2018年11月19日

比較2018'【電気代が安い】ドラム式洗濯機19機の性能とおすすめ・選び方【小型・中型】:シャープ・パナソニック・日立・東芝

【今回レビューする内容】 2018-2019年 人気のドラム式洗濯機15製品の性能とおすすめ・選び方:小型ドラム式洗濯機・中型ドラム式洗濯機:シャープ・パナソニック・日立・東芝:ヒートリサイクル風アイロンビックドラム・ななめドラム Cubleなど・機種の違いと人気ランキング 左開き・右開き対応

【紹介する製品型番】ES-S7C-WL WR NA-VG730L R NA-VG1300L NA-VG2300L ES-H10C-WL ES-H10C-WR ES-U111-TL ES-G111-TL NA-VX7900L-W NA-VX3900L NA-VX8900L NA-VX9900 BD-SG100CL BD-SV110CL BD-SX110CL-N BD-NV120CL BD-NX120CL TW-117A7L-W TW-95G7L TW-127V7L TW-127X7L

今回のお題
光熱費などの面から、最新のドラム式洗濯機のおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2018年11月現在最新のドラム式洗濯機の比較です。

 201808091423.jpg

 なお、ドラム式は毎年9月ごろに「新型」がでますが、旧型も一部残ります。

 そのため、一部の機種については、値下がりした昨年度モデルも紹介しました。

 201808091425.jpg

 今回は、賃貸物件の洗濯機置き場における小型サイズのほか、世帯用の中型機を含め、日本で手に入るドラム式洗濯機ほぼ全てを網羅しました。

 いつものように各製品を比較した後、最後に、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます

ーー

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜9キロの中型洗濯機
3・ドラム式洗濯機の比較 →この記事!

 なお、今回の記事は、このブログの洗濯機比較記事の3回目記事として書きました。

1・ドラム式洗濯機の選び方の基本

  201804070549.jpg

 ドラム式洗濯機を選ぶ場合、以下の3点が重要です。

1・本体のサイズ

 第1に、本体サイズです。

 ドラム式洗濯機の場合、小型サイズのドラム式洗濯機と、多少大きな中型のドラム式洗濯機とに分けられます。

 賃貸の洗濯機の設置スペースにそのまま置くことのできるのは基本的に小型サイズです。 

 多少大きな中型ドラムの場合、既設の洗濯台を交換しないと横幅と奥行がオーバしてしまう可能性や、洗濯水栓の蛇口の高さがドラム式洗濯機の背より低い可能性があり、設置困難な場合があるからです。

 いずれにしても、7kgクラスのタテ型洗濯機の買い換えの場合は、小型サイズが適当でしょう。 

2・乾燥できる容量

 第2に、乾燥容量です。

 なお、ドラム式洗濯機の場合、洗濯可能容量よりも乾燥可能容量の方が少ないのが一般的です。

 乾燥可能容量は、小型ドラムの場合3-3.5kg中型ドラムの場合6kg-7kgほどです。いずれも選択可能容量の半分ほどなので、乾燥まで全自動で行おうとする場合、洗濯自体も少なめにする必要があります。

 例えば、小型ドラムの場合、2-3人家族が、1週間分の「まとめ洗い」をする場合、小型ドラムだと2回ほどの運転が必要になるでしょう。

 今回は、乾燥容量についても記載しています。

3・電気代と水道代

 第3に、光熱費です。

 ドラム式洗濯機の場合、乾燥に多くの費用がかかります。そのため、乾燥方式を熟慮する必要があります。

 大ざっぱに言って、ドラム式洗濯機の乾燥方式は、ヒーターセンサー乾燥式と、ヒーターポンプ式にわかれます。

 そして、後者の方が光熱費が安く済みます。ただし、そのぶん、本体価格が割高であり、また、低温乾燥になるため、ニオイの問題が発生しやすいなどの欠点もあります。

 ただし、こうした欠点を解消した機種もあるので、スペックを慎重に見比べることが重要です。

ーー

 以下では、この3つの基準をふまえて、小型と中型のドラム式洗濯機を比較していきます。

2・小型のドラム式洗濯機

 はじめに紹介するのは、乾燥容量が3-3.5kgまで小型のドラム式洗濯機です。1人暮らし〜2人家族ほどに売れているサイズです。

 小型のドラム式洗濯機は、賃貸物件に設置してあるタテ型洗濯機用の洗濯台に確実に設置できるモデルとして売られています。

 というわけで、早速比較をはじめます。なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で記していきます。 


 201811192043.jpg

 【2018/2】

 1・シャープ ES-S7C-WL【左開き】
 1・シャープ ES-S7C-WR
【右開き】
  ¥140,500 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:7kg
乾燥容量:3.5kg
消費電力量:1600Wh
使用水量:80L
サイズ:640×600×1039mm

 はじめに紹介するのは、シャープ小型ドラム式洗濯機です。

 Atlasも、こちらの旧機種を一時期使っていたことがあり、結構なじみのある機種です。

 乾燥容量は3.5kgまでと、小型機種としては多少容量に余裕があります。

 週2回ほど洗濯を行うならば、このサイズでも十分です。

 光熱費は、消費電力量1600Wh使用水量80Lと、1回の洗濯あたり約60円ほどのコストとなります。

 乾燥機の方式は、乾燥をヒーターで行うヒーターセンサー乾燥式のため、光熱費はいくぶん高い部類です。ただ、ヒーターセンサー式は、乾燥方式として長い歴史があり、比較的故障が起こりにくいメリットがあります。

 ほかにも、熱で乾燥させるため、乾燥後の衣服が「干したようにふんわり暖かく」、乾燥時にも水を使うので、衣類シワの心配をする必要もありません。反面、ヒーターセンサー乾燥式は、高熱で乾燥させるために衣服が傷みやすいと言われます。

 しかし、その分、カビ臭・ニオイの残存の心配がないので、光熱費が多少多い点を除けば、導入に躊躇する必要はないでしょう。

  201701201522.jpg  

 洗濯機能は、シャープの場合、フタの部分にゴツゴツと凹凸のある「ひまわりガラス」を採用しています。

 それにゴツゴツ洗濯物をたたきつけながら洗う形式です。汚れ落ちはドラム式洗濯機として良い方だと思います。

  201808091350.jpg

 使用されているセンサーは、温度・水位・振動・重量の各センサーです。シャープはセンサーを重要視しており、性能も良いので、量に応じて、適切な運転時間で仕上げてくれます。

 このほか、清潔性の点で、使用後のプラズマクラスター消臭が「売り」です。また、運転音が他社に比べても小さいため、夜間の利用にも差し支えない部分も嬉しい部分です。

---

 以上、シャープのES-S7Cの紹介でした。

 小型機ですが機能面で問題と感じる点はあまりない良機種だと思います。とくに、乾燥容量が3.5kgまでというのは、洗濯回数の面でメリットが大きいでしょう。


  201811192048.jpg

 【2018/9】

 2・パナソニック Cuble NA-VG730L 【左開き】
 2・パナソニック Cuble NA-VG730R
【右開き】
  ¥233,400 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:7kg
乾燥容量:3.5kg
消費電力量:1750Wh
使用水量:57L
サイズ:600×600×998mm

 Cuble NA-VG730は、パナソニック小型ドラム式洗濯機になります。

 小型サイズは、シャープとパナソニックだけの製造なので、実質的に両社からの選択となります。こちらは「ななめドラム」で、洗濯物が取り出しやすい仕様です。

 乾燥容量は、3.5kgまでとなります。

 パナソニックの旧型機は3.0kgまでで、他社に比べてネックと言える部分でした。

 しかし、今回は新型モータを採用したうえで、設置に必要な面積を600×600mmという他社よりコンパクトな水準をそのままキープさせています。相当小型の洗濯台でも設置できる点は素晴らしいです。

 201701201536.jpg

 光熱費は、消費電力量1750Wh使用水量55Lです。

 同容量のシャープ機に比べて消費電力量は多少劣ります(1回の洗濯乾燥で約48円)。一方、使用水量の水準は良いです。そのため、総合的なコストは、シャープよりわずかに劣る程度でしょう。

 なお、パナソニックの場合、乾燥機の方式が、ほどほど低温のヒーター加熱と風乾燥を併用するヒーター換気式です。

 ヒーター換気式は、衣類に熱が入らない点で優しいほか、風の力でシワが寄りにくく、衣類の縮みも少ないというメリットもあります。

 他方、「室温に近い温度で乾燥」させる方式なので、経年変化でカビ臭の問題は発生しやすいですが、後ほど紹介する温水泡洗浄の力で、その弱点は相殺できています。

  201710081254.jpg

 洗濯機能は、パナソニックの場合、泡洗浄Wという機能が魅力です。

 パナソニックの場合、洗剤を効率よく泡立てる泡生成器(ジェトバブルシステム)が付属します。そうして生成された泡と、水ジェット噴射を利用、洗浄力を強化しています。

 201811191739.jpg

 加えて、より高機能と言える、水を温めて、酵素を活性化させてから洗濯する温水泡洗浄Wも魅力です。

 コインランドリーなどでは温水を使って洗浄する機種がありますが、家庭でも同様に清浄力を高める効果があります。

 この方式だと、ニオイの原因菌が落ちるため、低温乾燥方式と相性が良いと言えます。ただし、洗濯量が3kgまでの場合に有効ですから、実用性はイマイチです。

 使用されているセンサーは、一方で、パナソニックの上位機種と異なり、温度センサー(エコナビ)未搭載です。洗濯時間などの調整が不可能なため、少量洗い時の光熱費や運転時間の点では能力が低いです。

 このほか、毎回洗濯槽を自動洗浄する機能など清潔性をキープする機能も魅力です。

---

 以上、パナソニックのCuble NA-VG730の紹介でした。

 最も小型で設置性が良い機種で、光熱費も優れる良い機種だと思います。今年の改良で、乾燥容量の少なさという問題点も改善されたため、選びやすい機種になりました。

 一方、難点は、シャープに比べて高めの本体価格でしょう。発売時期の問題もありますが、現状では費用対効果は低めです。


 201811191807.jpg

【2018/9】

 3・パナソニック Cuble NA-VG1300L 【左開き】
 3・パナソニック Cuble NA-VG1300R 【右開き】
 ¥274,500 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

【2018/9】

 4・パナソニック Cuble NA-VG2300L   【左開き】
 4・パナソニック Cuble NA-VG2300R   【右開き】
 ¥283,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:5kg
消費電力量:1980Wh
使用水量:65L
サイズ:600×665×998mm

 NA-VG1300は、パナソニックの小型のドラムの上位機種です。 設置面積が狭くて済む機種なかでは、例外的に高性能と言える製品です。

 なお、小型の最上位機として、NA-VG2300Lも併売されています。こちらは、プレミアムステンレスを利用した高級感ある外観に、静電タッチパネルを利用する「外観に高級感のある仕様」です。ただ、中身は同じなので同時に紹介します。

  201710081133.jpg

 目玉となるのは、「洗剤の自動投入機能」です。専用のケースに液体洗剤・柔軟剤を入れておくと、重量センサー等が検知した洗濯量に合わせて、適切な量の洗剤を自動投入してくれます。「多め」「少なめ」などの設定も可能です。

 そのほか、スマホでの洗濯機の遠隔操作もできるため、ある意味、真の意味での「全自動」に近づいた洗濯機です。

 乾燥容量は、5kgまでです。

 600×665mmの設置幅で、5kgの乾燥容量を持つ機種はこれまでなく優秀です。ヒーター換気式を採用して「低温風パワフル乾燥」ができる同社ならではでしょう。

 光熱費は、消費電力量1980Wh使用水量55Lとなります。

 乾燥容量が増えた分消費電力量は下位機種よりあがり、1回の電気代が48円から、54円の水準に上がっています。ただし、乾燥容量を考えれば、大健闘であり、優秀と言えます。

 洗濯機能は、下位機種同様に、泡洗浄Wとを搭載します。一方、汚れにより強い温水泡洗浄Wは、この機種の場合、7kgの洗濯物まで利用可能ですので、実用性はそれなりにあるでしょう。

 その他の点では、槽のお手入れにナノイー(マイナスイオン)を使い、カビの発生を抑える機能が付属するのが、下位機種よりもパワーアップしている点です。あとは、乾燥時の低騒音モードの搭載が、下位機種との差となります。

  以上、NA-VG1300などの紹介でした。

 2-3人家族の方で、(設置スペースの関係で9これから紹介していくような中型のドラム式洗濯機の導入が難しい方にオススメできる機種です。

 ただし、このサイズは、乾燥にヒートポンプが用いられないため、光熱費の水準は悪いです。価格も安くはないので、導入できるならば中型機が良いでしょう。

3・中型のドラム式洗濯機の比較

 つづいて、多少大きめの中型のドラム式洗濯機の比較をしていきます。


  201811192049.jpg

 【2018/7】

 5・シャープ ES-H10C-WL【左開き】
 5・シャープ ES-H10C-WR【右開き】

  
¥167,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:1880Wh
使用水量:96L
サイズ:640×729×1114mm

 はじめに紹介するのは、シャープの中型のドラム式洗濯機です。

 中型としては、比較的価格が安いモデルです。

 乾燥容量は6kgまでです。

 小型機種に比べて約2倍の容量の乾燥に対応します。

 光熱費は、一方で、消費電力量1880Wh使用水量96Lとなります。

 1回の洗濯で75円強とコストは上がりますが、小型のドラムを2回利用するよりも光熱費は安いです。

 乾燥機の方式は、シャープの小型機種と同じく、安定性の高いヒーターセンサー乾燥式です。

 電気代は高いですが、仕上がりについてはふっくらしており、またシワも少なく良好です。

 また、小型機種に比べて、温風が循環するダクトが広いため、ドラム式洗濯機の故障でありがちな、ダクト詰まりによる乾燥能力低下(=要修理)が置きにくいというメリット性もあります。

 先ほど書いたように、ヒーターセンサー式は、相当の歴史がある方式で、メンテナンスの部分でメリット性があります。

 201701201618.jpg

 洗濯機能は、こちらも「ひまわりガラス」を採用する方式です。

 さらに、マイクロ高圧シャワーを採用し、上部からの高圧水流を噴射し、泥汚れなどを押し出す仕組みも採用します。こちらは、「すすぎ」の際にも利用され、洗剤残りの防止にも効果があります。

 201808091350.jpg 

 その他の部分は、センサーを含めて下位機種と同じです。使用後のプラズマクラスター消臭も付属し、運転音も静かです。

---

 以上、シャープのES-ZH1の紹介でした。

 ヒーターセンサー式を採用する大型機種は最近珍しいです。光熱費的なメリット性は低いですが、高温乾燥でニオイの問題や故障が起こりにくく、信頼性は高いので、今後も残って欲しい方式ですね。


  201811191814.jpg

 【2018/9】

 6・シャープ ES-U111-TL【左開き】
 6・シャープ ES-U111-TR【右開き】
  ¥272,600 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:590Wh
使用水量:52L
サイズ:640×729×1114mm

  ES-P110は、シャープドラム式洗濯機の上位機種です。

 201808091403.jpg

 SHARP 超音波ウォッシャー UW-A2-S
  ¥13,367 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 新旧両機種ありますが、主な相違点は、 超音波ウォッシャーの有無です。

 最近話題のシャープの超音波ウォッシャーが内蔵され、襟汚れなどの下処理ができるようになった点が新しいです。便利ですが、別に買えるという点は留意しても良いでしょう。

 乾燥容量は、6kgまでと先ほどと同じです。

 他社には7kg対応の上位機種もあるため、この部分では平均的です。

 ただし、洗濯のみの容量は11kgと若干強化されました。

 光熱費は、消費電力量590Wh使用水量52Lと、かなり安い水準です。

 1回の洗濯乾燥に要する経費(水道・洗剤・電気)は、38.3円と相当安いです。

 201701201629.jpg

 乾燥機の方式は、この機種から、ヒートポンプ式となります。

 ヒートポンプ式とは要するに、エアコンの除湿機能と同じ方式で、熱を使わず、湿気のみを排出する乾燥方法です。電気代が安いほか、熱を使わず衣服に優しいという特長があります。

 一方、シワが寄りやすい面と、衣類がふっくらしない乾燥ムラが生じやすいユニットにゴミが溜まり経年変化で機能低下が起こりやすい、というデメリットもあります。

 ただ、シャープの場合、サポートヒーターが付属するため、衣類の乾燥ムラと、ふんわりしない点については、解決が成されています。

 洗濯機能の面では、下位機種と同じで、「ひまわりガラス」と、マイクロ高圧シャワーをこちらも採用します。

 このほか、温水洗浄機能も搭載です。35度の温水を使い、洗浄力を増した温水極め洗いコースが加わります。こちらは洗濯物が4kgまでの場合有効と、やや容量が少なめです。。また、低温でのシワ抑え乾燥コースが付属しますが、洗濯量として0.5kgまでと実用的にはイマイチです。

  201701201633.jpg

 使用されているセンサーは、下位機種にも搭載されている温度・水位・振動・重量の各センサーに加え、光・泡・湿度センサーが搭載されます。洗濯水の透明度や泡の状況からすすぎの回数を自動調整したり、衣類乾き具合から適切な乾燥運転時間を調整してくれます。省エネ面で優れた機能と言えます。

---

 以上、シャープの ES-P110の紹介でした。

 デザイン的にはアジア市場で受けそうな、クリア系の高級感が魅力です。

 ただ、下位機種と本体価格には差があります。ドラム式洗濯機の耐用年数や、ヒーターセンサー式の頑丈度をふまえると、総コストではやや不利でしょうか。

 また、洗濯機は、センサーの数が多い場合、センサー不良でのトラブルを抱える可能性も増えるため、Atlasとしては、基本的には下位機種を推します。

ーーー

 201811191821.jpg

【2018/9】

 7・シャープ ES-G111-TL【左開き】
 7・シャープ ES-G111-TR【右開き】
  ¥230,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 なお、この機種には2018年9月に下位機種が同時販売になりました。

 同じようなデザインですが、サポートヒーター未搭載で、泡センサーと光センサーも未装備です。また、風呂水ポンプも別売となるほか、音声ガイドも未搭載ですね。

 新デザインを踏襲して、できるだけ安く販売しようという目的の製品ですが、肝心の洗浄力の部分では、より下位の機種にも負けている状況です。


 201811191829.jpg

 【2018/9】

 8・パナソニック NA-VX7900L-W 【左開き】
 8・パナソニック NA-VX7900R-W 【右開き】
  ¥220,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:960Wh/680W
使用水量:55L
サイズ:600×722×1000mm

 NA-VX3800L は、パナソニックの中型ドラムです。同社のドラム式では最安の製品ですね。こちらも「ななめドラム」です。

 乾燥容量は6kgまでです。シャープと同じです。

 光熱費は、通常モードの場合、消費電力量960Wh使用水量55Lとなります。

 省エネ乾燥の場合680Whに低減できますが、この場合はシワ防止乾燥ができないため、意味は無いでしょう。これらの点で光熱費の部分でシャープに及びません

 乾燥機の方式は、シャープと同じく、熱が入らないヒートポンプ式となります。

 そのため、ヒートポンプ式固有の問題点を抱えます。パナソニックの場合、シャープと異なり、ヒーターユニットはないので、乾燥ムラの問題や衣類がふんわりしないという問題が解決されません。

 201701201653.jpg

 その一方で、洗剤かすなどのゴミ残りの問題は、内槽だけになく、ドラムの外側も自動で洗浄する工夫で解決を図っており、この問題での故障修理の可能性が軽減しています。

 201811191835.jpg

 洗濯機能の面では、洗剤を効率よく泡立てる泡生成器(ジェトバブルシステム)が付属し、W泡洗浄機能が利用できます。高効率の洗剤の活性化は、パナソニックの洗濯機の基幹技術であり、この点は優れます。

 一方、小型上位機に搭載される温水泡洗浄機能は未搭載です。中型の廉価機種という点で、このあたりは仕方ないでしょう。

---

 以上、パナソニックのNA-VX7900L の紹介でした。

 20万円前後のヒートポンプ式という点で、シャープのES-P110のライバルです。W泡洗浄機能など独自性もあります。ただ、ヒートポンプ式の弱点に対する対策では、ややシャープに劣るのがネックです。

−−

 【2018/9】

 7・パナソニック NA-VX3900L 【左開き】
  ¥214,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

 なお、パナソニックからは、下位機種としてNA-VX3900Lも発売されました。

 ただ、こちらは、同社の基幹技術たるW泡洗浄機能が未搭載であり、さらに左開きのみの展開です。明らかに「特売用」なので、選ばない方が良いでしょう。


 201811191841.jpg

 【2018/9】

 9・パナソニック NA-VX8900L 【左開き】
 9・パナソニック NA-VX8900R
【右開き】
  ¥281,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:930Wh/620W
使用水量:55L
サイズ:600×722×1009mm

 NA-VX8700  は、パナソニックの中型ドラムの上位機です。

 形は先ほどと同じですが、機能面で多少異なります。

  201710081133.jpg

 目玉となるのは、(小型機の上位機にみられた)「洗剤の自動投入機能」です。

 専用のケースに液体洗剤・柔軟剤を入れておくと、重量センサー等が検知した洗濯量に合わせて、適切な量の洗剤を自動投入してくれます。洗剤量の「多め・少なめ」の希望も聞いてくれます。

 ただし、スマホによる遠隔操作(予約変更など)は、未対応です。

 乾燥容量は6kgまでです。

 この点では下位機種と同じですが、洗濯容量が11kgまでと、こちらのほうが多少多めです。

 光熱費は、通常モードの場合、消費電力量930Wh使用水量55Lとなります。

 下位機種よりも多少改善されているのは、重量センサーと光センサーを利用したエコナビが搭載されるからです。ただ、シャープのヒートポンプ式に較べると、この機種も省エネ性では劣ります。

 乾燥機の方式は、同じくヒートポンプ式となります。

 繰り返しになりますが、ヒートポンプ式は、電気代が安い反面、シワがよりやすい、ふっくらしにくいなどの難点があります。この部分の対策は、このクラスでもイマイチです。

 201811191845.jpg

 洗濯機能の面では、この機種から、W泡洗浄機能に加えて、温水洗浄機能が復活します。

 温水泡洗浄は、2kgなら最大60度ですが、11kgの洗濯容量でも15度の温水にすることが可能です。他社と異なり、容量的な制限がないので、割と使いやすいでしょう。

 また、シャープの上位機のマイクロ高圧シャワーに温水がプラスアルファされると考えれば、この機種から、洗浄面ではシャープを凌駕すると言えるかもしれません。

---

 以上、パナソニックのNA-VX8800 の紹介でした。

 魅力は、温水洗浄機能・W泡洗浄機能など洗浄力の高さは文句がありません。加えて、洗剤の自動投入機能は利便性の面の目玉として、かなり魅力です。

 一方、ヒートポンプ式の難点の克服については特段対策がないとも言えるので、完璧を期す場合で、パナソニックから選びたいならば、同社の上位機をオススメします。


 201811191855.jpg

【2018/9】

 10・パナソニック NA-VX9900 【各色】
  ¥313,700 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:890Wh/590W
使用水量:55L
サイズ:600×722×1009mm

  NA-VX9800L は、パナソニックの最上位機種です。価格面では相当高額な機種です。

 最上位機については、ホワイト色とゴールド色2色の選択肢があります。

 一方、下位機種と較べた場合の相違点はいくつかあります。

 201701201805.jpg

 第1に、本体にタッチパネルを採用し、視認性と高級感がアップしています。

 第2に、iOS及びAndroid用のアプリが用意され、外出先での運転予約や、洗濯状況についてのステータス通知を受けられる点です。洗剤の自動投入機能を装備する機種だけに、これらの機能は、利便性が高いです。

 201811191859.jpg

 第3に、下位機種にも装備される「ジェット乾燥」をパワーアップさせた「ふんわりジェット乾燥」を装備する点です。風量・風向を調節することで、洗濯物にシワが寄りにくくなっています。

 この点で、ヒートポンプ式の弱点の1つの解決が目指されています。

 第4に、エコナビ機能のパワーアップです。

 具体的には、衣類の量や質だけでなく、汚れとすすぎ具合を調べるためのセンサーが追加装備されているため、節電・節水効果が増しています。

 そのほか、桶洗浄時にナノイー(マイナスイオン)を吹き付けて、黒カビの発生確率を下げる機能も付属します。

--

 以上、パナソニックの NA-VX9800Lの紹介でした。

 相当高い機種ですが、IOT家電として相当優秀なほか、ヒートポンプ式特有の乾燥時のしわの問題の解決が目指されている機種です。

 先述のように、利便性と洗浄力はパナソニックの場合(下位機種から)期待できますので、同社の中位機から選ぶならばこちらでしょう。ただ、価格の高さは、いうまでもなく、ネックです。


 201811191903.jpg

【2018/9】【左開き】

 11・日立 ビッグドラム スリム BD-SG100CL
  ¥174,999 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:980Wh
使用水量:60L
サイズ:630×715×1050mm

 続いて紹介するのは、日立の中型のドラム式洗濯機です。

 日立は、小型タイプは出していないので、設置面積的に630×715mmのこちらの機種が同社の「最も小型な機種」です。特に、幅が狭くて、圧迫感が少ない機種ですね。

 乾燥容量は6kgまでと、他社の中型と同等の水準です。

 光熱費は、消費電力量980Wh使用水量60Lとなります。

 省エネ性では、パナソニックの中型とほぼ同じ水準であり、シャープには及ばないレベルです。

 201701201745.jpg

 乾燥機の方式は、日立の場合、ヒートリサイクル乾燥という独自方式を採用します。

 こちらは、運転時のモーターなどの熱を温風に再利用するシステムです。もちろん、それでは熱が足りないため、ヒーターで補う形式ですが、その分省電力です。

 また、熱風はヒーターセンサー式ほど高温にせず、むしろ、風をかなり強力にあてることで乾燥を促す風アイロンをうまく利用させ乾燥させる仕組みです。

 また、この風アイロンは、強力なシワ伸ばし機能を兼ねており、乾燥後の仕上がりの良さについては、日立が最も定評があります。この点で、日立を指名する人も多いです。ただ、こちらは、他社も徐々に機能を高めており、昔ほど大差はありません。

 一方、高温にしないので、衣服のふんわり感はさほど強調されず経年変化による洗濯カスや、低温乾燥によるニオイの問題についても、特定の機能を持ちません。

 洗濯機能も、日立の上位機種に搭載される特別な洗浄機能がなく、この部分ではかなり見劣りすると言わざるを得ない機種です。

 こうした点から、日立の機種を選ぶ場合は、これよりも上位機種をおすすめします。


  201811191909.jpg

【2018/9】

 12・日立 ビッグドラム BD-SV110CL-N 【左開き】
 12・日立 ビッグドラム BD-SV110CR-N 【右開き】
  ¥229,599 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量】780Wh
使用水量:53L
サイズ:630×715×1050mm

 BD-SV110シリーズ は、日立の中型のドラム式洗濯機では、2番目に安い機種です。形は下位機種と同じです。

 乾燥容量は、6kgまでと同様です。

 ただ、洗濯容量は11kgとわずかにアップしています。

 光熱費は、消費電力量780Wh使用水量53Lとなります。

 光熱費の水準では、シャープのヒートポンプ式に次ぐ、優秀さです。

 下位機種よりも経済性が上昇しているのは、ヒートリサイクル乾燥の高度化のほか、パナソニックのエコナビに相当する、ECO水センサーを搭載するからです。

 201811191915.jpg

 これにより、水硬度、水温、洗剤量、布質、布量、すすぎ具合、脱水具合をそれぞれセンシングすることで、無駄な電力や水量をカットします。

 201811191925.jpg

 なお、エコセンサーは、電気代・時短効果は高い一方、センシング不良で洗浄力が落ちる場合があります。そのため、メーカーによっては、「センサーをオフにした方が実は綺麗に洗える」という場合もあります。

 しかし、日立の場合、汚れの量センサーを搭載することで、(場合によっては)洗濯時間の延長も視野に入れる点で、これまでのセンサーのイメージを変えています。優秀と言えるでしょう。

 乾燥機の方式は、下位機種と同じく、ヒートリサイクル乾燥です。

 大きなドラムのなかで、強風をあてた乾燥させていく風アイロン機能も下位機種と同じですね。

 201811191959.jpg

 洗濯機能は、この機種からは、ナイアガラ洗浄に対応します。

 他社にも見られる、高圧水流をうえから吹き付ける仕組みで、洗浄力がアップします。このような仕組みは、ドラム式の標準仕様となりつつあるので、あるに越したことはないでしょう。

 なお、温水を用いるのはパナソニックなどと同じです。

 201811191958.jpg

 さらに、温水ナイアガラ洗浄を、コースとして選ぶことも可能です。

 パナソニックの温水W泡洗浄と似ていますが、パナソニックの場合、ドラム自体にヒーターを内蔵し、水温を高める仕組みで、日立は、温風で温めた洗剤を服に吹き付ける方式です。

 通常の洗濯よりも光熱費が余計にかかるのは同じですが、季節・室温にかかわらず、一定音の温水が期待できるという意味で、パナソニックのほうが徹底しています。日立は、仕組み上、洗剤(2倍)と水量(18L)も多く使う必要があります。この部分は、パナソニックに負けるでしょう。

 そのほか、パナソニックと同様に、槽の内外まで毎回しっかりクリーニングしてくれる機能が付属するため、清潔性が高い仕様です。

---

 以上、日立のBD-SV110シリーズ の紹介でした。

 低温乾燥と風を利用するヒートリサイクル乾燥に対応する機種で、かつ、選択機能の面でも他社標準の機能を搭載する良い機種だと思います。とくに、シワ伸ばし機能は定評があるため、アイロン掛け嫌いな方には特に向くモデルです。


 201811191919.jpg

【2018/9】

 13・日立 ビッグドラム BD-SX110CL-N  【左開き】
 13・日立 ビッグドラム BD-SX110CR-N 【右開き】
  ¥354,240 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:12kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:850wh
使用水量:53L
サイズ:630×715×1065mm

 BD-SX110シリーズは、日立の上位ラインのドラム式洗濯機です。

 形状は、本体幅が狭く奥行が長めの630×715mmです。日立ではスリムな機種で、D-SV110CLとほぼ同型の上位機でといえます。

 下位機種との違いは、2点です。

 第1に、AIお洗濯に対応する点です。

 201811191921.jpg

 2018年の日立は「AIお洗濯」をキャッチフレーズにしていますが、それに対応する機種です。

 具体的には、下位機種にもあった水硬度、水温、洗剤量、布質、布量、すすぎ具合、脱水具合・洗剤種類・汚れ量という6つのセンシングに、布動きセンサーを加えて、9つのセンサーにすることで、電気代や洗濯時間の短縮を図る機能です。

 「AI(エーアイ)」は、最近の家電の「流行用語」ですが、技術自体は過去からあるものです。実際、新機軸と思われるのは、布動きセンサーだけなので、実際の新味はあまりないです。

 201811191929.jpg

 第2に、洗剤の自動投入機能です。

 この機種は、パナソニック同様に、洗剤・柔軟剤の自動投入機能を付属させています。「多め」「少なめ」の選択も可能です。先行したのはパナソニックの昨年も出るですが、日立は、他社の良い技術を割と早く導入してくるメーカーですね。

 その他の部分は、下位機種と同じです。

  以上、BD-SX110シリーズの紹介でした。

 下位機種との価格差はだいぶ開くため、お買得感は(正直)ありません。ただ、「洗剤・柔軟剤の自動投入機能」は意味のある機能ですが、価格差があるため、値段が下がらないとイマイチおすすめできません。


 201811191935.jpg

 【2018/9】

 14・日立 ビッグドラム BD-NV120CL 【左開き】
 14・日立 ビッグドラム BD-NV120CR
【右開き】
  ¥249,000 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:970Wh
使用水量:54L
サイズ:735×620×1060mm

 BD-NV120AL  も、日立の中型のドラム式洗濯機です。

 ただし、こちらは、形状が多少異なり、本体は735mmと幅広で、そのかわり奥行が620mmと短い仕様です。なお、大きさ以外の面では、一つ上のBD-SV110リリーズ とほぼ同様の仕様です。

 乾燥容量は、6kgまでと同様です。

 ただ、洗濯容量は12kgとアップしています。ただ、乾燥機付き洗濯機の場合、洗濯機の部分だけの利用は少ないと言えます。実際、あまり意味が無いでしょう。

 201811191947.jpg

 ただ、こちらのほうが幅広ドラムなので、ふとんの乾燥ができる点は、それなりに便利かもしれません。

 いずれにしても、幅広ドラムのほうが出し入れしやすいメリット性はありますので、毛布などの大物を頻繁に洗う方で、設置スペースに余裕があるならば、こちらを選ぶのも手でしょう。

 光熱費は、消費電力量970Wh使用水量54Lとなります。

 12kgと庫内が広いためか、消費電力量は、同社の下位モデルに比べて悪いです。

 洗濯機能は、温水ナイヤガラ洗浄など、日立の基本技術は押さえています。ただし、洗剤の自動投入機能とAIお洗濯機能は付属しません。

 以上、日立のBD-NV120ALの紹介でした。

 先述のように、乾燥容量を伴わない洗濯容量の増加は、光熱費の面からも、個人的にあまり意味を見いだしにくいです。日立から選ぶ場合は、スリムタイプが良いかと思います。


 201811192016.jpg

【2018/9】

 15・日立 ビッグドラム BD-NX120CL 【左開き】
 15・日立 ビッグドラム BD-NX120CR
【右開き】
  ¥386,639 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:12kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:970Wh
使用水量:54L
サイズ:735×620×1060mm

 BD-NV110AL は、日立の中型のドラム式洗濯機の最上位機種です。


201811192019.jpg

 下位機種との違いは、先述の「AIお洗濯」への対応です。この部分については、下位機種も十分優秀なので、こちらの選ぶポイントとはなりにくいでしょう。

 一方、スリムタイプの高級機に見られた洗剤の自動投入機能は未付属です。

 スマホで操作・確認ができるのは、パナソニック同様に新しい部分ですが、利便性の面では、11kgタイプの高級機のほうが高そうです。基本的には下位機種で良いでしょう。


  201811192022.jpg

 【2018/9】

 16・東芝 TW-117A7L-W 【左開き】
  ¥192,500 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:690Wh/1150Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

 こちらは、東芝ドラム式洗濯機です。

 東芝も日立と同じで小型のドラム式洗濯機を販売していないので、これが同社では最小サイズです。

 乾燥容量は、7kgまでとなります。この部分は、同社はこだわりが有り、他社の大型タイプより容量が多めです。

 光熱費は、消費電力量690Wh使用水量61Lとなります。

 省エネ性は、そこそこ優秀ですが使用水量はやや多めですね。一応、他者並みの「水温・布質・乾燥・布量・室温センサー」は付属するものの、洗濯槽のサイズを勘案しても、水量の面でその効果はスペック表には現れていません。

 乾燥機の方式は、パナソニックと同じ、エアコンと同じ仕組みで、熱を加えずに湿気を取っていくヒートポンプ式になります。

 先述のように、ヒートポンプ式は、節電性が高い一方で、シワが寄りやすい、ふんわりしない、洗濯カスで故障しやすい、乾燥ムラが生じやすいなどの欠点があります。

 201811192025.jpg

 ただし、この機種は、強風を使ったふんわリッチ乾燥に対応します。

 そのため、この方式の弱点のうち、シワとふんわり感の問題については解決します。

 201701201844.jpg 

 洗濯機能は、その一方で、この機種から、高圧水流を使ったシャワーが付きます。さらに、仕組みは違いますが、シャープのひまわりガラスのように、もみ洗い系の動作を付け加えるもみ洗いボードを付け、洗浄力の強化を図っています。

 加えて、槽の外側まで水で洗う自動お掃除機能と、ゴミ詰まりがしやすいダクト部分にも水を流す乾燥ダクト自動お手入れ機能が付属します。この点で、ヒートポンプ式としては、最も洗濯カスや糸くずのゴミ詰まりに関するトラブル対策が取られている機種と言えるでしょう。

 一方、やはりヒーターは利用しないので、乾燥ムラの可能性は多少残ります。ただ、全部解決しているメーカーはないので、対策としては、業界最高レベルの水準でしょう。

 そのほかは、清潔性の点で、黒カビが付きにくい防汚コート(マジックドラム)がなされている点が、特長でしょう。

---

 以上、東芝のTW-117A6L の紹介でした。

 洗浄力の点では、温水洗浄機能がない点が、価格比して残念な部分でしょう。この点で言えば、東芝から選ぶならば、より上位の機種が良いと思います。

 201811192053.jpg

 【2018/12】

 17・東芝 TW-95G7L【左開き】
  ¥176,304 Amazon.co.jp
(11/19執筆時)

