比較2017’ 新製品のブルーレイレコーダー全53機の性能とおすすめ: パナソニック・ディーガ・ソニー・東芝レグザ・シャープ・AQUOS

2017年11月17日

比較2017’ 新製品のブルーレイレコーダー全53機の性能とおすすめ: パナソニック・ディーガ・ソニー・東芝レグザ・シャープ・AQUOS

【2017年11月新機種対応】人気4社のブルーレイディスクレコーダーの画質とおすすめ製品の選び方: パナソニック ディーガ DMR-BRG2030 DMR-UBZ1 DMR-BRX2030 DMR-UBX4030 DMR-UBX7030 SONY BDZ-ZW1500 BDZ-ZT1500 BDZ-ZT2500 BDZ-ZT3500 DMR-BRS530 DMR-BRW1020 DMR-BRT530 DMR-BRT1030 DMR-UBZ2020 DMR-UBZ1030 DMR-UBZ2030 DMR-BRG1030 DMR-BRG2030 DMR-UBZ1 DMR-BRX2030 DDMR-UBX4030 DMR-UBX7030 REGZA DBR-M590 DBR-T670 D-M470 D-M430 DBR-T660 DBR-Z620 DBR-Z610 DBR-W507 DBR-W1007 DBR-T1007 DBR-T2007 DBR-M1007 DBR-M3007 AQUOS BD-NS520 BD-NW520 BD-NW1200 BD-NT1200 BD-UT1200BD-UT2200 BD-UT3200メーカー別の違いや画質ランキング・ディスクの相性

今回のお題
最新の国産ブルーレイレコーダーの予算別おすすめはどの製品?

 ども、Atlasです。

 今日は、2017年11月現在、最新モデルのブルーレイレコーダーの比較です。

 発売ばかりのシャープとパナソニックの秋モデルにも対応しています。その他、新製品ついては全機種紹介できています。

1・SONYのブルーレイレコーダー
2・パナソニックのブルーレイディーガ

3・東芝の全録レグザブルーレイ  
4・シャープのアクオスブルーレイ

5・おすすめブルーレイレコーダー【結論】

  このブログでは、東芝・パナソニック・ソニー・シャープという、国内4大メーカーブルーレイレコーダーについて、これまで4本の記事を書いてきました。

 今回は「5回目の記事」です。ここまでの記事の【結論】として、、全メーカー・全53機種の製品から画質や性能面から「おすすめ機種」をチョイスします。

 今回の記事では、メーカーごとのメリット性(良いところ)デメリット性(イマイチなところ)を「ざっくり」と分かりやすくまとめます。

 そのため、検索エンジンから直接来られた方も、このページを最初に見ていただいたほうが分かりやすいと思います。安心して、この記事からご覧ください。

ーーー

 では、比較をはじめましょう。

 文字数の多い記事ですが、「買って後悔しないための最低限の情報」を網羅しています。ぜひ最後までお付き合いください。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で色分けしています。

1・画質面についての比較

 ブルーレイの画質に重要なのは、超解像技術ノイズリダクション技術・階調補正という3つの技術です。

 高い画質を得るために、この3点は重要です。

201401311930.jpg

 第1に、超解像技術とは、低画質画像の補正技術のことです。これを使うと、画質の粗いDVD映像(解像度720×480)や、地上波デジタル(解像度1440×1080)、BSやCSなどのフルHD(1920×1080)、または、長時間録画モードでとった録画映像を独自に解析・修正して、より詳細な画像表現に補整できます。

 とくに、最近は4Kテレビの普及で、これらの低画質の画像を、超解像技術で4K画質までアップコンバートする機能を搭載する機種も増えました。

 第2に、ノイズリダクションとは、スピードの速いスポーツや、古いセル画のアニメなどの映像で発生するノイズや、長時間録画やDVDなどの映像解像度の低い画像を再生する際に発生するノイズを軽減する技術です。こちらも優れた映像を得るために効果的な機能と言えます。

 第3に、階調補正機能とは、映画などの暗い部分などの階調を補正し、見やすくする機能です。これも、画質の向上のためには効果的な技術です。

 個別記事で言及してきたように、メーカーによって搭載非搭載に差があります。ざっくりと「ランキング」をつければ以下のようになります。

ーーー

 第1位は、パナソニックです。

 同社の場合、入門機から高画質化エンジンが搭載され、全機種にわたって強力な画像補正機能が使えます。また、一部の入門機を除き、多くの機種には4Kアップコンバート(4K超解像技術)が搭載され、4Kへの対応力は高いです。

