2020年05月18日

比較2020'【速度別!】USBメモリー69点の性能とおすすめ ・選び方 (2)

前編記事からの続きです。→こちら


 201910221217.jpg

【SUPER SONIC Rage Eliteシリーズ】

【並行輸入品】【2019年】

 [256GB]

 64・PEF256GSRE3USB
  ¥13,925 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [512GB]

 65・PEF512GSR2USB
  ¥9,549 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [1TB]

 66・PEF1TBSRE3USB
  ¥19,999 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:72.2mm
速度: 読出 400MB/s,書込300MB/s
保証:

 SUPER SONIC Rage Eliteシリーズは、Patriot Memoryという、米国のシリコンバレーに本社を置く、中堅の半導体メーカーの製品です。

 この会社は、日本ではあまり知られていませんが、メモリーモデュールはいくつかの製品が販売されています。

 201910221224.jpg

 本体の長さは、5.3センチです。

 設計が新しいこともあり、高速モデルとしては収納時のサイズはかなり小型です。

 接続端子も、便利なノック式で、持ちはこびに便利です。

 速度は、読出400MB/秒/・書込300MB/秒です。

 いずれも、今回紹介する中では相当高い値です。ただし、256GBについては、書込のみ200MB/秒です。

 保証は、しかし、この製品は、並行輸入なので、初期不良交換のみです。

 高額製品は、偽物リスクもあるため、購入の際は少し注意してください。

---

 以上、SUPER SONIC Rage Eliteシリーズの紹介でした。

 並行輸入品である点がネックです。

 収納性の良さについては抗しがたい魅力がありますが、長期保証の観点で、個人的に1万円を超えるのものは、正規品を選ぶべきだと思っています。


  201809041442.jpg

 【DataTraveler Ultimate日本正規品】

 [1TB]

 67・キングストン GT DTUGT/1TB
  ¥77,898 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [2TB]

 68・キングストン GT DTUGT/2TB
  ¥124,346 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:72.2mm
速度: 読出300MB/s 書込200MB/s
保証:国内正規品/5年保証

  DataTraveler Ultimateは、米国のキングストンの日本発売モデルです。

 記憶容量的に優れたモデルで、1TB・2TBのモデルがあります。

 201904191636.jpg<="" p="" />

 長さは、7.5センチと、512MBとさほど変わらないサイズです。

 ただし、太さはあるので、宣伝文句にあるように「ライバルはHDD」でしょう。

 速度は、一方で、読込300MB/s,書込200MB/sなります。

 「爆速」というモデルではありませんが、大容量モデルとしてはそれなりの水準です。

 201809041443.jpg

 保証は、5年保証です。

 また、本体の防滴性能はないですが、亜鉛合金ダイカストを採用した本体は堅牢です。

 OSを入れる用途で利用する人が多そうな製品だけに、安心感があります。

----

 以上、DataTraveler Ultimateの紹介でした。

 用途的には特殊でしょうが、必要な方は確実にいるでしょう。ただし、価格はネックですね。

今回の結論
最新のUSBメモリーのおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、高速モデルを含めて、USBメモリーを比較してきました。

 最後に、いつものように、目的別、予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきたいと思います。


 第1に、普段の持ちはこび用の小型モデルとしてオススメなモデルは、

  201809041431.jpg

 【上位機種】

 [16GB]

 39・Transcend TS16GJF720S
  ¥1,990 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [32GB]

 40・Transcend TS32GJF720S
  ¥2,990 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:22.40mm
速度: 読出130MB 書込 24MB
保証: 5年保証

1・スピード  ★★★★★
2・本体サイズ ★★★★★
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 201904191554.jpg

 Transcend キャップレスシリーズが良いでしょう。  

 とくに、32GBの上位機種は、MLCタイプメモリを採用するため、読出130MB/秒、書込24MB/秒とより高速で、小型にもかかわらず性能は高いです。

 どれか1つ選べと言われれば、こちらを推します。

 201809041430.jpg

 また、保証は、国内正規品で、上位機種は永久保証ですのでこの点も安心でしょう。また、防塵・防滴性能があるのも、このメーカーの良い部分です。

ーーー

   201812211848.jpg

 【SANDISK Ultra Fit】【Amazon限定】

  [32GB]

 28・Sandisk SDCZ430-032G-J57
  ¥858 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [64GB]

 29・Sandisk SDCZ430-064G-J57
  ¥1,392 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [128GB]

 30・SanDisk SDCZ430-128G-J57
  ¥2,503 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [256GB]

 31・Sandisk SDCZ430-256G-J57
  ¥4,320 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [512GB]

 32・Sandisk SDCZ430-512G-J57
  ¥8,643 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.1(gen1)/USB3.0
長さ:19.0mm
速度: 読出130MB/秒
保証: 5年保証

1・スピード  ★★★★★
2・本体サイズ ★★★★★
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 なお、もう少し容量が欲しい場合は、サンディスクのSANDISK Ultra Fitシリーズが良いと思います。

 201904191547.jpg

 かつては「偽物リスク」があったのですが、Amazonが直販をはじめたのでその心配がなくなりました。


 第2に、高速タイプのUSBメモリーとして、おすすめできるモデルは、

  201809041438.jpg

 【エクストリーム GO 日本正規品】

 [64GB]

 41・SANDISK SDCZ800-064G-J57
  ¥2,402 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [128GB]

 42・SANDISK SDCZ800-128G-J57
  ¥3,615 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:70.8mm
速度: 読出200MB/秒/書込150MB/秒
保証: 国内正規品/無期限保証

1・スピード  ★★★★★★
2・本体サイズ ★★☆☆☆
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 アメリカのサンディスクのエクストリームGO シリーズでしょう。

