比較2018' 最新の高校生向き電子辞書15機の性能とおすすめ・選び方:大学受験・大学入試向け

2018年01月16日

比較2018' 最新の高校生向き電子辞書15機の性能とおすすめ・選び方:大学受験・大学入試向け

【2018年1月新製品対応】高校生モデルの電子辞書のおすすめ機種と選び方(2017-2018年度): 大学受験用の電子辞書:シャープ・カシオ・ブレーン・エクスワード・ 英語系理系難関校対応の「最強モデル」違いとランキング:XD-Y4800 XD-Z4800 XD-G4900 XD-Z4000 PW-SH3 PW-SH4 PW-SH5  XD-G4800 XD-G4900

今回のお題
高校生の受験勉強におすすめできる電子辞書はどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、2018年春の入学シーズンに向けて、最新の電子辞書の比較をします。Atlasは、某大学で英米系科目を持っており、その経験をふまえて、この記事を書きました。

 このブログ「モノマニア」では、電子辞書について、次のような記事があります。

1・小学生向け電子辞書の比較
2・中学生向け電子辞書の比較
3・高校生/大学受験向け電子辞書の比較
4・大学生向け電子辞書の比較
5・英語学習向け電子辞書の比較
6・電子辞書の賢い選び方【まとめ記事】

 今回は3番の記事です。

 高校生が大学受験で利用するための電子辞書について書きました。基本的に日本で手に入る両社の最新モデルの電子辞書をすべて調査・網羅しています。

 というわけで、早速ですが、比較をはじめましょう。

高校生用の標準的な電子辞書の比較

 はじめに、高校生向け(大学受験)対応の電子辞書のうちシャープとカシオが発売している「高校生標準モデル」を比較します。

 ここでは、収録されているコンテンツ(辞書の種類)を主に比較します。コンテンツは、言うまでもなく、電子辞書を選ぶ際には、この点が最も重要です。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思えるところを青字で書いていきます。



 201801161725.jpg

【2018年型番】1月19日発売

 1・エクスワード XD-Z4800BK 【黒】
 2・エクスワード XD-Z4800WE 【白】
 3・エクスワード XD-Z4800PK 【ピンク】
 4・エクスワード XD-Z4800BU 【青】

 5・エクスワード XD-Z4800GN 【緑】
  ¥ 40,500 Amazon.co.jp (1/16執筆時


【2017年型番】

 1・エクスワード XD-G4800BK  【黒】
 2・エクスワード XD-G4800WE  【白】
 3・エクスワード XD-G4800VP 【Vピンク】
 4・エクスワード XD-G4800OK 【Lピンク】
 5・エクスワード XD-G4800BU  【青】
  ¥26,613 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

はじめに、カシオXD-4800シリーズを紹介します。カシオの電子辞書では、最も一般的な「高校生向けモデル」です。

 

 本体色は、各年度とも色違いで多くの製品があります。しかし、発売年が同じ場合、本体性能はすべて同じです。青やブルーなどの珍しい色もあります。

 一方、こちらには、2017年発売モデルに加えて、2018年1月19日に2018年モデルが新登場します。電子辞書は例年1月に新機種が発売されて、秋口以降値下がりしていきます。そのため、今の時期は特に、2017年モデルが半値近くで買えます。

 ただし、年度によって収録されない辞書やコンテンツがありますので、異なる部分については、以下で詳しく書いていきます。

 201801121120.jpg

 英語系の辞書は、使用頻度が高いため、辞書を選ぶ際に最も慎重であってよい部分です。辞書構成を見ると、高校で最も採用率の高い「定番」のジーニアス英和辞典・和英辞典が基本辞書として収録されます。

 それに加えて、比較的新しいコーパス(PCで収集した語彙のデータベース)から作成されており、会話文などの問題へ対応力に定評のある三省堂のウィズダム英和辞典・和英辞典も搭載です。

 201801121121.jpg

 高校生用英語辞書の「三種の神器」のもう1つとは、用例が豊富であり、英作文の出題がある難関校に対応できるオーレックス英和辞典・和英辞典です。

 しかし、エクスワードは、2018年モデルからこの辞書の採用が見送りました。

 現在発売中の「2017年モデル」には搭載されている点をふまえると、新モデルは「ランクダウン」と言えます。ただ、カシオの場合、後述する「英語難関校向け上位モデル」があるため、「必要な場合は、そちらを選んでね」ということでしょう。

