2019年12月09日

比較2019'【高性能で安い】33機の高圧洗浄機の性能とおすすめ・選び方:ケルヒャー・アイリスオーヤマ・リョービ・ボッシュ (1)

【今回レビューする内容】2019-2020年 家庭用の高圧洗浄機の性能とおすすめ・選び方:コードレス高圧洗浄機も対応:ベランダ 自動車洗車 水タンク式 バッテリー搭載 人気機種の違いと性能ランキング Pressure washing

【比較する製品型番】ケルヒャー アイリスオーヤマ リョービ ボッシュ HIDAKA マキタkaercher K2 クラシック ホームキット K3 K4 K5 サイレントFBN-301 FBN-401 SBT-412N SBT-512N SBT-512NS STD-L101N FBN-601HG-D HK-1890 AQT33-11 AJP1210 PLW-150 667500A OC 3 1.680-009.0 サンコー ACTD2WS8 MHW080DPG2 MHW080DZK ボッシュ Fontus

今回のお題
静音性が高く、強力な高圧洗浄機のおすすめはどの機種?

 ども、Atlasです。

 今日は、2019年12月現在、最新の家庭用高圧洗浄機の比較です。

 201808151233.jpg

 通販番組で有名な、「窓・ベランダ・自転車・自動車」などの掃除に大活躍する掃除用品です。

 Atlas自身もベランダ掃除のために使っています。

 201711151110.jpg

 今回は、水道から水をとる通常タイプを多く紹介します。

 しかし、水タンク付きの製品や、車のシガーソケットから電源が取れる製品、コードレス高圧洗浄機も網羅しました。 

  201808151252.jpg

 以下では、上表のようなスコアを示しながら、各製品を細かく比較します。

 その後、「結論」として、目的別・価格別に「Atlasのおすすめ機種!」を提案していきます。

ーーー

1・掃除機の比較
2・スティック掃除機の比較
3・高圧洗浄機の比較
4・スチームクリーナーの比較

 なお、今回の記事は、このブログの「大掃除家電特集!」の第3回記事として書きました。 

1・高圧洗浄機の選び方の基本

201905221929.jpg

 高圧洗浄機は多数の種類があります。

 メーカーで言えば、家庭用の高圧洗浄機のトップブランドは、ドイツケルヒャーです。

 このほか、ホームセンターでは、アイリスオーヤマ・リョービ・ボッシュのモデルも見られます。

 どのメーカーも複数の製品を出しており、機能も価格も多様です。

---

 しかし、その「グレードの違い」が現れるのは以下の3点です。 

1・パワー
 ・圧力や水量が強いこと
2・静音性
 ・動作音が静かなこと
3・付属品の充実度
 ・各種掃除用オプションパーツが充実すること

 これらを兼ね備えた機種ほどグレードが高いと言えます。

 ただ、それに応じて、価格も高くなるため、どの部分に「妥協」できるかが、選ぶにあたってのポイントです。

1・低価格な高圧洗浄機
 =入門用に最適な製品
2・水タンク式高圧洗浄機
 =蛇口がなくても利用できる
3・バッテリー式高圧洗浄機
 =蛇口/コンセントなしで利用可能
4・高出力な高圧洗浄機
 =10MPa以上の吐水圧力を持つプロ用品

 なお、今回は紹介する機種が多いので、以上4つのカテゴリーに分けながら、各製品を紹介するつもりです。よろしくお願いします。

2・低価格な高圧洗浄機の比較

 では、具体的な機種の紹介をはじめます。

 いつものように、高評価する部分は赤色、イマイチな点は水色で表記していきます。


 201808151018.jpg

 【ケルヒャー

 1・K2 クラシックプラスカーキット K2CPC
  ¥12,695 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:8 MPa
吐出水量:330 L/h
ホース長:高圧ホース5M/給水ホース無

 201808151252.jpg

 こちらはドイツのケルヒャーの「K2クラシック」シリーズです。

 ケルヒャーの入門用製品となります。「価格が高いイメージ」がありますが、この製品については、比較的安いと言えるでしょう。

 201510042032.jpg

 高圧洗浄機のパワーは、いずれも、吐出圧力8 MPa吐出水量330 L/hとなります。

 高圧洗浄機の場合、この2つの値が高いほど、パワーのある機種です。ただ、現実的に言えば、車や網戸など、水圧をさほど必要としない部分の掃除ではこのモデルで十分です。また、ベランダなどの掃除もこれで十分まかなえるでしょう。

 静音性は、しかしながら、静音タイプではないため、それなりの稼働音がします。近所に迷惑のかからないように使う必要があります。

 201808151020.jpg

 付属品は、水圧が調整できるバリオスプレーランスです。

 こちらは、水が扇状に広がるタイプで、ノズルの先端を回すことで無段階で水圧が調整できるものです。

 あまり水圧を強くしたくない網戸も、逆に強くしたい石敷の掃除にも対応できます。ケルヒャーの「最も基本」となる装備です。

 これに加えて、フォームノズル、ウォッシュブラシ、洗浄剤がセットされます。左図のように、液体洗剤用のタンクを付けて、洗剤を直接車に吹き付けることができます。

 要するに洗剤を使った洗車ができるセット構成です。

 201808151203.jpg

 KARCHER 高圧洗浄機用 3m 水道ホース
  ¥2,513 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 高圧ホースは、5メーター付属します。しかし、給水ホース(水道ホース)は付属しませんので、ご家庭にない場合は別途購入する必要があります。

