2017年11月19日

比較2017' 冷暖房が強い小型エアコン8機の性能とおすすめ・選び方 (8畳〜12畳)(2)

【2017-2018年】 冷暖房が強い小型・中型エアコンの性能・おすすめ機種と選び方:ワンルーム・8畳・10畳・12畳用:パナソニック・東芝・大清快・三菱電機・白くまくん・ダイキン・パナソニック エオリア ダイキン・日立 白くまくん 三菱電機 霧ヶ峰 東芝 大清快 富士通ゼネラル;冷房力・暖房力・ 省エネの違いランキング

今回のお題
2017年モデルの8畳〜12畳対応のエアコンのおすすめ機種はどれ?


 ども、Atlasです。今日は、エアコンについての話です。

 なお、本ブログには、エアコン関連家電について以下のような記事があります。

1・エアコン(6畳〜)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 今回は、2番の記事です。

 サイズとしては木造6畳〜10畳鉄筋8畳〜15畳程度までカバーできる中型エアコンをレビューします。

 なお、木造6畳以下、鉄筋8畳以下で使うより小型のエアコン については、別の場所【こちら】で記事にしましたので、そちらをご覧ください。

今回のエアコンの比較基準

 さて、以下では、各社のエアコンを比較していきます。電気代以外の機能についても比較するので、エアコンの主な機能とそれに関するAtlasの評価基準をあらかじめ書いておきます。

 まず、エアコンの出力についてです。エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、あてにならないようです。

 そのため、以下では「冷房能力」「暖房能力」から、そのパワーを測っていきます。とくに重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力です。この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。この部分の値が大きいほど、エアコンがパワフルということになります。

 また、インターネットでエアコンを購入する場合、エアコンのコンセント形状にも注意が必要です。中型までのエアコンには、100V 15Aという通常(家庭用コンセントとほぼ同じ形状の)のエアコンの他に、100V 20A200V 20Aという規格が存在します。   

 100V 20Aは、コンセントを交換するだけで済みます。上で紹介した業者でも簡単に対応してくれます(1,500円程度)。

 200V 20Aは、しかしながr、家庭のブレーカーから総取っ替えになってしまいます。

 費用もそれなりにかかるので控えた方が無難だと思います。なお、コンセント形状についても、以下の比較記事に情報として入れ込んでおきます。


 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目するべきでしょう。

 1・空気清浄・除菌機能    こちらは、エアコンについている空気清浄フィルターのことです。ただ、機種によっては非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。スタンダードモデルは、ほぼ全ての機種で別売りです。

 2・換気   汚れた室内の空気を室外に出す機能です。ただ、(一部機種を除き)基本的に排気した分、外気が外から給気されるわけではないので、花粉などがこの機能により内部に入ることはありません。

 4・自動お掃除  エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。フィルターの部分は、定期的に掃除すれば良いだけの話なので、この機能は「不要」だとAtlasは思っています。

 5・快適気流  気流に工夫を出して部屋の天井・床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一にしたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能です。エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

 6・センサー節電  人感センサー明るさセンサーが搭載されていて、自動的にエコ運転するモードです。    なお、以下ではいつものように、高評価できるポイントについては「赤字」で、イマイチな点については「青字」で書いていきます。

格安な小型エアコンの比較

 さて、ここからは、具体的に各メーカーのエアコンを比較していきます。ここで見るのは、各社の最もお買い得なモデルで、5万円台から購入できる機種になります。


 

 【2017年】

 1・パナソニック CS-257CF-W
  ¥48,800 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 暖房能力:2.8kW (0.4〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5kW (0.5〜2.9)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

 2・パナソニック CS-287CF-W
  ¥55,800 Amazon.co.jp
(8/23執筆時)

 暖房能力:3.6kW (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 はじめに紹介するのは、パナソニックの入門機・エオリア Fシリーズです。冷房10畳用と冷房12畳用の2モデルありますが、本体の形状はどちらも同じで、出力のみ異なります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大4.8kwと格安機ながら、同社や他社の入門機と比べても能力は十分です。

 冷房能力は、10畳用が最大2.9kw、12畳用が最大3.2kwです。12畳用は標準的ですが、10畳用については、パワーがさほど強くなく、この点では他社に負けるでしょう。

  201612010828.jpg  

 Panasonic Smart Applications
  ¥0 iTunes Store
 Panasonic Smart Applications
  ¥0 Google Play

 インターネット操作は、この機種はオプションとして対応します。スマホアプリで、屋内・外出先を問わずにON・OFFなどの操作ができる機能が装備されます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,246 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 ただし、別売の無線アダプターと親機が必要です。それ以外の基本機能は同じであり、旧年モデルはお得です。

 

 エアコン用・空気清浄フィルター CZ-SAF9
  ¥921 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 エアコン交換用除菌フィルター CZ-SAF10
  ¥1,906 Amazon.co.jp (11/19執筆時)  

 空気清浄と除菌機能については、こちらもオプションであり、別売のフィルターをそれぞれ購入することで利用が可能です。

 以上、パナソニックのスタンダードモデルの紹介でした。格安機種としては暖房能力に期待できる機種ですので、あまり寒くない地域のメイン暖房用としては向いています。また、インターネット操作に対応できる点で、1人暮らしユーザーにも向いた機種だと言えますね。


 

 【2017年】
 
  3・ダイキン S25UTES-W
    ¥52,270 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
 
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A


  4・ ダイキン S28UTES-W
    ¥59,400 Amazon.co.jp  (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 
冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、ダイキンEシリーズのエアコンです。格安エアコンの中では売れ筋商品の一つです。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwと、ほぼパナソニック同様の水準です。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.2kwです。パナソニックは10畳用の冷房が多少弱かったですが、こちらは他社標準の能力を確保しています。

 201702271036.jpg

 また、2017年モデルからは、コンプレッサー制御が改善されたため、暖房の立ち上がりの速さについては相当の改善をしています。さらに、室外機は、の外気温−15℃対応の外気温45℃でも、安定した運転ができるようになった点も見逃せない部分です。

 また、ダイキンは新型触媒の開発に力を入れており、こちらも新型触媒が採用されます。とくに40度を超える高温になった場合の冷房の利きは同社のエアコンは優秀です。

 これらの点で、「他社を一歩上回る基本性能」を持つと言えます。とくに、酷暑時の冷房については、期待できるでしょう。 

 201307101433.jpg

 気流制御も優秀です。 冷暖房については出力と同様に、気流制御が重要になってきます。エアコンメーカーで気流に特に気を使っているメーカーは、ダイキン富士通ゼネラルです。 上位機種に搭載される気流制御機能こそないものの、スタンダードモデルでも、気流を計算した運転機能を持っています。

 夏場は、吹き出す風が人間に直接当たらないような気流に、冬は、足下も暖まるような気流に調整してくれます。加えて、新型のコントローラーの採用で、温度を0.5度単位で設定できますおやすみ運転機能も、搭載されます。こちらは、単にパワーダウンするのではなく、風量や、風向きなどが人にあたらないように調整しつつセーブ運転してくれます。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプターBRP061A44 
 
¥12,980
Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,950 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 インターネット操作は、ダイキンの場合も、対応します。ただ、別売りのアダプターがパナソニックに比べて高いです。

 空気清浄と除菌機能についても、未搭載です。この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。入門機としてのスペックはパナソニックとあまり変わりません。ただ、能力の高い気流制御のほか、40度近い酷暑の際に、そのコンプレッサー制御と新型触媒は力を発揮するでしょう。夏を中心に考えた場合、同社のエアコンはおすすめできます。


 

 【2017年】

 5・日立 白くまくん RAS-AJ25G
    ¥45,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 暖房能力:2.8W (0.2〜4.1)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.3〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 6・日立 白くまくん RAS-AJ28G
  ¥52,250 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 暖房能力:3.6W (0.2〜4.6)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.3〜3.3)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 つづいて、日立の白くまくんシリーズのスタンダードモデルです。こちらも冷房10畳までと12畳までの2モデルがあります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.1kw、12畳用が最大4.6kwです。いずれも他社に比べると多少ですが弱いです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.3kwです。とくに、12畳用については、能力が高めで効率が良さそうです。

 ただ、こららの機種は、他社に較べて、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます。最小で0.2kwで運転が可能だからです。二重サッシなど部屋で弱運転を考えている場合は、省エネ面では優位性が高いです。

 ソフト除湿機能を持つのも特徴で、このエアコンは室温16度という低温度から除湿機能が利用できます。冷房に弱い方には、この機種は最適でしょう。

 
 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
   ¥1,823 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 一方、ダイキンに比べると気流制御機能が未搭載、パナソニックに比べるとインターネット操作が未対応である点が、多少弱い部分です。

 以上、日立の白クマ君の紹介でした。低消費電力での弱運転が得意なので、二重サッシなどで、気温変化が低い部屋には、電気代の点で、おすすめできる機種です。暖房は多少弱いのですが、冷房力は標準以上なので、その点での不満もないでしょう。

高性能なミドルクラスエアコンの比較 

 ここからは、実売価格が多少高いですが、「プレミアム」な付加機能がみられる機種を取り上げていきます。


 

 【2017年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25G-W
  
  ¥54,800 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A


 8・富士通ゼネラル・AS-C28G-W
  
  ¥60,432 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、富士通ゼネラルのCシリーズのエアコンです。同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきますね。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大5.0kwです。暖房能力は、他社に比べて富士通は定評があります。エアコンを冬場のメイン暖房用に考える場合は、パワーの点で申し分ないでしょう。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。いずれも能力が高めで効率が良さそうです。

 201606051301.jpg

 気流制御は、ダイキン同様に搭載されます。こちらの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さが特長で、遠くまで風を届けることが可能です。

 富士通ゼネラルのエアコンは、この点でも人気があり、例えばエアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。風向きについても、上下左右に調整できます。

  富士通ゼネラル 無線LAN接続アダプター
   ¥16,980 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 以上、富士通ゼネラルのエアコンの紹介でした。他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」という機種です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。冬場にパワーの強いエアコンを探している場合は、良い選択肢でしょう。

 なお、これよりもハイパワーの機種は、同社・他社にも存在します。ただし、そのような機種は、エアコン専用のコンセントが必要です。そのため、家庭用の普通の単相100Vのコンセントで、電気工事なしで付けられるモデルとしては、最もパワーがある機種のでしょう。 


 

 【2017年】

 9・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2517-W
  ¥63,800 Amazon.co.jp (11/19執筆時)


 暖房能力:2.8W (0.8〜4.3)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A


 10三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2817-W
  ¥62,092 Amazon.co.jp (11/19執筆時)


 暖房能力:3.6W (0.8〜4.7)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、三菱の霧ヶ峰のGEシリーズです。同社では最も安いエアコンですが、付加性能が多いため、どちらかといえば「ハイグレード」モデルに属するエアコンです。エアコンの基本性能が他社よりも少し高いのがメリット性です。新旧モデルありますが、性能は同一です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.7kwです。暖房能力は、富士通には適いませんが、適応畳数の利用において問題のない出力です。冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。こちらは富士通と同じレベルで、能力も十分です。 

 pic01.jpg

 気流制御は、しかしながら、今回紹介する機種の中では魅力が高いです。

 こちらは、三菱の上位機種に搭載される「ムーブアイ」センサーの下位互換で、赤外線センサーで床の温度を測定し、冷やしすぎや、暖めすぎを防ぐ快適機能が付属します。

 201505041619.jpg

 また、冷房ハイブリッド運転機能も搭載されます。床の温度が高い場合は冷房、低い場合は、送風に自動的に切り替えるモードになります。

 picdga3.jpg

 耐久性は、このエアコンの売りです。内部に撥水性コートがなされており、カビや汚れに強い構造です。また、室外機が「アルミサビナイト」仕様であり、風雨によって錆びにくくなっている点があげられます。信頼性が高いと言えます。

 一方、インターネット操作は未対応で、空気清浄にかんする機能はありません。

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。能力は他社とあまり変わりません。しかし、高性能なセンサーを積み、また、室外機が「錆びにくい」というのは他社との違いとして、目に付くところです。 室外機を風雨にさらされる場所に置く場合海岸に面した地域にお住まいの方にはメリット性があると言えます。


 

 【2017年】

 11・東芝 大清快 RAS-C255R
  ¥86,041 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.7〜4.3)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.7〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 12・東芝 大清快 RAS-C285R
  ¥113,780
Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.7〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.7〜3.4)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 15A

 つづいて、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介です。新旧両機種ありますが、型番のみの変更です。

 201702271131.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載です。東芝は、他社に比べるとダストボックスの手入れが簡単です。ただ、フィルターが完全にメンテフリーにはならない点と、エアコンクリーニングを受ける際、追加料金が発生する点は、他社と同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwです。冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.4kwです。いずれもパワーについては、富士通に次ぐといえる強力さで、この点で不満を感じる人は少ないでしょう。 

 201505041632.jpg

 気流制御も搭載されます。冬場は足下、夏場は冷風が直接あたらないような気流に制御します。ただ、富士通のように、風の到達距離に主眼を置くものではありません

 point2.gif

 耐久性は、特に熱交換器に特殊樹脂コーティングがなされている点に注目できます。これによって、除湿・冷房時に発生した水で油や汚れを洗い流してキレイを保てるようになっています。これにより、耐久性が向上するほか、定期的に必要なエアコンクリーニングの間隔を広げることができるでしょう。

  201307101539.jpg

 空気清浄は、この機種は対応です。また、他社に比べても能力は高そうです。いわゆる「除菌イオン」である「プラズマ空清」発生機能が付属します。こちらは、ウイルス・カビ・花粉を抑制するという効果を謳われますが、むしろ、帯電させてホコリをフィルタに吸着しやすくする点で、花粉などの吸着効果を期待できるでしょう。

 201505041636.jpg

 省エネ性は、低電力運転を重視する日立とは違う方向ですが、高いと言えます。明るさセンサーが採用されており、日差しの強弱により、運転の強弱を自動で付けられます。。

 以上、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介でした。他社のスタンダードモデルと比較して、「プラズマ空清」と熱交換器の「特殊樹脂コーティング」という、目に見える他社との違いがあるのが大きなメリット性です。価格は高いものの基本性能は高いので「買って後悔の少ない」モデルの1つです。


 

 【2017年】

 13・パナソニック CS-EX257C-W    
  ¥105,000 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 20A

 【2017年】

 14・パナソニック CS-EX287C-W  
  ¥139,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 20A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズのエアコンです。冒頭に紹介したパナソニックのFシリーズの上位機種になります。

 201702271205.jpg

 自動お掃除機能は、東芝同様に搭載になります。ダストボックスの掃除の手軽さは、東芝のが利便性が高いですが、ほこりセンサーの採用で、掃除の頻度と時間はパナソニックの方が短いです。ただ、自動お掃除機能は、メンテフリーではない点、エアコンクリーニング代が高くなる点は、東芝同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.7kw、12畳用が最大4.8kwです。冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.2kwです。10畳用については、特に暖房が強い部類でお買得感が高いです。一方で12畳用は、冷房出力が他社より弱いため、逆におすすめできない感じです。

 気流制御は、フルワイドフラップ仕様で、送風口が本体の端から端までに広がっています。これを利用して、快適なワイド気流・天井シャワー気流を放出します。これによって快適な気流が得られるでしょう。

 空気清浄は、この機種の場合もナノイーを搭載します。この点では下位のJシリーズと同じですね。

 p02_blo01_img03.jpg

 省エネ性は、東芝と同じで明るさセンサーが搭載されます。また、日立ほどではないですが、低消費電力での弱運転が可能ですので、省エネ性の面でも期待できるでしょう。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,480 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 インターネット操作は、パナソニックのJシリーズ同様に、オプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。能力の部分では10畳モデルが優秀でおすすめできます。パナソニックは、スマホによる遠隔操作が比較的格安で可能なので、こうした機能が充実した機種を探している方にはおすすめできます。

今回の結論
2017年モデルのエアコンでお得でおすすめな機種はこれ!


 というわけで、今回は、エアコンについて書いてみました。最後に、予算別・目的別におすすめ機種について書いておきます。


 第1に、8畳〜12畳用で利用するエアコンで、価格の安さと性能面から最もオススメなモデルは、

 

 【2017年】
 
  3・ダイキン S25UTES-W
    ¥52,270 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
 
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 コンセント形状:100V 15A


  4・ダイキン S28UTES-W
    ¥59,400 Amazon.co.jp  (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 
冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンのS25STES-Wがオススメです。

 暖房能力も冷房能力も標準の性能ですが、気流制御が優秀なため、6畳程度の部屋の場合、気流を計算した運転で、特に夏場の快適性能が他社の同価格帯のモデルに優ると思います。

 また、ダイキンは自社開発の新型触媒を採用しているため、40度以上の酷暑に強いタイプのエアコンと言えます。冷房重視ならば、ダイキンを選ぶのが良いと思います。

 【工事対応業者】

 3・ダイキン S25UTES-W
 4・ダイキン S28UTES-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上の2つのリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第2に、8畳用〜12畳用のエアコンで、冷暖房のパワーを重視した場合、おすすめなエアコンは、

 

 【2017年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25G-W
  
  ¥54,800 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A


 8・富士通ゼネラル・AS-C28G-W
  
  ¥60,432 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 夏場にかぎらず、冬場も使う場合、暖房力の高い富士通ゼネラルのCシリーズが良いと思います。8畳用・10畳用としては最高クラスの能力がありますから。

 また、風力が強い機種であるため、夏場についても、涼を得やすい機種です。ダイキンよりも多少高い機種ですが、予算があればこちらを選ばれると良いでしょう。

 【工事対応業者】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25G-W
 8・富士通ゼネラル・AS-C28G-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上の2つのリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第3に、8畳用〜12畳用のエアコンで、節電性を意識して高級機を選ぶとすると、

 

 【2017年】

 13・パナソニック CS-EX257C-W    
  ¥105,000 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
 冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 20A

 【2017年】

 14・パナソニック CS-EX287C-W  
  ¥139,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳

 コンセント形状:100V 20A

 パナソニックのEXシリーズでしょう。同社はエコナビなど省電力に力を入れていますが、この機種も日射センサーなどの搭載で、パワーに比しての省エネ性が高い機種です。

 多少、冷房出力が弱いですが、適応畳数さえ間違っていなければ、この出力で大丈夫です。ナノイーなどの付加機能も充実しているため、「高級機」を選びたい場合の良い選択肢です。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,480 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 また、別売の無線アダプターと親機が必要ですが、インターネット経由で、外出先からON/OFFできるのも魅力ですね。

 【工事対応業者】

 13・パナソニック CS-EX257C-W   
 14・パナソニック CS-EX287C-W  

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上の2つのリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。

エアコンの購入法について

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 まず、一般的な方法として、ビックカメラなどの町のデンキヤでエアコン購入する場合ですが、エアコン(総じて8万円以下の格安エアコン)は、設置料10,800円が取られます。高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には、表示価格に同等程度の設置料が含まれているので同じことです。

 また量販店の場合、エアコンの価格も同型番・同機能のものが、ネット上で売っているものに較べて、3割以上割高な場合もあります。ただし、在庫があれば、取付を早くやってくれるので、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。

 201612010847.jpg

 一方、アマゾンなどの通販でエアコン買う場合は、送料は業者により異なります。取付工事については、対応業者もあり、対応業者は、各製品の「新品の出品」をクリックした先にある「コンディション」欄で確認できます。

 しかし、やはり、一部の業者しか、取付工事をやってくれません。だから、一般人は購入が難しいと思えますが、実はエアコン取り付け工事は「別売」りしています

 有名なところでは、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」というものがあり、エアコン標準取付サービスの金額(14,800円)でやってくれます。

 こちらは、ネットで予約できますし、設置後1年保証も安心です。エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですが、やってくれます。なお、ネット予約に対応していない店も含めれば、エアコンの取付が全国対応で同程度の設置料の店は他にも色々あります。こちらに別に詳しく書きました!

 さて、仮に棟梁comで頼むとするならば、+14,800円です。そして、アマゾンで販売されているエアコンは、同性能・同一製造年の機種でも、町のデンキヤ(大手量販店)で売られているよりもこの価格差以上に安い場合が大半です。したがって、最もお得なのは、アマゾンでの購入になります。

 なお、アマゾンとビックカメラでは同じ性能の機種であるのに型番が違うエアコンがあります

 これは、ビックカメラなどが、独自の型番でメーカーに卸してもらっているからで、実際は同じ性能の商品です。おそらく購買者が「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。ネット価格と比べると、店舗のエアコンは(型落ちなどの特売品を除き)大幅に高いからです。

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。また、ビックカメラのように独自の型番であったり、機能が異なる型落ち品が一緒に並んでいたりする問題がありますので、ネットで十分調査して購入するのが費用的にお得でしょう。

 もちろん、デメリットもあります。それは「即日設置」などができないこと。逆に言えば、直ぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買わない手はありません。

ーーー

 つづいておまけ「その2」です。

 

 もしエアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。ご興味にある方は、【サーキュレーターの記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

ーーー

 最後におまけ「その3」です。

 外出先からスマホでエアコンのオンオフができる仕組みは、最近のエアコンでは「常識化」されつつあります。ただ、専用の別売りアダプターを買って、設置する必要があるのが難点です。

 

 7・LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥9,310 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 そうした場合ですが、「新型学習リモコン」を導入する方法もあります。

   201711191420.jpg

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。


 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

 興味のある方は、このブログには、「学習リモコンの比較記事」と「スマートスピーカーの比較記事」がありますので、あわせてご覧ください。

ーーー

 というわけで、今回の記事はここまでです。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから話題を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 14:24 | Comment(0) | 生活家電

比較2017' 冷暖房が強い小型エアコン9機の性能とおすすめ・選び方(6畳・8畳用〜)(1)

【2017-2018年】 激安ワンルーム向け小型6畳エアコンの価格とおすすめ;コロナ パナソニック エオリア・ダイキン富士通ゼネラル 三菱電機 東芝 大清快 激安小型エアコン:メーカー別の違いや口コミ評判ランキング RC-2217R-W CS-227CF-W S22UTES-W RAS-AJ22G-W AS-C22G-W MSZ-GE2217-W RAS-C225P-W CS-J227C-W CS-EX227C-W

今回のお題
2017年モデルの小型エアコンで、最もお得で、オススメな機種はどれか?


 ども、Atlasです。今日は、小型のエアコンについての話です。

 なお、このブログ「モノマニア」には、エアコンについて以下のような記事があります。

1・エアコン(6畳)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 今回は、上記1番の記事です。サイズとしては、木造6畳鉄筋8畳までカバーできる小型エアコンをレビューします。都心部のワンルーム用には最適なサイズと言えます。

 なお、木造7畳以上、鉄筋9畳以上で使う場合は、適応畳数の点で言えば、冷房・暖房能力の点でもう1サイズ大きなものが良いと思います。なぜなら、小さすぎると常にフルパワー運転するため、装置寿命が短くなったり、電気代も余分にかかるからです。

 木造7畳以上、鉄筋9畳以上で使う場合の小中型エアコンは、【こちら 】で別に記事にしました。よろしければご覧ください。

今回のエアコンの比較基準

 さて、以下では、各社のエアコンを比較していきます。電気代以外の機能についても比較するので、エアコンの主な機能とそれに関するAtlasの評価基準をあらかじめ書いておきます。

 まず、エアコンの出力についてです。エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、あてにならないようです。

 そのため、以下では「冷房能力」「暖房能力」から、そのパワーを測っていきます。とくに重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力です。この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。これが大きいほど、エアコンがパワフルということになります。

 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目するべきでしょう。

 1・空気清浄・除菌機能   こちらは、エアコンについている空気清浄フィルターのことです。ただ、機種によっては非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。スタンダードモデルはほぼ全ての機種で別売りです。

 2・換気   汚れた室内の空気を室外に出す機能です。ただ、(一部機種を除き)基本的に排気した分、外気が外から給気されるわけではないので、花粉などがこの機能により内部に入ることはありません。

 3・自動お掃除  エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。フィルターの部分は、定期的に掃除すれば良いだけの話なので、この機能は「不要」だとAtlasは思っています。

 4・快適気流  気流に工夫を出して部屋の天井・床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一にしたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能です。エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

 5・センサー節電  人感センサー明るさセンサーが搭載されていて、自動的にエコ運転するモードです。

6畳用の激安小型エアコン

 はじめに、5万円前後の予算までで購入可能な、スタンダードモデルを数機種紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


 

 【2017年】

 1・コロナ冷房専用エアコン RC-2217R-W
  
¥32,160 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:なし
 冷房能力:2.0kW (---〜---)6〜 7畳
 コンセント形状:100V 15A

 最初に紹介するのは、コロナのエアコンであるRC-2216です。

 ホームセンターなどでよく見る機種です。格安エアコンとして売れ筋ランキングにも入る商品です。ただし、こちらは、暖房能力がない冷房専用エアコンになります。冬には使えません。

 性能は6畳用の他機種と較べると、かなり低いです。まず、冷房能力は2.0kWと他社よりも低く、能力が劣ります。にもかかわらず、消費電力量が高いため、この機種のみ、「2010年度省エネ達成率」の基準に達していません

 メーカーが詳細なスペック値を出していないために、他のメーカーと数値として比較できませんが、本体の安さ以外の点では積極的にはオススメしかねる機種ですね。


 201708231613.jpg

 【2017年】

 2・パナソニック エオリア CS-227CF-W
  ¥41,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.2kW (0.4〜4.0)5〜6畳
 冷房能力:2.2kW (0.5〜2.8)6〜9畳
 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのエオリア Fシリーズに属するスタンダードモデルです。

 暖房能力は、最大4.0kwと、他メーカーの同クラスの機種よりもやや高くパワフルです。

 冷房能力は、最大2.8wと、こちらは、他メーカーと同等程度の性能です。

  201612010828.jpg  

 Panasonic Smart Applications
  ¥0 iTunes Store
 Panasonic Smart Applications
  ¥0 Google Play

 インターネット操作は、この機種はオプションとして対応します。スマホアプリで、屋内・外出先を問わずにON・OFFなどの操作ができる機能が装備されます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,246 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 ただし、別売の無線アダプターと親機が必要です。それ以外の基本機能は同じであり、旧年モデルはお得です。

 

 エアコン用・空気清浄フィルター CZ-SAF9
  ¥921 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 エアコン交換用除菌フィルター CZ-SAF10
  ¥1,906 Amazon.co.jp (11/19執筆時) 

 空気清浄と除菌機能については、こちらもオプションであり、別売のフィルターをそれぞれ購入することで利用が可能です。

 以上、パナソニックのスタンダードモデルの紹介でした。価格には値頃感があり、電気代も2010年の省エネ達成率を達成しており、このグレードの平均よりも安めで済みます。また、暖房能力が若干高いので、暖房重視ならばこの機種が良いでしょう。


