比較2017' 涼しいDCモーター扇風機20機の性能とおすすめ (DC-1):パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機

2017年07月08日

比較2017' 涼しいDCモーター扇風機20機の性能とおすすめ (DC-1):パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機

今回レビューする製品:2017年夏 高級・高性能DCモーター扇風機16機種の性能・おすすめと選び方:パナソニック・シャープ・日立・東芝・バルミューダ・グリーンファンジャパン・テクノス・三菱電機・The GreenFan EGF-1600 KI-322DC KI-342DC F-CP338-C F-CP339-N PJ-G2DS-W PJ-F2DS PJ-G2DBG-C PJ-G3DS-W PJ-F3DS PJ-G3DG-N HEF-DC70 HEF-DC300 HEF-DC5000 F-DLT65 F-DLT75 F-DPT20 F-DLT1000-W R30J-DU-R R30J-DU-C R30J-DT-R AM06 AM07 ドウシシャ カモメファン FKLR-302D BK ツインバード COANDA AIR EF-E981W 機種の違いと人気ランキング

今回のお題
最新の扇風機のおすすめモデルはどの機種?

 ども、Atlasです。今日は、扇風機の話です。

 なお、扇風機は機種が多いので、このブログでは、4つのカテゴリーにわけて紹介しています。

1・静音DCモーター扇風機 の記事!
2・ACモーターの激安扇風機(1万円未満)
ダイソンのエアマルチプライアー(3万円〜)
タワー型のスリム扇風機
5・サーキュレーター

 今回は1番の記事です。ここ5年来で急速に普及した静音DCモーター採用の高級扇風機を比較します。

 なお、比較的価格が安く1万円以下で買える激安扇風機については、2番のリンク記事をご参照ください。また、縦長の形状であるスリム扇風機については、4番のリンク記事をご覧ください。

 以下では、扇風機を機種別に紹介しますそして、最後の「結論」で、Atlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。お時間のない方は、記事の結論だけでも、ご覧ください!

今回の比較基準

 なお、今回の扇風機の比較記事において高評価したいポイントは、以下の通りです。

 1・静音性
   夜間やオーディオ鑑賞のため音が静かな機種
 2・自動首振り動作
  左右だけで無く、上下の首振りも対応する機種
 3・風質の快適性
  羽根の形状など、風質に工夫がある機種

 以上のような尺度から、以下扇風機を比較していきます。特に3番の風質については、各社が工夫を凝らしている部分ですから、扇風機を選ぶ上で大事な基準とすべき部分です。

バルミューダの扇風機

 はじめに紹介するのは、バルミューダデザインの扇風機です。バルミューダデザインは、デザイン性重視の高級生活家電を販売している日本のベンチャー企業です。ハンズなどでも見かける機種ですね。
 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分は青字系で記していきます。


 201704230957.jpg  
1・The GreenFan EGF-1600-WK 【各色・2017】
  ¥37,500 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用(13db)
 首振性能 :左右自動(位置制御可)
 風質性能:14枚の羽根(風量4段階)

  The GreenFanは、バルミューダデザインの2017年モデルの扇風機です。前モデルは、GreenFan Japanという名前でしたが、名称が変わりました。ただ、いずれにしても、日本製です。

 DCモーターと特殊な形状の羽根とを採用した最近の扇風機は、同社のこのシリーズが火付け役なり、各社に広がりました。

 静音性は、最小風量で13デシベルと、相当高いレベルです。これは、静音モーターを採用した効果です。強風時でも風切り音が少なく、静かさでは、業界最上位レベルの水準です。

 gugdg4-9.png

 風質は、「グリーンファン」という14枚の大小の羽根を組み合わせたものです。

 こちらは、大小の羽根で2種類の風を送っています。通常の扇風機は、渦巻き状に回転してしまい風のムラができてしまう点で不自然でした。グリーンファンは、2種類の羽根の作る風をぶつけることで、風ムラを無くすという仕組みです。こうすることで均質性の高い自然界の風に近づけるという哲学です。

 風量も十分強く、10m先まで届きます。後発メーカーは、その後、別の観点から羽根を工夫していますが、グリーンファンと同じ仕組みの風はなく、オリジナリティは現在でも保たれています。

 首振り性能は、首振りの開始位置と修了位置を自由に設定できる仕様です。位置センサーを搭載するため、初回にターンする2カ所を指示しておくだけです。こういった利便性は、他社にはみられないものです。

 201303112112.jpg

 本体は、プラスチック製です。従来のスチール製の扇風機は、プラスチックの留め金でガードを「引っかけて」止める構造になっていました。

 しかし、これは、マグネット採用で、磁力でシールド部分がくっつくので、「引っかけ」の部分がありません。扇風機の内部へのアクセスは、専用のマグネットを外す工具(付属)を使えば1秒で可能です。

