比較2018' 解説!新製品の家庭用ファックス21機の性能とおすすめ・選び方

2018年10月21日

比較2018' 解説!新製品の家庭用ファックス21機の性能とおすすめ・選び方

【今回レビューする内容】2018年 人気の普通紙FAXの性能とおすすめ:パナソニック FAX付きプリンター対応・ iPhone Androidスマホ対応 パナソニック 普通紙ファックスおたっくす 電話付き普通紙FAXの違いと口コミランキング

【比較する製品型番】 KX-PD205DL-W デジタルコードレスFAX KX-PD205DW-W KX-PD305DL KX-PD305DW KX-PD515DL KX-PD515DW-N KX-PD600DL-W KX-PD600DW-W KX-PD604DL KX-PD604DW KX-PD615DL-W KX-PD615DW-W KX-PD715DL KX-PD715DWKX-PD915DL-R KX-PZ910DL-R KX-PD915DL-W KX-PZ910DL-Wコードレス感熱紙ファクス KX-PW211DL-S

今回のお題
家庭用のFAX(普通紙/感熱紙)でおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。 

 今日は、家庭用のFAXを比較します。

 201807041139.jpg

 いつものように各製品を比較した後で、最後に全機種から「Atlasのおすすめ機種!」を提案する形で進めます。

1・家庭用ファックスの選び方の基本

 201807041141.jpg

 家庭用ファックスは、ここ10年来、パナソニックシャープファックスの新機種を出し続けていました。

 しかし、(残念ながら)シャープ(Fappy)が、2015年をもって家庭用ファックス市場から撤退したので、現在は、パナソニックが発売する全21機が唯一の選択肢となっています。

 201810211637.jpg

 とはいえ、同社は、最新のスマートフォンに連動するモデルを含めて、斬新で面白い製品も出しており、「コモディティ化」の徴候はまだ見られません。

ーー

 201810211626.jpg

 一方、現状でパナソニックの「ライバル」と言えるのは、プリンター兼用タイプのファックスです。

 Brotherエプソンなどが発売しています。

 小型プリンタで設置性も良いため、小規模店舗などのビジネスのほか、家庭でも、プリンター兼用機を導入することが多くなっています。

 201807182239.jpg

1・A4ビジネスインクジェットの比較
2・A3ビジネスインクジェットの比較
3・A4モノクロレーザー複合機の比較

 このブログでは、こうしたタイプの製品も比較しています。

 ひとまず、今回の記事をお読み頂いたあと、こうした機種も検討されたい方のニーズにも応えられるかと思います。

ーー

 というわけで、以下では、パナソニックの家庭用ファックス(普通紙・感熱紙)を比較します。

 そして、最後に全機種から「Atlasのおすすめ機種!」を提案する形で進めます。

2・パナソニックの普通紙ファックス

 はじめに、インクリボンを使って、普通紙に印刷するタイプ「普通紙ファックス」を紹介していきます。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 

【2016年発売】

【子機1台モデル】

 1パナソニック KX-PD205DL-W
  ¥9,817 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【子機2台モデル】

 2・パナソニック KX-PD205DW-W
  ¥23,870 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 KX-PD205シリーズは、パナソニックの普通紙ファックス(デジタルコードレスFAX)では、最も安いモデルです。

 201401271445.jpg

 受話器は、コード付きの親機に、ワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。

 増設子機も入手できますが、最初に同時に買ってしまった方が、コスパが良いです。ダイヤルも大きく、押しやすいタイプです。

 

  普通紙FAX用インクフィルム 【2本】
  ¥869 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 印字方式は、普通紙ファックスのため、写真のようなフィルムを利用します。

 一巻き15Mです。フィルムは、このごろ単価が安いです。こちらも2本で1000円を余裕で切っています。

 紙代は別にかかりますが、感熱紙タイプと比べても、びっくりするほどにはコスパは変わらないでしょう。保存も利きます。

 201501101505.jpg

 液晶モニターは、感熱紙タイプに比べるとグレードが高いです。

 こちらは、お年寄りの愛用者も多いので、視認性の良いホワイトバック液晶パネルを採用し、子機にも液晶がつきます。ただし、上位機種と異なり、電話帳の漢字表示には未対応です。

