Top 掃除機・掃除用品 比較2022'【強力吸引】布団掃除機29機の性能とおすすめ・選び方 (1)

2022年10月21日

比較2022'【強力吸引】布団掃除機29機の性能とおすすめ・選び方 (1)

【今回レビューする内容】2022年 人気の布団クリーナーの性能とおすすめ・選び方:ダニ対策用のベッド・ふとん掃除機:レイコップ パナソニック ダイソン シャープ アイリスオーヤマ コードレス機対応:機能の違いやレビュー・性能ランキング

【比較する製品型番】EC-HX150-N Panasonic MC-DF500G MC-DF110C-P DYSON V7 Mattress HH11 COM V7 Trigger pro HH11MH PRO レイコップNewStyle レイコップ RS4-100JPWH RS2 RN RE RX RP アイリスオーヤマ FCA-B2H FCA-A3 IC-FAC2 IC-FAC2PZ IC-FAC3 IC-FAC4 KIC-FAC4 レイコップ PRO RS3-100JPWH Shark CH951J CH966J RPC-300JPWH RSC-300JPWH RSC-100JPWH RHC-300JPWH RHC-100JPWH ソウイジャパン SY-062 コイズミ カルスイ KCL-1010/W

今回のお題
ふとん掃除機・ふとんクリーナーのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、2022年10月現在、最新のふとんクリーナーの比較です。

 201809111325.jpg

1・布団専用掃除機の比較 (1)
 1-1:レイコップ〈韓国〉
 1-2:ダイソン〈イギリス〉
 1-3:パナソニック〈日本〉
 1-4:シャープ〈日本〉
 1-5:アイリスオーヤマ〈日本〉
2・布団専用掃除機の比較 (2)
 2-1:シャーク〈アメリカ〉
 2-2:コイズミ〈日本〉
 2-3:最終的なおすすめ機種の提案

 効果的な「ダニ対策」ができるかを主題に、レイコップダイソンを含めて、主要製品を紹介します。

吸引力(ベッド)★★★★★ 
吸引力(ふとん)★★★★☆
本体の操作性  ★★★★★★
総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 よろしくお願いします。

---

1・ふとん乾燥機の比較
2・ふとん掃除機の比較
3・ランク別の羽毛ふとんの比較

 なお、今回の記事は、このブログのふとん関係記事の1回目記事として書きました。

0・布団クリーナーの選び方の基本

 202112141253.jpg

 具体的な製品の比較にはいるまえに、「布団掃除機の選び方の基本」をあらかじめ書いておきます。

 ふとんクリーナーを選ぶ場合、注意するべきポイントは、お使いの寝具の種類です。

 お使いの寝具が「ふとん」なのか「ベッド」なのか、または、その「両方」なのかで、おすすめと言える機種が変わります。

 なぜなら、ふとんクリーナーは、上表のように、3タイプに分けられるからです。

 この部分について、順番に紹介していきます。

0-1・ふとん叩きタイプ

 201805160945.jpg

 第1に、「叩き出しタイプ」です。

 このタイプは、有名な、レイコップに代表されます。

 こちらは、1分間で10000回以上、布団に叩き振動を加えることで、「ゴミを叩き出して、そこそこの風量でダニを吸引するタイプ」です。

 201809111344.jpg

 このタイプは、畳に敷く伝統的な和布団には、とくに向きます。

 なぜなら、強風自慢の他機だと、「薄くて吸い付きやすい」日本の布団には使いにくいからです。

--

 結論的にいえば、そこそこの吸引力を、叩き出しで補うこのタイプは、「日本のふとん」には、最適な方式です。

0-2・強力吸込タイプ

 201809111509.jpg

 第2に、「吸引力を重視するタイプ」です。

 ダイソンに代表されますが、「掃除機のような強い吸引力で吸いこむタイプ」です。

 201809111332.jpg

 この方式は、厚みがある洋風ベッドのダニ対策において強力です。

 ダイソンはイギリスの会社で、基本的にベッド(マットレス)を想定し、開発しているからです。

----

 結論的にいえば、吸引力が強くくっつきすぎるので和ふとんには向かないですが、ベッドユーザーのダニ対策に効果的なのが、この方式です。

0-3・ハイブリッドタイプ

 201805161101.jpg

 第3に、「ハイブリッドタイプ」です。

 この分野にあとから参入した日本企業が多く採用する方式です。

 この場合、「叩き出し」と「吸引力」双方を強化した上で、吸引力を調整できる構造にしています。

 201809111352.jpg

 そのため、布団にも、ベッドにも、その他のファブリックにも、どれでも「そこそこ」対応できるような性質を持ちます。

 目的特化型ではないので、個別の能力は、以上の2タイプに及びませんが、総合性能では、評価ができる製品でです。

---

 結論的にいえば、広い一軒家などのご家庭で、色々な寝具のタイプがあるタイプのご家庭に向いています。

ーーー

 以上、フトンクリーナーの分類法の紹介でした。

 他にも、「コードレスかどうか」、「ゴミセンサーが付くかどうか」など、重要な部分はあります。

 しかし、そういったことについては、各製品を紹介しつつ、おいおい説明します。

ーーー

1・布団専用掃除機の比較 (1)
 1-1:レイコップ〈韓国〉
 1-2:ダイソン〈イギリス〉
 1-3:パナソニック〈日本〉
 1-4:シャープ〈日本〉
 1-5:アイリスオーヤマ〈日本〉
 1-6:シャーク〈アメリカ〉
2・布団専用掃除機の比較 (2)
 2-1:シャーク〈アメリカ〉
 2-2:コイズミ〈日本〉
 2-3:最終的なおすすめ機種の提案

