Top ノートPC・タブレット 比較2024’ 最新のAmazon Fire HD 34機の性能とおすすめ・選び方:Amazon Fire 7 HD 8 Plus HD10 Plus Fire Max 11 キッズモデル対応 (1)

2024年01月08日

比較2024’ 最新のAmazon Fire HD 34機の性能とおすすめ・選び方:Amazon Fire 7 HD 8 Plus HD10 Plus Fire Max 11 キッズモデル対応 (1)

【今回レビューする内容】2024年 Amazonのタブレット全機種の端末の違いや選び方【第9世代・第10世代・第11世代・第12世代・第13世代】Amazon Fire 7 HD8 HD8 Plus Fire HD10 HD10 Plusの利用法: Amazon Fire Max 11対応:OfficeSuite Professional 7・プライム会員割引激安 Fire タブレット16GB・読書性能・タブレット性能のランキング・Android とFire OS の違い・アプリの買い方・自炊PDFの閲覧法など

今回のお題
最新のAmazon Fire HDタブレットのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2024年1月現在、Amazonが販売する最新タブレットとなるAmazon Fire HDの性能を比較します。

 新登場のNew Fire HD 10 ・Fire Max 11(第13世代)を含めて、全機種の仕様(スペック)を比較します。

201809072036.jpg

1・Amazon Fire HD の比較 (1)
 1-1:選び方の基本の説明【導入】
  =初めて買う方に向けた基本の説明
 1-2:Fire HDのマシン性能
  =スペックの違いを細かく解説
 1-3:Fire HDの活用方法
  = 便利な利用法の提案
 1-4:Fireアプリの種類と追加方法
  = Androidアプリとの違いを説明
2・Amazon Fire HD の比較 (2)
 2-1:Fire HDでの読書
  = 自炊本(PDF)の閲覧法の説明
 2-2:最終的なおすすめの提案【結論】

 なお、今回の記事は、たくさんの種類があるFireHDタブレットのうち「どれを買えば良いか」という話がメインです。

 ただ「どのように使うと便利なのか」も、便利な使い方を交えて紹介するつもりです。

 202104280111.jpg

 基本的に、最新機は「全機種」紹介しています。

 各サイズの(子ども向け)キッズモデルも扱います。

  201806201213.jpg

 Atlasは、Amazonの発売するFireなどの端末を、(高性能モデルを含めて)ここまで総計で5台以上所有してきました。

 以下では、こうした経験をふまえながら各製品を比較します。

軽量性  ★★★★★
視認性  ★★★★★
処理能力 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 その後、最後の結論部分では、上表のようなポイントから、予算別、目的別に「Atlasのオススメ機種」について提案していきます。

 よろしくお願いします。

ーー

1・Android系タブレットの比較
2・iPad Air iPad Pro miniの比較
3・AmazonのFire HDの比較

 なお、今回の記事は、このブログのタブレット端末比較シリーズ3回目記事として書きました。

 201806201925.jpg

 Amazonの製品でも、読書専用端末である、Amazon社の白黒の「電子ペーパー端末」について知りたい方は、これらとは別の記事が対応します。

 お手数ですが、【AmazonのKindle端末の比較記事】をご覧ください。

1-1・FireHDの選び方の基本!

201809072012.jpg

 【16GB〜】

  Amazon Fire 7
  ¥8,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【32GB〜】

  Amazon Fire HD 8
  ¥13,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【32GB〜】

  Amazon Fire HD 8 Plus
  ¥15,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【32GB〜】

  Amazon NEW Fire HD 10
   ¥19,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【64GB〜】

  Amazon Fire Max 11
   ¥34,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 現行のアマゾンのタブレットは、(後ほど見るキッズモデルを除いて)5種類に分類できます。

1・本体の大きさ・重さ
2・CPUの性能
3・液晶パネルの画質
4・ストレージのサイズ

 一方、それぞれ性能が異なりますが、買って後悔しない機種を選ぶ場合、とくに注意するべき点は上表の4点です。

 重要な部分ですので、順番に解説しておきます。


 201809072033.jpg

 第1に、本体の大きさと重さです。

 最も注意するべきは、(間違いなく)この部分です。

 タブレットPCとして仕事やブラウジングに使う場合と、本など読書端末として使う場合、Amazonビデオなどの動画閲覧に使う場合など、利用目的によって、最適な「本体の大きさと重さ」が変わってきます。

 合わないサイズを選ぶと、本当に使いにくいです。

 今回の記事では、そのあたりもふまえて「オススメ」を提案するつもりです。


 201809072354.jpg

 第2にCPUの性能です。

 202309241155.jpg   

 CPUは、シリーズごと、クロック速度とコア数が異なります。

 Fire 7でも、他社の2万円台前後エントリー機に比する実力のCPUです。

 値段に似合わず優秀といえます。

 HD8 だと6コア、 HD10以上だと8コアと伸びていきます。

 目安としては、6コアだと30%、8コアだと50%ほど、Fire 7に対して性能良化が見込めます。

 つまり、値段差分の差はあります。

 メモリー量(RAM)は、上位機だと、3GB・4GBと増えます。

 画面が大きい(解像度が良い)と処理が増えるための処置です。しかし、あとで詳しく書く「上位機特有の機能」を快適に動かすための配慮でもあります。

---- 

 結論的にいえば、CPU部分の基本性能は(同じ値段で買うならば)Android系の他社タブレットより、割安の場合が多いです。

 Amazonの場合、Prime Videoをはじめとするコンテンツを使って欲しいという思惑があるため、端末は(ある程度まで)「利益度外視」で売っている感じがあります。

