2020年09月15日

比較2020’【高画質で安い】4K液晶テレビ95機の性能とおすすめ(2)

【今回レビューする内容】2020年 最新4Kテレビの性能とおすすめ・選び方(パナソニック ソニー編) 40 42 43 49 50 55 65インチ

【比較する製品型番】ソニー ブラビア KJ-43X8000H KJ-49X8000H KJ-55X8000H KJ-43X8000G KJ-49X8000G KJ-43X8500H KJ-49X8500H KJ-43X8500G KJ-49X8500G KJ-49X9500H KJ-55X9500H KJ-49X9500G KJ-55X9500G パナソニック VIERA TH-43GX500 TH-49GX500 TH-43GX750 TH-49GX750 TH-43GX755 TH-49GX755 TH-43HX750 TH-49HX750 TH-43GR770 TH-49GR770 TH-43HX850 TH-49HX850 TH-55HX900 TH-43GX850 TH-43GX855 TH-55HX950

今回のお題
最新モデルの4K液晶テレビのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は、2019年9月現在、最新の4K対応の液晶テレビの比較記事2回目です。

1・東芝・シャープの4Kテレビ
2・ソニー・パナソニックの4Kテレビ
3・LG・三菱・ハイセンスの4Kテレビ

4・新興ブランドの激安4Kテレビ
5・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】

 前回の1回目記事に続いて、今回は、ソニー・パナソニックの4K液晶テレビを紹介していきます。

 201809011945.jpg

 以下では、いつものように、各製品を比較したあと、最後に、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

5・ソニーの4K液晶TVの比較

 202003072019.jpg

 つづいて、ソニーの4K液晶テレビの紹介です。

 ソニーは、バックライトの工夫で、画面の鮮やかさに優れた機種を多くラインナップします。


 202006111547.jpg

 【2020年5月登場】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  42・ソニー ブラビア KJ-43X8000H  
    ¥74,936 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  43・ソニー ブラビア KJ-49X8000H
    ¥102,575 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  44・ソニー ブラビア KJ-55X8000H   
    ¥110,036 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  45・ソニー ブラビア KJ-65X8000H
    ¥142,163 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【75インチ】

  46・ソニー ブラビア KJ-75X8000H
    ¥214,799 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:トリルミナス(VA)
バックライト:トリルミナス
解像度:4K画質
倍速液晶:
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 X8000Hシリーズは、ソニーの「BRAVIA」の、2020年モデルの入門機です。

 201611041539.jpg

 液晶パネルは、ソニーの場合、入門機から同社の「ブランド液晶」である、トリルミナスを採用します。

 正確には、パネルではなく、画像エンジンによる「広色域化技術」と、バックライトの制御技術を利用したものですが、一般的な液晶テレビよりも、色域と彩度の向上が見られます。

 ソニーは、テレビの作り方としては、「鮮やかさ重視」です。紀行番組などの自然描写はとくに得意です。

 201503050551.jpg

 写真のように、通常に比べて発色が良いです。

 ハイビジョンの紀行番組などを見ると差が分かります

 とりわけの発色にこだわっているようで「鮮やかな画質」が好きな方にはおすすめできます。

 なお、色つけはメーカーごとに傾向があり、パナソニックや東芝が比較的ナチュラル志向とすれば、ソニーは「赤系が綺麗な色あざやかな」味付け、シャープは「黄系に強い色鮮やかな」味付けだと思います。

