比較2018’ 冷暖房が強い小型エアコン13機の性能とおすすめ/選び方 (8畳〜12畳)(2)

2018年05月24日

比較2018’ 冷暖房が強い小型エアコン13機の性能とおすすめ/選び方 (8畳〜12畳)(2)

【今回レビューする内容】 2018年 冷暖房が強い小型・中型エアコンの性能・おすすめ機種と選び方:ワンルーム・8畳・10畳・12畳用 冷房力・暖房力・ 省エネの違いランキング

【紹介するブランド】東芝 大清快・三菱電機 白くまくん・パナソニック エオリア ダイキン・日立 白くまくん 三菱電機 霧ヶ峰 富士通ゼネラル ノクリア

今回のお題
最新の8畳〜12畳対応のエアコンのおすすめ機種はどれ? 

 ども、Atlasです。 

 今日は、エアコンの比較です。

 サイズとしては、8畳以上12畳程度までにフィットする製品を多く取り上げました。

 10万円以下のエアコンは、ほぼ全機種網羅するつもりです。

 以下では、いつものように、各機種を比較したあと、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

1・部屋の広さからのエアコンの選び方の基本

 201805241558.jpg

 リビング用の「エアコン」を選ぶ場合、はじめに、「何畳の部屋に使うか」を正確に計算してください。

 なぜなら、小さすぎると常にフルパワー運転するため、装置寿命が短くなったり、電気代が余分にかかるからです。

 本体サイズは、同じシリーズの製品ならば、基本的に同じですから設置性も同じです。

1・エアコン(6畳)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 木造8畳、鉄筋10畳以上でご利用を考えている場合は、今回の記事でフォローします。。

 木造6畳鉄筋8畳までカバーできる小型エアコンは、前回の記事【こちら 】で紹介した製品のほうが良いでしょう。

 ただし、和室で欄間がある構造だったり、断熱性に難がある場合は、「1つ大きい」今回紹介するサイズでも良いでしょう。

2・リビング向けのエアコンの比較基準

 さて、以下では、各社のエアコンを比較していきます。

 今回の記事では電気代のほか、様々なスペック面で各社のエアコンを比較します。

 その際に、Atlasが最も重要視するのはエアコンの出力です。


 201805241606.jpg

 エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。

 しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、実はあまり「あてにならない」指標です。

 逆に、重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力というスペックです。

ーー

 この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。この値が大きいほど、(同じ適応畳数でも)エアコンがパワフルということになります。

 今回の記事では、この部分を最も重要視して比較しています。

ーー

 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目していきます。

 1・空気清浄・除菌機能   

 こちらは、エアコンについている空気清浄フィルターのことです。ただ、機種によっては非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。スタンダードモデルはほぼ全ての機種で別売りです。

 2・換気   

 汚れた室内の空気を室外に出す機能です。ただ、(一部機種を除き)基本的に排気した分、外気が外から給気されるわけではないので、花粉などがこの機能により内部に入ることはありません。

 3・自動お掃除  

 エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。フィルターの部分は、定期的に掃除すれば良いだけの話なので、この機能は「不要」だとAtlasは思っています。

 4・快適気流  

 気流に工夫を出して部屋の天井・床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一にしたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能です。エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

 5・センサー節電  

 人感センサー明るさセンサーが搭載されていて、自動的にエコ運転するモードです。

3・リビング対応の格安エアコンの比較

 ここからは、具体的に各メーカーのエアコンを比較していきます。

 なお、今回ここで見るのは、各社の最もお買い得なモデルで、5万円台から購入できる機種になります。


 201802061224.jpg

 【2017年】

 1・パナソニック CS-257CF-W
  ¥50,220 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 【2018年】

 1・パナソニック CS-258CF-W
  ¥64,500 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 暖房能力:2.8kW (0.4〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5kW (0.5〜2.9)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

 2・パナソニック CS-287CF-W
  ¥55,000 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 【2018年】

 2・パナソニック CS-288CF-W
  ¥69,500 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 暖房能力:3.6kW (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのエオリア Fシリーズに属するスタンダードモデルです。

 冷房10畳用冷房12畳用の2モデルありますが、本体の形状はどちらも同じで、出力のみ異なります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大4.8kwと格安機ながら、同社や他社の入門機と比べても能力は十分です。