 工具がなければ小さな子供が扇風機の中にアクセスすることはできないため、非常に「安全」な扇風機ともいえるでしょう。

 なお、本体の操作スイッチは、扇風機のモーター部分(上部)にあり、操作しやすいです。表示パネルは、通常通り下部にあります。リモコンも付属します。

 GreenFan2-2Way-Size-20120330.jpeg
 また、グリーンファン2は、中央の突起部を取り払えば、小型扇風機として使うことも可能です。冬場の収納についても、小さく分解可能のためスペースを取りません。
 以上、バルミューダデザインのグリーンファン2の紹介でした。デザイン性が高く、風質の工夫も独自で、また、静音性も高いという三拍子揃った扇風機です。また、立体首振りこそできないものの、首振り角度の無段階制御も搭載しており、その点は便利です。あえてあげれば、価格が高いのが唯一の弱点でしょう。

テクノスの扇風機


 2・TEKNOS DCモーター扇風機 KI-322DC【2017】
  ¥5,377 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:DCモーター採用
 首振り :左右(上下手動)
 風質性能:5枚羽

 こちらの機種は、「ジェネリック家電」メーカー、テクノスの KI-322DCです。先ほどの機種とは打って変わって、DCモーター搭載機としては最も安価なモデルです。

 風質は、しかしながら、従来的な扇風機の5枚羽根で、風量は6段階切替です。この部分では「値段相応」です。

 首振り性能も、単純な左右首振りができるだけの仕様です。

 一方、リモコンは付属します。この価格の扇風機では珍しく、首振りのON/OFFも操作できる「フルリモコン」であり、便利です。

 以上、テクノスの扇風機の紹介でした。5000円前後でDCモーター搭載機が買えるのは「価格破壊」と言えます。電気代や静音性の点は値段以上の期待が持てそうです。ただ、羽根に工夫がない点で、他の高級機種とは明確な性能差があるのもまた事実です。

−−−

 2・TEKNOS DCモーターリビング扇風機 KI-171DC 【2017】
  ¥4,291 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 なお、同社のDCモーター搭載のさらに安い機種として KI-171DCがあります。こちらは、本体の操作パネルがアナログで、また、リモコンが搭載されないタイプです。風量も4段階制御しかできず、羽根も5枚に限られるので、できれば上位機を選ぶ方が良いと思います。


 

 3・TEKNOS DCモーターリビング扇風機 KI-342DC  【2017】
  ¥6,458 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

  KI-322DCはテクノスの上位機で、こちらもDCモーター搭載したモデルです。

 風質は、こちらも従来的な扇風機の5枚羽根です。一方、風量は、上位機種ながら4段階調整とグレードダウンです。首振り性能も、単純な左右首振りができるだけの仕様です。

 「上位機種」といえる部分は、主にデザイン性で、こちらは扇風機のガードの中心がメッキになっており、下位機種より高級感があります。また、リモコンが、本体下部に収納できる点がもう一つの相違点です。

 以上、テクノスの扇風機の上位機種の紹介でした。フロントのデザイン性は向上していますが、風量麺での基本性能はグレードダウンで、その点がネックな機種ですね。

パナソニックの扇風機

つづいて、パナソニックのDCモーター搭載機を紹介します。 


  

 4・パナソニック F-CP338-C 【2017】   
  ¥16,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:DCモーター採用
 首振り :左右(上下手動)
 風質性能:7枚ひねり羽

 F-CP338-C は、パナソニックのDCモーター搭載機です。高さは90cmから110cmまで調整できる、畳でも、テーブル席でも利用できる万能サイズです。

 201504241731.jpg

 風質の点では、羽根に「ひねり」を加えた7枚ひねり羽根を採用する点に特長があります。グリーンファンのように、2種類の風でムラを打ち消す仕組みはありませんが、涼を得るのに適した強い風を広範囲に吹かせることが可能です。

 また、自然の風に近づけるため、リズム風に工夫を凝らしており、蓼科高原の風のデータに沿った「揺らぎ風」を送ります。

 一方、パナソニックの「売り」は、温度センサーの搭載です。これにより、部屋の温度を計測し、風量を最適化してくれます。「おやすみモード」と併用すれば、就寝後にも、温度に合わせた快適な涼風をキープできるでしょう。

 首振り性能は、バルミューダデザイン同様にさほど高機能ではありません。単純に左右の自動首振りに対応するだけです。


  

 5・パナソニック F-CP339-N 【2017】
  ¥26,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:DCモーター
 首振り :立体首振り機能
 風質性能:7枚羽

