2017年04月11日

比較2017' 電子レンジ・オーブンレンジ最新32機の性能とおすすめ・選び方(まとめ):スチームオーブン・ウォーターオーブン:【日立 ヘルシーシェフ・東芝 石窯ドーム・パナソニック ビストロ シャープ ヘルシオ】

今回レビューする製品:2017年 アイリスオーヤマ ツインバード工業 Panasonic 単機能レンジ エレック 3つ星 ビストロ 東芝 石窯ドームシャープヘルシオ日立ヘルシーシェフ IMB-T171-5I MB-T171-6 DR-D219W5 DR-D219W6 DR-D257W NE-EH228-W SHARP RE-S5C NE-T158-W AX-CA200-R ER-ND8-W MRO-RS8-R NE-BS602 AX-XP200-R ER-ND500-R グ MRO-RY3000-R NE-BS1200-W

今回のお題
オーブンレンジ・電子レンジなど「温める」調理家電の選び方は?おすすめ機種はどれ?


 どもAtlasです。今回は、2017年現在最新の電子レンジ・オーブンレンジなどの調理家電を比較します。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・中型のスチームオーブン

4・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 本ブログモノマニアには、電子レンジ・オーブンレンジなど「温める」「加熱する」調理器具について、これまで、4つの個別記事を書いて、計32機種について、それぞれまとめてきました。

 今回はこれらの記事のうち、電子レンジ・オーブンレンジ・スチームオーブンについて、目的別・価格別に「どのように選ぶべきか」「どの機種がおすすめか?」について書きたいと思います。

 なお、もし、スチームオーブンなど、購入する製品の種類を既に決めておられる方は、上のリンク記事から、個別の記事を見て貰っても構いません。より具体的な機能説明と比較があります。

オーブンレンジ・電子レンジの選び方

 さて、はじめに、オーブンレンジと電子レンジの選び方について解説します。

 選ぶ際のポイントとなるのは次の4点です。

1・何人で使うのか?
2・ トーストを焼きたいか?
3・オーブン・グリルを使いたいか?
4・ダイエットを考えているか?

 以下では、この基準に沿って、価格の安い機種から順番に、選び方のポイントを紹介していきます。

格安な単機能電子レンジの選び方

  第1に、1人暮らしの方で、余計な機能は不要なので、できるだけ安く電子レンジを手に入れたい方については、単機能の電子レンジなら1万円以下で手に入ります。

 

 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-5【東日本用50Hz地域】
 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-6【西日本用60Hz地域】
  ¥5,980 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 

 1・ツインバード 電子レンジDR-D419W5 50Hz専用
 1・ツインバード 電子レンジDR-D419W6 60Hz専用

  ¥6,489 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 201603161152.jpg

 ただ、格安機種を選ぶ場合には注意点があります。それは、ヘルツフリーに対応するかどうか?です。

  201603161149.jpg

 日本は、上図の赤線を境に、東は50Hz西は60Hzに、電気の周波数が分かれます

 そのため、ヘルツフリー未対応の一部格安機の場合、将来定期に周波数帯を超えて引っ越す場合、電子レンジを捨てることになります。

 

 6・TWINBIRD ミラーガラスフラット DR-D269B
  ¥11,239 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 性能評価 ★★★★★

 201603161145.jpg

 ヘルツフリーに対応する機種は、ツインバード工業のこの機種のように、1万円前後からとなります。


 

 3・Panasonic 単機能レンジ 22L エレック NE-EH229-W
  ¥14,728 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161159.jpg

 第2に、格安レンジを選ぶ際に重要視するべきは、自動あたため機能の搭載・非搭載です。性能の良い電子レンジは、お弁当やおかずの温度をセンサーが感知し、時間指定しなくても自動で「チン」ができます。パナソニックのこの機種は「自動あたため」機能が搭載されていますね。 
  しかし、ただ搭載されているかどうか?だけで、選ぶべきではありません。センサーにも種類があります。パナソニックのこの機種の場合「蒸気センサー」搭載です。  蒸気センサーは、庫内の蒸気量で加熱を判定する構造です。そのため、ラップやジップロックをした状態の食品は、加熱してラップが外れるまで温度を判定できませんので、自動あたためが不安定になります。

 今後見ていく、上位機種は、重量で加熱時間を調整する「重量センサー」や、赤外線量で判定する「赤外線センサー」を搭載しており、より高度な加熱ができます。

1・1人暮らし向け電子レンジ

  なお、ここで紹介した機種以外に、上記のサイトで6機種ほどこのタイプの電子レンジを紹介しています。比較して選びたい方は、ご参照ください。

格安オーブンレンジの選び方

 続いて、比較的価格の安いオーブンレンジを紹介します。トーストが焼きたい方や、ピザやグラタンなどを加熱したい方は、トースト機能とオーブン・グリル機能が搭載されるオーブンレンジを選ぶべきです。

 初めての1人暮らしの方も、トーストくらいは焼くでしょうし、別にトースターを購入するならば、オーブンレンジを買った方が良いと思います。ワンルームマンションは狭いですから。

 

 4・SHARP オーブンレンジ ホワイト系 RE-S5E-W
 4・SHARP オーブンレンジ ブラック系 RE-S5E-B

  ¥16,164 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161222.jpg

 格安機種の場合、やはり注意点があります。こちらの機種は、先ほど紹介した重量センサーが付いていて電子レンジとしては優秀です。やや庫内は小さめながら、トーストも2枚まで焼けてその点でも問題ない機種です。

 しかし、オーブン・グリルの最大温度に注目すると200度です。本格的なオーブンは230〜250度出せることを考えると、若干物足りない性能です。

 

 5・Panasonic エレック ホワイト NE-T159-W
  ¥22,553 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161226.jpg

 そうした点をクリアできている機種は、パナソニックのNE-T158-Wであり、230度まで出せます。価格面では2万円前後となります。

1・1人暮らし向け電子レンジ

  なお、ここで紹介した機種以外に、上記のサイトで5機種ほどこのタイプの電子レンジを紹介しています。比較して選びたい方は、ご参照ください。

スチームオーブンレンジの選び方

 つづいて、スチームオーブンレンジの選び方についてです。

 201603161229.jpg

 スチームオーブンとは、オーブンレンジの「上位機種」です。各社様々なタイプがありますが、基本的には、本体に水タンクがあり、水を「過熱水蒸気」にすることで、オーブン・グリル調理ができる機能です。

 こうした機能を使えば、油を使わない揚げ物ができたり、旨みを損なわず肉の余分な油落としができたり、ビタミンを損なわず野菜を加熱できたりします。ダイエットやコレステロール対策にかなり向いている機能で、Atlasもダイエット時には、これを使った料理を多用しました。

 なお、最新機能を搭載した3万円以上の高級機は、軒並みスチームオーブンとなっています。そのため、「この機能は要らない」という方も、他の機能を使いたい場合は、必然的にスチームオーブンを選ぶことになるでしょう。

 スチームオーブンは各社で出していますが、使用される技術や、得意なポイントが異なります。

 そのため、スチームオーブンを選ぶ際のポイントは、メーカー別の傾向を知ることです。

 同じメーカーでも、機種により多少の違いがありますが、「ざっくり」まとめれば、以下のようになります。

1・減油・減脂機能を重要視→シャープ
2・グリル加熱機能を重要視→東芝
3・レンジ加熱性能を重要視→日立
4・全体の総合性能を重要視→パナソニック


  

 6・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA300-B 【黒・2016年】
 6・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA300-W
【白・2016年】
  ¥48,483 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 6・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA200-R【赤・2015年】
 6・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA200-W
【白・2015年】
  ¥37,816 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161246.jpg

 例えば、シャープヘルシオです。こちらは、ヘルシオでは最も小型で、格安のモデルです。


 201603161247.jpg

 シャープは、スチームオーブンをはじめて出したメーカーです。シャープの場合、左図のように、加熱したスチーム噴射だけで、オーブン・グリル調理ができるため、栄養素が残りやすいのが特長です。他社は、スチーム噴射とオーブン(電熱線)による加熱を併用するため、栄養素の残りは最も良いと言えます。

 その一方で、電子レンジとしての性能にはさほど力を入れていません。例えば、最下位機種のこちらでは、搭載されるセンサーは、赤外線センサーのみです。赤外線センサーは、食品の表面温度を計測する方式で、湿度センサーよりは高度で、ラップした食品にも対応します。一方、オーブンを使った後の加熱状態だと、庫内が赤外線だらけでセンサーが機能できないという弱点があります。

 水を使わない場合のオーブン加熱調理も、250度まで出せるものの、さほど目立った性能差はありません。


 

 9・東芝 石窯ドーム ER-PD8-W【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)
 9・東芝 石窯ドーム ER-ND8-W 【2015年】
  ¥31,998 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)

201603161254.jpg

 こちらは、東芝の石窯ドームシリーズです。同社のスチームオーブンの小型人気モデルです。

 201603161259.jpg

 東芝の「売り」は、独自の石窯構造です。オーブン調理の際に、ピザ釜のような遠赤効果を期待でき、食材を四方から効率よく加熱できます。ピザなども「外はカリッと」「中はふっくりと」加熱できるため、ピザなどの洋食調理が多い、若い世代にも人気があります。

 スチーム調理も可能です。ただし、東芝の場合、スチームだけではパワーが足りないため、オーブンによる加熱で補う方式です。減塩・減油調理などはその点で、シャープには及びません。

 一方、トーストもできます。しかし、電子レンジの機能面は、シャープ同様に赤外線センサーのみと多少物足りない点も目立ちします。


  

 8・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS7-W 【2016年】
  
¥28,717 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)
 8・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS7-W【2015年】
  ¥22,790 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 201603161312.jpg

 こちらは、日立のヘルシーシェフです。同シリーズでは最も安い機種です。

 201603161314.jpg

 日立のヘルシーシェフの特長は、電子レンジとしての性能です。温度センサー・赤外線センサーのほか、3カ所で重量を量るトリプル重量センサーが付属します。

 とくに、トリプル重量センサーは優秀で、複数の食材を入れても、部分部分で重量を把握してくれるため、温度ムラが生じにくいという特長があります。これを、食材の表面温度を計るセンサーが補う形で、全メーカーを通しても、最もセンサーが力を入れています。電子レンジとしての機能を多用する方は、日立が向きます

 一方、スチーム調理も、オーブン・グリル調理も無難にこなしますが、東芝やシャープなどに見られる強烈な個性はありません


 

 9・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS603 【2016年】
  ¥43,292 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 9・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS602【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 201603161319.jpg

 こちらは、パナソニックの三つ星ビストロです。このシリーズでは、最も安い機種です。

 パナソニックの場合、センサーは、スイングサーチ赤外線センサーを搭載します。通常の赤外線センサーを高度化し、広い範囲を測れるようにしたセンサーです。赤外線センサーの弱点だった加熱ムラが軽減します。日立に準じて良いセンサーでしょう。

 オーブンとしての機能も、遠赤効果を期待できる遠赤Wヒーターを搭載します。こちらは、東芝の石窯ドームと似ていますが、どちらかと言えば、焼き目を付けるこんがり系の料理がとくに得意な構造です。

 先ほど書いたように、パナソニックは、電子レンジ・オーブン調理・スチーム調理の総合的にバランスが取れているといえる機種が多いです。

ーーーー

  以上、主要4メーカーのスチームオーブンの比較でした。

2・小型のスチームオーブン

 なお、これらのオーブンは、4メーカーの多機種を含めて、以上のリンク先ページで詳しく比較しています。「小型」と書きましたが、1人〜3人、子どもを含めれば4人家族程度までなら十分なサイズです。

 以下、もう少し大型の機種を比較しますが、設置スペースはそれなりに大きいです。

世帯向けのオーブンの選び方

 最後に、スチームオーブンの上位モデル(中型以上)を紹介します。このグレードは、横方向の設置スペースは小型機種と代わらないものが多いですが、庫内が2段になっているため、高さが多少ある機種です。

 メーカー毎に、おすすめ機種を見ていきましょう。


 

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XW300-R【2016年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-W300-W
【2016年】
  ¥108,203
Amazon.co.jp (8/7執筆時)

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XP200-R【2015年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-X200-W
【2015年】
  ¥80,8998
Amazon.co.jp (8/7執筆時)

 201603161333.jpg

 こちらは、シャープの最高級機です。先ほどの機種と比べると、庫内が30Lと広いのと、センサーがスイングサーチ赤外線センサーになっている点が、上のスペック表での相違点です。

 しかし、それ以外でも多くの点でパワーアップしています。例えば、スイングサーチ赤外線センサーの力を利用して、様々な食材の同時調理ができます。

 201603161336.jpg

 加えて、庫内の上下2段で、焼き料理と蒸し料理が別に同時調理できるようにもなっています。また、下位機種と比べると、熱風ファンが付属したのも特長で、コンベクション料理もできるようになりました。

 201603161337.jpg

 その他、カラーパネルが付属し、調理メニューなどが確認できるようにもなっています。

 反面、各社の高級機と比べると、センサーがスイングサーチ赤外線センサーだけというのは、やはり多少物足りない部分です。やはり、この部分は、シャープの弱いところです。


 

 5・東芝 石窯ドーム レッド ER-PD7000-R  【2016年】
 5・東芝 石窯ドーム ホワイト ER-PD7000-W   
【2016年】
  ¥86,867 Amazon.co.jp
(8/7執筆時)

 201603161348.jpg

 こちらは、東芝の高級機です。

 201603161343.jpg

 石窯構造を採用する点では、下位機種と同様です。しかし、こちらは、大きなファンを取り付けることで、熱風の循環をさらに良くして、より「コンガリ」「ムラのない」オーブン・グリル調理を可能にしています。また熱風を吹き出させる構造を採用したことで、350度という庫内温度を実現しました。

 また、下位機種の弱点だった電子レンジのセンサー部分も、8眼(1024ポイント)スイングサーチ赤外線センサーを採用します。こちらは、8点の場所の温度計測できます。レンジとしてのあたため能力も高まっていると言えます。

 このように、東芝の場合は、上位機種になるほど、得意とするオーブン・グリル調理を高めているのが特長と言えます。


 

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-SV3000-R 【2016年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-SV3000-W 【2016年】
  ¥76,844 Amazon.co.jp
  (8/7執筆時)

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-RY3000-R【2015年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-RY3000-W【2015年】
  ¥70,499 Amazon.co.jp
(8/7執筆時)

 201603161353.jpg

 日立の最上位モデルの場合も、得意とする部分をより高める方向です。つまり、センサーですが、トリプル重量センサーと温度センサーのほか、8眼赤外線センサーを加えて、電子レンジ加熱の精度度をよりあげています。重量センサーと8眼の赤外線センサーを両方とも搭載するのは日立だけであり、電子レンジでは、やはり最高性能です。

 また、オーブンの火力も強化されており、ダブル光速ヒーターの採用で、300度の高温状態が出せるようになっています。


 201603161356.jpg

 スチームの面でも、グリルと並行的に作用することで、炒め物のような料理を可能にする「焼き蒸し料理」ができるようになっています。レシピ集には、中華料理もたくさん載っていますが、油を使わずにできる点がメリットですね。


 

 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1300-W【2016年】
 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1300-RK【2016年】
  ¥106,339 Amazon.co.jp (8/7執筆時)

 201603161358.jpg

 パナソニックの最上位機の場合は、下位機種に比べて総合力を高めています。

 オーブン・グリル調理では、遠赤外線と近赤外線のダブル光ヒーターを加えることで、炭火のようにコンガリ焼ける点を強化しました。東芝は「オーブン」調理が売りでしたが、こちらは「グリル」調理が「売り」という機種です。

 電子レンジについても、8眼スイングサーチ赤外線センサーから、64眼スイングサーチ赤外線センサーにパワーアップさせ、より、加熱ムラが生じなくなっています。ただ、日立に比べると重量センサーは未搭載ですので、2番目に性能が良いということになりそうです。

 201603161402.jpg

 その他、シャープのように、カラー液晶を採用し、スマホとリンクさせられるなどの利便性の向上を総合的に図った点が、上位機種の特長です。

ーーーー

3・中型のスチームオーブン

 以上、中型のスチームオーブンの紹介でした。小型機種で紹介したものと、ここで紹介した中型機種では値段の差があります。しかし、実際は、両社の価格の中間ほどの機種も結構数があります。

 それらを含めた世帯用のスチームオーブンのおすすめ機種は、上記のリンク記事で17機種ほど紹介していますので、世帯用のものをお探しの方は、ご覧ください。

今回の結論
オーブンレンジ・電子レンジのおすすめ機種はこれ!


 というわけで、今回は、電子レンジとオーブンレンジについてまとめました。最後に、「全体のまとめ」として、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、2万円前後の予算で最もおすすめしたいレンジは、

 201401061046.jpg

 4・SHARP オーブンレンジ ホワイト系 RE-S5E-W
 4・SHARP オーブンレンジ ブラック系 RE-S5E-B

  ¥16,614 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161222.jpg

 シャープのオーブンレンジです。庫内容量は小さいので主に1人暮らし向きですが、トーストを焼く機能と、お弁当を温めるのに便利な重量センサーが付いており、この価格帯では性能が最も良いと思います。


 第2に、2万円台の予算で最もおすすめしたいレンジは、

 

 5・Panasonic エレック ホワイト NE-T159-W
  ¥22,553 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161226.jpg

 パナソニックのNE-T158-Wでしょう。重量センサーを搭載しており、この価格帯の電子レンジでは、あたためめ性能が良いですし、オーブンも230度までだせ、庫内容量も多少大きめですから。


 第3に、3万円前後の予算で最もおすすめしたいレンジは、

 

 8・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS7-W 【2016年】
  
¥28,717 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)
 8・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS7-W【2015年】
  ¥22,790 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 201603161312.jpg

  日立のヘルシーシェフMRO-RS8-Rです。多用するだろう電子レンジのあたため機能は、温度・赤外線・トリプル重量センサー搭載と、最も優れており、日常の使い勝手の面で非の打ち所がないです。  オーブン・グリル調理も250度まで出せますし、もちろん、スチーム調理も可能なので、色々な料理を存分に楽しめると思います。迷ったらこれを買えば良い、と言える機種ですね。

 

 7・東芝 石窯ドーム ER-ND8-W
  ¥31,998 Amazon.co.jp  
(4/11執筆時)

201603161254.jpg

 ただし、ピザやグラタンなどを美味しく焼きたいという方は、東芝の石窯ドームの方が良いでしょう。遠赤効果で、中はふっくら、そとはカラッと調理できます。もちろん、スチーム調理も可能です。

 

 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS603 【2016年】
  ¥40,196 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 201603161319.jpg

 また同じオーブン・グリル調理でも、焼き目をコンガリ付けるという意味での火力が欲しいならば、こちらでしょう。

   

 6・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA200-R
 6・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA200-W
  ¥37,816 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 201603161246.jpg

 一方、本格的な、減塩・減脂料理でダイエット効果を狙うならば、スチームだけで調理できる唯一の機種であるヘルシオを選ぶのが良いと思います。
ーーー

3・中型のスチームオーブン

 なお、4万円以上の「高級機」は、すべて中型のスチームオーブンと分類できます。

 料理の関係で、もう少し大きな製品を探している場合は、上のリンク記事でご覧ください。ただ、オーブンとしての性能は、4万円以内のクラスでも一般的には十分でしょう。


ーーー 
 というわけで、今回は、電子レンジ・オーブンレンジのまとめ記事でした!

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・中型のスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン

 なお、本ブログモノマニアには、調理家電について、他にもいくつか記事があります。興味のある記事があれば、そちらもよろしくお願いいたします(より多くの商品へのリンク集は、このページ下部にもあります)。

 また、今回の前編記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 18:53 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 高性能なスチームオーブン17種の性能とおすすめ【1】:【日立 ヘルシーシェフ・東芝 石窯ドーム・パナソニック ビストロ シャープ ヘルシオ】加熱水蒸気式ウォーターオーブンのランキング・激安購入法

今回レビューする製品:2016-2017年 過熱水蒸気式スチームオーブンレンジのおすすめ機種:シャープ ウォーターオーブン ヘルシオ Panasonic 3つ星 ビストロ スチームオーブンレンジ 東芝 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム HITACHベーカリーレンジ ヘルシーシェフ

今回のお題
機能が充実した最新の中型のスチームオーブンレンジはどれ?

 201405240839.jpg

 ども、Atlasです。

 今日は世帯向けの「中型」「大型」のスチーム(過熱水蒸気式)オーブン・ウォーターオーブンについて、2016年最新モデルを10機種ほど比較していきます。

 なお、本ブログは、オーブンなどの「焼く・温める」家電製品について次のような記事があります。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・高級なスチームオーブン →この記事!
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 今回は3番の記事です。庫内容量の大きめで、実売価格も高めな高機能スチームオーブンを比較します。

 もし、1人暮らし〜3人暮らし程度の方で、比較的価格も安い小型のスチームオーブンレンジ をお探しならば、小型オーブンレンジの記事が別にあります。お手数ですが、2番のリンク先の記事をごらんください。

 以下では、いつものように製品を説明してから、記事の最後に結論として「Atlasのおすすめ機種」をあげていきたいと思います。

スチームオーブンとダイエット効果!

 ところで、Atlasは、健康診断での指摘を受けてダイエットをし、1日1,500キロカロリー程度の食事制限とロードバイクによるトレーニングにより体重を20キロ落としました。だいたい78キロまで体重を減らすことに成功!190センチのAtlasの適正体重は71−87キロなので、適正範囲前半に収まりました。

 ウエストは最終的に95センチから85センチくらい細くなり、ズボンなど軒並みブカブカになり、できるものは修理、できないものは買い換えになりました。食事療法ダイエット終了後のリバウンドも数年間なく、腰痛もだいぶ緩和しました。

201411070941.jpg

 その際にダイエット後半で役に立ったのが、今日の記事で書くスチームオーブン、体重の減る量が落ちてから、食事量や食事内容を通常に戻す頃に、油が落とせるスチームオーブンが大活躍しました。

 今回は、購入体験をふまえて、「ヘルシオ」・「石窯ドーム」といった、スチーム調理ができるオーブンレンジ(電子レンジ)について、人気機種を比較していこうと思います。


 その前に、どうしてスチームレンジが、ダイエットに結びつくのか?この分野を切り開いた、シャープの「ヘルシオ」を例に説明しましょう。

 キーワードは「脱油」と「減塩」です。スチーム(過熱水蒸気)で調理すると、油と塩分を効率よく落とせるのです。

 201411070938.jpg

 スチームオーブンの場合、100度以上に加熱した蒸気の力で食材内部の油を溶かすことで、無駄な脂肪分を溶かし出すため、カロリーがセーブできるわけです。

 その際、オーブン調理に比べて、大事なビタミンなどの栄養素はキープできるため、必要な栄養素はそのまま取れるという仕組みです。

今回のスチームレンジの比較基準

 さて、つい数年前まではシャープの独占市場であったスチームレンジですが、昨今の健康ブームから各社から発売されていきます。

 今回はそれらを次の基準から比較していきます。

第1に、レシピ集やオートメニューの豊富さを比較基準にします。

 今回紹介する中型のスチームレンジの場合、低価格レンジに較べると高機能であり、機種によってはかなり多彩な料理が可能です。そこで、スチームやグリル、オーブン機能でどのような料理が、どの程度の数できるのかを比較してみます。具体的には、メーカーのレシピブックに掲載される料理の種類やその数、もしくはカロリー表示の有無などを比較してみます。

第2に、レシピ集やオートメニューの使いやすさを比較基準にします。

 高性能なレンジは、レシピの数やオートメニューが多彩です。しかし、いくらレシピブックがあっても、読む気にならなければ、そのようなメニューの大半を使いこなすことはできません。そこで、今回は、スマートフォンなどと連携するなど、実際にレシピ集が使いやすいか(料理をする気になるか)どうかについても重要視します。

第3に、電子レンジのセンサー性能を比較基準にします。

 過熱水蒸気を使う料理だけに、オーブンレンジを遣う人は少ないでしょう。電子レンジとして、素材や料理がきっちり「あたため」られるかも、日常の使い勝手の面では重要です。そこで、今回は、搭載されているセンサー(温度センサー・重量センサー)や、オーブンの性能に注目しながら、電子レンジとしての基本性能についても比較していきます。

第4に、過熱水蒸気によるスチームや、オーブン・グリル機能を使う際の火力を比較基準にします。

 こちらはオーブンとしての機能の比較になります。オーブンが、熱むら無く、十分な高温を達成できる火力を持つかについて注目します。メーカによっては、単なるグリルだけではなく、遠赤外線を利用してかりっと」した揚げ物が調理できる機種や、レンジのマイクロ波で加熱させたグリル皿の上にスチームを吹き付けることで、油を使わない擬似的な炒め料理ができる機種があります。そういった機能別の特徴についても、詳しく説明したいと思います。

第5に、オーブントースターの機能を持つかを比較基準にします。

 実はオーブンレンジ・電子レンジの買い換えにおいて、この点を意外に見落としている人が多いです。最近の中位機はトーストが焼けない機種、焼けるが途中で裏返さないと両面が焼けない機種があります。もしトースターの機能も欲しいならば、この点も十分に気をつける必要があります。

 では、レビュー始めます。

シャープのヘルシオシリーズ

 はじめに、スチームオーブンレンジの火付け役になったシャープのヘルシオから紹介しましょう。

 シャープは、はじめにスチームレンジを出したメーカーなので、この機種は良い意味でも、悪い意味でも、最初に説明する機種として相応しい機種です。後発のメーカーは、「いかに先行するヘルシオより機能が優れるのか?」を打ち出して、差異化していく必要があったわけですから。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記します。


  

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XW300-R【2016年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-W300-W
【2016年】
  ¥108,203
Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XP200-R【2015年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-X200-W
【2015年】
  ¥81,000
Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:可能
 センサー:
赤外線ムーブセンサー
・蒸気温度センサー
 オーブン最高温度:250度(300度10分)

 AX-XW300-Rは、シャープのヘルシオの最上位機種モデルです。ここまで価格の高い機種を探している人は希でしょうが、上位機種の機能を知っておくと、下位機種を選ぶ際、自分の必要機能を選択しやすいので最初に紹介します。

 なお、2015年モデルが【在庫限り】で売られています。今年度モデルとの違いは、音声ガイド(ココロエンジン)の改良だけです。基本性能は同じなので、かなりお買得です。

 庫内容量は、この機種は30リットルです。シャープの機種としては最も大きく、世帯用としても十分な量です。

  201408111601.jpg

 スチームオーブンとしては、シャープは独自の「ウォーターオーブン方式」を使っています。他社のスチームオーブンの場合、図のように、オーブンヒーターを併用してスチーム調理をしています。しかし、シャープは、スチームのみで調理できます。庫内の機密性を高めて、低酸素状態を作り出し、それだけを熱源に加熱調理できるからです。

 そのために、スチームオーブンに共通したダイエット効果(減塩・減脂効果)だけではなく、ビタミンC・タウリンなどを保全するという他社にない高い健康効果を得ることが可能です。これが、他社に較べた場合のヘルシオが持つメリットの1つです。

 電子レンジとしては、自動調理のための赤外線ムーブセンサーが搭載されます。赤外線センサーは、電子レンジ用としては高機能で、食材の表面温度を正確に測定できます。ただし、赤外線センサーは、オーブンを利用した後だと(庫内に赤外線が多すぎて)正確に利用できないという欠点があります。また、湿度センサーが搭載されるため、例えば、ご飯を加熱する際にわざわざラップをしなくて良いなどの利点が、この機種にはあります。

 img_vafrious_02.png

 自動料理の多彩さは、ヘルシオの「売り」です。本体にはカラータッチパネル液晶音声機能が搭載されます。高解像の液晶なので、レシピ集を電子レンジの液晶画面に表示させることが可能です。また、スマホと連携しており、シャープのサイトから追加のレシピをアップロードすることも可能です。レシピは、材料ベースでも検索できます。

 201608071232.jpg

 レンジの段数は、2段です。ヘルシオの場合、温度センサーを利用し、上・下の段、ないし、食材の位置で別の料理が同時に可能です。冷凍食品と冷蔵食品の下ごしらえが同時にできるなど、便利です。おかずとご飯の同時加熱なども可能です。ただ、これらは赤外線センサーを利用するものであるので、センサーの性質上、連続使用は制限があります。

 201408111543.jpg 

 オーブンは、最大250度です。他社に比べると最高温度が低いです。ただ、10分間限定で300度を出せるので、余熱時間の短縮は可能です。なお、この機種は、ヒーターのほかに循環ファンが付属します。これにより、先ほど書いた同時調理、例えば上段では蒸し料理、下段で焼き料理などの同時調理を可能にしています。

 トーストは、自動メニューで対応可能です。裏返さずに両面焼けます。2枚でも4枚でも焼けますが、10分ほどかかります。焦げ目もつきますが、裏面の焦げ目は表面よりも薄い焦げ目になります。 

 

 このほか、シャープの音声ガイド「ココロボ」の搭載などが魅力でしょう。こちらは、ヘルシオらしい赤モデルのほか、白モデルも選べますね。

 以上、シャープの最上位機種の紹介でした。非常に高価ですが、2段で別の料理ができるのは魅力です。レシピ集には、例えば、パンと目玉焼きやソーセージなどを、1つのプレートに乗せるだけで調理できる「朝食用自動メニュー」などもありますし、忙しい世帯には最適な機種ですね。


 

 2・シャープ ヘルシオ レッド AX-SP300-R 【2016年】
   ¥91,000 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:可能
 センサー:赤外線センサー
・蒸気温度センサ
 オーブン最高温度:250度

 AX-SP300 は、シャープでは、2番目に高級な機種です。

 庫内容量は、30リットルで上位機種と同じです。レンジの段数も、2段ですので、料理できる量は同じです。

 スチームオーブン機能は、もちろんシャープの「ウォーターオーブン方式」です。ただし、上位機種に比較すると、赤外線センサーがムーブセンサーではないので、上下のプレートで別の調理はできるものの、1つのプレートでエリア別の料理をすることはできません。

 電子レンジ機能は、上位機種とほぼ同じです。ただし、センサーが、ムーブセンサーではないので、エリア別の加熱は対応しません。

 201608071311.jpg

 その他の部分では、シャープの音声案内エンジンである「ココロボ」が不採用です。また、カラー液晶も不採用ですので、スマホと連携したレシピ案内などもできません

 以上、AX-SP300-Rの紹介でした。上位機種と較べると、カラー液晶がない点がやはり残念ですね。レシピをみながら、多彩な料理ができるのがヘルシオの「売り」なので、この価格帯で選ぶならば、多少予算を出しても上位機種が良いでしょう。