  続いて紹介するのは、ダイキンEシリーズのエアコンです。格安エアコンの中では売れ筋商品の一つです。

   

 【2017年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22UTES-W
  ¥40,960 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)5〜 6畳
 
冷房能力:2.2W (0.6〜2.8)6〜 9畳
 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、ダイキンのEシリーズに属する6畳用のエアコンになります。こちらも基本スペックから比較していきましょう。

 暖房能力は、最大3.9kwで、冷房能力は、最大2.8wです。冷房は同等ですが、暖房については、スペック的にはパナソニックにわずかに及びません

 201702271036.jpg

 ただし、2017年モデルからは、コンプレッサー制御が改善されたため、暖房の立ち上がりの速さについては相当の改善をしています。さらに、室外機は、の外気温−15℃対応の外気温45℃でも、安定した運転ができるようになった点も見逃せない部分です。

 また、ダイキンは新型触媒の開発に力を入れており、こちらも新型触媒が採用されます。とくに40度を超える高温になった場合の冷房の利きは同社のエアコンは優秀です。

 これらの点で、「他社を一歩上回る基本性能」を持つと言えます。とくに、酷暑時の冷房については、期待できるでしょう。

 201307101433.jpg

 気流制御も優秀です。 冷暖房については出力と同様に、気流制御が重要になってきます。エアコンメーカーで気流に特に気を使っているメーカーは、ダイキン富士通ゼネラルです。 上位機種に搭載される気流制御機能こそないものの、スタンダードモデルでも、気流を計算した運転機能を持っています。

 夏場は、吹き出す風が人間に直接当たらないような気流に、冬は、足下も暖まるような気流に調整してくれます。加えて、新型のコントローラーの採用で、温度を0.5度単位で設定できますおやすみ運転機能も、搭載されます。こちらは、単にパワーダウンするのではなく、風量や、風向きなどが人にあたらないように調整しつつセーブ運転してくれます。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプターBRP061A44 
 
¥12,980
Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,950 Amazon.co.jp   (11/19執筆時)

 インターネット操作は、ダイキンの場合も、対応します。ただ、別売りのアダプターがパナソニックに比べて高いです。

 空気清浄と除菌機能についても、未搭載です。この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。パナソニックと比べると、暖房の基本スペックは多少弱いものの、冷房については触媒やコンプレッサー制御により優秀です。また、このクラスから気流制御が搭載されるのも、快適性の面で魅力の高い機種です。


   

 【2017年】

 4・日立 白くまくん RAS-AJ22G-W
  ¥39,500 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.2W (0.2〜3.9)5〜 6畳
 冷房能力:2.2W (0.3〜2.8)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 4番のRAS-AJ22は、日立のAJシリーズに属する6畳用のエアコンになります。つまり、同社の白くまくんシリーズのスタンダードモデルです。

 暖房能力は、最大3.9kwで、冷房能力は、最大2.8wです。スペックから言えば、ダイキンと同様の能力です。

 ただ、この機種は、他社に較べて、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます。最小で0.2kwで運転が可能だからです。二重サッシなど部屋で弱運転を考えている場合は効率が良いかもしれません。 

 ソフト除湿機能を持つのも特徴で、このエアコンは室温16度という低温度から除湿機能が利用できます。冷房に弱い方には、この機種は最適でしょう。

 
 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
   ¥1,823 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 一方、ダイキンに比べると気流制御機能が未搭載、パナソニックに比べるとインターネット操作が未対応である点が、多少弱い部分です。

 以上、日立の白クマ君の紹介でした。上に書いたように、低消費電力での運転と、ソフト除湿ができる点が魅力です。二重サッシなど、部屋の遮熱スペックが高いご家庭では、電気代の面でメリット性があります。

各社のミドルクラスの小型エアコン

 続いて、1グレード高いと言える、ミドルクラスのエアコンを紹介していきます。


  

 【2017年】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22G-W  
  
¥45,052 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.1)6〜 7畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.0)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、富士通ゼネラルのスタンダードなエアコンです。同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきます。

 暖房能力は、最大4.1kwで、冷房能力は、最大3.0wです。

 スペック表を見ると、この機種の冷房能力と暖房能力の高さが目立ちます。富士通ゼネラルのエアコンは、同一畳数のエアコンで較べた場合、基本能力が強いのが自慢です。

 201606051301.jpg

 気流制御は、ダイキン同様に搭載されます。こちらの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さが特長で、遠くまで風を届けることが可能です。

 富士通ゼネラルのエアコンは、この点でも人気があり、例えばエアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。風向きについても、上下左右に調整できます。

  富士通ゼネラル 無線LAN接続アダプター
   ¥15,990 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 以上、富士通ゼネラルのエアコンの紹介でした。他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」という機種です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。比較的寒い地域で、パワーの強いエアコンを探している場合は、とくに良い選択肢でしょう。


 

 【2017年】

 6・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2217-W
  ¥48,700 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)


 暖房能力:2.5W (0.8〜4.0)6〜 7畳
 冷房能力:2.2W (0.8〜2.8)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 続いて三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介です。こちらも、昨年モデルがありますが、機能面では差異はみられません。

 暖房能力は、最大4.0kwで、冷房能力は、最大2.8wです。暖房能力は高めですが、冷房は、ダイキンと標準的な能力です。

 pic01.jpg

 気流制御は、しかしながら、今回紹介する機種の中では魅力が高いです。

 こちらは、三菱の上位機種に搭載される「ムーブアイ」センサーの下位互換で、赤外線センサーで床の温度を測定し、冷やしすぎや、暖めすぎを防ぐ快適機能が付属します。

 201505041619.jpg

 また、冷房ハイブリッド運転機能も搭載されます。床の温度が高い場合は冷房、低い場合は、送風に自動的に切り替えるモードになります。

picdga3.jpg

 耐久性は、このエアコンの売りです。内部に撥水性コートがなされており、カビや汚れに強い構造です。また、室外機が「アルミサビナイト」仕様であり、風雨によって錆びにくくなっている点があげられます。信頼性が高いと言えます。

 一方、インターネット操作は未対応で、空気清浄にかんする機能はありません。

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。冷暖房のスペックはあまり特長がありませんが、高性能なセンサーを積み、また、室外機が「錆びにくい」というのは他社との違いとして、目に付くところです。室外機を風雨にさらされる場所に置く場合海岸に面した地域にお住まいの方にはメリット性があると言えます。

 また、耐久性の面で能力が高いので、賃貸物件用エアコンとしても向きそうです。


  

 【2017年】

 7・ 東芝 大清快 RAS-C225P-W 【自動掃除無】
  ¥68,460 Amazon.co.jp (11/19執筆時
 7・ 東芝 大清快 RAS-C225R-W 【自動掃除有】
  ¥66,300 Amazon.co.jp (11/19執筆時

 暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)6〜 8畳
 冷房能力:2.2W (0.7〜3.1)7〜 10畳

 コンセント形状:100V 15A

 こちらは東芝大清快のスタンダードモデルです。同社では最も安いエアコンですが、他社に比べると高額です。

 201702271131.jpg

 2機種ありますが、後者は、エアコンの自動お掃除機能が付属します。ただ、自動お掃除機能を搭載しても、完全にメンテフリーにはならない点と、外す手間があるので、エアコンクリーニングを受ける際追加料金が発生する点は注意しましょう。

 暖房能力は、最大3.9kwで、冷房能力は、最大3.1wです。暖房能力は平均的ですが、冷房能力が他社に比べて強いと言えるエアコンです。スタンダードモデルでとしては最大の冷房能力最大3.1kWを達成しているからです。これは8畳エアコン並の出力で、そのような点で基本性能は高いと言えます。

201505041632.jpg

 気流制御も搭載されます。冬場は足下、夏場は冷風が直接あたらないような気流に制御します。ただ、富士通のように、風の到達距離に主眼を置くものではありません

 point2.gif

 耐久性は、特に熱交換器に特殊樹脂コーティングがなされている点に注目できます。これによって、除湿・冷房時に発生した水で油や汚れを洗い流してキレイを保てるようになっています。これにより、耐久性が向上するほか、定期的に必要なエアコンクリーニングの間隔を広げることができるでしょう。

 201307101539.jpg

 空気清浄は、この機種は対応です。また、他社に比べても能力は高そうです。いわゆる「除菌イオン」である「プラズマ空清」発生機能が付属します。こちらは、ウイルス・カビ・花粉を抑制するという効果を謳われますが、むしろ、帯電させてホコリをフィルタに吸着しやすくする点で、花粉などの吸着効果を期待できるでしょう。

 201505041636.jpg

 省エネ性は、低電力運転を重視する日立とは違う方向ですが、高いと言えます。明るさセンサーが採用されており、日差しの強弱により、運転の強弱を自動で付けられます。。

 以上、東芝の大清快シリーズの紹介でした。他社のスタンダードモデルと比較して、花粉などの吸着がある程度期待できる「プラズマ空清」と熱交換器の「特殊樹脂コーティング」という、目に見える他社との違いがあるのが大きなメリット性です。

 また特に冷房の基本性能も高いので「買って後悔の少ない」スタンダードモデルといえるでしょう。


 
 【2017年】

 8・パナソニック CS-J227C-W
  
¥52,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 暖房能力:2.5W (0.4〜4.0)5〜 6畳
 冷房能力:2.2W (0.5〜2.8)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのJシリーズの6畳モデルです。中堅機種としてはパナソニックで売れているモデルになります。

 暖房能力は、最大4.0wで、冷房能力は、最大2.8wです。暖房がやや強く、冷房がやや弱いという下位機種と同様の特長です。この点では、中位機としてさほど魅力的な機種ではありません

  201505041650.jpg

 気流制御は、その一方で、パナソニックの下位機種に比べると上下だけではなく、左右にも気流を制御する技術が採用されます。また、上方向の気流についても天井シャワー気流に対応し、冷房時の空気の循環効率に配慮があります。

 p03_nanoe.jpg

 空気清浄は、この機種の場合、同社の「除菌イオン」であるナノイーの発生機能が付きます。ナノイーは、放出されるだけではなく、エアコン内部の除菌にも利用されます。カビ対策としても効果的でしょう。また、PM2.5に対応する空気清浄フィルターが標準装備になっています。ナノイーは、プラズマ帯電させるものではないので、花粉の吸着力の点では、同様の仕組みを持つ東芝を多少下回りそうです。また、銀イオンによる湿気によるカビ対策もなされます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)
 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,480 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 インターネット操作は、パナソニックのFシリーズ同様にオプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのJシリーズの紹介でした。基本スペックは他者の中位機と比べても「並」なのですが、除菌イオンである「ナノイー」が採用される点が大きな魅力と言える機種です。帰宅直前に外出先からエアコン操作を実行したいなどにも向く機種ですね。


  

 【2017年】

 9・パナソニック CS-EX227C-W   
  ¥94,400 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.5W (0.4〜4.8)5〜 6畳
 冷房能力:2.2W (0.5〜3.1)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズの6畳モデルです。6畳用としてはかなり高級・高機能なエアコンです。新旧二機種ありますが、今年度は特段のモデルチェンジはありませんでした。

 201702271205.jpg

 自動お掃除機能は、東芝同様に、この機種には搭載になります。ダストボックスの掃除の手軽さは、東芝のが利便性が高いですが、ほこりセンサーの採用で、掃除の頻度と時間はパナソニックの方が短いです。ただ、自動お掃除機能は、メンテフリーではない点、エアコンクリーニング代が高くなる点は、東芝同様です。

 暖房能力は、最大4.8wで、冷房能力は、最大3.1wです。とくに暖房が強力で、スタンダードモデルでは10畳モデルに匹敵する能力になります。冷房能力も3.1kwと、スタンダードモデルも8畳モデルに匹敵する最大パワーを持ちます。ただ、6畳用の消費電力が低いモデルですが、これだけのパワーを出せるのは驚きです。6畳間〜8畳間程度の部屋で使うが、35度を超えるような酷暑の際にパワーの余裕が欲しい、というかたはこの機種でしょう。

 ただし、能力が高いと言っても、あくまで6畳用の消費電力で済むために、消費電力の点へは年間1000円程下位機種よりも安いでしょう。

 気流制御は、フルワイドフラップ仕様で、送風口が本体の端から端までに広がっています。これを利用して、快適なワイド気流・天井シャワー気流を放出します。これによって快適な気流が得られるでしょう。

 空気清浄は、この機種の場合もナノイーを搭載します。この点では下位のJシリーズと同じですね。

 p02_blo01_img03.jpg

 省エネ性は、東芝と同じで明るさセンサーが搭載されます。また、日立ほどではないですが、低消費電力での弱運転が可能ですので、省エネ性の面でも期待できるでしょう。

 インターネット操作は、パナソニックのJシリーズ同様に、オプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。魅力は、冷暖房の出力の強力さでしょう。気流制御も作用して、6畳用としては、基本性能は最も高いと言えます。ただし、機能が他回文、本体価格は高いので、この点がネックですね。

今回の結論
小型エアコンで、最もお得で、おすすめの機種はこれ!

 というわけで、今回は、6畳用のエアコンについて書いてみました。

 最後に、おすすめ機種について書いておきます。


 第1に、比較的低予算で購入可能な6畳用エアコンで、性能面から最もオススメなモデルは、

 201708231613.jpg

 【2017年】

 2・パナソニック エオリア CS-227CF-W
  ¥41,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.2kW (0.4〜4.0)5〜6畳
 冷房能力:2.2kW (0.5〜2.8)6〜9畳
 コンセント形状:100V 15A

 パナソニックのCS-225CF です。年間通してエアコンで生活する場合、重視するべきは暖房能力です。

 暖房は冷房よりもパワーが必要で、機能差が出ます。その点、このパナソニックのスタンダードモデルは、暖房がハイパワーなので、安心して使えます!

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,246 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 また、1万円ほどの投資で、インターネット操作に対応できるのも魅力ですね。

 【工事対応業者】

 2・パナソニック CS-227CF-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第2に、主に使われるのは冷房で、夏に向けてもっとも向いていると言えるエアコンは、

  

 【2017年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22UTES-W
  ¥40,960 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)5〜 6畳
 
冷房能力:2.2W (0.6〜2.8)6〜 9畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンの Sシリーズがおすすめです。人気機種で在庫も多めのため、価格的にかなりメリット性があります。

 暖房能力も冷房能力も標準の性能ですが、気流制御が優秀なため、6畳程度の部屋の場合、気流を計算した運転で、特に夏場の快適性能が他社の同価格帯のモデルに優ると思います。

 また、ダイキンは、自社開発の新型触媒と独自のコンプレッサー制御技術を採用しているため、40度以上の酷暑に強いタイプのエアコンと言えます。冷房重視ならば、こちらが最強だと思います。

 【工事対応業者】

 ダイキン S22UTES-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第3に、比較的寒い地域にお住まいで、とくに暖房の能力を重視したい場合は、

  

 【2017年】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22G-W  
  
¥45,052 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.8W (0.8〜4.1)6〜 7畳
 冷房能力:2.5W (0.8〜3.0)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

  富士通ゼネラルのCシリーズでしょう。暖房能力が最も高く、さらに風量も強いため、冬場に特に快適な機種です。

 一方、冷房についても送風ファンの大風量を生かして、体感温度を低下させてくれるでしょう。

 【工事対応業者】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22G-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第3に、高性能で、電気代も安いパワフルな6畳用エアコンを選ぶならば

  

 【2017年】

 9・パナソニック CS-EX227C-W   
  ¥94,400 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 暖房能力:2.5W (0.4〜4.8)5〜 6畳
 冷房能力:2.2W (0.5〜3.1)6〜 9畳

 コンセント形状:100V 15A

 パナソニックのEXシリーズの6畳モデルでしょう。冷房能力と暖房能力がいずれも高スペックですから。とくに暖房能力が高いので、寒冷地の方はこちらのモデルの方が良いと思います。実際の所5万円前後のエアコンと明確に能力が違うエアコンを探す場合、金額的にはこのクラスになります。

 そのほか、ナノイー発生機能や、日射センサーが搭載されるなど、会ったら便利な機能も搭載されるハイスペック仕様ですので、「良いエアコンを買った」という充実感を得られるでしょう。量販店では14万オーバーの機種ですのでお買得でもあります。

 【工事対応業者】

 8・パナソニック CS-EX226C-W
 8・パナソニック CS-EX227C-W     

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます

ーーー

 というわけで、今回は、エアコンの話でした!最後にオマケです。

エアコンの購入法について

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 まず、一般的な方法として、ビックカメラなどの町のデンキヤでエアコン購入する場合ですが、エアコン(総じて8万円以下の格安エアコン)は、設置料10,800円が取られます。高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には、表示価格に同等程度の設置料が含まれているので同じことです。

 また量販店の場合、エアコンの価格も同型番・同機能のものが、ネット上で売っているものに較べて、3割以上割高な場合もあります。ただし、在庫があれば、取付を早くやってくれるので、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。

 一方、アマゾンなどの通販でエアコン買う場合は、送料は業者により異なります。しかし、一部の業者しか、取付工事をやってくれません。だから、一般人は購入が難しいと思えますが、実はエアコン取り付け工事は「別売」りしています

 有名なところでは、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」というものがあり、エアコン標準取付サービスの金額(14,800円)でやってくれます。こちらは、ネットで予約できますし、設置後1年保証も安心です。

 エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですがやってくれます。なお、ネット予約に対応していない店も含めれば、エアコンの取付が全国対応で同程度の設置料の店は他にも色々あります。こちらに別に詳しく書きました!

 さて、仮に棟梁comで頼むとするならば、+14,800円です。そして、アマゾンで販売されているエアコンは、例え同性能・同一製造年の機種でも、町のデンキヤ(大手量販店)で売られているよりもこの価格差以上に安い場合が大半です。したがって、最もお得なのは、アマゾンでの購入になります。

 なお、アマゾンと大型家電量販店では同じ性能の機種であるのに型番が違うエアコンがあります。これは、家電量販店が、独自の型番でメーカーに卸してもらっているからで、実際は同じ性能の商品です。おそらく購買者が「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。ネット価格と比べると、店舗のエアコンは(型落ちなどの特売品を除き)大幅に高いからです。

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。また、ビックカメラのように独自の型番であったり、機能が異なる型落ち品が一緒に並んでいたりする問題がありますので、ネットで十分調査して購入するのが費用的にお得でしょう。

 ただ、もちろん、デメリットもあります。それは「即日設置」などができないこと。逆に言えば、直ぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買わない手はありません。

ーーー

 つづいておまけ「その2」です。

 

 もし、エアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。 

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。ご興味にある方は、【サーキュレーターの比較記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

ーーー

 最後におまけ「その3」です。

 外出先からスマホでエアコンのオンオフができる仕組みは、最近のエアコンでは「常識化」されつつあります。ただ、専用の別売りアダプターを買って、設置する必要があるのが難点です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥9,610 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 そうした場合ですが、「新型学習リモコン」を導入する方法もあります。

   201711191420.jpg

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。

 

 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

 興味のある方は、このブログには、「学習リモコンの比較記事」と「スマートスピーカーの比較記事」がありますので、あわせてご覧ください。

ーーー

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 13:57 | Comment(0) | 生活家電

2017年11月03日

比較2017' 解説!最新の温水洗浄便座28点の性能とおすすめ・選び方(Washlet):TOTO ウォシュレット・Panasonic ビューティートワレ・東芝 INAX シャワートイレ

今回レビューする製品【2017年11月】光熱費の安い各社の温水洗浄便座の人気機種の比較(combined toilets)Panasonic ビューティ・トワレ 泡コートトワレ TOTOウォシュレット Kシリーズ KMシリーズ KFシリーズ INAX 温水洗浄便座 シャワートイレ TOSHIBA クリーンウォッシュ 瞬間式・貯湯式の違いとランキング

今回のお題
 電気代が安く省エネ性能の高い温水洗浄便座はどの機種だろうか?


 ども!Atlasです。

 今日は、温水洗浄便座(combined toilets)の比較です。個人でも設置できる製品を28点ほど網羅しました。

 通称「ウォシュレット(Washlet)」ですが、これはTOTOの製品名です。他の会社は、ビューティートワレ・シャワートイレなどと名前を付けています。

 以下では、いつものように、各製品を比較した後、最後に「Atlasのおすすめ機種」を提案する形式で書いていきます。

温水洗浄便座の選び方の基準

 今回は、各メーカーの機種を比較していきますが、機種選定のポイントを次の3点におきました。

1・清潔性
  水流・洗浄・脱臭などの機能の有無

2・経済性
  電気代・水道代などの節約機能

3・利便性
 
便座自動開閉・温風乾燥などの機能

 2大メーカーであるTOTOPanasonicの製品を調査したところ、この中で一番違いが出ていたのは、経済性です。

湯沸かし方式 本体価格 電気代
貯湯式 比較的安い 年間3000円ほど
瞬間式 比較的高い 年間1500円ほど

 特に電気代についてですが、最も電気が代わってくるのが、湯を沸かす方式が「瞬間式」か、「貯湯式」かどうかです。

 瞬間式とは、湯沸かし器のように使う直前にお湯を作り出す方式です。

 貯湯式とは、最初から貯水タンクにお湯を作っておく方式です。

 2つの方式を比べると、瞬間式本体価格が高いが電気代は安め貯湯式本体価格は安いが電気代が高めです。電気代でいえば、貯湯式は、1年間2000円〜3000円ほど高いです。

 なお、温水洗浄機能がない、単なる「暖房機能」だけの古い暖房便座をお使いの場合、電気代が貯湯式にも及ばない位かかっています。特に寒冷地では、単純計算で1年間に電気代(約10,000円)は、余分にかかっている計算です。

 そのため、設置してから便座を替えていないご家庭の場合、維持コストの面から考えても、新しい温水洗浄便座を導入した方が良いと言えます。なお、設置については、相当不器用なAtlasでも、説明書を見ながら30分ほどで簡単に付けられました

 というわけで、上に書いたような「快適性」・「経済性」・「付加機能」の点で各社の製品を何点か比較していきたいと思います。

1. 格安な「貯湯式」温水便座の比較

 はじめに、本体価格が1万円台の売れ筋の「貯湯式」温水便座を見ていきます。

 以下ではいつものように、オススメポイントについては赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。


 

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥16,275 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 2・Panasonic DL-EJX20-CP
  ¥22,000 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年間の電気代:3810円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:
×(EGX20のみ○)

 こちらは、パナソニックの「ビューティ・トワレ」ブランドの温水洗浄便座です。2機種ありますが、 DL-EJX10-CPは、デンキヤでは、売れ筋商品の一つです。

 201509051331.jpg

 清潔性の点では、下位機種は特別な機能を有しません。しかし、上位機のDL-EJX20-CPは、触媒式脱臭剤によるオート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、価格的に安価なモデルと言うことで、リモコンや自動開閉機能などはついていません。水流についても、ムーブ洗浄や3段階の強弱の調節は可能ですが、上位機に比べるとやや低機能です。

 経済性の点では、どちらの機種も光熱費のかかる「貯湯式」です。ただ、電気代が年に3810円ほどと、貯湯式のなかでは省エネです。なぜなら、パナソニックは、貯湯タンクをアルミ蒸着した発泡ポリエチレンで包むことで省エネ性能を高めているからです。

 以上、「ビューティ・トワレ」の下位機種の紹介でした。2万円以内で導入できる機種としては、光熱費が安いのが魅力です。コスト的に家庭のほか、ホテルや自営業の方の店舗向けにも向きそうです。


 

 【リモコンなし】

 3・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T160
  ¥14,720 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 【リモコンあり】
 4・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T275  
  ¥20,628 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:5805円
 清潔機能:×
 リモコン;×(T260のみ付属)
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:

 こちらは、東芝の「クリーンウォッシュ」シリーズの温水洗浄便座です。比較的格安で買えるので、デンキヤやホームセンターでは人気です。

 201509051339.jpg

 清潔性の点では、着座してから立ち上がるまで自動的に脱臭するオート脱臭機能がこの価格で付属します。 

 photo3.jpg 

 利便性の点では、4番のSCS-T260に限っては、電池式のリモコンが付属します。無理のない体制でスイッチが押せるため、利便性が高いですね。

 poindt3_1.jpg

 水流についても、ポンプを使った「やわらかい」水流など、水圧を4段階に調整する機能が付属します。パナソニックの機種については、「瞬間式」の上位モデルでは「ワイド水流」など、お尻に優しい水流を出せます。しかし、この価格帯で、水流の制御機能が付属しているのは、東芝のメリット性です。

 経済性の点では、1年の電気代は、5805円とパナソニックに較べても高めの値段です。東芝の快適性を取るか、パナソニックの経済性を取るかの選択になります。

 以上、東芝の「クリーンウォッシュ」シリーズの紹介でした。パナソニックの「ビューティー・トワレ」のライバル機です。機能面では、パナソニックより充実する一方で、光熱費の点でやや不利な製品です。ただ、利便性の向上は「買い換え」の大きな動機でしょうし、機能性を重視して、こちらを選ぶのも良いかと思います。


 

 【オート脱臭機能なし】

 5・TOTO Kシリーズ TCF8PK22
  ¥21,888 Amazon.co.jp   (11/3執筆時)

 【オート脱臭機能付き】

 6・TOTO Kシリーズ TCF8PK32
  ¥23,413 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 7・TOTO Kシリーズ TCF8HK43
  ¥24,999 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 【オート脱臭機能付き】【Amazon限定】

 8・TOTO Kシリーズ TCF8CK65#SC1
  ¥24,808 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 1年の電気代:6696円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭: ×(上位機種は○)

 Kシリーズは、TOTOの温水洗浄便座では最も安いラインです。

 清潔性の点では、最下位の機種を除けば、オート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、こちらは、リモコンは未付属です。水流制御も、強弱の調節とムーブ洗浄ほどの選択肢で、あまり多機能ではありません。

 経済性の点では、こちらも電気代のかかる貯湯式です。とくに、TOTOは貯湯式については電気代が6696円と、他社と比べてもさほどコスパに優れない点がネックです。

 以上、Kシリーズの紹介でした。機能面でいえば、やや他社との競争力に乏しい機種と言えるでしょう。上位機種には見所のある製品も多いですが、この価格帯ではやや競争力に乏しい気がします。


 

  ¥27,270 Amazon.co.jp (11/3執筆時)
 10・TOTO Kシリーズ TCF8CK75
  ¥28,706 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:6696円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:○
 脱臭:

