2018年11月18日

比較2018'【炊飯器の選び方】最新92機種の違いとおすすめ製品(rice cooker-9)

【今回レビューする内容】2018年主要9社の最新炊飯器!新製品の炊飯器(ほぼ)全機種からのおすすめ製品の選び方!長時間保温でも味が落ちない炊飯器:象印・パナソニック・タイガー・日立・三菱電機・東芝・アイリスオーヤマ・バルミューダ・バーミキュラ機種の違いや人気ランキングなど

今回のお題
美味しいご飯が炊ける!炊飯器の選び方のおすすめは?

 どもAtlasです。

 201807271250.jpg

 今日は、家庭用炊飯器の選び方に関する記事です。

 合計で100機種近い炊飯器を調査した全5回の記事の「まとめ」ないし「導入編」として、スペック面からの、人気炊飯器の基本的な選び方を詳しく紹介していきます。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・5合炊きの高級炊飯器【3万円〜】
3・5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
4・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
5・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・炊飯器の選び方 【まとめ記事】

 なお、今回は、「炊飯器について詳しく知りたい方」「とことん納得して選びたい方」むけの「長めの記事」です。

 そのため、各製品の能力「おすすめ機種」を手早く知りたい方は、この記事ではなく、上記1〜6の個別記事をご利用ください。

 それぞれの記事の最後に、最新100機以上の調査をふまえた「Atlasのおすすめ機種!」も提案しています。

1・正しい炊飯器のサイズの選び方

 炊飯器を選ぶにあたって最も重要と言えるのは、「炊飯器のサイズ」です。

 「上手に美味しく炊きたい」場合、はとても重要です。なぜなら必要以上に大きいと「味が大きく劣化」するからです。


 feature02_image.jpg

 炊飯器は、炊飯のためヒーター(IHヒーター・電熱ヒーター)を全体にまわし入れています。

 これらのヒーターは、基本的にご飯を最大容量(もしくはそれに近い量)で炊いた場合に最適化されて配置されています。

 そのため、炊飯器の実際のサイズに較べて少量のお米を炊く場合は、「本領発揮できない」と言えます。

1・3.0合炊き(約9杯分)
 ・2人家族まで
2・5.5合炊き(約16杯分)
 ・4人家族まで
3・一升炊き(約30杯分)
 
・5人家族以上

 結論的に言えば、1日1回だけご飯を炊くご家庭の、家族の人数ベースで以上のような選び方をするのが、「賢い」と思います。

 ただ、小さすぎると、急な来客の際は困る場合もあるでしょう。

 201807291134.jpg

 和平フレイズ 土鍋3合 ガス火 電子レンジ対応
  ¥2165 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 その場合は、上図のような電子レンジで炊ける簡易的な炊飯鍋を購入しておくのが良いと思います。

 こうした簡易的な炊飯器については【おすすめ炊飯用土鍋の比較記事】で10点以上フォローしていますので、よろしければ、後ほどご覧ください。

 もちろん、「まめな」方は、「炊き貯めたご飯を冷凍対応のジップロックして冷凍しておく」ことも有効です。

ーーー

 201807281350.jpg

 なお、一部の大型炊飯器は、「少量炊きでも美味しく炊けること」をアピールしている機種があります。

 しかし、例えるならば、「深鍋でチャーハンを無理に作るようなもの」であり、味は小型機種で炊飯する場合に較べて劣ります。

 いずれにしても、日常のご飯が美味しくないと意味がありません。また、大きすぎる炊飯器は、電気代も多くかかります。必要なサイズを見極めて買うべきでしょう。

2・ご飯の味を決める炊飯器のスペック

 201807271035.jpg

 炊飯器のサイズを決めたら、次に、「炊飯器スペック面」で自分に合った炊飯器を選んでいくとよいでしょう。

 その場合、味の面で「これだけ見ておけば間違いない」というポイントは、次の4点です。

1・沸騰温度の持続性
2・炊飯器の加熱方式
3・内釜の素材と厚さ
4・ご飯の炊き分け機能

 「どうしてこれらが重要なのか?」、1つずつ以下で詳しく説明していきます。

1・沸騰温度の持続性

 feature02_image.jpg

 はじめに、沸騰温度の持続性です。

 「100度以上の温度を長く続けられること」は、美味しくお米を炊く際に最も重要です。そのため、どの炊飯器メーカーのカタログでも、この点の自社技術を宣伝しています。 

1・マイコン式炊飯器
 
=電熱ヒーターのみで加熱
2・IH式炊飯器
 
=鍋全体を磁力で加熱

 沸騰温度をキープするためには、炊飯器を囲むヒーターのパワーの強さ(が必要です。

 そして、現状の炊飯器は、ヒーター上図の2方式のいずれかが採用されます。

ーー

 201807281452.jpg

 第1に、マイコン式です。

 相当古い方式で、「マイコン式炊飯器」という名前で現在売られている激安炊飯器はこれに分類されます。

 ニクロム線の電熱ヒーターしか利用しないため、加熱ムラがあり、沸騰温度の持続性にも不利です。

 201807281451.jpg

 第2に、IHヒーター式です。

 この場合、電化キッチンなどの「IHクッキングヒーター」と同じで、、磁力を使って鍋全体を加熱できるIHヒータ(=induction heating heater 誘導加熱式ヒーター)を採用しています。

 1990年代から最新炊飯器に採用された比較的古い技術です。

 後述するように、圧力IH式スチーム圧力IH式を含め1万円以上のほぼ全ての炊飯器はこの方式です。

 ただし、電熱ヒーターに加えて加熱ムラの少なさが「売り」です。

ーーー

 201407041603.jpg

 IHヒーターは、一本では火力が弱いので、複数のヒーターを導入するのが「基本」です。その数は「段数」で表記しますが、どんな格安機でも、「IH2段」は普通です。

 力を入れているメーカーは、電化キッチン分野で強みを持つ「パナソニック」です。同社の場合、多いものでは、「IH5段」「IH6段」と、IHヒーターでの全面加熱を実現しています。

 201603191703.jpg

 一方、他社機の場合、IHヒーターは底面に2段程度に止めて、マイコン式にも使われた電熱ヒーター(シーズーヒータ)で補助する形式をとります。

 例えば、上記の製品は、底面の「2段IH」に、ふたと側面に「3本の電熱線」を回しています。

 三菱電機は、「5重全面加熱」など「」ではなく「」の漢字で表します。しかし、これは「IHヒーターだけで5段ではない」点、注意するべきです。

 火力としては「IHヒーターだけで5段」の方が上位で、ムラ無く加熱できるでしょう。

 201807271315.jpg

 【2018】【5.5合炊き】 【Amazon限定】

 1・象印 炎舞炊き NW-KA10AM-BZ
  ¥89,446 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.5気圧
内釜素材:南部鉄器極め羽釜
内釜厚さ:1.7mm(釜底2.3mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:7通り炊分

 ただし、公平を期して言えば、IHヒーターの段数だけで、全てが決まるわけでもありません。

 例えば、象印三菱電機タイガー東芝などは、下部に火力を集中させることで、「かまど炊き」を再現するという目的から、最高級機を含めて上部は(あえて)電熱線にしている場合もあります。

 201807271325.jpg 

 とくに、象印のハイエンドの「炎舞炊き」については、底IHヒーターを3つ搭載し、独立制御させるローテーションIH式を採用する点で、相当高度です。

 なお、全面IHを採用しない機種の場合、内釜自体の品質(熱伝導性・磁力の通しやすさ)が重要です。この部分は後ほど改めて書きたいと思います。

ーー

 結論的に言えば、沸騰温度の持続性の面から、美味しい炊飯器を選びたい場合、IHヒーターの採用は最低条件です。

2・炊飯器の加熱方式

 続いて、重要なのが、炊飯器の加熱方式です。

1・IH炊飯器
 
=米そのもの味の特長が出やすい
2・圧力IH炊飯器
 
=ふっくら/もちもち系の炊飯が得意

3・可変圧力IH炊飯器
 =かたさの炊き分けが得意

4・スチームIH炊飯器
 
=しゃっきり/かため系の炊飯が得意

 先ほどで紹介した、IHヒーターを利用する炊飯器は、そのメカニズムの違いで、さらに4つ種類に類可能です。

 この分類は、「炊飯器の得意なご飯の方向性」が分かるという点で重要です。

 具体的には、上図のような分類と特質がありますが、これらについて順番に説明しましょう。


 feature02_image.jpg

 第1に、IH式炊飯方式です。

 こちらは、底面のIHヒーターと、それを補助する複数の電熱ヒーター(上図の製品の場合、周囲に2段、上部に1段)のみが加熱手段であり、圧力などの技術を採用しない炊飯器を意味します。

 ただ、この方式が、他の方式に比べて「味が落ちる」とは言えません

   201807291208.jpg

【2018年発売 5.5合炊き】

 2・三菱電機 炭炊釜 NJ-VE109-W
  ¥22,000 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

【2018年発売 10合炊き】

 3・三菱電機 炭炊釜 NJ-VE189-W
  ¥26,799 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

【2018年発売 3.5合炊き】

 4・三菱電機 炭炊釜 NJ-SE068-W
  ¥17,587 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭コート2層圧釜
内釜厚さ:2.0mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 例えば、三菱電機の炊飯器が良い例です。

 同社は、入門機から8万円を超える高級機まで、圧力式などの技術を「あえて」採用しません

  201807281758.jpg

 これは、「昔のかまどご飯の炊飯には圧力など使わなかった」「むしろ圧力などをかけるのは炊飯において不自然」という三菱の企業思想からです。

 考え方次第ですが、たしかに、後ほど紹介する「圧力IH式」の高級炊飯器は、どんなご飯でも甘く・美味しく炊ける反面、お米の銘柄の個性をやや消す傾向もみられます。

  そのような点をふまえると、こうしたシンプルな炊飯器は、メリット性もあると言えます。少なくとも、「三菱独自の個性」として評価できるでしょう。

 201804041842.jpg

 炊けるご飯の味は、圧力方式に比較すると、IH式炊飯方式(無印)は、やや「しゃっきり・かため系」です。甘みは強調されにくいですが、良い意味で「自然な甘さ」です。


 201712281542.jpg

 第2に、圧力IH式炊飯器です。

 圧力IH式は、1990年代後半に流行し、現在まで続く方式です。

 底面のIH式ヒーターと、周囲・上部の電熱ヒーターを使う点は、通常のIH式と同じです。

 201811181134.jpg

 しかし、圧力IH式炊飯器は、この機構に加えて、フタに圧力調整装置と安全弁が付き、圧力鍋のように高気圧をかけられる構造が加えられています。

 「1気圧」以上出せるため、100度を遙かに超える温度で加熱できます。これは、沸騰温度の維持に効果的で、ご飯の「おねば」と「甘み」が引き出せます

 201804041843.jpg

 炊けるご飯の味は、総じて「甘み」が最大限強くふっくらもちもちした感じです。

 また、単純なIH式炊飯に比べると、同じ程度の水分量にした場合、食感はやわらかめの傾向です。

 一方、しゃっきり系/かためのご飯も炊飯できますが、味の面では他方式に劣る部分があります。

  201807272047.jpg

【5.5合炊き】

 5・ 象印 極め炊き NP-BH10-TA  
  ¥28,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時

【10合炊き】

 6・ 象印 極め炊き NP-BG18-TA
  ¥35,870 Amazon.co.jp
(11/18執筆時

【3合炊き】

 7・象印 極め炊き 3合 NP-RX05-TD
  ¥27,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コートプラチナ圧釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温・保温見張り番
堅さ調整:5通り

 この方式の炊飯器に最も「こだわり」があるメーカーは、象印です。

 象印の場合、IHの段数は2段ながら、気圧は中位機でも最大1.3気圧をかけられます。温度は107度に達します。

 いずれにしても、ここまで気圧がかけられるのは象印だけで、ヒーターの豪火と、圧力弁による高気圧で一気に甘さを引き出します

 201807271834.jpg

 【2017】【5.5合】

 8・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-PA50-B
  ¥14,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:極厚銅釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:対応(6通り)

 このほか、炊飯器に最近参入したアイリスオーヤマも、1万円台の機種でこの方式を取り入れています。


 201712281609.jpg

 第3に、可変圧力式IH式炊飯器です。

 この方式は、先述の圧力式IH式炊飯器の位置ジャンルとして、2000年代から、数社が採用した方式です。

 201804041700.jpg

 可変圧力IH炊飯器の場合、単に加圧するだけではなく、特殊な減圧機構(圧力ボールなど)を内臓し、炊飯中に圧力を何度も可変的に動かす構造を有します。

 たんなる「圧力IH炊飯器」は、象印をふくめて「かける圧力の調整」はしています。しかし、これは、ご飯の硬さの調節のためであり、炊飯中は一定の気圧に調整されます。

 炊飯中に圧を加減させる可変圧力は、それとは目的が異なる技術といえます。なお、可変圧力IH炊飯器は、普通の圧力式IH式炊飯器に較べて低く、最大でも1.25気圧ほどとなります。