 201905311211.jpg

 4Kチューナーは、付属します。

 一方、他社と同じWチューナーですが、ソニーは1基については視聴専用にしています。

 そのため、裏番組録画は対応ですが、2番組同時録画は不可です。

 なお、インターネット上の4K動画の再生や、地デジやBSなどを4K画質にアップコンバートする技術はソニーも搭載です。

 202006111606.jpg

 画像エンジンは、同社最新のHDR X1を搭載します。

 これにより、画像内の物体(空や建物)に合わせた高度な「ノイズ除去」を行えます。 

 「高精細化」は、先述のトリルミナス技術としてのフォローですが、広色域化処理もなされるので、東芝の入門機と比較しても、この部分で遜色はないでしょう。

 一方、超解像技術については、同社は「4K X-Reality PRO」として搭載です。

 ただ、東芝とことなり「フレーム間処理」を伴わない、オブジェクト型超解像なので、水準は下回ります。 

 202006111604.jpg

 HDR10技術は、搭載します。

 さらに、下位機種ながら、HDRリマスター機能があります。

 先述のオブジェクト型超解像技術を発展させたもので、東芝の下位機種並の力はあります。

 新4K放送にふさわしい仕様です。

 倍速液晶は、しかしながら、未搭載です。

 このあたりに、コストダウンの影響が出ています。

 録画機能は、搭載です。

 ただ、4Kに加えて、地上波・BS/CSについても1基が視聴専用なので、裏番組の録画のみ可能です。

 なお、ソニーもスマホアプリ経由での録画にも対応します。

 y_KDL-W650_011.jpg

 番組表も、4K表示対応のシャープを除けば、国内勢の水準以上です。

 優れた画像エンジンで、操作性も良いです。

 無線LANも、内蔵です。

 201710271820.jpg

 映像配信サービスは、ソニーの場合、Android TVを搭載します。

 そのため、4Kコンテンツを含むNetflixやDAZNを含めて好きなアプリをGoogle Playからダウンロードしインストールできます。

 そのため、「スマートTV」としては、東芝より非常に高度です。

 202006111624.jpg

 スピーカーの音質は、入門機としては評価できます。

 スピーカーについては、20Wで背面タイプのフルレンジのバスレフ型スピーカーですから、東芝の下位機種と同等性能でしょう。

 55インチ以上は、音の歪みをさらに減らせるというX-Balanced Speakerですが、出力は同じですし、劇的な変化はないでしょう。

 ただ、以前紹介したウォークマンなどの音楽機器にも使われている同社の小型デジタルアンプ(S-Master)を採用した上、デジタル補正処理で音を聴きやすくするClear Phase テクノロジーも採用します。

 ようするに、音響メーカーとして、小径のスピーカーでも良い音を出す補正技術に長けるため、実用的に水準が高い、と言うことになります。

 201812181402.jpg

 音声アシスタントサービスは、ソニーの場合、TV自体でAI(Googleアシスタント)を呼び出せるので、GoogleHomeなど【別売のスマートスピーカー】なしで、音声によるテレビ操作が可能です。

 ただし、呼び出せるには、シャープと同じで、リモコンのGoogleボタンを押した際だけです。

 これにより、音声でボリュームやオンオフの調整、または、ネット経由での天気予報などの情報検索に対応できます。

---

 以上、ソニーの8000Hシリーズの紹介でした。

 入門機はいかに「発売時10万円以下に抑えるか」という点で、各社が苦心しています。

 ソニーの場合は、倍速液晶を省略するほか、録画チュナーを1基にするなどの点がそれにあたるでしょう。

 一方、他社よりその「鮮やかさ」で定評のある同社の画質に関わるトリルミナス技術HDR X1を省略しなかった点は評価できます。また、スピーカーの部分などにも苦心の跡が見られます。

 これらの点で、今年のモデルはなかなか良い構成だと思いますが、予算があれば、倍速液晶搭載の上位モデルのほうが良いと思います。

ーーー

 201905311208.jpg

 【2019年5月登場】(在庫限り)

 【43インチ】

  47・ソニー ブラビア KJ-43X8000G   
    ¥79,944 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  48・ソニー ブラビア KJ-49X8000G  
    ¥92,780 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  49・ソニー ブラビア KJ-55X8000G  
    ¥128,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  50・ソニー ブラビア KJ-65X8000G
    ¥83,010 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、在庫限りで、昨年のX8000Gシリーズが残ります。

 ただ、こちらは、画像エンジンが旧式であり、HDRリマスターを含む新技術が「ざっくり省略」です。

 4Kチューナーも搭載されず、要するに「新4K時代前の仕様」です。値段が安くても、今選ぶべき製品ではないと思います。


 202006111644.jpg

 【2020年5月登場】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  51・ソニー ブラビア KJ-43X8500H
    ¥100,591 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  52・ソニー ブラビア KJ-49X8500H
    ¥126,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  53・ソニー ブラビア KJ-55X8550H
    ¥142,164 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  54・ソニー ブラビア KJ-65X8550H
    ¥235,700 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:トリルミナス(VA)
バックライト:トリルミナス
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 X8500Hシリーズは、ソニーの「BRAVIA」の2020年モデルの中級機です。

 201611041539.jpg

 液晶パネルは、ソニーの場合、入門機と同じでトリルミナスを採用します。

 201905311211.jpg

 4Kチューナーは、本機も搭載です。

 仕様も同じで、裏番組の録画はできるが、W録画はできないという変則的な仕様です。

 まあ、実際のところ、この仕様でこまるかたは少ないとは思います。

 201803292242.jpg

 画像エンジンは、本機もHDRX1プロセッサを搭載します。

 したがって、画質補正に関わる部分の仕様は、下位機種と同じです。

 202006111650.jpg

 倍速液晶は、一方、モーションフローXR240が搭載です。

 パネル自体は2倍速のパネルですが、バックライト制御により「4倍速液晶相当」となります。

 東芝の場合、4倍速を達成しているのは最上位機のみです。

 その点で言えば、動く画像に強いのは、ソニーの中級機のワンポイントといえます。

 録画機能は、対応です。

 下位機種同様に裏番組の録画までは対応できます。スマホ経由の録画なども可能です.

