Top プリンター 比較2022' モノクロレーザー複合機10機の性能とおすすめ・選び方:A4モノクロレーザー複合機(1)

2022年06月15日

比較2022' モノクロレーザー複合機10機の性能とおすすめ・選び方:A4モノクロレーザー複合機(1)

【今回レビューする内容】 2022年 A4モノクロレーザー複合機の性能とおすすめ・選び方 :キヤノン・ブラザー・NEC :激安コピー機として利用可!家庭用 Windows 11 Mac対応 リサイクルトナーの値段や性能の違い・人気ランキング

【比較する製品型番】Brother JUSTIO MFC-L2750DW MFC-L2730DN DCP-L2550DW FAX-L2710DN FAX-L2840 キヤノン Satera MF457dw MF551dw RICOH SP 2300SFL SP 3700SF 京セラ MA2000w

今回のお題
低コストなモノクロレーザー複合機のおすすめはどれ?
 

 ども、Atlasです。

 今回は、2022年6月現在、最新の「A4モノクロレーザー複合機」を比較します。

 201807201256.jpg

1・モノクロレーザー複合機の比較 (1)
 1-1:ブラザー
 1-2:キヤノン
 1-3:リコー
 1-4:京セラ
2・モノクロレーザー複合機の比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

 現在、このタイプの複合機を生産するのは、キヤノン・ブラザー・リコー・京セラです。

 最近、カラー機に押される形で製品数が激減したので、(業務用を除く)現行製品は、全機種紹介できると思います。

印刷コスト(純正)¥1,891
印刷コスト(リサイクル)¥429
初期付属トナー:8000ページ相当

 記事では、とくに「ランニングコスト」の部分を重視します。

 Amazonの今年の実売価格をふまえつつ、「1000ページあたりの印刷コスト」をAtlasが算出しつつ、各社の製品を比較していきます。

コスト(純正品) ★★★★
コスト(再生品) ★★★★★
画質の良さ    ★★★★★

印刷速度     ★★★★★ 
給紙量      ★★★★★
スキャナ性能   ★★★★★
耐久性・保証   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 また、最後の結論では、上表のような観点から、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 よろしくお願いします。

ーーー

1・A4インクジェット複合機 (4色)
2・A4インクジェット複合機 (6色)
3・A3インクジェット複合機 
4・ビジネスインクジェット  
5・A4モノクロレーザー
6・A4モノクロレーザー複合機
7・A4カラーレーザープリンタ
8・A3カラーレーザープリンタ
9・プリンターの選び方【まとめ】

 なお、今回の記事は、プリンター比較記事6回目記事として書きました。

0・レーザー複合機の選び方の基本

201807201258.jpg

 はじめに、A4モノクロレーザー複合機の「選び方の基本」の解説からです。

 先述のように、最近「極端に展開数が少なくなって」います。そのため、(この種類のプリンタを)「今買って本当によいのか?」について、主に導入の「メリット性」の部分で確認をしておきます。

