比較2018' 目に優しい!液晶ディスプレイ20機の性能とおすすめ(2)【24.1インチ 25インチ】:WindowsとMac/疲れにくいPCモニター、仕事、動画・ゲーム向けIPS LED液晶ディスプレイの口コミ・機能の違い・ランキング

2018年01月13日

比較2018' 目に優しい!液晶ディスプレイ20機の性能とおすすめ(2)【24.1インチ 25インチ】:WindowsとMac/疲れにくいPCモニター、仕事、動画・ゲーム向けIPS LED液晶ディスプレイの口コミ・機能の違い・ランキング

今回レビューする製品 2017-2018年 目の疲れない24.1インチ液晶ディスプレイの価格・性能・おすすめ 23.8インチ ナナオ EIZO FlexScan EV2456 EV2455 ColorEdge CS2420-BK ASUS VS24AHL IIYAMA ProLiteXB2485WSU-B3 Philips 25型ワイド液晶ディスプレイ 257E7QDSB/11 258B6QUEB/11 LG 25UM58-P 25インチ カラーマネジメントモニター・ウルトラワイドモニターなど

今回のお題
目に優しい24インチサイズのPC用液晶ディスプレイのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日はパソコン用モニターの比較です。

 なお、このブログ「モノマニア」では、ディスプレイについて、以下のような記事を書いてきました。

第1回・27インチの液晶モニタ
第2回・
24インチの液晶モニタ

第3回・
23インチの液晶モニタ

第4回・
21インチの液晶モニタ

 今回は【第2回目記事】です。

  24.1インチと25インチの中型ディスプレイを比較します。このブログでは、大型モニターは27インチと合わせて20機紹介できました。

第5回・4K5K解像度の液晶モニタ   
第6回・タッチパネル式モニタ
第7回・ゲーム向けの液晶モニタ
第8回・Mac向けの液晶モニタ
第9回・液晶モニターの選び方【まとめ】

 ただ、24.1インチでも、高解像度のモニタータッチパネル式モニターMac向けのモニター、ゲーム向けのモニターについては別に記事があります。

 申し訳ございませんが、上のリンクから、それらをご覧ください。

ーー

 というわけで、具体的な話を始めます。

 以下では、具体的な商品をいくつか紹介し、最後に「Atlasのオススメ機種」を提案するといういつもの形式で書いていきます。

目に優しいディスプレイの選び方

 さて、モニターを十数種類買い換えてきたAtlasの経験上、「目に優しいモニター」を選ぶためには、以下の3つの基本をおさえることが重要です。

ーー

1・適切なサイズのモニターを選ぶ

 第1に、画面の大きさです。

 仕事の効率を考える場合、「大画面」のモニターというのは大きな魅力があります。しかし、良いことばかりでもなく、目線を移動させる回数が増えるために、眼精疲労が増加します。

 そのため、25インチモニターならば75cm以上24.1インチモニターなら70cm以上目からモニターの距離を確保してください。

 なお、一般的な事務机より奥行のない机をお使いならば、【こちら】で紹介したワンサイズ小さな23インチが適当でしょう。

2・スタンドの性能の良いものを選ぶ

 第2に、モニタースタンドの性能です。

 スタンドについては、モニターを選ぶ際に、軽視されがちです。しかし、「目の疲れ」に大きく影響する要素です。

 201411061749.jpg

 図のように、モニターと目線は水平にするのが、目が最も疲れない配置です。実際は、もう少し崩れた体勢でみなさんはモニターを眺めるでしょう。

 そのため、モニターアームの角度や高さが柔軟に調整できるモデルを選ぶことが大切です。

3・目に優しい液晶パネルを選ぶ

 第3に、液晶パネルの品質です。

 液晶は、VAパネルTNパネルと、IPSパネルという3種類の液晶方式が主流です。


 scrogeen-capture-2.png

 このうち、もっとも「目に優しい」といえるのは、IPSパネルです。IPS液晶は、視野角が広いので、色味やコントラストが画面を見る角度が変わっても変わらないからです。 また、コントラスト比も高く、動画表示なども得意ですから、高級な液晶テレビでも採用されています。  

