Top 美容家電 比較2022’ ブラウン最新シェーバー43機の性能とおすすめ・選び方 (3)

2022年03月16日

比較2022’ ブラウン最新シェーバー43機の性能とおすすめ・選び方 (3)

【今回レビューする製品】2022年 ブラウンのシェーバー性能とおすすめ:機能や消耗品の違いとランキング:激安シェーバー シリーズ6 シリーズ5 シリーズ3

【比較する製品型番】シリーズ3 3020s-B 3010s 310s 310-SP 3040s 3040S 3080s シリーズ5 50-M1200s 50-R1200s 50-B1000s 50-W1000s 50-M4200cs 50-B7000cc 50-B1200s 50-W1200s シリーズ6 60-B1200s 60-N1200s 60-B4000cs 60-B4200cs 60-N4200cs 60-B7200cc 60-B7000cc 5147s-P 5147s 5030s 5197cc-P クールテック CT4s CT6cc

今回のお題
ブラウンのシェーバーの機種の違いと賢い選び方は?

 ども、Atlasです。

 今回は、2022年3月現在、最新のドイツのブラウンの電気シェーバーの比較の2回目記事です。

  201809151106.jpg

2・ブラウン格安シェーバーの比較
 1:シリーズ3
  刃の数:3枚刃
  予算:5,000円〜
 2:シリーズ5
  刃の数:3枚刃
  予算:8,000円〜
 3:シリーズ6
  刃の数:3枚刃
  予算:1.2万円〜
 4:クールテック
  刃の数:4枚刃
  予算:1万円〜

 今回の2回目記事では、入門用として人気な「シリーズ3」「シリーズ5」「シリーズ6」「クールテック」について、紹介していきます。

 比較的安いですが、ブラウンシェーバーの良い特徴が出ている機種も多く、注目のシリーズです。

 201809151011.jpg

1・ブラウン高級シェーバーの比較
 1:シリーズ7
  刃の数:3枚刃
  予算:1.5万円〜
 2:シリーズ8
  刃の数:3枚刃
  予算:2万円〜
 3:シリーズ9
  刃の数:4枚刃
  予算:2.5万円〜
 4:シリーズ9 Pro
  刃の数:4枚刃
  予算:3万円〜

 なお、それ以上の機種については、前回の1回目記事で見ています。

 こちらをお探しだった場合は、上記リンクをご利用ください。

---

肌の優しさ  ★★★★★
シェーブ速度 ★★★★★
深剃り対応  ★★★★★
くせ毛対応  ★★★★★
清潔性    ★★★★★
おふろ剃り  ★★★★★
総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

ーー   201809151340.jpg

1・ラムダッシュ5・6枚刃シェーバー
2・ラムダッシュ3枚刃シェーバー
3・ブラウンの高級シェーバー
4・ブラウンの格安シェーバー
5・フィリップスのシェーバー
6・日立のロータリーシェーバー
7・イズミの低価格シェーバー
8・防水・風呂ぞり対応シェーバー
9・トラベル用・携帯用シェーバー
10・おすすめシェーバーまとめ【結論】