 201609031310.jpg

 防犯対策は、この機種には簡易的ながら搭載されます。

 「非通知」でかかってきた電話に対して、応答を求めるメッセージを流せる機能です。いわゆる「振り込め詐欺」に対する防犯的な意味合いでしょう。

 また、「迷惑防止」というボタンがあり、それを押すと、警告・注意喚起・録音の一連の動作を自動で行えます。

 なお、ナンバーディスプレイを利用すると、電話帳登録者については、応答メッセージがながれなくできます。

 留守番電話機能は、こちらも付属します。

---

 以上、パナソニックKX-PD205シリーズの紹介でした。

 製品価格では、パナソニックでは最も安い機種です。

 漢字表記ができない点は簡素ですが、その他の必要な部分は網羅されていると言って良い製品です。

 フィルムも長持ちするので「ごくたまにファックスを使う」だけならば、この機種で良いかもしれません。


 201803061540.jpg

【子機1台モデル】【2016】

 3・パナソニック KX-PD305DL-N  [ピンク]
 4・パナソニック KX-PD305DL-W [ホワイト]
  ¥15,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【子機2台モデル】
 5・パナソニック KX-PD305DW-N  [ピンク]
 6・パナソニック KX-PD305DW-W [ホワイト]  
  ¥23,852 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  KX-PD305シリーズは、パナソニックのファックスの中位機です。事務所などに向く「ホワイト」と温かみの感じられる「ピンク」の2色展開です。

 受話器は、コード付きの親機に、こちらもワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。増設子機も入手できますが、やはり最初に同時に買ってしまった方が良いでしょう。

 

  普通紙FAX用インクフィルム 【2本】
  ¥869 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 印字方式は、普通紙ファックスのため、フィルムを利用します。利用する消耗品は下位機種と共通で一巻き15メートルのものですね。

 201501101519.jpg

 液晶モニターは、先ほど紹介した機種よりも液晶が大きくなっており、漢字表示に対応している点が魅力です。

 下位機種と較べた場合、この点が最も大きな相違点でしょう。子機でも漢字表示が可能です。

 201609031326.jpg

 防犯対策は、下位機種に比べて、電話帳の読み上げ呼び出し機能が目立ちます。

 ナンバーディスプレイと連動して、特定の発信者の読み上げ機能に対応です。なお、振り込め詐欺対応機能など、下位機種で紹介した機能はこちらの機種にも付きます。

   

 Panasonic 8GB SDHCメモリーカード
  ¥1,693 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 留守番電話機能は、こちらも付属します。

 また、こちらは、別売のSDカードが挿入でき、FAXや音声通話を残してしておくことができます。通話・通信記録のバックアップが必要な方には便利でしょう。

 そのほか、この機種から、使用時のダイヤルライト(照明)が搭載されます。また、

---

 以上、KX-PD305シリーズの紹介でした。

 「漢字表記」できる製品としては、最も安い製品です。電話帳の使い勝手も増しますので、便利に使えるでしょう。事業用に普通紙ファクシミリを買うならば、このグレード以上が便利です。


 201807041155.jpg

【子機1台モデル】

 7・パナソニック KX-PD515DL-N   [赤]
 8・パナソニック KX-PD515DL-W   [白]
  ¥20,769 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【子機2台モデル】

 9・パナソニック KX-PD515DW-N   [赤]
 10・パナソニック KX-PD515DW-W   [白]
  ¥29,186 Amazon.co.jp (10/21執筆時)   

  こちらは、パナソニックのKX-PD515シリーズです。本体色は2色展開です。

 201807041159.jpg

 受話器は、この機種から親機の受話器もワイヤレスです。その上で、ワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。個人事務所などで多数の子機が不要な場合は、お値段が安く済んでお得です。 

