Top 旅行用品 比較2022'【解説】TUMIのスーツケース38点のおすすめ・選び方:TUMI V4 ALPHA3など

2022年04月24日

比較2022'【解説】TUMIのスーツケース38点のおすすめ・選び方:TUMI V4 ALPHA3など

【今回紹介する内容】2022年 高品質で格安!トゥミの高級スーツケースの性能とおすすめ・選び方:トゥミ・ポリカーボネート・バリスティックナイロン・製品の種類・違いや堅牢性ランキング・各種キャリーオン

【比較する製品名】TUMI V4 V3 TUMI 19 DEGREE ALUMINUM TEGRA LITE 2 ALPHA3 Latitude

今回のお題
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースの最新モデルはどれ?

 201904112132.jpg

 ども、Atlasです。

 今日は、2022年4月現在、最新のTUMIのスーツケースの比較をします。

  201805301106.jpg

 百貨店で多く見かける、国内・国外の旅行に向く耐久性重視の高級ブランドです。

 今回は「10万円以下で購入できる製品」を中心に、いくつかピックアップしてみたいと思います。

ーー

軽量性  ★★★★★
堅牢性  ★★★★★

収納力  ★★★★★
価格   ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 いつものように、各機種を紹介した後、最後に目的別、価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・TUMIのV4スーツケースの比較


202204241258.jpg

 では、具体的な製品を紹介していきます。

 はじめに、TUMIのV4シリーズからです。

 軽量なポリカーボネート製で、同社の製品としてはもっとも安価なラインです。

---

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントは赤字で、イマイチと思う部分は、青字で記しています。


 202204241354.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品】(各色)

 1・TUMI V4 022804060
  ¥53,900〜 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 2・TUMI V4 022804060
  ¥57,799〜 楽天市場 (4/24執筆時)

ブルー:124855T176
ラズベリー:248552012
ミンク:124855T315
ブラックベリー: 1274301041

サイズ:56x 35.5x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品】

 3・TUMI V4 022804064
  ¥93,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 4・TUMI V4 022804064
  ¥51,999〜 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック:1124859T315
ブルー:124859T176
ミンク:1124859T315

サイズ:66 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(1週間用)
重さ:4.2kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッドトリップ・エクスパンダブルパッキングケース】

 【正規輸入品 22804069 】

 5・TUMI V4 022804069
  ¥99,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 6・TUMI V4 022804069
  ¥59,999 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック:1274321041
ラズベリー:248552012
ミンク:124860T315
ブルー: 1248602012

サイズ:77.5x 51x 28(33)cm
収容力:91リットル(長期)
重さ5kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

 こちらは、TUMIV4シリーズです。 

 2019年末にモデルチェンジがあり、従来のV3からV4となりました。しあkし、基本的には、配色の変化に止まります。

 201910131013.jpg

 シリーズの位置づけとしては、割と求めやすい値段を、志向したお買得モデルな軽量モデルです。

 それもあり、流通は他機種より「限定的」で、(直営を除き)シーズンには売り切れの場合も多いです。

 サイズは、5種類です。

ーー

 37Lは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持ち込み対応サイズです。

 59L・61L・81L は、完全に機内預け専用で、10日前後の出張まで対応できます。

 91Lは、2週間を超える長期出張やに対応する大型モデルです。

ーー

 201802061016.jpg

 一方、名前に「エキスパンダブル」と入る製品は、TUMIの場合「拡張対応」です。

 図のように、中間部分をファスナーで広げて緊急的に収納力を上げることができます。

 91リットルの場合、広げた状態だと、機内預かり荷物の無料基準をやや超えます

 37リットルも、拡張した状態だと、一般的な機内持込サイズから5cmオーバーです。

 いずれも、広げた状態では堅牢性が弱まるため、地上旅行時の「保険」と考えましょう。

201910131020.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 ファスナ付きポケットが3つ付属しまします。ガーメント収納はフタ側に付く仕様です。