 また、パナソニックは、全メーカーで唯一、10万円を超えるハイエンド機を現在も出し続けています。

ーーー

 第2位は、ソニーです。

 同社も、画質補整に力を入れているメーカーです。特に、4Kアップコンバート(4K超解像技術)にこだわりが強く、入門機を含めて全機種対応します。ただし、比較した場合、ノイズリダクション機能は、パナソニックの方が現状で高性能です。

ーーー

 第3位は、シャープです。

 同社の場合、上位機種には4Kアップコンバートが搭載されます。ただ、補整機能は、他機種はノイズリダクション機能が目立つほどです。というのも、シャープは、画質補正はTVの機能に任せる方針だからです。

ーーー

 第4位は、東芝です。

 同社の場合、上位機種を含めてこれらの機能は搭載せず、画質補正はTVに全て任せる方向性です。そのため、カタログなどにも画質面での言及がほぼありません。

ーーー

 結論的に言えば、同時購入のテレビが「最新機種」でない場合、画質を重視するならば、パナソニックか、それに準じるソニーから選ぶのが良いでしょう。

 東芝シャープは、画像エンジンはイマイチです。しかし、東芝やシャープの場合、テレビは、高品質な画像エンジンを採用し、画質面でも他社と同じで高性能です。そのため、同じメーカーのテレビを買って、画像補正を全てTV側に任せるならば、画質面でも東芝やシャープを選んでも全く問題ないでしょう。

 なお、画質面での、具体的なおすすめ機種は下で改めて説明します。

2・録画ch数についての比較

 ブルーレイは、搭載する地上波/BS・CSチューナー数で、「同時録画できるチャンネル数」が決まります。

 現在は、録画できるチャンネル数の違いで「通常のブルーレイレコーダー」と「全録対応レコーダー」に区別できます。

 201504131917.jpg

 第1に、「通常のブルーレイ」は、現在は、4社とも格安モデルから2チューナーを搭載するのが平均的なスペックです。チューナーとは「TVの受信装置」のことです。2つのチューナーの場合、「2つのチャンネルまで同時に録画可能」です。

 第2に、「全録対応レコーダー」に」は、5〜9ほどの地上波・BS・CS用のチューナーを内蔵した上位機です。そして、多くのチャンネルについて、放映番組の全てを、全て自動的録画します。

 つまり、「好きな番組を予約操作して録画」するのではなく、「全てのチャンネルを網羅的に録画させておき、過去の番組表から好きな番組を選んで観る」タイプが「全録対応レコーダー」です。「この機能は全録」とか「タイムシフト」とか呼ばれます。

 こちらについても、先ほど同じやり方で、4社をランキング形式で並べてみたいと思います。

ーーー

 第1位は、東芝です。

 同社の場合、上位機種の「レグザサーバー」シリーズが「全録専用マシン」であり、最大7チャンネルを数週間分「全部録画」できる機能が魅力です。過年度より全録に最も力を入れているメーカーで、番組表・検索を含めた使い勝手に定評があります。

ーーー

 第2位は、パナソニックです。

 同社も、後発ながら「全自動ディーガ」という全録レコーダーをラインナップします。こちらも東芝と同じく「全録専用マシン」です。ただ、「全録専用機」と言うより、通常の録画機能も持ち合わせるハイブリッド機種です。ただし、パナソニックの「売りである」高画質化機能が一部不採用です。全録の専門性・利便性では東芝が上位ですね。

ーーー

 第3位は、シャープです。

  同社は、「全録専用マシン」は未発売です。しかし、通常機に「アクオスタイムシフト」という機能を搭載します。これは、「試聴中の番組に限り90分間戻せる」というものです。また、地上波やBSについて、4週間分の「新作連続ドラマ」「アニメ」「バラエティ」のいずれかを選んで全録する「ドラ丸」という機能も付属します。

ーーー

 第4位は、ソニーです。

 同社は、こういった「丸ごと録画」するような機能は付属しません。その代わり、「特定のジャンルの番組をAIが選んで「おまかせ録画」する機能には定評があります。

ーーー

 結論的に言えば、全録的な使い方をするならば、東芝かソニーの対応機がおすすめです。なお、具体的なおすすめ製品は、最後に改めて指摘しますが、「チューナー数」のほか「内蔵されるハードディスクの容量」にも注意してください。全録に限らず、撮りだめする方は、ハードディスクを多く消費しますから。

