比較2018'【結論】最新23機の3合炊き小型炊飯器の性能とおすすめ(1):1人暮らし向け3合炊き炊飯機の比較と選び方

2018年04月04日

比較2018'【結論】最新23機の3合炊き小型炊飯器の性能とおすすめ(1):1人暮らし向け3合炊き炊飯機の比較と選び方

【今回レビューする内容】 2018年 1人暮らし用小型炊飯器のおすすめ:三合炊き-3.5合炊きのIH炊飯器・圧力炊飯器 激安機種から小さな高級炊飯器まで機種の違いとランキング:パナソニック タイガー 炊きたてミニ 三菱 炭炊釜 本炭釜 アイリスオーヤマ 銘柄炊き象印 極め炊き 日立 おひつ御膳 シロカ かまどさん電気

【紹介する製品型番】 SR-KT067-K SR-KB055 SR-KA055 BALMUDA The Gohan JAI-R551-W tacook JAJ-A552 JKU-A551-W JKO-G550-T JKM-G550-T NL-BB05-WM NP-GH05-XT NP-RK05-NZ NP-RX05-TD NP-QB06-TZ NP-QT06-BZ SR-JX057-K NL-BA05-WA NL-BS05-XB NJ-SE068-W NJ-SW068-B RC-MB30-B RC-IB30-B RZ-WS2M RZ-W4M RC-IA31-B NP-RL05-TA NP-RY05-TD SR-JW057-KK SR-E111

今回のお題
3合以下でも美味しく炊ける小型炊飯器はどの機種?

 どもAtlasです。今日は炊飯器の比較をします。

 このブログ、モノマニアでは、炊飯器について次のような記事があります。

1・3合炊き小型炊飯器【5千円〜5万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・家庭用精米器の比較
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 このうち今回は、1番の記事です。

 単身世帯や少人数世帯向けの3合炊き・3.5合炊きの少量炊き炊飯器について、1万円以下の格安小型炊飯器から5万円以上の高級小型炊飯器の炊飯器まで比較してみたいと思います。

 なお、世帯向けの5.5合炊きの炊飯器を探している方は、お手数ですが、上位機2番以降のリンク記事をご覧ください。

1・小型炊飯器を選ぶメリット性!

 201802191532.jpg

 Atlasの経験から言って、大きい炊飯器で、1合・2合のご飯を炊くのは、次の2点においてたいへん非効率です。

 第1電気代が余計にかかるからです。

 高級機は重量センサーと連動したエコ機能などがありますが、少量炊飯の場合の総合的な経済性は低いです。

 第2に、炊きあがるご飯が美味しくないからです。

 最近の高級機には少量炊飯モードがついている機種もあります。しかし、そういった機種でも、もともと「3合炊飯用」に最適化された機種に較べると、スペックに見合った美味いご飯は基本的には炊けません

 結論的に言えば、「電気代」「味」の面で、小型炊飯器は有利です。

2・小型炊飯器の賢い選び方!

 今回の記事では、小型炊飯器を20機種以上比較するつもりです。

 201802191544.jpg

 比較するにあたっては、「美味いご飯を炊ける基本的な仕組み」が充実しているか?を細かくチェックしていきます。

 なお、今回の記事で「美味いご飯を炊ける炊飯器の見極めポイント」とするのは、次の3点です。


 201802191552.jpg

 第1に、持続的に沸騰温度を出せることです。

 炊飯器は、メカ的に言って、いくつかの「炊飯方式」に分けられます。

 例えば、マイコン式炊飯器(底面の電熱線のみで加熱する方式)、IH式炊飯器(電磁波で広く発熱する方式)、圧力IH式炊飯器(IHに加えて圧力を加える方式)が、代表例に挙げられるでしょう。

 このうち持続的に沸騰温度を出せるのは、IH式炊飯器圧力IH式炊飯器です。

 圧力IH式炊飯器は「気圧」をかけた方が高温を維持でき、ご飯が美味しくできると考えがちです。しかし、 IH式炊飯器でも、高級な機種は、周囲をまくヒーターの段数を増やして、圧力IH式炊飯器以上の沸騰温度の持続性を維持している機種があります。

 したがって、この両者は、「美味いご飯」を炊く上で明確な機能差はありません。あえて言えば、圧力IH式炊飯器は「ふっくら甘い」軟らかめのご飯が得意で、IH式炊飯器は、「しゃっきり」したご飯が得意という程度と考えてください。

 結論的に言えば、今のところでは、「マイコン式を選ばないようにする」という点だけ気をつけていれば、基本的に問題ないです。なお、もっと細かい違い(可変圧力式・スチーム圧力式)などは、機種を見ながら補足します。


 201802191553.jpg

 第2に、内釜の厚さとコーティングです。 

 釜の厚さは特に重要です。なぜなら、基本的に釜が厚いほど、沸騰高温状況のキープが可能で、美味しく仕上がるからです。

 高級機種になるとメーカーごとに土鍋、炭、はてはプラチナと、コーティングや素材が使用されますが、スペック的にいえば、釜の厚さが性能の見極めの大きなポイントです。

 ただし、圧力炊飯器については、圧力で熱を出す構造のため、必ずしも「釜の厚み」が美味しさを決めるという原則は適応されません。


 201802191612.jpg

 第3に、ご飯の炊き分けです。 

 3合炊きでも上位機種となると「かため」「ふつう」「やわらかめ」などにご飯を炊き分けられる機能がつきます。そのため、圧力IH式炊飯器でも「かため」、IH式炊飯器でも「やわらかめ」のご飯が美味しく炊けます。

