Top スキャナー 比較2022'【自炊/仕事】スキャナ36機の性能とおすすめ・選び方:ドキュメントスキャナーほか (2)

2022年09月15日

比較2022'【自炊/仕事】スキャナ36機の性能とおすすめ・選び方:ドキュメントスキャナーほか (2)

【今回レビューする内容】2022年 最新ドキュメントスキャナの性能とおすすめ:富士通 キヤノン エプソン ブラザー

今回のお題
性能の良いA4ドキュメントスキャナーのおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年9月現在、最新のドキュメントスキャナの比較の2回目記事です。

 202105281537.jpg

1・A4ドキュメントスキャナの比較 (1)
 1-1:富士通
 1-2:キヤノン
 1-3:エプソン
2・A4ドキュメントスキャナの比較 (2)
 2-1:ブラザー
 2-2:富士通〈業務用〉
 2-3:エプソン〈業務用〉
3・おすすめA4ドキュメントスキャナ 【結論】
 3-1:キヤノン 〈業務用〉
 3-2:最終的なおすすめ機種の提案

 2回目記事では、ブラザーの入門機ほか、業務用といえる少し高級なスキャナーをいくつか紹介します。

 202109292116.jpg

 なお、ドキュメントスキャナの「選び方の基本」は、1回目記事の冒頭でまとめました。

 そのため、お時間のある方は、1回目記事こちら)からご覧ください。

 よろしくお願いします。

ーーー

 201806251953.jpg

1・ドキュメントスキャナの比較
2・フラットベッドスキャナの比較
3・フィルムスキャナの比較
4・ハンディスキャナの比較
5・ブックスキャナの比較
6・A3対応スキャナの比較

 なお、今回の記事は、このブログ「家電批評モノマニア」の一連のスキャナ記事としては、1回目記事の1つとして書きました。

2-1・ブラザーのスキャナ〈入門機〉

 201807181900.jpg

 はじめに、ブラザードキュメントスキャナの紹介からです。

 同社の背品は、比較的、取込速度が速い機種が多い印象があります。

---

 なお、以下の本文では、いつものように、高評価できる点については赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。


  202206161513.jpg

  Windows 7〜10 Mac 10.14〜12.0

 【2022年】

 17・BROTHER ADS-4300N
  ¥37,001 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【2018年】

 17・BROTHER ADS-2200
  ¥35,700 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:80枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:
自動色判別:カラー・黒・グレー  
接続:USB 有線LAN
収納サイズ:幅299x高さ190x奥行190mm

 ADS-4300Nは、BROTHERの入門用のドキュメントスキャナーです。

 201904281655.jpg

 本機については、旧機種として ADS-2200も残ります

 形状が違うほか、速度が少し遅め(300dpi 35枚/分)で、一度に搭載できる原稿枚数も少ない(50枚)です。

 さらに重送検知機能やLANも省略なので、選ぶならば新機種です。

202206161517.jpg

 スキャン速度は、上表の通りです。

 300dpiの場合、グレースケール・カラー・白黒共に40枚/分です。

 600dpiの場合は、いずれも10枚です。

 いずれも入門機の平均値はクリアします。

 201809131034.jpg

 原稿分離の性能は、結構特殊です。

 本機は、ピックアップローラーを2本の構成にした3本構成にしています。

 構造的に「重送は起こりにくい」と言えます。

 202206161521.jpg

 重送検知機能は、超音波重送検知機能を含め、ScanSnapと同程度です。

 問題ありません。

 202206161527.jpg

 給紙可能枚数は、80枚(80g/m2紙)まで給紙可能です。

 この部分は、入門機に限れば最大級であり、本機の良い部分です。

 rid8gfg-7.png

 画像処理技術は、一方、一般的なレベルです。

 画質を高度に処理する機能、つまり、キャノンのテキストエンハスドモード、EPSONの文字クッキリ機能に類するものはありません。

 傾き補正裏写り除去機能は付くので、ビジネス用には支障がないです。自炊でも状態が良い書類なら問題ないです。

 ただ、古い本や、新聞の切り抜き、コピー原稿などは少し弱いと言えるでしょう。

 ドライバーは、Twain・ISISと、Win用のWIAです。

 202206161551.jpg

 ネットワーク機能は、Wi-Fiはないものの、有線LAN接続に対応します。

 そのため、スマホからも利用できるほか、企業などでは、ネットワーク利用が可能です。

 一方、本体に液晶パネルがないので、サーバーや自分のPCにスキャンデータは送れるものの、設定などはPC端末ほかが必要となります。

 そのほか、USBメモリへの保存に対応できます。

 ブラザーの場合も、指定したEメールに画像を直接発信することもできます。イントラネット常用、ファイル共有にも便利です。

   201805181224.jpg

 クラウド連携も、対応します。

 FacebookなどのSNSや、Evernote・ドロップボックス・Googleドライブ・One Driveどのオンラインストレージサービスにアップロードできます。