 逆に、安く欲しいユーザーにとっては嬉しい部分でしょう。


 201809072356.jpg

 第3に液晶パネルの画質です。

 202309241125.jpg

 画面サイズは、名前の末尾の数字がそのサイズを示します。

 例えば、Fire7ならば、7インチ、Max11ならば、11インチです。

 解像度は、HD8HD8+ハイビジョン画質(HD)の水準、HD10 以上ならば、フルハイビジョン画質(フルHD)の水準です。

 画面密度も、(原則的に)上位機のほうが高く、画面サイズの拡大が画質に悪影響を与えていません。

 重さは、ただし、上位機ほど重くなります。

 これは仕方ないでしょう。どこでもそうです。

-----

 結論的にいえば、画質軽量性のバランスを考えると、HD8が割と優秀です。

 ただし、画質を考えるとHD10も捨てがたいとも言えます。

 最終的にどの機種が「おすすめ」は、他の機能も詳しく見たあと、今回の記事の最後で改めて考えたいと思います。



 201809072303.jpg

 第4に、ストレージのサイズです。

 202309241127.jpg

 Amazon Fireの場合、機種を問わなければ、最大128GBまで保存容量が選択できます。

 Fire 7でも16GBはあるので、ある程度まで柔軟に使えます。

 しかし、OSのインストールに費やす部分をふまえると、動画やマンガを大量に保存したい方は、32GBあると便利でしょう。

 202205272019.jpg

 ただ、Fire 7でも最大で1TBまでのMicroSDカードがあとから増設できます。

 買ったあとで、「しまった!」ということは少ないでしょう。

 というわけで、Amazon Fire HDを選ぶ場合に、ポイントとなる部分を4点紹介しました。

 以下の記事では、こうした点に注目しながら、各機種を詳しく紹介していくこととします。

1-2・Fire HD各機のスペック

 では、Amazon Fire と Amazon Fire HDのスペックを比較していきます。

---

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤系の文字色で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 202205271939.jpg

 【2022年6月発売】

 【16GB】

 1・Amazon Fire 7
  ¥8,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:7インチ
解像度:1024 x 800 (171ppi)
CPU:2GHz 4コア
RAM:2GB
バッテリー: 10時間
Wi-Fi:Wi-Fi5(11ac)
カメラ:2Mフロント+2Mリアカメラ
サイズ:181 x 118 x 9.7mm
重さ:282g

 Amazon Fire 7 は、Fireシリーズの中でも「野心的な価格設定」といえる、お手頃価格のタブレット端末です。

 Fireシリーズ全体としては「第12世代」の機種です。

 旧機は2019年の発売でしたので、約3年ぶりに登場しました。

 それと比べて、CPU性能のほか、ネットワークがWi-Fi5対応になるなどの部分で「進化」しました。

 201807151050.jpg

 ディスプレイのサイズは、7インチで、重さは282グラムです。

 Fireのなかでは最軽量で、歴代モデルを含めて最も軽い本体です。

 本体の厚みも従来より薄く、持ちはこびや読書に便利なコンパクトサイズです。

 寝転がっても、片手で大丈夫な重さ・サイズです。

 201806201101.jpg

 画面解像度は、ただし、1024 x 800 です。

 画面密度も171ppiと高詳細ではないので画質は「価格並み」といえます。

 ただし、視野角が広く目に優しい高品質のIPSパネルを採用する点に、単に安いだけではない「こだわり」は感じます。

 CPUは、4コア(2.0GHz×4)です(MT8168)。

 旧機はここが「弱い」機種でした。しかしモデルチェンジで30%高速化しました。

 コア数で上位機と差はありますが、相当高解像度なゲームでもしない限り、動画の視聴やブラウジングにストレスを感じることはないでしょう。

 記憶容量は、16GBです。

 たいていの場合、これで問題ありません。

 ただ、動画や画像(とくにマンガ)をオフラインで多く保存するような方は、32GB以上のラインナップがある上位機種を選ぶ意味があります。

 201809072016.jpg

 WI-FIは、Wi-Fi5世代(11ac)です。

 速度規格については、このブログの【無線LANルーターの比較記事】で説明しています。

 本機はさほど新しい規格ではないので、少し前に買ったルーターなら問題ない速度でつながります。

 201806201102.jpg

 カメラは、スマートフォンのように、フロントとリアにカメラも付きます。

 ただ、フロントとリアはともに2メガピクセルです。

 スマホに較べると解像度も粗いため、ここは重要視していない製品です。

 バッテリー寿命は、最大10時間です。

 充電に使う端子はは(丸い)USB-C端子です。

 しかし、電源アダプタ(5W)とケーブル(USB-C to USB-A)は付属します。一般的な(四角い)USB-A端子なので、PCでも充電しやすいでしょう。

 ただし、速度的にUSB2.0で、急速充電(PD)に対応しないので、充電時間は4時間です。

 拡張機能は、microSDカードスロットが付属する点が大きな魅力です。

 1TBまで対応で、写真や動画など大容量のデータをの保存も可能です。

 201906141610.jpg  

 AIアシスタント機能は、AmazonのAIであるAlexa(アレクサ)を搭載します。

 同社のAIスピーカー(Echo)を利用するのと同じAIがタブレットでも呼び出せます。

1・Amazon Musicの再生
2・Prime Videoの再生
3・家電製品のON/OFF
4・ニュースや天気予報を聞く
5・アラームやタイマーの設定
6・音声による買い物