---

 以上、ケルヒャーの「K2クラシックプラスカーキット」の紹介でした。

 「抜群の水圧」を期待しないならば、日常用として便利に活躍するだろう製品です。

 ただ、掃除機よりも騒音のでる機種ですので、隣人のあるマンション住まいの方にはおすすめできません。

ーーー

 201808151030.jpg

 2・K2 クラシック 1.600-970.0
  ¥9,948 Amazon.co.jp (12/9執筆時)
 3・K2 クラシックプラス K2CP
  ¥9,883 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 なお、このシリーズには「姉妹品」があります。

  201808151004.jpg

 第1に、「K2クラシック」です。

 こちらは、扇状に一定の水圧の水を吹き付けるワンジェットノズルだけ装備したモデルです。

 水圧は一定でさほど強くないため、洗車・壁面・網戸などの掃除に限って利用できる簡易版です。

 第2に、「K2クラシックプラス」です。

 これは水圧が調整できるバリオスプレーランスを装備したモデルです。ただし、先述のような洗車時に車を洗剤で洗うための装備はありません。

 洗剤は、別の用途(ベランダ掃除)などでも有効ですし、価格差もないので、あまりオススメできませんね。


  201808151014.jpg

 4・リョービ 高圧洗浄機 AJP1210
  ¥8,580 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:6.5 MPa
吐出水量:282 L/h
ホース長:高圧ホース5M/給水ホース無

 201808151255.jpg

 2番目に紹介するのは、リョービAJP1210 です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力6.5 MPa吐出水量282 L/hとなります。

 ともに、ケルヒャーの入門機よりも弱い機種です。例えばベランダのこびり付いた汚れなどを落とすためにはパワーが不足しているでしょう。

 マルチに使おうと考えておられる場合は、積極的にオススメはしかねるモデルです。

 静音性は、こちらも、静音タイプではないため、それなりの稼働音がします。

  201808151012.jpg

 付属品は、ダイヤルで水圧を調整できるバリアブルノズルランスが1本付属します。

 このタイプは水圧を無段階で広範囲に広げることもできるため、水まき的に使うこともできます。 

 高圧ホースは、2.5メートルと短めで、水道ホースは付属しない点にも注意が必要です。

---

 以上、AJP1210 の紹介でした。

 安価な機種ではありますが、コストカットされた部分も目立ち、その点で他社より「お買得」とは言いにくい機種ですね。


  201808151014.jpg

 5・アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-301
  ¥7,600 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:5.3 MPa
吐出水量:230 L/h
ホース長:高圧ホース5M/給水ホース3M


 201808151257.jpg

 FBN-301 は、アイリスオーヤマ入門用モデルです。抜群の安さです。

 この機種の「売り」は収納性です。他機種よりも本体が30%ほどコンパクトで、また長方形なので物置などに収納しやすいことで評判です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力5.3 MPa吐出水量282 L/hとなります。

 入門用の他機種と比べて最も弱い水準です。吐出圧力、吐出水量ともに弱いため、普段の洗車などに使うのがギリギリで、こびり付いた汚れを効果的に落とすような用途には向かないと言えます。

 静音性は、こちらも、静音タイプではないため、それなりの稼働音がします。

 201808151330.jpg

 付属品も、広角ランスのみです。

 アイリスオーヤマの場合は、このランスは水圧重視で広がりがないため、どちらかといえば、パワーが必要な、石畳やコンクリ外壁に向きます。逆に、網戸や散水などは対応力が弱いです。

ランス自体では範囲調整できないので、不便です。

 高圧ホース、5メートルのものが付属します。また、この機種は給水ホースも3メートル付属するので、買ってそのまま利用可能なのは嬉しい部分でしょう。国内メーカーはこのあたり親切です。

---

 以上、アイリスオーヤマ入門用モデルの紹介でした。

 コンパクトで収納性は良いですが、パワーはさほど期待できない製品です。できれば、より上位の機種を選んだ方が、性能的には満足度が高いでしょう。


  201808151037.jpg

 6・アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-401
  ¥7,407 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:8 MPa
吐出水量:330 L/h
ホース長:高圧ホース5M/給水ホース3M

 201808151259.jpg

 FBN-401も、アイリスオーヤマの高圧洗浄機です。こちらは、やや本体が大きい代わりに、パワーが強い機種です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力8 MPa吐出水量330L/hなので、ケルヒャーの「K2クラシック」シリーズと同等のパワーがあります。もちろん、より強い機種はあるものの、洗車やベランダ掃除には十分な威力でしょう。