 

 3・ シャープ ヘルシオ 26L レッド AX-AP300-R 【2016年】
 3・ シャープ ヘルシオ 26L ホワイト AX-AP300-W
【2016年】
   ¥75,959 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:26L
 トースト:可能
 センサー:
赤外線ムーブセンサー・蒸気温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 AX-AP300-は、庫内容量が26リットルと多少小さめの中型機です。

 レンジの段数は1段で、多段調理に未対応な比較的シンプルなヘルシオです。

 201608071232.jpg

 スチームオーブン機能は、シャープの「ウォーターオーブン方式」です。またこの機種は、赤外線ムーブセンサーを採用するため、エリアごと別の調理が可能です。ただ、上下2段ないので、「焼き」・「蒸し」などタイプの違う料理の道理の同時調理は不可能です。オーブンの最高温度は250度で、10分間の300度運転はできません。ただ、庫内が狭いので、そこまでの温度は不要なのかもしれません。

 電子レンジ機能は、上位機種と遜色ありません。赤外線ムーブセンサーを採用するため、冷凍品と、常温製品などレンジ内のエリアごと別の調理が可能です。

 自動料理は、166種類と上位機種の半分ほどです。その理由は、熱風ファンが搭載されないためでしょう。とはいえ、過熱水蒸気を使っての健康効果については、上位機種とほぼ同じ性能です。

 

 なお、こちらもカラー液晶は未付属ですが、簡単な音声ガイド(ココロボ)は付属します。なお、ヘルシオというと赤のイメージですが、こちらはホワイトモデルも選択可能です。

 以上、ヘルシオのAX-AP300-の紹介でした。上位機種より価格が安く、エリア加熱ができる赤外線ムーブセンサーを採用する良い機種です。カラー液晶の不採用は残念な部分ですが、その分価格は安いので、手軽に健康調理が楽しめます。


 

 4・ シャープ ヘルシオ レッド AX-MP300-R  【2016年】
 4・ シャープ ヘルシオ ホワイト AX-MP300-W  
【2016年】
   ¥69,127 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:26L
 トースト:可能
 センサー:
赤外線センサー・蒸気温度センサ
 オーブン最高温度:250度

 AX-MP300-も、AX-AP300-と同じサイズで、庫内容量が26リットル、レンジの段数が1段という製品です。

 上位機と価格差がありますが、付属機能の際は僅かで、赤外線ムーブセンサーの有無が主な部分です。こちらは、エリアごとの加熱に対応しない、通常の赤外線センサーなので、エリア毎の同時調理に未対応です。

 同時調理という、最近のヘルシオの上位機種の良い部分が不採用なので、格安とはいえ多少選ぶに躊躇する機種です。ウォーターオーブン方式で、高い健康効果は期待できますが、予算が許せばやはり上位機種が良いでしょう

東芝の石窯ドームシリーズ

 つづいて、東芝のスチームオーブンレンジ、石窯ドームを紹介していきます。こちらも、高い機種から順番に紹介します。


 

 5・東芝 石窯ドーム ホワイト ER-PD7000-W【2016年】
 5・東芝 石窯ドーム レッド ER-PD7000-R  【2016年】
  ¥86,863 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト
:◎
 センサー:
高精度ダブル赤外線センサー
 オーブン最高温度:300度(350度10分)

 ER-PD7000は、東芝の最上位機です。東芝は、2016年は、ほとんどフルモデルチェンジして、多くの新機能を搭載してきました。

201608071407.jpg
 庫内容量は、30リットルサイズです。また、循環ファン付きで上下2段調理に対応するので、庫内を広く使えます。また、角皿2枚のほか、深皿が1枚付属するため、カレーやパスタの麺茹でなど、汁気のある食材の一度での加熱も楽です。
 point1_6.jpeg

 スチームオーブンとしての機能は、非常に高いです。最も重要な庫内温度は、シャープを上回る300度を達成しています。さらに、10分間は350度を出せる仕様なので、予熱時間も200度まで5分と短いです。ガスオーブン並みの高火力ですが、最大消費電力は1400Wあまりと、ヘルシオや他社の上位機と変わりません

 庫内はドーム型の石窯構造を採用します。そして、石窯のように、庫内の遠赤外線が料理全体を包み込むような工夫がなされています。遠赤外線は、浸透するタイプの熱ですから、料理の芯までむら無く加熱できるのが自慢です。もちろん、ピザ釜と同じ構造ですから表面はパリッとして中まで暖かいピザや、カラッとした揚げ物などがかなり得意です。

 一方、強力なオーブンを実現するため、過熱水蒸気とヒーターを併用する方式が取られています。減塩料理や油の少ない健康料理はこの方式でも可能です。しかし、ビタミンなどの栄養素は、熱による加熱が入るために、ヘルシオと較べると残存率は少ないでしょう。
 201608071418.jpg

 電子レンジとしての機能も、高度です。高精度ダブル赤外線センサーを搭載します。こちらは、回転しつつ、8つの目で120のポイントを監視する、スイング式8つ目赤外線センサー(1024ポイント赤外線センサー)と、中央部を集中的に監視するセンター赤外線センサーを併用した形式です。とくに後者は、コップの中の低位の水など、端からのセンシングで図りにくい部分の温度も正確に測れ、温めのムラを最小限に抑えます。とくに小容量の解凍は得意な機種です。

201608071424.jpg

 自動料理は、カラー液晶を採用する機種ですので多彩と言えます。ただ、シャープと異なり、スマホとの連携など後からの追加ができない仕様です。AIを利用した音声ガイドもないため、この部分ではシャープに劣るでしょう。

 トーストは、その一方で、東芝はふっくら仕上がる「スチームトースト」モードを搭載するなど、割と力を入れています。

 以上、東芝の上位機種ER-PD7000の紹介でした。とにかく強力なオーブン機能が魅力という機種です。この点では他社に勝てる機種はないため、オーブンを多用する場合は、この機種や東芝の下位機種がオススメです。


 

 6・東芝 石窯ドーム ER-PD5000-R 【2016年】
 6・東芝 石窯ドーム ER-PD5000-W  
【2016年】
  ¥79,055Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト
:◎
 センサー:
1024ポイント赤外線センサー
 
オーブン最高温度:300度(350度10分)

 ER-PD5000-R は、東芝の2番目に高級な中型スチームオーブンです。赤と白の2色展開ですね。こちらも上位機種との相違点は、2点のみです。

 poi2nt6_1.jpeg

 第1に、電子レンジのセンサーの部分で、こちらは、センター赤外線センサーが省略された1024ポイント赤外線センサーのみの搭載です。ただ、これでも、赤外線センサーとしての性能は、シャープの赤外線ムーブセンサーと同クラスでしょう。

 

 第2に、カラー液晶の不採用です。ただ、シャープの場合はスマホとリンクできる利点がありましたが、東芝の場合はそれがないので、あえて、カラー液晶は重要視しなくても良いかなと思います。

 相違点は、以上です。最大350度出せるパワーなどは上位機と同じですので、お買得度の高い製品です。


  

 7・東芝 石窯ドーム ER-PD3000-R【2016年】
 7・東芝 石窯ドーム ER-PD3000-W
【2016年】
  ¥50,143 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト
:◎
 センサー:
8つ目赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-PD3000-Rは、東芝の中型機では最も安い機種です。こちらも30Lと同じサイズですが、上位機との違いは次の点です。

 第1に、電子レンジのセンサーです。こちらは、スイングしない8つ目赤外線センサーが採用です。その点で、上位機のような高度な温度ムラ制御は期待できません。

 第2に、深皿の未搭載です。2段調理には対応しますが、普通の角皿しか付属しません。

 第3に、スチームオーブンの庫内温度です。こちらは基本250度まで、最大300度までと上位機よりも温度が上がりません。ヒータ出力が350Wと弱いためです。その他、自動メニュー数も50ほど少ない108個と少なくなっています。

 以上、ER-PD3000-Rの紹介でした。価格は安いですが、東芝の最大の「売り」のスチームオーブンの火力が弱まっているのが最大のネックです。石窯構造は魅力ながら、選ぶならば、上位機種が良いでしょうね。

日立のヘルシーシェフシリーズ

 さて、続いては日立のヘルシーシェフシリーズの紹介です。日立は、電子レンジとしての基本性能がとても良いメーカーになります。

 201608071454.jpg

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-SV3000-R 【2016年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-SV3000-W 【2016年】
  ¥76,044 Amazon.co.jp
  (4/11執筆時)

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-RY3000-R【2015年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-RY3000-W【2015年】
  ¥70,499 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:33L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
250度(300度10分)

 MRO-RY3000は、日立の最高級機です。日立は、最高級機でも比較的安価なメーカーです。とくに電子レンジの機能が高いメーカーですが、古くから核心的な特許技術を結構持っているからなのだと思います。

 なお、2015年モデルが格安で併売されています。今年度については、郷土料理メニューが増えた程度で機能差がないので、安い方を買われて問題ありません


 庫内容量は、33Lと他社の大型機種よりもさらにワイドサイズです。上下の2段調理にも対応しています。

02_img_01.jpeg

 スチームオーブンとしての機能は、東芝の最上位機より多少弱めです。東芝と同じくヒーターと過熱水蒸気を併用するタイプの方式を採用しますが、庫内温度は250度、瞬間的に300度を5分間と、東芝の石窯ドームに較べるとイマイチです。構造としては、ファンを使って上下にヒーターを循環させ、熱風を回す方式で、他社と同じです。

  201508181140.jpg

 電子レンジとしての機能は、しかしがら、主要4社で最高です。センターの8眼赤外線センサーが、120箇所の温度を細かく測定します。

 加えて、この機種は、高級機では唯一、重量センサーが付属します。重量を3点で監視するトリプル重量センサーであり、重量に合わせて適切な加熱をします。赤外線センサーは、あくまで表面温度を測る機能なので、スタート直後の加熱はイマイチ不安定です。こちらは、重量に応じて火力を最初から調節できるため、さらに正確です。ハンバーグなど重さ・密度が高い料理や、揚げ物の入った市販のお弁当の温めなどは、重量センサーがあったほうが正確です。

 N-04_img_02.jpg

 自動メニューは、白黒ながら、タッチパネル式液晶を搭載するため400種類と多めです。設定方法や、材料などを表示可能です。最高級機ですが、あえて「カラー液晶は不要」と割り切って安くした点は評価できますね。材料などの表示も可能です。

 N-03_img_01.jpg

 また、この機種は、「焼き蒸し料理」という他の機種には無いタイプの調理が可能です。蓋付きのグリルが付属していて、その下面を電子レンジのマイクロ波で直火焼きします。これは「擬似的な炒め物」をするような作用があるようで、油を使わない炒め物を作ることができます。 

 201302160432.jpg 

 例えば、このような中華料理が油を使わずに可能です。中華は油を大量に使うので、かなりのカロリーオフになっていると思います。一方トーストは、日立の場合、途中で裏返す必要があります。

 そのほか、エリア制御のできるシャープほど高機能ではありませんが、温度の違う2品までの同時あたためと、オーブンとレンジの2段同時調理に対応します。

 以上、日立のMRO-RY3000の紹介でした。日常的に最も利用するだろう、電子レンジ機能が充実しているのが「売り」です。週末は凝った料理もするが、平日は冷凍食品の利用頻度が多いご家庭などは、電子レンジ機能が重視された日立のスチームオーブンはオススメですね。

ーーー

  

 8'・日立 ベーカリーレンジ MRO-RBK5000-R【2015年】
 8'・日立 ベーカリーレンジ MRO-RBK5000-S
【2015年】
  ¥106,200 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:33L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
250度(300度10分)

 なお、この機種には、ベーカリーレンジという「兄弟機」があります。基本的なスペックはMRO-RY3000と同じです。

201302160449.jpg

 しかし、こちらは、レンジというよりも「スチームレンジ+ホームベーカリー」と言った方が正確です。写真のように、パン生地を練り、発酵させ、焼くところまでホームベーカリーだけで可能です。ロールパンの他にも、食パン・米粉パンからうどんや生パスタまで作れる万能調理器具といったところですね。

 パン焼きの場合温度ムラは無いに越したことはありません。その点、熱風を循環させるタイプのダブルヒーターが採用されている日立のレンジの構造は、元からホームベーカリーに向いていたのかもしれませんね。


  201608071454.jpg

 日立 ヘルシーシェフ MRO-RV2000-W【2015年】
 
日立 ヘルシーシェフ MRO-RV2000-R【2015年】
  ¥67,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 日立 ヘルシーシェフ MRO-SV2000-W 【2016年】
 
日立 ヘルシーシェフ MRO-SV2000-R 【2016年】
  ¥71,363 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:33L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
250度(300度5分)

 MRO-RV2000は、日立の2番目に高いスチームオーブンです。2015年モデルがありますが、こちらも基本性能は同じです。
 また、最上位機MRO-RY3000と機能面で比較すると、容量や、センサー方式、火力など、基本スペックはほとんど同じです。こちらも33Lのワイドサイズで、2段の調理ができます。
 相違点は、次の点です。
 第1に、グリル皿が付属しないので、中華料理など、「蒸し焼き料理」に非対応である点です。レパートリーの多様性を重視する場合多少残念でしょう。
 第2に、オーブンとレンジの併用などの同時調理に未対応である点です。その点で、レシピ数も100ほど少ない300品目となっています。

 この2点以外は、出力や消費電力を含めて同じです。焼き蒸し料理をレシピの一つにしたいかどうかで、選べば良いでしょう。


  201408111803.jpg

  10・日立 ヘルシーシェフ MRO-SV1000-W  【2016年】
 
10・日立 ヘルシーシェフ MRO-SV1000-R  【2016年】
  ¥49,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:33L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
230度(250度10分)

 MRO-RV1000は、今年度からラインアップされた中位機種です。サイズは、33Lと上位機種と同じで、やはり2段調理が可能です。

 MRO-RV2000との相違点は、次の点です。
 第1に、オーブンの火力です。この機種は230度と火力の出せないオーブンです。余熱などの際に5分間250度まで出せますが、他社の高級モデルと較べても弱さは否めません。
 第2に、液晶です。タッチパネルではないので、こちらは細かいレシピ表示ができません

 そのほか、庫内の明るさや自動メニューの数が上位機種との差です。

 オーブンの火力が弱いのが、最大の弱点ですね。上位機とさほど価格差もないですし、この機種は選ばない方が良いと思います。


 201410022113.jpg

 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-R 【2015年】
 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-W 【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-R 【2016年】
 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-W 【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:31L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 温度センサー
 オーブン最高温度:210度(250度5分)

 MRO-SS8は、日立のヘルシーシェフの入門機です。個々までのシリーズとは本体の形状が異なり、庫内容量は、31Lと僅かに小さいほか、庫内の段数は1段です。こちらも旧機種がありますが、基本性能は同じです。

 スチームオーブンとしての機能は、さらに弱く、最高210度で、5分間のみ250度が可能です。もちろん、この温度があれば、ピザを含めた最低限の料理は可能でしょうが、仕上がりは上位機種と差がありそうです。また、送風ファンがない仕様です。ただ、過熱水蒸気を使ったヘルシーな料理は、上位機種同様に作れます。

 電子レンジとしての機能は、こちらもトリプル重量センサーが採用されます。一方、赤外線センサーは不採用で、温度センサーのみの搭載です。とはいえ、解凍やお弁当のあたためなど、重量センサーのほうが重要なので、価格に比して機能は高めと言えます。

 自動料理は、こちらは75種類と多少少なめです。ファンがないのと、多段料理ができないからでしょう。

 以上、MRO-SS8の紹介でした。上位機種と較べると機能面で弱い部分も目立ちます。ただ、3万円前後で買える機種としては、電子レンジ性能が高く、庫内も広めです。庫内が比較的大きめの機種が良いが、予算が限られている場合など、結構良い選択肢と言えそうです。

後編の予告!
最新の中型のスチームオーブンレンジのおすすめ機種はこれ!


 というわけで、今回は、中型のスチームレンジの紹介をしてきました。

  201405240839.jpg

 今回は、価格帯は3万円台から12万円台とばらつきがありましたので、どの機種を選ぶのか難しいと思います。
 
 そこで、後編では、パナソニックのビストロシリーズNE-BS803・NE-BS903NE-BS1300を紹介した後で、今回の結論として、目的別・予算別のおすすめ機種を5つほど上げていきたいと思います。

 →後編の記事はこちら から!

 なお、今回の前編記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)
posted by Atlas at 18:28 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 高性能なスチームオーブン17種の性能とおすすめ【2】:【日立 ヘルシーシェフ・東芝 石窯ドーム・パナソニック ビストロ シャープ ヘルシオ】

今回のお題
機能が充実した最新の中型のスチームオーブンレンジはどれ?

ども、Atlasです。

 今日は世帯向けの「中型」「大型」のスチーム(過熱水蒸気式)オーブン・ウォーターオーブンの比較の2回目記事です。

 第1回目記事では、シャープ・東芝・日立2016年最新中型オーブンレンジを比較しました。【こちら

 第2回目記事では、パナソニックのオーブンレンジを紹介します。その上で、最後に、全機種から、目的別・価格別にAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 なお、お時間のある方は、1回目記事から読んだ方が分かりやすいかと思います。その場合は、お手数ですが、【こちら】のリンクから、よろしくお願いいたします。

パナソニックのビストロシリーズ

 201508181258.jpg

 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1300-W【2016年】
 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1300-RK【2016年】
  ¥102,000 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:自動 両面焼き 1枚3分台
 センサー:スイングサーチ64眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:230度(最高300度5分)

 こちらは、パナソニックのビストロシリーズの最上位機種のNE-BS1300です。

 庫内容量は、30リットルと大きめの機種で、他社の上位機と同じように2段調理に対応する機種です。

 スチームオーブンとしての性能は、この機種もヒーターと過熱水蒸気を併用する方式です。火力は、最大300度5分と予熱時間が短くて済む機種ですが、平時の温度が最高230度までと、他社の高級機に較べると弱いです。

 p01_imgd01.jpeg

 一方、この機種は、ヒーターの種類に特色があります。下面はマイクロ波による直火加熱で、上面は、ダブルヒーター(近赤・遠赤)の併用(ダブル光ヒーター)されます。これにより、食品の表面を炭火のようにより「こんがり」焼くことを可能にしています。2段調理にも対応です。つまり、オーブン調理よりもグリル調理が充実した機種ですね。

 p02_img01.jpeg

 先ほど見たように、日立は「焼き蒸す」ことを得意としていました。一方、パナソニックは、「焼く」ことを重要していいます。紹介されているレシピも「こんがり」美味しそうなものが多いです。

 各社ともシステムが違うので甲乙は付けられませんが、凝った料理を作るのではなく、単純に「肉を焼く」「魚を焼く」のならば、パナソニックの方が美味しくやけそうです。この機種の、本体の置くにファンが付いており、これで熱風循環をさせる仕組みです

 201508181223.jpg

 また、逆に、パナソニックは「低温80度オーブン」機能も売りにしています。低温で作る肉や魚のコンフィなどが、これを使った自動調理メニューとして加わっています。

 jn140319-1-3.jpg

 電子レンジとしての性能は、他社のスイングサーチ8眼赤外線センサーの8倍の効率である、64眼スピードセンサーが搭載される点が魅力です。温める食品の位置と温度が細かく分かるために、加熱ムラが生じにくくなる効果と、温めの時短効果(=電気代の節約効果)があります。一方、日立と異なり、質量センサーは未搭載ですが、電子レンジとしての性能はそれに準じる性能でしょう。

 さらに、パナソニックの場合、マイクロ波を中央かららせん状に放射するサイクロンウェーブ加熱方式を取っているため、特に解凍時のムラが少ない点も「売り」ですね。

 また、この機種もシャープのヘルシオの上位機種のように、冷凍食品と常温のおかずを同時に温めることも可能です。 

 201405240849.jpg

 自動メニューは、この機種もシャープのヘルシオのようにカラー液晶が採用されるため400種類と多彩です。Android系のスマホとNFC(FeliCa)を通してリンクさせ、メニューを拡充させることも可能です。ただ、IOS系では使えません

 トーストは、パナソニックは昔から充実していて、自動両面焼きで3枚まで焼くことが可能です。

 以上、パナソニックのNE-BS1300の紹介でした。他社と較べた場合、グリル「焼き」料理に強いのが魅力でしょう。オーブンの火力は弱めですが、電子レンジの部分は、日立に準じるほどの性能が期待できる総合力が高い機種ですね。デザイン的にもカラー液晶がアクセントになっており、高レベルです。

ーーーー

 201508181258.jpg

 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1200-W【2015年】
 12・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS1200-RK【2015年】
  ¥112,423 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:自動 両面焼き 1枚3分台
 センサー:スイングサーチ64眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:230度(最高300度5分)

 こちらも【在庫限り】で、2015年モデルが売られています。今年度モデルは、上ヒーター(上火)がより強化され、発熱量が1.6倍に強化されました。その他の点は同じであるため、逆に言えば、旧機種はかなりお買得ですね。


 201508181227.jpg

 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS903-W【2016年】
 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS903-T
【2016年】
  
¥76,500 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:自動 両面焼き 1枚3分台
 センサー:スイングサーチ64眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:230度(最高300度5分)

 NE-BS903は、パナソニックのビストロシリーズの中位機です。先ほど見た最上位機のNE-BS1300と同じく、庫内容量は30Lで、2段調理が可能な機種です。

 大きな相違点は、この機種にカラー液晶が採用されていない点です。カラー液晶は部品代としては効果なので、この価格差が生まれるのでしょう。レシピ表示などに非対応です。

 一方、その他の点では、自動メニュー数の相違などに止まり、上位機種と差はありません。カラー液晶が不要ならばかなりお買得ですね。

ーーーー

 

 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS902-W【在庫限り】
 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS902-T
【在庫限り】
  ¥61,197 Amazon.co.jp
在庫あり (4/11執筆時)

 こちらも【在庫限り】で、2015年モデルが売られています。上位機種の場合と同じで、上ヒーター(上火)がより強化され、発熱量が1.6倍に強化された点が新機種との相違点です。


 201508181215.jpg

 14・Panasonic スチームオーブンレンジ NE-BS803-K【2016年】
 14・Panasonic スチームオーブンレンジ NE-BS803-W
【2016年】
    ¥59,800 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:自動 両面焼き 1枚3分台
 センサー:スイングサーチ8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
230度(最高300度5分)

 NE-BS803は、パナソニックの「ビストロ」シリーズの中型機では最も安い機種です。こちらも30リットルサイズで、2段調理に対応する機種です。

 一方、上位機種のNE-BS903と比較した場合、次の点で機能が異なります。

 第1に、電子レンジのセンサーです。この機種は、64眼スピードセンサーが不採用で、スイングサーチ8眼赤外線センサーの採用に止まります。そのため、冷凍食品などについての加熱ムラは、上位機種よりも生じやすいと言えます。他社の格安機と比べても、重量センサーを搭載する日立などに能力は劣るでしょう。

 第2に、スチームオーブンの火力です。こちらもグリルに強い仕様ではありますが、上位機種とは異なる平面ヒーターを採用するため、加熱能力は約60%ほどになります。

 その他の部分では、能力は変わりません。ただ、中位機に較べて、スチームオーブンとして重要な2つの部分が共に劣るため、こちらを選ぶメリット性は少なめかもしれません。

今回の結論!
最新の中型のスチームオーブンレンジのおすすめ機種はこれ!


 というわけで、今回は、中型のスチームレンジの紹介をしてきました。

 なお、電子レンジは、新製品の発売が秋口頃(パナソニックは春)なので、夏がは旧機種の買い時です。

 最後にいつものように「おすすめ機種」について書いてみたいと思います!

 第1に、電子レンジとしての性能をメインと考えた場合、中型の電子レンジとしておすすめできる機種は、

 201608071454.jpg

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-SV3000-R 【2016年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-SV3000-W 【2016年】
  ¥76,044 Amazon.co.jp
  (4/11執筆時)

 8・日立 ヘルシーシェフ レッド MRO-RY3000-R【2015年】
 8・日立 ヘルシーシェフ ホワイト MRO-RY3000-W【2015年】
  ¥70,499 Amazon.co.jp
  (4/11執筆時)

 庫内容量:33L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 8眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:
250度(300度10分)


 日立のヘルシーシェフがよいでしょう。

 特筆するべきは電子レンジとしての基本性能です。日立は、8眼赤外線センサートリプル重量センサーをWで搭載しています。重量センサーは最近のレンジでは軽視されがちですが、立ち上がりの良さや、加熱時間の点でかなり有用です。

 オーブンについても、250度のオーブン熱風ヒーターを搭載しており、強い火力でむら無く加熱ができるでしょうから。炒め物が油を使わずにできる「焼き蒸し料理」機能も非常に面白く、ダイエット食として(炒め物が多い)中華がレパートリーに加えられる唯一の機種になります。


 とりあえず、世帯向けの中型のスチームレンジの購入を考えている方で、具体的な利用イメージが思い浮かばなかった方は、基本性能の高いこの機種を購入しておけば価格としても後悔は少ないでしょう。日立のオーブンレンジは同程度の性能面の他社製品に較べて伝統的に割安です。

 第2に、オーブンの能力が高く、クリスピーな食感のピザなどを美味しく焼きたいと考えている方は、

  201608071350.jpg

 6・東芝 石窯ドーム ER-PD5000-R 【2016年】
 6・東芝 石窯ドーム ER-PD5000-W  
【2016年】
  ¥79,055Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト
:◎
 センサー:
1024ポイント赤外線センサー
 
オーブン最高温度:300度(350度10分)

 東芝のER-PD5000-R でしょう。とくにガスオーブンの代替と考えている方は、このクラスは欲しいところです。

 東芝の石窯ドームの中位機種のER-ND400が良いでしょう。オーブン性能は最大350度と圧倒的な大火力を得られますし、熱風ヒーターの効果で遠赤外線効果が期待できますから。火力は東芝がダントツです。なお、消費電力的には30リットルクラスの他機種とほぼ同様です。

 内部構造のみで強火力が達成できる構造です。ピザやお肉を美味しく焼きたいならば、やはりこの機種でしょうね。また、スチームを使って「自然解凍状態」にする機能も、冷凍食品を多用する現代的な生活スタイルにマッチしています。

 電子レンジとしての性能も1024ポイント赤外線センサーを搭載するなど、日立に次ぐ高性能です。トーストについても、スチームを使ったふっくらとした仕上がりで、裏返さずとも、両面を焼くことが可能です

 もちろん、東芝の上位機種のER-PD7000-R のほうが上位です。ただ、オーブンの最大温度は同じですし、価格面を考えてもこちらが妥当でしょう。


 第3に、スチームレンジで過熱水蒸気によるヘルシー料理に本格的に取り組みたい方は、

 201608071210.jpg

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XW300-R【2016年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-W300-W
【2016年】
  ¥108,203
Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 1・シャープ ヘルシオ レッド AX-XP200-R【2015年】
 1・シャープ ヘルシオ ホワイト AX-X200-W
【2015年】
  ¥81,000
Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:可能
 センサー:
赤外線ムーブセンサー
・蒸気温度センサー
 オーブン最高温度:250度(300度10分)

 ヘルシオの最上位機種である、ウォーターオーブンのAX-SP200が良いでしょう。

 最もはじめにスチームレンジを出したメーカーらしく、スチーム調理のメニューが非常に豊富で、ダイエットに適したメニューの提案も最もしています。

 カラータッチパネルに、料理の材料や調理法、カロリーをふまえたレシピブックが搭載されるために、このように多機能なオーブンレンジを直感的に手軽に使い回すことが可能です。

 また、スチームだけを使いヒーターを使わないウォーターオーブン方式は、栄養素を保全する効果が期待でき、ダイエットに止まらない健康効果を期待できます。

 たしかに、センサーとオーブンのパワーが値段の割には弱いですが、もしダイエットや健康のためにスチームレンジを探しているならば、過熱水蒸気を使ったメニューの提案が最も多い、ヘルシオが良いと思います。ヘルシオは固定ファンが多く、オリジナルのレシピもネットで手に入りますし。

 なお、下位機種や在庫限りの旧機種もありますが、機能差の割に価格差は小さいため、多少値段ははりますが、こちが良いと思います。


 第4に、表面をこんがりと焼くグリル調理にこだわって機種を選びたい方は、

 201508181227.jpg

 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS903-W【2016年】
 13・Panasonic 3つ星 ビストロ NE-BS903-T
【2016年】
  
¥76,500 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 庫内容量:30L
 トースト:自動 両面焼き 1枚3分台
 センサー:スイングサーチ64眼赤外線センサー
 オーブン最高温度:230度(最高300度5分)


 パナソニックのNE-BS903でしょう。
 
 スイングサーチ赤外線64センサー搭載で、電子レンジの性能や利便性は他社の上位モデルを上回ります。また、スチームオーブンとしても「ダブル光ヒーター」によりこんがり系の料理が得意です。トーストも手早く美味しく焼けます

 電子レンジだけで考えれば、質量センサーと赤外線センサーを搭載した日立の最上位機もオススメです。しかし、価格と総合能力を考えれば、この機種は、現状では最もおすすめ機種の1つと言えます。

 なお、新機種については、グリル性能がアップしていますが、価格差がありすぎます。1-2万程度の価格差になるまでは、旧機種がたいへんお買得です。

 第5に、比較的価格が安い機種で、健康効果を考えてスチームオーブンを選ぶ場合は、

 201410022113.jpg

 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-R 【2015年】
 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-W 【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)

 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-R 【2016年】
 11HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-W 【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)

 庫内容量:31L
 トースト:●(手動:途中で裏返し)
 センサー:トリプル重量センサー・ 温度センサー
 オーブン最高温度:210度(250度5分)

 日立のヘルシーシェフの入門機MRO-SS8でしょう。圧倒的に価格が安いですが、庫内は小型機種よりも広く、世帯でも使えるでしょうから。水蒸気を使ったオーブンで、脱油や脱塩の健康効果は、他の機種と同じく効果が期待できます。

 電子レンジとしても、トリプル重量センサーを搭載するなどスペックが高いので、日常的に便利に使えるでしょう。もちろん、自動メニューは少ないですが、電子レンジはあくまで「調理家電」ですので、人間の方でいろいろ「創意工夫」すれば、美味しい料理ができると思います。

 その辺の楽しみも味わえる機種ですね。価格的には2015年モデルが良いでしょう。ただ、デンキヤにはもう旧機種は少ないかもしれません。

ーーーー
 というわけで、今回はスチームオーブンの紹介でした。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・中型のスチームオーブン →この記事!
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 本ブログモノマニアには、「温める」調理器具について、他に以上のような記事もあります。6番では、スチームオーブン・電子レンジ・オーブンレンジ全体の記事をまとめ、おすすめ機種の選び方も提案しています。よろしければ、それらもご覧ください。

 また、最後になりましたが、今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)
posted by Atlas at 18:27 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 小型スチームオーブンレンジ15種の性能とおすすめ(1)【小型〜大型:シャープ・日立・東芝 ・パナソニック・ヘルシオ・石窯ドーム・エレック・ヘルシーシェフ】加熱水蒸気式 スチームオーブン・ウォーターオーブンの違いとランキング

今回レビューする製品: 2017年 小型ウォーターオーブン・スチームオーブンのおすすめ:【シャープウォーターオーブン ヘルシオ・東芝 石窯ドーム・日立過熱水蒸気オーブンレンジ ヘルシーシェフ・ パナソニック・ エレック オーブンレンジ】 最強のスチームオーブンとは?

