2018年04月21日

比較2018' 解説!新製品の超音波洗浄器16点の性能とおすすめ:メガネ洗浄機・時計・宝石・プラモデル・義歯洗浄機

【今回レビューする内容】2018年最新の超音波洗浄機の性能とおすすめ・選び方 :眼鏡・時計・プラモデル・アクセサリー・義歯(入れ歯向け)超音波洗浄器・超音波メガネ洗浄機:人気機種の性能の違いや性能ランキング

【比較する製品型番】シチズン 超音波洗浄器 SWT710 SW5800 TWINBIRD 超音波洗浄器 EC-4518W EC-4548W , プラダ 超音波クリーナー“SONIC WAVE” cc001 LifeBasis 着脱式洗浄機 750ml 850ml 1400ml AKARUI ロート Fochea 超音波式義歯洗浄器 洗力 トプラン 超音波入れ歯洗浄器 TKSM-008(W)

今回のお題
汚れをキレイに落とせる!超音波洗浄器のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、メガネ・時計などを洗浄できる超音波洗浄器の比較です。

 201804211533.jpg

 時計のバンドメガネの掃除から、ジュエリーやアクセサリープラモデルのパーツ洗浄から義歯の洗浄まで、多用途に使える家電です。

 201804211532.jpg

 Atlasもメガネ用・時計用の洗浄機として長いこと使っています。

 今回は、Atlas本人の利用経験に基づきつつ、シチズンやツインバード工業などの人気製品を全15機種を紹介します。小型モデルから業務用の大きめモデルまで紹介するつもりです。


1・眼鏡・小物向き小型洗浄機
2・プラモデル/DVD向き中型洗浄機
3・義歯用の洗浄機

 比較的点数が多いので、今回の記事では、以上の3つのカテゴリーに分けて、順番に製品を紹介します。

 いつものように、各製品を比較した後、最後に、「結論」として、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・眼鏡・小物向きの超音波洗浄機

 では、比較をはじめます。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 

 201603091315.jpg

 1・シチズン 超音波洗浄器 SWT710
  ¥7,427 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:180×87×58mm
メガネ洗浄;◎
時計洗浄:×
宝石洗浄:×
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 SWT710は、シチズンの発売する超音波洗浄器です。

 比較的新しい製品ですが、デンキヤその他では、現在最も人気のある超音波洗浄機です。

 201710142347.jpg

 洗浄桶のサイズは、180×87×58mmです。

 寸法は幅広タイプですから、Atlasの大きな眼鏡でも対応できています。ただし、形状的にDVDなどのメディアの洗浄はできません

 201603091323.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターを介すことで可能です。

 完全防水の時計でも、文字盤部分に水がかかるのは良くないので、このようなアダプターを利用します。洗った後は、金属製のバンドから「キュッ、キュッ」という感触、つまり手油のない真新しい感触が復活します。


 201603091321.jpg

 使用後のお手入れは、簡単です。

 カゴが取り外せないのですが、タッチパネルを含めて防水対応なので、さほど問題ないでしょう。

 以上、シチズンの超音波洗浄機の紹介でした。比較的新しい製品のため、他社製品に比べると、デザインが圧倒的に良いです。また、洗浄桶の容積も広く便利です。

 ただし、プラモデルなどの部品やDVDの洗浄は、横幅は狭いためやりにくい場合があります。


 
 2・シチズン 超音波洗浄器 SW5800
  ¥3,543 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:148×125×45mm
メガネ洗浄;△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 超音波洗浄器 SW5800も、シチズンの製品です。先ほどの製品と比べると格安な機種です。

 洗浄桶のサイズは、148×125×45mmです。眼鏡には対応できますが、Atlasのような大きめの眼鏡は厳しいでしょう。148mmまでしか対応できません。

 201804211544.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。一方、DVDなどの大物の洗浄はできません

 使用後のお手入れは、この製品については、防水ではないので、外観を濡らさないように気をつけて洗浄する必要があるでしょう。

 以上、シチズンの超音波洗浄機SW5800の紹介でした。

 国産の「メーカー品」を格安に手に入れたい場合は候補となります。ただし、洗浄桶が小さい点と、とくに、防水の部分はネックです。


  

 3TWINBIRD 超音波洗浄器 EC-4548W
  ¥5,497 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:145×70×33mm
メガネ洗浄:△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 超音波洗浄器 EC-4548Wは、日本の上場企業であるツインバード工業の製品です。2016年登場と比較的新しい製品です。

 201804211547.jpg

 洗浄桶のサイズは、145×70×33mmです。

 ここまで紹介した中でも桶はかなり小型です。通常サイズの眼鏡でも男性用のサングラスなどは難しいでしょう。 

 201710150003.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。

 他社のように、アクセサリー用のバスケットも付属しますが、とくにこちらは、外観のダイヤカット柄がオシャレで、鏡台などに化粧品などとおいても違和感がないデザインです。女性向きのこういった用途を狙っている製品です。

 使用後のお手入れは、この製品については、防水性が明示されません。全体を水洗いするのではなく、布などで丁寧に拭く機種です。

 

 シチズン ミクロマジック WL100
  ¥1,025 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

 なお、超音波洗浄機には専用洗剤があります。そういったものを利用する場合、このような丸洗いできないタイプは扱いが困難です。

 以上、ツインバード工業超音波洗浄器 EC-4548Wの紹介でした。

 外観のデザイン性は、確実に需要がある製品でしょう。一方、丸洗いできない構造は、洗浄剤を使う場合には難点でしょう。もともとそのようなものを使えない宝石類の洗浄など向きでしょう。



 4・TWINBIRD 超音波洗浄器 EC-4518W
  ¥3,358 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

洗浄桶:不明(外形約 225×155×145mm)
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 超音波洗浄器 EC-4518Wは、日本のツインバード工業の製品です。同社の下位機種になります。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、実寸で横幅18cmほどでした。そのため、大きめのサングラスでも対応できそうです。容積的にも600mlの水が入るため、大きめモデルと言えます。

 201804211548.jpg

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。アクセサリー用のバスケットも付属します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で、布などで丁寧に拭く必要がある機種です。

 以上、ツインバード工業超音波洗浄器 EC-4518Wの紹介でした。大きめの洗浄桶ながら格安なので、ある程度大物の洗浄を格安で考えているならば良いかもしれません。


 201804211552.jpg

 5・プラタ SONIC WAVE cc001
  ¥3,780 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

洗浄桶:不明(桶の幅は15センチほど)
メガネ洗浄:△
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

  SONIC WAVE cc001は、プラタが販売する製品です。アジア系の輸入商社の販売する製品で、外国製品ですね。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。実寸で横幅15cmほどですので、サングラスなどは非対応です。

 時計の洗浄は、この機種も、アダプターが付属するため可能です。アクセサリー用のバスケットも付属します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で一体型の製品です。

 以上、SONIC WAVE cc001の製品でした。格安品ですが、国内メーカーの製品でもこの値段で買える点をふまえると、やや訴求力に乏しいでしょう。


 

 6・AKARUI 超音波洗浄器
  ¥2,098 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

洗浄桶:不明
メガネ洗浄:○
時計洗浄:×
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

  AKARUI 超音波洗浄器 は、アマゾンで販売されている製品です。こちらも中国からの輸入品ですね。

 この機種の面白い部分は、充電式電池を内蔵する点です。電池でも利用できるため、コードレス利用も可能です。USB充電もできますね。

 201804211553.jpg

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、本体の幅は18cmですので、大抵の眼鏡は対応できるでしょう。

 時計の洗浄は、この機種は、容量的には可能ですが、専用アダプターは未付属です。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応です。

 以上、AKARUI 超音波洗浄器の紹介でした。充電式というのが大きな特長です。コードレスで利用せざるを得ない環境ならば、選ぶメリット性がありそうです。

2・プラモ・DVD向きの超音波洗浄機

 つづいて、メガネ・小物だけでなく、プラモデルのパーツ洗浄やDVDの洗浄にも対応できる中型製品を紹介します。


  201710150049.jpg

 【600ml・眼鏡・時計用】

 7・LifeBasis 超音波洗浄機 600ml
  ¥4,299 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

 【750ml・眼鏡・時計・DVD用】

 8・LifeBasis 超音波洗浄機 750ml
  ¥4,299 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

 【850ml・業務用】

 9・LifeBasis 超音波洗浄機 850ml
  ¥6,999 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

 【1400ml・研究機材用】

 10・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥9,999 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:機種による
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

  LifeBasis 超音波洗浄機は、アマゾンで人気の大型超音波洗浄機です。

 3種類のラインナップがあり、水量別に選べます。

 201804211601.jpg

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。

 600mlは他社の眼鏡・時計専用サイズ、750mlDVDにも対応できる幅広タイプ、850mと1400mlは、例えば実験器具などの洗浄にも対応できる業務用サイズと言えます。

 時計の洗浄は、いずれの機種も対応します。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応で一体型の製品ですので、ある程度気をつけて洗浄する必要があります。

 以上、LifeBasis 超音波洗浄機の紹介でした。とくに800ml以上の製品は、市場のニッチニーズに応える良い製品でしょう。一定の需要がありそうです。


 

  11・LifeBasis 着脱式洗浄機 750ml
  ¥6,299 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:非公表
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

 着脱式洗浄機 750mlは、LifeBasis が販売する超音波洗浄機です。

 2010年発売開始の東芝のTKS-210という超音波洗浄機があったのですが、現在廃盤になってしまい、その事実上の「代替機」になっているのがこちらです。

 201804211604.jpg

 洗浄桶のサイズは、、メーカー非公表です。

 しかし、DVD対応の明示があり、外形寸法から判断しても東芝とほぼ同様です。なお、東芝の場合は、実寸で、150×130×40mmと広めでした。Atlasは、幅広の眼鏡(特注品の16センチ)を使っていますが、このサイズでも傾ければ入ります。ちなみに、眼鏡屋の洗浄サービスでは、入らなかったこともあるものです

 時計の洗浄は、対応し、DVD洗浄用のパーツやアクセサリーパーツも付属します。

 201804211605.jpg

 使用後のお手入れは、この機種は容易です。なぜなら、フタの部分が台座から外せるからです。この方式だと、台所での洗浄がとても楽です。

 以上、着脱式洗浄機 750mlの紹介でした。

 今回紹介する製品のなかでは、最も洗浄桶が広いモデルです。そのため、プラモデルの洗浄や汚れたDVDの洗浄など特殊な用途にも幅広く使えるモデルと言えるでしょう。お手入れも楽だなので、その点でもおすすめできます。


 

 12・LifeBasis 870mlビーカー式超音波洗浄機
  ¥11,999 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

 12・LifeBasis 500mlビーカー(オプション)
  ¥2,499 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:非公表
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

 ビーカー式超音波洗浄機は、LifeBasis が2018年に発表した新製品です。

 洗浄桶のサイズは、未公表です。ただし、870mlと容積は大きいので、DVDなどのほか、実験器具などの洗浄にも対応できる業務用サイズと言えます。

  201804211611.jpg

 一方、この製品は、500Mlサイズのビーカーが添付されます。水を張った超音波洗浄機のなかに、さらに水を張ったビーカーを挿入し、その中に、洗浄したいものを入れると、従来よりも3倍強力に洗浄が可能です。

 要するに超音波の共振を利用して、大きな気泡を発生させることで、洗浄力の強化を狙ったアイデア製品ですね。 

 

 時計の洗浄は、対応表明します。浸水を防ぐパーツについてもユニークです。

 使用後のお手入れは、基本的にビーカー内の線上だけで済むため簡単です。薬剤・洗剤を入れて利用する場合にも楽でしょう。

 以上、ビーカー式超音波洗浄機の紹介でした。超音波洗浄機は、どのメーカーも仕組みは同じですが、ビーカー式という新機軸を導入するこの製品は「面白い」と感じます。

 オプションでビーカーだけでも買えるので、実験器具の洗浄など、アイデア次第で面白く使えそうです。


 

 13・Fochea 超音波洗浄器 5段階タイマー 1.2L
  ¥8,377 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:非公表
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

 Fochea 超音波洗浄器 は、中国のFocheaがAmazonで販売する大きめの超音波洗浄機です。

 洗浄桶のサイズは、1.2Lですので、LifeBasisの研究機材用に次ぐ大きさです。回転振動数は非開示ですが、最大70Wですので、LifeBasis1.4Lモデルと同等のパワーはあるでしょう。

 時計の洗浄は、対応表明します。アクセサリーホルダーも付属です。

 使用後のお手入れは、取り外して洗えない仕様なので、基本的には洗剤などを利用しない方向けですね。

 以上Fochea 超音波洗浄器 の紹介でした。大容量ながら、割と安めに出ている製品なのでニーズはあると思います。輸入品となりますが、PSE認証表記があるため、問題なく日本で利用できるでしょう。

ーーー

 以上、ここまでは、小型と中型の超音波洗浄機を紹介してきました。

 多数のラインナップがありましたが、最終的なおすすめ機種については、義歯用の超音波洗浄機の紹介を済ませた後、記事の最後で改めてまとめます。

3・義歯向きの超音波洗浄機の比較

 続いて、義歯(入れ歯)の洗浄に特化した超音波洗浄機を2台紹介します。幸いAtlasはまだ大丈夫ですが、プレゼント用としてAtlasも考えており、調べました。


 

 14・ロート 超音波式義歯洗浄器 洗力 (せんりき)
  ¥13,400 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

洗浄桶:不明
義歯:○
外蓋:取り外し可

  洗力は、ロート製薬が販売する義歯用の洗浄機です。

 キャッチコピー上の売りは、38kHzの超音波40Wの出力です。ただ、この水準の出力は、他機でもほぼクリアしている点は特記に値するでしょう。その割に価格は高いです。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。ただ、義歯用に特化した深鉢形状であり、その点でここまで見てきた製品よりも対応力は高いです。

 使用後のお手入れは、この製品についても、丸洗い非対応です。なお、義歯は、1度洗浄桶から出してから、すすいだ後に、拭いてください。

 以上、ロート洗力の紹介でした。

 専用設計であり、メジャーブランド製の安心感がある製品です。ただ、ニッチな製品であるせいか、価格面では割高水準でコスパは悪いですね。出力が弱い点は、「高価な義歯を損傷しにくい」という側面がある可能性もありますが、調査の限りそのような言及はなく、あくまで、「優しさ」よりも「強力さ」をアピールしている機種です。


 

 15・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥4,699 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:不明
義歯:○
外蓋:取り外し可

 こちらは、LifeBasisが販売する義歯用の超音波洗浄機です。

 出力は42kHzで、ロート製薬の製品より強力です。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。しかし、形状は義歯に特化しており、5分間で停止してクリーニングが完了する点も、ロート製薬の洗力と同等です。

 使用後のお手入れは、この製品についても、洗い桶が着脱式なので、利便性は高い製品です。

 以上、LifeBasisの製品の紹介でした。

 義歯専用設計ですが、中間商社を通さない分、価格が安く手に入る製品です。メジャーブランド製でないですが、1年保証が付属し、アフターケアの連絡がAmazonを介してやり取りできる点は安心でしょう。


 

 16・トプラン 超音波入れ歯洗浄器 TKSM-008(W)
  ¥3,445 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:不明
義歯:○
外蓋:取り外し可

 こちらは、トプラン(東京企画販売)が販売する義歯用の超音波洗浄機です。製造は中国で、この商社が輸入しているものです。

 出力は50kHzで、振動数は最大です。他機種に較べて2分速い3分で洗浄が完了できます。

 洗浄桶のサイズは、メーカー非公表です。しかし、形状は義歯に特化していますね。

 使用後のお手入れは、この製品についても、洗い桶が着脱式です。

 以上、、トプランの洗浄機の紹介でした。格安でパワフルです。一方、Webサイトの使用を見ても、保証面での明記がない点で、やや心配な面はあります。

今回の結論
超音波洗浄器のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回は超音波洗浄機を紹介してきました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別に、Atlasのおすすめ機種を提案しておきます。


 第1に、眼鏡や時計の洗浄用として現在最もおすすめできる超音波洗浄機は、

 201603091315.jpg

 1・シチズン 超音波洗浄器 SWT710
  ¥7,427 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:180×87×58mm
メガネ洗浄;◎
時計洗浄:×
宝石洗浄:×
DVD・CD洗浄:×
外蓋:取り外し不可

 シチズン超音波洗浄器 SWT710でしょう。

 こちらは、大きめの洗浄桶を採用し、大きなサングラスにも対応できるほか、時計やアクセサリーについてもしっかりしたアダプターで対応できます。

 

 シチズン ミクロマジック WL100
  ¥1,025 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

 なにより、本体が防水対応で、丸洗いできる点が便利です。

 というのも、シチズンからは超音波洗浄器専用洗浄液がでており、これを使うと、水だけの場合よりかなり眼鏡や時計が綺麗にできるからです。これは家庭用の食器用中性洗剤でも代用できますが、その場合も、この機種の「丸洗い対応」の部分が活きてきます。

 デザイン的にも優れ、本体もしっかりしています。国産メーカー製で信頼できる製品を探している方にはおすすめできます。


 第2に、DVDなど眼鏡よりも大きなものの洗浄を考えているならば、

 

  11・LifeBasis 着脱式洗浄機 750ml
  ¥6,299 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:150×130×40mm
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し可

 LifeBasis 着脱式洗浄機 でしょう。

 以前の人気機種東芝のMyFresh TKS-210と同様に、洗浄桶が大型で、洗いやすいです。

 例えば、読み込み不良になったDVD対策にも便利でしょう。もちろん、眼鏡や時計にも汎用的に使える製品なので、色々試したい方は、この製品が良いと思います。


 第3に、業務用・プラモデル用など比較的大型な超音波洗浄機が欲しい方には、

 

 【850ml・業務用】

 9・LifeBasis 超音波洗浄機 850ml
  ¥6,999 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

 【1400ml・研究機材用】

 10・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥9,999 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:機種による
メガネ洗浄:○
時計洗浄:○
宝石洗浄:○
DVD・CD洗浄:○
外蓋:取り外し不可

  LifeBasis超音波洗浄機が良いでしょう。

 日本市場で家庭用に販売されているものでは最も大きな製品ですから。また、大きいだけではなく、時計や宝石用のアタッチメントも付属するため「大は小を兼ねる」使い方ができるも魅力ですね。


 第4に、義歯用の超音波洗浄機としておすすめできるのは、

 

 15・LifeBasis 超音波洗浄機 1400ml
  ¥4,699 Amazon.co.jp (4/21執筆時)

洗浄桶:不明
義歯:○
外蓋:取り外し可

 LifeBasisが販売する義歯用の超音波洗浄機でしょう。

 超音波洗浄機は、国内会社が軒並み手を引いたため、メジャーブランド製が少ないです。その中で、値段と保証を考えると、日本市場に置ける一定の販売歴と存在感がある、こちらが良いと思います。

ーーーー

 というわけで、今回は、超音波洗浄機の比較でした。


 シチズン ミクロマジック WL100
  ¥1,025 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

 なお、超音波洗浄器は、水だけでも洗浄可能です。

 しかし、専用の洗浄剤を使うとより綺麗になります。Atlasは上の洗浄液を使いました。シチズンのものですが、東芝など他機種でも利用可能です。


  

 超極細繊維クリーニングクロス
  ¥1,480 Amazon.co.jp
(4/21執筆時)

 さらに、高級なメガネなどには、こういったクリーニング専用のクロスを使えば、レンズを痛めずに済みます。こちらは、デジカメのレンズ掃除にも使えるほどのものです。

ーー

 最後になりましたが、記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:38 | 生活家電

2018年04月20日

比較2018’【実機所有】最新のふとん乾燥機23機の特長とおすすめ・選び方:象印・日立・パナソニック・三菱・アイリスオーヤマ・シャープ:布団乾燥機でのダニ対策・靴乾燥

【今回レビューする内容】2018年 新製品の布団乾燥機15機種の性能とおすすめ・選び方:ダニ対策や靴乾燥機能:シングル・ダブル・電気代・ダニアレルギー・PM2.5対策・衣類乾燥の違いと人気ランキング:シャープ・日立・象印・三菱・パナソニック・アイリスオーヤマ・ツインバード 山善

【紹介する製品型番】スマートドライ RF-AB20-CA HFK-VH770 HFK-VH880 ふとん暖め乾燥機 FD-F06S2 プラズマクラスター乾燥機 DI-FD1S-W UD-AF1-W  フトンクリニック AD-X80-T カラリエ FK-C2 FK-C1 AD-X70LS-A AD-X50-W FD-F06A7-A FD-F06J7-T HFK-D100G FD-4149W ZFD-Y500(H)

今回のお題
2018年最新のふとん乾燥機のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は、最新のふとん乾燥機の比較を23台ほど比較します。

 201803291508.jpg

 ふとん乾燥機の比較記事を書いて5年以上経ちますが、Atlasは実際に実機を所有し、独自の観点から色々試しました。

 今回は、その経験をふまえながら、主要メーカー最新モデルを全機種取り上げて、その性能を較べます。

ーー

 以下では、いつものように、各機種を丁寧に紹介をしたあとで、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書きます。

1・最近のふとん乾燥機のトレンド

 ふとん乾燥機は、元を辿ると、マンションにお住まいの方など、布団が干せない場合の「ダニ対策」としての機能を「売り」にして売られていた家電です。

 しかし、最近、各メーカーでは、この機能に加えて、「少し違った使い方」を、提案してきており、それがトレンドとなっています。


 201607141240.jpg

 第1に、衣類や靴の乾燥に使える機能です。

 最近のモデルは、「布団乾燥袋」や「靴乾燥アタッチメント」が付属しており、この2つの機能がたいてい使えます。特に、構造的に「濡れてしまった靴の乾燥」にはかなりの効果を発揮します。

  201511021755.jpg

 第2に、「布団あたため機能」です。

 いちいち袋をセットせずに、手軽に使える簡単構造を採用し、寝る前に寝具をあたためておく、という使い方が提案されています。

 201710021155.jpg

 第3に、脱臭機能です。

 布団を乾燥させるだけではなく、マイナスイオンを吹き付けることで、寝具の脱臭を図れる機種が複数出てきました。

ーーー

 今回は、この3つの新機能を含めて、各機種の使い勝手を、Atlasの検証結果なども含めて詳しく説明していきます。

1・ダニ対策に必要なパワー
2・標準的な可動時間
3・対応可能なふとんサイズ

 もちろん、「ダニ対策」「湿気対策」という本来的な目的についても、以上の2点について、機種ごと細かく比較します。

 なお、一回の運転にかかる電気代は、どのメーカーもさほど変わりません。具体的に派、1時間の運転で10円強になります。

2・袋不要の新型ふとん乾燥機の比較

 というわけで、比較を始めます。

 最初に紹介するのは、象印の製品を皮切りに、最近他社からも発売されてきた「布団用袋(ふとん乾燥マット)が不要なタイプ」です。

 201607141219.jpg

 風力を高めてあるので、従来的な「ふとん乾燥袋」なしで、ホースだけで使える点が魅力という機種です。袋の出し入れは、特に片付ける際に、従来的に面倒でしたが、その手間が要らないという点で人気があります。

 なお、以下の記事では、Atlasがおすすめしたいポイントを赤字で、イマイチと感じる部分を青字で書いていきます。


 

  1・象印 スマートドライ RF-AB20-CA
  ¥12,600 Amazon.co.jp
(4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 360分
布団対応サイズ シングルロング(ダブル)

 RF-AB20-CA は、象印の「スマートドライ」というシリーズの製品です。

 201607141312.jpg

 象印は、「袋が不要なタイプ」のふとん乾燥機を最初に発売したメーカーで、この機種は、第2世代の後継機になります。

 対応する布団のサイズは、「シングルロングサイズまで」となります。背の大きな人のふとんでも使える点で、利用頻度は高そうです。また、120分設定でマニュアル運転をするとダブルサイズも対応可能です。

 201607141258.jpg

 標準乾燥時間は、60分です。サーモグラフィーを見ても熱の回り方は十分ですね。一方、ダニ対策時間は、360分かかります。また、90分ごとにホースを上・下・左・右に入れ替える必要もあります。

 時間がかかるのはマイナスです。しかし、象印にかぎらず、袋(乾燥マット)を使わないタイプは、そもそもこの方面の機能は弱いです。実際、ダニは「賢く」、熱い場所から素早く逃げる性質もあるため、4隅に回している間に逃げてしまい、「完全に対策ができないかもしれない」と象印は誠実に説明しています。

 201607141309.jpg

 付属するオプションは、とくにありません。ただし、本体にノズルが直づけされているので、それを利用して、衣類乾燥や、押し入れ乾燥、靴乾燥に対応します。また、象印の場合、低温乾燥モードが付属するので、革製品など熱に弱いものにも安心です。ここは嬉しい部分ですね。

 その他、象印は、アレル物質抑制フィルターを採用するなど、排気に気を使っている点も魅力です。安全面も、本体がふとん内部に籠もっていないかを監視するセンサーを使っており、能力が高いです。

 以上、象印の「スマートドライ」の紹介でした。

 袋なしに利用できる機種としてはダブルまで対応しており、ベッドでも使えそうです。また、低温モードや、抗菌フィルターなど、利用者配慮が行き届いた良い機種です。

 一方、ダニ対策の利便性は、多少劣ります。ただ、これは、「袋無しタイプ」には少なからず共通する点なので、仕方ないでしょう。また、この機種は70度と比較的温度の高い風がでます。羊毛・綿などは問題ないですが、耐熱温度の低い一部高級生地の場合は、気をつけましょう。


 201803291524.jpg

 【2017年型番】

 2日立 アッとドライ HFK-VH880-N 【金色
   ¥11,869 Amazon.co.jp (4/20執筆時)
 3・日立 アッとドライ HFK-VH880-S  【銀色】

   ¥12,065 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 30分
ダニ対策時間 
120分
布団対応サイズ ダブル

 こちらは、日立の「アっとドライ」HFK-VHシリーズです。こちらも、「ふとん乾燥袋がないタイプ」です。

 対応する布団のサイズは、「ダブルまで」となります。標準乾燥時間は、シングルの場合30分と高速です。ダブルの場合も90分ですので、速度的な面では、象印を上回る性能ですね。

 201607141333.jpg

 比較的短時間で作業が済むのは、ふとん乾燥用のアタッチメントが付属するからです。また、90センチのロングホースでふとんの真ん中に置く構造です。

  201710021106.jpg

 なお、乾燥用アタッチメントについては、通常の使い方以外に、凹部分に布団を挟み込んで、敷き布団の表面と裏面同時に「も」乾燥できるようになっています。ただ、こちらについては、「おまけ」的で、構造的に完全なダニ対策にはならないでしょう。

 ダニ対策も、乾燥機を動かさずに120分で完了できます。象印と異なり、4隅に動かさずに使えるため、「ダニが涼しいところに逃げ出す」危険は多少低いでしょう。

 ふとんあたため機能は、この機種に搭載され、「足下を10分でほかほか」にできる機能があります。布団乾燥機といえば、たまに出して使うものですが、こちらを多用するならば、「あんか」代わりに日常的に使うことも可能です。


 201607141339.jpg

 付属するオプションは、とくにありません。ただし、アタッチメントを外せば、靴乾燥もできますし、上図のようにつかえば、ハンガーの洗濯物も対応できます。また、革靴など高温での乾燥ができないものも送風モードで対応可能です。


201607141340.jpg

 衣類乾燥カバー HFK-V3用 HFK-CD200
   ¥3,082 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

 また、別売とはなりますが、洗濯乾燥機の代わりとして、速乾が期待できる衣類乾燥カバーもあります。なお、衣類乾燥袋は、Yシャツ2枚、半袖肌着3枚、トランクス3枚、靴下3足、ハンカチ3枚、フェイスタオル3枚が同時に入るサイズです。

 排気への配慮も、象印同様に高く、ク空気清浄機と同じグレードの「HEPAフィルター」を採用します。

 

 ふとん乾燥機専用デオドラント剤(12包入り) DHF-01
   ¥1,109 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

 こちらも、別売り消耗品ですが、デオドラント乾燥機能があります。これにより、布団にアロマ香を与えることが可能です。このほか使い勝手の部分では、室温センサーの搭載も注目点で、おまかせ運転でも、夏なら布団を冷まし、冬なら温めたままにしてくれます。

 その他、この機種は「低騒音モード」の搭載されます。ただ、こちらは、騒音が減じるという点よりも、温度が約50℃以下で、温度がデリケートな高性能寝具にも対応できるという点において魅力ですね。

 以上、日立の布団乾燥機「アっとドライ」の紹介でした。布団乾燥袋がない機種ですが、ロングホースとアタッチメントで、ふとんの真ん中から温風を行き渡る構造を取る点でパワフルで、良い機種です。この構造の利点で、乾燥も早いため、忙しい現代人には向いた機種ですね。

 一方、吹き出し口が構造的に70度の熱風がでます。羊毛・綿などではない特殊な生地をカバーに使っている場合は、低温モードで使うなど注意してください。

ーーーー


 【2016年型番】【在庫限り】

 4日立 アッとドライ HFK-VH770-N【金色
  
¥9,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)
 5・日立 アッとドライ HFK-VH770-P 【桃色】
   ¥9,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

 なお、この機種は、旧機種が多少安く売っています。

 新機種に較べると、「低騒音モード」と、敷き布団の表面と裏面同時に乾燥できる機能が非搭載となります。

 いずれも、ダニ退治において革新的な機能とは言えないので、価格を重視してこちらを選ぶのも良いでしょう。ただ、上等な寝具を利用している方は、温度が約50℃以下にできる「低騒音モード」はあったほうが良い気もします。


 

 【2017年型番】

 6・日立 アッとドライ HFK-VL1-A
   ¥11,250 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 45分
ダニ対策時間 
布団対応サイズ ダブル

 こちらは、日立の「アっとドライ」HFK-VLシリーズです。2017年モデルの「下位機種」となりますです。

 基本的には本体を小型化したコンパクトモデルです。

 ダブルサイズまでのふとん乾燥に対応する点や、靴乾燥や衣類乾燥などは同等です。しかし、電力的なパワーは半減しているため、標準乾燥時間が45分と劣化しています。

 こうした点で、本格的な対策をするためには、日立で選ぶなら、通常サイズの製品をおすすめします。


  

  【2016年型番】

 7・Panasonic ふとん暖め乾燥機 FD-F06X2-N
   ¥19,780 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

 【2015年型番】

 8・Panasonic ふとん暖め乾燥機 FD-F06X1-N
   ¥18,898 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 180分
布団対応サイズ 
シングル

 FD-F06X2は、パナソニックの「袋不要タイプ」のふとん乾燥機です。2016年モデルが最新機です。

 なお、現在、2015年型番2016年新型番が併売中ですが、型番のみの変更で性能は同等です。

  201511021755.jpg

 対応する布団のサイズは、「シングルまで」です。

 標準乾燥時間は、シングルで60分となります。構造的には、ホースとアタッチメントを使う日立同様の仕組みですが、パワーは多少劣ります。

 ダニ対策についても、ふとんの半分ずつ2回(90分×2回運転)しないとならない点で、「象印以上、日立未満」の利便性ですね。

 ふとんあたため機能は、通常モードの他、「足もと5分あたため」モードが搭載されるのが面白い部分です。

 201607141405.jpg

 付属するオプションは、とくにありません。ただ、ナノイーというマイナスイオン発生装置が内蔵されます。これには脱臭効果(付着臭除去効果)があるため、布団乾燥とふとんやマクラの脱臭が同時にできるという、他機種にはないメリットがあります。  

 以上、パナソニックのふとん乾燥機の紹介でした。シングルサイズやふとんサイズのみの対応である点ダニ対策に一手間かかる点は、場合によっては「弱点」と言えそうです。

 魅力は上位モデルのナノイー対応でしょう。ふとんの乾燥だけでなく、除臭も考えたい場合は魅力的です。この点では、日立のようにデオドラント剤を使う方法よりも根本的な解決でしょう。


 

 【2016年型番】【ナノイーなし】

 9・Panasonic ふとん暖め乾燥機 FD-F06S2-T
   ¥14,694 Amazon.co.jp (4/20執筆時) 
 【2015年型番】【ナノイーなし】

 10・Panasonic ふとん暖め乾燥機 FD-F06S1-T
   ¥13,470 Amazon.co.jp (4/20執筆時) 

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 180分
布団対応サイズ 
シングル

 FD-F06S2は、FD-F06X2-N とほぼ同型ですが、下位機種です。

 基本性能の上で差は無いのですが、ナノイー発生機能が付属しません。パナソニックの最大の「チャームポイント」が失われていますので、あまりおすすめできない機種です。


  

  【2017年型番】

 11・シャープ 布団乾燥機 UD-AF1-W ホワイト系
   ¥11,680 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
90分
布団対応サイズ 
ダブル

 FD-F06X2は、シャープの「袋不要タイプ」のふとん乾燥機です。同社は、今年度から「袋不要」の新型ふとん乾燥機に参入しました。

 201710021144.jpg

 対応する布団のサイズは、日立と同じくダブルまでです。形状的には、日立と同様で、従来的なホースの先のアタッチメントを工夫した作りです。キノコ型のユニークな形は、八方に風を分散的に送ること、空力的に風力が落ちにくいということで採用されました。

 ダニ対策は、日立同様に、移動させずに1回の操作で可能です。時間も90分で完了です。

 標準乾燥時間は、一方、冬でもシングルで60分となります。日立に比べると、風力はともかくパワーでは負けるため、時間はある程度かかる製品です。一方、日立の新機種と比べると、デリケートな高性能寝具に対応する低温モードは非搭載ですね。

