Top カメラ 比較2022’【解説】デジタルカメラ60機の性能とおすすめ・選び方【まとめ】人気6社の最新デジタルカメラ・コンデジメーカー別の選び方

2022年09月30日

比較2022’【解説】デジタルカメラ60機の性能とおすすめ・選び方【まとめ】人気6社の最新デジタルカメラ・コンデジメーカー別の選び方

【今回レビューする製品】2022年 最新デジカメ60機からのおすすめ機種の選び方:コンデジ ミラーレス 一眼レフ 単焦点カメラ:顔検出・Wi-Fi Bluetooth スマホ転送(iPhone Android)対応機:性能の違いや人気ランキング:ソニー ニコン キヤノン パナソニック オリンパス

【評価する主な製品型番】SONY DSC-WX500 DSC-W830 DSC-RX100M7 DSC-RX10M4 ZV-1 ZV-1G SONY α6100 ILCE-6100L CANON PowerShot G9 X PSG9X MARKII PowerShot G7 PSG7X Mark III SX740 HS EOS Kiss X10i オリンパス OLYMPUS Tough TG-6 パナソニック LUMIX DC-LX100M2 DMC-TX2 DMC-FZ85 DMC-TZ95

今回のお題
最新デジカメはどのように選ぶのがおすすめ

 ども、Atlasです。

 今回は、2022年9月現在、最新モデルのデジカメの選び方とオススメ機種について解説します。

 201804291305.jpg

 デジタルカメラは、コンデジ一眼レフミラーレス一眼など現行機種だけでもかなりの機種(100機以上)に及びます。

201403061905.jpg

1・1万円台のデジカメの比較
2・3万円台のデジカメの比較
3・5万円以上のデジカメの比較
4・高倍率ズームデジカメの比較
5・高耐久・防水デジカメの比較
6・動画撮影向けVlogカメラの比較

7・単焦点カメラの比較
8・ミラーレス一眼の比較
9・一眼レフカメラの比較
10・デジカメ全製品からのおすすめ【結論】

 しかし、このブログでは、全10回の記事で、コンデジだけで95機、ミラーレス・一眼レフを含めれば、150機以上を比較してきました。

画質の良さ    ★★★★★
ズーム倍率    ★★★★★
フォーカスと連写 ★★★★★
手ぶれ補正    ★★★★★
動画撮影     ★★★★★
軽量性      
★★★★★
スマホ連携    
★★★★★
総合評価     ★★★★★

 それぞれの記事では、いくつかのポイントから、「おすすめ」機種も提案してきました。 

 今回の記事は、「最後のまとめとして、「失敗しないデジカメ選びのポイント」解説します。

 その上で予算別・目的別に「最終的なオススメ機種」を改めて提案していこうと思います。

1・デジカメの選び方(画質)

 201606061120.jpg

 さて、デジカメを選ぶ場合、皆さんが「最初に」かつ「最も」心配するのは「デジカメの画質」でしょう。

1・撮像素子の大きさ
2・レンズの明るさ(F値)
3・画素数の多さ

 わかりにくい部分ですが、デジカメは、上の3点のスペックに注目すれば、そのグレードが推測できるように作られています。

 デジカメ選びの基本となる部分ですので、以下、詳しく説明します。

 手っ取り早く「オススメ機種」だけ知りたい方は、流し読みして、最後の「今回の結論」だけみてください。

1・撮像素子の大きさ

 201610081013.jpg

 第1に、撮像素子(イメージセンサー)です。

 撮像素子とは、画像を電磁データに変換する部品で、カメラの性能を決定づける最も重要なパーツです。

 そのサイズが大きいほど取り込める情報量が多いので、良い画質が良くなります。

 202109030905.jpg

 コンデジの場合、1万円から3万円ほどの入門機では、1/2.3型(8.8×6.6mm)の撮像素子が標準的です。

 5万円以上の機種になると、1.0型という4倍程度大きな撮像素子を搭載します。

 画質も「4倍以上」良いと言えます。

 202109030903.jpg

 一眼レフやミラーレスの場合、1.0型よりさらに倍大きいフォーサーズAPS-C(23×15mm)が標準です。

 10万円を超えるコンデジも、このグレードを搭載している機種があります。

ーー

 結論的にいえば、入門デジカメでは、1/2.3型以上を、高級デジカメでは1.0型以上を目安として選べばよいでしょう。

 なお、同じサイズの撮像素子でも、夜間撮影に強い裏面照射型CMOSや、格安ながら消費電力の面で不利なCCDセンサーなど、より細かい分類もできます。

 ただ、とりあえず、サイズ面だけ気にしていただければ、あとはは本編で分かるような記事にしています。

2・レンズの明るさ(F値)

201610081034.jpg

 第2に、レンズの明るさ(F値)です。

 F値とは、レンズの明るさを示す単位です。

 カメラだけではなく、ビデオや望遠鏡などでも使われる明るさの国際規格です。

 撮像素子の場合とちがい、値が小さいほど高性能なレンズです。例えば、F1.4のレンズと、F3.0のレンズでは、F1.4の方が高画質で明るいカメラです。

 201804301752.jpg

 値が小さいほど、光を透過できるレンズで、夜間や逆光下などの撮影に強くなるほか、背景をボカした芸術的な写真が撮影しやすいです。

 201804301739.jpg

 F値は、各カメラの仕様表に必ず記載があります。

 上のカメラの場合、F値は3.4です。

 カメラはズーム倍率をあげて撮影するほど暗くなります。そのため、このカメラの場合、最大ズーム(35倍)時は、F6.9までレンズが暗くなります。

 201804301745.jpg

 ズームしても暗くならない全域F2.8などのレンズもありますが、かなり例外的です。

ーー

 結論的にいえば、1万円から3万円ほどの入門デジカメでは、広角側のF値がF3.4以下のデジカメを、5万円以上の高画質デジカメでは、F3.0以下のデジカメを選べばよいでしょう。