今回のお題
機能が充実した小型スチームオーブンレンジはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今回は、スチーム(過熱水蒸気式)オーブンについて、2017年シーズンの最新モデルを比較します。

 201401061010.jpg

 なお、本ブログは、オーブンなどの「焼く・温める」家電製品について次のような記事があります。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・高級なスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 今回の記事は、2番の記事です。

 「小型」スチームオーブンを扱います。1人暮らし〜2・3人程度の少人数世帯に最適なサイズで、トーストなら2枚まで同時に焼けるサイズです。予算としては、だいたい3万円〜5万円の予算で選びたい方に向いた製品です。

 「高性能」スチームオーブンは、3番の記事で別に扱っています。高性能は、レンジ内が上下2段になっており、大家族にも対応できます。予算としては、だいたい5万円以上15万円以下の製品になります。なお、少人数世帯でもハイエンド商品をお探しの方は、3番の記事のが良いでしょう。「小型で高性能」な機種は少ないからです。

 というわけで、以下では、いつものように製品を比較・説明してから、記事の最後に「結論」として、目的別・予算別に「Atlasのオススメ機種」をあげていきたいと思います。

スチームオーブンの健康効果

 Atlasは、健康診断での指摘を受けてダイエットをし、1日1500キロカロリー程度への食事制限ロードバイクによるトレーニングにより体重を20キロばかり落としました。78キロまで体重を減らすことに成功しています。

 ウエストは最終的に95センチから85センチくらい細くなりました。食事療法ダイエット終了後のリバウンドも5年間なく、腰痛もだいぶ緩和しました。

 その際に役に立ったのがスチームオーブンです。体重の減りが落ちてから、食事量や食事内容を通常に戻す頃、スチームオーブンが大活躍しました。

 では、どうしてスチームレンジがダイエットに結びつくのか?この分野を切り開いたシャープのヘルシオを例に説明しましょう。


 キーワードは「脱油」と「減塩」です。スチームオーブンで調理すると、油と塩分を効率よく落とせるのです。

 testdsok-2d.jpg

 スチームオーブンは、蒸気の力で内部の油を溶かすことで、無駄な脂肪分を溶かし出すため、カロリーがセーブできるわけです。

 また、その際、オーブン調理に比べて大事なビタミンなどの栄養素はキープできるため、必要な栄養素もとれます。そのため、無理なダイエットにならないわけです。

今回のスチームレンジ比較基準

 昨今の健康ブームから、スチームオーブンは、シャープ社以外からも多く発売され、オーブンレンジの「標準機能」となりました。

 ただ、各社のスチームオーブンは、同じシリーズ名でも性質がかなり異なります。そこで、このブログでは、次の2つの基準をもとに性能を比較していきます。


 第1に、スチーム加熱の性能を比較基準にします。

 201510121744.jpg

 普及価格帯(安い)のスチームレンジは、内部に付属する角皿に水を張ることで、スチームを起こす仕組みです。このブログでは、角皿式と呼びます。

 ミドルレンジ(高い)のスチームレンジは、外部に給水タンクを装備して、過熱水蒸気を出す仕組みです。このブログでは、水タンク式と呼びます。

 角皿式と水タンク式で比較した場合メンテナンス性や使い勝手の上で、給水タンクを装備していた方が使いやすいことはいうまでもありません。角皿式の場合、作れるレシピの数や、健康効果はきわめて限定的です。


 第2に、「コンパクト性」を比較基準にします。

 私のようなキッチンの狭いマンションに住む者や、しつらえのレンジ台が相当小さいご家庭にとって、ここ最近までスチームレンジは「導入したくてもできない」ことが多かったと言えます。

 というのも、給水タンクと蒸気発生機能を加える必要があるために、スチームレンジの小型化が難しかったからです。しかし、ここ5年間で、小型のスチームオーブンレンジが多数登場してきました。

 小型のオーブンは、短時間で加熱ができるため、調理時間や電気代の節約の点でもメリットがあります。

 今回は、庫内容量20−30L程度で、コンパクトに設置できるスチームオーブンレンジに限定して比較をしていきます。ワンルームマンションから、3LDK程のマンション生活に最適なサイズです。

パナソニックのスチームオーブン

 では、レビューをはじめます。 

 なお、以下ではいつものように、高評価できる点については赤字で、イマイチな点については青字で書いていきます。


 

 1・Panasonic エレック NE-MS233-W 【2016年】
  ¥25,147 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 1・Panasonic エレック NE-MS232-W【2015年】
  ¥25,972 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:
幅483×奥行396※1×高さ310mm
 トースト:◎
 スチーム:
角皿スチーム
 センサー:蒸気センサー
 オーブン最高温度:250度

 NE-MS233は、パナソニックのスチームオーブンレンジの入門機です。なお、【在庫限り】で2015年モデルが売られています。電子レンジは秋口が商品の入れ替え期なので特に安いです。型番のみの変更で、機能は最新機種と同じなので、同時に紹介します。

 庫内容量は、庫内容量23リットルと3人家族程度まで対応できそうなサイズです。

 スチーム方式は、水タンク式ではなく廉価版の角皿式のスチームです。そのため、過熱水蒸気を使った料理もそれほど多彩にはできません。オーブンを使っての「カロリーオフ調理」「減塩調理」には対応できません。可能な自動メニューも、「茶碗蒸し・おかず蒸しパン・卵のココット、ガトーショコラ・濃厚チーズケーキ・とろけるプリン」の6種類に限定されます。

 電子レンジとしての性能も、あまり高くありません。なぜなら、レンジに搭載されているセンサーが、蒸気センサーだけだからです。とりわけ、ラップやジップロックをした食品は、蒸気が検知できないので、ラップが破裂するまで温度感知できません。そのため、この場合は「自動あたため」機能に未対応です。電子レンジとしても機能的は物足りません。

 オーブンとしての性能は、最大250度までと出力が確保されておりこちらは高評価できます。火力の強いエレックシリーズらしい作りです。トーストも5分で2枚を焼き上げます

 以上、NE-MS233の紹介でした。省スペースモデルで、デザインもスタイリッシュな電子レンジでアス。しかし、肝心なスチーム機能や電子レンジとしての性能はイマイチな機種です。


 

 2・Panasonic エレック NE-MS263-K 【2016年】
  ¥27,155 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 2・Panasonic エレック NE-MS262-K【2015年】
  ¥36,200 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法:
幅500×奥行400mm×高さ347mm
 トースト:◎(裏返し必要)

 スチーム:角皿スチーム
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 NE-MS263は、パナソニックの中位機種です。こちらも【在庫限り】で2015年モデルが売っています。性能は新機種と同じです。

 庫内容量は、26リットルと広いです。 世帯向けとしても十分です。下位機種よりも外形寸法がわずかに大ぶり(幅500ミリ)ですが、壁にぴったりにつけても良い機種なので、設置の自由はきくでしょう。

 スチーム方式は、水タンク式ではなく、廉価版の角皿式のスチームです。「カロリーオフ調理」「減塩調理」はできません。

 電子レンジとしての性能は、しかしながら、下位機種よりも上位です。こちらは、「スイングサーチ赤外線センサー」が搭載されるからです。こちらは、ラップをした食品の自動加熱にも対応でき高性能です。ただ、オーブン機能を利用した直後だと(庫内に赤外線が一杯なので)センサー感知ができないという弱点はあります。

 オーブンとしての性能は、下位機種同様ですが、250度出力ができます。庫内が大きくなったので、遠赤ヒーターが2つ搭載されます。温度的に、クックパッドなどの大抵のレシピに対応できます。

 以上、NE-MS262の紹介でした。過熱水蒸気による調理機能は角皿式なので「おまけ」程度の機種ですが、電子レンジとしての性能は下位機種よりも良いという機種です。


 

 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS602【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)
 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS603 【2016年】
  ¥40,196 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x347x400 mm
 トースト:◎
 スチーム:
水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

  NE-BS603は、パナソニックの「3つ星 ビストロ 」シリーズに属する機種です。これは、パナソニック社の中上位機種にあてられるブランド名です。こちらは、同シリーズでは、最もお買得な機種です。

 こちらの機種も2015年モデルと2016年モデルがあります。自動調理メニューが5つほど増えただけの違いなので、どちらを選んでも構わないでしょう。

 庫内容量は、26リットルです。小型としては割と広いですが、外形寸法は横幅50センチとスマートサイズです。この点で優秀だと思います。

 201407061318.jpg

 スチーム方式は、こちらは、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種は「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。また、タンク式のため、ヘルシーメニューを含めて62の自動メニューの調理が可能です。

 電子レンジとしての性能は、こちらもスイングサーチ赤外線センサーが搭載される点で高機能です。庫内の温度を広域にわたって測れるため、加熱ムラも少ないといえます。

201407061322.jpg

 オーブンとしての性能は、下位機種よりもより充実します。250度まで出せる上、両面グリルとビストログリル皿が搭載されているからです。片面グリルに止まった下位機種に較べて、焼き目を付けるこんがり系の料理がとくに得意と言えます。オーブン機能重視ならパナソニックは良い選択肢の1つです。

 そのほか、オーブン調理時に、加熱するエリアを限定して、効率よく調理できるエリア調理機能が搭載されます。2人分の材料のみ加熱する場合17%の時短効果がありますが、一部の自動メニュー以外には使えません。

 トーストは、やや注意が必要です。この機種は、焼く際に途中で一旦裏返す必要があります。これは、水タンク式のスチームオーブンの構造上、仕方ない部分ですね。



 201603160954.jpg

 4・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-JBS653 【2016年】
  ¥71,300 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 4・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-JBS652【2015年】
  ¥55,147 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x347x400 mm
 トースト:◎
 スチーム:
水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 NE-JBS653パナソニックの少人数世帯用の高級スチームオーブンです。小型では最も高級なモデルです。

 ちなみに、こちらの製品だけ型番に「J」が付いているのは、パナソニックの団塊世代向けの「Jコンセプト」シリーズに属する家電だからです。

 2016年モデルと2015年モデルは本体の形や機能はほぼ変わりません。ただ、トーストについて、最新機種は、両面グリルを活かして「途中で裏返さずにも焼ける」ようになりました。

 庫内容量は、26リットルです。横幅も50センチであり、この点では NE-BS602と同じく設置性の点で優れていると言えるでしょう。

 スチーム方式は、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種も「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます

 自動メニューは、ヘルシー系を含めて168種類あります。料理好き用の高機能モデルと言えます。とくに今年度モデルについては、「Jコンセプト」として、かき揚げや、ナスの揚げ出しなど、和食メニュー50選が搭載されました。なお、自動メニューが多くできるのは、上記のようなカラータッチパネル液晶が搭載されるからです。メニューの他、レシピ表示なども対応します。

 また、  下位機種に搭載されていたエリア調理機能に加えて、こちらは、「スピードスチーム機構」が搭載されます。強力噴射のスチームのため、スチーム調理の時間がはかれます。

 電子レンジやオーブンとしての性能は、下位機種とスペック的に同じす。電子レンジは、スイングサーチ赤外線センサーが搭載され、オーブンは、遠赤Wヒーターが搭載されます。

 以上、パナソニックの3つ星 ビストロ NE-JBS652 の紹介でした。他社の小型モデルでカラー液晶を採用した多調理対応モデルはないため、この機種はデザイン家電として今後売れていくと予想します。メニュー数も多彩で、オーブンも強力なので、料理好きには良い選択肢と言えます。

日立のスチームオーブン

 続いて、日立のスチームオーブンを紹介したいと思います。日立は、他社に較べて安い価格で高機能のスチームオーブンを出しています。

 

 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS7-W 【2016年】
  
¥28,717 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)
 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS7-W【2015年】
  ¥22,790 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):483x340x386 mm
 
トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:温度・赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 MRO-SS7は、日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」シリーズの入門機です。過去モデルが併売されていますが、基本性能は同じです。日立は「型落ち」が結構長いこと残るメーカーです。

 庫内容量は、22リットルとやや小さめの機種です。その分設置性は良く、幅も48センチほどで収まります。

 スチーム方式は、本格的な水タンク式のスチームオーブンです。したがって、この機種は「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。 価格的に3万円以下で、水タンクを備える機種はほぼ日立に限られるため、人気の機種です。

 オートメニューは42種類になります。ただ、この機種の注目点はマニュアル操作の部分で、スチームやオーブンの温度設定も手動で手軽に調整できるため、ある程度高度な料理も可能だと思います。

 電子レンジとしての性能は、赤外線センサーに加えて、温度センサーがダブルで搭載されます。ラップした食品の対応から、冷凍したお肉の半解凍まで十分以上の性能を持ちます。

 オーブンとしての性能は、250度まで出せる本格仕様になります。上部に管ヒーター、下部に平面ヒーターを搭載し、両面グリルに対応します。トースターは、パナソニックの下位機同様に、途中で裏返す必要があるものの焼けます。  

 以上、日立の「ヘルシーシェフ」MRO-SS7の紹介でした。注目するべき点は、水タンク式スチームの採用と、高度な電子レンジとしての性能です。とりわけ、後者については、日立が最優秀のため、この点でこの機種を選択するのは「あり」です。


 

 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-R 【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp (4/11執筆時)
 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-R 【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):486x365x430 mm
 
トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:温度・赤外線・トリプル重量センサー
 オーブン最高温度:250度

 MRO-RS8は、日立の「ヘルシーシェフ」の中位機です。

 庫内容量は、31リットルと、かなり広々と使える機種です。しかも、横幅が48センチに収まっており設置性の点でも優秀です。

 スチーム方式は、下位機種同様に水タンク式です。「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。スチーム用のオートメニュー数も充実しています。メニューは総計75種類になります。

 201404181718.jpg

 電子レンジとしての性能は、下位機種よりも強化されました。こちらは、赤外線センサー温度センサーに加えて、重量センサーが搭載されるからです。 重量センサーは、右・中央・左に3つセンサーが配置され、複数の食品を一緒に温める際も、適切な温度設定にしてくれます。「レンジでのあたため」がメインのユーザーは、日立が最も高機能です。

 電子レンジ・オーブンとしての性能は、下位機種同様に高いです。レンジについては、赤外線センサー温度センサー重量センサーが搭載され、オーブンについては、250度の加熱ができます。トーストはやはり、途中で裏返す必要があります。

 以上、日立の「ヘルシーシェフ」MRO-SS8の紹介でした。スチームはもちろん、電子レンジとしての性能が高い点が最大の魅力です。普段多用する部分ですから、個々を重視するのは「あり」でしょう。庫内容量が増していて、世帯向けでも使えそうな小型機種です。庫内が広いため、ピザなどを焼く際も十分なスペースがあります。

東芝のスチームオーブン


 

 7・東芝 石窯オーブン ER-P6-W 【2016年】
  ¥26,100 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):480x390x325 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:角皿式
 センサー:温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-P6は、東芝の「石窯オーブン」シリーズの製品です。

 庫内容量は、23リットルとやや少なめです。ただ、その分設置に要する面積はさほど必要ないモデルです。

 スチーム方式は、最廉価モデルということで簡易的な角皿スチームだけに対応します。一応、油を使わないノンフライ調理は一部対応しますが、簡易的なものに止まります。減脂効果などを期待する場合は上位機種を選ぶべきです。

 電子レンジとしての性能は、かなり平凡で、センサーは温度センサーのみになります。ラップをした食品の加熱などは自動では不可能な仕様です。

 201510121829.jpg

 オーブンとしての性能は、他社の小型機よりも高く東芝の「売り」の部分です。「石窯オーブン」という名前が示すように、石窯を摸した庫内で遠赤効果で「ふっくら」焼くことが可能です。温度は250度まで対応です。ただ、後ほど見るように、東芝の上位機「石窯ドーム」は、より性能が上になります。

 トーストは、石窯の効果でふっくら焼くことができますが、裏返しは自分で行う必要があります。

 以上、東芝の「石窯オーブン」ER-N6の紹介でした。

 言うまでもなく、この機種の「売り」はオーブンとしての性能です。パナソニックも同じですが、そちらは「こんがり焼き目を付けるのが得意」な機種であり、東芝は、「遠赤効果でふっくら加熱するのが得意な機種」であるという点で異なると思います。この点をふまえれば、東芝の場合は、ピザやパンを焼くのには向いているといえます。


 201603161002.jpg

 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-PD7-W 【2016年】
 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-PD7-K 【2016年】
  ¥27,237 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-ND7-W  【2015年】
 8・TOSHIBA 石窯ドーム ER-ND7-K 【2015年】
  ¥29,000 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):480x400x348 mm
 
トースト:●(グリル)

 スチーム:角皿式
 センサー:赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-ND7は、東芝の「石窯ドーム」シリーズに属する小型機種です。先ほど見た「石窯オーブン」よりも上位グレードの機種となります。こちらも新旧2機種ありますが、基本性能の変化はありません。

 庫内容量は、26リットルです。小型としては標準的で十分なサイズです。設置性の面でもとりわけ問題は無さそうです。

 スチーム方式は、簡易的な「角皿式」です。価格が3万円を超えますが、東芝の場合、このグレードでも水タンクは採用になりません。

 電子レンジとしての性能は、下位機種よりは上で、赤外線センサーの搭載になります。3種類のセンサーを装備する日立や、より上位の「スイングサーチ赤外線センサー」を搭載するパナソニックには敵いませんが、「ラップした食品非対応」という東芝の下位機種の弱点は緩和されています。ただ、赤外線センサーは、オーブンを使った直後は(庫内の赤外線が溢れているため)無力ですが。

 201510121708.jpg

 オーブンとしての性能は、小型機では極めて高いと言えます。こちらは、庫内に写真のように湾曲したドーム構造の石窯ヒーターを搭載します。「石窯ドーム」の名前の由来ですね。

 point1.jpg

 天井の湾曲ヒーターの効果で、オーブンを使う際に均一に加熱ができる「石窯の仕組み」を下位機種よりも高精度で再現します。そのため、ピザなどを焼く際、遠赤外線効果で「ふっくらと」うまく焼くことができるわけです。

 トーストについては、こちらの機種は、裏返さずとも両面を焼くことが可能です。予熱したオーブンで3分ほどで2枚のトーストが焼けます。

 以上、東芝の「石窯ドーム」ER-ND7の紹介でした。オーブンとしての性能がここまで紹介してきた機種のなかでは格段に優れた機種です。また、下位機種でネックだった、電子レンジとしての性能も他社標準に追いついており、オーブン以外を多用する方でも選びやすくなっていると言えます。

 ただし、スチーム方式は角皿式なので、スチーム調理のは「おまけ程度」と考えてください。


 

 9・東芝 石窯ドーム ER-PD8-W【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)
 9・東芝 石窯ドーム ER-ND8-W 【2015年】
  ¥31,998 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):480x348x400 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-ND8は、「石窯ドーム」の上位機種です。

 庫内容量は、26リットルで、先ほどの機種と同じです。設置に必要な面積も変わりません。また、 電子レンジとしての性能オーブンとしての性能も下位機種のER-PD7と同様です。

 異なる点は、スチーム方式です。

 スチーム方式は、こちらの機種は、本格的な水タンク式の過熱水蒸気を採用します。下位機種と異なり、「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。ダイエット目的には適った機種であると言えます。

 これ以外の部分は下位機種と変化がありません。そのため、ER-PD8は、優秀なオーブン(グリル)としての性能も利用したいが、同時に、過熱水蒸気によるヘルシーな料理もしたい、という方にオススメの機種と言えます。

 なお、2016年モデルから、トーストについて、スチームを使ってふっくらさせる「スチームトースト機能」が付属しました。ただ、裏返す必要は同様にあります。

後編の予告!
最も機能が充実したスチームオーブンレンジはこれ!

 以上、今回の前編では「小型・省スペース」を12機種紹介しました。

  201407061533.jpg  

 続く後編では、東芝の「石窯ドーム」の上位機 ER-PD100 PD200を紹介した後で、ここまで見てこなかったシャープのヘルシオAX-CA300などの機種を3台紹介します。
 
 その後で、ここまで見てきた、パナソニック・日立・東芝の機種を含めて、前機種から、予算別、機能別、目的別に選ぶ場合、どの機種がおすすめか?についてAtlasの見解を書いていこうと思います!

 後編の記事は→こちら

 また、今回の前編記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 18:12 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 小型スチームオーブンレンジ15種の性能とおすすめ(2)【小型〜大型:シャープ・日立・東芝 ・パナソニック・ヘルシオ・石窯ドーム・エレック・ヘルシーシェフ】(後編)加熱水蒸気式 スチームオーブン・ウォーターオーブンの違いとランキング

今回のお題
機能が充実した小型スチームオーブンレンジはどの機種?

 ども、Atlasです。今回は小型スチームオーブンレンジを特集しています。

 前編記事では、パナソニックと日立と東芝の機種を紹介しました。

 後編記事では、東芝とシャープのスチームオーブンレンジを比較します。その上で、最後に、全機種から、目的別・価格別にAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。

 なお、購入される特定の機種が決まっていない方は、小型のスチームオーブンレンジ全体の説明をしている前編記事【こちら】から順番にご覧頂ければと思います。

東芝のオーブンレンジ

  

 9・東芝 石窯ドーム ER-PD100(W)  【2016年】
  ¥39,953 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 9・東芝 石窯ドーム ER-ND100(W)【2015年】
  ¥52,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x388x416 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 ER-ND100は、小型の「石窯ドーム」の上位の機種です。この機種も2015年モデルがありますが、基本性能は同じです。

 庫内容量は、30リットルと世帯用としても余裕のあるサイズです。ただ、横幅は50センチなので、今回の「小型機種」の基準に敵ったサイズのモデルになります。

 スチーム方式は、こちらも水タンク式を採用します。そのため、過熱水蒸気によるヘルシーな調理は一通り可能です。

 201407061455.jpg

 電子レンジとしての性能も高いです。レンジのセンサーは、こちらはスイングサーチ赤外線センサーに強化されています。通常の赤外線センサーに比べて、庫内の温度を広域にわたって測れるため加熱ムラが少ないといえます。さらに、東芝は独自のドームアンテナ形状を取っているため、加熱ムラがより少ないようです。

 オーブンとしての性能も、下位機種より高いです。こちらの機種も、下位機種同様の「石窯ドーム構造」ですが、新しい形状の湾曲ヒーターが搭載されているため、火力ムラが起こりにくく、よりパリッと仕上がるように工夫されています。

 オートメニュー数は、92種と十分です。また、このグレードからは自動調理メニューにおいて、オーブン(グリル)で焼き目を付けてから、過熱水蒸気によるスチーム調理に移行し、油を落としていくという「ハイブリッド調理に対応するメニュー」も搭載になりました。

 トーストも下位機種同様にグリル機能で2枚同時に焼くことが可能です。

 以上、東芝の ER-ND100の紹介でした。下位機種に比べて、電子レンジとしての性能オーブンとしての性能の両方が確実に強化された機種です。価格は高いですが、オーブンや過熱水蒸気による調理を多用したいと考えている方は、投資する価値は十分にあるでしょう。


 

 10・東芝 石窯ドーム ER-ND200(W) 【2016年】
  ¥48,972 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):480x395x350 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:270度

  ER-ND200は、石窯ドームの最上位機種です。発売が年初と速かったので、下位機種よりも価格は結構安いです。

 庫内容量は、26リットルと、先ほどの30Lより多少コンパクトです。少人数用の高性能機という位置づけですね。

 201608071124.jpg

 スチーム方式は、こちらも水タンク式を採用します。また、この機種は東芝の小型機では唯一液晶が付属するため、自動メニューは304種と群を抜いて多く、過熱水蒸気のレシピも豊富です。

 電子レンジとしての性能は、下位機種同様です。加熱にムラが生じにくいスイングサーチ赤外線センサーが採用されます。とくに解凍にはこだわりが有り、スチームを使った全解凍急速解凍刺身などに便利な半解凍などが搭載です。

 オーブンとしての性能は、この機種は上位です。小型では最も温度が高いと言える最高270度の加熱が可能です。ピザなどはよりクリスピーに焼けるでしょう。トーストは、やはり途中で裏返す必要があります

 以上、東芝の ER-ND200の紹介でした。液晶を採用することで、300を越える多彩な自動メニューが撰べるのが魅力です。レシピ集を用いて、レンジを使った料理を楽しみたいかたに特におすすめできる機種ですね。

シャープのスチームオーブン

 最後にシャープの機種を紹介します。ちなみに、スチームオーブンをはじめて発売したのはシャープです。

 

 11・シャープ オーブンレンジ RE-SS10D-W【2016年】
  ¥46,012 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 11・シャープ オーブンレンジ RE-SS10C-R【2015年】
  ¥24,500 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):490x370x445 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:角皿スチーム
 脱臭:
 センサー:赤外線センサー・温湿度センサー
 オーブン最高温度:250度

 RE-SS10は、シャープのスチームオーブンレンジです。

 庫内容量は、31リットルと大きいです。それに加えて、この機種は写真のように2段調理ができます。主にパン焼きなどを趣味とする方に人気なスチームオーブンになります。

 スチーム方式は、しかしながら、角皿式の簡易的なもので、カロリーオフ料理はやや難しい機種です。ただ、シャープの場合完全に不可能ではなく、油を使わない揚げ物など、自動的にセットアップされている数種類のメニューは対応できます。とはいえ、「おまけ程度」です。

 電子レンジとしての性能は、標準的です。赤外線センサーと温湿度センサーを搭載します。ラップした食品などにも問題なく対応できるでしょう。

 オーブンとしての性能は、250度のパワーで2段調理ができる点がこの機種の「売り」です。小型のオーブンですが、パンやピザを2段で焼き上げられるのは、便利だと思います。

 トーストについては、注意が必要です。この製品はグリル機能がないため対応しません。オーブンでピザは焼けますが、トーストに対応しない点は注意しましょう。

 以上、シャープのRE-SS10の紹介でした。2段調理ができる点が最大の魅力である機種です。ただ、そのほかの機能、とくにスチーム調理についてはそれ程多機能ではないため、どちらかと言えば、「製菓」「製パン」に向いたレンジですね。


 201608071148.jpg

 12・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA300-B 【黒・2016年】
 12・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA300-W
【白・2016年】
  ¥48,483 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 12・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA200-R【赤・2015年】
 12・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA200-W
【白・2015年】
  ¥37,816 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):490x345x400 mm
 
トースト:●(グリル)

 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:温湿度センサー
 オーブン最高温度:250度

 AX-CA300は、ウォーターオーブン「ヘルシオ」シリーズの入門機になります。スチームオーブンとしては最も最初に発売された「ヘルシオ」の最新小型機種になります。こちらも2015年モデルが併売中ですが、色以外の点は同じです。

 庫内容量は、18リットルと他社よりも小さめです。ただ、3人家族程度ならば十分まかなえるサイズです。設置スペースも49センチと小型ですし、背面を壁に付けて設置することも可能です。

 とくに他機種に較べて高さが34.5cmとコンパクトであり、設置性はよくワンルームでもおけるサイズです。小さいとオーブン機能の予熱時間が短くて済みますから、調理時間や電気代の節約につながるでしょう。

 201407061542.jpg

 スチーム方式は、もちろん「ヘルシオ」なので、きちんと水タンク式を採用しています。 ウォーターヒートの「元祖」として、スチームを使った多彩な「カロリーオフ調理」「減塩調理」が可能です。

 電子レンジとしての性能は、温湿度センサーのみ搭載と物足りないです。ラップした食品について、南部温度が感知できないため、グラム単位で重さを指定して加熱する必要があり多少面倒です。

 オーブンとしての性能は、他社同様に250度の加熱調理が可能です。グリルも、オーブンも水蒸気を使わずに、焼き目・焦げ目を付けるような使い方も可能です。

 自動調理メニューは、とくに充実しており、多彩な料理が可能で、専用の料理本までついてきます。今回の新機種では自動メニューが88種類に増えています。ヘルシー料理のレシピ集ではシャープが最も優秀かと思います。

 201510121715.jpg

 また、使い勝手の研究も進んでおり、おかずをまとめての調理する機能なども搭載します。。一人暮らし向きにモーニングセットなどが同時に調理できる機能なども付属します。

 トーストは、こちらも裏返さずに2枚同時に焼くことができます。

 以上、ヘルシオAX-CA200紹介でした。ウォーターオーブンの元祖だけあり、作り込まれた製品である印象です。多彩な「ダイエット」料理の調理に本格的に取り組みたい人の機種でしょう。その一方で、電子レンジとしての性能はあまり良くないため、冷凍食品の加熱など、レンジを多用する方は、他社製品を選んだほうが満足度が高いです。


 201603161018.jpg

 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9D-W 【2016年】
 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9D-R 【2016年】
  ¥34,011 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9C-W【2015年】
 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9C-R 【2015年】
  ¥32,700 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x380x345 mm
 
トースト:●(グリル)

 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:赤外線センサー/ 絶対湿度/温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 RE-SS9Dも、シャープの小型のスチームオーブンです。ただし「ヘルシオ」の名を冠していないモデルです。こちらも、旧モデルがありますが、機能は同じです。

 庫内容量は、23リットルですから、ヘルシオAX-CA200よりも若干広めの機種です。ただ、サイズは十分に小型です。

 t4351301.jpeg
 
 スチーム方式は、こちらも、きちんとした「水タンク式」のウォーターオーブンです。ただし、「ヘルシオ」の名前が付いていないことには理由があります。それは、ヘルシオシリーズに較べて水タンクが小さいからです。そのため、スチームの量はそれほど大きくなく、スチームパワーはヘルシオシリーズ及びません。特に、「脱油」と「減塩」を重視される方は「ヘルシオ」のほうが良いでしょう。
  
 電子レンジとしての性能は、一方で、ヘルシオより高機能であると言えます というのも、こちらは赤外線と温湿度センサーという2つのセンサーを内蔵しているからです。ラップに対応するほか、解凍なども上手にできる機種です。ただ、重量センサーや、スイングサーチ赤外線センサーが付属する日立に比べるとやや性能は劣ります。
 
 201407061606.jpg
 オーブンとしての性能は、ヘルシオ同様で、過熱水蒸気による調理と、水を用いないオーブン・グリル調理に対応できます。

 自動メニューの数は、55個です。自動モーニングメニューなど、ヘルシオのような多彩な機能は搭載されませんが、油の要らない唐揚げなど、ヘルシーメニューも搭載します。

 トーストは、途中で裏返さず同時に2枚焼くことができます。   

 以上、シャープのRE-SS10Aの紹介でした。ヘルシオに較べると、電子レンジとしての性能が良い機種です。しかし、ウォーターオーブンについては、「水タンク式」としてはイマイチ物足りない機種です。

 ただ、「ウォーターオーブンは利用したいけれども、メインはレンジである!」という方にはこの機種は向いています。その場合、他社モデルとの比較になりますが、最終的なおすすめ機種については、以下の結論で書きたいと思います。

今回の結論
最も機能が充実したスチームオーブンレンジはこれ!

