2019年08月05日

比較2019' 1万円以下の激安扇風機22機の性能とおすすめ:安いが高品質なACモーター扇風機の紹介

【今回レビューする内容】2019年 1万円以下の激安扇風機の性能とおすすめ :パナソニック 日立 シャープ 東芝 ユーイング 山善 三菱電機 ユーイング トヨトミ 機能の違いとランキング:1人暮らし向け・リビング向け

【比較する製品型番】F-CS324-C F-ALX60-W F-ALX50-W HEF-AL300A PJ-J3AS PJ-H3AS R30J-MW-W R30J-RW-R R30J-RV-T YLR-BG303 YLT-C30 YLRX-BK304 YLRX-BKD303 YLX-SGD30 YHVX-HGD30 YLX-QD3016 UF-HR30M-W UF-AE30M-W FS-30JR(W) FS-D30JR(W)

今回のお題
安くて高品質な最新扇風機のおすすめモデルはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新の扇風機の比較です。 

 201902191339.jpg

 扇風機は機種が多いので、このブログでは、5つのカテゴリーにわけて紹介しています。

1・静音DCモーター扇風機
2・1万円前後の良質な扇風機

3・ダイソンのエアマルチプライアー

4・タワー型のスリム扇風機
5・サーキュレーター

 今回は2番の記事です。

 201804181825.jpg  

 比較的価格が安い扇風機で、1万円以下で買える激安ながら良質な扇風機を中心に紹介します。

 201804182053.jpg

 ただ「安い」だけでなく、高級扇風機にみられるような、3D立体首振り機能や、独自の空力思想による羽根を装備したような「安いが高品質な機種」を多く紹介します。

 なお、新発売の一部製品は1万円台前半ですが、それらも、例年、梅雨の時期には1万円を切る水準に落ち着く機種です。

ーー

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風あたりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

5・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各社の扇風機を一機ずつ比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・パナソニックの扇風機の比較

 はじめに紹介するのは、パナソニックの扇風機です。

 なお、ここから下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記しています。

   201902191630.jpg

 【2019】

 1・パナソニック F-CS324-C
  ¥6,599 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:なめらか気流7枚羽根
首振り機能:左右自動

  F-CR324-C は、パナソニックでは、最も低価格な商品です。

 例年型番を変えてでますが、デンキヤでは、一定の人気がある製品です。

 201804181704.jpg

 高さは、71.5cm〜96cmの範囲で調整できます。

 リビング用の標準的な高さは約90cmなので、問題ないサイズです。背を低くして、畳部屋などにも柔軟に対応できます。

 201804181708.jpg

 風質の工夫は、1万円を下回る機種では珍しく、5枚羽根ではなく、7枚羽根を採用します。

 最近の扇風機は羽根の工夫が盛んですが、パナソニックの場合は、直進風の力強さとなめらかさを特長とする、最近の業界トレンドをふまえたなめらか気流7枚羽根を採用します。

 不快に感じる風のムラを、羽根の工夫で中心に寄せるため、風ムラが少なく、(自然風のような)なめらかさな直進風が得られます。

 値段の割には能力が高い、と言えるでしょう。

 201804181722.jpg

 風量は、3段階の調節が可能です。

 また、リズム風については、1/fゆらぎ風というバイオリズムを考慮に入れつつ、自然風と同じように強さが不規則な風を発生させます。パナソニックによれば、長時間あたっても疲れにくい風です。

 201804181710.jpg

 首振り機能は、左右の自動首振りのみ対応します。90度の首振りです。

 上下については、12度/18度まで傾斜ができますが、手動操作です。最近の高級機は、立体首振り機能が搭載されますが、このグレードでは未搭載です。

 201804181713.jpg

 リモコンは、シンプルなものですが搭載です。タイマーは、切タイマーのみの搭載ですね。

 その他、「チャイルドロック」がついている点も配慮がある機種です。

---

 以上、パナソニックのF-CR324の紹介でした。

  なめらか気流7枚羽根の搭載が最大の「みどころ」でしょう。高級機は、「独自形状の羽根」でしのぎを削っている状況で、技術的に最も「面白い」部分です。

 その点でこの機種は、入門機ながら、同社の上位機も使用する形状の羽根を採用していますし、予算1万円で考えるなら、良い選択肢の1つです。

2・東芝の扇風機の比較

 続いて東芝の扇風機です。

 同社は、一時的に扇風機生産を控えていましたが、2018年から復帰しました。



  201904301702.jpg

 【2019】

 2・東芝 リビング扇 F-ALX60-W
  ¥7,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:7枚羽根
首振り機能:左右自動

  F-ALX60-W は、東芝では最も安い扇風機です。

 (春の)売り出し時価格としては1万円を超えますが、シーズンには1万円以下になります。

 201904301706.jpg

 高さは、69.5cm〜90.6cmの範囲で調整できます。

 この点ではパナソニックと変わりません。

 201804181738.jpg

 風質の工夫は、東芝の場合も「7枚羽根」を採用します。

 パナソニックの場合と異なり、中心に風を送り込む構造はないので、(ムラは少ないものの)直進風の威力はパナソニックよりやや落ちるでしょう。

 201804181743.jpg

 風量は、3段階の調節が可能です。

 リズム風(ランダム風)は、東芝の場合「上高地の風」を再現した不規則な風を出せます。パナソニックは「蓼科」でしたが、見本にする風は、信州が多いですね。

 201904301704.jpg

 首振り機能は、左右の自動首振りのみ対応します。

 一方、パナソニックは90度固定でしたが、東芝は、90度のほか75度と50度の首振り角度も選択可能です。

 上下については、手動で20度/16度まで傾斜ができます。この部分もパナソニックより柔軟性があります。

 201804181750.jpg

 リモコンは、付属します。

 タイマーは、入・切タイマーが搭載です。

 また東芝は、それぞれのタイマーが単独なので、夜消して、朝付ける動作が同時に可能です。

 ただし、リモコンでの首振り操作の切替はできません。

 201804181751.jpg

 その他、「チャイルドロック」がついている点と、羽根にホコリ防止がなされる点などが見所でしょう。

---

 以上、東芝の F-ALT55Wの紹介でした。パナソニックのF-CR324がライバルでしょう。比較した場合、羽根の形状の工夫は、最近のトレンドをふまえたパナソニックのほうが「面白みがある」状況です。

 ただ、リビング用途考える場合、首振り角度の調整力や、入タイマーの搭載などの点では、東芝が有利です。

 したがって、総合力で評価すると、両者は甲乙つけがたいですね。

ーーー

 201904301707.jpg

 【2019】

 3・東芝 リビング扇 F-ALX50-W
  ¥5,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:7枚羽根
首振り機能:左右自動

 なお、東芝からは、同じACモーター採用の製品で、やや背が低いF-ALX50という機種も併売されています。

 高さが68cm〜86cmまで調整可能な、平均よりも「ローポジションな製品」です。

 ただし、羽根の径を小さくして、小部屋用に専用設計した製品ではないので、サイズ感は「多少小さめ」に止まります。
 201904301704.jpg  むしろ、ランダム風を1種類、首振り角度を選べない仕様(85度)などにして、価格を抑えた「格安機」という位置づけがしっくりくる機種です。

3・日立の扇風機の比較

 201904301719.jpg

【2019年】

 【リモコンあり】

 4・日立 リビング扇 HEF-AL300A
  ¥7,405 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

【2018年】

 【リモコンなし】

 5・日立 リビング扇 HEF-130M
  
¥7,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【リモコンあり】

 6・日立 リビング扇 HEF-130R
  
¥6,414 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:8枚羽根
首振り機能:左右自動

 HEF-AL300Aは、日立では最も安い扇風機です。

 201902191644.jpg

 同社は、最新のDCモーターの扇風機では、やや遅れを取っています。

 しかし、1万円以下のACモーターの扇風機については、「モーターの日立」らしく、「安くて性能の良い」製品を出しています。

 新旧両機種ありますが、旧機種に「リモコンなし」モデルがあるほか、後ほど紹介するように、首振り角度の設定面で相違します。

 高さは、73.5cm〜95cmの範囲で調整できます。

 リビングでもワンルームでもOKでしょう。

 201804181804.jpg

 風質の工夫は、日立は、羽根の数としてだけいえば、東芝やパナソニックによ多い8枚羽根を採用します。

 形状は従来の扇風機に羽根を増やしただけであり、最近のトレンドである、「直進風の力強さ」を強調する作りではないです。

 ただ、羽根が多い分、風を切る際のリップル(風圧の差)を抑えられるので、風当たりのなめらかさは向上します。

 とはいえ、5枚羽根と8枚羽根の違いは明確に体感できますが、7枚羽根との差を感じられる人はあまりいないでしょう。

 201804181807.jpg

 風量は、4段階の調節が可能です。

  201904301331.jpg

 東芝の「ふわり風」に相当する「うちわ風」という微風がだせます。

 「うちわ風」は、日立がこだわる部分で、少量でも風圧を感じられる点で、定評があります。

 201804181818.jpg

 一方、「見本にした地域」は不明ながら、不規則なリズム風も対応します。

 また、就寝時に、風量を徐々に下げていく「おやすみ運転機能」は面白い部分でしょう。

 201904301726.jpg

 首振り機能は、注意が必要です。

 なぜなら、2018年モデルまでは、角度調整が3段階設定だったのが、2019年から75度のみに「ダウングレード」しているからです。

 伝統的に良い機種だったので、今回の「退化」は少し残念です。

 上下については、手動で20度/10度まで傾斜ができます。

 リモコンは、付属です。

 タイマーは、入・切タイマー双方が搭載です。ただし、東芝同様に、リモコンでの首振り操作の切替はできません。

 201804181814.jpg

 一方、使い勝手の面で、もっとも「気の利いている」とAtlasが思うのは、インジゲーター(表示パネル)を座面ではなくて、扇風機の柱の部分に持ってきていることです。

 遠くからの視認性も良く、扱いやすいです。

 201804181815.jpg

 そのほか、また、チャイルドロックが付属します。

 さらに「前ガード」に保護リングが搭載されており、子供が扇風機の棒を「こじ開けて」いたずらすることができにくい構造になっています。

---

 以上、日立のHEF-AL300Aの紹介でした。

羽根の枚数が大手では最大」という点に目がいきますが、この部分は7枚羽根と体感上の差はないでしょう。

 ただ、支柱部に表示パネルがあるという使い勝手の良さや、気持ちの良い「うちわ風」、便利な「おやすみ運転」など、独自の見所も多いです。

 モーターについては定評のある日立ですから、その点での安心感もあるでしょう。

 最終的な「おすすめ」は、記事の最後に改めて書きますが、こちらを選んでも後悔しないでしょう。ただ、 一方、2019年モデルは、自動首振りの角度が75度のみになったので、在庫のあるうちは、同社の旧機種をおすすめします。

4・シャープの扇風機

 つづいて、シャープの扇風機です。


  201804181824.jpg

 2019年】

 7・シャープ PJ-J3AS-W
 8・シャープ PJ-J3AS-A
 9・シャープ PJ-J3AS-P
  ¥5,830 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年】

 7・シャープ PJ-H3AS-W
 8・シャープ PJ-H3AS-A
 9・シャープ PJ-H3AS-P
  
¥7,566 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
首振り機能:左右自動

 PJ-3ASシリーズは、シャープの扇風機では最も格安な製品です。

 

 201804181829.jpg

 高さは、69cm〜84cmの範囲で調整できます。

 リビングでの平均的な高さは90cmほどなので、小型で取り回し重視の製品と言えそうです。

 201904301738.jpg

 風質の工夫は、しかしながら、従来的な5枚羽根です。

 シャープの場合、いたずらに「枚数を追わず」に、自然の動物の羽根を真似たネイチャーウイングを開発・採用します。

 【DCモーター扇風機の比較記事】で書いたように、1万円以上の機種ではそのようなものも見られます。

 しかし、この機種を含む1万円以下の製品については、特に思想もない5枚羽根です。したがって、最近重要視される、直進風の「なめらかな風あたり」の部分では、あまり評価できません。

 風量も、微風がない、3段階の調節に止まります。

 ただし、リズム風は備えます。

 首振り機能も、75度の1系統のみの対応です。

 ただし、手動の上下角度調整については、手動で20度/21度と広い範囲に調整できるようにしており、小型機のマイナス面を補っています。

 リモコンは、付属します、タイマーは、入・切タイマー双方が搭載です。ただし、リモコンでの首振り操作の切替はできません。

 201804181836.jpg

 一方、他社機と比べると、プラズマクラスター7000の搭載は一定の魅力があります。

 浮遊カビ菌などに作用することが謳われますが、むしろ、マイナスイオンは、消臭と静電気の除去に期待ができます。

 洗濯物の乾燥や、濡れた靴の乾燥、食品臭などのニオイ除去などに、扇風機を使う場合は、一定の魅力がありそうです。

---

 以上、シャープのPJ-3ASシリーズの紹介でした。 

 プラズマクラスター7000の搭載がポイントでしょう。正直、扇風機の部分は、あまり秀でた機種ではないため、この部分にどの程度の「魅力」を感じられるかが、ポイントとなりそうです。

5・三菱の扇風機の比較

 つづいて、三菱電機の扇風機の比較です。


 201804181843.jpg

 【2019年】

 【リモコンなし】

 10・三菱 リビング扇 R30J-MW-W
  ¥7,240 Amazon.co.jp
(8/5執筆時

 【リモコンあり】

 11・三菱 リビング扇 R30J-RW-R
 12・三菱 リビング扇 R30J-RW-T
  ¥8,565 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年】

 【リモコンなし】

 10'・三菱 リビング扇 R30J-MV-W
  
¥5,840 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【リモコンあり】

 11'・三菱 リビング扇 R30J-RV-R
 12'・三菱 リビング扇 R30J-RV-T
  
¥8,480 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:ウィングレット5枚羽根
首振り機能:左右自動

 R30Jシリーズは、三菱の扇風機では最も格安な製品です。

 三菱の「企業色」の1つである赤色モデルが目立ちますね。

 なお、新旧両機種ありますが、性能は同じです。価格で選んで問題ないでしょう。

 201804181903.jpg

 高さは、67cm〜86cmの範囲で調整できます。

 扇風機の羽根の直径は30cmですから、普通のリビング扇とパワーは同等です。ただ、他社機と比べると、モーターが小さいため、収納がしやすい点もメリットがあります。

 背は高くできませんが、エアコンの補助ならこのサイズで十分でしょうし、小部屋にはより向きます。

201804181850.jpg

 風質の工夫は、この機種も無理に羽根の枚数を増やさない哲学による機種です。

 5枚羽根ながら、独特のウィングレット形状を採用します。ただし、これは、パナソニックのような「ムラのないなめらかな直進風」を志向したものではなく、静音性を得るための工夫です。

 実際、ACモーター機では突出して静かと言える機種で、強運転時でも36デシベルです。1万円前後の予算でかんがえれば最も静かな機種でしょう。

 201804181856.jpg

 一方、ファンガードは、扇風機の回転とは逆向きの形状になっています。

 これは、「ロング気流ファンガード」という三菱オリジナルの仕組みで、風を分散させずに、力強い直進風たもつ仕組みです。

 「途切れのないなめらかさ」では、他社の羽根の多い機種が優れるでしょうが、「力強さ」は負けていません。

 風量は、一方3段階の調節に止まります。

 ただし、リズム風は備えます。

 首振り機能も、85度の1系統のみの対応です。

 手動の上下角度調整については、手動で20度/10度となります。上方向に余裕があるため、小型機でも利便で利用しやすい機種です。

 リモコンは、「付属」と書いた機種には付属します。

 タイマーは、入・切タイマー双方が搭載です。

 また、他社にもありましたが、おやすみ運転時に、風量を自動的に弱める機能もあります。

 ただし、リモコンでの首振り操作の切替はできません。

---

 以上、三菱の扇風機の紹介でした。

 オフシーズンに収納する場合に、有利なコンパクト機です。ただ、コンパクト機としては、「ロング気流ファンガード」などの効能で、力強い風力も犠牲になってない点が魅力でしょう。

 また、ACモーター機では唯一、静音性が強調できる製品です。特に寝室には向く機種の1つでしょう。

6・山善の扇風機の比較

 つづいて、山善の扇風機です。

 山善は、有名な「ジェネリック家電メーカー」で、上場企業ですね。ホームセンターなどで見かける生活家電をたくさん作っています。

 そして、大手メーカーと同等の技術の製品を、低価格で製造している会社です。


 201804181908.jpg

 【2019年】

 13・山善 YLR-BG303(CA) 【青】
 14・山善 YLR-BG303(CP) 【ピンク】  
  
¥4,004 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年】

 13・山善 YLR-BG302(CA) 【青】
 14・山善 YLR-BG302(CG) 【緑】
 15・山善 YLR-BG302(CP) 【ピンク】  
  
¥6,379 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
首振り機能:左右自動

  YLR-BG302は、山善の「正規ライン」では最も安価な扇風機です。

 高さは、67cm〜85cmの範囲で調整できます。

 リビングには、90cm程度が平均サイズなので、リビング用としては、「コンパクト型」になるでしょう。

 201804181914.jpg

 風質の工夫は、この機種は、普通の5枚羽根です。

 波打った、ややムラのある風を送る、昔ながらのプロペラタイプの扇風機です。面白みに欠けますが、堅実な仕事は期待できるでしょう。

 風速は、シンプルな3段階調節です。リズム風は対応です。

 首振り機能も、角度は、90度のみ対応です。

 201804181916.jpg

 リモコンは、かなりシンプルですが、付属します。タイマーは、切タイマーのみ搭載です。

---

 以上、YLR-BG302の紹介でした。

 この価格帯の製品の場合、とくに羽根についての工夫がない点で、面白みに欠けます。

 ただ、(直接風に当たらない限り)風質の面では実用上問題ないですし、空調家電に強い山善が保証する品質である点で、格安機のなかでは安心感があるでしょう。

 また、文字盤の文字の大きさも大きいため、お年寄り向けとしてもオススメできる機種です。

ーーー

 201804181923.jpg

 16・山善 YLT-C30
  ¥2,680 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
首振り機能:左右自動

 山善では、こちらの機種は、Amazonではより格安のモデルがみられます。白以外に、ブラック系やブラウン系などの種類があります。

 デザインの他、リモコンが付属しない点がネックですが、その点が問題ないならば、お買得ですね。



  201904301757.jpg

 【2019年】

 【通常モーター】

 16・YAMAZEN YLRX-BK304(W)
  
¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【静音モーター】

 17・YAMAZEN YLRX-BKD303(W)
  
¥8,270 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
首振り機能:立体首振り機能

 こちらは、山善の扇風機の上位機になります。

 高さは、68cm〜87cmの範囲で調整できる、標準的なサイズのモデルです。

 2機種ありますが、YLRX-BKD302上位機種になり、電気代が安く静音性も高い新型モーターが採用されます。

 下位機種は他機種同様に、通常のACモーターです。

 201904301800.jpg

 風質の工夫は、特になく、伝統的な5枚羽根です。

 風速は、この価格帯の他社製品に比べても優れた5段階切替対応です。

 一方、リズム風にも対応しますが、大手の要因、不規則に計算された風ではありません。

 201504241815.jpg

 首振り機能は、この機種の「売り」といえる部分です。

 201904301759.jpg

 従来的な左右の首振りだけではなく、上下の首振りも可能な立体首振りだからです。上下左右に八の字に回転する3D首振りが可能です。

 エアコンの補助用として、部屋の空気を効果的に循環させるには、この3D首振り機能は有効です。

 これは、高級機扇風機の多くに搭載される機能ですが、山善の扇風機は、1万円を切る価格の最新モデルにも搭載されており、お得です。

 201804181932.jpg

 リモコンは、シンプルですが、首振り操作に対応できるフルリモコンです。タイマーも、入・切タイマーが搭載です。

---

 以上、YLR-BG303の紹介でした。

 この価格帯の製品の場合、とくに羽根についての工夫がない点で、面白みに欠けます。ただ、立体首振り機能は魅力で、この価格で対応しているのは素晴らしいです。

 エアコンの補助用として、この機能を重要視するならば、有力な選択肢にできるでしょう。


  201904301808.jpg

 【2019年】

 18・山善 YLX-SGD30(MA)
  ¥7,526 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:14枚羽根(ツインブレード)
首振り機能:左右自動

 YLX-SGD30 は、山善の扇風機としては、よりグレードの高い高級機になります。

 高さは、68cm〜85cmの範囲で調整できます。

 ややコンパクト型ですが、リビング用として無理なく利用できます。こちらも、ACモーターではなく、電気代が安く静音性も高い新型モーターが採用されます。

 201804181940.jpg

 風質の工夫は、直進風の力強さが強調できる風質です。

 7枚の羽根を2重化させた7枚羽根ツインブレードが搭載されるからです。

 その点で言えば、パナソニックの「なめらか気流7枚羽根」と方向性は同じです。風のムラのなさについては、パナソニックが上ですが、値段を考えると、十分な健闘です。

 風速は、4段階切替対応です。

 201804181941.jpg

 首振り機能は、角度の調整には3段階で対応します。

 立体首振り機能は搭載しませんが、こちらはリビング用で高さ調節が利く機種なので、エアコン風のかくはんなどを用途に考えないならば、大きなマイナスにはならないかもしれません。

 リモコンは、首振り操作に対応できるフルリモコンです。

 タイマーも、入・切タイマーが搭載です。

---

 以上、YLX-SGD30の紹介でした。

 羽根の枚数が多いだけでなく、羽根の形状の工夫がある点で優れます。こうした点で、「プレミアムな直進風」を得られる機種と言えるでしょう。

 大手家電メーカーは、「3万円以上の高級品」が主戦場ですから、こうした機能は1万円以下では「出し惜しみ」しがちですが、山善は「ジェネリック家電」メーカーで、遠慮なく搭載しています。消費者にとっては嬉しいです。

ーーー

  201904301811.jpg

 19・山善 YHVX-HGD30(W)
  
¥10,409 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:14枚羽根(ツインブレード)
首振り機能:左右自動

 なお、山善は、YHVX-HGD30(W)という「最高級機」もあります。

 YLX-SED301と比較しての違いは、温度センサーの搭載です。

 201804181955.jpg

 エアコンと連動して、設定した温度まで下がると、運転を止めることが可能です。逆に、室温が上昇した際に、スイッチを入れることが可能です。室温は24・26・28度で設定可能です。

 このほか、風量が5段階に拡大して、ターボモードが搭載される点が大きな違いです。

 ただし、この機種は、首振り角度は90度固定なので、この部分だけは注意が必要です。


 201904301815.jpg

 【2019年】

 20・山善 YLX-QD3016(W)
  ¥7,031 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:16枚羽根
首振り機能:左右自動

 YLX-QD3016(W)は、風質的な観点で見た場合、山善の製品のハイエンド機です。

 201904301818.jpg

 高さは、67.5cm〜86cmの範囲で調整できます。

 リビングで利用できる平均的なサイズです。

 201904301821.jpg

 風質の工夫は、下位機種よりさらに徹底し、16枚羽根のツインブレードです。

 内側のファンは、おそらく渦巻き状のサイクロン気流で直進風の力強さを発揮しそうです。

 外側のファンは、フラット形状に近い羽根は、波打つ内部の風を拡散させないよう直進風を出してカバーする感じです。

 山善は「柔らかい風」「自然に近い風」と形容しますが、「ムラのない直進風」を志向していると思います。

 風速は、8段階切替対応です。

 首振り機能は、ただし、70度の固定です。

 リモコンは、首振り操作に対応できるフルリモコンです。

 タイマーも、入・切タイマーが搭載です。

---

 以上、YLX-QD3016の紹介でした。

 風質「だけ」で言えば、1万円以下の機種では、「2019年モデルでは最も面白そうな製品」です。羽根の工夫は、最近の扇風機の一番の面白みなので、それに期待するならばこれでしょう。

 一方、首振り機能が弱いほか、内側の羽根の形状から、騒音値(風切り音)は、弱風でも強風でもうるさめの懸念があります。これらの点以外は、問題ないでしょう。

7・激安で人気扇風機の比較

 最後に、ここまで紹介してきた製品に比べて「一段と安い」扇風機のうち、例年人気があるモデルを数機種紹介します。



  201908051634.jpg

 【2019/4】

 【リモコン付属】

 22・モリタ ユーイング UF-HR30M-W
  
¥5,250 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【リモコンなし】

 23・モリタ ユーイング UF-AE30M-W
  
¥4,950 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
 首振り機能:左右自動

 UF-HR30 は、ユーイング(モリタ)の発売する扇風機です。

 モリタは大阪に本社を置く国内企業で、ホームセンターなどで見かける低価格な生活家電を多く生産しているジェネリック家電の会社です。こちらは、ホームセンターなどで「売れ筋」の製品です。

 高さ64cm〜86cmまで調整できます。

 羽根の工夫は、一般的な5枚羽根で特段の工夫は見られません。

 風量は、7通りから選べます。

 首振り機能は、75度の固定式で、上下の手動調節は、それぞれ20/23度までの調節に対応します。

 リモコンは、注意する部分で、付属しないモデルがあります。タイマーは、オン・オフともに対応する点は、価格を考えてもお買得感があります。

--

 以上、モリタ(ユーイング)の扇風機の紹介でした。

 同社は、2万円を超える機種もラインアップされますが、そちらについては、(立体首振り機能)は持ちますが、羽根の形状の工夫がありません。いずれにしても、この機種は、若干面白みに欠けます。


  201904301838.jpg

 【2019】

 【ACモーター搭載】

 23・トヨトミ FS-30JR(W)
 
¥6,060 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【静音モーター搭載】

 24・トヨトミ FS-D30JR(W)
 