 今回の記事は、このブログのシェーバ比較記事全体としては、その4回目記事として書きました。

0・ブラウンのシェーバーの特長

 180205-0003-14%.png

 今回は、ブラウンのシェーバーの紹介ですが、日本ではパナソニックフィリップスもシェアが多いといえるブランドです。

 あくまで「傾向」としてですが、これらのメーカーは次のような特色があります。

1・パナソニック
 深剃りと肌の優しさが特長
 シェービングスピードが速い。

2・フィリップス
 肌に最も優しい。
 シェービングに時間がかかる。

3・ブラウン
 深剃りとクセ髭に強い
 シェービングス速度はパナソニックに次ぐ。

 以上、3社の特長を簡単にまとめてみました。

ーー

 ブラウン特長は、(格安機種でも)他社より深剃りが得意で「そり残しが少ない」という点です。

 ブラウン欠点は、肌への当たりが強めという点です。

ーー

 201809151111.jpg

 結論的にいえば、今までシェーバーで「肌負け」した経験のある方には、ブラウンの安いシェーバーはあまりオススメできません。

 この部分に配慮のある、【ブラウンの高級シェーバー】を選ぶ方か、同じほどの値段ならば、フィリップスやパナソニックのほうがよいです。

 ただ、深剃り対応とくせ毛への対応は、下位機種でも「とても優秀」です。

1・ブラウンのシリーズ3の紹介

 201809151119.jpg

 では、紹介をはじめます。

 はじめに、シリーズ3」の多くの機種に共通する、シェービング技術の部分の基本性能について説明します。

1-1・シリーズ3のシェービング技術

  201502261710.jpg

 ブラウンの場合、最上位機を除けば全て「3枚刃」です。

 深剃りは、シリーズ3でもレベルが高いです。

 左右2枚の刃に、900の編み目を持つ、ディープキャッチ網刃を採用するからです。 

 1.5万円を超える「シリーズ7」以降とは差がありますが、少なくとも(少し上位の)「シリーズ5」「シリーズ6」とこの部分で差はないです。

 202009211432.jpg

 曲線部のそり味も、上位のシリーズ5と変わりません。

 コアとなる技術は、3枚の刃が上下に浮き沈みする、3連サスペンションヘッドです。

  202009211508.jpg

 クセヒゲ対応力は、一方、上位機と差があります。

 クセヒゲは、真ん中のトリマー刃の性能がポイントなってきます。

 しかし、シリーズ3は、上位機と異なる「S字型クセヒゲトリマー」で、くせ毛や長い毛の対策力は劣ります。

  202003081449.jpg 

 肌への優しさは、冒頭で示したように、さほど配慮がないです。

 なお、ブラウンは、上位機種を含めて「肌に優しい」と言う言葉を「早く剃れるから、肌へのダメージは少なかろう」という意味で利用することがあります。

 少し特殊な言い回しなので、他社機と比較する場合、やや注意が必要です。

 シリーズ5の一部機種には、この部分にメスを入れた機種があるので、気になるならば、上位機が良いと思います。

--- 

 結論的にいえば、深剃りの部分は、少なくとも、1万円以下の全製品を通しても優秀といって良い機種です。

 ただし、1つ上位のシリーズ5と比較すると、クセヒゲ対応力が少し弱く、しっかり剃りきるのには、少し時間がかかるグレードといえます。

 「深剃り対応力」については、上位機に比する十分な能力があります。

 20年近く続く安定して、信頼できるシステムを使ったシェーバーですから、費用面からシリーズ3を選ぶのも「あり」だと思います。

1-2・シリーズ3の種類と選び方

 202107171628.jpg

 では、最も安価なBraunシリーズ3の各機を順番に紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記します。


 202006151227.jpg

 〈2015年モデル〉

 【通常型番】

 25・ブラウン シリーズ3 3020s-B
  ¥5,214 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【Amazon限定】

 25・ブラウン シリーズ3 3010s
  ¥4,122 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:不可(水洗い可)

 3020s3010sは、シリーズ3のなかでは最もお買い得なモデルです。

  201906051124.jpg

 発売開始は2015年ですが、現在も継続生産中のロングセラー機です。

 本体色は、2機種ありますが、基本性能は同じです。

 201805211342.jpg

 シェービングに関する技術は、先ほど示したシリーズ3に共通する技術を網羅します。

 同じほどの価格の他社の入門機と比較する場合、深剃りの部分で、やはり有利です。

 201809151121.jpg

 防水性能は、本機は、水洗いに対応します。

 ただし、本機は、コンセント充電中にも利用できる仕様にしているので、お風呂での利用は不可です。

 充電時間は、1時間の急速充電に対応します。

 また、一度の充電で45分の利用が可能と、タフさも自慢です。

 そのほか、もみあげや髭をきるため、ポップアップ式しのキワゾリ刃が付く点も、利便性の上では強調して良い部分です。

---

 以上、3020s3010sは、の紹介でした。

 5000円以下の価格帯のシェーバーとしては、深剃り性能が高レベルと言える製品です。

 お風呂での利用など、最近流行している機能も搭載しているので、深剃りできるモデルで、格安な物を探している方にはおすすめできます。

----

 201906051130.jpg

 〈2017年モデル〉

 26・ブラウン シリーズ3 310s
   ¥4,070 楽天市場 (3/16執筆時)

 26・ブラウン シリーズ3 310-SP
  ¥6,500 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:部分対応

