比較2018' 鋭い!京セラのセラミックナイフ29点の性能とおすすめ・選び方:京セラのセラミック包丁・三徳包丁・ファインセラミックナイフ

2018年10月17日

比較2018' 鋭い!京セラのセラミックナイフ29点の性能とおすすめ・選び方:京セラのセラミック包丁・三徳包丁・ファインセラミックナイフ

【今回レビューする内容】2018年 料理用セラミックナイフの性能とおすすめ・選び方:ステンレス包丁との違いやランキング: ファインキッチンファインレジェンド ファインプレミア サクラブレード ファインプレミアエクセレントファインプレミアHIP 三徳タイプ 小 シェフズナイフ菜切りナイフ

【比較する製品型番】kyocera FKR130HIP-FP FKR140HIP-FP FKR160HIP-FP FKR180HIP-FP FKR-140N KR-140GR FKR-140PK FKR-140BU FKR-140YL FKR-140X-FP FKR-140X-GR FKR-140X-PK FKR-140X-YL FKR-140X-OR FKR-110N FKR-110GR FKR-110YL FKR-110PU FKR-110PK FKR-110X-FP FKR-110X-OR FKR-110X-GR FKR-160X-FP FKR-150FL FKR-170FL FKR-180C-N FKR-180CX-FP FKR-180P-N FKR-180PX-FP FKR-P110 IPKS FKR-P140 IPKS FKR-160N-FPE FKR-110-FPE FKR-160-FPE FKR-140-FPE

今回のお題
切れ味が良く、長持ちするセラミックナイフでおすすめなモデルはどれだろうか?

 どもAtlasです。

 今日は、キッチン用品の話で、京セラのセラミックナイフ(包丁)を比較・調査します。

 201810171813.jpg

 全部で21点の製品を紹介したあと、最後に、Atlasのおすすめ製品を提案する形式で書いていきます。

1・セラミックナイフの利点と弱点

  201504112031.jpg

 セラミックナイフ(セラミック)は、公平を期して言えば、優れた部分弱点と言える部分があります。

 順番に説明していきましょう。

セラミックナイフの良い部分

 201810171816.jpg

 最初に、金属包丁に比べてのセラミックナイフの利点です。

 主に3点あります。

 第1に、軽量で、切れ味が非常に長く続く点です。

 第2に、ある程度「雑」に使っても、石材なので錆びない点です。

 第3に、金属包丁と違って、フルーツなどを切っても包丁の金属の味が移らない点です。


 結論的に言えば、セラミックという素材は、従来の金属包丁の欠点を解決した「次世代の包丁」といえます。

 このほかにも、金属包丁と違って、職人技術による差異(名工○○が作った包丁!)が存在しないので、高いクオリティの包丁を安心して購入できるメリットもあります。

 「値段に見合った性能が期待できる点」で「買いやすい」と言えます。

2・セラミックナイフのイマイチな部分

 続いて、金属包丁に比べてのセラミックナイフの弱点です。

 主に、次の2点です。

 201806171555.jpg

 第1に、無理な力を加えて刃が欠けると、その部分が切れなくなることです。

 これについては、金属包丁に比べてかなりデリケートです。

 そういった場合、1000円の研ぎ直し料+返送料を支払うか、製品に付属する「無料研ぎ直し券」を使い、京セラに包丁を送って研ぎ直します。

 

 京セラ 電動ダイヤモンドシヤープナー DS-38
  ¥2,376 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 とはいえ、最近は、ラミックナイフ用の自動研ぎ器が出たので、こうしたデメリットは改善しました。