 とはいえ、ジーニアス・ウィズダム・オーレックスは、「平成の大学受験のための三種の神器」とも言える必須辞書で、ライバルメーカーはこの価格帯の製品でも採用している点をふまえると、やや残念と言えます。

 英語辞書を補うコンテンツとしては、英語の苦手な方のため、カタカナでの発音表記があるベーシックジーニアス英和辞典、似た意味を持つ単語を引ける、大修館の英語類語辞典が付属します。

 いずれも、必須ではないですが、電子辞書を使って横断的に検索する場合に有利でしょう。なお、2017年旧モデルには、カタカナで単語が引けるカタカナで引くスペリング辞典も付属です。

 201601211141.jpg

 英英辞典は、2018年モデルは、ロングマン現代英英辞典OXFORD現代英英辞典という構成です。一方、2017年モデルは、OXFORD現代英英辞典のみの収録でした。

 英英辞典は、高校生レベルではさほどの充実は望まれないため、センター試験レベルの準備ならばいずれか1つでも問題ないでしょう。ただ、英語難関校を受験する高校生には2モデルの搭載は魅力的といえます。

 英和大辞典も、未付属です。高校レベルで「大辞典級は要らない」という意見もあります。しかし、難関校ではこのレベルの単語・用法が出ることもあり、超難関校の場合、学習の際にないと多少不安です。

 こうした点で、専門英語に対する対応力は弱めです。ただし、英語については、珍問題を出す傾向の強い一部の超難関私立を受験しないならば、この電子辞書でも十分な構成です。とくに、悪問の出にくい国公立やセンターならば、難関校でも問題なく対応できるでしょう。

 201801121133.jpg

 リスニング・スピーキング教材は、カシオの「エクスワード」が充実する部分です。この2つは、受験にも必須で、その対策という意味では、高い実力があります。

 とくに、音声センサーで文章形式の発音チェックに対応します。ただ、対応するコンテンツは、「発音トレーニング」「しゃべって身につく 英会話スキット・トレーニング」掲載の約2000の例文に関してのみですので、辞書全体からすれば、「おまけ」的です。

 そのほか、総合的に学習の進捗状況が把握できる「ENGLISH TRAINING GYM」という機能が、新旧両機種ともに搭載されます。

 201801121137.jpg

 英会話コンテンツは、「目玉」と言えるのは、ラジオ英会話を1年分採録している点です。このほか、基礎英語(1-3)も1年分採録しますので、基礎的な文法事項の確認にもなります。電子辞書で勉強した部分(達成率)にチェックがつく形式ですので、やりがいも出ます。

 なお、2017年モデルは2014年度に放送した内容の採録ですが、2018年モデルは2016年放送分に更新されました。ただ、実用性において大きな違いはないと思われます。

 そのほか、絶対『英語の耳』になるシリーズが3冊分、聞いて単語を覚えるやり方が人気のキクタン・ユメタン・キクジュクが10冊前後収録されます。

 英検教材は、3級から2級までの過去問が6回分採録されます。かなり充実している印象です。とはいえ、2018年モデル・2017年モデルいずれも2013〜2015年の過去問ですので、それだけで学習は完結せず「オマケ的」です。

 また、TOEIC・TOEFL教材も、幾つか問題集が採録されており、対応できます。


 201607111238.jpg

 国語系の辞書は、大辞典として圧倒的な分量を誇る広辞苑のほか、中辞典として文例が豊富な新明解国語辞典 と、2010年に2版がでたばかりで、新しい用語に対応する明鏡国語事典が採用されます。

 広辞苑は、とくに、2008年の第6版以来、10年ぶりに今年度は第7版に更新されます。2017年モデルは第6版ですが、2018年モデルについては、早々と「新広辞苑」を搭載してきました。

 この部分が、今年度のカシオのエクスワードの「最大の目玉」です。

 広辞苑は過去の用法にも強いため、明治期・大正期などの小説などが問題として出た場合、重宝する大辞典です。受験対策にはあって無駄にならない辞書ですね。ただ、第6版でも十分対応するでしょう。