 タブレットを「ハンズフリーモード」にすれば、AIに、色々お願いすることが可能です。

 Alexaの場合、スマホにおける「アプリ」のような「スキル」を覚えさせられるため、できる事は後から増やせます。

 詳しくは、【Amazon Echoの比較記事】でも紹介しました。

---

 以上、Amazon Fire 7 の紹介でした。

 この水準のタブレット端末を1万円以下で買えるのは、相当な「価格破壊」です。

 先ほども書いたように、Amazonnユーザーを増やすための宣伝も考慮に入れての価格なのだと思います。


 202209291454.jpg

 【2022年10月発売】(第12世代)

 【32GB】

 2・Amazon Fire HD 8 【ブラック】
 3・Amazon Fire HD 8  【ブルー】
 4・Amazon Fire HD 8 【ローズ】
  ¥13,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【64GB】

 5・Amazon Fire HD 8 【ブラック】
 6・Amazon Fire HD 8 【ブルー】
 7・Amazon Fire HD 8 【ローズ】
  ¥13,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:8インチ
解像度:1280 x 800 (189ppi)
CPU:2.0GHz 6コア
RAM:2GB
バッテリー: 12時間
Wi-Fi:Wi-Fi5(11ac)
カメラ:2Mフロント+2Mリアカメラ
サイズ:202 x 137 x 9.6mm
重さ:337g

 Fire HD 8は、Fire7 の画面をやや大きくして、8インチにした上位モデルです。

 2022年に2年ぶりにモデルチェンジされ、(単独では)6世代目の機種となりました。

 Fireシリーズ全体としては、第12世代に位置します。

 1世代前(4コア)と比べると、コア数が6コアに増えたほか、軽量・高耐久のガラス素材への変更(強化アルミノシリケートグラス)があり、強度も上がりました。

 202005141042.jpg

 ディスプレイのサイズは、8インチです。

 Fire 7より1.5cmほど広く、値段差以上に「見やすく」なっています。

 液晶の品質は同じくIPSパネルで綺麗です。

 画面解像度は、1280 x 800となります。

 Fire7と違いハイビジョン(HD)表示に対応できるので、商品名に「Fire HD」と表記が入ります。

 画面を見比べると分かりますが189ppiと表示精度が向上しています。

 その点で、Fire7より画質は良いと言えます。

 ハイビジョン画質をそのまま観れるスペックですから当然でしょう。

 202209300851.jpg

 重さは、337gです。

 旧機より5%ほど軽くなりましたが、それでも、画面が大きな分やや「重い」です。

 持ち運ぶのにも、使うのにも無理ない重さです。しかし、「寝転がった格好で、片手で見る」のは疲れると考えてください。

 ソファや机など普通の格好をしてみる分には画面も大きいですし、軽量で持ちやすい機種です。短時間なら片手でも持てるでしょう。 

 202209300854.jpg

 ちなみに、このブログの【iPadの比較記事】で紹介した、AppleiPad mini(定価78,800)は、8.3インチの画面サイズで、重さは293グラムでした。

 比較すれば、Fire HD 8は多少重めですが、同じような使い方ができる、小型タブレットと言えます。

 CPUは、6コアで、クロック数は最大2.0GHzです(MT8169A )。

 新世代でコア数がアップしたため、性能は(旧機比で)30%向上したとされます。

 旧機は、現行のFire 7と同スペックだったので、下位機に対しても30%性能が良いと言えます。

 物理メモリは、2GBとFire7と同じです。

202005141127.jpg  

 記憶容量(ストレージ)は、32GB64GBが選べます。

 重さは変わらないので、必要なサイズを選べば問題ないです。

 32GBでも、漫画などを大量に保存するユーザーでも満足できるでしょう。

 音楽や動画も多く保存したいならば、64GBを選ぶ意味はあります。

 WI-FIは、本機も、Wi-Fi5世代(11ac)です。

 カメラも同じく2メガピクセルです。

 動画はハイビジョンなら撮影できます。

 バッテリー寿命は、12時間とだいぶ長く使えるようになっています。

 充電の使用はFire7と変わらず、USBケーブルと電源アダプタも付属です。

 充電時間は5時間と速くはないです。

 202205272019.jpg

 【64GB〜512GB】

 Samsung microSDXCカード
  ¥980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 拡張機能は、microSDXCカードスロットが付属します。

 最大で1TBサイズまでフォローします。

  201806201108.jpg

 音質の部分では、サウンド面の進化が魅力です。

 ドルビーAtmosに対応するからです。

 ホームシアターなどでも使われる技術で、立体感・臨場感のある音が仮想再生できます。動画配信(Netflixなど)でも、対応するコンテンツが増えています。

 センサーは、Fire7にも装備されるアクセロメータ(加速度センサ)に加えて、環境光センサーが装備されます。

 周囲の明るさに応じた照度が調整可能です。

 202005141104.jpg

 AIアシスタント機能は、搭載です。

 そのほか、本機は、通知を自動的にOFFとする「ゲームモード」も搭載です。

----

 以上、Fire HD 8の紹介でした。

 Fire 7と最も大きな違いは、画面解像度です。

 画面サイズも大きくなりますが、それよりも「美麗さ」の部分で、本機を選ぶ価値があります。この部分だけでも、Fire7とは値段差に見合う快適さがあると言えます。

 ゲームほか、動画をよく見る場合は、Fire HD 8ならば「HD画質」に対応できる水準ですし、追加投資する意義はあります。

 寝転がって利用するには、Fire 7も軽量で快適ですが、ソファなどで普通の格好で利用するぶんには、画面が十分大きく、画質も良いこちらが魅力的です。


 202005141059.jpg

 【2022年10月発売】(第12世代)

 【32GB】

 8・Amazon Fire HD 8 Plus
  ¥15,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 (充電スタンドセット)