 ただ、本機については、PCを介さないと、クラウドに転送できない使用です。

 スタンドアロンで利用したい場合は、次に見る、液晶を装備する上位機が必要です。

 201802031231.jpg

 スマホ・タブレットでの利用は、Brother iPrint&Scanという、自社製の無料アプリを利用します。AndroidとiOS双方ともに対応します。

---

 以上、ブラザーのADS-2200の紹介でした。

 他社の入門機と較べる場合、やはり「原稿搭載量の多さ」が魅力です。書籍の「自炊」をするような方には、この分だけでも「魅力」でしょう。

 厚みで原稿分離がどうなのかは、多少「実験」は必要なので試したら補記するかと思います。ただ、構造自体変えているので、問題ないと思います。

 搬送系も面白い構造のローラーを採用するなど特長があります。


 202206161541.jpg

  Windows 7〜10 Mac 10.14〜12.0

 【2022年発売】

 18・BROTHER ADS-4700W
  ¥47,500 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【2016年発売】

 18・BROTHER ADS-2800W
  ¥36,182 Amazon.co.jp
(9/15執筆時) 

センサー:CIS
原稿枚数:80枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:
自動色判別:カラー・黒・グレー  
接続:USB 有線LAN Wi-Fi
収納サイズ:幅299x高さ190x奥行215mm

 DS-4700Wは、先ほどみたADS-2200の上級製品で、同社の中位機になります。

 202206161626.jpg

 本機についても旧機種があります。

 下位機種の場合と違い、旧機種でも超音波による重送検知機能は搭載です。

 ただ、2016年モデルなので搬送部分のローラーが旧式です。

 白黒600dpiの取り込みが新機種より速い(24枚/分)部分はありますが、スタッツできる原稿料も50枚です。

--

 結論的にいえば、今選ぶならば、新機種でしょう。

202206161517.jpg

 スキャン速度は、1つ上でみた下位機種と同じです。

 原稿分離の性能重送検知機能も、同じです。

 202206161550.jpg

 異なるのは、Wi-Fiと4.3型のタッチ式液晶パネルを装備する部分です。

 下位機種でも有線LANは装備するので、できることはだいたい同じです。

 ただ、液晶パネルを利用しての設定で、本機だけでスキャン作業が簡潔できる利便性があります。

  202206161612.jpg

 クラウド連携も、下位機種同様の対応幅です。

 一方、下位機種と違って、PCを介さずに直接アップロードできます。

 仕組みはエプソンの対応機と同じで、ブラザーの用意するクラウド(ブラザークラウド)のアカウントを取得し、それを経由して、各サービスと連携、転送していく方法です。 

 その他の部分は、(企業向けの話として)Microsoft SharePoint Serverに対応する部分以外、下位機種と違いはないです。

---

 以上、ブラザーADS-4700Wの紹介でした。

 企業向けの使用ですが、高度にクラウド運用を行っている方は選択肢にできそうな機種です。

 ScanSnapも強いので比較は必要ですが、先述のように、80枚までスタッツできる利便性もあるので、その部分で便利に感じます。

 最終的な「おすすめ」は、記事の最後に改めて考えてみます。


 202206161541.jpg

  Windows 7〜10 Mac 10.14〜12.0

 【2022年発売】

 19・BROTHER ADS-4900W
  ¥76,236 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【2016年発売】

 19・BROTHER ADS-3600W
  ¥49,400 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:100枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:
自動色判別:カラー・黒・グレー  
接続:USB 有線LAN Wi-Fi
収納サイズ:幅300x高さ236x奥行236mm