 なお、冒頭書いたように、以下では、以上の順番で、メーカーごと、製品を紹介していくつもりです。

1-1・レイコップのふとん掃除機

 201805161000.jpg

 はじめに、韓国のレイコップです。

 202112141253.jpg

 言うまでもなく「布団叩きタイプ」の元祖です。

---

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを「赤字」で、イマイチな点を「青字」で書いていきます。


 201801261626.jpg

 【2017年発売】

 【吸引幅165mm】

 1・レイコップ RN VCEN-100JPWH
 2・レイコップ RN VCEN-100JPPK
  ¥15,950 楽天市場 (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.9kg
叩き出し:18000回(回転式)
吸引力:65W(吸込仕事率)
ゴミセンサー:なし

 レイコップ RNは、レイコップの発売する製品です。

 本機は、2010年代の「ふとんクリーナーブーム」の火付け役になった同社の製品の改良版となる、「第3世代機」です。

 接続方法は、コンセント式です。

 フトンの近くに電源ケーブルが必要なタイプです。

 吸引方法は、もちろん「叩き出しタイプ」です。

201707121533.jpg

 本機の場合、吸引ローラー部分の突起を利用します。

 緑色のフィンパンチブラシが、ふとん面に18000回振動を与えるという仕組みです。

 202004041630.jpg

 先述のように「叩き出し方式」は、吸い付きにくいのでふとん向きです。

 さらに、本機はフロントグリルの部分に、空気を逃す工夫があり、吸いつき問題にたいして、別の方面からのアプローチもなしています。

 201809111355.jpg

 いずれにしても、ホコリをたたき出してから、ローラー部分で吸引するので、レイコップは、日本のふとん叩きに近い仕組みです。

 綿を多用する日本式のふとんの場合は特に、「叩き出し式」は特に効果を発揮すると言えます。


 201707121605.jpg

 ダニ対策は、光クリーン機能が付属します。

 これは、11Wの紫外線ランプで、ダニの動きを止めて吸収しやすくするというものです。

 なお、紫外線自体はダニの根絶には効かないというのが定説です。

 そのため「止める」という表現になっています。

 tech_movie03.jpg

 吸引力は、仕事率として65Wです。

 余り高くないです。

 しかし、これは、強力すぎる吸引力でふとんが吸い付いてしまうことを防ぐという目的性があるので、問題ありません。

 実際、叩き出し機能との相互作用で、取れるゴミの量は多いです。

 清潔性は、99.9%の吸塵力を誇るHEPAフィルタを利用します。

 同機は、排気のクリーンさにも配慮があります。

---

 以上、レイコップ「第2世代機」となるRS2の紹介でした。

 冒頭にも書きましたが「ふとん」メインの寝具構成ならば、依然、選択肢になる製品です。

 発売から時間も経ち値段も下がっているので、その部分でも導入しやすいでしょう。


  201912271437.jpg

 【2019年】

 【1年保証モデル】

 3・レイコップPRO RS3-100JPWH
  ¥22,950 楽天市場 (10/21執筆時)

 【2年保証モデル】

 3・レイコップPRO RS3-100WH-C1
  ¥(25,300) Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.2kg
叩き出し:28800回(回転式)
吸引力:
ゴミセンサー:なし

  レイコップPRO は、2019年から展開される同社の上位モデルです。

 接続方法は、コンセント式です。

 フトンの近くに電源ケーブルが必要なタイプです。

  202004041646.jpg

 吸引方法は、こちらも「叩き出しタイプ」です。

 また、この機種は、下位機種を進化させた形式です。

 吸入部分にあるブラシを改良し、1分間に28000回の振動を加えるアクティブパンチブラシとなりました。

 吸引力は、下位機種の技術を踏襲します。

 フロントグリルの形状の工夫なので、布団に吸い付きすぎないような配慮があるなど、「ふとん用」として、高度です。

  201912271445.jpg

 ダニ対策としては、本機は、8WのUVランプ(波長253.7nm)を搭載します。

 そのほか、「ドライエアブロー」機能を搭載したが大きな特長です。

 こちらは、ふとん内部の湿気を60度の熱風で取り除く機能です。

 湿気を除き、ダニが繁殖しにくくします。

 また、同社の調査では、3秒以上密着させることで、ダニの死滅効果もあるとのことです。

 202004041655.jpg

 清潔性の部分では、本機も、99.9%の吸塵力を誇るHEPAフィルタを利用します。

---

 以上、レイコップPROの紹介でした。

 下位機種との大きな違いは、「ドライエアブロー」の搭載です。

 温風ケアをどのように評価するかは難しい部分です。

 201808161748.jpg

 【ふとん乾燥機の比較記事】で紹介したように、熱で完全に対策するには、60分以上熱風でさらさないと、あまり意味がないからです。

 その点をふまえれば、現状でレイコップ社の製品を選ぶならば、下位機種で良いでしょう。

ーーー

  202112141412.jpg

 【2020年】

 4・ ソウイジャパン SY-062
  ¥5,980 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.35kg
叩き出し:4000回(パッド式)
吸引力:30W
ゴミセンサー:なし