 また、本機の下位機種として、310シリーズという製品もあります。

 201805211343.jpg

 しかし、こちらは、通常内刃の脇にあるマイクロコームが省略です。

 クセヒゲ対応力と肌のあたりの部分で、能力が劣ります。

 そのほか、電池の残量表示ができないなど相当割り切った作りです。


 201805211355.jpg

 〈2015年モデル〉

 27・ブラウン シリーズ3 3040s
   ¥7,000 Amazon.co.jp
(3/16執筆時)

 〈2018年モデル〉【カミソリ付き】

 28・ブラウン シリーズ3 3040S-R-P1
 28・ブラウン シリーズ3 3040S-W-P1
 28・ブラウン シリーズ3 3040S-P1

   ¥7,500 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 3040s は、シリーズ3の中位機です。 

 180521-0058-16%.png

 2機種ありますが、新発売の3040S-P1シリーズは、同系列の企業であるジレットの「カミソリ」がおまけで付くモデルです。

  202203161102.jpg

 ジレット プログライド シェービングフォーム
  ¥444 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 防水性能は、本機もあります。

 その上で、お風呂でのウェットシェーブにもついても、本機は対応です。

 さらに、シェービングフォームの利用も可能です。

 充電時間については、1時間の急速充電に対応します。

 キワゾリも可能です。

---

 以上、3040sの紹介でした。

 下位シリーズとの相違点は、ようするにお風呂で利用できるか、です。

 その他は変わらないので、必要に応じて選択すればOKです。


 201805211345.jpg

 〈2016年モデル〉【各色】

 29・ブラウン シリーズ3 3080s
   ¥6,481 Amazon.co.jp
(3/16執筆時)

 〈2018年モデル〉【カミソリ付き】

 30・ブラウン シリーズ3 3080S-B-P1
 30・ブラウン シリーズ3 3080S-S-P1
   ¥7,700 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 3080sは、2016年に発売された、シリーズ3の「中位機種」です。

 本機も、カミソリ付きのキャンペーンモデルがあります。

 201508221450.jpg

 シェービングに関する技術は、下位機種と基本的には同じです。

 ただし、こちらには、「網刃ロック」機能が付属します。

 網刃の片方を固定できるスイッチのことで、曲線部などを剃りやすくできます。

 201906051132.jpg

 防水性能は、本機もお風呂剃り対応です。

 充電時間には、1時間の急速充電に対応し、キワゾリも可能です。

---

 以上、3080sの紹介でした。

 「網刃ロック」機能が3040s との唯一の違いです。

 さほど決定的な機能ではないですから、買われる際に、値段を見て本機のが安い場合を除けば、下位機種で良いでしょう。

2・ブラウンのシリーズ5の紹介

 201805211401.jpg

 つづいて、ブラウンの中級ラインとなる「シリーズ5」を紹介します。

 なお、シリーズ5は、2020年に大きなモデルチェンジがありました。

 2020年以前のシリーズ5は、新しく登場したシリーズ6のほうが、技術的に近いため、そちらで紹介します。


  202009211553.jpg

 〈2020年モデル〉

 【通常型番】

 31・ブラウン シリーズ5 50-B1200s
 31・ブラウン シリーズ5 50-W1200s
  ¥8,713 楽天市場 (3/16執筆時)

 【Amazon限定型番】

 32・ブラウン シリーズ5 50-R1200s
 32・ブラウン シリーズ5 50-M1200s
  ¥9,219 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【旧機種】(キワゾリトリマーなし)

 33・ブラウン シリーズ5 50-B1000s
 33・ブラウン シリーズ5 50-W1000s
  ¥10,832 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 50-1000sシリーズ50-1200sシリーズとは、2020年に更新された新しいシリーズ5のシェーバーです。

