2019年09月10日

比較2019’ 明るい!LEDシーリングライト45機の性能とおすすめ・選び方 (ceiling lights-1)

【今回レビューする製品】2019年 LEDシーリングライトの価格・性能とおすすめ:小部屋8畳用〜リビング用):東芝 日立 NEC パナソニック アイリスオーヤマ:1人暮らし ホームシアター用照明 目に優しい 目が疲れないシーリングライトの違いと性能ランキング:6畳・8畳・10畳・12畳・14畳も対応!

【比較する製品型番】HLDZ08203 HLDZ08209 LEDH81480-LC LEDH81379NW-LD LSEB1116 LSEB1109 LSEB1070K LSEB1069K HH-CD0820AZ CL8D-5.0 CL8DL-5.0 HLDC08203 HLDC08208 HLDC08202 HLDCB08100SG HLDC08211SG HLDCKB0899SG HH-CE0844A HH-CD0862A HH-CE0832A HH-CE0880A HH-CD0889A HH-XCD0883A HH-CE0885A HH-CC0885A HH-XCD0888A HH-CD0898A LEDH81718X-LC LEC-AHS810P LEC-AH800P CL8D-6.0UAIT CL8DL-6.0UAIT HH-CD0870A HH-CD0871A

今回のお題
電気代と目に「優しい」LEDシーリングライトのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。 

 今日は、2019年9現在、最新のLEDシーリングライト比較します。

 201909101802.jpg

 リビング向きの製品や、小部屋・寝室向きの製品など、サイズと用途に合わせて(各サイズ)40機種以上紹介しています。

 とくに、「目への優しさ」については、Atlas自身、かなり「こだわり」があるので、明るさや演色性にこだわって比較しました。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・今回の記事の構成

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10畳 12畳用LEDシーリングライト
3・14畳 20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風のシーリングライト

 LEDシーリングライトは、各社のシリーズ単位で見ても、販売点数がかなり多いです。

 そのため、1記事で全機種を紹介するのは「無謀」といえます。

 そのため、このブログでは、適応畳数などから、上表のように5つの記事に分けてあります。

 今回は1番の記事です。

 デンキヤで最も「売れ筋」である、8畳向けのLEDシーリングライトを紹介します。

  201808261031.jpg

 なお、規格的にはこれより小さい【6畳用シーリングライトの比較記事】もあります。

 (普段あまり利用されない)小部屋用ならば、それでも良いでしょう。

 しかし、6畳用は、セール目的の格安品が主で、「明るく、高性能なモデルがない」です。

 また、LEDは10年寿命ですが、経年変化で暗くなっていきます。各社の適応畳数自体も、20代の「目の良い」人に合わせた指標です。

--

 結論的に言えば、明るさ重視・性能重視・省エネ重視なら、(小部屋でも)8畳用を「おすすめ」します。

 6畳用と8畳用とはさほど値段が変わらず、それでいて2割明るいですから。

 本体サイズ(直径)も8畳用と同じです。

 201808261525.jpg

 そのほか、【10畳/12畳以上用のLEDシーリングライト】や【和風のLEDシーリングライト】は別記事になります。恐れ入りますが、それぞれ、上表のリンク先の記事をご覧ください。

2・シーリングライトの選び方の基本

 先述のように、今回は、シーリングライトについて、「目への優しさ」という観点にとくにこだわって比較します。

 具体的に派、「目への優しさ」という観点について、以下の3要素を重視しています。

1・明るさ(ルーメン)

 201805020945.jpg

 第1に、最大照度(明るさ)です。

 最近はテレビやパソコンなど、反射して自分の顔が映し出される光沢モデルが非常に多いです。

 その対処には、できるだけ最大照度の高いシーリングライトを導入することが大切です。

 なお、LEDは10年ほど光源が保ちますが、それでも照度は経年変化で落ちていきます。

 また、いざ買ってみて暗すぎた場合はどうにもならないことを考えれば、使用する畳数と同じか、1段階広い適応畳数を持つシーリングライトを購入したいものです。

2・色調の調整機能(調色)

 201805020946.jpg

 第2に 色の調整機能(調色)です。

 電球色と蛍光灯色(昼白色・昼光色)に調色できる点を重視します。

 なぜなら、夜間は電球色に調色できた方が「疲れた目に優しく」、昼間は、昼白色のほうが活動しやすいからです。

3・色の鮮やかさ(演色値:Ra指数)

 201608021323.jpg

 第3に 色の鮮やかさ(Rs指数)です。

 光源や認知科学にかんする研究成果によれば、目に優しい光の理想は、「太陽光に近い」色合いのライトです。

 シーリングライトの場合、白球色(昼光色・昼白色)での演色評価指数(Ra指数)が、太陽の光(Ra100)に近い方が目に優しいと言えます。

 最近は各メーカーも演色値を公開しますが、特に、読書をされる方は、この部分のスペックを重視すると満足度が高いです。

ーー

 img-kantan.jpeg

 というわけで、具体的な製品の比較をはじめます。 

 なお、以下で紹介する機種については、天井に引っかけコンセントがあればどの家庭でも設置できます

3・比較的低価格なシーリングライト

 では、レビューを始めましょう。

 はじめに紹介するのは実売価格で1万円前後までの比較的安いシーリングライトです。

 なお、以下では、Atlasがオススメできるポイントは赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


 201906071729.jpg

 【2018】【8畳】

 1・NEC LIFELED'S HLDZ08203
  ¥4,829 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(35W )
直径:45/48 cm
調光:無段階調光
調色:昼白色のみ
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 HLDZ08203は、NECのシーリングライトを紹介します。

 こちらは、値段が手頃なために、東芝と共に、日本のデンキヤさんで最も売れている機種です。NECのLEDシーリングライトは、低価格で人気のあるモデルが多いです。 

 2018年モデルからは、定期的に明かりを付ける「防犯機能」も付属しました。

 明るさは、4299ルーメン明るいです。演色値についてもRa85をキープしており、ある程度目にも優しいでしょう。

 調光(明るさ調整)は、どのモデルも無段階での連続調光が可能です。

 調色(色の調整)は、いずれのモデルも、昼白色のみで、オレンジ系の電球色に調色できないタイプです。

 201512211725.jpg

 なお、NECのシーリングライトは、丸形蛍光灯と似た配置にしています。

 そのため、従来の蛍光管似た光の感じが得られる点で人気です。

 ただし、蛍光管と同じく、中心部の光が多少弱く光が部屋に均一に広がりにくいという弱点がありました。

 しかし、モデルチェンジで「マルチ拡散カバー」が採用されました。これにより光が従来より広範囲に広がりやすくなっています。

---

 以上、NECのシーリングライトの紹介でした。

 電球色への調光ができない点は残念ですが、1万円以下の機種としては明るいモデルで、「お買得」だと思います。

ーーー

 201808261004.jpg

 【8畳】

 2・NEC LIFELED'S HLDZ08209
  ¥4,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(31W )
直径:46.4 cm

 なお、このシリーズについては、Amazon限定で売られている姉妹機もあります。

 ただし、スペックをご覧になると分かるように、ルーメン値が低い廉価版です。明るさが落ちますので注意しましょう


  201808261023.jpg

 【8畳】【調光調色可能】

 3・東芝 E-CORE LEDH81480-LC
  ¥6,350 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(35.8W )
直径:50cm

 【8畳】【調光のみ】

 4・東芝 E-CORE LEDH81379NW-LD
  ¥5,880 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(28.3W )
直径:50cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 東芝の LEDH80480-LC は、東芝の2018年モデルのシーリングライトです。

 1つ上で紹介したNECの製品とスペックが似通った製品です。

 明るさは、4299ルーメンと、NECのシーリングライトと同じです。

 ただし、昼白色固定で【調光のみ】可能な下位機は、最大光量よりやや暗めです。

 演色値Ra85と同じです。

 調光(明るさ調整)については、この製品は段階がない連続超高に対応します。

 さらに、この機種については、6段階の常夜灯の調光ができる点が珍しい部分です。

 調色は、上位機のみ対応し、電球色と昼光色の双方に色を切り替えることができます。

---

 以上、東芝のシーリングライトの紹介でした。

 NECのシーリングライトと似通った機種です。

 そのなかでも、オリジナルな点として常夜灯の調光に対応する点が「違い」です。一方、省エネ性は、NECの方がわずかに良いので、電気代を重視するならばNECでしょう。


  201808261031.jpg

 【2019年発売開始】

 【8畳用】【調光対応】

 5・パナソニック LSEB1116
  ¥6,742 楽天市場 (9/10執筆時)

  【8畳用】【調光・調色対応】

 6・パナソニック LSEB1109
  ¥7,013 楽天市場 (9/10執筆時)

 【2017年発売開始】

 【8畳用】【調光対応】

 7・パナソニック LSEB1070K
  ¥6,336 楽天市場 (9/10執筆時)

  【8畳用】【調光・調色対応】

 8・パナソニック LSEB1069K
  ¥6,820 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(30.8W/31.1W
直径:50cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックEVERLEDSシリーズの低価格帯のシーリングライトです。

 このグレードは、パナソニックはデンキヤルートでは売らず、工務店ルートでのみ流通しています。

 【旧製品】が一部あります。新機種はほんの少し(1W未満)だけ省エネになっています。

 201401031846.jpg

 明るさは、いずれの機種も4299ルーメンとなります。

 NECと同じで、畳数あたりに認められた最大の明るさです。また、商品電力が明るさに比して低いとも言えます。

 また、中心部までの明るさはパナソニックの「売り」の1つで、むらなく明るい光が得やすいでしょう。

 調光(明るさ調整)については、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も6段階で調光できます。

 201808261035.jpg

 調色(色の調整)は、【調色対応】とある上位モデルのみ対応します。

 そちらは、電球色と昼光色の双方に色を切り替えることができます。

  201504061602.jpg

 さらに調色対応モデルは、「全灯」ボタンで、6200Kの「文字くっきり光(昼光色)」に調色できます。新聞や本をよく読む方には最適です。

 演色値はRa83なので、他社よりわずかに落ちます

---

 以上、パナソニックの低価格機の紹介でした。十分な明るさを持ちつつ、消費電力は低い機種です。

 光熱費も含めて考えた場合、これらの機種は、省エネ性の面で非常に優秀でしょう。

ーーー

  201808261057.jpg 

 【2018年】【Amazon限定】

 【8畳用】【調光・調色対応】

  9・パナソニック HH-CD0820AZ
  ¥7,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(31.1W )
直径:50cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 なお、パナソニックからは、同じ直径の製品で、【Amazon限定】に型番を変えたお買得モデルもあります。

 こちらも、調色に対応します。「文字くっきり光」も「全灯」ボタンで出せます。

 201808261115.jpg

 その上で、Amazonモデルだけの「特典」として、掃除の上では、帯電防止剤と撥水コートを付したキレイコートが搭載されるため、この部分に魅力を感じる方はこちらでも良いと思います。


 201808261042.jpg

 【8畳】

 10・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL8D-5.0
  ¥4,838 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【8畳】【調色対応】

 11・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL8DL-5.0
  ¥5,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4000ルーメン(40W )
直径:45cm
調色:昼白色のみ
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

 続いて、アイリスオーヤマのシーリングライトです。

 ホームセンターで有名な家電メーカーですが、とくに「お買得」な価格帯について、この分野でのシャープの撤退に呼応する形でシェアを伸ばしている会社です。

 こちらは、調色できるタイプと電球色に調色できないタイプに分かれます。価格差はほとんどないですね。

 明るさは、が4000ルーメンと、同じ8畳用の他社機と較べた場合、他社よりも多少暗いです。また、演色値にもRa80と、近年の他社水準よりもかなり劣ります。

 消費電力も、同じ明るさに比して、他社よりも効率が悪いですね。

 調光(明るさ調整)については、段階調光ながら10段階の調光と、それなりに細かく調光できるのが魅力です。

 201805020957.jpg

 調色(色の調整)は、【調色対応】と書いてある機種については、オレンジ系の電球色も出せる機種です。

---

 以上、アイリスオーヤマのシーリングライトの紹介でした。

 価格重視で選ぶとするとこの機種は魅力です。

 とくに、調色できるタイプは、この価格では同社だけです。

 ただ、その一方で、適応畳数・消費電力を基準に選ぶと、格安機として較べてもスペックが落ちるのが難点ですね。ただ「新興勢力」なので、次期モデル以降に期待でしょうね。


 201805021005.jpg

 【2018】

 【8畳・枠なし】

 12・NEC LIFELED’S HLDC08203
  ¥7,277 楽天市場 (9/10執筆時)

 【8畳・枠なし】【留守タイマー付】

 13・NEC LIFELED’S HLDC08208
  ¥6,909 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(37W/35W )
直径:45.8cm/46.5cm

 【8畳・枠付き】

 14・NEC LIFELED’S HLDC08202
  
¥9,082 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(37W )
直径:47.4cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、NECのライフレッズシリーズの中位機種です。

 201812141531.jpg

 3機種あります。いずれも、枠飾りの有無と(留守中に一定間隔で明かりを付ける)防犯用の留守タイマーが主な違いです。グレードは同じです。

 いずれの機種も連続調光に対応し、また、昼光色と電球色の調色に対応します。

 明るさは、4299ルーメンと、こちらは業界平均をクリアしており明るいです。

 演色値Ra85をキープしており、ある程度目にも優しいでしょう。

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能で、機能性は高いと言えます。またこのグレードからは、常夜灯も7段階で調光できます。

 調色(色の調整)は、こちらも対応であり、昼白色のほか、オレンジ系の電球色も出せる機種です。

----

 以上、NECのシーリングライトの上位機種の紹介でした。

 調色ができるほか、常夜灯も調光できる点が魅力ですね。価格面での値頃感のある製品だとも思います。

4・高性能なシーリングライトの比較

 続いて、各社のハイグレードタイプのLEDシーリングライトを比較します。

 なお、低価格なシーリングライトは、直径50cm前後でした。しかし、高機能モデルの一部は、平均60cmほどで、明るさの広がりが良いです。

 ただし、70cmを超えてくる機種については、この記事に記載している「直径」のデータを注視し、違和感がないか、あらかじめ設置場所の寸法を測りましょう。 


  201711130918.jpg

 【2017年】【8畳】

 15・NEC LIFELED'S HLDCB08100SG
  ¥9,980
楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(29W )
直径:56cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、NECLIFELED’Sシリーズの上位ラインとなる「快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」です。

 明るさは、4299ルーメンと下位機種と同じです。ただし、消費電力29Wなので、1割ほど安いですね。

 201805021033.jpg

 調光(明るさ調整)は、こちらも無段階での連続調光が可能で、常夜灯も7段階で調光できます。

 ただし、昼光色と昼白色での最大光量のほか、電球色点灯時も大光量を保証している点が、この機種の「売り」です。

 とくに、他社を含めて、電球色の最大光量を考慮に入れた機種はなく、この機種の見所です。

 201711130942.jpg

 調色(色の調整)は、対応で5種類のパターンから選択可能です。

 さらに、こちらは、「快適あかりモード」の搭載し、時間に合わせて自動的に「昼光色」「昼白色」「光量」を調整する機能も付きます。

 201512211734.jpg

 常夜灯の部分では、こちらは、「ホタルック」という機能があります。

 これは、急な停電時や消灯後のしばらくの間、蓄電してある電力を使って数分間青系のほのかな明かりを点灯し続ける機能です。蛍光管でもNECのモデルには蛍光塗料を使った同等の機能がありましたが、それを応用したものです。

---

 以上、NECLIFELED’Sシリーズの「快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」の紹介でした。

 電球色の光量が強いので、普段この色を利用する場合には良いでしょう。

 一方、快適あかりモードも、面白い機能ですが、ユーザーによるプログラミングの変更が利かない点と、光量については、部屋の外光を感知できる「明るさセンサー」を搭載しないため、使い勝手の部分で改良の余地はありそうです。

 発想はユニークですが、もう少し「進化」を待ちたい機種ですね。

ーーー

 201903101230.jpg

 【2018年】【8畳】

 16・NEC LIFELED'S HLDC08211SG
  ¥9,921 楽天市場 (9/10執筆時)

 なお、2018年末に、「快適あかりシーリング(スタンダードモデル)」が追加販売されました。これは、上述のモデルの下位機種で、昼白色で最大光量にならない機種です。

 発売時期の関係で、値段的な魅力ないですし、選択肢にせずとも良い機種です。


 201812141537.jpg

 【2018年】【8畳】

 17・NEC LIFELED’S HLDCKB0899SG
  ¥19,800 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(30.5W )
直径:66cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 HLDCKB0899SGは、NECLIFELED’Sシリーズの最上位ラインとなる「GRAND QUALITY」シリーズの製品です。

 201812141540.jpg

 明るさは、快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」と同じ性能です。

 ただ、この機種から、ワイドアングルシステムという新しいLED配置になっているので、NECの下位機種で不評だった明るさのムラについては、完全に解決されます。

 201812141539.jpg

 その他は、基本的には、「快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」と同じ性能ですが、震の際に自動的に全灯する、「感震センサ」が付属する機種です。

 その他の部分では、同じ性能になります。

---

  以上、NECのHLDCKB0899SGの紹介でした。

 NECだけで比べれば「これ以上ない」機種です。

 一方、他社の上位機と比較する場合、感震センサーの搭載が見所でしょう。ホタルック機能を含め、災害対策という意味では、NECは優秀で、選ぶべき意味があると言えます。


 201909101830.jpg

 【2019年】

 【8畳用】

 18・パナソニック HH-CE0844A
  ¥20,860 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(26.8W)
直径:60cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックシーリングライトの「スタンダードモデル」です。

 実際にはより安い機種があるのですが、そちらは、デンキヤなどの特売用か、住設ルートの製品かなので、カタログ上の入門機となるのは、こちらです。

 201909101832.jpg

 2019年に登場した新形状モデルで、LEDの配置と配光の見直しで、シーリングライトにつきものの「出っ張り」9cmまで削った「スマートな」機種です。

 従来、他社を含めて、この部分に注目した機種はあまりなかったので、割と貴重です。 

 明るさは、4299ルーメンです。業界基準で許される最大の明るさをキープしています。

 その上で、消費電力が、26.8Wと相当優秀であり、「明るさと省エネの両立」は、さすがに「最新のハイグレード機」といえます。

 201909101838.jpg

 一方、「裏技」的ですが、全灯ボタンを長押しすることで、全灯時の1.3倍の明るさに調光可能です。

 これによりJIS基準で定められた畳数当たりの最大光量を越えて明るくできます。

 こうした「オーバーブースト」は日立が先行していて、そちらは1.2倍です。

 後発の利点で、パナソニックは、それよりも明るくしてきました。

 調光(明るさ調整)については、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も6段階で調光できます。

 201504061602.jpg

 調色(色の調整)は、こちらも対応です。

 こちらも昼光色がだせるモデルで、全灯ボタンを選択した際に6200Kの文字くっきり光を自動調光できる仕様です。

 コントラスト感を高めることができるため、文字が読みやすい光です。書斎には最適でしょう。

 なお、下位機種でも「文字くっきり光」は出せますが、リモコンでの調光操作が必要です。

 しかし、このグレード以上の場合は、「全灯ボタン」が文字に最適化されているため、ワンタッチでその光が出せます。

 201909101718.jpg

 掃除の手軽さも「売り」です。

 リングのカバーに帯電防止加工と撥水加工がなされた、手入れがしやすい「キレイコート」が成されている点です。

 シーリングライトは意外とゴミが溜まりやすく汚れやすい(油が付く)ため、このような加工が成されるのはメリット性が高いです。

 201909101716.jpg

 そのほか、パナソニックは、2019年機から、薄さの見直しを行いました。

 天井から9cmで収まるので、見映えが良いです。

---

 以上、パナソニックの上位機種の紹介でした。

 多少高いですが、調光・調色・省電力性能において、ワンランク上の実力を見せています。

 なお、オーバーブーストの部分も、1.3倍と、後ほど紹介する日立機より明るいですが、この部分に期待する方は、多少仕組みが異なるため、日立機と比較することは重要でしょう。

ーーー

 201909102100.jpg

 【2019年】

 【8畳用】

 19・パナソニック HH-CE0823A
  ¥17,053 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(32W)
直径:50cm

 なお、この製品は、カタログにはない、スタンダードモデルの「廉価版」となります。

 直径が50cmと小さくなるため、「明るさアップ」が1.2倍までと落ちます。

 そのほか、消費電力がやや増えているほか、LEDの配置が旧式で、厚みがあります。

 値段差を考えても、選択肢にしなくて良いでしょう。


 201909101847.jpg

 【2019年】【8畳用】

 20・パナソニック HH-CE0832A
  ¥28,933 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4050ルーメン(26.8W )
直径:60.6cm
調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

  HH-CE0832Aは、一つ上で紹介した、スタンダードモデルの「変わり種」といえるモデルです。

 201812141149.jpg

 スタンダードモデルに比べて、落ち着いた感じの木調モデルが選べるため、デザイン重視の場合に人気です。

 明るさは、一方で、ルーメン値を見ると分かりますが、スタンダードモデルよりわずかに劣ります。

 中身のLED配置は、一つ上で紹介したスタンダードモデルと同様ですが、飾枠が付く分、明るさは(わずかですが)落ちるわけです。

 この部分は、デザインをとるか、明るさをとるかの選択です。ただ、さほど落ちるわけではない点は強調しておきます。

 201812141153.jpg

 ただし、この機種にも「明るさアップ」ボタンがあり、通常8畳用に認められている光量からブーストできます。ただ、その場合は33.7Wの消費電力となります。

 その他の部分は、「文字くっきり光」や「調色」を含めて、1つ上のスタンダードモデルと同じです。

 以上、パナソニックのHH-CE0832Aの紹介でした。

 デザイン性を考えた場合、Atlasとしても、「オススメ」したいモデルです。ただ、光量がやや落ちるので、機能性や電気代的な効率を考えた場合は、先ほどの機種が選択肢でしょう。


 201909101734.jpg

 【2019年】【上位機種】【8畳】

  21・Panasonic HH-CE0880A
  ¥33,900 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【上位機種】【8畳】

  21'・Panasonic HH-CD0880A
  ¥13,675 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(35.8W)
直径:60cm

 【2018年】【下位機種】【8畳】

  22・Panasonic HH-CD0889A
  ¥13,984 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(33.4W)
直径:54cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値: Ra 83(太陽をRa100とした場合)

 こちらも、パナソニックの製品ですが、AIR PANEL LED に属する上位機です。

 201909101728.jpg

 なお、上位モデルについては、2019年モデルが発表されました。

 下位機種の場合と同じで、発光面の見直しで、中心部の光源の「出っ張り」が引っ込んだのが進化です。

 201906071856.jpg

 2018年機までは、写真のように多少膨らみがありました。

 ただ、新機は、見栄えは良いですが、旧機の値段が爆発的に下がっています。

 選ぶならば、旧機でしょう。Atlasも旧機を持っていますが、特に違和感はなく、「普通に格好良い」です。

 201909101737.jpg

 かなり独特のフォルムをした製品です。

 明るさは、4299ルーメンです。最大光量であり、問題ないでしょう。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 もちろん、文字の視認性が良い「文字クッキリ色」に対応します。

 201909101736.jpg

 調色(色の調整)は、その一方でかなり特色があります。

 こちらの場合、外縁部・内周部だけ照射し、間接照明的にライトが使える点があげられます。

 この機能はパナソニックの力を入れている部分で、シアター用途になどに向くでしょう。一方、演色値はRa83と低く、光の鮮やかさは期待できない機種です。

 201906071856.jpg

 なお、【下位機種】とあるモデルは、「シンプルモデル」として売られている寝室向けです。

 ライトの直径が小さめ54cmであり、畳数の最大照度に届いていないほか、間接照明的な機能が省略され、上記2種類のライティングのみ対応です。

 また、上位機にある30分の自動消灯タイマーが、下位機には付属しません。

 消費電力については、一方、いずれも、やや特殊な形状のモデルのため、パナソニックの通常機に比べると、多少ながら劣ります。「趣味的」な機能があるので、これは仕方ないでしょう。

---

 以上、Panasonic AIR PANEL の紹介でした。

 これは、シアタールーム用・寝室用の照明として「売り出した」ものです。

 雰囲気のある光が出せるため、リラックスしたい部屋の設置に向くと言えます。デザイン性も良く、その点も買換同機になりそうです。


 170207-0002.png

【2019年1月発売】

【8畳】

 23・パナソニック HH-XCD0883A
  ¥27,009 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(38.3W)
直径:62cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯:<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックのLink Style LEDシリーズに属する製品です。上で紹介したPanasonic AIR PANELの改良版の新型です。

 201812141202.jpg  

 こちらはいわゆる「IOT家電」であり、Bluetoothを搭載します。そのため、スマホ(iPhone/Android)で明かりを設定可能です。

 一方、リモコン操作もBluetooth回線であり、赤外線リモコンではないです。

 そのため、初期設定にはスマホが「必須」です。また、(無線トラブルなど)いざという時に備えて、壁コンセントでの「入/切」ができる部屋用の製品です。

 明るさは、8畳用で4299ルーメンです。この点は先ほどと同じです。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品ですが、この部分も同じです。

 201805021128.jpg

 調色(色の調整)は、上で紹介したPanasonic AIR PANELと同質の間接照明的な明かりも出せる機種です。

 もちろん、普通の明かりや、「文字くっきり光」も出すことができます。

 201702070926.jpg

 フロアライト HH-XSB0001L
 
ラインライト HH-XSB0002L
  ¥4,204〜 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 特に面白いのは、こちらのシリーズのフロアライト・ラインライトと連動して、明かりをスマホやリモコンで調整できる点です。

 例えば、シアター設定をした場合、「シーリングを間接光に、ラインライトをオンに」など、ユーザーが決めた設定にワンボタンで設定できるのが強みです。

---

 以上、Link Style LEDの紹介でした。

 専門業者に依頼せずとも、かなり本格的なシアター照明が構築できる画期的なシステムでしょう。

 まさに「新時代の発想」といえますが、非常に面白い試みです。

 消費電力や明るさの優秀性を競う機種ではありませんが、こういった「遊び」の要素が強い機種も市場には必要で、確実にニーズがあるでしょう。


 201812141211.jpg

 【2019年】【8畳】

 24・パナソニック HH-CE0885A 【クリア】
  ¥37,900 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【8畳】

 24・パナソニック HH-CC0885A【クリア】
 25・
パナソニック HH-CC0886A【胡麻文様】
  ¥24,500 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(36.5W )
サイズ:55cm×55.6cm
調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 HH-CC0885Aは、パナソニックの角型パネルの製品です。

 新旧両機種ありますが、この機種については、型番のみの変更ですので、値段で決めて良いです。

 201812141411.jpg

 他社にない独特の形です。この機種の場合、光源は中央部にあり、左右のパネル(クリア色・ゴマ文様)の部分は、透明なプラスチックパネルです。

 とくに、クリア色の場合、天井の壁紙が透けて見えるため、おしゃれです。

 明るさは、8畳用で4299ルーメンです。角形ですが、照度は変わりません。

 調光(明るさ調整)は、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 201805021212.jpg

 調色(色の調整)は、昼光色・電球色に対応し、文字くっきり光も出せます。

 201812141216.jpg

 また、3パターンの発光パターンを組み合わせた調光に対応します。

 なお、左右のパネルの部分については、中央パネルの「パネル用LED」からの拡散光で照らされる仕組みです。間接照明的に広々照らせられるので、雰囲気があります。

 201812141219.jpg

 タイマーは、この機種のもうひとつの特長です。

 こちらの場合、「おまかせモード」で、時間帯による調光・調色に変化が付けられるため、時間によって自動で色合いを変化させることができます。マニュアルで時間調整なども可能です。

---

 以上、パナソニックのHH-CC0885Aの紹介でした。

 Atlasは、仕事部屋の隣の寝室(兼シアター)にこの系統の製品を配備しています。十分な光量がある上、天井反射の間接照明的に利用可能なので、昼に夜に便利に使っています。

 光の広がり方的に、(新聞を読むような)書斎・リビングには向きませんが、用途を考えて使う場合は、デザインを含めてとても良い製品です。

ーー

 201906071913.jpg

 【2019年2月発売】【8畳】

 【上位機種】【TV対応】

 26・パナソニック HH-XCD0888A
  ¥47,200 楽天市場 (9/10執筆時)

 【下位機種】【スマホ PC Macのみ】

 27・パナソニック HH-CD0898A
  ¥47,600 楽天市場 (9/10執筆時)

 なお、これらの製品には、リモコン操作にBluetoothを採用した姉妹品、LINK STYLE LED the Soundがあります。 

 201906071916.jpg

 一方、この機種は、スピーカーを搭載する点が「新コンセプト」です。

 201906071919.jpg

 【上位機種】は、テレビとのワイヤレス接続用の送信機が付属します。

 普通のBluetooth送信だと音がずれるため、遅延が起こらない専用のコーデック(Apt-X LL)に対応させるためです。

 【下位機種】は、あくまで、スマホなどからBluetoothで音楽を流せるだけの製品となります。

 搭載されるスピーカーは、10Wで3×9インチのバスレフ式スピーカーです。

 このブログの【Bluetoothスピーカーの比較記事】で書いた、一般的なスピーカーと比較はできない水準ですが、上からの振り下ろしサウンドは、BGM的に楽しむならば、わりと良いです。

 ただし、音響機器として専用設計されたものではないので、あくまで「一般向け」です。

 201702070926.jpg

 【上位機種】は、スマホで、音のほか、光も制御できるため、先ほど紹介した、フロアライトやダウンライトの制御も可能です。

 ただ、例えばキッチンに備えて、ラジオや音楽を再生する用途などには便利そうです。


  201808261133.jpg 

 【8畳】

 28・東芝 マルチカラー LEDH81718X-LC
  ¥22,000 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(43W)
直径: 66cm
調光:調光10段階
常夜灯:6段調光可能
調色:可能(昼光色・電球色・マルチカラー
演色値: Ra 90(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、東芝の E-CORE マルチカラーシリーズのシーリングライトです。

 こちらは電気代に優れている機種と言うよりも、性能面で優れている機種です。

  明るさは、8畳用で3800ルーメンです。

 この部分では、他に優秀な機種が出ており、同じ適応畳数では明るさの部分で秀でた製品とも言えません

 こちらは、効率の良い東芝の新型LEDを採用していないこともあり、電気代の点でも余り優れません

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 fig_2_six_mode.gif

 調色(色の調整)は、しかし、赤・青・緑という3色のLEDを搭載しているために、基本的に何色でも調色(31万通り)できます。

 赤でも黄色でも何色でも調光できます。こちらは他社の場合、基本的には白と電球色の色調しか出せませんが、この機種の場合、各色のカラーLEDが配置されていることからかなり面白い色を出すことができます。