 しかし、圧力式炊飯器の弱点だった、甘みを出そうとするとやわらかくなりすぎる問題を解決でき、一般的に言って、ご飯のハリと粒の大きさが増します。他方、「甘さと粘り」は、より高圧の出せる普通の圧力式IH炊飯器には及ばないでしょう。

 炊けるご飯の味は、甘さとハリが両立しやすい炊飯器です。

 とくに「炊き分けメニュー」を利用する場合、ふっくら系からしゃっきり系まで、比較的高水準で段階的に炊き分けが可能です。そのため、その日、その銘柄により、色々な米質で炊き分けたい場合は、この方式は有利です。

ーーー

  201807271929.jpg

【2018年発売 5.5合炊き】

 9・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【白】
 10・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【赤】
 11・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【黒】
   ¥34,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018年発売 10合炊き】

 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A182
   ¥45,169 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 可変圧力式IH式炊飯器は、タイガー・パナソニックから発売中です。

 201609021338.jpg

 上で説明した味の面で直結して考えているのは、タイガーです。

 タイガーの場合、圧力弁が2つあり、常圧(1気圧)と最高圧(1.25気圧)だけでなく、中間的な圧力も出せる構造です。割と高度です。

ーー

  201807271106.jpg

 【2018年発売 5.5合炊き】

 13・パナソニック おどり炊き SR-PA108【各色】
  ¥37,924 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018発売 一升炊き】

 14・パナソニック SR-PA188-T
  ¥41,456 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンドかまど釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

 201804041850.jpg

 パナソニックは、「加圧減圧を繰り返すことでご飯を「おどらせ」て、均等に加熱する目的で、可変圧力を利用しています。そのため、常圧(1気圧)と最高圧(1.25気圧)だけの繰り返しです。

 両者で、多少毛色が異なりますが、硬さの調整は同じく得意です。


 201506272211.jpg

 第3に、スチーム圧力IH炊飯方式です。

 これは、2010年以降にはじまった新方式です。

 可変圧力IH式炊飯器の構造を採用した上で、水容器か最大220度の過熱水蒸気を庫内に噴出させ、100度以上の温度作るという仕組みです。

 蒸発した水蒸気は「100度以上」ですから。

201712281630.jpg

 メーカーは、蒸発したご飯の「うまみ」成分を再度吹き付けられるなどの副次的効果も示します。しかし、おそらく最も重要なのは、スチームの度合いでご飯のかたさ/甘さを可変できる点です。

 とくに、圧力式が苦手とし、可変圧力式もやや不得意とする「ややかため/しゃっきり系」の炊き分けはかなり上手にできます

  201807271124.jpg

 【2018年発売5.5合炊き】

 15パナソニック SR-SPA108-K
   ¥52,088 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:220度スチーム保温
堅さ調整:4種類(しゃっきり〜もちもち)

  201807271159.jpg

 【2017年発売 5.5合炊き】

 16・日立 打込鉄釜 RZ-AV100M R
  ¥28,400Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年発売 5.5合炊き】

 17・日立 打込鉄鎌 RZ-BV100M R
  
¥36,300 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年発売 10合炊き】

 18・日立 打込鉄釜 RZ-BV180M-R
  ¥45,072 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:打ち込み鉄釜
内釜厚さ:3mm
内釜保証:6年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 スチーム圧力IH炊飯方式に力を入れているのは、パナソニック日立です。

 第1に、パナソニックは、Wおどり炊きという上位シリーズで、可変圧力式と水タンク式を併用したハイブリッド製品を出しています。最高温度は、最大220度です。

 第2に、日立は、圧力部分の可変性はなく最高温度も105度です。しかし、水タンクが不要であり、炊飯器の蒸気がほとんどでないという利点があります。

 両メーカーの製品とも試食をしましたが、しゃっきり系の炊き分けが得意という味の傾向は、同様です。

 201804041853.jpg

 炊けるご飯の味は、スチームIH炊飯方式の場合、粘り気を調整しつつ、甘みをひき出すことができるので、基本的に、「しゃっきり系でご飯にハリがある」ご飯です。ただ、甘みは引き出しているため、普通のIH式炊飯器とも味は異なります。

 なお、以前は、圧力をかけない「スチーム炊飯器」というジャンルをパナソニックが出していました。しかし、現在は、このような、複数のシステムの特長を組み合わせた「ハイブリッド炊飯器」のみです。

1・IH方式(無印)
 
=米そのもの味の特長が出やすい
2・圧力IH方式
 
=ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
4・可変圧力IH炊飯器
 =かたさの炊き分けが得意

3・スチームIH炊飯方式
 =しゃっきり/かため系の炊飯得意

 以上、4つの炊飯方式について説明しました。

 その特長を再度まとめれば、上表のようになります。

 最も新しく「進化」した方式は、スチーム式といえますが、圧力にこだわる象印、圧力をかけないことにこだわる三菱など、バラエティは多彩であり、一長一短があります。

 基本的には、「好みの味の傾向」で選ぶのがよいでしょう。

3・内釜の素材とその厚さ

 内釜の品質の信頼性も炊飯器には重要です。

 とくに、高級炊飯器については、内釜の部品代が原価の大部分を占めているものも多くあるほど、メーカーが重要視している部分です。

1・内釜の厚さ
2・内釜の構造と材質
3・内釜のコーティング

 内釜を比較する場合、基本的に重要視するべきポイントは、上記3点です。

 こちらについても、順番に解説しています。


 201509301809.jpg

 第1に、内釜の厚さです。

 これは、特に重要です。なぜなら、釜が厚いほど沸騰高温状況のキープが可能で、ご飯が美味しく炊けるからです。

 IH方式の場合で、(パナソニックのように)多段のIHヒーターを搭載せず、底面からの火力を重視するタイガー・三菱電機・東芝の場合は、内鍋の熱伝導性・蓄熱性の点で「厚みはとくに重要」です。

 ただし、圧力IH式炊飯器・可変圧力IH式炊飯器など、圧をかける炊飯器は、構造的に内釜の厚みがIH式炊飯機より厚みが出しにくいので、(圧をかけない)IH方式と、単純な比較はできない場合もあります。

 そのため、「厚ければ、厚いほど高性能な炊飯器!」とは言えない点は注意するべきでしょう。ただし、逆に「釜の厚みはもはや意味が無くなった」と言い切る専門家もいますが、これは極論です。

 実際、このブログでは、この点を考慮に入れて比較しています。

   201807271214.jpg

 【2018年発売 5.5合炊き】

  19・三菱 本炭釜 IH NJ-VW109-W
    ¥45,350 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年発売 3合炊き】

  20・三菱 本炭釜 NJ-SW069-W 【白】
   ¥48,174 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:本炭釜
内釜厚さ:10mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 なお、極厚釜を採用する製品は多いですが、この点に最も力を入れているのは、東芝三菱です。

 201807281804.jpg

 両社とも、昔ながらの「かまど用のお釜」をお手本としつつ、鍋の下面の厚みを10mmと厚くして、米粒の対流と蓄熱性を高める仕組みがとられます。

 かまどを再現したような複雑な形の製品は、高級な炊飯器に限定されますが、1万円程度の炊飯器でも、釜が厚いほど基礎的な実力があると評価できます。


 第2に、内釜の構造と材質です。

 この部分は、三菱電機タイガーがわりと強いと言えます。

 201807271504.jpg

 三菱電機の場合、上で紹介した三菱 本炭釜や、上位の本炭釜 KAMADO NJ-AW108などで、焼成した炭素素材を職人が芯抜きして仕上げた「本炭釜」を2006年頃から採用します。

 厚みがあるというメリット性のほか、炭素(カーボン)は、ステンレス素材などに比して、10倍以上の深度でIHの磁力を通しやすいため、IHヒーターが底部だけでも、沸騰温度が効果的に持続できます。

 201807271425.jpg

 【5.5合炊き】

 21・タイガー THE炊きたて JPG-X100-WF  
  ¥65,500 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:プレミアム本土鍋
内釜厚さ:4.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 タイガーは、硬質陶器(土鍋)を利用する点に特色があります。

 201807291323.jpg

 この場合、四日市の窯業所で作られた土鍋です。

 蓄熱性の高さは「ガス炊飯」で立証済みです。もちろん、土鍋は磁力を通さないので、素地の上にアルミを溶射してあります。陶器は熱伝導率が悪い一方、熱容量が多く蓄熱性が良いので、一度暖まると沸騰温度の持続に貢献します。

 201506272231.jpg  

 一方、パナソニック・東芝・日立・アイリスオーヤマなどの他社は、工業製品です。

 ただ、上位機は最新のプレス技術を駆使して「多層構造」にしています。こうした製品を比較する場合は「素材層数」に注目すると良いでしょう。

 201807291350.jpg

--

 熱伝導性(発熱の速さ)は、ステンレス悪く鉄・アルミは普通、優秀です。

 蓄熱性(熱容量)は、アルミイマイチで、は普通、ステンレス・銅優秀です。

 まとめれば、本炭釜や土鍋を除けば、銅・鉄素材を使った内釜が優秀です。ただ、素材として高額なので、プレスしてこれらを複合させるのが普通です。

 なお、パナソニックは、中空構造とすることで蓄熱性を高める工夫をします。こうした機種は、能力を維持しつつ内釜を薄くできるため、重要なポイントとなります。


 201712281701.jpg

 第3に、内釜のコーティングです。

 これは、「内釜にあまり費用を使えない」3万円以下の普及機の場合重要です。

 炊飯器の場合、土鍋ダイヤモンドなどが、コーティング素材として使われます。

 要するに、全部炭素系の素材です。熱伝導の向上やと対流を促す「プラスアルファ」 の要素として重要です。

ーー

 以上、内釜の素材と厚さの紹介でした。

 結論的に言えば、炊飯器は、内釜の厚さ・内釜の材質・形状に注意しながら選ぶのが基本といえるでしょう。

 一方、コーティングは、あくまで副次的な要素ですので、「おまけ」程度に考えて、比較の中心に置く必要あまりないでしょう。

4・ご飯の炊き分け機能

 4番目に重要と言えるのは、ご飯の炊き分け機能です。

 201609021146.jpg

 メニューボタン1つで、「ご飯を細かく炊き分けられる機能」は、最近はミドルクラスの炊飯器では必ず採用される機能です。

1・かため〜やわらかめ
2・もちもち〜しゃっきり
3・銘柄炊き分け

 指標としては、上図のような3種類の方向性があります。

 第1に、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にするものです。

 多くの炊飯器に搭載されており、6通りほどの炊き分けができる機種も普通となってきました。

 第2に、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感を指標にするものです。

 第1の指標に加えて10通り以上の炊き分けが可能な炊飯器もあります。

 いずれにしても、明確に自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきです。

 「おこげご飯」「発芽玄米の炊飯」など、炊き方に関する指標とともに注意して見比べましょう。

   201807271825.jpg

 【5.5合炊き】

 22・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE50-B
  ¥11,480 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 23アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE30-B
    ¥10,011 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 なお、「お米の銘柄ごとに炊き分ける機能」も、最近の象印やパナソニックなどの高級炊飯器に登場しています。

 201811181153.jpg

 比較的安めの炊飯器でも、アイリスオーヤマ「銘柄炊き分け機能」を標準搭載して、注目を集めました。

 もちろん、同じ銘柄でも、米ごとに精米時期や産地で、保水率・アミロース値などが異なるため、味の違いがあります。

 しかし、圧力式IH炊飯器などは「銘柄の個性によらずどんなご飯でも美味しく炊いてしまう」ため、銘柄固有の個性を楽しむにはこうした機能は「面白い」でしょう。

3・炊飯器の利便性に関わるポイント

 ここまでは、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極める4つのポイントを紹介してきました。

1・長時間保温機能
2・蒸気レス機能
3・掃除のしやすさ

 最後に、「家電としての利便性」の面で、選ぶにあたって重要視しても良いポイントをさらに3点、紹介しておきます。


201807291408.jpg

 第1に、長時間保温機能です。

 ご飯の長時間保温は、その味を大きく落としてしまう要素です。ほとんどのメーカーはこの部分を重視せず、簡易的な低温保存機能しか付属しません。

 しかし、東芝・パナソニック・象印・日立は、一部上位機で、この部分に配慮した機種を出しています。

----

 201804041232.jpg

 【2018・IH式 5.5合】

 24・東芝 真空IH保温釜 RC-10VRM-W【白】
  ¥22,632 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018・可変圧力式 5.5合】

 25・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSM-RS 【赤】
  ¥29,744 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018・IH式 10合】

 26・東芝 真空IH保温釜 RC-18VRM-W
  ¥27,755 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018・可変圧力式 10合】

