比較2018' 【格安】トゥミ高級スーツケース13点の性能とおすすめ:TUMI

2018年02月06日

比較2018' 【格安】トゥミ高級スーツケース13点の性能とおすすめ:TUMI

今回のお題
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースの最新モデルはどれ?


 ども、Atlasです。

 今日は、2018年現在手に入る、国内・国外の旅行に向くTUMIのスーツケースの比較をします。

 百貨店で多く見かける耐久性重視の高級ブランドですが、今回は10万円以下で購入できる製品を中心にいくつかピックアップしてみたいと思います。

 いつものように、各機種を紹介した後、最後に、目的別、価格別にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

TUMIのV3スーツケースの比較


  201802061001.jpg

 【2018年】

 【V3 0228260 228260DBL【正規輸入品】

 1・インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン
  ¥59,400Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:
3.2kg
機内持込:不可
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

  201802061007.jpg

 【2018年】

 【V3 0228264 228264DBL】【正規輸入品】

 2・ ショート・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース
  ¥68,040 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:66cm x 44.5cm x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(長期用)
重さ:
4.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

   201802061010.jpg

 【2018年】

 【V3 0228269 228269DBL 】【正規輸入品】

 3・エクステンデッド・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース
  ¥75,600 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:77.5cm x 51cm x 28(33)cm
収容力:91リットル(海外赴任用)
重さ:
5kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  こちらは、TUMIV3シリーズ です。TUMIが2016年夏から新発売したモデルですすが、2018年にモデルチェンジがあったため「二世代目」の製品となります。

 従来、TUMIは、軽量性よりも剛性を重視した堅牢モデルだけを出していました。しかし、V3シリーズは、軽量性も追求したポリカーボネートの新製品です。価格的にも10万円を切る価格で出してきた戦略的な「お買得」モデルだと思います。

 サイズは、3種類です。

ーー

 第1に、37リットルのモデルは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持ち込み対応サイズです。

 第2に、61リットルのモデルは、完全に機内預け専用で、10日前後の出張まで対応できます。

 第3に、91リットルのモデルは、2週間を超える長期出張やに対応する大型モデルです。

 201802061016.jpg

 一方、いずれのモデルも「エクスパンダブル仕様」です。図のように、中間部分をファスナーで広げて緊急的に収納力を上げることができます。

 ただし、「機内持ち込みサイズ」の37リットルは、拡張した状態だと、5cmオーバーです。また、91リットルの場合も、広げた状態だと、機内預かり荷物の無料基準をやや超えます

 いずれにしても、広げた状態では堅牢性が弱まるため、地上旅行時の「保険」と考えましょう。

ーー

 重さは、小型機種が3.2kg中型機種が4.2kg大型機種が5kgです。他社の軽量モデルに較べると「普通」程度の軽量性ながら、TUMIの従来品と較べると、軽量と言えます。

 201711191304.jpg

 堅牢性は、軽量化が重視されファスナー式が採用されました。フレーム式の10万円以上の従来モデルに較べたら「弱い」という評価になります。

 ただ、本体の凹凸構造など、できる限りにおいて、堅牢性は確保されています。継ぎ目などを見ても、一般的には十分な堅牢性だと思います。 

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。ファスナ付きポケットが3つ付属しまし。ガーメント収納はフタ側に付く仕様ですね。

 TSAロックは、ダイヤルタイプになります。なお、安全面では、TUMIの製品は、固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。「中身が空で箱だけ帰ってきた」、という話も知り合いから聞いたことがあります。

 また、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 ローラーは、恐らく上位機種と同じもので、安定性の高い静音仕様です。

 ハンドルは、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。TUMIでは比較的格安なモデルですが、持ち手のパーツの品質は上々ですね。

 以上、TUMI V3 の紹介でした。

 TUMIのスーツケースは、従来10万円以上の予算が必要でした。しかし、V3の登場で少し「敷居が下がった」かなと思います。剛性を重視した堅牢モデルが欲しいならば、上位機種が良いでしょうが、軽量なスーツケースをお探しならばこちらは良い選択肢です。


  