 こちらもTOTOKシリーズの製品です。 2機種ありますが、流通経路ごと型番を変えているだけで、以下で紹介する機能は同じです。

 清潔性の点では、この機種も、オート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、TOTOの場合、このグレードでもリモコンは未付属です。水流制御も下位機種と同等です。ただ、この機種は、お尻の温風乾燥機能が付属する点で下位機種と差があります。

 経済性の点では、電気代が6696円と下位機種と同じです。他社と比べてもさほどコスパに優れない点がネックです。

 以上、TOTOのKシリーズの上位機の紹介でした。温風乾燥機能は、他社の場合、瞬間式の最上位機にのみ搭載です。トイレットペーパーの節約などを考慮して、洗浄後に乾燥も必要な方は、こちらを選ぶのもよいでしょう。


 


 10・TOTO ウォシュレット SB TCF6621
  ¥31,980 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 11・TOTO ウォシュレット S1 TCF6541J
  ¥62,000 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 12・TOTO ウォシュレット S2J TCF6551J
  
¥76,960 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 1年の電気代:6210円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:(一部搭載)
 脱臭:
(一部搭載)

 Sシリーズも、TOTOの製品です。ただ、

デンキヤルートではなく、リフォームなどの工務店ルートの製品です。新しいモデルのため、便座のデザインもフラットに一新され、スタイリッシュです。 

 201506042212.jpg

 清潔性の点では、この機種は優れます。なぜなら、便座に座ると事前に水をふきつけて、汚れを付きにくくするプレミスト機能が付属するからです。なお、オート脱臭機能は、TCF6541J以上の機種に付属です。

 利便性の点では、TCF6551Jに以上の機種にはリモコンが付属します。また、最上位機種に限っては、温風乾燥です。

 経済性の点では、貯湯式のため、省エネ性はあまり期待できません。年間電気代も6210円と高めです。

 以上、TOTOのSシリーズの紹介でした。フラットな便座のデザインはオシャレです。ただ、機能が充実した上位機は、貯湯式としては値段が割高である点が残念です。

2. 省エネ製に優れる「瞬間式」温水便座

 つづいて、ここからは、省エネ性能の優れた瞬間式の温水便座を見ていきます。

 なお、パナソニックの場合、本体色は、アイボリー系・ホワイト系・ピンク系から選べます。ただ、Atlasの経験からいえば、アイボリー系(黄色系)が無難です。

 プラスチックは付着物により変色しやすいからです。変色は洗剤でも落とせないので、できるだけ目立ちにくい配色が好まれます。


 201711031204.jpg

 12・Panasonic ビューティ・トワレ DL-RJ20-CP
  ¥32,801 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 13・Panasonic ビューティ・トワレ DL-RJ40-CP
  ¥38,000 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:2943円
 清潔機能:×
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:

 はじめに、パナソニックの「ビューティー・トワレ」のRJシリーズを紹介します。パナソニックは瞬間式は複数のグレードに分けており、こちらのRJシリーズ「下位グレード」の瞬間式温水洗浄便座です。

 201311061908.jpg

 清潔性の点では、いずれも、オート脱臭機能が付属します。また、オート脱臭については、10%風力を強くするパワー脱臭モードも付属します。

 水流の面でも、ワイド水流洗浄など優しい柔らかい多様な水流に対応します。パナソニックの貯湯式の温水便座は、弱い水流が出せないのですが、この機種は多種多様な水流を出すことができます。

 201509051412.jpg

 利便性の点では、両機種共ワイヤレスリモコンが付属です。一方、上位機のDL-RJ40については、人感センサーが付属しており、人の気配を察知して、便ふたがオートで自動開閉できます。入室直後にふたが開き、退室後3分で閉まります。

 p02_04_02_img.jpg

 経済性の点では、瞬間式だけに、便座の暖めにかかる費用を含めて、年間で2943円と、貯湯式に較べると相当安いです。加えて、パナソニックの場合、使用水量についても節水をする機能が付いており、年間1842リットルの節約効果が期待できます。 

 以上、パナソニックのRJシリーズの紹介でした。光熱費の安い瞬間式の製品としては「最安」です。貯湯式比べても「びっくりするほど」高い製品ではないですし、水道代も節約できる点を考慮すれば、エントリークラスでは最も「おすすめ」できる製品の1つです。


 

 【オート便座開閉なし】

 14・Panasonic 各色 DL-WL20-CP
  ¥37,480 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic 各色 DL-WL40-CP
  ¥54,747 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:1570円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉 :上位機
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:×
 脱臭:

 WLシリーズは、パナソニックの中級グレードの製品です。

 清潔性の点では、こちらも、オート脱臭機能が付属します。一方、風量はこちらが10%ほど強くなります。ノズルシャッターが抗菌仕様になっている点など、清潔面では優秀です。水流は下位機種同様ですが、ワイド水流洗浄など優しい柔らかい多様な水流に対応します。

 201311061910.jpg

 利便性の点では、リモコンが付属します。また、DL-WL40については、オート便座開閉機能とリモコンによる便座とふたの開閉操作に対応します。

 経済性の点では、1年間の電気代が、全機種共通で1570円とさらに安くなっています。「下位グレード」よりも電気代が安いのは、「シャワー」だけでなく、「便座の暖め」についても、人感センサーを利用して使用時だけ暖めるからです。このため、パナソニックは、この機種を「W瞬間式」と名付けています。使用水量についても、年間1842リットルの節約効果が期待できる性能です。

 以上、WLシリーズの紹介でした。このグレードから「高級品」といえる機能が多く搭載されます。「少し良い製品」を選ぼうと考えるならば、このグレード以上でしょう。

 おすすめは、自動開閉機能が付属するDL-WL40です。Atlasとしては、オート便座開閉機能はできればある方が良いと思うからです。というのも、この機能は、オート脱臭機能と連動していて、使用後にふたを自動的に閉じ、その状態で脱臭ができるため、脱臭効果が格段に高まるからです。


 

 【アイボリー】【ホワイト】【ピンク】

 16・Panasonic 泡コート DL-AWK200
  ¥59,000 Amazon.co.jp (11/3執筆時) 

 17・Panasonic 泡コート DL-AWK400
  ¥67,670 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 18・Panasonic 泡コート DL-AWK600
  ¥80,700 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 1年の電気代:1570円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :○(上位機)
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:○(上位機)
 脱臭:

 AWシリーズは、パナソニックの「最上位グレード」の温水洗浄便座です。2016年から展開した新シリーズで「泡コート・トワレ」という新しいブランド名が付いています。

 201611082035.jpg

 清潔性の点では、こちらの機種の場合、「泡コート洗浄機能」が付属します。

 こちらは、タンクに家庭用の中性洗剤(食器用洗剤)の投入口があり、その洗剤が作り出す泡の膜により、便器の汚れを落としたり、泡コートの力で汚れや小水の飛びはねを防止させるという仕組みを取っています。台所用の洗剤を利用するというアイデアは、画期的だと思います。

 そのほか、オート脱臭機能も付属します。加えて最上位機種の DL-AWK600に限っては、マイナスイオンの放出で、トイレの付着臭を消すことができるナノイー脱臭機能が装備されます。トイレは比較的密閉度の高い空間ですので、効果は期待できるでしょう。

 利便性の点では、全機種ともリモコンが付属します。一方、DL-WL400以上については、オート便座開閉機能とリモコンによる便座とふたの開閉操作に対応します。

 加えて、最上位機の DL-AWK600については、使用後の温風乾燥に対応です。この機能は、「ファン」が一定数いるため、需要がありそうです。

 経済性の点では、下位シリーズと同じで、「W瞬間式」で、1年間の電気代も同じく1570円です。水道代の節約も同等です。

 以上、AWシリーズの紹介でした。価格は高いですが「泡コート洗浄」という明確な見どころがあります。この点だけ考えても、この機種を選ぶ価値はあるでしょう。

 なかでも「オススメ」は、やはり、オート便座開閉機能が付属するDL-AWK400です。加えて、温風乾燥機能が欲しいならば、最上位機種を選ぶとよいでしょう。


 

 【2017】

 19・TOTO KMシリーズ TCF8GM23【各色】
  ¥37,911 Amazon.co.jp  (11/3執筆時)

 1年の電気代:4428円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:×
 脱臭:

 KMシリーズのこちらは、TOTOの瞬間式のウォシュレットのエントリーモデルです。本体色は、3色から選べます。汚れが目立たないのは、アイボリーでしょう。

 201311061929.jpg

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属します。洗浄についても、マッサージ洗浄機能が付属し、優しい「やわらか」水流が付属します。パナソニックもワイド水流洗浄など優しい柔らかい水流があります。しかし、TOTOの方がやや水流が柔らかい感じがあります。優しい水流が好きな人はTOTOもおすすめです。

 201311061924.jpg

 利便性の点では、こちらも、リモコンが付属します。

 経済性の点では、しかしながら、電気代は年間4239円と、パナソニックに比べるとかなり悪いです。節水にかんする機能もなく、この点ではあまりオススメできません。

 以上、TOTOのエントリーモデルの紹介でした。機能面では、「水流の優しさ」が魅力です。デリケートな水流を望む方はTOTOが良いでしょう。ただ、経済性の面では、あまり魅力がないため、一般的にはパナソニックのほうが良さそうです。


 

 【2017】

 20・TOTO KMシリーズ TCF8GM33
  ¥40,194 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  ¥47,665 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 22・TOTO KMシリーズ TCF8GM53
  ¥55,375 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
TCF8GM33 1年の電気代:2460円
ダブル保温
TCF8GM43 1年の電気代:2436円  
ダブル保温・オートふた開閉
TCF8GM53 1年の電気代:1812円  
ダブル保温・オートふた開閉・瞬間暖房

 こちらは、KMシリーズの上位機です。

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属し、優しい「やわらか」水流が付属するなど下位機種と共通です。

 利便性の点では、TCF8GM43以上の機種に限って、人感センサーが付属し、オートふた開閉機能が付属します。

 経済性の点では、このグレードの製品から、断熱材を2重にするW保温に対応するため、1年間の電気代の点でパナソニックと競える省エネ性を確保します。

 とくに、最上位機のTCF8GM53については、人感センサーと暖房機能をリンクさせ、待機電力を節約する瞬間暖房に対応するため、1年の電気代は、1812円と良い水準です。ただし、節水に関わる技術は未搭載です。

 以上、、KMシリーズの上位機の紹介でした。電気代を考えた場合、TOTOでは、これらのグレード以上がオススメできる製品と言えます。本体価格を考えると、この中ではTCF8GM53が魅力でしょう。

 TOTOの「やわらかい」水流が好きな方で、ある程度の光熱費を減らしたい場合は、これがおすすめです。

ーーーー

  

【アマゾン限定】

 23・TOTO KMシリーズ TCF8AM66#SC1
  ¥39,800 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

【特定量販店限定】

 24・TOTO KMシリーズ TCF8CM76#NW1
  ¥59,473 Amazon.co.jp (11/3執筆時)
  25・TOTO KMシリーズ TCF8CM86#NW1
  ¥69,535 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

TCF8AM66 1年の電気代:2460円
ダブル保温・柔らか洗浄
TCF8AM76  1年の電気代:2436円  
ダブル保温・オートふた開閉
TCF8AM86 1年の電気代:1812円  
ダブル保温・オートふた開閉・瞬間暖房

 TOTOの場合、さらに、流通店限定のオリジナルモデルが4種類あります。

 構成は先ほどのモデルと似ています。しかし【特定量販店限定】モデルは、通常タイプに搭載される「柔らか洗浄」が付属しない点には注意が必要でしょう。

 【アマゾン限定】は、「柔らか洗浄」が付属しますが、オートフタ開閉機能が付属しません


 

 26・TOTO KFシリーズ TCF8GF33
  ¥79,153 Amazon.co.jp (11/3執筆時

 1年の電気代:1812円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :○
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:○
 脱臭:

 TCF8GF33は、TOTOの上位グレードにあたるKFシリーズの製品です。  

 design_02.jpg

 こちらは、薄型の新型ボディを採用しています。

 その他、KMシリーズとの相違点は、温風洗浄に対応する点です。その他の部分は、TCF8GM53と同等なので、この機能が欲しい場合は、こちらを選ぶとよいでしょう。

ーーー 

 

【特定量販店限定】

 27・TOTO KFシリーズ TCF8CF66#SC1
  ¥84,000 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 なお、こちらには特定量販店限定モデルがあります。温風乾燥機能や自動開閉機能など同様の機能が、付属し、省エネ性能も同等です。

 「やわらか水流に非対応」となりますが、タップリッチ洗浄という水流に強弱を付けることによる節水機能を搭載しています。

 年間電気代も安いですし、温風乾燥機能も付属しますので、最上位機種から選ぶとすると、パナソニックよりもTOTOが良いかもしれません。また、強い水流が苦手な人のための「やわらか水流」については、パナソニックよりもTOTOの方が感触的により優しいです。その点でTOTOを選ぶ方もいます。

 ただし、アフターサービスがパナソニックに較べて高額になることが多いことは年頭に入れるべきでしょう。TOTOは、家電ではなくサニタリー商品として売っているため、割と高い修理出張料を取ります。


  

 28・INAX RVシリーズ CW-RV2A/BN8
  ¥33,778 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:3336円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:

 こちらは、INAXの「シャワートイレ」です。同社の製品は、「シャワートイレ」主に工務店経由での販売が多いと言えますが、このモデルについては家電量販店でも人気です。

 201512191227.jpg

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属します。その上で、水流面では、おしり用のノズルと、ビデ洗浄ノズルが別になっているため、それぞれに適切な水流が得られまた清潔です。この点で、清潔を重視したい女性に優しい設計だと思います。

 利便性の点では、オートふた開閉機能に未対応など、やや魅力に欠けるでしょう。リモコンは付属します。

 経済性の点でも、1年間の電気代が約3336円と他社の瞬間式に比べるとおイマイチです。

 以上、INAXのRVシリーズの紹介でした。水流についてはさすがに「サニタリーメーカー」であり、パワフル洗浄、マイルド洗浄ともに水流は心地よいです。リモコンや脱臭機能を含めて2万円前後の多機種と見劣りしません。ただ、省エネ性と便ふた自動開閉機能の面では、やや魅力に欠けるでしょう。

今回の結論
機能が充実していて、省エネ性能の良い温水泡洗浄便座はこれ!


 というわけで、今回は、温水洗浄便座(ウォシュレット)について比較しました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を書いておきます。


第1に、1万円前後の貯湯式の機種の中でおすすめと言える製品は、

 

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥16,275 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)
 2・Panasonic DL-EJX20-CP
  ¥22,000 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年間の電気代:3810円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:
×(EGX20のみ○)

 省エネ性能:★★★★
 使い勝手 :★★★★

 省エネ性を最大限評価するならば、パナソニックのDL-EGX10でしょう。

 貯湯式としては、年間3010円と格安の電気代ですし、本体価格も抑えられていてお得です。水流のパワーは他社よりも強く洗浄力はあるといえます。ただ、強めの水流が苦手な人には向かない機種です。

 オート脱臭機能の付属する DL-EGX20もさして価格が変わりませんので、そちらを選ぶのも「あり」ですね。

 は3色から選べますが、経年変化と変色を考えると、アイボリー(黄色)色をおすすめします。

ーー

 

 【リモコンなし】

 3・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T160
  ¥14,720 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 【リモコンあり】
 4・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T275  
  ¥20,628 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:5805円
 清潔機能:×
 リモコン;×(T260のみ付属)
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:×
 脱臭:

 省エネ性能:★★★
 使い勝手 :★★★★★

 ただし、使い勝手を評価するならば3番の東芝のSCS-T160か、4番のSCS-T275が良いでしょう。

 パナソニックは「柔らかい水流」が出せませんが、こちらのほうが融通がききます。柔らかめの水流が好きな人はこちらが良いでしょう。

 また、上位機種のSCS-T275にはリモコンが付きます。無理ない姿勢で操作ができますので、お年寄りのいる家庭ではとくにオススメです。 


第2に、5万円程度の予算で、省エネ性や機能面を考えて最もおすすめと言える製品は、

 

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic 各色 DL-WL40-CP
  ¥54,747 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:1570円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :○
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:×
 脱臭:

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★

 パナソニックのDL-WL40-CPです。脱臭効果が高くなる便ふたオート開閉や、人感センサーオート脱臭など、快適性に関わる重要な機能が網羅されています。

 なお上位機種に搭載されていて、DL-WF40-CPに搭載されないのは、ナノイー脱臭機能と、温風乾燥機能です。Atlas的にはナノイー脱臭機能は不要だと思います。というのも、これはトイレの中外の臭いを消すものではなく、あくまで壁の付着臭を除去するに過ぎないからです。その点で、ナノイー脱臭機能の有無しか変わらない上位機種のWF-50はお買得ではないと思います。

 トイレの中の臭いについては、人感センサーを使ったオート脱臭機能がこの機種にはつきます。これと連動する「便ふたオート開閉」機能で、使用後の除臭はほぼ完璧です。ナノイー機能は不要でしょう。

ーーー

 

 【2017】

 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  ¥47,665 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:1812円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:×
 脱臭:

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★

 同じく便ふたオート開閉が付くTOTOのモデルはこちらです。パナソニックに比べると電気代や使用水量の点で経済性はイマイチです。ただ、「やわらか水流」については、パナソニックよりも優しいため、「とにかく優しい水流」を望むならばTOTOが良いでしょう。


第3に、温風乾燥機能がどうしても欲しい方は、

 

 18・Panasonic 泡コート DL-AWK600
  ¥80,700 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 1年の電気代:1570円
 清潔機能:
 リモコン:○
 便ふたオート開閉  :○(上位機)
 ウォシュレット節水:○
 温風乾燥:○(上位機)
 脱臭:

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★★

 予算が許せば、温風乾燥機能が付く DL-AWK600 が良いでしょう。温風乾燥が付く機能はどれも高級機ですが、「泡コート」という新機軸が搭載されている点で、この機種は「プラスワン」があります。

ーー

 

  ¥27,270 Amazon.co.jp (11/3執筆時)
 10・TOTO Kシリーズ TCF8CK75
  ¥28,706 Amazon.co.jp
(11/3執筆時)

 1年の電気代:6696円
 清潔機能:×
 リモコン;×
 便ふたオート開閉  :×
 ウォシュレット節水:×
 温風乾燥:○
 脱臭:

 省エネ性能:★★★★
 使い勝手 :★★★★

 一方、あまり予算がない場合は、貯湯式ですがTOTOのこちらオススメします。こちらは、パナソニックやTOTOを含めて下位機種で唯一温風乾燥機能が付く機種ですから。温風乾燥機能は、トイレットペーパーの節約につながるという面である意味「エコ」でもあるようです。

ーーーー

 というわけで、今日は温水暖房便座の話でした!

温水洗浄便座の取り付け

 なお、温水洗浄便座の取り付けですが、

1・パナソニックの説明(動画)
2・TOTOの説明(動画)

 それぞれのメーカーの設置手順書(上記リンク)を見れば分かりますが、最低限のDIY技術があれば個人でも設置可能です。

 なお、工務店に設置依頼する場合は、商品は工務店が商材屋から仕入れ、設置する方式です。商材屋の中間マージンが生じることもあり、本体価格は上記のようにはいきません。このほか設置料として1万ほどが標準です。

 

 KENOH モンキーレンチ 300mm
 ¥900 Amazon.co.jp (11/3執筆時)

 必要なものは、ドライバーがあれば、他にはモンキーレンチ軍手くらいなので、休日に挑戦するのも良いでしょう。設置できなかったら、その時点で工務店さんにお願いすれば良いと思います。

 Atlasも自分で設置できました。「設置できる」技術は、「取り外せる」技術を覚えることになるので、部分的に「ちょこっと:外して、「大掃除」もできるようになり、個人的には良い経験でしたね。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから話題を共有していただければ幸いです。

posted by Atlas at 13:58 | Comment(0) | 生活家電

2017年10月23日

比較2017' 人気4社の食器乾燥機15製品の性能とおすすめ・選び方:象印・三菱・パナソニック・東芝・コイズミ

今回レビューする製品:2017年 食器乾燥機15機の価格・性能とおすすめ: 象印 食器乾燥機 EY-GB50-HA EY-JF50-HA EY-SB60-XH EY-JF50-HA 三菱電機 TK-ST11 TK-TS7S TK-TS5パナソニック FD-S35T3 FD-S35T4 東芝 VD-B5S VD-B10S VD-B15S コイズミ KDE-6000-W KDE-5000/W タイガー サラピッカ DHG-S400 DHG-T400 機種の違いと人気ランキング

今回のお題
2017年現在最新の食器乾燥機のおすすめ機種はどれ?


 ども、Atlasです。今日は、象印の食器乾燥機比較です。全部で11機種紹介しますが、現行製品はすべて取り上げていると思います。

 前回の記事では、【パナソニックのプチ食洗シリーズの比較】をしました。

  201601281109.jpg

 今回紹介するのは、乾燥に特化したタイプ食器乾燥機です。水道水を使わない分、設置は楽といえる機種です。水切りカゴの代替用として、こちらを利用することになります。

 以下ではいつものように、各製品を比較した後、最後にAtlasのおすすめ機種を提案していこうと思います。

象印の食器乾燥機の比較

 では早速比較をはじめます。はじめに、日本の象印からです。

 なお、以下では、Atlasがおすすめできるポイントを赤字で、イマイチと思うところを青字で書いていくことにします。


   

 【2016】

 1・象印 食器乾燥機 EY-GB50-HA
  ¥14,280 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)  

 EY-GB50は、象印マホービンの食器乾燥機です。繰り返しますが、こちらは、食器を洗浄する機能はなく、食器の乾燥に特化した機種です。

 設置に必要なスペースは、幅45cm×奥行き31cm×高さ54cmです。小型食洗機と必要な設置スペースは同じほどですね。水切りカゴの代わりに置くことも可能です。

  201606261132.jpg

 庫内容量は、リットル単位では非開示ですが、食器30点まで挿入可能です。面白いのは、まな板が上下の段を突き通して置ける構造で、幅25cm×長さ42cm×厚さ3cmまでのまな板を置くことが可能です。一方、食器以外のフライパンなどを入れることは想定されていないようです。食器も、直径24cmまでの大皿が想定されています。


201608172332.jpg

 庫内のお手入れは、食洗機と異なり、庫内の水での洗浄を伴わない機械なので、たまにお手入れが必要です。ただ、こちらは、扉やケースを含めて簡単に分解して洗えます。また、水受けやはし立て部分は、銀イオンでの抗菌加工もなされて清潔です。

 乾燥時間は、標準運転時間は40分です。しかし、タイマー式で55分まで連続乾燥できます。また、夏場などに節電したい場合は、途中でヒーターを切る「送風仕上げ」も撰べます。

 電気代は、食洗機に比べて電気代はかかりません(1回10円以下)。

 以上、象印EY-GB50の紹介でした。食器の乾燥機能だけ欲しい方は、価格も安いですしおすすめできる機種です。食洗機に比べて、取水を考えなくて良いため、設置も楽で手軽です。

ーーーー

 

 【在庫限り】

 2・象印 食器乾燥機 EY-JF50-HA
  ¥8,863 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)  

 なお、こちらは旧製品のEY-JF50-HAが併売されています。デザイン的に旧式であるほか、多少本体が小さいため、挿入できるまな板のサイズが小さいなどの違いがあります。スタイリッシュで設置性も良さそうな新型が良いと思います。


  

 3・象印 食器乾燥機 EY-SB60-XH
  ¥12,556 Amazon.co.jp
  (8/1執筆時) 

 EY-SB60-XH も、象印の食器乾燥機の上位機です。先ほどの機種と異なり、横置き、上開きの食器乾燥機ですので、キッチンの形状的にさきほどの機種が合わない場合には良い選択肢でしょう。

 設置に必要なスペースは、幅52cm×奥行き41.5cm×高さ46cmです。

 庫内容量は、リットル単位では非開示ですが、先ほどの機種とくらべると多少庫内が大きく、食器32点ほど挿入可能です。まな板は、横入れで、こちらも幅25cm×長さ42cm×厚さ3cmまでのまな板を置くことが可能です。

 庫内のお手入れは、この機種の場合も、たまにお手入れが必要です。扉やケースを含めて簡単に分解して洗えますし、水受けやはし立て部分は、銀イオンでの抗菌加工もなされて清潔です。

 乾燥時間は、標準運転時間は40分です。また、この機種は、ヒーターを途中で切り、送風だけで仕上げる「送風仕上げ」のほか、ヒータの温度をセーブして乾燥できる「ソフト乾燥機能」が付属します。プラスチック製品など食洗機で扱えないものが扱えるのは利点ですね。

 以上、象印EY-SB50の紹介でした。先ほどの機種と形状が異なるほか、ソフト乾燥機能が付属するのが魅力ですね。ただ、インテリアせいについては、先ほどの機種が上だと思います。

ーーー

 

 【在庫限り】

 3'・象印 食器乾燥機 EY-JF50-HA
  ¥11,834 Amazon.co.jp
  (8/1執筆時) 

 なお、この機種も【在庫限り】で旧機種があります。

 しかし、庫内が少し小さいほか、乾燥モードが撰べないなどの機能差があります。基本的に新機種が良いでしょう。

三菱の食器乾燥機の比較

 

 【2016】

 4・三菱電機 キッチンドライヤー TK-TS5
  ¥7,178 Amazon.co.jp (8/1執筆時)  

 TK-TS5は、三菱電機から発売されている食器乾燥機です。3種類あるうち、最も安い機種です。

 設置に必要なスペースは、幅48.8cm×奥行き42.6cm×高さ35.9cmです。象印の横長のEY-SB50よりもさらに横長ですね。ただ、横48.8cmなら、システムキッチンで十分設置できるサイズです。

 庫内容量は、食器の点数は示されませんが6人分挿入可能です。象印は「5人用」でしたが、本体が大きい分、多少収納の「ゆとり」があります。また、下部に「まな板専用」の乾燥室があり、幅25cm×長さ42cm×厚さ3cmまでのまな板に対応します。サイズとしては、象印の場合と全く同じサイズです。加えて、本体が大きな分、27cmの大きめの食器も乾燥できます。庫内が広い分、24cmまでだった象印よりも大きい食器に対応します。

 庫内のお手入れは、フタこそ外せますが、象印に較べると、分解できる部分が少ないです。そのため、一部は拭き掃除にての対応になります。シンクの抗菌加工こそされますが、この点では、象印に弱いと言えるかもしれません。

 201608172334.jpg

 乾燥時間は、その一方で標準50分とかなり短いです。三菱の場合、吹き出し口の温風の温度が90度と象印よりも10度高く、また、温風の吹き出しもトリプルワイドフロー仕様になっており強力です。温度が高い側面は、殺菌効果にもつながりますので、清潔性の点でも「プラス補整」の評価が必要かもしれません。一方で、高温ですので、熱に弱い食器などには、より注意が必要でしょう。低温モードなどは付属しません。