 また天井方面への上向きの間接照明のためのスポットライトも搭載されているため、パナソニックの最上位機種と同じように、シアター用途にも非常に有利です。

 そのほか、睡眠に向けて自動で照度を落としていく「おやすみアシスト」も搭載されます。

 演色値は、Ra90です。

 冒頭で書きましたが、「目の優しさ」を考えると、自然光(太陽光がRa100)に近いことが最も重要です。デスクライトでも「目に優しい」とされるライトは演色値が高くなっています。

 その他、リモコンも高性能で、時刻設定やタイマー設定のほか、設定した時刻の30分前からゆっくり点灯する「おめざめタイマー」や、残り10分になるとゆっくり消灯を開始する「30分・60分切タイマー」がつきます。

---

 以上、東芝のコアマルチカラーを紹介してきました。

 節電性能は少し劣りますが、演色値Ra90以上を誇り、「目に優しい」という点では最高のシーリングライトといえるでしょう。Atlas家もこれを装備しています。


 201501041841.jpg

 【8畳】

 29・日立 LEC-AHS810P【2018】
  ¥13,025 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 30・日立 LEC-AHS810K【2017】
  ¥11,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(28.4W )
最大時:5158ルーメン(40.4W)
直径:70cm

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 こちらは日立の新しいLEDシーリングライトです。

 2018年秋に新機種が登場したため、新旧両機種あります。ただ、年度の違いについては、型番のみの変更ですので、価格で選んで問題ありません

 201510071329.jpg

 明るさは、4299ルーメンと、業界基準が許す最大量の明るさを保ちます。

 この点では、他社と同じなのですが、日立には(パナソニックと同じく)「オーバーブースト」とも言うべき機能があります。

 それが、「ラク見え」モードです。明るさが「標準の1.2倍」となり、ルーメン値もそれ応じて「畳数の業界基準を飛び越えて」明るくできます。「規制の抜け道」という面でよく考えたものだと感心します。

 201808261139.jpg

 演色値は、「ラク見え」モードの際に、Ra90と太陽光に近い明るさを出すことができます。

 繰り返しますが、「目の疲れやすさ」の点ではこの数値が大事です。色値がRa90を越えるモデルは現行モデルではかなり少ないです。

 演色値が高いと、日光の下にいるように、肌の色や食卓などを明るく美しく照らしてくれます。クッキリ見やすいタイプの高性能なシーリングとも言えます。

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能です。常夜灯(保安灯)についても、無段階で調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、「らくみえモード」を昼光色と考えた場合、昼光色・昼白色・電球色全てを出せる機種です。

 消費電力については、どのモデルも、パナソニックの「エコナビ」に相当するエコセンサーが付属します。

 他社は上位機種だけの場合が多いですが、日立は下位機種からの搭載です。

 なお、「らくみえモード」の際の消費電力は高めに出ていますが、通常モードならば、エコセンサーも相まって、電気代がかからない機種の一つです。

--

 以上、日立のシーリングライトの紹介でした。

 日立はシーリングライトは後発でしたが、その利点を活かしてか、他社と比べても良い機種だと思います。予算的余裕があれば、この機種を選べば間違いないでしょう。

-----

 201501041841.jpg

 【8畳】【下位機種】

 31・日立 LEC-AH800P 【2018】
  ¥14,780
楽天市場 (9/10執筆時)

 32・日立 LEC-AH800K 【2017】
  ¥8,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(28.4W )
直径:60cm
調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

  なお、日立からはスタンダードモデルとして、この機種の下位機種も販売中です。

  ただし、こちらは、「ひろびろ光」はもちろん、「らくみえモードにも未対応です。その割には高額のため、日立から選ぶとしたら、やはり上位機種でしょう。


 201808261042.jpg

 【8畳】

 33・アイリスオーヤマ Alexa対応 CL8D-6.0UAIT
  ¥10,584 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【8畳】【調色対応】

 34・アイリスオーヤマ Alexa対応 CL8DL-6.0UAIT
  ¥11,804 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(30.8W )
直径:60cm
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 CL6D-6.0UAITは、アイリスオーヤマのシーリングライトです。

 201812141254.jpg

 直径60cmを超える「高性能タイプ」としては、格段に安い製品です。

 また、こちらも(パナソニック上位機のように)Bluetooth搭載機で、スマホで操作が可能です。

 さらに、【Amazon Echoの比較記事】で紹介した、Amazonのアレクサや、【スマートスピーカーの比較記事】で紹介した、Google Homeなどで、音声入力による、電源・調光操作に対応します。

 パナソニックも(別売のコエリモなしでは)この部分に対応していないので、「業界初」でしょう。

 一方、調光・調色に対応し、明るさも(8畳用は)業界基準に合致した明るい機種ですが、消費電力はやや多めです。演色値は、Ra85となかなかですが、どの色に調色した場合のスペックかが非開示です。

 以上、アイリスオーヤマのCL6D-6.0UAITの紹介でした。

 スマートスピーカー対応という明確なメリット性を持つ機種です。また、価格も安い機種です。ただ、消費電力や構造、デザイン性の面で、「高性能機」としてはやや物足りないスペックです。

 なお、AlexaやGoogle Homeでどうしても家電操作したい場合は、【スマートリモコンの比較記事】で紹介したような外部機器を使う手もあります。これについては、全てのシーリングライトの紹介が終わった後、もう一度紹介します。


 201903101311.jpg

 【2019年】

 【8畳】【大人の寝室向け間接光】

 35・パナソニック HH-CD0870A
  ¥20,288 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(33.5W )
サイズ:68.4cm×63.4cm

 【8畳】【子供部屋向けリネン柄】

 36・パナソニック HH-CD0871A
  ¥14,465 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4000ルーメン(33.5W )
サイズ:直径63cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 HH-C870シリーズは、特定のコンセプトをもつ、パナソニックのもうひとつの機種です。

 201903101317.jpg

 いずれの製品も「寝室に特化した便利機能を持つ製品という点で、おもしろい個性のある機種です。

 HH-CD0870Aは、直接光のほか、間接光が出せるタイプで、リラックス効果が強調されます。

 パナソニックでは、ほかにも間接光が出せる機種がありますが、そちらは、リビングなどに最適化されたものでした。

 こちらは、色温度を夕暮れの色と同じ2000Kにして、とくに、寝室でのリラックス効果を狙った製品です。

 201903101323.jpg

 HH-CD0871Aは、子供部屋や子供との添い寝用に開発された「リネン柄」タイプです。

 他の色にも調色できますが、絵本の読み聞かせに文字がみやすい2000Kにスイッチ1つで切り替えられる機種です。

 ただし、形状が異なるため、間接光を出すことはできない、「子ども用」となります。

 201903101325.jpg

 くわえて、両機種とも、2ルクスの明るさの「夜間モード」を搭載します。

 照明のJIS規格で、夜間に最適な照度とされている明るさで、真っ暗でないので、夜間に歩く際や、子供の様子の確認に便利です。

 明るさは、8畳用で4299ルーメンです。

 子供用のみ、4000ルーメンとなりますが、形状的な特性を得るためであり、仕方ありません。

 調光(明るさ調整)は、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、昼光色・電球色に対応し、文字くっきり光も出せます。


201903101328.jpg

 タイマーは、「お目覚めモード」が搭載されます。

 とくに、夜間について、設定した時刻に明るさを変える仕組みです。他のタイマー搭載モデルに比べると、目覚めの色になる、設定時簡に、アラームも鳴らせる点が面白いです。

 子供部屋用にも搭載されますが、朝に子どもを起こす手間が避けられるという点で工夫があります。

---

 以上、パナソニックのHH-C870シリーズの紹介でした。

 同社のエアパネルシリーズの特性を、「寝室」に改良したとても面白いコンセプトのモデルです。

 従来、寝室用に特化した機能を持つ機種はなかったため、ご家庭に子供部屋や寝室に特化した部屋がある場合で、機能性を重視するならば、このモデルはとても良いでしょう。

次回に続く!
電気代が安く、目に優しいLEDシーリングライト結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、LEDシーリングライトについて書いてきました。

 メーカーごとの特徴が分かりにくい商品ですが、照度演色値などのデータである程度、メーカー横断的に比較できたかと思います。

 201407051057.jpg

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 次回の記事【こちら】では、今回紹介した全てのモデルから、「Atlasのおすすめ機種!」を、価格別・目的別・部屋サイズ別に提案していきたいと思います。

 次回の記事は→こちら

---

 今回の記事がもし皆様のお役に立ったようでしたら、SNSなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:53 | 照明器具

比較2019’ 明るい!LEDシーリングライト45機の性能とおすすめ・選び方 (ceiling lights-2)

【今回レビューする製品】2019年 10畳・12畳対応のリビング向けLEDシーリングライトの性能と選び方:東芝 日立 NEC パナソニック アイリスオーヤマ 東芝の洋室リビング向けシーリングライト

【比較する製品型番】 HH-CE1044A HH-CE1244A HH-CD1020AZ HH-CD1220AZ HH-CE1232A HH-CE1080A HH-CE1280A HH-XCB1283A HH-CE1085A HH-CE1285A HH-XCD1288A HH-CD1298A HH-CD1070AHH-CD1071A HLDZ12202 HLDZ12216 HLDZ12203 HLDZ12209 HLDC12203 HLDC12208 HLDC12202 HLDCD12100SG HLDC12211SG HLDCKD1299SG LEDH84480-LC LEDH84379NW-LD LEDH82480-LC LEDH82379NW-LD LEDH82718X-LC LEC-AHS1010P LEC-AHS1210P LEC-AH1210PH LEC-AH1000P LEC-AH1200P CL12D-5.0 CL12DL-5.0

今回のお題
リビング用に向いたLEDシーリングライトはどの機種がおすすめ

 どもAtlasです。 

 今日は、2016年9月現在、最新のLEDシーリングライト比較します。

 201808261523.jpg

 なお、LEDシーリングライトは販売点数が多いため、適応畳数などから以下の5つに分けてあります。

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風のシーリングライト

 今回は、2番の記事で、一般的な洋室リビングに向いた、10畳・12畳対応のLEDシーリングライトを紹介します。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・シーリングライトの選び方の基本

 今回は、シーリングライトについて、「電気代の安さ」や「目への優しさ」という観点から今回比較します。

 とくに、「目への優しさ」という観点では、以下の3要素を重視しています。

1・明るさ(ルーメン)

 201805020945.jpg

 第1に、最大照度(明るさ)です。

 最近はテレビやパソコンなど、反射して自分の顔が映し出される光沢モデルが非常に多いです。その対処には、できるだけ最大照度の高いシーリングライトを導入することが大切です。

 なお、LEDは10年ほど光源が保ちますが、それでも照度は経年変化で落ちていきます。

 また、いざ買ってみて暗すぎた場合はどうにもならないことを考えれば、使用する畳数と同じか、1段階広い適応畳数を持つシーリングライトを購入したいものです。

2・色調の調整機能(調色)

 201805020946.jpg

 第2に 色の調整機能(調色)です。

 電球色と蛍光灯色(昼白色)に調色できる点を重視します。

 なぜなら、夜間は電球色に調色できた方が「疲れた目に優しく」、昼間は、昼白色のほうが活動しやすいからです。

3・色の鮮やかさ(演色値:Ra指数)

 201608021323.jpg

 第3に 色の鮮やかさ(Rs指数)です。

 光源や認知科学にかんする研究成果によれば、目に優しい光の理想は、「太陽光に近い」色合いのライトです。

 シーリングライトの場合、白球色(昼光色・昼白色)での演色評価指数(Ra指数)が、太陽の光(Ra100)に近い方が目に優しいと言えます。

 最近は各メーカーも演色値を公開しますが、特に、読書をされる方は、この部分のスペックを重視すると満足度が高いです。

ーー

 img-kantan.jpeg

 というわけで、具体的な製品の比較をはじめます。 

 なお、以下で紹介する機種については、天井に引っかけコンセントがあればどの家庭でも設置できます。なお、10畳・12畳・14畳とありますが、利用する場所のサイズに合わせて買わないとかなり暗いため、きちんと合わせて買うようにしましょう。

2・比較的低価格なシーリングライト

 では、以下で、10畳用〜14畳のリビング用モデルを紹介していきます。

 はじめに、比較的低価格なシーリングライトの紹介からです。

 なお、以下では、Atlasがオススメしたい部分を赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


 201812141600.jpg

 【2018年】【12畳】【クリア枠】

 1・NEC LIFELED'S HLDZ12202
  ¥8,219 楽天市場 (9/10執筆時)

 【2018年】【12畳】【木調】

 2・NEC LIFELED'S HLDZ12216
  ¥8,103 楽天市場 (9/10執筆時)

 【2018年】【12畳】【廉価版】

 3・NEC LIFELED'S HLDZ12203
  ¥6,648 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ: 5499ルーメン(43W)
直径:56cm
調光:連続調光100%〜約10%
調色:昼光色(6500k)
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 はじめにNECシーリングライトの紹介です。こちらは同社の下位モデルで、機能を限定的にした格安路線の機種といえます。

 明るさは、しかしながら、12畳用が5499ルーメンと、畳数に対して業界が認める「最大値」をキープしているます。

 そのため、意外に明るいです。ただし、【木調モデル】は、枠がある分、他機と同じLEDの配置でも5300ルーメンとわずかに落ちます。

 201512211725.jpg 

 なお、NECのシーリングライトは、丸形蛍光灯と似た配置にしています。

 従来の蛍光管似た光の感じが得られる点で人気です。蛍光管と同じく、中心部の光が多少弱く光が部屋に均一に広がりにくいという弱点がありました。

 しかし、モデルチェンジで「マルチ拡散カバー」が採用されました。これにより光が従来より広範囲に広がりやすくなっています。

 調光(明るさ調整)も、無段階でできるため優秀です。ただ、常夜灯の明るさが調整できないなど「値段相応」といえる部分もみられます。

 201812141441.jpg

 調色(色の調整)は、いずれのモデルも、昼白色のみで、オレンジ系の電球色に調色できないタイプです。一方、Amazon限定の14畳モデルは、昼光色の「よみかき光」に対応します。

 ただし、他社の同タイプに比べると、演色値がRa85と低い点と、色温度がやや高めな点(6700K)は注意でしょう。

---

 以上、NECシーリングライトの紹介でした。

 電球色が出せず調色できない代わりに、販売価格を抑えたモデルです。また、調色できない分、消費電力が抑えられた機種ではあります。ただ、リビングの「顔」として多機能であるか?と言えば、そうでもないので、できれば、もうすこし上位の機種を選びたいところでしょう。

ーーー

 201808261004.jpg

 【12畳】

 4・NEC LIFELED'S HLDZ12209
  ¥6,485 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(31W )
直径:56 cm/46.4cm

 なお、このシリーズについては、Amazon限定で売られている姉妹機もあります。

 ただし、スペックをご覧になると分かるように、同じ適応畳数でも、ルーメン値が低い廉価版です。明るさが落ちますので注意しましょう。


  201808261023.jpg

 【10畳】【調光調色可能】

 5・東芝 E-CORE LEDH84480-LC
  ¥7,455 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(42W )
直径:50cm

 【10畳】【調光のみ】

 6・東芝 E-CORE LEDH84379NW-LD
  ¥6,990 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4400ルーメン(32.7W )
直径:50cm

 【12畳】【調光調色可能】

 7・東芝 E-CORE LEDH82480-LC
  ¥8,050 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(48W )
直径:50cm

 【12畳】【調光のみ】

 8・東芝 E-CORE LEDH82379NW-LD
  ¥7,580 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5000ルーメン(36W )
直径:50cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 東芝の LEDH84480-LC は、東芝の2018年モデルのシーリングライトです。

 1つ上で紹介したNECの製品とスペックが似通った製品です。

 明るさは、10畳用が4899ルーメン、12畳用が5499ルーメンと、NECのシーリングライトと同じです。

 ただし、【調光のみ】のモデルは、昼白色時の明るさがいずれもやや低めです。

 演色値Ra85と同じです。

 調光(明るさ調整)については、この製品は段階がない連続調光に対応します。

 さらに、この機種については、6段階の常夜灯の調光ができる点が珍しい部分です。

 調色は、上位機のみ対応し、電球色と昼光色の双方に色を切り替えることができます。

----

 以上、東芝のシーリングライトの紹介でした。

 NECのシーリングライトと似通った機種です。

 そのなかでも、オリジナルな点として常夜灯の調光に対応する点が「違い」です。一方、省エネ性は、NECの方がわずかに良いので、電気代を重視するならばNECでしょう。


  201808261042.jpg

  【12畳】

 9・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL12D-5.0
  ¥5,286 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【12畳】【調色対応】

  10・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL12DL-5.0
  ¥5,614 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ: 5200ルーメン(52W)
直径:45cm

調光:10%段階
調色:昼光色(6500k)
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

 続いて、アイリスオーヤマの低価格シーリングライトの紹介です。同社は、最近この分野に参入し、1万円以下の価格帯の商品でシェアを伸ばしています。

 明るさは、5200ルーメンと12畳クラスとしては暗く、演色値も他社較べて低いRa60です。 

 また、消費電力の水準もあまり良くなく、52Wとなります。安価な代わりに、エネルギー効率は他社より重視していない機種です。

 調光(明るさ調整)については、段階調光ながら10段階の調光と、それなりに細かく調光できるのが魅力です。

 201805020957.jpg

 調色(色の調整)も、【調色対応】と書いてある機種については、オレンジ系の電球色も出せる機種です。

---

 以上、アイリスオーヤマのシーリングライトの紹介でした。

 調色できるタイプがある点が「売り」です。ただ、明るさは暗めで、消費電力は高めなので、省エネ性と明るさの両立は「今後の課題」という機種だと思います。


 201805021005.jpg

 【2018】

 【12畳・枠なし】

 11・NEC LIFELED’S HLDC12203
  ¥7,106 楽天市場 (9/10執筆時)

 【8畳・枠なし】【留守タイマー付】

 12・NEC LIFELED’S HLDC12208
  ¥7,418 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45W )
直径:45.8cm/46.4cm

 【12畳・枠付き】

 13・NEC LIFELED’S HLDC12202
  ¥12,301 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45W )
直径:45.8cm/47.4cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、NECのライフレッズシリーズの中位機種です。

 201812141531.jpg

 3機種あります。いずれも、枠飾りの有無と(留守中に一定間隔で明かりを付ける)防犯用の留守タイマーが主な違いです。グレードは同じです。

 明るさは、5499ルーメンと、こちらは業界平均をクリアしており明るいです。

 演色値Ra85をキープしており、ある程度目にも優しいでしょう。

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能で、機能性は高いと言えます。またこのグレードからは、常夜灯も7段階で調光できます。

 調色(色の調整)は、こちらも対応であり、昼白色のほか、オレンジ系の電球色も出せる機種です。

---

 以上、NECのシーリングライトの上位機種の紹介でした。

 調色ができるほか、常夜灯も調光できる点が魅力ですね。価格面での値頃感のある製品だとも思います。

3・高機能な高級シーリングライトの比較

 続いて、「多芸」のある、上級のシーリングライトを比較します。

 価格的には2万円以上の製品です。


 201711130918.jpg

 【2017年】【12畳】

 14・NEC LIFELED'S HLDCD12100SG
  ¥14,503 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(37.1W )
直径:56cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、NECLIFELED’Sシリーズの上位ラインとなる「快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」です。

 明るさは、5499ルーメンと下位機種と同じです。

 ただし、高スペックモデルとしては、消費電力が高めです。エコセンサーが未付属のためです。

 201805021033.jpg

 調光(明るさ調整)は、こちらも無段階での連続調光が可能で、常夜灯も7段階で調光できます。

 ただし、昼光色と昼白色での最大光量のほか、電球色点灯時も大光量を保証している点が、この機種の「売り」です。とくに、他社を含めて、電球色の最大光量を考慮に入れた機種はなく、この機種の見所です。

 201711130942.jpg

 調色(色の調整)は、対応で5種類のパターンから選択可能です。

 さらに、こちらは、「快適あかりモード」の搭載し、時間に合わせて自動的に「昼光色」「昼白色」「光量」を調整する機能も付きます。

 201512211734.jpg

 常夜灯の部分では、こちらは、「ホタルック」という機能があります。

 これは、急な停電時や消灯後のしばらくの間、蓄電してある電力を使って数分間青系のほのかな明かりを点灯し続ける機能です。蛍光管でもNECのモデルには蛍光塗料を使った同等の機能がありましたが、それを応用したものです。

---

 以上、NECLIFELED’Sシリーズの上位機の紹介でした。

 この製品は、電球色の光量が強いので、普段この色を利用する場合には良いでしょう。

 一方、快適あかりモードも、面白い機能ですが、ユーザーによるプログラミングの変更が利かない点と、光量については、部屋の外光を感知できる「明るさセンサー」を搭載しないため、使い勝手や消費電力の面で改良の余地はありそうです。

 発想はユニークですが、もう少し「進化」を待ちたい機種ですね。

 201903101347.jpg

 【2018年】【12畳】

 15・NEC LIFELED'S HLDC12211SG
  ¥10,869 楽天市場 (9/10執筆時)

 なお、2018年末に、「快適あかりシーリング(スタンダードモデル)」が追加販売されました。

 これは、上述のモデルの下位機種で、昼白色で最大光量にならない機種です。

 発売時期の関係で、値段的な魅力ないですし、選択肢にせずとも良い機種です。


 201812141537.jpg

 【2018年】【12畳】

 16・NEC LIFELED’S HLDCKD1299SG
  ¥22,979 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(38.7W )
直径:66cm
調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 HLDCKB0899SGは、NECLIFELED’Sシリーズの最上位ラインとなる「GRAND QUALITY」シリーズの製品です。

 201812141540.jpg

 明るさは、快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」と同じ性能です。

 ただ、この機種から、ワイドアングルシステムという新しいLED配置になっているので、NECの下位機種で不評だった明るさのムラについては、完全に解決されます。

 201812141539.jpg

 その他は、基本的には、「快適あかりシーリング(ハイスペックモデル)」と同じ性能ですが、震の際に自動的に全灯する、「感震センサ」が付属する機種です。

 その他の部分では、同じ性能になります。

---

  以上、NECの「GRAND QUALITY」シリーズの紹介でした。NECだけで比べれば「これ以上ない」機種です。

 一方、他社の上位機と比較する場合、感震センサーの搭載が見所でしょう。ホタルック機能を含め、災害対策という意味では、NECは優秀で、選ぶべき意味があると言えます。


  201909101830.jpg

 【2019年】

 【10畳用】

  17・パナソニック HH-CE1044A
  ¥25,874 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(30.6W)
直径:67cm

 【12畳用】

  18・パナソニック HH-CE1244A
  ¥30,889 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(34.3W)
直径:67cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックシーリングライトの「スタンダードモデル」です。

 実際にはより安い機種があるのですが、そちらは、デンキヤなどの特売用か、住設ルートの製品かなので、カタログ上の入門機となるのは、こちらです。

 201909101832.jpg

 2019年に登場した新形状モデルで、LEDの配置と配光の見直しで、シーリングライトにつきものの「出っ張り」9cmまで削った「スマートな」機種です。

 従来、他社を含めて、この部分に注目した機種はあまりなかったので、割と貴重です。 

 明るさは、10畳用が4899ルーメン、12畳用が5499ルーメンと、この機種も業界基準で許される最大の明るさをキープしています。

 その上で、消費電力がかなり優秀であり、「明るさと省エネの両立」は、さすがに「最新機」といえます。

201909101838.jpg

 一方、この機種には「明るさアップ」機能があり、全灯ボタンを長押しすることで、全灯時の1.3倍の明るさに調光可能です。

 これによりJIS基準で定められた畳数当たりの最大光量を越えて明るくできます。

 こうした「オーバーブースト」は日立が先行していて、そちらは1.2倍です。

 後発の利点で、パナソニックは、それよりも明るくしてきました。

 調光(明るさ調整)については、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も6段階で調光できます。

 201504061602.jpg

 調色(色の調整)は、こちらも対応です。興味深いのは、電球色・昼白色とパナソニックが蛍光管時代〜力を入れる昼光色もだせます。

 また、全灯ボタンを押すと、文字くっきり光という6200Kの明かりが出るように調整されています。

 コントラスト感を高めることができるため、文字が読みやすい光です。書斎には最適でしょう。

  201808261115.jpg

 その他、掃除の手軽さも「売り」です。リングのカバーに帯電防止加工と撥水加工がなされた、手入れがしやすい「キレイコート」が成されています。

 シーリングライトは意外とゴミが溜まりやすく汚れやすい(油が付く)ため、このような加工が成されるのはメリット性が高いです。

---

 以上、パナソニックの上位機種の紹介でした。

 多少高いですが、調光・調色・省電力性能において、ワンランク上の実力を見せています。

 なお、オーバーブーストの部分も、1.3倍と、後ほど紹介する日立機より明るいですが、この部分に期待する方は、多少仕組みが異なるため、日立機と比較することは重要でしょう。

ーーーー

 201808261057.jpg

 【2018年】 【10畳用】 【Amazon限定】

 19・パナソニック HH-CD1020AZ
  ¥9,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4,899ルーメン(35W)
直径:50cm

 【2018年】【12畳用】【Amazon限定】

  20・パナソニック HH-CD1220AZ
  ¥9,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(39.9W )
直径:50cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 一方、この機種は、【Amazon限定】に型番を変えたお買得モデルもあります。

 こちらは、【明るさアップ非搭載】で、薄型ではないですが、通常機同様に昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せるモデルです。

 201812141708.jpg

 ただ、明るさは上位機同等であり、業界基準の最大値で、消費電力も低いです。

 また、常夜灯の調光も可能で、掃除の上でキレイコートも搭載です。「文字くっきり光」も、上位機と同じく搭載です。

 一方、本体の直径は50cmコンパクト型ボディなので、設置性が良い反面、光の広がりの点では、上位機と差があります。

 かなり「格安」なので、費用対効果はこちらは相当高いと言えますので、こちらを選ぶのも手でしょう。

ーーー

 201909102100.jpg

 【2019年】

 【10畳用】

 19'・パナソニック HH-CE1023A
  ¥20,293 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(36.3W)
直径:50cm

 【12畳用】

 20'・パナソニック HH-CE1223A
  ¥17,053 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(41.3W)
直径:50cm

 なお、こちらは、カタログにはないが、デンキヤなどに格安商品として卸される「廉価版」となります。

 こちらも直径が50cmですが、1.2倍ながら「明るさアップ」が付属します。

 ただ、定格消費電力が、Amazon限定の格安モデルより悪く、本体の値段を考えても、あまりおすすめできません。


 201909101847.jpg

 【2019年】【12畳用】【各色】

 21・パナソニック HH-CE1232A
  ¥39,733 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5150ルーメン(34.3W )
直径:60.6cm
調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

  HH-CD1232A は、一つ上で紹介した、スタンダードモデルの「変わり種」といえるモデルです。

 201812141149.jpg

 スタンダードモデルに比べて、落ち着いた感じの木調モデルが選べるため、デザイン重視の場合に人気です。

 明るさは、一方で、ルーメン値を見ると分かりますが、スタンダードモデルよりわずかに劣ります。

 中身のLED配置は、スタンダードモデルと同様ですが、飾枠が付く分、明るさは(わずかですが)落ちるわけです。

 この部分は、デザインをとるか、明るさをとるかの選択です。ただ、さほど落ちるわけではない点は強調しておきます。

 201812141153.jpg

 ただし、この機種には「明るさアップ」ボタンがあり、通常8畳用に認められている光量からブーストできます。ただ、その場合は42.4Wの消費電力となります。

 その他の部分は、「文字くっきり光」や「調色」を含めて、1つ上のスタンダードモデルと同じです。

---

 以上、パナソニックのHH-CD1232A の紹介でした。

 デザイン性を考えた場合、Atlasとしても、「オススメ」したいモデルです。ただ、光量がやや落ちるので、機能性や電気代的な効率を考えた場合は、先ほどの機種が選択肢でしょう。


  201909101734.jpg

 【2019年】

 【上位機種】【10畳】

  22・Panasonic HH-CE1080A
  ¥39,700 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(39.6W)
直径:60cm

 【上位機種】【12畳】

  23・Panasonic HH-CE1280A
  ¥44,700 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45.7W)
直径:60cm

 【2018年】

 【下位機種】【10畳】

  24・Panasonic HH-CD1089A
  ¥27,536 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4400ルーメン(38.1W)
直径:54cm

 【下位機種】【12畳】

  25・Panasonic HH-CD1289A
  ¥19,803 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5000ルーメン(43.3W)
直径:54cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値: Ra 83(太陽をRa100とした場合)

  こちらも、パナソニックの製品ですが、AIR PANEL LED に属する上位機です。

 201909101728.jpg

 なお、上位モデルについては、2019年モデルが発表されました。

 下位機種と比較して、発光面の見直しがあったので、中心部の光源の「出っ張り」が引っ込んだのが進化です。

 201906071856.jpg

 2018年機までは、写真のように多少膨らみがありました。

  201909101737.jpg

 明るさは、10畳用で製品と同等クラスの4899ルーメンで、12畳用で5499ルーメンです。

 いずれも「業界基準」の最大値であり、この点では特に代わり映えしません。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品ですが、これも下位機種と同じです。

 もちろん、文字の視認性が良い「文字クッキリ色」に対応します。

 201909101736.jpg

 調色(色の調整)は、その一方でかなり特色があります。

 こちらの場合、外縁部・内周部だけ照射し、間接照明的にライトが使える点があげられます。

 この機能はパナソニックの力を入れている部分で、シアター用途になどに向くでしょう。一方、演色値はRa83と低く、光の鮮やかさは期待できない機種です。

 201906071856.jpg

 なお、【下位機種】とあるモデルは、「シンプルモデル」として売られている寝室向けです。

 ライトの直径が小さめ54cmであり、畳数の最大照度に届いていないほか、間接照明的な機能が省略され、上記2種類のライティングのみ対応です。

 また、上位機にある30分の自動消灯タイマーが、下位機には付属しません。

 消費電力については、一方、いずれも、やや特殊な形状のモデルのため、パナソニックの通常機に比べると、多少ながら劣ります。「趣味的」な機能があるので、これは仕方ないでしょう。

---

 以上、Panasonic AIR PANEL の紹介でした。

  これは、シアタールーム用・寝室用の照明として「売り出した」ものです。雰囲気のある光が出せるため、リラックスしたい部屋の設置に向くと言えます。

 デザイン性も良く、その点も買換え同機になりそうです。


 201702071005.jpg

【2019年1月発売】

【10畳】

 26・パナソニック HH-XCB1283A
  ¥34,526 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(49.1W)
直径:62cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 Link Style LEDは、上で紹介したPanasonic AIR PANELの改良版で、パナソニックの上位機となります。