 【V3 228004D】

 4・コンパクトキャリーオン 4ウィールブリーフ
  ¥59,400 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:41.5cm x 41.5cm x 20.5cm
収容力:24リットル(1-2泊用)
重さ:3.1kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 コンパクトキャリーオン 4ウィールブリーフも、V3シリーズの製品です。

   201711191305.jpg

 先ほどの3機種と比較した場合、エキスパンダブル仕様が省略されます。しかし、ノートPC用の着脱式収納(15インチまで)が付属します。

 なお、サイズ的に機内持ち込みに対応するサイズです。

 重さは、24リットルという控えめの収納力の割には3.1kgと重めです。ただ、従来のTUMIのスーツケースよりは取り回しやすいです。

 堅牢性は、設計思想はV3で共通していますので、上記の機種と同等水準でしょう。

 その他の部分も、他機種と同様となります。ホイールは4つで、持ち手などは他の機種と同じです。短期ビジネス用によさそうなモデルです。

TUMI 19 Degreeスーツケースの比較

 続いてもポリカーボネートのスーツケースで、19 DEGREE ALUMINUMシリーズです。

 V3よりもグレードが高いスーツケースです。


  201802061041.jpg

 【2018年】

 【19 DEGREE ALUMINUM36860MD2】

  5・インターナショナル・キャリーオン
  ¥99,800 楽天市場 (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23cm
収容力:31リットル(1-3泊用)
重さ:
5kg
機内持込:不可
長期出張:不可
開閉方式:フレーム式

  201802061046.jpg

 【2018年】

 【19 DEGREE ALUMINUM 36864MD2

  6・ショートトリップ パッキングケース
  ¥118,000
楽天市場 (2/6執筆時)

サイズ:66cm x 44.5cm x 25.5cm
収容力:55リットル(長期用)
重さ:
6.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:フレーム式

  201802061202.jpg

 【2018年】

 19 DEGREE ALUMINUM 36869MD2

 7・エクステンデッド トリップ パッキングケース
   ¥101,999 楽天市場 (2/6執筆時)

サイズ:77.5cm x 52.0cm x 28cm
収容力:84リットル(海外赴任用)
重さ:
7.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:フレーム式

  こちらは、TUMI19 DEGREE ALUMINUMシリーズに属する新モデルです。

  201802061055.jpg

 TUMIでは初めてのアルミ素材です。デザインの方向性としては、モダンデザインであり、男性でも、女性でも違和感なく使えるでしょう。

 サイズは、こちらも3種類です。

ーー

 第1に、31リットルのモデルは、1-3泊程度の出張モデルです。機内持ち込みはできません

 第2に、55リットルのモデルは、10日前後の出張まで対応できます。

 第3に、84リットルのモデルは、2週間を超える長期出張に対応する大型モデルです。大きめですが、手荷物預かり基準に対応します。

ーー

 重さは、小型機種が5kg中型機種が6.2kg大型機種が7.2 kgです。TUMI V3と比較すると、素材と作りの堅牢性を主な理由として、やや重めです。

  201802061059.jpg

 堅牢性は、しかしながら、堅牢性はファスナーを使用せずフレーム式を採用する上、航空機グレードのアルミニウムを採用し、軽量ながらしっかりした外観です。

 TUMIのブランド力の源と言える堅牢性においては、価格に見合う出来です。

 内装は、こちらも、一般的です。ただ、専用のハンガーブラケットが付属するほか、細かいポケットが多く、使い勝手は良いです。

 TSAロックは、こちらもダイヤルタイプです。ローラーは、V3と上位機種と同じもので、安定性の高い静音仕様です。

 ハンドルは、こちらも、長さ調整可能なテレスコープタイプのハンドルです。素材は、X-Brace 45テレスコープ・ハンドルシステムというアルミニウム素材を採用している点で、先ほどの機種よりも優秀です。

 以上、19 DEGREE ALUMINUMシリーズの紹介でした。V3と比較すると、「高級」です。しかし、見た目で格安モデルと選別できるデザイン性を持つ点で、所有する魅力のある機種だと思います。

