比較2017'【結論】高速で格安なSDカード19製品の性能とおすすめ(1)【サンディスク・東芝・トランセンド・サムソン・レキサー】

2017年10月30日

比較2017'【結論】高速で格安なSDカード19製品の性能とおすすめ(1)【サンディスク・東芝・トランセンド・サムソン・レキサー】

今回レビューする製品【2017年10月】カメラ・ビデオ・ゲーム機用SDカード19製品の価格・性能とおすすめ:4K動画対応:UHS-1 UHS-3 V30 クラス10規格対応 SanDisk Ultra PLUS Extreme Plus Transcend SDHCカード SDHC10 UHS-I 600X UHS-I U3対応 Extreme Pro UHS-IExtreme PRO Extreme Pro SDXCカードSanDisk Extreme SAMSUNG PRO+ MB-SD64D/FFP MB-SD32D/FFP MB-SG64E/FFP MB-SG32E/FFP Lexar Professional 1000x SDHC SDXCカード 512GB 256GB,128GB、64GB、32GB、16GB 機種の違いと人気ランキング

今回のお題
デジカメ・ビデオ・ゲーム機におすすめの高速SDカードはどれ?

 ども、Atlasです。

 今回は、SDカード(SDメモリーカード)を比較します。

 本体価格のほか、SDカードの読み込み・書き込みスピードに焦点をあてて説明するつもりです。

 なお、このブログ「モノマニア」には、SDカードに関して以下の記事があります。

1・ SDカードの比較 この記事!  
2・ Wi-Fi搭載SDカードの比較
3・ MicroSDカードの比較
 今回は、1番の記事です。もし、スマホなどで使う「MicroSDカード」お探しの方は、お手数ですが、3番リンク記事をご覧ください。

 では、いつものように、各社のSDカードを個別に紹介し、最後に「結論」として、「Atlasのオススメ機種」を選定していきます。

SDカードの正しい選び方とその基準

 現在、SDカードの市場で最もシェアは、3社でほぼ寡占状態です。

 アメリカに本部を置くサンディスクと、台湾のトランセンド、韓国のサムソンの3社です。ほかに、日本では東芝が生産していますが、機能面や価格では劣勢です。今回は、これらのメーカーの製品を網羅的に紹介するつもりです。

 ただ、具体的な商品の説明に入る前に、SDカードを選ぶ際にポイントになる部分を、あらかじめ2点紹介したいと思います。

ーーーー
ランキング クラス 速度
4位 Class2 2MB/秒以上
3位 Class4 4MB/秒以上
2位 Class6 6MB/秒以上
1位 Class10 10MB/秒以上

 第1に、読出スピードです。

 これについて言えば、以前は「クラス10クラス4」など、業界団体が決めた読出速度の基準が「ありました」。しかし、現在、SDカードの性能の向上で、ほぼ全てが、「読み込み/書き込み10MB/秒」を達成しており、基準としてほぼ意味が無くなっています。

 そのため、各メーカーが自主的に速度の理論値を公表しています。しかし、格安製品の場合、理論値と実測値に大きな差があるのはもちろん、製品の個体差も存在します。

 また、「読出289MB/秒」などの高価格・超高速製品には、一部偽物も出回っています。そのため、現状では、正規パッケージに入った「国内正規品」を選ぶのが重要になります。

 結論的にいえば、次のような基準で製品を選ぶとよいでしょう。

デジカメ・ゲーム機
 =読出速度:40MB/秒以上
一眼レフ・ビデオ・ミラーレス一眼
 =読出速度:90MB/秒以上

 この程度のスペックがあれば、あらゆるシーンで快適に利用できます。

ーーーー

ランキング クラス 速度
3位 Class10 10MB/秒以上
2位 UHS-1 10MB/秒以上
1位 UHS-3 30MB/秒以上

 第2に、書込スピードです。

 こちらも業界団体の速度表示規格があります。このうち、UHS-3という規格は、現在でも重要です。

 なぜなら、4K動画をデジカメやビデオカメラで撮影する場合、上表で「ランキング1位」のUHS-3(≒V30規格)という書き込みに規格に対応することが必須だからです。

