比較2017' 高速&低速ジューサー最新18製品の性能とおすすめ(前編)【シャープ・パナソニック・テスコム・ヒューロム ・クイジナート】フローズン・スムージー対応

2017年10月07日

比較2017' 高速&低速ジューサー最新18製品の性能とおすすめ(前編)【シャープ・パナソニック・テスコム・ヒューロム ・クイジナート】フローズン・スムージー対応

今回比較する製品 2017年 スロージューサーとパワージューサー人気18製品の性能とおすすめ:ミキサー・ブレンダー:ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1 EJ-CP1 パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500 MJ-H200 ヒューロム H-AA-WWA17 H-AA-RBA17 T-fal ZC500HJP BL1431JP クビンス JSGー121W  siroca SSJ-201WH マルタカ MA-632 ファイバーミキサー MX-X301 MX-X501-N MX-X701-T Cuisinart コンパクトブレンダー CPB-300JBSW テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJデロンギ パワーブレンダー DBLP615-WHTIGER ミキサー SKR-T250-PB 日立 VEGEE HX-C1000(R) 機種の違いと口コミ人気ランキング

今回のお題
健康ジュースの作れるジューサー・ミキサーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2017年現在最新となるジューサー・ミキサー比較します。

 201501291749.jpg

 スロージューサー(低速ジューサー)が、ここ数年健康志向の人たちにじわじわ浸透してきました。今までのパワージューサーと違って水や氷で薄めずに、100%のジュースが搾れる点、回転数を落として臼でゆっくり潰すため、ジュースの栄養素が壊れない点が評判です。

 パワージューサー(高速ジューサー)も、栄養素を壊さないよう真空で搾汁するモデルなど、新しく面白いモデルが出始めています。

 デンキヤの家電売り場でも目立つ場所に陳列されることが多くなりました。ただ、ラインナップが増えてきたため、「どれを買って良いのか?」分かりにくくなっています。

 そこで、現行商品の売れ筋機種を選び、具体的にその機能の違いについて紹介したいと思います。

1・スロージューサーの比較今回の記事
2・パワージューサーの比較

 今回は、3回の連続記事でお送りします。

 今回の第1回目記事では、人気の低速ジューサーを比較します。次回の2回目記事では、伝統の高速ジューサーを比較 します。

 その上で、これら機種から目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。

3・ハンドミキサー・ブレンダーの比較
4・フードプロセッサーの比較
 なお、ハンディタイプを探している方などは、これらとは別の記事があります。上記の記事をご覧ください。

1・各社のスロージューサーの比較

 さて、野菜や果物の栄養素を残した100%ジュースができるスロージューサーを紹介していきましょう。

 なお、以下の記事では、Atlasが高評価するポイント赤字で、イマイチと思う部分青字で記していきます。


 201710071544.jpg

 【2016年】

 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP1-W
 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP1-D
  ¥ 24,980 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 【2015年】

 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-ST1-Y
 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-ST1-A

  ¥ 12,480 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 ジュースプレッソは、シャープのジューサーです。同社が、オーブンをはじめ調理家電で「ヘルシオ」と付ける場合は、健康の部分でシャープが気合を入れてい証拠です。また、近年のスロージューサーブームの日本における「火付け役」とも言える製品です。

 なお、こちらは、多少安い価格で2015年旧モデルが売られています。相違点は、掃除のしやすさです。旧機種は、片付けの際、刃を専用のケースを使ってゴミをそぎ落とす必要があったのが、新機種では不要になりました。ただ、格別の違いはなですし、作れるレシピは同様なので、価格を重視して旧機種でも良いでしょう。

 201402021428.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分32回転です。高速ジューサーは毎分10000回転に及ぶものもありますが、スロージューサーは、できるだけゆっくり搾汁することに力点が置かれます。