 9・Amazon Fire HD 8 Plus
  ¥(17,960) Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【64GB】(執筆時在庫なし)

 10・Amazon Fire HD 8 Plus
  ¥(17,980) Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 (充電スタンドセット)

 11・Amazon Fire HD 8 Plus
  ¥(21,980) Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:8インチ
解像度:1280 x 800 (189ppi)
CPU:2.0GHz 6コア
RAM:3GB
バッテリー: 12時間
Wi-Fi:Wi-Fi5(11ac)
カメラ:2Mフロント+5Mリアカメラ
サイズ:202 x 137 x 9.5mm
重さ:342g

 Fire HD 8 Plusは、Fire 8 HDの「プチ上位機」です。

  現行モデルですが、32GBの充電スタンドなしバージョン以外は執筆時在庫なしでした。

 1世代前の旧機種(2020年・第10世代)と比べて、CPUとガラス強度の部分が向上しました。

 一方、1つ上でみた(現行世代の)Fire HD 8と比べた場合の性能面での違いは、少ないです。

 メモリー(RAM)3GBと増量される部分と、リアカメラが5M(500万画素)と少し良くなる程度です。

 202005141110.jpg

 Fire HD 8 Plus用 ワイヤレス充電スタンド
  ¥(5,980) Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 しかし、充電スタンド「あり」とあるモデルは、(通常は)別売のワイヤレス充電スタンドとのセット販売です。

 202010030917.jpg

 ワイヤレス充電スタンドは、Fire HD 8 Plus専用設計の充電器兼用スタンドです。

 Qi無線充電対応なので、置くだけで充電ができます。

 最大10Wの給電力で、充電は3時間未満です。

 スタンドはFireHD 8での起動保証はないので、欲しい場合は、Fire HD 8 Plusを選ぶ必要があります。

 Qi規格ですので、他社のQi規格の充電器でも本機の充電はできますし、逆に、スマホの充電を本機でも(理論的に)可能です。

 ただ専用設計なので、iPhoneなどを充電しようとすると最大出力は5Wです。

 202005141236.jpg

 Amazon PowerFast急速充電器(9W)
  ¥1,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 同梱されるUSB充電アダプタは、9Wの急速充電器です。

 Qiの場合とだいたい同じスペックなので、有線でも3時間で満充電可能です。

 202005141118.jpg

 使い勝手の部分では、Showモードは言及に値します。

 スタンドに置いたとき、自動的に横向き画面の移行する機能です。

 スピーカー搭載なので、画面付きのAIスピーカー代わりとしても普段運用したいかたにも向くでしょう。

 そのほかの部分は、先ほど見た、Fire HD 8と同じです。

---

 以上、Fire HD 8 Plusの紹介でした。

 性能面ではさほどFire8HDと差は感じません。

 ただ、 ワイヤレス充電スタンドが欲しい方は、本機の「充電スタンドあり」のモデルに限っては、利便性が増すので、選ぶ価値はありそうです。


 202309241132.jpg

 【2023年10月発売】(第13世代 新モデル)

 【32GB】

 12・Amazon NEW Fire HD 10 【ブラック】
 13・Amazon NEW Fire HD 10 【ブルー】
 14・Amazon NEW Fire HD 10 【パープル】
  ¥19,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【64GB】

 15・Amazon NEW Fire HD 10 【ブラック】
 16・Amazon NEW Fire HD 10 【ブルー】
 17・Amazon NEW Fire HD 10 【パープル】
  ¥23,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:10.1インチ
解像度:1920 x 1200 (224ppi)
CPU:2.05GHz × 2 + 2.0GHz × 6
RAM:3GB RAM
バッテリー: 13時間
Wi-Fi:Wi-Fi5(11ac)
カメラ:2Mフロント+5Mリアカメラ
サイズ:246 x 164.8 x 8.6mm
重さ:434g

  NEW Fire HD 10は、Amazon Fireの大画面モデルです。

 2023年10月登場の「第13世代」が最新機です。

 Fire HD 10の旧機は、2021年発売の「第11世代」でした。(旧機の在庫があるので)違いはあとで詳しく書きます。しかし、CPUの高速化など、着実な進化を見せています。

 202309241144.jpg

 重さは、434gです。

 他社の10インチクラスのタブレットは、450g前後の場合が多いので、少しだけ軽めです。

 ディスプレイのサイズは、10.1インチです。

 最も小さいFire7と比べると、横6cm・縦4cmほど大きなディスプレイです。

 解像度は、WUXGA(1920x1200)です。

 冒頭書いたように、映像コンテンツに多いフルHD(1920×1080)水準を超えており、動画視聴向きです。Fire HD 8までは、ハイビジョン(HD)クラスですので、 この機種を選ぶ場合の最大のポイントです。

 正確に言えば、WUXGAはフルHDと縦横比が少し変わります。しかし、動画を見る際もやや黒帯が多めかな?と感じる程度であり、歪んで表示されるわけでもないです。

 ここは気にしなくて良いです。

 画面密度も、224ppiと、下位機より高詳細です。

 この部分で、「動画視聴」を重要な購入理由とされるかたは、画面サイズを含めて特におすすめな一台です。

 質のよいディスプレイは部品代が高価なのですが、Amazonの企業規模の力で、この価格を実現できているのでしょう。

 バックライト輝度も下位機よりも本機の方が明るいと言えます。

 202309241150.jpg

 Amazon Fire HD 10 (第13世代) 用カバー
  ¥5,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 立て掛けてみる場合、純正カバーが便利で、カバーの一部を折り曲げることで、TVのように立て掛けておける点で、動画視聴に向く機種です。