 従来のシリーズ5とは位置づけが大きく変わりました。

 202009211600.jpg

 シェービングに関する技術は、シリーズ3との差は少ないです。

 同じく3枚刃で、ディープキャッチ網刃、刃の部分だけ上下稼働するフロートヘッド(3連密着ヘッド)ですから、ほぼ変わらないと言えます。

 201508221457.jpg

 ただし、中間のトリマーは、高性能化しているので、クセヒゲ対応力は少し上位です。

 あえて言えば、ハンドルがスリムになり、人間工学的に合理的な形状になったので、使い方によっては、差を感じるかもしれません。

 202009211606.jpg

 防水性能は、本機も対応です。お風呂で、シェービングできます。

 さらに、刃を付けたまま、水洗いしやすいような「クイック洗浄システム」も搭載です。

 刃の部分も、ワンクリックで外せる新形状になりました。

 充電時間については、1時間の急速充電に対応します。

 フル充電で50分の連続利用が可能です。また、1回分ですが、5分間の急速充電にも対応しました。

 202009211614.jpg

 一方、注意点は、ヘッドの小型化に伴って、ポップアップ式のキワゾリ刃がない点です。

 もみあげの手入れなどに利用している方は、キワゾリトリマー付のモデルを買ってください。

 この場合でも交換は手間ですが、先述のように、本機にはワンクリックで外せるような工夫があります。

---

 以上、50-1000sシリーズの紹介でした。

 新しいシリーズ5はシェービング技術の部分は、下位のシリーズ3とあまり変わらない製品です。ただ、お風呂で主に利用する方は、なかなか考えられた製品です。

 その用途でにかぎれば、本機は良さそうです。

---

   202009211619.jpg

 〈2020年モデル〉

 【洗浄機付き】

 34・ブラウン シリーズ5 50-B7000cc
  ¥10,230 楽天市場 (3/16執筆時)

 【洗浄機付き】(オマケ洗浄剤+2)

 34・ブラウン シリーズ5 50-B7000cc-v
  ¥9,980 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:付属
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 一方、アルコール洗浄機付充電器のモデルも、発売されています。

 シェービングに関する技術は、下位機種と違いはありません。

201906051053.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR3 CR (3個入)
  ¥2,060 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥2,700 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 洗浄液のコストは、以上の通りです。

 1ヶ月で、600円余りのコストになります。アルコール入りの洗浄機で、清潔性の面では定評のある製品です。

 これを高いとみるか、安いとみるかはそれぞれですが、毎回清潔なシェーバーを使える快適さを考えれば、Atlasとしては大きな価値があると思います。

 ただ、お風呂でのウェットシェーブに向いた機種に、洗浄機付きは不似合いなので、あまり売れない気もします。

 実際のところ、ブラウンは(他社と異なり)、最上位機のシリーズ9以外は、洗浄までで、ファンによる乾燥に非対応です。

 自然乾燥だと乾ききらない場合があり、かえって不快になることもあるため、下位機ではあまりおすすめしません

 どうしても欲しい場合は、【ブラウンの上位機の比較記事】で紹介した、シリーズ9をおすすめしています。型落ち機ならそれなりに安いです。

3・シリーズ6の紹介

 202107171645.jpg

 ここからは、1万円前後で購入できる中級機となる、シリーズ6を紹介します。

 また、先ほど書いたように、2019年までの旧シリーズ5は、どちらかというと、シリーズ6に近い性能のため、同時に紹介します。

3-1・シリーズ6のシェービング技術

 はじめに、「シリーズ3」と新しい「シリーズ4」と比較した場合、とくに重要と思われるシェービング技術の進化について、説明します。

  202009211631.jpg

 最も注目するべき進化点は、アゴなどの曲線部対応の強化です。

 下位シリーズは、右図のように、外刃が上下する3連サスペンション(フロートヘッド)だけでした。

 しかし、シリーズ6の場合、フロートヘッドに加えて、ヘッド自体が前後に20度スイングする「スイング密着システム」を採用します。

 そのため、両方合わせても前後・上下に稼働するため、曲線部により密接でき、そり残しが少なくなります。

 シェービング速度についても、それに応じて、高速化しています。

 201508221457.jpg

 その他の部分は、クセヒゲ対応力は、新しいシリーズ5とほぼ同等で、深剃りの部分は、シリーズ3とあまり変わらないと言えます。

ーー

 結論的にいえば、「深剃りできる」点では、「シリーズ3」と「シリーズ5」は、さほど性能差はありません

 ただ、「クセヒゲの対応力」「肌への優しさ」「シェービングスピード」という3点については、シリーズ3よりも高機能化し、総合力はシリーズ5のが高いといえます。

 202009211002.jpg

 一方、より上位のシリーズ7と比較すると、ヘッド構造の柔軟性がますなどして、クセヒゲや曲線部のシェービングがよりうまくなっていきます。また、「肌への優しさ」も、上級機は改善していきます。