 以上、今日は「小型・省スペース」なスチームオーブンを15機種紹介しました。  

 新製品と旧製品が併売される時期のため、おすすめ機種を選ぶのは難しい部分がありますが、現状でスチームオーブンが欲しい方へのオススメ機種を提案したいと思います。


 第1に、スチームオーブンの性能を余すところなく楽しみたい人におすすめなのは、

 201608071148.jpg

 12・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA300-B 【黒・2016年】
 12・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA300-W
【白・2016年】
  ¥48,483 Amazon.co.jp
(4/11執筆時)
 12・SHARP ヘルシオ レッド AX-CA200-R【赤・2015年】
 12・SHARP ヘルシオ ホワイト AX-CA200-W
【白・2015年】
  ¥37,816 Amazon.co.jp
在庫あり (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):490x345x400 mm
 
トースト:●(グリル)

 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★★

 シャープの「ヘルシオ」がおすすめです。こちらは本格的な「水タンク式」のウォーターオーブンで、多彩な「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。機能の上で足りないものはありません

 とくに、ウォーターオーブンを使った自動メニューの数や料理ブックの充実度が凄いので、料理好きの方はこちらを購入されると良いと思います。

 また、ヘルシオファンが独自にメニューを開発しており、それらの情報をネットで利用できるのもメリットですね。

 とくに、現行モデルと同じ性能の変わらない【在庫限り】のモデルは価格が下落しているため、格安購入できる機種として「狙い目」だと思います。


第2に、電子レンジとしての性能を重視しながら、スチームオーブンを選ぶ場合は、

 

 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS8-R 【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)
 6HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS8-R 【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):486x365x430 mm
 
トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:温度・赤外線・トリプル重量センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★★

 日立の小型スチームオーブンのMRO-RS8が良いでしょう。

 こちらも「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができる本格的な「水タンク式」の機種です。多彩な「カロリーオフ調理」「減塩調理」ができます。ヘルシオと同じく、オーブンの温度などを手動で決められるため、本格的に使うこともできます。

 さらにヘルシオに較べて、レンジのセンサーが充実しており赤外線センサーに加えて、温度センサーと、重量センサーが搭載されます。 レンジとしての性能は、定評のある日立ですから、レンジでの暖め画メインの方で、たまにスチームオーブンを試してみたい!という方に最適です。自動メニューやレシピブックもシャープには及びませんが、充実していますので。


 第4に、スチームに加え、遠赤外線で美味しくピザやお肉・お魚などを焼きたいと考えている型は、

 

 9・東芝 石窯ドーム ER-PD8-W【2016年】
  ¥33,400 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)
 9・東芝 石窯ドーム ER-ND8-W 【2015年】
  ¥31,998 Amazon.co.jp   (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):480x348x400 mm
 トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★★


 石窯構造で、遠赤外線効果で美味しくピザが焼ける東芝のER-ND8がよいでしょう。下位機種と異なり、こちらは水タンク式のスチームオーブンですので、ダイエットや減塩効果も期待できます。
 
 ピザなどの「石窯ドーム」での調理の他に、表面を焦がすような肉料理にこだわって使いたい方は、こちらの機種をおすすめします。

ーーーーー

 

 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS602【2015年】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (4/11執筆時)
 3・パナソニック 3つ星 ビストロ NE-BS603 【2016年】
  ¥40,196 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x347x400 mm
 トースト:◎
 スチーム:
水タンク式
 脱臭: ◎
 センサー:
スイングサーチ赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★★

 ただし、肉や野菜にに焼き目を付けて「こんがり」焼くような方法で使いたいならば、遠赤Wヒーターとビストログリル皿が搭載されているパナソニックの「3つ星 ビストロ 」シリーズの方が得意です。

 また電子レンジ性能も、スイングサーチ赤外線センサーを搭載する分、東芝よりもいくぶん能力が高いですね。東芝と異なり、トーストを途中で裏返す必要がある点が苦にならないならば、この機種はたいへんお買得です。

 第5に、できるだけ低価格で、ダイエットに適したスチームオーブンが欲しい場合は、

 

 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-SS7-W 【2016年】
  
¥28,717 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)
 5・HITACHI ヘルシーシェフ MRO-RS7-W【2015年】
  ¥22,790 Amazon.co.jp (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):483x340x386 mm
 
トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:温度・赤外線センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★

 201603161018.jpg

 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9D-W 【2016年】
 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9D-R 【2016年】
  ¥34,011 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)

 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9C-W【2015年】
 13・シャープ スチームオーブン RE-SS9C-R 【2015年】
  ¥32,700 Amazon.co.jp  (4/11執筆時)

 レンジ出力:1000W
 外形寸法(幅X高さX奥行き):500x380x345 mm
 
トースト:●(グリル)
 スチーム:水タンク式
 脱臭:
 センサー:赤外線センサー/ 湿温度センサー
 オーブン最高温度:250度

 スチーム性能 ★★★★★
 レンジ性能  ★★★★★
 オーブン性能 ★★★★★  
 減量役立ち度 ★★★★★

 機能面で差がない【在庫限り】の商品を含めて、これらの4機種から、その時々の予算と販売価格に応じて選ばれるのが良いと思います。
 
 いずれも、水タンク式の本格的なスチームオーブンを採用する機種では値頃です。電子レンジとしての性能も、赤外線センサーと温湿度センサーを搭載する点で、両者とも能力が高いです。庫内容量も日立が22リットル、シャープが23リットルと差は無い状況です。

 どちらを選んでも後悔しないでしょう。というよりも、この値段のスチームオーブンが購入できるのは、アウトレット品が出回る今の時期だけなので、どちらもお買得です!


ーーーーー

 というわけで、今回はスチームレンジの紹介でした!

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン この記事!
3・中型のスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 なお、本ブログモノマニアには、加熱する調理家電について以上のような記事があります。

 とくに、6番では、スチームオーブン・電子レンジ・オーブンレンジ全体の記事をまとめ、おすすめ機種の選び方も提案しています。よろしければ、それらもご覧ください。

 また、もし今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 18:12 | Comment(0) | 調理家電

2017年04月09日

比較2017’ 最新のコンベクションオーブン13製品の性能とおすすめ:デロンギ・シロカ・オークセール・ツインバード・タイガー・アイリスオーヤマ・日立】機能の違いや性能ランキングなど

今回レビューする製品:2017年 コンベクションオーブン:デロンギ EO1258J スフォルナトゥット EO1490J-W EO12562J EO14902J-W EOB2071J ミニコンベクションオーブン EO420J-WS セラヴィ arobo(アロボ) one two style CLV-226, TWINBIRD TS-4118B ・TIGER KAS-V130-SN Siroca crossline ノンフライオーブン SCO-213S SCO-313VA ノンフライオーブン SCO-501 SCO-401KAS-G130-SN SCO-313RD アイリスオーヤマ ノンフライ熱風オーブンリクック熱風オーブンFVX-M3A-W FVH-D3A VEGEE HMO-F100 PFC-D15A-W FVC-D15A-W SCO-601 SCO-213 コイズミ スモークトースター KCG-1201-Nコンベクションオーブンとは?基本的な説明や選び方

今回のお題
2017年現在のコンベクションオーブンのおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。今日は、ンベクションオーブンを8機種ほど比較します。 

 コンベクションオーブンは、油を使わない揚げ物などができることが話題で、「プチブーム」になった調理家電です。しかし、実は、昔からある、息の長い家電です。トースターの上位互換品として、料理好きの間で人気の家電です。

 以下では、いつものように機種ごとに機能を紹介し、最後に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

コンベクションオーブンとは?

 コンベクションオーブンとは、簡単に言えば、オーブントースターとオーブンレンジの中間というべき機能を持つ調理家電です。

 201510251214.jpg  

 オーブントースターとの違いは、ファンで熱風を対流させることで、食材を包み込むように焼き上げることができる点です。したがって、トーストから、ケーキからピザ・グラタン、油を使わない揚げ物まで多彩な料理を作ることができます。

 コンベクションオーブンを購入する方は、トーストが焼けて、その上で、ピザなどが美味しく焼けるという点を重視しているようです。ただ、ピザを焼くだけではなく、いろいろなことができます。

 コンベクションオーブンの庫内には、上下に1つずつのヒーターと、熱風を送り出すファンがあります。

 これを使ってできるのは次の4つのパターンの調理です。

1・コンベクション調理 
 
=上下ヒーター+ファンで包み込むように調理
 第1に、コンベクション調理です。ピザなど超高温で全体をむら無く焼き上げると美味しく仕上がる料理に使います。
2・オーブン調理
 
=上下ヒーターで、一定の温度でじっくり蒸焼調理

 第2に、オーブン調理です。ケーキやチキンなど熱を通すのに時間のかかる料理に使います。
3・グリル調理
 =上ヒーターを強く出し、焼き目を付けるように調理
 第3に、グリル調理はす。魚や肉など焦げ目を付けながら焼く際などに使います。
 4・スローべーク調理
  
=下ヒーターだけでじっくり加熱する
 第4に、スローべーク調理です。茶碗蒸しなどじっくり火を通す料理に使います。
 ちなみにトーストは、コンベクション調理でも、オーブン調理でも、グリル調理でも焼けます。ただし、コンベクションオーブンの特性を最大限活かすとしたら、コンベクション調理を使って、熱風で焼くのも面白いでしょう。200度以上の温度設定で、4-5分で表面がかりっと焼けます。
 そのほか、できる料理は多彩ですが、例えばデロンギ社のレシピブックこちら】では、20種類以上のレシピが公開されています。

デロンギのコンベクションオーブン

 さて、ここからは、各メーカーから発売されているコンベクションオーブンの機能を比較していきたいと思います。 

 なお以下では、いつものように、Atlasが高評価している点は赤字で、イマイチと感じている点は青字で書くようにします。


  201411050956.jpg

 1・デロンギ コンベクションオーブン EO12562J
   ¥24,980 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)  

 温度調節 60〜220度
 保温温度 60度
 タイマー 120分まで
 二段調理 ◎
 解凍機能◎
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1400W
 サイズ 幅 幅490×奥行365×高さ240
 庫内容量  12.5L

  最初に紹介するのは、デロンギ社コンベクションオーブン EO12562Jです。デロンギ社はイタリアの家電メーカーで、高級なコーヒーメーカーなどの調理家電を日本で販売しています。日本での実績も長く、ブランド力のある企業です。

 EO12562Jは、最も売れている標準的なコンベクションオーブンです。先ほど紹介した コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理の全てが可能です。

 EO1490J-W_WEB_86.jpg

 庫内サイズは、12.5リットルと大きめで、網棚やトレイを使って2段調理も可能です。


 201510251222.jpg

 付属品は、ピザ焼き用に天然素材(レンガ)を1300℃で焼き上げたピザストーンが付いています。この蓄熱効果で、生地から作ったお手製ピザも、冷凍ピザもパリッと香ばしく焼き上げることができます。ピザストーンのサイズは30センチで、Lサイズ(26センチ)程度のピザならば切らずにそのまま焼くことができます。他にも、左図ような多彩なトレイや網が付属します。

 基本性能は、かなり高いと言えます。このコンベンションオーブンは3つのスイッチがあります。

 201308101618.jpg

 上段のつまみは、温度調整のつまみです。60度から220度まで設定できます。グリル調理(broil)の場合は、最大温度に設定します。


 201308101619.jpg

 中段のつまみは、タイマー兼用の電源です。最大120分まで調理ができます。

 201308101621.jpg

 下段のつまみは、ヒーターとファンのオンオフ切り替えボタンです。調理方法に応じて設定します。デロンギ社のコンベクションオーブンは「解凍機能」を持ちます。これは、上下ヒーターを付けずに、ファンだけ回して自然解凍を促す機能です。

 201411051004.jpg

 安全性も、かなり重要視されています。こちらの機種は調理家電の表面温度の上限を定めたヨーロッパEU基準に準拠します。耐熱構造の二重構造のドアを持ち表面温度を平均で約30℃低減することができ、調理時の火傷や火災のリスクを下げる役割を果たしています。

 コンベクションオーブンは発熱するので、お子さんがいる家庭などでは、こちらのモデルを検討しても良いかもしれません。ただ、防火性能を高めたために、最大温度は他機種よりも10度低い220度までとなりました。

 以上、デロンギのコンベクションオーブン EO12562J の紹介でした。コンベクションオーブンのなかで最も売れているスタンダードモデルです。そういった点での安心感がある機種ですね。付属品や機能も多く、使い勝手の良いモデルです。


  

 2・デロンギ コンベクションオーブン EO14902J-W
 ¥28,000 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 温度調節 60〜220度
 保温温度 60度
 タイマー 120分まで
 二段調理 ◎
 解凍機能◎
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1400W
 サイズ 幅 480×奥行360×高さ240
 庫内容量  14L

 EO14902J-Wは、通称「スフォルナトゥット 」。本体サイズは変わりませんが、庫内容量が14リットルに増加しています。

 基本性能については、下位機種と同じですが、調理温度が220度までと十分です。

 EO1490J-W_WEB_A2.jpg

 安全面でも、こちらの機種も、耐熱構造の二重構造のドアを持ちます。表面温度が平均で約30℃低減することができ、調理時の火傷や火災のリスクを下げる役割を果たしています。

 Atlasも昔、トースターで火傷をしたことがあります。こういった安全性能は、あるに越したことはないですね。


 201308101633.jpg

 付属品ついては、ラックなどに加えて、グリップが付属するのが下位機種との違いです。またトレイについては、こちらのモデルのみ4cmの深皿タイプも付属します。もちろん、こちらの機種にも30センチのピザストーンが付属します。

 以上、デロンギ社のコンベクションオーブン スフォルナトゥット EO1490J-Wの紹介でした。下位機種ともっとも違う点は最大温度庫内の広さです。

 ピザの加熱やお肉のグリルなどは温度があるにこしたことはないため、パワーの点でこちらを選ぶのも良いです。


  

 3デロンギ コンベクションオーブン EOB2071J
   ¥65,448 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 温度調節 60〜245度
 保温温度 60度
 タイマー 120分まで
 二段調理 ◎
 解凍機能◎
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1400W
 サイズ 幅 幅515×奥行405×高さ300
 庫内容量  20L

 EOB2071Jは、「スフォルナトゥット 」シリーズの大型上位機です。

 本体サイズは、スチームオーブンレンジ並に大きいですが、庫内容量が20リットルとかなり増加しています。「リストランテ」仕様という言葉が示すように、家庭のリビングに置くにはいくぶん大きめです。

 価格も高いですし、どちらかと言えば、多用する上級者におすすめしたい機種ですね。

 基本性能については、同じ消費電力で大型化していますが、調理温度は220度までとなります。したがって、味の面では変わらないでしょう。

 安全面では、しかしながら下位機種同様に、耐熱構造の二重構造のドアを持ちます。


 201605150905.jpg

 付属品ついては、この機種に「ヨーロッパ的」な丸形のホームメイドパンを焼く機能が付属する関係で、写真のようなパドル付きのパンボウルが付属します。パンについては、21種類の自動調理プログラムと11種類のセミオートプログラムが付属しています。

 201605150908.jpg

 パドル(へら)がついており、自動で「こねる」機能と、指定時間発酵させる機能があるため、記事から自動で製パンできます。以前【ホームベーカリー】の記事で比較した、ホームベーカリーの最新機よりもレパートリーは少ないです。しかし、簡単なホームベーカリーも欲しい方は、「一挙両得」を狙うこともありでしょう。

 もちろん、こちらの機種にも30センチのピザストーンが付属します。

 以上、デロンギ社のコンベクションオーブン スフォルナトゥット EOB2071Jの紹介でした。庫内容量が広いだけでなく、「パンも焼ける」という点が便利な機種です。ただ、本体が大きいため、どちらかと言えば、広いキッチンで使う、「セミプロ」に向いた機種です。最新機能を余すところなく、本格的に堪能したい方は、選んで良いでしょう。


  

 4・デロンギ・ミニコンベクションオーブン EO420J-SS 【2016】
  
¥13,386 Amazon.co.jp (4/9執筆時)  
 4・デロンギ・ミニコンベクションオーブン EO420J-WS【2015】
  ¥13,386 Amazon.co.jp (4/9執筆時)  

 温度調節 60〜230度
 保温温度 80度
 タイマー 45分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ×
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ×
 消費電力  1400W
 サイズ 幅 幅405×奥行320×高さ200
 庫内容量  8.5L

  EO420Jは、デロンギ社のコンベクションオーブンです。こちらは、性能よりも省スペース性を重要視したコンパクトタイプです。名前もミニコンベクションオーブンと名付けられています。

 基本性能は、注意が必要です。上下にヒーターを搭載し、ファンがつくコンベクションオーブンなのですが、上部ヒーターが上位モデルと異なり遠赤外線ヒーターでなくなっています

 庫内容量も、8.5リットルと小さいため、オーブン調理、スローべーク調理ができないモデルです。庫内が狭い関係から2段調理もできません。したがって、つまみは温度設定とタイマーボタンのみになります。

 201308101643.jpg

 付属品は、以上の4つです。ピザストーンは260mm×240mmになります。例えば、スーパーで売っている日本ハムの石窯工房の冷蔵ピザ(Lサイズ・26センチ)は若干収まりきらないサイズですね。Mサイズの冷凍ピザなら余裕です。

 その他の点は、デロンギ社のコンベクションオーブン EO1258J と同じ性能になります。

 以上、デロンギ社のEO420J-WSの紹介でした。ワンルームの小型キッチンなどで、あまり大きなモデルを置くことができないご家庭にオススメの機種です。ただ、機能的に制限される側面があるので、置けるならば大きなサイズのモデルを購入した方が良いでしょう。

シロカのコンベクションオーブンの比較

 つづいて、輸入調理家電を自社ブランド展開しているオークセール社のシロカブランドのコンベクションオーブンを見ていきます。国内のコンベクションオーブンでは、シェアの高い人気ブランドです。

 201605150918.jpg

 5・シロカ Crossline ノンフライオーブン SCO-501【各色】
  
¥9,290 Amazon.co.jp   (4/9執筆時)

 温度調節 100-250度
 タイマー 60分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1200W
 サイズ 幅 幅39.8×奥行34.6×高さ23.5cm
 庫内容量  8.2リットル

 siroca crossline は、輸入調理家電を自社ブランド展開しているオークセール社のコンベクションオーブンです。TV番組でよく特集される人気機種です。

201505062052.jpg

 庫内容量は、上下に小さめで8.2リットル程になります。ただし、こちらは幅広ですので、トーストは4枚同時に焼けます。ただし、鶏肉の丸焼きのように上下に大きなものの調理ができないなど、利用の幅は限られます。

 高さがない分、設置スペースが節約できるので、少人数世帯用のコンパクト機種として人気です。唐揚げも250グラム(3人前)ほど同時に調理可能です。

 201505062117.jpg

 基本性能は、かなり優秀です。最大設定温度は250度で、他機種よりやや高めです。一方、消費電力は1200Wとパワーが弱いですが、庫内はややコンパクトであるため、あまり問題にはならないでしょう。タイマーは60分までとなります。

 つまみは、この機種もヒータースイッチとファンスイッチは別になっていますが、ヒーターは切り替えられるため、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理が一通り可能です。

 201402201436.jpg

 付属品は、受け皿のほか、網が2種類と10インチ(25センチ)のピザが焼けるピザプレートが付属します。

 ノンフライオーブン用グリルストーン SCO-SN300
  ¥345 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)
 コンベクションオーブンだからおいしいレシピ
  ¥640 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 なお、別売ですが魚焼きなどの際に後片付けが楽になる専用のグリルストーンが2パックが販売されています。同社のオリジナルレシピ集が販売されていますが、こちらについては、最新機種に無料で添付されます。

 以上、オークセール社のコンベクションオーブンの紹介でした。値段的にはツインバード工業のコンベクションオーブンがライバル機種でしょう。

 小型の入門機としては格安で買えるので、比較的安めのモデルを探している方には最適な機種一つだと思います。1万円以下の機種で較べると価格に比してデザイン性も良く、キッチンで見映えがすると思います。

 ただ、庫内のサイズは小さめで、唐揚げもできて3人分ほどです。世帯向けにはツインバードの機種が良いでしょう。


  

 6・シロカ Crossline ノンフライオーブン SCO-401  【2016】
   ¥7,615 Amazon.co.jp   (4/9執筆時

 6・シロカ Crossline ノンフライオーブン SCO-213 【2015】
   ¥7,000 Amazon.co.jp   (4/9執筆時

 温度調節 100-250度
 タイマー 60分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1200W
 サイズ 幅 幅39.8×奥行34.6×高さ23.5cm
 庫内容量  8.2リットル

 SCO-401 は、シロカのSCO-510の下位機種です。こちらには旧機種が販売されていますが、性能面では変わりませんので、一緒に紹介します。

 庫内容量は、こちらも8.2リットルと同様です。上下の幅は小型ですが、奥行は広いので、パンはこちらも4枚まで焼けます。

 基本性能は、さきほどと同じく、最大設定温度は250度で、タイマーは60分までとやはり同様です。もちろん、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理に対応です。

 付属品は、こちらも、SCO-501と同じピザプレートが付属品などの部分は同じです。

 一方、SCO-501と較べると、レシピ集が付属しない、段の位置調整が2段まで、下部のパン屑トレーが未付属で手入れが面倒という難点があります。

 シロカは、庫内がもともと狭い機種なので、段の位置調整が少ない点は不利です。また、掃除の手間を考えれば、上位機種のSCO-501が良さそうですね。


 201610101040.jpg

 7・シロカ Crossline ミニノンフライオーブン SCO-601 【各色】
  ¥9,815 Amazon.co.jp   (4/9執筆時)

 温度調節 100-250度
 タイマー 60分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1200W
 サイズ 幅 幅37.6×奥行31.8×高さ21.2cm
 庫内容量  6リットル

 SCO-601 は、シロカの小型タイプのコンベクションオーブンです。

 庫内容量は、6リットルとより小さい機種ですが、サイズ的にはデロンギの小型機種と同等のサイズで、設置性は良いです。ただし、庫内の高さが10.5cmと低いので、小型機種としても利便性はイマイチでしょう。また、パンは2枚までしか焼けません。

 基本性能は、一方小型ながら、250度まで可能な温度設定やタイマーなどの同じです。小型機ながら、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理に対応です。

 付属品は、小型機種であるため、ピザプレートは付属しません。この用途をメインに考えているならば、物足りないでしょう。

さて、ここからは、デロンギ社以外のメーカーから出されているコンベクションオーブンを見ていきます。市場のほとんどをデロンギ社が占めているため、比較しうる他社モデルは3種類に限定されます。

他社のコンベクションオーブンの比較

 最後に、デロンギ・シロカ以外のメーカーの製品を紹介していきます。


  

 8・TWINBIRD コンベクションオーブン ブラック TS-4118B
  ¥6,155 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 温度調節 100〜230度
 保温温度 
 タイマー 60分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 ー 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1400W
 サイズ 幅 約 440 × 350 × 300 mm
 庫内容量  14L

 TS-4118Bは、ツインバード工業コンベクションオーブンです。同社は日本の中堅電機メーカーで、ホームセンターでもおなじみのブランドです。

 基本性能は、格安モデルとしては充実しています。温度調整は230度まで可能で、タイマーも60分まであります。

 201308101706.jpg

 つまみは4つです。ヒータースイッチとファンスイッチは別になっています。これらも、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理は基本的に可能でしょう。

 main-1.jpg 

 庫内容量は、14リットルです。デロンギと同様のサイズがありますが、オーブンは1段調理しかできません

 201308101711.jpg

 付属品は、4つです。こちらもピザ用のプレートが付きます。ただし、サイズは小さめで23センチのピザしか焼けません。またピザプレートはストーンではないため、石窯のような焼き加減を楽しむことはできません

 安全性については、本体に耐熱ガラスを使うなどの配慮がありますが、デロンギほど徹底はしていません。もちろん、JISの安全基準は守られており、安心して使うことができます。

 以上、ツインバード工業のコンベクションオーブンの紹介でした。コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理が可能で、価格も安いので、予算的に1万円以内で購入するならばおすすめできるモデルです。ただし、ピザ焼きを楽しもうという場合は、やや庫内のサイズが小さめなので注意が必要かもしれません。


 

 9・アイリスオーヤマ PFC-D15A-W
  ¥5,980 Amazon.co.jp
4/9執筆時)
 9・アイリスオーヤマ FVC-D15A-W 【ピザプレート付】
  ¥6,499 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 温度調節 60〜250度
 保温温度 
 タイマー 60分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 ー 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1300W
 サイズ 幅 約 417 × 329 × 285 mm
 庫内容量  15リットル

 PFC-D15A-W は、アイリスオーヤマから販売されている格安モデルのコンベクションオーブンです。ホームセンターでお馴染みの同メーカーは、東北に工場を持つ新興家電メーカーですね。ツインバード工業のライバルです。

 基本性能は、ツインバード工業のTS-4118Bと似通っていますが、温度調整の幅は60-250度とこちらのほうがより広いです。

 201610101013.jpg

 つまみは3つです。温度ヒーター切替タイマーのツマミです。ヒータは4種類に切り替えられ、こちらも、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理に対応します。

 201610101015.jpg

 庫内容量は、15リットルです。ワイドに広いので、食パンなら3枚まで同時に調理可能です。ただ、オーブンは1段調理しかできません

 付属品は、フライ専用受け皿のほか、FVC-D15A-Wのみピザプレートが付属します。こちらは、素焼きのプレートですから、ツインバードのモデルよりも味は期待できます。

 安全性については、デロンギなどに較べると特に強調する部分はありません。

 以上、アイリスオーヤマののコンベクションオーブンの紹介でした。価格的にツインバード工業のライバルですね。ただ、スペック的に言えば、温度調整の幅や、庫内のサイズ、ピザストーンの性能はこちらが上位といえそうです。


  
 10・TIGER コンベクショントースター KAS-G130-SN やきたて
  ¥11,299 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 温度調節 80-250度
 保温温度 不明
 タイマー 30分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ー
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ー
 消費電力  1312W
 サイズ 幅 約 377 × 293 × 245 mm
 庫内容量  8.8L

 KAS-G130-SNは、通称「 やきたて 」で、タイガー社コンベクションオーブンです。

 基本性能は、250度までの温度設定が可能と優れます。ただ、コンベンション調理の他は、上ヒーターだけつかうグリル調理が可能に止まるため、本格的なコンベンションオーブンとは言えません

pr_img_130712_03_04.jpg

 面白い部分は、ピザや手作りパン、パン暖めなど幾つかの自動ボタンが付いているところでしょう。また、オーブントースターの発展系という意識が強いためか、トーストボタン(1から4枚)も付属しています。こうした点では、コンベンションオーブンというより、多機能なオーブントースターといったほうが性能を表していると思います。

 201309202025.jpg

 付属品は、ホーロー加工されたトレイが付きます。ホーローは蓄熱性が高いため、こんがりふっくら焼くことが可能です。デロンギと違って、ピザ用の専用ストーンは付きません。しかし、庫内は大きく直径約25cm(10インチ)のピザを焼くことが可能です。

  以上、タイガーの「やきたて」の紹介でした。本格的なコンベクションオーブンとはいえませんが、トースターとしての利用がメインで、おまけ機能としてコンベクションオーブンが欲しい方には、よい選択肢になるでしょう。


 

 11・日立 VEGEE HMO-F100
  ¥11,990 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 温度調節 40〜250度
 保温温度 
 タイマー 10秒〜30分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 ー 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1300W
 サイズ 幅 約 276 × 249 × 413 mm
 庫内容量  11リットル

 VEGEE HMO-F100 は、日立が2016年から発売をはじめたコンベクションオーブンです。新参の機種ですが、発売から1年で相当の人気機種になりました。


201610101101.jpg

 基本性能は、特に温度設定の幅が優秀で、最高温度が250度であるのはもちろん、最低温度に40度の設定ができる点が人気です。この温度だと、特に、パンの発酵やバターやチーズの融解に使えるのが便利です。日立は、最近、調理家電における「パン焼き」に力を入れており、その一環で発売された製品ですね。


201610101103.jpg

 つまみは3つです。構成は、ヒーター切り替え、温度設定、タイマーです。タイマーは、デジタル式で視認性が良いですね。

 また、タイガーのKAS-G130のようにトースト用の自動調理ボタンが付属します。また、ピザ・グラタン・のフライなどのボタンも付属しますね。マイコンを搭載し、多彩な自動調理に対応しているところが大手家電メーカーらしく、人気の秘密なのでしょう。

 もちろん、こちらも、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理に対応します。

 庫内容量は、11リットルです。奥行と幅があるため、食パンならば4枚まで同時に焼けます。


 201610101108.jpg

 付属品は、フライ専用受け皿です。こちらは、ホーロー加工がなされ掃除がしやすいです。その他、焼き網とレシピブックが付属します。一方、ピザは25センチのLサイズまで焼けるものの、ピザストーンは未付属です。

 以上、日立のコンベクションオーブンの紹介でした。購買ターゲットは、タイガーと同じく、トースターからの買替え需要だと思います。その意味では、マイコンを利用したトースト・ピザ・グラタンその他の多彩な自動メニューは魅力でしょう。また、グリル調理、スローべーク調理にも対応する点で、タイガーよりも現状、優秀ですね。


  

  ¥19,980 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 温度調節 80-200度
 保温温度 不明
 タイマー 30分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 × 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ー
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ー
 消費電力  1312W
 サイズ 幅 幅 約341 × 奥行 約325 × 高さ 約345mm
 庫内容量  5.0L