 いずれにしても、受験用の「国語辞典の三種の神器」は、広辞苑新明解国語辞典明鏡国語事典がといえ、これらが網羅されている点は心強いです。

 201607111243.jpg

 漢和辞典古語辞典についても、大修館新漢語林旺文社古語辞典全訳古語辞典と、わかりやすさで定評のあるこの3種が網羅されます。受験勉強上、支障はないでしょう。

 国語系のサポートコンテンツは色々あります。例えば、新旧共に現代カタカナ語辞典を搭載します。

 一方、2017年モデルは、角川類語新辞典が搭載されます。これは、小論文を書く際にとても役立ちます。類語辞典は、Atlasも論文を書く際には常備する類のものですね。しかし、2018年モデルからは省略されてしまい、この部分の対策としては、残念と言えます。


 201607111249.jpg

 社会系の事典は、辞典としては、日本史小辞典世界史小事典が付属します。

 また、進学校で採用される山川出版の用語集は社会系全教科を網羅しています。これらの用語集には、「用語が各メーカーの教科書に出現する頻度」が書いてあります。いいかえれば、「この用語集に載っている単語ならば受験に出る可能性がある」といえます。

 201601211405.jpg

 百科事典は、ブリタニカ国際百科事典に加えて小学館の日本大百科全書(ニッポニカ)が搭載にされます。

 日本の著名研究者が執筆したこの百科事典は、網羅性・専門性が高く、出来がよいです。質の高いコンテンツを新収録したと思います。

  201607111302.jpg

 理系科目については、数学解法事典・生物辞典・化学事典・地学用語集・物理事典が網羅されます。用語集としては、十分以上で、学習の補助に役立つでしょう。サポートコンテンツとしては、高校数学公式集覚えておくべき 物理公式101なども採録です。

ーー

 以上、カシオの高校生向けの4800シリーズの紹介でした。

 2017年モデルについては、広辞苑こそ第6版ですが、2018年モデルで省略された「英語辞書の3種の神器」といえるオーレックス英和辞典・和英辞典が搭載されます。国語系も、同じく省略された角川新類語辞典が搭載です。

 一長一短ですが、高校生の辞書利用の多くは「英語」という現実を考えると、現状で選ぶならば「2017年モデル」でしょう。

 ただし、「2017年モデル」についても、英語辞書については、中辞典までの収録に止まっており、大辞典系がありません。英語の「珍問・奇問」で有名な超難関校を受験するならば、後ほど紹介するエクスワードの「英語重視モデル」を選ぶと良いでしょう。


 201801161727.jpg

 【2018年型番】1/18日発売

 7・シャープ Brain PW-SH5-B  【黒】
 8・シャープ Brain PW-SH5-W  【白】
 9・シャープ Brain PW-SH5-A  【ブルー】
 10・シャープ Brain PW-SH5-K 【ネイビー】
 11・シャープ Brain PW-SH5-R  【レッド】
  ¥40,910 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 【2017年型番】

 7'・シャープ Brain PW-SH4-B 【黒】
 8'・シャープ Brain PW-SH4-W 【白】
 9'・シャープ Brain PW-SH4-G 【グリーン】
 10'・シャープ Brain PW-SH4-K【ネイビー】
 11'・シャープ Brain PW-SH4-R 【レッド】

  ¥22,480 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 続いて、シャープの高校生用モデルの「ブレーン」PW-SHシリーズを紹介します。

 シャープは、2018年モデルPW-SH5のほか、2017年モデルPW-SH4が売られています。両社のコンテンツが違いは順に解説していきます。

 201607111218.jpg

 英和・和英辞典は、シャープの場合、新旧両機種共に、ジーニアス英和辞典・和英辞典、三省堂のウィズダム英和辞典・和英辞典と、オーレックス英和・和英辞典と「英語受験の三種の神器」が収録されています。

 2018年モデルについて言えば、オーレックス英和・和英辞典があるだけカシオのエクスワード4800シリーズの最新機より優れます。

 英語辞書を補うコンテンツは、ベーシックジーニアス英和辞典・カタカナで引ける英和辞典などが採録されます。なお、2018年モデルから、英語類語使い分け辞典が省略になったのは大きな変化でしょう。類語系の英語辞書がない点は、やや残念と言えます 

201601211141.jpg

 英英辞典は、ロングマン現代英英辞典OXFORD現代英英辞典という構成です。カシオの2018年モデルと同じ構成で、充実度は高いです。

 英和大辞典は、この機種の場合も1冊も採用されません。一般的な受験には「なし」で問題ありません。しかし、ごく一部の難関私大対応の面や、大学入学後に専門英語を学習する場合は多少不利です。

