Top 炊飯器 比較2020'【美味しい】一升炊きの炊飯器42機のおすすめ・選び方(1)

2020年07月14日

比較2020'【美味しい】一升炊きの炊飯器42機のおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】2020年 一升炊きの大型炊飯器の性能とおすすめ:10合用・ IH・圧力IH・スチーム式: タイガー 炊きたて 機種の違いやランキング:Panasonic IHジャー炊飯器 象印 極め炊き 三菱電機 炭炊釜 東芝 真空IH保温釜 アイリスオーヤマ

【比較する製品型番】RC-IE10 RC-MC10 KRC-IE10 JKT-M180 JKT-L180 JPI-B180 JPI-A180 SR-HB188 SR-HB189 SR-HX188 SR-HX189 SR-PB189 SR-PB188 NP-VZ18 NW-HA18 NP-ZU18 NP-BK18  NJ-VEB18 NJ-VVB18 RC-18VRN RC-18VSP RC-18VSP RZ-BV180M-W RZ-BG10M-T SR-MPB180-W RC-18VRP

今回のお題
美味しいご飯が炊ける10合炊き炊飯器のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2020年7月現在、最新の一升炊き炊飯器の比較です。

  201807272215.jpg

 なお、このブログ「モノマニア」には、炊飯器について次のような記事があります。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器【〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
6・玄米・麦飯・糖質カット向け炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方
【まとめ】

 今回は上記4番の記事になります。

 3万円以下の予算で手に入る、8合〜10合炊きの炊飯器について書きます。

 少量炊きモデルを探している方は、お手数ですが、上記のリンク記事から、ご覧ください。

1・もちもち炊飯  ★★★★★
2・しゃっきり炊飯 ★★★★★
3・ご飯の甘み   ★★★★★
4・保温性能    ★★★★★
5・手入れの手軽さ ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように各製品を紹介します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントからAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・一升炊き炊飯器の選び方の基本!

  今回の記事では、「低価格でも美味しく炊ける」をテーマに、各社の高級炊飯機を比較していきます。 

  201807271247.jpg

 1・沸騰温度の持続性
 2・加熱方式
 3・内釜の素材と厚さ
 4・ご飯の炊き分け機能

 炊き上がりのごはん「味」で、炊飯器を選びたい場合、ポイントとなるのは、以上の4つの要素です。


 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、炊飯器のヒータは、1本だとパワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができない仕様です。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

--

 今回の記事では、「格安でもヒーターの強い機種!」を探していこうと思います。


 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、上述の沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 「3万円以下」の製品でラインナップがあるのは、次の3つです。

1・マイコン式  
 =火力が弱くムラがあり美味しくない
2・IH方式  
 =米そのもの味の個性が出やすい
3・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
4・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意

 具体的な仕組みや得意とする味の傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 

 ただし、マイコン式炊飯器(=底面に電熱線ヒータがあってそれが鍋を加熱する)と、IH式炊飯器(=鍋自体を電磁波で加熱する方式)の間では、「味の面で超えられない高い壁」があることだけ、覚えておきましょう。


 201509301809.jpg

 第3に、内釜の素材と厚さです。

内釜の厚さ」は、比較する場合、とくに重要な要素です。

 基本的に厚みがあるほど沸騰高温状況のキープが可能で、美味しいご飯が炊けます。

 しかし、3万円以下の炊飯器は、厚みを削ることで「コスト削減」している機種が多くあります。特に圧力をかけない炊飯器については、「釜の厚み=味」と言っても良いほど、重要な要素で、注意が必要です。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 3万円以下の炊飯器は、ただし、本体素材自体はあまり工夫の余地がありません。

 しかし、鍋、炭、プラチナなどのコーティング部分の材質に注目すると、機種間の機能差が分かってきます。

--

 今回の記事では、こうした釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


 201609021146.jpg

 第3に、ご飯の炊き分け機能です。 

 安い炊飯器でも、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にした炊き分け機能があります。

 高級炊飯器は、さらに、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感をも指標に加えたものがあります。

 上図のように、立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。

ーーー

  以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

2・アイリスオーヤマの炊飯器の比較

 はじめに、アイリスオーヤマの炊飯器を紹介します。

 同社は2016年から炊飯器事業への参入ですが、特徴ある機種を出しています。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していくこととします。


  