 冷房能力は、10畳用が最大2.9kw、12畳用が最大3.2kwです。12畳用は標準的ですが、10畳用については、パワーがさほど強くなく、この点では他社に負けるでしょう。

  201612010828.jpg  

 インターネット操作は、この機種はオプションとして対応します。スマホアプリで、屋内・外出先を問わずにON・OFFなどの操作ができる機能が装備されます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,867 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,238 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 ただし、別売の無線アダプターと親機が必要です。それ以外の基本機能は同じであり、旧年モデルはお得です。

 

 空気清浄と除菌機能については、こちらもオプションであり、別売のフィルターをそれぞれ購入することで利用が可能です。

 201805241618.jpg

 なお、現在新旧モデルが併売中ですが、新機種は、「1/f ゆらぎ気流」に対応する点が相違点です。

 風が身体に当たる際の風を「蓼科高原の風」のプログラムに合わせたものです。ただし、エアコンは直接身体に風を当てるものではないため、「おまけ」でしょう。その点で、安い旧機種で良いと思います。

 以上、パナソニックのエオリア Fシリーズの紹介でした。

 格安機種としては暖房能力に期待できる機種ですので、あまり寒くない地域のメイン暖房用としては向いています。また、インターネット操作に対応できる点で、1人暮らしユーザーにも向いた機種だと言えます。


 201805242032.jpg

 【2017年】
 
  3・ダイキン S25UTES-W
    ¥56,000 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】
 
  3・ダイキン S25VTES-W
    ¥105,900 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
 
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】
  4・ ダイキン S28UTES-W
    ¥60,461 Amazon.co.jp  (5/24執筆時)

 【2018年】
 
  4・ダイキン S28VTES-W
    ¥70,000 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 
冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンEシリーズは、同社のエアコンの入門機です。格安エアコンの中では売れ筋商品の一つです。

 こちらも、2018年モデルが登場しています。ダイキンは、コンプレッサー部分の改善がなされましたが、どちらかといえば、マイナーチェンジです。逆に2017年モデルは、2016年モデルより大きく性能が上昇した部分があるため、2017年旧機種はお買得です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwと、ほぼパナソニック同様の水準です。

 201702271036.jpg

 なお、ダイキンは、コンプレッサー制御がよく、暖房の立ち上がりの速さについては相当良い水準です。の外気温マイナス15℃まで動作対応するのは、このメーカーだけです。寒冷地のデンキヤでは「ひときわ強いブランド」ですね。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.2kwです。パナソニックは10畳用の冷房が多少弱かったですが、こちらは他社標準の能力を確保しています。

 その上で、ダイキは、新型触媒が採用で、の外気温45℃でも、安定した運転ができる機種です。室外機も頑丈なので、「極地に強い」と言えるでしょう。

 この点は、どのデンキヤの販売員さんも強調するところです。極限状況下では、「他社を一歩上回る基本性能」を発揮します。温度制御も0.5度刻みですね。

 201307101433.jpg

 気流制御も優秀です。 

 冷暖房については出力と同様に、気流制御が重要になってきます。

 エアコンメーカーで気流に特に気を使っているメーカーは、ダイキン富士通ゼネラルです。 上位機種に搭載される気流制御機能こそないものの、スタンダードモデルでも、気流を計算した運転機能を持っています。

 夏場は、吹き出す風が人間に直接当たらないような気流に、冬は、足下も暖まるような気流に調整してくれます。加えて、新型のコントローラーの採用で、温度を0.5度単位で設定できます

 おやすみ運転機能も、搭載されます。こちらは、単にパワーダウンするのではなく、風量や、風向きなどが人にあたらないように調整しつつセーブ運転してくれます。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプターBRP061A44 
  ¥11,990 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,875 Amazon.co.jp   (5/24執筆時)

 インターネット操作は、ダイキンの場合も、対応します。ただ、別売りのアダプターがパナソニックに比べて高いです。

 空気清浄と除菌機能についても、未搭載です。この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。「夏が40度以上になる」酷暑の地域と、「冬が零下10度以下になる」厳寒地域に強い機種です。

