2019年10月13日

比較2019’【電気代も安い!】最新加湿器33機の性能とおすすめ・選び方 (humidifier-1)

【今回レビューする内容】2019年 電気代で比較!人気の加湿器の性能とおすすめ: パナソニック・ダイニチ・象印・シャープ・三菱重工・バルミューダデザイン・ドウシシャ・スリーアップアロマ加湿器:スチーム式・気化式・超音波式・ハイブリッド加湿器の違い・性能別ランキング

【紹介する製品型番】 HV-J30-W HV-J30-A HV-H30 HV-J55-W HV-J55-A HV-H55-W HV-J75-W HV-H75-W FE-KFS03-P FE-KFS03-W FE-KFS05-W FE-KXS05-T FE-KXS05-W FE-KFS07-W FE-KXS07-T FE-KXS07-W HD-RX319 HD-RX519-T HD-RX719-T EE-RN35-WA EE-RN50-WA SHE35SD-W SHE60SD-W Rain ERN-1100UA-WK SHK50SR-W SHK70SR-W SHK90SR-WDUSK-118CL HB-T1953WH HFT-1718WH FE-KXF15-W HD-153

今回のお題
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器のおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年10月現在、最新の加湿器(加湿機)を比較します。

 201809241852.jpg

 とくに「電気代の安さ」と「本体価格」に注目しながら、各社の最新の加湿器を比較します。

 201909231243.jpg

 また、最近話題の、ユニークな形状の加湿器や、オイルを利用できるアロマ加湿器も紹介します。

---

1・電気代の安さ  ★★★★★
2・加湿量     ★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★★
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各社の製品をレビューします。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 よろしくお願いします。

--

1・加湿空気清浄機の比較
2・空気清浄機の比較
3・加湿器の比較
4・脱臭機の比較

 今回の記事は、このブログの空調家電の比較記事3回目記事として、書いています。

1・加湿器の選び方の基本!

 201803011509.jpg

 加湿器は、冬シーズンになるとデンキヤに多くの製品が並びます。

 しかし、デザイン性だけ見て決めると、「電気代の高さ」や「加湿力の弱さ」にあとから「ビックリ」してしまうことも多い家電です。

1・スチーム式加湿器
2・気化式加湿器
3・超音波式加湿器
4・ハイブリッド式

 加湿器は、その方式により「4つのタイプ」が存在します。

 そして、「選ぶ際の基本」は、まずこれらの方式の長所と短所をしっかり理解することです。

 以下、順番にメリットデメリットについて紹介しておきましょう。

1・スチーム式加湿器

 201809241754.jpg

 第1に、スチーム式です。

 メリットは、その加湿力です。電気ヒーターで「水をブクブク加熱」し、熱でスチームを発生させるため、短時間で加湿できます。

 デメリットは、その電気代です。加湿するまでに要する電気代は他方式の数十倍であり、1日50〜100円の電気代となります。また、水ケースに付着するカルシウムを定期的にこそぎ落とす必要もあります。

2・気化式加湿器

 201809241800.jpg

 第2に、気化式です。

 メリットは、その光熱費です。ファンを使い水を自然に蒸発させる仕組みなので、1日2円-3年の電気代で済みます。加湿力もスチーム式とさほど変わりません。

 デメリットは、気温低下です。水を揮発させるときに部屋の温度が1-2度下がってしまいます。シーズン中の2-3回ほど、水回りの洗浄が必要です。

3・超音波式加湿器

 201809241758.jpg

 第3に、超音波式です。

 メリットは、その光熱費と設置性です。気化式に次いで光熱費が安く、また小型で、設置スペースもさほど必要ありません。

 デメリットは、パワーです。

 他の方式に比べると相対的に低く、リビング全体の加湿には不向きです。なお、沸騰水を蒸発させる方式でないため、雑菌が発生しやすいという問題があります。

4・ハイブリッド式加湿器

 201809241753.jpg

 第4に、ハイブリッド式です。

 メリットは、加湿力です。基本は気化式ですが、ヒーターで温風とすることで加湿力を高める仕組みです。

 そのため、立ち上がりから湿度が安定するまではスチーム式なみの電力がかかります。一方、安定したあとは、気化式並なので、(二重サッシなど)気密性の高い住宅には、省エネ効果が高いです。

 デメリットは、気密性の悪い住宅の対応力です。安定湿度を維持できない空間の場合、気化式運転ができず電気代が余計にかかります。

 また、気化式運転の場合は、部屋の室温が下がります。

ーーー

 以上、加湿器について4点をまとめました。


8畳用 14畳用
気化式 2円 2円
ハイブリッド 28円/2円 33円/4円
スチーム 44円 74円
超音波式 5円 ----

 参考までに、上表は、1日8時間「強運転」した場合の電気代の最高値です。Atlasが試算したものです。

 気化式は電気代の面で「かなり有利」、ハイブリッド式も気密性の高い住宅で適湿ならば「有利」と言えます。

1・素早く適湿にしたい場合
 =スチーム式・ハイブリッド式
2・電気代の節約を重視する場合
 =気化式・超音波式

 結論的にいえば、加湿器は、上表の様に選ぶのが基本です。

 これを「頭にいれた」上で、部屋の畳数に応じた適切なサイズの加湿器を選ぶとよいでしょう。

1・シャープの加湿器の比較

 では、ここからメーカーごとに加湿器の紹介をしていきます。

 はじめに、シャープです。同社は、気化式ハイブリッド式の加湿器を出しています。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


 201809241610.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室 〜8畳】

 【2019年】

 1・SHARP 加湿器 HV-J30-W ホワイト  
 2・SHARP 加湿器 HV-J30-A ブルー  
  ¥17,050 楽天市場 (10/13執筆時)

 【2018年】

 1・SHARP 加湿器 HV-H30-W ホワイト
 2・SHARP 加湿器 HV-H30-A ブルー
  ¥10,670 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:9W
加湿量: 290mL/h
タンク量:約2.4L
連続運転:約8.2h
静音性:38dB〜22dB
サイズ:幅32.2×奥行15.9×高さ31.6cm
センサー:温度湿度センサー

 HV-30シリーズは、シャープの小型加湿器です。

 なお、2019年旧モデルが残っていますが、今年度は型番のみの変更で、スペックは変わっていません。安い方を選んで問題ありません。

 適応畳数は、木造で5畳・洋室8畳までです。

 ビングルームの加湿には使えない点は注意しましょう。

 201809241606.jpg

 加湿方式は、気化式です。

 水を沸騰させず、写真のような「ジャバラ」を使い、水を蒸発させていく仕組みです。

 消費電力は、8Wと、かなり省エネです。

 電気代は、1時間運転で2.5円ほどで済みます。

 加湿量は、290mL/hと弱めです。

 タンクのサイズは、2.4Lで、約8時間の連続運転が可能です。

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。これらのセンサーを使って、室温に合わせて湿度を適湿に調整します。

 201409282339.jpg

 機能的に面白い部分は、プラズマクラスターイオン(7000)の発生機能が付いている点です。

 プラズマクラスター(マイナスイオン)は、ウイルス除去機能などは期待できません。しかし、衣服などの付着臭脱臭機能と、静電気の除去機能については、第三者機関により効果が実証されています。なお、シャープの除湿器は、どの機種もプラズマクラスターイオン発生器が付いています。 

 また、加湿フィルターは、抗菌剤が入る仕様ですので、清潔性も高いです。

----

 以上、HV-30シリーズ の紹介でした。

 サイズ的に言って、供部屋程のサイズで利用するものですね。リビング用にはもう少し大きめの加湿器が良いでしょう。


 201809241618.jpg

 【加湿:木造和室 〜9畳/プレハブ洋室 〜15畳

 【2019年】

 3・SHARP 加湿器 HV-J55-W
 4・SHARP 加湿器 HV-J55-A  
  ¥22,810 楽天市場 (10/13執筆時)

 【2018年】

 3・SHARP 加湿器 HV-H55-W
 4・SHARP 加湿器 HV-H55-A
  ¥15,555 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:190W
加湿量: 550mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約7.2h
静音性:37dB 〜23dB
サイズ:幅27.2×奥行22.0×高さ45.5cm
センサー:温度湿度センサー

  HV-55シリーズは、シャープ中型の加湿器です。

 201809241621.jpg

 2018年に外観を完全にモデルチェンジして、スマートになりました。

 なお、2019年モデルがすでに発表されましたが、こちらについても、今年度は型番のみの変更なので、安い方で良いでしょう。

 適応畳数は、木造和室9畳プレハブ洋室 15畳と、下位機種より広いです。

 加湿方式も、気化式とスチーム式を取り入れたハイブリッド式に変わっています。

 加湿量は、550mL/hと増加しています。

201809241627.jpg

 消費電力は、一方、190Wと多いです。

 こちらは、電気的な加熱を利用するハイブリッド式だからです。強運転時に、1時間に5.2円ほどという計算です。

 ただし、電気を使いたくない場合は、「エコモード」を選べます。気化式として稼働するので消費電力は24Wです。それでも加湿量は390mL/hですから、そこそこの出力です。

 搭載されるセンサーは、温度センサー・湿度センサーです。

 一度度適湿になれば、気化式として運転にとどまり、電気代が大幅に節約されます。ただし、エアコンなどと併用する場合は、常に加湿が必要なので、さほどの節電効果は望めないでしょう。


201809241645.jpg

 タンクのサイズは、こちらも4.0Lと大型化しているので、加湿量が多いですが約7.2時間の連続運転が可能です。タンクは大きく、中まで手を入れて洗浄できるので、清潔です。

 一方、この製品は、タンク(トレイ)での給水のほか、ヤカンなどを使って直接本体に給水することも可能です。

 発送としては、バルミューダデザインが先行していたので「二番煎じ」ですが、両対応するのは便利です。

 201809241625.jpg

 このほか、下位機種と同じく、プラズマクラスター放出機能を持つほか、水位センサーで、残量を音でお知らせする機能があります。

---

 以上、HV-55シリーズの紹介でした。

 リビング用として使えるサイズの製品です。ただ、このサイズは、他社から電気代の安い気化式のバージョンも出ています。それらと慎重に比較する必要があります。


 201809241635.jpg

 【木造和室 〜12.5畳/プレハブ洋室 〜21畳】

 【2019年】

 5・SHARP 加湿器 HV-J75-W
 6・SHARP 加湿器 HV-J75-A
  ¥24,200 楽天市場 (10/13執筆時)

 【2018年】

 5・SHARP 加湿器 HV-H75-W
 6・SHARP 加湿器 HV-H75-A
  ¥19,999 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:330W
加湿量: 750mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約6.0h
静音性:41〜23dB
サイズ:幅27.2×奥行22.0×高さ45.5cm
センサー:温度湿度センサー

 HV-75シリーズは、シャープの加湿器では最も加湿量が多いモデルです。

 この機種も新旧両機種ありますが、基本スペック上の違いはないので、値段で決めて良いです。

 201809241637.jpg

 本体サイズは、上位機ですが、HV-H55と同じサイズとなります。

 適応面積は、一方で、木造和室12.5畳・プレハブ洋室21畳までとなります。

 広いマンションに1台おくならば、こちらでしょう。

 加湿方式も、同じくハイブリッド式です。

 加湿量は、670mL/hとより増加しています。

201809241641.jpg

 電気代は、最大で335Wと下位機種に較べるとさらに悪化しており、1時間に9.1円ほどの電気代となります。

 ただし、下位機種の場合と同じく、エコモードにして「気化式」として使えば、1時間1円です。その場合は、34Wと低消費電力で、最大480mL/hと「そこそこ高い」加湿量も得られます。

 搭載されるセンサーは、下位機種と同じで、温度センサーと湿度センサーです。

 タンクのサイズは、一方、下位機種と同じ4.0Lです。そのため、本体のサイズは、先ほどの機種と同じですが、連続運転時間は5.3時間までと短めです。。

 このほか、Wの給水システムや、プラズマクラスターなどの追加機能は下位機種と同じ構成です。

---

 以上、HV-75シリーズの紹介でした。

 加湿量が増えて、リビングでもパワフルに加湿できそうな機種です。

 一方、エコ運転機能で「気化式」としても利用できる点で、電気代の欠点は改善していますが、次に紹介するパナソニックのように、気化式だけで700mlの加湿量を持つ機種もあるので、比較検討が必要です。

3・パナソニックの加湿器

 続いて、パナソニックの加湿器を紹介していきます。

 パナソニックは、電気代の安い気化式を一貫して生産しています。


 201809241654.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2019年】

 7・パナソニック FE-KFS03-P 【ピンク】
 8・パナソニック FE-KFS03-W 【ホワイト】
  ¥16,697 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:10W
加湿量:300mL/h
タンク量:約2.1L
連続運転:約7h
静音性:34dB〜21dB
サイズ:高さ2945×幅305×奥行190mm
センサー:温度湿度センサー

 FE-KF03シリーズは、パナソニックの最も小型の加湿器です。

 適応畳数は、こちらも「木造で5畳・洋室8畳まで」の製品です。

 加湿方式は、気化式です。

 消費電力は、10Wです。

 201809241703.jpg

 電気代は、強運転でも1時間0.3円と気にする必要性がないレベルです。1ヶ月でやっと72円です。

 加湿量は、一方、300mL/hとなります。シャープの小型機とほとんど同じです。

 タンクのサイズは、2.1Lとやや小型です。

 そのため、シャープの小型機より1時間短い、約7時間の連続運転までとなります。その分、本体は小型・スリムで、デザイン性が良いです。

 201702042141.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 ただ、パナソニックの場合、通常の自動運転のほか、湿度を高めに保つ「のど肌モード」を搭載している特長があります。インフルエンザの季節には嬉しいでしょう。

 201809241705.jpg

 機能的に面白い部分は、加湿フィルターにFusion繊維を使っている点です。

 吸水性と・耐久性が高い素材なので、加湿フィルターが10年交換不要です。シャープの場合、48ヶ月で交換なので、経済性が高いです。

 たまのお手入れも、ジャバラ式のシャープより楽で、押し洗いができるため、とても手軽です。

 そのほか、240時間の運転ごとに、手入れの時期を知らせるランプなど、細かい所に気を配っている製品です。

 一方、シャープと較べると、このグレードの製品には、マイナスイオン噴射機能がありません

-----

 以上、FE-KFR03 の紹介でした。

 小部屋用向けの小型機として需要がありそうです。ライバルは、シャープの小型機でしょう。

 とどちらを選ぶのかは難しいですね。両方とも気化式で、電気代もさほど変わらないので。ただ、フィルターの耐久性や、お手入れのしやすさ、のど肌モードは、パナソニックの強みだと思います。


  201803011454.jpg

【2019年】

【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

【ナノイー無】

 9・パナソニック FE-KFS05-W
  ¥20,107 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

【ナノイー有】

 10・パナソニック FE-KXS05-T
 11・パナソニック FE-KXS05-W
  ¥24,140 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:8W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約8.4h
静音性:36dB〜15dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

 FE-KF05シリーズFE-KX05シリーズは、パナソニックの中型加湿機の今年度モデルです。

 適応畳数は、いずれの製品も木造和室 8.5畳プレハブ洋室 14畳までの中型加湿器です。

 加湿方式は、気化式です。

 中型でハイブリッド式を採用するシャープと較べるとパナソニックは「光熱費の削減重視」と言えます。

 消費電力は、8Wですから、電気代は、1時間0.27円という低コストです。

 201809241723.jpg

 加湿量は、600mL/hです。

 電気を利用しないにもかかわらず、1時間あたりの加湿可能量は、シャープを上回ります。

 これは、高効率のDCモーターを採用するためです。

 201809241727.jpg

 静音性は、この機種のもうひとつの自慢です。

 DCモーターは静音性も高いため、この機種は「静音性の高い加湿器」でもあります。気化式はプロペラを回す構造なのでどうしても稼働音があります。

 その点で言えば、この機種は寝室にも向く省エネ機です。

 201702042152.jpg

 さらに、「お急ぎ加湿モード」を搭載しており、20%ほど加湿量を一時的にあげることも可能です。

 従来、気化式は、ヒーターを使わない分、適湿になるまでの時間はハイブリッド式より少し余計にかかりました。これはその欠点を解決する技術と言えます。

 タンクのサイズは、4.2Lと大きめで、シャープに較べても長い8.4時間の加湿が可能です。

 搭載されるセンサーは、下位機種と同じ構成で、湿度を高めに保つ「のど肌モード」も搭載します。

 201702042155.jpg

 機能的に面白い部分は、イオン除菌ユニットの搭載です。

 気化式加湿器は、水のヌメリが発生しやすいですが、こちらは、交換不要の除菌ユニットが搭載され、その心配を軽減しています。

 シャープの場合も、同様のユニットは売られていますが、別売りになります。また、こちらも、加湿フィルターは10年交換不要です。

  201702042157.jpg

 さらに、FE-KXM05 については、水イオン「nanoe」発生装置が搭載されます。

 これは、シャープのプラズマクラスターの「ライバル」とされるマイナスイオンです。パナソニックの場合、イオンを外に放出するのではなく、内部に放出し、フィルターの除菌に利用します。これは、効果的なヌメリ対策になると思います。

---

 以上、パナソニックの除湿器FE-KFR05FE-KXR05を紹介しました。

 シャープの製品と比べると、気化式ハイブリッド式という明確な違いがある製品です。

 比較すれば、「お急ぎ加湿モード」があるにしても、立ち上がりのパワーはシャープに負けます。ただ、電気代と静音性は圧倒的にこちらが有利でしょう。

 水のヌメリ対策の部分でも優位性がありそうです。


 201803011454.jpg

【2019年】

木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【ナノイー無】

 12・パナソニック FE-KFS07-W
  ¥22,593 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【ナノイー有】

 13・パナソニック FE-KXS07-T
 13・パナソニック FE-KXS07-W
  ¥25,990 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:13W
加湿量:700mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約6.0h
静音性:39dB〜22dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

  こちらは、1つ上で紹介した機種の出力を強化した気化式の加湿器です。

 201809241738.jpg

 適応畳数は、木造和室 12畳・ プレハブ洋室 19畳まで対応です。

 パナソニックは40畳を超える業務用加湿機も出しますが、家庭用としては、こちらが「最大」です。

 本体サイズは、高さ375×幅375×奥行180mmですから、下位機種を踏襲します。

 加湿方式は、こちらも気化式です。

 消費電力は、13Wですから、光熱費の上ではシャープとは圧倒的な開きがあります。

 加湿量は、700mL/hで、できるというスペックです。

 タンクのサイズは、4.2Lと中型機種と同じです。

 そのため、本体サイズは同じですが、連続運転時間は6時間と多少短くなっています。コンパクト性と連続運転時間は両立できないため、これは仕方ない部分ですね。

 その他の機能面では、上で紹介した中型機と同じです。

 以上、 FE-KFR07などの紹介でした。

 家庭用で強力な加湿器を探しているが、電気代には気を使いたい!という方はこちらでしょう。

 DCモーター採用で静音性も高いですし、加湿器のお手入れ部分も工夫があります。気化式でイマイチだと感じるこの2点が改善されているこの機種は、高い総合力を持つと言えるでしょう。


 201909231312.jpg

 【2010年】

 【プレハブ洋室 〜42畳

 14・パナソニック FE-KXF15-W
  ¥49,362 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:47W
加湿量:1500mL/h
タンク量:約9L
連続運転:約6.0h
静音性:45dB〜
サイズ:高さ410×幅445×奥行350mm
センサー:温度湿度センサー

  FE-KXF15-W は、パナソニックの「家庭用」としては、最大サイズといえる製品です。

 正確には、FE-KXP23(64畳)やFE-KXP20(60畳)という超大型もありますが、基本業務用です。

 201909231316.jpg

 サイズ感から言えば、縦横で40pを越えます。

 加湿量は、1500mL/hと相当なので、パワフルに広範囲を加湿できます。

 加湿方式は、こちらも気化式で、消費電力も47Wとそれなりに低いため、経済的です。

 一方、おそらく、この機種を(家庭用)として狙っている方は、水替え頻度を減らしたい方だと思います。

 弱運転の場合、750mL/hの加湿量ですから、気密性のある程度ある住宅のリビングならば、1日の水替えは不要にできると思います。

 ただ、相当ニッチな製品ですので、更新頻度も古く2010年機となります。ナノイーも付属しませんし、騒音値も割と高め(弱運転でも29デシベル)ですので、注意が必要です。 

4・ダイニチの加湿器の比較

 続いて、日本の季節家電メーカーのダイニチの加湿器を紹介します。

 ダイニチは、ハイブリッド式に力を入れます。


  201809241837.jpg

 【木造和室 〜5畳、プレハブ洋室 〜8畳

 【2019年】

 15・ダイニチ 加湿器 HD-RX319
  ¥18,209 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 15・ダイニチ 加湿器 HD-RX318
  ¥14,898 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:300mL/h
タンク量:約3.2L
連続運転:約10.7h
静音性:17〜23dB
サイズ:高さ325×幅322×奥行150mm
センサー:温度湿度センサー

  HD-RX3シリーズは、ダイニチの小型の加湿器です。

 同社は石油ストーブを出している国内メーカーです。最近は加湿器にも力を入れており、デンキヤ屋にもいくつも製品が並んでいます。

 なお、新旧両機種ありますが、今年度は型番のみの変更です。ネットには一定数在庫があるので、素直に、安い方で良いでしょう。

  201909231059.jpg

 適応畳数は、木造和室5畳・ プレハブ洋室8畳までの小型機です。

 201809241802.jpg

 加湿方式は、小型機ですが、ハイブリッド式です。

 ダイキンは、ストーブもそうですが「パワフルさ」を社是としている企業です。そのため、加湿器でも、気化式より「立ち上がりの速い」この方式を使います。

 適湿まで高速に加湿し、その後は気化式だから「エコ」という発想です。

 消費電力は、161Wです。

 ただし、シャープと同じで、その後、エコ運転する場合は、11Wの気化式となります。

 加湿量は、300mL/hで、だいたい他社と脚を揃えています。

 ただし、気化式のエコ運転機能を利用した場合160mL/hと半減します。

 201809241814.jpg

 静音性は、配慮のあったパナソニックの機種以上に徹底します。

 ダイニチは、換気扇のようなシロッコファンを用いて風を送ります。そのため、最大運転時の運転音が27dBと他社の気化式・ハイブリッド式よりも「圧倒的な静音性」を持ちます。

 201809250859.jpg

 これを利用した夜間の「おやすみ加湿」は、この機種の売りの1つです。

 ただし、次に紹介する上位機の方がより徹底して静かではあります。

 タンクのサイズは、3.2Lで10.7時間の連続運転が可能です。

 他社に比べても大きめで、水の補給頻度は低くて済む機種です。

  201809250856.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 ダイニチの場合、1%刻みで表示されるデジタル湿度計が搭載されるため、適湿かどうかがの視認性が高いです。意外にも、他社はこの機能がありません。

 パナソニックと同じように、強めの自動運転をする「のど肌加湿」が付属します。なお、加湿は50・60・70%という段階のみ設定可能です。さほど細かい設定は不要でしょうし、問題ないでしょう。

 201809250851.jpg

 清潔性の面では、内部に抗菌素材を使うほか、銀イオンを使うAg+抗菌アタッチメントで、水のヌメリ対策がなされます。ただし、この部分は消耗品で、1シーズンでの交換となります。


 201809251125.jpg

 抗菌気化フィルター H060518
  ¥1,304 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 お手入れについては、気化フィルターが押し洗いできない仕様です。

 パナソニックに較べると面倒で、シャープと同水準です。ただ、抗菌対応していますので、ある程度安心です。

 フィルター自体は、5シーズン保ちます。ただし、1ヶ月ごとのお手入れ(クエン酸洗浄)しないと寿命はより短いです。ハイブリッド式はヒータを使うため、ミネラル分が固着しやすいからでしょう。

---

 以上、 HD-RX3シリーズの紹介でした。

 小型のハイブリッド式で、立ち上がりの速さが売りです。また、デジタル湿度計の搭載も、他社にはない大きな魅力と言えますね。静音性も高いので、寝室用として良いかもしれません。

 ただし、エアコンは常に乾燥した空気が送ってきます。立ち上げ後、気化式運用時の160mL/hというスペックは、小部屋用としても微妙であり、気化式ではない通常運転に戻ってしまう懸念があります。

 その点で言えば、ダイニチの静音機が欲しい場合は、「部屋のサイズに対して1サイズ上」を選ぶべきだと思います。

 静音性についても、次に紹介する上位機の方が上です。


 201809241842.jpg

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 【2019年】

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX519
  ¥20,759 楽天市場 (10/13執筆時)

 【2018年】

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX518
  ¥17,697 楽天市場 (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:570mL/h
タンク量:約5.0L
連続運転:約12.5h
静音性:13〜30db
サイズ:高さ375×幅375×奥行175mm
センサー:温度湿度センサー

 HD-RX518 は、ダイニチ中型加湿器です。

 こちらについても、新旧両機種ありますが、スペック上の違いはないので、値段で決めて良いです。

 本体色は、(HD-RX519-K)、ブラウン(HD-RX519-T)、ホワイト(HD-RX519-W)の3色です。

 適応畳数は、木造和室8.5畳・ プレハブ洋室14畳まで使えるモデルです。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式です。

 201809241810.jpg

 消費電力は、161Wです。

 下位機種より適応畳数が広いにもかかわらず消費電力が低めなのは、このグレードからエコモーターを採用するからです。

 シロッコファンを利用する仕組みと合わせて、光熱費の面では、シャープより水準は高いです。

 加湿量は、570mL/hです。

 この機種も、適湿になって以後、気化式として運転しますが、その場合も、370mL/hの加湿量です。シャープの加湿器と同じ程度ですが、小部屋ならば実用的な水準で、消費電力12Wと押さえられます。

 201809250915.jpg

 静音性は、引き続き良い機種です。強院展では30デシベルとさすがに大きいd酢が、標準23デシベル、最低13デシベルというスペックは、引き続き「業界一」です。

 シロッコファン採用の利点でしょう。

 タンクのサイズは、5.0Lで約12.5時間の連続運転が可能です。

 その他の部分は、下位機種と同じで、こちらも、デジタル湿度計が装備されています。

---

 201809250918.jpg

 以上、HD-5016の紹介でした。

 中型機のハイブリッド式としては、省エネ性能がシャープより高いです。サイズは、高さ375×幅375×奥行175mmと、奥行も狭く設置性も良い製品です。

 もちろん、気化式を採用する、パナソニックの気化とは光熱費の面で差があります。しかし、立ち上がりのパワフルさはこちらが上でしょう。

 また、8畳程度の小部屋ならば、立ち上げ後は12Wの消費電力の気化式で自動運転できるでしょうし、この点でも優秀だと思います。


  201809241844.jpg

 【木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【2019年】

 17・ダイニチ 加湿器 HD-RX719
  ¥20,759 楽天市場 (10/13執筆時)

 【2018年】

 17・ダイニチ 加湿器 HD-RX718
  ¥18,900 楽天市場 (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力290W
加湿量:700mL/h
タンク量:約6.3L
連続運転:約9h
静音性:13〜32db
サイズ:375×375×310mm
センサー:温度湿度センサー

 HD-RX718は、ダイニチ大型加湿器です。

 新旧両機種ありますが、こちらの場合も、型番のみの変更です。安い方で良いでしょう。

 本体色は、(HD-RX719-K)、ブラウン(HD-RX719-T)、ホワイト(HD-RX719-W)の3色です。

 適応畳数は、木造和室12畳・ プレハブ洋室19畳まで使える、リビング向けの大型機です。

 加湿方式は、こちらもハイブリッド式です。

 消費電力は、同じサイズのシャープのハイブリッド式に較べると285Wと、このサイズでもダイニチのほうが省エネです。

 加湿量は、700mL/hです。やはり、加湿量ではシャープより多少上回ります。消費電力20Wの気化式でも460ml/hですから、立ち上がったあとの省エネ性も確保されています。

 タンクのサイズは、6.3Lで約9時間の連続運転が可能です。

 そのほかの部分は、下位機種と同じです。

 以上、ダイニチHD-RX718の紹介でした。

 やや大きめのリビング用としては候補になり得る製品です。引き続き、静音性が高い機種ですが、(寝室でない)リビングで利用する分では、このあたりはさほど大きな要素にはならないかもしれません。

 立ち上がりの速さは美点ですが、1シーズンしか持たない交換部品(銀イオンカードリッジ)の費用も勘案すると、リビングについてはパナソニックの気化式が良い気がします。

ーーー

  201809241745.jpg

 【2019年/2018年】

 【加湿量:300ml】

 18・ダイニチ 加湿器 HD-3019-W
 18・ダイニチ 加湿器 HD-3018-W
  ¥15,989〜 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【加湿量:500ml】

 19・ダイニチ 加湿器 HD-5019-W
 19・ダイニチ 加湿器 HD-5018-W  
  ¥18,649 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【加湿量:700ml】

 20・ダイニチ 加湿器 HD-7019-W
 20・ダイニチ 加湿器 HD-7018-W
  ¥21,789 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 なお、ダイニチからは、下位シリーズとして、各サイズともHDシリーズが販売されます。

 「19」が入る型番が2019年、「18」が2018年旧モデルです。どちらも、性能は同じです。

 一方、ここまで見たきた同社の上位機と比較すると、同じくハイブリッド式ですが、水のヌメリ対策がされないほか、ターボ運転ができません。

 この方式は、立ち上がりの速さが魅力ですから、購入するならば、上位のRXシリーズでしょう。


 201910132220.jpg

 【2016年】

 【木造和室 〜42畳、プレハブ洋室 〜25畳

 21・ダイニチ 加湿器 HD-153
  ¥40,620 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:380W
加湿量:1500mL/h
タンク量:約12L
連続運転:約9h
静音性:15〜35db
サイズ:410×450×348mm
センサー:温度湿度センサー

 HD-153は、ダイニチの超大型の加湿器です。

 パナソニック同様ダイニチの場合もさらに大型機となる HD-152(50畳)・ HD-182(67畳)もありますが、確実にそちらは業務用です。

 適用畳数が同じであるパナソニックのFE-KXF15と較べると、加湿量・設置面積はほぼ同じですが、タンクが12Lと、ダイニチのほうが大きめです。

 消費電力は、さすがにパナソニックより高いのですが、エコモードで気化式として使う倍、31Wです。 

 その場合でも、1200mL/hの加湿量はあるため、単純に「底まで部屋は広くないけど、水替えの頻度を減らしたい」という場合は、パナソニックよりこちらの方が総合的には良いと思います。

5・象印の加湿器の比較

 続いて象印の加湿器の紹介です。

 同社は、素早い加湿が自慢のスチーム式の加湿器を出します。


 201909231114.jpg

木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2019年】

 22・象印 スチーム式加湿器 EE-RN35-WA
  ¥11,717 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:スチーム式
消費電力:305W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.2L
連続運転:約6.0h
静音性:24db前後
サイズ:24×26×27.5cm
センサー:温度湿度センサー

  EE-RM35は、象印の小型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機です。

 201809250959.jpg

 加湿方式は、象印の場合、スチーム式となります。

 「電気の湯沸かし」は調理家電分野で象印の強い部分ですので、それを応用した製品ですね。

 消費電力は、305Wです。

 スチーム式は、先ほど書いたように、常に電気を使うので光熱費には優しくないです。ただ、立ち上がりが速い点と、冬場の加湿で室温が低下しない点がメリットで、コアなファンがいるのも確かです。