 F-CP339-N は、パナソニックの上位機種の扇風機です。こちらは、スティックの形状が幅広デザインになった「オシャレな」モデルです。扇風機の顔の部分も「小型」でデザイン性が高いモデルです。

 風質の工夫は、下位機種と同じで、7枚ひねり羽根を採用します。高級機の場合、空力的な工夫があるのが通常ですが、こちらも、その点で高級機と呼ぶにふさわしいでしょう。

 p01_03_01_img.jpg

 首振性能は、上位機種のパワーアップしているポイントです。こちらは、上下左右に首を振る、「立体首振り機能」を搭載します。日本の場合、扇風機は、エアコンの補助用に使う場合が多いですが、上下に振れる点は、エアコンの空気を循環させるには非常に便利な機能です。

 パナソニック独自の特長は、同社のマイナスイオン発生技術であるナノイーに対応する点です。衣服の乾燥や、タバコ臭の脱臭に扇風機を使う場合、マイナスイオンの力でより効果的になります。

 その他の部分は、下位機種と同じです。ただ、温度センサーに加えて、首振り機能とナノイー発生機能が付属する同機種は、機能面でかなり魅力です。総合家電メーカーにしか出せない機種だと思いました。

シャープの扇風機

 続いて、シャープのDCモーター採用の扇風機の紹介です。



  

 6・SHARP 3Dファン ホワイト PJ-G2DS-W  【2017】
 6・SHARP 3Dファンブラウン PJ-G2DS-T 【2017】
   ¥15,340 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 6・SHARP 3Dファン ホワイト PJ-F2DS 【2016】
   ¥14,400 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :上下左右(3D首振り)
 風質性能:ネイチャーウイング(風量8段階

 PJ-G2DS は、シャープの小型モデルです。コンパクトモデルですが、背丈は67cmまで伸ばせるため、リビングで使っても問題ないサイズです。

  

 なおこの機種は、2016年モデルが販売中です。シャープの場合、割と長い期間扇風機の在庫が残る傾向です。機能面は新機種と同じで、安いので初夏まではお買得です。なお、新モデルには、ブラウン色が出ていますが、性能は同じです。

 pic03.jpeg

 風質の工夫は、グリーンファン並の独自性を持ちます。シャープの場合羽根の枚数をあえて3枚まで減らしています。これにより、「直進性に富む風」を出そうとしています。この仕組みによって、小型ですが、直線で10メートルも届く強い風を出せます。ちなみに、この羽根の形状は、「アホウドリの羽根」インプレッションを受けたそうです。また、風量は、8段階調整となります。

 静音性は、シャープはスペック的にデシベルの情報がないですが、DCモーター採用ですので静音性は十分でしょう。


 000032214.jpg

 首振り性能は、については、パナソニック社の機種と同じく上下左右の首振りも可能であり、エアコンの補助としても役立ちそうです。

 その他の特長しては、プラズマクラスター発生機能があげられます。パナソニックの「ナノイー」とほぼ同機能と考えてください。衣類の付着臭の除去などに効果的です。

 以上、シャープのPJ-F2DS の紹介でした。リビング対応の比較的小型のモデルとしては性能が良いので、パナソニックの扇風機がちょっと大きいかな?と感じている方におすすめです。風質の工夫を含めて見所が多い機種なので、買って後悔することはないでしょう。



 7・SHARP 3Dファン ホワイトPJ-G2DBG-C 【2017】
   ¥23,980 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :上下左右(3D首振り)
 風質性能:ハイブリッドネイチャーウイング(風量8段階)

 PJ-G2DBG-Cは、シャープの小型扇風機の高級機です。2017年からシャープは「白物家電」に力を入れる方針で、「プラスワン」がある高級ラインンが、家電全般で増えています。

 201704231042.jpg

 風質の工夫は、下位機種より優れ、こちらは、下位機種同様のアホウドリのほか「アマツバメ」の翼の研究を取り入れた、ハイブリッドネイチャーウイングを採用します。直進風を重視する展では下位機種と同じですが、その分、風量は50%強くなっています。

 静音性は、その一方で、この機種はデータ非開示ですが。DCモーターなので、静音性は高いと思います。

 首振り性能は、こちらも、下位機種同様に、上下左右の立体首振りも可能です。

 プラズマクラスター発生機能も同じく搭載ですが、風量が強いので下位機種より2畳多い12畳間で対応となります。

 以上、シャープのPJ-G2DBG-C の紹介でした。価格が高いですが、新形状の直進風は下位機種に比べると涼感をより得やすいでしょう。ただし、価格面のメリットは乏しく、得られる風の質は同じという点では、一般的には下位機種がおすすめですね。


 