 IPSパネルは、高級な液晶テレビでも採用されるものです。コントラスト比も高く、動画表示なども得意です。

 TNパネルやVAパネルは、IPSに較べると安いのですが、視野角が狭く、表示品質も悪いです。

 なお、IPSパネルは、大量生産効果で昔よりかなり価格が下落していますい。そのため、IPSパネル以外ををわざわざ選ぶ選択肢は基本的にはあり得ないでしょう。

 とはいえ、デンキヤで実物を見ても、どれがIPSパネルなのか、そうでないかが分かりません。そこで、以下の記事では、それぞれの機種がIPSパネルかどうか必ず言及しながらレビューします。

ーーーー

 基本的にこの3点に注意すれば、「目に優しいモニター」は選べます。

 他にも画面の加工法(光沢・非光沢)や、画像調整機能など重要視したい項目はありますが、それらは、各機種を解説する中で、説明していきたいと思います。

24.1インチモニターの紹介

 最初に24.1インチのモニターを紹介していきます。

 201801131824.jpg

 本体サイズは、高さ40cm×横幅62cmほど設置に必要な27インチに比べると、24.1型は、高さ39cm×横幅56cmほどですから、幅か狭く設置しやすいモデルです。

 画面領域は、一方、16:10の比と縦長です。そのため、16:9の比の一般的なゲームなどをフルスクリーン表示すると歪みます。逆に、縦長なので、ワープロソフト(Word)など上下に長いアプリケーションが使いやすい画面サイズです。

 こうした点からこのサイズは、どちらかと言えば、ゲームに向いたようなモデルは少なくビジネス用のモニターが中心になります。ゲームをやる方は、次に紹介する25インチ27インチが良いでしょう。


  

 【ブラック】

 14・EIZO FlexScan EV2456-RBK
   ¥52,800 Amazon.co.jp (1/13執筆時)

 【グレイ】
 14・EIZO FlexScan EV2456-RWT  

  ¥53,316 Amazon.co.jp
(1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:350 cd/m2
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: DVI-D DisplayPort D-Sub HDMI ×1
 スタンド:上下左右高さ調節【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(1w×2)
 保証期間:5年

 目の優しさ ★★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★

 EV2456-RBK は、日本における高級ディスプレイメーカーの草分け的存在EIZO(ナナオ)の製品です。こちらは、「目の疲れ」「目の優しさ」についてかなり考えられている製品です。ブラックグレイの2色展開で、1番の機種の上位機種にあたります。

 ブラウン管の頃からナナオは国産高品質のモニターを出すことで有名でした。しかし、液晶モニター全盛時代になっても、その高品質は健在です。

 液晶の品質は、「目に優しい」IPSパネル・LEDバックライトの採用・ノングレア方式という「目の疲れの軽減」において重要な基本をしっかり押さえています。 

 その上で、この機種は、次のような「目の疲れ」を軽減する機能を押さえます。

 201701192151.jpg

 第1に、低輝度に調光したときに発生する「ちらつき」を防止する機能EyeCare調光)です。こちらの場合、最近多いフリッカーフリーと異なり、低輝度でPWM調光(インバーター調光)を併用する方式です。この方式の場合、輝度を落とした状態でも、色再現性や安定性が担保されるため、一般的なディスプレイよりも低輝度に調光できるというメリットがあります。

 第2に、色むらに対する対策です。EIZOの企業的な特徴として、ディスプレイの検品体制をかなりしっかりとっているということがあげられます。ガンマ値の補正などをしっかり行い、液晶ディスプレイの品質の個体差を排除する体制になっています。とくに、低価格機で多い「色むら」については、しっかり検品しているので安心です。

 こうした点で、画質面では、今回紹介するなかではなかなかに優れる機種の1つです。

 

 画質調整機能は、文章をメインに入力する方のためのペーパーモードなど、画質の自動調節機能も多彩です、使い勝手が良いです。ブルーライトのカットも期待できます。

 動画やゲームなどについては、応答速度が5ms(GTG)と早くなっていることが目をひきます。また、先ほど書いたように、24.1型のディスプレイは上下に長いディスプレイなので、フルHD規格を標準とするゲームや映像などとの相性は高くありません。あくまで、ビジネス中心に考えた場合最適なサイズです。

 201611181147.jpg

 ディスプレイアームは、性能が高いです。、モニターの高さの調節や角度の調整・縦表示などかなり自由に効く点です。眼精疲労を軽減するためには、目にできるだけ水平に、無理ならば、角度を下から目に垂直に向けるのが基本です。このモニターは、こうした対策が可能なのは、大きなメリットです。