 DS-4700Wは、ブラザーのドキュメントスキャナの最上位機です。

 こちらも旧機種が残ります。

 違いは、中位機の場合と同じで、搬送部分のローラーが旧式で、原稿の搭載枚数が50枚と少ない部分です。

 その代わり、600dpiでの取り込みが新機種より速い(24枚/分)のですが、底に注目するならば他社機もありますし、今選ぶならば新機種でしょう。

 202206161629.jpg

 スキャン速度は、中位機と比較する場合のポイントです。

 値段は、後ほどみるPFUエプソンの高速機と同じほどですので、そちらとの速度面の比較は必要です。

 ただ、後発の利点もあって、とくに300dpiの通常解像度における速度はかなり速いです。

 202206161633.jpg

 加えて、搭載原稿枚数も、100枚です。

 この部分にこだわりを持った企業はこれまでになく、目の付けどころの良さを感じます。

 自炊用途で、(液晶パネルは不要と思う人でも)ここに魅力を感じる人は多そうです。

 その他の部分は、基本的に、1つ上でみた、同社の中位機と同じです。

---

 以上、ブラザーのDS-4700Wの紹介でした。 

 値段的に、高解像度(600dpi)で速度はもう少し欲しい部分はありますが、普通に300dpiで取り込めばよい「仕事用」としては、超高速です。

 一度に処理できる原稿搭載枚数も多いので、仕事で100枚近い原稿を一度に処理するような方には、本機の導入効果は特に高いでしょう。

ーーー

 202206161719.jpg

 【2018年発売】

 19'・BROTHER ADS-1700W
  ¥27,600 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:20枚まで
重送検知:長さ検出
原稿保護:
自動色判別:カラー・黒・グレー  
接続:USB Wi-Fi
収納サイズ:幅300x高さ83x奥行103mm

 なお、ブラザーからは、「コンパクトスキャナ」として、ADS-1700Wの発売もあります。

202206161739.jpg

 ScanSnapにもみられた小型機で、そちらよりは多少大きいですが、デスクで邪魔になりにくい、品です。

 202206161726.jpg

 速度面では、ただ、(相当表記を除いた後の)ScanSnapの新型に及びません

 202206161730.jpg

 また、ScanSnap同様に、超音波重送検知に対応できない上で、下校分離がローラーと分離片を使う旧式なので、個人的にはあまり魅力は感じません。

2-2・PFUのスキャナ〈業務用〉

202109292131.jpg

 続いて、PFU(富士通→リコー)のスキャンスナップの業務用です。

 今まで見てきた入門機は、ビジネス向けの個人用、あるいは、家庭用(自炊など)として主に売れている機種です。

 速度面ほか、機能面で、多人数利用に向く機種が主です。

 ただ、冒頭で少し書いた、重送対策をふくめて、先端機能がいくつか見られるので、「未来の家庭用スキャナ」がどうなるのかという部分で、一般ユーザーも見ておいて損はないかと思います。


 202001232001.jpg

 【2019年】

 Windows 7〜11 Mac 10.12〜12.0

 20・富士通 A4両面カラースキャナ fi-800R
  ¥54,689 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:20枚まで
重送検知:超音波/アクティプレス
原稿保護:自動スキュー補正
自動色判別:カラー・黒・グレー
接続:USB
収納サイズ:幅296x高さ83x奥行105mm