 なお、他社ですが、ソウイジャパン SY-062も、温風機能(50度)とUVランプ(6W 253.7nm)を搭載する、叩き出しタイプの製品を出します。

 202112141418.jpg

 安いですが、それぞれ、スペックがレイコップより下回るのですが、安いです。

 ただ、叩き出し構造がレイコップがかなり昔に採用していた「振動パッド式」です。吸引口もシンプルで、パワーも弱めなので、値段差分の性能差はありそうです。


  202112141305.jpg

 【2021年】

 5・NewStyle レイコップ RS4-100JPWH
  ¥22,000 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.42kg
叩き出し:3600回(回転式)
吸引力:
ゴミセンサー:なし

  RS4-100JPWH は、2021年に登場したレイコップの新型です。

 202112141307.jpg

 ポイントは、重さで、本機は1.42kgと、他社機を含めてもダントツに軽量にしています。

 接続方法は、本機は、コードレス式です。

 バッテリーは、標準運転で28分間ほど連続使用が可能です。

 パワーモードでも16分なので、1回の充電で、家族のふとんをまとめて掃除できるでしょう。

 充電は、3.5時間で満了です。

 202112141310.jpg

 吸引方法は、こちらも「叩き出しタイプ」です。

 UVランプと一体型構造で新設計です。

 一方、叩き出しの回数だけで言えば、毎分3600回ですので、ハンディタイプではだいぶ少ないです。

 202112141313.jpg

 一方、本機は吸引がサイクロン式となります。

 この方式だと、気流でゴミを分離するため、下位機種と比べて、吸引力の持続性は高いです。

 吸引力は、強力という表記しかないです。

 先述のように、布団の場合、「ひっつき」の問題があるので、強ければ良いと言うわけではないので、高ければよいというものではないです。

 ただ、本機だけは、他機に見られる「3分でハウスダスト除去効率90%以上」という表記がないのは注意点です。

 202112141319.jpg

 ダニ対策としては、本機も、UVランプを搭載します(6W 253.7nm)。

 コンパクト化で、すみまで光が届きやすいことをポイントとします。

 ランプ自体は、6Wなので、下位機より少し弱いです。

 202112141322.jpg

 一方、UVの機能性の説明を「ダニ除去」ような働きに止まらず、「除菌・ウイルス除去」という機能性を挙げています。

 温泉などにみられるコームのUV殺菌灯(253.7nm)と同じ波長ですので、効果はあるでしょう。

 202112141329.jpg

 なお、紫外線は目などに悪いですが、本機は、対象感知センサーがあり、ふとんから引き離すとUV光がとまるなど、(目に入らない)配慮はあります。

 ただ、それゆえ、暗い色(黒)のカバーやカーテンなどだと、反応しないケースはあるようです。

 効果については、評価を担保します。

 近接させての照射なので、無意味と言うことはないですが、期待値を得るためには、少なくとも、ゆっくり、ゆっくり操作(10秒前後)したほうがよいでしょう。

 202112141338.jpg

 なお、UV照射だけを行うUVオンリーモードを搭載し、その場合、120分の連続利用が可能です。

 清潔性の部分では、本機も、99.9%の吸塵力を誇るマイクロHEPAフィルタを利用します。

 ダストボックスのフィルターも水洗いできるほか、ヘッドの着脱も簡単で、毛絡みなども除去しやすいです。

---

 以上、レイコップ  RS4-100JPWHの紹介でした。

 布団のゴミが吸い出せるパワーをキープさせつつ、軽量性を追求した部分がポイントでしょう。

 ただ、同じくコードレス機で、同じUVランプも搭載されるスティック型コードレス機が先発でており、そちらも(布団掃除機としてつかうぶんには)十分軽量です。

 後でに紹介しますが、比較は必要でしょう。


  202010171001.jpg

 【2019年】

 6・レイコップRPC RPC-300JPWH
  ¥22,780 楽天市場 (10/21執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2.9kg
叩き出し:4200回(回転式)
吸引力:
ゴミセンサー:なし

  RPC-300は、2019年から展開されるレイコップの床掃除との兼用タイプです。

 掃除用途とのハイブリッド性があるため、両方の観点から見ておきます。

 接続方法は、コードレス式です。

 同社初のコードレス機でした。

 202010171009.jpg

 バッテリーは、標準運転で40分間ほど連続使用が可能です。

 パワーモードでも20分なので、ふとん掃除は1回で終わるでしょう。一方、ターボモードは、持続が6分間ですが、これは基本、床用です。

 充電は3.5時間で満了です。これは、最近の(床用の)掃除機としては長めです。

 ベットテリーは簡単に取り外して充電できます。床兼用に使う場合は、別売の予備があると便利でしょう。ただし、補修部品扱いなので、レイコップから購入する必要があります。

