比較2018' 最新の電子辞書20製品の性能と基本の選び方(まとめ記事)シャープ・ブレーンとカシオ・エクスワード

2018年08月23日

比較2018' 最新の電子辞書20製品の性能と基本の選び方(まとめ記事)シャープ・ブレーンとカシオ・エクスワード

【今回レビューする内容】2018年度 目的別の電子辞書の選び方とおすすめ機種、シャープ・ブレーンとカシオ・エクスワードの辞書の違いと評価・レビュー:中高生に電子辞書は必要か?など:Brain ex-word

今回のお題
2018年モデルの電子辞書はどのように選べば良いか?

 ども、Atlasです。

 今日は、最新の電子辞書に関する「賢い選び方」について書きます。

 201808231329.jpg

 中高生用・社会人用・大学生用・検定試験用など、目的に沿ってどのように電子辞書を選んだら良いのかについて、最新機種からまとめました。

 201803161256.jpg

 Atlasは、10年ほど、某大学で教職科目や英米系科の講義科目、文章に関するリテラシー科目を担当してきました。今回は、その経験をふまえた記事です。

 以下では、自分用や、お子さんのために電子辞書を買う方で、「どれを選んで良いか分からない」という方向けに、基本的な選び方をまとめます。

 その上で最後に、用途別、年代別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

ーーー

1・小学生向け電子辞書の比較
2・中学生向け電子辞書の比較
3・高校生/大学受験向け電子辞書の比較
4・大学生向け電子辞書の比較
5・英語学習向け電子辞書の比較
6・電子辞書の賢い選び方 【まとめ】

 なお、今回の記事は、このブログの電子辞書比較シリーズの6回目記事として書きました。

1・「電子辞書選び」のはじめ方

201808231336.jpg

 電子辞書は、デンキヤにおかれた最新機種だけで も20機種以上あります。 

1・小学生向け電子辞書
2・中学生向け電子辞書
3・高校生向け電子辞書
4・大学生向け電子辞書
5・英語学習者向け電子辞書

 ただし、用途で分類すると、辞書「大ざっぱ」5つのカテゴリーに区分できます。

 これらの製品は、それぞれの学習目的・学習段階にあった国語系辞典・英語系辞典・理社系事典類・参考書が搭載されます。

 収録辞書の内容については、上のリンク先の個別記事でかなり細かく紹介しました。今回は、その話題は繰り返さず、コンテンツの特徴について概要を解説します。 

1・小学生用の電子辞書について

 201808231058.jpg

 第1に、小学校用の電子辞書です。

 児童用の辞書は、中学受験を睨んだ親御さんが買われる場合が多いです。ただ、さほど市場がないため、現在は、カシオエクスワードのみ、専用製品を販売しています。

 201701191312.jpg

 小学生用の電子辞書を選ぶ場合、重要なのは英語の辞書の充実度です。

 小学生向けのモデルには、中学以上のモデルには搭載されない、キッズクラウン英和辞典・キッズクラウン和英辞典などが搭載されており、小学生にも使いやすいような配慮があります。

 201701191326.jpg

 その他、発見学習に用いるコンテンツや、中学受験の国語系の出題にも利用できる類語事典類・熟語事典類などが搭載されます。また、「わかる」シリーズなど、人気の学習参考書も教材として入っています。

 一方、中学の段階で必須な、古語辞典や漢和辞典などは省略されているため、いずれにしても6年生が終わった段階で、買い直しになる点は、注意が必要です。

2・中学生用の電子辞書

 201808230932.jpg

  第2に、中学校用の電子辞書です。

 後ほど具体的に紹介しますが、高校受験までに対応できるモデルは、シャープブレーンと、カシオエクスワード両方から出ています。

 201801121349.jpg

 中学生用の電子辞書を選ぶ場合、最も重要なのは、やはり英語辞典の構成です。 

 なぜなら、中学生は、授業でニューホライズン英和和英辞典初級クラウン英和和英辞典のような「初級英語辞典」を使うからです。

 「初級英語辞典」は、高校生以上向けの電子辞書には未収録です。そのため、この年代では、「将来も長く使えるモデル」とせず、小中学校向けに特化した、専門の電子辞書を選んでください。