¥9,196 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:7枚羽根
首振り機能:左右自動

 つづいては、トヨトミ扇風機です。トヨトミは名前が示すように名古屋の会社です。

 石油ファンヒーターでは、国内3大メーカーの一つですが、オフシーズンは扇風機も作ります。

 201804182019.jpg

 高さは、2機種で異なります。

 ACモーター機は、80cm〜99cmの範囲で調整できる機種です。

 ジェネリック家電メーカーの製品としては、珍しい「ハイポジション対応機」です。

 静音モーター機は、68cm〜83cmの範囲で調整です。

201804182021.jpg

 風質の工夫は、いずれも、大手水準の7枚羽根を採用する点が見所です。

 それなりにムラのない風が得られるでしょう。ただ、この工夫は、直進風の力強さを得るためというより、静音性を向上させるためであり、方向性としては、三菱と同じです。

 ただし、三菱の扇風機が強運転時でも36デシベルであるのに対して、こちらは、最大47.4デシベル/48.2デシベルと、徹底した静音化は三菱の扇風機に負けます。

 風速は、4段階切替対応です。ただし、静音モーター搭載の機種は、8段階です。

 首振り機能は、一方、70度の一段階と貧弱ですね。

 リモコンは、付属しますが、静音モーター搭載機を除いて、首振り操作は非対応です。タイマーは、入切併用のツインタイマーです。

---

 以上、トヨトミ扇風機の紹介でした。

 比較的格安で、7枚羽根が搭載される点が魅力です。ただ、空力的な意味での快適性については、もう少し突き詰めても良い感じがします。また、静音性の点で選ぶならば、三菱のほうが良いでしょう。

今回の結論
格安の扇風機のオススメは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は比較的値頃感のある1万円以下の扇風機を1紹介してきました。

 最後にいつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!について書いておこうと思います。


 第1に、リビング用の通常サイズの扇風機としておすすめできる機種は、

 201904301719.jpg

【2019年】

 【リモコンあり】

 4・日立 リビング扇 HEF-AL300A
  ¥7,405 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

【2018年】

 【リモコンなし】

 5・日立 リビング扇 HEF-130M
  
¥7,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【リモコンあり】

 6・日立 リビング扇 HEF-130R
  
¥6,414 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:8枚羽根
首振り機能:左右自動

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風あたりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

 日立の扇風機が良いでしょう。

 「モーターの日立」として、ACモーター製品の性能や耐久性には定評のあるメーカーの製品です。

 201804181804.jpg

 羽根の枚数も8枚羽根と従来的な5枚羽根よりも、風当たりのなめらかさはワンランク上です。

  201904301331.jpg

 風速を弱めた状況での「うちわ風」も、「しっかり風を感じられる」と定評があります。

 201804181814.jpg

 デザイン的にも、通常サイズの扇風機としては、プラスチック部分の作りなどは1ランク上の高級感があり、しっかりしています。

 扇風機は頻繁に買い換える家電ではないですし、大手メーカー製のこちらの扇風機を買うのは、安心感の点で「あり」だと思います。

 扇風機の「顔」も良いですし、柱の部分にあるインジゲーター(表示パネル)をはじめとして、こちらのモデルは、オシャレです。

 201904301726.jpg

 一方、先述のように、2019年モデルについては、左右首振り角度が75度で固定となりました。そのため、在庫があれば、2018年モデルを選ぶべきだと思います。

−−

   201902191630.jpg

 【2019】

 1・パナソニック F-CS324-C
  ¥6,599 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:なめらか気流7枚羽根
首振り機能:左右自動

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風あたりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

ただし、風質についていえば、パナソニックも候補となります。

 201804181708.jpg

 日立の風は、良かれ悪しかれ「古くからのプロペラの延長」としての心地よさ、なめらかさです。

 その上で、最近のトレンドである、「空気を面で感じられるような、直進風の力強さ」も得たいならば、パナソニックを選んでも良いと思います。

 201804181704.jpg

 弱風運転時の「うちわ風」はありません。しかし、リズム風については、1/fゆらぎ風も出せますし、長時間あたっても疲れにくい風です。


 第2に、エアコンと併用する場合に、便利と言える扇風機は、

  201904301757.jpg

 【2019年】

 【通常モーター】

 16・YAMAZEN YLRX-BK304(W)
  
¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【静音モーター】

 17・YAMAZEN YLRX-BKD303(W)
  
¥8,270 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:5枚羽根
首振り機能:立体首振り機能

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風あたりの良さ ★★★☆☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★☆(静音)
5・総合評価    ★★★★☆

 立体首振り機能を搭載する、扇風機のこちらが良いでしょう。

  201904301759.jpg

 上下左右に首振りを行う3D首振り機能は、エアコンとの併用に「マスト」ですが、この価格で利用できるのは、山善のみです。

 モーターは、とくに静音性などを気にしないならば、通常モーターで良いでしょう。


 第4に、比較的「格安」ながら、運転音の静音性の面で期待感があるのは、

 201804181843.jpg

 【2019年】

 【リモコンなし】

 10・三菱 リビング扇 R30J-MW-W
  ¥7,240 Amazon.co.jp
(8/5執筆時

 【リモコンあり】

 11・三菱 リビング扇 R30J-RW-R
 12・三菱 リビング扇 R30J-RW-T
  ¥8,565 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年】

 【リモコンなし】

 10'・三菱 リビング扇 R30J-MV-W
  
¥5,840 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【リモコンあり】

 11'・三菱 リビング扇 R30J-RV-R
 12'・三菱 リビング扇 R30J-RV-T
  
¥8,480 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

羽根の枚数:ウィングレット5枚羽根
首振り機能:左右自動

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風あたりの良さ ★★★☆☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・総合評価    ★★★★☆

 三菱電機のR30Jシリーズでしょう。

 201804181850.jpg

 ウィングレット5枚羽根の採用で、強運転時でも36デシベルという静音性は、他社にはなく圧倒的ですから。

 羽根の枚数の点から、「風ムラのないなめらかさ」は、一般的な機種に比べるとやや落ちます。

 しかし、「ロング気流ファンガード」の工夫で、扇風機の直進風の力強さを高める工夫はなされており、静音性の犠牲になっていない点も評価できます。

 やや効果ですが、収納性の良さなど、魅力が多いので、寝室用として常備するならば、この機種がイチオシです。

補足・このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は扇風機の話でした。

 201804181220.jpg

 なお、これより高性能な機種(1万円以上する機種)は、より高級な「DCモーター扇風機 」になります。

 これらについては【おすすめ高級扇風機の比較記事 】で紹介していますので、よろしければ、引き続きご覧ください。

--

 また、最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 16:49 | 扇風機

比較2019’ 【涼しい!】DCモーター扇風機30機の性能とおすすめ !:パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機 (1)

【今回レビューする内容】2019年夏 静かで高性能な高級DCモーター扇風機の性能・おすすめと選び方:リビング扇風機 パナソニック・シャープ・日立・東芝・バルミューダ・グリーンファン・テクノス・三菱電機・ドウシシャ・カモメファン・シロカ・山善:機種の違いとレビュー・人気ランキング

【比較する製品型番】The GreenFan EGF-1600-WK Panasonic F-CS338-C F-CS339-N SHARP PJ-J2DS PJ-J2DBG-C PJ-J3DS-W PJ-J3DG-N HITACHI HEF-DL300A HEF-DC700A HEF-DL900A HEF-DH2000A MITSUBISHI R30J-DW-K COANDA AIR EF-E949W  FKLU-302D ULKF-1281D Dyson DP04WS TP04 WS TOSHIBA F-DLX70-W F-DLX80-W F-DSX1000 siroca SF-C112 FLU-231D KIFI-372DC AHX-ALD30(W) AHX-ALD30(BK)

今回のお題
最新の扇風機のおすすめモデルはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新の扇風機の比較です。

 Atlasが比較のために試した扇風機を中心に、現在手に入る最新モデルを比較します。

 201902191339.jpg

1・静音DCモーター扇風機
2・1万円以下の良質な扇風機
3・ダイソンのエアマルチプライアー
4・タワー型のスリム扇風機
5・サーキュレーター

 扇風機は機種が多いので、このブログでは、5つのカテゴリーにわけて紹介しています。 

 今回は1番の記事です。

 最近急速に普及した静音DCモーター(直流モーター)採用の高級扇風機を比較します。

 予算としては1万円台前半以上となります。

 そのため、1万円以下の予算で考えている方は、【1万円以下でも買える良質な扇風機】を比較した、2番のリンク記事をご参照ください。

ーー

 201804181220.jpg

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各社の扇風機を一機ずつ比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・扇風機の選び方の基本

 201804181236.jpg

 扇風機は、100年の伝統がある「レトロ家電」です。そのため、既に「技術革新」の余地が少ないように見えます。

 しかし、各社の高級扇風機は、次の3点で、独自の特長を出そうと努力しています。

 1・風質の快適性
  =羽根の形状など、風質についての独自の工夫
 2・自動首振り動作
  =立体首振りなど、エアコン併用時に向く工夫
 3・静音性(静かさ)
   =夜間利用時など、羽根の静音性を高める工夫

 最新の扇風機を選ぶ場合、これらの3点に気をつければ、間違いなく良い機種が選べるでしょう。

 今回の記事でも、これらの点は特に重要視して比較します。

ーー

 というわけで、具体的な製品を比較していきましょう。順番としては、比較的「高級」な扇風機を紹介した後で、1万円前後の格安DC扇風機を紹介していきます。

2・バルミューダの扇風機の比較

 はじめに紹介するのは、バルミューダデザインの扇風機です。

 バルミューダデザインは、デザイン性重視の高級生活家電を販売している日本企業です。ハンズなどでも見かける機種ですね。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。 


 201704230957.jpg  

 【2018年発売】【各色】

 1・The GreenFan EGF-1600-WK
  ¥38,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:14枚羽根
首振:左右自動
静音性:最小14デシベル

  The GreenFanは、デザイン家電を得意とする日本の家電メーカー、バルミューダデザインの発売する扇風機です。

 201902191127.jpg

 過去モデルは、GreenFan Japanという名前でしたが、名称が変わりました。製造工場も日本という、こだわりの製品です。

 DCモーターと特殊な形状の羽根とを採用した最近の扇風機は、同社のこのシリーズが火付け役なり、家電大手各社に広がりました。

 GreenFan2-2Way-Size-20120330.jpeg

 高さは、2段階の固定式です。スティックを外すことで、約87cmと約50cmの二段階の調整が可能です。

 病院の待合室のようなハイポジションには非対応です。しかし、畳部屋でも問題ないでしょう。冬場の収納についても、小さく分解可能のためスペースを取りません。

 gugdg4-9.png 

 風質は、「ムラの少ない直進風」と形容できます。

 「グリーンファン」の工夫は、14枚の大小の羽根を組み合わせた部分にあります。

 こちらは、大小の羽根で2種類の風を送っています。通常の扇風機は、渦巻き状に回転してしまい風のムラができてしまう点で不自然でした。

 グリーンファンは、2種類の羽根の作る風をぶつけることで、風ムラを無くすという仕組みです。こうすることで均質性の高い自然界の直進風に近づけるという哲学です。

 201804181236.jpg

 風量も十分強く、10m先まで届きます

 後発メーカーは、その後、別の観点から羽根を工夫しています。しかし、グリーンファンと同じ仕組みの風はなく、オリジナリティは現在でも保たれています。

 同時に、その仕組み上、短距離で風は大きく拡散していくため、比較的扇風機の近くでも風を体全体に感じられます

 首振り性能は、首振りの開始位置と修了位置を自由に設定できる仕様です。

 位置センサーを搭載するため、初回にターンする2カ所を指示しておくだけです。こういった利便性は、他社にはみられないものです。

 ただし、他社が導入する、上下の首振り動作を加えた「立体首振り」には非対応です。

 201804181233.jpg

 静音性は、最小風量で13デシベルです。

 これは、静音モーターを採用した効果です。最大風量時のデシベル値は非公開です。

 ただ、自宅での実測値では50デシベル前後ですので、静粛性に問題ありません。。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、切タイマーのみ付属です。

 201303112112.jpg

 本体は、プラスチック製です。従来のスチール製の扇風機は、プラスチックの留め金でガードを「引っかけて」止める構造になっていました。

 しかし、これは、マグネット採用で、磁力でシールド部分がくっつくので、「引っかけ」の部分がありません。扇風機の内部へのアクセスは、専用のマグネットを外す工具(付属)を使えば1秒で可能です。

 工具がなければ、小さな子供が扇風機の中にアクセスすることはできないため、非常に「安全」な扇風機ともいえるでしょう。

 なお、本体の操作スイッチは、扇風機のモーター部分(上部)にあり、操作しやすいです。表示パネルは、通常通り下部にあります。。

---

 以上、バルミューダデザインの The GreenFanの紹介でした。

 デザイン性が高く、風質の工夫も独自で、また、静音性も高いという「三拍子」揃った扇風機です。

 特に、風質は、後発の類似品と比較しても、依然「名風」といえる、あたり心地の良さです。

 立体首振りこそできないものの、首振り角度の無段階制御も搭載しており、その点は便利です。あえてあげれば、価格が高いのが唯一の弱点でしょう。

3・パナソニックの扇風機の比較

 つづいて、パナソニックのDCモーター搭載機を紹介します。 


  201804181300.jpg

 【2019年発売】

 2・パナソニック F-CS338-C
  ¥14,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:左右自動
静音性:11dB-49dB

 F-CS338-C は、パナソニックのDCモーター搭載機です。

 201902191135.jpg

 高さは、79cmから96cmまで調整できます。

 畳でも、テーブル席でも利用できる万能サイズです。

 201902191146.jpg  

 風質は、パナソニックの場合は「ムラの少ない直進風」であることが重視されます。

 同社の場合、羽根に「ひねり」を加えたなめらか気流7枚羽根する点に特長があります。

 羽根先を流線型にし、空気抵抗を無くすことで、不快感をもよおす「気流のムラ」をなくします。そのため、バルミューダと方式は異なるものの、心地よい直進風が得られるという仕組みです。

 パナソニックが使う「なめらか」という表現は、風量のムラの少なさを意味すると言えます。  

 201902191242.jpg

 風量は、7段階で調整できる仕様です。

 また、バルミューダに比べると、風の到達距離などのパワーの情報はないですが、風量は十分です。

 その上で、パナソニックの扇風機は「人にやさしい風」をだせます。

 蓼科高原の風のデータに沿ったリズム風(1/fゆらぎ風)を工夫することで、「長時間あたっても疲れにくい」自然風を出すことができるからです。この部分は、(エアコンを含め)パナソニックの空調機器全体の「こだわり」ですね。

 201504241731.jpg  

 一方、風を中央に集める羽根形状ゆえに、1m程度の短距離で涼風を広範囲に拡げることは苦手とします。  

 そのため、例えば、デスクワークなどの際、強風を体全体で感じたい場合、2m程度は扇風機から距離を置く必要があります。

 首振り性能は、さほど高機能ではありません。単純に左右の自動首振りに対応するだけです。

 201804181316.jpg

 静音性は、最小風量で11デシベルと、バルミューダ以上に高いレベルです。

 一方、注目するべきは、最大風量運転時でも41dBである点です。バルミューダと違いデータを公開しているのは、同社の自信の表れでしょう。実際静かです。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 201804181318.jpg

 その他の特長は、温度センサーの搭載が上げられます。

 これにより、部屋の温度を計測し、風量を最適化してくれます。

 201904301344.jpg

 他社にも似た機能はありますが、パナソニックの場合、25度28度を停止温度にして、2種類の調整ができる点が「気が利いて」います。

 「おやすみモード」と併用すれば、就寝後にも、温度に合わせた快適な涼風をキープできるでしょう。

---

 以上、パナソニックのF-CS338-C の紹介でした。

 風質の部分での特長は、独自のなめらか気流7枚羽根による「ムラの少ない直進風」であることです。

 値段は安いですが、帰宅直後や、風呂上がりの涼感を高レベルで得られるでしょう。

 短距離での空気拡散性は課題があります、が「人にやさしいリズム風」を出す工夫や、温度センサーの搭載など独自の仕組みもあり、健康という側面では、高く評価ができるでしょう。


   201902191209.jpg

 【2019】

 3・パナソニック F-CS339-N
  ¥27,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 3・パナソニック F-CR339-N
  ¥31,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:立体首振り機能
静音性:11dB-49dB

 F-CS339-N は、パナソニックの上位機種の扇風機です。

 新旧ありますが、型番の変更だけで、性能は同じです。

 また、この機種は、1つ上で紹介した下位機種と似た部分が多いので、相違点だけ解説しましょう。

 p01_03_01_img.jpg

 第1に、首振り性能です。

 こちらは、上下左右に首を振る、「立体首振り機能」を搭載します。先述のように、パナソニックは、空気の拡散性の部分で課題がありましたので、こちらはその欠点を克服できる技術です。

 また、日本の場合、扇風機は、エアコンの補助用に使う場合が多いですが、上下に振れる点は、エアコンの空気を循環させるには非常に便利な機能です。

 201804181325.jpg

 第2に、イオン発生機能です。

 同社のマイナスイオン発生技術であるナノイーに対応する点です。マイナスイオンは、(ウイルス対策などはともかく)静電気の除菌効果と消臭効果については、科学的に検証されています。

 その点で、タバコ臭の脱臭に扇風機を使う場合、マイナスイオンの力でより効果的になります。

 201804181328.jpg

 第3に、本体のデザイン性です。

 とくに幅広で、操作性も良い台座とスティック部分は魅力です。

 一方、こちらは、リビング向きのハイポジション仕様なので、高さ調整は、91cm〜100cmの範囲となります。下位機種ほど、背が低くはできませんが、90cmならば、畳部屋などでも対応できる水準です。

 その他の部分は、下位機種と同じです。

---

 以上、F-CS339-Nの紹介でした。

 「独自の羽根の工夫」「立体首振り機能」「静音性」という、記事の冒頭でしめした、「選ぶ場合の重要な基準」をすべてクリアできている製品です。

 それに加えて、「温度センサー」「イオン発生機能」などの「おまけ」も充実しています。価格は高いですが、性能は確かなので、予算がある方には、おすすめできます。

ーーーー

 201804181341.jpg

 4・パナソニック RINTO F-CWP3000-TX
  ¥92,420 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:直進風(なめらか気流7枚羽根)
首振:左右自動
静音性:11dB-49dB

 なお、パナソニックからは「最上位機」として、RINTO F-CWP3000-TXという機種も販売されています。

 ウォールナット材の本体に、超コンパクトモーターを利用したスマートヘッドなフォルムです。

 ただし、デザイン性を重視したため、立体首振り機能は非搭載です。どちらかといえば、高級ホテルなどの備品用と考えられます。

4・シャープの扇風機の比較

 続いて、シャープのDCモーター採用の扇風機の紹介です。


 201804181347.jpg

 【2019】

 5・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-T
   ¥12,280 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 5・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-T
   ¥12,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーウイング
首振:上下左右(3D首振り)
静音性:17dB-41dB

 PJ-J2DS は、シャープの小型モデルです。

 旧モデルが残っていますが、型番のみの変更ですので、同時に紹介します。

 高さは、52.5cmから64.5cmまで調整できます。

 通常の扇風機は90cmの高さですから、この扇風機は、8畳間程度の小部屋に向いた「コンパクトモデル」といえます。羽根のサイズも18cmと通常の扇風機(30cm)より小さいです。

 pic03.jpeg

 風質は、シャープのこの機種も、「ムラの少ない直進風」であることが重視されます。

 同社の場合、「逆転の発想」で、羽根の枚数をあえて3枚まで減らしています。これにより、「直進性に富む風」を出そうとしています。結果、小型ですが、直線で10メートルも届く強い風を出せます。

 ちなみに、この羽根の形状は、「アホウドリの羽根」インプレッションを受けたそうです。

 201902191244.jpg

 風量は、8段階調整と十分です。

 一方、短距離での空気拡散性は、羽根の径が小さく、直進風を重視する空力設計のため期待できません

 小部屋用の扇風機ですが、仕事中などに体全体にあてたい場合は、多少離して利用するのが基本です。

 000032214.jpg

 首振り性能は、パナソニックの上位機と同じく上下左右の首振りも可能です。

 空気が効率よくかくはんされるため、「エアコンの補助」としても役立ちそうです。

 静音性は、最小値が17デシベル、最大で41デシベルです。

 小型で径が小さな羽根を利用するため、最小運転時の音は他社と比べれば大きいですが、この値ならば、深夜でもなければ問題ないレベルです。

 DCモーターは基本的に静かですので、十分でしょう。

 201902191253.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 モード設定としては、就寝時に徐々に風量をおさえていく「おやすみモード」の搭載が目立ちます。

 201804181357.jpg

 その他の特長しては、プラズマクラスター発生機能があげられます。

 パナソニックの「ナノイー」と同じく、マイナスイオン発生装置です。浮遊カビ菌などへの作用を表明していますが、基本的には、衣類の付着臭の除去と静電気除去が主な効能でしょう。

---

 以上、シャープのPJ-J2DS の紹介でした。

 リビング対応の小型のモデルとしては性能が良いです。小部屋にマッチするほか、立体首振り機能を利用して、大きめなリビングの「空気のかくはん効果」が狙える機種です。

 また、風質の工夫を含めて見所が多い機種なので、この用途ならば、買って後悔することは少ないでしょう。


  201902191259.jpg

 【2019年発売】

 7・SHARP 3Dファン PJ-J2DBG-C
  ¥25,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:HBネイチャーウイング
首振:上下左右(3D首振り)
静音性:17dB-41dB

 PJ-J2DBG-Cは、シャープのコンパクト型扇風機の上位機です。

 201902191301.jpg

 高さは、55.5cmから67cmまで調整できる機種で、実質に1つ上で紹介したPJ-F2DS の上位機です。

 こちらも機能面で同等な部分が多いため、注目するべき相違点のみを列記しましょう。

 201704231042.jpg

 第1に、風質の工夫です。

 こちらは、アホウドリのほか「アマツバメ」の翼の研究を取り入れた、ハイブリッドネイチャーウイングを採用します。

 直進風を重視する点では下位機種と同じです。しかし、空力の改良で、3年前の機種より風量が50%強くなっています。

 とはいえ、18cmの羽根の機種ですから、数値としては24m3/分です。例えばパナソニックの30cm羽根のリビング型(40m3/分)に比べると風量は弱いので、あくまで8畳程度の部屋向けの小型機として「パワフル」という意味です。

 とはいえ、ムラのない直進風が得やすい構造です。

 201804181408.jpg

 第2に、コードレスモードの搭載です。

 回転数と風量は落ちますが、それでも14時間をコードレスで利用できます。電源が取れない場所での湿気の拡散など、用途は広いと見込まれます。


 201804181413.jpg

 第3に、温度・湿度センサーの搭載です。

 熱中症予防のため、高温・多湿状況になると、アラームで警報をしてくれます。ただ、パナソニックの温度センサーのように、連動で風量を調整する機能ではありません

---

 以上、シャープのPJ-J2DBG-C の紹介でした。

 価格から考えると、コードレスモードが欲しい方の製品でしょう。 

 風量については新しい工夫があるとはいえ、方向性としては下位機種と同じですから、この点で考えれば、一般的には下位機種のほうががおすすめです。


  201904301225.jpg

 【2019年発売】

 8・SHARP 3Dファン PJ-J3DS-W
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年発売】

 8・SHARP 3Dファン PJ-H3DS-W
  ¥12,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーW(14枚羽根相当)
首振:左右自動
静音性:16dB-42dB

  PJ-J3DS-W は、シャープの標準サイズの扇風機です。こちらは30cm径の羽根を採用する、普通サイズの扇風機です。

 新旧ありますが、操作部のデザインが改良された程度で、風質に関係する部分は同じです。

 ただ、すでに販売価格も逆転傾向ですので、「値段の安い新機種」で良いでしょう。

  201804181423.jpg

 高さは 、84.5cmから110cmで調整可能です。ハイポジションタイプです。

 リビングやキッチンでの立ち仕事の時にも便利でしょう。角度調節をして、空気のかくはんにも有用です。

 201804181424.jpg

 風質は、同社の下位機種とは異なります。

 こちらは、特殊な7枚羽根が採用されます。

 「羽根にうねりとくびれを付けることで、実際的には14枚羽根相当の細やかな風を作ります。

 羽根の形状は異なりますが、3種類の風速を作り出している点でグリーンファンと似た哲学です。一方、実際得られる風は、ムラのない心地よい風です。

 201902191317.jpg

 風量は、32段階とほぼ「無段階」ともいえる細かい調整が可能です。

 また、ムラのない風質をキープした上で、羽根の形状的に短距離で風は広範囲に拡散しやすいため、デスクワークなどの際に体全体に風をあてたい方のほか、リビング用としても向くでしょう。

 首振り機能は、一方、立体首振りが未搭載です。

 ただし、上向き50度に向けられるため、エアコンの風のかくはんに利用することができます。

 201804181523.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 静音性は、こちらもDCモーター採用で期待できます。

 一方、羽根の形状の面では、2018年旧型(2重羽根)については、16dB-42dBとの騒音値の表記があるのですが、2019年に「騒音値が明示されなくなって」います。

 一方、3重羽根を採用する別機は、16dB-45dB表記なので、新型は、(多少ですが)静音性が犠牲になっている可能性が高いです。

 そのほか、プラズマクラスターイオンはこちらも搭載です。

---

 以上、シャープのPJ-J3DSの紹介でした。

 風質としては、バルミューダのグリーンファンと似た哲学で、「自然風に近いなめらかさ」が得やすいでしょう。

 一方、直進風の力強さは、パナソニックやグリーンファンにやや負けます。しかし、形状的に、短距離での空気拡散性はこちらが優れますし、必ずしも、劣るわけではありません。最新の風を楽しみたいけれど、予算が制限される場合、この機種はとくにオススメになります。