 印字方式は、こちらも、フィルム転写式であり、消耗品は下位機種と同じフィルムを利用します。

  201807041200.jpg

 液晶モニターは、こちらも漢字対応です。

 ただし、本体の液晶は3.5インチですから、先ほどの機種に比べると、本体の液晶がやや小さくなっています。

201807041202.jpg

 一方、子機は2.1型と下位機種と同じです。また、着信時や、不在着信時にLEDでお知らせする機能も搭載されます。

 防犯対策は、下位機種と同じです。SDカードに対応している点振り込め詐欺対応機能は網羅されます。

---

 以上、KX-PD515シリーズの紹介でした。

 多少コンパクト化し、親機を無線化し、外観をスタイリッシュにしたモデルと言えます。

 ファックスとはいえ、家庭に置いても違和感のないデザインだと思います。また、特にブルーの色目は、一定の「主張」があるため、オシャレなオフィスを目指す場合、これを備えるのも良いでしょう。

−−

 201803061542.jpg

【子機1台モデル】

 7'・パナソニック KX-PD505DL-A   [青]
 8'・パナソニック KX-PD505DL-W  [白]
  ¥19,200 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【子機2台モデル】

 9'・パナソニック KX-PD505DW-A   [青]
 10'・パナソニック KX-PD505DW-W  [白]
  ¥27,790 Amazon.co.jp (10/21執筆時)   

 なお、これらの機種については「在庫限り」ですが、旧製品が少し残っています。

201807041202.jpg

 本体色以外の主な相違点は、子機にLED着信お知らせ機能がない点だけです。

 大きな違いとは言えないので、価格差が大きいようならば、この機種でも良いと思います。


 201803061543.jpg

 【子機1台】【2017】

 11・パナソニック KX-PD615DL-W  [白]
 12・パナソニック KX-PD615DL-T   [茶]
  ¥20,085 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機2台】

 13・パナソニック KX-PD615DW-W [白]
 14・パナソニック KX-PD615DW-T [茶]
  ¥28,889 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  KX-PD615シリーズは、パナソニックの上位機種です。

 本体色は、こちらも多色展開です。ホワイト色以外に、エレガントなブラウンが用意されています。インテリア性は高いですが、木調のボードに載せた場合「埋没色」なので、その場合はホワイトが良いでしょうか。

 受話器は、この機種は、親機はコードレスではない点には、注意してください。有線の子機と、ワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。 

 印字方式は、同じフィルム転写式であり、消耗品は下位機種と同じフィルムです。  

 201609031343.jpg

 液晶モニターは、この機種の最大のポイントです。

 図のような、約4.7型の大きな液晶パネルを採用します。そのため、印字前にファックス内容のの確認ができる機種です。見てから印刷できるので、用紙代の節約になるでしょう。

 201807041209.jpg

 防犯対策は、下位機種に搭載される機能は全て網羅します。

 また、それに加えて、迷惑ブロックサービスが利用できる点で機能強化されています。

 これは、警察・自治体などが収集した迷惑電話番号のデータベースが登録されており、それに該当する電話番号をあらかじめブロックできる機能です。データ更新は無料ですが、1回更新につき10円の通話料が発生します。

----

 以上、 KX-PD615シリーズの紹介でした。

 「画面でのファックスの確認」「強力な迷惑ブロックサービス」にメリット性を感じる場合は、こちらでしょう。

 ただし、途中でも書きましたが、親機はワイヤレスではないので、この部分に不満を感じるのならば、より上位の機種を選ぶとよいでしょう。


 201803061544.jpg

 【子機1台】【2017年】

 15・パナソニック KX-PD715DL  [ホワイト]
 16・パナソニック KX-PD715DL  [ゴールド]  
  ¥22,157 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機2台】

 17・パナソニック KX-PD715DW [ホワイト]
 18・パナソニック KX-PD715DW [ゴールド]  
  ¥31,444 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  パナソニックKX-PD6715シリーズは、 KX-PD615シリーズの上位機になります。こちらは、「シャンパンゴールド」の色目がありますね。

 受話器は、この機種は親機電話もコードレスです。加えて、ワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。 