 重さは、91Lでも、5kgです。

 TUMIの製品としては、V4シリーズは軽量で「機動性重視」です。

 もちろん、他社の軽量モデルに較べると「剛性」も軽視しないので、で「普通」程度の軽量性ではあります。

 201711191304.jpg

 堅牢性は、軽量化が重視されファスナー式が採用されました。

 フレーム式の10万円以上の従来モデルに較べたら「弱い」という評価になります。

 ただ、本体の凹凸構造など、できる限りにおいて、堅牢性は確保されています。継ぎ目などを見ても、一般的には十分な堅牢性だと思います。 

 61L・81L は、ハンガー用のフックも内装されます。

 201904112037.jpg

 TSAロックは、ダイヤルタイプになります。

 なお、安全面では、TUMIの製品は、固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。

 むかし、「中身が空で箱だけ帰ってきた」という話を、知り合いから聞いたことがあります。

 また、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 201904112040.jpg

 ローラーは、恐らく上位機種と同じもので、安定性の高い静音仕様です。

 ハンドルは、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。TUMIでは比較的格安なモデルですが、持ち手のパーツの品質は上々ですね。

---

 以上、TUMI V4 の紹介でした。

 TUMIのスーツケースは、従来10万円以上の予算が必要でした。

 しかし、Vシリーズの登場で少し「敷居が下がった」と思います。

 もちろん、従来的な剛性面を重視するならば、上位機種が良いでしょうが、ある程度軽量なスーツケースをお探しならば、V4は良い選択肢です。

ーーー

  201910130943.jpg

 【2019年7月登場】

 【コンパクト・4ウィール・ブリーフ】

 【正規輸入品 1274291041】

 7・TUMI V4 022804004
  ¥56,100 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

サイズ:41.5×41.5x 20.5cm
収容力:24リットル(1-2泊用)
重さ:3kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー

 なお、V4には、このほかに、コンパクト・4ウィール・ブリーフという製品があります。

 201910131019.jpg

 24Lの小型機で、基本的には、国内の1泊の出張用です。

 「ブリーフ」の名前通り、着脱可能なアコーディオン型の書類仕切りが付属します。ポケットはラップトップPC専用のボックスがあり、最大で15インチPCまで収納可能です。

 この部分を取り外すと短期の旅行用にもなりますが、そのまま使うとすると、下着類しか入らないでしょう。

2・TUMI 19 Degreeの比較

 202204241215.jpg 

 続いて、19 DEGREE シリーズです。

 V4よりもグレードが高いスーツケースです。

 素材の違いで複数のシリーズがあるので、順番に見ていきます。


 202204241217.jpg

 【2021年】

 【インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン 】

 【正規輸入品】【各色】

 8・TUMI 19DEGREE 0228770
   ¥91,300 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1396831041
ハイビスカス:1396839186
アイアン:139683T272
ダーク ターコイズ:1396839614

サイズ:55 x 35.5 x 23/28cm
収容力:38リットル(1-3泊用)
重さ:3.6kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 【ショート・エクスパンダブル・4ウィール・パッキング・ケース】

 【正規輸入品】【各色】

 9・TUMI 19DEGREE 0228773
   ¥110,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック:1396851041
アイアン:139685T272

サイズ:66 x 44.5 x 25.5/30.5cm
収容力:67リットル(1週間)
重さ:4.5kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッド・トリップ・エキスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品】【各色】

 10・TUMI 19DEGREE 0228774
   ¥132,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1396861041
ハイビスカス:1396869186
アイアン:139686T272
ダーク ターコイズ:1396869614

サイズ:77.5 x 51.0 x 28/33cm
収容力:99リットル(長期)
重さ:5.5kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