洗濯容量:9kg
乾燥容量:5kg
消費電力量:1980Wh
使用水量:90L
サイズ:655×714×1040mm

 なお、東芝は、12月に下位機種となるTW-95G7Lを発売する見込みです。

 乾燥容量5kgのタイプですが、設置寸法は、655×714とコンパクト機ではない機種で、ジャンルとしては中型機です。

 その部類としては、(電気代のかかる)ヒーター式である点でシャープの中位機がライバルですが、使用水量・消費電力量の点で負けています。

 搭載センサーなどの点でも劣るので、東芝から選ぶならば、別機種のほうが良いでしょう。


 201811192029.jpg

【2018/9】

 18・東芝 TW-127V7L 【左開き】
 18・東芝 TW-127V7R   【左開き】
  ¥284,652 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:710Wh/1150Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

 TW-117V6L は、東芝ドラム式洗濯機の中位機種です。

 乾燥容量は、下位機種同様に、業界最高の7kgまで対応です。

 光熱費は、消費電力量710Wh使用水量61Lとなります。やはり特に水量の点では、他社に比べて多少多めです。

 201701201859.jpg

 乾燥機の方式は、こちらも、ヒートポンプ式です。強風を使ったふんわリッチ乾燥にも対応します。

 201811192111.jpg

 洗濯機能は、このグレードから、高圧水流を使ったシャワーに加えて、温水を使った温水ウルトラファインバルル洗浄Wを搭載し、汚れに強くなっています。温水を用いられる点は、現行の洗濯機の上位機種の「基準」とも言えますので、東芝ではこのグレードから「高級機」と言えそうです。

 東芝の場合も、11kgの洗濯物で15度の温度に対応します。この点ではパナソニックと並びますが、さらに3kgまで60度、5kgまで50度と実用性はパナソニックより高めです。

 201710081228.jpg

 さらに洗剤については、パナソニックの洗剤泡立て機構と似ていますが、1マイクロメートルの極小のウルトラファインバブルを発生させ、洗剤の洗浄成分を強化する独自技術が加えられます。

 技術として新しいもので、業務用分野で応用されている信頼性のある技術であることから、洗濯機に置ける効果も期待できます。おそらく、東芝は、今後、この技術を研ぎ澄ませていくことになるでしょう。実際、今年度は「ウルトラファインバブル洗浄W」として、発生器を2つ搭載させてきました。

 東芝は、温水機能ももちますが、「温水利用せずとも綺麗に落ちて経済的!」という基本発想です。

 騒音についても、シャープ同様に対策に力を入れています。ヒートポンプ式で最もうるさい乾燥時でも42dbと優秀です。

--

 以上、東芝のTW-127V7L の紹介でした。

 ヒートポンプ式の欠点を最大限克服した上で、温水洗浄、高圧水流というトレンドもしっかり押さえている点で高評価できます。とくに、7kgで正規の乾燥運転が可能な点は、他機種にない魅力です。東芝の機種では最もおすすめできますね。


 201811192038.jpg

【2018/9】【各色】

 19・東芝 TW-127X7L 【左開き】
 19・東芝 TW-127X7R
【右開き】
  ¥303,664 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:690Wh/1150Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

 TW-117X5L は、東芝ドラム式洗濯機の上位機種です。

 201811192040.jpg

 ただし、下位機種との相違点はデザイン面で、本体に7インチのタッチパネルが付属する点です。スマホとは連動しませんが、現状ではこうした方式の法が使いやすさでは上だと思います。

 ただ、液晶はバックライトの関係で決して頑丈で長持ちするわけではないので、本体の機械部分より先に「へたる」可能性はあるかもしれません。

 その他は、庫内にLEDライトが付いたことが主な相違点です。デザインを重視するのでなければ、基本的には下位機種で良いでしょう。

今回の結論
ドラム式洗濯機のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、小型と中型のドラム式洗濯機を紹介しました。

 小型機種だけ紹介しようと思っていましたが、結果的には、ほとんど全機種の紹介になってしまいました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を紹介します。


第1に、小型の洗濯台にも置ける洗濯機として最もおすすめできるのは、

 201811192043.jpg

 【2018/2】

 1・シャープ ES-S7C-WL【左開き】
 1・シャープ ES-S7C-WR
【右開き】
  ¥140,500 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:7kg
乾燥容量:3.5kg
消費電力量:1600Wh
使用水量:80L
サイズ:640×600×1039mm

 シャープ小型ドラム式洗濯機でしょう。

 このサイズでは唯一3.5kgの乾燥に対応しますので、洗濯乾燥の回数の点で有利だろうと思います。省エネ性はよりよい機種が他にありますが、回数を考慮に入れれば槽変わらないでしょう。

 乾燥は、伝統的なヒーターセンサー式で、比較的故障が起こりにくく、乾燥後の仕上がりも上々です。選択機能も、ひまわりガラスの採用など、価格面からすれば十分だと思います。

 とくに、シャープの場合、運転音が他社に比べて小さいため、夜間の利用にも差し支えなく、1人暮らしの人などに特に向きそうです。


第2に、中型のドラム式洗濯機で、費用対効果の点でおすすめできるのは、

  201811192049.jpg

 【2018/7】

 5・シャープ ES-H10C-WL【左開き】
 5・シャープ ES-H10C-WR【右開き】

  
¥167,900 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:10kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:1880Wh
使用水量:96L
サイズ:640×729×1114mm

 シャープES-H10Bです。

 中型としては、最近では唯一安定性の高いヒーターセンサー乾燥式を利用しており、乾燥の仕上がりや、故障のしにくさの点で、メリット性が高いと感じます。

 もちろん、ヒートポンプ式の方が省エネではありますが、固有の弱点が完全には解決されていないですし、価格や耐用年数を考えても、総合的にはこちらが経済的だと判断しました。

 洗浄力の点でも、マイクロ高圧シャワーを採用しており、トレンドを押さえているのもポイントです。


第3に、光熱費の安いヒートポンプ式として現状完成度が高いと言えるのは、

 201811192029.jpg

【2018/9】

 18・東芝 TW-127V7L 【左開き】
 18・東芝 TW-127V7R   【左開き】
  ¥284,652 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:7kg
消費電力量:710Wh/1150Wh
使用水量:61L
サイズ:645×750×1060mm

 東芝TW-117V6L でしょう。ヒートポンプ式としては、シワ、ふんわり感、ゴミ詰まり問題を高レベルで解決しており、最も機能面でまとまった機種です。

 洗濯機能面でも、高圧水流による洗浄と、温水洗浄という最近のトレンドをしっかり押さえた上、騒音対策と清潔性の問題にも踏み込んでおり、とても優秀です。とくに、温水洗浄機能については、洗濯容量の柔軟性が最も高い機種なので、実用的に使えると思います。

 さらにいえば、乾燥容量が7kgと他社よりも大きめなので、世帯向けとしてかなりおすすめできます。

ーーー

  201811191909.jpg

【2018/9】

 12・日立 ビッグドラム BD-SV110CL-N 【左開き】
 12・日立 ビッグドラム BD-SV110CR-N 【右開き】
  ¥229,599 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量】780Wh
使用水量:53L
サイズ:630×715×1050mm

 一方、東芝は奥行が深いので、設置性を考えると、日立のBD-SV110AL も良いでしょう。

 定評ある風アイロンは、衣類シワの点では、業界最高の対応度ですし買って後悔しない機種と言えます。


第4に、一軒家などの広いご自宅での洗濯に強力な効果を発揮するだろう機種は、

 201811191855.jpg

【2018/9】

 10・パナソニック NA-VX9900 【各色】
  ¥313,700 Amazon.co.jp (11/19執筆時)

洗濯容量:11kg
乾燥容量:6kg
消費電力量:890Wh/590W
使用水量:55L
サイズ:600×722×1009mm

 パナソニックのNA-VX8700 でしょう。

 相当高価な製品ですが、洗剤の自動投入機能と、温水W泡洗浄の搭載が評価できます。

 日立も同様の機能を2018年から搭載してきましたが、先行していたのはパナソニックであり、モデルチェンジがあった分、問題点の見直しもなされているだろう点を評価しました。

 利便性の面でも、洗濯の進捗状況がスマホで確認できるため、離れた場所で洗濯機を回している場合に有用でしょう。

 そのほか、洗剤の自動投入機能は、「洗剤の使いすぎ」という部分の不経済の是正にもなるでしょう。

ーーー

 というわけで、今回は、ドラム式洗濯機の話でした。

  201808091719.jpg

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜9キロの中型洗濯機

 なお、ドラム式洗濯機は普及が進んでいるとは言え、まだ10万円以上と高いです。

 タテ型洗濯機も検討対象に加えたいという方は、上記の記事をご覧ください!

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは!

posted by Atlas at 21:18 | 生活家電

2018年11月16日

比較2018’ 最新の衣類スチーマー全22機の性能とおすすめ・選び方:パナソニックやティファールなど

【今回レビューする内容】2018年 人気の衣類スチーマーの価格・性能と選び方・おすすめ:パナソニック・T-Fal・ツインバード・日立・東芝・アイリスオーヤマ 男性用 女性用 ・小型ガーメントスチーマー・ハンディスチーマーの違いや口コミランキング

【評価する製品型番】 IRS-01-KN IRS-01-WS NI-FS330 NI-FS540 NI-FS530 CSI-RX1 イージープレシング GV5240J3 DV8610J1 SA-4084BL トゥイニー NI5010J0 アクセススチームプラス DV9000J0 ライト DT7002J0 DR8085J0 T-FAL トゥイニー ジェットスチーム DV9000 SALAV G-39 改良型ガーメントスチーマー LG スチームウォッシュ&ドライ styler ブラウン S3RER 石崎電機 SSH-100BK 東芝TAS-X3

今回のお題
忙しい朝に便利な「衣類スチーマー」のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2018年11月現在最新モデルとなる衣類スチーマーを比較します。

201807251727.jpg

 パナソニック・日立・ティファールなど、日本の家電量販店で手に入る機種は「ほぼ全て網羅」しました。

 いつものように、商品ごとに丁寧に比較したあと、最後に「結論」として、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案しています

1・衣類スチーマーの選び方の基本!

 201807251352.jpg

 衣類スチーマーは、日本で爆発的に売れまくっていている家電です。

 そのため、多くの機種が登場していますが、大きく3ジャンルに分けられます。

1・プレス兼の衣類スチーマー
2・プレス中心の衣類スチーマー
3・スチーム専用の衣類スチーマー

 それぞれ「得意なこと不得意なこと」がある点は注意が必要です。

 選ぶ際の「重要なポイント!」ですから、その部分を最初に確認しておきましょう。

1・プレス「兼用」の衣類スチーマー

 201807251454.jpg

 プレス兼用のスチーマーは、各社からだされ、最も選択肢が多い商品です。

 201807251810.jpg

 メリット性は、2点あります。

 第1に、衣類への「ハンガーショット」のほか、衣類のプレスに対応できることです。

 一部機種は、プレス時の温度設定(強・中・弱)が付属するため、麻などのデリケートな繊維にも対応できます。

 第2に、比較的小型で、使いたいときにすぐ使える点です。

---

 201807251349.jpg

 デメリット性も2点あります。

 第1に、「スチーム力」が専用機などに比べて弱い点です。

 どの機種も、本当に頑固なシワについては、対応力は「イマイチ」です。

 第2に、プレスの際に「かけ面」が狭いため、仕上がるまで時間ができる点です。

---

 結論的にいえば、こうした機種は、「出かける前の身だしなみ用」として手軽に利用したい方、「1人暮らしで、Yシャツなどのプレスはたまにだけ」という方に、おすすめです。

2・プレス中心の衣類スチーマー

 201807251450.jpg

 スチームもできるプレス機は、フランスのティファールが得意とするジャンルです。

 1.6mのスチームケーブルがつくため、プレス機でありながら、持ち上げて「ハンガーショット」もできる機種です。

---

 201807251451.jpg

 メリット性は、2点です。

 第1に、ハイパワースチームに対応する点です。小型の兼用機より「最大5倍」の強力スチームが得られます。欧米で「衣類スチーマー」というと、これくらいが普通です。

 第2に、プレス時にかけ面が広い点です。Yシャツなど、プレスとスチームを併用して本格的に利用したい場合に向きます。

 201807251452.jpg

 デメリット性も、 2点です。

 第1に、本体の大きさと重さです。

 本体が1.5kg以上あるため、取り回しやすさは「イマイチ」です。また、スチームコードが、電源コード以上に太いので、取り回しやすさは、コードレス機などに比べて「イマイチ」です。

 第2に、利用までにかかる時間です。

 140度の温度を実現するため、3.5気圧という高圧をかけるので、立ち上がるまで8分かかります。他機の8倍以上なので、「朝の身だしなみ」には向きません。

---

 結論的にいえば、どちらかといえば、しっかりとした台の上で、高圧・高音スチームでプレスをしたい方に向く、「衣類スチーマー」です。

3・スチーム専用の衣類スチーマー

 201804011534.jpg

 スチーム専用の衣類スチーマーは、「ハンガーショット」専用設計の衣類スチーマーです。

 メリット性は、「ハンガーショット」のほか、衣類のプレスにも対応できることです。

 201807251655.jpg

 メリット性は、2点です。

 第1に、スチーム力が強い点です。小型のプレス兼用機に比べて、2倍のパワーです。

 第3に、タンク水量が多く、水の補給の面で有利な点です。

 201807251803.jpg

 デメリット性は、「プレス」に対応できない点ですね。

 朝に「ちょっと気になる」部分を手軽に直せない点は、「イマイチ」でしょう。

---

 結論的にいえば、身だしなみに「高レベル」に気を使いたい方向けでしょう。

 また、スチームを「ニオイ取り」として利用したい場合も、こうした製品が有用です。

ーーー

 以上、3つのジャンルの衣類スチーマーの「得意なこと不得意なこと」を説明しました。

 以下の記事では、こうした区分をふまえながら、各社の衣類スチーマについて、その機能の違いが分かるように、詳しく比較します。

2・プレス兼用衣類スチーマーの比較

 はじめに、各社の「プレスも、ハンガーショットもできる」2in1タイプの衣類スチーマーの比較です。

 なお、以下では、Atlasがおすすめできるポイントを赤字、イマイチと思う部分は、青字で書いていきます。


 201807251455.jpg

 【2018年発売】
 1・Panasonic NI-FS340-PK
  ¥7,264 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

 【2017年発売】

 2・Panasonic NI-FS330-PK  
  ¥6,980 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:セラミックコート
コード:コード付
注水量:50ミリリットル
ハイパワースチーム:11g/分
かけ面サイズ:幅70×長さ150mm
重さ :665g

 パナソニックNI-FS340は、日本で最も「売れている」といえる衣類スチーマーです。

 こちらの機種は、2017年モデルがあります。新機種は、従来的な、タバコ・汗・飲食臭・防虫剤のニオイの除去のほか、「加齢臭対応」が謳われます。ただ、基本的スペックに変化はないため、旧機種でも「実際には対応」します。

 つまり、新旧に能力差はないため、価格の安い方を選んで良いでしょう。


 201607110935.jpg

 基本的な用途は、スチームを使ったしわ伸ばしです。

 蒸気を服に優しくあてていくだけでさっとシワが伸ばせるので、日本の朝の家庭事情にマッチしている製品と言えます。

 水蒸気噴射量は、11g/分という水蒸気噴射量になります。

 この通知は、スチーマーとしての「パワー」を知る上で重要です。大型のスチーム専用機には負けますが、気軽に使えるプレス兼用機としては十分以上です。

 水タンクは、50ミリリットルです。約4分のスチーム量となります。

 立ち上がり時間は、30秒です。朝の忙しい時間に向きます。

 重さも、665gと軽量です。

 小型サイズで手にもなじみます。除臭力もあり、タバコや汗などの付着臭、防虫剤のニオイの除去にも効果的です。

 201607110943.jpg

 かけ面は、上下に向けて傾斜があるラウンド型のかけ面を採用しています。

 そのため、フリルの付いた服や、ブリーツスカートなどの立体縫製をしてあるものを「ふんわりと」プレスするのが大得意です。この点が、「家庭の2台目」として人気の秘密でしょう。したがって、かけ面の温度も、「服を傷めない」中温(150度)に限定されます。

 一方、ラウンド型のかけ面を採用するため、クリーニングに出したYシャツのように、洗濯後「パリッ」とかっちり仕上げるようなプレスは不可能です。

 その点で言えば、「家庭の1台目」は、別に必要と考えられます。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応 対応
ベルベット 非対応 対応
ウール 非対応 低温で対応
シルク 非対応 低温で対応
麻(混紡) 部分対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応 対応
ポリエステル 対応 対応

 対応する衣類の種類は、上表の通りです。皮・合成皮革、100%麻の衣類は非対応です。

 一方、ベルベット・ウール・シルクなどの素材は、かけ面をあてずに、スチームを離してあてることで利用可能です。綿・レーヨン・ポリエステルなどはプレスでも、スチームでも対応可能です。

--

 以上、パナソニックの衣類スチーマーNI-FS340の紹介でした。

 朝の忙しい時間に洋服のシワを取ったり、立体縫製の服を「ふんわり」仕上げられたり、面白い特長を持った機種だと思います。価格もこなれていますし、朝の時間節約のため「2台目」として所有するのは、「あり」でしょう。


 201804011551.jpg

 【2018年発売】

 3・Panasonic NI-FS540-DA
 4・Panasonic NI-FS540-PN
   ¥8,564 Amazon.co.jp  (11/16執筆時)

 【2017年発売】

 5・Panasonic NI-FS530-DA
 6・Panasonic NI-FS530-PN
  ¥7,470 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:セラミックコート
コード:コード付
注水量:50ミリリットル
ハイパワースチーム:11g/分
かけ面サイズ:幅70×長さ150mm
重さ :690g

 NI-FS530も、パナソニックの製品の紹介です。形状は先ほどの機種と似ています。

 201804011553.jpg

 こちらも、型落ちの2017年モデルが売られています。2018年モデルに比べると「3倍パワフルスチーム」が搭載された点が違いです。

 「10秒間程ほどの限定的な出力強化」とはいえ、もう価格差がないので、新機種を選ぶべきですね。

 201607111008.jpg

 基本的な用途は、ハンガーが消して、スチームを使い洋服のシワを伸ばせるという点では先ほどの機種と機能は同じです。

 水蒸気噴射量も11g/分と下位シリーズ同じです。サイズや重さはほぼ変わりません。

 タバコや汗の脱臭効果があるのも同じです。

 水タンクは、50ミリリットルで、約4分のスチーム量となります。

 立ち上がり時間は、30秒です。朝の忙しい時間に向きます。

 201703171446.jpg

 かけ面は、先ほどの機種と大きく異なる部分です。

 こちらは、従来的なフラット形状のかけ面を採用します。

 そのため、ハンガーに掛けてのスチームのほか、パンツのプレスなどにも対応できます。反面、「フラットな」形状なので、立体縫製の衣服の「ふんわり仕上げ」などは多少やりにくい仕様です。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応 対応
ベルベット 非対応 対応
ウール 非対応 対応
シルク 非対応 対応
麻(混紡) 部分対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応 対応
ポリエステル 対応 対応

 対応する衣類の種類は、上表の通りです。

 先ほどの機種と同じです。こちらも、かけ面の表面温度は中温に固定ですね。デリケートな繊維には使えない点は留意しましょう。

---

 以上、 NI-FS530の紹介でした。ふんわり仕上げよりも、プレスに力を入れた製品です。

 多少小型ではありますが、「家庭の1台目」としても利用できるため、一人暮らしの方に向いた機種と言えます。24秒で立ち上がるというスピードは、朝忙しい際に特に便利です。


 201804011601.jpg

 【2017年発売】

 7・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-W
 8・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-A
  ¥6,780 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:
コード:コード付
注水量:70ミリリットル
ハイパワースチーム:11g/分
かけ面サイズ:
重さ :690g

 CSI-RX1は、日立衣類スチーマーです。同社は、2017年に新規参入した後発メーカーです。

 基本的な用途は、先行したパナソニックの上位機にコンセプトが近いです。プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプの機種です。

 水タンクは、本体部分に内蔵さます。


 201704241555.jpg

 水蒸気噴射量も、11g/分とパナソニックと同じです。

 噴射口は、十字型に配列されており、上下・左右どちらの方向のハンガースチームでもムラがないよう工夫されます。

 水タンクは、70ミリリットルです。約5分のスチーム量となります。先行販売のパナソニックより1分多めです。

 それでいて重さは同じ690gということで、後発の利点をフルに活かしたスペックです。

 立ち上がり時間は、この機種も30秒です。朝の忙しい時間に向きます。

 かけ面は、ダイヤモンド型です。

 パナソニック同様に、ボタン付近などの細かい部分もプレスしやすくなっています。ただ、かけ面の表面コートはチタン含有コートです。

 素材のグレードという点でも、セラミックコートを採用するパナソニックに次いで、「滑りやすさ」は期待できるでしょう。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
対応
シルク 対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、パナソニックと比較すると、スチームの対応状況はほぼ同じです。

 ただし、プレスについては、温度に厳しい繊維にも対応している点がメリット性です。日立は、「高」「中」「低」と3段階の温度設定ができるため、対応の幅が広いと言えます。

---

 以上、日立の衣類スチーマーの紹介でした。

 先行するパナソニックと比べると、スチームショットの面ではほぼ互角です。しかし、プレスの時に温度設定が可能なのがメリット性でしょう。ただ、かけ面の滑りやすさは、セラミックかけ面のパナソニックが多少有利です。

 それをふまえれば、アクリルやポリプロピレン系の熱に弱い記事のプレスを考えるならば日立、Yシャツのプレスなど、一般的な用途だけでの利用で、後は「もっぱらクリーニング」と考えるならば、パナソニックで良いでしょう。

 最終的なおすすめ機種は、最後に改めて書きたいと思います。


 201804011625.jpg

 【2017年発売】

 7・東芝 衣類スチーマー TAS-X3【各色】
  ¥7,270 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:セラミック
コード:コード付
注水量:55ミリリットル
ハイパワースチーム:11g/分
かけ面サイズ:約170×70mm
重さ :690g

 CSI-RX1は、東芝衣類スチーマーです。日立同様の時期にあたる2017年に新登場した機種です。

 基本的な用途は、こちらも、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプの機種です。

 水蒸気噴射量も、11g/分と他社と同じです。

 水タンクは、55mlで、持続時間は「最長」5分です。ただし、ハイパワー利用時は3.5分なので、パナソニックと同じで、日立以下ですね。

 立ち上がり時間は、この機種も30秒です。他社と同じです。

 201804011632.jpg

 かけ面は、楕円形で、先端にポイントプレスしやすい突起があるのが「売り」です。

 素材はセラミックという点では、パナソニックと同じですが、独創的な工夫は乏しいです。

 対応する衣類の種類は、日立と同じく「高」「中」「低」と3段階の温度設定ができる仕様であり、対応布地も同じです。

----

 以上、東芝の衣類スチーマーの紹介でした。

 先発する諸メーカーとの明確な違いがあまり見られない機種です。プレス機では老舗なので、今後のバージョンアップに期待したいと言えます。


 201804011603.jpg

 【2017年発売】

 8・アイリスオーヤマ IRS-01-KN
 9・アイリスオーヤマ IRS-01-WS
    ¥4,846 Amazon.co.jp  (11/16執筆時)

かけ面:
コード:コード付
注水量:60ミリリットル
ハイパワースチーム:
かけ面サイズ:幅70×長さ160mm
重さ :790g

 IRS-01は、2017年からアイリスオーヤマが販売を開始した、比較的格安な衣類スチーマーです。

 基本的な用途は、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプとなります。

 201706091458.jpg

 水蒸気噴射量は、情報非開示です。ただ、スチームの噴射口は直列に6つです。他社の半分程度で、パワーや広がりは、他社よりはっきりと劣るといえます。

 水タンクは、注水量は60ml・稼働時間も5.5分と、日立とパナソニックの中間的容量です。

 ただし、本体の重さは、790gと重めです。

 立ち上がり時間は、35秒です。ほんの少しですが、他社より遅いです。ただ問題ないでしょう。

 かけ面は、素材は非開示ですが、おそらく低ランクのフッ素コートです。すべりの面では「価格なり」でしょう。

 対応する衣類の種類は、パナソニックと同じです。日立と違い、プレス温度が中温固定なので、デリケートな繊維は、対応できません

---

 以上、アイリスオーヤマの衣類スチーマーの紹介でした。メリット性は、やはり価格面で、保証面で信頼できるブランドの製品が5000円ほどで手に入るのは、大きなメリットです。

 一方、スチームのパワーやかけ面の素材などの部分の品質は、他機種に劣ります。一度買えば長く使う製品なので、このあたりは考えどころです。


  201807251632.jpg

 10・T-FAL ジェットスチーム DV9000J0
    ¥4,780 Amazon.co.jp
(11/16執筆時)

かけ面:アルミニウム
コード:コード付
注水量:50ミリリットル
ハイパワースチーム:----
かけ面サイズ:調査中
重さ :0.83kg

  DV9000 は、T-Falが発売しているスチーマーです。

201807251637.jpg

 基本的な用途は、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプとなります。洋服ブラシのような形をしていますが、重さはあり水なし状態で830gです。

 水蒸気噴射量は、数値としては非公開です。スチームの孔の数も少なく部分的ですから、高い期待はできないでしょう。

 水タンクは、注水量は50ml・稼働時間は最大15分となります。ただし、逆に言えば、さほど強力スチームではないという「証拠」です。

 かけ面は、アルミニウムです。普通のフッ素加工でありとくにこだわりはありません。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
部分対応
シルク 対応
部分対応
麻(混紡) 対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、プレス面では万能です。スチーマーとしても、かけ面から話さえすれば、ウールやシルクなどのデリケートな素材でも対応できます。

 これは、日立と同じで、「高温・中温・低温」の選択ができるからです。

---

 以上、T-falのトゥイニージェットスチーム DV9000 の紹介でした。衣類スチーマーとしては安く、導入しやすい機種です。

 ただ、プレスもスチームショットも、上位機に比べると確実に能力が落ちるため、基本的には1人暮らしの男性などが、プレス用途とスチーム用途兼用で安い機種を探している場合に限り、おすすめです。

−−

  201807251512.jpg

 11・T-fal 2in1 スチーム&プレス DV8610J1
    ¥4,108 Amazon.co.jp
(11/16執筆時)

 なお、DV9000の旧型としてDV8610J1が併売中です。ただ、スタンド金具などがないなど、利便性の面で新機種の方が上位です。選ばずともよいでしょう。


 201807251514.jpg

 12・TWINBIRD SA-4084BL【青】
 13・TWINBIRD SA-4084P【ピンク】
    ¥2,698 Amazon.co.jp
(11/16執筆時)

かけ面:フッ素樹脂
コード:コード付
注水量:100ミリリットル
ハイパワースチーム:0.2g/分
かけ面サイズ:W 56 × D 124 mm
重さ :930g

 ツインバード工業からも衣類スチーマーが発売されています。日本では同社が先発で、30年近いロングセラー機となります。

 201607111038.jpg

 基本的な用途は、この機種も、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプとなります。

 水蒸気噴射量は、0.2g/分です。

 かなり弱いです。そのため、霧吹きでの事前処理が推奨されています。

 水タンクは、注水量は100mlとやや大きめです。

 立ち上がり時間は、40秒です。

 かけ面は、普通のフッ素加工でありとくにこだわりはありません。

 対応する衣類の種類は、日立などと同じで、デリケートな繊維にも対応するタイプです。プレスについて、温度設定が3段階から選べるためです。

 201607111043.jpg

 付属品は、この機種の興味深い部分です。

 ほこりや小さなゴミを取り除くのに向いた衣類ブラシと、大きなゴミや糸くずが取れる毛ブラシアタッチメントとして取り付けられます。家庭には必要なものですし、兼用できるのは良い部分です。

 以上、ツインバード工業衣類スチーマーの紹介でした。

 衣類スチーマーとしては、スチーム力の弱さが致命的でしょう。重さも930gとありますので、どちらかと言えば、メインはパンツなどのプレス、という方で、格安機をお探しの方にオススメですね。

3・プレス中心の衣類スチーマーの比較

 続いて、ハンガーショットも対応するが、どちらかといえばプレス時のスチームが得意な機種を紹介します。


 201807251450.jpg

 14ティファール イージープレシング GV5240J3
    ¥15,462 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:特殊セラミック
コード:コード付
注水量:1000ミリリットル
ハイパワースチーム:60g/分
かけ面サイズ:
重さ :4kg

 イージープレシングは、ティファール製品です。こちらは2015年に投入された製品です。

 基本的な用途は、形状からも推察されますが、基本的には衣服のプレス用です。

 201610071243.jpg

 水蒸気噴射量は、60g/分と相当パワフルです。兼用機の最大6倍です。通常モードでも25g/分ですから、スチーム力だけで言えば、「最強」です。分厚い衣服でも奥までスチームが浸透するので、強力にシワ取りが可能です。

 なお、ハンガーショットをする場合は、内蔵されている1.6mのスチームケーブルを伸ばして、手持ちして利用します。

 本体重量は4Kgありますが、水の入った台座を置いて使う方式なので、重さを感じずスチームが可能です。

 水タンクも、1000ML(=1L)と巨大で、パナソニックの20倍のタンクです。60分の連続使用時間を誇ります。

 立ち上がり時間は、ただし、3.5気圧をかけて140度のスチームをだすという強力さゆえに、約8分と相当長いです。

 朝の忙しい時間の利用に向く機種ではないです。

 201610071240.jpg

 かけ面は、滑りやすい特殊セラミックかけ面です。

 また、かけ面が広いため、プレスを主目的に購入される場合にはイチオシです。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
対応
シルク 対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
非対応
ポリエステル 対応
非対応

 対応する衣類の種類は、上表の通りです。

 こ表面温度が高温・中温・低温と三段階に調整できるため、プレスについては、ほぼ「万能」な製品です。

 なお、T-falはスチームが強力ですが、スチーム量の調整ダイヤルも別に付くため、目的に合わせて強弱が調整できます。

---

 以上、ティファールイージープレシングの紹介でした。立ち上がるまでに時間がかかるので、「忙しい朝」には向かない機種です。

 一方、強力なハンガーショットとプレスを搭載するので、「時間のあるときにキッチリ仕上げたい」場合には、かなり良い選択肢だと思います。


 201807251544.jpg

 【2017年10月発売】

 15・ティファール トゥイニー NI5010J0
  
¥24,500 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:特殊セラミック
コード:コード付
注水量:400ミリリットル
ハイパワースチーム:25g/分
かけ面サイズ:
重さ :1.8kg

 トゥイニーは、ティファールの最も新しい衣類スチーマーです。

 2017年冬に登場したものです。発売早々人気でやや品薄です。

  201712061107.jpg

 基本的な用途は、こちらもしっかりとした衣服のプレスができる機種です。一方、イージープレシングと同じく1.6mのスチームケーブルを伸ばして、水タンクを置いたままハンガーショットもできます

 201807251545.jpg

 一方、こちらはヘッド部分が軽量なので、取り回しはこちらの方が圧倒的に楽でしょう。その点で言えば、ジャンルは「プレス兼用機」とも言えます。

 水蒸気噴射量は、25g/分となります。イージープレシングに比べると弱いとは言え、一般的には「パワフル」と言え、厚手の服でも強力に利用できます。

 水タンクは、400mlです。

 他社のプレス兼用機に比べれば10倍以上の容量で、16分間連続使用が可能です。

 立ち上がり時間は、40秒ですから、8分だった先ほどの機種の「欠点」は克服しています。

 201807251549.jpg

 かけ面は、こちらも特殊セラミックかけ面とすべりが良いです。

 一方、かけ面が狭いため、この部分では「プレス兼用機」に比べてもさほど有利ではありません。とはいえ、強力なスチーム力を活かしてプレスできます。

 対応する衣類の種類は、こちらは、表面温度がプレスにおいては中温固定なので、デリケートな衣類は掛けられません。

 この点で、この機種は「プレス」には限界があり、「プレス兼用機」とも「プレス専用機」とも言えない境界線上をさまよう製品と言えます。

----

 以上、ティファールトゥイニーの紹介でした。

 今回は3ジャンルに分けての紹介ですが、うまくそれに当てはまらない機種です。

 実際「朝忙しいときに使う」にはスチームケーブル式は「大げさ」で、時間のあるときにじっくり使うには「プレス能力が中温固定」です。なまじバランスが良すぎるために、「どっちつかず」の印象もある機種です。

4・スチーム専用の衣類スチーマーの比較

 最後に、「ハンガーショット」に特化した製品を紹介します。


  201807251651.jpg

 【2018年】

 16・T-Fal アクセススチームプラス DT8100J0
    ¥9,710 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:
コード:コード付
注水量:185ミリリットル
ハイパワースチーム:23g/分
かけ面サイズ:
重さ :1200g

 アクセススチームプラスは、T-Falの発売する衣類スチーマーです。

 201807251608.jpg

 基本的な用途は、手持ちでの衣類スチームです。

 重さは、1200gです。ただ、形状的に持ちやすいと思います。3メートルの電源ケーブルをつなげば使える仕様です。

 201807251655.jpg

 水蒸気噴射量は、20g/分です。

 パナソニックなどの「プレス兼用機」と比較すると「2倍のスチーム量」です。また、スチーム量の調整は2段階で対応しますので、「強力」なのは欠点にはなりませんね。

 水タンクは、本体に内蔵される方式です。185mLと「プレス兼用機」の3-4倍程度で、連続使用時間も18分と十分です。

 立ち上がり時間は、40秒です。スチーム力の強さを考えればもんだいなく、実用的です。

 201807251658.jpg

 かけ面は、プレス非対応ながら、セラミックのヒーティングプレートを装備します。

 これは、スチームでほぐしたシワを伸ばす用途で利用します。簡易的な「プレス」とも言えます。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮
非対応
対応
ベルベット
部分対応
ウール
部分対応
シルク
部分対応
麻(混紡)
部分対応
綿
対応
レーヨン
対応
ポリエステル
対応

 対応する衣類の種類は、上記のようになります。

 スチームが中程度のパワーなので、合成繊維についても対応します。

 麻については、麻100%は対応不可ですが、混紡なら可能です。その他、シルク・ウールなどは、ヘッドを接触させず、十分、衣類から離してショットする場合に限り対応します。

  201607111112.jpg

 なお、この機種は、ドアフックが付属するため、クローゼットなどの近くに「引っかけておいて利用する」という使い方も可能です。

---

 以上、T-Falアクセススチームプラスの紹介でした。

 プレスが不要な方には、この機種は最善な機種の1つでしょう。小型で収納性も良く、ドレッサーなどに引っかけて置いておける点も魅力です。

 立ち上がりも40秒と速いので、スーツやジャケットなどのお手入れに特化して購入するならば、とても良い選択肢ですね。

ーーー

  201807251642.jpg

 【2018年】

 17・ティファール アクセススチームライト DT7002J0
    ¥8,125 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

 なお、この機種の「下位機種」として、アクセススチームライトが登場しました。

 水蒸気噴射量は、15g/分と弱く、 水タンク140mlと小さくなっています。持続時間も16分です。

 また、スチーム量の調整ができないほか、セラミックのヒーティングプレート未装備です。

 一方、「ライト」とありますが、セラミックプレートを使わない分200gほど軽量です。ただ、利便性が大きく削がれる割に、値段は変わりないため、買うならば「上位機」ですね。

ーーー

  201807251651.jpg

 【2016年】

 18・ティファール アクセススチーム DR8085J0
    ¥8,479 Amazon.co.jp
(11/16執筆時)

 一方、2016年発売の旧機種も併売中です。

 こちらは、水蒸気噴射量は、18g/分と弱く、セラミックのヒーティングプレート未装備です。

 また、蒸気量の調整にも対応しないため、やはり選ぶならば「新機種の上位機」です。


  

 19SALAV G-39 ガーメントスチーマー
     ¥11,980 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:
コード:コード付
注水量:1200ミリリットル
ハイパワースチーム:35g/分
水漏防止:
かけ面サイズ:
重さ :3.8kg
備考 持続時間45分

 こちらは、SALAVの発売する改良型ガーメントスチーマーです。

 201807251708.jpg

 この製品は、据置タンクにスチームホースが付属するという欧米では伝統的な形状の衣類スチーマーです。

 この形状の製品は、以前は、米国のコンエアーのほか、T-Falがインスタントスチーム 3360 3320として販売していましたが、完全に日本市場から「撤退」しました。

 ただ、いわゆる「ジェネリック家電」としてSALAVが安く販売しています。

 基本的な用途は、この機種も手持ちでの衣類スチームです。

 201807251714.jpg

 本体のサイズは、幅352×奥255×高290mmです。決してコンパクトではないです。

 重さは、3.8kgです。ただ、持ち手の部分は軽量で、タンクも車輪付きですから、問題ないです。

 水蒸気噴射量は、35g/分です。専用機としては、現状で最もパワフルです。

 水タンクは、本体に1.2Lの大タンクが内蔵です。45分持続する容量を持ちますので、給水後は数週間使えるでしょう。

 立ち上がり時間は、45秒です。速度に不満はないでしょう。

 201709031240.jpg

 かけ面は、噴射孔が横に並ぶ形のワイドサイズです。ただし、T-Falのように、「シワを伸ばす」用途には利用できません。

 対応する衣類の種類は、明示はされません。ただ、形状と仕組みはT-FALと同様とみて問題ないでしょう。ただし、強弱の調整はできない仕様です。

 付属品の部分では、毛の長い衣類に利用できるブラシなど充実していますね。

--

 以上、SALAVの製品の紹介でした。

 コンエアーの撤退と、T-FALの品薄状態で、ハンガー付属の据え置き型タイプで現在手に入りやすいのはこの機種だけです。水タンクが大きい据え置き型で考える場合、現状では有力な選択肢となるでしょう。