  fi-800Rも、富士通のビジネス用スキャナーです。

 本機は、高額な製品ですが、結構面白い機能があります。

 202001232008.jpg

 本機は、省スペース設計を最重要視した製品です。

 ホテルや開業医の受付など、設置スペースがほぼない場所で、ある程度高速に使いたい場合を想定した機種です。

 202001232010.jpg

 方式としては、キヤノンの下位機のように、Uターン構造にすることで設置スペースの節約を図っています。

 また、パスポートなどの読み取りに利用するために、1.3mm以下の原稿のリターンスキャンも対応です。これは、使い方によっては、事業者などは便利でしょう。

 202109301433.jpg

 スキャン速度は、上表のようになります。

 300dpiならば、白黒・グレースケール・カラーともに実用上問題ないです。

 小型の業務用ですし、600dpiはあまり関係ないでしょう。

 202109301435.jpg

 なお、リターンスキャンの場合は、読み取り速度はもちろん異なります。

 202001232013.jpg

 原稿分離の性能の部分もユニークです。

 本機は、資料が傾いていた場合、(物理的に)1枚ずつ勝手に傾きを直す自動スキュー補正とが付属します。

 202001232025.jpg

 さらに、原稿の厚みを判定して原稿に圧力をかけてしっかり分離させる「アクティブプレス構造」を取ります。

 しっかり原稿を揃えて入れればこと足りる自炊には「オーバースペック」気味ですが、 混在する書類を(適当に)スキャンしていくような仕事にはかなり便利でしょう。

 重送検知機能は、超音波重送検知機能を含めて付属します。

 給紙可能枚数は、ただしさほど重視されず、20枚(80g/m2紙)です。

 202001232027.jpg

 原稿自動判別機能は、相当高度です。

 本機のドライバソフトであるPaperStream IPは、色ではなくレイアウトを判断して、自動で、あらかじめ指定した読み取り値を取らせることが可能です。

 また、顔認識機能を使った身分証表裏判別機能など、ニッチな機能も目白押しです。

  202001232034.jpg

 画像処理技術は、PaperStream IPというサポートソフトが利用できます。

 「自炊」ユーザーに興味深い技術としては、高度な白黒二値化に対応する部分です。

 地色や地紋の除去や、ゴミ取り、文字の太さなどを、OCRにかける前に、自動で最適化できます。

 相当状態の悪い原稿をテキストデータにする際には、高機能です。

 202001232037.jpg

  これらの技術は「アドバンスドクリーンアップテクノロジー」と総称していますが、結構な技術革新だと思います。

 処理ソフトは、有償上位版の「 PaperStream Capture Pro ScanStation(WG)」もありますが、こちらだけでも欠航できることは多いです。

 搭載されるセンサーは、一般的なCISです。

 202203141239.jpg

 ドライバーは、こちらもTwainとISISに対応します。

 なお、富士通はMac用とLinux用のドライバーを業務用でも提供しています。

 先述のPaperStream IPのフル機能が利用できるわけではないですが、実用性はあります。違いは(富士通のサイト)で確認できます。

 ネットワーク機能は、この機種には付属しません

---

 以上、富士通fi-800Rの紹介でした。

 個人で手に入るレベルの製品では、久しぶりの「技術革新」を感じられる製品でした。

 ソフト面の進化と、搬送部分のハードと両面に進化があるため、業務などで、様々な原稿をスキャンする必要がある場合、選択肢になるでしょう。

 個人的には、かなり優れる斜行補正性能が、自炊向けといえるドキュメントスキャナにも応用されて欲しいように思いました。 


 202203141142.jpg

 【2022年2月発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜12.0

 【上位機種】

 21・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8190
  ¥169,400 楽天市場 (9/15執筆時)

 【中位機種】

 22・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8170
  ¥114,946 楽天市場 (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:100枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:音+画像監視
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB 有線LAN
収納サイズ:幅300x高さ163x奥行170mm

 fi-8190などは、2022年に発売された、新しい業務用グレードのスキャナです。

 202203141144.jpg

 本体サイズは、幅300x高さ163x奥行170mmです。

 収納時はデスクトップにも置けそうです。

 ScanSnapの入門機に比べて過度に差があるわけではないです。

 スキャン速度は、上位機種と下位機種で異なります。

  202203141154.jpg

 上位機種の場合はこの数字です。

  202203141155.jpg

 中位機種は、こちらです。

 他社と比べても、10万円台前半、10万円台後半のクラスでは、いずれの場合も最高水準です。

 とくに、600dpiの速度は、上位機・中位機でも変わらないので、そもそも高解像度中心に使うだろう方は、中位機はとくにお買得かと思います。

 重送検知機能は、超音波重送検知機能は搭載です。

 その上で、注目するべき独自機能が2つあります。

202203141159.jpg

 第1に、 音検知機能です。

 ホチキスなどを取り忘れていた場合に、独特の紙詰音を検知して止める機能です(iSOP)。

  202203141211.jpg

 第2に、 画像監視機能です。

 取り込み書類の画像から傾きを検知し、「許容水準」を超えた場合、取り込みを止める機能です。

 エプソンの「原稿保護機能」に相当するものですが、ホチキス留めに限らず検知する点では、より優れます。

 また、重送検知について、シールなどがなされていても、誤検知しないことも売りにします。

 202203141219.jpg

 原稿分離の性能も、高度です。

 左右のローラーを独立して動かす構造にすることで、画像的な補整で直せる水準であるが、搬送を止めるまでもない「許容水準」の原稿について、2枚目の傾きを物理的に是正しつつ取り込みます。