 最近は、「銘柄米の炊き分け」に対応するモデルもあります。ただ、これについては、同じ銘柄でも、収穫地によって水分量などがマチマチなので、あくまで「オマケ」的な感じです。


 以上3点の比較ポイントを説明しました。

 今回は、上の3つの要素を軸に小型炊飯器を比較していきます。もちろん、「保温性能」や「お掃除の手軽さ」といった重要要素も、詳しく比較します。

 そして、全ての機種を紹介した後で、いつも通り、価格や性能からオススメの機種を幾つか提案していきたいと思います。

3・マイコン炊飯式の3合炊飯器の比較

 最初にマイコン式の炊飯器を紹介します。

 1万円以下の価格帯の製品の場合、ほぼ全て「マイコン式」です。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


   

 1・タイガー 炊きたてミニ JAI-R551-W
  ¥7,499 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:マイコン炊飯(ヒーター)
 内釜:黒遠赤釜厚さ1.0mm

 JAI-R551は、タイガーのJAI-R551です。タイガーは、象印とともに、炊飯器の二大人気メーカーです。この機種は同社の製品では最も安いモデルです。

201804041428.jpg

 炊飯方式は、マイコン式です。

 昔ながらの方式で、下面の熱板、ないし電熱線(シーズヒーター)が唯一の熱源です。そのため、火力においては、磁力で「面の加熱」ができるIH炊飯式に及ばないといえます。

 201603191319.jpg

 釜の厚みは、1.0mmとかなり薄いです。

 黒色のコーティングをした遠赤の釜を使用していますが、この点で、製品コストを抑えていると言え、味についてはさほど期待できません。

 炊飯のメニューは、白米・玄米・早炊き・おかゆ・無洗米・おこわ・煮込みなど複数対応し、調理の多彩さの点では優れます

 他にも「エコ炊き」メニューモードで、結露の原因となる蒸気を抑える機能がついています。冬場の炊飯器による結露の問題はマンションでは大問題なので、ある程度対策をしてくれるのは嬉しいことです。

 ただ、やはり釜の厚みが十分でないために、抜群に「美味しいご飯」の炊飯は無理でしょう。 


 201802191619.jpg

 2・TIGER tacook JAJ-A552-WS【白】
 2・TIGER tacook JAJ-A552-PB
【桃】
 2・TIGER tacook JAJ-A552-GI
【緑】
  ¥6,999 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:マイコン炊飯(ヒーター)
 内釜:黒遠赤特圧釜 厚さ2.5m

 2番目に紹介するのは、タイガーの tacookです。特徴的な形をしたインテリア性の高い炊飯器です。

 201603191330.jpg

 炊飯方式は、こちらもマイコン式です。ただ、マイコン炊飯器としては特長のある機種です。

 こちらの機種は、内釜にオレンジ色のクッキングプレートを入れることで、ご飯+おかずの同時調理ができます。40種類の料理法を提案するレシピブックも付属します。炊飯器と言うよりもマルチクッカーとも言うべきですね。メーカーも「tacock」という愛称を付けています。

  201603191327.jpg

 釜の厚みは、この機種の「売り」といえる部分です。釜の厚さが2.5mmあります。

 先述のように、釜が厚いと熱を逃さず炊飯できるため、「美味しく」炊けます。

 以上、タイガーのタクックの紹介でした。面白いコンセプトの炊飯器で、ニッチな需要を満たしていると思います。炊飯についても、釜が厚い分、マイコン炊飯器として期待できます。

 ただし、価格的にはマイコン炊飯器として高めです。その意味、クッキングプレートにどの程度の価値をみいだせるか?がポイントとなります。また、保温については、美味しく保温する技術が未搭載なので、冷蔵するか、食べきりで炊きましょう。

 多彩な調理機能を持つこの機種を見たとき、外国の人が炊飯目的ではなくて、調理器ととして使う目的でマイコン式炊飯器を買って帰るという話を思い出しました。


 201802191620.jpg

 3・象印 マイコン式 NL-BB05-WM
 3・象印 マイコン式 NL-BB05-TM
  ¥8,480 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:マイコン炊飯(ヒーター)
 内釜:黒まる厚釜 厚さ2.5mm

 NL-BA05は、象印の炊飯器です。色はホワイトとブラウンから選べる構成ですね。

201603191339.jpg

 炊飯方式は、こちらもマイコン式です。

 ただし、ここまで見た機種に比べるとやや高度です。なぜなら、この機種は、上ふた、側面、釜底に、シーズヒーターを採用する「三段式」の全面加熱仕様だからです。

 底面しかヒーティングしないマイコン式の弱点を克服しようという設計思想があります。 この点だけでもマイコン式の中では、最もご飯が美味しく炊ける機種と言えます。ただ、ムラが少ないといえるIH式には及ばないでしょう。