  TUMI 19DEGREEは、TUMIの定番といってよいスーツケースです。

  202204241307.jpg

 シリーズの位置づけは、軽量性を意識したポリカーボネート製ながら、モダンな意匠を採用することで、ファッション性を高めたモデルです。

 先ほどみた、V4よりも凝った作りで、値段相応の高級感があります。

 サイズは、後ほどみる(特殊な)機内持込用を除けば3種類です。

ーー

 38Lは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持込サイズ(キャリーオン)です。

 67Lは、10日前後の出張まで対応できます。

 99Lは、2週間を超える長期出張に対応する大型モデルです。

 なお、いずれも「エキスパンダブル仕様」です。

 ファスナーで、約5cm幅が拡張できるので、帰りの荷物の増加に対応可能です。

 ただし、99Lは、拡張状態だと、158cmを超えるので、厳しい航空会社だと預け荷物が有料になる可能性はあります。

ーー

 重さは、容量に対してどの製品も軽量です。

 外観や内装のパワーアップのため、V4よりもわずかに重いとは言えますが、気にするほどとは思いません。

 202204241229.jpg

 堅牢性は、ファスナー式ですので、V4と同じ程度です。

 すべて「エキスパンダブル仕様」ですので、後ほどみるフレーム式より弱いとは言えますが、軽さと利便性は、その分「」です。

 (扱いが手荒い)外国への移動が多い方がハードに使うならばフレーム式でしょうが、ファスナー部分は修理できますし、そこまでは気にされなくても良いかと思います。

 202204241234.jpg

 内装は、一般的です。

 ただ、ファスナーポケットの部分を含めて、高級感があります。

 なお、専用のハンガーブラケットも付属します。

 TSAロックは、こちらもダイヤルタイプです。

 202204241237.jpg

 ローラーは、ダブルホイールで、安定性の高い静音仕様です。 

 ハンドルは、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。

---

 以上、19 DEGREE シリーズの紹介でした。

 先ほどみたV4も、落ち着いたパターンの外観で、良い製品でした。

 軽さと拡張性という良さを保ちつつ、全体的に高級感を高めたのが19 DEGREE シリーズといってよいでしょう。遠目でも、「自分のスーツケース」とわかる個性が売りと言えます。

ーーーー

  202204241132.jpg

 【2021年】

 【コンパクト・キャリーオン 】

 【正規輸入品 0228704】

 11・TUMI 19DEGREE 1441821050
   ¥85,800 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

サイズ:41.5x 41.5 x 20.5cm
収容力:25リットル(1-2泊用)
重さ:3.3kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 【スモール・コンパクト・4ウィール・ブリーフ 】

 【正規輸入品 0228770

 12・TUMI 19DEGREE 1396821041
   (¥80,300) Amazon.co.jp (4/24執筆時)

サイズ:40.5x 35.5 x 20.5cm
収容力:32リットル(1-2泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 なお、19 DEGREE シリーズには、短期出張に便利な仕様となる、以上2機種もあります。

 202204241247.jpg

 こちらについては、ラップトップPC(13インチまで)やタブレットまで収納できるPC用ポケットがあるほか、ビジネスバッグのようにポケットが多くあります。

 ケースの半分を仕事用として、あとは宿泊用品などをいれるイメージです。

 なお、中にUSBバッテリーを仕込む必要がありますが、外側にUSB充電ポートがあります。

 2種類ありますが、コンパクト・キャリーオンのほうがやや横幅があるタイプで、14インチのPCが入ります。

 ただ、収納量自体は負けるので、(ビジネスバッグに比べて多い)スーツケースの利点を考えると、スモール・コンパクト・4ウィール・ブリーフが良いように思えます。


  201802061041.jpg

 【2018年】

 【インターナショナル・キャリーオン 】

 【正規輸入品】【各色】

 13・TUMI 19DEGREE Aluminum 036860
   ¥132,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

シルバー:36860SLV2〈988174386〉
ブラック:36860MD2 〈988171776〉

サイズ:56 x 35.5 x 23cm
収容力:32リットル(1-3泊用)
重さ:5kg
機内持込:可能
開閉方式:フレーム式

 【2018年】

 【ショートトリップ パッキングケース】

 【正規輸入品 】

 14・TUMI 19DEGREE Aluminum 036864
  ¥154,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品 】(赤色)

 14・TUMI 19DEGREE Aluminum 036864
  ¥88,999 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

シルバー:6864SLV2〈988174386〉
ブラック:36864MD2 〈988211776〉
レッド:988217236

サイズ:66 x 44.5 x 25.5cm
収容力:55リットル(1週間)
重さ:6.2kg
機内持込:
開閉方式:フレーム式

 【2018年】

 【エクステンデッド トリップ パッキングケース】

 【正規輸入品 】

 15・TUMI 19DEGREE Aluminum 036869
   ¥170,500
TUMI直販

 【並行輸入品】

 16・TUMI 19DEGREE Aluminum 036869
  ¥89,999 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

シルバー:036869SLV2〈988174386〉
ブラック:036869MD2 〈988211776〉

サイズ:77.5 x 52.0 x 28cm
収容力:84リットル(長期)
重さ:7.2kg
機内持込:
開閉方式:フレーム式

  TUMI 19DEGREE ALUMINUMも、 19DEGREEシリーズの製品です。
 ただ、先ほどの製品を、堅牢な「フレーム式」にした値段面では上位のスーツケースです。