  202010171013.jpg

 吸引方法は、こちらも「叩き出しタイプ」です。

 フィンパンチブラシの「パワフル叩き」の回数としては、毎分4200回というスペックなので、専用機(PRO)に劣ります。

 ただ、本機は「3分でハウスダスト除去効率90%以上」という表記は残るので、パワー的には、先ほどみたコードレスのRS4-100JPWHよりは吸いそうです。

 202010171015.jpg

 本機の場合、中間のパイプと取り外して利用します。

 パイプがあったほうが、屈まなくてお年寄りには優しい気がしますが、利用時の角度の問題のほか、吸引力も関係しているのでしょう。

 202112141356.jpg

 ダニ対策としては、本機もUVランプを搭載です。

 ランプのW数は不明ですが、波長は同じで、記載のある効果も同じですから、差はないでしょう。

 ただ、UVランプだけ照射を行うUVオンリーモードはありません。

 202010171016.jpg

 一方、普通の床掃除には、別のヘッドが用意されます。

 このブログでは、【コードレス掃除機の比較記事】で100機近いコードレス掃除機も比較しています。

 それらと比較する場合、フローリング向けのソフトブラシ(上部)と、カーペット向けのメインブラシ(下部)が両方とも内蔵される「デュアルヘッド」である点は、とても面白いです。

 いずれもモーター自走式で、操作性も良好です。

 202010171025.jpg

 付属品は、このほか、ファブリック掃除に便利なミニモーターヘッドのほか、隙間ノズルなどが付属です。

 一方、床掃除用の他社機と比較する場合、いくつかの課題もあります。

 第1に、重量です。

 パイプ・ヘッドを合わせると、2.9kgとなります。床掃除用機としては、最重量級です。

 デュアルヘッド搭載のマイナスポイントで、女性やお年寄りにはすこしキツいでしょう。

 第2に、ゴミ圧縮です。

 スティック式の高級機は、サイクロンの場合、ゴミ圧縮機構があります。

 ゴミ捨て回数は減るほか、ゴミが取り出しやすい利点もありますが、本機は不採用です。

 202010171034.jpg

 第3に、収納性です。

 本機は、自立できない構造で、釘で打ち付ける方式のホルダーが必要です。

 ダイソンなど他社機も昔はこの方式でした。しかし、最近は賃貸などで使えるようにスタンドを付属させています。そのまま自立して置ける重心構造にしているメーカーもあります。

 本機は、先述のように、付属品が多いので、それらを共にうまく置けるスタンドが欲しかったところです。

  202010171023.jpg

 吸引力は、日本電産のデジタルインバータモータ採用です。

 バッテリー機ですが、それなりに吸引するでしょう。

 清潔性の部分では、本機も、99.9%の吸塵力を誇るマイクロHEPAフィルタを利用します。

 ダストボックスのフィルターも水洗いできます。

---

 以上、レイコップRPC-300の紹介でした。

 基本的には、メインは床掃除機で、高性能なふとん用ヘッドが付いているという製品です。

 他社の床タイプにも、ふとん用ヘッドが付いているモデルはありますが、「ここまで、高性能なものはない」ため、その部分で魅力があります。床掃除の部分も、デュアルヘッド採用で、じゅうたんにも対応できるため、使い勝手も良いでしょう。

 一方、本文で述べたような課題もあり、特にその重量感は、気にする必要もあるでしょう。

 「ハイブリッド性」は魅力ですが、収納に問題がないようならば、ふとん掃除と床掃除は「別に」考えても良いかなと思います。


 202010171044.jpg

 【2020年】

 【ふとん用UVヘッドあり】

 7・レイコップRSC RSC-300JPWH
  ¥27,830 楽天市場 (10/21執筆時)

 【ふとん用UVヘッドなし】

 8・レイコップRSC RSC-100JPWH
  ¥17,540 楽天市場 (10/21執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.7kg
叩き出し:6200回(回転式)
吸引力:
ゴミセンサー:なし

 RSC-300は、レイコップの兼用タイプの新型・軽量機です。

 100番台の下位機種もありますが、こちらについては、ふとん掃除機用のUVが未付属です。

 いずれも、2019年販売の旧機種( RHC-300JPWH・ RHC-100JPWH)の後継機ですが、モーターの改良で、「よりパワフル」になりました。

 接続方法は、本機もコードレス式です。

 バッテリーは、ロー38分、ミドル20分、マックス9分の稼働時間です。

 マックスは、床用でしょうし、持続時間は問題ないでしょう。

 充電は、3.5時間で満了です。

 着脱式で便利なバッテリーを含めて、この部分は、上位機とほぼ同じ仕様です。

  202010171048.jpg

 吸引方法は、こちらも「叩き出しタイプ」です。

 床掃除用とは別の専用品となる、UVヘッドが付属です。

 また、フィンパンチブラシの回転数が6200回に上がっている関係で、「3分で99%以上のハウスダスト除去効率」と、ふとん掃除機としての性能は、こちらのほうが良いです。