 【2018/8】

 1・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE10-B
  ¥12,523 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

  2・アイリスオーヤマ 銘柄炊き KRC-IE10-B
  ¥15,510 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:IH式炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜  
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

  RC-IE10-B は、アイリスオーヤマの10合炊きの炊飯器です。

 202007141040.jpg

 なお、流通限定で、本体が赤の KRC-IE10-Bという製品が販売されています。

 こちらは、3mmの極厚銅釜です。銅メッキを施し、蓄熱性・熱伝導率に配慮がありますが、基材は同じですし、値段も高いため、選ぶ必要はないでしょう。

 201807281115.jpg

 炊飯方式は、IH方式です。

 IHヒーターの段数は、2段です。

 それに加えて、上図のような、ふた部分の上面ヒータ(電熱線)が補う形の構造です。圧力などは使わないものの、電熱線のみのマイコン式に較べれば格段の火力が期待できます。

 201807281236.jpg

 使われている釜は、極厚火釜 です。

 内釜の厚みは厚みも3.1mmと十分です。素材的には熱伝導性の高いステンレスを採用します。

 ただ、熱伝導性を高める銅や炭素系素材のコーティングは施さず、「格安の理由」はあります。

 アルミ2層とステンレスの総計で3層と物足りないです。

 201811180934.jpg

 ご飯の堅さは、調整できません

 ただ、「コシヒカリ・あきたこまち・つや姫・ゆめぴりか・ひとめぼれ・ヒノヒカリ」6種類のお米を炊き分ける「銘柄炊き」機能が付属します。

 合計で31種のブランドへの対応を謳いますが、他の銘柄米については、上述の6種の炊き方のいずれかに分類されます。

 ご飯の保温は、低温保存などの特定の機能はありません。このあたりは、ネックで、改善が求められるでしょう。

  お手入れ は、単純な構造の炊飯器なので、とりたてて問題は感じません。

---

 以上、アイリスオーヤマのRC-IE10-B の紹介でした。

 この機種の5.5合モデルはかなり割安なのですが、10合炊きはさほどでもありません。しかし、もう少し値下がりすると別の評価もあるでしょう。

ーーー

 

 【2018】

 3・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MC10-B
  ¥9,900 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:マイコン炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 RC-MC50-B もアイリスオーヤマの一升炊きです。

 しかし、こちらは、 火力が期待できないマイコン式炊飯器です。選ばない方が良いでしょう。

3・タイガーの一升炊き炊飯器の比較

 続いて、、タイガーの炊飯器を紹介します。


 202007131511.jpg

 【2020/6】

 4・タイガー 炊きたて JKT-M180-TK
  ¥22,307 楽天市場 (7/13執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:銅入り3層遠赤釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 最初に紹介するのは、タイガー社の炊飯器「炊きたてJKT-Cシリーズです。

 IH式の炊飯器で日本で購入できるモデルのうち、最も値段が安いモデルの1つです。

 tuyobi_ih2.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 ヒーターの段数は、タイガーは全機とも非公開です。

