Top 研究道具(ソフトウェア) 比較2020’【軽快!】ウイルス対策ソフト35点のおすすめ・選び方:Windows 10 PC向け:ノートン、ウィルスバスター、ESET、マカフィー、カスペルスキー

2020年08月04日

比較2020’【軽快!】ウイルス対策ソフト35点のおすすめ・選び方:Windows 10 PC向け:ノートン、ウィルスバスター、ESET、マカフィー、カスペルスキー

【今回レビューする内容】 2020年 安くて軽快!セキュリティソフト・アンチウィルスソフトの性能比較【Windows10対応】更新料の安さ・値段・使用台数などの点からのウィルス対策・セキュリティ対策ソフトの違いや性能ランキング

【評価する製品型番】カスペルスキー シマンテック ノートン 360 デラックス プレミアム スタンダードESET インターネット セキュリティ ウイルスバスター クラウド 3年版 マカフィー アンチウイルス インターネットセキュリティーリブセーフ・スーパーセキュリティZERO Webroot SecureAnywhere コンプリート プラス F-Secure ソースネクストインターネット セキュリティ G DATA インターネットセキュリティ 2016

今回のお題
PC向けで強力・軽量なセキュリティソフトのおすすめはどの製品?

 ども、Atlasです。

 今日は、2020年8月現在、最新のウィルス対策ソフトの比較です。

 201805191007.jpg

 ウィルス対策ソフトについては、この分野の「先駆け」と言える米国の「古豪」ノートンをはじめ、ウィルスバスター・マカフィー・カスペルスキー・キヤノンが、市場シェアの点で、日本における「5本指」です。

 今回の記事では、これらのメーカーの製品全てを比較します。

 180519-0003-21%.png

 その上で、「更新料無料製品」として一定の人気のあるソースネクストのZERO スーパーセロ」 など注目するべきソフトも併せて紹介していきます。

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別・価格別にAtlasのおすすめソフト!を提案していきたいと思います。

 比較的長い記事なので「おすすめソフト」だけ知りたい場合は、最後だけでもある程度分かるように書きました。

ーーー

 201805230836.jpg

1・Windows向けウイルス対策ソフト
2・Mac向けウイルス対策ソフト

  なお、今回は、Windows向けの記事ですので、Macユーザーの方は上記2番のリンク記事をご覧ください。

1・ウイルス対策ソフトの賢い選び方

 ウイルス対策ソフトは、最近は「総合セキュリティソフト」と呼ばれることのほうが多くなっています。

 機能が「ブラックボックス化」しており、分かりにくい部分ですが、重要なのは以下の4つです。

1・ウイルス対策
 =メール経由のウイルスの対策
2・マルウェア対策
 =ネットをみるだけで感染するウイルスの対策
3・フィッシング対策
 =フィッシング詐欺などを未然に防ぐ機能
4・ファイヤーウォール
 =公衆無線LANでの情報漏洩への対処

 大手のソフトは、この機能はすべて網羅されます。

 その上で、未成年の有害サイト対策(ペアレンタルコントロール)、個人情報の保護機能などで、他社との「差」を付けていますが、やはり最も重視するべきは、基本となる以上の4点です。

 ただ、現在的に言えば、冒頭にあげた「5本指」のメーカーについては、明確な性能差がほとんどない状況です。

ーーー

 201805191026.jpg

 一昔前は「ノートンが検出率1位!」などの比較記事が雑誌でも頻繁に特集されていたものです。

 しかし、軒並み性能が追いついたため、ユーザーレベルでは、昔ほど使用差を感じなくなっています。「コモディティ化が」進んでいると言えます。

 たしかに、プログラミングの出来・不出来は残ります。

 「ソフトが安定的に、軽くサクサク使えるか?」という部分では、まだ多少の優劣があります。ただ、この部分は、パソコン側のパフォーマンスである程度解決しうる問題です。

 もちろん、各製品についてユーザーの不満もあるわけですが、主には「通知がいちいちされて邪魔」など、設定によってユーザーで対処できる部分がほとんどです。

ーーー

 201805191007.jpg

 結論的に言えば、ことWindowsに限っていえば、(即時性や、細かい部分の相違はさておき)冒頭の「5本指」のメーカーならば、「ライセンス料の高低」が最も大きな相違と言わざるを得ません。

 現代において、セキュリティ対策は重要な分野だけに、ある意味「コモディティ化(商品間の性能差の喪失)」の進行が速かったとも言えるでしょう。

 201805191024.jpg

 一方、昔と変わらず重要だが軽視されている部分は、「電話などでのオンラインサポート」の対応の程度です。

 こちらについては、調べたた感じでは、だいぶ差があるため、今回は特に重要視して比較しました。

 というわけで、今回は、こうした状況をふまえながら、各社のソフトを個別に比較します。そして、た最後にAtlasのおすすめソフトを提案していきます。

2・「5本指」のウイルス対策ソフトの比較

 というわけで、比較をはじめます。はじめに、大手5社の製品の比較です。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  202001231134.jpg