09.png

 接続端子は、DVI-D 24ピン×1、DisplayPort×1 HDMI端子×1という構成です。D-Sub端子(アナログ接続端子)も付属しますが、この接続法は、画像に色ムラやズレが「目の優しさ」から考えた場合、避けてください。

 Amazonベーシック HDMIケーブル 1.8M
  ¥748 Amazon.co.jp
  (1/13執筆時)

 付属するケーブルは、DVI-DD-Sub ケーブルです。HDMIケーブルやディスプレイポートケーブルは別途購入してください。

 NANAO グレイ 2m [DD200]
  ¥4,477 Amazon.co.jp  
(1/13執筆時)

 また、実は、あまり考えられていないことですが、ケーブルの品質もモニターのチラツキなどを押さえる上では重要な要素です。昔からEIZOのケーブルはとても品質が良いことで有名で、他メーカーのディスプレイを使っていてもケーブルだけはナナオを購入する人もいます。実際同社のケーブルを単品で買うと高額です。

 スピーカーは、1.5Wのものが付属します。これは、警告音などを発生させるためのもので、音楽用ではありません。音楽を聴くならば、【PC用スピーカーの比較記事】で書いたような別売の格安スピーカーを購入するべきでしょう。これは、今回紹介する機種全てに言えることです。

 以上、EIZOのEV2456の紹介でした。ビジネス用としては、性能が高レベルでまとまっていて良い機種です。ディスプレイの品質もかなり良く、また、安心の5年間保証と6ヶ月の無輝点保証が付属する点も魅力です。本体デザインの面でも、額縁(ベゼル)が薄く、スタイリッシュです。


 

 15・EIZO ColorEdge CS2420-BK
  ¥105,548 Amazon.co.jp (1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:350 cd/m2
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:15ms(GTG)
 接続端子: DisplayPort DVI-D 24ピン HDMI×1
 スタンド:上下左右高さ調節【VESA100mm】
 スピーカー:なし   
 保証期間:5年

 目の優しさ ★★★★★★
 動画性能  ★★★☆☆
 総合的評価 ★★★★★

 CS2420-BK も、EIZOのモニターです。非常に価格が高いモニターですが、こちらは、カラーマネージメントモニターというグラフィック業務向けのプロ仕様のモニターだからです。ただ、フォト加工をする方など、一般向けにも向いたモニターで、その用途でハイアマチュアにも人気のあるシリーズです。

 201701192301.jpg

 液晶の品質は、IPS液晶で、解像度は同じく1920×1200となります。フォト用と言うことで通常のモニターに較べて色域がかなり広い(Adobe RGB 99%)く、輝度も350 cd/m2と高い高性能品です。一方、応答速度は、15ms(GTG)と遅いので、あくまで「静止画に強いモニター」になります。別売りのキャリブレーターを利用すれば、プリンターとの完全な色合わせもできますが、このあたりは、アマチュアの領域を超えそうですね。

 画質調整機能は、こちらも低輝度でのチラツキに強く、下位機種の傾向を引き継いでいます。また、工場での個別補整に加えて、デジタルユニフォミティ補正回路を搭載するため、画面ムラが出にくい仕様です。

 ディスプレイスタンドは、下位機種同様に、上下の昇降や、左右の移動に対応する高性能製品であり、使い勝手の部分で不満に思える部分はありません。一方、カラーマネージメントモニターですが、遮光フードなどは別売です。そういったものを別売りにすることで、10万円以下という値段が実現できている面があるので、これは仕方ないです。

 接続端子は、DisplayPort×1、DVI-D 24ピン×1、HDMI×1になります。など、こちらは、DVI-DMini DisplayPort-DisplayPortケーブルが付属します。Mac系でも対応できる仕様ですね。

 スピーカーは、この機種は非搭載です。

 以上、EIZOCS2420-BK の紹介でした。10万円前後で中サイズのキャリブレーション対応可能モニターが手に入るのは素晴らしいと思います。高いですが、写真を趣味にしている方は、特にこのモニターはおすすめできます。


 

 16・ASUS VS24AHL [24.1インチ]
  ¥41,706 Amazon.co.jp
(1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:300 cd/m2
 液晶方式:IPS ノングレア方式
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: D-Subx1 DVIx1 HDMIx1
 スタンド:上下左右高さ【VESA100mm】
 スピーカー:なし
 保証期間:3年

