比較2017’ Mac mini 最新3モデルの性能・価格とおすすめ:周辺機器やメモリー増設交換の可不可・値段や性能の違い・激安購入法などの情報:MGEM2J/A MGEN2J/A MGEQ2J/A 【Late 2014 Fall】

2017年06月03日

比較2017’ Mac mini 最新3モデルの性能・価格とおすすめ:周辺機器やメモリー増設交換の可不可・値段や性能の違い・激安購入法などの情報:MGEM2J/A MGEN2J/A MGEQ2J/A 【Late 2014 Fall】

今回紹介する製品:2016-2017年最新Mac mini オススメモデル MGEM2J/A MGEN2J/A MGEQ2J/A 【Late 2014 Fall】 旧機種との性能の違いなどMD389J/A MD388J/A MD387J/A Transcend JetRam PC3-12800(DDR3-1600)

今回のお題
Mac miniの新機種のラインナップと機種ごとの性能の違いは?

 

 ども、Atlasです。今日は、Mac Miniの話をします。Mac用の小型デスクトップとして長年売れ筋の製品です。それぞれの機種の機能の違い選び方について今日は説明します。

 機種の違いなどを紹介した後で、最後に「Atlasのおすすめ機種!」を提案していきます!

Mac miniのラインナップと機能

 まずは現行最新機種機種のスペックを確認していきたいと思います。

 2016年秋に価格改定がありましたので、それをふまえて書いてあります。なお、製品自体は、2014年10月17日発表モデルが最新です。Mac miniの場合、更新頻度はいつもこのような感じなので、これは「平常運転」です。

 

 1・Mac mini [Core i5(1.4GHz)/4GB/500GB] MGEM2J/A
  ¥49,001 Amazon.co.jp
(6/3執筆時)
 1・Mac mini [Core i5(1.4GHz)/4GB/500GB] MGEM2J/A
  ¥52,693 (税抜¥48,790ビックカメラ (6/3執筆時)

【CPU】Intel Core i5(1.4GHz):ターボブースト時2.7GHz
【メモリ】4GB(増設不可)
【HDD】500GB(増設不可)
【ドライブ】無し
【モニター】無し
【グラフィック】Intel HD Graphics 5000

 

 2・Mac mini [Core i5(2.6GHz)/8GB/1TB] MGEN2J/A  
  
¥68,473 Amazon.co.jp (6/3執筆時)
 2・Mac mini [Core i5(2.6GHz)/8GB/1TB] MGEN2J/A  
  ¥74,293 (税抜¥68,790ビックカメラ
(6/3執筆時)

【CPU】Intel Core i5(2.6GHz):ターボブースト時3.1GHz
【メモリ】8GB(増設不可)
【HDD】1TB(増設不可)
【ドライブ】無し
【モニター】無し
【グラフィック】Intel Iris Graphics

 

 3・Mac mini [Core i5(2.8GHz)/8GB/1TB] MGEQ2J/A  
  ¥100,600 Amazon.co.jp (6/3執筆時)
 3・Mac mini [Core i5(2.8GHz)/8GB/1TB] MGEQ2J/A   
  ¥106,993 (税抜¥98,790ビックカメラ
(6/3執筆時)

【CPU】Intel Core i5(2.8GHz):ターボブースト時3.3GHz
【メモリ】8GB(増設不可)
【HDD】1TB Fusion Drive(増設不可)
【ドライブ】無し
【モニター】無し
【グラフィック】Intel Iris Graphics
 現在は以上の3機種のラインナップです。
【3機種共通の特徴】
【重さ】 1.22kg
【サイズ】3.6×19.7×19.7 cm
【インターフェース】Thunderboltポート(最大10Gbps)×2、USB 3.0ポート最大5Gbps)×4、HDMIポート×1、SDXCカードスロット、ギガビットEthernetポート×1、オーディオ入力/出力
【通信機能】IEEE 802.11ac 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー  

 こちらが最新モデルのMac miniになります。予想通り、旧機種と本体デザインの変更はありませんでした。3.6×19.7×19.7 cmの弁当箱サイズの本体で、1.22kgと持ちはこびも可能なサイズです。

 さて、これらの3機種を比較してみましょう。

 201410171626.jpg

 第1CPUです。スペック的にみると、パソコンの基本性能を決めるCPUは、Intel Core i5シリーズを採用してきました。過去モデルでは、上位シリーズであるIntel Core i7を使用していましたが、こちらは「第4世代」のHaswellプロセッサーになったため、性能改善が期待できます。

