2017年10月21日

比較2017' キレる!最新13機のフードプロセッサー特長とおすすめ:パナソニック・クイジナート・山本電気・タイガー・レコルト・フィリップスなど(food processor)

今回レビューする製品【2017年10月】フードプロセッサー最新13製品の性能とおすすめ・選び方: パナソニック MK-K48P-W MK-K61-W MK-K81-W e-PRO マルチプロセッサーMK-FE601-S クイジナート ミニプレッププロセッサー DLC-1J DLC-050J 4カップチョッパー &グラインダー CGC-4WJ DLC-101J DLC-191J DLC-10PRO 山本電気 MasterCut YE-MM41R YE-MM41W レコルト キャトル カプセルカッター RCP-2 フィリップス マルチチョッパー HR2509/95 タイガーSKF-G100-V SKF-G100-T 機種や機能の違いや価格別ランキング

今回のお題
ミンチが上手にできるフードプロセッサーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、調理家電の話です。具体的には、フードプロセッサの比較をします。


 なお、このブログ「家電批評モノマニア」では、調理家電について次の4つの記事があります。

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較
3・ハンドミキサ・ブレンダーの比較
4・フードプロセッサの比較

 今回は、上表の4番の記事となります。

 フードプロセッサーは、例えば、ハンバーグ作りにおいて、合挽肉やタマネギのミンチ作りに活躍する家電です。

 似たような用途を持つ調理家電のハンドブレンダーに比べると、第1に、ボタン1つでコツ要らずに操作できる点第2に、比較的大量に処理できる点で、フードプロセッサーにはメリット性があります。

 以下では、いつものように、各製品を個別にレビュー・紹介した後、最後にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

フードプロセッサーの選び方の基本

 各機種の紹介に移る前に、フードプロセッサーに類似する家電と、フードプロセッサーの違いについてあらかじめ解説します。


   

 ブラウン マルチクイック MQ535  
  ¥7,115 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 第1に、ハンドブレンダーです。これは、多くの点でフードプロセッサーと用途が被る調理家電です。

 フードプロセッサーと比較した場合、こちらは、ハンドタイプですが、上図のような、ケース式のチョッパーが付属するため、フードプロセッサーのように「きざむ」調理が可能だからです。

 ただ、こちらは、「きざむ」だけでなく、ジュースやスープ作りのため「潰す」「混ぜる」機能もマルチにこなす設計のため、切削が細かすぎてしまう場合があります。また、多くの製品の場合、チョッパーは、中タマネギ1個分程度のサイズしか処理できない小型です。



 フードプロッセッサー MK-K81-W
  ¥ 12,800 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 第2に、今回特集するフードプロセッサーです。

 ハンドブレンダーに比べると、ハンバーグなどのミンチ・タマネギみじん切りなどは、その利便性の面で、こちらに軍配が上がります。なぜなら、こちらの場合、刃がいくぶん粗めに切削できるように設計され、また、チョッパーのケースも大きいからです。

 また、フードプロセッサーは「きざむ」ことが得意ですが、その他に「おろす」「こねる」「千切り」などのレパートリーをもつ高性能機もあります。ただし、「つぶす」「まぜる」機能がないので、ジュースやスープはできません。

 こうした点をふまえて、今回は、フードプロセッサーを紹介します。

 汎用性の高いハンディタイプについては【ハンドブレンダー・ハンドミキサーの比較記事】が別にありますので、そちらをご覧ください。

パナソニックのフードプロセッサーの比較

 では、具体的な製品の比較に入ります。はじめにパナソニックの製品から比較します。

 なお、以下の製品の比較では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で書きます。


  

 1・パナソニック MK-K48P-W
  ¥6,320 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 MK-K48Pは、パナソニックでは、最も安いフードプロセッサーです。

  201707241009.jpg

 主な用途は、「きざむ」です。ハンバーグのミンチ作り大得意です。ほかに、「する」「まぜる」ことも可能で、例えば、魚のすり身、マヨネーズ作りにも活躍します。加えて、おろし・とろろカッターが付属するため、大根おろしや、とろろ汁用に「おろす」用途にも利用できます。

 ブレードは、通常のステンレス製のナイフカッターです。ステンレス製などで錆びません。

 容器は、ミンチを作る場合、材料を最大400gまで投入できる量です。ハンバーグのたねならば500gほどまでできます。だいたい4人分の分量に相当するでしょう。

 回転調節は、ダイヤルにより、「高速」「粗挽き」「低速」と用途に合わせたスピードが選べます。どのスピードが適しているかは、付属のレシピ集が役立ちます。

 本体の安全面では、ブレーカーを装備します。定格時間は30分と長いのですが、材料の入れすぎなどで、モーターが壊れるのを防止します。

 清潔面では、本体はガラス容器ですし、問題ないでしょう。お手入れも楽です。

 以上、MK-K48Pの紹介でした。同社の製品では最も安価と言えるものですが、基本的にフードプロセッサーが必要としているものを網羅しており、その意味では安心して買って良い「スタンダードモデル」です。


  

 2・パナソニック MK-K61-W
  ¥9,503 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 MK-K61は、パナソニックでは、2番目に安い価格のフードプロセッサーです。

 201707241025.jpg

 主な用途は、下位機種と同じで、「きざむ」「する」・「まぜる」・おろす」です。さらに、「おろす」については、下位機種にも装備されていたおろし・とろろカッターのほか、鬼おろしカッターが付属します。「竹製の鬼おろし」のような粗めのおろしが可能で、みぞれ鍋や大根メシなどに適しています。

 201707241027.jpg

 加えて、「こねる」という動作も、「パンのはね」を使うことで可能です。これによってパスタやうどんに対応しますが、ただ、生地を作る部分以外は手作業なので、以前【家庭用の製麺機の比較】で紹介したような利便性はなく、いくぶん「オマケ的」です。

 なお、このグレードから辻調理師専門学校監修のレシピ集が付属です。

 201707241029.jpg

 ブレードは、耐久性が1.2倍高い、ブラックハードチタンカッターを採用します。より硬いものに対応するわけではありませんが、丈夫でしょう。

 容器は、下位機種と同じサイズで、ミンチを作る場合、材料を最大400gまで投入できる量です。

 回転調節は、こちらも、「高速」「粗挽き」「低速」と用途に合わせたスピードが選べます。

 本体の安全面では、ブレーカーを装備します。

 清潔面では、こちらも本体はガラス容器です。

 以上、MK-K61の紹介でした。ブレードの品質向上とオプションの多様化がポイントの製品です。ただ、価格は相応に値上がりしており、下位機種ほどのコスパはありません。この点では、下位機種でもよいかな、と個人的には思います。


 

 3・パナソニック MK-K81-W
  ¥12,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 MK-K81は、パナソニックのフードプロセッサーの上位機です。

 201707241039.jpg

 主な用途は、さきほどの機種と同じ「きざむ」「する」・「まぜる」・おろす」・「こねる」「鬼おろし」を網羅します。さらに、下位機種にはない、スライス・千切りカッターが付属するため、「スライス」・「千切り」に対応できます。サラダには便利でしょう。

 ブレードは、こちらも、耐久性にメリットがあるブラックハードチタンカッターを採用します。

 容器は、これまでの機種と同じで、ミンチを作る場合、材料を最大400gまで、ハンバーグのたねならば500g投入できる量です。

 回転調節も、「高速」「粗挽き」「低速」と選べます。

 本体の安全面では、ブレーカーを装備し、清潔面では、こちらも本体はガラス容器です。

 以上、MK-K81の紹介でした。中位機とさほどの価格差がない状況で、スライサーが付くのは魅力です。フードプロセッサーとしてマルチな性能を求めるなら、パナソニックでは最強ですので、こちらを選ぶとよいでしょう。


   

 【2016年発売】

 4・e-PRO マルチプロセッサーMK-FE601-S
  
 ¥60,209 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 MK-FE601-S は、パナソニックの新しいプロ仕様のフードプロセッサーです。

 主な用途は、この機種については、特別な機種のため、ここまでと多少異なります。

まず、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」大根おろしなどの「おろす」、パスタ生地などの「こねる」、野菜の「スライス」は付属します。一方、鬼おろし用カッターは未付属です。その代わりに、生クリームやメレンゲを作れる泡立てディスクが付属します。

 201707241053.jpg

 ブレードは、大型で頑丈なカッターを採用するため、氷などのクラッシュにも対応できます。な

 容器は、多少形状が異なるため、液体系ならば1Lで、固形物で500gですが、ミンチの場合は400gまでと下位機種と同じですね。

 201707241058.jpg

 回転調節は、10段階で可能です。さらにこちらは、ミンチ・みじん切り・フローズン・ペーストなどのオート調理に対応します。オート設定については、回転数・時間を変更できるため、好みの状態に作れます。

 本体の安全面では、ブレーカー・サーモスタットを装備し、清潔面では、こちらも本体はガラス容器です。

 以上、MK-FE601-S の紹介でした。プロ・ハイアマチュア向けの高性能製品です。扱える調理法は多様化していますが、価格が高いのが最大の難点です。

クイジナートのフードプロセッサー

 続いて、クイジナートのフードプロセッサーをみていきます。

 同社は米国のメーカーですが、日本でパナソニック並の多機種展開をしています。



 5・Cuisinart ミニプレップ プロセッサ DLC-1J
   ¥5,118 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 DLC-1J  は、クイジナートの小型入門機です。

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」です。

 ブレードは、パナソニックと入門機同様に、ステンレス製の錆びにくい仕様です。ただ、パナソニックの中位機のようなコーティングはなされません

 容器は、この機種は注意が必要です。なぜなら、小型機種なので、一度にミンチは100gしか対応できないからです。逆に言えば1人暮らしには最適ですが、まとめて作って冷凍するような人には不向きでしょう。

 回転調節は、高速・低速の2モードが搭載されます。最高でも5600回転ですので、パナソニックと同じで、丁寧に混ぜていく感じです。

 本体の安全面では、サーモスタットを装備しているため、問題ありません。

 清潔面では、こちらは AS樹脂のため、ガラス容器を採用するパナソニックに比べると劣ります。

 以上、DLC-1J の紹介でした。最大の魅力はその「コンパクト性」という機種です。幅110×奥150×高200mmと小さいので、キッチンに収納スペースのゆとりがない方にオススメできます。ただ、大量調理には向かない点は、逆に注意が必要でしょう。


  

 6・Cuisinart ミニプレップ プロセッサ DLC-050J
   ¥4,218 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 DLC-1J  は、クイジナートの小型中級機です。

 201707241202.jpg

 主な用途は、下位機種と同じです。つまり、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」です。ただし、こちらの場合、おろしディスクがあり、「おろす」も対応です。

 ただ、パナソニックと比べると、粘りの強いものは非対応ですので、とろろ汁はできません。この点がパナソニックとの相違ですね。

 この点が唯一の違いで、他の部分は、DLC-1J と変わりません。詳しくは、1つ上の記事をご覧ください。


 

 7・4カップチョッパー&グラインダー CGC-4WJ
   ¥7,018 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  CGC-4WJは、クイジナートのやや「特殊」といえる中級機種です。

 主な用途は、先ほどと同じで、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」です。

 ただ、それに加えて、こちらは、頑丈なカッターを採用するため、ナッツ・コーヒー豆・鰹節などを「砕く」こととも可能です。しかし、完全に硬い食品(氷など)は非対応です。また、粘りの強いものも非対応です。

 ブレードは、こちらもステンレス製です。

 容器は、幅135×奥190×高236mmの機種ながら、こちらも一度にミンチは100gしか対応できない機種です。

 回転調節は、通常とグラインダー用の2種類です。速度は、最高でも5000回転ですので、やはり丁寧に混ぜていく感じです。

 本体の安全面では、サーモスタットを装備しているため、問題ありません。清潔面では、こちらは AS樹脂のため多少劣ります。

 以上、 CGC-4WJ の紹介でした。ナッツなどやや硬い食材に対応できる点が魅力です。ただ、この部分で言えば、後ほど紹介する山本電気のフードプロセッサーという強力なライバル機種がありますので、比較検討が必要でしょう。



 8・クイジナート DLC-101J
   ¥12,444 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  DLC-101J は、クイジナートの中級機種です。

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」大根おろしなどを「おろす」、パンなどを「こねる」です。パナソニックの1万円台のフードプロセッサーと同じで、 スライス・千切りカッターが付属するため「スライス」・「千切り」に対応できます。サラダに便利でしょう。

 一方、こちらは、とろろ汁など粘りの強いものも非対応です。また、クイジナートの先ほどの機種のように、ナッツ「くだく」機能はありません。これらの点は注意してください。

 ブレードは、パナソニックの場合、このグレードだとコーティングされたチタンカッターでしたが、こちらは、普通のステンレスカッターです。

 容器は、下位機種よりは大きく250gまでのミンチが作れます。だいたい、2-3人前といったところでしょう。

 回転調節は、できない仕様であり、最大回転数も1500回転です。ミンチなどには問題ありませんが、ある程度、高速で細断した方が良いもの(「する」など)は、多少弱いかもしれません。ただし、間欠運転モードは搭載します。

 本体の安全面では、サーモスタットを装備しているため、問題ありません。清潔面では、こちらは ポリカーボネート樹脂です。

 以上、クイジナートのCGC-4WJの紹介でした。スライサーを搭載する点でパナソニックの中位機種がライバルです。比較すると、ブレードの質や、とろろ汁などの対応、回転速度の点で、多少弱さが目立つ機種ですね。



 8・クイジナート DLC-191J
   ¥19,795 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  DLC-191J は、クイジナートの、大きめのフードプロセッサーです。

 主な用途は、CGC-4WJと同じです。改めて書けば、ミンチ作りに便利な「きざむ」魚のすり身などに利用する「する」ドレッシングなどの「まぜる」大根おろしなどを「おろす」、パンなどを「こねる」サラダなどを「スライス」・「千切り」に対応できます。

 ブレードは、高い機種ですが、普通のステンレスカッターです。

 容器は、下位機種よりも大きな本体なので、パナソニックとおなじ400gまでのミンチが作れます。

 回転調節は、できない仕様で、最大回転数も1500回転です。この部分は下位機種と同じです。

 本体の安全面では、こちらもサーモスタットを装備しているため、問題ありません。清潔面では、こちらは ポリカーボネート樹脂です。

 以上、クイジナートのDLC-191J の紹介でした。大きさ的に、パナソニックと同じ分量が処理できるのはこの機種からです。ただ、比較した場合、価格が高めなのがネックです。ただ、家電としての見映えは良いと思います。


  

 9・業務用フードプロセッサー DLC-10PRO
   ¥30,600 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  DLC-10PRO は、クイジナートの、業務用のフードプロセッサーです。ただ、サイズは先ほどの製品と同じです。

 主な用途は、DLC-191J と同じですが、さらに、ナッツや冷凍果実を「くだく」機能が加わっています。

 ブレードは、砕く機能を搭載するため、ノコギリ状の特殊な刃を装備します。頑丈なものです。

 容器は、家庭用のDLC-191J と同じで400gまでのミンチが作れます。

 回転調節は、できない仕様で、間欠運転モードのみ搭載です。最大回転数も1500回転です。この部分は下位機種と同じです。

 本体の安全面では、こちらもサーモスタットを装備しているため、問題ありません。清潔面では、こちらは ポリカーボネート樹脂ですが、耐熱温度は120度と高く、食洗機でも洗えます。

 以上、クイジナートの DLC-10PRO の紹介でした。スライサーなどを装備した上で、「硬いものが砕ける」点が魅力の機種です。外観も、しっかり頑丈な製品で見映えがするプロ仕様です。一方、ライバルは、スライス以外、同じく「砕く」機能を持つ、山本電気の製品でしょう。これについては、次に紹介します。

他社のフードプロセッサー

 つづいて、上記でみた以外の国内外メーカーの製品を見ていきましょう。


 201610101724.jpg

【2014年発売】

 10・山本電気 MasterCut YE-MM41R
 10・山本電気 MasterCut YE-MM41W
  ¥ 12,242 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 山本電気は、自動車モーターなどの専門メーカーです。しかし、フードプロセッサーなど、モーターを使う調理家電を出しており、その分野でも根強い人気があります。

 201610101732.jpg

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」ドレッシングなどの「まぜる」魚のすり身やふりかけなどに利用する「する」大根おろしなどの「おろす」、パスタ生地などの「こねる」という、機能を網羅します。

 その上で、パナソニックではプロ用機種にのみ採用される、生クリームやメレンゲを作れる「泡立てる」、氷やナッツなどを「くだく」という機能を網羅します。これらので高性能といえるでしょう。

 ただし、パナソニックの1万円台の機種と比べると、サラダなどに便利なスライサーと鬼おろしは未付属であり、全ての面で能力が高いとも言えない部分もあります。

 201402021538.jpg

 ブレードは、結構特殊で、上図のような2種類のパーツを組み合わせたものです。これを組み合わせ、多彩な調理が可能なことを売りにしています。 

 容器は、液体系やミンチの場合共に500gです。パナソニックの通常機より多少多めです。

 回転調節は、この機種はDCモーターを採用しているため、ツマミにより3000回転から800回転まで無段階に調整可能です。断続運転も可能ですので、「こねる」系の料理には魅力でしょう。

 本体の安全面では、ブレーカーを装備しており安全です。清潔面では、こちらも本体がSUS(アルミ)なので、問題ありません。

 以上、山本電気のYE-MM41シリーズの紹介でした。

 同社のフードプロセッサーはこれだけの展開ですが、人気が非常に高いです。パナソニックに比べた場合、回転数の調整が無段階で可能なので、とくに、「泡立てる」「くだく」という調理において、優位性があるでしょう。ただ、スライサーがない点で、完全に上位とはいえません。


 

 【2015年発売】

 11・レコルト カプセルカッター RCP-2
   ¥ 6,480 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

  RCP-2 は、レコルトが発売する今までにない形状のフードプロセッサーです。「キャトル カプセルカッター」という名前で、たいへん面白い形ですが、能力的にも充実します。

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」ドレッシングなどの「まぜる」魚のすり身やふりかけなどに利用する「する」大根おろしなどの「おろす」氷などを「くだく」という機能です。

 スライサーを装備しない点以外は、上位機の調理状の特長を網羅します。ただ、「おろす」については、専用のブレードを用意しないため、パナソニックに比べると、食感は劣るでしょう。

 201707241132.jpg

 ブレードは、他社にはない立体構造の4枚刃です。この仕組みが、比較的小型な機種ながら、氷も砕けるパワーを確保できていると言えます。

 容器は、注意が必要で、ミンチで200gまでです。他社に比べて半分以下のサイズなので、まとめて作りたい場合の利便性は落ちます。

 回転調節は、この機種は非対応です。24500回転とパワーはありますが、フードプロセッサーの場合は、速さが不利に働くシーンもあるため、味に影響する部分なので、イマイチです。

 本体の安全面では、ブレーカーなどに言及ががなく清潔面では、本体はトライタン樹脂ということで、他社より多少ランクは落ちるでしょう。

 以上、レコルトRCP-2の紹介でした。他社の半分ほどのサイズと、置きっ放しでも良いようなデザインが魅力です。無骨ではないため、ちょっとしたプレゼントにも良いでしょう。

 ただ、上で書いたような欠点もある機種ですので、自分用として本格的に使う場合は注意も必要でしょう。


   

 【2016年発売】

 12・フィリップス マルチチョッパー HR2509/95
   ¥ 6,260 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

  HR2509/95 は、オランダの家電メーカーフィリップスが発売する製品です。

  201707241317.jpg

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」ドレッシングなど「まぜる」です。機能は限定されますが、こちらの場合、野菜を粗くカットして作るチョップドロップが得意で、野菜を刻む用途に特化して考えれば、使い勝手が良い製品です。また、氷まで硬いものは無理ですが、ナッツ類を「くだく」ことも可能です。

 ブレードは、普通のステンレスの刃です。

 容器は、大きさが非開示ですが、最大でタマネギ換算で「半タマ」なので、やはり、コールスロー的な野菜を中心に下ごしらえに使うのに限定して向くサイズと言えるでしょう。

 回転調節は、この機種は非対応です。1500回転とゆっくりめにカットしていく機種です。

 本体の安全面では、ブレーカーなどに言及ががなく清潔面では、ABSですが、食洗機対応で、洗いやすいです。

 以上、フィリップスのマルチチョッパーの紹介でした。従来的なフードプロセッサーとしては、イマイチな製品です。ただ、小型で、野菜の下ごしらえに特化したモデルを探しているならば、とても良い選択肢でしょう。


  

 【2015年発売】

 13・タイガーSKF-G100-V [ボルドー]
 13・タイガー SKF-G100-T [ブラウン]
   ¥ 6,863 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 SKF-G100は、日本の家電メーカーのタイガーが発売するフードプロセッサーです。

 201707241331.jpg

 主な用途は、ミンチ作りに便利な「きざむ」ドレッシングなど「まぜる」魚のすり身やふりかけなどに利用する「する」大根おろしなどの「おろす」、パスタ生地などの「こねる」、製菓用に「泡立てる」という機能です。スライサー機能はないですが、それ以外は、装備している点で優秀です。

 ブレードは、パナソニックのようにチタンコートがなされた頑丈な刃を採用します。

 容器は、タマネギのみじん切りやハンバーグのたねの場合は650gまで対応できる大きな機種で、5-6個は一度にとれるでしょう。ミンチも、豚の切り身なら500gまでいけます。大量に作りたい場合も対応力があります。

 回転調節は、高速回転・低速回転が選べ、最大でも2800回転とゆっくり回すタイプです。このほか、間欠運転モードと変速モードも搭載します。「こねる」際などに便利でしょう。

 本体の安全面では、一方、ブレーカーやサーモスタットなどは非搭載です。定格時間は30分と長いですが、厚くなりすぎないように気をつけてください。

 清潔面では、ステンレス製のカップですので十分です。ディンプル加工がなされ、張り付きにくい仕様です。

こちらも本体がSUS(アルミ)なので、問題ありません。

 以上、タイガーのSKF-G100シリーズの紹介でした。他社製品と比較した場合、カップが大きく、一度に大量にできる点がメリットでしょう。ハンバーグなどを一度にたくさん作り、冷凍しておく用途には向きますね。チタンコートのブレードも高品質であり、フードプロセッサーとして、デザイン上の見映えも良い製品だと思います。

 スライサーはないのが唯一の欠点ですが、これが不要ならば良い選択肢ですね。

今回の結論
フードプロセッサーのおすすめは結論的にこの製品!

 というわけで、調理家電の話です。具体的には、フードプロセッサーの比較でした。

 最後に、いつものように、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!を提案したいと思います。


 第1に、主にハンバーグのミンチを作る目的のかたに、オススメできる機種は、

  

 13・タイガーSKF-G100-V [ボルドー]
 13・タイガー SKF-G100-T [ブラウン]
  ¥ 6,863 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 本体の容量  ★★★★★★★
 ミンチ作り  ★★★★★
 野菜スライス ☆☆☆☆☆
 山芋とろろ汁 ★★★★☆
 硬い食材   
★★★☆☆

 タイガーSKF-G100でしょう。容量的にハンバーグなら650gまで対応できる点を評価しました。それほど多く作らない場合も、容器が大きいため飛び散りにくく、幅広で取り出しやすいカップ形状も優秀なため、こちらを選んで良いと思います。

 また、デザイン的にも、発売時期が新しいため、旧来のフードプロセッサーには見られないインテリア性もあると言え、キッチンの美観の上でも良いと感じます。


 第2に、ミンチなどのほか、野菜のスライスや細切りもこなせるマルチな機種としておすすめできるのは、

 

 3・パナソニック MK-K81-W
  ¥12,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 本体の容量  ★★★★★
 ミンチ作り  ★★★★★
 野菜スライス 
★★★★★
 山芋とろろ汁 ★★★★★
 硬い食材   
★★★☆☆

 パナソニックMK-K81でしょう。スライス対応の機種は、クイジナートにもありますが、パナソニックの方が価格的に安いです。

 ブレードブラックハードチタンカッターを採用し頑丈ですし、容量的にもミンチで最大400gまで、ハンバーグのたねならば500gまで対応できるため、サイズとしても十分でしょう。

 フードプロセッサーは色々な用途で利用できますが、用途面の要不要で迷ったら、「とりあえずこれを買っておけば間違いない」と言えます。また、細かい部分とは言え、とろろ汁対応は、日本のご家庭でも嬉しい部分でしょう。


 第3に、ナッツや氷など硬い食材に対応させたい場合に有利なのは、

 201610101724.jpg

【2014年発売】

 10・山本電気 MasterCut YE-MM41R
 10・山本電気 MasterCut YE-MM41W
  ¥ 12,242 Amazon.co.jp
(10/21執筆時)

 本体の容量  ★★★★★
 ミンチ作り  ★★★★★
 野菜スライス 
☆☆☆☆☆
 山芋とろろ汁 ★★★★☆
 硬い食材   
★★★★★

 山本電気のフードプロセッサーでしょう。

 基本的なフードプロセッサーの用途に加えて、剛性のあるブレードの採用で、こと「くだく」という点では、「最強のフードプロセッサー」です。

 また、DCモーターを採用し、回転数が無段階で調節できるのも魅力で、食材の微妙な食感まで調整したい方にも向きます。注意点は、多機能に見えて、スライサーがない点でしょうか。それ以外は、デザイン面をふくめてとても良い製品です。


 第4に、1人暮らし用になるべく小型な機種を探している場合は、

   

 【2016年発売】

 12・フィリップス マルチチョッパー HR2509/95
   ¥ 6,260 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 本体の容量  ★★★☆☆
 ミンチ作り  ★★★★☆
 野菜スライス ☆☆☆☆☆
 山芋とろろ汁 ☆☆☆☆☆
 硬い食材   
★★★★☆

  レコルトと迷いましたが、フードプロセッサーとしての回転数をふまえると、1500回転と丁寧に回すフィリップスのマルチチョッパーでしょう。

 小型ですが、ミンチ作りに便利な「きざむ」ドレッシングなど「まぜる」を装備する上、とくに野菜の切断については、野菜を粗くカットして作るチョップドロップが得意が便利です。また、意外に丈夫なブレードで、ナッツ類なら「くだく」ことも可能です。

 ただ、あくまで「小型」なので、1人暮らしのかたでも、ある程度まとめて調理したい場合は、タイガーやパナソニックなどの多少大きな機種の方が効率は良いでしょう。

ーーー

 というわkで、今回は、フードプロセッサーの比較でした。

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較
3・ハンドミキサ・ブレンダーの比較

 なお、冒頭書いたように、用途が似通った家電が他にもあります。比較して検討されたいかたは、上記の記事もよろしくお願いします。

 最後になりましたが、「家電批評モノマニア」の今回の記事が皆さんのお役になったのなら幸いです!

posted by Atlas at 10:30 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 解説!17機のハンドミキサー/ブレンダー特長とおすすめ:ブレンダー・ブラウン・パナソニック・クイジナート・テスコム・アイリスオーヤマ

今回レビューする製品【2017年10月】ハンドブレンダー・ミキサー最新17製品の性能とおすすめ・選び方:パナソニック MX-S101 MX-S301 e-PRO MX-SE501 MK-H4 マルチクイック MQ500 MQ535 マルチクイック5 ヴァリオ MQ5045 MQ700 MQ735 MQ745 MQ775 クイジナート HB-500WJ HM-050SJ テスコム Pure Natura スティックブレンダー THM311 THM321 アイリスオーヤマ IHB-601 IHB-602 回転数や付属品の違いや用途別ランキング

今回のお題
マルチに使えるハンドブレンダーのおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。今日は、調理家電の話で、具体的には、ハンドミキサー・ハンドブレンダーの比較をします。

 なお、このブログ「家電批評モノマニア」では、調理家電について4つの記事があります。

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較
3・ハンドミキサーの比較
4・フードプロセッサの比較

  今回は、3番の記事です。

  

 前回まで紹介したジューサーミキサータイプとは異なる、お手軽なハンドタイプのミキサーを紹介したいと思います。

 いつものように、各製品を個別にレビュー・紹介した後、最後にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

ブレンダーの種類と選び方の基本

 ハンドブレンダーは、ミキサーなどと比較して、オプション類が多く、「マルチ」に使え「利便性が高い」製品です。ただ、それだけに、「何に使えるのかたいへん分かりにくい」製品でもあります。

 そのため、今回の記事は、ミキサーなどとの用途の相違点について解説しておきます。

  

 パナソニック ミキサー MX-X701-T
  ¥13,999 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 第1に、ミキサーやパワージューサーです。このタイプが、今回紹介するハンドミキサーに最も「近い」調理家電と言えます。鋭い刃が高速で回転し、ジュースやスムージーなどが作れます。とても細かく切断できるので、繊維入りのジュースや、芋類のスープ作りに重宝します。

 このブログでは【おすすめ高速ジューサーの比較記事】でフォローしています。

   

 ビタミンサーバー MJ-L500
  
¥ 18700 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 第2に、スロージューサーです。比較的新しいタイプの家電ですが、こちらは、ミキサーと異なり、果実や野菜の繊維質と果汁とを分離し、市販の100%ジュースのようなのどごしのジュースを作ることに特化した家電です。この用途は、ハンドブレンダーやミキサー(パワージューサー)には備わらず、棲み分けがなされます。

 このブログでは、【おすすめスロージューサーの比較記事】でフォローしました。

 

 フードプロッセッサー MK-K81-W
   ¥ 12,800 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 第3に、フードプロセッサーです。こちらは、ミキサーに比べると、粗い大きな刃が低速に回転する製品です。ハンバーグなどを作る際、合い挽き肉やタマネギのみじん切りの下ごしらえに使います。なお、ハンドブレンダーの一部は、部分的にフードプロセッサーの機能をフォローするものがあります。

 ちなみに、Atlas的には、フェジョアーダ(豆スープ)にたいへん凝っていた時期があり、遠い昔、ブログを始めたばかりに記事化した記憶があります。最近では、【おすすめフードプロセッサーの比較記事 】でフォローしました。

  

 ハンドブレンダー MX-S101
  ¥7,766 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 第4に、ハンドブレンダー(ハンドミキサー)です。こちらは、ボールなどに入れた食材に対して、ミキサーのようにかくはんさせられる製品です。そのため、ミキサーと同じく、繊維と荷重が混ざった昔ながらの「家庭のジュース」やポタージュスープができます。離乳食用としてもニーズがありますね。

 したがって、ハンドブレンダーの主要な機能はこの「ミキサー」機能といえます。ミキサーほど本格的ではないけれど、「片付けがとても楽」な点で、家事労働の効率化に貢献できる、欧米らしい家電ですね。

 

 ブラウン マルチクイック MQ735
 ¥9,090 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 一方、ハンドブレンダーは、構造が単純なので、多機能モデルには多くの付属品が付きます。これを使うと、フードプロセッサーのような「粗い切断」でのハンバーグ作りや、製菓に便利なメレンゲやホイップ作りにも使えます。

 このように「マルチ」に使えて、しかも、お手入れが面倒ではないという点が、他の調理家電に比べてのこの製品のメリットと言えるでしょう。

パナソニックのハンドブレンダーの比較

 では、具体的な製品の比較に入ります。はじめにパナソニックの製品から比較します。

 なお、以下の製品の比較では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で書きます。


  

1・パナソニック MX-S101
 ¥7,776 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 本体の重さ 770g
 回転調節
 回転回数

 MX-S101 は、パナソニックの入門用のハンドブレンダーです。

 201707231116.jpg

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」で、繊維入りジュースや、ポタージュなどに利用します。右図のような専用カップが付属し、シンプルですが、ハンドブレンダーとして最低限の機能があります。

