Top プリンター 比較2022' モノクロレーザー複合機11機の性能とおすすめ・選び方:A4モノクロレーザー複合機(2)

2022年09月17日

比較2022' モノクロレーザー複合機11機の性能とおすすめ・選び方:A4モノクロレーザー複合機(2)

今回の結論
お得なモノクロレーザー複合機は結論的にこの機種!

 201807201838.jpg

1・モノクロレーザー複合機の比較 (1)
 1-1:ブラザー
 1-2:キヤノン
 1-3:リコー
 1-4:京セラ
2・モノクロレーザー複合機の比較 (2)
 =最終的なおすすめ機種の提案

 というわけで、今回は、A4モノクロレーザー複合機についてレビューしてきました。

 2回目記事では、最後に、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!をいつものように書いておきたいと思います。


 第1に、家庭やオフィスでの個人利用に向いたモノクロレーザー複合機としておすすめなのは、

 202206151936.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.10〜12.0

 【2018年発売】

 【上位機】

 1・Brother JUSTIO MFC-L2750DW
  ¥35,258 Amazon.co.jp
(6/15執筆時)

印刷スピード:毎分34枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚
スキャナ: 1200dpi
ファックス:対応
ADF: 両面
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi
大きさ:幅410×高さ318.5×奥行398.5mm

コスト(純正品) ★★★★☆
コスト(再生品) ★★★★★
画質の良さ    
★★★★★ 
印刷速度     ★★★★★
給紙量      ★★★★☆
スキャナ性能   ★★★☆☆

耐久性・保証   ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

 ブラザーのMFC-L2750DWでしょう。

 201807201432.jpg

 印刷速度は、家庭用として毎分34枚あれば十分過ぎます。

 201807201554.jpg

 その上で、自動両面印刷・無線LAN搭載・スキャナの両面ADFと仕事の生産性において、絶対あって欲しい機能が網羅されます。

 トレイも、A4コピー用紙の束の半量に相当する250枚入れば、利便性は削がれないと思います。

 201807201429.jpg

 純正トナー価格

 BROTHER TN-29J (3,000枚)
  ¥8,605 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 純正ドラム価格

 BROTHER DR-24J (12000枚)
  ¥8,191 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 リサイクル(互換)トナー価格

 BROTHER TN-29J (3000枚)
  ¥1,680 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 リサイクル(互換)ドラム価格

 BROTHER DR-24J(12000枚
  ¥1,900 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正) ¥3,551
印刷コスト(リサイクル) ¥713
初期付属トナー:700ページ相当

 トナーコストは、純正だと、安くも高くもない感じです。

 そのため、本体保証がきれたあとは、(推奨はしませんが)ある程度、互換トナーの利用も視野に入れた運用を考えても良いかと思います。

 その場合は、ランニングコストもだいぶ低めにできるでしょう。

ーーー

 201912021355.jpg

 【2021年発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.9〜12.0

 7・キヤノン Satera複合機 MF457dw
  ¥62,800 楽天市場 (6/15執筆時)

印刷スピード:毎分38枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚
スキャナ:600dpi
ファックス:対応
ADF: 両面
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi
大きさ:幅453x高さ392x奥行464 mm

コスト(純正品) ★★★★★
コスト(再生品) ★★★★★
画質の良さ    
★★★★★
印刷速度     ★★★★★
給紙量      ★★★★☆
スキャナ性能   ★★★★☆

耐久性・保証   ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

 ただ、少し予算が許すようならば、キヤノンの下位機はより良いです。

 201912021358.jpg

 ブラザーに比べて本体設計が新しいので、外観がとにかくスマートです。

 大きな液晶パネルも装備され使いやすいほか、印刷速度も38枚/秒ですから、より速いです。

 201912021410.jpg

 1段カセットユニット AH1 CFU-AH1
 
¥10,299 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 また、ブラザー機と違い、1段だけならばトレイを増やせるため、A4・B5でトレイを分けたい方などは、有利でしょう。

  202206151807.jpg

 純正大容量トナー価格

 Canon 057 CRG-057H (10000ページ)
  ¥25,280 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

 互換大容量トナー価格

 Canon 057 CRG-057H (10000ページ)
  ¥5,980 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥2,528
印刷コスト(互換トナー) ¥598
初期付属トナー:3100ページ相当