 これは、大量処理したことがある経験者ならば、多くのかたが「かなり実用的」と思えるでしょう。

 なお、本機はかなり高速な機種ですが、高速でもしっかり紙を分離できるように、自動トルク制御も備えます。 

 給紙可能枚数は、100枚(80g/m2紙)です。

 202203141228.jpg

 原稿自動判別機能は、白黒・カラーのみ判別可能です。

 サイズ面では、サイズ混在原稿の判別に対応するほか、プラスチックカードや、7mmまでならばパスポートなどもスキャン可能です。

 カード用に、スタッカーサポーターもついていて、気が利きます。

 搭載されるセンサーは、CISです。

 CCD版が出るかは今のところ不明ですが、出ないような気がします。

 202203141231.jpg

 画像処理技術は、本機もPaperStream IPが利用可能です。

 ドライバーは、TwainとISISに対応します。

202203141233.jpg

 ネットワーク機能は、本機については、Wi-Fiは未対応ですが、有線LANに対応します。

 操作については、液晶パネルが利用できます。

 保証期間は、5年です。

---

 以上、富士通FI-8190などの紹介でした。

 10万円代の業務用グレード機の新しいスタンダードモデルと言えます。

 大量の原稿処理を高速にしたい場合、速度面ほか、高度な原稿保護機能の部分で力強いです。

 一方、自炊上級者について言えば、ガラス汚れ検知がある分、中位機種を含めて、エプソン系のほうが実用度は高いでしょう。

 狙っているターゲット層が違うのでもちろん、本機の仕様はこれで問題ありません。

ーーー

 202203141309.jpg

 【2022年2月発売】

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜12.0

 【下位機種】

 23・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8150
  ¥96,799 楽天市場 (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:100枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:画像監視
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB 有線LAN
収納サイズ:幅300x高さ163x奥行170mm

 本機は、 fi-8150という下位機種があります。

 こちらについては、原稿保護機能について、音検知がなく「画像監視」のみです。

 202203141316.jpg

 速度についても、全体的に遅くなります。

 そのほか、液晶パネルがない部分などが差です。

 いずれにしても、強力な「原稿保護機能」が売りである機種ですから、値段差をふまえても先ほどみた中位機種が良いでしょう。

ーーー

 202203141324.jpg

 【2022年2月発売】

 Windows 7〜11

 【上位機種】

 24・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8290
  ¥266,200 楽天市場 (9/15執筆時)

 【中位機種】

 25・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8270
  ¥169,400 楽天市場 (9/15執筆時)

 【下位機種】

 26・富士通 A4両面カラースキャナ fi-8250
  ¥145,200 楽天市場 (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:100枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:音+画像監視
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB 有線LAN
収納サイズ:幅300x高さ577x奥行234mm
※ fi-8290のスペック

 また、フラッドベッドが付属する機種も同時に展開がはじまりました。

 こちらについては、ドキュメントスキャナとしての部分は、ここまでみた上位機・中位機・下位機と性能は同じです。

 ただ、フラッドベッド部分のドライバがないためか、Macは非対応です。

 202203141327.jpg  

 フラッドベッド部分は、ただ、【フィルムスキャナの比較記事】でみたような、CCDを採用する単品製品などと比べると、解像度や仕上がりの品質が落ちます。

 202203141330.jpg

 また、カバーをしなくてもスキャンができる仕様ながら、本など、厚みのある原稿は、【ブックスキャナの比較記事】で書いたような製品に、利便性で負けます。

 むろん「業務用」としては問題ないのですが、個人的には、この2つのスキャナは用途性が異なるので、別々に2機種もっていた方が良い感じはします。


 201512201523.jpg

 【2013年発売】(後継機あり)

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜12.0

 【上位機種】FI-7160B

 27・富士通 A4両面カラースキャナ fi-7180
  ¥136,390 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【下位機種】FI-7160B

 28・富士通 A4両面カラースキャナ fi-7160
  ¥106,499 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CCD
原稿枚数:80枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:音検知+長さ
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB
収納サイズ:幅300x高さ163x奥行170mm

  fi-7180は、1つ上でみたモデルの「旧機種」にあたるものです。

 2021年まで「業務用グレードのスタンダード機」だったのが、これらの製品です。

 202109301440.jpg

 202109301442.jpg

 スキャン速度は、上表の通りです.

 新機種と比べると、下位機種の600dpiの取り込み速度は遅めです。

 原稿分離の性能重送検知機能は、重送検知こそ搭載です。

 異常音を検知して、ホチキスの取り忘れを検知する仕組みも、斜行の自動修正機能もあります。

 ただ、画像監視機能は不採用で、長さ(原稿検知センサー)で検知する仕組みなので、新機種のほうが高度でしょう。

 給紙可能枚数も、80枚(80g/m2紙)と少なめです。

 原稿自動判別機能は、白黒・カラーのみ判別可能です。

 201805181235.jpg

 搭載されるセンサーは、CCDタイプのセンサーを使っています。

 据え置き型の(フラットベッド)スキャナの場合、CCDセンサーは、本などの凹凸のある厚物が得意です。

 そのため、CCDはCISよりも「高級機」という位置づけです。

 しかし、ドキュメントスキャナーの場合は、薄っぺらい原稿を差すだけなので、CCDのメリット性は少ないと言われています。そのため、富士通のScanSnapを含めて最新型のドキュメントスキャナは、全てCISを採用します。