 その上で、選ぶ場合に注意するべき点について解説していきます。

0-1・モノクロレーザー複合機の良い部分

 201807201838.jpg

 はじめに、A4モノクロレーザー複合機を選ぶメリット性についてです。

 Atlasもユーザーの1人として、改めて考えましたが、次の3点については、依然優れると言えます。


 201807201313.jpg

 第1に、画質の確かさです。

 トナーは定着が早いので、イン式より「文字がにじみにくい」です。

 顧客に渡すビジネス文書の印刷や、単位のかかったレポート・論文の印刷などで、「出版物のような印字品質」が欲しい場合は、やはり、レーザーでの印刷が一番です。


 201807201314.jpg

 第2に、複合機であることの利便性です。

 テレワークを含めて、やはりスキャナ・コピーに対応できるほうが便利です。

 FAXについても、仕事で「使わざるを得ない」人もいるでしょう。

 これらの部分が一気に賄えるのはやはり便利であり、個人事業をやっている方に向く汎用性があると言えます。


 201807201311.jpg

 第3に、設置性が良い点です。

 レーザーの複合機の場合、A3対応だと、相当に場所を取って邪魔です。

 (そもそも)「A3レーザー複合機」は、業務用の大きなモデルを除くと(ほぼ)カラーなので、さらに大きいです。

 その部分で、レーザー複合機のなかでは、A4モノクロが複合機が設置面で「邪魔になりにくい」最大サイズと言えます。

0-2・モノクロレーザー複合機の注意点

 つづいて、選ぶ際に注意するべき点について確認しておきます。


 201807201318.jpg

 第1に、トナーのランニングコストです。

 全てのメーカーは「印刷コスト」を公開しています。

 ただ、「定価ベース」であり、実際トナー・ドラムの販売価格をふまえません。

 実際、本体が安い機種の、トナー(インク)がかなり割高な場合も多いです。

 そのため、今回の記事では、Amazonの販売価格を調査し、純正トナーとリサイクルトナーの市場価格も含めて比較しました。

 ある程度、実際に近いランニングコストが分かると思います。


 202009131244.jpg

 第2に、互換トナー・リサイクルトナー・純正トナーの違いす。

 リサイクルトナーは、本体を再利用し、中に(同質に近い粒状の)トナーを充填したものです。

 互換トナーは、中身だけでなく、本体も純正とは異なるものです。

 (善し悪しは置いておき)メーカー側が挿入するICチップが複製できた段階で、だいたい登場します。

 しかし、いずれのトナーも、信頼性は純正品より「無難なレベル」に止まります。

 印字品質も、各社は、重合トナーを採用するなどして定着品質を上げているため、中身の同一性は必ずしも担保されません。

 利用した時点で、メーカー保証もなくなります。

 結論的にいえば、リスクを避ける意味では(少なくとも保証期間中は)純正品を買うべきです。ネットでは、わりと安く買える場合も多いです。


  201807201322.jpg

 第3に自動両面印刷機能です。

 紙代もランニングコストとしてバカにできないので、この部分も重要です。

 また、資料などを持ち運ぶ量が半分で済むため、持ちはこびの負担が半分に減ります。形式の決まった提出書類について裏表印刷指定がある場合もあるでしょう。

 ただ、小型機の一部は、自動両面印刷ができない機種があります。

 この部分も、今回、詳しめにみていきます。


 201803301601.jpg

 第4に、ネットワーク接続の対応状況です。

 とくに無線LAN(Wi-Fi)は、対応している場合、配線がスッキリするほか、スマホ・タブレットからの印刷が「格段に便利」になります。

 ただ、モノクロレーザー複合機は、「業務用」も多いの、装備しない機種も多いです。

 この部分についても、今回はしっかり見るつもりです。

ーーーー

  202010261531.jpg

1・モノクロレーザー複合機の比較 (1)
 1-1:ブラザー
 1-2:キヤノン
 1-3:リコー
 1-4:京セラ
2・モノクロレーザー複合機の比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

 というわけで、モノクロレーザー複合機の「選び方の基本」とをあらかじめ説明しました。

 以下では、上表のような順番で、各社のモノクロレーザー複合機比較していきます。

1-1・ブラザーのレーザー複合機

 201807181900.jpg

 はじめに、ブラザーのレーザー複合機の紹介からです。

 昔から、レーザープリンタには強い企業です。

 ただ、最近、上位機のライナップを整理したので、すこし「淋しい」状況になりつつあります。

---

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201807201603.jpg

 【2018年発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.10〜12.0

 【上位機】

 1・Brother JUSTIO MFC-L2750DW
  ¥35,258 Amazon.co.jp
(6/15執筆時)

 【中位機】

 2・Brother JUSTIO MFC-L2730DN   
  ¥27,973 Amazon.co.jp
(6/15執筆時)