 201812121415.jpg

 なお、20倍以上の高倍率ズーム搭載デジカメで、F値のスペックが良い機種は、大きなレンズを搭載するので、カメラ本体が相当重いです。

 背景がボケた芸術的な写真を撮れる「明るいレンズ」が安く欲しいならば、ズーム倍率の高さは過度にこだわらない方が良いと思います。

3・画素数の多さ

 201808251921.jpg

 第3に、画素数です。

 皆さんが最も良く聞くスペック数値でしょう。

 最新のスマホ(iPhone12 Pro MaxやXperia1II)で1200万画素、コンデジの場合、2000万画素あたりが平均値です。

 画素数が多いほど、解像感が高く、綿密な写真が撮影できるのは、スマホもコンデジも同じです。

 201808251751.jpg

 ただし、画素数は、むやみに高めるとISO感度をあげるのが難しくなります。夜間など高感度撮影をした場合に、カメラにノイズが走りやすくなる性質があります。

 この部分の「バランス」が重要なので、各記事ではISO感度(Auto時)を記します。

 また、解像感をソフト的計算で処理する「超解像技術」や、スマホでもお馴染みの「HDR合成技術」なども、ほかの「ノイズ対策」部分も考えながら、総合的に比較しています。

ーーー

 以上、画質を決定づける3要素を解説しました。

 話は簡単で、「撮像素子の大きさ」・「F値の小ささ」・「画素数とISO感度のバランス」に気をつければ、画質の面で間違いない機種が購入できます。

1・入門機(〜4万円)
 :撮像素子:1/2.3型以上
 :広角側F値:f3.4以下
 :画素数:1600万画素以上
 :感度:ISO 3200以上

2・高級機(5万円〜)
 :撮像素子:1型以上
 :広角側F値:f3.0以下
 :画素数:2000万画素以上
 :感度:ISO 6400以上  

 その目安を再度示すると、上表のようになります。

 ただし、全てを兼ね備えた「名機」は高いです。

 また、「ズーム倍率」自慢の機種は、次に説明する理由から、これらを高めにくいので、皆さんが「どの要素を重視したいのか」で決める必要があります。

2・デジカメの選び方(ズーム倍率)

 201812121759.jpg

 つづいて、ズーム倍率について、解説します。

 「電子ズーム」と「光学ズーム」の2種類がある点に、まず注意が必要です。

----

 201808251923.jpg

 第1に、電子ズームです。

 撮った写真の中央部を切り取って引き延ばすような仕組みです。

 この場合、上図のように、格安スマホのズームと同じで、ズーム時に写真の画質が劣化します。

----

 201808251753.jpg

 第2に、光学ズームです。

 電子ズームと同じ画像でも、上図のように、鮮明度が全く異なります。

 これは、望遠鏡のように、レンズを動かしてピントを移動させる仕組みなので、ズームしても画質の劣化はありません

 したがって、デジカメを選ぶ場合に重要なのは、光学ズームのスペックとなります。

 201804301944.jpg

 なお、キヤノンは、一部機種で「プログレッシブズーム」という名前で、電子ズームと光学ズームを総合した倍率を表示する場合があります。

 超解像技術を利用しているものの、この場合も画質は劣化します。 


 201509061805.jpg

 光学ズームの倍率は、コンデジでも40倍を越える機種があります。

 最も拡大できるニコン製品は、125倍ズームです。コンデジは、一眼レフと異なりレンズ交換ができないので、その分、倍率を上げやすいようです。

 201804301814.jpg

 ただし、こうした機種は、軽量コンデジが300g以下であるのに対して、本体重量が1kgを超えるものもあります。

 また、高倍率で「そこそこ軽い」の製品の場合、撮像素子やレンズの明るさなどの部分で画質が悪いかするので、必要以上のズームを搭載した機種は買わないのがポイントです。

 以下、だいたいの目安を書いておきましょう。

 201804301824.jpg

 第1に、運動会・子ども撮り用では、10-15倍ズーム程度で基本的にまかなえます。

 今回の記事で示す焦点距離(35mm換算値)で言えば、24mm~150mmをカバーしていれば、OKです。

 201603262147.jpg

 第2に、スポーツ観戦用野外コンサート用でも、40倍程度(24mm~960mm)が目安です。それ以上は、ややオーバースペックでしょう。

 201804291137.jpg

 第3に、旅行用やスナップ撮影は、3倍前後(28mm~84mm)もあれば足ります。

 ズームのない単焦点(1倍ズーム)でも良いくらいです。

ーー

 結論的にいえば、デジカメのズーム倍率を無理にあげると、カメラの明るさ(F値)が犠牲となるか、カメラが大型化・重量化します

 高倍率ズーム搭載機は魅力的ですが、本当に使うかよく考え、あきらかに不要なズーム倍率を排除したほうが満足度が高いと思います。

3・デジカメの選び方(手ぶれ補正)