 電気代は、消費電力の点で、象印とさほど変わりませんね。(1回10円以下)。

 以上、三菱電機TK-TS5の紹介でした。一度に挿入できる食器量が象印よりも広く、乾燥温度も高いのが「売り」です。ただ、三菱電機は、同サイズで上位機が2つ存在するので、それらを含めて検討することが重要です。


  

 【2016】

 5三菱電機 キッチンドライヤー TK-TS7S   
  ¥8,983 Amazon.co.jp (8/1執筆時)  

 TK-TS7は、三菱電機から発売されている食器乾燥機です。3種類あるうちの中位機種になります。

 本体のサイズや機能面は、下位機種と同じです。

 相違点は、清潔性の部分で、こちらは、食器カゴのほか、下部のシンクとはし立てもステンレス製です。下位機種は食器かごだけステンレスなので、より清潔性が増しています。

 ただ、違いはこの点だけに止まりますが、清潔性は重要視したい部分ですし、価格差もさほどないので、選ぶならばこちらでしょうか。


  

 6・三菱電機 キッチンドライヤー TK-ST11
  ¥11,227 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)  

 TK-ST11 は、三菱電機の食器乾燥機の最上位機になります。

 設置に必要なスペースは、幅48.9cm×奥行き42.6cm×高さ35.9cmです。対応するまな板のサイズを含めて、下位機種とサイズは同じです。

 中位機との相違点は、2点あります。

 第1に外観デザインです。ステンレスな外観に、押しボタン式のスッキリしたスイッチという構成です。下位機種は、ダイヤル式で、デザインが若干古くさかったですが、こちらは外観もモダンです。


201608172354.jpg

 第2に、まな板専用室に、イオン化吸着消臭プレートが付属する点です。木製まな板は、素材の特性上、温めるとニオイが発生しやすいですが、これは、そのニオイが乾燥室に籠もらないようにする仕組みです。三菱電機のような個室にまな板を収めるタイプの場合、是非とも欲しい機能です。

 相違点は、この2点になります。まな板からのニオイ対策が成されている部分が魅力でしょう。大きめの食器乾燥機を探している方は、この機種が良いと思います。

パナソニックの食器乾燥機


 

 【包丁置きなし】

 7・パナソニック 食器乾燥機 FD-S35T3
    ¥12,690 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 【包丁置きあり】
 8・パナソニック 食器乾燥機 FD-S35T4
    ¥15,500 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

 こちらは、パナソニックから発売されている食器乾燥機です。デザイン的には三菱の最上位機と同じモダンな外観です。

201608180007.jpg

  FD-S35T3FD-S35T4がありますが、上位機にだけ包丁置きと、オート乾燥機能が付属するのが違いで、本体の形状など、他の部分は同じです。

 設置に必要なスペースは、幅52.1cm×奥行き39.4cm×高さ38.5cmです。三菱よりも横幅と高さが多少長い機種で、その代わりに奥行は多少短いと言ったサイズです。

 庫内容量は、総合的には三菱と変わらず、6人分挿入可能です。まな板は同じ庫内に納める仕組みで、サイズとしては、幅25cm×長さ42cm×厚さ2cmまでのまな板に対応します。他社は厚みが3cmまででしたので、パナソニックはこの点で多少シビアです。皿は、基本的には26cmまで対応ですが、まな板と同時洗いをしないならば、28cmまで対応と他社より多少大きいです。

 また、先ほど書いたように、上位機種は、専用の包丁置きが付属します。刃物に対する安全性を重視する場合は、安心感が高いです。長さ32cm(刃渡り21cm)高さ4.5cmまでの包丁に対応します。普通の三徳包丁なら十分です。

 庫内のお手入れは、象印と同じで、庫内のほとんどのパーツをばらして洗えます。また、内装がほぼステンレスである点も清潔性が高いと言えます。

 201608180025.jpg

 乾燥時間は、標準45分と三菱よりも短いです。また上位機種のみ、オート乾燥機能が付属します。こちらは、温度センサーが付属していて、夏場と冬場で乾燥時間をフレキシブルに変える方式です。夏場は、食器を冷ますための送風仕上げの時間も取られます。一方、熱に弱い食器のための低温モードなどは付属しません。

 以上、パナソニックの製品の紹介でした。大きめで「高級な」機種としては、三菱電機の最上位機種のライバルとなる機種です。まな板を毎回洗浄・乾燥する場合は、専用室のある三菱の方が使い勝手がよさそうですが、包丁を合わせて乾燥させるならば、こちらも良い選択肢でしょう。お手入れは、パナソニックの方が多少しやすい印象でしょうか。

東芝の食器乾燥機

 

 9・東芝 食器乾燥機 VD-B5S
   
 ¥7,108 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

 こちらは、東芝から発売されている食器乾燥機です。東芝は3機種出していますが、最も安いのがこちらです。

 設置に必要なスペースは、幅44.4cm×奥行き37cm×高さ36.9cmです。象印並にコンパクトな機種ですが、挿入できる皿は6人分までと、パナソニック・三菱と同等です。ただ、コンパクトなのでまな板専用スペースがない設計です。 皿は24cmまで乾燥できます。


 201608180044.jpg

面白い部分では、全長30cmまでの包丁用のケースのほか、水筒やほ乳瓶の中まで乾燥させられる、水筒温風スタンドが付属する点です。筒ものの洗浄には強いと言える機種ですね。

 庫内のお手入れは、多少面倒ですが、ふたを取り外して洗えます。内装はステンレスなので、清潔性は高い機種です。

 乾燥時間は、この機種はセンサー未装備のため手動で、最大60分までダイヤルで設定する形式です。標準時間を示さない、このような形式は、結局「乾燥させすぎ」てしまい、電気代にあまり優しくないことが多いです。

 以上、東芝VD-B5Sの紹介でした。水筒・ほ乳瓶用のスタンドなどが付属し面白い機種ですが、まな板未対応で、かダイヤル式のタイマーなど、多少難点も目立つ機種ですね。


 

 10・東芝 食器乾燥機 VD-B10S
    ¥11,147 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

 VD-B10S は、東芝から発売されている食器乾燥機の中級機です。機能も大きさも下位機種とかなり異なります。

 設置に必要なスペースは、幅49.5cm×奥行き37.5cm×高さ44.4cmです。下位機種の特長だった「6人用にしてはコンパクト」という特長はなくなっている機種です。その分、上部にまな板専用スペースがありますが、幅23cm×長さ41cm×厚さ1.5cmまでのまな板に対応と、サイズ指定が他社よりシビアです。包丁用の収納と水筒用の水筒が付属するのは、他機種と同じですね。

 庫内のお手入れは、基本的に下位機種と同じで、清潔性は高い機種ですね。

201608180058.jpg

 乾燥時間は、標準運転で60分となります。他社と比べてあまり高速ではありませんが、三菱同様の最高90度の温風で仕上げるため、清潔です。また、エコモードが搭載され、温度状況によって電力をセーブできる点も「売り」ですね。従来機よりも、50%節電できます。

 以上、東芝VD-B10Sの紹介でした。下位機種の「弱点」だった、節電性とまな板非対応が改善されている良機種です。そうなると、水筒・ほ乳瓶用のスタンド・包丁スタンドが付属する点は、他メーカーに比しても「売り」と言えてくると思います。まな板スタンドがもう少し大きければ「満点」だったでしょう。


 

 11・東芝 食器乾燥機 VD-B15S
    ¥13,800 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

 VD-B15S は、東芝から発売されている食器乾燥機の最上位機種です。こちらは、下位機種とサイズも機能もあまり違いはありません

 違いは、コース選択が可能な点で、こちらは、エココースに加えて、熱に弱い製品を低温で乾燥させる「適温やわらかコース」が付属します。

 その他の点は、同じです。樹脂製のお弁当箱など変形が怖い製品にも使いたい場合は、この機種を選んでも良いと思います。そうでないならば、下位機種で良いでしょう。

タイガーの食器乾燥機

 

 【上位機種】

 12・タイガー サラピッカ DHG-S400
    ¥8,830 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 【下位機種】

 13・タイガー サラピッカ DHG-T400
    ¥8,295 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)
 

 DHG-S400DHG-T400は、タイガーが販売している食器乾燥機です。2機種あります。相違点は清潔性と使い勝手です。上位機種のみ、受け皿がステンレス製で、また、ステンレス製のはしたてが付属します。 

 設置に必要なスペースは、幅50.2cm×奥行き37.2cm×高さ37.6cmです。サイズとしては、パナソニックに次いで横幅が広い機種ですね。まな板スタンドは内部に付属し、40.0×22.5×3.0cmまでのまな板が利用可能です。厚みの許容範囲が広いので、木製のまな板などは重宝するかもしれません。包丁スタンドは未付属です。食器は、6人分までの容量が洗浄可能であり、26cmの大皿までを洗うことができます。。

 庫内のお手入れは、この機種も細かい部分まで分解できるので清潔です。一方、下位機種は受け皿がステンレス製ではないので、多少清潔性の部分では落ちます。選ぶならば上位機種ですね。

 201608180855.jpg

 乾燥時間は、標準で50分です。ただし、ダイヤル式で60分まで合わせる形式で、アナログです。ただ、温風は約100度とどの機種よりも高いです。乾燥ムラも少なそうですが、逆に熱に弱いような素材は気をつけた方が良いでしょう。金属及び、陶器と磁器専用くらいに考えた方が良いかもしれません。

 面白い部分では、ふきんの乾燥用のふきんかけがあることです。内部に干す形式ですが、言うまでも無くふきんは「臭いが移る」ので、利用する場合は、「ふきんだけで乾かす」必要があります。

 以上、タイガーの製品の紹介でした。比較的大きめのモデルで、大きめのまな板に対応するモデルです。ただ、他社に比べると、多少設計が古く、新機種の登場が待たれるところです。タイガーは、最近、調理家電で、良い新機種を出していますし、コモディティ化が進むこの分野でも期待したいところです。

コイズミの食器乾燥機


 

 【上位機種】

 14・コイズミ KDE-6000W
    ¥6,921 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 【下位機種】

 15・コイズミ KDE-5000W
    ¥5,871 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)
 

 こちらは、小泉成器が発売している食器乾燥機です。同社は、昨今はやりの「ジェネリック家電」メーカーの草分けで、コモディティ化が進む家電分野を中心に、お手頃価格の製品を出している日本の会社です。

 2機種ありますが、上位機種がステンレス製カゴ、下位機種が樹脂製カゴです。内装が樹脂製であることは、清潔性と耐久製の点でやや不安です。その点で選ぶなら、上位機でしょうが、そうなると、大手と価格差がさほどないのが痛い部分です。

 設置に必要なスペースは、幅47.7cm×奥行き42.3cm×高さ35cmです。サイズとしては、6人分までの容量が洗浄可能であり「安いから小さい」ということはありません。ただし、内部の付属品ははし立てだけであり、まな板を乾燥させる機能はありません

 庫内のお手入れは、さほど便利ではありません。ただ、内部は銀イオンで抗菌加工がなされており、清潔性は十分高いです。

 乾燥時間は、標準で45分です。ダイヤル式で45分まで合わせる形式で、やはりアナログです。一方、温風は約90度と高めですので、乾燥ムラも少なそうです。

 以上、コイズミの製品の紹介でした。下位機種について言えば、5000円以内の予算で揃えられるのは魅力ですね。ただ、やはり樹脂製の内装は多少不安が残ります。まな板に対応しない点も残念ですね。

今回の結論
 食器乾燥機のおすすめ機種はこれ!


 というわけで、今回は、各社の食器乾燥機について書いてみました。最後に、いつものようにAtlasのおすすめ機種!をあげておきます。


 第1に、設置スペースがさほど必要なく、コンパクトな食器乾燥機としておすすめできる機種は、

   

 【2016】

 1・象印 食器乾燥機 EY-GB50-HA
  ¥14,280 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)  

 象印の EY-JF50-HAが良いでしょう。横型乾燥機に比べても、デッドスペースと言える上部に長い形状なので、こちらの方が台所のスペースの節約にもなると思います。


 抗菌加工でお手入れもし易いですし、まな板や小物類を扱えるのも魅力です。
 
 また、中が見えにくい新色は、「台所が片づいたように見える」のも嬉しい部分ですね。食器乾燥機としてのデザイン性は他社に比べてもかなり高いので、「どれを購入するか迷ったらこの機種」と言って良い製品です。


 第2に、比較的デリケートなプラスチック系食器なども乾燥させたい場合は、

  

 3・象印 食器乾燥機 EY-SB60-XH
  ¥12,556 Amazon.co.jp
   (8/1執筆時) 

 EY-SB60-XH が良いでしょう。送風乾燥機能があるため、耐熱温度が60度以上なら、どのような食器でも乾燥できますから。

 また、送風乾燥は、夏場の電気代の節約にもつながるでしょう。小物やまな板などにも対応できます。


 第3に、1万円以内の予算で、食器乾燥機を選ぶ場合におすすめなのは、

  

 6・三菱電機 キッチンドライヤー TK-ST11
  ¥11,227 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)  

 三菱電機TK-ST11 でしょう。内装の抗菌加工はもちろん、まな板専用室に、イオン化吸着消臭プレートが付属しており、最もニオイの発生源になる部分の対策が成されていますので。

 また、乾燥時間も50分と短く、パワフルです。まな板を毎回洗いたい方は、このメーカーが良いかなと思います。


 第4に、食器以外のパーツもパワフルに乾燥できる機種として魅力なのは、

 

 【包丁置きあり】
 8・パナソニック 食器乾燥機 FD-S35T4
    ¥15,500 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

 パナソニックFD-S35T4でしょう。小物入れ・まな板収納・包丁ケースまで付属した製品ですから。

 機能面でも、センサーを利用したオート乾燥機能は、この機種の「売り」でしょう。電気代の側面の他、夏場に食器を冷やしてくれるのもなにげにありがたいですね。多少高いですが、洗ったものを端から「投げ込む」ような使い方ならば、この機種は「最強」です。


 第5に、子育て世代に向いた食器乾燥機としてオススメなのは、

 

 11・東芝 食器乾燥機 VD-B15S
    ¥13,800 Amazon.co.jp (8/1執筆時)    

  東芝VD-B15S でしょう。水筒の中身まで乾燥させる独自機能と、お弁当箱などにも使える低温乾燥機能を持ち合わせていますので、子育て世代には特に便利に使えるでしょう。

 ーーー

 というわけで、今回は、食器乾燥機の紹介でした。
posted by Atlas at 15:47 | Comment(0) | 生活家電

比較2017' 全機種対応!家庭用小型食器洗い乾燥機の特長とおすすめ:パナソニック・家庭用小型食器洗い乾燥機「プチ食洗」と中型レギュラーサイズ

今回レビューする製品:2017年 最新パナソニック小型食器洗い乾燥機5機種の性能とおすすめ: NP-TCM3-W NP-TCR3-W NP-TM8-W NP-TM9-W NP-TR8-W NP-TR9-T NP-TCB1-W NP-TCR4-W NP-TCM4-W NP-TCB4-W 機種の違いとサイズ・人気ランキング

今回のお題
2017年現在でパナソニックの食器洗い乾燥機のおすすめ機種はどれ?


 ども、Atlasです。今日は、食器洗い乾燥機の比較です。新築のシステムキッチンに内装するビルドインタイプを除く全機種を紹介します。

 なお、本ブログ「モノマニア」では、食器洗い機乾燥機(食洗機)について以下の2つの記事があります。

 今回は1番の記事です。

 個人でも設置できる据え置き型の食器洗い乾燥機を比較します。

 なお、食器洗い乾燥機食器乾燥機は異なります。食器の洗浄ではなく、手洗い後の乾燥に特化した機種をお探しの方は、上記2番の食器乾燥機の記事が対応します。そちらについては、お手数ですが、そちらをご覧ください。全15機種ほど紹介しています。

食洗機の選び方

 さて、食器洗い乾燥機ですが、洗浄から乾燥までできるタイプは、パナソニックからだけの販売です。

 正確に言えば、HARMAN三菱も販売しています。ただ、これは、システムキッチン用のビルドインタイプなので、工務店以外の設置はできない仕様です。そのため、今回は除外しています。

  なお、今回の記事における、比較の観点は以上の4点です。これらの要素を丁寧に説明しつつ、比較をします。

 以下では、いつものように機種ごとの性能を順番に紹介した後で、最後の結論で、目的別・価格別に「Atlasのおすすめ機種」を数機、提案していきたいと思います。また、設置法についても、適宜解説を加えていきます。

食器洗い乾燥機の比較

 というわけで、具体的な機種の比較をしていきましょう。なお、以下の本文では、Atlasがおすすめできるポイントを赤字系で、イマイチと思える部分を青字系で書いていくことにします。


  

 【2017年】

 1・パナソニック プチ食洗 NP-TCM4-W
  ¥37,430
Amazon.co.jp  (10/23執筆時) 

 NP-TCM4は、洗浄機能と、乾燥機能が付属する同社の製品としては最も格安なモデルです。

 設置に必要なスペースは、排熱に必要なスペースを含めて、幅47cm×奥行き30cm×高さ52cmです。小型のキッチンでも脇に置けるサイズです。 

 201606260929.jpg

 庫内容量は、約24リットルで、食器が18点、小物12点まで入ります。庫内の有効寸法は、だいたい幅40cm×奥行20cm×高さ20cmほどです。直径20センチほどの大きめの皿は普通に入ります。また、大きめと言える直径26cmほどのフライパンや鍋も洗浄可能です。「高さと奥行が20センチなのになぜ入るか?」と言えば、斜めに鍋・フライパンを入れれば、庫内の対角が十分取れるからです。そのため、1人暮らしから3人暮らし程度ならば、どの食器類も十分対応できます。

 使用水量は、9リットルです。手洗いで同じ食器を洗う場合と比べると、1/3の水量で済むため経済的です。

 電気代も、1回あたり15円程だと思います。

 洗浄力については、この機種は、水を温めてから洗浄する温水洗浄に非対応です。そのため、冬場の洗浄力は多少落ちます。この点で上位機種に劣ります。ただ、食器洗い乾燥機用の水を、湯沸かし器側の「お湯」の取水口ほうから取れるのならば、この点はさほど問題になりません。

 標準運転時間は、洗浄から乾燥までに約99分です。ただ、流し台で水に浸けて「プレ洗浄」をしたような食器の場合、29分の「スピーディコース」でも十分です。

 動作音は、最大で42デシベルです。等級的には「日常生活に支障の無いレベル」です。よほど深夜でなければ、隣家に迷惑をかけないでしょう。

 以上、パナソニックのNP-TCM4の紹介でした。日本で手に入る小型食器洗い乾燥機としては、最も安い機種です。ただ、上位機種と比較すると、省エネ性などの点で劣ります。できれば上位機種が良いでしょう。


 

 【2017年】

 2・パナソニック プチ食洗 NP-TCR4-W
  
¥56,665 Amazon.co.jp  (10/23執筆時) 

 パナソニックのNP-TCM4は、パナソニックの小型食洗機のハイグレードモデルです。

 設置に必要なスペースは、この機種も、排熱に必要なスペースを含めて、幅47cm×奥行き30cm×高さ52cmです。つまり、筐体の形は下位機種と同じですね。

 庫内容量は、24リットル使用水量は、9リットル動作音は、最大で42デシベル標準運転時間99分です。これらの点では、下位機種と同じです。26センチサイズのフライパンや、大きなパスタ皿も洗えるサイズですね。

 201606260958.jpg

 洗浄力は、下位機種と比べると、プレウォッシュ時に約50度の温水を噴射するバイオパワー除菌機能があるため、下位機種よりもこびり付き汚れに強いです。コースも「スピーディコース」のほか、プラスチック製品も洗える「低温ソフトコース」が搭載されます。

 電気代も、エコナビ機能の搭載で、下位機種よりも安いです。水温・乾燥センサーを搭載することで、不要な電気代をカットする仕組みです。とくに夏場の電気代は、より格安になると思います。この機能が未搭載の下位機種に比べて、最大で7%ほどの節電効果が認められます。

 以上、パナソニックのNP-TCM4の紹介でした。下位機種と比較すると、節電性が良いほか、温水洗浄が利用できるため汚れの落ちも良さそうです。小型機種から選ぶならば、この機種は良い選択肢ですね。


  

 【2016年】

 3・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TM9-W
  
¥48,500 Amazon.co.jp (10/23執筆時) 

 NP-TM9は、パナソニックの中型の食器洗い乾燥機です。このシリーズから「プチ食洗」という名称は使われません。胆汁に、サイズが大きいからですね。

 設置に必要なスペースは、排熱に必要なスペースを含めて、幅55cm×奥行き35cm×高さ60cmです。本体の高さがそれなりにあるため、出窓に置くなどの工夫は必要でしょう。

  201606261018.jpg

 庫内容量は、約49リットルで、食器が40点まで入ります。上下に棚が付く仕様で、上段に寝かせる形で直径26センチのフライパンも収納できます。サイズ的に食器と調理器具が同時に洗えるため、世帯用として十分な容量です。

 使用水量は、11リットルです。洗える点数が多いにもかかわらず、下位機種よりも容量が多いのは、効率的に水を循環できている殻でしょう。

 電気代は、1回あたり20円程です。ただ、この機種は、エコナビ機能が未搭載です。さほど経済性が高いとも言えません。

 洗浄力についても、約50度の温水を噴射するバイオパワー除菌機能や、プラスチックに対応できる低温ソフトコースが未搭載です。ただ、この機種の場合、標準運転にプラスして最大80度の加熱すすぎが選択可能です。そのため、前者の欠点については、ある程度克服できています。

 標準運転時間は、洗浄から乾燥までに、標準運転84分スピーディコース約29分かかります。小型機種よりも速いくらいですね。一方、2016年モデルからは、130分のパワフルコースが新搭載されます。フライパンや鍋を数日放置したようなものに強いでしょう。

 動作音は、最大で37.5デシベルです。小型機種より低騒音設計であるためこの部分で問題ありません。さらに、簡易的ですが、4時間後に運転開始できる「予約機能」があるため、早朝の運転を避けたい場合などに有利です。

 以上、パナソニックのNP-TM9の紹介でした。中型機ですが、格安モデルのためエコナビや低温ソフトコースなどが省略されています。そのため、節電効果を重視したい場合は、次に紹介する機種がより良いでしょう。


 201606261042.jpg

 【2016年】

 4・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-T
  
¥57,000 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 5・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-W
  ¥48,500 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 6・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-C
  
¥58,780 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 NP-TM9は、パナソニックの中型の食器洗い乾燥機の上位機種です。

 設置に必要なスペースは、排熱に必要なスペースを含めて、幅55cm×奥行き35cm×高さ64.9cmです。1つ上で紹介したモデルよりも、高さが5cm弱長いため、設置においてこの点は留意しましょう。

  201606261048.jpg

 庫内容量は、約43リットルで、食器が45点まで入ります。下位機種よりも庫内容量が小さいのに、容量が多いのは、縦長の形状だからでしょう。こちらも上段に、26センチの大型のフライパンが入ります。

 使用水量は、下位機種同様に11リットルです。

 電気代は、エコナビ機能の搭載で、下位機種よりも経済的です。小型機種の場合と同じく、水温・乾燥センサーを搭載しており、不要な電気代をカットする仕組みです。最大で20%ほどの節電効果・節水効果が認められます。

 洗浄力については、プレウォッシュ時に約50度の温水を噴射するバイオパワー除菌機能が搭載されます。その他、ここまで紹介してきた「スピーディコース」、「パワフルコース」、「低温ソフトコース」が全て搭載されます。

 標準運転時間は、下位機種と同じです。洗浄から乾燥までに、標準運転84分スピーディコース約29分かかります。

 動作音は、さらに低減され、最大で36.5デシベルです。4時間後に運転開始できる「予約機能」も搭載です。

 以上、パナソニックのNP-TR9の紹介でした。下位機種に比べて、エコナビが搭載されている点容量が多い点が魅力ですね。また、この機種に限っては、色が複数から選べるため、キッチンに合わせたモデルが選択できる点も嬉しい部分です。

小型食洗機(乾燥なし)の紹介

  

 【2017年】

 5・パナソニック プチ食線 NP-TCB4-W
  ¥27,621 Amazon.co.jp
(10/23執筆時) 

  NP-TCB1-Wは、パナソニックの食器洗い機では最も価格が安いモデルです。こちらも、2017年3月に新機種が発売されますが、本体色のみの変更で、機能面での進化はありません。

 なお、この機種は、食器乾燥機能が付いていません。パナソニックの小型機は、乾燥機付きも、乾燥機なしも同じ形をしています。間違わないようにしてください。

 設置に必要なスペースは、幅47cm×奥行き30cm×高さ52cmです。乾燥機能が無いのですが、本体の形は他の小型機種と同じですので、よりコンパクト、というわけではありません。

 庫内容量は、約24リットルで、やはり、乾燥機付きの小型機種と同じ容量です。

 電気代は、乾燥機が付かない分、1回洗浄あたり10円強で済みます。使用水量は、9リットルということで先ほど紹介した小型機と変わりません。動作音は、最大で44デシベルと、ここまで紹介してきた機種に比べると、少しうるさいですね。

 洗浄力については、この機種は、水を温めてから洗浄する温水洗浄に非対応です。

 以上、NP-TCB1の紹介でした。食器を乾燥させる機能が不要で、できるだけ、格安の機種を選びたいならばこの機種が選択肢です。ただ、乾燥機付きの機種も、乾燥過程を省略して運転することはできるため、たまにでも使う方は、乾燥機付きの機種が良いでしょう。エコナビを搭載する上位機ならば、節電・節水効果も高いです。

家庭用食洗機の設置法

 さて、ここからは、業者に依頼しない場合の家庭用食洗機の設置法について書きます。

 201606261158.jpg

 なぜなら、キッチンの水栓から、上水を取り入れる必要があるからです。

  

 食器洗い乾燥機用分岐栓 CB-S268A6
  ¥4,427 Amazon.co.jp
(10/23執筆時) 

 水を分けるために、専用の分岐水栓を購入しないといけません。ご家庭の水栓は、シングルレバー方式や、混合栓方式など種類が豊富で、メーカーによって口径も異なるため、適切な分岐水栓を選ばないといけません。

 201606261203.jpg

 ただ、お湯と水の出口が分かれるような混合栓方式の場合、十中八九は上記のCB-S268A6の混合栓で対応できます。

 201606261204.jpg

 しかし、シングルレバー方式は、規格が多いために、自宅の水道に合う分岐水栓を見つけるのが面倒です。しかし、パナソニックに水道型番か、「写メ」を送るだけで教えてくれるサービスがあります。

 Panasonicのページの「分岐水栓サポートデスク」(こちら)です。これさえ分かれば、高いお金を出して水道屋さんに取付を依頼せずとも自分で簡単に設置ができます。Atlasも電話をかけて聞いたらすぐに分かりました。

 

 スーパー モーターレンチ MFN280
  ¥1,500 Amazon.co.jp
  (10/23執筆時) 

 必要なものは、シンクの金具を外すためのレンチだけです。賃貸物件でも、基本設備に影響を与えないので、問題なく導入できます。

 なお、パナソニックの場合、日本で売られている水栓は全て対応しています。とりあえず、格安の食洗機を見つけたら購入し、後から(落ち着いて)分岐水栓を探すのも良いでしょう。

 201510250913.jpg

 なお、食洗機の設置場所は、写真ようにシンクの脇や、奥に配置するのが一般的です。ただし、ホースの取り回しさえ可能ならば必ずしもシンクの近くに置く必要はありません。例えば、スチールラック(食器棚)を用意してそこに置くことも可能です。

  

 Panasonic 食器洗い機用置台 N-SP3
  ¥3,700 Amazon.co.jp (10/23執筆時) 

  

 食器洗い乾燥機用・高さ調整脚 N-SL19
  ¥3,888 Amazon.co.jp  (10/23執筆時) 

 また、キッチンの奥に出窓スペースがある場合は、専用の棚を買えば、前にせり出す形での設置も可能です。

 どこにおかれても良いですが、設置の際の注意点が一つだけあります。それは、シンクよりも高い位置に食洗機を置くことです。そうしないと給水はできても、シンクへの排水ができません。なお、パナソニックの食器洗い機のホースは2メートルまで伸ばせるので、設置の自由度は高いです。

 以上、ここまでは食洗機の設置について解説しました。世間水準に比して相当不器用なAtlasでも設置は簡単でしたので、基本的にはどなたでも設置可能な家電だと思います。

 何らかの事情で挫折したら、ご近所の水道工事屋さんに連絡してください。相場として、1万円〜1万5千円ほどで取付をやって貰えます。だから、まずは1人で「挑戦」してみると良いと思います。

 ただ、「水洗い」が苦ではない方は、設置については、食器乾燥機のほうが楽なのは事実です。水受けがあるので、排水ホースすら要らない仕様ですから、だれでも設置できます。これらと比較してみたい方は、このブログの【食器乾燥機の比較記事】をご覧ください。

今回のお題
 食器洗い乾燥機のおすすめは結論的にこの機種!