 ただ、電熱ヒーター(シーズヒーター)は使われないため、「段数」で表現すれば、2段と推定できます。

 なお、タイガーの場合、「鍋底130度」の高温度を、熱伝導性の高い釜で全体に回すのが「効率的」と判断しています(剛火IH)。

 タイガーは「(ガス火などの)土鍋ご飯の再現」が社是ですから、下火のみで「全面加熱」をしないという考えは、ポリシーとして「納得」でしょう。

 202007131514.jpg

 使われている釜は、タイガーの「3層遠赤釜」です。

 アルミ部分は熱伝導に、ステンレス部分は蓄熱に効果があるため、複合的に鋳こんであります。

 ただし、釜全体厚みは1.5mmで、IH炊飯器としてはかなり薄いといえます。

 総合的に言えば、あまり性能は高くありません。

 201909121524.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。

 ただ、玄米を炊く機能は充実し、長時間かけてGABAを引き出すGABA増量メニューを搭載です。

 健康ブームで、こうした雑穀を炊く機能は各社が競っています。

 一方、タイガーは上位機では「」に注目しますが、このグレードでは省略です。

 201807271854.jpg

 ご飯の保温は、特段の機能はないです。

 上位機は、フタの工夫で水分量を保持しやすい工夫がありますが、このグレードではありません。

  お手入れ は、IH炊飯器のため、特段面倒な手入れは不要です。

 洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたです。

 IH炊飯器は、圧力炊飯器に較べて手入れする部品の点数が少なく、内ぶたなどもフラットで掃除がしやすいです。 

---

 以上、タイガーのJKT-Cシリーズの紹介でした。

 火力は強いのですが、釜のグレードが低いのが難点です。予算が許すならば、もう少し上位の機種が良いでしょう。


   201807271858.jpg

 【2020/6】

 5・タイガー 炊きたて JKT-L180-TP
  ¥27,477 楽天市場 (7/13執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JKT-L1シリーズも、タイガーの炊飯器「炊きたて」シリーズ炊飯器です。

 202007131448.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 ヒーターの段数や、130度の大火力などは下位機種と同じです。

 使われている釜は、3層遠赤釜です。

 下位機種と比べると、遠赤効果がより高い「土鍋コーティング」が表面に採用されます。

 実際の土鍋ではありませんが、「遠赤効果」が期待でき、ご飯をより「ふっくら」させる効果があります。

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。

 ただし、健康ご飯については、玄米や雑穀米のほか、タイガーが力を入れる「麦めし」モードに対応します。

 麦めしは健康によいですが、専用のモードがないと相当不味いので、チャレンジしたいかたには良いでしょう。

 201807271854.jpg

 ご飯の保温は、下位機種と比較すると、「つや艶内ふた」を搭載します。

 高度な技術ではないですが、蒸気化した水分が戻りやすいので、長時間の保温にはそこそこ効果を発揮します。

 201609021331.jpg

 それ以外の基本性能は、下位機種とほとんど同じです。

 ただ、面白い付属品が付属します。

 「タクック」という調理用のバスケットです。ご飯を炊きながら余ったスペースで炊飯と同時にロールキャベツなどの調理も可能なアクセサリーです。

---

 以上、JKT-J1シリーズ の紹介でした。

 炊飯しながら料理ができる「調理かご」が付くのが魅力です。ただ、内釜の部分を含め、炊飯器としての実力はさほど高くないでしょう。


  202007131530.jpg

 【2020/8】

 6・タイガー 炊きたて JPI-B180-TP 【茶】
  ¥48,800 楽天市場 (7/13執筆時)

 【2019】

 7・タイガー 炊きたて JPC-H180-TP 【茶】
  ¥38,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JPI-B1シリーズは、タイガーの炊飯器「炊きたて」の中位機です。

 新旧両機種あります。

 新機種の内鍋に遠赤コートがプラスされた程度の相違ですので、値段で決めて良いでしょう。

 201609021338.jpg

 炊飯方式は、この機種からは、最大1.25気圧可変圧力IH炊飯になります。

 圧力炊飯は、鍋の中の高温状態を維持しやすく、コメのアルファ化を促す作用があります。

 そのため、通常のIH炊飯器よりも、コメの持つ本来の旨みを効率よく引き出すことができます。コメの甘みを引き出したい人については、圧力炊飯器がオススメです。

 より正確に言えば、この機種は、通常の圧力炊飯器ではなく、「可変圧力IH炊飯器」です。

 通常の圧力IHは、圧力を逃がす弁が1つです。しかし、こちらは2カ所あります。そのため、炊飯中にも圧力を可変的に切り替えられます。

 とくに炊きあがり終盤で一気に圧力を抜けるため、「中はふっくらのままで、外側にハリのあるご飯」の炊飯もできます。

 そういった点で、タイガーの可変圧力炊飯器は、圧力炊飯器の進化形と言え、同社の上位機の味を決定づける「核心的技術」です。

 202007131531.jpg

 ヒーターの段数は、非公開です。 

 ただ、釜包みIHという新型ヒーターで、写真から推定すれば「2段相当」でしょう。

 いずれにしても、タイガーは、「鍋底130度」の高温度と「内釜の厚み」で勝負するメーカーなので、この部分は重視しなくて良いでしょう。

 202007131533.jpg

 使われている釜は、5層の土鍋蓄熱コート釜(遠赤5層厚釜)です。

 こちらは、厚みが3mmとかなり厚くなっています。圧力IH炊飯器は、厚みを持たせるのが難しいのですが、健闘しています。

 内部も5層で、中空ガラスビーズの採用で蓄熱性もあげています。

 コーティングも、内側には、遠赤土鍋コート、外側には土鍋蓄熱コートと、下位機種よりも充実します。

 その上で、3年間の内釜保証も付与されます。

 釜の形状も、熱をよりムラ無く伝えることができる構造になっています。先ほども書いたように、同じ形式の炊飯器ならば、釜の厚みが、最も味に直結する要素です。

 201807271923.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。

 「極うまモード」という、時間をかけて甘さを引き出す「プレミア炊飯器能」は付属しますが、細かい調整はできません。しかし、おこげご飯がたけるモードはこちらも搭載されます。