 8・SHARP 3Dファン PJ-G3DS-W   【2017】
  ¥16,572 Amazon.co.jp
(7/8執筆時)
 8・SHARP 3Dファン PJ-F3DS  【2016】
  ¥15,600 Amazon.co.jp
(7/8執筆時)


 静音性能:静音DCモーター採用(17デシベル)
 首振り :左右
 風質性能:ネイチャーウイング(風量32段階

 こちらは、シャープの標準サイズの扇風機です。先ほどよりも背が伸ばせるハイポジションタイプで、高さは82cm〜110cmで調整可能です。大きめのリビングで、テーブル席がある場合は、このサイズを検討する価値があります。

 なお、こちらも、旧モデルがありますが、機能面での差がなく、本体色のみが異なります。やはり、旧機種はお買得です。

 201504241219.jpg

 風質の工夫は、下位機種と異なります。こちらの機種は、特殊な7枚羽根が採用されます。「羽根にうねりとくびれを付けることで、実際的には14枚羽根相当の細やかな風を作ります。

 羽根の形状は異なりますが、2種類の風速を作り出している点でグリーンファンと似た哲学です。実際得られる風も似ており、ムラのない心地よい風です。風量は32段階とほぼ「無段階」ともいえる細かい調整が可能です。

 首振り機能は、一方、立体首振りが未搭載です。ただし、上向き50度に向けられるため、エアコンの風のかくはんに利用することができます。

 静音性は、こちらもDCモーター採用で期待できます。プラズマクラスターイオンはこちらも搭載です。

 以上、シャープのPJ-G3DSの紹介でした。大手家電メーカーの季節商品は、夏になるにつれて値下がりします。そうしたとき、おそらくグリーンファン2よりも売価が下がるでしょう。そうなったとき、ムラのないタイプの風を手に入れたいのならば、この機種はオススメになります。ただし、本体のデザイン性は、グリーンファン2のほうが高いです。


 

 9・SHARP 3Dファン PJ-G3DG-N 【2017】
  ¥19,979 Amazon.co.jp
(7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用(17デシベル)
 首振り :左右
 風質性能:ネイチャーウイング(風量33段階)

 PJ-FGDG は、通常サイズの扇風機では最も高機能なモデルです。大きさは シャープのPJ-G3DSと同じです。 

 201704231102.jpg

 風質の工夫は、こちらは、下位機種と異なるハイブリッドネイチャーウイングを採用します。下位機種と同じく独特の「うねり」がある特殊な7枚羽根が採用されますが、突起部をさらに加えることで、3重の風の発生を可能にし、実際的には21枚羽根相当の細やかな風を作ります。また、パワフルモードが搭載され。風量を16%ほど強風にできる機能も付属します。

 首振り機能は、こちらも、立体首振りが未搭載です。静音性は、こちらもDCモーター採用で、ある程度期待できるでしょう。

 その他の機能としては、、プラズマクラスターイオンが搭載される他、下位機種にはない温度・湿度センサーが搭載されます。

 なお、湿度センサーが付いている分、パナソニックより高度かと思いますが、こちらはセンサーと風量を連動させる機能がありません。異常な温度、湿度を「見張って教えてくれる」熱中症予防機能となり、限定的です。

 以上、PJ-G3DG-Nの紹介でした。下位機種に比べて、羽根の形状がことあり、風質がアップしている点が「売り」です。ただ、価格は相応に高く、センサー面で他社に及ばない点は多少ネックです。

日立の扇風機

 後半のはじめは、日立のDCモーター採用の扇風機の紹介です。日立も古くから扇風機を作っている会社ですが、DCモーター採用の静音モデルの展開は遅めでした。最新機種の性能はどうでしょう?


  

  10日立 DCモーター扇風機 HEF-DC70 【2017】
  ¥12,900 Amazon.co.jp   (7/8執筆時)

  10日立 DCモーター扇風機 HEF-DC60 【2016】
  ¥9,880 Amazon.co.jp   (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :左右のみ
 風質性能:5枚はね・風量6段階

 HEF-DC70 は、日立のDCモーター採用扇風機では最も安い機種です。 高さは81cm〜110cmですので、リビングでも使える背の高いモデルになります。

 風質の工夫は、しかしながらさほど見られない機種で、昔ながらの形状の5枚羽根の扇風機です。風量は、6段階調整で、微風(うちわ風)が送風できるのが特長です。

 首振り機能も、左右のみ70度の固定で、3D首振りなどの機能も付属しません

 以上、HEF-DC70 の紹介でした。特別な羽根やセンサーなども搭載されず、DCモーターを使った静音性以外の点で面白い機能は見られません。ただ、大手製品としては、総じて売価が安いので、DC扇風機を格安に手に入れたい場合は選択肢に入るでしょう。