 201807251520.jpg

 20 SURE ポータブルスチーマー SSH-100BK
    ¥3,122 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

かけ面:
コード:コード付
注水量:40ミリリットル
ハイパワースチーム:
かけ面サイズ:W 56 × D 124 mm
重さ :480g

 SSH-100BKは、どこでもスチーマーの愛称で石崎電機が販売しているハンディスチーマーです。

 基本的な用途は、この機種もスチーム専用です。

 ただし、この機種は、折りたたみできる形状で、重さ480gと軽量のため,、持ちはこびに優位性がある製品です。

 水蒸気噴射量は、非開示です。仕組み上、パワーは期待できないでしょう。

 立ち上がり時間は、50秒とそこそこ速い点は、評価できます。

 対応する衣類の種類は、強力なスチームができる機種ではないため、基本的には綿やレーヨンなどの一般的な素材に用いるものです。

 付属品は、衣類の糸くずを取り除けるブラシアタッチメントが付属します。

---

 以上、SSH-100BKの紹介でした。

 家庭用としてみると非力でメリット性の薄い製品です。ただ、コンパクトに折りたたみ、持ち運べる点は一定のニーズがあるでしょう。

 なお、この製品、出張用に向くとして雑誌で紹介されていました。ただ、3メートルの電源コードも付くわけで、この点でその用途にはやや「微妙」です。


201709031251.jpg

 21LG スチームウォッシュ&ドライ styler S3RER
 22LG スチームウォッシュ&ドライ styler S3RBF
    ¥139,634 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

 S3RER は、LGは発売する新しいタイプの衣類スチーマーです。

 基本的な用途は、この機種は、中に収納した衣類に自動でスチームし、シワや臭いを除去するという「ライフスタイルクローゼット」というジャンルです。

 高さ185cm・幅44.5cm・奥行き58.5のロッカーのような形状で、最下部に、大きな水タンクが付属する製品です。

 201709031255.jpg

 もはや人間の手を介さず、時間予約して乾燥までしてくれるとても便利な家電です。

 Atlasも設置スペースさ許せば導入を検討したいと考えています。また、面白いのは、ハンガーに振動を加えることで、ホコリや花粉の除去に対応する点です。

 対応する衣類の種類は、デリケートコースがあるため、皮革を含めて普遍的に対応できます。ハンガー3本とズボン1本までの容量を同時に処理できる能力を持っています。

--

 以上、LGS3RERの紹介でした。

 設置スペースと予算が許せば選びたい機種です。時短効果は「最強」レベルで、個人的にも欲しいです。

 ただ、冷静に言えば、現状でライバルメーカーがないため、価格が現在では相当に高い点と、今後において改良が進んでいくことを考えると、こちらの導入は次回とし、価格的に求めやすい衣類スチーマーを発売までの「中継ぎ」とするのも一案でしょう。

今回の結論
衣類スチーマーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、衣類スチーマーを比較しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、立体縫製の衣服にも使える「忙しい朝」に最適な小型機種としては、

  201807251455.jpg

 【2018年発売】
 1・Panasonic NI-FS340-PK
  ¥7,264 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

 【2017年発売】

 2・Panasonic NI-FS330-PK  
  ¥6,980 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

ハイパワースチーム:11g/分
かけ面サイズ:幅70×長さ150mm
重さ :665g

 パナソニック小型衣類スチーマーNI-FS340が良いでしょう。

 201807251735.jpg

 ラウンド形状のかけ面は、デザインが複雑な服でも「ふんわり」仕上げるのが得意ですから、とくに女性の服には「抜群に」使いやすいでしょう。

 朝の忙しい時間には、30秒で立ち上がるのも嬉しい部分です。

 よりパワーの期待できる機種は、他ににあります。しかし、小型・軽量で設置性が良く、必要なときだけ取り出せる点は、この機種が「最も優れ」ます。

 この形状を最初に開発したのはパナソニックであり、すでに数回のモデルチェンジがありました。そのため、ユーザー視点からの相当の改良がある点でも、この機種の「レベルは高い」です。

 なお、2機種ありますが、スチームのパワーを含めて先述のように性能は同等なので、新機種の登場で値段が下がっている2017年モデルが良いと思います。


 第2に、ジャケットなどの衣類スチームに特化した、強力・小型機種としておすすめなのは、

  201807251651.jpg

 【2018年】

 16・T-Fal アクセススチームプラス DT8100J0
    ¥9,710 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

注水量:185ミリリットル
ハイパワースチーム:23g/分
重さ :1200g

 ティファールアクセススチームプラスでしょう。

 201807251655.jpg

 ジャケットなど厚手の服にも対応させる場合、他機の「2倍」となる23g/分の蒸気発生量が有利に働きます。

 201607111112.jpg  

 設置性も、電源ケーブルだけで利用できる形式である上、ドアなどに引っかけておける仕組みで、好きなときに使える気風もあります。

 もちろん、立ち上がりも45秒と速いので、忙しい日本の朝にも便利に対応してくれるでしょう。また、セラミックプレートで、簡易的なシワ伸ばしができる点、強力スチームで、スーツなどの消臭も期待できる点などが見所です。

 価格もさほど高くないですし、冬などにとくにジャケットを多用する方が専用機として買う場合は、良い機種です。

 連続使用時間18分ありますから、毎日の水補給は不要です。

ーーーー

  

 19SALAV G-39 ガーメントスチーマー
     ¥11,980 Amazon.co.jp (11/16執筆時) 

 ただし、より大きな水タンクで、完全に据え置いて使う場合は、SALAV G-39が選択肢となります。


 第3に、一人暮らしのビジネスマンの「1台目」としておすすめできる機種は、

 201804011601.jpg

 【2017年発売】

 7・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-W
 8・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-A
  ¥6,780 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

注水量:70ミリリットル
ハイパワースチーム:11g/分
重さ :690g

 パナソニックNI-FS540-DAと迷いました。

201807251748.jpg

 しかし、「ハンガーショット」に加えて「プレス」と言うことになると、プレス温度が3段階で設定できる必要が、どうしてもあります。それをふまえると、日立の衣類スチーマーが「おすすめ」です。

 スチームショットも、プレス兼用機としては、他社と同じくらい強力です。その上で、水タンクがわずかに大きいので、持続性も5分を超えるというメリットがあります。

 201804011551.jpg

 【2018年発売】

 3・Panasonic NI-FS540-DA
 4・Panasonic NI-FS540-PN
    ¥8,564 Amazon.co.jp  (11/16執筆時)

 ただし、プレスはしても、Yシャツのプレスなど、一般的な用途だけでの利用で、後は「もっぱらクリーニング」と考えるならば、パナソニックで良いでしょう。

 性能は日立とほぼ同じですが、かけ面の滑りやすさの点で、セラミックを採用するパナソニックはやや有利ですから。

 男性向きの色柄の展開ですが「面倒な機能は省く」という意味では、潔くて良い機種です。


 第4に、プレス重視の製品としてオススメできる製品は、

  201807251450.jpg

 14ティファール イージープレシング GV5240J3
    ¥15,462 Amazon.co.jp (11/16執筆時)

注水量:1000ミリリットル
ハイパワースチーム:60g/分
重さ :4kg

 基本的に、プレスと同時に衣類に強力にスチームしたい!という方は、 本格的なプレス機といえるイージープレシングが良いでしょう。

 広いかけ面と、業務用と言ってもよいスチーム力を持つため、本格的にプレスをしたい「家事の達人」には、こちらがオススメです。

 なお、本体に重さがある機種です。ただ、その重さを利用しながら、しっかりプレスできるのがこのメーカーの良い部分でもあります。

ーーー

 というわけで、今回は、衣類スチーマーの紹介でした。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 13:36 | 生活家電

2018年11月07日

比較2018'【実機所有!】ズボンプレッサー20機の性能とおすすめ・選び方

【今回レビューする内容】2018年 最新の家庭用ズボンプレッサーの性能・価格・選び方:コルビー・東芝・パナソニック LG styler スチームウォッシュ&ドライ:人気機種の 能力の違いや性能ランキング

【紹介する製品型番】S3WER S3RER 3300JC BK 3300JC MG 4400JTC 4400 beech 3300JASC 7800JAMR MG HIP-T56(K) HIP-T36(S) HIP-T100(K) HIP-F001 SA-4625BL HIP-L36(S) ツインバードパンツプレス ブラック SA-D719B 4400JTBMG 3300JABK 3300JAMG

今回のお題
シワが伸びる!ズボンプレッサーのおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。 

 今日は、2018年シーズン最新の家庭用のズボンプレッサーを比較します。

  201808101818.jpg

 Atlasは、2010年9月に、ズボンプレッサーの「名機」である、英国の「コルビー」を手に入れて以来、7年来のズボンプレッサー愛用者です。

 購入後、すぐ「ズボンプレッサーの比較記事」を書きはじめましたが、その間、高性能製品は、ほぼ全機種を利用・検証してきました。

 201811071311.jpg

 とくに、近年は(仕事で)年間の約2割は各地のビジネスホテルなどに宿泊するため、常備品として多い格安製品も多く実験できています。

 今回は、これまでの検証成果をふまえつつ、各製品を詳しく紹介します。また、最後に「結論」として、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

ーーー

1・高性能アイロン(T-Fal パナソニック)
2・高性能アイロン(東芝)
3・4000円以下の激安アイロン
4・衣類スチーマー
5・ズボンプレッサー

 なお、今回の記事は、このブログの「シワ伸ばし家電」シリーズ5回目記事として書きました。

1・ズボンプレッサーの選び方の基本!

 201808101553.jpg

 ズボンプレッサーは、身だしなみを整えるのには「便利な家電」です。1930年代にイギリスのジョン・コルビーの発明まで遡れる伝統ある家電です。

 一方、構造と仕組みは単純なので「何を基準に選べばよいか」分かりにくい家電です。

 ただ、8年来「研究」してきたAtlasとしては、次の3点が特に重要だと考えます。

1・設定できる温度と使用時間

 201808101616.jpg

 第1に、設定できる温度と連続使用時間です。

 上図は、各メーカーの代表的な機種の「温度」と「利用時間」を表示したものです。

 201808101620.jpg

 業界最大手の英国のコルビーは、低温・長時間で処理する仕組みです。

 同社は、時短より、衣類へのダメージを避けることを優先します。同社の製品はエグゼクティブ向けなので、高級紳士服での利用を想定するためです。

 201808101859.jpg

 東芝は、高温・長時間で処理する仕組みです。

 同社は、消臭・抗菌効果も期待を期待してこのような仕様にします。ただ、繊細な高級スーツの場合、衣類へのダメージの懸念があります。

 アイロン程の温度は出ないとは言え、長時間ですから。

 201808101621.jpg

 ツインバード工業は、高温・短時間で処理する仕組みです。

 同社は、ビジネスホテルでの販売を想定し、このような仕様にします。ただし、後述するように、同社の高級機は例外的に「高性能」です。

 201804081323.jpg

 なお、東芝・ツインバードなどの格安機の場合、定格時間(15分)終了後には、サーモスタットが働き、プレス不足でも連続利用ができません。そのため、厚手のズボンなどは「苦手」とします。

 ズボンプレッサーは、ジメジメした綿パン・ジーンの湿気をとり「さらさら」にするためにも利用できます。高温・短時間の機種は、連続使用ができない点で、こうした用途においては支障があります。

 結論的にいえば、家庭用としては、「衣類に優しい温度」で、「持続時間も長め」の機種が良いと、Atlasは考えます。

2・シワの伸ばしやすさ

 201607082115.jpg

 第2に、シワの伸ばしやすさです。

 この点で言えば、写真のように中間に塩ビのシートがあるタイプは、不器用なAtlasとしては「最悪」です。

 プレス時にズボンの片側を挟み込んで利用するのですが、慣れるまで綺麗に仕上げるのが相当難しいです。上部のリングチェーンも、下手に扱うと切れます。

 201808101601.jpg

 実際のところ、しっかりした温度管理とプレス構造ができる製品は「こうしたシートは不要」です。

 日常の使い勝手をふまえると、「シートがないタイプ」をチョイスすることを「強く」オススメします。

 201804081309.jpg

 形状的には、収納を前提とした横置きタイプと、据え置きを前提とし縦置きタイプがあります。

 ただ、横置きタイプは、基本的に「ホテルの据え付け用」に売られている廉価版です。自宅に、疲れてかえってきたが、取り出してセットするのはたいへん面倒なので、自宅用としてオススメできません。

 結論的にいえば、「縦置きタイプ」で「シートが不要」なズボンプレッサーが、「Atlasのおすすめ」です。

3・外観の高級感

 201707051731.jpg

 第3に、外観の高級感です。

 ズボンプレッサーは、その歴史的背景から「家電」としての側面と「家具」としての側面もあります。据え置いて利用するのが一般的なので、家庭用としても、ある程度の「見映え」は重視するべきです。

 ポイントとなるのは、ハンガー取ってです。格安の製品は、この部分の作りが甘いです。ハンガーを外して利用しない選択肢はあり得ます。

 しかし、いずれにしても、この2つは重要なポイントです。

ーー

 以上、ズボンプレッサーの選び方の基本を3点紹介してきました。

 以下では、こうした要素を重要視しながら、各社の製品をより細かく紹介していきます。「ちょっと風変わりな機種」もオマケで紹介するつもりです!

2・コルビーのズボンプレッサーの比較

 最初に、英国のコルビーの縦置きのズボンプレッサーを紹介します。

 なお、以下では、高評価できる点は「赤字」でイマイチな点は「青字」で説明していきます。


 201808101644.jpg

 【通常型番】

 1・Corby ズボンプレッサー 3300JC BK
 2・Corby ズボンプレッサー 3300JC MG
 3・Corby ズボンプレッサー 3300JC WB
  ¥25,400 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

 【Amazon限定型番】【同一性能】

 4・Corby ズボンプレッサー 3300JABK
 5・Corby ズボンプレッサー 3300JAMG
 6・Corby ズボンプレッサー 3300JAWB
  ¥29,788 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度60度(優しい)
プレス時間:30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

 3300JCは、イギリスコルビーのズボンプレッサーです。日本でよく売れるズボンプレッサーの1つで、Atlasも所有しています。

 201808101652.jpg

 コルビーは、1930年創業の老舗メーカーです。

 1950年代に電気式ズボンプレッサーのトップメーカーとなって以来、今もその地位を保っています。

 技術の蓄積・安定感が抜群で、奇をてらわない商品構成が評価を受けているのでしょう。外国のホテルではこの製品がよく観られますし、日本でも数十年前から輸入がなされています。

 201808101651.jpg

 本体の外観は、「紳士の国」らしく、落ち着いた雰囲気のズボンプレッサーです。基本的には、部屋に置きっ放しにして使うのが前提の製品で、そのため、デザイン性を高めています。

 裏面は木製ではないのが残念ですが、見映えがする面はしっかりした作りで、インテリア性も高いです。上部のポケットに腕時計などの小物を置けるのも良い工夫です。

 サイズは、幅46cm×奥行 36cm×高さ109cmとなります。

  201804081334.jpg

 ジャケットハンガーは、後部に付属します。ジャケットハンガーは、邪魔なようならば着脱可能です。

 壁に沿って設置する場合は、外して利用したほうが良いでしょう。なお、脚もとってしまい壁に直付けすることも可能です。以前、そのように設置しているシティホテルに泊まったことがあります。

 201607082052.jpg

 プレスの方法は、ごく簡単です。

 折り目を合わせたスーツをそのまま入れ込むだけでプレスできます。国産メーカーの製品は、中間にプレスシートを入れる方式が多いですが、コルビーのモデルはこの操作が不要なので、利用がとても楽です。

  201607082055.jpg

 衣類の安全性は、コルビーの場合、最も強調して良い部分です。

 プレス温度を高級スーツの生地が傷むとされる60度以上にならないように、サーモスタットが内蔵されます。30分かけてゆっくりしわを伸ばします。

  180810-0073-22%.png

 内装部分も十分なクッション性の素材が使われており「衣類を大事にしている」点がつぶさに伝わってきます。もちろん、塩ビのシートはなど使われません。

----

 以上、コルビーの3300JCの紹介でした。

 価格は多少高いですが、機能性とインテリア性を兼ね備えた良い機種だと思います。家庭用としては滅多に壊れることのない家電ですし、ある程度の価格のものを揃えるのも良いでしょう。

ーーー

 201808101702.jpg

 【ステンクローム】

 7・Corby ズボンプレッサー 3300JASC
  ¥27,000 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

 なお、コルビーの3300JCは数年に一度「限定数の限定色モデル」が出ることがあります。2018年も現在も、【サテンクローム】という色目が「限定」で登場です。

 性能面では、通常モデルと同等です。


  201808101703.jpg

 【通常型番】

 8・Corby ズボンプレッサー 4400JTC MG
  ¥29,280 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

 【Amazon限定型番】【同一性能】

 9・Corby ズボンプレッサー 4400JTBMG
  ¥32,400 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15/30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

  4400JTCも、コルビーのズボンプレッサーです。先ほどの機種の「上位機種」となります 

  201808101707.jpg 

 本体の外観は、こちらも木調です。

 ただ、下位機種と比べると、オシャレな「段落ち」加工がなされます。先ほど書いたように、この製品は、しまわず設置してこそ利便性を発揮する製品ですので、外観の高級感は重要です。

 サイズは、下位機種と同じです。

 201808101706.jpg

 ジャケットハンガーは、この機種も付属しており、着脱も可能です。構造的には下位機種と変わりません。

 プレスの方法も、下位機種と同じで、スーツをそのまま入れ込むだけでプレスするだけで、手順が最も簡単といえる機種です。

 201808101709.jpg

 衣類の安全性は、下位機種よりも増しており、こちらは、デリケートな記事について、標準的な30分運転のほか、15分運転も可能です。ただ、違いはその程度で、下位機種との決定的な差ではないですね。

 以上、コルビーの 4400JTCの紹介でした。

 下位機種に比べて外観のデザイン面はおしゃれになっています。しかし、タイマー以外の機能差はないため、デザインが気に入ったのでないならば、基本的に下位機種を選んでも良いと思います。

ーーーー

 201808101719.jpg

 【並行輸入品】

 10・Corby ズボンプレッサー 7700
  ¥75,013〜 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15/30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

 なお、イギリスでは、CORBY 7700という上位機が売られています。日本でも並行輸入品は入手可能です。

 201808101717.jpg

 機能面の相違点はわずかで、カウントダウンタイマーの搭載のみです。

 ただ、英国では、4400シリーズと2000円程しか変わらない機種です。使っている木材のグレードが高いなどではありません。


  201804081350.jpg

 【2018年】

 11・Corby ズボンプレッサー 7800JAMR
  ¥59,400 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15/30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

  CORBY Executive+ 7800JAMRは、コルビーのズボンプレッサーです。日本上陸25周年限定モデルとして売られます。

 201804081354.jpg

 本体の外観は、写真のように「ミラー」が付属する仕様です。

 角度的に、ズボンのシルエットは確認できますが、実用面からよりも「限定モデル」としての「遊び」に感じます。

 サイズは、幅が46.3cmで奥行 50cm、高さが106cmとなります。

 201804081453.jpg

 ジャケットハンガーは、この機種も付属しており、着脱も可能です。

 プレスの方法も、下位機種と同じです。

 衣類の安全性は、下位機種と同様です。ただ、15分と30分に加えて、45分のタイマースイッチが付属しました。厚めの生地なら有利な部分もあるかもしれませんが、「おまけ」的要素が強いです。

 以上、コルビーの 7800JAMRの紹介でした。ズボンプレッサーを「初めて」買うような方のための製品ではないでしょう。長いコルビーのファンや、デザイナーズホテルの備品などに向くものです。

2・東芝のズボンプレッサーの比較

 201808101859.jpg

 つづいて、東芝のズボンプレッサーの比較です。

 東芝は、実用性を重視したモデルを多くラインナップします。


  201808101732.jpg

 12・TOSHIBA ズボンプレッサー HIP-T100(K)
  ¥16,764 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15/30分
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅51×奥行48×高さ107cm

 HIP-T56は、東芝のズボンプレッサー最上位機です。

 東芝は日本の大手家電メーカーとして古くからズボンプレッサーを作っていた会社です。そのため、この機種は、シティホテルなどでよく見かけます。

 201808101734.jpg

 本体の外観は、コルビーに比べると、シルバーが入りモダンなデザインです。都会的なデザインですが、黒の部分が落ち着いているため、自宅に置いても違和感はありません。

 コルビーと比較した場合、コンセントがあるのが便利そうです。ただ、設計的に古いので、小物入れに「スマホ」を収納することは難しいでしょう。

 201808101737.jpg

 また、移動用のストッパー付きのローラーが付属する点も注目です。ズボンプレッサーは10キロほどあるため、移動させて使う場合は便利です。

 サイズは、高さ約107cm×幅約51cm×奥行約48cmです。コルビーに比べると、多少奥行きが必要ですが、問題ないレベルでしょう。

 ジャケットハンガーは、コルビーと同じく付いており使い勝手は良いです。

 ただし、多少小さめで、高級感に多少かけます。ハンガーの着脱は可能です。

 201607082115.jpg

 プレスの方法は、注意点です。

 この機種の場合、写真のように、ズボンの間に塩ビのプレスシートを挟み込んで使います。

 これは、スーツの二重線を効果的に防いでくれるのですが、コルビーに比べるとコツが要ります。難しいので、Atlasは好きではありません。


201808101742.jpg

 衣類の安全性は、コルビーに比べると、あまり繊細な生地には対応しません

 なぜなら、プレス温度が75度だからです。時間は15分/30分から選択可能ですが、高温には違いないでしょう。

 東芝の場合、むしろ「プレス熱による除菌」を全面に打ち出します。実際のところ、アイロンなら「低温」でも100度以上出ているので、過度に「神経質」になる必要はないですが、ズボンプレッサーは長時間なので、高級生地ならば、少し心配ではあります。

 201607082140.jpg

 ズボンプレッサー用消臭フィルター HIP-F001
  ¥1,166 Amazon.co.jp
  (11/7執筆時)

 清潔性は、東芝はかなり重視します。製品には、消臭繊維が使われており、着臭の除去効果が期待できます。

 さらに、ジャケットハンガーに消臭ファンが搭載され、消臭フィルターで上着の消臭ができます。汗やタバコ臭に効果が期待できます。ただし、6ヶ月でフィルターの交換が必要です。

---

 以上、東芝HIP-T56の紹介でした。

 コルビーは、「高級スーツに優しい」製品でした。一方、東芝は、消臭・除菌に力をいれることで「忙しいビジネスマンに優しい」製品と評価できます。

 201808101756.jpg

 実際のところ、格安スーツに限定して考えれば、東芝の製品は魅力です。冒頭で「ネック」と書いた、塩ビの中間シートも慣れれば、「スーツの二重線」を防ぐのに効果を発揮するでしょう。

 Atlasは不器用なのでだめですが、ホテルなどでこの方式に使い慣れている方には、逆にこの機種は「最良」だと思います。

ーーーー

  201808101727.jpg

 13・東芝 ズボンプレッサー HIP-T56(K) 
  ¥14,964 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15分(短い)
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅51×奥行48×高さ107cm

 なお、下位機種にあたる「姉妹機」として、 HIP-T56があります。サイズは、高さ106cm×幅48.5cm×奥行51.5cmとやや小ぶりです。

 この機種も75度の高温が出せる機種ですが、プレス時間は15分までで、利用後の連続使用は、サーモスタットが働き(冷めるまで)不可です。

 上着の消臭機能も未付属なので、選ばない方が良いと思います。


  201808101800.jpg

 14・東芝 ズボンプレッサー HIP-T36(S)  
  ¥10,540 Amazon.co.jp
(11/7執筆時)

  【Amazon限定型番】【同一性能】

 15・東芝 ズボンプレッサー HIP-T35(S)
  ¥11,800 Amazon.co.jp
(11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15分(短い)
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅48.5×奥行40.5×高さ105cm

 HIP-T36は、東芝の「格安」なズボンプレッサーです。

 本体の外観は、完全に実用性重視でインテリア性は皆無です。

 サイズは、高さ105cm×幅48.5cm×奥行40.5cmです。

 ジャケットハンガーは、上位機とほ同グレードのものが採用されています。ハンガーの着脱はこちらも可能ですね。

 201808101807.jpg

 プレスの方法も、上位機と同じで、塩ビのプレスシートを挟み込んで使う方式です。

 衣類の安全性は、かけ面温度が75度で「除菌対応」ですが、最大プレス時間が15分までで、連続使用はできません。

 清潔性も、消臭繊維を使っていない点で、上位機種に及びません。

 以上、東芝HIP-T36の紹介でした。各地のビジネスホテルで見かける機種です。ただ、家庭用としてはあまり魅力的ではありません。



 

 16・東芝 ズボンプレッサー HIP-L36(S)
  ¥10,100 Amazon.co.jp  
(11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15分(短い)
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅53.8×奥行85.3×高さ75cm

 HIP-L30は、東芝の横置きタイプのズボンプレッサーです。日本で販売される横置き型としては唯一の現行製品です。

 サイズは、高さ75×幅538×奥行853mmです。押し入れに収納することができます。

 201607082155.jpg

 プレスの方法は、真ん中に塩ビの「プレスシート」を入れる方式です。

 また、縦置きのように「重力」を利用できないため、セットにはかなりのコツが要ります。構造上、さほど厚みのあるズボンも対応しません。

 衣類の安全性は、タテ型と同等です。

 プレス温度は、75度の15分間です。比較的高温が出せるため、除菌効果が期待できます。一方、消臭繊維などは使われていません

 以上、HIP-L36(S)の紹介でした。

 収納スペースの限られるビジネスホテルなどで、各部屋に備え付けてある機種です。ただ、ユーザー視点で言えば、横型は、プレスが面倒ですので、家庭用としては、縦置きできるタイプをAtおすすめしたいところです。

4・ツインバードのズボンプレッサー

 つづいて、日本のツインバード工業のズボンプレッサーです。

 格安家電のイメージがありますが、ズボンプレッサーは見所のある高級機も出しています。


 

 17・TWINBIRD パンツプレス SA-4625BL
   ¥8,980 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:70度(除菌)
プレス時間:10分(短い)
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅43×奥行40×高さ90cm

 SA-4625BL は、ツインバード工業では最も売れているズボンプレッサーです。

  201808101813.jpg

 本体の外観は、こちらも実用性重視で、インテリア性はあまりないです。

 サイズは、約43cm × 40cm × 90cmやや小ぶりです。そのため、キャスターは付属しません。

 ジャケットハンガーも、未搭載です。

 201808101814.jpg

 プレスの方法は、東芝と同じ方式で、中間にプレスシートを挿入して使う形式で、利用には「コツ」が必要な機種です。

 途中でよれていないか確認できる二段ロックは便利なのですが、(シワのない状態ならともかく)シワの寄ったパンツを上手く入れるのは、コツが必要です。

 衣類の安全性は、サーモスタットがあるため、安全性は高いです。プレス温度は、一方で70度で、プレス時間は、10分です。

 衣類へのダメージはある程度防止できるとしても、冷めるまで連続使用に制限がかかるため、厚手の生地はやはり面倒といえる製品です。

 清潔性は、特段の機能は見られません。

---

 以上、ツインバードの SA-4625BLの紹介でした。

 機能を絞り込んでシンプルな構成にして価格を抑えた製品です。ただ、価格差はさほどないため、低価格機として積極的に「おすすめ」するまではいかない、中途半端な機種です。


  201808101819.jpg

 【2017年】【通常型番】

 18・TWINBIRD パンツプレス SA-D719B
   ¥20,480 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15分前後
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅45.5×奥行40.5×高さ90cm

  SA-D719Bは、ツインバード工業から2017年に新発売した新しいズボンプレッサーです。

 Atlasは、ズボンプレッサーの記事を10年近く更新していますが、他社を含めて新製品を見たのはかなり久しぶりです。コモディティ化を打ち破る製品ですね。

 201707051731.jpg

 本体の外観は、この機種の特長で、美観に優れるガラスパネルを採用します。

 コルビーの木目も厳粛な雰囲気がありますが、モダンな部屋のインテリアとしてはやや合わない場合もありました。その点、シンプルなデザインなこちらは、光の入るような明るい部屋でもマッチしそうです。

 201707051735.jpg

 また、ガラスであるため、シワの状態が目視できるのも利点です。ツインバード工業は、家電にガラスを使うのが巧く、その特性をズボンプレッサーにも活かしています。


 201808101823.jpg

 サイズは、約45cm × 40.5cm × 90cm です。日本製品ゆえか、やや丈が短いです。身長185cmを超える方は、やや注意ですね。

 上部に小物入れがあり、スマホなどを置くこともできます。コルビー・東芝にも小物入れはありますが、こちらは後発のメリット性を活かし、スマホなどに便利な深めの小物入れにしています。

 ジャケットハンガーは、この機種も未搭載です。

 ジャケットハンガーは、衣服を掛けていない状態だとインテリアとしての見映えが非常に悪いので、あえて付けなかったのだと思います。Atlasもコルビーでそれを感じており、外して使っていました。

 201808101828.jpg 

 プレスの方法は、価格の高い製品であるためか、十分なクッション材があるため、コルビーと同じく、中にプレスシートを入れずに利用できる仕様です。

 セットはこの方法が最も用意ですし、ガラスのためセット状況が確認できるのもあって、使い勝手はかなり優れます。

 衣類の安全性は、こちらもサーモスタットがあるため、安全性は高いです。

 プレス温度は、コルビーと同じ「衣類に優しい」60度です。また、標準所要時間は13分ですが、温度センサーによる判定で、プレス時間が4-5分前後します。

 ただし、連続使用に制限がかかるので、ジーンズなどの「汗の乾燥」には向きません。

 消臭シート SA-SP30GY
  ¥-------- Amazon.co.jp (11/7執筆時)

 清潔性は、ズボン用の消臭シートが2枚同封されています。東芝ほどは根本的ではないですが、配慮があります。なお、交換備品は、発売当初のため、現在は市場にないようです。

 以上、ツインバードのSA-D719Bの紹介でした。

  201808101834.jpg

 コルビー製品を日本のメーカーがモダンに再設計したとも言える、優れたズボンプレッサーだと思います。

 ガラスを採用した部分が最大のポイントで、実用性とインテリア性を兼ねた産業デザインとしても高評価できます。小物入れ部分の使い勝手も含めて良い製品です。Atlasも買い換えを検討したいと考えています。

5・LGのスタイラー

 最後に、冒頭で予告した「ちょっと風変わりな機種」を紹介します。

 LGの発売する「次世代型ズボンプレッサー」です。


201709031251.jpg

 19・LG スチームウォッシュ&ドライ styler S3RER
 20・LG スチームウォッシュ&ドライ styler S3RBF
    ¥138,239 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 LG stylerは、LGエレクトロニクスが発売する新しいタイプの「ズボンプレッサー」です。

 より正確には、ズボンだけでなく、スーツやシャツ全体を整えられるので、ホームクリーニング機と呼ぶ人もいます。

 いずれにしても、約100年近く進化のなかった家庭用プレッサーの「革新」とも言える製品です。

  201710021904.jpg

 本体のサイズは、幅44.5cm×高さ185cm×奥行58.5cmです。

 家庭用のドレッサーの横などに据置くような大型製品です。ズボンは、上図のドアの部分に掛けられる構造です。

 201710021905.jpg

 プレスの方法は、下部の水タンクに補充した水が気化して、衣服やズボン全体にスチームをし、シワを取っていく構造です。

 実演を見ましたが、確かに「プレスグレード」のシワ取りが可能でした。なお、余った水分は、別の水タンクに改宗されるシステムです。

 201808101837.jpg

 ズボンについては、ズボンハンガーにフタがあり、これをズボンプレッサーの被せることで、折り目のケアもできる仕様です。

 使用できる衣類は、熱に弱いストレッチ性の素材やビニール製品です。また、革・毛皮・シルクは、スチームを用いないエアリフレッシュのみ可能です。つまり、ズボンプレッサーで使えるような素材なら大抵OKです。

 電気代は、さほど電力は使わず、1回の運転で13円ほどの電気代です。

 201808101841.jpg

 細かい部分では、ハンガーの部分が振動する構造で、花粉などのほこりをあらかじめ払う機能が面白いです。スーツも対応します。また、スチームを吹き替える仕様ですので、綿やウール・化繊などについては脱臭効果も期待できます。

---

 以上、LG styleの紹介でした。

 アクリル・ナイロン・レーヨンなどの化繊や綿との合繊ならば、ズボン・シャツを問わず、ほぼ完全にシワが取れます。綿100%などは残る場合がありますが、これはズボンプレッサーでもやや難易度が高いわけえ素材的に仕方ないでしょう。

  201808101839.jpg

 問題は、その価格と設置面積です。Atlasもどうしても導入したいのですが、設置スペースがなく、「自宅整理」を検討中です。予算があれば、検討しても良いと思いますが、実際のところ、日本の住宅事情にマッチしたもう少し小型機種がほしいですね。

今回の結論
ズボンプレッサーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、ズボンプレッサーを紹介しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、インテリアとしても優れる高機能ズボンプレッサーとしておすすめしたいのは

  201808101819.jpg

 【2017年】【通常型番】

 18・TWINBIRD パンツプレス SA-D719B
   ¥20,480 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15分前後
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅45.5×奥行40.5×高さ90cm

 使いやすさ ★★★★★
 熱の優しさ
 ★★★★★
 除菌消臭 
 ★★★★★
 高級感   
★★★★★
 
総合評価  ★★★★★

  インバード工業がの最新機、SA-D719Bでしょう。

 201707051731.jpg

 表面にガラスを採用したことで、プレス状態の確認を容易にし、また、インテリア性も高めるという着想は、マンネリ化したズボンプレッサー市場に、一石を投じる「大発明」だと思います。

 使い勝手の部分でも、コルビーと同じ、、内部に「プレスシート」を不要にするクッション構造にし、衣類の安全性の部分でも、センサーとサーモでプレス時間を調整する構造を取っています。

 細かい部分でも、スマホ対応の小物入れの採用などかなりレベルの高い家電ですので、買い換えユーザーにもオススメです。

 新規ユーザーには結構な額の投資となります。しかし、ズボンプレッサーは滅多に壊れず、長年使えるものですから、無駄遣いとは一概に言えないと思います。  

ーーー

 201808101644.jpg

 【通常型番】

 1・Corby ズボンプレッサー 3300JC BK
 2・Corby ズボンプレッサー 3300JC MG
 3・Corby ズボンプレッサー 3300JC WB
  ¥25,400 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

 【Amazon限定型番】【同一性能】

 4・Corby ズボンプレッサー 3300JABK
 5・Corby ズボンプレッサー 3300JAMG
 6・Corby ズボンプレッサー 3300JAWB
  ¥29,788 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度60度(優しい)
プレス時間:30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

 使いやすさ ★★★★★★
 熱の優しさ
 ★★★★★
 除菌消臭 
 ★★★★☆
 高級感   
★★★★★
 
総合評価  ★★★★★

 イギリスのコルビー社の3300JCシリーズも同じくらいにオススメです。

 プレスの機能や使い勝手、衣類への配慮はSA-D719B同等以上で、さすがに伝統を見せつける機種です。長年のユーザーとしても、服に優しく、安定して、しっかり伸ばせることは身をもって感じています。

 とくに、上着ハンガーが必要と考える方や、ガラス製がモダンすぎると感じる方背が185cm以上の方は、こちらを選んだほうが満足すると思います。


 第2に、プレスだけではなく、スーツ上下の消臭もしたい場合は、

  201808101732.jpg

 12・TOSHIBA ズボンプレッサー HIP-T100(K)  
  ¥16,764 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15/30分
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅51×奥行48×高さ107cm

 使いやすさ ★★★★☆
 熱の優しさ
 ★★★★☆
 除菌消臭 
 ★★★★★★★
 高級感   
★★★★☆
 
総合評価  ★★★★★

 東芝の最上位機 HIP-T100(K)が良いでしょう。

 清潔性の面では、これ以上の機種はありません。プレス時にパンツを消臭繊維の働きで消臭できるだけでなく、ハンガーに掛けた上着も消臭できるため、このような目的に最も適ったモデルと言えます。

 帰宅したら、上下スーツをセットして、身だしなみを整える習慣を付けたい方にはこの機種が良いでしょう。


 第3に、役員室や高級ホテルのインテリアとして通用する「大人の高級感」がある製品は、 

 201808101703.jpg  

 【通常型番】

 8・Corby ズボンプレッサー 4400JTC MG
  ¥29,280 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

 【Amazon限定型番】【同一性能】

 9・Corby ズボンプレッサー 4400JTBMG
  ¥32,400 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:60度(優しい)
プレス時間:15/30分
プレス方法:クッション式
外形寸法: 幅46×奥行 36×高さ109cm

 使いやすさ ★★★★★★
 熱の優しさ
 ★★★★★
 除菌消臭 
 ★★★★☆
 高級感   
★★★★★★
 
総合評価  ★★★★★★

 コルビー社4400JTC MGでしょう。木目があるデザインは、寝室などの洋室に置くと、高級感があり、「インテリア」としての美しさもありますから。

 機能面では15分タイマーが付く点しか、下位機種との差はありませんが、中落ちが入るデザインはたいへん高級感があるため、こうした用途ならばこちらの機種をおすすめします。

 先ほど書いたように、コルビーは60度以上の高温にならず、生地に優しいため、高級スーツに適しています。また、インテリアにこだわったご家庭ならマッチしやすいデザインです。また、構造的に、ある程度厚みのある生地でも、対応できる点も良い部分です。

 一方、タイマーは30分だけで、上位機種に装備される15分タイマーが搭載されませんが、基本30分はプレス時間が必要であるため、大きな問題ではありません。


第4に、普段使いのスーツのシワを伸ばしを比較的安価でしたい方は、

  201808101800.jpg

 14・東芝 ズボンプレッサー HIP-T36(S)  
  ¥10,540 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

  【Amazon限定型番】【同一性能】

 15・東芝 ズボンプレッサー HIP-T35(S)
  ¥11,800 Amazon.co.jp (11/7執筆時)

プレス温度:75度(除菌)
プレス時間:15分(短い)
プレス方法:シートプレス式
外形寸法: 幅48.5×奥行40.5×高さ105cm

 使いやすさ ★★★★☆
 熱の優しさ
 ★★★★☆
 除菌消臭 
 ★★★★☆
 高級感   
★★★☆☆
 
総合評価  ★★★★☆

 HIP-T35でしょう。実用性重視の入門機としては、ツインバード工業のパンツプレス SA-4625BL が安いですが、堅牢性を考慮に入れると、こちらが良いと思います。

 1万円前後の価格で比較的導入しやすい製品ですが、厚みのある生地などでなければ、その効果は高級機とは劇的には変わらず、お買得です。結構頑丈なので、ビジネスホテルなどの備品にも向くでしょう。

補足:ズボンプレッサーの関連記事

 以上、今回はズボンプレッサーの話でした。

  201712181023.jpg

1・高性能アイロン(T-Fal パナソニック)
2・高性能アイロン(東芝)
3・4000円以下の激安アイロン
4・衣類スチーマー
5・ズボンプレッサー

 なお、このブログの「シワ伸ばし家電」シリーズとして、以上の記事もあります。

 これらの関連記事もよろしくお願いします!