 堅牢性とデザイン性、そして、ある程度の軽量性が両立したお買得なモデルだと感じます。

TUMI TEGRA-LITEシリーズの比較

 つづいて、TEGRA-LITEシリーズの比較です。ポリカーボネート製の上位製品です。


   

 【TEGRA-LITE 28720 Tegra-Lite Max

 8・インターナショナルエクスパンダブル
  ¥117,799 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:35.5cm x 56cm x 23cm
収容力:29リットル(1-3泊用)
重さ:
4.27kg
機内持込:可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

  TEGRA-LITE-MAXインターナショナルエクスパンダブルキャリーオンも、ポリカーボネート製のスーツケースです。価格的に10万を超える「高級スーツケース」で、堅牢性がより高いモデルです。 

 サイズは、29リットルのモデルで、機内持ち込み対応機種です。1-3泊程度の出張をこなせるサイズです。

 重さは、4.27kgです。小型としてはやや「重め」ですが、これは堅牢性と二択なので仕方ないでしょう。

 堅牢性は、カーレースなどにも使われる高強度の熱可塑性ポリプロピレン複合素材を使っています。そのため、堅牢性では、前回【軽量スーツケースの比較記事】で紹介した、同価格帯のリモワの格安なポリカーボネートスーツケース を上回ります。

 スーツケースは、空港で粗く取り扱われやすい性質があるため、外装の堅牢性は重要視するべきです。空港での取扱がとにかく粗いアメリカのブランドですので、この点は信頼性が高いです。

 軽量性と両立させるために、ファスナー式ではありますが、素材的な部分を含めて「頑丈」といえるレベルです。

 内装は、ベルトの付いた一般的なケースです。ガーメントカバーがフタ側についており、スーツ収納も対応するビジネス向けのスーツケースと言えます。

 TSAロックは、南京錠タイプになります。なお、安全面では、TUMIの製品は、固有番号を使った独自のトレーサープログラム があるため、輸送トラブルで紛失しても帰ってくる確率が高いです。「中身が空で箱だけ帰ってきた」、という話も知り合いから聞いたことがあります。

 ちなみに、固有番号は偽物/本物の識別にもなるので、偽物を掴まさせる可能性はTUMIは少ないです。

 ローラーは、安定性の高い双輪で、静音仕様です。TUMIのローラーは精度が良く、凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせます。4つの特許技術で保護されているそうです。

 ハンドルは3段階で調節可能です。

 以上、TUMIのTEGRA-LITE-MAXの紹介でした。多少高いですが、軽量性よりも堅牢性を重視したい地域(アジアやアメリカなど)には、こちらがおすすめでしょう。また、ヨーロッパの石畳の道でもすいすい走ります。

ーーーー

  

 【並行輸入】

 【TEGRA-LITE 28704 Tegra-Lite Max 】

 9・キャリーオン・4ウィール・ブリーフケース
  ¥74,980 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:40.5cm x 42.5cm x 21cm
収容力:29リットル(1-3泊用)
重さ:3.9kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 なお、Tegra-Lite Maxには、比較的小型で、正方形に近い小型モデルもあります。

  201711191306.jpg

 収納量は、小型モデルとあまり変わらず1泊用で、車輪も同じく4つ付いています。また、この機種の場合、15インチのノートPCまで収納可能な着脱式のポケットや、スマホやタブレットなどを整理できるポケットが付属します。

 短期のビジネス出張用に便利な仕様だと思います。また、小型ですが、ダイヤル式のTSAロックも付属します。

TUMIのALPHA2シリーズ

 続いて、TUMIでは「定番」となる、アルファ2シリーズの紹介です。


  201802061110.jpg

 【ALPHA2 Travel 22060D2【ブラック】

 10・インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン
  ¥108,000 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

 【ALPHA2 Travel 22060PW2【グレー】

 11・インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン
  ¥108,000 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23(28)cm
収容力:30リットル(1-3泊用)
重さ:4.9kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 インターナショナル エクスパンダブル 4ウィール キャリーオンは、ALPHA2 Traveシリーズに属するスーツケースです。