 スクリューは、左図のような樹脂製のスクリューを採用します。また、右図のように、ジュースの絞りかすが分離できる構造のために、パワージューサーと異なり、水分を入れずに100%ジュースを作ることもできます。

 000011196.png

 栄養素の点では、低速で、金属を使わない樹脂製スクリューで搾汁するため、ビタミンなどの栄養素を破壊せず、生野菜にほぼ近い栄養をジュースで摂ることができる健康重視の製品です。

 000011190.png

 の部分では、低速ジューサーで作るものは分離しにくく、「濃厚でなめらかな」味のジュースになります。

 201402021431.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオブランドらしく、他社に較べても豊富です。こちらにも紹介されていますが、 例えば、ヘルシーにソイ(大豆)を使ったレシピなども多数あります。

 201603061448.jpg

 お手入れの手軽さは、こちらの機種の、最大の「売り」です。スクリューをを含めて、全て分解洗い可能だからです。また、複雑な構造をした本体のタンクの部分も、水で洗い流すだけですので、かなり手軽です。

 以上、シャープヘルシオ・ジューサーの紹介でした。価格は高いですが、健康面や使い勝手を考えるとかなりレベルの高い製品ですね。健康重視の方にはおすすめできます。


 201710071551.jpg

 【2016年】

 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-G
 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-R
  ¥ 32,500 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 【2015年】

 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-R
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-D
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-G
  ¥ 16,999 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 EJ-GP1は、シャープのヘルシオ・ジュースプレッソの上位機種です。

 201710071555.jpg

 先ほどの機種との機能差は2点です。

 第1に、フローズン用アタッチメントが付属する点です。凍った食材を砕いてジュースにできるのは、料理のレパートリーが増える点で重要な部分です。スムージーだけでなく、フローズンも最近流行りですから。

 第2に、「切り換えダイヤル」の採用です。これにより、絞りかす出口の圧力が変えられるようになるため、細かく刻まなくても葉物野菜をそのまま挿入できるようになりました。下位機種でも細かく刻めば、青汁系飲料ができますが、こちらはより手軽と言えます。

 付属のレシピ集には、青汁系のほか、野菜を使った前菜風のフローズンなど多様なアイデアが載っています。

 以上、シャープヘルシオ・ジューサーの紹介でした。特に、健康のために、葉物野菜についてもジュースにしたい方は、こちらの上位機種が良いでしょう。また、フローズンができる点で、レシピのレパートリーも増えそうです。

 なお、こちらも2015年旧モデルがあります。こちらは、フローズンは作れますが、切替ダイヤルが未装備で、青汁対応力が落ちる機種です。また、下位機種の場合と同じで、掃除が一手間余分にかかる点が相違点です。ただ、価格に大きな差があるので、フローズンに対応できれば良い、と言う方はおすすめです。


   

 3・パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500
  
¥ 16,999 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:45回転
連続運転時間 15分
定格容量:400 mL(ジュースカップ)

 ビタミンサーバーは、パナソニックが最近出した新製品になります。ヘルシオのジュースプレッソのライバルとなる商品です。

 201501291705.jpg  

 ジューサーの回転数は、毎分45回転です。シャープに較べると多少回転スピードが高速ですが、明確な味の差にはつながらなそうです。

 スクリューは、しなしながら、シャープと異なります。シャープ社の場合は、栄養素の残存性を保つため樹脂製スクリューでゆっくり搾汁することを重視していました。パナソニックは、逆に、固いものでもすりつぶせる点を重視し、ステンレス製の刃を装備しました。

 そのため、この製品は搾汁にパワーを出せます。そのため、ジュースに絞りかすが混在する危険が少なく栄養を残さず絞りきれるというメリット性があります。

 健康面でも、シャープと同じく、ビタミンCなどが効果的に取れるでしょう。

 201501291711.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオに準ずる多さです。また、ヘルシオのジュースプレッソ上位機種と同様に、付属アタッチメントを使うことでフローズンが作れます