 202010171052.jpg

 本体の重さは、スティックヘッド込みで、1700gです。

 上位機の課題だった床掃除の際の本体の重さは、完全に解決された機種です。

 ただし、吸引力が自慢のデュアルヘッド構造は不採用です。

 1つの吸入口に、かき出し用のブラシを植毛したパワーブラシを採用増す。

 ただ、小型でパワー効率の良いブラシレスDCモーターを採用ししたこともあり、フローリングとじゅうたんに「両対応」としています。

 付属品は、上位機に比較すると、ミニモーターヘッドが付属しなくなります。

 ノズル類は、引き続き付属です。

 202010171058.jpg

 収納性の部分も、引き続きスタンドは未付属ですが、立てかけられる構造を採用するなど収納性に新たな配慮があります

 また、利便性の部分でも、ゴミ圧縮機構こそ未付属ですが、構造的に、ゴミ捨てがワンタッチ仕様になっており、楽です。

  202010171120.jpg

 吸引力は、小型のブラシレスDCモーターの採用で、じゅうたん対応とされます。

 ダニ対策としては、専用タイプの下位機種と同じ仕様で、UVランプのみ搭載です。

 清潔性の部分では、本機も、HEPAフィルタを利用します。

---- 

 以上、レイコップRSC-300の紹介でした。

(どうしても)ふとん掃除機と床用を兼用させたいならば、本機の方が良いです。

 ただ、モーターのパワーとヘッド構造、ダストボックスが圧縮サイクロンでない点を見ると、毛の長いカーペットに完全に対応するとは言いがたいです。

 本機の登場で、上位機を「廃版」にしなかったのは、そのあたりの事情もあると思います。

 結論的にいえば、ふとん掃除機と、ちょっとした床掃除に使える(メイン機ではない)サブ機との兼用機と言えます。

1-2・ダイソンの布団掃除機

 201805161025.jpg

 続いて、イギリスのダイソンです。

 202112141253.jpg

 冒頭書いた区分では、ベッドが得意な「強力吸込タイプ」となります。

 202006181451.jpg

 ただ【コードレス掃除機の比較記事】で書いたように、最近は、各社ともそれらのオプション(アクセサリー)として、マットレス専用ヘッドを装備させる場合が多いです。

 そのため、布団特化型クリーナーとしては、以下のダイソン機ほかはシャークが目立つ程度です。 


 201809111424.jpg

 【2017年発売】

 9・DYSON V7 Mattress HH11 COM
  ¥35,300 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.76kg
叩き出し:なし
吸引力:15気筒(サイクロン式)
ゴミセンサー:なし

 ダイソンV7 Mattressは、サイクロンクリーナーになります。

 接続方法は、コードレス式です。

 電源なしに利用できるタイプです。

 バッテリーは、20分間ほど連続使用が可能です。

 ただし、ふとん掃除用の強運転モードは、持続が6分間です。

 充電は3.5時間で満了です。

  201809111332.jpg

 吸引方法は、「吸引力を重視するタイプ」です。

 要するに、掃除機と同じです。

 「マットレス」の名が冠されていることから分かるように、ベッド用の厚手の生地が得意の機種です。

 重量は、1.76キロほどです。

 同社の最新のスティック式は、重い製品もありますが、本機は割と軽量です。

 叩き出しは、このタイプは、機能自体が付属しません。

 ダイソンは、以前、叩き効果に否定的な見解を出しており、今後の搭載もないでしょう。

 201805161032.jpg

 吸引力は、サイクロン方式を採用しますので強いです。

 サイクロンは、掃除機の吸引力の指標である「吸込仕事率」が正確にでません。

 しかし、ダイソンの場合、15気筒の強力なサイクロンを、同社のデジタルモーターV7で動かす仕組みです。

---

 結論的にいえば、パワーの部分でコード付きに引けを取ることはないです。

 201809111428.jpg

 ふとん掃除は、自走式のミニモーターヘッドで行います。

 パワーが強く、ダニがかき出されている感覚は強いです。

 ただし、先述のように、日本式のふとんの場合、吸引力がありすぎる点は問題なので、用途は選ぶとも言えます。

 202004041725.jpg

 ただ、その弱点は、ダイソンも了解しているので、「フトンツール」という、吸引力を弱めた専用ヘッドを付属させています。

 もちろん、「叩き出すタイプ」に較べたら、技術的な徹底度は低いでしょう。

 201809111429.jpg

 一方、本機の場合、フトンツール以外に、上記種類の「おまけ」が付属です。

 201809111432.jpg

 ダイソン延長パイプ(各色)
  ¥4,980 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 延長パイプを購入すれば、普通のクリーナーとしても利用できる仕様です。

 この用途の利便性を強調する方もいますが、布団とのヘッドの兼用は、不潔だと思います。

 そのため兼用で考える場合は、このブログの【おすすめコードレス掃除機の比較】で比較したような普通の掃除機で、(布団掃除用の)ミニモーターヘッドが「オマケ」で別に付いている機種を選ぶべきです。

 201809111436.jpg

 清潔性の面では、本機はポストモーターフィルターが採用されます。

 吸いこんだダニが再度舞い上がりにくくなっています。

 ゴミにアクセスせずに、ワンタッチで捨てられる点も強調できるでしょう。

---

 以上、ダイソンのV7 Mattressの紹介でした。

 吸引力については「折り紙付き」です。寝室が洋風ベッドである場合は、この機種は「断然オススメ」です。コードレスですから、自動車でも使えるでしょう。

 一方、和ふとんへの対応については、「フトンツール」でカバーしています。

 ただ、完璧ではないので、購入のメインの目的が、「フトン掃除」の場合については、あまりおすすめできません。

ーーー

 201809111420.jpg

 【ふとんツールなし】

 10・Dyson V7 Trigger HH11MH
  ¥38,500 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【全部付属】

