比較2019' 【格安】トゥミのスーツケース22点の性能とおすすめ:TUMI V3など

2019年07月14日

比較2019' 【格安】トゥミのスーツケース22点の性能とおすすめ:TUMI V3など

【今回紹介する内容】2019年 TUMIの高級スーツケースの性能とおすすめ・選び方:トゥミ・ポリカーボネート・バリスティックナイロン・製品の種類・違いや堅牢性ランキング・各種キャリーオン

【比較する製品名】TUMI V3 19 DEGREE ALUMINUM TEGRA LITE MAX ALPHA3 Latitude

今回のお題
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースの最新モデルはどれ?

 201904112132.jpg

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年7月現在、最新のTUMIのスーツケースの比較をします。

  201805301106.jpg

 百貨店で多く見かける、国内・国外の旅行に向く耐久性重視の高級ブランドですが、今回は「10万円以下で購入できる製品」を中心に、いくつかピックアップしてみたいと思います。

ーー

 いつものように、各機種を紹介した後、最後に目的別、価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・TUMIのV3スーツケースの比較

 では、具体的な製品を紹介していきます。

 なお、TUMIの場合、過剰在庫を抱えない方針からか、(生産継続中ながら)「在庫切れ」の商品も多いです。

 とくに、旅行の準備シーズンはそうですが、今回は、生産中の製品については(在庫がなくても)載せています。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントは赤字で、イマイチと思う部分は、青字で記しています。


  201904112018.jpg

 【2018年】

 【コンパクト・キャリーオン・4ウィール・ブリーフケース 】

 【正規輸入品 1108321041】

 1・TUMI V3 228004
  ¥79,571 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 1・TUMI V3 228004
  ¥46,440 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:40×36x 20.5cm
収容力:24リットル(1-2泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

  201904112310.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン 】

 【正規輸入品 976051041】

 2・TUMI V3 228260
  ¥59,400 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 2・TUMI V3 228260
  ¥49,800 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:56x 35.5x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

 【ショートトリップ パッキングケース 】

 【正規輸入品】

 3・TUMI V3 228064【黒】
  ¥60,480 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5cm
収容力:59リットル(1週間)
重さ:3.7kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【ショートトリップ エクスパンダブルパッキングケース 】

 【正規輸入品 976071841】

 4・TUMI V3 228264
  ¥68,040 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 4・TUMI V3 228264
  ¥59,800
楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(1週間)
重さ:4.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  【ラージ・トリップ・パッキング・ケース 】

 【正規輸入品】

 5・TUMI V3 228264
  ¥66,960 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:73.5 x 49.5 x 26.5cm
収容力:81リットル(1-2週間)
重さ:4.3kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッドトリップ・エクスパンダブルパッキングケース】

 【正規輸入品 976091277】

 6・TUMI V3 228269   
  ¥75,600 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 6・TUMI V3 228269   
  ¥68,900
楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:77.5x 51x 28(33)cm
収容力:91リットル(長期)
重さ5kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 こちらは、TUMIV3シリーズです。 2018年にモデルチェンジがあったため、「二世代目」となりました。

 201904112020.jpg

 シリーズの位置づけとしては、割と求めやすい値段を、志向したお買得モデルな軽量モデルです。

 それもあり、流通は他機種より「限定的」で、(直営を除き)シーズンには売り切れの場合も多いです。

 サイズは、6種類です。

ーー

 24Lは、1泊程度対応の小型軽量モデルです。

 37Lは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持ち込み対応サイズです。

 59L・61L・81L は、完全に機内預け専用で、10日前後の出張まで対応できます。

 91Lは、2週間を超える長期出張やに対応する大型モデルです。

ーー

 201802061016.jpg

 一方、名前に「エキスパンダブル」と入るサイズは、図のように、中間部分をファスナーで広げて緊急的に収納力を上げることができます。

 なお「機内持ち込みサイズ」の37リットルは、拡張した状態だと、5cmオーバーです。また、91リットルの場合も、広げた状態だと、機内預かり荷物の無料基準をやや超えます