 201804301831.jpg

 続いて、手ぶれ補正についてです。

 「ズーム倍率の高いカメラ」を選ぶ際は、最も重要視するべきポイントです。

 ズーム倍率を上げるほどブレやすいからです。

 また、低倍率のカメラでも夜間や室内など光の少ない場所で撮影する場合三脚無しにズーム撮影する場合は、手ぶれ補正が弱いと、失敗写真が多くなります

 202112221113.jpg

 デジカメの主な補正方式をあげると上表のようになります。

 なお、デジカメは、動画も撮影できますが、動画用の手ぶれ補正は、写真用とは異なる別の仕組みですので、動画を多用する方は、動画の補正方式には注意をしてください。

 201804301837.jpg

 一般的なのは「光学2軸式手ぶれ補正」です。

 レンズを動かして前後左右2軸の角度ブレを補整する方式です。

 コンデジはほぼこの方式です。あえて言えば、3軸式ほか、撮像素子が持つブレ情報を使う機種がある程度です。

 「電子式手ぶれ補正」は、画質劣化を伴うので、防水コンデジ以外「死滅」しています。

 ただ、動画には有効なので「2軸+電子式」のような形で搭載する機種は多いです。

 201606040927.jpg

 「5軸手ぶれ補正」は、ミラーレス一眼に多い形式です。

 水平・垂直・回転方向を含む全ての方向に対応できるので、カメラを不意に傾けた際などの補整が可能です。

 5軸ジャイロセンサーとレンズ内の2軸補正とを連動させる「2軸+3軸」「2軸+5軸」のような、上位のハイブリッド式も多いです。

 コンデジは、サイズ的に難しいようでみられません。ただ、動画用に、5軸ジャイロを搭載しているものはあります。その場合、動画の補正力は上位です。

 201804301840.jpg

 手ぶれ補正の強さは、一般的に「シャッター速度「何段分」の補整」という書き方でスペック表記されます。

 例えば、シャッター速度2段分の補整の場合ブレ幅は1/8程度に、4段分なら1/16程度に軽減されます。

ーーー

 以上、手ぶれ補正の能力についての説明でした。

 コンデジを選ぶ際は、少なくとも光学式手ぶれ補正を搭載する機種を選ぶことをおすすめします。特に40倍を超える場合については、シャッター速度3段分以上のモデルを選ぶと満足度が高いでしょう。

4・デジカメの選び方(液晶とファインダー)

180430-0118-22%.png  

 続いて、液晶モニターとファインダーについて確認しておきます。

ーーー

 202108311324.jpg

 第1に、確認用液晶モニターです。

 格安機を除くと3インチ・100万画素あたりが、デジカメの平均値です。

 高級コンデジは、タッチパネルを採用し、感覚的にピント合わせができる機種も多いです。

  201804281551.jpg

 高級コンデジの一部は、可動式モニターも装備します。

 前後にカメラを動かせるチルト式モニターや、より自由に360度回転できるバリアングル式モニターが人気です。

 運動会などの混み合った場所の撮影のほか、「セルフポートレート」に対応できるので、便利です。


 201503052120.jpg

 第2に、ファインダーです。

 コンデジにもファインダーが搭載される機種があります。

 コンデジ・ミラーレスは、EVF(エレクトリック・ビュー・ファインダ)と呼ばれる方式です。

 ファインダーを覗いたとき見えるのは、液晶モニターで見る画像と同じ、いわば「ビデオの映像」です。ただ、最近のものは高詳細のため、実像に近い画質で見えます。

 スペックは、0.39型の倍率1倍、視野角100%・144万画素が平均値です。

 一部のコンデジの場合、これよりやや小さく、解像度も低い機種がありますので、少し注意点です。

5・デジカメの選び方(AFと連写速度)

 180430-0119-11%.png

 ここからは、オートフォーカスと連続撮影(連写)の説明です。

 いずれも、子ども撮り・動物撮り・スポーツ観戦など、動く被写体を撮影する方は、重視するべき部分です。

 こちらも、順番に説明します。


 201808251801.jpg

 第1に、オートフォーカスです。

 オートフォーカスとは、カメラを半押しした際に「被写体に自動でピントを合わせる機能」です。

 スマホでもお馴染みですが、この性能が低いと、子供など動く被写体撮影する場合などに、「ブレブレ」の写真になります。

 202112211725.jpg

 オートフォーカス方式は、大きく分けて、上記5つの方式があります。

 合焦速度はコントラスト式AFが最下位で、ミラーレスでも採用されている像面位相差AFハイブリッドAFの順に性能が高いと言えます。

 高級コンデジには、優秀なハイブリッドAFを採用する機種があります(ソニーなど)。

 そのほか、コントラスト式を改良し像面位相差AFに近づける空間認識AFを採用します(パナソニック)。

 ただ、格安機は、多くの場合コントラストAFです。

201804301334.jpg

 測距点も注目して良い部分です。

 「30点AF」などオートフォーカスの測距点の数字(ピントを合わせられるマス目)が多いほど、ピント合わせに精度が出ます。

 測距点が少ない機種は、追尾AFが未搭載があり、動く被写体のピント合わせに極端に弱くなります。

 201804291121.jpg

 速度が自慢のデジカメは、合焦速度をメーカーが掲示します。0.1秒を切るようならば、コンデジでは「優秀」です。

202112211822.jpg

 顔認識機能も、人物撮影の場合は、重要です。

 単に顔を認識することなら格安機でも可能です。

 しかし、上級機は、瞳を検出する機能(瞳AF)を持ち、また、動く被写体を(物体レベルではなく)顔・瞳レベルで追尾することが可能です。右目と左目を区別できる機種もあります。