 深剃りも(密着できる分)得意になっていきますが、使い方がうまければ、あまり差は感じません。

 いずれにしても、深剃りの部分で、ハッキリ技術的差異があるのは、最上位機シリーズ9だけなので、予算的に言って、このグレードを選ぶのは「あり」だと個人的には思います。

て、信頼できるシステムを使ったシェーバーですから、費用面からシリーズ3を選ぶのも「あり」だと思います。

3-2・シリーズ6の種類と選び方

  では、シリーズ6の各機を順番に紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記します。


 202009211653.jpg

 〈2020年モデル〉

 【キワゾリトリマー付】(Amazon限定)

 35・ブラウン シリーズ6 60-N1200s  
 35・ブラウン シリーズ6 60-B1200s  
  ¥11,171 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【キワゾリトリマー・充電スタンド付】

 36・ブラウン シリーズ6 60-B4200cs
 36・ブラウン シリーズ6 60-N4200cs  
  ¥12,459 楽天市場 (3/16執筆時)

 【洗浄機・キワゾリトリマー・ケース付】

 37・ブラウン シリーズ6 60-B7200cc
  (¥18,000) 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:スイング密着システム
音波洗浄機:なし/あり
充電時間: 1時間
風呂利用:不可

 60-1000s60-4000csは、新しいシリーズ6のシェーバーです。

 202009211703.jpg

 いくつか型番がありますが、付属品のみ異なり、本体はどれも同じ性能です。

 なお、充電スタンドがないモデルは、本体にプラグを直付けにします。

 シェービングに関する技術は、先ほど説明した、シリーズ6搭載の技術は全て網羅します。

 202009211705.jpg

 防水性能も、あります。

 お風呂での利用が可能で、シェービングフォームやジェルも利用できます。

 充電時間は、1時間の急速充電に対応します。

 202009211707.jpg

 アルコール洗浄機は、最上位機のみ付属です。

 利用する、アルコール洗浄剤などは下位機種と共通です。

 ただ、先ほど書いたように、パナソニックなどと異なって、ブラウンは最上位機(シリーズ9)以外は、ファンでの風乾燥がないです。

 冬場に完全に乾かない場合もあるため、ブラウンで洗浄機を選びたい場合は、シリーズ8以上で乾燥機能があるものを推しています。

 そのほか、本機もポップアップ式のキワゾリ刃は未搭載です。

---

 以上、60-1000sシリーズの紹介でした。

 洗浄機不要ならば、実売で1万円前後の製品で、「とにかく、1日保つ深剃り!」を希望するならば、このグレードの製品は選択肢になります。

 深剃りの部分は、下位シリーズとあまり変わらないでしょうが、曲線部のそり残しやクセヒゲ対応力が強く、総合的にシェービング速度も向上するでしょう。

 この予算で選ぶとすると、現状で割と良い選択肢に思えます。


201906051147.jpg

〈2019年型番

【ソフトポーチ付】

 38・ブラウン シリーズ5 5147s-P
  ¥9,200 Amazon.co.jp
(3/16執筆時)

【ハードケース付】(オリンピック柄)

 39・ブラウン シリーズ5 5147s-TO
  ¥8,880 楽天市場
(3/16執筆時)

〈2017年型番〉

【ソフトポーチ付】

 40・ブラウン シリーズ5 5147s
  ¥9,200 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド  
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 5140シリーズは、以前のシリーズ5中位機種になります。