 201812141202.jpg  

 こちらはいわゆる「IOT家電」であり、Bluetoothを搭載します。そのため、スマホ(iPhone/Android)で明かりを設定可能です。

 一方、リモコン操作もBluetooth回線であり、赤外線リモコンではないです。そのため、(無線トラブルなど)いざという時に備えて、壁コンセントでの「入切」ができる部屋用の製品です。

 明るさは、12畳用で5499ルーメンで、業界基準の許す最大値です。この点は、先ほどと同じです。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品ですが、この部分も同じです。

 201805021128.jpg

  調色(色の調整)は、上位機種と下位機種で異なります。

 上位機種は、上で紹介したPanasonic AIR PANEL(間接光ではない側)と同質の間接照明的な明かりが出せる機種です。

 下位機種は、間接照明的に使えない通常の直射タイプの明かりです。ただ、その分、消費電力は35.3Wと優秀ですね。なお、いずれも「文字くっきり光」も出すことができます。

 201702070926.jpg

 フロアライト HH-XSB0001L
 
ラインライト HH-XSB0002L
  ¥4,204〜 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 特に面白いのは、こちらのシリーズのフロアライト・ラインライトと連動して、明かりをスマホやリモコンで調整できる点です。

 例えば、シアター設定をした場合、「シーリングを間接光に、ラインライトをオンに」など、ユーザーが決めた設定にワンボタンで設定できるのが強みです。

----

 以上、Link Style LEDの紹介でした。専門業者に依頼せずとも、かなり本格的なシアター照明が構築できる画期的なシステムでしょう。

 まさに「新時代の発想」といえますが、非常に面白い試みです。消費電力や明るさの優秀性を競う機種ではありませんが、こういった「遊び」の要素が強い機種も市場には必要で、確実にニーズがあるでしょう。


 201812141211.jpg

 【2019年】

 【10畳】

 27・パナソニック HH-CE1085A  
  ¥37,900 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(41.5W )
直径:55×55.6cm

 【12畳】

 28・パナソニック HH-CE1285A
  ¥42,700 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45.9W )
直径:55×55.6cm

 【2018年】

 【10畳】

 29・パナソニック HH-CC1085A 【各色】
  ¥21,768 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(41.5W )
直径:55×55.6cm

 【12畳】

 30・パナソニック HH-CC1285A 【各色】
  ¥21,967 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45.9W )
直径:55×55.6cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

  HH-CE0885Aは、パナソニックの角型パネルの製品です。

  新旧両機種ありますが、この機種については、型番のみの変更ですので、値段で決めて良いです。

 201812141411.jpg

 他社にない独特の形です。この機種の場合、光源は中央部にあり、左右のパネル(クリア色・ゴマ文様)の部分は、透明なプラスチックパネルです。

 とくに、クリア色の場合、天井の壁紙が透けて見えるため、おしゃれです。

 明るさは、12畳用で5499ルーメンです。角形ですが、照度は変わりません。

 調光(明るさ調整)は、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 201805021212.jpg

 調色(色の調整)は、昼光色・電球色に対応し、文字くっきり光も出せます。

 201812141216.jpg

 また、3パターンの発光パターンを組み合わせた調光に対応します。

 なお、左右のパネルの部分については、中央パネルの「パネル用LED」からの拡散光で照らされる仕組みです。間接照明的に広々照らせられるので、雰囲気があります。

 201812141219.jpg

 タイマーは、この機種のもうひとつの特長です。

 こちらの場合、「おまかせモード」で、時間帯による調光・調色に変化が付けられるため、時間によって自動で色合いを変化させることができます。マニュアルで時間調整なども可能です。

---

 以上、パナソニックのHH-CC0885Aの紹介でした。

 Atlasは、仕事部屋の隣の寝室(兼シアター)にこの系統の製品を配備しています。十分な光量がある上、天井反射の間接照明的に利用可能なので、昼に夜に便利に使っています。

 光の広がり方的に、(新聞を読むような)書斎・リビングには向きませんが、用途を考えて使う場合は、デザインを含めてとても良い製品です。

−−

 201906071913.jpg

 【2019年2月発売】【12畳】

 【上位機種】

 31・パナソニック HH-XCD1288A
  ¥44,152 楽天市場 (9/10執筆時)

 【下位機種】

 32・パナソニック HH-CD1298A
  ¥48,800 楽天市場 (9/10執筆時)

 なお、これらの製品には、リモコン操作にBluetoothを採用した姉妹品、LINK STYLE LED the Soundがあります。 

 201805021203.jpg 

 Bluetoothを搭載し、先ほど紹介した製品同様院、フロアライトやダウンライトと同時にスマホで操作できるという新ジャンルの製品です。

 一方、この機種は、スピーカーを搭載する点が「新コンセプト」です。ただし、10Wで3×9インチのバスレフ式スピーカーです。おそらく、オーディオ好きの方に満足いく製品ではないでしょう。

 このブログの【Bluetoothスピーカーの比較記事】で書いたスピーカーと比較する場合、1万円の水準で、とくに低音の重層感は期待できないでしょう。

 パナソニックは、(Atlas愛用の)テクニクスブランドを始め、優秀な音響部門を持ちますが、あくまで「照明器具部門」の製品であることは注意するべきでしょう。

 ただ、例えばキッチンに備えて、ラジオや音楽を再生する用途などには便利そうです。


  201808261133.jpg 

 【12畳】

 33・東芝 マルチカラー LEDH82718X-LC
  ¥25,300 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:5000ルーメン(57W)
直径:66cm

調光:調光10段階 、常夜灯<6段調光可能>
調色:可能(昼光色・電球色・マルチカラー
演色値: Ra 90(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、東芝の E-CORE マルチカラーシリーズのシーリングライトです。

 このシリーズは、電気代に優れている機種と言うよりも、性能面で優れている機種です。

  明るさは、12畳用で5000ルーメンです。この部分では、他に優秀な機種が出ており、同じ適応畳数では明るさの部分で秀でた製品とも言えません。こちらは、効率の良い東芝の新型LEDを採用していないこともあり、電気代の点でも余り優れません

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 fig_2_six_mode.gif

 調色(色の調整)は、しかし、赤・青・緑という3色のLEDを搭載しているために、基本的に何色でも調色(31万通り)できます。

 赤でも黄色でも何色でも調光できます。こちらは他社の場合、基本的には白と電球色の色調しか出せませんが、この機種の場合、各色のカラーLEDが配置されていることからかなり面白い色を出すことができます。

 また天井方面への上向きの間接照明のためのスポットライトも搭載されているため、パナソニックの最上位機種と同じように、シアター用途にも非常に有利です。その他、睡眠に向けて自動で照度を落としていく「おやすみアシスト」も搭載されます。

 演色値は、Ra90です。

 冒頭で書きましたが、「目の優しさ」を考えると、自然光(太陽光がRa100)に近いことが最も重要です。デスクライトでも「目に優しい」とされるライトは演色値が高くなっています。

 その他、リモコンも高性能で、時刻設定やタイマー設定のほか、設定した時刻の30分前からゆっくり点灯する「おめざめタイマー」や、残り10分になるとゆっくり消灯を開始する「30分・60分切タイマー」がつきます。

---

 以上、東芝のコアマルチカラーを紹介してきました。

 節電性能は少し劣りますが、演色値Ra90以上を誇り、「目に優しい」という点では最高のシーリングライトといえるでしょう。Atlas家もこれを装備しています。


  201501041841.jpg

 【10畳】

 34・日立 LEC-AHS1010P 【2018】
  ¥17,100 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 35・日立 LEC-AHS1010K 【2017】
  ¥15,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(28.0W )
最大時:5879ルーメン(38.9W)
直径:70cm

 【12畳】

 36・日立 LEC-AHS1210P【2018】
  ¥21,500 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 37・日立 LEC-AHS1210K 【2017】
  ¥15,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【12畳】【ひろびろ光搭載】

 38・日立 LEC-AH1210PH 【2018】
  ¥27,662 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 39・日立 LEC-AHS1210EH【2016】
  ¥26,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(30.5W )
最大時:6559ルーメン(42.4W)
直径:70cm

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 こちらは日立の新しいLEDシーリングライトです。一部機種には、2018年11月発売モデルが併売中です。

 ただし、型番のみの変更で、性能はほぼ同じです。最上位機種の【ひろびろ光搭載】モデルについて、リモコンで暖色系が3色から選べるようになった程度です。

 201607061747.jpg

 明るさは、10畳用が4800ルーメン、12畳用で5499ルーメンと、業界基準が許す最大量の明るさを保ちます。

 この点では、他社と同じなのです。しかし、日立には(パナソニックと同じ)「オーバーブースト」とも言うべき機能があります。

 それが、「ラク見え」モードであり、明るさが「標準の1.2倍」となり、ルーメン値もそれ応じて「畳数の業界基準を飛び越えて」明るくできます。「規制の抜け道」という面でよく考えたものだと感心します。

 ただし、ブースト時は消費電力もそれ相当に上がります。

  201808261139.jpg

 演色値は、「ラク見え」モードの際に、Ra90と太陽光に近い明るさを出すことができます。

 繰り返しますが、「目の疲れやすさ」の点ではこの数値が大事です。色値がRa90を越えるモデルは現行モデルではかなり少ないです。

 演色値が高いと、日光の下にいるように、肌の色や食卓などを明るく美しく照らしてくれます。クッキリ見やすいタイプの高性能なシーリングとも言えます。

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能です。常夜灯(保安灯)についても、無段階で調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、「らくみえモード」を昼光色と考えた場合、昼光色・昼白色・電球色全てを出せる機種です。

 消費電力については、どのモデルも、パナソニックの「エコナビ」に相当するエコセンサーが付属します。

 他社は上位機種だけの場合が多いですが、日立は下位機種からの搭載です。 

 なお、「らくみえモード」の際の消費電力は高めに出ていますが、通常モードならば、エコセンサーも相まって、電気代がかからない機種の一つです。

 201808261141.jpg

 なお、12畳用の【上位機種】ついては、これに加えて、通常よりも光の照射範囲を拡げる「ひろびろ光」モードが付属します。多少広いリビングで、隅々まで明るくしたい場合は選んでも良いかもしれません、ただし、多少高いです。

---

 以上、日立のシーリングライトの紹介でした。

 日立はシーリングライトは後発でしたが、その利点を活かしてか、他社と比べても良い機種だと思います。電気代の水準もよいため、予算的余裕があれば、この機種を選べば間違いないでしょう。


 201501041841.jpg

 【10畳】【下位機種】

 40・日立 LEC-AH1000P 【2018】
  ¥15,000 楽天市場 (9/10執筆時)

 41・日立 LEC-AH1000K【2017】
  ¥9,600 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(29.9W )
直径:60cm

 【12畳】【下位機種】

 42・日立 LEC-AH1200P【2018】
  ¥18,820 楽天市場 (9/10執筆時)

 43・日立 LEC-AH1200K【2017】
  ¥13,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(33.1W )
直径:60cm

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 これらは、日立のスタンダードモデルです。明るさや演色値は先ほど1つ上で見た製品と同じです。

 ただし、こちらは、「ひろびろ光」はもちろん、「らくみえモードにも未対応です。その割には高額のため、日立から選ぶとしたら、やはり上位機種でしょう。


 201903101311.jpg

 【2019年】

 【10畳】【大人の寝室向け間接光】

 44・パナソニック HH-CD1070A
  ¥25,038 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(36.8W )
サイズ:68.4cm×63.4cm

 【10畳】【子供部屋向けリネン柄】

 45・パナソニック HH-CD1071A
  ¥24,384 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4550ルーメン(36.8W )
サイズ:直径63cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 HH-C1070シリーズは、特定のコンセプトをもつ、パナソニックのもうひとつの機種です。

 201903101317.jpg

 いずれの製品も「寝室に特化した便利機能を持つ製品という点で、おもしろい個性のある機種です。

 HH-CD1070Aは、直接光のほか、間接光が出せるタイプで、リラックス効果が強調されます。

 パナソニックでは、ほかにも間接光が出せる機種がありますが、そちらは、リビングなどに最適化されたものでした。こちらは、色温度を夕暮れの色と同じ2000Kにして、とくに、寝室でのリラックス効果を狙った製品です。

 201903101323.jpg

 HH-CD1071Aは、子供部屋や子供との添い寝用に開発された「リネン柄」タイプです。

 他の色にも調色できますが、絵本の読み聞かせに文字がみやすい2000Kにスイッチ1つで切り替えられる機種です。

 ただし、形状が異なるため、間接光を出すことはできない、「子ども用」となります。

 201903101325.jpg

 くわえて、両機種とも、2ルクスの明るさの「夜間モード」を搭載します。

 照明のJIS規格で、夜間に最適な照度とされている明るさで、真っ暗でないので、夜間に歩く際や、子供の様子の確認に便利です。

 明るさは、10畳用で4899ルーメンです。

 子供用のみ、4550ルーメンとなりますが、形状的な特性を得るためであり、仕方ありません。

 調光(明るさ調整)は、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、昼光色・電球色に対応し、文字くっきり光も出せます。


201903101328.jpg

 タイマーは、「お目覚めモード」が搭載されます。

 とくに、夜間について、設定した時刻に明るさを変える仕組みです。他のタイマー搭載モデルに比べると、目覚めの色になる、設定時簡に、アラームも鳴らせる点が面白いです。

 子供部屋用にも搭載されますが、朝に子どもを起こす手間が避けられるという点で工夫があります。

---

 以上、パナソニックのHH-C1070シリーズの紹介でした。

 同社のエアパネルシリーズの特性を、「寝室」に改良したとても面白いコンセプトのモデルです。

 従来、寝室用に特化した機能を持つ機種はなかったため、ご家庭に子供部屋や寝室に特化した部屋がある場合で、機能性を重視するならば、このモデルはとても良いでしょう。

次回に続く!
電気代が安く、目に優しいLEDシーリングライト結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、10畳と12畳のLEDシーリングライトについて書いてきました。

 メーカーごとの特徴が分かりにくい商品ですが、照度演色値などのデータである程度、メーカー横断的に比較できたかと思います。

 201407051057.jpg

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 次回の記事【こちら】では、今回紹介した全てのモデルから、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種を提案していきたいと思います。

 次回の記事は→こちら

 というわけで、今回は、LEDシーリングライトについて紹介しました。引き続き「結論編」でお会いしましょう!

posted by Atlas at 20:52 | 照明器具

比較2019’ 明るい!LEDシーリングライト45機の性能とおすすめ・選び方 (ceiling lights-4)

【今回レビューする製品】2019年 6畳用LEDシーリングライトの性能とおすすめ・選び方:東芝 日立 NEC パナソニック アイリスオーヤマ:安い1人暮らし小部屋向けシーリングライトの性能ランキング

【比較する製品型番】HH-CD0620AZ HLDZ06203 HLDZ06209 LEDH80480-LC LEDH80379NW-LD LSEB1068K LSEB1067K HH-CEB0623A CL6D-5.0 CL6DL-5.0 LEC-AHS610P LEC-AHS610K HH-CD0689A CL6D-6.0UAIT CL6DL-6.0UAIT

今回のお題
電気代と目に優しいLEDシーリングライトはどの機種がおすすめか?

 どもAtlasです。 

 今日は、2016年9月現在、最新のLEDシーリングライト比較します。

 201808261523.jpg

 なお、LEDシーリングライトは販売点数が多いため、適応畳数などから以上の5つに分けてあります。

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト

5・和風のシーリングライト

 今回は4番の記事で、6畳向けのLEDシーリングライトを紹介します。

 なお、6畳用は、「セールでの格安販売用」という色合いが強いです。安い機種はありますが、高性能な機種はほとんどありません。

 そのため、性能や消費電力の少ない機種を探している場合、6畳程度の小部屋でも【8畳用LEDシーリングライトの比較記事】で紹介した、8畳用を買うのが基本です。

 こうした点で言えば、今回の記事を読まれてご確認されたあと、8畳用も確認すると良いでしょう。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・シーリングライトの選び方の基本

 今回は、シーリングライトについて、「電気代の安さ」と「目への優しさ」という観点から今回比較します。

 とくに、「目への優しさ」という観点では、以下の3要素を重視しています。

1・明るさ(ルーメン)

 201805020945.jpg

 第1に、最大照度(明るさ)です。

 最近はテレビやパソコンなど、反射して自分の顔が映し出される光沢モデルが非常に多いです。その対処には、できるだけ最大照度の高いシーリングライトを導入することが大切です。

 なお、LEDは10年ほど光源が保ちますが、それでも照度は経年変化で落ちていきます。

 また、いざ買ってみて暗すぎた場合はどうにもならないことを考えれば、1段階広い適応畳数を持つシーリングライト(8畳用)を購入したいものです。

2・色調の調整機能(調色)

 201805020946.jpg

 第2に 色の調整機能(調色)です。

 電球色と蛍光灯色(昼白色)に調色できる点を重視します。

 なぜなら、夜間は電球色に調色できた方が「疲れた目に優しく」、昼間は、昼白色のほうが活動しやすいからです。

3・色の鮮やかさ(演色値:Ra指数)

 201608021323.jpg

 第3に 色の鮮やかさ(Rs指数)です。

 光源や認知科学にかんする研究成果によれば、目に優しい光の理想は、「太陽光に近い」色合いのライトです。

 シーリングライトの場合、白球色(昼光色・昼白色)での演色評価指数(Ra指数)が、太陽の光(Ra100)に近い方が目に優しいと言えます。

 最近は各メーカーも演色値を公開しますが、特に、読書をされる方は、この部分のスペックを重視すると満足度が高いです。

ーー

 img-kantan.jpeg

 というわけで、具体的な製品の比較をはじめます。 

 なお、以下で紹介する機種については、天井に引っかけコンセントがあればどの家庭でも設置できます

2・比較的低価格なシーリングライト

 では、レビューを始めましょう。

 はじめに紹介するのは実売価格で1万円前後までの比較的安いシーリングライトです。

 なお、以下では、Atlasがオススメできるポイントは赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


 201805021028.jpg

【2018】

【6畳】

 1・NEC LIFELED'S HLDZ06203
  ¥5,324 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(26W )
直径:45.8 cm/

【6畳】

 2・NEC LIFELED'S HLDZ06209
  ¥4,680 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(31W )
直径:46.4cm

 はじめに、NECのシーリングライトを紹介します。

 これらは、値段が手頃なために、東芝と共に、日本のデンキヤさんで最も売れている機種です。

 2機種ありますが、カバーのデザインが異なるだけで、明るさは同じです。

 明るさは、6畳用が3200ルーメンです。

 6畳用ですが、業界規格で認められる6畳用の最大光量には及ばない水準です。

 調光(明るさ調整)は、どのモデルも無段階での連続調光が可能です。

 調色(色の調整)は、いずれのモデルも、昼白色のみで、オレンジ系の電球色に調色できないタイプです。

 201512211725.jpg

 なお、NECのシーリングライトは、丸形蛍光灯と似た配置にしています。

 従来の蛍光管似た光の感じが得られる点で人気です。ただし、蛍光管と同じく、中心部の光が多少弱く光が部屋に均一に広がりにくいという弱点がありました。

 しかし、モデルチェンジで「マルチ拡散カバー」が採用されました。これにより光が従来より広範囲に広がりやすくなっています。

---

 以上、NECのシーリングライトの紹介でした。

 電球色への調光ができない点は残念ですが、1万円以下の機種としては明るいモデルで、「お買得」だと思います。


  201808261023.jpg

 【6畳】【調光調色可能】

 3・東芝 E-CORE LEDH80480-LC
  ¥5,800 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(32W )
直径:50cm

 【6畳】【調光のみ】

 4・東芝 E-CORE LEDH80379NW-LD
  ¥4,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(24W )
直径:50cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 東芝の LEDH80480-LC 【は、東芝の2018年モデルのシーリングライトです。

 1つ上で紹介したNECの製品とスペックが似通った製品です。

 明るさは、6畳用が3699ルーメンですから、業界規格として6畳用に認められる最大光量です。

 ただし、昼白色固定で【調光のみ】可能な下位機は、最大光量よりやや暗めです。

 演色値Ra85と同じです。

 調光(明るさ調整)については、この製品は段階がない連続調光に対応します。さらに、この機種については、6段階の常夜灯の調光ができる点が珍しい部分です。

 調色は、上位機のみ対応し、電球色と昼光色の双方に色を切り替えることができます。

---

 以上、東芝のシーリングライトの紹介でした。

 【調光調色可能】モデルについては、6畳用としては、最大に明るいと言えます。ただ、そちらについては、格安と言えるほどは安くないのはネックです。


  201808261031.jpg

 【2018年発売

 【6畳用】【調光対応】

 5・パナソニック LSEB1068K
  ¥5,419 楽天市場 (9/10執筆時)

 【6畳用】【調光・調色対応】

 6・パナソニック LSEB1067K
  ¥6,215 楽天市場 (9/10執筆時)

 【2019年発売

 【6畳用】【調光・調色対応】

 7・パナソニック HH-CEB0623A  
  ¥13,813 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(26.5W/28W
直径:50cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼白色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックの低価格帯のシーリングライトです。

 新機種が出ていますが、多少定格消費電力が異なる程度で、明るさなどは同じです。

 201401031846.jpg

 明るさは、3699ルーメンです。東芝と同じです。

 8畳用に比べると2割暗いとはいえ、こちらも、畳数あたりに業界で認められた数値では、「最大の明るさ」です。また、商品電力が明るさに比して低いとも言えます。

 また、中心部までの明るさはパナソニックの「売り」の1つで、むらなく明るい光が得やすいでしょう。

 調光(明るさ調整)については、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も6段階で調光できます。

 201808261035.jpg

 調色(色の調整)は、【調色対応】とある上位モデルのみ対応します。そちらは、電球色と昼光色の双方に色を切り替えることができます。

  201504061602.jpg

 さらに調色対応モデルは、「全灯」ボタンで、6200Kの「文字くっきり光(昼光色)」に調色できるため、新聞や本をよく読む方には最適です。

 演色値はRa83なので、他社よりわずかに落ちます

---

 以上、パナソニックの低価格機の紹介でした。

 十分な明るさを持ちつつ、消費電力は低い機種です。光熱費も含めて考えた場合、これらの機種は、省エネ性の面で非常に優秀でしょう。

ーーー

  201808261057.jpg

 【2018年】【Amazon限定】

 【6畳用】【調光・調色対応】

  8・パナソニック HH-CD0620AZ
  ¥6,282 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(26.6W)
直径:50cm

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 なお、パナソニックからは、同じ直径の製品で、【Amazon限定】に型番を変えたお買得モデルもあります。

 こちらも、調色に対応し「文字くっきり光」が出せます。

 201808261115.jpg

 その上で、Amazonモデルだけの「特典」として、掃除の上では、帯電防止剤と撥水コートを付したキレイコートが搭載されるため、この部分に魅力を感じる方はこちらでも良いと思います。

 なお、後継品がでていますが、性能差はありません。


 201808261042.jpg

 【6畳】

 9・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL6D-5.0
  ¥3,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【6畳】【調色対応】

 10・アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL6DL-5.0
  ¥4,980 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

明るさ:3300ルーメン(33W/38W )
直径:45cm

調色:昼白色のみ
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

 続いて、アイリスオーヤマのシーリングライトです。

 ホームセンターで有名な家電メーカーですが、とくに「お買得」な価格帯について、この分野でのシャープの撤退に呼応する形でシェアを伸ばしている会社です。

 こちらは、調色できるタイプと電球色に調色できないタイプに分かれます。価格差はほとんどないですね。

 明るさは、その一方で、6畳用が3300ルーメンと、同じ畳数モデルで較べた場合、最大光量より多少暗いです。また、演色値にもRa80と、近年の他社水準よりもかなり劣ります。

 消費電力も、同じ明るさに比して、他社よりも効率が悪いですね。

 調光(明るさ調整)については、段階調光ながら10段階の調光と、それなりに細かく調光できるのが魅力です。

 201805020957.jpg

 調色(色の調整)は、【調色対応】と書いてある機種については、オレンジ系の電球色も出せる機種です。

---

 以上、アイリスオーヤマのシーリングライトの紹介でした。

 価格重視で選ぶとするとこの機種は魅力です。とくに、調色できるタイプは、この価格では同社だけです。ただ、その一方で、適応畳数・消費電力を基準に選ぶと、格安機として較べてもスペックが落ちるのが難点ですね。ただ「新興勢力」なので、次期モデル以降に期待でしょうね。

3・高性能なシーリングライトの比較

 続いて、各社のハイグレードタイプのLEDシーリングライトを比較します。

 なお、低価格なシーリングライトは、直径50cm前後でした。しかし、高機能モデルの一部は、平均60cmほどで、明るさの広がりが良いです。

 ただし、先述のように、6畳用は「廉価版」の扱いで、高級モデルといえるものは「8畳用」に比べるとほとんどないです。

 201805021128.jpg

 基本的に、6畳程度の小部屋でも、明るく、かつ、特長のある高性能なモデルを望むならば、【8畳用LEDシーリングライトの比較記事】で紹介した、8畳用を買うのが基本です。


 201501041841.jpg

【6畳】

 11・日立 LEC-AHS610P 【2018】
  ¥11,547 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

 12・日立 LEC-AHS610K 【2017】
  ¥9,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(23.1W )
最大時:4438ルーメン(31.9W)
直径:61cm

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 LEC-AHS610P は日立のLEDシーリングライトです。

 2018年秋に新機種が登場したため、新旧両機種あります。ただ、年度の違いについては、型番のみの変更ですので、価格で選んで問題ありません

 201510071329.jpg

 明るさは、6畳用が3699ルーメンと、業界基準が許す最大量の明るさを保ちます。

 この点では、他社と同じなのです。しかし、日立には「オーバーブースト」とも言うべき機能があります。

 それが、「ラク見え」モードです。明るさが「標準の1.2倍」となり、ルーメン値もそれ応じて「畳数の業界基準を飛び越えて」明るくできます。「規制の抜け道」という面でよく考えたものだと感心します。

 201808261139.jpg

 演色値は、東芝と同じで、「ラク見え」モードの際に、Ra90と太陽光に近い明るさを出すことができます。

 繰り返しますが、「目の疲れやすさ」の点ではこの数値が大事です。色値がRa90を越えるモデルは現行モデルではかなり少ないです。

 演色値が高いと、日光の下にいるように、肌の色や食卓などを明るく美しく照らしてくれます。クッキリ見やすいタイプの高性能なシーリングとも言えます。

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能です。常夜灯(保安灯)についても、無段階で調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、「らくみえモード」を昼光色と考えた場合、昼光色・昼白色・電球色全てを出せる機種です。

 消費電力については、どのモデルも、パナソニックの「エコナビ」に相当するエコセンサーが付属します。

 他社は上位機種だけの場合が多いですが、日立は下位機種からの搭載です。 なお、「らくみえモード」の際の消費電力は高めに出ていますが、通常モードならば、エコセンサーも相まって、電気代がかからない機種の一つです。

---

 以上、日立のシーリングライトの紹介でした。

 日立はシーリングライトは後発でしたが、その利点を活かしてか、他社と比べても良い機種だと思います。6畳用としては、例外的に高性能なモデルなので、予算的余裕があれば、この機種を選べば間違いないでしょう。


 201906072225.jpg

 【2018年】

 【6畳】

  13・Panasonic HH-CD0689A
  ¥19,757 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(27.7W)
直径:54cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値: Ra 83(太陽をRa100とした場合)

 こちらも、パナソニックの製品ですが、AIR PANEL LED に属する上位機です。

 201906071859.jpg

 かなり独特のフォルムをした製品です。小部屋、とくに「寝室向け」として、売られています。

 明るさは、一方、特殊な形状ゆえに、3200ルーメンです。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 一方、このモデルは、8畳以上だと「文字くっきり光」に対応しますが、6畳については、未対応です。

 201906071856.jpg

 調色(色の調整)は、特色があります。

 こちらの場合、パネルの外縁部に光を送れるため、上下左右に広がりを持つ明かりを出せます。

 特に電球色は、寝室の雰囲気が出せるため、変わりばえする照明を探しているならば、割と良いでしょう。

 消費電力については、一方、いずれも、やや特殊な形状のモデルのため、パナソニックの通常機に比べると、多少ながら劣ります。「趣味的」な機能があるので、これは仕方ないでしょう。

---

 以上、Panasonic AIR PANEL の紹介でした。

 201906072232.jpg

 先述のように「寝室向け」な製品です。文字くっきり光や最大光量は、寝室向けとしては、さほど重要ではないです。

 逆に、パネル光とセンター光で、雰囲気のある明かりが作れる点で、この用途に向くでしょう。30分後に消灯するおやすみタイマーもその意味では、有用です。


 201808261042.jpg

 【6畳用】【調光のみ】

 14・アイリスオーヤマ Alexa対応 CL6D-6.0UAIT
  ¥9,698 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【6畳用】【調光・調色対応】

 15・アイリスオーヤマ Alexa対応 CL6DL-6.0UAIT
  ¥11,664 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(26.5W )
直径:60cm

調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 CL6D-6.0UAITは、アイリスオーヤマのシーリングライトです。

 201812141254.jpg

 外寸が直径60cmを超える「高性能タイプ」としては、格段に安い製品です。

 また、こちらも(パナソニック上位機のように)Bluetooth搭載機で、スマホで操作が可能です。

 さらに、【Amazon Echoの比較記事】で紹介した、Amazonのアレクサや、【スマートスピーカーの比較記事】で紹介した、Google Homeなどで、音声入力による、電源・調光操作に対応します。パナソニックもこの部分は対応していないので、「業界初」でしょう。

 一方、調光・調色に対応し、明るさも(8畳用は)業界基準に合致した明るい機種です。ただし、消費電力はやや多めです。演色値は、Ra85となかなかですが、どの色に調色した場合のスペックかが非開示です。

---

 以上、アイリスオーヤマのCL6D-6.0UAITの紹介でした。

 スマートスピーカー対応という明確なメリット性を持つ機種です。また、価格も安い機種です。ただ、消費電力や構造、デザイン性の面で、「高性能機」としてはやや物足りないスペックです。

 なお、AlexaやGoogle Homeでどうしても家電操作したい場合は、【スマートリモコンの比較記事】で紹介したような外部機器を使う手もあります。これについては、全てのシーリングライトの紹介が終わった後、もう一度紹介します。

次回に続く!
電気代が安く、目に優しいLEDシーリングライト結論的にこれ!!