 201804041434.jpg

 釜の厚みは、2.5mmの黒圧厚です。1万円以下のマイコン炊飯器としては、厚めです。ある程度美味しいご飯を期待できるでしょう。

 また、持続的な沸騰温度を出す仕組みがある点で「本格的」な要素もある機種です。というのも、

 201804041435.jpg

 炊飯のメニューも、白米・白米急速・無洗米・ 発芽米・胚芽米・玄米・雑穀米など、多彩なモードが備わっています。

 面白い部分では、パンの発酵や焼き上げに利用できる機能も付属します。

 お手入れも、外して洗えるディンプルアルミ内蓋を採用しており、日常用としても高機能です。

 以上、NL-BA05の紹介でした。

 1万円以下で手に入るマイコン式としては高性能です。全面加熱で、マイコン式の弱点も克服されており、IH方式に準じて性能が期待できます。

 ただ、現在はこの程度の予算でIH式が買える状況にあることをふまえると、価格競争力はあまり高くないと言えます。


  

 【2017】【475W】

 4・アイリスオーヤマ 銘柄炊き 3合 RC-MB30-B
    ¥5,580 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:マイコン炊飯(ヒーター)
 内釜:極厚火釜 厚さ3.1mm

  RC-MA30-B は、アイリスオーヤマのマイコン炊飯器です。能力の高い低価格帯製品の開発が上手な同社らしい製品です。

 201804041438.jpg

 炊飯方式は、こちらもマイコン式です。

 加熱に使うシーズヒーターは、底面とふたの「2段」です。この点では象印より弱いです。実際、475Wと、象印のマイコン式(495W)に比べると火力は多少落ちますね。

 201804041440.jpg

 釜の厚みは、一方で、象印を上回る3.1mm厚の極厚火釜となります。

 他社の1万円以下クラスよりも厚く、この部分は、ご飯を美味しく炊く要素は十分備わっています。

 201606030836.jpg

 炊飯のメニューは、白米・無洗米・省エネ早炊き・炊き込み・おかゆ・玄米・煮込み 発芽米です。

 最近の他社モデルにみられる発芽米(発芽玄米)などは対応しません。しかし、炊飯器を使っての煮込み・蒸し料理などに対応する点は、面白いと思います。

 201804041442.jpg

 加えて、この機種の売りは「米の銘柄炊き」に対応する点です。他社では3万円以上の高級機にしか搭載されないもので、この機能の搭載が人気の秘密です。選べる銘柄は、こしひかり、あきたこまち、つや姫、ゆめぴりか、ひとめぼれ、ヒノヒカリの6コースです。実際、米の銘柄によって粒の大きさや食味(粘度)が異なるため、銘柄別コースがあるのは大きな魅力でしょう。

 これ以外の米については、選択できませんが、約30種類の米について、6コースのどれを選択すれば良いかは、参考表が付属します。

 以上、 アイリスオーヤマRC-MB30-B の紹介でした。

 5000円前後の炊飯器だけで比べれば「ベストバイ」はこれでしょう。この値段で銘柄炊きを(惜しまず)投入したのは、高級機を展開しない同社ならではでしょう。

 マイコン炊飯式ですが、ふたヒーターと厚めの内釜で、味の面で配慮があるのも好感触です。


  

 5・象印マイコン炊飯器3合 NL-BS05-XB
  ¥9,990 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:マイコン炊飯(ヒーター)
 内釜:黒まる厚釜 厚さ5mm


 NL-BS05-XBは、象印のマイコン炊飯器のなかでは、最も高級なモデルです。

201603191348.jpg

 釜の厚みは、5mm厚と、マイコン炊飯器としてみれば、かなり豪華な仕様です。釜の厚みは、炊飯器として最も重要な部分ですから、味は期待できそうです。

 その他の性能は、下位機種と同様です。持続的な沸騰温度を出す仕組みも、下位機種と同じく、フタヒーターを使った全面加熱が採用され、火力はマイコン式では最上位です。

 以上、NL-BS05-XBの紹介でした。釜が厚い点が最大のメリットです。マイコン炊飯器のなかでは、最も性能が期待できる機種でしょう。1万円前後で考えている場合は、この機種が性能面では上位です。

4・IH式の3合炊飯器の比較

 つづいては、IHヒーター式の炊飯器です。

 最初に書いたように、IH式は、ムラ無く加熱をする構造のため、マイコン式の炊飯器よりも美味しくご飯が炊けます


  

 【2017】

 6・象印 極め炊き 3合炊き NP-GH05-XT
  ¥14,000 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:まる厚釜 厚さ(1.7mm)

 NP-GHシリーズは、象印の「極め炊き」ブランドでは、最も安価なIH炊飯器です。

 201603191402.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。

 ムラ無く加熱できる点で、あらゆるマイコン炊飯式の「上を行く」方式です。値段面で高価になるのが欠点ですが。

 ヒーターは、底面にIHヒーターを装備するほか、側面と上面に電熱ヒーターを補足的に展開する「3段式」となります

 201804041451.jpg

  釜の厚みは、しかしながら、1.7mmと少し薄めです。

 IH方式をできるだけ安く提供するために、釜の部分のコストを削減したのでしょう。そのため、一長一短がある機種です。

 201804041451.jpg

 炊飯のメニューは、この機種から「熟成炊き」が加わります。炊飯に通常よりも時間をかけることで米の甘みを引き出す「プレミアムコース」です。これは、名称こそ異なりますが、中級グレード以上の炊飯器には各種搭載される機能です。

 保温機能については、この機種の場合、「うるつや」保温機能が搭載です。底部の温度センサーで、最適な温度でご飯を保温できるでしょう。夕方に炊いたご飯を、朝美味しく食べたい方には、象印の機種は向きます。