 一般的な暖房能力はパナソニック劣るため、(35度など)一般的な暑さの地域はパナソニックが良いでしょうが、そうでないならば、力強いダイキンは魅力です。

 なお、ダイキンは他社に比べると「省エネセンサーに弱い」メーカーです。しかし、この程度の価格の入門機の場合、他社も力を入れておらず、だいたい同じ程度です。


 201805242033.jpg

 【2018年】

 5・日立 白くまくん RAS-AJ25H
    ¥54,300 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.2〜4.1)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.3〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

  5・日立 白くまくん RAS-AJ28H
    ¥56,000 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.2〜4.6)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.3〜3.3)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 つづいて、日立の白くまくんシリーズのスタンダードモデルです。こちらも冷房10畳までと12畳までの2モデルがあります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.1kw、12畳用が最大4.6kwです。いずれも他社に比べると多少ですが弱いです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.3kwです。とくに、12畳用については、能力が高めで効率が良さそうです。

 一方、これら機種は、他社に較べて、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます。最小で0.2kwほどで運転が可能だからです。二重サッシなど部屋で弱運転を考えている場合は効率が良いかもしれません。 

 ソフト除湿機能を持つのも特徴で、このエアコンは室温16度という低温度から除湿機能が利用できます。冷房に弱い方には、この機種は最適でしょう。

 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
   ¥2,038 Amazon.co.jp
(5/24執筆時)

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 一方、ダイキンに比べると気流制御機能が未搭載、パナソニックに比べるとインターネット操作が未対応である点が、多少弱い部分です。

 以上、日立の白クマ君の紹介でした。低消費電力での弱運転が得意なので、二重サッシなどで、気温変化が低い部屋には、電気代の点で、おすすめできる機種です。暖房は多少弱いのですが、冷房力は標準以上なので、その点での不満もないでしょう。


 201805242037.jpg

 【2017年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25G-W
  
  ¥54,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25H-W
  
  ¥75,100 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

 8・富士通ゼネラル・AS-C28G-W
  
  ¥59,700 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C28H-W
  
  ¥81,500 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ASシリーズは、富士通ゼネラルのスタンダードなエアコンです。

 同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきます。関西方面では知名度が低いですが、「関東に強い」と聞くエアコンですね。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大5.0kwです。暖房のパワーは、他社に比べて富士通は定評があります。エアコンを冬場のメイン暖房用に考える場合は、パワーの点で申し分ないでしょう。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。いずれも能力が高めで効率が良さそうです。

 201606051301.jpg

 気流制御は、ダイキン同様に高機能です。

 富士通ゼネラルの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さが特長で、遠くまで風を届けることが可能です。

 同社のエアコンは、この点でも人気があり、例えば、エアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。風向きについても、上下左右に調整できます。温度制御も0.5度刻みで対応します。

  無線LAN接続アダプター OP-J03A
   ¥11,880  Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

  201805241704.jpg

 そのほか、音声アナウンスに対応する点も同社のおもしろい部分です。

 以上、富士通ゼネラルのASシリーズの紹介でした。

 他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」という機種です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。冬場にパワーの強いエアコンを探している場合は、良い選択肢でしょう。

 なお、れよりもハイパワーの機種は、同社・他社にも存在します。ただし、そのような機種は、Aの高いエアコン専用のコンセントが必要です。そのため、家庭用の普通の単相100Vのコンセントで、電気工事なしで付けられるモデルとしては、最もパワーがある機種の1つでしょう。


  201805242034.jpg

 【2018年】

 6・三菱重工 ビーバーエアコン SRK25TW-W
  ¥62,200 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:3.6W (0.9〜4.6)6〜 8畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.2)7〜 10畳

コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 6・三菱重工 ビーバーエアコン SRK28TW-W
  ¥69,400 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:3.6W (0.9〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.3)8〜 12畳

コンセント形状:100V 15A

 三菱重工TWシリーズは、同社のビーバーエアコンでは最も安い製品です。同じ三菱ですが、エアコンは「電機」「重工」は別ブランドです。

 暖房能力は、10畳用が最大4.6w、12畳用が最大4.7kwです。暖房のパワーは、8畳用は富士通に負け、10畳用はやや優ります。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2w、12畳用が最大3.3kwです。逆に、8畳用は富士通にやや優り、10畳用は負けます。