 201707231119.jpg

 ブレードは、4枚刃です。従来的な2枚のフィニッシュブレードに、サブシャープブレードが2枚装備されており、切れ味を増しています。繊維質の細断が高度なので、切断ムラの少ない美味しいジュースができるでしょう。本体はステンレス製なので、加熱調理中でも利用できます。ちなみに、パナソニックはシェーバーも出している会社で、刃の鋭さには定評があります。

 回転調節は、不可能です。ただ、「つぶす」「混ぜる」の動作で、回転数の調整は不要ですので、問題ありません。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に770gです。さほど重くもなく使いやすいでしょう。

 本体の安全面では、ブレーカーとサーモスタットをWで装備します。ハンドブレンダーは小型モータを採用する関係で、定格時間が1分ほどです。オーバーヒートしやすいのですが、こちらは、このような防止機能があり安心です。その他、チャイルドロックもあります。

 以上、MX-S101の紹介でした。シンプルな構成ですが、ハンドブレンダーの基本となる、「つぶす」「混ぜる」の動作は、上位機種と同じく高レベルです。ジュース・スープ類を作るために購入を考えている場合は、こちらは、有力な候補になるでしょう。


   

2・パナソニック MX-S301
 ¥11,290 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 780g
 回転調節   高速・低速切替可
 回転回数

 MX-S301 は、パナソニックハンドブレンダーの上位機です。

 201707231130.jpg

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」に加えて、「きざむ」「泡立てる」という機能が加わっている製品です。前者の機能を達成するため、チョッパーアタッチメント(左図)が、後者の機能を達成するため、泡立て器アタッチメント(左図)が付属します。この2つのオプションパーツが付属している点が、下位機種との最も大きな相違点です。

 ブレードは、下位機種と同じ4枚刃です。

 回転調節は、「きざむ」「泡立てる」という機能を利用するため、高速・低速切替が可能な仕様です。硬い野菜は高速で、崩れやすい野菜や魚は低速で、生クリームなどは低速から高速に切り替えつつ利用できます

 本体の重さは、ブレンダー使用時に780gです。下位機種とほとんど変わりません。

 本体の安全面では、こちらも、ブレーカー・サーモスタットをWで装備し、チャイルドロックも付属します。

 以上、MX-S301の紹介でした。価格は高いですが、「きざむ」「泡立てる」という機能が利用できます。マルチに料理に使いたい方は、この機種が良いでしょう。


  

3・パナソニック e-PRO MX-SE501
 ¥25,900 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 780g
 回転調節   高速・低速・間欠モード
 回転回数

 MX-S301 は、パナソニックハンドブレンダーの最上位機です。「プロ」が監修した本格的なモデルです。

  201707231147.jpg

 主な用途は、しかしながら、MX-S301と同じ「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」に、野菜などを「おろす」が加わっています。これは、チョッパーの上に「おろし金」を付属することで可能にしました。

 ブレードは、下位機種と同じ4枚刃です。

 回転調節は、高速・低速切替が可能な仕様に加えて、新しく間欠モードを搭載します。ハンドブレンダーは、良かれ悪しかれ、食材を均一に細断することに主軸を置きますが、食感を残したい場合は、このモードが重宝します。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に810gです。下位機種よりわずかに増えますが、大差はないでしょう。

 本体の安全面では、こちらも、ブレーカー・サーモスタットをWで装備し、チャイルドロックも付属します。

 以上、 e-PRO MX-SE501 の紹介でした。機能面ではより充実している機種です。ただ、ハイアマチュア以上向けの機種ということで、機能差の割に価格が高いです。この点では、購入する人は限られそうです。



4・パナソニック MK-H4
 ¥3,749 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 1100g
 回転調節 3段階
 回転回数

 MK-H4 は、パナソニックの比較的格安のハンドブレンダーです。

 主な用途は、「泡立てる」で、こちらは製菓専用製品です。回転調節は、クリームを作ることを想定し、3段階で切り替えられます。

 その他は格段の機能はなく、ハンドブレンダーとしての用途は限定的です。

ブラウンのマルチクイックの比較

 つづいて、ドイツのブラウンのハンドブレンダーを比較します。

 ラインナップとしては、Panasonicに次ぐ多さです。なお、同社もシェーバーメーカーで、刃にはこだわりがあります。


    

5・ブラウン マルチクイック MQ500
 ¥4,461 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 720g
 回転調節 2段階
 回転回数 約14000回転

 マルチクイック MQ500 は、ブラウンの入門用のハンドブレンダーです。

 主な用途は、パナソニックの入門機と同じであり「つぶす」「混ぜる」です。繊維入りジュースや、ポタージュなどが作れます。こちらも、便利な専用カップが付属します。

  201707231206.jpg

 ブレードは、一方で、パナソニックに劣る2枚刃です。一方、ブラウンはモーターとその静音性に技術が高いですが、細断の速さや、繊維質の均質性に関わるブレードの改良については、一歩遅れもある印象です。ただ、パナソニック同様、食材飛び散りにくく、加熱調理中でも利用でき、利便性は削がれていません。

 回転調節は、2段階で可能です。通常モードとターボモードという名前です。ただ、「つぶす」「混ぜる」の運転で、低速は不要なので、どちらかといえば、次に紹介する付属品が多い製品と規格を統一し、コストを削減するために付属する無用機能かと思います。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に720gです。わずかですが、Panasonicより軽量ですね。

 本体の安全面では、サーモやブレーカーなどの言及がありません。先ほど書いたように、ブレンダーは、定格時間が1分ほどで、オーバーヒートもあるため、この部分ではやや不利ですね。

 以上、 MQ500 の紹介でした。Panasonicの入門機に比べると、非常に安いのですが、ブレードの技術と安全面では、はっきりと機能差があります。多少、「あら」も目立つ機種と言えそうです。


   

6・ブラウン マルチクイック MQ535  
 ¥7,115 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 720g
 回転調節 2段階
 回転回数 約14000回転

 マルチクイック MQ535 は、上で見た MQ500 と同一のブレンダーにアタッチメントを付属させたモデルです。

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」に加えて、「きざむ」「泡立てる」という機能が加わります。Panasonicの中位機と機能差はないですが、こちらはアタッチメントの食洗機対応を明示している点が、ヨーロッパらしいでしょう。

 ブレードは、こちらもパナソニックに劣る2枚刃です。

 回転調節は、2段階で可能です。回転数が通常モードは柔らかい食材で、ターボモードは硬い食材で利用します。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に720gです。下位機種と同じです。

 本体の安全面では、やはり、サーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、 MQ535 の紹介でした。Panasonicの中位機がライバルですね。比較するとやはり、コスパは良いのですが、ブレードの技術と安全面では機能差があります。


   

7・ブラウン マルチクイック5 ヴァリオ MQ5045
 ¥8,779 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 810g
 回転調節 2段階  
 回転回数 約13400回転

 マルチクイック MQ5045 は、上で見た MQ535の上位機にあたります。本体の形状は同じですが、回転速度を含めて仕様が異なります。

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」という4つの機能ということで、MQ535と仕様は同じです。しかし、図のように、かなり大きなチョッパーが付属します。ブラウンの下位機種やパナソニックの場合、200gですので、タマネギなら中タマ1個ほどですが、こちらは250gですので、大タマ1個対応できます。そのほか、クラッシュアイスの作成にも利用できます。

 ブレードは、こちらもパナソニックに劣る2枚刃です。

 回転調節は、一方で、上部のダイヤルで21段階で可能です。これは、主に製菓時の泡立て用であり、手でかき混ぜるのにできるだけ近いように、細かく好みの速度に調整したい人に人気です。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に810gです。ダイヤル調整部がつくため、軽さの利点はなくなっていますね。

 本体の安全面では、やはり、サーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、 MQ5045 の紹介でした。チョッパーを重視したい方は、こちらは良い選択肢でしょう。ただ、ブレンダーとしての機能は下位機種と同じで、多少難点もあります。


  

8・ブラウン マルチクイック MQ700
 ¥6,185 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 890g
 回転調節 スマートスピード搭載
 回転回数 約13600回転

 マルチクイック MQ700 は、ブラウンの新規格のブレンダーで、同社の上位ラインです

 主な用途は、シンプルに「つぶす」「混ぜる」です。繊維入りジュースや、ポタージュなどを作るための最も基本的な機能に限定されています。

 ブレードは、こちらも、パナソニックに劣る2枚刃で、この部分では、従来機と同じです。

 201707231244.jpg

 回転調節は、その一方で、握りの強さでファジーに強弱を調整できる「スマートスピード」が搭載です。パナソニックにはない機能です。個人的には、「つぶす」「混ぜる」に強弱調整機能は不要という考えですが、Panasonicの最上位機に搭載される間欠モードと同じく、潰れ具合の調整にこだわりたい場合、感覚的に強弱を調整できるこちらは有利でしょう。ただ、その実力は、次に紹介するような、オプションがたくさん付いた製品でこそむしろ発揮されるでしょう。

 本体の重さは、ブレンダー使用時に890gです。軽量な機種とはことなり、パナソニックより重量感があります。握りやすい形状ではありますが、この点を重視する場合はネックです。

 本体の安全面では、やはり、サーモやブレーカーなどの言及がありません。ただ、オーバーヒートをランプで知らせる機能は搭載します。

 以上、 MQ700の紹介でした。強弱調節機能が魅力の機種です。ただ、「つぶす」「混ぜる」においてはあまり意味をなさない点と、重量が増えてしまっている点は、多少「微妙」な上位機です



 

9・ブラウン マルチクイック MQ735
 ¥9,090 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

  

10・ブラウン マルチクイック7 MQ745
 ¥12,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 890g
 回転調節 スマートスピード搭載
 回転回数 約13600回転

 マルチクイック MQ735 と、マルチクイック7 MQ745 もブラウンの新規格のブレンダーです。ここまで丁寧に読んで頂いた方には想像つくと思いますが、こちらは 、1つ上で紹介したMQ700に、アタッチメントを付属させただけの同じ製品です。

 主な用途は、したがって、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」という用途です。そして、MQ745 ついては、タマネギ換算で250g(大タマ)までみじん切り可能な、大きいチョッパーが付属する部分が、中タマ程度まで対応のMQ735 との唯一の相違点ですね。大きいチョッパーは、クラッシュアイスにも対応します。

 ブレードは、パナソニックに劣る2枚刃で、この部分では、従来機と同じです。

 回転調節は、この機種も、握りの強さでファジーに強弱を調整できる「スマートスピード」が搭載です。

 本体の重さは、下位機種と同じでブレンダー使用時に890gとなります。

 本体の安全面では、オーバーヒートをランプで知らせる機能がありますが、サーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、 MQ735MQ745 の紹介でした。細かく速度が調整できる「スマートスピード」は、「きざむ」「泡立てる」用途では、かなり重宝しそうです。とくに、速度に仕上がりが影響されやすい製菓に使われる場合は、「握るだけで速度調整できるこの機種はかなり便利」です。この部分だけでも、これらの機種は検討対象にする価値があります。


 

11・ブラウン マルチクイック MQ775
 ¥14,480 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 890g
 回転調節 スマートスピード搭載
 回転回数 約13600回転

 マルチクイック MQ775 は、ブラウンの最上位機種のブレンダーです

  201707231314.jpg

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」という用途に加えて、「スライス」「千切り」「こねる」という機能が付属します。ただ、冷静に考えると、家庭でスライスと千切りをハンドブレンダーでやるのは面倒な気もします。「こねる」」についても同じことが言えます。

 その他の部分は機能差がないので、基本的には、ブラウンの場合、この下のグレードの機種がオススメですね。

他メーカーの人気機種の比較

 最後に、クイジナートやテスコムなど、デンキヤで売られている他のメーカーの人気機種を比較しましょう。


  

12・クイジナート HB-500WJ
 ¥7,999 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 540g
 回転調節 3段階  
 回転回数 約16000回転

 HB-500WJは、アメリカの大手キッチン用品メーカー「クイジナート」の製品です。日本では多展開していませんが、この機種は人気があります。

 主な用途は、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」という4つの機能です。「きざむ」用途に利用するチョッパーは、米国らしくブラウンを凌ぐ大容量の300gです。ただし、刃の関係で、クラッシュアイスは非対応で、食材も半解凍以上にする必要があります。

 ブレードは、2枚刃です。機能面ではブラウンと同じです。こちらも、加熱調理中に利用できますが、フードがやや浅いため、他社よりも多少飛び散りやすい感じはします。

 回転調節は、一方で、上部のダイヤルで3段階で可能です。高速・中速・低速を選べます。

 本体の重さは、この機種の最大の見所で、ブレンダー使用時に540gとかなり軽量です。他社より200g以上軽いため、使い勝手は良いです。

 本体の安全面では、こちらもサーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、 HB-500WJの紹介でした。大容量のチョッパーや圧倒的な軽量性は、相当の魅力で、この機種の最大の見所です。ただし、刃の工夫や回転速度の調節など、他社に及ばない面もあります。最終的にどの機種を「おすすめ」にするかは、記事の最後に改めて考えてみたいと思います。


  

13・クイジナート HM-050SJ
 ¥7,040 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 1100g
 回転調節 3段階
 回転回数 1350回転

 HM-050SJ もイジナート社のハンドブレンダーです。

 主な用途は、「泡立てる」「混ぜる」です。

 201707231332.jpg

 また、卵白の泡立てや生クリーム用のバルーンウィスクに加えて、ビーターが付くので、簡易的ですがマッシュポテトなどを混ぜるような利用法も可能です。

 回転調節は、パナソニックよりも細かく5段階で、2つの泡立て器で、ムラ無く泡立てることができます。

 その他は格段の機能はありません。ハンドブレンダーとしての用途は限定的ですが、製菓専用と考えた場合、スピード調節の自在性では、Panasonicの専用機よりは上位でしょう。



 

14・テスコム Pure Natura THM311
 ¥3,250 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 550g
 回転調節   
 回転回数

  THM311 は、日本のテスコムの「スティックブレンダー 」です。比較的低価格の製品に強いメーカーであり、コスパが良い製品が多いです。

 主な用途は、こちらは、「つぶす」「混ぜる」で機能的に、他社の入門機と同様です。

 ブレードは、普通の2枚刃です。ただ、一定の耐熱性はあるのですが、加熱調理中の利用は不可です。この点は、大手に及びません。また、フードも浅くやや飛び散りやすいほか、モーター音が割とします。

 回転調節は、できない仕様です。

 本体の重さは、550gと軽量です。機能がシンプルなだけに、この部分は強みですね。

 本体の安全面では、こちらもサーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、 THM311 の紹介でした。ハンドブレンダーを試して見たい方には、手頃な価格の製品です。ただ、肝心のブレードの部分は「価格なり」です。予算の都合がつけば、もう少しグレードの高い機種を選ぶのも手です。


 

15・テスコム Pure Natura THM321
 ¥3,370 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 550g
 回転調節   
 回転回数

  THM321 も、日本のテスコムの「スティックブレンダー 」製品です。

 主な用途は、こちらは、「つぶす」「混ぜる」「きざむ」機能が利用できるよう、アタッチメントが強化されています。ただし、「泡立てる」機能は付属しません。チョッパーのサイズは200gで、タマネギなら中タマが入るほどのサイズです。Panasonicとだいたい同じサイズです。

 ブレードは、下位機種と同じ2枚刃で、加熱調理中の利用は不可です。

 回転調節は、できない仕様です。これが、アタッチメントに「泡立てる」機能が付かない理由でしょうね。

 本体の重さは、同じく550gです。

 本体の安全面では、やはりサーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、THM321 の紹介でした。「混ぜる」「きざむ」機能が付いた機種としては最安水準です。ただ、下位機種と同じく、モーターとブレードの部分で機能性が低く、とくに回転数を調整できない点はネックです。


 

16・アイリスオーヤマ IHB-601
 ¥3,367 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

  

17・アイリスオーヤマ IHB-602
 ¥3,946 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 600g
 回転調節 無段階
 回転回数

  IHB-601IHB-602 は、日本のアイリスオーヤマの製品です。やはり、低価格な製品に実力のあるメーカーです。

 主な用途は、こちらも、エレコムと同じで「つぶす」「混ぜる」「きざむ」機能が利用できる製品です。ただし、下位機種は、チョッパーが付属せず、「つぶす」「混ぜる」のみ対応できます。また、いずれの製品も「泡立てる」機能は付属しません。チョッパーのサイズは、エレコムと同じで200gで、タマネギなら中タマが入るほどのサイズです。

 ブレードは、下位機種と同じ2枚刃です。、加熱調理中の利用は不可です。

 回転調節は、一方、ダイヤル式ながら無段階で調整できる仕様です。ただ、この機能において最も有利だと思われる「泡立てる」機能は付属しません

 本体の重さは、600gです。

 本体の安全面では、サーモやブレーカーなどの言及がありません

 以上、アイリスオーヤマの製品の紹介でした。回転調整できるものでは格安であり、3000円台以下の製品としては、最も機能面で期待できる製品でしょう。例えば、あまり手の込んだ料理をするつもりはなく、離乳食や繊維入りジュースを作るなど特定の目的が決まっている方で、コスパを重視する場合は、おすすめできる機種です。

今回の結論
ハンドブレンダーのおすすめ機種は結論的にこれ!

 というわけで、今回は、ハンドミキサー・ハンドブレンダーの比較でした。

 最後にいつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、繊維入りジュース・スープ・離乳食の作成など「つぶす」「混ぜる」用途だけに使う場合、性能面でオススメの機種は、

  

1・パナソニック MX-S101
 ¥7,776 Amazon.co.jp (10/21執筆時)

 本体の重さ 770g
 回転調節   
 回転回数

  パナソニックハンドブレンダーの上位機MX-S301 でしょう。同社の「刃」に関する技術力を活かし、他社と比べると格段に性能が良いと言える4枚刃を使用している点を評価しました。

 従来的な2枚のフィニッシュブレードに、サブシャープブレードが2枚装備されており、この部分では他社にない圧倒的な魅力があります。

 回転調整はできませんが、つぶす」「混ぜる」用途では基本不要なため、グレードとしては、こちらで十分でしょう。その他、ブレーカーとサーモスタットをWで装備する点も安全性の面で評価できます。


 第2に、「つぶす」「混ぜる」用途に加えて、タマネギなど「刻む」機能も欲しい方には、

  

10・ブラウン マルチクイック7 MQ745
 ¥12,800 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 890g
 回転調節 スマートスピード搭載
 回転回数 約13600回転

 ブラウンのマルチクイック7 MQ745 が良いでしょう。タマネギ換算で250g(大タマ)までみじん切り可能な、大きいチョッパーが付属する点を評価しました。

 チョッパーの使い勝手は、「一度でやりきる」点に重きを置くべきで、その部分でこの機種は優秀だと思います。安全性の面では、パナソニックに負けますが、オーバーヒートをランプで知らせる機能があり、欠点を補えます。

 また、「混ぜる」際に、具材感を残したい場合に、握りで速度調整できる「スマートスピード」は便利でしょう。


 第3に、製菓用に便利なハンドブレンダーとしておすすめできるのは、

 

9・ブラウン マルチクイック MQ735
 ¥9,090 Amazon.co.jp (10/21執筆時)   

 本体の重さ 890g
 回転調節 スマートスピード搭載
 回転回数 約13600回転

 ブラウンのマルチクイック7 MQ735 が良いでしょう。やはり、泡立ての際、スピードを自在に調整できる「スマートスピード」は、かなり便利ですから。この点だけで、こちらを選んでもよいくらいです。

ーーー

  

13・クイジナート HM-050SJ
 ¥7,040 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 1100g
 回転調節 3段階
 回転回数 1350回転

 ただし、「完全な泡立て専用機」と考える場合、バルーンウィスクがW搭載されたクイジナートを選ぶのも手でしょう。「マルチな製品」ではなく、この機能に特化して製造された製品で、優秀です。速度調節も5段階で可能です。


 第4に、比較的予算が限定された状況でオススメできる入門用の製品としておすすめなのは、

 

16・アイリスオーヤマ IHB-601
 ¥3,367 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

  

17・アイリスオーヤマ IHB-602
 ¥3,946 Amazon.co.jp (10/21執筆時)  

 本体の重さ 600g
 回転調節 無段階
 回転回数

 アイリスオーヤマIHB-601IHB-602 でしょう。とくに、離乳食など、利用する期間が決まっており、あまり予算をかけたくない場合に良いでしょう。この場合「オマケ的」ですが、無段階で速度調節できる点も、他社との明確な違いとして評価できるでしょう。

ーーー

 というわけで、今回は、ハンドブレンダー・ハンドミキサーの比較でした。

 このブログ「家電批評モノマニア」では、調理家電について、他にも記事があります。

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較
3・フードプロセッサーの比較

 よろしければ、これらの記事もお読みください。

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから話題を共有していただければ嬉しいです!

posted by Atlas at 09:52 | Comment(0) | 調理家電

2017年10月17日

比較2017' 美味しく暖まる!最新グリル鍋全15機の性能とおすすめ・選び方:1人用の小型電気鍋・家庭用グリルなべの比較

今回レビューする製品【2017年10月】サイズ別のグリルなべ・電気鍋15製品の性能とおすすめ:1人用小型電気鍋〜家庭用大型電気鍋:タイガー グリル鍋 CQE-B200 テスコム GP6000 GP9000 アビテラックス APN-16G AGN-30G レコルト ポット デュオ エスプリ RPD-2(R) RPD-3(R) CQG-B200 CQG-B300-T CQD-B300-TH 象印 あじまる EP-SA10 EP-PE10 EP-PX30 EP-RD20 EP-RV30-TA

今回のお題
鍋などの料理に便利なグリル鍋のおすすめ製品はどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、秋冬用の調理家電の記事で、具体的には「グリルなべ(電気鍋)」の比較をします。

 なお、このブログ「モノマニア」には、加熱できる調理家電として以下の2つの記事があります。

1・ホットプレートの比較
2・グリル鍋の比較 →この記事

 今日は、2番の記事で、「鍋メイン」の場合に有利な「グリルなべ」を15製品ほど比較します。1人用の小型製品から、4人家族でも対応できる大きな製品まで、扱う予定です。

 いつものように、各製品を比較した後、最後にAtlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

グリル鍋の選び方の基本

 具体的な機種の比較に入る前に、簡単に現在の「グリルなべ」を巡る状況を紹介しておきます。

 

 最近のグリルなべ」は、上位機種においては「多機能化」が激しいです。例えば、  上述の写真のように、「たこ焼き」や「焼き肉」という、本来的に「ホットプレートの職分」に「侵出」している状況です。

 

 Panasonic IHホットプレート 【グリル鍋付】
  ¥22,961 Amazon.co.jp
(7/31執筆時

 一方、前回のホットプレートの比較記事で説明したように、例えば、Panasonicのホットプレートの上位製品には、「鍋が付属する製品」があります。そのため、「買う側にとっては多機能で嬉しいが、選ぶのがややこしい家電」と化しています。

ーーー

 ただ、価格帯的には2万円を超えますので、1万円以内の予算で、鍋も焼き肉も対応できる製品が欲しい場合は、今回紹介していくグリル鍋が「最強」だと言えるでしょう。

 一方、予算が2万円以上十分あるならば、機能性の高い多機能ホットプレートがオススメです。こういったものについては、詳しくは、【ホットプレートの比較記事】をご覧頂ければと思います。

1人用の小型グリルなべの比較

 では、具体的な製品の比較をはじめます。はじめに、サイズ的には1人〜2人用と言える小さいサイズのグリル鍋を紹介してきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 

1・象印 あじまる EP-SA10
  ¥5,700 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:2.1L:直径22.2cm×深さ5.2cm
 焼肉プレート:

 たこ焼き:
 その他:

 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜230度(1000W)

 EP-SA10は、象印の販売する小型グリルなべです。日本の大手では、唯一「コンパクトタイプ」をラインナップしているメーカーです。

 深鍋のサイズは、直径22.2cm×深さ5.2cmで、容量的には2.1Lとなります。1人用としてはやや「大きめ」で、晩と朝に2回に分けて食べるような人向けです。2人用というのが適切でしょう。

   

 博多華味鳥 水たきスープ 600g
  ¥432 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 例えば、スーパーでよく見かける、二人用のストレートタイプの鍋用ダシは0.6Lです。これに野菜などの具材を入れるわことを考えると、このグリル鍋は、この手の鍋つゆを1回で使い切れる程のサイズ、と言えば分かりやすいでしょうか。

 201708021329.jpg

 深鍋のコーティングは、フッ素加工で洗いやすい製品です。形状から同社は、水量目盛つき「土鍋風」なべと呼んでいます。水量目盛が付くのが便利な部分で、「固形タイプ」や「濃縮タイプ」の鍋用スープを使う場合に有利ですね。

 鍋の火力は、小型機ながら1000W確保していることもあり最高230度と十分です。短時間で準備できるでしょう。

 焼き肉プレートは、この製品には付属しません。鍋専用の製品となります。

 使用後の片付けは、この製品は本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、象印EP-SA10の紹介でした。1人用としては多少大きめですが、友人が来たときにも使いたいような場合や、次の日に雑炊にして食べたいなどの場合、この機種は最適でしょう。鍋のコーティングも高級機と変わらず、品質面でも問題ないでしょう。


 

2・アビテラックス APN-16G
  ¥2,360 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:1.0L:直径16cm×深さ5cm
 焼肉プレート:平面プレート
 たこ焼き:
 その他:

 表面加工:
フッ素コート
 温度調整:保温〜210度(3段階:600W)

 APN-16Gは、日本のアビテラックス(吉井電気)の販売する機種です。同社は、パナソニック系列の会社で、比較的値頃感のある家電が得意なメーカーです。

 201708021341.jpg

 深鍋のサイズは、直径16cm×深さ5cmです。容量として1Lですので、完全に「1人用」と言って良いでしょう。全体のサイズも24.5×20.0×17.0cmのため、収納も楽で「1人鍋」を楽しめます。


 味の素 鍋キューブ ピリ辛キムチ 76g×3個
  ¥1,006 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 ストレートタイプのつゆは、この鍋には大きすぎるので、簡単に作りたい場合は、キューブタイプの製品を使うと良いでしょう。

 深鍋のコーティングは、こちらもフッ素コートですが、コーティングは内装部分だけです。このあたりは「コスト削減」のため仕方ないかもしれません。

 201708021350.jpg

 焼き肉プレートは、小型で簡易的な物ですが付属します。ただし、油を落とせる波形プレートではなく、使い勝手は期待できないでしょう。

 鍋の火力は、600Wで、最高温度210度です。火力はさほどない製品ですが、小型機などで問題ないと思います。温度調節も3段階で可能です。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、アビテラックスAPN-16Gの紹介でした。「1人鍋」用に格安な機種を探しているならば選択肢となるでしょう。ただ、フッ素コートの部分や本体の外観などに「コスト削減の弊害」も見られるとも言えます。


  

3・レコルト ポット デュオ エスプリ RPD-2R
  ¥4,969 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:約1.0L直径16×深さ5cm
 焼肉プレート: 平面プレート:直径16cm
 たこ焼き:別売
 その他: 蒸し台+揚げ物カバー+レシピ集
 表面加工:ステンレス
 温度調整:保温〜(650W)

 RPD-2Rは、調理家電を多く販売するレコルトの販売する多機能グリル鍋です。

 深鍋のサイズは、直径16cm×深さ5cmです。アビテラックスと同じサイズで、こちらも「1人用」です。

 201708021401.jpg

 深鍋のコーティングは、この製品の場合「ステンレス製」なので、ノーコーティングです。焦げ付きの問題があるため、すき焼きなどには向かないでしょうが、鍋全般には無難に対応可能です。

 焼き肉プレートは、アビテラックス同様に油を落とせる波形プレートではない普通の平面プレートが付属します。こちらは、「焼く」ことを前提とした設計なので、フッ素コートはなされています。外面もフッ素コートなので、この部分では、アビテラックスより品質が良いですね。

 201708021405.jpg

 その他の調理は、この機種の場合、フライヤーとしての機能を持つ点も、注目に値します。他社のグリル鍋は、揚げるようには構造的に作られていないため、「火事になる危険性がある」と説明書に必ず記載があります。しかし、こちらは、揚げ物カバーが付くため、この調理法に対応します。

 201708021408.jpg

 その他、蒸し台が付属するため「蒸す調理」、あるいは、ステンレス鍋を利用して「ご飯を炊く」調理も可能です。

 鍋の火力は、600Wです。火力はさほどない製品ですが、温度調節も3段階で可能ですし、用途的に問題ないでしょう。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、レコルトRPD-2の紹介でした。鍋としてではなく、用途の幅が非常に広いのが特長です。外観が洋風なのは、鍋には多少違和感があるかもしれないですが、誰に見られることもない「1人鍋」なら問題ないでしょう。ポトフなどには逆に合いそうです。また、友人が来た際には、フライヤーなどとして使える面も便利ですね。


  

4・レコルト ポット デュオ フェット RPD-3R
  ¥7,9-0 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

   

4・レコルト ポット デュオ フェット RPD-3
  ¥8,640 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:1.2L直径17.5×深さ5.5cm
 焼肉プレート: 平面プレート:直径17.5cm
 たこ焼き:別売
 その他: 蒸し台+揚げ物カバー+レシピ集
 表面加工: セラミックコート
 温度調整:保温〜(650W)

  RPD-3Rは、レコルトの販売するもうひとつの多機能グリル鍋です。

 深鍋のサイズは、直径17.5cm×深さ5.5cmです。容量的には1.2Lと、1人用としては「多少大盛サイズ」と言えそうです。ただ、色々料理をする場合は、この程度合った方が使い勝手は良いでしょう。


 201708021416.jpg

 深鍋のコーティングは、この製品の場合、セラミックコートです。フッ素コートに比べると、炒める際に「カリッ」と仕上げやすいのが特長です。すき焼きなど、最初に炒める所作がはいる鍋にはある程度便利と言えます。焦げ付きにくさは、フッ素コートと同様で、この部分では、ステンレス製の同社の下位機種より良いでしょう。

 焼き肉プレートは、17.5cmと多少ですが径が大きいものです。ただ、油を落とせる波形プレートではない普通の平面プレートです。

 その他の調理は、この機種も、揚げる調理・蒸す調理に対応可能です。

 鍋の火力は、650Wです。下位機種より多少上がっていますが、容量が増加しているので、総合的には同等でしょう。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、レコルトRPD-3の紹介でした。深鍋は、セラミックコーティングと、下位機種よりも明らかに使い勝手が良い機種です。サイズも「1人用として余裕があるサイズ」で、調理の際、「あと少しで材料全部がはいるのに!」という事態が減りそうです。やや価格は高いですが、色々な料理にも使え、充実したレシピ集も付属することから、「1人用のベストバイ」と言って良いでしょう。

2-3人用の中型グリルなべの比較

 続いて、2-3人まで対応できる中型のグリル鍋を紹介します。 大人3人、ないし、大人2人とお子さん1-2人ほどに適したサイズの製品です。

 こちらも、、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。



 

5・タイガー CQE-B200
  ¥6,336 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.5L:直径26.0cm×深さ6.1cm
 焼肉プレート:
穴なし波形:直径24.8cm
 たこ焼き:
 その他:
蒸し台
 表面加工: 遠赤長持ちコート
 
温度調整:保温〜240度(1100W)

  CQE-B200は、タイガーの販売する、中型のグリル鍋です。

 201708021430.jpg

 深鍋のサイズは、直径26.0cm×深さ6.1cmです。1人用と比べると、直径が広い製品であり、容量も3.5Lと多いので、色々な食材をぐつぐつ鍋にで煮るのに適した製品ですね。