 目の優しさ ★★★★☆
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★☆

 続いて、台湾のメーカーであるASUS社のディスプレイのVS24AHLの紹介です。

 液晶の品質は、EIZOに較べて価格としてはかなり安いです。しかし、応答速度は、EV2456-RBK と同等で、輝度も300 cd/m2とかなり健闘しています。予算が限られている場合、安く買えるこちらの製品にお買得感があります。

 201505151421.jpg

 画質調整機能は、ASCRテクノロジーが目をひきます。これは、コントラストを自動調整することで、液晶の「黒つぶれ」を低減する機能です。映画などの動画閲覧時やゲームなどにメリット性があります。ただ、EIZOの液晶ディスプレイと較べると、フリッカー対策はなされますが、DC調光のみなので、2カランの低輝度表示機能を持ちません

 ディスプレイスタンドは、上下左右に向きを変えたり、縦表示ができる点で、EIZOと並んで高性能です。ただし、アームの可動範囲値についてはEIZOのほうが取り回せる範囲が広いです。

 接続端子は、D-Subx1 DVIx1 HDMI端子x1 になります。ケーブルはDVI-Dケーブル、 D-Sub 15ピンケーブルが付属品として付きます。HDMI以外はケーブルを購入する必要はありません。

 スピーカーは、この機種は搭載されません。

 以上、ASUS社のディスプレイのVS24AHLの紹介でした。かなり安いですが、性能の良いモニターアームを装備し、画面の輝度・応答速度も上位機並みのスペックをもつ機種です。

 一方で、出荷前のディスプレイ調整や、低輝度に落とせる光量調節機能など、EIZOに「プラス1」の品質があるのは事実ですが、予算が限られている場合、安く買えるこちらの製品には、お得感があります。コスパが良く、性能も良いため、「買って後悔しない機種」の1つです。

 ただ、先ほど書いたように、24.1サイズは、アスペクト比の関係で、あくまでビジネス用として使いやすいという機種です。


 

 17・IIYAMA ProLite XB2485WSU-B3
  ¥38,487 Amazon.co.jp  
(1/13執筆時)

 18・IIYAMA ProLite XB2485WSU-3
  ¥34,980 Amazon.co.jp  
(1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:250cd/m2
 液晶の方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1000:1
 応答速度:4ms(GTG)
 接続端子: DVI-D miniD-SUB15 displayport×1
 スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(1.5w×2)
 保証期間:3年

 目の優しさ ★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★☆

 続いて、イイヤマ液晶ディスプレイの紹介です。同社は、低価格で高品質な液晶モニターを生産する国産メーカーです。なお、XB2485WSU-3という型番表記がなされる場合もありますが、同じ製品です。

 液晶の品質は、IPS液晶採用ながら、ASUSに比べると輝度が250cd/m2とやや落ちるものの、応答速度が4ms(GTG)と高速化しています。後者の点では、動画やゲームに強いディスプレイと言えるでしょう。ただ、EIZOに比べると輝度を十分に落とすことはできません

  i_style_color.jpeg

 画質調整機能は、他社よりも多彩です。とくに、「テキストモード」が採用されている点が強調できます。作業時に、輝度・コントラストを控えめにしたモードを自動に選択でき、初級者に優しい機種です。

 また、X-Res Techという、TVで言うところの超解像度技術が採用されている点も目を引きます。こちらは、低解像度のソースに解像感を高めるほか、文字などの輪郭をはっきりさせる効果もあるため、PCモニター用にも向く技術です。

 加えて、イイヤマの場合、マニュアルでの画質補整はかなり能力が高く、色調の調整はEIZO並の高機能を持ちます。とくに色の三原色

 ただ、ASUS社の採用するASCRテクノロジーのような映像向けの調整機能は装備されません。そのため、マニュアル設定せず、「購入後は、設定を変更せずほったらかして使う」だろう方は、ASUS社のほうが良いでしょう。

 bafagnner02_01.jpeg

 モニタースタンドについては、上下左右の回転と高さの調節ができる「パーフェクトスタンド」が採用されています。目が疲れないためには、角度も自由がきくスタンドはかなりのメリット性があります。この点で、EIZOに見劣りしません。