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 したがって、自動運転できますが、ハイブリッド式と異なり、適湿になって以後も305Wを使い続けます。湯沸かし時には985W使っている点も注意でしょう。

 加湿量は、350mL/hです。

 小型機種としてはパワフルです。

 タンクのサイズは、2.2Lと多少小さく、連続運転時間は、約6時間となります。

 201509241209.jpg

 清潔性については、スチーム式は一旦水を沸騰させるため、水の汚れは生じにくいです。

 ただ、実際の所、クエン酸などで掃除をマメにしないと「臭い」は生じます。フッ素加工された水ケースは掃除しやすいですが、掃除の頻度は気化式に比べて多めです。

 静音性は、お湯を沸騰させるので、煮沸音がします。軽減できる「湯沸かし音セーブモード」が搭載されますが、その場合、スチーム式の「売り」の立ち上がりの速さが減じます。

 また、掃除不足だと、音が大きくなる特徴もあります。

 安全面については、沸騰する方式なので注意が必要です。 

 ただ、チャイルドロックが装備されており安心ですが。スチームは65度で放出しています。

---

 以上、象印のスチーム式加湿器の紹介でした。

 スチーム式は、(電気代が家賃に込みだった)海外で利用した経験があります。加湿スピードも早いというメリット性はありますが、光熱費の面ではやや不利です。

 ニオイの部分も手入れしないとだめなので、Atlasは最終的には除菌剤を入れて使っていました。


 201909231119.jpg

木造和室 〜8畳、プレハブ洋室 〜13畳

 【2019年】

  23・象印 スチーム式加湿器 EE-RN50-WA
   ¥14,132 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:スチーム式
消費電力:410W
加湿量:480mL/h
タンク量:3.0L
連続運転:約6.0h
静音性:(27db前後)
サイズ:24×26×31.5cm
センサー:温度湿度センサー

 EE-RM50 は、象印のスチーム式加湿器の中型機です。

 適応畳数は、木造和室8畳・ プレハブ洋室13畳までの対応ですね。

 加湿量は、410mL/hと下位機種よりは増加しています。しかし、さほどパワフルという訳でもありません。

 タンクのサイズは、3.0Lと先ほどの機種よりも多少大きいです。しかし、加湿量が増えているので、こちらも連続加湿時間は6時間までと同じです。

 消費電力は、410Wと相当増えています。自動運転機能があるとは言え、光熱費の面では多少不利ですね。

 その他の部分は、下位機種と同じです。

---

 以上、EE-RM50の紹介でした。

 適応畳数が広いリビング用です。冬場に室温が低下しない美点はあるので、昔ながらのスチーム式のファンならばこれを選ぶのもよいでしょう。ただ、電気代を考えるとやや微妙な方式とはなります。

6・三菱重工の加湿器の比較

 続いて三菱重工の加湿器です。

 同社はスチーム式ですが、やや変わった方式を取ります。


 201809251005.jpg

 【木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2019年】

 24・三菱重工 加湿器 SHE35SD-K 【漆黒】
 24・三菱重工 加湿器 SHE35SD-W  【純白】
  ¥14,380 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 24・三菱重工 加湿器 SHE35RD-K 【漆黒】
 24・三菱重工 加湿器 SHE35RD-W 【純白】
  ¥9,699 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:250W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.8L
連続運転:約8h
静音性:27db
サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
センサー:温度湿度センサー

 つづいて、三菱の加湿器roomist SHE35シリーズの紹介です。

 新旧両機種ありますが、三菱の場合も、性能差はないです。値段の下がった旧モデルがお買得でしょう。

 本体色は、ホワイトとブラックの2色です。

 なお、カラー名として、同社は「漆黒」「純白」という表現を使っていました。

 適応畳数は、木造和室6畳・ プレハブ洋室10畳までの小型機となります。

 加湿方式は、象印と同じでスチーム式となります。

 加湿量は、350mL/hです。小型機として象印と同じです。

 201702042300.jpg

 消費電力は、一方、同じ加湿量の象印に比べて250Wですから、スチーム式としては優秀です。

 なお、三菱の場合、水を直接加熱するのではなく、吸い上げた一部の水だけを加熱する方式(スチームファン蒸発式)を採用しますす。

 この方式の場合、蒸気の温度も55度と低く、安全性も高くなります。また、蒸発布の部分にカルキなどが吸収されるので、気化式としてはお手入れが非常に容易です。

 201809251010.jpg

 三菱重工 蒸発布 SHES351【2枚】
  ¥704 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 蒸発布は消耗品で、600時間(2-3ヶ月)ごとに交換の必要があります。最初に2枚(1シーズン分)付属します。

 2枚入りですが、この部分のコストを考えると、象印の加湿器よりコスパが良いとも言えない部分はあります。

 タンクのサイズは、2.7Lとかなり小型です。ただ、8時間の連続運転が可能です。

 201702042307.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 この機種はデジタル湿度計が搭載され、現在の湿度が分かりやすくなっています。自動運転の他、湿度を指定しての運転もできるので、他社の「のど肌モード」的な使い方も可能でしょう。

 201809251014.jpg

 加湿器用イオンフィルター(2個入り)
  ¥1,181 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

 清潔性の面では、ダイニチと同じ方式で、ヌメリ対策として、1年交換式のイオンフィルターを利用します。効果的ですが、消耗品費は発生します。ただし、1シーズン分は付属します。

 一方、イオン発生装置として「プラズマ除菌」機能が付属します。これは、ナノイーのようにヌメリ対策には使われず、放出型のイオンです。

 ウイルス対策になるとの記述ですが、他社と同じく、実空間での試験結果ではありません。「オマケ」と考えましょう。

 201809251021.jpg

 お手入れについては、この機種の良い部分です。

 蒸発布はもみ洗いできますが、スケール(水に含まれる鉱物)が布に付くため、メンテの手間がないです。出てくる空気もそのぶん綺麗でしょう。

---

 以上、三菱のスチーム式加湿器SHE35シリーズの紹介でした。

 スチーム式の小型機種としては、比較的消費電力が抑えられており、湿度表示機能なども魅力がある機種です。

 蒸発布の消耗品費はネックに感じる方もいるでしょう。ただ、同じ象印との消費電力差を考えると、1シーズンで1500円ほどの電気代の差があるため、蒸発布の価格を加味しても、700円ほどはこちらがお得です。

 一方、気化式やハイブリッド式に較べると、電気代自体は高いです。(1日44円ほど)

 ただ、温度低下する点と立ち上がりの悪さで気化式加湿器が苦手な人は結構いるため、そのような方には、とくにおすすめできます。


 201809251047.jpg

木造和室 〜10畳、プレハブ洋室 〜17畳

 【2019年】

 25・三菱重工 加湿器 SHE60SD-K 【漆黒】
 26・三菱重工 加湿器 SHE60SD-W 【純白】
   ¥17,980 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:440W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.0L
連続運転:約7h
静音性:27db
サイズ:高さ308×幅221×奥行297mm
センサー:温度湿度センサー

 SHE60シリーズは、プレハブ洋室で17畳まで対応する、三菱の中型の加湿器です。

 加湿方式は、こちらもスチーム式となります。

 加湿量は、600mL/hとかなり多くなりますが、消費電力最大440Wとそれに応じて高くなります。同サイズのハイブリッド式と較べても1.5倍ほどかかる計算なので、経済性はあまりないと言えます。

201702042315.jpg

 ただ、スチームファン蒸発式の加湿の速さは「折り紙付き」です。この部分を重要視するならば、これらの機種は魅力です。ただ、スチーム式のため、消費電力がと、気化式の30倍近くかかる点はやはりネックでしょう。

 その他の機能面は、1つ上で紹介した下位機種に準じます。

後編につづく!
最新加湿器のおすすめは結論的にこの機種!

 と言うわけで、今回は、加湿器を紹介してきました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

 201909231213.jpg

・バルミューダ Rain ERN-1100UA-WK
・三菱重工 SHK50SR-W
・三菱重工 SHK70SR-W
・三菱重工 SHK90SR-W
・ドウシシャDUSK-118CL
・スリーアップ HB-T1953WH
・スリーアップ HFT-1718WH

 続く後半記事こちら】では、壺型で、ヤカンで給水する面白いシステムを取るバルミューダデザインRain(レイン)を紹介します。

 そのほか、スリーアップのアロマ加湿器など、今回紹介できなかった上表の製品も紹介します。

1・電気代の安さ  ★★★★★
2・加湿量     ★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★★
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 そのあと、ここまで紹介してきた製品から、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 引き続きよろしくお願いします。

 後半記事は→こちら

 最後になりましたが、もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のはてなブックマーク・Twitter Facebookボタンなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 22:41 | 生活家電

比較2019’【電気代も安い!】最新加湿器33機の性能とおすすめ・選び方 (humidifier-2)

今回のお題
静かで・電気代が安く・掃除のしやすい加湿器はどれ?

 どもAtlasです!

 今日は、加湿器の比較をしています。

 201809241852.jpg

 前回前編記事こちら】では、20機種ほどの加湿器の比較をしてきました。

201809251223.jpg

 今回後編記事では、三菱重工の製品の他、バルミューダデザインとドウシシャの加湿器を紹介します。

 その上で、全機種から、目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

6・三菱重工の加湿器の比較(続き)

 はじめに三菱重工の加湿器です。

 前半と同じく、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で書いていきます。


  201809251057.jpg

 【木造和室 〜8.5畳/プレハブ洋室 〜14畳

 【2019年】

 27・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK50SR-W
  ¥16,800 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 27・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK50RR-W
  ¥14,948 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:160W
加湿量:500mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約9h
静音性:32〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 【木造和室 〜12畳/プレハブ洋室 〜19畳

 【2019年】

 28・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK70SR-W
  ¥18,480 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:280W
加湿量:700mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約6h
静音性:37〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 【木造和室 〜14畳/プレハブ洋室 〜23.5畳

 【2019年】

 29・三菱重工 加熱気化式加湿器 SHK90SR-W
  ¥21,380 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:460W
加湿量:900mL/h
タンク量:約4.5L
連続運転:約5h
静音性:37〜24db
サイズ:高さ370×幅385×奥行198mm
センサー:温度湿度センサー

 SHKシリーズは、三菱重工のもう一つの加湿器のシリーズです。

 こちらについては、小型機のみ旧モデルが併売中です。やはり性能差はないため、値段で決めて良いです。

 201809251054.jpg

 加湿方式は、こちらは、ハイブリット式(加熱気化式)です。

 したがって、この製品は、シャープ・ダイニチがのハイブリッド式が「ライバル」です。

 消費電力は、小型機から大型機まで、ダイニチと同じ水準でハイブリッド式としては「安め」です。

 ヒーターを利用せず、気化式としてエコ運転する場合は、いずれのサイズの機種は19Wですし、ダイニチと差はない状況です。


201809251102.jpg

 加湿量も、やはりどの機種も、ダイニチ・シャープと大きな差はないです。

 ただ、三菱重工の場合、気化式運転(エコ運転)時の加湿量が420ml/hとさほど落ちていないので、適湿での省エネ運転が長く続けられそうです。

 ハイブリッド式としては、節電性が最も期待できると言えます。もちろん気化式となるので、部屋の室温が下がるというデメリットは生じるわけですけれども。

 静音性は、小型機でも32〜24dbですから、ダイニチに及ばないです。

201702042319.jpg

 搭載されるセンサーは、温度センサーと湿度センサーです。

 表示パネルに液晶ディスプレイが付属し視認性が高いのはこの機種の良い部分です。

 201809251118.jpg

 清潔性の面では、Agイオン抗菌剤が付属します。これは、交換不要部品ですが、ヌメリ対策になります。

 201809251014.jpg

 加湿器用イオンフィルター(2個入り)
  ¥1,181 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

 一方、万全を期したい場合はイオンフィルターも利用できます。ただし、ハイブリッド式については「別売」です。2個入りですから2シーズン分です。

 201809251131.jpg

 お手入れについては、気化式の加湿部分がシャープ同様に「ジャバラ」となるため、完全には押し洗いできません。ただし、しっかり洗えば、8シーズン交換不要で、抗菌加工もなされています。

 このほか、同社のスチーム式と同じく、「プラズマ除菌」機能が付属します。

----

 以上、三菱のSHKシリーズの紹介でした。

 ハイブリッド式は、シャープ・パナソニック・三菱と3メーカーから出されており、おすすめの機種を提案するのが難しいです。具体的におすすめしたい機種については、最後にまとめて書こうと思います。

7・バルミューダの加湿器の比較

 201809251133.jpg

木造和室 〜10畳/プレハブ洋室 〜17畳

 30・バルミューダ Rain ERN-1100UA-WK
  ¥47,000 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:23W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約6h
静音性:6〜25db
サイズ:高さ350×幅350×奥行374
センサー:湿度センサー

 こちらは、日本のデザイン家電メーカーのバルミューダデザインの加湿器です。

 適応畳数は、木造和室10畳・ プレハブ洋室17畳までとなります。リビング用ですね。

 201809251134.jpg

 壺のようなデザインですが、据え置いた感じもやはり「」です。

 201509241352.jpg

 目をひくのはユニークな形です。

 こちらは水を壺に注ぐことで水分を継ぎたしていくという画期的な方式をとっています。

 シャープも2018年にこの仕組みを採用しましたが、「元祖」はこちらです。

 また、壺のフタの部分がディスプレイになっており、現在の加湿量や残り水量、時刻などを表示できる仕組みです。壺の大きさは30センチ四方位なので、他社の加湿器度同等サイズですね。

 201409290154.jpg 

 加えて、WI-FI機能(無線LAN)が搭載されていているので、外出先から加湿器のスイッチを入れたり、現在の湿度を確認することができます。

 加湿方式は、気化式です。そのため消費電力は、最大で23Wと低いです。

 加湿量は、5段階で変更できて、最大加湿量が600ml/hです。パナソニックの最上位機種のFE-KXK07には及びませんが、十分にパワフルと言えるレベルです。適応面積はメーカーによると17畳まで対応します。

 タンクのサイズは、4.2Lで、約6時間の加湿が可能という仕様ですね。

  170204-0062.png

 搭載されるセンサーは、湿度センサーです。

 加湿器上部には有機ELディスプレイがあり、その部分でモードを切り替えます。自動運転は、湿度を40-60度の間で切り替えることが可能です。湿度もそちらで確認できます。

 一方、温度センサーについての記載はなく、室温に応じた適湿運転はできないと思われます。

 静音性は、強運転時は最大42デシベルと決して静かではないです。

 ただし、風量を下げると最大6デシベルまで下げられます。パナソニック同様に、DCモーター採用ですが、最小の静音性は最も高いモデルと言えます。

 ただし、その場合の加湿量は、150ml/hですので、寝室で暖房を消した状態に限定しての利用でしょう。

 お手入れは、壺の中に水を入れるボウルがあり、それを洗剤などでたまに洗う必要があります。 

 201409290155.jpg

 内蔵フィルターは、シャープと同じようにジャバラ式です。すすぎ洗いしかできません。1ヶ月に1回の清掃が必要ですが、パナソニックに較べると少し洗いにくいです。

  ERN-S100(交換フィルター)
  ¥4,169 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

 すすげないこともあり、フィルター寿命は1年です。対応する交換フィルターは4000円強ですので、ランニングコストはかなり高めです。

---

 以上、バルミューダデザインの加湿器の紹介でした。

 日本の家電には見られない優れたデザインで、所有欲をくすぐる良い製品だと思います。低消費電力の気化式で、パワーも確保されているため実力も高いです。

 価格は非常に高いのですが、予算が許せば所有してみたい機種です。ただし、ランニングコストは高いため、この点は注意しましょう。

8・その他のメーカーの加湿器

 最後に、超音波式を中心に、その他のメーカーの製品を紹介します。


 201809251206.jpg

 【2018】

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 31・ドウシシャDUSK-118CL
  ¥12,480 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:超音波式
消費電力:24W
加湿量:300mL/h
タンク量:約3.0L
連続運転:約10h
静音性:----
サイズ:高さ300×幅300×奥行100mm
センサー:

 DUSK-118CL Cは、日本のドウシシャの販売する小型加湿器です。

 適応畳数は、木造和室5畳、 プレハブ洋室8畳までと小部屋用ですね。

 加湿方式は、超音波式です。

 この方式は、気化式に次いで電気代が安く、静音性も高い方式です。

 一方、冒頭で示したように、超音波式は雑菌が繁殖しやすいという欠点があります。それを改善するために、抗菌カードリッジを付属させています。こちらは消耗品のため、期限切れには注意しましょう。

 加湿量は、300mL/hで、他社の小型機種と同様に、消費電力も24Wと低電力です。

 タンクのサイズは、3.0Lです。ただ、超音波式であるため、約10時間の加湿が可能という、小型機種では比較的長寿命と言えます。

 201702042340.jpg

 クレベリン LED交換用カートリッジ LED-010
  ¥3,000 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 一方、この製品は、クレベリンLEDカートリッジを採用しています。

 大幸薬品のクレペリン(正露丸)技術を利用したカードリッジを使い、除菌効果があるとされる二酸化塩素ガスを発生させる点が新機軸です。

 二酸化塩素の効能については諸説あるところです。ドウシシャによれば「除菌消臭」効能が(説明書のみ)書かれます。サイトで宣伝はしていないのは、おそらく実空間での効果を検証できないからでしょう。

 ただ、公平を期して言えば、(消臭効果を除けば)各社のマイナスイオン発生装置も同じ問題を抱えますから、こうした部分は「おまけ」的に考えるべきだと思います。

 なお、LED-010のカードリッジの交換頻度(交換時期)は、6畳程度の空間で3ヶ月で交換です。さほど割り引きもなく、ややコスパが悪いです。

 以上、DUSK-118CL の紹介でした。今回紹介する唯一の超音波式です。面白い取り組みはなされるものの、効果については、もう少し丁寧で、検証可能な説明を要するでしょう。

 なお、超音波式は、水の部分の手入れをまめにできる人に向いている機種です。


 201909231226.jpg

 【2019】

 【10畳

 32・スリーアップ Three-up HB-T1953WH
 32・スリーアップ Three-up HB-T1953BR
  ¥8,465 楽天市場 (10/13執筆時)

加湿方式:超音波式(+ヒーター)
消費電力:23W/88W
加湿量:350mL/h
タンク量:約3.5L
連続運転:約9h
静音性:----
サイズ:高さ258×幅232×奥行232mm
センサー:湿度センサー

 HB-T1953WHは、デザイン家電を販売する日本のスリーアップが販売する最新機です。

 201909231214.jpg

 独特の形状ですが、この機種は、アロマオイルに対応できる機種です。

 201909231235.jpg

 付属するアロマパッドに染みこませる形式で利用します。

 使い切った場合は別売(Z-HF-ARP017)ですが、5枚で500円なので、納得水準でしょう。

 適応畳数は、10畳という表記のみ公開です。

 ただし、木造の場合は、6畳程度まで、と考えて良いでしょう。

 加湿方式は、ドウシシャ同様の超音波式です。

 一方ヒーターを搭載しているため「ハイブリッド式(加熱超音波式)」という表記で売られます。

 ヒーターを利用する場合88Wと「そこそこ」の電気代になりますが、冬場の温度低下を下げる効果が期待できます。

 201909231228.jpg

 一方、スチーム式と異なり、沸騰させるわけではないので、雑菌問題についての気化式の欠点を克服するものではないでしょう。

 ただ、メーカーこの部分も考えており、抗菌カードリッジが付属します((Z-HB-ANC002)。

 年次交換式で、別売で1つ980円ほどですが、対策は必要でしょう。

 加湿量は、350mL/hで、ヒーターを利用しない場合、消費電力も23Wと低電力です。

 タンクのサイズは、3.5Lです。

 ドウシシャ以上の長寿命です。

 搭載されるセンサーは、湿度センサーです。

 センサーは主に自動運転に利用されますが、湿度50%と30%の検知のみです。それぞれのポイントで、弱・中・強と運転を代えるだけのシンプルなものです。

---

 以上、HB-T1953WH の紹介でした。

 アロマ加湿器の類の製品ですが、加湿量も以外と「しっかり」している製品です。超音波式なので、カードリッジ寿命に注意しつつではありますが、香りも一緒に楽しむ方向性で考えるならば「あり」でしょう。

ーーー

 201909231247.jpg  

 【10畳【2017年】

 33・スリーアップ HFT-1718WH
 33・スリーアップ HFT-1718NW
 33・スリーアップ HFT-1718DW
  ¥3,810 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:超音波式(+ヒーター)
消費電力:75W
加湿量:350mL/h
タンク量:約3.3L
連続運転:約9h
静音性:----
サイズ:高さ254×幅235×奥行235mm
センサー:

 なお、同社からは、ドロップ型の超音波式加湿器も売られます。

  201909231244.jpg

 デンキヤの店頭でよく見かけるモデルですが、先ほどの機種と比較すると、自動運転モードがないです。

 そのほか、こちらの方がデザインが古い関係で、給水時の利便性などが落ちますから、アロマ加湿器から選ぶならば、先ほどの機種が良いでしょう。

今回の結論
今年度モデルのおすすめ加湿器は結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、各社の加湿器を比較してきました。


8畳用 14畳用
気化式 2円 2円
ハイブリッド 28円/2円 33円/4円
スチーム 44円 74円
超音波式 5円 ----

1・素早く適湿にしたい場合
 =スチーム式・ハイブリッド式
2・電気代の節約を重視する場合
 =気化式・超音波式

 前編で書いたように加湿器は、上表の様に選ぶのが基本です。

 こうした部分をふまえつつ、最後に、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。


第1に、広めのリビング用として、エアコンなどの乾燥対策ににおすすめな加湿器は、

  201803011454.jpg

【2019年】

【木造和室 〜8.5畳・ プレハブ洋室 〜14畳】

【ナノイー無】

 9・パナソニック FE-KFS05-W
  ¥20,107 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

【ナノイー有】

 10・パナソニック FE-KXS05-T
 11・パナソニック FE-KXS05-W
  ¥24,010 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:8W
加湿量:600mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約8.4h
静音性:36dB〜15dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★★★
2・加湿量     ★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★★
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 パナソニックの気化式加湿器であるFE-KFR05-W をオススメします。

 201809251231.jpg

 気化式の中型以上の機種として、他機種に比べ、運転時の電気代が相当低い機種です。

 さらに、DCモーターの採用で静音性も高まりました。気化式の弱点とも言える立ち上がりのパワー不足についても、高効率のこのモータの採用と「お急ぎモード」の搭載で解決し、気化式の欠点が相当程度消えています。

 201809241705.jpg

 お手入れについても、フィルターが押し洗いできるため「掃除しやすい」といえます。

 加湿量も十分ですし、その点でもオススメできます。

 201702042157.jpg

 なお、ナノイー(マイナスイオン)については、上位機のみの付属です。

 パナソニックは、、内部に放出し、フィルターの除菌に利用しており、ヌメリ対策として一定程度の効果が期待できます。消耗品ではないため、ランニングコスト面でも有利でしょう。

 ただ、下位機種でも、交換不要のイオン除菌ユニットを搭載するため、(沸騰しない点で)気化式運転に重要な「ヌメリ対策」は一通り揃っています。

 今年度モデルでは、「機能的に最もまとまっている」といえ、お買得感が高いですね。

ーーー

 201803011454.jpg

【2019年】

木造和室 〜12畳、プレハブ洋室 〜19畳

 【ナノイー無】

 12・パナソニック FE-KFS07-W
  ¥22,593 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【ナノイー有】

 13・パナソニック FE-KXS07-T
 14・パナソニック FE-KXS07-W
  ¥25,990 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:13W
加湿量:700mL/h
タンク量:約4.2L
連続運転:約6.0h
静音性:39dB〜22dB
サイズ:高さ375×幅375×奥行180mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★★★
2・加湿量     ★★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★★
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 なお、かなり広いリビングで利用する場合は、この製品の上位機も選択肢にできるでしょう。

 ただ、水タンク量は同じなので、表示の適応畳数ほど部屋が広くないならば、下位機種で十分です。


 第2に、ワンルームや一部屋などそれほど大きくない部屋で使う方におすすめなのは、

 201809241654.jpg

 【木造和室 〜5畳 プレハブ洋室〜 8畳

 【2019年】

 7・パナソニック FE-KFS03-P 【ピンク】
 8・パナソニック FE-KFS03-W 【ホワイト】
  ¥16,697 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 7・パナソニック FE-KFR03-P 【ピンク】
 8・パナソニック FE-KFR03-W 【ホワイト】
  ¥17,350 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

加湿方式:気化式
消費電力:10W
加湿量:300mL/h
タンク量:約2.1L
連続運転:約7h
静音性:34dB〜21dB
サイズ:高さ2945×幅305×奥行190mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★★★
2・加湿量     ★★★★☆
3・手入れしやすさ ★★★★★
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 パナソニックの8畳用でしょう。

 多機種ありますが、新旧モデルで、購入される時点で安い方で良いでしょう

 気化式ですから、10W(1時間2円)と相当電気代が安い機種で経済的です。

 加湿量は同じ気化式を採用する他社機より高く、価格的にも値頃感があります。

 8畳程度までの部屋で利用する場合は、この機種で不安はないでしょう。ただし、木造の場合は、1つ上で紹介したクラスをオススメします。


 第3に、主に寝室で使う加湿器として、最もオススメしたい加湿器は、

 201809241842.jpg

木造和室 〜8.5畳、プレハブ洋室 〜14畳

 【2019年】

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX519-K
 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX519-T
 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX519-W
  ¥21,940 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 16・ダイニチ 加湿器 HD-RX518
  ¥17,697 楽天市場 (10/13執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:161W
加湿量:570mL/h
タンク量:約5.0L
連続運転:約12.5h
静音性:13〜30db
サイズ:高さ375×幅375×奥行175mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★☆
2・加湿量     ★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★☆
4・静音性     ★★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 ダイニチの HD-RX518 が良いと思います。

 適応畳数の広さの点で言えば、もうワンサイズ小型の HD-RX318もあります。

 201809241810.jpg

 しかし、「静音性」を考えると、新型高効率モーターの採用でさらに静かな上、消費電力も同等で止まるこちらをむしろオススメします。最小運転音13dBという水準は、ランニングコストが高いバルミューダデザインの「壺」を除けば、最高値です。

 こちらは、立ち上げに電力を使うハイブリッド式ですが、気化式運転をした場合も370mL/hの加湿量ですから、寝室では十分です。下位機種は、160mL/hと心許ない部分があったので、

 やはり、ダイニチの静音モデルでは、こちらを推します。

 201809250859.jpg

 夜間の「おやすみ加湿」など、この部分を全面的に押しだしている点も魅力でしょう。

 201809250918.jpg

 サイズも、高さ375×幅375×奥行175mmで他社機並みなので設置性も良いです。

 201809251125.jpg

 抗菌気化フィルター H060518
  ¥1,304 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 お手入れについては、ジャバラ式で押し洗いできないフィルターは残念ですが、抗菌仕様で5シーズン保ちます。

 掃除をしない場合は例外ですが、その場合もそう高いものではないですし、問題ないでしょう。

 いずれにしても、寝室にはもってこいの製品でしょう。ワンルーム住まいで、寝室兼用の場合も良いと思います。


第4に、冬場に室温が低下しにくい小型機をお探しの方にオススメなのは、

 201809251005.jpg

 【木造和室 〜6畳、プレハブ洋室 〜10畳

 【2019年】

 23・三菱重工 加湿器 SHE35SD-K 【漆黒】
 24・三菱重工 加湿器 SHE35SD-W  【純白】
  ¥14,380 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 【2018年】

 23・三菱重工 加湿器 SHE35RD-K 【漆黒】
 24・三菱重工 加湿器 SHE35RD-W 【純白】
  ¥9,699 Amazon.co.jp
(10/13執筆時)

加湿方式:スチーム(ファン蒸発式)
消費電力:250W
加湿量:350mL/h
タンク量:約2.8L
連続運転:約8h
静音性:27db
サイズ:高さ245×幅220×奥行267mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★☆
2・加湿量     ★★★★☆
3・手入れしやすさ ★★★★☆
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★☆

 三菱の加湿器SHE35シリーズが良いでしょう。

 201702042300.jpg

 スチーム式ですから、室温の低下問題は「皆無」です。(ダルマストーブにヤカンのような)スチーム式独特の加湿が好きな方にオススメします。

チーム式としては、比較的消費電力が低く、安全性も高い点も評価できます。

  201809251010.jpg

 三菱重工 蒸発布 SHES351【2枚】
  ¥799 Amazon.co.jp (10/13執筆時)

 お手入れについても、蒸発布に、カルキ・ミネラルが付着するため、スチーム式特有の面倒なお手入れは不要です。この点のレベルも高い機種です。

 201702042307.jpg

 目に見えて湿度が分かるので、電気代の無駄遣いをしないで済む点も評価できるでしょう。

 電気代は、1時間5円ほどと決して安くはない水準ですが、インバーター制御で自動運転を行うので実際かかる電気代は、多少軽減できると思います。


第5に、多少本体サイズがあってもよいので、大容量水タンクが欲しい場合は、

 201910132220.jpg

 【2016年】

 【木造和室 〜42畳、プレハブ洋室 〜25畳

 21・ダイニチ 加湿器 HD-153
  ¥40,620 Amazon.co.jp (9/23執筆時)

加湿方式:ハイブリッド式
消費電力:380W
加湿量:1500mL/h
タンク量:約12L
連続運転:約9h
静音性:15〜35db
サイズ:410×450×348mm
センサー:温度湿度センサー

1・電気代の安さ  ★★★★☆
2・加湿量     ★★★★★★
3・手入れしやすさ ★★★★☆
4・静音性     ★★★★★
5・総合評価    ★★★★★

 ダイニチの超大型のHD-153でしょう。

 パナソニックにも大型機がありますが、本体サイズに対してのタンク量はダイニチの方が多いです。

 ハイブリッド式で強運転時では電気を使う機種ですが、エコモードで気化式としてだけ使えば、31Wで、1200mL/hの加湿量はあるため、省エネ性もある程度評価できます。

  また、大きめ機種としては、静音性が優秀なので、できるだけ静かに使いたい場所、例えば、病院の待合室などの設置も考えられるでしょう。

補足:加湿器のオルタナティブについて

 というわけで、今日は加湿器の比較でした。

 201807081138.jpg

1・加湿空気清浄機の比較
2・セラミックファンヒーターの比較
3・ダイソン「扇風機」の比較

 なお、「加湿機能」が「オマケ搭載」される家電というのは割とあります。

 特にユーザーが多いのは空浄機との併用ですが、その場合は1番で比較していますので、よろしければご覧ください。

  最後になりましたが、もしこの記事がもしお役に立ったようならば、はてなブックマーク・Twitter Facebookなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは!

posted by Atlas at 22:22 | 生活家電

2019年10月12日

比較2019’ 【暖かく安い!】小型エアコン43機の性能とおすすめ・選び方(6畳 8畳 10畳 12畳用)(1)

【今回レビューする内容】2019年秋冬 小型・中型エアコンの性能とおすすめ・選び方:コロナ パナソニック エオリア・ダイキン 富士通ゼネラル ノクリア 三菱電機 霧ヶ峰 三菱重工 ビーバーエアコン 東芝 大清快 激安小型エアコン:涼しくて暖か買い!10万円以下の激安機・リビング用・ワンルーム用:メーカー別の違いや口コミ評判ランキング

【紹介する製品型番】コロナ RC-2218R-W パナソニック エオリア CS-229CF CS-259CF CS-F229C CS-F259C ダイキン S22WTES-W S25WTES-W AN22WES-W 日立 RAS-A22J-W RAS-A28J-W RAS-AJ22J RAS-AJ25J 富士通ゼネラル AS-C22J-W AS-C25J-W 三菱重工 SRK22TX-W SRK25TX-W 三菱電機 MSZ-GE2219-W MSZ-GE2519-W 東芝 大清快 RAS-F221R-W RAS-F251R-W Sharp AY-J22DH AY-J25DH アイリスオーヤマ IRA-2203R IRA-2803R

今回のお題
最新のエアコンで、最もお得でオススメな機種はどれ?