 リスニング・スピーキング教材は、キクタン・ユメタンシリーズ英単語ターゲットなどは、カシオ同様に採用されます。なお、シャープは、カシオに較べて、キクジュクは未搭載ですが、「キクタン」は最上位の「Super」まで搭載ですので、この部分も「互角」でしょう。

 スピーキングについては、単語・文章形式とも対応するATR CALL for Brainが付属です。

 一方、ラジオ英会話は未収録で、基礎英語1-3(2016年4月〜2017年3月放送分)の抜粋版のみが収録です。

 カシオと比較すると、有用な英語聞き取りソフトが付属しており、総合的には「互角」といった印象です。

 054.jpg

 文法書や問題集については、難関校の受験には必携と言える「ロイヤル英文法」や「総合英語Forest」が収録されます。基礎力が強化できる、この部分のコンテンツはシャープが重要視している部分で、充実度はカシオより高いですね。

 2018年モデルは、これに加えて山口英文法講義 問題演習や『英文法のトリセツ』などの受験参考書系コンテンツが加わりました。ただ、電子辞書の用途としては本質的ではないため、価格の安い2017年モデルを選んでも良いと思います。

 201701101306.jpg  

 また、2017年モデルからは、駿台のシステム英単語 改訂新版が追加搭載されました。頻出英単語を頻度順に2000語収録した人気の参考書で、文庫版は受験生のベストセラーの1つですね。こちらはカシオに搭載はなく、シャープオリジナルです。

 英検教材は、2016年モデルまでは弱い部分でした。さらに、2017年モデルからは、3級から2級までの過去問が6回分採録されるようになりました。『旺文社 英検トレーニング』をはじめ、ドリルなども充実します。

 また、2018年モデルからは、5級から1級までの過去問収録と、さらに充実してました。最近、大学入試時の内申点や、入学後の単位認定などで英検資格を優遇する大学がでています。この点をふまえての改善だと思います。

 そのほか、TOEIC・TOEFL教材も、問題集が採録されており、カシオと同様に対応できます。


 201607111325.jpg

 国語辞典系は、大辞典としてはスーパー大辞林を採用しています。同じく大辞典の広辞苑と比べた場合、現代語に強いという特色があります。

 ただ、明治期・大正期の古めの文学への対応力は、広辞苑が高いとされます。入試にも出題があるため、この部分は一長一短です。

 その他、明鏡国語辞典新明解国語事典が搭載される点は同じです。古語辞典と漢和辞典の構成は、カシオと同様ですので、国語系については、メーカーの差は無いと言えます。

 小論文用には、先述のようにカシオのエクスワード4800シリーズは、2018年から類語辞典を非搭載にしました。一方、シャープは、収録語数が多い日本語大シソーラス日本語コロケーション辞典が採用されます。入試の形態も多様化していますし、この部分を重視した辞書構成なのは、良いと思います。

 また、各年度の「現代用語の基礎知識」カタカナ外来語略語辞典三省堂 反対語便覧が搭載される部分も、シャープの強みでしょう。


 社会系の事典は、社会系は、カシオと同じく、日本史小辞典世界史小辞典が付属します。加えて、旺文社 日本史事典・世界史事典が付属するため、辞典コンテンツとしては、シャープは充実度が高いです。

 ただし、実践的に考えた場合、受験において極めて重要な扱いをされる、山川の各種用語集が省略されている点は、カシオに較べると残念です。

 百科事典は、ブリタニカ百科事典こそ搭載されますが、カシオと異なり、小学館の日本大百科全書(ニッポニカ)が未搭載である点は残念です。

 201607111302.jpg

 理科系・数学系の事典は、物理・生物・化学の各事典・数学解法事典が搭載されています。ここは、カシオと同じ構成ですが、高校数学公式集などは付属しません。一方、数学検定の問題集が付属する点は面白いです。

ーー

 以上、シャープの高校生モデル紹介でした。高校生用の標準モデルとして見る場合、カシオのXD-4800シリーズがライバルです。

 比較すれば、英語系辞書構成についてはほぼ互角であり、会話学習はカシオが有利、文法書や英検学習はシャープが有利です。

 国語系辞書構成は、「ビックコンテンツ」といえる広辞苑がないのが多少「痛い」でしょう。ただ、現代文に強みのあるスーパー大辞林を採用し、類語辞典の構成も多いため、決定的な「差」はない状況です。