 接続端子は、DVI-D、ディスプレイポート、ミニD-SUB15に対応で、HDMI端子はありません。HDMIでの利用を考える場合ディスプレイポートの変換ケーブルを別に購入する必要があります。

 付属するケーブルは、DisplayPortケーブル(1.8m)・DVI-Dケーブル(1.8m・/ D-SUBミニ15ピンケーブル(1.8m)です。

 スピーカーは、性能は期待できませんが、スピーカーも付属します。保証は3年間付きます。

 以上、イイヤマのXB2485WSUの紹介でした。ビジネス用としては、EIZOに次ぐ画質調整機能を持つ点や優れたモニタースタンドの採用など、目立つ部分が多い機種です。ビジネス用の格安機種として確実なニーズがあると感じます。

ーー

 201411061653.jpg

 というわけで、24.1型のディスプレイを紹介しました。

 なお、このサイズのディスプレイは、フルHD(=フルハイビジョン)モニターの縦横比(16:9)よりも上下に長い縦横比(16:10)なので、縦長のワープロ書類などが扱いやすい反面、一般的な動画やゲームをフルスクリーン表示する場合、縦横比が合わず、PCに内蔵されるグラフィックスによっては、フルスクリーン時に画像が伸びてしまう難点があります。

 24.1型とほぼ同様の設置面積で、ゲームなどに向くフルHD規格のディスプレイ(16:9)は、23.8インチサイズです。ゲーム用などマルチメディア用途に向くモニターは、総じてこのサイズに良機種が多いです。

第3回・23インチの液晶モニタ
 ゲーム・動画視聴向きの23.8インチサイズについては、次回の第3回目の記事で主に特集します。よろしくお願いします。

25インチモニターのラインナップ

 つづいて、ここからは25インチモニターを紹介します。

201701192219.jpg

 25インチは近年現れた、新しいサイズのモニターです。

 先ほど書いたように、24.1型は、フルHDモニター(16:9)よりも上下に長いタイプ(16:10)でした。一方、25型は、フルハイビジョンの縦横比(16:9)を維持した、23.8型モニターの「上位機」と言えるサイズです。

 その点で、27インチモニターは置けないが、できるだけ大きなモニターが欲しいというニーズに合う製品です。


 

 19・Philips 25型 258B6QUEB/11
  ¥44,980 Amazon.co.jp  (1/13執筆時)

 解像度:1920×1080
 輝度:350 cd/m2 (最大)
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: DVI-D D-Sub HDMI DisplayPort×1
 スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(2w×2)
 保証期間:5年

 目の優しさ ★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★

 Philips257E7QDSB/11 は、オランダのフィリップスが発売する25インチのモニターです。先ほど書いたように、ゲームや映像中心ならば、このサイズの方が適当です。

 液晶の品質は、IPS液晶です。応答速度が5msでアルのに加えて、輝度も350 cd/m2と十分で、高品質と言えるディスプレイです。解像度は2560 x 1440と1ランク高い仕様です。

201701192229.jpg

 画質調整機能は、チラツキを自動防止するフリッカーフリー機能に加えて、動画の黒つぶれを防止する SmartContrastや、彩度・コントラストなど自動で最適化するSmartImage Liteが付属します。低価格モニターとしては高機能です。ただ、明るさセンサーなどを利用したものではないため、室内の明るさに応じた調整は不可能です。

 201701192249.jpg

 ディスプレイスタンドは、その一方で、高さの調節や、縦表示も可能です。EIZO同様に取り回しが自在なので、目の疲れにくさの点では優れた製品です。

 スピーカーは、簡易的ですが2Wのものが付属します。

 以上、フィリップスの258B6QUEB/11の紹介でした。下位機種と同じIPS液晶ながら、詳細な高級パネルを採用するため、価格は高いモニターです。ただ、アームの部分を含めて、値段なりの性能と「目の疲れにくさ」を獲得できると思います。ゲームや動画はもちろん、縦表示可能である点など、ビジネスにも使えそうです。


  

 20・LG 25UM58-P 25インチ
  ¥22,175 Amazon.co.jp  (1/13執筆時)

 解像度:1920×1080
 液晶パネル:IPS
 輝度:250 cd/m2 (最大)
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: DVI-D×1 HDMI×2 DisplayPort×1
 スタンド:チルトのみ【VESA75mm】
 スピーカー:なし
 保証期間:3年

