Top 美容家電 比較2024’ ブラウン最新シェーバー66機の性能とおすすめ・選び方 (1)

2024年01月03日

比較2024’ ブラウン最新シェーバー66機の性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする製品2023-2024年 最新のブラウンの高級シェーバーの性能とおすすめ・選び方:シリーズ9 シリーズ8 シリーズ7 シリーズ9 Proと Pro+の違い :人気機種の性能ランキング

【比較する製品型番】シリーズ7 シリーズ7 71-N4500cs 71-N1500s-V 70-N4200cs 71-S7500cc-V 71-S7501cc-V 71-S7530cc-V 71-B7650cc-V シリーズ8 8410s-V 8417s-V 8463cc-V 8467cc-V 8417s 8463cc 8325s-v 8345s-v 8340s-v 8340s 8390cc-v 8370cc-v シリーズ9 Pro+ 9515s 9516s 9517s 9556cc 9555cc 9551cc 9566cc 9567cc 9560cc 9576cc 9577cc 9575cc 9586cc 9587cc 9585cc 9556cc 9535s シリーズ9 Pro 9410s-V 9415s-V 9417s-V 9450cc-V 9450cc-V 9467cc-V 9455cc-V 9476cc-V 9477cc-V 9480cc-V 9486cc-V 9487cc-V 9430s-V 9435s-V 9437s-V ほか

今回のお題
深剃りできる!ブラウンの高性能シェーバーのおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今回は、2024年1月現在、最新のブラウンのシェーバーの比較です。

 伝統的に同社の強い「深剃り」部分の性能に特に注目しつつ、「くせヒゲ対応力」や「肌への優しさ」への配慮などの部分も含めて、総合的に分析します。

 201809151011.jpg

1・ブラウン高級シェーバーの比較 (1)
 1-1:選び方の基本の説明 【導入】
 
1-2:シリーズ7
  刃の数:3枚刃
  予算:2万円〜
 1-3:シリーズ8
  刃の数:3枚刃
  予算:2.5万円〜 
 1-4:シリーズ9 Pro
  刃の数:4枚刃
  予算:3万円〜
2・ブラウン高級シェーバーの比較 (2)  
 2-1:最終的なおすすめの提案【結論】

 記事では、はじめに、ブラウンシェーバー全体の「選び方の基本」を示します。

 その後、ブラウン(Braun)の上位ラインとなる、シリーズ7シリーズ8シリーズ9 Pro + (旧シリーズ9 Pro含む)を順番に見ていきます。

 201809151106.jpg

3・ブラウン格安シェーバーの比較
 3-1シリーズ3
  刃の数:3枚刃
  予算:5,000円〜
 3-2:シリーズ5
  刃の数:3枚刃
  予算:8,000円〜
 3-3:シリーズ6
  刃の数:3枚刃
  予算:1.2万円〜

 ただし、同社のシェーバーでも少し「安め」のものは、完全に別記事として構成しました。 

 もし、シリーズ6シリーズ5シリーズ3でお探しだった場合は、恐れ入りますが、3回目の記事こちら)のほうをご覧ください。

 よろしくお願いします。

肌の優しさ  ★★★★★
シェーブ速度 ★★★★★
深剃り対応  ★★★★★
くせ毛対応  ★★★★★
清潔性    ★★★★★
おふろ剃り  ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各機種を個別に比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

ーー

1・ラムダッシュ5・6枚刃シェーバー
2・ラムダッシュ3枚刃シェーバー
3・ブラウンの高級シェーバー
4・ブラウンの格安シェーバー
5・フィリップスのシェーバー
6・イズミの低価格シェーバー
7・防水・風呂ぞり対応シェーバー
8・トラベル用・携帯用シェーバー
9・おすすめシェーバーまとめ【結論】

 なお、今回の記事は、このブログのシェーバ比較記事全体としては、その3回目記事として書きました。

1-1・ブラウンシェーバーの選び方の基本

 はじめに、ブラウンシェーバーを初めて買う方のために、同社の製品の特長や「選び方の基本」を解説しておきます。

1・他社と比較べた場合のブラウンの特長

 180205-0003-14%.png

 日本市場でシェアが多いシェーバーは、ブラウンのほか、日本のパナソニックとオランダのフィリップスがあります。

 ブラウンは、アメリカのP&Gの系列ですが、刃物の国ドイツにある企業で、現在もそちらで開発をしています。

1・パナソニック
 深剃りと肌の優しさが特長。
 シェービングスピードが速い。

2・フィリップス
 肌に最も優しい。
 シェービングに時間がかかる。

3・ブラウン
 深剃りとクセ髭に強い。
 シェービングは速め。

 今回紹介するブラウンの製品は、パナソニックやフィリップスよりも深剃りが得意で、有名な同社のCMのように「そり残しが少ない」シェーバーです。

 極端に肌が弱い人は他社に良いモデルもありますが、深剃り派にはブラウンは定評があります。

 強力ですが、これまでシェーバーで肌負けを感じたことない人なら、日本人でもブラウン製品でも問題ありません

 なお、これはあくまで、「メーカーごとの傾向」の話です。ブラウンも上位機については(深剃り力をキープさせつつ)「肌の優しさ」にも配慮しています。

2・ブラウン製シェーバーのグレード

 202009210949.jpg

 ブラウンは、シリーズ展開がとても多いです。

 「シリーズ9(Pro)」シリーズ8「シリーズ7」「シリーズ5」「シリーズ3」に分類できますが、各シリーズに複数の機種があり、生産中の機種だけでも40種を超えます。