 お手入れの手軽さは、ヘルシオに較べると、洗うパーツがやや多いです。パッキンなどの清掃後の組み立ての点順も、ヘルシオより一手間余計にかかります。ただ、慣れれば全く問題なく使えます。

 以上、パナソニックの低速ジューサー「ビタミンサーバー MJ-L500」の紹介でした。ヘルシオとどちらを買うべきか迷う製品です。搾汁の強さ・速さはこちらの方が上で、搾汁の丁寧さはヘルシオの方が上です。また、栄養素を余すところなく絞りきると言う意味で、1つの果実の栄養素を絞りきりたいならばこちらでしょうか


 

 4・ヒューロム H-AA-WWA17【ホワイト】
 4・ヒューロム H-AA-RBA17 【レッド】

   ¥ 34,600 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:17回転
連続運転時間 30分

 こちらは、アメリカのヒューロム社スロージューサーです。低速ジューサーでは、世界的に有名なブランドの新製品ですね。

 201610101421.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分17回転です。このモデルから従来よりもより低速に回転するように改良が加えられました。低速化は、搾汁時の「つまり」を防ぐとともに、静音化にも貢献しています。

 スクリューは、シャープのような樹脂スクリューで丁寧に行います。一方、ヘルシオに較べると、こちらは、スクリューの形状に工夫(Wスクリュー形状)がありますビタミンを残さず、壊さず強力に搾汁できます。

 201610101425.jpg

 の面では、コントロールレバーが注目ポイントです。この機種は搾汁する際パッキンの開閉量を調整する機能が付きます。これにより、食材を好みに合わせて絞りきることができます。

201506061802.jpg

 レシピは、この機種も多様です。とくに、こちらは、ストレーナーが2種類付属します。右側の粗い目のストレーナーは、スムージー・フローズン用のストレーナーです。スムージーは、わざと繊維質を残して、トロリとした飲み心地の飲料です。

 お手入れの手軽さは、従来ヒューロムは洗いにくいと言われていましたが、ストレーナーの形状変更で、その弱点は軽減されました。

 以上、アメリカのHURON社のスロージューサーの紹介でした。人気のある機種ですが、円安時代で国内メーカー製に比べてかなり割高なのが残念な部分です。ただ、スムージー風のとろみのあるジュースが作れる点や、スクイーザーが付属する点など、面白い部分も多い機種です。


 

 5・T-fal スロージューサー ZC500HJP
   ¥ 17,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:80回転
連続運転時間 14分

 こちらは、フランスのT-Fal社のスロージューサー「インフィニープレスレボリューションZC500HJPです。形状はさすがのユーロデザインで、オシャレです。台所において見映えのするジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、80回転ほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製です。

 201506061918.jpg

 の面では、かなりユニークな製品です。投入口が3つあり、3種類のフルーツ・野菜が同時に搾汁できるです。ミックスジュースを作る場合は、この機種が最も手早くできるでしょう。

 201506061929.jpg

 レシピ集も、この点を重視しており、たとえば、レシピ集では、このようなミックス・キャロットジュースが提案されています。ニンジンが苦手な方がご家族にいる場合などは良いですね。

 201506061920.jpg

 また、こ通常のフィルターのほか、目の粗いフィルター(スープフィルター)を装備します。主に野菜などを粗越ししてとろみのあるスープを作ることが想定されています。

 201506061928.jpg

 例えば、南瓜のスープなどが作れます。レシピ集は40種類のレシピがありますね。ただし、この機種は、フローズンを作ることはできません

 お手入れの手軽さは、部品点数がやや多く、組み立てが面倒な部類です。お手入れの面でメリット性はあまりありません。また、他機種に較べて、連続運転時間が14分と短めである点も注意が必要です。

 以上、T-Fal社のインフィニープレスレボリューションの紹介でした。粗越しのスープが作れる点など、面白い低速ジューサーです。ただ、国内メーカーの製品に比べると価格が高い点が、やや残念ですね。