 深鍋のコーティングは、この製品の場合、遠赤長持ちコートです。これは、フッ素コートに、セラミックを混合させ耐久性をアップさせた同社オリジナルの高品質コーティングです。遠赤効果で、蓄熱性も期待できます。

 焼き肉プレートも、遠赤長持ちコートが施されます。さらに、こちらは、油を落とせる波形プレートを採用します。焼き肉に使う際油っぽくならないメリットがあります。直径も24.8cmと3人用としては十分と言えそうです。

 その他の調理は、この機種は、蒸し台が付属するために、野菜などの蒸し料理にも対応できるでしょう。

 鍋の火力は、1100Wです。焼き肉に使うとしても十分と言える火力です。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。焼き肉についても同じです。

 以上、タイガーCQE-B200の紹介でした。中がとしては、鍋と平面プレートが付属した「最もオーソドックス」と言える製品です。ただ、遠赤長持ちコートなど、独自性がある製品ですし、こちらを選んでも損はないでしょう。



 

6・タイガー CQG-B200
  ¥7,736 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.7L:直径26.1cm×深さ6.5cm
 焼肉プレート:
穴なし波形:直径24.8cm
 たこ焼き:
 その他:
蒸し台
 表面加工: 遠赤土鍋コーティング
 温度調整:保温〜240度(1100W)

 CQG-B200は、タイガーの中型のグリル鍋の上位機です。

 深鍋のサイズは、直径26.1cm×深さ6.5cmと先ほどの機種よりわずかに大きくなり、水量として3.7L入ります。しかし、外形サイズは、先ほど紹介したCQE-B200は40.7×32.9×187cmだったのに対して、こちらは40.2×36.0×19.1cm多少大きいだけですので、「大きくて邪魔」ということはありません。

 深鍋のコーティングは、こちらは、遠赤土鍋コーティングです。これは、同社の炊飯機にも使われる技術で遠赤長持ちコートよりも耐久性・蓄熱性で優れます。

 焼き肉プレートは、下位機種と同じ、遠赤長持ちコートで、サイズや性能も同じです。

 その他の調理は、この機種も、蒸し台が付属します。

 鍋の火力も、1100Wと下位機種と同じです。多少大型化しましたが、問題ないでしょう。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、タイガーCQG-B200の紹介でした。遠赤土鍋コーティングの採用が目玉ですね。そのほか、鍋が多少深いので、飛び散りの危険性が少ない点、たコントロール部が傾斜しており、操作時の火傷の危険性が減っている点などが、下位機種より優れる部分です。予算があれば、こちらを選んでも良いと思います。

ーーーーー


  

7・タイガー CQG-B300-T
  ¥9,680 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.7L:直径26.1cm×深さ6.5cm
 焼肉プレート:穴なし波形:直径24.8cm
 たこ焼き:19個:1個40mm
 その他: 蒸し台
 表面加工:
遠赤土鍋コーティング
 温度調整:保温〜240度(1100W)

 なお、この機種には「上位機」として CQG-B300-Tというモデルがあります。

 ただ、CQG-B200との性能は付属品のみで、直径4cmの19個のたこ焼きが焼けるプレートが付属する点が唯一の相違点です。たこ焼きプレートが欲しい場合以外は、CQG-B200でよいでしょう。


 

8・象印 あじまる EP-PE10
  ¥7,019 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.7L:直径27cm×深さ5.8cm
 焼肉プレート:

 たこ焼き:
 その他:

 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜230度(1300W)

 あじまる EP-PE100は、象印の中型のグリル鍋です。同社はタイガーの「ライバル」で、一方の出している製品で、他方が展開していない製品はあまりない、という関係ですね。

 深鍋のサイズは、直径27cm×深さ5.8cmで、水量として3.7L入ります。タイガーの中型CQG-B200と同じですが、象印の方が横幅が広く、深さがない形状です。ただ、卓上に必要なスペースは、さほど変わりません。

 深鍋のコーティングは、情報非開示ですが、水量目盛つき土鍋風なべと同社では呼称しています。成分が非開示ですが、、土鍋風にセラミック(土)コーティングが採用されているものと思われます。水量目盛りが付いて、ダシを入れた際に見やすい配色である点はメリットです。

 焼き肉プレートは、この機種は未付属ですね。

 その他の調理は、とくに対応しません。

 鍋の火力は、1300Wです。この点は、タイガーより優れる部分で、鍋が煮えるまでのスピードはメリット性がありそうです。ただ、ブレーカーには注意が必要でしょう。温度調節ボタンは、タイガー同様にスライド式の無段階方式で便利です。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、あじまる EP-PE10の紹介でした。タイガーに比べた場合、火力の強さが「売り」です。ただ、グリル鍋の場合、ガラスふたの耐熱温度も問題があり、ふたを使う場合、必ずしも高火力を持続できない点は注意してください。これは、タイガーも他社も同じです。


 

9・象印 あじまる EP-PX30
  ¥8,472 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.7L:直径27cm×深さ5.8cm
 焼肉プレート:
穴なし波形:直径27cm
 たこ焼き:
 その他: 遠赤すき焼きなべ:直径27cm
 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜230度(1300W)

 あじまるEP-PX30は、象印の中型のグリル鍋の上位機です。

 深鍋のサイズは、先ほどの機種と全く同じで、水量として3.7L入ります。

 深鍋のコーティングも同じですが、こちらも情報非開示です。

 焼き肉プレートは、この機種は、付属します。タイガーと同じ油を落とせる波形プレートを採用します。ただし、直径は、タイガーより3cm広い仕様で27cmですので、焼き肉を重視するならば良い選択肢でしょう。


 201708021521.jpg

 その他の調理は、すき焼きなべが付属している点が目立ちます。タイガーの場合、フッ素コートなのでグリル鍋ですき焼きが可能ですが、象印は(おそらく)セラミック系で焦げ付く危険があるため(または鍋の色が白いので焦げ付きが目立つため)、フッ素コートをした遠赤すき焼きなべが別に付属します。ある程度の深さがあり、すき焼きには使いやすい形状です。

 鍋の火力は、1300Wです。総合的な火力はタイガーより強いので、焼き肉には象印の方が「強い」といえそうです。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応します。

 以上、 あじまる EP-PX30の紹介でした。すき焼き専用鍋の付属と、大きめの焼き肉プレートの付属が魅力です。こうした「肉系」のメニューが多くなりそうな場合は、この機種を選ぶとよいでしょう。



10・テスコム グリルなべ GP6000-H
  ¥3,996 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.4L:直径26cm×深さ8cm
 焼肉プレート:
 たこ焼き:
 その他:
 
表面加工:フッ素コート(鍋)  
 温度調整:保温〜250度1300W)

 GP6000-Hは、テスコムの販売する格安のグリル鍋です。

 深鍋のサイズは、水量として3.4L入る仕様で、「ぎりぎり3人用」といったサイズです。また、他社に比べると直径26cm×深さ8cmと、鍋の深さがかなり深い製品です。すき焼きなどの際、飛び散りに強い一方で、鍋のさい「食材が行方不明になりやすい」とも言えます。

 深鍋のコーティングは、フッ素コートです。価格的に安いこともありますが、他社のようなセラミック系の遠赤コートはなされません。ただ、内面・外面ともにフッ素コートはなされるため、使いやすさは同等程度でしょう。

 焼き肉プレートは、未付属です。

 その他の調理も、特に対応しません。

 鍋の火力は、意外と強く1300Wです。総合的な火力は強く、火力調整もレバー式で容易です。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応できます

 以上、 GP6000-Hの紹介でした。外装やコーティングなどのグレードは劣りますが、比較的火力が出せ、コスパの良い製品と言えます。テスコムは日本に工場を持つ企業ですし、品質や保証面でも安心です。


 

11・テスコム グリルなべ GP9000-H
  ¥6,663 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.4L:直径26cm×深さ8cm
 焼肉プレート:
溝付プレート:42×38
 たこ焼き:
21個
 その他:

 表面加工:
フッ素コート(全部)
 温度調整:保温〜250度1300W)

 GP9000-Hも、テスコムの販売する格安のグリル鍋です。

 深鍋のサイズは、水量として3.4L入る仕様で、先ほどの機種と変わりません。

 深鍋のコーティングも、同じくフッ素コートです。

 201708021544.jpg

 焼き肉プレートは、この機種の場合付属します。プレートは、肉の油を落とせる波形プレートです。一方、他社は、波形プレートでも、野菜を焼きやすいように、プレートの半分は平面プレートですが、こちらは全面的に波形プレートであり、野菜焼きには不利です。

 その他の調理は、たこ焼きに対応し、同時に21個作成できます。

 鍋の火力は、同じく1300Wです。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応できます。

 以上、GP9000-Hの紹介でした。たこ焼きプレートまで付属した製品としては最も安く、コスパの良い製品です。コーティングや鍋の厚みなどを含めた総合力では負けますが、年に数度しか使わないならば、こちらを選択しても良いと思います。


 

12・アビテラックス AGN-30G
  ¥2,480 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.0L:直径26cm×深さ7cm
 焼肉プレート:
 たこ焼き:
 その他:

 表面加工:
フッ素コート
 温度調整:保温〜240度(1200W)

 AGN-30Gは、アビテラックスが発売する中型のグリル鍋です。

 深鍋のサイズは、直径26cm×深さ7cmで、満水容量はは3Lです。3人用としては小型ですが、鍋は深めです。深すぎる鍋は鍋用には総じて使いにくいのがネックでしょう。

 深鍋のコーティングは、普通のフッ素コートです。一方、鍋の厚みは薄めであり、このあたりは価格差が出ている部分です。蓄熱性・耐久性で、ブランド品には敵わないでしょう。

 焼き肉プレートは、未付属です。

 鍋の火力は、1200Wとそこそこありますが、こちらは温度切替がスイッチ式であり、この手のタイプは、高温から低温にスイッチングした際の、温度調節に難があります。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造のため、丸洗いに対応できます。

 以上、AGN-30Gの紹介でした。価格は非常に魅力的な商品ですが、コストを削減している部分が見えてしまっている製品とも言えます。電源ケーブルも、他社がマグネット式で、「引っかけても安心」な仕様なのにたいして、こちらは「取り外せない直結式」です。

4人対応の大型グリルなべの比較

 最後に、4人ないし、それ以上に対応できる最も大きな規格のグリル鍋を紹介しましょう


  

13・タイガー CQD-B300-TH
  ¥9,957 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:5L:直径29.6cm×深さ6.9cm
 焼肉プレート:穴あき:直径29.2cm
 たこ焼き:21個:1個40mm
 その他:
 表面加工: 遠赤長持ちコート
 温度調整:保温〜240度(1200W)

  CQD-B300は、タイガーの販売するグリル鍋では、最もサイズが大きなモデルです。

 深鍋のサイズは、直径29.6cm×深さ6.9cmです。直径が広く、深さもある製品ですが、多人数用ともなるとこの程度のサイズは普通です。満水容量は、5Lと、中型のグリル鍋の1.5倍は入れられます。

   

 ヤマキ 軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ 700g×3個
  ¥972 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 ストレート系の鍋つゆならば、最低2袋は準備したいといえるサイズですね。

 深鍋のコーティングは、中位機種と同じ遠赤土鍋コーティングです。ただ、土鍋風の鍋の厚みがより増しているので、蓄熱性はヨリ期待できるでしょう。コーティングの耐久性も高いです。

 201708021611.jpg

 焼き肉プレートは、この製品の一番の「売り」であり、二重構造で真ん中に油落とし穴がある油キャッチャー構造」の穴あき・波形プレートを採用しています。大人数で焼き肉をする際、単なる波形プレートは、拭かないと油っぽくなりがちですので、味の面でこれは有利です。プレートのサイズも直径29.2cmですから、4人程度の焼き肉ならこなせます。

 その他の調理は、この機種の場合、たこ焼きプレートが付属します。4cmのたこ焼きが21個一度にできます。

 鍋の火力は、1200Wです。この部分では、象印のがパワーを使いますが、鍋やプレートの蓄熱性と合わせて考えると互角だと思います。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造です。さらにこちらの機種は、下部のガードも外せるので、ヒーター部分を除けばほぼ完全に丸洗い可能です。

 以上、タイガーCQD-B300の紹介でした。上位グレードのコーティングがなされた深鍋、焼き肉で有利な穴あきプレート、丸洗いできる使い勝手、など、「見所満載」の機種です。最終的な「オススメ機種」は記事の最後に考えますが、大人数で使う場合、この機種は有力な候補でしょう。


  

14・象印 あじまる EP-RD20
  ¥9,735 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:5.3L:直径30.4cm×深さ6.6cm
 焼肉プレート:遠赤平面プレート:42×38
 たこ焼き:
 その他:
 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜230度(1300W)

 あじまる EP-RD20は、象印の販売する大きなグリル鍋です。

 深鍋のサイズは、直径30.4cm×深さ6.6cmで、満水容量は、5.3Lとタイガーの大型グリル鍋よりわずかながら大きな製品です。

 深鍋のコーティングは、中位機の場合と同じく情報非開示です。おそらく、セラミック(土)コーティングが採用されているものと思われます。耐久性は期待できますが、すき焼きなど最初に炒めるような使い方には不向きです。

 焼き肉プレートは、付属します。ただ、どちらかというと、焼きそばやお好み焼きで使うような、平面プレートです。その用途で使うのなら良いでしょうが、焼き肉には向きません。サイズは、42×38cmと大きく、表面は、炒め物ができるようにフッ素系の遠赤コーティングがなされます。

 鍋の火力は、1300Wです。パワーは十分でしょう。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造です。タイガーと異なり、ガードは外せません。

 以上、象印の EP-RD20の紹介でした。大人数に対応できる製品です。焼き肉には向かない仕様ですが、平面プレートが付属するため、鍋+お好み焼き、焼きそばに用いるならば、選択肢としても良いでしょう。なお、平面プレートは、深さもあるので、すき焼きなべとしても使えそうです。


 

15・象印 あじまる EP-RV30-TA
  ¥12,326 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:5.3L:直径30.4cm×深さ6.6cm
 焼肉プレート:溝付遠赤焼肉プレート:42×38
 たこ焼き:
 その他: 蒸しプレート
 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜250度1350W)

 あじまる EP-RD20は、象印の販売するグリル鍋の最上位機種です。

 深鍋のサイズは、直径30.4cm×深さ6.6cmで、満水容量は、5.3Lと先ほどの機種と同じです。

 深鍋のコーティングも同じです。つまり、本体構造はEP-RD20と同じ製品です。

 201708021632.jpg

 焼き肉プレートは、付属します。こちらは、平面プレートのほか、波形プレートも付属し、焼き肉にも対応可能です。ただ、タイガーの最上位機が穴あきプレートを採用しているのに対して、こちらは、従来的な波形プレートなので、比較すると不利でしょう。

 その他の調理は、たこ焼きプレートは未付属ですが、蒸し台は付属します。

 鍋の火力は、1350Wです。パワーは全機種通してみても最高ですね。最高温度も250度です。

 使用後の片付けは、この製品も本体と鍋を分離できる構造です。ただし、ガードは外せません。

 以上、象印の EP-RV30-TAの紹介でした。1万円を超える高額機種です。深鍋は全機種通しても最大クラスなので、大人数の鍋用には向きます。ただ、付属品の使い勝手は、タイガーの最上位機種に負けると言わざるを得ないでしょう。

今回の結論
グリル鍋のおすすめ製品は結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、グリル鍋を紹介しました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、大人数に対応できる大きめのグリル鍋としておすすめできる機種は、

  

13・タイガー CQD-B300-TH
  ¥9,957 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:5L:直径29.6cm×深さ6.9cm
 焼肉プレート:穴あき:直径29.2cm
 たこ焼き:21個:1個40mm
 その他:
 表面加工: 遠赤長持ちコート
 温度調整:保温〜240度(1200W)

 タイガーCQD-B300でしょう。

 ライバルの象印に比較して、蓄熱性・耐久性の高い遠赤土鍋コーティングを採用する点、焼き肉で有利な穴あきプレートの採用、ガードも含めて丸洗いできる使い勝手など、大きめのグリル鍋としては、優位点が多いです。

 本体サイズは、43.2×40.2×18.8とやや大きいですが、お客が来たときなどに対応するにはこのサイズは必須と言えます。焼き肉プレートも大きな方が有利です。グリル鍋については、(そう毎日使い分けでもないため)「大は小を兼ねる」製品と言えるので、少し大きめと思える機種を買う方が満足度は高いでしょう。

   

 ヤマキ 軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ 700g×3個
  ¥972 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 なお、鍋つゆは、スーパーで買うと、お米ほど重くなるので、同時に買っても良いでしょう。

 なお、深鍋は、直火に掛けてもOKなので、あらかじめガス火で下ごしらえしておくことも可能です。


 第2に、3人ほどの家族で利用するグリル鍋としておすすめできる機種は、

 

9・象印 あじまる EP-PX30
  ¥8,472 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:3.7L:直径27cm×深さ5.8cm
 焼肉プレート:
穴なし波形:直径27cm
 たこ焼き:
 その他: 遠赤すき焼きなべ:直径27cm
 表面加工: 水量目盛つき土鍋風なべ
 温度調整:保温〜230度(1300W)

 象印あじまるEP-PX30でしょう。

 ライバルのタイガーの上位機と迷いましたが、深鍋とすき焼きなべとが別に付属し、双方に対応できる点を評価しました。

  201708021521.jpg

 すき焼き(関西風)などの「炒める」調理をしないならば、深鍋がセラミック系でも問題ないですし、すき焼き(関西風)は、専用鍋で作った方が使いやすいです。

  焼き肉についても、27cmの波形プレートで3人程度ならこなせますし、火力も十分だと思います。


 第3に、1人用の小型電気鍋として、おすすめしたい製品は、

  

4・レコルト ポット デュオ フェット RPD-3R
  ¥7,900 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

   

4・レコルト ポット デュオ フェット RPD-3
  ¥8,640 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 深なべ:1.2L直径17.5×深さ5.5cm
 焼肉プレート: 平面プレート:直径17.5cm
 たこ焼き:別売
 その他: 蒸し台+揚げ物カバー+レシピ集
 表面加工: セラミックコート
 温度調整:保温〜(650W)

  レコルトRPD-3でしょう。

 深鍋のサイズは1.2Lと1人用としては「多少大盛サイズ」です。ただ、先ほど書いたように、鍋調理の場合は「予定した材料があとちょっとで全部入るのに!」というシーンが、多く想定されるので、個人的にこれほどあったほうが良いと思います。

 調理についても、「焼く」・「炒める」ための平面プレートのほか、「揚げる」という調理法も可能にする揚げ物カバーが付属するので、利用するシーンは多そうです。

 グリル鍋に止まらない使い方ができる点で、こちらは有利でしょう。

ーーー

 

 【グリル鍋付】

 Panasonic IHホットプレート KZ-HP2100-K
  ¥22,961 Amazon.co.jp
(7/31執筆時)

 なお、「グリル鍋が付属するタイプのホットプレート」も念のため確認しておきたい方は、

ホットプレートの比較

 このブログ「家電批評モノマニア」の上記の記事を引き続きご覧ください!

 最後になりましたが、この記事が皆さんのお役に立てたならば嬉しく思います。

 ではでは! 

posted by Atlas at 21:38 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 美味く焼ける!ホットプレート全26機の性能とおすすめ・選び方:象印・タイガー・パナソニック・アラジン・アイリスオーヤマ IHクッキングヒーター

今回レビューする製品【2017年10月】人気ホットプレートの価格・性能とおすすめ!家庭用・1人用・サイズ別・タイガー これ1台 象印 やきやき Panasonic IHホットプレート BRUNO BOE021-RD プリンセス・テーブルグリル ピュア 103030 CRC-B301-T CRC-B200-T CRC-B101-T CRV-G300-SN CRV-G200-SN  EA-GV35-TD EA-GR25-TD EA-DD10-TA ホットプレートやきやき EA-GP35-TA EA-DU20-XJ EA-DC10-XJ BE10-TD EA-BJ20-TD EA-BQ30-TD Panasonic IHホットプレート KZ-HP1100-K KZ-HP2100-K KZ-TK1 IKZ-T1K KZ-AY10-K アラジン グラファイトグリラー CAG-G13A アイリスオーヤマ APA-135-T APA-134-T DPO-133 PHP-1301TC-X トレードワン chef セラミックグリルプレート ザイグルハンサムSJ-100・ザイグルプラス 違いと口コミランキング・たこ焼き・焼肉など

今回のお題
掃除が手軽で、収納性の良いホットプレートのおすすめ機種はどれ?

 ども、Atlasです。

 今日は、ホットプレート(IHクッキングヒーター)の比較です。焼肉お好み焼きたこ焼きなどの家庭での調理に人気の最新モデルを比較します。

 いつものように、各メーカーの機種を個別に紹介した後で、最後に、Atlasのおすすめ商品!を提案していきます。

 なお、今回は比較的長い記事です。しかし、最後に「おすすめ製品」を数点まとめてあるので、読み疲れたら最後だけ読まれてください!

ホットプレートの選び方の基本

  さて、今回は26機種の製品の比較を予定しますが、比較にあたって重要視したいのは次の3点です。

1・本体のサイズ

 第1に、ホットプレートのサイズです。  

 ホットプレートの本体のサイズは、日本製品については、全メーカーでだいたい規格化されています。

 hp_sizehyou._V136478685_.gif

   パーティーや4人以上でも対応できる横幅48センチ〜43センチワイドプレートと、一般的な横幅36センチ前後の標準サイズのプレートです。ホットプレートは大きい調理家電のため、収納を考えると適切なサイズを買う必要があります。

2・本体の収納性

  第2に、本体の収納性です。

 201401251151.jpg

  最近のホットプレートは多くのプレートが付属する製品があります。しかし、それでもコンパクトに収納できることを売りにしているモデルが出ています。今回は、そういった商品の評価を「高め」にして紹介していきます。

3・掃除のしやすさ/お手入れのしやすさ

 第3に、掃除のしやすさです。  

 今回紹介しないモデルを含めて、格安の機種は、ホットプレートが電源部分と分離できないため、本体プレートを外して洗うことができないモデルがあります。また、洗うことができても、構造が複雑で、分解するだけでも手間な機種もあります。

 焼肉をする際、皆さんも経験があるでしょうが、油が飛び散ったり、焦げがついたりして、掃除が本当にたいへんです。それで、せっかく買われたホットプレートを利用する気にならなくなってしまったら「本末転倒」です。

ーー

 というわけで、今回は以上の3点に注意しながら、各メーカーの機種を紹介します。なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。

パナソニックのIH式ホットプレート

 

 【鍋なし】

 1・IHホットプレート KZ-HP1100-K
  ¥17,406 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)   

 【鍋付】
 2・IHホットプレート KZ-HP2100-K
  ¥22,500 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 最初に紹介するのは、パナソニックのホットプレートです。 2機種ありますが、KZ-HP2100-Kは鉄板系だけだなく、専用の金属製の鍋も付属する点が主な違いです。

 本体サイズは、幅51.1cm×奥行35.1cm×高さ5.5cmです。家庭用としては平均的なサイズです。焼き肉なら4人がテーブルを囲んで利用できるサイズと言えます。

 加熱方式は、IH式クッキングヒーターを採用しています。他社は、電熱線を使った電熱式ホットプレートですので、パナソニックは、ここで紹介する全メーカーで唯一のIH式と言えます。

 電熱式に較べて、IH式(電磁調理器方式)であることは次のようなメリットがあります。

 1・焼きムラができにくい

 2・温度上昇が早いので、素早く調理できる

 3・手持ちのIH式の調理器具が使える

 お持ちの調理器具が流用できるてんで、汎用性が高い製品と言えるでしょう。

 201401251227.jpg

 温度調整は、IH式の場合、細かい温度調整が可能です。

 201608021418.jpg

 付属するプレートは、専用プレート1つです。ただし、上位機は、それにくわえてが付属します。

 最も大きな専用プレートは、幅36.7×奥行29.2cmですから、2-4人ほどに最適なミドルサイズと言えます。

 201401251219.jpg

 Panasonic 焼肉プレート KZ-AY10-K  
  ¥8,286 Amazon.co.jp (10/17執筆時)
 Panasonic 卓上IH用てんぷら鍋 KZ-T1K
  ¥1,865 Amazon.co.jp (10/17執筆時)
 Panasonic タコ焼きプレート KZ-TK1
  ¥3,150 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 別売オプションは、焼き肉専用プレート天ぷら鍋たこ焼き機があります。なお、焼肉については、付属する専用プレートでも十分美味しく調理可能です。IH式ですので、他社のプレートもサイズに合えば利用可能でしょう。

 表面加工は、いずれも、パナソニックの高級炊飯機でも使われるダイヤモンドハードコートを採用します。そのため、金属へらでも使えるようになっています。 

 201401251205.jpg

 本体のお手入れは、IH式の「売り」です。掃除がきわめて手軽です。後で紹介するように、他社の場合、下面のヒーターガード部分まで分解して掃除しないと、完全に油汚れが取れない構造です。それと比較するとIH式は、後片付けが極めて手軽で、油汚れを本体に残さず清潔です。

 本体の収納性は、この機種は、すべてのプレートがフラットに収納できる構造です。台所の棚にも収納しやすいでしょう。

 以上、パナソニックのIH式のホットプレートの紹介でした。IH式で温度ムラが生じにくい点も利点です。また、電熱式ホットプレートに較べると、本体への油のこりが少なく、片付けに要する時間が半分以下で済む点もメリットでしょう。

 欠点は、値段の高さです。ただ、ホットプレートは一度購入すれば、10年以上は使える家電です。そのため、最初に「奮発」するのは、良い選択肢です。付属のレシピブックにも色々な料理が紹介されているため、料理好きの方におすすめできます。

象印のホットプレート

 つづいて、国内の調理家電メーカー、象印のホットプレートを紹介していきます。

 象印はいくつか商品を出しているので、順番に紹介します。


  

 3・象印 ホットプレートEA-GV35-TD
  ¥12,871 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 EA-GP35-TAは、象印の家庭用の「定番」ホットプレートです。また、同社のホットプレートでは最も高機能なモデルです。

 本体サイズは、幅54cm×奥行37.5cm×高さ12cmとなります。パナソニックに比べても大きめで、家族用と言える製品です。例えば、たこ焼きならば、1度に30個もできるサイズです。

 加熱方式は、一般的な電熱線を使った方式です。IH式に較べると加熱ムラが生じやすい点と、温度調節がダイヤル式でありややファジーな点です。ただ、割安ですし、ホットプレート調理で細かい温度調節は必ずしも必要ではないので、十分安心して使える製品です。

 201401251231.jpg

 付属するプレートは、多彩です。遠赤平面プレート・遠赤穴あき焼肉プレート・大たこ焼きプレート・遠赤平面ハーフプレート・遠赤穴あき焼肉ハーフプレートの5つです。

 このうち、もっとも広いのは遠赤平面プレート43センチです。焼き肉の場合、パナソニックの焼き肉プレートは36cmでしたので、それよりも一回り大きめのファミリータイプになります。

 表面加工は、フッ素加工がしてあり金属へらが使えます。


 feature04_imagea.jpg

 また、付属品の中で面白いのは2つのハーフプレートです。焼肉は穴あきプレートで、野菜は通常のプレートで、と同時に焼き分けることができます。また、ハーフプレートを2つつなげば、全面穴あきグリルにもできます。

 feature02_image02.jpg

 穴あきプレートは、脂肪分を落とすほか、けむりの軽減に役立ちます。ヘルシーに焼き肉をしたい人には象印のこの機種はおすすめですね。

  201401251104.jpg

 本体のお手入れは、パナソニックのIH式に較べると掃除に一手間必要です。ただ、ヒーターセットが外せるため、全体が丸洗いできるため高いです。

 しかし、穴あきプレートを利用して焼き肉をするときに、最下部の本体ガード部に水をはる必要があるため、準備や掃除や手軽とは言いにくい構造です。ただし、このあたりは電熱式ホットプレート共通の特徴なので、IH式の調理器具に比べてある程度掃除がたいへんなのは、「割り切る」必要があります。

 ちなみに、Atlasは片付けが嫌いなので例外ですが、現在もホットプレートを利用されていて、取り立てて面倒に感じない方は、この機種のほうが格安・多機能で良いかもしれません。

 201401251252.jpg

 本体の収納性は、高いです。かなりの枚数のプレートがつきますが、収納は専用のホルダーが付くために楽です。幅・奥行・高さ54x37.5x12cmある場所ならば、台所のすきまに収納可能でしょう。

 以上、象印のホットプレートEA-GP35-TAの紹介でした。IH式に較べて掃除が多少しにくいことが難点ですが、しかし、比較的安価で穴あき焼き肉プレート付モデルが手に入ることは魅力でしょう。また、多くのプレートが付属するにもかかわらず、高い収納性も魅力です。


 

 4・象印 EA-GR25-TD
  ¥10,780 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 こちらも、象印の電熱式のホットプレートです。ただし、付属品が少ない下位機種です。

 本体サイズは、幅54cm×奥行37.5cm×高さ15cmとなります。先ほどの機種と本体のサイズは同じで、家庭用の大きめ製品です。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

 201510091543.jpg

 付属するプレートは、上位機種と同じ43センチの平面プレート遠赤穴あき焼肉プレート・遠赤平面ハーフプレート・遠赤穴あき焼肉ハーフプレートのです。大きな違いと言えるのは、たこ焼き用のプレートが未付属という部分でしょう。

 表面加工は、フッ素加工がしてあり金属へらが使えます。

 本体のお手入れは、この機種の場合も、IH式に較べると掃除に一手間必要です。電熱線のホットプレートは、この部分はある程度の「割り切り」が必要です。「少しでも油っぽいのに耐えられない」という方は、基本的に掃除が手軽と言えるIH式が向きます。

 本体の収納性は、しかし、こちらは、便利な収納ケースは未付属になります。

 以上、EA-GR25-TDの紹介でした。プレート構成と収納ケース以外の部分は上位機種と同じです。ただ、特に収納の利便性を考えると、選ぶならば上位機種でしょう。


 

 5・象印 EA-DD10-TA
  ¥7,471 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 EA-DD10-TAは、象印のワイドサイズのホットプレートです。

 本体サイズは、幅66.6 x 奥行44.8 x高さ 17 cmです。家庭用というより、子供会や町内会の「集まり」で多人数で使うために常備したい製品です。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

 付属するプレートは、1枚のみで、48センチワイドタイプの平面プレートです43センチのホットプレートよりも一回り大きいため、大家族・パーティーに対応できます。

 表面加工は、こちらもフッ素加工がしてあり金属へらが使えます。

  201401251110.jpg

 本体のお手入れは、ここまで紹介した機種よりも楽です。プレートが「穴あきではない」ために、最下部の本体ガードに水を張らなくて良いからです。ただ、油分が下に落ちない仕様ですから、味の面ではそれなりでしょう。

 本体の収納性は、収納ケースなどは未付属になります。

 以上、象印のワイドタイプのホットプレートの紹介でした。大人数のパーティーなどの際に重宝しそうなサイズを持つ点が魅力ですね。ただ、家庭用にはやや大きすぎるでしょう。


 

 7・象印 EA-BE10-TD 1枚プレート
  ¥6,803 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)
 8・象印 EA-BJ20-TD 2枚プレート
  ¥7,677 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)
 9・象印 EA-BQ30-TD 3枚プレート
  ¥9,062 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 EA-BEシリーズは、象印では、エントリーモデルといえるホットプレートです。最も安価なシリーズです。主に、ホットケーキや、お好み焼き用と考えられる商品です。1人暮らしの方にもオススメできるサイズと値段の製品です。

 本体サイズは、幅49 x奥行39x高さ15 cmです。本体のサイズとしては小ぶりで、Mサイズのピザ程度のサイズでしょう。1-2人暮らしに最適な大きさです。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