 こうした技術は、オートフォーカスの速度や正確性に、好影響を与えます。

 201910061146.jpg

 最近は、犬・ネコ・鳥の瞳を検出できるソニー・ニコン機のほか、星空AFや、低輝度AFなど、専用のAFを持つ機種が増えており、このブログでも注目して比較しています。


201804301934.jpg

 第2に、連写速度です。

 こちらについては、ほぼ全てのデジカメが、速度を公開しています。

 実数として、5コマ/秒以上あれば優秀で、子どもなどの動く被写体に対して強力な機種、とみなして良いでしょう。

 画質を劣化させず、かつ、動く被写体に「自動でピント」を移動させ続けることを前提とするならば、コンデジならば、10コマ/秒ほどが現状で最高です。

ーー

 202112211920.jpg

 ただ、この部分は「注意が必要」です。

 10万円以下の製品は特にですが、2枚目からピント・露出・ホワイトバランスを1枚目と固定する「ピント固定時」、あるいは、画質の劣化する「電子シャッター利用時」の連写速度を「最高速」として公開するメーカーが多いからです。

 とくに、ミラーレスほか、5万円以上の高級コンデジを探している場合、比較にあたり、この部分に注意が必要ですので、今回の記事では注意しています。

 201907011242.jpg

 一方「電子シャッター」は速度を上げやすい利点があるので、無意味ではないです。

 高度に改良することで、「30コマ/秒」以上まで撮影できるようにしている、メーカーがあります(ソニー)。

 ほかにも、画素数を4K(850万画素)程度に抑えつつ、動画から写真を切り出す「4Kフォトモード」を採用し、「30コマ/秒」程度まで高速化させているメーカーもあります(パナソニック)。

6・デジカメの選び方(おまかせオート)

 202004161221.jpg

 続いて、おまかせオートについての説明です。

 どんな格安コンデジでも「押すだけで撮れるオート撮影」は、付いてます。

 しかし、3万円以上の上位機の多くは、明るさ・被写体・逆光状況・撮影対象などを自動で判定し、20種類以上のパターンから撮影モードを自動選択する「おまかせオート」が付属します。

 そのため、家族に「単にシャッターを押すだけの人」がいる場合、この機能が充実する機種が良いです。

----

 おまかせオートは、各社名称が異なります(おまかせ iAなど)。

 また、手動選択が必要な「撮影モード」との違いが分かりにくいので、このブログでは、気をつけて、各機を比較しました。

7・デジカメの選び方(防水耐衝撃)

 201505022049.jpg

 続いて、、デジカメの防水・耐衝撃性についてです。

 201804271430.jpg

 デジカメのジャンルの1つとして、高い防水性能・防塵性能・耐衝撃性能・耐寒性能を持つモデルが各社から10製品以上出されています。

 海水浴・ダイビング・スキーなど、水気のある場所や、野外コンサート、スポーツイベント、トレッキングなどの天候が読めない場所に行く方に人気のモデルです。

 堅牢性を高める場合、レンズの口径が小さくなる、本体の重さが増すという弱点がありますが、使い勝手は向上します。

 こうしたジャンルのカメラは「特殊」なので、このブログでは、単独記事(こちら)で紹介しています。

8・デジカメの選び方(スマホ連携)

 201509071256.jpg

 8点目に説明するのは、スマホなどへの転送についてです。

1・Wi-Fi方式
2・BluetoothLE 併用方式

 こちらは、Wi-Fi方式と、BluetoothLE併用方式に分かれます。

 第1に、Wi-Fi方式です。

 スマホアプリ(iPhone/Android)を利用することで、外出先にネット環境が無くても、スマホとカメラを「直接接続」して通信できます。

 アプリでは、スマホの写真フォルダを確認し、写真を転送できます。

 最近のコンデジは、かなり格安なものでもWi-Fiを搭載しています。LINEなどで友人に送ったり、SNSに外出先から投稿したり、デジカメの楽しみ方は増えていると言えます。

 第2に、BluetoothLE併用方式です。

 2019年以降発売の各社の製品に多いですが、Wi-FiとBluetooth LE双方を装備します。

 Bluetooth LEは、普通のBluetoothより低消費電力なので、スマホ・カメラのバッテリーに影響を与えず常駐できます。

 201804291158.jpg

 そのため、カメラの電源がオフの状態でも、スマホアプリだけの操作で写真を転送できます。

 Bluetooth回線は低速ですが、データ送信にWi-Fiに「橋渡し」させて、意識することなく、高速転送させます。

 なかには、撮影したオリジナル画像を、スマホやクラウドに自動転送できる製品もあります。

 201904031410.jpg

 一方、Bluetooth LE搭載機の多くは、撮影時、スマホのGPS位置情報(ジオタグ)を自動付与できます。

 (スマホカメラでのように)アルバムを撮影地で整理したい方には、重要です。

 その点で言えば、BluetoothLE併用式は、スマホのGPS情報・時刻情報を自動でカメラに送れるため、こうした整理をしている方に便利です。

今回の結論
最新デジカメのおすすめ結論的にこれ!