 ただし、カラー原稿の場合はCCDが優位です。

 というのも、CISは読み取り時の反射光の影響を受けることがあるからです。

 昔のScanSnapはCCDタイプだったこともあり、カラーをきれいに取り込みたい古くからのユーザーは、その点でこの機種を選ぶこともあります。

 201805181228.jpg

 画像処理技術は、新機種同様の構成です。

 ドライバーは、こちらもTwainとISISに対応します。

 ネットワーク機能は、本機についてはUSB接続のみです。

 液晶パネルも未付属です。

---

 以上、富士通fi-7180の紹介でした。

 自炊用としては「カラーに強いCCD採用」という一点のみでオススメできる機種です。

 その他の部分は値段ほどの機能差がある機種ではないため、例えば、コミックの表紙や挿絵だけカラーの場合などは、あえて、この部分を重要視せずとも良いでしょう。


 202001231948.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜12.0

 【2018年】 【下位機種の改良型】

 29・富士通 A4両面カラースキャナ fi-7300NX
  ¥121,000 楽天市場 (9/15執筆時)

センサー:CCD
原稿枚数:80枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB・Wi-Fi・LAN
収納サイズ:幅300x高さ170x奥行202mm

 fi-7300NXも、富士通(PFU)の製品です。

 202109301442.jpg

 2018年に発売されたものですが、読み取り性能は fi-7160と同等なのでそれの改良機と言えます。

 202001231956.jpg

 性能部分では、かなり大きめの4.7インチのタッチパネルを装備させ、さらに、有線・無線LANを備えることで、ネットワーク機能の部分を強化した点が見どころです。

 そのほかICカードによる、セキュアな認証に対応させた部分、用紙分離をしない手差しモードを備えた点が相違点です。

---

 以上、富士通のfi-7300NXの紹介でした。

 結論的にいえば、本機は、法人向けの相当特殊な仕様の製品です。買われる場合は、しっかり(方針としての)PDFを通して導入するべきものです。


  202008071213.jpg

 Windows 7〜11 Mac 10.14〜12.0

 【2020年】

 30・富士通 PFU FI-N7100E
  ¥185,537 楽天市場 (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:50枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:
自動色判別:カラー・黒・グレー
接続:USB・Wi-Fi・LAN
収納サイズ:幅300x高さ172x奥行232mm

 FI-N7100Eは、2020年に登場したPFUの新機種です。

 202008071300.jpg

 性能部分では、本機の場合「本格的スクリーン」と言って良いだろう、8.4インチ XGA解像度のタッチパネルを装備します。

 202008071304.jpg

 画像確認もできるので、ほぼ「スタンドアロン」で読み取りできます。

 本機自体にメモリーはないのですが、他のWi-Fi機と同じで、指定したPCほかのドライブへの保存、Eメール・FAX・印刷などが選択できます。

 202109301448.jpg

 スキャン速度は、上表の通りです。

 値段は高い製品ですが、読み取り速度については、値段からすると重視していない製品です。

 搭載されるセンサーも、一般的なCISセンサーとなります。

 原稿分離の性能や、重送検知機能は、超音波重送検知機能を含めて、下位シリーズと同じです。

 給紙可能枚数も、50枚(80g/m2紙)までです。

 原稿自動判別機能は、白黒・カラー・グレースケールの判別が可能です。

 判別の際の感度も設定できるため、定型書類を処理することの多い業務用には良いでしょう。

 202008071253.jpg

 画像処理技術は、一方、割と面白い部分もあります。

 白黒2値化について、感度調整のほか、背面が白になるような背景処理の閾値が設定できます。

 202008071256.jpg

 このほか、二値については読み取り時の線の太さカスレ補正ノイズ除去、なども搭載スクリーンで設定ができるため、この部分は、かなり便利です。

 さらに、汚れによるスキャン中の縦筋の軽減機能もあるので、二値読み取りについては、一般的な自炊用としてもニーズがある方がいるでしょう。

---

 以上、富士通のFI-N7100Eの紹介でした。

 基本的に無料提供されるSDKを使って、企業での特定業務にあわせてカスタマイズして利用する製品です。

 ただ、白黒2値の補正・設定面でかなり性能がよさそうです。

 そのため、個人的には、裏移りがあるような、相当状態の悪い昔の「論文コピー」などを読み取るのに、何かしら使えないか(一瞬)考えました。

 もちろん、読み取り速度の遅さはネックとなるので、こうした技術が下位機種に降りてくることを、願いたいと思います。

2-3・エプソンのスキャナ〈業務用〉

 201807181837.jpg

 つづいて、エプソンの業務用ドキュメントスキャナーの紹介です。


 202112251450.jpg

 Windows XP〜11 Mac 10.6〜12.0

 【2021年】

 30・EPSON DS-790WN
  ¥80,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【2019年】