 というのも、このモデルは、Turbo Boost 2.0により、重い処理をする際に「ターボブースト」して処理を一時的に高める機能が付いたからです。第2に、Mac book proでも採用された統合型メモリコントローラにより、CPUとメモリの連携力が高まっているからです。

 なお、1番の最下位機種だけは、ノートパソコン用のCPUを用いています。それ以外はデスクトップ用のCPUを使っています。結構な価格差があるのはこのためですが、ワープロや動画閲覧、ネットサーフィン程度の利用ならば、とくにモバイルCPUでもこなせます。 

 141017-0041.png

 第2に、グラフィックメモリーです。これは、新機種は、1番のMGEM2J/A のみは、Intel HD Graphics 5000を搭載します。前モデルのMacbook miniに較べて性能的には1.9倍とのことですが、上位機種より性能は劣ります。

 一方、2番のMGEN2J/Aと3番のMGEQ2J/Aは、Intel Iris Graphicsを搭載します。こちらは、Macbook proやiMacに中位機種にも搭載される、より高速なカードです。性能差はかなりあるので、ハードに使われる方は上位機種をオススメします。

1・Macbook Air Macbook Proの紹介
2・iMacの紹介

 なお、余談ですが、上のリンク先の記事で紹介したように、マックの場合、動画編集やゲームなど、ハイスペックな処理をする場合は、独自のメモリーを積むiMacやMacBook Proの上位機種ほうが向いています

 Mac miniも優れた機種ですが、あくまでハードに使わないライト層が、5年間ほどの期間、使うのに向いている製品です。

 201410171632.jpg

 第3ハードディスク(内蔵ドライブ)です。ハードディスクはMac miniは、後から交換ができない仕様ですから、最初に購入する場合よく考える必要があります。1番のMGEM2J/Aは500ギガバイト、2番のMGEQ2J/Aは1テラバイト、3番のMGEQ2J/Aも1テラバイトです。

 ただし、3番のMGEQ2J/Aだけは、Fusion Driveです。こちらは、ハードディスクに高速なフラッシュメモリーを少量積むことで、よく使うデータを高速に読み出すことを可能にした新しいタイプのハードディスクです。読み出し速度は、最大4倍にまで速まります。

 現在的には、CPUの性能よりもハードディスクの読み出し速度のほうが、パソコンを快適に使う上では重要です。OSやソフトの起動が遅いと感じる場合は、CPUなどよりも、ハードディスクのスピードがボトルネックになっている場合がほとんどです。予算があれば、Fusion Driveモデルはオススメです。

 413Cq218Z-L._AA160_.jpg 

  第4メモリーです。メモリーは、今回のLate2014年モデルから全機種「直づけ」になりました。ユーザーによる後からの増設はできませんので、これも慎重に選ぶ必要があります。

 4GBはマックを動かすにあたって最低限の水準です。現在最新のOSX でも4GBで十分動きますが、将来のことを考えて、8GBモデルを選ぶのも間違っていないでしょう。ただ、やはり、ワープロや動画閲覧、ネットサーフィン程度の利用ならば、4GBでも数年間は大丈夫でしょう。 

 さて、それ以外の性能はこれら3機種共通になります。


201410171651.jpg

 1つ前のモデルと較べると、firewire800ポートが省略され、Thunderboltポートが2つに増設されました。有線LANポートはそのままですね。また、DVIポートがありませんので、ディスプレイとはHDMIケーブルか、Thunderboltケーブルでつなぐことになります。

 一方、無線LANについては、MacbookやiMacと同じくIEEE 802.11acという新しい高速規格に対応しました。ルーター側も対応する必要がありますが、より快適にWi-Fiが使えます。

 201410171653.jpg

 なお、ディスプレイ・キーボード・マウス・DVDドライブ・ディスプレイとつなぐHDMIケーブル・Officeソフトなどは付属しません。同時に購入される方は、このブログ「モノマニア」の以下の記事をご参考になさってください。

1・Mac向きのディスプレイの比較
2・Mac向きのキーボードの比較
3・Mac向きのプリンターの比較
4・Mac向きのDVDドライブの比較
5・Mac向きのマウスの比較
6・Mac向きのOffice2016の比較

 とくにDVDドライブが付属していないことは忘れがちです。ソフトをインストールしようと思っている方、お気を付けください。

 31go1HR4NBL._SL500_AA300_.jpeg

 ディスプレイについてですが、Appleは2016年6月から、サンダーボルト端子に直接できるApple純正ディスプレイの生産をやめました

  201402181045.jpg

 ただし、先ほど書いたように、HDMIポートが付いているので、モニターに上のようなHDMIタイプの端子があれば、接続可能です。

 またサンダーボルト端子は、mini-displayportという端子と完全な互換性があるため、4K表示ができる比較的瀬能脳が良いモデルとも接続可能です。

 なお、Mac miniに対応するモニターについて詳しくは【Mac向けモニターの比較記事】で紹介しました。同時購入を考えている方は、そちらをご覧ください。

今回の結論
Mac miniの新機種はこの機種がおすすめ!

