2020年10月14日

比較2020'【高品質/安い】4K液晶モニター67機の性能とおすすめ(4)23.8インチ

【今回レビューする内容】2020年 小型23.8インチの4K液晶ディスプレイの価格・性能とおすすめ・選び方:23.8インチ 24インチ

【比較する製品型番】 LG 24UD58-B JAPANNEXT JN-IPS244UHDR LG UltraFine 4K Display HMUA2J/A

今回のお題
24インチの小型4K液晶モニターのおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2020年11月現在、最新のパソコン用高解像度モニターの比較です。

 201905201715.jpg

第1回・4Kモニター(27型)
第2回・4Kモニター(28型 31.5型)
第3回・4Kモニター(40型以上)
第4回・4Kモニター(23.8型)

 記事は、画面サイズ別に、4つに分けています。

 今回の4回目記事では、24型(23.8インチ)のPC用小型4Kモニターを紹介します。

 なお、1回目記事には、基本的な選び方についての情報があります。

 検索エンジンから来ていただいた方は、【1回目記事】からお読みいただくとわかりやすいかと思います。

 よろしくお願いします。

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 というわけで、以下では、各社のモニターを一機ずつ比較していきます。

 そして、最後の「結論」では、上表のような観点から、「Atlasのオススメ機種」を提案していきます。

1・24型の4Kモニターの比較

 では、具体的な機種の紹介です。

 4K用は中大型モニターが主流なので、このサイズの小型機は、驚くほどに販売点数がないです。

 そのため、現行機種を全機種紹介しています。

--

 なお、以下では、イマイチな部分は青字で、高評価できる部分は赤字で、本文を書いていきます。


 201808141152.jpg

 【2016年】

 65・LGエレクトロニクス 24UD58-B
  ¥31,936 Amazon.co.jp (10/14執筆時)

解像度:4K(3840×2160)
輝度:250cd/m2
液晶方式:IPS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:  
接続端子:HDMI2.0x2 DisplayPortx1
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー: 非搭載
保証期間:3年

 24UD58-B は、LG23.8インチ4Kモニターです。

 同社はいくつかシリーズがありますが、こちらは、最も価格の安いラインです。


 201804111512.jpg

 解像度は、もちろん4K画質です。

 202010141841.jpg

 液晶の品質は、視野角が広く目に優しいIPS液晶を採用している点で高いです。

 4K液晶モニターは、TN液晶という視野角の狭い格安液晶を使う場合も見られます。

 しかし、高級液晶テレビ同様のIPS液晶を使うこちらのモニターは、目の疲れの予防に高い性能を期待できます。

 液晶の輝度は、250cd/m2です。

 最近の水準からすると、やや低めです。

 輝度は、動画の品質にも影響する部分ですので、この点はネックです。

 ただ、書類仕事用は輝度が不要ですし、(無理に輝度を上げた製品は)十分に輝度が落とせず、書類仕事において目が疲れる使場合があります。

 そのため、この部分は、用途によっては欠点とも言えません。

 少なくとも、ビジネス用と考えれば、これでも良いでしょう。

 応答速度は、逆に、オーバードライブ時に5ms(GTG)です。

 ゲーム向きののモニターではないですが、動きのある動画への対応力があるでしょう。

 202010141842.jpg

 画質調整機能は、LGはテレビメーカーでもあるので、それなりに充実します。

 黒表現を強化する、ブラックスタビライザーや、超解像技術も採用です。

 その上で、最近のPCモニターの標準装備となってきた、フリッカー対策機能や、ブルーライトカット機能も付属です。

 202007031041.jpg

 HDRは、非対応です。

 HDR(ハイダイナミックレンジ)は、ゲームや動画コンテンツで輝度ピークをあげることのできる新技術です。TVでは標準採用となりつつあります。 

 ただ、「格安パネル」の場合、輝度ピークを無理にあげると、目の優しさの部分が犠牲になるので、(対応するゲームをするなどでない限り)必須でもないです。

 202010141846.jpg

 接続端子は、HDMIが2つと DisplayPortという構成です。

 両ケーブルも付属するのも嬉しい部分です。

 HDCP2.2にも、対応です。

 対応しない場合、4KTVとしての利用に(著作権的に)制限がかかりますが、こちらは問題ない仕様です。

 202010141844.jpg

 スタンドの品質は、その一方で、イマイチと言えます。

 本機の場合、前後チルト(角度の調整)のみ対応だからです。

 モニターの高さや左右の向きの調整に対応できません。小型モニターで高さ調整機能がないのは、目の疲れやすさの面では「致命的」です。

 幸い、VESA規格に対応するため、【モニターアームの比較記事】で紹介したような高性能品に交換することはできます。

---

 以上、LG23.8インチモデルの紹介でした。

 小型の4Kモニターはラインナップがかなり少ないです。というより、自社工場で製造ができる大手の製品は、これくらいしかないです。

 その点で言えば本機は、貴重な存在です。ただ、モニターアームは交換した方が良いでしょう。


 201908261705.jpg

 【2019年】

 66・JAPANNEXT JN-IPS244UHDR
  ¥30,770 楽天市場 (10/14執筆時)

解像度:4K(3840×2160)
輝度:300cd/m2
液晶方式:AAS ノングレア
コントラスト比:1,000:1
応答速度:5ms(GTG)
HDR:  
接続端子:HDMIx2 DisplayPortx2
スタンド:上下チルト【VESA100mm】
スピーカー: 非搭載    
保証期間:1年