 なお、難しいのが中高一貫校の場合です。ただ、高校生用の電子辞書には、「初級英語辞典」が採録されない点をふまえれば、中学生用を選び、大学受験が近づく頃に、買い換えるのが良いでしょう。

3・大学受験用の電子辞書

 201808231231.jpg

 第3に、大学受験の電子辞書です。

 大学受験用(=高校生モデル)電子辞書は、学生用としては、種類が最も豊富です。

 そ 格安を売りにしたエントリーモデルから、英語に特化した難関校向けモデルなど、多くのラインナップがあります。

 201607111218.jpg

 高校生用の電子辞書を選ぶ場合も、やはり最も多用するだろう英語辞書の構成に注目するのが、間違いがない方法です。

 基本的に、「英語学習の三種の神器」といえる、大修館のジーニアス英和辞典・和英辞典、三省堂のウィズダム英和辞典・和英辞典と、オーレックス英和・和英辞典が揃ったものを選ぶようにすれば、まず問題ありません。

 201808231343.jpg

 国語系は、『大辞典』である広辞苑大辞林のいずれかが収録されている機種を選べば問題ありません。受験に必要な、漢和辞典古語辞典・国語中辞典は、どの電子辞書も搭載しますから。

 201808231306.jpg

 また、高校生用については、受験用の学習教材の豊富さも注目ポイントです。

  受験向けの学習用コンテンツは、高校生モデル以外は基本未収録ですから、受験生は、大人向けではなく、高校生専用モデルを購入するのが良いです。逆に「中学生モデル」だと、「英語学習の三種の神器」が省略されているため、買い換えが必要です。

4・大学生向けの電子辞書

 201808231010.jpg

 第4に、大学生生向けの電子辞書です。

 大学生向けは、かなり豊富な電子辞書のラインアップがあり、英語学習に特化した文系モデルや、理系向きの電子辞書などがあります。

 201607041409.jpg

 大学生用の電子辞書を選ぶ場合、とくに語学専攻の場合は、英語辞書の構成に注目しましょう。

 英英辞典のほか、論文執筆の際に重要な類語辞典、また専門的な大辞典は、高校生向きにはないので、進学時に買い直すのは良い選択肢です。

 なお、このほかに、理系向きの電子辞書や、英語以外の語学を強化した電子辞書もあります。これについては、後ほど説明します。

5・英語学習/英会話向けの電子辞書

 201808231132.jpg

 第5に、英語学習者向けの電子辞書です。

 以前は、「大学生・社会人向けの電子辞書」と区別できないジャンルでした。

 201808231020.jpg

 しかし、最近は、リスニング・スピーキングボキャブラリーの構築を重視した、「TOEICなどの資格のための英語学習機」といえる、新ジャンルが生まれています。

 201801121542.jpg

 語学学習用の電子辞書を選ぶ場合、どちらかといえば、収録される辞書よりも、TOEIC・TOEFL・英検などの対策となる語学教材の多様性や過去問の充実度を重視するベきです。

 とくに、リスニング・スピーキング対策については、「語学学習専用機」であることが有利に働きます。資格試験対策として実践的な学習を考えている方は、このジャンルの電子辞書を選ぶとよいでしょう。

ーーー

 以上、ここまでは、5つのジャンルに分け、電子辞書の選び方を解説しました。

 ここからは、これらの区分を「基本」としたうえで、カシオの「エクスワード」と、シャープの「ブレーン」を「対決」させて、「辞書・コンテンツ構成」「キーボードの打ちやすさ」「画質」「保証」などの面で、優れた機種はどちらか?について、Atlas的の見解を示していきたいと思います。