  202204241313.jpg

 シリーズの位置づけは、やはり、シリーズに共通する独特のモダンなパターンを基調として、「高級感」を求める方に向けた製品とします。

  201904112055.jpg   

 堅牢性は、しかしながら、19DEGREEより高いです。

 なぜなら、ファスナーを使用せずフレーム式を採用しているからです。

 その上で、航空機グレードのアルミニウムを採用し、軽量ながらしっかりした外装です。

 201802061059.jpg

 TUMIのブランド力の源と言える堅牢性においては、価格に見合う出来と言えるでしょう。

 内装は、下位機種と同等です。

 TSAロックは、本機も、ダイヤルタイプです。

 201802061055.jpg

 ローラーとハンドルも、シリーズで共通します。

 なお、素材は、X-Brace 45テレスコープ・ハンドルシステムというアルミニウム素材です。

---

 以上、19 DEGREE ALUMINUMシリーズの紹介でした。

 フレーム式でかつ、アルミ素材で「衝撃に強い」部分が、下位シリーズとの値段差の理由です。

 一方、結構、重くなるため、このような機種は、(荷物の取り扱いが荒い)海外出張が多い方向けに思います。

ーーーー

 202204241331.jpg

 【2018年】

 【インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン 】

 【正規輸入品】【各色】

 16・TUMI 19DEGREE Aluminum
   ¥148,500 TUMI直販

シルバー:1396811776

サイズ:56 x 35.5 x 23/28cm
収容力:33リットル(1-3泊用)
重さ:5.9kg
機内持込:
開閉方式:フレーム式

 なお、19DEGREE Aluminumにも、「エキスパンダブル仕様」のがあります。

 202204241336.jpg

 ただ、(フレーム式はただでさえ重いのに)さらに重みが増すほか、拡張時の剛性が(ファスナー式に較べてもかなり危うく見えるので、個人的に少し怖さを感じます。

3・TEGRA LITE 2の比較

 つづいて、TEGRA LITE 2シリーズの比較です。

 ポリカーボネート製の上位製品です。


 202204241420.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン

 【正規輸入品 】

 17・TUMI TEGRA-LITE 2
   ¥121,000 TUMI直販

ブラック:1248421060
グラファイト:124842T484

サイズ:56 x 35.5 x 23 (28)cm
収容力:36リットル(1-2泊用)
重さ:4.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 【ショートトリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキング・ケース】

 【正規輸入品 】

 18・TUMI TEGRA-LITE 2
   ¥143,000 TUMI直販

 【並行輸入品】

 19・TUMI TEGRA-LITE 2 78L
  ¥99,999 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック:1248441060
グラファイト:124844T484

サイズ:65 x 48.5 x 32 (37)cm
収容力:78リットル(2週間)
重さ:5.8kg
機内持込:
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【ラージ・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキング・ケース】

 【正規輸入品 】

 20・TUMI TEGRA-LITE 2
   ¥154,000 TUMI直販

 【並行輸入品 】

 21・TUMI TEGRA-LITE 2 102L
  ¥109,999 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック: 1248451060
グラファイト:1124845T484

サイズ:73.5 x 51 x 32 (37)cm
収容力:102リットル(長期)
重さ:6.5kg
機内持込:
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 TEGRA-LITE 2は、ややグレードの高いTUMIのスーツケースです。

 以前販売されていた TEGRA-LITE-MAXの事実上の後継品です。

 201904112120.jpg

 シリーズの位置づけは、「ワンランク上」の軽量なポリカーボネート製キャリーとなります。

 とくに、表面素材にテグリスを利用しており、ポリカーボネート系では堅牢性がかなり担保されます。

 2019年のモデルチェンジがあり、流通はまだ不安定です。

 サイズは、4種類です。

ーー

 36Lまでは、機内持ち込み対応機種です。

 102Lは、全体で156.5cmなので、手荷物預け基準には対応します。

 基準長期赴任用の「巨大な」スーツケースで、基準内の製品としては、相当の収納力です。

 本製品も、「エクスパンダブル」仕様で、非常事態に、5cm前後マチ幅を広げることが可能です。

ーー

 重さは、最小サイズで4.2kgで、最大サイズで6.5kgです。

 ポリカーボネート系では重めですが、これは堅牢性と二択なので仕方ないでしょう。

 201809190855.jpg

 堅牢性は、軽量性と両立させるために、ファスナー式です。

 ただし、外装にテグリスを使っています。

 カーレースなどにも使われる高強度の熱可塑性ポリプロピレン複合素材です。

 そのため、剛性では、【軽量スーツケースの比較記事】で紹介した、リモワの安めのポリカーボネートスーツケース を上回ります。

 スーツケースは、空港で粗く取り扱われやすい性質があるので、外装の堅牢性は重要視するべきです。TUMIは、空港での取扱がとにかく粗いアメリカのブランドです。

 その分、この点は信頼性が高いです。

201809190854.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 この製品もガーメントカバーがフタ側についており、スーツ収納も対応するビジネス向けのスーツケースと言えます。