 目の優しさ ★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★

 LG25UM58-P は、同社の25インチワイドモニターです。


 201701192326.jpg

 ただ、ここまで見たモニターと異なり、縦横比は21:9という、超縦長(609x287mm)サイズのモニターです。

 201701192321.jpg

 こちらは、2つのソフトを横並びにして利用する「マルチモニター」のような使い方のほか、ゲーム機の映像を半分に、PCの映像を半分にと、入力ソース別でも半々の表示に対応します。かなり「ニッチ」な製品に思えますが、ニーズはあるようで、そこそこ人気のあるモニターです。

 液晶の品質は、LG製のIPS液晶です。応答速度は5ms、輝度は250 cd/m2となります。価格的にハイスペックではないですが、ゲーム・動画などの用途に十分に利用できるスペックです。

 画質調整機能は、最近業界標準となりつつある、チラツキを押さえるフリッカーセーフ機能に加えて、ブルーライト低減モードを搭載します。ただ、こちらは、色味に変化を与えてしまうので、最終的に目に優しいかは疑問符が付く部分です。あえて使わなくても良いでしょう。

 ディスプレイスタンドは、構造上、上下の角度調整のみ対応です。また、別売モニターアームを利用する場合、ネジ穴の位置を示すVESA規格が75mm×75mmとやや特殊である点に注意してください。

 スピーカーは未付属です。

 以上、LGの25UM58-P の紹介でした。横長の画面を使いたいが、デュアルディスプレイは「しんどい」という方におすすめできるモデルですね。価格も、パネル製造メーカーだけあってお買得感が高いと思います。

今回の結論
目に優しい24-25インチの液晶モニターはこの機種!

 というわけで、【第2回目】の今回は、24インチ前後のディスプレイを紹介しました。

 最後に、今回紹介した機種から目的別、予算別にAtlasのオススメ機種について書いておきたいと思います。


 第1に、ビジネスやウェブ閲覧に最も向いているといえる24インチモニターは、

  

 【ブラック】

 13・EIZO FlexScan EV2456-RBK
   ¥52,800 Amazon.co.jp (1/13執筆時)

 【グレイ】
 13・EIZO FlexScan EV2456-RWT  

  ¥53,316 Amazon.co.jp
(1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:350 cd/m2
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: DVI-D DisplayPort D-Sub HDMI ×1
 スタンド:上下左右高さ調節【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(1w×2)
 保証期間:5年

 目の優しさ ★★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★

 EIZOEV2455でしょう。モニターアームの品質、輝度の自動調整や低輝度表示能力など、静止画中心ならば、この機種で問題ありません。やや高額なのはネックですが、長期間使うものですし、「目の疲れ」という健康に直結する部分で、他社製品やナナオの下位機種と明確な差がありますから、投資する価値は十分あります。

 各社ともパネル性能はほとんど変わらない昨今ですが、色むらなどの不良がないかきちんとチェックするという日本メーカーならではの品質重視体制長期保証等の点で、ナナオを選ぶ価値は十分あります。


 第2に、ゲームや動画に向いているといえる25インチモニターは、

 

 18・Philips 25型 258B6QUEB/11
  ¥44,980 Amazon.co.jp  (1/13執筆時)

 解像度:1920×1080
 輝度:350 cd/m2 (最大)
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子: DVI-D D-Sub HDMI DisplayPort×1
 スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(2w×2)
 保証期間:5年

 目の優しさ ★★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★


 Philips258B6QUEB/11がオススメです。フルHDの縦横比を崩さない10:9の比で表示できるモニターである上、応答速度、輝度、ディスプレイアームの品質が高水準である点を評価しました。

 目の優しさの点でも、アームの調節の幅が広く、フリッカーフリー機能も搭載されており、高機能といえます。モニターもスタイリッシュなので、デザイン重視の方もこちらの機種がオススメです。

第3に、予算的にお買得で、性能のバランスが取れた24インチモニター

 

 16・IIYAMA ProLite XB2485WSU-B3
  ¥38,487 Amazon.co.jp  
(1/13執筆時)

 17・IIYAMA ProLite XB2485WSU-3
  ¥34,980 Amazon.co.jp  
(1/13執筆時)