201710271820.jpg

 番組表無線LAN・映像配信サービスは、1つ上で紹介した、同社の最新下位機種と同等です。

 先述のように、Android TVを搭載している点で、VODの利用には便利です。

 201905311238.jpg

 スピーカーの音質は、基本的には下位機種と同じです。

 さらに、55インチ以上のX8550Gシリーズに限っては、アコースティック マルチ オーディオに対応します。

 ソニーの最上位機は、画面自体をスピーカーにした「アコースティック サーフェス オーディオプラス」という技術を持ちます。

 この機種は、その技術を応用したもので通常下部にあるスピーカーの一部を上部に設置することで、音の定位感の上昇を狙う技術です。

 ただ、総合20Wの2ウェイ4スピーカーですので、音圧と迫力の面では、東芝の上位機に負けるでしょう。

 音声アシスタントサービスは、下位機種同様に搭載です。

 202006111657.jpg

 一方、本機は、Bluetoothも装備して音声を送信できます。

 202008271129.jpg

 ただ、送信に使えるコーデックは、音の遅延があるSBCだけなので、音質は期待できないほか、口パクと音が合わない「音の遅延」は生じやすいでしょう。

 なお、コーデックの種類や遅延の話に興味があるかたは【Bluetoothヘッドホンの比較記事】や、【ネックスピーカーの比較記事】で詳しく書きましたので、お時間があればお読みください。

---

 以上、ソニーの8500Hシリーズの紹介でした。

 下位機種の弱点とも言えた倍速液晶とスピーカー部分の弱さが改善しています。

 その上で、新4K放送チューナーと優れたネットコンテンツ視聴機能を搭載し、さらに、高級パネル・HDR10・倍速液晶を搭載する機種です。

 「欲しいの全部入り」といえるので、ソニー製品を「指名買い」するならば、この機種をオススメします。

ーーー

 202003072002.jpg

 【2019年6月登場】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  55・ソニー ブラビア KJ-43X8500G   
    ¥88,283 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  56・ソニー ブラビア KJ-49X8500G
    ¥100,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  57・ソニー ブラビア KJ-55X8550G
    ¥134,500 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  58・ソニー ブラビア KJ-65X8550G
    ¥233,938 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、本機についても旧機種が残っています。

 新旧を比較する場合、中級機については、去年からHDRX1プロセッサを採用していた関係で差はほぼないです。

 上でお知らせした「欲しい機能」は網羅されるため、買われる際の値段差によってはこちらを選んで良いと思います。


 202006111712.jpg

 【2020年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【49インチ】(10月追加)

  59・ソニー ブラビア KJ-49X9500H
    ¥181,500 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  60・ソニー ブラビア KJ-55X9500H
    ¥154,908 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  61・ソニー ブラビア KJ-65X9500H
    ¥273,049 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【75インチ】

  62・ソニー ブラビア KJ-75X9500H   
    ¥363,636 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:トリルミナス(VA)
バックライト:トリルミナス
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 X9500Hシリーズは、ソニーの最新「BRAVIA」の上位機です。

 こちらは性能的に、下位機種と多くの点で「被る」ので、X8500Hシリーズと異なる点だけを確認しておきましょう。

 201812181347.jpg

 第1に、バックライトです。

 下位機種はエッジ式でしたが、こちらは、細かいコントラストの調整ができる直下型LED配置となります。

 さらに、部分駆動に対応し、きめの細かいエリアコントロールができます。明暗がハッキリ付く点で、「高級テレビ」としての特長をより増しています。

 201905311309.jpg

 また、55インチ以上の機種に限っては、X-Wide Angleという、視野角の向上技術が利用されます。

 これはパネルの種類を替えたのではなく、LEDライトの光の拡散性を高める技術改良の結果です。

 大画面に必要な視野角をより向上させました。

 201905311302.jpg

 第2に、倍速液晶です。

 バックパネル制御を利用した「4倍速相当」である点は、下位機と同じです。

 しかし、この機種の場合、部分駆動制御ができるため、利用時に画面が暗くなりにくい特性があります。

 そのため、X-Motion Clarity機能と下位機種と名前を変えています。

 201812181346.jpg

 第3に、画像エンジンです。

 このグレードから上位のエンジンである、X1 Ultimateとなります。

 処理能力が高くなるので、より贅沢な補正が可能です。

 例えば、下位機種に見られた「高精細化」「ノイズ除去」処理に加えて、X-tended Dynamic Range PRO技術が見どころです。

 先述の部分駆動制御と連動し、暗部に使うはずの電流を明部に利用することで、コントラスト比をさらに上げてることができます。

 4KHDR時代には有利な技術でしょう。

 201906011525.jpg

 加えて、下位機種に見られた「オブジェクト超解像」の域を超えた「超解像度技術」もフォローします。

 超解像・ノイズ除去と2つのデータを組み合わされた「デュアルデータベース分析」を用いることで性能を高めています。

 ただ、東芝と比較する場合、前後のフレームまで解析する「フレーム間処理」ではない、1フレーム(静止画)だけ見て解析する「フレーム内処理」ではあります。

 もちろん、機能としてあった方が良いですが、技術的にははあります。

 このほか、画質部分では、14bit拡張処理で階調表現充実させるSuper Bit Mapping 4K HDRをも下位機種に見られない技術です。

---

 以上3点が主な違いです。

 なかでも、直下型配置エリア制御に対応した点は、画質的に大きな魅力です。実売価格は高いですが、「高級テレビ」として、その高コントラスト比は十分に価格に見合う性能と言えます。