 ただし、ワイヤレス充電は、本機については「未対応」です。

 CPUは、最大2.05GHzの2コアと、最大2.0GHzの6コアを組み合わせた8コア(オクタコア)です。

 Arm系のCPUだとこうした組み合わせは割と多いです。省電力性(バッテリーの保ち)と、処理力を両立させるための工夫です。

 処理能力は、1世代前(第11世代)のFire 10 HDのCPU(MT8183)と比べて、Amazonによると約25%の向上です。

 メインコアの世代交代(Cortex-A76)に由来するものです。2世代前のFire 10 HD(2019年機)をお持ちの場合、合計で50%以上速いと言えます。

 記憶容量は、32GB64GBが選べます。

 201809072016.jpg

 WI-FIは、11ac対応(Wi-Fi5)です。

 ルーターの通信安定性や速度は、このブログの【無線LANルーターの比較記事】で詳しい説明があります。

 カメラは、フロント2メガ、リア5メガなので、Fire8 HD プラスと同じです。

 202005141236.jpg

 バッテリー寿命は、13時間です。長時間のフライトなどにも対応できるでしょう。

 充電は、本機は9Wの急速充電器が同梱されるので、約4時間で満充電になります。

 充電スタンドは、未付属です。

 ワイヤレスQi充電もしたがって対応できません。

 202205272019.jpg

 【64GB〜512GB】

 Samsung microSDXCカード
  ¥980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 拡張機能は、microSDXCカードスロットが付属します。

 なお、最大1TBまでです。

 音質は、Fire HD 8と同じく、音質面でドルビーAtmosに対応します。

 センサーは、アクセロメータ(加速度センサー)と環境光センサー(照度センサー)です。

 そのほかは、下位機種と変わりません。

---

 以上、 NEW Fire HD 10の紹介でした。

 10インチの大画面は、主に、机に座って正しい格好で使う方におすすめのサイズです。

 とくに、動画の閲覧では、快適度は高そうです。また、純正のカバーは、自宅で立て掛けての利用に便利ですし、バッテリーもタフなので、外出時に持ち出して使うにも便利でしょう。

ーーー

 202104272249.jpg

 【2021年5月発売】(旧 第11世代)

 【32GB】

 19・Amazon Fire HD 10 Plus
  ¥22,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 (充電スタンド付属)

 20・Amazon Fire HD 10 Plus
  ¥26,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:10.1インチ
解像度:1920 x 1200 (224ppi)
CPU:2.0Ghz×8
RAM:4GB RAM
バッテリー: 12時間
Wi-Fi:Wi-Fi5(11ac)
カメラ:2Mフロント+5Mリアカメラ
サイズ:247 x 166 x 9.2mm
重さ:465g

 なお、一部サイズだけ、旧機種(第11世代)が残ります。

 新機種と較べる場合、CPUは8コアながら旧型(MediaTek Helio P60T)なので、処理的に25%ほどの差があります。消費電力の関係で、バッテリー持続時間も1時間短いです。

 加えて、廃熱やパーツの関係でこのサイズのタブレットでは9.2mmと若干厚みがあったので、持ちやすさの観点でも、すこし劣ります。

 202104272317.jpg  

 正確に言えば、現状でまだ残っているのは、旧世代だと「プチ上位機」だったFire HD 10 Plusです。

 Fire HD 10と較べる場合大きな違いは、ワイヤレスQi充電に対応する点です。

 Fire HD 8 Plusもそうでしたが、本機も充電スタンドとのセット販売があります。

 充電期間は、15W給電なので、Qiだと3.5時間で終わります。

 Fire HD8 Plusと同じで、本機以外の充電に使う場合、5Wと低速になる専用設計です。

 あとは、メモリー(RAM)が4GBと多少多い以外は、Fire HD 10と同じです。


 結論的にいえば、CPUが「旧世代」なのが問題点でしょう。

 ただ、大画面の上位機だと「ワイヤレスQi」充電ができるのは旧機だけです。リビングなどの「定位置」において、使いたいときに「さっと」取り出して使えるのは便利ではあるので、その部分を重視したい場合、選択肢にはなるでしょう。


 202305261742.jpg

 【2023年6月発売】(第13世代・新モデル)

 【64GB】

 21・Amazon Fire Max 11
  ¥34,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【128GB】

 22・Amazon Fire Max 11
  ¥34,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

ディスプレイサイズ:11インチ
解像度:2000 x 1200 (213ppi)
CPU:2.2GHz×2 2.0GHzx6
RAM:4GB RAM
バッテリー:14時間
Wi-Fi:Wi-Fi6(11ax)
カメラ:8Mフロント+8Mリア
サイズ:259.1 x 163.7 x 7.5mm
重さ:490g