 ども、Atlasです。 

 今日は、2019年10月現在、最新のエアコンを比較します。

 201809180907.jpg

 10万円以下の主要メーカーの格安エアコンは、ほぼ全機種網羅しました。

1・冷房能力   ★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★
3・気流制御   ★★★★★
4・スマホ連携  ★★★★★
5・異常気象対応 ★★★★★  
6・総合評価   ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を一機ずつ比較していきます。

 その上で、最後に「結論」として、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

1・エアコンの選び方の基本

 201805241558.jpg

 「エアコン」を選ぶ場合、はじめに、「何畳の部屋に使うか」を正確に計算してください。

 なぜなら、小さすぎると常にフルパワー運転するため、装置寿命が短くなったり、電気代が余分にかかるからです。

 したがって、エアコンを選ぶ場合に最も重要視するべきは、エアコンの出力です。

 201805241606.jpg

 エアコンを購入する場合「○○畳用」という表記を参考にして買われると思います。

 しかし、これは、メーカーごとマチマチの表記で、実はあまり「あてにならない」指標です。

 逆に、重要なのは、最大冷房能力最大暖房能力というスペックです。

ーー

 この記事の機種紹介では、これらの能力を次のような表で示してあります。

 冷房能力:2.5W (0.9〜3.1)7〜 10畳
 暖房能力:2.8W (0.9〜4.3)6〜 8畳

 上の例の場合、最大冷房能力は3.1W最大暖房能力は4.3Wです。この値が大きいほど、(同じ適応畳数でも)エアコンがパワフルということになります。

 今回の記事では、この部分を最も重要視して比較しています。

 それ以外の便利な付加機能については、とりわけ、以下の機能の有無に注目していきます。

ーー

 201904081310.jpg

 第1に、気流制御です。

 これは、風向やパワーを工夫して、部屋の天井や床に偏りがちな冷暖房の気流を制御して部屋の温度を均一する機能です。

 風をあてたり、避けたり、人間に心地良い気流に制御したりする機能も含みます。

---

 結論的にいえば、エアコンの風は直接当たると非常に不快であるため、この機能は、快適性能に関わる最重要項目です。

ーー

 201904081313.jpg

 第2に、自動お掃除機能です。

 これは、エアコンフィルターに溜まったゴミを、運転停止時に機械が自動的に屋外に排出するメカになります。

 排出方法は、内部のゴミタンクに収納する形式です。ただし、パナソニックについては、上位機はゴミを屋外に自動排出する仕組みがあります。

 ただし、お掃除機能付きエアコンは、業者のエアコン掃除の際に、少なからず追加料金が発生します。また、掃除の際に、少し大きめの稼働音が発生します。

---

 結論的にいえば、基本的には、「なくても」よい機能です。掃除を忘れがちな人には便利だと思いますが、逆に「ほったらかし」になって、機構が詰まる可能性もありますから。

ーー

 201904081309.jpg

 第3に、空気清浄機能です。

 最近は、上位機で空気清浄フィルターを搭載する機種が増えています。

 また、下位機種でも、別売オプションで対応できる場合が多いですが、非常に簡易的なもので、花粉対策などにはならないものです。

---

 結論的にいえば、この部分も、「重視せずに」よい機能です。

 パナソニックのXシリーズなど、相当高額な機種を除き、エアコンでの対策には限界がありますから。

 201904081322.jpg

 第4に、センサー機能です。

 人感センサー明るさセンサーを利用して、不在時など自動的にエコ運転や停止をするものです。

 高性能機の場合、家具の配置など間取りを検知することもでき、節電性はより高いです。

 また、センサーは、風よけなど「快適気流の制御」にも使われるため、快適性にもかかわります。

---

 結論的にいえば、中級機以上のエアコンを選ぶ場合、センサーの部分を気にしても損はないと言えます。

ーー

  201904081328.jpg

 第5に、ネットワーク機能です。

 最近は、スマホをリモコン化できる機能や、Wi-Fiを通して外出先からエアコン制御できる機能が、各社から提供されます。

 基本的に通信ユニットは別売であり、追加費用が必要です。しかし、上位機については最初から搭載される機種もあります。

 なお、一部機種は、内装になるため、「後から増設」はできない場合があり、注意が必要です(迂回手段はあり)。

----

 結論的にいえば、あれば、便利な機能です。

 ただし【スマートリモコンの比較記事】で書いたように、外出先からの制御については、赤外線リモコン信号の発信器とWi-Fi使ったを迂回手段もあるので、「後から欲しくなったら対応」できます。

ーーー

 以上、今回の記事で重要視するつもりの比較ポイントを紹介しました。

 これらのポイントに注意しながら、以下では、各社の製品を、価格順に紹介していきます。

 201904081755.jpg

 電気代については、同じ「畳数」の製品ならば、10万円以下の製品は、どれも「省エネ達成率100%」の水準であり、変わりありません。

 言い換えれば、各社とも、「100%」の枠内の電力で、どれほど涼しく(暖かく)できるかを競っていると言えます。

 いずれにしても、(どれを買っても)十数年前のエアコンより2倍以上省エネです。

 201904081800.jpg

 一方、10万円以上の高級機には、この水準以上に効率よく電気を使える上位機もあるので、その場合は、しっかり言及します。

 201904081929.jpg

 なお、10万円以上の高級機は、上記のような、エアコン専用の特別なコンセント・ブレーカーへの取替工事が必要な機種100V 20A機)が増えてきます。

 ただ、冷房15畳、暖房12畳程度までなら、工事不要で普通のコンセントで使える機種が多いですし、今回はそのような機種を中心に紹介しています。

2・各社の格安エアコンの比較

 はじめに、5万円前後の予算までで購入可能な、スタンダードモデルを紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


 201808252119.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 1・コロナ冷房専用エアコン RC-2219R-W
  ¥34,800
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:なし
冷房能力:2.0kW (---〜---)6〜 7畳
コンセント形状:100V 15A

 RC-2219は、コロナの販売するエアコンです。

 この機種は、ホームセンターなどでよく見るもので、「格安エアコン」として売れ筋ランキングにも入る商品です。

 201907131615.jpg

 ただし、こちらは、暖房能力がない冷房専用エアコンになります。冬には使えません。

 冷房能力は、最大2.0wです。

 他社の6畳用の他機種と較べると、かなり低いです。

 にもかかわらず、消費電力量が高いため、この機種は「2010年度省エネ達成率」の基準に達していません

---

 以上、コロナのRC-2216の紹介でした。

 メーカーが詳細なスペック値を出していないために、他のメーカーと数値として比較できません。しかし、本体の安さ以外の点では、積極的にはオススメしかねる機種です。


 201708231613.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 1・パナソニック エオリア CS-229CF-W
  ¥41,980 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 1・パナソニック エオリア CS-228CF-W
  ¥42,450 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.4〜4.0)5〜6畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜2.8)6〜9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 2・パナソニック CS-259CF-W
  ¥50,347 Amazon.co.jp( 10/12執筆時)

 【2018年】

 2・パナソニック CS-258CF-W
  ¥51,000
Amazon.co.jp ( 10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.4〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.5〜2.9)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10畳-12畳向き】

 【2019年】

 3・パナソニック CS-289CF-W
  ¥57,500 Amazon.co.jp ( 10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.4〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 CS-228CF-Wは、パナソニックのエオリア CFシリーズの小型機です。

 同社のスタンダードモデルFシリーズから、機能を省略した「町の系列店仕様」で最も安いラインとなります。

 一部のサイズで旧機種が残っています。以下で説明するような基本機能は同じですから、安いほうで良いでしょう。

 201805241606.jpg

 暖房能力は、6畳用で4.0kw、10常用で4.8kWです。

 各畳数ともに、他メーカーの同クラスの機種よりも数値が高くパワフルです。

 冷房能力は、6畳用で2.8kw、10常用で3.2kWです。

 この部分は、だいたい「標準的」であり、他メーカーと同等程度の性能です。

 201805241618.jpg

 気流制御は、センサーを用いた高度なものはありません。

 風が当たりにくい「天井シャワー気流」と、「1/f ゆらぎ気流」のみ対応します。

 後者は、身体に当たる際の風を「蓼科高原の風」のプログラムに合わせたものです。ただし、エアコンは直接身体に風を当てるものではないため、「おまけ」でしょう。

201904081440.jpg

 自動お掃除機能は、未付属です。

 パナソニックの場合、この機能が付属するのは10万円を超える中堅のGXシリーズからです。

 201809180913.jpg

 空気清浄フィルター CZ-SAF9
  ¥1,011 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 空気清浄機能は、未搭載です。

 ただし、こちらは、別売のフィルターを付ければ、対応可能ですが、花粉症の完全な対策になるレベルの密度のフィルターではなく、「安心料」程度のものです。

  201904081425.jpg

 エオリア アプリ
  ¥0 iTunes Store

 エオリア アプリ
  ¥0 google Play

 ネットワーク機能は、2019年の新型からエオリアアプリが「標準対応」となりました。

 先述のように、外出先エアコン操作スマホのリモコン化ができるため便利です。

 201904081433.jpg

 ただし、パナソニックの場合、上位機種はアダプタ内蔵ですが、下位機は、別売の無線アダプター(CF-TA9)と親機(CF-TC7B)が必要です。

 その上、設置は、先述のように、基本専門業者が行う仕様ですから、注意が必要です。

---

 以上、パナソニックのエオリア Fシリーズの紹介でした。

 単純に冷暖房能力だけで言えば、2010年の省エネ達成率を達成しており、コスト面では優秀です。その上で、暖房能力が若干高いので、暖房重視ならばこの機種は選択肢となるでしょう。

 一方「外出先エアコン操作」などを狙う場合は、部品代が1万円と業者の取付工賃が必要になります。

 そのため、この機能を狙う場合は、もともと内蔵する上位機(Xシリーズ)を買う方がスマートとは思います。

ーーーー

 201708231613.jpg

 【2019年】

 4・パナソニック エオリア CS-F229C
  ¥40,495 楽天市場 (10/12執筆時)

 5・パナソニック CS-F259C
  ¥64,301
楽天市場 (10/12執筆時)

 6・パナソニック CS-F289C
  ¥98,800
楽天市場 (10/12執筆時)

 なお、先述のように、CFシリーズは、系列工務店向けで、デンキヤでは、こちらのFシリーズがスタンダードモデルです。

 相違点としては、通常別売品のAg+除菌フィルターが追加される程度で、出力その他の性能は、CFと同等です。

 値段的にCFシリーズより高いので、(ネットで買うならば)基本的にはCFシリーズで良いと思います。


  201809180914.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 7・ダイキン Eシリーズ S22WTES-W
  ¥44,400 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 7・ダイキン Eシリーズ S22VTES-W
  ¥46,138 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.7〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW (0.6〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 8・ダイキン Eシリーズ S25WTES-W
  ¥55,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】
 
 8・ダイキン Eシリーズ S25VTES-W
   ¥55,700 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.9〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.9〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 9・ダイキン Eシリーズ S28WTES-W
  ¥61,439 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】
 
 9・ダイキン Eシリーズ S28VTES-W
   ¥61,600 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW(0.9〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW(0.9〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、ダイキンのEシリーズに属する6畳用のエアコンになります。

 新旧ありますが、型番のみの変更であり、以下で説明するような機能については、差がありません

 201702271036.jpg

 暖房能力は、パナソニックと比較して、10-12畳以外はわずかに及びません

 しかし、ダイキンは、コンプレッサー制御がよく、暖房の立ち上がりの速さについては相当良い水準です。「ヒートブースト機能」と呼びますが、他社と異なり、予熱をしなくても早いです。

 201904081525.jpg

 コンプレッサーについてさらに言えば、外気温マイナス15℃まで動作対応するのは、ダイキンだけです。

 寒冷地のデンキヤでは「ひときわ強いメーカー」で、よくオススメされます。

 冷房能力は、最大2.8wと、パナソニックと同じです。

 しかし、新型触媒が採用で、の外気温45℃でも、安定した運転ができる機種です。

 室外機も頑丈なので、「極地に強い」と言えるでしょう。

 結論的にいえば、過酷な条件でのタフさは、どのデンキヤの販売員さんも強調するところです。極限状況下では、「他社を一歩上回る基本性能」を発揮します。温度制御も0.5度刻みで、制御可能です。

 201904081530.jpg

 気流制御は、夏冬において、風が当たりにくいように制御する「風ないス運転」が装備されます。

 パナソニックと同レベルでしょう。

 自動お掃除機能は、未付属です。

 空気清浄機能も、未搭載です。

 この部分は、パナソニックに劣るものの、必ずしもエアコンに必要な部分ではないので、問題ないでしょう。

 useful_05_section01_img.png

 無線LAN接続アダプター
  ¥10,500 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 エアコン遠隔制御P板セット   
    ¥5,148 Amazon.co.jp   (10/12執筆時)

 ネットワーク機能は、ダイキンの場合も、対応します。

 ただ、パナソニックと同じで親機(BRP061A44)とP板セット(KRP067A41)が別に必要です。個人での設置を前提にはしていません。

---

 以上、ダイキンのエアコンの紹介でした。

 「夏が40度以上になる」酷暑の地域と、「冬が零下10度以下になる」厳寒地域に強い機種です。

 一方、ダイキンは、他社に比べると「省エネセンサーに弱い」メーカーですが、この程度の価格の入門機の場合、他社も力を入れておらず、だいたい同じ程度ですから、問題ないでしょう。

ーーー

 201809180914.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 10・ダイキン Eシリーズ AN22WES-W
  ¥86,180 楽天市場 (10/12執筆時)

 【8畳向き】

 【2019年】

 11・ダイキン Eシリーズ AN25WES-W
  ¥92,800 楽天市場 (10/12執筆時)

 なお、ダイキンも、工務店向けと、電機屋向けの型番を分けています。

 ただ、同じEシリーズという名前で、性能も同等です。どちらを選んでも良いでしょう。


  201809180917.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 12・日立 白くまくん RAS-A22J-W
  ¥61,599 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW(0.2〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW(0.3〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 13・日立 白くまくん RAS-A28J-W
  ¥80,200 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW(0.2〜4.6)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW(0.3〜3.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 これらは、日立のAシリーズに属するエアコンになります。

 同社の「白くまくんシリーズ」の電機屋向けのスタンダードモデルです。なお、Aシリーズについては、8畳用はありません

 201904081615.jpg

 暖房能力は、10-12畳用について、ややスペックが悪いです。

 冷房能力は、他社と比べても、問題のない水準と言えます。

 つまり、スペックから言えば、ダイキンと同様の能力です。

 ただし、日立は、低出力時の最小出力が0.2wなので、室温安定時において低消費電力での運転が得意と言えます.

 部屋の気密性が高い場合は、割とマッチするでしょう。 

 201904081617.jpg

 気流制御は、一方、他社に比べると特段、強調するべき部分はありません

 ただ、除湿について、室温16度から対応するソフト除湿機能は、快適性の部分では特徴と言えます。

 自動お掃除機能は、未付属です。

 空気清浄機能も、未搭載です。

 201904081619.jpg

 エアコン用交換フィルター SP-VCF11W
  ¥1,500 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 空気清浄は、別売フィルターで対応します。

 201809190945.jpg

 ネットワーク機能は、一方、日立の弱い部分です。

 上位機を含めてネット対応がなされず、外出先エアコン操作などは【スマートリモコンの比較記事】で紹介したような、別売品の導入に挑戦するしかないです。

 ただし、各社のスタンダードモデルは、ここまで見てきたように「アダプタが別売」ですし、明確な欠点とも言えないです。

---

 以上、日立の白くまくんAJシリーズの紹介でした。

 201904081626.jpg

 日立は、20万円ほどの上位機(Xシリーズ)については、霜をつかって熱交換器を凍結させ汚れを落とすほか、ファンも自動お掃除する「清潔系機能」が充実します。

 ただ、特殊な装置を利用することもあり、入門機に技術が降りてくる可能性が低く、下位機種については、多少見所が欠けます。

 ただ、そのなかでも、上に書いたように、低消費電力での運転と、ソフト除湿ができる点は、良いポイントと言えます。

ーーーー

201809180917.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 14・日立 白くまくん RAS-AJ22J
  ¥41,398 楽天市場 (10/12執筆時)

 【8畳向き】

 【2019年】

 15・日立 白くまくん RAS-AJ25J
  ¥48,086 楽天市場 (10/12執筆時)

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 16・日立 白くまくん  RAS-AJ28J
  ¥52,615 楽天市場 (10/12執筆時)

 なお、日立の場合も、電機屋向けと工務店向けを分けて売っています。

 工務店向けについては、AJシリーズですが、こちらは8畳用があります。その他の点は、上で説明した部分については同等です。


 201809180919.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 17・富士通ゼネラル AS-C22J-W    
  ¥49,053 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 17・富士通ゼネラル AS-C22H-W   
  ¥45,800
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.8〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.5kW (0.8〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 18・富士通ゼネラル AS-C25J-W  
  ¥59,638
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 18・富士通ゼネラル AS-C25H-W
  
¥53,860 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.8〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 19・富士通ゼネラル AS-C28J-W
  ¥63,773 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 19・富士通ゼネラル AS-C28H-W
  
¥61,000 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.8〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 ASシリーズは、富士通ゼネラルのスタンダードなエアコンです。

 同社のエアコンは「ノクリア」という商品名がつきます。関西方面では知名度が低いですが、「関東に強い」と聞くエアコンですね。

 新旧ありますが、以下で説明するような機能については相違ありません。値段で決めて良いでしょう。

 201904081650.jpg

 暖房能力は、富士通の「売り」です。6畳用でも4.1wあります。

 同じ暖房出力の他社製品と比較した場合、ここまでみたメーカーに比べて、実際の能力が上位です。

 冷房能力は同様です。

 8畳用のみ「平均値」ですが、それ以外は他社と比較してもパワフルと言えます。

 201606051301.jpg

 さらに、「プラスアルファ」があります。

 富士通ゼネラルの場合、送風機(パワーディフューザー)の強力さも良い部分で、遠くまで風を届けることが可能です。

 同社のエアコンは、この点でも人気があります。例えば、エアコンから離れた場所に机がある場合なども、涼を得やすいです。

 201904081644.jpg

 気流制御は、冷房・暖房で風向きを変える、他社と同じ機能を持ちます。

 その上で、「まがるルーバー」で、170度方向への吹き分けに対応するため、エアコンの設置場所に対して、ソファなどが横にある場合なども快適です。

 自動お掃除機能は、未付属です。

 ただし、富士通ゼネラルは、防カビコーティングしたハイドロフィリック熱交換器を採用し、利用時に発生した水で洗い流す仕様です。

 そのため、下位グレードの製品のなかでは、エアコン内部がカビにくい仕様になっています。

 空気清浄機能は、パナソニックと同様に別売フィルターで対応します。

 201904081648.jpg

 ネットワーク機能は、富士通も搭載します。

 ただし、アダプタ(OP-J03A)が別売です。導入費は1万円ほどですが、エアコン取付業者以外の設置は、富士通の場合も未対応です。

 201805241704.jpg

 そのほか、音声アナウンスに対応する点も同社のおもしろい部分です。

---

 以上、富士通ゼネラルのASシリーズの紹介でした。

 他社に比べて、冷暖房の出力と、風力が強いのが「売り」です。人間は、風によっても涼を得るため、体感的な涼しさもこの機種は高いでしょう。

 暖房についてもパワーが強いため、冬場に暖房を多く使う場合にもおすすめできる機種です。比較的寒い地域で、パワーの強いエアコンを探している場合は、とくに良い選択肢でしょう。


  201805242034.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 20・三菱重工 TWシリーズ SRK22TX-W
  ¥41,328 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.9〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.2kW (0.9〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 21・三菱重工 TWシリーズ SRK25TX-W
  ¥47,641 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.9〜4.6)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.9〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 22・三菱重工 TWシリーズ SRK28TX-W
  ¥55,680 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6W (0.9〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.2W (0.9〜3.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 三菱重工TWシリーズは、同社のビーバーエアコンでは最も安い製品です。

 同じ三菱ですが、エアコンは「電機」「重工」は別ブランドです。

 暖房能力は、特に8畳向きの機種は、富士通を超える4.6wで優秀です。

 その他のサイズについても、割と優秀な部類です。

 冷房能力も、同様に強いです。

 その点で言えば、「パワー自慢」な部分は、富士通と似ています。

 201805241725.jpg

 気流の到達距離についても、直進気流で14M出せるため、12Mの富士通を上回ります。

 ただし、足元暖房に利用する場合の到達距離は、10Mの富士通と異なり非開示なので、総合的には互角でしょう。

 201904081708.jpg

 気流制御は、一方で、広範囲に吹き分けられる機能は、同社の場合、10万円以上の機種からとなります。

 その点では、富士通が有利です。

 自動お掃除機能は、未付属です。

 熱交換器については、清潔プレコート熱交フィンで汚れが付きにくい仕様です。ただ、カビについては富士通と異なり、言及がないです。

 201805241730.jpg

 空気清浄機能は、バイオクリアフィルター搭載で、花粉などの抑制効果を表明しています。

 酵素と尿素の値からでアレル物質を抑制するという仕組みです。ただ、実空間での検証結果ではないという「但し書き」が付くため、やはり「オマケ程度」です。

 ネットワーク機能は、非対応です。

---

 以上、三菱重工のビーバーエアコンの紹介でした。

 冷暖房の能力面では、富士通ゼネラルのノクリアASシリーズとあまり変わらない機種で、パワフルな暖房力と風力が自慢です。この2機について言えば、基本的に「価格勝負」で決めても良いかなと思います。

 ただ、安定室温時の省エネ性の点では、ほんの「わずか」ですが、富士通ゼネラルが良いでしょう。


 201802061214.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 23・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2219-W
  ¥48,929
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.8〜4.0)6〜 7畳
冷房能力:2.2kW (0.8〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 24・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2519-W
  ¥59,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.8〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 25・三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GE2819-W
  ¥65,200
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.8〜4.7)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 三菱電機GEシリーズは、同社の霧ヶ峰ブランドでは最も安い製品です。

 暖房能力は、8畳向きが最大4.3kw、10-12畳が最大4.7kwです。

 暖房能力は、富士通には適いませんが、適応畳数の利用において問題のない出力です。

 冷房能力は、10-12畳用は、富士通や重工並ですが、それ以外はです。

 201904081725.jpg

 気流の到達距離については、(吹き下ろし時)10Mというスペックですので、この部分は問題ないでしょう。

 201904081727.jpg

 気流制御は、今回紹介する機種の中ではかなり能力が高いです。

 この機種は、室温センサー意外に赤外線センサーを持つからです。

 この場合、離れた床温度を測れるので、部屋の温度ムラが少なく、自動運転が快適です。

 picdga3.jpg

 自動お掃除機能は、未付属です。

 一方、三菱同様に熱交換器に工夫があり、油汚れやホコリに強い構造です。

 201904081734.jpg

 その上で、新型はフラップ部分も取り外せるため、送風ファンのカビの部分もユーザーで手入れができる点は良いです。この部分は、すぐカビて、ニオイの原因になるので。

 空気清浄機能は、未付属です。

 201904081736.jpg

 ネットワーク機能は、対応します。

 ただし、他社の入門機と同じで、導入には、別売のアダプターが必要です。個人での設置もできません。--

---

 以上、三菱の霧ヶ峰シリーズの紹介でした。

 冷暖房のスペックはあまり特長がありません。しかし、高性能なセンサーを積む部分は、目に付くところです。

 清潔性については、目立ちませんが、フラップを外してファンにアクセスできる点は、エアコンの清潔性に気を使いたい部分には、とても良い部分に思います。

 201904081741.jpg

 なお、三菱電機は、(特別な電源コンセントを使う)14畳以上の高級機FZシリーズについては、ファンが左右に別に付属します。その上で赤外線センサーを高度化したムーブアイセンサーが付属し、吹き分けが高度化します。 

 面白いギミックで、ユニークな技術だと思います。


 201809180927.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 26・ 東芝 大清快 RAS-F221R-W
  ¥63,200 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.6〜3.9)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.6〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 27・東芝 大清快 RAS-F251R-W
  ¥83,799 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.6〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.6〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 28・東芝 大清快 RAS-F281R-W
  ¥89,500 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.6〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.6〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、東芝大清快F-R シリーズです。同社の入門グレードから2番目の機種です。

 東芝は、(少しずれて)春夏シーズンに新機種を出すため、「夏場より冬場の方が新機種が安い」メーカーです。

 暖房能力は、6畳用が最大3.9kw、10-12畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、6畳用が最大3.1kw、10-12畳用が最大3.4kwです。

 いずれも、出力として言えば、各社の平均値より上であり、パワフルと言って良いです。

 201505041632.jpg

 気流制御は、他社と同じで、夏と冬の吹き分けは可能です。

 ただし、他社のように気流の角度や風量に気を使っているわけではないです。

 201505041636.jpg

 一方、三菱と方向性は似ており、明るさ(日当たり)センサーにより、運転を制御する機能が付属します。

 ただ、この機能は快適性を増すというよりも、、省エネのために搭載される人感センサーと同じで、(あくまで)節電のために搭載しているものです。

 201904081805.jpg

 自動お掃除機能は、一方、東芝は付属です。

 型落ちで安くなっている製品を除けば、搭載機では最も安価な水準です。

 面白いのは、「楽ダストボックス」と名付けられた集塵方式です。手前に筒状のダストボックスがあり、それを、家庭用掃除機で吸引できる点です。

 ただ、キャニスタータイプの掃除機を使っていないと、この機能が利用できない点は注意が必要です。

 point2.gif

 その上で、東芝は、熱交換器に特殊樹脂コーティングもなしていますので、三菱などと同じで(カビはともかく)、ホコリや油には強い仕様です。

 201904081810.jpg

 空気清浄機能は、対応です。また、他社に比べても能力は高そうです。

 東芝の場合、プラズマ空清という仕組みを利用します。これは、一般的には電気集塵式とわれる方法で、事前に帯電させてホコリを、フィルタに吸着しやすくさせていきます。

 99%の捕捉率ですから、割と優秀であり、花粉などの吸着効果は、この価格帯の製品では、かなり期待できそうです。

 ネットワーク機能は、非対応です。

----

 以上、東芝の大清快シリーズの紹介でした。

 個人的には、花粉などの吸着がある程度期待できる「プラズマ空清」を評価するべき機種と感じます。

 その上で、特に冷房の基本性能も高いので、格安機でも「お掃除機能があった方がやはり便利」と感じる方ならば、このモデルで良いと思います。

ーーー

 201809180927.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 29・ 東芝 大清快 RAS-F221P-W
  ¥59,800
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.7〜3.9)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.7〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 なお、東芝は、もうひとつ下のグレードとなるF-Pシリーズもあります。

 ほぼ機能は同じですが、「売り」の自動お掃除機能がない点だけは、注意しましょう。


 201904082144.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 30・ Sharp AY-J22DH-W
  ¥42,135 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.7〜3.7)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.7〜2.8)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 31・ Sharp AY-J25DH-W
  ¥64,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.7〜4.1)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.7〜3.0)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 32・ Sharp AY-J28DH-W
  ¥78,340 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.7〜4.6)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.7〜3.5)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、シャープH-DHシリーズです。

 工務店や格安ショップ向けに卸される廉価版で、本体のフラップ形状は電機屋で売られるスタンダードモデルとなる、J-Sシリーズとは異なる格安仕様です。

 ただ、比較的値段が安いので、おそらく、賃貸住宅向けなどに売れている機種です。

 暖房能力は、6畳用が最大3.7kw、10-12畳用が最大4.6kwです。

 冷房能力は、6畳用が最大2.8kw、10-12畳用が最大3.5kwです。

 他社と比較すると、売れ筋の6畳モデルは、問題があるほど弱いわけではないですが、優秀とも言えないスペックです。

 201904082154.jpg

 気流制御は、シャープ自体は重視しているメーカーです。

 上位機になるほどフラップ形状が特殊になり、図のようにロング気流が飛ばせるような工夫があります。

 ただ、H-DHシリーズについてだけ言えば、スタンダードモデルのJ-Sシリーズとも異なる小さなフラップであり、期待値は低いです。

 自動お掃除機能は、未付属です。

 201904082158.jpg

 空気清浄機能も、未付属です。

 ただ、この機種は、同社のマイナスイオン発生機能である「プラズマクラスター7000」を搭載します。

 風の当たる環境下では、付着臭の除去や静電気除去の性能が期待できます。ただし、直接風が当たらない場合は、効果はないでしょう。

 ネットワーク機能は、非対応です。

----

 以上、シャープH-DHシリーズの紹介でした。値段以外の部分はさほど見所がない機種です。

 201904082202.jpg

 シャープ自体は、上位機の場合、15Mの強風(微風でも11M)を発生させるエアロダイナミックフォルムを採用し、風量自慢の機種となっていきます。

 また、プラズマクラスターが内部除菌に使われるほか、同社のAI(ココロエア)が実装されるなどの進化を見せます。

 ただ、下位機種まで一部でもその技術は降りてきていないため、この機種はややオススメしにくい部分が多いです。


 201907131703.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 33・アイリスオーヤマ IRA-2203R
  ¥39,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.5〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW (0.7〜3.1)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【10畳向き】

 【2019年】

 34・アイリスオーヤマ IRA-2803R
  ¥45,451 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.7〜4.8)6〜 12畳
冷房能力:2.8kW (0.7〜3.4)8〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、アイリスオーヤマのエアコンです。

 ホームセンターではお馴染みの、格安が得意の家電メーカーですが、最近エアコンに新規参入しました。

 暖房能力は、6畳用が最大3.9kw、10畳用が最大4.8kwです。

 冷房能力は、6畳用が最大3.1kw、10畳用が最大4.8kwです。

 注目点としては、安い6畳用の冷房能力が割と強めな点です。

 201907131717.jpg

 おそらく、格安製品で最も不満血が高まるのは「涼しくならない!」という不満でしょうから、この点に配慮をしていると思われます。

 実際同社が発売している上位モデルは「冷房のパワー」を売りにしていますので、その傾向がスタンダード機にも多少出ていると思われ舞う。

 気流制御は、ただ、あまり工夫はないです。

 自動お掃除機能も、未付属です。

 空気清浄機能も、未付属です。

 ネットワーク機能は、非対応です。

----

 以上、アイリスオーヤマの IRA-2000シリーズの紹介でした。最も売れている6畳モデルは「冷房がやや強い」という点が魅力です。値段も発売当初価格としては安いので、賃貸用としても人気が出そうです。

 ただし、エアコン製造は委託で、自社製造していない点、大手と異なり、自社が運営する、長期安定的な訪問修理サービス網が確立していない点などは、考慮する必要があるでしょう。

次回に続く
最もお得で、おすすめのエアコンは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、エアコンについて書いてみました。

 記事はもう少し「続き」ます。

 201809180907.jpg

1・格安エアコンの比較
2・高性能エアコンの比較
3・おすすめのエアコンまとめ 【結論】

 次回の2回目記事こちら)では、各社の「ワングレード上」の機種のうち、Atlasが注目する機種をピックアップして紹介します。

1・冷房能力   ★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★
3・気流制御   ★★★★★
4・スマホ連携  ★★★★★
5・異常気象対応 ★★★★★  
6・総合評価   ★★★★★

 その上で、3回目の結論編こちら)で、ここまで紹介してきた全機種から、Atlasのおすすめといえる機種を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

ーーー

 もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 11:01 | 生活家電

比較2019’ 【暖かく安い!】小型エアコン43機の性能とおすすめ・選び方(6畳 8畳 10畳 12畳用)(2)

【今回レビューする内容】2019年 高性能エアコンの性能とおすすめ・選び方:10万円台の高性能モデルの比較

【紹介する製品型番】日立 白くまくん RAS-W22J-W RAS-W22J-W RAS-W22J-W パナソニック CS-EX229C-W CS-EX259C-W CS-EX289C-W 富士通ゼネラル AS-Z22J-W AS-Z25J-W AS-Z28J-W

今回のお題
最新の8畳〜12畳対応のエアコンのおすすめ機種はどれ? 