 こちらはアイリスオーヤマから発売されているリクック熱風オーブンFVX-M3A-W です。こちらもコンベクションオーブンです。ただ、強力なコンベクション調理に特化した特殊なモデルです。

 基本性能は、温度調節の点では最大200度とさほど強力なコンベクションオーブンではありません。

 201502101731.jpg

 図のように、上下4本の蛍光管タイプの電熱線がある点は、他機種と同じです。ただ、これに加えて渦巻き型のヒーターが上部に搭載され、その上にファンが搭載される構造です。そのハイパワーの熱風を使って、揚げ物などを短時間で仕上げることも可能です。

 ピザは25cmまで焼けます。ただ、こちらは、オーブン機能を利用して網で焼くタイプです。コンベンションオーブンの熱風を利用しながら、ピザストーンで焼けないため、こうした用途ならば、デロンギに及びません。

 庫内容量は、5リットルとやや小さめです。エビフライは6本、唐揚げは300グラムまでの対応です。本体はヒーターの関係でかなりの大型(幅 約341 × 奥行 約325 × 高さ 約345mm)で構造上、上部を中心に発熱します。棚の中などに置くような使い方はこの機種は難しそうです。

 面白い部分は、名前の由来ともなっている「リクック機能」です。搭載されている温度センサーで庫内の温度を計測し、スイッチ一つで揚げ物などの温め直しができる機能です。生活スタイル的に、総菜の温め直しも多い方にはおすすめです。また、揚げ直しだけではなく、コロッケ・唐揚げ・エビフライなどのについては、センサーを使った自動調理も可能です

 以上、アイリスオーヤマのFVH-D3Aの紹介でした。ノンフライ調理を中心に考えるならば、この機種は選択肢に入ります。ただ、最大温度が200度までと低く、構造自体がコンベンションオーブンと異なります。火加減などの異なるために、コンベンションオーブンのレシピ集が活用できないなどのデメリットはあるでしょう。

  

 12'・アイリスオーヤマ 熱風オーブン FVH-D3A(赤)
 12'・アイリスオーヤマ 熱風オーブン FVH-D3A-B(黒)
  ¥10,800 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 なお、この機種は「熱風オープン」という下位機種があります。性能面では、リクック機能・自動調理機能が省略され、自動で温め直しができない点が相違点です。熱風を使ったオーブン機能だけ欲しい場合は、価格的にこちらを選ぶのもありでしょう。


 

 13・コイズミ スモークトースター KCG-1201-N
  ¥14,015 Amazon.co.jp    (4/9執筆時)

 温度調節 100〜250度
 保温温度 
 タイマー 10秒〜30分まで
 二段調理  ×
 解凍機能 ー 
 コンベクション調理 ◎
 オーブン調理    ◎
 グリル調理     ◎
 スローべーク調理  ◎
 消費電力  1370W
 サイズ 幅 約 280 × 268 × 83 mm
 庫内容量  6リットル

  KCG-1201-N は、コイズミが2016年から展開する新しいタイプのコンベクションオーブンです。

 基本性能を見ると、コンベクション、グリル、オーブン、スローベークと4種類の機能を網羅するものの、温度設定の幅が100度〜250度と狭く、先行する機種に及びません。

 201611291437.jpg

 ただ、他機種にない独自機能として、ヒートユニットとメタルフィルターによる脱臭・脱煙機能の搭載があげられます。「スモークオーブン」の名の由来はこの部分で、スモークチップを買えば、30分ほどでご家庭で肉や魚のスモークも可能です。

 201611291438.jpg

 つまみは1つです。ダイヤルとボタンで、ヒーターや温度を設定する方式です。自動調理メニューも多彩で20種類あります。

 庫内容量は、6リットルと狭いです。ただ、高さの方面に狭い機種なので、食パンは4枚まで同時に焼けます。

 付属品は、燻製などに使う角皿と焼き網です。ピザは、この機種も25センチのLサイズまで焼けますが、ピザストーンは未付属です。

 以上、コイズミのコンベクションオーブンの紹介でした。名前の通り、脱煙機構が優れたコンベクションオーブンであり、スモークも楽しみたい方に特にオススメです。価格的にも値頃感がありますね。

今回の結論
コンベクションオーブンのおすすめ機種はこの機種

 というわけで、今回は6機種のコンベクションオーブン(高機能オーブントースター)の紹介をしました。最後にいつものように、オススメ機種について書いておこうと思います。


 第1に、機能や価格から見て、最もオススメできるコンベクションオーブンとしては、

  

 2・デロンギ コンベクションオーブン EO14902J-W
 ¥28,000 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)


 サイズ:幅480×奥行360×高さ240

 調理の豊富さ ★★★★★★
 ピザ焼き適正 ★★★★★★
 コンパクト性 ★★★★★
 安全性    ★★★★★★★★ 

 デロンギのコンベクションオーブンEO1490J-Wでしょう。コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理といった基本性能があるのは当然として、解凍から保温まで機能も充実し、また豊富な調理レシピ集があるため、長く楽しんで使えると思います。

 また、EU基準の耐熱性能を持つ安全性や、220度まで出力できるパワーは、高火力が好影響するピザなどの料理に最適と言えます。デザイン性についても、イタリア家電らしく、インテリア性が高く、その点でも購入満足度が高い製品だと思います。

 もしどれを買うか迷ったら、この機種が費用対効果的にも、性能的にも最もオススメです。コンベクションオーブンではシェアトップですし、インターネット上にレシピも豊富にあります。


 第2に、コンパクト性を重要視した場合、オススメできるコンベクションオーブンは、

 

 4・デロンギ・ミニコンベクションオーブン EO420J-SS 【2016】
  
¥13,386 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)  

 サイズ:幅405×奥行320×高さ200

 調理の豊富さ ★★★★★
 ピザ焼き適正 ★★★★★
 コンパクト性 ★★★★★★★
 安全性    ★★★★★★   

 デロンギのミニコンベクションオーブン EO420J-WSでしょう。調理機能として見た場合、コンベクション調理、グリル調理のみの対応というのはマイナスポイントですが、圧倒的なコンパクト性で、通常サイズが置けないキッチンにも置くことができるとおもいます。

 とはいえ、コンベクション調理機能はありますし、デロンギということで調理レシピ集も豊富なため、飽きることなく使える機種でもあります。油を使わない唐揚げやコロッケの作り方【こちら】など、ネット上に、経験者のレシピも豊富です。


 第3に、多彩な自動メニューを搭載する点で、トースターの代替製品として優れた製品は、

 

 11・日立 VEGEE HMO-F100
  ¥11,990 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 調理の豊富さ ★★★★★
 ピザ焼き適正 ★★★★★
 コンパクト性 ★★★★★
 安全性    ★★★★★   

 日立のVEGEE HMO-F100でしょう。日本の大手家電メーカーらしく、14種類のボタン式自動メニューが利用できる点は、普段使いに向いています。

 機能面でも、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理に全て対応した上、パンの発酵にも使える幅広い温度設定が可能です。

 DeLonghi ピザストーン(角型) PS-CN
  ¥1,645 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 一方、せっかく「ピザ用ボタン」がついているのに、「おまけ」でピザストーン付属しない点が難点です。ストーン自体はサイズが合えば、別に買えますので、問題ないでしょう。


 第4に、低価格帯のコンベクションオーブンとしてオススメできるのは、

 201605150918.jpg

 5・シロカ Crossline ノンフライオーブン SCO-501【各色】
  
¥9,290 Amazon.co.jp   (4/9執筆時)

 調理の豊富さ ★★★★★
 ピザ焼き適正 ★★★★☆
 コンパクト性 ★★★★★★
 安全性    ★★★★★   

 1万円以下で選ぶならば、シロカ社のコンベクションオーブンでしょう。入門用に最適です。1万円以下の機種で較べるとデザイン性も高いです。なにより、他機種よりも小型コンパクトで、小型冷蔵庫の上などにも置きやすい点がメリットです。

 庫内容量的には、1-3人家族程度までに制限されますが、パンも4枚まで焼けるなど実用性は高いです。

ーーー

 

 9・アイリスオーヤマ PFC-D15A-W
  ¥5,980 Amazon.co.jp
4/9執筆時)
 9・アイリスオーヤマ FVC-D15A-W 【ピザプレート付】
  ¥6,499 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 調理の豊富さ ★★★★☆
 ピザ焼き適正 ★★★★☆
 コンパクト性 ★★★★☆
 安全性    ★★★★★ 

 一方、7000円前後で考えるならば、アイリスオーヤマのこちらの製品が選択肢でしょう。

 温度設定や庫内容量は上位機種に負けず、実用面で問題ありません。低価格ですが、コンベクション調理、オーブン調理、グリル調理、スローべーク調理といった基本性能が全て網羅されている点も安心でしょう。

 日本のメーカーで、購入後のサポートをきちんと得られる点も、この機種を選ぶメリットだと思います。

ーーー

 というわけで、今回は、コンベクションオーブンについて書きました!

 なお、本ブログは、オーブンなどの「焼く・温める」家電製品について次のような記事があります。

 これらの記事もよろしくお願いします。ではでは!

posted by Atlas at 16:28 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 美味く焼けるオーブントースター最新18機の性能とおすすめ:象印・パナソニック・タイガー・バルミューダ・ツインバード・シロカ・シャープ

今回レビューする製品:2017年 おすすめのオーブントースター18製品の性能と選び方【トースト・ピザ】:TIGER やきたてKAJ-G100-T KAM-G130-W KAM-A130-W KAS-S130-R 象印 こんがり倶楽部 ET-VB22 ET-WM22-RM ET-GS30-TM ET-FT28-BA ET-FM28-RL AQUA ヨコ型トースター AQT-WA1(W) NB-DT50 NT-T100-W NT-T500-K TWINBIRD TS-D047B TS-4057B バルミューダ The Toaster K01A-KG アラジン グリル&トースター CAT-G13A 13N NT-T300-C KAM-H130-W  KAM-G130 ST-G121 NB-DT51-W シャープ ヘルシオ グリエ AX-H1 siroca ハイブリッドオーブントースター ST-G111:ピザ対応・2枚・3枚焼きなど食パンの枚数情報・ポップアップトースターと違いメーカー別人気ランキング 1人暮らしにおすすめの機種など

今回のお題
美味しく焼けるオーブントースターのおすすめはどの機種?


 どもAtlasです。

 今日は、国内の家電メーカー各社から出されている、2017年最新モデルのオーブントースター・コンベクションオーブンついて18機種比較したいと思います。

 

 なお、最近の「オーブントースター」は正確には2種類に分類できます。

1・オーブントースター

 第1に、「普通のオーブントースター」です。こちらは、パンやピザを加熱するのに特化した調理家電です。

 昔ながらの製品ですが、最近は、バルミューダ・デザインThe Toaster K01Aをはじめ、おもしろく野心的な機種もあります。今回は、こうした製品の紹介になります。

2・コンベクションオーブン

 第2に、コンベクションオーブンです。これは、いわば「ファン付のオーブントースター」であり、トーストのほか、熱風を使った色々な調理もできます。

 この点で「トースターの上位互換製品」とも言えます。しかし、仕組みが異なるため、今回とは別の記事【こちら】で特集しました。予算的には1万円前後からあります。

今回の比較基準

 さて、今回オーブントースターを比較するにあたって、今回重要視したい機能は次の4つです。

 1・ヒーターの種類 →高性能な遠赤外線ヒーターか?
 2・消費電力 →トーストがさくっと焼ける温度か?
 3・庫内の広さ →トースト2枚/3枚同時に置けるか?
 4・温度調節 →温度が何段階で調整できるか?

 この基準をふまえながら各メーカーの商品を紹介していきます。

 また、それをふまえて、ブログの最後で目的別・予算別のAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。以下、高評価できるポイントについては「赤字」で、イマイチな点は「青字」で紹介していきます

激安オーブントースターの比較

 さて、最初に3000円〜5000円ほどの普及価格帯のオーブントースターを紹介します。

 激安モデルもありますが、デンキヤの売れ筋は、だいたい5000円台以上の機種です。なぜなら、ここから説明していくように、3000円前後のクラスはパワーに劣るからです。


  

 1・TIGER オーブントースター やきたて KAJ-G100-T
  ¥3,586 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管
消費電力:1000W
庫内広さ:26.0×21.0×8.5cm
火力調節: 4段階

 「やきたて」 KAJ-G100-Tは、タイガーの製品です。3000円以下の格安トースターでは、最も売れている製品です。

 10kad_ami.jpg

 パワーは、しかしながら、1000Wと弱いです。表面がカリッとしたトーストするのは難しいでしょう。また、出力の弱いオーブントースターは、焼きムラも生じやすいと言えます。ただ、こちらの製品はネット状の焼アミを装備し、焼きムラを防止する工夫がなされます。この点は評価できます。

 庫内の広さは、トースト2枚を焼くのに十分な広さです。なお、3000円以下の製品は、今回紹介しない機種を含めて、トーストを2枚焼けないモデルもありますので、注意が必要。です。

 ピザを焼く場合は、20センチまでのMサイズピザなら、そのまま焼けます。ただ、スーパーで売っている日本ハムの石窯工房の冷蔵ピザ(Lサイズ・25センチ)などの場合、半分に切って入れる必要がありそうです。

 火加減の調節は、5段階の火力調整が可能です。

 以上、タイガーのトースターKAJ-G100-Tの紹介でした。価格が安い点製品ですが、パンが2枚同時に焼ける点は良いと思います。ただし、火力が弱めなので、表面をカリッとトーストするには不向きでしょうね。


 
 2・象印 こんがり倶楽部 ET-VB22
  ¥3,691 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管
消費電力:1000W
庫内広さ:26x22x10cm
火力調節: 5段階

 こんがり倶楽部 ET-VB22は、象印のオーブントースターです。

 パワーは、1000Wと、1番で紹介したタイガーの KAJ-A100と同じです。

 庫内の広さは、少し広く、奥行22cmが確保されています。その分、若干本体が大きいのですが、厚切りのパン2枚でも十分に対応できるサイズとなります。

 201312051413.jpg

 ピザを焼く場合は、便利なピザ専用トレーが付属します。大きさとしては、22センチ程度のピザまで対応できます。

 ほかの点、例えば、5段階の火力調節、焼き網の形などは、タイガーの機種と同じです。

 以上、象印のET-VA22の紹介でした。庫内の広さや火力調節などの点で、タイガーの機種よりもお買得度が高そうです。ただ、こちらの機種も1000Wのパワーしかないため、ややパワー不足なのは同じです。


 

 3・AQUA ヨコ型トースター AQT-WA1(W)
  ¥4,976 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管
消費電力:1200W
庫内広さ:32x22.2x8cm
火力調節: 5段階

 AQT-WA1(W) は、ハイアールのAQUAブランドの製品です。

 201610090127.jpg

 デザイン性は、この機種の「売り」で、未使用時に、中が見えにくいミラーガラス調のパネルが採用されます。ただ、加熱時には、石英管の発熱で過熱状況が見えます。トースターは汚れが目立つのでこれは良い工夫です。

 パワーは、1200Wと、国産メーカーに較べると高いです。トーストを焼く能力も高そうです。

 庫内の広さは、こちらも奥行22cmです。サイズは32cnと横長ですが、高さはないですね。トーストは2枚まで対応です。ピザを焼く場合は、20cmほどのMサイズの冷凍ピザならば対応できるでしょう。

 火加減の調節は、多少弱く、3段階の火力調整に止まります。

 以上、AQT-WA1の紹介でした。パワーが強く、未使用時に庫内が見えにくいのが特長ですね。価格的にも値頃感があるので、よく売れている機種です。予算を重視するならば、こちらを選ぶのも良いでしょう。


 

 4パナソニック NT-T300-C [ホワイト]
  ¥5,480 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管
消費電力:1000W
庫内広さ:31x21.5x9.2cm
火力調節: 2段階

 NT-T300 は、パナソニックのオーブントースターです。総合家電メーカーでは、唯一オーブントースターを開発していますが、こちらは、以前吸収した旧三洋電機系の製品です。

 201610082324.jpg

 パワーは、1000Wと、ここまで紹介してきた製品と同じです。ただし、内装部分がディンプル加工されており、輻射熱も利用してトーストを焼き上げます。したがって、同じパワーの製品として考えると、能力は高いでしょう。焼き網もタイガーや象印と同様の方式が採用されます。

 庫内の広さは、奥行き21.5cmと象印とほぼ同程度の広さです。こちらもパンを2枚同時に焼くことができます。

 ピザを焼く場合は、こちらもピザなどに使える受け皿も付属です。サイズは20cmほどの、冷凍Mサイズピザならば切らずに入れられるでしょう。

 201412051224.jpg

 火加減の調節は、2段階です。トースターとしてだけ使用するなら問題ないでしょう。ただし、あまり複雑な調理はできないシンプルな製品です。

 以上、パナソニックののNT-T100-W 紹介でした。多少価格は高いですが、本体の質感は良く、デザイン性は高いと思います。火力調節はできませんが、輻射熱を利用する方式は効率が良く、トースターと割り切って買うならば、3機種のうちこの機種だと思います。


  
 5・象印 こんがり倶楽部 赤 ET-WM22-RM
  ¥4,703 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:赤外線ヒーター
消費電力:1000W
庫内広さ:27x22x11cm
火力調節: 無段階調節対応

 象印のET-WL22-TCは、5000円以下の製品では人気機種の一つです。

 パワーは、1000Wとここまで紹介してきた機種と同等レベルです。ただし、ガラス管(石英管)ではなく、遠赤外線ヒーターが採用されている点が注目点です。

 ガラス管の場合、食材の表面は暖まりますが、中までは熱が通りにくい性質があります。一方、遠赤外線ヒーターは内部まで熱が浸透するため、トーストなどの奥までしっかり熱が通ります。

 庫内の広さは、奥行き22cmと象印の下位機種と同じく広いです。こちらもパンを2枚同時に焼くことができます。パンを二枚並べて焼くことが可能です。

 ピザを焼く場合も、サイズは20cmの冷凍Mサイズピザならば、切らずに入れられます。

 火加減の調節は、温度調節が無段階で可能です。250度から80度という温度の値でダイヤル調節可能なので、レシピに合わせた加熱ができます。

 feature02_img-1.jpg

 清潔性も高いです。オーブントースターの扉や、焼き網は外して丸洗いができます。ピザなどを焼くためのトレーも付属しますが、これはシリコン加工がなされていて、汚れが落ちやすい加工がなされています。

 このように、象印のET-WL22-TCは価格の割に高機能と言えます。ただ、消費電力が1000Wとパワーが若干足りない点が残念ですね。もちろん、遠赤外線ヒーター採用なので、ガラス管方式の1000Wよりも優れていると思いますが、もうすこしパワーがあると良いと思われる機種です。

高機能なオーブントースターの比較

 つづいて、主に5000円以上1万円以内のトースターを見ていきます。

 この価格帯の製品は格安機種よりも火力が強いモデルが多いです。


  

 6・象印 こんがり倶楽部 ET-FT28-BA
  ¥6,047 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:赤外線ヒーター
消費電力:1300W
庫内広さ:26x25x8.5cm
火力調節: 5段階調節

 ET-FT28-BAも、象印のオーブントースターです。

 パワーは、この機種の場合、1300Wです。この機種も安価なガラス管(石英式)ヒーターではなく、遠赤効果が期待できる赤外線ヒーターを採用します。

 庫内の広さは、奥行き26cmです。こちらもパンを2枚同時に焼くことができます。厚切りのパンでも2枚並べて焼くことが可能です。

  201610082359.jpg

 ピザを焼く場合も、冷蔵の25cmのLサイズピザでも、切らずに入れられます。

 201409061344.jpg

 火加減の調節は、5段階で可能です。250度から80度という温度の値でダイヤル調節可能なので、レシピに合わせた加熱ができます。

 清潔性も考えられており、オーブントースターの扉や、焼き網は外して丸洗いができます。

 以上、象印の、ET-FT28-BAの紹介でした。下位機種よりもパワーが強く、また庫内が広いため、トーストやピザ焼きには最適な中位機だと思います。遠赤外線ヒーター採用で、ピザなども焼きやすいでしょう。


  

 7・象印 こんがり倶楽部 ET-GS30-TM
  ¥6,754 Amazon.co.jp
( (4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管
消費電力:1300W
庫内広さ:27×29.5×9cm
火力調節: 5段階調節

 ET-GS30-TMは、象印のオーブントースターです。今回紹介する機種の中では、大きめな製品です。

 庫内の広さは、奥行き27cmと相当広く、トーストが4個焼けるサイズです。 これは、業界最大サイズだと思います。

 パワーは、それに応じて1300Wまであげられています。ガラス管(石英式)ヒーターが5本も付きます。ただし、ヒーターは赤外線ヒーターではなく、格安のガラス管方式ですので、遠赤効果は期待できません。

 ピザを焼く場合も、25センチのLサイズの大きなピザも焼けるでしょう。

 pic004.png

 火加減の調節は、5段階です。また、「トースト焼き」にはこだわっており、自動トースト用スイッチが1〜2枚用、3〜4枚用と別に用意されます

 清潔性も高いです。オーブントースターの扉や、焼き網は外して丸洗いができます。

 以上、象印のET-GS30-TMの紹介でした。一度に4枚トーストが焼ける点で、家族向けの製品です。また、冷蔵ピザを焼きたい人にも良いでしょう。一方、庫内が広いと言うことは、燃焼効率がコンパクトサイズよりも悪いことになります。

 そのため、さほど利用頻度が高くないならば、小型で、遠赤外線ヒーターを採用したものを購入したほうが電気代もお得ですし、味も美味しいでしょう。


  

 8・パナソニック NT-T500-K [ダークメタリック]
  ¥7,314 Amazon.co.jp  
(4/9執筆時)

ヒーター:U字型ガラス管ヒーター
消費電力:1300W
庫内広さ:32.4cm×26.9cm×8.7cm 
火力調節: 5段階

 NT-T500-Kは、パナソニックの ハイグレードタイプのトースターです。

 B005SB1O06_1.jpg 

 パワーは、この機種の場合も1300Wという高い火力です。一方、ヒーターは、U字型ガラス管ヒーターが採用されています。こちらは、遠赤外線ヒーターではないですが、新型の形状であり、広い庫内においても焼きムラを効果的に防ぐことができます

 201312051507.jpg

 また、下位機種同様に、焼きムラができにくく、輻射熱が得やすいディンプル加工がなされいるため、能力は高いでしょう。

 庫内の広さは、奥行26cmと大きめです。そのため、庫内が広く、パンが3枚まで同時に焼けます。本体の幅は、筐体はやや大きく37.0cmですが、例えば、耐熱パネルの搭載された小型冷蔵庫の上でも無理なく置けるサイズです。

 ピザを焼く場合も、25センチのLサイズの大きなピザも対応可能です。1人暮らしでもピザを良く焼く人はこちらのモデルもオススメです。

 火加減の調節は、5段階調節です。トーストをさっくり美味しく焼くためには、1200W以上は欲しいですが、十分な火力が保証されている点が大きいですね。

 以上、パナソニックのNT-T500-K の紹介でした。十分な火力で、大きめのピザも焼けますし、トーストも3枚同時に焼けます。世帯向けや、冷蔵ピザをよく焼く人におすすめしたい製品です。


     

  9・TWINBIRD ミラーガラスオーブントースターTS-D047B
   ¥6,425 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)
  10・TWINBIRD ミラーガラスオーブントースターTS-4057B
   ¥8,480 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:ガラス管ヒーター
消費電力:1200W
庫内広さ:約 290 × 245 × 100 mm
火力調節: 4段階

 ミラーガラスオーブントースターは、ツインバードの製品です。独特のデザインで人気があります。

 2機種ありますが、TS-4057Bについては、スイッチがダイヤル方式ではなく、ボタンプッシュ式になっています。その他の点では同じですね。

 デザイン面での見所は、パネルがシームレスミラーガラスになっている点でしょう。使用時ランプが付いているとき以外は、庫内が見えにくくなっています。オーブントースターは、利用を重ねると中が汚れで見苦しくなることがあるため、美観の点でメリット性が高いです。また、ミラーガラスは、熱も反射するため、焼きムラを防止する点でも効果を発揮します。なお、この方式のデザインは、AQUAよりもツインバードが先発です。

 パワーは、1200Wです。トーストをこんがり焼くには十分な出力です。ただし、この価格帯としては、通常のガラス管ヒーターである点は多少残念です。

 TS-D017PB_04.jpg

 庫内の広さは、4枚のパンが置けると書いてあります。ただし、やや庫内が狭いことから、小さめのパンで4枚ということだと思います。ピザを焼く場合も、直径20センチのタイプまでの対応です。

 火加減の調節も、他社より多少弱く4段階に止まります。

 以上、ツインバード社の製品の紹介でした。デザイン性はこの価格帯では抜けています。スタイリッシュな家電を置きたいならこの機種が良いでしょう。火力の点では、他社に及ばない部分もありますが、日常的にトーストを焼くのがメインならば、この機種でも十分満足できると思います。


   

  11・タイガー やきたて KAM-H130-W  【火力5段階】
   ¥5,713 Amazon.co.jp  
(4/9執筆時)
    
12・タイガー やきたて KAM-G130-R  【赤・火力無段階】
  12・タイガー やきたて KAM-G130-AN
【白・火力無段階】
   ¥6,084 Amazon.co.jp (4/9執筆時)
ヒーター:ガラス管ヒーター
消費電力:1300W
庫内広さ:約30.0×27.5×10.0
火力調節: 無段階調節可能

 こちらは、タイガーのKAM-G130KAM-A130-Wです。同社のハイグレード機種です。

 火加減の調節が、この2機種の違いです。KAM-H130は、火力が5段階調節の下位モデルとなります。上位モデルのKAM-G130は、火力が約80〜250度の範囲で無段階で調整できるタイプです。違いはこの点のみです

 デザイン面での見所は、旧来のタイプですが、低価格製品に較べてしっかりした作りで、デザイン性が高いです。

 201409061414.jpg

 パワーは、このグレードの他機種同様に1300Wのハイパワーです。トーストもさっくりと焼けるでしょう。

 使われているヒーターは、熱を食材に伝えやすいように工夫されたクリア発光ヒーターというタイガーが新開発したものです。ただ、3本のガラス管方式です。この価格帯で、遠赤外線ヒーターモデルもある点で、やや残念かなと思います。

 庫内の広さは、トーストなら3枚まで、ピザならば、25センチまでやけます。

 火加減の調節は、先ほど書いたように2機種で違いますが、上位機種は、温度調節も80度から250度まで対応し、タイマーも30分まで対応と、十分な性能を持ちます。

 以上、タイガーのハイグレード機の紹介でした。悉皆利した作りで、クリア発光ヒーターなどの独自の技術が光ります。ただ、他社に明確に差異化できる能力はみられず、多少おすすめしにくい機種です。


   

  13・象印 こんがり倶楽部 ET-FM28-RL
   ¥7,980 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

ヒーター:赤外線ヒーター
消費電力:1300W
庫内広さ:27x27.5x9cm
火力調節: 無段階調節対応

 こちらは、象印の ET-FM28-RLです。象印では最も高額なオーブントースターです。

 パワーは、最大1300Wです。ヒーターは、遠赤外線ヒータが採用されますが、上面のみが遠赤外線ヒーターで、下面はガラス管方式になります。ただ、上面ヒーターが2機搭載なので、総合的には火力は強いです。、トーストもさっくり仕上げることができるでしょう。

 庫内の広さは、奥行が27.5cmあります。そのため、ピザならば、25センチのLサイズまで焼けます。ただ、トーストについては、2枚までの対応表記ですね。

 清潔性も、象印の下位機種と同じで、オーブントースターの扉や、焼き網は外して丸洗いができます。また、ピザなどを焼くためのトレーも付属しますが、これはシリコン加工がなされていて、汚れが落ちやすい加工がなされています。

 自動調理機能も、搭載します。各社ともこのグレードからはマイコンが搭載されます。

 トーストの焼き色調節がマイコン制御で可能です。また、ピザについても、冷凍と冷蔵の区別がある自動調理メニューが付属します。こちらのヒーターは遠赤外線ヒーターですし、ピザ焼きに向いた機種です。 

 ETFM_001.jpg

 また、手作りパンコースが評判で、この機種の最大のセールスポイントです。「専用パンコースを使えば、手作りパンの2次発酵(35℃ 40分)〜焼き上げ(160℃-180℃の選択式で7分30秒)が簡単にでき、ロールパンやチョコパン、フォカッチャが作れ」ます。

 以上、象印の、ET-FM28-RLの紹介でした。象印のなかでは最も性能も高い機種です。手作りパンコースは料理好きには魅力的でしょう。また、外観のデザインも、トースターにありがちな安っぽさがなく、デザイン性も高いと言えます。予算が十分あれば、この機種はオススメです。

高級オーブントースターの比較

 最後に、1万円を超える「高級オーブントースター」を紹介します。

 2015年頃から各社とも力を入れはじめ、現在では特長ある面白い製品が多く出回ってきました。



  

 14・パナソニック コンパクトオーブン NB-DT50【黒・2016】
  ¥11,120 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)  
 14・パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51-W 【白・2017】
  ¥16,008 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)    

ヒーター:遠近赤外線ダブル加熱
消費電力:1300W
庫内広さ:26.0×25.0×10.5cm
火力調節: 8段階
 

 パナソニックの NB-DT50は、同社のオーブントースターでは、最も高級な製品です。

  

 なお、こちらは、NB-DT51という新機種の発売がせまっています。ただ、色以外の機能は、新機種にせんべいなどの乾燥に使える「ドライモード」が付いただけで、マイナーチェンジです。基本的に旧機種で良いと思います。

 201406141539.jpg

 パワーは、他機種と同じで最大1300Wです。しかし、この機種は、遠赤外線と近赤外線のダブル加熱方式を採用しているところに特長があります。これは、パナソニックの5万円台のオーブンレンジにも見られる独自技術です。1300Wの高出力と合わせて、トーストを非常に美味しく焼き上げることができます。焼きムラもできにくく、優れた商品です。

 庫内の広さは、奥行が26cmあります。幅はそれほどなく、設置性は良いです。ピザならば、25センチのLサイズまで、トーストは2枚までの対応です。

 火加減の調節は、8段階のデジタル式です。発酵ボタンが付いており、こちらの機種でも手作りパンコースが付属します。

 automafnu.png

 自動調理機能も、マイコン搭載機のため多彩です。トースト以外のパンについても自動温め用ボタンが付いています。フライや、餅の暖めボタンも付いています。

 以上、パナソニックの最上位機種、NB-G130の紹介でした。

 庫内サイズはやや小さめで、トーストは2枚まで、ピザは20センチまでの対応にはなりますが、遠赤外線と近赤外線のダブル加熱方式を、トーストやパンを美味しく焼くということにおいては最高性能といえます。