 以上、「極め炊き」NP-GF05の紹介でした。格安でIH炊飯器が手に入る点で魅力な機種です。

 ただ、釜の厚みの部分で妥協があるため、その点が残念な機種です。ただ、IH式は、マイコン式に「米の味」の点で確実に上回るので、1万円前後で買えるならば相当魅力がある機種です。また、一人暮らしの方には、「うるつや」保温機能も魅力的と言えます。


  

 【2017】

  7・アイリスオーヤマ 銘柄炊き IH 3合 RC-IB30-B
    ¥7,910 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:極厚火釜 厚さ(3mm)

  RC-IB30-Bは、アイリスオーヤマのIH炊飯器です。

 2017年から発売になった同社初のIH式炊飯器となります。

  201712122258.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。IH式で新機種で1万円を切ったのは、Atlasが記憶する限り初めてです。

 象印と比べても、側面2段のIHヒータにフタ部分のヒーターの「3段式」であり、火力も十分です。

 201804041454.jpg

 釜の厚みは、3.0mm厚と、象印よりもかなり厚いです。

 この部分でもスペック的に高い評価ができるでしょう。ただし、コーティング層は2層のため、1万円代半ばの中級機には及ばないスペックです。

  201712122302.jpg

 炊飯のメニューは、無洗米・白米・炊き込み・おかゆ・玄米です。ただし、これに加えて、煮込みと蒸し料理が可能な特殊モードが付属します。炊飯以外の利用の幅が広いのは、1人暮らしには嬉しい部分です。

 もちろん、アイリスオーヤマの炊飯器ですので、米の銘柄炊き」に対応です。31種類の銘柄を6つのコースで分けている点は、下位機種に準じます。

 以上、 アイリスオーヤマRC-IB30-Bの紹介でした。2017年7月発売の機種で、炊飯器メーカーとしては「新参」ですので現在進行形では、さほど注目度も高くない機種です。

 しかし、上で見たように、IH式で1万円を切る価格の上、釜も厚く、多機能調理器としても利用できる機種です。スペック的に言えば、1万円以内でここまで性能を出せたのは「脅威」です。

 1万円以下の低予算で買える小型機種を探しているならば、選択肢に加えたい製品と言えます。


   

 8・タイガー tacook 3合 JKU-A551-W
  ¥13,230 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:3
層特厚鍋(2.3mm)

 JKU-A551-Wは、タイガーの少量炊き炊飯器です。

201804041457.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。タイガーは、アイリスオーヤマや象印のように、「ふたヒーター」を含めた全面加熱は、機能的に持ちません

 一方、下方部のIHヒーターにより、下面を130度まで上げつつ、内釜の熱伝導に期待する方式となります(剛火IH)。タイガーの場合、最上位機種もこの仕様ですが、これは、理想とする、昔ながらの「かまど炊き」ご飯は、「全面加熱などしない」という発想から来ているようです。

 これが、タイガー炊飯器の「個性」と言えます。ただし、後述するように、同社の上位機種は「土鍋の再現」を重視していて、その場合は実質的に「全面加熱」式を使っています。

 201603191330.jpg

 釜の厚みは、しかしながら、2.3mm厚とマイコン式より薄いです。

 ただ、こちらは、ステンレスとアルミの三層構造の厚釜に遠赤土鍋コーティングをした仕様であり、IH式の採用もあわせ、性能面では、下位機種を凌ぎます。

 また、先ほど紹介した、オレンジ色のバスケットの付いたマイコン式のtacookを、IH炊飯器にした機種です

 炊飯のメニューは、甘さを引き出す「プレミアム」な炊飯方式である極うまメニューを搭載します。

 以上、タイガーのJKU-A551-Wの紹介でした。格安ながら、「下面強火」というタイガーの発想が出ている機種です。ただ、これを活かすための内鍋の性能は、「価格なり」でしょう。

 とはいえ、マルチクッカーを試したいけど、おいしいごはんも食べたいという人には特にオススメできます。


  

 9・TIGER 炊きたてミニ 3合炊き JKO-G550-T
  ¥13,302 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:5層特厚鍋(2.5mm)

 JKO-G550-Tは、タイガーの炊きたてミニ シリーズの中級グレードの炊飯器です。

 炊飯方式は、こちらも、IH式炊飯式です。

 「かまど炊き」を再現するため、下面を130度まで上げる剛火IHを採用している点は、1つ上の下位機種と同じですね。

 201603191621.jpg

 釜の厚みは、2.5mmで、この価格帯のIH炊飯器としては厚めです。

 また、素地の上に、土鍋コートを含む5層の土鍋コーティングを施すことで、蓄熱性を高める仕組みです。層の厚いコーティングは、熱伝導性の面でも有利であり、剛火IHの底力を下位機種以上に引き出すでしょう。

 炊飯のメニューは、タクック同様に、「プレミアム」な炊飯方式である極うまメニューを搭載します。

 保温については、一方取り立てて注目する機能はありません。

 以上、タイガーの炊飯器JKO-G550-Tの紹介でした。

 2万円以下のグレードでは比較的高レベルと言える5層の土鍋コーティングを施した2.5mmの釜を採用し、また、剛火IHと呼ぶ高火力で一気に沸騰温度を作り出し、「かまど炊き」を再現している機種です。

 「プレミアム」な炊飯もできますし、メーカー独自の個性も感じられる機種です。保温機能の弱さは弱点と言えるものの、この点で、おすすめできる機種の1つです。


  