 というわけで、今回は、業界で最も小さな「6畳用」のLEDシーリングライトについて書いてきました。

 メーカーごとの特徴が分かりにくい商品ですが、照度演色値などのデータである程度、メーカー横断的に比較できたかと思います。

 201407051057.jpg

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 次回の記事【こちら】では、今回紹介した全ての畳数のモデルから、「Atlasのおすすめ機種!」と言えるモデルを、価格別・目的別・部屋サイズ別に提案していきたいと思います。

 次回の記事は→こちら

 この前半記事がもし皆様のお役に立ったようでしたら、SNSなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 20:47 | 照明器具

比較2019’ 和室用!LEDシーリングライト32機の性能とおすすめ:和風LEDペンダントライト対応 (ceiling lights-5)

【今回レビューする製品】2019年 和室用のLED照明器具:和風天井照明シーリングライト・木製・木枠の和風ペンダントライトの性能とおすすめ・選び方:和室用天井照明

【比較する製品型番】パナソニック HH-CD0650A HH-CD0657A HH-CD0850A HH-CD0857A HH-CC1252A HH-PD0852D HH-LP598N HH-PD1252D HH-PD1250D HH-PD0851D HH-PD0850D NEC HLDZB0866 HLDC08214 HLDC12214HCDB0850 HCDD1250 HCDB0852 コイズミ BH16772CK BH16773CK アイリスオーヤマ PLM6DL-J PLM8DL-J PLM12DL-J PLM12D-J PLM6D-J PLM8D-J 日立 LEC-CH800CJ LEC-CH1200CJ

今回のお題
和室に合う!LEDシーリングライトはどの製品がおすすめ?

 どもAtlasです。 

 今日は、2019年9月現在、最新の和室向きの天井照明器具比較です。

 201808261400.jpg

 一軒家や、マンションの和室におすすめのLEDの天井照明器具シーリングライト・ペンダントライト)を紹介します。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 以下では、いつものように、各機種を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

ーーー

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風のシーリングライト

 なお、今回の記事は、家庭用LED天井照明器具の比較シリーズの5回目記事として書きました。

1・和室用のLED照明の選び方の基本

 201808261241.jpg

 和風の天井照明を選ぶ場合、天井面に直付けするLEDシーリングライト型式と、天井からケーブルで下げるLEDペンダントライトの2形式があります。

 和室用照明の買い替えニーズにおいて、デンキヤでの売れ筋は、吊り下げるLEDペンダントライトです。

 ただ、Atlasは、(蛍光管ならともかく)LEDの場合、(特に格安の)LEDペンダントライトオススメしたくありません

 201808261245.jpg 

 というのも、和風のLEDペンダントライトは、傘の中に写真のような洋風のシーリングカバー挿入される型式だからです。下方から見た場合、「美観的な意味での違和感」が相当あります。

 また、構造的に、傘とシーリング双方で光源の拡散を「妨害」する構造なので、明るさに比した電気代が高めになる点も理由です。

 実際、LEDの光は(カバー付きでも)蛍光管より眩しいので、天井に設置して部屋中に拡散できるLEDシーリングライトの方が、一般的に言って「良い」です。

 201711131052.jpg

 ただ、本格的な和室のどの場合、天井が上図のような竿縁天井で、和風のLEDシーリングライト設置が難しい場合があります。

 それを理由として、一般的なシーリングライトは取付が難しいため、不格好な吊り下げ式のペンダントLEDを使っている方が見られます。

 201808261253.jpg

 LEDシーリング用アダプタ HK9059
  ¥1,710 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 ただ、LEDシーリングライトには、竿縁天井用のアダプターがあり、竿縁にローゼット(引っかけコンセント)が出ていても、安定して付けられる仕組みになっています。

 NEC・パナソニックの和風照明は、ほぼ全機種にこのような対応アダプターが別売されているため、基本的には、LEDシーリングライト型式の製品を利用することをAtlasはオススメしています。

 ただ、天然木を使った竿縁天井など設置が難しい場合もありますので、その場合に限って和風のLEDペンダントライトは使うべきだと思います。 

 201808261302.jpg

1・最大照度の高さ
 =照明の明るさ(ルーメン値)
2・色調の調整機能
 =昼光色・昼白色・電球色の調色
3・色の鮮やかさ
 =演色値の太陽光(Ra100)への近似

 そのほか、今回の記事では、照明器具としての照度・色調・彩度などのスペックに注意しながら、比較していくつもりです。

 img-kantan.jpeg

 なお、以下で紹介する機種については、天井に引っかけコンセントがあればどの家庭でも設置できます

2・和風のシーリングライトの比較

 では、レビューを始めましょう。

 はじめに、各社の和風LEDシーリングライトを比較します。吊り下げタイプに比べて、和風でも「おしゃれ」です。モダンな和室では特に見映えがします。

 なお、以下では、Atlasがオススメできるポイントは赤字で、イマイチと思う部分は青字で記していきます。


 201808261306.jpg

 【2019年1月発売】

 【フラット形状】【6畳】

 1・パナソニック HH-CD0650A 【6畳】
 2・パナソニック HH-CD0657A 【6畳】
  ¥12,504 Amazon.co.jp (9/10執筆時)
 

明るさ:3550ルーメン(26.6W)
直径:48.4cm

 【フラット形状】【8畳】

 3・パナソニック HH-CD0850A  【8畳】
 4・パナソニック HH-CD0857A  【8畳】
  ¥13,577 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4000ルーメン(31.1W)
直径:48.4cm  

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯:6段調光可能
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、パナソニックの和風のシーリングライトです。

 和室の交換用として売られているシーリングライトは点数が少ないのですが、パナソニックには展開があります。

 なお、流通経路の違いで、適応畳数ごとに型番が2種類ありますが、どちらも同じです。

 201808261144.jpg

 枠は天然木(白木)を使った本格派です。なお、型番が2種ありますが、流通ルートが異なるだけで、性能は同一です。

 明るさは、8畳用で4000ルーメンです。

 8畳用の場合、業界基準では4299ルーメンが最大照度なので、それよりは劣ります。

 ただ、和風LEDシーリングライトの場合、木枠が光の拡散をどうしても遮るため、この機種は「和風にしては最高に明るい」と評価できます。

 実際、天井から光源を拡散できる分、ペンダントライトを利用していたかたは、明るさを感じやすいでしょう。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能です。夜用の、常夜灯の調光できる製品です。

 201903101459.jpg

 調色(色の調整)は、リモコンで、昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せるモデルです。なお、天井照明用の壁コンセントがあれば、早押しすることで照度を変えることも可能です。

 とくに、パナソニックの場合、ボタンで、6200Kの明るさの「文字くっきり光」という昼光色が調色できます。新聞などの文字の視認性が高まるため、和風のリビング用の天井照明として、この機種は向くでしょう。

 演色値は、Ra83です。蛍光管に比べるとだいぶ良いですが、他社に比べると一般的な数値です。

 201711131052.jpg

 LEDシーリング用アダプタ HK9059
  ¥1,774 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

---

 以上、パナソニックの和風シリーズの紹介でした。

 和室向きでは、他社モデルも含めて最も高性能です。2機種ありますが、明るさは同じなので、価格で選んで構いません。


 201808261146.jpg

 【フラット形状】

 5・NEC LIFELED'S HLDZB0866 【8畳】
  ¥9,141 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4100ルーメン(35W)
直径:49cm
調光:調光100%〜約5%
調色:昼光色のみ
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 こちらは、NECの発売する和室用の和風シーリングライトです。パナソニックに比べると安めです。

 枠木はこちらも白木ですね。

 明るさは、8畳用で4100ルーメンです。最大光量ではないですが、8畳用としてはパナソニックよりやや明るいです。

  201903101502.jpg

 一方、NECは、LEDの配置を、蛍光管のように置きます。

 蛍光管に慣れた方には違和感がないでしょうが、中心部がやや暗いという課題もあり、一長一短です。

 ただ、最近は、マルチアングルシステムというカバーによる配光調整で、弱点は緩和されてきました。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能です。ただし、常夜灯は付属するものの、常夜灯の調光はできません

 調色(色の調整)は、昼光色のみです。電球色が出せないのは「価格相応」でしょう。

 演色値は、Ra85です。NECはこの部分で割と優秀で、太陽光に近い彩度を目指す工夫があります。

  

 NEC 竿縁・傾斜天井用アダプタ2
  ¥1,890 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

---

 以上、NECの和室用の和風シーリングライトの紹介でした。

 格安でやや明るいとは言え、調光ができないのは、今どきのシーリングライトとしては「古くさい」でしょう。

 また、クリアパネルの部分がやや「こんもり」しており、見映えとしても、パナソニックのフラット式に比べるとイマイチです。


 201808261318.jpg

  【立体形状】

 6・パナソニック HH-CC1252A 【12畳】
  ¥30,992 楽天市場 (9/10執筆時) 

明るさ:5400ルーメン(44.1W)
直径:53.4cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

  HH-CC1252A は、パナソニックの和風シーリングライトです。

 「和室用」として売られているシーリングライトは点数が少ないです。とくに畳数が広めの製品で、デザインが優れたものは、本当に数がありません。

 枠は天然木(白木)を使った本格派です。

 明るさは、12畳用で5100ルーメンです。

 先述のように、和風は天然木の部分が入るため、最大値よりも多少ルーメンが落ちます。ただ、いずれの製品も光が広がりやすい構造であり、多少広めの部屋でも問題ないでしょう。

 なお、12畳のみのラインナップですが、調光できるので、10畳程度の利用でも問題ありません。

 調光(明るさ調整)についても、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

  201504061602.jpg

 調色(色の調整)は、昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せるモデルです。

 また、この製品も全灯の際、6200Kの「文字くっきり光」に調光されるため、リビングで新聞を読むなどの際はかなり有効です。

 このほか、防犯対策として、留守中に自動的に転倒できる「留守番タイマー」や「おやすみタイマー」が付属します。

 201711131052.jpg

 LEDシーリング用アダプタ HK9059
  ¥1,710 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

 以上、パナソニックの和風シリーズの紹介でした。和室向きでは、他社モデルも含めて最も高性能です。やや価格が高いですが、広い和室にはこちらはおすすめです。


 201906081203.jpg

 【2015年5月発売】

 【立体形状】

 7・日立 LEC-CH800CJ【8畳】
 8・日立 LEC-CH801CJ【8畳】
 9・日立 LEC-CH802CJ【8畳】
  ¥28,469 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4299ルーメン(44.8W)
最大時:5159ルーメン(59.9W)
直径:64cm

  【立体形状】

 10・日立 LEC-CH1200CJ【12畳】
 11・日立 LEC-CH1201CJ【12畳】
 12・日立 LEC-CH1202CJ【12畳】
    ¥35,112 Amazon.co.jp
(9/10執筆時) 

明るさ:5499ルーメン56.9W
最大時:6559ルーメン77.6W
直径:53.4cm

調光:無段階
調色:可能〈昼光色・電球色〉常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

 これらは、日立の和風シーリングライトです。

 パナソニック同様に、天然木(白木)を使った本格派です。

 木枠の配置が和風の天井板にもマッチしそうなクラシックタイプから、割とモダンな形状まで3種類があります。

 明るさは、8畳用で4299ルーメン、12畳用で5499ルーメンです。

 この部分は強調できます。日立は和風シーリングについても、業界規格で認められる最大光量を確保しているからです。とくに12畳用は、おそらく和風シーリングでは、「最も明るいシーリングライト」でしょう。

201906081149.jpg   

 明るさは、10畳用が4800ルーメン、12畳用で5499ルーメンと、業界基準が許す最大量の明るさを保ちます。

 この点では、他社と同じなのですが、日立には「オーバーブースト」とも言うべき機能があります。

 それが、「ラク見え」モードです。

 青色LEDを併用しており、それで、明るさが「標準の1.2倍」となります。ルーメン値もそれ応じて「畳数の業界基準を飛び越えて」明るくできます。「規制の抜け道」という面でよく考えたものだと感心します。

 一方、日立の和風については、2015年から改良されていないので、同社の(普通の)シーリングと比較しても、省エネ性が悪いです。

 パナソニックに比較して、年間で700円強は電気代が上がる点は、「明るさの代償」として、理解する必要はあるでしょう。

 201607061747.jpg

 調光(明るさ調整)については、無段階で連続調光が可能で、常夜灯の調光できる製品です。

 調色(色の調整)は、昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せるモデルです。

 読書には、先述の「らくみえモード」が有効です。

 一方、このモード利用時に、演色値がRa90という、太陽光に近い光を出せるのも売りです。

 読書に向くほか、食卓に並べた料理など、色鮮やかに見えやすいです。

 201906081200.jpg

 竿縁天井用シーリングアダプター RCA01
  ¥1,101 楽天市場 (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

 竿縁の高さが24-34mmの範囲ならばOKです。

---

 以上、日立の和風シーリングライトの紹介でした。

 和風は、14畳以上のモデルがないので、お年寄りで目の悪い方、「準和風リビング」な方には、「らくみえ」を持つ日立の12畳は良い選択肢でしょう。

 先述のように、消費電力の問題があるため、一般向きではないとはいえ、重要なラインナップです。

 201906081205.jpg

 13・日立 LEC-CH820CJ 【8畳】  
    ¥27,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時 

 14・日立 LEC-CH1220CJ 【12畳】  
    ¥24,999 楽天市場 (9/10執筆時 

 なお、日立は、木枠モデルがもう1シリーズあります。

 ただ、「らくみえ」が非搭載ですので、注意が必要です。


 201808261327.jpg

 【2018年10月発売】

 【二重木枠 8畳】

 15・NEC LIFELED'S HLDC08214
  ¥11,080 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4000ルーメン(35W )
直径:52.1cm

 【二重木枠 12畳】【2018】

 16・NEC LIFELED'S HLDC12214
  
¥11,576 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5100ルーメン(45W ) 
直径:51.6cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 これらは、NECのLIFELED’Sシリーズの上位機です。8畳と12畳が展開の機種です。

 なお、モダンな和室にあいそうなオシャレな丸形のデザインです。一方、相当しっかりした和室にはやや「軽めのデザイン」かもしれません。

 明るさは、8畳用4000ルーメン12畳用5100ルーメンです。和風のシーリングライトとしては問題ないでしょう。

 また、NECの場合、マルチ拡散カバーを採用し、天井方面にも光を放射し、間接的に部屋を明るくする工夫もあります。

 演色値は、Ra85です。パナソニック系はRa83なので、鮮やかさという点で、NECは多少ですが優れますね。

201812142026.jpg

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も7段階で調光できます。

 調色(色の調整)は、対応で5種類のパターンから選択可能です。

 201805021025.jpg

 また、この機種は「おやすみモード」搭載で、「次第に照明を暗くしていく」という睡眠導入用のフェードアウト機能がつきます。

  

 NEC 竿縁・傾斜天井用アダプタ2
  ¥1,890 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

---

 以上、LIFELED’Sシリーズの上位機の紹介でした。

 見所はおやすみモードの搭載でしょう。ただし、デザイン以外は、下位機種とさしたる変化もないため、価格重視で下位機を選んでも良いと思います。


 201808261337.jpg

 【焼杉風 8畳】【2018】

 17・コイズミ BH16772CK
  ¥21,847 楽天市場 (9/10執筆時) 

明るさ:3625ルーメン(31.3W ) 
直径:58.3cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色〜電球色〉
演色値:Ra82(太陽をRa100とした場合)

 BH16772CK は、日本の小泉精器(コイズミ照明)が発売するLEDシーリングライトです。

 古風な焼杉を利用した製品で、古民家などに合いそうです。

 明るさは、8畳用3625ルーメンです。下部のカバーをフラットにするなど、どちらかといえば、古民家でもLEDを違和感なく、という方向性なので、照度はイマイチとなります。

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も5段階で調光できます。

 調色(色の調整)は、対応で電球色・昼光色・昼白色ともに対応します。

 演色値は、Ra82です。他社に比べるとやや劣るスペックですね。

  201808261354.jpg

 コイズミ照明 竿縁天井取付アダプタ AE44068E
  ¥1,822 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

----

 以上、BH16772CK の紹介でした。

 古民家風の落ち着いたデザインです。こうしたデザインでないと合わない和風建築は確実にあるため、ニッチなニーズを満たすでしょう。


 201808261347.jpg

 【焼杉風 8畳】【2016】

 18・コイズミ BH16773CK
  ¥24,640 楽天市場 (9/10執筆時) 

明るさ:3940ルーメン(31.3W ) 
直径:60.5cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色〜電球色〉
演色値:Ra82(太陽をRa100とした場合)

 BH16774CK も、日本の小泉精器が発売するLEDシーリングライトです。

 こちらは、吉野杉を使った品のあるデザインで、客間・お座敷などにマッチしそうです。ただ、旅館風に見えてしまいそうなふしはあります。

 明るさは、8畳用で3940ルーメンです。先ほどの製品と同じLEDですが、格子があることなどの形状ゆえに、やや照度は高い機種です。ただし、(より単純な木枠の)パナソニックには及びません。

 調光(明るさ調整)は、無段階での連続調光が可能で、常夜灯も5段階で調光できます。

 調色(色の調整)は、対応で電球色・昼光色・昼白色ともに対応します。

 演色値は、Ra82です。やはり、他社に比べるとやや劣るスペックです。

  201808261354.jpg

 コイズミ照明 竿縁天井取付アダプタ AE44068E
  ¥1,822 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

 以上、BH16773CK の紹介でした。高級旅館などの交換用としてニーズがありそうです。竿縁天井用のアダプターは他社よりしっかりしており、安心感もありそうですね。

3・和風のペンダントライトの比較

 続いて、和風のペンダントライトの比較です。

  201805021237.jpg

 Atlasとしては、LEDの場合は「シーリングライト推し」ですが、どうしても設置ができない場所はあるので、信頼できそうな機種を数点紹介することとします。


 201808261402.jpg

 【2018年】【8畳用】

 19・パナソニック LEDペンダント HH-PD0852D
  ¥17,596 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(28.1W) 
直径:50cm

 【2013年】【12畳用】

 20・パナソニック LEDペンダント HH-PD1252D
  ¥19,347 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4330ルーメン(34.1W)
直径:50cm

調光:2段階のみ
調色:不可
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 HH-PD0852D は、パナソニックの和風ペンダントライトです。

 ひもが付いた吊り下げ式です。

 201808261412.jpg

 ある程度の値段がする機種ですが、LEDの本体とそのカバーは、単に洋風のシーリングカバーを組み入れたものではなく、専用設計である点に魅力があります。

 このグレードならば、あまり違和感なく利用できるでしょう。

 枠は天然木(白木)を使った本格派です。なお、傘の部分は強化和紙張りとなります。

 明るさは、8畳用で3800ルーメン、12畳用で4300ルーメンです。小型のLED本体ですから、このあたりは仕方ないでしょう。

 ただ、このタイプは、天井よりも低い場所からおもに、直下のテーブルなどを照らす目的ですから、シーリングライトほどのルーメン値は要らないのは確かです。

 調光(明るさ調整)については、この機種はリモコンが付属しないため、蛍光管のように、ヒモによる2段階調整に止まります。常夜灯は付属します。

  201504061602.jpg

 調色(色の調整)は、8畳用は昼白色(5000K)、12畳用昼光色(6200K)です。12畳用の場合、先ほど説明した、文字が視認しやすい6200Kの「文字くっきり光」に調光されるため、和室でも、リビング用で、新聞を読むなどの場合は、良いでしょう。爽やかな光です。

---

 以上、パナソニックのHH-PD0852Dの紹介でした。

 和風のLEDペンダントライトとしては、デザインを含めて、信頼性が高い機種です。とくに、LEDライト部分が、しっかりペンダントライト用として設計されているため、Atlasとしては、好感度が高い機種ですね。

ーーーー

 201909101623.jpg

 【2018年】【8畳用】

 21・パナソニック LEDペンダント HH-PD0850D
  ¥7,138 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3405ルーメン(28.1W) 
直径:50cm

 【2018年】【8畳用】

 22・パナソニック LEDペンダント HH-PD0851D
  ¥12,340 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3640ルーメン(28.1W) 
直径:50cm

 【2013年】【12畳用】

 23・パナソニック LEDペンダント HH-PD1250D
  ¥7,853 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4180ルーメン(34.1W)
直径:50cm

 なお、パナソニックは下位機種として、以上の3機種も出しています。

 非常に格安ですが、こちらはプラスチック枠であり、高級感がありません。さらに、照度もやや劣るため、選ばない方が良いでしょう。

 HH-PD0851D だけは、多少照度が高く、枠も(白木ではなく)桐ですが、値段も総じて高いです。照度もわずかに劣るため、やはり選ぶならば、上位機種でしょう。


 201808261423.jpg

 【2018年】【8畳用】

 24・NEC LIFELED'S HCDB0850
  ¥6,480 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3500ルーメン(29W) 
直径:49cm

 【2018年】【12畳用】

 25・NEC LIFELED'S HCDD1250
  ¥8,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4500ルーメン(36W)
直径:49cm

調光:2段階のみ
調色:不可
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

 HH-PD0852D は、NECの和風ペンダントライトです。

 こちらも、ひもが付いた吊り下げ式ですが、割と安めです。

201808261427.jpg

 デザイン性について言えば、NECは光源を蛍光管のような方式(円形)に配置しているため、やはり違和感なく使いやすい希有なモデルです。

 ただ、枠は天然木ではなく、樹脂製で木に似せたものであるため、値段相応のチープさがあります。

 明るさは、8畳用で3500ルーメン、12畳用で4500ルーメンです。消費電力を考えてもあまり優秀ではありません。

 調光(明るさ調整)については、この機種もリモコンが付属しないため、蛍光管のように、ヒモによる2段階調整に止まります。常夜灯は付属します。

 201808261431.jpg

 調色(色の調整)は、8畳用12畳用昼光色(6700K)です。演色値もRa85と高いので、デザインはともかく、照明としての明るさは上位ですね。

 以上、NECのHH-PD0852Dの紹介でした。格安な製品で、明るさもある製品です。ただ、外観については、樹脂製の安っぽさがあるため、あまりオススメできません。

ーーー

 201808261434.jpg

 【2018年】【8畳用】

 26・NEC LIFELED'S HCDB0852
 
 ¥7,179 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:3700ルーメン(36W)
直径:40cm

 なお、傘が40cmと小さめな機種も併売されています。

 ただ、こちらも木の部分が樹脂製であり、やや価格が外観に現れています。


  201906071718.jpg

 【2018年】【6畳用】

 27・ アイリスオーヤマ PLM6DL-J
  ¥7,100 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3329ルーメン(29W) 
直径:48cm

 【2018年】【8畳用】

 28・ アイリスオーヤマ PLM8DL-J
  ¥8,300 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3869ルーメン(35W) 
直径:48cm

 【2018年】【10畳用】

 29・アイリスオーヤマ PLM12DL-J
  ¥8,600 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4949ルーメン(45W)
直径:48cm

調光:10段階
調色:電球色〜昼光色
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

 PLC6DL-J は、アイリスオーヤマの新型の和風ペンダントライトです。

 アイリスオーヤマの場合、電源のON/OFFが紐以外に、リモコンでもできる点が便利です。

 201808261245.jpg 

 デザイン性について言えば、ただ、洋風のシーリングのカバーのようなものが傘から見える構造です。

 格安の和風ペンダントライトによく見られる設計です。材質も、天然木ではありません

 201812142041.jpg

 ただ、デザイン性について言えば、中央部の配光に配慮があるので、シーリングカバーを利用する製品だけの枠内で言えば、違和感は少なめです。

 明るさは、8畳用で3869ルーメン、12畳用で4949ルーメンです。

 他社より消費電力は多めです。ただ、これは、調色・調光に対応するからでもあるため、一概に悪いとも言えないです。

 調光(明るさ調整)については、この機種はリモコンが付属し、10段階での調光に対応します。

 調色(色の調整)も、電球色から昼光色まで対応します。

 ただ、最大でも6000Kなので、NECやパナソニックに及ばないですね。演色値もRa80と低いです。

---

 以上、アイリスオーヤマの和風ペンダントライトの紹介でした。

 格安でリモコン付き、調色もできるペンダントライトとして、便利です。

 ただ、外観のデザインが価格なりであるほか、ペンダントライトとして省エネ性があまり良くないため、リビング用としてイマイチです。

 客間用としても、外観の安っぽさは、やや問題でしょう。


  201906071717.jpg

 【2018年】【6畳用】

 30・ アイリスオーヤマ PLM6D-J
  ¥5,530 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3329ルーメン(29W) 
直径:49cm

 【2018年】【8畳用】

 31・ アイリスオーヤマ PLM8D-J
  ¥6,500 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3869ルーメン(35W) 
直径:49cm

 【2018年】【10畳用】

 32・アイリスオーヤマ PLM12D-J
  ¥7,545 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4949ルーメン(45W)
直径:49cm

調光:10段階
調色:昼白色のみ
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

 PLM6D-Jは、アイリスオーヤマの下位機種になります。

 この機種については、調光ができず、昼白色のみできる機種です。ただ、他社機と比較する場合、引き続き、消費電力に対する明るさの部分の数値が良くないです。

 またリモコンもこの機種は付属しないので、その部分も注意が必要でしょう。

今回の結論
和室に合う!LED照明は、結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、和室向きのシーリングライトやペンダントライトの比較をしました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


第1に、8畳程度までの和室向けのシーリングライトとしておすすめできるのは、

 201808261306.jpg

 【2019年1月発売】

 【フラット形状】【6畳】

 1・パナソニック HH-CD0650A 【6畳】
 2・パナソニック HH-CD0657A 【6畳】
  ¥12,504 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:3550ルーメン(26.6W)
直径:48.4cm

 【フラット形状】【8畳】

 3・パナソニック HH-CD0850A  【8畳】
 4・パナソニック HH-CD0857A  【8畳】
  ¥13,577 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4000ルーメン(31.1W)
直径:48.4cm  

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯:6段調光可能
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 パナソニックの和風シリーズでしょう。

 他社にも類似タイプがありますが、機能性・デザイン性・消費電力の面でこちらを選びました。

 とくに、和風のシーリングライトは、天然木の白木の部分があるため、格安過ぎるモデルは品質に劣る場合が多いです。

 その点でいえば、こちらの製品は価格に見合った作りであり、和室に向くと思います。

  201504061602.jpg

 機能面でも昼光色・昼白色・電球色と三系統の光の出せる機種です。

 全灯の際、6200Kの「文字くっきり光」に調光されるためリビングで新聞を読むなどの際は、便利です。

 201711131052.jpg

 LEDシーリング用アダプタ HK9059
  ¥1,774 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 なお、竿縁天井用のアダプターは別売となります。

 竿縁の上にローゼット(引っかけコンセント)がある場合は、合わせて購入しましょう。


第2に、12畳程度の和室向けのシーリングライトとしておすすめできるのは、

 201808261327.jpg

 【2018年10月発売】

 【二重木枠 8畳】

 7・NEC LIFELED'S HLDC08214
  ¥11,080 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4000ルーメン(35W )
直径:52.1cm

 【二重木枠 12畳】【2018】

 8・NEC LIFELED'S HLDC12214
  
¥11,576 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5100ルーメン(45W ) 
直径:51.6cm

調光:連続調光
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra85(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 NECの発売する和室用の丸形和風シーリングライトでしょう。

 パナソニックの12畳用も良いですが、角形を天井に付けると、あまりに「旅館風」に見えてしまうので、和風モダンなこちらを推します。

 201808261431.jpg

 調光(明るさ調整)・調色とも価格に見合った水準です。その上で、演色値も高いため、新聞などが読みやすいほか、料理なども美味しく見えやすいです。

 201808261333.jpg

 配光についても、和風の場合は重要ですが、NECの場合、マルチ拡散カバーを採用し、天井方面にも光を放射し、間接的に部屋を明るくする工夫もあります。

 こうした点で、畳数が広い場合は、この機種が良いでしょう。

 

 NEC 竿縁・傾斜天井用アダプタ2
  ¥1,890 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。

ーーー

 201906081203.jpg

 【2015年5月発売】

  【立体形状】

 10・日立 LEC-CH1200CJ【12畳】
 11・日立 LEC-CH1201CJ【12畳】
 12・日立 LEC-CH1202CJ【12畳】
    ¥36,112 Amazon.co.jp
(9/10執筆時) 

明るさ:5499ルーメン56.9W
最大時:6559ルーメン77.6W
直径:53.4cm

調光:無段階
調色:可能〈昼光色・電球色〉常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★★

 ただし、主に12畳以上で、お年寄りなどがいる場合、明るさを求めるならば、日立でしょう。 

201906081149.jpg   

 明るさは、通常でも12畳用の最大光量の5499ルーメンですが、ラク見え利用時は、14畳相当の機種より(数値的には)明るい水準に「ブースト」できますから。

 その分電気代がかかるため、一般的にはおすすめしませんが、このニーズには合うでしょう。

 201906081200.jpg

 竿縁天井用シーリングアダプター RCA01
  ¥1,101 楽天市場 (9/10執筆時) 

 竿縁天井用のアダプターは、上記の型番で対応できます。


 第3に、和風ペンダントライトとして最もオススメできるのは、

 201808261402.jpg

 【2018年】【8畳用】

 19・パナソニック LEDペンダント HH-PD0852D
  ¥17,596 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3800ルーメン(28.1W) 
直径:50cm

 【2013年】【12畳用】

 20・パナソニック LEDペンダント HH-PD1252D
  ¥19,347 Amazon.co.jp (9/10執筆時) 

明るさ:4330ルーメン(34.1W)
直径:50cm

調光:2段階のみ
調色:不可
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★☆
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★☆☆
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★☆

 パナソニックの和風ペンダントライトでしょう。

 しっかりとした白木を使った外観であり、安っぽさがない点がまず評価できます。

 201808261412.jpg

 その上で、LED本体の部分が、しっかり和風ペンダントライトに合うように設計されている点、消費電力・明るさが優れる点が評価できます。

 リモコンがない点などイマイチな部分はありますが、とくに客間用と考えるならば、この機種はオススメです。ただ、天井にシーリングライトが付けられるならば、Atlasは、そちらをオススメします。


 第3に、旅館や賃貸物件用など、低予算で購入できる和風ペンダントライトとしてオススメできるのは、

  201906071718.jpg

 【2018年】【6畳用】

 24・ アイリスオーヤマ PLM6DL-J
  ¥7,100 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3329ルーメン(29W) 
直径:48cm

 【2018年】【8畳用】

 25・ アイリスオーヤマ PLM8DL-J
  ¥8,300 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:3869ルーメン(35W) 
直径:48cm

 【2018年】【10畳用】

 26・アイリスオーヤマ PLM12DL-J
  ¥8,600 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4949ルーメン(45W)
直径:48cm

調光:10段階
調色:電球色〜昼光色
演色値:Ra80(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★☆
2・演色性の良さ  ★★★☆☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★☆
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★☆

 アイリスオーヤマの新型の和風ペンダントライトでしょう。

 201812142041.jpg 

 演色値が低めである点と、内部にカバーが付く方式である点、天然木を利用しない点で、価格なりの製品ではあります。

 しかし 同社の製品の中では、消費電力と明るさのバランスが最も良いです。調色対応もすることをふまえると割と優秀です。リモコンが付く部分も良いでしょう。

 業務用のほか、普段あまり使わない部屋などに設置する場合、この機種を選ぶのもありだと思います。

補足:このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は、和室向きのLED照明の比較でした。

  201808261523.jpg

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風シーリングライト/ペンダントライト

 なお、このブログには、照明関係の比較記事が他にもありますので、よろしければ、ご覧ください。

ーーーー

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題をシェアしていただければ嬉しいです。ではでは。

posted by Atlas at 20:46 | 照明器具

比較2019’ 明るい!LEDシーリングライト45機の性能とおすすめ・選び方 (ceiling lights-6)

今回の結論
電気代が安く、目に優しい」LEDシーリングライトは結論的にこれ!!