 静音性は、しかし、こちら静音タイプではないため、稼働音がします。

 201808151042.jpg

 付属ノズルは、可変拡散ランスが付属します。

 ケルヒャーのバリオスプレーランスに似て、広範囲/狭範囲に噴射を調節できます。泥を落とす際は広範囲に噴射できた方が便利ですから、車の掃除にも向いています。ただし、洗剤を利用しての洗車には対応しません

 ただし、バリオスプレーランスが無段階で調整できるのに対して、アイリスオーヤマは「高圧・低圧」の2段階となります。

 高圧ホース、5メートルのものが付属します。また、3メートルの給水ホースも最初から付属しているため、そのまま使えます。

---

 以上、アイリスオーヤマのFBN-401の紹介でした。

 1万円以下の低価格帯のモデルとしては、パワーも強く、必要な機能も網羅しており、最もオススメできるモデルの1つと言えます。


  201712191545.jpg

 7・ケルヒャー K2 1.602-218.0
  ¥13,460 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:9MPa
吐出水量:360 L/h
ホース長:高圧ホース8M

 201808151301.jpg

 K2は、ドイツのケルヒャーの中級機です。

 高圧洗浄機のパワーは、いずれも、吐出圧力9MPa吐出水量360 L/hです。この点で言えば、エントリークラスより上位の力を持っています。

 静音性は、しかし、こちらは、静音タイプではないため、大きな稼働音がします。

 201808151055.jpg

 付属ノズルは、先ほど紹介した可変式のバリオスプレーランスのほか、右図のような、サイクロンジェットノズルを装備します。

 サイクロンジェットノズルは、水を回転させながら出す構造になっている特別なノズルです。

 バリオスプレーランスより水流が「5割増しで」強く、石畳やシャベルなど、頑固な汚れに効果を発揮します。

 一方、フォームノズルなど洗車についての装備はこの機種はないため、洗車には不向きでしょう。

 201808151203.jpg

 KARCHER 高圧洗浄機用 3m 水道ホース
  ¥2,513 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 高圧ホース8メートルと長めのものが付属します。水道ホースは、付属しません。ピン付きなら普通の散水ホースでも対応できますが、純正だとこの程度の値段です。

----

 以上、ケルヒャーの K2シリーズの紹介でした。

 エントリークラスとしては高価ですが、ケルヒャー社の上位クラスの機能が使われている点で、入門用としてはイチオシといえるモデルです。


  201808151102.jpg

ケルヒャー

 8・K2 ホームキット 1.602-219.0
  ¥17,085 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:9MPa
吐出水量:360 L/h
ホース長:高圧ホース8M

 201808151303.jpg

 ケルヒャーのK2 ホームキットは、1つ上で紹介したK2の「特別版」です。

 能力は同じですが、付属品がプラスされます。

 201808151104.jpg

 「K2ホームキット」は、バリオスプレーランスと、サイクロンジェットノズルとに加えて、デッキブラシのような、テラスクリーナー専用洗浄剤も付属します。

 ベランダや玄関先などを磨くように洗浄したい場合に便利な「大掃除用」のブラシと言えます。付属品が多い機種ですが、「売れ筋」ですので、価格は安いですね。

 その他の部分は、K2と同じですが、価格は変わらないので、この機種は「オススメ」です。

3・水道なしで利用できる高圧洗浄機

 201808151113.jpg

 続いて、水タンクを装備し、水道がなくても利用できる高圧洗浄機を紹介します。

 201808151155.jpg

 水缶 コック付 BUB 20L 水タンク
  ¥1,018 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 ケルヒャー 自吸用ホース 2643-101
  ¥3,005 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 なお、先ほど紹介したケルヒャーのK2についても、別売の自吸用ホースがあれば、ため水の利用が可能です。(同社上位機も可能)

 ただし、モーターを壊さないように、ペットボトルなどで右図のような「呼び水」が必要です。以下で紹介する機種は、こうした所作が不要で、温水も利用できるという点で利便性が高いです。


  201808151111.jpg

 9・アイリスオーヤマ SBT-412N
  ¥10,881 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:7MPa
吐出水量:290 L/h
ホース長:高圧ホース5M

 201808151306.jpg

 SBT-412Nは、アイリスオーヤマの高圧洗浄機です。

 ここまで紹介したモデルとは、若干コンセプトの違うモデルです。

 201808151113.jpg

 というのも、写真のように、取り外しできるバケツが用意されており、バケツに水を貯めて使うことができるタイプの高圧洗浄機だからです。

 近くに水道の蛇口がない場合には、こちらの機種が便利です。


 201808151112.jpg

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力7MPa吐出水量290L/hです。

 このタイプとしては健闘しており、自動車や自転車の掃除に問題のないパワーを持ちます。

 また、水を一度張れば、5分程度は継続して運転できます。また、この機種はバケツに温水や洗剤を入れても良いので、ベランダ掃除などに薄めた洗剤を入れて利用することもできます。