 27・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSM-RS
  ¥38,540 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯/可変圧力式
圧力炊飯:
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 最も高度なのは、間違いなく東芝です。

 最長保温時間は、40時間に達します。

 201506280947.jpg  

 真空IH炊飯器とも呼ばれ、庫内を低圧にすることで、保温時にご飯の色とつやを守ります。炊いたご飯をいちいち冷蔵するのが面倒な方におすすめです。

 201807291413.jpg

 日立(スチーム保温)は、スチームIH式に限りますが、スチーム噴射で40時間まで保温する技術を持ちます。

 ただし、水分の均一性の面で、方式としては、東芝が優れます。

 201807291410.jpg

 象印(うるつや保温)パナソニック(エコナビ保温)は、重量センサーで保温温度を調整する機能が付属します。この場合、最長30時間程度が、目安となります。

 三菱・タイガー・アイリスオーヤマなどは、この部分にあまり工夫は見られません


 201807291416.jpg

 第2に、蒸気レス機能です。

 これは、置き場所や、冬場の結露などの関係で、キッチンに蒸気を発生させたくない場合に重要となる機能です。

 炊飯器の蒸気を減少させる特別なモードは、多くの炊飯器に搭載されます。しかし、この場合、炊飯の味に悪影響をあたえてしまいます。

  201807271209.jpg

 【2017】【5.5合炊き】

  28・三菱 蒸気レスIH NJ-XS108J-P
   ¥42,000 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:炭炊釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

  しかし、日立三菱は、標準的な炊飯が蒸気レスの機種があります。炊飯の味に悪影響をあたえることもありません。この点で選ぶなら両社の製品でしょう。


 201807271145.jpg

 第3に、掃除のしやすさです。

 この点について言えば、現状は、あまり考えなくても、どれも基本的に掃除は手軽です。

 以前は、圧力IH式炊飯器などは、安全弁の形状が古く、極端に洗いにくいモデルがありましたが、現在はせいぜい1-2パーツ余分に洗う必要があるだけです。

 ただ、圧力をかけるタイプは、掃除をさぼって安全弁を塞いでしまうと問題があるので、その点は注意しましょう。

 また、本炭釜本土鍋のように、金属プレス加工でない土鍋・炭鍋は(相当堅く焼成してあるものの)、割れることはあるため、節約志向・安全志向の方は考慮するべきでしょう。

今回の結論!
美味しいご飯が炊ける!炊飯器の選び方はこれ!

 というわけで、今回は、ここまでの記事の「まとめ」として、家庭用炊飯器の選び方について書きました。

 201807272215.jpg

1・3.0合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・5.5合炊きの高級炊飯器【3万円〜】
3・5.5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
4・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
5・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
6・糖質カット/麦向き炊飯器

 製品のサイズや価格別に、最終的にAtlasがどの機種をおすすめにするか?については、上記のリンク記事に詳しく書いてあります。

 お求めの製品ジャンルごとに、上記のリンク先で確認いただければと思います。

 そのため、今回は「オススメ機種」を書く代わりに、「どれくらいの価格の製品を買えば良いか?」について、Atlasの意見を簡単に触れて、記事を締めくくりたい思います。

おまけ:食味検定に使う炊飯器

 201401111756.jpg

1・新銘柄のブランド米の比較
2・コシヒカリの比較

 さて、このブログの別の記事では、Atlasは、食味検査で特A評価を得た美味しいお米の比較記事があります。

 201807291423.jpg

 これは、「各都道府県のお米をランクづける日本穀物検定協会の食味試験に基づいて、各産地のお米を紹介したものです。

 2017年秋の新米は「魚沼産コシヒカリが特Aから陥落したこと」で大きな話題となりました。

ーー

 201804041154.jpg

【2018 5.5合炊き

 31・Panasonic SR-FD108-T   
  ¥17,350 Amazon.co.jp (11/18執筆時)
 32・Panasonic SR-FC108-K
  ¥22,148 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018 10合炊き】

 33・Panasonic SR-HB188-W
  ¥27,980 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:
※ 3合については2.3mm

 この検定で近年利用されている炊飯器は、パナソニックSR-HD103-Wという2013年発売の5.5合炊きIH式炊飯器です。

 そして、釜の厚みと炊飯器のサイズから、その「後継機」といえるのは、パナソニックの上記の製品と言えます。

 201807281350.jpg

 穀物検定協会は、「どの産地・品種のお米も均一に美味しく炊けてしまわない」という点で、この試験では、IH式炊飯器(無印)を選んでいると思われます。

 ただ、言いかえれば、このレベルの炊飯器(IH式以上、釜の厚み1.7mm以上)ならば、「お米の底力がわかる」と、専門家が評価しているともとれるでしょう。

 これをふまえると、価格面の相場としては、発売時価格で、2万円前後がひとつ「十分美味しく炊ける」だろう標準ラインとみなせそうです。

 これより高級な炊飯器を買うにしても、安い炊飯器を買うにしても、この炊飯器を「値段の基本」に考えると良いと思います。

おまけ:実力のあるオルタナティブ炊飯器

 もうひとつ「おまけ」というか、補足です。

 また、今回の記事の選び方だとさほど評価できないが、確実に実力のある炊飯器が2つあります。


 201802191630.jpg

 【2017年発売 3合炊き】

 34・BALMUDA The Gohan
   ¥37,800 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

炊飯方法:スチーム式
圧力炊飯:
内釜素材:
内釜厚さ:
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 第1に、BALMUDA The Gohanです。

 カテゴリーとしては、3合炊きのスチーム式炊飯器です。

 201701221254.jpg

 しかし、蒸気のみで炊飯するため「蒸しご飯」に近い炊きあがりになります。

 この場合、米の甘み・柔らかさなどは期待できませんが、しゃっきり系/かための炊飯に特化して考えると、値段以上の実力を発揮します。

 この系統の米質が好きならば、試しても良いでしょう。ちなみに、Atlasも美味しく感じました。詳しくは、3合炊きの炊飯器の比較記事で書きました。


 201807271422.jpg

 【Amazon限定型番 5合炊き】

 35・ バーミキュラ ライスポットRP23A-GY
  ¥86,184 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【Amazon限定型番 3合炊き】

 36・ バーミキュラ ライスポットミニ RP19A-WH
  ¥69,684 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:鋳物ホーロー
内釜厚さ:3mm
内釜保証:製造上の保証のみ
保温機能:なし
堅さ調整:なし

 もう1つは、バーミキュラの炊飯器です。

 バーミキュラのホーロー鍋は、ガス火で美味しく炊飯できることで評判で、それを炊飯器にしたものがこちらです。

 201807271420.jpg

 釜の厚み炊飯方式は「月並み」ですが、ホーローの蓄熱性を活かした炊飯で、昔ながらのガスの強火で炊いたようなご飯が再現できます。

 味は、やはり「しゃっきり」よりですが、レベルの高い炊飯器です。こちらについては、高性能炊飯器の比較記事で紹介しました。

まとめ:美味しい炊飯器の見極め方!

 というわけで、今回は、美味しく炊ける炊飯器に関する「まとめ記事」でした。

 スペック比較中心の記事ですが、Atlasは、「試食も大好き」なので、炊飯器の試食会や見本市、試食イベントなどには、東京などにまめに出向いています。

 そして、記事の方向性について間違いがないか、定期的にチェックしています。

---

 ただ、それでも「どの炊飯器で美味しいご飯が炊けるのか?」については、見極めは相当難しいです。

  201803011953.jpg

 例えば、雑誌などでは、毎年秋の新米シーズンに、「炊飯器の炊き比べ企画」をしています。

 こうした「ユーザー体験系」の記事はたいへん参考になるのですが、ご飯は、個人で味の好みが大きく違うものです。

 さらに、利用するお米の銘柄や栽培法、水質、室温などの「条件面の差」があります。また、全てのグレードの炊飯器を網羅的に比較してくれるわけでもないので、これだけでは決められません。

 以上をふまえると、個人的には、メーカーが開示するスペックをおさえた上で、こうした雑誌や口コミ情報を広く参照しながら選んでいくのが良いと思います。Atlasもこうしたやり方をとっています。

ーー 

 最後になりましたが、もしこの記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 12:03 | 炊飯機

比較2018'【結論】最新31機の3合炊き小型炊飯器の性能とおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】 2018年 小型炊飯器の性能とおすすめ:1人暮らし向け:三合炊き 3.5合炊きのIH炊飯器・圧力炊飯器 激安機種から小さな高級炊飯器まで機種の違いとランキング:パナソニック タイガー 炊きたてミニ 三菱 炭炊釜 本炭釜 アイリスオーヤマ 銘柄炊き象印 極め炊き 日立 おひつ御膳 シロカ かまどさん電気 バーミキュラ ライスポットミニ

【紹介する製品型番】 SR-KT067-K SR-KB055 SR-KA055 BALMUDA The Gohan JAI-R551-W tacook JAJ-A552 JKU-A551-W JKM-G550-T NL-BB05-WM NP-GH05-XT NP-RK05-NZ NP-RX05-TD NP-QB06-TZ NP-QT06-BZ SR-JX057-K NL-BA05-WA NL-BT05-TA NJ-SE069 NJ-SW069 RC-MC30-B RC-IB30-B RZ-WS2M RZ-W4M RC-IA31-B NP-RL05-TA NP-RY05-TD SR-JW057-KK SR-E111 SR-JX058-K RP19A-GY SR-JW058 RC-IE30-B

今回のお題
3合以下でも美味しく炊ける小型炊飯器のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、3合炊きの炊飯器の比較をします。

 1人暮らしの方や、子育てを「卒業」した世代の方にも人気で、デンキヤでも多く売れている機種です。

 201807281749.jpg

 BALMUDAThe Gohanなどユニークな小型炊飯器を含めて、今回は、1万円以下の激安炊飯器から、5万円以上の高級小型炊飯器まで比較します。

 201807271247.jpg

 7年間、炊飯器の比較記事を書いてきた経験をもとに、「炊き上がりの美味しさ」に焦点をあてて、説明します。

 いつものように、各機種を細かく比較したあと、最後に「結論」として、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

1・3合炊き小型炊飯器【5千円〜5万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 なお、今回の記事は、このブログの「炊飯器比較シリーズ」の第1回目記事として書きました。

1・小型炊飯器のメリット性!

 201807281845.jpg

 3合炊きの小型炊飯器は、ご飯茶碗に軽くもって「10杯前後」と、少人数家庭に便利な炊飯器です。

小型である」というメリット性のほか、「電気代が安い」というメリット性もあります。

 201807281350.jpg

 ただ、最も魅力なのは、「少量炊飯でもご飯が美味しく炊ける」という点です。

 5合炊きの高級機には、少量炊飯モードがついている機種もあります。しかし、内釜のサイズなど構造的に3合に合わせた機種に味の面で遠く及びません

 結論的に言えば、「電気代」「味」の面でも、小型炊飯器は有利です。

2・小型炊飯器の選び方の基本!

 今回の記事では、「美味しく炊ける小型炊飯器を探すこと!」をテーマに、各社の高級炊飯機を比較していきます。 

 201807271035.jpg

1・沸騰温度の持続性
2・加熱方式
3・内釜の素材と厚さ
4・ご飯の炊き分け機能

 その場合、炊き上がりのごはん「味」で、炊飯器を選びたい場合、ポイントとなるのは、以上の4つの要素です。


 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、小型炊飯器でも、ヒーター1本ではパワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができないといえます。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

--

 今回の記事では、「小型でもヒーターの強い機種!」を探していこうと思います。


 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 小型炊飯器の加熱方式は、次の4つがあります。

1・マイコン式  
 =ご飯の味は劣るが、料理に使える
2・IH方式  
 =米そのもの味の個性が楽しめる
3・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
4・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意
5・スチームIH炊飯方式
  =しゃっきり/かため系の炊飯が得意

 具体的な仕組みや得意とするの傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 


 201509301809.jpg

 第3に、内釜の厚さとコーティングのグレードです。 

 小型炊飯器でも、高級なものは、内釜の部品代が本体価格の大部分を占めているものもあるほど、メーカーが重要視しています。

内釜の厚さ」は、比較する場合、とくに重要な要素です。

 それが厚いほど、沸騰温度の維持や温度の均質性において有利であり、味の面でプラス作用があります。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 様々な素材で、釜を独特の形状に加工することで、「かまど炊きの再現」を狙った商品が多く出ています。

  今回の記事では、釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


 201609021146.jpg

 第4に、ご飯の炊き分け機能です。 

 安い炊飯器は、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを選ぶ機能が付属しません

 高級炊飯器は、しかし、これらに加えて「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感も指標に加えます。

 上図のように立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。

ーーー

  以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これらを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