 というわけで、今日は食器洗い機(食器洗浄乾燥機)について書いてみました。最後に、総合性能や価格などから考えて、オススメといえる機種について最後に書きたいと思います。


 第1に、1人暮らしから3人程度の少人数世帯の方で、設置スペースが限られている方におすすめな機種は、

 

 【2017年】

 2・パナソニック プチ食洗 NP-TCR4-W
  
¥56,665 Amazon.co.jp  (10/23執筆時) 

 オススメ度 ★★★★★

 NP-TCR4が良いと思います。

 下位機種に付属しない除菌ミスト(バイオ洗浄)機能が付いているからです。洗剤を濃く溶かして、ミスト化し吹き付けることで、汚れがより効果的にとることができますから。プチ食洗の場合、システムキッチンに内蔵される大型機種よりも水流が弱いので、こうした機能が生きます。

 201510250920.jpg

 Atlas家はこの機種を導入しています。取ってのとれるティファールのフライパン(22センチ)や、18センチのソースパン(鍋)ならば、このような感じで入ります。 

 26インチのフライパンでも単独ならば取ってと一緒に洗うことができます。なお、フライパンやソースパンは、メーカーによっては塗装の関係で食洗利用不可ですが、ティファールは、取っても含めて食器洗い乾燥機対応です。より詳しくは【こちら】に別の記事を書きましたのでご覧ください。

 201601281606.jpg

 抗菌カッティングボード S ND-1772
  ¥1,122 Amazon.co.jp
(10/23執筆時) 

 まな板については、スモールサイズ(20cm×30cm)ならば、食器と一緒に、上部か手前に収納できます。ミディアムサイズ(25cm×35cm)でも入りますが、食器と一緒に洗うには大きいです。大きなまな板が使いたい場合は、世帯用を選ぶべきですね。

 また、食器洗い乾燥機対応のセラミック包丁 については、【こちら】に記事を書きました。

 これ以外にも、ビルドインコンロの魚焼きグリルや、プラスチック製まな板も洗えるサイズです。


 第2に、4人以上の大家族の場合で、まとめ洗いすることを考えている家族の方、

  201606261042.jpg

 【2016年】

 4・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-T
  
¥57,000 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 5・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-W
  ¥48,500 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 6・パナソニック 食器洗い乾燥機 NP-TR9-C
  
¥58,780 Amazon.co.jp  (10/23執筆時)

 オススメ度 ★★★★★

 最上位機種のNP-TR9 が良いでしょう。より安価なモデルがありますが、こちらの機種の高い節電性能から考えれば、電気代分ですぐ元は取れると思います。

 少人数家族の方でも、設置スペースが許せば、こちらを買うのも手だと思います。こちらは、下位機種にない多彩な洗浄コースを持ちますし、なにより、洗浄力が各段に変わる除菌ミストと「高温すすぎ」は上位機種だけの機能です。電気代もほとんど変わらないです。

 また、おそらくこのサイズのものを買うご家庭はお子さんがおり、プラスティックの食器を多数使う場合も多いかと思います。そのとき、この機種に付いている『低温ソフトコース」は便利だと思います。

 ーーーーー

 さいごにおまけ


 延長用排水ホース(1M) ANP2D-10
  ¥1,080 Amazon.co.jp (10/23執筆時) 
 
給水ホース 2m ANP1251-7235
  ¥2,375 Amazon.co.jp (10/23執筆時) 

 パナソニックの食洗機を自分で取り付ける場合ですが、標準で付いているホースは、排水ホース・給水ホースともに1mです。

 これで足りない場合は、排水ホースの場合は延長ホースが、給水ホースの場合は、(構造的に延長できないので)2mの給水ホースを購入する必要があります。デンキヤには置いていない場合もありますが、Amazonのパナソニックストアで入手できます。

  

 除菌ハイウォッショジョイ ボックス 700g
  ¥491 Amazon.co.jp
(10/23執筆時) 

 なお、専用洗剤の購入もお忘れなく!!普通の家庭用の中性洗剤は利用できません!!専用洗剤は色々ありますが、種類によっては配管が詰まるので、気をつけてください。とくに海外製品は危ないです。ジョイならば大丈夫です。

  

 フィニッシュ 食洗機用洗剤 35錠 × 3個
  ¥581 Amazon.co.jp (10/23執筆時) 

 また、固形ブロック式のフィニッシュもおすすめです。もともと米国製で、Atlasもあちらでよく使っていました。1回ごとの分量を計量する必要がないので、「洗剤を使いすぎないで済む」という利点があります。なお、日本版のフィニッシュはパナソニックと共同開発とのことです。

 ちなみに食洗機の洗剤は、手洗い用の中性洗剤よりも(手に触れない分)強力な薬剤が使用できるため、汚れの落ちが良く、食器がツルツルになります。

ーー

 というわけで、今回は、小型の食器洗い乾燥機の比較でした。

posted by Atlas at 14:22 | Comment(0) | 生活家電

2017年10月21日

比較2017’ 電気代が安い!除湿機15製品の性能とおすすめ(1-Desiccant):年中使えるデシカント式とハイブリッド式衣類乾燥除湿機

今回レビューする製品【2017年10月】 衣類乾燥に強い除湿機・衣類乾燥除湿機の性能・選び方・おすすめ(デジカント式とハブリッド式):アイリスオーヤマ 除湿機 DDA-20 パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZM60 F-YZMX60-S F-YZMX80-N 象印・サーキュレート ドライ RJ-XA70-WL F-YHMX120 F-YHPX120 F-YZPX80-N F-YZPX60-S F-YZP60 DDB-20 CV-G71-W

今回のお題
2017年最新の除湿機でおすすめの機種はどれ?

 どもAtlasです。今日は、季節家電の話で、具体的には、除湿機(除湿乾燥機・除湿器)の比較です。

 除湿機は、室内の湿度を下げたり衣類を乾燥させたりするのに大活躍する家電です。今回は、一般的な除湿力のほか、衣類を除湿機で乾燥する際の使い勝手にもこだわって、レビューしてみたいと思います。

 今回は、除湿機のスペックを比較しながら、最後に購入目的別の「おすすめ機種」を選定していきます。結論(オススメ機種)だけ知りたい人は、最後だけ読んでも分かるように書いてあります。

除湿機の比較基準と選び方

 除湿機は、現在大手家電ではデシカント式パナソニック象印・アイリスオーヤマが、コンプレッサー式コロナシャープが、ハイブリット式パナソニックが出しています。

 それぞれ、得意な分野やメリットが違うために、機種ごとの詳しい紹介に入る前に、3つの除湿方式の違いについて簡単に解説しておきます。

 なお、ここからは、いつものように、好意的評価は赤い字、マイナスの評価は青い字で書いていきます。

  

 象印 サーキュレート ドライ RJ-XA70-WL
  ¥25,900 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZP60-W
  ¥18,540 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 第1に、デシカント式(ゼオライト方式)です。代表機としては、象印のサーキュレート・ドライがあげれます。ただ、パナソニックなども同じ方式で良い機種を出しています。両機種についての詳細は、後ほど紹介することとし、まずは、「デシカント式」ついての解説です。

 デシカント式は、乾燥剤に水分を付着させ、それをヒーターの熱で乾燥させることで湿度を下げる仕組みの除湿機です。

 デシカント式はヒータを使うために、低温度の冬でも1年中安定して除湿できるというメリットがあります。また、素早く乾燥するので、衣類乾燥に使おうとする場合は最適な除湿機と言えます。

 しかし、その一方で、ヒーターを使うために、夏場にやや室温が上がってしまう(3度前後)弱点があります。また、ヒーターを使うため電気代が高い傾向があります。

 ただ、デシカント式を夏場に使ったとしても「不快」にはなりません。たしかに温度上昇はしますが、それ以上に湿度が落ちるので、総じて快適になります。私たちを不快にしているのは、あくまで「湿度」です。


  

 シャープ プラズマクラスター除湿機 CV-G71-W
  ¥19,468 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)
 三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100MX-W
  ¥26,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 第2に、コンプレッサー式です。こちらは、シャープのプラズマクラスター除湿器が代表機種としてあげられます。また、三菱なども特長ある良い機種を出しています。

 コンプレッサー式は、エアコンと同じように冷媒を使って空気を冷やし、空気中の水分を水滴にして除湿するという仕組みの除湿機です。

 コンプレッサー式は、ヒーターを使わないので、夏場に室温が暑くならず、かつ、消費電力が少ないというメリットがあります。

 しかし、コンプレッサーを動かすために、除湿機の可動音がうるさく、また、冬場の低温時には能力がかなり落ちるというデメリットがあります。


 

 パナソニック ハイブリッド除湿機 F-YHPX120
  ¥50,300 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 第3に、ハイブリッド式についてです。ハイブリッド式は、パナソニックの「独壇場」ですが、最近はあまり多機種展開されなくなっています。

 ハイブリッド式は、デシカント式とコンプレッサー式の両方の仕組みを備えた除湿機です。デシカント式のように1年中使えコンプレッサー式のように発熱しにくい特性があります。また、動作音も比較的静かで、除湿能力も2つの方式を併用するためにパワフルです。

 しかし、両方の機構をそなえるために、本体がやや大きいという欠点があります。また価格も高めです。


 以上を簡潔にまとめれば、次のようになります。

デシカント式
冬や洗濯乾燥に強いが、電気代高め
コンプレッサー式
電気代が安いが、冬に使えない
ハイブリット式
万能だが、本体が大きく高価

 結論的に言えば、冬場の除湿や、衣類乾燥に使いたかったら、デシカント式かハイブリット式がベストです。

 一方、梅雨から夏場にかけての部屋の除湿には、電気代の安いコンプレッサー式かハイブリッド式が向きます

 ただし、例えば、デシカント式でも相対的に低消費電力の除湿機が出ていたり、上の説明が通用しない場合があります。そのため、単なる方式地の違いだけではなくて、具体的にメーカーのスペック数値を注意して購入機種を検討する必要があります。

 というわけで、以下、除湿機を具体的に紹介してきます。

1・デシカント式除湿機の比較
2・コンプレッサー式除湿機の比較

 なお、今回はデジカント式ハイブリッド式の除湿機を比較します。

 夏に強く、電気代も安いコンプレッサー式とについては、2回目の記事でまとめます。もし、これら限定で探している方は、上記2番のリンク記事をお読みください。

 また、全機種を比較して考えたい方については、最後にもリンクを貼りますので、このままお読みください。

デシカント式の除湿乾燥機

 さて、最初にデシカント式の除湿乾燥機について紹介していきたいと思います。この方式はパナソニック社と象印社の製品になります。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  

 【2017】

 1・アイリスオーヤマ 除湿機 DDB-20
  ¥8,314 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】

 1・アイリスオーヤマ 除湿機 DDA-20
  ¥8,600 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜3畳/洋室 〜5畳
 消費電力:350W
 除湿量: 2リットル
 サイズ:高さ447mm×幅284mm×奥行158mm 
 センサー:
 タンク容量:約2L

 DDA-20 は、アイリスオーヤマの除湿機です。除湿機で1万円を切るモデルはこの機種だけで、値頃感が高い機種です。なお、2016年モデルが【在庫限り】で併売されていますが、型番のみの変更で、性能は同一です。

 適応面積は、しかし和室3畳・洋室5畳までと、小型モデルとしてもかなりスペックが低いです。除湿用とでは、風呂場などの狭いスペースに限定して効果を発揮するでしょう。

 除湿力も、1日で2リットルとスペックは低いです。その一方で、消費電力は350Wと大きいため、省エネ性もイマイチです。

  201604241019.jpg

 衣類乾燥機能も可能です。ただ、センサーが未搭載のため、衣類が乾いたら停止というような自動運転は不可能です。同じことは、通常の除湿にも言え、適湿でも自動停止にはなりません。

 こうした点で、リビングなどでの利用には向かない機種なので、洗面所など限られたスペースで限られた時間利用するのがおすすめと言える機種です。


  

 【2017】

 2・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZP60
  ¥18,540 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  

 2・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZP60
  ¥18,540 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜7畳/洋室 〜14畳
 消費電力:280W
 除湿量: 5.4リットル
 静音性:39デシベル
 サイズ:高さ458mm×幅194mm×奥行352mm 
 センサー:湿温度センサー
 タンク容量:約2L

 F-YZM60は、パナソニックで最も安価なデシカント式の除湿機です。色は白とピンクの2色展開になります。

 適応面積は、和室7畳・洋室14畳までと、一般家庭用での使用に向いた除湿機の入門機です。

 除湿力は、1日で5.4リットル標準的ですが、消費電力は280Wとデシカント方式の機種では電気代は低く収まっています

  201505191811.jpg

 衣類乾燥機能も付属します。ワイド送風で100cmまで風を送れるため、そこそこの量の衣類乾燥が同時にできます。2キロほどの衣類ならば72分で乾燥します。

 搭載されるセンサーは、温湿度センサーです。センサーを利用し、濡れている間は「強く」、乾いたら自動的に運転を停止する機能が付きます。また、乾いた後でも一定の湿度をキープする機能(カラッとキープモード)が搭載されます。外出中に洗濯物を乾かし、帰宅時まで省エネで除湿運転をなしたいなどのニーズに最適でしょう。

  201505191815.jpg

 水タンクの容量は2Lです。これは、他機種に較べるとかなり少ない容量です。こまめに水を入れ替えする必要はあります。ただ、その分、小型でどこでも持ち運べる機種と言えるでしょう。水替えも比較的容易で、切りタイマーなど便利な機能も搭載します。

ーーー

 【2016】

 2'・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZM60
  ¥22,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 なお、こちらも2016年モデルが【在庫限り】で残っています。型番のみの変更で性能は同じですが、すでに価格差はないため、選ばずともよいでしょう。


   

 【2017】

 3・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZPX60-S
 ¥23,554 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【2016】

 3・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZMX60-S
 ¥25,980 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜7畳/洋室 〜14畳
 消費電力:286W
 除湿量: 5.4リットル
 静音性:40デシベル
 サイズ:高さ458mm×幅194mm×奥行352mm 
 センサー:湿温度センサー
 タンク容量:約2L

 F-YZMX60は、パナソニックのデシカント式の除湿乾燥機の中位機種です。先ほど紹介した機種と形や除湿量は変わりません。違いは、こちらにナノイー(マイナスイオン)発生機能が付くという点です。

 なお、こちらの場合も、2016年モデルは、型番のみの変更で機能差はありません

 201505191819.jpg

 ナノイーは、除菌イオンとも呼ばれます。具体的な効果としては、送風時の衣類の脱臭効果が期待できます。これは実験で効果が確認されているもので、部屋干し臭の除去にはとくに効果的だと思います。ただ、部屋全体の除菌ができる類のものではありません。あくまで、風が直接あたっている場合に有効です。

 ナノイー送風以外の機能は、先ほどの機種と変わりません。そのため、衣類を乾燥させる目的で使用する予定のない人は、価格が安価な1番の機種でよいと思います。


   
 【2017】
  ¥37,500 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜9畳/洋室 〜19畳
 消費電力:
585W
 除湿量:
7.4リットル
 静音性:46デシベル
 サイズ:高さ540mm×幅390mm×奥行200mm 
 センサー:湿温度センサー・衣類センサー
 タンク容量:約3L

 F-YZMX80-Nは、パナソニックのデシカント式上位機種です。

 適応面積は、木造9畳間、洋室19畳までです。ということから、リビングなどの広い場所で使うための機種になります。

 除湿力は、1日あたり7.4リットルの水分が除湿できる性能です。そのため、本体が少し大きいですね。

 201505191823.jpg

 衣類乾燥機能は、本体が大きい分、風は165センチまで広がります。そのため、100センチに止まる小型機種に比べて洗濯物をより多く干すことが可能です。洗濯物の乾きも、下位機種よりもこちらの方が速く2キロの洗濯物ならば約62分で乾きます

 こちらもナノイー(除菌イオン)発生機能は付属しますので、部屋干し臭の除去には効果的でしょう。もちろん、「カラッとキープ」など下位機種に搭載される便利機能は網羅されます。

 水タンクの容量は3Lです。大型化したぶん、タンクも中位機種に較べて1.5倍に増えています。

 消費電力は、その一方で、585ワット(1時間約15円)と、省エネ性はさほど良くありません。パワーが強く、大きな機種なので、このあたりはしょうがないでしょう。ただ、電気代を少しでも安くしつつ、除湿機を使いたいならば、後ほど紹介するパナソニック社のハイブリッドタイプの除湿機を購入するのが良いと思います。



  

 5・象印 サーキュレートドライ RJ-XA70-WL
  ¥25,900 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜9畳/洋室 〜19畳
 消費電力:
634W
 除湿量:
7リットル
 静音性:47デシベル
 サイズ:高さ550mm×幅295mm×奥行294mm 
 センサー:湿温度センサー
 タンク容量:約3L
 

 RJ-XA70は、象印のデシカント方式の除湿機です。象印はデシカント方式の除湿機にこの機種で初参戦になります。そして、この機種は衣類乾燥に特化して作られた除湿機です。

 適応面積は、木造9畳間、洋室19畳までです。除湿機としては大きめの機種で、リビングなどで使える仕様ですね。

 除湿力は、1日あたり7リットルの水分が除湿できる性能です。パナソニックの上位機より形状がコンパクトである一方、能力は多少落ちます

 衣類乾燥機能は、この機種の最大の特長でしょう。

  201505191750.jpg

 この機種は、送風口が、オートで360度回転し続ける構造になっているいます

 201505191753.jpg

 これにより、パナソニックの除湿機よりも広い範囲の洗濯物に対応します。また、送風幅は、180度、90度、60度と衣類に合わせて変更できる点も便利です。

 201505191754.jpg  

 加えて、ルーパーの上下の角度も選べるため、風向きの効率性では群を抜きます。風量も、乾かしたい時間により5段階で強弱が調整できます。デシカント方式でパワーも強力なため、50分程度の時間で2キロの洗濯物が乾きます

 また、パナソニックのナノイー(マイナスイオン)発生装置と同等と言える、ナノプラチナ乾燥機能が付属するため、部屋干しで発生する衣類のニオイを押さえられます。

 以上、象印の除湿機の紹介でした。新機種ですが、衣類に特化した乾燥用としては高機能で最もおすすめできます。

 ただ、「ハイパワー」ゆえに、デシカント方式でも消費電力量が最大634W電気代が最もかかる機種(1時間17円ほど)です。もちろんその分強力で、2キロの衣類にかかる乾燥時間は約50分とパナソニックを上回ります。

 衣類をさっと乾かして、普段は使わないならばこの機種は最適でしょう。ただ、1日中動かすという使い方はあまりオススメしかねます。

ハイブリッド式の除湿乾燥機

 さて、続いては、ハイブリッド式の除湿乾燥機を紹介していきます。


 
 【2017】
 6・パナソニック ハイブリッド除湿機 F-YHPX120
  ¥50,330 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 6・パナソニック ハイブリッド除湿機 F-YHMX120
  ¥42,600 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜11畳/洋室 〜23畳
 消費電力:
245W
 除湿量:
10リットル
 静音性:48デシベル
 サイズ:高さ580mm×幅370mm×奥行225mm 
 センサー:湿温度センサー・衣類センサー
 タンク容量:約3.5L


  F-YHMX120 は、パナソニックのハイブリッド式の除湿機です。

 適応面積は、木造11畳、洋室23畳までと、ここまで紹介した機種の中では最も広くリビング向きに売られている製品です。

 大きな特長は、デシカント方式に比べて電気代が格段に安いことです。245ワットと消費電力が低いため、デシカント式に比べると電気代が約半分に抑えられます。本体価格ではデジカント式の大型機種より高いですが、電気代が安いため1〜2シーズンでコストは吸収できるでしょう。

 除湿量は、除湿量は1日10リットルとデシカント方式を凌ぎます。本体はやや大きいですが、タンク容量は3.5リットルあり、水捨ての頻度は少なくて済むでしょう。

 静音性は、差ほどよくありません。48デシベルとデシカント方式よりも稼働音がある点です。しかし、夜用の消音モードが搭載されているなどの配慮が見られるため、問題はないでしょう。

 201505191823.jpg

 衣類乾燥機能は、こちらも吹き出し口が広いため、165センチまで衣類が乾かせます。2キロの洗濯物の乾燥時間は象印の専用機を凌ぐ43分です。もちろん、送風口が回転式の象印の方が多くの洗濯物を乾かせますが、乾かすのに必要な時間と、必要な電気代はこちらの方が優秀と言えます。

 衣類の付着臭を防ぐナノイー(除菌イオン)も搭載です。
  201505191839.jpg
 さらに、この機種は内部乾燥機能がつきます。この機能は一見地味ですが、除湿機の内部の水滴で内部がカビてしまう可能性を緩和できるため重要だと思います。

 201504250842.jpg
 衣類乾燥については、先ほど紹介したようなカラッとセンサーで、衣類が乾いたら自動で呈する機能の他に、こちらの機種には、乾き具合が分かるようなエコナビ表示が付属します。

 以上、パナソニックのハイエンド機F-YHKX120-Sの紹介でした。最高級機種に相応しく、基本性能も、付加性能も充実した良い機種だと言えます。

今回の結論
電気代や性能面でおすすめの除湿機は結論的にこの機種!