 僅差なので名とも言えないですが、 その他のメーカーに比べると両メーカーともパワフルです。 

 201805241725.jpg

 気流制御は、三菱重工の場合、冷房の気流の到達距離が14mですので、富士通よりもややスペックは上位とです。反面、暖房の場合に後悔がないので、一長一短でしょうか。ただ、温度制御は、


201805241730.jpg

 空気清浄は、一方、バイオクリアフィルター搭載で、花粉などの抑制効果を表明しています。酵素と尿素の値からでアレル物質を抑制するという仕組みです。ただ、実空間での検証結果ではないという「但し書き」が付くため、やはり「オマケ程度」です。

 インターネット操作は、非対応です。

 以上、三菱重工のビーバーエアコンの紹介でした。

 能力面では、富士通ゼネラルのノクリアASシリーズとあまり変わらない機種で、パワフルな暖房力と風力が自慢です。基本的にどちらを買っても満足するでしょう。

 この場合、基本的に「価格勝負」で決めても良いかなと思います。ただ、安定室温時の省エネ性は、わずかに富士通が上でしょうか。ほんの「わずか」ですが。


 201805242036.jpg

 【2018年】

 7・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2518-W
  ¥73,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.3)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 7・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2818-W
  ¥72,200 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.8〜4.7)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 15A

  三菱電機GEシリーズは、同社の霧ヶ峰ブランドでは最も安い製品です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.7kwです。暖房能力は、富士通には適いませんが、適応畳数の利用において問題のない出力です。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。こちらは富士通と同じレベルで、能力も十分です。 

 pic01.jpg

 気流制御は、しかしながら、今回紹介する機種の中では魅力が高いです。

 こちらは、三菱の上位機種に搭載される「ムーブアイ」センサーの下位互換で、赤外線センサーで床の温度を測定し、冷やしすぎや、暖めすぎを防ぐ快適機能が付属します。

 201505041619.jpg

 また、冷房ハイブリッド運転機能も搭載されます。

 床の温度が高い場合は冷房、低い場合は、送風に自動的に切り替えるモードになります。

 picdga3.jpg

 耐久性は、このエアコンの売りです。内部に撥水性コートがなされており、カビや汚れに強い構造です。

 また、室外機が「アルミサビナイト」仕様であり、風雨によって錆びにくくなっている点があげられます。信頼性が高いと言えます。

 一方、インターネット操作は未対応で、空気清浄にかんする機能はありません。

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。能力は他社とあまり変わりません。

 しかし、高性能なセンサーを積み、また、室外機が「錆びにくい」というのは他社との違いとして、目に付くところです。 室外機を風雨にさらされる場所に置く場合海岸に面した地域にお住まいの方にはメリット性があると言えます。

4・各社の高性能エアコンの比較

 続いて「ワンランク上」の性能を持つ、上級機を紹介します。


  201805242038.jpg

 【2018年】

 8・東芝 大清快 RAS-E255R
  ¥129,390 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.7〜4.3)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.7〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 9・東芝 大清快 RAS-E285R
  ¥111,827 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.7〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.7〜3.4)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 15A

 つづいて、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介です。新旧両機種ありますが、型番のみの変更です。

 201702271131.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載です。東芝は、他社に比べるとダストボックスの手入れが簡単です。ただ、フィルターが完全にメンテフリーにはならない点と、エアコンクリーニングを受ける際、追加料金が発生する点は、他社と同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.4kwです。

 いずれもパワーについては、富士通に次ぐといえる強力さで、この点で不満を感じる人は少ないでしょう。 

 201505041632.jpg

 気流制御も搭載されます。冬場は足下、夏場は冷風が直接あたらないような気流に制御します。

 ただ、富士通のように、風の到達距離に主眼を置くものではありません

 point2.gif

 耐久性は、特に熱交換器に特殊樹脂コーティングがなされている点に注目できます。

 これによって、除湿・冷房時に発生した水で油や汚れを洗い流してキレイを保てるようになっています。これにより、耐久性が向上するほか、定期的に必要なエアコンクリーニングの間隔を広げることができるでしょう。