 【下位機】

 3・Brother JUSTIO DCP-L2550DW
  ¥26,000 Amazon.co.jp
(6/15執筆時)

印刷スピード:毎分34枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚
ファックス:対応
ADF: 搭載(両面/片面)
大きさ:幅410×高さ318.5×奥行398.5mm
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi

  MFC-L2750DWは、ブラザーのA4モノクロレーザー複合機の入門機です。

 本機については、2機種の下位機種もあります。

 201807201455.jpg

 第1に、MFC-L2730DN です。

 こちらは、スキャナのADF(自動両面読み取り装置)が片面で、無線LANに非対応になる機種です。

 201807201515.jpg

 第2に、DCP-L2550DWです。

 こちらは、無線LANはあるのですが、スキャナのADF片面です。

 その上で、写真のようなタッチパネルと、ファックス機能も省略にしている機種です。

---

 結論的にいえば、両面ADF・無線LAN・タッチパネルを完備するMFC-L2750DWが、最も便利であり、自宅での仕事用には実用的と言えます。

 値段差を考慮しても、こちらでしょう。

 201807201432.jpg

 本体の大きさは、どれも幅410×高さ318.5×奥行398.5mmです。

 ADFが付属するため背が高いです。

 棚に入れて使うのは難しい部分が注意点です。

 201807201336.jpg

 プリント速度は、毎分34枚です。

 下位機種と同じですが、これは同じ搬送ユニットを利用しているためです。

 毎分30枚を超えてくると、「そこそこに快適」水準といえます。

 201707171255.jpg

 プリント品質は業界標準の600dpiでの印刷をフォローします。

 その上で、速度低下なしに2400×600dpiの高解像度で印刷できるHQ1200と、半分程度に速度は落ちるが1200×1200dpi最高解像度が得られるtrue1200に対応です。

 この2つに対応している機種は、モノクロレーザーの場合「そこそこ画質が良い」と言って良いです。

 加えて、ブラザーは、トナーに「ミクロサイズの均一な球状トナーを作り出す重合法技術」が採用されているため、印刷が鮮明です。

 201807201429.jpg

 純正トナー価格

 BROTHER TN-29J (3,000枚)
  ¥8,605 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 純正ドラム価格

 BROTHER DR-24J (12000枚)
  ¥8,191 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 リサイクル(互換)トナー価格

 BROTHER TN-29J (3000枚)
  ¥1,680 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 リサイクル(互換)ドラム価格

 BROTHER DR-24J(12000枚
  ¥1,900 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正) ¥3,551
印刷コスト(リサイクル) ¥713
初期付属トナー:700ページ相当