 JN-IPS244UHDRは、JAPANNEXTが販売する、24インチの格安4Kディスプレイです。

 同社は、工場を持たないファブレス企業で、中国の協力企業に生産を依頼しています。

 ただし、安さの分、サポートや保証期間は大手ほど期待できないため、その部分を「分かった」人が選ぶべき製品です。

 液晶の品質は、AAS液晶です。

 珍しいタイプですが、台湾のInnoluxが製造するIPS式液晶です。

 JAPANNEXTは、IPS-AASという表記で書いています。

 権利の関係でIPSを名乗れないのですが、表示品質はIPSと同等です。ただ、信頼性の部分では及ばないので、調達価格の安さからの採用でしょう。

 ただし、HDRは、非対応です。

 応答速度は、オーバードライブ時5msで、輝度は、300cd/m2です。

 HDRは、非対応です。

 201905201810.jpg

 画質調整機能は、取り立てて目立ちません。

 FPSゲーム用の3つの画質調整モードを持つのは強調できます。

 フリッカーセーフブルーライト軽減モードなど、基本は抑えているので、画像処理面で、明確に劣る部分はなさそうです。

 接続端子は、HDMIが2つと DisplayPortという構成です。

 HDCP2.2にも、対応です。 

 保証期間は、しかしながら、1年のみです。このあたりは、最近のモニターと比較して劣ります。

---

 以上、JN-IPS244UHDRの紹介でした。

 4Kの場合、IPSパネル製造元のLGエレクトロニクスが、「格安製品」の基準となりますが、それに較べて「数千円安い」点が、同社の訴求力でしょう。

 ただ、サードパーティ製の液晶パネルを使用する点は問題ないにせよ、保証期間の短さがネックです。

 液晶パネルの場合、ドット欠けや色ムラに象徴されるよう、個体ごと品質の差(=不良数)がPC製品としては多いです。そのため、保証期間の長さが「品質の良さ」を裏打ちする部分があります。

 その点を考えると、リスクを避ける意味でも、初心者は避けた方が良いでしょう。


 201710091724.jpg

 【23.7インチ】4989027015852

 67・LG UltraFine 4K Display 24MD4KL-B
  ¥86,980 楽天市場 (10/14執筆時)

解像度:4K(3840×2160)
輝度:540cd/m2
液晶方式:IPS グレア
コントラスト比:1,200:1
応答速度:14ms (GTG)
HDR:
接続端子:Thunderbolt3 x1
スタンド:上下高さ【VESA100mm】
スピーカー:内蔵(5w×2)
保証期間:3年

 LG UltraFine 4K Displayは、LGから発売されているモニターです。

 サイズは、23.7インチです。

 2019年5月に(同じ名前で)「密かに更新」され、2代目になりました。

 また、これまでは、Apple直販限定でしたが、後述するApple直販の6K対応「Pro Display XDR」の発表に前後して、一般的なデンキヤでも販売が始まりました。

  201804111607.jpg

 液晶の品質は、本機も、IPS液晶です。

 4K解像度ですが、画面が500cd/m2と輝度が高い点が「特徴」です。

 おそらく、LEDの工夫による広色域化がなされていると思われます。

 ただし、グレア液晶(光沢)です。もちろん、低反射加工(Low reflective treatment)ですが、蒸着技術を駆使したiMac系とは異なります。

 応答速度は、画面サイズを考慮しても14msとかなり遅いです。

 HDRは、機能として持ちません。

 画質調整機能は、旧機種のApple Thunderbolt Displayの場合、Macに最適化された調整がなされていました。

 しかし、こちらについては、他社製ということでそのような表記はありません。

 画質に関わる調整機能は他モデルに較べると少ないと言えます。機能的には画面分割機能が目立つ程度です。

 201804111609.jpg

 接続端子は、注意が必要です。

 というのも、こちらは、接続ポートに、Thunderbolt 3 (USB-C) を搭載した製品であるからです。また、Thunderbolt3のないMacMiniについては、動作が保証されないことになります。

 また、Windows系でもUSB-Cとして互換性がありますが、あくまでMac専用として開発されたものであり、Windows系での動作保証はありません

 実際、画面サイズや、前面カメラとスピーカーが内蔵される点も、Appleの一体型PCであるiMacに準じています。

 HDCP2.2は、対応を明記しません。

  201804111604.jpg

 スタンドの品質は、こちらの場合、上下の角度と、高さ調節に対応します。iMacと比べると自由度は高いです。

 一方、便利そうな部分は、USB-PDに対応する(出力専用)USB-C端子が3つ付属すること、チャット用カメラが付属することです。このあたりは、Mac用を意識しています。

---

 以上、LG UltraFine Displayの紹介でした。

 Macユーザーで、5Kを狙う場合はこの機種が選択肢になるでしょうが、画面サイズ比で考えると価格が値頃とは言えません

次回に続く!
おすすめの4K/5K液晶モニターは、結論的にこれ!

 というわけで、今回の前編記事では、PC用の4K 5Kディスプレイについて書いてきました。

 記事はもう少し続きます。

  201804111945.jpg

第1回・4Kモニター(27型)
第2回・4Kモニター(28型 31.5型)
第3回・4Kモニター(40型以上)
第4回・4Kモニター(23.8型)
第5回・おすすめの4Kモニター 【結論】

1・液晶パネルの品質 ★★★★★
2・スタンドの性能  ★★★★★
3・動画ゲーム対応  ★★★★★
4・品質保証     ★★★★★
5・総合評価     ★★★★★

 続く5回目記事(こちら)では、最後に、「まとめ」として、ここまで紹介した全てのモデルから、予算別・目的別のAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 引き続き、よろしくお願いします。

 5回目記事は→こちら

---

 今回の記事がもし皆さんのお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。
posted by Atlas at 20:19 | PC用液晶モニター

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png