 1・カスペルスキー セキュリティ 1年1台版
  ¥4,609 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 =3,780円

 2・カスペルスキー セキュリティ 1年5台版
  ¥5,793 Amazon.co.jp   (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 =4,700円

 3・カスペルスキー セキュリティ 3年1台版
  ¥8,286 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:1台まで
ライセンス更新=11,000円/3年

 4・カスペルスキー セキュリティ 3年5台版
  ¥9,802 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:5台まで
ライセンス更新=11,000円/3年

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★☆
3・サポート体制 ★★★★☆
4・年間維持費  ★★★☆☆
5・総合評価   ★★★★☆ 

 こちらは、ロシアカスペルスキー社の総合インターネットセキュリティソフトです。

 同社は、2017年10月から、年号を付けず、単なる「カスペルスキー」という名称にしました。

 201812291248.jpg

 ライセンス年数は、3年契約1年契約があります。

 ライセンス台数は、契約1台のみの契約と、5台の契約が選べます。

 いずれも、登録台数が管理されているため、不正は許されない仕様です。

 ライセンス料は、ヘビーユーザーに向く3年5台版については割安な傾向です。

 長期契約なほど有利という仕組みです。

 契約更新料は、新規契約に比べて「割高」です。

 これは他社でもそうですが、割引キャンペーン」がなかったら、契約が切れたら、新しく買い直すのが「お得」です。

 利用できるPCは、Windowsのほか、MacやAndroid系スマホが選べます。

 ご家族が多ければ、フルライセンスも活かせるでしょう。

 201805191030.jpg

 セキュリティに関わる能力は、「五本指」としては後発ながら、ウイルスの検索率やファイアウォールの強力性において業界でも高い定評があります。

 ロシア製ということで、基礎になったシステムが違うためか、他社メーカーが検出できないウイルスを「発見」というニュースも何回か聞きました。信頼性は高いでしょう。

 201805191029.jpg

 動作の軽快さは、Windowsソフトについては問題ありません。

 また、かなり細部までユーザー設定できるため、ある程度詳しい人には、使い勝手が良く評判が高いです。ただ、スペックの低いPCには、以前からさほど向かないと言われます。

  201805191024.jpg

 ユーザーサポートは、あまり、比較対象とはされないですが、よく考えると、緊急時に初心者には最も重要な部分でしょう。

 調査時現在、技術的な問題については、WEBフォーム電話に対応です。

 「テンパっ」た時、最も即効性のある電話サポートは、昼間のみですが、土日も18時まで対応してくれるのは良い部分です。

 ただし、電話料金は、「ナビダイヤル」か「東京の市外局番」で、いずれもユーザー負担です。

---

 以上、ロシアカスペルスキー社のソフトの紹介でした。

 「ヘビーユーザー」には特にオススメできるソフトです。「五本指」企業については、どこも自社でウイルスの監視と対処を自社で作成できていますので、検出力で不満を感じるシーンもないでしょう。

 価格的に言えば、先ほど書いたように、長期・複数台契約がお買得です。細かく設定できる点は、とくに、ネット速度に敏感な、ヘビーユーザーに向くと言えます。


 201910161701.jpg

 5・ノートン 360 デラックス 1年3台版
  ¥6,090 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 非公開

 6・ノートン 360 デラックス 3年3台版
  ¥12,897 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 非公開

 7・ノートン 360 プレミアム 1年10台版
  ¥18,264 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:10台まで
ライセンス更新 非公開

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★★★☆
4・年間維持費  ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 ノートンは、1990年代からPC関係に携わっていた方なら「誰でも知っている」米国の老舗「シマンテック」の製品です。

 東西冷戦後に、冷戦の「二強」がライバル関係にあるのが個人的には、興味深いですね。情報機関の発展とも不可分ではないでしょう。

 なお、2019年から「ノートン360 スタンダードデラックス」に改名しました。

 価格水準は、最近値上がりして、他社より多少高めです。


 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります。

 なお、「1年10台」版のみは「ノートン 360 プレミアム」という名称ですが、基本仕様は同じです。

 ただし、おまけで付く「クラウドストレージ利用権」がについて、プレミアムは50GBほど多い75GBという違いがあります。

 201805191037.jpg

 ライセンス台数3台契約と、10台の契約です。

 10台は、多くの個人ユーザーにとっては、事実上の「無制限契約」と言えるでしょう。

 ライセンス料は、やはり複数台の長期契約がお得です。

 3台・3年とカスペルスキーより登録可能台数は少ないのが、ヘビーユーザーには多少ネックです。「ブランド力」と「伝統」は「5本指」では屈指ですから、安売りはしない、ということでしょう。