 グリーンファンよりも、ハイポジションにできますし、空気拡散性の良い羽根の形状も、広いリビングならば特にマッチしやすいでしょう。


  201904301253.jpg

 【2019】

 9・SHARP 3Dファン PJ-J3DG-N
  ¥16,200 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーW(21枚羽根相当)
首振:左右自動
静音性:

 PJ-J3DG-N は、1つ上で紹介した PJ-J3DS-Wの上位機です。

 201904301228.jpg

 一方、この製品についても、下位機種との相違点を確認しておきましょう。 

 201904301302.jpg

 第1に、風質の工夫です。

 こちらは、独特の形状のハイブリッドネイチャーウイングを採用します。

 下位機種と同じく独特の「うねり」がある特殊な7枚羽根が採用されます。

 しかし、突起部をさらに加えることで、3重の風の発生を可能にし、実際的には21枚羽根相当の細やかな風を作ります。

 また、パワフルモードが搭載され。風量を16%ほど強風にできる機能も付属します。

 201904301307.jpg

 第2に、温度センサーの搭載です。

 これにより、温度に応じて、自動的に風量を調整してくれます。エアコンと連携を考えると便利な機能です。

 201904301348.jpg

 なお、パナソニックのセンサー運転は、「設定温度以下で停止」でしたが、シャープは「微風運転」です。節電性はパナソニックが良いですが、微風でも体感温度は下がるため、シャープ的な発想も「あり」だと思います。

 同社の場合も、2パターンの温度変化を付けられます。

---

 以上、PJ-K3DG-Nの紹介でした。

 新形状の羽根は面白いです。ただ、ムラの少なさと涼風の拡散性を重視する造りは下位機種と方向性は同じで、それ以外に下位機種に優る見所に乏しいのも事実です。

 他社だと「立体首振り機能」を搭載するなどの明確な違いがあるのに比して、多少見劣りするでしょう。

ーーー

 201904301311.jpg

 【2018】

 9'・SHARP 3Dファン PJ-H3DG-N
  ¥22,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーW(21枚羽根相当)
首振:左右自動
静音性:16dB-45dB

 なお、この機種についても、旧型があります。

 ただし、2019年モデルは、新しく「アゲハ蝶にならった尾状突起」加えており、最大風量が58㎣/分から、61㎣/分に強化されています。

 201804181413.jpg

 そのほか、旧機種は、温度センサーと連動した風速の自動制御機能はなく、温度と湿度によって「熱中症などの警告音」を出す、「見張り機能」のみの搭載です。

 こうした点で「」はあるため、価格差だけでこの機種を選ぶのは避けた方が良いでしょう。ただ、(最大風量が弱い分)(強風時の)静音性はむしろ新型より良いと思われます。

5・日立の扇風機の比較

 続いて、日立のDCモーター扇風機の紹介です。

 日立も古くから扇風機を作っている会社ですが、DCモーター採用の静音モデルの発売は他社より遅めでした。


  201904301325.jpg

  【2019】

  10・日立 DCモーター HEF-DL300A
  ¥10,859 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

  10・日立 DCモーター HEF-DC80
  ¥9,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:左右自動
静音性:

 HEF-DL300Aは、日立のDCモーター採用扇風機では最も安い機種です。

 201904301326.jpg

 なお、2018年モデルのHEF-DC80の在庫がまだあります。

 新型は、操作部のデザインがモダンですが、風質その他は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 201902191341.jpg

 高さは 、73cmから90cmで調整可能です。

 90cm程度がリビング用の平均ですから、小部屋からリビングまで 使える柔軟性があります。

 201804181440.jpg

 風質は、パナソニックと同様に直進風のムラの少なさに特長があります。

 日立の場合、8枚羽根を採用することが独自性です。

 パナソニックの7枚はねより1枚多いですが、パナソニックの「ひねり構造」のような羽根の特性についての工夫に言及がありません。

 面白みには欠けますが、一定の風量を間断なく送風できる点では、従来のプロペラ型5枚羽根などより上位です。

 201804181804.jpg

 風量は、6段階から選べます。

 風の拡散性は、あまり重視されない設計ですから、扇風機はやや離して利用することをおすすめします。

 201904301331.jpg

 一方、日立の場合、「うちわ風」と呼ぶ、超微風が売りです。

 風量的に「絶妙な微風」は、かなり考えて調整しており、微風でもしっかり感じられる風圧が「売り」です。

 実際的に(静音性を重視するあまり)この部分を軽視している機種もあるため、日立の大きな特長と言えます。

 なお、パナソニックは、蓼科でしたが、東芝は、信州の上高地で吹く風の風から、パターンを抽出したそうです。

 201902191349.jpg

 首振り機能は、一方、左右のみ70度の固定で、3D首振りなどの機能も付属しません

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、この機種は切タイマーのみ付属です。

 静音性は、スペックは非開示です。

 ただ、モーターは日立の得意分野であり、実際、DCモーター採用機種の中でも動作音は静かです。

---

 以上、HEF-DL300A の紹介でした。

 特別な羽根やセンサーなども搭載されず、全体としてはやや面白みに欠ける機種です。

 ただ、「風量を感じさせるうちわ風」は、さすがに「モーターの日立」の調整力で、この部分の期待値は高いです。

 また、大手製品のリビング用としては、総じて売価が安いので、DC扇風機を格安に手に入れたい場合は選択肢に入るでしょう。

ーーー

   201904301402.jpg

  【2019】

  11・日立 DCモーター HEF-DC700A
  ¥16,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:上下左右(3D首振り)
静音性:

 なお、2019年から、羽根径が20cmの小型機が新たに、展開となりました。

 201904301406.jpg

 羽根の枚数(8枚)や、「うちわ風」を含む8段階の風量調節など、機能面はHEF-DL300A と同じです。

 その上で、立体首振りにも対応するため、同じく小型機に強みを持つシャープの「強力なライバル」です。

 上下100度の幅で動く点を含めて、先発で、「ベンチマーク元」のシャープと同じです。

 しかし、騒音値に関する情報がなく、とくに強運転時の騒音については、小型の羽根を持つタイプだけに、やや心配です。


   201904301336.jpg

 【2019】

 12・日立DCモーター HEF-DL900A
  ¥15,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 12・日立DCモーター HEF-DC500
  ¥14,141 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:左右自動
静音性:

 HEF-DL900Aは、日立の30cm羽根のスタンダードモデルの上位機です。

 高さは 、73.5cm〜95cmの幅で調整できる仕様です。

 下位機種より多少ですが、フレキシブルです。

 201904301334.jpg

 しかし、下位機種との性能面の違いは、「入切同時タイマー」の搭載と、「リズム風の対応」「左右首振り角度の3段階設定」くらいで、大きな機能差は見られません

 201904301338.jpg

 デジタルパネルの搭載など、デザイン性は高くなっていますが、若干選びがたい機種と言えるでしょう。 


  201904301341.jpg

 【2019】

 13・日立 DCモーター HEF-DH2000A
  ¥19,278 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 13・日立 DCモーター HEF-DC6000
  ¥18,826 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:左右自動
静音性:

 HEF-DH2000A は、日立の30cm羽根のスタンダード機の最高級機です。

 新旧ありますが、明示的な機能差は無いため、値段で選んで良いでしょう。

 201902191357.jpg

  高さは、81cm〜110cmの調節が可能です。「ハイポジションタイプ」と言え、職場などでも便利に使える高さです。

 一方、下位機種との相違点はわずかです。

 201804181458.jpg

 第1に、扇風機が上向き90度に調節可能になった点です。

 エアコン利用時の、空気のかくはんに大きな効果を発揮するでしょう。

 201904301342.jpg

 第2に、温度センサーの搭載です。

 パナソニック・シャープと同様に、室温に連動した風量の調整に対応します。日立も「強め」「弱め」の設定が可能です。

 201904301354.jpg

 日立は、手動設定した風の強さに対して、28度と25度で、「2段階ずつ弱め」にする機能です。

 要するに「少しずつ弱める」機能ですので、「暑がりだけど、冷やしすぎたくもない」という方に向きます。

 その他の部分は、首振り角度がリモコン操作で調整できるなど、わずかな違いです。立体首振り機能も搭載せず、羽根の工夫も下位機と同様という点を考えると、やや選びがたいと言えるでしょう。

6・三菱電機の扇風機の比較

 ここからは、三菱電機の扇風機を紹介します。

 割と面白い製品を出しています。


 201904301424.jpg

 【2019年発売】

 14・三菱 R30J-DW-K ブラック
 14・三菱 R30J-DW-W ホワイト
  ¥24,600 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018年発売】

 14・三菱 R30J-DV-C アイボリー
  ¥23,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:エクストラウイング(7枚羽)
首振:立体首振り機能
静音性:12dB-30dB

 R30Jシリーズは、三菱電機のDCモーター搭載機です。

 三菱の場合、DCモーター搭載機はこの機種だけです。新旧ありますが、色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 性能面では、こちらも各社の「いいとこ取り」のような機種です。

  201902191408.jpg

 高さは、バルミューダのGreenFanに近いと言えます。

 無段階調整はできないものの、中間スティックを外すことで、高さ58cmの小型扇風機としても使える仕様です。通常サイズの場合は102cmですので、テーブル席でも利用できます。

 なお、羽根も小型に見えますが、シャープの小型機(18cm)と異なり、羽根の径は30cmあるため、リビングでも利用できます。

 201605221122.jpg

 風質は、全体としては、「直進風」を重視する、最近のトレンドに即した風質です。

 この機種は、飛行機の翼をもした立体的な曲線を描くエクストラウィングレットファンを採用します。

 ただ、こちらについては、「人間の心地よさ」というよりも、「強風時の静音性を確保するための構造」です。

 201902191412.jpg

 静音性は、したがって、強運転時の静音性は他社より相当静粛で30デシベルです。現行機種では最も優秀です。

 例えば、パナソニックの30cm径のリビング扇の場合41デシベルなので、やはり三菱が圧倒します。

 201804181859.jpg

 一方、「力強い直進風」を出すため、三菱の場合は、ファンガードの部分に工夫をしています。羽根とは反対方向の配置にすることで、風を拡散させず、直進風を出す仕組みです。ユニークな発想です。

 風量は、5段階から選べます。リズム風も可能です。到達距離も、メーカー公表値で10mです。

 一方、直進風の力強さを重視するため、この機種も、短距離での空気拡散性はイマイチです。扇風機と人との間は数メートル離す必要があります。

 201804181538.jpg

 首振り機能も、他社の高級機同様に立体首振り機能が搭載です。最近の高級扇風機は、立体首振りが標準的になっています。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 一方、温度などのセンサーは未搭載です。同社は、エアコンメーカーであり、センサー技術も高く、恐らく技術的には搭載も可能です。しかし、扇風機には不要、との判断のようです。

---

 以上、三菱R30Jシリーズの紹介でした。

 言うまでもなく、強風運転時静音性がこの機種の最大の評価ポイントでしょう。

 日中に主に使う場合、たいていが強運転ですから、その際の静音性は重要です。静音性が売りの1つであるGreenFanなどは、「強運転時の騒音」は未公表ですが、あえて公開する点は、三菱電機の「自信」でしょう。

7・ツインバードの扇風機の比較

 続いて、日本のツインバード工業の扇風機を紹介します。

 同社は、とくに扇風機に力を入れてきたメーカーの1つです。


  201905240959.jpg

 【2019】

 17・ツインバード COANDA AIR EF-E949W
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:コアンダ(10枚羽)
首振:左右のみ
静音性:

 COANDA AIRシリーズは、ツインバード工業の扇風機です。

 DCモーター採用のブランド扇風機としては歴史が古く、毎年型番を変えつつ現在まで出されている同社の人気機種です。

 201905241000.jpg

 高さは、86.5cmに固定という構造です。

 継ぎ目がなく、本体のデザインをスッキリさせるための措置でしょう。

 実際、リビング用サイズとして90cm前後は普通なので、高さについては、大きな問題ではありません。

 201707082208.jpg

 風質は、やはり、直進風を重視する最近の傾向をふまえた傾向の製品です。

この機種は、コアンダ効果を狙い、扇風機の中心を空洞にするユニークな構造を採用しています。そうすることで、外側の10枚羽根が、ムラのなく力強い直進風を作り出すという仕組みです。

 コアンダ効果で風を引き込むという仕組み上、プロペラによる波打つ風の影響を(他モデルより)受けにくいと言えます。こうした風は、風呂上がりにあたると気持ちよいでしょう。

 もちろん、ムラが欲しい場合は、リズム風も出せます。

 風量は、20段階から選べます。

 数値としては50m3/分です。例えばパナソニックのリビング型(40m3/分)に比べると、数値としての最大風量は優秀な機種です。

 ただし、直進風の力強さとムラのなさを重視するため、短距離での涼風の拡散性はイマイチです。

 首振り機能は、左右のみで、立体首振り機能は非搭載です。

 どちらかといえば、首を振らせず、涼しくなるまでずっとあたっていたい類の製品なので、これで良いでしょう。

 201905241002.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 リモコンを利用しない場合は、支柱に磁石で取り付けられるデザインも面白いです。

 タイマーは、切タイマーのみが付属です。

 静音性は、スペックは非開示ですが、やはりDCモーター採用ですし、さほど問題とはなりません。

 その他、温度などのセンサーは未搭載です。

---

 以上、ツインバード工業コアンダエアの紹介でした。

 ムラのない直進風がえられる独特の羽根形状が「売り」です。高さの調節はできないですが、その分、本体はスマートなので、デザイン面でもおすすめできる機種ですね。

 インテリア的に選びたい場合で、できるだけ低価格のものを探すと、こちらが選択肢となります。

---

  201804181549.jpg

 【2017】

 17'・ツインバード COANDA AIR EF-E981B
 17'・ツインバード COANDA AIR EF-E981W
  ¥16,632 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 なお、旧機種として在庫が残るEF-E981Bは、DC並の省エネ機ではありますが、ACモーター機です。

 そのため、風量が7段階と劣るほか、微風の精度は新機種の方が良いです。値段を考えても進化した上位機をおすすめします。

8・ドウシシャの扇風機の比較

 つづいて、ドウシシャの発売する扇風機の紹介です。


 201902191427.jpg

 【2019】

 【羽根 30cm】

 18・ドウシシャ カモメファン FKLU-302D
  ¥31,190 楽天市場 (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:9.2dB〜

 FKLU-302Dは、ドウシシャカモメファンシリーズの扇風機です。

 ドウシシャは、バルミューダ同様、一風変わった着想のデザイン家電が得意なメーカーです。サーキュレーターが有名ですが、扇風機も出しています。

  201902191431.jpg

 高さは、この製品もバルミューダ同様に中間の棒が取れる仕様です。

 棒が付いた状態だと100cmの高さのリビング用、とった状態だと57cmのミニファンになります。

 201804181614.jpg

 風質は、直進風の力強さを重視する最近の傾向をふまえています。

 この機種は、カモメの羽を摸した9枚の羽を使っています。

 風圧についてはかなり強く、最大で前方17mというスペックです。到達距離の点では、バルミューダを含めて他機種に劣りません。

 風量は、DCモーターの特性を活かし、無段階で調整可能です。

 一方、サーキュレーターが出自のファンゆえ強風での利用を前提にしたきらいがあり、弱風以下で利用する場合、大手製品よりややムラが多くなる傾向もあります。

 加えて、短距離での空気拡散性は、やはり羽根の形状ゆえ、あまり期待値は高くないです。体全体にあてたい場合は、ある程度離して利用します。

 201804181616.jpg

 首振り機能は、左右のみで、立体首振り機能は非搭載です。上向きも70度までで、90にはできない仕様ですね。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です。

 201707082222.jpg

 静音性は、最小で11.3dbと弱運転時の静音性は高いです。

 ただ、涼風時は先述のようにやや風質が劣化するため、静音スペックを強調するための「見せかけ」の部分はあります。

 強風時は、最大風量が他社より高いので単純に比較はできません。ただ、その場合の多少騒音は大きめであり、この部分はあまり重していないでしょう。

 温度などのセンサーは未搭載です。

---

 以上、カモメファンの紹介でした。

 パワーはかなり期待できます。デザイン的にもグリーンファン同様、かなり出来が良い機種です。

 一方、優しい微風での運転はやや苦手で、風の拡散性もイマイチである点は注意点ですが、近接時の風のパワフルさでは他機を凌駕するため、「とにかく強風なモデルが良い!」という場合は選択肢となるでしょう。

ーーー

 201904301443.jpg

 【2019年】

 【羽根 28cm】

 19・ドウシシャ カモメファン ULKF-1281D
  ¥15,508 楽天市場 (8/5執筆時)  

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:11.3dB〜

 なお、ドウシシャからは、ULKF-1281D(別型番:FKLU-281D)という下位機もあります。

 同様の「カモメファン」を採用しますが、径が28cmで2cm小さいです。そのため、風量への言及がありません

 その分「やや省エネ」ですが、小径なだけに自慢の静音性は悪化します。そのほか、角度調整の柔軟性が低い点、外観のシンプルなプラスチックにしている点が、相違点です。

 安く売るための入門モデル扱いでしょうが、上位機の良い部分もそぎ取られており、だいぶ差がある印象です。

9・ダイソン扇風機の比較

 つづいて、 イギリスのダイソンの扇風機を紹介しましょう。


  201908051613.jpg

 【2018】

 20・Dyson Pure Cool DP04WS
  ¥57,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

  201805191825.jpg

 21・Dyson Pure Cool TP04 IB
 21・Dyson Pure Cool TP04 WS
  ¥59,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:0枚羽
首振:360度回転
静音性:

 Dyson Pure Coolは、羽根のない「DCモーター扇風機」として売れているモデルです。

 周囲の空気を巻き込み気流を増幅させることで波やムラのない、風のような直風を得るためのができる点で、扇風機としてもかなり優秀です。ファンがないために安全である点も売りの一つでしょう。

 1人用のデスクタイプと、リビング用のタワータイプこの2種類になります。

  201805191811.jpg

 なお、現在は、扇風機としての単体販売は終わっており、最も安い機種は扇風機と空清機の機能を併せ持つ、この製品となります。

 201405031743.jpg

 風質は、この製品も「ムラのない直進風」を特長とします。

 コアンダ効果を利用することで、プロペラに由来するムラを完全に配所できており、風のような直風を得ることができます。

 自然の風と異なり、ムラをあえて生じさせない、まさに直風となりますが、「窓を開けたときのような気持ちの良い風」を得られる点は、大きなメリット性でしょう。

 201902191508.jpg

 首振り性能は、360度の回転に対応します。

 201805191656.jpg 

 静音性は、現在の新モデルについては、騒音が大幅に改善されました。

 このバージョンでは、ヘルムホルツ式空洞という新方式の技術が使われます。

 これは、本体内に設けられた空洞で、1000ヘルツ前後の耳障りな音を中和する技術です。

 これによって今回は、最小風速においては、デスク型で22.7dB(デシベル)、タワー型でも27.3dBという実数値をあげています。ただ、羽根をもつ扇風機の場合、最小風速は16デシベルほどが多く、その部分ではやはり敵わないようです。

---

 以上、ダイソンの「扇風機」の紹介でした。

 扇風機として評価する場合、ムラのない直進風を得られる上、設置スペースも狭く済む点で有利です。

 201805191731.jpg

 ただ、扇風機の単体販売がなくなったため、空清機やヒーターなどとのハイブリッド製品を選ぶ必要があり、扇風機として考えると、多少価格が割高です。

 なお、ダイソン製品については、かなりのバリエーションがあります。そのため、このブログでは【ダイソンの扇風機の比較記事】というのを別に書いています。

 そちらでは、扇風機以外の機能についても詳しく説明しています。このタイプにも興味のある方は、引き続きそちらをご覧ください。

後編記事の予告!
DCモーター搭載扇風機のおすすめモデルは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、夏にむけて扇風機を紹介してきました。

 しかし、記事は、もう少し続きます。

・東芝 リビング扇 F-DLX70-W
・東芝 リビング扇 F-DLX80-W
・東芝 リビング扇 F-DSX1000-S  
・TEKNO Fの羽根 KIFI-372DC
・siroca 逆回転扇風機 SF-C112
・山善 AHX-ALD30(W)
・山善 AHX-ALD30(BK)

次回の後編記事(こちら)では、前編で紹介できなかった東芝・シロカ・テクノス・山善の製品を追加で紹介します。

 201904301631.jpg

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 その上で、「結論」として、ここまで紹介した全機種の中から、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を提案します。

 後編記事は→こちら

---

 今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。

 引き続き、よろしくお願いします。

posted by Atlas at 16:16 | 扇風機

比較2019’ 【涼しい!】DCモーター扇風機30機の性能とおすすめ !:パナソニック・ダイソン・東芝・日立・シャープ・山善・テクノス・三菱電機:静音DCモーター/リビング用・1人暮らし用小型扇風機 (2)

前編からの続き記事です→前編はこちら

10・東芝の扇風機の比較

 つづいて、東芝の扇風機の紹介です。

 同社は、扇風機から一時期撤退していましたが、2018年から復活しました。


   201904301602.jpg

 【2019】

 22・東芝 リビング扇 F-DLX70-W
  ¥11,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:7枚はね
首振:左右自動
静音性:18-43db

  F-DLX70は、東芝のDCモーター扇風機としては最も安いモデルです。

 高さは、67cm〜86cmの幅で調整可能です。

 リビング用の平均サイズに対応しつつ、背も低くできるタイプですね。

 201904301601.jpg

 風質の工夫は、こちらは、一般的な7枚はねです。

 東芝は、羽根の形状の工夫はないので、昔ながらのプロペラタイプの方向性で、枚数を増やしています。

 ただ、同社の上位機は「9枚羽根」なので、風質面で「差を付けられた下位機種」と言えます。

 一方、バルミューダやパナソニックのように風を中央に集める仕組みがないため、涼風の直進性(力強さ)はイマイチです。

 風量は、5段階から選べます。

 日立の「うちわ風」に相当する「ふわり風」を搭載します。

 リズム風は3段階ですが、パナソニックのような、風質のアルゴリズムには言及がないです。

 一方、プロペラ形状は従来の扇風機を踏襲するため、比較的短距離の設置でも風は拡散しやすいでしょう。

 首振り機能は、左右のみ対応です。上向き調整もできませんし、価格から考えると、低機能でしょう。

 201804181525.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 静音性は、最小18dBで、最大で43dBです。

 静音DCモーターなので、昔ほどうるさくはないですが、それでも静音性に特化したモデルではないです。

---

 以上、東芝のF-DLW65-Wの紹介でした。

 期待の新機種ながら、立体首振り機能や高性能な羽根などが省略されている点でやや物足りないと言えます。

 ただ、東芝の他の白物家電の発売パターンを見ると、翌年度以降には、高級機が増えていく可能性が高く、Atlasとしては、そのあたりには、期待しています。


  201904301612.jpg

 【2019】

  23・東芝 リビング扇 F-DLX80-W
  ¥16,145 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

  23・東芝 リビング扇 F-DLW75-W
  ¥9,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:9枚はね
首振:左右自動
静音性:18-43db

 F-DLX80は、東芝のDCモーター扇風機のハイポジション対応機です。

 新旧両機種ありますが、性能面での差はありません。

  201902191400.jpg

 高さは、81.5cm〜109cmの幅で調整可能です。

 家庭ならば完全にリビング用で、事務室・待合室でも使えるサイズです。

 201904301615.jpg

 風質の工夫は、こちらは、9枚はねです。

 下位機種より枚数を増やしています。枚数を増やすことで、羽根が風を切る際の風厚さ、きめ細やかにして、自然風に近づける工夫です。

 ただ、他社に比べると独創的な工夫はあまりみられません。

 また、その他のスペックは、1つ上で見た下位機種と同じです。

  201804181518.jpg

 ただし、下位機種と較べた場合、 温度センサーの搭載は、このグレードからとなります。

 方法は、シャープと同じで、適温時を微風にして、温度に応じて風量を上げていく方式です。

---

 以上、東芝のF-DLX80の紹介でした。

 羽根の枚数は増えたので、風質は下位機種より良いと思います。ただ、他社のハイポジション機と比較して、明確に優れる部分がないので、(下位機種同様に)現状では選びにくい機種です。


   201904301623.jpg

 【2019】

 24・東芝 DCスタンド扇風機 F-DSX1000
  ¥20,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:10枚羽根
首振:左右自動
静音性:13-44db

 F-DSX1000は、扇風機市場に復活した東芝が2019年に発売した「ハイエンド機」です。

 201904301627.jpg

 高さは、125cm1サイズ固定です。

 したがって、「超ハイポジションな機種」であり、リビングならば吹き抜けの相当広い部屋を想定した作りです。

 201904301630.jpg

 風質の工夫は、こちらは、相当ユニークで面白いです。

 羽根については40cmと、他社の30cmより大きな羽根を採用した上で、5枚の大きな羽根と5枚の小さな羽根を、組み合わせた面白い形状です。

 羽根の径が大きいことは、後述するように静音性に寄与します。

 201904301634.jpg

 その上で、小さな羽根が起こす気流と、モーター回転軸が旋回する独特なギミックにより、「ワイドかつロングな風」を起こします。

 グリーンファンを含めて、10メートル届く風は従来ありました。この機種は、その上で、「広範囲に風を届ける」というプラスアルファを加えた点が、独創的で面白いです。

 なお、東芝は以前の機種では、「斜流ファン」を利用した合計17枚羽根の機種がありました。

 それは、2種類の風を作るグリーンファンと、ワイドな風を出すパナソニックの扇風機との「良いとこ取り」した羽根でした。方向性としては、今回の機種はそれの延長線にある機種だと思います。