 31・EPSON DS-780N
  ¥77,631 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:50枚まで
重送検知:超音波式
原稿保護:ホチキス/ガラス汚れ検知
自動色判別:カラー/黒・カラー/グレー
接続:USB・Wi-Fi  
収納サイズ:幅296x高さ176x奥行169mm

 EPSON DS-790WN は、エプソンのドキュメントスキャナです。

 202112251504.jpg

 業務用グレードの「エントリークラス」といえる製品ですが、個人向けでも本の自炊ユーザーの上位モデルとも言えそうです。

202001231815.jpg

 本機の、旧機種としてDS-780Nが残ります。

 新機種(写真)と比べると、液晶パネル小さめであるほか、後述する、PCレスでのスキャンデータのアップロードに非対応です。

 また、カラー・モノクロ・グレーの識別に非対応です。加えて、発売時期の関係で、下位機種にある、「原稿保護機能」ガラス汚れ検知が未搭載で、単純な重送検知のみの仕様です。

 結論的にいえば、仕事用にせよ、自炊用にせよ、新機種が良いかと思います。

 202109301253.jpg

 スキャン速度は、値段相応に速いです。

 300dpiは、先ほどみたブラザーの新機種には負けますが、十分に高速です。

 600dpiも、同様です。

 白黒については、400dpiの設定ができるので、20枚/40面前後は(理論上)いくので、OCR処理をする場合も大きな問題にはならないでしょう。

 202011161018.jpg

 原稿分離の性能重送検知機能は、もちろん搭載です。

 前半でみた、同社の入門機と同じで、「原稿保護機能」ガラス汚れ検知が搭載です。

 既にみたように、富士通の業務用には、より強力な原稿保護機能がありますが、「ガラス汚れ検知」の部分は引き続き本機の売りでしょう。

 本の自炊にはこの部分がかなり重要です。

 給紙可能枚数は、100枚(80g/m2紙)まで給紙可能です。

 下位機種と同様ですが、十分です。

 202112251529.jpg

 原稿自動判別機能は、一方、カラー・グレー・モノクロの自動判別にも対応します。

 下位機種同様に、2種の自動判別にもできますので、利便性は高いです。

 搭載されるセンサーは、本機も、CISセンサーです。

 201904281751.jpg

 画像処理技術は、先述のように、エプソンの能力は引き続き高いです。

 ドライバーは、TwainとiSISに対応になります。

 Windows用ほか、Mac用のドライバーもあります。

 202203141341.jpg

 Mac用でも、一部、(マルチドロップアウトカラーとマルチ色強調)を除けば、機能制限もほぼないので、問題ありません。

 なお、ドロップアウトカラーと色強調はMacでも対応できます。

   202112251507.jpg

 ネットワーク機能は、本機は、Wi-Fi・有線LAN接続に対応します。

 その上で、4.3型のタッチパネルを装備します。

 ScanSnapと同じサイズで、この部分で「並び立つ」製品と言えるでしょう。

202112251513.jpg

 クラウド連携は、本機も充実します。

 大きな液晶画面を活かして、PCを介在させずに、クラウドやサーバーなどへのアップロードが可能です。

 エプソンは、従来、この部分が弱かったのですが、改善しています。

 202112251515.jpg

 クラウドへの直接アップロードは、DropBox Google Drive OneDrive Evernoteなど主要サービスに対応します。

 基本的な仕組みは、富士通と同じです。

 Epson Coneectというエプソンのクラウドサービスに一括アップロードし、そちらの連携設定で 飛ばす仕組みです。PCレスでアップロードまで処理できます。

 おなじく、Epson Coneect経由で、スキャンデータのメール転送も可能です。

---

 以上、エプソンの DS-790WN の紹介でした。

 家庭用(自炊)に使うには、下位機種と比べて速度部分のメリット性に止まるため、すこしコスパは低いでしょう。

 ただ、高いクラウド対応力を持つ点で、業務用(仕事用)としては高度です。

 ScanSnap iX1600し比較する場合、速度ほか、重送検知・用紙保護・ガラス汚れ検知などのハード面、汎用ドライバーの採用、画像処理機能などソフト面ともに、本機の方が優秀です。