 Fire Max 11 は、Amazon Fireの最上位機です。

 2023年夏登場の機種です。

 FireHD 10と同じで、仕事や動画に「大画面」が欲しい方に向くグレードです。

 202305261647.jpg

 重さは、490グラムです。

 重さを感じる大台といえる500gをギリギリ切るように調整しています。

 他社の11インチ前後のタブレット(Android系)と同じほどです。

 その上で、注目するべきは、7.5mmいう薄さです。

 薄くするのは「技術」が必要ですが、本機はその部分に工夫があります。

 AppleのiPadもそうですが、薄いほど重さに比して「持ちやすくなる」とはっきり言えます。

 本体サイズも、Fire10に対してわずか1cmほど長くなるだけです。

 剛性は薄いと心配ですが、堅牢なアルミニウムボディで、下位機より逆に頑丈です。

 ディスプレイのサイズは、11インチです。

 サイト記載はないですが、実際は視野角の広いIPS系です。

 タブレットは、IPS系でも調達価格は安いので、中級以上で他パネルの場合はないです。

  202305261658.jpg

 解像度は、Amazonは2K(2000x1200 )と表記しています。

 しかし、実質的に、Fire10と同じWUXGAと考えて良いでしょう。

 最近のタブレットは多いのですが、(主にデザイン性の向上の為)液晶画面の四隅をカーブにするので、数字が合わない場合があります。本機もその類でしょう。

 画面密度は、213ppiです。

 Fire HD10より僅かに落ちますが、やはりカーブデザインだからの数字でしょう。

 パネルスペック面ではFire HD10に少なくとも負ける部分はなさそうです。

 CPUは、最大2.2GHzの2コアと、最大2GHzの6コアを組み合わせた8コアです(MTK8188J)。

 第13世代のFire HD 10より約25%の処理力が高いです(第11世代に対しては50%)。

 メインコア(Cortex-A78)の処理力が高く、メモリ量も25%多いため、性能面でしっかり差が付いています。

 バッテリー寿命は、14時間と長いです。

 省電力性の部分は、新CPUの恩恵で(はっきりと)優秀です。

 充電は、下位機種と同じで9Wの急速充電器が同梱されます。

 ただし、本機もワイヤレスQi充電は非対応です。

 記憶容量は、64GB128GBが選べます。

 201809072016.jpg

 WI-FIは、11ax対応(Wi-Fi6)です。

 2021年頃から普及した新しい規格で、対応するルーターをお持ちの場合、下位機より高速につながります。

 旧来のルーターでもむろん利用可能です。しかし、対応ルーターを導入すると、速度ほか、ご自宅全体の端末の通信安定性もあがります。

 個人的には、この際買い替えて、合わせてしまうのは「おすすめ」です。

 詳しくは、このブログの【無線LANルーターの比較記事】で説明しました。

 202305261722.jpg

 カメラは、フロント・リアとも8メガです。

 下位機種よりかなり良いです。フロントも強化しているのは、テレワークのニーズからでしょう。

 この水準だと顔認証もできそうです。それは(残念ながら)非対応ですが、本機は指紋センサーがつくので、ログインは楽です。

 この部分も下位機種との違いです。

 202205272019.jpg

 【64GB〜512GB】

 Samsung microSDXCカード
  ¥980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 拡張機能は、microSDXCカードスロットが付属します。

 最大1TBまでです。

 音質は、本機も音質面でドルビーAtmosに対応します。

 センサーは、下位機種同様のアクセロメータ(加速度センサー)環境光センサーほか、ホール(磁気)センサーです。GPSは、Fireタブレットの場合、上位でも未搭載です。

 202305261730.jpg

 Fire Max 11 キーボード付きカバー
  ¥10,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 なお、ホール(磁気)センサーは、キーボード付きカバーとの電源連動のために使われるものです。

 後ほどアプリの説明でふれますが、2021年から、AmazonのOS(FireOS)は、マイクロソフトオフィスを公式に利用できるようになっています。

 それを利用したい場合に、こうしたカバーは特に便利と言えます。

 202305261735.jpg

 Fire Max 11 スタイラスペン
  ¥4,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)  

 アクセサリーは、このほか、専用のスタイラスペンが用意されます。

 電池式(単6)で、6ヶ月のバッテリー寿命です。

 細かい筆圧検知ができないので「お絵かき用タブレット」ではないにせよ、仕事ほかに便利なのは変わりません。 

---

 以上、Amazonの Fire Max 11の紹介でした。

 性能は3.5〜5万円以下クラスのAndroidタブレットと比べて遜色がない水準です。FireHD 10と比べても、性能面でしっかりと「上位機」と言えます。

 多少安めの値付けなので、Amazonサービスを中心に利用している方や、下位機からの乗換えという方は、特に「本機を選ぶ意味はある」でしょう。

ーー

 202305261742.jpg

 【2023年6月発売】(第13世代・新モデル)

 【64GB】

 【+スタイラスペン】

 23・Amazon Fire Max 11
  ¥38,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【+キーボード】

 24・Amazon Fire Max 11
  ¥43,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【+キーボードスタイラスペン】

 25・Amazon Fire Max 11
  ¥47,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【128GB】

 【+スタイラスペン】

 26・Amazon Fire Max 11
  ¥43,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【+キーボード】

 27・Amazon Fire Max 11
  ¥48,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 【+キーボードスタイラスペン】

 28・Amazon Fire Max 11
  ¥52,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 なお、 Fire Max 11は、本体とキーボードカバー・スタイラスペンのセット品もあります。

 セット買いする場合、1点につき約1000円ほど「お買得」です。

 必要に応じてですが、選んでも良いかと思います。


 202309241238.jpg

 【2023年10月発売】(第13世代 新モデル)

 【32GB】

 29・Amazon NEW Fire HD 10 キッズモデル
  ¥23,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

サイズ:267 x 208 x 27mm
重さ:670g

 NEW Fire HD 10 キッズモデルは、名前の通り「子供用」として販売されている製品です。

 複数サイズの展開がありますが、こちらが最も大きいモデルです。

 本体の性能は、(大人向けの)Fire HD 10(第13世代)と同じです。

 202309241239.jpg

 コンテンツは、一方、こども専用になります。

 3才から12才までに対応する、使い報道の子供向けコンテンツセットである、【Amazon FreeTime Unlimited】の1年間の無料利用権が付属します。

 ベネッセと提携した英語や、プログラミングなどの学習アプリのほか、学習マンガ・児童書・ビデオ、図鑑などの子供向けコンテンツが使い放題です。

 知育を兼ねた「一人遊び」に適した製品です。詳しいコンテンツは【こちら】で確認できます。

 他社の類似サービスと比べれば、小学校向けの学習塾(通信教育)的な要素は薄く、「知育優先」なコンテンツ構成です。それらとは目的が「被りにくい」ですし、とくに、中・低学年までの子供の場合は、良いさそうな部分があります。