3・操作性の良さの比較

 ユーザーインターフェイス(UI)の操作性は、比較記事において意外と軽視される部分です。ただ、ユーザーの利便性においては、この部分は軽視できず、満足度を大きく左右すると言えます。

 easy_img_01.jpeg

 この部分について検討するべきなのはと「番組表などのUIの使い勝手」「UIの起動の速さ・操作性」です。こちらも、ランキング形式で紹介しましょう。

ーーー

 第1位は、シャープです。

 同社は、上位機(UTシリーズ)において「番組表の4K画質での表示」に唯一対応しています。他社の場合、番組表を低解像度で作り、それを4Kテレビの場合は拡大表示しています。これは、画質が悪く不評であり、シャープに優位性があります。

 一方、起動の速さやリモコンの反応速度は、標準レベルで可も不可もないと言えます。

ーーー

 第2位は、ソニー・パナソニック・東芝です。

 「番組表などのUIの使い勝手」「UIの起動の速さ・操作性」において、これらの3社は明確な違いはないと言えます。

 起動の速さについては、ソニーは0.5秒、東芝は1秒ほどで本体が起動し2社は優秀ですが、これは待機電力の多さと反比例するため、一概に比較できません。

ーーー

 結論的に言えば、4KTVで利用する場合、シャープの番組表の鮮明さの点で見所がある言えます。

4・おまかせ録画機能の比較

 おまかせ録画機能とは、ブルーレイの人工知能(AI)が、ユーザーの入力した好みの指標を合わせた番組を選択的に自動録画してくれる機能です。

 y_BDZ-EX3000_004_1.jpeg

 「サッカー」・「NHK交響楽団」など自分の好きなキーワードを登録することで自動的に番組を「おまかせ」で録画してくれる機能です。これは、4社のブルーレイディスクのどれも搭載される機能です。こちらも、ランキング形式で順位を付けてみましょう。

ーーー

 第1位は、ソニーです。

 同社の場合、上図のように、再放送についての二重取りを防止してくれる機能が付きます。NHKの連続ドラマは週に何回も再放送されますし、スポーツ中継も同じカードを週に何回も放送される場合があります。二重取りは、ハードディスクをかなり圧迫することもあり、この機能は非常に有用と言えます。

ーーー

 第2位は、シャープです。

 同社の場合、先ほど紹介した「ドラ丸」を利用する場合に限っては、再放送を除外してくれます。

ーーー

 第3位は、東芝パナソニックです。

 両社ともに、独自機能を取り入れるなど見所がありますが、比較すれば少し遅れを取っています。

ーーー

 結論的に言えば、おまかせ録画機能について最も高機能なのはソニーです。そして、他社はすこしだけ離されているという状況でしょう。

5・スマホでの遠隔視聴の比較

 2013年の冬に録画番組の遠隔視聴についての業界団体の規約が変更になりました。

 pic_smapho.jpg

 そのため、最近の新機種については、インターネット回線を経由して、自宅で録画した映像をスマホで遠隔視聴する機能が搭載されました。ただ、メーカーによって機能が少しずつ違います。

 こちらは、順位付けしてみましょう。

ーーー

 第1位は、ソニーです。

 同社は、再生までにかかる時間や、画像の安定性に関する新技術を採用しているため、視聴は最も快適です。視聴には、TV side viewというアプリ(iPhoneAndroid)を使います。使い勝手は良いですが、なお、利用には、アプリ内課金600円かかります。

 なお、この機能は、この機能は「どこでもテレビ」と呼ばれます。

ーーー

 第2位は、パナソニックです。

 同社の場合も、(iPhoneAndroid)双方のアプリが用意されます。アプリを使って、ビデオに録画した映像を見れます。なお、アプリは無料で提供しています。比較的草創期から取り組んでおり、画質安定性も高めです。

 なお、この機能は「外からどこでもスマホ視聴」と呼ばれます。なお、パナソニックは2017年モデルから、ユーザーがブルーレイレコーダーに保存した「動画・写真・音楽」もスマホに飛ばせる「おうちクラウドDIGA機能を追加搭載しました。これらをクラウド運用したい方は、魅力です。

ーーー

 第3位は、東芝でとシャープです。

 東芝の場合は、録画中の番組の「追っかけ再生」にも対応できる点が魅力です。こちらも、(iPhoneAndroid)双方のアプリが用意されます。ただし、東芝の場合、アプリは有料で、iPhoneは960円、Androidは1,300円です。

 シャープの場合も、(iPhoneAndroid)双方のアプリが用意されます。シャープもアプリは有料です。、iPhoneは960円、Androidは1,500円です。iPhone用は東芝と同じソフトを使っています。この機能は「外からリモート視聴」という名前です。