 というわけで、今日は、5メーカー計13機種の除湿機を見てきました。なお、除湿機は、機種の入れ替えが起こる春シーズンが最も安い家電で、その時期においては「型落ち品」は年間で最も「お買得」です。

 最後に、いつものように、価格別・目的別にAtlasのオススメ機種を選定したいと思います。



 第1に、洗面所や8畳以下の部屋で使用する小型機種として、衣類乾燥などにも年中使いたい方は、

   

 【2017】

 3・パナソニック 衣類乾燥除湿機 F-YZPX60-S
 ¥23,554 Amazon.co.jp (10/21執筆時)
 

 除湿性能 ★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★★★
 電気代  ★★★★☆
 静音性能 ★★★★★


 温度の低い冬にも力を発揮できるデジカント式を採用する、パナソニック社のF-YZPX60が良いでしょう。

 こちらは、プラズマクラスターイオンに相当する、パナソニックのナノイー発生機能が付いています。これは、生乾きの衣類の付着臭除去に対する効果が高いため、冬場の衣類乾燥用途にも最適です。

 乾燥スピードも小型機としては優秀で、2キロほどの衣類ならば72分で乾燥します。デジカント式ですが、小型機種なので、1時間に7.7円とやや電気代も安く抑えられています。

 なお、先ほども書きましたが、2016年モデルと2017年モデルは型番のみの変更で、基本性能の差はありません。除湿機は「完成された家電」で新機能の搭載は数年ごとなのですが、電気店の「値引き」対策で、毎年、型番だけ変更していきます。



 第2に、広いリビングや家全体の除湿効果を得たい場合総合力の高いにおすすめなモデルは、

  

 【2017】
 6・パナソニック ハイブリッド除湿機 F-YHPX120
  ¥50,330 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 除湿性能 ★★★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★★★
 電気代  ★★★★★
 静音性能 ★★★★★


 パナソニックのハイブリッド式の除湿乾燥機が良いと思います。洋室23畳・木造11畳まで対応できるモデルですが、1時間の電気代が約7円と消費電力が低く抑えられており、省エネ性能が高いです。

 衣類乾燥用としても優秀で、2キロの洗濯物の乾燥時間は43分で、この用途でも最高水準です。

 また、1日最大10リットルと十分なパワーがあります。また、ナノイー除菌イオンは、生乾きの衣類の付着臭除去に対する効果が期待できます。

 こちらはハイブリッド式であるため、夏場の温度上昇が抑えられます。また、コンプレッサー式と違い、冬場にも力を発揮できます。そういった意味では、総合力も高く、「迷ったらこれを買えば後悔しないだろう」という意味で、オススメしたいリビング用除湿機になります。



 第3に、主に、洗濯物の乾燥専用だけに除湿機を使うことを考えている方は、

  

 5・象印 サーキュレートドライ RJ-XA70-WL
  ¥25,900 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 除湿性能 ★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★★★★
 電気代  ★★★★☆
 静音性能 ★★★★★


  象印のサーキュレートドライでしょう。衣類乾燥用として設計されているだけあり、360度回転するルーパーを含めて、この用途では最も高機能な機種と言えます。


 第4に、洗面所などの限られたスペースで利用にむく比較的低価格な除湿機としては、

  

 【2017】

 1・アイリスオーヤマ 除湿機 DDB-20
  ¥8,314 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】

 1・アイリスオーヤマ 除湿機 DDA-20
  ¥8,600 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 除湿性能 ★★★★
 衣類乾燥 ★★★

 電気代  ★★★★☆
 静音性能 ★★★★

 アイリスオーヤマDDA-20です。1万円を切る低価格で、導入しやすい小型機種です。本格的な機種ではないですが、この用途において「ちょっと試して見たい」方への入門用として向きます。

 センサー類はありませんが、8時間・4時間タイマーが付属するため、例えば、入浴時間前後だけタイマー運転で除湿させるなどすれば便利に利用できるでしょう。洗面所など限られたスペースならば、タイマーを利用しつつ、衣類乾燥にも使えると思います。

ーーー 

 というわけで、今回は、除湿機・除湿乾燥機について書いてみました。
 なお、電気代を最重要視して、コンプレッサー式も比較対象としたい方は、以上のリンク記事で対応します。よろしければ引き続きご覧ください。
 
 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから話題を共有していただければ嬉しいです。
posted by Atlas at 11:51 | Comment(0) | 生活家電

比較2017’ 電気代が安い!除湿機15製品の性能とおすすめ(2-Compressor):夏に強いコンプレッサー式除湿機

今回レビューする製品:2017年 おすすめ衣類乾燥除湿機の性能や選び方(コンプレッサー方式):コロナ CD-P6315 シャープ プラズマクラスター除湿機 CV-F71-W CV-F120-W CV-EF120-W CD-H1817(TU) CV-G120-W CV-G71-W CD-S6317-W CD-P6317-W BD-637-AS  三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100LX-W MJ-120LX-W MJ-180LX-W CD-H1815 衣類乾燥に強い除湿機の口コミランキング

今回のお題
コンプレッサー式除湿機・除湿乾燥機の中で、電気代が安いおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。今日は、夏の季節家電の話で、具体的には、除湿機(除湿乾燥機・除湿器)の比較です。

 なお、除湿機について、このブログでは以下の2つの記事があります。

1・デシカント式除湿機の比較
2・コンプレッサー式除湿機の比較

  今回は、2番の記事で、コンプレッサー式の除湿機をまとめます。

  201607062037.jpg

 デシカント式やハイブリッド式に比較する場合、コンプレッサー式は、気温の高い夏の除湿にとくに強力と言える方式です。一般的な乾燥剤ではなく、エアコンのような冷媒を使う方式だからです。また、梅雨の時期の衣類乾燥用にも使える機種です。

 また、デジカント式は、ヒータを使わないため、省エネ性も高いです。ただし、冬場の低温時に能力が落ちるのがネックです。しかし、夏限定で使うならば、これほど適した機種はありません。

 今回は、「夏場に強く」「衣類の乾燥に対応する機種」もある、このコンプレッサー式を扱います。デジカント式ハブリッド式については、上記1番の記事【こちら】で扱います。両社を比較されたいかたは、下部にもリンクを貼りますので、このままお読みください。

コロナのコンプレッサー式除湿機

 早速、比較をはじめましょう。なお、ここから、Atlasが評価する部分は赤字で、イマイチと思う部分は青字で書いていきます。

  

 【2017年】
 1・
コロナ ホワイト CD-P6317-W
  ¥14,898 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)
 1・コロナ ブルー BD-637-AS
  ¥16,780 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016年】
 1・
コロナ ホワイト CD-P6316-W
  ¥18,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜7畳/洋室 〜14畳
 消費電力:
185W
 除湿量: 6.3リットル
 静音性:38デシベル
 サイズ:高さ515×幅220×奥行330mm 
 センサー:
 タンク容量:約3.5L


 こちらは、コロナのコンプレッサー式の除湿機です。梅雨や夏によく売れる除湿機ですね。2016年モデルが売られていますが、性能は変わらず、型番のみの変更です。

 適応面積は、木造7畳、洋室14畳まで対応の小型機種になります。結構、ポップなデザインの除湿機ですね。
 
 除湿量は、1日6.4リットルと小型機種としては多少大きめです。水タンクの容量も、3.5Lとかなり大きめなので、水捨ての頻度は少ないでしょう。

 この機種の一番の特長は、185ワットと低消費電力で、コンプレッサー式としては電気代が安い点です。パワーも、小型サイズの機種としては、倍の電力を要するデシカント方式並の性能です。1時間6円ほどの電気代で運用できる効率の良い除湿機です。

 静音性もかなり良いですし、2万円以下の予算ならば、これがベストバイといっても良いかもしれません。もちろん、コンプレッサー式のため、冬場の低温度時には除湿量が落ちてしまうと言う欠点があります。そのため、冬に除湿機を使うことの多い、北海道・東北・北陸地方あたりは、ここまで紹介してきたデシカント方式か、ハイブリッド方式の方が良いでしょう。

 衣類乾燥機ついては、イマイチです。温湿度センサーがないため乾燥状態を把握できず、自動停止することはありません。

 また、部屋の除湿目的で使う場合も、適湿まで自動運転するという意味での自動運転機能がありません。常に一定量の湿気を取り続けるというタイプの機種になります。

 ただ、例えば常に湿気があり続けるようなジメジメした部屋など自動運転が必要のない所での使用ならばこの機種が良いでしょう。水が満杯になったとき、音でお知らせされる機能もそういった点では便利です。


 

 【2017年】
 2・
コロナ ホワイト CD-S6317-W
 2・コロナ ピンク CD-S6317-P
  ¥16,934 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜7畳/洋室 〜14畳
 消費電力:
215W
 除湿量: 6.3リットル
 静音性:38デシベル
 サイズ:高さ533×幅170×奥行365mm 
 センサー:
 タンク容量:約3.5L


 CD-S6317は、コロナのコンプレッサー式の除湿機です。先ほどの機種の姉妹モデルとなります。

 適応面積は、この機種も、木造7畳、洋室14畳まで対応の小型機種です。本体デザインは異なり、こちらの方が幅の狭いスリムタイプです。
 
 除湿量は、1日6.4リットルと同様です。水タンクの容量は、スリム化の影響で3Lと、0.5L多少小さめです。その代わり、狭い場所でも設置できるのが「売り」ですね。

 一方で、消費電力は210Wとこちらは、下位機種よりも悪化しています。

 衣類乾燥機ついては、こちらの機種もセンサーが未付属で、向いていない機種です。単なる除湿についても同じで、自動運転機能がありません

 以上、CD-S6317の紹介でした。スリムタイプで、横幅の上で設置が難しい場所でも設置できる「小回り」が売りです。ただ、形状変更で、タンク容量が減り、電気代も増加していますので、その意味ではあまりおすすめできない機種です。

シャープのコンプレッサー式除湿機

 
 
 【2017】
 3・シャープ プラズマクラスター CV-G71-W
  ¥19,468 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 3・シャープ プラズマクラスター CV-F71-W
  ¥22,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜8畳/洋室 〜16畳
 消費電力:
165W
 除湿量: 6.3リットル
 静音性:40デシベル
 サイズ:高さ480×幅304×奥行203mm 
 センサー:
湿温度センサー
 タンク容量:約2.5L

 こちらは、シャープ社のコンプレッサー式の除湿機です。こちらは、2016年モデルが併売中ですが、今年度は型番のみの変更であり、性能は同じですので、安い方で良いと思います。

 適応面積は、コロナと同じほどで、木造8畳、洋室16畳まで対応の比較的小型のモデルです。

 201504250945.jpg

 コンパクトなので、洗面所やクローゼットに向く機種です。

 除湿量は、6.3リットルコロナの下位機種よりも良いです。その一方で、消費電力は165Wとこちらの方が低消費のため、能率はこちらの方が高いです。

 性能をみてもライバル機種に比べて消費電力が低い割に除湿量が多いので、コンパクト機種のなかでは除湿性能は最も良い機種です。ただ、タンク容量は2.5リットルと標準的ですね。

201504250948.jpg

 衣類乾燥機能も搭載されます。ただし、2キロの衣類乾燥に要する時間は120分です。同じコンプレッサー式のコロナよりは優秀ですが、やはり、この用途では、パナソニックのデシカント方式やハイブリッド式が良いです

 また、パナソニックの「ナノイー」に相当する除菌イオンであるプラズマクラスターも搭載されます。こちらも、静電気除去や衣服の付着臭の除去に効果が期待できるでしょう。

 結論的に言えば、小型機種として比べた場合、性能面・省エネ面ではもっともオススメできる機種になります。衣類に使わない前提の省スペース用としてはこの機種はオススメです。


  
 【2017】

 4・シャープ プラズマクラスター CV-G120-W
  ¥29,471 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】

 4・シャープ プラズマクラスター CV-F120-W
  ¥32,700 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)


 適応面積:加湿:木造 〜14畳/洋室 〜28畳
 消費電力:
270W
 除湿量: 11リットル
 静音性:45デシベル
 サイズ:高さ565×幅360×奥行260mm 
 センサー:
湿温度センサー・ニオイセンサー
 タンク容量:約3.1L

 こちらは、シャープ社のコンプレッサー式の除湿機です。こちらも、過年度モデルが併売中ですが、性能は同一です。

 適応面積は、木造24畳、洋室27畳まで対応可能で、リビング用の大きめモデルです。

 除湿量は、1日11リットルで、この点ではパナソニックのハイブリッド式を上回り、最高性能です。消費電力についても、220Wという低消費電力であり、静音性もこちらの方が高いです。

 201505191922.jpg

 シャープ社は、国内の空気清浄機シェアも高いメーカーですが、その技術を除湿機でも生かしており、東芝同様の優れた送風性能を持ちます。除湿のムラを押さえることができるでしょう。

 衣類乾燥機能は、その一方で、パナソニックのハイブリッド方式に比べた場合、衣類の乾燥時間は、2キロで約80分とこちらのほうが時間がかかります。そういった意味で、シャープのコンプレッサー式は、短時間衣類を乾燥するのではなく、じっくり除湿をする場合に良い機種です。

 そのほか、パナソニックのナノイーに相当する、プラズマクラスターイオン放出機能が付属します。静電気除去や、衣服の付着臭の除去には効果が期待できます。

 以上、シャープ社の空気清浄機能付き除湿機の紹介でした。低消費電力で高いパワーを持つ基本性能が高い機種です。本体のデザインも、他メーカーに較べると断然スタイリッシュであるため、デザイン的にもオススメできます。

三菱電機のコンプレッサー式除湿機

  

 【2017】

 5・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100MX-W
  ¥26,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 6・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100LX-W
  ¥25,295 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜11畳/洋室 〜17畳
 消費電力:
275W
 除湿量: 9リットル
 静音性:46デシベル
 サイズ:高さ534×幅360×奥行210mm 
 センサー:3D
温度センサー
 タンク容量:約3.0L

  MJ-100MX は、三菱電機のコンプレッサー式の除湿機です。こちらは2016年モデルが併売中ですが、型番のみの変更で、機能差はありません。デンキヤでの値引き対策のための変更でしょう。

 適応面積は、木造11畳、洋室17畳まで対応可能な、標準的なパワーの除湿乾燥機です。

 除湿量は、1日9リットルと標準的なスペックで、消費電力もコンプレッサー式のため275Wと低いですが、たのコンプレッサー式に較べるとわずかに電力は多めです。

 201604240940.jpg

 衣類乾燥機能は、一方で、かなり面白いと言える機種です。同社のエアコンにも搭載される3Dムーブアイセンサーを搭載し、前方529エリアの温度状況をふまえて、ピンポイントで乾いていない洗濯物に送風されます。

 上図のように、洗濯物を広範囲に部屋干しする場合には、「この機種が最強」と言えます。衣類は6kgまで一度に乾燥可能です。一方、乾燥にかかる標準時間は非公開です。いずれにせよ、仕組み上、広範囲の洗濯物に対応する機種のため、さほど高速ではないでしょう。

 一方、パナソニックのナノイーに相当するようなイオン放出機能は搭載されません

 以上、三菱の除湿機の紹介でした。除湿機としての力は並ですが、センサーの力で、広範囲の洗濯物に対応できる点は、衣類乾燥除湿機として良い部分だと思います。まとめ洗いをして、大量に部屋で乾かす方は、この機種が選択肢の1つです。


 

 【2017】

 7・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-120MX-W
  ¥32,850 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】

 7・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-120LX-W
  ¥39,480 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜14畳/洋室 〜21畳
 消費電力:
385W
 除湿量: 11リットル
 静音性:48デシベル
 サイズ:高さ534×幅360×奥行210mm 
 センサー:3D
温度センサー
 タンク容量:約3.0L

  MJ-120MX は、三菱電機のコンプレッサー式の除湿機です。

 適応面積木造14畳、洋室21畳までと、先ほどの機種よりも出力を上げた製品です。

 除湿量も、1日11リットルと上昇しており、リビングでも対応できるパワーを持ちます。ただ、消費電力はコンプレッサー式としえは相当高いといえる385Wです。

 下位機種同様に、3Dムーブアイセンサーは魅力ですが、電気代を考えると、コンプレッサー式のメリット性が削られている気もします。

 なお、こちらも新旧両機種ありますが、性能は同じです。


 

 【2017】

 8・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-180MX-W
  ¥36,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 8・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-180LX-W
  ¥37,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜19畳/洋室 〜29畳
 消費電力:
390W
 除湿量: 15.5リットル
 静音性:48デシベル
 サイズ:高さ594×幅372×奥行281mm 
 センサー:3D
温度センサー
 タンク容量:約4.7L

  MJ-120MX は、三菱電機のコンプレッサー式の除湿機の超ハイパワー機種です。適応面積木造19畳、洋室29畳までと、かなり先ほ出力が高い製品です。強力なので、行きつけの温泉宿の脱衣場でも活躍していました。

 除湿量は、1日15.5リットルとここまで紹介した機種のなかでも最も高く、家中をカバーできそうなパワーを持ちます。消費電力も、パワーが強い割に、下位機種とかわらない390Wです。

 この点で、良い機種のように思いますが、ハイパワーで乾燥させるタイプなので、3Dムーブアイセンサーが未搭載です。そう考えると、強力な除湿機としては、次に紹介するコロナの方が魅力的なように思います。

 なお、こちらも2016年モデルがありますが、性能は同じですね。

コロナの大型コンプレッサー式

  

 【2017】

 9・コロナ・CD-H1817(TU) [ブラウン]
 9・コロナ・CD-H1817(AE) [ブルー]
   ¥37,481 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【2016】

 9・コロナ・CD-H1816(TE) [ブラウン]
 9・コロナ・CD-H1816(AE) [ブルー]
   ¥38,000 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜20畳/洋室 〜40畳
 消費電力:
195W
 除湿量: 16リットル
 静音性:40デシベル
 サイズ:高さ570×幅365×奥行202mm 
 センサー:
湿温度センサー
 タンク容量:約4.5L

 CD-H1815は、コロナ社コンプレッサー式の最上位機種です。

 適応面積は、木造20畳まで、洋室40畳までと適応面積が広いハイパワー機です。パナソニック社のハイブリッド式を上回り、最高性能と言えます。

 除湿量も、16リットルと圧倒的で、水タンク容量も4.5Lと大きめです。加えて、消費電力の点でも、こちらのほうが195Wと圧倒的に低いです。なお、消費電力が低いのは、この機種が、省エネ性能の高いDCモーターを採用することで、かなりの効率の良い運転を実行できているからです。

 201505191934.jpg

 衣類乾燥機能は、2キロの洗濯物の乾燥に46分と業界最高水準のスピードです。ただ、衣類乾燥時は、搭載される300Wのヒーターを別に使う方式のため、実際に必要な消費電力は195W+300Wである点に注意です。

 ルーパーはパナソニックの上位機種同様に、上下左右にスイングする機構です。ただ、風の角度から言えば、衣類乾燥はパナソニックのハイブリッド方式の方がより多い点数を乾かせるでしょう。また、除臭に効果的な、ナノイーなどのマイナスイオン発生機能は付属しません

 そのほか、この機種は湿温度センサーが搭載されているため、自動運転ができる機種です。それは東芝やパナソニックの機種と同じですが、こちらはさらにデジタル表示で湿度が具体的に表示されます。例えば、そのため、60%という喉に優しいとされる適湿を維持することなどが比較的容易です。

 静音性の点では、強運転で50デシベルと決して静かではありません。ただ、こちらは静音モードが搭載され、パワーを落として、40デシベル以下に落としてさせることができます。

 ただし、コンプレッサー式ということで、低温度の状況は不得意です。冬だと室温5度以上はないと、除湿機能は効果を発揮しません。反面、夏限定と言うことならば最強の除湿機と言えるでしょう。

今回の結論
最新の除湿機・除湿乾燥機で、電気代や性能面でのおすすめはこの機種!


 というわけで、今回は、デジカント式の除湿を紹介してきました。最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を選定したいと思います。


 第1に、洗面所や8畳以下の部屋で使用する小型機種として、梅雨から夏場に最もおすすめな機種は、

 
 【2017】
 3・シャープ プラズマクラスター CV-G71-W
  ¥19,468 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 3・シャープ プラズマクラスター CV-F71-W
  ¥22,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜8畳/洋室 〜16畳
 消費電力:
165W
 除湿量: 6.3リットル
 静音性:40デシベル
 サイズ:高さ480×幅304×奥行203mm 
 センサー:
湿温度センサー
 タンク容量:約2.5L

 除湿性能 ★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★☆
 電気代  ★★★★★★
 静音性  ★★★★★

 1時間の電気代が5円ほど省エネ性能が高いシャープのコンプレッサー式でしょう。幅が30cmと設置性が良い機種ですし。


 コロナの機種と違って、湿温度センサーが搭載されているため、除湿機の効き過ぎを効果的に防ぎ、その点でさらに省エネ効果も期待できます。タンク容量もこのクラスでは大きめの3リットルということも高いメリット性です。静音性も高いです。

 また、洗面所などでの衣類乾燥についても、生乾きのニオイを防ぐプラズマクラスターイオン搭載など、他機種にない魅力があります。

 一方、コンプレッサー式ということで、冬季はあまり効果的ではありません。しかし、冬季の衣類乾燥に使う予定がなく、梅雨から夏の時期に限定して使うならばこの機種がよいでしょう。

 なお、旧モデルと新モデルがありますが、性能は同じです。デンキヤでの値引き対策で毎年型番を変更しています。


 第2に、梅雨や夏の洗濯物の乾燥にも除湿機を使うことを考えている方は、

  

 【2017】

 5・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100MX-W
  ¥26,800 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 【2016】
 6・三菱 部屋干し3Dムーブアイ MJ-100LX-W
  ¥25,295 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜11畳/洋室 〜17畳
 消費電力:
275W
 除湿量: 9リットル
 静音性:46デシベル
 サイズ:高さ534×幅360×奥行210mm 
 センサー:3D
温度センサー
 タンク容量:約3.0L

 除湿性能 ★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★★★
 電気代  ★★★★★★
 静音性能 ★★★★★


 衣類乾燥に強い、三菱のMJ-100LX-Wを選択肢に加えると良いでしょう。

 3Dムーブアイセンサーを搭載し、ピンポイントで濡れている衣服だけを乾かし、その後自動で運転を停止するため、多めの衣服乾燥にかかる電気代という点では、価格以上のメリットがあります。


 第3に、梅雨から夏にかけて、家全体の除湿効果を狙うのならば、

  

 【2017】

 9・コロナ・CD-H1817(TU) [ブラウン]
 9・コロナ・CD-H1817(AE) [ブルー]
   ¥37,481 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 【2016】

 9・コロナ・CD-H1816(TE) [ブラウン]
 9・コロナ・CD-H1816(AE) [ブルー]
   ¥38,000 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 適応面積:加湿:木造 〜20畳/洋室 〜40畳
 消費電力:
195W
 除湿量: 16リットル
 静音性:40デシベル
 サイズ:高さ570×幅365×奥行202mm 
 センサー:
湿温度センサー
 タンク容量:約4.5L

 除湿性能 ★★★★★★
 衣類乾燥 ★★★★★★
 電気代  ★★★★★★★
 静音性能 ★★★★★★

 DCモーター採用で圧倒的な省エネ性能を見せるコロナのCD-H1817が良いでしょう。コンプレッサー式らしく電気代は1時間に6円とかなり安いですが、適応面積は洋室40畳、木造20畳までと、家が丸ごと対応できる水準です。

 また、搭載される湿温度センサーによる自動運転を利用すれば、電気代はさらに安く上がるでしょう。また、水タンク容量も4.5Lととびきり大きいので、水捨ての手間も軽減されます。静音モード搭載で、静音性にも配慮があります。

 コンプレッサー式の機種は冬場に弱いですが、、衣類乾燥についても、300Wのヒーターを使うことで46分と短くできます。

 難点は、若干サイズが大きなことです。ただ、適応面積が広いので、目立たない端に置くなどもできるため、あまり問題にはならないでしょう。

ーーー 

 というわけで、今回は、除湿機・除湿乾燥機について書いてみました。

1・デシカント式除湿機の比較

  もし、色々考えられて、冬を含めた年中使えるデジカント式や、ハイブリッド式の除湿機も検討対象に入れたいと思われた方、よろしければ、上の記事でフォローしておりますので引き続きお読みください。

  また、このブログには、夏物家電については以下のような記事があります。

1・除湿器の比較
2・エアコンの比較
3・扇風機の比較
4・サーキュレーターの比較

 これらの記事もよろしくお願いいたします。ではでは。

posted by Atlas at 11:50 | Comment(0) | 生活家電

2017年10月15日

比較2017' 解説!新製品の超音波洗浄器14点の特長とおすすめ:眼鏡・時計・宝石・プラモデル洗浄など

【2017年10月】眼鏡・時計・プラモデル・アクセサリー向け超音波洗浄機の性能とおすすめ・選び方: 東芝 超音波洗浄器 MyFresh TKS-210, シチズン 超音波洗浄器 SWT710 SW5800 TWINBIRD 超音波洗浄器 ホワイト EC-4518W EC-4548W , プラダ 超音波クリーナー“SONIC WAVE” cc001 LifeBasis 着脱式洗浄機 750ml 850ml 1400mlAKARUI 超音波洗浄器 眼鏡洗浄機/ 時計対応機種の違いと口コミ評価ランキング

今回のお題
綺麗に汚れを落とせる超音波洗浄器のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、メガネ・時計などを洗浄できる超音波洗浄器の比較です。、時計のバンドメガネの掃除から、ジュエリーやアクセサリープラモデルのパーツ洗浄まで多用途に使える家電です。Atlasも長いこと使っています。

 201603091315.jpg

 今回は、東芝やシチズンの人気製品をはじめとして全14機種を紹介します。また、小型モデルから業務用の大きめモデルまで紹介するつもりです。

 いつものように、各製品を比較した後で、最後にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

各社の超音波洗浄器の比較

 では、早速ですが、おすすめ製品の比較をはじめます。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  ¥11,000 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:150×130×40mm
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋;取り外し可

 MyFresh TKS-210は、東芝が発売する超音波洗浄機です。2010年発売開始の「超ロングセラー」で、Atlasも愛用している製品です。

 asobejoh-3.jpg

 洗浄桶のサイズは、実寸で、150×130×40mmと広めです。Atlasは、幅広の眼鏡(特注品の16センチ)を使っていますが、このサイズでも傾ければ入ります。ちなみに、眼鏡屋の洗浄サービスでは、入らなかったこともあるものです。

 asobejoh-4.jpg

 時計の洗浄は、上記のような付属アダプターにより対応できます。完全防水の時計(写真はオシアナスの米国モデル)でも、文字盤部分に水がかかるのは(耐水でも)良くないので、このようなアダプターを利用します。ちなみに、洗った後は、金属製のバンドから「キュッ、キュッ」という感触、つまり手油のない真新しい感触が復活します。

 その他、アクセサリー用、DVD等の洗浄用パーツも付属しますね。

 asobejoh.jpg

 使用後のお手入れは、この機種は容易です。なぜなら、フタの部分が台座から外せるからです。この方式だと、台所での洗浄がとても楽です。

 以上、 MyFresh TKS-210の紹介でした。今回紹介する製品のなかでは、最も洗浄桶が広いモデルです。そのため、プラモデルの洗浄や汚れたDVDの洗浄など特殊な用途にも幅広く使えるモデルと言えるでしょう。お手入れも楽だなので、その点でもおすすめできます。

ーーーー

  

  2・LifeBasis 着脱式洗浄機 750ml
  ¥6,299 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:非公表
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

  なお、ほぼ同形状の製品が、アジア系製品を取り扱うLifeBasis 着脱式洗浄機から、併売中です。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表ですが、DVD対応の明示があり、外形寸法から判断しても東芝とほぼ同様です。

 時計の洗浄は、対応し、DVD洗浄用のパーツやアクセサリーパーツも付属します。

 使用後のお手入れは、フタの部分が台座から外せる仕様です。 

 以上、LifeBasis 超音波洗浄機の紹介でした。おそらく特許切れの「ジェネリック家電」の扱いです。保証面・アフターサポート面では東芝が優勢でしょうが、価格面では魅力があります。


 201603091315.jpg
 3・シチズン 超音波洗浄器 SWT710
  ¥7,427 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:180×87×58mm
メガネ洗浄;◎
時計洗浄:×
宝石洗浄:×
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 超音波洗浄器 SWT710は、シチズンの新製品です。

 超音波洗浄機は「コモディティ化」が進んでおり、ほとんど新製品が出ない状況です。このブログ記事も、5年以上更新していますが、こちらはかなり久しぶりの新製品でした。

 201710142347.jpg

 洗浄桶のサイズは、180×87×58mmです。こちらも幅広タイプで、Atlasの眼鏡でも入りそうです。一方、幅は87mmですが東芝と違って長方形なので、変わらないでしょう。一方、形状的にDVDなどのメディアの洗浄はできません

 201603091323.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターを介すことで可能です。


 201603091321.jpg

 使用後のお手入れは、一方で、カゴが取り外せないのですが、タッチパネルを含めて防水対応なので、さほど問題ないでしょう。

  以上、シチズンの超音波洗浄機の紹介でした。比較的新しい製品のため、デザイン性が良いです。また、洗浄桶の容積も広く便利です。一方、プラモデルなどの部品やDVDの洗浄は、タテヨコの面積が広い東芝の方がやりやすいでしょう。


 
 4・シチズン 超音波洗浄器 SW5800
  ¥3,545 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:148×125×45mm
メガネ洗浄;△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 超音波洗浄器 SW5800は、シチズンの格安製品です。