 印刷コストは、Amazonでの最近の販売価格をふまえると上表のようになります。

 純正品は、トナーとドラムの費用を含めて、合計で3,551円です。

 互換品は、合計で713円です。

 結論的にいえば、互換トナーはそれなりに安い水準に収まりますが、純正品は、他社の同クラスと比べても、多少「割高」です。

 初期付属するトナーは、700ページ相当です。

 他社もですが、スタータートナーは、後で買う純正品よりトナー量が少なめになっています。本機も、あまり多いとは言えません。

 201807201554.jpg

 スキャナ・コピー機能は、充実します。

 35枚まで対応するADF(原稿自動送り装置)が付属します。

 ただし、ADFの両面原稿の読み取りに対応し、それ以外は片面読取です。

 両面処理ができるのは便利なので、この部分を使うならば、基本的に上位機を選ぶとよいでしょう。

 解像度は、どれも1200dpi水準です。実用上問題ないです。

 201807201353.jpg 

 ファックスは、下位機を除いて付属です。

 「Super G3ファクス」に対応しますので転送も高速です。

 また、PCからのFAX送信と、PCでのファックス閲覧双方に対応するため、印刷コストの大幅な節約が可能です。

 201807201418.jpg

 自動両面印刷は、どの機種も対応します。

 ビジネス用としては最低限あってほしい機能なので、この点は評価できます。

 搭載メモリー量は、上位機は256MBです(下位機は128GB)。

 どれも十分な分量ですが、上位機種は両面ADFに対応するため、やや多めにしているのかもしれません。

 201807201441.jpg

 PCとの接続方法は、どの機種もUSB有線LAN(100Base-T)に対応します。

 その上でWi-Fi (2.4MHz)を装備します。

 家庭用でWi-Fiがないと設置性がかなり悪いので、この部分も評価できます。

 スマホ・タブレットも、Wi-Fi経由で、アプリ(Brother iPrint &Scan)をつかってのダイレクト印刷が可能です。

 201807201423.jpg

 給紙トレイへの給紙は、250枚までです。

 増設は別売でも不可ですが、家庭用ならば十分でしょう。

 耐久性は、5万枚です。

 また、過度な連続印刷が想定されている機種でもないため、一日中「プリンターが動き通し」の業務環境には向きません。 

---

 以上、MFC-L2750DWの紹介でした。

 十分な印刷速度を持ちつつ、両面ADFと無線LANも装備する機種です。

 サイズもさほど大きくなく設置性も良いので、他社機との比較基準になりそうな製品です。

 個人事業主の方などで、大きな業務用の複合機は不要だが、家庭用の水準よりもワンランク上の性能を持つ製品を探しているならば、こちらは良い選択肢の1つです。

 ただし、大量に印刷する可能性のある自営業の方やオフィス用としては、このクラスはおすすめできません

 大量に印刷するにはさほどトナーが安くない部分のほか、プリンター本体の耐用印刷枚数も5万枚/5年間だからです。

 あくまで、個人用・家庭用として「優れている」機種です。

ーーー

 201905121622.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.10〜12.0

【2018年】

 4・Brother JUSTIO FAX-L2710DN  
  ¥33,973 Amazon.co.jp (6/15執筆時) 

印刷スピード:毎分30枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚
ファックス:対応
ADF: 搭載(片面)
大きさ:幅481x高さ318.5x奥行398.5 mm
接続方法:USB 有線LAN

 なお、本機にはもう一機FAX-L2710DNという、別型番の機種もあります。

 「やや特殊」なモデルで、写真のように「受話子機」が付く仕様です。

 202206151804.jpg

 プリント速度は、毎分30枚少し劣ります。

 また、スキャナのADFが片面のみで、無線LANとタッチパネルも未搭載です。

---

 結論的にいえば、本機は「ファックス電話」が必要な方に向けた少々特殊な機種と言えます。

ーーー

 202206151748.jpg

【2013年発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.10〜12.0

 5・Brother JUSTIO FAX-L2840  
  ¥24,373 Amazon.co.jp (6/15執筆時) 

印刷スピード:毎分20枚
両面印刷:
給紙トレイ:250枚
ファックス:対応
ADF: 搭載(片面)
大きさ:幅368x高さ311x奥行350 mm
接続方法:USB

 なお、 FAX-L2840も、ファックス対応のレーザープリンタ複合機です。

 202206151754.jpg

 本体サイズは、幅368x高さ311x奥行350 mmです。

 コンパクトながら、背面に片面ADFを装備し、コピーもスキャンもできる機種です。

 ただ、プリンタの自動両面印刷に非対応で、接続もUSBのみになります。

 この部分で、本機は基本的に「ファックス自体が欲しい人」に向けた少し特殊な製品になります。

 ただ、Super G3ファックス非対応なので、本機の発売年度(2013年)が表すように、ファックスの仕様面でも「相当に古くさい」です。

1-2・キヤノンのレーザー複合機

 201807181908.jpg 

 つづいて、キヤノンがA4モノクロレーザー複合機を紹介します。


 201912021355.jpg

 【2021年】

 Windows 7〜11 Mac 10.9〜12.0

 6・キヤノン Satera複合機 MF457dw
  ¥62,800 楽天市場 (6/15執筆時)