 また、それ以外のデジカメやビデオなどの場合も、書込スペックは重要です。なぜなら、性能の悪い製品を買った場合、カメラの能力を十分に発揮できないからです。

 第1に、デジカメの場合、読込速度が低速だと、写真や動画の記録が遅くなります。保存動作の長期化、連射撮影のストップなど使い勝手の面で不利です。

 第2に、ビデオカメラの場合、SDカードが遅いと、コマ落ちや音飛びが発生します。また、それに伴って、読み込み/書き込み速度が遅いSDカードは、カメラのバッテリーの消費も多くなってしまいます。

 結論的にいえば、以上のような困った現象を回避するためには、次のような基準で製品を選ぶとよいでしょう。

デジカメ・ゲーム機
 =書込速度:40MB/秒以上
一眼レフ・ビデオ・ミラーレス一眼
 =書込速度:50MB/秒以上

 実際のところ、ここまでのスペックは不要の場合も多いです。

 しかし、激安製品や並行輸入品は、理論値と実測値の差が大きいほか、同一製品での個体差もあります。そのため。ある程度余裕を持ったスペックを選んだほうが良いと思います。

ーーー

 SDカードを選ぶ場合、これらの2点の基準をベースにしつつ、SDカードの容量に注意すれば、間違いがないと思います。

 今回は、以上の話をベースに、ここからは具体的な機種を、読み込み/書き込みスピード別に見ていきたいと思います。

4K録画や一眼レフ向けの高速SDカード

 最初に、4K録画対応の高速タイプのSDカードを紹介します。もちろん「4K専用」ではなく、その他のカメラやビデオでも高速に利用できます。

 なお、以下の説明では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で記します。


 

 1・SanDisk Extreme Pro 300
 【国内正規品】

  SDSDXPK-128G-JNJIP【128GB】
   ¥23,900 Amazon.co.jp
(10/30執筆時)
  
SDSDXPK-064G-JNJIP【64GB】
   ¥13,094
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
   
SDSDXPK-032G-JNJIP 【32GB】
   ¥9,440 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大300MB/
書込;最大260MB/秒
保証:無期限保証

  Extreme Pro 3000は、米国のSanDisk社が発売するSDカードです。同社は、SDカードの標準規格を作ったメーカーの1つでもある、大手メーカーです。同社の製品はメディアの信頼性が高く、品質管理もしっかりされており、品質が安定していることで有名です。

 カード容量は、こちらは128ギガバイトから16ギガバイトまでの容量がラインナップされます。

 転送速度は、2017年モデルのExtreme Pro 300は、読出し最大300MB/秒 書込み最大260MB/秒 となります。こちらの最新機種は、「地球最速のSDカード」です。とくに、4K動画を撮影する場合、UHSスピードクラス3に対応する必要がありますが、このモデルはもちろんUHSスピードクラス3対応です。

 製品保証は、国内正規品であり、無期限保証になります。なお、この製品には、通常の大手のデンキヤさんに卸されている型番のほか、海外パッケージ版(並行輸入版)もあります。しかし、海外版は国内保証は付きません

 その他、SDカードが壊れてしまったときに使える「レスキュープロ」というソフトの1年間無料利用権も付属します。 

 以上、SanDisk Extreme Pro 280の紹介でした。速度面のメリット性は高い製品であり、4Kニーズに応えるハイエンド機種です。ただし、4K録画でも、一眼レフの高速連写でもここまでのスピードが必要なシーンは限られると思います。ハイアマチュア向けとしても、これはオーバースペックです。基本的には、この後紹介していく、より下位の機種で良いと思います。


 

 2・Lexar Professional 1000x
 【国内正規品】

  LSD256CRBJPR1000【256GB】
   ¥19,800 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  LSD128CRBJPR1000 【128GB】
   ¥8,480 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大150MB/
書込;最大80MB/秒
保証:制限付き無期限保証
  Professional 1000x は、米国のレキサーが発売するSDカードです。このカードは、フルサイズの高級一眼レフを置くような温覚的な店には必ず常備されているだろうカードです。というのも、レキサーは、特に、古参のカメラマンの支持が圧倒的に高いからです。多展開はしていませんが、技術水準や信頼性はSanDisk社と並びます。