 ただ、昔に比べたら、だいぶ安いです。このあたりも「コモディティ化」が進んでいるとAtlasが思う理由です。

 1年間のライセンス更新料は非公開で、ユーザーごとに通知されます。

 以前はかなり高かったのですが、現在は5000円弱です。ただ、更新月に割り引きキャンペーンなどがなければ、新しくパッケージを買い直すというやり方が良いでしょう。

 利用できるPCは、Windowsのほか、MacやAndroid系スマホが選べます。

 201805191032.jpg

 セキュリティに関わる能力は、昔も今も同じで、かくべつの不評は聞きません。

 動作の軽快さは、昔ながらのユーザーは「ノートンは重い」というステロタイプがあるものですが、現在的にそれは感じません。Windowsで利用する限りは、他社製品と比べても十分軽いです。

  201910161711.jpg

 ユーザーサポートは、ノートンの場合、24時間対応のチャットでのサポートが年中無休で受けれます。

 また、60日間の返金保証も付属です。ネットに親しんだ初心者には嬉しいでしょう。

 ただし、電話の場合は、平日の10-19時までとなります。

 また、電話サポートの前に、ネットフォームによる事前情報の提出が必要なので、あまり詳しくないお年寄りなどのサポートには向きません

---

 以上、米国のノートンの紹介でした。

 「老舗の安心感」を得たい場合は、おすすめして良いメーカーです。

 ただ、サポート体制は、「ある程度PCに親しんでいる人には分かりやすい」レベルですので、万人にすすめられる、という訳ではありません。

 米国は「自助努力」を尊ぶ国である、という「国民性」を感じます。

ーーー

 201910161718.jpg

 8・ノートン 360 スタンダード 3年1台版
  ¥11,980 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 9・ノートン アンチウィルスプラス 1年1台版
  ¥3,798 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 非公開

 なお、このモデルについては、2種類の下位機種があります。

 「ノートン360スタンダード」については、保護者機能が省略されているほか、クラウドバックアップの容量が10GBと制限される廉価版です。

 ただ、大きな違いはその部分だけなので、大人しか使わない「1台のPC/Mac」だけ保護できれば良い!という方には、多少ですが割安です。

 「ノートンアンチウィルスプラス」は、1年1台版ですが、さらにWi-Fi通信の保護機能がない仕様です。クラウドも2GBとなるため、こちらについては、選択肢にしなくて良いと思います。

ーーー

 202001231208.jpg

 【2019年】

 【ノートン ダークウェブモニタリング同梱

 ・ノートン ダークウェブモニタリング 1年版
  ¥2,745 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 ・ノートン ダークウェブモニタリング 3年版
  ¥8,244 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1/3年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 非公開

 また、ノートンですが、最近、「単品ソフト」として、「ノートン ダークウェブ モニタリング」をリリースしました。

 201907171424.jpg

 このソフトは、ネット上の「ダークウェブ」に自分の個人情報が流出していないかモニタリングしてくれます。

 最近「ぶっそう」なので、こう言った機能は「待ち望んだもの」があります。

 実際この機能が、セキュリティソフト本体に実装されていたならば、冒頭に書いたような「4強には差がない」という表現は修正の余地があるでしょう。

 気になる方は、こちらを選ぶと良いでしょう。


 202001231215.jpg

 【サポートなし】

 10・ウイルスバスター クラウド 1年3台版
  ¥5,200 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 【サポート付】

 11・ウイルスバスター クラウド 1年3台版
  ¥7,700 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =11880円

 【サポートなし】

 12・ウイルスバスター クラウド 2年3台版
  ¥9,318 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 【サポート付】

 13・ウイルスバスター クラウド 2年3台版
  ¥13,291 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:2年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =11880円

 【サポートなし】

 14・ウイルスバスター クラウド 3年3台版
  ¥12,213 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 【サポート付】

 15・ウイルスバスター クラウド 3年3台版
  ¥17,900 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =5080円

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★★
4・年間維持費  ★★★☆☆
5・総合評価   ★★★★★ 

 ウイルスバスタークラウドは、日本に本社を置くトレンドマイクロの発売するウイルス対策ソフトです。

 201812291348.jpg

 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります

 ライセンス台数は、いずれの契約年数の場合も「3台」です。

 多くの個人が、デスクトップ+ラップトップ+タブレットを所有することを想定しているでしょう。

 ライセンス料は、3年の長期契約まで1年ごとあります。

 なお、掲示したのは「オンラインコード版」の価格です。パッケージ版はかなり割高ですが、これはデンキヤなどで買う方の、サポート電話率が高いからコストに転嫁したためでしょう。