 なお、ソニーパナソニックシャープ・東芝とも、録画番組だけではなく、現在放送中の番組の遠隔視聴にも対応します。

ーーー

 201504131945.jpg

 結論的に言えば、スマホでの遠隔視聴に最も力を入れているのはソニーです。ソニーは、再生までにかかる時間や、画像の安定性に関する新技術を採用しているため、視聴は最も快適です。パナソニックは、次点でしょう。

 東芝とシャープは、この部分については内製していないため、機能面でやや落ちると言えるでしょう。なお、どの会社も、これらの機能は2014年秋モデルからの対応で、以後、紹介していく新機種については、どれも対応機種になります。

6・外出先からの録画予約の比較

 スマートフォンやパソコンからの録画予約は、各社とも力を入れています。

 こちらも、ランキング形式で紹介してみましょう。

ーーー

 201302171846.jpg

 第1位は、パナソニック・ソニーです。

 パナソニックの場合、、スマホアプリの番組表から予約できるほかインターネット番組表の「ディモーラ」を通してパソコンやタブレットからも予約可能です。

 ソニーの場合、同じく、スマホアプリでの番組予約に対応します。また、インターネット番組表である「テレビ王国」からの予約にも対応するので、こちらもパソコン・タブレットからの予約操作も簡単です。

ーーー

 第2位は、シャープです。

 同社の場合も、スマホアプリこちら】で番組表を使った録画予約に対応します。ただし、外出先のパソコンからの予約には非対応です。

ーーー

 第3位は、東芝です。

 同社の場合も、スマホアプリでの録画予約に対応します。ただ、パソコンなどからの予約はシャープと同じで非対応です。一方、他社製のシステムを使うこともあり、月額100円の利用料が発生します。この点は他社に比べて不利です。

ーーー

 結論的に言えば、インターネット環境があればどこからでも予約できる点で、パナソニックとソニーが優秀と言えます。

7・内蔵BLドライブの比較

 201704051714.jpg

 ブルーレイについては、新しい業界企画である「ウルトラHDブルーレイ」という規格に沿った映画ソフトが増えてきています。対応する映画などのソフトはまだ少ないのですが、4K画質を再生できる唯一の規格です。通常のブルーレイでは、4Kを見ることはできません

 ただ、パッケージで購入した映画などのウルトラHDブルーレイを見たい「ハイアマチュア」の皆さんは、この対応状況に注意することは意味があります。

 こちらも、ランキング形式で紹介してみましょう。

ーーー

 第1位は、シャープです。

 同社は、ドライブの品質にひときわ「こだわり」のあるメーカーです。とくに、2017年新モデルは、全機種「ホコリシールドBDドライブ」という独自のドライブを搭載しました。これは、ドライブに埃が入りにくい構造を採用した上で、高速回転時の風切り音対策がなされた静音ドライブです。

 また、高速ドライブを採用しており、ダビングの速度や、ソフトの再生までの時間が他社より速いです。さらに、同社の上位機については、ウルトラHDブルーレイ規格に対応しました。こうした点で、性能に期待して良いメーカーです。

ーーー

 第2位は、パナソニックです。

 同社は、ウルトラHDブルーレイを家庭用レコーダーに初採用したメーカーです。最近は、上位機だけではなく、「全録」モデルにも、早々と搭載モデルを出し、この部分に力を入れています。シャープに次ぐ力の要れ具合と言えます。

ーーー

 第4位は、東芝とソニーです。

 ドライブ性能にはあまり力を入れておらず、カタログなどでの性能紹介もほぼされません。

ーーー

 結論的に言えば、シャープが優れます。昔からこの部分に力を注いでいたメーカーであり、その部分が同社の「売り」となります。

8・外付けHDD利用面の比較

 どのメーカーも一部の入門機を除くと、外付けハードディスク録画に対応しています。

 ただし、仕様がメーカーにより若干異なりますので、こちらも比較しておきましょう。

ーーー

 第1位は、東芝です。

 同社の場合、外付けHDDを8台まで登録でき、このうち4台まで同時接続可能という構成です。

ーーー

 第2位は、ソニーです。

 同社の場合、10台まで登録できますが、USBハブが使えず1台しか同時接続できないという仕様です。

ーーー

 第3位は、パナソニック・シャープです。

 両社とも、8台まで登録できますが、1台しか同時接続ができません

ーーー

 結論的に言えば、大量の映像を保存するには、東芝が向いているという結論になります。ただし、「タイムシフトマシン」として全録に使う場合は、外付けハードディスクは同時に1台までしか利用できません。

 201710111148.jpg

 バッファロー HDV-SQ2.0U3/VC 2TB
  ¥15,074 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 なお、外付ハードディスク録画は、将来的にブルーレイレコーダーを買い換えた場合、不正コピー防止機能が働き録画画像は見れなくなってしまいます。