 201611031202.jpg

 付属するプレートは、3種類で異なります。10型は平面プレートのみ、20型は、溝付きの焼き肉プレートが、30型は、溝付きの焼き肉プレートたこ焼きプレートが付属します。

 最も大きな、平面プレートは、36センチの商品です。大家族用としてはやや小さめで、2人程度に良いサイズだと思います。

 表面加工は、トリプルチタンセラミックコートがしてあるため、金属へらが使えます。

 201611031203.jpg

 本体のお手入れは、構造が単純なので、掃除についてはしやすいモデルです。

 本体の収納性は、収納ケースなどは未付属になります。

 以上、象印のラウンドタイプのホットプレートの紹介でした。機能は限定されますし、収納ケースなどは付属しませんが、構造が単純で掃除がしやすい点は高評価できます。ホットケーキを焼いたり、お好み焼きを焼くのに利用するのならば、これでも良いでしょう。

 とくに、たこ焼きプレートと焼き肉プレートが付属する機種は人気です。

タイガーのホットプレート

 つづいて、国内の調理家電メーカーとして、象印のライバルといえるタイガーのホットプレートをしょうかいしましょう。


 

 【2017年】

 【プレート3枚】

 10・TIGER これ1台 CRC-B301-T
  ¥11,500 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【プレート2枚】
 11・TIGER もう1枚 CRC-B200-T
  ¥9,145 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【プレート1枚】
 12・TIGER プレート1枚 CRC-B101-T
  ¥7,136 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 CRC-Bシリーズは、タイガーのホットプレートのエントリーモデルです。

 本体サイズは、幅51.1 x奥行35.1x高さ5.5cmです。多少スマートで、だいたい2人程度まで便利に対応でき小型サイズです。象印の円形タイプのエントリーモデルが「ライバル機」ですね。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

  201401251310.jpg

 付属するプレートは、3種類で異なります。

 CRC-B301は、35cmの平面プレートと、穴あき波形プレート・たこ焼きプレートが付属します。

 CRC-B201は、35cmの平面プレートと、穴あき波形プレートが付属します。

 CRC-B110-は、35cmの平面プレート付属します。

 平面プレートのサイズ35cmです。やや小ぶりなので、育ち盛りの子供さんがおられる家庭だと少々小さいでしょう。

 201401251341.jpg

 なお、これらの機種の穴あき波形プレートですが、だいたい同じサイズの象印のラウンドタイプ(円形)の小型ホットプレートに較べて、焼肉を焼く際の性能が高いと言えます。

 焼き肉の油が落とせる波形プレートを簡易化したと言える「油キャッチャー」が付いているからです。2人程度の少人数で、油分を落としてできるだけヘルシーに食べたい方は、これが良いです。

 表面加工は、どの製品もタイガー独自の2層遠赤土鍋コ一テイングがなされており、掃除は容易です。金属へらも使えます。

 本体のお手入れは、水受け皿を掃除する一手間が必要になりますが、小型のため、それほどたいへんではありません

 本体の収納性は、このグレードの製品の場合、収納ケースなどは未付属になります。

 以上、タイガーのホットプレートCRC-Bシリーズの紹介でした。2−3人程度まで対応できる小ぶりのモデルを探している方には「おすすめ」です。とくに、焼き肉について言えば、象印に較べて、上述の「油キャッチャー」機能が付いている分、こちらの機種が良いかなと思います。

 ただ、焼き肉用に使わないならば、象印のラウンドタイプのホットプレートと値段で決めれば良いでしょう。性能差はなさそうです。


  

 【プレート3枚】

 13・TIGER これ1台 CRV-G300-SN
  ¥16,214 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【プレート2枚】

 14・TIGER もう1枚 CRV-G200-SN
  ¥16,214 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 CRV-G300シリーズは、タイガーのホットプレートの上位機種になります。

 本体サイズは、幅52.3 x奥行38.5x高さ12.7cmです。象印の最上位機と同じほどのサイズで、同様にたこ焼きなら30個焼けるほどの大きなプレートに対応できます。4人家族でも余裕でしょう。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

  201710171956.jpg

 付属するプレートは、2種類で異なります。

 13番のCRC-G300は、42cmの平面プレートと、穴あき波形プレート・たこ焼きプレートが付属します。

 14番のCRC-G200は、42cmの平面プレートと、穴あき波形プレートのみ付属します。

 大きな42cmの平面プレートは、4人家族まで十分に対応でき、お客様が来たときでもこなせる実力を持ちます。

  201710171950.jpg

 表面加工は、タイガーの上位機種は、 硬質セラミックスハードフッ素コーティングです。中間層にセラミックを含む素材を採用することで、フッ素樹脂を剥がれにくくした製品です。おもに耐久面で効果を発揮しそうです。金属へらも使えます。

 本体のお手入れは、水受け皿を掃除する一手間が必要になります。ただ、これは、象印と同等程度で、電熱線のホットプレートの「宿命」です。

 201510091702.jpg

 本体の収納性は、垂直縦置きが可能な構造です。タイガーで縦置きに対応するのはこの製品のみですね。

 以上、CRV-G300シリーズの紹介でした。「硬質セラミックスハードフッ素コーティング」の採用で、耐久性が期待できる点が、象印の同型機に比べた場合の利点でしょう。ただ、プレートの構成は、ハーフプレートを採用する象印のほうが「利便性」と「面白み」があるかなと感じます。

アイリスオーヤマのホットプレート

  

 【プレート3枚

 15・アイリスオーヤマ 角型両面 DPO-133
  ¥7,300 Amazon.co.jp
  (10/17執筆時)

 プレート寸法 内寸/深さ(約)65x33.6.0x9

 DPO-133は、日本のアイリスオーヤマのホットプレートです。ホームセンターでお馴染みのメーカーですが、近年、同社は生活家電・調理家電の新製品開発にもに力を入れています。

 本体サイズは、幅65.x奥行33.6x高さ9cmです。他社に比べると縦方向に幅広で、奥行きはさほどない珍しい形状です。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

 201705041139.jpg

 付属するプレートは、3枚です。

 こちらの場合、焼き面が2カ所ある点がユニークな製品です。発想としては、象印に付属するハーフプレートが先行しますが、完全に区切ってしまった点と、左右別々で完全な火力調整が可能な点におもしろさを感じます。プレートサイズは、全長で65cmとホットプレートとしては長いですが、作れる量は多くなります。

 一方、こちらには、波板プレートがないので、焼き肉にはあまり向きません。焼きそば・お好み焼き・たこ焼きなどの「ちょっとしたランチ用」に使うのに適しているでしょう。ただ、他社のホットプレートに付属する蓋がないので、蒸し焼きにするのは面倒です。

 表面加工は、フッ素加工がなされており、汚れ落としも楽な仕様です。

 本体のお手入れも、この製品はプレートを外して洗えるため、他社の電熱線方式の(水受けのないタイプの)ホットプレートと同等の使い勝手があります。

 201705041145.jpg

 本体の収納性は、こちらも高いです。長さは他機種よりありますが、台所の隙間に収納する場合重要になる「幅」は他社の3枚プレート製品よりも薄いですね。

 以上、アイリスオーヤマDPO-133の紹介でした。

 2種類の調理を別々に火力調整できるのは魅力です。世帯用として面白い発想だと思います。価格も他社に比べて安価で導入しやすいですが、その一方で蓋がない点は、多少残念な部分でしょう。


 

 【3枚プレート】

 16・アイリスオーヤマ  APA-135-T
  ¥7,200 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【2枚プレート】
 17・アイリスオーヤマ APA-134-T
  ¥5,114 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

  APA-1シリーズも、アイリスオーヤマのホットプレートです。先ほどの機種と比べると「普通」の平面プレートですが、他社の同サイズ・同プレートに比べて2割ほど安い点が魅力ですね。

 本体サイズは、幅48.x奥行35.6x高さ13.7cmです。世帯用としては割と小ぶりです。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

 付属するプレートは、APA-134-Tは、たこ焼きプレートが付属しない2枚構成APA-135-Tは、たこ焼きプレートが付属する3枚構成です。プレートのサイズは、幅42cmなので、他社の4人対応のモデルとほぼ同一の大きさです。一方、焼き肉については、この機種も油を落として焼ける、穴あきの焼き肉プレートが付属します。

 表面加工は、遠赤効果を期待できるセラミックコーティングもなされており、アイリスオーヤマから焼き肉に向いたプレートを選ぶならばこちらでしょう。また、こちらは蓋も付属です。

 201705041205.jpg

 本体のお手入れも、こちらは水受けを含めて丸洗いできるので問題ありません。

 本体の収納性は、この機種の唯一の問題点で、縦置きができない仕様ですので、収納場所の確保は必要です。

 以上、アイリスオーヤマDPO-135の紹介でした。

 他社よりも1000円以上安いのが魅力です。清潔性も丸洗いできる構造なので、問題ないでしょう。ただ、フッ素加工の部分で、例えばタイガーの土鍋2層コーティングなどのブランドコーティングがなされない点や、油を落とすプレートの形状などに多少値段が見えてしまっている点は残念な部分ですね。

他メーカーのホットプレート

 最後に、ここまで紹介した以外のメーカーの人気製品を紹介します。


  

 18・プリンセス テーブルグリル ピュア
  ¥21,600 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 テーブルグリル ピュア 103030 は、オランダの新興調理家電メーカーのプリンセスが販売する話題のホットプレートです。

 本体サイズは、幅61.4.x奥行22.2x高さ7cmです。まな板のように長細い形状ですね。テーブルの真ん中に置けば見映えしそうです。大きめのファミリーサイズですね。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。

  201608021432.jpg

 付属するプレートは、着脱できない湾曲したセラミックプレートのみです。ただ、写真のようにテーブル映えするセラミック製のプレートで、デザイン性の高いモデルです。従来のホットプレートの常識を覆す「オシャレさ」で、正直びっくりしました。

 また、湾曲したセラミックプレートの真ん中には穴があり、油受けに油が落ちる仕様です。

 表面加工は、セラミック加工がなされています。タイガーのセラミックコーティングとことなり、一層目にセラミック加工がなされるため、肉などをこんがり焼くのが得意です。遠赤効果も期待できます。また、セラミック加工のため、油を引かずに焼き肉ができます。

 本体のお手入れは、台座部分は外して洗えない仕様です。ただ、テーブルはセラミック製なので、セラミックのフランパンのように、キッチンペーカーで拭き取るだけで、焦げ目も「つるっと」取れます。多くの場合問題ありませんが、日本に多い「絶対水洗いしたい」清潔派には不向きでしょう。また、万一焦げ付いた場合は、濡れたタオルで濡らし拭きすることになります。

 なお、真ん中に油を落とすためのがあり、その底面に取り外しできるオイルトレーがあります。オイルトレーは外して水洗いできます。

 以上、プリンセスのテーブルグリル ピュアの紹介でした。デザイン性が高く、来客時に「受ける」こと間違いない製品だと思います。できれば、テーブルトップも外して洗える仕様ならなお良いわけですが、そこは「ない物ねだり」でしょう。

ーーーー

  

 19・アイリスオーヤマ PHP-1301TC-X
 
 ¥5,975 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 なお、こちらは2017年にアイリスオーヤマから「ジェネリック家電」的製品が登場しました。 

 本体サイズは、幅55.x奥行23x高さ7cmで、プリンセスの製品に比べると幅が狭いです。

 一方、この製品は中心に肉汁を落とす穴がないほか、セラミックプレートが平面です。焼肉用としては明確にプリンセスの製品に劣ります。また、「SNS映え」するようなデザイン性という意味でも劣ります。

ーーーー

  

 20・トレードワン chef セラミックグリルプレート
   ¥7,000 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 また、サードパーティからは、穴まで「再現」された、「ジェネリック家電」が登場しています。

 本体サイズは、幅53.5.x奥行35x高さ10cmで、奥行があるタイプです。

 こちらの場合は、肉汁受けはありますが、プリンセスの製品に比べるとプレートの湾曲加工と、焦げ付き防止加工の点で及びません。また、デザイン性の面でも、「元祖」に比べると価格相応でしょう。


 

 21・BRUNO BOE021-RD
  ¥9,504 Amazon.co.jp
(10/17執筆時

 BOE021-RDは、BRUNOコンパクトホットプレートです。

 本体サイズは、幅37.5.x奥行23.5x高さ13.5cmです。さほど大きさは重視していないモデルで、2人暮らしや1人暮らしに向いている収納性重視の製品です。

 なお、鋳物のホーロー製品のような見た目ですが、それは「見かけ」だけで、普通のスチール製品ですから軽量です。ふたを閉じた状態で、台所の見える場所に置いておいても、見映えがするのが売れている理由ですね。

 加熱方式は、こちらも一般的な電熱線を使った方式です。一方、家電メーカーの製品に較べると、ヒーターの配線の関係か、温度の均一さという点では多少劣ります。

 付属するプレートは、プレ−トは、平面プレートのほか、たこ焼きプレートが付属するあたり日本仕様ですね。形状的にも、お肉を焼くと言うより、粉ものを焼くのに向いていそうです。たこ焼きは24個できるサイズです。

 

  BRUNO グリルプレート
  ¥2,160 Amazon.co.jp (10/17執筆時

 なお、オプションですが、波形のグリルプレートが利用できます。焼肉用にはこれを買うのが足の面で「マスト」でしょう。穴あきではないですが、それに準じる味を期待できます。

 本体のお手入れは、プレートを外して洗える仕様なので楽です。

 本体の収納性は、この機種の「売り」でしょう。見かけも良い製品なので、キッチンに置きっぱなしでも良いでしょう。

 以上、BRUNO コンパクトホットプレートの紹介でした。焼き肉などに使う本格的なホットプレートではないですが、家族のためにお好み焼きや、ホットケーキなどを手軽に作るには向いている機種の一つです。


 201608031807.jpg

 【40cm】

 22・ザイグルグリル JAPAN-ZAIGLE
  ¥14,800 楽天市場 (10/17執筆時)

 【32.4cm】

 23・ザイグルミニ JAPAN-ZAIGLE  
  ¥13,980 楽天市場 (10/17執筆時)

 ザイグル は、テレビ通販で話題が沸騰したユニークな焼き肉用ホットプレートです。

 本体サイズは、直径40cmと家庭用としても大きめのモデルと、32.4cmのコンパクトサイズの2つから選択できます。

 加熱方式は、こちらは、赤外線ヒーター方式です。上部にカーボンヒーターを搭載し、遠赤外線で肉を焼いていく仕組みです。輻射熱を併用する方式なので、けむりが出にくく、家庭での焼肉の最も嫌な部分を緩和できます。また、プレートが高温にならないので、肉の焦げ付きなども控えめです。

 一方、火力は、直下から温める方式なので、焼き上がりにかかるまでの時間は若干長い点は、通常のホットプレートとの違いです。野菜なども火の通りが良いように、気をつけて小さめに切るのがコツと言えます。

 本体のお手入れは、上部の鉄板水洗いできる仕様です。お手入れ面でも配慮があります。

 以上、ザイグルの紹介でした。かなり特殊で、コツが必要なホットプレートです。しかし、焼肉専用で考えるならば、良い選択肢です。新築物件や賃貸物件など、煙を出す料理に抵抗がある方は、特に良いでしょう。

ーーーー

 24・ザイグルハンサムSJ-100
  ¥17,315 楽天市場 (10/17執筆時)

 25・ザイグルプラス(JAPAN-ZAIGLE PLUS)
  ¥20,500 楽天市場 (10/17執筆時)

 なお、ザイグルには2種類の上位機種もあります。

 ザイグルハンサムは、真ん中の棒をなくし、「SNS映え」をより重視したデザイン重視の設計です。

 ザイグルプラスは、ザイグルグリルの後継機で、上板が2枚に分離できるようになり通電状況を示すランプが搭載された改良モデルです。

 ただ、基本性能は、ザイグルグリルに準じるため、基本的には価格の安い「ザイグルグリル」で良いでしょう。


 201705041221.jpg

 26・グラファイトグリラー CAG-G13AG
  
¥34,560 Amazon.co.jp (10/17執筆時

 アラジングラファイトグリラーは、暖房器具メーカーのアラジンが発売する新型の焼き肉向けのホットプレートです。

 本体サイズは、本体の幅が55cmと大きめです。上にヒーターユニットもあるので、それなりに圧迫感はあります。

 201705041227.jpg

 加熱方式は、赤外線ヒーター方式です。上部にヒーターを搭載し、遠赤外線で肉を焼く仕組みを採用します。

 ザイグルの場合は両面加熱でしたが、こちらは、0.2秒で加熱される速暖性をもち、パワーも強いアラジンの特許技術である遠赤グラファイトを採用するため、上面の熱源と鉄板からの輻射熱だけで焼けます。結果、遠赤外線が奏功し、炭火で肉を焼くような効果が得られ、肉の柔らかみも増します。また、下に熱源がないため、油の落ちも良く、カロリーカットにも貢献しやすい仕様です。

 付属するプレートは、一体型の穴あき焼肉プレートです。30cmほどなので、ホットプレートとして考えれば平均サイズでしょう。2−3人までに向くサイズです。

  本体のお手入れは、この機種は上からの熱だけで焼くため、下に落ちた油が気化せず煙が出にくいというメリット性があります。よく考えられた製品だと思います。お手入れは、構造上「丸洗い」とはいきませんが、プレートのほか、油受けの部分も水洗い可能です。

 201705041237.jpg

 収納性も考えられており、上部を折りたたんで、専用の収納バッグにコンパクトに収納できる設計です。

 以上、アラジングラファイトグリラーの紹介でした。近年のホットプレートでは、かなり「尖った発想の製品」で、Atlasとしても注目している製品です。そのため、発売後に改めて実機レビューはしたいと思います。難点は、やはり価格でしょう。ただ、実勢価格で、2万円台前半ならば、売れ筋になりそうです。

今回の結論!
最新ホットプレートのおすすめは結論的にこの機種!

 ということで、今回は、2016年段階で最新機種となるホットプレートを紹介しました。

 最後に、いつものように、目的別・用途別に「おすすめ機種」を数種類あげてみたいと思います。


 第1に、掃除が手軽で、収納性も良い機種として最もおすすめな機種は、

 

 【鍋なし】

 1・IHホットプレート KZ-HP1100-K
  ¥17,406 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)   

 【鍋付】
 2・IHホットプレート KZ-HP2100-K
  ¥22,500 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 掃除のしやすさ ★★★★★★
 収納性     ★★★★★
 温度ムラのなさ ★★★★★★

 ダントツでパナソニックのIH式のホットプレートです。こちらはプレート全体で発熱させるIH式で、温度ムラが少なく、隅に置いた肉が生焼けという事態もないでしょう。

 また、プレートの掃除だけで済むため、後片付けがかなり楽です。収納性についても、縦置き機能はないものの、全てのプレートをフラットに収納できるため、収納の邪魔にならないと思います。

 201401251219.jpg

 Panasonic 焼肉プレート KZ-AY10-K  
  ¥8,286 Amazon.co.jp (10/17執筆時)
 Panasonic 卓上IH用てんぷら鍋 KZ-T1K
  ¥1,865 Amazon.co.jp (10/17執筆時)
 Panasonic タコ焼きプレート KZ-TK1
  ¥3,150 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 別売りとはなりますが、オプションも豊富です やや高いのが難点ですが、ホットプレート自体10年以上利用するものです。ある程度しっかりしたものを最初に買ってしまうことをおすすめします。長期間のノウハウがあるため故障もそれほどない類の家電ですから。


 第2に、、焼き肉・お好み焼き・たこ焼きとマルチに活躍できる多機能ホットプレートとしておすすめなのは、

  

 3・象印 ホットプレートEA-GV35-TD
  ¥12,871 Amazon.co.jp (10/17執筆時)  

 掃除のしやすさ ★★★★☆
 収納性     ★★★★★
 温度ムラのなさ ★★★★☆

 象印の EA-GP35-TAです。焼き肉を美味しく焼くための新技術であるハーフプレート採用している点でこちらを選びました。

 たこ焼きプレートまで付いたフルセットで、それらのプレートを含めて縦置き収納可能であるため、収納性も高いといえます。


 第3に、パーティー用・大家族用のホットプレートとしておすすめなのは、

 

 5・象印 EA-DD10-TA
  ¥7,471 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 掃除のしやすさ ★★★★☆
 収納性     ★★★★☆
 温度ムラのなさ ★★★★☆

 象印のEA-Dシリーズが良いと思います。全メーカーを通して最もワイドな48センチクラスのワイドサイズで、大人数のパーティーでも十分対応できます。

ーーーー

  

 15・アイリスオーヤマ 角型 両面 プレート3枚 DPO-133【各色】
  ¥7,300 Amazon.co.jp
  (10/17執筆時)

 プレート寸法 内寸/深さ(約)65x33.6.0x9

 ただ、複数の料理を同時に行う、という方向性ならば、2面プレートが付属するアイリスオーヤマの製品は魅力です。


 第4に、少人数世帯用の小型のホットプレートとしておすすめなのは、

 

 【2017年】

 【プレート3枚】

 10・TIGER これ1台 CRC-B301-T
  ¥11,500 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【プレート2枚】
 11・TIGER もう1枚 CRC-B200-T
  ¥9,145 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 【プレート1枚】
 12・TIGER プレート1枚 CRC-B101-T
  ¥7,136 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 掃除のしやすさ ★★★★☆
 収納性     ★★★★☆
 温度ムラのなさ ★★★★☆

 タイガーのCRC-Bシリーズが良いと思います。象印のラウンド(円形)タイプと迷いましたが、掃除がしやすく、遠赤効果が期待できる「ブランドコーティング」といえる土鍋コーティングがなされている点を評価しました。


 第5に、焼き肉専用ホットプレートとして、その味・利便性を重視して選ぶとすると

 201705041221.jpg

 26・グラファイトグリラー CAG-G13AG
  
¥34,560 Amazon.co.jp (10/17執筆時

 アラジングラファイトグリラーでしょう。遠赤加熱は、肉を美味しく焼くという点では、IHや電熱線のホットプレートよりも上位です。また、この機種は、煙の発生しにくい製品で、家庭での焼肉の最大の問題点を克服している点でも魅力です。

 形状的に、2人程度までに向く製品ですが、既存の製品と明確に異なり、思想もある製品ですので、「新しい物好き」の方には特にオススメです。

ーーー

  

 18・プリンセス テーブルグリル ピュア 103030
  ¥21,600 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 一方、お客様を「目で楽しませる」という点では、プリンセスのテーブルグリルピュアが良いでしょう。サイズ的にも4人程度まで対応できます。

 また、SNS映えしそうなデザインですが、湾曲加工されたセラミックプレートや穴あき構造など、性能も期待できる製品です。多少効果ですが、こちらも「焼き肉専用プレート」として実力があります。

ーーー

 以上、今回は、ホットプレートの紹介でした!!

 

おすすめグリル鍋の比較記事

 なお、「焼き肉」「お好み焼き」だけでなく、鍋を使った調理なしたい場合ですが、ホットプレートに類似する「グリル鍋」という調理家電があります。上の記事で紹介していますので、よろしければ、こちらもご覧ください。

 また、最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 21:26 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' ヘルシオのお茶プレッソ人気7製品の性能とおすすめ:レシピ・口コミの紹介:紅茶・烏龍茶・緑茶などおすすめ茶葉材料

今回レビューする製品:2017年 シャープヘルシオお茶プレッソの価格・評判や使い方・選び方のおすすめ:紅茶・ウーロン茶も対応! SHARP HEALSIO お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B TE-GS10A-W TE-GS10B-G TE-GS10B-T TE-TS56V-G TE-TS56V-R TE-GS10A-R 機種の違いや掃除やお手入れ方法・口コミ情報など

今回のお題
「お茶プレッソ」は、美味しくお茶を淹れられるか?

 
 どもAtlasです。今日は、シャープのヘルシオお茶プレッソの紹介です。

 本格的にお茶が淹れられる点で評判を呼び、専門誌などでも特集が組まれた、最新かつ野心的な家電です。

 今回の記事では、現在3シリーズ7製品ラインナップされているヘルシオお茶プレッソの機能の違いを比較した上で、お茶プレッソの基本的な使い方や、おすすめの茶葉お手入れ(掃除)の方法などを順番に説明していきたいと思います。

お茶プレッソにできること

 201611031226.jpg

 1・ヘルシオ お茶PRESSO TE-GS10A-W
  ¥7,250 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 シャープの「ヘルシオお茶プレッソ」は、手軽に機械が点てた美味しいお茶が飲めるというコンセプトの商品です。ただ、作られるお茶の味は、急須で入れるお茶とも、点てた抹茶とも異なります。 

 従来品と一番近いのは、粉末茶でしょう。カテキンが丸ごと取れる健康効果で流行しているものです。ただ、お茶プレッソの場合、直前に石臼で挽くため、その味は既製品の粉末茶のレベルを超えています。


 お茶プレッソの本体構造はシンプルです。

 1・お茶臼で茶葉をひき、2・お茶を沸かし、3お茶を点てるという3つがその機能の全てと言えます。以下、順番に解説していきましょう。

 201406161052.jpg  

 第1に、「挽く」という工程です。石臼(セラミック)が低速回転し、茶葉をきめ細やかな粉末にしていきます。

 粉末茶自体は、家庭用の(ミル)ミキサーでもできますが、ミキサーでは引き切ることができません。その点、石臼方式は最善の方法だと思います。

 201406161106.jpg
実際、ミキサー(ミルサー)で作った茶葉は、市販のような粉末茶にはなりません。

 

 Kalita セラミックミル C-90 (ブラック)
 ¥6,617 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 なお、低回転で臼を回す方式は、高級コーヒーミルの方式と同じです。「挽く」という意味では両者は同じですから、この機能を応用したのだと思います。 

 ミルは1回で4グラムまで挽くことが可能です。粉末が2gあれば3杯ほどのお茶が入るため、1日一回挽いておけば十分足りるでしょう。なお、粉末茶をミルから取り出して、ケースに入れる作業は手動です。

 201406161058.jpg

 第2に、「沸かす」行程です。

 これもコーヒーメーカーと共通するところがあります。日本の水道水の事情から「水を沸騰させ、カルキ成分を取り除くことが意図されているからです。

 コーヒーメーカーと違い、抹茶は沸騰温度よりもやや低めで淹れるので、そういった温度調整もなされます。


  201406161102.jpg

 第2に、「点てる」行程です。回転する羽根で粉末茶を点てていきます。茶せんでお茶を点てる方法を真似ているため、粉末茶に最適なかくはんが可能です。

 お茶を淹れるまでにかかる時間は、1杯の場合3.5分、3杯だと6.5分です。

 201406161116.jpg

 操作ボタンは以上のようになります。粉末茶をケースに入れるタイミングは、メロディで教えてくれます。

 なお、冷水を入れることで、粉末茶から冷茶の作成も可能です。夏には嬉しい機能です!その他、牛乳を入れることでラテも作れます。

お茶プレッソの機能の違い

 つづいて、現在の「お茶プレッソ」のラインナップを比較・紹介します。

 201611031226.jpg

 1・お茶PRESSO ホワイト系 TE-GS10A-W
 2・お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B
 3・お茶PRESSO レッド系 TE-GS10A-R
  ¥7,250 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 TE-GS10Aシリーズは、はじめに発売されたお茶プレッソのオリジナルモデルです。3色展開ですが、違いは色だけで、機能差はありません。

 上で紹介した「挽く」「湧かす」「点てる」という基本機能を網羅するスターンダード機と理解してください。


 201611031230.jpg

 4・お茶PRESSO グリーン系 TE-GS10B-G
 5・お茶PRESSO ブラウン系 TE-GS10B-T
  ¥6,099 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 TE-GS10Bシリーズは、2015年に追加販売された上位モデルのお茶メーカーです。

 201611031253.jpg

 大きな機能差は、臼で「挽く」部分の改善です。

 第1に、の点では、下位機種の場合、臼の粒度は最大20ミクロンでした。こちらの場合、最大15ミクロンまで挽けるため、より「まったり」「すっきり」飲めます。

 第2に、時間の点では、従来機種の場合2分かかっていた挽き時間が、1分40秒に短縮されました。

 第3に、使い勝手の点では、茶葉投入口が広くなり、下位機種よりも投入しやすくなりました。また、前面に帯電防止加工が施され、粉砕したお茶の不着を抑えられるようになりました。

 こうした点で従来機の能力を改善した機種がTE-GS10Bシリーズです。お茶メーカーは「趣味性が強い」製品ですので、お茶の味に、よりこだわりたい場合は、こちらが良いででしょう。


 201611031243.jpg

 6・お茶PRESSO グリーン系 TE-TS56V-G
 7・お茶PRESSO レッド系 TE-TS56V-R
  ¥15,300 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 TE-TS56Vシリーズは、お茶プレッソのプレミアムモデルです。

 下位機種との機能面の違いは2つです。

 201611031255.jpg

 第1に、約70度の「ぬるめ」のお茶に対応したことです。もちろん、沸騰温度にした後に冷ます構造なので、ぬるめでもカルキの残留の心配はありません。普通の煎茶はともかく、ちょっとした「高級茶」はあまり高温で淹れると、せっかくの甘みが飛んでしまうので、それを緩和できるのは良いと思います。なお、ぬるめ茶は、冷風ファンで冷やして作るため、お茶ができるまでの時間は同じです。

 第2に、容量が増加し、一度に4杯までお茶を淹れられるようになった点です。下位機種は3杯までなので、容量の面でもパワーアップしています。

 その他の点では、先ほど紹介したTE-GS10Bシリーズと同じです。もちろん、臼は、15ミクロンカット対応の「新型」です。

 以上、TE-TS56Vシリーズの紹介でした。「ぬるめ」対応は「マイナーチェンジ」に思えますが、「まろやかで甘いお茶」を淹れられるので、味の点でとことんこだわりたい場合は良い選択肢でしょう。

お茶プレッソの健康効果

 さて、お茶プレッソですが、そのメリット性の1つは、その健康効果です。急須でお茶を淹れるのと異なり、茶を全て「食べる」ことになるために、カテキンやビタミンE、食物繊維などが効果的に取れます

000034294.png

 カテキンについては、約1.9倍の量です。カテキンはダイエット効果もあります。

お茶プレッソでできる茶の種類

 ここで、お茶プレッソで利用できるお茶の種類を確認しておきましょう。

 

 小野園 鹿児島県産 有機緑茶 緑印 100g
  ¥648 Amazon.co.jp (10/17執筆時)
 茶の大胡 やぶきた静岡深むし茶 200g
  ¥699 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 

 伊藤園 おーいお茶 濃い茶 100g
  ¥778 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 もちろん、緑茶を作ることが可能です。どの茶葉を使っても良いですが、味が濃い目とされる茶葉の方が粉末茶には向くようです。

 

 碾茶 宇治産 100g入り 日本茶
  ¥2,160 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 また、より「抹茶」に近い甘い味を得たいならば、碾茶を使うのが良いです。碾茶は、抹茶用に加工したお茶のことで、煎茶とは製法が違います。なお、製法も歴史を辿れば、こちらの方が古いです。


 

 謝さんの香る烏龍茶 凍頂四季春茶 80g 
  ¥1,080 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 

 トワイニング ビンテージダージリン 100g
  ¥1,186 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 このほか、 ウーロン茶や紅茶を挽いて、粉末茶にして淹れることも可能です。ただ、お茶なら何でもOKというわけではなく、麦茶・黒豆茶・玄米茶・そば茶・ジャスミン茶など、花や細かい素材、固い素材が入ったものは石臼が壊れてしまうのでNGです。

 基本、葉の部分で茶葉の大きさが細かめのお茶ならいけます。例えば、白茶やプーアル茶も、固まりでないものならいけるでしょう。

 

 お茶プレッソ用 お茶うす TH-GU1
  ¥5,200 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 お茶プレッソ用 お茶うすTH-GU2
  ¥5,885 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

なお、複数の種類のお茶を引き分ける場合、別売りのお茶臼を購入しても良いでしょう。2種類ありますが、TH-GU2 は、4杯対応の最上位機種専用です。それ以外の機種は、TH-GU1になります。

お茶プレッソのお手入れ

 201406161124.jpg

 お茶プレッソのお手入れは簡単です。基本的には、お茶容器と回転羽をゆすぐだけです。これらは水道で洗えます。

 201406161125.jpg

 臼の部分のお手入れは、1ヶ月に1回ほどで大丈夫です。専用のブラシで茶粉を払う感じですね。

今回の結論
「お茶プレッソ」のおすすめはこの機種!