 というわけで、ここまで、スペック的な側面からデジカメの選び方を解説しました。

 最後に、このブログで紹介してきた新製品のデジカメ全てから、今回紹介した比較基準をもとに、Atlasがおすすめできる機種!を選んでいきます。


 第1に、1万円台の予算で、容易に持ち運べる軽量カメラとして、最もおすすめできる機種は、

  201910051743.jpg

 【2017】

 1・SONY Cyber-shot DSC-W830
   ¥25,179 楽天市場 (9/30執筆時)

撮像素子:1/2.3型 CCD
広角側の明るさ:F3.3
望遠側の明るさ:F6.3
画素数:2050万画素
光学ズーム: 8倍
焦点距離 :25mm〜200mm
手ぶれ補正:2軸
AF:コントラスト式(9点)
連写速度:0.8コマ/秒
動画:HD/30p
大きさ:93.1×52.5×22.5mm
重さ:約120g(バッテリー含む)

 ソニーDSC-W830 をオススメします。 

 201910051753.jpg

 ズーム倍率8倍で、重さ120gです。

 ズーム倍率については、スマホが絶対敵わない部分ですので、これくらいあると、デジカメを買う意義が高まると言えます。

 その上で、格安機では珍しく、しっかりと手ぶれ補正が光学式です。

 高倍率利用時でも手ぶれがおきにくいでしょう。

 202109031746.jpg

 本機は、しっかりしたオート撮影モードを持ちます。そのため、「シャッター押すだけ」でも、キレイな写真撮れるとも言えます。

 もちろん、上位機と比べれば、撮像素子やレンズの明るさは値段相応です。利便性の面でも、Wi-Fiも装備しません。

 しかし、この価格帯の製品として十分以上の能力があります。便利に使えると思います。

 201804281406.jpg

1・1万円台からの入門コンデジの比較

 なお、この製品やその競合機を含めた詳しいスペックの比較については、上記のリンクページで解説しています。よろしければ、ご覧ください。


 第2に、3-4万円前後の予算で買えるカメラの中で、最もおすすめできる機種は、

 201804301157.jpg

 【2015年】

 2・ソニー Cyber-shot DSC-WX500
  ¥39,200 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:1/2.3型CMOS (裏面照射型)
広角側の明るさ:F3.5
望遠側の明るさ:F6.4
画素数:2110万画素
光学ズーム: 30倍
焦点距離 :24mm〜720mm
手ぶれ補正:2軸
モニター:3型(92万)
ファインダー:なし
AF:ファストインテリジェントAF(9点)
連写速度:10コマ/秒
動画:フルHD/60p
大きさ:101.6 x 58.1 x 35.5mm
重さ:209g(バッテリー含む236g)

 ソニーDSC-WX500がおすすめです。

 撮像素子のサイズは、1/2.3型裏面照射型CMOSを採用します。

 この部分だけならば、3万円以下のグレードでも装備する機種はありますし、普通です。

  201804301159.jpg

 ズーム倍率は、しかし、本機は30倍です。

 先述のように、スマホが絶対かなわない部分でありだいぶ強力といえます。

 また、ミラーレス一眼なども(相当高額なレンズか、重いレンズを買わない限り)対応できません。

 201804301212.jpg

 重さも、バッテリー込みで209gです。

 稼働性の良いスマホと同じ程度で済んでいます。

 チルト式でこの重さですし、実際かなり軽いと言えます。

 オートフォーカスも、この価格帯では「強い」ってよい、コントラストAFの改良型となるファストインテリジェントAFを採用します。その上で、しっかり、追尾AFがつきます。

 連写性能も、10コマ/秒と良いですので、動く被写体にも強いです。

 こうした部分で、ファミリー向けにも本機は活躍するでしょう。

-----

2・3-4万円台の人気コンデジの比較

  なお、この価格帯の製品について、本機を含めたより細かい「おすすめ」は、上記リンク先で詳しく提案しています。


 第3に、5万円以上の予算で買う高級コンデジの中で、最もおすすめできる機種は、

 201808251823.jpg

 【2017年】【下位機】

 3・CANON PowerShot G9 X PSG9X MARKII
  ¥70,793 楽天市場 (9/30執筆時)

 【2017年】【上位機】

 4・CANON PowerShot G7 PSG7X Mark III
  ¥101,750
Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:1.0型高感度CMOS
広角側の明るさ:F2.0
望遠側の明るさ:F4.9
画素数:2010万画素
光学ズーム: 3倍  
焦点距離 :28mm〜84mm
手ぶれ補正:2軸+CMOS(3.5段)
液晶モニタ:3型タッチパネル(約104万)
ファインダー:なし
AF:コントラスト式(31点)
連写:(8.1コマ/秒)
動画:4K非対応
重さ:182g(電池込み206g)