 ども、Atlasです。 

 今日は、エアコンの比較をしています。

 201809180907.jpg

1・エアコンの比較【格安モデル】
2・エアコンの比較
【高性能モデル】
3・おすすめのエアコンまとめ 【結論】

 前回の1回目記事こちら)では、各社の最安のスタンダードモデル(4万円〜10万円)を紹介しました(こちら)。

 今回の2回目記事は、各社の「最安製品より1グレード高い」10万円前後の製品を紹介します。

1・暖房/冷房能力
2・気流制御機能
3・自動お掃除機能
4・空気清浄機能
5・スマホ連携

 なお、前回の1回目記事では、上記5点に関する、エアコンの選び方の基本も紹介しました。

 そのため、検索エンジンからいらした方で、この部分に興味のある方は、1回目記事こちら)から順番にお読み頂ければと思います。

ーーー

 以下では、いつものように、各機種を比較したあと、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

3・高品質なエアコンの比較

 ここからは、具体的に各メーカーのエアコンを比較していきます。

 前編に続き、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記します。


 201809180928.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 35・パナソニック  CS-EX229C-W
  ¥79,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.4〜4.8)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜3.1)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 36・パナソニック  CS-EX259C-W  
  ¥106,730 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.4〜4.8)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 37・パナソニック CS-EX289C-W     
  ¥101,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.4〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 こちらは、パナソニックのEXシリーズです。

 いくつかある、同社の中位機のなかでは(下位機種とわかりやすい違いが多いので)「売れている機種」です。

 

 201805241606.jpg

 暖房能力は、6畳用が最大4.8w、8畳用が最大4.0w、12畳用が最大5.0wです。

 冷房能力は、6畳用が最大3.1w、8畳用が最大3.1w、12畳用が最大3.2wです。

 前半で見た10万円以下の同社の機種と比較して、冷房・暖房とも強力化しています。

 ただ、パナソニックのこの価格帯の中級機の場合、どちらかと言えば、暖房能力の高さが注目で、他社より能力が相当上です。

 一方、冷房については、下位機種とさほど変わらないので、どちらかと言えば、暖房中心に考えた場合良い選択肢となります。

 201904081906.jpg

 気流制御も、どちらかと言えば、暖房に力を入れます。

 冷房についても、フルワイドフラップを活かした天井シャワー気流を出せます。

 風力の点では他社機により強い機種はあります。

 暖房については、一方、足もとに約35℃温風を出せる、パワフルな吹き出しが可能です。

 p02_blo01_img03.jpg

 センサーは、明るさセンサーが搭載されます。

 ここも快適にかかわる部分ですが、どちらかと言えば、節電のために搭載しています。

 センサー部分で言えば、パナソニックは、室温センサーやひとセンサーのデータを含めて、AIが部屋の形状や利用法を「推理」し、効率よく運転する機能が付属します。

 センサー部分は、パナソニックが得意とする分野で、中級グレードのこの機種でも充実します。

 201904081911.jpg

 自動お掃除機能は、搭載になります。

 パナソニックの上位機は、ゴミ捨て不要で、ホース経由で屋外にホコリを自動排出する仕組みです。

 この場合、(忘れがちな)ゴミ捨ての手間もないため、とても便利です。

 一方、1日1回定期的に自動で掃除しますが、掃除中に(うるさいなどの理由で)勝手に止めると、ダクトが詰まっていくので注意しましょう。

 なお、排気ダクトは上図の様な専用品もありますが、「ホースの先にノズル」という簡単な設置も可能です。

 201904081915.jpg

 その上で、清潔面では、熱交換器のコーティングのほか、高温加熱乾燥と、同社のマイナスイオンであるナノイーXによる、トリプルの対策があります。

 10万円以下の機種では、ハイドロフィリック熱交換器を採用する富士通が「カビ対策」が強いと書きました。ただ、このグレードになると、パナソニックも徹底してきます。

 201904081918.jpg

 空気清浄機能は、搭載です。

 2年の消耗品となるフィルターが付属しますが、捕捉率において80%です。

 東芝のプラズマ空清は、90%ありますので、かなり弱いです。ただし、公平を期して言えば、20万円を超えてくる「最高級機」では、パナソニックも優れています。

 201904081425.jpg

 エオリア アプリ
  ¥0 iTunes Store

 エオリア アプリ
  ¥0 google Play

 ネットワーク機能は、この機種の「強み」です。

 EXシリーズより上位の機種は、2019年モデルからWi-Fiアダプタが内蔵となりました。

 エオリアアプリを利用すれば、スマホをリモコン化できるほか、外出先からのエアコン制御も対応します。ことこの用途に限っては、相当便利です。

---

 以上、パナソニックのEXシリーズの紹介でした。

 魅力は、「暖房の強さ」・「ネットワーク対応」・「清潔性能(カビ対策)」の部分です。

 10万円以上の製品は各社とも差を付けてきますが、とくに「ネットアダプターを内蔵」とした点は、IOTの部分で一歩先を行ったと思います。


  201809180932.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22J-W    
   ¥161,100 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

 【2018年】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22H-W   
   ¥102,055 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.6〜5.5)6〜 7畳
冷房能力:2.5kW (0.6〜3.4)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25J-W   
   ¥172,960 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25H-W   
   ¥110,472 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.6〜5.5)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.6〜3.5)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 40・富士通ゼネラル AS-Z28J-W   
   ¥163,250 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

 【2018年】

 40・富士通ゼネラル AS-Z28H-W    
   ¥154,433 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.6〜7.1)8〜 12畳
冷房能力:2.5kW (0.6〜4.1)8〜 10畳
コンセント形状:100V 20A

 Zシリーズは、富士通ゼネラル「ノクリア」の高級ラインのエアコンです。

 新旧ありますが、以下で説明するような基本機能は同じです。

 201904081942.jpg

 暖房能力冷房能力は、例えば、6畳用でも、最大5.5kw最大3.4kwです。

 今回紹介した機種では、どのサイズについても、「最強」です。

 とくに、冷房能力には、見るべきものがあるため、とにかく「冷房重視」の小型エアコンを探している場合は、「富士通の指名買い」でも良いでしょう。

 201904081929.jpg

 ただし、10-12畳用だけは、コンセントが100V・20Aで、特別なエアコン用のコンセントが必要です。その点は注意してください。


 201904081944.jpg

 なお、同じ適応畳数(能力)で、暖房と冷房が(他機より)強いというのは、それだけ、冷暖房の効率が良く、省エネという意味になります。したがって、この機種は、100%を超える省エネ達成率となります。

 とはいえ、達成率100%の機種と比較して、年間4000円前後の光熱費の差なので、本体価格の差を逆転するには、だいぶ時間がかかります。

 201805241858.jpg

 気流制御は、富士通の場合、カメラセンサーなど利用する方式です。

 後ほど紹介する、日立の「くらしカメラ」と同じで、カメラを利用する人感センサーや、日射センサーで、人の位置を把握した送風が可能です。

 201904081955.jpg

 その上で、下位機種に引き続き、強力ファンと独立ルーパーによって、風の届く範囲も相当広いため、形状が複雑な部屋や、縦長の部屋などへの対応力は、パナソニック以上に良いです。

 この部分は、全く問題ありません。

 201904081948.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。

 富士通は、エアコン掃除機の「元祖」ですが、(その分、メンテ性などの弱点も知っているのでしょうし)、数年間、最上位機に搭載をやめていました。

 しかし、ユーザーレベルでこの機能に対する「信者」が多いためか、復活させています。パナソニックのような排出機構も、東芝のような掃除機対応などもなく、進化もイマイチです。

 正直「不要」で、そのぶん安くすればと、思うのですが仕方ないでしょう。

 201904081959.jpg

 清潔性については、熱交換器に防かびコーティングをした上で、他社機のように、霜を利用し水で洗い流す機能を持ちます。そして、その上で、利用後に熱交換器を加熱してカビを防ぐ機能が付属します。

 冷房利用時のカビ対策としては「無双」ですが、加熱除菌は運転停止ご50分ほど稼働します。

 Atlasも以前、搭載機を利用していましたが、稼働音がするほか、途中で暑くなるので、夏場の寝室などでの利用には向きません。リビング用ならば、問題なく、便利です。


201904081951.jpg

 空気清浄機能は、搭載です。

 東芝機と同じで、電気を使って、花粉などを帯電させてフィルターに吸着させる、上位のプラズマ空清を利用します。

 この方式は、エアコンのように大きなフィルタを入れるスペースがない場合に便利で、捕捉率も92%とパナソニックに比べて10%以上高いです。

 201904081648.jpg

 ネットワーク機能は、富士通も搭載します。

 ただし、同社の下位機種と同じで、アダプタ(OP-J03A)が別売です。この部分は、パナソニックに遅れを取っています。

---

 以上、富士通ゼネラルのZシリーズの紹介でした。

 ポイントは、サイズに比して「冷房が強力」「風が強い」点です。6畳・8畳用ではとくに、部屋が最も早く冷える機種だと言えます。

 また、冷やすまでの時間が短いので、密閉性の高い住宅であるほど、省エネ効果が高いです。

 一方、本体価格が高めな点と、ネットワーク対応の部分は残念です。


 201805242040.jpg

 【6畳向き】

 【2018年】

 41・日立 白くまくん RAS-W22J-W
  ¥116,606 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.24.1)6〜 7畳
冷房能力:2.2kW (0.32.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 42・日立 白くまくん RAS-W25J-W
  ¥134,770 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.24.6)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.33.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 43・日立 白くまくん RAS-W28J-W
  ¥110,606 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 43・日立 白くまくん RAS-W28H-W
  ¥105,774 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.24.7)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.33.3)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

 Wシリーズは、日立の「白くまくん」シリーズの上級機です。

 201904081615.jpg

 暖房能力は、6畳用が最大4.1w、10-12畳用が最大4.7wです。

 冷房能力は、6畳用が最大2.8w、10-12畳用が最大3.3wです。

 同価格帯の他機と比較するとわかりますが、高級機としてはいずれも振るわないスペックです。

 一方で、最小運転時の出力は、0.2wからと他社よりもパワーをセーブした運転ができるため、気密性の高い住宅の場合、光熱費の面ではメリットがありそうです。

 一方、「大風量」という面では、富士通やパナソニックのような特別な能力はないです。

 気流制御も、他社に比べて、目立った機能はないです。

 201904082036.jpg

 省エネ性は、「くらしカメラ」を搭載します。

 これにより、位置や人数に応じて運転強度を自動で制御できます。

 ただし、カメラなので検知範囲がありますし、部屋が暗い際はとくに無力です。

 201805241832.jpg

 自動お掃除機能は、この機種も搭載になります。

 ただし、ダストボックス式で、とくに、工夫はないです。

 201805241828.jpg

 清潔性は、しかし、見所が多いです。

 なぜなら、日立は単に掃除をするだけでなく、熱交換器をいったん凍結させ霜を発生させ、それを急速に溶かすことでの汚れを一気に洗い流すという「凍結洗浄」という技術を採用するからです。

 凍結のデモンストレーションを見たことがありますが、本当に霜が発生していました。

 一方、凍結して洗浄なので、稼働音がしますが、「くらしカメラ」を利用して、人がいないときに、先述の「凍結洗浄」が運転できるのは良い工夫です。

 ただ、窓を開けるなど、利用中に部屋の温度が急激に変化すると、液状化して水滴が落ちる可能性があるなど、注意点も割とあります。

 201904082030.jpg

 一方、カビ対策については、通風路をステンレスにしたステンレス・クリーン システムは評価に値します。

 その上で、2019年モデルからは、熱交換器の残り熱を利用して、利用後に「熱でカビを抑制」するヒートアタックも機能として加わりました。

 日立は「熱の再利用」の上手なメーカーですから、今回もその技術を活かしたと思います。

 一方、仕組みは違うものの、利用により、室温が上がるのは、富士通と同じなので、弱点がないわけでもありませんが、富士通ほど長時間は加熱しないです。

 空気清浄機能は、未搭載です。

 ネットワーク機能は、日立もオプションです。

 自分で取り付ける仕様ではないです。

---

 以上、日立の「白くまくん」Wシリーズの紹介でした。

 富士通とは異なる方向性で、清潔性が高いのが最大の魅力です。凍結洗浄は、問題点もありますが、送風経路がステンレスであることをふまえて、カビ対策を重視する場合、、間違いない選択肢でしょう。

 一方、エアコンとしての基礎能力といえる、出力の部分では、他社機より劣るため、「パワフルさ」だけを考えた場合、有効な選択肢とはならないでしょう。

次回に続く
最もお得で、おすすめのエアコンは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、高性能エアコンについて書いてみました。

 記事はもう少し「続き」ます。

 201809180907.jpg

1・格安エアコンの比較
2・高性能エアコンの比較
3・おすすめのエアコンまとめ 【結論】

 次回の3回目の結論編こちら)では、ここまで紹介してきた全機種から、Atlasのおすすめといえる機種を提案していきます。

 引き続きよろしくお願いします。

 結論編は→こちら

ーーー

 もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 11:00 | 生活家電

比較2019’ 【暖かく安い!】小型エアコン43機の性能とおすすめ・選び方(6畳 8畳 10畳 12畳用)(3)

今回の結論
小型エアコンで、最もお得で、おすすめの機種はこれ!

 ども!Atlasです。 

 今回は、エアコンを比較しています。

1・エアコン(6畳)の比較記事
2・エアコン(8畳〜)の比較記事

 前回までの2回の記事では、小部屋用からリビング用の中型まで、多くのエアコンを紹介してきました。

 それをふまえて、今回の「結論編」では、サイズ別に、Atlasのおすすめ機種を数機種選定していきます。


 第1に、冷房用として、夏に向けてもっとも向いていると言える格安エアコンは、

  201809180914.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】【基本設置工事セット】

 7・ダイキン Eシリーズ S22WTES-W
  ¥62,770 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 7・ダイキン Eシリーズ S22VTES-W
  ¥46,138 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.2kW (0.7〜3.9)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW (0.6〜2.8)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】【基本設置工事セット】

 8・ダイキン Eシリーズ S25WTES-W
  ¥75,000 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】
 
 8・ダイキン Eシリーズ S25VTES-W
   ¥55,700 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.9〜4.3)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.9〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 9・ダイキン Eシリーズ S28WTES-W
  ¥61,439 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 9・ダイキン Eシリーズ S28WTES-W
  ¥80,400 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】
 
 9・ダイキン Eシリーズ S28VTES-W
   ¥61,600 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.9〜4.8)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.9〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

1・冷房能力   ★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★
3・気流制御   ★★★★☆
4・スマホ連携  ★★★☆☆
5・異常気象対応 ★★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 ダイキンの Sシリーズがおすすめです。人気機種で在庫も多めのため、価格的にかなりメリット性があります。

 能力は変わらないので、セールなどの際は、旧型でも良いと思います。

 201904081525.jpg

 暖房能力冷房能力も、標準以上のスペックがあります。

 その上で、自社開発の新型触媒と独自のコンプレッサー制御技術を採用しているため、マイナス15度以上の厳寒状況や、40度以上の酷暑に対応できるため、最近の気候変動には「最も強い」です。

 とくに、室外機の場所が「酷暑状態」でも、比較的安定する点は、デンキヤでの評価も高いです。

 201702271036.jpg 

 暖房の立ち上がりも速いため、(ストーブなど暖房器具が不要なレベルの地域で)暖まりが良いのが魅力です。


 第2に、冷房・暖房の総合的なパワーを主眼に置いた場合、オススメと言えるのは、

 201809180919.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 17・富士通ゼネラル AS-C22J-W    
  ¥49,053 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 17・富士通ゼネラル AS-C22J-W   
  ¥65,200
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 17・富士通ゼネラル AS-C22H-W   
  ¥45,800
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 17・富士通ゼネラル AS-C22H-W   
  ¥58,960
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.8〜4.1)6〜 7畳
冷房能力:2.5kW (0.8〜3.0)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 18・富士通ゼネラル AS-C25J-W  
  ¥59,638
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 18・富士通ゼネラル AS-C25J-W  
  ¥76,000
Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 18・富士通ゼネラル AS-C25H-W
  
¥53,860 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 18・富士通ゼネラル AS-C25H-W
  
¥67,120 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.8〜4.4)6〜 8畳
冷房能力:2.5kW (0.8〜3.1)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 19・富士通ゼネラル AS-C28J-W   
  ¥63,733 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 19・富士通ゼネラル AS-C28J-W   
  ¥86,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 19・富士通ゼネラル AS-C28H-W
   
¥61,000 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 19・富士通ゼネラル AS-C28H-W
   
¥76,280 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:3.6kW (0.8〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.8〜3.4)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

1・冷房能力   ★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★★
3・気流制御   ★★★★★
4・スマホ連携  ★★★☆☆
5・異常気象対応 ★★★★☆  
6・総合評価   ★★★★★

 富士通ゼネラルCシリーズでしょう。

 能力は変わらないので、旧型で良いと思います。

 201606051301.jpg

 冷房も強いですが、暖房能力が特に優秀です。

 この機種は、風力が特に強い機種であるため、体感的な涼や暖が得やすい点で、ダイキンより、キッチリ作動している感じがあります。

 一方、酷暑や酷寒などの状況でも、直射日光や、相当風通しの悪い場所に室外機を置かないかぎり、この機種でも問題ないですが、そういった日の稼働を心配するならば、ダイキンが良いでしょう。


 第3に、外出先からのエアコン制御できる上位機として、おすすめなのは、

 201809180928.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 35・パナソニック  CS-EX229C-W
  ¥79,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 35・パナソニック  CS-EX229C-W
  ¥93,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.4〜4.8)5〜 6畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜3.1)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 36・パナソニック  CS-EX259C-W  
  ¥106,730 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 36・パナソニック  CS-EX259C-W  
  
¥104,700 楽天市場 (10/12執筆時)

暖房能力:2.5kW (0.4〜4.8)6〜 8畳
冷房能力:2.2kW (0.5〜3.2)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 37・パナソニック CS-EX289C-W     
  ¥101,800 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 37・パナソニック CS-EX289C-W   
  
¥113,800 楽天市場 (10/12執筆時)

暖房能力:2.8kW (0.4〜5.0)8〜 10畳
冷房能力:2.8kW (0.5〜3.2)8〜 12畳
コンセント形状:100V 15A

1・冷房能力   ★★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★★
3・気流制御   ★★★★★
4・スマホ連携  ★★★★★★
5・異常気象対応 ★★★★☆  
6・総合評価   ★★★★★★

 こちらは、パナソニックのEXシリーズです。

  201904081425.jpg

 エオリア アプリ
  ¥0 iTunes Store

 エオリア アプリ
  ¥0 google Play

 他社にも対応機はありますが、別売のパーツを買わずに、「機能」としてフォローしている機種で、最も安いのはこの機種です。

 暖房能力冷房能力とも、パナソニックの下位機種とは明確に出力上の差がありますので、同サイズの買換の場合も満足できるでしょう。

 201904081911.jpg

 自動お掃除機能は、Atlas的には「不要」という考えです。

 ただ、室外に排出するパナソニックの仕組みは、合理性・利便性があり、搭載機の中では最も評価できます。

 パナソニックらしく、センサー運転も得意です。

 10万円台前半の中級機ととしては、最も性のグアまとまっていると思います。


 第3に、サイズ感に比して、とにかく「パワフル」な機種として、おすすめなのは、

 201809180932.jpg

 【6畳向き】

 【2019年】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22J-W    
   ¥161,160 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22J-W    
   ¥172,200 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

 【2018年】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22H-W   
   ¥102,055 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 38・富士通ゼネラル AS-Z22H-W    
   ¥159,000 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜5.5)6〜 7畳
冷房能力:2.5W (0.6〜3.4)6〜 9畳
コンセント形状:100V 15A

 【8畳向き】

 【2019年】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25J-W   
   ¥172,960 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25J-W   
   ¥166,500 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25H-W   
   ¥110,472 Amazon.co.jp(10/12執筆時)

 【2018年】【基本設置工事セット】

 39・富士通ゼネラル AS-Z25H-W   
   ¥183,000 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜5.5)6〜 8畳
冷房能力:2.5W (0.6〜3.5)7〜 10畳
コンセント形状:100V 15A

 【10-12畳向き】

 【2019年】

 40・富士通ゼネラル AS-Z28J-W   
   ¥163,250 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2019年】【基本設置工事セット】

 40・富士通ゼネラル AS-Z28J-W   
   ¥172,200 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 【2018年】

 40・富士通ゼネラル AS-Z28H-W    
   ¥154,433 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

暖房能力:2.8W (0.6〜7.1)8〜 12畳
冷房能力:2.5W (0.6〜4.1)8〜 10畳
コンセント形状:100V 20A

1・冷房能力   ★★★★★★★
2・暖房能力   ★★★★★★★
3・気流制御   ★★★★★
4・スマホ連携  ★★★☆☆
5・異常気象対応 ★★★★☆  
6・総合評価   ★★★★★★

 富士通ゼネラル「ノクリア」Zシリーズでしょう。

 201904081942.jpg

 暖房能力冷房能力はともに、同一の適応畳数(能力)を持つ他機に対して大きな優位があります。

 201904081955.jpg

 その上で、強力ファンと独立ルーパーによって、風の届く範囲が相当広いため、能力と体感をあわせて、一番パワフルと言えるのは、10万円台半ばまでではこちらでしょう。

 発売されたばかりで新機種は高いですが、そのうち、値段は落ち着きます。また、旧機種も能力が同等ですから、そちらを選んでも良いでしょう。

 一方、パナソニックと異なり、ネットワークがオプションであるのは、この機種のネックです。

補足:エアコンのお得な購入方法

 最後に、エアコンをどこで買うべきなのか?について、Atlasの見解を書いておきます。

 201809180940.jpg

 第1に、大型電器店です。

 最も一般的な方法であり、ビックカメラをはじめどこでも取扱いがあります。

 メリットは、在庫があれば、取付を早くやってくれる点です。

 酷暑の際に壊れた場合など、、エアコン故障などの急いでいる場合は便利です。もちろん、問題があった場合に、頼れる安心感もあります。

 デメリットは、やや価格が高めな点です。

 デンキヤの場合「設置料無料」の製品も多いです。しかし、総じて8万円以下の格安エアコンは、別に設置料10,800円が取られます。

 高額エアコンで「設置料無料」の商品についても、実際的には設置料が含まれているので同じです。

 201805241810.jpg

 第2に、ネットでのセット販売です。

 アマゾンの場合、最近は、ネット通販会社のA-priceが、このような【基本工事費込みの格安エアコンのセット販売】をはじめたようです。

 楽天市場の場合は、楽天リフォーム対応業者が出品しているため【エアコン工事費】と入力した上で、型番を入れれば、お目当ての機種が見つかるでしょう。

 デメリットもあります。それは「即日設置」などができないことです。

 取付工事は、各地の委託の協力業者が来ますが、デンキヤで買った場合もそれは同じです。

 201809180942.jpg

 第3に、ネットでの単品販売です。

 確実に「最安」なのは、アマゾン楽天市場の単品出品業者から買う方法です。

 工事については、「一工夫」必要です。

 ただ、例えば、全国のエアコン工事に対応している「棟梁com」があり、エアコン標準取付サービスの金額(14,000円)でやってくれます。

 結構前からのサービスで、ネットで予約できますし、設置後1年保証が付く部分も安心です。エアコンの取り外しリサイクルも別料金ですがやってくれます。

 201809180945.jpg

 なお、大手デンキヤの場合、ネットで販売されている同じ製品でも、型番が違うエアコンがあります

 独自の便利仕様が追加させる場合もありますが、基本的には、「アマゾンではこんなに安かった」という事実を指摘し、店頭で値引き交渉をすることへの対策です。

 特に、地方ではさらに2割くらいは高い上に、在庫確保まで数週間待たされることがざらです。

 結論的にいえば、すぐに設置する必要がない場合は、ネットでエアコンを買うことも視野に入れると良い、ということになります。

ーーー

 201808131902.jpg

 なお、Amazonの場合、「Amazonギフト券チャージタイプ 」の販売があります。

 銀行経由でプリペイドしておけば、年間ライセンスならば、実質で最大2%引で購入可能です。クレジットカードのポイント割を除けば、この方法での購入が一番安い価格だと思います。

 ギフトカードは、Amazonの別の買い物でも利用でき、有効期限は10年です。検討しても良いでしょう。詳しくは【こちら】に解説があります。

補足2:効果的な風の循環

 つづいておまけ「その2」です。


 

 もし、エアコンの節電を考えているならば、別に小型の送風機を購入するのも手です。 

 201505191031.jpg

 冷房・暖房時に空気を循環させることで、エアコン単独運転に比べて電気代が最大で40%ほど(年間5000円ほど)節電になります。

 ご興味にある方は、【サーキュレーターの比較記事】で紹介しましたので、ご覧ください。実際、エアコンを買い換えるよりも効果的な場合があります。

3・エアコンの外出先からの操作

 最後におまけ「その3」です。


 201904081425.jpg

 現状で「外出先からのエアコン制御」をしたい場合、業者に購入時にLANアダプタを付けて貰うか、エオリアのEXシリーズのようにWi-Fiを内蔵しているエアコンを選ぶ必要があります。

 これらの製品は、10万円を超える予算が必要で、手軽に導入できないのは、大きな問題点です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥5,950 Amazon.co.jp (10/12執筆時)

 そうした場合ですが、エアコンを制御できる「新型スマート学習リモコン」を導入する方法があります。

   201711191420.jpg

 これは、本来的には、家庭内で赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための家電です。

  201809191538.jpg

 しかし、一部の機種は、外出先からネット経由でエアコンの操作を可能にしています。

 これを利用する場合、(純正アプリほど便利ではないにせよ)、帰宅前にエアコンを付けておく、などは可能です。

 

 また、こうした、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなどと連動できます。そのため、「エアコンを付けて!」「25度に設定」などの音声入力でエアコンの操作することも可能です。

1・スマート学習リモコンの比較
2・Amazon Echoの比較
3・各社のスマートスピーカーの比較

 こうした、家電のIOT化に興味のある方は、このブログの上記の関連記事をぜひご覧ください。

ーーー

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

 (全3回の続き記事なので、1回目記事をご紹介頂けるといっそう嬉しいです)

 ではでは。

posted by Atlas at 10:59 | 生活家電

2019年09月30日

比較2019'【強力】軽量コードレスアイロン24機の性能/おすすめ:パナソニック・東芝・ティファール(iron-1)

【今回レビューする内容】2019年 軽量なコードレススチームアイロンの性能とおすすめ・選び方:軽いアイロンの選び方や口コミ情報など違いとランキング

【比較する製品型番】Panasonic スチームアイロン NI-WL405 NI-WL505 NI-WL605 NI-WL705 東芝 La・coo TA-FV440 TA-FVX540 TA-FVX640 TA-FLW910 TA-FLW800フリームーブパワー9980 FV9980J0 9985 FV9985J0 フリームーブミニ 5020 FV5020J0 5050 FV5040J0 5060 FV5060J0

今回のお題
スチームが強く軽量なコードレスアイロンのおすすめはどの製品?