 先述のように、新しいシリーズ5より、シリーズ6に用途が近いので、こちらで紹介しています

 180521-0061-11%.png

 いくつも商品がありますが、基本的にケースの違いです。本体部分の性能差は無いため、発売開始年度にかかわらず、ケースだけに注意して選べば、OKです。

 201809151135.jpg

 シェービングに関する技術は、シリーズ6と異なる部分もあります。

 深剃り対応力は、基本的に機能差はないでしょう。

 曲線部の対応は、方式が違いますが、本機も密着3Dヘッドです。

 上下と前後に稼働するので、やはり、機能差はないです。

 クセヒゲ対応力も、本機も「動く、くせ髭トリマー」ですので、能力は同等です。

  201906051149.jpg

 肌への優しさは、一方、本機は、ストレッチスキンガードが搭載です。

 中間の刃の部分の端に付属する金属のパーツの名前です。

 肌を引き延ばすことで、過度にシェーバーを押しつけずに、深剃りするための工夫です。

 その上で、シリーズ6で不採用とされた「工知能テクノロジー(ヒゲ量センサー)」も搭載されるため、濃さに応じて、パワー調整され、肌には、より優しいと言えます。

---

 結論的にいえば、形状が大きく異なるので、単純に比較はできないものの、以前のシリーズ5も、新しいシリーズ6にシェービング技術では劣りません。 

 とくに、肌への優しさの部分は、技術水準が高く、かえって性能が期待できる部分もあります。

 たしかに、新しいシリーズ6は、ヘッドが小型化して日常的に使いやすい部分はあるのですが、性能面では、こちらの方が少し上です。

 防水性能は、水洗いのほか、「お風呂ぞり」にも対応する機種です。

 充電時間については、1時間の急速充電に対応します。

 ポップアップ式のキワゾリ刃も付属します。

---

 以上、5140シリーズの紹介でした。

 シリーズ6より、肌への優しさは配慮があるため、その部分を重視するならば、本機を選ぶのは「あり」でしょう。

 ただ、値段がそう変わらない状況ではあるので、持ちやすさや軽量性を重視するならば、新しいシリーズ6のほうが良いでしょう。

ーーーーー

  201906051145.jpg

 〈2016年モデル〉

 41・ブラウン シリーズ5 5030s
  ¥8,400 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:不可

 なお、本機のさらに旧機種にあたる5030sが併売中です。

 刃の部分の性能は同等ですが、充電中にも利用できるタイプなので、お風呂での利用ができない機種です。

 完全防水で、水洗いはできるため、ウェットシェーブに対応する必要がないならば、良い選択肢でう。

ーーー

 201906051209.jpg

〈2019年型番〉

【ソフトポーチ付】

 42・ブラウン シリーズ5 5197cc-P
  ¥17,708 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド  
音波洗浄機:搭載
充電時間: 1時間
風呂利用:不可

 また、旧シリーズ5にも、洗浄機付きモデルがあります。

   201906051053.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR3 CR (3個入)
  ¥2,060 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥2,700 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 利用する洗浄剤は、下位機種と同じです。ただ、先述のように、ブラウンは、他社と異なり、シリーズ9以外の洗浄機は、ファンによる乾燥運転がないので、個人的にはあまりおすすめしません。

 どうしても欲しい場合は、【ブラウンの上位機の比較記事】で紹介した、シリーズ9をおすすめしています。型落ち機ならそれなりに安いので。

4・クールテックシリーズの種類と選び方

 201805211421.jpg

 続いて、「クールテックシリーズ」の紹介です。

 クールテックシリーズ」は、2013年から始まったシリーズです。わりと特殊なラインですが、現在も売っています。


 202009211752.jpg

 【洗浄機なし】

 43・ブラウン シェーバー クールテック CT4s
  ¥17,800 Amazon.co.jp
(3/16執筆時)

 【洗浄機あり】

 43・ブラウン シェーバー Cool Tec CT6cc
  ¥15,000 Amazon.co.jp (3/8執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:あり/なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 CT4sは、クールテックシリーズの洗浄機が付属しないモデルです。

 ph-cooltec-shavers-feat-highlights.jpg

 シェービングに関する技術は、同社の「シリーズシェーバー」とは異なります。

 ブラウンは、「深剃り」で定評がありますが、本機は、「肌への優しさ」によりバランスをかけている機種です。

 3つです。

 ph-cooltec-shct-desription-jp.jpg

このシリーズの革新となる技術は、冷却ヘッドテクノロジーの搭載です。

 TEC(サーモ・エレクトリック・クーラー)の働きにより、ひげを剃ると同時に肌を瞬時にクールダウン。肌のひりつきを最小限に抑えます。

 これは、いわゆる電流の移動に伴う「ペルチェ効果」を利用して、電気的に金属の一方を冷やす仕組みです。小さな冷蔵庫と考えたら、良いでしょう。

 201307131839.jpg

 ただし、設計が古いため、ヘッドは,シリーズ5と同様の固定式で、3連サスペンションヘッド(フロートヘッド)です。

 ただし、内刃は、独自のコンフォート内刃で、この機種向けの特別な開発されたものとなります。刃先に2ミクロン内側にカットされた肌ガード内刃を搭載しています。

 やはり、こちらも「肌への優しさ」をアピールする技術です。

 なお、Atlasが使用した限りでは、冷やすのは、クール系のシェービングクリームを使ったような爽快感を目的としたものではなく、「肌へのひりつき」を軽減するという目的がメインです。