1・マイコン式炊飯器【1万円以下】
2・IH式炊飯器【1-3万円】
3・圧力IH式炊飯器【1-3万円】
4・プレミアム炊飯器【4万円以上】

 以下では、3合炊き炊飯器について、「価格の安い製品から、高級な製品へ」という順番で紹介します。

 ご予算に合わせて、途中からお読み頂いても(だいたい)分かるように書きました。

3・マイコン式の3合炊飯機の比較

 201807281452.jpg

 では、最初に、マイコン式の炊飯器を紹介します。

 底面の電熱線ヒーターを使って加熱するシンプルな型式なので、1万円以下と格安製品が多いです。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  201807281401.jpg

 1・タイガー 炊きたてミニ JAI-R551-W
  ¥6,637 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:黒遠赤釜
内釜厚さ:1.0mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JAI-R551は、タイガーの炊飯器です。同社で最も安い炊飯器です。

 201804041428.jpg

 炊飯方式は、マイコン式です。

 昔ながらの方式で、下面にある熱板、ないし電熱線(シーズヒーター)が唯一の熱源です。そのため、火力においては、磁力で「面の加熱」ができるIH炊飯式に及ばないといえます。

 201603191319.jpg

 使われている釜は、黒遠赤釜です。

 熱伝導性を高めるため、遠赤コーティングはなされますが、厚みは、1.0mmとかなり薄いです。

 この点で、製品コストを抑えていると言え、味についてはさほど期待できません。

 201807281403.jpg

 炊き分けは、玄米・無洗米などの専用モードはあるものの「かたさ」などの炊き分けには、対応しない機種です。

 ただ、マイコン式は構造が単純なので、煮込みなどのスロークックに応用できるメリット性はあるでしょう。

 ご飯の保温は、温度センサーがないため、長時間保温には向かない機種です。

---

 以上、JAI-R551の紹介でした。

 マイコン式は炊飯以外の応用の幅が広いため、ロシアなど海外の方のお土産として人気です。ただ、炊飯については「イマイチ」と言わざるを得ず、抜群に「美味しいご飯」の炊飯は無理でしょう。 


 201802191619.jpg

 2・TIGER tacook JAJ-A552【各色】
  ¥7,739 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:黒遠赤特厚釜
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JAJ-A552は、タイガーの tacookシリーズに属する炊飯器です。

 201807281414.jpg

 炊飯方式は、こちらもマイコン式です。

 ただ、マイコン炊飯器としては特長のある機種です。

 こちらの機種は、内釜にオレンジ色のクッキングプレートを入れることで、ご飯+おかずの同時調理ができます。40種類の料理法を提案するレシピブックも付属します。炊飯器と言うよりもマルチクッカーとも言うべきですね。

 メーカーも「tacock」という愛称を付けています。なお、レシピは【こちら】で公開されています。

  201603191327.jpg

 使われている釜は、黒遠赤特厚釜です。名前の通り、釜の厚さが2.5mmあります。

 先述のように、釜が厚いと熱を逃さず炊飯できるため、下位機種よりは「美味しく」炊けます。

 炊き分けは、対応しない機種です。また、玄米炊飯用機能もありません。

 ご飯の保温は、温度センサーがないため、長時間保温には向かない機種です。

---

 以上、タイガーのタクックの紹介でした。

 多彩な料理を楽しみたい方に向く機種でしょう。料理レシピが気に入ったらならば、選んでも良いと思います。

 ただし、釜は厚いものの、1万円前後のIH式炊飯器とのご飯の味の差は、相当大きいです。この部分に期待する場合は、他機が良いでしょう。


 201807281424.jpg

 3象印 マイコン式 NL-BB05-WM
 4・象印 マイコン式 NL-BB05-TM
  ¥8,070 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:黒圧厚
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 NL-BA05は、象印の炊飯器です。タイガーの「ライバル企業」ですね。

201603191339.jpg

 炊飯方式は、マイコン式です。

 ただし、ここまで見た機種に比べるとやや高度です。なぜなら、この機種は、上ふた、側面、釜底に、シーズヒーターを採用する全面加熱仕様だからです。

 底面しかヒーティングしないマイコン式の弱点を克服しようという設計思想があります。この点だけでもマイコン式の中では、最もご飯が美味しく炊ける機種と言えます。

 ただ、ムラが少ないといえるIH式には及ばないでしょう。

 201804041434.jpg

 使われている釜は、2.5mmの黒圧厚です。

 1万円以下のマイコン炊飯器としては、厚めです。ある程度美味しいご飯を期待できます。

 201804041435.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただし、 発芽米・胚芽米・玄米・雑穀米など、健康米専用の炊飯モードが付く点は、目新しいです。

 また、汎用性のあるマイコン式の利点を活かして、製パン(発酵・焼き)のほか、様々な調理に使えるメリット性があります。レシピは【こちら】ですが、相当充実します。

 ご飯の保温は、特段の機能はなく、長時間保温には向かない機種です。

---

 以上、NL-BA05の紹介でした。

 1万円以下で手に入るマイコン式としては高性能です。全面加熱で、マイコン式の弱点も克服されており、IH方式に準じて性能が期待できます。

 ただ、現在はこの程度の予算でIH式が買える状況にあることをふまえると、価格競争力はあまり高くないと言えます。


 201811181042.jpg

 【2018】

 5・象印マイコン炊飯器3合 NL-BT05-XB
  ¥10,903 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:黒圧厚
内釜厚さ:5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 NL-BT05-XBは、先ほど紹介した機種の上位機です。

 炊飯方式は、同じく、マイコン式です。

201603191348.jpg

 使われている釜は、一方で、5mmの黒厚釜です。

 遠赤コーティングを施したアルミ釜ですが、マイコン式としてはかなり豪華な仕様です。釜の厚みは、炊飯器として最も重要な部分ですから、味は期待できそうです。

 その他の性能は、下位機種と同様です。フタヒーターを使った全面加熱も採用され、火力はマイコン式では上位です。

---

 以上、NL-BT05-XBの紹介でした。

 釜が厚い点が最大のメリットです。マイコン炊飯器のなかでは、最も性能が期待できる機種でしょう。

 ご飯以外の調理をする関係で「マイコン式がマスト」である方にはおすすめできます。


  201811181049.jpg

 【2018】

 6・アイリスオーヤマ 銘柄炊き 3合 RC-MC30-B
    ¥6,708 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 6・アイリスオーヤマ 銘柄炊き 3合 RC-MB30-B
    ¥7,440 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:(銘柄炊き)

  RC-MA30-B は、アイリスオーヤマの格安炊飯機です。

 新旧両機種ありますが、外観デザインの改良に止まります。ただ、すでに新機種のほうが安いですね。

 201804041438.jpg

 炊飯方式は、こちらもマイコン式です。

 加熱に使うシーズヒーターは、底面とふたの「2段」です。

 側面ヒーターがない分、この点では象印より弱いです。

 201804041440.jpg

 使われている釜は、3.1mm厚の極厚火釜となります。十分に厚いです。

 ただ、コーティングや素材・層数などは非開示ですので、価格以上の価値とはなかなか言い辛い部分はあります。

 201804041442.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただ、米の銘柄によって、調理方法・時間を変える「米の銘柄炊き」に対応する点は面白いです。

 選べるのは、こしひかり、あきたこまち、つや姫、ゆめぴりか、ひとめぼれ、ヒノヒカリの6コースです。それ以外の米は、参考表に基づき、6コースから選ぶ方式です。

 実用度はともかく、発想は「面白い」です。

 201606030836.jpg

 一方、マイコン式だけに、調理メニューにも対応できます。

 なお、健康米としては、玄米・発芽米に対応できます。

 ご飯の保温は、特段の機能はなく、長時間保温には向かない機種です。

---

 以上、 アイリスオーヤマRC-MB30-Bの紹介でした。

 「銘柄炊き」「3.1mmの内釜」という明確なアピールポイントがある機種です。5000円強の製品としては、なかなか楽しめそうです。

 ただ、すでに1万円以下で、マイコン式よりIH式炊飯器が買えるため、選択肢としてはイマイチでしょう。

4・IH炊飯式の3合炊飯機の比較

 201807281451.jpg

 つづいては、IHヒーター式の炊飯器です。

 IH式は、電磁波を利用し、鍋全体をムラ無く加熱をする構造のため、マイコン式の炊飯器よりも美味しくご飯が炊けます


  201807281455.jpg

 【2017】

 7・象印 極め炊き 3合炊き NP-GH05-XT
  ¥13,900 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-GHシリーズは、象印の「極め炊き」ブランドでは、最も安価なIH炊飯器です。

201807281454.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。

 ムラ無く加熱できる点で、あらゆるマイコン炊飯式の「上を行く」方式です。値段面で高価になるのが欠点ですが。

 201807281459.jpg

 搭載されるIHヒーターは、底面と側面の2段式です。

 その上で、ふたヒーターを搭載するので、「全面加熱」に対応します。

 201807281500.jpg

 使われている釜は、1.7mmの黒まる厚釜です。

 IH方式をできるだけ安く提供するために、釜の部分のコストを削減したのでしょう。

 ただ、それでも、あらゆるマイコン式より「味は上」でしょう。

 201804041451.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただ、この機種から「熟成炊き」が加わります。炊飯に通常よりも時間をかけることで米の甘みを引き出す「プレミアムコース」です。そのほか、同社の下位機種のようにパンの発酵・焼き機能があります。

 そのほか、雑穀米・玄米など専用の「健康米メニュー」がありますね。

 保温機能は、この機種の場合、「うるつや」保温機能が搭載です。底部の温度センサーで、最適な温度でご飯を保温できるでしょう。

 201807281505.jpg

 お手入れは、IH式炊飯器に共通しますが「楽」です。特に象印は、庫内がフラットで拭きやすいです。

---

 以上、「極め炊き」NP-GF05の紹介でした。格安でIH炊飯器が手に入る点で魅力な機種です。

 釜の厚みは他機に負けますが、ふた・側面を合わせた全面加熱で、味の部分では「負けていない」です。

 くわえて、「うるつや」保温機能が付属します。IH式炊飯器は、マイコン式のように「ご飯がすぐに乾く」ことはないですが、重量センサーのあるなしは、大きな違いです。

 炊飯器を切らずに保温を利用する方は、この機種は良い選択肢でしょう。 


 201811181047.jpg

 【2018】

  8・アイリスオーヤマ 銘柄炊き IH 3合 RC-IE30-B
    ¥10,011 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

  8・アイリスオーヤマ 銘柄炊き IH 3合 RC-IB30-B
    ¥8,817 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.0mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:(銘柄炊き)

  RC-IB30-Bは、アイリスオーヤマのIH炊飯器です。

 新旧両機種ありますが、外観デザインの改良ですので、基本的には価格で選んで問題ないでしょう

  201712122258.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式です。

 IH式で新機種で1万円を切ったのは、Atlasが記憶する限り初めてです。

 搭載されるIHヒーターは、底面と側面の2段式です。

 それにふたヒータが加わる仕様で、象印と同等で、火力も十分です。

 201804041454.jpg

 使われている釜は、3.0mmの極厚火釜です、象印よりもかなり厚いです。

 象印と比較する場合、熱伝導性のよいアルミ2層と、電磁波を通しやすいステンレスの3層構造であることも、情報開示されています。

 この点で、「象印以上」といえます。とはいえ、1.5万円クラスの製品とは「」はありますが。

  201712122302.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 一方で、下位機種同様に、米の銘柄炊き」に対応です。31種類の銘柄を6つのコースで分けている点は、下位機種に準じます。

 健康米では、玄米の炊飯に対応するほか、煮込みのほか、付属の蒸しプレートを使うことで、パンを含めた蒸し料理にも対応します。この点では、マイコン式の良い部分を取り込んでいます。

 保温機能は、ただし、特別な機能がないです。保温は使わずに、冷蔵庫などに入れることをおすすめします。

----

 以上、 アイリスオーヤマRC-IB30-Bの紹介でした。

 1万円以下のIH式炊飯器という点で、予算を「1万円以内」にする場合は、Atlasとして「味の面で最もおすすめできる機種」です。

 IHの段数や、内釜の厚みについても妥協がないため、コスパと性能が両方とも期待できます。とはいえ、欠点と言わざるを得ない保温機能のほか、味の面でも1.5万円クラスの機種には敵わない部分はあるため、味を重視するならば、もう1ランク上でも良いでしょう。


 201807281520.jpg

 9・タイガー tacook 3合 JKU-A551-W
  ¥18,278 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:3層遠赤特厚釜
内釜厚さ:2.3mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JKU-A551-Wは、タイガーの少量炊き炊飯器です。