 
  というわけで、今回は、現行のお茶プレッソを全機種紹介しました。最後に、いつものように、Atlasのおすすめ機種を提案しておきます。

 第1に、基本的に格安の煎茶・深蒸し茶を中心に利用する場合で、味にこだわりたい場合におすすめなのは、

 201611031230.jpg

 4・お茶PRESSO グリーン系 TE-GS10B-G
 5・お茶PRESSO ブラウン系 TE-GS10B-T
  ¥6,099 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 新型の臼を搭載した中位機種である、TE-GS10Bシリーズが良いと思います。

 従来機に比べてお茶がより細かく粉砕できるので、お茶の味は下位機種と明確に違います。手入れの部分でも、帯電加工がなされお茶の飛散防止に配慮がある点も嬉しい部分です。


 第2に、比較的高級なお茶・抹茶用茶葉なども利用したい方におすすめなのは、

 201611031243.jpg

 6・お茶PRESSO グリーン系 TE-TS56V-G
 7・お茶PRESSO レッド系 TE-TS56V-R
  ¥15,300 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 プレミアムモデルTE-TS56Vシリーズでしょう。

 高級茶葉の持つ「甘み」を引き出せる「ぬるめ」モードが付属する点を評価しました。沸騰させてから冷却したお湯を利用するため、カルキの心配がないのはもちろん、空冷方式を採用することで手早く入れられる点も評価できます。

 ただ、さほど高級な茶葉を利用しない方は、さきほど「おすすめ」した中位機種で十分でしょう。


 第3に、比較的手軽に、粉末茶を楽しめる入門機としておすすめしたいのは、

 201611031226.jpg

 1・お茶PRESSO ホワイト系 TE-GS10A-W
 2・お茶PRESSO ブラック系 TE-GS10A-B
 3・お茶PRESSO レッド系 TE-GS10A-R
  ¥7,250 Amazon.co.jp
(10/17執筆時)

 TE-GS10Aシリーズでしょう。1万円以下で購入できる機種ですが、「湧かす」挽く」「点てる」という基本性能は同じように網羅します。

 点てられるお茶は十分美味しいですし、「お茶メーカー」で作ったお茶を手軽に楽しむには十分な機種です。

 煎茶に較べて栄養分が取りやすいという利点もありますので、健康効果の点でも買って損はない製品だと思います。


 

 ネスレ SPECIAL.TST9662.62-RD
  ¥2,703 Amazon.co.jp (10/17執筆時)

 なお、緑茶が淹れられる製品としては、以前別の記事で紹介したネスレ社のスペシャルティーがあります。

 こちらの場合、専用カプセルを使う方式で、お茶もどちらかと言えば「グリーンティ」なので、緑茶ベースで考えるのであれば、ヘルシオのお茶プレッソの一択でしょう。

ーーーー

 以上、今回はお茶プレッソを紹介しました。

 このブログでは、以下のようなコーヒー・お茶などの調理家電の記事をこれまで書いてきました。

1・各社のコーヒーメーカー
2・ペーパードリップ用の小型電気ケトル
3・液体がこぼれにくいマグカップ
4・ネスレのカプセル式紅茶メーカー
5・グラインダー・ミル

 これらもよろしくお願いいたします。

 記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 18:20 | Comment(0) | 調理家電

2017年10月11日

比較2017' 冷たい!かき氷器とフローズンメーカー9機の性能とおすすめ:電動ふわふわとろ雪かき氷器 ・ヨナナスメーカーの比較やレシピ:ドール・ドウシシャ・ツインバード

今回紹介する内容:2017年 電動かき氷器やフローズンメーカー8製品の性能・レシピとおすすめ: ヨナナス 901RJ-W 901RJ-P ヨナナス 901RJ-W ヨナナスエリート TWINBIRD LULUNA フローズンスイーツメーカー KI-4685W Excelvan フローズンフルーツメーカー FDM-1301 ドウシシャ 大人の氷フローズン ホワイト DCFZ-17W 電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-17BK 大人の氷かき器 DHIS-17RD 大人の氷かき器 コードレス CDIS-17PWH 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751 アイスクリームメーカー・デザートメーカー・シャーベット用冷凍果物を使った作り方 製品の違いや味のランキン・口コミの評判など

今回のお題
熱い夏に楽しめるかき氷・フローズンメーカーのおすすめ機種はどれ?


 どもAtlasです。今日は、家庭用のかき氷器やフローズンメーカーの比較をします。

   

 近年人気のドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器や、世界的に流行したドール社の「ヨナナスメーカー」など、全10機種ほど紹介していきたいと思います。

ドール社のヨナナスメーカーの比較

  201505141527.jpg

 【2014年発売開始】

 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-Y
 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-W
 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-P
  ¥3,500 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 こちらは、ドールヨナナスメーカーです。同社は、世界的な果物メーカーで、バナナの「ブランド」として有名です。そして、バナナの消費拡大のために売り出したのがこちらです。

 ヨナナスメーカーにはいくつかバージョンがあります。しかし、2011年に発売した901の後継となる901RJが現在においても最新版です。は、黄色ピンクホワイトの三色がありますが、どれも性能は同じです。

 作成できる氷菓の種類は、基本的には、生フルーツを使ったフローズンです。ただし、バナナを販売するドール社らしく、どのフルーツを利用する場合も、副材料としてバナナをメインに使ったクリーミーなフローズンが提案されており、そのデザートの名をドールは「ヨナナス」と名付けています。

 利用できる果物は、バナナ・イチゴ・パイナップル・マンゴーなどのほか、缶詰の桃やミカンなどを凍らせたものです。例えば、ナッツのように硬くないならば、他にもなんでも可能です。

 201707231455.jpg  

 基本的な仕組みは、ヨナナスメーカーの場合、凍らせたフルーツを挿入し、スティック砕いて、フルーツシャーベット状にするだけです。ただ、圧力を加えるために電源を用いるので、手の力は不要です。お子さんでも楽しみながら安全に料理できる製品です。

 投入口は、さほど大きくはないので、直径4.3cm以内に切ってから冷凍します。より手軽に考えるならば、例えば、セブンイレブンなどで売っている冷凍マンゴーやブルーベリーは、そのまま入りますね。

 また、これらのフルーツ単体でも利用可能ですが、バナナを利用するないし、混ぜることをドールは進めています。世界的な「バナナメーカー」だけに自社の販促の意味もあるでしょうが、バナナ特有の甘さと柔らかさが、この用途に向いているのは事実です。完熟したバナナほど美味しいでしょう。

 201707231505.jpg

 お手入れは、上記のパーツを洗うことになりますが、本体以外は全て水洗い可能なので、利用後の面倒くささはほとんどありません。このあたりは米国の製品らしさを感じます。

 201505141551.jpg

 基本的なレシピは、この製品の場合、バナナを使うのが前提です。使わないと、クリーミーなフローズンアイス(ヨナナス)というよりも、シャーベットに近い普通の感じになります。それはそれで美味しいですが。なお、バナナは腐りかけのものの方が適しています。

 また、先ほど書いたように、バナナに、食べたいフルーツ(イチゴ・リンゴ・パイナップル・マンゴー・パイン)を一口大に切って、凍らせて合わせて利用できます。

 例えば「ドールスペシャル」というメーカーのレシピ集に載っているヨナナスを作る場合ですが、

【材料】2人分
 ・バナナ1本と1/3本
 ・パイナップル1/6個
 ・パパイヤ1/2個
 ・飾り用のバナナ+ミント

 このように、「主成分」は、バナナです。

 201505141553.jpg

 リンゴをメインにする「信州」というヨナナスについてもバナナを多く加えています。

 201505141556.jpg

【材料】2人分
 ・バナナ3本
 ・ミニキャロット10個

 なお、野菜をヨナナスメーカーにかけることもできます。写真は、左から、セロリ、ほうれん草、ニンジン、ブロッコリ、アスパラガスのヨナナスです。野菜の場合も、バナナを加えて作るとクリーミーとのことです。なお、野菜は下ゆでしてから冷凍することで、ヨナナスメーカーに挿入することができます。

 その他アレンジの余地としては、チョコレートを入れて、ビターなデザート風にしたりなどが考えられます。ただし、いずれも氷を使うことはできない点は注意です。

  

 おいしい!ヘルシー!ヨナナスレシピ
  ¥972 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 アレンジして作ってみたい方は、市販のレシピ集があります。30種類ほどのレシピが載っており、ずんだ(青豆)ヨナナスとか、ラズベリーヨナナスチーズケーキなど、よく考えたな!というレシピがあります。

   

 My Yonanas Frozen Treat Maker Recipe Book
  $16.95 Amazon.com
(10/11執筆時)

 本場のアメリカでも40種類ほどのレシピが載った本があります。ただ、こちらは、本扱いではなく、家電の説明書扱いなので、日本のAmazonでは手に入らないようです。

ーーー

  

 【2016年発売開始】

 2・ドール ヨナナスエリート 981
  ¥10,180 Amazon.co.jp
(10/11執筆時)

 なお、ヨナナスには上位版のヨナナスエリート 981という製品も販売されています。通常のヨナナスと比較した場合、モーターが静音仕様で、デザイン的にも高級感を増した製品です。ただし、作成可能なフローズンは同じですので実用性の面からこちらを選ぶ必要はありません。

ドウシシャのかき氷器の比較

 続いて、かき氷器最大手のドウシシャの製品をいくつか紹介します。


   

 【2017年発売開始】

 3・電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-17BK
   ¥6,779 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 続いて紹介するのは、日本最大のかき氷器メーカーであるドウシシャの製品です。同社は、普通の手回し式も出していますが、ここ2年ほどで爆発的に売れているのが、「電動ふわふわとろ雪かき氷器」と呼ばれるこちらの製品です。

  201707311818.jpg

 作成できる氷菓の種類は、通常のかき氷のほか、写真のような台湾の有名かき氷アイスモンスターのようなふわふわとろ雪かき氷です。

 201707311825.jpg

 基本的な仕組みは、2つ付属する製氷カップを冷凍庫に入れて作成した氷を、この機械の特殊カッターで「ふわとろ」に削るものです。

 なお、刃の高さが細かく調整できるため、通常のかき氷と台湾風の双方の削氷が可能です。もちろん、電動式なので、セットしたら、ボタンを押すだけという構造です。

 

 マンゴーピューレ 2000g
   ¥2,200 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

【材料】2人分
 ・マンゴーピューレ300g
 ・オレンジジュース 40g
 ・ 砂糖 20g

 基本的なレシピは、最も基本的な「アイスモンスター風」のマンゴー氷の場合、このようになります。上記の材料を混ぜたものを火に掛け砂糖を溶かし、本体に付属する製氷カップに入れ、凍らせてから削るというものです。マンゴーピューレは、缶詰でも良いですが、何回も作るならば、まとめ買いが良いでしょう。


 201707311820.jpg

 バンホーテン・チョコレートシロップ・630g ×1個
   ¥1,080 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

【材料】2人分
 ・チョコレートシロップ 60g
 ・牛乳 240g
 ・コンデンスミルク 30g

 また、チョコレートシロップを作れば、味の濃いチョコ氷もできます。そのほか、上記のシロップをイチゴジャムに代えれば、イチゴミルクかき氷が、クリームチーズとヨーグルトに代えれば、チーズケーキ氷ができます。レシピ集は合計で10ほどのメニューが提案されます。

 201707311827.jpg

 お手入れは、基本的にはかき氷器であり、単純な構造のため、分解して簡単に洗えます。なお、刃物ですので、使用後には刃にサラダ油を塗っておくと良いでしょう。

 以上、ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器の紹介でした。個人的に旅先のデンキヤで発見した製品で、帰ってから試しましたが、思ったよりも「店のものと変わらない」ふわとろ氷ができてびっくりしました。


   

 【2017年発売開始】

 4大人の氷フローズン DCFZ-17W
  ¥2,250 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 DCFZ-17W は、ドウシシャの販売するもう一つの削氷器です。

 201707231537.jpg

 作成できる氷菓の種類は、こちらの場合は、洋風のフローズンです。

 基本的な仕組みは、この機械に様々な材料をミックスして入れて、モーターのパワーで砕きつつ混ぜていくという構造です。家庭用の普通の氷を利用できる点では楽ちんですが、自ら作った氷を利用するために、ヨナナスのような100%果汁は無理です。

 201707311838.jpg

【材料】2人分
 ・いちごジャム 60g
 ・プレーンヨーグルト 100g
 ・コンデンスミルク 40g
 ・氷 200g(約15個)
  基本的なレシピは、レシピ集で紹介されているイチゴヨーグルトフローズンの場合、上記のようになります。台湾風がつくれる電動ふわふわとろ雪かき氷器と違って、下準備としての氷の作成が不要です。荒っぽく言えば、上記の材料を「ぶち込んで砕く」だけで、デザートの完成です。、【レシピ集】は、こちらも充実しており、凝ったフローズンもできるでしょう。

 お手入れは、専用のブラシも付属しますし、構造的に単純なので、ヨナナス同様に楽な部類です。「削る」のではなく「砕く」タイプの製品ですので、刃のメンテは不要です。ただ、家庭用の氷ではなく、コンビニなどのロックアイスなど「硬い氷」は非対応である点、注意してください。

 以上、DCFZ-17Wの紹介でした。下準備が基本不要で、家庭にある材料でも十分できるため、思い立ったらすぐ作れる機械です。この点で言えば、飽きずに使えるでしょう。


   

 5大人の氷かき器 DHIS-17RD 【赤】
 5大人の氷かき器 DHIS-17BK 【黒】
  ¥1,760 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 DHIS-17は、ドウシシャの発売する新タイプの電動かき氷器です。「大人の氷かき器」シリーズの製品で、赤と黒2色モデルの展開です。

 201707311849.jpg

 作成できる氷菓の種類は、こちらの場合は、いわゆる日本の「かき氷」だけです。ただ、かき氷の器に直接削って出せるハンディタイプとして、その手軽さから人気があります。

 基本的な仕組みは、冷凍庫で作ったバラ氷をケース内に入れ、ボタンを押して砕くだけです。ただ、こちらも、コンビニなどのロックアイスは非対応です。

  

  キャプテン ブルー 600ml
 
 キャプテン イチゴ 600ml
  キャプテン メロン 600ml
  
キャプテン マンゴー 600ml
   ¥518〜 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 基本的なレシピは、「かき氷」ですので、作った氷にシロップを掛ければ完成です。ただ【レシピ集】には、より凝った料理も掲載されています。

 お手入れはかなり手軽です。基本的に「拭く」作業だけでOKです。

 以上、DHIS-17の紹介でした。単純にかき氷を作りたいだけならば、最も小型で、収納性も高いこちらで良いでしょう。


       

 6・大人の氷かき器コードレス CDIS-17PWH
 6・大人の氷かき器コードレス CDIS-17CGD
  ¥2,325 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 DHIS-17も、ドウシシャの「大人の氷かき器」シリーズの製品です。

 作成できる氷菓の種類は、こちらも、1つ上の製品と同じで、日本の「かき氷」だけです。

 201707311904.jpg

 基本的な仕組みも、同様で冷凍庫で作ったバラ氷をケース内に入れ、ボタンを押して砕くだけです。ただ、名前通りこちらは、「コードレス器」で、単3電池4本で稼働します。ただし、パワーの点で、アルカリ電池が必須ですので、注意してください。

 その他の部分は、1つ上で紹介した機種に機能は準じます。

 以上、DHIS-17の紹介でした。コードレスであるのが最大の特長です。その利点は、おそらく、レクリエーションのシーンです。クーラーボックスなどで氷を持ち出し、キャンプなどにも利用できる点でしょう。その用途では、オススメできます。


  

 7・電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751
  ¥3,949 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 DCSP-1751 も、ドウシシャの電動かき氷器の定番モデルです。

 201707311911.jpg

 作成できる氷菓の種類は、こちらも、1つ上の製品と同じで、日本の「かき氷」だけです。ただ、こちらの商品の場合、刃が優秀なので、「大人の氷かき器」シリーズよりも目の細かい「さらさらふわふわ」な氷が削氷できます。

 201707311913.jpg

 基本的な仕組みは、外観からすると「手回し式」に見えますが、刃の高さを調節すれば、あとはボタン1つで電動で削氷できます。なお、氷は付属する2つの製氷カップで作る方式であり、家庭用のバラ氷は使えません。また、ケースを使う仕組みは、先ほど見た、台湾風のかき氷ができる「ふふわわとろ雪」と同じですが、水以外で作った氷はこのモデルの場合削れません

  

  キャプテン ブルー 600ml
 
 キャプテン イチゴ 600ml
  キャプテン メロン 600ml
  
キャプテン マンゴー 600ml
   ¥518〜 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 基本的なレシピは、こちらも「かき氷」ですので、作った氷にシロップを掛ければ完成です。

 お手入れは、本体をスタンドから外す手間がありますが、基本的に「拭く」作業だけで簡単です。

 以上、DCSP-1751の紹介でした。大きく見えますが、サイズは、230×190×380mmと、他のスタイリッシュモデルとさほど変わらないサイズです。レトロ風の懐かしいデザインですが、「ふわふわとろ雪」と同じく、「さらさらふわふわ」な氷が削氷できる点で、氷の味の面でも優秀と言えそうです。

他社の削氷器の比較

 続いて、ヨナナス以外のフローズンメーカーを確認しましょう。

 最近ラインナップが多くなり、分かりにくい部分があるので、改めて、それらの機能の差をまとめていきましょう。



 

 【2017年発売開始】

 8・フローズンフルーツメーカー FDM-1301
   ¥3,700 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 Excelvanフローズンフルーツメーカーは、米国のExcelvanが製造するフローズンメーカーです。

 作成できる氷菓の種類は、基本的には、先行して発売していたヨナナスメーカーと同じで、生フルーツを使ったフローズンです。

 基本的な仕組みは、ヨナナスメーカーと同じです。繰り返せば、凍らせたフルーツを挿入し、スティック砕いて、フルーツシャーベット状にする製品です。

 利用できる果物は、バナナ・イチゴ・パイナップル・マンゴーなどのほか、缶詰の桃やミカンなどを凍らせたものです。

 基本的なレシピは、こちらはレシピ集が付属しませんが、ヨナナスメーカーと同じ仕組みなので、そちらのマニュアルが利用できるでしょう。

 お手入れも、ほぼ同じ構造のために、ヨナナス同様に楽です。ただ、利用時の作業音は多少大きいです。

 以上、Excelvanフローズンフルーツメーカーの紹介でした。ほぼ同価格で、ヨナナスメーカーが買えるため、現在的に魅力は乏しいと言えそうです。ただ、ヨナナスメーカーが、どうも日本市場から撤退しようとしている節もあるため、できれば「生き残って欲しい」といえるモデルです。


    

 【2015年発売開始】

 9・TWINBIRD LULUNA KI-4685W
 
 ¥5,400 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 KI-4685W は、日本の家電メーカーであるツインバード工業が販売するフローズンメーカーです。

 作成できる氷菓の種類は、こちらも、日本の「かき氷」だけです。ただ、ドウシシャのDCSP-1751(=青いかき氷器) と同じように、氷の堅さが調節できるため、「ふわふわ」と「ざらざら」両方の食感のかき氷が可能です。

   201707231552.jpg

 基本的な仕組みは、こちらも本体内部のブレードで、冷凍庫で作った氷を砕いてかき氷にする方式です。なお、家庭用のバラ氷でも、付属するケースで作った氷でも対応できます。

 201707231548.jpg

 さらに、「ふわふわとろ雪かき氷器」の用に、ケースで凍らせた果汁入りの氷を削ることも可能です。ただ、そのような氷は荒削りしかできないため、台湾のアイスモンスター風の「とろ雪」かき氷はできません

  201707231551.jpg

【材料】2人分
 ・ヨーグルトドリンク 180g
 ・蜂蜜 大さじ2
 ・マンゴー 140g
 ・ココナツパウダー

 基本的なレシピは、【レシピ集】を、参考にした貰えればと思い舞うが、ある程度充実しています。例えば、例えばフローズンマイタイを作る場合、マンゴの角切りをヨーグルトを混ぜて凍らせたものを、この機械で荒削りして作成します。食感は、「ふわとろ」ではなく、シャーベットに近いフローズン系です。

 お手入れは、やはり単純な構造ですので、ヨナナス同様に楽です。

 以上、ツインバード工業のKI-4685W の紹介でした。ドウシシャの「大人の氷かき器」シリーズのような長細く、オフシーズンの収納性が良さそうな製品です。それに較べた場合、ふわふわ系の氷もできる点と、荒削りながら、フルーツなども砕ける点で優秀と言えるでしょう。ただ、「電動ふわふわとろ雪かき氷器」のような、台湾風の「薄削りのとろ雪」ができない点は残念でしょう。

今回の結論
電動かき氷器・フローズンメーカーのおすすめは、結論的にこの機種!

 というわけで、今日は、家庭用フローズンメーカーの比較でした。

 最後にいつものようにAtlasのおすすめ機種!について提案しておきたいと思います。


第1に、普通のかき氷のほか、ピューレやジャムを利用し「ふわとろ」な台湾風かき氷も作りたい方

   

 【2017年発売開始】

 3・電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-17BK
   ¥6,779 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 ドウシシャ電動ふわふわとろ雪かき氷器 DTY-17BKでしょう。果汁を含めて生成した氷を、薄削りできる唯一の機種だからです。デンキヤでも昨年来人気の製品ですが、人気のある理由が明確なので、安心してオススメといえる製品です。

 もちろん、「普通の日本のかき氷」についても、「しゃりしゃり」系と「ふわふわ」系を作り分けられます。

 構造も単純ですので、夏にお子さんと料理を楽しむ「食育」用途にも良いでしょう。

 

 マンゴーピューレ 2000g
  ¥2,200 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 バンホーテン・チョコレートシロップ・630g ×1個
  ¥1,374 Amazon.co.jp (10/11執筆時)  

 とどいてすぐに利用したい方は、マンゴーピューレや、チョコレートシロップなどを合わせて買っておけば良いと思います。


第2に、バナナを中心としたフルーツを利用してアイスのようにクリーミーなフローズンを作りたい場合は、

  201505141527.jpg

 【2014年発売開始】

 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-Y
 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-W
 1・ドール ヨナナスメーカー 901RJ-P
  ¥3,500 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 ヨナナス901シリーズがよいでしょう。

 今回紹介した中では、最も充実したレシピ集がありますし、バナナをメインにしたクリーミーなフローズンが食べられますから。

 色は、黄色ピンクホワイトの三色がありますが、どれも性能は同じのため、好みと値段で決めてください。


第3に、家庭の氷を利用しつつ、シャーベット系の美味しいデザートが作りたい場合は、

    

 【2015年発売開始】

 9・TWINBIRD LULUNA KI-4685W
 
 ¥5,400 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 ツインバード工業が販売するフローズンメーカーが良いでしょう。

 回転数を変える方式で、柔らかい氷と普通の氷を作り分けることができる点が高く評価できます。実際両方を混ぜて作るとかなり「おしゃれな」デザートを作ることができました。

 構造は単純ですので、材料さえ揃えばコツ要らずで見映えのするデザートができるでしょう。


第4に、ミルク系・ソイ系の味が大好きなかたにオススメしたいのは、

   

 【2017年発売開始】

 4大人の氷フローズン DCFZ-17W
  ¥2,250 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 日本の家電メーカードウシシャが販売するフローズンメーカーでしょう。凍らせずに牛乳や豆乳をそのまま使えるのは、構造的にこのタイプだけですので。

 レシピ集も充実しているため、かなり面白く利用できると思います。


第5に、キャンプなどのアウトドアでかき氷を楽しみたい場合は、

       

 6・大人の氷かき器コードレス CDIS-17PWH
 6・大人の氷かき器コードレス CDIS-17CGD
  ¥2,325 Amazon.co.jp (10/11執筆時)

 電池で稼働する、ドウシシャの・大人の氷かき器 コードレスでしょう。家庭用のバラ氷をクーラーボックスに入れて持参し、現地で削って楽しめます。

 

  キャプテン ブルー 600ml
 
 キャプテン イチゴ 600ml
  キャプテン メロン 600ml
  
キャプテン マンゴー 600ml
   ¥518〜 Amazon.co.jp (10/11執筆時

 なお、シロップはあまり大きなものは不要だと思うので、この程度のサイズが家庭用として適していると思います。

ーーー

 というわけで、今回は、フローズンメーカーの紹介でした。 

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較

 なお、クリーミーでない普通のシャーベットは、専用機でなくても氷対応のジューサー でも作成可能です。

 そういった製品を含めて検討したい方は、引き続き、上記の記事をご覧ください。いくつか面白そうな機種を比較しましたので、 よろしければ、上記の記事もご覧ください。

 最後になりましたが、この記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 20:54 | Comment(0) | 調理家電

比較2017’ 人気メーカーの電気圧力鍋17製品の性能とおすすめ・選び方:象印・パナソニック・ワンダーシェフ・シロカ

今回レビューする製品【2017年10月】 電気圧力鍋17製品の性能とおすすめ:象印・パナソニック・ワンダーシェフ・オークセール・シロカ・電気圧力鍋クックマイスター SPC-101 SPC-111 ほったらかし電気圧力鍋 SP-A111 SP-D131 W SP-D121 RTOHO RELICIA コンパクト電気圧力鍋 RLC-PC02RF COLLE 圧力式電気鍋 APC-T19/W 象印 圧力IHなべEL-MB30-VD EL-MA30-TA ワンダーシェフe wonder GEDA40 Panasonic マイコン電気圧力なべ SR-P37 機種の違いとランキング

今回のお題
2017年最新の電気圧力鍋のおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。今日は、電気圧力鍋についての比較記事です。

 ここのところTVショッピングなどの通販番組で「イチオシ家電」として紹介されてアクセス数が多いため、加筆してみました。

 このブログ「家電批評モノマニア」では、調理家電をかなりの数レビューしています。電気圧力鍋のような「煮込む」系の商品については以下の記事があります。

1・圧力鍋の比較
2・電気圧力鍋の比較
3・スロークッカーの比較

 このうち、今回は2番の記事です。各社から販売されている電気圧力鍋について書いてみたいと思います。 

 なお、圧力のかかるタイプの電気鍋は、現在のところ、象印・シロカ・TOHO・パナソニック・ワンダーシェフから販売されています。今回は、2017年最新モデル(2016年以前の発売製品を含む)を紹介していきます。

 いつものように、各機種を紹介した後で、最後に、Atlasのおすすめ機種!を提案していきたいと思います。

シロカの電気圧力鍋の選び方

 では、電気を使った圧力鍋をいくつか紹介しましょう。

 最初にオークセール社のシロカブランドの電気圧力鍋の紹介です。調理家電のラインナップが多く、通販でもしばしば見かけるブランドです。そして、最近は、電気圧力鍋にもかなり力を入れてきています。


 

 【通常製品】

 1・シロカ SPC-101WH
  ¥12,180 Amazon.co.jp (8/1執筆時)
 【アマゾン限定】

 2・シロカ SPC-101WH-MT
  ¥12,180 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 

 【通常製品】

 3・シロカ SPC-101RD
  ¥11,800 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 【アマゾン限定】

 4・シロカ SPC-101RD-MT
  ¥12,180 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 SPC-101WHは、シロカから発売されている「クックマイスター」という電気圧力鍋です。

 2機種ありますが、【アマゾン限定】モデルは、ミトンが「おまけ」で付属する特別モデルとなります。いずれも、価格が1万円前後と、電気圧力鍋の中では安価であるため、人気のある機種です。

 本体色は、白色のほか、赤色のモデルもあります。

 201705050936.jpg

 かけられる圧力は、圧力の最大値が60kpaです。入門用の電気圧力鍋としては平均的です。しかし、ガス火式の入門機と比べれば低いため、お肉などを柔らかくするには、それなりに時間が必要でしょう。

 ただ、圧力はマイコン制御で、「白米・玄米・おかゆ・おこわ・野菜・魚介類・肉類・豆類」という8種類のオート調理メニューもあるため、使い勝手は良いと思います。

 低圧での調理は、この機種は非対応です。

 ただし、圧をあけず沸騰温度に至らせない低温調理で、煮物や温泉卵なども美味しく作ることは可能です。低温調理できるのは、この機種の魅力ですね。調理後も6時間まで保温ができます。また、蒸し台が付属しており、蒸し料理も可能です。また、専門の機器に比べると味は期待できませんが、ご飯調理も可能です。

 調理容量も、1.3Lと小さめで、最大でも2人前まででしょう。ただし、その分「小型」というのはメリットです。

 お手入れは、鍋本体と、圧力弁、内鍋、パッキンなどを掃除します。部品の点数はやや多いですが、中性洗剤で簡単に洗えます。

 安全性の面でも、マイコン制御の加圧のため、ガス式に見られるような「爆発」の危険はありません

 レシピ集は、オリジナルなものを搭載します。無水調理や低温調理など多少ユニークな製品ですが、使い慣れるまでの安心感もあります。

 以上、シロカの SPC-101の紹介でした。比較的低価格で導入できるメリットがあり、初心者でも「敷居の低い」といえる圧力鍋です。圧力が弱いので時短効果はさほどありませんが、手軽に圧力鍋を試して見たい人には向く、エントリー機です。

ーー

 

 5・シロカ SPC-111GY
  ¥15,170 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

  なお、SPC-111GYは、上記製品の「上位機」となります。

    201603110957.jpg

 相違点は、蒸し台のほか、落としぶたが付属している点です。必ずしも必要ではないでしょうが、必要に応じてこちらの機種を選択しましょう。それ以外の部分は同じです。


 

 【2017年】

 6・シロカ ほったらかし電気圧力鍋 SP-A111
   ¥11,800 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

  SP-A111は、シロカの新製品です。無印を思い出させるかなりシンプルな外観ですね。

  201710111534.jpg

 こちらは、「材料入れてダイヤルをひねるだけ! ほったらかし・時短調理」という」キャッチフレーズで売られていることから分かるように、「調理の簡単さ」を前面に押し出した製品です。

 かけられる圧力は、この機種は70kpaです。先ほどの機種よりやや高いですが、やはり入門用です。一方、構造を単純かさせたため、自動メニュー選択はできません。一般的な、圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯にのみ対応します。

 低圧での調理は、この機種は非対応です。また、圧を掛けない低温調理もできません。ただし、保温はできます。

 調理容量も、1.3Lと下位機種同様に小さめです。最大でも2人前まででしょう。

 お手入れは、下位機種と同程度の部品であり、中性洗剤で洗えます。

 安全性の面でも、マイコン制御の加圧のため、ガス式に見られるような「爆発」の危険はありません

 レシピ集は、こちらもシロカオリジナルなものを搭載します。

 以上、シロカの SP-A111の紹介でした。ダイヤルキーだけの非常に単純な製品では、「料理好きには物足りない」一方、入門用には却って分かりやすくて訴求力がありそうです。TVの通販番組などでは人気になりそうな製品です。