印刷スピード:毎分38枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚
ファックス:対応
ADF: 搭載(両面)
大きさ:幅453x高さ392x奥行464 mm
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi

 MF457dwは、キヤノンのSateraシリーズの上位機種です。

 「スモールオフィス用」として販売されている上位ラインの複合機です。

 201912021358.jpg

 本体の大きさは、幅453x高さ392x奥行464 mmとなります。

 用紙トレイとADFユニットの設計変更で高さは39.2cmとコンパクトです。

 ただし、奥行はあるので、プリンタ専用スペースを考えて設置しましょう。

 201912021400.jpg

 一方、本機は、カラータッチパネル液晶を採用します。

 サイズは、視認性重視の5インチですので、ブラザーの搭載機より、だいぶ「大きめ」です。

 印刷速度は、毎分38枚印刷です。

 ここまであれば、実用において差はないでしょう。

 201912021401.jpg

 とくに、キヤノンは、1枚目のプリント開始速度が速いので、この部分を気にする人は、同社の製品がとくに向きます。

 プリント品質は、ブラザー同様に、WindowsはTrue1200に対応です。

 ただ、Macについては、HQ1200には非対応で、600dpiまでです。

 また、速度低下なしに2400×600dpiの高解像度で印刷できるHQ1200には、Windowsでも非対応なので、ドライバーの柔軟性の点では、ブラザーに負けます。

 202206151807.jpg

 純正大容量トナー価格

 Canon 057 CRG-057H (10000ページ)
  ¥25,970 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 互換大容量トナー価格

 Canon 057 CRG-057H (10000ページ)
  ¥5,980 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥2,590
印刷コスト(互換トナー) ¥598
初期付属トナー:3100ページ相当

 印刷コストは、1000枚あたりの実印刷コストを算出すると、上表の通りです。

 キャノンはトナーとドラムが一体型なので、消耗品はトナーのみです。

 レーザープリンタは、基本的に本体価格が高いほど、印刷費は「割安」になりますが、本機もそう言えます。

 初期付属トナーも、3100ページ相当印刷できるため、長期的にもさほど印刷しないだろうかたには、お買得感はとくに高いでしょう。

 201807201824.jpg

 スキャナ・コピー機能は、本機も両面ADFを装備します。

 原稿も50枚まで原稿がセットできる機種です。

 スキャナ解像度は600dpiです。

 家庭でちょっと使う程度には、この程度あれば問題ありません。

 201702032220.jpg

 一方、キヤノンはSEND Lite機能を搭載します。

 そのため、最近の高性能コピー機のように、PCの介在無しでスキャンしたファイルをPCや共有フォルダに転送できます。

 202203101044.jpg

 キヤノン ハンドセットキットL11
  ¥5,180 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 ファックスは、搭載です。