2・電子辞書に搭載される辞書の比較

 「辞書・コンテンツ構成」は、電子辞書を選ぶ場合、最も重要視したい部分です。

1・小学生向け電子辞書の比較
2・中学生向け電子辞書の比較
3・高校生/大学受験向け電子辞書の比較
4・大学生向け電子辞書の比較
5・英語学習向け電子辞書の比較

 このブログでは、搭載されている辞書やその有用性については、上記4本のリンク記事で細かくフォローしてきました。

 これらは、後でお読みいただくとして、ここでは、メーカーごとの「一般的な傾向」を簡単に確認しておきましょう。

1・カシオのエクスワード

 201801121643.jpg

 第1に、カシオのエクスワードです。

 このメーカーの電子辞書は、英語・国語の語学辞書に非常に充実します。

 各年代の電子辞書とも、大辞典・中辞典系の収録語数の多い辞書を多めに入れています。例えば、高校生用ならば、「大人向け」といえる辞書もあえて載せている印象です。

 201808231347.jpg

 また、最新の辞書コンテンツの採用にも熱心で、例えば2018年に発表されたばかりの「広辞苑7版」も、一部機種に早々と搭載しました。

 学生用モデルについては、理系・社会系の事典類も多めであり、「百科事典的」に使えるモデルが多いです。

2・シャープのブレーン

 201801121646.jpg

 第2に、シャープのブレーンです。

 このメーカーの電子辞書も、英語・国語の語学辞書は充実します。

 ただ、カシオに較べると、年代ごとに必要以上に詳しい辞書を加えたり、同じ系統辞書を多く掲載せず、必要な部分だけ選択的に入れている印象です。

 また、国語系の大辞典は「大辞林」を採用し、全体を通して広辞苑は不採用です。この部分で、多少ライセンス料を節約している印象があります。

 201801121650.jpg

 その代わり、TOEIC・英検・大学受験などのための学習教材は、カシオより割と充実している傾向です。実践的なコンテンツを優先して、採用しています。

 学生用モデルについては、理社系を含めて、「ひいて勉強する」事典類よりも、「即効性」のある受験対策本が多いです。

 ただし、シャープの場合、中学生・高校生・一般向けの辞書は網羅されますが、大学生やTOEICなどの語学を学習するのに最適なモデルはあまり見あたりません。大学の講義で用いるような、英語大辞典など、専門的な分野は、カシオの「独壇場」です。

ーーー

 以上、2社のコンテンツ面での「一般的な傾向」を確認しました。

 201808231349.jpg

 どちらかといえば、カシオは「調べるための辞書重視」(コツコツ勉強する型)、シャープは「実践的な参考書などの重視」(受験のための短期実践型)という傾向があります。

 ただ、各年代の電子辞書によっては、この傾向が通用しない部分も多くあります。例えば、カシオも、高校生のリスニング対策・スピーキング対策については、かなり力を入れています。

 詳しい収録辞書の構成は、先ほど掲示した個別リンク集の記事に書いてありますので、後ほどしっかりとご確認ください。

3・電子辞書のキーボード性能の比較

 続いて、電子辞書本体のについての説明です。

 シャープも、カシオも、「中学生向け」「高校生向け」「英語学習向け」などの電子辞書を多数出しています。しかし、基本的にどのモデルも同じ本体を使っており、中身の辞書コンテンツの種類だけが異なります。

 これをふまえて、両メーカーのキーボードの特長欠点について見ていきましょう。

1・カシオのエクスワード

 201808281237.jpg

 第1に、カシオのエクスワードです。

 同社の製品は、キーの押しやすさで評判が高い機種です。

 1つ1つのキーが大きいため、誤入力が少ない仕様です。

 201808281238.jpg

 キー自体も指のかかりが良く、入力を安定させられるバーティカルストローク機構を採用するため、ノートパソコンのように打ちやすいキータッチです。

 201701191412.jpg

 なお、カシオの場合は例外があり、一部の廉価機種小学生向けモデルについては、本体が異なる場合がありますのので注意が必要です。

2・シャープのブレーン

  201808281229.jpg

 第2に、シャープのブレーンです。

 同社の製品も、近年はキーを大きくして打ちやすさを高めています。とくに2018年からは、ゴム素材のキーボードをプラスチック系素材に変更しました。

 ただし、カシオに比べると、キーボードのサイズはコンパクトです。とくに、文字キー部分と、矢印キー・機能キー部分との間に隙間がない構造で、「無理に多くのキーを詰め込んだ感」はあります。