 カード容量は、こちらは256ギガバイトから128ギガバイトまでの容量がラインナップされます。256GBはサンディスクの高級機にはないサイズで、容量が必要な方には良いと思います。一方、64GBサイズ以下も「ある」のですが、スピードが落ちるので、おすすめできません。

 転送速度は、読出し最大150MB/秒 書込み最大80MB/秒 となります。サンディスクに比べると遅いカードですが、価格は総じて安いです。また、256GBについては「最速」です。もちろん、UHSスピードクラス3対応です。

 製品保証は、国内正規品であり、制限付き無期限保証になります。制限とは、一般的に「過失」・「経年劣化」・保証書不備などを示します。事実上他社と同じですね。日本ではマイクロンが代理店です。

 その他、SDカードが壊れてしまったときに使える「Image Rescue」というソフトも付属します。 

 以上、 Professional 1000x の紹介でした。「ブランドの信頼性」がSanDisk社同様に高く、「安売り」しない点でも信頼性があります。

 特に256GBは、プロ用・ハイアマチュア向けとしてニーズがあるでしょう。一方、サンディスクも町のデンキヤではほとんど値引きがないのですが、Lexarそれ以上です。カメラは市場で買うとしても、カードはネットで買うのが「だいぶお得」です。


 

 3・【国内正規品】SanDisk Extreme Pro

  SDSDXPA-512G-JU3  【512GB】
   ¥84,234 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  SDSDXPA-256G-JNJIP  【256GB】
   ¥46,260 楽天市場 (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大95MB/秒
書込;最大90MB/秒
保証:無期限保証

 4・【並行輸入品】SanDisk Extreme Pro

  SDSDXPA-512G-G46  【512GB】
   ¥38,800 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  SDSDXPA-256G-GN4IN 【256GB】
   ¥14,960 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

  SDSDXPA-128G-G46 【旧・128GB】
   ¥12,866 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
  SDSDXPA-128G-GN4IN 【新・128GB】
   ¥10,019 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大95MB/秒
書込;最大90MB/秒
保証:初期保証のみ

  Extreme Pro 95は、SanDiskでは2番目に高いモデルです。昨年まではこちらが最上位機種でした。

 カード容量は、こちらは、512ギガバイトという超大容量のモデルがラインナップされています。価格も高いですが、高速かつ大容量のモデルは他に無いため、ニーズはあるでしょうね。ただ、例えば4Kビデオカメラの場合、64GBでも約2時間の撮影が可能です。カードは容易に交換可能であることを考えると、128GB以上はやや特殊な用途に使うものかもしれません。

 転送速度は、読出し最大95MB/秒 ・書込み最大90MB/秒 となります。スペック上、先ほどの機種よりもだいぶ下回りますが、実用面で言えば十分高速です。こちらも、UHSスピードクラス3対応モデルであり、4K動画の録画にも対応できます。

 製品保証は、多少注意が必要です。【国内正規品】については無期限保証です。しかし、【並行輸入品】は、サンディスクの場合、国内とは別の型番であり、販売店に対する初期不良交換要求以外の保証は「なし」です。信頼感のあるサンディスク製ですが、「偽物リスク」があるため、購入店舗は吟味した方が良いでしょう。

 その他、正規品については、「レスキュープロ」というソフトの1年間無料利用権も付属します。

 以上、SanDisk Extreme Pro 90の紹介でした。並行輸入品は安価ですが、リスクもあります。以前は、【アマゾン限定】で、安い輸入製品を多展開していたのですが、現在的は入れ替え時期だからかそれがなく、お買得感がないですね。レキサーのほうがよさそうです。


 

 5・ Sandisk Extreme Plus 90
 【国内正規品】

 SDSDXVF-256G-JNJIP 【256GB】
  ¥22,658 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)
 SDSDXVF-128G-JNJIP 【128GB】
  ¥12,785 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)
 SDSDXVE-064G-JNJIP 【64GB】
  ¥6,500 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)
 SDSDXVE-032G-JNJIP【32GB】
  ¥3,300 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大60MB/秒
保証:無期限保証

 6・ Sandisk Extreme Plus 90
 【Amazon限定

 SDSDXS-128G-EPK 【128GB】
  ¥9,980 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大60MB/秒
保証:30日期限保証
 Extreme Plus 90Extreme Plus 90 は、サンディスクの中級グレードのSDカードです。