--

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 13:18 | 生活家電

2018年10月05日

比較2018’【最も強力!】全18機の脱臭機の特長とおすすめ・選び方:ペット/トイレ/タバコ臭対策 (1)

【今回レビューする内容】2018年 人気の脱臭機・消臭機の性能とおすすめ・選び方:ペット臭・タバコ・トイレ臭・犬猫用脱臭機・消臭剤・消臭機:家庭用消臭機から医療機関や介護向け業務用脱臭機まで機種の違いと人気ランキング

【紹介する製品型番】 富士通ゼネラル パナソニック 東芝 日立マクセル:次亜塩素酸脱臭機 ジアイーノ プラズィオン小型脱臭機 エアリオン オゾン脱臭機オゾネオ三菱電機 急速脱臭機 デオダッシュ 低濃度オゾン除菌消臭器 ルミネオ DAS-15E DAS-303E MXAP-PCA100SLZ オゾネオプラス MXAP-AR200 MXAP-AR201MXAP-APL250 BESTEK BTAS807WH AY-8338 DC-230(W) DAC-2400(W) SG-240SP HDS-3000G HDS-302G F-MV1500-WZ F-MV3000-SZ F-JML30-W F-JDL50-W DA-8000A-W

今回のお題
ペット・トイレ・タバコ臭に強い脱臭機のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、家庭用の脱臭機を比較します。

 201810051504.jpg

 今回は、信頼性の高い大手メーカーである、パナソニック・富士通・日立マクセル・東芝・三菱電機の製品に限って紹介します。

 201810051458.jpg

 ペット・トイレ・タバコのニオイから、料理や生ゴミ、介護に伴うニオイまで対応する、高性能な脱臭機・消臭機を多く取りあげました。

 Atlasもこれまで4機を所有し、長期間利用してきました。その成果を取り入れた記事になります。

---

 以下では、いつものように各機種を比較し、そ最後に「結論」として、Atlasのおすすめ機種!を数機種提案する形式で書いていきます。

1・脱臭機の選び方の基本!

 201802211406.jpg

 脱臭機は、日本の大手家電メーカーだけでも20機種近い販売数があります。

 しかし、脱臭方式の違いから分類すると、メーカーごと大きく5つの方式に分けられます。

1・各社の脱臭機の脱臭方式の違い

脱臭方式 メーカー 本体サイズ 消臭力
金属触媒加熱式 富士通 普通 強力
低濃度オゾン式
日立 小型 弱い
光触媒式 日立
小型 弱い
消臭剤式 東芝 小型 強力
次亜塩素酸式 パナソニック 大型 超強力

 それぞれの仕組みについては、各機の詳しい紹介をする際に、改めて説明します。

 しかし、結論的にいってしまえば、消臭・脱臭性能だけで言えば、富士通の「金属触媒加熱式」とパナソニックの「次亜塩素酸方式」、東芝の「消臭剤式」です。

ーー

脱臭方式 最大適用畳数 本体の価格 消耗品
金属触媒加熱式 20畳まで 高い
不要
低濃度オゾン式
16畳まで 安い 不要
光触媒式 密閉空間 安い
不要
消臭剤式 16畳まで 安い
必要
次亜塩素酸式 15畳まで 超高い 必要

 ただ、優れた方式の機種は、本体価格が高いほか、定期的に消耗品の交換が必要な場合もあります。

 そのため、「脱臭機の選び方」は、家電の中でもかなり難しいジャンルです。


201810051529.jpg

 そこで、今回の記事では、Atlas自身の調査と経験をふまえて、「予算や目的にに応じて」タバコやペットの脱臭に強い機種を提案していきます。

 (安心して)読み進めて頂ければと思います。

2・空清機と脱臭機の違い

 脱臭機に似た家電として、空浄機があります。

 両者は、類似して捉えられますが、決定的に異なる部分があるので注意が必要です。

 あらかじめ解説しておきましょう。


 201807082059.jpg
 201802211425.jpg

 第1に、空浄機です。

 高性能なモデルには、「ほこり吸着フィルター」のほか、活性炭を利用する「ニオイ除去フィルター」が搭載されています。

 そのため、ペットやトイレのニオイの除臭も可能です。

 しかし、ンモニア臭などの強烈なニオイについては専門機ほど除臭ができません。また、一部の例外的機種を除いて、脱臭触媒が再生しないため、ニオイ対策として使うと、フィルターが数年で「駄目」になります。

 結論的にいえば、ニオイ対策はできるが、徹底的にはできないと言えます。


  201806031652.jpg

 201802211426.jpg

 第2に、脱臭機です。

 この場合、高性能な「ほこりフィルター」が搭載されないないので、花粉・ハウスダストには効果ありません

 201810051558.jpg

 また、タバコもニオイは除去できますが(ほとんどの製品は)「ほこりフィルター」が搭載されないないので、煙の粒状物分を濾し取ることはできません

 ただし、脱臭機は、徹底した仕組みで、ンモニア臭などの強烈なニオイを高度に分解できます。もちろん、料理臭や生活臭全般も、空浄機より高い効果が期待できます。

 また、脱臭機は、経年劣化によるニオイの吸収性の劣化もほとんどありませんので、「ニオイ専用」としては、相当な効果を期待できます。

ーー

タバコ対策
 =高性能空浄機
トイレ臭・ペット臭・生活臭
 =脱臭機・消臭機

 結論的に言えば、タバコ対策の場合は、どちらかと言えば、(お持ちでないならば)空清機を選んだ方が総合的には良いと言えます。

 逆に、アンモニアなどの強い臭い・生活臭対策の場合、脱臭機は極めて向いていると言えます。

1・加湿空気清浄機の比較(1)
2・加湿空気清浄機の比較(2)
3・空気清浄機の比較(1)
4・空気清浄機の比較(2)
5・加湿・空気清浄機の選び方 【結論】

 なお、空浄機については、このブログでは、別に上のような別記事を書いています。

 タバコの場合など、皆さんの用途から「脱臭機では対応できなそう」という方は、上記の記事をご覧ください。その場合、さしあたって、5番の記事から読むと良いでしょう。

2・富士通の脱臭機の比較

 201806031647.jpg

 では、具体的な製品紹介をはじめましょう。

 最初に紹介するのは富士通のプラズィオン脱臭機です。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記しています。


  201510061837.jpg

 【2016年初登場】

 1・富士通 小型脱臭機 ブラック DAS-15E-B
 2・富士通 小型脱臭機 ホワイト DAS-15E-W
  ¥14,097 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:10畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅174×高さ282×奥行178mm

 DAS-15Eは、富士通の脱臭機では最も小型の脱臭機になります。 

 201806031648.jpg

 本体のサイズは、幅174mm × 高さ282mm × 奥行178mmかなり小型です。そのため、トイレのような狭いスペースでも無理なく導入できます。

 適応面積は、10畳までの脱臭が可能ですから、それ以上大きな部屋でも、このサイズで対応できます。

 tri_4way.png

 脱臭の仕組みは、かなり特殊です。

 金属に酸化触媒をコーティングしたフィルターにニオイを送り、臭いの元となる成分を吸着させる仕組みをとるからです。

 つまり、金属の酸化作用を利用し、悪臭の成分を無臭分子などに「科学的に」分解する仕組みをとっています。なります。活性炭などによらない点で、オリジナルで、仕組みとして面白いです。

 201806031649.jpg

 脱臭の持続性も、この方式は期待できます。

 なぜなら、この酸化触媒は、ヒーターで加熱することで脱臭効果を容易に取り戻せるという効果があるからです。

 脱臭機は24時間に1回フィルターを加熱し、ニオイを加熱分解します。だから、フィルター交換不要で10年間以上効果が持続します。

 tri_ozone.png

 オゾン脱臭機能も、富士通の脱臭機は「オマケ的に」備えます。

 オゾンは部屋の壁などの付着臭の脱臭効果もありますから、部屋自体に染みついたペットのニオイにも効果的だと言えるでしょう。

 なお、オゾン脱臭については、その濃度が健康問題になることがありますが、富士通の場合、ニオイ分子と結合したオゾンは、金属フィルタで酸化分解してしまうので、問題ありません。

 201806031650.jpg

 脱臭力は、脱臭力は非常に強力です。強力なのでペットショップ・動物病院や動物園でも導入しているところがあると聞きました。

 搭載されるセンサーは、この機種の場合、ニオイセンサーが搭載されません。そのため、臭いを感知して自動で風を出すのではなく、常に一定の風を出し続け機種です。とはいえ、消費電力は4Wのため、電気代は1日付けっぱなしでも2円ほどと経済的です。駆

 花粉やほこりの除去は、先ほど書いたように、紙フィルターを搭載しないため除去はできません

 静音性も、騒音的には弱運転で20デシベル(ささやきより小さな音)です。うるささは感じないと思います。

ーー

 以上、DAS-15Eの紹介でした。

 小型で設置性が良く、10畳程度まで使えるパワーを兼ね備える機種です。そのため、1カ所の除臭ならば、この機種だけで十分でしょう。比較的価格は安いですが、効果は期待できます。

 脱臭方式は、独自性の強い仕組みであり、ニオイを除去する力は非常に効果的な製品です。ただ、繰り返しますが、花粉などの吸着は基本的には不可能です。ニオイに特化した家電ですので、その点だけは誤解なさらないようにしてください。

 なお、Atlasの場合、1週間ほど連続稼働させたら、ニオイが全く気にならなくなりました。それまで、活性炭などを置いていたのですが、それなしでほぼ無臭になり驚きました。


 201802211438.jpg

 【2016年初登場】

 3・富士通 加湿脱臭機 DAS-303E-W【白】
 4・富士通 加湿脱臭機 DAS-303E-T【茶】
  ¥21,561 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:20畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅300×奥行276×高さ446mm

 DAS-303Eは、富士通のプラズィオン脱臭機の中位機種です。

 201806031652.jpg

 本体のサイズは、幅300mm × 奥行276mm × 高さ446mmです。

 先ほどの小型機に比べると倍ほどのサイズです。特に背の高さはそれなりです。

 適応面積は、そのかわり、20畳までの脱臭が可能です。

 10畳以上のリビングの場合や、ペットなどが動き回る場所を広範にカバーしたいのならば、導入のメリット性は高そうです。

 脱臭の仕組みは、基本的に下位機種と同じです。金属の酸化作用オゾン脱臭機能を使うダブル方式です。

 201806031658.jpg

 脱臭力は、方式は同じでも、本体が大きい分脱臭力は高いです。

 201806031654.jpg

 搭載されるセンサーは、こちらの機種は、ニオイセンサーが付属します。

 ニオイに合わせて、自動運転が可能なので、節電にもなりますし、静音性の点でも安心だと言えます。

 花粉やほこりの除去は、この機種は脱臭機としては「例外的に可能」です。

 なぜなら別に集塵フィルターが付属するからです。フィルターは、メンテナンスについては、1年に1度水洗いするだけで良い仕様です。

 ただし、水洗フィルターは基本的に目が粗いため、PM2.5・花粉・タバコの粉じんなどの粒子を完全に捕まえることはできないレベルです。

31lz6GvJ6NL._AA160_.jpg

 高機能集じんフィルターDAS-30HSFB
  ¥2,289 Amazon.co.jp
(10/5執筆時)

 一方、こちらの機種は、本格的な紙フィルターも搭載「可能」です

 このフィルタは別売品で、フィルターは1年ごとの交換が必要です。この場合、やや高いですが、PM2.5などの細かい汚染物質にも対応できます。

 201806031656.jpg

 加湿運転も、この機種は対応します。

 電気を使わずに水車で水を蒸発させていくタイプの「気化式」なので、電気代が安いです。加湿機能のため、この機種は温湿度センサーを搭載しているため、結露するような状況を軽減することが可能です。水タンクは2.6リットルで、7〜10時間程度の運転が可能です。

 静音性は、騒音的には、こちらも弱運転で20デシベル(ささやきより小さな音)です。

 うるささは感じないと思います。また、安全性の面でも、電源ケーブルが二重皮膜で、かみ癖のあるペットにも安心です。

-----

 以上、DAS-30Eの紹介でした。

 脱臭機の域を超えた多機能な機種です。ただ、本質的には脱臭機能がメインで、その他は本格的な空清機にくらべて「オマケ」的と言えます。

 ただ、脱臭力は「太鼓判」が推せるレベルです。20畳まで対応できるペットやゴミなどの強力脱臭機として有用です。センサー運転ができるため、常に臭うわけではない、という場合にも適当な機種でしょう。


 201810051613.jpg

 【2017年モデル】

 5・富士通 PLAZION 脱臭機 HDS-302G
  ¥23,700 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:20畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅274 × 奥行262 × 高さ643mm

 HDS-302Gは、富士通のプラズィオン脱臭機の上位機種です。

 201806031703.jpg

 本体のサイズは、幅274mm × 奥行262mm × 高さ643mmとなります。

 写真から分かるように、幅と奥行を狭めてスリムサイズにして、壁際設置しやすくしたモデルです。別売の壁掛け金具(DAS-T1) を使えば、壁設置も可能です。

 適応面積は、こちらも、20畳までの脱臭が可能です。10畳以上のリビングでも利用できます。

 脱臭の仕組みは、下位機種と同じで、金属の酸化作用オゾン脱臭機能を使うダブル方式です。

 脱臭力は、形状は違いますが、下位機種と同じパワーと考えて良いです。性能差はありません。

 搭載されるセンサーは、注意が必要です。

 こちらの機種はニオイセンサーが付属しません。常に回し続けるタイプの常用型です。ただ、電気代は、1日3.6円さほどかかりません。

 201806031705.jpg

 花粉やほこりの除去は、交換不要の水洗い対応フィルターが付属します。ただ、別売品PM2.5などに対応するフィルターは、初期付属していません

 加湿運転も、この機種は非対応です。

 静音性は、騒音的には、こちらも弱運転で19デシベル(ささやきより小さな音)で、うるささは感じないと思います。強運転の際の静音性も45dbと静音性は全体的に高いですね。 

 安全性の面でも、電源ケーブルが二重皮膜なので、かみ癖のあるペットにも安心です。

---

 以上、HDS-302Gの紹介でした。2017年発売の新型機とはなります。

 しかし、先ほど紹介したDAS-30Eに比べると、多少スリム化した点だけがメリットです。実際、ニオイセンサーなど重要な部分が省略されていることから考えても、この機種を選択するメリット性はさほどないでしょう。


 201802211439.jpg

【2017年モデル】

 6・富士通 脱臭機 プラズィオン HDS-3000G
  ¥40,800 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:20畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅274 × 奥行262 × 高さ643mm

 HDS-3000Gは、富士通のプラズィオン脱臭機の最上位機種です。

 201806031706.jpg

 本体のサイズは、幅274mm × 奥行262mm × 高さ643mmと、形状としては先ほど紹介したHDS-302Gと全く同じサイズです。

 筐体のカタチも同じで、こちらも、別売の壁掛け金具(DAS-T1) を使えば、壁設置が可能です。

 適応面積は、こちらも、20畳までの脱臭が可能です。

 201708052330.jpg

 脱臭の仕組みは、金属の酸化作用オゾン脱臭機能を使うダブル方式です。

 ただ、こちらの上位機は、これに加えて、プラズマイオン(マイナスイオン)発生装置を備えており、それを放出することができます。

 一般的に、マイナスイオンは、静電気の除去効果と付着臭の除去効果が期待できます。

 そのため、直接風が当たる範囲に限定されるものの、除臭力のアップが期待できます。ただ、この部分は、除臭においては「オマケ的」レベルを脱しないため、下位機種から格段の「進化」とは言えないでしょう。

 201708052335.jpg

 加えて、消耗品となるうるおいカセット(HDS-UC1)を付けると、ビタミンC誘導体も放散できます。

 これには、抗酸化作用があり、肌に良い「可能性」があります。ただ、実証試験は極限られた密閉空間(1m3ボックス内)のものです。いうまでもなく、脱臭機能とは無関係なので、必要か?と言われると、個人的にはやや「疑問符」がつきます。

 脱臭力は、プラズマイオンが搭載されるものの、それがない下位機種と同じパワーと考えて良いでしょう。

 搭載されるセンサーは、こちらの機種は、中位機と同じニオイセンサーが付属します。ニオイに合わせて、運転が切り替わるため、節電にもなりますし、静音性の点でも安心だと言えます。なお、電気代はイオン発生装置が付属する分、1時間4.6円と多少アップしていますね。

 201806031708.jpg

 花粉やほこりの除去は、交換不要の水洗い対応フィルターが付属します。こちらの場合、浮遊菌の除去効果を謳うカテキン抗菌フィルターを採用する点で、「上位」です。ただ、この機種の場合も、別売品PM2.5などに対応するフィルターは、準備されていません

 加湿運転も、この機種は非対応です。静音性は先ほどの機種と同じ騒音値で、静かです。安全性の面でも、電源ケーブルが二重皮膜です。

-----

 以上、HDS-3000Gの紹介でした。

 「イオン発生装置」と「うるおいカセット」が目玉機能ですが、両方とも脱臭機能には本質的に不要と言えるものです。

 一方、ニオイセンサーは魅力とは言え、DAS-303Eでも搭載です。この点をふまえれば、中位機種のDAS-303Eが売られている限りは、こちらを選ぶ必要はないでしょう。

 なお、この上位2機種は、家庭用として魅力がかける点をふまえると、恐らく、住設用や医療機関用として主に「壁掛け前提」で売られる製品なのかな?と思います。

3・日立マクセルのオゾン脱臭機の比較

 つづいて、日立マクセルから発売されている脱臭機を紹介します。


  201810051620.jpg

 【2017】

 7・オゾネオ MXAP-AR201SL
 8・オゾネオ MXAP-AR201BK
  ¥10,900 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:8畳まで
脱臭方式:低濃度オゾン脱臭
電気代:1.5円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅52.5×奥行き52.5×高さ130mm

 オゾネオは、日立マクセルから発売されている低濃度オゾン除菌消臭器です。

 本体色は、3色から選べます。

 201806031722.jpg

 本体のサイズは、幅52.5mm×奥行き52.5mm×高さ130mmと、かなり小型です。

 適応畳数は、それゆえに、弱運転で2畳まで、強運転で8畳程度までとなります。

 201806031723.jpg

 脱臭の仕組みは、脱臭機低濃度のオゾンを利用した酸化作用のみでニオイを分解する仕組みです。

 オゾンの発生量は、最大でも0.8mg/hと少ないため、低濃度で安全です。

 なお、オゾンにはウイルスの除菌効果(風邪予防)の効果も認められますが、実証試験は6畳の「密閉試験空間」内に行われる物なので、この点は「おまけ」と考えてください。

 また、富士通ゼネラルのように、オゾンと金属触媒を併用する方式は未採用です。

 201806031726.jpg

 脱臭力は、この方式でも、アンモニア臭などの悪臭に対して効果があります。

 しかし、金属触媒を利用する富士通の脱臭機に比べると、脱臭速度は並で、時間もかかります。強力に脱臭する製品というよりも、部屋に常時置きニオイをある程度緩和することを目指すタイプの製品と言えます。 

 201806031727.jpg

 静音性は、こちらはより徹底した静音です。一般的な脱臭機と異なり、「多重リング式コロナ放電」という形式を利用するため、ファンレスでもオゾンが部屋の中に拡散します。

 電気代は、1日1円強と安いですね。

 以上、日立マクセルのオゾネオの紹介でした。

 比較的格安に導入できるメリット性があります。ただし、本格的な脱臭機とはそもそも構造や目的が異なるため、比較対象にはならないと思います。即効性はないので、部屋に置いて、日常の付着臭を緩和する目的で買うべき製品だと思います。


  201802211513.jpg

 9・オゾネオプラス MXAP-APL250  【白】
 9・オゾネオプラス MXAP-APL250   【黒】
  ¥15,660 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:16畳まで
脱臭方式:低濃度オゾン脱臭
電気代:1.5円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅125×奥行165×高さ195mm

 オゾネオプラスは、日立マクセルから発売されている低濃度オゾン除菌消臭器の上位機です。

 201806031730.jpg

 本体のサイズは、幅約125mm×奥行き約165mm×高さ約195mmと、富士通の脱臭機の小型モデルと同じほどで、設置性は良いです。

 適応畳数は、大型化したゆえに最大で16畳までの対応となります。

 脱臭の仕組みは、こちらも、脱臭機低濃度のオゾンを利用した酸化作用のみでニオイを分解する仕組みです。オゾンの発生量は、最大でも1.5mg/hと下位機種に比べると3倍です。

 脱臭力は、アンモニア臭などの悪臭に対して効果があります。ただ、この方式の場合、大型化しても、「除臭」というよりも「低減」レベルです。本質的な面では、金属の酸化作用を利用する富士通の脱臭機に敵いません。

 静音性は、ファンレスでもオゾンが部屋の中に拡散しますので、徹底した静音です。

 以上、日立マクセルのオゾネオプラスの紹介でした。大型化して適応畳数はアップしましたが、オゾンを排気してニオイを分解するシステムは下位機種と同じです。そのため、消臭目的の場合時間はかかります

---

  201810051624.jpg

 【USB方式】

 10・低濃度オゾン除菌消臭器 MXAP-AM30BK
   ¥2,939 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

  なお、日立マクセルからは、MXAP-AM30BKという脱臭機も売られています。

 201806031732.jpg

 こちらは、USBから電源を取るタイプです。超小型で、車などUSBアダプターを備えられる密閉空間のみ有効です。

 発生量などを考えると、家庭での利用は意味をなさないでしょう。トイレでの利用も提案はされていますが、短時間での消臭が重要な場所ですから、あまりオススメできません。

4・日立マクセルの光触媒脱臭機の比較

 つづいても、日立マクセルの製品です。

 ただ、消臭方式が異なるため、別に紹介しています。


 201810051626.jpg

 11・ 日立マクセル ルミネオ MXAP-PCA100SL
   ¥5,967 Amazon.co.jp (10/5執筆時)   

適応面積:密閉空間のみ
脱臭方式:光触媒式
電気代:1.6円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅90×奥行き90×高さ190mm

 ルミネオは、日立マクセルの販売する脱臭機です。

 201806031735.jpg

 本体のサイズは、9×9×19cmと相当小型です。

 適応畳数は、こちらは非開示です。

 しかし、基本的には自動車の自動車のボトルホルダーに付けることを前提に作られた小型製品で、カーアダプタが同梱されます。

 ただ、USB給電式なので、スマホなどに使うような2.4A対応のUSBアダプターを使えば、家庭でも普通に使えます。

 201705100935.jpg

 脱臭の仕組みは、光触媒除菌消臭器であり、オゾン式ではありません。この製品は、吸気したニオイを光触媒で酸化させてニオイを除去することを目的とする製品です。

 脱臭力は、光触媒で酸化させる方式を取るため、脱臭力については、オゾン単独機種よりある程度期待できます。

 静音性は、ファンを使う方式なので運転音はありますが、そう大きなものではありません

---

 以上、ルミネオの紹介でした。

 トイレでの利用も提案されてはいますが、サイズ的に家庭で使う製品ではありません

 しかし、小型である上、さほどの電力を必要としない構造なので、自動車でペットなどのニオイで困っている方にはおすすめできると思います。また、富士通の脱臭機では置けないスペースの脱臭をしたい場合も候補としてよいでしょう。

5・東芝のエアリオン消臭機の比較

 続いて、東芝消臭機エアリオンを紹介します。

 他機とは違って、特殊な「消臭剤」を用いて脱臭する方式です。


  
 12・東芝エアリオン スリムデオドライザー DC-230(W)
  ¥1,183 Amazon.co.jp
(10/5執筆時)

適応面積:6畳
脱臭方式:消臭剤式
電気代:電池式
消耗品:必要
サイズ:幅76×奥行79×高さ151mm

 DC-230は、東芝のエアリオンシリーズの超小型モデルです。

 201806031738.jpg

 本体のサイズは、 幅76×奥行79×高さ151mmと、トイレの芳香剤とさして変わらないコンパクトサイズです。

 適応畳数は、パワーが低いため、6畳程度以上は対応できません。トイレなどに向いています。

  

 東芝 消臭器交換用ジェル GEL 100SP
  ¥535 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 脱臭の仕組みは、「消臭剤式」です。

 グラフト重合法を用いたジェルを気化させる方式です。この本体に、ジェル状の「エアリオン・ジェル」をセットして使います。このジェルをファンで気化させて消臭していく方式です。

 こちらは消耗品で、2ヶ月に1度交換です。最初に1回分(2ヶ月分)、本体に付属しています。なくなったら、基本的には、上記の消耗品を再度買います。

    201810051631.jpg

 ただし、同じくジェル式の家庭用芳香剤とは明確な違いがあります。

 201312261904.jpg

 家庭用の消臭剤は、マスキング法という消臭方式で、「ニオイ分子を芳香剤でおおって隠す」方式です。そのため、無香料の製品を含めて「良い匂い」も一緒に消してしまうか、もしくはより強い香りをまき散らします

 グラフト重合方式は、しかし、悪臭や有害化学物資を吸着させて、化学反応で分解してしまう方法です。そのため、例えば、ご家庭のお香やポプリなどの「良い匂い」は残したまま、嫌なニオイだけ消臭されます。その点で、ペットのニオイや、風呂のカビ臭、トイレの脱臭には特に効果的で、ネット上の評判も高い商品になります。

 脱臭力は、即効力はないですが、トイレなどの密閉空間ならば、ニオイの低減効果は期待できます。

 静音性は、ファンを使う方式なので運転音はありますが、大きなものではありません。なお、電源は、単3アルカリ電池4本です。一回の交換で、3ヶ月くらい動きます。

  201810051633.jpg

 エアリオン交換用ジェル【無香料】
 エアリオン交換用ジェル 【グレープフルーツ】
 エアリオン交換用ジェル 【フローラル】
  ¥836〜 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 ランニングコストは、エアリオン消臭機の場合、「消臭ジェル」の代金が電気代とは別にかかってきます。これは、この小型機種の場合年間2,500円ほどです。そのため、長期間使う場合、富士通のプラズィオン脱臭機のほうが総費用が安い計算です。

 ただ、説明書にはありませんが、上述のお徳用を買って中身だけ補充することも可能です。5回分ほど充填できます。

-----

 以上、エアリオンDC-230の紹介でした。なお、エアリオンが採用するグラフト重合法は新しい技術ですが、安全性に関する公的機関による実験をクリアしています。

 ペット臭の除去にはパワー不足ですが、トイレの消臭については、従来の消臭剤を超える力を持ちます。ただ、トイレについても、常時の消臭は、富士通の脱臭機などに及ばない面もあります。


  201810051642.jpg
 13・東芝 エアリオンワイド DAC-2400(W)
  ¥5,180 Amazon.co.jp
(10/5執筆時)

適応面積:16畳まで
脱臭方式:消臭剤式
電気代:2円/1時間
消耗品:必要
サイズ:幅300×奥行103×高さ255mm

 DAC-2400は、東芝の発売するエアリオンの大型モデルです。

 本体のサイズは、幅300×奥行103×高さ255mmと、一定程度のサイズがある製品です。

 適応畳数は、その分。こちらは、16畳までの部屋に対応できます。リビングのペット臭など、広い範囲で対策したい場合はこちらでしょう。

  201810051633.jpg

 エアリオン交換用ジェル【無香料】
 エアリオン交換用ジェル 【グレープフルーツ】
 エアリオン交換用ジェル 【フローラル】
  ¥836〜 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 脱臭の仕組みは、同じくグラフト重合法を用いたジェルを気化させる方式です。大型の本体だけに、薬剤の持ちは悪く、約一ヶ月半で交換になります。

 脱臭力は、こちらは、コンセントから電源をとるタイプですので、薬剤の拡散力は高いです。生ゴミなどの生活臭にも効くため、キッチンにも良い製品です。

 搭載されるセンサーは、こちらの機種は、富士通ゼネラルと同じくニオイセンサーが付属します。ニオイに合わせて、運転が切り替わるため、節電になります。

 静音性は、ファンを使う方式なので運転音はあります。ただ、さほど大きな音ではないです。電気代は1時間2円程度ですね。

 ランニングコストは、ただし、「消臭ジェル」の代金がありますので、8番の大型機種の場合年間6,000円ほどとなります。

-----

 以上、エアリオンDC-2400の紹介でした。16畳まで対応できるため、リビング用として利用するのに向いた製品です。方式は違いますが、富士通の脱臭機の「強力なライバル」と言えるでしょう。

 Atlasは、両者を実際使っています。その限りで言えば、トイレの消臭については、富士通脱臭機の方が威力は高いです。エアリオンも確かな力を持つのですが、薬剤がまだ残っているか見えないため、「知らない間に薬剤が尽きており、ニオイが発生してから気付く」こともよくありました。

6・パナソニックのジアイーノの比較

 つづいて、次亜塩素酸を利用するパナソニックの脱臭機の比較です。

 やや価格が高いですが、パナソニックの最新技術を使った製品なので、ご覧頂ければと思います。


  201810051637.jpg

 14・パナソニック ジアイーノ F-MV1500-WZ
  ¥88,344 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:10畳まで
脱臭方式:次亜塩素酸式
電気代:0.7円/1時間
消耗品:必要
サイズ:高さ710×幅398×奥行240mm

 ジアイーノ F-MV1500-WZは、2017年にパナソニックが新発売した新しいタイプの脱臭機です。

 同社は、創業100周年で新機軸の製品を多く発売する方針のようで、その先駆けとしてでた製品です。

 201806031711.jpg

 本体のサイズは、高さ710×幅398×奥行240mmですので、富士通の脱臭機より多少ですが、大きいです。

 適応面積は、こちらは10畳までの脱臭が可能です。富士通の脱臭機に比べるとやや狭いです。

 201710010837.jpg

 脱臭の仕組みは、これまで家庭用ではみられなかった仕組みです。

 タンクに入れたと投入した塩タブレットを電気分解し、次亜塩素酸をつくり、本体内部の除菌フィルターでニオイをこした後、次亜塩素酸を含む空気を大気に放出するというサイクルです。

 201810051635.jpg

 14・ジアイーノ用 塩タブレット F-ZVC03
  ¥2,710 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 脱臭の持続性も、塩タブレットを利用する形式なので、基本的に消耗品を取り替えている限り、機械としての能力の減衰はないでしょう。

 塩タブレット消耗品ですが、1本300粒入っており、1粒で10時間分の容量となります。あくまで「塩」なのでコスパは良いです。内部フィルターは5年間保ち、交換品も1700円程度と安いので、ランニングコストは心配ない製品です。

201810051636.jpg

 使用時のお手入れは、基本的に水タンク式の製品となるため、加湿器と同様に、1ヶ月に1度の加湿フィルターの押し洗いと、フロートの水ゆすぎが必要です。

 ただ、防かびユニットが付属していること、また、そもそも除菌を目的にした機器であることから、掃除不足によるニオイ発生という問題は発生しにくいと思います。十分手軽ですので、お手入れ面で購入を躊躇する必要はないでしょう。

 脱臭力は、気になる部分ですが、富士通のようなフィルターを使うタイプにくらべてより本格的です。

 とくに、脱臭効果の即効性はより高く、脱臭効果も感じられやすい製品です。ただ、この製品は、タバコ臭には効かない類のものであり、喫煙環境での仕様も推奨されません。 

 201806031713.jpg

 一方、次亜塩素酸は、プールの消毒のようなニオイをわずかに保ちます。苦手な人は注意してください。ただ、これは「空気が綺麗になっている証」として、実感性を高める効果があるでしょう。

 搭載されるセンサーは、ニオイセンサーが付属し、自動運転に対応です。

 加えて、温湿度センサーも付属しますが、これは、温度によって電界強度が変わるために装備されています。一方、照度センサーは、おやすみ時に本体照明を落とし、風量も控えるための省エネセンサーです。

 201802211442.jpg

 花粉やほこりの除去は、この製品は未対応です。

 ただし、次亜塩素酸は、マイナスイオン発生装置などと違って、科学的に検証されたウイルス除菌機能があるため、繊維などに付着したウイルスに対しては、この手の機器では「最強」と言える効果があります。

 実際、この製品は「家庭用」ですが、「業務用」として医療機関や学習塾の自習室などで導入実績もあります。

 加湿運転も、水を使う構造上、「なされている」とは言えますが、明確な機能としては「非搭載」です。

 静音性は、強運転時約46dBと、富士通の脱臭機とあまり変わらないレベルです。

 電気代も、強運転で0.7円/時、弱で0.2円/時と、「安い」といえる部類ですね。

-----

 以上、ジアイーノのF-MV1500-WZの紹介でした。

 Atlasも仕事場に導入を考えている製品です。価格は正直「高い」製品です。しかし、とくに、脱臭に加えて、除菌・インフルエンザ対策も考えたい場合は、かなり有利でしょう。


   201810051638.jpg

 【シルバー】


 15・パナソニック ジアイーノ F-MV3000-SZ
  ¥131,500 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:15畳まで
脱臭方式:次亜塩素酸式
電気代:1.5円/1時間
消耗品:必要
サイズ:高さ710×幅398×奥行240mm

 ジアイーノF-MV3000-SZは、「家庭用」ジアイーノシリーズの上位機です。

 本体のサイズは、高さ710mm×幅398mm×奥行240mmですので、下位機種と同じです。

 適応面積は、こちらは15畳までの脱臭が可能です。パワーを総じて上げている機種です。

 脱臭の仕組みは、下位機種と同じです。ただ、脱臭の持続性は、大型化したため7.5時間と短縮しています。これは、水タンクの容量が2.1Lと同じだからです。

 電気代は、強運転で1.4円/時、弱で0.3円/時となります。

 その他の点は、下位機種と能力は変わりません

 以上、ジアイーノのF-MV3000-SZの紹介でした。やや大きめのリビングだとこの製品が選択肢になります。本体価格の高さは、もう少し何とかして欲しいところですが、能力は期待できます。

ーーーー

  201810051639.jpg

 【24畳】

 16・パナソニック ジアイーノ F-JML30-W
  ¥128,402 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 【50畳】

 17・パナソニック ジアイーノ F-JDL50-W
  ¥176,459 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 なお、「業務用」としては、さらに上位のジアイーノが売られています。水タンクも倍増され、オフィスなどに導入する場合は、これらが選択肢ですが、家庭用としてはオーバースペックです。

7・三菱電機のデオダッシュの比較

 続いて、三菱電機が業務用として販売する脱臭機の紹介です。

 こちらも、家庭用としては、やや「高い」ですが、「他山の石」としてご確認ください。


 

 18・三菱電機 急速脱臭機 デオダッシュ DA-8000A-W
  ¥142,498 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:36畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式
電気代:
消耗品:不要
サイズ:幅425×奥行292×高さ663mm

 デオダッシュ DA-8000A-W は、三菱電機が販売する脱臭機です。同社は、業務用のみのラインアップですね。

 本体のサイズは、 幅425×奥行292×高さ663mmと大きめです。ただし、手で持ち運べる「ギリギリのサイズ」で設計されています。重さは11.5kgです。

 適応面積は、こちらは、大部屋対応であり、36畳までの脱臭が可能です。風量も強いので、音が心配ですが、そこは「医療機関でも使われる製品」ということで、強運転でも51dbと家庭用より静かなくらいですね。

 201802211452.jpg

 脱臭の仕組みは、こちらについては、基本的に富士通の脱臭機と同じ構造であり、金属の酸化作用を用いています。

 201802211456.jpg

 脱臭触媒も、アンモニア臭に強い専用設計のセラミック触媒のフィルターを用います。一方、富士通とは異なり、オゾン脱臭機能は持ちません

 脱臭力は、本体が大きな分だけ、富士通ゼネラルのモデルより高いと言えます。

 搭載されるセンサーは、こちらの機種は、ニオイセンサーが付属で、その上で、ほこりセンサーが付属です。そのため、タバコやハウスダストにも対応できる製品です。

 201810051641.jpg

 デオダッシュ用 HAPR801-HFT
  ¥6,935 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 花粉やほこりの除去は、この機種は、除菌HEPAフィルターを搭載するため可能です。

 こし取るほこりや花粉の水準は、HEPA規格対応ということで99.9%以上と問題のない水準です。表面加工で除菌も対応する点で、清潔性も高いです。PM2.5などの細かい汚染物質にも対応できます。

 ただし、集塵フィルターは、強運転で1年ごとに交換が必要です。

 静音性は、騒音的には、弱運転で20デシベル(ささやきより小さな音)です。ジアイーノ同様に配慮があります。

-----

 以上、デオダッシュ DA-8000A-W の紹介でした。基本的には、富士通ゼネラルの脱臭機では、やや適用床面積が不安という場合に選択肢にするべき製品です。

 例えば、医療機関の待合室やペットショップなどで、広範囲を一台でまかなえるという点で需要がありそうです。

 家庭用には正直オーバースペックでしょう。ただ、気密性が低い和風建築で、多部屋にニオイが流出するなど、介護などでニオイ問題に困っている場合は、こちらが良いでしょう。

 某所の温泉の脱衣所でこの機種を見かけましたが、生乾きのニオイをかなり強力に吸い取っていました。

次回に続く!
脱臭機・消臭機のおすすめは、結論的にこの機種!