 しかし、最近、SeeQVaultという業界標準規格が生まれました。これに対応する外付けドライブは、新しいブルーレイレコーダーでも保存したデータが視聴可能です。バッファローの対応ドライブを紹介しておきますが、まだ参入メーカー数は少ないです。

 SeeQVaultは、ソニーパナソニック・東芝・シャープを合わせて全社の現行機種で対応です。ソニーは2017年モデルから、他社は2016年モデルからの対応です。そのため、型落ち製品を買う場合は注意してください。、

 ブルーレイレコーダーに内蔵されるハードディスクのデータは、ソニーを含めて各社ともLANケーブル経由でデータの引っ越しが可能です。

今回の結論
ブルーレイレコーダーのおすすめ製品は結論的にこれ!

 と言うことで、今回は主要4社のブルーレイレコーダーの性能を8つの指標から「まとめて」きました。


画質 録画数 操作性 AI録画 スマホ 予約 BL HDD 合計
ソニ- 4 2 4 5 5 5 3 3 31
パナ 5 4 4 3 4 5 3 3 31
シャ-プ 3 3 5 4 3 4 4 3 29
東芝 2 5 4 3 3 3 5 5 30

 ランキングに基づいて評点を付けると、上表のようになりました。各社ともに「売りと言える長所」があり、総合点ではさほど差が付いていませんね。

 ただ、新機種だけでも「各社とも10機前後発売」しており、この指標だけでは、とてもではないですが、「おすすめ製品」は断言できません

1・SONYのブルーレイレコーダー
2・パナソニックのブルーレイディーガ

3・東芝の全録レグザブルーレイ  
4・シャープのアクオスブルーレイ

 そこで、以下では、上記のページでここまで調査した「全機種」から、個別製品として「おすすめできる機種」を提案します。

 なお、おすすめ製品の制定にあたっては、「画質」を最重要視しました。具体的に派、レコーダーに搭載されている画質向上のための画像エンジンの性能とそれを用いた技術です。高品質の映像を得られる機種を優先し、予算別に選んでいます。

 というわけで、以下、「結論」として、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案します。


第1に、値段と画質のバランスがとれていて最もおすすめできるモデルは、

 

〈2016年モデル〉

 1・Panasonic DMR-BRW1020 【1TB】
  ¥45,444 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

〈2017年モデル〉

 2・Panasonic DMR-BRT1030 【1TB】
  ¥63,688 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 チューナー数:2
 長時間録画:最大15倍
 LAN接続:無線LAN/有線LAN
 HDD容量:500GB/1TB
 HDD録画:外付HDD対応 
 超解像度技術 対応
 ノイズリダクション:対応

 総合評価 ★★★★★

 5万円前後の予算で選ぶとすれば、パナソニックの DIGAシリーズの2016年モデルのDMR-BRW1020が最もおすすめです。こちらの機種は、4K対応のモデルチェンジをした最新機種で、他機種とは明確な性能差があります。

 ハードドディスクのサイズ1TBと十分です。また、チュナーが2+スカパーHDになっており、地上波+CS+BSで2番組同時録画が可能な仕様です。

 pic_4k_2.jpg

 画質的にも、性能の良い画像エンジンを搭載し超解像技術・ノイズリダクション技術・階調補正が優れています。とくに、超解像度技術については、4Kアップコンバートに対応しているため、地デジなどの4Kに満たないソースでも4K対応TV綺麗に見れます。

 ユーザーインターフェイスや使い勝手の面でも、高性能な「UniPhier」の恩恵で、リモコンの反応が良いですし、ソニー同様に、インターネット経由での録画や、キーワード録画に対応している点も嬉しいでしょう。

 201302170346.jpg

 したがって、5万円前後で購入できる機種としては総合的にもっとも高品質といえると思います。スポーツモード・映画モード・アニメモードなどの搭載で、オールマイティに力を発揮できそうです。

 201510072130.jpg

 くわえて、アドバンスドAVCエンコーダーの搭載で、動きのあるスポーツ映像や、動きの少ない紀行番組に画質を最適化する機能も付きます。もちろん、外出先からのスマホ視聴や録画予約という業界最新の装備もなされています。

 音質面でも、通常音源を音質の良いハイレゾにリマスターする機能が魅力です。

 その他の点での主要機能の相違はありません。ただ、TVを高性能スピーカーにつないでいる方で、音にもこだわりたい方をは、こちらを選ぶのも「あり」でしょう。

 なお、パナソニックは、2017年10月に後継機となるDMR-BRT1030を出しています。こちらは、3チューナーとなっています。また、「外からどこでもスマホ視聴」が放送中や録画したTV番組だけでなく、DIGAに保存してある音楽・写真・動画も再生できるように進化し「おうちクラウドDIGA」となりました。