ーー

 このうち、「シリーズ7」以上は、同社の最新技術を結集した「機能性が最も高い」ブラウンの高級機です。

 「シリーズ5」以下は、一部の技術を削り「コストパフォーマンスを良くした」入門機です。

 価格が大きく違うので、このブログでは、「シリーズ5」以下は、別のページ【こちら】で解説しています。

 よろしくお願いします。

1-2・シリーズ7の比較

 201809151017.jpg

 というわけで、比較をはじめます。

 はじめに、ブラウン社のシリーズ7の紹介からです。

 シリーズ9などが上位にありますが、一般的に「高級シェーバー」と言ってよい機能を持つ製品です。

 もちろん、上位機だけに搭載される特別の機能もあります。しかし、まずは、「シリーズ7」に集中し、各機種共通の特長について解説していきます。

1・シリーズ7に共通する特長

 202009210955.jpg

 「シリーズ7」は、2020年に大きなモデルチェンジがありました。

 旧モデルが格安でありますが、それらとの違いについては、のちほど各製品の紹介で説明するとして、まずは、最新の「シリーズ7」の特長を解説をしておきます。

ーーー

 201809151022.jpg

 第1に、深剃り性能を高めるための技術です。

 いうまでもなく、これは刃が関係する部分です。

 上位のシリーズ9は、4枚刃です。

 シリーズ7は、内刃は「動くくせ髭トリマー」「ディープキャッチ網刃×2」の計3枚刃です。

 なお、「4カットシステム」と記載されますが、これはトリマーを2刃と数えているためです。他社と較べる場合などは、4カット(3枚刃)と表記するのが妥当でしょう。

 201502261710.jpg

 深剃りの「決めて」となるのは、外刃として2カ所に採用されるディープキャッチ網刃です。

 他社の網刃は、網の目が同一形状ですが、ブラウンは網目のパターンを深剃りに最適化させるために、900パターン近く変えてます。

 この網刃の性能は上位機種と同等程度に良いため、「深剃り」については、「上位機並」と同水準の性能が期待できます。

ーーーー

 202009211002.jpg

 第2に、アゴなどの曲線部や、クセヒゲへの対応力です。

 この部分の基本となるのは、3連密着ブレード360°密着システムです。

 3連密着ブレードは、左図のように、刃の部分が浮き沈みする仕組みです。

 これは、格安のブラウン機でも搭載される「よくある技術」です。

 360°密着システムは、しかしならがら、シリーズ7独自です。

 ヘッドと本体が独立した構造で、前後左右360度にヘッド全体が稼働します。これにより、とくに、アゴなどの曲線部のそり残しが格段に減ると言えます。

 202009211019.jpg

 このような「3Dヘッド」構造は、往復式ではパナソニックが先んじていました。その部分に、メスをいれたと言うことになります。

 ただ、ブラウンは、小型モーターの開発で、ヘッド部分が小型で軽い点が、パナソニック機に比べての特色です。

 一方、特殊な形状なので、キワゾリ刃が着脱式になるほか、ヘッドの動きをロックする機構がないなどの弱点もあります。

 201502261711.jpg

 加えて、「高速振動くせ髭トリマー」も重要です。

 これはブラウンの特許技術であり、寝たヒゲへの効果は特に定評があります。「クセ髭に強い」といわれるブラウンですが、この機能の優秀性に由来します。

ーーーー

 ph-series-7-shavers-sonic-technology-jp.jpg

 第3に、シェービング速度です。

 2020年のヘッドの改良で、毎分10000回の音波振動機能が省略になりました。

 したがって、一般的な往復振動(14000ストローク/分)のみの駆動です。

 ただ、先述の360°密着システムの新採用で、シェービング速度自体は新旧でさほど変わりないとの評価です。

 もちろん、ヘッドの稼働性が良い分、下位のシリーズ5よりは早剃りと言えます。

ーーーー

  201502261712.jpg

 第4に、肌への優しさです。

 深剃りを重視するブラウン機は、他社と比較するとこの部分は「弱い」です。

 しかし、ブラウンでも、上位機には、一定の配慮はあります。

 例えば、人工知能テクノロジーがあげられます。

 これは、センサーが髭の密度をセンシング(約13回/秒)して、自動的にシェーバーの振動速度を最適化し、剃りすぎを防ぐものです。2022年機以降に搭載です。

 202203161217.jpg

 「人工知能テクノロジー」が、どのように密度を測るのか、具体的な仕組みは非開示です。

 おそらく、モーター負荷(振動量)をみていると思われます。

2・シリーズ7の種類と選び方

 202107171649.jpg

 以下では、シリーズ7の機種ごとの違いを説明していきます。

---

 いつものように、Atlasが評価できるポイントを赤系の文字色で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  202009211124.jpg