 ふとんあたため機能は、こちらも、通常モードのほか、「足もと10分あたため」モードが搭載されます。

 付属するオプションは、靴乾燥用のアタッチメントのみです。ただし、低温モードなどがなく、革靴などには対応しません。衣類乾燥は非対応ですね。

 201710021155.jpg

 一方、パナソニックの「ナノイー」に相当するプラズマクラスター発生機能が付属します。マイナスイオンの消臭効果は第三者の研究機関も認めるところで、ふとんのダニ退治と同時に脱臭もできる仕様です。日立にはない機能で、シャープの「売り」と言えるでしょう。

 以上、シャープのマットレス布団乾燥機の紹介でした。後発の利点を活かして「ダブル対応」・「動かさずにダニ対策」・「マイナスイオンでの消臭機能」というトレンドをおさえた製品です。靴乾燥もできますし、予算があれば選んで後悔しないだろう製品の1つです。

3・袋付きのふとん乾燥機の比較

 つづいて、ふとん乾燥袋(乾燥マット)が付属する従来タイプのふとん乾燥機を紹介します。

 201607141419.jpg

 このタイプのふとん乾燥機は、袋の片付けが一手間かかるデメリットはありますが、50度以上の温風がふとんに行き渡るため、ダニ対策の上では、「ふくろ無し」に比べてより効果的です。


 

 【2016年】

 12・三菱 フトンクリニック AD-X80-T
  ¥15,819 Amazon.co.jp (4/20執筆時) 

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
300分
布団対応サイズ ダブルまで

 こちらは、三菱の「ふとんクリニック」シリーズです。この製品は、ふとん乾燥機を使うタイプの乾燥機です。

 201606170836.jpg

 対応する布団のサイズは、「ダブルまで」です。

 標準乾燥時間は、ダブルで60分となります。このあたりのスペックは、マット式を採用する他社と同じです。マクラも同時に乾燥できます

 ダニ対策については、新開発のヒートパンチマットが功を奏します。この機種の乾燥袋は、ふとんを包み込むような構造になっています。中綿も55度になるため、中綿の中に逃げるダニにも効きます。60度と比較的高めの温風を150分吹きつけ、また、ふとんを裏返して、そちらも150分吹き付けることで、特にふとんについては、他社より完璧な対策が期待できます。

 マクラ用の乾燥マットも付属し、一緒に対策可能です。

 201607141458.jpg

 付属するアタッチメントは、靴乾燥アタッチメントです。構造的に出来が良く、ブーツなど足の長いものでも乾燥できるアタッチメントです。衣類乾燥袋は、付属しません。しかし、写真のように乾燥マットに挟んで利用する形式で、「Tシャツ2枚 ・ハンドタオル2枚・トランクス4枚、くつ下4足 」ほどに対応します。

 その他、温度センサーが搭載されている部分も面白い部分です。気温に応じて、仕上がり温度が調整できます。

 以上、三菱のAD-X80の紹介でした。ダニ対策を最重要視して、熱による「根本的な」ダニ対策を考えている場合は最も良いと思います。排気もアレルギー対策フィルター装備ですし、この点でも安心でしょう。


  

 【2016年型番】

 13・シャープ ふとん乾燥機 DI-FD1S-W
  ¥13,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
120分
布団対応サイズ ダブルまで

 こちらは、シャープのプラズマクラスター乾燥機です。この機種は、ふとん乾燥袋も付属しますが、「ふとん乾燥袋なし」で使えます。

 対応する布団のサイズは、その場合「ダブルまで」です。

 標準乾燥時間は、60分となります。ダブルまで対応できる点ではパワフルな機種ですね。こちらも、イナスイオン発生装置である「プラズマクラスターイオン発生器」を搭載します。そのため、この機種も、脱臭効果が高いです。

 201607141431.jpg

 ダニ対策は、この機種の場合、付属するWサイズのふとん乾燥袋を使えます。対策には120分かかりますが、ダニが死滅する50度の温度でふとん全体を暖められるので、乾燥袋が付属しない機種よりもかなり効果的です。

 また、ふとん内を循環するプラズマクラスターイオンで、同時に脱臭もできるため、乾燥袋をかたづける手間はありますが、強力な対策が可能です。

 201607141442.jpg

 付属するアタッチメントは、靴乾燥アタッチメントのみです。また、低温モードなどがなく、革靴などには対応しません。衣類乾燥機能は、上図のように、吹き付ける方式の簡易的なものですね。

 以上、シャープのブラズマクラスター乾燥機の紹介でした。

 普段は簡単な「乾燥袋なし」方式で、ダニ対策をしたいときは「袋方式」で使える点が魅力です。付属するアタッチメントは弱い部分がありますが、ふとんに関わる部分だけで言えばかなり強力です。プラズマクラスターで除臭対応もできますし、「隙の無いモデル」の1つと言えます。

4・激安なふとん乾燥機の比較

 続いて、予算的に1万円以内で買える、「安くて高品質な」ふとん乾燥機を紹介します。



【2016年型番】

 14・アイリスオーヤマ カラリエ FK-C2 【ピンク】
 15
アイリスオーヤマ カラリエ FK-C2 【白】
  
 ¥8,980 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

【2015年型番】

 16・アイリスオーヤマ カラリエ FK-C1【ピンク】
   ¥10,700 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 100分
布団対応サイズ ダブルサイズ
 

 最初に紹介するのは、アイリスオーヤマの「カラリエ」です。

 布団マット無しのモデルである上、幅16cm×高さ36cmという「超コンパクトサイズ」である点が受けて、売れている製品です。1万円を切る価格で、「ホース無し」はこの機種だけですね。

 201611201045.jpg

 対応する布団のサイズは、2015年型番までは「シングルサイズまで」でした。しかし、2016年には、ワイド送風できる立体ノズルを採用したことによりダブルサイズまで公式に対応します。。

 201607141235.jpg

 標準乾燥時間は、60分です。

 ダニ対策のは、100分と長めですが、袋無しでも熱が四方まで行き渡る構造ですので、対策上問題ありません。また、夏用に、ふとんを送風で冷ます機能もあります。温風の温度は最大65度です。

 201607141240.jpg

 付属するオプションは、靴乾燥アタッチメントのみです。ただ、ホースのみで使えるという形状ゆえに、押し入れやクローゼットの乾燥にも対応できます。


 201607141241.jpg

 衣類乾燥機能は、温風を吹き付ける形式です。低温モードで75分ほど吹き付ければ、風と熱の力で、洗濯ハンガー程度の衣類なら乾燥できるでしょう。

 ふとんあたため機能は、付属です。ホースレスで使えるので、冬に便利ですね。

温風を吹き付ける形式です。低温モードで75分ほど吹き付ければ、風と熱の力で、洗濯ハンガー程度の衣類なら乾燥できるでしょう。

 以上、アイリスオーヤマの「カラリエ」の紹介でした。シングル用・ふとん用とは言え、ダニ対策にも対応する人気機種です。このタイプで1万円を切る「お買得度」もあり、かなり売れている人気機種です。


  

【2016年型番】

 17ツインバード アロマドライ FD-4149W
  
 ¥5,980 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 90分
ダニ対策時間 8時間
布団対応サイズ 
シングルサイズ

  FD-4149W は、日本の中堅家電メーカーツインバード工業の発売する格安の布団乾燥機です。アイリスオーヤマと同じで、布団マットを搭載しない方式の乾燥機です。

 対応する布団のサイズは、シングルサイズまでです。

 標準乾燥時間は、90分と時間がかかります

 ダニ対策は、特に注意が必要です。なぜなら、工夫された送風アタッチメントが未装備のため、120分ずつ4箇所に分けて送風をしないとならないからです。ダニが逃げる可能性も考慮に入れれば、この側面に向いた製品ではありません。

 付属するオプションは、靴乾燥アタッチメントのみです。ただし、温度調節機能はないので、革靴などには未対応ですね。

 なお、「アロマドライ」の名の通り、アロマオイルを入れての運転ができます。ただ、専用のデオドラントシートがあるのではなく、市販の化粧品用コットンにアロマオイルを浸したものを入れるという「アロマケース」が付属するだけなので注意してください。

 以上、ツインバード工業のアロマドライの紹介でした。価格は安いですが、マットレスタイプとしてもかなり非力です。とくにダニ対策はかなり困難です。


  

 18・三菱 AD-X70LS-A
  ¥9,300
Amazon.co.jp (4/20執筆時) 

標準乾燥時間 45分
ダニ対策時間 180

布団対応サイズ ダブルまで

 こちらは、三菱の中級クラスです。

 対応する布団のサイズは、その場合「ダブルまで」、標準乾燥時間は、45分となります。ふとん乾燥は早めの機種です。

 201607141508.jpg

 ダニ対策は、ふとん乾燥袋を使うタイプなので、可能です。ただ、ふとん乾燥袋が下位グレードのため、三菱の上位機種のように、中綿まで55度の保証はありません。また、マクラの同時対策もできません。

 201607141510.jpg

 付属するアタッチメントは、ブーツ対応の靴乾燥アタッチメントです。熱で皮を痛めないブーツ(革靴)モードがついています。また、この機種は、ふとん乾燥袋が衣類乾燥袋にもなる仕様で、服の乾燥もしっかり可能です。排気についても、銀ナノアレルパンチフィルター」が搭載されます。

 以上、三菱の中位機の紹介でした。アタッチメントに関するアイデアが「売り」ですね。靴や衣服の乾燥を重視したい方で、1万円以下のモデルを狙っている方におすすめできます。


 

 19・三菱 AD-X50-W【各色】
  ¥5,657 Amazon.co.jp
(4/20執筆時)

標準乾燥時間 50分
ダニ対策時間 180

布団対応サイズ 
シングルまで

 こちらは、三菱の入門用です。

 対応する布団のサイズは、シングル用です。

 ダニ対策は可能ですが、中綿まで可能な上位機には及びません。

 201607141519.jpg

 付属するアタッチメントは、中位機に較べてブーツ乾燥対応アタッチメントが未装備です。背の低い靴ならば、ホースで乾燥できます。衣類については、カバーに挟み込む形での乾燥です。どちらかと言えば「非常用」ですね。

 以上、三菱のAD-S50の紹介でした。比較的価格が安い機種ですが、シングル用である点は注意が必要です。また、中位機同様、ふとん乾燥袋モデルですが、完璧なダニ対策は、性能のよい袋を採用する上位機に及ばないでしょう。


 

【2016年型番】

 20・Panasonic モカ FD-F06J7-T
  ¥11,078 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

【2015年型番】

 21・Panasonic モカ FD-F06J6-T
  ¥9,671 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 300

布団対応サイズ 
ダブルまで

 FD-F06J7-T は、パナソニックの製品です。こちらもふとん乾燥袋(ふとんマット)を利用する方式です。

 2015年型番がありますが、新型番と性能は同じです。ちなみに、多くのメーカーは、価格下落対策のために、性能が同じでも毎年型番を変えます。

 対応する布団のサイズは、「ダブルまで」です。

 標準乾燥時間は、60分となります。

 ダニ対策は、ふとん乾燥袋の構造的に裏表で4回必要な形式で、総計で300分かかります。包むようにして熱するため、下位機種のなかでは効果的な対策ができますが、やはり中綿まで完璧にしたい場合は、上位機を狙うべきです。

 付属するアタッチメントは、靴乾燥アタッチメントです。ただ、温度調節機能機能はありません。ブーツなどの足の長い靴も、多少乾燥が困難でしょう。

   201710021213.jpg

 衣類乾燥袋は、上位機のみ付属します。「Yシャツ2枚、半袖肌着2枚、トランクス2枚、靴下2足、ハンカチ2枚」の乾燥ができる普通サイズのものです。

 以上、パナソニックの布団乾燥機の紹介でした。衣類乾燥袋が付属しないモデルは、他社機よりも価格が安いです。ダニ対策も、説明書通り、裏表包むような方法で行えば、時間と手間はかかりますが、可能です。もちろん、上位機でより性能の良い機種はありますが、予算的に考えるならば、この機種も良いと思います。


  

【2016年型番】

 22・Panasonic ブルー FD-F06A7-A
  ¥6,500 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 300

布団対応サイズ 
ダブルまで

  FD-F06A7-A は、パナソニックの下位グレードの製品です。

 1つ上で紹介したFD-F06J7-T と基本的に同じ形状・同じ性能の機種です。ただし、衣類乾燥袋が未付属となります。

 それ以外の部分の性能は同じですね。


 

 23・ヤマゼン 布団乾燥機 ZFD-Y500(H)
   ¥5,231 Amazon.co.jp
(4/20執筆時)

標準乾燥時間 90
ダニ対策時間 180
分?
布団対応サイズ シングルまで

 ZFD-Y500(H)は、山善の販売するふとん乾燥機です。

 対応する布団のサイズは、シングルまでですが、標準乾燥時間は、38分と短いです。日立は、他社よりも乾燥が多少早いようです。

 ダニ対策は、ふとん乾燥袋を利用する方式です裏表それぞれ行うことで180分ほどで可能です。ただし、巻き付けるように4回行うパナソニックの下位機種の方式に比べると、完璧度は低いです。

 付属品は、靴乾燥アタッチメントのみ付属です。衣類乾燥は、一応「対応」ですが、ホースを衣類の方向に向けるだけの簡易的な仕様です。

 以上、山善のZFD-Y500(H)の紹介でした。コンパクトで持ちはこびすい機種です。ただ、こちらは他機に較べると電力のパワーが弱めです。ダニ対策についての詳しい情報もないですし、あまりおすすめできません。

今回の結論
機能面からおすすめのふとん乾燥機は結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、布団乾燥機を11比較しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を数点あげておきます。


 第1に、使い勝手や汎用性に優れ、総合能力が最も高い点でおすすめな機種は、

 201803291524.jpg

 【2017年型番】

 2日立 アッとドライ HFK-VH880-N 【金色
   ¥11,869 Amazon.co.jp (4/20執筆時)
 3・日立 アッとドライ HFK-VH880-S  【銀色】

   ¥12,065 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

 【2016年型番】【在庫限り】

 4日立 アッとドライ HFK-VH770-N【金色
  
¥9,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)
 5・日立 アッとドライ HFK-VH770-P 【桃色】
   ¥9,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 30分
ダニ対策時間 
120分
布団対応サイズ ダブル

 日立の「アっとドライ」が良いでしょう。

 ふとん乾燥袋(ふとんマット)不要で、片付けが楽な機種ですが、乾燥にロングホースとアタッチメントを併用する方式は、ふとん乾燥・ダニ対策の点でも評価ができます。

 衣類乾燥も靴乾燥も無難にこなせるため、「買ったけど使い途がない(使わない)」といったことにならない家電だと思います。どれにするか迷ったら、この機種がオススメですね。

 なお、2016年旧モデルが売られています。多少安いのですが、「50度の低温」が出せません。そのため、ラテックス素材や、【おすすめ羽毛ふとんの比較記事】で紹介したような、高価な上掛けなどデリケートな高性能寝具をお持ちの方は、新機種が良いでしょう。

 こちらは、温度が約50℃以下でも起動できるため、高性能寝具にも対応できるという点において魅力です。


 第2に、主な目的がダニ対策で、その面で徹底的に対策したいと考えている方には

 

 【2016年】

 12・三菱 フトンクリニック AD-X80-T
  ¥15,819 Amazon.co.jp (4/20執筆時) 

 12・三菱 フトンクリニック AD-X80-T
  ¥16,954 楽天市場 (4/20執筆時) 

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
300分
布団対応サイズ ダブルまで

 三菱のフトンクリニックです。中綿も含めた徹底的なダニ対策ができるのは、この機種だけです。対策には、300分と時間はかかりますが、その時間、拘束されるわけではないので、さほど問題ではないでしょう。

 ふとん乾燥袋を使わないタイプでも対策が可能ですが、アレルギー持ちの方などが、徹底的に対策したいならば、むしろ、こちらですね。


 第3に、ふとん乾燥・ダニ対策だけではなく、脱臭効果も狙いたい場合は、

  

 【2016年型番】

 13・シャープ ふとん乾燥機 DI-FD1S-W
  ¥13,800 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
120分
布団対応サイズ ダブルまで

 シャープのプラズマクラスター乾燥機でしょう。ふとん乾燥時には「ふとん乾燥袋(マット)無し」で、ダニ対策時には「乾燥袋あり」で対策ができるため、効率が良いです。

 さらに、いずれの場合も、プラズマクラスターによる、付着臭除去効果が期待できる点でレベルが高い機種です。付属するアタッチメントの部分で弱いところもありますが、価格も安く、たいへんお買得だと思います。

ーーー

  

  【2017年型番】

 11・シャープ 布団乾燥機 UD-AF1-W ホワイト系
   ¥11,680 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 
90分
布団対応サイズ 
ダブル

 一方、マットレスタイプならば、やや価格が高いですが、同社のUD-AF1が選択肢となると思います。


 第4に、比較的価格が安い機種で、ふとん乾燥機としての性能が期待できるのは、

  

【2016年型番】

 22・Panasonic ブルー FD-F06A7-A
  ¥6,500 Amazon.co.jp (4/20執筆時)

標準乾燥時間 60分
ダニ対策時間 300

布団対応サイズ 
ダブルまで

 パナソニックFD-F06A6でしょう。

 大きめのマットで、包み込むように使えるため、ダニ対策も時間をかければできる点を評価しました。靴乾燥アタッチメントも付属しますし、なによりこの値段で、ダブルまで対応できるマット付きタイプが買えるのは、非常にお買得でしょう。

ーーー 
 なお、このブログモノマニアには、ふとんやふとん関係の家電製品として以下の2つの記事があります。

1・ふとん乾燥機の比較
2・ふとん掃除機の比較
3・ランク別の羽毛ふとんの比較

 ふとんのゴミを掃除機のように吸収するタイプの製品を探している方は、上記2番の記事も是非ご覧ください。

 というわけで、今回はふとん乾燥機の話でした。

 最後になりましたが、皆様のお役にたったならば、SNSなどで話題を共有していただければ嬉しいです(↓)。

posted by Atlas at 14:17 | 生活家電

2018年04月08日

比較2018'【実機所有!】ズボンプレッサー15機の性能とおすすめ・選び方

【今回レビューする内容】2018年 綺麗にプレスできる!家庭用の最新ズボンプレッサー人気15機の性能・価格・選び方:コルビー・東芝・パナソニック LG styler スチームウォッシュ&ドライ 能力違いや性能ランキング

【今回レビューする内容】S3WER S3RER 3300JC BK 3300JC MG 4400JTC 4400 beech 3300JASC 7800JAMR MG HIP-T56(K) HIP-T36(S) HIP-T100(K) HIP-F001 SA-4625BL HIP-L36(S) ツインバードパンツプレス ブラック SA-D719B

今回のお題
最新のズボンプレッサーのおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。 

 今日は、2018年シーズン最新の家庭用のズボンプレッサーを比較します。

 180408-0030-24%.png

 Atlasは、2010年9月に「初代コルビー」を手に入れて以来、7年来のズボンプレッサー愛用者です。

 購入後、すぐ「ズボンプレッサーの比較記事」を書きはじめましたが、その間、高性能製品は、ほぼ全機種を利用・検証してきました。

 また、近年は(仕事で)年間の3割以上各地のビジネスホテルなどに宿泊するため、常備品として多い格安製品も結構実験できています。

 今回は、これまでの検証成果をふまえつつ、各製品を詳しく紹介した後で、最後に「結論」として、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・ズボンプレッサーの用途と選び方

 具体的な製品の紹介に入る前に、ズボンプレッサーに関する基本的な情報と、複数の機種から選ぶ場合、比較とするべきポイントについて解説しておきます。


   

 第1に、ズボンプレッサーの使い道についてです。

 この家電を狙っている方は、シワの寄った服を着たくないオシャレな方や、クリーニング代をできるだけ節約したい倹約志向の方、また寝室の高級感のあるインテリアとして欲しい方がなどがいるでしょう。

 しかし、使い方によっては、ほかにも便利な使い道もあります。

 201804081323.jpg

 例えば、ジメジメした綿パンの湿気をとり「さらさら」にするために利用できます。また、コルビーなど、厚みのある衣類も利用できる製品は、ジーンズの湿気取りにも功を奏します。

 そのほか、製品によっては、消臭・デオドラント効果が期待できるものもあります。


 201804081309.jpg

 ズボンプレッサーの種類は、2種に分けれます。

 押し入れなどへの収納を前提とした横置きタイプと、据え置きを前提とし縦置きタイプです。

 なお、横置きタイプは、基本的に「ホテルの据え付け用」に売られている廉価版です。自宅に、疲れてかえってきたが、取り出してセットするのはたいへん面倒なので、あまりオススメできません。


 201607082115.jpg

 ズボンプレッサーの使いやすさは、メーカーによって異なります。

 注意するべきは、写真のように、中間に塩ビシートがあるタイプです。プレス時にズボンの片側を挟み込んで利用するのですが、綺麗に仕上げるのが難しいです。上部のリングチェーンも、下手に扱うと切れやすく、慣れるまで時間がかかります。

 一方、コルビーの製品など作りが良い製品は、こういった「しきい」がなくても、綺麗にプレスできます。


  201710021929.jpg

 最新のズボンプレッサーの傾向としては、進行の海外勢の躍進が挙げられます。

 ズボンプレッサーは、正直なところ、「約50年ほど技術の進化の止まったような家電」でした。

 しかし、直近で近未来的な「ズボンプレッサー」といえるLG styler S3WERがでました。とても野心的な製品なので、最後に紹介してみたいと思います。

2・コルビーのズボンプレッサー

 最初に、コルビーの縦置きのズボンプレッサーを紹介します。

 なお、いつものように、高評価できる点は「赤字」でイマイチな点は「青字」で説明していきます。


 201607082111.jpg

 【ブラック】

 1・Corby ズボンプレッサー3300JC BK
  ¥25,460 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 【マホガニー】

 2・Corby ズボンプレッサー 3300JC MG
  ¥25,400 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 最初に、紹介するのは、イギリスコルビーのズボンプレッサーです。日本でよく売れるズボンプレッサーの1つで、Atlasも所有しています。

 201607082045.jpg

 コルビーは、1930年創業の老舗メーカーです。

 1950年代にズボンプレッサーのトップメーカーとなって以来、今もその地位を保っています。

 技術の蓄積・安定感が抜群で、奇をてらわない商品構成が評価を受けているのでしょう。外国のホテルではこの製品がよく観られますし、日本でも数十年前から輸入がなされています。

 201804081334.jpg

 本体の外観は、「紳士の国」らしく、落ち着いた雰囲気のズボンプレッサーです。基本的には、部屋に置きっ放しにして使うのが前提の製品で、そのため、デザイン性を高めています。

 裏面は木製ではないのが残念ですが、見映えがする面はしっかりした作りで、インテリア性も高いです。上部のポケットに腕時計などの小物を置けるのも良い工夫です。

 サイズは、幅が46cmで奥行 36cm、高さが109cmとなります。

  201804081334.jpg

 ジャケットハンガーは、後部に付属します。ジャケットハンガーは、邪魔なようならば着脱可能です。

 壁に沿って設置する場合は、外して利用したほうが良いでしょう。なお、脚もとってしまい壁に直付けすることも可能です。以前、そのように設置しているシティホテルに泊まったことがあります。

 201607082052.jpg

 プレスの方法は、ごく簡単です。

 折り目を合わせたスーツをそのまま入れ込むだけでプレスできます。国産メーカーの製品は、中間にプレスシートを入れる方式が多いですが、コルビーのモデルはこの操作が不要なので、利用がとても楽です。

  201607082055.jpg

 衣類の安全性は、コルビーの場合、最も強調して良い部分です。

 内装の作りが良く、十分なクッション性の素材が使われているほか、プレス温度を上げすぎないように、サーモスタットが内蔵されているからです。この構造ため、プレスシートがなくても問題なく、シワが伸びるようです。

 なお、「熱くなりすぎない」と言う点は、いいかえれば、「生地に優しい」ということでもあります。

 以上、コルビーのズボンプレッサーの紹介でした。

 価格は多少高いですが、機能性とインテリア性を兼ね備えた良い機種だと思います。家庭用としては滅多に壊れることのない家電ですし、ある程度の価格のものを揃えるのも良いでしょう。

ーーー

 201804081338.jpg

 【ビーチ】

 3・Corby ズボンプレッサー4400 beech
  ¥ーーーー(近日登場予定) (4/8執筆時)

 【ステンクローム】

 4・Corby ズボンプレッサー 3300JASC
  ¥27,000 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 本体色は、通年展開されるのは、【ブラック】【マホガニー】2機種です。

 ただし、数年に一度「限定数の限定色モデル」が出ることがあります。2018年も現在も、【ビーチ】と【サテンクローム】という色目が「限定」で登場です。

 性能面では、通常モデルと同等です。


 

 5・Corby ズボンプレッサー 4400JTC MG
  ¥29,800 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

  4400JTCも、コルビーのズボンプレッサーです。先ほどの機種の「上位機種」となります。

 201804081343.jpg

 本体の外観は、こちらも木調です。

 ただ、下位機種と比べると、オシャレな「段落ち」加工がなされます。先ほど書いたように、この製品は、しまわず設置してこそ利便性を発揮する製品ですので、外観の高級感は重要です。

 サイズは、幅が46cmで奥行 36cm、高さが109cmと下位機種と同じです。

 201804081343.jpg

 ジャケットハンガーは、この機種も付属しており、着脱も可能です。構造的には下位機種と変わりません。

 プレスの方法も、下位機種と同じで、スーツをそのまま入れ込むだけでプレスするだけで、手順が最も簡単といえる機種です。

 201804081344.jpg

 衣類の安全性は、下位機種よりも増しており、こちらは、デリケートな記事について、標準的な30分運転のほか、15分運転も可能です。ただ、違いはその程度で、下位機種との決定的な差ではないですね。

 以上、コルビーの 4400JTCの紹介でした。下位機種に比べて外観のデザイン面はおしゃれになっています。しかし、タイマー以外の機能差はないため、デザインが気に入ったのでないならば、基本的に下位機種を選んでも良いと思います。


  201804081350.jpg

 【2018年】

 6・Corby ズボンプレッサー 7800JAMR
  ¥59,599 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

  7800JAMRは、コルビーのズボンプレッサーです。日本上陸25周年限定モデルです。

 201804081354.jpg

 本体の外観は、写真のように「ミラー」が付属する仕様です。

 角度的に、ズボンのシルエットは確認できますが、実用面からよりも「限定モデル」としての「遊び」に感じます。

 サイズは、幅が46.3cmで奥行 50cm、高さが106cmとなります。

 201804081453.jpg

 ジャケットハンガーは、この機種も付属しており、着脱も可能です。

 プレスの方法も、下位機種と同じです。

 衣類の安全性は、下位機種と同様です。ただ、15分と30分に加えて、45分のタイマースイッチが付属しました。厚めの生地なら有利な部分もあるかもしれませんが、「おまけ」的要素が強いです。

 以上、コルビーの 7800JAMRの紹介でした。ズボンプレッサーを「初めて」買うような方のための製品ではないでしょう。長いコルビーのファンや、デザイナーズホテルの備品などに向くものです。

3・東芝のズボンプレッサーの比較

 つづいて、東芝のズボンプレッサーの比較です。

 東芝は、実用性を重視したモデルを多くラインナップします。


 
 7・東芝 ズボンプレッサー HIP-T56(K)
  ¥17,800 Amazon.co.jp
(4/8執筆時)

 HIP-T56は、東芝のズボンでは割と知られたモデルです。

 東芝は日本の大手家電メーカーとして古くからズボンプレッサーを作っていた会社です。そのため、この機種は、シティホテルなどでよく見かけます。

 本体の外観は、コルビーに比べると、シルバーが入りモダンなデザインです。

 都会的なデザインですが、黒の部分が落ち着いているため、自宅に置いても違和感はありません。また、コルビーと比較した場合、移動用のストッパー付きのローラーが付属する点も注目点です。ズボンプレッサーは10キロほどあるため、移動させて使う場合は便利です。

 サイズは、高さ106cm×幅48.5cm×奥行51.5cmです。コルビーに比べると、多少奥行きが必要ですが、問題ないレベルでしょう。

 ジャケットハンガーは、コルビーと同じく付いており使い勝手は良いです。ただし、ジャケットハンガーは多少小さめで、高級感に多少かけます。ハンガーの着脱はこちらも可能です。

 201607082115.jpg

 プレスの方法も、この機種の場合、写真のように、ズボンの間に塩ビのプレスシートを挟み込んで使います。

 これは、スーツの二重線を効果的に防いでくれるのですが、コルビーに比べると多少コツが要ります。慣れれば誰でもできるレベルですが、ズボンプレッサー初心者には難しい部分はあります。

 衣類の安全性は、過度の高温になると、サーモスタットが働き、安全性は高いです。

 ただ、逆に言えば、上手くプレスできなかった場合などの連続使用には制限がかかります。スーツ生地ならば問題ないでしょうが、厚手のチノなどは、多少不得手でしょう。

 なお、この機種の場合プレス温度75度で、標準運転時間15分です。コルビーに比べると高温・短時間なのは、プレスシートが断熱の役割をするからだと思います。。

 清潔性は、コルビーが強調せず、東芝が強調する部分です。

 第1に、この機種のプレス温度は、最高温度は60度のコルビーに対して75度と高いため東芝によると除菌が可能だと言うことです。ただ、コルビーの場合、衣服へのダメージの懸念からあえて低温にしているため、一長一短があります。

 第2に、こちらは、消臭繊維が使われています。そのため、着臭の除去効果が期待できます。このような部分は、日本人が特に気にする部分であり、やはり日本のメーカーに分があります。

 以上、東芝HIP-T56の紹介でした。

 清潔性への配慮と、移動用のローラーが付属する点が注目点でしょう。この2点で言えば、多人数が利用するホテルの備品としてふさわしい製品といえ、よく見かけるのも頷けます。

 プレスシート式は慣れるまで面倒のが難点ですが、ホテルなどでこの方式に使い慣れている方には、逆にこの機種が良いと思います。


  

 8・TOSHIBA ズボンプレッサー HIP-T100(K)
  ¥20,295 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

  HIP-T100(K)は、東芝の最上位機です。

 本体の外観は、先ほど見たHIP-T56とほぼ変わらず、同じくモダンなデザインです。こちらも移動に便利な、ストッパー付きのローラーが付属です。。

 サイズは、高さ約107cm×幅約51cm×奥行約48cmです。先ほどの機種より多少ですが、大きめです。

 ジャケットハンガーは、多少形状が異なりますが、こちらも付属します。

 また、こちらにはコルビーと同じく上部には小物入れもあるため、身支度には便利です。また、側面にコンセントが付いている点も違いです。スマホ等を上部のケースに置いて充電するのに便利でしょう。

 201607082139.jpg

 プレスの方法は、この機種の場合も同じで、ズボンの間に塩ビのプレスシートを挟み込んで使います。 コツが要るタイプです。

 衣類の安全性は、こちらもサーモスタットが働き安全性は高いです。

 プレス温度75度ですが、運転時間が15分と30分から選択可能なので、割と厚手の生地でも対応力が高いです。先ほども書きましたが、下位機種の場合、サーモスタットが働くため、連続使用に制限がかかりました。

 しかし、こちらはその問題がありません。

 201607082140.jpg

 ズボンプレッサー用消臭フィルター HIP-F001
  ¥1,170 Amazon.co.jp
  (4/8執筆時)

 清潔性は、先ほどの製品同様に、熱による除菌が可能で、消臭繊維が使われています。また、

 それに加えて、こちらの機種は、ジャケットハンガーに消臭ファンが搭載され、上着についても消臭フィルターで付着臭の消臭ができます。汗やタバコのニオイを、通常以上に消臭できますが、6ヶ月でフィルターの交換が必要です。

 以上、東芝の最上位機種HIP-T100(K)の紹介でした。強力な消臭対応が「売り」と言える機種です。喫煙者などのほか、夏場のこもる汗の臭いにも効果的だと思います。



 9・東芝 ズボンプレッサー HIP-T36(S)  
  ¥13,490 Amazon.co.jp
(4/8執筆時)

 【在庫限り】

 10・東芝 ズボンプレッサー HIP-T35(S)
  ¥11,800 Amazon.co.jp
(4/8執筆時)

 HIP-T35東芝のズボンプレッサーです。在庫限りで旧機種HIP-T35(S) が売られていますが、性能面で相違点はありません。

 本体の外観は、東芝の中位機HIP-T56に比べると実用重視の設計で、インテリア的な配慮はありません。どちらかといえば、ビジネスホテルなどに設置する格安品としての色彩が濃い製品です。

 サイズは、高さ105cm×幅48.5cm×奥行40.5cmです。

 先ほどの製品と比べると、多少奥行は浅くなっています。ただし、便利な移動用のローラー(キャスター)は未付属です。

 ジャケットハンガーは、上位機とほとんど同じグレードのものが採用されています。ハンガーの着脱はこちらも可能ですね。

 プレスの方法も、上位機と同じで、ズボンの間に塩ビのプレスシートを挟み込んで使う方式です。仕上がりは、上位機と変わらないでしょう。コツが要る点も同じです。

 衣類の安全性は、上位機と同じくサーモスタットが働き安全性は高いです。プレス温度は75度で、標準運転時間が15分のみです。この点も上位機と同じですね

 清潔性は、その一方で、こちらは消臭繊維を使っていない点で、上位機種に及びません。

 以上、東芝HIP-T36の紹介でした。

 上位機と異なる点は、実用重視の外観、消臭繊維の未使用、移動用ローラーの不採用です。ホテルなどはともかくとして、家庭に置くと考えた場合、やはりこれらの不採用は残念です。ずっと使うものですし、家庭用として据え置き型から選ぶ場合はこちらは除外して考えて良いでしょう。