 研ぎ機は電池式で、刃を研ぎ器に5回往復するだけで素人でも簡単に研げます。0.5mm程度のカケであれば、これで修正可能です。弱点は克服されていると言えるでしょう。


 201806171557.jpg

 第2に、冷凍食品やサケなどの大型魚の「相当堅いもの」には向かない点です。

 ただ、お肉のブロックや小型魚、冷凍食品でもやわらかめなものならば、刃こぼれせずに利用できます。また、上位機種は、独自の焼成処理がなされており、より強靱です。

 実際、そのような特殊用途に利用するならば、専用に金属包丁を別に揃えれば良いだけでしょう。

ーー

 以上、セラミックナイフの、メリット性デメリット性について書きました。デメリットの部分については、京セラも認識しており、上述のように「改善」されています。

 この点では、安心して買って良いと思います。個人的にも、メリット性のほうが相当程度優ると考えています。

3・セラミックナイフの「グレード」

 というわけで、、ここからは、具体的に京セラのセラミックナイフ製品を紹介していきます。

201803031820.jpg

 なお、京セラのセラミックナイフは、ブレードの品質と柄の材質で以上のように「ランク分け」できます。

 基本的にランクが上がるほどに高価になっていきますが、その分材質などのこだわりも増しています。なお、「シリーズ名」「ランク」について、以下の記事では、各製品の冒頭に付記しました。

4・セラミック三徳ナイフの比較

 201810171826.jpg

 はじめに、紹介するのは、万能包丁(三徳ナイフ)です。肉・魚・野菜に何でも使える、オールマイティの包丁です。

 その点で言えば、キッチンに1つだけ包丁を置くならば、三徳ナイフが良いでしょう。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で書いていきます。


 

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 1・セラミック三徳ナイフ FKR-140N
  ¥2,700 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 201504111936.jpg

  【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 2・セラミック三徳ナイフ FKR-140
  ¥2,700 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:プラスチック

 FKR-140は、京セラの三徳ナイフでは最も安い、上から5番目のランクとなる、「ファインキッチン」というシリーズのセラミック三徳ナイフです。

 刃渡りは、三徳ナイフ(三徳包丁)としては標準的な140mmです。三徳包丁は、何にでも使える万能包丁なので、奇をてらった大きさでない点がむしろ好ましいでしょう。

 本体色は、基本となるブラックのほか、多色展開です。リンク先で好きな色が選べます。

 グリップの材質は、プラスチック(ポリプロピレン)です。一般的ではありますが、上位製品に比べて、握りが滑りやすいという難点はあるでしょう。


 

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 3・セラミック三徳ナイフ大 FKR-160N
  ¥3,900 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:290×48×20mm
刃渡り:160mm
重さ:98g
柄材質:プラスチック

 FKR-160N も、京セラの「ファインキッチンシリーズ」の三徳ナイフです。

 刃渡りは、先ほどよりも長い160mmとなります。長めが好みの方はこちらでも良いでしょうが、基本的には140mmのほうが、家庭では使いやすそうです。

 本体色は、こちらも、多色展開です。リンク先で好きな色が選べます。

 グリップの材質は、こちらも、プラスチック(ポリプロピレン)です。


 201504111931.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 4・セラミック三徳ナイフ FKR-140X-FP
  ¥2,800 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

  201803031647.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 5・セラミック三徳ナイフ FKR-140X
  ¥2,800 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 FKR-140Xは、「ファインプレミア」という、京セラのセラミックナイフでは中級で、4番目のランクとなる製品です。

 刃渡りは、標準的な140mmです。

 本体色は、こちらも、多色展開です。カラーモデルは、ある程度好きな色が選べます。

 グリップの材質は、下位機種との大きな違いで、こちらは、持ちやすいラバーグリップを採用します。プラスチックに比べると、ラバーの方が手になじみ、扱いやすいです。また、食洗機に入れて長期間使った場合も、べたつきません。


  201803031751.jpg

 【サクラブレードシリーズ〈4位〉】

 6・セラミック三徳ナイフ FKR-P140 IPKS
  ¥3,420 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm/重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

  FKR-P140 IPKSXは、2018年から登場した「ファインプレミア」の改良型です。

 刃先が白ではなく「ピンク色」で「サクラブレード」という愛称が付けられています。柄とブレードの材質は、ファインプレミアに準じるので、ランクは「ファインプレミア」と同じ4番目です。