 201903311602.jpg

 遊びすぎを防いだり、利用コンテンツを確認できる「見守り設定」もできます。

 ご家庭がプライム会員の場合は480円、それ以外でも980円の月額で利用できるサービスなので、その分の値段が本体にはいっていると言えます。


201903311601.jpg

 その上で、落としても壊れにくいケースと、万が一壊れても、2年間の限定保証が付属するので、全体として言えば、お得度は相当高いです。

 なお、人工知能Alexaについては、キッズモデルの場合「大人用プロファイル」でのみ利用可能です。

 要するに「(教育上)余計なことを聞かないよう」調整されています。

ーーー

 このほか、キッズモデルは、以下のバリエーションがあります。

 順番にみておきます。

 202309241249.jpg

 【2023年10月発売】(第13世代 新モデル)

 【32GB】

 30・Amazon NEW Fire HD 10 キッズプロ
   ¥23,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

サイズ:256 x 190 x 17mm
重さ:659g

 第1に、 Fire HD 10 キッズプロ(第13世代)です。

 202309241252.jpg

 本機も(大人用の)Fire HD 10(第13世代)をベースにした点では同じです。

 ただ、写真のようにケースを「スリム」にしています。

 さほど軽いわけではないですが、6歳(小学生)以上で、自分で学校などに持ちはこぶ場合に便利な仕様にしています。

 中身のOSは、先ほどの機種と同じです。

 設定すれば、小学生にカスタマイズされたコンテンツ内容(小学生新聞・プログラミング・図鑑など)にできますが、これは原理的に、スリム型でなくても可能です。

---

 結論的にいえば、基本的に「カバー」以外は同じですから、子供の年齢と好みで選んで良いでしょう。ただ、キーボードを利用するなどのプログラミング学習は、形状的に、こちらのほうがやりやすそうです。

ーーー

 202205272003.jpg

 【2022年6月発売】

 【16GB】

 31・Amazon Fire 7 キッズモデル
 32・Amazon Fire 7 キッズモデル
   ¥13,980〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

サイズ:220 x 161 x 25.8mm
重さ:429g

 202209301005.jpg

 【2022年10月発売】

 【32GB】

 33・Amazon Fire HD 8 キッズモデル
   ¥17,980 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

サイズ:222 x 180 x 27mm
重さ:518g

 第2に、Fire 7・Fire 8 キッズモデルです。

 いずれも、通常の(スリムではない)キッズモデルの、画面が小さめの機種です。

 同じように、2年間の限定保証と【Amazon FreeTime Unlimited】の1年間の無料利用権が付属します。

 カバーが付く部分以外の性能は、「大人版」と基本的に同じです。

 202005141309.jpg

 Fire 7 キッズモデルは、ハイビジョン非対応の7インチ液晶です。

 ある程度のサイズがあった方が、(食い入るように見がちな)子どもの目には良いかと思います。あまりおすすめはしません。

 202005141145.jpg

 Fire HD 8 キッズモデルは、サイズ的に、2機の中間です。

 キッズ用として初めに出されたサイズです。

 ハイビジョン対応で、重さと画面サイズのバランスも良いと言えます。

----

 結論的にいえば、現状で手に入るモデルのうち最もオススメなのは、一番最初にみた「Fire HD 10 キッズモデル」(右下)です。

 カバー付きで少し重め(716g)です。

 202208261233.jpg

 持ち手兼用のスタンドも付きますし、使っていて重ければ、子供のほうが(その創造力で)工夫して使うでしょう。

 軽めで安い「Fire HD 8」も候補です。最初に出た機種ですし、子供でも軽く使えるでしょう。

1-3・Fire HDにできること

 さて、ここからは、Amazon Fire タブレットで「できること」をいくつかの観点から紹介してみます。


 201806201129.jpg

 第1に、読書端末としての利用です。

 もよhs「読書端末」として専用設計されたものですので、読書端末として非常に優秀です。

 文字のコントラスト調整は、他社のタブレット端末に較べて細かく調整でき、目に優しく」見やすく設計されています。

 とくに、Amazonの電子書籍を見る場合、字間などの表示などについて、見やすいように最適化されます。

 夜の暗がりでの読書で目を痛めないようなBlue Shade機能など、「気が利く」機能も満載です。他社のタブレットでKindleを利用するよりも、使い勝手は明らかに良いです。

 201806201134.jpg

 漫画も、Fire HD 8以上の上位機は、カラー表示のコントラストも高いですし、横持ちでは快適に見開き表示できます。

 ラノベも、カラー表示に対応できる点で「白黒のKindle」よりも、挿絵などへの対応度が高そうです。

ーーー

 201806201137.jpg

 第2に、マルチメディア端末としての利用です。

 CPU性能は、どの機種もこの用途において十分な実力があり問題ないです。

 その上で、他社機に比べて、コンテンツ面が充実します。

 Amazonは、動画は「プライムビデオ」、音楽は「プライムミュージック」というサービスを展開しています。

 1年間の送料が無料になるプライム会員に申し込むと、これらのサービスが自動的に付与され、無料でかなりの数の映画やTV番組が視聴できます。

 ご存じのかたも多いでしょう。

 このサービスが良いのはダウンロード可能な点です。例えば、飛行機の移動中などでも「借りた」動画をオフラインで見ることができます。

 30日の無料体験こちら】もできますので、同時に試されると良いでしょう。学生ならば、Prime Studentこちら】で、プライムサービスの半額利用も可能です。

 こうしたサービスは(Fire端末でない)他社のタブレット・PCでもアプリ経由で視聴できます。

 サポートは、しかし、Fire HDで利用するほうがかなり「簡単」です。

 例えば、初期設定です。

 Fire HDを買われる場合、Amazonからアカウントに紐付きで届くので、「届いたらすぐに、設定要らずで利用」できます。

 加えて、万一「設定でトラブル」が生じた場合も、Fire HDの場合(ユーザーの同意のもとで)カスタマーサービスと「画面を共有」して「遠隔操作」でサポートも受けられます。