 利用できるPCは、Windowsのほか、MacやAndroid系スマホが選べます。

 201805191048.jpg

 セキュリティに関わる能力は、前モデルまでこのソフトはファイアウォールをWindowsの基本機能に依存する方式を取っていました。

 この点は「不評」でしたが、今モデルからは、脆弱性攻撃対策が強化され、不審な侵入が検知できるようになっています。

 また、このソフトの良い部分は、ウイルスなどの脅威の検出数です。

 ただ、誤った検出をしてしまう場合も多少あります。ただ、このあたりは「石橋を叩いて渡る」堅実性を表しており、一概に悪いとは言えないです。

 201805191049.jpg

 動作の軽快さは、こちらも評判です。、

 価格の他にその点が評価されて売れている機種でもあります。

 同社のソフトは、80%をクラウド処理するという「外注」方式ですので、通信環境が安定しているご家庭の場合は、とくに最適な製品です。

 201805191047.jpg

 ユーザーサポートは、契約時に「電話サポート付きプラン」がある点がおもしろいです。

 これは、ウイルス対策ソフトに関わらない部分(OSのアップデート通知)などもサポートしてもらえるものです。

 201812291349.jpg

 システム的に、オペレーターと画面を共有しつつ、問題解決にあたるものです。

 ただ、他社でもそうですが、オペレーター側のスキルの限界はあるので、例えば「実家の超初心者の両親のサポート用」などと割り切ってください。

 なお、対応するソフトについては【こちら】にリストがあります。 チャットの場合は21時まで対応してもらえます。その他、LINEやメールでも可能です。

 ただし、電話の場合、サポート「加入・未加入」を問わず、電話相談の場合は、シリアル番号とパスワードをネットで入力しないと「そもそも連絡できない」ので、「慌てたときには不利」です。

 なお、サポートプランに入っていない場合でも、ウイルスやセキュリティ上の質問は応答可能です。電話は、年中無休の17時30分までと割と長めです。

 201904150941.jpg

 なお、サポートパック付きの場合、ウイルスバスターソフトに内蔵される機能となるAirサポートが面白く、速いです。

 チャットと連動したシステムですが、実際の画面(スクリーンショット)をセンターに送信して、写真+文章での説明で、センターとやり取り(チャット)ができます。

 実際に画面の操作権を渡してしまう遠隔サポート(リモートデスクトップ)ではないため、オペレータに(間違って)ファイルにアクセスされる危険もなく、「個人情報の防衛」の面で有利です。

---

 以上、「ウイルスバスタークラウド」の紹介でした。

 おすすめは「サポートプラン」です。初心者で「ウイルスが原因なのか分からないが、とにかく誰かと相談したしたい」という場合が想定できるならば、この機種でしょう。

 全体の動作は軽快なので、その方面を重要視したい中級者は、割安な【サポートなし】プランを選ぶのも良いかと思います。


  202001231152.jpg

  【サポートなし】

 16・ESET インターネットセキュリティ 1年1台版  
  ¥4,500 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

  【サポート付】

 16・ESET インターネットセキュリティ 1年1台版   
  ¥7,500 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 3240円

  【サポートなし】

 17・ESET インターネット セキュリティ 1年3台版  
  ¥6,000 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

  【サポート付】

 17・ESET インターネットセキュリティ 1年3台版
  ¥12,000 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 3240円

  【サポートなし】

 18・ESET インターネットセキュリティ 1年5台版
  ¥6,800 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

  【サポート付】

 18・ESET インターネットセキュリティ 1年5台版
  ¥9,800 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 5400

  【サポートなし】

 19・ESET インターネット セキュリティ 3年5台版
  ¥7,800 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

  【サポート付】

 19・ESET インターネットセキュリティ 3年5台版
  ¥7,800 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 5400円

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★☆

 ESET は、キヤノンの販売するセキュリティソフトです。

 キャノンは国内総代理店で、開発元は東欧のスロヴァキアのESET社です。

 日本では、主に企業用として展開していましたが、安さと性能の両立から、むしろ個人ユーザーに人気となり「5本指」に入っています。

 201805191040.jpg  

 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります。1年契約は「3種類」と充実します。

 ライセンス台数は、1台契約と、3台・5台の契約です。やはり、契約台数は、ライセンス登録時に「監視」されます。

 ライセンス料は、とくに「1年1台」は相当割安で、コスパを重視するライトユーザーに人気です。逆に、長期契約になると、あまり割安感がないのがネックですね。なお、調査時、1年間のライセンス更新料は3900円でした。新規契約した方が安いです。