 刃渡りは、標準的な140mmです。

 本体色は、もちろん「ピンク色」で統一されます。

 グリップの材質は、「ファインプレミア」と同じ、ラバーグリップを採用します。色の統一感があるので、ピンク系が好きな方に受けそうです。


 201712052009.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 7・セラミック三徳ナイフ大 FKR-160X-FP  
  ¥4,151 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:290×48×20mm
刃渡り:160mm/重さ:98g
柄材質:ラバーグリップ

 FKR-160X-も、「ファインプレミアシリーズ」のセラミックナイフです。

 先ほどの製品との違いは刃渡りで、こちらはやや長めの160mmです。

 その他の点では「同じ」という製品です。


 

 【ファインレジェンドシリーズ〈3位〉】

 8・ ファインレジェンド FKR-150FL
  ¥3,027 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:150mm
重さ:95g
柄材質:プラスチック

 【ファインレジェンドシリーズ〈3位〉】

 9・ ファインレジェンド FKR-170FL  
  ¥3,399 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:303×47×20mm
刃渡り:170mm
重さ:100g
柄材質:プラスチック

 FKR-150FLFKR-170FLは、京セラの上位シリーズで、上から3つめのランクとなる「ファインレジェンド」という別シリーズの三徳包丁です。


 knife001_1.jpg

 刃渡りは、短いモデルが150mm、長いモデルが170mmです。いずれも「長め」ですが、このシリーズの場合、包丁の幅は細身なっています。手元の操作性を重視した設計となります。

 本体色は、こちらは黒のみです。

 グリップの材質は、一般的なプラスチックです。ただ、柄の形状は、特にグリップの形状を工夫し小指のホールド感を高めたほか、重心がハンドル側にややかかるように調整してあります。

 こうした点から分かるように、こちらは、手が小さな女性にも持ちやすいようにとの視点から開発されています。とくに手元での皮むきなどに向いた形状です。


 201305041301.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 10・ファインプレミアHIP FKR140HIP-FP
  ¥5,753 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 201305041301.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 11・ファインプレミアHIP FKR160HIP-FP
  ¥6,666 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:290×48×20mm
刃渡り:160mm
重さ:98g
柄材質:ラバーグリップ

 FKR140HIPFKR160HIPは、京セラの上から2番目のグレードの製品となる「ファインプレミアHIPシリーズ」の三徳包丁です。

 201305041314.jpg

 この製品は、熱間静水圧プレス(HIP)加工をすることで、ここまで紹介したホワイトブレードのモデルよりも、強度が20%ほどアップしています。

 これは、通常のセラミックに炭素を添加し焼成させることで強度を増す技術です。

 黒いのはデザイン性だけ、というわけではありません。Atlasは2010年からこちらのモデルを愛用していますが、デゼイン性も良い上、頑丈で、いまもなお便利に使っています。

 刃渡りは、下位機種と同じ構成です。一般的な刃渡り140mmサイズと、やや大きめな160mmが選べます。

 本体色は、ブラックのみの構成です。

 グリップの材質は、「ファインプレミア」と同じで、滑りにくいラバーグリップが採用されます。


 201803031703.jpg

 【ファインプレミアエクセレント〈1位〉】

 12・FP excellent FKR-140-FPE
  ¥11,987 Amazon.co.jp   (10/17執筆時)

サイズ:264×44×18.3mm
刃渡り:160mm
重さ:109g
柄材質:積層強化木

 【ファインプレミアエクセレント〈1位〉】

 13・FP excellent 三徳ナイフ FKR-160-FPE
  ¥13,871 Amazon.co.jp   (10/17執筆時)