 というわけで、今日は、各社の脱臭機について見てきました。

 記事はもう少し続きます。

 201810051504.jpg

 次回の後半記事こちら)では、ここまで紹介してきた全機種から、Atlasのおすすめ機種!を最終的に提案していきます。

 後編は→こちら

 前半最後になりますが、 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:59 | 生活家電

比較2018’【最も強力!】全18機の脱臭機の特長とおすすめ・選び方:ペット/トイレ/タバコ臭対策 (2)

前編からの続きの記事です。前編は→こちら

今回の結論
脱臭機・消臭機のおすすめは、結論的にこの機種!

 というわけで、前編記事(こちら)では、各社の脱臭機について見てきました。

 201810051504.jpg

 最後に、いつものように、目的別にAtlasのおすすめ機種について提案しておきます。


 第1に、トイレや8畳程度での部屋におけるペットのニオイの脱臭にオススメな機種は、 

  201510061837.jpg

 【2016年初登場】

 1・富士通 小型脱臭機 ブラック DAS-15E-B
 2・富士通 小型脱臭機 ホワイト DAS-15E-W
  ¥14,097 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:10畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅174×高さ282×奥行178mm

 富士通のプラズィオン脱臭機でしょう。小型で設置性も良いですし、脱臭力は折り紙付きです。

 201806031648.jpg

 金属触媒加熱式を採用するため、毎日加熱で脱臭力が回復します。そのため、能力の減衰が基本的にありません。フィルター不要ですから、消耗品費も発生しません

 加えて(オマケ的ながら)低濃度オゾン脱臭もできるため、色々試せるのも良い部分です。

 設置しやすい製品ながら10畳まで対応できるので、迷ったらこれを選べば良い!と言える製品です。


 第2に、8畳以上のリビングにおけるペットのニオイの脱臭にオススメな機種は、 

 201802211438.jpg

 【2016年初登場】

 3・富士通 加湿脱臭機 DAS-303E-W【白】
 4・富士通 加湿脱臭機 DAS-303E-T【茶】
  ¥21,561 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:20畳まで
脱臭方式:金属触媒加熱式+オゾン脱臭
電気代:2.0円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅300×奥行276×高さ446mm

 富士通のプラズィオン脱臭機のDAS-303Dが良いでしょう。

 金属触媒加熱式の優秀性は繰り返すまでもないでしょう。

 201806031652.jpg

 小型にもかかわらず、20畳まで対応できるパワーも十分ですし、ニオイセンサーが付属するため、ニオイが発生したらすぐニオイを「退治」できるのが最大の魅力です。


 第3に、脱臭だけではなく、除菌やウイルス対策まで高度にしたい方におすすめなのは、

  201810051637.jpg

 14・パナソニック ジアイーノ F-MV1500-WZ
  ¥88,344 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

適応面積:10畳まで
脱臭方式:次亜塩素酸式
電気代:0.7円/1時間
消耗品:必要
サイズ:高さ710×幅398×奥行240mm

 ジアイーノ F-MV1500-WZでしょう。次亜塩素酸を利用できる唯一の家庭製品で、価格も10万を切ってきた点を評価しました。

 201806031711.jpg

 脱臭力・脱臭速度が優秀なほか、ウイルス除菌機能を持つ唯一のタイプなので、この点で需要があると思います。

 比較的高い機種ですが、企業のほか、学習塾や病菌など「人が多く集まる場所」に設置するのには向くと思います。


 第4に、コンセントがない場所や風呂などの水がある場所のでオススメな機種は、

  201810051642.jpg
 13・東芝 エアリオンワイド DAC-2400(W)
  ¥5,180 Amazon.co.jp
(10/5執筆時)

適応面積:16畳まで
脱臭方式:消臭剤式
電気代:2円/1時間
消耗品:必要
サイズ:幅300×奥行103×高さ255mm

 乾電池で稼働する東芝のエアリオン消臭機が良いでしょう。

  201810051633.jpg

 エアリオン交換用ジェル【無香料】
 エアリオン交換用ジェル 【グレープフルーツ】
 エアリオン交換用ジェル 【フローラル】
  ¥836〜 Amazon.co.jp (10/5執筆時)

 消耗品として消臭剤が必要ですが、電池で稼働するため、コンセントが取れない風呂場の脱臭やなどに特に効果を発揮すると思います。


 第5に、車をふくめて、ペットと持ち歩きつつ使うシーンが想定できる場合には

 201810051626.jpg

 11・ 日立マクセル ルミネオ MXAP-PCA100SL
   ¥5,967 Amazon.co.jp (10/5執筆時)   

適応面積:密閉空間のみ
脱臭方式:光触媒式
電気代:1.6円/1時間
消耗品:不要
サイズ:幅90×奥行き90×高さ190mm

 小型で、USBから電源が取れるルミネオが候補となるでしょう。ただ、専門機と比べるとパワーは落ちるため、主に車という場合に向きます。

  201806031735.jpg

 なお、この用途では、【自動車用の消臭機と消臭剤の比較記事】がこのブログにあり、他の製品をいくつか紹介していますのでよろしければご覧ください。

補足:脱臭機の近接ジャンル家電の紹介

 というわけで、今回は、脱臭機の話でした。

 201807082059.jpg

1・加湿空気清浄機の比較(1)
2・加湿空気清浄機の比較(2)
3・空気清浄機の比較(1)
4・空気清浄機の比較(2)
5・加湿・空気清浄機の選び方 【結論】

 なお、花粉などについても同時に処理したい方は、以上の記事も参考になさってください。さしあたって5番の記事からお読み頂ければ、脱臭機能を含めて分かりやすいでしょう。

 最後になりますが、 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ幸いです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:53 | 生活家電

2018年09月25日

比較2018'【電気代も安い!】31機の最新加湿器の性能とおすすめ・選び方 (humidifier-1)

【今回レビューする内容】2018-2019年 電気代で比較!人気の加湿器31機の性能とおすすめ: パナソニック・ダイニチ・象印・シャープ・三菱重工・バルミューダデザイン・ドウシシャ:スチーム式・気化式・超音波式・ハイブリッド加湿器の違い・性能別ランキング

【紹介する製品型番】 HV-H30-W HV-H55-W HV-H75-A FE-KFR03-W FE-KFR05-W FE-KXR05-T FE-KFR07-W FE-KXR07-W HD-RX318 HD-RX518 HD-RX718 HD-3018-W HD-5018-W EE-RM35-WA EE-RM50-WA SHE35RD-K SHE60RD-WSHK50RR-W SHK70RR-W Rain ERN-1100UA-WK DUSK-118CL

今回のお題
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器のおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2018年-2019年冬シーズン最新の加湿器(加湿機)を比較します。

 201809241852.jpg

 とくに「電気代の安さ」と「本体価格」に注目しながら、各社の製品を比較します。

 以下では、いつものように、各機種を個別に紹介した後、最後に「結論」としてAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

--

1・加湿空気清浄機の比較
2・空気清浄機の比較
3・加湿器の比較
4・脱臭機の比較

 今回の記事は、このブログの空調家電の比較記事3回目記事として、書いています。

2・加湿器の選び方の基本!

 201803011509.jpg

 加湿器は、冬シーズンになるとデンキヤに多くの製品が並びます。

 しかし、デザイン性だけ見て決めると、「電気代の高さ」や「加湿力の弱さ」にあとから「ビックリ」してしまうことも多い家電です。

1・スチーム式加湿器
2・気化式加湿器
3・超音波式加湿器
4・ハイブリッド式

 加湿器は、その方式により「4つのタイプ」が存在します。

 そして、「選ぶ際の基本」は、まずこれらの方式の長所と短所をしっかり理解することです。

 以下、順番にメリットデメリットについて紹介しておきましょう。

1・スチーム式加湿器

 201809241754.jpg

 第1に、スチーム式です。

 メリットは、その加湿力です。電気ヒーターで「水をブクブク加熱」し、熱でスチームを発生させるため、短時間で加湿できます。

 デメリットは、その電気代です。加湿するまでに要する電気代は他方式の数十倍であり、1日50〜100円の電気代となります。また、水ケースに付着するカルシウムを定期的にこそぎ落とす必要もあります。

2・気化式加湿器

 201809241800.jpg

 第2に、気化式です。

 メリットは、その光熱費です。ファンを使い水を自然に蒸発させる仕組みなので、1日2円-3年の電気代で済みます。加湿力もスチーム式とさほど変わりません。

 デメリットは、気温低下です。水を揮発させるときに部屋の温度が1-2度下がってしまいます。シーズン中の2-3回ほど、水回りの洗浄が必要です。

3・超音波式加湿器

 201809241758.jpg

 第3に、超音波式です。

 メリットは、その光熱費と設置性です。気化式に次いで光熱費が安く、また小型で、設置スペースもさほど必要ありません。

 デメリットは、パワーです。

 他の方式に比べると相対的に低く、リビング全体の加湿には不向きです。なお、沸騰水を蒸発させる方式でないため、雑菌が発生しやすいという問題があります。

4・ハイブリッド式加湿器

 201809241753.jpg

 第4に、ハイブリッド式です。

 メリットは、加湿力です。基本は気化式ですが、ヒーターで温風とすることで加湿力を高める仕組みです。

 そのため、立ち上がりから湿度が安定するまではスチーム式なみの電力がかかります。一方、安定したあとは、気化式並なので、(二重サッシなど)気密性の高い住宅には、省エネ効果が高いです。

 デメリットは、気密性の悪い住宅の対応力です。安定湿度を維持できない空間の場合、気化式運転ができず電気代が余計にかかります。

 また、気化式運転の場合は、部屋の室温が下がります。

ーーー

 以上、加湿器について4点をまとめました。


8畳用 14畳用
気化式 2円 2円
ハイブリッド 28円/2円 33円/4円
スチーム 44円 74円
超音波式 5円 ----

 参考までに、上表は、1日8時間「強運転」した場合の電気代の最高値です。Atlasが試算したものです。

 気化式は電気代の面で「かなり有利」、ハイブリッド式も気密性の高い住宅で適湿ならば「有利」と言えます。

1・素早く適湿にしたい場合
 =スチーム式・ハイブリッド式
2・電気代の節約を重視する場合
 =気化式・超音波式

 結論的にいえば、加湿器は、上表の様に選ぶのが基本です。

 これを「頭にいれた」上で、部屋の畳数に応じた適切なサイズの加湿器を選ぶとよいでしょう。

1・シャープの加湿器の比較

 では、ここからメーカーごとに加湿器の紹介をしていきます。

 はじめに、シャープです。同社は、気化式ハイブリッド式の加湿器を出しています。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


 201809241610.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室 〜8畳】

 【2018年】

 1・SHARP 加湿器 HV-H30-W ホワイト
 2・SHARP 加湿器 HV-H30-A ブルー
  ¥17,574 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

 【2017年】

 1・SHARP 加湿器 HV-G30-W ホワイト
 2・SHARP 加湿器 HV-G30-C クリーム
  ¥9,400 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:9W
加湿量: 290mL/h
タンク量:約2.4L
連続運転:約8.2h
静音性:38dB〜22dB
サイズ:幅32.2×奥行15.9×高さ31.6cm
センサー:温度湿度センサー

 HV-H30-Wは、シャープの小型加湿器です

 なお、2017年旧モデルが残っていますが、色以外の性能は同一です。安い方を選んで問題ありません。

 適応畳数は、木造で5畳・洋室8畳までです。、

 ビングルームの加湿には使えない点は注意しましょう。

 201809241606.jpg

 加湿方式は、気化式です。

 水を沸騰させず、写真のような「ジャバラ」を使い、水を蒸発させていく仕組みです。

 消費電力は、8Wと、かなり省エネです。

 電気代は、1時間運転で2.5円ほどで済みます。

 加湿量は、290mL/hと弱めです。

 タンクのサイズは、2.4Lで、約8時間の連続運転が可能です。

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。これらのセンサーを使って、室温に合わせて湿度を適湿に調整します。

 201409282339.jpg

 機能的に面白い部分は、プラズマクラスターイオン(7000)の発生機能が付いている点です。

 プラズマクラスター(マイナスイオン)は、ウイルス除去機能などは期待できません。しかし、衣服などの付着臭脱臭機能と、静電気の除去機能については、第三者機関により効果が実証されています。なお、シャープの除湿器は、どの機種もプラズマクラスターイオン発生器が付いています。 

 また、加湿フィルターは、抗菌剤が入る仕様ですので、清潔性も高いです。

----

 以上、HV-G30-W の紹介でした。

 サイズ的に言って、供部屋程のサイズで利用するものですね。リビング用にはもう少し大きめの加湿器が良いでしょう。


 201809241618.jpg

 【加湿:木造和室 〜9畳/プレハブ洋室 〜15畳

 【2018年】

 3・SHARP 加湿器 HV-H55-W
 4
SHARP 加湿器 HV-H55-A
  ¥21,181 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:190W
加湿量: 550mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約7.2h
静音性:37dB 〜23dB
サイズ:幅27.2×奥行22.0×高さ45.5cm
センサー:温度湿度センサー

  HV-H55は、シャープ中型の加湿器です。

 201809241621.jpg

 2018年に外観を完全にモデルチェンジして、スマートになりました。

 適応畳数は、木造和室9畳プレハブ洋室 15畳と、下位機種より広いです。

 加湿方式も、気化式とスチーム式を取り入れたハイブリッド式に変わっています。

 加湿量は、550mL/hと増加しています。

201809241627.jpg

 消費電力は、一方、190Wと多いです。

 こちらは、電気的な加熱を利用するハイブリッド式だからです。強運転時に、1時間に5.2円ほどという計算です。

 ただし、電気を使いたくない場合は、「エコモード」を選べます。気化式として稼働するので消費電力は24Wです。それでも加湿量は390mL/hですから、そこそこの出力です。

 搭載されるセンサーは、温度センサー・湿度センサーです。

 一度度適湿になれば、気化式として運転にとどまり、電気代が大幅に節約されます。ただし、エアコンなどと併用する場合は、常に加湿が必要なので、さほどの節電効果は望めないでしょう。


201809241645.jpg

 タンクのサイズは、こちらも4.0Lと大型化しているので、加湿量が多いですが約7.2時間の連続運転が可能です。タンクは大きく、中まで手を入れて洗浄できるので、清潔です。

 一方、この製品は、タンク(トレイ)での給水のほか、ヤカンなどを使って直接本体に給水することも可能です。

 発送としては、バルミューダデザインが先行していたので「二番煎じ」ですが、両対応するのは便利です。

 201809241625.jpg

 このほか、下位機種と同じく、プラズマクラスター放出機能を持つほか、水位センサーで、残量を音でお知らせする機能があります。

--------

 以上、HV-H55の紹介でした。

 リビング用として使えるサイズの製品です。ただ、このサイズは、他社から電気代の安い気化式のバージョンも出ています。それらと慎重に比較する必要があります。


 201809241635.jpg

 【2018年】

 【木造和室 〜12.5畳/プレハブ洋室 〜21畳】

 5・SHARP 加湿器 HV-H75-W
 6・SHARP 加湿器 HV-H75-A
  ¥25,690 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:330W
加湿量: 750mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約6.0h
静音性:41〜23dB
サイズ:幅27.2×奥行22.0×高さ45.5cm
センサー:温度湿度センサー

 HV-G70-W は、シャープの加湿器では最も加湿量が多いモデルです。

 201809241637.jpg

 本体サイズは、上位機ですが、HV-H55と同じサイズとなります。

 適応面積は、一方で、木造和室12.5畳・プレハブ洋室21畳までとなります。

 広いマンションに1台おくならば、こちらでしょう。

 加湿方式も、同じくハイブリッド式です。

 加湿量は、670mL/hとより増加しています。

201809241641.jpg

 電気代は、最大で335Wと下位機種に較べるとさらに悪化しており、1時間に9.1円ほどの電気代となります。

 ただし、下位機種の場合と同じく、エコモードにして「気化式」として使えば、1時間1円です。その場合は、34Wと低消費電力で、最大480mL/hと「そこそこ高い」加湿量も得られます。

 搭載されるセンサーは、下位機種と同じで、温度センサーと湿度センサーです。

 タンクのサイズは、一方、下位機種と同じ4.0Lです。そのため、本体のサイズは、先ほどの機種と同じですが、連続運転時間は5.3時間までと短めです。。

 このほか、Wの給水システムや、プラズマクラスターなどの追加機能は下位機種と同じ構成です。

--

 以上、HV-H75の紹介でした。加湿量が増えて、リビングでもパワフルに加湿できそうな機種です。

 一方、エコ運転機能で「気化式」としても利用できる点で、電気代の欠点は改善していますが、次に紹介するパナソニックのように、気化式だけで700mlの加湿量を持つ機種もあるので、比較検討が必要です。

3・パナソニックの加湿器

 続いて、パナソニックの加湿器を紹介していきます。

 パナソニックは、電気代の安い気化式を一貫して生産しています。


 201809241654.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2018年】

 7・パナソニック FE-KFR03-P 【ピンク】
 8・パナソニック FE-KFR03-W 【ホワイト】
  ¥17,330 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:10W
加湿量:300mL/h
タンク量:約2.1L
連続運転:約7h
静音性:34dB〜21dB
サイズ:高さ2945×幅305×奥行190mm
センサー:温度湿度センサー

 FE-KFR03は、パナソニックの最も小型の加湿器です。

 適応畳数は、こちらも「木造で5畳・洋室8畳まで」の製品です。

 加湿方式は、気化式です。

 消費電力は、10Wです。

 201809241703.jpg

 電気代は、強運転でも1時間0.3円と気にする必要性がないレベルです。1ヶ月でやっと72円です。

 加湿量は、一方、300mL/hとなります。シャープの小型機とほとんど同じです。

 タンクのサイズは、2.1Lとやや小型です。

 そのため、シャープの小型機より1時間短い、約7時間の連続運転までとなります。その分、本体は小型・スリムで、デザイン性が良いです。

 201702042141.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 ただ、パナソニックの場合、通常の自動運転のほか、湿度を高めに保つ「のど肌モード」を搭載している特長があります。インフルエンザの季節には嬉しいでしょう。

 201809241705.jpg

 機能的に面白い部分は、加湿フィルターにFusion繊維を使っている点です。

 吸水性と・耐久性が高い素材なので、加湿フィルターが10年交換不要です。シャープの場合、48ヶ月で交換なので、経済性が高いです。

 たまのお手入れも、ジャバラ式のシャープより楽で、押し洗いができるため、とても手軽です。

 そのほか、240時間の運転ごとに、手入れの時期を知らせるランプなど、細かい所に気を配っている製品です。

 一方、シャープと較べると、このグレードの製品には、マイナスイオン噴射機能がありません

-----

 以上、FE-KFR03 の紹介でした。

 小部屋用向けの小型機として需要がありそうです。ライバルは、シャープの小型機でしょう。

 とどちらを選ぶのかは難しいですね。両方とも気化式で、電気代もさほど変わらないので。ただ、フィルターの耐久性や、お手入れのしやすさ、のど肌モードは、パナソニックの強みだと思います。


  201803011454.jpg

【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

  【ナノイー無】

 9・パナソニック FE-KFR05-W
  ¥21,949 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

【ナノイー有】

 10・パナソニック FE-KXR05-T
 11・パナソニック FE-KXR05-W
  ¥27,165 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:8W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約8.4h
静音性:36dB〜15dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

 FE-KFR05FE-KXR05は、パナソニックの中型加湿機です。

 適応畳数は、いずれの製品も木造和室 8.5畳プレハブ洋室 14畳までの中型加湿器です。

 加湿方式は、気化式です。

 中型でハイブリッド式を採用するシャープと較べるとパナソニックは「光熱費の削減重視」と言えます。

 消費電力は、8Wですから、電気代は、1時間0.27円という低コストです。

 201809241723.jpg

 加湿量は、600mL/hです。

 電気を利用しないにもかかわらず、1時間あたりの加湿可能量は、シャープを上回ります。

 これは、高効率のDCモーターを採用するためです。

 201809241727.jpg

 静音性は、この機種のもうひとつの自慢です。

 DCモーターは静音性も高いため、この機種は「静音性の高い加湿器」でもあります。気化式はプロペラを回す構造なのでどうしても稼働音があります。

 その点で言えば、この機種は寝室にも向く省エネ機です。

 201702042152.jpg

 さらに、「お急ぎ加湿モード」を搭載しており、20%ほど加湿量を一時的にあげることも可能です。従来、気化式は、ヒーターを使わない分、適湿になるまでの時間はハイブリッド式より少し余計にかかりました。これはその欠点を解決する技術と言えます。

 タンクのサイズは、4.2Lと大きめで、シャープに較べても長い8.4時間の加湿が可能です。

 搭載されるセンサーは、下位機種と同じ構成で、湿度を高めに保つ「のど肌モード」も搭載します。

 201702042155.jpg

 機能的に面白い部分は、イオン除菌ユニットの搭載です。

 気化式加湿器は、水のヌメリが発生しやすいですが、こちらは、交換不要の除菌ユニットが搭載され、その心配を軽減しています。シャープの場合も、同様のユニットは売られていますが、別売りになります。また、こちらも、加湿フィルターは10年交換不要です。

  201702042157.jpg

 さらに、FE-KXM05 については、水イオン「nanoe」発生装置が搭載されます。

 これは、シャープのプラズマクラスターの「ライバル」とされるマイナスイオンです。パナソニックの場合、イオンを外に放出するのではなく、内部に放出し、フィルターの除菌に利用します。これは、効果的なヌメリ対策になると思います。

---

 以上、パナソニックの除湿器FE-KFR05FE-KXR05を紹介しました。

 シャープの製品と比べると、気化式ハイブリッド式という明確な違いがある製品です。

 比較すれば、「お急ぎ加湿モード」があるにしても、立ち上がりのパワーはシャープに負けます。ただ、電気代と静音性は圧倒的にこちらが有利でしょう。

 水のヌメリ対策の部分でも優位性がありそうです。


 201803011454.jpg

 【木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

  【ナノイー無】

 12・パナソニック FE-KFR07-W
  ¥24,834 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

【ナノイー有】

 13・パナソニック FE-KXR07-T  
 14・パナソニック FE-KXR07-W  
  ¥28,955 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:13W
加湿量:700mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約6.0h
静音性:39dB〜22dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

  こちらは、1つ上で紹介した機種の出力を強化した気化式の加湿器です。

 201809241738.jpg

 適応畳数は、木造和室 12畳・ プレハブ洋室 19畳まで対応です。

 パナソニックは40畳を超える業務用加湿機も出しますが、家庭用としては、こちらが「最大」です。

 本体サイズは、高さ375×幅375×奥行180mmですから、下位機種を踏襲します。

 加湿方式は、こちらも気化式です。

 消費電力は、13Wですから、光熱費の上ではシャープとは圧倒的な開きがあります。

 加湿量は、700mL/hで、できるというスペックです。

 タンクのサイズは、4.2Lと中型機種と同じです。

 そのため、本体サイズは同じですが、連続運転時間は6時間と多少短くなっています。コンパクト性と連続運転時間は両立できないため、これは仕方ない部分ですね。

 その他の機能面では、上で紹介した中型機と同じです。

 以上、 FE-KFR07などの紹介でした。

 家庭用で強力な加湿器を探しているが、電気代には気を使いたい!という方はこちらでしょう。

 DCモーター採用で静音性も高いですし、加湿器のお手入れ部分も工夫があります。気化式でイマイチだと感じるこの2点が改善されているこの機種は、高い総合力を持つと言えるでしょう。

4・ダイニチの加湿器の比較

 続いて、日本の季節家電メーカーのダイニチの加湿器を紹介します。

 ダイニチは、ハイブリッド式に力を入れます。


  201809241837.jpg

 【木造和室 〜5畳、プレハブ洋室 〜8畳

 【2018年】

 15・ダイニチ 加湿器 HD-RX318
  ¥17,314 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:300mL/h
タンク量:約3.2L
連続運転:約10.7h
静音性:17〜23dB
サイズ:高さ325×幅322×奥行150mm
センサー:温度湿度センサー

  HD-RX318は、ダイニチの小型の加湿器です。

  同社は石油ストーブを出している国内メーカーです。最近は加湿器にも力を入れており、デンキヤ屋にもいくつも製品が並んでいます。

 適応畳数は、木造和室5畳・ プレハブ洋室8畳までの小型機です。

 201809241802.jpg

 加湿方式は、小型機ですが、ハイブリッド式です。

 ダイキンは、ストーブもそうですが「パワフルさ」を社是としている企業です。そのため、加湿器でも、気化式より「立ち上がりの速い」この方式を使います。

 適湿まで高速に加湿し、その後は気化式だから「エコ」という発想です。

 消費電力は、161Wです。

 ただし、シャープと同じで、その後、エコ運転する場合は、11Wの気化式となります。

 加湿量は、300mL/hで、だいたい他社と脚を揃えています。

 ただし、気化式のエコ運転機能を利用した場合160mL/hと半減します。

 201809241814.jpg

 静音性は、配慮のあったパナソニックの機種以上に徹底します。

 ダイニチは、換気扇のようなシロッコファンを用いて風を送ります。そのため、最大運転時の運転音が27dBと他社の気化式・ハイブリッド式よりも「圧倒的な静音性」を持ちます。

 201809250859.jpg

 これを利用した夜間の「おやすみ加湿」は、この機種の売りの1つです。

 ただし、次に紹介する上位機の方がより徹底して静かではあります。

 タンクのサイズは、3.2Lで10.7時間の連続運転が可能です。

 他社に比べても大きめで、水の補給頻度は低くて済む機種です。

  201809250856.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 ダイニチの場合、1%刻みで表示されるデジタル湿度計が搭載されるため、適湿かどうかがの視認性が高いです。意外にも、他社はこの機能がありません。

 パナソニックと同じように、強めの自動運転をする「のど肌加湿」が付属します。なお、加湿は50・60・70%という段階のみ設定可能です。さほど細かい設定は不要でしょうし、問題ないでしょう。

 201809250851.jpg

 清潔性の面では、内部に抗菌素材を使うほか、銀イオンを使うAg+抗菌アタッチメントで、水のヌメリ対策がなされます。ただし、この部分は消耗品で、1シーズンでの交換となります。


 201809251125.jpg

 抗菌気化フィルター H060518
  ¥1,734 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 お手入れについては、気化フィルターが押し洗いできない仕様です。パナソニックに較べると面倒で、シャープと同水準です。ただ、抗菌対応していますので、ある程度安心です。

 なお、フィルター自体は、5シーズン保ちます。ただし、1ヶ月ごとのお手入れ(クエン酸洗浄)しないと寿命はより短いです。ハイブリッド式はヒータを使うため、ミネラル分が固着しやすいからでしょう。

---

 以上、 HD-RX318の紹介でした。

 小型のハイブリッド式で、立ち上がりの速さが売りです。また、デジタル湿度計の搭載も、他社にはない大きな魅力と言えますね。静音性も高いので、寝室用として良いかもしれません。

 ただし、エアコンは常に乾燥した空気が送ってきます。立ち上げ後、気化式運用時の160mL/hというスペックは、小部屋用としても微妙であり、気化式ではない通常運転に戻ってしまう懸念があります。

 その点で言えば、ダイニチの静音機が欲しい場合は、「部屋のサイズに対して1サイズ上」を選ぶべきだと思います。

 静音性についても、次に紹介する上位機の方が上です。


 201809241842.jpg

 【2018年】

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX518
  ¥20,096 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:570mL/h
タンク量:約5.0L
連続運転:約12.5h
静音性:13〜30db
サイズ:高さ375×幅375×奥行175mm
センサー:温度湿度センサー

 HD-RX518 は、ダイニチ中型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室8.5畳・ プレハブ洋室14畳まで使えるモデルです。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式です。

 201809241810.jpg

 消費電力は、161Wです。

 下位機種より適応畳数が広いにもかかわらず消費電力が低めなのは、このグレードからエコモーターを採用するからです。

 シロッコファンを利用する仕組みと合わせて、光熱費の面では、シャープより水準は高いです。

 加湿量は、570mL/hです。

 この機種も、適湿になって以後、気化式として運転しますが、その場合も、370mL/hの加湿量です。シャープの加湿器と同じ程度ですが、小部屋ならば実用的な水準で、消費電力12Wと押さえられます。

 201809250915.jpg

 静音性は、引き続き良い機種です。強院展では30デシベルとさすがに大きいd酢が、標準23デシベル、最低13デシベルというスペックは、引き続き「業界一」です。

 シロッコファン採用の利点でしょう。

 タンクのサイズは、5.0Lで約12.5時間の連続運転が可能です。

 その他の部分は、下位機種と同じで、こちらも、デジタル湿度計が装備されています。

 201809250918.jpg

 以上、HD-5016の紹介でした。

 中型機のハイブリッド式としては、省エネ性能がシャープより高いです。サイズは、高さ375×幅375×奥行175mmと、奥行も狭く設置性も良い製品です。

 もちろん、気化式を採用する、パナソニックの気化とは光熱費の面で差があります。しかし、立ち上がりのパワフルさはこちらが上でしょう。

 また、8畳程度の小部屋ならば、立ち上げ後は12Wの消費電力の気化式で自動運転できるでしょうし、この点でも優秀だと思います。


  201809241844.jpg

木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 17・ダイニチ 加湿器 HD-RX718
  ¥20,096 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力290W
加湿量:700mL/h
タンク量:約6.3L
連続運転:約9h
静音性:13〜32db
サイズ:375×375×310mm
センサー:温度湿度センサー

 HD-RX718は、ダイニチ大型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室12畳・ プレハブ洋室19畳まで使える、リビング向けの大型機です。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式です。

 消費電力は、同じサイズのシャープのハイブリッド式に較べると285Wと、このサイズでもダイニチのほうが省エネです。

 加湿量は、700mL/hです。やはり、加湿量ではシャープより多少上回ります。消費電力20Wの気化式でも460ml/hですから、立ち上がったあとの省エネ性も確保されています。

 タンクのサイズは、6.3Lで約9時間の連続運転が可能です。

 そのほかの部分は、下位機種と同じです。

 以上、ダイニチHD-RX718の紹介でした。

 やや大きめのリビング用としては候補になり得る製品です。引き続き、静音性が高い機種ですが、(寝室でない)リビングで利用する分では、このあたりはさほど大きな要素にはならないかもしれません。

 立ち上がりの速さは美点ですが、1シーズンしか持たない交換部品(銀イオンカードリッジ)の費用も勘案すると、リビングについてはパナソニックの気化式が良い気がします。

ーーー

  201809241745.jpg

 【2018年】

 【加湿量:300ml】

 18・ダイニチ 加湿器 HD-3018-W
  ¥14,395 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 【加湿量:500ml】

 19・ダイニチ 加湿器 HD-5018-W
  ¥17,268 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

 【加湿量:700ml】

 20・ダイニチ 加湿器 HD-7018-W
  ¥19,917 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

 なお、ダイニチからは、下位シリーズとしてHDシリーズが販売されます。

 同じくハイブリッド式で、さほど価格差はないですが、水のヌメリ対策がされないほか、ターボ運転ができません。

 この方式は、立ち上がりの速さが魅力ですから、購入するならば、上位のRXシリーズでしょう。

5・象印の加湿器の比較

 続いて象印の加湿器の紹介です。

 同社は、素早い加湿が自慢のスチーム式の加湿器を出します。


 201809241849.jpg

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2017年】  

 21・象印 スチーム式加湿器 EE-RM35-WA
  ¥13,800 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:スチーム式
消費電力:305W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.2L
連続運転:約6.0h
静音性:24db前後
サイズ:24×26×27.5cm
センサー:温度湿度センサー

  EE-RM35は、象印の小型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機です。

 201809250959.jpg

 加湿方式は、象印の場合、スチーム式となります。

 「電気の湯沸かし」は調理家電分野で象印の強い部分ですので、それを応用した製品ですね。

 消費電力は、305Wです。

 スチーム式は、先ほど書いたように、常に電気を使うので光熱費には優しくないです。ただ、立ち上がりが速い点と、冬場の加湿で室温が低下しない点がメリットで、コアなファンがいるのも確かです。

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 したがって、自動運転できますが、ハイブリッド式と異なり、適湿になって以後も305Wを使い続けます。湯沸かし時には985W使っている点も注意でしょう。

 加湿量は、350mL/hです。

 小型機種としてはパワフルです。

 タンクのサイズは、2.2Lと多少小さく、連続運転時間は、約6時間となります。

 201509241209.jpg

 清潔性については、スチーム式は一旦水を沸騰させるため、水の汚れは生じにくいです。

 ただ、実際の所、クエン酸などで掃除をマメにしないと「臭い」は生じます。フッ素加工された水ケースは掃除しやすいですが、掃除の頻度は気化式に比べて多めです。

 静音性は、お湯を沸騰させるので、煮沸音がします。軽減できる「湯沸かし音セーブモード」が搭載されますが、その場合、スチーム式の「売り」の立ち上がりの速さが減じます。

 また、掃除不足だと、音が大きくなる特徴もあります。

 安全面については、沸騰する方式なので注意が必要です。 

 ただ、チャイルドロックが装備されており安心ですが。スチームは65度で放出しています。

---

 以上、象印のスチーム式加湿器の紹介でした。

 スチーム式は、(電気代が家賃に込みだった)海外で利用した経験があります。加湿スピードも早いというメリット性はありますが、光熱費の面ではやや不利です。

 ニオイの部分も手入れしないとだめなので、Atlasは最終的には除菌剤を入れて使っていました。


 201809241849.jpg

木造和室 〜8畳、プレハブ洋室 〜13畳

 22・象印 スチーム式加湿器 EE-RM50-WA
  ¥23,750 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:スチーム式
消費電力:410W
加湿量:480mL/h
タンク量:3.0L
連続運転:約6.0h
静音性:(27db前後)
サイズ:24×26×31.5cm
センサー:温度湿度センサー

 EE-RM50 は、象印のスチーム式加湿器の中型機です。

 適応畳数は、木造和室8畳・ プレハブ洋室13畳までの対応ですね。

 加湿量は、410mL/hと下位機種よりは増加しています。しかし、さほどパワフルという訳でもありません。

 タンクのサイズは、3.0Lと先ほどの機種よりも多少大きいです。しかし、加湿量が増えているので、こちらも連続加湿時間は6時間までと同じです。

 消費電力は、410Wと相当増えています。自動運転機能があるとは言え、光熱費の面では多少不利ですね。

 その他の部分は、下位機種と同じです。

---

 以上、EE-RM50の紹介でした。

 適応畳数が広いリビング用です。冬場に室温が低下しない美点はあるので、昔ながらのスチーム式のファンならばこれを選ぶのもよいでしょう。ただ、電気代を考えるとやや微妙な方式とはなります。

