を採用します。

 202203251523.jpg

 そのほか、ローラー前方のバンパーの工夫で、壁際のゴミ処理を改善させています。

 ただ、この点については、ヘッド自体を根本的に設計し直し、「吸いつき対策」まで組み入れた日立機に比べると、従来機の延長といえ、まだ工夫の余地はありそうです。

 202003101451.jpg

 ダストボックスは、0.6Lです。

 目を引くスペックですが、本機はゴミ圧縮機能が付属しないので、実際はあまり強調できません。

 202103261458.jpg

 お手入れは、ダストボックス洗浄は可能ですが、フィルタがあるためメンテフリーではないです。

 一方、「ティッシュdeガード」というフィルタメンテの頻度を軽減する仕組みがあります。

 ただ、セットすると、吸引力や騒音に悪影響があるほか、ダストサインの表示が早くなるなどの弊害があります。

 センサーは、 特に付属しません。

 静音性も、特に強調できないです。

---

 以上、三菱のTC-ED2Cの紹介でした。

 サイクロン式ですが、単気筒で、ゴミ圧縮機能もない機種です。

 同社のBe-Kシリーズは、パック式では一定の見どころがあるのですが、こちらのサイクロン式は、突出した部分もなく、ややオススメしにくいです。

1-5・ダイソンのサイクロン式掃除機の比較

 202006181504.jpg

 続いて、イギリスのダイソンのキャニスター型掃除機の紹介です。

 同社は、(吸引力の点で)掃除機は、「スティック型でもうOK」と宣言し、そちらの開発に注力しています。

 ただ、ゴミ箱の量が多いキャニスター型も、業務用をふくめ、酷い面積を一度に掃除する方など根強い人気があります。


 201811041315.jpg

 【2022年発売】TH SB後継品

 24・Dyson Ball DC48 タービンヘッド TH SB N
  ¥30,050 楽天市場 (4/25執筆時)

集塵方法:サイクロン式
集塵容量: 0.5リットル
吸込仕事率: 170 W
最大騒音値:-----
フィルター:(マイナスイオン)
ヘッド:エアータービン
本体重量:2.7kg
スティック重量:2.1kg
本体サイズ: 212 x 698 x 694 mm

 Dyson Ball DC48 Turbinehead は、ダイソンのキャニスタータイプの掃除機です。

 ロングセラー機ですが、2022年に型番が変更になりました。ただ、物価高の影響によるもので、性能は変わりません。

 201807131618.jpg

 本体の重さは、2.7kgです。

 本機は、ダストボックスが大きいのですが、軽量化も相当意識しています。

 なお、ダイソンの場合はコード重量が入るので単純に国内他社と比較できませんが、スティックとヘッド(+コード)は約2.1kgです。実際手に取ったときも「しっかり」しています。

 201807131619.jpg

 掃除機のパワーは、仕事率としては170Wです。

 ただし、サイクロンの気筒は12気筒と多いです。

 先ほども書いたように、気筒が多いサイクロンは、仕事率が低く出ます、

 実際の吸引力は数字より高いでしょう。

 201807131620.jpg

 掃除機のヘッドは、しかしながら、この機種はヘッドが自走式ではありません

 価格もそれなりに高いため、この点は残念な部分です。

 ダストボックスは、集塵容量は0.5Lと多めです。

 容量は問題ないですが、圧縮式ではない点は、取扱いにおいてはやや不便でしょう。


201807131622.jpg

 フィルターは、空気清浄機と同じグレードの交換不要のHEPAフィルターを採用するなど排気の面でも工夫が見られます。

 センサーは、ゴミセンサーが搭載されません。必須機能ではないですが、こうした点は、やや残念かもしれませんね。

 静音性は、一方ダイソンの「強み」です。

 ダイソンは騒音値のスペックを出しませんが、音響工学を駆使した本体構造と、同社が開発したデジタルモーターV4の力で、人間が「うるさい」と感じる高周波の低減が図られています。

---

 以上、Dyson Ball DC 48 Turbineheadの紹介でした。

 およそ掃除機とは思えないキューブなデザインでとてもオシャレな機種です。

 また、高い静音性など、国内他社の製品にはみられず、この点で魅力の高い機種です。ただ、自走式ではないのが難点です。

 以前は、対応の上位機( Dyson V4 Digital Fluffy+・ Dyson Ball Motorhead+など)ががあったのですが、日本では展開終了です。スティック型に注力する方針ゆえでしょう。

後編につづく!
軽量で強力なおすすめ掃除機は結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、サイクロン式の掃除機を比較しました。

 しかし記事は、もう少しだけ「続き」ます。

  201807131655.jpg

2・サイクロン式掃除機の比較 (2)
 2-1:シャープ 〈日本〉
 2-2:アイリスオーヤマ〈日本〉
 2-3:マキタ〈日本〉
 2-4:おすすめ機種の提案【結論】

 次の2回目の記事こちら】では、今回紹介できなかった、シャープなどのサイクロン式掃除機を追加で紹介していきます。

掃除機の軽さ  ★★★★★
操作性の良さ  ★★★★★
静音性     ★★★★★
集塵力の強さ  ★★★★★
センサー性能  ★★★★★
ゴミ箱のサイズ ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 その上で、今回紹介した全機種から、予算別・目的別にAtlasのオススメ機種を選んでみたいと思います。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 第2回目の記事は→こちら

---

 記事がお役に立ったようならば、Twitter・Facebook・はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:23 | 掃除機・掃除用品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png