 一方、社会系・百科事典系コンテンツは、シャープは多少弱めで、あまり重要視していない印象です。

 201712251334.jpg

 なお、シャープの「強み」は、(後ほど紹介するように)タブレット的にも使えるという、本体の使いやすさにあります。辞書コンテンツも比較すれば「弱い」というだけで、大学受験には十分対応できるレベルであることは強調したいと思います。また、2017年モデルから加わった、調べた単語から自動で単語帳を作る「自動単語帳」機能は「あると便利な」新機能だと思います。

 最後に、シャープの2018年モデルのPW-SH5と、過去モデルの差についてです。

 新モデルと、2017年モデルのPW-SH4との差は、コンテンツ面では、「英検学習の対応力の向上」が目を引きます。

 ただ、2017年モデルでも、大学受験の優遇において重要な3級から2級までは網羅しているため、基本的には、現在相当値下がりしている2017年モデルで良いと思います。英検学習については、改めてテキストを購入すれば、良いでしょう。

 ハード面では、本体の形状の変更による軽量化・OSの若干の改良がなされました。しかし、価格差を正当化するほどではなく、2017年モデルでも、日常的な学習において支障は来さないでしょう。

 結論的に言えば、シャープの高校生モデルは、価格の安い2017年モデルがおすすめです。学校によって指定がある場合を除き、旧モデルで良いでしょう。

受験英語強化型の電子辞書

 つづいて、受験英語の部分で機能強化されたカシオのモデルを見ていきます。

  201801161733.jpg

【2018年型番】1月19日発売

 12・エクスワード XD-Z4900WE  【白】
 13・エクスワード XD-Z4900BK 【黒】
 14・エクスワード XD-Z4900PK  【ピンク】
  ¥46,418 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

【2017年型番】

 12・エクスワード XD-G4900WE  【白】
 13・エクスワード XD-G4900BK  【黒】
 14・エクスワード XD-G4900PK 【ピンク】
  ¥28,600 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 カシオの「エクスワード」XD-4900シリーズは、カシオの高校生向けモデルです。ただし、英語関係のコンテンツを大幅に強化した難関校対応型電子辞書です。

 基本的には、先ほど紹介した、カシオのXD-4800シリーズ機能強化モデルと考えてください。

 201607111350.jpg

 英語系の辞書は、ジーニアス英和・和英、ウィズダム英和・和英、オーレックス英和・和英という欠かせない3つの辞書に加えて、専門的な英語大辞典であるリーダーズ英和辞典リーダーズプラスが付属します。

 英英辞典は、オックスフォード現代英英辞典のほか、ロングマン現代英英辞典・オックスフォード連語辞典・ロングマン英語アクティベータが付属します。

 文法書や問題集は、シャープにも搭載される難関校の受験には必携の「ロイヤル英文法」のほか、単語学習に人気の英単語ターゲット英熟語ターゲットが追加搭載されています。 また、『キクタン』シリーズも、下位機種同様に搭載されます。

 先ほど見た、カシオの下位機種となるXD-4800シリーズは、シャープの高校生向けモデルに比べて英語教材の部分で多少弱い部分がありました。しかし、こちらは、十分な実力があると言えます。

 なお、先ほど書いたように、一部の超難関校の場合、例えば長文問題など、英単語や用法用例の部分で中辞典では手に負えないグレードの単語が出る場合があります。そういった場合に、大辞典の搭載は安心感が高いです。

 センター試験や国公立の入試、普通の難関校の入試では不要ですが、大学に入ってからの授業で使おうと考える場合、英語系大辞典が必要になる可能性があります。こちらを導入しておけば買い換えの費用の節約になる面はあるでしょう。

 その他、英語系の補助コンテンツや、国語系・社会系・百科事典系の辞書については、国語系に日本語コロケーション辞典が加わっている程度で、下位機種のXD-4800シリーズと同じです。

 これらは元々カシオが強い部分ですので、機能強化の必要はなかったのだと思います。

 加えて、2017年モデルからは、下位機種で省略された日本語コロケーション事典が追加搭載されている部分は、小論対策としては多少嬉しい部分でしょう。

 以上、カシオXD-4900シリーズの紹介でした。全受験生人口比で、この辞書が必要な人の割合はおそらく10%に満たないでしょう。

 そのため、カシオのサイトでも「高校生用メイン機」の紹介のなかにこの機種は入っていません。ただ、実際必要とする人は確実にいますし、高校3年生で購入される方は、とくに「大学以後」を考えたら、持っていても損はないでしょう。