 

 【2017年】

 7・シロカ 電気圧力鍋 SP-D131 W
  ¥--------- Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 7・シロカ 電気圧力鍋 SP-D131 W
  ¥23,957 楽天市場 (8/1執筆時

 

 【2017年】

 8・シロカ 電気圧力鍋 SPD-131 R
  ¥------ Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 SP-D131は、シロカから2017年9月に発売された同社の高級機です。現在的には「品薄状態」ですが、実売価格としては2万円代の製品です。大きめの液晶で高級感があります。

 本体色は、白色赤色のモデルもあります。

  201710111556.jpg

 かけられる圧力は、この機種は70kpaです。また、マイコンを使った自動メニューも多彩で、無水カレー、カレー、肉じゃが、豚の角煮、さんま煮、ポトフ、白米、玄米がプリセットされます。

 とりわけ注目したいのは、「無水自動料理」に対応した点です。ました。これは、素材の持つ水分だけで調理する電気圧力鍋ならではの料理法です。レシピについては【こちら】で公開されますが、カレーや煮込み料理など5点が提案されています。最大6時間の保温にも対応します。

 低圧での調理は、この機種は非対応です。ただし、圧を掛けない低温調理は対応で、85度に温度を固定し、ゆっくり煮ていく機能です。この機種は蒸し台が付属しており、蒸し料理にも対応できます。

 調理容量は、1.3Lと小さめです。大量調理には向かないサイズですが、キッチンの邪魔にならないという小型性は引き続きメリットです。

 お手入れは、下位機種と同等で、中性洗剤で簡単に洗えます。

 安全性の面でも、ガス式に見られるような「爆発」の危険はありません。ただし、とくに無水調理の場合は、具材の入れすぎによる焦げ付きなどには留意しましょう。

 レシピ集は、こちらも、オリジナルなものを搭載します。無水料理については、もう少し充実して欲しかった気もしますね。

 以上、シロカの SP-D131の紹介でした。これまでの電気圧力鍋になりスタイリッシュな形であり、キッチン映えしそうです。電気圧力鍋としても「無水料理」という新しい魅力を加えています。

 ただ、かけられる圧力面から言えば、料理の時短効果はイマイチであり、「高級な入門機」という位置づけになるでしょう。初心者には人気が出そうで、おすすめできます。

ーーーー

 

 【2017年】

 9・シロカ 電気圧力鍋 SP-D121 W
  ¥16,070 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 

 【2017年】

 10・シロカ 電気圧力鍋 SPD-121 R
  
¥16,070 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 なお、こちらには、下位機種としてほぼ同型のSPD-121があります。こちらも、低温調理には対応しますが、無水料理に非対応です。プリセットメニューもカレー、肉じゃが、ポトフ、白米、玄米のみです。

 新機種の「売り」と言える機能が省略されているため、シロカから選ぶなら上位機が良いでしょう。

TOHOの電気圧力鍋


 

 11・TOHO RELICIA RLC-PC02RF
  ¥9,480 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 RLC-PCO2 は、家電の企画・販売をしている東邦産業電気圧力鍋です。こちらも入門機といえる製品です。

 かけられる圧力は、圧力の最大値が55kpです。入門機としても圧力が弱く、やや物足りないです。豚の角煮なども柔らかくできるものの、時短効果はさほど見込めないでしょう。

 低圧での調理は、この機種の場合非対応です。一方、明示的ではないですが、保温温度が80度なので、「低温調理は対応」と言えます。

 調理容量は、一方、2.0Lまでです。こちらは、サイズは多少大きめですので、大量調理は可能でしょう。

 お手入れは、鍋本体と、圧力弁、内鍋、パッキンな・おもり・圧力ノズルなどを掃除します。部品の点数は多いので、多少掃除は苦労しそうです。

 安全性の面では、SGマークを取得しており、安全水準を満たしています。ただ、おもりと圧力ピンを使う構造のため、取り回しには多少注意は必要でしょう。この構造の製品は、まめに掃除をしないといけません。

 レシピ集は、22品目と少なめながら、付属します。

 以上、東邦産業RLC-PCO2 の紹介でした。低価格で大きめの製品を探している方は選択肢になります。ただ、圧力が弱い点と、掃除に気を使う必要がある点では、注意が必要です。

AL COLLEの圧力鍋


 

 12・AL COLLE 圧力式電気鍋 APC-T19/W
  ¥10,090 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 RLC-PCO2 は、生活家電メーカーのコイズミのグループ会社である、アルファックス・コイズミが販売している圧力式電気鍋です。1万円と比較的安い入門機です。

 かけられる圧力は、圧力の最大値が85kpaと入門機の中では高めです。ガス火式の入門機と同等の圧力はかけられる点は「魅力」でしょう。

 低圧での調理は、そこちらは、圧力を減じての低圧での利用法は想定されていない機種ですので対応できません。ただし、シロカのように、蒸し台が付属し、蒸し料理には対応します。

 調理容量は、1.9Lまでと大きめなので、ある程度まとめて作る場合も心強いでしょう。

 お手入れは、鍋本体と、安全弁、シーリング、カバー・水受けなどを掃除します。こちらも、部品の点数は多いと言えます。

 安全性の面では、この機種もSGマークを取得しており、安全水準を満たしています。ただ、TOHOと同じく、おもりと圧力ピンを使う構造ですので、掃除は必ずしてください

 レシピ集は、50品目とそれなりの件数が載っており、充実しています。

 以上、APC-T19/W の紹介でした。比較的高い圧力がかけられるので、低価格で高圧のものを探すとすればこの機種でしょう。ただ、掃除に気を使う必要がある点は、注意が必要だと思います。

象印の電気圧力鍋

 続いて象印です。

 近年の発売ですが安全性が高く、手軽であるために、電気圧力鍋の初心者にもよく売れている機種です。


 

 【2017年】

 13象印 圧力IHなべ EL-MB30-VD
  ¥31,407 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 EL-MB30は、象印の新製品です。どこかで見たような形状ですが、同社が得意とする「ご飯を炊くあれ」の技術を応用したものですね。

 かけられる圧力は、高圧で1.2気圧(121kpa)から1気圧(101kpa)までとなります。圧力は高めの水準ながら可変できます。一般的なガス圧力鍋と比較しても十分高圧なので、お肉などを短時間で柔らかくしたり、煮物を時短させたりも得意です。一定の圧力をかけること、可変させながら圧力をかけることが可能です。

 ただし、ガス式に較べれば、電気圧力鍋はどれもそうですが、それほど早く調理ができないです。高圧対応のこちらの機種でも、豚の角煮の標準調理時間は1時間10分ほど、ポトフを作る場合は1時間30分ほどかかります。

 低圧での調理は、ここまで紹介してきた機種に比べると高圧な製品ですので、多少「不得意」でしょう。また、前回の【おすすめガスス式圧力鍋の比較記事】で紹介したものに比べると、低圧の料理は不得意で、ビタミンを逃さない超低圧(30kpa)には非対応ですね。

 201410282033.jpg

 ただ、マイコン制御を活かして100℃〜40℃まで10℃刻みの温度調節が可能のため、電気鍋のように使うこともできます。そのため、圧を掛けない「低温調理はかなり高度に対応」と言えます。ちなみに形状から想像が付きますが、シロカ同様に、ご飯を炊くことも可能です。

 調理容量は、1.5Lです。他社よりも多少小さめですが、2-3人家族用で副菜を作るためなら、便利なサイズとも言えますね。 

 img07_04.png

 お手入れは、上記の3点を丸洗いするだけなので、とても楽です。今回紹介する機種の中で、手入れについては最も楽なモデルといえそうです。

 img07_02.png

 安全性の面では、この機種は、「ご飯を炊くあれ」と同じで、マイコン制御で圧力をかけるので、ガスを使う圧力鍋の場合と異なり爆発の危険性は皆無と言えます。その点で、最も安全で初心者向けの圧力鍋です。

 調理中はふたが開かないように設計されていたり、内ぶたが吹きこぼれ防止構造になっているので、扱いも簡単です。内部の鍋はそのまま取り出せるため、火傷する心配もありません。

 レシピ集は豊富で、100種類以上のメニューが掲載されています。初心者でも十分な数の調理が可能でしょう。


 201710111630.jpg

 また、象印は、シロカの上位機と同じで、「ほったらかし」で自動で調理できるメニューが多彩です。豚バラ大根などの和食や、ブイヤベースほか、50種類のレシピがあります。象印は、圧力が可変式構造のため、調理時間の経過で食材にあった温度にマイコン調整されるため、仕上がりの面では、「レベルが上」でしょう。仕上がり時間の時間予約調理もできます。

 さらに、無水調理も対応し、レシピ数も62と非常に多いです。こうした点で、シロカの「上位互換」と言えそうです。

 以上、象印のIH式の圧力鍋の紹介でした。構造上最も危険性が少ないので、最も初心者向けの圧力鍋と言えると思います。ガス火式とは特性が異なる電気圧力鍋ですが、そのカテゴリーの中では最も使いやすい製品の1つでしょう。高圧や可変圧力をマイコン制御で手軽にかけられますので。レシピ集のレシピも豊富ですし、「飽きて使わなくなる」ことはまずないでしょう。

 一方、ガス火式のユーザーからすると、電気圧力鍋は調理時間が長めです。ただ、電気で調理できるため、他のコンロを使う料理も同時に調理をすすめられること)は、こうした欠点を十分補ってあまりあると思います。

 そういった点で、2台目の圧力鍋としても予算が許せば購入を検討したい商品です。電気式ですが、炊飯器と同じ仕組みのため、炊飯器並みの電力消費で経済的です。

ーーーー

 

 【2015年】

 14象印 圧力IHなべ EL-MA30-TA
  ¥22,432 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 なお、この製品の旧機種となるEL-MA30が併売されています。新機種との違いは、無水料理・予約調理・保温機能に未対応である点です。

 とはいえ、この機種もメニュー数は100種類以上網羅されるため楽しんで使えるでしょう。ご飯にも対応しますし、相当安い製品ですので「ちょっと安く買いたい」場合は選択して良いと思います。

ワンダーシェフの電気圧力鍋

  

 15・ワンダーシェフ e wonder GEDA40
  ¥12,208 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 GEDA40は、ガス式の圧力鍋で「魔法のクイック料理」シリーズを出しているワンダーシェフ社の電気圧力鍋です。

 かけられる圧力は、圧力は一定の60kpaのみですので、可変圧力がだせる象印に比べると性能は劣ります。

 調理容量は、4リットルなので、相当多量の調理が可能です。大量に作れるので、小料理屋などのかたでもまかなえそうです。とはいえ、本体の大きさはさほど大きくなく、約326×317×296mmと、常識的です。

 また、カレー、魚、玄米、肉じゃが、ご飯といったオートメニューキーも便利です。

 201505061810.jpg

 低圧での調理は、非対応です。調理は簡単で、ボタン操作だけで、火力調整も自動でやってくれます。お年寄りにもにも良いでしょう。一方、低温調理は対応しません

2fasafab5061812.jpg

 お手入れは、内釜はテフロン加工で、手入れし易い構造です。ただし、鍋本体のほか、安全弁、ふた、パッキン・おもりなどを掃除する必要があるため、こちらも、部品の点数は多いです。

 レシピ集は、50種類と多めのレシピ掲載です。この製品の場合、浜田陽子さんのレシピになりますね。

 以上、ワンダーシェフの「イー・ワンダー」の紹介でした。象印よりも大量に調理できるのが魅力の機種です。気圧は1種類のため調理の幅は少ないですが、オート機能やレシピが多くあるため、最も簡単に導入できる圧力鍋の一つです。

パナソニックの電気圧力鍋

 

 16・Panasonic SR-P37-N  【シャンパン】
 17・Panasonic SR-P37ピンク】
   ¥21,263 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 こちらは、パナソニックの電気圧力鍋です。なんと、2009年からのロングセラーモデルです。

 本体色は、2015年にピンクの新色も加わりました。

 かけられる圧力は、高圧で2気圧(200kpa)1.6気圧(160kpa)と、電気圧力鍋としてかなり強力です。ガス火と比しても本格的な時短調理を狙える点では、唯一といえる機種でしょう。

 調理容量は、鍋のサイズが、3.7リットルなので、4人家族程度で十分に使えます。サイズも、31.5×27.0×29.6cmと常識的なサイズです。

 低圧での調理は、この製品の場合、1.6気圧が最低なので、一般的な水準での低圧調理には未対応です。用途的に仕方ないでしょう。

 お手入れは、鍋本体のほか、安全弁、ふた、パッキン・ノズルキャップ・おもりなどを掃除する必要があります。また、高圧がかかるモデルなので、おもり部分の目詰まりなどには注意が必要です。

 レシピ集は、取扱説明書に約40種類、別冊のレシピ集に60種類多めです。辻調理師専門学校が監修したもので、分かりやすくできの良いレシピ集ですね。

 以上、パナソニックの電気圧力鍋の紹介でした。

 象印に比べると、こちらは、可変圧力を不採用ですので、加圧と減圧を自動で繰り返し、味を染みこませるというような使い方はできません。ただ、かけられる気圧の高さと、調理容量の多さは非常に優秀と言える機種です。業務用としても利用できそうなスペックで、時短調理をねらう中・上級者にもっとも向いた製品でしょう。

今回の結論!
新の電気圧力鍋おすすめは結論的にこの機種! 

 というわけで、、今回は、各メーカーの電気圧力鍋について書いてきました。最後に、売れ筋機種のうちから、Atlasのおすすめ機種をいつものように選定しておきます。


 第1に、最も安全で・多機能な電気圧力鍋としておすすめできるのは、

 

 【2017年】

 13象印 圧力IHなべ EL-MB30-VD
  ¥31,407 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 象印の新型の圧力IHなべでしょう。

 安全面では、構造上爆発の危険がなく安全性は極めて高いといえます。

 料理についても、「無水料理」「ほったらかし料理」「予約料理」という時短効果の高い機能が新搭載された上、相当多めのレシピ数が用意されます。技術的にも「可変式圧力」を取るため、他社よりも料理の出来は良くなります。

 やや高いのがネックですが、夕食に煮込み系料理をあと1品増やしたいと考えている方には、初心者から上級者まで最適な選択肢でしょう。何度も買い直すような家電ではないですし、長く使えると思います。

 競合製品がないニッチな製品なので、デンキヤだとなかなか根引きがないのですが、ネットではそれなりに安いので「迷ったらこれを買えば良い」と言えます。

 1人暮らしの方なら、ご飯を炊く用途と兼用でも良さそうですね。


第2に、世帯用の大きめな電気圧力鍋のを探している方におすすめできるのは、

 

 16・Panasonic SR-P37-N【シャンパン】
 17・Panasonic SR-P37ピンク】
   ¥21,263 Amazon.co.jp (8/1執筆時)

 ある程度まとまった量を調理すると言うことになれば、マイコン電気圧力なべ SR-P37がおすすめです。3.7リットルなので、お肉などを大量に処理するなどの際も便利だと思います。

 圧力も 高圧で2気圧(200kpa)と普通でも1.6気圧(160kpa)と2種類出せますし、機能面でも象印に準じて能力は高いと思います。料理の時短効果が期待できるため、本職の方の仕込みようとしても良いでしょう。


第3に、比較的低価格で購入できる入門用の電気圧力鍋としてオススメなのは、

 

 2・シロカ SPC-101WH-MT
  ¥12,180 Amazon.co.jp
(8/1執筆時)

 

 【アマゾン限定】

 4・シロカ SPC-101RD-MT
  ¥12,180 Amazon.co.jp (8/1執筆時) 

 シロSPC-101WHの「アマゾン限定モデル」でしょう。圧力は多少弱めで時短性は上位機に比べると弱いですが、素材を柔らかくするなどの加圧機能の利点は十分楽しめそうです。

 掃除も簡単ですし、蒸し料理に使えたり、電気鍋のように利用できる点も能力が高そうです。エントリー機としては水準が高いと思います。

ーーーー

 というわけで、今回は、電気圧力鍋の紹介でした。

 なお、このブログ「家電批評モノマニア」には、調理家電・調理器具について次のような記事があります。

1・取ってのとれる鍋の比較
2・フライパンの比較
3・圧力鍋の比較
4・電気圧力鍋の比較
5・スロークッカーの比較
6・ジューサーの比較
7・ハンドミキサーの比較
8・フードプロセッサの比較
9・かき氷器の比較

 なお、【ガスを使うタイプの圧力鍋については3番の記事】で別に紹介しました。価格面では、ガス式の方が安い機種が多いと思います。

 必ずしも圧による時短効果は必要なく、「手軽に料理のレパートリーを増やしたい」だけという方は、【おすすめスロークッカー・マルチクッカーを比較した5番の記事】もご覧ください。電気圧力鍋同様に面白い製品が多いですから。

 最後になりましたが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 17:01 | Comment(0) | 調理家電

2017年10月07日

比較2017’ 電気代が安い!小型冷蔵庫16製品の性能とおすすめ:1人暮らし・少人数向け・自動製氷付き・1ドア・2ドア小型冷凍庫

今回レビューする製品【2017年10月】最新の1人暮らし向け小型2ドア冷蔵庫16製品の性能とおすすめ・選び方:シャープ・パナソニック・三菱・ハイアール・日立・ハイセンス・アビテラックス・AQUAの高品質モデルと激安モデルAR-100E JR-N85A-W SJ-H12B-S SJ-D14C SJ-GD14C MR-P15A NR-B14AW JR-NF148A NR-B17AW SJ-D17C-S JR-NF173A-W R-S2700GV AQR-81E HR-A42JW AR-509E機能の違いと人気ランキング

今回のお題
1人暮らしなど少人数世帯向きの小型冷蔵庫のおすすめ製品はどれ?


 ども、Atlaです。今回は、ワンルームマンションでの暮らしに最適な、小型1ドア・2ドア・3ドア冷蔵庫の比較です。

 201608281139.jpg

 2017年シーズンの最新モデルを低価格のものから、人気の自動製氷機能が付いているモデルまで、デンキヤで売れ筋の冷蔵庫11製品比較しようと思います。

 いつものように、メーカーの機種ごとにスペックを比較して、最後にオススメ機種を提案していきたいと思います。

 なお、以下では、最初に冷凍庫も付属する2ドア以上のタイプを紹介した後で、自動製氷付きの3ドア機種冷蔵庫・冷凍庫のみ付属する1ドアタイプの順に紹介します。

100L前後の2ドア冷蔵庫

 では、具体的な紹介をはじめます。はじめに、家庭用としてもかなり小型な100L前後の2ドア冷蔵庫を比較します。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめできるポイントを赤字で、イマイチな部分を青字で記していきます。


 

 1・アビテラックス 2ドア冷蔵庫 AR-100E
  
¥19,200 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;66L【右開き】
 冷凍室容量 :30L
 省エネ達成率:85%(2021年度)
 年間電気代:;
6800円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; なし
 運転音:不明

 はじめに紹介するのは、パナソニックのグループ企業のアビテラックスの冷蔵庫です。冷凍庫がある2ドアタイプですが、2万円以内の予算で購入可能という激安冷蔵庫です。

  201608281255.jpg

 冷蔵庫のサイズは、小型です。背丈は85cmほどと設置性が良いです。一方、冷凍庫は30Lと小さく、氷を作るならば、冷凍食品が数点ほどしか入らないという容量です。現代の食生活からは冷凍食品は切っても切り離せないものですから、1人暮らしには多少使いにくいかもしれませんね。

 bgajapfga-41.png

 冷凍室は、直冷式となり、霜取り機能がありません。そのため、冷凍室で固まった氷状の霜(写真)を、一度冷蔵庫を止めて定期的に取り除く必要あります。

 冷蔵室は、66Lとそれなりに広く、野菜や卵、コンビニのお弁当、牛乳などは十分に入ります。ただ、格安なだけに、庫内や外観の作りは最低限ですので、デザイン性は皆無です。ただ、実用重視ならば問題ないので、価格的に2万円以内の予算で、小型機種を考えているならばこちらでも良いでしょう。

 デザイン性は、冷蔵庫内のトレイはプラスチック製で、可もなく不可もない感じです。本体の天板は、本体の天板は耐熱仕様なので、上に電子レンジなどを置くことができます。

 電気代は、年間6800円ほどです。格安ですが、以下で紹介する100リットルサイズと、さほど変わりません。そのため、収納量やデザイン性を重視して、もう少し上位の機種を選ぶのも「あり」ですね。


 

 2・ハイアール 85L 冷蔵庫 JR-N85A-W
   ¥18,800 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;60L【右開き】
 冷凍室容量 :25L
 省エネ達成率:71%(2021年度)
 年間電気代:;
7695円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー:
 運転音:25db

 続いて紹介するのは、ハイアールの冷蔵庫です。旧三洋電機(アクア)の別ブランドになります。価格的に2万円以下で買えるという点で、アビテラックスのライバル機ですね。

 201608281311.jpg

 冷蔵庫のサイズは、こちらの方が奥行がなくスリムに置けます。その分、庫内は、冷凍室・冷蔵室共に、アビテラックスよりも一回り小さめと言えます。

 201608281310.jpg

 冷凍室は、直冷式となり、霜取り機能がありません。定期的な霜取りが必要です。冷蔵室は、60Lとアビテラックスに較べると多少狭いです。

 電気代は、年間7695円と、アビテラックスに較べると月あたり100円弱ほど高いです。

 デザイン性は、庫内に、ガラストレーが採用されるなどハイアールの方がだいぶ良いです。傾斜の付いた、下部のケースの使い勝手も良いです。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様なので、電子レンジなどを設置できます。

 その他、アビテラックスに較べると、静音設計であり、寝室には向く仕様ですね。

 以上、ハイアールの小型冷蔵庫の紹介でした。2万円を切る価格の小型冷蔵庫としては、デザイン性や使い勝手が良い機種です。その一方で、光熱費を重視する場合、アビテラックスのほうが良さそうです。

150L前後の2ドア冷蔵庫 

 つづいて、120-150リットル前後の、2ドア冷蔵庫としては標準サイズの冷蔵庫を紹介します。

 デンキヤで見かける2ドア冷蔵庫の大半はこのサイズで、1人暮らし用として不便なく使える最低限のサイズはこちらですね。


   

 3・SHARP 小型2ドア冷蔵庫 SJ-H12B-S
   ¥28,030 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;90L【右開き】
 冷凍室容量 :28L
 省エネ達成率:77%(2021年度)
 年間電気代:;
7965円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; あり
 運転音:不明(多分大きい)

 はじめに紹介するのは、シャープのSJ-H12B-S です。デンキヤでも売れ筋のモデルです。

  201603220954.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480x1160x525mmになります。先ほどまで見た小型機種に較べると、背丈はありますが、設置に必要な面積はほぼ同じです。

 冷凍室は、こちらも直冷式で霜取り機能がありません。冷凍室で固まった氷状の霜(写真)を、一度冷蔵庫を止めて定期的に取り除く必要あります。

 冷蔵室は、小型サイズの冷蔵庫では標準的な90リットルです。その反面、冷凍室は28Lですから小さいといえます。現代の食生活からは冷凍食品は切っても切り離せないものですから、1人暮らしには多少使いにくいかもしれません。

 デザイン性は、こちらも冷蔵庫内の棚がプラスチック製となり、価格相応です。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様ですね。

 電気代は、年間電気代が小型機並みに安い7,965円です。この点は、シャープの良い部分です。静音性は、その一方で、情報が非開示で不安があります。メーカーが運転音のスペックを出していませんが、直冷式の冷蔵庫のため、かなり冷蔵庫の音がうるさいのではないかと思います。

 以上、シャープの直冷式の小型冷蔵庫の紹介でした。省エネ性は高い機種ですが、霜取りが必要な面がやはりネックですね。このサイズの場合、霜取り不要の機種もありますし。


  

 4・ハイアール 直冷式 ブラックJR-N121A-K
 4・ハイアール 直冷式 ホワイトJR-N121A-W
 4・ハイアール 直冷式 シルバーJR-N121A-S
  ¥25,800 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;88L【右開き】
 冷凍室容量 :33L
 省エネ達成率:121%(2021年度)
 年間電気代:;5265円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー;あり
 運転音: 25db

 こちらは中国のハイアール社の冷蔵庫です。冷蔵庫メーカーでもあった旧三洋電機を吸収し「アクア」ブランドでも冷蔵庫を売っているメーカーです。ただし、こちらは「ハイアール」のブランドで売られる格安の2ドア冷蔵庫です。

 201704060911.jpg

 冷蔵庫のサイズは、上下合計で121リットルで、このサイズの小型機種では、シャープと同じくコンパクトな部類です。あまり料理をしない1人暮らし向けに特化した格安製品として需要があります。

 冷蔵室は、小型モデルとして一回り小さく88リットルです。

 冷凍室は、シャープより大きな33リットルです。つまり、冷蔵室が小さく、冷凍室が大きめのモデルと言えます。ただ、やはりこちらも自動霜取り機能が付属しません。価格的にはやはり難しいのでしょう。

 201704060914.jpg

 デザイン性は、ハイアールの力を入れる部分で、庫内にガラストレーが採用され、たり、取り出しやすい野菜室など、低価格製品としては、だいぶ良いです。本体の天板は、この機種も上部が耐熱仕様ですね。

 電気代も、年間5265円と他機種と比較しても相当格安です。維持費の面ではかなり優位です。

 静音性は、この機種は静音設計がされており、25デシベルです。ほとんど音は気にならないでしょう。ただし、これから紹介していく3万円オーバーの機種は、さらに低騒音です。

 以上、ハイアールの冷蔵庫の紹介でした。とても価格が安く、電気代も安い冷蔵庫です。格安の機種を探している方は、この機種が良いでしょう。


 

 【2016年型番】

 5・シャープ 冷蔵庫 ホワイト SJ-D14C-W
   ¥30,089 Amazon.co.jp (7/7執筆時)
 5・シャープ 冷蔵庫 シルバー SJ-D14C-S
   ¥37,731 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 SJ-D14は、シャープの2ドアの冷蔵庫です。このモデルは毎年型番が変わりますが、新モデルと旧モデルの機能差は無く、同じ製品です。

  201603221001.jpg

 冷蔵庫のサイズは、上下合計で137Lと比較的収納力があります。奥行が僅かに大きいですが、幅と高さはトップフリーザー型のシャープ下位機種とほぼ変わりませんね。設置性は良いと思います。

 201603221004.jpg

 冷蔵室は、91Lです。収納力は十分あります。ペットボトルは開き戸の方に3本同時に収納できます。

 冷凍室は、46Lで、こちらはさらに冷凍室が大きめと言えます。。もちろん、製氷室と分離された2段収納タイプです。また、この機種からは、直冷式ではなくファン式を採用しているため、冷凍庫の霜取りの必要がありません。実用性は高いと言えます。

 デザイン性は、外装については取り立てて強調したい部分はありません。しかし、、食品を置く棚は、掃除がしやすく清潔なガラス製です。

 また、この機種の良いところは、左開きにも対応することです。ただ、大型高級機種とちがって、両方どちらからでも開くわけではなく、簡単な工具も要らずに、ツメを外すだけで付け替えられるという意味です。そのため、「つけかえどっちでもドア 」という商品名になっています。本体の天板は、耐熱仕様なので、オーブンレンジなどを載せることも可能です。

 電気代は、年間8775円です。ハイアールのスリムタイプに比べると落ちますが、標準サイズの冷蔵庫としては割安な部です。

 静音性も、ハイアールに較べても低い23デシベルで、ワンルームにも向くと言える機種ですね。

 以上、シャープのSJ-D14の紹介でした。ハイアールの上位機と較べると、収納力の点では互角ですが、電気代や静音性の点では優れる機種です。左開きに対応できる機種ですので、その点のニーズもあるでしょう。


 201701081142.jpg

【2016年型番】

 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-B
 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-W
 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-C
   ¥46,602 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 こちらの機種は、1つ上で紹介したモデルの上位機種になります。この機種も左右開きに対応できます。

 冷蔵庫のサイズは、下位機種と同じです。性能面でもほぼ同じですが、相違点は次の2つのみです。

 201701081152.jpg

 第1に、本体の外観です。こちらは、小型機種では唯一、外装にガラスドアを採用したフラット冷蔵庫です。3ドア以上の高級機で採用される高品位の外装で、インテリアとしての高級感があります。以前は、パナソニックがインテリア性の高い小型機を出していましたが、最近は販売がなく、久しぶりの高級路線の製品となります

 201603221006.jpg

 第2に、プラズマクラスターによる除菌機能が付属する点です。これはいわゆる除菌イオン(マイナスイオン)で、庫内の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

 空気清浄機などについては、プラズマクラスターの威力を疑問視する科学的見解もありますが、冷蔵庫という閉じられた空間内ならば、高い効果が期待できるでしょう。

 なお、プラズマクラスター(マイナスイオン)は脱臭・消臭効果もみられます。しかし、この機種の場合、脱臭機能は備わっていません。言いかえれば「キムコは基本必要」ということなります。

 以上、シャープのSJ-PD14Bの紹介でした。小型冷蔵庫は無機質なデザインが被いですが、こちらはガラス面採用で高級感があります。その点で、キッチンの美観を重視したい方には向くと言えます。


 

 7・三菱 2ドア冷蔵庫 ブラック MR-P15A-B
 7・
三菱 2ドア冷蔵庫 シルバー MR-P15A-S

  ¥36,500 Amazon.co.jp  (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;100L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:95%(2021年度)
 年間電気代:;8640円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ----
 運転音; 22db

 MR-P15Aは、三菱の冷蔵庫です。三菱の冷蔵庫はデザイン性が高く、収納力もあるためよく売れています。

 201603221008.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480x1213x595mmと、他社より少しだけ背の高いモデルになります。ただ、上に大きいだけで面積は同じなので、設置の邪魔になりません。ワンルームにも向くでしょう。

 reizouko02.jpg

 冷蔵室は 100Lです。ハイアールの上位機種と同じ広さで、収納力があります。ペットボトルは開き戸の方に3本同時に収納できます。特徴的なのは、ペットボトルなどを置くポケットケースの収納力です。この部分が大容量で、500ミリのペットボトルならば上段だけで最大10本同時に入れることが可能です。下段にも2リットルペットボトルのほか、500ミリ程度ならば、前後に収納することが可能です。

 bgajapfga-29.png

 冷凍室は、46Lで、こちらは他社と同じサイズです。製氷室と分離された2段収納タイプであり、自動霜取り機能も付属します。

 デザイン性は、かなり高いです。とくに内装について、冷蔵庫の最下段がケース式になっているため、チルド室のように低温で保存したい食品を入れることができます。内部照明もLED照明が使われており見やすいです。本体の天板は、耐熱仕様なので、オーブンレンジなどを載せることも可能です。

 201312161124.jpg

 電気代は、年間電気代8640円と、150リットル前後の冷蔵庫としては最も格安水準です。また、省エネ面では、「ヨコ取りポケット」という機能があり、扉を半開きの状態でペットボトルが取り出せるため、省エネです。静音性は、業界トップの22デシベルと静かですね。

 以上、三菱の小型冷蔵庫の紹介でした。小型冷蔵庫としては収納力が高く、限られたスペースでできるだけ収納したい人にオススメできる機種と言えます。

 優れた機種ですが、あえて欠点をあげるとすれば、シャープやパナソニックと異なり、棚がプラスチック製だということでしょう。プラスチックも十分清潔ですが、美観と高級感ではやはりガラス棚のが上です。とはいえ、冷蔵庫の中身は見えない部分なので、そこまでこだわる必要はないかもしれません。