 その点で、この部分の洗浄力の高さは期待できます。

  201808151123.jpg

 付属ノズルは、可変拡散ランスターボランスが付属です。

 可変拡散ランスは、先ほども紹介しました。無段階調整には非対応ながら、広範囲/狭範囲に噴射を2段階で調節できます。

 ターボランスは、ケルヒャーのサイクロンジェットノズルと同じスパイラル水流で、タイヤの汚れなどピンポイントの部分の汚れに対応できるものです。

 高圧ホース、5メートルのものが付属します。水道ホースは、「バケツタイプ」のため不要です。

---

 以上、アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-412 の紹介でした。

 水道ホースに依存しないため、水道からの距離に縛られず使える点が、非常に便利な機種です。Atlasも水道から離れた場所での使うことが多く、これを導入しています。


  201804161734.jpg

 10・アイリスオーヤマ SBT-512N
  ¥14,113 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

 11・アイリスオーヤマ SBT-512NS
  ¥15,361 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:8.5 MPa
吐出水量:280 L/h
ホース長:高圧ホース10M

 201808151308.jpg

 SBT-512Nは、アイリスオーヤマの水タンク式高圧洗浄機の上位機です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力8.5MPa吐出水量280L/hです。下位機種と比べて純粋に水圧が上げられています。

 201808151125.jpg

 付属ノズルは、下位機種と同じ可変拡散ランスターボランスが付属します。

 高圧ホースは、この機種から10メートルのものが付属します。水道ホースは、「バケツタイプ」のため不要です。

 静音性は、アイリスオーヤマの場合、このグレードから配慮があり「静音対応」が謳われます。

 デシベル単位の騒音値は、71.5dBですので、後ほど紹介するケルヒャーの上位機には敵いませんが、水タンク式としては最大限静かです。

 なお、SBT-512SNは、同製品に静音タイプのモーターを搭載したモデルとなります。

 その他の部分は変わりませんが、高圧洗浄機は「割とうるさい」ので、集合住宅などで利用するならば導入する意義は感じます。

---

 以上、アイリスオーヤマの高圧洗浄機 SBT-512N の紹介でした。

 下位機種に比べてパワーが強いのが「売り」ですね。ベランダ掃除や自動車洗浄などにおける「時短効果」も期待できるでしょう。また、静音性が向上している点も見所と言えます。予算が許せばこちらのほうが良いでしょう。

4・コンセントも不要な高圧洗浄機

 続いて、水道の蛇口だけではなく、コンセントも不要な高圧洗浄機を比較します。


 201808151126.jpg

 12・サンコー どこでも高圧洗浄機 ACTD2WS8
  ¥13,636 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:6MPa
吐出水量:
ホース長:高圧ホース7M

 201808151309.jpg

 タンク式充電どこでも高圧洗浄機 は、「レアもの」が得意なサンコーの高圧洗浄機です。

 専門メーカーではないですが、ニッチな製品を多く出している会社です。

 201804161741.jpg

 こちらは、水タンク式で水道不要であるだけでなく、バッテリー内蔵で、電源も不要という機種です。

 バッテリーは、高圧洗浄機はパワーを使いますが、30分間の稼働時間を確保しています。

 内蔵タンクも、35Lと相当大きいです。ただし、ローラが付いて、押し歩けます。

 お墓の掃除や、キャンプ、駐車場が離れている場合など、どこでも利用できるのは魅力ですね。温水や洗剤のの使用も可能です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力6MPaです。バッテリー式は数機種ありますが、強力な部類です。

 201808151128.jpg

 付属ノズルは、ウォーターガンと、ウォッシュブラシです。

 ウォーターガンは、可変方式です。面白いのは、握りの強さで強弱ができる点です。ただし、無段階ではありません。

 201808151130.jpg

 ウォッシュブラシも、洗剤ポケットがあるなど、洗浄力が強化できます。

 高圧ホースは、7メートルのものが付属します。

 静音性は、さほど重視した設計ではないでしょう。

----

 以上、サンコー高圧洗浄機の紹介でした。

 コードレス高圧洗浄機としては、相当安い製品ですがパワフルです。

 離れた駐車場なので洗車ができる点にメリットがあります。また、キャンプの掃除などにも便利に使えそうです。

 一方、こちらは、信頼性の部分で、タンクの水漏れや、バッテリー問題を指摘するレビューも目立ちます。

 同社は、工具メーカー・バッテリーメーカーではないので、安い分、「自己責任」の要素はある点は注意してください。

 とはいえ、12ヶ月保証があるため、その、1年間で、汚れのほか、個体差に由来する問題点「も」十分に洗い出せるでしょう。


 201908281625.jpg

 【バッテリー・充電器付属】

 13・マキタ 充電式高圧洗浄機 MHW080DPG2
  ¥75,970 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 【バッテリー・充電器別売】

 14・マキタ 充電式高圧洗浄機 MHW080DZK
  ¥46,529 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:8MPa
吐出水量:330 L/h
ホース長:高圧ホース5M