6・三菱重工の加湿器の比較

 続いて三菱重工の加湿器です。

 同社はスチーム式ですが、やや変わった方式を取ります。


 201809251005.jpg

 【2017年】  

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 23・三菱重工 加湿器 SHE35RD-K 【漆黒】  
 24・三菱重工 加湿器 SHE35RD-R
【純白】  
  ¥14,200 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:250W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.8L
連続運転:約8h
静音性:27db
サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
センサー:温度湿度センサー

 つづいて、三菱の加湿器SHE35シリーズの紹介です。本体色は、ホワイトとブラックの2色です。

 適応畳数は、木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機となります。

 加湿方式は、象印と同じでスチーム式となります。

 加湿量は、350mL/hです。小型機として象印と同じです。

 201702042300.jpg

 消費電力は、一方、同じ加湿量の象印に比べて250Wですから、スチーム式としては優秀です。

 なお、三菱の場合、水を直接加熱するのではなく、吸い上げた一部の水だけを加熱する方式(スチームファン蒸発式)を採用しますす。

 この方式の場合、蒸気の温度も55度と低く、安全性も高くなります。また、蒸発布の部分にカルキなどが吸収されるので、気化式としてはお手入れが非常に容易です。

 201809251010.jpg

 三菱重工 蒸発布 SHES351【2枚】
  ¥751 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 蒸発布は消耗品で、600時間(2-3ヶ月)ごとに交換の必要があります。最初に2枚(1シーズン分)付属します。

 2枚入りですが、この部分のコストを考えると、象印の加湿器よりコスパが良いとも言えない部分はあります。

 タンクのサイズは、2.7Lとかなり小型です。ただ、8時間の連続運転が可能です。

 201702042307.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 この機種はデジタル湿度計が搭載され、現在の湿度が分かりやすくなっています。自動運転の他、湿度を指定しての運転もできるので、他社の「のど肌モード」的な使い方も可能でしょう。

 201809251014.jpg

 加湿器用イオンフィルター(2個入り)
  ¥1,829 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 清潔性の面では、ダイニチと同じ方式で、ヌメリ対策として、1年交換式のイオンフィルターを利用します。効果的ですが、消耗品費は発生します。ただし、1シーズン分は付属します。

 一方、イオン発生装置として「プラズマ除菌」機能が付属します。これは、ナノイーのようにヌメリ対策には使われず、放出型のイオンです。

 ウイルス対策になるとの記述ですが、他社と同じく、実空間での試験結果ではありません。「オマケ」と考えましょう。

 201809251021.jpg

 お手入れについては、この機種の良い部分です。

 蒸発布はもみ洗いできますが、スケール(水に含まれる鉱物)が布に付くため、メンテの手間がないです。出てくる空気もそのぶん綺麗でしょう。

---

 以上、三菱のスチーム式加湿器SHE35シリーズの紹介でした。

 スチーム式の小型機種としては、比較的消費電力が抑えられており、湿度表示機能なども魅力がある機種です。

 蒸発布の消耗品費はネックに感じる方もいるでしょう。ただ、同じ象印との消費電力差を考えると、1シーズンで1500円ほどの電気代の差があるため、蒸発布の価格を加味しても、700円ほどはこちらがお得です。

 一方、気化式やハイブリッド式に較べると、電気代自体は高いです。(1日44円ほど)

 ただ、温度低下する点と立ち上がりの悪さで気化式加湿器が苦手な人は結構いるため、そのような方には、とくにおすすめできます。


 201809251047.jpg

木造和室 〜10畳、プレハブ洋室 〜17畳

 25・三菱重工 加湿器 SHE60RD-K 【漆黒】
 26・三菱重工 加湿器 SHE60RD-W【純白】
   ¥18,100 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:440W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約7h
静音性:27db
サイズ:高さ308×幅221×奥行297mm
センサー:温度湿度センサー

 SHE60PDAは、プレハブ洋室で17畳まで対応する、三菱の中型の加湿器です。

 加湿方式は、こちらもスチーム式となります。

 加湿量は、600mL/hとかなり多くなりますが、消費電力最大440Wとそれに応じて高くなります。同サイズのハイブリッド式と較べても1.5倍ほどかかる計算なので、経済性はあまりないと言えます。

201702042315.jpg

 ただ、スチームファン蒸発式の加湿の速さは「折り紙付き」です。この部分を重要視するならば、これらの機種は魅力です。ただ、スチーム式のため、消費電力がと、気化式の30倍近くかかる点はやはりネックでしょう。

 その他の機能面は、1つ上で紹介した下位機種に準じます。


  201809251057.jpg

 【木造和室 〜8.5畳/プレハブ洋室 〜14畳

 27・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK50RR-W
  ¥18,899 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:160W
加湿量:500mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約9h
静音性:32〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 【木造和室 〜12畳/プレハブ洋室 〜19畳

 28・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK70RR-W
  ¥20,993 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:280W
加湿量:700mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約6h
静音性:37〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 【木造和室 〜14畳/プレハブ洋室 〜23.5畳

 29・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK90RR-W
  ¥22,389 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:460W
加湿量:900mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約5h
静音性:37〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 SHKシリーズは、三菱重工のもう一つの加湿器のシリーズです。

 201809251054.jpg

 加湿方式は、こちらは、ハイブリット式(加熱気化式)です。

 したがって、この製品は、シャープ・ダイニチがのハイブリッド式が「ライバル」です。

 消費電力は、小型機から大型機まで、ダイニチと同じ水準でハイブリッド式としては「安め」です。

 ヒーターを利用せず、気化式としてエコ運転する場合は、いずれのサイズの機種は19Wですし、ダイニチと差はない状況です。


201809251102.jpg

 加湿量も、やはりどの機種も、ダイニチ・シャープと大きな差はないです。

 ただ、三菱重工の場合、気化式運転(エコ運転)時の加湿量が420ml/hとさほど落ちていないので、適湿での省エネ運転が長く続けられそうです。

 ハイブリッド式としては、節電性が最も期待できると言えます。もちろん気化式となるので、部屋の室温が下がるというデメリットは生じるわけですけれども。

 静音性は、小型機でも32〜24dbですから、ダイニチに及ばないです。

201702042319.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 表示パネルに液晶ディスプレイが付属し視認性が高いのはこの機種の良い部分です。

 201809251118.jpg

 清潔性の面では、Agイオン抗菌剤が付属します。これは、交換不要部品ですが、ヌメリ対策になります。

 201809251014.jpg

 加湿器用イオンフィルター(2個入り)
  ¥1,829 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 一方、万全を期したい場合はイオンフィルターも利用できます。ただし、ハイブリッド式については「別売」です。2個入りですから2シーズン分です。

 201809251131.jpg

 お手入れについては、気化式の加湿部分がシャープ同様に「ジャバラ」となるため、完全には押し洗いできません。ただし、しっかり洗えば、8シーズン交換不要で、抗菌加工もなされています。

 このほか、同社のスチーム式と同じく、「プラズマ除菌」機能が付属します。

----

 以上、三菱のSHKシリーズの紹介でした。

 ハイブリッド式は、シャープ・パナソニック・三菱と3メーカーから出されており、おすすめの機種を提案するのが難しいです。具体的におすすめしたい機種については、最後にまとめて書こうと思います。

後半につづく
最新加湿器のおすすめは結論的にこの機種!

 と言うわけで、今回は、加湿器を紹介してきました。

 201809251223.jpg

 続く後半記事こちら】では、バルミューダデザインの「壺型」加湿器(ERN-1100UA-WK)と、ドウシシャのクレペリンを使った超音波式加湿器(DUSK-118CL)を取りあげます。

 そのあと、ここまで紹介してきた製品から、いつものように、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 引き続きよろしくお願いします。

 後半記事は→こちら

 最後になりましたが、もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のはてなブックマーク・Twitter Facebookボタンなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 13:06 | 生活家電

比較2018'【電気代も安い!】31機の最新加湿器の性能とおすすめ・選び方 (humidifier-2)

今回のお題
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器はどれ?

 どもAtlasです!今回は、最新加湿器の比較をしています。

 201809241852.jpg

 前回前編記事こちら】では、全部で23製品の加湿器の比較をしてきました。

201809251223.jpg

 今回後編記事では、バルミューダデザインとドウシシャの加湿器を紹介します。

 その上で、全機種から、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

7・バルミューダの加湿器の比較

 はじめにバルミューダデザインの加湿器です。

 前半と同じく、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


 201809251133.jpg

木造和室 〜10畳/プレハブ洋室 〜17畳

 30・バルミューダ Rain ERN-1100UA-WK
  ¥49,680 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:23W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約6h
静音性:6〜25db
サイズ:高さ350×幅350×奥行374
センサー:湿度センサー

 こちらは、日本のデザイン家電メーカーのバルミューダデザインの加湿器です。

 適応畳数は、木造和室10畳・ プレハブ洋室17畳までとなります。リビング用ですね。

 201809251134.jpg

 壺のようなデザインですが、据え置いた感じもやはり「」です。

 201509241352.jpg

 目をひくのはユニークな形です。

 こちらは水を壺に注ぐことで水分を継ぎたしていくという画期的な方式をとっています。シャープも2018年にこの仕組みを採用しましたが、「元祖」はこちらです。

 また、壺のフタの部分がディスプレイになっており、現在の加湿量や残り水量、時刻などを表示できる仕組みです。壺の大きさは30センチ四方位なので、他社の加湿器度同等サイズですね。

 201409290154.jpg 

 加えて、WI-FI機能(無線LAN)が搭載されていているので、外出先から加湿器のスイッチを入れたり、現在の湿度を確認することができます。

 加湿方式は、気化式です。そのため消費電力は、最大で23Wと低いです。

 加湿量は、5段階で変更できて、最大加湿量が600ml/hです。パナソニックの最上位機種のFE-KXK07には及びませんが、十分にパワフルと言えるレベルです。適応面積はメーカーによると17畳まで対応します。

 タンクのサイズは、4.2Lで、約6時間の加湿が可能という仕様ですね。

  170204-0062.png

 搭載されるセンサーは、湿度センサーです。

 加湿器上部には有機ELディスプレイがあり、その部分でモードを切り替えます。自動運転は、湿度を40-60度の間で切り替えることが可能です。湿度もそちらで確認できます。

 一方、温度センサーについての記載はなく、室温に応じた適湿運転はできないと思われます。

 静音性は、強運転時は最大42デシベルと決して静かではないです。

 ただし、風量を下げると最大6デシベルまで下げられます。パナソニック同様に、DCモーター採用ですが、最小の静音性は最も高いモデルと言えます。

 ただし、その場合の加湿量は、150ml/hですので、寝室で暖房を消した状態に限定しての利用でしょう。

 お手入れは、壺の中に水を入れるボウルがあり、それを洗剤などでたまに洗う必要があります。 

 201409290155.jpg

 内蔵フィルターは、シャープと同じようにジャバラ式です。すすぎ洗いしかできません。1ヶ月に1回の清掃が必要ですが、パナソニックに較べると少し洗いにくいです。

  ERN-S100(交換フィルター)
  ¥4,093 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

 すすげないこともあり、フィルター寿命は1年です。対応する交換フィルターは4000円強ですので、ランニングコストはかなり高めです。

---

 以上、バルミューダデザインの加湿器の紹介でした。

 日本の家電には見られない優れたデザインで、所有欲をくすぐる良い製品だと思います。低消費電力の気化式で、パワーも確保されているため実力も高いです。

 価格は非常に高いのですが、予算が許せば所有してみたい機種です。ただし、ランニングコストは高いため、この点は注意しましょう。

3・ドウシシャの加湿器

 続いてドウシシャの加湿器の紹介です。

 同社は、超音波式が得意なメーカーです。


 201809251206.jpg

 【2018】

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 31・ドウシシャDUSK-118CL
  ¥18,145 楽天市場 (9/25執筆時)

加湿方式:超音波式
消費電力:24W
加湿量:300mL/h
タンク量:約3.0L
連続運転:約10h
静音性:----
サイズ:高さ300×幅300×奥行100mm
センサー:

 DUSK-118CL Cは、日本のドウシシャの販売する小型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室5畳、 プレハブ洋室8畳までと小部屋用ですね。

 加湿方式は、超音波式です。

 この方式は、気化式に次いで電気代が安く、静音性も高い方式です。

 一方、冒頭で示したように、超音波式は雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。それを改善するために、抗菌カードリッジを付属させています。こちらは消耗品のため、期限切れには注意しましょう。

 加湿量は、300mL/hで、他社の小型機種と同様に、消費電力も24Wと低電力です。

 タンクのサイズは、3.0Lです。ただ、超音波式であるため、約10時間の加湿が可能という、小型機種では比較的長寿命と言えます。

 201702042340.jpg

 クレベリン LED交換用カートリッジ LED-010
  ¥2,858 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 一方、この製品は、クレベリンLEDカートリッジを採用しています。

 大幸薬品のクレペリン(正露丸)技術を利用したカードリッジを使い、除菌効果があるとされる二酸化塩素ガスを発生させる点が新機軸です。

 二酸化塩素の効能については諸説あるところです。ドウシシャによれば「除菌消臭」効能が(説明書のみ)書かれます。サイトで宣伝はしていないのは、おそらく実空間での効果を検証できないからでしょう。

 ただ、公平を期して言えば、(消臭効果を除けば)各社のマイナスイオン発生装置も同じ問題を抱えますから、こうした部分は「おまけ」的に考えるべきだと思います。

 なお、LED-010のカードリッジの交換頻度(交換時期)は、6畳程度の空間で3ヶ月で交換です。さほど割り引きもなく、ややコスパが悪いです。

 以上、DUSK-118CL の紹介でした。今回紹介する唯一の超音波式です。面白い取り組みはなされるものの、効果については、もう少し丁寧で、検証可能な説明を要するでしょう。

 なお、超音波式は、水の部分の手入れをまめにできる人に向いている機種です。

今回の結論
今年度モデルのおすすめ加湿器は結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、各社の加湿器を比較してきました。


8畳用 14畳用
気化式 2円 2円
ハイブリッド 28円/2円 33円/4円
スチーム 44円 74円
超音波式 5円 ----

1・素早く適湿にしたい場合
 =スチーム式・ハイブリッド式
2・電気代の節約を重視する場合
 =気化式・超音波式

 前編で書いたように加湿器は、上表の様に選ぶのが基本です。

 こうした部分をふまえつつ、最後に、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。


第1に、広めのリビング用として、エアコンなどの乾燥対策ににおすすめな加湿器は、

  201803011454.jpg

【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

  【ナノイー無】

 9・パナソニック FE-KFR05-W
  ¥21,949 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

【ナノイー有】

 10・パナソニック FE-KXR05-T
 11・パナソニック FE-KXR05-W
  ¥27,165 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:8W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約8.4h
静音性:36dB〜15dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

 省エネ性能 ★★★★★★
 加湿量   ★★★★★★
 お手入れ  ★★★★★
 静音性   ★★★★★

 パナソニックの気化式加湿器であるFE-KFR05-W をオススメします。

 201809251231.jpg

 気化式の中型以上の機種として、他機種に比べ、運転時の電気代が相当低い機種です。

 さらに、DCモーターの採用で静音性も高まりました。気化式の弱点とも言える立ち上がりのパワー不足についても、高効率のこのモータの採用と「お急ぎモード」の搭載で解決し、気化式の欠点が相当程度消えています。

 201809241705.jpg

 お手入れについても、フィルターが押し洗いできるため「掃除しやすい」といえます。

 加湿量も十分ですし、その点でもオススメできます。

 201702042157.jpg

 なお、ナノイー(マイナスイオン)については、上位機のみの付属です。

 パナソニックは、、内部に放出し、フィルターの除菌に利用しており、ヌメリ対策として一定程度の効果が期待できます。消耗品ではないため、ランニングコスト面でも有利でしょう。

 ただ、下位機種でも、交換不要のイオン除菌ユニットを搭載するため、(沸騰しない点で)気化式運転に重要な「ヌメリ対策」は一通り揃っています。

 今年度モデルでは、「機能的に最もまとまっている」といえ、お買得感が高いですね。


第2に、ワンルームや一部屋などそれほど大きくない部屋で使う予定の人(木造6畳程度、鉄筋8畳程度)ですが、

 201809241654.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2018年】

 7・パナソニック FE-KFR03-P 【ピンク】
 8・パナソニック FE-KFR03-W 【ホワイト】
  ¥17,330 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:10W
加湿量:300mL/h
タンク量:約2.1L
連続運転:約7h
静音性:34dB〜21dB
サイズ:高さ2945×幅305×奥行190mm
センサー:温度湿度センサー

 省エネ性能 ★★★★★★
 加湿量   ★★★★★
 お手入れ  ★★★★★
 静音性   ★★★★★

 パナソニックの8畳用でしょう。

 気化式ですから、10W(1時間2円)と相当電気代が安い機種で経済的です。

 加湿量は同じ気化式を採用する他社機より高く、価格的にも値頃感があります。

 8畳程度までの部屋で利用する場合は、この機種で不安はないでしょう。ただし、木造の場合は、1つ上で紹介したクラスをオススメします。


 第3に、主に寝室で使う加湿器として、最もオススメしたい加湿器は、

 201809241842.jpg

 【2018年】

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX518
  ¥20,096 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:570mL/h
タンク量:約5.0L
連続運転:約12.5h
静音性:13〜30db
サイズ:高さ375×幅375×奥行175mm
センサー:温度湿度センサー

 省エネ性能 ★★★★
 加湿量   ★★★★★
 お手入れ  ★★★★
 静音性   ★★★★★★

 ダイニチの HD-RX518 が良いと思います。

 適応畳数の広さの点で言えば、もうワンサイズ小型の HD-RX318もあります。

 201809241810.jpg

 しかし、「静音性」を考えると、新型高効率モーターの採用でさらに静かな上、消費電力も同等で止まるこちらをむしろオススメします。最小運転音13dBという水準は、ランニングコストが高いバルミューダデザインの「壺」を除けば、最高値です。

 こちらは、立ち上げに電力を使うハイブリッド式ですが、気化式運転をした場合も370mL/hの加湿量ですから、寝室では十分です。下位機種は、160mL/hと心許ない部分があったので、

 やはり、ダイニチの静音モデルでは、こちらを推します。

 201809250859.jpg

 夜間の「おやすみ加湿」など、この部分を全面的に押しだしている点も魅力でしょう。

 201809250918.jpg

 サイズも、高さ375×幅375×奥行175mmで他社機並みなので設置性も良いです。

 201809251125.jpg

 抗菌気化フィルター H060518
  ¥1,734 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 お手入れについては、ジャバラ式で押し洗いできないフィルターは残念ですが、抗菌仕様で5シーズン保ちます。

 掃除をしない場合は例外ですが、その場合もそう高いものではないですし、問題ないでしょう。

 いずれにしても、寝室にはもってこいの製品でしょう。ワンルーム住まいで、寝室兼用の場合も良いと思います。


第4に、冬場に室温が低下しにくい小型機をお探しの方にオススメなのは、

 201809251005.jpg

 【2017年】  

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 23・三菱重工 加湿器 SHE35RD-K 【漆黒】  
 24・三菱重工 加湿器 SHE35RD-R
【純白】  
  ¥14,200 Amazon.co.jp
(9/25執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:250W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.8L
連続運転:約8h
静音性:27db
サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
センサー:温度湿度センサー

 省エネ性能 ★★★★
 加湿量   ★★★★
 お手入れ  ★★★★
 静音性   ★★★★★

 三菱の加湿器SHE35シリーズが良いでしょう。

 201702042300.jpg

 スチーム式ですから、室温の低下問題は「皆無」です。(ダルマストーブにヤカンのような)スチーム式独特の加湿が好きな方にオススメします。

チーム式としては、比較的消費電力が低く、安全性も高い点も評価できます。

  201809251010.jpg

 三菱重工 蒸発布 SHES351【2枚】
  ¥751 Amazon.co.jp (9/25執筆時)

 お手入れについても、蒸発布に、カルキ・ミネラルが付着するため、スチーム式特有の面倒なお手入れは不要です。この点のレベルも高い機種です。

 201702042307.jpg

 目に見えて湿度が分かるので、電気代の無駄遣いをしないで済む点も評価できるでしょう。

 電気代は、1時間5円ほどと決して安くはない水準ですが、インバーター制御で自動運転を行うので実際かかる電気代は、多少軽減できると思います。

補足:加湿器のオルタナティブについて

 というわけで、今日は加湿器の比較でした。

 201807081138.jpg

1・加湿空気清浄機の比較
2・セラミックファンヒーターの比較
3・ダイソン「扇風機」の比較

 なお、「加湿機能」が「オマケ搭載」される家電というのは割とあります。

 特にユーザーが多いのは空浄機との併用ですが、その場合は1番で比較していますので、よろしければご覧ください。

  最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、はてなブックマーク・Twitter Facebookなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは!

posted by Atlas at 12:59 | 生活家電

2018年09月18日

比較2018’ 冷暖房が強い小型エアコン13機の性能とおすすめ/選び方 (8畳〜12畳)(2)

【今回レビューする内容】 2018年 冷暖房が強い小型・中型エアコンの性能・おすすめ機種と選び方:ワンルーム・8畳・10畳・12畳用 冷房力・暖房力・ 省エネの違いランキング

【紹介するブランド】東芝 大清快・三菱電機 白くまくん・パナソニック エオリア ダイキン・日立 白くまくん 三菱電機 霧ヶ峰 富士通ゼネラル ノクリア

今回のお題
最新の8畳〜12畳対応のエアコンのおすすめ機種はどれ? 

 ども、Atlasです。 

 今日は、エアコンの比較です。

 201809180907.jpg

 サイズとしては、8畳以上12畳程度までにフィットする製品を多く取り上げました。

 10万円以下のエアコンは、ほぼ全機種網羅するつもりです。

 以下では、いつものように、各機種を比較したあと、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

1・家庭用エアコンの選び方の基本!

 201805241558.jpg

 リビング用の「エアコン」を選ぶ場合、はじめに、「何畳の部屋に使うか」を正確に計算してください。

 なぜなら、小さすぎると常にフルパワー運転するため、装置寿命が短くなったり、電気代が余分にかかるからです。

 本体サイズは、同じシリーズの製品ならば、基本的に同じですから設置性も同じです。

1・エアコン(6畳)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 木造8畳、鉄筋10畳以上でご利用を考えている場合は、今回の記事でフォローします。。

 木造6畳鉄筋8畳までカバーできる小型エアコンは、前回の記事【こちら 】で紹介した製品のほうが良いでしょう。

 ただし、和室で欄間がある構造だったり、断熱性に難がある場合は、「1つ大きい」今回紹介するサイズでも良いでしょう。

2・リビング向けエアコンの比較基準

 さて、以下では、各社のエアコンを比較していきます。

 今回の記事では電気代のほか、様々なスペック面で各社のエアコンを比較します。

 その際に、Atlasが最も重要視するのはエアコンの出力です。


 201805241606.jpg

 エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。

 しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、実はあまり「あてにならない」指標です。

 逆に、重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力というスペックです。

ーー

 この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。この値が大きいほど、(同じ適応畳数でも)エアコンがパワフルということになります。

 今回の記事では、この部分を最も重要視して比較しています。

ーー

 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目していきます。

 1・空気清浄・除菌機能   

 こちらは、エアコンについている空気清浄フィルターのことです。ただ、機種によっては非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。スタンダードモデルはほぼ全ての機種で別売りです。

 2・換気   

 汚れた室内の空気を室外に出す機能です。ただ、(一部機種を除き)基本的に排気した分、外気が外から給気されるわけではないので、花粉などがこの機能により内部に入ることはありません。

 3・自動お掃除  

 エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。フィルターの部分は、定期的に掃除すれば良いだけの話なので、この機能は「不要」だとAtlasは思っています。

 4・快適気流  

 気流に工夫を出して部屋の天井・床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一にしたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能です。エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

 5・センサー節電  

 人感センサー明るさセンサーが搭載されていて、自動的にエコ運転するモードです。

3・リビング用の格安エアコンの比較

 ここからは、具体的に各メーカーのエアコンを比較していきます。

 なお、今回ここで見るのは、各社の最もお買い得なモデルで、5万円台から購入できる機種になります。


 201802061224.jpg

 【2017年】

 1・パナソニック CS-257CF-W
  ¥55,000 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 【2018年】

 1・パナソニック CS-258CF-W
  ¥49,700 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.4〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.5〜2.9)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

 2・パナソニック CS-287CF-W
  ¥55,000 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 【2018年】

 2・パナソニック CS-288CF-W
  ¥69,500 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.4〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状100V 15A

 こちらは、パナソニックのエオリア Fシリーズに属するスタンダードモデルです。

 冷房10畳用冷房12畳用の2モデルありますが、本体の形状はどちらも同じで、出力のみ異なります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大4.8kwと格安機ながら、同社や他社の入門機と比べても能力は十分です。

 冷房能力は、10畳用が最大2.9kw、12畳用が最大3.2kwです。12畳用は標準的ですが、10畳用については、パワーがさほど強くなく、この点では他社に負けるでしょう。

  201612010828.jpg  

 インターネット操作は、この機種はオプションとして対応します。スマホアプリで、屋内・外出先を問わずにON・OFFなどの操作ができる機能が装備されます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,868 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,251 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 ただし、別売の無線アダプターと親機が必要です。それ以外の基本機能は同じであり、旧年モデルはお得です。

 201809180913.jpg

 空気清浄と除菌機能については、こちらもオプションであり、別売のフィルターをそれぞれ購入することで利用が可能です。

 201805241618.jpg

 なお、現在新旧モデルが併売中ですが、新機種は、「1/f ゆらぎ気流」に対応する点が相違点です。

 風が身体に当たる際の風を「蓼科高原の風」のプログラムに合わせたものです。ただし、エアコンは直接身体に風を当てるものではないため、「おまけ」でしょう。その点で、安い旧機種で良いと思います。

 以上、パナソニックのエオリア Fシリーズの紹介でした。

 格安機種としては暖房能力に期待できる機種ですので、あまり寒くない地域のメイン暖房用としては向いています。また、インターネット操作に対応できる点で、1人暮らしユーザーにも向いた機種だと言えます。


 201805242032.jpg

 【2018年】
 
  3・ダイキン S25VTES-W
    ¥56,632 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】
 
  4・ダイキン S28VTES-W
    ¥59,500 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンEシリーズは、同社のエアコンの入門機です。格安エアコンの中では売れ筋商品の一つです。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwと、ほぼパナソニック同様の水準です。

 201702271036.jpg

 なお、ダイキンは、コンプレッサー制御がよく、暖房の立ち上がりの速さについては相当良い水準です。の外気温マイナス15℃まで動作対応するのは、このメーカーだけです。寒冷地のデンキヤでは「ひときわ強いブランド」ですね。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.2kwです。パナソニックは10畳用の冷房が多少弱かったですが、こちらは他社標準の能力を確保しています。

 その上で、ダイキは、新型触媒が採用で、の外気温45℃でも、安定した運転ができる機種です。室外機も頑丈なので、「極地に強い」と言えるでしょう。

 この点は、どのデンキヤの販売員さんも強調するところです。極限状況下では、「他社を一歩上回る基本性能」を発揮します。温度制御も0.5度刻みですね。

 201307101433.jpg

 気流制御も優秀です。 

 冷暖房については出力と同様に、気流制御が重要になってきます。

 エアコンメーカーで気流に特に気を使っているメーカーは、ダイキン富士通ゼネラルです。 上位機種に搭載される気流制御機能こそないものの、スタンダードモデルでも、気流を計算した運転機能を持っています。

 夏場は、吹き出す風が人間に直接当たらないような気流に、冬は、足下も暖まるような気流に調整してくれます。加えて、新型のコントローラーの採用で、温度を0.5度単位で設定できます

 おやすみ運転機能も、搭載されます。こちらは、単にパワーダウンするのではなく、風量や、風向きなどが人にあたらないように調整しつつセーブ運転してくれます。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプターBRP061A44 
  ¥11,990 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,346 Amazon.co.jp   (9/18執筆時)

 インターネット操作は、ダイキンの場合も、対応します。ただ、別売りのアダプターがパナソニックに比べて高いです。

 空気清浄と除菌機能についても、未搭載です。この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

----

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。「夏が40度以上になる」酷暑の地域と、「冬が零下10度以下になる」厳寒地域に強い機種です。

 一般的な暖房能力はパナソニック劣るため、(35度など)一般的な暑さの地域はパナソニックが良いでしょうが、そうでないならば、力強いダイキンは魅力です。

 なお、ダイキンは他社に比べると「省エネセンサーに弱い」メーカーです。しかし、この程度の価格の入門機の場合、他社も力を入れておらず、だいたい同じ程度です。


 201805242033.jpg

 【2018年】

 5・日立 白くまくん RAS-AJ25H
    ¥49,300 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.2〜4.1)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.3〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2017年】

  6・日立 白くまくん RAS-AJ28H
    ¥55,400 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.2〜4.6)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.3〜3.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 つづいて、日立の白くまくんシリーズのスタンダードモデルです。こちらも冷房10畳までと12畳までの2モデルがあります。

 暖房能力は、10畳用が最大4.1kw、12畳用が最大4.6kwです。いずれも他社に比べると多少ですが弱いです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.3kwです。とくに、12畳用については、能力が高めで効率が良さそうです。

 一方、これら機種は、他社に較べて、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます。最小で0.2kwほどで運転が可能だからです。二重サッシなど部屋で弱運転を考えている場合は効率が良いかもしれません。 

 ソフト除湿機能を持つのも特徴で、このエアコンは室温16度という低温度から除湿機能が利用できます。冷房に弱い方には、この機種は最適でしょう。

 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
   ¥1,670 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 一方、ダイキンに比べると気流制御機能が未搭載、パナソニックに比べるとインターネット操作が未対応である点が、多少弱い部分です。

---

 以上、日立の白クマ君の紹介でした。

 低消費電力での弱運転が得意なので、二重サッシなどで、気温変化が低い部屋には、電気代の点で、おすすめできる機種です。暖房は多少弱いのですが、冷房力は標準以上なので、その点での不満もないでしょう。


 201805242037.jpg

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25H-W
  
  ¥57,800 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 8・富士通ゼネラル・AS-C28H-W
  
  ¥65,821 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 ASシリーズは、富士通ゼネラルのスタンダードなエアコンです。

 同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきます。関西方面では知名度が低いですが、「関東に強い」と聞くエアコンですね。

 暖房能力は、10畳用が最大4.4kw、12畳用が最大5.0kwです。暖房のパワーは、他社に比べて富士通は定評があります。エアコンを冬場のメイン暖房用に考える場合は、パワーの点で申し分ないでしょう。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。いずれも能力が高めで効率が良さそうです。

 201606051301.jpg

 気流制御は、ダイキン同様に高機能です。

 富士通ゼネラルの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さが特長で、遠くまで風を届けることが可能です。

 同社のエアコンは、この点でも人気があり、例えば、エアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。風向きについても、上下左右に調整できます。温度制御も0.5度刻みで対応します。

  無線LAN接続アダプター OP-J03A
   ¥11,880  Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

  201805241704.jpg

 そのほか、音声アナウンスに対応する点も同社のおもしろい部分です。

----

 以上、富士通ゼネラルのASシリーズの紹介でした。

 他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」という機種です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。冬場にパワーの強いエアコンを探している場合は、良い選択肢でしょう。

 なお、れよりもハイパワーの機種は、同社・他社にも存在します。ただし、そのような機種は、Aの高いエアコン専用のコンセントが必要です。そのため、家庭用の普通の単相100Vのコンセントで、電気工事なしで付けられるモデルとしては、最もパワーがある機種の1つでしょう。


  201805242034.jpg

 【2018年】

 9・三菱重工 ビーバーエアコン SRK25TW-W
  ¥52,800 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.9〜4.6)6〜 8畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 9・三菱重工 ビーバーエアコン SRK28TW-W
  ¥57,500 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.9〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 三菱重工TWシリーズは、同社のビーバーエアコンでは最も安い製品です。同じ三菱ですが、エアコンは「電機」「重工」は別ブランドです。

 暖房能力は、10畳用が最大4.6w、12畳用が最大4.7kwです。暖房のパワーは、8畳用は富士通に負け、10畳用はやや優ります。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2w、12畳用が最大3.3kwです。逆に、8畳用は富士通にやや優り、10畳用は負けます。

 僅差なので名とも言えないですが、 その他のメーカーに比べると両メーカーともパワフルです。 

 201805241725.jpg

 気流制御は、三菱重工の場合、冷房の気流の到達距離が14mですので、富士通よりもややスペックは上位とです。反面、暖房の場合に後悔がないので、一長一短でしょうか。ただ、温度制御は、


201805241730.jpg

 空気清浄は、一方、バイオクリアフィルター搭載で、花粉などの抑制効果を表明しています。酵素と尿素の値からでアレル物質を抑制するという仕組みです。ただ、実空間での検証結果ではないという「但し書き」が付くため、やはり「オマケ程度」です。

 インターネット操作は、非対応です。

---

 以上、三菱重工のビーバーエアコンの紹介でした。

 能力面では、富士通ゼネラルのノクリアASシリーズとあまり変わらない機種で、パワフルな暖房力と風力が自慢です。基本的にどちらを買っても満足するでしょう。

 この場合、基本的に「価格勝負」で決めても良いかなと思います。ただ、安定室温時の省エネ性は、わずかに富士通が上でしょうか。ほんの「わずか」ですが。


 201805242036.jpg

 【2018年】

 10・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2518-W
  ¥61,300 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.8〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 10・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2818-W
  ¥63,800 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.8〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

  三菱電機GEシリーズは、同社の霧ヶ峰ブランドでは最も安い製品です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.7kwです。暖房能力は、富士通には適いませんが、適応畳数の利用において問題のない出力です。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.4kwです。こちらは富士通と同じレベルで、能力も十分です。 

 pic01.jpg

 気流制御は、しかしながら、今回紹介する機種の中では魅力が高いです。

 こちらは、三菱の上位機種に搭載される「ムーブアイ」センサーの下位互換で、赤外線センサーで床の温度を測定し、冷やしすぎや、暖めすぎを防ぐ快適機能が付属します。

 201505041619.jpg

 また、冷房ハイブリッド運転機能も搭載されます。

 床の温度が高い場合は冷房、低い場合は、送風に自動的に切り替えるモードになります。

 picdga3.jpg

 耐久性は、このエアコンの売りです。内部に撥水性コートがなされており、カビや汚れに強い構造です。

 また、室外機が「アルミサビナイト」仕様であり、風雨によって錆びにくくなっている点があげられます。信頼性が高いと言えます。

 一方、インターネット操作は未対応で、空気清浄にかんする機能はありません。

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。能力は他社とあまり変わりません。

 しかし、高性能なセンサーを積み、また、室外機が「錆びにくい」というのは他社との違いとして、目に付くところです。 室外機を風雨にさらされる場所に置く場合海岸に面した地域にお住まいの方にはメリット性があると言えます。

4・各社の高性能エアコンの比較

 続いて「ワンランク上」の性能を持つ、上級機を紹介します。


  201805242038.jpg

 【2018年】

 11・東芝 大清快 RAS-E255R
  ¥78,300 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.7〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.7〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 11・東芝 大清快 RAS-E285R
  ¥84,700 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.7〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.7〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 つづいて、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介です。新旧両機種ありますが、型番のみの変更です。

 201702271131.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載です。東芝は、他社に比べるとダストボックスの手入れが簡単です。ただ、フィルターが完全にメンテフリーにはならない点と、エアコンクリーニングを受ける際、追加料金が発生する点は、他社と同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.3kw、12畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.4kwです。

 いずれもパワーについては、富士通に次ぐといえる強力さで、この点で不満を感じる人は少ないでしょう。 

 201505041632.jpg

 気流制御も搭載されます。冬場は足下、夏場は冷風が直接あたらないような気流に制御します。

 ただ、富士通のように、風の到達距離に主眼を置くものではありません

 point2.gif

 耐久性は、特に熱交換器に特殊樹脂コーティングがなされている点に注目できます。

 これによって、除湿・冷房時に発生した水で油や汚れを洗い流してキレイを保てるようになっています。これにより、耐久性が向上するほか、定期的に必要なエアコンクリーニングの間隔を広げることができるでしょう。

  201307101539.jpg

 空気清浄は、この機種は対応です。

 また、他社に比べても能力は高そうです。いわゆる「除菌イオン」である「プラズマ空清」発生機能が付属します。

 こちらは、ウイルス・カビ・花粉を抑制するという効果を謳われますが、むしろ、帯電させてホコリをフィルタに吸着しやすくする点で、花粉などの吸着効果を期待できるでしょう。