 また、ファンクションキー(辞書選択ボタン)は大きく使いやすいですが、矢印キーなどが、普通のPCキーボードと較べても特殊な位置への配列になっているため、慣れるまではやや使いにくいでしょう。

ーーー

 以上、キーボードレイアウトについて比較しました。改めてまとめると、キーの押しやすさの点では、カシオはシャープより優れると言えます。

4・電子辞書の画質と本体構造の比較

 続いて、電子辞書の画質と本体構造の違いについて、解説します。

1・カシオのエクスワード

 201801121608.jpg

 第1に、カシオのエクスワードです。

 こちらには、手書きで文字入力できるタッチプレイ式液晶と、比較的大きめのキーボードが付属します。液晶の品質は、5.3型(528×320ドット液晶)になります。とくに2018年モデルは輝度がアップし、視認性が向上しました。

 また、フォントに、筆順が省略されない教科書体を使うなど、国語学習への配慮も高い製品です。

2・シャープのブレーン


 201712251727.jpg

 第2に、シャープのブレーンです。

 こちらは、キーボードを回転させて、タブレットPCのような状態に回転させて利用することが可能です。通勤通学中の利用には、とくに便利でしょう。

 液晶の品質は、タッチパネル式の5.5型WVGA カラー液晶(854×480ドット)です。カシオよりも多少ですが、大きく、解像度も良いです。

 また、フォントも独自のなめらかフォントを採用し、「とめ・はね」まで分かるような配慮があります。

ーー

 以上、液晶や本体構造についてまとめましあ。

 まとめれば、液晶の品質や使い勝手については、シャープのブレーンに見所があると言えます。タブレットのように使える点は、通勤通学時などに、英会話コンテンツなどを学習する場合など、便利そうです。

5・電子辞書の充電方法の比較

 充電の仕組みについても、両メーカーでは異なります。

1・カシオのエクスワード

 201801121621.jpg

 第1に、カシオのエクスワードです。

 こちらの場合、アルカリ電池を使います。充電式のエネループ・エボルタも可能可能です。

 アルカリ電池だと、最大180時間ほど電池が持ちます。電池の重さを考慮に入れても、本体はこの機種が最も軽量です。

2・シャープのブレーン

 201405021037.jpg

 第2に、シャープのブレーンです。

 こちらの場合、スマートフォンのようにリチウムイオン電池が搭載されます。つまり、コンセントやパソコンからUSBで充電する方式です。

 最大120時間の連続使用が可能ですが、電池切れの場合は、付属USBケーブルで、コンセントかパソコンから充電します。フル充電まで5時間ほどかかります。充電量はスマートフォンのように残量がわかります。

 重さは、代表的なハイエンド新機種の場合、シャープは約270g、カシオは約265gと誤差の範囲です。他の製品もさほど変わりません。

6・本体の堅牢性や保証内容の比較

 つづいて、電子辞書の頑丈さや保証について、説明します。。

1・カシオのエクスワード

 201801121725.jpg

 第1に、カシオのエクスワードです。

 エクスワードは、耐衝撃性の高さが売りです。本体各所に、高強度材のサイドビームアルミ合金パネルを使った堅牢設計を独自に「TAFCOT」と名付けるほどの力の入れようです。

 75センチからの落下試験をクリアした上で、閉じた状態での加速、自転車での持ちはこびなどの振動にも強い構造を採用しています。

 また、1年保証が付く上で、まさかの事態で液晶が破損してしまった場合などの修理費も「分かりやすく」示しています。基本的に「定額修理方式」を採用しており、カシオのページで確認が取れます。新機種の場合、大修理は12000円ほど、軽修理は9500円でした。

2・シャープのブレーン

 第2に、シャープのブレーンです。

 シャープは堅牢性については、カシオほど強調されません。また、修理料金も開示していません。とはいえ、そう簡単には壊れるものではないですので、過度の心配は不要でしょう。1年保証保つ来ますので。