 ども、Atlasです。

 201805020938.jpg 

 今回はLEDシーリングライトに関する記事の最終回の「まとめ」記事です。

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風のシーリングライト

 前回までの記事で見た小部屋用、リビング用のLEDシーリングライト全機種から、最終的な「結論」として、、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種について書いていきます。

 なお、検索エンジンから直接来られた方は、上記の記事をお読みになってからこの記事を読んでいただいた方が分かりやすいと思います。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★☆

 というわけで、上表のようなポイントから、「おすすめ機種」を提案していきましょう。

A・6畳〜8畳におすすめな機種!

 201808261543.jpg

 はじめに、6畳〜8畳の部屋用の「おすすめ」を提案していきます。


 第1に、8畳までの部屋用で、「省エネ性」と「目への優しさ」の点でバランスの取れた商品は、

  201808261057.jpg

 【2018年】【Amazon限定】

 【6畳用】【調光・調色対応】

  8・パナソニック HH-CD0620AZ
  ¥6,282 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(26.6W)
直径:50cm  

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

 【2018年】【Amazon限定】

 【8畳用】【調光・調色対応】

  9・パナソニック HH-CD0820AZ
  ¥7,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(31.1W )
直径:50cm  

調光:6段調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★☆

 パナソニックの「エバーレッズ」シリーズの【Amazon限定】モデルがおすすめです。

 畳数に応じて6畳用・8畳用から選べば良いでしょう。

 なお、年齢によっても適切な照度は変わってきます。この点で言えば、40代以上の方が利用する場合は、「1サイズ畳数が広い」ものをオススメします。

  201808261531.jpg

 いずれも、実売価格1万円以下で購入できる低価格モデルにもかかわらず、昼光色と電球色の調色が可能な上、常夜灯の調光にも対応するモデルである点を評価しました。

  201401031846.jpg

 NECと迷いましたが、パナソニックのほうが、中心部までしっかり明るいことからこちらを選びました。消費電力も低く、省エネ性の点でも評価は高いです。  

 ちなみに、Amazonはパナソニックのシーリングライトの多くが直販で売られているため、デンキヤに比べて価格面で「お買得」の場合が多いです。

 201808261115.jpg

 【Amazon限定】モデルは、通常モデルと違って、お掃除が楽なキレイコートも付きますし、選ぶならば、こちらでしょうね。

 201504061602.jpg

 もちろん、新聞や文字がみやすい「文字くっきり光」が調光できる点も魅力です。


 第2に、8畳までの部屋用で、高い演色値を持ち、「目への優しさ」に配慮された高機種としては、

 201501041841.jpg

【6畳】

 11・日立 LEC-AHS610P 【2018】
  ¥11,547 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

 12・日立 LEC-AHS610K 【2017】
  ¥9,980 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3699ルーメン(23.1W )
最大時:4438ルーメン(31.9W)
直径:61cm

 【8畳】

 29・日立 LEC-AHS810P【2018】
  ¥13,025 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 30・日立 LEC-AHS810K【2017】
  ¥11,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(28.4W )
最大時:5158ルーメン(40.4W)
直径:70cm

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★★

 日立のLEDシーリングライトの中位機種が最も優れていると言わざるを得ないでしょう。

 201808261139.jpg

 やはり、全サイズに渡って他社製品よりも明るく、そして太陽光に近いRa90の演色値を持っているので、目にも優しいです。

 リビングに使うならば、料理がより鮮やかに見えます。

 201510071329.jpg

 調色もできますし、中心部までしっかり明るいです。文字もくっきり見えるため、子供部屋や書斎にも向くでしょう。

 エコ性能についても、他機種と明るさで較べた場合、省エネ性が極めて優秀だと言えます。

 全機種に搭載されるのも嬉しいところ。本体価格も、新製品としては決して高くなく逆にお買得です。デンキヤで売れているのも分かります。

 サイズについては、6畳用、8畳があります。

 日立の場合、先述のように「ブースト」されるため、基本的には使用される部屋と同じサイズで構いません。

 とくに、日立の場合は、8畳用から直径が70cmを超えてくるため、6畳程度に部屋には、邪魔に感じる可能性が高いです。


 第3に、8畳までの部屋用で、ホームシアターに向く、最新モデルとして実力の高い機種は、

 201702070938.jpg

【2019年1月発売】

【8畳】

 23・パナソニック HH-XCD0883A
  ¥27,009 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(38.3W)
直径:62cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯:<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 新発売のLink Style LEDの「上位機」おすすめにしたいと思います。

 下位機種もありますが、間接照明的に使えないと、用途的に意味が無いので、除外しました。

 201702070926.jpg

 フロアライト HH-XSB0001L
 
ラインライト HH-XSB0002L
  ¥4,304〜 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 スマホで、フロアライト・ラインライトと連動設定できる点は、シアター用として非常に便利です。シーリングライトも新構造の「面のあかり」が出せるPanasonic AIR PANELですし、シアター向けには抜群に相性が良いでしょう。

 パナソニックは、シアター向き製品を多くラインナップしますが、こちらが最新です。実験的な製品を多く出す会社ですが、この形状と機能はメリット性が多いので、今後も新機種が出ていくでしょう。

 スマホを多用する「新しもの好き」の方には特にオススメできます。

ーーー

 201906071913.jpg

 【2019年2月発売】【8畳】

 【上位機種】【TV対応】

 26・パナソニック HH-XCD0888A
  ¥47,200 楽天市場 (9/10執筆時)

 【下位機種】【スマホ PC Macのみ】

 27・パナソニック HH-CD0898A
  ¥47,600 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(37W )
サイズ:55cm×71.2cm
調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 ただし、音楽も再生したい場合は、パナソニックの HH-CD0898Aが良いでしょう。

 201906071916.jpg

 テレビに対応したい場合は上位機種、スマホ・PC・Macなどから音楽を転送したいだけならば、下位機種でOKです。

 なお、いずれの製品も、付属リモコンも含めて、初期設定にスマホを利用するため、Bluetoothに対応するスマホが設定において必須です。

 また、壁コンセントで電源を「入切」できない部屋でも「一応」使えますが、停電などの非常時を考えると、あまりおすすめできません。

 とくに、Bluetoothリンクの初期設定(再設定)は、シーリングライトの電源ON後15分以内という「しばり」があるので、(壁コンセントなしでは)ブレーカーを落とす必要が出るでしょう。

 (ちなみに)できれば、赤外線機能を付属した機種がでてほしいなと、Atlasは考えてます。

B・リビング用におすすめな機種

 201808261523.jpg

 つづいて、10畳以上の広めのリビングにおすすめな機種を提案します。


 第4に、リビング用として、部屋を華やかに見せてくれるシーリングライトとしておすすめできるのは、

  201501041841.jpg

 【10畳】

 34・日立 LEC-AHS1010P 【2018】
  ¥17,100 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 35・日立 LEC-AHS1010K 【2017】
  ¥15,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(28.0W )
最大時:5879ルーメン(38.9W)
直径:70cm

 【12畳】

 36・日立 LEC-AHS1210P【2018】
  ¥21,500 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 37・日立 LEC-AHS1210K 【2017】
  ¥15,800 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(30.5W )
最大時:6559ルーメン(42.4W)
直径:70cm

 【14畳】

 10・日立 LEC-AHS1410K 【2017】
  ¥20,202 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 11・日立 LEC-AHS1410P 【2018】
  ¥27,099 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:6099ルーメン(33.8W )
最大時:7319ルーメン(51.3W)
直径:70cm

 【18畳相当】

 12・日立 LEC-AHS1810K【2017】
  ¥45,243 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:8200ルーメン(48.2W )
最大時:9840ルーメン(68.2W)
直径:70cm

1・明るさ     ★★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★★

 日立の上位機が良いでしょう。

  201808261139.jpg

 演色値の点で太陽光に近いRa90の演色値と、「ドーピング的」ながら業界基準よりも明るい「ラク見え」モードを搭載する点でかなり良い機種です。

 とくに、太陽光に近い明るさは、読書などに向いているほか、食卓を鮮やかに見せてくれると思います。そのため、照明器具としての「本質」と言える明るさの部分で特に優秀です。

 加えて、エコセンサー搭載で、実際的な消費電力も高いです。

 なお、先述のように、適応畳数は、どちらかと言えば「若い人向き」の畳数なので、40代以上でとくに目が辛くなってくる年代の方は、「(少なくとも)1サイズ広め」をオススメします。


 第5に、ホームシアターにも向く、「明かりのデザイン性」が高いリビング用モデルとして実力の高い機種は、

 201702070938.jpg

【2019年1月発売】

【10畳】

 26・パナソニック HH-XCB1283A
  ¥34,526 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(49.1W)
直径:62cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 新発売のLink Style LEDをおすすめします。

 201702070926.jpg

 フロアライト HH-XSB0001L
 
ラインライト HH-XSB0002L
  ¥4,204〜 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 Bluetooth搭載で、スマホで、フロアライト・ラインライトと連動設定できる点は、シアター用として非常に便利です。シーリングライトも新構造の「面のあかり」が出せるPanasonic AIR PANELですし、シアター向けには抜群に相性が良いでしょう。

 まさに、今流行のIOT家電です。汎用性も有り、リビングでも、寝室でも、シアタールームでも使えそうです。

 一方、この製品は、赤外線リモコンを搭載しない点(リモコンもBluetooth動作)、である点は注意しましょう。

ーーー

 201906071913.jpg

 【2019年2月発売】【12畳】

 【上位機種】

 31・パナソニック HH-XCD1288A
  ¥44,152 楽天市場 (9/10執筆時)

 【下位機種】

 32・パナソニック HH-CD1298A
  ¥48,800 楽天市場 (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(46.7W )
サイズ:55cm×71.2cm
調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 ただし、リビング向けの場合も、音楽も再生したい場合は、パナソニックの HH-CD0898Aが良いでしょう。

 201906071916.jpg

 テレビに対応したい場合は上位機種、スマホ・PC・Macなどから音楽を転送したいだけならば、下位機種を選びましょう。


 第7に、14畳以上の広めのリビングルームにオススメの製品は、

  201812141849.jpg

【14畳】【ひろびろ光搭載】

 13・日立 LEC-AH1410PH【2018】
  ¥33,903 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 14・日立 LEC-AHS1410EH【2016】
  ¥31,800
Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:6099ルーメン(37.5W )
最大時:7999ルーメン(58.0W)
直径:70.5cm

【20畳相当】【ひろびろ光搭載】

 15・日立 LEC-AH2010PH【2018】
  ¥39,799 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:11500ルーメン(70.9W )
最大時:13800ルーメン(118.7W)
直径:70.5cm  

調光:連続調光可能
調色:可能〈昼光色・電球色〉
演色値:Ra90(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★★★
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★☆
6・総合評価    ★★★★★★

 日立の「ひろびろ光」搭載モデルでしょう。

 201812141951.jpg

 広いリビングを照らす場合、天井などの間接的な光を利用した方が「すみずみまで」光が行き渡ります。

 この場合、直下の照明を(必要以上に)明るくせずに済むため、省エネですし、部屋の位置による明るさのムラが少ないと言えます。

 消費電力も間接照明を持つ機種としては優れますし、いざという時は、明るさを1.2倍に「ブースト(ラク見え)」できるので、「とにかく明るく!」という場合は、この機種が良いと思います。

3・寝室にオススメな機種

 最後に、寝室や、寝室兼用のシアターなどにオススメな機種です。


 第8に、主に、寝室兼シアターでの利用に向く、デザイン性重視のシーリングライトは、

 201812141211.jpg

 【2019年】【8畳】

 24・パナソニック HH-CE0885A
  ¥37,900 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【8畳】

 24・パナソニック HH-CC0885A
  ¥24,500 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(36.5W )
サイズ:55cm×55.6cm

 【2019年】【10畳】

 27・パナソニック HH-CE1085A  
  ¥37,900 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【10畳】

 29・パナソニック HH-CC1085A
  ¥21,768 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(41.5W )
直径:55×55.6cm

 【2019年】【12畳】

 28・パナソニック HH-CE1285A
  ¥42,700 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【12畳】

 30・パナソニック HH-CC1285A 【各色】
  ¥21,967 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:5499ルーメン(45.9W )
直径:55×55.6cm

 【2019年】【14畳】

 8・パナソニック HH-CC1485A
  ¥28,757 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 【2018年】【14畳】

 9・パナソニック HH-CC1485A
  ¥34,747 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:6099ルーメン(50.7W )
直径:55×56.6cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★☆
5・照明のデザイン ★★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 パナソニックの角型パネルの製品でしょう。

 201812141411.jpg

 基本的にリビングルーム用のデザイン重視の「オシャレ」モデルという位置づけですが、リビングルームの光源としては、光の広がり方が特殊なので、必ずしも「目に優しい」とは言いがたい部分があります。

 201805021212.jpg

 しかし、寝室や、シアタールームをメインに考えると、間接照明的な配光は楽しみがありますし、雰囲気もあります。照度も、「夜の読書」には問題ないレベルです。

 201812141219.jpg

 さらに、「おまかせモード」で、時間帯による調光・調色に変化が付けられるため、主に夜間・休日に利用する部屋の場合は、かなり便利に使えるでしょう。

 ただ、左右のクリアパネルの部分から、消灯時、天井の壁紙が素通しで見えるため、天井の壁紙が古い場合などは控えた方が良いかもしれません。

 Atlasも寝室用はこちらを利用しています。


 第9に、寝室専用の部屋や子供部屋に向く、機能性重視のシーリングライトは、

 201903101311.jpg

 【2019年】

 【8畳】【大人の寝室向け間接光】

 35・パナソニックHH-CD0870A
  ¥20,655 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4299ルーメン(33.5W )
サイズ:68.4cm×63.4cm

 【8畳】【子供部屋向けリネン柄】

 36・パナソニックHH-CD0871A
  ¥15,423 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4000ルーメン(33.5W )
サイズ:直径63cm 

 【10畳】【大人の寝室向け間接光】

 35・パナソニック HH-CD0870A
  ¥20,288 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:4899ルーメン(36.8W )
サイズ:68.4cm×63.4cm

 【10畳】【子供部屋向けリネン柄】

 36・パナソニック HH-CD0871A
  ¥14,465 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値:Ra83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★★
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★★

 HH-C870シリーズが良いと思います。

 昼光色・電球色・昼白色に調光できる点では、他の高級機と同等です。しかし、「寝る」場所に特化した面白い機能があるのが魅力でしょう。

 201903101317.jpg

 【大人の寝室向け間接光】のタイプは、天井に向けた間接光と、直接光の併用を選択できます。

 この点では、他にも対応機がありますが、電球色を夕暮れの色と同じ2000Kにして、とくに、寝室でのリラックス効果が期待できる点が機能的です。

 201903101323.jpg

 【子供部屋向けリネン柄】のタイプは、絵本の読み聞かせに最適な2000Kにスイッチ1つで切り替えられる点が便利です。

 201903101325.jpg

 その上で、両機種とも、常夜灯のほかに、2ルクスの明るさの「夜間モード」を搭載し、夜間に起きる際や、子供部屋なら、子供の様子の確認を点灯せずにできる利便性があります。

 201903101328.jpg

 タイマーも、朝起きる時間に合わせて点灯させられるほか、アラームも鳴らせる点が面白いです。

 本文中でも書きましたが、とくに、子供部屋用としては、朝に子どもを起こす手間が避けられる工夫が便利でしょう。消灯時間も設定できるため、自分や子供の睡眠時間の管理にもなります。

 文字くっきり光も対応なので、寝室兼書斎寝室兼勉強部屋用としても向くでしょう。

---

  201906072225.jpg

 【2018年】

 【6畳】

  13・Panasonic HH-CD0689A
  ¥19,757 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

明るさ:3200ルーメン(27.7W)
直径:54cm

調光:調光100%〜約5%
調色:可能〈昼光色・電球色〉
常夜灯<6段調光可能>
演色値: Ra 83(太陽をRa100とした場合)

1・明るさ     ★★★★☆
2・演色性の良さ  ★★★★☆
3・調光と調色   ★★★★★
4・目の疲れにくさ ★★★★★
5・照明のデザイン ★★★★★
6・総合評価    ★★★★☆

 ただし、いずれのモデルも「8畳用」です。

 6畳以下で利用しても(照度的には)問題ないですが、直径60cmとやや大きいです。

 その点をふまえて、6畳より小さな部屋での明かりとして向くのは、パナソニックのAIR PANEL LED の6畳モデルでしょう。

 201906071859.jpg

 最大光量は低めですが、平面パネルと間接光で、とても雰囲気のある明かりを作れます。

 丸形については、Atlasの私室に設置しましたが、就寝前のくつろぎの時間を演出できるので、気に入っています。

補足1:リモコンについて

 というわけで、今回は、LEDシーリングライトについて紹介9/10執筆時しました。最後に「おまけ」でリモコンについてです。

 
 1・SONY リモートコマンダー PLZ530D
  ¥3,103 Amazon.co.jp
(9/10執筆時)

 今回紹介した製品は、全て赤外線リモコンが付属します。

 しかし、ご家庭で、テレビ・エアコン・レコーダー・扇風機・・・などリモコンがたくさんあり過ぎるかたは、LEDシーリングライトをふくむ全ての操作に対応できる「学習リモコン」が便利です。

 

 LinkJapan eRemote RJ-3
  ¥7,794 Amazon.co.jp (9/10執筆時)

 一方最近は、スマホで、家電機器全般のリモコンを操作できる「新型学習リモコン」も人気です。

   201711191420.jpg

 これは、本来的には、家庭内で、テレビや電気などの赤外線リモコン搭載機器の操作をスマホアプリで可能にする「スマホの家電リモコン化」のための製品です。

 また、一部の機種は、外出先からネット経由でスマホでのエアコンなど操作も可能です。興味のある方は【おすすめ学習リモコンの比較記事】もぜひご覧ください。

 

 また、「新型学習リモコン」は、最近話題のAmazon のアレクサやGoogle Assistantなど、音声操作機器と連動できます。「照明を付けて」「明るく」「暗く」などには完全に対応します。

 興味のある方は、このブログには、【Amazon Echoの比較記事】と【スマートスピーカーの比較記事】がありますので、あわせてご覧ください。

補足2:照明関連記事について

  201903101553.jpg

1・ 8畳用LEDシーリングライト
2・10-12畳用LEDシーリングライト
3・14-20畳用LEDシーリングライト
4・6畳用LEDシーリングライト
5・和風シーリングライト/ペンダントライト

6・LEDデスクライト
7・丸形デスクスタンド
8・LED電球

 そのほか、このブログには、照明関係の比較記事が他にもありますので、よろしければ、ご覧ください。

---

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

 (連続5回の続き記事ですので、第1回記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 20:45 | 照明器具

2019年08月29日

比較2019'【目に優しい】LEDデスクライト51機の性能とおすすめ・選び方 :長型タイプ (1)

【今回レビューする内容】2019年 LEDデスクライトの性能別おすすめと選び方の解説:山田照明 パナソニック NEC ツインバード ジェントス:PC向け 子供向け 学習机向けのデスクライト:Wクランプ式やデスクスタンド式の違いや人気ランキング:照度 演色値 調光調色対応

【比較する製品一覧】Z-LIGHT Z-1000 Z-10N Z-11N Z-80NW Z-80NB Z-81NW Z-81NB Z-63W Z-63B Z-70W Z-80 PRO B Z-ReF Z-G7000 Z-G7100 Z-209PRO Z-208PRO Z-208LED GENTOS S56 DK-S56CWH S70 DK-S70CWH S83 DK-S83CWH TWINBIRD LE-H637W LE-H638B LE-H618B LE-H839B LE-H819B NEC HSD16012K-D12 Panasonic SQ-LD300 SQ-LD222SQ-LD517 SQ-LC518 SQ-LC516 SQ-LD515 Z-S5000 Z-N1100 Z-S7000 Z-80PROIIB スワン電器 LEDICEXARM LEX-970WH ヒーリングライト研究所 高演色LEDデスクライト LEX-980 PRO

今回のお題
「目に優しい」LEDデスクライトのおすすめ機種はどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新のLEDデスクライト・LEDデスクスタンドを比較します。

 目が疲れないという観点から各製品を丁寧に比較し、最後にAtlasのおすすめ機種を提案していきます。

--

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・丸形LEDデスクスタンドの比較 【丸形】

 なお、このブログ「モノマニア」には、目に優しい照明器具の比較記事が2つあります。

 201801161412.jpg

 このうち、今回の記事は1番の記事で、机の上を広く明るく照らせるLEDデスクライトを紹介します。

 201811251634.jpg

 手元をスポット的に照らす、おしゃれタイプの丸形LEDデスクスタンドについては、2回目の記事となります。 

 例えば、ヤマギワバイオライトRebio(レビオ)や、子供の学習机向きの高級LEDデスクライトとして評判のあるバルミューダThe Light L01A-BKも、【丸形LEDデスクライトの比較記事】で取り扱っています。

 両記事合計で、51機のLEDデスクライトを比較しました。

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ★★★★★
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ製品!を提案していきます。

ーーー

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・丸形LEDデスクスタンドの比較 【丸形】
3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 なお、今回の記事は、このブログ「モノマニア」の照明器具の比較シリーズの1回目記事として書きました。

1・LEDデスクライトの選び方の基本

 「目に優しいLEDデスクライトを選びたい場合、次の6つの要素に注意が必要です。

1・照度の高さ
2・演色値の高さ
3・多重影対策
4・調光機能の充実度
5・調色機能の充実度
6・アームの柔軟性

 これらを軽視すると「デザインはよい」が、「極端に見にくい」LEDライトを選んでしまう危険があります。

 そのため、具体的な製品を比較する前に、これらの点について簡単に紹介しておきます。

1・照度の高さ

 aofaigafg-17.jpg

 第1に、照度の高さです。

 照明器具の「明るさ」については、国内基準があります。

 具体的には「光源30センチで500ルクス・50センチで250ルクス」を満たす製品が、JIS規格のAA水準をクリアしており、デスクライトとして「最高水準」であるとみなされます。

 しかし、蛍光灯に比べ、この基準をクリアするLEDデスクライトは限られるため、注意が必要です。

2・演色値の高さ

 201608021323.jpg 

 第2に、演色値の高さです。

 聞き慣れない言葉ですが、太陽の光をRa100として、どれだけそれに近いか、を表した値です。

 基本的に、この値が高いほど自然光に近く、「目に優しい」といえます。

3・多重影対策

 201701211412.jpg

 第3に、多重影対策です。

 これは、LEDが超小型ランプを複数使う関係で、影が多重化してしまう現象です。従来、スリム蛍光管タイプのデスクライトに比べて、LEDのデメリットでした。

 しかし、これらについても、配置の工夫などから、問題が解消されたLEDランプが多く販売されてきました。そういったものを選ぶのが、重要となります。

4・調光機能の充実度

  201701211414.jpg

 第4に、調光機能の充実度です。

 「目に優しい」デスクライトを選ぶには、眩しすぎない明るさに調節できることがかなり重要です。

 その点で言えば、多段階調光や、無制限調光機能をもつ機種を選ぶ必要があります。

5・調色機能の充実度

 201701211406.jpg

 第5に、調色機能の充実度です。

 とくに、室内で利用する場合ですが、部屋のLEDシーリングライトなどの室内照明と、デスクライトの色温度を合わせることが重要です。

 もちろん、勉強の時は文字がみやすい昼白色にしたり、間接照明的に電球色にするなどの使い分けにも便利でしょう。いずれにしても、色温度が調整できる(=調色ができる)点は、蛍光管に較べてLEDの良い部分です。

6・アームの性能

 201701211418.jpg

 第6に、アームの性能です。

 デスクで使う場合、基本的に広範囲に照らせる明るいライトをできるだけ上方から照らすのが良いといえます。そのためには、アームの長さや柔軟性が重要になります。

ーーーー

 というわけで、今回は、上のような基準に注意しながら、日本の高級照明器具のトップブランドである山田照明のZライトを含め、LEDデスクライトを比較します。

2・調色ができない格安デスクライト

 というわけで、紹介をはじめます。

 なお、以下の本文では、Atlasのおすすめポイントを赤字系で、イマイチと思う部分を青字系で記していきます。


    201804201024.jpg

 【下位機種】

 1・GENTOS ルミリオン S70 DK-S70CWH
  ¥3,570 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:
多重影:対策あり
調光: 3段階
調色:

 【上位機種】

 2・GENTOS ルミリオン R170 DK-R170WH
  ¥4,425 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 2・GENTOS ルミリオン S83 DK-S83CWH
  ¥4,749 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:
多重影:対策あり
調光: 3段階
調色:

 こちらは、国内照明メーカーであるジェントスのLEDデスクライです。下位機種上位機種があります。

 LEDの照度は、2パターンで異なります。

 201603081325.jpg

 下位機種は、「JIS規格AA水準」はもちろん、それよりも基準がゆるい「JIS規格A水準」もクリアしないレベルです多重影対策もなされていません。

 上位機種は、利用するLEDランプの変更と強化により、JIS規格AA水準の明るさをクリアします。

 また、多重影の問題も解決できています。

 201808160922.jpg

 明るさ調整は、いずれの機種も3段階のみと低機能です。

 そのため、他社製品に比べると多少使い勝手が悪いような気もします。

 201808160923.jpg

 アームの使い勝手や品質は、後述の山田照明の製品などに比べると差があります。

 背丈も低いので、基本的にノートパソコンなどを照らす用途が限界でしょう。

---

 以上、ジェントスのLEDデスクライトの紹介でした。

 上位機種については、格安モデルでAA規格をクリアしている機種が少ないことから考えて、費用対効果が高いお買得モデルの1つでしょう。

 ただ、背丈が短い機種である点や、明るさの調整機能が弱い点など、価格相応の部分もあるので、注意が必要です。


  201808160939.jpg

 【クランプ固定式】

 3・TWINBIRD デスクスタンド LE-H637W
  ¥4,303 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 【スタンド式】

 4・TWINBIRD デスクスタンド LE-H617W  
  ¥4,585 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JISAA水準以下
演色値:
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:

 LE-H637W は、日本の中堅家電メーカーであるツインバード工業から販売されているLEDデスクライトです。

 こちらは、机の縁に固定する、クランプ固定式のデスクライトとスタンド型デスクライトの2種類があります。

 LEDの照度は、この機種は「JIS規格照度 A形相当」も満たさない水準です。

 セード直下の明るさは672ルクスです。

 「目に優しい」光源から30センチで300ルクス、50センチで150ルクスという最低限度の照度は確保されていないため、あまりオススメできません。

 多重影対策は、特殊なセード構造により対応します。

 201808160941.jpg

 明るさ調整は、しかしながら、この機種は、5段階と先ほどの機種よりも細かく調整できます。

 ただし、最大照度でも、十分に明るいとは言えない点は注意でしょう。

 201808160942.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらも1アーム式ということでフレキシブルとは言えません。背も低いので、ノートパソコンなどに用途は限定されるでしょう。

---

 以上、ツインバード工業LE-H635の紹介でした。

 白い筐体で、デザイン性はよい機種です。ただ、「JIS規格照度 A形相当」の明るさに満たない点は、考慮に入れるべきでしょう。


 201801161401.jpg

 5・NEC ブラック HSD16012K-D12
 5・NEC ホワイト HSD16012W-D12
  ¥4,689 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra85
多重影:
調光: 3段階
調色:6600K(昼光色)

 HSDシリーズは、NECLIFELED’Sシリーズのデスクライトです。

 201808161002.jpg

 LEDの照度は、「JIS規格照度」ではA型相当に止まります。

 ただ、色温度は、6600Kと昼光色を採用しているため、従来機に較べると文字の視認性は高い機種です。

 演色値(太陽の光を100とする数値)も公開されており、Ra85となります。

 高級機にはさらに自然光に近い機種もありますが、それでもこのクラスとしては、視認性は良いでいえるでしょう。ただし、多重影対策についてはメーカーの言及がありません。

 明るさ調整は、その一方で、3段階と弱いです。

 201509011747.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらはジェントス同様のフレキシブルアーム採用の機種です。

 ただ、やはりサイズとしては、高さ的な問題から、ノートパソコンなどを手元で照らす用途でしょう。

---

 以上、NECHSDシリーズの紹介でした。

 価格が安いので、デンキヤではかなり売れている機種です。今モデルから、色温度もあがり、「目の疲れやすさ」の点で大幅な改善がありました。

 ただ、照度は「いま一歩」であるため、手元の簡単な作業を除けば、「目の優しさ」という点では、おすすめしかねる機種です。


 201412011418.jpg

 【各色】

 6・Panasonic 児童向けライト SQ-LD300
   ¥3,864 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 201603081354.jpg

 7・Panasonic デスクスタンド SQ-LD222
   ¥3,337 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra83
多重影:
調光:
調色:6200K(昼光色)

 SQ-LD300SQ-LD222 は、パナソニック(電工)のLEDデスクライトです。

 スタイリッシュなデスクライトとして、デンキヤでは売れ筋のモデルの1つです。

 201412011425.jpg

 LEDの照度は、この機種の場合も「JIS規格照度」ではA型相当に止まります。

 色温度は、しかしながら、文字のみやすい昼光色を採用します。

 数値的にも6200KとNECの昼光色よりもさらにはっきりしたコントラストです。パナソニックはこれを「文字くっきり光」と呼んでいます。

 ただし、演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra83ですから、自然光への近さだとNECに及びません

 明るさ調整は、その一方で、この機種については採用されません

 くっきり見やすいライトではありますが、多くの場合、この点はネックと言えるでしょう。

 201808161004.jpg

 アームの使い勝手や品質も多少注意が必要でしょう。

 なぜなら、アームはセード(傘)の部分しか動かせず、その点では、取り回しの自由さに難があるからです。どちらかといえば、パソコン用より、読書灯として向く機種です。

---

 以上、パナソニックSQ-LD300SQ-LD222 の紹介でした。

 「デザイン家電」としてオシャレな部屋にマッチしそうな人気機種です。ただ、調光できない点と、照度がJIS規格A形相当に止まるという点では、やや力不足ですね。


  201804201031.jpg

 【USB端子なし】

 8・Panasonic SQ-LD517-K
 8・Panasonic SQ-LC518-K
  ¥7,280 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 【USB端子あり】