 印字方式は、同じフィルム転写式であり、消耗品は下位機種と同じフィルムです。 

 201609031343.jpg

 液晶モニターは、こちらも、約4.7型の大きな液晶パネルを採用し、印字前にファックス内容のの確認ができる機種です。

 防犯対策は、下位機種に搭載される機能は全て網羅します。

 加えて、音感センサー搭載で、TVなどが付いていて、音が聴き取れない状況において、呼び出し音を自動で大きくする機能も搭載されます。受信機のアンテナ部分が電話受信時に光るという着信お知らせLEDにも対応です。

---

 以上、KX-PD6715シリーズの紹介でした。

 ユーザー視点で言えば、「親機コードレス」と「画面でのファックスの確認」を必須としたい場合は、こちらの機種を選ぶとよいでしょう。価格はそれなりに高いですが、機能面は充実しているため、買って後悔することはないと思います。

3・スマホと連携するFAXの比較

 続いて「スマホ対応」のFAXの紹介です。


 201807041220.jpg

 【2017年モデル】

 【子機1台】

 19・パナソニック KX-PD915DL-R
  ¥30,670 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 19・パナソニック KX-PD915DL-W
  ¥30,480 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機1台】

 20・パナソニック KX-PZ910DL-R
  ¥27,549 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 20・パナソニック KX-PZ910DL-W
  ¥29,340 Amazon.co.jp (10/21執筆時) 

 KX-PD915シリーズはは、パナソニックの「スタイリッシュ」な最上位機です。

 全体的に「進化の止まった」ファックス機器としてはかなり最先端な機能を積んだ意欲作です。

 なお、KX-PZ910DLという型番の製品も併売していますが、メーカーに確認をとったところ、デンキヤの流通ルートの違いで同一製品です。

 201807041222.jpg

 受話器は、この機種は親機電話もコードレスです。加えて、ワイヤレスの子機が1台付いたモデル2台付いたモデルが選べます。 

201807041221.jpg

 また、この機種は、スマホとの連動に対応できます。WI-FIを搭載しており、着信したファックスをスマホで受信して見ることができます。

 閲覧は「スマートフォンコネクト」というアプリを使います。android版【こちら】とiOS版【こちら】が用意されます。androidの動作可能機種については【こちら】で確認できます。iPhoneはiPhone4s以降ならば使えます。

 201708082112.jpg

 さらに、ご自宅の無線LANルーターと接続すれば、自宅に届いたファックスを外出先でもスマホでチェックできます。これは自営業などの方には便利でしょう。

 もちろん、自宅内での利用に限りますが、自宅の電話の「子機」として、スマートフォンで電話の着信を受けることも可能です。

 201510101311.jpg

 一方、こちらの機種は、自宅外(外出先)への音声電話の転送もできます。

 Fusion Communications SMARTalk
  ¥0 iTunes Store
 Fusion Communications SMARTalk
  ¥0 Google Play 

 具体的には、Fusionのスマホ用の050電話アプリSMARTalkを使い、自宅に届いた電話をWi-Fi経由でスマホアプリの番号に転送します。

 なお、SMARTalkへの転送は無料です。

 SMARTalk自体も基本使用料が無料です。SMARTalkから電話をかける場合は、8円/30秒かかります。SMARTalk以外の通常の電話番号にも転送できますが、やはり8円/30秒かかります。

  201708082116.jpg

 液晶モニターは、こちらも4.7型の大画面で、ファックスを確認することができる仕様です。

 防犯対策は、SDカードに対応している点振り込め詐欺対応機能子機間で通話できる点、停電時安心機能など、下位機種と同様です。

 また、迷惑電話対策として、通話相手と話者双方に「注意メッセージ」を流す機能も付属です。

 201807041224.jpg

 そのほか、音感センサーにより親機の呼び出し音をオートで「最大」にする機能があるため、掃除などの際、着信音の聞き漏らしがありません。

---

 以上、KX-PD102DLの紹介でした。

 スマホ時代に合致した最先端のファクシミリです。現状のファックスの中では最も多機能と言えるでしょう。

 家族全員がスマホを持っているご自宅や、外勤の多い個人事業主の方など、この製品を必要とする人の幅は広いと思います。

4・パナソニックの感熱紙FAXの比較

 つづいて、パナソニックの感熱紙タイプのファックスを紹介します。

 以前は、Brotherも生産していましたが、現在はパナソニックのみの生産です。


 