 高速伝送規格の「スーパーG3ファクス」に対応します。別売ですが、ハンドセットもあります。

 202006081533.jpg

 なお、キヤノンは、FAXをPCとスマホのUIで確認できる仕様にしています。

 この仕様は法人の利用においては、とくに便利でしょう。

 EメールでのインターネットFAXにも対応します。

 自動両面印刷は、搭載です。

 201807201846.jpg

 搭載メモリー量は、非公表です。

 ただ、プリントの場合、同社はCARPS2という、レンダリングなどPC側に処理を任せて、圧縮転送する高速通信規格があります。

 そのため、メモリ量には左右されにくいので、基本的に問題ありません。

  201807201728.jpg

 PCとの接続方法は、USBほか、有線・無線LANに両対応します。

 スマホやタブレットも、自社アプリ(Canon PRINT Business)を介して、直接印刷することが可能です。

 AirPrintにも対応するため、MacやiPhoneでは、面倒な設定なしで無線プリントができます。

 201912021410.jpg

 1段カセットユニット AH1 CFU-AH1
 
¥10,129 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 給紙トレイへの給紙は、250枚です。

 やや価格の高い製品ですが、この部分は「入門機並み」に止まります。

 ただ、増設トレイが(最大1段)用意されます。これを導入すると、2トレイ目に640枚入ります。

 耐久性は、一方、キャノンは非開示です。

 同社のプリンタは、一部最上位機を除けば全てこの部分の情報がないです。

---

 以上、キャノンのMF457dwの紹介でした。

 それなりに大きい機種なので、家庭のリビングでは設置場所を選ぶとは言えます。

 ただ、書斎ほかスモールオフィス用としては、その性能が高く評価できます。大きめの液晶パネルを含めたデザイン性・利便性も魅力です。

 予算が許せば、本機は良い候補に思えます。


 201912021416.jpg

 【2021年】

 Windows 7〜11 Mac 10.9〜12.0

 7・キヤノン Satera複合機 MF551dw
  ¥91,361 楽天市場 (6/15執筆時)   

印刷スピード:毎分43枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:640枚(増設可)
ファックス:対応
ADF: 搭載(両面)
大きさ:幅494x高さ452x奥行464 mm
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi

 MF551dw は、キヤノンのSateraシリーズの最上位機種です。 

  201807201838.jpg

 本体の大きさは、幅494x高さ452x奥行464 mmです。

 49cmの幅ですから、基本的には、床置きするべき機種です。

 201807201854.jpg

 タッチパネル式液晶は、5インチサイズです。

 スマホ並みの大画面で、チルト稼働もするため、視認性が抜群に良いです。おおきなチャームポイントです。

 202206151820.jpg

 プリント速度は、毎分43枚印刷です。

 現状販売のあるA4モノクロレーザー複合機では最速クラスであり、優秀です。

 1枚目の印刷も、6.3秒以下で済みます。伝統的にキャノンはこの部分にこだわりがあります。

 プリント品質も、高詳細の1200dpiの印刷ができます。

 モノクロで高解像度はあまり使わないでしょうが、損にはなりません。

 202206151822.jpg

 純正大容量トナー価格

 Canon 056 CRG-056  (10000ページ)
  ¥23,800 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 互換トナー価格(チップなし)

 Canon 056 CRG-056 L ×2 (10200ページ)
  ¥10,800 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥2,380
印刷コスト(互換トナー)(¥529)
初期付属トナー:5100ページ相当

 印刷コストは、上表の通りです。

 純正だと、同社の下位機種よりわずかに安いです。

 初期付属トナーも、5100ページ相当印刷です。

 互換トナーは、ただ注意点です。

 キャノン機で近年発売されたモデルは、高度なICチップが付いていて、互換トナーを出しにくくしています。

 本機も互換トナーはあります。ただ、互換チップが未付属なので、利用する場合、残量のカウントダウンができなくなります。

 是非については(あくまでユーザー目線で書いているので)Atlasはノーコメントです。

 201807201907.jpg

 スキャナ・コピー機能は、本機も両面ADFが装備されます。

 解像度は同じく600dpiです。

 ファックスは、装備します。

 下位機種同様に、スーパーG3ファクス・PCからの送受信・インターネットFAXに対応します。

 自動両面印刷も、搭載です。

201807201850.jpg

 搭載メモリー量は、本機も非公表です。

 一方、ページ記述言語がCARPS2からLIPS LXとグレードが上がります。

 メモリーに依存せず、データ処理をPCと分散化するため、回線の「ボトルネック」は生じないというのが、キヤノンの見解です。

 その部分で、ネットワークを利用しての法人利用も想定している機種と言えます。

 PCとの接続方法は、USBほか、有線・無線LANに対応します。

 本機も、AirPrint・SEND Lite機能も対応します。

 201807201919.jpg

 640枚ペーパーフィーダーPF-C1  
  ¥15,000 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 ハンドセットキットL11
  ¥5,180 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 給紙トレイへの給紙は、デフォルトで640枚までです。