 201505041636.jpg

 省エネ性は、低電力運転を重視する日立とは違う方向ですが、高いと言えます。

 明るさセンサーが採用されており、日差しの強弱により、運転の強弱を自動で付けられます。

----

 以上、東芝の大清快シリーズのレギュラーモデルの紹介でした。

 他社のスタンダードモデルと比較して、「プラズマ空清」と熱交換器の「特殊樹脂コーティング」という、目に見える他社との違いがあるのが大きなメリット性です。価格は高いものの基本性能は高いので「買って後悔の少ない」モデルの1つです。


  201802061230.jpg

 【2018年】

 12・パナソニック CS-EX258C-W    
  ¥152,090 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 20A

 【2018年】

 12・パナソニック CS-EX288C-W
  ¥148,820 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 20A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズのエアコンです。

 冒頭に紹介したパナソニックのFシリーズの上位機種になります。

 201702271205.jpg

 自動お掃除機能は、東芝同様に搭載になります。

 ダストボックスの掃除の手軽さは、東芝のが利便性が高いですが、ほこりセンサーの採用で、掃除の頻度と時間はパナソニックの方が短いです。ただ、自動お掃除機能は、メンテフリーではない点、エアコンクリーニング代が高くなる点は、東芝同様です。

 暖房能力は、10畳用が最大4.7kw、12畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.2kw、12畳用が最大3.2kwです。

 10畳用については、特に暖房が強い部類でお買得感が高いです。一方で12畳用は、冷房出力が他社より弱いため、逆におすすめできない感じです。

201805241800.jpg

 気流制御は、フルワイドフラップ仕様で、送風口が本体の端から端までに広がっています。

 これを利用して、快適なワイド気流・天井シャワー気流を放出します。これによって快適な気流が得られるでしょう。

 空気清浄は、この機種の場合もナノイーを搭載します。この点では下位のJシリーズと同じですね。

 p02_blo01_img03.jpg

 省エネ性は、東芝と同じで明るさセンサーが搭載されます。

 また、日立ほどではないですが、低消費電力での弱運転が可能ですので、省エネ性の面でも期待できるでしょう。また、2018年モデルからは、「おへや学習機能」が加わり、部屋の断熱性や間取りをAIが解析して、効率よく運転する機能が付属しました。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,868 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,241 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 インターネット操作は、パナソニックのJシリーズ同様に、オプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。能力の部分では10畳モデルが優秀でおすすめできます。パナソニックは、スマホによる遠隔操作が比較的格安で可能なので、こうした機能が充実した機種を探している方にはおすすめできます。


 201805242040.jpg

 【2018年】

 13・日立 白くまくん RAS-W25H-W
  ¥123,009 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜4.6)6〜 8畳
冷房能力:2.2W (0.3〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 13・日立 白くまくん RAS-W28H-W
  ¥124,786 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.2W (0.3〜3.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 Wシリーズは、日立の「白くまくん」シリーズの上級機です。

 201805241828.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。

 一方、日立は単に掃除をするだけでなく、熱交換器をいったん凍結させ霜を発生させ、それを急速に溶かすことでの汚れを一気に洗い流すという「凍結洗浄」という技術も採用します。

 凍結のデモンストレーションを見たことがありますが、本当に霜が発生していました。もちろん、これで、エアコンクリーニングが不要になるわけではないですが、清潔性という面では、他社以上でしょう。

 201805241832.jpg

 これに加えて、日立は、送風路にステンレスを採用しているため、恐らく、全メーカーを通しても、最もカビに強い機種です。エアコンのカビ臭が苦手な方に向くでしょう。

 暖房能力は、10畳用が最大4.6kw、12畳用が最大4.7kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.1kw、12畳用が最大3.3kwです。

 値段を考えると、可もなく不可もなしといった水準で、高級機としては振るわないスペックです。

 一方で、下位機種と同じく、安定室温時の運転の省エネ性は高そうなので、「急速に連暖房する」ようなことは「苦手」だが、断熱性の高い部屋ならば、光熱費や快適性の維持にメリットがありそうです。

 気流制御は、引き続き他社に比べても目立った機能はないですね。

 201805241838.jpg

 省エネ性は、「くらしカメラ」を搭載します。これにより、位置や人数に応じて運転強度を自動で制御できます。また、人感センサーと連動させて、人がいないときに、先述の「凍結洗浄」が運転できるのは良い工夫ですね。

 インターネット操作は、対応できますが、別売のアダプターが必要です。

 以上、日立の「白くまくん」Wシリーズの紹介でした。清潔性が高いのが最大の魅力です。この部分を重視するならば、間違いない選択肢でしょう。

 ただし、「メンテフリー」という意味での「清潔性」ではないので、賃貸物件の交換用などの場合は、「お掃除機能がない」という点で、エアコンクリーニングが「簡単で安い」もう少し簡単な製品が良いでしょう。 


  201805242039.jpg

 【2018年】

 14・富士通ゼネラル・AS-Z25H-W   
   ¥155,499 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜5.5)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.6〜3.5)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 14・富士通ゼネラル・AS-Z28H-W    
   ¥167,099 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜7.1)8〜 12畳
冷房能力:2.5W (0.6〜4.1)8〜 10畳
コンセント形状:100V 20A

 Zシリーズは、富士通ゼネラルの「ノクリア」の高級ラインのエアコンです。

 暖房能力は、10畳用が最大5.5kw、12畳用が最大7.1kwです。

 冷房能力は、10畳用が最大3.5kw、12畳用が最大4.1kwです。

 12畳用では、今回紹介した機種では「最強」です。ただし、こちらは、コンセントが100V・20Aで特別なエアコン用のコンセントが必要ですので、その点は注意してください。

 一方、年間電気代は、12畳用の場合、同社の下位機種ASシリーズに比べて、年間4000円近く安いです。ただ、本体価格がそれ以上に差があるため、総コストの逆転は難しいでしょう。

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。正直「不要」で、そのぶん安くすればと、思うのですが仕方ないでしょう。

 201805241858.jpg

 気流制御は、日立の「くらしカメラ」と同じで、人の位置を把握した送風が可能です。

 風力も冷房15m・暖房12mというスペックですので、全く問題ありません。

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 以上、富士通ゼネラルのZシリーズの紹介でした。

 風力・風圧重視で、さらに、「光熱費の安い機種」ならば、こちらでしょう。ただ、「自動掃除機」など余計なオマケがついて本体価格が高めなのが残念です。10年運用してもとが取れるのは確かですが。また、室外機が大きめという点も注意です。

今回の結論
リビング向き小型エアコンでお得でおすすめな機種はこれ!


 というわけで、今回は、エアコンについて書いてみました。最後に、予算別・目的別におすすめ機種について書いておきます。


 第1に、8畳〜12畳用で利用するエアコンで、価格の安さと性能面から最もオススメなモデルは、

 201805242032.jpg

 【2018年】
 
  3・ダイキン S25VTES-W
    ¥56,632 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】
 
  4・ダイキン S28VTES-W
    ¥59,500 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 暖房能力:3.6W (0.9〜4.8)8〜 10畳
 冷房能力:2.8W (0.9〜3.2)8〜 12畳
 コンセント形状:100V 15A

 ダイキンのS-VTEシリーズがオススメです。

 暖房能力も冷房能力も標準の性能ですが、気流制御が優秀なため、6畳程度の部屋の場合、気流を計算した運転で、特に夏場の快適性能が他社の同価格帯のモデルに優ると思います。

 また、ダイキンは自社開発の新型触媒を採用しているため、40度以上の酷暑に強いタイプのエアコンと言えます。冷房重視ならば、ダイキンを選ぶのが良いと思います。


 第2に、8畳用〜12畳用のエアコンで、冷暖房のパワーを重視した場合、おすすめなエアコンは、

  201805242037.jpg

 【2018年】

 7・富士通ゼネラル・AS-C25H-W
  
  ¥57,800 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.8〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【2018年】

 8・富士通ゼネラル・AS-C28H-W
  
  ¥65,821 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.8〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 夏場にかぎらず、冬場も使う場合、暖房力の高い富士通ゼネラルのCシリーズが良いと思います。8畳用・10畳用としては最高クラスの能力がありますから。

 また、風力が強い機種であるため、夏場についても、涼を得やすい機種です。ダイキンよりも多少高い機種ですが、予算があればこちらを選ばれると良いでしょう。


 第3に、8畳用〜12畳用のエアコンで、節電性を意識して高級機を選ぶとすると、

  201802061230.jpg

 【2018年】

 12・パナソニック CS-EX258C-W    
  ¥152,090 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.4〜4.7)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.5〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 20A

 【2018年】

 12・パナソニック CS-EX288C-W
  ¥148,820 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:3.6W (0.4〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8W (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 20A

 パナソニックのエオリアEXシリーズでしょう。同社はエコナビなど省電力に力を入れていますが、この機種も日射センサーなどの搭載で、パワーに比しての省エネ性が高い機種です。

 多少、冷房出力が弱いですが、適応畳数さえ間違っていなければ、この出力で大丈夫です。ナノイーなどの付加機能も充実しているため、「高級機」を選びたい場合の良い選択肢です。

 また、別売の無線アダプターと親機が必要ですが、インターネット経由で、外出先からON/OFFできるのも魅力ですね。

補足:エアコンのお得な購入方法

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 201809180940.jpg

 まず、一般的な方法として、ビックカメラなどの町のデンキヤでエアコン購入する場合です。

 エアコン(総じて8万円以下の格安エアコン)は、設置料10,800円が取られます。高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には、表示価格に同等程度の設置料が含まれているので同じことです。

 また量販店の場合、エアコンの価格も同型番・同機能のものが、ネット上で売っているものに較べて、3割以上割高な場合もあります。ただし、在庫があれば、取付を早くやってくれるので、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。

 201805241810.jpg

 一方、アマゾンなどの通販でエアコン買う場合は、送料は業者により異なります。

 しかし、一部の業者しか、取付工事をやってくれません。だから、一般人は購入が難しいと思えますが、実はエアコン取り付け工事は「別売」りしています

 201809180942.jpg

 有名なところでは、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」というものがあり、エアコン標準取付サービスの金額(14,800円)でやってくれます。こちらは、ネットで予約できますし、設置後1年保証も安心です。

 エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですがやってくれます。なお、ネット予約に対応していない店も含めれば、エアコンの取付が全国対応で同程度の設置料の店は他にも色々あります。こちらに別に詳しく書きました!

 さて、仮に棟梁comで頼むとするならば、+14,800円です。そして、アマゾンで販売されているエアコンは、例え同性能・同一製造年の機種でも、町のデンキヤ(大手量販店)で売られているよりもこの価格差以上に安い場合が大半です。したがって、最もお得なのは、アマゾンでの購入になります。

 なお、アマゾンと大型家電量販店では同じ性能の機種であるのに型番が違うエアコンがあります。これは、家電量販店が、独自の型番でメーカーに卸してもらっているからで、実際は同じ性能の商品です。

 おそらく購買者が「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。ネット価格と比べると、店舗のエアコンは(型落ちなどの特売品を除き)大幅に高いからです。

 201809180945.jpg

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。

 また、ビックカメラのように独自の型番であったり、機能が異なる型落ち品が一緒に並んでいたりする問題がありますので、ネットで十分調査して購入するのが費用的にお得でしょう。

 ただ、もちろん、デメリットもあります。それは「即日設置」などができないこと。逆に言えば、直ぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買わない手はありません。

補足2:効果的な風の循環

 つづいておまけ「その2」です。


 

 もし、エアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。 

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。ご興味にある方は、【サーキュレーターの比較記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

3・エアコンの外出先からの操作

 最後におまけ「その3」です。


 外出先からスマホでエアコンのオンオフができる仕組みは、最近のエアコンでは「常識化」されつつあります。ただ、専用の別売りアダプターを買って、設置する必要があるのが難点です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥9,572 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 そうした場合ですが、「新型学習リモコン」を導入する方法もあります。

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。

 

 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

 興味のある方は、このブログには、「学習リモコンの比較記事」と「スマートスピーカーの比較記事」がありますので、あわせてご覧ください。

ーーー

 というわけで、今回の記事はここまでです。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 10:10 | 生活家電

比較2018’ 冷暖房が強い小型エアコン13機の性能とおすすめ/選び方(6畳・8畳用〜)(1)

【今回レビューする内容】2018年 激安ワンルーム向け小型6畳エアコンの価格とおすすめ;コロナ パナソニック エオリア・ダイキン 富士通ゼネラル ノクリア 三菱電機 霧ヶ峰 三菱重工 ビーバーエアコン 東芝 大清快 激安小型エアコン:メーカー別の違いや口コミ評判ランキング

【紹介する製品型番】RC-2218R-W CS-228CF-W S22VTES-W RAS-AJ22H-W AS-C22H-W SRK22TW-W MSZ-GE2218-W RAS-E225P-W RAS-E225R-W CS-J228C-W CS-EX228C-W RAS-W22H-W AS-Z22H-W

今回のお題
2018年最新の小型エアコンで、最もお得でオススメな機種はどれ?

 ども、Atlasです。 

 今日は、小型のエアコンを比較します。

201809180907.jpg

 主要メーカーの格安エアコンは、ほぼ全機種網羅するつもりです。

 以下では、いつものように、各機種を比較したあと、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

1・家庭用小型エアコンの選び方の基本

 201805241558.jpg

 「小型エアコン」を選ぶ場合、はじめに、「何畳の部屋に使うか」を正確に計算してください。

 なぜなら、小さすぎると常にフルパワー運転するため、装置寿命が短くなったり、電気代が余分にかかるからです。

 本体サイズは、同じシリーズの製品ならば、基本的に同じですから設置性も同じです。

1・エアコン(6畳)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 木造6畳鉄筋8畳までカバーできる小型エアコンは、今回の記事でフォローします。

 木造8畳、鉄筋10畳以上でご利用を考えている場合は、次回の記事【こちら 】でフォローします。

 1サイズ上の製品が妥当な方につきましては、恐れ入りますが、上記のページに遷移して頂ければと思います。

2・小型エアコンの比較基準

 さて、以下では、各社のエアコンを比較していきます。

 今回の記事では電気代のほか、様々なスペック面で各社のエアコンを比較します。

 その際に、Atlasが最も重要視するのはエアコンの出力です。


 201805241606.jpg

 エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。

 しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、実はあまり「あてにならない」指標です。

 逆に、重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力というスペックです。

ーー

 この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。この値が大きいほど、(同じ適応畳数でも)エアコンがパワフルということになります。

 今回の記事では、この部分を最も重要視して比較しています。

ーー

 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目していきます。

 1・空気清浄・除菌機能   

 こちらは、エアコンについている空気清浄フィルターのことです。ただ、機種によっては非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。スタンダードモデルはほぼ全ての機種で別売りです。

 2・換気   

 汚れた室内の空気を室外に出す機能です。ただ、(一部機種を除き)基本的に排気した分、外気が外から給気されるわけではないので、花粉などがこの機能により内部に入ることはありません。

 3・自動お掃除  

 エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。フィルターの部分は、定期的に掃除すれば良いだけの話なので、この機能は「不要」だとAtlasは思っています。

 4・快適気流  

 気流に工夫を出して部屋の天井・床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一にしたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能です。

 エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

 5・センサー節電  

 人感センサー明るさセンサーが搭載されていて、自動的にエコ運転するモードです。

3・小型6畳用「激安」エアコンの比較

 はじめに、5万円前後の予算までで購入可能な、スタンダードモデルを数機種紹介していきます。

 安いですが、木造ならば6畳まで、鉄筋ならば8畳程度までカバーできます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


 201808252119.jpg

 【2018年】

 1・コロナ冷房専用エアコン RC-2218R-W
  
¥33,217 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:なし
冷房能力:2.0kW (---〜---)6〜 7畳
コンセント形状:100V 15A

 最初に紹介するのは、コロナのエアコンであるRC-2216です。

 ホームセンターなどでよく見る機種です。格安エアコンとして売れ筋ランキングにも入る商品です。ただし、こちらは、暖房能力がない冷房専用エアコンになります。冬には使えません。

 冷房能力は、最大2.0wです。他社の6畳用の他機種と較べると、かなり低いです。

 にもかかわらず、消費電力量が高いため、この機種は「2010年度省エネ達成率」の基準に達していません

 メーカーが詳細なスペック値を出していないために、他のメーカーと数値として比較できません。しかし、本体の安さ以外の点では積極的にはオススメしかねる機種です。


 201708231613.jpg

 【2017年】

 2・パナソニック エオリア CS-227CF-W
  ¥40,000 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 【2018年】

 2・パナソニック エオリア CS-228CF-W
  ¥45,000 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.4〜4.0)5〜6畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜2.8)6〜9畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのエオリア Fシリーズに属するスタンダードモデルです。

 暖房能力は、最大4.0kwです。他メーカーの同クラスの機種よりもやや高くパワフルです。

 冷房能力は、最大2.8wと、こちらは、他メーカーと同等程度の性能です。

  201612010828.jpg  

 Panasonic Smart Applications
  ¥0 iTunes Store

 インターネット操作は、この機種はオプションとして対応します。スマホアプリで、屋内・外出先を問わずにON・OFFなどの操作ができる機能が装備されます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,868 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,241 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 ただし、別売の無線アダプターと親機が必要です。それ以外の基本機能は同じであり、旧年モデルはお得です。

 201809180913.jpg

 エアコン用・空気清浄フィルター CZ-SAF9
  ¥1,177 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 エアコン交換用除菌フィルター CZ-SAF10
  ¥1,854 Amazon.co.jp (9/18執筆時) 

 空気清浄と除菌機能については、こちらもオプションであり、別売のフィルターをそれぞれ購入することで利用が可能です。

 201805241618.jpg

 なお、現在新旧モデルが併売中ですが、新機種は、「1/f ゆらぎ気流」に対応する点が相違点です。

 風が身体に当たる際の風を「蓼科高原の風」のプログラムに合わせたものです。ただし、エアコンは直接身体に風を当てるものではないため、「おまけ」でしょう。その点で、安い旧機種で良いと思います。

----

 以上、パナソニックのエオリア Fシリーズの紹介でした。

 価格には値頃感があります。電気代も2010年の省エネ達成率を達成しており、このグレードの平均よりも安めで済みます。また、暖房能力が若干高いので、暖房重視ならばこの機種が良いでしょう。


  201809180914.jpg

 【2017年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22UTES-W
  ¥47,555 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 【2018年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22VTES-W
  ¥46,000 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.6〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、ダイキンのEシリーズに属する6畳用のエアコンになります。

 こちらも、2018年モデルが登場しています。ダイキンは、コンプレッサー部分の改善がなされましたが、どちらかといえば、マイナーチェンジです。逆に2017年モデルは、2016年モデルより大きく性能が上昇した部分があるため、2017年旧機種はお買得です。

 暖房能力は、最大3.9kwでです。

 したがって、スペック的にはパナソニックにわずかに及びません

 201702271036.jpg

 しかし、ダイキンは、コンプレッサー制御がよく、暖房の立ち上がりの速さについては相当良い水準です。の外気温マイナス15℃まで動作対応するのは、このメーカーだけです。寒冷地のデンキヤでは「ひときわ強いブランド」ですね。

 冷房能力は、最大2.8wと、パナソニックと同じです。

 しかし、ダイキンの場合は、新型触媒が採用などで、の外気温45℃でも、安定した運転ができる機種です。

 室外機も頑丈なので、「極地に強い」と言えるでしょう。

 この点は、どのデンキヤの販売員さんも強調するところです。極限状況下では、「他社を一歩上回る基本性能」を発揮します。温度制御も0.5度刻みですね。

 201307101433.jpg

 気流制御も優秀です。 

 冷暖房については出力と同様に、気流制御が重要になってきます。

 エアコンメーカーで気流に特に気を使っているメーカーは、ダイキン富士通ゼネラルです。 上位機種に搭載される気流制御機能こそないものの、スタンダードモデルでも、気流を計算した運転機能を持っています。

 夏場は、吹き出す風が人間に直接当たらないような気流に、冬は、足下も暖まるような気流に調整してくれます。加えて、新型のコントローラーの採用で、温度を0.5度単位で設定できます

 おやすみ運転機能も、搭載されます。こちらは、単にパワーダウンするのではなく、風量や、風向きなどが人にあたらないように調整しつつセーブ運転してくれます。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプターBRP061A44 
  ¥11,990 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,246 Amazon.co.jp   (9/18執筆時)

 インターネット操作は、ダイキンの場合も、対応します。ただ、別売りのアダプターがパナソニックに比べて高いです。

 空気清浄と除菌機能についても、未搭載です。この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

-----

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。「夏が40度以上になる」酷暑の地域と、「冬が零下10度以下になる」厳寒地域に強い機種です。

 一般的な暖房能力はパナソニック劣るため、(35度など)一般的な暑さの地域はパナソニックが良いでしょうが、そうでないならば、力強いダイキンは魅力です。

 なお、ダイキンは他社に比べると「省エネセンサーに弱い」メーカーです。しかし、この程度の価格の入門機の場合、他社も力を入れておらず、だいたい同じ程度です。


  201809180917.jpg

 【2017年】

 4・日立 白くまくん RAS-AJ22G-W
  ¥42,500 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 【2018年】

 4・日立 白くまくん RAS-AJ22H-W
  ¥40,463 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.3〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 RAS-AJ22は、日立のAJシリーズに属する6畳用のエアコンになります。

 同社の白くまくんシリーズのスタンダードモデルです。

 暖房能力は、最大3.9kwです。

 冷房能力は、最大2.8wです。

 つまり、スペックから言えば、ダイキンと同様の能力です。

 ただ、この機種は、他社に較べて、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます。最小で0.2kwで運転が可能だからです。二重サッシなど部屋で弱運転を考えている場合は効率が良いかもしれません。 

 ソフト除湿機能を持つのも特徴で、このエアコンは室温16度という低温度から除湿機能が利用できます。冷房に弱い方には、この機種は最適でしょう。

 

 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
   ¥1,670 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 一方、ダイキンに比べると気流制御機能が未搭載、パナソニックに比べるとインターネット操作が未対応である点が、多少弱い部分です。

----

 以上、日立の白くまくんAJシリーズの紹介でした。

 上に書いたように、低消費電力での運転と、ソフト除湿ができる点が魅力です。二重サッシなど、部屋の遮熱スペックが高いご家庭では、電気代の面でメリット性があります。


 201809180919.jpg

 【2018年】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22H-W   
  
¥49,850 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.8〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.5W (0.8〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 ASシリーズは、富士通ゼネラルのスタンダードなエアコンです。

 同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきます。関西方面では知名度が低いですが、「関東に強い」と聞くエアコンですね。

 暖房能力は、最大4.1kwで、冷房能力は、最大3.0wです。

 スペックを見ると、この機種の冷房能力と暖房能力の高さが目立ちます。このように、富士通ゼネラルのエアコンは、同一畳数のエアコンで較べた場合、基本能力が強いのが自慢です。

 そのため、「6畳だけど、欄間などで隣の部屋としきいがない」「隣の部屋との障子を開けることもある」など、たまの「プラスアルファ」の出力が必要そうな場合は、強いです。

 201606051301.jpg

 気流制御は、ダイキン同様に高機能です。

 富士通ゼネラルの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さが特長で、遠くまで風を届けることが可能です。

 同社のエアコンは、この点でも人気があり、例えば、エアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。風向きについても、上下左右に調整できます。温度制御も0.5度刻みで対応します。

  無線LAN接続アダプター OP-J03A
   ¥11,696  Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 201805241704.jpg

 そのほか、音声アナウンスに対応する点も同社のおもしろい部分です。

 空気清浄は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。一方、富士通ゼネラルは、ハイドロフィリック熱交換器を採用するため、エアコン内部がカビにくい仕様になっています。

----

 以上、富士通ゼネラルのASシリーズの紹介でした。

 他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」という機種です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。比較的寒い地域で、パワーの強いエアコンを探している場合は、とくに良い選択肢でしょう。


 201809180921.jpg

 【2018年】

 6・三菱重工 ビーバーエアコン SRK22TW-W
  ¥42,445 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.5W (0.9〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 三菱重工TWシリーズは、同社のビーバーエアコンでは最も安い製品です。同じ三菱ですが、エアコンは「電機」「重工」は別ブランドです。

 暖房能力は、最大4.1kwで、冷房能力は、最大3.0wです。

 両能力とも、上で紹介した富士通ゼネラルと同じスペックなので、その他の点での「競争」となる機種ですね。

 201805241725.jpg

 気流制御は、三菱重工の場合、冷房の気流の到達距離が14mですので、富士通よりもややスペックは上位とです。反面、暖房の場合に後悔がないので、一長一短でしょうか。ただ、温度制御は、


201805241730.jpg

 空気清浄は、一方、バイオクリアフィルター搭載で、花粉などの抑制効果を表明しています。酵素と尿素の値からでアレル物質を抑制するという仕組みです。ただ、実空間での検証結果ではないという「但し書き」が付くため、やはり「オマケ程度」です。

 インターネット操作は、非対応です。

 以上、三菱重工のビーバーエアコンの紹介でした。

 能力面では、富士通ゼネラルのノクリアASシリーズとあまり変わらない機種で、パワフルな暖房力と風力が自慢です。この2機について言えば、基本的に「価格勝負」で決めても良いかなと思います。ただ、安定室温時の省エネ性の点では、ほんの「わずか」ですが、富士通ゼネラルが良いでしょう。


 201802061214.jpg

 【2017年】

 7・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2217-W
  ¥44,090 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 【2018年】

 7・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2218-W
  ¥56,800 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

暖房能力:2.5W (0.8〜4.0)6〜 7畳
冷房能力:2.2W (0.8〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 三菱電機GEシリーズは、同社の霧ヶ峰ブランドでは最も安い製品です。

 こちらも、昨年モデルがありますが、機能面では差異はみられません。

 暖房能力は、最大4.0kwで、冷房能力は、最大2.8wです。暖房能力は高めですが、冷房は、ダイキンと同じほどの標準的な能力です。

 pic01.jpg

 気流制御は、しかしながら、今回紹介する機種の中ではかなり能力が高いです。

 こちらは、三菱の上位機種に搭載される「ムーブアイ」センサーの下位互換で、赤外線センサーで床の温度を測定し、冷やしすぎや、暖めすぎを防ぐ快適機能が付属します。

 201505041619.jpg

 また、冷房ハイブリッド運転機能も搭載されます。

 床の温度が高い場合は冷房、低い場合は、送風に自動的に切り替えるモードになります。

picdga3.jpg

 耐久性も、このエアコンの売りです。内部に撥水性コートがなされており、カビや汚れに強い構造です。また、室外機が「アルミサビナイト」仕様であり、風雨によって錆びにくくなっている点があげられます。信頼性が高いと言えます。

 一方、インターネット操作は未対応で、空気清浄に関する機能はありません。

---

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。

 冷暖房のスペックはあまり特長がありませんが、高性能なセンサーを積み、また、室外機が「錆びにくい」というのは他社との違いとして、目に付くところです。室外機を風雨にさらされる場所に置く場合海岸に面した地域にお住まいの方にはメリット性があると言えます。

 また、耐久性の面で能力が高いので、賃貸物件用エアコンとしても向きそうです。

4・各社の小型「高級」エアコンの比較

 続いて、1グレード高いと言える、ミドルクラスのエアコンを紹介していきます。

 こちらも、木造ならば6畳まで、鉄筋ならば8畳程度までのご家庭にオススメできます。


  201809180927.jpg

 【2018年】

 8・ 東芝 大清快 RAS-E225P-W 【自動掃除無】
  ¥57,600 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

 9・ 東芝 大清快 RAS-E225R-W 【自動掃除有】
  ¥58,800 Amazon.co.jp
(9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)6〜 8畳
冷房能力:2.2W (0.7〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、東芝大清快のスタンダードモデルです。

 同社では最も安いエアコンですが、他社に比べると高額です。

 201702271131.jpg

 2機種ありますが、後者は、エアコンの自動お掃除機能が付属します。

 ただ、自動お掃除機能を搭載しても、完全にメンテフリーにはならない点と、外す手間があるので、エアコンクリーニングを受ける際追加料金が発生する点は注意しましょう。

 暖房能力は、最大3.9kwで、冷房能力は、最大3.1wです。

 暖房能力は平均的ですが、冷房能力が他社に比べて強いと言えるエアコンです。

 スタンダードモデルでとしては最大の冷房能力最大3.1kWを達成しているからです。これは8畳エアコン並の出力で、そのような点で基本性能は高いと言えます。

201505041632.jpg

 気流制御も搭載されます。冬場は足下、夏場は冷風が直接あたらないような気流に制御します。ただ、富士通のように、風の到達距離に主眼を置くものではありません

 point2.gif

 耐久性は、特に熱交換器に特殊樹脂コーティングがなされている点に注目できます。

 これによって、除湿・冷房時に発生した水で油や汚れを洗い流してキレイを保てるようになっています。これにより、耐久性が向上するほか、定期的に必要なエアコンクリーニングの間隔を広げることができるでしょう。

 201307101539.jpg

 空気清浄は、この機種は対応です。また、他社に比べても能力は高そうです。

 いわゆる「除菌イオン」である「プラズマ空清」発生機能が付属します。こちらは、ウイルス・カビ・花粉を抑制するという効果を謳われますが、むしろ、帯電させてホコリをフィルタに吸着しやすくする点で、花粉などの吸着効果を期待できるでしょう。

 201505041636.jpg

 省エネ性は、低電力運転を重視する日立とは違う方向ですが、高いと言えます。明るさセンサーが採用されており、日差しの強弱により、運転の強弱を自動で付けられます。

----

 以上、東芝の大清快シリーズの紹介でした。他社のスタンダードモデルと比較して、花粉などの吸着がある程度期待できる「プラズマ空清」と熱交換器の「特殊樹脂コーティング」という、目に見える他社との違いがあるのが大きなメリット性です。

 また特に冷房の基本性能も高いので「買って後悔の少ない」スタンダードモデルといえるでしょう。


 201809180928.jpg

 【2018年】

 10・パナソニック CS-J228C-W
  ¥56,436 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.5W (0.4〜4.0)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.5〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのJシリーズの6畳モデルです。中堅機種としてはパナソニックで売れているモデルになります。

 暖房能力は、最大4.0wで、冷房能力は、最大2.8wです。

 暖房がやや強く、冷房がやや弱いという下位機種と同様の特長です。この点では、中位機としてさほど魅力的な機種ではありません

  201505041650.jpg

 気流制御は、その一方で、パナソニックの下位機種に比べると上下だけではなく、左右にも気流を制御する技術が採用されます。

 また、上方向の気流についても天井シャワー気流に対応し、冷房時の空気の循環効率に配慮があります。

 p03_nanoe.jpg

 空気清浄は、この機種の場合、同社の「除菌イオン」であるナノイーの発生機能が付きます。

 ナノイーは、放出されるだけではなく、エアコン内部の除菌にも利用されます。カビ対策としても効果的でしょう。また、PM2.5に対応する空気清浄フィルターが標準装備になっています。

 ナノイーは、プラズマ帯電させるものではないので、花粉の吸着力の点では、同様の仕組みを持つ東芝を多少下回りそうです。また、銀イオンによる湿気によるカビ対策もなされます。

 無線アダプターPanasonic CF-TA9
  ¥4,868 Amazon.co.jp (9/18執筆時)
 無線ゲートウェイPanasonic CF-TC7B
  ¥9,241 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 インターネット操作は、パナソニックのFシリーズ同様にオプション品の購入により対応できます。

 以上、パナソニックのJシリーズの紹介でした。

 基本スペックは他者の中位機と比べても「並」なのですが、除菌イオンである「ナノイー」が採用される点が大きな魅力と言える機種です。帰宅直前に外出先からエアコン操作を実行したいなどにも向く機種ですね。

 なお、新機種は、フィルターが「クリーンフィルター」採用となっており、粒子の補足力が上がっています。


 201802061216.jpg

 【2018年】

 11・パナソニック CS-EX228C-W   
  ¥82,200 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.5W (0.4〜4.8)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.5〜3.1)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズの6畳モデルです。

 6畳用としてはかなり高級・高機能なエアコンです。

 201702271205.jpg

 自動お掃除機能は、東芝同様に、この機種には搭載になります。

 ダストボックスの掃除の手軽さは、東芝のが利便性が高いですが、ほこりセンサーの採用で、掃除の頻度と時間はパナソニックの方が短いです。ただ、自動お掃除機能は、メンテフリーではない点、エアコンクリーニング代が高くなる点は、東芝同様です。

 暖房能力は、最大4.8wで、冷房能力は、最大3.1wです。

 とくに暖房が強力で、スタンダードモデルでは10畳モデルに匹敵する能力になります。

 冷房能力も3.1kwと、スタンダードモデルも8畳モデルに匹敵する最大パワーを持ちます。

 6畳用の消費電力が低いモデルですが、これだけのパワーを出せるのは驚きです。6畳間〜8畳間程度の部屋で使うが、35度を超えるような酷暑の際にパワーの余裕が欲しい、というかたはこの機種でしょう。

 ただし、能力が高いと言っても、あくまで6畳用の消費電力で済むために、消費電力の点へは年間1000円程下位機種よりも安いでしょう。

 201805241800.jpg

 気流制御は、フルワイドフラップ仕様で、送風口が本体の端から端までに広がっています。

 これを利用して、快適なワイド気流・天井シャワー気流を放出します。これによって快適な気流が得られるでしょう。

 空気清浄は、この機種の場合もナノイーを搭載します。この点では下位のJシリーズと同じですね。

 p02_blo01_img03.jpg

 省エネ性は、東芝と同じで明るさセンサーが搭載されます。

 また、日立ほどではないですが、低消費電力での弱運転が可能ですので、省エネ性の面でも期待できるでしょう。また、2018年モデルからは、「おへや学習機能」が加わり、部屋の断熱性や間取りをAIが解析して、効率よく運転する機能が付属しました。

 インターネット操作は、パナソニックのJシリーズ同様に、オプション品の購入により対応できます。

---

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。

 魅力は、冷暖房の出力の強力さでしょう。気流制御も作用して、6畳用としては、基本性能は最も高いと言えます。ただし、機能が他回文、本体価格は高いので、この点がネックですね。


 201809180931.jpg

 【2018年】

 12・日立 白くまくん RAS-W22H-W
  ¥110,023 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.2〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.2W (0.32.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 Wシリーズは、日立の「白くまくん」シリーズの上級機です。

 201805241828.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。

 一方、日立は単に掃除をするだけでなく、熱交換器をいったん凍結させ霜を発生させ、それを急速に溶かすことでの汚れを一気に洗い流すという「凍結洗浄」という技術も採用します。

 凍結のデモンストレーションを見たことがありますが、本当に霜が発生していました。もちろん、これで、エアコンクリーニングが不要になるわけではないですが、清潔性という面では、他社以上でしょう。

 201805241832.jpg

 これに加えて、日立は、送風路にステンレスを採用しているため、恐らく、全メーカーを通しても、最もカビに強い機種です。エアコンのカビ臭が苦手な方に向くでしょう。

 暖房能力は、最大4.1wで、冷房能力は、最大2.8wです。

 いずれも、高級機としては振るわないスペックです。一方で、下位機種と同じく、安定室温時の運転の省エネ性は高そうなので、「急速に連暖房する」ようなことは「苦手」だが、断熱性の高い部屋ならば、光熱費や快適性の維持にメリットがありそうです。

 気流制御は、引き続き他社に比べても目立った機能はないですね。

 201805241838.jpg

 省エネ性は、「くらしカメラ」を搭載します。これにより、位置や人数に応じて運転強度を自動で制御できます。また、人感センサーと連動させて、人がいないときに、先述の「凍結洗浄」が運転できるのは良い工夫ですね。

 インターネット操作は、対応できますが、別売のアダプターが必要です。

----

 以上、日立の「白くまくん」Wシリーズの紹介でした。清潔性が高いのが最大の魅力です。この部分を重視するならば、間違いない選択肢でしょう。

 ただし、「メンテフリー」という意味での「清潔性」ではないので、賃貸物件の交換用などの場合は、「お掃除機能がない」という点で、エアコンクリーニングが「簡単で安い」もう少し簡単な製品が良いでしょう。 


  201809180932.jpg

 【2018年】

 13・富士通ゼネラル・AS-Z22H-W   
   ¥132,599 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜5.5)6〜 7畳
冷房能力:2.5W (0.6〜3.4)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 Zシリーズは、富士通ゼネラルの「ノクリア」の高級ラインのエアコンです。

 暖房能力は、最大5.5kwで、冷房能力は、最大3.4wです。

 小型エアコンとしては、ワンランク上の性能です。出力が強い機種なので、「適温になるまでのスピード」は、6畳モデルでは最上位級です。さらに、時間が短いため、その分ハイパワー運転の時間が短くて済むので、省エネ性もとびきり良い機種です。

 2010年の省エネ基準で、ここまで掲載してきた機種は100%という水準が多いのですが、この機種は、達成率120%と省エネ性が良いです。

 年間電気代として3000円ほどは安いので、10年を交換目安と考えると、価格差はさほどない気がします。

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。正直「不要」だと思うのですが仕方ないでしょう。

 201805241858.jpg

 気流制御は、日立の「くらしカメラ」と同じで、人の位置を把握した送風が可能です。

 風力も冷房15m・暖房12mというスペックですので、全く問題ありません。

 インターネット操作は、富士通の場合も別売のアダプターを買うと、エアコンを外出先からスマホで操作できる機能があります。

 以上、富士通ゼネラルのZシリーズの紹介でした。

 風力・風圧重視で、さらに、「光熱費の安い機種」ならば、こちらでしょう。ただ、「自動掃除機」など余計なオマケがついて本体価格が高めなのが残念です。10年運用してもとが取れるのは確かですが。また、室外機がやや大きめという点も注意です。

今回の結論
小型エアコンで、最もお得で、おすすめの機種はこれ!