 201904301640.jpg

 風量は、24段階から選べます。

 リズム風は3段階です。こちらは、上高地の風を再現したものです。

 一方、リビング機なので、「ふわり風」は非対応です。

 首振り機能は、左右のみ対応です。

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 首振りの制御もリモコンで対応できます。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です。

 静音性は、最小13dBで、最大で44dBです。

 割と静かなのは、羽根の径が大きいからでしょう。

 なお、用途的に不要と判断したのか、センサー運転は省略されます。

---

 以上、東芝のF-DSX1000の紹介でした。

 サイズ的には「15畳を超えるような広いリビング」や「事務所」、もしくは「温泉の脱衣所」などの向けの製品です。

 ただ、そのような用途で、考えた場合、新しい「ワイドかつロングな風」を起こす10枚羽根の機種は、かなり良い選択肢だと思います。遠くまで風を飛ばせるでしょう。

 一方、この機種は、「ムラのない直進風」など風当たりの心地よさを重視したものではないです。風当たりの気持ちよさを考える場合は、他機が良いでしょう。

11・シロカの扇風機の比較

 つづいて、シロカの扇風機の比較です。


  201904301507.jpg

 【2018】

  25・ siroca DCサーキュレーター扇風機 SF-C112
  ¥9,690 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:4枚はね
首振:左右自動
静音性:

  SF-C112 は、日本のシロカ(旧オークセール)から販売される扇風機です。

 調理家電に存在感のある会社ですが、同じくモーターを利用する点から、扇風機も売っています。

 201904301516.jpg

 高さは、56.9cm〜67.9cmの幅で調整可能です。

 サイズとしては小型であり、他者にもあった、小部屋に向くタイプです。

 201904301519.jpg

 風質の工夫は、一方、この製品は4枚はねであり、他社がしのぎを削る風質については工夫はありません

 ただし、「一点突破型」と大きな特長があります。

 それは、扇風機のモーターを逆回転できる構造です。要するに「風を吸い込める」ので、床にあてた微風を、間接的に体に届けられる仕組みです。

 空気の入替にも使える、面白い発想です。 

 風量は、8段階から選べます。

 首振り機能は、左右のみ対応です。

 角度も60どの1パターンであまり力を入れません。

 201904301523.jpg

 リモコンは、他社機同様に、赤外線リモコンが付属します。

 タイマーは、入・切双方のタイマーが付属です。

 静音性は、スペックは非開示です。

 羽根が小径なので、この部分に期待して買う製品ではないでしょう。

---

 以上、シロカのSF-C112の紹介でした。

 逆説的ですが、「扇風機の風が嫌いで欲しくない」人に向く扇風機です。直接風に当たりたくない人には、かなり良い選択肢でしょう。

 ただし、一般的な扇風機としての風質は期待できないですし、(面白いですが)一般向きではない機種です。

ーーー

 201904301526.jpg

  26・ドウシシャ FLU-231D WH
  ¥8,988 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:4枚はね
首振:左右自動
静音性:

 なお、同じような機種が、ドウシシャからも販売されています。

 201904301529.jpg

 こちらの23pの小径の(普通の)4枚はねの扇風機で、逆回転に対応します。

 リモコンが付属する点など、殆ど試用は同じですが、風量調節は4段階となります。

12・テクノスの扇風機の比較

 続いて、ジェネリック空調家電が得意な、日本のテクノスの扇風機の紹介です。

 DCモーターを採用する扇風機では最も安いメーカーの1つです。


 201902191446.jpg

【2018】

 27・TEKNOS Fの羽根 KIFI-372DC
  
¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:5枚羽(Fの羽根)
首振:左右のみ
静音性:48.5dB

 こちらの機種は、テクノスの最上位機となるKIFI-372DCです。

 とはいえDCモーター搭載機としては安価なモデルです。

 201804181243.jpg

 風質は、同社が「Fの羽根」と呼ぶ、ツメが2つある面白い構造です。

 ただこの仕組みは、風質自体の改善というより、風を二重に送り込むことで、消費電力と静音性を高めるための仕組みです。

 そのため、直進風を強調する他機種に較べると、風ムラは起こります。

 風量は、6段階で調整できる仕様です。

 形状的に、短距離での空気拡散性も問題なさそうです。

 首振り性能は、単純な左右首振りができるだけの仕様です。

 静音性は、モーターと羽根の効果で、強運転時で48.5デシベルと優秀ですね。

 リモコンは、付属します。この価格の扇風機では珍しく、首振りのON/OFFも操作できる「フルリモコン」であり、便利です。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です

 このほか、「テクノイオン」と呼ぶ、マイナスイオン発生装置があるので、衣服のニオイとりや、静電気対策にも、一定の効果が見込めます。

---

 以上、テクノスのKIFI-372DCの紹介でした。

 特長のある「Fの羽根」を採用する機種ですが、風質は多少現在の流行からは外れていると言えます。

 本体デザインもやや実用重視で面白みという点ではイマイチでしょう。

---

 201804181255.jpg

【2019】

 28・TEKNOS 扇風機 KI-323DC
  
¥5,378 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 29・TEKNOS 扇風機 KI-342DC  
  
¥6,974 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:5枚羽
首振:左右のみ
静音性:

 なお、テクノスからは、同じくDCモーター採用機として、以上の2機も販売されています。

 ただ、いずれも、従来的なオーソドックスな5枚羽根で、工夫に乏しいです。現状ではオススメできません。

13・山善の扇風機の比較

 最後に、同じくジェネリック空調家電が得意な、日本の山善の扇風機の紹介です。

 同社は、格安機にかなり勢力を持っており【1万円以下の激安扇風機の比較記事】のほうに、良い製品をいくつか紹介しています。

 今回は、(わりと)高級な扇風機の比較なので、同社で「最も高級な」機種の紹介です。


 201906091052.jpg

 【2019】【Amazon限定】

 30・山善 扇風機 ALEXA対応 AHX-ALD30(BK)
 30・山善 扇風機 ALEXA対応 AHX-ALD30(W)
  ¥19,976 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:9枚羽根
首振:左右のみ
静音性:

 こちらの機種は、山善がAmazon限定で販売している扇風機です。

 201906091103.jpg

 そのため、この機種は、店頭やショールームで試せないので、(タイムセールがあったこともあり)自腹で購入してレビューしました。

 201809072213.jpg

1・各社のスマートスピーカーの比較
2・Amazonのエコーの比較
3・家電コントローラーの比較

 この機種のポイントは、「初めてのAlexa対応扇風機」という点です。

 上の記事で紹介したAmazonの各種スマートスピーカがあれば、「声で」オン・オフ操作や風量調整が行えるという製品です。

 201711181646.jpg

 他社の扇風機でも、上記3番の記事(こちら)で紹介したような、別売の専用コントローラー(リモコン信号の発信装置)があれば、音声での扇風機の操作が「可能」です。

 しかし、山善機は、「これらが不要で直接Alexにつながる!」という点で新しいです。

 なお、発売月現在(6月)amaze lifeという連携スキルが利用できない状況で、Smart Lifeという連携アプリを利用する必要があります。

 201906091105.jpg

 風質は、この機種の場合、9枚羽根です。

 風速などの詳しい説明がなかったので、バルミューダデザインの「GreenFan」と並べて実際に試しました。

 結論的にいえば、単純に強運転の風力という部分では、山善機は、かなり強力です。

 一方、この製品は、「どうしてこの羽根の形状にしたのか?」という、空力的な設計思想が非開示です。

 しかし、実際、風にあたってみると、「心地よい風」「きめの細かい自然に近い風」という表現は適当でないものの、「強烈な強風力」という個性を感じます。あまり拡散せずにすすむ直進風で、リビングの隅に置いても「端まで涼しい風」です。

 201906091110.jpg

 風量は、8段階で調整できる仕様です。

 「リモコン」や「音声入力」のほか、本体下部のタッチパネルでの制御が可能です。

 201906091112.jpg

 首振り性能は、単純な左右首振りができるだけの仕様です。ただ、4段階の角度調整は可能です。

 また手動時に、上向きにできるので、空調としても利用できる製品です。

 201906091115.jpg

 一方、扇風機の高さは、バルミューダデザインのように中間の棒を取るタイプで、伸縮機能がないです。

 とくに、高さは、約100cmと約57cmのみ選択可能です。

 100cmは、結構な「ハイポジション」です。椅子・テーブルを利用する家庭でないと「しんどい」でしょう。

 この点は注意してください。

 タイマーは、入・切タイマーが付属です。

 そのほか、この機種は、室温センサーが付属するので、室温に応じた運転が可能です。

 駆動は、20度で停止しそれ以外の風量は「おまかせ」です。暑がり、寒がりに応じた調整機構がないのは欠点です。

 静音性は、この製品のあきらかな欠点であり、注意が必要です。

 なぜなら、デシベル値の開示がないからです。

 実際、羽根の形状から、購入前にある程度予想していましたが、強風運転時の風切り音がかなり強いです。

 また、モーター部のスタイリッシュな設計が影響してか、弱風運転時は金属質のモーター音を感じます。

 リモコンは、付属します。

 首振りのON/OFFも操作できる「フルリモコン」です。

 201906091148.jpg

 外観は、バルミューダデザインの「グリーンファン」に寄せています。

 台座部分は、それなりに高級感があります。一方、伸縮棒の塗装と、ファンを覆うガード部分のプラスチックの質感は、(グリーンファン)と値段の差を感じる品質です。

 その上で、扇風機のファンの掃除に(いちいち)「ドライバー」によるネジ回しを要する構造など、ユーザーフレンドリーな部分でも、やや課題があります。

---

 以上、山善のAHX-ALD30の紹介でした。

 扇風機の風質は、「到達距離の長い直進風」という方向性ならば、おそらく満足がいく機種でしょう。

 ただし、高さが簡単に調整できない「ハイポジション機」である点と、静音性には、あまり配慮ない点は注意点です。

 総合的に考えると、この機種は、環境雑音が多い部屋、例えば、仕事場や、待合室などには向く機種です。

 家庭用としても、「遠くまで届く」という意味での「強い直進風力」を重視して、広いリビングの隅に置くならば、良いでしょう。

 ただし、運転時の静粛性が欲しい寝室や、畳など床座りもする部屋、シアタールーム兼用のリビングには、不向きです。

 201803191107.jpg

 なお、この製品の購入希望者は、スマートスピーカー連携機能に魅力を感じている方でしょう。

 その点でいえば、扇風機に同封される説明書に、連携方法を含めた初心者向けの詳しい解説が同封されていない状況です。利用するべきアプリ名すら「不記載」であり、Atlasも困りました。

 購入者へのメールなどによる、アフターフォローに、期待せざるを得ないレベルです。

 201809191022.jpg

 現状で言えば、Alexaのスキルを完全に使いこなせる方以外は、おすすめできません。(こちら)で紹介したような、専用コントローラーを使いつつ、他社機の扇風機と連携を図ったほうが、正直「分かりやすい」状況です。

 扇風機の風質の部分は「及第点」ながら、連携部分は「要改善」といえます。

今回の結論
最新のDCモーター搭載扇風機のおすすめモデルはこの機種!

 というわけで、前回の記事【こちら】と今回の記事では、夏にむけて扇風機を紹介しました。

 最後に、いつものように、予算別・目的別にAtlasのおすすめ機種を数機あげておきます。


第1に、ワンルームや8畳間程度におすすめな、高性能な小型扇風機を探している方ですが、

 201804181347.jpg

 【2019】

 5・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-J2DS-T
   ¥12,280 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 5・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-W
 6・SHARP 3Dターン PJ-H2DS-T
   ¥12,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:ネイチャーウイング
首振:上下左右(3D首振り)
静音性:17dB-41dB

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

5・総合評価    ★★★★★

 シャープのPJシリーズ を推します。

 新旧ありますが、色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 pic03.jpeg

 DCモーターを採用した上で、新形状の羽根立体首振り機能という2大トレンドを押さえているというのが理由です。

 独特の3枚羽のおかげで、小型機種ながら直進10mのパワーを生み出すことに成功しており、技術としても面白みを感じます。

 強風を立体首振りでかくはんすれば、エアコンの風のかくはんに便利だと思います。

 201902191244.jpg

 風質としても強力な直進風が得られるため、風呂上がりや帰宅直後など、パワフルな直進風にあたりたい場合などはかなり良い選択肢です。


 第2に、リビングルームにおいて、風質の心地よい高級扇風機を探している方ですが、    

 201704230957.jpg  

 【2018年】【各色】

 1・The GreenFan EGF-1600-WK
  ¥38,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:14枚羽根
首振:左右自動
静音性:最小14デシベル

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★★
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★

5・総合評価    ★★★★★★

 3万円台の予算が出せるならば、やはり、バルミューダデザイン社の GreenFan Japanでしょう。

 まさに「名風」といってよい快適な風であり、製品としての出来もずば抜けて良いからです。

 201804181236.jpg 

 自然の風に近い「グリーンファン」は、一度体験するとやみつきになる快適さです。強さも十分で、遠くまで風が届きます。

 また、風切り音のなさは、強風時でも秀逸で、、抜群の静音性を誇ります。

 もちろんデザイン性も高く、従来の扇風機とは異なる、プラスチックのガードは、とてもお洒落で、高級感があります。プラスチックは、硬質で高品質で、安っぽさを全く感じさせません。   

   201303112112.jpg

 継ぎ目の無いデザインは、アップルのデザインコンセプトにも通じる気がします。

 また、リモコンや本体のインジケータはシンプルで、必要機能を突き詰めた構成には、産業デザインとして完成された機能美を感じました。

 また、プラスチックのガードは、小さな子供が羽根にアクセスするのを防ぐ点でもメリット性があるでしょう。真ん中の棒を除けば、ミニ扇風機としても使えるのも面白いアイデアです。

 静音性も高く、また、消灯モード搭載で、本体パネルのライトをリモコンで消せるので、就寝時の利用にもメリット性があります。

 201902191127.jpg

 飛び抜けて価格が高いですが、一度買えば10年は使う家電ですし、ある程度のモノを揃えるのは手だと思います。こちらは、棒を分解して補完できるため、オフシーズンの収納も余裕です!


 第3に、リビングルームなので、近接利用時の「パワフルさ」を最大限重視する場合は、 

 201902191427.jpg

 【2019】

 【羽根 30cm】

 18・ドウシシャ カモメファン FKLU-302D
  ¥31,190 楽天市場 (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:9.2dB〜

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

 風質・辺り心地の良さというよりも、近接利用時のパワフルさに特化して考えると、最も優秀なのは、ドウシシャのカモメファンです。

 201902191431.jpg

 デザイン性はこちらも高く、リビングのインテリアとしても映えます。

 201804181614.jpg

 風質は、おそらく家庭用では最大級であり、飛んでくる空気を面で感じられるパワーがあります。

 一方、弱運転時はやや風質が落ちるため、とにかくパワー、という以外の方は控えた方が良いでしょう。個人的には、温泉の脱衣場などにあったら嬉しい機種です。

ーー

 201908051556.jpg

 【2019】

 【羽根 30cm】

 18'・ドウシシャ カモメファン UKLF-1303D
  ¥24,558 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:カモメファン(9枚羽根)
首振:左右のみ
静音性:13.1dB〜

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★☆☆☆

5・総合評価    ★★★★☆

 なお、カモメファンは、バリエーションが多いのですが、多くの機種は、羽根の径が小さいです。

  FKLU-302Dと同じ30cmの径を持つ機種は、ほかには、こちらのUKLF-1303D(FKLU-303D)のみです。


201908051610.jpg

 独特のクロス形状の台座で、操作パネルが脇にあるなど、デザイン的に独特です。

 風質に関する性能は、FKLU-302Dと同等で、空力的な発想は同じです。リモコンも付属しますし、中間の棒は、こちらも外せます。

 一方、上位機と比較すると、全体形状の違いから、最小運転時の静音性が多少悪く、首振りの角度が75度固定となります。

 ただ、FKLU-302Dの在庫が尽きかけで割高傾向であるため、値段面で、こちらを選ぶのは「あり」でしょう。


 第3に、リビングルームでエアコンの補助として利用するために、高級扇風機を探している方ですが、

   201902191209.jpg

 【2019】

 3・パナソニック F-CS339-N
  ¥27,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 3・パナソニック F-CR339-N
  ¥31,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:立体首振り機能
静音性:11dB-49dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 エアコンと併用する場合、立体首振りは絶対あった方が良いです。

 この機種も、新旧ありますが、色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 p01_03_01_img.jpg

 それをふまえた場合、空気のかくはんを意識するなら、「7枚ひねり羽」でワイドに送風でき、また、立体首振り機能も装備するパナソニックの F-CM339-N がもっともおすすめできます。

 温度センサーを搭載するなど、利便性も高いですし、特にスティック部とヘッド部はデザイン性も高く、デザイン家電の要素もありおすすめです。

 201902191146.jpg  

 風質についても、なめらか気流7枚羽根で、最近のトレンドである「ムラのない直進風」も楽しめます。


 第4に、強風でも静音性が保てる「静かな」扇風機としてオススメできるのは、

 201904301424.jpg

 【2019】

 14・三菱 R30J-DW-K ブラック
 14・三菱 R30J-DW-W ホワイト
  ¥24,600 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 14・三菱 R30J-DV-C アイボリー
  ¥23,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:エクストラウイング(7枚羽)
首振:立体首振り機能
静音性:12dB-30dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★★

4・総合評価    ★★★★★

 静音性を最大限重視したい場合は、三菱電機のR30で良いと思います。

 新旧ありますが、こちらも色以外の部分の性能は同じです。値段で決めて良いでしょう。

 201605221122.jpg

 エクストラウィングレットファンの採用で、強風運転時の静音性は、最も高い機種ですから。その点で、オーディオやTVの音声を最も妨げにくい製品と言えます。

 201804181859.jpg

 風力の面でも、ファンガードに注目した独自の発想で、10M級の直進風が期待できます。羽根のサイズも30cmと十分ですから、リビング用として、パワフルに使えます。

 機能面でも、立体首振りに対応し、空気のかくはんもできますし、中間棒を取り除くと、ミニファンとして畳間や寝室でも利用できる利便性もあります。

 こうした点で、総合力の面でも、極めて高い機種だと言えるでしょう。

ーーー

  201904301341.jpg

 【2019】

 13・日立 DCモーター HEF-DH2000A
  ¥19,278 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 13・日立 DCモーター HEF-DC6000
  ¥18,826 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:8枚はね
首振:左右自動
静音性:

1・直進風の強さ  ★★★☆☆
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★★

 ただし、静音モード(弱運転)を多用する方で、その場合においてもある程度の「風圧」を感じたい場合は、日立の扇風機は良い選択肢です。

  201902191357.jpg

 日立の8枚はねは、強風運転時の直進風の力強さ・なめらかさという部分では工夫に欠きます。

  201904301331.jpg

 しかし、弱運転時の「うちわ風」は、こだわって開発されており、しっかり風量を感じられる仕様です。

 一般的な形状を保ったまま「8枚はね」にしているのも、おそらく、この部分に配慮したいためでしょう。

 201804181459.jpg

 したがって、必ずしも、パワーを追い求めめるのでなければ、この機種も選択肢として良いと思います。

 温度センサーも搭載するため、体への優しさにも配慮がありますし、良い機種だと思います。


 第5に、15畳を超えるような広いリビングや、業務用として脱衣所や待合室に置くならば、

  201904301623.jpg

 【2019】

 24・東芝 DCスタンド扇風機 F-DSX1000
  ¥20,000 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:10枚羽根
首振:左右自動
静音性:13-44db

1・直進風の強さ  ★★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★★

 F-DSX1000でしょう。

 201904301627.jpg

 ハイポジション機で、背の高さが調整できないので、一般向きではないです。

 201904301634.jpg

 ただ、大小の10枚はねと、独特の回転軸が生む、「ワイド&ロング気流」は、広い場所での利用には最も向きます。

 なお、こちらは2019年からの機種ですが、先述のように、この方向性は、(扇風機撤退前の)東芝が追求していた方向性なので、ある程度信頼して問題ないと思います。


 第6に、1万円台の予算で、できるだけ優秀な扇風機を選ぶとすると、

  201804181300.jpg

 【2019】

 2・パナソニック F-CS338-C
  ¥14,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:なめらか気流7枚羽根
首振:左右自動
静音性:11dB-49dB

1・直進風の強さ  ★★★★★
2・風当たりの良さ ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

5・総合評価    ★★★★☆

 パナソニックのF-CR338-Cでしょう。

 201902191135.jpg

 79cmから96cmまで調整できますから、どこでも使えそうです。

 201504241731.jpg

 その上で、「高級扇風機」と「普通の扇風機」の区分として重要な「独自形状のはね」を搭載する点が魅力です。

 とくに、パナソニックの場合は、同社の3万円台と上位機とおなじ「なめらか気流7枚羽根」を採用している点が評価できます。

 名前の通り、「自然でなめらかな風当たり(直進風)」では定評のある扇風機です。21世紀水準の「高級感のある風」を十分堪能できるでしょう。 

 201804181318.jpg

 そのほか、機能面でも、「F/1の揺らぎ」という特徴のあるリズム風や、静音性の高さ、温度センサーの搭載など、面白い機能が目白押しです。

 この機種には、日本に残る、ほぼ唯一の「総合家電メーカー」の製品らしい、総合力の高さを感じます。弱点は、立体首振りに未対応な点くらいです。

 デンキヤ店頭では2万円をやや超えますが、ネットではそれに収まっており、お買得感も高いです。

 費用対効果を重視すると「最もオススメできる機種の1つ」です。選んで損はないでしょう。

ーー

  201905240959.jpg

 【2019】

 17・ツインバード COANDA AIR EF-E949W
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

モーター:DCモーター
羽根:コアンダ(10枚羽)
首振:左右のみ
静音性:

1・直進風の強さ  ★★★★☆
2・風当たりの良さ ★★★★★
3・首振り機能   ★★★☆☆
4・静音性の良さ  ★★★★☆

4・総合評価    ★★★★☆

 一方、パナソニックなどが追求する「なめらかな自然に近い直進風」という部分をより突き詰めている点では、ツインバード工業のコアンダエアも良いでしょう。

 ダイソンも同様の傾向ですが、やや価格が高いため、費用対効果の点から、今回はこちらを「推し」ました。

 201707082208.jpg

 この製品も、ダイソン同様に「コアンダ効果」を狙う独特の設計思想で、均一性の高い直進風を得ることが可能です。

 一方、その形状ゆえに、風の拡散性について30cmクラスのリビング扇に及ばないため、今回は「次点」としました。

 その部分を除けば、良い製品だと思いますし、直下の風量も強いです。

 なお、ツインバード工業は、パナソニックのような総合家電メーカーではありませんが、東証2部に上場する、信頼度の高い日本の家電メーカーです。最近は、「デザイン家電」にも力を入れています。

 こちらの製品も、外観デザインの面白さや、羽根のオリジナリティを含めて、かなりおすすめできる製品です。

補足・このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は扇風機の話でした。

 201804182053.jpg

 なお、今回は、価格的に多少高い扇風機の紹介でした。

 一方、1万円前後で買える扇風機でも、(山善など)いわゆる「ジェネリック家電メーカー」の製品を選べば、立体首振りや、工夫のある羽根の製品を選ぶことも可能です。

1・静音DCモーター扇風機
2・1万円以下の激安扇風機

3・ダイソンのエアマルチプライアー

4・タワー型のスリム扇風機
5・サーキュレーター

 そういった機種をお探しの方、詳しくは、上の2番の記事をご覧ください。

 また、最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマーク などで話題を共有していただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 16:14 | 扇風機

比較2019’【羽根なし】ダイソン空調家電!18機の性能とおすすめ ・選び方:扇風機・ホット&クールリンク・エアマルチプライアー

【今回レビューする内容】2019年 ダイソンの冷暖房・空調家電の性能とおすすめ:羽根のない扇風機・エアマルチプライアー・ 交換用フィルターや機種の違いと静かさ・静音性の評価・口コミランキング

【紹介する製品型番】Dyson Pure hot and Cool AM06・Dyson Pure Hot + Cool Link HP04 HP03 HP00・デスクファン AM07 タワーファン AM09 Dyson Hygienic Mist・Dyson Pure Cool・Dyson Pure シリーズPure hot + Cool HP04WS HP04BN HP04IS HP04IB HP00IS Pure Cool Me BP01WS BP01GC BP01BN

今回のお題
ダイソンのタワーファン型空調家電のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。 

 今日は、2019年8月現在、最新のダイソンタワーファン型空調家電(ファンレス)を比較します。

 201303101855.jpg

 最近は、ファンヒーター機能空浄機能、あるいは加湿機能を持って「ハイブリッド家電化」しています。

 今回は、それらを含めて、現状手に入る「全機種」を紹介するつもりです。

ーー

1・風の強さ    ★★★★★
2・風の拡散性   ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・ハイブリッド性 ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各製品を一機ずつ比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、扇風機以外の機能(ハイブリッド性)の優秀さを含め、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・「扇風機」としてのダイソンの実力