 どもAtlasです。

 今回は、2019年9月現在、最新のアイロンの比較です。

 201809101115.jpg

 「軽量性重視!」のコードレスアイロンと、「パワー重視!」のコードレスアイロン双方を取りあげます。

 もちろん、双方のバランスが取れた「万能機」も取りあげる予定です。

1・軽さ    ★★★★☆
2・スチーム力 ★★★★★
3・滑りやすさ ★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を丁寧に比較します。

 その後、最後に「結論」として、上表の5つのポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

ーーー

1・コードレスアイロンの比較記事
2・コード付きアイロンの比較記事
3・衣類スチーマーの比較記事
4・ズボンプレッサーの比較記事
5・4000円以下のアイロンの比較記事

 なお、今回の記事は、家庭用アイロン関連製品の比較記事の1回目記事として書きました。

1・ アイロンの選び方の基本

 201809101348.jpg

 家庭用のアイロンで「性能が期待できるアイロン!」をお探しの場合、「この点を押さえておけば後悔しない」と言えるポイントは、次の4点です。

1・アイロンの軽さ
2・スチームの強さ
3・かけ面の滑りやすさ
4・持ちやすさ

 重要な部分ですので、具体的な製品紹介に入る前に、簡単に解説しておきます。 

1・アイロンの軽さ

 201809101117.jpg

 第1に、アイロンの軽さです。

 軽量なアイロンは、基本的にコードレスで、小回りが効きやすく、エリやボタン部分などの、ポイントがけもしやすいです。

 201809101135.jpg

 その点で言えば、「座りながらアイロンをかける」方は、軽さを重視して選ぶのがよいでしょう。

 201805150821.jpg

 得意なメーカーは、日本のパナソニック東芝です。日本市場では特に人気があるため、パナソニックと東芝は、軽量タイプのみ生産しています。

 軽量アイロンの欠点は、「スチーム力」と「かけ面の広さ」が犠牲になる点です。つまり、アイロンがけに時間がかかる点が欠点と言えるでしょう。

 結論的にいえば、座り掛けを基本として、ボタン周りなどの細かい部分まで気を使いたい方は、「軽量性を重視した、パナソニック東芝の製品が合うでしょう。

2・スチームの強力さ

 201809101118.jpg

 第2に、スチームの強力さです。

 スチーム力が強力なアイロンは、以前はコードつきアイロンだけでした。

 しかし、最近は、コードレスでも強力な機種が出ています。

 201809101119.jpg

 家庭用のアイロンは、全社とも滴下式という圧力を加えない方式を用いています。ただ、上位機は、かけ面の下の孔の数が多く、厚い衣類まで深くスチームが浸透します。

 シワのより安い洗濯乾燥機による乾燥には「強い味方」で、このタイプは、同時に「かけ面が広い」ため、アイロン掛けも短時間で終わります。

 201805150819.jpg

 得意なメーカーは、フランスのT-Falです。

 同社のアイロンは、国内他社より5倍以上のスチーム噴射が可能で、この点で固定ファンが多いです。

 強力スチームアイロンの欠点は、「本体の重さ」と「ポイントがけのしにくさ」です。

 201809101134.jpg

 ただ、立体的な人体アイロン台を利用して「立ち掛け」する場合方は、「アイロンの重さを利用してプレスをしていく」ため、重さはさして欠点になりません。

 −

 結論的にいえば、「立ち掛け」を基本として、一度にかなりの量をさばく方は、スチームと本体の重さを利用しながら強力にシワを伸ばせるT-Falのアイロンが合うでしょう。

 東芝パナソニックも、上位機はスチーム力がやや強めですが、それでもT-Falの下位機にも及ばない水準ですから。

3・かけ面のグレード

 201809101121.jpg

 第3に、かけ面のグレードです。

 かけ面とそのコーティングは、、アイロンのなかでも部品代がかかる部分です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 そのため、各社とも、上位機と下位機で、グレード差を付けています。

 上位のグレードになるほど、アイロンが滑るように動くため、一般的にかけやすさが高まります。とくに最上位機は、各社とも工夫を凝らします。

 201809101349.jpg

 例えば、T-Falは、パラジウムにより、スチーム孔のメンテが不要になるT-Falの「オートクリーン」かけ面を採用します。

 パナソニック・東芝も、それぞれニッケルメッキとボロン素材を採用し、滑りやすさと操作性を向上させています。

 −

 結論的にいえば、「今持っているアイロンよりも高品質」で、明らかに違いが分かるアイロンを選びたい場合、少なくとも、上表の「2位以上」のアイロンを優先して選ぶとよいでしょう。

4・アイロンの持ちやすさ

 201712181022.jpg

 第4に、アイロンの持ちやすさです。

 パナソニックは、左図のようにアーチ型を採用します。

 これは、衣服を安定的にプレスできるよう、力が均一に衣服に伝わることを重視した構造です。

 東芝は、右図のようにレバー型を採用します。

 これは、アイロンベースに戻す際などの取り回しやすさを重視した構造です。

 201809101244.jpg

 T-Falは、コードレス式では、取り回しやすいレバー式を採用します。

 結論的にいえば、「しっかりきれいにアイロン掛け」をしたい場合アーチ型、使い勝手を重視する場合はレバー式が良いでしょう。

 ただ、ここまで見てきた他の要素よりも、両者の差は「わずか」なので、過度に気にしなくても良い部分です。

−−

 以上、アイロンを選ぶ際の「基本」について書いてきました。  

 201805150821.jpg

パナソニックと東芝
 ・かけ面が狭いが、細かい部分がかけやすい
 ・スチームが若干弱い
 ・アイロン本体が
軽い。体重をのせてプレス

  201805150819.jpg

ティファール
 ・かけ面が広く、アイロンがけが速い
 ・スチームのパワーが強力
 ・本体が
重い。本体の重みを利用しプレス。

 改めて、選び方のポイントを「メーカー別」にまとめなおせ、上表のようになります。

ーー

 もちろん、各社の製品とも「例外」はありますので、以下の記事では、そうした点もふまえつつ、1機種ずつ詳しく調査を加えていきます。

2・パナソニックのアイロンの比較

 180515-0002-16%.png

 はじめに、パナソニックコードレスアイロンを紹介します。

 同社の製品は、数機種あります。個別の機種の紹介に入る前に共通の特長について書いておきます。

 なお、以下では、オススメできるポイントについては赤字で、イマイチな部分については、青字で書いていきます。


  201506271020.jpg

 第1に、その小型・軽量性です。

 後ほど紹介するように、ティファールは、コードレスモデルだと重さが1.35キロほどあります。

 パナソニックの場合、本体の重さが約1キロです。その分、一度にかけられる面積は狭いものの、圧倒的な軽量性は、力のない女性に人気です。

 なお、本体が軽量なので、アイロンは、体重を上手に乗せながらかけていく方式です。

 bjdf6gaf-42.png

 第2に、どら焼き型のかけ面構造を持つことです。

 前方のみにかけるのではなく、前後左右に動かしながらかけられる点でメリット性があります。

 下手に動かしても、シワが付きにくいというメリット性があり、初心者向きでもありますね。

 bjdf6gaf-43.png  

 第3に、スチーム噴射の均一性です。

 パナソニックは、スチーム孔から噴出するスチームの噴霧範囲が広く、均一になっています。

 後ほど紹介するティファール社のアイロンに比べると、最大のスチーム力が1/5ほどと敵いません。しかし、孔の形状や配置を工夫することで、少ない蒸気を効率的に服に噴霧する構造になっています。

 また、上位機種は、かけ面が「低温」でもスチームを噴出できる「低温スチーム」に対応します。

 T-falは、圧力式でハイパワーであるため、全機種、低温スチームは不可能ですので、パナソニックのメリット性と言えるでしょう。

 201509250756.jpg

 第4に、その「スリムヘッド構造」です。

 アイロンの先端面を丸く加工することで、アイロンが生地に引っかかりにくくなっています。これは小さなことですが、ポケットやエリなどの段差がある服にアイロン掛けする際に格段に快適です。

 なお、どの機種もスーツなどへのスチームショットは可能です。ただし、スチームのパワーについて言えば、ティファール社の方が強力です。

ーーー

 さて、全機種共通の特長を紹介しました。ここからは機種別に格安モデルからハイエンドモデルまで比較していきたいと思います。


  201909300632.jpg

 【2019】

  1・Panasonic スチームアイロン NI-WL405-P
  2・Panasonic スチームアイロン NI-WL405-W
   ¥6,573 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

かけ面 :シルバーチタン
コード :コードレス
注水量 :120ミリリットル
ジェットスチーム:9.5g/分
かけ面サイズ:10×22.0cm
重さ :1kg

 NI-WL405は、パナソニックの入門機です。

 以前は、「カルル」という愛称がありましたが、最近は使っていないようです。

 201812221446.jpg

 かけ面のサイズは、22×10cmです。

 先述のように、パナソニックのアイロンは、小ぶりで、細かい部分で、操作しやすいアイロンです。

 本体の重さも、1キロと軽量です。

 そのため、重いアイロンが苦手な人でも快適にかけられると思います。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、パナソニックでは、4位のグレードであるシルバーチタンコートです。

 同価格帯のティファール製品は特殊セラミックかけ面を使っているのに比べて、やや弱い感じです。

 したがって、かけ面のすべりやさの部分では、あまり期待できないでしょう。

 201809101150.jpg

 スチームのパワーは、9.5g/分というスペックです。

 同社の上位機種と比較してこの点ではかなり弱い機種です。

 ハンガーショットによりシワ伸ばしなどはあまり期待できません

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

 ただ、スチームについては、注意が必要です。というのも、この機種は、アイロンが高温・中温のみでスチームが利用でき、低温では使用できないからです。

 また、設定温度を効果的にキープするためのマイコン温度設定機能を持ちません。このあたりが弱点でしょう。

 201812221450.jpg

 充電は、台座において行います。一回のフル充電で180秒のアイロン掛けが可能です。この時間は、上位機種でも、この最安モデルでも変わりません。

---

 以上、パナソニックのNI-WL405の紹介でした。

 この機種はかけ面の「どら焼き型構造」などの基本的特徴を除けば、上位機種に較べて、能力が高いとは言えない機種です。あまり購買意欲はわきませんね。


 201909300638.jpg

 【2019】

 3・Panasonic スチームアイロン NI-WL505-H
 4・Panasonic スチームアイロン NI-WL505-P  
   ¥8,696 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :ハードチタン
コード :コードレス
注水量 :160ミリリットル
ジェットスチーム:13g/分
かけ面サイズ:10×22.0cm
重さ :1.1kg

 NI-WL504は、パナソニックの中級グレードのコードレスアイロンです。

 かけ面のサイズは、22×10cmで下位機種と同じです。

 本体の重さは、その一方で、機能強化で100gだけ重量を増しています。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、パナソニックではランキング第3位ハードチタンコートです。

 セラミックコートではないものの、下位機種に較べて上位のコーティングであり、滑りやすさが向上しています。

 201812221452.jpg

 スチームのパワーも、13.5g/分とです。

 下位機種よりも50%近く強力です。また、この機種から、アイロンの温度が低温でもスチームが利用可能です。

 また、これ以降の上位機はスチーム量も2段階で調整が可能です。

 機能面でも、この機種からは温度センサーが搭載されます。

 そのため、設定温度に近くなるように細かくセンサーでマイコン制御する機能を持ちます。

 安全性能も、このグレードから、消し忘れを防止するための「うっかりストッパー」が付きます。

 bjdf6gaf-58.png

 操作部も、下位機種より工夫があります。

 アナログのスイッチ式ではなく、NI-WL503からは、ボタンスイッチになっています。実用は変わりませんが、デザイン性はこちらのほうが良いと思います。

 201909300638.jpg

 その上で、このグレードから、握りの部分に、指かけグリップがある点も、下位機種と異なると言えます。

---

 以上、パナソニックのNI-WL505の紹介でした。

 下位機種に較べて、かけ面のグレードがあがり、すべりが向上している点が魅力です。スチームのパワーも、実用的といえるレベルに向上していますし、

 安全面も優れます。1万円以下の予算で、小型・軽量機種を選ぶならば、とてもよい選択肢の1つだと思います。


 201909300641.jpg

 【2019】

 5・Panasonic スチームアイロン NI-WL605-P
 6・Panasonic スチームアイロン NI-WL605-S   
   ¥11,908 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :セラミックコート
コード :コードレス
注水量 :160ミリリットル
ジェットスチーム:13g/分
かけ面サイズ:10×22.0
重さ :1.1kg

 NI-WL605は、パナソニックの「コードレススチームWヘッドアイロン」の上位機です。

 ただ、かけ面のサイズ重さは、下位機種と同様です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、第2位セラミックコートを採用します。

 メーカーが異なりますが、ティファールと同じ素材です。

 一般的に、チタン含有系のコーティングより高度ですから、滑りはより良いでしょう。

 bjdf6gaf-60.png

 スチームのパワーも、13.5g/分と下位機種と同じです。

 ただ、タンクの容量が多少大きく、また、霧吹き代わりに使える、スプレー機能が付属します。

 機能面では、下位機種の持つ全ての機能に加えて、アイロンの孔のカルキでの目詰まりを防止する加工が施されています。

 ただし、ティファールの「オートクリーン」のようにかけ面全体に有効な機能ではなく、薬剤によるものです。ただ、カルキ対策に効果的でしょう。

---

 以上、カルルNI-WL605の紹介でした。

 注目するべきは、セラミックかけ面の採用と、カルキ対策でしょう。

 とくにかけ面は、セラミックが採用されるモデルは、非セラミックモデルに比べて滑りやすさが実感できるます。小型で滑りやすいモデルを探している場合は、このグレード以上のものが良いでしょう。


 201909300650.jpg

 【2019】

 7・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-N
 8・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-P
 9・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-PN
   ¥13,699 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :ミラーマジ軽
コード :コードレス
注水量 :160ミリリットル
ジェットスチーム:13g/分
かけ面サイズ:10×22.0
重さ :1.1kg

 11番目に紹介するのは、パナソニックの最上位機種のNI-WL705です。

 シルバーとピンクの二色展開です。下位機種とデザインは同じですが、使用されているプラスチックの材質などが異なります。

 このモデルはかなり高級感を感じるデザインです。

 一方、かけ面のサイズ重さスチームのパワーといった部分が、下位機種と同様です。

 201812221456.jpg

 かけ面のグレードは、唯一の機能上の相違点で、最高性能第1位のかけ面であるミラーマジ軽ベースが採用されます。

 こちらはステンレス地にニッケルメッキしたかけ面で、通常のセラミックかけ面よりも滑りやすくなっています。汚れ耐性も強く、スプレー糊などの汚れも付きにくく、お手入れ面でもメリット性があります。

 その他、全温度スチームマイコン温度制御水漏れ防止うっかりストッパーなど、下位機種が持つ性能は全て持ちます。

3・東芝のラクーの比較

 180515-0003-16%.png

 ここからは、具体的に東芝のアイロンを機種ごとに紹介します。

 シリーズ名は「ラクー」です。東芝の白物家電のシリーズ名は「ザブーン(洗濯機)」など長音を入れますね。

 201309041942.jpg

 東芝は、軽量である点はパナソニックと同じです。

 後部に傾斜があるため、一方向では無く前後左右にアイロンを動かしても、アイロンじわができにくい構造になっています。

 従来のアイロンは、後ろに動かした際シワができやすいという構造的欠点がありました。

 パナソニックの「カルル」は、上下対称のどら焼き型のかけ面構造にすることで、後ろに動かしてもシワが寄りにくい工夫をしていましたが、東芝の場合、後部に傾斜を付けることでこれを緩和しています。

 201309041947.jpg

 また、アイロンの先端構造も特徴です。

 独特な先端構造を利用して、フリル部分のアイロン掛けや、ボタン周りのアイロン掛けがやりやすくなっています。ただ、パナソニックにも似たような仕組みがありました。


 201901072040.jpg

 【2018】

 10・東芝 La・coo TA-FV440-P 【赤】
 11・東芝 La・coo TA-FV440-L 【青】
   ¥4,920 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

かけ面 :シルバーチタン
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
ジェットスチーム:5g/分
かけ面サイズ:10×20cm
重さ :0.9kg

 TA-FV440は、ラクーシリーズでは、最も安い機種です。

 かけ面のサイズは、10×20cmとかなりの小型です。

 本体の重さは、0.9キロと、他社モデルを含めても最軽量です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、同社6位のシルバーチタンコートです。

 パナソニックのハードチタンと同等の第4位のグレードです。滑りやすさはイマイチです。

 201506271148.jpg

 スチームのパワーは、5g/分です。

 スチーム孔も前方周囲のみに17個と少なく、全周にスチームが出るパナソニックの下位機種に較べても、この部分ではあまり期待できなそうです。

 機能面では、かけ面温度が低温状態でスチームが利用できない点、安全のためのオートオフ機能がない点などで、見劣りします。

---

 以上、ラクーのTA-FV430の紹介でした。

 アイロンの基本性能と言えるかけ面のコーティングやスチーム力がイマイチの機種です。とくに、スチームの力を重視するならば、上位機種のほうが良いと思います。


 201901072050.jpg

 【2018年】

 12・東芝 La・coo TA-FVX540-V
 13・東芝 La・coo TA-FVX540-L
  ¥5,999 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

 201901072051.jpg

 【2018年】

 14・東芝 La・coo TA-FVX640-P
 15・東芝 La・coo TA-FVX640-W
  ¥7,310 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

かけ面 :シルバーセラミック
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
ジェットスチーム:5g/分
かけ面サイズ:10×20cm
重さ :0.9kg   

 TA-FVX540TA-FVX640は、ラクーシリーズでは、2番目に安い機種です。

 型番が2種類あります。しかし、仕様上、相違点はありません。スチームボタンの材質など、見かけ上の相違のみとなります。

 重さかけ面の広さは、下位機種と同じです。0.9キログラムの軽量・小型タイプのラクーになります。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーセラミックコートです。

 セラミック系なので、シルバーチタン系より、すべりが良く、耐久力も高めです。

 201501031405.jpg 

 スチームのパワーは、しかしながら、下位機種と同じ5g/分というスペックです。

 ただし、スチームの孔数も17個から21個とと多少多くなっていることもあり、この機種は、高温・中温・低温全段階にてスチームが使えます

 機能面でも、切り忘れを防止するオートパワーオフ機能が付く点、アイロンベースに置くたびに、素早く適温状態に戻せるスピード給電に対応している点などが魅力です。

 また、水漏れしにくいオートバルブを採用している点もよい部分です。

---

 以上、東芝のTA-FVX640の紹介でした。

 安全面の機能強化と、かけ面の滑りやすさの向上は、下位機種との重要な機能差です。ただ、スチームの弱さは、やはりこの機種のネックと言えそうです。


 201809101226.jpg

 【2018年】

 16・東芝 La・coo TA-FLW700-R
 17・東芝 La・coo TA-FLW700-S
  ¥8,083 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
 

かけ面 :シルバーチタンダイヤモンド
コード :コードレス
注水量 :120ミリリットル
ジェットスチーム:13.0g/分
かけ面サイズ:10×21cm
重さ :1.1kg   

 TA-FLW700は、ラクーシリーズの中堅モデルです。

 かけ面のサイズは、10×21cmと下位機種よりわずかに大きいです。

 本体の重さは、1.1kgと多少重量が増しています。

 ただ、これは、後述のように、スチーム関係がパワーアップしているためです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、同社2位のシルバーチタンダイヤモンドコートが採用です。

 ダイヤモンドコートは、東芝ではセラミックより上級となり、すべりの良い仕様です。

 201809101228.jpg

 スチームのパワーは、この機種から13グラム/分と強力になります。

 パナソニックと同様の「全周スチーム」が採用されます。56個の孔から強力なスチームを満遍なく噴射できます。

 201809101229.jpg 

 スチーム量が多いため、シワを取るだけではなく、衣類の臭い消しなどのケアにも使えるパワーです。もちろん、ティファール社のスチーム力に比べると4分の1ほどに止まります。

 機能面では、下位機種に搭載される全ての機能に加え、霧吹きとして使えるミスト機能、かけ面に手に触れにくい構造のセーフステーション構造などがこの機種から搭載です。

---

 以上、東芝のTA-FLW710の紹介でした。

 このグレードより下位の機種は、同価格帯のパナソニックの「コードレスアイロン」に比べると性能が落ちました。

 しかし、全周スチームが採用され、上位のシルバーチタンダイヤモンドコートが採用されているこの機種は、十分対抗できるでしょう。

 性能面でも最近の高級機のトレンドを押さえており、高級機として問題の無い性能だと言えます。


 201809101230.jpg

 【在庫限り】

 18・東芝 La・coo TA-FLW800-R
 19・東芝 La・coo TA-FLW800-P
  ¥9,180 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
 

かけ面 :ニッケルコート
コード :コードレス
注水量 :120ミリリットル
ジェットスチーム:13.0g/分
かけ面サイズ:10×21cm
重さ :1.1kg   

 TA-FLW800は、ラクーシリーズのハイグレードモデルです。

 ただし、このグレードは、近年、次に紹介する「最上位機種」と統合されたので、後継機はなく【在庫限り】の販売です。

 かけ面のサイズは、TA-FLW700と同じです。

 本体の重さは、1.1kgとこちらも同じで、この点の性能差はありません。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック
ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、ニッケルコートです。

 2018年以降の新機種で採用されなくなったものですが、同社のグレードでは、ボロンに次いで品質の良いものです。

 ニッケルメッキでのコートは、耐久性があるほか、かけ面の滑りやすさの点でも下位機種よりも多少有利です。

 201701061034.jpg

 スチームのパワーは、その一方で、下位機種と同等水準であり、この部分ではパワーアップしていません。

 ただ、スチームショットの範囲を切り替えることができる点はパワーアップしています。範囲を限定する「集中ショット」は厚手の服に有効です。

 201809101232.jpg

 機能面では、ミスト(霧吹き)が、抗菌ミストになった点が相違点です。

 水タンクのガラスを水溶性ガラスにして抗菌作用のある銀を含有する仕組みです。

 なお、スチーム利用時は水を加熱するのでこの機能は無用ですが、水を入れっぱなしで保存している状態で水垢を防ぐ作用があるのは、目詰まりを防ぐという意味で重要です。

----

 以上、TA-FLW810の紹介でした。

 下位機種との主な違いは、かけ面のグレードと集中ショットの採用です。それ以外の基本性能はあまり変わらないので、多少選びがたい機種と言えそうです。

 価格で言えば下位機種、性能で言えば上位機種を選ぶべきだと思います。


 201901072106.jpg

 【2018】

 20・東芝 La・coo TA-FLW910-N
 21・東芝 La・coo TA-FLW910-V
  ¥11,399 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
 
  

かけ面 :ボロン
コード :コードレス
注水量 :120ミリリットル
ジェットスチーム:13.0g/分
かけ面サイズ:10×21cm
重さ :1.2kg   

 TA-FLW910は、ラクーシリーズの最も高級なアイロンです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック
ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、同社1位のボロンコートという特殊コーティングです。

 通常のコーティングはチタンコートでもフッ素を使ったコーティングをメインにしています。

 201809101235.jpg

 しかし、ボロンは高級で、潤滑性能がよく滑りやすいコーティングになります。

 ダイヤモンドに近い硬度の化学物質です。また、安定した素材であり、コーティングがフッ素に較べて長持ちする特長があります。

 下位機種に較べて、かけやすさはかなり向上していると言えます。パナソニックの最上位機種と比較しても、滑りやすさの点だけではそれを上回るでしょう。

 本体の重さは、下位機種より100g程重いですが、滑りやすさが十分相殺します。

 スチームのパワーは、下位機種と同様です。ただ、スチームの持続時間は80秒長い260秒となります。

 201701061045.jpg

 機能面では、ミスト(霧吹き)の抗菌について、下位機種同様の抗菌ガラスに加えて、抗菌作用のあるプラチナボールを採用し、より万全を期している点が相違点ですね。

---

 以上、 TA-FLW910の紹介でした。

 ボロン採用のかけ面の滑りやすさは、アイロンの最も重要な部分であり、かなりの魅力です。

 また、水の抗菌という視点でアイロンを作っている点も見逃せません。この視点は東芝独自のもので、この点を重視したい場合、この機種が向いています。

5・T-Falのコードレスアイロンの比較

 201805150819.jpg

 ここからは、「スチームが強く、アイロンの面積が広くかけやすい」フランスのティファールのコードレスアイロンを比較していこうと思います。 

 ここまでと同じような視点から比較していきましょう。


 201809101141.jpg

 20・フリームーブパワー9980 FV9980J0
  ¥10,769 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :特殊セラミック
コード :コードレス
注水量 :250ミリリットル
ジェットスチーム:100g/分
かけ面サイズ:12.5×27.0cm
重さ :1.35kg

 フリームーブパワー9980は、ティファールのコードレスです。

 どちらかと言えば、コード付きが有名だったメーカーですが、最近は、日本市場向けのコードレスモデルも積極的に展開しています。。

 かけ面のサイズは、12.5×27.0cmです。

 他社のコードレスタイプよりも、やや広いです。

 201809101207.jpg

 広いかけ面の場合、一度の往復で広い面積がかけられるので、アイロン掛けについてある程度時短効果が期待できます。

 201506270942.jpg

 本体の重さは、一方、かけ面積が広いこともあり、他社標準より重く、1.35キロほどあります。

 ただし、この部分は、他社に比べての欠点とは言えず、体重を使わずとも、アイロンの自重でプレスできるというティファール社のアイロンの優れた特長を活かすためでしょう。

 もちろん、本体で充電する際持ち上げる動作を考えれば、非力な方には一長一短です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、同社2位特殊セラミックかけ面が採用されます。

 他社の同価格帯の製品と比べても、すべりやすくかけ味は良いです。この部分は問題を感じません。

 201506271002.jpg

 スチームのパワーは、コードレスとしては、例外的に強いです。

 冒頭で説明したように、通常とは異なる方式のスチーム発生方式を取ります。

 そのため、トリガーを握ってのジェットスチーム利用時、100g/分のパワーと相当なハイパワーです。

 「コードレスはパワー不足」という固定観念を覆すために、同社はコードレスをハイパワーにしているのだと思います。パワーの点で物足りなく感じる部分はないでしょう。

  201909300657.jpg

 なお、通常のアイロン掛けにおけるスチーム量は、かけ面温度により自動調整されます。

 もちろん、100g/分はプレス時のシワ伸ばしには強すぎるため、最大25g/分までと、(しっかり)調整されています。

 それでも他社機より量は多いです。

 その他、かけ面が低温時の水漏れ防止機能や、アイロンのオートオフ機能など、実用面、安全面では他社に比べても遜色ありません。

---

 以上、フリームーブ・パワー9980の紹介でした。

 他社より多様重めです。

 その点で、「座って使うアイロン台」を利用なさるかたで、「軽さ」を追い求めるならばあまりオススメできません。他社モデルが良いでしょう。

 201809101134.jpg

 しかし、後ほど改めて説明しするような、立ち掛け用のアイロン台を利用する場合は、その重さを苦にせず使えます。

 また、体重をかけてプレスできる分、「アイロン上手」な方ほど、仕上がりも期待できるでしょう。

 ほかにも、他社のコードレスと比較して、余熱時間が短くて済むこと、相対的にかけ面積が広いこと、ジェットスチームの力が5倍以上強いことなどが、「売り」です。


 201809101144.jpg

 21・フリームーブパワー9985 FV9985J0
  ¥12,822 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :オートクリーンかけ面
コード :コードレス
注水量 :250ミリリットル
ジェットスチーム:110g/分
かけ面サイズ:12.5×27.0
重さ :1.35kg

 フリームーブ・パワー9985は、ティファールのコードレスアイロンの最上位モデルです。

 ただし、下位機種のフリームーブ・パワー9980との差は、2点のみです。

 201506270912.jpg

 第1に、かけ面のグレードです。

 こちらは、滑りやすさではランキング1位パラジウムコーティング処理がなされた「オートクリーンかけ面」が採用されています。

 「オートクリーン(メンテ不要)」は、かけ面に付着した繊維を、蒸気と二酸化炭素に分解して自動で取り除くという仕組みをとっています。

 素材のパラジウムは、自己体積の935倍の水素を含有できるため、熱を加えると酸化触媒反応が起こり、繊維を無機化合物に変化させます。そのため、チーム孔に繊維ゴミがたまらず、メンテ不要です。

 実際、アイロンからカルキの固まりがでるのは不快ですし、良い機能だと思います。アイロンを多用する人には、オススメの技術です。

 第2に、スチーム量です。

 こちらは、ジェットスチーム時に、同社最高となる110g/分にパワーアップしています。

 相違点は、この2点のみです。

 201809101244.jpg

 それなりに価格が高いですが、オートクリーンの採用で、チーム孔に溜まる繊維ゴミを焼き切る点は、使い勝手の部分でかなりの魅力です。


  201801262049.jpg

 22・フリームーブミニ 5020 FV5020J0
  ¥6,588 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 23・フリームーブミニ 5050 FV5040J0
  ¥6,890 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 24・フリームーブミニ 5060 FV5060J0
  ¥7,990 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :下で解説
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
ジェットスチーム:80g/分
かけ面サイズ:12.5×21.0cm
重さ :0.88kg

 フリームーブミニは、2017年に登場したフリームーブシリーズの新機種です。

 このモデルについては、従来と設計思想が少し異なり、軽量性を相当突き詰めています。その意味で、従来から言えば「T-falらしからぬ」新型であり、ここまでの機種とは一線を画するものです。

 かけ面のサイズは、12.5×21.0cmと、他社を含めても相当小さくなっています。

 本体の重さは、どの機種も共通で、恐らく業界再軽量級である880gです。

 ライバル会社のコードレスアイロンより徹底して軽量化している点は、かなり戦略を練ってきた新製品だと思います。

 201809101208.jpg

 かけ面のグレードは、一方で、注意するべき点です。

 FV5020J0が7位のフッ素かけ面FV5060J0が6位のチタンかけ面、最上位機のFV5060J0でも同社3位のセラミックかけ面に止まるからです。

 上位のかけ面を採用していないのは、T-falとしては、あくまでこうした小型機機種は「特殊ニーズ」であることを示すためでしょう。

 つまり、自信を持ってオススメしたいのは、ここまで紹介してきたようなかけ面が大きなモデルということだと感じます。

 201809101209.jpg

 スチームのパワーは、80g/分とサイズに応じて少なくなっています。

 通常スチーム利用時の滴下も8g/分であり、他社と変わりないレベルです。

 また、それ以上にタンクへの注水量は減っており、この点については、小型化の弊害と言えそうです。

 その他、かけ面が低温時の水漏れ防止機能はありますが、アイロンのオートオフ機能の言及がありません。

---

 以上、フリームーブミニの紹介でした。

 小型機は日本市場にはニーズがありますが、愛用者目線で言えば、従来のT-falの良い部分が一部削られているといえる機種です。

 ただし、「ジェットスチームがここまでめっぽう強い軽量機」というのはこれまで市場にありませんでした。

 その点で言えば、「新ジャンル」として評価できるでしょう。今後の展開を含めて期待したい機種です。

次回に続く!
軽量で強力なアイロンのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、コードレスアイロンの比較でした。

 記事はもうすこしだけ、続きます。

  201809101115.jpg

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★★★★
3・滑りやすさ ★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 次回の後編こちら)では、ここまで分析してきたデータに基づいて、価格や性能や使い勝手から、「最もおすすめと言える機種」を選定したいと思います。

 引き続き、よろしくお願いします。

 後編記事は→こちら

--

  また、今回の前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 07:16 | 生活家電

比較2019'【強力】軽量コードレスアイロン24機の性能/おすすめ:パナソニック・東芝・ティファール(iron-2)

前編からの続きです。前編は→こちら

今回の結論
コードレススチームアイロンのおすすめは結論的にこの機種!