 202004301555.jpg

 ただし、最小サイズの製品(ブリーフ)は、下位機種のV4と同じで、取り外し式の収納ユニットという仕様です。

 201904112130.jpg

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 安全面では、ひきつづき固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。

 ちなみに、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 201809190856.jpg

 ローラーは、安定性の高い双輪で、静音仕様です。

 TUMIのローラーは精度が良く、凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせます。4つの特許技術で保護されているそうです。

 ハンドルは、3段階で調節可能です。

---

 以上、TUMIのTEGRA-LITE 2の紹介でした。

 多少高いですが、軽量性よりも堅牢性を重視したい地域(アジアやアメリカなど)には、こちらがおすすめでしょう。また、ヨーロッパの石畳の道でもすいすい走ります。

ーーー

 202204241425.jpg

 【2019年7月登場】

 【コンパクト・4ウィール・ブリーフ】

 【正規輸入品】

 22・TUMI TEGRA-LITE 2 23L
  ¥115,500
TUMI直販

ブラック:1248461060

サイズ:39.5×44.5x 20.5cm
収容力:23リットル(1-2泊用)
重さ:4.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

 なお、TEGRA-LITE 2についても、超小型のブリーフタイプがあります。

 202204241428.jpg

 19DEGREEなどにもあった、取り外し式のブリーフケースがつくタイプです。

 ラップトップPCは15インチまで収納できます。

 モバイルバッテリーを利用するUSBポートが付属する部分など、仕様は他シリーズと同じです。

 短期の出張用にも使えますが、ブリーフケースを付けた状態だと、下着類くらいしか持ち運べない点には注意が必要です。

 基本的には、色々持ち運ぶものが多いビジネスパーソンの「普段の仕事用」でしょう。

4・TUMIのLatitudeの比較

  201904112348.jpg

 続いて、TUMIのラティチュードシリーズの紹介です。


 201904112345.jpg

 【2019年】(在庫限り)

 【インターナショナル・キャリーオン

 【並行輸入品 985621041】

 23・TUMI Latitude  0287660
  ¥69,999 楽天市場 (4/24執筆時)

サイズ:56 x 35.5 x 23cm
収容力:35リットル(1-3泊用)
重さ:2.8kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 【ショート・トリップ・パッキング・ケース

 【正規輸入品】

 24・TUMI Latitude  0287664
  ¥78,735 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 25・TUMI Latitude  0287664
  ¥76,599 楽天市場 (4/24執筆時)

サイズ:68 x 45 x 28cm
収容力:64リットル(1週間)
重さ:3.7kg
機内持込:
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッド・トリップ・パッキング・ケース】

 【正規輸入品】

 26・TUMI Latitude  0287669
  ¥82,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 27・TUMI Latitude  0287669
  ¥77,599 楽天市場 (4/24執筆時)

サイズ:76 x 52 x 30cm
収容力:96リットル(長期)
重さ:4.1kg
機内持込:
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 Latitudeは、TUMIが2019年から展開をはじめた新シリーズです。

 シリーズの位置づけは、ポリカーボネート系では「最高に頑丈」という製品です。

 TEGRA-LITE 2も似たような説明で、実際どちらがより頑丈かは不明です。ただ、1つ言えるのは、こちらは、「頑丈」であるのに加えて、V4よりも軽量であるということです。

 むしろ、「TUMI史上最軽量」というポイントの方が強調されるべき機種でしょう。

 サイズは、3種類です。

ーー

 35Lは、機内持ち込み対応機種です。1-3泊程度の出張をこなせるサイズです。

 64Lは、10日前後の出張まで対応できます。

 96Lは、完全に、長期赴任用の「巨大な」スーツケースです。

ーー

 重さは、先述のように、どのサイズも、収納量に対して、軽量です。

 一方、軽量性を追求するため、どのサイズも、マチが5cm拡張できるエキスパンダブルは不採用です。

 201904120000.jpg

 堅牢性は、軽量性と両立させるために、やはりファスナー式です。

 一方、本体素材は、SRPP(Self-Reinforced Poly-Propylene)バリスティック素材という説明です。機能性の面では、柔軟性と屈曲性に富むとの説明です。