 

 10・東芝 ズボンプレッサー HIP-L36(S)
  ¥10,100 Amazon.co.jp  
(4/8執筆時)

 HIP-L30は、東芝の横置きタイプのズボンプレッサーです。

 というより、パナソニックが横置きズボンプレッサーから撤退したため、この機種が横置き型で唯一の現行製品です。新旧2機種ありますが、どちらも性能は同じです。

 サイズは縦置きに比べて小さい(高さ75×幅538×奥行853)ので、押し入れに収納することもできます。。

 201607082155.jpg

  プレスの方法は、東芝の縦型モデルと同じく、内部に「プレスシート」という薄い仕切り板が入っています。

 そして、その仕切り板の両側にズボンを収納してプレスをかける方式になります。また、縦置きのように「重力」を利用できないため、セットにはかなりのコツが要ります。構造上、さほど厚みのあるズボンにも対応しません。

  衣類の安全性は、タテ型と同等です。

 プレス温度は、75度の15分間です。比較的高温が出せるため、除菌効果が期待できます。一方、消臭繊維などは使われていません

 以上、HIP-L36(S)の紹介でした。

 収納スペースの限られるビジネスホテルなどで、各部屋に備え付けてある機種です。ただ、ユーザー視点で言えば、横型は、プレスが面倒ですので、家庭用としては、縦置きできるタイプをAtおすすめしたいところです。

4・ツインバードのズボンプレッサー

 つづいて、日本のツインバード工業のズボンプレッサーです。

 格安家電のイメージがありますが、ズボンプレッサーは見所のある高級機も出しています。


 

 11・TWINBIRD パンツプレス SA-4625BL
   ¥8,380 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 SA-4625BL は、ツインバード工業から発売されている縦型のズボンプレッサーです。

 本体の外観は、こちらも実用性重視で、インテリア性はあまりないです。

   201707051713.jpg

 サイズは、約43cm × 40cm × 90cmやや小ぶりです。一方、こちらの製品は、ストッパー上部分のチェーンが弱く、厚手の生地を無理に入れた場合など切れます。Atlasも滞在先で一度「やらかした」ことがあります。なお、キャスターは未付属です。

 ジャケットハンガーは、この機種の場合未搭載です。

 プレスの方法は、東芝と同じ方式で、中間にプレスシートを挿入して使う形式で、利用には「コツ」が必要な機種です。

 衣類の安全性は、サーモスタットがあるため、安全性は高いです。

 一方、プレス温度は70度で、標準運転時間が10分と短時間です。また、東芝と同じく利用後の温度によっては、連続使用に制限がかかるため、厚手の生地はやはり面倒といえる機種です。

 清潔性は、日本製ですが特段の機能は見られません。

 以上、ツインバードの SA-4625BLの紹介でした。

 機能を絞り込んでシンプルな構成にして価格を抑えた製品です。ただ、価格差はさほどないため、低価格機として積極的に「おすすめ」するまではいかない、多少中途半端な機種です。


 

 【2017年】【通常型番】

 12・TWINBIRD パンツプレス SA-D719B
  ¥19,800 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 幅455×奥行405×高さ1050mm

 【2017年】【ビックカメラ専用型番】

 13・TWINBIRD パンツプレス SA-D729B
  ¥15,980 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 幅455×奥行405×高さ1050mm

  SA-D719Bは、ツインバード工業から2017年に新発売した新しいズボンプレッサーです。

 Atlasは、ズボンプレッサーの記事を10年近く更新していますが、他社を含めて新製品を見たのはかなり久しぶりです。コモディティ化を打ち破る製品ですね。

 なお、【ビックカメラ型番】は、ズボンプレッサーが通常より縦長で、86cmまで挿入できる高身長対応モデルです。

 201707051731.jpg

 本体の外観は、この機種の特長で、美観に優れるガラスパネルを採用します。

 コルビーの木目も厳粛な雰囲気がありますが、モダンな部屋のインテリアとしてはやや合わない場合もありました。その点、シンプルなデザインなこちらは、光の入るような明るい部屋でもマッチしそうです。

 201707051735.jpg

 また、ガラスであるため、シワの状態が目視できるのも利点です。ツインバード工業は、家電にガラスを使うのが巧く、その特性をズボンプレッサーにも活かしています。


 201707051735.jpg

 サイズは、約45cm × 40.5cm × 90cm です。

 足の長い人でも必要な部分はプレスできるサイズですね。キャスターは未付属で、移動は考えられていませんが、上部に小物入れがあり、スマホなどを置くこともできます。コルビーなど他社にも小物入れはありますが、こちらは後発のメリット性を活かし、スマホなどに便利な深めの小物入れにしています。

 ジャケットハンガーは、この機種も未搭載です。

 ジャケットハンガーは、衣服を掛けていない状態だとインテリアとしての見映えが非常に悪いので、あえて付けなかったのだと思います。Atlasもコルビーでそれを感じており、外して使っていました。

 プレスの方法は、価格の高い製品であるためか、十分なクッション材があるため、コルビーと同じく、中にプレスシートを入れずに利用できる仕様です。

 セットはこの方法が最も用意ですし、ガラスのためセット状況が確認できるのもあって、使い勝手はかなり優れます。

 衣類の安全性は、こちらもサーモスタットがあるため、安全性は高いです。

 プレス温度は、コルビーと同じ60度です。また、標準所要時間は13分ですが、温度センサーによる判定で、プレス時間が4-5分前後します。この点で、厚手の服の「プレスのかけ直し」を効果的に防げます。

 消臭シート SA-SP30GY
  ¥-------- Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 清潔性は、ズボン用の消臭シートが2枚同封されています。東芝ほどは根本的ではないですが、配慮があります。なお、交換備品は、発売当初のため、現在は市場にないようです。

 以上、ツインバードのSA-D719Bの紹介でした。

 コルビー製品を日本のメーカーがモダンに再設計したとも言える、優れたズボンプレッサーだと思います。ガラスを採用した部分が最大のポイントで、実用性とインテリア性を兼ねた産業デザインとしても高評価できます。小物入れ部分の使い勝手も含めて良い製品です。Atlasも買い換えを検討したいと考えています。

5・LGのスタイラー

 続いて、LGの発売する「次世代型」ズボンプレッサーを紹介します。


 

 【白・LG styler

 14・スチームウォッシュ&ドライ S3WER
  ¥176,591 Amazon.co.jp   (4/8執筆時)

 

 【黒・LG styler

 15・スチームウォッシュ&ドライ S3RER
  ¥176,591 Amazon.co.jp   (4/8執筆時)

  LG stylerは、LGエレクトロニクスが発売する新しいタイプの「ズボンプレッサー」です。

 より正確には、ズボンだけでなく、スーツやシャツ全体を整えられるので、ホームクリーニング機と呼ぶ人もいます。

 いずれにしても、約100年近く進化のなかった家庭用プレッサーの「革新」とも言える製品です。

  201710021904.jpg

 本体のサイズは、幅44.5cm×高さ185cm×奥行58.5cmです。

 家庭用のドレッサーの横などに据置くような大型製品です。ズボンは、上図のドアの部分に掛けられる構造です。

 201710021905.jpg

 プレスの方法は、下部の水タンクに補充した水が気化して、衣服やズボン全体にスチームをし、シワを取っていく構造です。

 実演を見ましたが、確かに「プレスグレード」のシワ取りが可能でした。なお、余った水分は、別の水タンクに改宗されるシステムです。

 ズボンについては、ズボンハンガーにフタがあり、これをズボンプレッサーの被せることで、折り目のケアもできる仕様です。

 使用できる衣類は、熱に弱いストレッチ性の素材やビニール製品です。また、革・毛皮・シルクは、スチームを用いないエアリフレッシュのみ可能です。つまり、ズボンプレッサーで使えるような素材なら大抵OKです。

 電気代は、さほど電力は使わず、1回の運転で13円ほどの電気代です。

 細かい部分では、ハンガーの部分が振動する構造で、花粉などのほこりをあらかじめ払う機能が面白いです。スーツも対応します。また、スチームを吹き替える仕様ですので、綿やウール・化繊などについては脱臭効果も期待できます。

 以上、LG styleの紹介でした。

 アクリル・ナイロン・レーヨンなどの化繊や綿との合繊ならば、ズボン・シャツを問わず、ほぼ完全にシワが取れます。綿100%などは残る場合がありますが、これはズボンプレッサーでもやや難易度が高いわけえ素材的に仕方ないでしょう。

 問題は、その価格と設置面積です。Atlasもどうしても導入したいのですが、設置スペースがなく、「自宅整理」を検討中です。予算があれば、検討しても良いと思いますが、実際のところ、日本の住宅事情にマッチしたもう少し小型機種がほしいですね。

今回の結論
ズボンプレッサーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、ズボンプレッサーを紹介しました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、インテリアとしても優れる高機能ズボンプレッサーとしておすすめしたいのは

 

 【2017年】

 9・TWINBIRD パンツプレス ブラック SA-D719B
  ¥19,800 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

  インバード工業が2017年に新発売したSA-D719Bでしょう。表面にガラスを採用したことで、プレス状態の確認を容易にし、また、インテリア性も高めるという着想は、マンネリ化したズボンプレッサー市場に、一石を投じる「大発明」だと思います。

 使い勝手の部分でも、コルビーと同じ、、内部に「プレスシート」を不要にするクッション構造にし、衣類の安全性の部分でも、センサーとサーモでプレス時間を調整する構造を取っています。

 細かい部分でも、スマホ対応の小物入れの採用などかなりレベルの高い家電ですので、買い換えユーザーにもオススメです。

 新規ユーザーには結構な額の投資となります。しかし、ズボンプレッサーは滅多に壊れず、長年使えるものですから、無駄遣いとは一概に言えないと思います。  

ーーー

  201607082111.jpg

 【ブラック】

 1・Corby ズボンプレッサー3300JC BK
  ¥25,460 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 【マホガニー】

 2・Corby ズボンプレッサー 3300JC MG
  ¥25,400 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 次点は、イギリスのコルビー社の3300JCシリーズです。

 プレスの機能や使い勝手、衣類への配慮はSA-D719B同等以上で、さすがに伝統を見せつける機種です。長年のユーザーとしても、服に優しく、安定して、しっかり伸ばせることは身をもって感じています。

 上着ハンガーが必要と考える方や、ガラス製がモダンすぎると感じる方は、こちらを選んでも満足すると思います。


 第2に、プレスだけではなく、スーツ上下の消臭もしたい場合は、

  

 8・TOSHIBA ズボンプレッサー HIP-T100(K)
  ¥20,295 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 東芝の最上位機 HIP-T100(K)が良いでしょう。

 清潔性の面では、これ以上の機種はありません。プレス時にパンツを消臭繊維の働きで消臭できるだけでなく、ハンガーに掛けた上着も消臭できるため、このような目的に最も適ったモデルと言えます。

 帰宅したら、上下スーツをセットして、身だしなみを整える習慣を付けたい方にはこの機種が良いでしょう。


 第3に、役員室や高級ホテルのインテリアとして通用する「大人の高級感」がある製品は、

 

 5・Corby ズボンプレッサー 4400JTC MG
  ¥29,800 Amazon.co.jp (4/8執筆時)

 コルビー社4400JTC MGでしょう。木目があるデザインは、寝室などの洋室に置くと、高級感があり、「インテリア」としての美しさもありますから。

 機能面では15分タイマーが付く点しか、下位機種との差はありませんが、中落ちが入るデザインはたいへん高級感があるため、こうした用途ならばこちらの機種をおすすめします。

 先ほど書いたように、コルビーは60度以上の高温にならず、生地に優しいため、高級スーツに適しています。また、インテリアにこだわったご家庭ならマッチしやすいデザインです。また、構造的に、ある程度厚みのある生地でも、対応できる点も良い部分です。

 一方、タイマーは30分だけで、上位機種に装備される15分タイマーが搭載されませんが、基本30分はプレス時間が必要であるため、大きな問題ではありません。


第4に、普段使いのスーツのシワを伸ばしを比較的安価でしたい方は、


 9・東芝 ズボンプレッサー HIP-T36(S)  
  ¥13,490 Amazon.co.jp
(4/8執筆時)

 【在庫限り】

 10・東芝 ズボンプレッサー HIP-T35(S)
  ¥11,800 Amazon.co.jp
(4/8執筆時)

 HIP-T35でしょう。実用性重視の入門機としては、ツインバード工業のパンツプレス SA-4625BL が安いですが、堅牢性を考慮に入れると、こちらが良いと思います。

 1万円前後の価格で比較的導入しやすい製品ですが、厚みのある生地などでなければ、その効果は高級機とは劇的には変わらず、お買得です。結構頑丈なので、ビジネスホテルなどの備品にも向くでしょう。


第5に、クリーニング代の節約などのため、最先端の技術を試してみたい方は、

 

 【白・LG styler

 14・スチームウォッシュ&ドライ S3WER
  ¥176,591 Amazon.co.jp   (4/8執筆時)

 

 【黒・LG styler

 15・スチームウォッシュ&ドライ S3RER
  ¥176,591 Amazon.co.jp   (4/8執筆時)

 LG stylerでしょう。価格と設置スペースさえ許せば、こちらがよいと思います。とくにズボンについて言えば、従来的なズボンプレッサーと同じで「おさえる構造」でズボンの折り目のケアまで可能です。

 それに加えて、脱臭やシャツのシワのケアまでできる点が便利です。

ーー

 以上、今回はズボンプレッサーの話でした。

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 16:07 | 生活家電

2018年04月07日

比較2018'【光熱費が安い!】小型洗濯機14機の特長とおすすめ【1人暮らし向け】(1):4.5kg 5kg 6kgクラスの激安洗濯機

【今回レビューする内容】2018年 1人暮らし向け小型洗濯機・小型洗濯乾燥機の性能・選び方:東芝・パナソニック・ハイアール・日立・シャープ:4.5kg 5.5kg 6kg 5kg1人暮らし向け2万円激安モデルなど 違いや口コミランキング

【紹介する製品型番】NA-F50B11-S NA-F60B11-N NA-F60PB11-T ES-TX5B-N ES-GE6B-W ES-GE5B-T ES-GE4B-C AW-5G6-W AW-6G5-W AW-45M5 JW-C45A-K JW-C55A-K JW-C55A-W NW-50B-W ZABOON AW-6D6 T

今回のお題
1人暮らしなどに向く小型洗濯機のおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、洗濯機の比較です。  

1・4.5キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜10キロの中型洗濯機

3・ドラム式洗濯機の比較

 201804070628.jpg 

 今回は、1回目の記事で、比較的格安なタテ型小型洗濯機の紹介をします。

 サイズとしては、1人暮らしから2人暮らし程度まで対応できるサイズです。もちろん、乾燥機付きの小型機も紹介しています。

 なお「まとめ洗い」に適した、大きめの7キロ・8キロ・9キロの洗濯機をお探しならば、2番の記事(こちら)をご覧ください。1人暮らしでも、1週間分まとめ洗いする方は、7キロでも良いです。

 201804070549.jpg

 なお、小型洗濯機でも、小型ドラム式洗濯機を探しておられる方は、上記3番の記事をご覧ください。

 以下では、いつものように、各機種を丁寧に紹介し、最後に、「結論」として、Atlasのおすすめ機種を提案していく形式で書いていきます。

1・洗濯機の選び方の基本

 デンキヤには、小型洗濯機だけでも多くの機種が並んでいます。

 性能面から「良い機種」を選ぶ場合、以下の4つの指標が重要になります。


 201804070638.jpg

 第1に、サイズです。

 1人暮らし用として人気なのは、4.5キロ・5キロ・6キロの洗濯機です。

 過度のまとめ洗いをしないならば、男性は4.5kg、女性は5kgクラスが一般的です。2人暮らしの場合や、「週末限定」で、洗濯をするようなかたについては、男女とも6kg程度の製品を買うと良いでしょう。

 なお、賃貸マンションの洗濯台は規格化されているので、6.0kgまでならば問題なく新居の洗濯台に設置できるでしょう。


 201804071040.jpg

 第2に、光熱費です。

 乾燥機の付属しない洗濯機の場合、電気代は大差ないので、問題は水道代です。

 高機能な機種は、節水に役立つセンサーが付属しており、水道代の節約が可能です。

 ただし、とくに高機能でもなく、水を節水している洗濯機の場合、洗濯時に糸くずが十分に取れないなどの難点があります。

 今回の記事では、そういった点を考慮しつつ比較するつもりです。


 201804070645.jpg 

 第3に、清潔性です。

 洗濯槽の裏は、水に常に使っているわけで容易にカビが生え、不潔です

 そのため、高性能機は、槽をステンレスにしたり、水穴をなくしたりして工夫を凝らしています。

 この点は、洗濯機を選ぶ場合に重要なので、今回は、詳しく説明していくつもりです。


 201804071444.jpg

 第4に、静音性です。

 洗濯機は「モーター」で回すので、騒音があります。

 小型洗濯機は「1人暮らし」の方も多いでしょうし、気を使う必要のある、夜間に回さざるを得ない場合もあるでしょう。

 そこで、今回は、インバーターモーターDDモーターなど、高性能で静かなモーターを利用している機種についても紹介していくつもりです。 

ーー

 というわけで、以下では、これら4点の要素を重視しながら、各メーカーの小型洗濯機を紹介していきたいと思います。

2・小型洗濯機の比較

 はじめに、乾燥機が付属しないタイプの小型洗濯機の紹介です。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめ機種ポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  

 【2017年】

 東芝 全自動洗濯機 5kg AW-5G6-W
  ¥34,155 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 99L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度・布量センサー
【騒音値】35/43db
 【風呂水ポンプ付き】
 2・
東芝 全自動洗濯機 6kg AW-6G5-W  
  ¥42,800 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)
【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 107L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度・布量センサー
【騒音値】35/43db

 AW-Gシリーズは、東芝から発売されている格安の小型洗濯機です。

 洗濯容量は、5kgと6kgモデルがあります。6kgについては、お風呂の水をくみ上げるための「風呂水ポンプ」が付属します。

 201804071059.jpg

 使用水量は、5kgの場合99L、6kgについては107Lとなります。他社と比べても平均値以上であり、光熱費的には問題なさそうです。

 こうした入門機の場合は特に、過度に使用水量が少ないと、糸くずが取りきれない場合があるため、過度の節水がない分、ある程度信頼性がおける側面があります。

 201804071055.jpg

 洗浄力の点では、東芝の「伝統」である浸透パワフル洗浄機能を搭載します。

 これは、最初に水を少なくすることで、高濃度の洗浄液を作って、汚れを落としやすくするという機能です。ただ、他社も基本装備する機能であり、あまり高度な技術でありません

 なお、こちらは、ネットに入れれば、毛布洗浄も可能です。

 201804071058.jpg

 センサーは、温度によって洗濯時間の短縮をはかる温度センサーが搭載されます。格安機の場合、センサーが使われない機種もありますが、東芝は充実します。

 さらに、布の絡み具合をチェックするからみまセンサー(布量センサー)も装備されます。からみまセンサーは、洗濯物を干す際に楽になる機能で、東芝の「売り」と言える部分です。

 乾燥機能は、「風乾燥」機能が付属します。

 風乾燥とは、脱水が済んだ少量の洗濯物(1キロ程度)に風を吹きかけて、簡易的に乾燥させるものです。完全に乾かないので、干す必要はありますが、乾く時間が短くて済みます。

 201804070645.jpg 

 ステンレス槽は、どの製品は、カビに強いステンレス槽が搭載です。清潔性の点では、メリット性が高いです。

 以上、東芝の小型洗濯機の紹介でした。センサーが充実しており、低価格機としては性能に期待できるモデルです。ステンレス槽が搭載となる5.0kg以上は特にお買得だと思います。

ーーー

 

 【2017年】

 3東芝 全自動洗濯機 4.5kg AW-45M5
  ¥30,400 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】4.2kg
【使用水量】 110L
【ステンレス槽】あり
【騒音値】38/45db

 なお、東芝からは、4.5kgモデルも販売されています。

 ただし、上で紹介した浸透パワフル洗浄機能や、温度センサー・からみまセンサーが不採用です。

 使用水量も、小型にもかかわらず、110Lと増加していることもありますし、選ばない方が良いでしょう。


  

 3・ハイアール 4.5kg JW-C45A-K 【黒】
  ¥21,800 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】4.5kg
【使用水量】 76L
【騒音値】

 4・ハイアール 5.5kg JW-C55A-K 【黒】
 5・ハイアール 5.5kg JW-C55A-W 【青】

   ¥22,980 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】
90L
【騒音値】
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 JW-Cシリーズは、ハイアールの販売する小型洗濯機です。国内他社の製品と比較して、非常に格安です。

 洗濯容量は、4.5lgと5kgの2種類です。

 同社の洗濯機の特長は省スペース性です。特に4.5kgのモデルは、高さが88.8センチと最小で、幅も50センチを切るサイズです。家庭で邪魔にならず置けるという点でも優れるモデルです。

 201804071119.jpg

 使用水量は、4.5kgタイプは、76リットルを実現しています。東芝の4.5Lは、110Lですから、節水性は高いです。5kgの場合も90リットルと節水性能は上々です。

 ただ、節水性の多いモデルは、糸くず残りの問題が多く発生しがちなので、すすぎは通常通り2回したほうが良いでしょう。

 201804071122.jpg

 洗浄力の点では、東芝の「パワフル浸透洗浄」に相当する、高濃度洗剤によるプレウォッシュ機能や、毛布洗浄コースが付きます。

 その上で、4.5kgについては4枚羽の、5.5kgについては、5枚羽の新型3Dウィングパルセータを装備します。これにより、洗濯槽内に効果的な対流を作り出します。各社ともパルセーターは工夫を凝らす部分ですが、ハイアールも独自の工夫を指定明日。

 センサーは、特段採用されません。この点は、価格が安いだけに、妥協しなければならない点です。

 201804070645.jpg  

 ステンレス槽は、こちらの機種は、4.5kg・5.5kgともに採用されています。洗濯機はカビやすいので、この点は清潔性の面ではかなり重要です。

 乾燥機能については、こちらも「風乾燥」機能が付属します。

 以上、ハイアールの小型洗濯機の紹介でした。

 使用水量が少なめな点、ステンレス槽が採用される点は、低価格機としてはかなり魅力です。1人暮らしはたいへんにお金がかかるものですから、予算を重視するならば、このモデルは良い選択肢でしょう。


  

 【2017年】

 6・日立 全自動洗濯機 NW-50B-W
  ¥35,653 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】122
L
【ステンレス槽】なし
【センサー】
【騒音値】34/54db

 NW-50Bは、日立の販売する小型洗濯機です。

 洗濯容量は、5.0kgのみの展開です。

 201804071119.jpg

 使用水量は、5kgで122Lです。節水性は全く重視されておらず、標準より大きく劣ります。

 洗浄力の点では、東芝の浸透パワフル洗浄機能と似た、高濃度洗浄液でプレウォッシュする「2ステップウォッシュ」が付属します。その他、毛布洗浄コースやおしゃれ着コースなど、一通り付属します。

 201804071131.jpg

 一方、日立は、大型で高機能な「ビートウォッシュ」では、新型の「ビートウイング」パルセーターを利用しますが、このクラスは、特段の工夫が見られません

 センサーも、この機種の弱点であり、採用されません

 ステンレス槽も、非採用であり、プラスチック系素材となります。

 乾燥機能については、こちらも「風乾燥」機能が付属します。

 以上、日立のNW-50Bはの紹介でした。水道代の点、センサーの点など目立ったメリット性がみられない機種です。

 あまり魅力的ではないので、選択肢にせずとも良いでしょう。


  

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-F50B11-S
  ¥35,949 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 114L
【ステンレス槽】あり
【センサー】
【騒音値】39/49db

 【バスポンプなし】

 8・パナソニック NA-F60B11-N
  ¥43,460 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

 【バスポンプ付属】

 9・パナソニック NA-F60PB11-T  
  ¥51,400 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 116L
【ステンレス槽】あり
【センサー】
【騒音値】37/46db

 NA-Fシリーズは、パナソニックの小型洗濯機です。

 洗濯容量は、5kg6kgから選択可能です。家庭用の小型機種となります。

 201804071119.jpg

 使用水量は、5kgで114L、6kgで116Lです。日立ほどではありませんが、ハイアールや東芝に比べるとやや節水力が落ちる仕様です。

 ただ、そのぶん、糸くず残りは少ないでしょうし、後述するように、洗浄力については高く期待できます。

 201509011325.jpg

 洗浄力の点では、ビックウイングパルセーターの採用が魅力です。

 ハイアールと方向性は逆ですが、大きめの3枚の羽根が水流のかくはんを促し、洗浄力を高めます。

 パナソニックは使用水量が10Lほど多めですが、水力とパワーを活かして、洗浄力は他社よりも高いです。洗い残しを極力避けたいと考えている方は、オススメです。

 201301221543.jpg

 ステンレス槽は、パナソニックも採用されます。

 また、東芝に採用されている、ステンレス槽、 槽洗浄・槽乾燥機能のほかに、脱水時に自動的に洗濯槽の裏の洗剤くずを振り落とす「カビクリーンタンク (上図)」を採用しています。これは、パナソニックの6万円以上の大型高級機にも採用されている高価な技術です。これは他機種に較べて大きなメリットでしょう。

 センサーは、この機種は実装されません

 同社は、センサーの利用が得意なメーカーですが、このクラスだと不採用ですね。節水効果よりも、洗浄力の信頼性を重視した設計なのかもしれません。

 201804071143.jpg

 このほか、柔軟剤の香りを残す「香りしっかりコース」の搭載が面白いポイントですね。

 以上、パナソニックの小型洗濯機の紹介でした。洗浄力については、小型洗濯機としては最高クラスでしょう。きちんと、糸くずなどを落としたいと考えている方は、このモデルを選ぶメリットは高いと思います。



【2017年型番】

10・SHARP 洗濯乾燥機 ES-GE4B-C
  ¥35,600 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】4.5kg
【使用水量】 95L
【ステンレス槽】
【センサー】
【騒音値】40/48db
 11・SHARP 洗濯乾燥機 ES-GE5B-T
  ¥37,573 Amazon.co.jp (4/7執筆時
【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】 98L
【ステンレス槽】
【センサー】
【騒音値】40/48db

 ES-GEシリーズは、シャープの小型洗濯機です。

 洗濯容量は、4.5kg5.5kgから選択可能です。

 201804071119.jpg

 使用水量は、4.5kgで95L、5.5kgで98Lです。東芝並みの水準であり、この部分で不満はありません。過度に節水しているとも言えない水準ですし、問題ないでしょう。

 洗浄力の点では、しかし、独自の工夫に乏しいです。高濃度洗剤で洗い始める機能こそ付属しますが、これは、他社でも標準ですし、見所に欠けますね。

 センサーは、この機種は実装されません

 201804071159.jpg

 ステンレス槽も、使われません。

 以上、シャープES-GEシリーズの紹介でした。下位機種であるので仕方ないですが、機能面は、あまり充実した作りではありません。同社から選ぶにしても、次に紹介するような上位機が良いでしょう。


  

 12・SHARP 洗濯乾燥機 ES-GE6B-W
  ¥43,280 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 80L
【ステンレス槽】穴なし槽
【センサー】
【騒音値】42/47db

 ES-GE6Bは、シャープの小型洗濯機の上位機です。

 洗濯容量は、6.0kgと少し大きめで、まとめ洗いにも対応できるサイズです。

 201804071208.jpg

 使用水量は、6kgで80Lです。この部分は、シャープが最も「売り」にしている部分です。シャープの場合、昔から、穴がない独自方式の槽を使っており、これにより高い節水効果を得ています。

 機能的な裏付けがある節水性ですので、ポイントは高いです。節水タイプですが浸される水の量は100Lクラスと同等なので、糸くず問題は発生しにくいでしょう。

 洗浄力の点では、引き続き、独自の工夫に乏しいです。大きめモデルだと、この部分にも、さらなる工夫がありますが、このサイズは展開されていないです。

 センサーは、この機種も実装されません

  201804071212.jpg

 ステンレス槽も、ステンレス穴なし槽が採用です。水が外側にでないため、カビが発生しにくい仕様です。この点では、パナソニックのカビクリーンタンクを上回るでしょう。

 以上、シャープES-GE6Bの紹介でした。穴なしステンレス槽が最大の魅力です。節水方面と、防かび方面両面に貢献する技術で魅力度は高いです。

 一方、洗浄力をアップさせる独自の仕組みは不採用ですが、「通常程度」の洗浄力をもち、その上で、水道代の節約とメンテの手間が軽減できるため、特に単身者などは選ぶ価値があります。


  

 13・東芝 ZABOON 6kg AW-6D6 T
  ¥58,239 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 88L
【ステンレス槽】穴なし槽
【センサー】
【騒音値】29/38db

 AW-6D6 T は、東芝の小型洗濯機の上位機です。「ザブーンシリーズ」に属します。

 洗濯容量は、6.0kgと少し大きめですが、まとめ洗いするならば、これくらい欲しいところです。

 使用水量は、6kgで88Lです。シャープの穴あき槽ほど徹底はしませんが、十分「節水モデル」と言って良い水準です。後ほど紹介するように、水流の部分で強い機種なので、糸くず残りの問題もないでしょう。

 201804071452.jpg

 洗浄力の点では、「浸透ザブーン洗浄」と呼ぶ仕組みが取られます。

 東芝は、下部のパルセーターに直結する自社のDDモーターのパワーを活かして、下部からかき回すように洗い水流を作り出します。

 パナソニックと同等クラスの工夫があると言えますが、効率よく洗えるため、使用水量はより少なめです。

 201804071058.jpg

 センサーは、温度によって洗濯時間の短縮をはかる温度センサーと布の絡み具合をチェックするからみまセンサー(布量センサー)も装備されます。

 東芝の下位機種同様に、この部分は充実します。また、東芝のパルセーターは、からみにくい水流も作るため、洗濯物を干す際の手間は、下位機種以上に軽減されます。

 ステンレス槽も、採用されます。

 201804071458.jpg

 なお、この機種は、DDモーターを採用しています。そのため、洗濯の際に29db、脱水時に38dbと小型洗濯機では、他社より圧倒的に静音性が確保されます。ワンルームマンションなどには最適でしょう。

 以上、東芝AW-6D6 Tの紹介でした。最も強調したいのは、「静音性」です。今回の記事では、それぞれの製品のスペック表に騒音値を書き出しましたが、比較すると、圧倒的に静かなのがわかります。

 洗浄力も「浸透ザブーン洗浄」を採用で期待できますし、節水性も良いです。欠点がほとんどないので、予算があればこれが良いでしょう。

3・小型の洗濯乾燥機の比較

 続いて、小型でタテ型の洗濯乾燥機を紹介します。

 ただし、6kg以下のサイズについては、シャープのみの展開です。


 

 14・SHARP 洗濯乾燥機 ES-TX5B-N
  ¥58,700 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【乾燥容量】3.5kg
【使用水量】 75L
【ステンレス槽】あり
【センサー】
【騒音値】40/46/47

 こちらは、シャープの洗濯機です。

 201804071221.jpg

 洗濯容量は、6.0kgと少し大きめで、まとめ洗いにも対応できるサイズです。

 多少高いですが、小型としては唯一、本格的な乾燥機能が付属する点が「売り」です。他社からは発売されていないので、小型で乾燥機能が欲しい場合はこちらが唯一の選択肢です。

 他社は、風を使った簡易的な乾燥機能だけですが、こちらはヒーターを使って完全に乾かせる乾燥機能が付属します。

 ただし、乾燥をしたい場合は、洗濯容量よりも少なめの洗濯容量は3.5kgまでとなります。

 容量が減るのは、ドラムの場合を含めて、標準的な仕様です。電気代は、洗濯〜乾燥時に60円ほどですので、コインランドリーよりだいぶ割安です。

 201611021908.jpg

 使用水量は、6kgで75Lです。こちらも、洗濯槽に穴がない「穴なし槽」を採用するため、5.5kgの機種としては使用水量76Lとかなり少なくて済みます

 洗浄力の点では、シャープの場合、このグレードでも、パナソニックほどの工夫は見られません。

 なお、洗濯においてシワ抑えコースというモードがあります。しかし、これを利用したい場合は、容量を2kgまでに抑える必要があります。

 201804071212.jpg

 ステンレス槽は、採用されます。もいろん、「穴なし槽」が採用されるので、洗濯槽の裏の黒カビなどが水に侵入することを防ぎます。また、パルセーターをはじめとする樹脂製の部品も抗菌・防かび加工がなされているため、清潔性は高いです。

 センサーは、この機種も実装されません。乾燥機能を付属させて、この価格にするためには、仕方ない部分でしょう。なお、東芝のような布量センサーこそありませんが、脱水終了時の運転速度を落とすことで、洗濯物の絡みを防ぐ機構は付属します。