 201802061113.jpg

 こちらは、ポリカーボネートではなく、硬化ナイロン素材を使うソフトタイプのスーツケースです。男性ビジネスマンの「定番」として、よく見かける歴史あるモデルです。また、目新しいところでは、2018年にグレーの新色が登場しました。

 こちらは、機内に持ち込める30リットルの小型のモデルです。

 重さは、通常機種が4.4kです。ポリカーボネート製のスーツケースよりも重いです。

 堅牢性は、その一方で、この機種の「売り」です。TUMIのブランドアイコンとも言える、バリスティックナイロンを採用しているからです。軍隊でも使う素材であり堅牢性の高さは高いです。とくに、ポリカーボネート製のスーツケースと異なり、手荒に扱っても傷が付かない(傷が目立たない)仕様です。また、本体のコーナーにはバンパーが組み込まれており、手荒に扱われることが多い空港の預け荷物を守ります。

 TUMIと言えば、定番は、バリスティックナイロンなので、このモデルを持っていると、ロゴ無しでも「見た人からTUMIだと分かる効果」があります。

  201802061114.jpg

 内装は、その他のスーツケースと同じです。片面にバンドが付いて、もう一方にジップ式の収納袋(ガーメントカバー)が付くオーソドックスなタイプです。先ほど書いたように、外装には、パスポートやチケットを入れられるポケットも付きます。また、緊急時の5cmのマチの拡張仕様(エクスパンダブル)が付属します。

 ローラーは、安定性の高い双輪で、4タイヤとも静音仕様です。凹凸の多い海外の石道でも、うまく転がせるでしょう。ハンドルは3段階で調節可能で、アルミニウム製です。安物にありがちながたつきがありません

 一方、このモデルはTSAロックなどの鍵が付属しません。必要ならば、TSAワイヤーロックなどを別に購入しましょう。


 

 【ALPHA2 Travel22560D2【並行輸入品】

 12・フロント・リッド・インターナショナル・キャリーオン
  ¥74,800 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23(28)cm
収容力:30リットル(1-3泊用)
重さ:4.9kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 フロント・リッド・インターナショナル・キャリーオン は、ALPHA2 Traveシリーズの特別モデルと言えるものです。

  201802061122.jpg

 重さや容量などの使用は同じですが、ワンボックスタイプで、背面からも中身が確認できる仕様です。

 【頑丈なスーツケースの比較記事】にて、360度どこからでも開くスーツケースを紹介しましたが、それ系の機能を搭載したニッチな機種です。

 また、このタイプは、スーツケースが2枚収納できるため、ガーメントバッグを別に持ち歩く必要がありません。

 相当ニッチな製品ですが、旅慣れたビジネスマンなどに需要がありそうです。


  

 【ALPHA2 Travel 26624D2【並行輸入品】

 13・4ウィール・コンパクト・ブリーフ
  ¥59,220 Amazon.co.jp (2/6執筆時)


サイズ:40.5cm x 40.5cm x 21.5cm
収容力:18リットル(1泊用)
重さ:4.5kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 4ウィール・コンパクト・ブリーフ は、ALPHA2 Traveシリーズのコンパクトモデルです。

  201802061149.jpg

 収納力は16Lクラスなので、「普段使い」用で、ギリギリ1泊に対応できるか?というサイズです。

 一方、ファイルなど小分けできる収納システムがある点と、13インチ程まで対応できるノートPC収納は、ビジネス万の普段使いに良いでしょう。

 Atlasはこの程度ならば、「転がさず」に「肩掛け」する方ですが、スーツが傷むのを気にする方などは、キャリーを使う傾向があるようです。

今回の結論
旅行などにおすすめなTUMIのスーツケースはこちら!