 利用できるPCは、Windowsのほか、MacやAndroid系スマホが選べます。

 201812291439.jpg

 セキュリティに関わる能力は、こちらのソフトは、ウイルス検索率が高いことで評判があります。

 2000年代でこの方面で結構な「名をあげた」メーカーで、とりわけ未知のウイルスの検索率はノートンを上回るという評価もあります。

 面白い部分は、モバイルPCの盗難対策機能です。

 Macにはデフォルトで付く機能ですが、IPアドレスなどで特定するほか、端末へのメール送信や、個人情報の緊急ロックなどをオンラインでかけることが可能です。

 201805191044.jpg

 動作の軽快さは、こちらも評判で、価格の他にその点が評価されて売れている機種でもあります。

 201805191042.jpg

 ユーザーサポートは、キヤノンが責任窓口となっています。

 一般的に家電系のサポートセンサーは(外部委託の場合でも経験上)充実度が高いです。

 電話とウェブフォームで対応します。電話は、土日祝ふくめて日中17時まで対応です。

 ただし、まれに「定休日」があります。電話料金も、050電話で割安にかけれるので、「五本指」メーカーでもかなり良心的な部類でしょう。

 201904150954.jpg

 一方、ESETも、2019年から、ウイルスバスターと同様に「まるごと安心パック」という総合サポートサービスを開始しました。

  201904151014.jpg

 先発のウイルスバスターと比較すると、【対応するソフト】は、純粋に点数として少ないです。例えば、Windowsでは、(年配の方に利用者が多い)一太郎系がなく、Macに至っては、Mailすらないです。

 また、ウイルスバスタークラウドは、先述のように、Airサポートを用意して、「画面のスクリーンショット」のキャプチャという形で、サポートをする体制でした。

 201904151020.jpg

 一方、ESETのリモートサポートは、電話・チャットでの「ユーザーの同意」後に、完全にオペレーターに(マウス・キーボードを含む)「遠隔操作権を解放する方法」です。

 この点について言えば、利用約款にも、オペレータが個人情報を知ることのないようにするのは「ユーザーの責任」であり、操作に「異議を唱えない」という主旨の文が記されています。

 案内は、外部委託でしょうし、「セキュリティソフト」だけに、そのセキュリティ性は「検討の余地」があります。

---

 以上、キャノンのESET ファミリー セキュリティの紹介でした。

 通常モデルについては、電話サポート時間が比較的長く、チャット馴れしてない初心者にはノートン以上に「慌てているときに役立つ」と言えそうです。実際、1年1台契約は最安の部類で、ソフトも軽快なので、初心者にもおすすめできるソフトです。

 一方、「まるごと安心パック」は、先行するウイルスバスターに比べて、難点があるのは確かです。まだ、はじまったばかりですし、ソフト自体は信頼性が高い良いものなので、今後のブラッシュアップに期待しています。


 201802031907.jpg

 続いてマカフィーの製品の紹介です。

 マカフィー は、米国に本社を置く企業のセキュリティ対策ソフトです。ノートンと並ぶ老舗メーカーで総合力には定評があります。ウイルス検索力などは、競合メーカーに優るとも劣りません。

 実際、マイクロソフトが正式採用したのがこのメーカーです。

 マカフィーは、昔からラインナップが複雑で分かりにくい製品です。

 しかし、「アンチウイルス」「インターネット セキュリティ」「 トータル プロテクション」の順で「高機能」になっていくと考えれば、それなりに分かりやすいです。

 というわけで、順番にその機能を見ていきましょう。

  201802032016.jpg

 20・マカフィー アンチウイルス 1年版
   ¥2,970 マカフィーダイレクト(8/4執筆時)

年数:1年契約(下位機種のみ5台)
台数:無制限
ライセンス更新 =

 第1に、「アンチウイルス」です。

 格安ですが、ウイルス対策ファイアウォール機能フィッシングなどWEB対策が網羅されます。

 一方、価格は安いですが、1年契約で1台のみのライセンスに限定されており、使い勝手は悪いソフトです。

 201809140854.jpg

 21・マカフィー インターネット セキュリティ1年版
   ¥7,980 マカフィーダイレクト(8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:無制限
ライセンス更新 =5397円~

 22・マカフィー インターネット セキュリティ3年版
   ¥14,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:無制限
ライセンス更新 =5397円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 第3に、「インターネット セキュリティ」です。

 このグレードから、ウイルス対策ファイアウォール機能フィッシングなどWEB対策が網羅されます。

 それに加えて、迷惑メール対策機能と、子供の有害サイト対策であるペアレンタルコントロール機能が付属します。

 201809140855.jpg

 【キャンペーン中の価格】

 23・マカフィー リブセーフ 3年版
   ¥9,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:無制限
ライセンス更新 =5397円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 第4に、「リブセーフ」です。