 
 11・日立DCモーター扇風機 HEF-DC300  【2017】
  ¥15,486 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :左右のみ
 風質性能:8枚はね

 HEF-DC300は、日立の中位機です。 高さは77cm〜101cmですので、ワンルームでもリビングでも使える標準サイズです。

 風質の工夫は、こちらの場合、8枚羽根を採用することが独自性です。パナソニックの7枚はねより1枚多いですが、パナソニックの「ひねり構造」のような羽根の特性についての工夫に言及がありません。従来のプロペラタイプを踏襲したオーソドックスなDC扇風機です。

 首振り機能も、左右のみ3段階の角度調節方式です。3D首振りなどの機能も付属しません


 12・日立 DCモーター扇風機 HEF-DC5000 【2017】
  ¥20,460 Amazon.co.jp
(7/8執筆時)
 13・日立 DCモーター扇風機 HEF-DC4000 【2016】
  ¥18,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :左右のみ
 風質性能:8枚はね・風量6段階

 HEF-DC5000 は、日立の最高級機です。 高さは81cm〜110cmの調節が可能ですので、家庭用として幅広く使えるでしょう。ただ、風質の工夫は下位機種と同じです。

 首振り機能は、こちらも3D首振りなどの機能が付属しません。2017年モデルからは、リモコンで風向きを調整できるボタンが付属したものの、他社に比べると訴求力がイマイチでしょう。

 センサーは、このグレードからパナソニック同様に温度センサーが付属します。かつ、温度を感知し運転風を自動切り替えする機能も、パナソニックと同じく付属です。ただ、パナソニックと異なり、おやすみ運転との連動はしないようです。

東芝のDCモーター扇風機

 つづいて、東芝の扇風機の紹介です。同社の場合は、今年新機種を出さず、型番変更をなしていないため、発売開始年は他社よりも古いですが、こちらが現行機種です。扇風機は、「完成された家電」ですし、この点は問題ないでしょう。


 

 14・東芝 F-DPT20 【2015年】
  ¥14,300 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :上下左右(3D首振り)
 風質性能:17枚羽(風量無段階調節)

 こちらは、東芝F-DPT20 の紹介です。こちらは、小型・省スペースの機種です。高さは53cm〜65cmの幅で調整可能です。コンパクトタイプの機種で、羽根の径も平均的な30センチよりも小さい20センチなので、基本的には1人向けに便利な小型機種です。

 ただ、小型とは書きましたが、性能的には非常にパワフルな風を起こせる機種です。

 201603231712.jpg

 風質の工夫は、こちらはなんと17枚羽根が採用されています。東芝はスクリュータイプ(プロペラ)にこだわりを持っていますので、スクリュータイプの7枚羽根が採用され、それにプラスする形で10枚羽根の「斜流ファン」が中心に付きます。

 東芝は、これを斜めに向けてぶつける構造ですので、遠くに向けて広がるような、きめの細かいなめらかな風」を送れます。2種類の風を作るグリーンファンと、ワイドな風を出すパナソニックの扇風機との「良いとこ取り」した羽根のように感じます。

 ただし、広がる分だけ、直進風のパワーは劣りますので、シャープなどの小型機種より風力は劣るでしょう。また、温度センサーなどのセンサーも未搭載です。

 首振り機能は、小型機種ですが、上下左右に自動で首を振る3D首振り機能が搭載されます。また、この機種は、上向きは90度まで自動首振りさせられるので、エアコンの風を循環させるにはもってこいです。

 以上、東芝のF-DPT20 の紹介でした。小型モデルですが、強力なので、8畳間程度まで対応できます。邪魔にならないですし、3D首振り機能の搭載で、エアコンの風の循環にも便利なため、ワンルームマンションなどではかなりオススメのモデルです。


 

 15・東芝 F-DLT1000-W 【2015】
  ¥18,800 Amazon.co.jp
(7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
上下左右(3D首振り)
 風質性能:17枚羽(風量無段階調節)

 続いては、東芝DLT1000の紹介です。こちらが同社の最高性能機種になります。こちらは、通常サイズで、80センチ〜109センチまで高さが調節できるため、広いリビングでも対応できる仕様です。

 風質の工夫は、17枚羽根が採用されており、1つ上で紹介した小型モデルと同様です。

 立体首振り機能も同様に採用されます。

 一方、最上位機種のこのモデルは、温度センサーと湿度センサーが搭載されています。もともと消費電力が少ない機種ですが、不快指数にあわせて、風量を自動的に制御することもできます。省エネ性能も高いと言えるでしょう。

 以上、東芝のDLT1000のの紹介でした。標準タイプサイズの機種のため、広いダイニングでも使える機種といえます。風質も東芝独自の新技術の「斜流ファン」により、他社の高級機種に負けない自然で心地よい涼風が得られると思います。