 201808151309.jpg

 充電式高圧洗浄機は、マキタの販売する最新高圧洗浄機です。

 電動工具などモーター機器を販売する世界的メーカーで、このブログでも、掃除機などを以前紹介しました。

 201908281632.jpg

 純正バッテリー BL1860B 18V 6.0Ah A-60464
  ¥12,980 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 この製品は、バッテリーを搭載して、スタンドアロンで稼働する製品です。

 こちらは、マキタの18Vの電動工具用のバッテリーを2基搭載して稼働します。純正バッテリー単価は高いのですが【互換製品】は、5000円以下からあります。

 そのため、使用時間に制限されず、長時間使える点が「売り」です。

 バッテリーは、標準運転で、1つあたり15分保ちます。

 メーカーによれば「ミニバン1台洗車可能」な容量です。

 内蔵タンクは、収納ケースを兼用ですあ、50Lの水タンクを装備します。

 大きいですが、タンク部分は大きく、満水時には50kgとなる部分は注意です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力8MPa吐出水量330L/hです。

 強力なバッテリーとモーターゆえ、バッテリー式では「最強」です。稼働時間は、標準で15分、静音モードで30分です。

 201908281638.jpg

 付属ノズルは、可変式のバリオスプレーランス・強力なサイクロンジェットノズル・洗浄ブラシ・泡ブラシです。

 201908281653.jpg

 高圧ホースは、5メートルのものが付属します。

 なお、タンクから本体までの自吸ホースは1mとなります。

 静音性は、デシベル単位のスペックは非公開ながら静音モードが付属します。

 その場合でも、吐水圧力3MPa吐出水量240L/hですから、実用性はあるでしょう。

----

 以上、マキタ充電式高圧洗浄機の紹介でした。

 電源と水源が取れない場所での洗車用・水まき用としてわりと重宝しそうです。タンクは50Lで、本体は6.7kgなので、台車があれば十分運べるので、ニーズはありそうです。

 ただ、その、値段は多くの人にとってはネックでしょう。


 201808151327.jpg

 【ケルヒャー

 15・マルチクリーナー OC 3 1.680-009.0
  ¥14,598 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:0.5MPa
吐出水量:
ホース長:高圧ホース6M

 201808151326.jpg

 ケルヒャーポータブルウォッシャ は、高圧洗浄機メーカーのケルヒャーの製品です。

 こちらも、バッテリーと水タンクを装備します。ただ、15分間分のバッテリーと4Lのタンクと、マキタ高圧洗浄機と比較すると水準が低いです。

 201908281644.jpg

 吐出圧力も0.5MPaと「水道水の2倍」の水準に止まる点からも、ちょっと強力な水流が欲しいという、ライトなニーズに限定される製品です。


 201912091325.jpg

 16・ボッシュ18Vコードレス洗浄機 Fontus
  ¥34,854 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:1.2MPa
吐出水量:162 L/h
ホース長:高圧ホース4M

 201912091342.jpg

 フォンタス は、ドイツのBOSCHが販売する、コードレス高圧洗浄機です。

 電動工具では、ケルヒャーのライバル的企業です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力1.2MPa吐出水量1150L/hです。

 ケルヒャー機よりは強力ですが、マキタには及ばない程度です。

 201912091354.jpg

 内蔵タンクは、15Lです。

 マキタ機には及びませんが、ある程度の水量です。とくに、ローラー付きで、水を入れた状態で押し歩けるのは、この機種のポイントの1つです。

 リチウムイオンバッテリー A1825LIG
  ¥9,980 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 バッテリーは、吐水圧力最大の強運転で、1つあたり15分保ちます。

 マキタ同様に別売のバッテリーを交換することが可能です。

 付属ノズルは、一般的なスプレーガンのほか、ブラシが付属します。

 高圧ホースは、4メートルのものが付属します。

---

 以上、ボッシュのフォンタス の紹介でした。

 マキタはタンクが50Lクラスで、満水で50kg相当ということで、水源からの持ちはこびにはあまり適さない仕様でした。

 一方、ボッシュは15Lなので、適度なサイズで、かつ、キャスター付きですから、水源から押し歩いて使うならば結構良いバランスでしょう。

 パワーの面では、自動車の洗車にはさほど向きませんが、自転車や、キャンプ用の「ちょっと水圧が高いモデル」としては、かなりバランスが良いです。


 201808151132.jpg

 17・リョービ PLW-150 667500A
  ¥14,464 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:0.6MPa
吐出水量:
ホース長:高圧ホース6M