 ただ、違いはそこに止まります。旧機種でも、録画番組と、放送中の番組の視聴は可能なので、新機種発売で値段の下落している2016年旧モデルが良いでしょう。

 なお、これらの機種や、その他のパナソニックの機種について詳しく知りたい方は、パナソニックの全機種を比較・紹介した上記の過去記事をご覧ください。


 第2に、複数の番組を同時に予約するヘビーユーザーにオススメなモデルは、

 

〈2017年モデル〉

 3Panasonic DMR-BRG1030 【1TB】
  ¥57,708 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 4Panasonic DMR-BRG2030 【2TB】
  ¥68,700 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 チューナー数:6
 長時間録画:最大15倍
 LAN接続:
無線LAN/有線LAN
 HDD容量:1TB/2TB

 HDD録画:外付HDD対応 
 超解像度技術 対応
 ノイズリダクション:対応

 総合評価 ★★★★★★★

 パナソニックの上位機である、DMR-BRG2030 が良いでしょう。

 画質はさきほど「おすすめ」した下位機種と同じです。しかし、同時に3番組録画ができる「3チューナー搭載」で、地上波+CS+BSで6番組同時録画が可能な仕様です。ハードディスク2TB搭載も選べ、容量面でも優れます。

 この機種は、「1日8時間まで限定」ですが、最大6チャンネルの全録も可能です。例えば、深夜番組や、ゴールデン番組だけ「全録」しておくというような使い方も考えられるので、利用の幅は広いと思います。

 もちろん、下位機種同様に、画質やユーザーインターフェースは高レベルです。加えて、SeeQVaultによる外付けUSBハードディスクの引っ越し機能に対応するので、将来の買い換えについても安心できるでしょう。

2・パナソニックのブルーレイディーガ

 なお、この機種やその他のパナソニックの機種について詳しく知りたい方は、上記の記事をご覧下さい。


 第3に、比較的価格の安い4万円前後の機種で、最もおすすめできるモデルは、

 

〈2016年モデル〉

 5・Panasonic DMR-BRW520 【500GB】
  ¥34,400 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

〈2017年モデル〉

 6・Panasonic DMR-BRT530 【500GB】
  ¥54,179 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 チューナー数:2
 長時間録画:最大15倍
 LAN接続:
無線LAN/有線LAN
 HDD容量:500GB
 HDD録画:外付HDD対応 
 超解像度技術 対応
 ノイズリダクション:対応

 総合評価 ★★★★★

 パナソニックのDMR-BRW520 がおすすめです。

 入門機ですが、上位機種と同じく、画像エンジンに「新ユニフィエ」が搭載されています。そのため、超解像技術・ノイズリダクション技術・階調補正などが上位機種同様に優れます。格安ですが、Wi-Fiも搭載しています。

 チューナー数も2つであり、2番組同時録画に対応しているため、不便を感じることは少ないでしょう。

 なお、こちらも、チューナー数が3個の増量された後継機が販売されています。しかしチューナー数と、先ほど説明した「おうちクラウドDIGA」の部分以外は同じですので、2016年モデルが良いと思います。

2・パナソニックのブルーレイディーガ

 なお、この機種やその他のパナソニックの機種について詳しく知りたい方は、上記の記事をご覧下さい。


第4に、「おまかせ録画」に強く、ジャンル別の自動録画が使いやすいと言えるモデルは、

 

〈2017年モデル〉

 7・SONY BDZ-ZW2500【2TB】
  ¥54,800 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 8・SONY BDZ-ZW1500【1TB】
  ¥47,678 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 チューナー数:2
 長時間録画:最大1451時間
 LAN接続:有線LAN・無線LAN
 HDD容量:1TB/2TB
 HDD録画:外付HDD対応
 超解像度技術:対応
 ノイズリダクション:対応

 総合評価 ★★★★★

 ジャンルを指定しての自動録画ならば、ソニーのブルーレイレコーダーが最も強いです。「深夜アニメ」「サッカー」「ドラマ」など細かいジャンルを指定すれば、あとはAIおまかせで録画してくれます。

 また、二重録画を防止する機能や、外出先からの録画予約などの使い勝手の部分でも他社より上です。画質についても、ノイズリダクション・4K超解像技術に対応し、画質面では、パナソニックに準じる性能を持ちます。