 洗浄桶のサイズは、148×125×45mmです。眼鏡には対応できますが、Atlasのような大きめの眼鏡は厳しいでしょう。148mmまでしか対応できません。

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。一方、DVDなどの大物の洗浄はできません

 使用後のお手入れは、この製品については、防水表記がないため、外観を濡らさないように気をつけて洗浄する必要があるでしょう。

 以上、シチズンの超音波洗浄機SW5800の紹介でした。国産の「メーカー品」を格安に手に入れたい場合は候補となります。洗浄桶が小さいので汎用性が低いのはネックですが、「眼鏡・時計専用」と考えると必要十分でしょう。


  

 5・TWINBIRD 超音波洗浄器 EC-4548W
  ¥6,943 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

洗浄桶:145×70×33mm
メガネ洗浄:△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋;取り外し不可

 超音波洗浄器 EC-4548Wは、日本のツインバード工業の製品です。この製品も2016年登場と比較的新しい製品です。

 洗浄桶のサイズは、145×70×33mmです。ここまで紹介した中でも桶はかなり小型です。通常サイズの眼鏡でも男性用のサングラスなどは難しいでしょう。 

 201710150003.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。他社のように、アクセサリー用のバスケットも付属しますが、とくにこちらは、外観のダイヤカット柄がオシャレで、鏡台などに化粧品などとおいても違和感がないデザインです。女性向きのこういった用途を狙っている製品ですね。

 使用後のお手入れは、この製品については、防水表記がないです。全体を水洗いするのではなく、布などで丁寧に拭く機種です。なお、後ほど紹介するように、超音波洗浄機には、専用洗剤があります。そういったものを利用する場合、このような丸洗いできないタイプは扱いが困難です。

 以上、ツインバード工業超音波洗浄器 EC-4548Wの紹介でした。外観のデザイン性は、確実に需要がある製品でしょう。一方、丸洗いできない構造は、洗浄剤を使う場合には難点でしょう。もともとそのようなものを使えない宝石類の洗浄など向きでしょう。



 6・TWINBIRD 超音波洗浄器 EC-4518W
  ¥3,340 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

洗浄桶:不明(外形約 225×155×145mm)
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋;取り外し不可

 超音波洗浄器 EC-4518Wは、日本のツインバード工業の製品です。同社の下位機種になります。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、実寸で横幅18cmほどあるため、大きめのサングラスでも対応できそうです。容積的にも600mlの水が入るため、容積では東芝に次ぐ水準でしょう。

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。アクセサリー用のバスケットも付属します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で、布などで丁寧に拭く必要がある機種です。

 以上、ツインバード工業超音波洗浄器 EC-4518Wの紹介でした。大きめの洗浄桶ながら格安なので、ある程度大物の洗浄を格安で考えているならば良いかもしれません。


 

 7・プラタ SONIC WAVE cc001
  ¥3,798 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

洗浄桶:不明(桶の幅は15センチほど)
メガネ洗浄:△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

  SONIC WAVE cc001は、プラタが販売する製品です。アジア系の輸入商社の販売する製品で、外国製品ですね。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。実寸で横幅15cmほどですので、サングラスなどは非対応です。

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。アクセサリー用のバスケットも付属します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で一体型の製品です。

 以上、SONIC WAVE cc001の製品でした。格安品ですが、国内メーカーの製品でもこの値段で買える点をふまえると、やや訴求力に乏しいでしょう。


  201710150049.jpg

 【600ml・眼鏡・時計用】

 8・LifeBasis 超音波洗浄機 600ml
  ¥5,599 Amazon.co.jp
(
10/15執筆時

 【700ml・眼鏡・時計・DVD用】

 9・LifeBasis 超音波洗浄機 750ml
  ¥4,999 Amazon.co.jp (10/15執筆時)
 10・LifeBasis 超音波洗浄機 750ml
  ¥4,999 Amazon.co.jp (10/15執筆時)
 11・LifeBasis 超音波洗浄機 750ml
  ¥4,999 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 【850ml・業務用】

 12・LifeBasis 超音波洗浄機 850ml
  ¥7,399 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 【1400ml・研究機材用】

 13・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥9,999 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:機種による
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

  LifeBasis 超音波洗浄機は、アマゾンで人気の大型超音波洗浄機です。6種類のラインナップがり、水量別に選べます。また750mlサイズについては、3種類のデザインがあります。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、600mlは他社の眼鏡・時計専用サイズ、750mlは東芝と同じDVDにも対応できる幅広タイプ、800ml1400mlは、例えば実験器具などの洗浄にも対応できる業務用サイズと言えます。

 時計の洗浄は、いずれの機種も対応します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で一体型の製品ですので、ある程度気をつけて洗浄する必要があります。

 以上、LifeBasis 超音波洗浄機の紹介でした。とくに800ml以上の製品は、市場のニッチニーズに応える良い製品でしょう。一定の需要がありそうです。


 

 14・AKARUI 超音波洗浄器
  ¥2,998 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

洗浄桶:不明
メガネ洗浄:○
時計洗浄:×
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

  AKARUI 超音波洗浄器 は、アマゾンで販売されている製品です。こちらも中国からの輸入品ですね。

 この機種の面白い部分は、充電式電池を内蔵する点です。電池でも利用できるため、コードレス利用も可能です。USB充電もできますね。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、本体の幅は18cmですので、大抵の眼鏡は対応できるでしょう。

 時計の洗浄は、この機種は、容量的には可能ですが、専用アダプターは未付属です。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応です。

 以上、AKARUI 超音波洗浄器の紹介でした。充電式というのが大きな特長です。コードレスで利用せざるを得ない環境ならば、選ぶメリット性がありそうです。

今回の結論
超音波洗浄器のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回は超音波洗浄機を紹介してきました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、眼鏡や時計の洗浄用として現在最もおすすめできる超音波洗浄機は、

 201603091315.jpg
 3・シチズン 超音波洗浄器 SWT710
  ¥7,427 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:180×87×58mm
メガネ洗浄;◎
時計洗浄:×
宝石洗浄:×
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 シチズン超音波洗浄器 SWT710でしょう。

 こちらは、大きめの洗浄桶を採用し、大きなサングラスにも対応できるほか、時計やアクセサリーについてもしっかりしたアダプターで対応できます。

 

 シチズン ミクロマジック WL100
  ¥567 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

 なにより、本体が防水対応で、丸洗いできる点が便利です。というのも、シチズンからは超音波洗浄器専用洗浄液がでており、これを使うと、水だけの場合よりかなり眼鏡や時計が綺麗にできるからです。これは家庭用の食器用中性洗剤でも代用できますが、その場合も、この機種の「丸洗い対応」の部分が活きてきます。

 デザイン的にも優れ、本体もしっかりしています。国産メーカー製で信頼できる製品を探している方にはおすすめできます。


 第2に、DVDなど眼鏡よりも大きなものの洗浄を考えているならば、

  
  ¥11,000 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:150×130×40mm
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋;取り外し可

 東芝が発売するMyFresh TKS-210が良いでしょう。

 洗浄桶が大型で、DVD用のアタッチメントも付属するため、この用途には向いています。読み込み不良になったDVD対策には便利です。もちろん、眼鏡や時計にも汎用的に使える製品なので、色々試したい方は、この製品が良いと思います。


 第3に、業務用・プラモデル用など比較的大型な超音波洗浄機が欲しい方には、

 

 【850ml・業務用】

 12・LifeBasis 超音波洗浄機 850ml
  ¥7,399 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

 【1400ml・研究機材用】

 13・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥9,999 Amazon.co.jp (10/15執筆時)

洗浄桶:機種による
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

  LifeBasis超音波洗浄機が良いでしょう。

 日本市場で家庭用に販売されているものでは最も大きな製品ですから。また、大きいだけではなく、時計や宝石用のアタッチメントも付属するため「大は小を兼ねる」使い方ができるも魅力ですね。

ーーーー

 というわけで、今回は、超音波洗浄機の比較でした。


 シチズン ミクロマジック WL100
  ¥567 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

 なお、超音波洗浄器は、水だけでも洗浄可能です。

 しかし、専用の洗浄剤を使うとより綺麗になります。Atlasは上の洗浄液を使いました。シチズンのものですが、東芝など他機種でも利用可能です。


  

 超極細繊維クリーニングクロス
  ¥1,480 Amazon.co.jp
(10/15執筆時)

 さらに、高級なメガネなどには、こういったクリーニング専用のクロスを使えば、レンズを痛めずに済みます。こちらは、デジカメのレンズ掃除にも使えるほどのものです。

ーー

 最後になりましたが、記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 01:22 | Comment(0) | 生活家電

2017年10月08日

比較2017' 水道代が安い!小型洗濯機10製品の特長とおすすめ【1人暮らし向け】(1):4.2kg 5kg 6kgクラスの激安洗濯機

今回レビューする製品【2017年10月】1人暮らし向け小型洗濯機の性能・選び方:東芝・パナソニック・ハイアール・日立・シャープ:AW-4S3 JW-K42K JW-K50K AW-5G3 NW-5WR NA-F50B11-S NW-7WY NW-8WY ビートウォッシュ BW-7WVAW-7G3 ES-GV80RNA-FA80H2-N BW-8WV-A BW-D8WV ES-TX850 BW-9WV-S BW-D9WV-N AW-5G5-W AW-6G5-W JW-C45A-K JW-C55A-K JW-C55A-W NA-F50B11-S NA-F60PB11-T ES-TX5A-P NW-50A-W 4.5kg 5.5kg 1人暮らし向け2万円激安モデルなど 違いや口コミランキング

今回のお題
1人暮らしなどに向く小型洗濯機タテ型洗濯機のおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。今日は、洗濯機の比較です。  

 なお、このブログ「モノマニア」には洗濯機の比較記事が3つあります。

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜10キロの中型洗濯機

3・ドラム式洗濯機の比較

 今回は、1番の記事で、比較的格安な小型洗濯機の紹介をします。

 1人〜2人暮らし程の方に向いた機種になります。そうした機種をお探しの場合でも、小型ドラム式洗濯機を探しておられる方は、上記3番の記事をご覧ください。

 なお、「まとめ洗い」に適した、大きめの7キロ・8キロ・9キロの洗濯機をお探しならば、2番の記事(こちら)をご覧ください。1人暮らしでも1週間分まとめ洗いする方は、7キロでも良いです。

 ちなみに、洗濯機は、小型が9月頃、中型が5月頃に新製品が毎年出て、翌年1月から従来機が値下がりしていく傾向がある家電です。そこで、今回は、最新機種のほか、「型落ち」も含めて、現在手に入る機種を紹介していこうと思います。

洗濯機の比較基準と選び方

  さて、今回の記事では、複数の機種を比較しますが、以下の4点に注目しながら、各機種を比較します。
1・カビ対策
 洗濯槽のカビ対策がなされているか?
2・静音性
 動作音は静かか?
3・サイズ
 賃貸の洗濯機置き場に置けるか?
4・エコ性能
 節水・節電性能が高いか?
 このような基準から良さそうな機種を選んでいきます。
 なお、タテ型洗濯機の場合、節水機能が過ぎると、洗濯時に糸くずが十分に取れないなどの難点があります。そのような問題も考えに入れつつ、最後に「Atlasのおすすめ機種」を選定します。

 なお、今回は、4.2キロ・5キロ・6キロの洗濯機を紹介します。1人暮らし用としては、男性は4.2kg、女性は5kgが一般的です。2人暮らしでも、過度のまとめ洗いをしないならば、このサイズで十分です。賃貸マンションに設置する場合も、5.0kgまでならば問題なく洗濯台に設置できます。一方、1週間分のまとめ洗いをしたい場合は、6キロのモデルを選ぶのも良いでしょう。

小型洗濯機の比較

 では、機種ごとに紹介して行こうと思います。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめ機種ポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  

 1東芝 5全自動洗濯機 AW-5G5-W

  ¥31,500 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 99L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度センサー・布量センサー
 【風呂水ポンプ付き】
 2・
東芝 全自動洗濯機 AW-6G5-W  
  ¥38,000 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)
【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 107L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度センサー・布量センサー

 はじめに紹介するのは、東芝小型洗濯機です。東芝は、売れ筋の小型洗濯機を多く出しているメーカーですが、再建の一環か、ことしから4.2kgクラスを全廃したため、小型では5kgと6kgの2種のラインナップです。デザイン的には白基調で、操作パネルを含めてシンプルなデザインです。

 なお、6kgモデルについては、お風呂の水をくみ上げるための「風呂水ポンプ」が付属します。

201608011909.jpg

 洗浄力の点では、東芝の「伝統」であるパワフル浸透洗浄機能が目立ちます。これは、最初に水を少なくすることで、高濃度の洗浄液を作って、汚れを落としやすくするという機能です。ただ、最近は、他社も同等の機能を搭載してきました。ネットに入れれば、毛布洗浄も可能です。

 センサーは、温度によって洗濯時間の短縮をはかる温度センサーのほか、布の絡み具合をチェックするからみまセンサー(布量センサー)が採用されます。

 使用水量は、さほど力を入れず、4.2kgサイズで99Lと平均的です。この点について言えば、過度に使用水量が少ないと、糸くずが取りきれない場合があるため、これは一長一短です。なお、6kgモデルは、風呂水ポンプが付属します。

 乾燥機能については、「風乾燥」機能が付属します。風乾燥とは、脱水が済んだ少量の洗濯物(1キロ程度)に風を吹きかけて、簡易的に乾燥させるものです。完全に乾かないので、干す必要はありますが、乾く時間が短くて済みます。

 ステンレス槽は、どの製品もカビに強いステンレス槽が搭載です。清潔性の点では、メリット性が高いです。

 以上、東芝の小型洗濯機の紹介でした。センサーが充実しており、低価格機としては性能に期待できるモデルです。ステンレス槽が搭載となる5.0kg以上は特にお買得だと思います。


  

 3・ハイアール 4.5kg JW-C45A-K 【黒】
  ¥19,980 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

【洗濯容量】4.5kg
【使用水量】 76L

 4・ハイアール 5.5kg JW-C55A-K 【黒】
 5・ハイアール 5.5kg JW-C55A-W 【青】
   ¥21,200 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】
90L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 続いて、紹介するのは、中国の大手、ハイアールの小型洗濯機です。1番で紹介した東芝よりも安いの値段の洗濯機です。

 同社の洗濯機の特長は省スペース性です。特に4.5kgのモデルは、高さが88.8センチと最小で、幅も50センチを切るサイズです。家庭で邪魔にならず置けるという点で優れるモデルです。

 201503021704.jpg

 洗浄力の点では、東芝の「パワフル浸透洗浄」に相当する高濃度洗剤によるプレウォッシュ機能や、毛布洗浄コースが付くなど健闘しています。

 使用水量は、4.5kgタイプでは「節水NO.1」となる76リットルを実現しています。東芝の5kgが92リットルであるのに比べるとかなり節水が可能です。節水を可能にしたのは、底部のスパイラルセーターの形状の工夫です。より効率的に洗濯物を回すことができます

 センサーは、特段採用されません。この点は、価格が安いだけに、妥協しなければならない点ですね。    ステンレス槽は、こちらの機種は、4.5kg・5.5kgともに採用されています。洗濯機はカビやすいので、この点は清潔性の面ではかなり重要です。

 乾燥機能については、こちらも「風乾燥」機能が付属します。

 以上、ハイアールの小型洗濯機の紹介でした。使用水量が少ない点、ステンレス槽が採用される点は、低価格機としてはかなり魅力です。1人暮らしはたいへんにお金がかかるものですから、予算を重視するならば、このモデルは良い選択肢でしょう。


  

 6・日立 全自動洗濯機 NW-50A-W
  ¥34,530 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】122
L
【ステンレス槽】なし
【センサー】

 こちらは、日立の小型全自動洗濯機 です。日立は、7キロ前後クラスの世帯向け洗濯機(ビートウォッシュ)では性能の良い機種を出していて、売れ筋です。

 ただ、5kg以下の小型クラスにはあまり力を注いでおらず、このモデルも魅力に乏しいです。

 例えば、消費電力は他社より高めで、センサーも搭載されず使用水量もかなり多めです。ステンレス槽も不採用です。こうした点で、積極的にオススメできるポイントは見あたりません。


 

 【2016年型番】

 7・パナソニック NA-F50B10-S
  ¥34,891 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-F50B11-S
  ¥49,464 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 114L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 こちらは、パナソニックの小型機種です。こちらは、新旧両モデルありますが、今年度は型番のみの変更で性能差はありません。

 サイズは、5kgで、家庭用の小型機種となります。

201509011325.jpg

 洗浄力の点では、ビックウイングパルセーターの採用が魅力です。大きめの3枚の羽根が水流のかくはんを促し、洗浄力を高めます。パナソニックは使用水量が10Lほど多めですが、水力とパワーを活かして、洗浄力は他社よりも高いです。洗い残しを極力避けたいと考えている方は、オススメですね。

 201301221543.jpg

 ステンレス槽は、採用されます。また、東芝に採用されている、ステンレス槽、 槽洗浄・槽乾燥機能のほかに、脱水時に自動的に洗濯槽の裏の洗剤くずを振り落とす「カビクリーンタンク (上図)」を採用しています。これは、パナソニックの6万円以上の大型高級機にも採用されている高価な技術です。これは他機種に較べて大きなメリットでしょう。

 センサーは、この機種は実装されません。同社は、センサーの利用が得意なメーカーですが、このクラスだと不採用ですね。節水効果よりも、洗浄力の信頼性を重視した設計なのかもしれません。このほか、柔軟剤の香りを残す「香りしっかりコース」の搭載が面白いポイントですね。

 以上、パナソニックの小型洗濯機の紹介でした。洗浄力については、小型洗濯機としては最高クラスでしょう。きちんと、糸くずなどを落としたいと考えている方は、このモデルを選ぶメリットは高いと思います。


 

 【2016年型番】

 8・パナソニック NA-F60B10-N
  ¥39,432 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

 【2017年型番 6kg】

 8'・パナソニック NA-F60B11-N
  ¥54,853 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 116L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 こちらは、パナソニックの小型機種です。

 サイズは、先ほどに比べるとやや大きく6kgです。小型とは言え、お子さんを含む三人家族程度まで対応できるサイズです。

 こちらも、新旧両モデルありますが、今年度は型番のみの変更で性能差はありません。

 また、洗浄能力やその他の点も、使用水量がわずかに増えた程度で、5.0kgの下位機種と同じです。そのため、詳しくは、1つ上の記事をご覧ください。

ーーーー

 

 【2017年型番】

 9・パナソニック NA-F60PB11-T  
  ¥65,642 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

 【2016年型番】
 9'・パナソニック NA-F60PB10-T  
  ¥49,611 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

 また、こちらには、お風呂から残り湯をとれる【バスポンプ付属】の機種も用意されます。性能は上記の6kgモデルと同等です。


 

 10・SHARP 洗濯乾燥機 ES-TX5A-P
  ¥47,241 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】 75L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 こちらは、シャープの洗濯機です。多少高いですが、小型としては唯一、本格的な乾燥機能が付属する点が「売り」です。他社からは発売されていないので、小型で乾燥機能が欲しい場合はこちらが唯一の選択肢ですね。

 他社は、風を使った簡易的な乾燥機能だけですが、こちらはヒーターを使って完全に乾かせる乾燥機能が付属します。ただ、ドラム型などと同じように、乾燥をしたい場合は、洗濯容量は3.5kgまでとなります。電気代は、洗濯〜乾燥時に60円ほどですので、コインランドリーよりだいぶ割安です。

 201611021908.jpg

 洗浄力の点では、シャープの場合、パナソニックほどの工夫は見られません。ただ、シャープは、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用するため、5.5kgの機種としては使用水量76Lとかなり少なくて済みます。節水タイプですが、浸される水の量は100Lクラスと同等なので、糸くず問題は発生しにくいでしょう。

 ステンレス槽は、採用されます。また、「穴なし槽」が採用されるので、洗濯槽の裏の黒カビなどが水に侵入することを防ぎます。また、パルセーターをはじめとする樹脂製の部品も抗菌・防かび加工がなされているため、清潔性は高いです。一方、洗濯槽の裏側に付く黒カビの対策は、パナソニックのほうが上位ですね。

 センサーは、この機種も実装されません。乾燥機能を付属させて、この価格にするためには、仕方ない部分でしょう。ただ、東芝のような布量センサーこそありませんが、脱水終了時の運転速度を落とすことで、洗濯物の絡みを防ぐ機構は付属します。

 以上、シャープの小型洗濯機の紹介でした。乾燥機能が付属する唯一の機種です。1人暮らしでも、乾燥機能が欲しい方は一定数いると思います。そういった方に、おすすめできる機種ですね。

今回の結論
小型洗濯機のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回の前編記事では、小型洗濯機について書いてきました。

 いつものように最後におすすめ機種をあげておきたいと思います。


 第1に、水道代が安い、1人暮らし向けの小型洗濯機としておすすめできる機種は、

  

 3・ハイアール 4.5kg JW-C45A-K 【黒】
  ¥19,980 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

【洗濯容量】4.5kg
【使用水量】 76L

 4・ハイアール 5.5kg JW-C55A-K 【黒】
 5・ハイアール 5.5kg JW-C55A-W 【青】
   ¥21,200 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】
90L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 カビ対策:★★★★★

 静音性 :★★★★★
 
サイズ :★★★★☆
 
エコ性能:★★★★☆

 ハイアールの4.5kgの小型全自動洗濯機でしょう。この価格で、ステンレス槽を採用しているのは優秀ですから。使用水量も76Lとダントツ低いため、光熱費の面でのメリット性もあります。

 節水モデルは、それが過ぎると、糸くずが取りにくい部分もありますが、男性の1人暮らしのように、少量のシャツ・下着・パンツなどを洗うには十分な性能です。また、大事な服はクリーニングという人も多いでしょう。指定された量以上に押し込まず、一度に大量に洗わないように気をつければ大丈夫です。

 ただし、糸くずの点で心配がある方、女性や2人暮らしの方については、水量の点で余裕がある5.5kgを選んでも良いでしょう。



 第2に、性能面で一番充実した小型洗濯機としておすすめできるのは、

  

 【2016年型番】

 7・パナソニック NA-F50B10-S
  ¥34,891 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)
 7・パナソニック NA-F50B10-S
  ¥34,400 楽天市場 (10/8執筆時)

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-F50B11-S
  ¥49,464 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 114L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 カビ対策:★★★★★★
 静音性 :★★★★★
 サイズ :★★★★☆
 エコ性能:★★★★★★

 パナソニックの5キロモデルが良いでしょう。洗濯機で最も重要な「洗浄力」が高い機種だと思います。

 ステンレス槽、 槽洗浄・槽乾燥機能のほかに、脱水時に自動的に洗濯槽の裏の洗剤くずを振り落とす「カビクリーンタンク が付いており、メンテ性が高い点も評価できます。容量も5kgあるため、1人暮らしでもこの大きさがあれば、1回で終わるでしょう。

ーー

 

 【2016年型番】

 8・パナソニック NA-F60B10-N
  ¥39,432 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

 【2017年型番 6kg】

 8'・パナソニック NA-F60B11-N
  ¥54,853 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)

 8・パナソニック NA-F60B10-N
  ¥37,300 楽天市場 (10/8執筆時)

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 116L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 ただ、2人以上でお暮らしの方や、洗濯物を1週間まとめ洗いされるような方は、多少余裕のある6キロタイプもオススメです。

 外形寸法は5kgモデルと同じですので、マンションの洗濯台にも置けます。


 第3に、脱水後の洗濯物の絡みつきが特に気になる方におすすめできるのは、

   

 1東芝 全自動洗濯機 AW-5G5-W
  ¥31,500 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 99L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度センサー・布量センサー

 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 サイズ :★★★★★
 エコ性能:★★★★★

 東芝の5kgの小型洗濯機でしょう。ステンレス槽が採用されている上で、この価格の製品としては、センサー類がかなり充実していますから。とくに、衣類の絡みつきを防ぐ「からみまセンサー」は東芝の独自機能です。

 節電面や、仕上がりの面でも、とくに期待ができる製品です。


 第4に、比較的小型で乾燥機が付いた洗濯機が欲しい方は、

 

 10・SHARP 洗濯乾燥機 ES-TX5A-P
  ¥47,241 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】 75L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 シャープの乾燥付き洗濯機でしょう。タテ型機種では、唯一、ヒーターによる乾燥機が付属する機種ですから。

 洗濯機能も、同社独自の「穴なし槽」を採用するなど、清潔性や、節水性の点で見所がありますので、「たまに、乾燥機を使うだけ」という方にもおすすめできます。

3・ドラム式洗濯機の比較

 ただし、日常的に乾燥機能を毎回使う場合ですが、光熱費と言うよりも「洗濯しわの少なさ」の点で、圧倒的に小型ドラム式が有利です。サイズ的にも、賃貸住宅の洗濯台に入らないと「洗濯機が売れない」ので、タテ型と同じ規格で作っているので、たいていのご家庭で導入可能です。

 また、イメージ的に「室外に置けない」感がありますが、タテ型洗濯機と同じく、ベランダ置きも問題ありません。Atlasも(部屋の構造的に)大きなドラム式をベランダ置きしています。

 ネックは小型でも10万円を超える価格の高さですが、上述の点で、導入の選択肢から外している方は、検討しても良いとお思います。その場合は、上のリンク記事も、ぜひご参照ください。

洗濯機の購入と設置について

 最後に、通販で買う場合の、洗濯機の配送と設置法について解説します。

 201704081858.jpg

 Amazonで購入される場合、それぞれの洗濯機のリンク先の「新品の出品」をクリックした先にある「コンディション欄」をみればセッティング対応業者を見つけることができます。

 搬入について基本的には「玄関渡し」の場合が多いですが、狭い1ルーム程度の部屋の場合は、お願いすれば、設置場所に置いてくれることもあります。段ボールで引きずれば、1人で運ぶことも可能ですね。

 201608012032.jpg

 設置は、給水部については、どの機種も給水ホースが付属します。ホース類は一般的な横水栓の蛇口や、上記のような自在水栓がマンションにあれば、素人でも簡単に取付可能です。

201608012036.jpg

 排水も、ベランダ取り付けならば、付属の排水ホースを付けるだけです。詳しい説明書があるため、まず、間違わずに付けられます。

ーーー

 なお、洗濯機のサイズについては、マンション用に規格化されている洗濯台に合うサイズになっていますので、基本的には「縦横の寸法」はどれも同一です。

 洗濯容量が多いモデルは、縦方向に高さを伸ばすことで容量をアップしています。

次回記事の予告!
まとめ洗いできる洗濯機・洗濯乾燥機のおすすめは?