 ダイソンの空調家電は、どの製品も「扇風機」としての送風機能を持ちます。

 はじめに、この部分について、技術的な特長を確認しておきます。

1・風力の質と強さ

  201805191632.jpg

 はじめに、目に飛び込むのは、かなり特徴的な本体の形状でしょう。

 これは、ファンを無くして安全性に配慮するだけでなく、扇風機では出しにくい独特の風質を作り出すためでもあります。

 Quieter.jpg

 ダイソンの場合、モーターは下部に配置されています。

 このモーターで空気を上げて、リングの内周の細いスリットから、風を円形に出しています。

 円形の気流は、周囲の気流を巻き込む「コアンダ効果」を得られます。そのため、モーターを経由した風の15倍の風量が、前方に飛び出していきます。

 201405031743.jpg

 得られる風質は、波やムラのない、風のような直風です。

 一般的な扇風機に比べて、ムラをあえて生じさせない設計にしています。

 風質の好みは、人それぞれあるでしょう。

 しかし、「窓を開けた瞬間」のような「風圧のある気持ちの良い風」を得られるのは、ダイソン製品の「とても大きな利点」です。

 他社には「コアンダ効果」を利用する扇風機もありますが、この部分では、ダイソンに追いついていません

2・稼働時の静音性

 201905011507.jpg

 DCモーター(交流モーター)を採用する空調家電は、(就寝時などに使っても)「音が静か」と言うのが鉄則です。

 しかし、ダイソンのエアマルチプライアーは、「使ってみたら、ACモーター機以上にうるさかった」とだいぶ「酷評」されました。

 この点は、ダイソンも反省したようです。そして、近年のモデルは、静音性が大幅に改善されました。

 201805191656.jpg 

 新システムの場合、ヘルムホルツ式空洞という新方式の技術が使われます。

 これは、本体内に設けられた空洞で、1000ヘルツ前後の耳障りな音を中和する技術です。

 旧モデルは、騒音値(○○デシベル)はメーカー非公表でした。

 しかし、今回は、最小風速において、デスク型22.7dB(デシベル)、タワー型でも27.3dBという数値をしっかり上げています。

 201901241327.jpg

 このうち、最小値の22.7デシベルは、かなり静かなレベルです。

 例えば、従来的な扇風機の「弱」の風速よりも静かです。

 ただし、このブログの【DCモーター搭載の扇風機の比較記事 】で説明したように、「羽根つき」の最小風速での静音性は16デシベルほどですから、やはりこの部分では、他社に敵わないです。

 ただし、それでも、静音性の点でも寝室などで使えるレベルになったと評価できます。

ーーー

 以上、ダイソン機の「送風」の部分の特徴についてまとめました。

 ここからは、具体的にそれぞれの機種の特長や違いを説明していきます。

2・ダイソンの空調家電の種類

 201805191704.jpg

 では、紹介をはじめます。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201905011614.jpg

 【アウトレット】

 1・AM07 ダイソンクール
  ¥33,600〜 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:リビング向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能:
スイング:対応
センサー:
最小騒音値:24dB(静か)
ネットワーク:

 AM07ダイソンクール」は、ダンソン機の「元祖」となるモデルの「後継機」です。

 201905011459.jpg

 ただし、あらかじめ断っておくと、ダイソンはこの機種のような「扇風機だけのタイプ」は、既に「生産終了」しています。そのため、この製品は、在庫限りです。

 人気機種だったので、小売店の倉庫在庫は「まだ豊富」で手に入ります。

 しかし、後ほど紹介する、「ハイブリッド家電」化した上位機よりも、本体価格が割高な場合があるので、注意が必要です。

 201405031745.jpg

 操作パネルは、以上のようなシンプルなものです。

 リモコンも付属です。

 本体サイズは、縦横23cmで高さ100cmです。

 【タワーファンの比較記事】で書いたような他社モデルと同じほどスリムです。

 201805191711.jpg

 本体の風量は、リビング全体をカバーできる10M級の風を出せます。

 首振り機能は、搭載です。

 ただ、最近の上位機と異なり、360度近い首振りは非対応で、角度調整もできません。

 静音性は、この形の「初代」と比較すると改良が加えられたため、静音性は現行水準です。

---

 以上、AM07ダイソンクール」の紹介でした。

 先述のように、「販売終了機」です。価格も割高傾向なので、Atlasとしては、後ほど紹介する「ハイブリッド家電化」した新型機を選ぶべきだと思います。

ーーー

 201805191717.jpg

 【アウトレット】

 2・AM06 デスクファン 300mm
  ¥19,950 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 3・AM06 デスクファン 300mm
  ¥22,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:小部屋向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能:
スイング:対応
センサー:
最小騒音値:22.7dB(静か)
ネットワーク:

 なお、AM06「 デスクファン」という下位機種も昨年まで製造されていました。

 こちらは、AM07ダイソンクール」以上に、量販店の倉庫在庫があり、ネットではまだ(割と)安いです。

 201805191719.jpg

 本体サイズは、55.2 x 35.6 x 14.7cmで、設置性が良いタイプです。

 また、AM07ダイソンクール」と同じく、静音性の高い「第2世代」です。首振り機能・リモコンなどもあります。

 首振り角度の「弱点」は、「一人用」ならば問題ないでしょう。

 価格も安いので、在庫のあるうちは、選んでも良いでしょう。


 201805191730.jpg

 【2014年発売開始】

 4・AM09 hot + Cool AM09IB
 5・AM09 hot + Cool AM09WN
  ¥39,602 楽天市場 (8/5執筆時)

風の強さ:小部屋・リビング向け
空気浄化速度:
暖房能力:1200W
加湿機能:
スイング:対応
センサー:
最小騒音値:30.9dB
ネットワーク:

 Dyson hot + cool AM09は、2014年からラインナップに加えられた、ダイソンの「ハイブリッド家電」です。

 201905011521.jpg

 本体サイズは、縦横20cm×高さ60cm程で、小型機です。


 201805191731.jpg

 本機の特長は、冬場の暖房機能を兼ね備える点です。

 暖房機能としては、専門機に引けをとらない、1200Wの温風を電気で出せるため、冬にも活躍します。

 201805191733.jpg

 適応畳数は、暖房能力として、コンクリートで8畳、木造で6畳程度です。

 送風は、「ワイド送風」と「ポイント送風」に切り替え可能です。ただ、ワイド送風でも、リビング用のメイン機とには弱く、寝室などに向きます。

 とはいえ、【セラミックファンヒーターの比較記事】で紹介した、一般的な電気ヒーター並のパワーは期待できます。

 また、風が強いため、直風にあたっている状態では、普通のヒータよりだいぶ暖かいでしょう。

 201805191739.jpg

 扇風機としては、上述の適応畳数内で利用する限りにおいて、下位機種タワーファンと同等の風圧を発揮します。

 首振り機能も、搭載です。

 静音性は、送風時の最小運転音が30.9デシベル、温風時が32.8デシベルです。

 構造上の限界でしょうが、普通の扇風機、送風ヒータと同じほどの静音性になります。

 201805191737.jpg

 電気代は、強運転の場合、1時間あたり20-30円ほどです。

 ただ、自動温度制御機能や、デジタル温度計をみながらの手動調整も可能です。

 実際の電気代はさらに安いと思います。リモコンも付属しますし、やはり寝室などの暖房に便利です。

---

 以上、Dyson hot + cool AM09 の紹介でした。

 夏に特化した「タワーファン」に比べると、静音性の部分で短所があります。

 ただし、冬用の一般的なヒータなどと比べると、通常レベルの運転音です。それをふまえると「寝室などの小部屋」で年中利用する空調として優れます。


 201805191746.jpg

 【2015年発売開始】

 6・Dyson Hygienic Mist MF01IB
 7・Dyson Hygienic Mist MF01WS
  ¥43,050 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:小部屋・寝室向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能: 最大8畳
スイング:なし
センサー:
最小騒音値:22.7dB(静か)
ネットワーク:

 dyson hygienic mistは、2015年に追加された、多機能モデルです。

 201905011528.jpg

 本体サイズは、縦24 ×横22cm高さ58cm程です。

 この機種も、ダイソン機としては「小型形状」です。

 201805191750.jpg

 本機の特長は、水を張って加湿もできる加湿器としての機能を持つ点です。

 加湿機能は、超音波式という分類になります。

 超音波式は、湿度を上げる際に水を熱しない仕組みなので、電気代がほとんどかかりません。

 また、1日運転しても10円程度です。ただ、沸騰させないため、バクテリアが増殖しやすいという欠点がありました。


 201702071915.jpg

 ダイソンの場合、UVライト(紫外線)を利用して99.9%まで除菌を行うため、この問題はほぼ発生しにくくなっています。

 そのため、清潔に加湿できるメリットがあります。

 201805191758.jpg

 適応畳数は、洋室で8畳、木造で5畳なります。

 数値的に言えば、広いリビング用にはできないサイズである点は注意しましょう。

 逆に、小型ながら風量のあるメリット性を活かし、寝室で、インフルエンザ予防や、夜間の肌の保湿に利用するなどの用途に向きます。

 水タンクのサイズ2.84Lで、最大18時間まで水が持つ仕様です。

 加湿量は、1時間あたり300ml/hと十分です。

 201905011541.jpg

 自動加湿運転は、温度センサー・湿度センサーを利用した本格的なものです。

 リモコンで湿度調整も可能なので、のど・肌にやさしい、高湿状態も選べます。

 電気代は、加湿時でも最大55Wなので、1時間1円以下でしょう。電気代を気にせず利用できるでしょう。

 201803011509.jpg

 なお、他メーカーの製品については、【おすすめ加湿器の比較記事】を別に書いています。

 電気代加湿量などのスペックも出しましたので、機能面で比較したい場合は、そちらをご覧ください。

 201805191755.jpg

 扇風機としては、上述の適応畳数内で利用する限りにおいて、こちらも、下位機種と同等の風圧を発揮します。 

 首振り機能は、ただし、仕組み上、非搭載です。

 静音性は、最小運転音が、22.7デシベルです。

 やや登場が古い機種ですが、ヘルムホルツ式空洞をもつ「第2世代」の技術を採用します。

 結論的にいえば、扇風機としての静音性も、能力もキープしている機種と言えるでしょう。

---

 以上、dyson hygienic mistの紹介でした。

 個人的には「冬物家電」としては、ヒーターよりもこちらの加湿のほうが相性が良いのかな、と思っています。扇風機の静音性が犠牲になっていない点で、高評価できるでしょう。


  201805191808.jpg

 【2018】

 8・Dyson Pure Cool DP04WS
  ¥57,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 8・Dyson Pure Cool DP04IB
  ¥51,100 楽天市場(ダイソン直販) (8/5執筆時)

風の強さ:リビング・小部屋向け
空気浄化速度:8畳/30分
暖房能力:
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ニオイ・ほこり
最小騒音値: 25.5dB(普通)
ネットワーク:

 DP04は、 Dyson Pure Coolの「第3世代」となる製品です。

 元は、2016年に登場したシリーズです。

 本体色は、2色ありますが、ブルーは、ダイソン直販の限定色です。

 201805191813.jpg

 本体サイズは、縦35.2 ×横22.3cm高さ70cm程です。

 こちらも、小型のテーブルファンタイプの設計です。

 201805191811.jpg

 本機の特長は、こちらの場合、扇風機と空清機の機能を併せ持ち、花粉やハウズダストを取り除ける空調家電となります。

 色々思いつきますね。

 ホコリフィルターは、捕捉率の点で、現状最高性能といえるHEPAフィルターを採用します。

 そのため、花粉やハウスダストには高度にに対応できます。

 ニオイフィルターは、活性炭フィルタを利用します。

 こちらは、「食べ物・ペット臭」をとるものですが、ダイソンの場合、VOCガス(排気ガス)などにも対応します。

 201811071114.jpg

 グラスHEPAフィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \4,060 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 活性炭フィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \3,078 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 交換フィルターは1年ごとに交換するタイプです。

 他社機の場合、10年保つフィルターを搭載するタイプもあることを考えると、ダイソンのランニングコストは悪いです。

 除去に要する時間は、花粉を取り切るまで8畳で30分です。

 こちらも、他社の空清機と比べてあまり優秀ではありません

 適応畳数は、一方で、最大36畳と優秀です。

 この点から言えば、「時間はかかるが、花粉をしっかり取り切れる機種」だと言えます。

 空気の汚れに応じた自動運転は、対応です。

 201802211301.jpg

 搭載されるセンサーは、VOCニオイセンサーとほこりセンサーです。

 上図の様な一般的な空清機と同じく、「ほこりセンサー」と「ニオイセンサー」がダブルで搭載されます。

 そのため、ニオイだけでなく、花粉やダストなどの状況も監視できます。

 なお、このブログでは、【おすすめ空気清浄機の比較記事】を書いています。この側面で、Dyson Pure Coolと比較してみたい方は、ぜひご覧ください。

 201702071944.jpg

 ネットワーク機能は、この機種のもうひとつの魅力です。

 本体がスマホアプリ(iPhone/Android)で操作できるほか、空気の汚染状況についても、スマホでモニタリング可能だからです。いわゆるIOT家電です。


 201905011550.jpg

 扇風機としては、この機種は、「第3世代」ということで静音性に磨きがかかり、最小運転音が、クラス最高性能といえる16.3デシベルです。

 首振り機能も、このシリーズについては350度の回転に対応します。

 また、45°・90°・180°と段階的に設定もできるので、設置場所の柔軟度が高いです。

 そのほか、ナイトモードを搭載し、操作部のLED照明をオフにできる点など、寝室用としてよりパワーアップしています。

 201805191909.jpg

 一方、夏以外の時期については、左図のように風を正面に送らないディフューズドモードで清浄運転できるため、割と便利に年中使える仕様です。

---

 以上、Dyson Pure Cool LinK テーブルファンの紹介でした。

 空清機能とのコラボは、率直に「正常進化」だと思いました。

 ただ、【空気清浄機の比較記事】で取り上げたような専門機に比べると、除去速度の面で及ばない面もあるため、今後のブラッシュアップに期待です。


 201908051451.jpg

 【2019年】

 9・Dyson Pure Cool Me BP01WS
 9・Dyson Pure Cool Me BP01GC
  ¥38,340 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【直販限定色】

 10・Dyson Pure Cool Me BP01BN
  ¥41,158 楽天市場(ダイソン直販) (8/5執筆時)

風の強さ:デスクワーク向け
空気浄化速度:8畳/30分
暖房能力:
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ニオイ・ほこり
最小騒音値: 25.5dB(普通)
ネットワーク:

 Dyson Pure Cool Mは、2019年に展開がはじまった、「パーソナル仕様」のDyson Pure Coolです。

 201908051453.jpg

 サイズは、幅24.5cm×高さ40.1cmです。

 写真で分かるように、完全に小部屋用・空清専門の「超小型機」です。

 201908051454.jpg

 扇風機としては、同じく「コアンダ効果」を利用しますが、どちらかと言えば「細い直進風」を出すDyson Core Flowテクノロジーが利用されます。

 こうした点で、「涼は得られるものの、全身は無理」なので、仕事中やデスクワークの際に「部分的にあてる」ものです。

 201908051455.jpg

 TP03/TP02/TP00/AM11 用フィルター
  ¥3,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 空清機としては、HEPAフィルターを使用する本格仕様です。

 ただし、さすがに風力の関係で7畳で30分とさらに能力が落ちるため、帰宅後の即効性が望まれる春の花粉シーズンには、非対応でしょう。

 その上で、ニオイフィルターがない点と、センサーが無いため常に稼働し続ける形式である点にも注意しましょう。

---

 以上、Dyson Pure Cool Meの紹介でした。

 小型というメリット性を出すのに苦労している製品なので、同社の他の「ハイブリッド家電」と比較するのが難しい製品です。

 上述のように難点はありますが、例えば、【空気清浄機の比較記事】で取り上げたような強力なメイン機を使っているご家庭で、行きとどかない隅の部分をフォローする、「個人用」として利用価値はあると思います。 


  201805191825.jpg

 【2018】

 11・Dyson Pure Cool TP04 WS
 11・Dyson Pure Cool TP04 IB
  ¥59,799 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:リビング向け
空気浄化速度:12畳/30分
暖房能力:
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ニオイ・ほこり
最小騒音値: 28.1dB(普通)
ネットワーク:

  TP04 WS は、Dyson Pure Cool タワーファンの、2018年最新機です。

 簡単に言えば、Dyson Pure Cool テーブルファンを大型化した機種です。

 201805191827.jpg

 本体サイズは、縦/横22.3cmで、高さ105cm程です。

 大きいですが、下位機種と同じ設置面積なのは優秀です。

 350度の首振り機能をはじめとして、広いリビングのメイン機として利用できるサイズです。


 201905011555.jpg

 扇風機としては、より広範囲に風を送れるという点で、タワーファンの特長がでており、リビングでも無理なく使えます。また、

 首振り機能も、ディフューズドモードも大型化していますが、搭載です。

 静音性も、テーブルファンより最小運転音が小さく、13.2デシベルとなります。

 201811071114.jpg

 グラスHEPAフィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \4,060 Amazon.co.jp(8/5執筆時)

 活性炭フィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \3,078 Amazon.co.jp(8/5執筆時)

 花粉除去に関する部分は、フィルターは、交換用フィルターやセンサーを含めて、基本的には先ほどのテーブルファンタイプと同じ性能です。

 除去に要する時間は、12畳で30分と風量の分だけ速いです。

 ただし、適応畳数は32畳までと小型機に劣るため、「大きいだけより速く綺麗にできる訳ではない」機種です。

 ネットワーク機能は、こちらも、スマホアプリ(iPhone/Android)で操作できる仕様です。

---

 以上、Dyson Pure Cool LinK テーブルファンの紹介でした。

 空清機能の面では、大型化の利点があまりない機種です。

 この面だけの性能を期待するならば、小型で設置性がよい、Dyson Pure Cool LinK テーブルファンのほうが良いでしょう。

 一方、風量が広範囲に出せるのは、タワーファンの特長ですから、扇風機としてリビングに置く場合は、こちらが選択肢となります。 


 201811071103.jpg

 【2018・通常モデル】

 12・Dyson Pure hot + Cool Link HP04 WS
 13・Dyson Pure hot + Cool Link HP04 IB  
  ¥68,800 楽天市場 (8/5執筆時)

 14・Dyson Pure hot + Cool Link HP04 BN  
  ¥83,062 楽天市場 (8/5執筆時)

風の強さ:リビング・小部屋向け
空気浄化速度:8畳/30分
暖房能力:1200W
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ニオイセンサーのみ
最小騒音値: 30.9dB
ネットワーク:対応

 Dyson Pure hot+Cool LINKは、2018年に登場したダイソン製品です。

  201811071059.jpg

 量販店モデルは、黒色の限定色ですが、性能は同じです。

 201905011559.jpg

 本体サイズは、縦横22cm×高さ64cm程です。

 こちらもテーブルファンタイプの小型機です。

 201805191846.jpg

 本機の特長は、扇風機・ファンヒータ・空清機の3機能を網羅する点です。

 201811071114.jpg

 グラスHEPAフィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \4,060 Amazon.co.jp(8/5執筆時)

 活性炭フィルター(TP04/DP04/HP04用)
  \3,078 Amazon.co.jp(8/5執筆時)

 花粉除去に関する部分は、フィルターは、基本的には、先ほど見た機種と同じ性能です。

 除去に要する時間は、8畳で30分です。

 適応畳数も、最大23畳となります。

 つまり、この機種は、暖房機能を兼ね備えた小型機である分、除去能力は、ここまで見た機種よりも「落ちて」います。

 8畳で30分かかるのは、帰宅直後などの花粉除去などにおいてやや不利だと思います。

 センサーは、一方、VOCニオイセンサーのみです。

 201905011604.jpg   

 扇風機としては、能力的には、テーブルファン並みの出力です。

 首振り機能は、一方、45°・90°・180°・350°と対応します。

 したがって、リビングで後半に送風するには、首振りを利用すべき機種と言えます。

201805191909.jpg

 一方、Pure coolと異なり、この機種は、風を正面に送らないディフューズドモードがありません

 したがって、空気清浄機能だけ使いたい場合は、壁などに風を向けるなど、一工夫してください。

 201805191733.jpg

 暖房能力は、この機種も1200Wと、暖房対応の下位機並みにパワフルです。

 適応畳数は、暖房能力として、コンクリートで8畳、木造で6畳程度です。

 電気代は、強運転の場合、1時間あたり20-30円ほどです。

  201901241327.jpg

 静音性は、送風時の最小運転音が30.9デシベル、温風時が31.1デシベルです。

 ヒータ付きモデルの「宿命」でしょうが、決して静かではない機種です。

 もちろん、ファン付きヒーターと比較する場合は、さほどうるさくないと言えるレベルではあります。

 ネットワーク機能は、こちらも対応です。スマホアプリ(iPhone/Android)で操作できる機種です。

---

 以上、Dyson Pure hot + Cool Linkの紹介でした。

 多機能モデルであり、自宅の省スペース化に貢献しそうです。この点で、確実にニーズがありそうな機種です。

 個々の機能をみていくと、コスト面や、静音性の面で、改良の余地はありそうですが、他社にこれらの能力を備えた「全部入り」な機種はありません。

 そう考えると、総合的には、かなり優秀な「ハイブリッド家電」です。

 201805191842.jpg

 【2017】【上位モデル】

 15・Dyson Pure hot and Cool Link HP03 WS
 15・Dyson Pure hot and Cool Link HP03 IB  
  
¥44,370 楽天市場 (8/5執筆時)

 なお、2017年版モデルが在庫限りにて販売されています。

  201805191814.jpg

 Dyson Pure 交換用フィルター(HP/DP用)
  \6,080 Amazon.co.jp(8/5執筆時)

 なお、こちらは、旧式フィルタの搭載です。

 ホコリとニオイフィルターが一体ですが、HEPAフィルターは60%、活性炭量は3倍以上、新型が多いです。

 そのほか、気流や首振り角度についても、新型は改良がありました。

 価格差もありますが、陳腐化も激しいので、選ぶならば新型でしょう。

 201805191842.jpg

 【2017】【下位モデル】

 16・Dyson Pure hot and Cool HP00 WS
 16・Dyson Pure hot and Cool HP00 IB  
  
¥52,800 楽天市場 (8/5執筆時)

 【2019】【下位後継モデル】

 17・Dyson Pure hot and Cool HP00IS  
  ¥46,423 楽天市場 (8/5執筆時)

 なお、これらの機種には、実質的に「下位機種」扱いであるDyson Pure hot and Coolという機種もあります。

 こちらは、スマホに非対応のほか、VOCニオイセンサーが非搭載で、首振り角度も狭いです。

 いずれにしても、自動的な空気清浄運転に対応できない機種になるため、あまりオススメできません。


 201902081126.jpg

 【2019年】

 18・Dyson Pure hot + Cool HP04WS N
  ¥63,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 18・Dyson Pure hot + Cool HP04 IB N
 18・Dyson Pure hot + Cool HP04 BN N
  ¥70,780 楽天市場 (8/5執筆時)

風の強さ:リビング・小部屋向け
空気浄化速度:9畳/30分
暖房能力:1200W
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ホコリ・ニオイ
最小騒音値: 27dB(普通)
ネットワーク:対応

 Dyson Pure hot+Cool は、昨年末に発売された、ダイソンの2019年新型モデル最上位機です。

 先ほどの製品から「Link」の文字は消えていますが、スマホリンク機能を含めて、そちらの持つ全ての機能を網羅します。

 本体サイズは、縦横22cm×高さ63cm程で、やはりテーブルファンタイプの小型機です。

 201805191846.jpg

 本機の特長は、こちらは、扇風機・ファンヒータ・空清機の3機能を網羅しています。

 201902081132.jpg

 Dyson Pure 交換用フィルター(HP04用)
  \7,650 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 花粉除去に関する部分は、フィルターは、基本的には、先ほど見た機種と同じ性能です。。

 方式は、HEPAフィルタと活性炭を用います。なお、2019年から互換しつつ、活性炭の量などが増えて新形状となっています。

 ただ、まだ交換時期ではないため、未発売です。交換頻度は同様です。

 除去に要する時間は、9畳で30分です。

 適応畳数も、最大26畳となります。風量の関係で、「LINK」よりわずかに性能が上がっていますが、暖房が内シリーズよりは低めです。

 センサーは、一方、下位機種で弱点だったほこりセンサーが搭載で、VOCニオイセンサーと合わせてダブルで搭載です。

 201805191909.jpg

 さらに、Pure coolのように、風を正面に送らないディフューズドモードも搭載ですから、年中使えるマルチ性は下位機種よりも高まっています。

 201902081150.jpg

 暖房能力は、この機種も1200Wで、コンクリートで8畳、木造で6畳程度です。この部分は「Link」と同様です。

 ただし、PTCセラミックプレート部分の改良などで、暖める能力は多少上がっているようです。

 その他の部分は、下位機種と同じで、350度の首振り機能も付属します。

 ネットワーク機能は、こちらも対応です。スマホアプリ(iPhone/Android)で操作できる機種です。

---

 以上、Dyson Pure hot and Coolの紹介でした。

 名前には「link」がありませんが、下位機種の機能を全て持つ上で、「ほこりセンサー」や「ディフューズドモード」など多方面でパワーアップが見られます。

 とくに、黄砂や花粉などが飛び交う、日本の地域風土を考えると、センサーの充実は決定的な要素です。その意味では、予算があればこの機種が最も良いでしょう。

今回の結論
ダイソンのファンレス空調家電のおすすめはこの機種!