 こちらは、下位機種の全ての機能に加えて、パーソナル ロッカーというクラウド上の「1GBのクラウド上のデータ金庫」の利用権が付属します。

 利用には、PINコードのほか、カメラ(顔認証)とマイク(声紋認証)が使われるという堅牢さです。

ーーー

 以上、4つのグレードの製品の違いを紹介しました。

 201809140853.jpg

 22・マカフィー インターネット セキュリティ3年版
   ¥14,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

 23・マカフィー リブセーフ 3年版
   ¥9,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

 結論から言えば、上位二機である、「インターネット セキュリティ」と「リブセーフ」が、他社の一般的なソフトと主要機能面で「互角の品質」を持つと言えます。

 それより下位の2製品は、契約期間が短かったり、台数制限が厳しかったりするため、おすすめはできません。

 そこで、以下では、この2機種に絞って、他社製品と比較してみます。

ーー

 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります。

 ライセンス台数は、個人利用ならば、この機種の特徴でインストール台数が無制限です。煩わしい台数認証がないのが、「売り」です。

 ライセンス料は、長期契約はお得で、なかでもこの2機種は特売がよくあり、1万円を切るため、たいへんお買得です。その場合、価格が逆転している場合がありますが、あくまで「リブセーフ」が上位機です。

 利用できるPCは、Windowsのほか、Macの他、iOS, WIndows, Android台数無制限で利用できます。

 201805191058.jpg

 セキュリティに関わる能力は、検出基準を含めて問題ありません。たまに誤検索はありますが、セキュリティについては、「お節介なほど」注意をしてくれます。なお、「注意がうるさい」と感じる方は、設定をすれば修正も可能です。

 動作の軽快さは、マシンスペックさえ問題なければ、十分快適です。

 201805191059.jpg

 ユーザーサポートは、テクニカルサポートについては年中無休で、夜の21時まで電話で受け付けてくれます。

 電話相談の水準としては、相当良いと言えます。

 チャットも、同じ時間対応してくれます。ただ、電話は、ナビダイヤルですので、料金はユーザー側負担です。いずれにしても「慌てているときに、IDなどを要求しない」のは良心的です。

-----

 以上、マカフィーの紹介でした。

 「インターネット セキュリティ」か「リブセーフ」の3年の長期契約が割安です。

 台数無制限ですので、PC買い換えや、OSのアップグレード際に、ライセンスの移行時の登録制限数のトラブルで煩わされないのが良い部分です。また、ユーザーサポートも、受付時間が長く、その仕組みも「単純明快」なので、初心者の方でも安心できるでしょう。

3・他メーカーのウイルス対策ソフトの比較

 つづいて、「5本指」以外のメーカーの製品をいくつか紹介しましょう。


 202001231157.jpg

 【1年1台

 24・G DATA インターネットセキュリティ
  ¥2,555 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:1台
ライセンス更新 =3218円~

 【3年3台】

 25・G DATA インターネットセキュリティ
  ¥4,070 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台
ライセンス更新 =3218円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★☆☆
3・サポート体制 ★★☆☆☆
4・年間維持費  ★★★★★
5・総合評価   ★★★☆☆ 

 こちらは、ドイツGDATA社のセキュリティソフトです。ダウンロード販売ですが、ESETなどと比べて価格が安い点で、日本でも一定の支持があるソフトです。

 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります。

 ライセンス台数は、1台と3台から選べます

 ライセンス料は、1年契約はさほどお買得感はないですが、3年契約は「最安水準」です。

 利用できるPCは、WindowsとAndroidで使えますが、MacやiPhoneでは使えません

 201805191109.jpg

 セキュリティに関わる能力は、とくにウイルス検索については、複数のメーカーのウイルス検索エンジンを並行して動作させることで、ウイルス検索率を高めるという方式です。

 動作の軽快さは、この並行方式で走らせることが災いし、多少速度に影響を与えています。スペックの低いPCには、その点であまりおすすめできません。

 ユーザーサポートは、注意が必要な部分で、ウェブフォームによるメールの問い合わせ以外に手段が公開されず、いざという場合の即効性は期待できません

 ただ、コールセンターの人件費を削減することで、価格を下げている部分もあるでしょうし、仕方ないでしょう。


 201812291354.jpg

 (3PC1年版)

 26・F-Secure TOTAL
  ¥9,699 F-Secureダイレクト (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =9699円~

 (5PC1年版)

 27・F-Secure TOTAL
  ¥12,099 F-Secureダイレクト(8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 =9699円~

 (7PC1年版)

 28・F-Secure TOTAL
  ¥12,099 F-Secureダイレクト(8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 =9699円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★★☆☆
4・年間維持費  ★★☆☆☆
5・総合評価   ★★★☆☆ 