 キヤノンのパワーショット G9X MarkIIでしょう。

 202109030905.jpg

 画質面では、1型という大きい撮像素子を採用し、広角側のF値も1.8、望遠側もF2.8とかなり明るいレンズを採用します。

 オートフォーカスの測距点も31点ですし、画質に関わる性能は、全体において値段相応に高いです。

 202112220901.jpg

 手ぶれ補正も、ジャイロセンサーのほか撮像素子からもブレ情報を取得できるデュアルセンシングIS(2軸+CMOS)に対応するため、3.5段という強い補整力です。

 加えて、動画の手ぶれ補正も高度なので、この点でもオススメできます。

 201808251845.jpg

 また、このグレードとなると、カメラの美しい解像感やボケ味が楽しめます。

 「芸術的な」という形容詞が付く写真を撮りたい方は、この機種か、これと同じグレードの製品が良いでしょう。

201808251844.jpg

 重さは、304グラムと、可動式のチルト液晶が付属の割には軽量です。

 その分、光学ズームは3倍と多少控えめです。

 画質重視の機種ですから実用上問題ないと思います。

 ネットワーク面でも、しっかりと、Bluetooth LE併用方式ですから、GPSの位置情報取得などにも便利です。

 201512021259.jpg

 なお、こちらについては、チルト式液晶を搭載する上位機の G7X MarkIIIもあります。

 相当良いレンズを搭載し、連写性能など全般の性能が良いです。

 ただ、重さが100g以上重いので、チルト式液晶が不要ならば、基本的にはPSG9X MARKIIを推します。

ーーー

 201804291837.jpg

 【2018年】

 5・パナソニック LUMIX DC-LX100M2
  ¥108,900 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:フォーサーズ(高感度)
広角側の明るさ:F1.7
望遠側の明るさ:F2.8
画素数:2166万画素
光学ズーム: 3.1倍
焦点距離 :24mm〜75mm
手ぶれ補正:2軸(レンズ)
モニター:3型タッチパネル(約124万)
ファインダー:液晶(約276万)
AF:空間認識AF(49点)
連写:5.5コマ/秒
動画:4K(30p)
重さ:350g(電池込392g)

 一方、ワンランク上位の機種を狙うならば、パナソニックのDC-LX100M2でしょう。

  202109030903.jpg

 このグレードになると、1型よりもさらに大きいフォーサーズ(3/4型)撮像素子として採用できます。

 さらに、ドイツのライカの広角側F1.7という相当明るいレンズを採用します。

 201808251848.jpg

 夜間や逆光に強いほか、F値の高さから、さらに芸術的なボケ味が出しやすい点で、高く評価できる機種です。

 4K動画に高度に対応する点も強みですし、値段以上の性能を期待できます。

ーーー 

なお、 この価格帯の製品については、他にも相当数の製品があります。

  201910061048.jpg

 6・SONY Cyber-shot DSC-RX100M7
  ¥139,697 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 7・SONY DSC-RX10M4
  ¥200,000 Amazon co.jp (9/30執筆時)

 8・パナソニック LUMIX DMC-TX2
  ¥89,040 Amazon co.jp (9/30執筆時)

3・5万円以上の高級コンデジの比較

 例えば、約300gの軽量にもかかわらず、1型の撮像素子・8.9倍ズーム・F2.8の明るいレンズ・業界最高クラスの合焦速度と三拍子が揃うソニーDSC-RX100M7があります。

 そのほか、25倍ズームを持ちながら、F値2.4を誇るDSC-RX10M4、高速AFや連写が自慢のLUMIX DC-TX2-Kなど、20製品ほど別に比較してあります。

 よろしければ、上のリンク記事をご覧ください。


 第4に、運動会やスポーツ観戦など、高倍率ズーム対応のコンデジを探している方は、

 201808251146.jpg

 【2017】

 9・パナソニック LUMIX DMC-FZ85
   ¥40,800 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子: 1/2.3型高感度MOSセンサー
広角側の明るさ:F2.8  
望遠側の明るさ:F5.9
画素数:1810万画素
光学ズーム倍率:60倍
焦点距離 :20mm〜1200mm
手ぶれ補正:2軸
AF:空間認識AF(49点)
連写: 6コマ/秒
ファインダー:液晶(117万)
動画:4K(30p)
モニター:3.0型タッチパネル(104万)
重さ: 616g

 パナソニックのLUMIX DMC-FZ85でしょう。

 201509071203.jpg

 重さは616gとありますが、ズーム倍率が60倍というスペックを考えると、軽量です。

 加えて、広角側のF値がF2.8と、ズーム倍率に比して十分に明るいレンズを採用し、この点でも交換が持てる機種です。

 加えて、高速なオートフォーカス(空間認識AF)10コマ/秒という連写性能があるため、運動会などの際の望遠撮影にも対応できる水準です。

 倍率的に、スポーツ観戦から、旅行・野鳥撮影まで十分にこなせるでしょう。

ーーー

 201812121324.jpg

 【2018年】

 10・Canon PowerShot SX740 HS
  ¥67,000 Amazon co.jp (9/30執筆時)

撮像素子: 1/2.3型 高感度MOS
広角側の明るさ:F3.3
望遠側の明るさ:F6.9
画素数:2030万画素
光学ズーム倍率:40倍
焦点距離 :24mm〜960mm  
手ぶれ補正:2軸(3段)
モニター:3型(92万)
ファインダー :
AF:コントラスト式(9点)
連写:(7.4コマ/秒)
動画:4K(30p)
重さ: 299g