 以上、シャープの小型洗濯機の紹介でした。

 乾燥機能が付属する唯一の小型洗濯機です。1人暮らしでも、乾燥機能が欲しい方は一定数いると思います。そういった方に、おすすめできる機種ですね。

今回の結論
小型洗濯機のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回の前編記事では、小型洗濯機について書いてきました。

 いつものように最後におすすめ機種をあげておきたいと思います。


 第1に、水道代が安い、1人暮らし向けの小型洗濯機としておすすめできる機種は、

  

 3・ハイアール 4.5kg JW-C45A-K 【黒】
  ¥21,800 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】4.5kg
【使用水量】 76L

 4・ハイアール 5.5kg JW-C55A-K 【黒】
 5・ハイアール 5.5kg JW-C55A-W 【青】

   ¥22,980 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【使用水量】
90L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 サイズ :★★★★☆
 
エコ性能:★★★★☆

 ハイアールの4.5kgの小型全自動洗濯機でしょう。この価格で、ステンレス槽を採用しているのは優秀ですから。使用水量も76Lとダントツ低いため、光熱費の面でのメリット性もあります。

 節水モデルは、それが過ぎると、糸くずが取りにくい部分もありますが、男性の1人暮らしのように、少量のシャツ・下着・パンツなどを洗うには十分な性能です。

 また、大事な服はクリーニングという人も多いでしょう。指定された量以上に押し込まず、一度に大量に洗わないように気をつければ大丈夫です。

 ただし、糸くずの点で心配がある方、女性や2人暮らしの方については、水量の点で余裕がある5.5kgを選んでも良いでしょう。


 第2に、ワンルームマンションなどで、洗濯機の騒音に配慮したいと考えている方は、

  

 12・東芝 ZABOON 6kg AW-6D6 T
  ¥58,239 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 88L
【ステンレス槽】穴なし槽
【センサー】
【騒音値】29/38db

 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★★★
 サイズ :★★★★★
 エコ性能:★★★★★

 東芝のザブーンシリーズのAW-6D6 T でしょう。

 DDモーターの採用で圧倒的に「静か」ですから。使用水量も少なめで経済性も良いですし、洗浄力も「浸透ザブーン洗浄」を採用する点で期待できます。

 また、布の絡み具合をチェックするからみまセンサー(布量センサー)と、からみにくい水流を出せる構造で、洗濯物を取り出すときの利便性も高まります。

 こういった点から、1人暮らしや共働きの方の「時短効果」は最も期待できる機種です。多少高いですが、本体は小さめながら、洗える容量は6kgと大きめですし、買って後悔のない機種の一つでしょう。

ーーー

  

 【2017年】

 東芝 全自動洗濯機 5kg AW-5G6-W
  ¥34,155 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 99L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度・布量センサー
【騒音値】35/43db

 【風呂水ポンプ付き】
 2・
東芝 全自動洗濯機 6kg AW-6G5-W  
  ¥42,800 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 107L
【ステンレス槽】あり
【センサー】温度・布量センサー
【騒音値】35/43db

 ただし、予算的に厳しい場合は、東芝の下位機種でも良いでしょう。

 静音性は、上位機種には及びませんが他社よりも配慮があります。機能面でも、ステンレス槽が採用されている上で、この価格の製品としては、センサー類がかなり充実しています。

 とくに、衣類の絡みつきを防ぐ「からみまセンサー」は、洗濯の仕上がりの面でも期待できます。


 第3に、糸くず残りが少なく、洗浄力が最も期待できる小型洗濯機としておすすめできるのは、

 

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-F50B11-S
  ¥35,949 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】5.0kg
【使用水量】 114L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 【バスポンプなし】

 8・パナソニック NA-F60B11-N
  ¥43,460 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

 【バスポンプ付属】

 9・パナソニック NA-F60PB11-T  
  ¥51,400 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】6.0kg
【使用水量】 116L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 カビ対策:★★★★★★
 静音性 :★★★★★
 サイズ :★★★★☆
 エコ性能:★★★★★

 パナソニックのNA-Fシリーズが良いでしょう。洗濯機で最も重要な「洗浄力」が高い機種だと思います。使用する水量は多めですが、冒頭に書いたように、節水性が高すぎる場合の弊害もあります。

 一度に多めに洗濯する方で、「絶対」糸くずを残したくないならば、こちらでしょうか。

 また、ステンレス槽、 槽洗浄・槽乾燥機能のほかに、脱水時に自動的に洗濯槽の裏の洗剤くずを振り落とす「カビクリーンタンク が付いており、メンテ性が高い点も評価できます。

 容量も5kgあるため、1人暮らしでもこの大きさがあれば、1回で終わるでしょう。

 サイズ的には、5kgで良いと思います。ただ、6kgならば、一週間のまとめ洗いもできるため、必要に応じてそちらを選びましょう。


 第4に、比較的小型で乾燥機が付いた洗濯機が欲しい方は、

 

 13・SHARP 洗濯乾燥機 ES-TX5B-N
  ¥58,700 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】5.5kg
【乾燥容量】3.5kg
【使用水量】 75L
【ステンレス槽】あり
【センサー】

 シャープの乾燥付き洗濯機でしょう。

 タテ型機種では、唯一、ヒーターによる乾燥機が付属する機種ですから。

 洗濯機能も、同社独自の「穴なし槽」を採用するなど、清潔性や、節水性の点で見所がありますので、「雨降りの際、たまに、乾燥機を使うだけ」という方にもおすすめできます。

 201804070549.jpg

3・ドラム式洗濯機の比較

 ただし、日常的に乾燥機能を毎回使う場合ですが、光熱費と言うよりも「洗濯しわの少なさ」の点で、圧倒的に小型ドラム式が有利です。

 サイズ的にも、賃貸住宅の洗濯台に入らないと「洗濯機が売れない」ので、タテ型と同じ規格で作っているので、たいていのご家庭で導入可能です。

 また、イメージ的に「室外に置けない」感がありますが、タテ型洗濯機と同じく、ベランダ置きも問題ありません。Atlasも(部屋の構造的に)大きなドラム式をベランダ置きしています。

 ネックは小型でも10万円を超える価格の高さですが、上述の点で、導入の選択肢から外している方は、検討しても良いとお思います。その場合は、上のリンク記事も、ぜひご参照ください。

補足:洗濯機の購入設置について

 最後に、通販で買う場合の、洗濯機の配送と設置法について解説します。

 最近は、Amazon直送のものについては、注文の過程で、組立・設置工事・家電リサイクル品の引き取りを依頼をすることが可能です。

 201704081858.jpg

 一方、Amazonのマーケットプレイスで購入される場合、それぞれの洗濯機のリンク先の「新品の出品」をクリックした先にある「コンディション欄」をみればセッティング対応業者を見つけることができます。

 (スマホから見る場合は、新品の出品クリック後に、右側の「>」マークをクリックします)

 201608012032.jpg

 設置は、給水部については、どの機種も給水ホースが付属します。ホース類は一般的な横水栓の蛇口や、上記のような自在水栓がマンションにあれば、素人でも簡単に取付可能です。

201608012036.jpg

 排水も、ベランダ取り付けならば、付属の排水ホースを付けるだけです。詳しい説明書があるため、まず、間違わずに付けられます。

ーーー

 なお、洗濯機のサイズについては、マンション用に規格化されている洗濯台に合うサイズになっていますので、小型の場合、基本的には「縦横の寸法」はどれも同一です。

 洗濯容量が多いモデルは、縦方向に高さを伸ばすことで容量をアップしています。

次回記事の予告!
まとめ洗いできる洗濯機・洗濯乾燥機のおすすめは?

 というわけで、今回の前編記事では、小型洗濯機を比較し、オススメ記事を書きました。

 次回の後編記事こちら】では、1人暮らしでも1週間分一気に洗濯をする人のために中型以上の洗濯機を紹介します。

1・小型冷蔵庫の比較
2・小型洗濯機の比較
3・小型テレビの比較
4・小型電子レンジの比較
5・小型炊飯器の比較
6・1人暮らしに必要な家電【まとめ】

 また、1人暮らしむけの家電については、以上のような記事もあります。

 とくに6番の記事は、「1人暮らしに必要なもの」をリスト的にまとめた記事ですので、新生活を送る予定の方は、ぜひご覧ください。

ーー

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter ・Facebook・ はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:23 | 生活家電

比較2018’【洗浄力が強い!】縦型洗濯機35機の性能とおすすめ・選び方【世帯・家族用】(2)洗濯乾燥機〜7kg 8kg 9kg 10kg

【今回レビューする内容】2018年 家庭用のタテ型全自動洗濯機の性能とおすすめ:世帯用の中型・大型の洗濯機・洗濯乾燥機の紹介・ランキング :日立・白い約束・ビートウォッシュ・東芝・ザブーン・シャープ・パナソニック

【紹介する製品型番】 NW-70B-W NW-80B-W AW-7G6-W ES-GV8B-S ES-GV9B-N ES-GV10B-T NA-FA70H5 NA-FA80H5 NA-FA90H5 NA-FA100H5 BW-V70B BW-V80B BW-V90B BW-V100B ES-TX8A ES-PX8B-P ES-PX9B-N ES-PX10B BW-DV80B BW-DV90B BW-DV100B BW-DX120BES-TX8B NA-FD80H5-N NA-FW80S5-N NA-FW90S5-N NA-FW100S5-N NA-FA120V1-S NA-FW120V1-S ZABOON AW-7D6-W AW-8D6-W AW-8V6-W AW-9V6-W AW-9SV6-W AW-10SV6-T AW-10SV6-W AW-9SD6-W AW-10SD6-T

今回のお題
まとめ洗いに適した家庭用タテ型洗濯機のおすすめ機種はどれだろうか?

 ども、Atlasです。

 今日はタテ型全自動洗濯機の比較です。

 201804070628.jpg

 ドラム式洗濯機に比べて、乾燥技術は劣るものの、洗浄力については、現在でも「それに勝る」といわれる実力のある白物家電です。

 タテ型全自動洗濯機は、「完成された家電」として性能に差がないように思えます。しかし、近年、洗浄力に関する新技術の投入が進んでおり、慎重に選べば、従来以上に快適に使える家電となりました。

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜10キロの中型洗濯機

3・ドラム式洗濯機の比較

 なお、洗濯機は数が多いので、このブログ「モノマニア」では、記事を3つに分けています。 

 今回は、上の表では2番の記事で、7キロ以上の中型のタテ型洗濯機の比較です。このサイズは、お子さんの多いご家庭や、1人暮らしでも1週間のまとめ洗いをしたい方に向いています。

 もし、1人〜2人暮らしの方で、さほどまとめ洗いをしない方ならば、より格安で、小型である、5キロ前後の小型洗濯機で十分です。その場合、お手数ですが、1番の記事【おすすめ小型洗濯機の比較記事】をご覧頂ければと思います。

1・洗濯機のサイズの選び方

 今回紹介する中型洗濯機は、サイズ的に、7kg・8kg・9kg・10kgがあります。

 洗濯機のサイズは、育ち盛りの子供が多くいるご家庭を除けば、まとめ洗いをする場合でも、8kgと7kgの機種が「売れ筋」です。

 Atlasも、「大きめが欲しい」ときかれた場合、「部屋の圧迫感」や「費用対効果」をふまえて、8kgか7kgを推薦する場合が多いです。

 201804070638.jpg

 なお、「タテ型洗濯機」の場合、サイズは、縦横寸法は、どの機種もほぼ共通で、容量によって洗濯機の高さだけが変わる仕様です。これは、賃貸や公団住宅などに設置される洗濯台の規格に対応させるためです。

 そのため、基本的には、どの中型洗濯機でも洗濯台に置けますから、買い換え時に多少大型を選ぶのは良いでしょう。

2・各社の洗濯機の比較

 はじめに、大きめの洗濯機のうち、ヒーターによる乾燥機能が付属しない機種について紹介していきます。

 なお、以下では、いつものように、高評価できるポイントについては「赤字」で、イマイチな点は「青字」で紹介していきます。


 
 
 【2017年型番】
 1・日立 白い約束 NW-70B-W 【7kg】
  ¥58,131 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)
【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】120Wh

【センサー】なし
【ステンレス槽】なし

 2・日立 白い約束 NW-80B-W 【8kg】
  ¥66,177 Amazon.co.jp (4/7執筆時)
【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 120L
【標準電力量】125Wh
【センサー】なし
【ステンレス槽】なし

 「白い約束」シリーズは、日立の洗濯機の入門機となります。なお、後ほど紹介する日立の上位機種の「ビートウォッシュシリーズ」とは洗浄方法が異なるので注意が必要です。

 サイズは、7kg用8kg用が発売されています。8kgは水の使用量も多いため、3-4人程度の世帯ならば7kgが良いです。一方、その人数で1週間まとめ洗いするならば、8kgが良いでしょう。

 使用する水量は、7kg108L8kgが120Lです。決して、節水タイプの洗濯機ではないですが、昔に比べれば「さほど無駄遣い」もしておらず、標準的な水量と言えます。

 消費電力量は、7kg120Whです。乾燥機を使わないタイプとしては標準的な電気使用量です。

 201804070643.jpg

 洗浄力の点では、シャワー浸透洗浄という機能が搭載されるのが魅力です。これは、「少ない水で溶かした高濃度洗剤液を衣類にしみ込ませたあと、シャワーをかけながらしっかり洗う」という機能です。

 こうした機能は10年以上前の洗濯機から導入されていているものなので、お馴染みでしょう。そのほかはとくに見るべき点はありません。

 201804070645.jpg

 清潔性の点では、この機種はやや劣ると言えます。

 というのも、ステンレス槽が採用されていないからです。ステンレス槽の有無は、下位機種と中位機種をわける重要な指標です。そのため、採用されていないのは残念な部分と言わざるを得ないでしょう。

 以上、 日立の洗濯機の紹介でした。

 価格面ではかなり安くお買得なので、とりあえず、洗えれば良い格安の洗濯機を探している方にはオススメできます。ただ、機能的にはイマイチです。


  

 【2017年型番】

 3・東芝 AW-7G6-W【7kg】
   ¥42,169 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 113L
【標準電力量】125Wh(60Hz)
【センサー】布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 AW-7G5-は、東芝の洗濯機です。こちらも格安な機種として割と売れているモデルです。

 サイズは、7kg用が発売されています。4人世帯ほどまで対応できるでしょう。

 使用する水量は、7kg111Lです。日立に比べると使用水量がすこし多い機種です。

 ただ、タテ型洗濯機は、たいした工夫がなく節水が過ぎるタイプだと綿ほこりが取り切れないため、この程度が良いのかもしれません。消費電力量と静音性は、一方、東芝の方が僅かに優秀です。いずれにせよ僅差で甲乙付けがたい性能です。

 消費電力量は、7kg125Whです。同じ要領で較べた場合、やはり東芝の方が消費電力量は高めと言えます。

 201611021744.jpg

 洗浄力の点では、多彩なセンサーが採用されている点が注目です。

 センサーは、からみまセンサー(布量センサー)と 温度センサーが搭載されており、効果的に洗浄を制御しています。前者は、脱水後に洗濯物が絡んでしまう状況を、時間制御でコントロールする機能です。後者は、とくに、暖かい時期の実際の消費電力量の低減に効果を発揮します。

 201804070648.jpg

 加えて、洗濯開始時に少量の水で洗剤を溶かして濃く洗い出せる、パワフル浸透洗浄機能が、日立同様に搭載されていますね。

 201804070645.jpg 

 清潔性の点では、この価格帯でステンレス槽採用されている のが大きな魅力と言えるでしょう。基本的な槽洗浄・槽乾燥機能も標準装備されています。

 以上、東芝の洗濯機の紹介でした。比較的価格の安いもののうち、世帯向けの大きめな洗濯機では、多彩なセンサーとステンレス槽の採用で魅力が高い機種です。

 消費電力と水量は加塚に高いですが、このあたりは、「綿ぼこりの取れる量(=パワー)」とバーターになるため、一概にデメリットとは言いにくい部分があります。パワフルさで選ぶならばよい選択肢でしょう。


 

 【2017年】

 4・シャープ ES-GV8B-S 【8kg】
  ¥64,439 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 85L
【標準電力量】67Wh(60Hz)
【センサー】重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

 【2017年】

 4・シャープ ES-GV9B-N 【9kg】
  ¥82,269 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 95L
【標準電力量】90Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

 【2017年】

 4・シャープ ES-GV10B-T 【10kg】
  ¥77,629 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 105L
【標準電力量】98Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位センサー
【ステンレス槽】なし

 こちらは、シャープのES-GV8AES-GV8 です。シャープの新型の洗濯機ですね。

 サイズは、8kg用9kg用10kg用が発売されています。

 使用する水量は、8kgは水の使用量が85L9kg95L10kg105Lといずれもかなり節水性が高いと言えます。

 消費電力量は、8kgは水の使用量が67whL9kg99Whと、10kg98Whと、電気代の面でも高水準の省エネモデルです。いずれも他社に比べてかなり光熱費が安いと言えます。

 センサーは、この機種の場合、重量センサーと水位センサーを搭載しています。上述のように経済性が良いのは、こうしたセンサーを活かしているからです。

 201311111401.jpg

 これは、シャープが独自の「穴なし槽」構造を採用しているからです。穴がない構造はシャープの独自技術でとくに水道代の抑制に貢献します。

 201311111403.jpg

 洗浄力の点では、「ドルフィンパル」という独自構造が魅力です。

 これは、上下方向にも水流を起こすことでもみ洗い効果を上げる仕組みです。ただ、後ほど紹介する日立のビートウォッシュのように、叩き洗いは再現されていません。一方、センサーは、重量・水位センサーが採用されます。東芝と同等と言えるでしょう。

 清潔性の点では、やや惜しいのですが、ステンレス槽は採用されていないモデルです。

 シャープにはステンレス槽採用の「穴なしモデル」もあるため、こちらは単なるコスト削減のためでしょう。ただ、穴なし槽はもともとカビが生えにくい構造と言えますし、それに変わって銀イオンによるカビ抑制機構で、洗濯槽の裏の汚れを抑制する仕組みが採用されています。ステンレス槽ではない次善の策として、清潔面で効果的でしょう。

 静音性の面では、このグレーの機種の場合インバーターモーターを採用しており、静かさもある程度期待できます。

  以上、シャープの洗濯機の紹介でした。

 「光熱費の安さが取り柄」の同社を代表する「穴なし層洗濯機」です。節水性が強いタイプは、「綿ぼこり」が取りきれない点が心配です。

 しかし、構造的な利点でそのような心配は少ない機種です。多少価格が高い面と、やはり、ステンレス槽の不採用は残念ですが、とくに光熱費の面ではバランスが取れた家庭向きの機種でしょう。


 

 【2017年型番】

 6・パナソニック NA-FA70H5 【7kg】
  ¥67,802 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】52Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 7・パナソニック NA-FA80H5 【8kg】
  ¥72,888 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 97L
【標準電力量】55Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 8・パナソニック NA-FA90H5 【9kg】
  ¥84,616 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 102L
【標準電力量】57Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 8・パナソニック NA-FA100H5【10kg】
  ¥94,286 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 110L
【標準電力量】60Wh(60Hz)
【センサー】
水温センサー
【ステンレス槽】あり

 つづいて、パナソニックのエコナビ搭載全自動洗濯機の紹介です。

 サイズは、こちらの場合、8kg用から10kg用が発売されています。

 使用する水量は、7kgは水の使用量が92L8kg97Lと、シャープより多少水量を使いますが、一定の節水性はあります。

 消費電力量は、7kg52whL、8kg55Whと、こちらについては、シャープの水準より一回り省エネで、かなり電気代は安いと言えます。9L以上のサイズも、やはり同じように省エネです。

 センサーは、パナソニックの場合は、水温センサーを搭載し、それを利用した節電・節水機能で省エネを実現しています。こうした省エネ性能を同社ではエコナビと呼んでいます。

 201804070704.jpg

 洗浄については、上位機種でも人気の「あわ洗浄機能」が搭載されます。

 Panasonicの場合、泡立て用の特別な水路設計があり、水を高圧で吹き付けることで泡を発生させています。さらに、洗濯中にも、左右の吐出口から水を拭きだし、泡をムラ無く浸透させる構造となっています。

 201804070706.jpg

 内桶のそこのパルセーターが二重構造で、衣類の絡まりを防ぎつつ、衣類をより動かして、洗浄力をアップさせる仕組みが取られます。

 全体としては、「泡立て器」のような構造といえ、泡を大量に作成し、槽上部から泡を注いで衣類全体を包むような仕組みのため「あわ洗浄機能」とパナソニックは名付けています。

 これは洗浄液が下部に集中してしまうパワフル浸透洗浄機能の弱点を克服しており、洗浄能力の点ではより優れている言えるでしょう。毛布洗いも対応します。

 201804070658.jpg

 なお、10kgモデルに限っては、泡を発生させる循環ポンプを持つため、泡の発生量は多いです。そのため、泡洗浄Wという別の機能名が付いています。

 また、面白い部分では、「柔軟剤の投入前にすすぎ行程を入れ、柔軟剤の効果を高める」という「フレグランスコース」も加わりました。

 201804070711.jpg

 清潔性の点では、ステンレス槽が採用されています。

 また、カビが生えにくいように、洗濯ごとに自動で洗浄する機能と、カビに強いカビクリーンタンクも搭載され、総合的にシャープの穴あき層に勝るとも劣らない性能と言えます。

 静音性の面では、このグレードの機種の場合インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できるでしょう。

 以上、パナソニックのエコナビ搭載全自動洗濯機の紹介でした。

 ステンレス槽・エコナビ(省電力・節水)・特長のある洗浄機能という、タテ型洗濯機として備わって欲しい部分は網羅しています。

 前述のシャープの洗濯機とどちらを選ぶのかは難しい選択肢ですが、ここは、省エネ性とステンレス槽の安心感を重視すれば、こちらだと思います。もちろん、専用の機構を施した「あわ洗浄機能」も技術的に面白いですし、カビに強いカビクリーンタンクも魅力です。

 また、水量が少ないモデルですが、水流を工夫することで節水、節電を行う仕組みのため、糸くずの取り残しの問題は起こりません。能的にも充実しており、買って間違いないモデルの一つと言えます。


 

 【2017年型番】

 10・日立 ビートウォッシュ BW-V70B
   ¥65,196 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 90L
【標準電力量】61Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 11・日立 ビートウォッシュ BW-V80B
   ¥72,528 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】62Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 12・日立 ビートウォッシュ BW-V90B
   ¥81,305 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】63Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 13・日立 ビートウォッシュ BW-V100B
   ¥86,740 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】65Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 こちらは日立の上位機種「ビートウォッシュ」です。最初に紹介した同社の「白い約束」シリーズとは違い、かなり高機能になります。。

 サイズは、パナソニックと同じで、8kg用から10kg用が発売されています。

 消費電力量は、7kg61whL8kg62Whです。パナソニックこそ及びませんが、非常に高性能といえます。

 使用する水量は、7kgは水の使用量が90L8kg92Lです。シャープにこそ及びませんが、十分に節水モデルといってよい優秀なモデルです。

 なお、洗濯というのは、1回にかかる光熱費は、電気代よりも水道代のが高いです。そのため、どちらを重視すればよいかといえば、水量の節水性です。

 ただ、タテ型洗濯機の場合、構造上の問題で、節水性が「綿ぼこりの残量」に比例するところがあります。

 その点で言えば、節電性・節水性は、上位機の中では中間的ですが、後ほど書くような、強力な洗浄機器を持つため、綿ぼこりが残りにくさについては、この機種は、最も優れます。

 センサーは、特段の記載がありませんが、ファジーに稼働しているので、何らかのセンサーは搭載されていそうです。

 

 201311111251.jpg

 洗浄については、何をさておき、「ビートウォッシュ」がこの機種の最大の魅力です。

 従来の縦型洗濯機は、ため洗いしかしませんでした。しかし回転盤の形を工夫することで、こちらは、「叩き洗い」「もみ洗い」をドラム式のように再現することに成功しています。また、この構造は、先ほど書いた節水性の向上にもつながる技術です。

 201509011237.jpg

    もう一つの魅力は、「ナイヤガラシャワーです。がこれは、大量の水量を循環させることで、すすぎ残しを防ぐ効果が期待できます。節水性の高い機種の、もう一つの問題点はこの部分ですが、このような手法で日立は解決を目指しました。

 201804070720.jpg

 清潔性の点では、カビに強いステンレス槽採用されています。

 それに加えて、洗濯中に、洗濯槽の裏側などの見えない部分に付着した汚れ(皮脂汚れ、洗剤カス、菌、黒カビの胞子など)をきれいな水で洗い流すという「自動お掃除機能」が採用されています。

 パナソニックにも付属する清潔機能で、「穴あり槽」の場合は、高級機で必須ともいえる機能ですね。

 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できます。

 以上、日立ビートウォッシュBW-70WV」の紹介でした。洗浄力の点では、独自技術の採用で他社に比べて、汚れ落ちがの部分で一段と期待できる機種です。節水性・節電性もそこそこ優秀な機種です。

 ただ、他社に比べると、節電に関するセンサー類が未搭載ですので、中身の量や質に応じたファジーな運転は多少苦手と言えるかもしれません。でも、力強く汚れを落としきる力は一番です。


 なお、10Lモデルの上位機だけは、外観デザインも違います。こちらについてだけは「ガラストップ」が採用されて、高級感があります。


 

 【2017年型番】

 14・東芝 ZABOON AW-7D6-W
   ¥61,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 98L
【標準電力量】79Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 15・東芝 ZABOON AW-8D6-W
   ¥65,336 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】82Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 こちらは、東芝の高性能機である「ザブーン」シリーズです。懐かしいブランド名ですが、2017年から「復活」しました。

 サイズは、7kg用8kg用が発売されています。

 消費電力量は、7kg79whL8kg82Whです。多少動かすのにパワーを使う仕様ですが、気にするほどではないですね。

 使用する水量は、7kgは水の使用量が90L8kg92Lです。こちらについても、他社の上位機より、わずかですが多めの水準です。

 センサーは、布量・ 温度センサーを搭載です。東芝の下位機種と同じ構成です。

 201804071257.jpg

 洗浄については、他社の「いいとこ取り」をした作りに思えます。左右非対称の羽根「ザブーンパル」の工夫で強烈な水流を作り出しつつ、シャワーで上から洗剤を吹き付ける構造です。

 ただし、それらを駆動する、DD(ダイレクトドライブ)モーターは、20年ほど前から東芝が培ってきた技術で、それを活かした構成です。

 201804071307.jpg

 清潔性の点では、カビに強いステンレス槽採用されています。ちなみに、クリスタル状の突起が目立ちますが、これは、「スタークリスタルドラム」と呼ばれる仕組みで、「もみ洗い」効果を期待してのものです。

 また、東芝は、「自動お掃除モード」を備えています。これはすすぎに利用した水を高速回転させて、外槽まで掃除する仕組みです。余分な水を使わない点で良い仕組みでしょう。

 201804071312.jpg

 静音性の面では、DDモーターが功を奏して静音性が期待できます。日立のインバーターモーターも同水準に静かですが、洗いの際の騒音は、東芝がかなり上回ります。脱水音は同水準です。

 以上、東芝の「ザブーン」シリーズの紹介でした。「ビートウォッシュ」の強力なライバルでしょう。洗浄力、清潔性、静音性など多くの点で互角です。

 外観はガラストップ仕様である分東芝が綺麗ですが、光熱費の水準は、やや不利な部分もあり、一長一短ですね。最終的な「オススメ」がどちらか?については、最後にまとめようと思います。


  

 【2017年型番】

 16・東芝 ZABOON 9kg AW-9SD6-W
   ¥81,615 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 112L
【標準電力量】87Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 17・東芝 ZABOON 10kg AW-10SD6-T
   ¥91,200 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 119L
【標準電力量】87Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 こちらは、東芝の高性能機である「ザブーン」シリーズの上位機です。

 サイズは、9kg用10kg用が発売されています。

 消費電力量は、いずれのモデルも87whLです。やはり、日立に比べると、多少動かすのにパワーを使う仕様です。

 使用する水量は、9kgは水の使用量が112L8kg119Lです。他社にくらべて、やはり、光熱費は多めの水準と言えます。

 センサーは、こちらも、布量・ 温度センサーを搭載です。

 201804071324.jpg

 洗浄については、左右非対称の羽根「ザブーンパル」が採用される点は同じです。

 ただ、1マイクロメートルの極小のウルトラファインバブルを発生させ、洗剤の洗浄成分を強化するウルトラファインバブル発生にこの機種から対応となっています。

 パナソニックの「泡洗浄W」と似ていますが、こちらは、「泡を増やす」という言い回しではないですね。洗剤を吹き付けて浸透させることを重視しているようです。

 また、上から洗剤を吹き付けるシャワーの流量も下位機種の2倍です。

 201804071307.jpg

 清潔性の点では、カビに強いステンレス槽採用されています。自動お掃除モードも搭載です。

 静音性の面では、洗濯時の稼働音が下位機種より3デシベルほど悪化していますが、それでも静かな水準です。

 以上、東芝の「ザブーン」シリーズの上位機の紹介でした。「ビートウォッシュ」のような強力なもみ洗い機構に、パナソニック的な「洗剤浸透技術」を合わせてきた機種です。

 ランニングコストはやや不利な部分がありますが、そういった意味では、総合力は期待できる機種です。


  201804070914.jpg

 【2018年型番】

 18・パナソニックNA-FA120V1-S 【12kg】
 18・パナソニックNA-FA120V1-W【12kg】

   ¥214,920 楽天市場(ビックカメラ) (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 150L
【標準電力量】98Wh(60Hz)
【センサー】
水温
【ステンレス槽】あり

 FAシリーズは、パナソニックの洗濯機の最上位ラインです。タテ型では、2018年に登場した久しぶりの「完全な」新機種です。サイズ的には12kgのみの展開です。

 201804070928.jpg

 デザイン的には、上部にビッグクリアウィンドウを採用しており、中身が確認できます。フラットデザインは、タテ型の高級機で最近流行しています。

 201804070921.jpg

 使用する水量は、12kgで150Lです。消費電力量は、98Whです。いずれも、最上位機として見た場合優れませんが、これは、コインランドリーのように、温水で洗う機能が付属するためです。

 毛布も6kgまで選択可能ですので、使い勝手は良いでしょう。

 センサーは、こちらも水温センサーが搭載です。

 201804070922.jpg

 洗浄については、「泡洗浄W」機能に加え、下位機種に準じますが、温水洗浄機能に対応するため「温水泡洗浄W」という名前に変更されています。

 注意点としては、40度以上のコインランドリークラスの温水にする場合に、光熱費が高い点と、洗濯容量が6kgに制限される点、運転時間が長めの点です。ただ、温水の洗浄効果は、正直期待値が高いため、それでも導入したい方は多いでしょう。

 清潔性静音性の面では、下位機種と同じ水準です。ただし、シャープのプラズマクラスターに相当するナノイーがこちらには付属です。

 以上、パナソニックのFAシリーズの紹介でした。「温水」という新機軸が魅力です。同社のドラム式洗濯機では先行的に採用されていた技術をタテ型にも持ってきた形ですが、洗浄力は期待できるでしょう。

 ただし、弱点が見受けられるのも確かなので、評価は大きく分かれそうな機種です。

ーーー

 以上、ここまでは、乾燥機のない洗濯機を紹介してきました。

 最終的な「オススメ機種」については、洗濯乾燥機の比較を済ませてから提案します。

 一方、乾燥機付きの比較検討は「不要」と考えている方は、この先は飛ばして【結論編】をご覧ください。

3・各社の洗濯乾燥機の比較

 つづいて、ここからは、ヒーターによる本格的な乾燥機能が付属する「洗濯乾燥機」を紹介します。


 

 【2017年型番】

 19・シャープ ES-TX8B 【8kg】
   ¥81,323 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 75L/85
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】重量・水位・温湿度

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-TX8シリーズは、シャープの洗濯機乾燥機です。乾燥機能が付くタイプとしては安いので人気があります。

 なお、乾燥を使う場合は洗濯物の量は4.5kgまでしか対応しないので注意しましょう。洗濯乾燥を同時にする場合、実際よりも少なめに入れないといけません。 

 使用する水量は、洗濯時水の使用量が85Lとなります。節水性は、洗濯機能のみの機種から引き続き高いと言えます。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、1600Whと、1回の利用で50円弱の電気代が必要です。

 センサーは、通常モデル同様に重量・水位センサーを搭載します。加えて、乾燥用に湿度センサーも搭載です。

 201311111403.jpg

 洗浄については、シャープの通常機と同じで、上下方向にも水流を起こすことでもみ洗い効果を上げる仕組みでの「ドルフィンパル」が採用されています。

 ただし、日立のビートウォッシュのように、叩き洗いは再現されていません

 201311111401.jpg

 清潔性の点でも、シャープの下位機種と同じで、カビに強い「穴なし槽」を採用します。

 ただし、ステンレス槽はこちら未採用です。

 また、カビの繁殖を抑えるためのプラズマクラスターイオン放出機能が付属するのが、目新しいです。一般的に、こうしたマイナスイオン発生装置は、密閉空間に限定すればそれなりに効果があるため、洗濯機との親和性は高いでしょう。

 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用しており、静かさも期待できます。

 以上、シャープのES-TX8シリーズの紹介でした。

 乾燥機能が付属する機種としては比較的格安な機種です。ただ、洗濯機のみの機種と比べて割高ですし、洗濯面での技能向上は見られない、という機種ですね。そうした面では、なかなか、「おすすめ」とは言いがたい部分もあります。