 また、広げた状態では堅牢性が弱まるため、地上旅行時の「保険」と考えましょう。

 重さは、最も小型の24Lで、3.2kg91Lでも、5kgです。

 TUMIの製品としては、V3シリーズは軽量で「機動性重視」です。

 もちろん、他社の軽量モデルに較べると「剛性」も軽視しないので、で「普通」程度の軽量性ではあります。

 201711191304.jpg

 堅牢性は、軽量化が重視されファスナー式が採用されました。

 フレーム式の10万円以上の従来モデルに較べたら「弱い」という評価になります。

 ただ、本体の凹凸構造など、できる限りにおいて、堅牢性は確保されています。継ぎ目などを見ても、一般的には十分な堅牢性だと思います。 

 201904112035.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 ファスナ付きポケットが3つ付属しまします。ガーメント収納はフタ側に付く仕様です。

 201904112322.jpg

 なお、型番に「ブリーフ」と付く、24Lの小型機については、着脱可能なアコーディオン型の書類仕切りが付属します。取り外せば、他と同様に旅行用のキャリーオンになりますが、ハンガーは付属しません。

 なお、ポケットはラップトップPC用があり、15インチPCまで収納可能です。

 201904112037.jpg

 TSAロックは、ダイヤルタイプになります。

 なお、安全面では、TUMIの製品は、固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。

 むかし、「中身が空で箱だけ帰ってきた」という話を、知り合いから聞いたことがあります。

 また、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 201904112040.jpg

 ローラーは、恐らく上位機種と同じもので、安定性の高い静音仕様です。

 ハンドルは、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。TUMIでは比較的格安なモデルですが、持ち手のパーツの品質は上々ですね。

---

 以上、TUMI V3 の紹介でした。

 TUMIのスーツケースは、従来10万円以上の予算が必要でした。

 しかし、V3の登場で少し「敷居が下がった」と思います。

 もちろん、従来的な剛性面を重視するならば、上位機種が良いでしょうが、ある程度軽量なスーツケースをお探しならば、V3は良い選択肢です。

2・TUMI 19 Degreeの比較

 続いてもポリカーボネートのスーツケースで、19 DEGREE ALUMINUMシリーズです。

 V3よりもグレードが高いスーツケースです。


  201802061041.jpg

 【2018年】

 【インターナショナル・キャリーオン 】

 【正規輸入品 988177498】

 7・TUMI 19DEGREE 36860SLV2
 7・TUMI 19DEGREE 36860MD2
   ¥108,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 7・TUMI 19DEGREE 36860SLV2
  ¥89,800 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:56 x 35.5 x 23cm
収容力:31リットル(1-3泊用)
重さ:5kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:フレーム式

  201802061046.jpg

 【ショートトリップ パッキングケース】

 【正規輸入品 988211776】

 8・TUMI 19DEGREE 036864
  ¥129,600 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 8・TUMI 19DEGREE 36864MD2
 8・TUMI 19DEGREE 36864SLV2
  ¥109,900 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5cm
収容力:55リットル(1週間)
重さ:6.2kg
機内持込:可能
長期出張:可能
開閉方式:フレーム式

  201802061202.jpg

 【エクステンデッド トリップ パッキングケース】

 【正規輸入品 988244386】

 9・TUMI 19DEGREE 036864
   ¥------- Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:77.5 x 52.0 x 28cm
収容力:84リットル(長期)
重さ:7.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:フレーム式