 スピーカーの部分は、下位機種と同じ構成です。つまり、55インチ以上のみ、音の定位感が高いアコースティック マルチ オーディオに対応となります。

ーーーー

 201905311253.jpg

 【2019年6月発売】【新4K衛星放送対応機】

 【49インチ】

  63・ソニー ブラビア KJ-49X9500G
    ¥125,041 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  64・ソニー ブラビア KJ-55X9500G   
    ¥162,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  65・ソニー ブラビア KJ-65X9500G
    ¥262,941 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【75インチ】

  66・ソニー ブラビア KJ-75X9500G   
    ¥372,130 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【85インチ】

  67・ソニー ブラビア KJ-85X9500G   
    ¥580,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 なお、本機についても旧機種としてX9500Gシリーズが残ります。

 このグレードについても、新旧の性能はほぼなく、スピーカー配置が異なる程度なので、値段によっては本機を選んで良いです。

 X-Wide Angleについては、旧機種は75インチ以上のみですが、値段差ほどの差は無いと思います。

ーーー

 201812181349.jpg

 【2018年】

 【65インチ】

  68・ソニー ブラビア KJ-65Z9F
    ¥286,350 楽天市場 (9/15執筆時)

 【75インチ】

  69・ソニー ブラビア KJ-75Z9F
    ¥444,000 楽天市場 (9/15執筆時)

 なお、このシリーズの上位機の旧機種としてZ9Fシリーズの在庫が残ります。

 201812181704.jpg

 発売当初は、高度な新エンジンと新処理が売りでしたが、現状では、下位機種もX1 Ultimateを採用しています。

 また、発売時期の関係で、4K用チューナーもないため、現状では選ばなくて良いでしょう。

6・パナソニックの4K液晶TVの比較

 201805121020.jpg 

 続いて、パナソニックの4K液晶テレビの紹介です。


 201902181208.jpg

 【2019年7月】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  70・パナソニック TH-43GX500
   ¥69,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  71・パナソニック TH-49GX500
   ¥79,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:IPS(RGBW)
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:なし
コンバート:4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 GX500シリーズは、パナソニックの4KテレビVIERA では最も安価な「入門機」となります。

 同社は、高性能なテレビもありますが、こちらは、「激安液晶ブランド」と対抗するための「激安入門モデル」の位置づけです。

 画面サイズは、43インチ・49インチがあります。

 201803292343.jpg

 液晶パネルは、いずれもIPS液晶を採用します。

 テレビの場合、最上位機種には、各社とも上位ラインの「ブランド液晶」に、VA液晶を採用する場合が多いです。

 VA液晶は、コントラストがあげやすく、メリハリが付けやすい特性あるからです。

 ただ、10万円前後の製品で、メーカー固有の「ブランド名」が付いていない普通の液晶パネルについては、VAより「IPS液晶のほうが視認性が良い」と言えます。

 201904101253.jpg

 ただし、注意点があります。

 それは、この機種の場合、IPS液晶といっても、色の三原色に白を加えた4色パネル(RGBW型)である点です。

 ここ数年で出現した廉価製品のIPSとなります。

 したがって、「黒の締まりの良さ」はさほどレベルが高くないです。

 バックライトは、エッジ型です。

 前編でも出てきましたが、エッジ型は、直下型に比べると、本体が薄くできる一方で、明暗の差を出すのが苦手です。お買得なので、価格的に仕方のない部分です。

 201905311211.jpg

 4Kチューナーは、後発のGX500シリーズについては付属します。

 ただし、他社機と比較する場合、チューナー数が1つで裏番組も録画ができない仕様なのは、注意点です。

 201803292349.jpg

 HDR10技術は、このグレードでも採用があります。

 ただし、通常画像のHDR画像へのアップコンバートは非対応です。パナソニックの場合、入門機には省略されるようです。

 倍速液晶も、こちらには、搭載されません

 倍速液晶は、先ほども説明しましたが、映像のコマのフレームとフレームの間を補完して、残像感を軽減させる技術です。

 対応しないモデルは、スポーツなどの動きのある映像に弱いと言えます。反面、紀行番組やドラマなど、動きのない番組については、あまり重要ではありません。

 201902181213.jpg

 画像エンジンは、注意が必要です。

 この機種は、特別な名前のエンジンを搭載しないからです。

 そのため、「高精細化」「ノイズ除去」にかんして、「パナソニック水準」とは必ずしも言えません

 4Kテレビは、解像度が高いため、地デジなど解像度が4Kの水準に及ばない映像を拡大して表示しています。

 例えるならば、画素の低いカメラで撮ったスナップ写真を、A3サイズまで引き延ばして投影しているようなものです。そのため、画質を適切にアップコンバートして、画像のアラを取り除く画像エンジンの性能がものを言うところがあります。