サイズ:288×48×18.3mm
刃渡り:160mm
重さ:118g
柄材質:積層強化木

 FKR-160-FPEは、京セラの最上位製品となる「ファインプレミアエクセレント」の三徳包丁です。

 201810171833.jpg

 こちらも、刃の部分の技術は、熱間静水圧プレス(HIP)加工をする「ファインプレミアHIPシリーズ」と同じです。

 201803031710.jpg

 グリップの材質は、唯一の相違点で、こちらは積層強化木を用いた木製となります。高価なのは、グリップが「職人手作り」であるからでしょう。

 木製ながら、耐熱性が110度ですので、食洗機にも対応します。 

 刃渡りは、やや大きめな160mmと通常の140mmの2種類です。

 本体色は、ブラックのみの構成です。

 価格的には、一般向けではないでしょう。

--

 以上、FKR-160-FPEの紹介でした。

 最上位機となる「ファインプレミアエクセレント」は、どちらかといえば、「利便性だけでなく、インテリア性を兼ね備えた料理器具をそろえたい」と考えている方向きの製品となります。

 その他に、フルーツナイフなども、同シリーズのラインアップがありますが、一式そろえると5万円を超えます。

5・セラミックフルーツナイフの比較

201806171604.jpg

 続いて、フルーツナイフの紹介です。

 料理の基本となる三徳包丁のほかに、もう1本揃えるとすれば、刃渡り110mmフルーツナイフや、刃渡り130mmペティナイフがおすすめです。

 いずれも、包丁としては小型なので、一本目にはオススメできません。しかし、二本揃えるなら選択肢になります。

 とくに果物類は、金属包丁を使うと「金属味」が付いてしまうところがありますから、材質的にセラミックナイフは最適です。


 

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 14・セラミック フルーツナイフ FKR-110N
  ¥1,845 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

  201803031653.jpg

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 15・セラミックフルーツナイフ FKR-110
  ¥2,180 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:227×28×19mm
刃渡り:110mm
重さ:51g
柄材質:プラスチック

 FKR-110は、三徳包丁でもあった入門用の「ファインキッチン」シリーズのフルーツナイフです。

 刃渡りは、110mmとなります。小型ですので、フルーツなどをむく際に向きますね。

 本体色は、カラーモデルがあり、グリップが多色展開です。リンク先で好きな色が選べます。

 グリップの材質は、プラスチック(ポリプロピレン)です。先ほど書いたように、やや滑りやすいのが欠点です。


 201504112016.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 16・セラミックフルーツナイフ FKR-110X-FP
  ¥1,900 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 201803031655.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】 

 17・セラミックフルーツナイフFKR-110X
  ¥3,270 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

  201803031758.jpg

 【サクラブレードシリーズ〈4位〉】

 18・セラミックフルーツナイフ FKR-P110 IPKS
  ¥2,161 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:227×28×19mm
刃渡り:110mm
重さ:51g
柄材質:ラバーグリップ

 FKR-110Xは、京セラのハイグレードモデルにあたる「ファインプレミア」シリーズのフルーツナイフです。また、スペックが同じなので、刃が「ピンク」なサクラブレードも一緒に紹介します。

 刃渡りは、下位機種と同じ110mmです。

 本体色は、こちらも、カラーモデルがあり、比較的自由に色が選べます。

 グリップの材質は、その一方で滑りにくいラバーグリップであり、この点が下位機種との大きな違いとなります。


 

  【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 19・セラミックペティナイフ FKR-130-N
  ¥2,071 Amazon.co.jp
(10/17執筆時

サイズ:250×31×19mm
刃渡り:130mm
重さ:59g
柄材質:ラバーグリップ

  FKR-130も、京セラのファインプレミアシリーズ」のナイフです。

 201810171838.jpg

 刃渡りは、ペティナイフということで、多少長い130mmです。

 本体色は、結構ニッチなもでるだからか、黒のみです。

 グリップの材質は、滑りにくいラバーグリップです。先ほども書きましたが、食洗機で使い続けてもべたついてきたりしないのが不思議ですね。

 なお、ペティナイフは、フルーツナイフとは刃渡り以外の違いはありません。

 長めの刃渡り160nnの三徳ナイフを買う場合は、2本目として、フルーツナイフではなくて、同様に大きめのペティナイフを選んでも良いかと思います。 



 201803031719.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 20・ファインプレミアHIP FKR130HIP-FP
  ¥5,200 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:250×31×19mm
刃渡り:130mm
重さ:59g
柄材質:ラバーグリップ