 201808151313.jpg  

 リョービポータブルウォッシャ は、高圧洗浄機メーカーのRYOBIの製品です。

  201808151135.jpg

 内蔵タンクは、15Lの水タンクを装備する高圧洗浄機です。

 バッテリーは、本機は非搭載です。

 しかし、電源は、家庭用のコンセントのほか、車のシガーソケット(DC12V)にも対応する設計ですから、実質的には、コードレス機として利用できる側面があります。

 高圧洗浄機のパワーは、ただし、0.6MPaです。

 水道水の2倍程度の圧力に過ぎないので、頑固な汚れを落とすのではなく、自転車やキャンプ用品の「泥落とし」としてに使うものです。

 201808151134.jpg

 付属ノズルは、シャワーノズルとガンノズルです。

 高圧ホースは、6メートルのものが付属します。

 静音性は、重視した設計ではないでしょうが、パワー的にさほどうるさくもないでしょう。

---

 以上、リョービポータブルウォッシャの紹介でした。

 あまり強力ではないですが、タンクにふたをできるため、水源のない場所でのキャンプ時などの「簡易蛇口」として一定の魅力があります。

 シガーソケットから電源を取れる機種は珍しいですし、ニーズはあるでしょう。


 201808151136.jpg

 18・アイリスオーヤマ STD-L101N
  ¥28,726 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:3MPa
吐出水量:180 L/h
ホース長:高圧ホース5M

 201808151315.jpg

  STD-L101N は、アイリスオーヤマの新製品です。

 201808151137.jpg

  タンク式 専用バッテリー SHP-L3620
  ¥10,776 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 こちらも、バッテリー搭載で、電源も不要という機種です。

 バッテリーは、10分間の稼働時間を確保しています。

 バッテリーは1つ付属しますが、予備バッテリーも別売りされます。充電は、充電器にて5時間です。

 内蔵タンクは、26Lとそれなりに大きいです。

 高圧洗浄機のパワーは、吐水圧力3MPa吐出水量180L/hです。

 サンコーの高圧洗浄機に比べると弱めですが、他社よりは6倍強い水準です。洗浄力については、お湯と洗剤に対応できる分、高めの評価です。

 一方、水タンクにふたがないので、水源から離れた場所での利用は面倒でしょう。

 付属ノズルは、2段階で水圧が調整可能な可変拡散ランスが付属します。

 高圧ホースは、5メートルのものが付属します。

 静音性は、この機種の場合は「静音対応」です。

---

 以上、アイリスオーヤマの高圧洗浄機STD-L101N の紹介でした。

 サンコーの高圧洗浄機がライバルとなるでしょう。比較すると、やや吐出圧力が弱めな点と、タンクにふたがない点でやや不利かと思います。

5・高機能な高圧洗浄機の比較

 続いて、吐水水量が10MPaを超える本格的な家庭用の高圧洗浄機についてレビューします。

 なお、ここから紹介するモデルの多くは、50ヘルツ用と60ヘルツ用に分かれます

 mafap.gif

 中学校の社会科で習うように、また先の震災で注目されたように、日本の電気は東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツです。

 東日本居住者は50ヘルツ、西日本居住者は60ヘルツのモデルを選んでください。


  201808151140.jpg

 19・ケルヒャー K3 サイレント 50Hz 1.601-446.0
 20・ケルヒャー K3 サイレント 60Hz 1.601-447.0  
  ¥22,212 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:10MPa
吐出水量:360 L/h
ホース長:高圧10M/自給用3M

 201808151317.jpg

 K3サイレントは、ケルヒャー中級機です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力10MPa吐出水量360 L/hです。

 下位シリーズよりもワンランク上の力を持ちます。高圧ホースも長めのものが装備できるようになっています。

 201804161812.jpg

 静音性は、この機種最大の「売り」です。

 ここまで紹介した機種については、どれも約60デシベルの騒音です。

 これは昔の掃除機並に騒々しく、よほどの防音設計でなければマンションでは隣人に迷惑です。

 一方、こちらは、水冷式の静音インダクションモーターを採用しているため、騒音は50デシベル程度で、掃除機程度の音に止まります。

 その点で、高圧洗浄機は、マンション生活者も多い日本向けのモデルと言えます。実際の所、こちらのモデルは、日本で最も売れている家庭用の高圧洗浄機です。

 付属ノズルは、2機種で異なります。 

 201808151055.jpg

 「K3サイレント」は、先ほど説明した水圧の調整が無段階でできるバリオスプレーランスと、バリオスプレーランスより5割増の強力噴射ができる、サイクロンジェットノズルが両方装備されます。

 高圧ホース、10メートルロングホースが付属します。

 水道ホースは、未付属です。

---

 以上、ケルヒャーのK3サイレント の紹介でした。

 値段はすこし高いですが、静音性が高く、高性能です。価格的に「プロ用」ですが、基本性能が高いため、強力に洗浄を実現したい個人の方にもオススメします。


 201808151145.jpg

 21・ケルヒャー K3 サイレントベランダ 50Hz 1.601-448.0
 22・ケルヒャー K3 サイレントベランダ 60Hz 1.601-449.0
  ¥30,327 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:10MPa
吐出水量:360 L/h
ホース長:高圧10M/自給用3M


 201808151318.jpg

 「K3サイレント ベランダ」は、K3サイレントの「特別版」です。

  201510042123.jpg

 基本能力は、1つ上で紹介した製品と同じです。しかし、これに加えて、ベランダ掃除に便利なデッキクリーナーと、バケツの水などから給水可能な自吸用ホース(3m)が付属します。

 201804161813.jpg

 KARCHER デッキクリーナー PS20
  ¥5,593 Amazon.co.jp (12/9執筆時) 