 なお、シャープは、電子辞書故障診断ナビという仕組みがあり、「本当に故障なのか」をネット上でチェック形式で確かめてから、修理を受け付けるスタイルです。

ーーーー

 以上、大ざっぱに、2社の堅牢性について紹介しました。この部分については、カシオが有利と言えそうです。

7・辞書の追加購入法の比較

 つづいて、購入した電子辞書に搭載されない辞書が必要になった場合について、書きます。

1・カシオのエクスワード

 第1に、カシオのエクスワードです。

 カシオの場合、英語系・国語系のうち、大辞典などの専門辞書を後から購入可能です。購入可能なコンテンツは、【こちら】にリストがあります

 201601212139.jpg

 ・カシオ 追加コンテンツ 【中国語】
 ・カシオ 追加コンテンツ【韓国語】
 ・カシオ 追加コンテンツ【ドイツ語】
 ・カシオ 追加コンテンツ【イタリア語】
 ・カシオ 追加コンテンツ
【フランス語】
 カシオ 追加コンテンツ 【ロシア語】
 ・カシオ 追加コンテンツ 【スペイン語】
 ・カシオ 追加コンテンツ 【ポルトガル語】

  ¥5,713〜 Amazon.co.jp (4/26執筆時)

 特に、大学生は、語学の授業用に追加購入したいというニーズはあるでしょう。その場合、ドイツ語フランス語中国語イタリア語スペイン語韓国語ロシア語ポルトガル語の追加コンテンツがラインナップされ、中辞典・大辞典クラスも部分的に選択できます。 

 ただ、単体で辞書を購入した場合の費用は、とくに英語・国語・社会・理科系の事典類については、かなり割高です。耐用年数の問題もあるので、「進学したら買い換える」のが原則としては良いでしょう。 

2・シャープのブレーン

 201808231353.jpg

 第2に、シャープのブレーンです。

 ブレーンは、、基本的に後からの辞書の追加購入はできません。

 例外は、中国語イタリア語ドイツ語スペイン語フランス語の辞書です。大学の第2外国語などで学べる科目の追加辞書に限っては、10000円程度から購入できます。ただし、これらはほとんど、「コンサイス版」の簡略な辞書で、初級外国語レベルです。

 以上、2社の追加コンテンツの状況について比較しました。結論的には「カシオ有利」と言えます。ただ、コンテンツの値段は高めなので、語学の授業用の場合を除けば、いずれのメーカーも「買い換え」を選択した方が無難そうです。

8・中高生などに電子辞書は必要か? 

 201802041053.jpg  

最後に、根本的な「問い」といえる、「電子辞書は必要なの?」という部分について、Atlasの思うことを書いておきます。

1・紙の辞書(本)を買う
2・スマホの辞書アプリを買う
3・PC用の辞書を買う

 「電子辞書を買わない」オルタナティブな選択肢としては、以上の3つの選択肢があるでしょう。

1・紙の辞書を買って使う


 201802141937.jpg

 第1に、紙の英語辞書などを使う方法です。

 Atlasは、「辞書を引けること」「それ自体眺めながら勉強をすること」は、重要だと考えています。とくに、学生については、少なくとも現在は、一定の学習的な意味があります。

 ただし、それだけ使う場合の、難点もあります。

 例えば、即効性に乏しいため「検索時間・勉強時間の浪費になる点」、「逆引き・複合検索」など、電子辞書しかできない機能がある点です。こうした点で、現状はやや「不利」と言えます。

 また、現在の電子辞書は、「問題集・参考書」が充実しているため、費用対効果が低いとも一概に言えません。

2・スマホ用の辞書アプリで代用する


 201802101717.jpg

 第2に、「スマホ用の辞書アプリ」で代用する方法です。

 こちらについては、必要な辞書だけ買えるので比較的導入費が安くなるというメリットがあります。そのため、1万円程度で「最低限」のシステムを検討している場合には、検討の余地はあります。

 ただし、今回紹介した電子辞書に較べると、辞書の網羅性はイマイチです。受験に対応できるレベルまで、電子辞書と同じだけのコンテンツを揃えようと思うと、数倍の費用がかかります。