 なお、電話機能をついかするためのハンドセットもあります。

  トレイの増設は、3段まで対応です。

 フルに増設すれば、全部で2600枚まで用紙が管理できますね。

 耐久性は、このクラスでも、非開示です。

---

 以上、キャノンのSateraシリーズのMF551dwの紹介でした。

 「オフィス用」と考えると、ブラザーのMFC-L6900DW が間違いないライバルでしょう。

 ただ、本体価格や印刷コストがやや高いほか、引き続き示されない耐用年数/耐用枚数は、大量印刷用としてはややネックです。

 とはいえ、速度や、トレイなどの拡張性は十分で、なおかつ、本体の外観デザインは素晴らしいので、モダンなオフィスで、「インテリア性」を重視したい場合は、候補です。

1-3・リコーのレーザー複合機

 202109061415.jpg

 つづいて、リコーのレーザー複合機の紹介です。


 201908171216.jpg

 【2018年】

 Windows 7〜11 Mac 10.6〜12.0

 【増設トレイ設置不可】

 8・RICOH SP 2300SFL
  ¥26,082 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 【増設トレイ設置可】

 9・RICOH SP 3700SF
  ¥41,800 楽天市場 (6/15執筆時)

印刷スピード:毎分32枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:300枚
ファックス:対応
ADF: 搭載(片面)
大きさ:幅405×奥行392×高さ420mm
接続方法:USB 有線LAN

  SP 2300SFL は、リコーのA4モノクロレーザー複合機です。

 仕様が同じSP 3700SFという製品もあります。

 こちらのみ、別売の増設トレイ(300枚)が設置できます。

  201908171221.jpg

 本体の大きさは、幅405×奥行392×高さ420mmです。

 他社機と比較する場合、背が高い機種です。

 ただ、正方形に近い形で設置性は良さそうです。

 202206151840.jpg

 プリント速度は、毎分32枚印刷です。

 より速い機種はありますが、実用に足ります。

 202206151833.jpg

 純正トナー価格

 RICOH SP 2300H(5000枚)
  ¥15,510 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 リサイクルトナー価格

 RICOH SP 2300H(5000枚)
  ¥5,390 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥3,078
印刷コスト(再生トナー) ¥1,078
初期付属トナー枚数:1000ページ相当