 その点、この機種については、やや残念感があります。

 201806282050.jpg

 【1TBモデル】

 ・バッファロー HDV-SQ1.0U3/VC
  ¥13,191 Amazon.co.jp
(9/15執筆時)

 録画機能は、備わっています。

 USB外付ハードディスクを購入した場合、そこに録画できる機能を備えています。裏番組録画に対応し、見ている番組の他、1つの裏番組の録画が可能です。

 録画時間は通常のハードディスクを使用した場合は、2TBで約241時間の録画ができる計算です。

201902181220.jpg

 番組表は、Panasonicの場合、多少課題です。

 番組表のメイン画面の視認性やフォントの見やすさの点では、無理に押し込んだ感じがあり、大手ではイマイチなところもあります。

 ただ、操作性は良いですし、便利機能を含めた実用度はさすがに高く総合力は高いです。

 201805121427.jpg

 無線LANも、搭載です。

 また、パナソニックがブルーレイなどで採用する「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能ですね。

 201710271836.jpg

 映像配信サービスは、パナソニックの場合、同社のスマートTVアプリを利用します。

 DAZN・Netflix・Amazonビデオ・ひかりTV・YouTube・dTV・アクトビラ・HULU・ツタヤTVなど、日本でサービスインしている動画サービスはソニー並みに網羅されます。

 この点で不満を感じる方は少ないでしょう。

 YouTubeをはじめ、Netflix dTV DAZN ひかりTVなどメジャーなサービスは全て対応です。契約があれば、PCなどの介在なしで自由に見れます。

 NetflixやひかりTVなどの4K配信にも対応するため、TVの実力を手軽に確かめられるでしょう。

 スピーカーの音質は、他社同様の20Wで、あまり工夫がないです。

 202006131007.jpg

 音声アシスタントサービスは、独特です。

 本機は、リモコンに音声操作マイクを備え、テレビ操作やYouTubeなどのネット動画の操作ができます。

 ただ、自社独自のシステムで、Googleアシスタントなどは利用しません。そのため、(天気やニュースや計算など)の情報検索は不可です。

 そのかわり、TVに関わる音声操作は多彩で、Googleアシスタントでは対応しない動作がかなり多く可能です。おそらく、この部分の利便性を取ったのでしょう。

 一方、別にGoogleアシスタントやAmazon Alexaなどがあれば、リモコンボタンの介在なしに音声操作は可能です。詳しくは、【スマート学習リモコンの比較記事】をご覧ください。

---

 以上、パナソニックの4Kテレビ、FX500シリーズの紹介でした。

 日本メーカー製では格安な機種です。ただ、激安モデルとして見た場合、「RGBW」仕様のIPSパネル、超解像技術・倍速液晶・HDRアップコンバートの不採用と、画質面で重要な部分で秀でた部分が少ないです。

 日本ブランドである点と、値段を重視する場合以外は、あまり選択肢とはならなそうな製品です。


 202009151429.jpg

 【2020年8月登場】

 【新4K衛星放送対応機 2チューナー】

 【43インチ】

  72・パナソニック TH-43HX750
   ¥83,343 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  73・パナソニック TH-49HX750
   ¥99,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  74・パナソニック TH-55HX750
   ¥128,700 Amazon.co.jp
(9/15執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 VIERA 4KのHX750シリーズは、パナソニックの4K液晶テレビの入門機です。