 トナー価格の水準も、ブラザーより安めで、スタータートナーも多めです。

 ただ、本体が壊れるまでに、ランニングコストの価格差は(まず)逆転しないのは確かです。

 ランニングコストの部分だけ気になるだけならば、ブラザー機で良いでしょう。


 第2に、小規模オフィス向きで、デザイン性が高く、多人数での利用に便利と言えるのは、

 201912021416.jpg

 【2021年】

 Windows 7〜11 Mac 10.9〜12.0

 8・キヤノン Satera複合機 MF551dw
  ¥93,583 楽天市場 (6/15執筆時)   

印刷スピード:毎分43枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:640枚(増設可)
スキャナ:600dpi
ファックス:対応
ADF: 両面
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi
大きさ:幅494x高さ452x奥行464 mm

コスト(純正品) ★★★★★
コスト(再生品) ☆☆☆☆☆
画質の良さ    
★★★★★
印刷速度     ★★★★★★ 
給紙量      ★★★★★
スキャナ性能   ★★★★☆
耐久性・保証   ★★★★☆

総合評価     ★★★★★

 MF551dwが良いと思います。

 プリント速度は、毎分43枚印刷で、最速級です。

 コピー部分・スキャナ部分の仕様も文句はありません。

  201807201838.jpg

 本機も設計が新しいこともあり、大きなカラータッチパネル液晶を含めて、見映えが良いです。

 オシャレなオフィスには、より映えると言えます。

 201702032220.jpg

 実用面でも、大きめのタッチパネルも活かしつつ、キヤノンは、スマホ・PCを含めてFAXや文書の共有がこなれているので、オフィス業務にはかなり向くと言えます。

 その他の部分でも、今回の記事冒頭で書いた、重要視したい機能は網羅しますし、およそ欠点がない機種です。

 202206151822.jpg

 純正大容量トナー価格

 Canon 056 CRG-056  (10000ページ)
  ¥23,800 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 互換トナー価格(チップなし)

 Canon 056 CRG-056 L ×2 (10200ページ)
  ¥10,800 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥2,380
印刷コスト(互換トナー)(¥529)
初期付属トナー:5100ページ相当

 コスト面は、純正トナーを利用する場合は、安めで問題ありません。

 一方、先述のように、ICチップの関係で、互換トナーを利用すると残量表示ができないので、基本的には「純正トナーを使い続ける」方に向くと言えます。

ーーーー

 202209170948.jpg

 【2016年発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.10〜12.0

 6・BROTHER JUSTIO MFC-L5755DW
  ¥58,873 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

印刷スピード:毎分40枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:250枚(増設可)
スキャナ: 1200dpi
ファックス:対応
ADF: 両面
大きさ:幅435x高さ486x奥行427 mm
接続方法:USB 有線LAN Wi-Fi

コスト(純正品) ★★★★★
コスト(再生品) 
★★★★★
画質の良さ    
★★★★★
印刷速度     ★★★★★★ 
給紙量      ★★★★★★
スキャナ性能   ★★★★☆
耐久性・保証   ★★★★★

総合評価     ★★★★★

 一方、キャノンの場合、多段増設に対応しない部分と、耐久性を明示しない部分があります。

 202209171005.jpg

  増設記録紙トレイ LT-6500 (520枚)
  ¥19,300 Amazon.co.jp (9/17執筆時)
  増設記録紙トレイ LT-5500 (250枚)
  ¥12,020 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 中規模以上の法人で、この部分がネックになる場合、最大1340枚までの増設が可能な上、耐久性(30万枚)の明示があるブラザーが候補になります。

 201807201429.jpg

 純正トナー価格

  ブラザー TN-61J(3000枚)
  ¥7,000 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

  ブラザー TN-62J(8000枚)
  ¥13,491 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 純正ドラム価格

 ブラザー DR-60J(25000枚)
  ¥13,150 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 リサイクル(互換)トナー価格

  ブラザー TN-62J(8000枚)
  ¥1,980 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 リサイクル(互換)ドラム価格

 ブラザー DR-60J(25000枚)
  ¥2,620 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

印刷コスト(純正) ¥2,212
印刷コスト(リサイクル) ¥352
初期付属トナー:3000ページ相当

 ランニングコストも悪くないです。

  202209171003.jpg

 また、ビジネス用と考えると、PCファックスやクラウドにも対応します。

 202209170949.jpg

 キャノンに比べて、設計が古い(2017年)ので、質実剛健な外観ですが、中身の能力はあると思います。


 第3に、設置性の面で利点がある小型のA4モノクロレーザー複合機といえるのは、

 202206151846.jpg

 【2022年発売】

 Windows 8.1〜11 Mac 10.5〜12.0

 【増設トレイ設置不可】

 11・ 京セラ MA2000w
  ¥26,862 Amazon.co.jp (6/15執筆時)