 【2017】

 10・パナソニック SR-KT067-K
  ¥15,456 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:備長炭釜 厚さ2.0mm

 SR-KTシリーズは、パナソニックでは、最も安価な小型炊飯器です。小型でスタイリッシュな形状ですが、こちらは3.5合炊きの炊飯器です。

 201709261830.jpg

 炊飯方式は、こちらもIH式炊飯です。

 パナソニックは、タイガーと異なり、「全面加熱で沸騰温度を維持することこそ、米の味を引き出す」という思想です。

 そのため、下部の2段IHヒーターに加えて、側面とふたに電熱ヒーターを入れた「4段ヒーター」を採用しています。ムラ無く加熱できるため、米をアルファ化できる沸騰温度の維持力には期待が持てます。

 釜の厚みは、2mmとIH炊飯器としてはやや薄めです。内側に備長炭コートを施し蓄熱性のアップをなしていますが、それでも多少物足りないスペックです。

 炊飯のメニューは、他社のような「プレミアムな」炊飯モードがありません

 保温機能も、あまり強調する点はありません。

 以上、パナソニックSR-KTシリーズの紹介でした。丸みを帯びた形状はユニークで、デザイン性は高い機種です。ただ、機能面では、全面加熱が目立つほどで、やや独自性に欠けるでしょう。

ーーーー

 【2016】

 10・パナソニック SR-KB055
  ¥13,100 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 なお、SR-KTシリーズには、旧モデルとしてSR-KB055という機種が売られています。こちらは、3合炊きで、内釜の厚さが1.5mmとかなり薄いです。

 スタイリッシュな機種ですが、ややおすすめしかねる機種ですね。


  201802191626.jpg

 【2017】 

 11・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE068-W
 11・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE068-P
  ¥16,900 Amazon.co.jp (4/4執筆時)  

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:炭炊釜 2.0mm

 NJ-SEシリーズは、三菱電機の発売する炊飯器です。四角い形状が同社の炊飯器の特徴で、炊飯器への参入以来続けています。色は、標準的なホワイトの他、薄いピンク色の製品もありますね。

 炊飯方式は、こちらもIH式炊飯です。

 201603191658.jpg

 釜の厚みは、2.0mmです。発売当初価格が2万円前後のモデルとしては多少薄いです。

 一方、パナソニックの「ダイヤモンド銅釜」に対して、こちらは「炭炊釜」というブランド釜です。ダイヤモンドも炭も炭素ですが、こちらは泡を作り出すのではなく、遠赤外線効果を期待してのものです。釜自体は2層コートなので、性能的にはパナソニックの「ダイヤモンド銅釜」のが多少高級でしょう。


 201603191703.jpg

 沸騰温度の維持は、その一方で、底面に2段配置されたIHのほか、フタと側面にもヒーターを搭載する「5重で全面加熱」する点で、火力は相当強力です。

 炊飯のメニューは、同社のプレミアムモードである芳潤炊きが付属します。さらに、超音波吸水という、仕込み時に短時間で米に水をたっぷり吸収させることのできる機能も付属しています。米を水に浸しておく時間が短くても、美味しく炊ける仕組みです。 

 保温については、高度な機能は付属しませんが、「保温無し」と「食べ頃保温」というご飯を通常より低音で保温する仕組みがあります。

 以上、三菱の炊飯器NJ-SEシリーズの紹介でした。パナソニックの SR-KAシリーズのライバルで、釜はパナソニック、火力は三菱が優れるので、どちらを買うか迷うところです。最終的なおすすめ機種については、記事の最後で改めて書きたいと思います。


  201804041528.jpg

 【2017】【下位機種】

  12・アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA31-B
    ¥17,877 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 【2017】【上位機種】

  12アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA32-R
    ¥25,785 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 【2016】【下位機種】【在庫限り】

  12・アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA30-B
    ¥13,200 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:極厚銅釜 厚さ(3.1mm)

  銘柄量り炊きシリーズ は、アイリスオーヤマのIH炊飯器の上位機です。

 201804041536.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。

 この機種の場合、下段をIHヒーターとして単独で利用可能です。また、下段が「はかり」にもなっていて、5cc刻みで適切な水量をお知らせしてくれる機能よそったご飯のだいたいのカロリーを表示する機能を持ち合わせます。

 水量に注目したのはアイリスオーヤマが初めてと言え、独自性があります。

 ただし、IHを分離式にしたため、IHヒーターは下段のみです。アイリスオーヤマの他機種を見ると「全面加熱」方式を差以上と考えているようであり、その点で言えば、(便利とは言え)「炊飯の味の面」ではマイナス要素でしょう。

 201804041541.jpg

 釜の厚みは、3.1mm厚と、この点では十分な設計です。

 なお鍋は、上位機のみ、熱伝導性の高い銅釜・銅コートです。下位機種は、銅釜にフッ素加工となります。

 201804041539.jpg

 炊飯のメニューは、無洗米・白米・炊き込み・おかゆ・玄米です。これに加えて、煮込み・蒸し・発酵が可能な特殊モードが付属します。

 もちろん、アイリスオーヤマの炊飯器ですので、下位機種同様に米の銘柄炊き」に対応です。

 以上、銘柄量り炊きシリーズの紹介でした。「ハイブリッド系」の面白い試みをしている機種です。IHヒーターを持ちたい方は、ダイエッターの方には重宝しそうです。

 ただ、単純に「炊飯器」としてみると、味の面では1万円台前半の同社の機種と横並びかそれを下回る水準でしょう。心底面白い発想だとは思うのですが、今回の比較の趣旨からすると「多少残念」な機種です。