 というわけで、今回の前編記事では、小型洗濯機を比較し、オススメ記事を書きました。

 次回の後編記事こちら】では、1人暮らしでも1週間分一気に洗濯をする人のために中型以上の洗濯機を紹介します。

 後半の記事は→こちら

 この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter ・Facebook・ はてなブックマークなどのボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

 ちなみに、洗濯機は、小型が9月頃、中型が5月頃に新製品が毎年出て、翌年1月から従来機が値下がりしていく傾向がある家電です。そこで、今回は、最新機種のほか、「型落ち」も含めて、現在手に入る機種を紹介していこうと思います。
posted by Atlas at 16:27 | Comment(0) | 生活家電

比較2017’ 洗浄力で選ぶ!縦型洗濯機21製品の性能とおすすめ【世帯・家族用】(2)洗濯乾燥機〜7kg 8kg 9kg 10kg

今回レビューする製品:2017年10月 家庭用のタテ型全自動洗濯機の性能とおすすめ:世帯用の中型・大型の洗濯機・洗濯乾燥機の紹介・ランキング

今回のお題
まとめ洗いに適した家庭用タテ型洗濯機のおすすめ機種はどれだろうか?

 ども、Atlasです。今日はタテ型全自動洗濯機の話です。

 洗濯機は数が多いので、このブログ「モノマニア」では、記事を3つに分けています。

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜10キロの中型洗濯機

3・ドラム式洗濯機の比較

 今回は、2番の記事です。家庭向きのやや大型のタテ型洗濯機の比較になります。このサイズは、1人暮らしでも1週間のまとめ洗いをしたい方や、お子さんの多いご家庭に向くサイズです。

 もし、1人〜2人暮らしの方で、さほどまとめ洗いをしない方ならば、より格安な5キロ前後の小型洗濯機で十分です。その場合、お手数ですが、1番の記事【小型洗濯機の比較をした記事】をご覧頂ければと思います。

 また、ドラム式洗濯機の比較については、3番の記事をご覧ください。

洗濯機のサイズの選び方

 今回紹介する中型洗濯機は、サイズ的に、7kg・8kg・9kg・10kgがあります。

 サイズは、育ち盛りの子供が多くいるご家庭を除けば、まとめ洗いをする場合でも、8kgと7kgの機種が「売れ筋」です。Atlasも、「大きめが欲しい」ときかれた場合、「部屋の圧迫感」や「費用対効果」をふまえて、8kgか7kgを推薦する場合が多いです。

 なお、「タテ型洗濯機」の場合、サイズは、縦横寸法はどの機種もほぼ共通で、洗濯機の高さだけが変わる仕様です。これは、賃貸や公団住宅などに設置される洗濯台の規格に対応させるためです。

 そのため、基本的には、どの中型洗濯機でも洗濯台に置けますので、買い換え時に多少大型を選ぶのは良いでしょう。

各社の洗濯機の比較

 では、はじめに、大きめの洗濯機のうち、ヒーターによる乾燥機能が付属しない機種について紹介していきます。

 なお、以下では、いつものように、高評価できるポイントについては「赤字」で、イマイチな点は「青字」で紹介していきます。



 
 【2016年型番】
 1・日立 白い約束 NW-70A 【7kg】
  ¥49,104 Amazon.co.jp
(10/8執筆時)
【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】120Wh

【センサー】なし
【ステンレス槽】なし

 2・日立 白い約束 NW-80A 【8kg】
  ¥68,000 Amazon.co.jp (10/8執筆時)
【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 120L
【標準電力量】125Wh
【センサー】なし
【ステンレス槽】なし

 こちらは、日立の比較的価格の安い洗濯機です「白い約束」シリーズに属する洗濯機です。こちらは、後ほど紹介する日立の上位機種の「ビートウォッシュシリーズ」とは洗浄方法が異なるので注意が必要です。

 サイズは、7kg用8kg用が発売されています。8kgは水の使用量も多いため、3-4人程度の世帯ならば7kgが良いです。一方、その人数で1週間まとめ洗いするならば、8kgが良いでしょう。

 使用する水量は、7kg108L8kgが120Lです。決して、節水タイプの洗濯機ではないですが、昔に比べれば「さほど無駄遣い」もしておらず、標準的な水量と言えます。

 消費電力量は、7kg120Whです。乾燥機を使わないタイプとしては標準的な電気使用量です。

 洗浄力の点では、シャワー浸透洗浄という機能が搭載されるのが魅力です。これは、「少ない水で溶かした高濃度洗剤液を衣類にしみ込ませたあと、シャワーをかけながらしっかり洗う」という機能です。こうした機能は10年以上前の洗濯機から導入されていているものなので、お馴染みでしょう。そのほかはとくに見るべき点はありません。

 清潔性の点では、この機種はやや劣ると言えます。というのも、ステンレス槽が採用されていないからです。ステンレス槽の有無は、下位機種と中位機種をわける重要な指標です。そのため、採用されていないのは残念な部分と言わざるを得ないでしょう。

 以上、 日立の洗濯機の紹介でした。価格面ではかなり安くお買得なので、とりあえず、洗えれば良い格安の洗濯機を探している方にはオススメできます。ただ、機能的にはイマイチです。


  

 3・東芝 AW-7G5-W【7kg】
   ¥43,800 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 113L
【標準電力量】125Wh(60Hz)
【センサー】からみまセンサー 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 AW-7G5-は、東芝の洗濯機です。こちらも格安な機種として割と売れているモデルです。

 サイズは、7kg用が発売されています。4人世帯ほどまで対応できるでしょう。

 使用する水量は、7kg111Lです。日立に比べると使用水量がすこし多い機種です。ただ、タテ型洗濯機は、たいした工夫がなく節水が過ぎるタイプだと綿ほこりが取り切れないため、この程度が良いのかもしれません。消費電力量と静音性は、一方、東芝の方が僅かに優秀です。いずれにせよ僅差で甲乙付けがたい性能です。

 消費電力量は、7kg125Whです。同じ要領で較べた場合、やはり東芝の方が消費電力量は高めと言えます。

 201611021744.jpg

 洗浄力の点では、多彩なセンサーが採用されている点が注目です。こちらには、からみまセンサー(布量センサー)と 温度センサーが搭載されており、効果的に洗浄を制御しています。前者は、脱水後に洗濯物が絡んでしまう状況を、時間制御でコントロールする機能、後者は、とくに、暖かい時期の実際の消費電力量の低減に効果を発揮します。加えて、洗濯開始時に少量の水で洗剤を溶かして濃く洗い出せる、パワフル浸透洗浄機能が、日立同様に搭載されていますね。

 清潔性の点では、この価格帯でステンレス槽採用されている のが大きな魅力と言えるでしょう。基本的な槽洗浄・槽乾燥機能も標準装備されています。

 以上、東芝の AW-7G5-W の紹介でした。比較的価格の安いもののうち、世帯向けの大きめな洗濯機では、多彩なセンサーとステンレス槽の採用で魅力が高い機種です。消費電力と水量は加塚に高いですが、このあたりは、「綿ぼこりの取れる量(=パワー)」とバーターになるため、一概にデメリットとは言いにくい部分があります。パワフルさで選ぶならばよい選択肢でしょう。


 

 【2016年】

 4・シャープ ES-GV8A-P 【8kg】
  ¥65,715 Amazon.co.jp
(10/8執筆時

 【2017年】

 4・シャープ ES-GV8B-S 【8kg】
  ¥76,800 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 85L
【標準電力量】67Wh(60Hz)
【センサー】重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

 【2016年】

 5・シャープ ES-GV9A   【9kg】
  ¥69,800 Amazon.co.jp
(10/8執筆時

 【2017年】

 4・シャープ ES-GV9B-N 【9kg】
  ¥93,499 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 95L
【標準電力量】90Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

【2017年新色(発売予定)】

 4・シャープ ES-GV10B-T 【10kg】
  ¥94,827 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 105L
【標準電力量】98Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

 こちらは、シャープのES-GV8AES-GV8 です。シャープの新型の洗濯機ですね。

 なお、これらの機種は、2017年7月に新色が登場しました。色だけの違いで、性能差はないので、値下がりしている旧機種がお買得でしょう。また、今年度から10kgの大容量モデルも加わります。

 サイズは、8kg用9kg用10kg用が発売されています。

 使用する水量は、8kgは水の使用量が85L9kg95L10kg105Lといずれもかなり節水性が高いと言えます。

 消費電力量は、8kgは水の使用量が67whL9kg99Whと、10kg98Whと、電気代の面でも高水準の省エネモデルです。いずれも他社に比べてかなり光熱費が安いと言えます。

 201311111401.jpg

 これは、シャープが独自の「穴なし槽」構造を採用しているからです。穴がない構造はシャープの独自技術でとくに水道代の抑制に貢献します。

 201311111403.jpg

 洗浄力の点では、「ドルフィンパル」という独自構造が魅力です。これは、上下方向にも水流を起こすことでもみ洗い効果を上げる仕組みです。ただ、後ほど紹介する日立のビートウォッシュのように、叩き洗いは再現されていません。一方、センサーは、重量・水位センサーが採用されます。東芝と同等と言えるでしょう。

 清潔性の点では、やや惜しいのですが、ステンレス槽は採用されていないモデルです。シャープにはステンレス槽採用の「穴なしモデル」もあるため、こちらは単なるコスト削減のためでしょう。ただ、穴なし槽はもともとカビが生えにくい構造と言えますし、それに変わって銀イオンによるカビ抑制機構で、洗濯槽の裏の汚れを抑制する仕組みが採用されています。ステンレス槽ではない次善の策として、清潔面で効果的でしょう。

 静音性の面では、このグレーの機種の場合インバーターモーターを採用しており、静かさもある程度期待できます。

  以上、シャープの洗濯機の紹介でした。「光熱費の安さが取り柄」の同社を代表する「穴なし層洗濯機」です。節水性が強いタイプは、「綿ぼこり」が取りきれない点が心配ですが、構造的な利点でそのような心配は少ない機種です。多少価格が高い面と、やはり、ステンレス槽の不採用は残念ですが、とくに光熱費の面ではバランスが取れた家庭向きの機種でしょう。


 

 【2017年型番】

 6・パナソニック NA-FA70H5 【7kg】
  ¥75,000 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】52Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-FA80H5 【8kg】
  ¥84,000 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 97L
【標準電力量】55Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 8・パナソニック NA-FA90H5 【9kg】
  ¥91,649 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 102L
【標準電力量】57Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 8・パナソニック NA-FA100H5【10kg】
  ¥102,000 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 110L
【標準電力量】60Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 つづいて、パナソニックのエコナビ搭載全自動洗濯機の紹介です。

 サイズは、こちらの場合、8kg用から10kg用が発売されています。

 使用する水量は、7kgは水の使用量が92L8kg97Lと、シャープとほぼ同列の節水性能です。

 消費電力量は、7kg52whL、8kg55Whと、こちらについては、シャープの水準より一回り省エネで、かなり電気代は安いと言えます。9L以上のサイズも、やはり同じように省エネです。

 パナソニックの場合は、水温センサーを搭載し、それを利用した節電・節水機能で省エネを実現しています。こうした省エネ性能を同社ではエコナビと呼んでいます。

  p01_blo01_img02.jpeg

 洗浄については、上位機種でも人気の「あわ洗浄機能」が搭載されます。内桶のそこが「泡立て器」の構造になっており、泡を大量に作成し、槽上部から泡を注いで衣類全体を包むような仕組みになっています。これは洗浄液が下部に集中してしまうパワフル浸透洗浄機能の弱点を克服しており、洗浄能力の点ではより優れている言えるでしょう。毛布洗いも対応します。

 また、面白い部分で、「柔軟剤の投入前にすすぎ行程を入れ、柔軟剤の効果を高める」という「フレグランスコース」が加わりました。なお、10kgモデルに限っては、泡を発生させる循環ポンプを持つため、泡の発生量は多いです。そのため、泡洗浄Wという別の機能名が付いています。

 清潔性の点では、ステンレス槽が採用されています。また、カビが生えにくいように、洗濯ごとに自動で洗浄する機能と、カビに強いカビクリーンタンクも搭載され、総合的にシャープの穴あき層に勝るとも劣らない性能と言えます。

 静音性の面では、このグレーの機種の場合インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できるでしょう。

 以上、パナソニックのエコナビ搭載全自動洗濯機の紹介でした。ステンレス槽・エコナビ(省電力・節水)・特長のある洗浄機能という、タテ型洗濯機として備わって欲しい部分は網羅しています。

 前述のシャープの洗濯機とどちらを選ぶのかは難しい選択肢ですが、ここは、省エネ性とステンレス槽の安心感を重視すれば、こちらだと思います。水量が少ないモデルですが、水流を工夫することで節水、節電を行う仕組みのため、糸くずの取り残しの問題は起こりません。

 能的にも充実しており、買って間違いないモデルの一つと言えます。


 

 【2017年型番】
 10・日立 ビートウォッシュ BW-V70B
  
   ¥78,696 Amazon.co.jp (10/8執筆時)
【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 90L
【標準電力量】61Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】
 11・日立 ビートウォッシュ BW-V80B
   ¥84,783 Amazon.co.jp (10/8執筆時)
【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】62Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】
 12・日立 ビートウォッシュ BW-V90B
   ¥95,567 Amazon.co.jp (10/8執筆時)
【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】63Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】
 13・日立 ビートウォッシュ BW-V100B
   ¥95,131 Amazon.co.jp (10/8執筆時)
【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】65Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 こちらは日立の上位機種「ビートウォッシュ」です。上で紹介した同社の「白い約束」シリーズとは違い、かなり高機能になります。なお、こちらも、2017年モデルが登場しましたが、今年度は型番のみの変更で、機能差はない状況です。旧機種がお買得です。

 サイズは、パナソニックと同じで、8kg用から10kg用が発売されています。

 使用する水量は、7kgは水の使用量が90L8kg92Lと、シャープにこそ及びませんが、十分に節水モデルといってよい優秀なモデルです。

 消費電力量も、7kg61whL98kg62Whと、やはり、パナソニックこそ及びませんが、非常に高性能といえます。

 なお、洗濯というのは、1回にかか光熱費は、電気代よりも水道代のが高いものですので、どちらを重視すればよいかといえば、水量の節水性なのですが、先ほど書いたように、タテ型洗濯機の場合、構造上の問題で、節水性が「綿ぼこりの残量」に比例するところがあります。その点で言えば、節電性・節水性は、上位機の中では中間的ですが、後ほど書くような、強力な洗浄機器を持つため、綿ぼこりが残りにくさについては最も優れます。

 201311111251.jpg

 洗浄については、何をさておき、「ビートウォッシュ」がこの機種の最大の魅力です。従来の縦型洗濯機は、ため洗いしかしませんでした。しかし回転盤の形を工夫することで、こちらは、「叩き洗い」「もみ洗い」をドラム式のように再現することに成功しています。また、この構造は、先ほど書いた節水性の向上にもつながる技術です。
 201509011237.jpg    もう一つの魅力は、「ナイヤガラシャワーです。がこれは、大量の水量を循環させることで、すすぎ残しを防ぐ効果が期待できます。節水性の高い機種の、もう一つの問題点はこの部分ですが、このような手法で日立は解決を目指しました。

 清潔性の点では、カビに強いステンレス槽採用されています。それに加えて、洗濯中に、洗濯槽の裏側などの見えない部分に付着した汚れ(皮脂汚れ、洗剤カス、菌、黒カビの胞子など)をきれいな水で洗い流すという「自動お掃除機能」が採用されています。パナソニックにも付属する清潔機能で、「穴あり槽」の場合は、高級機で必須ともいえる機能ですね。

 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できます。


 なお、10Lモデルの上位機だけは、外観デザインも違います。こちらについてだけは「ガラストップ」が採用されて、高級感があります。

 以上、日立ビートウォッシュBW-70WV」の紹介でした。洗浄力の点では、独自技術の採用で他社に比べて、汚れ落ちがの部分で一段と期待できる機種です。節水性・節電性もそこそこ優秀な機種です。

 ただ、他社に比べると、センサー類が未搭載ですので、中身の量や質に応じたファジーな運転は多少苦手と言えるかもしれません。でも、力強く汚れを落としきる力は一番です。

洗濯乾燥機の比較

 つづいて、ここからは、ヒーターによる本格的な乾燥機能が付属する「洗濯乾燥機」を紹介します。


 

 【2016年型番】

 14・シャープ ES-TX8A 【8kg】
 
 ¥75,880 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

 【2017年型番】

 14・シャープ ES-TX8B 【8kg】
 
 ¥108,216 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 75L/85
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 【2016年型番】

 15・シャープ ES-TX9A 【9kg】
   ¥85,800 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 75L/95L
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-TX8シリーズは、シャープの洗濯機乾燥機です。乾燥機能が付くタイプとしては安いので人気があります。

 こちらも、7月に新機種が発売されたので、新旧両機種あります。しかし、色だけの違いで、性能差はないので、値下がりしている旧機種がお買得でしょう。また、今年度から10kgの大容量モデルも加わります。

 なお、乾燥を使う場合は洗濯物の量は4.5kgまでしか対応しないので注意しましょう。洗濯乾燥を同時にする場合、実際よりも少なめに入れないといけません。 

 使用する水量は、洗濯時、8kgは水の使用量が85L9kg95Lとなります。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、7kg8kgともに1600Whと、1回の利用で50円弱の電気代が必要ですね。

 洗浄については、シャープの通常機と同じで、上下方向にも水流を起こすことでもみ洗い効果を上げる仕組みでの「ドルフィンパル」が採用されています。ただし、日立のビートウォッシュのように、叩き洗いは再現されていません。

 清潔性の点でも、シャープの下位機種と同じで、カビに強い「穴なし槽」を採用します。ただし、ステンレス槽はこちら未採用です。一方、清潔性の面では、カビの繁殖を抑えるためのプラズマクラスターイオン放出機能が付属するのがめあたらしいですね。

 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できます。

 以上、シャープのES-TX8シリーズの紹介でした。乾燥機能が付属する機種としては比較的格安な機種です。ただ、洗濯機のみの機種と比べて割高ですし、洗濯面での技能向上は見られない、という機種ですね。そうした面では、なかなか、「おすすめ」とは言いがたい部分もあります。


  

 【2017年型番】

 16・シャープ ES-PX8B-P 【8kg】
 16・シャープ ES-PX8B-S 【8kg】  
 
 ¥122,600 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 85L
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 【2017年型番】

 16・シャープ ES-PX9B-N 【8kg】
 
 ¥137,000 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 95L
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-GXシリーズは、シャープの洗濯機乾燥機の中位機種です。ラインナップは8kg9kgの2種類です。

 使用する水量消費電力量は、先ほど紹介した下位機種ES-TX8シリーズと同じです。清潔性の点でも、静音性の面でも同等です。

 201704081753.jpg

 洗浄については、しかしながら、こちらの場合、「ドルフィンパル」が加えて、パワフルシャワー機能を搭載しています。こちらは、水量が少ない段階で、洗濯物を濃い洗剤のなかに押し込み、洗浄力を強化する仕組みです。単に濃い洗剤であらうのではなく、シャワー水流を使うぶん、通常よりも強力と言えます。

 以上、シャープの洗濯乾燥機の中位機種ES-TX8シリーズの紹介でした。下位機種に比べると、パワフルシャワー機能と搭載とガラストップの外観が大きな相違点です。そのため、洗濯能力とデザイン性はこちらが上位です。そこに「プラスアルファ」の価値を見いだせる方は、こちら絵を選ぶのも良いと思います。

 なお、こちらも新機種の登場が予定されています。

 この機種の場合、新機種は ES-PXシリーズとなり、メインの型番が変更されます。また、新機種には2つの機能が追加です。

 第1に、「シャツのシワをおさえるシワ抑えコース」の搭載です。使えそうな機能ですが、1kgまでの洗濯時に有効で、さほど利便性は高くないです。

 第2に、温風で衣類と温度を温めて洗剤を活性化する「温風プラス洗浄」で付属します。ただ、ガンコ汚れコースのみの対応で、洗濯容量も4.5kg使用時の制限があります。効果の程もイマイチ不明です。

 こうした点で言えば、やはり、価格が下がっている旧機種がお買得です。


   

 【2016年型番】

 18・シャープ ES-PX10A 【10kg】
 
 ¥119,800 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

 【2017年型番】

 18・シャープ ES-PX10B 【10kg】
 
 ¥149,799 Amazon.co.jp (10/8執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 105L
【標準電力量】1850Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-PX10A は、シャープの洗濯機乾燥機の最上位機種です。ラインナップは10kgのみです。

 外観については、このモデルに限っては日立のようなガラストップを採用し、また庫内LED灯が装備されるのが相違点です。

 使用する水量105L消費電力量は、1850Wです。消費電力が上がっているのは、こちらの機種は下位機種・中位機種が4.5kgまでの乾燥対応に対して、5kgまでの乾燥に対応するからです。

 洗浄については、こちらの場合も、先ほどの機種と同じで、「ドルフィンパルパワフルシャワー機能」が搭載です。

 また、全機種とも温風で衣類と温度を温めて洗剤を活性化する温風プラス洗浄が付属します。ただ、下位機種の場合と同じく、ガンコ汚れコース(最大4.5kg)のみの対応です。

 その他の点では、ココロエンジン採用で、洗濯機が「喋る」点も相違点ですが、基本機能は変わらない機種ですね。

 以上、シャープの洗濯乾燥機の上位機種の紹介でした。下位機種に比べると、ガラストップの採用という美観の部分と5kgまでの乾燥に対応する点がパワーアップした点です。この2点に魅力を感じないならば、下位機種で良いですね。

 なお、なお、2017年モデルの場合、下位機種同様に、これに「シワ抑えコース」が加わるだけのマイナーチェンジですので、やはり旧機種がお買得です。


 

 【2017年型番】

 19・ビートウォッシュ BW-DV80B  【8kg】
   ¥128,259 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】1670Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度・水温・布質・布量・すすぎ具合・脱水具合
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

【2017年型番】

 20・ビートウォッシュ BW-DV90B 【9kg】
   ¥151,039 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】1730Wh(60Hz)
【センサー】
硬度・水温・布質・布量・すすぎ・脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.0kg

【2016年型番】

 21・ビートウォッシュ BW-DV100A  【10kg】
   ¥114,700 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【2017年型番】

 21・ビートウォッシュ BW-DV100B   【10kg】
   ¥162,235 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1980Wh(60Hz)
【センサー】
硬度・水温・布質・布量・すすぎ・脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.5kg

【2017年型番】

 21・ビートウォッシュ BW-DX120B 【12kg】
   ¥190,400 Amazon.co.jp (10/8執筆時

【洗濯容量】12.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1890Wh(60Hz)
【センサー】
硬度・水温・布質・布量・すすぎ・脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 6kg

 こちらは、日立ビートウォッシュ洗濯乾燥機です。日立は、恐らくタテ型の洗濯機に技術を最も注力しているメーカーです。とくに、こちらの機種は、乾燥部分も力が入った製品ですね。

 ちなみに、ドラム式斜めドラム式の洗濯乾燥機の場合は、設置の際に背が高いので、洗濯機の真上に水道の蛇口がある場合、設置が不可能です。また、既存の洗濯機台にサイズ的に設置できない場合もあります。

 しかし、タテ型の洗濯乾燥機は、そういったトラブルがないので安心です。ただし、最新式のドラム式とことなりヒートポンプが採用されていないため、ドラム式に較べると、電気代はやや高い傾向(1回の洗濯で40円ほど)になります。

 乾燥容量は、シャープに比べると多少多いです。8kgモデルは乾燥4.5kgまでですが、9kgは5キロ10kgは5.5kg、そして、業界最大クラスの12kgは6kgまでの乾燥に対応します。本格的に乾燥機能を使うならば、日立の大きめモデルは良い選択肢です。

 使用する水量は、洗濯時、8kgは水の使用量が92L9kg99Lとなります。節水モデルとはいえますが、シャープの洗濯乾燥機ほどはこの部分を詰めていない印象はあります。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、8kg1670Wh9kg1730Wh8kg1980Whと、こちらもシャープに比べるとあまり性能は良くないです。恐らく、「穴なし槽」構造を採用するシャープの方が効率よく乾燥できるのでしょう。

 洗浄については、乾燥機のないタイプのビートウォッシュと同じです。カビに強いステンレス槽や、「叩き洗い」「もみ洗い」をドラム式のように行うビートウォッシュ」が付属します。さらに、

 また、下位機種にも付属したナイヤガラシャワー機能は、温水をミスト状にして洗濯物に吹き付けながら洗浄する「温水ナイヤガラビート洗浄」にパワーアップしています。乾燥機に使うヒーターを応用した機能ですね。とくに黄ばみの除去に効果があるでしょう。

 加えて、単なる洗濯機の場合省かれていた多くのセンサーが搭載されています。こちらは、6つのセンシング(水硬度・水温・布質・布量・すすぎ具合・脱水具合)で、洗剤量表示、使用水量、洗濯時間を調整します。つまり、乾燥機能だけではなく、洗濯機能についてもより高機能と言えます。ここまでの数のセンサーが搭載される機種は、他にありません。

 清潔性の点では、日立の下位機種と同等で、 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用するなど性能は同じですね。

 以上、日立のビートウォッシュの洗濯乾燥機タイプの紹介でした。やや高いですが、高性能の洗濯乾燥機が欲しい場合は、 これらの機種を選ばれると良いと思います。シャープに比べると、光熱費の面では分が悪いですが、洗浄力の面では、それを凌駕する性能を期待できます。総合力ならばこちらでしょうね。

 なお、洗濯機のサイズですが、12kgを除けば、どれも610mm×635mmのサイズで、(規格化されている)マンションの洗濯台に対応できます。ただ、12kgについては、610mm×650mmのサイズで多少奥行がありますので、寸法面は注意してください。

 また、こちらも、一部旧機種が残ります。2017年モデルは、6つのセンシングを進化させ、従来より洗濯の汚れ量をふまえた洗浄が可能な洗剤・汚れセンサーシステムが採用されています。機能的には進化であり、評価できますが、新旧価格差を正当化できるレベルではないです。もし、在庫があれば、値段がかなり下がっている2016年モデルも良いでしょう。

次回に続く!
タテ型の中型洗濯機のおすすめ機種は結論的にこれ!


 というわけで、今回は、タテ型の洗濯機を紹介してきました。



 

 
 次回の3回目の記事【こちら】では、今回紹介してきた全機種から、最終的なAtlasのおすすめ機種を、価格別、目的別で提案したいと思います。

 3回目の記事は→こちら!

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 16:20 | Comment(0) | 生活家電
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png