 11・Dyson V7 Trigger pro HH11MH PRO
  ¥40,390 楽天市場 (10/21執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.76kg
叩き出し:なし
吸引力:15気筒(サイクロン式)
ゴミセンサー:なし

 なお、ダイソンのV7シリーズはこれとは別に2機種の選択肢があります。

 201809111444.jpg

 V7 Mattressと同じミニモーターヘッドが付属するため、同レベルのふとん掃除に対応できます。

 HH11MHは、しかし、布団ツールがないため、軽い布団には対応できません。また、延長ホースも未付属です。

 201809111451.jpg

 HH11MH PROは、布団ツールが付属し、その上で、カーチャージャー・延長ホース・ハードブラシが付属します。

 したがって、マットレスのほか、車のファブリック掃除に使いたい場合は良いでしょう。

 201809111454.jpg

 [並行輸入品]

 ミニモーターヘッド V7 V8シリーズ専用
  ¥6,080 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 ただ、車は、靴を履いて座る部分もあります。

 そのため、布団と兼用する場合の清潔性の面を重視するならば、ミニモーターヘッドを別に買っておき、使い分けるのも良いでしょう。

1-3・パナソニックの布団掃除機


 202009261018.jpg

 続いて、パナソニックの布団掃除機です。

 202112141253.jpg

 冒頭書いた区分では、布団に向く「ふとん叩きタイプ」と、「ハイブリッドタイプ」と、の2種類を展開します。


 201809111457.jpg

 【2015年】

 12・Panasonic ふとん掃除機 MC-DF110C-P
  ¥8,000 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.3kg
叩き出し:あり
吸引力:180W
ゴミセンサー:付属

 MC-DF110C-Pは、パナソニックのふとん掃除機です。

 同社は、日本の大手家電では初めてふとんクリーナーを発売したメーカーです。

 この商品は、初号機のMC-DF100Cに続く、2世代目の最新機になります。

 接続方法は、コンセント式です。

 201407231318.jpg

 吸引方法は、「叩き出しタイプ」です。

 吸いつきを防ぐために、ノズル部分に付いたローラーが叩く仕組みです。

 なお、表面のゴミのかき出し効果も同社は、強調します。

 吸引力は、180Wです。

 和ふとんへの対応の場合、強さが必ずしも有利ではないです。

 ローラーに結構な凹凸を付けることで、張り付きを防止する構造があるため、過度な心配は不要でしょう。

 ダニ対策は、本機は、紫外線温風どの機能は持ちません。

 ただ、こうした機能が効果的かは、疑問もあるため、この仕様で問題ありません。

 201407231330.jpg

 一方、本機は、ハウスダストセンサー(ゴミセンサー)を搭載します。

 ノズルに「赤外線センサー」を配置し、微細なダニやゴミを検知し、ランプで知らせる機能です。

 見えないホコリを取り切ったかどうか、目で判断できるので便利です。

 ただ、精度がよくない(70μm)ので、ダニの死骸や糞までの感知には対応しません

 202004041749.jpg

 付属品は、ロングホースアタッチメントのほか、小型ノズルとサッシ用のノズルが付きます。

 清潔性は、4層式のフィルターを装備しますが、集塵率などは非公開です。

---

 以上、パナソニック社のMC-DF100Cの紹介でした。

 かなり安めで、日本の大手のふとんクリーナーが手に入る点で貴重です。オプションも豊富でハンディクリーナーとして利用できる点も便利そうです。

 ただ、パナソニックは後ほど紹介する「ハイブリッド」機のほうに力を入れているので、そちらとの比較は重要でしょう。


 201805161039.jpg

【2015】

 13・パナソニック MC-DF500G-S
 14・パナソニック MC-DF500G-P
  ¥15,132 楽天市場 (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(450W)
ゴミセンサー:付属

 MC-DF500Gは、パナソニックの最新のふとんクリーナーです。

 接続方法は、コンセント式です。

 202004041800.jpg

 吸引方法は、「ハイブリッドタイプ」です。

 こちらも「吸い込み」重視の作りでありつつ、「叩き出し」に似たシステムも搭載します。

 201511231641.jpg

 叩き出しは、独立した振動パッド(ビートブラシ)を持ちます(2)。

 このブラシは、6000回/分で高速振動して、ほこりを「かきあげる」構造を取ります。

 表面に振動を与えつつ、かき上げたホコリをノズルに吸いこませます。

 シーツや薄めの布団が吸い付かず、しっかりとゴミをかき上げます。

 吸引力は、吸込仕事率としては、情報非公開です。

 ただ、450Wの電力を用いてモーターを動かす新開発のハイパワーモーターです。

 従来機よりもかなり性能が増しています。

 また、ビートブラシと(水色の)スムースローラーのおかげで、吸い付かずに駆動できるため、吸引力と操作性が両立できています。

201511231656.jpg

 ダニ対策は、同社の下位機種同様に、ハウスダスト発見センサーが強調できます。

 一方、本機のセンサー精度は高く、20μmまでの細かいダストを検知します。

 202004041759.jpg

 したがって、ダニの死骸や糞まで感知できる精度です。

201511231654.jpg

 交換用パック(S型) 10枚 AMC-U2
  ¥620 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 清潔性の面では、本機が、パック式を採用している点が強調できます。