  

 【2017年型番】

 20・シャープ ES-PX8B-P 【8kg】
 20・シャープ ES-PX8B-S 【8kg】  
   ¥98,700 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 85L
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位・温湿度・光
【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 【2017年型番】

 21・シャープ ES-PX9B-N 【8kg】
   ¥110,442 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 95L
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位・温湿度・光
【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-GXシリーズは、シャープの洗濯機乾燥機の中位機種です。ラインナップは8kg9kgの2種類です。

 外観については、日立のようなガラストップを採用しています。

 使用する水量消費電力量は、先ほど紹介した下位機種ES-TX8シリーズと同じです。とくに、水量の節約度は高いと言えます。

 201804070747.jpg

 センサーは、重量・水位・湿度センサーに加えて、光センサーを搭載します。こちらは、洗剤の透明度を監視する物で、とくに、液体洗剤を利用する場合に効果を発揮し、自動的に「すすぎ1回」とします。

 201704081753.jpg

 洗浄については、こちらの場合、「ドルフィンパル」に加えて、パワフルシャワー機能を搭載しています。

 こちらは、水量が少ない段階で、洗濯物を濃い洗剤のなかに押し込み、洗浄力を強化する仕組みです。単に濃い洗剤で洗うのではなく、シャワー水流を使うぶん、通常よりも強力と言えます。

 201804070736.jpg

 また、温風で衣類と温度を温めて洗剤を活性化する「温風プラス洗浄」で付属します。ただ、ガンコ汚れコースのみの対応で、洗濯容量も2kgまでという制限があります。

 同様に、「シャツのシワをおさえるシワ抑えコース」もこの機種からの搭載です。使えそうな機能ですが、1kgまでの洗濯時に有効で、温風以上に利便性は高くないです。

 なお、清潔性の点と静音性の面は、下位機種と同じです。その他の点では、ココロエンジン採用で、洗濯機が「喋る」点も相違点です。

 以上、シャープの洗濯乾燥機ES-PX8シリーズの紹介でした。

 下位機種に比べると、パワフルシャワー機能と搭載とガラストップの外観が大きな相違点です。そのため、洗濯能力とデザイン性はこちらが上位です。そこに「プラスアルファ」の価値を見いだせる方は、こちら絵を選ぶのも良いと思います。


   

 【2017年型番】

  22・シャープ ES-PX10B 【10kg】
   ¥131,876 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 105L
【標準電力量】1850Wh(60Hz)
【センサー】
重量・水位・温湿度・光
【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 ES-PX10A は、シャープの洗濯機乾燥機の最上位機種です。ラインナップは10kgのみです。


201804070759.jpg

 外観については、こちらもガラストップを採用します。一方、この機種は、庫内LED灯が装備され、洗濯状況を視認できるような工夫があります。

 使用する水量105L消費電力量は、1850Wです。

 消費電力が上がっているのは、こちらの機種は下位機種・中位機種が4.5kgまでの乾燥対応に対して、5kgまでの乾燥に対応するからです。

 センサーは、重量・水位・湿度・光センサーと、下位機種と同等の水準です。

 201804070801.jpg

 洗浄については、こちらの場合も、「ドルフィンパルパワフルシャワー機能」が搭載です。

 もちろん、温風プラス洗浄が付属します。ただ、下位機種の場合と同じく、ガンコ汚れコース(最大2kg)のみの対応です。

 以上、シャープの洗濯乾燥機の上位機種の紹介でした。

 下位機種に比べると、ガラストップの採用という美観の部分5kgまでの乾燥に対応する点がパワーアップした点です。この2点に魅力を感じないならば、下位機種で良いですね。


 

 【2017年型番】

  23・パナソニック NA-FD80H5-N 【8kg】
   ¥104,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 97L/110
【標準電力量】1960Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 NA-FD80H5は、パナソニックの洗濯機乾燥機です。同社では最も安価な洗濯乾燥機となります。

 使用する水量は、洗濯時水の使用量が97Lとなります。節水性は、シャープに及ばないものの、高い水準をキープしています。

 消費電力量は、しかしながら、洗濯〜乾燥までの場合、1960Whです。シャープと比べると、2割ほどスペックが悪いと言えます。

 センサーは、このモデルの場合、同社のエコナビに未対応で、節電・節水効果はありません。

 201804070835.jpg

 洗浄については、先ほど紹介した「あわ洗浄機能」が搭載されます。ただし、洗濯乾燥機の上位機種として追加された機能はなく、この部分は、乾燥機のない機種と同等水準です。とはいえ、ひきつづき、高い洗浄力は期待できます。

 清潔性の点では、こちらも、ステンレス槽が採用されています。もちろん、カビに強いカビクリーンタンクも搭載されており、安心感があります。

 静音性の面でも、インバーターモーターを採用しており、期待できます。

 以上、パナソニックのNA-FD80H5の紹介でした。洗浄力は期待できる機種ですが、乾燥機能の部分での節電性があまり良くないのがネックです。乾燥性能の部分で独自の工夫もありませんので、魅力度は低いです。


 

 【2017年型番】

 24・パナソニック NA-FW80S5-N 【8kg】
 24・パナソニック NA-FW80S5-W 【8kg】
   ¥118,753 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 117L
【標準電力量】1960Wh(60Hz)
【センサー】
水温・衣類の質
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

【2017年型番】

 25・パナソニック NA-FW90S5-N 【9kg】
   ¥139,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 122L
【標準電力量】1960Wh(60Hz)
【センサー】
水温・衣類の質
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

【2017年型番】

 26・パナソニック NA-FW100S5-N 【10kg】
   ¥150,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 125L
【標準電力量】2290Wh(60Hz)
【センサー】
水温・衣類の質
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5kg
 NWシリーズは、パナソニックの洗濯機乾燥機の上位ラインです。

 使用する水量は、洗濯時水の使用量は、8kgで97L、9kgで122L、10kgで125Lです。下位機種とほぼ同水準です。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、8kgと9kgで1960Wh、10Kだと2290Whです。やはり、シャープと比べると、2割ほどスペックが悪いです。ただし、10kgモデルについては、5kgまでの乾燥対応となります。

 201804070901.jpg

 センサーは、ただし、このグレードからエコナビ対応になります。洗濯機でもみた水温センサーのほか、乾燥機用に衣類の質を感知するセンサー(温度差検知センサー)を搭載します。シャープの上位機とほぼ同等でしょう。

 201804070658.jpg

 洗浄については、引き続き、「あわ洗浄機能」が搭載されます。ただし、10kg対応の最上位機は、泡を発生させる循環ポンプを持つ泡洗浄W対応機です。

 清潔性静音性の面では、下位機種と同じ水準です。

 以上、パナソニックのNA-FD80H5の紹介でした。エコナビに対応する機種ですが、引き続き、乾燥機能の部分での節電性があまり良くないのがネックです。乾燥部分に新機軸がないため、やはり選びがたいです。

次回に続く!
タテ型洗濯機のおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回は、タテ型の洗濯機を紹介してきました。

  

 【2017年型番】

 27・ビートウォッシュ BW-DV80B  【8kg】
   ¥107,300 Amazon.co.jp (4/7執筆時
 28・ビートウォッシュ BW-DV90B 【9kg】
   ¥125,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時
 29・ビートウォッシュ BW-DV100B   【10kg】
   ¥127,100 Amazon.co.jp (4/7執筆時
 30・ビートウォッシュ BW-DX120B 【12kg】
   ¥134,800 Amazon.co.jp (4/7執筆時
 31・東芝 ZABOON AW-8V6-W
   ¥77,585 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)
 32・東芝 ZABOON AW-9V6-W
   ¥75,554 Amazon.co.jp (4/7執筆時)
 33・東芝 ZABOON 9kg AW-9SV6-W
   ¥107,600 Amazon.co.jp (4/7執筆時)
 34・東芝 ZABOON 10kg AW-10SV6-W
   ¥124,874 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

 35・パナソニックNA-FW120V1-S 【12kg】
   ¥279,720 楽天市場(ビックカメラ) (4/7執筆時

 次回の記事【こちら】では、今回紹介しきれなかった以上の機種を紹介します。

 そして、その上で、今回紹介してきた全機種から、最終的なAtlasのおすすめ機種を、価格別、目的別で提案したいと思います。

 次回の記事は→こちら!

 最後になりましたが、前半記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:30 | 生活家電

比較2018’【洗浄力が強い!】縦型洗濯機35機の性能とおすすめ・選び方【世帯・家族用】(3)

前回からの続きの記事です。前編は→こちら

今回のお題
家庭用タテ型洗濯機のおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。

 今回は、タテ型洗濯乾燥機の比較をしています。前半では、30機種あまりの洗濯機を比較してきました。【こちら

 今回の後半では、紹介しきれなかった機種を数台比較した後、最終的なAtlasのおすすめ機種を提案します。

3・各社の洗濯乾燥機の比較(続き)

 

 【2017年型番】

 27・ビートウォッシュ BW-DV80B  【8kg】
   ¥107,300 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】1670Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

【2017年型番】

 28・ビートウォッシュ BW-DV90B 【9kg】
   ¥125,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】1730Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.0kg

【2017年型番】

 29・ビートウォッシュ BW-DV100B   【10kg】
   ¥127,100 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1980Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.5kg

【2017年型番】

 30・ビートウォッシュ BW-DX120B 【12kg】
   ¥134,800 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】12.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1890Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 6kg

 こちらは、日立ビートウォッシュ洗濯乾燥機です。

 日立は、昔から、タテ型の洗濯機に技術を最も注力してきたメーカーです。こちらの機種も、乾燥部分も力が入った製品ですね。

 201804070549.jpg

 なお、ドラム式斜めドラム式の洗濯乾燥機の場合は、設置の際に背が高いので、洗濯機の真上に水道の蛇口がある場合、設置が不可能です。また、既存の洗濯機台にサイズ的に設置できない場合もあります。

 しかし、タテ型の洗濯乾燥機は、そういったトラブルがないので安心です。ただし、最新式のドラム式とことなりヒートポンプが採用されていないため、ドラム式に較べると、電気代はやや高い傾向(1回の洗濯で40円ほど)になります。

 乾燥容量は、シャープに比べると多少多いです。

 8kgモデルは乾燥4.5kgまでですが、9kgは5キロ10kgは5.5kg、そして、業界最大クラスの12kgは6kgまでの乾燥に対応します。本格的に乾燥機能を使うならば、日立の大きめモデルは良い選択肢です。

 201804071040.jpg

 使用する水量は、洗濯時、8kgは水の使用量が92L9kg99Lとなります。

 節水モデルとはいえますが、シャープの洗濯乾燥機ほどはこの部分を詰めていない印象はあります。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、8kg1670Wh9kg1730Wh10kg1980Whとなります。

 こちらもシャープに比べるとあまり性能は良くないです。恐らく、「穴なし槽」構造と複数のセンサーを採用するシャープの方が効率よく乾燥できるのでしょう。

 201804070811.jpg

 センサーは、日立の場合、洗濯乾燥機については、かなり充実したセンサーを公開しています。

 水硬度・水温・布量・布質・光(洗剤)・すすぎ具合・脱水具合をそれぞれ把握することで、洗濯時間や水量を節約できます。

 こちらは、6つのセンシング(水硬度・水温・布質・布量・すすぎ具合・脱水具合)で、洗剤量表示、使用水量、洗濯時間を調整します。つまり、乾燥機能だけではなく、洗濯機能についてもより高機能と言えます。ここまでの数のセンサーが搭載される機種は、他にありません。

 ただし、日立のビートウォッシュは、その洗浄力(パワー)に期待して買う人も多いようです。そのため、「洗浄力を重視したい場合はセンサーボタンをオフ」にすることが推奨されています。

 201804070815.jpg

 洗浄については、乾燥機のないタイプのビートウォッシュと同じです。カビに強いステンレス槽や、「叩き洗い」「もみ洗い」をドラム式のように行うビートウォッシュ」が付属します。さらに、

 ただし、下位機種のナイヤガラシャワー機能は、温水をミスト状にして洗濯物に吹き付けながら洗浄する「温水ナイヤガラビート洗浄」にパワーアップしています。乾燥機に使うヒーターを応用した機能ですね。とくに黄ばみの除去に効果があるでしょう。

 清潔性の点では、日立の下位機種と同等で、 静音性の面では、こちらも、インバーターモーターを採用するなど性能は同じですね。

 以上、日立のビートウォッシュの洗濯乾燥機タイプの紹介でした。

 やや高いですが、高性能の洗濯乾燥機が欲しい場合は、 これらの機種を選ばれると良いと思います。シャープに比べると、光熱費の面では分が悪いですが、洗浄力の面では、それを凌駕する性能を期待できます。総合力ならばこちらでしょうね。

 なお、洗濯機のサイズですが、12kgを除けば、どれも610mm×635mmのサイズで、(規格化されている)マンションの洗濯台に対応できます。

 ただ、12kgについては、610mm×650mmのサイズで多少奥行がありますので、寸法面は注意してください。


  

 【2017年型番】

 31・東芝 ZABOON AW-8V6-W
   ¥77,585 Amazon.co.jp
(4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 93L
【標準電力量】2250Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

 【2017年型番】

  32・東芝 ZABOON AW-9V6-W
   ¥75,554 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 107L
【標準電力量】2250Wh (60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

 こちらは、東芝の高性能機である「ザブーン」シリーズの洗濯乾燥機です。

 サイズは、8kg用と9kg用が発売されています。風呂水ポンプは標準装備です。

 乾燥容量は、いずれも4.5kgです。9kgモデルについては、5kgに対応する日立に負けています。

 201804071040.jpg

 使用する水量は、洗濯時、8kgは水の使用量が93L9kg107Lとなります。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、いずれのサイズも2250Whとなります。

 洗濯機の場合とちがって、乾燥時に使う電力は多いため、他社と比べても相当『高い」といえるこの水準は多少問題がありますね。

 センサーは、こちらも、布量・ 温度センサーを搭載です。東芝の下位機種と同じ構成です。

 201804071355.jpg

 洗浄については、洗濯機モデルと同じく、左右非対称の羽根「ザブーンパル」の工夫で強烈な水流を作り出しつつ、メガシャワーで、洗剤を浸透させる仕組みです。

 201804071400.jpg

 一方、「温か洗いコース」という、上から温風を吹き付けての洗浄にも対応します。

 似た仕組みとして、パナソニックの「温水泡洗浄W」がありますが、それと比較すると、こちらは専用ヒーターを利用しないため、効果は低いでしょう。温度も、水温プラス10度ほどが最高のようです。なお、この場合、5kgまでの衣類に限定されます。

イレクトドライブ)モーターは、20年ほど前から東芝が培ってきた技術で、それを活かした構成です。

 201804071307.jpg

 清潔性の点では、カビに強いステンレス槽採用されています。

 201804071404.jpg

 静音性の面では、東芝のDDモーターの売りです。ただし、乾燥時の騒音については、日立のビートウォッシュのほうが静かです。乾燥が最も長時間に渡るため、この部分は「イマイチ」です。

 以上、東芝の「ザブーン」シリーズの紹介でした。洗濯機が槽だったように、乾燥機においても「ビートウォッシュ」の強力なライバルでしょう。 ただ、乾燥に要する消費電力の多さは圧倒的に不利で、改良の余地があるでしょう。


  

 【2017年型番】

 33・東芝 ZABOON 9kg AW-9SV6-W
   ¥107,600 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 104L
【標準電力量】1750Wh(60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.0kg

 【2017年型番】

 34・東芝 ZABOON 10kg AW-10SV6-T  
 34・東芝 ZABOON 10kg AW-10SV6-W
   ¥124,874 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 114L
【標準電力量】1750Wh(60Hz)
【センサー】
布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.0kg

 こちらは、東芝の高性能機である「ザブーン」シリーズの洗濯乾燥機の上位機です。

 サイズは、こちらも、9kg用10kg用が発売されています。先ほどの機種と比べると、フラットなガラストップ仕様で、格好良いです。

 乾燥容量は、いずれも5kgです。下位機種と比べると増加していますが、10kgモデルについては、5.5kgに対応する日立に負けています。

 201804071040.jpg

 使用する水量は、洗濯時、9kgは水の使用量が104L9kg115Lとなります。下位機種より改善しますが、決して節水タイプとは言えないでしょう。

 消費電力量は、洗濯〜乾燥までの場合、いずれのサイズも1750Whとなります。シャープに比べると高額水準ですが、下位機種に比べるとだいぶ改善しています。特に、10kgモデルについては、日立のビートウォッシュの同型と渡り合える水準です。

 センサーは、こちらも、布量・ 温度センサーを搭載です。

 201804071324.jpg

 洗浄については、洗濯機の最上位機の場合と同じで、極小のウルトラファインバブルを発生させる機構が目玉です。左右非対称の羽根「ザブーンパル」が下からかくはんする構造も同じです。

 201804071355.jpg

 一方、下位機種と同じく、温風発生機構もあります。こちらの場合、ウルトラファインバブルの洗浄液も温風で温めますが、やはり、パナソニックに比べると機能は限定的であり、10度ほどの温度向上が望めるのみです。

 清潔性の点では、こちらも、カビに強いステンレス槽採用されています。自動お掃除モードも搭載です。

 静音性の面では、DDモーターの採用で一般的に静かですが、乾燥時は、インバーターモーターを採用する日立が上をいきます。

 以上、東芝の「ザブーン」シリーズの上位機の紹介でした。光熱費的な側面が下位機種と違って他社平均です。洗浄機能面では、もともと多くの工夫があるため、「ビートウォッシュ」とどちらにするか迷う機種です。

 洗浄力は恐らく互角水準ですが、乾燥できる衣類の量から言えば、日立の「ビートウォッシュ」がやや有利でしょう。


  201804070914.jpg

 【2018年型番】

  35・パナソニックNA-FW120V1-S 【12kg】
   ¥279,720 楽天市場(ビックカメラ) (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 150L
【標準電力量】2290Wh(60Hz)
【センサー】
水温・衣類の質
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5kg

 FWシリーズは、パナソニックの洗濯乾燥機の最上位ラインです。洗濯機にもみられた温水洗浄対応機です。

 201804070921.jpg

 使用する水量は、洗濯時に12kgで150Lです。

 消費電力量は、2550Whです。温水を利用するシステムですので、かなり割高水準です。

 センサーは、こちらもエコナビに対応です。

 201804070922.jpg

 洗浄については、温水洗浄機能に対応する「温水泡洗浄W」方式です

 注意点とは、洗濯機の場合と同じです。繰り返せば、光熱費が高い点と、洗濯容量が6kgに制限される点、運転時間が長めの点です。

 清潔性静音性の面では、下位機種と同じ水準です。

 以上、パナソニックのFWシリーズの紹介でした。本体価格が非常に高い機種です。「温水」という新機軸は魅力ですが、導入できる方は限られるでしょう。

今回の結論
タテ型の中型洗濯機のおすすめ機種はこれ!
 

 というわけで、今回は、タテ型の洗濯機を紹介してきました。

 最後に、おすすめ機種をあげておきたいと思います。  


 第1に、性能面で最もバランスが取れていて、洗浄性能に期待する場合、最もオススメな中型洗濯機は、

  

 【2017年型番】

 10・日立 ビートウォッシュ BW-V70B
   ¥65,196 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 90L
【標準電力量】61Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 11・日立 ビートウォッシュ BW-V80B
   ¥72,528 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】62Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 12・日立 ビートウォッシュ BW-V90B
   ¥81,305 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】63Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 【2017年型番】

 13・日立 ビートウォッシュ BW-V100B
   ¥86,740 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】65Wh(60Hz)
【センサー】

【ステンレス槽】あり

 洗浄力   ★★★★★★
 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 エコ性能:★★★★

 日立の上位機種「ビートウォッシュ」の7キロ・8キロモデル が良いでしょう。

 東芝やパナソニックの機種と較べると、静音性エコ性能では他機種と同等ですが、洗浄力では一つ上のランクとと思います。節水タイプですが、毛玉などの残りもなく、綺麗に洗うことができます。

 サイズは、まとめ洗いの場合でも7kgで十分だと思いますが、光熱費はさほど変わらないので、お子さんの多い場合は8kgでも良いと思います。


 第2に、比較的大きめな機種で、洗濯の利便性を考えた場合、お買得感がある機種としては、


   

 【2017年型番】

 3・東芝 AW-7G6-W【7kg】
   ¥42,169 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7.0kg
【使用水量】 113L
【標準電力量】125Wh(60Hz)
【センサー】布量・ 温度センサー
【ステンレス槽】あり

 洗浄力   ★★★★★
 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 エコ性能:★★★★

 東芝のAW-7G5-W でしょう。日立に較べて洗浄力は劣りますが、充実したセンサーは、省エネ効果のほか、洗濯物の「からみつき」を防止するため、利便性は高いです。

 また、使用水量は、日立に較べると多いのですが、その分、ゴミの取り残しは少ない機種です。

 執筆時現在、発売当初の機種で、本体価格がやや「高め」ですが、値下がりしたら「イチオシ」になりそうな機種ですね。


 第3に、比較的格安に導入できる乾燥機付きのタテ型洗濯機としておすすめなのは、

 

 【2017年型番】

 14・シャープ ES-TX8B 【8kg】
   ¥81,323 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 75L/85
【標準電力量】1600Wh(60Hz)
【センサー】重量・水位・温湿度

【ステンレス槽】
【乾燥容量】 4.5kg

 洗浄力   ★★★★★
 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 エコ性能:★★★★★

 シャープES-TX8Bが良いと思います。ヒートタイプの乾燥機が付いている機種としてはかなり安いですから。

 ステンレス槽は採用されませんが、シャープ独自の穴なし槽プラズマクラスター技術でその欠点は補われていると思います。穴なし槽は節水性も高いため、光熱費の面でも有利でしょう。


 第4に、乾燥機能が付いた信頼できる洗濯機を探している方は

 

 【2017年型番】

 27・ビートウォッシュ BW-DV80B  【8kg】
   ¥107,300 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】8.0kg
【使用水量】 92L
【標準電力量】1670Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 4.5kg

【2017年型番】

 28・ビートウォッシュ BW-DV90B 【9kg】
   ¥125,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】9.0kg
【使用水量】 99L
【標準電力量】1730Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.0kg

【2017年型番】

 29・ビートウォッシュ BW-DV100B   【10kg】
   ¥127,100 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1980Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5.5kg

【2017年型番】

 30・ビートウォッシュ BW-DX120B 【12kg】
   ¥134,800 Amazon.co.jp (4/7執筆時

【洗濯容量】12.0kg
【使用水量】 108L
【標準電力量】1890Wh(60Hz)
【センサー】
水硬度/水温/布質/布量/すすぎ/脱水
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 6kg

 洗浄力   ★★★★★★
 カビ対策:★★★★★
 静音性 :★★★★★
 エコ性能:★★★★★★

 日立の上位機種「ビートウォッシュ」の8キロモデルがオススメです。

 乾燥機付きは9キロのモデルもありますが、パワーは同等なので8キロモデルを推します。4.5キロまで乾燥できれば、十分だと思います。洗濯機能についても、ビートウォッシュの下位機種に搭載される全機能が網羅されています。

 また、乾燥機能だけでなく、豊富なセンサーの搭載で、洗濯機能も能力が高い機種で、その面でも安心感があります。

3・ドラム式洗濯機の比較

 なお、乾燥機能を多用する場合ですが、ドラム式洗濯機の方が、省エネで、シワが寄りにくいと言えます。多少価格が高くなるのが難点ですが、比較したい場合は、続けて上の記事をご覧ください。


 第5に、コインランドリーのように、温水で洗濯できる点で魅力的なのは、

  201804070914.jpg

 【2018年型番】【洗濯機】

 14・パナソニックNA-FA120V1-S 【12kg】
 14・パナソニックNA-FA120V1-W【12kg】

   ¥214,920 楽天市場(ビックカメラ) (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 150L
【標準電力量】98Wh(60Hz)
【センサー】
水温
【ステンレス槽】あり

 【2018年型番】【洗濯乾燥機】

 27・パナソニックNA-FW120V1-S 【12kg】
   ¥279,720 楽天市場(ビックカメラ) (4/7執筆時

【洗濯容量】10.0kg
【使用水量】 150L
【標準電力量】2290Wh(60Hz)
【センサー】
水温・衣類の質
【ステンレス槽】あり
【乾燥容量】 5kg

 パナソニックFAシリーズ・FWシリーズでしょう。

 電気代・運転時間の長さなどの問題はありますが、洗浄力の面では、冷水で洗う他機よりも確実に期待値は高いです。

 ステンレス槽の採用や、高度な泡洗浄Wなど、他の部分の機能も充実しています。

 発売前価格で、現状では割高ですが、10万円代半ばにに入ってくると、評価はより高まるでしょう。

おまけ!ネットで買う場合の注意点

 洗濯機ですが、マンション内の専用スペース(置き台)がある場合や、ベランダで、排水を雨水と一緒に流すよう設置する場合は、特に技術がなくても自力で設置できます。

 201704081819.jpg

 室内設置の対応状況については、しかしながら業者で状況が異なります。各製品のリンク先で「新品の出品」をクリックすると、各業者の対応状況が一覧できますので、そちらをご参照ください。

 なお、最近は、Amazon直送のものについては、注文の過程で、組立・設置工事・家電リサイクル品の引き取りを依頼をすることも可能です。

ーーー

 というわけで、今回はタテ型洗濯機についてでした。

 このブログには、ほかにも白物家電の比較記事がありますので、下部のリンク集をご覧頂ければ幸いです。

 また、最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 14:29 | 生活家電

比較2018' 人気4社のドラム式洗濯機16機の性能とおすすめ・選び方【小型・中型】:シャープ・パナソニック・日立・東芝

【今回レビューする内容】 2018年 人気のドラム式洗濯機15製品の性能とおすすめ・選び方:小型ドラム式洗濯機・中型ドラム式洗濯機:シャープ・パナソニック・日立・東芝:ヒートリサイクル風アイロンビックドラム・ななめドラム Cubleなど・機種の違いと人気ランキング 左開き・右開き対応

【紹介する製品型番】ES-S7B-WLWR NA-VG720L R NA-VG1200L R ES-H10B-WL WR ES-ZP1-NL NR ES-P110-SL SR NA-VX3800L NA-VX8800L NA-VX9800L BD-SG100BL BD-SV110BL BD-NV110BL BR BD-NX120BL TW-117A6L TW-117V6L TW-117X6L

今回のお題
光熱費などの面から、最新のドラム式洗濯機のおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、ドラム式洗濯機の比較です。

 201804070546.jpg

 今回は、賃貸物件の洗濯機置き場における小型サイズのほか、世帯用の中型機を含め、日本で手に入るドラム式洗濯機ほぼ全てを網羅しました。2017年秋発売の各社の新モデルにも対応しています。

 なお、このブログ「モノマニア」には、洗濯機についての記事は、以下の3つがあります。

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜9キロの中型洗濯機
3・ドラム式洗濯機の比較 →この記事!

 今回は、3番の記事になります。

 いつものように各製品を比較した後、最後に、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・ドラム式洗濯機の選び方の基本

  201804070549.jpg

 ドラム式洗濯機を選ぶ場合、以下の4点が重要です。

ーーー

 第1に、本体サイズです。

 ドラム式洗濯機の場合、小型サイズのドラム式洗濯機と、多少大きな中型のドラム式洗濯機とに分けられます。

 賃貸の洗濯機の設置スペースにそのまま置くことのできるのは基本的に小型サイズです。 

 多少大きな中型ドラムの場合、既設の洗濯台を交換しないと横幅と奥行がオーバしてしまう可能性や、洗濯水栓の蛇口の高さがドラム式洗濯機の背より低い可能性があり、設置困難な場合があるからです。

 いずれにしても、7kgクラスのタテ型洗濯機の買い換えの場合は、小型サイズが適当でしょう。 

ーー

 第2に、乾燥容量です。

 なお、ドラム式洗濯機の場合、洗濯可能容量よりも乾燥可能容量の方が少ないのが一般的です。

 乾燥可能容量は、小型ドラムの場合3-3.5kg中型ドラムの場合6kg-7kgほどです。いずれも選択可能容量の半分ほどなので、乾燥まで全自動で行おうとする場合、洗濯自体も少なめにする必要があります。

 例えば、小型ドラムの場合、2-3人家族が、1週間分の「まとめ洗い」をする場合、小型ドラムだと2回ほどの運転が必要になるでしょう。

 今回は、乾燥容量についても記載しています。

ーー

 第3に、光熱費です。

 ドラム式洗濯機の場合、乾燥に多くの費用がかかります。そのため、乾燥方式を熟慮する必要があります。

 大ざっぱに言って、ドラム式洗濯機の乾燥方式は、ヒーターセンサー乾燥式と、ヒーターポンプ式にわかれます。

 そして、後者の方が光熱費が安く済みます。ただし、そのぶん、本体価格が割高であり、また、低温乾燥になるため、ニオイの問題が発生しやすいなどの欠点もあります。

 ただし、こうした欠点を解消した機種もあるので、スペックを慎重に見比べることが重要です。

ーー

 以下では、この3つの基準をふまえて、小型と中型のドラム式洗濯機を比較していきます。

2・小型のドラム式洗濯機

 はじめに紹介するのは、乾燥容量が3-3.5kgまで小型のドラム式洗濯機です。1人暮らし〜2人家族ほどに売れているサイズです。

 小型のドラム式洗濯機は、賃貸物件に設置してあるタテ型洗濯機用の洗濯台に確実に設置できるモデルとして売られています。

 というわけで、早速比較をはじめます。なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で記していきます。 


  

【2017】

1・シャープ ES-S7B-WL【左開き】
1・シャープ ES-S7B-WR
【右開き】
 ¥137,986 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7kg
【乾燥容量】3.5kg
【消費電力量】1600Wh
【使用水量】80L
【サイズ】640×600×1039mm

 はじめに紹介するのは、シャープ小型ドラム式洗濯機です。Atlasも、こちらの旧機種を一時期使っていたことがあり、結構なじみのある機種です。

 乾燥容量は3.5kgまでと、小型機種としては多少容量に余裕があります。週2回ほど洗濯を行うならば、このサイズでも十分です。

 光熱費は、消費電力量1600Wh使用水量80Lと、1回の洗濯あたり約60円ほどのコストとなります。

 乾燥機の方式は、乾燥をヒーターで行うヒーターセンサー乾燥式のため、光熱費はいくぶん高い部類です。ただ、ヒーターセンサー式は、乾燥方式として長い歴史があり、比較的故障が起こりにくいメリットがあります。

 ほかにも、熱で乾燥させるため、乾燥後の衣服が「干したようにふんわり暖かく」、乾燥時にも水を使うので、衣類シワの心配をする必要もありません。反面、ヒーターセンサー乾燥式は、高熱で乾燥させるために衣服が傷みやすいと言われます。しかし、その分、カビ臭・ニオイの残存の心配がないので、光熱費が多少多い点を除けば、導入に躊躇する必要はないでしょう。

  201701201522.jpg  

 洗濯機能は、シャープの場合、フタの部分にゴツゴツと凹凸のある「ひまわりガラス」を採用していて、それにゴツゴツ洗濯物をたたきつけながら洗う形式です。汚れ落ちはドラム式洗濯機として良い方だと思います。

 使用されているセンサーは、温度・水位・振動・重量の各センサーです。シャープはセンサーを重要視しており、性能も良いので、量に応じて、適切な運転時間で仕上げてくれます。

 このほか、清潔性の点で、使用後のプラズマクラスター消臭が「売り」です。また、運転音が他社に比べても小さいため、夜間の利用にも差し支えない部分も嬉しい部分です。

 以上、シャープのES-S7Bの紹介でした。小型機ですが機能面で問題と感じる点はあまりない良機種だと思います。とくに、乾燥容量が3.5kgまでというのは、洗濯回数の面でメリットが大きいでしょう。


 

【2017】

2・パナソニック Cuble NA-VG720L 【左開き】
2・パナソニック Cuble NA-VG720R
【右開き】
 ¥203,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7kg
【乾燥容量】3kg
【消費電力量】1470Wh
【使用水量】55L
【サイズ】600×600×998mm

 Cuble NA-VG720Lは、パナソニック小型ドラム式洗濯機になります。

 小型サイズは、シャープとパナソニックだけの製造なので、実質的に両社からの選択となります。こちらは「ななめドラム」で、洗濯物が取り出しやすい仕様です。

 乾燥容量は、3kgまでとなります。シャープより少なく、この点は、全自動で乾燥まで行う場合ネックと言える部分です。一方、乾燥容量が小さい分、設置に必要な面積は600×600mmのため、相当小型の洗濯台でも設置できる点は素晴らしいです。

 201701201536.jpg

 光熱費は、消費電力量1470Wh使用水量55Lと、シャープよりも効率が良いです。

 パナソニックの場合、乾燥機の方式が、ほどほど低温のヒーター加熱と風乾燥を併用するヒーター換気式のため、光熱費の低さを実現しています。

 ヒーター換気式は、衣類に熱が入らない点で優しいほか、風の力でシワが寄りにくく、衣類の縮みも少ないというメリットもあります。他方、「室温に近い温度で乾燥」させる方式なので、経年変化でカビ臭の問題は発生しやすいですが、後ほど紹介する温水泡洗浄の力で、その弱点は相殺できています。