---

 結論的に言えば、この機種は、他メーカーの機種を愛用していた人にむしろ向いたモデルだと、Atlasは考えています。

 つまり、ブラウンが「肌への優しさ」を考えると、こういうシェーバになるんだ!という試みでしょう。

 201906051215.jpg

 防水性能は、本機は、お風呂ぞり対応です。

 もみあげや髭に対応する、キワゾリ刃も付いています。

 充電時間は、本機も、1時間の急速充電に対応します。

   201906051053.jpg

 ブラウン 洗浄液 CCR3 CR (3個入)
  ¥2,060 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 ブラウン 洗浄液 CCR6 CR (6個入)
  ¥2,700 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 シェーバー用の洗浄機は、この製品については、付属します。

 ただし、ファン乾燥にはやはり対応しません。

---

 以上、クールテックシリーズのCT4sの紹介でした。

 機能はともかく、「クール」という言葉のイメージにより、夏はよく売れ、冬はあまり売れない機種です。ただ、先ほど書いたように、これは肌の優しさのためで、「ひんやり感」を売りにしているわけではないです。

 ブラウンの従来機とは特性が異なりますが、冷却ヘッドという面白い独自技術を採用しているので、「新しもの好き」の方は、試して見るのも良いでしょう。

今回の結論
格安なブラウンシェーバーのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、ブラウンの比較的安いシェーバーを比較してきました。

 最後にいつものように、目的別・価格別のAtlasのオススメ機種を提案しておきたいと思います。


 第1に、十分な深剃り・くせ毛ぞりができて、できるだけ格安で最高性能のシェーバーを手に入れたい方は、

201906051147.jpg

〈2019年型番

【ソフトポーチ付】

 38・ブラウン シリーズ5 5147s-P
  ¥9,200 Amazon.co.jp
(3/16執筆時)

【ハードケース付】(オリンピック柄)

 39・ブラウン シリーズ5 5147s-TO
  ¥8,880 楽天市場
(3/16執筆時)

〈2017年型番〉

【ソフトポーチ付】

 40・ブラウン シリーズ5 5147s
  ¥9,200 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:密着3Dヘッド  
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

 〈2016年モデル〉

 41・ブラウン シェーバー シリーズ5 5030s
  ¥8,400 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

風呂利用:不可

1・肌の優しさ  ★★★☆☆
2・シェーブ速度 ★★★★☆
3・深剃り対応  ★★★★★
4・くせ毛対応  ★★★☆☆
5・清潔性    ★★★★★
6・おふろ剃り  ★★★★★
7・総合評価   ★★★★☆

 型落ちとはなりますが、旧来のシリーズ5をオススメします。

 お風呂で使わないならば、より安い 5030sでも構いません。

 201809151135.jpg

 1万円前後の予算で買える機種としては、シリーズ6もあります。

 新形状で、持ちやすさなどの面で魅力のある機種ですが、ストレッチスキンガードと、ヒゲ量センサー(人工知能)を装備する点で、本機のほうが、肌への優しさの部分で少し優位でしょう。

 一方、シリーズ3と比べると「深剃り」の点では能力はさほど変わりません。

 「くせ毛対応力」・「シェービングスピード」の点で、価格差以上の能力の開きがあります。

 費用対効果も高く、現状で、本機がおすすめできます。

ーーー

 202009211653.jpg

 〈2020年モデル〉

 【キワゾリトリマー付】(Amazon限定)

 35・ブラウン シリーズ6 60-N1200s  
 35・ブラウン シリーズ6 60-B1200s  
  ¥11,171 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【キワゾリトリマー・充電スタンド付】

 36・ブラウン シリーズ6 60-B4200cs
 36・ブラウン シリーズ6 60-N4200cs  
  ¥12,459 楽天市場 (3/16執筆時)

 【洗浄機・キワゾリトリマー・ケース付】

 37・ブラウン シリーズ6 60-B7200cc
  (¥18,000) 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:スイング密着システム
音波洗浄機:なし/あり
充電時間: 1時間
風呂利用:不可