 9・Panasonic SQ-LD515-K
 9・Panasonic SQ-LC516-K
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:6000K(昼光色)

 SQ-Lシリーズは、パナソニックLEDデスクライトです。

 201804201038.jpg

 先ほどの機種と較べると背が高く、より本格的なモデルです。

 スタンド式とクランプ式があります。また上位機種は、図のように、前面に、スマホ充電用のUSB端子があります。

 201804201042.jpg

 LEDの照度は、この機種は、AA形基準に適合します。

 色温度は、文字のみやすい昼光色(文字くっきり光=6200K)です。

 一方、演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra83ですから、最近の高級機にしては「低め」です。

 明るさ調整は、この機種は対応し、5段階調光に対応します。実用性として十分だと思います。

 aofaigafg-31.jpg

アームの使い勝手や品質は、かなり自由度が高く高性能です。

 途中に間接がつくために、取り回しの自由度が高いからです。どちらかと言えば機能性重視ですが、デザインもスリムで良いです。

---

 以上、パナソニックSQ-LD521SSQ-LD521の紹介でした。

 デザイン面がかなり良く、価格も安いためお買得感がある製品です。

 USB端子付きは、とくに便利に使えそうです。LEDの明るさも、AA形相当に対応する上で、「文字くっきり光」に対応するなど優秀です。

 一方、照明専門メーカーの製品と比較するとRa値が物足りないです。

 また、細かい照度情報の開示が不足しており、「AA形」に「ギリギリ」対応するのか、「余裕を持って」対応するのかという点が分からない機種ではあります。この部分は改善が必要に思えます。


 201801161403.jpg

 10・Z-LIGHT Z-1000-W ホワイト
 10・Z-LIGHT Z-1000-B ブラック
  ¥8,400 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra85
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-1000は、山田照明Zライトシリーズ入門用ライトです。

 山田照明は、高級照明器具メーカとして国内で有名です。

 東急ハンズなどの専門店でもよく見かけます。

 ただ、この機種については、後発でエントリー用に作られた廉価モデルのため、同社の製品としては性能は「イマイチ」です。

 201701211345.jpg

 LEDの照度は、「JIS規格照度」ではA型相当に止まります。

 他社の場合は標準的ですが、山田照明の製品としてはあまりよろしくありません。

 色温度は、従来的な5000K昼白色で、演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra85です。

 明るさ調整は、しかしながら、こちらの場合、、5%〜100%の間で無段階で調光できます。

 この点は、他社よりもかなり高性能です。

 201701211347.jpg

 アームの使い勝手や品質は、山田照明だけにエントリークラスでも多軸アーム採用で、可動範囲は広いです。

 ただ、Z-LIGHT特有のフレキシブルアームは、続くグレードからの採用であり、その点ではイマイチとなります。

---

 以上、山田照明Z-1000の紹介でした。

 アームの素材を含めて品質は高いのですが、エントリー用に開発されたもので、照度もA型相当です。基本的には、上位機種をおすすめします。


 201801151227.jpg

 11・Z-LIGHT Z-10N-W ホワイト
 11・Z-LIGHT Z-10N-SL シルバー  
 11・Z-LIGHT Z-10N-B ブラック
  ¥9,898 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-10Nも、山田照明Zライトシリーズライトです。

 同社ではこのグレードから、性能面で高品質と言えるモデルになっていきます。

 201509011757.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形の基準を満たしています

 さらに、照明専門メーカーらしく、照度に関する細かいスペックデータも細かく公開されています。白熱灯換算で150Wの明るさである点から、かなり優れていると言えるでしょう。

 色温度は、従来的な5000K昼白色です。

 パナソニックのような「文字くっきり」とはいきませんが、室内の天井照明と調和が取りやすいといえます。

 調色できないモデルの場合、昼白色のほうが長時間利用時には「目には良い」と思います。

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra80です。やはり昼白色はこの部分は低く出てしまいます。

 明るさ調整は、こちらの場合、5%〜100%の間で無段階で調光できます。

 この点は、他社よりもかなり高性能です。細かく調整できるため、眩しすぎることもないでしょう。

 201509011756.jpg


 アームの使い勝手や品質は、Zライトの「売り」といえる部分です。

 Zライトの伝統的な形状で、稼働範囲が広く、動きも安定しています。デザインもシンプルで非常に良い感じです。

 また、背が高いため、デスクトップPCの証明にも利用可能です。

 ちなみに山田照明は、浅原重明さんや鴨志田厚子さんなどの照明デザイナーがデザインしている会社です。

 上位機種から素材・形状などの変更もないようで、入門用でも高級感もあります。

 201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,668 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 なお、山田照明は、基本クランプ式であり、ねじ回しでデスクサイドに固定するのが標準です。

 ただ、デスクベースを追加購入すると、スタンドタイプとしても利用可能です。これは、同社の他機種も(ほぼ)同様です。

 201509011758.jpg

 寸法はこのような感じです。同社の製品としては格安ですが、背が高く、机の上を広範囲に照らせます

---

 以上、山田照明Z-10Nの紹介でした。

 JIS規格照度AA形の照度を持つうえ、品質の良いアームを装備し、明るさ調整も細かくできる良い機種だと思います。

 そのぶん、価格は高いですが、「目に優しい」という点を考慮にいれるならば、この価格が最低ラインといえます。LEDランプは寿命も長いですし、買って後悔しない機種でしょう。


  201808161012.jpg

 12・Z-LIGHT Z-11N SLシルバー
  ¥11,480 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:4000K(昼白色)

 Z11は、山田照明Z10シリーズの改良モデルです。

 201506042259.jpg

 LEDの照度は、Z10Nと同様に、JIS規格照度AA形の基準を満たしており、白熱灯150W相当とかなり優れている照度です。

201506042254.jpg

 一方、この機種の場合、色温度が珍しく4000Kという色温度です(図左)。

 通常の昼白色5000K(図右)に比べて、やや黄色がかった白色です。

 4000Kは、蛍光灯の代替として使われているオフィスの長尺のLED天井照明と同色になります。そのため、この商品はオフィス用として開発されたものです。

 ただ、先述のように、オフィス用なので、自宅用のLEDシーリングライトとの相性を考えればZ10のほうが向いています

 アームの使い勝手や品質など、その他の部分は、Z10シリーズに準じます。詳しくは1つ上の記事をご覧ください。


 201801161311.jpg

 13・Z-LIGHT Z-S5000B ホワイト
 13・Z-LIGHT Z-S5000SL シルバー  
 13・Z-LIGHT Z-S5000-B ブラック
  ¥9,898 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当(924Lx)
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-S5000は、山田照明Zライトシリーズの大きめデスクライトです。

 201801161312.jpg

 傘の部分だけで60cmあり、新聞などの閲覧に便利な仕様です。

 蛍光灯時代にあったニッチなモデルがLEDデスクライトとして復活したものです。

 201801161313.jpg

 LEDの照度は、もちろんJIS規格照度AA形の基準を満たしています

 読書に重要な30cm離れた場所の明るさは924ルクスと段違いに明るいです。その意味では、ある程度遠いところから机全体を照らす用途に向きます。

 色温度は、こちらの場合も、5000K昼白色です。

 室内の天井照明と調和が取りやすいでしょう。

 演色値(太陽の光を100とする数値)は、Ra80で、下位機種と同等です。

 明るさ調整は、こちらの場合、30%〜100%の間で無段階で調光できます。

 あまり暗くできないのは、そもそもの光量が大きいからですが、用途的に問題はありません。

 201801161319.jpg

 アームの使い勝手や品質は、この機種も高いです。

 特に、こちらについては、アーム部分のスプリングが露出しないスマートなデザインです。山田照明としては、比較的新しいデザインです。

 201808161011.jpg

 なおこちらの場合も、ベースを追加することが可能です。

 201801161321.jpg

 寸法はこのような感じです。可動域は十分広いですね。

----

 以上、山田照明Z-S5000の紹介でした。

 おそらく、新聞を読むのを日課としているお年寄りには最適なモデルです。そのほか、デスク上で細かい作業を行う方などで、明るさを最重要視する場合は、とてもよい選択肢です。


  201801161657.jpg

 14・SWAN LEDICEXARM LEX-970WH
 14・SWAN LEDICEXARM LEX-970BK
  ¥9,979 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 3段階
調色:6500K(昼光色)

 LEX-970WHは、日本のスワン電器が発売するデスクライトです。デンキヤでも一定の人気があるモデルです。

 LEDの照度は、ルクスに関する情報が非開示です。

 しかし、器具光束・全光束から判断すると、ゼットライトのZ-10N並の明るさはあるでしょう。演色値はRa83でやや優れます。

 色温度は、こちらの場合は、6500Kの昼光色です。文字がくっきり見える明るさです。

 明るさ調整は、しかしながら3段階のみと弱いのが難点でしょう。

 アームの使い勝手や品質は、山田照明と較べても問題ないです。ただ、スプリングの配置や形状は、クラシカルで、好みが分かれるところです。

---

 以上、スワン電気のLEX-970WHの紹介でした。

 1万円以下で買えるエントリーモデルはライバルも多いです。その中で、昼光色が出せる機種は限られるため、その部分を重視した場合は、こちらは魅力でしょう。

 なお、この価格帯の最終的なおすすめ機種は、最後にまとめて紹介します。


 201808160951.jpg

 15・TWINBIRD ブラック LE-H839B
  ¥14,131 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 16・TWINBIRD ブラック LE-H819B
  ¥10,980 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 10段階
調色:5000K(昼白色)

 LE-H839Bは、ツインバード工業のLEDデスクライトの上位機種です。

 こちらも、クランプ式スタンド式双方の選択肢がありますが、照度は同等です。

 aofaigafg-17.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形の照度基準を満たします。

 他社の上位機と同じで、かなり明るいLEDランプです。もちろん、LEDの致命的弱点である多重影対策はなされています。

 明るさ調整も、10段階調光に対応します。

 またこの機種は、照度センサーを搭載するため、周囲の明るさに応じて、自動調光させることも可能です。

 201808160953.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらも1アーム式ということで、さほどフレキシブルとは言えません。

 そのため、背の高さから判断すると、23インチ未満のディスプレイに限って利用可能です。

 201808160955.jpg

 そのほか、左右に限定して点灯できるハーフ点灯機能を持ちます。ただ、実用性はあまりないでしょう。

---

 以上、ツインバード工業のLE-H839Bの紹介でした。

 他社の上位機と比較した場合、照度センサーの搭載が魅力です。ただ、デスクライトの場合、あくまで「天井照明の補助」となるため、他社機に比べて「抜群に便利」といかないとは言えます。

3・調色に対応するデスクライト

 つづいて、ここからは調色が可能な高級モデルを数機種紹介していきましょう。


  201808160944.jpg

 17・TWINBIRD ブラック LE-H638B
  ¥4,455 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 18・TWINBIRD ブラック LE-H618B
  ¥5,334 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 10段階
調色:5000K(昼白色)

 LE-H638Bは、国内の照明器具メーカーのツインバード工業のデスクライトです。

 調色ができるタイプとしては、格段に安いので、量販店では非常に売れ行きの良い商品です。

 aofaigafg-37.jpg

 色温度は、(2700K〜5000K)の範囲で調色が可能です。電球色で言えば、昼白色系と電球色系が調色可能ということになるでしょう。

  201808161018.jpg

 LEDの照度は、その一方で、「JIS規格照度」ではA型相当にも満たない明るさです。

 「セード直下320mmで500ルクス」ですので、仕事には使い物にならないレベルと言えます。同社のサイトでも「PC作業や、読書など趣味の補助照明に最適な明かりです」と断りをいれています。

 アームの使い勝手や品質は、多軸アーム採用で良さそうですが、照明としての実力は低いので、この機種は選ばない方が良いでしょう。


 201801151220.jpg

 【人感センサー無】

 19・山田照明 Z-LIGHT Z-80NW 【ホワイト】
 19・山田照明 Z-LIGHT Z-80NB 【ブラック】
  ¥14,140 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 【人感センサー付】

 20・山田照明 Z-LIGHT Z-81NW 【ホワイト】
 20・山田照明 Z-LIGHT Z-81NB 【ブラック】
  ¥17,570 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 無段階調整
調色:2700-4200K(電球色-昼白色)

 Z-80は、山田照明のLEDランプの中でも売れ筋な商品です。

 201808161020.jpg

 こちらも、電球系のオレンジ色蛍光灯系の白の2色の調色が可能です。実はAtlasも愛用しているもので、非常によくできたデスクライトです。

 Z-81は、Z80の上位モデルにあたり、新機能として人感センサーが搭載されます。

 これは、設定しておけば、人がいなくなってから自動で5分後に消灯させる機能です。その他の仕様は、変更ありませんので、両方一緒に紹介しました。

 201801151221.jpg

 LEDの照度は、この機種はJIS規格照度AA形の基準を満たしている機種です。

 白熱灯に換算すると150W相当の明るさとなり、広範囲に明るく照射が可能です。多重影対策はもちろんなされています。

 また、別の角度から「目の優しさ」について言えば、明るすぎず、暗すぎず、読書に適した明るさは300ルクスから750ルクスです。

 その点で、30センチ離れた場所で731ルクスのこの蛍光灯は基準に適っています

 50cmだと254ルクスと基準に満たないですが、デスクライトは基本的に部屋の蛍光灯を補うものですし、LEDは直線的に明るい性質を持つので、むしろ十分な性能だといえます

 spdrias-3.jpg

 色温度は、左側の電球色から、右側の昼白色程度まで、色温度換算で2700K〜4200Kまでの無段階での調整ができます。

 蛍光灯の色で言えば、電球色と昼白色まで調光できることになります。

 演色値は、しかし、Ra80なので、太陽のような自然光には近い色ではありません。

 ただ、さほど気にする必要もないと思います。Atlasも利用経験がありますが、価格相応に十分に見やすいです。

 Z_soft_start_variable_caption.jpeg

 明るさ調整は、無段階調整が可能です。

 こちらは色温度が変更できるタイプなので、連動しながら照度が変更されます。

  z_80_spec_img02.gif

 アームの使い勝手や品質は、下位機種同様にZライト独自のシステムが使われるため、能力が高いです。

 aofaig-3.jpg

 デザインも

浅原重明氏及び鴨志田厚子氏などの照明デザイナーがデザインしている山田照明のものらしく、洗練されています。

 スイッチは、傘の裏にあり、手元で操作できて便利です。なお、こちらもクランプ式で机に固定するタイプですが、別売りの台座Z-B13などを使えば、スタンドライトにもなります。

---

 以上、山田照明のZ-80Z-81の紹介でした。

 Z-80は、調色できるモデルのなかでは山田照明では最も人気の高いモデルですね。価格もそれなりに安いので、調色できるというLEDの特性を楽しみたい方には、最もおすすめしたい機種です。


 201801161327.jpg

 21・Z-LIGHT N-1100W ホワイト
 21・Z-LIGHT N-1100B ブラック   
 21・Z-LIGHT N-1100BR ブラウン
  ¥8,558 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:3000K-6200K(電球色-昼光色)

 Z-N1100は、山田照明のLEDデスクライトの小型の入門向けモデルと言える製品です。

 201801161330.jpg

 写真のように、シェード部が短く、20cmほどです。手元などを部分的に照らすタイプです。 

 201801161329.jpg

 LEDの照度は、一方、小型ゆえにJIS規格照度A型です。

 スリムタイプですから、仕方ない側面はありますが、目の疲れを考えると、やや不利と言えるでしょう。

201801161333.jpg

 色温度は、固定式で、3000k・4000k・5000K・6200Kに対応です。

 読書向きとも言える6200Kの昼光色に対応するのは、この機種の特長です。

 演色値は、Ra80ですので、太陽のような自然光には近い色ではありません

 明るさ調整は、30%〜100%の範囲で無段階調整が可能です。

 201801161335.jpg

 アームの使い勝手や品質は、スプリングが露出する伝統的なタイプです。

 エントリーモデルですし、この部分は妥協するべき部分と言えます。

---

 以上、山田照明Z-N1100の紹介でした。

 「目に優しい」という観点では、こうしたスリムタイプはあまりおすすめできません

 ただ、十分明るい室内照明がある環境下で、ピンポイント的な作業に用いる場合は、格安で、昼光色まで発光できるこの機種は良いと思います。


 201801161340.jpg

 22・Z-LIGHT Z-7000W ホワイト
 22・Z-LIGHT Z-7000SL シルバー   
  ¥15,003 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:2700K-6200K(電球色-昼光色)

  Z-S7000シリーズは、山田照明の調色対応のモダンデザインなモデルです。

 201801161346.jpg

 写真のように、アームの間接が1カ所で、スマートに見えるのが「売り」です。

 201801161344.jpg

 LEDの照度は、こちらも、この機種はJIS規格照度AA形の基準を満たしている機種です。

 中心直下は1255ルクスとさほど高くないですが、重要な30cm照度はさほど減衰せず、明るさの部分では、及第点です。

 色温度は、色温度換算で2700K〜6200Kまでの無段階での調整ができます。

 したがって、昼光色も発色できます。

 明るさ調整も、30--100%の範囲で無段階で可能です。このあたりは、Z-N110と同等です。

 演色値は、Ra80ですので、太陽のような自然光には近い色ではありません.

 アームの使い勝手や品質は、こちらは、先述のように間接が1カ所です。

 スタイリッシュな一方で、事務机のどこでも動かして使えるような利便性はありません。山田照明の「売り」とも言える稼働性の良さは、デザインの犠牲になっています。

 201801161349.jpg

 寸法は以上の通りです。どちらかといえば、ノートPCむけのサイズです。

---

 以上、山田照明のZ-638の紹介でした。

 アームやセードのデザインは、たいへんオシャレです。

 ただ、今回最も重要視している「目への優しさ」という観点から言えば高く評価できないですが、デザイン重視で選ぶならばありでしょう。

 また、デスクトップPCというよりもノートパソコンを照らすならばこちらで良い気もします。

4・高演色値の高級デスクライト

 最後に、演色値の高いLEDデスクライトを紹介します。

 201608021323.jpg

 冒頭にも書きましたが、演色値とは、太陽の光をRa100とみなし、その光にどれだけ近いか?を表す数値です。

 ここまで見てきたように、従来、デスクライトは、「目の優しさ」において、照度(ルクス)が重要だと考えられていました。しかし、最近は、演色値も注目されています。

 通常のLEDデスクライトの場合Ra80台後半ほどですが、以下で紹介する機種は、演色値がそれより高く、「より自然で、目に優しい光」を得ることができます。


  201808161025.jpg

 23・山田照明 Z-LIGHT Z-80PROIIB
  ¥17,333 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:5000K(昼白色)

 Z-80PROIIは、山田照明のデスクライトでは、機能性の面で最上位モデルです。

 形的には、Z-80/Z-81上位モデルで、形状もほぼ同様ですが、演色値が高いモデルです。

 201801161354.jpg

 LEDの照度は、JIS規格照度AA形の基準を満たしている機種です。

 読書に重要な30cm離れた場所の明るさは758ルクス大型のZ-10Nに続き明るいです。

 白熱球で150W相当となります。

 201808161027.jpg

 演色値は、この機種の場合Ra97となります。

 太陽の光に近い自然に近い色味を出すことができます。これは、「目に優しい」という利点があるほか、写真関係の仕事をする場合、色合わせがしやすいというメリットもあります。

 明るさ調整無段階で可能です。

 色温度は、その一方で、5000K(昼白色)に固定で、調色はできません

 演色値を最大限重視した製品なので、このあたりは仕方ない部分です。

 201801161355.jpg

 アームの使い勝手や品質は、Z-80シリーズと同様で、こちらもZライトの多軸アーム採用します。

 もちろん、別売りの台座を買えば、スタンドライトとしても利用可能です。

---

 以上、Z-80 Proの紹介でした。

 「目に優しい」「目が疲れない」という点では、Ra指数は無視できません

 ここまで高い数値を持つのは、現行ではこの機種だけでしょう。自然な色の再現性という点でこの機種を上回る機種は見あたりません。

 一方、調色できないのは残念な部分ですが、室内の天井照明(メイン照明)が昼光色系の光を出せるご家庭ならば、こちらの機種がむしろ良いと思います。


 201908291121.jpg

【2019年】

 24・高演色LEDデスクライトLEX-980 PRO
  ¥15,984 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 25・スワン電気 LEDIC EXARM 980 PRO
  ¥15,984 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準(720Lx)
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:3段階
調色:5000K(昼白色)

 LEX-980PROは、演色値に注目したLEDライトを多く販売してきたコスモテクノ(ヒーリングライト研究所)が販売する新製品です。

 型番から察するに、日本のスワン電気が製造するEXARM LEX-980 Proと同等品で、スペックは同じです。

 201908291136.jpg

 LEDの照度は、非開示です。

 ただ、スワン電気のEXARM LEX-980 Proの配光分布を参考にした場合、30cm離れた部分が720ルクスですので、JISAA水準はクリアしていると思われます。

 ただ、シェードが短いので、照射範囲は狭めです。山田照明のZ-80PROIIBより狭いです。

 201908291146.jpg

 演色値は、この機種の場合も、Ra97となります。

 スワン電気は高演色白色LED、ヒーリングライト研究所は、高演色ウルトラバイオレットLEDとの表記ですが、どちらも、多色のLEDを混ぜて白を出す点では同じなので、基本的に同じでしょう。

 色温度は、5000Kで、調色は対応しません。

 「文字をくっきり」させるというよりも、疲れにくさを優先した設計です。

 201908291150.jpg

 アームの使い勝手や品質は、照明専業のスワン電気の製作なので、今までの同社の製品より良いです。

 問題ないでしょう。そのほか、電源が、本体のシェードをタッチするだけでON/OFFとなる仕組みなどが見所です。

--

 以上、LEX-980PROの紹介でした。

 山田照明のZ-80 Proより多少安く、Ra97を実現できている経済性の高い製品です。

 アームを含めた使い勝手も、スワン電気の製造なので問題ないので、これを選んでも良いでしょう。

 ただ、比較した場合、照射範囲がやや狭いですが、新聞程度のサイズを照らすならば問題ないです。


 201902141721.jpg

  【昼白色 5000K】

 26・山田照明 Z-LIGHT Z-208PROB
   ¥19,800 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

  【昼光色 6500K】

 27・山田照明 Z-LIGHT Z-209PROB
  ¥19,656 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準(1144Lx)
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:500k/ 6500K

 Z-209PROZ-208PROは、山田照明のデスクライトの多少特殊なプロ用モデルです。

 201902141737.jpg

 両モデルの違いは色温度です。Z-208PROは昼白色ですが、Z-209PROは、昼光色です。

 Z-80 Proは、昼白色でしたので、その部分が合わないと感じる方は、「文字くっきり」な、Z-209PROは、待ち望んだ製品となるかもしれません。

 201902141725.jpg

 LEDの照度は、どちらも同じです。

 JIS規格照度AA形の基準を満たしている機種で、中心直下で2240ルクス、30cm距離も1144ルクスすすから、ここまで見た中では最も明るい部類です。

 201902141730.jpg

 演色値は、この機種の場合も、Ra97となります。

 太陽の光に近い自然に近い色味を出すことができます。これは、「目に優しい」という利点があるほか、写真関係の仕事をする場合、色合わせがしやすいというメリットもあります。

 色温度は、Z-209PROが6500Kで、Z-208PROは、5000Kです。

 いずれも固定であり調色はできません

 201902141727.jpg

 アームの使い勝手や品質は、こちらもZライトの多軸アーム採用します。

 もちろん、別売りの台座を買えば、スタンドライトとしても利用可能です。

 201902141728.jpg

 一方、シェードは下位機種に比べて10cm以上長い60cm(発光面積は54cm)あるため、机の上を照らせる面積だけで言えば、今回紹介し他機種の中では最高クラスです。

--

 以上、Z-209PROとZ-208PRの紹介でした。

 どちらかと言えば、この2機で迷うと言うよりも、下位機のZ-80 Proとどちらにしようか迷う機種です。Atlasとしては、基本的にはZ-80 Proで良いと思っています。

 ただ、机が広い場合、ないし、部屋の明かりが昼光色系で、統一をはかりたい場合、Z-209PROは選択肢となるでしょう。

 なお、シェードが長いZ-209タイプの山田照明のライトは昔から人気があります。ただ、不格好であるほか、たいていの場合はオーバーサイズであり、使わない状況でやや邪魔に感じるのも事実です。

ーーー

 201902141751.jpg

   【昼光色】

 28・山田照明 Z-LIGHT Z-208LED
  ¥12,599 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準(1696Lx)
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:5000K(昼白色)

 なお、同じ Z-208の幅広シェードを利用する製品として、Z-208LEDというモデルがあります。

 201902141755.jpg

 こちらは、直下で3242ルクスと、眩しいほどに明るい製品です。

 ただ、色温度は5000Kのみで、演色値はRa80と劣ります。

 明るさだけのランキングならば、最も良いですが、今回の「目に優しい」という観点では微妙な位置づけと言えます。

後編につづく!
目に優しいLEDデスクライトのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今日は色温度が調整可能なLEDデスクライトをレビューしてきました。

 記事は、もう少し続きます。

  201311071237.jpg

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ★★★★★
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 続く後編記事こちら】では、前半で紹介できなかったコスモテクノ(ヒーリングライト研究所)が販売するジェントライトなど、2機種を紹介します。

 その上で、ここまで紹介してきた全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきたいと思います。

 ひきつづき、よろしくお願いします。

 後編記事は→こちら

posted by Atlas at 12:53 | 照明器具

比較2019'【目に優しい】LEDデスクライト51機の性能とおすすめ・選び方 :長型タイプ (2)

前半からの続きです→前半記事はこちら

今回のお題
「目に優しい」LEDデスクライトのおすすめはどれ?

 ども、Atlasです。

 今回は、目に優しいLEDデスクライトの紹介記事の2回目記事です。

 201801161412.jpg

 前回の前編では、各社の【LEDデスクライトを詳しく比較】しました。

 今回の後編では、これらの機種から、Atlasのおすすめ機種!を提案してみたいと思います。

 なお、今回は前編からの続き記事です。検索エンジンから直接入っていただいた方は、【前編記事】をお読み頂いた方が分かりやいかと思います。どうかよろしくお願いします。

前半からの続きです→前半記事はこちら


 201311071237.jpg

 【欠品中】

 29・自然光 LEDデスクライト PRO
  ¥12,870 楽天市場 (5/23執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra93
多重影:対策あり
調光:5段階
調色:2500K-7000K(電球色-昼光色)

 自然光 LEDデスクライト PRO は、コスモテクノの販売する演色値の高いライトです。

 こちらは、Softech-LED (ソフテック)というメーカーがアメリカで生産しているDL-90  という製品の日本版になります。

 aofaigafg-39.jpg

 LEDの照度は、DL-90のスペックから判断すると、「JIS規格照度」ではA型相当と言えます。

 ただ、こちらはスタンド式で背の高くないモデルなので、ノートパソコン程度の手元を照らすには十分な照度です。多重影対策もなされています。

 41jNDczbhnL.jpeg

 演色値は、この機種の場合、Ra93となります。

 Ra96だった山田照明に較べると、いくぶん落ちます。ただ、この機種は、山田照明で対応しない、調色に対応できるため、一概に比較することはできないでしょう。

 色温度は、2500K〜7000Kと、電球色から昼光色まで幅広い調整が可能です。 

 明るさ調整は、山田照明と異なり無段階ではありませんが、5段階で可能です。実用面では十分と言えます。  

 アームの使い勝手や品質は、山田照明に及びませんが、それなりに稼働する仕様です。

 また、手元の操作部は、タッチパネル式でオシャレですね。US給電ができるのも「今どき」でしょう。

----

 以上、自然光 LEDデスクライト PROの紹介でした。

 演色値と照度は山田照明に及ばない機種ですが、ノートパソコンなど、手元を照らす用途に限定すれば便利に使えそうな機種です。

 ただ、机全体をムラ無く照らした方が「目に優しい」ので、基本的にはJIS規格照度AA形の基準を満たしている機種を選んだ方が良いでしょう。

 201902141617.jpg

 30・ジェントライト・プロフェッショナル
  ¥25,056 楽天市場 (5/23執筆時)

照度:
演色値:Ra95
多重影:----
調光:5段階
調色:5500K(昼白色)

 なお、このシリーズについては、ジェントライト・プロフェッショナルという製品もあります。

 こちらも演色値が高い製品です。一方、色温度が5500Kに固定ですが、珍しいサンスペクトルランプを利用しています。

 LEDよりもチラツキが少ないとも言われますが、上位のLEDライトはこの部分の対策もあるため、爺最適には多少割高でしょう。

今回の結論!
「目に優しい」LEDデスクライトのおすすめ機種はこれ!