 また、iOSについては全てのメーカーが、Android系でも多くのメーカーが、辞書間の横断検索(串刺し検索)に対応しないなど、難しい部分もあります。

3・PC用の辞書を買う


 第3に、PC用の辞書を買う方法です。

 PC用(Mac用)は、パソコン限定で作業をしている方には相当便利です。

 ただ、モバイル性がないほか、「辞書横断的な検索」に完全に対応したい場合、サードパーティのアプリや、プログラムを使う必要があり、やや難易度が高いです。

 もちろん「どこでも使える」という利便性も削がれます。

ーー

 以上をふまえると、学生の場合はとくに、「電子辞書はあった方が便利」というのがAtlasの意見です。

 ただ、学生でも、受験などの目的ではなく「日常的な調べ物」「紙の辞書の補助として1冊欲しいくらい」ならば、学費の削減のため、スマホアプリも手」ではあります。

 その場合、「モノマニア」には、43の辞書アプリを比較した【スマホ用電子辞書アプリの比較記事】があります。興味のある方はご覧ください。

 ただし、繰り返しますが、電子辞書は現在「辞書機能を超越した学習機」と化していますので、あったほうが、数倍便利です。

今回の結論
おすすめといえる電子辞書は結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、ここまでの記事内容の「まとめ」として、ざっくりとした辞書の「選び方」を解説してきました。

 最後に、いつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!について、改めて書いておきます。


第2に、小学生向けにもっともおすすめなのは、

 201701191307.jpg

 【2017年型番】

 【ホワイト】

 1・カシオ エクスワード XD-SK2800WE
  ¥15,945 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 【ピンク】

 2・カシオ エクスワード XD-SK2800VP
  ¥15,945 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 カシオのEX-word2800シリーズがおすすめです。

 先述のように、入門用の英語辞書であるキッズクラウン英和辞典キッズクラウン和英辞典が搭載されるのは、この機種だけだからです。

 その他にも、中学受験に利用できる教材や問題集が豊富に網羅されているため、価格分のもとはすぐ取れるでしょう。

1・小学生向け電子辞書の比較

 なお、収録される辞書の種類など、より詳しくは、さらにリンク先のこの記事をご覧頂ければと思います。


 第2に、中学生向けにもっともおすすめなのは、

  201801161743.jpg

【2018年型番】

 1・エクスワード XD-Z3800WE ホワイト
 2・エクスワード XD-Z3800BK ブラック
 3・エクスワード XD-Z3800PK ピンク
  26,613 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

【2017年型番】

 4・エクスワード XD-G3800WE ホワイト
 5・エクスワード XD-G3800BK ブラック
 6・エクスワード XD-G3800PK ピンク
  ¥22,400 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 カシオ社のEX-word3800シリーズがおすすめです。というのも、中学の授業でもっとも重要な部分と言える、英語辞書が充実しているからです。

 201808231400.jpg

 具体的には、東京書籍のニューホライズンの英和・和英辞典と、三省堂のクラウン英和辞典・和英辞典がダブルで採用され、初級の日常会話に強いエースクラウン英和辞典も掲載されます。

 ジーニアスなどの中級の英語辞典も網羅されていますし、高校生前半までは使えます。

 なお、2018年モデルと2017年モデルがありますが、辞書構成は変わらないので、価格面でお買得感がある2017年モデルがおすすめです。

ーー

  201808230947.jpg

 【2018年型番】

 7・シャープ Brain PW-SJ5-A 【ブルー】
 8・シャープ Brain PW-SJ5-K 【ネイビー】
  ¥27,900 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 【2017年型番】

 9・シャープ Brain PW-SJ4-G 【グリーン】
 10・シャープ Brain PW-SJ4-K 【ブラック】
  ¥18,270 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 一方で、シャープは、初級辞書としては学研のジュニア・アンカー英和・和英だけですが学校でこれらの辞書の指定があるならば、こちらが良いでしょう。