 201909121554.jpg

 一方、下位機種に較べると「麦めし」メニューが相当充実し、押し麦・もち麦に合わせた炊飯モードのほか、「麦がゆメニュー」も追加されます。

 もちろん、玄米や雑穀系メニューもあります。

 201906101456.jpg

 そのほか、このグレードからは、少量高速」「冷凍ご飯」の各メニューが追加されます。

 冷凍ご飯は、「解凍」するという意味ではなく、「レンジでチン」して美味しく炊けるように、ベタ付きを抑えた炊飯をする方向性です。

 ご飯の保温 は、下位機種にもみられる「つや艶内ふた」を採用しています。

 201407041712.jpg

 お手入れは、圧力式なので、通常のIH炊飯器に較べると洗浄するパーツの点数は多いです。

 しかし最近の製品は非常にお手入れ性能が向上しています。

 この機種も内ぶたに蒸気孔が付属するタイプであり、柔らかいスポンジがあれば簡単にお手入れ可能です。通常のIH炊飯器と洗う点数はほぼ同じで済みます。

---

 以上、タイガーのJPI-B1シリーズの紹介でした。

 この価格帯の製品としては、かけられる圧力や、丸釜の厚みの点で価値が高い機種です。

 長時間保温の機能がやや弱いのが難点ですが、ご飯を炊いた後、冷凍するなど長時間保温をしない方ならば、この機種を選ぶと良いでしょう。美味しいおこげご飯が炊けるのも魅力です。

ーーー

  201909121602.jpg

 【2019/6】

 【5層遠赤特厚釜 3mm】

 8・タイガー 炊きたて JPK-A180-W
  ¥29,900 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【3層遠赤特厚釜 2mm】

 9・タイガー 炊きたて JPK-B180-T
  ¥27,800 楽天市場  (7/14執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:5層遠赤特厚釜など
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 なお、2019年から、こPC-H1シリーズの「下位機種」となる、2機が発売されました。

 ただ、こちらは、タイガー独自の「可変圧力IH」ではなく、単なる圧力IH炊飯器になります。

 可変性を持たせない圧力炊飯器は、アイリスオーヤマが同じ1.25気圧の格安機を、また、象印は、(ほぼ同じ価格で)1.3気圧の高性能機を出しています。

---

 このサイズの圧力炊飯器はタイガーは久しぶりですし、特に思想があってその仕様にしたとも思えないので、このグレードをタイガーから選ぶなら、「可変圧力IH」をおすすめします。


 202007131544.jpg

【2020/8】

 10・タイガー 炊きたて JPK-A180-WO
  ¥80,080 楽天市場  (7/14執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JPI-A1シリーズも、タイガーの炊飯器です。

 現状「発売前」で価格が高いですが、グレードとしては同社の「中位機」ですから、そのうち下がるでしょう。

 202007131605.jpg

 炊飯方式は、下位機種同様、最大1.25気圧の可変圧力IH炊飯です。

 ヒーターの段数も同じで、本機も釜包みIHとなります。

 使われている釜は、遠赤9層特厚釜です。

 土鍋に近い形状を採用することで、お米の対流をより促す構造です。

 2020年機からは「ご泡火炊き」ということで、釜底に凹凸をつけることで、炊き上がりに影響する泡立ちを強化したほか、中空素材を含む、蓄熱素材の採用で、沸騰時の火力を10%向上させています。

 厚さは3mmと下位機種と同じですが、実際の性能は上位でしょう。

 202007131604.jpg

 コーティングは、面白いです。

 内側は、下位機種と同じで、遠赤土鍋コーティングです。

 外側は、しかし、土鍋蓄熱コーティング & かまどコーティングです。

 タイガーは、「(ガスでの)土鍋炊飯の再現」を目指す方向性なので、ご飯の下面からの対流を重視します。本機は、上部(銅)と下部(土鍋)とでコーティングを変えることで、温度差を利用して対流を促進させています。 