 なお、「全録」が不要の方は、使い勝手と画質の面で、パナソニックかソニーから選ぶのがおすすめです。

 両社とも、甲乙付けがたいですし、どちらを買っても同程度に満足できると思います。ただ、画質を最大に重視するならばパナソニック、録画の使い勝手を最大に重視するならばソニーがおすすめです。容量的にも1TBのハードディスクを搭載するこちらの機種で十分でしょう。

 また、お使いの液晶TVがソニー製「ブラビア」の場合は、画質調整などの連携機能が作り込まれている点から、ソニーのブルーレイを選ぶことをおすすめします。

 なお、容量的には2TBのハードディスク搭載モデルが相当割安でオススメできます。

 新旧機種の違いや、ソニー製品についてより詳しく知りたい方、ソニーの他のブルーレイと比較して考えたい方は、このブログの【こちら】のページをご覧ください。同社の全機種を紹介しています。



第5に、他番組を全録できる「タイムシフトマシン」が欲しい人は、

 

〈2017年モデル〉

 9・東芝 REGZA DBR-M1007 【1TB】
  ¥61,466 Amazon.co.jp
  (11/17執筆時)

 チューナー数:7
 長時間録画:最大3日分
 LAN接続:有線LAN・無線LAN
 HDD録画:外付HD
D対応
 超解像度技術:未対応
 ノイズリダクション:未対応

 総合評価 ★★★★★★

 東芝のタイムシフトマシン「レグザサーバー」DBR-T1007でしょう。

 タイムシフトを行える機種としては最も安く買える機種で、BS/CS/地上波問わずに7チャンネルまで録画できるのは魅力です。外付けハードディスクを増設すれば、7chが最大2週間ほど録画できます。

3・東芝の全録レグザブルーレイ  

 なお、この機種やその他の東芝のタイムシフトマシンの機種について詳しく知りたい方は、東芝だけを紹介した過去記事【こちら 】をご覧ください。


第6に、ブルーレイディスクの再生やダビング能力に比重を置きたい方は、

 

 〈2017年モデル〉

 【1TB】

 10・AQUOSブルーレイ BD-UT1200   
   ¥59,800 Amazon.co.jp  (11/17執筆時)

 チューナー数:3
 長時間録画:
1074時間
 LAN接続:有線LAN・無線LAN
 HDD録画:外付HD
D対応
 超解像度技術:未対応
 ノイズリダクション:未対応

 総合評価 ★★★★★

 シャープのBD-UT1100がよいでしょう。

 ウルトラHDブルーレイに対応する機種であるのはもちろん、他メーカーと較べた場合、「スピードBDドライブ」を採用しブルーレイディスクの起動やダビング速度が速い点が魅力ですから。また、テレビもシャープ製の方は、「AQUOS純モード」画質調整での連携も期待できるので、この機種がおすすめです。

 そのほか、4K対応の番組表の採用など、見所も多い製品なので、シャープで選ぶならばこれが、「イチオシ」です。

4・シャープのアクオスブルーレイ

 なお、この機種やその他のシャープの機種について詳しく知りたい方は過去記事【こちら 】をご覧ください。

ーーーー

 

 〈2017年モデル〉

 11・Panasonic DMR-UBZ1030 【HDD1TB】
  ¥71,134 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)
 12
Panasonic DMR-UBZ2030【HDD2TB】
  ¥77,599 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 チューナー数:3
 
スカパーHD:対応
 長時間録画:最大15倍
 LAN接続:有線LAN・無線LAN
 HDD容量:1TB/2TB
 HDD録画:外付HDD対応
 超解像度技術 対応
 ノイズリダクション:対応

 総合評価 ★★★★★★★

 なお、Ultra HD ブルーレイ規格に対応する機種は、パナソニックからも発売されています。比較すると、番組表の使い勝手や、ドライブ性能ではシャープが優位ですが、画質面・音質面での性能はこちらがシャープを上回ると言えます。言いかえれば、「利便性」はシャープが、基本性能は「パナソニック」が有利と言えます。

 なお、Ultra HD ブルーレイの映画は、【こちら】で紹介されていますがが、まだほとんど出ていません。そのため「先行投資」とはなりますが、過去にDVDやブルーレイがそうだったように少しずつ普及していくと思います。

 基本性能として見ても、チュナーが3つと、ヘビーユーザーでも十分利用可能な性能です。

2・パナソニックのブルーレイディーガ

 なお、この機種ついて詳しく知りたい方は、上記の記事をご覧下さい。


 第7に、本格的なシアターシステム用として現状唯一の選択肢となる機種は、

 