  201307101539.jpg

 空気清浄は、この機種は対応です。

 また、他社に比べても能力は高そうです。いわゆる「除菌イオン」である「プラズマ空清」発生機能が付属します。

 こちらは、ウイルス・カビ・花粉を抑制するという効果を謳われますが、むしろ、帯電させてホコリをフィルタに吸着しやすくする点で、花粉などの吸着効果を期待できるでしょう。

 201505041636.jpg

 省エネ性は、低電力運転を重視する日立とは違う方向ですが、高いと言えます。

 明るさセンサーが採用されており、日差しの強弱により、運転の強弱を自動で付けられます。。

 以上、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介でした。

 他社のスタンダードモデルと比較して、「プラズマ空清」と熱交換器の「特殊樹脂コーティング」という、目に見える他社との違いがあるのが大きなメリット性です。価格は高いものの基本性能は高いので「買って後悔の少ない」モデルの1つです。


  201802061230.jpg

 【2018年】

 10・パナソニック CS-EX258C-W    
  ¥138,240 Amazon.co.jp
(5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 20A

 【2018年】

 10・パナソニック CS-EX288C-W
  ¥149,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 20A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズのエアコンです。

 冒頭に紹介したパナソニックのFシリーズの上位機種になります。

 201702271205.jpg

 自動お掃除機能は、東芝同様に搭載になります。

 ダストボックスの掃除の手軽さは、東芝のが利便性が高いですが、ほこりセンサーの採用で、掃除の頻度と時間はパナソニックの方が短いです。ただ、自動お掃除機能は、メンテフリーではない点、エアコンクリーニング代が高くなる点は、東芝同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.7kw、12畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.2kwです。

 10畳用については、特に暖房が強い部類でお買得感が高いです。一方で12畳用は、冷房出力が他社より弱いため、逆におすすめできない感じです。

201805241800.jpg

 気流制御は、フルワイドフラップ仕様で、送風口が本体の端から端までに広がっています。

 これを利用して、快適なワイド気流・天井シャワー気流を放出します。これによって快適な気流が得られるでしょう。

 空気清浄は、この機種の場合もナノイーを搭載します。この点では下位のJシリーズと同じですね。

 p02_blo01_img03.jpg

 省エネ性は、東芝と同じで明るさセンサーが搭載されます。

 また、日立ほどではないですが、低消費電力での弱運転が可能ですので、省エネ性の面でも期待できるでしょう。また、2018年モデルからは、「おへや学習機能」が加わり、部屋の断熱性や間取りをAIが解析して、効率よく運転する機能が付属しました。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,867 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,238 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 インターネット操作は、パナソニックのJシリーズ同様に、オプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。能力の部分では10畳モデルが優秀でおすすめできます。パナソニックは、スマホによる遠隔操作が比較的格安で可能なので、こうした機能が充実した機種を探している方にはおすすめできます。


 201805242040.jpg

 【2018年】

 11・日立 白くまくん RAS-W25H-W
  ¥159,630 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜4.6)6〜 8畳
冷房能力:2.2W (0.3〜3.1)7〜 10畳

コンセント形状:100V 15A

 11・日立 白くまくん RAS-W28H-W
  ¥135,328 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.2W (0.3〜3.3)8〜 12畳

コンセント形状:100V 15A

 Wシリーズは、日立の「白くまくん」シリーズの上級機です。

 201805241828.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。

 一方、日立は単に掃除をするだけでなく、熱交換器をいったん凍結させ霜を発生させ、それを急速に溶かすことでの汚れを一気に洗い流すという「凍結洗浄」という技術も採用します。

 凍結のデモンストレーションを見たことがありますが、本当に霜が発生していました。もちろん、これで、エアコンクリーニングが不要になるわけではないですが、清潔性という面では、他社以上でしょう。

 201805241832.jpg

 これに加えて、日立は、送風路にステンレスを採用しているため、恐らく、全メーカーを通しても、最もカビに強い機種です。エアコンのカビ臭が苦手な方に向くでしょう。

 暖房能力は、10畳用が最大4.6kw、12畳用が最大4.7kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.3kwです。

 値段を考えると、可もなく不可もなしといった水準で、高級機としては振るわないスペックです。

 一方で、下位機種と同じく、安定室温時の運転の省エネ性は高そうなので、「急速に連暖房する」ようなことは「苦手」だが、断熱性の高い部屋ならば、光熱費や快適性の維持にメリットがありそうです。