三菱電機の扇風機

 201605221109.jpg

 16・三菱 R30J-DU-R マホガニーレッド 【2017】
 16・三菱 R30J-DU-C リネンアイボリー  【2017】
  ¥26,580 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 16・三菱 R30J-DT-R マホガニーレッド【2016】
 16・三菱 R30J-DT-C アイボリー 【2016】
  ¥24,180 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
上下左右(3D首振り)
 風質性能:7枚羽(風量無段階調節)

 こちらは、三菱電機のDCモーター搭載機です。三菱の場合、DC搭載機はこの機種だけです。性能面では、こちらも各社の「いいとこ取り」のような機種ですが、加えて価格的な値頃感もあります。また、機能がかわらない2016年モデルはとくにお買得ですね。

 201605221114.jpg

 本体サイズや形状は、バルミューダのGreenFanに近いと言えます。高さの無段階調整はできないものの、中間の棒を外すことで、高さ58cmの小型扇風機としても使える仕様です。通常サイズの場合は102cmですので、テーブル席でも利用できます。

 201605221122.jpg

 風質の工夫の点では、この機種は、飛行機の翼をもした立体的な曲線を描くエクストラウィングレットファンを採用します。ただ、こちらについては、「人間の心地よさ」というよりも、「強風時の静音性を確保するための構造」です。実際、強運転時の静音性は他社より高く、30デシベルです。現行機種では最も優秀でしょう。他社は、弱運転(静音運転)時のスペックは重視するものの、強運転時の静音性はさほど強調しませんので。

 立体首振り機能も、他社の高級機同様に採用されます。最近の高級扇風機は、立体首振りが標準的になっています。

 一方、温度などのセンサーは未搭載です。同社は、エアコンメーカーであり、センサー技術も高く、恐らく技術的には搭載も可能です。しかし、扇風機には不要、との判断のようです。

 以上、三菱R30J-DUの紹介でした。強風運転時静音性がこの機種の最大の評価ポイントでしょう。日中に主に使う場合、たいていが強運転ですから、その際の静音性は重要です。静音性が売りの1つであるGreenFanなどは、「強運転時の騒音」は未公表ですが、それをあえて公開する点は、三菱電機の「自信」なのでしょう。

ダイソンの扇風機

 

 17・AM06 デスクファン 300mm (ブラック/ニッケル) 【静音モデル】
  
¥26,100 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  


 18・AM07 タワーファン (アイアン/サテンブルー) 【静音モデル】
  ¥47,343 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :左右のみ
 風質性能:0枚羽(風量無段階調節)

 こちらは、ダイソンの扇風機です。羽根のない「扇風機」として売れているモデルです。周囲の空気を巻き込み気流を増幅させることで波やムラのない、風のような直風を得るためのができる点で、扇風機としてもかなり優秀です。ファンがないために安全である点も売りの一つでしょう。

 1人用のデスクタイプと、リビング用のタワータイプこの2種類になります

 201405031743.jpg

 風質の点では波やムラのない、風のような直風を得ることができます。自然の風と異なり、ムラをあえて生じさせない、まさに直風となりますが、「窓を開けたときのような気持ちの良い風」を得られる点は、大きなメリット性でしょう。

 静音性は、過去モデルでは問題とされることが多かったのですが、現在の新モデルについては、騒音が大幅に改善されました。

 このバージョンでは、ヘルムホルツ式空洞という新方式の技術が使われます。これは、本体内に設けられた空洞で、1000ヘルツ前後の耳障りな音を中和する技術です。これによって今回は、最小風速においては、デスク型で22.7dB(デシベル)、タワー型でも27.3dBという実数値をあげています。ただ、羽根をもつ扇風機の場合、最小風速は16デシベルほどが多く、その部分ではやはり敵わないようです。

 以上、ダイソンの「扇風機」の紹介でした。この機種は、個々で紹介した機種よりもかなりのバリエーションがあります。そのため、「ダイソンの扇風機の比較記事」というのを別に書いていますので、興味のある方は、引き続きそちらをご覧ください。

ツインバード工業の扇風機

  

 19・ツインバード COANDA AIR EF-E981W 【白・2017】
 19・ツインバード COANDA AIR EF-E981B 【黒2017】
  ¥16,632 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
左右のみ
 風質性能:10枚羽(風量20段階調節)

 こちらは、ツインバード工業コアンダエアという扇風機です。DCモーター採用のブランド扇風機としては歴史が古く、毎年型番を変えつつ現在まで出されている同社の人気機種です。