 その他の部分は、基本的に、1つ上で見た下位機種を踏襲します。やはり、保温部分に弱さがあります。

---

 以上、JPI-A1シリーズの紹介でした。

 形状・コーティング・層の厚みと三拍子揃う「内釜の品質」でしょう。

 タイガーの炊飯器は、先述のように(ガス火などでの)「土鍋」を理想像とするため、底面加熱方式です。その仕組み上、内釜の性能(熱伝導性)は、他社より重要です。

 やや価格が高いですが、釜の形状に工夫を加えた機種は、味の上であきらかに「上位」です。

 底面加熱のタイガーは内釜の性能で大きく味が変わるため、予算があれば選んでよいでしょう。

4・パナソニックの一升炊き炊飯器の比較

 続いて、パナソニック社の8合炊きの炊飯器を見ていきます。


 202007131634.jpg

【2020/9】

 12・Panasonic SR-HB180-W  【白】
 13・Panasonic SR-HB180-K 【黒】
  ¥39,380 楽天市場 (7/13執筆時)

【2019】

 14・Panasonic SR-HB189-W  【白】
 15・Panasonic SR-HB189-K  【黒】
  ¥28,209 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 SR-HB0シリーズは、上で紹介した機種の上位機種にあたります。

 新旧両機種ありますが、こちらも、「炊き込みごごはんコース」が新設された程度の違いですから、値段で決めて良いです。

 201407041603.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 ヒーターの段数は、しかしながら、他社より多い5段式のIHヒーターを搭載します。

 パナソニックの「強み」であり、この部分は「強調」してよい機種です。

 圧力は使いませんが、2-3万円台の炊飯器としては、火力に相当優れる機種といえます。強火で一気においしいごはんを炊きあげることが可能でしょう。

 なお、他社の場合、ヒータを「5重加熱」などと表している場合があります。これは、安価で火力の弱いシーズーヒータを併用した数値です。

 高価なIHヒーターだけで、全面加熱を実現しているのは、(住設部門も持つため)自社でIHヒーターが調達できるパナソニックの強みです。

 201609021424.jpg

 使われている釜は、全面打ち出しの1.7mmのダイアモンド銅釜です。

 パナソニックは、全面発熱5段IHヒーターとの「合わせ技」での評価が必要ですが、銅は熱伝導率が高い素材のため、ご飯が甘くふっくらたけるでしょう。

 201804041210.jpg

 ご飯の堅さは、もうひとつの注目点です。

 銀シャリコースというプレミア炊飯機能を持ち、「ふつう」「やわらかめ」「かため」から設定可能です。

 ご飯の保温は、食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能です。

 さほど高機能ではありません。

 お手入れ は、圧力炊飯器ではないのでお手入れは簡単です。

 洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶた蒸気ふた(うまみキャッチャー)です。

---

 以上、PanasonicSR-HB0シリーズの紹介でした。

 他社の同価格帯の製品と比べると、全面発熱5段IHヒーター熱伝導率の良い銅が使われており、米の味に直結する部分でたいへん優秀な機種だと思います。

 一方、圧力は使いません。

 しかし、圧力炊飯器は「しゃっきり堅めの炊飯が苦手」なので、粘つくお米があまり好きではない方は、この機種が合いそうです。火力で十分な甘みも引き出せるでしょう。


  201909121630.jpg

 【2020/9】

 16・パナソニック SR-HX180-W
  ¥50,380 楽天市場 (7/13執筆時)

【2019】

 17・パナソニック SR-HX189-W
  ¥36,896 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:2.3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2通り