 というわけで、今回は、6畳用のエアコンについて書いてみました。

 最後に、おすすめ機種について書いておきます。


 第1に、主に使われるのは冷房で、夏に向けてもっとも向いていると言えるエアコンは、

  201809180914.jpg

 【2017年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22UTES-W
  ¥47,555 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 【2018年】

 3・ダイキン Eシリーズ S22VTES-W
  ¥46,000 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.2W (0.7〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.6〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 ダイキンの Sシリーズがおすすめです。人気機種で在庫も多めのため、価格的にかなりメリット性があります。

 暖房能力も冷房能力も標準の性能ですが、気流制御が優秀なため、6畳程度の部屋の場合、気流を計算した運転で、特に夏場の快適性能が他社の同価格帯のモデルに優ると思います。

 また、ダイキンは、自社開発の新型触媒と独自のコンプレッサー制御技術を採用しているため、40度以上の酷暑に強いタイプのエアコンと言えます。冷房重視ならば、こちらが最強だと思います。

 逆に、零下10度を超える地域についてもこの機種は「強い」のですが、そのような地域のメイン暖房は、むしろ他の暖房のが良いと思います。

 【工事対応業者】

 ダイキン S22UTES-W

 ダイキン S22VTES-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第2に、比較的寒い地域にお住まいで、とくに暖房の能力を重視したい場合は、

  201809180919.jpg

 【2018年】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22H-W   
  
¥49,850 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.8W (0.8〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.5W (0.8〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

  富士通ゼネラルのCシリーズでしょう。暖房能力が最も高く、さらに風量も強いため、冬場に特に快適な機種です。

 一方、冷房についても送風ファンの大風量を生かして、体感温度を低下させてくれるでしょう。

 【工事対応業者】

 5・富士通ゼネラル・AS-C22G-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます。


 第3に、高性能で、電気代も安いパワフルな6畳用エアコンを選ぶならば

 201802061216.jpg

 【2018年】

 11・パナソニック CS-EX228C-W   
  ¥82,200 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

暖房能力:2.5W (0.4〜4.8)5〜 6畳
冷房能力:2.2W (0.5〜3.1)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 パナソニックのEXシリーズの6畳モデルでしょう。冷房能力と暖房能力がいずれも高スペックですから。

 とくに暖房能力が高いので、寒冷地の方はこちらのモデルの方が良いと思います。実際の所5万円前後のエアコンと明確に能力が違うエアコンを探す場合、金額的にはこのクラスになります。

 そのほか、ナノイー発生機能や、日射センサーが搭載されるなど、会ったら便利な機能も搭載されるハイスペック仕様ですので、「良いエアコンを買った」という充実感を得られるでしょう。量販店では14万オーバーの機種ですのでお買得でもあります。

 【工事対応業者】

 8・パナソニック CS-EX228C-W

 なお、工事費込みや、工事を請け負ってくれる店については、上のリンクから、「コンディション」の部分の記述で確認ができます

ーーー

 というわけで、今回は、エアコンの話でした!最後にオマケです。

補足:エアコンのお得な購入方法

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 201809180940.jpg

 まず、一般的な方法として、ビックカメラなどの町のデンキヤでエアコン購入する場合です。

 エアコン(総じて8万円以下の格安エアコン)は、設置料10,800円が取られます。高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には、表示価格に同等程度の設置料が含まれているので同じことです。

 また量販店の場合、エアコンの価格も同型番・同機能のものが、ネット上で売っているものに較べて、3割以上割高な場合もあります。ただし、在庫があれば、取付を早くやってくれるので、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。

 201805241810.jpg

 一方、アマゾンなどの通販でエアコン買う場合は、送料は業者により異なります。

 しかし、一部の業者しか、取付工事をやってくれません。だから、一般人は購入が難しいと思えますが、実はエアコン取り付け工事は「別売」りしています

 201809180942.jpg

 有名なところでは、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」というものがあり、エアコン標準取付サービスの金額(14,800円)でやってくれます。こちらは、ネットで予約できますし、設置後1年保証も安心です。

 エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですがやってくれます。なお、ネット予約に対応していない店も含めれば、エアコンの取付が全国対応で同程度の設置料の店は他にも色々あります。こちらに別に詳しく書きました!

 さて、仮に棟梁comで頼むとするならば、+14,800円です。そして、アマゾンで販売されているエアコンは、例え同性能・同一製造年の機種でも、町のデンキヤ(大手量販店)で売られているよりもこの価格差以上に安い場合が大半です。したがって、最もお得なのは、アマゾンでの購入になります。

 なお、アマゾンと大型家電量販店では同じ性能の機種であるのに型番が違うエアコンがあります。これは、家電量販店が、独自の型番でメーカーに卸してもらっているからで、実際は同じ性能の商品です。

 おそらく購買者が「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。ネット価格と比べると、店舗のエアコンは(型落ちなどの特売品を除き)大幅に高いからです。

 201809180945.jpg

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。

 また、ビックカメラのように独自の型番であったり、機能が異なる型落ち品が一緒に並んでいたりする問題がありますので、ネットで十分調査して購入するのが費用的にお得でしょう。

 ただ、もちろん、デメリットもあります。それは「即日設置」などができないこと。逆に言えば、直ぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買わない手はありません。

補足2:効果的な風の循環

 つづいておまけ「その2」です。


 

 もし、エアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。 

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が最大で40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。

 ご興味にある方は、【サーキュレーターの比較記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

3・エアコンの外出先からの操作

 最後におまけ「その3」です。


 外出先からスマホでエアコンのオンオフができる仕組みは、最近のエアコンでは「常識化」されつつあります。ただ、専用の別売りアダプターを買って、設置する必要があるのが難点です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥8,636 Amazon.co.jp (9/18執筆時)

 そうした場合ですが、「新型学習リモコン」を導入する方法もあります。

   201711191420.jpg

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。

 また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。

 

 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

 興味のある方は、このブログには、「学習リモコンの比較記事」と「スマートスピーカーの比較記事」がありますので、あわせてご覧ください。

ーーー

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 09:47 | 生活家電

2018年09月14日

比較2018'【解説!】最新の温水洗浄便座28点の性能とおすすめ・選び方(Washlet):TOTO ウォシュレット・Panasonic ビューティートワレ・東芝 INAX シャワートイレ

【今回レビューする内容】 2018年 光熱費の安い各社の温水洗浄便座(ウォシュレット)の人気機種の性能とおすすめ(combined toilets)瞬間式・貯湯式の違いや電気代ランキング:設置・取付工事費込モデル対応

【紹介する製品シリーズ】Panasonic ビューティトワレ WM RLシリーズ 泡コートトワレAWMシリーズ TOTOウォシュレット Kシリーズ KMシリーズ KFシリーズ INAX 温水洗浄便座 シャワートイレ TOSHIBA クリーンウォッシュ

今回のお題
電気代が安く省エネ性能の高い温水洗浄便座はどの機種だろうか?

 ども!Atlasです。 

 今日は、温水洗浄便座(combined toilets)の比較です。

 201809141213.jpg

 個人でも設置できる製品を28点ほど網羅しました。

 通称「ウォシュレット(Washlet)」ですが、これはTOTOの製品名です。他社は、ビューティートワレ・シャワートイレなどと名前を付けています。

 201809141237.jpg

 また、今回は、一部地域ながら、便座の取り付け便器ごとの交換にも対応できる、楽天リフォームサービス対応製品にも、対応させて書きました。

----

 以下では、いつものように、各製品を比較した後、最後に「Atlasのおすすめ機種」を提案する形式で書いていきます。

1・温水洗浄便座の選び方の基本!

 今回は、各メーカーの機種を比較していきますが、機種選定のポイントを次の3点におきました。

1・清潔性
  水流・洗浄・脱臭などの機能の有無
2・経済性
  電気代・水道代などの節約機能
3・利便性
 便座自動開閉・温風乾燥などの機能

 2大メーカーであるTOTOPanasonicの製品を調査したところ、この中で一番違いが出ていたのは、経済性です。

湯沸かし方式 本体価格 電気代
貯湯式 比較的安い 年間3000円ほど
瞬間式 比較的高い 年間1500円ほど

 特に電気代についてですが、最も電気が代わってくるのが、湯を沸かす方式が「瞬間式」か、「貯湯式」かどうかです。

1・瞬間式
 湯沸かし器のように直前にお湯を作る方式
2・貯湯式 
 
貯水タンクにお湯を貯めておく方式

 2つの方式を比べると、瞬間式本体価格が高いが電気代は安め貯湯式本体価格は安いが電気代が高めです。

 電気代でいえば、貯湯式は、1年間2000円〜3000円ほど高いです。

 なお、温水洗浄機能がない、単なる「暖房機能」だけの昔の暖房便座をお使いの場合、方式が古いため、電気代は貯湯式にも及ばない位かかっています。寒冷地では、単純計算で1年間に約10,000円は、余分に光熱費がかかっている計算です。

 光熱費の面から考えても、新しい温水洗浄便座を導入した方が良いと言えます。

 設置については、相当不器用なAtlasでも、説明書を見ながら30分ほどで簡単に付けられました。

ーー

 というわけで、今回は「快適性」・「経済性」・「付加機能」の点で各社の製品を何点か比較していきたいと思います。

 201711031204.jpg

 なお、便座の色ですが、「アイボリー」が売れ筋です。

 経年変化時に「アンモニア」による変色が割と目立たないという理由ですね。

2・格安な「貯湯式」温水便座の比較

 はじめに、本体価格が1万円台の売れ筋の「貯湯式」温水便座を見ていきます。

 以下ではいつものように、オススメポイントについては赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。


 201809141150.jpg

 【2016年】

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥19,250 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 2・Panasonic DL-EJX20-CP
  ¥21,480 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【2018年】

 1・Panasonic DL-EMX10-CP
  ¥18,800 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 2・Panasonic DL-EMX20-CP
  ¥24,599 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

1年間の電気代:3810円
清潔機能:×
リモコン;×
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ×(EJX20のみ○)

 こちらは、パナソニックの「ビューティ・トワレ」ブランドの温水洗浄便座です。

 新旧両機種ありますが、今回の変化は、便器の形状とノズルの若干の変更というマイナーチェンジです。価格で選んで良いでしょう。

 2機種ありますが、 DL-EMX10-CPが、デンキヤでは、売れ筋商品の一つです。

 201509051331.jpg

 清潔性の点では、下位機種は特別な機能を有しません。しかし、上位機のDL-EMX20-CPは、触媒式脱臭剤によるオート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、価格的に安価なモデルと言うことで、リモコンや自動開閉機能などはついていません。水流についても、ムーブ洗浄や3段階の強弱の調節は可能ですが、上位機に比べるとやや低機能です。

 経済性の点では、どちらの機種も光熱費のかかる「貯湯式」です。ただ、電気代が年に3810円ほどと、貯湯式のなかでは省エネです。なぜなら、パナソニックは、貯湯タンクをアルミ蒸着した発泡ポリエチレンで包むことで省エネ性能を高めているからです。

 以上、「ビューティ・トワレ」の下位機種の紹介でした。2万円以内で導入できる機種としては、光熱費が安いのが魅力です。コスト的に家庭のほか、ホテルや自営業の方の店舗向けにも向きそうです。


 

 【リモコンなし】

 3・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T160
  ¥13,980 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【リモコンあり】

 4・東芝 クリーンウォッシュ SCS-T275  
  ¥21,884 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

1年間の電気代:5805円
清潔機能:×
リモコン;×(T260のみ付属)
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ○

 こちらは、東芝の「クリーンウォッシュ」シリーズの温水洗浄便座です。比較的格安で買えるので、デンキヤやホームセンターでは人気です。

 201509051339.jpg

 清潔性の点では、着座してから立ち上がるまで自動的に脱臭するオート脱臭機能がこの価格で付属します。 

 photo3.jpg 

 利便性の点では、4番のSCS-T260に限っては、電池式のリモコンが付属します。無理のない体制でスイッチが押せるため、利便性が高いですね。

 poindt3_1.jpg

 水流についても、ポンプを使った「やわらかい」水流など、水圧を4段階に調整する機能が付属します。パナソニックの機種については、「瞬間式」の上位モデルでは「ワイド水流」など、お尻に優しい水流を出せます。しかし、この価格帯で、水流の制御機能が付属しているのは、東芝のメリット性です。

 経済性の点では、1年の電気代は、5805円とパナソニックに較べても高めの値段です。東芝の快適性を取るか、パナソニックの経済性を取るかの選択になります。

----

 以上、東芝の「クリーンウォッシュ」シリーズの紹介でした。

 パナソニックの「ビューティー・トワレ」のライバル機です。機能面では、パナソニックより充実する一方で、光熱費の点でやや不利な製品です。ただ、利便性の向上は「買い換え」の大きな動機でしょうし、機能性を重視して、こちらを選ぶのも良いかと思います。


 

 【オート脱臭機能なし】

 5・TOTO Kシリーズ TCF8PK22
  ¥21,687 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 【オート脱臭機能付き】

 6・TOTO Kシリーズ TCF8PK32
  ¥23,800 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 7・TOTO Kシリーズ TCF8HK43
  ¥24,388 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 【オート脱臭機能付き】【Amazon限定】

 8・TOTO Kシリーズ TCF8CK65#SC1
  ¥24,807 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年の電気代:6696円
清潔機能:×
リモコン;×
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ×(上位機種は○)

 Kシリーズは、TOTOの温水洗浄便座では最も安いラインです。

 清潔性の点では、最下位の機種を除けば、オート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、こちらは、リモコンは未付属です。水流制御も、強弱の調節とムーブ洗浄ほどの選択肢で、あまり多機能ではありません。

 経済性の点では、こちらも電気代のかかる貯湯式です。とくに、TOTOは貯湯式については電気代が6696円と、他社と比べてもさほどコスパに優れない点がネックです。

 以上、Kシリーズの紹介でした。機能面でいえば、やや他社との競争力に乏しい機種と言えるでしょう。上位機種には見所のある製品も多いですが、この価格帯ではやや競争力に乏しい気がします。


 

 9・TOTO Kシリーズ TCF8PK42
  ¥24,300 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 10・TOTO Kシリーズ TCF8CK75
  ¥28,705 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年の電気代:6696円
清潔機能:×
リモコン;×
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:○
脱臭: ○

 こちらもTOTOKシリーズの製品です。 2機種ありますが、流通経路ごと型番を変えているだけで、以下で紹介する機能は同じです。

 清潔性の点では、この機種も、オート脱臭機能が付属します。

 利便性の点では、TOTOの場合、このグレードでもリモコンは未付属です。水流制御も下位機種と同等です。ただ、この機種は、お尻の温風乾燥機能が付属する点で下位機種と差があります。

 経済性の点では、電気代が6696円と下位機種と同じです。他社と比べてもさほどコスパに優れない点がネックです。

----

 以上、TOTOのKシリーズの上位機の紹介でした。

 温風乾燥機能は、他社の場合、瞬間式の最上位機にのみ搭載です。トイレットペーパーの節約などを考慮して、洗浄後に乾燥も必要な方は、こちらを選ぶのもよいでしょう。


 

 【ホワイト】

 11・TOTO SB TCF6622 #NW1
  ¥33,750 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 【アイボリー】

 11・TOTO SB TCF6622 #SC1
  ¥35,240 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:6723円
清潔機能:×
リモコン;×
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ×

 SBシリーズも、TOTOの製品です。

 ただ、デンキヤルートではなく、リフォームなどの工務店ルートの製品です。新しいモデルのため、便座のデザインもフラットに一新され、スタイリッシュです。 

 201506042212.jpg

 清潔性の点では、この機種は優れます。

 なぜなら、便座に座ると事前に水をふきつけて、汚れを付きにくくするプレミスト機能が付属するからです。ただし、オート脱臭機能がないなど、値段の割に性能は高くないです。

 利便性の点では、この機種はリモコンが付属しません

 経済性の点では、貯湯式のため、省エネ性はあまり期待できません。年間電気代も6723円と高めです。

-----

 以上、TOTOのSシリーズの紹介でした。

 フラットな便座のデザインはオシャレです。ただ、機能が充実した上位機は、貯湯式としては値段が割高である点が残念です。

3・省エネな「瞬間式」温水便座の比較

 つづいて、ここからは、省エネ性能の優れた瞬間式の温水便座を見ていきます。


 201711031204.jpg

 12・Panasonic DL-RL20-CP
  ¥29,000 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 13・Panasonic DL-RL40-CP
  ¥35,179 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

1年の電気代:2240円
清潔機能:×
リモコン:○
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭:○

 はじめに、パナソニックの「ビューティー・トワレ」のRLシリーズを紹介します。

 パナソニックは瞬間式は複数のグレードに分けており、こちらのRLシリーズ「下位グレード」の瞬間式温水洗浄便座です。

 201311061908.jpg

 清潔性の点では、いずれも、オート脱臭機能が付属します。また、オート脱臭については、10%風力を強くするパワー脱臭モードも付属します。

 水流の面でも、ワイド水流洗浄など優しい柔らかい多様な水流に対応します。パナソニックの貯湯式の温水便座は、弱い水流が出せないのですが、この機種は多種多様な水流を出すことができます。

 201509051412.jpg

 利便性の点では、両機種共ワイヤレスリモコンが付属です。一方、上位機のDL-RJ40については、人感センサーが付属しており、人の気配を察知して、便ふたがオートで自動開閉できます。入室直後にふたが開き、退室後3分で閉まります。

 201802041658.jpg

 経済性の点では、瞬間式だけに、便座の暖めにかかる費用を含めて、年間で2240円と、貯湯式に較べると相当安いです。

----

 以上、パナソニックのRJシリーズの紹介でした。

 光熱費の安い瞬間式の製品としては「最安」です。貯湯式比べても「びっくりするほど」高い製品ではないですし、水道代も節約できる点を考慮すれば、エントリークラスでは最も「おすすめ」できる製品の1つです。


 201805201546.jpg

 【2018年】

 【オート便座開閉なし】

 14・Panasonic DL-WM20-CP
  ¥58,400 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic DL-WM40-CP
  ¥71,800 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【2016年】

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic 各色 DL-WM40-CP
  ¥49,052 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

1年間の電気代:1570円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉 :上位機
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:×
脱臭: ○

 WMシリーズは、パナソニックの中級グレードの製品です。

 201809141215.jpg

 この機種は2018年に新機種が登場しましたが、旧機種がまだ売られています。

 ただ、主な変化は、 その他、水の強さと水の幅を25通りで調整できるようになった点のみです。旧型でも9通りは変化が付けられるため、価格が安いWMシリーズでも良いと思います。

 清潔性の点では、いずれの機種も、オート脱臭機能が付属します。

 風量はこちらが10%ほど強くなります。ノズルシャッターが抗菌仕様になっている点など、清潔面では優秀です。水流は下位機種同様ですが、ワイド水流洗浄など優しい柔らかい多様な水流に対応します

 201311061910.jpg

 利便性の点では、リモコンが付属します。また、DL-WM40については、オート便ふた開閉機能とリモコンによる便座とふたの開閉操作に対応します。

 経済性の点では、1年間の電気代が、全機種共通で1570円とさらに安くなっています。

 「下位グレード」よりも電気代が安いのは、「シャワー」だけでなく、「便座の暖め」についても、人感センサーを利用して使用時だけ暖めるからです。このため、パナソニックは、この機種を「W瞬間式」と名付けています。使用水量についても、年間1842リットルの節約効果が期待できる性能です。

 そのほか、節水性についても重視しており、水圧調整に必要な水の量を減らすことで、節水効率も上げています。

----

 以上、WMシリーズの紹介でした。

 このグレードから「高級品」といえる機能が多く搭載されます。「少し良い製品」を選ぼうと考えるならば、このグレード以上でしょう。

 おすすめは、自動開閉機能が付属するDL-WM40です。

 Atlasとしては、オート便座開閉機能はできればある方が良いと思うからです。というのも、この機能は、オート脱臭機能と連動していて、使用後にふたを自動的に閉じ、その状態で脱臭ができるため、脱臭効果が格段に高まるからです。


 201805201548.jpg

 【2018年】 【アイボリー】【ホワイト】【ピンク】

 16・Panasonic 泡コート DL-AWM200
  ¥60,280 楽天市場 (9/14執筆時) 

 17・Panasonic 泡コート DL-AWM400
  ¥95,000 楽天市場 (9/14執筆時)

 18・Panasonic 泡コート DL-AWM600
  ¥118,600
楽天市場 (9/14執筆時)

1年間の電気代:1780円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :○(上位機)
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:○(上位機)
脱臭: ○

 AWMシリーズは、パナソニックの「最上位グレード」の温水洗浄便座です。

 2016年から展開した新シリーズの2代目で「泡コート・トワレ」という新しいブランド名が付いています。

 201611082035.jpg

 清潔性の点では、こちらの機種の場合、「泡コート洗浄機能」が付属します。 

 201809141310.jpg

 こちらは、タンクに家庭用の中性洗剤(食器用洗剤)の投入口があり、その洗剤が作り出す泡の膜により、便器の汚れを落としたり、泡コートの力で汚れや小水の飛びはねを防止させるという仕組みを取っています。台所用の洗剤を利用するというアイデアは、画期的だと思います。

 そのほか、オート脱臭機能も付属します。

 201809141225.jpg

 加えて、最上位機種の DL-AWM600に限っては、マイナスイオンの放出で、トイレの付着臭を消すことができるナノイーX脱臭機能が装備されます。

 トイレは比較的密閉度の高い空間ですので、効果は期待できるでしょう。一方、「ナノイー除菌」という機能性も謳われますが、除菌効果については諸説あるところで、実空間試験ではないですね。

 利便性の点では、全機種ともリモコンが付属します。一方、DL-AWM400以上については、オート便座開閉機能とリモコンによる便座とふたの開閉操作に対応します。

 加えて、最上位機の DL-AWM600については、使用後の温風乾燥に対応です。この機能は、「ファン」が一定数いるため、需要がありそうです。

 経済性の点では、「W瞬間式」で、1年間の電気代は、1780円です。水道代の節約も同等に可能です。

---

 以上、AWMシリーズの紹介でした。価格は高いですが「泡コート洗浄」という明確な見どころがあります。この点だけ考えても、この機種を選ぶ価値はあるでしょう。

 なかでも「オススメ」は、やはり、オート便座開閉機能が付属するDL-AWK400です。加えて、温風乾燥機能が欲しいならば、最上位機種を選ぶとよいでしょう。


 201805201550.jpg

 【2017】

 19・TOTO KMシリーズ TCF8GM23【各色】
  ¥34,600 Amazon.co.jp  (9/14執筆時)

1年間の電気代:4428円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:×
脱臭: ○

 KMシリーズのこちらは、TOTOの瞬間式のウォシュレットのエントリーモデルです。本体色は、3色から選べます。汚れが目立たないのは、アイボリーでしょう。

 201311061929.jpg

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属します。

 洗浄についても、マッサージ洗浄機能が付属し、優しい「やわらか」水流が付属します。パナソニックもワイド水流洗浄など優しい柔らかい水流があります。しかし、TOTOの方がやや水流が柔らかい感じがあります。優しい水流が好きな人はTOTOもおすすめです。

 201311061924.jpg

 利便性の点では、こちらも、リモコンが付属します。

 経済性の点では、しかしながら、電気代は年間4428円と、パナソニックに比べるとかなり悪いです。節水にかんする機能もなく、この点ではあまりオススメできません。

---

 以上、TOTOのエントリーモデルの紹介でした。

 機能面では、「水流の優しさ」が魅力です。デリケートな水流を望む方はTOTOが良いでしょう。ただ、経済性の面では、あまり魅力がないため、一般的にはパナソニックのほうが良さそうです。


  201805201552.jpg

 【2017】

 20・TOTO KMシリーズ TCF8GM33
  ¥38,950 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:2460円
ダブル保温

 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  ¥46,790 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:2436円
ダブル保温・オートふた開閉

 22・TOTO KMシリーズ TCF8GM53
  ¥49,336 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:1812円
ダブル保温・オートふた開閉・瞬間暖房

 こちらは、KMシリーズの上位機です。

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属し、優しい「やわらか」水流が付属するなど下位機種と共通です。

 利便性の点では、TCF8GM43以上の機種に限って、人感センサーが付属し、オートふた開閉機能が付属します。

 経済性の点では、このグレードの製品から、断熱材を2重にするW保温に対応するため、1年間の電気代の点でパナソニックと競える省エネ性を確保します。

 とくに、最上位機のTCF8GM53については、人感センサーと暖房機能をリンクさせ、待機電力を節約する瞬間暖房に対応するため、1年の電気代は、1812円と良い水準です。ただし、節水に関わる技術は未搭載です。

 以上、、KMシリーズの上位機の紹介でした。電気代を考えた場合、TOTOでは、これらのグレード以上がオススメできる製品と言えます。本体価格を考えると、この中ではTCF8GM53が魅力でしょう。

 TOTOの「やわらかい」水流が好きな方で、ある程度の光熱費を減らしたい場合は、これがおすすめです。

ーーーー

  

【特定量販店限定】

 23・TOTO KM TCF8AM66#SC1
  ¥43,800 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:2460円
ダブル保温・柔らか洗浄

 24・TOTO KM TCF8CM76#SC1
  ¥52,286 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:2436円
ダブル保温・オートふた開閉

  25・TOTO KM TCF8CM86#SC1
  ¥67,257 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:1812円
ダブル保温・オートふた開閉・瞬間暖房

 TOTOの場合、さらに、流通店限定のオリジナルモデルが4種類あります。

 構成は先ほどのモデルと似ています。しかし【特定量販店限定】モデルは、通常タイプに搭載される「柔らか洗浄」が付属しない点には注意が必要でしょう。

 【アマゾン限定】は、「柔らか洗浄」が付属しますが、オートフタ開閉機能が付属しません


 201805201556.jpg

 26・TOTO KFシリーズ TCF8GF33
  ¥70,237 Amazon.co.jp (
9/14執筆時

1年間の電気代:1812円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :○
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:○
脱臭: ○

 TCF8GF33は、TOTOの上位グレードにあたるKFシリーズの製品です。  

 design_02.jpg

 こちらは、薄型の新型ボディを採用しています。

 その他、KMシリーズとの相違点は、温風洗浄に対応する点です。その他の部分は、TCF8GM53と同等なので、この機能が欲しい場合は、こちらを選ぶとよいでしょう。

ーーー 

 

【特定量販店限定】

 27・TOTO KF TCF8CF66#SC1
  ¥85,606 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 なお、こちらには特定量販店限定モデルがあります。温風乾燥機能や自動開閉機能など同様の機能が、付属し、省エネ性能も同等です。

 「やわらか水流に非対応」となりますが、タップリッチ洗浄という水流に強弱を付けることによる節水機能を搭載しています。

 年間電気代も安いですし、温風乾燥機能も付属しますので、最上位機種から選ぶとすると、パナソニックよりもTOTOが良いかもしれません。また、強い水流が苦手な人のための「やわらか水流」については、パナソニックよりもTOTOの方が感触的により優しいです。その点でTOTOを選ぶ方もいます。

 ただし、アフターサービスがパナソニックに較べて高額になることが多いことは年頭に入れるべきでしょう。TOTOは、家電ではなくサニタリー商品として売っているため、割と高い修理出張料を取ります。


  

 28・INAX RVシリーズ CW-RV2A/BN8
  ¥33,700 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

1年間の電気代:3336円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ○

 こちらは、INAXの「シャワートイレ」です。同社の製品は、「シャワートイレ」主に工務店経由での販売が多いと言えますが、このモデルについては家電量販店でも人気です。

 201512191227.jpg

 清潔性の点では、オート脱臭機能が付属します。その上で、水流面では、おしり用のノズルと、ビデ洗浄ノズルが別になっているため、それぞれに適切な水流が得られまた清潔です。この点で、清潔を重視したい女性に優しい設計だと思います。

 利便性の点では、オートふた開閉機能に未対応など、やや魅力に欠けるでしょう。リモコンは付属します。

 経済性の点でも、1年間の電気代が約3336円と他社の瞬間式に比べるとおイマイチです。

----

 以上、INAXのRVシリーズの紹介でした。

 水流についてはさすがに「サニタリーメーカー」であり、パワフル洗浄、マイルド洗浄ともに水流は心地よいです。リモコンや脱臭機能を含めて2万円前後の多機種と見劣りしません。ただ、省エネ性と便ふた自動開閉機能の面では、やや魅力に欠けるでしょう。

今回の結論
機能が充実していて、省エネ性能の良い温水泡洗浄便座はこれ!

 というわけで、今回は、温水洗浄便座(ウォシュレット)について比較しました。 

  最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を書いておきます。

 201809141237.jpg

 なお、一部機種については、楽天リフォームで取付料/リフォーム料込みで販売されています。

 業者によって、一部地域に限られますが、工務店に頼まずとも、便器・便座ごとのリフォームも依頼できます。

 以下では、その場合の値段も紹介しました。


第1に、1万円前後の貯湯式の機種の中でおすすめと言える製品は、

 201805201501.jpg

 【本体のみ】

 【2016年】

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥19,250 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 2・Panasonic DL-EJX20-CP
  ¥21,480 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【2018年】

 1・Panasonic DL-EMX10-CP
  ¥18,800 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 2・Panasonic DL-EMX20-CP
  ¥24,599 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

-----

 【基本工事料込み】

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥17,980 楽天リフォーム
(9/14執筆時)

 【便器交換/工事料金込み】

 1・Panasonic DL-EJX10-CP
  ¥78,300〜 楽天リフォーム
(9/14執筆時)

1年間の電気代:3810円
清潔機能:×
リモコン;×
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ×(EJX20のみ○)

 省エネ性能:★★★★
 使い勝手 :★★★★

 省エネ性を最大限評価するならば、パナソニックのDL-EGX10でしょう。

 貯湯式としては、年間3010円と格安の電気代ですし、本体価格も抑えられていてお得です。水流のパワーは他社よりも強く洗浄力はあるといえます。ただ、強めの水流が苦手な人には向かない機種です。

 オート脱臭機能の付属する DL-EGX20もさして価格が変わりませんので、そちらを選ぶのも「あり」ですね。

 は3色から選べますが、経年変化と変色を考えると、アイボリー(黄色)色をおすすめします。

ーー

 

 【本体のみ】

 3・東芝 SCS-T160【リモコンなし】
  ¥13,980 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 4・東芝 SCS-T275【リモコンあり】  
  ¥21,884 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

-----

 【基本工事料込み】

 3・東芝 SCS-T160 【リモコンなし】
  
¥24,480 楽天リフォーム (9/14執筆時)

 【便器交換/工事料金込み】

 3・東芝 SCS-T160 【リモコンなし】
  
¥78,300 楽天リフォーム (9/14執筆時)

1年間の電気代:5805円
清潔機能:×
リモコン;×(T260のみ付属)
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:×
温風乾燥:×
脱臭: ○

 省エネ性能:★★★
 使い勝手 :★★★★★

 ただし、使い勝手を評価するならば3番の東芝のSCS-T160か、4番のSCS-T275が良いでしょう。

 パナソニックは「柔らかい水流」が出せませんが、こちらのほうが融通がききます。柔らかめの水流が好きな人はこちらが良いでしょう。

 また、上位機種のSCS-T275にはリモコンが付きます。無理ない姿勢で操作ができますので、お年寄りのいる家庭ではとくにオススメです。 


第2に、5万円程度の予算で、省エネ性や機能面を考えて最もおすすめと言える製品は、

 201805201546.jpg

 【2018年】

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic DL-WM40-CP
  ¥71,800 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

 【2016年】

 【オート便座開閉あり】
 15・
Panasonic 各色 DL-WL40-CP
  ¥42,778 Amazon.co.jp
(9/14執筆時)

−−

 【2016年】

 【基本工事料込み】

 15・Panasonic 各色 DL-WL40-CP
  
¥68,764〜 楽天リフォーム (9/14執筆時)

1年間の電気代:1570円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :○
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:×
脱臭: ○

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★

 パナソニックのDL-WM40です。

 新旧両機種ありますが、先ほど書いたように水流/水幅の選択肢が多少広がっただけですから、価格の安い旧型で良いと思います。

 いずれも、脱臭効果が高くなる便ふたオート開閉や、人感センサーオート脱臭など、快適性に関わる重要な機能が網羅されています。

 なお上位機種に搭載されていて、DL-WF40-CPに搭載されないのは、ナノイー脱臭機能と、温風乾燥機能です。Atlas的にはナノイー脱臭機能は不要だと思います。というのも、これはトイレの中外の臭いを消すものではなく、あくまで壁の付着臭を除去するに過ぎないからです。その点で、ナノイー脱臭機能の有無しか変わらない上位機種のWF-50はお買得ではないと思います。

 トイレの中の臭いについては、人感センサーを使ったオート脱臭機能がこの機種にはつきます。これと連動する「便ふたオート開閉」機能で、使用後の除臭はほぼ完璧です。ナノイー機能は不要でしょう。

ーーー

  201805201552.jpg

 【2017】

 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  ¥54,000 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 【基本工事料込み】

 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  
¥60,930 楽天リフォーム (9/14執筆時)

 【便器交換/工事料金込み】

 21・TOTO KMシリーズ TCF8GM43
  
¥117,737 楽天リフォーム (9/14執筆時)

1年間の電気代:1812円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :×
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:×
脱臭: ○

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★

 同じく便ふたオート開閉が付くTOTOのモデルはこちらです。

 パナソニックに比べると電気代や使用水量の点で経済性はイマイチです。ただ、「やわらか水流」については、パナソニックよりも優しいため、「とにかく優しい水流」を望むならばTOTOが良いでしょう。


第3に、清潔機能を最重要視したい場合は、

 201805201548.jpg

 【2018】

 18・Panasonic 泡コート DL-AWM600
  ¥118,600
楽天市場 (9/14執筆時)

 【2016】

 18・Panasonic 泡コート DL-AWK600
  ¥76,900 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

1年間の電気代:1570円
清潔機能:○
リモコン:○
便ふたオート開閉  :○(上位機)
ウォシュレット節水:○
温風乾燥:○(上位機)
脱臭: ○

 省エネ性能:★★★★★★
 使い勝手 :★★★★★★

 予算が許せば、 DL-AWM600 が良いでしょう。

 201809141310.jpg

 「泡コート」という新機軸が搭載されている点で、この機種は「プラスワン」があります。その上で最もオススメなのは、温風乾燥が付く最上位機です。

 なお、こちらも、(ネットでは)旧機種が若干数残っています。

 主な相違点は、便器周りの若干改良と、ナノイーX除菌がない点(ナノイー脱臭はあり)、水流の選択肢が9つである点です。現状の価格差を正当化していないため、値段が相当下がっているDL-AWK600をオススメします。

 201809141307.jpg

【便器交換/工事料金込み】

 18・パナソニック・アラウーノS2シリーズ
  
¥117,737〜 楽天リフォーム (9/14執筆時)

 一方、便器との工事費込みで考える場合ですが、同じ泡コートを搭載するアラウーノS2シリーズにしてしまうほうが良いと思います。

 この場合、温風乾燥付属しない(対応機は30万以上)などの部分は弱いですが、タンクレスでスッキリするほか、、リモコンで「ながす」ことができるなど、リフォームならではのメリットがあります。

ーーーー

 というわけで、今日は温水暖房便座の話でした!

補足:温水洗浄便座の取り付け

1・パナソニックの説明(動画)
2・TOTOの説明(動画)

 最後に、温水洗浄便座の取り付けを自分でされる場合の補足です。

 それぞれのメーカーの設置手順書(上記リンク)を見れば分かりますが、(便座の交換だけならば)、最低限のDIY技術があれば個人でも設置可能です。

 なお、先ほど紹介したような「楽天のコミコミプラン」ではなく、工務店に設置依頼する場合は、商品は工務店が商材屋から仕入れ、設置する方式です。

 商材屋の中間マージンが生じることもあり、本体価格は上記のようにはいきません。このほか設置料として1万ほどが標準です。

 

 KENOH モンキーレンチ 300mm
 ¥900 Amazon.co.jp (9/14執筆時)

 設置に必要なものは、ドライバーがあれば、他にはモンキーレンチ軍手くらいなので、休日に挑戦するのも良いでしょう。設置できなかったら、その時点で工務店さんにお願いすれば良いと思います。

 Atlasも自分で設置できました。「設置できる」技術は、「取り外せる」技術を覚えることにもなるので、部分的に「ちょこっと:外して、「大掃除」もできるようになり、個人的には良い経験でした。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 13:26 | 生活家電

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png