 こちらも、中辞典としてジーニアス英語辞典を再録しており、高校まで使える点は同様です。

 また、 新モデルと旧モデルとを比較すると、本体の軽量化など以外の点ではマイナーチェンジといえるため、価格面で相当値頃感のある2017年モデルがおすすめです。

2・中学生向け電子辞書の比較

 なお、収録される辞書の種類など、より詳しくは、さらにリンク先のこの記事をご覧頂ければと思います。


 第3に、高校生向けにもっともおすすめなのは、

 201801161727.jpg

 【2018年型番】

 9・シャープ Brain PW-SH5-B  【黒】
 10・シャープ Brain PW-SH5-W  【白】
 11・シャープ Brain PW-SH5-A  【ブルー】
 12・シャープ Brain PW-SH5-K 【ネイビー】
 13・シャープ Brain PW-SH5-R  【レッド】
  ¥24,620 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 【2017年型番】

 9'・シャープ Brain PW-SH4-B 【黒】
 10'・シャープ Brain PW-SH4-W 【白】
 11'・シャープ Brain PW-SH4-G 【グリーン】
 12'・シャープ Brain PW-SH4-K【ネイビー】
 13'・シャープ Brain PW-SH4-R 【レッド】
  ¥19,500 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★
 国語系充実度 ★★★★☆
 総合評価   ★★★★★

  シャープの高校生用モデルのPW-SHシリーズが良いと思います。学習コンテンツが実践的で、最近の大学受験の傾向を考えて充実させている点を評価しました。

 201712251334.jpg

 また、タッチペンでタブレットのように使える構造で、スマホ慣れている高校生ほどには使い勝手の部分でも良いと言える点も評価しました。

 辞書についても、国語辞典は、現代語に強い大辞林をはじめ、十分な数を揃えていますし、英和・和英辞典も、ジーニアス英和・和英辞典に加えて、三省堂のウィズダム英和辞典と、英作文の用例が豊富なオーレックス英和・和英辞典が採用され、「英語学習の三種の神器」といえる辞書は網羅されます。

 なお、新旧両モデルがありますが、辞書コンテンツに差がない状況なので、格安の旧モデルで十分です。

ーーー

  201801161733.jpg

【2018年型番】

 14・エクスワード XD-Z4900WE  【白】
 15・エクスワード XD-Z4900BK 【黒】
 16・エクスワード XD-Z4900PK  【ピンク】
  ¥27,799 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

【2017年型番】

 14・エクスワード XD-G4900WE  【白】
 15・エクスワード XD-G4900BK  【黒】
 16・エクスワード XD-G4900PK 【ピンク】
  ¥23,480 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★★★
 国語系充実度 ★★★★★★
 総合評価   ★★★★★

 ただし、難関私大の受験を考えている方は、シャープの場合、英語系の大辞典が省略されているのがネックです。

201607111350.jpg

 その場合、リーダーズ英和辞典リーダーズプラスが収録されるカシオの上位機種が選択肢になるでしょう。リスニング・スピーキング対策など実践的なコンテンツもシャープをとりません。

 また、理社系の事典類も豊富なので、「まめに辞書を引いてコツコツ勉強していく」ならば、カシオが向いています。

 こちらも、収録コンテンツの差がないので、2017年モデルで良いと思います。

2・高校生向けの電子辞書の比較

  これらの機種についても、収録される辞書の種類など、より詳しくは、さらにリンク先のこの記事をご覧頂ければと思います。


 第3に、大学生が、講義用に選ぶ電子辞書としておすすめなのは、

 201801161818.jpg

【2018年型番】

 7・カシオ エクスワード XD-Z9800WE 【白】
 7・カシオ エクスワード XD-Z9800BK 【黒】
  
¥30,598 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

【2017年型番】

 8・カシオ エクスワード XD-G9800WE【白】
 8・カシオ エクスワード XD-G9800BK【黒】
  
¥26,500 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★★★★
 国語系充実度 ★★★★★
 総合評価   ★★★★★★

 カシオの、大学生・ビジネス向けモデルのXD-9800シリーズが良いと思います。

 201801121430.jpg

 英語系・国語系・百科事典系は、大辞典まで網羅されており、大学の一般教養のほか、専門語学まで対応できる水準です。

 TOEICなどの語学教材が豊富なほか、就活に役立つコンテンツも非常に多いです。

 また、今年度モデルからはQRコードを使ったネットでの語学学習とのリンクもはじまり、使い勝手が向上しています。ライティング・スピーキング・リスニングにフル対応できる万能機なので、迷った場合はこれが良いと思います。