 〈2022年モデル〉

 【通常型番】

 1・ブラウン シリーズ7 71-N4500cs
  ¥17,800 楽天市場 (1/3執筆時)

 【Amazon限定型番(23年追加)

 2・ブラウン シリーズ7 71-N1500s-V
  ¥17,565 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 〈2020年モデル〉

 【通常型番】

 3・ブラウン シリーズ7 70-N4200cs
  ¥14,280 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:360度密着システム
音波洗浄機:
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 71-N1500sなど、これらの製品は、新しいシリーズ7では、最もお買い得な機種です。

   202206231108.jpg

1・71-N4500cs
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・充電スタンド
 ・シェーバーケース
2・71-N1500s-V
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・網刃保護キャップ
3・70-N4200cs
 ・キワゾリトリマー
 ・ケース
 ・充電スタンド

 数機種あります。

 発売年度にかかわらず本体部分の性能は同じです。色と付属品だけが異なります。

 通常製品との違いを、簡単ですが説明しておきます。

 第1に、71-N4500csは、多くデンキヤで売られる通常製品です。

 キワゾリ対応ひげトリマー・充電スタンド・ハードなシェーバーケース網羅です。

 第2に、71-N1500s-Vは、アマゾンでうられる廉価版です。

 こちらは、ハードケースがないです。

 その代わりに、ポーチに入れて、持ち運び時につける網刃保護キャップが付きます。

 出張などにあまり持ち運ばないならば、値段によっては選べます。ポーチは付きます。

 第3に、70-N4200csは、旧型の通常製品です。

 こちらは、 ヒゲトリマーが未付属で、キワゾリトリマーだけ付きます。

 202009211103.jpg

 一方、シリーズ7は、どれもキワゾリトリマーを含めて、着脱式である点、利用者は注意してください。

 先述の「360度密着システム」を採用するので、左写真のようなポップアップ式のキワゾリ刃ではないです。

 202206231110.jpg

 利用したい場合は、着脱式のヒゲトリマーキワゾリもできるため、交換して利用します。ヘッド切り替えシステムで、交換自体は面倒でもないです。

 ヒゲトリマーは、1mm・2mm・7mmが付属です。

 201610041556.jpg

 シェービングに関する技術は、どれも同じです。

 とはいえ、入門機ではありますが、先ほど説明した最新のシリーズ7に共通する機能を全て持ちます。

 お風呂剃りは、この機種は対応です。

 202009211133.jpg

 充電時間は、1時間の急速充電に対応します。

 電池もしっかり、リチウムイオン電池です。電池残量にかかわらずパワフルですし、製品寿命も長いです。電池残量も、メーターで確認できます。

 同社の場合、下位のシリーズ5から、この電池です。

---

 以上、71-N1500sなどの紹介でした。

 7シリーズの入門機として安く買える機種ですが、キレ味に関わる部分の技術は、同シリーズの上位機と同等とお買得感が高い機種です。

 「最高級の性能をできるだけ低価格で」試したい人向けの製品」言えるでしょう。

ーーー

 202107171511.jpg

 〈2023年モデル〉

 【通常型番】

 4・ブラウン シリーズ7 71-S7500cc-V
  ¥17,996 楽天市場 (1/3執筆時)

 【Amazon限定型番】

 5・ブラウン シリーズ7 71-S7501cc-V
  ¥18,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【特定店用型番】(ヨドバシ)

 6・ブラウン シリーズ7 71-S7530cc-V
  ¥19,800 ヨドバシカメラ

 【特定店用型番】

 7・ブラウン シリーズ7 71-B7650cc-V
  ¥19,669 楽天市場 (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:360度密着システム
音波洗浄機:搭載
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 なお、シリーズ7には、洗浄機が付属する71-S7000ccシリーズ の展開もあります。

4・71-S7500cc-V
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・シェーバーケース
5・71-S7501cc-V
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・網刃保護キャップ   
6・71-S7530cc-V
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・シェーバーケース(ポーチなし)
 ・ 洗顔ブラシ
7 ・71-B7650cc-V
 ・ヒゲトリマー(キワゾリ可)
 ・シェーバーケース
 ・ボディグルーマー