 とくに、食パン以外のパンも美味しく焼けるのは大きなメリット性でしょう。買って損のない機種と言えます。


  

  15・バルミューダ BALMUDA The Toaster K01A-KG【各色】
   ¥24,700 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

ヒーター:赤外線ヒーター
消費電力:1300W
庫内広さ:
274mm× 204mm× 178mm
火力調節: 3段階

 こちらは、バルミューダ・デザインThe Toaster K01Aです。同社は、扇風機・空気清浄機・ヒーターなどの家電をデザイン重視で作っている日本のメーカーです。国内の新興「高級家電」メーカーとして毎年1〜2種類のペースで家電製品のラインナップを増やしています。そして、今年はトースターを出してきました。

   

 本体色は3色から選べる構成ですね。白などは後から加わった配色です。

 パワーは、この機種も、最大1300Wです。2万円オーバーの商品ですが、デザイン的にはシンプルで、中のヒータも赤外線ヒーターが上下に2機付いているだけです。

 庫内の広さも、奥行が20cmと、ピザを焼くには多少小さな仕様です。トーストも2枚までです。これだけ見ると、普通のトースターですが、パンの焼き方に特別なこだわりがあります。

 201509051845.jpg

 こちらのトースターの工夫は、写真のように上部から5ccの水を入れる部分にあります。加えた水分が下部のヒーターで加熱水蒸気となります。

 201509051847.jpg

 この水分は、パンの表面を被って中の水分を保ちますが、ヒーターにより表面は焼き目が付きます。この方法だと、パンの中に元々ある水分やバターが飛ばないため、美味しいパンが焼き上がるという仕組みです。

 火加減の調節も、温度センサーによって温度制御されます。特に、デンプン質のアルファ化が促される60度、焦げ目が付く160度、焦げ付きがはじまる220度の状況を注視し、きめ細やかに制御しながらパンが焼かれます。

 また、パンの種類(食パン・チーズなど具材が乗った食パン・クロワッサン・フランスパン)については、専用のダイヤルがあり、パンに合わせた調理が可能です。通常のオーブントースターとしても3段階の温度設定が可能です。

 なお、スチームを使った電気釜は、パン屋さんの釜でも使われているもので、それを参考に商品化したのがこの商品です。

 多彩なレシピが可能なのですが、とくにチーズトーストとの相性は抜群です。Atlasもホームベーカリーで作ったパンで試しましたが、美味しかったです。「チーズ好きにはたまらない」クオリティの高いトーストができました。

 以上、バルミューダ・デザインThe Toaster K01Aの紹介でした。こと「パンを焼く」ことに特化するならば、性能的にはこれが最高であることは間違いありません。問題は、価格だけです。ただ、毎日焼くならば投資するの価値はあると思います。


  
 16・アラジン グリル&トースター CAT-G13A(G)【緑】
 16・アラジン グリル&トースター AET-G13N(W)【白】
  ¥16,102 Amazon.co.jp  
(4/9執筆時)
ヒーター:グラファイトヒーター+石英管2本
消費電力:1300W
庫内広さ:
31mm× 28.5mm× 8.7mm
火力調節:
100℃~280℃

 こちらは、アラジングリル&トースターです。

 同社はイギリス発祥のメーカーで、日本では特に寒い地域のストーブについてシェアがあります。バルミューダ・デザイン同様に「高級トースター」に分類される新機種です。

 201510291902.jpg

 パワーは、バルミューダ同様に最大1300Wです。一方、ヒーターは、従来的な赤外線ヒーター2本のほか、遠赤グラファイトヒーターを搭載します。そのため、立ち上がりが良く、庫内温度を30%ほど速くあげることが可能です。

 ヒーターの強力さでは、バルミューダ・デザインを上回り、高火力で「サクふわ」なトーストを一気に焼き上げるという仕組みです。トーストの美味しさは互角だと思いますが、約2分間で焦げ目が付くという速度はこちらが上位です.。

 面白い点は、冒頭の写真のようなグリル鍋が付属している点です。

 グリル鍋を使うと、オーブンよりも高熱な330度の庫内温度を出せるため、唐揚げなどについて油を使わないノンオイル料理ができるというメリットがあります。また、グリルは、水気のものを貼ることで「蒸し料理」も可能です。例えば、レシピ集には、パエリヤや、蒸しプリンなどのレシピがあります。

 火加減の調節は、100℃~280℃まで設定可能です。トーストは2枚まで、高火力で焼くと美味しいピザは、27センチ程まで対応できる余裕の広さです。

 以上、アラジングリル&トースターの紹介でした。高級なオーブントースターではありますが、グリル機能がある点でお得です。火力が最も強く、調理が速く済みますし、その点でもオススメできそうです。


  
【新製品】
 16・siroca ハイブリッドオーブントースター ST-G121 【各色 2017】
  ¥20,374 Amazon.co.jp  
(4/9執筆時)

【特別セット】
 16・siroca ハイブリッドオーブントースター ST-G111-PL【各色 2016】
  ¥24,300 Amazon.co.jp  
(4/9執筆時)

ヒーター:グラファイトヒーター2本+熱風
消費電力:1350W
庫内広さ:
31mm× 28.5mm× 8.7mm
火力調節:
100℃~280℃

 こちらは、シロカのハイブリッドオーブントースターです。仕組みとしては、熱風ファンを内蔵するグリルオーブンなのですが、トースターとしての機能を前面に打ち出した製品ですので、今回紹介することしました。

  

 なお、2017年モデルが2月に発売になりますが、付属品としてピザストーンとレシピブックが付属します。ただ、従来機ST-G111-PLも、アマゾンで売られている特別セットはこれらが付属していたので、Amazonで買う分には、新旧とも同じです。いろは白色モデルもあります。

 201611291411.jpg

 パワーは、最大1350Wで、ヒーターは、アラジンと同じく、遠赤グラファイトヒーターを2本搭載します。やはり立ち上がりが速いのが、アラジンの場合と同じくこの機種のメリットです。高火力を利用して、表面をさくっと焼き上げるタイプです。

 201611291413.jpg

 また、熱風ファンを搭載するため、油を使わない唐揚げなど、アラジンのように多彩なグリル・オーブン料理が可能です。こちらはグリル鍋ではなく、焼き網とトレーが付属しますね。

 火加減の調節は、この機種も100℃~280℃まで設定可能です。一方、庫内は広くトーストは4枚まで対応します。高火力で焼くと美味しいピザは、庫内が長方形のため、25センチ程まで対応とアラジンと同じですね。

 以上、シロカハイブリッドオーブントースターの紹介でした。パンが4枚まで同時に焼ける庫内容量が自慢ですね。多少高い機種ですが、付属のレシピブックを利用すれば多彩な料理ができますので、料理好きにはよいかもしれません。 


  

18・シャープ ヘルシオ グリエ AX-H1
  ¥35,931 Amazon.co.jp   (4/9執筆時)

ヒーター:ウォーターオーブン
消費電力:1410W
庫内広さ:
26mm× 23mm× 7.6mm
火力調節:
3段階

 ヘルシオ グリエ AX-H1 は、シャープが2016年に発売した新製品です。同社のウォーターオーブン「ヘルシオ」からレンジ機能・グリルを取り除いた「コンパクトオーブン」です。

  201610090101.jpg

 パワーは、最大1410Wです。加熱方式は、上部のタンク水を加熱し、100度以上の過熱水蒸気にしたもので焼き上げます。超高温のため水気が付かない状況で、さっくり加熱ができます。

 庫内の広さも、奥行が20cmと、トーストは2枚までピザは冷凍用の20cmMサイズまでに対応です。トーストは3分ほどで焼けますが、バルミューダ同様に、外側は「さっくり」、内側は「もっちり」とした焼き上がりです。

 201610090107.jpg

 ウォーターオーブンである利点を活かし、図のような「モーニングセット」を作ることも可能です。また、過熱水蒸気での調理は、油を使わないヘルシーな揚げ物もできます。その他、スーパーなどの総菜の再加熱は、レンジよりも上手にやってくれたり機能性は、トースターのレベルを超えます。

 以上、シャープのヘルシオグリエの紹介でした。トースターと言うには機能面で多機能すぎますが、サイズはトースター同様なので、その「上位互換」として楽しく使えるでしょう。「水で焼く」方式なので、トーストの味も期待できます。お料理好きには「ベスト」の製品だと思います。

今回の結論
美味しく焼けるトーストが焼けるオーブントースターはこの機種!


 というわけで、今回は、オーブントースターの比較をでした。

 最後に、いつものように、予算別、目的別にAtlasのおすすめ機種を数機種、提案していきます。


 第1に、トーストを美味しく焼くことができる性能の良い機種としてオススメなのは、

 201701231322.jpg

 14・パナソニック コンパクトオーブン NB-DT50【黒・2016】
  ¥11,120 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)  
 14・パナソニック コンパクトオーブン NB-DT51-W 【白・2017】
  ¥16,008 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)  

 トーストオススメ度 ★★★★★★
 ピザ焼きオススメ度 ★★★★★
 一度に焼けるパン数 2枚まで
 焼けるピザのサイズ 20センチまで

 パナソニック社のNB-DT50でしょう。

 パナソニックの独自技術である遠赤外線と近赤外線のダブル加熱方式で加熱ムラなく、表面はさっくり、中まで暖かい美味しいトーストが焼けると思います。また、トースト以外のパンの加熱も対応しており、トースターとしての能力は高いと思います。手作りパンコースも搭載し、製パン用にもオススメできます。

 なお、バルミューダが指摘するように、日が経った食パンは水分が飛んでしまうのは確かで、そういったパンは、このトースターで普通にトーストしても、さほど美味しくありません。

 スプレーボトル(霧吹き)
  ¥886 Amazon.co.jp 在庫あり (4/9執筆時)

 ただ、問題となる水分については、霧吹きでパンの表面に均一に水分を補ってから焼けば、このグレードのトースターならば美味しく焼けます。なお、既存のトースターでこうした「細工」をした場合と、バルミューダの水タンクシステムを使う場合とは、主要な家電雑誌などの「識者」による実機の比較レビューでは、言及が十分なされていないように思います。

ーー

 201509051835.jpg
  15・バルミューダ BALMUDA The Toaster K01A-KG【各色】
   ¥24,700 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 トーストオススメ度 ★★★★★★★
 ピザ焼きオススメ度 
-----
 一度に焼けるパン数 2枚まで
 焼けるピザのサイズ -----

 ただし、「トースト焼き専用」と考える場合、バルミューダ・デザインのThe Toaster K01A-KGは、コツなしで、仕上がりに期待ができるのは確かです。

 そのため、トーストに特化して使いたい方で、味に最大限期待して使いたいならば、バルミューダ・デザインのトースターは良い選択肢です。どのようなパンでも美味しく焼けるため、素人でも明らかに味の違いが感じられます。既存のトースターとの買い換えには最適でしょう。

 ただ、パン以外については、3段階の温度調節に止まるシンプルなトースターです。そのため、一家に一台置くならば、多様性のあるパナソニックの高性能トースターが良いでしょう。


 第2に、トースターで大きめのピザを焼きたい人にオススメな高級機種は、

    

  13・象印 こんがり倶楽部 ET-FM28-RL
   ¥7,980 Amazon.co.jp
   (4/9執筆時)

 トーストオススメ度 ★★★★★
 ピザ焼きオススメ度 ★★★★★
 一度に焼けるパン数 3枚まで
 焼けるピザのサイズ 25センチまで

 12番目に紹介した象印の ET-FM28-RLでしょう。パナソニックの NB-DT50よりも庫内が広く、25センチの市販のLサイズピザが焼ける庫内容量を持ちますから。

 搭載されるヒーターも遠赤外線ヒーターで、ピザやトーストをこんがり焼くことができます。また、マイコン制御で、冷蔵・冷凍用のピザ・トーストの自動調理ボタンが付きますので、あまり考えずに美味しく調理できそうです。


 第3に、5000円以内でに手に入るトースターで最も高性能と言えるのは、

  

 5・象印 こんがり倶楽部 赤 ET-WM22-RM
  ¥4,703 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 トーストオススメ度 ★★★★★
 ピザ焼きオススメ度 ★★★★★
 一度に焼けるパン数 2枚まで
 焼けるピザのサイズ 25センチまで

 5000円以下で選ぶならば、象印のこんがり倶楽部でしょう。

 遠赤外線ヒーターが採用されており、トーストやピザなどの奥までしっかり熱が通ります。また、トースターの扉などを外して丸洗いできる点も、清潔で良いと思います。


 第4に、大人数家族などで、トーストを一度に4枚焼きたいと考えている方は、

  

 6・象印 こんがり倶楽部 ET-FT28-BA
  ¥6,047 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 トーストオススメ度 ★★★★★
 ピザ焼きオススメ度 ★★★★★
 一度に焼けるパン数 4枚まで
 焼けるピザのサイズ 25センチまで

 トーストが4枚まで焼ける唯一のモデルである象印のET-GS30-TMが良いでしょう。4人家族での朝食などの際には時短効果が期待できます。トースト専用の自動ボタンも付属していて便利です。

上位機としてのコンベクションオーブン

 最後に「おまけ」の話です。

 オーブントースターには、その「上位互換」といえる調理家電があります。それは、コンベクションオーブンです。

 

 コイズミ スモークトースター KCG-1201-N
   ¥14,015 Amazon.co.jp    (4/9執筆時)
 TIGER コンベクショントースター KAS-G130-SN やきたて
  ¥11,299 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 例えば、タイガーのKAS-130や、コイズミのスモークトースター KCG-1201-Nなどは、デンキヤでは「オーブントースター」として紹介されています。しかし、熱風ファンを搭載する点で、これらはコンベクションオーブンと分類すべき成否員です。

 パンをトーストをする場合は、今回紹介したようなオーブントースターでも、美味しいトーストが焼けます

 しかし、パンに加えて、冷凍・チルドのピザを焼く場合や、より手の込んだ調理をする場合は、コンベクションオーブンがオススメです。

 コンベクションオーブンは、機能的がレンジと被らないので、予算が許せば、コンベクションオーブンを買われるのも良いと思います。

コンベクションオーブンの紹介記事

 上でも紹介しましたが、モノマニアでは、別にコンベクションオーブンの記事があります。よろしければご覧ください。

1・1人暮らし向け電子レンジ
2・小型のスチームオーブン

3・中型のスチームオーブン

4・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 また、トーストに加えてオーブンレンジの機能が欲しい方は、これらのリンク記事もご覧ください。

 というわけで、今回は、オーブントースターの紹介でした。この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 16:15 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 1人暮らし用小型電子レンジ12機の性能とおすすめ;パナソニック・SHARP・ハイアール・ツインバード・アイリスオーヤマ

今回レビューする製品:2016-2017年 おすすめ小型電子レンジの性能と選び方:アイリスオーヤマ ツインバードハイアール シャープ パナソニック エレックNE-EH229-W NE-T159-W IMB-T171-5MB-T171-6 MBL-T17-5 MBL-T17-6 DR-D219W5 JM-17F-50 JM-17F-60 RE-T2W-5 RE-T2W-6 RE-TS3-W5 RE-TS3-W6 DR-D257W NE-EH228-W JM-FH18D RE-S5C NE-T158 DR-D419W5 DR-D419W6 RE-T3-W5 RE-T3-W6 RE-S5E-W DR-D269B DR-E851BR 50hz 60hz ヘルツフリー1人暮らし向けレンジの最強機種・激安機種からのランキング

今回のお題
1人暮らしに向いた小型電子レンジはどの機種がおすすめ?


 どもAtlasです。今回は、電子レンジ比較をします。主に1人暮らし〜2人暮らしの方に向けた記事です。

 主に1人暮らしが初めての学生、新社会人、単身赴任の方向けに、8000円〜2万円で買える電子レンジ、あるいは、トーストを焼く機能とオーブン機能が付いたオーブンレンジについて書いてみます。

 なお、本ブログモノマニアには、電子レンジなど「加熱する」調理器具については、以下のような記事があります。

1・1人暮らし向け電子レンジ →この記事
2・小型のスチームオーブン

3・中型のスチームオーブン
4・オーブントースター
5・コンベクションオーブン
6・オーブン全体のおすすめ 【まとめ記事】

 今回の記事は、1番の記事になります。「温めるため」の電子レンジと「トーストも焼ける」オーブンレンジを比較します。 

 いつものように、最初に機能を紹介し、ブログの最後でAtlasのおすすめ機種を書きます。

ダイヤル式単機能レンジ各種

 mafap.gif

 最初に、古典的なダイヤル式の単機能レンジから紹介します。

 通販で電子レンジを購入する場合や、引っ越し前に実家の近くで電子レンジを買う場合、絶対に注意して欲しいことがあります。

 それは、格安機種の場合、「ヘルツフリー」ではないことです。明治以後それぞれ別の国の技術が導入されたため、日本の電気は東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツです。

 通常1万円かそこらする普通の電子レンジはヘルツフリーです。しかし、超格安の電子レンジはヘルツフリー製品ではありません。そのため、例えば、全国の転勤が想定される方、4年後に恐らく引っ越すだろう大学生は、ヘルツフリーの製品を選んだ方が最終的にはお得です。

 とはいえ、値段的にはヘルツフリーでない機種の方が安いので、そういった製品を購入する場合は、ヘルツに気をつけて買ってください。なお、ヘルツの境目は上の地図のように、長野県と静岡県のあたりです。



 201512211857.jpg

 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-5【白】【東日本用50Hz地域】
 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-6【白】【西日本用60Hz地域】
  ¥5,980 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 1・アイリスオーヤマ MBL-T17-5【黒】【東日本用50Hz地域】
 1・アイリスオーヤマ MBL-T17-6【黒】【西日本用60Hz地域】
  ¥5,980 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:700W
 庫内容量: 17L(ターンテーブル)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
  オーブン:なし  
 サイズ; 幅440×奥行き325×高さ255

 こちらは、日本の中堅家電メーカーであるアイリスオーヤマの単機能レンジです。ホームセンターでよく見かけるモデルですが、特に黒モデルは、インターネットで安く売っています

 機能面で見ると、この機種は40年前の電子レンジと同じです。自動調理機能は搭載せず、ダイヤルタイマーで調理時間を指定して、温度切り替え(700W・550W・200W)で手動で温度を調整するタイプになります。

 庫内サイズは、幅約30.6×奥行き約30.7×高さ約19で、17リットルです。小型機種として標準的なサイズです。

 ただ、レンジとしての実用部分では問題ないので、予算の都合上、価格的に「安い」機種を探している場合は、選択肢に入れて良いと思います。庫内も17Lですから、コンビニのお弁当などの温めについても問題ありません。


 

 2・ツインバード 電子レンジDR-D419W5 50Hz専用
 2・ツインバード 電子レンジDR-D419W6 60Hz専用

  ¥6,489 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 レンジ出力:700W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 17L(ターンテーブル)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
 オーブン:なし  
 本体サイズ:
幅455×奥行330×高さ265mm

 こちらは日本の中堅家電メーカーであるツインバードの電子レンジです。価格的には現在2番目に安い機種です。 

 201605150958.jpg

 白を基調にした清潔感のあるデザインです。選べる温度は、3段階のアイリスオーヤマよりも多く、5段階で、強・中 ・ 弱・ 解凍 ・ 煮込みとなります。冷凍した材料などの温めを多用する場合など、便利そうです。

 庫内サイズ幅30.5×奥行28.0×高さ17.5cmですので、アイリスオーヤマよりも多少小さいです。ただ、庫内の形状などの相違であり、実際はほぼ同じで17Lです。多少大きめなコンビニ弁当などもはいるでしょう。

 低価格でも、家電としてのデザイン性を求めたければ、選択して良い機種です。


 201605151011.jpg

 3・Haier JM-17F-50W ホワイト 【東日本用50Hz地域】
 3・Haier JM-17F-50Kブラック 【東日本用50Hz地域】

 3・Haier JM-17F-60W ホワイト 【西日本用60Hz地域】
 3・
Haier JM-17F-60K ブラック 【西日本用60Hz地域】
  ¥5,400〜 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 レンジ出力:700W
 庫内容量: 17L(ターンテーブル)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
  オーブン:なし  
 サイズ; 幅440×奥行き340×高さ258mm

 こちらは、中国のハイアール社の製品です。ハイアールは家電の世界シェアが大きい中国のメーカーです。日本では、格安モデルに特化して一定の市場を得ています。

 海外モデルですが、「安い」機種の代表格で、ホームセンターのセールでもよく見かけます。

 上で紹介した他機種と同じく、自動調理機能は搭載せず、ダイヤルタイマーで調理時間を指定して、温度切り替え(700・550・400・210・100W)で手動で温度を調整するタイプです。

 温度調節などの性能面や庫内容量では、ツインバードとほぼ同様です。そのため、どちらを選ぶか迷う部分ですが、販売価格の安さで決めて良い気がします。


 

 4・SHARP 50Hz RE-T3-W5 【東日本用50Hz地域】
 4・SHARP 60Hz RE-T3-W6 【西日本用60Hz地域】

  ¥10,908 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 【在庫限り】

 4・SHARP 50Hz RE-T2W-5 【東日本用50Hz地域】
 4・SHARP 60Hz RE-T2W-6 【西日本用60Hz地域】
  ¥8,980 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:700W
 庫内容量: 20L(ターンテーブル)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
 オーブン:なし  
 
サイズ 幅460×奥行365×高さ275mm

 こちらは、シャープの電子レンジです。ヘルツフリーでない機種としては、同社のロングセラーと言える電子レンジです。 出力は700wで、出力調整も3段階+解凍モードが付きます。

 【在庫限り】の2015年旧機種がありますが、ダイヤル周りの色目以外は全て同じ機種です。

 201510081834.jpg

 本体のサイズは、ツインバードよりもさらに大きめです。その分、庫内寸法は、幅300×奥行335×高さ200mmなので、写真のようなコンビニの大きい弁当でも入ります。この辺は日本市場のニーズに合わせているのでしょう。

 大きめのお弁当をそのまま暖めるならば、こちらが良いかもしれません。


 

 5・シャープ 電子レンジ 東日本専用 50Hz RE-TS3-W5
 5・シャープ 電子レンジ 西日本専用 60Hz RE-TS3-W6
  ¥13,480 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:700W
 庫内容量: 20L(ターンテーブル)
 自動あたため:搭載
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:
蒸気センサー
 オーブン:なし
 サイズ 幅460×奥行365×高さ275mm

 RE-TS3は、シャープの単機能レンジです。今年度から発売された新モデルです。

 201512211922.jpg

 東日本/西日本と利用可能地域が限定されるモデルとしては、例外的に高性能です。とくに、蒸気センサーが搭載されている点は魅力で、内部温度の計測により、加熱時間を指定しなくてても自動的に「チン」できます。ただし、ラップをかけてある食品は(温度が測れないので)未対応です。

 自動メニューは、「解凍」と「牛乳」のみですが付属します。庫内も20Lで大きめですので、コンビニの大きめの弁当でも問題ありません。

 以上、RE-TS3の紹介でした。東日本/西日本地域から絶対引っ越しがないと言えるご家庭で、時間を指定する必要がない「自動あたため」機能が欲しい方にはオススメの機種ですね。ヘルツフリーになっていない分、本体価格も安く、お買得だと思います。

 ただ、の価格に+数千円を出せば、ラップ対応の重量センサーの付いたヘルツフリーレンジも購入できるため、その点が迷いどころです。

ヘルツフリー電子レンジ各種

 さて、ここからはヘルツフリーの電子レンジを紹介していきます。また、この価格帯からいずれのモデルも液晶モニターとタッチ式ボタンが搭載されています。


 

 6・TWINBIRD ミラーガラスフラット DR-D269B
  ¥11,239 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 レンジ出力:900W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 20L(庫内フラット)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
 オーブン:なし
 サイズ 460x275x350mm

 こちらは、ツインバード工業の電子レンジです。2015年にデザインを一新し、ミラーガラスを使った新モデルになりました。

 従来の電子レンジと異なり、利用時以外に庫内が見えにくい「マジックミラー」的仕様になっているのが特長です。もともと同社のオーブントースターに採用されていた機能ですが、電子レンジにも搭載されました。

 ただ、電子レンジはオーブントースターほど庫内が汚れるわけではないですが、非利用時の外観は「カッコイイ」ので美観的には良い効果があるでしょう。

 機能面では、シンプルです。ここまで見た機種と同じように、自分で過熱時間と、過熱の強さを選ぶ方式です。温度設定は4種類で、600W、500W・煮込み・解凍です。

 一方、ここまで紹介してきた機種に比べると、最大のレンジ出力は600Wと少しだけ落ちます。この点はさほど心配は要りません。例えば、日本の冷凍食品は500Wと600Wでの加熱時間を書くのが普通ですから、むしろ便利と言えば便利ですね。

 ただし、こちらの機種は、温度センサーが未搭載ですので、加熱時間はダイヤルで設定する必要があります。この点で、自動あたため機能が欲しい方は避けた方が良いでしょう。

 庫内寸法は幅320mm×奥行き330mm×高さ185mm20Lサイズと大きめです。また、こちらは、庫内にターンテーブルがないフラット庫内です。そのため、大盛弁当の暖めには向いていると言える機種です。

 デザインは、見て分かるとおり、下位機種よりも格段に格好良く近代的です。「取って」の部分が効いていますね。


 

 【2016年】

 7・Panasonic 単機能レンジ 22L エレック NE-EH229-W
  ¥14,655 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 【2015年】

 7・Panasonic 単機能レンジ 22L エレック NE-EH228-W
  ¥14,800 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:850W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 22L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:
蒸気センサー
 オーブン:なし
 サイズ 488x279x368mm

 NE-EH225_626007.jpeg

 NE-EH229-W は、パナソニックでは最も安い電子レンジです。庫内容量は22Lですので、ツインバードよりも広いタイプです。こちらも旧モデルが併売中ですが、ボタンの色が違う程度で、性能は同じです。

 また、レンジ出力は850Wとここまで紹介してきた機種のなかでは最も強力です。短時間で素早く温まるでしょう。

 201501091053.jpg

 もう一つ注目をする部分は、センサーです。こちらは、シャープの上位機と同じく蒸気センサーが搭載されています。

 そのため、自分で「700W」「1分」などと時間指定せずとも、電子レンジがオートで加熱時間を判断してくれます。このあたりの技術の採用で、他機種を「40年前の電子レンジ」と呼ぶとすれば、こちらは「20年前の電子レンジ」に進化した気がします。

 レンジ出力も3段階調節が可能ですから、解凍なども確実に対応できるでしょう。

 以上、パナソニックのNE-EH228-Wの紹介でした。センサー搭載で、かつ庫内も広く使い勝手が良さそうな機種です。もし、オーブン機能やトースト機能が不要ならば、この機種は良い選択肢ですね。

 とくに、職場や店舗などでオーブン機能があったら困る場合や、「大きめのお弁当を温めたいなど省庫内容量の広さを重要視するならば、この機種は良い選択です。


 

 8・ハイアール 電子レンジ ブラック JM-FH18D(K)
  ¥6,575 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:600W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 18L
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
 サイズ: 幅47×奥行39×高さ28.5cm

 JM-FH18Dは、ハイアールの電子レンジです。寸法を見るとパナソニックに比べて奥行がある大きめの本体です。ただ庫内容量は18Lと小さめで、パナソニックの22Lよりも狭いです。

 電子レンジの出力も600Wと低めな上、センサー未搭載で「自動あたため」に未対応です。

 価格的なメリットも乏しいので、この機種を選択する意義は乏しそうです。

オーブンレンジ各種

 続いて、ここからは、「オーブンレンジ」を紹介します。トーストや冷凍ピザを焼いたり、またはオーブンを使って手の込んだ料理を作ることができる点で、すこしだけ本格的なレンジです。

 あまり料理をしない人も、ピザやトーストの暖めや、肉などの簡単な焼き物などに重宝すると思うので、お金に余裕があれば、オーブンレンジを購入した方が良いと思います。


 

 10・SHARP オーブンレンジ ホワイト系 RE-S5E-W 【2016】
 10・SHARP オーブンレンジ ブラック系 RE-S5E-B
【2016】
  ¥16,614 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:500W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 15L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:あり
 トースト:あり
 センサー:重量センサー
 オーブン最高温度:200度
 サイズ:約45×36.5×29cm

 RE-S5C-Wは、SHARPのオーブンレンジです。デンキヤでは1人暮らし用としてかなり売れている人気モデルです。

 機能的にみると、こちらは重量センサー搭載が搭載されます。重量センサーは、一般的に蒸気センサーよりも上位のセンサーです。というのも、温度蒸気センサーの場合、ラップをしたりジップなどの密閉袋のまま自動過熱すると蒸気が感知できず、水蒸気の圧力でラップや密閉口が空くまで加熱し続けるからです。

 重量センサーの場合、加熱前重量との重量差を検知して適切な加熱状況を検知できるため、ラップをしていても正確に判断が可能です。ただ、あまりにも重量があるものを入れると効きません。

 201510081931.jpg

 重量センサーを使って、冷凍肉を半解凍する機能は、この電子レンジの魅力ですね。

 トーストも焼けます。2枚まで同時に焼くことが可能です。

 庫内容量は15Lで幅285×奥行295×高さ150mmです。22Lサイズもある単機能のレンジに比べるとこちらは狭いですが、26センチまでの冷凍ビザは焼けるサイズだと思います。

 自動メニューは、「コンビニメニュー」「フライの温め直し」「冷凍ご飯」、「冷凍素材のさっくり解凍」など多彩です。

 なお、この機種はコンビニ弁当用の「自動あたためメニュー」が搭載されますが、重量センサーを兼ねた料理皿が庫内で回転するタイプなので、「大盛り弁当」の加熱については対応がやや難しいと思います。

 オーブン機能については、温度設定が110〜200度までです。一通りの料理は可能でしょうが、クックパッドなどで230度以上のオーブン出力を要求されるような料理を作る場合はやや難儀するかもしれません。ただ、トーストは2枚まで、ピザも26センチ程度までは対応します。

 以上、シャープのRE-S5C-Wの紹介でした。オーブン機能も目玉ですが、重量センサーを搭載する点で、電子レンジとしての性能が上回るのがこの機種の最大の魅力です。

 ただし、レンジのパワーは500Wなので、加熱には多少時間がかかるでしょう。また、回転皿をつかう方式、かつ、庫内が15Lとやや狭いため「大盛り弁当」には向いていない機種ですね。


 

 【2016年】

 11・Panasonic エレック ホワイト NE-T159-W
  ¥20,429 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 【2015年】
 11・Panasonic エレック ホワイト NE-T158-W
  ¥20,600 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 レンジ出力:950W【ヘルツフリー】
 庫内容量:15L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:あり
 トースト:あり
 センサー:
重量センサー
 オーブン最高温度:230度
 サイズ:約45×36.5×29cm

 こちらは、パナソニックオーブンレンジです。こちらも、旧モデルが併売中ですが、ボタンの配置が換わっただけで,
性能はどちらも同じです。

 やや高級ですが、オーブンレンジとしては、高性能で、売れている機種です。単身用としてだけではく、世帯向けの小型機種としても人気です。
 
 庫内容量は、15Lなのでシャープと同じです。寸法で言えば、幅269mm×奥行288mm×高さ165mmですが、こちらの機種も回転式の丸皿を使うため、「特盛りのコンビニ弁当」には対応できないでしょう。なお、丸皿は多少大きめなので27cmほどのピザならば載るサイズです。

 センサーは、シャープと同様に重量センサーを搭載します。温度蒸気センサー搭載のパナソニックの単機能レンジよりもこの点で、性能が良いです。
 
 また、レンジ出力が最大で950Wと高出力のため、あたためにかかる時間が短いです。また、ピザなどの既に温かい食品を「さっと」、べたつかずに温めることもできます。

 トーストも、こちらの機種では、2枚まで同時に焼くことが可能です。

 201501091109.jpg

 自動メニューは、「コンビニメニュー」「フライの温め直し」「冷凍ご飯」、「冷凍素材のさっくり解凍」など多彩です。「野菜とセット」メニューがあるなど、健康に配慮も感じられます。

 オーブン機能については、温度設定が100〜230度までです。シャープに比べてパワーが強い分、温度の幅も広いです。250度対応しない点は、3万円以上の機種に比べれば残念ではありますが、これほどあれば、一般的には十分です。

 以上、、パナソニックオーブンレンジの紹介でした。シャープのオーブンレンジに比べると価格が高いですが、オーブン出力の幅が広い点と、レンジ出力が強い点が特長です。そのため、機能面で言えば、一人暮らし用の高機能モデルとしては「最強機種」の1つと言えると思います。

 オーブンを使った本格的な料理に取り組んでみたいと考えている方は、この額を投資する価値は十分にあると思います。


 

 12・TWINBIRD センサー付フラットオーブンレンジ DR-E851BR
  ¥16,533 Amazon.co.jp
(4/9執筆時)

 レンジ出力:900W【ヘルツフリー】
 庫内容量:18L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:あり
 トースト:あり
 センサー:
赤外線センサー
 オーブン最高温度:200度
 サイズ:約47×36.5×29.5cm

 こちらは、ツインバードオーブンレンジです。2015年から展開の新しいモデルで、実質的にパナソニックのエレック NE-T158-Wのライバル機です。

 庫内容量は、18Lで、こちらの方が大きめです。また、回転する丸皿がないフラットな仕様のため、「特盛」のお弁当でも対応します。

 センサーは、赤外線センサーを搭載します。重量センサーと同様、高性能センサーの1つで、庫内の赤外線量から、適切な温め時間を計算する方式です。ただ、ツインバードの製品の場合は、重量センサーとうさいの機種に較べて、ラップは緩めにしないと、検知ができないという弱点があります。
 
 また、レンジ出力が最大で900Wで、こちらも、あたためにかかる時間が短いです。

 トーストも、2枚まで同時に焼くことが可能です。

 自動メニューは、「ごはん」「おかず」「フライあたため」「飲みもの」「ピザ」など多彩です。この点でパナソニックと差は無いでしょう。

 オーブン機能については、温度設定が200度までです。庫内が多少狭い分温度が上げられるパナソニックに較べると、多少こちらは弱いです。

 以上、、ツインバード工業オーブンレンジの紹介でした。パナソニックのエレックに較べると、フラットで広めの庫内で、お弁当が温めやすいというメリットがあります。一方、オーブンとしての性能やセンサーは、一歩劣る印象です。

 今回は「1人暮らし用電子レンジ」と銘打ったため、その面ではおすすめできませんが、2-3人世帯用として考えれば、良い選択肢の1つでしょう。

今回の結論
1人暮らし〜2人暮らしに向いた小型電子レンジはこれ!