 SR-HX0シリーズは、パナソニックの中位機です。

 新旧両機種ありますが、こちらも、「炊き込みごごはんコース」が新設された程度の違いですから、値段で決めて良いです。

 炊飯方式は、この機種もIH炊飯です。

 もちろん、米の甘みを引き出す酵素活性浸水技術旨みキャッチャーも採用されています。

 201807272012.jpg

 ヒーターの段数は、本機も「全面発熱5段IHヒーター」です。

 さらに、本機の場合、下位機種と異なり大火力おどり炊き(高速交互対流)機能が付属します。

 これは、鍋の中のコイルを高速で切り替えて、ご飯の対流を促進することで、ご飯の炊き加減を均質にする新技術です。

 過去には、最高級の炊飯器にだけ搭載されていた技術ですが、この価格帯にも搭載されてきました。

 パナソニックの「味の決め手」となる核心的技術なので、搭載は本当に魅力です。

  202007131644.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド銅釜です。

 銅コートの厚みは同じですが、外側に中空素材を利用し蓄熱性を揚げています。

 全体の内側の厚みも2.3mmとより厚くなっています。

 この点も、冒頭で書いたように、味の上で重要です。

 ご飯の堅さは、 「ふつう」「やわらかめ」「かため」から設定可能です。

 ご飯の保温は、この機種も、簡易的な保温機能のみ搭載です。

 お手入れは、下位機種同様に、ご飯のお釜内ぶたうまみキャッチャーを洗うだけです。

---

 以上、PanasonicSR-HX0シリーズの紹介でした。

 下位機種に較べると、以前は10万円以上の超高級機だけに搭載されていた大火力おどり炊き(高速交互対流)機能の搭載が大きな魅力です。

 釜の厚みも十分なので、かためのご飯が好きで、お米の味にこだわりたい方なら、この機種は特にオススメです。


  202007131652.jpg

 【2020/9】

 18・パナソニック SR-STS180-W
  ¥52,615 Amazon.co.jp (7/13執筆時)

炊飯方法:スチームIH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド竈釜 
内釜厚さ:2.3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:3通り

 SR-STS0シリーズは、パナソニックの中・上位機です。

 201506272211.jpg

 炊飯方式は、スチームIH炊飯です。

 パナソニックが(圧力を伴わない)スチーム炊飯器を正規ラインで出すのは数年ぶりです。

 スチーム炊飯器は、本体横に水を入れる容器があります。

 炊飯時にはそこに水を差します。その水が熱で220度のスチーム(蒸気)となります。追い炊きの時、内釜にそのスチームを吹き付けることで高温状態をキープする仕組みです。

 これによって、ごはんのはり、つや、甘みを引き出すことができます。

 また、メーカーによると、「スチームがごはんの表面をコーティングし、冷めても硬くなりにくく、ふっくら感をキープ」する効果もあります。

 201905050956.jpg  

 また、炊飯の過程で、フタの部分に逃げ出した水蒸気をキャッチして還元するため、お米の「おねば」に含まれる旨みも同時に釜に戻し、還元できます。

 メーカーも「濃いおねばがだせる」ことを強調しています。

 スチーム式は、圧力だけに頼らず高温状態を出せるため、「かたい系」「しゃっきり系」の美味しいご飯がやや不得意な(可変)圧力炊飯器の弱点を補う効果があるでしょう。

 202007131700.jpg

 ヒーターの段数は、本機も「全面発熱8段IHヒーター」です。

 フタもIHという点ですから、IHによる全面加熱の「完全体」と言えます。

 熱対流を促す大火力おどり炊きにも対応です。

 使われている釜は、「ダイヤモンドかまど釜」です。

 下位機種と異なり銅は使いません。

 しかし、アルミ・ステンレスなどの基材が高性能化するほか、高硬度中空セラミックスの採用で、蓄熱性をアップさせるなど、下位機種より「グレードが1つ上」と言えます。厚みも2.4mmと十分です。

 コーティングは、内側にについてダイヤモンドプレミアムコートとなります。

 本製品は、底面も、大きな泡を発生させるためディンプル加工(凹凸)がされますが、ダイヤモンド加工は、より細かい泡を発生させるための仕組みとされます。

 ご飯の堅さは、 「ふつう」「やわらかめ」「かため」から設定可能です。

 ご飯の保温は、スチーム保温に対応です。

 6時間後・12時間後に、自動的にスチームを投入するという、スチーム炊飯を利用したものです。

 一定の効果は見込めます。

 お手入れは、スチーム発生器の部分(水容器)が増えますが、さして手間でもないでしょう。

---

 以上、PanasonicSR-STS0シリーズの紹介でした。

 圧力を加えないスチーム炊飯器は、うまみ(甘み)を閉じ込めつつ、表面は「しゃっきりかため」の食感の炊飯が大得意です。

 「ふっくら粘る」系が好きな方はあえて本機を選ぶ必要はないでしょうが、この系統の味が好きな方は、パナソニックでは本機が最も合いやすいでしょう。


  202005171809.jpg

 【2020/7】(グレーのみ)