 201902181303.jpg

 液晶パネルは、視野角が広く、高品質なIPS液晶です。

 下位機種と異なり、従来通りのRGBカラーの高品質IPSです。

 201902181237.jpg

 バックライトは、ただし、こちらも、エッジ型です。

 ただ、下位機種と異なり、エリアコントラスト制御ができる機種です。

 とはいえ、同社の上位機に搭載されるエリア制御とは、機能面でまだがあります。

 201812181757.jpg

 4Kチューナーは、Wチューナーが搭載です。

 201803300025.jpg

 HDR10技術は、対応するモデルです。

 一方、適応型色補正はなされますが、明示的なHDRへのアップコンバート(リマスター)は、非対応です。

 この点では、画質的に言って、まだ入門機の域です。

 201906011548.jpg

 画像エンジンは、4Kファインリマスターエンジンを搭載します。

 機能としては、「高精細化」「ノイズ除去」機能を持ちますが、「超解像度技術」については、明確な言及はないです。

 201803300036.jpg

 一方、パナソニックが強調するのは、ソニー・シャープ同様に「広色域化技術」です。

 ただ、このグレードの製品は、高画質化回路のヘキサクロマドライブが未搭載です。

 202006111839.jpg

 倍速液晶は、本機についても、パネルとしては未搭載です。

 ただ、「クリアモーション」という残像制御技術を持ちます。

 バックライト制御の高速化によるもので、他社のように点滅という言い回しはしませんが、「2倍速相当」の実力といえます。

 録画機能も搭載です。

 この機種の場合、見ている番組以外に2つの番組が同時録画できる仕様です。こちらも、ダビング10に対応です。

 201902181220.jpg

 番組表は、下位機種と同じです。

 202006131005.jpg

 映像配信サービスは、こちらも、同社のスマートTVアプリを利用できます。4Kコンテンツを含めて充実度は高いです。

 201805121427.jpg

 無線LANも、搭載です。

 また、下位機種と同じで、「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能です。

 スピーカーの音質は、下位機種と同じで、総計30Wとアンプが高出力で、基本スペックが高いです。

 音声アシスタントサービスも、同じです。

----

 以上、パナソニックHX750の紹介でした。

 下位機種と異なり、RGBのIPS液晶の採用で、目が疲れにくい点が魅力です。

  パナソニックの場合、色の三原色について全体的にナチュラルな補整なので、IPS液晶との相性は良いように思います。

 また、倍速液晶を搭載し、下位機種よりもスポーツなどの動きに強く、高輝度対応色補正処理液晶の高度なバックライト制御で陰影のコントラストがはっきり出ます。

 この点で、紀行番組や映画などにも強いといえる製品です。

 一方、難点は、広色域化技術である、ヘキサクロマドライブが未搭載である点でしょう。4Kコンテンツを含めて、割と重要な部分なので、同社から選ぶとすると、後で紹介する、最上位機が良いと思います。

---

  201902181235.jpg

 【2019年1月発売】

 【新4K衛星放送対応機 1チューナー】

 【43インチ】

  75・パナソニック TH-43GX750
   ¥77,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  76・パナソニック TH-49GX750
   ¥------ Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【2019年10月発売】

 【新4K衛星放送対応機 2チューナー】

 【43インチ】

  77・パナソニック TH-43GX755
   ¥88,900 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  78・パナソニック TH-49GX755
   ¥99,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:2倍速相当
コンバート:4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 なお、このシリーズは以上の旧シリーズが、一部残ります。

 2系統ありますが、新4K衛星放送用のチューナーの数以外は同じです。

 一方、新機種と比較した場合、これら2系統ともに、ドルビージョンドルビーアトモスに対応になった程度の違いです。

 前者は映像の、後者は音響の新規格ですが、基本的にHDブルーレイの再生を頻繁にする方以外は、ほぼ関係ない技術です。

---

 結論的にいえば、セールに注意しつつ、買われる際の値段が安いならば、こちらを選んでもOKです。


  202003071817.jpg

 【2020年1月発売】

 【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  79・パナソニック VIERA TH-43GR770
   ¥160,364 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  79・パナソニック VIERA TH-49GR770
   ¥184,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K
BS/CS 4K用チューナー:付属