 ただ、通常より四隅のプロテクターのサイズが大きいことから判断するに、プロテクターなしでは、弱い素材であり、やはり、堅牢性よりも軽量性を重視しているように思います。


 201904120004.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 ただし、ハンガーは付属しない仕様で、とことん軽量化を詰めています。

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 ローラーは、双輪の軽量スピニングホイールです。

 新開発のようですが、この部分の剛性は、経年変化を見ないと分からないでしょう。

 ハンドルは、3段階で調節可能です。

---

 以上、TUMIのLatitudeの紹介でした。

 軽量で、操作性の良いTUMIのスーツケースです。一方、「バリスティック」の名を冠しますが、バリスティックなナイロンではないわけで、堅牢性の部分では、TUMIっぽさがややなさそうです。

5・TUMIのALPHA 3の比較

 201904112220.jpg

 続いて、TUMIでは「定番」となる、アルファ3シリーズの紹介です。


  202011091111.jpg

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 】

 28・TUMI ALPHA3 02203064
  ¥159,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171651041
グレー:1171731009

サイズ:66 x 48.5 x 33(38)cm
収容力:83リットル(長期)
重さ:7kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

 【ミディアム・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 】

 29・TUMI ALPHA3 02203067
  ¥176,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171661041

サイズ:73.5 x 51 x 33(38)cm
収容力:108リットル(海外赴任用)
重さ:7.5kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッド・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品】

 30・TUMI ALPHA3 02203069
  ¥192,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171671041
グレー:1171751009
ゴールド:

サイズ:78.5 x 56 x 33(38)cm
収容力:126リットル(多人数用)
重さ:8.1kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

  アルファ3シリーズは、スーツケースに限らず、あらゆるケースにおけるTUMI「定番」といえる、人気のシリーズです。

 202204241452.jpg

 シリーズの位置づけは、堅牢なソフトタイプのスーツケースと言えます。

 男性ビジネスマンの「定番」として、よく見かける歴史あるモデルです。

 後ほど紹介するように、このシリーズは3種類以外に、スーツケース・パッキングケース・ブリーフの「亜種」が無数にあります。

 ただし、昔からの「定番」といえるのは、これら3つでしょう。

 サイズは、3種類です。

ーー

 83Lは、2週間程度の長期の赴任にも対応できるサイズです。

 108Lは、無料預かり基準「ギリギリ」のかなり大きなサイズです。

 126Lは、追加料金預かり基準のもので、家族赴任などのためのものです。

ーー

 重さは、最小サイズの83Lで7kgです。

 長期用とはいえ、軽量とは言えず、完全に堅牢性を重視した設計です。

 201904112230.jpg

 堅牢性は、その一方で、この機種の「売り」です。

 シリーズのどのモデルもそうですが、TUMIのブランドアイコンとも言える、バリスティックナイロンを採用しているからです。

 軍隊でも使う素材であり堅牢性の高さは高いです。

 ポリカーボネート系に比べて、手荒に扱っても傷が付かない(傷が目立たない)仕様です。また、本体のコーナーにはバンパーが組み込まれており、空港での預け荷物を守ります。

 TUMIと言えば、定番は、バリスティックナイロンなので、このモデルを持っていると、ロゴ無しでも「見た人からTUMIだと分かる効果」があります。

  201904112231.jpg

 内装は、その他のスーツケースと同じです。片面にバンドが付いて、もう一方にジップ式の収納袋(ガーメントカバー)が付くオーソドックスなタイプです。

  201904112232.jpg

 外装は、一方で、取り出しやすいファスナーケースがあり便利です。こちらもロック可能です。

 前面ポケットは、パソコン収納を意識しており、15インチサイズも収納可能です。

 そのほか、レバーロック式の緊急時の5cmのマチの拡張仕様(エクスパンダブル)が付属します。

 ローラーは、安定性の高い双輪で、4タイヤとも静音仕様です。

 凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせるでしょう。ハンドルは3段階で調節可能で、アルミニウム製です。安物にありがちながたつきがありません

 201904112234.jpg

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 ハンドルは、他機と同じで、3段階の高さ調整が可能なテレスコープハンドルです。

--

 以上、TUMIアルファ3シリーズの紹介でした。

 TUMIだと一目で分かる、伝統の外観で、落ち着いたデザインです。男性ビジネスマンが持つと、落ち着いて見えますのでオススメです。

 もちろん、女性にもその剛性から愛用者はいます。

 一方、最大サイズのモデルは「機内預け」の際に有料になる可能性はあるので注意が必要です。

ーーー

  202204241457.jpg

 【コンパクト・4ウィール・ブリーフ】

 【正規輸入品 】

 31・TUMI ALPHA3 02603624
  ¥159,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 32・TUMI ALPHA3 02603624
  ¥59,900 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171571041