201804041457.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

 搭載されるIHヒーターは、タイガーは非公開です。

 少なくとも、「ふたヒーター」を含めた全面加熱は、機能的に持ちません

 なぜなら、タイガーの場合、下面のIHヒータの火力を重視し130度まで上げつつ、内釜をとおしての熱伝導を重視するという仕組みを採用するからです。

 昔ながらの「かまど炊き」ご飯は、「全面加熱などしない」という発想から来ているようです。タイガー炊飯器の「個性」と言えます。

 201603191330.jpg

 使われている釜は 2.3mmの3層遠赤特厚釜です。ステンレスとアルミの三層構造に、遠赤土鍋コーティングをした仕様です。

 先述のようにタイガーは「底面加熱」なので、内釜の熱伝導性は特に重要です。その意味では、内釜は「やや心配」な厚みではあります。

 tacookは、マイコン式と同様に利用できます。底面加熱だからできるのだと思います。レシピは【こちら】ですが、IHヒーター式ゆえか、大人向けゆえか、メニューは異なります。

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただ、甘さを引き出す「プレミアム」な炊飯方式である極うまメニューは搭載します。健康米は、玄米には対応します。

 保温機能は、ただし、特別な機能がないですね。

---

 以上、タイガーのJKU-A551-Wの紹介でした。

 格安ながら、「下面強火」というタイガーの発想が出ている機種です。ただし、これを活かすための内鍋の性能は、「価格なり」でしょう。

 201801211330.jpg

 とはいえ、炊飯器を使った料理もを試したいけど、おいしいごはんも食べたいという人には特にオススメできます。

 なお、より本格的に調理に対応できる多機能調理機は、【多機能マルチクッカーの比較記事】で、いくつか紹介しています。ご飯も炊けます。


  201807281542.jpg

 【2018】

 10・パナソニック SR-KT068-K
 11・パナソニック SR-KT068-W
  ¥22,108 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 10・パナソニック SR-KT067-K
 11・パナソニック SR-KT067-W
  ¥13,163 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭釜
内釜厚さ:2mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 SR-KTシリーズは、パナソニックでは、最も安価な小型炊飯器です。こちらは3.5合炊きの炊飯器です。

 新旧両機種ありますが、新機種は、ケーキの自動調理に対応した「ケーキコース」が付属です。

 ただ、作れるケーキは、ホットケーキミックスを利用するパウンドケーキ風のもの3種に止まります。基本的には(ネットには)まだ在庫があり、価格のだいぶ下がった旧機種で良いでしょう。

 201807281541.jpg

 小型でスタイリッシュな形状で、とくにフラットな天面がガラスパネルで、3合炊きでも屈指のデザイン性です。「一目惚れ」して買う方も多そうです。 

 炊飯方式は、こちらもIH式炊飯です。

 201807281544.jpg

 搭載されるIHヒーターは、2段です。ただし、側面とふたにシーズヒーターが2本で、「全面加熱対応」です。

 パナソニックは、「全面加熱で沸騰温度を維持することこそ、米の味を引き出す」という象印同様の思想です。ムラ無く加熱できるため、米をアルファ化できる沸騰温度の維持力には期待が持てます。

 使われている釜は 2mmの備長炭釜です。

 厚みはIH炊飯器としてはやや薄めです。ただ、内側に備長炭コートを施しており、蓄熱性は良いでしょう。

 加えて、ふた部分の「うま味キャッチャー」構造も言及に値します。

 これは、通常蒸気を通して逃げてしまう「おねば」成分を炊飯器の中に戻す仕組みです。それにより、IH炊飯でもお米の甘さを感じられる炊飯を実現します。 

 201807281549.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただし、玄米・雑穀米などの健康米コースの他、「炊きおこわコース」もあります。蒸すと相当時間がかかるので、便利だと思います。

 保温機能は、重量センサーを利用した高度なものではないですが「いきいき保温」という密閉性を利用した方法で、半日程度なら「まあ食べられる水準」で保温は可能です。

---

 以上、パナソニックSR-KTシリーズの紹介でした。

 デザイン性はこの価格帯では飛び抜けて高いです。ご飯の味についても、釜の厚みは「ほどほど」ですが、「うま味キャッチャー」などの独自の工夫があるほか、「全面加熱対応」で火力も高いので、この価格帯では「水準以上」だと思います。



 201807281602.jpg

 【2018】 

 12・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE069-W
 13・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE069-P
  ¥17,857 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:炭炊釜
内釜厚さ:2mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 NJ-SEシリーズは、三菱電機の発売する炊飯器です。

 四角い形状が同社の炊飯器の特徴で、炊飯器への参入以来続けています。色は、標準的なホワイトの他、薄いピンク色の製品もあります。

 炊飯方式は、こちらも、IH式炊飯です。

 201603191703.jpg

 搭載されるIHヒーターは、2段です。

 ただし、胴回りに2本、ふたに1本ヒーターを搭載するため「五重全面加熱」と三菱は呼んでいます。

 パナソニック同様に、「包み込むように加熱」することで、沸騰温度の維持を狙う仕組みです。総ヒーター数はパナソニックより多いので、火力は期待して良い機種です。

 201807281616.jpg

 加えて、三菱の独自機能として、超音波吸水という、仕込み時に短時間で米に水をたっぷり吸収させることのできる機能も付属しています。米を水に浸しておく時間が短くても、美味しく炊ける仕組みです。 

 201603191658.jpg

 使われている釜は、2.0mm炭炊釜です。

 厚みは、発売時価格2万円の機種としては多少薄いです。層も2層です。

 三菱の高級機では「ホンモノの炭」で作る炊飯器もありますが、この場合は、遠赤外線効果を期待しての炭コーティングを意味します。ちなみに、パナソニックは内面に、三菱は外面に炭をコーティングします。

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 一方、プレミアムモードである芳潤炊きのほか、麦飯2合炊きには対応します。玄米については専用モードはないですね。

 保温機能は、特段の機能はみられません。ただ「保温なし」を選べる点は、言及に値します。

---

 以上、三菱の炊飯器NJ-SEシリーズの紹介でした。

 パナソニックの SR-KTシリーズのライバルでしょう。火力・釜の性能ともほぼ互角です。その上で、パナソニックは「うまみキャッチャー」でご飯の甘さを引き出せる点が、三菱は、超音波吸水で、時短で美味しく炊ける点が、それぞれの特長です。

 どちらを選んでも、後悔しないでしょうが、最終的なおすすめ機種については、記事の最後で改めて書きたいと思います。


  201804041528.jpg

 【2017】【下位機種】

  14・アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA31-B
    ¥17,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】【上位機種】

  15アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA32-R
    ¥16,000 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2016】【下位機種】【在庫限り】

  14'・アイリスオーヤマ銘柄量り炊き RC-IA30-B
    ¥12,529 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:極厚銅釜
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:(銘柄炊き)

  銘柄量り炊きシリーズ は、アイリスオーヤマのIH炊飯器の上位機です。

 201807281625.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

 この機種の場合、下段をクッキングヒーターとして単独で利用可能です。また、下段が「はかり」にもなっていて、5cc刻みで適切な水量をお知らせしてくれる機能よそったご飯のだいたいのカロリーを表示する機能を持ち合わせます。

 水量に注目したのはアイリスオーヤマが初めてと言え、独自性があります。

 搭載されるIHヒーターは、構造上の問題で、下段1段のみです。

 アイリスオーヤマの他機種を見ると「全面加熱」方式が「最上」という思想ですから、(便利とは言え)「炊飯の味の面」ではマイナス要素でしょう。

 201804041541.jpg

 使われている釜は、3.1mm厚の極厚銅釜です。

 アルミ・ステンレスに熱伝導性の高い銅をコーティングした仕様です。

 同社の下位機種よりも「豪華」なのは、底面しか加熱できない欠点を克服するためでしょう。ただ、構造が、炊飯専用設計ではない点では、「イマイチ」でしょう。

 201804041539.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。健康米としては、玄米コースが付属します。のほか、煮込み・蒸し・パンなど発酵が可能な特殊モードも付属します。

 201807281630.jpg

 加えて、31銘柄6コースの米の銘柄炊き」に対応です。

 保温機能は、特段の機能はみられません

---

 以上、アイリスオーヤマの銘柄量り炊きシリーズの紹介でした。「ハイブリッド系」の面白い試みをしている機種です。IHヒーターを持ちたいには重宝しそうです。

 ただ、単純に「炊飯器」としてみると、味の面では1万円台前半の同社の機種と横並びかそれを下回る水準でしょう。面白い発想だとは思うのですが、今回の比較の趣旨からすると例外的な機種ですね。


 201802191629.jpg  

 【2合炊き】

 16・日立 おひつ御膳 RZ-WS2M ゴールド
 17・日立 おひつ御膳 RZ-WS2M レッド
   ¥24,520 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【4合炊き】

 18・日立 おひつ御膳 RZ-W4M ゴールド  
 19・日立 おひつ御膳 RZ-WS4M レッド
  ¥33,968 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:打込鉄釜
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 つづいて、日立の「おひつ御膳」の紹介です。

 こちらは、2合炊き4合炊きの2モデルがあります。本体色は、ゴールドレッドで、いずれも日立の家電によくみられる「ブランドカラー」です。

 201603191755.jpg

 アイリスオーヤマの製品と同じで、電源部とおひつとが分離できる構造であるために、食卓に持って行きやすいモデルです。また、おひつ部は、断熱構造になっており、電源なしで70度で2時間保温可能です。

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

 日立は、圧力IH式の技術も持つ会社ですが、こちらは例外的に採用していません。

 201807281723.jpg

 搭載されるIHヒーターは、構造上の問題で、下段1段のみです。

 ただ、アイリスオーヤマに比べると、全周断熱構造である点は1つの見所です。熱をなるべく逃がさない構造で、火力を補います。スペック上、沸騰時間は98度以上、21分間キープということです。

 201603191756.jpg

 使われている釜は、最大3.6mmの打込鉄釜です。

 素材として、鉄が鋳込まれているのは注目点で、底面加熱式に重要な熱伝導性を高めています。また、内部は、カーボンコーティングで、掃除のしやすさと蓄熱性を両立しています。内釜は6年保証と丈夫です。

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。玄米の炊飯はできますが、専用のモードはない状況です。一方、炊き込みおこわの炊飯は可能です。

 保温機能は、特段の機能はみられません。12時間までの保温はできます。

-----

 以上、日立の「おひつ御膳」の紹介でした。

 電源部とおひつ部を分離できる新構造は、日立が先発企業です。新しいコンセプトを炊飯器に持ち込んだ点で評価したい新製品です。底面加熱・分離構造ゆえのヒーターの弱さは、全周断熱構造優秀な鉄釜である程度補われておりこの点も評価できます。

 ただし、日立の上位機は、加圧とスチーム炊飯を前提にした機種であることをふまえると、機能性を優先した設計ではあるでしょう。「ご飯を炊く」という部分では、同価格帯の従来型の炊飯器に及ばないという印象です。

5・圧力式の3合炊飯機の比較

 つづいて、圧力IH炊飯器を紹介します。

 先述のように、圧力式IHは、IH炊飯の「上位機種」との理解は必ずしも正確ではありません。むしろ、炊けるご飯の傾向が違うと理解するべきです。

 一般的に圧力式は、「甘く、ふっくらとした」ご飯を炊くのが得意と言えます。逆に、「しゃっきり、かため」はやや苦手です。


  201807281636.jpg

 【2018年】

 20・象印 圧力IH式 3合 NP-RL05-TA
  ¥21,880 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2017年】

 20・象印 圧力IH式 3合 NP-RK05-NZ
  ¥19,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.15気圧
内釜素材:丸厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:3段階
堅さ調整:うるつや保温

 NP-RLシリーズは、象印の炊飯器です。

 2018年新機種が登場しました。こちらは、「やわらか」という食感の炊き分けができるようになりましたが、基本的にマイナーチェンジです。

 圧力炊飯器は、通常炊飯でもこの方向性の食感となりますし。いずれにしても、安くなっている旧機種がお買得です。

201804041550.jpg

 炊飯方式は、この機種は圧力IH式です。

 IHヒーターなどの熱源を持ちつつ、圧力を使って沸騰温度の維持に努める仕組みです。同社は、「豪熱沸とう」と呼んでいます象印は古くからこのタイプに力を入れており、このグレード以上が「同社の真の炊飯器」と言えます。

 かけられる圧力は、1.15気圧です。

 同社は、1.3気圧という、他社よりも高圧をかける点が「味の秘密」なので、スペックは多少低いです。

 搭載されるIHヒーターは、段数非公開です。

 おそらく底面がIHヒーターで、側面・ふたに3つの補助ヒータを備える「4重式」だと思います。

 圧力式としては十分でしょう。

 201603191533.jpg

 使われている釜は、1.7mmの黒丸厚釜です。

 2万円以上の機種と考えれば、物足りなくも思えます。

 しかし、圧力炊飯器の場合、むしろ圧力で「持続的に沸騰温度を出す」仕組みとなるため、大型の圧力炊飯器についてもこの程度の場合もあり、一概に比較できません。コーティング層も非公開です。

 201804041605.jpg

 炊き分けは、この機種は「対応」です。

 かため(しゃっきり)・ふつう・やわらかめの炊き分けが可能です。また、象印の「プレミア炊飯」機能である熟成炊きに対応します。炊飯時間を延ばして甘さを引き出す機能です。