 FKR130HIP-FPは、京セラの上から2番目のランクの製品となる「ファインプレミアHIPシリーズ」のペディナイフです。

 三徳包丁の場合と同じで、熱間静水圧プレス(HIP)加工がなされており、強度が20%ほどアップしています。

 201810171840.jpg

 刃渡りは、こちらはフルーツナイフのラインアップがなく130mmサイズと、やや大きめです。

 本体色は、ブラックのみの構成です。

 グリップの材質は、滑りにくいラバーグリップが採用されます。


 180303-0046-30%.png

 【ファインプレミアエクセレント〈1位〉】

 21・FP excellent フルーツナイフ FKR-110-FPE
  ¥10,946 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:228×31×15.5mm
刃渡り:110mm
重さ:59g
柄材質:積層強化木

  FKR-110-FPEは、京セラの最上位製品でなる「ファインプレミアエクセレントシリーズ」の小型包丁です。

 こちらも、熱間静水圧プレス(HIP)加工がなされており、白い刃の製品に較べると強度が20%ほどアップしています。

 刃渡りは、フルーツナイフとして標準的な110cmです。一方、他のフルーツナイフに較べると、細身であり、スタイリッシュなデザインに見えます。

 本体色は、ブラックのみの構成です。

 グリップの材質は、積層強化木です。

 三徳包丁の場合と同じで「職人さんの手作りのハンドル」であり、それゆえに価格が上がっています。110度までの耐熱性があるため、食洗機に対応できます。

6・セラミックシェフズナイフの比較

201806171608.jpg

 ここからは、シェフズナイフの紹介です。

 日本語では「牛刀」と呼ばれる類のナイフであり、刃渡りが長いです。

 Atlasはあまり使わないサイズですが、ブロックの肉をつかう料理などを本格的にする方はよく使われます。


 

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 22・セラミックシェフズナイフ FKR-180C-N
  ¥3,990 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:310×45×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:プラスチック

 201504111953.jpg

  【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 23・セラミックシェフズナイフ FKR-180CX-FP
  ¥4,584 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:310×45×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:ラバーグリップ

 201712052044.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 24・セラミックシェフズナイフ KR180HIP-FP
 ¥6,199 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:310×45×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:ラバーグリップ

 セラミックシェフズナイフは、グレードの違いで、3種類のラインナップがあります。

 刃渡りは、どれも180mmです。かなり長いので、ブロック肉を切断するような用途に向くでしょう。

 本体色は、ニッチな製品と言うこともあり、グリップは、いずれもブラックのみの構成です。

 201810171846.jpg

 グリップの材質は、ファインプレミアとファインプレミアHIPのみ、滑りにくいラバーグリップが採用されます。

 また、ファインプレミアHIPについては、強度が高い熱間静水圧プレス加工が刃に対してなされています。

---

 以上、シェフズナイフの紹介でした。

 本格的に料理する人に向く製品です。ただ、三徳包丁との違いはさほどないので、「揃えるなら3本目以降」となるでしょう。

 なお、セラミックナイフは、極度に堅いものに対する柔軟性はクロモリに比べて欠けるので、サケなどの大型魚の解体などには不向きです。

7・セラミック菜切包丁の比較

 201810171849.jpg

 続いて、やや特殊ですが、「葉切包丁」「菜切りナイフ」を紹介します。


 201806171612.jpg

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 25・FP excellent 菜切りナイフ FKR-150NK-N
  ¥4,573 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:278×49×19mm
刃渡り:150mm
重さ:104g
柄材質:ポリプロピレン