 というわけで、今回はファンレスの空調家電について書きました。

 高級ラインの扇風機よりもさらに高額なために、購入者は選ぶ商品ですが、最後におすすめ機種について書いておきます。


第1に、デスクサイドで1人用の扇風機として利用する場合にオススメな機種は、

 201805191717.jpg

 【アウトレット】

 2・AM06 デスクファン 300mm
  ¥19,950 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 3・AM06 デスクファン 300mm
  ¥22,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:小部屋向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能:
スイング:対応
センサー:
最小騒音値:22.7dB(静か)
ネットワーク:

1・風の強さ    ★★★★★
2・風の拡散性   ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・ハイブリッド性 ★★★☆☆
6・総合評価    ★★★★☆

 扇風機と異なり、ハイポジションにできないタイプですが、AM06タイプが良いでしょう。

 201805191928.jpg

 最近の高級扇風機も羽根の形状の工夫で、「ムラのない心地よい風」が出せるようになりました。その点で風の品質ではダイソンが飛び抜けているとは必ずしも言えません。 

 しかし、羽根の部分にゴミが溜まる苦痛から解放されるのは、ダイソンのエアーマルチプライヤー以外にないです。また、問題だった静音性も劇的に改善している機種です。

 いずれにしても、「傑作」といえる機種ですので、個人用・寝室用として選ぶならば、この機種が良いと思います。

ーーー

 201805191717.jpg

 【在庫限り】

 2・AM06 デスクファン 300mm
  ¥ 21,600 楽天市場ダイソン店 (8/5執筆時)

1・風の強さ    ★★★★★
2・風の拡散性   ★★★★☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・ハイブリッド性 ★★★☆☆
6・総合評価    ★★★★☆

 なお、AM06は先述の通り、すでに【在庫限り】です。

 ただ、楽天市場のダイソン直営店(アウトレット)には在庫がありました。最終的に残るのはこちらでしょうから、念のため、現在の価格を出しておきました。


 第2に、リビングに置く扇風機代わりとしておすすめできる製品は、

 201905011614.jpg

 【アウトレット】

 1・AM07 ダイソンクール
  ¥33,600 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 1・AM07 ダイソンクール
  ¥ 26,800 楽天市場ダイソン店 (8/5執筆時)

風の強さ:リビング向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能:
スイング:対応
センサー:
最小騒音値:24dB(静か)
ネットワーク:

1・風の強さ    ★★★★★
2・風の拡散性   ★★★★★★
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・ハイブリッド性 ★★★☆☆
6・総合評価    ★★★★☆

 AM07タイプが良いでしょう。

 201805191711.jpg

 幅広い範囲に直進風がだせるため、ダイソンの製品としては、最もリビングのメイン機に向いています。

 ただし、こちらについては、やや消費電力が高いことや、リビング用扇風機に較べると若干騒音値が高いという事実もあります。

 201804181220.jpg

 そのため、Atlasとしては、いったんこの機種と、【DCモーター搭載の扇風機】や【タワー型のスリム扇風機】とひろく比較して見ることをオススメします。

 とはいえ、(倒れないこと前提では)羽根がなく子どもさんのいる家庭では安全な機種です。また、インテリア性も高いため、新しもの好きの方にはこの機種は「無条件に」おすすめできます。

 なお、このタイプについては、ダイソン以外からも発売があります。他社と比較したい方は、詳しくは、をご覧ください。


 第3に、複数の機能を持つ機種を買い、生活スペースの節約を狙うならば、

 201805191746.jpg

 【2015年発売開始】

 6・Dyson Hygienic Mist MF01IB
 7・Dyson Hygienic Mist MF01WS
  ¥43,050 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

風の強さ:小部屋・寝室向け
空気浄化速度:
暖房能力:
加湿機能: 最大8畳
スイング:なし
センサー:
最小騒音値:22.7dB(静か)
ネットワーク

1・風の強さ    ★★★★☆
2・風の拡散性   ★★★☆☆
3・首振り機能   ★★★★☆
4・静音性の良さ  ★★★★★
5・ハイブリッド性 ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 最も完成度の高いのは、扇風機+加湿の組み合わせのDyson Hygienic Mistだと思います。

 暖房機能を加える場合、送風機能の静音性が犠牲になるからです。

  201805191750.jpg

 加湿は、冬場の風邪予防や、肌の保湿のため寝室で使うニーズに向いており、良い組み合わせだと思います。

 風で、エアコンの風を循環できるため、光熱費面での節約効果もあるでしょう。

 空浄機能はありませんが、花粉症対策などで考えるならば、やはりこの部分は、【空気清浄機の比較記事】で書いたような専門の機種を買った方が良いでしょう。こういった機種には、加湿機能が付属するものもありますので。


 第4に、ワンルームや寝室など、部屋のスペースの削減を極限までに狙う場合におすすめできるのは、

 201902081126.jpg

 【2019年】

 18・Dyson Pure hot + Cool HP04WS N
  ¥63,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 18・Dyson Pure hot + Cool HP04 IB N
 18・Dyson Pure hot + Cool HP04 BN N
  ¥70,780 楽天市場 (8/5執筆時)

風の強さ:リビング・小部屋向け
空気浄化速度:9畳/30分
暖房能力:1200W
加湿機能:
スイング:350度
センサー:ホコリ・ニオイ
最小騒音値: 27dB(普通)
ネットワーク:対応

1・風の強さ    ★★★★★
2・風の拡散性   ★★★★★
3・首振り機能   ★★★★★★
4・静音性の良さ  ★★★★☆
5・ハイブリッド性 ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★★

 最新機種のDyson Pure hot+ Cool でしょう。

 従来機は、センサー部分と、騒音性の部分で日本の実情に合っていない部分がありました。

 しかし、その部分も解決し、とても良い機種になりました。ある意味「完成型」であり、買い換えにも良いでしょう。

 201805191846.jpg

 「全部入り」の機種なので、引っ越しなどで「全く家電のない状態」から、機種選びをする場合、初期費用とスペースの削減効果は高いでしょう。

 ただ、「ハイブリッドモデル」は、どのメーカーの製品にも言えることですが、それぞれの付属機能は、専門機に比べると能力が劣っている部分があります。そのため、基本的には、それぞれ「別々に」揃えた方が、高性能を得られます

 もちろん、スペースの節約を取るか、それとも、家電としての性能を取るか、とても難しい選択です。

1・DCモーター扇風機の比較
2・加湿機の比較
3・(加湿)空気清浄機の比較
4・セラミックファンヒータの比較

 とりあえず、それぞれの専門機を詳しく比較するリンク記事を載せておきます。各自、メリットとデメリットを考えて頂ければと思います。

ーーーー

 というわけで、今回は、ダイソンの新時代の「扇風機」エアーマルチプライアーの紹介でした。 

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 15:25 | 扇風機

比較2019’ 羽根なし扇風機19機の性能とおすすめ:タワーファン・スリムファン・縦型扇風機・送風機

【今回レビューする内容】2019年スリム扇風機・タワーファンの性能とおすすめ(羽なし縦型扇風機・スリムファン・送風機)人気機種の違いや性能ランキング:日立 東芝 コイズミ テクノス山善 ドウシシャ ピエリア ダイソン デロンギ アイリスオーヤマなど

【比較する製品型番】HSF-DS500A F-ATX70-W KTF-0580 KTF-0591/H YSR-BWX100(BM) YSR-SD1002(B) FTU-905 WH Dyson Pure Cool デロンギ Clean&Cool CFX85WC HFX85W14C YSR-UD903(B) YSR-WD901(B) TI-1203DC YSR-J802 TF-910R TWF-C82T

今回のお題
最新のタワーファン型扇風機のおすすめモデルはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新のタワーファン(羽根なし扇風機)の比較です。

 201905011438.jpg

 日立・東芝・山善・デロンギなど、このカテゴリーで力を発揮している最新製品を調査します。

  201303101855.jpg

 ダイソンエアーマルチプライヤーも今回の記事で扱います。

 ただし、「ダイソンに特化」して考えている方は、このブログには、【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】があり、そちらのほうが「分かりやすい」と思います。

 恐れ入りますが、そちらをご覧ください。

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 以下では、各社のタワーファンを一機ずつ比較・紹介していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表の様なポイントから、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種を提案していきます。

 ーー

1・静音DCモーター扇風機
2・ACモーターの激安扇風機
3・ダイソンエアマルチプライアー
4・タワーファン型スリム扇風機
5・サーキュレーター

 なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」の夏物家電の比較記事の4回目記事として書きました。 

1・タワーファンの選び方の基本

 201805191236.jpg

 扇風機ほどではないですが、タワーファンも、夏になるとデンキヤでは多くの製品が並んでいます。

 そうした各機のなかから「良い機種」を選ぶ場合、次の2点がとくに重要になります。

1・静音性・省エネ性
  =静音・省電力モーター搭載機種を評価
2・自動首振り動作
 =上下左右の首振り角度の柔軟性を評価

 そのほか、タイマーの有無や、センサーの有無、デザイン性などが選択基準となるでしょう。

 これらの点を考慮に入れつつ、以下では、具体的な機種を比較していきます。

2・各社の「高級な」タワーファンの比較

 ここからは機種別の「羽なし扇風機」の紹介にはいります。

 はじめに、1万円以上の「ハイスペックなタワーファン」の紹介です。

 なお、以下では、Atlasが良いと思う部分を赤字、イマイチに感じる部分を青字で書いていきます。


  201905011057.jpg

 【2019】

 1・日立 HSF-DS500A
  ¥14,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 1・日立 HSF-DC930
  ¥11,018 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:55度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:18W

 最初に紹介するのは、日立のスリム型扇風機です。

 時期的に旧型番が残っています。しかし、型番のみの変更ですので、安い方で良いでしょう。

 201905011106.jpg

 サイズは、幅28センチ、高さ94センチです。

 最低限の設置スペースで済む超小型設計の扇風機であるため、6畳程度の小部屋での送風や、エアコンの補助用としても人気です。

 201905011107.jpg

 モーターは、静音DCモーターを搭載します。

 DCモーター搭載機は、通常の扇風機(ACモーター)に比べて、消費電力が低く済み、音も静かという特長があります。

 この機種の場合も、消費電力はわずか18Wで、静音性も高いです。


 201606100901.jpg

 スイング角度は、しかしながら、55度と他社モデルよりも角度が付けられない仕様です。

 羽根のないタイプの扇風機は、羽のあるタイプに比べて、風幅が狭いためスイング幅はより重要です。

 その点、このファンは、部屋全体に送風する用途には向きません

 201905011108.jpg

 ただし、スイングに関しては、良い部分もあります。こちらは、エアコンのルーパーのように、スイング時に本体が一緒に回転しない構造で、内部の送風ファンの部分だけが回転します。

 そのため、運転中の首振り動作が気になりません。首振り動作は、うっとうしい場合も多いので、これはメリット性でしょう。リズム風にも対応します。

 201606100906.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載されます。

 液晶画面で現在の室温が分かるほか、温度に合わせて風量を自動調節させることも可能です。

 201606100908.jpg

 タイマーは、入タイマーと切タイマーがWで搭載されます。それらを本体の液晶画面で確認できるため、使い勝手が良いです。リモコンも付属します。

---

 以上、日立のHSF-DC910の紹介でした。

 このタイプの扇風機では最も売れている機種です。上で紹介したような機能性はもちろん、デザインもモダンな感じで高レベルですので、売れているのが分かる機種ですね。


  201905011111.jpg

 【2019】

 2・東芝 F-ATX70-W
  ¥12,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:60度
風量:12段階
センサー:温度
消費電力:35W

 F-ATX70-W は、東芝ライフスタイルの発売するタワーファンです。

 201905011114.jpg

 サイズは、幅26センチ、高さ117センチです。

 スリムで小型だった日立に比べると、主に高さがあります。しかし、その分、毎分7,6立方メートルという高出力で、広いリビング向きです。

 夏でもエアコン不要の寒冷地なら「メイン空調」として使えるでしょう。

 モーターは、一方、ACモーターです。

 東芝は、昨年度モデルはDCモーターだったので「改悪」で、消費電力も31Wと悪化しています。

 日立と比べても、2倍の消費電力です。

 静音性も、ACモーターなので期待できず、スペック的にも最大46dB(50Hz帯)です。

 201805191303.jpg

 スイング角度は、日立よりも広い60度です。リモコンでの調整も可能です。

 こちらも、日立同様に、内部の送風ファンの部分のみが回転する構造で、運転動作が気になりにくい構造です。

 リズム風にも対応し、風量も5段階で調整可能です。

 201805191306.jpg

 センサーは、一方、省略され、自動運転に非対応です。

 タイマーは、入タイマーと切タイマーがWで搭載されます。

 リモコンも付属します。

--- 

 以上、東芝ライフスタイルF-ATX70-W の紹介でした。

 風力は向上しているものの、DCモーターの不採用は、静音性と消費電力に悪影響を与えています。

 風力の点では引き続き「おすすめ」できる機種ですが、総合力では日立でしょう。


  201805191317.jpg

 【2018】

 【シルバー】【ハイポジション】

 3・コイズミ コードレス KTF-0580
  ¥12,590 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【白】【通常ポジション】

 4・コイズミ コードレス KTF-0581
  ¥12,457 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

  KTF-0580は、小泉精器コードレスタワーファンです。

 201805191320.jpg

 サイズは、縦/横33センチ程と、両機種とも東芝とだいたい同じです。

 201905011133.jpg

 高さは、シルバーは、約100cm、ホワイトは、約92cmと、好みに合わせて高さを選べます。

 ただし、通常モデルは人気が無かったようで、「在庫限りで生産終了」です。

 201805191322.jpg

 なお、いずれの機種ともキャスター付きで「稼働性」があります。

 その上で、他機と異なりリチウムイオン電池を搭載するため、コードレスで運転ができます。

 電池は、強風運転では30分しか保ちません。

 しかし、中くらいの風なら5時間、弱風なら10時間も稼働します。コードもマグネット式なので、「ちょっと脱衣所に」など、用途の幅が広いのが「売り」です。

 モーターは、こちらも、静音DCモーターを採用します。

 ただ、バッテリー式の弊害で、消費電力は44WとACモーター機とあまり変わりません。

 スイング角度は、3段階です。

 45度・90度・180度に回転可能です。

 ただし、日立などと異なり、本体全体が回転する方式ですので、運転動作が気になる人はいるでしょう。

 リズム風は未対応ですが、風量は16段階で調整できます。

 センサーは、未搭載です。

 201805191330.jpg

 タイマーは、1-8時間のオフタイマーのみです。リモコンは付属します。

---

 以上、コイズミのKTF-0581の紹介でした。

 「アイデア勝負」のおもしろい製品だと思います。脱衣所などにキャスターで押し運んでの利用など、コードレス運転に魅力を感じる方は、こちらが良いでしょう。

ーーーー

  201905011136.jpg

 【2019】

 【白】【通常ポジション】

 5・コイズミ タワーファン KTF-0591/H
  ¥18,830 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

 なお、小泉精器からは、新型のタワーファンとしてKTF-0591が販売されます。

 201905011139.jpg

 グレーで存在感がありますが、コードレス式ではない点は注意しましょう。

 スイング角度など、他の部分は同じですが、他社と比べて、抜き出た特長は消えているため、同社から選ぶならば上位機でしょう。


  201905011147.jpg

 【2018】

 6・YAMAZEN YSR-BWX100(BM)
  ¥8,789 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:
風量:5段階
センサー:温度
消費電力:34W/41W

 山善YSR-BWX100は、日本の上場企業で、「ジェネリック家電」商社としても有名な山善の製品です。

 サイズは、縦/横33センチで、高さは103cmです。

 さほど背を高くせず、どこでも利用できるようにしています。

 モーターは、一方、同社の上位機ですが、ACモーターです。

 省電力は、34Wと低いです。特に西日本(60Hz帯)では、41Wとだいぶ悪化します。

 その上で、ACモーターですから、静音性は期待できないでしょう。

 スイング角度は、調整に非対応です。

 風量は、5段階です。

 ACモーターは、さほど細かく調整できないので、この点も不利です。

 201905011154.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載されます。

 今年度の見所の1つで、規定温度に達すると、自動で風量を調整できるようになりました。

 ただし、自由にユーザーが温度設定できる仕様ではありません。

ただし、連動した自動運転など、温度センサーを生かした機能はみられません

   201905011155.jpg

 タイマーは、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、山善YSR-BWX100の紹介でした。

 今年度の同社の「最上位機」ですが、例年に比べて、工夫が乏しいです。

 次に紹介する、同社の下位機に比べても、上下に風角度を調整できる機能などが省略されますし、イマイチと言えます。


  201905011202.jpg

 【2018】

 7・YAMAZEN YSR-SD1002(B)
  ¥ 10,900 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:5段階
センサー:
消費電力:25W

 YSR-SD1002は、山善では、「2番目にグレードが高い」製品です。

 201905011204.jpg

 サイズは、縦30×横34センチで、高さは104cmです。

 日本向きの、背が低いタイプのリビング対応製品です。

 201805191412.jpg

 モーターは、この機種は、静音・省電力の静音DCモーターを搭載します。

 したがって、消費電力は、25Wと改善しています。

 201805191413.jpg

 スイング角度は、約60度です。

 ただし、この機種は、東芝や日立と同じ、内部の送風ファンの部分のみが回転する構造です。

 その上で、手動ですが、上方向の角度調節が可能な点は独自です。

 風量は、5段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 センサーは、未搭載です。

 タイマーは、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、山善YSR-SD1002の紹介でした。

 ライバル機は、日立になるでしょう。

 それに比べると、温度センサーなどが付属しない点で劣る一方で、上下の角度調節ができる点が面白い部分ですね。洗濯物の乾燥などには便利そうです。


  201905011213.jpg

 【2019】

 8・ドウシシャ ピエリア FTU-905 WH
  ¥9,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:270度
風量:4段階
センサー:温度
消費電力:55W/63W

  FTU-905は、デザイン重視の家電のラインナップが多い日本の家電メーカードウシシャの製品です。

 201905011218.jpg

 サイズは、縦/横28センチで、高さは91cmです。

 背は少し低いですが、リビングに対応できるスペックです。

 モーターは、こちらは、ACモーターです。

 そのため、消費電力は53Wと高く、ランニングコスト面では、DCモーター搭載機にかないません。

 静音性も、期待できません。

 201905011219.jpg

 スイング角度は、しかしこの機種の見所で、最大270度です。

 30・60・90・180度にも設定できる柔軟性があります。

 例えば、部屋の真ん中に置くなど、設置場所の自由度は評価できます。

 その上で、上下角度も調節がきくので、小型機ながら、実力は高いです。

 201905011224.jpg

 風量は、4段階のみです。

 一方、東芝のACモーター機同様に「風量が強い」点が強調されます。

 ただ、東芝と異なり、風量についての数値は未記載ですので、この部分は残念です。

 201905011222.jpg

 センサーは、温度センサーが搭載です。

 ただ、単なる温度計であり、連動した自動運転制御などの機能はありません

 タイマーは、オンオフタイマーが付属します。リモコンも付属します。

----

 以上、ドウシシャFTU-905 の紹介でした。

 格安機では最大と言える270度の回転幅が魅力の機種です。

 もちろん、スイング時に本体全体が回る構造ですが、広範囲に風を届けたいような場所(事務所・待合室など)には、ニッチなニーズがあるかもしれません。


  201805191825.jpg

 9・Dyson Pure Cool TP04 WS
 10・Dyson Pure Cool TP04 IB
  ¥59,799 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約350度
風量:3段階
センサー:
消費電力:40W

 ダイソンのPure Coolは、同社のリビング用タワーファンです。 

 201805191731.jpg 

 なお、このブログの【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で書いたように、ダイソンは、すでに「扇風機」としてだけの機能を持つ格安機の販売を終了しています。

201807081652.jpg

 現在は、エアフィルター搭載で花粉などが除去できるPure Cool や、それにヒーターが付くPure Cool&HOTのみの展開です。

 したがって、今回は、Pure Cool のトールタイプの紹介です。

 サイズは、縦23×横105センチで、他社に比べても意外にスリムな形状です。

 201805191448.jpg

 モーターは、この機種も静音DCモーターを搭載します。

 ダイソンのこの機種は、以前は「うるさい」ことで悪評があったのですが、数世代の改良を経て、この世代では「静かな」扇風機として生まれ変わっています。

 静音性は、最低の騒音値は、13.2デシベルいう実数値です。

 他社のDCモーター搭載機と比べても「静か」といえる扇風機です。

 Quieter.jpg

 ダイソンの場合、モーターは下部に配置されています。このモーターで空気を上げて、リングの内周の細いスリットから、風を円形に出しています。

 円形の気流は、周囲の気流を巻き込む「コアンダ効果」を得られます。そのため、モーターを経由した風の15倍の風量が、前方に飛び出していきます。

 風質的にも、ファンを利用しないため、全くムラがない直進風が得られるのが良い部分です。

 消費電力については、最大40Wと高いです。

 201902191508.jpg

 スイング角度は、350度です。

 その上で、この機種は、スリム型扇風機としては風量が強く、また、風幅も広いため、価格相応の能力を期待できます。

 実際、風量や風質の点で、羽根つき扇風機に比する風を得られます。

 そのため、スリムタイプの扇風機で、羽根つき扇風機並の風力を得たい場合は、この機種が絶対的な選択肢となります。

 センサーは、未付属で、室温などの確認はできません。

 タイマーも、切タイマーのみが付属します。こうした点では割り切った作りです。

 ネットワーク機能は、ただし、この機種の強みで、スマホアプリ(iPhone/Android)で操作できる仕様です。

  201811071114.jpg

 グラスHEPAフィルター(TP04/DP04/HP04用)
  ¥4,060 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 活性炭フィルター(TP04/DP04/HP04用)
  ¥3,078 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 フィルターは、消耗品で、交換の目安は1年です。

 201807081702.jpg

 このブログの【空気清浄機の比較記事】でも書いたように、他社は10年保つのが普通なので、本機のランニングコストは高いです。

 ただ、性能は優れており、PM2.5にも対応するHEPA規格に準拠する高性能フィルタです。ニオイ用の活性炭フィルターも付属するため、この部分の性能は、専門機並みの性能を期待できます。

---

 以上、ダイソンのPure Coolの紹介でした。

 広めのリビングルームに置く(エアコンの補助としてではない)スリム型を探している場合は、風量的にこちらが最高の選択でしょう。

 現状で、タワーファン機能だけ持つ機種がなく、価格が高いのが難点ですが、夏に限らず、フルシーズン利用できる「ハイブリッド機」を探している場合は、この機種は良い選択肢です。

ーー

 201405031718.jpg

 なお、ダイソンは、これ以外にも、空浄機・加湿機・ヒーターとしての機能が付いたスリム形状の空調家電が10機種以上あります。

 しかし、それらについてはカテゴリーがずれるので、同機のエアフィルターの部分を含めて【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で、別記事として、詳しく紹介しています。


  201905011303.jpg

 【ヒーターなし】

 11・デロンギ Clean&Cool CFX85WC
  ¥30,786 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【ヒーターあり】

 12・デロンギ スリムファン HFX85W14C
  ¥58,210 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:
風量:10段階
センサー:
消費電力:35W

 Clean&Cool は、イタリアのデロンギが発売する、スリムファンです。

 ダイソンが価格的な「ライバル」で、ベンチマーク先です。

 機能面では、したがって、エアフィルターを搭載するほか、ヒーター付属の機種があるのが特長です。

 201905011328.jpg

 サイズは、縦横26cm×高さ85cmです。

 写真で見るよりも、意外に背は低いです。設置性は良さそうです。

 201905011306.jpg

 モーターは、この機種も静音DCモーターを搭載します。

 その上で、仕組みは異なりますが、この機種も「コアンダ効果」を利用しており、ムラのない直進風を得られる仕様です。

 201905011313.jpg

 スイング角度は、スイング自体を機能として持たない機種です。

 ただ、この部分については、「コアンダ効果」を利用し、円形の沿わせる気流を生むことで、上下左右に拡がる風を生み出すというユニークな仕組みで、解決を図ります。

 静音性は、一方、最大風速で50.3dBで、最小でも24.5dBです。

 あまり、静かとは言えない部分があります。

 消費電力は、35Wです。

 センサーは、未付属です。

 タイマーは、付属です。

  201905011318.jpg

 デロンギ DLSA005
  ¥5,590 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 フィルターは、消耗品です。

 一方、この部分はこの機種の「問題点」で、交換頻度が9ヶ月です。

 その上で、ニオイを除去する活性炭フィルタがないため、日本のニーズに合わない部分があります。

---

 以上、デロンギClean&Coolの紹介でした。

 上述のように、問題点は色々ある機種ですが、Atlasとしては、風質の部分で割と評価しています。

 首振りタイプのタワーファンは、人間単位で見ると、「風が当たる時間」と「風が当たらない時間」で、風ムラがありますが、このタイプは、構造上、それがないからです。

 リビングや寝室で、ムラのない風を広範囲に送りたい場合は、良い選択肢だと思います。エアフィルターは、この水準ならば「余計」なので、それを除いた、安い機種を出せば、もっと売れそうに思いました。

3・各社の1万円以下の送風機の比較

 続いて、1万円以下で導入しやすい低価格なタワーファンを紹介します。


  201805191439.jpg

 【2019】

 13・YAMAZEN YSR-UD903(B)
  ¥9,876 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:16W

 山善YSR-UD903は、同社の格安タイプのスリムファンです。

 201905011333.jpg

 サイズは、縦横28センチで、高さは91cmです。

 全体に丸みを持たせた変わったデザインですが、シンプルでリビングや寝室に合いやすいでしょう。

 201805191500.jpg

 とくに、タッチパネル式の操作系が上部にあるのは、かなり便利に感じました。

 モーターは、静音・省電力のDCモーターを搭載します。

 消費電力は16Wと他社に比べても優れます。

 静音性は、ただし、最小33dBで、最高で56dBです

 数値を公開する点は良心的ですが、一般的に山善はスリムタイプはややうるさめです。

 201905011337.jpg

 スイング角度は、約70度です。左右については、十分な角度でしょう。

 風量は、6段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 タイマーは、入切タイマーを搭載します

---

 以上、山善YSR-UD903の紹介でした。

 1万円前後のグレードでは、デザイン性と使い勝手の部分でかなり作り込まれた製品です。

 2018年度新展開のタワーファンのなかでも、かなり出来の良さそうな機種です。


  201805191422.jpg

 【2019】

 14・YAMAZEN YSR-WD901(B)
 15・YAMAZEN YSR-WD901(W)
  ¥ 6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約50度
風量:8段階
センサー:温度
消費電力:25W