  こちらは、TUMI19 DEGREE ALUMINUMシリーズに属する新モデルです。

  201904112019.jpg 

 シリーズの位置づけは、アルミ素材を利用したデザイン重視のモデルとなります。

 TUMIは初めてであり、デザインの方向性としてはモダンで、男性でも、女性でも違和感なく使えます。

 サイズは、3種類です。

ーー

 31Lは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持込サイズです。

 55Lは、10日前後の出張まで対応できます。

 84Lは、2週間を超える長期出張に対応する大型モデルです。

 大きめですが、手荷物預かり基準に対応します。

ーー

 重さは、31Lが5kg55Lが6.2kg84Lが7.2 kgです。

 TUMI V3と比較すると、素材と作りの堅牢性を主な理由として、やや重めです。

 201904112055.jpg   

 堅牢性は、しかしながら、より高いです。

 なぜなら、ファスナーを使用せずフレーム式を採用しているからです。その上で、航空機グレードのアルミニウムを採用し、軽量ながらしっかりした外装です。

 201802061059.jpg

 TUMIのブランド力の源と言える堅牢性においては、価格に見合う出来と言えるでしょう。

 内装は、こちらも、一般的です。ただ、専用のハンガーブラケットが付属するほか、細かいポケットが多く、使い勝手は良いです。

 TSAロックは、こちらもダイヤルタイプです。

 201802061055.jpg

 ローラーは、V3と上位機種と同じもので、安定性の高い静音仕様です。 

 ハンドルは、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。

 素材は、X-Brace 45テレスコープ・ハンドルシステムというアルミニウム素材を採用します。この点では、先ほどの機種よりも優秀です。

---

 以上、19 DEGREE ALUMINUMシリーズの紹介でした。

 V3と比較すると、「高級」です。しかし、見た目で格安モデルと選別できるデザイン性を持つ点で、所有する魅力のある機種だと思います。

 堅牢性とデザイン性、そして、ある程度の軽量性が両立したお買得なモデルだと感じます。

3・TEGRA LITE MAXの比較

 つづいて、TEGRA LITE MAXシリーズの比較です。

 ポリカーボネート製の上位製品です。


 201907141740.jpg

 【2019年】

 【インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン

 【正規輸入品 985331050】

 10・TUMI TEGRA-LITE MAX 028720
  ¥108,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:35.5 x 56 x 23cm
収容力:55リットル(1-3泊用)
重さ:4.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 【ミディアム・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース

 【並行輸入品 985331050】

 11・TUMI TEGRA-LITE MAX 028724
  ¥--------- 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:66 x 48.5 x 33 (38)cm
収容力:73リットル(2週間)
重さ:6kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【ラージ・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース】

 【並行輸入品 985481050】

 12・TUMI TEGRA-LITE MAX
  ¥--------- 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:73.5 x 51 x 33 (38)cm
収容力:91リットル(長期)
重さ:7.6kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  TEGRA-LITE-MAXは、ややグレードの高いTUMIのスーツケースです。

 201904112120.jpg

 シリーズの位置づけは、「ワンランク上」の軽量なポリカーボネート製キャリーとなります。

 とくに、表面素材にテグリスを利用しており、ポリカーボネート系では堅牢性がかなり担保されます。

 2019年のモデルチェンジがあり、流通はまだ不安定です。

 サイズは、3種類です。

ーー

 55Lは、収納力は多いですが、機内持ち込み対応機種です。

 薄くても頑丈な新素材の恩恵を受けているといえます。1-3泊程度の出張をこなせるサイズです。

 73Lは、10日前後の出張まで対応できます。

 91Lは、完全に、長期赴任用の「巨大な」スーツケースです。

ーー

 重さは、最小サイズで4.2kgで、最大サイズで7.6kgです。

 ポリカーボネート系では重めですが、これは堅牢性と二択なので仕方ないでしょう。

 201809190855.jpg

 堅牢性は、軽量性と両立させるために、ファスナー式です。

 ただし、外装にテグリスを使っています。

 カーレースなどにも使われる高強度の熱可塑性ポリプロピレン複合素材です。

 そのため、剛性では、【軽量スーツケースの比較記事】で紹介した、リモワの安めのポリカーボネートスーツケース を上回ります。

 スーツケースは、空港で粗く取り扱われやすい性質があるので、外装の堅牢性は重要視するべきです。TUMIは、空港での取扱がとにかく粗いアメリカのブランドです。その分、この点は信頼性が高いです。

201809190854.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 この製品もガーメントカバーがフタ側についており、スーツ収納も対応するビジネス向けのスーツケースと言えます。

 201904112130.jpg

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 安全面では、ひきつづき固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。

 ちなみに、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 201809190856.jpg

 ローラーは、安定性の高い双輪で、静音仕様です。

 TUMIのローラーは精度が良く、凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせます。4つの特許技術で保護されているそうです。