 どもAtlasです。

201809101115.jpg

 今回は、コードレススチームアイロンの比較の後編記事です。

 前編記事では、各社の製品を個別に紹介してきました。

 後編記事では、いつものように、全てのコードレスアイロンから、目的別・予算別に、最終的な「おすすめ機種」を改めて選定していきます。

ーーー

 なお、検索エンジンから直接お越しの方は、1回目記事から順番にお読みになった方が分かりやすいと思います。【こちら】を先にご覧ください。


 第1に、強いスチーム力とかけやすさが両立したコードレスアイロンとして最もおすすめなのは、

 201809101144.jpg

 21・フリームーブパワー9985 FV9985J0
  ¥12,822 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :オートクリーンかけ面
コード :コードレス
注水量 :250ミリリットル
ジェットスチーム:110g/分
かけ面サイズ:12.5×27.0
重さ :1.35kg

1・軽さ    ★★★★☆
2・スチーム力 ★★★★★★
3・滑りやすさ ★★★★★★
4・作業時間  ★★★★★★
5・総合評価  ★★★★★★

 ティファールのコードレスタイプであるフリームーブパワーがオススメです。

 やや高価ですが、一度買えば10年以上使えるものなので、しっかりしたものを選ぶのは意味があります。

 201809101244.jpg

 スチームのパワーは、100グラム/分を越える最高性能です。

 本体の重さも、1.35キロと抑えられているので、スチーム力と軽量性のバランスが取れています。

 適度な重さで、ティファールのメリット性でもある、アイロン自体の自重を使ったプレスもある程度可能です。

 こうした点で言えば、「最もバランスが取れた機種」だと思います。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングも、同社1位「オートクリーン」かけ面です。

 201506270912.jpg

 最新技術である汚れを防ぐメンテナンスフリーのパラジウムコートで、スチームの孔の詰まりをあまり気にしなくて良いというメリット性があります。

 201809101245.jpg

 スタンド式人体型アイロン台 プレミアム
  ¥4,329 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 なお、ティファール社のアイロンの場合、スタンド式のアイロン台を導入すると、非常にかけやすいです。

 欧米のアイロン台はスタンド式だからティファール社がかけやすいという分かりやすい図式です。


 第2に、小回りがきいて、かつ軽量なコードレスアイロンを探しているならば、 

 201909300650.jpg

 【2019】

 7・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-N
 8・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-P
 9・Panasonic スチームアイロン NI-WL705-PN  
   ¥13,699 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :ミラーマジ軽
コード :コードレス
注水量 :160ミリリットル
ジェットスチーム:13g/分
かけ面サイズ:10×22.0
重さ :1.1kg

1・軽さ    ★★★★★★
2・スチーム力 ★★★★☆
3・滑りやすさ ★★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★★

 とにかく軽さを重視したいならば、やはりパナソニックのNI-WL705でしょう。

 201809101246.jpg

 本体の重さは、1.0Kgと圧倒的な軽量性を誇り、小回りがきき、かけ面もなめらかです。

 とくに、今使っているアイロンの重さから購入を検討されている方は、この機種がオススメになります。

 201809101247.jpg

 軽くて小回りがきくので、複雑で立体的なドレスシャツやボタン周りもかけやすいです。家族誰でも使えるサイズで、安全性なども高いです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、最上位のニッケルコーティングの「ミラーマジ軽」かけ面です。

 目詰まりストッパースプレー機能などの付加性能も充実し、使い勝手にも配慮があります。

 201809101249.jpg

 T-Falのフリームーブパワーも良い機種です。

 ただ、重さの部分をおもな「買換えの動機」である方で、どの機種にするか「迷った」場合、この機種を選ぶと良いと思います。

 なぜなら、アイロンの場合、重量が軽い機種を買って後悔する確率は、重量が重い機種を買って後悔する確率よりも低いからです。

 201809101327.jpg

 スチームのパワーもT-Falを除けば優れますし、総合力は高いです。

 201309042240.jpg

 なお、パナソニックのこのアイロンは国際的な評価も高く、同社のアイロンはアメリカでもよく見かけました。


 第3に、アイロン掛けがあまり得意でないかたにオススメな高級機は、

 201901072106.jpg

 【2018】 

 20・東芝 La・coo TA-FLW910-N
 21・東芝 La・coo TA-FLW910-V
  ¥11,399 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
  

かけ面 :ボロンコート
コード :コードレス
注水量 :120ミリリットル
ジェットスチーム:13.0g/分
かけ面サイズ:10×21cm
重さ :1.2kg    

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★★★☆
3・滑りやすさ ★★★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★★

 東芝の「ラクー」シリーズのTA-FLW910が良いでしょう。

 201809101252.jpg

 本体の重さは、1.2kgと(パナソニックには及ばないながら)やはり軽量です。

 その上で、取り回しやすいハンドルタイプのアイロンですので、特にアイロン掛けをしたことがない方は、パナソニックより扱いやすいと思います。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック
ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、最上位のボロンです。すべりやすさの点では、おそらく他社を含めて最も良い素材です。この点も、初心者に向きます。

 抗菌作用がある水タンクで、水垢によるスチーム孔の目詰まりが防げる点も魅力です。


 第4に、軽量コンパクトでできるだけ低価格なコードレスアイロンを探している人は、

 201809101152.jpg

 【2019】

 3・Panasonic スチームアイロン NI-WL505-H
 4・Panasonic スチームアイロン NI-WL505-P  
   ¥8,696 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面 :ハードチタンコート
コード :コードレス
注水量 :160ミリリットル
ジェットスチーム:13g/分
かけ面サイズ:10×22.0cm
重さ :1.1kg

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★★★☆
3・滑りやすさ ★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 パナソニックのNI-WL505をおすすめします。

 より安い機種もありますが、最下位機種のNI-WL405は、全温度スチームが付かずマイコン温度制御機能もなく蒸気発生量も小さく水漏れストッパーも付きません。

 大きな機能差と言えるので、こちらの方が良いでしょう。

 本体の重さは、1.1kgと軽量なコードレス機です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3 セラミック ハードチタン
シルバーセラミック
4 チタン シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、パナソニックではランキング第3位ハードチタンコートです。

 201809101306.jpg

 セラミックコートではないものの、下位機種に較べて、滑りやすさが向上しています。

 スチームのパワーも、13g/分とT-Falを除けば、上位水準と言えます。

 こうした点をふまえると、パナソニックのメリット性を堪能するための最低限がこの機種だと思います。予算を重視した場合、軽量機では良い選択肢でしょう。

補足:おすすめアイロン台について

 以上、今回はアイロンの話でした!最後に「おまけ」でアイロン台について書いておきます。

 201809101134.jpg

 アイロンで「疲れやすさ」を感じている場合、立ち掛けを試すと良い場合が多いです。

 腕の筋肉だけでなく、全身を使ってアイロンをかけられるため、座り掛けに比べて、疲れにくく、スピーディです。腰への負担も減ります。

 T-Falのような重量機はもちろん、体重をかけてプレスする東芝パナソニックの機種にもそう言えます。

 201809101135.jpg

 また「座り掛け」でも、机の高さで行う方が基本的に疲れません。

  

 山崎実業 スタンド式人体型アイロン台
   ¥4,492 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 オススメは、山崎実業のスタンド式人体アイロン台です。

 立ち掛けができるほか、13段階の高さ調節ができるため、椅子やカーペットに座っての利用も可能だからです。

 201809101314.jpg

 また、人体型アイロン台となっているため、Yシャツのプレスがとても楽にできます。

  

 パール金属 アイロン台 スタンド式
  ¥3,056 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 ただ、「やや高い」のは確かなので、立ち掛けを試せれば良い方は、こちらの機種を選ぶのもよいでしょう。

補足:このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回はアイロンの紹介でした。 

 201807251727.jpg

1・コードレスアイロンの比較記事
2・コード付アイロンの比較記事
3・衣類スチーマーの比較記事
4・ズボンプレッサーの比較記事
5・4000円以下のアイロンの比較記事

 このブログには、話題のスチーマーをふくめて、衣類にかかわる家電の関連記事もありますので、こちらもよろしくお願いします。

  201803121523.jpg

6・1人暮らしに必要な家電の紹介記事

  また、このブログ「モノマニア」では、1人暮らし向けに必要な家電や家具類を20ジャンル以上まとめた記事もあります。

 新生活をはじめる方で、掃除機のほかに色々お探しのものがありましたら、このリンク記事もよろしくお願いします。

---

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ幸いです。

 (続き記事となりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 07:11 | 生活家電

比較2019'【安いが高性能】激安アイロン25機の特長とおすすめ: パナソニック・東芝・日立・ツインバード工業

【今回レビューする内容】2019年 1人暮らし向けの激安アイロンの性能や選び方:5000円以下で買えるアイロンの性能の違いと人気ランキング

【評価する製品型番】パナソニック NI-S55 NI-W450 NI-W550 NI-A66-K NI-CL310 東芝 TA-B70 TA-FV440 ティファール ヴァーチュオ20 FV1320J0 アイリスオーヤマ IRN-CL30C 日立 Vegee CSI-301 CSI-305 CSI-307 ツインバード SA-4084 SIR-04CLCD-A TA-EV5 TA-C35

今回のお題
安く購入できるアイロンのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年9月現在、最新のコード付きアイロン・コードレススチームアイロンを比較します。

201809101115.jpg

 主に、実売価格5000円以下の実売価格のアイロンの紹介です。

 なお、実売価格5000円以上のアイロンについては【こちら】で別に紹介しています。

 予算的に対応可能ならば、より高品質な製品を選べる【こちら】をお読みください。

 以下では、いつものように各製品を個別に紹介したあと、最後に「結論」として、Atlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

1・コードレスアイロンの比較記事
2・コード付きアイロンの比較記事

3・衣類スチーマーの比較記事
4・ズボンプレッサーの比較記事
5・4000円以下のアイロンの比較記事

 なお、今回の記事は、このブログの衣類関係家電の比較シリーズの5回目記事として書きました。

1・格安なコードつきアイロンの比較

  201809101842.jpg

 はじめに(コードレスではない)、電源ケーブルが付属する普通の激安アイロンを紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  201809101718.jpg

 1・ツインバード ハンディーアイロン SA-4084BL  
 2・ツインバード ハンディーアイロン SA-4084P
  ¥2,930 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:ステンレス
コード:コードつき
注水量:100ミリリットル
スチーム量:
重さ :0.93kg

 SA-4084BL は、ツインバードが「ハンディーアイロン&スチーマー」として販売しているコード付きアイロンです。

 今回紹介する製品では唯一のハンディタイプです。

 ツインバードは、スチーム機能が付いた電気式のハンディアイロンを1987年から製造しており、こちらは、同社の「レジェンド」的な製品です。

 したがって、デンキヤでも売れ筋の人気機種です。

 201809101721.jpg

 かけ面のサイズは、5.6cm × 12.4 cmです。

 面積的には小型アイロンとしても相当狭く、繰り返しかけるのが原則の機種です。その分小回りは利きそうですが、先端が丸みを帯びている点は、普通の角形製品より「ポイント掛け」は難しそうです。

 本体の重さは、0.93kgです。見かけはとても軽量に見えますが、割と重さはあります

 ただ、アイロンは、重みで押し掛けする部分もあるので、軽量化が必ずしも適当でとも言えないでしょう。

 180910-0121-6%.png

 かけ面の素材は、フッ素樹脂です。

 アイロンとして一般的な素材で、可もなく不可もないものです。滑りやすさの面では上位機種に及ばないでしょう。

 201809101720.jpg

 スチームのパワーは、非公開です。

 発生量から推測すると、おそらく5g/分以下であり、「時間をかければハンガーショットもできる」というレベルでしょう。スチーム孔は、タテに6カ所です。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。スチームについては、高温時のみ対応です。底面のスチームボタンで切り替えが可能です。

---

 以上、ツインバード工業のハンディアイロンの紹介でした。格安で小型で小回りが利く製品ですが、価格的な側面に由来する「あら」も目立ちます。

201807251727.jpg

衣類スチーマーの比較記事

 なお、このようなコンパクトで、アイロン掛け&ハンガーショットもできる製品は、アイロンとは異なる「別の家電ジャンル」になります。

 「ハンディタイプ限定」で探している方は、上記比較記事もご覧ください。


 201906241128.jpg

 3・パナソニック スチームアイロン NI-S55-P
 4・パナソニック スチームアイロン NI-S55-A
  ¥1,903 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:シルバーチタン
コード:コードモデル
注水量:200ミリリットル
スチーム量:不明
重さ :1.0kg

 NI-S55は、パナソニックの入門機になります。

 息の長い製品ということもあり、ビジネスホテル(ウィークリー)などの備品で、Atlasは何回か見かけたことがあります。

201906241135.jpg

 かけ面のサイズは、約10cm×20cmです。

 小型タイプとしてよくあるサイズです。

 本体の重さは、1.0kgです。

 コード付きの機種としては、多少軽めです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーチタンコートです。

 一般的なフッ素樹脂加工に比べて、耐久性とかけ面の滑りやすさの点で上位です。

 ただし、さほど期待値が高くもないという、値段なりの水準です。


201906241139.jpg

 スチームのパワーは、スペックを公表していません

 2段階の設定が可能ですが、強いものではないでしょう。

 霧吹きのように吹き付ける「ジェットスチーム」も非対応です。

 ただ、スチーム自体は、中温と高温が選択できるため、綿や麻だけではなく、毛製品にも対応できます。

 201906241142.jpg

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

---

 以上、パナソニックのアイロンの紹介でした。

 代表的な「格安アイロン」です。ただ、作りは値段相応で、ダイヤル配置についても「使いやすさを徹底したわけでもない」です。

 こうした点では、家庭用とというより、ビジネスホテルなどの「備品」に向くと言えます。


 201805160841.jpg

 5東芝 スチームアイロン TA-B70(L)
 6・東芝 スチームアイロン TA-B70(P)
  ¥2,700 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:シルバーチタン
コード:コードモデル
注水量:180ミリリットル
スチーム量:不明
重さ :1.0kg

 TA-B65は、東芝の入門機になります。デンキヤやホームセンターで売れ筋のモデルです。

 201501031506.jpg

 かけ面のサイズは、11cm × 20cmです。

 パナソニック同様に、小型機として十分なサイズがある製品ですので、一回にかけられる面積は広めです。

 本体の重さは、1kgです。

 コード付きの機種としては平均的な重さです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーチタンコートです。

 耐久性としては、パナソニックと同等でしょう。

 ただ、かけ面の滑りやすさは、形状と構造的に、(値段の分)東芝の方が良いです。もちろん、5000円以上の製品と比べるとランクは落ちますが、この値段で考えると性能は良いです。

201809101724.jpg

 スチームのパワーは、スペックを公表していません。

 ただ、タンクの注水量と孔の数が9つに止まることから判断して、スチーム力は5g/分程度でしょう。

 さほど強調されるポイントではないでしょう。(霧吹きのような)ジェットスチームにも対応しません。

 スチームは、この製品も、中温と高温が選択できるため、綿や麻だけではなく、毛製品にも対応できます。

 201809101725.jpg

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能です。

 下部のダイヤル式だったパナソニックに較べて、使いやすさには配慮があります。

---

 以上、東芝のアイロンの紹介でした。

 スペック的には格安機の「平均値」といった機種です。

 比較対象としては良いですが、あえてこれを選ぶ理由に乏しい、という機種です。

ーーー

 201909300536.jpg

 7・東芝 スチームアイロン TA-C35(P)
 8・東芝 スチームアイロン TA-C35(L)
  ¥2,700 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:シルバーチタン
コード:コードモデル
注水量:180ミリリットル
スチーム量:不明
重さ :0.95kg

 なお、この機種は、ほぼ同じ大きさの姉妹機 TA-C35があります。

 201909300544.jpg

 かけ面のグレードは同じシルバーチタンコートですが、サイズ感は、多少小ぶりとなります。

 一方、TA-C35については、上部の突起を押すことで「スチーム倍増ショット」が可能です。シワ取りには効果的でしょう。

 そのほか、水タンクを取り外しての給水(カセットタンク)となる点が相違点です。

 こうした点で、利便性はこちらの方が多少上ですが、「スチーム倍増ショット」の部分については、次に紹介するT-Fal機が、むしろ強力です。


  201906241150.jpg

 9・ティファール ヴァーチュオ20 FV1320J0
   ¥3,238 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:ふっ素樹脂加工
コード:電源ケーブル
注水量:270ミリリットル
ジェットスチーム:40g/分
通常スチーム力:0-15g/分
重さ :0.95kg

 ヴァーチュオ20は、フランスの家電メーカーT-Falの入門機です。

 日本で発売されている同社の製品の中では、最も安いモデルです。

 201906241152.jpg

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。

 T-falは、上位機は「かけ面が広い」のですが、この機種については、他社と同様のサイズです。

 本体の重さは、0.95kgです。

 同社の製品としては割と軽めです。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、一方、フッ素樹脂加工です。

 低価格機としては一般的なものですが、他社より、滑りやすさの部分では、少しグレードが低くなります。

 201809101730.jpg

 スチームのパワーは、この機種の魅力です。

 一般的な滴下式スチームながら、大きな蒸気タンクと多めの孔で、強力なショットができるような工夫です。

 通常のアイロンでも、13g/分と東芝やパナソニックの2倍以上のスチームです。

 201906241157.jpg

 その上で、「ジェットスチームボタン」を押した(いわゆる)ハンガーショット時は、最大40g/分と、相当量のスチームが出せます。

 そのほか、前方からの「霧吹き(ワンタッチスプレー)」も可能ですから、この価格帯の製品としては、能力が高いです。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能です。

 スチームは、高温と中温にて使える仕様です。スチーム量も、ダイヤルで2段階調節ができます。

---

 以上、ヴァーチュオ20の紹介でした。

 何といっても「圧倒的なスチーム量」が自慢の機種です。T-falの製品は重さで敬遠されることもありますが、低価格機はむしろ軽量なので、コード付きの軽量機種として「おすすめ」できます。


 201909300611.jpg

 10・東芝 ラクー TA-EV5(L)
 11・東芝 ラクー TA-EV5(P)
  ¥4,212 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
 

かけ面:シルバーチタン
コード:コードモデル
注水量:180ミリリットル
スチーム量:不明
重さ :1.1kg

 TA-EV5(L) は、東芝の「ラクー」シリーズに属するコード付きアイロンです。

 東芝の中級機以上にこの名前が付きます。

 201909300557.jpg

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。

 スチーム孔の数が21個と、同社の下位機種よりかなり多いです。

 そのほか、ボタン周りなどのポイント掛けがしやすい「楽がけライン」が前部に付くのが、この機種の特徴です。

 本体の重さは、1.1kgです。

 重さはさほど感じないでしょう。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーセラミックコートです。

 格安のアイロンとしては、そこそこ良いものを使っており、すべりの良い素材と言えます。 

 201909300607.jpg

 スチームのパワーは、一方、詳しい蒸気量の表示がありません

 一方、東芝の下位機種にもあった、トリガーを押すことでの「スチーム倍増ショット」に加えて、ティファール機同様に、ハンガーに吊しての強力なショットは可能です。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能です。

 スチームは、高温と中温にて使える仕様です。スチーム量も、ダイヤルで2段階調節ができます。

---

 以上、TA-EV5(L) の紹介でした。

 この価格では、割とグレードの高いかけ面を採用し、ポイント掛けしやすい「楽がけライン」があるのが特徴です。

 コード付きで、さほどのスチーム量が不要、という方は、ティファールよりも良い選択肢になるでしょう。


 201906241118.jpg

 12・パナソニック スチームアイロン NI-W450-W  
  ¥6,346 Amazon.co.jp
(9/30執筆時  

かけ面:シルバーチタン
コード:コードモデル
注水量:200ミリリットル
スチーム量:
重さ :1.4kg

 NI-W450-W は、パナソニック社のコード式モデルの中級機です。

 実売5000円以下という予算から(やや)オーバーする機種ですが、ティファールのライバル機と言えます。

 201906241213.jpg

 かけ面のサイズは、約11cm × 26cmです。

 ラウンド形状のWヘッドワイドかけ面を採用します。

 T-falと比較して「かけ面が広い」ため、一度にかけられる面積は広めです。また、両端で(ボタン周りなどの)ポイント掛けができるため、アイロンに要する作業時間は速いです。

 本体の重さは、1.4kgです。

 かけ面が広くなる分、やはり少々重くなります。ただし、(小型ではない)アイロンとしては標準的な重さではあります。

 かけ面のコーティングは、同社の下位機種と同じで、シルバーチタンコートです。

 201906241218.jpg

 スチームのパワーは、この機種の場合、ハンガーショット・パワーショットが対応となります。

 霧吹きも可能です。

 一方、75の孔があるものの、スチーム量については、ティファールよりだいぶ少ないです。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能です。スチーム量は3段階で調整可能です。

---

 以上、パナソニックのNI-W450-Wの紹介でした。

 かけ面の広い機種で、その部分が利点です。

 201801262026.jpg

 ただ、この値段を出せば、このブログの【ティファールのコード付きアイロンの比較記事】のほうで、紹介した、T-Fal社の5000円前後の機種が射程に入るため、やや選びにくい部分があります。

ーーー

 201906241225.jpg

 13・パナソニック スチームアイロン NI-W550-S  
  ¥11,458 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:セラミックコート
コード:コードモデル
注水量:200ミリリットル
スチーム量:
重さ :1.4kg

 なお、同一形状のパナソニックの最上位機は、こちらになります。

 かけ面のコーティングが、滑りやすいセラミックコートになり、パワーも1400Wに上がります。

 ただ、やはり、スチームのパワーはT-Falに及ばず、コスパ的にもイマイチです。


 201906241204.jpg

 14・パナソニック ドライアイロン NI-A66-K
   ¥3,272 Amazon.co.jp
(9/30執筆時)  

かけ面:ふっ素樹脂加工
コード:電源ケーブル
注水量:
ジェットスチーム:
重さ :0.8kg
備考

 NI-A66-K は、パナソニックのコード付きアイロンです。

 こちらは、低価格帯だと人気の機種ですが、「ドライアイロン」であり、スチーム機能がないモデルです。霧吹きなどの併用が前提ですね。

 かけ面のサイズは、約11cm × 21cmです。

 クラシックなデザインですが、サイズは通常ですね。構造的には、先端が鋭角なので、ポイント掛けはしやすいでしょう。

 本体の重さは、0.8kgです。

 水タンクがない分、軽量です。

  201709181451.jpg

 かけ面のコーティングは、格安機のため、フッ素樹脂加工です。

 ただ、スチーム用の孔がない分、かけ面がフラットなので、すべりはそれなりに良さそうです。

 201809101732.jpg

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的ですね。

---

 以上、NI-A66-K の紹介でした。

 10年以上モデルチェンジがないロングセラー製品で、一定の人気があります。スチームが不要な場合は、デザイン的にも良い製品ですし、重さも軽いため、選択肢となるでしょう。

2・格安なコードレスアイロンの比較

 ここからは、3000円前後で購入可能なコードレスモデルをレビューしていきます。


 201809101747.jpg

 【セラミックコーティング】

 15・アイリスオーヤマ IRN-CL30C-W/H
 16・アイリスオーヤマ IRN-CL30C-P
  ¥2,653 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 【ダイヤモンドセラミックコーティング】

 17・アイリスオーヤマ SIR-04CLCD-A
  ¥2,653 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面:セラミック
コード:コードレス
注水量:300ミリリットル
スチーム量:2段階
重さ :1kg

 IRN-CL30Cシリーズは、アイリスオーヤマの発売するコードレスアイロンです。

 日本のメーカーが販売するコードレス式では最も安い機種の一つです。

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。コードレス機としては一般的です。

 本体の重さは、1kgです。コードレス式は基本的に軽量な作りですが、この機種もそうですね。

 201809101755.jpg

 かけ面のコーティングは、セラミックコーティングです。

 一般的に、他社の多くが採用するシルバーチタンコートよりグレードしては上位です。

 上位機比べると、堅牢性は低いでしょうが、アイロンの滑りやすさは期待できます。この価格では「健闘」と言えます。

 なお、上位機の SIR-04CLCD-Aについては、ダイヤモンドセラミックコーティングとなります。

 滑りやすさは同程度ですが、かけめんの耐久性は、上位でしょう。

 201906241234.jpg

 スチームのパワーは、数値的には非公開です。 

 孔の数は多いですが、量自体は(コードレス式は特に)気化室構造に左右されますし、この部分は期待できないでしょう。

 ただし、格安機ながら、霧吹き機能と、ハンガーショットボタン付属します。

 201809101756.jpg

 スチームは、中温・高温で利用できます。パワーは、ハーフスチームを含めて2段階の調整が可能です。

 201809101759.jpg

 操作部は、アナログのダイアル式ながら、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

----

 以上、アイリスオーヤマのIRN-CL30Cシリーズの紹介でした。

 3000円以下の製品として考えると、コーティングを含めて、「お値段以上」の性能が搭載されます。

 ただ、本体のデザインはかなり無骨で、プラスチック部のデザイン性などに、価格の安さの影響が見られます。おそらく、グローバル仕様の激安アイロンの日本仕様だからでしょう。

 いささか、家庭用としては「無骨」なので、どちらかといえば、ビジネスホテルなどの備品として備えるのに向く製品でしょう。その部分では、セラミックコーティングの耐久性も含めて、良い選択肢です。

 201906241237.jpg

 【フッ素コーティング】

 18・アイリスオーヤマ SIR-03CL-A
  ¥2,180 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 なお、値段があまり異ならない下位機としてSIR-03CLがあります。

 ただ、かけ面が最下位のフッ素コートである点に注意が必要です。


 201909300620.jpg

 【2018年発売】

 19・日立 Vegee CSI-301 A
  ¥3,480 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

 【2016年発売】

 19'・日立 Vegee CSI-201 A
  ¥2,980 Amazon.co.jp (9/30執筆時)   

かけ面:セラミック
コード:コードレス
注水量:80ミリリットル
スチーム量:なし
重さ :0.78kg

 CSI-201は、日立Vegeeシリーズのアイロンです。

 同社のロングセラーな小型アイロンです。旧機種が残っていますが、後述するように、かけ面のコーティングが異なるため、選ぶならば新型でしょう。

 201809101844.jpg

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。

 割と小さめで小回り重視の製品です。

 本体の重さは、0.78kgです。

 コードレスモデルのなかでもひときわ軽量で、取り回しやすいです。

 軽量性だけで考えれば、こちらは高級機種を含めて最も軽量です。「とにかく軽くて安い」ものを探しているならば、最高の選択肢です。


 201509301146.jpg

 かけ面のコーティングは、アイリスオーヤマ同様のセラミックコートです。

 旧機種は標準的なフッ素加工でしたが、このモデルからパワーアップしました。

 201809101737.jpg

 スチームのパワーは、弱いです。

 とくに、この機種は、ハンガーショットに未対応で、一般的なアイロン掛け用のスチームのみの搭載となります。孔の数も7個と少なめです。

 さらに、スチームは、温度設定が高温時のみで利用可能です。毛製品などにはスチーム対応できないでしょう。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

---

 以上、日立 Vegeeの紹介でした。

 とにかく格安で軽量なコードレスを探している場合、良い選択肢です。

 一方、最近のトレンドであるハンガーショットに未対応など、スチーム系は明らかに弱いため、この面を期待するならば、より上位の機種をおすすめします。


 201906241242.jpg

 【2018年】【セラミックコート】

 20・日立 Vegee CSI-305 S
  ¥4,838 Amazon.co.jp (9/30執筆時)   

かけ面:セラミック
コード:コードレス
注水量:140ミリリットル
スチーム量:あり 
重さ :0.92kg  

 CSI-205 は、日立Vegeeシリーズの上位機になります。

 5000円以内ならば、同社の最高級機ですね。

 かけ面のサイズは、下位機種を踏襲し、約10cm × 20cmです。

 アイロンとしては小さめで、小回り重視の製品です。

 201809101806.jpg

 本体の重さは、0.92kgです。

 下位機種よりもスチーム力を増した結果、やや重くなっていますが、それでも、コードレス式としては十分軽量な機種です。

 かけ面のコーティングは、下位機種と同様のセラミックです。

  201709181414.jpg

 スチームのパワーは、この機種は、ハンガーショットに対応です。もちろん霧吹き(スプレー)機能もあります。

 また、中温と高温でのスチームにも対応できます。その点では下位機種より明らかに高性能です。

 ただ、この価格帯のコードレスはライバルも多く、一概に「最強」とは言えないでしょう。とくに、スチームの孔は少なめですので、さほどのパワーは期待できないでしょう

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

---

 以上、日立 Vegee CSI-305の紹介でした。

 価格は上がっていますが、下位機種の弱点はほぼ解決されている機種です。ライバルも多い価格帯ですが、平均的な性能はクリアしています。

 その意味、「買って後悔することはない」だろう機種です。

ーーー

  201906241245.jpg

 【現行機種】【セラミックコート】

 21・日立 Vegee CSI-307 XS
  ¥6,380 Amazon.co.jp (9/30執筆時)   
  

かけ面:セラミック
コード:コードレス
注水量:140ミリリットル
スチーム量:あり 
重さ:0.94kg  
備考:

 なお、こちらには、CSI-207 というやや高めの上位機があります。

 201809101807.jpg

 相違点は、温度表示用の液晶が付属する点と、10分後に電源が落ちるオートオフ機能が付属している点です。

 その点で、安全性は高いですが、価格的には値頃感がなくなっています。


 201809101810.jpg

 22・パナソニック NI-CL310-A 【ブルー】
 23・パナソニック NI-CL310-P 【ピンク】
  ¥5,016 Amazon.co.jp (9/30執筆時)

かけ面;シルバーチタン
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
スチーム量:5g/分
重さ :0.9kg

 NI-CL310 は、パナソニックのコードレスモデルです。2色展開ですが、機能差はありません。

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。他社とさほど変わらない大きさですね。

 201809101812.jpg

 本体の重さは、0.9kgです。コードレス式としては標準的な重さで、軽量と言えるでしょう。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーチタンコートです。

 上表は各社のかけ面のグレードをまとめたものです。シルバーチタンコートは、パナソニックでは中堅のコーティング方式です。

 一方、このグレードでは、他社の多くがセラミックコートなど、一般的に「上位」とされるものを採用する点で言えば、イマイチです。

  201809101814.jpg

 スチームのパワーは、5g/分です。

 底面の9つの孔からでる構造で、この価格のコードレス式のなかでは「上位」です。ハンガーショット・スプレーも対応し、中温・高温でのスチームも可能です。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

---

 以上、パナソニックのNI-CL309 の紹介でした。日立の上位機に較べると、かけ面のグレードが高く、アイロンが滑りやすい点がメリットです。

 その他の点では大差はありませんが、性能面で目立つポイントがある分、こちらのほうが良さそうです。


 201901072040.jpg

 24・東芝 La・coo TA-FV440-P 【赤】
 25・東芝 La・coo TA-FV440-L 【青】
   ¥4,920 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

かけ面;シルバーセラミック
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
スチーム量:5g/分
重さ :0.9kg

 TA-FV430は、東芝のプレミアムモデルである「ラクー」シリーズに属する入門機です。

 同社のラクーシリーズでは最もお買得な機種です。

 201309041938.jpg

 かけ面のサイズは、約10cm × 20cmです。

 他社のコードレス機とさほど変わらない大きさです。ただ、かけ面は独特の楕円形のかけ面構造です。前方に突起が、後部に傾斜がある構造です。このかけ面の優位性は次の2点です。

 201309041942.jpg

 第1に、後部に傾斜があるため、前後左右にアイロンを動かしても、アイロンじわができにくい仕組みになっています。

 201309041947.jpg

 第2に、尖った先端部を利用し、フリル部分のアイロン掛けや、ボタン周りのアイロン掛けがやりやすくなっています。

 本体の重さは、0.9kgです。コードレス式としては軽量と言えるでしょう。一方、ハンドルはレバー式ですが、本体が軽量のため、取り回しやすいです。

 201309041954.jpg

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック シルバーTダイヤモンド
3
ハードチタン
シルバーセラミック
4
シルバーチタン
シルバーチタン
5 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のコーティングは、シルバーセラミックコートです。

 パナソニックのシルバーチタンコートより、ランクは上であり、すべりの良い素材と言えます。

 スチームのパワーは、パナソニックと横並びで、5g/分とわりと強い部類です。

 パナソニックのNI-CL310 と較べるとスチーム穴の数が17個と多く、スチームの広がりは低価格なコードレスモデルの中では期待できるといえます。こちらも、スチームは、高温と中温で利用可能です。

 操作部は、高温・中温・低温の切り替えが可能と標準的です。

---

 以上、ラクーの最安コンパクトモデルTA-FV440の紹介でした。

 1万円台までのラインナップがあるラクーシリーズに位置づけられる「プレミアム」タイプの一因で、その先端技術の一部が使われている点で非常に購買欲をそそるアイロンと言えるでしょう。

今回の結論
低価格でお買得なアイロンのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、比較的低価格のアイロンを紹介しました。

 最後に、いつものように、結論として目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種!」を提案していきます。


第1に、軽量で格安なコードレスアイロンを探している人は、

 201901072040.jpg

 24・東芝 La・coo TA-FV440-P 【赤】
 25・東芝 La・coo TA-FV440-L 【青】
   ¥4,920 Amazon.co.jp (9/30執筆時) 

かけ面;シルバーセラミック
コード :コードレス
注水量 :80ミリリットル
スチーム量:5g/分
重さ :0.9kg

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★☆☆☆
3・滑りやすさ ★★★★☆
4・作業時間  ★★★★☆
5・総合評価  ★★★★☆

 コードレス式の東芝の TA-FV430がよいでしょう。

 201309041938.jpg

 かけ面のグレードは、中位クラスのシルバーセラミックコートのかけ面であり、滑りやすさは良いです。

 本体の重さも0.9kgと軽く、楽にかけられると思います。

 もちろん、これよりも安いコードレス式アイロンもあります。しかし、こちらは、「ラクーシリーズ」というプレミアムなブランドの入門機です。

 201309041947.jpg

 そのため、独特の楕円形のかけ面というメーカーの最先端技術を使っている点は、同価格帯の他製品と差異化されていて「魅力」だと思います。

 ポイントプレスも得意ですし、家庭用の低価格アイロンとしては、かなり出来が良いです。

 アイロンは一度購入したら10年以上は使えるものですし、このモデルならば、買って後悔することは少ないと思います。


第2に、スチーム力の強いコード付のアイロンを探している方には

  201906241150.jpg

 9・ティファール ヴァーチュオ20 FV1320J0
   ¥3,238 Amazon.co.jp (9/30執筆時)  