 カード容量は、64ギガバイトまでの構成です。この点で、どちらかと言えば「一般ユーザー」に向けた製品と言えるでしょう。先ほど書いたように、4K動画でも64GBあれば約2時間の撮影が可能ですから。

 転送速度は、読出し最大90MB/秒 ・書込み最大60MB/秒 です。性能面で言えば、これでも十分に「高性能」であり、UHSスピードクラス3正規対応モデルでもあります。

 製品保証は、先ほどの場合と同じく、【国内正規品】については無期限保証ですが、安い【Amazon限定】製品については、30日間の限定保証です。ただ、先ほども書きましたが、もともとサンディスク製は高品質ですし、アマゾン直売ということで、「正規品」ということも保証されます。なお、正規品については、「レスキュープロ」の1年間無料利用権はこちらでも付属です。

 以上、Extreme Plus の紹介でした。同社の製品としては割安です。ただ、64GBなどでいえば、 Extreme Pro 90との価格差はさほどないため、もし、選ぶならば(せっかくなので)上位モデルが良いでしょう。


 

 7・Transcend U3Xシリーズ
 【国内正規品】

 U3Xシリーズ TS64GSDU3X 【64GB】
  ¥7,280 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 U3Xシリーズ TS32GSDU3X 【32GB】
  ¥3,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大95MB/秒
書込;最大85MB/秒
保証:無期限保証
 U3Xシリーズは、台湾のトランセンド社の4K対応SDカードです。トランセンド社は、SDカードでは世界的なシェアがあります。品質の信頼性もサンディスクほどではないですが、購入に際して十分な安心感もあります。比較的値頃な商品が多いのが特長ですね。
 カード容量は、32/64ギガバイトという構成です。大容量モデルはないですが、4K動画には64GBもあれば問題ありません。

 転送速度は、読出し最大95MB/秒 ・書込み最大85MB/秒 となります。サンディスクで言えば、 Extreme Pro 95がライバルでしょうが、価格面で言えば、トランセンドの方がかなり安いです。もちろん、UHSスピードクラス3正規対応モデルでもあります。

 製品保証は、トランセンドの場合も、サンディスク同様に、無期限保証です。それをふまえると、やはり「爆安」といえますね。

 以上、トランセンドのU3Xシリーズの紹介でした。もちろん、個体差などの検品も含めてサンディスクのが優位ですが、4K動画に対応できる高スペックモデルをできるだけ安く欲しい場合、品質と価格のバランスが取れた良い製品だと感じます。


 

 8・サムソン PRO+シリーズ
 【Amazon限定

 SAMSUNG PRO+ MB-SD64D/FFP【64GB】
  ¥4,280 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大95MB/秒
書込;最大90MB/秒
保証:10年保証

 サムソン PRO+シリーズは、サムソンが発売しているSDカードです。同社は世界的なSDカードのシェアがありますが、日本への進出は最近です。こちらは、アマゾン限定発売の簡易パッケージ版です。

 カード容量は、64ギガバイトです。こちらもUHS-3対応ですので、4K動画にも対応します。

 転送速度は、読出し最大90MB/秒 ・書込み最大80MB/秒 となります。トランセンドのU3Xシリーズとほぼ同等ですね。ベンチマーク的にも同社の製品は、スペックに近い値がでる場合が多いので安心感があります。

 製品保証は、アマゾン限定モデルながら10年保証です。さらに、この製品は、防水、耐温度、耐磁、耐衝撃、耐X線を謳っており、堅牢性の面も「売りです」

 以上、サムソン PRO+シリーズの紹介でした。4K対応の高速モデルとしては価格が安く、人気のある理由も分かります。保証面でも問題ないので、とくに、耐衝撃・防水機能の付属するカメラなどには有利でしょう。



 9・サムソン PROシリーズ
 【Amazon限定

 SAMSUNG PRO MB-SG64E/FFP 【64GB】
  ¥3,580 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大80MB/秒
保証:10年保証