 山善YSR-WD901 は、同社のDCモーター採用機としては「格安機」となるスリムファンです。

 201905011343.jpg

 サイズは、縦横22センチで、高さは86cmです。

 一般的なタワーファンに比べてかなり小型なので、どちらかといえば、小部屋専用と考えたほうが良いでしょう。

 モーターは、静音DCモーターを搭載します。

 消費電力は25Wと低いですが、パワー自体もさほど重視しない機種です。

 静音性は、最低33dBからと、上位機よりもうるさいです。

 201905011342.jpg

 スイング角度は、約50度です。角度が付けられない機種で、明らかに「一人用」となります。

 風量は、8段階で調節でき、リズム風にも対応です。

 201905011344.jpg

 センサーは、こちらについては搭載です。

 室温表示に対応するほか、設定した温度で電源のON・OFFに対応します。ただし、温度に応じた風量の段階的な調節には非対応です。

---

 以上、山善YSR-WD90(B)の紹介でした。

 6畳間や、脱衣所など、あまり広くないスペースの利用ならば、良い機種でしょう。

 ただ、DCモーターの採用の機種としては、あまり静かではない点は注意するべきです。寝室などには向かないでしょう。


  201902191618.jpg

 【2013】

 16・テクノス TI-1203DC
  ¥6,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約65度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:20W

 テクノスは、中国からのOEM商品を扱う千住のブランドです。TI-1203DC は、同社のハイエンド機種です。

 サイズは、縦/横30センチと割とスリムで、高さは107cmです。

201805191351.jpg

 モーターは、こちらも静音・省電力のDCモーターを搭載します。

 消費電力は20Wと少ないです。

 風量も、DCモーター採用の利点を活かし、6段階の調整が可能です。

 また、この機種は、テクノイオンというマイナスイオン発生装置が付属し、付着臭の除去などに補助的な効果が期待できます。

 スイング角度は、約65度です。

 ただし、上下の角度調整はできない構造です。ファンは上部につきますので、山善と比べると、足下への送風は期待薄です。

 センサーは、が未搭載です。

 タイマーも、切タイマーのみ搭載されます。リモコンも付属します。

---

 以上、テクノスTI-1203DC の紹介でした。

 同社の上位機なのですが、2013年から更新がない機種です。そろそろ「新機軸を搭載した新型」が欲しいところです。


 201805191510.jpg

 【2016】 【各色】

 17・ YAMAZEN YSR-J802
  ¥4,480 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約60度
風量:3段階
センサー:
消費電力:44W

 YSR-J802は、山善の発売する比較的価格の安いスリムファンです。

 201905011352.jpg

 サイズは、縦24×横34センチ、高さは80.8cmです。

 小型モデルであり、リビングのメイン機にはならない感じです。補助的に使うならば良いでしょう。

 操作は、上部のスイッチによる方式です。

 モーターは、従来的なACモーターです。

 静音性は、したがって期待できず、そのため、騒音値も非公開です。

 消費電力も、目立った機能のない小型機としては44Wと悪い水準です。

 風量も、3段階切替に止まります。

 スイング角度は、約60度です。スイングは、本体全体が回る方式ですので、動作が気になるタイプですね。

 センサーは、未搭載です。

 タイマーも、切タイマーのみ搭載されます。

 201905011354.jpg

 リモコンは、付属します。

---

 以上、山善のYSR-J802の紹介でした。

 売れ筋の人気機ではありますが、上位機とは明確な機能差があります。本体の外観も「価格なり」となってくるため、イマイチおすすめポイントが定まらない機種です。


  201904180059.jpg

 【2011】

 18・テクノス TF-910R
  ¥5,980 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:90度
風量:3段階
センサー:温度
消費電力:51W

  TF-910Rは、テクノスの販売する格安のタワーファンです。

 サイズは、縦横30センチ、高さ90cmです。やや小型なモデルです。

 モーターは、ACモーターです。

 消費電力は、51Wと、2011年発売開始という部分の、設計上のデメリット性が見られます。

 201606101021.jpg

 センサーは、室温センサーが搭載されます。

 ただし、温度計であり、室温に連動した運転には非対応です。

 リモコンは、付属します。

 タイマーは、切タイマーのみ搭載です。

 風量は、3段階です。

 スイング角度は、約90度とかなり広いです。

 本体自体が回るタイプですが、広範囲に向けて風を送りたい場合は、ある程度良い選択肢と言えます。

---

 以上、テクノスTF-910Rの紹介でした。

 やや設計が古く、消費電力が高いのがネックです。スイング角度が広いのは良い点ですが、新型が必要な時期でしょう。


  201905011404.jpg

 【2018】

 19・アイリスオーヤマ TWF-C82T
  ¥5,890 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:45度
風量:3段階
センサー:
消費電力:51W

 WF-C82T は、日本のアイリスオーヤマの販売する新型のタワーファンです。

 同社は、格安路線に強い会社ですが、近年、シャープなどの技術者を取り入れて、白物家電を多展開している成長企業です。

 201905011406.jpg

 サイズは、縦横26センチ、高さ79.3cmです。

 多少小型なモデルですが、10m先まで風が届く仕様です。

 モーターは、ただし、価格的な限界で、ACモーターを搭載します。

 ACモーターは、風量を効果的に上げやすいためという部分もあります。

 消費電力は、51Wと高いです。

 201805191607.jpg

 スイング角度は、45度です。

 スペック的に振るいません。

 しかし、風量が自慢な機種ですから、やや距離を離して送風できるならば問題ないでしょう。

 その上で、上下のルーパー角度が別々に動かせる機種なので、足下に風を送るのは得意です。

 キッチンなどには、最適と思います。

  201805191610.jpg

 センサーは、未搭載です。

 一方、操作パネルは上部ですので、立ちながらの利用は向く仕様です。リモコンも付属です。

 タイマーは、1-4時間の切タイマーのみ搭載です。

---

 以上、アイリスオーヤマWF-C82T の紹介でした。

 1万円以下の格安機と考えた場合、風量の強さと、ルーパー角度の調整機能などが目立つ機種です。

 201805191614.jpg

 リビングのメイン機には、スイング角度が狭い関係で、あまりオススメできません

 しかし、例えば、台所の立ち仕事で利用するような使い方をするならば、風量の強さを含めて最適な機種でしょう。

今回の結論
タワーファン型扇風機のおすすめモデルはこの機種!

 というわけで、今日は、タワーファン型扇風機を紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、リビングでの補助的な使用や、小部屋に向く高性能なスリムファンとしておすすめなのは、

 201905011057.jpg

 【2019】

 1・日立 HSF-DS500A
  ¥14,880 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【2018】

 1・日立 HSF-DC930
  ¥11,018 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:55度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:18W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 日立のスリム型扇風機HSF-DC920でしょう。型番のみの変更ですので、安い方で良いでしょう。

  201606100901.jpg

 DCモーター搭載で消費電力は最高水準である点、また、首振りが内部のみスイングする構造で、運転中の動作が気にならない構造である点は高く評価できます。

 これらは、他社にはない魅力です。

 タイマーやセンサーなどの使い勝手の部分もレベルが高く、デザイン性も良いので、この用途には最も向くと思います。

 201905011106.jpg

 幅28センチ、高さ94センチと設置性も良いため、迷った場合は、これを買えば良いでしょう。


 第2に、リビングの「ほぼ」メインの空調として使う場合におすすめなのは、

 201805191825.jpg

 9・Dyson Pure Cool TP04 WS
 10・Dyson Pure Cool TP04 IB
  ¥59,799 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:約350度
風量:3段階
センサー:
消費電力:40W

1・風の強さ   ★★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★★
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 エアコンの補助としてだけではなく、羽根つき扇風機の代替として利用したいならば、風力の点でダイソンが選択肢です。

 201805191448.jpg

 風の幅も広いため、スリム型としては、圧倒的なパワーを期待できます。その上で、静音性も高い機種なので、あまり弱点はない機種です。

 風質も、「コアンダ効果」を利用するので、ムラのない直進風ですし、風当たりの心地よさは、他者を圧倒します。

 デザイン面についても、ダイソンの特長がよく出た「格好良い系」なので、長く「リビングの顔」として活躍してくれると思います。

 201405031718.jpg

 なお、ダイソン製品は、【ダイソンエアーマルチプライヤー専用記事】で、別記事として、詳しく紹介しています。この機種を射程に入れる場合は、こちらもご参照ください。

ーー

  201905011111.jpg

 【2019】

 2・東芝 F-ATX70-W
  ¥13,800 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:60度
風量:12段階
センサー:温度
消費電力:35W

1・風の強さ   ★★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★
3・首振り機能  ★★★★☆
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 ただし、2万円以内の予算に限った場合、オススメできるのは、東芝タワーファンですしょう。

 201905011114.jpg

 ACモーターを採用する部分は「割り引いて」評価しないといけませんが、それでも、 毎分7,6立方メートルという高出力は、この価格帯ではダントツでしょう。

 スイング角度は60度ですが、風力が強いので、部屋の隅からスイングさせれば良いでしょう。


 第3に、広めの寝室などに向く、ムラのない直進風を得られる製品としては、

 201905011303.jpg

 【ヒーターなし】

 11・デロンギ Clean&Cool CFX85WC
  ¥30,786 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

 【ヒーターあり】

 12・デロンギ スリムファン HFX85W14C
  ¥58,210 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:
風量:10段階
センサー:
消費電力:35W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★★★★
3・首振り機能  ☆☆☆☆☆(コアンダ)
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 イタリアのデロンギが発売するClean&Cool はスリムファンでしょう。

 201905011313.jpg

 「コアンダ効果」を利用して、スイングなしでもムラのない風を広範囲に送れる部分が、この用途に向くと思います。

 201905011328.jpg

 サイズは、縦横26cm×高さ85cmで、設置性も良いです。

 一方、DCモーター採用機ながら、最小でも24.5dBですから、うるさくもないですが、「極めて静か」ではありません

 ただ、「風の音」「モーターの音」というのは、安眠用のノイズキャンセラでも採用される「打ち消し音」です(他人が出している音は気になるが)自分が発生させている音は、(たいがい)気にならないものです。

 この用途には、実際割と向きそうです。

 先述のように、エアフィルターは「余計」だと思うのですが、Atlasも実は、寝室に欲しいです。


 第3に、家中持ち運んで利用したい方にオススメなのは、 

  201805191317.jpg

 【2018】

 【シルバー】【ハイポジション】

 3・コイズミ コードレス KTF-0580
  ¥12,596 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:最大180度
風量:16段階
センサー:
消費電力:44W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★★★
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★☆

 コイズミのードレスタワーファンでしょう。

 201805191320.jpg

 バッテリー内蔵で、キャスターの付属する機種はこれだけです。普段はコンセントで利用しつつ、一時的に持ち運びたいというようなニーズには、最適ですね。

 やや高いですが、すぐ外せる、マグネット式の電源ケーブルを採用するなど、設計思想も良いので、買って後悔することはないでしょう。


 第3に、1万円前後か、それ以下の予算で購入できる機種でおすすめなのは、

  201805191439.jpg

 【2019】

 13・YAMAZEN YSR-UD903(B)
  ¥9,876 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:DCモーター
スイング:約60度
風量:6段階
センサー:温度
消費電力:16W

1・風の強さ   ★★★★☆
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★☆☆
4・静音性の良さ ★★★★☆
5・省エネ性   ★★★★★
6・総合評価   ★★★★☆

 山善のSR-UD902をオススメします。

 201805191500.jpg

 このグレードの製品は、「外観に値段の安さが出る」傾向にありますが、こちらについては、円形のオシャレなデザインと、見た目も良く、立ち仕事中の操作もしやすい上部のタッチパネルなど、配慮があります。

 その上で、消費電力や静音性に優れるDCモーター採用機なので、このグレードの製品では「一歩抜けた」モデルとも言えそうです。

ーー 

  201905011404.jpg

 【2018】

 19・アイリスオーヤマ TWF-C82T
  ¥5,890 Amazon.co.jp (8/5執筆時)

静音性:
スイング:45度
風量:3段階
センサー:
消費電力:51W

1・風の強さ   ★★★★★
2・風の拡散性  ★★★★☆
3・首振り機能  ★★★☆☆
4・静音性の良さ ★★☆☆☆
5・省エネ性   ★★★☆☆
6・総合評価   ★★★☆☆

 一方、さらに安い機種となるとアイリスオーヤマWF-C82Tが良いでしょう。

 201905011406.jpg

 ACモーター採用ですから、静音性と、風量の微調整は期待値は「価格相応」です。

 しかし、その分、パワーは強いです。

 201805191607.jpg

 スイング角度の狭さも、風量と柔軟性の良いルーパーで解決し得ます

 こうした点で、ちょっとした補助的な空調が欲しいならば、堅実なデザイン性を含めて、この程度の価格の格安機の中では、現状「イチオシ」です。

補足・このブログの関連記事の紹介

  というわけで、今回は、羽根なし扇風機(タワーファン)を紹介しました。

  なお、このブログ「モノマニア」には、扇風機についてほかに4つの記事があります。

 201902191339.jpg

1・静音DCモーター扇風機
2・ACモーターの激安扇風機
3・ダイソンのエアマルチプライアー
4・タワーファン型スリム扇風機
5・サーキュレーター

 これらについても、よろしくお願いいたします!

 ではでは!

posted by Atlas at 14:40 | 扇風機

2019年07月15日

比較2019’【強力/静音】サーキュレーター31機の性能とおすすめ・選び方:大風量モデル

【今回レビューする内容】2019年 静かで強力で涼しい!サーキュレーター23点の性能とおすすめ・選び方:エアコン空気循環器:電気代・静音性・人気機種の性能ランキング:パナソニック創風機 キュー アイリスオーヤマ ツインバードドウシシャ kamomefan バルミューダ 無印良品 ゼピール山善

【比較する製品型番】 PCF-HD15-W PCF-M15 PCF-C15 PCF-C15T PCF-HD18-W PCF-M18 PCF-C18 AT-CF18JP-W AT-CF26R-W KJ-4782W KJ-D781B KJ-D994W KJ-4781W KJ-D997B DKS-20A DKS-20W YAR-XD182(B) YAR-AD233 YAR-BD18(W) YAR-JSD18(W) FKCS-231CD VORNADO660-JP 360-JP GreenFan Cirq EGF-3300 F-BL25Z-N F-BP25Z-R F-BP25T-N

今回のお題
最新の高性能サーキュレーターのおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年7月現在、最新のサーキュレーター比較します。

 201804191248.jpg

 一般的なモデルのほか、パナソニックの創風機キューや大風量が自慢のボルネードなど、特徴的な機種を含めて20機種以上を比較・紹介します。

ーー

1・パワフルさ ★★★★★★
2・静音性   ★★★★★
3・省エネ性  ★★★★★
4・デザイン  ★★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 以下では、いつものように、機種ごとにサーキュレーターを紹介していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のような指標から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

1・サーキュレーターの選び方の基本

 201505191031.jpg

 サーキュレーターの選び方は、エアコンの空気を効果的に循環させるための家電です。

 単純な仕組みの家電ながら、多様な機能があるため、選ぶのが難しい家電と言えます。

 ただ、以下の3点に注意しておけば、性能面で公開しない製品を選ぶことができるでしょう。

1・最大風量の強さ
2・静音性の高さ
3・角度調整の柔軟さ
4・自動首振り機能の範囲

 今回は、これらのポイントをおさえながら、Atlasのおすすめ機種を紹介していきます。

 以下では、あいまいな「ランキング形式」にはせず、4点を主な比較のポイントとして、サーキュレーターをしっかり比較していきます。

2・8畳用の小型サーキュレーターの比較

 というわけで、製品の紹介をはじめます。

 はじめに、8畳間まで対応できる、比較的小型で「お買得なサーキュレーター」を紹介していきます。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201804191301.jpg

 1・アイリスオーヤマ PCF-HD15-W【白】
 2・アイリスオーヤマ PCF-HD15-B【黒】
  ¥2,270 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:90度
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:35db(静か)
リモコン:付属

 PCF-HD15は、アイリスオーヤマのサーキュレーターです。

 201808151436.jpg

 格安ながら高性能な機種であるため、5000円以下の製品ではよく売れている製品です。

 201804191306.jpg

 風量は、この機種は8畳までの対応です。

 小型機ですが、他メーカーの低価格機と多少異なる形状の羽根を採用しており、「スパイラル気流(強めの直進風)」が起こせます。高級機には及びませんが、この価格帯では優秀でしょう。

 201505191049.jpg

 自動首振り機能は、低価格ながら搭載です。

 90度の1段階で設定が可能です。自動回転は、空気のかくはん効果が高めるため、この機能は重要です。

 201804191302.jpg

 角度調整は、低価格機として充実します。

 とくにエアコンの気流制御に重要な上下調節については、上に90度、下に20度まで6段階でフレキシブルな調整が可能です。

 201804191303.jpg

 風速切替は、その一方で、割と単純な作りです。

 ダイヤル調整式で3段段階切替となります。

 201804191305.jpg

 静音性は、この機種も、静音モデルとされます。強運転での騒音値は未公開ですが、弱運転では35dbとかなり静音と言えます。

 リモコンは、しかしながら、未付属です。

---

 以上、アイリスオーヤマのPCF-HD15-Bの紹介でした。

 左右の自動首振りに対応する機種としては格安です。また、静音モード(弱運転)のさい、35デシベルと比較的静音な点も良い部分です。

 「スパイラル気流(強めの直進風)」で、小型機としては、強めのパワーなので8畳間程度の小部屋ならば、これで十分にまかなえるでしょう。


  201804191311.jpg

 【リモコン・タイマーなし】

 3・アイリスオーヤマ 静音 PCF-M15
  ¥3,280 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

 【リモコン・タイマーあり】

 4・アイリスオーヤマ 静音 PCF-C15
  ¥3,764 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:90度
上下首振り:手動(上向き不可)
静音性:35db(静か)
リモコン:付属

 PCF-15シリーズ も、アイリスオーヤマの8畳用の小型機です。

 201505191104.jpg 

 大きな違いはデザイン面です。シングルバー式を採用した、スタイリッシュで格好の良いモデルです。

 風量は、この機種は8畳までの対応です。

 PCF-HD15とおなじくスパイラル気流に対応し、風量面で同等のスペックをキープします。

 201804191314.jpg

 角度調整は、一方シングルバー形式の欠点であり、上方向に75度、下方向は水平までと限定的です。一方、見かけはスリムなので、どちらを選ぶべきかは、難しいところです。

 風速切替は、こちらも3段段階切替です。

 静音性は、静音モデルであり、弱運転では35dbです。したがってPCF-HD15と同じレベルです。

 自動首振り機能は、同様に搭載です。左右90度の幅で自動回転するため、空気のかくはん効果が期待できます

 201505191117.jpg

 リモコンは、PCF-C15のみ搭載されます。切タイマーも付属し、省エネ面での利便性も高いでしょう。

---

 以上、アイリスオーヤマのPCF-15シリーズの紹介でした。

 PCF-HD15と比べると、シングルレバーでスタイリッシュである点、リモコンが付属する点が特長です。

 一方、完全に上方向に向けられないため、天井の跳ね返りを利用しての空気循環をさせたい方は難があるでしょう。ただし、基本的には75度もあれば、十分な空気循環は望めますので、過度に心配することはありません。


  201808151458.jpg
 【リモコンあり】

 5・アイリスオーヤマ 静音 PCF-C15T
  ¥5,620 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:90度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:35db(静か)
リモコン:付属

 PCF-C15T は、アイリスオーヤマの上位機です。

 201808151438.jpg

 こちらも、1つ上で紹介した機種と同じで、見栄えが良いシングルバー式です。

 201804191322.jpg 

 風量は、この機種は8畳までの対応です。

 こちらも、スパイラル気流に対応し、小型ながら力強いパワーを持ちます。

 201804191314.jpg

 角度調整は、先ほどと同じ、シングルレバー式のスリムデザインなので、上方向に75度、下方向は水平までと、真上には向けられない仕様です。

 201505191109.jpg  

 自動首振り機能は、しかしながら、「上位」といえる性能です。 

 なぜなら、この機種は左右だけではなく、上下にも首振りする3D立体首振り機能を搭載するからです。

 左右のみの首振りとは異なり、空気を縦横無尽にかくはんするため、価格相応の効果を期待できます。

 さらに、この機能を利用した強制かくはんモードも搭載され、5分間強制的に空気を循環させる最強運転機能があります。エアコンの寒さが気になったときなど、この機能は有用です。

 201804191326.jpg

 風速切替は、3段段階切替です。

 しかし、このグレードから、パネルがタッチスイッチ式になった上で、自然の風に近いリズム風も選択可能です。

 静音性は、下位機種と同じで、強運転のスペックは非開示ながら、弱運転では35dbと静音です。

 リモコンは、この機種も搭載されており、切タイマーも付属します。

---

 以上、アイリスオーヤマの PCF-C15Tの紹介でした。

 言うまでもなく、上下左右の首振りが機能面で最も注目するべき点です。

 サーキュレーターとしての空気のかくはん効果を考えると、この機能は見逃せません。強力かくはんモードの搭載も、パワーが欲しい際には嬉しい部分でしょう。この価格帯の製品としては費用対効果の高い良製品ですね。


 201804191355.jpg

 6・無印良品サーキュレーター AT-CF18JP-W
 7・無印良品サーキュレーター AT-CF18JP-B
  ¥4,990 無印良品  
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:非対応
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:19db(静か)
リモコン:未付属

 AT-CF18JPは、無印良品のサーキュレーターです。色の選び方やデザイン性は、無印の製品らしいです。

 201804191404.jpg

 風量は、適応畳数は明示されませんが、実質的には8畳用程度でしょう。

 こちらについては、効率の良いコンデンサーモーターを採用します。

 また、羽根の部分に凹凸を付けることで、空気抵抗を減らす工夫などが用いられます。これにより、小型モーターでも、サーキュレーターとしての役割を果たせるようにしています。

 201804191401.jpg

 角度調整は、上向き90度から下向き22.5度に6段階で、十分に「フレキシブル」と言えます。

 自動首振り機能は、しかしながら、左右についても非対応です。 

 風速切替は、3段段階切替のボタン式です。

 静音性は、この機種は、静音モデルといえます。

 低速運転時19デシベル、強運転時38.5デシベルは、現行水準では、他社に優ります。

 ただし、静音モーターは不採用で、風量の強さに影響はあります。

 リモコンは、未付属です。

---

 以上、無印良品のサーキュレーターの紹介でした。

 本体の色合いなどは、シンプルでもデザイン性があり評価できます。一方、首振り非対応で、リモコンが未付属の機種としてはやや高めでしょうか。

 一方、小型モーター採用で静音性は高いですが、その分、通常よりパワーは低めです。

ーーー


 201804191412.jpg

 8・無印良品サーキュレーター AT-CF26R-W
  ¥5,890 無印良品
(4/14執筆時)

 なお、無印良品からは同型の「大風量タイプ」として AT-CF26R-Wが併売中です。

 こちらについても、8畳程度で利用できるパワーを確保していますが、強運転時に44デシベルと騒音値もそれに連れて上がっている点や、自動首振り操作・リモコン操作に対応しない点は同様です。


  201907151830.jpg  

 9・ ツインバード KJ-4782W
   ¥3,800 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:非対応
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:60db(強運転時)
リモコン:未付属

  KJ-4782W は、日本のツインバード工業のサーキュレーターです。ホームセンターでよく見かける製品です。

 201808151506.jpg

 風量は、適応畳数の明示はないですが、パワーから判断するに。8畳までの対応機です。

 スパイラル気流など特定の気流名は付きませんが、同じく3枚はねですので、アイリスオーヤマと同等クラスの性能は期待できます。

 201804191338.jpg

 角度調整は、ダブルバー方式なので、上向き90度まで5段階での固定が可能と、問題ありません。

 自動首振り機能は、しかしながら、この機種は未搭載です。

 さらに、手動でも左右の角度調節はできない機種です。アイリスオーヤマと比べると柔軟性は低いです。

 風速切替は、3段階切替です。本体後面に操作パネルがあります。。

 静音性は、この機種は強調しません。強運転時の騒音値は60デシベルですので、静音機とは呼べないでしょう。

 リモコンは、未付属です。

 201804191343.jpg

 一方、この機種は、前方にマイナスイオン発生装置があります。

 特定のブランド名はありませんが、静電気除去効果と付着臭の除去効果は期待できるでしょう。

---

 以上、ツインバード工業のKJ-4782Wの紹介でした。目玉は、マイナスイオン発生装置でしょう。ただ、それ以外の部分は、機能面でアイリスオーヤマに及ばないため、積極的にはおすすめできない機種ですね。

ーーー

  201804191259.jpg

 10・ ツインバードブラック KJ-D781B
   ¥2,480 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 11・ツインバード ホワイト KJ-D994W
   ¥2,480 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 12・ツインバード ホワイト KJ-4781W
   ¥2,138 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

 なお、ツインバード工業からは、同型の下位機種として以上のモデルが発売されています。

 スペックは同等ですが、マイナスイオン発生装置は付属しませんので、注意が必要です。

ーーー
 201804191347.jpg

 13・ゼピール サーキュレーター DKS-20A
 14・ゼピール サーキュレーター DKS-20W
  ¥2,380 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