かけ面:ふっ素樹脂加工
コード:電源ケーブル
注水量:270ミリリットル
ジェットスチーム:40g/分
通常スチーム力:0-15g/分
重さ :0.95kg

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★★★☆
3・滑りやすさ ★★★☆☆
4・作業時間  ★★★★☆
5・総合評価  ★★★★☆

 コード付きのティファールのヴァーチュオ20が良いでしょう。

 201709181350.jpg

 かけ面のコーティングは、フッ素樹脂加工ですから、滑りやすさの部分では、同価格帯の他社に負けます。

 201809101730.jpg

 しかし、他社に比べて、圧倒的なスチーム力があります。

 そのため、(洗濯機から取り出し忘れた)ジーンズなど、厚手の生地でも短時間で効率良くしわを伸ばすことができるでしょう。

 本体の重さも1kgを切っており、扱いやすいです。コード付きで、スチーム力を重視するならば、最も良い選択肢です。


第3に、1人暮らし初心者で、ワイシャツ向けの入門用アイロンを探している人は

 201909300620.jpg

 【2018年発売】

 19・日立 Vegee CSI-301 A
  ¥3,480 Amazon.co.jp (9/30執筆時)
 

かけ面:セラミック
コード:コードレス
注水量:80ミリリットル
スチーム量:なし
重さ :0.78kg

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★☆☆☆
3・滑りやすさ ★★★★☆
4・作業時間  ★★★☆☆
5・総合評価  ★★★★☆

 コードレス式の日立のVegeeがオススメです。

 201809101844.jpg

 ワイシャツ程度のしわ伸ばしをたまにするだけで、あとは、クリーニングに出している状況ならば、この機種で十分対応できます。

 また、小型軽量のため、重いアイロンよりも初心者向けです。その上で、コーティングは「セラミック」と5000円以下では「豪華」です。

 スチームのパワーは、さほどありませんが、それ以外に大きな欠点はないため、(お金のかかる)新生活で「できるだけ予算を節約したい!」場合には、「家計に優しい」選択肢と言えます。

補足・高品質なアイロンに関する記事

 というわけで、今日は比較的安い価格のアイロンについて書きました。

 201809101115.jpg

1・コードレスアイロンの比較記事
2・コード付きアイロンの比較記事

3・衣類スチーマーの比較記事

 冒頭でも書きましたが、5000円以上の機種についての記事も別にあるため、もう少し性能が良い機種もお探しならば、上記1番の記事をご覧ください。

 また、「ハンガーショット」が得意な小型のハンディタイプをお探しの方も、3番の記事に記事がありますので、よろしくお願いします。

ーーーー

 

 スタンド式人体型アイロン台 プレミアム
  ¥4,492 Amazon.co.jp
(9/30執筆時)

 

 アルミコート アイロン台 H-3060
  ¥1,028 Amazon.co.jp
(9/30執筆時)

 また、アイロン台もお忘れなく。

 基本的には、普通のアイロン台で良いですが、広めのかけ面がある製品を選ぶ場合は、立ち掛けできるアイロン台を使うと簡単にアイロン掛けできます。

  201803121523.jpg

4・1人暮らしに必要な家電の紹介記事

 また、このブログ「モノマニア」では、1人暮らし向けに必要な家電や家具類を20ジャンル以上まとめた記事もあります。

 新生活をはじめる方で、色々お探しのものがありましたら、このリンク記事もよろしくお願いします。

ーーー

  最後になりますが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 06:22 | 生活家電

2019年09月29日

比較2019'【強力スチーム】T-Falのアイロン全機の性能とおすすめ:コード式・コードリール式アイロン(iron-3)

【今回レビューする内容】2019年 T-Falのコード付き強力アイロンの性能とおすすめ:ハイパワーショット搭載機:機種の違いや性能ランキング

【比較する製品型番】コンフォートグライド 2690 FV2692J0 2691 FV2693J0 ヴァーチュオ20 FV1320J0 ターボプロ 5604 FV5604J0 アルティメットFV9751J0

今回のお題
スチーム力が強いT-Falアイロンのおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今回は、2019年9月現在、最新のT-Falのアイロンの比較です。


 201812221543.jpg

1・強力アイロンの比較記事
2・コードレスアイロンの比較記事

3・ 衣類スチーマーの比較記事
4・4000円以下のアイロンの比較記事

 なお、同社のアイロンは、(ほぼ)全機種比較しています。

 しかし、アイロンのタイプによって記事を4つにわけています。

  201909291753.jpg

 1回目の今回の記事では、ティファールのコードリール式・ケーブル式のアイロンを紹介します。

 世界中に「コアなファンが多いカテゴリー」で、スチーム発生量は、最も力強い製品です。

 201809101115.jpg

 2回目の【コードレスアイロンの比較記事】では、ケーブルフリーなアイロンを紹介します。

 同社が最近力を入れる分野で、他社のコードレス機より「スチーム量が多い」のが自慢です。

 201807251727.jpg

 3回目の【衣類スチーマーの比較記事】では、スチームショットに特化した機種を紹介します。

 プレスは基本できない機種ですが、ハンガーでのシワ伸ばしは、大得意です。

 なお、2回目・3回目の記事については、他社のライバル製品とも比較しています。

1・軽さ    ★★★★★
2・スチーム力 ★★★★★
3・滑りやすさ ★★★★★
4・作業時間  ★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 というわけで、以下では、ティファールのコード付きアイロンを比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 よろしくお願いします。

1・T-Falのコードリール式アイロンの比較

 201805150819.jpg

 では、具体的な機種の比較に入ります。

 なお、以下では、オススメできるポイントについては赤字で、イマイチな部分については、青字で書いていきます。


  201801262026.jpg

 【2019年型番】

 1・コンフォートグライド 2690 FV2692J0
 2・コンフォートグライド 2691 FV2693J0
    ¥7,495 Amazon.co.jp (9/29執筆時)

かけ面 :特殊セラミック
コード :電源ケーブル
注水量 :270ミリリットル
ジェットスチーム:60g/分
重さ :1.1kg

 ティファールコンフォートグライドは、同社のコード付きアイロン入門機です。

 型番を替えつつ長期間生産していますが、最新モデルは、こちらとなります。

  201909291702.jpg  

 本体の重さは、1.2キロです。

 「重め」と言われるT-Falのアイロンにしては軽量です。上位機種比べると、さほど重くありません。

 かけ面のサイズは、上位機より多少小さめとはいえ、他社のコードレス機に較べると相当大きく、アイロン掛けできる「面的な広さ」は十分です。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック ニッケル
3
ハードチタン

4
シルバーチタン
シルバーTダイヤモンド
5

シルバーセラミック
6
チタン
シルバーチタン
7 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のグレードは、同社2位特殊セラミックかけ面です。

 最上位機種はパラジウムコートがなされたオートクリーンかけ面です。

 こちらはそれに次ぐ第2位のグレードで、性能面(すべりやすさ)では、パナソニック2位のセラミックコートに匹敵します。

 なお、一般的に高級な素材を使っているほど、アイロンがすべりやすくかけやすいと言えます。上図では、順位が上なほど、高級なかけ面になります。

 さらに、2019年からは、エナメルコーティングを2層とすることで、滑りやすさが33%アップしました。

 そのため、同社のサイトでは、「エアーグライドかけ面」という名称を使いはじめました。

 201909291711.jpg

 スチームのパワーは、60g/分というスペックです。

 アイロンは、下部に孔が多く開いており、そこからスチームが噴出する仕組みです。T-Falはその強力さで有名で、下位グレードでも、パナソニックなどの最上位機種の4倍以上の強力さです。

 なお、通常のアイロン掛けの際は、(温度調整により)0-15g/分まで可変可能です。

 スチーム量は、温度設定による自動調整となります。

 201909291722.jpg

 そして、頑固なシワについて、ジェットスチームトリガーを押した場合について60g/分が噴射されます。

 なお、アイロンを立てた状態でもスチームを出せる「バーチカルスチーム」は、同社の製品については、全機種とも対応です。

 201709181109.jpg

 操作部は、ダイヤルとレバーを使う方式です。

 温度は、ドライ・弱・中・高から選択できます。

 なお、スチーム量は自動調節タイプです。スチームスイッチを押した後、温度調整ダイヤルを「中・高温」に合わせるとスチームできます。

 安全性能は、一般的な水漏れ防止機能を、装備します。

 安いアイロンだと、かけ面の温度が低いとき、スチーム化しない液体状態の水が孔からこぼれることがありますが、それを未然に防いでくれます。

 ただし、アイロンの自動オフ機能は、上位機と違って未付属です。

---

 以上、コンフォートグライドの紹介でした。5000円前後で買えるT-Falの入門機です。

 価格的には最下位機種ですが、スチームは圧力式で、他社の4倍近い量があり、その強力さを体験できるでしょう。重さも1.2kgと控えめなので、「T-Falは初めて」という人にも向きそうな機種だと思います。

ーーー

  201906241150.jpg

 3・ティファール ヴァーチュオ20 FV1320J0
   ¥3,238 Amazon.co.jp (9/29執筆時)  

かけ面:ふっ素樹脂加工
コード:電源ケーブル
注水量:200ミリリットル
ジェットスチーム:40g/分
重さ :0.95kg

 なお、ティファールからは、より安い製品として、ヴァーチュオ20というモデルも販売されます。

 この機種については【5000円以下の激安アイロンの比較記事】で、他社機と詳しく比較しています。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック ニッケル
3
ハードチタン

4
シルバーチタン
シルバーTダイヤモンド
5

シルバーセラミック
6
チタン
シルバーチタン
7 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のグレードは、同社2位特殊セラミックかけ面です。

 一方、コンフォートグライドと較べると、かけ面が単なるフッ素樹脂加工であるため、滑りやすさの部分で、値段以上の差があると言えます。

 スチーム量も、ジェットスチームトリガーを押した場合に40g(通常は15g)で、アイロンの重みも1kgを切るため、あまり、ティファールらしい機種とは言えないでしょう。

 上位機をおすすめします。


 201909291655.jpg

 【2019年】

 4・ターボプロ 5604 FV5604J0  
    ¥11,631 Amazon.co.jp (9/29執筆時)

かけ面 :オートクリーンかけ面
コード :電源ケーブル
注水量 :300ミリリットル
ジェットスチーム:110g/分
重さ :1.4kg

 ターボプロは、T-Falのコード付きの「中位機種」です。

 同社の場合、この機種から、「ハイグレード」と言える機能が多く搭載されていきます。

 201909291644.jpg

1・スマートプロテクト4970 FV4970J0
2・アクアスピード5336 FV5336J3
3・スーパーグライド3910 FV3910J0
4・ウルトラグライド4920 FV4920J0
5・ウルトラグライド4921 FV4921J0

 なお、T-FALは、2018年までは、中位機を5種類出していました。

 しかし、2019年からこちらの「ターボプロ 5604」だけに統一したので、構成が分かりやすくなりました。

 201909291700.jpg

 本体の重さは、1.5kgです。

 下位機種より重いですが、T-FALの場合は、重さを活かしつつ滑らせながらかける方式なので、弱点ではないです。

 かけ面も広くなっていますし、この機種から1200Wから1400Wにパワーアップされ、基本性能は相当程度上がっています。

 201909291706.jpg

 スチームのパワーは、この機種の自慢で、ジェットスチームトリガーを押した際の出力は、110g/分と相当強力です。

 下位機種と較べると倍近い力が出せます。

 201909291713.jpg

 通常のアイロン掛けの時のスチーム量も、0-25g/分まで調整可能ですので、下位機種より幅が広いです。

 201909291718.jpg

 かけ面のグレードは、パラジウムコーティング処理がなされた「オートクリーンかけ面」が採用されます。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック ニッケル
3 セラミック ハードチタン

4
シルバーチタン
シルバーTダイヤモンド
5

シルバーセラミック
6 チタン チタン
シルバーチタン
7 フッ素
フッ素
フッ素

 上表のように、オートクリーンかけ面は、ティファール社のランキング第1位の滑りやすさを誇るコーティングです。

 「オートクリーン(メンテ不要)」とは、かけ面に付着した繊維を、蒸気と二酸化炭素に分解して自動で取り除くという仕組みです。

 素材のパラジウムは、自己体積の935倍の水素を含有できるため、熱を加えると酸化触媒反応が起こり、繊維を無機化合物に変化させます。そのため、チーム孔に繊維ゴミがたまらず、メンテ不要です。

 実際、アイロンからカルキの固まりがでるのは不快ですし、良い機能だと思います。アイロンを多用する人には、オススメの技術です。

 その上で、コンフォートグライドと同じく、「2層エナメルコーティング」がなされるため、「すべりが良い」機種です。

 201909291726.jpg

 安全性能は、この機種も、水漏れ防止機能を備えます。

 その上で、オートオフ機能が付属するため、下位機種より安全性も高まっています。

---

 以上、T-Falターボプロの紹介でした。

 下位機種と値段差はありますが、かけ面のグレード・スチーム量とも増加しており、より「ティファールらしい製品」になっていると評価できます。

 安全性も高まっていますので、1万円前後で考える場合、割と良い選択肢に思えます。


 201812221554.jpg

 5・アルティメットFV9751J0
  ¥13,643 Amazon.co.jp (9/29執筆時)

かけ面 :オートクリーンかけ面
コード :電源ケーブル
注水量 :320ミリリットル
ジェットスチーム:140g/分
重さ :1.7kg

 アルティメットは、ティファールのコード付きの機種では、最上位機種になります。

 そのため、現状で、 ターボプログに次ぐ、上位機です。

 201809101256.jpg

 本体の重さは、フォートグライドに較べて面積が拡がり、よりかけやすくなっています。

 重さは、1.7kgです。

 安定感がさらにましており、T-Falの愛用者の場合、これほどの重さが丁度よいでしょう。

 201506270912.jpg

 かけ面のグレードは、ターボプロ同様で、「オートクリーンかけ面」が採用されます。

 グライドと同じく、「2層エナメルコーティング」がなされるため、「すべりが良い」機種です。

 201812221602.jpg

 スチームのパワーも、かなり強いです。

 ターボショット時は、76個の吹き出し孔から、最大140g/分とさらに強力です。

 厚手の生地のシワでも強力に取り除けます。

 先述のように、コードレス機も最近はスチーム量が増えていますが、ここまで圧倒的な機種はないため「アルティメット」という名称に、名前負けしていない機種と言えます。

 通常のアイロン時のスチーム量は最大25g/分ですから、ターボプロと同様です。

 利便性においてこの程度がちょうどなのでしょう。

  201812221604.jpg

 本体の操作性は、堅牢性重視です。

 パネルボタンなどを採用せず、アイロンの温度やスチームの調整はダイヤル(手元)で行います。

 安全性能は、ターボプロと同等水準で、水漏れ防止機能オートオフ機能を備えます。

---

 以上、アルティメットの紹介でした。

 ターボプロと較べた場合、(ボタンを押した)ジェットスチーム時のパワーが「同社最大」という部分が魅力です。

 本体の荷重も1.7kgとしっかりしているため、重さを活かして伸ばすという意味では、現状で最も「合理的」な製品だと思います。

今回の結論
スチームアイロンのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、T-Falのコードリール式アイロンお紹介してきました。

 最後に、いつものように、目的別・予算別に、最終的な「おすすめ機種」を改めて選定していきます。


 第1に、とにかくハイパワーなスチームアイロンを探している方は、

 201812221554.jpg

 5・アルティメットFV9751J0
  ¥13,643 Amazon.co.jp (9/29執筆時)

かけ面 :オートクリーンかけ面
コード :電源ケーブル
注水量 :320ミリリットル
ジェットスチーム:140g/分
重さ :1.7kg

1・軽さ    ★★★☆☆
2・スチーム力 ★★★★★★
3・滑りやすさ ★★★★★★
4・作業時間  ★★★★★★
5・総合評価  ★★★★★★

 ティファールのアルティメットスチームパワー良いでしょう。

 ターボプロもありますが、値段差もさほどありませんし、あえて、中級機を選ぶ必要性は現在はないと思います。

 201809101256.jpg

 本体の重さは、1.7kgと決して軽量ではありません。

 ただ、その分、かけ面積が広く、短時間でアイロン掛けが終えられる機種です。また、本体の重量を使ってうまくプレスをすれば、その重さは逆に優位点です。

 実際のところ、ティファール社のアイロンの「思想」を最も表現しているのは、こちらのコード付きモデルのアルティメットオートクリーンだと感じます。

 201506270912.jpg

 かけ面のグレードは、最上位のオートクリーンで、孔についてメンテナンスフリーのパラジウムコート(オートクリーン)を採用しており、ハイパワーなこの機種に相応しいです。

 また、厚手の生地向けにジーンズモードを採用していたり、機能面でも気が利きます。

 そのほか、アイロン低温時の水漏れを防ぐ機能は、下位機種には搭載されず、大きな魅力です。

 201809101332.jpg

 スチームのパワーは、140g/分と桁外れです。

 こうした点で、男女問わず、「アイロン掛け好き」が使う場合は、セミプロ仕様とも言えるパワーを持つこの機種がイチオシです。


 第2に、短時間で効率の良くかけられる5000円前後のアイロンを探しているならば、

  201801262026.jpg

 【2019年型番】

 1・コンフォートグライド 2690 FV2692J0
 2・コンフォートグライド 2691 FV2693J0
    ¥7,495 Amazon.co.jp (9/29執筆時)

かけ面 :特殊セラミック
コード :電源ケーブル
注水量 :270ミリリットル
ジェットスチーム:60g/分
重さ :1.1kg

1・軽さ    ★★★★☆
2・スチーム力 ★★★☆☆
3・滑りやすさ ★★★★☆
4・作業時間  ★★★★☆
5・総合評価  ★★★★☆

 ティファールの、スーパーグライドでしょう

 201809101337.jpg

 本体の重さは、1.1kgです。

 重さは、ティファールユーザーからすると「物足りない」部分もあります。

 ただ、初めて同社のコード付きを使う入門者用と考えると、この程度の重さから入るほうが、違和感が生じず、むしろスムーズかもしれません。

 その上で、かけ面は十分広いためは、同社のコード付きの「だいご味」は味わえます。

順位 T-fal Panasonic 東芝
1 オートクリーン ミラーマジ軽 ボロン
2 特殊セラミック セラミック ニッケル
3
ハードチタン

4
シルバーチタン
シルバーTダイヤモンド
5

シルバーセラミック
6
チタン
シルバーチタン
7 フッ素
フッ素
フッ素

 かけ面のグレードも、同社2位特殊セラミックかけ面です。

 安価な機種としては「格段に良い」と言えるでしょう。

 先述のように2019年モデル以降は、(同じコンフォートグライドという商品名でも)新しく、2層エナメルコーティングを施しているため、すべりの面では、1万円以上の上位機に匹敵します。

 201809101258.jpg 

 スチームのパワーも、60g/分です。

 上位機に及ばないとはいえ、他社よりも3倍以上強力です。

 コード付きという部分に問題がないならば、この機種は入門機として優秀だと思います。

補足このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回はアイロンの紹介でした。 

 201807251727.jpg

1・コードレスアイロンの比較記事
2・衣類スチーマーの比較記事
3・ズボンプレッサーの比較記事
4・4000円以下のアイロンの比較記事

 このブログには、話題のスチーマーをふくめて、衣類にかかわる家電の関連記事もありますので、こちらもよろしくお願いします。

 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

---

 この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ幸いです。

 ではでは。

posted by Atlas at 17:58 | 生活家電

2019年09月28日

比較2019'【寝具別】布団クリーナー最新27機の性能とおすすめ:選び方:ダニ対策

【今回レビューする内容】2019年 人気の布団掃除機の性能とおすすめ・選び方:ダニ対策用のベッド・ふとん掃除機:レイコップ・パナソニック ダイソン シャープ アイリスオーヤマ 日立 東芝 コードレスふとんクリーナー ハンディクリーナー レイコップ ふとん専用ダニクリーナー 機能の違いやレビュー・性能ランキング

【比較する製品型番】SHARP コロネ EC-HX150-N Panasonic MC-DF500G MC-DF110C-P DYSON V7 Mattress HH11 COM V7 Trigger pro HH11MH PRO レイコップ RS2 RN RE RX RP AIM-UC21 IC-FDC1 VC-CLF1 IC-FAC2 IC-FAC2PZ PV-FC100 IC-FAC3

今回のお題
ふとん掃除機・ふとんクリーナーのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年9月現在、最新のふとんクリーナー(布団掃除機)の比較です。

 201809111325.jpg

 効果的な「ダニ対策」ができるか?を主題に、売れ筋製品を調査します。

 レイコップ・パナソニック・ダイソン・シャープ・アイリスオーヤマなどの主要製品は網羅しました。

1・吸引力(ベッド)★★★★★ 
2・吸引力(ふとん)★★★★☆
3・本体の操作性  ★★★★★★
4・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

 よろしくお願いします。

---

1・ふとん乾燥機の比較記事
2・ふとん掃除機の比較記事

 なお、今回の記事は、このブログの寝具家電シリーズの1回目記事として書きました。 

1・布団クリーナーの選び方の基本

 201809111332.jpg

 ふとんクリーナーを選ぶ場合、絶対に注意してほしい点は、お使いの寝具の種類です。

 お使いの寝具が「ふとん」なのか「ベッド」なのかで、購入するべき機種が変わります。

 201809111335.jpg

 より正確に言えば、【敷き布団】としてご利用の寝具が、厚手のマットレスなのか、薄手のお布団なのかで、変わります。

 なぜなら、ふとんクリーナーは、同じ家電でも、その機能性から大きく3種類に分けられるからです。

1・「ふとん叩き出し」タイプ

 201805160945.jpg

 第1に、「叩き出しタイプ」です。

 有名なレイコップに代表されます。

 こちらは、1分間で10000回以上、布団に叩き振動を加えることで、「ゴミを叩き出して、そこそこの風量でダニを吸引するタイプ」です。

 201809111344.jpg

 このタイプは、畳に敷く伝統的な和布団や、ベッドでも、普通の寝具セットを引いており、厚手のマットレスを使わない方にとくに向きます。

 次に紹介する「吸いこみ」重視のクリーナーは、特に伝統的な「日本のふとん」には、吸引力が強すぎる場合があります。

 そのため、このタイプは、「ふとん叩き」の伝統がある「日本のふとん」に最適な方式です。

2・「ベッドでも強力吸込」タイプ

 201809111509.jpg

 第2に、「吸引力を重視するタイプ」です。

 ダイソンに代表されますが、「強い吸引力があるが叩き出す仕組みがないタイプ」です。

 「吸いこみ」重視のクリーナーは、厚みがある洋風ベッドのダニ対策が得意です。ダイソンはイギリスの会社で、基本的にベッド(マットレス)で利用することを想定し風力を上げています。

 201809111345.jpg 

 そのため、このタイプは、ベッドユーザーのダニ対策に効果的と言えます。また、畳でも、厚手のマットレスを直敷きしている方もこちらが向きます。

3・「ハイブリッド」タイプ

 201805161101.jpg

 第3に、「ハイブリッドタイプ」です。

 パナソニックシャープが最近打ち出した方式で、「叩き出し」「吸引力」双方を強化し、また強度を調整できる方式です。

 吸引力や叩き出しなどの個別の能力は、「特化タイプ」に及びませんが、色々なファブリックに利用しやすいのがメリット性です。

 201809111352.jpg

 したがって、このタイプは、ふとん・ベッドのほか、ソファ・車をふくめて色々試したい人に向く万能型です。

ーーー

 今回の記事では、以上の3タイプに分類しながら、各機の機能を詳しく紹介していきます。

2・「叩き出し」重視のふとんクリーナー

 201805161000.jpg

 では、レビューをはじめます。

 はじめに、レイコップをはじめとする「叩き出し」タイプの布団掃除機の比較からです。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを「赤字」で、イマイチな点を「青字」で書いていきます。


  201812280921.jpg

 【2015】

 1・レイコップ RS2-100JPK
 2・レイコップ RS2-100JWH
  ¥19,700 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.4kg
叩き出し:10000回(パッド式)
吸引力:65W(吸込仕事率)
ゴミセンサー:なし

  レイコップ RS2は、2015年10月に発売になったRSシリーズの2世代目のふとんクリーナーです。

 レイコップのふとん掃除機はかなりの数がありますが、通販番組などで「レイコップ」という場合、一般的にこの機種を示します

 レイコップは、普通の掃除機と異なって、ただゴミを吸引するだけではありません。叩きながら吸引するところに最大の特長があります。

 201805161003.jpg

 叩き出し機能は、上図の下部中央に黒色の2枚のパッドがあります。

 これが振動する仕組みで、この機能は「パワフル叩き」と名付けられています。

 上下振動により毎分10000回往復しするスペックで、高速に叩きながら運転します。ホコリをたたき出してから吸引するので、掃除機では吸うことのできないふとんの奥底のゴミを吸引することができます。

 201707121605.jpg

 ダニ対策としては、紫外線ランプでダニの動きを止めて吸収しやすくする光クリーン機能が付属します。

 この点がアレルゲン対策として売れている理由です。紫外線のランプの出力は11Wと強力です。

 吸引力は、吸い込み仕事率が65Wとさほど高くありません

 ただ、叩き出し機能との相互作用で、取れるゴミの量は実際は多いです。また、強力すぎる吸引力でふとんが吸い付いてしまわない点も魅力です。

 201809111355.jpg

 Atlasは、綿を多用する日本式のふとんの場合は特に、「叩き出し式」は特に効果を発揮すると考えています。

 日本のふとんは古来から「叩いて」ゴミを出すという「伝統」ですから。

 201809111356.jpg

 なお、こちらの機種は、たたき出す機能だけではなく、自動回転ローラーでゴミを吸収しやすくする仕組みも採用されています。

 これは、ふとん叩きとしては必須の機能ではありませんが、「取りにくい髪の毛やペットの毛までしっかりからめ取ること」ができるので、利便性はあります。 

  201511231712.jpg 

 付加機能としては、ふとんケアコントロールを搭載する点がオリジナルです。

 ふとんケアコントロールとは、軽量なふとん、掛け毛布、敷き毛布の3つのモードからなり、吸引力をそれぞれに最適に調整する機能です。

 先ほど書いたように、軽量な布団はRSシリーズだと吸い付いてしまい、うまく操作できない場合もあったのですが、それが緩和されています。最大パワーをキープしたまま、モードとして対応した点は評価できるでしょう。

 その他、レイコップの機種はどれもそうですが、HEPAフィルタを使うことで、排気のクリーンさにも配慮があります。

---

 以上、レイコップ RS2の紹介でした。

 その吸引力は、通販番組の実験を見れば一目瞭然ながら、他メーカーから後発品が出た現在でも「元祖」として優位性があると言えます。性能面では期待して良いスタンダードモデルと言えそうです。


  201801261626.jpg

 【2017】

 【吸引幅165mm】

 3・レイコップ RN VCEN-100JPWH
 4・レイコップ RN VCEN-100JPPK
  ¥22,610 Amazon.co.jp
  (9/28執筆時)

 【吸引幅150mm】

 5・レイコップ RN VCCO-100JPWH
  ¥12,000 Amazon.co.jp  (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.9kg
叩き出し:18000回(回転式)
吸引力:65W(吸込仕事率)
ゴミセンサー:なし

 レイコップRNは、2017年5月に発売された新機種です。

 位置づけ的には、格安のエントリークラスの製品です。

 現在的にはRS2の値段が(ネットでは)あまり変わらないレベルですが、こちらが「下位機種」です。

 なお、吸引幅150mmのモデルは、数量限定の廉価版となります。たたき回数などは同じですが、お掃除の時間は長めにかかりますし、オススメできません。


201707121533.jpg

 叩き出し機能は、スペック的に、1分間で18,000回とあるため、レイコップ RS2より高性能に思えます。

 しかし、仕組みが異なる点に注意が必要です。

 パッドを使う方式ではなく、上述のグリーンの吸引部の、回転式の「フィンパンチブラシ」が、ふとん面に18000回振動を与えるという仕組みです。

 この方式の場合、ふとんへのダメージは軽減されますが、叩き効果は、レイコップ RS2比較できないレベルでしょう。どちらかといえば、吸引力に頼る部分が大きいと言えます。

 ダニ対策としては、紫外線ランプを同様に採用します。ただし、8Wの出力と、上位機とは差があります。

 tech_movie03.jpg

 吸引力は、上位機種と同等の水準です。

 もともと、ベッドだけでなく、ふとんなどに対応させるため、過度の吸引力を持たせていない(持たせる必要の無い)機種ですので、上位機も、下位機も同じです。

 付加機能としては、こちらは、ふとんケアコントロールを搭載しません

 「フィンパンチブラシ」で叩き出す仕組みで、もともと吸い付きにくい構造ですが、ケットなど軽いふとんを含めて考える場合は、やはり上位機のRN2シリーズを選ぶべきです。

---

 以上、レイコップ RNシリーズの紹介でした。

 ふとん叩きに関する部分で上位機に劣るのが難点です。その分、本体は、1.9kgと500gほど軽量化され取り回しやすいのですが、費用対効果を考えても同社の製品から選ぶならRS2シリーズでしょうね。

ーーー

 201812280925.jpg

 【2014】【吸引幅150mm】

 6・レイコップ ライト RE-100JWH
 7・レイコップ ライト RE-100JPK
 8・レイコップ ライト RE-100JBL
  ¥14,504〜 Amazon.co.jp
  (9/28執筆時)

 なお、RNシリーズは、旧機種が【在庫限り】で販売されています。

 201503061538.jpg

 叩き出し機能は、RS2シリーズと同じで「パワフル叩き」があるのですが、その、サイズが小さく、回数も、毎分3300回と少ないです。さらに、吸引幅も150mmです。

 吸引力も、レイコップライト30ワットほどの吸引力(吸込仕事率)で弱めです。

 また、こちらは、右図のように、吸入口に回転ローラーが付属しません。ただ、ふとんクリーナーに、ゴミの吸引を高める工夫は決定的要素ではないでしょうので、問題ないと思います。

 ただし、日本のふとんの特性としては軽いふとんが好まれるという特長があります。

 そのため、重ねて使うような日本のふとんの場合、レイコップライトほどの吸引力とパワーのほうが意外に使いやすく、あまりに強力すぎると却って非効率的な面もあるようです。

 もちろん、この点については、上位機種のレイコップRS2シリーズでは、ふとんケアコントロールと吸入口に回転ローラーの工夫で乗り切っているわけですが、「ふとんならば、価格の安いこの機種でも十分対応できる」とは言えます。

 そういった点で、ふとん用の格安機種を探しているならば、この機種は現状お買得です。


  201805161020.jpg

 【2017】

 9・レイコップ RX RX-100JWH
  ¥59,800 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.95kg
叩き出し:45000回(回転式)
吸引力:
ゴミセンサー:なし