 これは、ゴミを捨てる際にゴミが散らないようにという配慮です。

 ハウスダストの除去を最優先という設計です。

---

 以上、パナソニックのMC-DF500Gの紹介でした。

 強い吸引力を持ちつつ、張り付き防止に配慮がある、代表的な「ハイブリッド機」です。

 評判の高い、精度の高いゴミセンサーを採用する部分も魅力でしょう。

 ベッドとフトンに特化していないので、専門機には負けます。しかし、どちらも無難に対応できる点で、総合力で評価できる製品です。

1-4・シャープのふとん掃除機

 202105211625.jpg

 続いて、シャープです。

 202112141253.jpg

 冒頭書いた区分では、汎用的な「ハイブリッドタイプ」です。


 201805161048.jpg 

 【2015年発売】

 15・シャープ コロネ EC-HX150-N
 16・シャープ コロネ EC-HX150-W
  ¥14,382 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.4kg
叩き出し:12000回(回転式)
吸引力:(530W)
ゴミセンサー:付属

 コロネ EC-HX150は、シャープが発売するふとんクリーナーです。

 接続方法は、コンセント式です。

 吸引方法は、本機も「ハイブリッドタイプ」です。

 202004041811.jpg

 叩き出しには、回転ブラシに配置されたブレードを使う方式です。

 振動数はパナソニックの倍の12000回/分です。

 素材や径が異なるので単純に比較はできません。

 しかし、細かい振動を重視する部分では、むしろ、発想はレイコップに近いと言えます。

 吸入口は広めの21cmです。しっかりゴミを吸引します。

 202004041816.jpg

 吸引力は、本機は、ダイソンと同じでサイクロン式です。

 ただ、多気筒のサイクロンではないですし、パワーについては、ダイソンを下回るでしょう。

 また、本機は、回転ブラシにブレードが付く、レイコップのような構造ですから、そもそも吸引力はさほど高くない設計に思います。

 そのため、一時的に出力を上げるフルパワーモードがありますが、利用時には、後述する温風機能などとのバランスが崩れます。

 一方、弱くする分には、デリケートモードがあるので、ハイブリッド機ながら、強力すぎる吸引力があだとなりやすい、日本のフトンに向く形式でしょう。

201511231754.jpg

 ダニ対策は、センサーなどの工夫はないです。

 しかし、約40度の温風をフトンに出す仕組みがあります。

 レイコップ同様に、「ダニの爪を剥がし」吸いやすくする効果があるとしています。

 202004041822.jpg

 清潔性の面では、本機の場合、2段階のフィルターで、99.99%のアレル物質を補足するとの記述です。

 なお、ダニについては、サイクロン分離過程で、99%死滅するということです。

201511231752.jpg

 そのほか、パナソニックとは発想が異なりますが、割と清潔にゴミが捨てられます。

 また、本体の水洗いも可能です。

 そのほか、同社のプラズマクラスター発生機能で、枕の消臭ができる点が「売り」です。

---

 以上、シャープの「コルネ」シリーズの紹介でした。

 ハイブリッド機としては、吸引力にやや不安を感じる製品で、どちらかというと、用途はレイコップよりで、軽量な日本のフトン向きです。

 ただ、本体がかなり重い点は、日常の利用においては難点でしょう。

 おそらく、温風機能プラズマクラスター発生機能の搭載で、重量が増えてしまっていると思いますが、この用途の製品に、必要かは、すこし疑問です。

1-5・アイリスのふとん掃除機

 202105211641.jpg   

 続いて、アイリスオーヤマの布団掃除機です。

 ニッチな家電分野は特に得意とするメーカーです。

 同社も「ハイブリッド式」と言えます。


 202210211639.jpg

 【上位機種】(15000回転)

 (抗菌排気フィルターなし)2022年

 18・アイリスオーヤマ FCA-B2H-W
  ¥17,556 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 (抗菌排気フィルターあり)2019年

 19・アイリスオーヤマ KIC-FAC4
  ¥17,000 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【中位機種】(14000回転)

 (抗菌排気フィルターあり)2021年

 20・アイリスオーヤマ IC-FAC4
  ¥16,559 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.2kg
叩き出し:15000回(パッド/ローラー
吸引力:100W
ゴミセンサー:付属

 【下位機種】(7000回転)

 (抗菌排気フィルターなし)2022年

 21・アイリスオーヤマ FCA-A3-W
  ¥11,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 (抗菌排気フィルターあり)2019年

 22・アイリスオーヤマ IC-FAC3
  ¥8,980 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.6kg
叩き出し7000回(パッド式)
吸引力:70W
ゴミセンサー:付属