 19・パナソニック SR-MPB180-H
  ¥41,700 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【2019】

 20・パナソニック SR-PB189-W
  ¥35,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯  
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.8mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温
堅さ調整:2通り

 SR-PBシリーズは、パナソニックのもうひとつの、中級上位機です。

 202005171527.jpg

 なお、2020年7月に本機の後継機としてSR-MPB100の発売されています。

 本体の配色を変えたほか、「新制御おどり炊き」として、炊飯プログラムの変更がなされました。

 同社の場合、最近の新興ブランド米の特色を反映し、ごはんの「ハリ」を重視して、加減圧のタイミングを早めました。

 202005171717.jpg

 これにより、同社は、約10%のハリ感のアップを強調します。

 改良は、(蒸気から「おねば」をもどす)うまみ循環タンクの容量アップを伴うので、プログラムの改良だけでなく、ハード的な変更です。

 「甘さ(粘り)」の進化を強調しがちな、最近の業界全体のモデルチェンジの傾向と一線を画しており、個人的には「面白く」感じました。

---

 とはいえ、新旧の値段差をふまえた場合、新機種発表で大きく値下がりしている2019年モデルが、相当お買得です。

 2019年機も(堅めの炊き加減調整で)ハリ感は十分に調整できるでしょうし、他に大きな変化はないマイナーチェンジですので、一般的には、2019年機を選ぶべきでしょう。

 201609021458.jpg

 炊飯方式は、タイガーの上位機のように可変圧力IH炊飯を採用します。

 かけられる圧力は1.2気圧までです。

 また、可変制御も、1気圧(大気圧)と1.2気圧の2点での繰り返しになる点で、加圧状態で可変できるタイガーの仕組みと異なります。

 ただ、パナソニックは、高温にすると言うよりも、「米を踊らせて温度を均一にする」ために、圧力を利用しているため、一概に比較はできません。

 201609021501.jpg

 一方で、下位機種搭載のうまみキャッチャーを進化させた旨み循環タンクで「おねば」を還元する独自の仕組みを搭載します。

 米の甘みのを効果的に引き出せます。

 201609021457.jpg

 ヒーターの段数は、フタを含めた5段のIHヒーターで全面加熱する構造です。

 下位機種同様に火力は強いですが、パナソニックの場合、圧力炊飯器でも、圧だけに頼らずにあくまで「総合力で勝負」している、と言えます。


201807272018.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド竈釜です。下位機種に比べると、厚さは1.8mmと薄いです。

 圧力IH炊飯器の場合、機構的に薄くなるのは仕方のないことで、圧力式としてはだいぶ健闘している厚みです。

 ご飯の堅さ は、「ふつう」と「もっちり」から選べます。

 「もっちり」という指標に変わったのは、圧力IH方式を採用するからですね。そういった特徴のご飯は得意です。

 そのほか、玄米・雑穀米のコースも付属です。

 201906101544.jpg

 ご飯の保温は、エコナビ保温が搭載されます。

 重量センサーを搭載し、お米の重量により保温温度を適切に保つ仕組みです。

 3万円以上の高級機にはこれを「上回る」機能を持つの製品もありますが、このグレードでは「保温に強い機種」といってよいでしょう。

 お手入れは、圧力炊飯器なので、通常の炊飯器に較べると少し手間がかかります

 圧をかける関係で、ふたに調整弁があるからです。ただ、昔に較べると、取り外すパーツの点数は少なく、かなり手軽になりました。現在的に、この点で圧力IH炊飯器を敬遠する必要は感じません。

---

 以上、PanasonicのSR-PBシリーズの紹介でした。

 圧力炊飯器は、IH炊飯器に較べるとワンランク上の炊飯が可能です。ご飯の「旨み」を重視したいのならば、この機種はオススメです。

5・象印の炊飯器の比較

 ここからは象印の炊飯器を紹介します。


 201811180953.jpg

 【2018】

 21・象印 極め炊き NP-VZ18-TA
  ¥16,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【2019】

 22・象印 極め炊き NP-VA18-TA
  ¥18,580 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜  
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:3とおり

 NW-VAシリーズは、象印の炊飯器「極み炊き」シリーズの入門機です。

 新旧両機種ありますが、新機種におまけで「しゃもじ」が付く程度ですので、値段で決めて良いでしょう。

 201609021521.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 象印というと圧力IH炊飯器のイメージがありますが、下位機種は普通のIH炊飯器です。