 GR770シリーズは、パナソニックの4Kテレビとしては、やや特殊なモデルです。

 202003071820.jpg

 この機種は、いわゆる「録画テレビ」で、ブルーレイと2TBのハードディスクが内蔵されるモデルです。

 後ほど別に紹介する、三菱がこのようなオールインワン型を機種を「得意」としていましたが、パナソニックが、この市場に「新しく乗り込んだ」格好です。

 201902181303.jpg

 液晶パネルバックライト画像エンジンなどの部分は、GX750の仕様を踏襲します。

 映像配信サービスなどの使い勝手の部分も同等です。

 要するに、録画機能に関わる部分以外は、ほぼ同じといえそうです。

 202003071830.jpg

 録画機能は、先述のように、2TBのハードディスクとブルーレイを内蔵するため充実します。

 とくにブルーレイは、4K画質に対応するULTRA HDです。単品のレコーダーでも搭載しない機種も多い状況なので、録画部分は相当充実した機種です。

 202003071831.jpg

 一方、後述の三菱と比較すると、パナソニックの場合、4K衛星放送の長時間録画に対応します。

 内蔵HDDならば最大520時間、BDでも12時間録画に対応します。

 単品のレコーダーでも、新4K放送を長時間録画できるのはパナソニックの新機種のみという点を考えると「豪華仕様」です。

 もちろん、通常画質の番組も12倍録画に対応です。

 外付けハードディスクにも対応します。

 番組表映像配信サービスは、下位機種と同じです。

 ただし、YouTube TSUTAYA TVと、同社のアクトビラのみの対応です。

 無線LANも、搭載です。

 また、下位機種と同じで、「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能です。

 202003071839.jpg

 スピーカーの音質は、下位機種と同じで、総計30Wとアンプが高出力で、基本スペックが高いです。

----

 以上、パナソニックGR770シリーズの紹介でした。

 オールインワン型を狙っている方は選択肢になるでしょう。三菱の一体型と比較する場合、本機は、IPS液晶を採用するため、画質的には優れます。

 4Kの長時間録画に早くも対応した点も評価できます。

 201909051925.jpg

 ただ、ディスクやHDDが故障した場合は、TVを含めての修理となる点が、一体型の弱点です。

 この点で、Atlasはあまり一体型を推さないことが多いです。三菱は、故障部分だけを部品単位で交換できる構造ですが、パナソニックはこれが採用されません。

 こうした部分については、三菱に一日の長を感じます。


 202006121429.jpg

 【2020年6月】【新4K衛星放送対応機】

 【43インチ】

  80・パナソニック TH-43HX850
   ¥120,570 楽天市場 (9/15執筆時)

 【49インチ】

  80・パナソニック TH-49HX850
   ¥123,980 楽天市場 (9/15執筆時)

 【55インチ】(10月追加発売予定)

  80・パナソニック TH-55HX900
   ¥178,200 楽天市場 (9/15執筆時)

 【65インチ】(10月追加発売予定)

  80・パナソニック TH-65HX900
   ¥257,400 楽天市場 (9/15執筆時)

 【75インチ】

  80・パナソニック TH-75HX900
   ¥343,000 楽天市場 (9/15執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 VIERA 4KHX850シリーズは、パナソニックの中級機になります。

 なお、夏秋シーズンにHX900シリーズとして大画面機が登場します。

 しかし、基本的にグレードは同じです。

 大画面で台座形状が異なるので、シリーズ名を変えているだけです。

 画面サイズは、43・49インチから選択可能です。

 液晶パネルは、本機も、視野角が広く高品質なIPS液晶です。

 201902181304.jpg

 バックライトは、パナソニックの場合、本機もエッジ型です。

 ただし、このグレードの製品から、バックライトのエリア制御に対応です(グローバルディミング)。


 202006111826.jpg

 その上で、映像信号をエリア制御する「エリアコントロール制御プロ」を併用するので、同社は「Wエリア制御」という特別な名前をつけています。

 エッジ型の場合、エリア制御はかなり重要な技術です。

 しかし、本機能を搭載する実物を見ても、直下型に比するといえる品質を実現できています。

 201905311211.jpg

 4Kチューナーは、Wで搭載します。

 202006111831.jpg

 HDR10技術は、対応するモデルです。

 この機種の場合、AI HDRリマスターという名前で、はっきりと通常画質のHDRへのアップコンバートを表明しています。

 また、パナソニックによるとこの技術は新4K放送のHLG圧縮信号にも効くとのことです。

 HLGの輝度データが4K液晶でうまく活かせない点は、2018年の放送開始直後、各社で問題となりました。その部分への対応をなした、と言うことでしょう。

 201906011554.jpg

 画像エンジンは、素材解像度検出4Kファインリマスターエンジンを搭載します。

 明確な言及はないですが、ソニーのオブジェクト超解像のような手法で、ノイズ処理をしつつ、フレーム内の高詳細化(高画質化)をなしています。

 ただし、いずれにしても、東芝のような、高度なフレーム間解析ではないです。

 201803300036.jpg

 一方、「広色域化技術」については、このグレードからパナソニックのヘキサクロマドライブに対応します。

 三次元カラーマネジメント回路で、発色を良くする技術です。

 デンキヤで「Panasonicのテレビの綺麗さ」を実感するのは、大程度、この部分が好影響しています。

 201809020206.jpg

 倍速液晶は、先述のクリアモーションのほか、本機は2倍速パネルを装備するので、他社的な表現では、4倍速相当で対応します。

 録画機能も搭載です。

 この機種の場合、見ている番組以外に2つの番組が同時録画できる仕様です。

 201902181220.jpg

 番組表は、下位機種と同じです。

 長細いメイン画面の視認性はイマイチながら、実際の利便性は高い、という傾向です。

 映像配信サービスは、こちらも、同社のスマートTVアプリを利用できます。

 4Kコンテンツを含めて充実度は高いです。

 無線LANも、搭載です。

 また、下位機種と同じで、「外からどこでもスマホで視聴」に対応します。

 放送中番組や、HDDに録画した番組を外出先でもインターネット経由で観ることができます。予約も可能です。

201902181317.jpg

 スピーカーの音質は、下位機種と同じで、総計30Wとアンプが高出力で、基本スペックが高いです。

----

 以上、パナソニックGX850の紹介でした。

 全体の総合性能は、他社の上位機と比するものがあり、十分です。

 また、ヘキサクロマドライブ4倍速相当の液晶を搭載する点で画質の面で下位機種と差がありますので、パナソニックを「指名買い」する場合は、この製品が最も良いと思います。