 というわけで、今回は、8000円〜20000円ほどの価格帯の電子レンジについて書きました。最後に、Atlasのオススメ機種を書いておきたいと思います。


第1に、料理を本格的にやる人や、料理をしなくても美味しく総菜などを温めたい人は、

 

【2016年】

 11・Panasonic エレック ホワイト NE-T159-W
  ¥22,553 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 レンジ出力:950W【ヘルツフリー】
 庫内容量:15L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:あり
 トースト:あり
 センサー:
重量センサー
 オーブン最高温度:230度
 サイズ:約45×36.5×29cm

 性能評価 ★★★★★★★

 自動メニューの数が豊富で、高性能な重量センサーが付き、さらに、230度と実用的な温度の出せるオーブンが付いているパナソニックのエレックをオススメします。

 ただ、料理が好きで、2万円前後以上の予算が出せそうな人ならば、最新のスチームオーブンを検討しても良いかもしれません。

 【スチームオーブンについてはこちら】の別のブログ記事で、Atlasが紹介しています。興味があればご覧ください!。


第2に、できるだけ低予算で、性能の良いオーブンレンジが欲しい方は、

 201605151037.jpg

 10・SHARP オーブンレンジ ホワイト系 RE-S5E-W 【2016】
 10・SHARP オーブンレンジ ブラック系 RE-S5E-B
【2016】
  ¥16,614 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 レンジ出力:500W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 15L
 自動あたため:あり
 オーブン機能:あり
 トースト:あり
 センサー:重量センサー
 オーブン最高温度:200度
 サイズ:約45×36.5×29cm

 性能評価 ★★★★★★

 SHARPのRE-S5D-が良いと思います。パナソニックと比べると、オーブン加熱温度とレンジ出力が及びませんが、同じく、重量センサーを搭載し、ピザやトーストをはじめ、一通りの料理が可能です。
 
 1万円台の予算ならば、この機種は1人暮らし〜2人暮らしで十分使えるモデルです。


第3に、トーストを焼く必要もなく単機能のレンジで良い人で、特大の盛り弁当を温めたい人は、

 

 6・TWINBIRD ミラーガラスフラット DR-D269B
  ¥11,239 Amazon.co.jp  (4/9執筆時)

 レンジ出力:600W【ヘルツフリー】
 庫内容量: 20L(庫内フラット)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
 オーブン:なし
 サイズ 460x275x385mm

 性能評価 ★★★★★

 ツインバードのDR-D269B がオススメです。ここで紹介した機種の中では唯一、庫内にターンテーブル(回転式の丸皿)がないフラットタイプの加熱システムなので、お弁当などの温め直しにはメリットがあると思います。デザイン性もよいです。

 一方、トーストができない点は多くの場合は面倒だと思います。そういう方は、別にオーブントースターを買えば良いでしょう【こちら】で紹介しましたので、興味があればご覧ください。


第4に、できるだけ格安な小型電子レンジを考えている人は、

 201512211857.jpg

 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-5【白】【東日本用50Hz地域】
 1・アイリスオーヤマ IMB-T171-6【白】【西日本用60Hz地域】
  ¥5,980 Amazon.co.jp (4/9執筆時)

 1・アイリスオーヤマ MBL-T17-5【黒】【東日本用50Hz地域】
 1・アイリスオーヤマ MBL-T17-6【黒】【西日本用60Hz地域】
  ¥5,980 Amazon.co.jp
  (4/9執筆時)

 レンジ出力:700W
 庫内容量: 17L(ターンテーブル)
 自動あたため:なし
 オーブン機能:なし
 トースト:なし
 センサー:なし
  オーブン:なし  
 サイズ; 幅440×奥行き325×高さ255

 性能評価 ★★★

 アイリスオーヤマの電子レンジです。

 例えば、半年ほどのごく短期間の単身赴任などで、予算を優先するならば、ヘルツフリーではない機種を選ぶのも良いと思います。「チン」できるのは同じですから。

 ただ、上でも書きましたが、引っ越しが将来ありえる方は、ヘルツフリーでないこの価格帯の商品を買ってしまうと危険です。また、電子レンジはほとんど壊れない類家電(とくにダイヤル式は)なので、一度買うと10年は付き合うことになるので、できればヘルツフリーのレンジを買った方が、最終的には良いでしょう。

------

というわけで、今日は、電子レンジの紹介でした。今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 14:45 | Comment(0) | 調理家電

2017年04月06日

比較2017' 電気代の安い小型冷蔵庫16製品の性能とおすすめ:一人暮らし・少人数向け・自動製氷付き・1ドア・2ドア小型冷凍庫

今回レビューする製品:2017年 最新の1人暮らし向け小型2ドア冷蔵庫16製品の性能とおすすめ・選び方:シャープ・パナソニック・三菱・ハイアール・日立・ハイセンス・アビテラックス・AQUAの高品質モデルと激安モデルAR-100EJR-N85A-W SJ-H12B-S SJ-D14C SJ-GD14C MR-P15A NR-B149W JR-NF148A NR-B179W SJ-D17C-S JR-NF173A-W R-S2700GV AQR-81E HR-A42JW AR-509E機能の違いと人気ランキング

今回のお題
1人暮らしなど少人数世帯向きの小型冷蔵庫のおすすめ製品はどれ?


 ども、Atlaです。今回は、ワンルームマンションでの暮らしに最適な、小型1ドア・2ドア・3ドア冷蔵庫の比較です。

 201608281139.jpg

 2016-2017年シーズンの最新モデルを低価格のものから、人気の自動製氷機能が付いているモデルまで、デンキヤで売れ筋の冷蔵庫11製品比較しようと思います。

 いつものように、メーカーの機種ごとにスペックを比較して、最後にオススメ機種を提案していきたいと思います。

 なお、以下では、最初に冷凍庫も付属する2ドア以上のタイプを紹介した後で、自動製氷付きの3ドア機種冷蔵庫・冷凍庫のみ付属する1ドアタイプの順に紹介します。

100L前後の2ドア冷蔵庫

 では、具体的な紹介をはじめます。はじめに、家庭用としてもかなり小型な100L前後の2ドア冷蔵庫を比較します。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめできるポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記していきます。


 

 1・アビテラックス 96L 2ドア冷蔵庫 Abitelax AR-100E
  
¥19,499 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;66L【右開き】
 冷凍室容量 :30L
 省エネ達成率:85%(2021年度)
 年間電気代:;
6800円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; なし
 運転音:不明

 はじめに紹介するのは、パナソニックのグループ企業のアビテラックスの冷蔵庫です。冷凍庫がある2ドアタイプですが、2万円以内の予算で購入可能という激安冷蔵庫です。

  201608281255.jpg

 冷蔵庫のサイズは、小型です。背丈は85cmほどと設置性が良いです。一方、冷凍庫は30Lと小さく、氷を作るならば、冷凍食品が数点ほどしか入らないという容量です。現代の食生活からは冷凍食品は切っても切り離せないものですから、1人暮らしには多少使いにくいかもしれませんね。

 bgajapfga-41.png

 冷凍室は、直冷式となり、霜取り機能がありません。そのため、冷凍室で固まった氷状の霜(写真)を、一度冷蔵庫を止めて定期的に取り除く必要あります。

 冷蔵室は、66Lとそれなりに広く、野菜や卵、コンビニのお弁当、牛乳などは十分に入ります。ただ、格安なだけに、庫内や外観の作りは最低限ですので、デザイン性は皆無です。ただ、実用重視ならば問題ないので、価格的に2万円以内の予算で、小型機種を考えているならばこちらでも良いでしょう。

 デザイン性は、冷蔵庫内のトレイはプラスチック製で、可もなく不可もない感じです。本体の天板は、本体の天板は耐熱仕様なので、上に電子レンジなどを置くことができます。

 電気代は、年間6800円ほどです。格安ですが、以下で紹介する100リットルサイズと、さほど変わりません。そのため、収納量やデザイン性を重視して、もう少し上位の機種を選ぶのも「あり」ですね。


 

 2・ハイアール 85L 冷蔵庫 JR-N85A-W
   ¥18,400 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;60L【右開き】
 冷凍室容量 :25L
 省エネ達成率:71%(2021年度)
 年間電気代:;
7695円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー:
 運転音:25db

 続いて紹介するのは、ハイアールの冷蔵庫です。旧三洋電機(アクア)の別ブランドになります。価格的に2万円以下で買えるという点で、アビテラックスのライバル機ですね。

 201608281311.jpg

 冷蔵庫のサイズは、こちらの方が奥行がなくスリムに置けます。その分、庫内は、冷凍室・冷蔵室共に、アビテラックスよりも一回り小さめと言えます。

 201608281310.jpg

 冷凍室は、直冷式となり、霜取り機能がありません。定期的な霜取りが必要です。冷蔵室は、60Lとアビテラックスに較べると多少狭いです。

 電気代は、年間7695円と、アビテラックスに較べると月あたり100円弱ほど高いです。

 デザイン性は、庫内に、ガラストレーが採用されるなどハイアールの方がだいぶ良いです。傾斜の付いた、下部のケースの使い勝手も良いです。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様なので、電子レンジなどを設置できます。

 その他、アビテラックスに較べると、静音設計であり、寝室には向く仕様ですね。

 以上、ハイアールの小型冷蔵庫の紹介でした。2万円を切る価格の小型冷蔵庫としては、デザイン性や使い勝手が良い機種です。その一方で、光熱費を重視する場合、アビテラックスのほうが良さそうです。

150L前後の2ドア冷蔵庫 

 つづいて、120-150リットル前後の、2ドア冷蔵庫としては標準サイズの冷蔵庫を紹介します。

 デンキヤで見かける2ドア冷蔵庫の大半はこのサイズで、1人暮らし用として不便なく使える最低限のサイズはこちらですね。


   

 3・SHARP トップフリーザー 118L冷蔵庫 SJ-H12B-S
 
 ¥27,663 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;90L【右開き】
 冷凍室容量 :28L
 省エネ達成率:77%(2021年度)
 年間電気代:;
7965円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; あり
 運転音:不明(多分大きい)

 はじめに紹介するのは、シャープのSJ-H12B-S です。デンキヤでも売れ筋のモデルです。

  201603220954.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480x1160x525mmになります。先ほどまで見た小型機種に較べると、背丈はありますが、設置に必要な面積はほぼ同じです。

 冷凍室は、こちらも直冷式で霜取り機能がありません。冷凍室で固まった氷状の霜(写真)を、一度冷蔵庫を止めて定期的に取り除く必要あります。

 冷蔵室は、小型サイズの冷蔵庫では標準的な90リットルです。その反面、冷凍室は28Lですから小さいといえます。現代の食生活からは冷凍食品は切っても切り離せないものですから、1人暮らしには多少使いにくいかもしれません。

 デザイン性は、こちらも冷蔵庫内の棚がプラスチック製となり、価格相応です。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様ですね。

 電気代は、年間電気代が小型機並みに安い7,965円です。この点は、シャープの良い部分です。静音性は、その一方で、情報が非開示で不安があります。メーカーが運転音のスペックを出していませんが、直冷式の冷蔵庫のため、かなり冷蔵庫の音がうるさいのではないかと思います。

 以上、シャープの直冷式の小型冷蔵庫の紹介でした。省エネ性は高い機種ですが、霜取りが必要な面がやはりネックですね。このサイズの場合、霜取り不要の機種もありますし。


  

 4・ハイアール 121L 2ドア冷蔵庫 ブラックJR-N121A-K
 4・ハイアール 121L 2ドア冷蔵庫 ホワイトJR-N121A-W
 4・ハイアール 121L 2ドア冷蔵庫 ホワイトJR-N121A-S
  ¥23,700 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;88L【右開き】
 冷凍室容量 :33L
 省エネ達成率:121%(2021年度)
 年間電気代:;5265円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー;あり
 運転音: 25db

 こちらは中国のハイアール社の冷蔵庫です。冷蔵庫メーカーでもあった旧三洋電機を吸収し「アクア」ブランドでも冷蔵庫を売っているメーカーです。ただし、こちらは「ハイアール」のブランドで売られる格安の2ドア冷蔵庫です。

 201704060911.jpg

 冷蔵庫のサイズは、上下合計で121リットルで、このサイズの小型機種では、シャープと同じくコンパクトな部類です。あまり料理をしない1人暮らし向けに特化した格安製品として需要があります。

 冷蔵室は、小型モデルとして一回り小さく88リットルです。

 冷凍室は、シャープより大きな33リットルです。つまり、冷蔵室が小さく、冷凍室が大きめのモデルと言えます。ただ、やはりこちらも自動霜取り機能が付属しません。価格的にはやはり難しいのでしょう。

 201704060914.jpg

 デザイン性は、ハイアールの力を入れる部分で、庫内にガラストレーが採用され、たり、取り出しやすい野菜室など、低価格製品としては、だいぶ良いです。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様ですね。

 電気代も、年間5265円と他機種と比較しても相当格安です。維持費の面ではかなり優位です。

 静音性は、この機種は静音設計がされており、25デシベルです。ほとんど音は気にならないでしょう。ただし、これから紹介していく3万円オーバーの機種は、さらに低騒音です。

 以上、ハイアールの冷蔵庫の紹介でした。とても価格が安く、電気代も安い冷蔵庫です。格安の機種を探している方は、この機種が良いでしょう。


 201603081521.jpg

 【2017年型番】

 5・シャープ 137L SHARP SJ-D14C-W ホワイト
 5・シャープ 137L SHARP SJ-D14C-S シルバー
   ¥38,491 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 SJ-D14は、シャープの2ドアの冷蔵庫です。このモデルは毎年型番が変わりますが、新モデルと旧モデルの機能差は無く、同じ製品です。

  201603221001.jpg

 冷蔵庫のサイズは、上下合計で137Lと比較的収納力があります。奥行が僅かに大きいですが、幅と高さはトップフリーザー型のシャープ下位機種とほぼ変わりませんね。設置性は良いと思います。

 201603221004.jpg

 冷蔵室は、91Lです。収納力は十分あります。ペットボトルは開き戸の方に3本同時に収納できます。

 冷凍室は、46Lで、こちらはさらに冷凍室が大きめと言えます。。もちろん、製氷室と分離された2段収納タイプです。また、この機種からは、直冷式ではなくファン式を採用しているため、冷凍庫の霜取りの必要がありません。実用性は高いと言えます。

 デザイン性は、外装については取り立てて強調したい部分はありません。しかし、、食品を置く棚は、掃除がしやすく清潔なガラス製です。

 また、この機種の良いところは、左開きにも対応することです。ただ、大型高級機種とちがって、両方どちらからでも開くわけではなく、簡単な工具も要らずに、ツメを外すだけで付け替えられるという意味です。そのため、「つけかえどっちでもドア 」という商品名になっています。本体の天板は、耐熱仕様なので、オーブンレンジなどを載せることも可能です。

 電気代は、年間8775円です。ハイアールのスリムタイプに比べると落ちますが、標準サイズの冷蔵庫としては割安な部です。

 静音性も、ハイアールに較べても低い23デシベルで、ワンルームにも向くと言える機種ですね。

 以上、シャープのSJ-D14の紹介でした。ハイアールの上位機と較べると、収納力の点では互角ですが、電気代や静音性の点では優れる機種です。左開きに対応できる機種ですので、その点のニーズもあるでしょう。


 201701081142.jpg

【2017年型番】

 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-B
 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-W
 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-C
   ¥45,258 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 こちらの機種は、1つ上で紹介したモデルの上位機種になります。この機種も左右開きに対応できます。

 冷蔵庫のサイズは、下位機種と同じです。性能面でもほぼ同じですが、相違点は次の2つのみです。

 201701081152.jpg

 第1に、本体の外観です。こちらは、小型機種では唯一、外装にガラスドアを採用したフラット冷蔵庫です。3ドア以上の高級機で採用される高品位の外装で、インテリアとしての高級感があります。以前は、パナソニックがインテリア性の高い小型機を出していましたが、最近は販売がなく、久しぶりの高級路線の製品となります

 201603221006.jpg

 第2に、プラズマクラスターによる除菌機能が付属する点です。これはいわゆる除菌イオン(マイナスイオン)で、庫内の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

 空気清浄機などについては、プラズマクラスターの威力を疑問視する科学的見解もありますが、冷蔵庫という閉じられた空間内ならば、高い効果が期待できるでしょう。

 なお、プラズマクラスター(マイナスイオン)は脱臭・消臭効果もみられます。しかし、この機種の場合、脱臭機能は備わっていません。言いかえれば「キムコは基本必要」ということなります。

 以上、シャープのSJ-PD14Bの紹介でした。小型冷蔵庫は無機質なデザインが被いですが、こちらはガラス面採用で高級感があります。その点で、キッチンの美観を重視したい方には向くと言えます。


 

 7・三菱 146L 2ドア冷蔵庫 サファイアブラック MR-P15A-B
 7・三菱 146L 2ドア冷蔵庫 ピュアシルバー MR-P15A-S

  ¥36,740 Amazon.co.jp
  (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;100L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:95%(2021年度)
 年間電気代:;8640円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ----
 運転音; 22db

 MR-P15Aは、三菱の冷蔵庫です。三菱の冷蔵庫はデザイン性が高く、収納力もあるためよく売れています。

 201603221008.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480x1213x595mmと、他社より少しだけ背の高いモデルになります。ただ、上に大きいだけで面積は同じなので、設置の邪魔になりません。ワンルームにも向くでしょう。

 reizouko02.jpg

 冷蔵室は 100Lです。ハイアールの上位機種と同じ広さで、収納力があります。ペットボトルは開き戸の方に3本同時に収納できます。特徴的なのは、ペットボトルなどを置くポケットケースの収納力です。この部分が大容量で、500ミリのペットボトルならば上段だけで最大10本同時に入れることが可能です。下段にも2リットルペットボトルのほか、500ミリ程度ならば、前後に収納することが可能です。

 bgajapfga-29.png

 冷凍室は、46Lで、こちらは他社と同じサイズです。製氷室と分離された2段収納タイプであり、自動霜取り機能も付属します。

 デザイン性は、かなり高いです。とくに内装について、冷蔵庫の最下段がケース式になっているため、チルド室のように低温で保存したい食品を入れることができます。内部照明もLED照明が使われており見やすいです。本体の天板は、耐熱仕様なので、オーブンレンジなどを載せることも可能です。

 201312161124.jpg

 電気代は、年間電気代8640円と、150リットル前後の冷蔵庫としては最も格安水準です。また、省エネ面では、「ヨコ取りポケット」という機能があり、扉を半開きの状態でペットボトルが取り出せるため、省エネです。静音性は、業界トップの22デシベルと静かですね。

 以上、三菱の小型冷蔵庫の紹介でした。小型冷蔵庫としては収納力が高く、限られたスペースでできるだけ収納したい人にオススメできる機種と言えます。

 優れた機種ですが、あえて欠点をあげるとすれば、シャープやパナソニックと異なり、棚がプラスチック製だということでしょう。プラスチックも十分清潔ですが、美観と高級感ではやはりガラス棚のが上です。とはいえ、冷蔵庫の中身は見えない部分なので、そこまでこだわる必要はないかもしれません。

 また、ポケットの収納力は他社よりも大きいですが、その分、庫内の収納力がやや犠牲になっています。そのため、ドリンクやお酒をそれ程の数保存しない場合は、シャープやパナソニックの方が良いと言えます。


 

 8・パナソニック 2ドア冷蔵庫 NR-B149W-T ブラウン
 8・パナソニック 2ドア冷蔵庫 NR-B149W-S シルバー   

  ¥39,744 Amazon.co.jp
(4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:90%(2021年度)
 年間電気代 :9,045円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db  

 つづいて、パナソニックの小型冷蔵庫NR-B149です。

 bgajapfga-42.png

 冷蔵庫のサイズは、480×586×1119mmと、背の高さは三菱よりも低くコンパクトです。

 bgajapfga-44.png

 冷蔵室は 94Lです。背の低い分、三菱に較べると収納力は少ないです。とくに、ポケットの部分の収納力は三菱に劣ります。上段に500ミリのペットボトルを収納できないサイズです。ただ、その分、庫内の奥行きは広く、食品を余裕を持って収納できます。

 冷凍室は、44Lで、ごく僅かですが他社よりも小さめです。ただ、製氷室と分離された2段収納タイプであり、自動霜取り機能も付属します。そのため、大差はないでしょう。

 デザイン性は、かなり良いです。例えば、冷蔵庫のトレイには、ガラスを使用し、デザイン性とメンテナンスの点で非常に楽になっています。また、内部のLED照明は鮮やかで、食品がよく見えると共に、野菜などを鮮やかで美味しくみせます。三菱に較べて優位性のある部分です。本体の天板は、耐熱仕様です。

 電気代は、その一方で、ほぼ同じサイズのシャープなどと較べると、年間9045円と僅かながら高めです。静音性は、三菱には及ばないものの、かなり静かであり、音は気にならないと思います。

 一方、この機種は、カテキン抗菌・脱臭フィルターが装備されています。イオン方式とフィルター方式の違いがありますが、シャープ社の上位機種プラズマクラスターと同様の発想です。フィルターは交換が不要です。ただ、脱臭力はそれ程期待できないため、生ものを保存する方は、キムコは必要だと思います。

 以上、パナソニックの小型冷蔵庫の紹介でした。ポケット収納力では三菱の機種に負けますが、庫内収納力では優り、また、ガラス棚の採用や脱臭機能も魅力といえる機種だと言えます。手堅い作りの冷蔵庫なので、買って後悔のない機種と言えるでしょう。


  201704060934.jpg

 9・ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-W 【白】
 9・ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-K 【黒】
  ¥32,500 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:131%(2021年度)
 年間電気代:;6264円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;なし
 運転音: 25db

 こちらは、ハイアールの標準的なサイズの冷蔵庫です。

 201704060938.jpg  

 冷蔵庫のサイズは、縦横共に、他社より一回り大きめですね。ただしその分、冷凍室は54Lと、このサイズの他機種よりも幾分広めです。冷蔵室は94Lとそこそこの広さです。

 201704060942.jpg

 冷凍室は、ユーロデザインの3段式です。日本の小型冷蔵庫では3段式はほぼ見ませんが、収納性は良いと思います。冷凍食品を重視する場合は選択肢として良い機種です。ただ、ボトムフリーザータイプとしては珍しく、冷凍室が引き出しではなく、ドアタイプです。収納力はありますが、奥までの視認性は、引き出し式に較べるとイマイチです。

 冷蔵室も、ペットボトルが多くはいる下段ポケットの収納性はよく、使い勝手も良いです。

 デザイン性は、世界展開するモデルとして配慮があり、見た目は悪くないです。内装はガラストレイを採用する上、パナソニックのように内部のLED照明は鮮やかで食品が美味しく見えます。本体の天板は、やはり上部が耐熱仕様で、トースターなどが置けます。

 電気代は、本体と冷凍庫が多少大きい部分が功を奏して6264円の年間電気代と、このサイズの他社平均よりも2000円近く安いです。省エネ基準が厳しいユーロに適応したためでしょうか。

 以上、ハイアールの148Lモデルの紹介でした。電気代・光熱費から考えると、最もおすすめはこの機種です。とくに冷凍庫を中心に利用するだろう方には向きますね。

170L超の中型2ドア冷蔵庫

  続いて、179リットル以上のやや大きい2ドア冷蔵庫を紹介します。

 このサイズは、1人暮らしでも料理をある程度する方、または、少人数世帯向きの小型機種として売れ筋です。


 201309201957.jpg

 10・パナソニック 168L 2ドア冷蔵庫 ブラウン NR-B179W-T
 10・
パナソニック 168L 2ドア冷蔵庫 シルバー NR-B179W-S
  ¥51,500 Amazon.co.jp
(4/6執筆時)

 冷蔵室容量 :124L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:88%(2021年度)
 年間電気代:;9450円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db  

 NR-B179Wは、パナソニックのやや大きめの冷蔵庫です。2ドアですが、2-3人暮らし程度まで対応できる庫内ですが、1人暮らしでも1週間買いだめする人にはこのサイズが向きます。

 201309202005.jpg

 冷蔵庫のサイズ480×586×1293mmとなります。小型機種と設置面積はほぼ同様ですが、背の高さがかなり高くなります。設置面積が変わらないため、ワンルームでも圧迫感なく導入が可能です。

 201312161319.jpg

 冷蔵室は 、124リットルです。収納力が高く、3段目には2Lペットボトルが4本、2段目のポケットには500mlのペットボトルが前後に計10本収納可能です。庫内は、(サイズが大きいこともあり)4段収納です。加えて、低温保存できるチルドケースも付属します。

 冷凍室は、44Lで、この点では下位機種と変わりません。霜取り機能はきちんと付属します。冷凍室は製氷室と分離された仕様です。

 デザイン性は、この機種も高いです。冷蔵庫のトレイには、清潔なガラス板を使用し、、内部のLED照明は鮮やかで、食品がよく見え、清潔感もあります。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 電気代は、大型の庫内を持つ機種ですが、年間電気代は、150センチ前後の冷蔵庫と大きく変わりません。年間9450円ほどで、このクラスの収納力の冷蔵庫としては優秀ですね。静音性は、こちらも23デシベルとトップクラスです。

 また、この機種も、カテキン抗菌・ ナノ脱臭フィルターが装備されています。ただ、脱臭力はそれ程期待できないため、生ものを保存する方は、キムコは必要だと思います。

 以上、パナソニックのNR-B179Wの紹介でした。年間電気代は、200L以下の小型機と変わらない水準ですので、「買いだめ」したい方は、1人暮らしでもこちらが良いでしょう。ただ、冷凍庫のサイズは下位機種と同じですのでその点は注意してください。


 

 11・シャープ 167L 2ドア冷蔵庫 SJ-D17C-S【2017】
  ¥51,800 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;121L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:86%(2021年度)
 年間電気代::9,585円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db

 SJ-D17Cは、シャープの170Lクラスの大きめの2ドア冷蔵庫です。

 201701081300.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480×590×1285mmとなります。パナソニックの同型とほぼ同じで、設置性はいずれのモデルも同等ですね。

  201502271301.jpg

 冷蔵室は 、121リットルです。パナソニックに較べると、多少庫内は狭いですね。ボトルポケットにはペットボトルを3本収納できる仕様です

 冷凍室は、46Lで、こちらは逆にパナソニックより2Lほど大きなフリーザーです。製氷ケース部分と冷凍ケース部分が別の構造で収納性も高いです。霜取り機能はきちんと付属します。冷凍室は製氷室と分離された仕様です。