 ハンドルは、3段階で調節可能です。

---

 以上、TUMIのTEGRA-LITE-MAXの紹介でした。

 多少高いですが、軽量性よりも堅牢性を重視したい地域(アジアやアメリカなど)には、こちらがおすすめでしょう。また、ヨーロッパの石畳の道でもすいすい走ります。

4・TUMIのLatitudeの比較

 続いて、TUMIでは「定番」となる、ラティチュードシリーズの紹介です。


 201904112345.jpg

 【2019年】

 【インターナショナル・キャリーオン

 【正規輸入品 985621041】

 13・TUMI Latitude  0287660
  ¥81,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:56 x 35.5 x 23cm
収容力:35リットル(1-3泊用)
重さ:2.8kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 【ショート・トリップ・パッキング・ケース

 【正規輸入品】

 14・TUMI Latitude  0287664
  ¥91,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:68 x 45 x 28cm
収容力:64リットル(1週間)
重さ:3.7kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【エクステンデッド・トリップ・パッキング・ケース】

 【正規輸入品】

 15・TUMI Latitude  0287660
  ¥97,200 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:76 x 52 x 30cm
収容力:96リットル(長期)
重さ:4.1kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 Latitudeは、TUMIが2019年から展開をはじめた新シリーズです。

 201904112348.jpg

 シリーズの位置づけは、ポリカーボネート系では「最高に頑丈」という製品です。

 1つ前のTEGRA-LITE-MAXも似たような説明で、実際どちらがより頑丈かは不明です。ただ、1つ言えるのは、こちらは、「頑丈」であるのに加えて、V3よりも軽量であるということです。

 むしろ、「TUMI史上最軽量」というポイントの方が強調されるべき機種でしょう。

 サイズは、3種類です。

ーー

 35Lは、機内持ち込み対応機種です。1-3泊程度の出張をこなせるサイズです。

 64Lは、10日前後の出張まで対応できます。

 96Lは、完全に、長期赴任用の「巨大な」スーツケースです。

ーー

 重さは、先述のように、どのサイズも、収納量に対して、軽量です。

 一方、軽量性を追求するため、どのサイズも、マチが5cm拡張できるエキスパンダブルは不採用です。

 201904120000.jpg

 堅牢性は、軽量性と両立させるために、やはりファスナー式です。

 一方、本体素材は、SRPP(Self-Reinforced Poly-Propylene)バリスティック素材という説明です。機能性の面では、柔軟性と屈曲性に富むとの説明です。

 ただ、通常より四隅のプロテクターのサイズが大きいことから判断するに、プロテクターなしでは、弱い素材であり、やはり、堅牢性よりも軽量性を重視しているように思います。


 201904120004.jpg

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。

 ただし、ハンガーは付属しない仕様で、とことん軽量化を詰めています。

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 ローラーは、双輪の軽量スピニングホイールです。

 新開発のようですが、この部分の剛性は、経年変化を見ないと分からないでしょう。

 ハンドルは、3段階で調節可能です。

---

 以上、TUMIのLatitudeの紹介でした。

 軽量で、操作性の良いTUMIのスーツケースです。一方、「バリスティック」の名を冠しますが、バリスティックなナイロンではないわけで、堅牢性の部分では、TUMIっぽさがややなさそうです。

5・TUMIのALPHA 3の比較

 続いて、TUMIでは「定番」となる、アルファ3シリーズの紹介です。


 201904112204.jpg

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 1171651041】

 16・TUMI ALPHA3 02203064
  ¥145,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:66 x 48.5 x 33(38)cm
収容力:83リットル(長期)
重さ:7kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 201904112201.jpg

 【ミディアム・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 1171661041】

 17・TUMI ALPHA3 02203067
  ¥162,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:73.5 x 51 x 33(38)cm
収容力:108リットル(海外赴任用)
重さ:7.5g
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  201904112202.jpg

 【エクステンデッド・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 1171671041】

 18・TUMI ALPHA3 02203069
  ¥178,200 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:78.5 x 56 x 33(38)cm
収容力:126リットル(多人数用)
重さ:8.1kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  アルファ3シリーズは、スーツケースに限らず、あらゆるケースにおけるTUMIの「定番」といえる、人気のシリーズです。