 というわけで、今回は各社のLEDデスクライトを紹介してきました。

 最後に、いつものように、目的別・価格別にオススメできる製品について、数製品あげていきます。


 第1に、「目に優しい」LEDデスクライトとして、総合力の高い機種としてオススメなのは、

 201801151220.jpg

 【人感センサー無】

 19・山田照明 Z-LIGHT Z-80NW 【ホワイト】
 19・山田照明 Z-LIGHT Z-80NB 【ブラック】
  ¥14,140 Amazon.co.jp (5/23執筆時)

 【人感センサー付】

 20・山田照明 Z-LIGHT Z-81NW 【ホワイト】
 20・山田照明 Z-LIGHT Z-81NB 【ブラック】
  ¥17,570 Amazon.co.jp (5/23執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 無段階調整
調色:2700-4200K(電球色-昼白色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★☆
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ★★★★★
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 山田照明のZ-80が良いと思います。

  201801151221.jpg

 「目への優しさ」という点で言えば、、JIS規格照度AA形の基準を満たし、机の上を広範囲に照らせる高性能なアームを装備しています。多重影対策もぬかりなくなされています。

 spdrias-3.jpg

 もちろん、色温度の調整も可能ですから、昼間・夜間で、それぞれ目に優しい色に変えることや、天井照明の色合いと合わせることもできます。

 デザイン面も、高級照明器具メーカーの山田照明らしくデザインもセンスがとてもよく、どんな部屋にマッチしそうです。

 また、予算が許せば、5分後に自動消灯する人感センサーが付いたZ-81モデルでも良いでしょう。

 201808161020.jpg

 いずれのモデルも、照明器具の高級ブランドの商品らしく、アームの可動範囲や使い勝手がたいへん考えられており、総合性能ではこれが一番だと思います。

 なお、クランプ式ではなく、机の上に置きたいと考えている場合は、こちらの別売デスクベースが対応します。

ーーーー

 なお、こちらはクランプ式ですが、別売りのベースを購入すれば、タンド式としても利用可能です。 

 201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,658 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 Z-LIGHT デスクベース Z-B9【シルバー】
  ¥11,658 Amazon.co.jp  (8/29執筆時)

 安定性の高いのは、比較的大きめのこちらです。

 

 Z-LIGHT デスクベース Z-B16B  【黒】
  ¥4,520 Amazon.co.jp  (8/29執筆時)

 Z-LIGHT デスクベース Z-B16W【ホワイト】
 ¥3,896 Amazon.co.jp  (8/29執筆時)

 スリムタイプは比較的価格が安いですが、こちらでもバランスが取れ、安定させられます。

 201801151224.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B17B ST 【黒】
 ¥6,663 Amazon.co.jp  (8/29執筆時)

 Z-LIGHT デスクベース Z-B17W ST【ホワイト】
   ¥6,663 Amazon.co.jp  (8/29執筆時)

 なお、重量が通常の2倍で8.3kgの安定的なベースも登場しています。価格は2倍程度です。


 第2に、1万円前後で「目に優しい」LEDデスクライトを探している場合は、

 201801151227.jpg

 11・Z-LIGHT Z-10N-W ホワイト
 11・Z-LIGHT Z-10N-SL シルバー  
 11・Z-LIGHT Z-10N-B ブラック
  ¥9,898 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 5%-100%
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★☆
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★☆

 201509011757.jpg 

この価格帯で、JIS規格照度AA形の基準を満たしている、山田照明のZライトのZ-11Nが良いでしょう。

 もちろん多重影対策もなされていますし、なにより、お買い得です。

 201509011756.jpg

 色温度の調色機能は確かに欲しい機能です。

 ただ、「目の優しさ」の点で重要度なのは、彩度(色温度)よりも、照度です。その点で、彩度が調整できるが照度が決定的に弱いツインバードやパナソニックよりものこちらを推します。

 201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,658 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 こちらも、上で紹介したデスクベースが対応できます。山田照明のZライトシステムを使う製品は、スタンドは共通なので。

ーーー

  201804201031.jpg

 【USB端子なし】

 8・Panasonic SQ-LD517-K
 8・Panasonic SQ-LC518-K
  ¥7,280 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 【USB端子あり】

 9・Panasonic SQ-LD515-K
 9・Panasonic SQ-LC516-K
  ¥11,800 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当
演色値:Ra83
多重影:対策あり
調光: 5段階
調色:6000K(昼光色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★☆
3・調光の柔軟さ ★★★★☆
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★☆

 一方、あまり背の高くないノートPCや読書灯と考えるならば、パナソニックが良いと思います。

  201804201038.jpg

 背が低い対象を照らすならば、この機種のほうが良いと思います。5段階調光に対応し、AA形基準に適合しますし、目への優しさも高いですから。

 201804201042.jpg

 とくに読書については、昼光色(文字くっきり光)が出せる点が魅力となります。


 第3に、照度と演色値が共に高く、「目の優しさ」の点で最も性能が高いと言えるのは、

  201808161025.jpg

 23・山田照明 Z-LIGHT Z-80PROIIB
  ¥17,333 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:30%-100%
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 201801161354.jpg

 Z-80PROでしょう。

 201608021323.jpg

 調色はできませんが、Ra97という最高の演色値をもち、照度も最高クラスです。

 多少高いですが、目への負担を考えると、この機種が最も良いと思います。

 LEDデスクライトは、4万時間ほどの寿命があるので、一度買えば長く使えます。それをふまえれば、「多少良いモデル」を選ぶのも良いでしょう。

  201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,619 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 こちらも、別売りとはなりますが、先ほど紹介したデスクベースが対応です。

 201902141721.jpg

  【昼白色】

 24・山田照明 Z-LIGHT Z-208PROB
   ¥19,800 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準(1144Lx)
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

  【昼光色】

 25・山田照明 Z-LIGHT Z-209PROB
  ¥19,656 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準(1144Lx)
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光:7段階
調色:6500K(昼光色)

1・明るさ    ★★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 201902141725.jpg

 ただし、部屋のメインの明かりが「文字くっきり」な昼光色である方は、多少考える必要があるでしょう。

 201902141737.jpg

 メイン照明と色温度を合わせた方が自然ですので、その場合は、Z-209PROを選ぶのも有りでしょう。

 201902141728.jpg

 ただ、 この製品はシェードが大きめで、必ずしも「オシャレではない」ため、この点は妥協するべき部分となります。


 第4に、新聞などを机一杯に広げて読むなど、机全体に明るいデスクライトとしておすすめできるのは、

 201801161311.jpg

 13・Z-LIGHT Z-S5000B ホワイト
 13・Z-LIGHT Z-S5000SL シルバー  
 13・Z-LIGHT Z-S5000-B ブラック
  ¥9,504 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準相当(924Lx)
演色値:Ra80
多重影:対策あり
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★☆
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 Z-S5000でしょう。

 201801161313.jpg

 60cmのシェードを採用し、机の上を広く照らせる点ではこれに敵う機種は見あたりません

 特殊な用途な製品とも言えますが、新聞や大判の雑誌などの読書には最適なモデルでしょう。

補足:デスクライト・照明関連記事について

 以上、今回はLEDデスクライトについて比較しました。
 201801161414.jpg

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・丸形LEDデスクスタンドの比較 【丸形】
3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 なお、照明器具について、このブログ「モノマニア」には、他にも記事があります。よろしければ、これらもご覧ください。

 201810051842.jpg

5・疲れないオフィスチェアの比較
6・疲れないPC向けデスクの比較
7・新生活に必要な家電のまとめ

 また、デスクライトと共に、机周りや新居への引っ越しの際の家電類をまとめて探している方は、上記の記事もよろしくお願いします。

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 12:52 | 照明器具

比較2019'【目に優しい】LEDデスクライト51機の性能とおすすめ・選び方:丸型タイプ (3)

【今回レビューする内容】2019年 明るく見やすい!人気の丸形デスクスタンドの性能とおすすめ・選び方・おしゃれなデスクライト 丸形LEDデスクスタンド PC向け手元灯 読書灯 手元灯 電球 白熱灯 LEDタイプ:バイオライトバルミューダなど

【比較する製品一覧】BALMUDA The Light L01A-BK L01A-WHZ-G3000 Z-37NL Z-8 Z-J9000 Z-00N Z-G4000 Z-108LED W Z-108LED GENTOS ルミリオン S56 DK-S56CWH Zライト Z-3500 W ヤマギワ LEDタスクライト バイオライト レビオ Rebio 555REBIO/BK

今回のお題
手元を明るく照らせるLEDデスクライトのおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、2019年8月現在最新のLEDデスクスタンドの比較します。

 201811251500.jpg

 山田照明のZライトを中心に、手元をスポット的に照らす目的で利用する、小型/丸形タイプのデスクスタンドを紹介します。

 インテリアとして専門店売られるおしゃれなデスクライトから実用性も重視した高性能デスクライトまで網羅しました。

 もちろん、人気のヤマギワバイオライトRebio(レビオ)や、バルミューダの子供用のThe Light L01Aも紹介するつもりです。

 201801161540.jpg

 なお、PC用の補助照明や、一般的な読書灯としての用途ならば、今回紹介する(おしゃれな)小型/丸形のデスクライトでも、十分な照度が得られる製品があります。

 201801161412.jpg

 しかし、学習机や事務机などで書類や教科書などを広げて利用する際は、机の上を広範囲に照らせるほうが(あきらかに)目に良いと言えます。

 その点で、「目の疲れにくさ」を重視したい方は、(写真のような)幅広/長形のデスクライトを選ばることを「強くオススメ」します。

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・LEDデスクスタンドの比較 【丸形】

3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 ただ、今回の記事(2回目記事)は、PC利用時などに手元を照らす小型/丸形のデスクライトしか扱いません

 そのため、幅広/長形のデスクライトをお探しの方は、このブログの照明機器比較シリーズ1回目記事となる【こちら】をご覧ください。

 両記事合計で、51機のLEDデスクライトを比較しました。

ーー

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ★★★★★
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★

 というわけで、以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、Atlasのおすすめ製品!を提案していきます。

1・格安なLEDデスクライト

 では、具体的な製品の比較をはじめましょう。

 以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


 201811251451.jpg

 【下位機種】

 1・GENTOS ルミリオン S56 DK-S56CWH
 1・GENTOS ルミリオン S56 DK-S56CBK
  ¥1,977 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 【上位機種】

 2・GENTOS ルミリオン DK-R156WH
 2・GENTOS ルミリオン DK-R156BK
  ¥2,342 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra95
多重影:
調光:
調色:5000K(昼白色)

 S56 DK-S56CWH は、国内の中堅照明器具メーカーのジェントスのLEDデスクライトです。

 下位機種は、1000円台で購入できる点で人気です。今回紹介するモデルの中では、最も安いと言えます。

 LEDの照度は、しかしながら、下位機種の場合、直下で160ルーメンです。

 こちらは、寝室用の手元ライトや精密作業など手元の1点を照らす用途に限られます。

 上位機については、240ルーメンありますが、光源サイズ的にやはり非力です。

 201801161431.jpg  

 色温度は、白色LEDですので、蛍光灯で言えば、一般的な5000Kの昼白色です。

 この色温度は、読書に向く色合いの1つですが、いかんせん照度が足りないため、読書にはは向きません

 201902141641.jpg

 一方、上位機は、新型のランプで、演色値(太陽の光を100として時の彩度)がRa95と高いです。

 一般的に太陽光に色が近いほど目に優しいランプですから、この部分は優秀です。ただ、光源のサイズの部分で、過大評価できない部分はあります。

 アームの使い勝手や品質は、フレキシブルアームの採用で、ある程度の可動域は確保されます。

---

 以上、ジェントスのLEDデスクライトの紹介でした。

 価格面で非常に寝ごろな機種です。しかし、机で使うデスクスタンドとしては、用途が極めて限定的です。あまりおすすめできません。

2・山田照明のZライトの比較

201811251453.jpg

 続いて、山田照明のZライトシリーズの紹介です。山田照明は日本の照明器具のトップブランドの一つです。

 201811251454.jpg

 とくに、高機能デスクライトでは最も名の知れた老舗メーカーです。デンキヤだけでなく、高級インテリア・家具店などにも同社の製品が多く見られます。

 201811251459.jpg

 性能面では、「明るさ」などに関するスペックを隠さずに全面的に開示しており、その点で、信頼性がおけます。

 デザイン面では、シンプルながらスタイリッシュでオシャレなライトが多くラインナップされています。

 日本やイタリアで活躍している照明デザイナーの浅原重明氏及び鴨志田厚子氏によるデザインが多いですね。


 201801161505.jpg

 3・山田照明 Zライト Z-8W【ホワイト】
 3・山田照明 Zライト Z-8B 【ブラック】
 3・山田照明 Zライト Z-8SL【シルバー】
 3・山田照明 Zライト Z-8R 【レッド】
  ¥5,364 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra80
多重影:
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

  Z-8Wは、山田照明の丸形のZライトシリーズの入門機です。

 201801161503.jpg

 机の上をスポット的に照らす目的で販売される同社の製品としては、最も格安な製品です。

 201801161507.jpg

 LEDの照度は、ルーメンでは、393ルーメンであり、ジェントスの3倍は明るいモデルです。

一般的な照度単位で言えば、中心直下で1570ルクス、読書として普段使う30cmほどの距離でも600ルクスです。読書に必要な十分な明るさは十分確保されます。

 ただ、50cm離した状態では、最低限と言える250ルクスを下回るため、基本的に手元をスポット的に照らす製品です。

 JIS規格照度では、A型相当です。

 60Wの白熱灯をやや下回るといえる明るさで、暗くないが、かといって、明るいモデルとも言えません。

 色温度は、5000Kの昼白色です。

 簡単に言えば、一般的な蛍光灯と同じ色です。天井の室内照明の色と一致するでしょう。一般的に目が疲れにくく読書向きの色です。

 調光は、30%の明るさから100%まで無段階で調整でき、優秀です。

 201801161513.jpg

 アームの使い勝手や品質は、この製品の場合、外観重視で、間接が1つのみのモデルですから、山田照明の製品としては、可動域は狭めですね。

 ただ、間接が少ないモデルは、一般的に「格好が良くおしゃれ」なので、実用性を選ぶか、デザインを選ぶかの「二択」と言えます。

----

 以上、山田照明Z-8Wの紹介でした。

 手元を明るくするスポットライトとしては、十分明るく実用的でしょう。5000円程度の価格で選ぶ場合には良い選択肢です。とくに、部屋の天井照明が一定の明るさがあるならば、こちらで良い気もします。


 201801161444.jpg

 4・山田照明 ZライトZ-108LED W
 4・山田照明 ZライトZ-108LED B

 4・山田照明 ZライトZ-108LED GY
  ¥5,979 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra70(電球)
多重影:
調光:
調色:5000K(昼白色)

  Z-108LEDは、山田照明のクラシックなデザインのZライトです。

 201801161517.jpg

 昔の電球の傘のように見えるデザインで、昔風ですが、時代が一回り回って「オシャレ系」に見えます。

 201801161519.jpg

 LEDの照度は、直下照度が1853ルクス、読書として普段使う30cmほどの距離でも675ルクスですから、読書には十分です。

 50cm離した状態でも、最低限と言える250ルクスをギリギリ上回ります。

 JIS規格照度ではAA型相当ですから、従来的な100Wの白熱灯ほどの明るさです。

 

 LDA7N-G-K/60W
  ¥870 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 シェード(傘)の形から分かるでしょうが、こちらは、一般的なLED電球を指して使う製品です。4万時間の長寿命ですから、ほぼ交換は不要でしょう。

 汎用品で、このデスクライト専用に設計された配置ではないとはいえ、実用上問題はありません。なお、白熱灯は口金の形があっても、未サポートです。

 色温度は、5000Kの昼白色で、一般的な蛍光灯と同じ色です。調色はできません。

 調光は、一方、一般電球を利用する仕様のため、できません。

 201801161526.jpg

 アームの使い勝手や品質は、このモデルは間接が2つのモデルです。

 アームも十分長いので、自由に動かして手元を照らせるでしょう。なお、オンオフのスイッチは、上部にあります。

 201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,658 Amazon.co.jp (8/29執筆時)
 

なお、この製品は、クランプ式で、デスクサイドにネジ止めする製品です。

 しかし、上図のような別売ベースを買えば、通常のデスクスタンドとしても利用できます。デスクスタンドは数種類あるので、最後にまとめて紹介します。

---

 以上、山田照明Z-108LEDの紹介でした。

 クラシックなデザインですから、シックに部屋をまとめたい方には良いでしょう。読書などのための手元照明としても、十分明るく、使い勝手も優れます。



 201902141646.jpg

 5・山田照明 Zライト Z-00N-B
 6・山田照明 Zライト Z-00N-W
  ¥9,980 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra70(電球)
多重影:
調光:
調色:3000K(電球色)

 Z-00Nは、形状と用途の上で、Z-108LEDの上位機と言える製品です。

 201902141646.jpg

 デザイン的には、シェードがさらに深く、良い意味で「古めかしく」なっています。

 実際、昭和時代のZライトのデザインをリバイバルした製品です。

 201902141647.jpg

 LEDの照度は、やはり、クラシックなシェードのデザインのため、直下照度が1283ルクス、読書として普段使う30cmほどの距離でも547ルクスです。

 50cm離した状態でも160ルクスですから、広範囲にあまり明るいとは言えないでしょう。

 

 LDA8L-G-K/60W
  ¥1,050 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

 こちらも、一般的なLED電球を指して使う製品ですが、4万時間の長寿命です。

 色温度は、初期添付されるLEDの種類が電球色なので、オレンジ系の3000Kの電球色です。ただ、これは、LED電球を交換すれば、昼白色などに変更できるでしょう。

 調光は、対応しません。


 山田照明 U100N
  ¥455 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

 なお、一般的な白熱灯の利用は推奨されませんが、同社のU100Nに限っては、公式にサポートされるようです。

 201902141648.jpg

 アームの使い勝手や品質は、このモデルは間接が2つのモデルで、可動範囲は広いです。また

 201808161011.jpg

 Z-LIGHT デスクベース Z-B13 【黒】
  ¥11,658 Amazon.co.jp (8/29執筆時)
 

 また、別売ベースを買えば、こちらも通常のデスクスタンドとしても利用できます

−−

 以上、山田照明Z-00Nの紹介でした。

 正直なところ、機能面で言えば、価格面でより安いZ-108LEDに及ばない製品です。

 古風な、シェード部分の部材費が価格に反映しているのだと思います。デザイン重視の方以外は、選択肢にしなくて良いでしょう。


 

 7・山田照明 Zライト Z-G4000
  ¥5,744 楽天市場 (8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra90
多重影:
調光: 30%-100%
調色:4000K(電球色)

Z-G4000も、「オシャレ系」のデスクライトです。

 ただ、クラシックな方向性ではなく、モダン・ポストモダンな方向性を志向しています。

 201801161540.jpg

 ただ、家電としての存在感が強いわけではなく、控えめに机を演出するタイプのおとなしい製品ですね。

 201801161542.jpg

 LEDの照度は、良質なデザインに較べて、光量は少ないです。

 直下照度が691ルクス、50cm離した状態でも151ルクスです。30cmほどに近づけて読書として使う距離で369ルクスですから、読書の場合は相当近くで使う製品です。

 色温度は、オレンジ系の4000Kの電球色です。調色はできず固定です。

 調光は、30-100%の間で明るさの調整可能です。

 一方、この製品は、演色値(太陽の光を100として時の彩度)がRa90と、他製品がRa80であるのに対して高めです。演色値が高い方が、目に良いですが、照度が弱めですから、あまり強調はできません。

  201801161548.jpg

 アームの使い勝手や品質は、デザイン性重視のため、あまり広範囲には動きません

 ただし、手元灯としての用途では、この程度で支障がない場合が大半です。

---

 以上、山田照明Z-G4000の紹介でした。

 照度が弱めですので、こちらは、読書やPCの補助照明として実力を持った機種とは言えません。どちらかといえば、オシャレな、「机の上の飾り」として、デザイン性を欲する人向けのものです。



 201801161451.jpg

 8・山田照明 Zライト Z-J9000W
 9・山田照明 Zライト Z-J9000BL
  ¥17,580 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra83
多重影:
調光:
調色:2700K(電球色)

Z-J9000Wも、同社のミニモシリーズに属するデスクスタンドです。

 201801161558.jpg

 図のように、クランプでデスクサイドに付ける形式です。

 シェードはガラスに思えますが、実際は、シリコンゴムを使っており、割れません。

 201801161559.jpg

 LEDの照度は、シェードが透過しているデザインなので、色によって異なります。直下照度は、白色が612ルクス、青色が503ルクスです。

 とはいえ、JIS規格照度A型程度の明るさは確保しており、暗めとはいえ、写真のような手元照明として利用するならば、快適とは言えないにせよ、読書として利用できます。

 色温度は、オレンジ系の2700Kの電球色です。調光はできない仕様で、演色値は、Ra83です。

 調光は、この製品は対応しません。ON/OFFのみの選択です。

 201801161604.jpg

 アームの使い勝手や品質は、ここまで見てきた機種に較べても、広範囲には動きません。実用性は重視されません。

---

 以上、山田照明Z-J9000Wの紹介でした。

 こちらは、実用性よりも、インテリアの一部として購入する場合に向いています。その部分を評価する場合、かなり良い選択肢です。


 201801161457.jpg

 10・山田照明 Zライト Z-37NL NW
 11・山田照明 Zライト Z-37NL SL

  ¥11,621 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra80
多重影:
調光: 30%-100%
調色:4000K(昼白色)

 Z-37Nは、かなり特殊なデスクスタンドです。

 201801161608.jpg

 というのも、こちらは、中心部に2.25倍の拡大レンズが搭載されており、図面などを拡大して見ることが可能だからです。

 なお、ルーペは発熱しますが、火災を防ぐために、レンズキャップが付属します。

 201801161609.jpg

 LEDの照度は、中心部の照度が1445ルクスで、30センチ離れた場所でも612ルクスです。

 手元を照らすというスポットライトとしての役割において照度は十分です。50cm離れると照度が格段に落ちる構造ですが、手元灯という用途にはこれで問題なさそうです。

 色温度は、昼白色のみで4000kとなります。

 昼白色としても白色度が弱めなので、ルーペを使うような老眼世代の方に配慮がある製品です。


 201801161613.jpg

 アームの使い勝手や品質は、実用性を重視する製品と言うことで、間接が2つあり、サイズも長く十分あります。この点に不満を感じることは少ないでしょう。

----

 以上、山田照明Z-37Nの紹介でした。

 ニッチな製品で一般向きではありませんが、お年寄りなどで、拡大鏡を多用される方には向くでしょう。


 

 12・山田照明 Zライト Z-G3000
  ¥38,784 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra80
多重影:
調光: 5%-100%
調色:2700K(電球色)

 Z-37Nは、山田照明のインテリア性重視のミロシリーズに属する製品です。

 201801161619.jpg

 こちらは、全光で利用するというより、デスク上を間接照明でエレガントに彩るために利用するデスクスタンドです。

 インテリアと考えるべき製品です。図のように、上部と下部が同時に照らせるという点にこの製品の魅力があります。

 201801161621.jpg

 LEDの照度は、他機種に較べると相当弱いですが、用途が特殊なので、この部分は見なくて良いでしょう。明るさは5%〜100%の間で調整可能です。。

 色温度は、オレンジ系の2700Kの電球色です。調光はできない仕様で、演色値は、Ra80です。


 201801161623.jpg

 アームの使い勝手や品質についても、この製品の場合は、さほど考えなくて良いでしょう。

----

 以上、山田照明Z-37Nの紹介でした。

 部屋の照明の演出に利用するには、高級ながら面白い機種です。読書灯としては、使えない点だけ注意しましょう。


 【調色非対応】

 13・山田照明 Z-ReF Z-G7000
  ¥19,800 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光: 無段階
調色:3500K(昼白色)

 【調光対応】

 14・山田照明 Z-ReF Z-G7100
  ¥34,796 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光:  無段階
調色:2700K-6500K(電球色-昼光色)

 Z-G7000Z-G7100 は、山田照明の新シリーズのZ-REFシリーズに属するLEDデスクライトです。

 201801161626.jpg

 エグゼクティブ向けの高級ライトとして売り出される、デザインを最重視したライトです。

 201701211544.jpg

 LEDの照度は、スタンド型の小型モデルなので、Z-G7000が辛うじて「JIS規格照度」ではA型相当を満たしているレベルです。

 ただ、演色値は、Ra97と自然光に近い良質なものです。綺麗な光で手元を照らしたいニーズには適います。

 201701211549.jpg

 色温度は、Z-G7100 に限って調整が可能で、2700K〜6500Kの範囲での調色に対応します。

 一方、Z-G7000調色非対応ですが、そのかわりに、上部にスポットライトが付いており、間接照明のように室内を照らせます。

 調光は、いずれの機種も無段階で可能です。

 201801161626.jpg

 アームの使い勝手や品質は、小型のスタンドタイプと言うことで、取り回しの幅はさほど高くないです。

---

 以上、山田照明の Z-G7000Z-G7100 の紹介でした。

 デザイン重視のモデルで、照射範囲と明るさはイマイチな機種です。

 ただ、明かりの質は抜群に良く、美しい光を得られることは間違いないですし、アームを含めた全体の作りも高レベルです。自分で使う、というよりも「人に魅せる」家電としては、良い製品だと思います。

3・バイオライトの比較

 続いて、ヤマギワのバイオライトの紹介です。

 201811251530.jpg

 バイオライトは、ヤマギワが1990年代に販売していた名機といえるデスクライトです。

E17ミニクリプトンランプ」に通常より電圧をかけることで、太陽と同等の「演色値Ra100」を疑似的に実現していました。Atlasも、学生時代に、師匠から譲り受けたものを数年使っていました。

 その後、ヤマギワの経営危機などで、バイオライトは(突如)消え去りましたが、4-5年まえほどから、LED版のバイオライトを販売しはじめました。

 Atlasは、新機種の登場をだいぶ前から知っていました。現品が確認できなかったのと、権利の譲渡先がよく分からない時期があったので掲載は控えていました。

 ただ、現状では、ヤマギワが自社でもしっかり販売しており安心です。


 201811251549.jpg

 【クランプ式】

 15・ヤマギワ レビオ Rebio 555REBIO/BK【黒】
 16・ヤマギワ レビオ Rebio 555REBIO/WH【白】
  ¥37,800 楽天市場 (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光: 3段階
調色:3000K(電球色)

 555REBIO/BKは、ヤマギワのバイオライト・レビオの基本セットです。

 かつても安売りしない機種でしたが、良かれ悪しかれ、その伝統は守られていますね。

 高級な製品ですが、あくまで、手元灯・読書灯ですから「高級だから広範囲に照らせる」というわけではありません。あくまで、同社が表明するように、これは「タスクライト」です。

 201811251604.jpg

 LEDの照度は、直下照度は1600ルクス、読書として普段使う30cmほどの距離でも500ルクスです。

 したがって、山田照明の1万円以下のZ-8Wと比べても、あまり変わらない明るさです。

 JIS規格照度でも、A型相当です。

 60Wの白熱灯をやや下回るといえる明るさです。

 ただ、30cm圏内の「実作業域」はJIS AA水準と同社は説明します。

 色温度は、しかし、この機種は面白く、3000Kの色温度です。

 201811251610.jpg

 簡単に言えば、3000KはパナソニックのLED電球でいうところの「オレンジ色の電球色」です。

 これは、太陽の色に近づけるという、旧来のバイオライトの思想によるところです。

 調色ができない点なども相当のこだわりを感じます。

 201811251608.jpg 

 その上で、演色値(太陽光をRa100とする数値)は、Ra97という、相当高い数値を出せています。

  201808161025.jpg

 ・山田照明 Z-LIGHT Z-80PROIIB
  ¥17,333 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

 数字では、第1回目の【目に優しいLEDデスクライトの比較記事】で紹介した山田照明の高演色対応機と同等レベルです。

 ただ、あちらは昼白色(色温度5000K)での評価値です。(白熱灯時代の感覚として)太陽の光により近いという意味では、こちらが近いでしょう。

 201811251625.jpg

 その上で、面白いのは、色温度/演色値が電球色に近い数値なのに、直接光の当たる部分の白色度が高い点です。

 これは、同社が利用する、色を複合した高演色LEDの効果で、背景との輝度のコントラストを高められているからです。

 201811251616.jpg

 アームの使い勝手や品質は、この製品は、2アーム式で、稼働面で問題なさそうです。

----

 以上、ヤマギワのバイオライト・レビオの紹介でした。

 照射範囲の点ではあくまで手元灯のレベルですが、演色値・色温度その他の工夫で、とくに文字の視認性が高められている点は相当考えられた製品だと感じます。

 手元用の補助照明としては、相当優秀と言えるため、広範囲の照射が不要だと考える場合は、性能面でイチオシはこちらです。

ーーー

   201811251556.jpg

 【台座付属】

 17・ヤマギワ レビオ 555REBIOSA-CL-BK【黒】
 18・ヤマギワ レビオ 555REBIOSA-CL-WH【白】

  ¥45,036 楽天市場 (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光: 3段階
調色:3000K(電球色)

  201811251555.jpg

 【台座付属・1アーム式】

 19・ヤマギワ レビオ 555REBIOSA-BA-BK【黒】
  ¥38,880 楽天市場 (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光: 3段階
調色:3000K(電球色)

 なお、レビオについては、台座セットタイプ1アームタイプのバリエーションも見られます。

4・バルミューダ The Lightの比較

 最後に、バルミューダの読書灯の紹介です。


 201811251636.jpg

 【2018年】

 20・BALMUDA The Light L01A-BK 【黒】
 21・BALMUDA The Light L01A-WH 【白】
  ¥39,960  Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光: 6段階
調色:3000K(電球色)

 BALMUDA The Lightは、日本の著名デザイン家電メーカーが最近発売したデスクライトです。

 201811251639.jpg

 「子どもの目を守る 太陽光LEDデスクライト」というコンセプトのライトです。

 下手をすると、学習机より高級で、かなり挑戦的な製品ですね。

  201811251646.jpg

 LEDの照度は、直下照度などのデータが未公開です。したがって、JIS規格照度についても分かりません。

 しかし、これには理由があります。

 なぜなら、この機種は上図の様に、光を斜め方向に照射することで、子供の手元に影が入り込まないようにする仕組みを採用するからです。

 201811251651.jpg

 したがって、直下照度よりも30cm向こう側の照度のほうが高い機種です。

 30センチ離れた場所でも500ルクス以上で照らすため、手元灯のレベルとしては明るいと言えます。

 色温度は、この機種は5700Kです。

 電球でいうところの、昼光色と昼白色の中間的な色で「文字がくっきり見える」と言われる色ですね。

 学習用には良いでしょう。

 201608021323.jpg

 演色値(太陽光をRa100とする数値)は、Ra97です。

 山田照明やヤマギワのバイオライトと同等で、相当高い数値を出せています。太陽の光に近い数値でしょう。

 201811251657.jpg

 アームの使い勝手や品質は、この製品は、斜め照射という構造上固定的なので、説明を省略します。

---

 以上、BALMUDA The Lightの紹介でした。

 技術の面で子供用として真面目に設計している点が相当好感が持てる機種です。ただ、公平を期していえば、この値段を出せるのは一部のご家庭に限られるでしょう。

 その点さえクリアすれば、最高の子供用照明器具でしょう。


201811251702.jpg

 難点はあまりない機種ですが、手元灯、かつ、斜め照射なので、「目に優しい」設置場所については定めがあります。

 その点でいえば、子供が意味を理解して、光源を動かさずしっかり使うかによるところが大きいと言えそうです。

 しかし、3.2kgという本体の重さと、筆箱兼用という点で、開発者はこの点を考えてはいると思われます。

 201801161412.jpg

 一方、そもまで予算がない場合ですが、丸形では、子供向きと言えるのがあまりありません。

 そのため、面の力で机を広範囲に照射できる長形タイプで、演色値がある程度高いものを選ぶと良さそうです。こうした形状の製品は、このブログの【目に優しいLEDデスクライトの比較記事】で幾つも紹介しています。

今回の結論!
丸形デスクスタンドのおすすめはこの機種!