  201710081254.jpg

 洗濯機能は、パナソニックの場合、泡洗浄Wという機能が魅力です。パナソニックの場合、洗剤を効率よく泡立てる泡生成器(ジェトバブルシステム)が付属します。そうして生成された泡と、水ジェット噴射を利用、洗浄力を強化しています。

 201710081252.jpg

 加えて、より高機能と言える、水を温めて、酵素を活性化させてから洗濯する温水泡洗浄Wも魅力です。コインランドリーなどでは温水を使って洗浄する機種がありますが、家庭でも同様に清浄力を高める効果があります。

 この方式だと、ニオイの原因菌が落ちるため、低温乾燥方式と相性が良いと言えます。ただし、洗濯量が3kgまでの場合に有効ですから、実用性はイマイチです。

 使用されているセンサーは、一方で、パナソニックの上位機種と異なり、温度センサー(エコナビ)未搭載です。洗濯時間などの調整が不可能なため、少量洗い時の光熱費や運転時間の点では能力が低いです。

 このほか、毎回洗濯槽を自動洗浄する機能など清潔性をキープする機能も魅力ですね。

 以上、パナソニックのCuble NA-VG710Lの紹介でした。最も小型で設置性が良い機種で、光熱費も優れる良い機種だと思います。一方、乾燥容量が3.0kgまでという点は、多少ネックです。乾燥容量が小さいと、その分運転を複数回繰り返さないとならないため、総合的には、光熱費が高くなるからです。一方、まえに選択をする方には、経済的と言えます。


 201701201530.jpg

【2017】

3・パナソニック Cuble NA-VG1200L 【左開き】
3・パナソニック Cuble NA-VG1200R 【右開き】
 ¥235,800 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】3kg
【消費電力量】1380Wh
【使用水量】55L
【サイズ】600×665×998mm

 NA-VG1200は、パナソニックの小型のドラムの上位機種です。

 乾燥容量は、3kgまでと同じです。しかし、洗濯のみの場合10kgまでと大容量対応となっています。また、乾燥についても、(槽が大きなため)実は、「たっぷり5kg乾燥」に対応します。ただ、こちらについては注意が必要です。なぜなら、シワなどの心配なしに同一クオリティで乾燥が可能というわけではないからです。実際、スペック表には「3kg」までとして記載されています。

 光熱費は、消費電力量1380Wh使用水量55Lとなります。消費電力量が低下しているのは、こちらについては、温度を把握するエコナビを搭載しているためです。

 洗濯機能は、下位機種同様に、泡洗浄Wとを搭載します。一方、汚れにより強い温水泡洗浄Wは、この機種の場合、7kgの洗濯物まで利用可能ですので、実用性はそれなりにあるでしょう。

 その他の点では、槽のお手入れにナノイー(マイナスイオン)を使い、カビの発生を抑える機能が付属するのが、下位機種よりもパワーアップしている点です。一方、サイズについては、600×665と多少奥行が大型化している点は注意しましょう。

3・中型のドラム式洗濯機の比較

 つづいて、多少大きめの中型のドラム式洗濯機の比較をしていきます。


  

【2017】

4・シャープ ES-H10B-WL【左開き】
4・シャープ ES-H10B-WR【右開き】

 ¥145,740 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】1880Wh
【使用水量】96L
【サイズ】640×729×1114mm

 はじめに紹介するのは、シャープの中型のドラム式洗濯機です。中型としては、比較的価格が安いモデルです。

 乾燥容量は6kgまでと、小型機種に比べて約2倍の容量の乾燥に対応します。

 光熱費は、一方で、消費電力量1880Wh使用水量96Lとなります。1回の洗濯で75円強とコストは上がりますが、小型のドラムを2回回すよりも光熱費は安いです。

 乾燥機の方式は、シャープの小型機種と同じく、安定性の高いヒーターセンサー乾燥式です。

 電気代は高いですが、仕上がりについてはふっくらしており、またシワも少なく良好です。また、小型機種に比べて、温風が循環するダクトが広いため、ドラム式洗濯機の故障でありがちな、ダクト詰まりによる乾燥能力低下(=要修理)が置きにくいというメリット性もあります。先ほど書いたように、ヒーターセンサー式は、相当の歴史がある方式で、メンテナンスの部分でメリット性があります。

 201701201618.jpg

 洗濯機能は、こちらも「ひまわりガラス」を採用する方式です。さらに、マイクロ高圧シャワーを採用し、上部からの高圧水流を噴射し、泥汚れなどを押し出す仕組みも採用します。こちらは、「すすぎ」の際にも利用され、洗剤残りの防止にも効果があります。

 その他の部分は、センサーを含めて下位機種と同じです。使用後のプラズマクラスター消臭も付属し、運転音も静かです。

 以上、シャープのES-ZH1の紹介でした。ヒーターセンサー式を採用する大型機種は最近珍しいです。光熱費的なメリット性は低いですが、高温乾燥でニオイの問題や故障が起こりにくく、信頼性は高いので、今後も残って欲しい方式ですね。


 

【2016】

5・シャープ ES-ZP1-NL【左開き】
5・シャープ ES-ZP1-NR【右開き】
 ¥179,800 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】590Wh
【使用水量】52L
【サイズ】640×729×1114mm

 ES-ZP1は、シャープの中型のドラム式洗濯機の上位機種です。この上の最上位機種がありますので、シャープでは上から2番目に高い機種ですね。

 乾燥容量は6kgまでと先ほどと同じです。

 光熱費は、その一方で、消費電力量590Wh使用水量52Lと、先ほどの機種較べて相当効率が良く、光熱費も1回の洗濯あたり約30円ととても経済的です。

 201701201629.jpg

 乾燥機の方式は、この機種から、ヒートポンプ式となります。ヒートポンプ式とは要するに、エアコンの除湿機能と同じ方式で、熱を使わず、湿気のみを排出する乾燥方法です。電気代が安いほか、熱を使わず衣服に優しいという特長があります。

 一方、シワが寄りやすい面と、衣類がふっくらしない乾燥ムラが生じやすいユニットにゴミが溜まり経年変化で機能低下が起こりやすい、というデメリットもあります。

 ただ、シャープの場合、サポートヒーターが付属するため、衣類の乾燥ムラと、ふんわりしない点については、解決が成されています。

 洗濯機能の面では、下位機種と同じで、「ひまわりガラス」と、マイクロ高圧シャワーをこちらも採用します。

 201701201633.jpg

 使用されているセンサーは、下位機種にも搭載されている温度・水位・振動・重量の各センサーに加え、光・泡・湿度センサーが搭載されます。洗濯水の透明度や泡の状況からすすぎの回数を自動調整したり、衣類乾き具合から適切な乾燥運転時間を調整してくれます。省エネ面で優れた機能と言えます。

 以上、シャープのES-ZP1の紹介でした。

 ヒートポンプ式を採用する上位機で、光熱費の点で優秀です。ただ、下位機種と本体価格には差があります。ドラム式洗濯機の耐用年数や、ヒーターセンサー式の頑丈度をふまえると、総コストではやや不利でしょうか。

 また、洗濯機は、センサーの数が多い場合、センサー不良でのトラブルを抱える可能性も増えるため、Atlasとしては、基本的には下位機種を推します。


 

【2017】

6・シャープ ES-P110-SL【左開き】
6・シャープ ES-P110-SR【右開き】
 ¥200,155 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】590Wh
【使用水量】52L
【サイズ】640×729×1114mm

 ES-ZP1は、シャープドラム式洗濯機の最上位機種です。

 乾燥容量は、6kgまでと先ほどと同じです。他者には7kg対応の上位機種もあるため、この部分では平均的です。

 光熱費は、消費電力量590Wh使用水量52Lと、先ほどの機種と同じ水準です。ただし、洗濯のみの容量は11kgと若干強化されました。

 乾燥機の方式は、この機種も、ヒートポンプ式となります。下位機種と同じ品質のもので、やはりサポートヒーターが付属する点が特長です。ヒートポンプ式の欠点のうち、衣類の乾燥ムラと、ふんわりしない点については、解決が成されています。

 洗濯機能の面では、下位機種と同じで、「ひまわりガラス」と、マイクロ高圧シャワーをこちらも採用します。

 このほか、温水洗浄機能も搭載です。35度の温水を使い、洗浄力を増した温水極め洗いコースが加わります。こちらは洗濯物が4kgまでの場合有効と、やや容量が少なめです。。また、低温でのシワ抑え乾燥コースが付属しますが、洗濯量として0.5kgまでと実用的にはイマイチです。

 使用されているセンサーは、下位機種と同様になります。その他、タッチパネルが追加された点などが下位機種との血合いですね。

 以上、シャープの ES-P110の紹介でした。デザイン的にはアジア市場で受けそうな、クリア系の高級感が魅力です。ただ、機能面でいえば、さほどの技術革新がないため、お買得なのは、むしろ下位グレードの製品でしょうね。

ーーー

【2017】

6・シャープ ES-G110-TL【左開き】
6・シャープ ES-G110-TR【右開き】
 ¥195,169 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

 なお、この機種には2017年12月に下位機種が追加販売になりました。同じようなデザインですが、サポートヒーター未搭載で、泡センサーと光センサーも未装備です。また、風呂水ポンプも別売となるほか、音声ガイドも未搭載ですね。

 新デザインを踏襲して、できるだけ安く販売しようという目的の製品ですが、肝心の洗浄力の部分では、より下位の機種にも負けている状況です。


 

【2017】

7・パナソニック NA-VX3800L 【左開き】
 ¥179,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】990Wh/680W
【使用水量】55L
【サイズ】600×722×1000mm

 NA-VX3800L は、パナソニックの中型ドラムです。同社のドラム式では最安の製品ですね。こちらも「ななめドラム」です。

 乾燥容量は6kgまでで、シャープと同じです。

 光熱費は、通常モードの場合、消費電力量990Wh使用水量55Lとなります。省エネ乾燥の場合680Whに低減できますが、この場合はシワ防止乾燥ができないため、意味は無いでしょう。これらの点で光熱費の部分でシャープに及びません

 乾燥機の方式は、シャープと同じく、熱が入らないヒートポンプ式となります。そのため、シャープと同じヒートポンプ式固有の問題点を抱えます。

 パナソニックの場合、シャープと異なり、ヒーターユニットはないので、乾燥ムラの問題や衣類がふんわりしないという問題が解決されません。

 201701201653.jpg

 その一方で、洗剤かすなどのゴミ残りの問題は、内槽だけになく、ドラムの外側も自動で洗浄する工夫で解決を図っており、この問題での故障修理の可能性が軽減しています。

 洗濯機能の面では、さほど高機能ではなく、小型機種の「売り」だった、W泡洗浄機能と温水泡洗浄機能は未搭載です。中型の廉価機種という点で、このあたりは仕方ないでしょう。

 以上、パナソニックのNA-VX3800Lの紹介でした。20万円を切るヒートポンプ式という点で、シャープのES-ZP1のライバルです。シャープとは違った方法で、ヒートポンプ式の弱点の克服を試みている機種ですが、やはり、完全に克服できていないのがネックです。


 

【2017】

8・パナソニック NA-VX8800L 【左開き】
8・パナソニック NA-VX8800R
【右開き】
 ¥230,700 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】930Wh/620W
【使用水量】55L
【サイズ】600×722×1009mm

 NA-VX8700  は、パナソニックの中型ドラムの上位機です。形は先ほどと同じですが、機能面で多少異なります。

  201710081133.jpg

 目玉となるのは、「洗剤の自動投入機能」です。専用のケースに液体洗剤・柔軟剤を入れておくと、重量センサー等が検知した洗濯量に合わせて、適切な量の洗剤を自動投入してくれます。こうした点で、真の意味で「全自動」に近づいた洗濯機です。

 乾燥容量は6kgまでです。この点では下位機種と同じですが、洗濯容量が11kgまでと、こちらのほうが多少多めです。

 光熱費は、通常モードの場合、消費電力量930Wh使用水量55Lとなります。下位機種よりも多少改善されているのは、重量センサーと光センサーを利用したエコナビが搭載されるからです。ただ、シャープのヒートポンプ式に較べると、この機種も省エネ性では劣ります。

 乾燥機の方式は、同じくヒートポンプ式となります。こちらが抱える固有の問題点とパナソニック独自の改善策は、1つ上で紹介した下位機種と同じです。

 201701201724.jpg

 洗濯機能の面では、この機種から、W泡洗浄機能温水洗浄機能が復活します。温水泡洗浄は、2kgなら最大60度ですが、11kgの洗濯容量でも15度の温水にすることが可能です。他者と異なり、容量的な制限がないので、割と使いやすいでしょう。

 また、シャープの上位機のマイクロ高圧シャワーに温水でプラスアルファされると考えれば、この機種から、洗浄面ではシャープを凌駕すると言えるかもしれません。

 以上、パナソニックのNA-VX8800 の紹介でした。洗剤の自動投入機能は今年度の目玉として、かなり魅力です。予算があれば選んで良い機種だと思います。



【2017】

9・パナソニック NA-VX9800L
9・パナソニック NA-VX9800R  
 ¥252,611 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】890Wh/590W
【使用水量】55L
【サイズ】600×722×1009mm

  NA-VX9800L は、パナソニックの最上位機種です。価格面では相当高額な機種です。

 下位機種と較べた場合の相違点はいくつかあります。

 201701201805.jpg

 第1に、本体にタッチパネルを採用し、視認性と高級感はアップしています。

 第2に、iOS及びAndroid用のアプリが用意され、外出先での運転予約や、洗濯状況についてのステータス通知を受けられる点です。洗剤の自動投入機能を装備する機種だけに、これらの機能は、利便性が高いです。

 第3に、下位機種にも装備される「ジェット乾燥」をパワーアップさせた「ふんわりジェット乾燥」を装備する点です。風量・風向を調節することで、洗濯物にシワが寄りにくくなっています。

 第4に、エコナビ機能のパワーアップです。具体的には、衣類の量や質だけでなく、汚れとすすぎ具合を調べるためのセンサーが追加装備されているため、節電・節水効果が増しています。

 そのほか、桶洗浄時にナノイー(マイナスイオン)を吹き付けて、黒カビの発生確率を下げる機能も付属します。

 このように、今年度モデルはIOT家電として相当優秀になりました。ただ、価格の高さは、いうまでもなくネックですね。


 

【2017】【左開き】

10・日立 ビッグドラム スリム BD-SG100BL
 ¥154,400 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】980Wh
【使用水量】60L
【サイズ】630×715×1050mm

 続いて紹介するのは、日立の中型のドラム式洗濯機です。日立は、小型タイプは出していないので、設置面積的に630×715mmのこちらの機種が同社の「最も小型な機種」です。特に、幅が狭くて、圧迫感が少ない機種ですね。

 乾燥容量は6kgまでと、他社の中型と同等の水準です。

 光熱費は、消費電力量980Wh使用水量60Lとなります。省エネ性では、パナソニックの中型とほぼ同じ水準であり、シャープには及ばないレベルです。

 201701201745.jpg

 乾燥機の方式は、日立の場合、ヒートリサイクル乾燥という独自方式を採用します。こちらは、運転時のモーターなどの熱を温風に再利用するシステムです。もちろん、それでは熱が足りないため、ヒーターで補う形式ですが、その分省電力です。

 また、熱風はヒーターセンサー式ほど高温にせず、むしろ、風をかなり強力にあてることで乾燥を促す風アイロンをうまく利用させ乾燥させる仕組みです。

 また、この風アイロンは、強力なシワ伸ばし機能を兼ねており、乾燥後の仕上がりの良さについては、日立が最も定評があります。この点で、日立を指名する人も多いです。ただ、こちらは、他社も徐々に機能を高めており、昔ほど大差はありません。

 一方、高温にしないので、衣服のふんわり感はさほど強調されず経年変化による洗濯カスや、低温乾燥によるニオイの問題についても、特定の機能を持ちません。

 洗濯機能も、日立の上位機種に搭載される特別な洗浄機能がなく、この部分ではかなり見劣りすると言わざるを得ない機種です。

 こうした点から、日立の機種を選ぶ場合は、これよりも上位機種をおすすめします。


 

【2017】

【左開き】

11・日立 ビッグドラム スリム BD-SV110BL
 ¥185,200 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【右開き】

11・日立 ビッグドラム スリム BD-SV110BR
 ¥188,400 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】780Wh
【使用水量】53L
【サイズ】630×715×1050mm

 BD-SV110シリーズ は、日立の中型のドラム式洗濯機では、2番目に安い機種です。形は下位機種と同じです。

 乾燥容量は、6kgまでと同様です。ただ、洗濯容量は11kgとわずかにアップしています。

 光熱費は、消費電力量780Wh使用水量53Lとなります。光熱費の水準では、シャープのヒートポンプ式に次ぐ、優秀さです。

 下位機種よりも経済性が上昇しているのは、ヒートリサイクル乾燥の高度化のほか、パナソニックのエコナビに相当する、ECO水センサーを搭載するからです。水硬度、水温、洗剤量、布質、布量、すすぎ具合、脱水具合をそれぞれセンシングすることで、無駄な電力や水量をカットします。

 乾燥機の方式は、下位機種と同じく、ヒートリサイクル乾燥です。大きなドラムのなかで、強風をあてた乾燥させていく風アイロン機能も下位機種と同じですね。

 201701201800.jpg

 洗濯機能は、この機種からは、ナイアガラ洗浄に対応します。他社にも見られる、高圧水流をうえから吹き付ける仕組みで、洗浄力がアップします。このような仕組みは、ドラム式の標準仕様となりつつあるので、あるに越したことはないでしょう。

 加えて、このグレードから汚れセンサー洗剤・汚れセンサーシステム)を搭載しており、他社の上位機のように、衣類の量や汚れ状況に連動させる形で、運転を自動制御する機能が付属します。

 また、パナソニックと同様に、槽の内外まで毎回しっかりクリーニングしてくれる機能が付属するため、清潔性が高い仕様です。

 以上、日立のBD-SV110シリーズ の紹介でした。低温乾燥と風を利用するヒートリサイクル乾燥に対応する機種で、かつ、選択機能の面でも他社標準の機能を搭載する良機種だと思います。とくに、シワ伸ばし機能は定評があるため、アイロン掛け嫌いな方には特に向くモデルです。


 

【2017】

12・日立 ビッグドラム BD-NV110BL 【左開き】
12・日立 ビッグドラム BD-NV110BR
【右開き】
 ¥210,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】980Wh
【使用水量】54L
【サイズ】735×620×1060mm

 BD-NV110AL  も、日立の中型のドラム式洗濯機です。ただし、こちらは、形状が多少異なり、本体は幅広で、そのかわり奥行が短い仕様です。なお、大きさ以外の面では、一つ上のBD-SV110リリーズ とほぼ同様の仕様です。

 下位機種との違いは、こちらのほうが幅広ドラムなので、ふとんの乾燥ができる点と、ドラムの形状の違いから980Whと消費電力量が増えている点です。、幅広ドラムのほうが出し入れしやすいメリット性はありますので、毛布などの大物を頻繁に洗う方で、設置スペースに余裕があるならば、こちらを選ぶのも手でしょう。

 洗濯機能は、温水ナイヤガラ洗浄にパワーアップしています。ただし、使用制限は2kgまでとなり、実用度は他者の同等機能に比べてもやや低めですね。


 

【2017】

13・日立 ビッグドラム BD-NX120BL 【左開き】
13・日立 ビッグドラム BD-NX120BR
【右開き】
 ¥198,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】12kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】980Wh
【使用水量】54L
【サイズ】735×620×1060mm

 BD-NV110AL は、日立の中型のドラム式洗濯機の最上位機種です。

 下位機種との違いは、洗濯容量が12kgとアップしている点です。ただし、乾燥容量は同じなので、全自動で運転する場合はあまり関係ないでしょう。

 下位機種と価格差があるため、その点がネックですね。基本的には下位機種で良いでしょう。


 

【2017】

14・東芝 TW-117A6L 【左開き】
 ¥155,339 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】7kg
【消費電力量】690Wh/1150Wh
【使用水量】61L
【サイズ】645×750×1060mm

 こちらは、東芝ドラム式洗濯機です。東芝も日立と同じで小型のドラム式洗濯機を販売していないので、これが同社では最小サイズです。

 乾燥容量は、7kgまでとなります。この部分は、同社はこだわりが有り、他社の大型タイプより容量が多めです。

 光熱費は、消費電力量690Wh使用水量61Lとなります。省エネ性は、そこそこ優秀ですが使用水量はやや多めですね。一応、他者並みの「水温・布質・乾燥・布量・室温センサー」は付属するものの、洗濯槽のサイズを勘案しても、水量の面でその効果はスペック表には現れていません。

 乾燥機の方式は、パナソニックと同じ、エアコンと同じ仕組みで、熱を加えずに湿気を取っていくヒートポンプ式になります。

 先述のように、ヒートポンプ式は、節電性が高い一方で、シワが寄りやすい、ふんわりしない、洗濯カスで故障しやすい、乾燥ムラが生じやすいなどの欠点があります。ただし、この機種は、強風を使ったふんわリッチ乾燥に対応します。そのため、この方式の弱点のうち、シワとふんわり感の問題については解決します。

 201701201844.jpg 

 洗濯機能は、その一方で、この機種から、高圧水流を使ったシャワーが付きます。さらに、仕組みは違いますが、シャープのひまわりガラスのように、もみ洗い系の動作を付け加えるもみ洗いボードを付け、洗浄力の強化を図っています。

 加えて、槽の外側まで水で洗う自動お掃除機能と、ゴミ詰まりがしやすいダクト部分にも水を流す乾燥ダクト自動お手入れ機能が付属します。この点で、ヒートポンプ式としては、最も洗濯カスや糸くずのゴミ詰まりに関するトラブル対策が取られている機種と言えるでしょう。

 一方、やはりヒーターは利用しないので、乾燥ムラの可能性は多少残ります。ただ、全部解決しているメーカーはないので、対策としては、業界最高レベルの水準でしょう。

 そのほかは、清潔性の点で、黒カビが付きにくい防汚コート(マジックドラム)がなされている点が、特長でしょう。

 以上、東芝のTW-117A6L の紹介でした。洗浄力の点では、温水洗浄機能が無い点が、価格比して残念な部分でしょう。この点で言えば、東芝から選ぶならば、より上位の機種が良いと思います。


 

【2017】

15・東芝 TW-117V6L 【左開き】
15・東芝 TW-117V6R  【左開き】
 ¥196,100 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】7kg
【消費電力量】690Wh/1150Wh
【使用水量】61L
【サイズ】645×750×1060mm

 TW-117V6L は、東芝ドラム式洗濯機の中位機種です。

 乾燥容量は、下位機種同様に、業界最高の7kgまで対応です。

 光熱費は、消費電力量690Wh使用水量61Lとなります。やはり特に水量の点では、他社に比べて多少多めです。

 201701201859.jpg

 乾燥機の方式は、こちらも、ヒートポンプ式です。強風を使ったふんわリッチ乾燥にも対応します。

 洗濯機能は、このグレードから、高圧水流を使ったシャワーに加えて、温水を使った温水ザブーン洗浄を搭載し、汚れに強くなっています。温水を用いられる点は、現行の洗濯機の上位機種の「基準」とも言えますので、東芝ではこのグレードから「高級機」と言えそうです。

 東芝の場合も、11kgの洗濯物で15度の温度に対応します。この点ではパナソニックと並びますが、さらに3kgまで60度、5kgまで50度と実用性はパナソニックより高めです。

 201710081228.jpg

 さらに洗剤については、パナソニックの洗剤泡立て機構と似ていますが、1マイクロメートルの極小のウルトラファインバブルを発生させ、洗剤の洗浄成分を強化する独自技術が加えられます。

 技術として新しいもので、業務用分野で応用されている信頼性のある技術であることから、洗濯機に置ける効果も期待できます。おそらく、東芝は、今後、この技術を研ぎ澄ませていくことになるでしょう。

 騒音についても、シャープ同様に対策に力を入れています。ヒートポンプ式で最もうるさい乾燥時でも42dbと優秀です。

 以上、東芝のTW-117V6L の紹介でした。

 ヒートポンプ式の欠点を最大限克服した上で、温水洗浄、高圧水流というトレンドもしっかり押さえている点で高評価できます。とくに、7kgで正規の乾燥運転が可能な点は、他機種にない魅力です。東芝の機種では最もおすすめできますね。


 

【2017】

16・東芝 TW-117X6L【左開き】
16・東芝 TW-117X6R
【右開き】
 ¥205,000 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】7kg
【消費電力量】690Wh/1150Wh
【使用水量】61L
【サイズ】645×750×1060mm

 TW-117X5L は、東芝ドラム式洗濯機の中位機種です。

 201701201909.jpg

 ただし、下位機種との相違点はデザイン面だけで、操作部がボタンからタッチセンサーになっていること、庫内にLEDライトが付いたことが主な相違点です。デザインを重視するのでなければ、基本的には下位機種で良いでしょう。

今回の結論
ドラム式洗濯機のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、小型と中型のドラム式洗濯機を15機種紹介しました。小型機種だけ紹介しようと思っていましたが、結果的には、ほとんど全機種の紹介になってしまいました。

 最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を紹介します。


第1に、小型の洗濯台にも置ける洗濯機として最もおすすめできるのは、

  

【2017】

1・シャープ ES-S7B-WL【左開き】
1・シャープ ES-S7B-WR
【右開き】
 ¥137,986 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】7kg
【乾燥容量】3.5kg
【消費電力量】1600Wh
【使用水量】80L
【サイズ】640×600×1039mm

 シャープ小型ドラム式洗濯機でしょう。

 このサイズでは唯一3.5kgの乾燥に対応しますので、洗濯乾燥の回数の点で有利だろうと思います。省エネ性はよりよい機種が他にありますが、回数を考慮に入れれば槽変わらないでしょう。

 乾燥は、伝統的なヒーターセンサー式で、比較的故障が起こりにくく、乾燥後の仕上がりも上々です。選択機能も、ひまわりガラスの採用など、価格面からすれば十分だと思います。

 とくに、シャープの場合、運転音が他社に比べて小さいため、夜間の利用にも差し支えなく、1人暮らしの人などに特に向きそうです。


第2に、中型のドラム式洗濯機で、費用対効果の点でおすすめできるのは、

  

【2017】

4・シャープ ES-H10B-WL【左開き】
4・シャープ ES-H10B-WR【右開き】

 ¥145,740 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】10kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】1880Wh
【使用水量】96L
【サイズ】640×729×1114mm

 シャープES-ZH1-WLです。

 中型としては、最近では唯一安定性の高いヒーターセンサー乾燥式を利用しており、乾燥の仕上がりや、故障のしにくさの点で、メリット性が高いと感じます。

 もちろん、ヒートポンプ式の方が省エネではありますが、固有の弱点が完全には解決されていないですし、価格や耐用年数を考えても、総合的にはこちらが経済的だと判断しました。

 洗浄力の点でも、マイクロ高圧シャワーを採用しており、トレンドを押さえているのもポイントです。


第3に、光熱費の安いヒートポンプ式として現状完成度が高いと言えるのは、

 

【2017】

15・東芝 TW-117V6L 【左開き】
15・東芝 TW-117V6R  【左開き】
 ¥196,100 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】7kg
【消費電力量】690Wh/1150Wh
【使用水量】61L
【サイズ】645×750×1060mm

 東芝TW-117V6L でしょう。ヒートポンプ式としては、シワ、ふんわり感、ゴミ詰まり問題を高レベルで解決しており、最も機能面でまとまった機種です。

 洗濯機能面でも、高圧水流による洗浄と、温水洗浄という最近のトレンドをしっかり押さえた上、騒音対策と清潔性の問題にも踏み込んでおり、とても優秀です。とくに、温水洗浄機能については、洗濯容量の柔軟性が最も高い機種なので、実用的に使えると思います。

 さらにいえば、乾燥容量が7kgと他社よりも大きめなので、世帯向けとしてかなりおすすめできます。

ーーー

 

【2017】

11・日立 ビッグドラム スリム BD-SV110BL 【左開き】
11・日立 ビッグドラム スリム BD-SV110BR 【右開き】
 ¥185,200 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】780Wh
【使用水量】53L
【サイズ】630×715×1050mm

 一方、東芝は奥行が深いので、設置性を考えると、日立のBD-SV110AL も良いでしょう。定評ある風アイロンは、衣類シワの点では、業界最高の対応度ですし買って後悔しない機種と言えます。


第4に、一軒家などの広いご自宅での洗濯に強力な効果を発揮するだろう機種は、

 

【2017】

8・パナソニック NA-VX8800L 【左開き】
8・パナソニック NA-VX8800R
【右開き】
 ¥230,700 Amazon.co.jp (4/7執筆時)

【洗濯容量】11kg
【乾燥容量】6kg
【消費電力量】930Wh/620W
【使用水量】55L
【サイズ】600×722×1009mm

 パナソニックのNA-VX8700 でしょう。

 相当高価な製品ですが、洗剤の自動投入機能は、他社にはない最新の機能です。そして、この機能は、洗濯機の円悪操作のほか、洗濯の進捗状がスマホで確認できるため、離れた場所で洗濯機を回している場合に有用でしょう。

 そのほか、洗剤の自動投入機能は、「洗剤の使いすぎ」という部分の不経済の是正にもなるでしょう。

ーーー

 というわけで、今回は、ドラム式洗濯機の話でした。

  201804070607.jpg

1・4.2キロ〜6キロの小型洗濯機
2・7キロ〜9キロの中型洗濯機

 なお、ドラム式洗濯機は普及が進んでいるとは言え、まだ10万円以上と高いです。

 タテ型洗濯機も検討対象に加えたいという方は、上記の記事をご覧ください!

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは!

posted by Atlas at 06:21 | 生活家電

2018年04月01日

比較2018’ 最新の衣類スチーマー全19機の性能とおすすめ・選び方:パナソニックやティファールなど

【今回レビューする内容】2018年 人気衣類スチーマー19製品の価格・性能と選び方・おすすめ:パナソニック・T-Fal・ツインバード・日立・東芝・アイリスオーヤマ 男性用 女性用 ・小型ガーメントスチーマー・ハンディスチーマーの違いや口コミランキング

【評価する製品型番】 IRS-01-KN IRS-01-WS NI-FS330 NI-FS540 NI-FS530 CSI-RX1 イージープレシング GV5240J3 DV8610J1 SA-4084BL トゥイニー NI5010J0 アクセススチーム DR8085J0 インスタントスチーム 3360 IS3320J1SALAV G-39 改良型ガーメントスチーマー LG スチームウォッシュ&ドライ styler ブラウン S3RER 石崎電機 SSH-100BK 東芝TAS-X3

今回のお題
忙しい朝に便利な「衣類スチーマー」のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2018年4月現在最新モデルとなる衣類スチーマーを比較します。

 

 19機種紹介する予定ですが、これで日本のデンキヤで手に入るほぼ全ての機種を網羅的に紹介していることになります。

 記事の最後では、「結論」として、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

1・衣類スチーマーとは?