 F-Secureは、北欧フィンランドの会社です。

 10年ほど前から日本でもセキュリティソフトを販売しています。

 プロバイダ向けの一括セキュリティサービスなどの展開しています。欧米では、よく見かける対策ソフトの1つですね。

 ライセンス年数は、1年契約のみです。

 ライセンス台数は、3台・5台・7台から選べます

 ライセンス料は、シェアのあまり高くないメーカーにしては、長期契約もやや割高でしょう。

 201812291357.jpg

 利用できるPCは、Windowsのほか、MacやiOSに対応する製品になります。

 セキュリティに関わる能力は、近年、情報漏洩にかかわる事件があり、そのためネットでのこの商品の評価が全般的に下がっていました。

 ただ、ソフト自体の安定性や、セキュリティ強度の面の問題ではないようです。

 動作の軽快さは、試した限り、問題ない水準です。

 ユーザーサポートは、電話対応かチャットです。電話の場合、平日の17時30分までと短いながら対応します。一方、チャットは、英語ページに飛ばされるなど、調査時の品質はイマイチでした。

 ただ、ウェブページの日本語表記は、翻訳ソフトを使ったような感じですし、微妙な部分も多いです。


  202001231200.jpg

 【3PC・1年】

 29・Webroot SecureAnywhere プラス
  ¥6,903 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 =5250円~

 【3PC・3年】

 30・Webroot SecureAnywhere プラス
  ¥20,534 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =5250円~

 【3PC・1年】

 31・Webroot SecureAnywhere コンプリート
  ¥11,000 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =5250円~

 【3PC・3年】

 32・Webroot SecureAnywhere コンプリート
  ¥23,208 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =5.250円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★★★☆
4・年間維持費  ★★☆☆☆
5・総合評価   ★★★★☆ 

 ウェブルートは、アメリカのコロラド州に本社を置く、中堅のウイルス対策ソフト会社です。

 ソフトは2種類あり、「SecureAnywhere コンプリート 」と「SecureAnywhere プラス」があります。コンプリート版のほうが上位になり、25GB分のバックアップ用ストレージが付いてきます。その他の機能はどちらも「同じ」です。

 ライセンス年数は、1年契約3年契約があります。。

 ライセンス台数は、3台契約が基本ですが、5台もあります。

 ライセンス料は、台数や契約期間を問わず割高な水準です。

 利用できるPCは、Windowsのほか、Macやスマホなどのマルチプラットフォーム対応です。

 セキュリティに関わる能力は、「石橋を叩いて渡る」系で、怪しいが、ブラックとも言えない状況のファイルは「グレー」として監視しする独自の仕組みをとっています。

 動作の軽快さは、以前より定評があり動作は相当軽快です。

 システムの大部分をクラウド化する方向性だからで、この点はこの製品の「売り」と言って良いでしょう。

 ユーザーサポートは、電話対応で、年末年始を除く年中無休で19時までです。

 フリーダイヤルであるのは良心的でしょう。ただ、規模的にはさほど大きくない会社で、どこまで対応してくれるかは未知数の部分もあります。


 202001231203.jpg

 33・ウイルスセキュリティZERO 1台用(最新版)
  ¥1,980 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 34・スーパーセキュリティZERO 1台用(最新版)
  ¥4,290 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 35・スーパーセキュリティZERO 3台用(最新版)
  ¥6,490 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:無制限
台数:1台/3台まで
ライセンス更新 =なし

1・信頼性    ★★★★☆
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★☆☆☆
4・年間維持費  ★★★★★
5・総合評価   ★★★☆☆ 

 スーパーセキュリティZEROは、ソースネクスト社のセキュリティソフトです。

 2019年に、パッケージが更新されましたが、上位版の台数が5台から3台に減り、値段はそのままだったので、やや値上げです。

 なお、最下位バージョンの「ウイルスセキュリティZEROは、ウイルス対策ソフトのみ付属ですので、注意してください。

 201805191113.jpg

 ライセンス年数は、無期限であり、「ウイルス定義ファイルの更新が無期限で受けられる」という点です。

 ただし、注意するべきは、「同じPC/Macが壊れるまで」「メーカーのOSの公式サポート終了時まで」「MicrosoftによるOSのサポートが切れる場で」という条件付きです。

 ライセンス台数は、1台契約のほか5台契約も選べます。

 利用できるPCは、WindowsとMacとAndroid用のセキュリティが用意されており、どの端末でも制限台数までインストールできます。

201809140904.jpg

 セキュリティに関わる能力は、性能面では、ウイルス定義については、東欧のルーマニアのビットディフェンダー社のものを使っています。

 ヨーロッパではシェアが高いソフトで、定義ファイルの更新の点では不安はありません。

 動作の軽快さは、マシン性能に依存する部分がありますが、軽量性はさほど強調できません。

 ユーザーサポートは、注意が必要です。電話対応はできますが、事前のユーザー登録が必須です。また、メーカー製PC以外は非対応という条件も見逃せないでしょう。

----

 以上、スーパーセキュリティZEROの紹介でした。

 3年以上1台のPCを使用し続ける場合に、年数無制限で使える点は、価格面で嬉しいと思います。ただ、インストール端末が厳格に管理される点で、それにまつわる認証トラブルのリスクはあります。

今回の結論
Windows向けのウイルス対策ソフトのおすすめはこれ!