 こちらも、本体色の微妙な違い以外は、付属品の違いです。

 202206231143.jpg

 特定量販店向けにうられる2機は、ハードケース以外に以上の「おまけ」があります。

 洗顔用の洗顔ブラシか、ボディグルーマー(トリマー)です。 

 洗顔ブラシは、個人的には風呂剃りする場合も(面倒なので)使わないことが多いです。

 ただ、ボディグルーマーは、専用のものを持っていないならば(細かい仕上がり調整はできないものの)、あれば意外と便利に思えます。

 202308101554.jpg

 一方、Amazon型番は、ハードケース付属しない代わりに網刃保護キャップが付きます。先ほどの(洗浄機なしの)下位機種と同じです。

 202009211134.jpg

 シェーバー用の洗浄機は、このグレードから標準装備になります。

 ただし、シリーズ7の場合、洗浄までの対応で、送風乾燥機能がない点に注意してください。

 ブラウンの洗浄剤は、以前から評判が良いです。

 というのも、ブラウンは、皮脂汚れやヒゲくずを除去だけではなく、アルコール洗浄による除菌に対応しているからです。

 ただ、最近はパナソニックの機種も除菌剤は入っており、除菌率も同じです。

 両メーカーの差異はこの点では見られません。

 202311171037.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥3,043 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 洗浄液のコストは以上の通りです。1つで約30日使えます。

 つまり、月550円ほどのコストになります。

 これを高いとみるか、安いとみるかは、人それぞれです。

 ただ、毎回清潔なシェーバーを使える快適さを考えれば、Atlasとしては大きな価値があると思います。

---

 結論的に言えば、先ほどの機種との相違点は、シェーバー用の洗浄機の有無だけです。

 洗浄機が不要ならば下位機種でも良いでしょう。ただ、毎朝の快適度から言えば、この額を投資する価値は十分あります

1-3・シリーズ8の比較

 202107171650.jpg

 続いて、シリーズ8を紹介していきます。

 先述のように、2020年から、シリーズ7の新機種が、360度密着システムを採用し、キワゾリ刃やヘッド固定ができなくなりました。

 その点を好ましく思わない方のための選択肢となる中級機が、シリーズ8です。


  202012261111.jpg

 〈2023年モデル〉

 【ブラック】

 8・ブラウン シリーズ8 8510s
  ¥26,890 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】【Amazon限定】

 9・ブラウン シリーズ8 8513s
  ¥28,704 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】

 10・ブラウン シリーズ8 8517s
  ¥36,800 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2022年モデル〉

 【ブラック】

 11・ブラウン シリーズ8 8410s-V
  ¥34,800 ヨドバシ.com (1/3執筆時)

 【グレー】【Amazon限定】

 12・ブラウン シリーズ8 8413-V
  ¥35,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】

 13・ブラウン シリーズ8 8417s-V
  ¥16,400 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2021年モデル〉

 【シルバー】

 14・ブラウン シリーズ8 8417s
  ¥17,980 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 〈2020年モデル〉

 【ブラック+青】

 15・ブラウン シリーズ8 8345s-v
  ¥24,186 楽天市場 (1/3執筆時)

 【ブラック+赤】【Amazon限定】

 16・ブラウン シリーズ8 8340s-v
  ¥17,483 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 〈下位モデル〉(充電台なし)

 17・ブラウン シリーズ8 8325s-v
  ¥16,800 楽天市場 (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

  シリーズ8は、ブラウンが、2019年から展開をはじめた新グレードの製品です。

 201909081300.jpg

 シリーズ7と比較すると、ディスプレイや持ち手の形状が、上位のシリーズ9に近く、高級感がある機種です。

 流通経路と発売年度の違いでで型番を替えています。そのため、相当数のバリエーションがありますが、基本的に外装カラーの違いです。

 202212231700.jpg

 正確には、2022年以前の一部の製品はポーチ(左図)が付きます。

 ハードケースがあるのでこれは大きな違いではないでしょう。

 ただ、8325s-vだけは、他機には付属する縦置き充電スタンド(右図)がないのだけは注意です。

---

 結論的にいえば、新旧問わず、スタンドの有無だけ注意しつつ、あとは値段で決めて良いと言えます。

 201909081433.jpg

 シェービングに関する技術は、一方、シリーズ7とは大きく異なります。

 先ほど紹介した「360度密着システム」が不採用だからです。

 刃の部分が浮き沈みする構造(3連サスペンション)はありますが、ヘッド部分は、前後と上下のフロートのみ対応の「密着3Dヘッド」です。

 そのため、アゴ部分のそり残しについては、使い方にもよるものの、機能的には弱いです。

 ph-series-7-shavers-sonic-technology-jp.jpg

 ただし、新しいシリーズ7にはない、「毎分1万回」の音波振動による首振り機構が搭載されるので、シェービング速度の部分はほぼ同じです。

 また、ポップアップ式のキワゾリ刃が付属する点、ヘッドロックが可能で、さらに固定角度の調整も対応できる点などは、シリーズ8の優位点です。

 深剃りの部分は、本機もシリーズ7同様に優れます。

 お風呂剃りは、この機種も対応です。

 充電時間は、1時間の急速充電に対応します。

---

 以上、ブラウンのシリーズ8の紹介でした。

 従来のブラウンの操作感を期待する方はこのシリーズが良いでしょう。とくに、もみあげ処理などにキワゾリ刃を多用している方は、こちらが良いです。

 ブラウンの最上位機(シリーズ9)は、結構な価格なので、「安めの高級機」としてシリーズ8はプレゼンスが出てきました。

ーーー

 202111211349.jpg

 〈2023年モデル〉

 【グレー】

 18・ブラウン シリーズ8 8563cc
  ¥37,440 楽天市場 (1/3執筆時)