 デザイン性は、その一方で、さほど特長のない機種です。ただ、同社の小型機種と同じく、扉を左開きにできる点は、マンション構造によっては、便利かもしれません。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 一方、シャープは小型機には「高級機種」がありましたが、このグレードではありません。そのため、プラズマクラスター消臭や、ガラスドアは不採用です。ただし、消臭の部分では、ナノ低脱臭触媒が採用されています。こちらもそれほど効果は無いため、キムコなどは別に必要です。な

 電気代は、パナソニックよりも僅かに不利の9,585円です。ただ、フリーザーのサイズが大きいため、この程度は仕方ない部分ですね。静音性は同等です。

 以上、シャープの大きめサイズの冷蔵庫の紹介でした。パナソニックとほぼ同様のサイズですが、消費電力はこちらのほうが高く、電気代を考えるとパナソニックの方が多少ですが良いと思います。その一方で、フリーザーが僅かに大きいので、この部分を重視したい方は、この機種は魅力でしょう。


 

【2017】

11・ハイアール 173L 2ドア冷蔵庫 JR-NF173A-W
  ¥33,480 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;119L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:125%(2021年度)
 年間電気代::6,696円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 25db

 JR-NF173Aは、ハイアールの173リットルサイズの大きめの2ドア冷蔵庫です。

 201704061000.jpg

 冷蔵庫のサイズは、502×598×1510mmとなります。注意点としては、背の高さが日本製と比べると20cmほど高いことです。上方向に長いぶんは設置性にあまり影響はないですが、ここ長いと相応にキッチンに圧迫感は出ます。その点では、ワンルームと言うより、あまり料理をしない少人数世帯向きだと思います。

  201704060959.jpg

 冷蔵室は 、119リットルです。ポケットの収納性も、下段にペットボトルを3本収納できる仕様で広めです。ただ、ポケット上段部については、卵専用と言って良い幅ですので、収納性は他社に及びません

 冷凍室は、54Lで、このサイズとしては最も大きいです。収納は、ユーロスタイルの冷凍三段収納で利用しやすいです。ただ、引き出しタイプではないため、のぞき込んで材料を確認する動作に慣れている方や、冷蔵庫の前面にいろいろ物を置きがちな方には、不向きかもしれません。霜取り機能はきちんと付属します。

 デザイン性は、ユーロ圏でも売られているモデルと言うことで、シンプルですが、好感の持てるデザインです。内装もガラストレイを採用し、白色度の強いLED庫内灯が付属するので、綺麗です。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 電気代は、今年度のハイアールは全体的に良いですが、こちらも6,696円と他社よりも2000円ほど省エネです。

 静音性は、25デシベルとパナソニック同様に静音です。

 以上、ハイアールの173Lの冷蔵庫の紹介でした。多少大きめな冷蔵庫の中では電気代の点で最も優れます。コスパも、デザインも良いと思います。ただ、ボトムフリーザーが、ドア式の点は使い勝手の部分で注意は必要ですね。屈んで、内部の引き出しを開け、冷凍食品を確認するのは多少面倒ですし。

自動製氷付きの3ドア冷蔵庫

 続いて、氷が自動製氷できるタイプで、もっともコンパクトなモデルを紹介します。
 



 

 12・日立 265L 3ドア冷蔵庫 真空チルド R-S2700GV 【シャンパン】
 12・日立 265L 3ドア冷蔵庫 真空チルド R-S2700GV  【ブラウン】
  ¥110,173 Amazon.co.jp
(4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;145L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:82%(2010年度)
 年間電気代:;10,665円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;ーーー

 続いて、日立の真空チルドの紹介です。今回紹介する冷蔵庫の中では最も「大型」な冷蔵庫です。

 小型冷蔵庫の記事にわざわざこの機種を紹介するのは、自動製氷機能が付属する冷蔵庫としては「最も小型」な機種だからです。自動で製氷できるこの機能は、ある種、「ハイグレード冷蔵庫の代名詞」ともなっており、需要があります。

 201409051118.jpg

 冷蔵庫のサイズは、高さは152センチ、幅は54センチ、奥行きは65センチあまりと、一回り大きな冷蔵庫です。設置にスペースが必要な点は、注意が必要ですね。

 201312161331.jpg

 冷蔵室は 、145Lです。また、54Lの専用の野菜室が付属するため、大人数世帯でも対応できるサイズを持ちます。他者に較べてポケットが広く取られている点もメリット性があります。

 そのほか、日立独自の真空保存技術である「真空チルド」を使ったチルドケースが冷蔵室下部に付属します。日立の真空チルド技術は、複数あって、これは20万オーバーの上位機種よりも性能が劣るものとはいえ、食品を長持ちさせることが可能です。特に生のお肉などは、より日持ちします。

 冷凍室は、66Lで、先ほど書いたように、自動製氷機能が付く部分が魅力です。

 デザイン性は、中型冷蔵庫の区分で言えば「それなり」ですが、小型冷蔵庫と比較すると凝った作りです。一方、注意が必要なのは、天板が耐熱仕様のテーブルになっていない点です。冷蔵庫の上に、電子レンジやオーブンを置くことができない点は、注意してください。これは、中型冷蔵庫ならば、どの機種も同じです。

 電気代は、年間10000円強と、小型の機種とそう大きくは変わりません。というのも、冷蔵庫はインバーター制御により、基本的に大型の冷蔵庫ほど電気代が安いという特性があるからです。つまり、電気代の点で小型機種を選ぶのは賢いとは言えないです。

 以上、日立の「真空チルド」の紹介でした。優れた機種であり、設置スペースが許すならば、是非導入して欲しい機種です。

1ドア小型冷蔵庫・冷凍庫

 最後に1ドアタイプの冷蔵庫を紹介します。


 

 13・AQUA AQR-81E
  ¥17,550 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;75L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:
72%(2021年度)
 年間電気代::6,561円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、アクア(旧三洋電機)の小型1ドア冷蔵庫です。

  201608281204.jpg

 冷蔵庫のサイズは、幅426×奥行459×高さ827mm となり、2ドアよりも設置スペースは節約可能です。

 201608281207.jpg

 冷蔵室は、上部の冷凍室と兼用ですが、合計で75Lの収納力を持ちます。1ドアとしては、大きめ機種ですね。1ドアですが、上部に製氷室があり、氷も作れる仕様です。ただし、構造的に、霜がつくため、定期的な霜取りは必要でしょう。

 また、実質的に、冷凍食品は保存できないため、冷凍食品中心の生活の方は、2ドアを選んだ方が無難です。

 電気代は、年間6561円です。2ドアタイプより1000円ほど安いとは言え、大きさの割にさほど安くありません。先ほど書いたように、冷蔵庫という家電は、「小さければ小さいほど電気代が安いという仕組みではない」からです。

 こうした点から、スペースの関係上1ドアしか入らない場合を除き、基本的には2ドアタイプを選んだ方が無難です。ただ、価格は割安ですし、小型で設置性が良いので、さほど料理をされない人はこちらでも大丈夫でしょう。冷蔵庫の上部は60度までの耐熱仕様なので、電子レンジも置けますね。


 201608281134.jpg

 14・ハイセンス HR-A42JW
  ¥11,584 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;42L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:133%(2021年度)
 年間電気代::
3105円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、中国のハイセンスの小型冷蔵庫です。

  201608281217.jpg

 冷蔵庫のサイズは、特に背丈が51cmと小型で、正方形に近い42Lの小型冷蔵庫です。よく、ビジネスホテルで見かけるタイプですね。

 冷蔵室は、42リットルと、普通の2ドア冷蔵庫の冷凍室とだいたい同じサイズです。ただ、製氷皿が付いており、氷を作ることは可能です。こちらも構造的に霜取りが定期的に必要ですね。

 電気代は、庫内が狭いので、年間3105円と格安です。ここまで小型だと、やはり電気代は下がりますね。また、上部のテーブルの耐熱温度は100度までなので、上部に調理器具を置ける仕様ですね。

 以上、ハイセンスの冷蔵庫の紹介でした。家庭で使う場合、1人暮らしというよりも、一軒家の「自分専用冷蔵庫」と言えるでしょう。また、飲みものを冷やしたり、氷を作る程度で、全く自炊をしないならば、このタイプの冷蔵庫でも大丈夫でしょう。そういえば、Atlasの学生時代の先輩もこのサイズの冷蔵庫で暮らしていましたね。


 201608281228.jpg

 15・ハイアール JR-N47A
  ¥10,750 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;47L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:138%(2021年度)
 年間電気代::
3726円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、中国のハイアール社の製品です。

  201608281225.jpg

 冷蔵庫のサイズは、先ほどのハイセンス社の冷蔵庫と較べると、大きさはほとんど変わりません。

 冷蔵室は、その一方で、庫内容量が47リットルと、5リットルほど大きい製品です。とくに製氷室周りの構造がハイセンスよりもシンプルなので、実際の収納力はより多そうです。もちろん、霜取りの必要はありますが。上部は、ハイセンス同様の耐熱天板であり、電子レンジなどを乗せることも可能です。

 電気代は、庫内が多少大きな分、ハイセンスよりも年間で500円ほどかかりますが、さほど大きな違いではないでしょう。


 201608281232.jpg

 16・アビテラックス AR-509E
  ¥11,500 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;46L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:133%(2021年度)
 年間電気代::
3920円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 24db  

 こちらは、日本のアビテラックス(吉井電気)の製品です。パナソニックのグループ企業で、格安家電を販売している会社ですね。

 冷蔵庫のサイズは、45センチほどの正方形サイズになります。

 冷蔵室は、庫内容量は46Lとハイアールと同じほどのサイズです。小型機種では収納力のあるタイプの1つと言えるでしょう。この機種も製氷皿を装備し、氷を作ることも可能です。もちろん、霜取りの必要は他機種同様にあります。

 電気代は、多少他社よりも効率が悪く、年間で3920円ほどかかります。

 一方、他機種との相違点は、上部が耐熱・耐荷重構造になっていないため、電子レンジなどを上に置けないことです。この点にネックを感じるならば、他機種を選ぶと良いと思います。

今回の結論
電気代や性能面でおすすめな小型冷蔵庫はこの機種!


 というわけで、今回は、小型冷蔵庫を8機種レビューしました。最後に、Atlasのオススメ機種を書いておきたいと思います。


第1に、本体価格や電気代の安い小型冷蔵庫としておすすめできるのは、

  201704060934.jpg

 9・ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-W 【白】
 9・ハイアール 148L 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-K 【黒】
  ¥32,500 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:131%(2021年度)
 年間電気代:;6264円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;なし
 運転音: 25db

 ハイアールの148Lの冷蔵庫です。年間電気代がこのサイズの他機種に較べると格段に安い点を評価しました。自動霜取り機能、ガラストレー、LED庫内灯など基本装備が充実し、小型機種としてはかなり性能が良いと言えます。

 一方、ボトムフリーザーがドア式である点は、設置スペースの狭いワンルーム用としては多少マイナスです。しかし、冷凍室の総合収納力は高く、ごちゃごちゃしがちな冷凍室についても整理して置きたい方には向きますね。


第2に、インテリア性の高い「おしゃれな」小型冷蔵庫としておすすめできるのは、

 201701081142.jpg

【2017年型番】

 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-B
 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-W
 6・SHARP 高品位ガラスドア冷蔵庫 SJ-GD14C-C
   ¥45,258 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 今年度モデルでは、圧倒的にシャープの上位機SJ-GD14Cシリーズでしょう。

 最近他社が「おろそか」にしている、外観のデザイン性について配慮した機種で、冷蔵庫としての美しいです。冷蔵庫はキッチンで最も大きな「インテリア」なので、この部分はかなり重要です。選ぶならばこれでしょう。

 使い勝手の部分でも、大きめのボトルポケットガラストレイというトレンドを押さえた上で、プラズマクラスター搭載というオリジナルな部分もあるので、多少高くてもこれらを選ぶと満足度が高いと思います。

 電気代も、ボトムフリーザーが引き出し式のタイプの中では、省エネ性が高いです。


 第3に、少人数世帯向けの少しだけ大きな冷蔵庫を求めているならば、

 201309201957.jpg

 10・パナソニック 168L 2ドア冷蔵庫 ブラウン NR-B179W-T
 10・
パナソニック 168L 2ドア冷蔵庫 シルバー NR-B179W-S
  ¥51,500 Amazon.co.jp
(4/6執筆時)

 冷蔵室容量 :124L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:88%(2021年度)
 年間電気代:;9450円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db

 パナソニックの NR-B179をオススメします。冷蔵庫部分が四段収納と広くとられているために、3人家族でも使える広さを持ちます。

 あまり料理を作らない一人暮らしの方についても、500mlのペットボトルが前後に計10本収納可能という、現代生活にマッチした構造で、使いやすいでしょう。スペースについても、小型機種よりも、上に長いだけで、幅と奥行きはそう変わらないため、設置性も良いです。

ーーー

 

【2017】

11・ハイアール 173L 2ドア冷蔵庫 JR-NF173A-W
  ¥33,480 Amazon.co.jp (4/6執筆時)

 冷蔵室容量 ;119L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:125%(2021年度)
 年間電気代::6,696円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 25db

 次点はハイアールのJR-NF173Aです。電気代の面で言えば、他社より年間2000円低い水準で最も優秀です。こちらも、自動霜取り機能・ガラストレイ・LED庫内灯などのトレンドを一通り押さえています。静音性も高いです。

 ただ、ボトムフリーザーがドア式で、しかも、小型機種に比べると結構大きいので、慣れないとやや使いにくいとも思います。


第4に、独り暮らし用にと安くて安定した性能の発揮できる冷蔵庫を求めているならば、

 

 1・アビテラックス 96L 2ドア冷蔵庫 Abitelax AR-100E

   ¥19,499 Amazon.co.jp (4/6執筆時) 冷蔵室容量 ;66L【右開き】

 冷凍室容量 :30L
 省エネ達成率:85%(2021年度)
 年間電気代:;
6800円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; なし
 運転音:不明

 ただし、1人暮らしはお金のかかるものですから、なるべく予算を節約したいと考えているならば、アビテラックスの冷蔵庫も選択肢に入れて良いと思います。

 直冷式で性能面では並ですが、価格やランニングコストの面で秀でています。なお、1ドア冷蔵庫は、冷凍庫が実質使えない点で、1台目としてはできれば避けた方が良いと思います。

ネットで冷蔵庫を購入する場合の注意

 さて、これらの冷蔵庫購入にあたって注意です。

 まず、初めての1人暮らしで、冷蔵庫を新しく買う場合は、マゾンや量販店などの安い機種を買って貰えれば良いと思います。どれも小型冷蔵庫なので、問題なくマンションの部屋の入り口まで持ってきて貰えるサイズです。

 一方、古い冷蔵庫の買い換えの場合ですが、この場合は、家電リサイクル法のため、手続きを通して古い冷蔵庫を引き取って貰う必要があります。

 例えば、壊れておらず、10年以内の機種ならば、冷蔵庫を家電リサイクルショップに売る方法もあります。また、売るのが難しい故障品は、一律料金のリサイクル業者に引き取って貰う方法もあります。3900円ほどからです。デンキヤに依頼するよりも安上がりです。

 201603081543.jpg

 なお、Amazonで買う場合、リサイクルや配送方法については、業者ごとに異なります。Amazonサイトの「新品の出品」とある部分をクリックすると、マーケットプレイス出品業者ごとの商品価格と説明書きがあります。(スマホから見る場合は、新品の出品クリック後に、右側の「>」マークをクリックします)

 例えば、ビックカメラのアマゾン店で冷蔵庫を購入の場合、設置まで無料で、リサイクルは別料金で請け負って貰えます(4000円ほど)。ビックカメラの場合は【こちら】のリサイクル券を一緒に購入することになります。

ーーーー

 201412011505.jpg

 脱臭炭 冷蔵庫用消臭剤 大型
  ¥364 Amazon.co.jp
(4/6執筆時)

 なお、消臭剤もお忘れなく新しい冷蔵庫は食品ではなくて、樹皮素材の特有のニオイがあって、冷蔵庫につきます。それには100円ショップの備長炭の消臭剤とかは弱いものは殆ど効きません。大型冷蔵庫用ですが強力なキムコを最初だけでも使うのをオススメします!

 というわけで、今回は、小型冷蔵庫の話でした。

1人暮らしに必要な家電の紹介記事

 なお、本ブログモノマニアでは、1人暮らし向けに必要な家電にをまとめた、以上のような記事もあります。冷蔵庫のほかに、お探しのものがありましたら、上の記事もよろしくお願いいたします。

 また、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどのボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 10:53 | Comment(0) | 調理家電

2017年04月05日

比較2017' 高速&低速ジューサー最新18製品の性能とおすすめ(前編)【シャープ・パナソニック・テスコム・ヒューロム ス】フローズン・スムージー対応

今回比較する製品:2016-2017年 スロージューサーとパワージューサー人気18製品の性能とおすすめ:ミキサー・ブレンダー:ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-ST1 EJ-CF10A パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500 MJ-H200 ヒューロム H-AA-WWA17 H-AA-RBA17 T-fal ZC500HJP BL1431JP クビンス JSGー121W  siroca SSJ-201WH マルタカ MA-632 ファイバーミキサー MX-X301 MX-X501-N MX-X701-T Cuisinart コンパクトブレンダー CPB-300JBSW テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S クッキングブレンダー SBC-1000J デロンギ パワーブレンダー DBLP615-WHTIGER ミキサー SKR-T250-PB 日立 VEGEE HX-C1000(R) 機種の違いと口コミ人気ランキング

今回のお題
健康ジュースの作れるジューサー・ミキサーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2017年現在最新となるジューサー・ミキサー比較します。

 201501291749.jpg

 スロージューサー(低速ジューサー)が、ここ数年健康志向の人たちにじわじわ浸透してきました。今までのパワージューサーと違って水や氷で薄めずに、100%のジュースが搾れる点、回転数を落として臼でゆっくり潰すため、ジュースの栄養素が壊れない点が評判です。

 パワージューサー(高速ジューサー)も、栄養素を壊さないよう真空で搾汁するモデルなど、新しく面白いモデルが出始めています。

 デンキヤの家電売り場でも目立つ場所に陳列されることが多くなりました。ただ、ラインナップが増えてきたため、「どれを買って良いのか?」分かりにくくなっています。

 そこで、現行商品の売れ筋機種を選び、具体的にその機能の違いについて紹介したいと思います。

1・スロージューサーの比較今回の記事
2・パワージューサーの比較

  なお、今回は、2回の連続記事でお送りします。

 今回の前編記事では、人気の低速ジューサーを比較します。

 次回の後編記事では、伝統の高速ジューサーを比較 します。

 その上で、後編記事の位最後で、これら機種から目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。

1・各社のスロージューサーの比較

 さて、野菜や果物の栄養素を残した100%ジュースができるスロージューサーを紹介していきましょう。

 なお、以下の記事では、Atlasが高評価するポイント赤字で、イマイチと思う部分青字で記していきます。


  201603061441.jpg

 1・ヘルシオ ジュースプレッソ イエローEJ-ST1-Y
 1・ヘルシオ ジュースプレッソ ブルー EJ-ST1-A

  ¥ 13,781 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 ジュースプレッソは、シャープのジューサーです。同社が、オーブンをはじめ調理家電で「ヘルシオ」と付ける場合は、健康の部分でシャープが気合を入れてい証拠です。また、近年のスロージューサーブームの日本における「火付け役」とも言える製品です。

 201402021428.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分32回転です。高速ジューサーは毎分10000回転に及ぶものもありますが、スロージューサーは、できるだけゆっくり搾汁することに力点が置かれます。

 スクリューは、左図のような樹脂製のスクリューを採用します。また、右図のように、ジュースの絞りかすが分離できる構造のために、パワージューサーと異なり、水分を入れずに100%ジュースを作ることもできます。

 000011196.png

 栄養素の点では、低速で、金属を使わない樹脂製スクリューで搾汁するため、ビタミンなどの栄養素を破壊せず、生野菜にほぼ近い栄養をジュースで摂ることができる健康重視の製品です。

 000011190.png

 の部分では、低速ジューサーで作るものは分離しにくく、「濃厚でなめらかな」味のジュースになります。

 201402021431.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオブランドらしく、他社に較べても豊富です。こちらにも紹介されていますが、 例えば、ヘルシーにソイ(大豆)を使ったレシピなども多数あります。

 201603061448.jpg

 お手入れの手軽さは、こちらの機種の、最大の「売り」です。スクリューをを含めて、全て分解洗い可能だからです。

 以上、シャープヘルシオ・ジューサーの紹介でした。価格は高いですが、健康面や使い勝手を考えるとかなりレベルの高い製品ですね。健康重視の方にはおすすめできます。


 201603061457.jpg

 2・ヘルシオ ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R
 2・ヘルシオ ジュースプレッソ オレンジ EJ-CF10A-D
 2・ヘルシオ ジュースプレッソ グリーン EJ-CF10A-G

  ¥ 19,111 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 EJ-CF10Aは、シャープのヘルシオ・ジュースプレッソの上位機種です。

 201603061500.jpg

 先ほどの機種との機能差は1点だけで、フローズン用アタッチメントが付属する点です。

 ただ、凍った食材を砕いてジュースにできるのは、料理のレパートリーが増える点で重要な部分です。スムージーだけでなく、フローズンも最近流行りですから。

 付属のレシピ集には、デザートのほか、野菜を使った前菜風のフローズンなど多様なアイデアが載っています。


 201506061722.jpg

 3・パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500
  
¥ 22,917 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:45回転
連続運転時間 15分
定格容量:400 mL(ジュースカップ)

 ビタミンサーバーは、パナソニックが最近出した新製品になります。ヘルシオのジュースプレッソのライバルとなる商品です。

 201501291705.jpg  

 ジューサーの回転数は、毎分45回転です。シャープに較べると多少回転スピードが高速ですが、明確な味の差にはつながらなそうです。

 スクリューは、しなしながら、シャープと異なります。シャープ社の場合は、栄養素の残存性を保つため樹脂製スクリューでゆっくり搾汁することを重視していました。パナソニックは、逆に、固いものでもすりつぶせる点を重視し、ステンレス製の刃を装備しました。

 そのため、この製品は搾汁にパワーを出せます。そのため、ジュースに絞りかすが混在する危険が少なく栄養を残さず絞りきれるというメリット性があります。

 健康面でも、シャープと同じく、ビタミンCなどが効果的に取れるでしょう。

 201501291711.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオに準ずる多さです。また、ヘルシオのジュースプレッソ上位機種と同様に、付属アタッチメントを使うことでフローズンが作れます

 お手入れの手軽さは、ヘルシオに較べると、洗うパーツがやや多いです。パッキンなどの清掃後の組み立ての点順も、ヘルシオより一手間余計にかかります。ただ、慣れれば全く問題なく使えます。

 以上、パナソニックの低速ジューサー「ビタミンサーバー MJ-L500」の紹介でした。ヘルシオとどちらを買うべきか迷う製品です。搾汁の強さ・速さはこちらの方が上で、搾汁の丁寧さはヘルシオの方が上です。また、栄養素を余すところなく絞りきると言う意味で、1つの果実の栄養素を絞りきりたいならばこちらでしょうか


 201610101415.jpg

 4・ヒューロム H-AA-WWA17 【ホワイト】
 4・ヒューロム H-AA-RBA17 【フェラーリレッド】

   ¥ 34,605 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:17回転
連続運転時間 30分

 こちらは、アメリカのヒューロム社スロージューサーです。低速ジューサーでは、世界的に有名なブランドの新製品ですね。

 201610101421.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分17回転です。このモデルから従来よりもより低速に回転するように改良が加えられました。低速化は、搾汁時の「つまり」を防ぐとともに、静音化にも貢献しています。

 スクリューは、シャープのような樹脂スクリューで丁寧に行います。一方、ヘルシオに較べると、こちらは、スクリューの形状に工夫(Wスクリュー形状)がありますビタミンを残さず、壊さず強力に搾汁できます。

 201610101425.jpg

 の面では、コントロールレバーが注目ポイントです。この機種は搾汁する際パッキンの開閉量を調整する機能が付きます。これにより、食材を好みに合わせて絞りきることができます。

201506061802.jpg

 レシピは、この機種も多様です。とくに、こちらは、ストレーナーが2種類付属します。右側の粗い目のストレーナーは、スムージー・フローズン用のストレーナーです。スムージーは、わざと繊維質を残して、トロリとした飲み心地の飲料です。

 お手入れの手軽さは、従来ヒューロムは洗いにくいと言われていましたが、ストレーナーの形状変更で、その弱点は軽減されました。

 以上、アメリカのHURON社のスロージューサーの紹介でした。人気のある機種ですが、円安時代で国内メーカー製に比べてかなり割高なのが残念な部分です。ただ、スムージー風のとろみのあるジュースが作れる点や、スクイーザーが付属する点など、面白い部分も多い機種です。


 201506061913.jpg

 5・T-fal インフィニープレスレボリューション ZC500HJP
   ¥ 17,420 Amazon.co.jp
(4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:80回転
連続運転時間 14分

 こちらは、フランスのT-Fal社のスロージューサーです。形状はさすがのユーロデザインで、オシャレです。台所において見映えのするジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、80回転ほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製です。

 201506061918.jpg

 の面では、かなりユニークな製品です。投入口が3つあり、3種類のフルーツ・野菜が同時に搾汁できるです。ミックスジュースを作る場合は、この機種が最も手早くできるでしょう。

 201506061929.jpg

 レシピ集も、この点を重視しており、たとえば、レシピ集では、このようなミックス・キャロットジュースが提案されています。ニンジンが苦手な方がご家族にいる場合などは良いですね。

 201506061920.jpg

 また、こ通常のフィルターのほか、目の粗いフィルター(スープフィルター)を装備します。主に野菜などを粗越ししてとろみのあるスープを作ることが想定されています。

 201506061928.jpg

 例えば、南瓜のスープなどが作れます。レシピ集は40種類のレシピがありますね。ただし、この機種は、フローズンを作ることはできません

 お手入れの手軽さは、部品点数がやや多く、組み立てが面倒な部類です。お手入れの面でメリット性はあまりありません。また、他機種に較べて、連続運転時間が14分と短めである点も注意が必要です。

 以上、T-Fal社のインフィニープレスレボリューションの紹介でした。粗越しのスープが作れる点など、面白い低速ジューサーです。ただ、国内メーカーの製品に比べると価格が高い点が、やや残念ですね。


 201506061950.jpg

 6・Kuvings クビンス・ホールスロージューサー ホワイトJSGー121W  
  ¥ 39,000 Amazon.co.jp
(4/5執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 30分

  こちらは、韓国のクビンズ社のスロージューサーです。シャープのヘルシオのジュースプレッソと形状が似ている機種ですが、こちらの方が後発です。

 201610101449.jpg

 この機種の一番の特長は、投入口の大きさです。 食材を切る手間がない分だけ、手軽に搾汁できるのが「売り」です。大量に作る方には、この点は有利でしょう。

 ジューサーの回転数は、その一方、最近はどのメーカーも低速化がトレンドですが、60回転と最近の機種にしては回転数が多いです。

 スクリューは、ウルテム樹脂を採用します。通常の樹脂よりも堅牢であり、搾汁のパワーは価格相応の強力さです。

 レシピは、外国製品ながら80種類以上と豊富です。ただし、最近対応する機種も多いフローズンには未対応ですね。また、豆腐を作ることができる点が目新しいですね。

 201610101453.jpg

 お手入れは、大型機種ですが、考えられた作りです。特に面倒なストレーナーについては、回転ブラシ方式で洗浄できます。組み立ても、一度覚えればとても簡単です。

 以上、クビンズのスロージューサーの紹介でした。投入口の口径が広く、細かく材料を切る必要が無い点が魅力です。弱点は、本体価格がかなり高く、費用対効果が悪い点ですが、特にジュースを「大量生産」される方の時短効果は期待できると思います。。


 201610101500.jpg

 7・siroca スロージューサー SSJ-201WH
 7・siroca スロージューサー SSJ-201BK
  ¥ 12,362 Amazon.co.jp
(4/5執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:65回転
連続運転時間 15分

  こちらは、日本の調理家電メーカーのオークセールのシロカ・スロージューサーです。

 ジューサーの回転数は、65回転と、こちらもほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製の安全性の高いタイプですね。

201506061818.jpg

 の面では、通常フィルターのほか、目の粗く、食材のとろみが残せるスムージー用のフィルターが付属する点が特長ですね。レシピ集も1冊付属します。一方、フローズンには非対応の製品です。

 以上、シロカのスロージューサーの紹介でした。機能面で目新しさはあまりないですが、スロージューサーとして価格が安いのが魅力ですね。デザインもオシャレで、大きさもスリムなため、入門用に良いでしょう。


 201506061935.jpg

 8・マルタカ スロージューサー MA-632
   ¥ 12,000 Amazon.co.jp
(4/5執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 不明  

 マルタカMA-632は、いわゆる「ジェネリック家電」の低速ジューサーです。ホームセンターなどに卸されるノンブランドの低速ジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、60回転と、最近の低速ジューサーにしてはやや高速です

 201506061942.jpg

 スクリューも、一昔前のシングル構造で独自の工夫は無さそうです。果汁を最後まで絞り込むような工夫は、あまり見られません。このあたりは、値段相応ですね。 

後編の予告!
最新モデルのジューサー・ミキサーのおすすめ機種は結論的にこれ!

 以上、今回は、ダイエットや健康管理に最適な低速ジューサーを紹介してきました。

 201610101758.jpg

 日立 VEGEE HX-C1000(R)
  
¥ 2,964 Amazon.co.jp (4/5執筆時)
 クイジナート クッキングブレンダー SBC-1000J
  ¥ 10,692 Amazon.co.jp  (4/5執筆時)
  パナソニック 高速ジューサー MJ-H200-R
  ¥ 12,409 Amazon.co.jp  (4/5執筆時)
 デロンギ パワーブレンダー DBLP615-WH
   ¥ 16,200 Amazon.co.jp  (4/5執筆時)
  テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S
  ¥ 22,934 Amazon.co.jp  (4/5執筆時)  

 続く後編【こちら】では、各社から発売されているパワー(高速)ジューサーの紹介をします。最近はパワージューサーでも栄養素が多く残せる機種などが発売されており、要注目です!

 そして、後編の最後では、低速ジューサーと高速ジューサー全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 後編は→こちら

 もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter・Facebook・はてなブックマークなどのボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 11:22 | Comment(0) | 調理家電
          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png