【子機1台】

 21・Panasonic KX-PW211DL-S
  ¥18,920 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【増設子機】

 21・Panasonic 増設子機 KXFKN526S
  ¥8,900 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 KX-PW211DLは、パナソニックの発売する、感熱紙FAXです。増設子機が別売りでありますので、子機が2台以上欲しい場合はそちらを買う必要があります。

 受話器は、コード付きの親機に、ワイヤレスの子機が1台付いたモデルです。子機は、2台以上欲しい場合は、別売の増設子機もあります。

  


  ミヨシ 感熱ロール紙 15m 2本 FXR15AH-2
  ¥474 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 印字方式は、インクリボン(フィルム)ではなく、感熱紙を使う昔ながらのタイプです。

 印刷用紙は、こちらも感熱紙のロール紙を利用します。そのため、ランニングコストは「高い」です。パナソニックは、消耗品を自社製していないので、ミヨシなどのサードパーティ製を選ぶことになります。

 液晶モニターは、ブラザーに比べると三行表示ができる視認性の良いモニターです。ただし、漢字表記には未対応であり、インクリボンを利用する普通紙ファックスとに比べると、「最低限の水準」とも言えます。

 防犯対策は、子機との通話が盗聴されにくい仕様ではありますが、お年寄り向けの防犯に関する目立つ機能はないですね。

 留守番電話機能は、こちらも付属します。

---

 以上、パナソニックKX-PW211DL の紹介でした。

 感熱紙タイプは設計が古く、もう新機種・新型番は出ないと思われます。どうしても、というこだわりがないならば、普通紙ファックスのほうが良いでしょう。

今回の結論
家庭用のFAXのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は家庭用のファクシミリを紹介しました。

 最後にいつものように、用途別のおすすめ機種を提案したいと思います。


 第1に、印字品質とコストカットを最重要視した場合に最もおすすめなのは、

 201803061543.jpg

 【子機1台】【2017】

 11・パナソニック KX-PD615DL-W  [白]
 12・パナソニック KX-PD615DL-T   [茶]
  ¥20,085 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機2台】

 13・パナソニック KX-PD615DW-W [白]
 14・パナソニック KX-PD615DW-T [茶]
  ¥28,889 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 ビジネス用途:★★★★★★
 お年寄り向け:★★★★★
 コストカット:★★★★★★

 パナソニックの、 KX-PD615シリーズが最もおすすめです。 「大型の液晶」「ファックスをモニターで確認」という利便性の上で重要な要素が網羅されている点を評価しました。

 

 普通紙FAX用インクフィルム 【2本】
  ¥869 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 普通紙ファックス用記録紙
  ¥426 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 コスト面でも、シャープよりも格安で純正消耗品が手に入るため、予算が許すならば、この機種を買われるのが良いと思います。

ーーー

 201803061544.jpg

 【子機1台】【2017年】

 15・パナソニック KX-PD715DL  [ホワイト]
 16・パナソニック KX-PD715DL  [ゴールド]  
  ¥22,157 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機2台】

 17・パナソニック KX-PD715DW [ホワイト]
 18・パナソニック KX-PD715DW [ゴールド]  
  ¥31,444 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 なお、上位機種は、「大型の液晶」「ファックスをモニターで確認」できる上で「親機がコードレス」です。

 平時の利便性はこちらの方が高いでしょう。

 ただし、コードレス親機は停電時に電話が使えなくなる弱点もあります。この点から言えば、親機については、あえて、コードレス出なくても良いかもしれません。緊急時に簡易停電通話」に対応する「親機は有線の下位モデル」を選ぶのもよいでしょう。


 第2に、コストカットを最重要視してFAXを選ぶならば、

 