高校生向けの格安モデル

 最後に、比較的価格の安い高校生モデルを紹介します。

 201801121237.jpg

【2018年型番】1月19日発売

 15・カシオ エクスワード ホワイト XD-Z4000    
  ¥30,240 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

 XD-Z4000 も、カシオの高校生向けモデルです。

 こちらは、標準モデルよりも価格が安い「お買得」モデルです。ただ、コンテンツ数が少ない「高校生エントリーモデル」となります。色もホワイト色のみです。

 なお、こちらは2017年モデルはありません。2016年モデル機種については、端末自体が液晶がタッチパネルではない点など、ここまで紹介した全機種と仕様自体が異なりますので、選ばない方が良いでしょう。

 201607111409.jpg

  英語辞書は、高校生の英語学習用として一般的であるジーニアス英和辞典・和英辞典は収録されます。

 しかし、最近の受験では必須と言えるウィズダム英和辞典・和英辞典と、オーレックス英和・和英辞典が未収録です。リスニング・会話に強い英語辞典の未搭載は、センターや中堅校以上の受験を考えるとやや物足りないです。

 一方、基礎的な内容のベーシックジーニアスを収録しているところを見ると、受験を目的にしない高校学習用(学校指定?)用の製品のような気もします。それでもロングマン現代英英辞典が付属するのは多少謎ですが。

 201801121244.jpg

 国語辞典は、大辞典として、広辞苑の代わりに大辞泉が採用されています。同じ大辞典で問題ないのですが、おそらくコンテンツ利用料が安いためでしょう。

 他の辞書も、明鏡国語辞典・新漢語林・全訳古語辞典と、どちらかと言えば、基礎力重視の辞書構成で、受験向きではありません。

 社会・理科系の事典類も、日本史・世界史小辞典生物・物理・化学事典に止まります。ただ、専門的な岩波理化学辞典 が採録されるのは、こちらもやや「謎」です。

 百科事典は、未搭載です。極めて最低限のコンテンツと言えます。

 以上、カシオの高校生用入門モデルの紹介でした。学校の授業で基本となる辞書は押さえられていますが、受験向きにはやや厳しい辞書構成だと思います。

 ただし、大学受験を考えておらず、授業に使う程度ならばこのモデルでも対応できるでしょう。一方、AO入試などで、小論文系が課される場合は、語彙を増やすような類語辞典がないのがネックですね。

今回の結論
高校生・大学受験におすすめな電子辞書はこの機種!

 というわけで、今回は高校生向けの電子辞書を6機種紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!について書いておきます。


 第1に、収録コンテンツを重視した場合、高校生向けにもっともおすすめなのは、

  201801161725.jpg

【2018年型番】1月19日発売

 1・エクスワード XD-Z4800BK 【黒】
 2・エクスワード XD-Z4800WE 【白】
 3・エクスワード XD-Z4800PK 【ピンク】
 4・エクスワード XD-Z4800BU 【青】
 5・エクスワード XD-Z4800GN 【緑】
  ¥ 40,500 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

 英語系充実度 ★★★★☆
 国語系充実度 ★★★★★
 総合評価   ★★★★★


【2017年型番】

 1・エクスワード XD-G4800BK  【黒】
 2・エクスワード XD-G4800WE  【白】
 3・エクスワード XD-G4800VP 【Vピンク】
 4・エクスワード XD-G4800OK 【Lピンク】
 5・エクスワード XD-G4800BU  【青】
  ¥26,613 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★
 国語系充実度 ★★★★☆
 総合評価   ★★★★★

 カシオ「エクスワード」の「2017年モデル」であるXD-G4800でしょう。電子辞書で最も重要な「辞典」の充実度が高いからです。

 英語は、ジーニアス・ウィズダム・オーレックスの重要三辞典を網羅した上、英検学習や会話学習などのコンテンツの数がかなり豊富です。

 国語も、広辞苑・新明解国語辞典・明鏡国語事典を網羅された上、古語・漢語辞典はもちろん、小論文対策になる類語辞典が搭載されています。

 社系も、受験で覚えるべき単語の基準となる「山川の用語集」が全科目用意されているのが嬉しい部分です。

 理系も、各教科についての高校生向けの辞典はもちろん、問題集も充実しています。

 コンテンツのクオリティで言えば、この機種が最も良いと思います。

 なお、こちらは2018年モデルも出ています。しかし、新辞書には、英語系のジーニアス・ウィズダム・オーレックスの重要三辞典のうち、オーレックスが不採用になってしまいました。