1・肌の優しさ  ★★☆☆☆
2・シェーブ速度 ★★★★☆
3・深剃り対応  ★★★★★
4・くせ毛対応  ★★★☆☆
5・清潔性    ★★★★★
6・おふろ剃り  ★★★★★
7・総合評価   ★★★★☆

 ただ、シェービングで、いままで「肌負け」したことがない方ならば、むしろ、新しいシリーズ6が良いでしょう。

 202009211703.jpg

 2020年に完全リニューアルされた新型機で、ヘッドの小型化に伴う操作性の強化は、見どころがありますから。

 ポップアップ式しのキワゾリ刃がない点だけ注意すれば、あとは問題ないでしょう。


 第2に、クセ髭がない方で、ブラウン社のシェーバーができるだけ安く欲しい方は、

 202006151227.jpg

 〈2015年モデル〉

 【通常型番】

 25・ブラウン シリーズ3 3020s-B
  ¥5,214 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【Amazon限定】

 25・ブラウン シリーズ3 3010s
  ¥4,122 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:不可(水洗い可)

1・肌の優しさ  ★★★☆☆
2・シェーブ速度 ★★★☆☆
3・深剃り対応  ★★★★☆
4・くせ毛対応  ★★★☆☆
5・清潔性    ★★★★★
6・おふろ剃り  ★☆☆☆☆
7・総合評価   ★★★☆☆

 価格の値頃な、シリーズ33020s-Bが良いでしょう。

 201906051124.jpg

 ブラウンの得意な「深剃り」の性能は、シリーズ6とさほど差が無く、夕方まで髭が伸びにくいというメリット性はこのグレードでも感じられます。

 値段を重視した場合、この機種はオススメです。


 第3に、深剃りが得意な製品で、お風呂剃りにも高度に対応したいならば、

  202009211553.jpg

 〈2020年モデル〉

 【通常型番】

 31・ブラウン シリーズ5 50-B1200s
 31・ブラウン シリーズ5 50-W1200s
  ¥8,713 楽天市場 (3/16執筆時)

 【Amazon限定型番】

 32・ブラウン シリーズ5 50-R1200s
 32・ブラウン シリーズ5 50-M1200s
  ¥9,219 Amazon.co.jp (3/16執筆時)

 【旧機種】(キワゾリトリマーなし)

 33・ブラウン シリーズ5 50-B1000s
 33・ブラウン シリーズ5 50-W1000s
  ¥10,832 楽天市場 (3/16執筆時)

駆動方式:往復式
刃の種類:3枚刃
ヘッド:フロートヘッド
音波洗浄機:なし
充電時間: 1時間
風呂利用:対応

1・肌の優しさ  ★★★☆☆
2・シェーブ速度 ★★★☆☆
3・深剃り対応  ★★★★☆
4・くせ毛対応  ★★★☆☆
5・清潔性    ★★★★★
6・おふろ剃り  ★★★★★
7・総合評価   ★★★★☆

 シリーズ550-1000sシリーズでしょう。

 202009211606.jpg

 シェービングに関する技術は、シリーズ3とあまり変わらないです。また、ブラウンの場合、より上位の機種でも、ウェットシェーブに基本対応します。 

 ただ、本機はクイック洗浄システム」搭載で、、水洗いのしやすい構造であり、お風呂利用を想定して設計された製品です。

 使い勝手がよく設計されているので、専ら、お風呂で利用されるならば、本機は良い選択肢でしょう。

補足:他機種と比較したい方へ!

 というわけで、今回は、ブラウンの比較的格安なシェーバーの紹介でした。

 201809151011.jpg

1・ラムダッシュ5/6枚刃シェーバー
2・ラムダッシュ3枚刃シェーバー
3・ブラウンの高級シェーバー
4・ブラウンの格安シェーバー
5・フィリップスのシェーバー
6・日立のロータリーシェーバー
7・イズミの低価格シェーバー
8・防水・風呂ぞり対応シェーバー
9・トラベル用・携帯用シェーバー
10・おすすめシェーバーまとめ【結論】

 なお、もうすこし、資金的余裕がある方は、音波振動によるシェービング機能をもつ、上位機種のシリーズ7シリーズ9を検討されても良いかと思います。

 その場合、引き続き、3番の比較記事をごらんください。

 また、他社を含めて比較したい方は、「全体のまとめ記事」である10番の比較記事をごらんください。

---

 最後になりますが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 11:14 | 美容家電

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png