 速度面読出200MB/秒/書込150MB/秒と高速ですが、本体価格は非常に割安で、保証も無期限と三拍子揃っており、性能面では弱点がないといってよい製品です。

 201809041433.jpg

 スライド式でキャップレスな仕様である点も、持ちはこびに有利でしょう。

 高速USBメモリーを選ぶならば、こちらで間違いないと思います。

ーーー

 201809041435.jpg

 【ポケットビットシリーズ 各色】

  [32GB]

 52・SONY USM32GQX
  ¥4,891 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

  [64GB]

 53・SONY USM64GQX
  ¥10,055 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [128GB]

 54・SONY USM128GQX
  ¥14,055 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:69.4mm
速度:読出226MB/秒
保証: 国内正規品は1年保証

1・スピード  ★★★★★★
2・本体サイズ ★★★★☆
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 一方、保証は1年保証で、価格が高めですが、デザイン性・機能性の面では、ソニーが相当良いです。

 201809041436.jpg

 ノック式の本体で、横幅はサンディスクより狭いです。なによりアルミ素材の本体は、高級感があります

 パソコン回りもスタイリッシュに「決めたい」方は、こちらが良いでしょう。Atlasもデザイン性にはこだわるほうなので、1本所有しています。

 速度面も、読出226MB/秒で、書出も実測したら140MB/秒前後でしたので、サンディスクに引けを取りません。


 第4に、OSなどのインストール用の大容量USBメモリとして、おすすめできる製品は、

  201809041438.jpg

 【エクストリーム プロ USB3.1 2017年】

 [128GB]

 60・Sandisk SDCZ880-128G-J57-128GB
  ¥5,532 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [256GB]

 61・Sandisk SDCZ880-256G-J57-256GB
  ¥9,572 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.1
長さ:70.8mm
速度: 読出420MB/秒/書込380MB/秒
保証: 無期限保証

1・スピード  ★★★★★★★
2・本体サイズ ★★☆☆☆
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★★

 米国のサンディスクのエクストリーム プロシリーズでしょう。

 この用途で最も重要なのは速度ですが、読出420MB/秒/書込380MB/秒と最速ですから。

 また、日本正規販売品で、無期限保証である点も安心感があります。

 201809041439.jpg

 持ちはこびの部分でも、スライド構造のケースである点は評価できます。


 第5に、記憶容量が多く、一定度速度も期待できる大容量メモリーとしては、

 201805140904.jpg

 【HyperX Savage 日本正規品】

 [128GB]

 55・キングストン HXS3/128GB
  ¥8,807 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [256GB]

 56・キングストン HXS3/256GB
  ¥13,809 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [512GB]

 57・キングストン HXS3/512GB
   ¥32,735 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:76.3mm
速度: 読出350MB/秒/書込250MB/秒
保証: 国内正規品/5年保証

1・スピード  ★★★★★★
2・本体サイズ ★★☆☆☆
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 より容量が必要な場合は、512GBがラインナップされるキングストンのHyperX Savageシリーズをおすすめします。

 201904191615.jpg

 アメリカと言うより、イングランドを思わせるデザインですが、特長があって良いと思います。

 速度的にも、【ポータブルSSDドライブの比較記事】で紹介したような、大きめの高速ドライブとさして変わらないスピードです。

 一方、キングストンにせよ、コルセアにせよ、アマゾン直販以外の製品で並行輸入品もあるので注意してください。並行輸入品で国際保証を得られる可能性はあまりありませんので。

 高い買い物ですから、安心感が最も重要だと思います。

----

 202002041104.jpg

 【Amazon限定】

 [128GB]

 46・アルカナイト(ARCANITE) AK58128G
  ¥2,952 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [256GB]

 47・アルカナイト(ARCANITE) AK58256G
  ¥5,562 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [512GB]

 48・アルカナイト(ARCANITE) AK58512G
  ¥12,222 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

 [1TB]

 49・アルカナイト(ARCANITE) AK581T
  ¥24,480 Amazon.co.jp (5/18執筆時)

USB規格:USB3.0
長さ:56.7mm
速度:読出 400MB/秒 書込200MB/秒
保証:2年保証

1・スピード  ★★★★★
2・本体サイズ ★★☆☆☆
3・保証期間  ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 ただし、1TB容量が欲しい場合や、予算を節約したい場合は、台湾のGISH INTERNATIONAL(志旭国際)グループの企業が、Amazon限定で販売するアルカナイトでも良いでしょう。

 202002041115.jpg

 日本での販売実績は短いですが、Amazon本体が限定製品として売る製品なので、偽物リスクはないでしょう。

 2年間の保証もありますし、この点も信頼性を担保するでしょう。

補足:このブログの関連記事の紹介

 201810182125.jpg

 というわけで、今回は、PC用のUSBメモリーの紹介でした。

 なお、このブログ「モノマニア」には、ドライブ関係記事が他にもあります。

1・ポータブルHDDドライブ
2・ポータブルSSDドライブ
3・Mac向きThunderbolt対応SSD
4・内蔵SSDドライブ
5・USBフラッシュメモリー
6・USB-C対応フラッシュメモリー
7・外付けハードディスク(電源付)
8・NAS(ネットワークディスク)

 とくに、持ちはこび用として、速度や容量を重視する場合、SSDドライブを選択するのも有利です。

 サイズは、やや大きくなりますが、興味のある方は2番の記事をご覧ください。

--

 最後になりましたが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題をシェアしていただければ嬉しいです。

 (なお、今回の記事は前半からの続きとなりますので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 16:30 | PC周辺機器

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png