 ただし、軽量性もある程度重視したい場合は、PowerShot SX740が良いと思います。

 201707071111.jpg

 重さは、299gと「軽量」な部類に入るコンデジですが、40倍ズーム搭載のコンデジです。

 レンズの明るさもF3.3をキープしていますので、望遠力だけでなく、画質面でも評価できます。

 力強いオートフォーカス性能に加えて、シャッター段数3段の手ぶれ補整も付きますので、運動会に旅行に十分な活躍が見込めます。

 その上で、ネットワークもBluetooth LEを併用する方式で、GPSの位置情報取得にも対応できます。

 価格的にも値頃感があるため、選んで後悔することがなさそうな機種です。

 201509061809.jpg

4・高倍率ズームのコンデジの比較

 なお、この価格帯の製品については、月まで撮影可能な、超高倍率ズーム機COOLPIX P900を含めて、上記リンクで詳しく紹介しました。


 第5に、スキーや海水浴・ダイビングなどで利用できる防水対応製品としてはおすすめできるのは、

 201801201436.jpg

 【2019年】

 11・オリンパス OLYMPUS Tough TG-6
  ¥53,000 Amazon co.jp
(9/30執筆時)

撮像素子:1/2.3型CMOS(裏面照射型)
広角側の明るさ:F3.5
望遠側の明るさ:F5.5
画素数:1600万画素
光学ズーム: 5倍
焦点距離 :28mm〜140mm
手ぶれ補正:電子式
AF:コントラスト式(9点)
連写速度:
動画:フルHD(30p)
大きさ:幅122.5×高さ61.5×奥行29.5mm
重さ:約193g(バッテリー含む)

 オリンパスのTG-6 Tough でしょう。

 202112051645.jpg

防水性能:15メートル(IPX8相当)
防塵性能:IP6X相当
耐衝撃性:高さ2.1m /100kgf
耐寒性能:マイナス10度

 防水デジカメでは最も人気のあるシリーズですが、しっかりIP68級の防水・防塵に対応します。

 201808251931.jpg

 防水プロテクター PT-059
  ¥31,500 Amazon co.jp (9/30執筆時)

 とくに、防水性は、ケースなしでも水深15メートルまで対応できます。

 ダイバーの方で水中で利用したい場合は、この機種が最適だと思います。別売の防水プロテクターを用意すれば、さらに水深45メートルまでOKです。

  201904031524.jpg

 そのほか、本編で紹介したように、フィールドで利用するのに便利な専用周辺機器が多いです。

 機能面でも、GPSや水深・高度・温度センサー・電子コンパスなどを網羅しますので、こちらも「撮影後の楽しみ」が増える類のカメラと言えます。

 ただ、これは、防水カメラ全般に言えますが、沈胴式レンズを使わざるを得ないので、ズーム倍率はさほど高くないです(5倍)。

 また、光学式手ぶれ補正も非装備で、オートフォーカスや連写も値段からするとですのです。

 そのため、本当に海や山で「その用途に使う」のかは、よく考えておきましょう。

5・水や砂に強い高耐久コンデジの比較

 なお、このような防水カメラのより細かい「おすすめ製品」を知りたい方は、以上の記事をご覧ください。


 第6に、動画撮影やセルフポートレート撮影をメインに考えたい場合は、

  202007161654.jpg

 【2020年】

 【カメラのみ】

 12・SONY VLOGCAM ZV-1
  ¥80,157 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 【シューティンググリップキット付属】

 13・SONY VLOGCAM ZV-1G
  ¥97,000 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:1型CMOS(裏面照射型)
広角側の明るさ:F1.8
望遠側の明るさ:F2.8
画素数:2100万画素
光学ズーム:2.7倍
焦点距離 :24-70mm
手ぶれ補正:光学+電子式
液晶モニター:3型タッチパネル(92万画素)
ファインダー:なし
AF:ハイブリッドAF (315点)
連写速度:24コマ/秒
動画:4K/30p
重さ:294g+215g

 ソニーの VLOGCAM ZV-1でしょう。

  202007161710.jpg

 似たような機種がいくつかありますが、本体が294gと軽量で、使い勝手が良い部分が評価できます。

 動画は、4K動画/30pに対応するほか、撮影に便利なショートカット、性能の良い集音マイクなど、(写真も綺麗に撮れますが)動画撮影にきっちり専門化した製品です。

 202109011906.jpg 

 撮像素子のサイズが1型と大きく、レンズF1.8~F2.8と明るいので、家庭用のビデオカメラ(1/2.5型)では撮影できない、ボケ味や解像感がある映像が撮れます。

ーーー

 202109021632.jpg

 なお今回の記事では「写真メイン」の話でした。

 そのため、デジカメでの「動画撮影」については、あまり触れていません。

 とくに、動画撮影の場合、カメラの廃熱問題があるため、連続撮影時間など、別に注意するべき部分も多いです。

 202112221511.jpg

 フォーカスの方式手ぶれ補正の種類も、動画の場合は「おすすめ」が少し変わってきます。

 202109031158.jpg

 【2019年】

 14・パナソニック LUMIX DMC-TZ95
  ¥60,368 Amazon co.jp (9/30執筆時)