【子機1台】

 21・Panasonic KX-PW211DL-S
  ¥18,920 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

【増設子機】

 21・Panasonic 増設子機 KXFKN526S
  ¥8,900 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  ビジネス用途:★★★★☆
 
 お年寄り向け:★★★☆☆
  
コストカット:★★★★★★

 感熱ロール紙対応のファクシミリがもっとも安価です。

 なお、感熱記録方式は特殊なので、遠からず部品が尽きてきく可能性があります。どうしてもこのタイプ、と言う方は、急いだ方が良いでしょう。


 第3に、スマホと連動できる、デザイン性の高い家庭用ファックスとしては、

 201807041220.jpg

 【2017年モデル】

 【子機1台】

 19・パナソニック KX-PD915DL-R
  ¥30,670 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 19・パナソニック KX-PD915DL-W
  ¥30,480 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機1台】

 20・パナソニック KX-PZ910DL-R
  ¥27,549 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 20・パナソニック KX-PZ910DL-W
  ¥29,340 Amazon.co.jp (10/21執筆時) 

  ビジネス用途:★★★★★★
  お年寄り向け:★★★★☆
  コストカット:★★★★★★

 スマートフォンと連動するKX-PD915シリーズ が良いでしょう。

 201708082112.jpg

 スマートフォンを子機として、スマホから家庭の格安の電話回線で発信・着信できたり、ファックスを外出先でも受信できたりと、スマホユーザーには便利機能が満載です。

 201807041222.jpg 

 本体のデザイン性もかなり良いため、この部分を重視する方にもオススメできます。

 また、新機能である、外出先に電話を転送できる点は便利だと感じます。

 

 普通紙FAX用インクフィルム 【2本】
  ¥869 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 普通紙ファックス用記録紙
  ¥426 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 消耗品も安く手に入りますし、とりあえず、家庭用として買う場合、現状で悩んだら「これを買っておけば後悔しないだろう」と言える機種ですね。


 第4に、大家族向け、お年寄りへのプレゼントとして最適と言えるFAXとしては、

 201803061543.jpg

 【子機1台】【2017】

 11・パナソニック KX-PD615DL-W  [白]
 12・パナソニック KX-PD615DL-T   [茶]
  ¥20,085 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【子機2台】

 13・パナソニック KX-PD615DW-W [白]
 14・パナソニック KX-PD615DW-T [茶]
  ¥28,889 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  ビジネス用途:★★★★★
  お年寄り向け:★★★★★★
  コストカット:★★★★☆

 現状では、パナソニックの KX-PD615シリーズが最もおすすめです。

 201807041209.jpg

 まず、「大型の液晶」「停電時も通話可」である点が評価できます。

 それに加えて、この機種は、データベースを利用する「迷惑ブロックサービス」を初めとする「高度な防犯対策」が網羅されています。

 「親機の受話器の音量」も、段階設定が細かく、最大音量も大きめです。

 お年寄りのほか、留守番をする子供がいる場合は、こうした安全機能も活きてくるでしょう。

 もちろん「ファックスをモニターで確認」できますので、消耗品の節約人もなります。印刷する必要のないPTAなどの回覧文書などはそれで良いと思います。

補足:家庭用ファックスのオルタナティブ

 というわけで、今回は家庭用のファックスについての記事でした。

 201810211626.jpg

1・A4ビジネスインクジェットの比較
2・A3ビジネスインクジェットの比較
3・A4モノクロレーザー複合機の比較  

 なお、個人事業主・自営業の方などで、プリンタも併せて「買い換え」を考えるならば、これらの記事もご覧ください。

 最近は、FAX部分も無線化できる機種もあり、なかなかの「進化」が見られます。PCでもFAXを受けたい方にもメリット性があります。

 201807041132.jpg

4・コードレス電話機の比較

 一方、単体の電話機とどちらにしようか迷っておられる方は、4番の記事が参考になる蚊と思います。あわせてよろしくお願いします。

ーー

 では、最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook・はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 16:48 | 情報家電

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png