 また、ポケットの収納力は他社よりも大きいですが、その分、庫内の収納力がやや犠牲になっています。そのため、ドリンクやお酒をそれ程の数保存しない場合は、シャープやパナソニックの方が良いと言えます。


 

【2017年型番】

 8・パナソニック NR-B14AW-T ブラウン
 8・パナソニック NR-B14AW-S シルバー   

  ¥59,184 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

【2016年型番】

 8・パナソニック NR-B149W-T ブラウン
 8・パナソニック NR-B149W-S シルバー   

  ¥38,100 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:90%(2021年度)
 年間電気代 :9,045円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db  

 つづいて、パナソニックの小型冷蔵庫です。

 こちらは、2016年モデルが併売中ですが、性能面での相違はありません。安い方で良いでしょう。

 bgajapfga-42.png

 冷蔵庫のサイズは、480×586×1119mmと、背の高さは三菱よりも低くコンパクトです。

 bgajapfga-44.png

 冷蔵室は 94Lです。背の低い分、三菱に較べると収納力は少ないです。とくに、ポケットの部分の収納力は三菱に劣ります。上段に500ミリのペットボトルを収納できないサイズです。ただ、その分、庫内の奥行きは広く、食品を余裕を持って収納できます。

 冷凍室は、44Lで、ごく僅かですが他社よりも小さめです。ただ、製氷室と分離された2段収納タイプであり、自動霜取り機能も付属します。そのため、大差はないでしょう。

 デザイン性は、かなり良いです。例えば、冷蔵庫のトレイには、ガラスを使用し、デザイン性とメンテナンスの点で非常に楽になっています。また、内部のLED照明は鮮やかで、食品がよく見えると共に、野菜などを鮮やかで美味しくみせます。三菱に較べて優位性のある部分です。本体の天板は、耐熱仕様です。

 電気代は、その一方で、ほぼ同じサイズのシャープなどと較べると、年間9045円と僅かながら高めです。静音性は、三菱には及ばないものの、かなり静かであり、音は気にならないと思います。

 一方、この機種は、カテキン抗菌・脱臭フィルターが装備されています。イオン方式とフィルター方式の違いがありますが、シャープ社の上位機種プラズマクラスターと同様の発想です。フィルターは交換が不要です。ただ、脱臭力はそれ程期待できないため、生ものを保存する方は、キムコは必要だと思います。

 以上、パナソニックの小型冷蔵庫の紹介でした。ポケット収納力では三菱の機種に負けますが、庫内収納力では優り、また、ガラス棚の採用や脱臭機能も魅力といえる機種だと言えます。手堅い作りの冷蔵庫なので、買って後悔のない機種と言えるでしょう。


  201704060934.jpg

 9・ハイアール 冷蔵庫 JR-NF148A-W【白】
 9・ハイアール 冷蔵庫 JR-NF148A-K 【黒】
  ¥30,876 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:131%(2021年度)
 年間電気代:;6264円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;なし
 運転音: 25db

 こちらは、ハイアールの標準的なサイズの冷蔵庫です。

 201704060938.jpg  

 冷蔵庫のサイズは、縦横共に、他社より一回り大きめですね。ただしその分、冷凍室は54Lと、このサイズの他機種よりも幾分広めです。冷蔵室は94Lとそこそこの広さです。

 201704060942.jpg

 冷凍室は、ユーロデザインの3段式です。日本の小型冷蔵庫では3段式はほぼ見ませんが、収納性は良いと思います。冷凍食品を重視する場合は選択肢として良い機種です。ただ、ボトムフリーザータイプとしては珍しく、冷凍室が引き出しではなく、ドアタイプです。収納力はありますが、奥までの視認性は、引き出し式に較べるとイマイチです。

 冷蔵室も、ペットボトルが多くはいる下段ポケットの収納性はよく、使い勝手も良いです。

 デザイン性は、世界展開するモデルとして配慮があり、見た目は悪くないです。内装はガラストレイを採用する上、パナソニックのように内部のLED照明は鮮やかで食品が美味しく見えます。本体の天板は、やはり上部が耐熱仕様で、トースターなどが置けます。

 電気代は、本体と冷凍庫が多少大きい部分が功を奏して6264円の年間電気代と、このサイズの他社平均よりも2000円近く安いです。省エネ基準が厳しいユーロに適応したためでしょうか。

 以上、ハイアールの148Lモデルの紹介でした。電気代・光熱費から考えると、最もおすすめはこの機種です。とくに冷凍庫を中心に利用するだろう方には向きますね。

170L超の中型2ドア冷蔵庫

  続いて、179リットル以上のやや大きい2ドア冷蔵庫を紹介します。

 このサイズは、1人暮らしでも料理をある程度する方、または、少人数世帯向きの小型機種として売れ筋です。


【2017年型番】

 10・パナソニック ブラウン NR-B17AW-T
 10・
パナソニック シルバー NR-B17AW-S
  ¥69,984 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

【2016年型番】

 10・パナソニック ブラウン NR-B179W-T
 10・
パナソニック シルバー NR-B179W-S
  ¥48,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 冷蔵室容量 :124L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:88%(2021年度)
 年間電気代:;9450円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db  

 NR-B179Wは、パナソニックのやや大きめの冷蔵庫です。2ドアですが、2-3人暮らし程度まで対応できる庫内ですが、1人暮らしでも1週間買いだめする人にはこのサイズが向きます。

 こちらも新旧両モデルありますが、性能面での差はないので、安い方で良いでしょう。

 201309202005.jpg

 冷蔵庫のサイズ480×586×1293mmとなります。小型機種と設置面積はほぼ同様ですが、背の高さがかなり高くなります。設置面積が変わらないため、ワンルームでも圧迫感なく導入が可能です。

 201312161319.jpg

 冷蔵室は 、124リットルです。収納力が高く、3段目には2Lペットボトルが4本、2段目のポケットには500mlのペットボトルが前後に計10本収納可能です。庫内は、(サイズが大きいこともあり)4段収納です。加えて、低温保存できるチルドケースも付属します。

 冷凍室は、44Lで、この点では下位機種と変わりません。霜取り機能はきちんと付属します。冷凍室は製氷室と分離された仕様です。

 デザイン性は、この機種も高いです。冷蔵庫のトレイには、清潔なガラス板を使用し、、内部のLED照明は鮮やかで、食品がよく見え、清潔感もあります。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 電気代は、大型の庫内を持つ機種ですが、年間電気代は、150センチ前後の冷蔵庫と大きく変わりません。年間9450円ほどで、このクラスの収納力の冷蔵庫としては優秀ですね。静音性は、こちらも23デシベルとトップクラスです。

 また、この機種も、カテキン抗菌・ ナノ脱臭フィルターが装備されています。ただ、脱臭力はそれ程期待できないため、生ものを保存する方は、キムコは必要だと思います。

 以上、パナソニックのNR-B179Wの紹介でした。年間電気代は、200L以下の小型機と変わらない水準ですので、「買いだめ」したい方は、1人暮らしでもこちらが良いでしょう。ただ、冷凍庫のサイズは下位機種と同じですのでその点は注意してください。


 

 【2016】

 11・シャープ 167L 2ドア冷蔵庫 SJ-D17C-S
  ¥44,818 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;121L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:86%(2021年度)
 年間電気代::9,585円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db

 SJ-D17Cは、シャープの170Lクラスの大きめの2ドア冷蔵庫です。

 201701081300.jpg

 冷蔵庫のサイズは、480×590×1285mmとなります。パナソニックの同型とほぼ同じで、設置性はいずれのモデルも同等ですね。

  201502271301.jpg

 冷蔵室は 、121リットルです。パナソニックに較べると、多少庫内は狭いですね。ボトルポケットにはペットボトルを3本収納できる仕様です

 冷凍室は、46Lで、こちらは逆にパナソニックより2Lほど大きなフリーザーです。製氷ケース部分と冷凍ケース部分が別の構造で収納性も高いです。霜取り機能はきちんと付属します。冷凍室は製氷室と分離された仕様です。

 デザイン性は、その一方で、さほど特長のない機種です。ただ、同社の小型機種と同じく、扉を左開きにできる点は、マンション構造によっては、便利かもしれません。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 一方、シャープは小型機には「高級機種」がありましたが、このグレードではありません。そのため、プラズマクラスター消臭や、ガラスドアは不採用です。ただし、消臭の部分では、ナノ低脱臭触媒が採用されています。こちらもそれほど効果は無いため、キムコなどは別に必要です。な

 電気代は、パナソニックよりも僅かに不利の9,585円です。ただ、フリーザーのサイズが大きいため、この程度は仕方ない部分ですね。静音性は同等です。

 以上、シャープの大きめサイズの冷蔵庫の紹介でした。パナソニックとほぼ同様のサイズですが、消費電力はこちらのほうが高く、電気代を考えるとパナソニックの方が多少ですが良いと思います。その一方で、フリーザーが僅かに大きいので、この部分を重視したい方は、この機種は魅力でしょう。


 

【2017】

11・ハイアール 2ドア冷蔵庫 JR-NF173A-W
  ¥34,747 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;119L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:125%(2021年度)
 年間電気代::6,696円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 25db

 JR-NF173Aは、ハイアールの173リットルサイズの大きめの2ドア冷蔵庫です。

 201704061000.jpg

 冷蔵庫のサイズは、502×598×1510mmとなります。注意点としては、背の高さが日本製と比べると20cmほど高いことです。上方向に長いぶんは設置性にあまり影響はないですが、ここ長いと相応にキッチンに圧迫感は出ます。その点では、ワンルームと言うより、あまり料理をしない少人数世帯向きだと思います。

  201704060959.jpg

 冷蔵室は 、119リットルです。ポケットの収納性も、下段にペットボトルを3本収納できる仕様で広めです。ただ、ポケット上段部については、卵専用と言って良い幅ですので、収納性は他社に及びません

 冷凍室は、54Lで、このサイズとしては最も大きいです。収納は、ユーロスタイルの冷凍三段収納で利用しやすいです。ただ、引き出しタイプではないため、のぞき込んで材料を確認する動作に慣れている方や、冷蔵庫の前面にいろいろ物を置きがちな方には、不向きかもしれません。霜取り機能はきちんと付属します。

 デザイン性は、ユーロ圏でも売られているモデルと言うことで、シンプルですが、好感の持てるデザインです。内装もガラストレイを採用し、白色度の強いLED庫内灯が付属するので、綺麗です。本体の天板は、背の高い機種ですが、こちらも耐熱仕様です。

 電気代は、今年度のハイアールは全体的に良いですが、こちらも6,696円と他社よりも2000円ほど省エネです。

 静音性は、25デシベルとパナソニック同様に静音です。

 以上、ハイアールの173Lの冷蔵庫の紹介でした。多少大きめな冷蔵庫の中では電気代の点で最も優れます。コスパも、デザインも良いと思います。ただ、ボトムフリーザーが、ドア式の点は使い勝手の部分で注意は必要ですね。屈んで、内部の引き出しを開け、冷凍食品を確認するのは多少面倒ですし。

自動製氷付きの3ドア冷蔵庫

 続いて、氷が自動製氷できるタイプで、もっともコンパクトなモデルを紹介します。
 



 

 12・日立 真空チルド R-S2700HV【シャンパン】
 12・日立 真空チルド R-S2700HV【ブラウン】
  ¥156,799 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;145L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:82%(2010年度)
 年間電気代:;10,665円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;ーーー

 続いて、日立の真空チルドの紹介です。今回紹介する冷蔵庫の中では最も「大型」な冷蔵庫です。

 小型冷蔵庫の記事にわざわざこの機種を紹介するのは、自動製氷機能が付属する冷蔵庫としては「最も小型」な機種だからです。自動で製氷できるこの機能は、ある種、「ハイグレード冷蔵庫の代名詞」ともなっており、需要があります。

 201409051118.jpg

 冷蔵庫のサイズは、高さは152センチ、幅は54センチ、奥行きは65センチあまりと、一回り大きな冷蔵庫です。設置にスペースが必要な点は、注意が必要ですね。

 201312161331.jpg

 冷蔵室は 、145Lです。また、54Lの専用の野菜室が付属するため、大人数世帯でも対応できるサイズを持ちます。他者に較べてポケットが広く取られている点もメリット性があります。

 そのほか、日立独自の真空保存技術である「真空チルド」を使ったチルドケースが冷蔵室下部に付属します。日立の真空チルド技術は、複数あって、これは20万オーバーの上位機種よりも性能が劣るものとはいえ、食品を長持ちさせることが可能です。特に生のお肉などは、より日持ちします。

 冷凍室は、66Lで、先ほど書いたように、自動製氷機能が付く部分が魅力です。

 デザイン性は、中型冷蔵庫の区分で言えば「それなり」ですが、小型冷蔵庫と比較すると凝った作りです。一方、注意が必要なのは、天板が耐熱仕様のテーブルになっていない点です。冷蔵庫の上に、電子レンジやオーブンを置くことができない点は、注意してください。これは、中型冷蔵庫ならば、どの機種も同じです。

 電気代は、年間10000円強と、小型の機種とそう大きくは変わりません。というのも、冷蔵庫はインバーター制御により、基本的に大型の冷蔵庫ほど電気代が安いという特性があるからです。つまり、電気代の点で小型機種を選ぶのは賢いとは言えないです。

 以上、日立の「真空チルド」の紹介でした。優れた機種であり、設置スペースが許すならば、是非導入して欲しい機種です。

1ドア小型冷蔵庫・冷凍庫

 最後に1ドアタイプの冷蔵庫を紹介します。


 

 13・AQUA AQR-81E
  ¥19,460 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;75L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:
72%(2021年度)
 年間電気代::6,561円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、アクア(旧三洋電機)の小型1ドア冷蔵庫です。

  201608281204.jpg

 冷蔵庫のサイズは、幅426×奥行459×高さ827mm となり、2ドアよりも設置スペースは節約可能です。

 201608281207.jpg

 冷蔵室は、上部の冷凍室と兼用ですが、合計で75Lの収納力を持ちます。1ドアとしては、大きめ機種ですね。1ドアですが、上部に製氷室があり、氷も作れる仕様です。ただし、構造的に、霜がつくため、定期的な霜取りは必要でしょう。

 また、実質的に、冷凍食品は保存できないため、冷凍食品中心の生活の方は、2ドアを選んだ方が無難です。

 電気代は、年間6561円です。2ドアタイプより1000円ほど安いとは言え、大きさの割にさほど安くありません。先ほど書いたように、冷蔵庫という家電は、「小さければ小さいほど電気代が安いという仕組みではない」からです。

 こうした点から、スペースの関係上1ドアしか入らない場合を除き、基本的には2ドアタイプを選んだ方が無難です。ただ、価格は割安ですし、小型で設置性が良いので、さほど料理をされない人はこちらでも大丈夫でしょう。冷蔵庫の上部は60度までの耐熱仕様なので、電子レンジも置けますね。


 201608281134.jpg

 14・ハイセンス HR-A42JW
  ¥10,800 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;42L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:133%(2021年度)
 年間電気代::
3105円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、中国のハイセンスの小型冷蔵庫です。

  201608281217.jpg

 冷蔵庫のサイズは、特に背丈が51cmと小型で、正方形に近い42Lの小型冷蔵庫です。よく、ビジネスホテルで見かけるタイプですね。

 冷蔵室は、42リットルと、普通の2ドア冷蔵庫の冷凍室とだいたい同じサイズです。ただ、製氷皿が付いており、氷を作ることは可能です。こちらも構造的に霜取りが定期的に必要ですね。

 電気代は、庫内が狭いので、年間3105円と格安です。ここまで小型だと、やはり電気代は下がりますね。また、上部のテーブルの耐熱温度は100度までなので、上部に調理器具を置ける仕様ですね。

 以上、ハイセンスの冷蔵庫の紹介でした。家庭で使う場合、1人暮らしというよりも、一軒家の「自分専用冷蔵庫」と言えるでしょう。また、飲みものを冷やしたり、氷を作る程度で、全く自炊をしないならば、このタイプの冷蔵庫でも大丈夫でしょう。そういえば、Atlasの学生時代の先輩もこのサイズの冷蔵庫で暮らしていましたね。


 201608281228.jpg

 15・ハイアール JR-N47A
  ¥11,000 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;47L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:138%(2021年度)
 年間電気代::
3726円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 25db

 こちらは、中国のハイアール社の製品です。

  201608281225.jpg

 冷蔵庫のサイズは、先ほどのハイセンス社の冷蔵庫と較べると、大きさはほとんど変わりません。

 冷蔵室は、その一方で、庫内容量が47リットルと、5リットルほど大きい製品です。とくに製氷室周りの構造がハイセンスよりもシンプルなので、実際の収納力はより多そうです。もちろん、霜取りの必要はありますが。上部は、ハイセンス同様の耐熱天板であり、電子レンジなどを乗せることも可能です。

 電気代は、庫内が多少大きな分、ハイセンスよりも年間で500円ほどかかりますが、さほど大きな違いではないでしょう。


 201608281232.jpg

 16・アビテラックス AR-509E
  ¥10,899 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;46L【右開き】
 冷凍室容量 :----
 省エネ達成率:133%(2021年度)
 年間電気代::
3920円
 霜取り機能 :-----
 ガラストレー: ------
 運転音; 24db  

 こちらは、日本のアビテラックス(吉井電気)の製品です。パナソニックのグループ企業で、格安家電を販売している会社ですね。

 冷蔵庫のサイズは、45センチほどの正方形サイズになります。

 冷蔵室は、庫内容量は46Lとハイアールと同じほどのサイズです。小型機種では収納力のあるタイプの1つと言えるでしょう。この機種も製氷皿を装備し、氷を作ることも可能です。もちろん、霜取りの必要は他機種同様にあります。

 電気代は、多少他社よりも効率が悪く、年間で3920円ほどかかります。

 一方、他機種との相違点は、上部が耐熱・耐荷重構造になっていないため、電子レンジなどを上に置けないことです。この点にネックを感じるならば、他機種を選ぶと良いと思います。

今回の結論
電気代や性能面でおすすめな小型冷蔵庫はこの機種!


 というわけで、今回は、小型冷蔵庫を8機種レビューしました。最後に、Atlasのオススメ機種を書いておきたいと思います。


第1に、本体価格や電気代の安い小型冷蔵庫としておすすめできるのは、

  201704060934.jpg

 9・ハイアール 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-W 【白】
 9・ハイアール 2ドア冷蔵庫 JR-NF148A-K 【黒】
  ¥30,876 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;94L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:131%(2021年度)
 年間電気代:;6264円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー;なし
 運転音: 25db

 ハイアールの148Lの冷蔵庫です。年間電気代がこのサイズの他機種に較べると格段に安い点を評価しました。自動霜取り機能、ガラストレー、LED庫内灯など基本装備が充実し、小型機種としてはかなり性能が良いと言えます。

 一方、ボトムフリーザーがドア式である点は、設置スペースの狭いワンルーム用としては多少マイナスです。しかし、冷凍室の総合収納力は高く、ごちゃごちゃしがちな冷凍室についても整理して置きたい方には向きますね。


第2に、インテリア性の高い「おしゃれな」小型冷蔵庫としておすすめできるのは、

 201701081142.jpg

【2016年型番】

 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-B
 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-W
 6・SHARP 高品位ガラスドア SJ-GD14C-C
   ¥46,602 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;91L【右開き】
 冷凍室容量 :46L
 省エネ達成率:92%(2021年度)
 年間電気代:;8775円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; ◎
 運転音; 23db

 今年度モデルでは、圧倒的にシャープの上位機SJ-GD14Cシリーズでしょう。

 最近他社が「おろそか」にしている、外観のデザイン性について配慮した機種で、冷蔵庫としての美しいです。冷蔵庫はキッチンで最も大きな「インテリア」なので、この部分はかなり重要です。選ぶならばこれでしょう。

 使い勝手の部分でも、大きめのボトルポケットガラストレイというトレンドを押さえた上で、プラズマクラスター搭載というオリジナルな部分もあるので、多少高くてもこれらを選ぶと満足度が高いと思います。

 電気代も、ボトムフリーザーが引き出し式のタイプの中では、省エネ性が高いです。


 第3に、少人数世帯向けの少しだけ大きな冷蔵庫を求めているならば、

【2017年型番】

 10・パナソニック ブラウン NR-B17AW-T
 10・
パナソニック シルバー NR-B17AW-S
  ¥69,984 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

【2016年型番】

 10・パナソニック ブラウン NR-B179W-T
 10・
パナソニック シルバー NR-B179W-S
  ¥48,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 冷蔵室容量 :124L【右開き】
 冷凍室容量 :44L
 省エネ達成率:88%(2021年度)
 年間電気代:;9450円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 23db

 パナソニックの NR-B179をオススメします。冷蔵庫部分が四段収納と広くとられているために、3人家族でも使える広さを持ちます。

 あまり料理を作らない一人暮らしの方についても、500mlのペットボトルが前後に計10本収納可能という、現代生活にマッチした構造で、使いやすいでしょう。スペースについても、小型機種よりも、上に長いだけで、幅と奥行きはそう変わらないため、設置性も良いです。

ーーー

 

【2017】

11・ハイアール 2ドア冷蔵庫 JR-NF173A-W
  ¥34,747 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;119L【右開き】
 冷凍室容量 :54L
 省エネ達成率:125%(2021年度)
 年間電気代::6,696円
 霜取り機能 :あり
 ガラストレー; あり
 運転音; 25db

 次点はハイアールのJR-NF173Aです。電気代の面で言えば、他社より年間2000円低い水準で最も優秀です。こちらも、自動霜取り機能・ガラストレイ・LED庫内灯などのトレンドを一通り押さえています。静音性も高いです。

 ただ、ボトムフリーザーがドア式で、しかも、小型機種に比べると結構大きいので、慣れないとやや使いにくいとも思います。


第4に、独り暮らし用にと安くて安定した性能の発揮できる冷蔵庫を求めているならば、

 

 1・アビテラックス 2ドア冷蔵庫 AR-100E
  
¥19,200 Amazon.co.jp (7/7執筆時)

 冷蔵室容量 ;66L【右開き】
 冷凍室容量 :30L
 省エネ達成率:85%(2021年度)
 年間電気代:;6800円
 霜取り機能 :なし
 ガラストレー; なし
 運転音:不明

 ただし、1人暮らしはお金のかかるものですから、なるべく予算を節約したいと考えているならば、アビテラックスの冷蔵庫も選択肢に入れて良いと思います。

 直冷式で性能面では並ですが、価格やランニングコストの面で秀でています。なお、1ドア冷蔵庫は、冷凍庫が実質使えない点で、1台目としてはできれば避けた方が良いと思います。

ネットで冷蔵庫を購入する場合の注意

 さて、これらの冷蔵庫購入にあたって注意です。

 まず、初めての1人暮らしで、冷蔵庫を新しく買う場合は、マゾンや量販店などの安い機種を買って貰えれば良いと思います。どれも小型冷蔵庫なので、問題なくマンションの部屋の入り口まで持ってきて貰えるサイズです。

 一方、古い冷蔵庫の買い換えの場合ですが、この場合は、家電リサイクル法のため、手続きを通して古い冷蔵庫を引き取って貰う必要があります。

 例えば、壊れておらず、10年以内の機種ならば、冷蔵庫を家電リサイクルショップに売る方法もあります。また、売るのが難しい故障品は、一律料金のリサイクル業者に引き取って貰う方法もあります。3900円ほどからです。デンキヤに依頼するよりも安上がりです。

 201603081543.jpg

 なお、Amazonで買う場合、リサイクルや配送方法については、業者ごとに異なります。Amazonサイトの「新品の出品」とある部分をクリックすると、マーケットプレイス出品業者ごとの商品価格と説明書きがあります。(スマホから見る場合は、新品の出品クリック後に、右側の「>」マークをクリックします)

 例えば、ビックカメラのアマゾン店で冷蔵庫を購入の場合、設置まで無料で、リサイクルは別料金で請け負って貰えます(4000円ほど)。ビックカメラの場合は【こちら】のリサイクル券を一緒に購入することになります。

ーーーー

 201412011505.jpg

 脱臭炭 冷蔵庫用消臭剤 大型
  ¥364 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 なお、消臭剤もお忘れなく新しい冷蔵庫は食品ではなくて、樹皮素材の特有のニオイがあって、冷蔵庫につきます。それには100円ショップの備長炭の消臭剤とかは弱いものは殆ど効きません。大型冷蔵庫用ですが強力なキムコを最初だけでも使うのをオススメします!

 というわけで、今回は、小型冷蔵庫の話でした。

1人暮らしに必要な家電の紹介記事

 なお、本ブログモノマニアでは、1人暮らし向けに必要な家電にをまとめた、以上のような記事もあります。冷蔵庫のほかに、お探しのものがありましたら、上の記事もよろしくお願いいたします。

 また、この記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどのボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 17:40 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 高速&低速ジューサー最新18製品の性能とおすすめ(前編)【シャープ・パナソニック・テスコム・ヒューロム ・クイジナート】フローズン・スムージー対応

今回比較する製品 2017年 スロージューサーとパワージューサー人気18製品の性能とおすすめ:ミキサー・ブレンダー:ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1 EJ-CP1 パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500 MJ-H200 ヒューロム H-AA-WWA17 H-AA-RBA17 T-fal ZC500HJP BL1431JP クビンス JSGー121W  siroca SSJ-201WH マルタカ MA-632 ファイバーミキサー MX-X301 MX-X501-N MX-X701-T Cuisinart コンパクトブレンダー CPB-300JBSW テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJデロンギ パワーブレンダー DBLP615-WHTIGER ミキサー SKR-T250-PB 日立 VEGEE HX-C1000(R) 機種の違いと口コミ人気ランキング

今回のお題
健康ジュースの作れるジューサー・ミキサーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2017年現在最新となるジューサー・ミキサー比較します。

 201501291749.jpg

 スロージューサー(低速ジューサー)が、ここ数年健康志向の人たちにじわじわ浸透してきました。今までのパワージューサーと違って水や氷で薄めずに、100%のジュースが搾れる点、回転数を落として臼でゆっくり潰すため、ジュースの栄養素が壊れない点が評判です。

 パワージューサー(高速ジューサー)も、栄養素を壊さないよう真空で搾汁するモデルなど、新しく面白いモデルが出始めています。

 デンキヤの家電売り場でも目立つ場所に陳列されることが多くなりました。ただ、ラインナップが増えてきたため、「どれを買って良いのか?」分かりにくくなっています。

 そこで、現行商品の売れ筋機種を選び、具体的にその機能の違いについて紹介したいと思います。

1・スロージューサーの比較今回の記事
2・パワージューサーの比較

 今回は、3回の連続記事でお送りします。

 今回の第1回目記事では、人気の低速ジューサーを比較します。次回の2回目記事では、伝統の高速ジューサーを比較 します。

 その上で、これら機種から目的別・予算別に「Atlasのおすすめ機種」を提案していきます。

3・ハンドミキサー・ブレンダーの比較
4・フードプロセッサーの比較
 なお、ハンディタイプを探している方などは、これらとは別の記事があります。上記の記事をご覧ください。

1・各社のスロージューサーの比較

 さて、野菜や果物の栄養素を残した100%ジュースができるスロージューサーを紹介していきましょう。

 なお、以下の記事では、Atlasが高評価するポイント赤字で、イマイチと思う部分青字で記していきます。


 201710071544.jpg

 【2016年】

 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP1-W
 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP1-D
  ¥ 24,980 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 【2015年】

 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-ST1-Y
 1・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-ST1-A

  ¥ 12,480 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 ジュースプレッソは、シャープのジューサーです。同社が、オーブンをはじめ調理家電で「ヘルシオ」と付ける場合は、健康の部分でシャープが気合を入れてい証拠です。また、近年のスロージューサーブームの日本における「火付け役」とも言える製品です。

 なお、こちらは、多少安い価格で2015年旧モデルが売られています。相違点は、掃除のしやすさです。旧機種は、片付けの際、刃を専用のケースを使ってゴミをそぎ落とす必要があったのが、新機種では不要になりました。ただ、格別の違いはなですし、作れるレシピは同様なので、価格を重視して旧機種でも良いでしょう。

 201402021428.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分32回転です。高速ジューサーは毎分10000回転に及ぶものもありますが、スロージューサーは、できるだけゆっくり搾汁することに力点が置かれます。

 スクリューは、左図のような樹脂製のスクリューを採用します。また、右図のように、ジュースの絞りかすが分離できる構造のために、パワージューサーと異なり、水分を入れずに100%ジュースを作ることもできます。

 000011196.png

 栄養素の点では、低速で、金属を使わない樹脂製スクリューで搾汁するため、ビタミンなどの栄養素を破壊せず、生野菜にほぼ近い栄養をジュースで摂ることができる健康重視の製品です。

 000011190.png

 の部分では、低速ジューサーで作るものは分離しにくく、「濃厚でなめらかな」味のジュースになります。

 201402021431.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオブランドらしく、他社に較べても豊富です。こちらにも紹介されていますが、 例えば、ヘルシーにソイ(大豆)を使ったレシピなども多数あります。

 201603061448.jpg

 お手入れの手軽さは、こちらの機種の、最大の「売り」です。スクリューをを含めて、全て分解洗い可能だからです。また、複雑な構造をした本体のタンクの部分も、水で洗い流すだけですので、かなり手軽です。

 以上、シャープヘルシオ・ジューサーの紹介でした。価格は高いですが、健康面や使い勝手を考えるとかなりレベルの高い製品ですね。健康重視の方にはおすすめできます。


 201710071551.jpg

 【2016年】

 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-G
 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-R
  ¥ 32,500 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

 【2015年】

 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-R
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-D
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-G
  ¥ 16,999 Amazon.co.jp (4/5執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

 EJ-GP1は、シャープのヘルシオ・ジュースプレッソの上位機種です。

 201710071555.jpg

 先ほどの機種との機能差は2点です。

 第1に、フローズン用アタッチメントが付属する点です。凍った食材を砕いてジュースにできるのは、料理のレパートリーが増える点で重要な部分です。スムージーだけでなく、フローズンも最近流行りですから。

 第2に、「切り換えダイヤル」の採用です。これにより、絞りかす出口の圧力が変えられるようになるため、細かく刻まなくても葉物野菜をそのまま挿入できるようになりました。下位機種でも細かく刻めば、青汁系飲料ができますが、こちらはより手軽と言えます。

 付属のレシピ集には、青汁系のほか、野菜を使った前菜風のフローズンなど多様なアイデアが載っています。

 以上、シャープヘルシオ・ジューサーの紹介でした。特に、健康のために、葉物野菜についてもジュースにしたい方は、こちらの上位機種が良いでしょう。また、フローズンができる点で、レシピのレパートリーも増えそうです。

 なお、こちらも2015年旧モデルがあります。こちらは、フローズンは作れますが、切替ダイヤルが未装備で、青汁対応力が落ちる機種です。また、下位機種の場合と同じで、掃除が一手間余分にかかる点が相違点です。ただ、価格に大きな差があるので、フローズンに対応できれば良い、と言う方はおすすめです。


   

 3・パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500
  
¥ 16,999 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:45回転
連続運転時間 15分
定格容量:400 mL(ジュースカップ)

 ビタミンサーバーは、パナソニックが最近出した新製品になります。ヘルシオのジュースプレッソのライバルとなる商品です。

 201501291705.jpg  

 ジューサーの回転数は、毎分45回転です。シャープに較べると多少回転スピードが高速ですが、明確な味の差にはつながらなそうです。

 スクリューは、しなしながら、シャープと異なります。シャープ社の場合は、栄養素の残存性を保つため樹脂製スクリューでゆっくり搾汁することを重視していました。パナソニックは、逆に、固いものでもすりつぶせる点を重視し、ステンレス製の刃を装備しました。