 201904112220.jpg

 シリーズの位置づけは、とにかく堅牢なソフトタイプのスーツケースと言えます。

 男性ビジネスマンの「定番」として、よく見かける歴史あるモデルです。

 こちらも、2019年にALPHA2からのモデルチェンジがあり、流通はやや不安定です。

 なお、後ほど紹介するように、このシリーズは3種類以外に、スーツケース・パッキングケース・ブリーフの「亜種」が無数にあります。

 ただし、昔からの「定番」といえるのは、これら3つの後継モデルでしょう。

 サイズは、3種類です。

ーー

 83Lは、2週間程度の長期の赴任にも対応できるサイズです。

 108Lは、無料預かり基準「ギリギリ」のかなり大きなサイズです。

 126Lは、追加料金預かり基準のもので、家族赴任などのためのものです。

ーー

 重さは、最小サイズの83Lで7kgです。

 長期用とはいえ、軽量とは言えず、完全に堅牢性を重視した設計です。

 201904112230.jpg

 堅牢性は、その一方で、この機種の「売り」です。

 シリーズのどのモデルもそうですが、TUMIのブランドアイコンとも言える、バリスティックナイロンを採用しているからです。

 軍隊でも使う素材であり堅牢性の高さは高いです。

 ポリカーボネート系に比べて、手荒に扱っても傷が付かない(傷が目立たない)仕様です。また、本体のコーナーにはバンパーが組み込まれており、空港での預け荷物を守ります。

 TUMIと言えば、定番は、バリスティックナイロンなので、このモデルを持っていると、ロゴ無しでも「見た人からTUMIだと分かる効果」があります。

  201904112231.jpg

 内装は、その他のスーツケースと同じです。片面にバンドが付いて、もう一方にジップ式の収納袋(ガーメントカバー)が付くオーソドックスなタイプです。

  201904112232.jpg

 外装は、一方で、取り出しやすいファスナーケースがあり便利です。こちらもロック可能です。

 そのほか、レバーロック式の緊急時の5cmのマチの拡張仕様(エクスパンダブル)が付属します。

 ローラーは、安定性の高い双輪で、4タイヤとも静音仕様です。

 凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせるでしょう。ハンドルは3段階で調節可能で、アルミニウム製です。安物にありがちながたつきがありません

 201904112234.jpg

 TSAロックは、ダイヤル式です。

 ハンドルは、他機と同じで、3段階の高さ調整が可能なテレスコープハンドルです。

--

 以上、TUMIの アルファ3シリーズの紹介でした。

 TUMIだと一目で分かる、伝統の外観で、落ち着いたデザインです。男性ビジネスマンが持つと、落ち着いて見えますので、かなりオススメです。もちろん、女性にも、その剛性から愛用者はいます。

 一方、最大サイズのモデルは、機内預けのさいに(恐らく)有料なので注意が必要です。

ーーー

  201904112144.jpg

 【コンパクト・4ウィール・ブリーフ】

 【正規輸入品 1171571041】

 19・TUMI ALPHA3 02603624
  ¥113,400 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:40.5 x 40.5 x 21.5m
収容力:25リットル(1-2泊用)
重さ:4.5kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 201904112207.jpg

 【デラックス・4ウィール・ラップトップ・ケース・ブリーフ】

 【正規輸入品 1171581041】

 20・TUMI ALPHA3
  ¥145,800  (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 20・TUMI ALPHA3 9603627
  ¥118,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:39.5 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:27リットル(1-2泊用)
重さ:5.5kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 なお、先述のように、ALPHA3シリーズは、人気モデルなので、「亜種」が相当数あります。

 その中でも、人気の出そうなこの2つは、どちらかと言えば、短期出張や、普段もち用に開発されている、ALPHA3のブリーフです。

 201904112244.jpg

 それぞれ、15インチ、17インチグレードの大きめのPCでもはいるサイズですが、内装型のUSB充電ポート(端子)を備える点が、「伝統の中の革新」です。

1・小型モバイルバッテリーの比較
2・大容量モバイルバッテリーの比較
3・USB-C対応バッテリーの比較

 ただし、バッテリー自体は別売なので、上記の記事で比較しているような、USB式のバッテリーを購入し、内装させることとなります。

 201904112252.jpg

 なお、「ブリーフ」と付く製品は、着脱式のアコーディオン型の書類仕切りが付属します。そのため、旅行にもビジネスにも利用可能です。

ーーー


 201904112200.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・2ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品 1171531041】

 21・TUMI ALPHA3 02203020
  ¥108,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