 国語系は、新しい広辞苑の搭載という目玉はありますが、逆に、語彙を増やせる類語辞典・コロケーション辞典が省略されているため、選ぶならば、やはり2017年モデルが良いでしょう。


 201801121257.jpg

 キーボードは、カシオの場合、パソコンのようなプラスチック製の大きめのキーが採用されており、シャープに較べて打ちやすいです。液晶画面は、シャープよりほんの僅か小さいですが、カラー液晶で見やすいです。

 バッテリーは、カシオの場合はアルカリ電池式です。1回130時間ほど保ちます。エネループ(エボルタ)充電池を使うなど工夫すると良いでしょう。

 保証は、1年間の保証が付属します。有償修理の場合、大きな破損は12500円、小さな破損は9000円で定額修理して貰えます。定額での修理制度は嬉しいです。もちろん、本体はアルミ合金製で壊れにくい仕様です。

 201607111436.jpg

 コンテンツ検索の使い勝手の面でも、タッチペンを使った手書き入力もできますし、横断検索や、関連検索などの操作性も良好です。

 201611141410.jpg

 【各色】

 カシオ 純正ブックカバケース XD-CC2305
  ¥1,605 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

 201611141411.jpg

【各色】

  カシオ 純正ハードカバーケース XD-CC2302
  ¥1,605 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 なお、カシオの場合、持ち歩き用の専用ケースは2種類あります。装着したまま使うブックカバータイプと、出して使うハードカバータイプです。専用設計でどちらも使いやすいです。なお、安全性は後者のが上ですが、ケースが多少重いです。

  

 エクスワード 保護フィルム XD-PF23
  ¥816 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

 そのほか、スマホで使うような液晶保護フィルムも純正品が販売されています。


 第2に、電子辞書の使いやすさの点で、高校生向けにもっともおすすめなのは、

 201801161727.jpg

 【2018年型番】1/18日発売

 7・シャープ Brain PW-SH5-B  【黒】
 8・シャープ Brain PW-SH5-W  【白】
 9・シャープ Brain PW-SH5-A  【ブルー】
 10・シャープ Brain PW-SH5-K 【ネイビー】
 11・シャープ Brain PW-SH5-R  【レッド】
  ¥40,910 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 【2017年型番】

 7'・シャープ Brain PW-SH4-B 【黒】
 8'・シャープ Brain PW-SH4-W 【白】
 9'・シャープ Brain PW-SH4-G 【グリーン】
 10'・シャープ Brain PW-SH4-K【ネイビー】
 11'・シャープ Brain PW-SH4-R 【レッド】

  ¥22,480 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★
 国語系充実度 ★★★★☆
 総合評価   ★★★★★

 シャープの高校生用モデルのPW-SHシリーズが良いと思います。 

 なお新旧両機種ありますが、コンテンツ面では、「英検学習の対応力の向上」のみが見所です。価格差が相当ありますし、2017年モデルで良いと思います。英検学習については、2018年モデルでも、最新過去問が別途必要ですし、改めてテキストを購入すれば良いでしょう。

 ハード面では、本体の形状の変更による軽量化・OSの若干の改良がなされました。しかし、価格差を正当化するほどではなく、2017年モデルでも、日常的な学習において支障は来さないでしょう。

 結論的に言えば、シャープの高校生モデルは、価格の安い2017年モデルがおすすめです。学校によって指定がある場合を除き、旧モデルで良いでしょう。

 コンテンツについても、十分な構成です。

 英語系は、ジーニアス・ウィズダム・オーレックス重要な三辞典を網羅しているなどカシオのXD-4800とほぼ互角の性能です。

 国語系は、広辞苑こそないものの、現代語に強い大辞林は、この機種だけの搭載です。

 理社系は、山川の各種用語集が省略されている点・数学公式集がない点は残念ですが、基本的なものは網羅しmさう。

 いずれにしても、超難関校の英語以外の大学受験は、この機種で基本カバーできますので、安心して買われてください。

 201607111439.jpg

 また、カシオの「エクスワード」と比べると、タブレット形式で利用できる使い勝手が「売り」です。例えば、「通学の電車やバスなどで、問題集やリスニング学習を頑張ろう」という場合にかなり有利でしょう。とくに、スマホに使い慣れている世代ですから、違和感なく使えるのはこの形式だと思います。