 というわけで、今回はウイルス対策ソフトを紹介してみました。最後にいつも通り、おすすめソフトを書いておきます。


 第1に、ウイルス対策ソフトをインストールした後、ほったらかしだろう初心者の方に最もおすすめできるのは、

 202001231207.jpg

 6・ノートン 360 デラックス 3年3台版
  ¥12,897 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 非公開

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★
3・サポート体制 ★★★★☆
4・年間維持費  ★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 総合セキュリティソフトとして万能な、ノートンの3年契約版が良いでしょう。

 動作はウイルス対策ソフトとしては軽量ですし、初心者が安心・安全をお金で買えるソフトといえると思います。年間維持費が安めなのもメリットでしょう。

 ウイルス駆除・ファイヤーウォール・フィッシング対策機能という基本機能は充実しますし、フィッシングなどの「ウェブ上の脅威」についても対応力で評判があります。

 サポートについても、24時間対応のチャットでのサポートが受けられるので、「インターネット世代」である程度詳しい方には、心強いと言えます。なお、チャットは同社のサイトから簡単に開始できるので「困ったらノートンのサイトに!」だけ覚えておけば良いでしょう。

ーー

 202001231208.jpg

 【2019年】

 【ノートン ダークウェブモニタリング同梱

 ・ノートン ダークウェブモニタリング 1年版
  ¥2,745 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

 ・ノートン ダークウェブモニタリング 3年版
  ¥8,244 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:1/3年契約
台数:1台まで
ライセンス更新 非公開

 もちろん、個人情報の流出を特定したい場合は、「ノートン ダークウェブ モニタリング」も導入すると良いでしょう。


 第2に、ソフトの軽快性を重要視して考えたい人、コスパを重視したい方は、

 201907171435.jpg

 19・ESET インターネット セキュリティ 3年5台版
  ¥7,800 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:5台まで
ライセンス更新 8300円

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★☆

 ESETが良いでしょう。

 動作の軽快さは定評がありますし、ライセンス料は、短期契約・長期契約とも格安水準ですから。

 「石橋を叩いて渡る」系ですが、ウイルス検索性能などの基本性能もかなり高いと言えます。

 電話は、土日祝ふくめて日中17時まで対応ですし「まさか」の際にも安心感があります。盗難防止に関わる機能もユニークです。


 第3に、パソコン初心者や、お年寄り向けにサポートが充実した製品としておすすめできるのは、

 202001231209.jpg

 【サポート付】

 15・ウイルスバスター クラウド 3年3台版
  ¥17,900 Amazon.co.jp (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:3台まで
ライセンス更新 =5080円

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★★
4・年間維持費  ★★★☆☆
5・総合評価   ★★★★★ 

 ウイルスバスターです。「サポート付き」プランの場合、パソコン関係全般について何らかの相談に載ってくれます。

 あまりパソコンに詳しくない方や、実家のご両親用のパソコンなどには手厚いサポートが得られる点は安心です。また、「家族と共用」の場合などは、考えても良いプランです。


 第4に、3台を超えるPC/Macなどを持つヘビーユーザーの方におすすめできるのは、

 201809140853.jpg

 【キャンペーン中の価格】

 22・マカフィー インターネット セキュリティ3年版
   ¥14,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

 23・マカフィー リブセーフ 3年版
   ¥9,980 マカフィーダイレクト (8/4執筆時)

年数:3年契約
台数:無制限
ライセンス更新 =5397円~

1・信頼性    ★★★★★
2・軽快性    ★★★★★★
3・サポート体制 ★★★★★
4・年間維持費  ★★★★★★
5・総合評価   ★★★★★ 

 今年度モデルで、インストール台数に制限がないモデルは、マカフィーのみです。

 ウイルス検索性能も老舗だけに信頼できますし、こちらを選ぶと良いでしょう。マルチプラットフォーム対応なので、家族全員分のセキュリティ対策になります。

 テクニカルサポートについては年中無休で、夜の21時まで電話で受け付けてくれますし、その点も安心です。

 なお、「リブセーフ」が上位機で「インターネットセキュリティ」が中位機になるのですが、同社の場合、セールで価格が逆転している場合が多いです。1万円前後で換える場合は「お得」なので、見つけたらチャンスかもしれません。

ーーー

 というわけで、今回は、Windows向けのウィルス対策ソフトについて紹介しました。

 もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで、話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:45 | 研究道具(ソフトウェア)

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png