 以上、今日は、国内旅行/海外旅行用のスーツケースを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめモデル!について書いてみます。


 第1に、1泊2日程度の短期間の国内/海外の出張におすすめのスーツケースは、

 201802061001.jpg

 【V3 0228260 228260DBL【正規輸入品】

 1・インターナショナル・エクスパンダブル・キャリーオン
  ¥59,400Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23(28)cm
収容力:37リットル(1-3泊用)
重さ:
3.2kg
機内持込:不可
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー

 軽量性と価格を考慮に入れた場合、TUMI V3のこちら良いと思います。

 同シリーズのコンパクトキャリーオン ブリーフケースでも良いと思いますが、収納力と軽量性の両立したこちらのタイプの方が使い勝手は良いでしょう。

 TUMIとしては、堅牢性は最高レベルではないですが、それでも十分な剛性があり、長く使えると思います。。


 第2に、国際線/国内線に預ける1週間程度の長期出張用のスーツケースとしておすすめなのは、

  201802061007.jpg

 【V3 0228264 228264DBL】【正規輸入品】

 2・ ショート・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース
  ¥68,040 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:66cm x 44.5cm x 25.5(30.5)cm
収容力:61リットル(長期用)
重さ:
4.2kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

 TUMI V3 ショート・トリップ・パッキング・ケースが良いと思います。

 容量は約60Lと、さほど大きいわけではないですが、1週間程度の男性のビジネス出張ならば、過度に大きなものは不要で、経験上このサイズが適当です。また、サイズに比して、重さも軽量ですので、持ちはこびの面でのメリット性も高いでしょう。


第3に、国際線/国内線に預ける2週間以上の長期出張用のスーツケースとしておすすめなのは、

   201802061010.jpg

 【V3 0228269 228269DBL 】【正規輸入品】

 3・エクステンデッド・トリップ・エクスパンダブル・パッキング・ケース
  ¥75,600 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:77.5cm x 51cm x 28(33)cm
収容力:91リットル(海外赴任用)
重さ:
5kg
機内持込:不可
長期出張:可能
開閉方式:ファスナー式

  TUMI V3 ラージ・トリップ・パッキング・ケースでしょう。堅牢性を重視した場合は、より上位のモデルもありますが、ビジネスバッグに較べると、スーツケースは、手荒に扱われるので劣化が早いです。

 あまり高級なものを購入しても、勿体ないので、ブランド力と価格面が両立するこちらのモデルで、基本は十分だと思います。機能面では、静音で操作性の高いキャスターや、ハンドルを装備しており、TUMIブランドのなに恥じない出来です。


第4に、高級な、普段使いの小さめスーツケースとしておすすめできるのは、

  201802061110.jpg

 【ALPHA2 Travel 22060D2【ブラック】

 10・インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン
  ¥108,000 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

 【ALPHA2 Travel 22060PW2【グレー】

 11・インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオン
  ¥108,000 Amazon.co.jp (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23(28)cm
収容力:30リットル(1-3泊用)
重さ:4.9kg
機内持込:
可能
長期出張:不可
開閉方式:ファスナー式

 ALPHA2 Traveシリーズのこちらでしょう。最もTUMIらしく、「誰でもTUMIと分かる」顔を持つ点で、ブランド力を最も感じますので。

 機内持ち込みサイズであり、数日の旅行なら難なくこなすため、利用するシーンは多いでしょう。

 一般的には、伝統の「黒」モデルが良いでしょう。ただ、「代わり映えがしない」と感じる方は、2018年から登場したグレーを選ぶのも良いと思います。

ーー

  201802061041.jpg

  【19 DEGREE ALUMINUM 36860MD2】

  5・インターナショナル・キャリーオン
  ¥99,800 楽天市場 (2/6執筆時)

サイズ:56cm x 35.5cm x 23cm
収容力:31リットル(1-3泊用)
重さ:
5kg
機内持込:不可
長期出張:不可
開閉方式:フレーム式

 ALPHA2 Traveシリーズは、女性でも利用者がいますが、もう少し「エレガント」に決めたいと考える場合は、新しい、19 DEGREE ALUMINUMを選んでも良いでしょう。

 アルミ利用のTUMIはこのシリーズからの登場であり、レアリティもあります。

ーーー

 というわけで、今回はTUMIのスーツケースの話でした。

 なお、このブログには、他にもスーツケースの比較記事があります。

 今回は割と高額な製品の紹介でした。もう少し「落ち着いた」価格のスーツケースをお探しの方は、1番や2番の記事をご覧ください。

 また、最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:04 | 旅行用品

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png