5・圧力式の3合炊飯器の比較

 つづいて、圧力IH炊飯器を紹介します。

 先述のように、圧力式IHは、IH炊飯の「上位機種」との理解は必ずしも正確ではありません。むしろ、炊けるご飯の傾向が違うと理解するべきです。

 一般的に圧力式は、「甘く、ふっくらとした」ご飯を炊くのが得意と言えます。


  

 【2017年】

 13・象印 圧力IH式 3合 NP-RK05-NZ
  ¥17,548 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 【2018年】

 13・象印 圧力IH式 3合 NP-RL05-TA
  ¥22,650 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:圧力IH炊飯
 内釜:黒まる厚釜 厚さ(1.7mm)


 NP-RKシリーズは、象印の炊飯器です。

 2018年新機種が登場しました。こちらは、「やわらか」という食感の炊き分けができるようになりましたが、基本的にマイナーチェンジです。圧力炊飯器は、通常炊飯でもこの方向性の食感となりますし。いずれにしても、安くなっている旧機種がお買得です。

201804041550.jpg

 炊飯方式は、この機種は圧力IH式です。

 IHヒーターなどの熱源を持ちつつ、圧力を使って沸騰温度の維持に努める仕組みです。同社は、「豪熱沸とう」と呼んでいます

 象印は古くからこのタイプに力を入れており、このグレード以上が「同社の中級グレードの炊飯器」と言えます。ただし、かけられる圧力は、1.15気圧までです。同社は他社よりも高圧をかける点が「味の秘密」なので、スペックは多少低いです。

 201603191533.jpg

 釜の厚みは、1.7mmです。

 2万円以上の機種と考えれば、物足りなくも思えます。しかし、圧力炊飯器の場合、むしろ圧力で「持続的に沸騰温度を出す」仕組みとなるため、大型の圧力炊飯器についてもこの程度の場合もあり、一概に比較できません。

 201804041605.jpg

 炊飯のメニューは、かため(しゃっきり)・ふつう・やわらかめの炊き分けが可能です。また、象印の「プレミア炊飯」機能である熟成炊きに対応します。炊飯時間を延ばして甘さを引き出す機能です。

 なお、圧力炊飯は、どちらかというと「ふっくら」「やわからめ」のご飯が得意です。ただ、象印は、圧力のかけ方と炊飯時間の調整で、で美味しい「しゃっきり」ご飯を炊くことも可能です。

 ご飯の保温設定は、この機種の場合、「うるつや」保温機能が搭載です。底部の温度センサーで、最適な温度でご飯を保温できるでしょう。

 以上、象印のNP-RKシリーズの紹介でした。3合炊きの圧力式炊飯器としては、割と価格が安いです。甘みで粘りがあるご飯が好きな方は、IH炊飯器よりも、こちらのような圧力IH炊飯器が特におすすめです。ただし、圧は低めなので、あくまで「入門機」です。


 
 【2017年】

 14・象印 極め炊き 3合 NP-RX05-TD
  ¥27,800 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 【2018年】

 14・象印 極め炊き 3合 NP-RY05-TD
  ¥29,338 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:圧力IH炊飯
 内釜:プラチナ厚釜 厚さ1.7mm(3年保証)

 NP-RX05-TDは、象印の少量炊きでは、中位機にあたる製品です。

 下位機種同じく2018年モデルが出ています。味の面での改良は、下位機種と同じで「やわからめ」という基準が加わったのみです。、

 炊飯方式は、この機種も圧力IH式です。

 下位機種と比較するとかけられる気圧が1.2気圧までと能力がアップしており、下位機種よりも甘みともちもち感を引き出しやすいです。同社は、


 201603191550.jpg

 釜の厚みは、下位機種と同じで1.7mmです。しかし、プラチナ厚釜を採用しています。

 コーティング材にプラチナナノ粒子を採用している点が名前の由来です。象印によると、水をアルカリ性に変化させるこで米の甘みを引き出す効果があります。お米の甘みが従来比30%引き出せるとのことです。

 201804041610.jpg

 炊飯のメニューは、象印の「プレミア炊飯」機能である熟成炊きに対応します。

 ま、圧力のかけ方を制御できるため、「シャッキリ」したご飯、「ふっくらとしたご飯」と炊き方を制御することが可能です。下位機種は「「ふっくら」「ふつう」「やわからめ」という基準の3段階でした。しかし、こちらは「もちもち」を加えた実質4段階になります。

 ご飯の保温設定は、この機種も、「うるつや」保温機能が搭載です。

 また、こちらの機種には、蒸気量をセーブし、結露を減少させるような炊飯方法も可能な「蒸気セーブメニュー」が搭載されます。ただ、こちらは、電力セーブモードで炊くため、通常炊飯と炊きあがる米の味が変わります

 以上、象印のNP-RX05-TDの紹介でした。下位機種に比べると「プレミア釜」が採用されている点と、圧力が高い点が魅力です。


 201802191630.jpg

 15・BALMUDA The Gohan
   ¥37,900 Amazon.co.jp  (4/4執筆時)

 炊飯方法:スチーム炊飯
  内釜:

 つづいて、日本のバルミューダデザインBALMUDA The Gohanです。

 機能面で特長のあるデザイン家電を販売する同メーカーが、トースターに続いて炊飯器に参入しました。

 201701221254.jpg

 炊飯方式は、スチーム炊飯です。

 大きな炊飯器については、他社もIHスチーム炊飯器を出していますが、これとは全くことなる技術です。

 バルミューダの場合、底面ヒーターで発生させた蒸気を内釜に送り込み、直接ご飯を対流させずにご飯を炊飯していく方式となります。これは、強火力による対流を重視する、これまでの炊飯器と180度異なる発想で斬新です。 

 201701221319.jpg

 沸騰温度の維持は、この機種の場合、とある理由から、全く重要視されません。バルミューダデザインによると、火を使う土鍋や羽釜の炊飯では、米は動いていないことを発見したそうです。そして、それを再現するために、スチームで上方から「米を踊らせず炊きあげる」独自方式をあえて採用しています。

 興味深い話です。ただ、読者が注意するべきは、これは、土鍋や羽釜の炊飯との比較であり、各社がしのぎを削っている「かまど炊飯の話ではない」という点です。「かまどご飯」で美味しい「カニ穴」が開くのは、(米はともかく)激しい熱対流が起こる結果であるのは確かです。

 そのため、かまど特有のふっくら甘みのあるご飯の再現性は低いでしょう。

 ただし、お米の粘り気や甘みは控えめで、その代わりにハリとツヤのある堅めのご飯が炊ける炊飯器としては、逆に相当期待がもてます。これ系の味のニーズは世の中に確実にあり、例えば、「お一人様用」のガス火炊飯の小型土鍋を使っている人は、味の傾向が似ているので、この機種は合う好みが合う可能性は高いでしょう。

 Atlasも試食しましたが、独特の食感は、かなり好感が持てました。

201701221317.jpg

 釜の厚みは、現状非公開です。

 ただ、こちらの製品は、沸騰温度を超えないことに主眼を置いているので、この部分は重要ではないでしょう。

 炊飯のメニューは、堅さの炊き分けなどの機能はなく、この方面ではあまり見所はないです。ただし、玄米や炊き込みご飯についてはモード変更が可能です。

 保温も、蒸気構造が災いしてか、機能自体が無く、炊きあげたら、冷凍するか、おひつに入れて保存しないといけません。

 以上、BALMUDA The Gohanの紹介でした。

 独特な味の傾向を持つ炊飯器なので、あまり考えずに選ぶのは「冒険」でしょう。ただ、堅めで、ハリツヤのあるご飯は実際美味しく炊けるので、あまり浸水しない固めのご飯が好きな人には「画期的で相性が格別に良い」といえます。人を選びますが、確実にニーズはあるでしょう。

6・内釜が厚めの中級機の比較

 続いて、やや価格が高めながら、ハイグレードな内釜を装備する、高性能な炊飯器を比較します。


 

 【在庫限り】

 16・TIGER 土鍋IH 炊きたてミニ JKM-G550-T
  ¥21,666 Amazon.co.jp
(4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:土鍋釜 厚さ(5.5mm・5層コート)


 JKM-G550は、タイガーの炊きたてミニ シリーズの高性能炊飯器です。

 炊飯方式は、割と高めの機種ながら、こちらもIH式炊飯です。

 圧力IH炊飯器は、「しゃっきり」「かため」系ご飯がやや苦手ですので、、米のハリや、食感を大事にしたい場合は、あえて圧力をかけないという選択肢は「あり」です。

 201804041629.jpg

 なお、この機種は、「土鍋」の再現を狙った同社の「上位機」になります。そのため、下部のIHヒーターに加えて、3段の側面ヒーターふたヒーターを使った「多段式の全面加熱方式」となっています。

 加えて、上部プレートにも遠赤土鍋プレートを採用しており、全体の熱伝導性を高める独自の工夫もあります。


 201603191446.jpg

 釜の厚みは、最大で5.5mmと、かなり本格的な釜です。

 先ほど書いたように、釜の厚さは、炊飯器のグレードを決める決定的な要素の1つです。また、部材費も高いため、「価格を抑えて提供」するため、格安機では、なるべく薄くすることもある部分です。しかし、このグレード以上だと、そのような要素はなくなっていきます。

 また、こちらの釜は、同社の「プレミア」釜となる「本土釜」になります。「本土釜」とは、素地に土鍋を使い、その上に釉薬など6層のコーティングをした釜を表します。タイガーの最高級炊飯器z完全に「土鍋」なのですが、その技術が応用されたものです。

 土鍋で炊くご飯が美味しいことからの発想で、蓄熱性を高めることで、沸騰温度を持続させる仕組みです。

 201603191453.jpg

 炊飯のメニューは、火加減を4段階に調整できる点が「売り」です。とくに本土釜が可能とする強火力で、おこげご飯が炊ける点が魅力です。

 ただし、圧力IH炊飯器ではないために、ハリのあるご飯は得意な一方、「ふっくら感」「もちもち感」はさほど楽しめなさそうです。なお、こういった感じのご飯が好きな方は、圧力IH炊飯器のほうが良いでしょう。

 保温については、通常以上の機能はないですが、「保温無し」を選択できるのは、地味ですが便利だと思います。

 以上、タイガーの炊飯器の紹介でした。

 沸騰温度を持続させる仕組みはここまで見た機種の中では最高です。一方、このグレードだと「圧力炊飯器」も選択肢にはいりますが、「かためで、粒だった」タイプのご飯が好きな方は、むしろ圧力がないこちらのタイプが合っているかと思います。