 なお、圧力炊飯は、「ふっくら」「やわからめ」のご飯が得意です。ただ、象印は、圧力のかけ方と炊飯時間の調整で、「かため」に対応させますが、普通のIH式炊飯器のほうが「かため」の味は上です。

 保温機能は、の機種の場合、「うるつや」保温機能が搭載です。底部の温度センサーで、最適な温度でご飯を保温できるでしょう。


201807281647.jpg

 お手入れは、IH式に較べると、安全弁などがある構造なので、お手入れに「一手間」余分にかかりますが、それでも30秒とかからないです。構造が単純化し、昔よりだいぶ楽になりました。

---

 以上、象印のNP-RLシリーズの紹介でした。

 3合炊きの圧力式炊飯器としては価格が安いです。甘みで粘りがあるご飯が好きな方は、IH炊飯器よりも、こちらのような圧力IH炊飯器が特におすすめです。

 ただし、圧は低めなので、あくまで「入門機」です。


 201807281653.jpg

 【2017年】

 21・象印 極め炊き 3合 NP-RX05-TD
  ¥27,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 21・象印 極め炊き 3合 NP-RY05-TD
  ¥25,600 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:プラチナ厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:4段階
堅さ調整:うるつや保温

 NP-RX05-TDは、象印の少量炊きでは、中位機にあたる製品です。

 下位機種同じく2018年モデルが出ています。味の面での改良は、下位機種と同じで「やわからめ」という基準が加わったのみです。、

 炊飯方式は、この機種も圧力IH式です。

 かけられる圧力は、1.2気圧までです。

 高圧対応なので、その分温度は高くできます。下位機種よりも甘みともちもち感を引き出しやすいですね。

 搭載されるIHヒーターは、段数非公開です。おそらく下位機種同様の4重式だと思います。


 201807281658.jpg

 使われている釜は、1.7mmのプラチナ厚釜を採用しています。

 内釜の内側のコーティング材にプラチナナノ粒子を採用している点が名前の由来です。

 象印によると、水をアルカリ性に変化させるこで米の甘みを引き出す効果があります。お米の甘みが従来比30%引き出せるとのことです。

 201804041610.jpg

 炊き分けは、この機種は「対応」です。下位機種よりも多い3つの指標です。

 その上で、玄米と白米に対応する「熟成炊き」に対応します。玄米の場合、時間をかけて炊飯することで、GABA量が1.4倍と強化されます。

 ご飯の保温設定は、重量センサーを利用した「うるつや」保温機能が搭載です。この価格帯の製品として、「優秀」です。

 お手入れは、IH式炊飯器より一手間がかかりますが、構造的に単純なので、30秒ほど時間が余計にかかる程度ですね。

---

 以上、象印のNP-RX05-TDの紹介でした。

 下位機種に比べると「プレミア釜」が採用されている点と、圧力が高い点が魅力です。

 とくに、「圧力の強さ」の点では、1.2気圧かかるこのグレード以上が「真の圧力IH炊飯器」と言えるかもしれません。

6・スチーム式の3合炊飯機の比較

 つづけて、スチーム式炊飯器の比較です。

 なお、中型炊飯器の場合「圧力IHスチーム炊飯器」というジャンルがありますが、3合炊きとしての小型化は難しいようで、ラインナップされません。


 201802191630.jpg

 22・BALMUDA The Gohan
   ¥37,800 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

炊飯方法:スチーム式
圧力炊飯:
内釜素材:
内釜厚さ:
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 つづいて、日本のバルミューダデザインBALMUDA The Gohanです。

 機能面で特長のあるデザイン家電を販売する同メーカーが、トースターに続いて炊飯器に参入しました。

 201701221254.jpg

 炊飯方式は、スチーム炊飯式です。

 大きな炊飯器については、IHスチーム炊飯器を出していますが、これとは全くことなる技術です。

 バルミューダの場合、底面ヒーターで発生させた蒸気を内釜に送り込み、直接ご飯を対流させずにご飯を炊飯していく方式となります。

 これは、強火力による対流(おどり)を重視する、これまでの炊飯器と180度異なる発想で斬新です。 

 201701221319.jpg

 沸騰温度の維持は、この機種の場合、とある理由から、全く重要視されません

 バルミューダデザインによると、火を使う土鍋や羽釜の炊飯では、米は動いていないことを発見したそうです。そして、それを再現するために、スチームで上方から「米を踊らせず炊きあげる」独自方式をあえて採用しています。

 201807281744.jpg

 興味深い話です。ただ、読者が注意するべきは、これは、(ガス火の)土鍋や羽釜の炊飯との比較であり、各社がしのぎを削っている(強火力の)「かまど炊飯の話ではない」という点です。「かまどご飯」で美味しい「カニ穴」が開くのは、(米はともかく)激しい熱対流が起こる結果であるのは確かです。

 そのため、食味しても、かまど特有のふっくら甘みのあるご飯の再現性は低いです。

 201807281745.jpg

 ただし、お米の粘り気や甘みは控えめで、その代わりにハリとツヤのある堅めのご飯が炊ける炊飯器としては、逆に相当期待がもてます。

 これ系の味のニーズは世の中に確実にあります。

 例えば、以前【炊飯用土鍋の比較記事】で紹介したような、ガス火炊飯の小型土鍋を使っている人は、味の傾向が割と似ているので、この機種は合う好みが合う可能性は高いでしょう。

 Atlasも試食しましたが、独特の食感は、かなり好感が持てました。

201701221317.jpg

 使われている釜は、現状非公開です。

 ただ、こちらの製品は、沸騰温度を超えないことに主眼を置いているので、この部分は重要ではないでしょう。

 炊き分けは、硬さに関する機能はないです。この方面ではあまり見所はないです。ただし、玄米や炊き込みご飯についてはモード変更が可能です。

 ご飯の保温設定は、蒸気構造が災いしてか、機能自体が無く、炊きあげたら、冷凍するか、おひつに入れて保存しないといけません。

--

 以上、BALMUDA The Gohanの紹介でした。

 独特な味の傾向を持つ炊飯器なので、あまり考えずに選ぶのは「冒険」でしょう。ただ、堅めで、ハリツヤのあるご飯は実際美味しく炊けるので、あまり浸水しない固めのご飯が好きな人には「画期的で相性が格別に良い」といえます。人を選びますが、確実にニーズはあるでしょう。

後編に続く!
美味しく炊ける小型炊飯器は結論的にこの機種!

 というわけで、今日は少量炊きの炊飯器を紹介してきました。

 記事はまだ続きます。

 201807281954.jpg

 ・三菱 本炭釜 NJ-SW069
 ・象印 極め羽釜 NP-QB06
 ・象印 南部鉄器極め羽釜 NP-QT06
 ・パナソニック おどり炊き SR-JX057
 ・パナソニック Wおどり炊き SR-JW057
  ¥50,486〜 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 続く後編こちら)では、 プレミアムな機種を中心に、今回紹介できなかった機種を紹介します。

 また、その上で、ここまで紹介してきた全機種のうちから、価格別・目的別にAtlasがもっともおすすめできる機種を数機種選んでいきたいと思います。

 引き続きよろしくお願いいたします。

 後編記事は→こちら

 最後になりましたが、この前半記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークで話題を共有していただければ嬉しいです。
posted by Atlas at 11:22 | 炊飯機

比較2018'【結論】最新31機の3合炊き小型炊飯器の性能とおすすめ・選び方(2)

今回のお題
少量でも美味しくご飯が炊ける小型炊飯器はどれ?

 どもAtlasです!

 今日は3合炊き・3.5合炊き炊飯器の比較です。

201807281749.jpg

 前回の記事は、3万円以下の小型炊飯器を紹介しました【こちら】。

 今回の記事は、4万円台を超えるプレミアムな」小型炊飯器を紹介します。

 その上で、記事の最後では、全機種から目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種!を提案していきます。

7・プレミアムな高級3合炊飯機の比較

 ここからは、新機種の販売価格が5万円を超えるプレミアムな小型炊飯器を紹介していきます。

 団塊の世代の皆さんの引退で、「高級な少量炊飯器」という新しいマーケットが近年できており、多くの商品が売れるようになりました。

 前編でも書きましたが、大きな炊飯器で少量炊飯を美味しく炊くのは本当に難しく、メーカー泣かせです。そこで、「それなら少量炊飯器を高性能化すれば良いのでは?」という、発想の転換が業界で進んでいるようです。

 ここから紹介していく炊飯器は、そういったニーズに応える製品です。


  201807281755.jpg

 【2018】

 23・三菱 本炭釜 NJ-SW069-B 【黒】  
 24・三菱 本炭釜 NJ-SW069-W 【白】
  ¥51,680 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

 【2017】

 23・三菱 本炭釜 NJ-SW068-B【黒】  
 24・三菱 本炭釜 NJ-SW068-W【白】
  ¥49,014 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:本炭釜
内釜厚さ:10mm(最大
内釜保証:6年保証
保温機能:
堅さ調整:

 NJ-SWシリーズは、三菱の炊飯器の3.5合炊きの炊飯器です。他社には少ない四角い形状が同社の炊飯器の特徴で、炊飯器への参入以来続けています。

 なお、新旧両機種ありますが、型番のみの変更で、性能は同等です。


 201807281758.jpg

 炊飯方式は、普通のIH式炊飯式です。

 三菱は、昔ながらの「かまどご飯」の炊飯に圧力はかけないから、「圧力IH炊飯器は不自然」とする、ハッキリした思想を持った会社です。そのため、高級機でも、圧力IH式を採用していません

 そうした哲学がしっかりある機種は、「高級」でも選びたくなります。

 201603191703.jpg

 搭載されるIHヒーターは、2段です。

 それに3段の補助ヒータを合わせて「5重式」となります。これは、前半で見た三菱の下位機種と同じ数値です。サイズ的な限界かもしれませんが、値段差を考えると、この部分は、上位機の強調すべき部分ではないのでしょう。

 201807281804.jpg

 使われている釜は、最大10mmの本炭釜です。

 答えを言えば、この部分に「最もお金をかけている」製品です。炭素材料を焼成し、職人が中をくりぬき「一点もの」として、釜を作っています。炭コーティングではなく、純度99.9%本物の「炭」です。

 炭素素材はIHと相性が良く、ステンレス素材の40倍の浸透度です。

遠赤効果は最大級に期待できます。 

 さらに、ふた部分も炭コートを施し、全体から遠赤を発生させるという方向性です。

 201804041634.jpg

 炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」です。

 ただし、同社のプレミアムモードである芳潤炊きが付属します。そのほか、季節に応じた米の水分量をふまえた炊飯が可能です。健康米については、玄米と麦飯に対応しますね。 

 保温については、「保温無し」と「食べ頃保温」というご飯を通常より低音で保温する仕組みのみです。機能は高くありません

---

 以上、三菱の炊飯器NJ-SWシリーズ の紹介でした。

 最大10mmの「ほぼ完全に炭素」である本炭釜の採用が魅力です。それを、「全面加熱」で炊きあげるという、美味しいご飯を炊く基本を丁寧になぞった点で、好感が持てる機種です。

 一方、炭素素材なので、陶磁器同様に破損リスクがある点と、保温機能がイマイチ弱い点は、注意点です。


  

【2017】

 25・象印 極め羽釜 NP-QB06-TZ
   ¥44,700 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:極め羽釜
内釜厚さ:2.2mm
内釜保証:3年保証
保温機能:7段階
堅さ調整:うるつや保温

 象印のNP-QA06は、3.5合炊きの高級炊飯器です

 炊飯方式は、IH圧力炊飯器です。

 通常のIH式に較べると 「甘く」「粘り気のある」「もっちりとした」と形容できるご飯が得意です。

 201807281852.jpg

 かけられる圧力は、最高1.3気圧で、象印では最高クラスです。

 高圧の炊飯器は、お米のアルファ化を促し、甘みをより効果的に引き出せるでしょう。

  201807281854.jpg

 搭載されるIHヒーターは、2段です。それに加えて、3段の電熱ヒーター(シーズーヒータ)からなる「5重」となります。

 その上で、密着して熱を逃がさない独特の羽釜構造と、ヒーターと釜の密着度を高めるスプリング構造により、下面から強い火力で炊く「かまど炊き」のご飯を再現しています。

 201807281855.jpg

 使われている釜は、最大2.2mmの極め羽釜です。

 これは薄く思えますが、形状を見て分かるように、「かまどを再現」することを優先しているためです。

 羽根が付き、また、釜が幅広な構造であることから、部材費として見れば、(本炭釜には及ばぬものの)ハイグレードな機種で、間違いありません。

 釜のコーティング素材には下位機種同様の「プラチナコーティング」です。象印によれば、プラチナコーティングすることで、中の水を弱アルカリ性でき、炊きあげ時の米の甘み成分(還元糖量)をアップさせることが可能とのことです。