 印刷コストは、1000枚あたりの印刷で、純正品を使う場合、3,078円です。

 本体価格が同じほどのブラザーと比べると、多少ですが安い水準です。

 リサイクルトナーの場合は、1,078円です。

 互換トナーはみられません。

 201908171230.jpg

 スキャナ・コピー機能は、搭載です。

 解像度は1200dpiの水準で少し良いです。

 ADFは付属しますが、片面のみで600dpiです。

 この部分は値段からして仕方ないでしょう。

 202206151840.jpg

 ファックスは、搭載です。

 規格的にSuper G3に対応し、PCファックスもできます。

 両面印刷は、標準対応です。

 搭載メモリー量は、256MBです。

 現行機として十分な性能でしょう。

 PCとの接続方法は、USB接続のほか、有線LANでの接続に対応します。

 無線LANは、別売ユニットで対応できますが、その場合、価格は「割高」です。

 給紙トレイへの給紙は、300枚までです。

 なお、増設ユニット(250枚増設トレイ3700)は、上位機のみ用利用できます。

 あまり売られず保守部品に近いので、メーカー取り寄せで2万円ほどです。

 耐久性は、本機は開示があり20万ページ/5年間です。

 しっかり開示するのは良いことですし、そこそこ頑丈そうです。

---

 以上、リコーのSP 2300SFLの紹介でした。

 ブラザーの下位機種が価格的なライバルでしょう。

 性能面はあまり差がないですが、外観のデザイン性は本機の方がやや「すっきり」です。

 一方、ブラザーの部分でも書いたように、利便性の部分で、Wi-Fiと両面ADFは欲しいので、その部分が課題とは言えそうです。

1-4・京セラのレーザー複合機

 202012231018.jpg

 続いて、京セラ(京セラドキュメントソリューションズ)のA4モノクロレーザー複合機です。

 法人向けなので一般的にはみませんが、格安品については、個人に向けてもAmazonなどで流通します。


 202206151846.jpg

 【2022年発売】

 Windows 8.1〜11 Mac 10.5〜12.0

 【増設トレイ設置不可】

 8・ 京セラ MA2000w
  ¥26,563 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷スピード:毎分20枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:150枚
ファックス:
ADF:
大きさ:幅370×奥行320×高さ240mm
接続方法:USB Wi-Fi

  MA2000w は、京セラのA4モノクロレーザー複合機です。

 202206151851.jpg

 本体の大きさは、幅370×奥行320×高さ240mmです。

 ADFを装備しないタイプの格安機ですので、設置性は全機を通しても最も良いと言えます。

 プリント速度は、毎分20枚印刷です。

 この部分は「業務用」というより「個人用」のレベルで遅いです。

 純正トナー価格

 京セラ TK-1241(1500枚)
   ¥4,000

 純正ドラム価格

 京セラ TK-1241(10,000枚)
   ¥6,000

印刷コスト(純正トナー) ¥3,267
印刷コスト(再生トナー)
初期付属トナー枚数:1500ページ相当

 印刷コストは、世に出たばかりで、市販価格が分からないので、定価ベースです。

 ドラムも交換が必要なのでその費用も組み込んでの値段ですが、結構安いです。

 割と期待できる新製品といえそうです 。

 スキャナ・コピー機能は、搭載です。

 ただし、先述のように、ADF(原稿自動読み取り装置)は非搭載です。

 解像度は600dpiの水準で、エントリークラスです。

 ファックスも、未搭載です。

 両面印刷は、利便性における、本機最大の「問題点」であり、非搭載です。

 搭載メモリー量は、64MBです。

 あまり多くないのですが、個人利用前提の機種ですし問題ありません。

 202206151901.jpg

 PCとの接続方法は、USB接続のほか、無線LANでの接続に対応します。

 一方、同社はスマホアプリ(KYOCERA Mobile Print)を持ちますが、本機についてはそれが利用できるか、説明書を含めて、説明がありません(要確認

 実際、Airprintなどを使えば印刷はできそうですが、基本的にはPC/Macで使う製品です。

 液晶パネルも本体にはありません。

 給紙トレイへの給紙は、150枚までです。

 仕事用として言えば、少なめです。

 耐久性は、情報がないです。

---

 以上、京セラのMA2000wの紹介でした。

 ADF両面印刷は(絶対に)使わず、片面印刷だけでOKの場合は、小型で、印刷費もそこそこ安いので、候補にできる方もいるでしょう。

 ただ、いずれも利便性が削がれるので、設置スペースが許せば付属する機種のが良いでしょう。

次回につづく
お得なモノクロレーザー複合機は結論的にこの機種!

 というわけで、今回はモノクロレーザー複合機を紹介してきました。

 記事はもう少し続きます。

 201807201838.jpg

1・モノクロレーザー複合機の比較 (1)
 1-1:ブラザー
 1-2:キヤノン
 1-3:リコー
2・モノクロレーザー複合機の比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

コスト(純正品) ★★★★★
コスト(再生品) ★★★★★
画質の良さ    ★★★★★

印刷速度     ★★★★★ 
給紙量      ★★★★★
スキャナ性能   ★★★★★
耐久性・保証   ★★★★★
総合評価     ★★★★★

 続く2回目記事こちら)は、結論編です。

 今回紹介した全機種から、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 2回目記事は→こちら

---

 今回の前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:04 | プリンター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png