 デッキクリーナーは、ベランダ掃除に活躍するブラシです。ベランダで高圧洗浄機のノズルテラスクリーナーを使うと、うまくやらないと、水が階下に飛び散ります。

 分譲マンションではこれがかなり問題ですが、このブラシを使って、掃除すれば、水が飛び散らずにベランダ掃除ができます

 201808151155.jpg

 水缶 コック付 BUB 20L 水タンク
  ¥1018 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 ケルヒャー 自吸用ホース 2643-101
  ¥3,005 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 自吸用ホース(3m)は、市販の水タンクに貯めた水を利用できる専用のホースです。水源から遠いベランダ掃除には便利でしょう。なお、この場合も、ペットボトルを利用した「呼び水」が必要です。

----

 以上、K3 サイレントベランダの紹介でした。

 日本の住宅事情に配慮した製品だと思います。デッキクリーナー自吸用ホース(3m)という「おまけ」が付いて、価格差がさほどないので、ベランダ用として選ぶならばこちらでしょう。


  201808151215.jpg

 23・ボッシュ 高圧洗浄機 AQT33-11
  ¥13,701 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:10.5MPa
吐出水量:330 L/h
ホース長:高圧ホ6M/ 水道3M

 201808151321.jpg

 AQT33-11は、ドイツの電動工具メーカーBOSCHが販売する高圧洗浄機です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力10MPa吐出水量330 L/hとなります。

 ケルヒャーと異なりヘルツフリーですが、吐水圧力は高いです。ただ、吐出水量を絞っているため、一概に「上位互機」とは言えないでしょう。

 201804161816.jpg

 ただ、本体のサイズがかなりコンパクトなので、収納面では魅力があります。

 静音性は、この機種の場合、特段の言及はないです。パワー重視でこの部分は期待できないでしょう。

 201808151220.jpg

 付属ノズルは、通常の扇状の水流を出すジェットノズルと、スパイラル水流が出せるロータリージェットノズルが付属します。

 注意点は、ジェットノズルについて、射出幅を調整できない点です。同社も、バリオジェットノズルという可変式ノズルを持ちますが、この製品では(なぜか)オプションです。

 洗剤を入れられるフォームノズルは装備します。

 高圧ホース6Mと短めです。

---

 以上、ボッシュの AQT33-11の紹介でした。

 ケルヒャーのK3サイレントのライバル機種と言えそうです。

 比較すると、ヘルツフリーという利便性はありますが、静音性・パワー・付属品の点でやや後塵を拝すると言えるでしょう。一方、形状的に、収納しやすい点は、大きな魅力です。

ーーーー

 201808151224.jpg

 【Amazon限定】

 24・ボッシュ 高圧洗浄機 AQT33-11J3
  ¥20,081 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 なお、ボッシュは不定期で「おまけ付き」モデルを出します。

 201808151226.jpg

 今回は、ブラシノズルなど、カーウォッシュ用のオマケですね。

  201808151227.jpg

 25・アイリスオーヤマ FBN-601HG-D
  ¥7,328 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:12MPa
吐出水量:270 L/h
ホース長:高圧8M・水道3M

 201808151322.jpg

 FBN-601HG-D は、アイリスオーヤマが発売するハイパワータイプの高圧洗浄機です。こちらもヘルツフリーです。

 201804161820.jpg

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力12MPaと最大です。一方、吐出水量270 L/hとなります。

 高圧水流を出せる代わりに、水量を絞った機種といえます。ただ、自動車や農機具、石材などのピンポイントの洗浄は「値段以上に強力に」できるでしょう。

 ピンポイント洗浄に特化して考えるならばかなり魅力的な製品です。

 静音性は、配慮がありません。基本的に屋外で使う機種であり、集合住宅には不向きでしょう。

 201804161819.jpg

 付属ノズルは、通常の広角変圧ランスと、スパイラル水流が出せるターボランスノズルが付属します。

 「強圧」が売りな製品ですが、変圧ランスを使えば広範囲に水を出せるため、問題ありません。ただし、水流の切替は2段階のみです。そのほか、洗車用のフォームノズルも付属します。

 高圧ホース8Mと短めです。水道用のホースは3M付属します。

---

 以上、アイリスオーヤマのFBN-601HG-Dの紹介でした。

 ハイパワータイプでは非常に格安で圧力も強い製品です。静音性や吐水水量は期待できないですが、屋外仕様で、こびり付いた汚れに特化して考えれば、相当コスパのよい製品と言えます。

ーーーー

 201908281614.jpg

 26・アイリスオーヤマ FIN-801EHG-D【50Hz専用】
 27・アイリスオーヤマ FIN-801WHG-D【60Hz専用】
  ¥14,471 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:12MPa
吐出水量:300 L/h
ホース長:高圧8M・水道3M