 そのため、この製品は搾汁にパワーを出せます。そのため、ジュースに絞りかすが混在する危険が少なく栄養を残さず絞りきれるというメリット性があります。

 健康面でも、シャープと同じく、ビタミンCなどが効果的に取れるでしょう。

 201501291711.jpg

 レシピの豊富さは、ヘルシオに準ずる多さです。また、ヘルシオのジュースプレッソ上位機種と同様に、付属アタッチメントを使うことでフローズンが作れます

 お手入れの手軽さは、ヘルシオに較べると、洗うパーツがやや多いです。パッキンなどの清掃後の組み立ての点順も、ヘルシオより一手間余計にかかります。ただ、慣れれば全く問題なく使えます。

 以上、パナソニックの低速ジューサー「ビタミンサーバー MJ-L500」の紹介でした。ヘルシオとどちらを買うべきか迷う製品です。搾汁の強さ・速さはこちらの方が上で、搾汁の丁寧さはヘルシオの方が上です。また、栄養素を余すところなく絞りきると言う意味で、1つの果実の栄養素を絞りきりたいならばこちらでしょうか


 

 4・ヒューロム H-AA-WWA17【ホワイト】
 4・ヒューロム H-AA-RBA17 【レッド】

   ¥ 34,600 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:17回転
連続運転時間 30分

 こちらは、アメリカのヒューロム社スロージューサーです。低速ジューサーでは、世界的に有名なブランドの新製品ですね。

 201610101421.jpg

 ジューサーの回転数は、毎分17回転です。このモデルから従来よりもより低速に回転するように改良が加えられました。低速化は、搾汁時の「つまり」を防ぐとともに、静音化にも貢献しています。

 スクリューは、シャープのような樹脂スクリューで丁寧に行います。一方、ヘルシオに較べると、こちらは、スクリューの形状に工夫(Wスクリュー形状)がありますビタミンを残さず、壊さず強力に搾汁できます。

 201610101425.jpg

 の面では、コントロールレバーが注目ポイントです。この機種は搾汁する際パッキンの開閉量を調整する機能が付きます。これにより、食材を好みに合わせて絞りきることができます。

201506061802.jpg

 レシピは、この機種も多様です。とくに、こちらは、ストレーナーが2種類付属します。右側の粗い目のストレーナーは、スムージー・フローズン用のストレーナーです。スムージーは、わざと繊維質を残して、トロリとした飲み心地の飲料です。

 お手入れの手軽さは、従来ヒューロムは洗いにくいと言われていましたが、ストレーナーの形状変更で、その弱点は軽減されました。

 以上、アメリカのHURON社のスロージューサーの紹介でした。人気のある機種ですが、円安時代で国内メーカー製に比べてかなり割高なのが残念な部分です。ただ、スムージー風のとろみのあるジュースが作れる点や、スクイーザーが付属する点など、面白い部分も多い機種です。


 

 5・T-fal スロージューサー ZC500HJP
   ¥ 17,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:80回転
連続運転時間 14分

 こちらは、フランスのT-Fal社のスロージューサー「インフィニープレスレボリューションZC500HJPです。形状はさすがのユーロデザインで、オシャレです。台所において見映えのするジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、80回転ほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製です。

 201506061918.jpg

 の面では、かなりユニークな製品です。投入口が3つあり、3種類のフルーツ・野菜が同時に搾汁できるです。ミックスジュースを作る場合は、この機種が最も手早くできるでしょう。

 201506061929.jpg

 レシピ集も、この点を重視しており、たとえば、レシピ集では、このようなミックス・キャロットジュースが提案されています。ニンジンが苦手な方がご家族にいる場合などは良いですね。

 201506061920.jpg

 また、こ通常のフィルターのほか、目の粗いフィルター(スープフィルター)を装備します。主に野菜などを粗越ししてとろみのあるスープを作ることが想定されています。

 201506061928.jpg

 例えば、南瓜のスープなどが作れます。レシピ集は40種類のレシピがありますね。ただし、この機種は、フローズンを作ることはできません

 お手入れの手軽さは、部品点数がやや多く、組み立てが面倒な部類です。お手入れの面でメリット性はあまりありません。また、他機種に較べて、連続運転時間が14分と短めである点も注意が必要です。

 以上、T-Fal社のインフィニープレスレボリューションの紹介でした。粗越しのスープが作れる点など、面白い低速ジューサーです。ただ、国内メーカーの製品に比べると価格が高い点が、やや残念ですね。


 

 6・クビンス ホールスロージューサー JSGー121W  
  ¥ 39,800 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 30分

  こちらは、韓国のクビンズ社のスロージューサーです。シャープのヘルシオのジュースプレッソと形状が似ている機種ですが、こちらの方が後発です。

 201610101449.jpg

 この機種の一番の特長は、投入口の大きさです。 食材を切る手間がない分だけ、手軽に搾汁できるのが「売り」です。大量に作る方には、この点は有利でしょう。

 ジューサーの回転数は、その一方、最近はどのメーカーも低速化がトレンドですが、60回転と最近の機種にしては回転数が多いです。

 スクリューは、ウルテム樹脂を採用します。通常の樹脂よりも堅牢であり、搾汁のパワーは価格相応の強力さです。

 レシピは、外国製品ながら80種類以上と豊富です。ただし、最近対応する機種も多いフローズンには未対応ですね。また、豆腐を作ることができる点が目新しいですね。

 201610101453.jpg

 お手入れは、大型機種ですが、考えられた作りです。特に面倒なストレーナーについては、回転ブラシ方式で洗浄できます。組み立ても、一度覚えればとても簡単です。

 以上、クビンズのスロージューサーの紹介でした。投入口の口径が広く、細かく材料を切る必要が無い点が魅力です。弱点は、本体価格がかなり高く、費用対効果が悪い点ですが、特にジュースを「大量生産」される方の時短効果は期待できると思います。。


  

 7・siroca スロージューサー SSJ-201WH
 7・siroca スロージューサー SSJ-201BK
  ¥ 12,900 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:65回転
連続運転時間 15分

  こちらは、日本の調理家電メーカーのオークセールのシロカ・スロージューサーです。

 ジューサーの回転数は、65回転と、こちらもほどほどの低速で動作するジューサーです。スクリューは、シャープなどと同じく樹脂製の安全性の高いタイプですね。

201506061818.jpg

 の面では、通常フィルターのほか、目の粗く、食材のとろみが残せるスムージー用のフィルターが付属する点が特長ですね。レシピ集も1冊付属します。一方、フローズンには非対応の製品です。

 以上、シロカのスロージューサーの紹介でした。機能面で目新しさはあまりないですが、スロージューサーとして価格が安いのが魅力ですね。デザインもオシャレで、大きさもスリムなため、入門用に良いでしょう。


 

 8・マルタカ スロージューサー MA-632
   ¥ 12,800 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:60回転
連続運転時間 不明  

 マルタカMA-632は、いわゆる「ジェネリック家電」の低速ジューサーです。ホームセンターなどに卸されるノンブランドの低速ジューサーですね。

 ジューサーの回転数は、60回転と、最近の低速ジューサーにしてはやや高速です

 201506061942.jpg

 スクリューも、一昔前のシングル構造で独自の工夫は無さそうです。果汁を最後まで絞り込むような工夫は、あまり見られません。このあたりは、値段相応ですね。 

後編の予告!
最新モデルのジューサー・ミキサーのおすすめ機種は結論的にこれ!

 以上、今回は、ダイエットや健康管理に最適な低速ジューサーを紹介してきました。

 201610101758.jpg

 日立 VEGEE HX-C1000(R)
 
¥ 3,299 Amazon.co.jp (10/7執筆時)
 クイジナート WSM-1MCGJ

  ¥ 19,998 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)
  パナソニック 高速ジューサー MJ-H200-R
  ¥ 11,872 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)
 デロンギ パワーブレンダー DBLP615-WH
  ¥ 16,000 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)
  テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S
  ¥ 23,861 Amazon.co.jp  (10/7執筆時)  

 続く後編【こちら】では、各社から発売されているパワー(高速)ジューサーの紹介をします。最近はパワージューサーでも栄養素が多く残せる機種などが発売されており、要注目です!

 そして、後編の最後では、低速ジューサーと高速ジューサー全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 後編は→こちら

 もしこの前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter・Facebook・はてなブックマークなどのボタンなどから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)

posted by Atlas at 16:54 | Comment(0) | 調理家電

比較2017' 高速&低速ジューサー最新18製品の性能とおすすめ(後編)

今回のお題
健康ジュースの作れるジューサー・ミキサーのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は各社のジューサーを比較しています。

1・スロージューサーの比較
2・パワージューサーの比較
今回の記事

 今回は、2回の連続記事でお送りしており、今日は2回目の記事となります。

 09skr_j_cutter.jpg

 主に、ブレードで繊維ごと砕く従来タイプのパワージューサー(高速ジューサー)の紹介です。

 201402021428.jpg

 最近流行してている 繊維と加重を分けられるスロージューサーを探している方は、【スロージューサーを5機種紹介】した1回目の記事からご覧ください。

パワージューサーの比較

 では、ここからは、高速回転で材料を切断していくパワージューサーの紹介をしたいと思います。なお、今回の記事も、Atlasの高評価できるポイント赤字で、イマイチと思う部分青字で記していきます。


  

 9・TIGER ミキサー SKR-T250-PB
 9・TIGER ミキサー SKR-T250-AB
  ¥ 3,381 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(高速ジューサー)
回転数:9400回転
連続運転時間 1分
定格容量:250ml

 SKR-T250は、タイガーのパワージューサーです。小型タイプで、1杯ずつジュース作る製品です。

 201402021257.jpg

 区分的には「ミキサー」になりますが、ジュースを作るのに特化された製品です。ただし最近流行のスロージューサーではありません。

 ジューサーの回転数も、9600回転と通常レベルです。

 09skr_j_cutter.jpg

 ブレードは、チタンの4枚刃が果実を粉砕して、ジュース状にする方式です。昔ながらの方式で特に最先端の工夫はありませんね。 

 なお、パワージューサーは、ビタミンC・ポリフェノール・ペクチン・葉酸などの栄養素が多少砕かれてしまいます。また、スロージューサーに較べると、果汁の分離が早いため、作り置きにも向きません。

 201402021306.jpg

 も、氷か水を加えないと本体が壊れるため、純粋な100%ジュースは作れない仕様です。

 201402021309.jpg

 お手入れは、基本的にはぬるま湯を入れてボタンを押しシェイクする方式で簡単です。ただ、完全に衛生的に掃除したい場合は煮沸消毒が推奨されます。ただし、チタン製の刃の部分は煮沸はできません。

 以上、タイガーのパワージューサーの紹介でした。低速ジューサーに較べて魅力なのは、導入コストが安いことですね。あまり最先端の工夫は見られないのですが、従来のジューサーの延長線として、1人分のジュースを手軽に作るには良い機種だと思います。



      10・日立 VEGEE HX-C1000(R) [レッド]
 10・日立 VEGEE HX-C1000(T) [ブラウン]
 
¥ 3,299 Amazon.co.jp (10/7執筆時)
タイプ:ミキサー(高速ジューサー)
回転数:9400回転
連続運転時間 1分
定格容量:600ml

 SKR-T250は、日立のパワージューサーです。

 201610101538.jpg

 ブレードは、タイガー同様にチタンの4枚刃が果実を粉砕して、ジュース状にする方式です。

 201610101540.jpg 

 只この機種の場合、250mlの小型ボトルの他、600mlの大きめボトルも付属するため、家族2人分のジュースを同時に作ることも可能です。また、スロージューサーに較べて、繊維質の野菜にも強いため固い野菜中心なら、パワージューサーの粉砕力に期待するのも良いですね。

 お手入れは、専用の清掃ブラシが付きますので、それで洗う方式です。簡単な構造の製品なので、この部分で神経質に成必要はなさそうです。

 以上、日立のパワージューサーの紹介でした。タイガーに較べて、大きめのタンクが付属するので、少し多く作りたい方には、良い選択肢です。ただ、栄養素の残存性では、スロージューサーに負けますので、健康を中心に考えるならば、やはり低速ジューサーでしょうね。


 

 10・T-fal クリック&テイスト BL1431JP
   ¥ 8,041 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:19000回転/24000回転
連続運転時間 4分
定格容量:600ml

 クリック&テイストは、フランスのティファールのパワージューサーです。容量は600mlですので、家族2人分が同時に作れるサイズですね。


201610101549.jpg

 ブレードは、こちらもチタンコートの刃で、他社と同じです。

 回転数は、一方、19000回転24000回転とかなり速く、高速運転と超高速運転に切り替えられる点がメリット性です。食材の堅さなどに合わせて柔軟に利用できるのがメリットですね。

 また、この機種は回転が強力なので、アタッチメントを交換すれば、珈琲や胡椒などをひけるコーヒーミルと、粉末茶ができるティーミルとしての機能も持ちます。

 201610101553.jpg

 レシピ集は、T-Falらしく、スムージーやラテなどユニークで面白いレシピが提案されています。ただ、この機種も、パワージューサーのため、氷などの水分を入れる必要がある点は同様です。純粋な100%ジュースはできません。

 以上、T-Falのパワージューサーの紹介でした。他社と較べた場合、ジューサー以外にも使える汎用性の高さが「売り」でしょう。デザインもスッキリしており、どこの台所にも合いそうです。


 201605081428.jpg

 11・ファイバーミキサー MX-X301-R
 11・ファイバーミキサー MX-X301-G
   ¥ 8,875 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:11700回転
連続運転時間 4分
定格容量:1000ml

 MX-X301は、パナソニックのパワージューサーです。タンクのサイズ1000ml大きめです。一度にある程度の量を作りたい方に向いていますね。

 201501291652.jpg  
 ブレードは、ブラックハードチタンコートの硬質のカッターを装備します。氷だけ砕くことが可能で、かき氷を作ることもできます。もちろん、フルーツジュースなどもできます。ただ、やはり100%のジュースは無理で、必ず氷などの水気を入れる必要があります。

 回転数は、T-Falと異なり調整できず、11700回転の1種類となります。ただ、速度は十分で、汎用性も高く、問題はないでしょう。

 201610101602.jpg

 の面で面白いのは、上部に後から食材を投入できるアレンジホールを搭載する点です。この機種はスムージーも作れますが、例えば、林檎だけは食感を残したい場合など、食材を後から投入できます。同様に、後から加水もできるので、調整しやすいですね。

 以上、パナソニックのパワージューサーMX-X301の紹介でした。仕組みとしてはアレンジホールが面白いですね。一方、栄養素の点では低速ジューサーに負けますが、低速ジューサーで分離した繊維を料理して食べない前提ならば、パワージューサーの方が繊維質は取れるとも言えます。このあたりは一長一短ですが、そのメリット性を評価し、「ファイバーミキサー 」という商品名にしているのだと思います。

ーーー

 

 【中位機種】

 12・ファイバーミキサー MX-X501-N
  ¥11,398 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 【上位機種】
 13・ファイバーミキサー MX-X701-T
  ¥14,008 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 なお、パナソニックからは、「ファイバーミキサーMX-X301の上位にあたるモデルが2機種発売されています。

  201610101612.jpg

 MX-X501-Nは、コーヒー豆用のミルが付属し、 MX-X701-Tは、ミルのほか、タイガーのような小型の1人用の小型タンクが付属します。

違いは付属品の部分だけなので、これらの要不要で選ぶと良いでしょう。


 14・Cuisinart CPB-300JBSW
  ¥ 6,045 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(高速ジューサー)
回転数:21000回転
連続運転時間 3分
定格容量:800ml

 こちらは、アメリカの調理家電メーカークイジナートの「コンパクトブレンダー」です。なお、「ブレンダー」というのは米国の呼び名で、ジューサーとの構造上の違いを言い表したものではありません。

 サイズは、小型に見えますが、800mlとそこそこ大きめのもタンクを持っています。ただ、容器が樹脂製ということもあり、重さは軽量ですね。


201610101623.jpg

 ブレードは、ステンレスカッターを装備します。チタン加工などはなされていませんが、コーティングの部分だけですから、さほど大きな違いはないでしょう。

 回転数は、15000回転と21000回転の2種類です。T-Falに準じる高速性を持ちますね。米国製らしく、パワー重視、速度重視です。もちろん、水分を足さないと100%のジュースはできない仕様です。

 201610101627.jpg

 クイジナートは、「高級調理家電」も出すメーカーですので、パーツの作りは丁寧で、デザイン性も高いです。構造が簡単なので、お手入れも手軽ですね。

 レシピ集などは、その一方で、充実していません。どちらかと言えば、プロ向けによく売れているメーカーですので。

 以上、クイジナート社のジューサーの紹介でした。コンパクト性・軽量性・大容量を兼ね備えたパワージューサーですね。デザインも良い割に価格も値頃で、お買得だと思います。


  

 15・テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S
  ¥ 21,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)     

タイプ:ミキサー(高速ジューサー)
回転数:9700回転
連続運転時間 4分
定格容量:780ml

 真空ジュースミキサーは、国内家電メーカーであるテスコムのヒット商品です。780mlのやや大きめのタンクを装備しています。

 回転数は、9700回転と、さほど高速ではないですが、ブレードは、パナソニックと同じブラックチタンコーティングカッターを採用し、切れ味を期待できます。

  201402021410.jpg

 味の面では、テスコム独自の「真空技術」が光ります。

 こちらの商品は、ミキサー内の空気を追い出し「真空」に近い状態を作り出せることを「売り」にしています。真空状態にすることで、ジュースの不要の泡立ちを防ぎ、ジュースと食物繊維の分離をしにくくしています。繊維質の分離という、パワージューサーの弱点を緩和できています。

 201402021418.jpg  

 さらに、ジューサーは真空状態で保存でき、また、途中から真空状態に戻せるため、朝ご飯の時間が異なる家族がいる場合も、ジュースの変色をある程度防ぐことができます。

 また、栄養素の面でも、スロージューサー同様に、ビタミンCやポリフェノールの残存率を通常のパワージューサーよりも大幅に引き延ばしています

 一方、ジュースの作成にあたっては、氷や水などの水分を入れる必要があります。そのため、100%ジュースを作ることはできません。この点はスロージューサーとの違いですね。

 お手入れは、他のパワージューサーと同じで手軽です。ミキサーボトルをすすぎ洗いし、各部品を洗っていくだけです。

 以上、テスコム真空ジュースミキサーの紹介でした。比較的固い食材にも対応できるパワージューサーで、ビタミンCやポリフェノールなどの栄養素を残せるという点で、非常にメリット性のある製品です。野菜中心で、食物繊維の摂取が主目的ならば、メインの選択肢にしても良いと思います。

 780mlを一気に作れる上、真空状態で変色を防ぎつつ保存できるため、大人数家族にもおすすめですね。


 201610101642.jpg
 16・Panasonic 高速ジューサー MJ-H200-R
 16・Panasonic 高速ジューサー MJ-H200-W
  ¥ 11,872 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:11900回転
連続運転時間 :連続
定格容量:500ml
 MJ-H200-R は、パナソニックパワージューサーです。

 201610101651.jpg

 回転数は、11900回転と多少速い程度ですが、ブレードは、フィルターと一体型の新型のファインカッターを搭載します。この点で、スロージューサーに比して高速切削が可能といえる機種です。

 201610101658.jpg

 の点では、パワージューサーには珍しくフィルターを装備するので、絞りかすとジュースの分離が可能です。そのため、スッキリとした低速ジューサーのような味のジュースがより高速にできます。

 また、付属のタンク容量は500mlですが、外付けタンクなので、繰り返し難度も搾汁可能です。カス受け部分も1.7Lの大容量です。

 お手入れは、4つのパーツを水道で洗うのが基本です。点数はそれ程多くなく、苦ではないでしょう。

 以上、パナソニックのジューサーミキサーの紹介でした。低速ジューサーのように「さらっとした」食感が好みだが、大量に手早く作りたい、という方に向いた製品ですね。

 栄養素の残存率は、例えばパナソニックのビタミンサーバーのような低速ジューサーの方が上でしょうが、日常的に使う分には速度面も重要ですし、その意味この機種は良い選択肢でしょう。

大型の高速ジューサーの比較

 つづいて、ここからは、タンクのサイズが1L以上の大きな高速ジューサーを紹介していきます。



   

 17・オートクッキングブレンダー WSM-1MCGJ
  ¥ 19,998 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:7500-21000回転
連続運転時間 3分
定格容量:1.75l

 オートクッキングブレンダーは、米国のクイジナートミキサータイプの大型ジューサーです。伝統的な形状のパワージューサーとしては、高機能といえるモデルです。容量は、1.75リットルのかなり大型のモデルで、さすがアメリカ製という感じです。

 201610101708.jpg

 ブレードは、ステンレス製の6枚刃です。形状的に独自のデザインで、切れ味は高いです。

 回転数は、7500-21000回転の4段階のスピード設定でかつ、断続機能も搭載と、こちらも能力が高いですね。

 201402021523.jpg

 としては、この機種の場合、ヒーターが搭載されており、ジュースだけではなく、加熱を伴う調理が可能である点に特色があります。

 fasa4.jpg

 そのため、素材を投入するだけで、スープが自動でできあがります。この機能は他の料理にも応用できます。【こちら 】に詳しいレシピ集があるので、購入前の参考になるでしょう。なお、スープ用の食材は堅さが違うため、回転速度を4段階で調整できる仕様が役に立ちます。

 そのほか、スープ・ソース・スムージーなど6種類のオート調理ボタンが付属しており、初心者向けと言える機能も充実します。

 お手入れは、一般的なミキサーと同じで、外して洗うだけなので手軽だと言えます。

 以上、クイジナートのブレンダーの紹介でした。ジュースの味や栄養素の点では従来以上の工夫はないですが、レシピ集を見て、ホット調理に魅力を見いだした方にはおすすめできる商品です。ジューサーとしては、他メーカーよりも大きく、一度に調理できるというメリットがありますね。


 

 17・デロンギ パワーブレンダー DBLP615-WH
   ¥ 16,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:〜16500回転
連続運転時間 3分(ブレンダ)
定格容量:1.6L

 DBLP615-WH は、イタリアのデロンギ社の新製品です。クイジナート同様の大型機種で、1.6Lの大容量を誇ります。

 回転数は、最大16000回転ですが、低速から高速まで段階的にダイヤル調整が可能です

 201610101716.jpg

 ブレードは、ユニークな上下に波刃をもつ構造です。大型機は大量の食材を入れるため切れ味の工夫が重要ですが、クイジナート同様、こちらも考えられたブレードの作りです。

 の点は、先ほど見た、クイジナートに近い感じです。というのも、温度差90度に耐えられる耐熱ガラスを使用しているため、ホット調理にも対応するからです。ただ、こちらは、クイジナートと違って、ヒーターが搭載されているわけではないために、熱々の状態のお湯を入れられるという意味に過ぎない点には注意が必要でしょう。

 201603061416.jpg

 一方、この機種の良い部分は、3種類の自動プログラムがある点です。ドリンク用、アイスクラッシュ用、お掃除用の3つの自動運転がボタン操作で可能です。特にドリンク(スムージー・シェイク・ジュース)は、ドリンクボタンを押すだけで、1分で調理可能です。特に、ドリンクボタンは旧機種になかった機能で、便利ですね。

 お手入れは、ジューサータイプのミキサーなので楽です。掃除用のプログラム(リンスプログラム)で、1ボタンで付着汚れを落とし、その後、カッター周りを含めて全て分解して掃除します。掃除は簡単です。

 201603061421.jpg

 このほか、マルチミルとスパイスミルの2つが付属します。挽肉作りや、スパイス砕きなどに便利に使えるでしょう。

 以上、デロンギのDBLP615-WHの紹介でした。大型機種が欲しい人は、クイジナートとどちらにすべきか迷うでしょう。自動プログラムなどの利便性はこちらが上位で、ホット調理はクイジナートが有利でしょう。その他性能面では互角なので、デザイン上の好みで決めても良いかもしれません。


 

 18・山本電気 MasterCut YE-MM41R [レッド]
 18・山本電気 MasterCut YE-MM41W [ホワイト]
 ¥ 12,242 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:800-3000回転
連続運転時間 1分
定格容量:1.75l

 山本電気は、自動車モーターなどの専門メーカーですが、モーターを使う調理家電を出しています。こちらも1.75Lの容器を持つ大型製品です。

 201402021538.jpg

 ブレードは、結構特殊で、2種類のパーツを組み合わせたものです。また、この2つの組み合わせで、ジューサーに止まらない、多彩な調理が可能なことを売りにしています。 

 201610101732.jpg

 この製品は、およそ基本的な技術(きざむ / する / まぜる / くだく / あわだてる / こねる / おろす/ひく)は全て可能です。ジューサーとしては、基本的にはパワージューサーなので、100%ジュースはできません。すり下ろす際は水や牛乳などの水分を入れることになります。

 回転数は、一方で、800-3000回転と、速度調整が可能ながらさほど高速な仕様ではありません

 お手入れは、ごつい刃があるためやや面倒でしょうが、通常のフードプロセッサー並と言えます。

 以上、山本電気のミキサーの紹介でした。こちらは、ジューサーというよりも万能調理器具です。健康志向のためのジューサーではなく、フードプロセッサーを探していて、ジューサーもオマケで欲しいと考える方にオススメできます。実際、この種の調理家電のなかではたいへん売れている商品です。

 なお、この機種については、【おすすめフードプロセッサーの比較記事】においてジューサー以外の部分を紹介しています。よろしければ、ご覧ください。

今回の結論
ヘルシーな食物繊維入り健康ジュースの作れるジューサー・ミキサーのおすすめ機種はこれ!

 以上、今回は、ダイエットや健康管理に最適なジューサーとミキサーを紹介してきました。最後にいつものように、目的別のオススメ機種!について書いておきます。 


 第1に、健康的な自家製ジュースをつくるのにもっともオススメなのは、

 201710071551.jpg

 【2016年】

 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-G
 2・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-GP1-R
  ¥ 32,500 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

 【2015年】

 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-R
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-D
 2'・ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CF10A-G
  ¥ 16,999 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:32回転
連続運転時間 30分
定格容量:なし(グラスを使う方式のため)

  健康おすすめ度 ★★★★★
  レシピの多様性 ★★★★★★
  片付けの利便性 ★★★★★★
  総合評価    ★★★★★★   

 シャープヘルシオの上位機でしょう。日本初の本格的なスロージューサーであり、ビタミンCやポリフェノールをはじめとする手絞りと同様のレベルで栄養素を残すことができますから。

 掃除も手軽で、いざ買ってみたものの、面倒になってすぐに使わなくなる、ということもないでしょう。フローズンを作ることも可能です。

 なお、食物繊維が「かす」として残ってしまう構造ですが、果実繊維などは他の料理に混ぜて使えば、余すところなく栄養を取れ、その点でもオススメできます。お手入れも、低速ジューサーの中では簡単で、使いやすいです。

 新機種と旧機種があります。旧機種はフローズンに対応しますが、葉物野菜を入れる場合はあらかじめ刻む必要があります。「天然青汁」を主に作りたい方は、多少高くとも新機種、それ以外は旧機種で良いでしょう。 


 第2に、味と栄養素の残存性を両立したい考える場合におすすめなのは、

   

 3・パナソニック ビタミンサーバー MJ-L500
  
¥ 16,999 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサー(スロージューサー
回転数:45回転
連続運転時間 15分
定格容量:400 mL(ジュースカップ)

  健康おすすめ度 ★★★★★★
  レシピの多様性 ★★★★★
  片付けの利便性 ★★★★★
  総合評価    ★★★★★★   

 パナソニックのビタミンサーバーです。

 ステンレス製の刃を装備し、また圧も強いため、ビタミンを壊さず、最後まで取りきる点ではヘルシオよりも優秀な機種です。また、カスが混ざりにくく、雑味も生じにくい点も味の上ではメリットです。

 掃除は、分解するパーツがヘルシオより多いですが、慣れれば手軽に使えます。家族の健康を優先するならば、この機種は良い選択肢ですね。ヘルシオ同様、フローズンにも対応するので、夏にもよいでしょう。


 第3に、ダイエットやお通じのために、食物繊維のたっぷり入ったジュースを作りたいならば、

  

 15・テスコム 真空ジュースミキサー TMV1100-S
  ¥ 21,000 Amazon.co.jp
(10/7執筆時)

タイプ:ミキサー(高速ジューサー)
回転数:9700回転
連続運転時間 4分
定格容量:780ml

  健康おすすめ度 ★★★★★★
  レシピの多様性 ★★★★☆
  片付けの利便性 ★★★★★★
  総合評価    ★★★★★★   

  テスコム真空ジュースミキサーでしょう。スロージューサータイプだと、カスを食べないと食物繊維が取りにくいですが、高速ジューサーならば、繊維質が飲むだけで取りやすいので。

 また。林檎など、すぐ変色してしまう素材でも、真空状態をキープすることで変色しにくくできます。また、変色すると言うことは栄養素の劣化でもありますので、それを防ぐという意味合いで、健康目的でもこの機種はオススメできます。また、真空状態でキープすることで、繊維質と水分の分離が防げる点も良いと思います。


 第4に、数回に分けて食事を準備する必要な家庭の忙しい朝にもっともオススメな機種は、

 201610101642.jpg
 16・Panasonic 高速ジューサー MJ-H200-R
 16・Panasonic 高速ジューサー MJ-H200-W
  ¥ 11,872 Amazon.co.jp (10/7執筆時)

タイプ:ジューサーミキサー(パワージューサー)
回転数:11900回転
連続運転時間 :連続
定格容量:500ml

  健康おすすめ度 ★★★★★
  レシピの多様性 ★★★★☆
  片付けの利便性 ★★★★★★
  総合評価    ★★★★★★   

 パナソニックのMJ-H200-Rが良いでしょう。大型機種を買うのも良いでしょうが、日本のキッチン事情を考えれば、小型で高速な機種を何度か運用した方が効率的に思います。

 また、この機種の場合、高速ジューサーながら、カスが分離できる構造なので、味の上でも期待できるでしょう。忙しい朝には最適だと思います。


 第5に、比較的安価に、健康によいジュースを作ろうと考えている方におすすめなのは、

  

 7・siroca スロージューサー SSJ-201WH
 7・siroca スロージューサー SSJ-201BK
  ¥ 12,900 Amazon.co.jp
(7/7執筆時)

タイプ:ミキサー(スロージューサー)
回転数:65回転
連続運転時間 15分

  健康おすすめ度 ★★★★☆
  レシピの多様性 ★★★★☆
  片付けの利便性 ★★★★☆
  総合評価    ★★★★☆

 スロージューサーとしては格段に安い、オークセール社のシロカでしょう。フローズンはできませんが、低速ジューサーとして、基本的な機能は網羅されているため、普段使いにおいて困ることはないでしょう。

 大手メーカー製に比べると、掃除に一手間かかる点はデメリットですが、スムージー専用フィルタを付属させるなど面白い点もあり、おすすめです。

ーー

 他にもオススメしたい機種はまだまだあります。例えば、熱いスープを自動で作りたければ、クイジナートのクッキングブレンダー SBC-1000J が良いと思います。ジューサーとしてのジュース作りの性能は上でオススメしたこれら4機種に及ばないですが、同じようにおいしいジュースを作れます。

 というわけで、今回は、ジューサー・ミキサー・ブレンダーの紹介でした

 なお、本モノマニアでは、調理器具についても以下の記事もあります。

  こちらの記事もよろしくお願いいたします。ではでは。

posted by Atlas at 16:40 | Comment(0) | 調理家電
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約200記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png