  FCA-B2Hは、アイリスオーヤマ布団クリーナーです。

 ここ数年、大手家電メーカーが新機種を投入しないなかで、新機種を多く投入しているのが同社です。

 202007081511.jpg

 発売時期や流通流通ルートの違いで複数の機種あります。

 しかし、基本は「叩き回数と吸引仕事率」の違いです。

 上位機中位機は、この点であまり差がないので、同モデルとみなして良いでしょう。

 下位機種( FCA-A3)は、1.6kgと少し軽めな一方で、吸引力と叩き回数が落ちます。

 ただ、後述するように、実際的な「叩き出しの回数」は上位機と数字ほどは変わりません。

---

 結論的にいえば、費用対効果の高いのは下位機です。

 202210211642.jpg

 【2個セット】

 ・アイリスオーヤマ CF-FHK3
  ¥2,178 Amazon.co.jp (10/21執筆時

 一方、2022年機は、全機種とも排気フィルターが書記添付されず別売になりました。

 なくても使えます。しかし排気の清潔さまで気にする方は、合計金額で較べましょう。2個セットで以上の値段です。

 201906151606.jpg

 接続方法は、どれもコンセント式です。

  202112141253.jpg

 吸引方法は、上位機・中位機は、100Wの仕事率ですし、構造的にも「ハイブリッドタイプ」と言えます。

 下位機も、ふとん叩き寄りではありますが、そういっても良いかと思います。

  202210211720.jpg

 叩き出し機能は、専用の叩きパッドを利用する方式です。

 下位機は、叩きパッドで7000回(旧機は6500回)です。

 202210211737.jpg

 上位機は、15000回です。

 しかし、叩きパッドで7000回で、回転ブラシの部分で「8000回」という計算です。

 この構造だと、おそらく主に「叩く」のはパッドの部分です。その点で言えば、下位機種と上位機種は、「叩き出し」の部分では、数字ほどの差はないと言えます。

 ただし、回転ブラシがある上位機は、ふとんほか、ファブリックに絡んだゴミ(毛など)は取りやすいかと思いますので、全く同じではありません。

 201812281033.jpg

 吸引力は、上位機・中位機は仕事率100Wで、下位機でも70Wです。

 いずれも「サイクロン式」です。

 同社の場合、一般的な横気流のサイクロンのほか、ヘッド内部で縦気流を起こしてゴミを吸引しやすくする仕組みが取られます。吸込みを重視した設計です。

 上位機を含め、吸引部にローラー(モーターヘッド)がない構造です。この点で言えば、100Wの上位機については、布団への吸い付きにおいて、やや懸念はあります。

 201812281040.jpg

 ダニ対策は、温風、紫外線などの工夫は本機もありません。

 ただ、ゴミの取り残しを知らせる「ダニちりセンサー(ゴミセンサー)」の搭載は目をひきます。

 センサー感度は約20μmまでですから、パナソニックの上位機と同じです。ゴミの残りを、サイクロン部分のイルミネーションで表示されるのが面白いです。

  202004041915.jpg

 CF-FT1 使い捨てフィルター 25枚
  ¥732 楽天市場 (10/21執筆時)

 なお、本機はサイクロン式ですが、使い捨てフィルターを用いることも可能です。

 この場合、ゴミ捨てが寄り簡単ですが、25枚は最初から付属しています。

---

 以上、アイリスオーヤマのFCA-B2Hなどの紹介でした。

 先述のように、このシリーズは下位機が、むしろ費用対効果の面で良いように思えます。

 サイクロン構造ほか技術的にも面白いですし、高感度型のゴミセンサーが付属して「この値段」というのは、お得感も感じます。

 重さの部分も、下位機種は1.6kgと軽量であり評価できます。

 吸引部分にローラーがない点で、ソファや毛布などの毛絡みの除去には少し向かないとはいえますが、「ふとん類専用」ならば十分でに思います。

 201812281018.jpg

 【2018年発売】

 【6000回叩き/分】IC‐JNFAC2同級品

 23・アイリスオーヤマ IC-FAC2
  ¥9,980 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【5800回叩き/分】

 24・アイリスオーヤマ IC-FAC2-W
  ¥10,490 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.6kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(400W)
ゴミセンサー:付属

 なお、同社の布団掃除機は、以上の2機のラインナップがあります。

 先ほどみた7000回転の機種の「旧仕様」と考えてください。

 こちらは、先述のオマケのフィルター(25枚)が付属しない機種です。

 202210211708.jpg

 一方、この世代は、布団をふっくらせ、ダニが繁殖しいにくい環境をつくるため、温風吹きつけ機能がありました。ようするに「排気の熱」ですが、先述のフィルターはもとはそのためにあったように思います。

 温風の効果は薄いでしょうし、ユーザーに望まれなかったので、搭載がなくなった形でしょう。実際、こちらを選ぶならば、新機種(下位機)のほうが良いかと思います。

次回に続く
ふとんクリーナーのおすすめは結論的にこの機種! 

 というわけで、今回は、ふとんクリーナーについて書いてみました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

 201809111325.jpg

2・布団専用掃除機の比較 (2)
 2-1:シャーク〈アメリカ〉
 2-2:コイズミ〈日本〉
 2-3:最終的なおすすめ機種の提案

吸引力(ベッド)★★★★★
吸引力(ふとん)★★★★★
本体の操作性  ★★★★★
総合評価    ★★★★★

 続く2回目記事こちら)は、今回見れなかった、シャークとコイズミの製品を追加で紹介します。

 その腕、記事の「まとめ」として、今回紹介した機種から、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 引き続き、よろしくお願いします。

 2回目記事は→こちら!

ーーー

 この前半記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 18:16 | 掃除機・掃除用品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png