印刷スピード:毎分20枚
両面印刷:対応
給紙トレイ:150枚
スキャナ:600dpi
ファックス:
ADF:
接続方法:USB Wi-Fi
大きさ:幅370×奥行320×高さ240mm

コスト(純正品) ★★★★☆
コスト(再生品) 
画質の良さ    ★★★★★
印刷速度     ★★★☆☆ 
給紙量      ★★★☆☆
スキャナ性能   ★★★☆☆
耐久性・保証   ★★★★☆

総合評価     ★★★★★

 京セラMA2000wでしょう。

 202206151851.jpg

 本体の大きさは、幅370×奥行320×高さ240mmです。

 A4モノクロレーザー複合機では、設置性が最も良い小型機ですから。

 格安ですがWi-Fiも装備されるため、置き場所を選ばない部分も良い機種です。

 純正トナー価格

 京セラ TK-1241(1500枚)
  ¥4,400 楽天市場
(9/17執筆時)

 純正ドラム価格

 京セラ DK-1241(10,000枚)
  ¥6,600 楽天市場 (9/17執筆時)

印刷コスト(純正トナー) ¥3,933
印刷コスト(再生トナー)
初期付属トナー枚数:1500ページ相当

 その上で、ランニングコストも、まだ定価ベースの販売のため、値下がりの余地はアルでしょうし、期待値が高いです。

 一方、ADFが付かないほか、自動両面印刷機能が省略になります。

 小型設計にするためには仕方ない部分ですが、この部分については「本当に不要か」はよくよく考えてください。

  202010261531.jpg

1・A4ビジネスインクジェットの比較
 予算:1.5万円〜
 印刷コスト:3.7円/枚〜
 画質:高画質(文字/図表)
2・A3ビジネスインクジェットの比較
 予算:3万円〜
 印刷コスト:3.7円/枚〜
 画質:高画質(文字/図表)
3・エコタンク搭載プリンタの比較
 予算:3万円〜
 印刷コスト:0.9円/枚〜
 画質:普通(高級機除く)
4・ビジネスプリンターの選び方【結論】
 =結論としてのおすすめ機種の提案

 なお、仕事用に考えている方で、両面印刷機能などが欲しいが設置面積的に「ゆとりがない」場合は、プリンタの種類を替えた方が良いかと思います。

 その場合は、インクジェット式のビジネス用プリンタが候補になります。

 201807181830.jpg

 レーザーほどではないですが、家庭用インクジェットと比べると、カラーを含めて全量顔料インクなので、耐水性もあってにじみにくいです。

 この方式の質の向上で、モノクロレーザー複合機が出にくくなった部分も正直あります。

 興味のある方は、以上のリンク記事をご利用ください。

補足:おすすめのコピー用紙など

 というわけで、今回はA4のモノクロレーザー複合機の紹介でした。最後におまけ!です。

  202009131305.jpg

 コクヨ KB用紙 A4 500枚 KW-39
  ¥886 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 レーザープリンターの場合は、普通紙(共用紙)を使って印刷するのが通例です。紙は結構重量があるので、一緒に揃えてしまうと楽です。

 202009131259.jpg

 ホワイトコピー用紙 A4 500枚 高白色
  ¥650 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 ホワイトコピー用紙 A4 500枚x5冊/箱 高白色
  ¥2,455 Amazon.co.jp (9/17執筆時)

 また、業務用の5袋セットならば、こちらをAtlasは愛用しています。

 紙厚はコクヨのKB用紙と同じ64グラムで十分な厚さです。白色度も高く、紙詰まりも起こりにくい良い紙だと思います。また、なにより安いです!

ーー

  201807200012.jpg

1・A4インクジェット複合機(4色)
2・A4インクジェット複合機(6色)
3・A3インクジェット複合機
4・ビジネスインクジェット
5・A4モノクロレーザー
6・A4モノクロレーザー 複合機
7・A4カラーレーザープリンタ
8・A3カラーレーザープリンタ
9・プリンターの選び方 【まとめ】

 なお、このブログにはプリンターの記事がほかにもあります

 他のジャンルと比較して考えている方は、これらの記事もよろしくお願いします。

 ではでは。

posted by Atlas at 12:30 | プリンター

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png