 201802191637.jpg

 【2017】

 17・三菱 本炭釜 NJ-SW068-B【黒】  
 17・三菱 本炭釜 NJ-SW068-W【白】
  ¥40,300 Amazon.co.jp (4/4執筆時)  

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:炭炊窯(最大7.5mm)

 こちらは、三菱の炊飯器の3.5合炊きの炊飯器です。他社には少ない四角い形状が同社の炊飯器の特徴で、炊飯器への参入以来続けています。

 201603191703.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

 三菱は、昔ながらの「かまどご飯」の炊飯に圧力はかけないから、「圧力IH炊飯器は不自然」とする、ハッキリした思想を持った会社です。そのため、3合炊きの高級機にも、圧力IH式を採用していません。

 ヒーターは、5段式です。底面に2段配置されたIHのほか、フタと側面にもヒーターを搭載します。「全面加熱」する点で火力はとても強力です。

 201603191732.jpg

 釜の厚みは、最大7.5mmです。

 かまど釜のように底面を厚くすることで、蓄熱性を高めるという発想です。形状的にも丸みを持たせて、かまどで起こる対流を促す要素も見られます。コーティングは炭コートであり、こちらも、遠赤効果を高め、高熱を維持しようという発想があります。

 201804041634.jpg

 炊飯のメニューは、同社のプレミアムモードである芳潤炊きが付属します。また、超音波吸水という、仕込み時に短時間で米に水をたっぷり吸収させることのできる機能も付属しています。米を水に浸しておく時間が短くても、美味しく炊ける仕組みです。

 そのほか、季節に応じた米の水分量をふまえた炊飯も可能です。 

 保温については、「保温無し」と「食べ頃保温」というご飯を通常より低音で保温する仕組みが、三菱の下位機種と同じく採用されています。

 以上、三菱の炊飯器NJ-SWシリーズ の紹介でした。

 最大7.5mmという肉厚な釜が採用されたうえ、また、「全面加熱」する火力で炊きあげるという、美味しいご飯を炊く基本を丁寧になぞった点で、好感が持てる機種です。多少高いですが、買って損をしない炊飯器です。 


 201802191629.jpg  

 【2合炊き】

 18・日立 おひつ御膳 RZ-WS2M ゴールド
 18・日立 おひつ御膳 RZ-WS2M レッド
   ¥23,220 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 【4合炊き】

 18・日立 おひつ御膳 RZ-W4M ゴールド  
 18・日立 おひつ御膳 RZ-WS4M レッド
 ¥40,010 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 炊飯方法:IH炊飯
 内釜:極め羽釜 厚さ最大3.6mm

 つづいて、日立の「おひつ御膳」の紹介です。

 こちらは、2合炊き4合炊きの2モデルがあります。本体色は、ゴールドレッドで、いずれも日立の家電によくみられる「ブランドカラー」です。

 201603191755.jpg

 新しいコンセプトの炊飯器で、図のように、電源部とおひつとが分離できる構造であるために、食卓に持って行きやすいモデルといえます。また、おひつ部は、断熱構造になっており、電源なしで70度で2時間保温可能です。

 炊飯方式は、こちらもIH式炊飯です。

 日立は、圧力IH式の技術も持つ会社ですが、こちらについては、例外的に採用していません。

 アイリスオーヤマの上位機と仕組みが似ていますが、やはり底面加熱に限定されるため、沸騰温度のキープ時間は短いでしょう。スペック上、沸騰時間は98度以上、21分間キープということです。

 201603191756.jpg

 釜の厚みは、最大3.6mmです。

 三菱に比べると多少薄めです。ただ、その分、軽量性を優先し、おひつを持ち運ぶ際の利便性を優先しています。

 炊飯のメニューについても、堅さの炊き分けなどの機能はなく、この方面ではあまり見所はないです。

 以上、日立の「おひつ御膳」の紹介でした。

 電源部とおひつ部を分離できる新構造で、新しいコンセプトを炊飯器に持ち込んだ点で評価したい新製品です。ただ、一方、「ご飯を炊く」という部分では、従来の炊飯器に及ばないという印象です。

 長時間保温機能もないので、一人暮らし・二人暮らしの方のためが「一回で食べきる」場合におすすめしたいモデルですね!その意味でのニーズはあると思いますし、考えられた家電だと思います。

後編に続く!
少量でも美味しく炊ける小型炊飯器は結論的にこの機種!

 というわけで、今日は少量炊きの炊飯器を15機種紹介してきました。

 記事はまだ続きます。

   

 19・象印 南部鉄器極め羽釜 NP-QB06-TZ
  ¥50,799 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 20・象印 南部鉄器極め羽釜 NP-QT06-BZ
   ¥64,500 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 21・パナソニック Jコンセプト SR-JX057-K
   ¥52,173 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 22・長谷園×siroca かまどさん電気 SR-E111
     ¥86,184 Amazon.co.jp (4/4執筆時)

 続く後編こちら)では、 プレミアムな機種を中心に、今回紹介できなかった機種を紹介します。

 また、その上で、ここまで紹介してきた全機種のうちから、価格別・目的別にAtlasがもっともおすすめできる機種を数機種選んでいきたいと思います。

 引き続きよろしくお願いいたします。

 後編記事は→こちら

 最後になりましたが、この前半記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。
posted by Atlas at 17:39 | 炊飯機

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png