 201804041648.jpg

 炊飯のメニューについては、7種類から選択が可能です。

 圧力IH炊飯器として「もちもち系」が基本得意ながら、固さは、「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちも」「もちもち」と5通りの選択肢があります。

 最大1.3気圧の圧力を制御することで、こうした炊き分けを可能にしました。米の堅さにこだわりがある人には、細かく調整できるのでオススメできます。

 201804041649.jpg

 ご飯の保温については、重量センサーを利用するうるつや保温が付きます。中級者以上に付く機能で、ご飯の乾燥を防ぐのに効果的です。

 さらに、内ぶたを二重にして密閉させるうるおい二重内ぶたにより、水分の蒸発量を約40%抑制し、つやのあるご飯を長時間保つことを可能にしています。ご飯を夕飯に炊いた後で保温し、朝食も食べるようなご家庭では重宝するでしょう。最大30時間まで保温できます。

---

 以上、極め炊きNP-QA06-WZの紹介でした。

 業界最高の高圧と、羽釜構造でご飯の味に期待できる製品です。さらに、優れた保温能力も魅力のと言えます。圧力IH炊飯器としての力も加わり、かまど炊きのような熱対流が可能なので、ふっくら大粒のご飯が食べられるでしょう。

 圧力炊飯器特有の「ふっくら」「粘る」系のご飯がお好きな方は、この機種が良いでしょう。


 

【2017】

 26・象印 南部鉄器極め羽釜 NP-QT06-BZ
   ¥62,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:南部鉄器極め羽釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:7段階
堅さ調整:うるつや保温

 象印南部鉄器極め羽釜は、3.5合炊きの象印の最高炊飯器です。

 炊飯方式は、先ほどの機種と同じで、圧力IH炊飯です。

 やはり「甘く」「粘り気のある」「もっちりとした」と形容できるご飯が得意です。 

  201807281854.jpg

  搭載されるIHヒーターは、2段です。3段の電熱ヒーターからなる「5重」となります。下位機種と同じです。

 201603191826.jpg

 使われている釜は、1.7mmの南部鉄器極め羽釜です。

 こちらは、三菱のように、本物の南部鉄器の技術が使われた職人系の内釜です。鋳込み・切削・焼鈍までほとんど手作業で作成したプレミアムタイプです。

 構造的にもこちらの方が底部は肉厚で、発熱効率も良いようです。もちろん、内装はフッ素加工がなされ、保証も3年つきます。

 201509302301.jpg

  炊飯のメニューについては、7種類から選択が可能です。ただ、高火力を活かした「かまど極めコース」という炊飯モードがあり、写真のような本格的なおこげを炊けます。

 ご飯の保温など、その他の部分は、下位機種と同様です。

---

 以上、NP-QB06の紹介でした。南部鉄器の使用は豪華ですが、価格はかなり高いです。

 それ以外の部分で下位機種との機能差はさほど感じませんが、南部鉄器という「プレミア感」は捨てがたいものがあります。ただ、本物の南部鉄器と違って、フッ素加工があるため、永久に使えるものではない点は注意するべきです。

 また、三菱の本炭釜の炭素材の場合と異なり、「南部鉄器であること(プレスではいけないこと)」自体の味への効果は具体的に示されない点も注意点です。


  201802191638.jpg

 【2017年】

 27・パナソニック おどり炊き SR-JX057-K
   ¥34,640 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 27・パナソニック おどり炊き SR-JX058-K
   ¥52,600 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH式
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:5段階
堅さ調整:

  SR-JXシリーズ は、パナソニック高級小型炊飯器です。

 「Jコンセプト」というブランドに属します。これは、主に、「団塊の世代」をターゲットにした同社の家電製品群ですが、炊飯器もラインナップがあります。

 新旧両機種ありますが、新機種は「旨み熟成浸水」という機能が付属します。ただ、これは炊飯行程のマイナーチェンジですので、値下がりしている旧機種がお買得です。

 201804041700.jpg

 炊飯方式は、可変IH圧力式です。

 可変IH圧力式は、一般的な圧力IH式と異なり、加圧と減圧を繰り返すことができます。そのため、米の対流を促し、ムラ無く加熱することができます。

 かけられる圧力は、1.2気圧です。

 ただし可変式なので、大気圧(1気圧)1.2気圧を繰り返す仕様です。

 201807281918.jpg

 この方式の場合、圧力IH式が不得意な「かため」「しゃっきり系」のご飯も、割と上手です。

 「ふっくら」「甘め」のご飯についても、上部に旨み循環タンクを搭載しており、蒸発する水蒸気を「おねば」としてご飯に還元できるため、通常の圧力IH式よりも高水準です。

 また、かまどご飯の「一握りのわら燃やし」を再現するため、最後の仕上げ過程で加圧・追い炊きする点も、ご飯の「甘み」の引き出す要素です。

 同社は、このような構造を「可変圧力おどり炊き」と名付けています。

 201807281919.jpg

 搭載されるIHヒーターは、4段式です。

 他社の場合、側面上部とふたは、普通のシーズヒーターを使いIHではない機種が多いです。そして「5重」などと(多少苦しい)表現をしていました。

 パナソニックは、上位機・高級機については、ふたヒータまでIH式です。同社は古くからIH式のクッキングヒーターを出していて、おそらくその技術に「こだわり」があります。


 201807281925.jpg

 使われている釜は、2.4mmのダイヤモンド竈釜です。

 外側に中空セラミックスを採用すること蓄熱性を高め、熱伝導性のあるアルミと、発熱層を持つステンレスを採用した上で、内側にダイヤモンドハードコートをすることで、細かい泡を効果的に作り出すと共に、高耐久性を確保しています。

 三菱・象印は、鋳物・磁器の分野の伝統工芸に助けを借りる場合が多いですが、パナソニックは、プレス素材を工夫することで、(あまり費用をかけず)高品質な釜を目指す方向性です。

 その分、IHヒーターなど技術面に部材費をつぎ込んでいる印象です。

 201807281930.jpg

 炊き分けは、多彩です。固さも、「ふつう、かため、やわらか、よりやわらか、もちもち」の5種類のモードに対応します。

 団塊の世代の人は傾向として柔らかめのご飯が好きという統計を見たことがありますが、圧力を使うこの機種は、そういった炊飯は得意でしょう。Jコンセプトシリーズにふさわしい技術です。

 おこわを炊くコースや、玄米・雑穀米などを炊飯できるコースも付属です。

 201807281932.jpg

 その他、大きな文字盤を採用したり、お手入れのしやすい構造を取ったり、使い勝手に配慮された製品と言えます。と

 ご飯の保温は、象印ほどの多機能性がありません。炊きあがったらすぐ食べてしまうか、冷蔵庫で保温するのが良いでしょう。

 お手入れについては、ふたを取って洗うだけなので手軽です。

---

 以上、パナソニックの Jコンセプト おどり炊きの紹介でした。

 機能面は「可変圧力式」ということで、食感を調整してもクオリティを維持しやすい機種です。米の種類や、その日の気分で炊き分けたいご家庭に向きます。

 米自体の味についても、4段IHヒーターの採用や、工業技術を駆使したダイヤモンド竈釜などの効能で、底時からもある機種です。

 味などの点だけでなく、文字盤や掃除の使い勝手を含めて、子育ての終わった2人世帯のご家庭に最もおすすめできる製品です。プレゼントとしても良いでしょう。

 もちろん、Jコンセプトシリーズは、クオリティの高さからより若い世代の人たちにも人気です。ただ、こちらについては、保温機能がない点は、そうした方への訴求力は弱めでしょう。


 201804041709.jpg

 【2017年】

 28・パナソニック Wおどり炊き SR-JW057-KK
 29・パナソニック Wおどり炊き SR-JW057-W
   ¥49,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 28・パナソニック Wおどり炊き SR-JW058-KK
 29・パナソニック Wおどり炊き SR-JW058-W
   ¥65,043 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH式
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:5段階
堅さ調整:

 SR-JWシリーズ は、パナソニックの少量炊き炊飯器の最上級機です。こちらも、大きな文字盤を採用したJコンセプトラインになります。

 新機種が登場します。こちらは、炊飯過程の改良と、銘柄米の炊き分け機能の搭載が魅力です。ただ、炊き分けは6種類と少ないです。

 201804041700.jpg

 炊飯方式は、こちらも、可変IH圧力炊飯器です。

 この部分は下位機種と同じです。

 201807281942.jpg

 搭載されるIHヒーターも同じく4段IH式です。

 ただし、IHヒーターの切替で相互対流を起こす「大火力おどり炊き」に対応します。ご飯の対流がより進むため、ご飯の旨み(甘み)は下位機種以上に引き出せます。

 同社は、「可変圧力」+「大火力おどり炊き」を合わせて、「Wおどり炊き」と呼びます。

 これは大きな炊飯器にも採用される最高峰の技術です。

 201804041716.jpg

 釜の厚みは、最大2.4mmダイヤモンド竈釜です。

 細かい部分では、ディンプル加工が施され、「細かい泡」が発生しやすくなる効果があります。

 炊き分けは、下位機種と同じです。「ふつう、かため、やわらか、よりやわらか、もちもち」の5種類のモードに対応します。

 また2018年モデルからは、6種類の銘柄炊き分け機能も付属しました。そのほか、玄米・雑穀米専用のメニューもあります。

 保温については、やはり、突出した機能性がありません

---

 以上、パナソニックのSR-JWシリーズ の紹介でした。

 下位機種と価格の開きが相当あります。「大火力おどり炊き」にがどの程度の「投資」に見合うかという判断になるでしょう。

 個人的には、味の傾向は下位機種と同じである点から、基本的には「下位機種」でも良いかと思っています。このレベルまでいくと、食べ比べて、しっかり味の分かる方はおそらく少数でしょう。


 

   【2018】

 30・長谷園×siroca かまどさん電気 SR-E111
    ¥86,184 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン式
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋
内釜厚さ:
内釜保証:
保温機能:
堅さ調整:

 かまどさん電気は、2018年に登場した、キッチン家電メーカー「シロカ」による新しい炊飯器です。

 昨年度、バルミューダのTHE GOHANに続いて、家電雑誌を賑わせそうな新機軸の製品です。

 201804041950.jpg

 以前、【炊飯用のおすすめ土鍋の比較記事】を書いた際、代表的な「土鍋」産地として、三重県四日市の萬古焼と、三重県伊賀の伊賀焼とを紹介しました。

 萬古焼は、長石を用いるので、磁器に準じる硬さを持ちます。それゆえに、炊飯器の内釜の素材となり得ました。先ほど見た、タイガーの「土鍋」炊飯器は、この萬古焼です。

 伊賀焼は、軟からい陶器のため、炊飯器にするのは難しいと言われてきました。ただ、伊賀焼は、細かい泡が発生しやすいため、間違いなく炊飯器の内釜に向く素材でした。

 シロカは、大手が取り組まないこの「素材」に目を付け、伊賀焼の代表的な窯元の長谷園と組んで、「伊賀焼を使った炊飯器」を開発しました。

 そうして誕生したのがこの製品です。

 201804041938.jpg

 炊飯方式は、IHを用いないマイコン式です。

 水分率が高い伊賀焼の強度を考えた結果のようです。ただ、1300Wの高火力で土鍋全体を加熱する方式で、ガス火に比べた火力不足を補っています。

 

 長谷園 かまどさん三合炊(直火専用) CT-01
  ¥7,779 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 使われている土鍋は、長谷園の「かまどさん」シリーズの土鍋です。もちろん、直火用の土鍋をそのまま炊飯器にしたわけではなく、炊飯器に合わせて特別焼成されたものを使います。

 厚みは、あくまで「焼物」なので開示されません。しかし、常識的に考えても、どの炊飯器よりも厚みはあるでしょう。心配は不要です。

 炊飯のメニューは、こちらは、3段階の炊き分けに対応します。火加減で硬さを調整する方式ですね。面白いのは「こいめ」「うすめ」という、焦げに関する指標が用意されているところでしょう。

 また、お米と玄米・雑穀米に対応できます。

 ご飯の保温については、機能自体が非搭載です。

---

 以上、かまどさん電気の紹介でした。

 バーミキュラの時のような「ブーム」は現在来ておらず、在庫も豊富です。ただ、最近、雑誌での特集が多く、品薄になっていく可能性はありそうです。かくいう、Atlasも、どうにか試食だけでもできないか考案中です。

 ただ、率直に言えば、一般向きには、やや趣味性が強いと言えます。なぜなら、土鍋は割れやすいですし、まめに手入れしないと確実にカビるからです。ただ、じっくり、ゆっくりと「炊飯活動」に取り組みたい方には、よい選択肢となりそうです。

 また、オール電化住宅に引っ越して、ガス火での炊飯ができなくなった土鍋ファンなどには、「待ちに待った品」かもしれません。なお、土鍋が割れた場合、内釜は、9000円弱で買えます。かなり親切だと思います。