 衣類スチーマーは、スーツなどの洋服のしわ伸ばしや、ニオイの除去に活躍する家電製品です。 

 201804011536.jpg

 日本では、パナソニック・日立・ツインバード工業などから発売されています。ブームの火付け役となったパナソニック製品を中心に、2016年上半期以降TVでもしばしば紹介され、「プチブーム」にもなりました。

 201804011534.jpg

 欧米では、しかしながら古くからみられるタイプの家電です。例えば、フランスT-falや米国のコンエアーなどの製品は歴史があります。

201709031251.jpg

 そのほか、LGから「クローゼットタイプの全自動スチーマ」も登場し、世界的な話題となっています。

ーーー

 一見して分かるように、衣類スチーマーとにも色々な種類があります。

 ただ、メーカーによって、プレス・スチームで対応できる布地などが異なるため、割と選ぶのが難しい家電でもあります。

 そこで、今回の記事では、各社の衣類スチーマについて、その機能の違いが分かるように、詳しく比較します。

2・小型の衣類スチーマーの比較

 というわけで、比較をはじめます。

 はじめに、各社の小型機種から見ていきましょう。

 なお、以下では、Atlasがおすすめできるポイントを赤字、イマイチと思う部分は、青字で書いていきます。


 

 【2018年発売】
 1・Panasonic NI-FS340-PK
  ¥9,788 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 【2017年発売】

 2・Panasonic NI-FS330-PK  
  ¥7,484 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 パナソニックNI-FS340は、日本で最も「売れている」といえる衣類スチーマーです。

 こちらの機種は、2017年モデルがあります。新機種は、従来的な、タバコ・汗・飲食臭・防虫剤のニオイの除去のほか、「加齢臭対応」が謳われます。ただ、基本的スペックに変化はないため、旧機種でも「実際には対応」します。

 つまり、新旧に能力差はないため、価格の安い方を選んで良いでしょう。


 201607110935.jpg

 基本的な用途は、スチームを使ったしわ伸ばしです。30秒という短時間で立ち上がり、蒸気を服に優しくあてていくだけでさっとシワが伸ばせるので、日本の朝の家庭事情にマッチしている製品と言えます。

 水蒸気噴射量は、スチーマーとしてのパワーを測る上で重要です。こちらの場合、11g/分という水蒸気噴射量になります。この手の用途には十分すぎるスペックでしょう。実際、パナソニックの「初代」の衣類スチーマーは9g/分で、それでも十分でした。

 重さも、665gと軽量です。

 小型サイズで手にもなじみます。除臭力もあり、タバコや汗などの付着臭、防虫剤のニオイの除去にも効果的です。

 201607110943.jpg

 この機種の特長と言えるのは、かけ面にあります。写真のように上下に向けて傾斜があるラウンド型のかけ面を採用しています。

 そのため、フリルの付いた服や、ブリーツスカートなどの立体縫製をしてあるものを「ふんわりと」プレスするのが大得意です。この点が、「家庭の2台目」として人気の秘密でしょう。したがって、かけ面の温度も、「服を傷めない」中温(150度)に限定されます。

 一方、ラウンド型のかけ面を採用するため、クリーニングに出したYシャツのように、洗濯後「パリッ」とかっちり仕上げるようなプレスは不可能です。

 その点で言えば、「家庭の1台目」は、別に必要と考えられます。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応 対応
ベルベット 非対応 対応
ウール 非対応 低温で対応
シルク 非対応 低温で対応
麻(混紡) 部分対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応 対応
ポリエステル 対応 対応

 対応する衣類の種類は、上表の通りです。皮・合成皮革、100%麻の衣類は非対応です。

 一方、ベルベット・ウール・シルクなどの素材は、かけ面をあてずに、スチームを離してあてることで利用可能です。綿・レーヨン・ポリエステルなどはプレスでも、スチームでも対応可能です。

 以上、パナソニックの衣類スチーマーNI-FS340の紹介でした。

 朝の忙しい時間に洋服のシワを取ったり、立体縫製の服を「ふんわり」仕上げられたり、面白い特長を持った機種だと思います。価格もこなれていますし、朝の時間節約のため「2台目」として所有するのは、「あり」でしょう。


 201804011551.jpg

 【2018年発売】

 3・Panasonic NI-FS540-DA
 3・Panasonic NI-FS530-PN
    ¥12,000 Amazon.co.jp  (4/1執筆時)

 【2017年発売】

 4・Panasonic NI-FS530-DA
 4・Panasonic NI-FS530-PN
   ¥8,092 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 NI-FS530も、パナソニックの製品の紹介です。形状は先ほどの機種と似ています。

 201804011553.jpg

 こちらも、型落ちの2017年モデルが売られています。2018年モデルに比べると「3倍パワフルスチーム」が神道際された点が大きな違いです。

 ただ、この機能は、いわゆるブースト機能です。「10秒間程ほどの限定的な出力強化」で、利用するためには「待ち時間」が都度発生します。結局「使わない機能」になるでしょうから、こちらも、格安の2017年モデルで良いでしょう。

 また、パワーが欲しいならば、そもそもパワーが強めの他社機もありますので。

 201607111008.jpg

 基本的な用途は、ハンガーが消して、スチームを使い洋服のシワを伸ばせるという点では先ほどの機種と機能は同じです。

 水蒸気噴射量も、11g/分と下位シリーズ同じです。サイズや重さはほぼ変わりません。タバコや汗の脱臭効果があるのも同じです。

 201703171446.jpg

 相違点は、かけ面です。

 こちらは、従来的なフラット形状のかけ面を採用します。そのため、ハンガーに掛けてのスチームのほか、パンツのプレスなどにも対応できます。反面、「フラットな」形状なので、立体縫製の衣服の「ふんわり仕上げ」などは多少やりにくい仕様です。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応 対応
ベルベット 非対応 対応
ウール 非対応 対応
シルク 非対応 対応
麻(混紡) 部分対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応 対応
ポリエステル 対応 対応

 対応する衣類の種類は、上表の通りです。先ほどの機種と同じです。こちらも、かけ面の表面温度は中温に固定ですね。

 以上、 NI-FS530の紹介でした。ふんわり仕上げよりも、プレスに力を入れた製品ですね。

 多少小型ではありますが、「家庭の1台目」としても利用できるため、一人暮らしの方に向いた機種と言えます。24秒で立ち上がるというスピードは、朝忙しい際に特に便利です。


 201804011601.jpg

 【2017年発売】

 5・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-W
  ¥7,890 Amazon.co.jp (4/1執筆時)
 6・日立 衣類スチーマー CSI-RX1-A
  ¥7,835 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 CSI-RX1は、日立から発売された衣類スチーマーです。2017年に新登場したばかりの機種です。

 基本的な用途は、コンセプト的には先行するパナソニックの上位機に近く、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプの機種です。

 水タンクは、本体部分に内蔵さます。注水量は70mlと先行販売のパナソニックより多めで、稼働時間も1分ほど長めです。それでいて重さは同じ690gということで、後発の利点をフルに活かしたスペックです。


 201704241555.jpg

 水蒸気噴射量も、11g/分とパナソニックと同じです。噴射口は、十字型に配列されており、上下・左右どちらの方向のハンガースチームでもムラがないよう工夫されます。

 かけ面は、ダイヤモンド型で、パナソニック同様に、ボタン付近などの細かい部分もプレスしやすくなっています。ただ、かけ面の表面コートはチタン含有コートで、セラミックコートを採用するパナソニックに比べると、滑りやすさのグレードは1ランク下でしょう。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
対応
シルク 対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、パナソニックと比較すると、スチームの対応状況はほぼ同じですが、プレスについては、温度に厳しい繊維にも対応している点がメリット性です。というのも、日立の衣類スチーマーは、パナソニックにはない温度切り替えボタンがあり「高」「中」「低」と3段階の温度設定ができるからです。

 以上、日立の衣類スチーマーの紹介でした。

 先行するパナソニックと比べると、スチームショットの面ではほぼ互角ですが、プレスの時に温度設定が可能なのがメリット性でしょう。ただ、かけ面の滑りやすさは、セラミックかけ面のパナソニックが有利です。

 それをふまえれば、アクリルやポリプロピレン系の熱に弱い記事のプレスを考えるならば日立、Yシャツのプレスなど、一般的な用途だけでの利用で、後は「もっぱらクリーニング」と考えるならば、パナソニックで良いでしょう。

 最終的なおすすめ機種は、最後に改めて書きたいと思います。


 201804011625.jpg

 【2017年発売】

 7・東芝 衣類スチーマー TAS-X3【各色】
  ¥8,280 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 CSI-RX1は、東芝が発売する衣類スチーマーです。日立同様の時期にあたる2017年に新登場した機種です。

 基本的な用途は、日立やパナソニック同様で、こちらも、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプの機種です。

 水タンクは、55mlで、持続時間は5分です。後発の日立は、このあたりのスペックで、先発のパナソニックに差を付けていますが、東芝は、パナソニックに合わせる形です。その点で言えば、日立のほうがが優れますね。

 水蒸気噴射量も、11g/分と他社と同じです。

 201804011632.jpg

 かけ面は、楕円形で、先端にポイントプレスしやすい突起があるのが「売り」です。

 素材はセラミックという点では、パナソニックと同じですが、従来のアイロンの延長線上で、独自の工夫は乏しいです。

 対応する衣類の種類は、日立と同じく「高」「中」「低」と3段階の温度設定ができる仕様であり、対応布地も同じです。

 以上、東芝の衣類スチーマーの紹介でした。先発する諸メーカーとの明確な違いがあまり見られない機種です。プレス機では老舗なので、今後のバージョンアップに期待したいと言えます。


 201804011603.jpg

 【2017年発売】

 8・アイリスオーヤマ IRS-01-KN
 9・アイリスオーヤマ IRS-01-WS
    ¥4,369 Amazon.co.jp  (4/1執筆時)

 IRS-01は、2017年からアイリスオーヤマが販売を開始した、比較的格安な衣類スチーマーです。

 基本的な用途は、こちらもパナソニックのNI-FS530や日立の衣類スチーマーと同じで、プレスも、スチームショットも可能な2in1タイプです。

 水タンクは、こちらも内蔵式です。注水量は60ml・稼働時間も5.5分と、日立とパナソニックの中間的容量です。ただし、本体の重さは、790gと重めですね。

 201706091458.jpg

 水蒸気噴射量は、情報非開示です。ただ、スチームの噴射口は直列に6つです。他社の半分程度で、パワーや広がりは、他社よりはっきりと劣るといえます。

 かけ面は、素材は非開示ですが、おそらく低ランクのフッ素コートです。すべりの面では「価格なり」でしょう。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応
対応
ベルベット 非対応
対応
ウール 非対応
対応
シルク 非対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、パナソニックとほぼ同じです。こちらも日立と異なり、プレス温度が中温固定なので、デリケートな繊維は、対応できません

 以上、アイリスオーヤマの衣類スチーマーの紹介でした。

 メリット性は、やはり価格面で、保証面で信頼できるブランドの製品が5000円ほどで手に入るのは、大きなメリットです。

 一方、スチームのパワーやかけ面の素材などの部分の品質は、価格的に仕方がないとは言え、他機種に劣ります。一度買えば長く使う製品なので、このあたりは考えどころです。


 

 10ティファール イージープレシング GV5240J3
    ¥15,462 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 イージープレシングは、ティファール製品の紹介です。こちらは2015年に投入された新製品です。

 201610071240.jpg

 基本的な用途は、形状からも推察されますが、基本的には衣服のプレス用です。かけ面が広いので、プレスを主目的に購入される場合はパナソニックよりも使いやすいです。

 201610071243.jpg

 衣類スチーマーとして利用する場合は、1.6mのスチームケーブルを伸ばして、本体だけを手持ちして利用します。本体重量は4Kgありますが、水の入った台座を置いて使う方式なので、さほど重さを感じずスチームが可能です。

 水タンクも、1000ML(=1L)と巨大で、パナソニックの20倍のタンクです。。

 水蒸気噴射量は、パナソニックや日立と比較すると圧倒的であり、60g/分と相当パワフルです。分厚い衣服でも奥までスチームが浸透するので、強力にシワ取りが可能です。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
対応
シルク 対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
非対応
ポリエステル 対応
非対応

 対応する衣類の種類は、こちらは、表面温度が高温・中温・低温と三段階に調整できるため、プレスについては、ほぼ「万能」な製品です。一方、スチームについては、合成繊維については、スチームショットが利用できない仕様です。

 ただ、こうした、合成繊維については、もともとシワがよらないので一般的に言えば、衣類スチーマーの用途として全く問題ないでしょう。なお、T-falはスチームが強力ですが、スチーム量の調整ダイヤルも別に付くため、目的に合わせて強弱が調整できます。

 スチームの温度も強力で、140度のスチームが出せます。一方、強力ゆえに、スチームが利用できるまでの時間は約8分とかなり長いです。朝の忙しい時間に利用したい場合などの便利さは、パナソニックが上でしょう。

 以上、ティファールイージープレシングの紹介でした。

 衣類スチーマーとしてだけでなく、プレスも強力な製品です。洗濯後のシャツなどのプレスも重視したい方の衣類スチーマーとしてオススメできます。

 一方、ネックは多少高めの値段設定と、立ち上がりの遅さでしょう。ただ、この点は、強力なスチーム力とバーターなので、致し方ないですね。


 

 【2017年10月発売】

 11ティファール トゥイニー NI5010J0
    ¥18,150 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 トゥイニーは、ティファールの最も新しい衣類スチーマーで、2017年冬に登場したものです。発売早々人気でやや品薄です。

  201712061107.jpg

 基本的な用途は、2in1で、プレスとハンガーショットにWで対応するものです。一方、1つ上で見たイージープレシングと同じく、水タンクを置いたままハンガーショットができます。さらに、ヘッド部分が軽量なので、取り回しはこちらの方が楽でしょう。

 他方、プレスについては、特殊セラミックかけ面とすべりが良いですが、かけ面の面積は狭く、イージープレシングと比べると、「オマケ」的でしょう。

 衣類スチーマーとして利用する場合は、1.6mのスチームケーブルを伸ばして、本体だけを手持ちして利用します。

 水タンクは、本体を含めても1.8kgという軽量・コンパクト設計のため、400mlと少なめです。ただ、他社の水タンク内蔵タイプに比べれば10倍以上の容量であることは言及しておきます。16分間連続使用が可能です。

 水蒸気噴射量は、25g/分となります。ヘッドが大きなイージープレシングに比べると弱いとは言え、一般的には「パワフル」と言えます。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
非対応
対応
ベルベット 非対応
対応
ウール 非対応
対応
シルク 非対応
対応
麻(混紡) 対応 対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、こちらは、表面温度がプレスにおいては中温固定なので、デリケートな衣類は掛けられません。

 以上、ティファールトゥイニーの紹介でした。プレス・スチーム兼用の2in1商品で、どちらかと言えば「スチームが得意」という製品です。ただ、スチーマーにしては蒸気噴射量がイージープレシングに及ばす、プレス機としては、中温固定で柔軟性に欠けます

 ただ、総合力は確かにある製品で、軽量性と取り回しの良さを評価すれば「バランスがいい」と評価することもできるでしょう。実際「売れ筋ランキング」では上位です。


  

 12・T-fal 2in1 スチーム&プレス DV8610J1
    ¥4,397 Amazon.co.jp
(4/1執筆時)

 DV8610J1 も、T-Falが発売しているスチーマーです。独特の形状ですが、こちらも衣類スチーマーの一種です。

  201607111025.jpg

 こちらも、ハンガーにかけても、台の上でも、どちらでも使える製品です。洋服ブラシのような形をしていますが、重さは多少あり、水なし状態で830gです。

 スチーム力は、他機種に較べると強くありません。スチームの孔の数も少なく部分的です。T-falはスチーム力の強い印象のあるメーカーですが、この機種は例外でしょう。

 プレスは、小型ながら、「高温・中温・低温」の選択ができるため、能力があると言えます。一方、立体縫製のふんわり仕上げは、さほどこだわりのない部分ですね。また、かけ面の金属材質についても、普通のフッ素加工でありとくにこだわりはありません。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮 傷むので利用不可
対応
対応
ベルベット 対応
対応
ウール 対応
部分対応
シルク 対応
部分対応
麻(混紡) 対応 部分対応
綿 対応 対応
レーヨン 対応
対応
ポリエステル 対応
対応

 対応する衣類の種類は、プレス面では万能です。スチーマーとしても、かけ面から話さえすれば、ウールやシルクなどのデリケートな素材でも対応できます。

 以上、T-falの2in1 スチームアンドプレスの紹介でした。

 衣類スチーマーとしては非常に安く、導入しやすい機種です。

 ただ、プレス面も、スチームショットの面も、上位機に比べると確実に能力が落ちるため、基本的には1人暮らしの男性などが、プレス用途とスチーム用途兼用で安い機種を探している場合に限り、おすすめですね。


  

 13・TWINBIRD SA-4084BL【青】
 13・TWINBIRD SA-4084P【ピンク】
    ¥2,900 Amazon.co.jp
(4/1執筆時)

 ツインバード工業からも衣類スチーマーが発売されています。日本では同社が先発で、30年近いロングセラー機となります。

 201607111038.jpg

 こちらの機種も、他社製品と仕組みは同様です。ハンガーにかけてのスチームプレスも、台の上でのパンツの折り目付けも万能にできる機種です。

 201607111043.jpg

 この製品の面白い部分は、付属品です。ほこりや小さなゴミを取り除くのに向いた衣類ブラシと、大きなゴミや糸くずが取れる毛ブラシアタッチメントとして取り付けられます。家庭には必要なものですし、兼用できるのは良い部分です。

 対応する衣類の種類は、一方、0.2g/分とスチームが格段に低いので限定的と言えます。例えば、綿など、他のどの機種も標準対応する製品についても、霧吹きでの事前処理が推奨されています。一方、プレスについて温度設定が3段階から選べるため、普通に利用可能です。

 以上、ツインバード工業衣類スチーマーの紹介でした。

 衣類スチーマーとしては、スチーム力の弱さがきになります。重さも930gとありますので、どちらかと言えば、メインはパンツなどのプレス、という方で、格安機をお探しの方にオススメですね。


 

 14・ SURE ポータブルスチーマー SSH-100BK
    ¥3,151 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 SSH-100BKは、どこでもスチーマーの愛称で石崎電機が販売しているハンディスチーマーです。

 この製品の面白い部分は、折りたたみできる形状です。重さ480gと軽量のため,、持ちはこびに優位性がある製品です。

 スチーム力は、非開示です。仕組み上、パワーは期待できないでしょう。ただ、立ち上がりは50秒と速い点は、この価格では優秀です。

 プレスは、できないモデルです。付属品は、衣類の糸くずを取り除けるブラシアタッチメントが付属します。

 以上、SSH-100BKの紹介でした。家庭用としてみると非力でメリット性の薄い製品です。ただ、コンパクトに折りたたみ、持ち運べる点は一定のニーズがあるでしょう。

 なお、この製品、出張用に向くとして雑誌で紹介されていました。ただ、3メートルの電源コードも付くわけで、この点でその用途にはやや「微妙」です。


  

 15・ティファール アクセススチーム DR8085J0
    ¥7,913 Amazon.co.jp
(4/1執筆時)

 アクセススチームは、T-Falから発売された新型の衣類スチーマーです。

 201610071308.jpg

 こちらは、手持ちでの衣類スチームに特化した製品です。

 水タンクは本体部分に内蔵されるため、185mLと多少小さいです。一方、本体の重さは900gと重めですが、形状的に持ちやすいと思います。3メートルの電源ケーブルをつなげば使える仕様です。

 水蒸気噴射量は、23g/分と、パナソニックの2倍です。また、連続使用時も18分と、かなり長い時間利用できます。本体の立ち上がりも、この機種は45秒と朝の忙しい時間にも対応します。

 一方、スチーム量の微調整はできない仕様ですが、シワ伸ばしに特化して考えるならばあまり問題視しなくて良いと思います。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮
非対応
対応
ベルベット
部分対応
ウール
部分対応
シルク
部分対応
麻(混紡)
部分対応
綿
対応
レーヨン
対応
ポリエステル
対応

 対応する衣類の種類は、こちらはプレスができない製品なので、上記のようになります。スチームが中程度のパワーなので、合成繊維についても対応しますね。麻については、麻100%は対応不可ですが、混紡なら可能です。

 その他、シルク・ウールなどは、ヘッドを接触させず、十分、衣類から離してショットする場合に限り対応します。

 以上、T-Falのアクセススチームの紹介でした。プレスが不要な方には、この機種は最善な機種の1つでしょう。小型で収納性も良く、ドレッサーなどに引っかけて置いておける点も魅力です。

 立ち上がりも40秒と速いので、スーツやジャケットなどのお手入れに特化して購入するならば、とても良い選択肢ですね。

3・大型の衣類スチーマーの比較

    

 【2015年発売】

 16・T-fal インスタントスチーム 3320 IS3320J1
    ¥16,000 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 こちらは、ティファールインスタントスチームという製品です。欧州では以前からのラインナップでした日本展開は2015年からと新しいです。

 201607111112.jpg

 スティック状のハンガーが付属せず、ご自宅のハンガーを利用するタイプです。また、図のようなドア用フックが付いているので、自宅のハンガーを取り付け、本体をぶら下げて常設する等もできます。

 スチームのパワーは、30g/分というハイパワーです。パナソニックの小型タイプは11g/分でしたので、比較するとこの機種の強力さが分かるでしょう。水タンクも1Lと大きめですので、ワードローブの近くに常設して使うのが良いでしょう。もちろん、タバコ臭などの脱臭効果も期待できます。

 スチームは、上位機種のみ2段階で量が調整できます。多少弱めにできるため、衣服を「ふんわり」仕上げる場合も便利です。また、衣服のほか、カーテンやカーペット、ソファなどの布製品の除菌・脱臭も可能です。

 かけ面は、ワイドサイズですので、ハンガー時のシワ伸ばしの効率も良いです。また、立ち上がりまで60秒と短く、朝の忙しい時間の節約につながと言えます。

 対応する衣類の種類は、こちらはプレスができない製品なので、スチームだけの対応となります。麻は混紡のみ可能で、ウール・シルク・ベルベットなどは、ヘッドを衣類に密着させずに利用すれば利用可能です。プレスは、形状から想像つきますが未対応です。

 付属品の部分では、毛の長い衣類に利用できるブラシも付属します。

 以上、T-falのインスタントスチームの紹介でした。パワーで言えば、シワ取りにおいて「最強」と言って良い製品です。大きいので設置場所は選びますが、「朝の時短効果」は極めて高く、その点ではおすすめできる機種です。 

ーーー

 17・T-fal インスタントスチーム 3360
   ¥31,900 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 なお、姉妹品としてインスタントスチーム 3360という、上位機種があります。

 こちらは、ハンガースティックが付属する一体型設計のタイプです。なお、この製品は「在庫限り」の状況で割高です。現在はT-fal直営店のみに在庫があるようです。 


  

 18SALAV G-39 ガーメントスチーマー
     ¥12,980 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 こちらは、SALAVの発売する改良型ガーメントスチーマーです。T-FALのインスタントスチームと同じ据え置き型で、ハンガーが付属するタイプです。このタイプは外国では各社から発売されており、こちらもいわゆる「ジェネリック家電」として格安で販売されているものです。SALAVのモデルも全世界で販売されています。

 スチームのパワーは、35g/分とメーカー公表値においてT-FALを凌ぐパワーです。水タンクも1.2Lと多く、45分持続するパワーを持ちます。

 201709031240.jpg

 かけ面は、噴射孔が横に並ぶ形のワイドサイズです。照射範囲はT-FALに比べても広そうです。立ち上がりまで45秒とT-FALより短く、朝の忙しい時間の節約につながる製品です。

 対応する衣類の種類は、明示はされません。ただ、形状と仕組みはT-FALと同様のジェネリック家電ですので、対応はそれと同じと見て良いでしょう。プレスは、未対応です。

 付属品の部分では、毛の長い衣類に利用できるブラシなど充実していますね。

 以上、SALAVの製品の紹介でした。コンエアーの撤退と、T-FALの品薄状態で、ハンガー付属の据え置き型タイプで現在手に入りやすいのはこの機種だけです。水タンクが大きい据え置き型で考える場合、現状では有力な選択肢となるでしょう。



 19LG スチームウォッシュ&ドライ styler S3RER
    ¥176,951 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 S3RER は、LGは発売する新しいタイプの衣類スチーマーです。

 201709031251.jpg

 高さ185cm・幅44.5cm・奥行き58.5のロッカーのような形状で、中に収納した衣類に自動でスチームし、シワや臭いを除去するという「ライフスタイルクローゼット」です。最下部に、大きな水タンクが付属する製品ですね。

 201709031255.jpg

 もはや人間の手を介さず、時間予約して乾燥までしてくれるとても便利な家電です。Atlasも設置スペースさ許せば導入を検討したいと考えています。また、面白いのは、ハンガーに振動を加えることで、ホコリや花粉の除去に対応する点ですね。

衣類の種類    プレス スチーム
皮・合皮
対応
対応
ベルベット
対応
ウール
対応
シルク
対応
麻(混紡)
対応
綿
対応
レーヨン
対応
ポリエステル
対応

 対応する衣類の種類は、デリケートコースがあるため、皮革を含めて普遍的に対応できます。ハンガー3本とズボン1本までの容量を同時に処理できる能力を持っています。

 以上、LGS3RERの紹介でした。 設置スペースと予算が許せば選びたい機種です。時短効果は「最強」レベルで、個人的にも欲しいです。

 ただ、冷静に言えば、現状でライバルメーカーがないため、価格が現在では相当に高い点と、今後において改良が進んでいくことを考えると、こちらの導入は次回とし、価格的に求めやすい衣類スチーマーを発売までの「中継ぎ」とするのも一案でしょう。

今回のお題
各社の衣類スチーマーのおすすめはこの機種!

 というわけで、今回は、衣類スチーマーを計7機種比較しました。最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、立体縫製の衣服などのシワ伸ばしにおすすめな小型機種としては、

 

 【2018年発売】
 1・Panasonic NI-FS340-PK
  ¥9,788 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 【2017年発売】

 2・Panasonic NI-FS330-PK  
  ¥7,484 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 パナソニック小型衣類スチーマーNI-FS340が良いでしょう。

 ラウンド形状のかけ面は、デザインが複雑な服でも「ふんわり」仕上げるのが得意ですから。30秒で立ち上がるのも嬉しい部分です。

 小型・軽量で設置性が良く、必要なときだけ取り出せる点も、日本の家屋向きでしょう。時間のないときに使う、「2台目」としては、設計を含めてもっとも良い製品だと感じます。

 なお、2機種ありますが、スチームのパワーを含めて先述のように性能は同等なので、新機種の登場で値段が下がっている2017年モデルが良いと思います。


 第2に、ジャケットなどの衣類スチームに特化した、強力・小型機種としておすすめなのは、

  

 15・ティファール アクセススチーム DR8085J0
    ¥7,913 Amazon.co.jp
(4/1執筆時)

 ティファールアクセススチームでしょう。プレスに対応しない分、小型で置きやすいです。フックが付いているので、どこかに引っかけて置いておけるため、常設して毎日使う際に便利です。T-Falの大型モデルであるインスタントスチーム3360を置くスペースがない場合は、選ぶのはこちらでしょうね。

 フランスの製品ですが、蒸気発生量も23g/分と多く、立ち上がりも45秒と速いので、忙しい日本の朝にも便利に対応してくれるでしょう。連続使用時間も18分ありますから、毎日の水補給は不要です。

ーーーー

  

 18SALAV G-39 ガーメントスチーマー
     ¥12,980 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 ただし、より大きな水タンクで、完全に据え置いて使う場合は、SALAV G-39が選択肢となります。


 第3に、一人暮らしのビジネスマンの「1台目」としておすすめできる機種は、

 201804011551.jpg

 【2018年発売】

 3・Panasonic NI-FS540-DA
 3・Panasonic NI-FS530-PN
    ¥12,000 Amazon.co.jp  (4/1執筆時)

 【2017年発売】

 4・Panasonic NI-FS530-DA
 4・Panasonic NI-FS530-PN
   ¥8,092 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 パナソニックNI-FS540-DAでしょう。小型で収納性も良くプレスもスチームもできる点は、2in1の「プレス兼用」と考えれば、ぴったりと言えます。

 Yシャツやスーツ以外はさほど利用頻度がないだろう方は、こちらが良いですね。デザインも従来みられない感じで、非常に良いと思います。

 なお、こちらも、4月半ばに2019年モデルが登場します。3倍パワフルスチームの搭載が新機軸ですが、先述のように、「利便性の向上が限定的」です。

 Atlasとしては、(在庫がある限り)新機種の登場で価格が相当下がっている旧機種をオススメします。

ーー

 【2017年10月発売】

 11ティファール トゥイニー NI5010J0
    ¥19,150 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 一方、同様の傾向にある製品と言えるのが、T-falのトゥイニー NI5010J0です。

 スチームショットのパワーと、コード式で軽量で使える点は、こちらが「上位」でしょう。

 忙しい朝の身だしなみの「時短効果」はかなり高そうです。ただ、こうした性能の分、価格は高いので、一般的にはパナソニックで十分だと思います。


 第4に、世帯用のプレス重視の製品としてオススメできる製品は、

 

 10ティファール イージープレシング GV5240J3
    ¥15,462 Amazon.co.jp (4/1執筆時)

 本格的なプレス機といえるイージープレシングが良いでしょう。

 広いかけ面と、業務用と言ってもよいスチーム力を持つため、本格的にプレスをしたい「家事の達人」には、こちらがオススメです。プレスにも、衣類スチームにも、強力な力を発揮するでしょう。

 一方、本体に重さがある機種です。ただ、その重さを利用しながら、しっかりプレスできるのがこのメーカーの良い部分でもあります。

ーーー

 というわけで、今回は、衣類スチーマーの紹介でした。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:43 | 生活家電

2018年03月01日

比較2018' 【電気代が安い!】最新加湿器21点の性能とおすすめ・選び方(humidifier-1)

【今回レビューする内容】2018年 電気代の安い!加湿器人気21製品の性能とおすすめ: パナソニック・ダイニチ・象印・シャープ・三菱重工・バルミューダデザイン・ドウシシャ:SHARP 気化式・超音波式・ハイブリッド加湿器の違い性能別ランキング

【紹介する製品型番】 HV-G30 HV-G50 HV-G70 FE-KFP03 FE-KFP05 FE-KXP05 FE-KFP07 FE-KXP07 HD-3017 HD-5017 HD-7017 EE-RM35-WA EE-RM50-WA SHE35PDA-K SHE60PDA-W SHK50PR-W SHK70PR-W SHK90PR-W Rain ERN-1100UA-WK KMWQ-301C mood KKHQ-651C kamome

今回のお題
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器のおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2018年最新の加湿器(加湿機)を比較します。

 201803011509.jpg

 パナソニックダイニチ象印シャープ三菱ドウシシャバルミューダという国内メーカー7社の最新の加湿器(加湿機)をほぼ全て比較するつもりです。

1・加湿空気清浄機の比較
2・空気清浄機の比較
3・加湿器の比較
4・脱臭機の比較

 なお、このブログ「モノマニア」では、加湿や空気に関わる生活家電について以上のような記事があります。

 今回は、3番の記事となります。もし、加湿器能付きの空気清浄機に興味があれば、1番の記事リンクをご覧ください。

 以下では、いつものように、各機種を個別に紹介した後、最後に「結論」としてAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

加湿器の選び方の基本(電気代)

 さて、具体的な機種に入る前に、主に「電気代の安さ」に注目しながら、加湿器の選び方の基本を説明しておきます。

1・スチーム式加湿器
2・気化式加湿器
3・超音波式加湿器
4・ハイブリッド式

 加湿器はその方式により「4つのタイプ」が存在します。

 はじめに、それぞれのメリットデメリットについて簡単に紹介します。



 第1に、スチーム式です。

 メリットは、その加湿力です。電気ヒーターでスチームを発生させるため、短時間で加湿できます。

 デメリットは、その電気代です。加湿するまでに要する電気代は他方式の数十倍であり、1日50〜100円の電気代となります。また、水ケースに付着するカルシウムを定期的にこそぎ落とす必要もあります。


 

 第2に、気化式です。

 メリットは、その光熱費です。プロペラを使い水を自然に蒸発させる仕組みなので、1日2円-3年の電気代で済みます。加湿力もスチーム式とさほど変わりません。

 デメリットは、気温低下です。水を揮発させるときに部屋の温度が1-2度下がってしまいます。シーズン中の2-3回ほど、水回りの洗浄が必要です。



 第3に、超音波式です。

 メリットは、その光熱費と設置性です。気化式に次いで光熱費が安く、また設置スペースもさほど必要ありません。

 デメリットは、パワーです。他の方式に比べると相対的に低く、リビング全体の加湿には不向きです。なお、沸騰水を蒸発させる方式でないため、雑菌が発生しやすいという問題がありましたが、最新機種では、その弱点は克服されています。


 

 第4に、ハイブリッド式です。

 メリットは、加湿力です。スチーム式と気化式の中間程度の加湿力を、中間程度の電気代で動かします。

 デメリットは、電気代です。スチーム式ほどではないですが、電気代がかかります。

ーーー

 以上4点をまとめれば、とにかく素早く適湿にしたい方はスチーム式かハイブリッド式を、電気代の節約を最重要視するならば気化式か超音波式を選ぶのが良い選択肢です。

 これを理解した上で、部屋のサイズに合った適切な大きさの加湿器を選ぶと良いでしょう。

シャープの加湿器の比較

 では、ここからメーカーごとに加湿器の紹介をしていきます。

 なお、以下では、性能面でA、tlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


 201803011452.jpg

 【加湿:木造和室 〜5畳/プレハブ洋室 〜8畳】

 【2017年】

 1・SHARP 加湿器 HV-G30-W ホワイト
 1・SHARP 加湿器 HV-G30-C クリーム
  ¥14,270 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:9W
 加湿量: 290mL/h
 タンク量:約2.4L
 連続運転:約8.2h
 静音性:38dB〜22dB
 サイズ:幅32.2×奥行15.9×高さ31.6cm
 除菌性能:プラズマクラスター

 HV-G30-Wは、シャープの小型加湿器です。サイズは、同社の加湿器では最も小さいものです。


 201702042111.jpg

 加湿方式は、写真のような「ジャバラ」を使い、水を蒸発させていく気化式です。消費電力は、8Wと、かなり省エネで、電気代も10時間運転で2.5円ほどで済みます。

 加湿量は、290mL/hと弱めす。適応畳数も木造で5畳・洋室8畳までと、リビングルームの加湿には使えない点は注意しましょう。

 タンクのサイズは、2.4Lで、約8時間の連続運転が可能です。

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。これらのセンサーを使って、室温に合わせて湿度を適湿に調整します。

 201409282339.jpg

 機能的に面白い部分は、プラズマクラスターイオン(7000)の発生機能が付いている点です。

 プラズマクラスター(マイナスイオン)は、ウイルス除去機能などは期待できません。しかし、衣服などの付着臭脱臭機能と、静電気の除去機能については、第三者機関により効果が実証されています。なお、シャープの除湿器は、どの機種もプラズマクラスターイオン発生器が付いています。 

 また、加湿フィルターは、抗菌剤が入る仕様ですので、清潔性も高いです。

 以上、HV-G30-W の紹介でした。こちらも供部屋程のサイズで利用するものですね。リビング用にはもう少し大きめの加湿器が良いでしょう。


 201803011452.jpg

 【加湿:木造和室 〜8.5畳/プレハブ洋室 〜14畳

 【2017年】

 2・SHARP 加湿器 HV-G50-C クリーム
 2
SHARP 加湿器 HV-G50-W ホワイト  
  ¥16,827 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:190W
 加湿量: 500mL/h
 タンク量:約4.0L
 連続運転:約8.0h
 静音性:36dB 〜24dB
 サイズ:幅38.5×奥行17.0×高さ37.2cm
 除菌性能:プラズマクラスター