 ただ、ScanSnapと比べると、業務用サービス部分の個性はあまりないと言えます。

 この部分を含めて、最終的な「おすすめ」は記事の最後で改めて考えたいと思います。


 201904281711.jpg

 【2019年】

 Windows XP〜11 Mac 10.6〜12

 【上位機種】

 32・EPSON スキャナー DS-970
  ¥108,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【下位機種】

 33・EPSON スキャナー DS-870
  ¥110,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

センサー:CIS
原稿枚数:100枚まで
重送検知:超音波
原稿保護:ホチキス/ガラス汚れ検知
自動色判別:カラー・モノクロのみ
接続:USB
収納サイズ:幅296x高さ217x奥行212mm

 DS-870DS-970は、エプソンが2019年に出した上位機です。

 「業務用の入門機」扱いですが、家庭用の「ちょっと速い機種」として、人気が出そうです。

 スキャン速度は、下位機種と上位機種で異なります。

 202109301502.jpg  

 上位機種は、300dpiで取り込む場合は、速度的に富士通の上位機に匹敵しており「最高水準」です。。

 クオリティを重視して600dpiで取り込む場合、エプソンは業務用も実測値を出しません

 ただ、ラインごとの読み取り速度の数値から換算すると、上記のような速度です。ただ、転送・処理時間を含めると、数値は前後するでしょうが、実用性はあります。

 OCRの利用に足る400dpiも設定できるため、その部分でも問題ないです。

 202109301505.jpg

 下位機種は、数字は少し落ちますが、それでも、他社機と比べても十分に優秀です。

 ただ、キヤノンの最上位機とだいたい同水準ですので、この部分だけで言えば、価格は少し高めではあります。

201904281747.jpg

 原稿分離の性能重送検知機能は、搭載です。

 もちろん、同社の下位機種でみられた、ホチキスの取り忘れを検知する「原稿保護機能」と「ガラス汚れ検知機能」も搭載です。

 給紙可能枚数は、100枚(80g/m2紙)まで給紙可能です。

 かなり多めですから、利用は便利でしょう。

 原稿自動判別機能は、注意が必要です。

 下位機種の場合と異なり、本機は、カラー・モノクロのみの自動判別機能だからです。

 搭載されるセンサーは、CISセンサーです。

 201904281751.jpg

 画像処理技術は、エプソンの家庭用下位機種と同じ水準です。

 とはいえ、先述のように、「文字くっきり機能」など、使い勝手は、キャノンと共に業界トップ水準であり、問題を感じません。

 ドライバーは、TwainとiSISに対応になります。

 201904281753.jpg

 ネットワーク機能は、この機種の弱い部分で、Wi-Fi機能が省略されています。

 液晶画面が付きますが、これは、設定用に利用するだけのものです。

 201904281755.jpg

  EPSON DSBXNW1
  ¥21,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 正確には、エプソンの場合、別売のネットワークユニットで、社内LANにつなげることは可能です。

 なお、この機種も長尺原稿が取り扱えます

---

 以上、エプソンのDS-870DS-970の紹介でした。

 ある程度「速度のある上位機に買い替えたい!」と思っている、自炊上級者には、上位機種は良い選択肢でしょう。

 問題は価格ですが、予算程度の効果は期待できるので、買って損はないと思います。

次回につづく!
おすすめなドキュメントスキャナは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、ドキュメントスキャナの比較の2回目記事でした。

 しかし、記事は、もう少しだけ続きます。

  202001231800.jpg

1・A4ドキュメントスキャナの比較 (1)
 1-1:富士通
 1-2:キヤノン
 1-3:エプソン
2・A4ドキュメントスキャナの比較 (2)
 2-1:ブラザー
 2-2:富士通〈業務用〉
 2-3:エプソン〈業務用〉
3・おすすめA4ドキュメントスキャナ 【結論】
 3-1:キヤノン 〈業務用〉
 3-2:最終的なおすすめ機種の提案

速度(仕事時) ★★★★★
速度(自炊時) ★★★★★
画質調整    ★★★★★
重送のしにくさ ★★★★★
色の自動判別  ★★★★★
クラウド対応  ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 続く、3回目記事こちら)では、最後に残してしまった、キヤノンの業務用を確認します。

 その上で、目的別・予算別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 3回目記事は→こちら

posted by Atlas at 19:10 | スキャナー

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png