 【ブラック】【Amazon限定】

 19・ブラウン シリーズ8 8560cc
  ¥42,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】

 20・ブラウン シリーズ8 8567cc
  ¥40,040 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2022年モデル〉

 【ブラック】

 21・ブラウン シリーズ8 8463cc-V
  ¥25,080 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】【Amazon限定】

 21・ブラウン シリーズ8 8460cc-V
  ¥38,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】8467cc後継

 21・ブラウン シリーズ8 8467cc-V
  ¥28,960 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2021年モデル〉

 【ブラック】

 22・ブラウン シリーズ8 8463cc
  ¥25,000 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 〈2020年モデル〉

 【シルバー】

 23・ブラウン シリーズ8 8390cc-v
  ¥27,800
Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】【Amazon限定型番】

 23・ブラウン シリーズ8 8370cc-v
  ¥28,000 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:付属
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 なお、上の構成のシリーズ8に洗浄機を付属させたモデルがあります。

 基本的な機能は、1つ上で紹介した洗浄機を持たないシリーズ8同様です。

  202111211350.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥3,043 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 シェーバー用の洗浄機は、2021年モデルから、洗浄機を換えています。

 旧機種は、シリーズ7のように、アルコール洗浄に対応するだけで、風乾燥機能はありませんでした。しかし、2021年機以降、後ほど見る、上位のシリーズ9の一部機種のように、乾燥までフォローするようになりました。

 その部分で言えば、このグレードで選ぶべきは2021年機以降でしょう。 

 なお、本機も、2022年機だけ先述の「ポーチ」がオマケで付きます。

1-4・シリーズ9PRO +の比較

 
 202308101653.jpg

 つづいて、2023年登場の「シリーズ9 Pro+」の紹介です。

 ブラウン最高峰の「シリーズ9」の最新作になります。

 2021年登場の「シリーズ9 Pro」も残るので同時に見ます。

 202308101657.jpg

 なお、シリーズ9 Pro+シリーズ9 Proの大きな違いは、キワゾリ刃(プロトリマー)です。

 プラスのみ、新型のキワゾリ刃です。従来機でもポップアップ式のキワゾリ刃がありましたが、新型は幅広でヒゲの補足精度も良くなり、うぶ毛から長いもみあげまで(快適に)処理できるとされます。

 この部分の工夫は、パナソニック以外は他社は「イマイチ」だったので、キワゾリ刃愛用者には嬉しい「プラス」でしょう。

 なお、本体部分については、これ以上の差はないです。あとは、(一部の上位機のみ、新型の「6in1全自動プレミアムアルコール洗浄器」になりますが、これは対象製品の部分で、詳しく示します。

 202111211356.jpg

 一方、もとのシリーズ9(2020年)をお持ちの方の場合、ブレード部分も、2021年の「Pro」で改良されたので、少し補足しておきます。

 この世代だと、金色のチタン加工リフトアップ刃(=プロブレードトリマー刃)の部分が「35%広く、30%薄く」なっています。

 クセヒゲ対応力を上げる工夫ですが、薄型化で肌との密着性が高まったので、寝たヒゲも「0.05oの深剃り」を実現したとします。

 最近「深剃り」の部分での機能進化がなかったので、ブラウンをその部分で選んできた古参の愛用者には嬉しい部分でした。

 あとは、ヘッドロックスイッチの形状変更が、シリーズ9 Pro全機に共通するシリーズ9との違いです。

1・シリーズ9 Proに共通する特長

 一方、シリーズ8と較べた場合の違いについては、複数あります。

 順番に確認しておきます。 

202009211211.jpg

 第1に、シェービング技術です。

 シリーズ9は、4枚刃(=5カット)となります。

 新たに増えたのは、金色のチタン加工極薄 リフトアップ刃がです。

 これは、「クセヒゲキャッチ刃」を補う刃といえ、寝たヒゲや、変な方向に向いているヒゲをより効果的に剃れるようになっています。

 202009211212.jpg

 ヘッドは、前後のみ駆動の密着3Dヘッドで、それに刃が上下するサスペンションヘッドいう構成です。

 したがって、360度可動の新しいシリーズ7と比較すると、アゴ下対応度は少し弱いと言えます。ただ、(適当に動かさず)適切な動かし方をするぶんには、違いはさほど感じないでしょう。