  HV-G50は、シャープ中型の加湿器です。

 加湿方式は、このグレードから気化式とスチーム式を取り入れたハイブリッド式に変わっています。

 加湿量は、500mL/hと増加しており、適応面積も木造和室8.5畳プレハブ洋室 14畳までと広がっています。一方、ハイブリッド式ということで、電気を使うため、消費電力は、190Wと下位機種に較べると大きく伸びています。強運転時に、1時間に5円ほどという計算です。 

 搭載されるセンサーは、やはり同じように、温度センサーと湿度センサーです。電気代について言えば、ハイブリッド式でこれらのセンサーを搭載するのはメリットがあり一度適湿になれば、気化式として運転にとどまり、電気代が大幅に節約されます。ただし、エアコンなどと併用する場合は、常に加湿が必要なので、さほどの節電効果は望めないでしょう。

 タンクのサイズは、こちらも4.0Lと大型化しているので、加湿量が多いですが約8時間の連続運転が可能です。タンクは大きく、中まで手を入れて洗浄できるので、清潔です。

 このほか、プラズマクラスターなどの追加機能は下位機種と同じ構成です。

 以上、HV-G50の紹介でした。リビング用として使えるサイズの製品です。ただ、このサイズは、他社から電気代の安い気化式のバージョンも出ています。それらと慎重に比較する必要があります。


 201803011453.jpg

 【木造和室 〜11畳/プレハブ洋室 〜18畳】

 【2017年】

 3・SHARP 加湿器 ホワイト HV-G70-W
 3・SHARP 加湿器 ベージュ HV-G70-C

  ¥23,190 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:310W
 加湿量: 670mL/h
 タンク量:約4.0L
 連続運転:約6.0h
 静音性:40〜24dB
 サイズ:幅38.5×奥行17.0×高さ37.2cm  
 除菌性能:プラズマクラスター

 HV-G70-W は、シャープの加湿器では最も加湿量が多いモデルです。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式です。

 加湿量は、670mL/hとより増加しています。適応面積で言えば、木造和室11畳・プレハブ洋室 18畳までとなります。空間の広いマンションに1台おくならば、こちらでしょう。一方、電気代は、ヒータをより多く使う方式のため、最大で310Wと下位機種に較べるとさらに悪化しており、1時間に8円ほどの電気代となります。

 201702042131.jpg

 一方、この機種は、自動エコモードを搭載し、電気代をカットすることができます。ただ、こちらは単純に加湿量を最大420mL/hまで下げるだけの機能ですので、あまり高機能徒は言えません。

 搭載されるセンサーは、やはり同じように、温度センサーと湿度センサーです。これらのセンサーを利用した「うるおい自動運転」で、適湿をキープするのが基本的な使い方となります。

 タンクのサイズは、こちらは下位機種と同じ4.0Lです。そのため、本体のサイズは、先ほどの機種と同じですが、連続運転時間は6時間までと短めです。。

 このほか、プラズマクラスターなどの追加機能は下位機種と同じ構成です。

 以上、HV-G70の紹介でした。加湿量が増えて、リビングでもパワフルに加湿できそうな機種です。ただし、電気代がより多くかかる点は、やはり注意が必要です。

パナソニックの加湿器

 続いて、パナソニックの加湿器を紹介していきます。


 201803011454.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2017年】

 4・パナソニック FE-KFP03-P  【ピンク】
 4・パナソニック FE-KFP03-W 【ホワイト】
  
¥16,780 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:10W
 加湿量:300mL/h
 タンク量:約2.1L
 連続運転:約7h
 静音性:34dB〜21dB
 サイズ:305×190×295mm
 除菌性能:なし

 FE-KFM03は、パナソニックの最も小型の加湿器です。

 加湿方式は、パナソニックも小型機種は気化式を採用します。電気代がほとんどかからない機種です。消費電力は10Wですから、電気代も10時間運転で2円ほどで済みます。

 加湿量は、300mL/hとシャープの小型機とほとんど同じです。こちらも「木造で5畳・洋室8畳まで」の製品です。

 タンクのサイズは、2.1Lとやや小型なので、シャープより1時間短い、約7時間の連続運転までとなります。その分、本体は小型・スリムで、デザイン性が良いです。

 201702042141.jpg

 搭載されるセンサーは、シャープとやはり同じように、温度センサーと湿度センサーです。ただ、パナソニックの場合、通常の自動運転のほか、湿度を高めに保つ「のど肌モード」を搭載している特長があります。インフルエンザの季節には嬉しいでしょう。

 201702042143.jpg

 機能的に面白い部分は、加湿フィルターにFusion繊維を使っている点です。吸水性と・耐久性が高い素材なので、加湿フィルターが10年交換不要です。シャープの場合、48ヶ月で交換なので、経済性が高いです。

 そのほか、240時間の運転ごとに、手入れの時期を知らせるランプなど、細かい所に気を配っている製品です。一方、シャープと較べると、このグレードの製品には、マイナスイオン噴射機能がありません

 以上、FE-KFP03 の紹介でした。シャープの小型機とどちらを選ぶのかは難しいですね。両方とも気化式で、電気代もさほど変わらないので。ただ、フィルターの耐久性や、のど肌モードは、パナソニックの強みだと思います。


  201803011454.jpg

 【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

 【2017年】

 5・パナソニック FE-KFP05【ナノイー無】  
  ¥22,940 Amazon.co.jp (3/1執筆時)
 6・パナソニック FE-KXP05【ナノイー有】
  ¥26,200 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:8W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約8.4h
 静音性:36dB〜15dB
 サイズ:375×180×375mm
 除菌性能:ナノイー・ 除菌ユニット

 パナソニックのFE-KFM05FE-KXM05は、同社の中型の加湿機となります。木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳まで対応する中型の加湿器です。

 加湿方式は、パナソニックの場合、このサイズでも、気化式を採用しています。ハイブリッド式を採用するシャープと較べると、消費電力は8Wですから、光熱費の上では数十倍の開きがあります。

 201702042152.jpg

 加湿量は、600mL/hと、電気を利用しないにもかかわらず、1時間あたりの加湿可能量は、シャープを上回ります。

 さらに、「お急ぎ加湿モード」を搭載しており、20%ほど加湿量を一時的にあげることも可能です。従来、気化式は、ヒーターを使わない分、適湿になるまでの時間はハイブリッド式より少し余計にかかりました。これはその欠点を解決する技術と言えます。

 タンクのサイズは、4.2Lと大きめで、シャープに較べても長い8.4時間の加湿が可能です。

 搭載されるセンサーは、下位機種と同じ構成で、湿度を高めに保つ「のど肌モード」も搭載します。

 201702042155.jpg

 機能的に面白い部分は、イオン除菌ユニットの搭載です。気化式加湿器は、水のヌメリが発生しやすいですが、こちらは、交換不要の除菌ユニットが搭載され、その心配を軽減しています。シャープの場合も、同様のユニットは売られていますが、別売りになります。また、こちらも、加湿フィルターは10年交換不要です。

  201702042157.jpg

 さらに、FE-KXM05 については、水イオン「nanoe」発生装置が搭載されます。これは、シャープのプラズマクラスターの「ライバル」とされるマイナスイオンです。ただ、パナソニックの場合、イオンを外に放出するのではなく、内部に放出し、フィルターの除菌に利用します。これは、効果的なヌメリ対策になると思います。

 以上、パナソニックの除湿器FE-KFL05FE-KXL05を紹介しました。シャープの製品と比べると、気化式ハイブリッド式という明確な違いがある製品です。比較すれば、「お急ぎ加湿モード」があるにしても、立ち上がりのパワーはシャープに負けます。ただ、電気代を考えると圧倒的にこちらが有利でしょうね。水のヌメリ対策も、優位性がありそうです。


 201803011454.jpg

 【木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【2017年】

 7・パナソニック FE-KFP07【ナノイー無】
  
¥25,995 Amazon.co.jp (3/1執筆時)
 8・パナソニック FE-KXP07【ナノイー有】
  ¥29,000 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:13W
 加湿量:700mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約6.0h
 静音性:39dB〜22dB
 サイズ:幅383×奥行230×高さ350mm 
 除菌性能:
ナノイー・ 除菌ユニット

  FE-KFM07FE-KXM07は、先ほど紹介したFE-KFL05FE-KXL05を大型化した気化式の加湿器です。

 加湿方式は、こちらも気化式です。

 加湿量は、700mL/hで、木造和室 12畳・ プレハブ洋室 19畳まで対応できるというスペックです。電気代は、13Wですから、光熱費の上では、シャープとは圧倒的な開きがあります。

 タンクのサイズは、4.2Lと中型機種と同じです。そのため、本体サイズは同じですが、連続運転時間は6時間と多少短くなっています。コンパクト性と連続運転時間は両立できないため、これは仕方ない部分ですね。

 その他の機能面では、上で紹介したFE-KFL05FE-KXL05と同じです。掃除もしやすく、ナノイー除菌機能やお急ぎ加湿モードも付属します。こうした点で、比較的広いリビングなどで利用するならば、この機種はおすすめできます。

ダイニチの加湿器

 続いて、日本の季節家電メーカーのダイニチの加湿器を紹介します。


 

 【木造和室 〜5畳、プレハブ洋室 〜8畳

 【2017年】

 9・ダイニチ 加湿器 HD-3017-W
  ¥10,480 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:98W
 加湿量:300mL/h
 タンク量:約2.4L
 連続運転:約8.0h
 静音性:15〜23fdb
 サイズ:325×322×165mm
 除菌性能:

  HD-3017 は、ダイニチの小型の加湿器です。ダイニチは石油ストーブを出している国内メーカーです。最近は加湿器にも力を入れており、デンキヤ屋にもいくつも製品が並んでいます。

 加湿方式は、ハイブリッド式です。ダイニチの場合は、木造和室5畳・ プレハブ洋室8畳までの小型機種でも、気化式とスチーム式を併用するハイブリッド式を用いています。そのため、消費電力は、98Wと多くかかる一方で、加湿の立ち上がりの速さは期待できます。

 加湿量は、300mL/hで、だいたい他社と脚を揃えています。タンクのサイズは、2.4Lで8時間の連続運転が可能と、シャープと同水準です。

 201702042212.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。ただ、ダイニチの場合、1%刻みで表示されるデジタル湿度計が搭載されるため、適湿かどうかがの視認性が高いです。意外にも、他社はこの機能がありません。また、パナソニックと同じように、強めの自動運転をする「のど肌加湿」が付属します。

 その他、ダイニチの加湿器も除菌フィルターを採用し、清潔への配慮があります。一方、加湿フィルターの寿命は2.5年と短いのは注意するべきでしょう。

 また、ダイニチの加湿器は、静音性が高いことでも評判で、標準モードでの動作音は、クラスNO1とのことです。

 以上、 HD-3016 の紹介でした。小型のハイブリッド式で、立ち上がりの速さが売りです。また、デジタル湿度計の搭載も、他社にはない大きな魅力と言えますね。静音性も高いので、寝室用として良いかもしれません。


 

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 【2017年】

 10・ダイニチ 加湿器 HD-5017-W
  ¥13,878 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:168W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.0L
 連続運転:約8.0h
 静音性:15〜31db
 サイズ:375×375×190mm

 HD-5016 は、ダイニチ中型加湿器です。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式で、木造和室8.5畳・ プレハブ洋室14畳まで使えるモデルですね。

 消費電力は、同じサイズのシャープのハイブリッド式に較べると168Wと多少省エネ性能が高そうな機種です。ただ、これはスチーム力に直結するため、立ち上がりの速さはシャープが、光熱費はダイニチが上と判断できます。

 加湿量は、600mL/hで、パナソニックと同水準でパワフルです。 

 タンクのサイズは、4.0Lで約8時間の連続運転が可能です。

 その他の部分は、下位機種と同じで、こちらも、デジタル湿度計が装備されています。

 以上、HD-5016の紹介でした。中型機のハイブリッド式としては、省エネ性能がシャープより高いです。一方で、パナソニックの気化式には、光熱費の面で大きな差がありますが、立ち上がりのパワフルさはこちらが上でしょう。つまり、光熱費と立ち上がりの速さの点で、ダイニチは「シャープとパナソニックの中間的製品」というのが適当でしょう。


 

木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【2017年】

 11・ダイニチ 加湿器 HD-7017
   ¥18,133 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:285W
 加湿量:700mL/h
 タンク量:約4.7L
 連続運転:約6.7h
 静音性:15〜34db
 サイズ:
375×375×310mm

 HD-7016は、ダイニチ大型加湿器です。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式で、木造和室12畳・ プレハブ洋室19畳まで使える、リビング向けの大型機です。

 消費電力は、同じサイズのシャープのハイブリッド式に較べると285Wと、このサイズでも多少ダイニチのほうが省エネです。

 加湿量は、700mL/hです。やはり、加湿量ではシャープより多少上回ります。タンクのサイズは、4.7Lで約6.7時間の連続運転が可能です。その他の部分は、下位機種と同じです。

象印の加湿器の比較

 

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2017年】  

 12・象印 スチーム式加湿器 EE-RM35-WA
  ¥18,430 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:305W
 加湿量:350mL/h
 タンク量:約2.2L
 連続運転:約6.0h
 静音性:24db前後
 サイズ:24×26×27.5cm
 除菌性能:

  EE-RM35は、象印の小型加湿器です。木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機です。

 加湿方式は、象印の場合、スチーム式となります。スチーム式は、先ほど書いたように、常に電気を使うので光熱費には優しくないですが、立ち上がりが速い点と、冬場の加湿で室温が低下しない点がメリット性です。

 加湿量は、350mL/hと小型機種としてはパワフルです。タンクのサイズは、2.2Lと多少小さく、連続運転時間は、約6時間となります。

 消費電力は、その一方で305Wとかなりかかります。温度センサーと湿度センサーで、自動運転するものの、ハイブリッド式式に較べても、電気代がより多くかかる点は、注意しましょう。 

 201509241209.jpg

 清潔性については、スチーム式は一旦水を沸騰させるため、水の汚れは生じにくいと言われます。ただ、実際の所、クエン酸などで掃除をマメにしないと「臭い」は生じます。フッ素加工された水ケースは掃除しやすいですが、掃除の頻度は気化式に比べて多めです。

 また、スチーム式は、お湯を沸騰させるので、煮沸音がします。軽減できる「湯沸かし音セーブモード」が搭載されますが、その場合、スチーム式の「売り」の立ち上がりの速さが減じます。

 安全面については、チャイルドロックが装備されており安心ですが、スチームは65度なので、「いたずら」には注意しましょう。

 以上、象印のスチーム式加湿器の紹介でした。スチーム式、加湿スピードも早いというメリット性はありますが、やはり、光熱費の面ではやや不利ですね。


 

木造和室 〜8畳、プレハブ洋室 〜13畳

 【2017年】  
 13・象印 スチーム式加湿器 EE-RM50-WA
  ¥23,750 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:410W
 加湿量:480mL/h
 タンク量:3.0L
 連続運転:約6.0h
 静音性:(27db前後)
 サイズ:24×26×31.5cm
 除菌性能:

 EE-RM50 は、象印のスチーム式加湿器の中型機です。

 加湿量は、410mL/hと下位機種よりは増加していますが、さほどパワフルという訳でもありません。木造和室8畳・ プレハブ洋室13畳までの対応ですね。

 タンクのサイズは、3.0Lと先ほどの機種よりも多少大きいですが、加湿量が増えているので、こちらも連続加湿時間は6時間までと同じです。

 消費電力は、その一方で410Wと相当増えています。自動運転機能があるとは言え、光熱費の面では多少不利ですね。

三菱重工の加湿器

 201803011457.jpg

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2017年】  

 14・三菱重工 加湿器 SHE35PDA-K 【漆黒】  
 14・三菱重工 加湿器 SHE35PDA-R
【純白】  
  ¥11,000 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:250W
 加湿量:350mL/h
 タンク量:約2.8L
 連続運転:約8h
 静音性:27db
 サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
 除菌性能:プラズマ除菌

 つづいて、三菱の加湿器SHE35PDAの紹介です。本体色は、ホワイトとブラックの2色です。

 加湿方式は、象印と同じでスチーム式となります。

 加湿量は、350mL/hと象印の小型機と同じで、木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機となります。

 201702042300.jpg

 消費電力は、象印のスチーム式に較べて、350mL/hの加湿量に対して250Wと象印よりも節電性は高いです。というのも、三菱の場合、水を直接加熱するのではなく、吸い上げた一部の水だけを加熱する方式(スチームファン蒸発式)を採用するからです。

 この方式の場合、蒸気の温度も55度と低く、安全性も高くなります。また、蒸発布の部分にカルキなどが吸収されるので、気化式としてはお手入れが非常に容易です。

 三菱重工 蒸発布 SHES351
  ¥891 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 ただし、蒸発布は消耗品で、600時間(2-3ヶ月)ごとに交換の必要があります。この部分のコストを考えると必ずしも、コスパが良い機種とも言えないです。

 タンクのサイズは、2.7Lとかなり小型ですが、この方式の場合、このサイズでも8時間の連続運転が可能です。

 201702042307.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。この機種もデジタル湿度計が搭載され、現在の湿度が分かりやすくなっています。自動運転の他、湿度を指定しての運転もできるので、他社の「のど肌モード」的な使い方も可能でしょう。

 その他、シャープのプラズマクラスター「プラズマ除菌」機能が付属します。象印には除菌イオン機能が搭載されませんので、この点は三菱のスチーム式にメリット性があるでしょう。

 以上、三菱のスチーム式加湿器SHE35PDAの紹介でした。スチーム式の小型機種としては、比較的消費電力が抑えられており、高性能センサーの搭載や、プラズマ除菌機能なども魅力がある機種です。

 電気代と蒸発布の消耗品費はネックになるでしょうが、温度低下する点と立ち上がりの悪さで気化式加湿器が苦手な人は結構いるため、そのような方には、とくにおすすめできます。


 201803011458.jpg

木造和室 〜10畳、プレハブ洋室 〜17畳

 【2017年】  

 15・三菱重工 加湿器 SHE60PDA-W【純白】
 
15・三菱重工 加湿器 SHE60PDA-K【漆黒】
 
 ¥11,000 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:440W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.0L
 連続運転:約7h
 静音性:27db
 サイズ:高さ308×幅221×奥行297
 除菌性能:プラズマ除菌

 SHE60PDAは、プレハブ洋室で17畳まで対応する、三菱の中型の加湿器です。

 加湿方式は、こちらもスチーム式となります。

 加湿量は、600mL/hとかなり多くなりますが、消費電力も最大440Wとそれに応じて高くなります。同サイズのハイブリッド式と較べても1.5倍ほどかかる計算なので、経済性はあまりないと言えます。

201702042315.jpg

 ただ、スチームファン蒸発式の加湿の速さは「折り紙付き」ですので、この部分を重要視するならば、これらの機種は魅力です。ただ、スチーム式のため、消費電力がと、気化式の30倍近くかかる点はやはりネックでしょう。

 その他の機能面は、1つ上で紹介した下位機種に準じます。


  

 【木造和室 〜8.5畳/プレハブ洋室 〜14畳

 16・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK50PR-W
  ¥15,530 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:160W
 加湿量:500mL/h
 タンク量:約4.5L
 連続運転:約9h
 静音性:32〜24db
 サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm

 除菌性能:プラズマ除菌

 【木造和室 〜12畳/プレハブ洋室 〜19畳

 17・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK70PR-W
  ¥22,239 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:280W
 加湿量:700mL/h
 タンク量:約4.5L
 連続運転:約6h
 静音性:37〜24db
 サイズ:
高さ370×幅385×奥行198mm
 除菌性能:プラズマ除菌

 【木造和室 〜14畳/プレハブ洋室 〜23.5畳

 18・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK90PR-W
  ¥------ Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:460W
 加湿量:900mL/h
 タンク量:約4.5L
 連続運転:約5h
 静音性:37〜24db
 サイズ:
高さ370×幅385×奥行198mm
 除菌性能:プラズマ除菌

 SHKシリーズは、三菱重工のもう一つの加湿器のシリーズです。

 加湿方式は、こちらは、ハイブリット式(加熱気化式)です。

 同社のスチーム式に較べると、消費電力が約半分で、同じ加湿量が得られる省エネモデルと言えます。もちろん、気化式に較べると、10倍以上の電力を消費する点は言うまでもありません。

 同じハイブリッド式を展開するシャープやダイニチの加湿器と比較した場合、加湿量では軒並み互角です。ただ、静音性ではダイニチのハイブリッド式がかなり優秀で、掃除の手軽さでは、シャープがやや上位でしょう。

 201702042319.jpg

 一方、表示パネルに液晶ディスプレイが付属し視認性が高いのはこの機種の良い部分です。このほか、同社のスチーム式と同じく、「プラズマ除菌」機能が付属するほか、水のヌメリ防止のためのイオン抗菌剤が付属するなど、清潔性の対策もなされています。

 以上、三菱のSHKシリーズの紹介でした。ハイブリッド式は、シャープ・パナソニック・三菱と3メーカーから出されており、おすすめの機種を提案するのが難しいです。具体的におすすめしたい機種については、最後にまとめて書こうと思います。


 

木造和室 〜10畳/プレハブ洋室 〜17畳

 19・バルミューダ Rain ERN-1100UA-WK
  ¥51,800 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:23W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約6h
 静音性:6〜25db
 サイズ:高さ350×幅350×奥行374
 除菌性能:

 こちらは、日本のデザイン家電メーカーのバルミューダデザインの加湿器です。現在【在庫切れ】ですが、冬に近づくと入荷するでしょう。価格的には4.5万円ほどの製品です。

 201509241352.jpg

 やはり目をひくのはユニークな形です。

 こちらは水を壺に注ぐことで水分を継ぎたしていくという画期的な方式をとっています。壺のフタの部分がディスプレイになっており、現在の加湿量や残り水量、時刻などを表示できる仕組みです。壺の大きさは30センチ四方位なので、他社の加湿器度同等サイズですね。

 201409290154.jpg 

 こちらには、WI-FI機能(無線LAN)が搭載されていているので、外出先から加湿器のスイッチを入れたり、現在の湿度を確認することができます。

 さて、肝心の加湿機能の説明に入りましょう。

 加湿方式は、気化式です。そのため消費電力は、最大で23Wと低いです。

 加湿量は、5段階で変更できて、最大加湿量が600ml/hです。パナソニックの最上位機種のFE-KXK07には及びませんが、十分にパワフルと言えるレベルです。適応面積はメーカーによると17畳まで対応します。

 タンクのサイズは、4.2Lで、約6時間の加湿が可能という仕様ですね。

  170204-0062.png

 搭載されるセンサーは、湿度センサーです。加湿器上部には有機ELディスプレイがあり、その部分でモードを切り替えます。自動運転は、湿度を40-60度の間で切り替えることが可能です。湿度もそちらで確認できます

 一方、静音性ですが、強運転時は最大42デシベルと決して静かではないですが、風量を下げると最大6デシベルまで下げられます。DCモーター採用で、静音性は最も高いモデルと言えます。

 お手入れについては、壺の中に水を入れるボウルがあり、それを洗剤などでたまに洗う必要があります。 

 201409290155.jpg

 内蔵フィルターは、シャープと同じようにジャバラ式です。すすぎ洗いしか出来ません。1ヶ月に1回の清掃が必要ですが、パナソニックに較べると少し洗いにくいです。

  ERN-S100(交換フィルター)
  ¥4,093 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 すすげないこともあり、フィルター寿命は1年です。対応する交換フィルターは4000円強ですので、ランニングコストはやや高めです。

 以上、バルミューダデザインの加湿器の紹介でした。日本の家電には見られない優れたデザインで、所有欲をくすぐる良い製品だと思います。低消費電力の気化式で、パワーも確保されているため実力も高いです。価格は非常に高いのですが、予算が許せば所有してみたい機種です。

ドウシシャの加湿器

 201803011501.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2016】

 20・ドウシシャ 加湿器 mood KMWQ-301C
  ¥16,630 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:24W
 加湿量:300mL/h
 タンク量:約3.0L
 連続運転:約10h
 静音性:----
 サイズ:高さ300×幅300×奥行100mm

 除菌性能:クレペリンLEDカードリッジ

 KMWQ-301Cは、日本のドウシシャから発売された小型加湿器です。

 加湿方式は、超音波式です。この方式は、気化式に次いで電気代が安く、静音性も高い方式です。

 加湿量は、300mL/hで、他社の小型機種と同様に、木造和室5畳、 プレハブ洋室8畳まで対応できます。消費電力も24Wと低電力です。

 タンクのサイズは、3.0Lです。ただ、超音波式であるため、約10時間の加湿が可能という、小型機種では比較的長寿命と言えます。

 201702042340.jpg

 クレベリン LED交換用カートリッジ LED-010
  ¥3,450 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 この機種の面白い部分は、クレベリンLEDカートリッジの採用です。大幸薬品のクレペリン(正露丸)技術を利用したカードリッジを使い、除菌効果があるとされる二酸化塩素ガスを発生させる点が新機軸です。

 ただ、こちらはプラズマクラスターのように外界に作用させるもので、超音波加湿器の最大のネックといえる水に作用するものではありません。LED-010のカードリッジの交換頻度(交換時期)は、6畳程度の空間で3ヶ月で交換です。さほど割り引きもなく、ややコスパが悪いです。

 超音波式は、気化式と違い銀イオンなどの除菌機構がなく、スチームのように水を沸騰させないため、水の部分の手入れをまめにできる人に向いている機種です。


 

木造和室 〜10.8畳/プレハブ洋室 〜18.4畳

【2015】

 21・ドウシシャ KKHQ-651C kamome
  ¥12,980 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:135W
 加湿量:650mL/h
 タンク量:約3.0L
 連続運転:約4h
 静音性:----
 サイズ:高さ395×幅335×奥行345mm

 除菌性能:クレペリンLEDカードリッジ

 こちらは、ドウシシャの上位機で、やや大型の製品です。

 加湿方式は、こちらの場合はハイブリッ式です。

 加湿量は、650mL/hで、洋室18.4畳まで対応できる大きな機種です。ハイブリッド式を採用しており消費電力は上がっています。ただ、ハイブリッド式で650mL/hの加湿量のある加湿器としては、電気代は低めです。

 恐らく本来のパワーからすると17畳相当の機種だと思うのですが、ドウシシャのサーキュレーターでも採用される「カモメファン」を採用しているため風力があり、18.4畳相当となるのだと思います。

 タンクのサイズは、しかしながら、3.0Lと小型で、強運転で連続加湿時間が4時間は短めです。

 こちらも、クレペリンフィルタが採用され、二酸化塩素ガスの発生機能を持ちます。なお、交換カードリッジは共通です。

後半に続く!
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器は結論的にこれ!!

 と言うわけで、今回は、加湿器を紹介してきました。

 

 続く後半記事こちら】では、ここまで紹介してきた23製品の中から、いつものように、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 引き続きよろしくお願いします。

 後半記事は→こちら

 最後になりましたが、もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のはてなブックマーク・Twitter Facebookボタンなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:09 | 生活家電

比較2018' 【電気代が安い!】最新加湿器21点の性能とおすすめ・選び方(humidifier-2)

今回の結論
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器はこれ!!

 どもAtlasです!今回は、最新加湿器の比較をしています。

 前回前編記事こちら】では、全部で23製品の加湿器の比較をしてきました。

 今回後編記事では、これらの製品から、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 続きの記事なので、できれば前編記事【こちら】ご覧ください!

ーー

 なお、今回は、1・電気代の安さ、2・静音性、3・掃除のしやすさという3つの観点からの評価となります。


第1に、比較的大きめな部屋で使う予定の人(木造8畳以上、鉄筋8畳以上)におすすめな機種は、

 201803011454.jpg

 【木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【2017年】

 7・パナソニック FE-KFP07【ナノイー無】
  
¥25,995 Amazon.co.jp (3/1執筆時)
 8・パナソニック FE-KXP07【ナノイー有】
  ¥29,000 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:13W
 加湿量:700mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約6.0h
 静音性:39dB〜22dB
 サイズ:幅383×奥行230×高さ350mm 
 除菌性能:
ナノイー・ 除菌ユニット

 省エネ性能 ★★★★★★
 加湿量   ★★★★★★
 お手入れ  ★★★★★
 静音性   ★★★★★

 パナソニックの気化式加湿器であるFE-KFM07をオススメします。

 中型以上の機種として、他機種に比べ、運転時の電気代が相当低い機種です。さらに、DCモーターの採用で静音性も高まりました。気化式の弱点とも言える立ち上がりのパワー不足についても、「お急ぎモード」の搭載で解決し、欠点らしい欠点が見あたらなくなっています。

 掃除についても、イオン除菌ユニットでヌメリを軽減できる上、フィルターは押し洗いできるため、他者に比べて「掃除しやすい」といえます。加湿量も十分ですし、その点でもオススメできます。

 なお、ナノイーについては、静電気除去などのマイナスイオンの特性や、肌の保水効果などが魅力的です。しかし、加湿器としての本分である加湿能力には影響しない「おまけ」機能なので、価格を重要視して、8番のFE-KFL07を選ばれても問題ないでしょう。

ーーーー

 

木造和室 〜10畳/プレハブ洋室 〜17畳

 19・バルミューダ Rain ERN-1100UA-WK
  ¥51,800 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 19・ ERN-S100(交換フィルター)
  ¥4,093 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:23W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約6h
 静音性:6〜25db
 サイズ:高さ350×幅350×奥行374
 除菌性能:

 なお、コストパフォーマンスは余り良くないですが、デザイン性を最大限重視するならば、バルミューダデザインの加湿器が良いと思います。今までの加湿器にはない形状で、シンプルながら「カッコイイ」家電だと思います。 

 個人的にもスペースが許せば、いつか欲しいと思っています。


第2に、ワンルームや一部屋などそれほど大きくない部屋で使う予定の人(木造6畳程度、鉄筋8畳程度)ですが、

  201803011454.jpg

 【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

 【2017年】

 5・パナソニック FE-KFP05【ナノイー無】  
  ¥22,940 Amazon.co.jp (3/1執筆時)
 6・パナソニック FE-KXP05【ナノイー有】
  ¥26,200 Amazon.co.jp (3/1執筆時)

 消費電力:8W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.2L
 連続運転:約8.4h
 静音性:36dB〜15dB
 サイズ:375×180×375mm
 除菌性能:ナノイー・ 除菌ユニット

 省エネ性能 ★★★★★★
 加湿量   ★★★★★
 お手入れ  ★★★★★
 静音性   ★★★★★

 パナソニックのこれらの機種が良いと思います。木造和室 8畳 洋室 14畳までならば、このサイズで十分です。掃除も手軽で、費電力量が低く、静音性も確保され、かつ省エネです。お手入れも楽な機種です。

 なお、ナノイーについては、水のヌメリの防止に寄与するため、気になる方は、付属する機種を選んでも良いでしょう。


第3に、加湿はしたいが、電気代や掃除のしやすさよりも、とにかく「静音性」を確保したい方は、

 

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 【2017年】

 10・ダイニチ 加湿器 HD-5017-W
  ¥13,878 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:168W
 加湿量:600mL/h
 タンク量:約4.0L
 連続運転:約8.0h
 静音性:15〜31db
 サイズ:375×375×190mm

 省エネ性能 ★★★★
 加湿量   ★★★★★
 お手入れ  ★★★★
 静音性   ★★★★★★

 ダイニチのHD-5017が良いと思います。

 こちらには、ナノイーやプラズマクラスターなどの除菌イオン発生機能が付いていませんが、上で書いたように、発生器自体も(本当に小さく近づかないと聞き取れないくらいの)微細な音があるため、音が気になるひとは、むしろ装置自体が付いていないこの機種で良いと思います。

 デザイン的にも、フロントにデジタル表示の湿度計が付いていて格好いいです。反面、清掃の容易さや消費電力の点ではパナソニックに劣るため、総合的にはパナソニックの気化式の加湿器をオススメします


第4に、高速に加湿でき、温度が低下しないスチームファン蒸発式の機種でおすすめできるのは、

 201803011457.jpg

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2017年】  

 14・三菱重工 加湿器 SHE35PDA-K 【漆黒】  
 14・三菱重工 加湿器 SHE35PDA-R
【純白】  
  ¥11,000 Amazon.co.jp
(3/1執筆時)

 消費電力:250W
 加湿量:350mL/h
 タンク量:約2.8L
 連続運転:約8h
 静音性:27db
 サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
 除菌性能:プラズマ除菌

 三菱の加湿器SHE35PDA-Kが良いでしょう。

 スチーム式としては、比較的消費電力が低く、安全性も高い点を評価しました。

 ランニングコストの面では、蒸発布のコストが余計にかかりますが、スチーム式の弱点と言えるカルシウム除去の手間が激減することを考えると、むしろコストを払う価値があるように思います。

 機能面でも、デジタル湿度計が付くほか、インバーター制御で自動運転を行うので実際かかる電気代は、多少軽減できると思います。

ーーー

 というわけで、今日は加湿器の比較でした。

 なお、本ブログ「モノマニア」では2016-17年最新モデルの最新機種の加湿器や空気清浄機について以下のような記事があります。

 もし、加湿器能付きの空気清浄機に興味があれば、1番の記事リンクを参考にしてください。

  最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、はてなブックマーク・Twitter Facebookなどで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは!

posted by Atlas at 15:07 | 生活家電

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png