ササイズ:56 x 35.5 x 23(28)cm
収容力:35リットル(1-2泊用)
重さ:4.4kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 こちらも、小型タイプで、USB-C充電ポートを備える製品です。

 201904112253.jpg

 ただし、「ブリーフ」ではないので、どちらかと言えば、短期の旅行用です。ただし、ハンガーは付属しません。

 なお、車輪は、押し歩きのみに利用するため2輪の仕様となります。

ーーー

 201904112157.jpg

 【インターナショナル・デュアル・アクセス・4ウィール・キャリーオン】

 【正規輸入品 1171711009】

 22・TUMI ALPHA3 02203560
  ¥108,000 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:56 x 35.5 x 23(28)cm
収容力:35リットル(1-3泊用)
重さ:4.8kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 こちらも、小型タイプで、USB-C充電ポートを備える製品です。

 201904112258.jpg

 他製品との相違点は、2パターンの方法で荷物室にアクセスできる点です。

 荷物を詰め込みがちな方の旅行用に良いですが、ハンガーは別売となるタイプです。

今回の結論
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースはこちら!

 以上、今日は、国内旅行/海外旅行用のスーツケースを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめモデル!について書いてみます。


 第1に、1泊2日程度の短期間の国内/海外の出張におすすめのスーツケースは、

  201904112018.jpg

 【2018年】

 【コンパクト・キャリーオン・4ウィール・ブリーフケース 】

 【正規輸入品 1108321041】

 1・TUMI V3 228004
  ¥79,571 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 1・TUMI V3 228004
  ¥46,440 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:40×36x 20.5cm
収容力:24リットル(1-2泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

  201904112310.jpg

 【インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン 】

 【正規輸入品 976051041】

 2・TUMI V3 228260
  ¥59,400 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 2・TUMI V3 228260
  ¥49,800 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:56x 35.5x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:3.2kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

 軽量性と価格を考慮に入れた場合、TUMI V3のこれらが良いと思います。

 201904112322.jpg

 コンパクトキャリーオンは、やや小型ですが、ノートPCと書類用の着脱式のアコーディオン型の書類仕切りが付くため、普段使いを兼ねる場合に有利です。

 インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオンは、どちらかと言えば、短期の出張専用と言えます。

 TUMIとしては、堅牢性は最高レベルではないですが、それでも十分な剛性があり、長く使えると思います。

ーーー

  201904112144.jpg

 【コンパクト・4ウィール・ブリーフ】

 【正規輸入品 1171571041】

 18・TUMI ALPHA3 02603624
  ¥113,400 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:40.5 x 40.5 x 21.5m
収容力:25リットル(1-2泊用)
重さ:4.5kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 予算が十分にあれば、ALPHA3の方が「TUMI」らしいです。

 ただ、スーツケース系のALPHA3は、バッグに比べても「かなり高め」で、初期投資が必要なのがネックです。


 第2に、国際線/国内線に預ける1週間程度の長期出張用のスーツケースとしておすすめなのは、

 201904112310.jpg

【ショートトリップ パッキングケース 】

 【正規輸入品】

 3・TUMI V3 228064【黒】
  ¥60,480 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5cm
収容力:59リットル(1週間)
重さ:3.7kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 【ショートトリップ エクスパンダブルパッキングケース 】

 【正規輸入品 976071841】

 4・TUMI V3 228264
  ¥68,040 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 4・TUMI V3 228264
  ¥59,800
楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(1週間)
重さ:4.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  【ラージ・トリップ・パッキング・ケース 】

 【正規輸入品】

 5・TUMI V3 228264
  ¥66,960 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:73.5 x 49.5 x 26.5cm
収容力:81リットル(1-2週間)
重さ:4.3kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 TUMI V3 ショート・トリップ・パッキング・ケースか拡張機能付きのショートトリップ エクスパンダブルパッキングケース が良いと思います。