 気流制御は、引き続き他社に比べても目立った機能はないですね。

 201805241838.jpg

 省エネ性は、「くらしカメラ」を搭載します。これにより、位置や人数に応じて運転強度を自動で制御できます。また、人感センサーと連動させて、人がいないときに、先述の「凍結洗浄」が運転できるのは良い工夫ですね。

 インターネット操作は、対応できますが、別売のアダプターが必要です。

 以上、日立の「白くまくん」Wシリーズの紹介でした。清潔性が高いのが最大の魅力です。この部分を重視するならば、間違いない選択肢でしょう。

 ただし、「メンテフリー」という意味での「清潔性」ではないので、賃貸物件の交換用などの場合は、「お掃除機能がない」という点で、エアコンクリーニングが「簡単で安い」もう少し簡単な製品が良いでしょう。 


  201805242039.jpg

 【2018年】

 13・富士通ゼネラル・AS-Z25H-W   
   ¥191,783 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜5.5)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.6〜3.5)7〜 10畳

コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 13・富士通ゼネラル・AS-Z28H-W    
   ¥204,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜7.1)8〜 12畳
冷房能力:2.5W (0.6〜4.1)8〜 10畳

コンセント形状:100V 20A

 Zシリーズは、富士通ゼネラルの「ノクリア」の高級ラインのエアコンです。

 暖房能力は、10畳用が最大5.5kw、12畳用が最大7.1kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.5kw、12畳用が最大4.1kwです。

 12畳用では、今回紹介した機種では「最強」です。ただし、こちらは、コンセントが100V・20Aで特別なエアコン用のコンセントが必要ですので、その点は注意してください。

 一方、年間電気代は、12畳用の場合、同社の下位機種ASシリーズに比べて、年間4000円近く安いです。ただ、本体価格がそれ以上に差があるため、総コストの逆転は難しいでしょう。

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。正直「不要」で、そのぶん安くすればと、思うのですが仕方ないでしょう。

 201805241858.jpg

 気流制御は、日立の「くらしカメラ」と同じで、人の位置を把握した送風が可能です。

 風力も冷房15m・暖房12mというスペックですので、全く問題ありません。

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 以上、富士通ゼネラルのZシリーズの紹介でした。

 風力・風圧重視で、さらに、「光熱費の安い機種」ならば、こちらでしょう。ただ、「自動掃除機」など余計なオマケがついて本体価格が高めなのが残念です。10年運用してもとが取れるのは確かですが。また、室外機が大きめという点も注意です。

今回の結論
小型エアコンでお得でおすすめな機種はこれ!


 というわけで、今回は、エアコンについて書いてみました。最後に、予算別・目的別におすすめ機種について書いておきます。


 第1に、8畳〜12畳用で利用するエアコンで、価格の安さと性能面から最もオススメなモデルは、

 

 【2017年】
 
  3・ダイキン S25UTES-W
    ¥56,000 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】
 
  3・ダイキン S25VTES-W
    ¥105,900 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
 
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】
  4・ ダイキン S28UTES-W
    ¥60,461 Amazon.co.jp  (5/24執筆時)

 【2018年】
 
  4・ダイキン S28VTES-W
    ¥70,000 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 
冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンのS25STES-Wがオススメです。

 暖房能力も冷房能力も標準の性能ですが、気流制御が優秀なため、6畳程度の部屋の場合、気流を計算した運転で、特に夏場の快適性能が他社の同価格帯のモデルに優ると思います。

 また、ダイキンは自社開発の新型触媒を採用しているため、40度以上の酷暑に強いタイプのエアコンと言えます。冷房重視ならば、ダイキンを選ぶのが良いと思います。


 第2に、8畳用〜12畳用のエアコンで、冷暖房のパワーを重視した場合、おすすめなエアコンは、

 

 【2017年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25G-W
  
  ¥54,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25H-W
  
  ¥75,100 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

 8・富士通ゼネラル・AS-C28G-W
  
  ¥59,700 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C28H-W
  
  ¥81,500 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 夏場にかぎらず、冬場も使う場合、暖房力の高い富士通ゼネラルのCシリーズが良いと思います。8畳用・10畳用としては最高クラスの能力がありますから。