 キーボードは、シャープの場合、タブレット形式でも使えるユニークな構造です。ただ、この構造を実現するために、キーボードはゴム製で、カシオと比較すると多少打ちにくいです。カラー液晶は、流石にシャープで、彩度が高く見やすいです。コンテンツへのリンクのしやすさも優秀ですね。

 バッテリーは、シャープの場合は、内蔵バッテリー式で、USB充電する方式です。1回の充電で50時間ほど保ちます。こまめな充電が必要ですが、充電中も利用できる形式です。

 保証は。1年間の保証が付属します。有償修理の場合、定額修理保証はありません。保証期間以後や、自損の場合、大修理になると結構するので、気をつけて使いましょう。

 201611141422.jpg

 エレコム 電子辞書ケース DJC-006BUD【青】
 エレコム 電子辞書ケース DJC-006RD  【赤】
 エレコム 電子辞書ケース DJC-006WH 【白】
 エレコム 電子辞書ケース DJC-006BK
  【黒】

  ¥945 Amazon.co.jp(1/16執筆時)

 なお、シャープは、純正品の電子辞書ケースが販売されていません。多くの人は、他社製のケースに入れて使っているようです。


 第3に、超難関私立の受験生や、大学入学後も使うつもりで買う方におすすめなのは、

 

【2018年型番】1月19日発売

 12・エクスワード XD-Z4900WE  【白】
 13・エクスワード XD-Z4900BK 【黒】
 14・エクスワード XD-Z4900PK  【ピンク】
  ¥46,418 Amazon.co.jp (1/16執筆時)

【2017年型番】

 12・エクスワード XD-G4900WE  【白】
 13・エクスワード XD-G4900BK  【黒】
 14・エクスワード XD-G4900PK 【ピンク】
  ¥28,600 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 英語系充実度 ★★★★★★★
 国語系充実度 ★★★★★★
 総合評価   ★★★★★

 カシオの4900シリーズが良いと思います。先ほど書いたように、英語系の大辞典であるリーダーズ英和辞典リーダーズプラスが付属するのは、「高校生向け電子辞書ではこの機種だけ」だからです。

 大学入学以後も、大辞典があるため、外国語授業で使うこともできます。英英辞典もそれなりの数があるため、外国語学部でも当面問題ないでしょう。もちろん、留学を考えている方の学習用にもおすすめできます。

 一方、先ほども書きましたが、一部の超難関校以外のセンター試験・国公立の入試の場合はこの機種は「オーバースペック気味」です。下位機種でも十分です。特に英語については、あまり得意でなく、また、辞書に不慣れな人は、用法用例が多すぎて却って混乱する状況も想定されます。

 なお、キーボード・保証・バッテリーなどは、下位機種と同じです。また、ケースなどのアクセサリー類も同じものが使えます。そのため、上に書いた情報を参考になさってください。

 なお、こちらも新旧両機種ありますが、コンテンツ面での大きな相違点は、広辞苑の新旧のみです。価格差もありますし、やはり、2017年モデルをオススメします。

ーーー

  

 【2018年型番】1/18日発売

 7・シャープ Brain PW-SH5-B  【黒】
 8・シャープ Brain PW-SH5-W  【白】
 9・シャープ Brain PW-SH5-A  【ブルー】
 10・シャープ Brain PW-SH5-K 【ネイビー】
 11・シャープ Brain PW-SH5-R  【レッド】
  ¥40,910 Amazon.co.jp
(1/16執筆時)

 次点は、シャープのPW-SH5です。

 とくに、英検学習を重視する場合は、学習コンテンツの質がより高い、シャープの新モデルでも良いでしょう。

 英語大辞典系の構成辞書コンテンツは、カシオの4900シリーズに及びません。しかし、英検学習やそれに必須な単語学習機能は充実していますので、AO入試を含めて、英検を重視するならばこちらでしょう。

ーー

 というわけで、今回は高校生に最適な電子辞書について考えてみました。なお、色については、好みで良いですが、白系は、どうしても汚れが目立ってくるため、色の濃いモデルがどちらかといえばおすすめできます。

 なお、コンテンツ以外の部分のシャープとカシオの本体の違いについてより詳しく知りたい方は【こちら】の記事をご覧ください。

 最後になりましたが、皆様のお役にたったならば、SNSなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 18:07 | Comment(0) | 電子辞書

今回のモノマニアはいかがだったでしょうか?

このブログモノマニアでは家電や「モノ」を比較した記事が他に300ほどあります。

よろしけば、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png