 なお、同じ吐水圧力で、多少水量が多い上位機として、FIN-801EHG WHGも販売しています。

 ほぼ同性能で価格が高いのは、取っ手が折りたためるなどの利便性が強化されているほか、利用時69dbと静音性が強化されているからです。

 一方で、ヘルツフリーではなくなっている点、フォームノズルが付属しない点がネックです。

 また、静音性も、静音モーターを採用するケルヒャーほど高くないため、若干「選びにくい」製品です。


 201808151228.jpg

 【ケルヒャー】

 28・K4 ホームキット 50Hz 1.601-842.0
 29・K4 ホームキット 60Hz 1.061-843.0
  ¥35,980 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

吐出圧力:11MPa
吐出水量:400 L/h
ホース長:高圧ホース10M

 201808151324.jpg

 K4「サイレント」ホームキットは、ケルヒャーの上位機です。

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力11MPa吐出水量400 L/hとなります。

 同社は上位機になるほど、一定の割合で能力を上げています。価格も総じて高くなるため、悩ましいところですね。パワーが強いため、下位機種よりも効率の良い洗車やベランダ掃除ができるでしょう。

 静音性は、サイレントK3と同じく50デシベルと低騒音と言える機種で、マンション向きです。

 201808151055.jpg

 付属ノズルは、扇状の水流で無段階で範囲調整ができるバリオスプレーランスと、強力噴射ができるサイクロンジェットノズルが両方装備されます。

 一方、「 ベランダクリーナー」ではないのでデッキクリーナーは付属しません

 201808151231.jpg

  KARCHER テラスクリーナー
  ¥9,230 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 しかし、その代わりに、玄関周りの掃除に便利なテラスクリーナーが付属します。

 なお、こちらは下位機種の「ケルヒャー K2」に付いていたテラスクリーナーとは異なる、洗浄面積が広い上位のテラスクリーナーになります。

 水が飛び散っても構わない場所の掃除ならば、デッキクリーナーよりも効率的です。もちろん、別売りで買えば、デッキクリーナーも取り付け可能です。

 201808151203.jpg

 KARCHER 高圧洗浄機用 3m 水道ホース
  ¥2,513 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 高圧ホース、10Mと長めのものが付属します。

 ただ、こちらも水道ホースは別売りです。ケルヒャー純正の片側がワンタッチ栓になったタイプだと、この値段となります。

-----

 以上、K 4 サイレント ホームキットの紹介でした。

 広いテラスなど、石材などの「面掃除」が必要なご家庭にはテラスクリーナーの付属は魅力でしょう。

 ただ、価格的に言えば、もう少し余計に出せば、「付属品がより豊富」で、「水道ホース」も付く機種が買えるため、選択肢としては多少微妙ですね。


 201808151235.jpg

 30・ケルヒャー K5 カー&ホームキット 50Hz1.601-942.0
 31・ケルヒャー K5 カー&ホームキット 60Hz 1.601-943.0
  ¥43,980 Amazon.co.jp
(12/9執筆時)

吐出圧力:12MPa
吐出水量:430 L/h
ホース長:高圧ホース12M

 201808151324.jpg

 K5 サイレントカー&ホームキットは、ケルヒャーの家庭用の高圧洗浄機の最上位モデルです。

 201804161824.jpg

 高圧洗浄機のパワーは、吐出圧力12MPa吐出水量440 L/hとなります。業界全体でも「最もハイパワー」と言える製品です。

 静音性は、サイレント系ですので、50デシベルと低騒音と言える機種で、マンション向きです。

 付属ノズルは、ここまで紹介してきたものが網羅されます。

 広範囲に噴射できるバリオスプレーランスと、高圧噴射ができるサイクロンジェットノズル、玄関などの掃除に便利なテラスクリーナー(上位版)と洗浄剤です。

 201808151237.jpg

 ケルヒャー 回転ブラシ WB 100 2.643-236.0
  ¥6,980 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 また、車などの洗車の際に洗剤が使える回転ブラシや、洗剤を利用できるフォームジェットも装備します。

 回転ブラシは、壁などのブラッシングにも便利でしょう。

 201808151203.jpg

 KARCHER 高圧洗浄機用 3m 水道ホース
  ¥2,513 Amazon.co.jp (12/9執筆時)

 高圧ホース12メートルとさらに長くなっています。

 一戸建ての外壁の清掃にも使えそうな長さですね。また、こちらはホースリールが付属しており、使用後にホースを本体に巻き取り収納することができます。こちらも水道ホースは別売りです。

 以上、最上位機種のK5900の紹介でした。価格が高い分、高性能です。付属品が全部欲しいならばこの機種でしょう。家中のあらゆるものが「大掃除」できるといえます。 

後編につづく!
最新の高圧洗浄機のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は、家庭用の高圧洗浄機を紹介しました。

 しかし、記事はもう少しだけ「続き」ます。

 201808151233.jpg

 次回の後編記事こちら】では、HIDAKA HK-1890 を追加で紹介します。

 その上で、ここまで紹介してきた全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案します。

 引き続きよろしくお願いします。

 後編記事は→こちら

 最後になりましたが、今回の前編記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebookはてなブックマークから話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 14:28 | 掃除機・掃除用品

このブログ家電批評モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png