 容量は約60L前後と、さほど大きいわけではないですが、1週間程度の男性のビジネス出張ならば、過度に大きなものは不要で、経験上このサイズが適当です。

 また、サイズに比して、重さも軽量ですので、持ちはこびの面でのメリット性も高いでしょう。

 ただし、もう少しだけ容量が欲しい場合は、拡張機能がないかわりに、重さが変わらずに収容量が広い、「ラージ」を選ぶのも良いでしょう。


第3に、国際線/国内線に預ける2週間以上の長期出張用のスーツケースとしておすすめなのは、

  201904112310.jpg

【エクステンデッドトリップ・エクスパンダブルパッキングケース】

 【正規輸入品 976091277】

 6・TUMI V3 228269   
  ¥75,600 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 6・TUMI V3 228269   
  ¥68,900
楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:77.5x 51x 28(33)cm
収容力:91リットル(長期)
重さ5kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  TUMI V3 ラージ・トリップ・パッキング・ケースでしょう。

 堅牢性を重視した場合は、より上位のモデルもありますが、ビジネスバッグに較べると、スーツケースは、手荒に扱われるので劣化が早いです。

 あまり高級なものを購入しても、もったいないので、ブランド力と価格面が両立するこちらのモデルで、基本は十分だと思います。

 機能面では、静音で操作性の高いキャスターや、ハンドルを装備しており、TUMIブランドのなに恥じない出来です。


第4に、長期出張の多い方で、長年使い込むことを前提に選ぶとすると、

 201904112204.jpg

 【ショート・トリップ・エクスパンダブル・4ウィール・パッキングケース】

 【正規輸入品 1171651041】

 16・TUMI ALPHA3 02203064
  ¥145,800 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

サイズ:66 x 48.5 x 33(38)cm
収容力:83リットル(長期)
重さ:7kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 ALPHA3シリーズのでしょう。

 最もTUMIらしく、「誰でもTUMIと分かる」顔を持つ点で、ブランド力を最も感じます。その上で、定評のあるバリスティックナイロン製で、傷まず長く使える点も評価できます。

 サイズは、定番はどれも大きいですが、基本的には、83Lで良いと思います。1-2週間の旅行ならば余裕でこなせますから。

 色は、たまに「限定色」がでるものの伝統の「黒」モデルが良いでしょう。使い込んできても、汚れが目立たず、違和感なく使えます

ーー

  201802061046.jpg

 【ショートトリップ パッキングケース】

 【正規輸入品 988211776】

 8・TUMI 19DEGREE 036864
  ¥129,600 Amazon.co.jp (7/14執筆時)

 【並行輸入品】

 8・TUMI 19DEGREE 36864MD2
 8・TUMI 19DEGREE 36864SLV2
  ¥109,900 楽天市場 (7/14執筆時)

サイズ:66 x 44.5 x 25.5cm
収容力:55リットル(1週間)
重さ:6.2kg
機内持込:可能
長期出張:可能
開閉方式:フレーム式

 ALPHA3シリーズは、女性でも利用者がいます。

 しかし、もう少し「エレガント」に決めたいと考える場合は、19 DEGREE ALUMINUMを選んでも良いでしょう。

 アルミ利用のTUMIはこのシリーズからの登場であり、レアリティもあります。

補足:スーツケース関連記事の紹介

 というわけで、今回はTUMIのスーツケースの話でした。

 201804161553.jpg

1・旅行用ブランドスーツケース
2・TUMIのスーツケース
3・PC対応ビジネスバッグ
4・旅行用「はかり」
5・スーツケースのレンタル

 なお、このブログには、他にもスーツケースの比較記事があります。

 今回は割と高額な製品の紹介でした。もう少し「落ち着いた」価格のスーツケースをお探しの方は、1番の記事をご覧ください。

ーーー

 201808131902.jpg

 また、購入にあたってですが、Amazonの場合、「Amazonギフト券チャージタイプ 」の販売があります。

 銀行経由でプリペイドしておけば、年間ライセンスならば、実質で最大2%引で購入可能です。クレジットカードのポイント割を除けば、この方法での購入が一番安い価格だと思います。

 ギフトカードは、Amazonの別の買い物でも利用でき、有効期限は10年です。TUMI製品は高額なので、検討しても良いでしょう。詳しくは【こちら】に解説があります。

 一方、楽天市場の場合は、利用サービスに応じたポイントが最大15倍のほか、セール時にはテナント側のポイントが付くため、それを含めた場合、お買得になる場合もあります。

ーーー

 また、最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 18:17 | 旅行用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png