 

 6・クビンス ホールスロージューサー JSGー121W  
  ¥ 39,800 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 30分

  こちらは、韓国のクビンズ社のスロージューサーです。シャープのヘルシオのジュースプレッソと形状が似ている機種ですが、こちらの方が後発です。

 201610101449.jpg

 この機種の一番の特長は、投入口の大きさです。 食材を切る手間がない分だけ、手軽に搾汁できるのが「売り」です。大量に作る方には、この点は有利でしょう。

 ジューサーの回転数は、その一方、最近はどのメーカーも低速化がトレンドですが、60回転と最近の機種にしては回転数が多いです。

 スクリューは、ウルテム樹脂を採用します。通常の樹脂よりも堅牢であり、搾汁のパワーは価格相応の強力さです。

 レシピは、外国製品ながら80種類以上と豊富です。ただし、最近対応する機種も多いフローズンには未対応ですね。また、豆腐を作ることができる点が目新しいですね。

 201610101453.jpg

 お手入れは、大型機種ですが、考えられた作りです。特に面倒なストレーナーについては、回転ブラシ方式で洗浄できます。組み立ても、一度覚えればとても簡単です。

 以上、クビンズのスロージューサーの紹介でした。投入口の口径が広く、細かく材料を切る必要が無い点が魅力です。弱点は、本体価格がかなり高く、費用対効果が悪い点ですが、特にジュースを「大量生産」される方の時短効果は期待できると思います。。


  

 7・siroca スロージューサー SSJ-201WH
 7・siroca スロージューサー SSJ-201BK
  ¥ 12,900 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:65回転
連続運転時間 15分

  こちらは、日本の調理家電メーカーのオークセールのシロカ・スロージューサーです。

 ジューサーの回転数は、65回転と、こちらもほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製の安全性の高いタイプですね。

201506061818.jpg

 の面では、通常フィルターのほか、目の粗く、食材のとろみが残せるスムージー用のフィルターが付属する点が特長ですね。レシピ集も1冊付属します。一方、フローズンには非対応の製品です。

 以上、シロカのスロージューサーの紹介でした。機能面で目新しさはあまりないですが、スロージューサーとして価格が安いのが魅力ですね。デザインもオシャレで、大きさもスリムなため、入門用に良いでしょう。


 

 8・マルタカ スロージューサー MA-632
   ¥ 12,800 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 不明  

 マルタカMA-632は、いわゆる「ジェネリック家電」の低速ジューサーです。ホームセンターなどに卸されるノンブランドの低速ジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、60回転と、最近の低速ジューサーにしてはやや高速です

 201506061942.jpg

 スクリューも、一昔前のシングル構造で独自の工夫は無さそうです。果汁を最後まで絞り込むような工夫は、あまり見られません。このあたりは、値段相応ですね。 

後編の予告!
最新モデルのジューサー・ミキサーのおすすめ機種は結論的にこれ!

 以上、今回は、ダイエットや健康管理に最適な低速ジューサーを紹介してきました。

 201610101758.jpg

 日立 VEGEE HX-C1000(R)
 
¥ 3,299 Amazon.co.jp (10/7執筆時)
 クイジナート WSM-1MCGJ

  ¥ 19,998 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)
  パナソニック 高速ジューサー MJ-H200-R
  ¥ 11,872 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)
 デロンギ パワーブレンダー DBLP615-WH
  ¥ 16,000 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)
  テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S
  ¥ 23,861 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)  

 続く後編【こちら】では、各社から発売されているパワー(高速)ジューサーの紹介をします。最近はパワージューサーでも栄養素が多く残せる機種などが発売されており、要注目です!

 そして、後編の最後では、低速ジューサーと高速ジューサー全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 後編は→こちら

 もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter・Facebook・はてなブックマークなどのボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 16:54 | Comment(0) | 調理家電

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png