 13・Panasonic DIGA DMR-UBZ1【3TB】
  ¥203,840 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 チューナー数:3
 スカパーHD:対応
 長時間録画:最大15倍
 LAN接続:
有線LAN・無線LAN
 HDD容量:3TB
 HDD録画:外付HDD対応 
 超解像度技術 対応
 ノイズリダクション:対応

  パナソニックディーガの最上位機種「プレミアムディーガ」DMR-UBZ1 でしょう。以前は、SONYもハイエンド機種を出していましたが、レコーダー部門を分社化した結果手を引いてしまったため、現状で、パナソニックのこちらが唯一の選択肢です。

 音質面では、共振・ノイズ対策を施すほか、高級オーディオ用のコンデンサーを採用しており、音質面では、「高級オーディオ」のグレードです。

 一方、画質面では、Ultra HD ブルーレイは「レギュラーディーガ」の最上位機種も対応していますし、画像エンジンにもさほど差は無い状況です。そのため、格安のシアターバーやTVのスピーカーを利用するならば、この機種は不用でしょう。

2・パナソニックのブルーレイディーガ

 なお、この機種ついて詳しく知りたい方は、上記の記事をご覧下さい。

メディアやその相性について

 さて、最後に最初に購入するブルーレイディスクについて補足しておきます。

  
 Panasonic 25GB 30枚パック
  ¥ 4,200 Amazon.co.jp (11/17執筆時)
 
 SONY 25GB 30枚パック
  ¥ 2,174 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)
  
  三菱化学 BD-R 25GB 50枚パック
  ¥ 2,408 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 Atlasとしては、ソニーパナソニックの場合、最初に購入するのは、ブルーレイディスクレコーダーと同じメーカーのディスクが良いと思います。万一ブルーレイディスク本体が初期不良を起こしていた場合、原因の特定にはそのメーカーのディスクを使うのが、メーカーのユーザーサポートとのやり取りの上でも、説明のやり取りの上で有利だからです。最初は、レコーダーと一緒のメーカーに揃えると良いでしょう。

 東芝シャープの場合、純正品は生産していません。そのため、比較的価格が安く性能も安定的な三菱化学メディアの製品をおすすめします。録画用なので、パソコンのほかブルーレイディスクレコーダーでも使えます。品質保証も付いています。

 外国メーカーの格安ディスクでは、ディスク不良か、本体の不良か原因を洗い出せないため、最低でも国内生産品を使ってください。外国産は「ライトストラテジ(書き込みの際にどうすれば書き込みが上手に行くのか、ブルーレイディスク本体に伝える機能)」が付いていないものや、ブルーレイディスクの品質自体が劣悪で書き込めないものがあるからです。

 サードパーティ製としては、海外生産(台湾)ですが三菱電機の製品が安定的です。いずれの製品も、アマゾンはディスクがデンキヤで買うよりも、相当安いです。


 

 ELECOM 120枚収納 CCD-F120NBK
  ¥ 1,021 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 またどんどん溜まっていく、ブルーレイディスクの整理には、こうしたケースを利用するのが有効です。袋が透明なので視認性も高く、収納スペースを取りません。


 

 バッファロー HDV-SQ2.0U3/VC 2TB
  ¥15,074 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 なお、録画に使うハードディスクの同時購入を考えている方については、【おすすめ外付けハードディスクについての記事】が別にあります。 このブログには、電源不要の【ポータブルHDDの比較記事】もありますが、レコーダー用には不向きです。

 また、電源を取るタイプのハードディスクについても、メーカーで動作保証を取っている機種と、そうでない機種があります。

 実際、冒頭で書いたSeeQVaultに対応する機種のほか、録画機用の静音・防振ディスクを使っている機種など色々な特長がありますので、もし同時購入を考えているかたがいましたら、【おすすめ外付けハードディスクについての記事】も合わせてご覧ください。

 なお、録画の場合、対応ハードディスクの最大サイズは、東芝6TBまで、ソニー・パナソニック・シャープは、3TBまでのモデルにしておいてください。さほど容量は要らないという方におすすめできるのは、1GBあたりの単価が安く、相性問題のも少ないと言える2TBのハードディスクです。


 というわけで、今日は、ブルーレイレコーダーの紹介でした。

1・23インチ以下の液晶テレビ
2・24インチの液晶テレビ
3・32インチの液晶テレビ
4・38-43インチクラスの液晶テレビ
5・44-53インチクラスの液晶テレビ
6・4K対応の液晶テレビ

 もし、テレビも同時に探している方がいましたら、サイズ別のこちらの記事もどうぞ。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから話題を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 19:53 | Comment(0) | 映像機器

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png