 このように、総合的に(本体価格が安い割に)「初心者に優しい」部分は、Amazon Fireの特性として強調できます。

ーーー

 202104280025.jpg

 Microsoft Office【アプリ】
  ¥無料 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 Microsoft 365 Personal 1年版
  ¥14,900 Amazon.co.jp (1/8執筆時)  

 第3に、ビジネス端末としての利用です。

 2021年からAmazonアプリストアで(正式に)マイクロソフトアプリが利用できるようになりました。

 PC用のフル機能ライセンス(Microsoft 365 Personal )と紐付けての利用ができます。

 とくに、Max11ならば、キーボード付きカバーが選べるほか、カメラ解像度も強化されたので、テレワーク・ノマドワークにも、結構高度に対応できると言えます。

 なお、Officeライセンスは、PC用をお持ちならばタブレットでも利用できます。

 ライセンス形態については【Office365の選び方記事】を別に書いています。興味のある方はご覧ください。

ーー


 201806201148.jpg

 第4に、インターネットブラウザとしての利用です。

 Amazonが開発するSilkという高速ブラウザが初期インストールされており、利用可能です。

 Eメールも、専用のメーラーが付いています。

 操作方法は、初期利用時には画面上で詳しい説明が出るため、初心者にはかなり優しい端末です。処理速度もこの用途なら、Fire7でも十分です。

 その他、FacebookTwitterアプリ、またYouTubeビデオにも対応します。

 また他社のタブレット同様に、自分で撮った写真やビデオなどを入れることももちろん可能です。

1-4・Fire アプリの利用と追加方法

 201806201153.jpg

 Amazonが採用するFireOSは、グーグルのAndroid OSをベースに開発・進化させてます。

 そのため、Android系のスマホやタブレットのように、好きなアプリを追加して利用することも可能です。ただし、 Fire OS という、android 7.12を改変した独自のOSを使っています。

 そのため、Androidアプリでも、FireOSで動くものとそうでないものがあります

ーー

 201806201155.jpg

 Fire 7対応アプリ一覧
 Fire HD 8対応アプリ一覧
 Fire HD 10対応アプリ一覧
 Fire Max 11対応アプリ一覧
  ¥0〜 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 上記のリンクページから、動作するアプリを検索できます。

 アプリのインストールは、端末から上記のページに掲載してあるアプリにアクセスし、アマゾンで購入するのが通常の方法になります。

 種類は豊富で、例えば、天気、クロック、電車の乗り換え案内、電卓、辞書、ビデオプレイヤー、ワープロ、カレンダーなど、一通り揃っています。

 もちろん、YouTubeDAZNのアプリもあります。

 201906141705.jpg

 OfficeSuite Professional 7
  ¥1,680 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 仕事用としては、先述のMicrosoftの純正アプリほか、比較的安めのオフィスアプリもあります。

 PDFビューアも各種揃っています。

 201906141706.jpg

 Minecraft: Pocket Edition
  ¥840 Amazon.co.jp (1/8執筆時)

 ゲームでは、マインクラフトほか、パズル&ドラゴンズ(パズドラ)ロードモバイル・FFBE・モンスターストライクなどの人気ゲームが対応します。

 ドラゴンクエストは1から8まで、Android系スマホでプレイできるものなら対応します。テトリスなど、レガシーもあります。

 201906141707.jpg

 AirReceiver
  ¥305 Amazon.co.jp(1/8執筆時)

 また、こちらのアプリを利用することで、Fire端末内の映像を、ご家庭のTVに投影させることも可能です。DAZN対応のアプリもあります。

ーーーー

 201806201200.jpg

 なお、Google Play(=Android専用のアプリストアのこと)を利用することはできません。

 ただし、別のAndroid端末を持っている場合は、「裏技的」にGoogle Playを利用する方法が一部ユーザーによって紹介されています。

 しかし、一般的ユーザーは、アマゾンのStoreだけでこと足りるので、リスクを冒すべきではないでしょう。

 201806011722.jpg

 どうしても、Google Playを使いたい場合は、このブログの【Android系タブレットの比較記事】で紹介した(純正の)Android搭載機を選択肢に入れても良いでしょう。

---

 一方、Amazon FireでもWebサイト上で配布されているAndroidアプリケーション(Dropboxなど)はインストールが可能なものがあります。

 ただし、あらかじめFire OSの本体設定(設定→アプリケーション→「不明ソースからのアプリ」)をONにしておく必要があります。

今回の結論
最新のAmazon Fireのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、Amazon Fire について、現行機種を全機種レビューしました。

 しかし、記事はもうすこしだけ「続き」 ます。

 201809072033.jpg

軽量性  ★★★★★
視認性  ★★★★★
処理能力 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 続く2回目記事こちら)では、PDF(自炊本)の閲覧にかかわる話を少ししたあと、ここまで紹介した全機種から、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら

---

 前半記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです!!

posted by Atlas at 16:04 | ノートPC・タブレット

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png