サイズ:40.5 x 40.5 x 21.5m
収容力:25リットル(1-2泊用)
重さ:4.5kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 【デラックス・4ウィール・ラップトップ・ケース・ブリーフ】

 【正規輸入品】

 33・TUMI ALPHA3 02603627
  ¥159,500  (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 34・TUMI ALPHA3 9603627
  ¥99,800 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171581041

サイズ:39.5 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:27リットル(1-2泊用)
重さ:5.5kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 なお、ALPHA3シリーズは、人気モデルなので、「亜種」が相当数あります。

 第1に、他シリーズにもあったような、短期出張や普段用に開発されている特別のモデルです。

 201904112244.jpg

 それぞれ、15インチ、17インチと大きめのPCでもはいるサイズです。

 内装型のUSB充電ポート(端子)を備える点が、「伝統の中の革新」です。

 201904112252.jpg

 なお、「ブリーフ」と付く製品は、着脱式のアコーディオン型の書類仕切りが付属します。そのため、旅行にもビジネスにも利用可能です。

ーーー

 201904112157.jpg

 インターナショナル・デュアル・アクセス・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品 】

 35・TUMI ALPHA3 02203560
  ¥121,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 36・TUMI ALPHA3 02203560
  89,800 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック: 1171711009

サイズ:56 x 35.5 x 23(28)cm
収容力:35リットル(1-3泊用)
重さ:4.8kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー式

 第2に、小型タイプで、USB-C充電ポートを備える製品です。

 201904112258.jpg

 他製品との相違点は、2パターンの方法で荷物室にアクセスできる点です。

 荷物を詰め込みがちな方の旅行用に良いですが、ハンガーは別売となるタイプです。

ーーーー

 202004301609.jpg

 【インターナショナル・オフィス・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品 】

 37・TUMI ALPHA3 02203616
  ¥143,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 38・TUMI ALPHA3 02203616
  ¥89,799 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック: 1171551041

サイズ:56 x 35.5 x 23(28)cm
収容力:34リットル(1-3泊用)
重さ:5.1kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 第3に、デュアルアクセスできない代わりに、フロントに、保護パット付きPC収納とタブレット収納のついたモデルです。

 202004301619.jpg

 USB充電ポートも同様に付属するので、PCを中心に考えれば、良い選択肢です。この仕様ならば、メインルームは、十分な衣類を入れられるでしょうし。

 ハンガーは付属しないですが、サイズ的にはそれでOKでしょう。

 なお、本機は、「エクスパンダブル」の表記がないですが、マチ幅が5cm拡大できます。

今回の結論
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースはこちら!

 以上、今日は、国内旅行/海外旅行用のスーツケースを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめモデル!について書いてみます。


 第1に、1泊2日程度の短期間の国内/海外の出張におすすめのスーツケースは、

 202204241354.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品】(各色)

 1・TUMI V4 022804060
  ¥53,900〜 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 2・TUMI V4 022804060
  ¥57,799〜 楽天市場 (4/24執筆時)

ブルーエクリプス:124855T176
ラズベリー:248552012
ミンク:124855T315
ブラックベリー: 1274301041

サイズ:56x 35.5x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
開閉方式:ファスナー

軽量性  ★★★★★
堅牢性  ★★★★★

収納力  ★★★★☆
価格   ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 軽量性と価格を考慮に入れた場合、TUMI V4のこれらが良いと思います。

 202204241506.jpg

 収納力は、37Lで、2-3泊までの出張院耐えられます。

 その上で、V4の軽量設計は、持ちはこびに有利でしょう。 

 「エキスパンダブル仕様」ですので、非常時には収納量を拡張できます。

 堅牢性は、ファスナー式ですし、TUMIとしては、堅牢性最高レベルではないです。

 しかし、それでも十分な剛性があり、長く使えると思います。

ーーー

 202004301609.jpg

 【インターナショナル・オフィス・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品 】

 37・TUMI ALPHA3 02203616
  ¥143,000 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 38・TUMI ALPHA3 02203616
  ¥89,799 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック: 1171551041

サイズ:56 x 35.5 x 23(28)cm
収容力:34リットル(1-3泊用)
重さ:5.1kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