 こちらも2017年モデルと2018年モデルがありますが、基本辞書の構成が変わらないので、安いほうで良いでしょう。

ーー

 201801161814.jpg

 【2018年型番】

 4・シャープ Brain PW-SB5-K 【黒】
 4・シャープ Brain PW-SB5-R 【赤】
  
¥27,726 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 【2017年型番】

 5・シャープ Brain PW-SB4-K【黒】
 5・シャープ Brain PW-SB4-W
【白】
  
¥20,380 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★
 国語系充実度 ★★★★★
 総合評価   ★★★★★

 シャープのBrainから選ぶのならば、こちらのPW-SBシリーズでしょう。英語系の大辞典の多さについては、カシオのエクスワードとほぼ互角です。リスニング教材なども多くあります。

 一方、国語辞典系はやや弱い印象がありますが、大学でこれらを使うことはさほどないかもしれません。本体形状がタブレットタイプが良いならば、こちらを選ぶのも手です。

4・大学生向け電子辞書の比較

 なお、具体的なコンテンツの種類や、大学生や、TOEIC・TOEFLなどに向いた機種については、以上のリンク記事を参考になさって頂ければ幸いです。


 第4に、社会人の方で、TOEICやTOEFL向けの英語学習に最適といえる電子辞書は、

 201808231140.jpg

 【2017年11月発売】【コンテンツ80】

 1・カシオ EX-word RISE XDR-S1GD【金色】
  ¥25,926 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 2・カシオ EX-word RISE XDR-S1GN【緑色】
  ¥26,109 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 3・カシオ EX-word RISE XDR-S1WE【白色】
  ¥25,926 Amazon.co.jp (
8/23執筆時

 4・カシオ EX-word RISE XDR-S1GY【灰色】
  ¥25,926 Amazon.co.jp (8/23執筆時)

 カシオEX-word RISE XDR-S1シリーズでしょう。

 英語辞書の構成は、ジーニアスのみと貧弱ですが、リスニング・スピーキングの教材は圧倒的な量を誇ります。

 201712251555.jpg

 ボキャブラリーの構築に有効なソフトなども多く、「総合的な英会話・英語学習機」としては現状で最も完成度が高い製品です。

5・英語学習向け電子辞書

 なお、「調べる」ための辞書がもう少し欲しい場合などについては、以上のサイトで、12製品ほど比較しています。それをご覧頂ければと思います。

補足:その他の電子辞書について

 というわけで、今回は、電子辞書の記事のまとめでした。最後に「おまけ」です。

 今回の一連の紹介で漏れてしまった、多少変わった電子辞書「ナゾル」について、補足的に紹介します。

  

  シャープ 英和モデル) ナゾル BNNZ1E
  シャープ (国語モデル) ナゾル BNNZ1J
   ¥5,939 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 2016年11月にシャープから新発売となったスティックタイプの電子辞書である「ナゾル」です。

 201611291639.jpg

 こちらは、本体の先にスキャナが装備されており、読み取った単語の意味を液晶表示するという「新しいタイプ」の電子辞書です。英語などの長文読解に「あると便利」だと、誰もが一度は思った夢の製品です。

 正確に言えば、スキャナ付きの電子辞書は、昔もありましたので、「精度を向上させて復活」した製品ですね。

 201611291646.jpg

 ただ、総合的な電子辞書ではありません。英和モデルは、36万語収録のグランドコンサイズ英和辞典のみ、国語モデルは25.5万語掲載の大辞林のみの搭載です。

 こうした点で、どちらかと言えば、「業務の時短のため」に専門家が使う商品です。しかし、「2台目の電子辞書」としてニーズはあると思います。バッテリーは、アルカリ電池2本で、約900ワードまで検索できます。

 というわけで、今回の記事はこれまでです。

 最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、はてなブックマーク・Twitter Facebookなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 14:06 | 電子辞書

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png