 深剃りは、往復振動のほか、1万回の音波振動がある分、新しいシリーズ7より優れると言えます。

ーーーー

  201802051122.jpg

 第2に、シェービング速度です。

 下位機種と同じく、音波振動は1万回/分なのですが、刃の枚数が1枚多いため、40000ストローク/分となります。

 これにより、シェービングスピードの改善が期待されます。

ーーーー

 202111211414.jpg

 第3に、肌への優しさの向上です。

 202003081449.jpg 

 最近、ブラウンは「一度で剃りきる。だから、肌にやさしい」という宣伝をはじめました。

 この表現については、長年シェーバを利用してきた方には、素直に納得できない部分もあるでしょう。

 ただ、シリーズ9には、特別な工夫もしっかりあります。

 具体的には下側の網刃の上の細いバーの部分となる「ストレッチスキンガード」です。

 利用時に、肌を伸ばすことで、過度にシェーバーを押しつけずに、深剃りできる、という工夫です。

 なお、これは、「シリーズ5」にも見られる工夫ですが、こちらのほうが面積が広く、効果的です。

ーーー

 それ以外の点では、外観のデザイン以外は、、シリーズ8と、ほぼ同じです。

 ただ、刃の枚数の向上は、本質的なパワーアップと言えますので、そり味は「シリーズ9」の方が上です。


201809151050.jpg

 なお、パナソニックの上位機種にくらべると、刃の枚数は1枚少ないです。しかし、ブラウンは「深剃り」に関する機能がより充実しており、この点では「確実に上位」です。

 ただ、刃の枚数や形状などの点で「優しいそり味」では、パナソニックの最上位機のほうに優位性があります。

 とはいえ、「シリーズ9 PRO」も、3D首振りヘッド構造や、音波カスタムボタンなど、ユーザーの「希望・必要」以上に剃ることを抑制する機能が付くので、正しい利用法を守れば、大きな問題はないでしょう。

2・シリーズ9 PRO+の種類と選び方

 さて、続いては、シリーズ9 Pro+の機種ごとの機能の違いについて説明していきます。

 先述のように、2022年までのシリーズ9 Proとは、キワゾリ刃以外はそう大きな違いはないので、同時に見ていくつもりです。


  202308101714.jpg

 〈2023年モデル〉

 【シルバー】

 24・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9516s
  ¥40,900 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】【Amazon限定】

 25・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9515s
  ¥46,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【マットシルバー】

 26・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9517s
  ¥33,700 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2022年モデル〉

 【ブラック】

 27・ブラウン シリーズ9 Pro 9410s-V
  ¥23,980 楽天市場 (1/3執筆時)

 【シルバー】

 28・ブラウン シリーズ9 Pro 9415s-V
  ¥29,979 楽天市場 (1/3執筆時)

 【マットシルバー】【Amazon限定】

 29・ブラウン シリーズ9 Pro 9417s-V
  ¥42,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:4枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 シリーズ9 Pro+ 9500sシリーズ は、2021年に発売された、シリーズ9 Pro+の「入門機」です。

 202308101906.jpg

 先述のように(プラスの文字がない)旧世代が残ります。

 違いは、先ほど書いたように、新形式のキワゾリ刃になった点です。旧機種でもポップアップ式のキワゾリ刃はありますが、刃の性能が向上しました。

 割と「使う」という方は、新機種を選んでも良いかなと思います。

 後は色の違いですので、値段で選んでOKです。

 202111211421.jpg

 シェービングに関する技術は、上で書いた通りです。

 下位機種の場合と同じで、シリーズ9 Proという同じ名前ならば、どの機種もそり味は同じです

 ポップアップ式しのキワゾリ刃も付属です。

 お風呂剃りは、対応します。

 泡を使ったウェットシェーブも可能です。

 充電時間は、1時間の急速充電に対応できます。

 202111211422.jpg

 シェーバー用の洗浄機は、未付属になります。

 シリーズ9と同じで、基本的に水で洗う方式です。充電台は付属します。

---

 以上、シリーズ9 Pro+ 9500sシリーズの紹介でした。

 下位機種あるいは、「Pro」世代以前の機種と比べると、クセヒゲ・寝たヒゲについての「深剃り」が強化された機種です。

 オールドファンからすると、最も「ブラウンらしい」機種に思います。

 「0.05oの深剃り」というのは、本機の寝ていない普通のヒゲと同等水準の数字なので、(スペック的に)同じに切れるということになります。

 その上で、近年の「肌への優しさ」についてのセンシングなどの技術もあるため、下位グレードとは値段相応の違いはあるように思います。

ーーー

 202308101746.jpg

 〈2023年8月モデル〉

 【シルバー】

 30・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9556cc
  ¥33,680 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】

 31・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9555cc
  ¥53,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【ブラック】

 32・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9551cc
  ¥35,700 楽天市場 (1/3執筆時)

 〈2022年モデル〉

 【ブラック】

 33・ブラウン シリーズ9 Pro 9450cc-V  
  ¥36,399 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】(ハードケース付)

 34・ブラウン シリーズ9 Pro 9466cc-V
  ¥36,300 楽天市場 (1/3執筆時)