 解像度:1920×1200 WUXGA
 輝度:250cd/m2
 液晶の方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1000:1
 応答速度:4ms(GTG)
 接続端子: DVI-D miniD-SUB15 displayport×1
 スタンド:上下左右高さ回転【VESA100mm】
 スピーカー:内蔵(1.5w×2)
 保証期間:3年

 目の優しさ ★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★☆

 イイヤマのこちらの機種でしょう。

 縦に長めのモニターなので、ワープロや表計算ソフトが使いやすいでしょうし、また、テキストモードや、高性能アームなど、ビジネスに必要な機能も網羅されています。この点で便利に使える機種と言えます。

ーーー

  

 19・LG 25UM58-P 25インチ
  ¥22,175 Amazon.co.jp  (1/13執筆時)

 解像度:1920×1080
 液晶パネル:IPS
 輝度:250 cd/m2 (最大)
 液晶方式:IPS ノングレア
 コントラスト比:1,000:1
 応答速度:5ms(GTG)
 接続端子:DVI-D×1 HDMI×2 DisplayPort×1
 スタンド:チルトのみ【VESA75mm】
 スピーカー:なし
 保証期間:3年

 目の優しさ ★★★★★
 動画性能  ★★★★☆
 総合的評価 ★★★★★

 一方、複数のアプリを同時に並べて使うような場合はLGのモニターが向きます。ゲームなどでも、横に参考になるウェブサイトなどを広げながらできそうですね。応答速度も5msと十分あります。


 というわけで、今日は、24インチの液晶モニターの紹介でした。

 

 より「目への負担の軽減」をお考えならば、新しいモニターと同時に、別売りのモニターアームを導入するのも効果的です。

 予算としては+1万円ほどです。このブログの【おすすめモニターアームの比較記事】で詳しく紹介しています。興味がある方は、ぜひご覧ください。

 

 また、ここで挙げたディスプレイの一部には内部スピーカーが付属します。しかし、スピーカーの口径が圧倒的に小さく、音質は全く期待できません

おすすめPCスピーカーの比較記事
おすすめBluetoothスピーカーの比較記事

 そのため、少しでも音にこだわりたい方は、上記の記事で紹介しているような外部スピーカーを買われると満足度が高いでしょう。

 

 ディスプレイ用クリーニングリキッド
  ¥291 Amazon.co.jp (1/13執筆時)
 
液晶画面用ハイテククロス DK-KC5
  ¥589 Amazon.co.jp (1/13執筆時)
 
ドライクリーニングティッシュ50枚
  ¥429 Amazon.co.jp (1/13執筆時)

 なお、購入されたディスプレイを普通のティッシュペーパーなどで拭かないでください!高価な液晶に傷がつきますから。

 Atlasは、ELECOMのスプレー式のクリーニング・リキッドの使用をおすすめします。他社の製品と違って界面活性剤を使っていませんので、ディスプレイの表面に塗られるコーティングに影響しない安心仕様だからです。これをサンワサプライののハイテククロスに吹きかけて使うのが良いでしょう。

 なお拭き跡が気になる人は、仕上げに、ドライクリーニングキッドを使うのも手です。こちら は、(アマゾンでの評判をみれば分かりますが)皮脂汚れはあまりとれません。しかし、拭き跡をとるための仕上げにはもってこいです!!

第3回目記事の予告
目に優しい中小型サイズの液晶ディスプレイはどの機種? 

 今回は、24.1インチ23.8インチの液晶を紹介しました。

 201505151000.jpg

 次回の第3回目の記事こちら】では、23.0インチや23.8インチの小型ディスプレイ を紹介します。

 今回紹介した、24.1インチのディスプレイと比べると、23.0インチのディスプレイは、画面サイズが3cmほど小さなモデルです。横幅が狭く圧迫感も少ないため、幅や奥行きの取れない机に向いているサイズです。

 また、23.8インチのディスプレイは、設置面積的には24.1インチのディスプレイとほぼ同じですが、フルHDの縦横比なので、ゲームに向いた機種が多くあります。

第3回・23インチの液晶モニタ

 というわけで、次回記事もよろしくお願いいたします。

第9回・液晶モニターの選び方とおすすめ

 また、上のリンク記事では、主にモニターサイズの観点から、このブログの全9回のモニター関連記事を横断的にまとめています。サイズの部分で決めかねているかたなどは、ぜひご覧ください。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで、話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 19:28 | PC用液晶モニター

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png