 201806171614.jpg

  【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 26・FP excellent 菜切りナイフ FKR-150HIP-FP
  ¥7,009 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:278×49×19mm
刃渡り:150mm
重さ:104g
柄材質:熱可塑性エラストマー

 201803031743.jpg

 【ファインプレミアエクセレント〈1位〉】

 27・FP excellent 菜切りナイフ FKR-160N-FPE
  ¥15,539 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:290×52×18.3mm
刃渡り:150mm
重さ:135g
柄材質:積層強化木

 菜切りナイフも、グレードの違いで、3種類のラインナップがあります。

 最上位製品となる「ファインプレミアエクセレントシリーズ」は、熱間静水圧プレス(HIP)加工がなされており、白い刃の製品に較べると強度が20%ほどアップしています。

 刃渡りは、最上位製品は三徳包丁と同じ160cmで、そのほかは150cmですね。いずれも、5cmを超える縦の長さがあり、葉物を扱う際に、特に便利な仕様です。

 本体色は、ブラックのみの構成です。

 グリップの材質は、最上位機は積層強化木です。この場合でも、110度までの耐熱性があるため、食洗機に対応できます。

 以上、葉切ナイフの紹介でした。菜切りの用途については、三徳ナイフで代用できるため、欲しい方は限定的かもしれません。ただ、「あると便利」なのは間違いないですし、これで「すぱっと」野菜を切る感覚は、Atlasは好きです。

8・セラミックパン切りナイフの比較

 201806171622.jpg

 続いて、波刃を採用するパン切りナイフを紹介します。


 201712052054.jpg

 【ファインキッチンシリーズ〈5位〉】

 28・セラミックパン切りナイフ FKR-180P-N
  ¥4,075 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:310×33×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:プラスチック

 201504112001.jpg

  【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 29・セラミックパン切りナイフ FKR-180PX-FP
  ¥4,615 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:310×33×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:ラバーグリップ

 これらは、パン切り用のセラミックナイフです。こちらは、刀身が黒いファインプレミアHIPシリーズはなく、2種類のラインアップです。

 201712052055.jpg

 刃渡りは、どれも180mmです。

 食パンを切りやすいように、長めで細身に作られます。また、ナイフの刃先がギザギザの波刃になっており、パンなどの柔らかい素材が切れやすくなっています。

 本体色は、いずれもブラックのみの構成です。

 グリップの材質は、ファインプレミアは、滑りにくいラバーグリップが採用されます。

 以上、パン切り用のセラミックナイフの紹介でした。

 201806171623.jpg

 Atlasもホームベーカリー用に1つ持っています。パンだけではなく、鍋に使う白菜や、サラダ用のトマトや、サンドイッチのパンなど、柔らかい素材がスッと切れるのが快感です。刃が鋭くないので、怪我もしにくいと思います。

今回の結論
京セラのセラミックナイフでおすすめなモデルはこれ!

 というわけで、今回は、京セラのファインセラミックナイフについて書いてきました。

 最後にいつものように、オススメのモデルについて書いていきます。


 第1に、一本目のセラミックナイフとして品質的に最もオススメできるのは、

 201305041301.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 10・ファインプレミアHIP FKR140HIP-FP
  ¥5,753 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 ファインプレミアシリーズHIP三徳ナイフがよいでしょう。

 刃渡り140mmの三徳ナイフは、サイズ的に取り回しやすいので、最も使い勝手が良いサイズです。

 とくにこのシリーズは、独自の焼成処理が加えられており、通常モデルよりも堅牢です。

 201810171853.jpg

 確かに価格は高めです。

 しかし、セラミックナイフは切れ味が落ちにくいし、包丁は1度購入すると10年スパンで買い換えないものですか。グレード高い包丁を購入するのは、メリット性があるでしょう。

 また、金属包丁と違って、産地や銘柄での値段差ではなく、純粋に素材のグレードによる価格差ですので、その点も「損した気分」にはならないでしょう。

 なお、ラバーグリップですが、食洗機に対応します。この点もオススメできるポイントですね。


 第2に、セラミックナイフを安価に試せる最初の一本としてオススメできるのは、

 201504111931.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 4・セラミック三徳ナイフ FKR-140X-FP
  ¥2,800 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