 35・ブラウン シリーズ9 Pro 9467cc-V
  ¥37,800 楽天市場 (1/3執筆時)

 【シルバー】【Amazon限定型番】

 36・ブラウン シリーズ9Pro 9455cc-V
  ¥35,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:4枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:あり
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 なお、シリーズ9 Pro+ 9550ccシリーズはこのシリーズの洗浄機付モデルとなります。

 新旧の違いは、先述のように、キワゾリ刃の部分です。

  202012261241.jpg

 一方、流通経路の違いで複数の型番がありますが、発売年度が同じならば年度が性能は同じです。

 ただ、2022年旧機種に限りますが、皮製のハードケース(右図)が付く「プチ上位モデル」がありました。他機は、ソフトケース(左図)になるので欲しい方は注意してください。

 202308101739.jpg

 洗浄機は、下位機種でも採用があったものと同じ、「5in1自動アルコール洗浄器」です。先ほど少し書いたように、2023年から、もう1グレードたかい清浄機モデルが出たので「2番目のグレード」です。

 ただ、乾燥までしっかり対応できるので、個人的にはこれでも良いようには感じます。

 201906051053.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥3,043 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 洗浄液のコストは、下位機種と同じ消耗品ですので、同じです。

 1個あたり30日保ちます。

 その他の部分は、洗浄機が付かないタイプと同じです。

---

 結論的に言えば、シリーズ9系列で、洗浄機が欲しい方におすすめなグレードです。

 後ほど説明する上位の方がよい洗浄機なのですが、乾燥までできる機能性があれば、予算を節約し、このグレードでもよいかなと思います。

 また、このブログでは繰り返し書いていますが、個人的には、洗浄機はQOL(生活の質)が相当上がるので、消耗品費の部分をふまえても、付属モデルのほうが良いかなと思います。清潔だと、毎朝「気持ちが良い」ですから。


 202308101807.jpg

 〈2023年8月モデル〉

 【シルバー】

 37・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9566cc
  ¥43,500 楽天市場 (1/3執筆時)

 【マットシルバー】

 38・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9567cc
  ¥47,780 楽天市場 (1/3執筆時)

 【ブラック】

 39・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9560cc
  ¥58,800 楽天市場 (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:4枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:あり
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 シリーズ9 Pro+ 9560ccシリーズは、2023年における9 Pro+の最上位シリーズになります。

 本体部分の性能は、ここまで見た機種と同じです。

  202308101754.jpg

 しかし、洗浄機の性能が上位になります。

 先述のように、下位機も「乾燥」まで対応する5in1でした。

 しかし、このグレードに限っては「洗浄モード自動選択」機能が付く「6in1全自動プレミアムアルコール洗浄器」になります。

 本機は、弱・中・強の3段階の洗浄強度がありますが、この場合、汚れ量に応じて自動でモード選択がなされるとします。

 具体的な仕組みの説明がないのですが、問い合わせたところ、シェーバー側の利用時間(運転時間)を主に見て、強度を判断しているような(簡単な)説明でした。センシングで汚れ量自体を見れるわけではなさそうなので、仮に、「髭クズをブラシで落とす」「自分で水洗い」などをしても、キレイと判定されないのだと思います。

 そのほか、外観もすこし格好良くなりますが、消耗品が同じである以上、機能性は同じで「そり味18ヶ月キープ」という表記も同じです。

---

 以上、シリーズ9 Pro+ 9560ccシリーズの紹介でした。

 「洗浄モード自動選択」の部分は、洗浄時間の時短には寄与するとしても、消耗品費の削減につながらないと言えます。そもそも、カードリッジ自体(使用・未使用にかかわらず)1ヶ月で使い切ること前提の成分ですので、そういったことはメーカーは想定しません。

 こうした部分で言えば、先ほど書いたように、この機能性は不要に思います。下位機でも良いでしょう。

ーー

 なお、このグレードの製品は、「オマケ」の部分でプラスアルファがある製品が、あるので順番に見ておきます。


 202308101817.jpg

 〈2023年8月モデル〉

 【シルバー】or【マッドシルバー】

 40・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9576cc
 40・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9577cc
  ¥77,800 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】

 41・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9575cc
  ¥77,800 ヨドバシカメラ (1/3執筆時)  

 〈2022年モデル〉

 【クロム】or【シルバー】

 42・ブラウン シリーズ9 Pro 9476cc-V
 42・ブラウン シリーズ9 Pro 9477cc-V
  ¥62,540 楽天市場 (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:4枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:あり
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 第1に、シリーズ9 Pro+ 9570ccシリーズです。