 本体サイズは、高さ90センチ〜11センチということでリビングで利用するのに向いた仕様です。大きさとしては通常サイズと言えます。

 201707082208.jpg

 風質の工夫の点では、この機種は、扇風機の中心を空洞にするユニークな構造を採用しています。そうすることで、外側の10枚羽根が、ムラのなく力強い直進風を作り出すという仕組みです。思想は、GreenFanなどの逆で、「ムラのない風が気持ちよい」という発想であり、ダイソンの製品に寄り近い風です。風呂上がりにあたると気持ちよいです。ただ、ムラが欲しい場合は、リズム風も出せます。

 立体首振り機能は、非搭載です。左右の首振りだけ対応です。どちらかといえば、首を振らせず、涼しくなるまでずっとあたっていたい類の製品なので、これで良いでしょう。

 一方、温度などのセンサーは未搭載です。

 以上、ツインバード工業コアンダエアの紹介でした。ムラのない直進風が欲しいが、ダイソンの導入はやや抵抗がある方に、価格面、デザイン面でおすすめできる機種です。羽根の工夫も面白いので、購入したときの満z区間も得られるでしょう。

ドウシシャの扇風機

 

 20・ドウシシャ カモメファン 扇風機 ブラック FKLR-302D BK【2017】
  ¥25,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
左右のみ
 風質性能:7枚羽(風量無段階調節)

 こちらは、ドウシシャカモメファンです。バルミューダ同様、一風変わった着想のデザイン家電が得意なメーカーです。サーキュレーターが有名ですが、今年は扇風機も出しています。

 本体サイズは、この製品もバルミューダ同様に中間の棒が取れる仕様です。棒が付いた状態だと100cmの高さのリビング用、撮った状態だと57cmのミニファンになります。

 201707082222.jpg

 風質の工夫の点では、この機種は、カモメの羽を摸した9枚の羽を使っています。風質は、シャープと似ており、きめ細やかさに配慮されたものです。一方、風圧はかなり強く、最大で前方17mというスペックです。到達距離の点では、バルミューダを含めて他機種に劣りません。

 一方そうなると気になるのは静音性ですが、最小で11.3dbと弱運転時の静音性は高いです。強風時も、独自の柔軟性のある柔らかい羽素材の採用で、総じて騒音は低減されています。風量は無段階で調整可能です。

 立体首振り機能は、非搭載で、左右の首振りのみです。この部分は、大手家電メーカーに負けてはいます。

 また、温度などのセンサーは未搭載です。

 以上、カモメファンの紹介でした。個人的に同じ構造のサーキュレーターを利用した経験がありますが、パワーはかなり期待できます。デザイン的にもグリーンファン同様、かなり出来が良い機種です。2万円台の高級機ですが、それでも最上位モデルの中では価格は値頃感があるので、2万円台の予算で考えている方は良い選択肢の1つでしょう。

今回の結論
最新のDCモーター搭載扇風機のおすすめモデルはこの機種!

 というわけで、今回は、夏にむけて扇風機を14機種紹介しました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を数機種あげておきます。


第1に、ワンルームや8畳間程度に用いる、小型・高性能な扇風機を探している方ですが、

  201603231549.jpg

 6・SHARP 3Dファン ホワイト PJ-G2DS-W  【2017】
 6・SHARP 3Dファンブラウン PJ-G2DS-T 【2017】
   ¥15,340 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 6・SHARP 3Dファン ホワイト PJ-F2DS 【2016】
   ¥14,400 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用(17デシベル)
 首振り :上下左右(3D首振り)
 風質性能:ネイチャーウイング(風量8段階

 シャープのPJ-G2DS を推します。DCモーターを採用した上で、新形状の羽根立体首振り機能という2大トレンドを押さえているというのが理由です。

 独特の3枚羽のおかげで、小型機種ながら直進10mのパワーを生み出すことに成功しており、技術としても面白みを感じます。強風を立体首振りでかくはんすれば、エアコンの風のかくはんに便利だと思います。

 風質としても強力な直進風が得られるため、風呂上がりや帰宅直後など、パワフルな直進風にあたりたい場合などはかなり良い選択肢です。


 第2に、リビングルームにおいて風質の心地よい良い扇風機を探している方ですが、    

 201704230957.jpg

 1・The GreenFan EGF-1600-WK 白色【2017】
 1・The GreenFan EGF-1600-WG 灰色【2017】
 1・The GreenFan EGF-1600-WC 金色【2017】
 1・
The GreenFan EGF-1600-DK 黒色【2017】  
  ¥37,500 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:静音DCモーター採用(13db)
 首振性能 :左右自動
 風質性能:14枚の羽根(風量4段階)