 サムソン PROシリーズも、サムソンが発売しているSDカードです。

 カード容量は、こちらも、64ギガバイトで、UHS-3対応ですので、4K動画にも対応します。

 転送速度は、読出し最大90MB/秒 ・書込み最大80MB/秒 と、読み出し部分で上位機より多少劣りますが、販売価格は少し安いです。

 製品保証は、アマゾン限定モデルながら、こちらも10年保証です。この製品も、防水、耐温度、耐磁、耐衝撃、耐X線を謳っています。

 以上、サムソン PROシリーズの紹介でした。サムソン製品としてはこちらの方がコスパに優ります。そのため、同社の製品から選ぶとすると、この製品は費用対効果の面でおすすめといえます。


 

 10・Transcend U3シリーズ
  【Amazon限定

 U3シリーズ TS128GSDU3 (FFP)【128GB】
  ¥9,780 Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 U3シリーズ TS64GSDU3 (FFP)
【64GB】
  ¥4,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大95MB/秒
書込;最大60MB/秒
保証:無期限保証

 11・Transcend U3シリーズ
 【国内正規品】

 U3シリーズ TS256GSDU3【256GB】
  ¥22,231
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 
U3シリーズ TS128GSDU3【128GB】
  ¥9,780
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 U3シリーズ TS64GSDU3 【64GB】
  ¥4,980
Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-3対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大60MB/秒
保証:無期限保証
 こちらは、トランセンド社の下位機種です。

 カード容量は、256ギガバイトまである同社としては最も幅広いラインです。大容量でも比較的格安なので、例えば、タブレットPCなどに挿入して利用する場合などに重宝するでしょう。

 転送速度は、読出し最大95MB/秒 ・書込み最大60MB/秒 となります。読み出しがU3Xシリーズよりも多少遅いですが、同レベルのサンディスクのExtreme Plusシリーズに較べて約半額と、コストパフォーマンスは極めて高いです。もちろん、UHSスピードクラス3対応モデルとなります。

 製品保証は、トランセンドの場合、【アマゾン限定モデル】も含めて無期限保証です。この点は、嬉しいですね。

 以上、Transcend U3シリーズの紹介でした。4K用として売れ筋の64GB「大特価」とも言える価格で購入できるのは、費用の節約の面では嬉しいです。もちろん、全体的な信頼性はサンディスクに及びませんが、それでも価格は魅力ですし、保証面も安心です。

コンデジ・ゲーム機向けの高品質カード

 つづいて、ここからは、比較的価格の安いカードを紹介していきます。4K動画に対応する必要がないならば、コンデジでも、ビデオカメラでも、このクラスから良い機種を選べば問題ありません


 

 12・Transcend Ultimateシリーズ
 【国内正規品】

 Ultimate TS128GSDXC10U1【128GB】
  ¥8,770
Amazon.co.jp  (10/30執筆時)
 Ultimate TS64GSDXC10U1
【64GB】
  ¥4,980
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 Ultimate TS32GSDXC10U1
【32GB】
  ¥2,700
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 Ultimate TS16GSDXC10U1
【16GB】
  ¥1,978
Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-1対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大40MB/秒
保証:無期限保証

 13・Transcend Ultimateシリーズ
 【Amazon限定

 Ultimate TS64GSDXC10U1E (FFP)【64GB】
  ¥5,680
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 Ultimate TS32GSDHC10U1E (FFP)
【32GB】
  ¥2,700
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 Ultimate TS16GSDHC10U1E(FFP)
【16GB】
  ¥1,978
Amazon.co.jp (10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-1対応
読出:最大90MB/秒
書込;最大40MB/秒
保証:無期限保証

 Ultimateシリーズは、台湾のトランセンド社の比較的格安のSDカードです。

 カード容量は、128ギガバイトまでという構成です。16GBなどの小容量モデルもあり、価格面では値頃な商品です。

 転送速度は、読出し最大90MB/秒 と比較的高速ですが、書込み最大40MB/秒と、データの受信時は多少弱いです。なお、書込速度は30MB/秒というUHSスピードクラス3の基準をクリアしているのですが、実際の速度が理論値より劣るのか、同社規格対応を明記していません。それでも、コンデジやゲーム機ならば、これ以上のレベルの書込速度はあるだけ無駄なので、かなりの高スペックカードとして便利に使えるでしょう