 202111211451.jpg

 このグレードの場合、付属ケースが、新開発の充電トラベルケースとなります。

 ようするに、リチウムイオンバッテリーを搭載したケースです。

 収納すると自動で充電がはじまるという仕様です。利用する場合、本体と合わせて6週間の電池寿命になります。

 なお、同じケースが付属する2022年モデルは、先述のように、キワゾリ刃が旧式になるほか、洗浄機も「5in1自動アルコール洗浄器」になるので注意してください。

 ただ、外観は、クロム調で、高級感は旧機種はありました。

---

 結論的にいえば、バッテリー付ケースは、一見、便利なように思えます。

 しかし、本機のような上級シェーバーは電池残量が減ってもパワーが同じである点、本体に1ヶ月分(60分)の充電量がある点、バッテリー量の分ケースが重い点をふまえると、多くの場合、不要でしょう。

 ただ、それなりに長い海外出張には便利かもしれません。

ーーー

 202308101829.jpg

 〈2023年8月モデル〉

 【シルバー】or【マッドシルバー】

 43・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9586cc
 43・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9587cc
  ¥72,800 楽天市場 (1/3執筆時)

 【グレー】

 44・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9585cc
  ¥55.575 楽天市場 (1/3執筆時)  

 〈2022年9月モデル〉

 【ブラック】

 45・ブラウン シリーズ9 Pro 9480cc-V
  ¥54,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 【シルバー】(特定店向け)

 45・ブラウン シリーズ9 Pro 9486cc-V
  ¥44,800 ヨドバシ.com (1/3執筆時)

 【マッドシルバー】

 45・ブラウン シリーズ9 Pro 9487cc-V
  ¥42,800 楽天市場 (1/3執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:4枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:あり
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 第2に、シリーズ9 Pro+ 9580ccシリーズです。

 こちらは、美顔器ヘッドを、オプションパーツとして同梱します。

 旧機種もありますが、本機も1つ上の製品同様、キワゾリ刃洗浄機のグレードの違いがあります。ただ、付属ケースは、レザー製なので多少「豪華」になります。

 202209201131.jpg

  仕組みは(いわゆる)女性美容の「美顔器」と同じです。

 化粧水や乳液を顔に塗り、シェーバーを肌に当てることで、それらの角質層への浸透を促進するというものです。

 202209201129.jpg

 内蔵される磁石の反発力とシェーバーの振動を利用し、イオン現象(電気浸透流)を使う仕組みで、美顔器では一般的な手法です。

--

 結論的にいえば、この製品はシンプルに、美顔器が欲しい方だけが選べばいいです。

 202209201221.jpg

 ただ、このコンセプトの製品は、パナソニックも採用です(上図)。そのため、選ぶ場合、比較しても良いでしょう。

 比較する場合、パナソニックの場合は、上図のようにヘッド一体型ですので、ブラウンは交換式にした部分で独自性があります。

 交換の手間はありますが、その利点を生かして最上位機に搭載できています。一体型のため、シェーバー部分が「3枚刃」と貧弱にせざるを得ないパナソニックに比べると、シェーバー部分の性能はこちらが良いです。

 一方、パナソニックは、「シェービングと同時に施術でき、手間いらず」な部分があります。そのため、あまりヒゲが濃くない方、あるいは、朝の忙しい時に利用する方は、そちらが「便利」とは言えそうです。

 そのほか、電気浸透流(磁性)を逆転させ角質を撮りやすくする「スキンクリアモード」を持つのも、パナソニックだけです。

 詳しくは、このブログの【パナソニックの3枚刃ラムダッシュの比較記事】(の下の方)で書いています。 

ーー

 202209201116.jpg

 〈2023年8月モデル〉

 【ブラック】

 44・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9556cc
  ¥33.680 楽天市場 (1/3執筆時)  

 【グレー】【Amazon限定】

 45・ブラウン シリーズ9 Pro+ 9535s
  ¥55,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 〈2022年モデル〉

 【ブラック】【グレー】

 46・ブラウン シリーズ9 Pro 9430s-V
 46・ブラウン シリーズ9 Pro 9435s-V
  ¥29,403 楽天市場 (1/3執筆時)

 【マッドシルバー】(台座もシルバー)

 46・ブラウン シリーズ9 Pro 9437s-V
  ¥49,800 Amazon.co.jp (1/3執筆時)

 なお、美顔器付属モデルは、「洗浄機なし」モデルもあります。

 縦置きできる充電台は付属します。

 新旧の違いは他機と同じです。ただ、旧機は、こちらの場合は、新機種同様の普通のハードケースです。

次回につづく
ブラウンの高級シェーバーのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、ブラウンの高級シェーバーを紹介しました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

2・ブラウン高級シェーバーの比較 (2)  
 2-1:最終的なおすすめの提案【結論】

肌の優しさ  ★★★☆☆
シェーブ速度 ★★★★★
深剃り対応  ★★★★★★
くせ毛対応  ★★★★☆
清潔性    ★★★★★
おふろ剃り  ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 続く2回目記事こちら)では、今回みた製品から、いつものように、目的別・価格別のAtlasのオススメ機種を提案していきます。

 引き続き、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

 ーー

 1回目記事がもしお役に立ったようならば幸いです。Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 10:42 | 美容家電

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png