 3万円台の予算が出せるならば、やはり、バルミューダデザイン社の GreenFan Japanでしょう。製品としての出来がずば抜けて良いからです。

 自然の風に近い「グリーンファン」は、一度体験するとやみつきになる快適さです。強さも十分で、遠くまで風が届きます。また、風切り音のなさは、強風時でも秀逸で、、抜群の静音性を誇ります。

 もちろんデザイン性も高く、従来の扇風機とは異なる、プラスチックのガードは、とてもお洒落で、高級感があります。プラスチックは、硬質で高品質で、安っぽさを全く感じさせません。

 継ぎ目の無いデザインは、アップル社のデザインコンセプトにも通じる気がします。また、リモコンや本体のインジケータはシンプルで、必要機能を突き詰めた構成には、産業デザインとして完成された機能美を感じました。

  また、プラスチックのガードは、小さな子供が羽根にアクセスするのを防ぐ点でもメリット性があるでしょう。真ん中の棒を除けば、ミニ扇風機としても使えるのも面白いアイデアです。

 静音性も高く、また、消灯モード搭載で、本体パネルのライトをリモコンで消せるので、就寝時の利用にもメリット性があります。

 飛び抜けて価格が高いですが、一度買えば10年は使う家電ですし、ある程度のモノを揃えるのは手だと思います。こちらは、棒を分解して補完できるため、オフシーズンの収納も余裕です!

ーーー

 

 20・ドウシシャ カモメファン 扇風機 ブラック FKLR-302D BK【2017】
  ¥25,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
左右のみ
 風質性能:7枚羽(風量無段階調節)

 次点は、ドウシシャのカモメファンです。デザイン性はこちらも高く、リビングのインテリアとしても映えます。

 風質は、シャープ同様のきめ細やかさに配慮された風質で、パワーと静音性も高レベルで兼ね備えていると思います。強風に当たる際の心地よさは、グリーンファンに次ぐ実力があるので、2万円台の予算で狙うならばとても良い選択肢でしょう。

ーーー

  

 19・ツインバード COANDA AIR EF-E981W 【白・2017】
 19・ツインバード COANDA AIR EF-E981B 【黒2017】
  ¥16,632 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :
左右のみ
 風質性能:10枚羽(風量20段階調節)

 他方、「きめ細やかさに配慮された自然に近い風」というよりも、「ムラがなく、力強い直進風」を求める方は、ツインバード工業のコアンダエアが良いでしょう。ダイソンも同様の傾向ですが、やや価格が高いため、費用対効果の点からこちらを「推し」ました。

 風呂上がりや帰宅直後など、一気に涼しくなりたい方に向きます。1万円台の予算で高級扇風機を選ぶならば、デザイン性や、羽根のオリジナリティを含めて最もおすすめできる製品でしょう。


 第3に、リビングルームでエアコンの補助として利用するため、高級扇風機を探している方ですが、

  

 5・パナソニック F-CP339-N 【2017】
  ¥26,800 Amazon.co.jp (7/8執筆時)

 静音性能:DCモーター
 首振り :立体首振り機能
 風質性能:7枚羽

 エアコンと併用する場合、立体首振りは絶対あった方が良いです。

 それをふまえた場合、空気のかくはんを意識するなら、「7枚ひねり羽」でワイドに送風でき、また、立体首振り機能も装備するパナソニックの F-CM339-N がもっともおすすめできます。

 温度センサーを搭載するなど、利便性も高いですし、特にスティック部とヘッド部はデザイン性も高く、デザイン家電の要素もありおすすめです。

ーーーー

 201605221109.jpg

 16・三菱 R30J-DU-R マホガニーレッド 【2017】
 16・三菱 R30J-DU-C リネンアイボリー  【2017】
  ¥26,580 Amazon.co.jp (7/8執筆時)  

 17・三菱 R30J-DT-R マホガニーレッド【2016】
 17・三菱 R30J-DT-C アイボリー 【2016】
  ¥24,180 Amazon.co.jp (7/8執筆時) 

 静音性能:静音DCモーター採用
 首振り :上下左右(3D首振り)
 風質性能:7枚羽(風量無段階調節)

 一方、センサー制御による快適性よりも、静音性を最大限重視したい場合は、三菱電機のR30J-DTでも良いと思います。特に強風運転時の静音性は、最も高い機種ですから。

立体首振りに対応し、空気のかくはんもできますし、中間棒を取り除くと、ミニファンとして畳間や寝室でも利用できる利便性もあります。

ーーーーーー

 というわけで、今回は扇風機の話でした。今回は、価格的に多少高い扇風機の紹介でした。なお、1万円以下で買える扇風機の記事は、別にありますので、そちらもよろしくお願いいたします。

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマーク ボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)   

posted by Atlas at 22:47 | Comment(0) | 扇風機

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg

コメント(知人の方)



          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png