 
 というわけで、今回はMac miniの最新機種について紹介しました。最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を紹介します。

 なお、価格についてですが、ビックカメラの場合は、アップルの直販価格に5%分のポイントが付きます。その分お得です。ただ、ビックカメラのリンク先の「ビック特価」は税抜き価格です。Amazonは税込み表示なので、2社を較べる際は、「税込価格」で較べてください。

 気になる保証については、Macの場合、どこで買ってもアップルストアが電話対応(宅急便で修理センターに輸送)してくれますので、問題ないでしょう。ちなみに国際保証です。とくにアマゾンで購入した場合は、販売証明(領収書)を無くしても、領収書を再発行できるので安心です。ちなみに送料は、保証期間中はアップル社が負担します。

 さて、余談を挟んでしまいましたが、まずはオススメ機種の確認です。


 第1に、価格と性能がバランスが取れており、一般的にオススメできる機種は、

 

 2・Mac mini [Core i5(2.6GHz)/8GB/1TB] MGEN2J/A  
  
¥68,473 Amazon.co.jp (6/3執筆時)
 2・Mac mini [Core i5(2.6GHz)/8GB/1TB] MGEN2J/A  
  ¥74,293 (税抜¥68,790ビックカメラ
(6/3執筆時)

【CPU】Intel Core i5(2.6GHz):ターボブースト時3.1GHz
【メモリ】8GB(増設不可)
【HDD】1TB(増設不可)
【ドライブ】無し
【モニター】無し
【グラフィック】Intel Iris Graphics

 こちらのモデルでしょう。デスクトップ用の性能の良いCPUを積んでおり、メモリーも8GBと十分な量を積んでいますから。ハードディスクも1TBあれば十分でしょう。将来的にも十分なスペックだと思います。

 先ほども書きましたが、今回のモデルは、CPUはもちろん、メモリーと内蔵HDDが後から増設できないタイプなので、将来を考えた場合、やや高めのスペックのモデルを購入するのがよいと思います。



 第2に、予算に余裕があり、できるだけパソコンの処理を「重い」と感じずに使いたい方にオススメできる機種は、

 

 3・Mac mini [Core i5(2.8GHz)/8GB/1TB] MGEQ2J/A  
  ¥100,600 Amazon.co.jp (6/3執筆時)
 3・Mac mini [Core i5(2.8GHz)/8GB/1TB] MGEQ2J/A   
  ¥106,993 (税抜¥98,790ビックカメラ
(6/3執筆時)

【CPU】Intel Core i5(2.8GHz):ターボブースト時3.3GHz
【メモリ】8GB(増設不可)
【HDD】1TB Fusion Drive(増設不可)
【ドライブ】無し
【モニター】無し
【グラフィック】Intel Iris Graphics
 現在は以上の3機種のラインナップです。
 ハードディスクFusion Driveを搭載するこの機種がオススメです。先ほども書いたように、現状でパソコンの性能のボトルネックになっているのは内蔵ハードディスクです。Fusion Driveは、読み出し速度が速いため、より快適に使いたいと考えている方は、この機種がオススメです!
 
 ただ、ハードディスク容量以外は、上の機種と全く同じのため、それほど重い処理をしない場合は、下位機種で良いと思います。

ーーーー

 というわけで、今回は、Mac miniの紹介でした。
 なお、Mac系のパソコンについては、他にも記事があります。比較検討している方は、どうかご覧ください。 


4・Mac向きのディスプレイの紹介
5・Mac向きのキーボードの紹介
6・Mac向きのプリンターの紹介
7・Mac向きのDVDドライブの紹介
8・Mac用のテレビチューナー
Mac向きのOffice2016の比較

 また、Mac関連製品についても、以上のような記事もあります。これらの記事もよろしくお願いいたします。
posted by Atlas at 16:37 | Comment(0) | Mac関連機器

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg

コメント(知人の方)



          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png