  レイコップRZは、2017年から展開される同社のプレミアモデルになります。こちらは、コードレス機で、3.5時間の充電で最大40分利用可能です。

  201707121602.jpg

 叩き出し機能は、この機種は、中位機種のレイコップRNを進化させた形式です。

 グリーンの吸入口の部分にあるアクティブパンチブラシに設置されたプラスチックの「クリップ状」の部分が1分間に45000回ふとんを叩く仕組みです。

 RN2シリーズとは仕組みが異なるので単純な比較はできませんが、新機軸であることは確かです。

 吸引力は、コードレス式ながら、吸入口の工夫とデジタルモーター採用で、コード付きモデルの下位機種と遜色ない実力を発揮します。

  201503061527.jpg

 ダニ対策としては、RS2シリーズより強力な16WのUVランプを搭載します。

 そのほか、「ドライエアブロー」機能を搭載したが大きな特長です。こちらはふとん内部の湿気を70度の熱風で取り除く機能です。湿気を除き、ダニが繁殖しにくくします。

 201805161018.jpg

 付加機能は、次の2点が「目玉」です。

 第1に、マイナスイオンとオゾンを併用した脱臭機能の採用です。

 これにより、本機付属の「まくらモード」で、枕の除菌と除臭に対応します。

 第2に、布質検知センサーの採用です。

 ベッドやふとん、毛布などの寝具の通気性を検知し、パワーの強弱を自動で制御します。RS2シリーズのふとんケアコントロールを強化した上位機能と言えます。

----

 以上、レイコップRZの紹介でした。

 同社初のコードレスモデルですが、その他の部分でも、新しい工夫が各所に見られ、家事家電好きには特に「楽しそう」な製品です。問題は価格です。

 予算があればこちらを選んでも良いでしょうが、従来にない機構を採用しているというリスクもあるため、ある程度価格が下がり、また、評価が定まるまでは、基本的にはRS2シリーズを選ぶのが「正解」のように思います。

 加えて、2.95kgという重さも多少ネックです。ただ、製品として面白いのは確かなので、「新しもの好き」には試してみたい機種の一つでしょう。


 201809111411.jpg

 【2017】

 10・ツカモトエイム HEAT α AIM-UC21
  ¥7,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.1kg
叩き出し:9000回(回転式)
吸引力:98W(吸込仕事率)
ゴミセンサー:なし

 AIM-UC21は、美容機器メーカーのツカモトエイムが輸入しているふとん用UVクリーナーです。

 同社の扱う製品としては新型で、AIM-UC02などの後継機種です。

 201710021323.jpg

 叩き出し機能は、新型のレイコップの方法を速くも採用しており、叩きブレードをブラシに内蔵します。1800回転/分なので、ブレードの数からレイコップ的な指標で言えば、9000回叩きほどの水準でしょう。

 ただ、レイコップのプレミアモデルに比べると、ブレードの形状はコスト優先のつくりに見えます。

 吸引力は、約98Wで、レイコップよりもスペック的には強力です。また、紫外線殺菌(UV除菌)の機能も搭載になります。

 ダニ対策としては、温風を吹き付けるヒート機能を持ちます。ただし、熱風は40度(最高60度)なので、威力は弱いでしょう。

---

 以上、ツカモトエイムのUVクリーナーの紹介でした。

 レイコップとプレミアモデルと似た機構を搭載しており、1万円前後の価格でお買得な商品です。

 ただ、ブレードの品質やヒーティング機構など、「本家」には及ばない部分が目立ちます。ただ、実用性はあるため、低予算でふとんクリーナーを試してみたい方には良いと思います。


 201805161022.jpg

 【2014】

 11・アイリスオーヤマ IC-FDC1-WP
 12・アイリスオーヤマ IC-FDC1-T 
 13・アイリスオーヤマ IC-FDC1-P 
  ¥9,908 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2.1kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:弱い(コードレス式)
ゴミセンサー:付属

 IC-FDC1 は、生活家電メーカーのアイリスオーヤマから出たコードレス布団クリーナーです。

 他社に比べてのメリット性は、コードレスで利用できることです。

 そのため、電源の取れない場所、例えば自動車のシート掃除などにも利用できます。充電池はフル充電で20分利用可能です。

  201503061618.jpg

 叩き出し機能については、レイコップの上位機と同じ、独立した振動パッド式で、毎分6000回の振動を2つのパッドで行います。

 吸引力は、吸い込み仕事率はスペック非開示です。

 しかし、ふとん掃除機としては十分な吸引力があります。ただ、やはり「コードあり」の機種よりも弱いため、根本的なアレルゲンの対策には不向きな部分があります。

 201503061629.jpg

 付加機能としては、「ダニちりセンサー(ゴミセンサー)」の搭載が目をひきます。

 掃除機の先に赤外線センサーがあり、その部分にダニが多いか少ないかを、ランプで確認できる機能です。約20μmまでの細かいゴミを補足できる点でかなり優秀です。ダニだけでなく、花粉やダニの糞まで補足可能です。

 このほか、レイコップ同様に、ダニの動きを止めるというUVランプも付属します。

---

 以上、アイリスオーヤマのふとんクリーナー IC-FDC1の紹介でした。

「叩き構造」というレイコップの良い部分に、「ゴミセンサー」コードレス方式を採用した点に、独自性のあると言える機種です。

 価格も1万円台に抑えられており、たいへんお買得な機種といえます。ただ、「叩き出し機能」「吸引力」の点では、コードレス方式ということで、やはり「コードあり」の機種よりはパワーは弱いです。

 ハウスダスト対策を完璧にしたい場合ならば、他機種の方が良いと思います。

 内蔵リチウム電池は寿命が300回です。交換用バッテリー( CBN1420)は5000円近くする点は、総費用を考える場合考慮してください。

3・「吸いこみ」重視のクリーナー

 201805161025.jpg

 続いて、ここからは「叩き出し」方式ではなく、強力な吸引力で吸い出すタイプの布団掃除機を紹介します。

 先述のように、「ベッドユーザーには特に最適な方式」です。

 ダイソンが代表的ですが、国内メーカーでもパナソニックなどからもラインナップがあります。 


 201809111424.jpg

 【2017】

 14・DYSON V7 Mattress HH11 COM
  ¥34,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.76kg
叩き出し:なし
吸引力:15気筒(サイクロン式)
ゴミセンサー:なし

 ダイソンV7 Mattressは、コードレス・サイクロン式のクリーナーになります。

 「マットレス」の名が冠されていることから分かるように、厚手の生地が得意の機種です。

 コードレス式ですが、稼働時間は30分と長めです。

 また、パワーも、後述するように、コンセント式とひけをとらないのが、同社の「売り」です。

 叩き出しは、先ほど述べたように、同社はその効果に否定的ですので、機能自体が付属しません。

 201805161032.jpg

 吸引力は、サイクロン方式を採用します。

 サイクロン式は、掃除機の吸引力の指標である「吸込仕事率」が正確にでません。

 しかし、ダイソンの場合、15気筒の強力なサイクロンを、同社独自のデジタルモーターV7で動かすため、この部分だけで言えば、どのメーカーのモデルよりも強いです。

 また、叩き出す動作で、吸引を阻害しない分、パワフルとも言えます。

 201809111428.jpg

 ふとん掃除は、付属のミニモーターヘッドで行います。パワーが強く、ダニがかき出されている感覚は強いです。叩き出すタイプよりも確実に吸っていることが分かります。

 201809111429.jpg

 一方、「オマケ」として、上記の4種類のパーツが付属です。 

 とくに、「軽いふとん」の表面のダニの除去にふとんツールが別に付きます。モーターベッドが付かず、吸引力が分散化するため、先ほど書いた吸引式の弱点である「吸引力が強すぎる」という難点を克服するものです。

 ただ、この用途の場合、叩き出し機と比べるとやや不利です。

 重量は1.76キロほどなので、レイコップより500グラムほど軽量です。20分間ほど連続使用が可能です。ただし、ふとん掃除用の強運転モードは持続が6分間です。充電は3.5時間で満了です。

 201809111432.jpg

 ダイソン延長パイプ(各色)
  ¥3,800 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 延長パイプを購入すれば、普通のクリーナーとしても利用できる仕様です。

 この用途の利便性を強調する方もいますが、ただ、布団とのヘッドの兼用は不潔だと思います。

 そのため兼用で考える場合は、このブログの【おすすめコードレス掃除機の比較】で比較したような普通の掃除機で、(布団掃除用の)ミニモーターヘッドが「オマケ」で別に付いている機種を選ぶべきです。

 201809111436.jpg

 清潔性の面では、 一方、ポストモーターフィルターが採用され、吸いこんだダニが再度舞い上がりにくくなっています。また、運転音も旧機種に比べて若干押さえられました。

 その上で、ゴミにアクセスせずに、ワンタッチで捨てられる点も強調できるでしょう。

---

 以上、ダイソンのV7 Mattressの紹介でした。吸引力については「折り紙付き」です。寝室が洋風ベッドである場合は、この機種は「断然オススメ」です。

 車やソファ用にも使えるため、汎用性も高いと言えます。ただし、叩き出し機能がない点で、軽い布団への対応力は、叩き出しに特化した機種や、ハイブリッド機よりやや弱いでしょう。

ーーー

 201809111420.jpg

 【ふとんツールなし】

 15・Dyson V7 Trigger HH11MH
  ¥22,790 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【カーチャージャー付属】

 16・Dyson V7 Trigger Car&Boat HH11MHA
  (¥25,828) Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【全部付属】

 17・Dyson V7 Trigger pro HH11MH PRO
  ¥33,480 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 なお、ダイソンのV7シリーズはこれとは別に3機種の選択肢があります。

 201809111444.jpg

 どれも、同じV7 Mattressと同じミニモーターヘッドが付属するため、同レベルのふとん掃除に対応できます。

 HH11MHは、しかし、布団ツールがないため、軽い布団には対応できません。また、延長ホースも未付属です。

 201809111448.jpg

 HH11MHAも、布団ツールが付かない機種で、その代わりにカーチャージャー・延長ホース・ハードブラシが付属します。

 したがって、マットレスのほか、車のファブリック掃除に使いたい場合は良いでしょう。

 201809111451.jpg

 HH11MH PROは、布団ツールやカーチャージャーを含めて全てのオプションが付属する上位機です。

 したがって、ふとん掃除機用のV7 Mattressの上位互換と言えます。

 販売在庫数の関係で下位機より安い場合もあるため、車のファブリック掃除もなさるかなどは、ふとん掃除機兼用に、こちらの上位機を選んでも良いと思います。

 201809111454.jpg

 [並行輸入品]

 ミニモーターヘッド V7 V8シリーズ専用
  ¥6,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 ただ、車は、靴を履いて座る部分もあります。

 そのため、布団と兼用する場合の清潔性の面を重視するならば、ミニモーターヘッドを別に買っておき、使い分けるのも良いでしょう。


 201809111457.jpg

 【2015】

 18・Panasonic ふとん掃除機 MC-DF110C-P
  ¥8,942 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.3kg
叩き出し:なし
吸引力:180W
ゴミセンサー:付属

 MC-DF110C-Pは、パナソニックのふとん掃除機です。

 同社は、日本の大手家電では初めてふとんクリーナーを発売したメーカーです。この商品は、初号機のMC-DF100Cに続く、2世代目の最新機になります。 

 201407231318.jpg

 こちらは、レイコップと違って、振動パックで叩くのではなく、ノズル部分に付いたローラーが叩き出す仕組みです。

 吸引力は、180Wとレイコップ上位機種の2倍以上あります。叩き出さない分だけ、吸引力を高めるという発想です。

 この点については、吸引力が強すぎるとふとんに対付いてしまい吸引しなくなる可能性があると、先ほど説明しました。

 ただ、パナソニックは、かき出しブラシをノズルに直接配備し、密接しないような構造にすることでこの問題を解決しています。

 201407231330.jpg

 付加機能は、パナソニックの場合、ハウスダストセンサー(ゴミセンサー)を搭載します。これは、ノズルの中に「赤外線センサー」を配置し、微細なダニやゴミをセンサーで検知する仕組みです。

 見えないホコリやアレルゲンをしっかりと取り切ったかどうか、目で判断できます。

 ただ、その精度はさほど良くなく約70μmであるため、ダニ自体は検知できますが、ダニの死骸や糞までの感知には対応しません

 先ほど度紹介したアイリスオーヤマの機種に比べると物足りない部分です。

 201407231335.jpg

 なお、こちらの機種には、小型ノズルとサッシ用のノズルが付きますので、ふとんクリーナーとして以外に、ハンディクリーナとしても利用可能です。このほか、ロングホースアタッチメントも付属します。

---

 以上、パナソニック社のMC-DF100C-Wの紹介でした。

 レイコップ社とは技術が異なります。

 しかし、模倣せず、自社の優位性を活かした新製品を出している点に好感が持てます。価格も値頃で、機能性も期待でき良いと思います。国内の大手メーカーなので保証の面でもしっかりしているでしょう。

3・ハイブリッドタイプの布団掃除機


 201805161029.jpg

 最後に、「叩き出し」と「吸引力」の両立を目指した、「ハイブリッドタイプ」の布団クリーナーを紹介します。

 メーカーとしては、先行したパナソニックシャープのほか、日立東芝も製品を展開しています。


 201805161039.jpg

 【2015】

 19・パナソニック MC-DF500G-S
 20・パナソニック MC-DF500G-P
  ¥14,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(450W)
ゴミセンサー:付属

 MC-DF500Gは、パナソニックの最新のふとんクリーナーです。

 こちらも「吸い込み」重視の作りですが、「叩き出し」に似たシステムも搭載します。

 201511231641.jpg

 叩き出しは、レイコップの上位機同様に、独立した振動パッド(ビートブラシ)を持ちます(2番)。

 このブラシは、6000回/分で高速振動して、ほこりを「かきあげる」構造を取ります。

 ただ、これはレイコップのような「叩き出す」という役割ではなく、表面のほこりをかきあげてしっかりとノズルに吸いこませる役割を担う機構です。

 薄いシーツや薄めの布団でも本体が吸い付かず、しっかりとゴミをかき上げます。

 吸引力については、吸込仕事率としては情報非公開です。

 ただ、450Wの電力を用いてモーターを動かす新開発のハイパワーモーターの力で、従来機よりもかなり性能が増しています。

 また、ビートブラシとスムースローラーのおかげで、吸い付かずに駆動できるため、吸引力と操作性が両立できています。

 201511231654.jpg

 交換用パック(S型) 10枚 AMC-U2
  ¥606 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 一方、この機種は消耗品として交換パックが必要です。

 ただ、サイクロン式ではなく、あえてパック式を採用したのは理由があります。

 これは、ゴミを捨てる際にゴミが散らないようにという配慮です。ハウスダストの除去を最優先に考えたとき、交換パック式が第一の選択肢だったわけです。

201511231656.jpg

 付加機能については、こちらもハウスダスト発見センサーも搭載されます。

 センサーは優秀であり、20μmまでの細かいダストを検知します。下位機種もダニのサイズの発見に対応していましたが、こちらは、ダニの死骸や糞まで感知できる点で高性能です。

---

 以上、パナソニックのMC-DF500Gの紹介でした。十分な吸引力と高性能なハウスダスト発見センサーが「売り」の機種です。

 また、ビートブラシを採用するため、吸引力が強すぎて操作性が悪いという「吸い込み重視」のクリーナーに共通する欠点もない点でも優れた機種だと思います。

 一方、ハイブリッド式で、布団とベッドどちらも対応できそうですが、どちらかと言えば、布団の方に特化した「日本向け」な機種と言えそうです。

ふとんがメインで、たまにソファなどにも使いたい方に向きます。 


 201805161048.jpg 

【2015】

 21・シャープ コロネ EC-HX150-N
 22・シャープ コロネ EC-HX150-W
  ¥12,740 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.4kg
叩き出し:12000回(回転式)
吸引力:(530W)
ゴミセンサー:付属

 シャープの「コルネ」シリーズも、パナソニックのMC-DF500Gのように、「吸引力」と「たたき」を重要視した、コード付きクリーナーです。

 201511231748.jpg

 叩き出しには、SHARPは回転ブラシに付属したブレードを使う方式です。

 パナソニックと方式が異なるので単純に比較はできませんが、(特化型のレイコップにはかなわないものの)12000回/分と十分な水準です。

 布団の表面近くのほこりをかき上げつつ、吸い取る仕組みが取られます。

 吸入口は広めの21cmでしっかりゴミを吸引します。

 また、強すぎる吸引力が悪影響する軽い布団などのために「デリケートモード」も搭載されます。

 201511231752.jpg

 吸引力については、この機種の場合、パック式ではなく、サイクロン式を取る点に特徴が見られます。

 同社の掃除機で培った事実で、そのパワーは他社に引けを取りません。また、利便性の面でも性能が期待でき、ゴミ捨ては簡単であり、本体の水洗いも可能です。

 清潔性の点では、パック式の方が上でしょうが、利便性ならばやはりサイクロン式です。

 201511231754.jpg

 また、レイコップの最上位機と同じように、温風を布団に吹き付ける機能を持ちます。

 ただ、温度はレイコップ70度に対してこちらは40度です。したがって、布団の湿気を取り除くような用途ではなく、布団にへばりつく「ダニの爪」を熱風で引きはがして吸引しやすくするための機能になります。

 付加機能については、この機種は、マクラの消臭ができるプラズマクラスター発生機能が付きます。

 これについては、布団掃除のような短時間の仕様では効果をさほど実感できないでしょう。

 「おまけ」と思って良いです。一方、パナソニックに比べると、ハウスダスト発見センサーが付属しない点がやや残念な部分になります。

---

 以上、シャープの「コルネ」シリーズの紹介でした。

 パナソニックのMC-DF500Gとどちらにすべきか迷う機種です。吸引力については、フルパワーモードを利用した状態のコルネの方が上なので、ベッドやソファなどについては、こちらが良いでしょう。

 一方、布団での操作性とハウスダストセンサーが装備されない点では、パナソニックに及ばない部分があります。また、重さも、2.4kgと重めです。

 その点で言えば、ベッド・ソファがメインで、来客用の布団などにもたまに対応させたい場合に、この機種は良いでしょう。


  201812281136.jpg

 【2015】

 23・東芝 トルネオ ヴイ コードレス VC-CLF1
  ¥20,941 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2kg
叩き出し:1600回(パッド式)
吸引力:10気筒
ゴミセンサー:付属

 VC-CLF1は、東芝の最新のふとんクリーナーです。

 同社は、「日本のダイソン」的な位置づけで、サイクロン式に昔から取り組んでいるメーカーですね。こちらは、ハイブリッド式ですが、利便性の高いコードレス式を採用します。

  201812281138.jpg

 叩き出しは、レイコップやパナソニックと同じ、信頼性の高いパッド式です。東芝は、回転振動数は1600回/分と低いですが、パッド部分の面積を考えれば、パナソニックの6000回と同等と思われます。

 この点で言えば、布団の対応力は、(ハイブリッド式では)パナソニックに次ぐと言えそうです。構造的にも叩きの部分は割と重視した造りです。

 吸引力については、10気筒のサイクロン式です。

 ダイソンには及ばないものの、ハイブリッド式ではおそらく最も吸引力が期待できるでしょう。

  201812281150.jpg

 ダストケースは0.2Lと多めで、圧縮サイクロンを採用するため、ゴミ捨ても楽です。

 付加機能については、こちらゴミセンサー(ゴミ残しまセンサー)搭載されます。ただ、感度は非公開で、ダニの死骸まで検知できるかは不明です。

---

 以上、東芝のVC-CLF1の紹介でした。

 コードレス式を採用する利便性が「売り」です。自動運転時の稼働時間が(最大6-25分)とあまり長くないのはネックですが、コードレス式なので、自動車などにも使える点は利点だと思います。


 201906151605.jpg

 【2019/5】

 24・アイリスオーヤマ IC-FAC3
  ¥11,328 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.6kg
叩き出し:7000回(パッド式)
吸引力:(400W)
ゴミセンサー:付属

  IC-FAC3 は、アイリスオーヤマ布団クリーナーです。

 201906151606.jpg

 ここ数年、大手家電メーカーが新機種を投入しない中、毎年モデルチェンジをしているのが同社です。

 格安ですが、叩き構造とサイクロン式気流を併用しており、ハイブリッドタイプと分類してよい製品です。

 201812281028.jpg

 叩き出し機能については、専用の叩きパッドを利用する方式です。

 叩きは、7000回叩き/分と、この価格帯のパッド式として優秀です。

 201812281033.jpg

 吸引力は、一方で、SHARP同様にサイクロン式を採用します。

 また、一般的な横気流のサイクロンのほか、ヘッド内部で縦気流を起こしてゴミを吸引しやすくする仕組みが取られます。

 これは【コードレス掃除機の比較記事】で紹介した、同社の掃除機と同じ仕組みで、最近「売り出し中」の技術です。

 したがって、この機種は「叩き」より「吸込み」を重視した設計と言えそうです。

 ただ、吸引部にローラー(モーターヘッド)がない構造ですし、パナソニックのように、軽めの布団に対して、吸い付きすぎる問題の解決は、ノータッチです。

 こうした点で、総合的な実力が1万円以上の他社機より高いというわけではないです。

 201812281040.jpg

 付加機能としては、パナソニックと同じで、「ダニちりセンサー(ゴミセンサー)」の搭載が目をひきます。

 感度も約20μmまでとスペック上同等です。サイクロン部分のイルミネーションで表示されるのが面白いです。

 そのほか、シャープ同様に、温風を布団に吹き付ける機能を持ちますが、温度は非公開で、「ダニのツメを剥がす」目的ではなく、布団をふっくらさせる目的での採用です。

---

 以上、アイリスオーヤマのIC-FAC3の紹介でした。

 叩きを採用した上で、強力なサイクロン式をとって、しかもゴミセンサーまで付属して「この値段」というのは、他社にとって脅威でしょう。重さも1.6kgと軽量です。

 ただ、先述のように、吸引部分にローラーがない点、吸い付き問題について高度な解決がなされていない点で、値段相応の部分もあるでしょう。ただ、それでもお買い得感は高いです。

 201812281018.jpg

 【2018】

 【通常版】【6000回叩き/分】

 25・アイリスオーヤマ IC-FAC2
  ¥7,280 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【廉価版】【5800回叩き/分】

 26・アイリスオーヤマ IC-FAC2PZ
  ¥6,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.6kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(400W)
ゴミセンサー:付属

 なお、同社の下位機種として、以上の2機のラインナップがあります。

 201906151608.jpg

 新機種と比較した場合、ゴミが捨てやすくなるオマケのフィルター(25枚)が付属しない機種です。

 叩き出しも1000回(下位機種は1200回)少ないですが、値段が倍以上安いため、現状で選ぶならばこちらでしょう。



 201812281208.jpg

 【2015】

 27・日立 ふとんクリーナー PV-FC100
  ¥12,069 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

重さ:2.4kg
叩き出し:10000回(回転式)
吸引力:(450W)
ゴミセンサー:なし

  PV-FC100は、日立布団クリーナーです。

 以下で説明するように、ハイブリッドタイプと分類してよいか、やや悩んだ機種です。

 201812281212.jpg

 叩き出し機能については、振動パッドを用いない回転式です。

 回転振動数は10000回/分ですから、専用の叩きパッドを持たない点で同様といえるシャープに比べると弱いですね。

 吸引力は、この機種もサイクロン式を採用します。ただ、吸引力は、「モーターの日立」としては、あまり強調されない製品で、あくまで「ふとん用」として設計している印象です。

 付加機能としても、ゴミセンサーを採用せず、ヘッド部分の構造についても、あまり独自性がないです。

----

 以上、日立のPV-FC100の紹介でした。

 ハイブリッド式の中で見ると、価格は安めだが、強調できる部分に乏しい機種です。個人的にはもう一工夫欲しいところでした。

今回の結論
ふとんクリーナーのおすすめは結論的にこの機種! 

 というわけで、今回は、ふとんクリーナーについて書いてみました。

 最後にいつものようにAtlasのおすすめ機種をあげておきたいと思います。


 第1に、家庭のアレルゲン対策として、総合性能が高い製品は、

 201805161039.jpg

 【2015】

 19・パナソニック MC-DF500G-S
 20・パナソニック MC-DF500G-P
  ¥14,980 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(450W)
ゴミセンサー:付属

1・吸引力(ベッド)★★★★☆ 
2・吸引力(ふとん)★★★★★
3・本体の操作性  ★★★★★
4・総合評価    ★★★★★

 パナソニックのMC-DF500G-S を推します。

 ビートブラシでゴミを「かき上げ」、コード付きの電力量を活かしたハイパワーモーターの力で残さず吸引していけるという点がまず評価できます。

 加えて、吸引力を犠牲にせず、「布団の吸い付き」を防止できている点で、ふとん掃除という点に特化して考えるならば、最高の選択肢の1つだと思います。

 201511231656.jpg

 付加機能の点でも、同社のハウスダスト発見センサーは定評があります。ハウスダスト発見センサーは掃除機では一般的ですが、ふとんクリーナーへの搭載は希です。

 しかし、ふとん掃除をしても、ほこりやちりは目に見えないので、ゴミを吸引し終えているかをモニタリングできるこの機能は、ふとん掃除機にこそ搭載すべき機能といえます。

 新製品としては、価格も安いので、その点でもオススメできます。

 201511231654.jpg

 交換用 パック(S型) 10枚 AMC-U2
  ¥606 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 消耗品となるパックについても10枚で600円強ですので、さほどネックにはならないでしょう。

 使用頻度を考えれば、最初に買ってしまえば、数年は再購入不要だと思います。

ーーー

  201812281136.jpg

 【2015】

 23・東芝 トルネオ ヴイ コードレス VC-CLF1
  ¥20,941 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2kg
叩き出し:1600回(パッド式)
吸引力:10気筒
ゴミセンサー:付属

1・吸引力(ベッド)★★★☆☆ 
2・吸引力(ふとん)★★★★☆
3・本体の操作性  ★★★★★★
4・総合評価    ★★★★★

 ただし、パナソニックはコードレス式ではありません。

 そのため、自動車のファブリックなどにも使いたい方は、コードレス式が前提となります。

 その場合で、「和ふとん」との兼用を図りたい場合は、東芝のVC-CLF1のほうが良いでしょう。

 コードレス式ながら、(ダイソンを除けば)パワーは期待できますし、しっかりした叩きパッドがある点で、(ダイソンと異なり)薄めの布団にも高度に対応できますので。

 紙パックのコストがかからない点も、ランニングコストの点で良い部分です。


 第2に、厚手のマットレスユーザーで「パワー重視」で強力に吸引したい場合は、

 201809111424.jpg

 【2017】

 14・DYSON V7 Mattress HH11 COM
  ¥34,000 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

 【全部付属】

 17・Dyson V7 Trigger pro HH11MH PRO
  ¥33,480 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:1.76kg
叩き出し:なし
吸引力:15気筒(サイクロン式)
ゴミセンサー:なし

1・吸引力(ベッド)★★★★★ 
2・吸引力(ふとん)★★★★☆
3・本体の操作性  ★★★★★★
4・総合評価    ★★★★★

 イギリスのダイソン社のコードレス式V7 Mattressでしょう。

 また、同等機能を持ったまま、付属品の多いV7 Trigger pro が安ければ、そちらでも構いません。

 201805161053.jpg

 コードレスとしては、というか、コードレスとは思えない吸引力を誇る機種ですから。ハイブリッドタイプに比べても、15気筒のこの製品はパワーが強いと言えます。

 加えて、排気がクリーンなのも付加性能として魅力です。

 いずれにしても、とくに固いベッドマットを利用している方のダニ・アレルゲン対策には最適と言えます。

 なお、吸引式は「軽いふとんや上にかけるケット系の吸引に弱い」ですが、こちらは、「ふとんツール」という圧力分散型のヘッドが別に付くので、総合力も高いです。

 重さもレイコップよりも700暗く軽く持ちやすい点、コードレスである点も取り回しに有利でしょう。


 第3に、日本の伝統的なふとんに特化して考えた場合におすすめできるのは、

201812280921.jpg

 【2015】

 1・レイコップ RS2-100JPK
 2・レイコップ RS2-100JWH
  ¥19,700 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:2.4kg
叩き出し:10000回(パッド式)
吸引力:65W(吸込仕事率)
ゴミセンサー:なし

1・吸引力(ベッド)★★★☆☆ 
2・吸引力(ふとん)★★★★★★
3・本体の操作性  ★★★★☆
4・総合評価    ★★★★★

 レイコップ社の「標準モデル」のReycop RS2でしょう。

 ふとんケアコントロールが付属し、掃除機の吸引力(吸い込み仕事率)と、叩き回転数の調整が利くため、マットレスではない、日本の伝統的なふとんは、レイコップの方が対応力は高いです。

 また、自動回転式のローラーが付属するので、ふとんのくっついたゴミやペットの毛などが気になる方はこちらの機種が良いです。


 第4に、低価格で導入できるふとんクリーナーとして最もオススメの製品は、

 201812281018.jpg

【2018】

 【通常版】【6000回叩き/分】

 25・アイリスオーヤマ IC-FAC2
  ¥7,280 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コンセント式
重さ:1.6kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:(400W)
ゴミセンサー:付属

1・吸引力(ベッド)★★★☆☆ 
2・吸引力(ふとん)★★★★☆
3・本体の操作性  ★★★☆☆
4・総合評価    ★★★★☆

 比較的予算が限られた状況で、レイコップ社のような「叩く」という機能を試してみたい方については、アイリスオーヤマIC-FAC2 が良いと思います。

 こちらも、「叩き」の機能が付属します。また、レイコップにはないハウスダスト発見センサーを搭載している点も、視覚的に綺麗になっているかどうか分かるため、便利だと思います。

ーーー

 201805161022.jpg

 【2014】

 11・アイリスオーヤマ IC-FDC1-WP
 12・アイリスオーヤマ IC-FDC1-T 
 13・アイリスオーヤマ IC-FDC1-P 
  ¥9,908 Amazon.co.jp (9/28執筆時)

電源:コードレス式
重さ:2.1kg
叩き出し:6000回(パッド式)
吸引力:弱い(コードレス式)
ゴミセンサー:付属

1・吸引力(ベッド)★★☆☆☆ 
2・吸引力(ふとん)★★★☆☆
3・本体の操作性  ★★★★☆
4・総合評価    ★★★☆☆

 一方、パワーの点では負けますが、コードレス式を採用する点で、自動車でも使う方は、アイリスオーヤマのコードレス式を選ぶのも手ですね。

補足:寝具系家電の関連記事の紹介

 というわけで、今回は、ふとんクリーナーを紹介しました。

 201808161630.jpg

1・ふとん乾燥機の比較記事
2・ふとん掃除機の比較記事

 なお、皆さんご存じでしょうが、ふとんクリーナーと類似した商品に、ふとん乾燥機があります。

 こちらは、熱でふとんの中のダニを退治する方式を取る家電です。ふとんクリーナーとどちらが「ダニに効果的」かは論争がある部分です。

 ただ、ふとん乾燥機では、ダニは殺せてもダニの温床になるホコリは取り除けないことは確かであり、「ふとんクリーナー無用説」は、かなりの「極論」でしょう。

 もちろん、「ふとんクリーナーでダニやその温床となるゴミを取り除いた後」、「逃げたダニを熱で一掃する」のが最高の対策です。

 こうした考えから、より完全にダニを除きたい方は、こちらの【ふとん乾燥機の比較記事 】を合わせてご覧ください。今回と同じような方法で比較しています。

ーーー

 また、最後になりますが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 09:37 | 生活家電

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png