軽量性  ★★★★☆
堅牢性  ★★★★★★

収納力  ★★★★☆
価格   ★★★★☆
総合評価 ★★★★★

 予算が十分にある場合で、剛性を重視したいならばALPHA3でしょう。

 こちらのほうが、素材的にも「TUMI」らしいように思います。

 202004301619.jpg

 小さめの短期出張用モデルの中では、フロントオープン対応のこちらのモデルが使いやすいかと思います。

 なお、この仕様は、最近のスーツケースでは流行してきていて、他社も採用しています。


 第2に、1週間程度の長期出張用のスーツケースとしておすすめなのは、

 201910131000.jpg

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品】

 3・TUMI V4 022804064
  ¥93,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

 【並行輸入品】

 4・TUMI V4 022804064
  ¥51,999〜 楽天市場 (4/24執筆時)

ブラック:1124859T315
ブルー:124859T176
ミンク:1124859T315

サイズ:66 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(1週間用)
重さ:4.2kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

軽量性  ★★★★★
堅牢性  ★★★★★

収納力  ★★★★★
価格   ★★★★★
総合評価 ★★★★★

 TUMI V461Lタイプが良いと思います。

 上位モデルでより堅牢なモデルもありますが、やはり費用対効果が良いのはV4でしょう。

201910131020.jpg

 容量は約60L前後です。

 さほど大きいわけではないですが、1週間程度の男性のビジネス出張ならば、過度に大きなものは不要で、経験上このサイズが適当です。

 サイズに比して、重さも軽量ですので、持ちはこびの面でのメリット性も高いでしょう。ハンガーを使ってのスーツの収納もできます。

 ただし、もう少しだけ容量が欲しい場合は、拡張機能がないかわりに、重さが変わらずに収容量が広い、「ラージ」を選ぶのも良いでしょう。


 第3に、長期出張の多い方で、長年使い込むことを前提に選ぶとすると、

  202011091111.jpg

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 】

 28・TUMI ALPHA3 02203064
  ¥159,500 Amazon.co.jp (4/24執筆時)

ブラック: 1171651041
グレー:1171731009

サイズ:66 x 48.5 x 33(38)cm
収容力:83リットル(長期)
重さ:7kg
機内持込:
開閉方式:ファスナー式

軽量性  ★★★★☆
堅牢性  ★★★★★★

収納力  ★★★★★★
価格   ★★★★☆
総合評価 ★★★★★★

 ALPHA3シリーズのこちらでしょう。

 最もTUMIらしく、「誰でもTUMIと分かる」顔を持つ点で、ブランド力を最も感じます。

 定評のあるバリスティックナイロン製で、傷まず長く使える点も評価できます。

 サイズは、定番はどれも大きいですが、基本的には、83Lで良いと思います。1-2週間の旅行ならば余裕でこなせますから。

 色は、たまに「限定色」がでるものの伝統の「黒」モデルが良いでしょう。使い込んできても、汚れが目立たず、違和感なく使えます

補足:スーツケース関連記事の紹介

 というわけで、今回はTUMIのスーツケースの話でした。

 201804161553.jpg

1・各社のスーツケース
2・TUMIのスーツケース
3・PC対応ビジネスバッグ
4・旅行用「はかり」
5・スーツケースのレンタル

 なお、このブログには、他にもスーツケースの比較記事があります。

 今回は割と高額な製品の紹介でした。もう少し「落ち着いた」価格のスーツケースをお探しの方は、1番の記事をご覧ください。

ーーー

 201808131902.jpg

 また、購入にあたってですが、Amazonの場合、「Amazonギフト券チャージタイプ 」の販売があります。

 銀行経由でプリペイドしておけば、年間ライセンスならば、実質で最大2%引で購入可能です。クレジットカードのポイント割を除けば、この方法での購入が一番安い価格だと思います。

 ギフトカードは、Amazonの別の買い物でも利用でき、有効期限は10年です。TUMI製品は高額なので、検討しても良いでしょう。詳しくは【こちら】に解説があります。

 一方、楽天市場の場合は、利用サービスに応じたポイントが最大15倍のほか、セール時にはテナント側のポイントが付くため、それを含めた場合、お買得になる場合もあります。

ーーー

 また、最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:24 | 旅行用品

 このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

 よろしければ、下部のリンク集をご覧ください。

 家電批評モノマニアは、「家電ブログランキング」に参戦中です。右のリンクから「クリックで応援」お願いします!  201302192014.jpg

<広告>

          

Googleなどの検索エンジンでは

「家電批評モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png