  201803031647.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 5・セラミック三徳ナイフ FKR-140X
  ¥2,800 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 ファインプレミアシリーズの三徳ナイフをオススメします。

 価格的にはより安いファインキッチンシリーズがあります。

 201810171855.jpg

 しかし、握り手がラバーグリップのホールド感が良質ですから、価格差以上の効果を期待できるでしょう。

 切れ味に関しては、シリーズも黒色シリーズと同じくらい良いです。違いは先ほど書いたように「耐久性」のみです。


  第3に、2本〜3本、セラミックナイフをセットで揃えようと考えている方は、

 201305041301.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 10・ファインプレミアHIP FKR140HIP-FP
  ¥5,753 Amazon.co.jp  
(10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 201803031719.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 20・ファインプレミアHIP FKR130HIP-FP
  ¥5,200 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:250×31×19mm
刃渡り:130mm
重さ:59g
柄材質:ラバーグリップ

 201712052044.jpg

 【ファインプレミアHIPシリーズ〈2位〉】

 24・セラミックシェフズナイフ KR180HIP-FP
 ¥6,199 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:310×45×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:ラバーグリップ

 プレミアムなモデルで揃えるならば、ファインプレミアHIP シリーズ3モデルが良いでしょう。

 2本買う場合は、セラミックペティナイフセラミック三徳ナイフ(大)が良いと思います。

 3本買う場合は、それにシェフズナイフを加えると、大きさのバランスが整うでしょう。

 これに加えて、4本目を購入する余裕があれば、パン切り用のナイフを購入すると良いでしょう。


 第4に、2本〜3本のセラミックナイフをできるだけ格安で揃えようと考えている方は、

 201504111931.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 4・セラミック三徳ナイフ FKR-140X-FP
  ¥2,800 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:270×45×20mm
刃渡り:140mm
重さ:90g
柄材質:ラバーグリップ

 201504112016.jpg

 【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 16・セラミックフルーツナイフ FKR-110X-FP
  ¥1,900 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

サイズ:227×28×19mm
刃渡り:110mm
重さ:51g
柄材質:ラバーグリップ


  201504111953.jpg

  【ファインプレミアシリーズ〈4位〉】

 23・セラミックシェフズナイフ FKR-180CX-FP
  ¥4,584 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

サイズ:310×45×20mm
刃渡り:180mm
重さ:93g
柄材質:ラバーグリップ

 一方、やや予算を抑えたいならば、ラバーグリップを採用する【ファインプレミアシリーズ】のこれらのモデルを揃えると、バランスが取れます。

補足情報:セラミックナイフ研ぎ機について

 というわけで、今回は、セラミックナイフの話でした。最後に「おまけ」で、研ぎ機などの話。


 

 京セラ 電動ダイヤモンドシヤープナー DS-38
  ¥2,564 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 アルカリ乾電池 単3形48個パック
  ¥ 1,332 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

  あと、金属包丁よりも切れ味が落ちにくいために、必ずしも同時に購入しなくても構いませんが、セラミックナイフも研げるダイヤモンドシャープナーがあれば、セラミックナイフの実力をさらに持続させることが可能です。

 シャープナー(研ぎ器)は京セラから幾つか出ていますが、安価な機種はセラミック非対応ですので注意が必要です。また、このモデルは、素人でもコツがいらずに研げるのでオススメできます。

 なお、単三電池が4本必要ですが、付属していません。同時に購入すると良いでしょう。



 

 京セラ セラミックキッチンはさみ CH-350
  ¥3,490 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 また、包丁ではありませんが、こちらのキッチンはさみもオススメです。キッチンはさみは結構汚れたり、切れ味が落ちるものなので、やはりセラミック製はメリット性が高いです。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 18:59 | キッチン用品

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png