----

 201912141703.jpg

 【2019年1月】

 【新4K衛星放送対応機 1チューナー】

 【43インチ】

  81・パナソニック TH-43GX850
   ¥133,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  81・パナソニック TH-49GX850
   ¥176,800 Amazon.co.jp (9/15執筆時) 

 【2019年10月】

 【新4K衛星放送対応機 2チューナー】

 【43インチ】

  82・パナソニック TH-43GX855
   ¥118,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【49インチ】

  82・パナソニック TH-49GX855
   ¥134,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【55インチ】

  83・パナソニック TH-55GX855
   ¥198,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時)

 【65インチ】

  83・パナソニック TH-65GX855
   ¥-------- Amazon.co.jp (9/15執筆時)

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 ただ、本機も、2019年発売の旧機種が残っています。 

 性能差は、下位機種の場合と同じで、ドルビーアトモスとドルビージョンの対応の有無です。

 202006111831.jpg

 加えて、HDRリマスター技術について、先述の、新4K放送用の特別な処理不採用です。

 先述のように、(TVをしっかり設定しないと)HDR特有の輝度表現が活かせないことが2018年当初問題となりました。

---

 結論的にいえば、その部分にメスを入れているのは少し大きいので、新4K放送に高度に対応させるつもりならば新機種を、とりあえず、見ないだろう方は、値下がりした本機が良いでしょう。


 202006111929.jpg

 【2020年8月】【新4K衛星放送対応機】

 【55インチ】

  84・パナソニック TH-55HX950
   ¥208,860 Amazon.co.jp (9/15執筆時) 

 【65インチ】

  84・パナソニック TH-65HX950
   ¥297,000 Amazon.co.jp (9/15執筆時) 

モニターパネル:IPS
バックライト :エッジ型+Wエリア制御
解像度:4K画質
倍速液晶:4倍速相当
コンバート:4K/HDR10
BS/CS 4K用チューナー:付属

 VIERA 4KHX950シリーズは、2020年夏秋シーズンに登場が発表された、同社の4K液晶テレビの最上位機です。

 従来なかったグレードの製品で、おそらく55インチで30万を超えてきそうな高級機です。

 同年度の下位機種にあたるHX850シリーズと比較した際の違いは以下の2点です。

 202006111916.jpg

 第1に、プレミアム液晶ディスプレイの採用です。

 正確にはバックライト技術の改良で、バックライト密度を増やすことで、輝度ピークを向上させています。

 ソニーのトリルミナス技術もそうですが、パネル自体に自社で差異が付けられない時代なので、方向性としては良いとおもいます。

 HDR時代にこうした改良は重要ですから。

 202006111919.jpg

 第2に、スピーカーシステムの改良です。

 下位シリーズの2倍となる総計60Wの出力になっています。

 面白いのは、左右2基のフルレンジ型スピーカー2基のほか、上部に、イネーブルドスピーカーを装備させている点です。

 パナソニックの新型は、音響の新規格で、天井方向の音データを再現できるドルビーアトモスに対応します。その場合、(バーチャルな再現ではないならば)高さを表現できるスピーカーが「マスト」です。

 しっかり装備することで、外部スピーカーを購入せずとも2.0.2chの立体音響が実現できるわけです。

 その他は、シャープ機のように、画面の手動での「首振り」に対応した点以外は、下位機種とほぼ同じです。

---

 以上、VIERA 4KHX950シリーズの紹介でした。

 他社が8Kや有機ELに注力するなか、パナソニックは「そこそこ高い4K液晶」を改めて充実させる方向性のようです。

 エッジ型特有のスリム形状「美しさ」を感じる人で、別にスピーカーを買うのが邪魔に感じるかたに、本機は、良い選択肢だと思います。

次回記事の予告
4K液晶TVのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、4Kに対応する40インチ以上の液晶テレビ紹介してきました。

 しかし、記事は、もう少しだけ「つづき」ます。

  201809011945.jpg

1・東芝・シャープの4Kテレビ
2・ソニー・パナソニックの4Kテレビ
3・LG・三菱・ハイセンスの4Kテレビ

4・新興ブランドの激安4Kテレビ
5・おすすめの4K液晶テレビ 【結論】

 次回の第3回目の記事では、LGと三菱電機から発売されている4K液晶テレビを、4回目は、海外の激安4Kテレビを比較します。

1・映像の美しさ  ★★★★★
2・目の疲れにくさ ★★★★★  
3・音質の良さ   ★★★★★
4・ネット動画   ★★★★★
5・番組表     ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 その上で、5回目の結論(こちら)で、ここまで紹介してきた全機種を対象に、上表のようなポイントから、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!について書きたいと思います。 

 引き続き、よろしくお願いします。

 第3回目の記事は→こちら

posted by Atlas at 15:13 | 映像機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png