 製品保証は、この機種も【アマゾン限定モデル】も含めて無期限保証です。

 以上、Transcend Ultimateシリーズの紹介でした。コンデジや、ゲーム機、タブレットの一般的な用途としては、価格と品質のバランスが取れていて良いと思います。デジカメ以上に高いカードを買うのも本末転倒ですし。

 とはいえ、価格が安いので、長期旅行用に、多少大容量モデルを購入しても良いかもしれません。意外と、前回撮影した画像のバックアップを忘れ、旅先で消せないという自体は発生するものですし。


 

 14・Transcend プレミアム 300Xシリーズ
 【Amazon限定

 プレミアムTS64GSDU1PE (FFP)【64GB】
  ¥4,200 Amazon.co.jp
(10/30執筆時)
 プレミアムTS32GSDU1PE (FFP)
【32GB】
  ¥2,380 Amazon.co.jp
(10/30執筆時)
 プレミアム TS16GSDU1PE (FFP)
【16GB】
  ¥1,580 Amazon.co.jp
(10/30執筆時)

スピードクラス:UHS-1対応
読出:最大60MB/秒
書込;最大35MB/秒
保証:無期限保証

 プレミアム 300Xシリーズ は、トランセンド社の比較的低価格なSDカードです。

 カード容量は、最大64GBまでとラインナップは少ないです。基本的に、性能という良いも「安くカードが欲しい」ニーズにかなう製品だからですね。

 転送速度は、読出し最大60MB/秒 とそれなりですが、書込み最大35MB/秒と速度は低いです。また、この書込速度のスペックは64GBを元にしたものなので、32GB以下は、より速度が落ちる可能性があります。

 製品保証は、この機種もAmazonを含めて無期限保証です。ただ、どのサイズも価格的に、Ultimateシリーズそれ程変わらないので、こちらをあえて選ぶメリット性はなさそうですね。


 

 15・Transcend 200Xシリーズ
 【Amazon限定

 200X TS128GSDXC10E【128GB】
   ¥7,980
Amazon.co.jp (10/30執筆時

 16・Transcend U3シリーズ
 【国内正規品】

 200X TS64GSDXC10E【64GB】
   ¥4,280
Amazon.co.jp (10/30執筆時
 200X TS32GSDXC10E
【32GB】
   
¥1,980 Amazon.co.jp (10/30執筆時

スピードクラス:クラス10対応
読出:最大30MB/秒
書込;最大20MB/秒
保証:無期限保証

 Transcend 200Xシリーズ は、同社の入門向けのラインです。【アマゾン限定】モデルは、他製品と同じく、パッケージが簡易なだけで、通常版とSDカード自体の性能は同じです。

 カード容量は、最大128GBまでと、意外と大容量のラインナップがあります。価格もそれなりに安いので、速度よりも容量を重視するならば、選択肢に入れても良いでしょう。

 転送速度は、読出し最大30MB/秒 となります。書込速度は非開示ですが最大20MB/秒と、ベンチマークからは見積もれます。

 製品保証は、こちらも無期限保証です。

 以上、Transcend 200Xシリーズの紹介でした。128GBについては需要がありそうですが、それ以外については、価格面も含めて選ぶメリット性はなさそうです。

後編につづく!
カメラやビデオおすすめのSDカードは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、SDカードについて書いてきました。

  

 17・SanDisk Ultra PLUS 80
 【国内正規品】

 SDSDUSC-128G-JNJIN【128GB】
  ¥8,521
Amazon.co.jp  (10/30執筆時)
 
SDSDUSC-064G-JNJIN【64GB】
  ¥3,970
Amazon.co.jp (10/30執筆時)
 SDSDUSC-032G-JNJIN【32GB】
  ¥3,180 Amazon.co.jp   (10/30執筆時)
 SDSDUSC-016G-JNJIN【16GB】
  ¥1,698 Amazon.co.jp (10/30執筆時)

 続く後編記事【こちら】では、前半紹介できなかったサンディスクのUltra PLUS 80などを紹介します。

 そして、その上で、今回紹介した全16機種から、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種について提案していきたいと思います。

 引き続き、よろしくお願いします。

 後編は→こちら

 なお、最後になりましたが、この前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどのボタンから話題を共有していただければ幸いです。

posted by Atlas at 18:43 | Comment(0) | カメラ

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png