 また、風力が強い機種であるため、夏場についても、涼を得やすい機種です。ダイキンよりも多少高い機種ですが、予算があればこちらを選ばれると良いでしょう。


 第3に、8畳用〜12畳用のエアコンで、節電性を意識して高級機を選ぶとすると、

  201802061230.jpg

 【2018年】

 10・パナソニック CS-EX258C-W    
  ¥138,240 Amazon.co.jp
(5/24執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 20A

 【2018年】

 10・パナソニック CS-EX288C-W
  ¥149,800 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 20A

 パナソニックのEXシリーズでしょう。同社はエコナビなど省電力に力を入れていますが、この機種も日射センサーなどの搭載で、パワーに比しての省エネ性が高い機種です。

 多少、冷房出力が弱いですが、適応畳数さえ間違っていなければ、この出力で大丈夫です。ナノイーなどの付加機能も充実しているため、「高級機」を選びたい場合の良い選択肢です。

 また、別売の無線アダプターと親機が必要ですが、インターネット経由で、外出先からON/OFFできるのも魅力ですね。

補足1:エアコンのお得な購入方法について

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 まず、一般的な方法として、ビックカメラなどの町のデンキヤでエアコン購入する場合です。エアコン(総じて8万円以下の格安エアコン)は、設置料10,800円が取られます。高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には、表示価格に同等程度の設置料が含まれているので同じことです。

 また量販店の場合、エアコンの価格も同型番・同機能のものが、ネット上で売っているものに較べて、3割以上割高な場合もあります。ただし、在庫があれば、取付を早くやってくれるので、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。

 201805242045.jpg

 一方、アマゾンなどの通販でエアコン買う場合は、送料は業者により異なります。「新品の出品」をクリックしたページにでる、「コンディション欄」に対応する場合は情報が載っています。

 とはいえ、一部の業者しか、取付工事をやってくれません。だから、一般人は購入が難しいと思えますが、実はエアコン取り付け工事は「別売」りしています

 有名なところでは、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」というものがあり、エアコン標準取付サービスの金額(14,800円)でやってくれます。こちらは、ネットで予約できますし、設置後1年保証も安心です。

 エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですがやってくれます。なお、ネット予約に対応していない店も含めれば、エアコンの取付が全国対応で同程度の設置料の店は他にも色々あります。こちらに別に詳しく書きました!

ーー

 さて、仮に棟梁comで頼むとするならば、+14,800円です。そして、アマゾンで販売されているエアコンは、例え同性能・同一製造年の機種でも、町のデンキヤ(大手量販店)で売られているよりもこの価格差以上に安い場合が大半です。したがって、最もお得なのは、アマゾンでの購入になります。

 なお、アマゾンと大型家電量販店では同じ性能の機種であるのに型番が違うエアコンがあります。これは、家電量販店が、独自の型番でメーカーに卸してもらっているからで、実際は同じ性能の商品です。

 おそらく購買者が「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。ネット価格と比べると、店舗のエアコンは(型落ちなどの特売品を除き)大幅に高いからです。

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。また、ビックカメラのように独自の型番であったり、機能が異なる型落ち品が一緒に並んでいたりする問題がありますので、ネットで十分調査して購入するのが費用的にお得でしょう。

 ただ、もちろん、デメリットもあります。それは「即日設置」などができないこと。逆に言えば、直ぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買わない手はありません。

補足2:効果的な風の循環について

 つづいておまけ「その2」です。


 

 もし、エアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。 

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。ご興味にある方は、【サーキュレーターの比較記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

補足3:エアコンを外出先から操作する方法

 最後におまけ「その3」です。


 外出先からスマホでエアコンのオンオフができる仕組みは、最近のエアコンでは「常識化」されつつあります。ただ、専用の別売りアダプターを買って、設置する必要があるのが難点です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥9,572 Amazon.co.jp (5/24執筆時)

 そうした場合ですが、「新型学習リモコン」を導入する方法もあります。

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。

 

 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

 興味のある方は、このブログには、「学習リモコンの比較記事」と「スマートスピーカーの比較記事」がありますので、あわせてご覧ください。

ーーー

 というわけで、今回の記事はここまでです。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:47 | 生活家電

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png