6・動画撮影&自撮りカメラの比較

 この部分に興味のある方は、上記リンクで紹介しています。

 そちらでは、パナソニックのDMC-TZ95など、(動画でなく)写真として「セルフポートレート」に強い機種も合わせて見ています。


 第7に、レンズの交換できるミラーレス一眼のなかでおすすめできる機種は、

 201910051040.jpg

 【2019年1発売】

 【パワーズームレンズキット】

 15・SONY α6100 ILCE-6100L
  ¥129,800 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:APS-C 
画素数:2420万画素
手ぶれ補正:2軸(レンズ)
ファインダー:有機EL(144万)
AF:ハイブリッドAF(425点)
連写速度:8コマ/秒
動画: 4K(30p)
モニター:3型タッチパネル(92万)
大きさ:120.0x 66.9x49.9mm
重さ:396グラム

 ソニーのα5100シリーズでしょう。

  202109011906.jpg 

 撮像素子は、ミラーレスでも小型を採用する機種があります。

 ソニーは、しっかり最大のAPS-Cサイズです。

 202112211725.jpg

 オートフォーカスも、しっかりハイブリッドAFで、測距点425点と抜群に多いです。

 加えて、追尾AFが優れていて、人間の顔や動物の顔を追う「リアルタイム瞳AF」に対応できる水準で、値段相応の性能が期待できます。

 201808251821.jpg

1・16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

 交換レンズは、「パワーズームレンズキット」の場合16-50mmが付属します。

 これは、コンデジと同じ表現とすれば3倍ズームのレンズです。

 つまり、35mm換算で「24-75mm相当」の焦点距離ですから、旅行からスナップまで便利に使えます。

 201910051052.jpg

 重さは、レンズと本体で512gで収まるため、持ち運びも苦でないでしょう。

7・ミラーレス一眼の比較

 なお、ミラーレスは、新旧含めると、相当の機種が販売されています。

 以上のリンクで、現行品は(ほぼ)全機種紹介しています。もっと細かい「選び方の基本」も書いているので、よろしければ、ご覧ください。


 第8に、デジタル一眼レフカメラで現状オススメできるのは、

 202004121328.jpg

 【2020年登場】

 【ボディのみ】

 16・Canon EOS Kiss X10i
  ¥115,500 Amazon co.jp (9/30執筆時)

撮像素子:APS-C  
F視野角:95/95 倍率0.82
画素数:2420万画素
液晶パネル:3インチ 104万ドット  
画像エンジン:DIGIC 8 
AF:45点AF(オールクロス)
連写速度: 連続7コマ/秒 
重さ:471g(電池込515g)
動画:4K/25p

 キャノンEOS Kiss X10iでしょう。

 デジタル一眼レフでも、10万円以下の安い機種はあります。

 しかし、同じ価格の最新ミラーレスと比べると、重さのほか、性能面でもかなり見劣りしてしまいます。

 新製品もでませんし、今選ぶとするならば(レンズなしで)10万円のクラスが最低線と感じます。

 202004121354.jpg

 そうした点を考慮した場合、オススメできるのがEOS Kiss X10iです。

 撮影性能の部分では、ファインダー利用時に49点という測距点をもつほか、7コマ/秒という実用的な連写速度をもつ点で、優秀です。

 202004121714.jpg

 加えて、ファインダーを使わないライブビュー撮影時も、キヤノン独自のデュアルピクセル CMOS AF(143点)が利用できるので、ピント合わせが速く、正確です。

 そのほか、ファインダーでも使える瞳検知機能や、そのほかの撮影モードを含めて、一眼レフのなかでは最もファミリー向けと言えます。

 簡単に言えば、「押すだけでもキレイに撮れる」機種です。

 「2020年登場」と比較的新しいので、4K動画スマホとの連携面において、「現代的な水準」である点も評価できます。

 202004121335.jpg

 サイズも、一眼レフとしてはコンパクトで軽めで、液晶も可動式で、使い勝手も良いです。

8・一眼レフカメラの比較

 もうすこし安い機種を含めた、おすすめ機種については、以上のリンク記事で紹介しています。

 一方、「ミラーレス一眼」と「一眼レフカメラ」で迷っている人も多いかと思います。

 個人的には、どうしても、「ビデオ画像」となるEVF(ファインダー)に慣れない方を除けば、10万円以下なら「ミラーレス一眼」」のが良いと思います。 

 軽量性の部分ほか、フォーカス・手ぶれ補正・ネットワーク性能などの部分で、同じ値段だと「ミラーレス一眼」」の方が性能がよいです。

 個人的には、「一眼レフ」も好きですが、プロ用以外は遠からず終息することはほぼ決定的ですので、今からはじめる方にはミラーレスをおすすめします。

補足:デジカメの周辺機器について

 最後に、周辺機器について、簡単に書いておきます。


 202109031220.jpg

 【アマゾン限定】

 【32GB~128GB】

 トランセンドTS32GSDC500S-E
  ¥2,690 Amazon co.jp
(9/30執筆時)

 第1に、SDカードについてです。

 今回紹介したカメラには、撮影用のSDカードが付きません。

 SDカードは、格安のモデルは読み込み速度が遅く、カメラ本来の性能を活かせません。また、高速連写や4K動画に対応できない場合があります。

 【各社SDカードの比較記事】で別に紹介していますので、よろしければご覧ください。

 201812031748.jpg

 第2に、三脚についてです。

 三脚もお探しの方は、マンフロットなどの高級モデルを含めて、【一眼レフ向きの三脚の比較記事】に記事があります。

 そのほか、カメラのカビ対策になる【おすすめ防湿庫の比較記事】も書いています。

 よろしければ、そちらもご覧ください。

ーーーー

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題をシェアしていただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 19:18 | カメラ

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png