 同様に、電響社(ゼピール)が発売するDKS-20シリーズも、「自動首振り非対応」という点で、ツインバード工業の機種と似ています。

 こちらも、8畳用と言えますが、パワーがツインバードの製品よりやや弱い点や、リモコンなどが未付属な点で、あまりオススメできません。

 この価格帯では、これら以外にも、「ジェネリック家電」的なサーキュレーターが出ていますが、ほぼ「自動首振り非対応」となるため、注意が必要です。

3・リビング対応の大風量モデルの比較

 続いて、10畳以上のリビングでも利用できる大風量モデルを比較します。


 201804191423.jpg

 【各色】

 15・アイリスオーヤマ 静音 PCF-HD18-W
 16・アイリスオーヤマ 静音 PCF-HD18-B

  ¥2,873 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:14畳(強い)
風速調節:6段階
左右首振り:90度
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:35db(静か)
リモコン:未付属

 PCF-HD18は、アイリスオーヤマのサーキュレーターです。

 201808151441.jpg

 リビング用としては「最も安い」と言える製品です。

 201804191424.jpg

 風量は、14畳対応で、パワフルです。

 アイリスオーヤマ独自の「スパイラル気流」で風の到達性にも配慮がある製品です。

 201804191425.jpg

 角度調整は、ダブルバー方式なので、上向き90度まで6段階での固定が可能です。

 自動首振り機能は、この機種には搭載されます。

 こちらは左右90度の幅で、自動回転して、空気を効率よくかくはんできます。無印良品などにはない機能で、アイリスオーヤマの「強み」ですね。

 201804191427.jpg

 風速切替は、アナログなダイヤル式で、3段階切替です。

 静音性は、こちらについては、静音運転時に35デシベルというスペックです。無印良品ほど徹底していないものの、配慮はあります。

 リモコンは、未付属です。

---

 以上、アイリスオーヤマのPCF-HD18の紹介でした。

 11畳まで対応できるスペックをもつ機種としては最安な機種です。大きめの部屋で使う場合で、コスト節約したい場合には選択肢に奈留でしょう。ただ、機能的には「最低限レベル」です。


  201804191432.jpg

 【リモコンなし】

 17・アイリスオーヤマ 静音 PCF-M18
  ¥3,985 Amazon.co.jp (4/14執筆時)  

 【リモコンあり】

 18・アイリスオーヤマ 静音 PCF-C18
  ¥5,591 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:14畳(強い)
風速調節:6段階
左右首振り:90度
上下首振り:手動(上向き不可)
静音性:35db(静か)
リモコン:(付属)

 PCF-18シリーズ は、アイリスオーヤマのシングルバー式のリビング対応機です。

 201808151443.jpg

 1つ上の機種に比べると、シングルバー式なので、スタイリッシュで格好の良いモデルです。

 201804191424.jpg

 風量は、この機種も14畳までの対応です。

 PCF-HD18とおなじくスパイラル気流に対応します。

 201804191314.jpg

 角度調整は、ダブルバー方式に比べると柔軟性に劣り、上方向に75度、下方向は水平までと限定的です。

ただ、先ほども書いたように、75度の角度があれば、空気のかくはん効果は十分に狙えるため、過度に気にする必要はないでしょう。

 自動首振り機能は、搭載です。左右90度の幅で自動回転します。空気の効率の井かくはん効果が期待できます

 風速切替は、こちらも3段段階切替です。

 静音性は、バブルバー式と同じで、弱運転では35dbです。

 201505191117.jpg

 リモコンは、PCF-C18のみ搭載されます。切タイマー・リズム風も付属し、省エネ面での利便性も高いといえます。

---

 以上、アイリスオーヤマのPCF-18シリーズの紹介でした。

 シングルバー式でスタイリッシュな外観です。リモコンが付属モデルもあるため、エアコンと連動しつつ利用する場合は、こちらが便利でしょう。


 201804191441.jpg

 19・YAMAZEN 静音 YAR-XD182(B)
 19・YAMAZEN 静音 YAR-XD182(W)
  ¥6,643 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:14畳(強い)
風速調節:3段階
左右首振り:90度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:付属

 YAR-XD182は、国産家電メーカー山善のサーキュレーターです。

 以前、YAR-AD233という人気機種がありましたが、それの事実上の後継機となります。

 201505191145.jpg

 シングルレバー方式で、スリムなデザインです。

 他社に比べると、タッチスイッチのデザインが洗練されており、バルミューダデザインの製品のようです。緑色のランプがアクセントとして利いています。

 201804191444.jpg

 風量は、こちらもパワフルな機種で、14畳まで対応できます。

 羽根は、他社に比べてかなり立体的です。そのトルネード風でかくはん効果も期待できそうです。

 角度調整は、上下について、45度、60度、90度の角度での固定が可能です。3段階ではありますが、シングルバー形状で、90度上向きに固定できるのは珍しく、そして便利です。

 天井に溜まる熱気をかくはんさせるという意味では、冬の暖房時においてこの点は有利です。

 201804191450.jpg

 自動首振り機能も、この機種は左右だけではなく上下にも首振りが対応します。もちろん、上下左右同時の立体首振り対応です。大きな魅力です。

 風速切替は、4段段階切替です。リズム風には非対応です。

 静音性は、この製品は、静音性の高いDCモーターを採用しているため、1万円以下の製品では、パワーと静音性の両立が最も期待できる製品の1つです。

 リモコンは、この機種には付属し、タイマー設定や首振り設定を制御可能です。

---

 以上、山善のサーキュレーターの紹介でした。

 やはり上下左右の首振りができる点が魅力です。空気のかくはん効果を考えると便利ですから。低消費電力・低騒音のDCモーター採用という点も魅力度が高いです。


  201808151445.jpg

 20・YAMAZEN 静音 YAR-BD18(W)
  ¥11,267 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:14畳(強い)
風速調節:3段階
左右首振り:80度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:付属

 YAR-BD18は、山善の新型のサーキュレーターです。

 201804191602.jpg

 1つ上で紹介したYAR-XD182の事実上の上位機で、こちらは温度センサーが付属する点が大きな特長です。

 24度・26度・28度の3段階で温度を設定し、指定温度に達した際に「オン/オフ」の自動制御がなされます。

 エアコンの温度設定に合わせて、不要な際に止められるので、冷えすぎ予防のほか、「静音化」にも寄与するでしょう。

 風量は、こちらも同水準ですから、14畳までパワフルに対応できます。

 201804191608.jpg

 自動首振り機能も、下位機種と同じく対応します。範囲も広いため、高い空気のかくはん効果が期待できます。

 風速切替は、下位機種よりも1段階多い、5段段階切替です。リズム風には非対応です。

 201804191609.jpg

 静音性は、この製品は、静音性の高いDCモーターを採用しています。その場合、、低風量の「静音モード」の場合、約26デシベルと、高水準の静音性を達成しています。

 リモコンは、この機種には付属し、タイマー設定や首振り設定を制御可能です。 

---

 以上、山善のサーキュレーターの紹介でした。

 温度センサーを付けるという発想は、いままで「あるようでなかった」発想です。

 静音性について言えば、「音が気になり出す」のは、「付ける必要もない環境でサーキュレーターが動き続けている際」であることをふまえると、「温度センサーは、究極の静音対策」といえるかもしれません。

 その他、風力などの点でも、1万円前後の製品としてはたいへん優秀だと感じます。

ーーー

  201808151447.jpg

 20'・YAMAZEN 静音 YAR-JSD18(W)
  ¥9,809 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

 なお、ほぼ同型の「兄弟機」として、YAR-JSD18(W)という機種もあります。

 201804191626.jpg

 こちらは、トリプルフレッシュバイオフィルター搭載で、部屋干しの洗濯物などの除臭に対応できる製品です。

 このフィルターは、スミノエ織物の発売する自動再生型の消臭繊維で、インテリアや建材分野で知名度が高いものです。

 ただ、熱で汚れを焼切る脱臭方式ではないので、経年変化で弱くなります。また、高速で回し続けるサーキュレーターで、どれほど効果が得られるかについても、情報が少ないです。

 いずれにしても、こちらには温度センサーも付かないので、個人的には、温度センサー付きモデルをオススメします。


 201811251117.jpg

 21・ツインバード 3Dサーキュレーター KJ-D997B
  ¥6,200 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:14畳程度(強い)
風速調節:3段階
左右首振り:80度
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:60db(強風時)
リモコン:未付属

  KJ-D997Bは、ツインバード工業が発売するサーキュレーターです。大砲型のユニークな形状です。

 201804191459.jpg

 風量は、明確な適応畳数の表示はありませんが、パワーから判断するとリビング用として十分な風力です。

 角度調整は、上下について、55度、72.5度、90度の3つの角度での固定が可能です。比較的安価ですが、90度固定できる機種です。

 201804191500.jpg

 自動首振り機能も、対応です。アイリスオーヤマ同様に、上下左右同時の立体首振り対応です。

 風速切替は、3段段階切替と普通であり、リズム風には非対応です。

 静音性は、アイリスオーヤマとことなりDCモーター採用ではないため、あまり期待できないでしょう。60デシベルという数値が開示されます。。

 リモコンは、未付属となります。

----

 以上、ツインバード工業のKJ-D997Bの紹介でした。

 3D立体首振り機能は魅力です。ただ、騒音値の悪さやリモコンが付かない点は、上位機としてはネックでしょう。


  201808151450.jpg

 【2018年型】

 22・ドウシシャ kamomefan FKCS-231CD
  ¥16,200 楽天市場  
(4/14執筆時)

 【2016年型】(基本性能は同じ)

 22・ドウシシャ kamomefan FKCR-231CD
  ¥14,80
0 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:20畳程度(5枚羽根)
風速調節:無段階調節
左右首振り:84度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:14.9db(静か)
リモコン:付属

 こちらは、デザイン家電を販売するドウシシャのインテリアサーキュレータの「カモメファン」です。

 デザインは、本体のプラスチックの質感が良く、Macのような銀と白のコントラストのあるデザインです。

 ここまで紹介してきたサーキュレーターに比べると、モダンでスタイリッシュなデザインで、あきらかな高級感があります。

 201505191526.jpg

 風量は、この機種も明確な適応畳数の説明はないですが、リビング用として十分な風力があります。

 この製品は、羽根の形状に工夫があります。「カモメファン」の名前の由来ともなるカモメの羽根の形状を摸した5枚はねを採用します。

 ここまで紹介してきた機種はどれも3枚羽根でしたが、それに比べると、風の到達距離が長く、ムラのない直進風を生みます

  201505191529.jpg

 風は15メートルほど届くので、20畳程度のリビングでも風を循環させることができるでしょう。

 角度調整は、上に90度、下に10度まで調整が可能です。左右についても84度の幅で調整可能です。

 201804191510.jpg

 自動首振り機能も、搭載です。この機種も、左右だけではなく上下にも首振りします。

 静音性は、こちらは、その方面で定評があるDCモーター採用機種です。

 消費電力も低く、さらに他社よりも静音性が優秀です。最小14,9デシベルとリビング用としては業界最高クラスです。

 リモコンは、この機種には付属し、タイマー設定や首振り設定を制御可能です。 

  201611051648.jpg

 このほか、最近ドウシシャが力を入れている、二酸化塩素(クレベリン)による、ウイルスなどの除菌機能も搭載されます。

 6畳までの実空間での除菌効果が謳われますが、二酸化塩素については諸説あるところなので、「効いたら良いなというおまけ」と考えましょう。その部分を除いても、デザインも、性能が良い機種です。

---

 以上、ドウシシャのサーキュレーターの紹介でした。

 価格は高額ですが、上下の自動首振り機能の搭載や、独特のカモメファン、静音性で定評のあるDCモーターの採用と、1万円以下のサーキュレーターとは明確な機能差があります。

 ただし、価格はやや高めなので、不要機能を絞った廉価版の登場を期待したいところです。


  201804191514.jpg

  23・VORNADO サーキュレータ 660-JP
  24・VORNADO サーキュレータ 660-JP
    ¥14,380
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:35畳程度(強力)
風速調節;4段階
左右首振り:手動
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:51db(弱運転時)
リモコン:未付属

 660-JPは、、アメリカのサーキュレーターメーカーボルネードの製品です。

 同社は、サーキュレーターを初めて発売した会社です。

 201505191542.jpg

 デザインは、みたとおり、質実剛健な作りなので、固定ファンが多いメーカーでもあります。

 風量は、ドウシシャの「カモメファン」を超える25メートルの直進風を引き起こすことが可能です。 

 最大適応畳数は35畳までと圧倒的です。ただし6畳から利用できます。いずれにしても、1台のサーキュレーターでカバーするならば、この機種が良いと思います。

 なお、スペック的に言えば、最高14.86立方メートル/分というスペックです。これは、例えば、無印良品のサーキュレーターと同水準になります。しかし、日本メーカーは扇風機の計測法、米国メーカーはサーキュレーターの計測法を用いるため、実際は、ボルネードが圧倒しています。

 角度調整は、こちらは水平から90度までの調節が可能です。上向きにできる点は暖房時にも便利です。

 風速切替は、4段階で調整が可能です。

 201804191518.jpg

 自動首振り機能は、非搭載です。

 ただ、この機種は、強力な風で、壁の跳ね返り風を利用しつつ、「強引に」かくはんさせるコンセプトなので、一概にマイナスとは言えません。

 静音性は、静音・低消費電力のDCモーターは不採用です。さらに、スペック的にも弱運転でも51dbと全く期待できません。職場など、常に音がある環境に向く機種でしょう。

 リモコンも、付属しません。

----

 以上、ボルネードのサーキュレーターの紹介でした。

 圧倒的なパワフルさは、職場などの広い場所での利用に向くと思います。これに慣れると、他社の製品を使えない、とも言われる中毒性の高い製品ですね。

ーーー

  201804191521.jpg

 25・VORNADO サーキュレータ 360-JP
  ¥7,820 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 なお、最近になって、適応畳数14畳までの「廉価版ボルネード」がでました。

 ただし、風量は上位機の半分程度ですし、ボルネード特有の魅力も半減しています。選ぶならば上位機ですね。


 201808151500.jpg

 26・グリーンファンサーキュ EGF-3300-WK
  ¥18,750 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(14枚羽根)
風速調節:4段階
左右首振り:手動
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:付属

 EGF-3300-WKは、バルミューダデザインの発売する製品です。「グリーンファン・サーキュ」という固有名があります。

 201808151501.jpg

 なお、「バルミューダデザイン」は、日本の高級デザイン家電メーカーです。

 やや所得水準の高い階層を狙った高性能・好デザイン製品を出しており、その方面で人気です。

   201505191553.jpg

  後部の電源スイッチの部分を含めて隙の無いモダンなデザインです。使用されているプラスチックの質感も、白と黒のコントラストも所有欲をくすぐるワンランク上の仕様です。

 201505191556.jpg

 風量は、30畳までの対応と、ボルネードのサーキュレーターに近い強力さです。

 風の到達距離の点では15メートルです。つまり、ドウシシャの「カモメファン」と同等クラスです。ただ、羽根の枚数は14枚と非常に多く、風のパワーと、きめ細やかさはこちらの方が上のように思います。

 201505191559.jpg

 角度調整は、個おき種も、こちらは水平から90度までの調節が可能です。

 とくにこちらは、無段階で90度までどの場所でも固定できるのでかなり便利です。上向きにできる点は暖房時にも便利です。

 風速切替は、こちらも4段階で調整が可能です。

 自動首振り機能は一方で、上下左右共に非対応です。

 ボルネードと同様な発想で、強力な直進風を持つので、部屋の1カ所に固定で置いておけば問題ないという合理的発想なのだと思います。

 静音性は、ボルネードの場合、弱点でした。しかし、こちらは、静音性の高いDCモーターの採用で静音性も犠牲になっていません。風量に比して、静かだと言えます。

 リモコンも、付属します。

---

 以上、「グリーンファン・サーキュ」の紹介でした。

 風質や風量に定評のある製品で、かつ静音性も高いので、弱点らしい弱点がない機種だと思います。

 価格も、高級製品ではありますが、2万円を切っているので、実用性の上に、デザイン性を求める方にオススメしたい高級機です。


 201804191533.jpg

  [2017年モデル]

 【LED搭載】

  27・創風機 キュー F-BP25Z-N
  28・創風機 キュー F-BP25Z-R  
  29・創風機 キュー F-BP25Z-W
    ¥25,800
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 【LED非搭載】

  30・創風機 キュー F-BL25Z-R
    ¥25,800
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(ターボファン)
風速調節:4段階
左右首振り:手動
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:未付属

 創造風機キュー」は、パナソニックの発売する一風変わったサーキュレーターです。

 201804191541.jpg

 デザインは、みたとおり非常にユニークな形をしています。

 およそサーキュレーターとは思えない形状ですが、「格好良い」デザインです。

 パナソニックでもかなり「尖った」製品ですが、機能性とインテリア性はどの機種よりも高いです。直径25cmのコンパクトな球形です。

 201505191609.jpg

 風量は、明示されませんが、数値的に30畳までの対応と言って良いレベルです。

 実際、スペック的な風速は、毎秒17.8メートルとバルミューダ以上に強力です。

 風質についても、この機種は、後部から巻き込んだ風を、内蔵のターボファンで前に押し出す仕組みを採用するので、ムラのない直進風を発生可能です。

 サーキュレーター向きの風質と言えるでしょう。

 バルミューダやドウシシャの場合は、これを多数のプロペラを搭載することでムラの問題を解決しましたが、パナソニックパナソニックは根本的に通常のプロペラを辞めてしまった点が画期的です。

 201804191538.jpg

 リズム風機能も付属します。「f/1のゆらぎ風」というパナソニック独自のプログラムの風です。蓼科高原の風を分析し、自然風の再現を狙ったものです。

 角度調整は、形状的にお分かりの通り、360度自在に角度設定できます。

 風速切替は、こちらも5段階で調整が可能です。

 自動首振り機能は、一方で、上下左右共に非対応です。しかし、手動で360度好きな方向に送風口を向けられるので、「グリーファン・サキュ」以上に方向性の自在度はかなり高いと言えます。

 静音性は、静音・低消費電力のDCモーター採用のサーキュレーターですので、通常機よりも静音性は期待できます。

 リモコンは、意外ですが付属しません。ただし、切タイマーは本体に付属します。

---

 以上、パナソニックの「創造風機キュー」の紹介でした。

 価格は高いですが、サーキュレーターらしからぬ斬新なデザインで、小型で設置性も良く、しかも強力なサーキュレーターです。予算が許せば是非購入したい商品です。

 201705081610.jpg

 なお、今回の2017年モデルからは、LED照明としての機能が付属しました

 青系とオレンジ系のやわらかな間接照明のような光が出せます。


  201804191542.jpg

  31・創風機 キュー F-BP25T-R
  31・創風機 キュー F-BP25T-W
  31・創風機 キュー F-BP25T-N
    ¥35,800 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(ターボファン)
風速調節:4段階
左右首振り:最大180度
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:未付属

  F-BP25Tは、パナソニックの「キュー」の2017年の新上位モデルです。


  201608051904.jpg

 先ほどの機種と同じ形状で、能力も同じ製品です。

 ただ、下部に取り外しできる台座が付属しており、これを使うことで、首振り機能が利用できます。360度回転のほか、60,90,120,180どの角度で首振りできます。

  201808151456.jpg

 首振りスタンド ブラック F-ZM25T
  ¥15,548 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 ただし、台座は別売で買えるので、下位機種を買ったあと、欲しくなってから付け足すことも可能です。なお、一世代古い2016年モデルでも取付可能です。

今回の結論
最新のサーキュレーターのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今日は、最新のサーキュレーターを紹介してきました。

 高い機種から安い機種まで紹介したので、最後に、目的別、予算別にAtlasのオススメ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、8畳程度の部屋まで利用できる実用性が高いサーキュレーターとしては、

  201808151459.jpg

 【リモコン・タイマーあり】

 5・アイリスオーヤマ 静音 PCF-C15T
  ¥5,932 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:8畳まで
風速調節:3段階
左右首振り:90度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:35db(静か)
リモコン:付属

1・パワフルさ ★★★★☆
2・静音性   ★★★★★
3・省エネ性  ★★★★★
4・デザイン  ★★★★☆  
5・総合評価  ★★★★☆

 アイリスオーヤマの8畳用のサーキュレーターPCF-C15T が良いでしょう。

 201505191104.jpg 

 標準的な三枚羽根のモデルですが、上下左右の自動首振り機能(3D立体首振り)がつき、それによる強力かくはんモードが利用できます。

 そのため、この機能を利用する場合、1万円以上の直進風の強いタイプに準じる効果を期待できます。また、切タイマー搭載も利便性が高いでしょう。

 より安い機種もあります。

 しかし、低機能な機種を買って、エアコンの空気循環がうまくいかず、かえって電気代が高くなってしまったら元も子もないです。この程度の投資は必要でしょう。


 第2に、10畳以上の部屋での利用に向いた実用性が高いサーキュレーターとしては、

 201808151500.jpg

 26・グリーンファンサーキュ EGF-3300-WK
  ¥18,810 Amazon.co.jp
(4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(14枚羽根)
風速調節:4段階
左右首振り:手動
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:付属

1・パワフルさ ★★★★★★
2・静音性   ★★★★★
3・省エネ性  ★★★★★
4・デザイン  ★★★★★★
5・総合評価  ★★★★★

 バルミューダデザインの「グリーンファン・サーキュ」です。こちらもデザイン性と機能性とを高レベルでまとめ上げた名機だと思います。

 201808151501.jpg

 10畳以上での運用する場合、DCモーターを採用した機種の方が電気代的に優位です。

 5年間の電気代として考えるならば、ACモーターを採用した格安機種を買うよりも、トータルコストはこちらの方が安いでしょう。風量的にも十分で、性能的に限界を感じることもないでしょう。

 首振り機能はありませんが、広いリビングでの利用を前提とするならば、風量が強ければ首振りは必要ないと思います。

 デザイン性も高く、その点でも、オススメできる機種です。もちろん10畳以下の部屋で使っても問題ありません。

ーーーー

  201808151445.jpg

 20・YAMAZEN 静音 YAR-BD18(W)
  ¥9,212
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:14畳(強い)
風速調節:3段階
左右首振り:80度
上下首振り:3D立体首振り
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:付属

1・パワフルさ ★★★★★
2・静音性   ★★★★★
3・省エネ性  ★★★★★
4・デザイン  ★★★★☆  
5・総合評価  ★★★★☆

 ただ、価格を重視した場合は、同じくDCモーターを採用する山善の静音モデルが良いと思います。

 デザイン性も高いです。こちらは、ファンの工夫はありませんが、上下左右の自動首振り機能で、かくはん効果を高める作用が期待できます。

 なお、山善には、下位機種もありますが、温度センサーと静音モードが付属した上位機とあまり価格が変わらないので、在庫がある限りは、こちらが良いでしょう。


 第3に、高レベルな実用性の上に、デザイン性を兼ね備えた最上位機としてオススメなサーキュレーターは、

 201804191533.jpg

  [2017年モデル]

 【LED搭載】

  27・創風機 キュー F-BP25Z-N
  28・創風機 キュー F-BP25Z-R  
  29・創風機 キュー F-BP25Z-W
    ¥25,800
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

 【LED非搭載】

  30・創風機 キュー F-BL25Z-R
    ¥25,800
Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(ターボファン)
風速調節:4段階
左右首振り:手動
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:未付属

1・パワフルさ ★★★★★★
2・静音性   ★★★★★
3・省エネ性  ★★★★★
4・デザイン  ★★★★★★★
5・総合評価  ★★★★★★

 パナソニックの新発売のサーキュレーターの「創造風機キュー」でしょう。購入時の価格によっては、LED非搭載の2016年モデルで構いません。

 201804191541.jpg

 「グリーンファン・サーキュ」と迷いましたが、風のムラの問題を革新的な技術で根本的に解決した点を評価すればこちらの機種が良いと思います。

 核心的と言えるデザイン性だけではなく、風量や風質も上位で、また、360度どこにでも向けられる本体の機能性も素晴らしいと思います。

  DCモーター採用で、静音性や、省エネ性能も期待できますし、「買って後悔の無い」機種だと思います。

 なお、首振り機能の有無でどちらを選ぶかは難しい選択肢です。サーキュレータとしての「かくはん」のための利用ならば、「なし」でも良いかと思います。一方、複数の人が涼む目的ならば、必要でしょう。

 201804191542.jpg

  31・創風機 キュー F-BP25T-R
  31・創風機 キュー F-BP25T-W
  31・創風機 キュー F-BP25T-N
    ¥35,800 Amazon.co.jp (4/14執筆時)

風の強さ:30畳程度(ターボファン)
風速調節:4段階
左右首振り:最大180度
上下首振り:手動(上向き可)
静音性:DCモーター(静か)
リモコン:未付属

 その場合、上位機を選ぶと良いと思います。

補足:サーキュレーターの「周辺家電」

 というわけで、今日は、サーキュレーターの紹介でした。

 201804181538.jpg

 なお、ご家庭によっては、扇風機をサーキュレーター代わりにすると言うことも考えられるでしょう。

1・静音DCモーター扇風機
2・1万円前後の激安扇風機
ダイソンのエアマルチプライアー
4・タワー型のスリム扇風機

5・サーキュレーター

 そのような場合に向いた扇風機は、上記1番のリンク記事で特集しています。3D首振り対応機も紹介しています。

---

 最後になりましたが、もし、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは!

posted by Atlas at 19:12 | 扇風機

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png