 ヒーターの段数は、非公開です。

 ただ、IHヒーターは、多くて2段で、そのほかは普通のシーズヒーターでしょう。

 豪熱沸騰IHという名前が付きますが、あまり強調する部分ではありません。

 201609021523.jpg

 使われている釜は、「黒まる圧釜」です。

 特にブランド名のあるコーティングなどはなされませんが、丸底形状は米の対流を促しやすい構造です。

 ただ、釜の厚さは1.7mmです。IH炊飯器としてはさほど厚くはないといえます。このあたりは、割り引いて評価しないといけないでしょうね。

 201807272105.jpg

 ご飯の堅さは、「かため・ふつう・やわらかめ」から選択可能です。

 ただ、圧力を伴わないIH炊飯なので、お米にハリのあるタイプの炊飯が得意でしょう。

 その上で、甘みを引き出す「熟成炊き」というプレミア炊飯モードは搭載されます。

 一方、タイガーのような、麦飯メニューはありませんが、熟成炊きでは、玄米のGABAを引き出すことも可能です。これは象印の機種に共通します。

 ご飯の保温は、「うるつや保温」を搭載します。

 パナソニックのエコナビ保温と同等です。温度センサーによりご飯の保温温度を調整する仕組みです。

 お手入れは、簡単です。

 洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶただけです。

---

 以上、象印のNW-VAシリーズの紹介でした。

 温度センサーを使った保温機能が付属している点が、他機種に較べての魅力でしょう。

 この機能は、他社のこの価格帯のモデルにはない機能なので、長時間保温をする人にはおすすめな機種です。一方、その他の部分は、やや「平凡」な機種です。


  201811180959.jpg

 【2020/8】

 23・象印 極め炊き NW-HA18-XA
  ¥31,462 楽天市場 (7/13執筆時)

 【2018】

 24・象印 極め炊き NP-HG18-XA
  ¥21,900 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:プラチナ厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-Hシリーズは、NP-VJシリーズの上位機にあたる炊飯器です。

 炊飯方式は、こちらもIH炊飯であり、その他の機能もほぼ下位機種と同じです。

 201509301719.jpg

 大きな相違点は、内釜です。1.7mmと同様の厚みですが、同社の「プレミア釜」であるプラチナ厚釜が採用です。

 象印によれば、プラチナコーティングすることで、中の水を弱アルカリ性にすることで、炊きあげ時の米の甘み成分(還元糖量)を15%ほどアップさせることができます。

 ご飯の堅さは、象印ではこの機種の2018年新型モデルからふつう・やわらかめ・かためと選択可能となっています。

 ただ、4段IHの採用など、その他の点では同じです。また、この値段を出せば、象印の可変圧力IHも狙えるので、あまり購買意欲は湧きません。

後編の予告
1升炊き炊飯器のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、比較的安くて高性能な炊飯器を紹介してきました。

 しかし、記事はまだもう少しだけ「続き」ます。

  201506280928.jpg

・象印 極め炊き
 NP-ZU18-TD NP-ZT18-TD
 NP-BK18-BA NP-BJ18-BA
 NW-JC18-TA
・三菱電機 炭炊釜
  NJ-VEB18-W NJ-VEA18-W
  NJ-VVB18-W NJ-VVA18-W
・東芝 真空IH保温釜
 RC-18VRN-W RC-18VRN-R
 RC-18VRP-W RC-18VRP-TS
 RC-18VSP-K RC-18VSP-W
 RC-18VSN-W RC-18VSN-L
 RC-18VXP-K RC-18VXP-W
 RC-18VXN-L RC-18VXN-W
・日立 ふっくら御膳
 RZ-BG18M-T

 続く後編 では、以上の機種を追加で紹介します。

1・もちもち炊飯  ★★★★★
2・しゃっきり炊飯 ★★★★★
3・ご飯の甘み   ★★★★★
4・保温性能    ★★★★★
5・手入れの手軽さ ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 その後、1万円から3万円代で購入可能な1升炊きの炊飯器全機種から、目的別・予算別に最もオススメでできる機種を選定していきます!

 引き続きよろしくお願いします。

 後編の記事は→こちら

---

 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook・はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:13 | 炊飯器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png