 というわけで、今回は山田照明の丸形蛍光管タイプと白熱灯タイプを中心にデスクライトを紹介しました。

 最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、インテリア性とともに、読書などの実用性を併せ持つ丸形ライトとしておすすめできるのは、


 201801161505.jpg

 3・山田照明 Zライト Z-8W 【ホワイト】
 3・山田照明 Zライト Z-8B  【ブラック】
 3・山田照明 Zライト Z-8SL【シルバー】
 3・山田照明 Zライト Z-8R 【レッド】
  ¥5,364 Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra80
多重影:
調光: 30%-100%
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★☆
2・演色値の高さ ★★★★☆
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★☆

 山田照明Z-8Wが良いでしょう。

 机全体を照らす製品ではないですが、本などの手元に近づけて、照らす分には、十分に明るく実用的です。

 201801161503.jpg

 iMacなどの一体型デスクトップや、ノートPCともデザイン的に相性が良さそうなので、室内照明の補助目的で、読書やPC作業に利用するにはこちらでしょう。


 第2に、主にクラシックな方向性で、インテリア性が高いデスクスタンドとしておすすめなのは、

 201801161444.jpg

 4・山田照明 ZライトZ-108LED W
 4・山田照明 ZライトZ-108LED B

 4・山田照明 ZライトZ-108LED GY
  ¥5,979 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS AA水準
演色値:Ra70(電球)
多重影:
調光:
調色:5000K(昼白色)

1・明るさ    ★★★★★
2・演色値の高さ ★★★☆☆
3・調光の柔軟さ ☆☆☆☆☆
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★☆

  Z-108LEDでしょう。LED電球を利用する方式で、シェードの形がクラシックなので、インテリア性が高いです。

 201801161517.jpg

 実用部分でも、30cmほどの距離で675ルクスですから、読書や手元作業にも十分なスペックと言えます。


 第3に、現状において「最も目に優しい」といえる手元灯/読書灯としてオススメなのは、

 201811251549.jpg

 【クランプ式】

 15・ヤマギワ レビオ Rebio 555REBIO/BK【黒】
 16・ヤマギワ レビオ Rebio 555REBIO/WH【白】
  ¥37,800 楽天市場 (8/29執筆時)

照度:JIS A水準
演色値:Ra97
多重影:
調光: 3段階
調色:3000K(電球色)

1・明るさ    ★★★★☆
2・演色値の高さ ★★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★☆
4・調色対応   ★★★☆☆
5・アームの品質 ★★★★★
6・総合評価   ★★★★★★

 ヤマギワのバイオライト・レビオでしょう。

 丸形タイプは、どの製品も照射範囲と照度の点で、読書灯・手元灯としての役割に限定されます。

201811251625.jpg

 ただ、その枠内で考えた場合の工夫は、紫色LEDの採用など、他機種を寄せ付けない工夫があります。

 とくに、(ミニクリンプトン球)を利用するかつてのバイオライトの代替を考えている場合、電球系の光色で、Ra100に近い演色値を出せているこの製品が最も「理想に近い」でしょう。

−−

 201811251636.jpg

 【2018年】

 20・BALMUDA The Light L01A-BK 【黒】
 21・BALMUDA The Light L01A-WH 【白】
  ¥39,960  Amazon.co.jp (8/29執筆時)

照度:
演色値:Ra97
多重影:対策あり
調光: 6段階
調色:3000K(電球色)

1・明るさ    ★★★★☆
2・演色値の高さ ★★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 もちろん、お子さん用の読書灯としては、演色値が同様に高く、配光の斜め照射などの工夫がある、BALMUDA The Lightが、現状では最良です。


 第4に、どちらかといえば、インテリア照明としてデスクスタンドを選ぶ場合は、

 

 7・山田照明 Zライト Z-G4000
  ¥5,744 楽天市場
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra90
多重影:
調光: 30%-100%
調色:4000K(電球色)

1・明るさ    ★★★☆☆
2・演色値の高さ ★★★★★
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 今回、紹介したモデルならば、どれでも良いと思います。

 201801161540.jpg

 しかし、比較的、シックで、ライトに「主張させず」に使うならば、Z-G4000でしょう。

 他機種と違って読書灯としてもそれなりに使えた上で、デザイン性が高い点で、産業デザインとしても優れると感じます。

ーーー

 

 12・山田照明 Zライト Z-G3000
  ¥38,784 Amazon.co.jp
(8/29執筆時)

照度:JIS A水準以下
演色値:Ra80
多重影:
調光: 5%-100%
調色:2700K(電球色)

1・明るさ    ★★★★☆
2・演色値の高さ ★★★☆☆
3・調光の柔軟さ ★★★★★
4・調色対応   ☆☆☆☆☆
5・アームの品質 ★★★★☆
6・総合評価   ★★★★★

 他方、完全に「インテリア照明」として利用するならば、ミロシリーズがおすすめです。

 201801161619.jpg

 上方と下方にそれぞれ別に光源を持つ仕組みはユニークで、空間演出力が高いと思います。

 やや値段はしますが、照明を使っていない際も、存在感のあるインテリアとして機能する点はかなりの魅力でしょう。

補足:照明器具の関連記事の紹介

 というわけで、今回はデスクスタンドの紹介でした。
 spdrias-3.jpg

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・LEDデスクスタンドの比較 【丸形】
3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 なお、もう少し、広範囲に照射できる製品とも比較したい方は、上記1番の記事もよろしくお願いします。

---

 また、最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:51 | 照明器具

2019年08月27日

比較2019'【用途別】LED電球27製品の性能とおすすめ・選び方:パナソニック・東芝・アイリスオーヤマ

【今回紹介する製品】2019年 最新のLED電球の性能とおすすめ・選び方:パナソニック・東芝・アイリスオーヤマ・エコハイルクス:リビング・廊下・ダイニング・浴室用・密閉器具対応 E26とE17の違い: 100W 60W 40Wの明るさの違い:調光・調色対応のLED電球など

今回のお題
最新の家庭向きのLED電球はどのように選ぶのがおすすめ?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年8月現在、最新のLED電球の比較をします。

 201808161414.jpg

 リビング・廊下・ダイニング・浴室など、利用する場所・用途に合うように紹介しました。

 201808161218.jpg

 また、E26口金タイプと、E17口金タイプが双方に対応するように書いています。

1・明るさ  ★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★☆
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 以下では、いつものように、各製品を比較します。

 そして、最後の「結論」では、上表のようなポイントから、目的別に、Atlasのおすすめ機種!を提案する型式で書いていきます。

ーーー

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・丸形LEDデスクスタンドの比較 【丸形】
3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 なお、今回の記事は、このブログの照明器具の比較シリーズの第4回記事として書きました。

 個人的に「アイメイト」で照らしていた読書灯の代替を考える中、記事化してみたものです。

1・全方向タイプのLED電球

 はじめに、全方向タイプのLED電球の比較です。

 201808161246.jpg

 シリカ電球(白熱電球)同様に、天井からの跳ね返るなどを含め、部屋全体を明るく照らしたい場合に最適です。

 LED電球への初めての買い換えにはこのタイプが良いでしょう。


 201808161116.jpg

【100W相当】【E26口金】

 1・パナソニック LDA13LGZ100ESW【電球色】
 1・パナソニック LDA13NGZ100ESW【昼白色】
 1・パナソニック LDA13DGZ100ESW【昼光色】
  ¥2,052 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:1520ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材」対応
調光器:非対応


 【60W相当】【E26口金】

 2・パナソニック LDA7LGZ60ESW2【電球色】
 2・パナソニック LDA7NGZ60ESW2【昼白色】
 2・パナソニックLDA7DGZ60ESW2 【昼光色】
  ¥1,530 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【60W相当】【E17口金】

 3・パナソニック LDA7LGE17Z60ESW2 【電球色】
 3・パナソニック LDA7NGE17Z60ESW2【昼白色】
 3・パナソニック LDA7DGE17Z60ESW2 【昼光色】
  ¥2,300 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810/760ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:対応
調光器:非対応

 【40W相当】【E26口金】

 4・パナソニック LDA5LGZ40ESW2【電球色】
 4・パナソニック LDA4NGZ40ESW2【昼白色】
 4・パナソニック LDA4DGZ40ESW2 【昼光色】
  ¥1,000 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【40W相当】【E17口金】

 5・パナソニック LDA4LGE17Z40ESW2【電球色】
 5・パナソニック LDA4NGE17Z40ESW2【昼白色】
 5・パナソニック LDA4DGE17Z40ESW2【昼光色】
  ¥1,909 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:485/440ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;対応
調光器:非対応

 はじめに紹介するのは、パナソニック全方向タイプです。

 201808161218.jpg

 口金のタイプは、、E26口金タイプと、E17口金タイプが双方あります。

 一般的な器具はE26ですが、スリム証明などの場合はE17口金です。こちらは、E26口金タイプとなります。

 201808161150.jpg

 光の広がり方は、全方向260度です。

 シリカ電球(白熱灯)と形状が同じで、全周を照らしたい場合に最適となります。

 明るさは、LED電球の場合、ワット数ではなく、光量を表すルーメン(器具光束)で、識別するのが基本です。

 ワット数で比較する場合、メーカーごとに、測定方法が異なるからです。 

 この機種の場合、一般的な60Wの電球で810ルーメンですから、他社の同型タイプに比べても明るさで負けていないと言えます。

 201808161157.jpg

 なお、白熱灯からの買換の場合は、電球に書かれた「60形」などの数字と合わせるのが基本です。

 LEDは商品で力が少ないので、例えば60W指定の器具で(原理的に)100W球も点灯可能です。

 201808161205.jpg

 ただ、電球が大きくなるほか、シェード(傘)自体がそれを前提に設計されていますので「無茶」はしない方が良いです。

 なお、E17口金の40Wは「目に優しいライト」で有名だったヤマギワのバイオライトでも利用されていたミニクリンプトン電球と同サイズですね。

 201808161146.jpg

 色の種類は、電球色・昼光色・昼白色の3種類です。

 器具により制限はないため、好きな色を選んでください。なお、パナソニックは「昼光色」に昔から力を入れているメーカーです。

 昼光色は、すがすがしい6000K以上の色温度で、読書などの際に「文字がくっきり見える」点でも評価が高いです。読書灯の交換用としても向くでしょう。

 201808161151.jpg  

 演色値は、Rs84です。

 これは、最近注目されている数値で、太陽光をRa100として、いかに自然光に近いかを評価する数値です。

 パナソニックは、最近こちらにも力を入れはじめており、「自然な明るさ」という点で、このLED電球は評価できます。演色値が高めだと、目にも優しいため、その点でもおすすめです。

 201808161202.jpg

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具屋外利用断熱材施工器具などに対応できます。

 一方で、調光機能(明るさ調整)のある製品には使用できない点だけ注意がひつようです。

---

 以上、パナソニック「E26口金」全方向タイプの紹介でした。

 最も一般的な仕様で、用途を選ばずに利用できます。シリカ電球からの買替えに向く製品と言えます。


 201808161424.jpg

【100W相当】【E26口金】

 6・東芝LDA14LG100W【電球色】
 6・東芝 LDA11NG100W【昼白色】
  ¥2,200 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:1520ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材」
調光器:非対応

 【60W相当】【E26口金】

 7・東芝 LDA8LG60W【電球色】
 7・東芝 LDA7NG60W【昼白色】
  ¥1,200 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材:
調光器:非対応


 【40W相当】【E26口金】

 8・東芝 LDA5LG40W【電球色】
 8・東芝 LDA4NG40W【昼白色】
  ¥750 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:485ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材;
調光器:非対応

 こちらは、東芝が発売する全方向タイプです。

 201808161446.jpg

 光の広がり方は、全方向260度です。ただし、パナソニックと違い、100Wのみ最大240度と狭めです。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンで、この部分はパナソニックと同じです。

 201808161436.jpg

 色の種類は、電球色・昼白色の3種類です。

 パナソニックに比べると色温度が高く、読書などに向く「爽やかな」色である昼光色がないですね。

 逆に、東芝は「LED電球のまぶしさ」に配慮した設計をしており、マルチ拡散グローブなどの独自の工夫で、直的的なまぶしい光を届きにくくする配慮があります。この部分が独自性です。

 演色値は、一方で、電球色がRa80、昼白色がRa70とパナソニックに比べると、自然光に近い鮮やかさには欠ける仕様です。

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具については対応を表明しますが、それ以外は未公表です。調光は非対応です。

---

 以上、東芝「E26口金」全方向タイプの紹介でした。

 全方向タイプで、価格重視で考えた場合、選択肢となります。

 ただし、照明器具としての「明るさ」を重視したい場合、パナソニック(昼光色)が明るいでしょう。逆に貧しい光が苦手な方は、東芝の製品が適合しそうです。


  201902141246.jpg

 【40W相当】【E26口金】【電球形】

 9・東芝 LDA9L-D-G【電球色】
 9・東芝 LDA9N-D-G【昼白色】
  ¥1,198 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
   

光の方向:全方位
明るさ:540ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材;
調光器:非対応

 こちらは、東芝が発売する全方向タイプです。

 先ほどとシリーズが異なり「高演色タイプ キレイ色」というブランドで40W球のみがあります。

 201808161446.jpg

 光の広がり方は、全方向260度です。

 明るさは、40Wの電球で540ルーメンですから、通常品よりやや明るめですね。

 201808161450.jpg

 色の種類は、電球色・昼白色の3種類です。

 演色値は、一方で、この機種はRa90とそうとう太陽の自然光に近い仕様です。

 とくに、読書などに向く昼白色 で、Ra90というのは貴重です。

 以前、三菱電機の「アイメイト」という読書灯で、「FPL27ANX」という演色値が高い製品があったのですが、2017年に終売となりました。

 201801161517.jpg

 個人的にその代替品となる読書灯を探していたのですが、こちらと丸形LEDデスクスタンド の組み合わせは、アイメイトの「代替」として良いかなと思っています。。

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具については対応を表明しますが、それ以外は未公表です。調光は非対応です。

---

 以上、東芝の「高演色タイプ キレイ色」の紹介でした。

 演色値が高めのライトは、赤色系が特に映えるため、食卓の料理が美味しく見えるなどの効果が期待できます。読書灯としては、やや暗いため、もう少し検証が必要ですので、後日また補記しようと思います。


 201808161302.jpg

【60W相当】【E26口金】

 10・パナソニックLDA8LCW【電球色】
  ¥2,200 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材」対応
調光器:非対応


 【40W相当】【E26口金】

 11・パナソニックLDA5LCW【電球色】
  ¥2,349 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:485ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:対応
調光器:非対応

 【40W相当】【E26口金】【調光器対応】

 12・パナソニック LDA7LCDW2【電球色】
  ¥2,955 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【40W相当】【E17口金】【調光器対応】

 13・パナソニックLDA5LE17CDW【電球色】
  ¥3,219 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:485ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:対応
調光器:対応

 こちらも、パナソニック全方向タイプです。

 201808161312.jpg

 光の広がり方は、全方向です。

 シリカ電球(白熱灯)のフィラメントを摸したクリア球で、独特の光の広がり方を楽しめます。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンで、通常製品と同じです。

 201808161314.jpg

 色の種類は、電球色です。

 ただし、クリア球なので、通常の60W球に比べると強く明るい光です。

 パナソニックとしては、ペンダントライトや、シャンデリア、スタンドなどに利用して欲しいとしています

 演色値は、R90です。太陽の光により近い仕様で、特に、赤色系の色は鮮やかに見えやすいでしょう。

 201808161202.jpg

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具屋外利用に対応できますが、断熱材施工器具には非対応です。

 一方、調光対応の照明器具については、40Wのみ対応モデルがあります。

---

 以上、パナソニックのクリア球タイプの紹介でした。

 演色値が高く、鮮やかな光です。リビング照明でちょっと「味」を付けたい場合などにおすすめできます。


  201905221102.jpg

 【60W相当】【E26口金】

 14・パナソニック LDT6LGST6【電球色】
 14・パナソニック LDT6DGST6【昼光色】
 14・パナソニック LDT6NGST6【昼白色】
  ¥2,580 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【100W相当】【E26口金】

 14・パナソニック LDT6LGST6 【電球色】
 14・パナソニック LDT6DGST6【昼光色】
 14・パナソニック LDT6NGST6【昼白色】
  ¥3,090 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:対応
調光器:非対応

 こちらも、パナソニック全方向タイプです。

 光の広がり方は、全方向300度です。

 数値的にかなり広がる機種ですが、形状が特殊です。

 これは、シリカ電球時代のパルックボール・プレミア(100W/60W)の買替用として販売されている特殊用品です。そのため、一般的には選ばずともよいでしょう。

 消費電力もやや悪いです。

2・広配光タイプの比較

 続いて、広配光タイプのLED電球の比較です。

 201808161248.jpg

 ここまで紹介してきた、全方向タイプに比べると、本体価格が安い一方、明るさの広がりが狭い点に注意しましょう。

 一方、全方向タイプとルーメン値は同等で、消費電力(ワット数)も同じですが、光の広がり方の質が異なる点は注意してください。

 あまり広範囲を照らす必要がないダイニングの照明や、玄関・廊下などに向きます。


 201808161221.jpg

 【60W相当】【E26口金】

 15・パナソニック LDA7LGEW【電球色】
 15・パナソニック LDA7DGEW【昼光色】
  ¥774 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【60W相当】【E17口金】

 16・パナソニック LDA7LGE17K60ESW2 【電球色】
 16・パナソニック LDA7NGE17K60ESW2 【昼白色】
 16・パナソニック LDA7DGE17K60ESW2 【昼光色】
  ¥1,880 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810/760ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

 【40W相当】【E26口金】

 17・パナソニック LDA4LGEW 【電球色】
 17・パナソニック LDA4DGEW 【昼光色】
  ¥647 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【40W相当】【E17口金】

 18・パナソニック LDA4LGE17K40ESW2 【電球色】
 18・パナソニック LDA4NGE17K40ESW2 【昼白色】
 18・パナソニック LDA4DGE17K40ESW2 【昼光色】
  ¥1,349 Amazon.co.jp (8/27執筆時)  

光の方向:全方位
明るさ:485/440ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;非対応
調光器:非対応

 【40W相当】【E26口金】【調光器対応】

 19・パナソニック LDA7L-G/K40/D/W【電球色】
 19・パナソニック LDA7D-G/K40/D/W【昼光色】
  ¥1,906 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:580ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;非対応
調光器:対応

 続いて紹介するのは、パナソニック広配光タイプです。

 201808161218.jpg

 口金のサイズは、先ほどの製品と同じで2種類あります。

 201808161146.jpg

 色の種類は、電球色・昼光色・昼白色の3種類です。ただし、E26口金については、昼白色はないです。

 201808161243.jpg

 光の広がり方は、左右下方向180度です。

 この広がりはLED電球独特であり、シリカ電球からの買い替えの場合「暗く感じる」でしょう。

 ただし、省エネ性は良いため、常時点灯させる場所で、さほど広範囲を照らす必要がない場合は有効です。

 例えば、廊下や玄関などならばこれでも良いでしょう。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンです。器具光束は、照明器具自体の照度ですので、全方向タイプと同じですね。

 201808161151.jpg  

 演色値は、Ra84です。下位機種と同じです。

 201808161202.jpg

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具屋外利用に対応できますが、断熱材施工器具には非対応です。一方、調光対応の照明器具については、40Wのみ対応モデルがあります。

---

 以上、パナソニック広配光タイプの紹介でした。

 ダイニングテーブルだけを照らす照明や、玄関・廊下などはこれで良いでしょう。ただ、リビングなど、天井からの跳ね返り照明が重要な空間にはオススメできない仕様です。


  

【60W相当】【光色切替えタイプ ダイニング向け】

【E26口金】【昼光色/電球色】

 20・パナソニック LDA9GKUDNW
  ¥1,843 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

【E17口金】【昼光色/電球色】

 20・パナソニック LDA6GE17KUDNSW
  ¥2,360 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810/760ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

 こちらも、パナソニック広配光タイプです。

 201808161339.jpg

 色の種類は、この機種の場合、電球色・昼光色両方とも出せる仕様です。切替については、壁の点灯スイッチを素早く2回押すことで、簡単に色を変えられます。

 LED電球ならでは、ですね。

 201808161243.jpg

 光の広がり方は、こちらも左右下方向180度です。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンです。ただし、電球色にした場合は、40W相当として機能するため、485ルーメンとなります。団らんの明かりとしては、まあ問題ないでしょう。

 演色値は、団らんの明かり(電球色)の場合、Ra90と高いです。

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具屋外利用に対応できますが、断熱材施工器具には非対応です。一方、調光については残念ながら対応しません。

---

 以上、パナソニックの「光色切替えタイプ ダイニング向け」の紹介でした。

 電球タイプでも色を切り替えて楽しみたい方には最適でしょう。

 ただし、光の範囲は、「広範囲180度まで」で、全方向タイプではないため、あくまで「ダイニングテーブルを照らす明かり」であり、リビング全体には引き続き「不向き」である点は注意しましょう。

ーー

 

【60W相当】【昼光色/電球色】

【光色切替えタイプ浴室向け】【E26口金】

 21・パナソニック LDA9GKUYKW
  ¥1,843 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

 なおこの製品には、浴室向けもあります。

 201808161348.jpg

 ダイニング向けとの違いは、電球色の明かりを30W/400ルーメンと落としている点です。

 やや暗めの電球色とすることで、リラックスを促すというニッチニーズに応えるものですね。

 この用途に特化して考える場合は、オススメです。


  

【60W/50W相当】【明るさ切替タイプ 廊下向け】

【E26口金】

 22・パナソニック LDA9LGKURKW 【昼光色/常夜灯】
 22・パナソニック LDA9DGKURKW 【電球色/常夜灯】
  ¥1,825 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

【E17口金】

 23・パナソニック LDA6LGE17KURKSW【昼光色/常夜灯】
 23・パナソニック LDA6DGE17KURKSW【電球色/常夜灯】
  ¥1,778 Amazon.co.jp (8/27執筆時)   

光の方向:全方位
明るさ:810/600ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

 こちらも、パナソニック広配光タイプです。

 201808161355.jpg

 色の種類は、この機種の場合、電球色・昼光色が選べる仕様です。

 その上で、いずれの機種も、20ルーメンの常夜灯としても利用できます。

 この場合も、壁の点灯スイッチを素早く2回押すことで、簡単に色を変えられます。

 光の広がり方は、こちらも左右下方向200度です。

 他機種よりやや広いですが、それでも、全方向タイプではないです。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンです。

 特殊用途の利用については、お風呂などの密閉器具屋外利用・断熱材施工器具に対応できますが、調光ができる機種には利用できません

---

 以上、パナソニック明るさ切替えタイプ(廊下向け)の紹介でした。

 常夜灯として廊下などに設置したい場合に向く機種ですね。この用途では、かなり便利に使えると思います。


 201808161404.jpg

【60W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 24・パナソニック LDA8DGKUNS【昼光色】
 24・パナソニック LDA8LGKUNS【電球色】
  ¥2,464 Amazon.co.jp (8/27執筆時)   

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

【40W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 25・パナソニック LDA5DGKUNS【昼光色】
 25・パナソニック LDA5LGKUNS【電球色】
  ¥3,120 Amazon.co.jp (8/27執筆時)   

光の方向:全方位
明るさ:580ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;非対応
調光器:非対応

 こちらも、パナソニック広配光タイプです。

 201808161406.jpg

 色の種類は、この機種の場合も、電球色・昼光色が選べる仕様です。

 その上で、この機種は「人感センサーを搭載」し、動作を検知したあと約1分間点灯します。

 また、その後突然には消えず、6秒かけてゆっくり消えるため、「トイレなどに導入していきなり消えてびっくりする」ようなこともありません。

 用途としては、トイレや玄関などに向くでしょう。

 光の広がり方は、こちらも左右下方向200度です。全方向タイプではないです。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンです。

 特殊用途の利用については、密閉器具を含めて対応しません

 以上、パナソニックひとセンサタイプの紹介でした。

 節電性・利便性が高いので、廊下やトイレ用として向くでしょう。一方、多くの人間が集まる場所での設置は、センサー感覚の設定できない点から不向きですね。


 201808161404.jpg

【60W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 26・アイリスオーヤマ LDR8N-H-S6【昼白色】
 26・アイリスオーヤマ LDR8L-H-S6【電球色】
  ¥1,301 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
  

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材:非対応
調光器:非対応

【40W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 27・アイリスオーヤマ LDR5N-H-S6【昼白色】
 27・アイリスオーヤマ LDR5L-H-S6 【電球色】
  ¥1,540 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
  

光の方向:全方位
明るさ:485ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材;非対応
調光器:非対応

 こちらは、アイリスオーヤマがエコハイルクスブランドで発売するLED電球です。

 201808161511.jpg

 色の種類は、この機種の場合も、電球色・昼光色が選べる仕様です。

 その上で、この機種は「人感センサーを搭載」します。動作を検知したあと約90間点灯し、そのご緩やかに消えていきます。パナソニックに比べると30秒長めの仕様です。

 光の広がり方は、一方で、下方向120度です。格安ですが、玄関口を照らすなど、限定的に利用する製品です。

 明るさは、一般的な60Wの電球で810ルーメンで、平均値です。

 特殊用途の利用については、密閉器具を含めて対応しません

---

 以上、アイリスオーヤマのLED電球の紹介でした。

 廊下・玄関用のセンサー付きとしては格安です。ただ、LEDの配置から、照射範囲は狭めである点が、難点と言えます。

今回の結論
最新のLED電球のおすすめは結論的にこちら!

 というわけで、今回は、LED電球について書きました。

 最後に、いつものように、目的別・用途別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


 第1に、リビングを含めて、広範囲に照らす場所に利用するのに向くLED電球は、

 201808161116.jpg

【100W相当】【E26口金】

 1・パナソニック LDA13LGZ100ESW【電球色】
 1・パナソニック LDA13NGZ100ESW【昼白色】
 1・パナソニック LDA13DGZ100ESW【昼光色】
  ¥2,052 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:1520ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材」対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★★
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 【60W相当】【E26口金】

 2・パナソニック LDA7LGZ60ESW2【電球色】
 2・パナソニック LDA7NGZ60ESW2【昼白色】
 2・パナソニックLDA7DGZ60ESW2 【昼光色】
  ¥1,530 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【60W相当】【E17口金】

 3・パナソニック LDA7LGE17Z60ESW2 【電球色】
 3・パナソニック LDA7NGE17Z60ESW2【昼白色】
 3・パナソニック LDA7DGE17Z60ESW2 【昼光色】
  ¥2,300 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810/760ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★★
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 【40W相当】【E26口金】

 4・パナソニック LDA5LGZ40ESW2【電球色】
 4・パナソニック LDA4NGZ40ESW2【昼白色】
 4・パナソニック LDA4DGZ40ESW2 【昼光色】
  ¥1,000 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

 【40W相当】【E17口金】

 5・パナソニック LDA4LGE17Z40ESW2【電球色】
 5・パナソニック LDA4NGE17Z40ESW2【昼白色】
 5・パナソニック LDA4DGE17Z40ESW2【昼光色】
  ¥1,909 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:485/440ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★☆☆
2・鮮やかさ ★★★★★
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 パナソニック全方向タイプでしょう。

 201808161146.jpg

 全方向タイプだけで比較すると、メーカーごと明るさ(ルーメン値)はほぼ同じです。

 201808161151.jpg  

 ただ、パナソニックは、電球色に限らず、演色値が高めで、配色の選択肢も多いです。演色値が高いと、食卓の料理が美味しく見えるなど、副次的な効果も期待できます。

 また、パナソニック独自の昼光色は、他社にない「涼しげ」な色であり、読書に向くほか、部屋を都会的に見せる効果が期待できます。眠くなりにくい系統の光とも言えます。

 お風呂などの密閉器具屋外利用断熱材施工器具などに対応できますし、部屋に色がマッチしなかった場合、別の場所に利用できる点も良いでしょう。

ーーー

  201902141246.jpg

 【40W相当】【E26口金】【電球形】

 9・東芝 LDA9L-D-G【電球色】
 9・東芝 LDA9N-D-G【昼白色】
  ¥1,198 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
  

光の方向:全方位
明るさ:540ルーメン
密閉器具:対応
屋外:
断熱材;
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★☆
2・鮮やかさ ★★★★★★
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 ただし、照明器具が40Wまでの対応の機種との交換の場合は、東芝の「高演色タイプ キレイ色」が良いと思います。

 201808161450.jpg

 60W相当がないのが残念ですが、昼白色でもRa90出せている点で、色の鮮やかさではパナソニックより良いと思います。

 まぶしさに対する対策もあるため、E26口金で40W用を選ぶ場合はこちらでしょう。


 第2に、ダイニングやお風呂などで利用するLED電球としてオススメできるのは、

  201808161525.jpg

【60W相当】【光色切替えタイプ ダイニング向け】

【E26口金】【昼光色/電球色】

 20・パナソニック LDA9GKUDNW
  ¥1,843 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

【E17口金】【昼光色/電球色】

 20・パナソニック LDA6GE17KUDNSW
  ¥2,360 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810/760ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★☆
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

【60W相当】【昼光色/電球色】

【光色切替えタイプ浴室向け】【E26口金】

 21・パナソニック LDA9GKUYKW
  ¥1,843 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★☆
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★☆
5・総合評価 ★★★★★

 パナソニックの調色対応のLED電球でしょう。

 201808161339.jpg

 スイッチの「早押し」で色が変えられるため、シーンに応じて使い分けできます。LED電球に交換するメリット性を感じられる点で、こちらが良いと思います。


 第3に、廊下や玄関に利用するLED電球としてオススメできるのは、

 201808161404.jpg

【60W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 24・パナソニック LDA8DGKUNS【昼光色】
 24・パナソニック LDA8LGKUNS【電球色】
  ¥2,464 Amazon.co.jp (8/27執筆時)
   

光の方向:全方位
明るさ:810ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材:非対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★★★
2・鮮やかさ ★★★★☆
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

【40W相当】 【E26口金】【ひとセンサタイプ】

 25・パナソニック LDA5DGKUNS 【昼光色】
 25・パナソニック LDA5LGKUNS【電球色】
  ¥3,120 Amazon.co.jp (8/27執筆時)

光の方向:全方位
明るさ:580ルーメン
密閉器具:対応
屋外:対応
断熱材;非対応
調光器:非対応

1・明るさ  ★★★☆☆
2・鮮やかさ ★★★★☆
3・光の拡散 
★★★★★
4・省エネ  ★★★★★★
5・総合評価 ★★★★★

 こちらも、パナソニック広配光タイプでしょう。

 201808161406.jpg

 廊下は常夜灯モデルでも良いと思います。ただ、安全性や、スイッチを切り替える必要性がある点など、利便性を考えると、センサータイプの方が合理的だと思います。

 電気代についても、さして変わらないので、例えば、帰宅直後の玄関の照明、トイレに行く場合、足下を照らすための照明などとしてはこちらがおすすめです。

補足:このブログの関連記事の紹介

 というわけで、今回は、LED電球についての比較でした。

1・LEDデスクライトの比較 【長形】
2・丸形LEDデスクスタンドの比較 【丸形】
3・シーリングライトの比較
4・LED電球の比較

 他方式の照明器具もお探しの方は、引き続き、これらの記事もよろしくお願いします。

 また、最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 15:46 | 照明器具

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png