 201807271422.jpg

 【Amazon限定型番】

 31・ バーミキュラ ライスポットミニ RP19A-GY
 31・ バーミキュラ ライスポットミニ RP19A-SV
 31・ バーミキュラ ライスポットミニ RP19A-WH
  ¥69,684 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:鋳物ホーロー
内釜厚さ:3mm
内釜保証:製造上の保証のみ
保温機能:
堅さ調整:

  ライスポットミニ は、ホーロー鍋の有名ブランドであるバーミキュラが発売する3合炊飯機の高級炊飯器です。

 流通が限定されていますが、Amazonでは、【限定型番】の正規品が売られます。

 201807271420.jpg

 もともと、バーミキュラのホーロー鍋は、ガス火で美味しく炊飯できることで評判でした。しかし、ガス火の調節が面倒でした。そのため、IH調理機能も搭載し、電気炊飯器にしてしまったのがこの製品です。

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 このメーカーの場合、鋳物メーカーらしく、工夫は全て内部の釜の部分に集中しており、圧力・スチームなどの工夫とは一線を画した独自商品と言えます。

 201807271412.jpg

 搭載されるIHヒーターも、底面のクッキングヒーター部のみですので、他社より工夫がある訳ではありません。

 201807271414.jpg

 使われている釜は、厚さ3mm鋳物ホーロー鍋です。

 鋳物なので重量感はあります。他社の高級炊飯器に較べると、厚みの部分は普通であり、重量感も同等か、それ以下という程度です。ただ、通常のバーミキュラ鍋にくらべると、拭きこぼれを防ぐフローティングリッドの採用など工夫が見られます。

 もともと家電各社とも表面の釉薬にはこだわりを持って作ってきたわけで、ホーロー独特の蓄熱特性は、温度ムラや持続的な沸騰温度の維持に貢献するといえます。

 ご飯の堅さは しかしながら、炊き分け不可能です。火加減でおこげご飯を作れますが、この点は弱い部分です。

 201807271423.jpg

 飯の保温は、機能自体が搭載されません

 「美味しさ」という理由からあえて搭載しないと説明されています。冷蔵庫・冷凍庫を活用しての保存になります。

 お手入れは、多少注意が必要でしょう。

 バーミキュラの鍋は密閉性構造なので、最小限とはいえ吹きこぼれがあります。また、それを押さえるため鍋に凹凸があり、フラットではありません。

---

 以上、 バーミキュラ ライスポットミニの紹介でした。

 既存の高級炊飯器とは異なる特殊な製品です。圧力を加えないタイプなので、粘りや旨みを引き出す能力は既存製品に及びません

 確かに、芯がしっかりしたご飯はうまく炊けますが、高級炊飯器では炊き分け機能で対応できるため、この部分も完全なメリット性とは言えない部分はありそうです。

 ただ、ガス炊飯特有のご飯の味は再現できますし、IH調理器として他の料理にも使える点で、面白いと思う製品です。

今回の結論
美味しく炊ける!小型炊飯器のおすすめは結論的にこれ!!

 というわけで、前編は少量炊きの炊飯器を紹介してきました。

 最後にいつものように、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案したいと思います。


第1に、1人暮らし向けで、比較的低価格の炊飯器のなかでおすすめできる炊飯器は、

 201811181047.jpg

 【2018】

  8・アイリスオーヤマ 銘柄炊き IH 3合 RC-IE30-B
    ¥10,011 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

  8・アイリスオーヤマ 銘柄炊き IH 3合 RC-IB30-B
    ¥8,817 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.0mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:(銘柄炊き)

  評価(かため) ★★★★★
  評価(ねばり) ★★★★☆
  評価(保温性) ★★★★☆

 1万円以下で選ぶとすると、アイリスオーヤマのIH式の RC-IB30-Bでしょう。旧機種であり、デンキヤでは見かけなくなっていますが、ネットでは在庫がまだあります。

 新機種もありますが、性能差がないので、時々で安い方を選んでよいです。

 201712122258.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式で、IHヒータ2段+ふたヒーターの「3重加熱」の火力、そして、3.1mmの3層極厚火釜の採用と、「味のために絶対必要な部分」が網羅されます。

 201804041442.jpg

 炊き分けは、米の銘柄炊きが6コースと「オマケ的」ですが、炊飯を「おもしろく」してくれる点では評価できます。パンや煮込み・蒸し料理もできる機種なので、色々試せるでしょう。

 ただし、保温機能が充実しない点は、注意してください。6時間以上保温する場合はあまりおすすめしません。冷蔵庫などにマメに移し換えることができない場合は、そもそも保温機能が充実した他機種が良いでしょう。

 とはいえ、蒸し料理や、カレーなど煮込みに利用できるモードは、特に、若者世代が初めて1人暮らしをする場合には重宝すると思います。

ーーー

  201807281455.jpg

 【2017】

 7・象印 極め炊き 3合炊き NP-GH05-XT
  ¥13,900 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

  評価(かため) ★★★★★
  評価(ねばり) ★★★★☆
  評価(保温性) ★★★★★

 一方、この保温機能が、低価格でも充実するのは象印です。

 201804041451.jpg

 同社の「うるつや保温」は、重量センサーを利用して残りの米の量から、最適な温度を判定して保温してくれます。その点で「炊きたて」だけでなく「保温後のご飯」もある程度美味しく食べたいならば、こちらをおすすめします。

 201807281459.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式で、

 IH炊飯方式の火力はこちらが上で、沸騰温度の維持はより期待できます。内釜も5層の土鍋コーティングを施しており、総合能力が高い機種ですから。

 なにより、「下面のみ剛火による、かまど炊きの再現」という、明確な思想・コンセプトがある点は、評価できます。


第2に、2万円前後の信頼性の高いの炊飯器でおすすめできる炊飯器は

 201807281602.jpg

 【2018】 

 12・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE069-W
 13・三菱 炭炊釜 3.5合炊き NJ-SE069-P
  ¥17,857 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:炭炊釜
内釜厚さ:2mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

  評価(かため) ★★★★★★
  評価(ねばり) ★★★★☆
  評価(保温性) ★★★★☆

 食感の好みの違いで、「おすすめ」は、2機種あります。

 第1に、「しゃっきり」「かため」の食感が好みの方は、三菱 炭炊釜をおすすめします。

 201603191703.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯式ですが、全体で「5重」の全面加熱が可能で、火力が自慢の機種です。遠赤効果が期待できる、2.0mmの炭炊釜も採用され、IH式炊飯器の「味の決め手」になる部分は高度にまとまっています。

 一方、2万円前後となると、圧力IH炊飯器も射程に入りますが、「しゃっきり」「かため」の食感は、圧力をかけない方式の方が、一般的にできが良いです。圧力式は、どうしても「早炊き」風味になりがちなので。

 そのほか、「こしひかり」「ゆめぴりか」など銘柄ごとのお米本来の味を楽しみたい方も、IH式炊飯式が良いでしょう。

 201807281616.jpg

 炊き分け保温機能は、この機種は充実しません。ただ、超音波吸水で、「浸し時間」の時短が図れるため、炊飯に要する時間は短いです。

 その点で言えば「炊いたら食べきって、時短でまた炊く!」という使い方ができます。もちろん、冷蔵庫などで保存しても良いでしょう。

ーーーー

  201807281636.jpg

 【2018年】

 20・象印 圧力IH式 3合 NP-RL05-TA
  ¥21,880 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2017年】

 20・象印 圧力IH式 3合 NP-RK05-NZ
  ¥19,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.15気圧
内釜素材:丸厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:3段階
堅さ調整:うるつや保温

  評価(かため) ★★★★☆
  評価(ねばり) ★★★★★★
  評価(保温性) ★★★★★

 第2に、「もっちり」「やわらかい」系のお米が好きな方は、象印のNP-RLシリーズをおすすめします。

 201804041550.jpg

 炊飯方式は、この機種は圧力IH式です。

 加圧することで、「甘さ」「粘り」をよく出せるため、この食感を出す場合は重宝するでしょう。圧力は1.15気圧と弱めの機種ですが、想定「4重式」のヒーターも作用して、「お米の味を引き出す」効果が期待できます。

 炊き分けも、かため(しゃっきり)・ふつう・やわらかめの3段階で選べます。買ってみて、食感が好みでなかった場合も調整できるでしょう。

 保温機能は、「うるつや」保温機能が搭載ですので、半日以上の保温も問題ないでしょう。



第3に、3〜4万円台ほどの予算で美味しいご飯が炊ける高性能機としてオススメの炊飯器は、

 201807281755.jpg

 【2018】

 23・三菱 本炭釜 NJ-SW069-B 【黒】  
 24・三菱 本炭釜 NJ-SW069-W 【白】
  ¥51,680 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

 【2017】

 23・三菱 本炭釜 NJ-SW068-B【黒】  
 24・三菱 本炭釜 NJ-SW068-W【白】
  ¥49,014 Amazon.co.jp (11/18執筆時)  

炊飯方法:IH式
圧力炊飯:
内釜素材:本炭釜
内釜厚さ:10mm(最大
内釜保証:6年保証
保温機能:
堅さ調整:

  評価(かため) ★★★★★★★
  評価(ねばり) ★★★★☆
  評価(保温性) ★★★★☆

 この場合も、2機種の選択肢があります。

 第1に、「しゃっきり」「かため」の食感が好みの方は、三菱 本炭釜をおすすめします。

 201807281804.jpg

 炊飯方式は、普通のIH式炊飯式です。一方で、最大10mm圧の「本炭釜」は、炭素素材を職人が30日以上数度焼成して作られる「一点もの」です。

 単に「伝統工芸で素晴らしい」というわけでなく、ステンレス素材の40倍の浸透度というカーボン素材の特性をふまえて製品にしている点が評価できます。

 その上で、「5重式」の全面加熱を実現しており、レベルの高い炊飯器です。炊き分けは、「かたさ」などの指標では「未対応」で、 保温についても、低機能です。

 ただ、「お米本来の味をストイックに調理して味わいたい」というニーズをふまえると、この機種は魅力でしょう。

 やや高いですが、ネットでは型落ちが安いですし、長く使うものですから多少「良いもの」を選んでも良いでしょう。内釜の保証期間も長いです。

ーーーー

 201807281653.jpg

 【2017年】

 21・象印 極め炊き 3合 NP-RX05-TD
  ¥27,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 21・象印 極め炊き 3合 NP-RY05-TD
  ¥25,600 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH式
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:プラチナ厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:4段階
堅さ調整:うるつや保温

  評価(かため) ★★★★☆
  評価(ねばり) ★★★★★★★
  評価(保温性) ★★★★★

 第2に、「もっちり」「やわらかい」系のお米が好きな方は、象印のNP-RYシリーズをおすすめします。

  201807281658.jpg

 炊飯方式は、この機種も圧力IH式で、圧力も1.2気圧までと十分な水準です。全面加熱に対応する上で、米の甘みを引き出すプラチナ真空釜という「プラスアルファ」もあり、この価格はお手頃価格だと思います。

 炊き分けも、4段階で硬さ調節できますし、保温機能も、重量センサーを用いるうるつや保温で抜かりはないでしょう。釜のテフロン加工について3年保証が付くのも嬉しい部分です。

 新旧両機種ありますが、こちらの場合も、「やわからめ」という基準が加わったのみですので、安い方で良いと思います。


第3に、5万円前後の最高級機でオススメの機種ですが、

  201802191638.jpg

 【2017年】

 27・パナソニック おどり炊き SR-JX057-K
   ¥34,640 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 27・パナソニック おどり炊き SR-JX058-K
   ¥52,600 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH式
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:5段階
堅さ調整:

  評価(かため) ★★★★★★
  評価(ねばり) ★★★★★★
  評価(保温性) ★★★★☆

 パナソニックSR-JXシリーズ をおすすめします。

 新旧両機種ありますが、新機種は「旨み熟成浸水」という機能が付属します。ただ、これは炊飯行程のマイナーチェンジです。値下がりしている旧機種がお買得です。

 デンキヤではすでに在庫がないですが、ネットでは、在庫に多少まだ余裕があります。

 201804041700.jpg

 炊飯方式可変IH圧力式です。この場合、味を落とさず、柔軟に食感が調整できるため、「高い機種をかったが好みではなかった」という失敗を最も避けられる機種です。

 201807281919.jpg

 機能面も、1.2気圧まで加圧できる圧力機構のほか、小型機種では唯一「4段IH式」を採用し、IHヒーターによる全面加熱を実現している点に、パナソニックの「哲学」を感じます。

 ご飯の甘みも、蒸発する水蒸気を「おねば」としてご飯に還元できるため、通常の圧力IH式よりも高水準です。

 釜については「伝統工芸系」ではなく、プレス技術を高度化する方向性ですが、(あまり費用をかけず)高品質な釜を目指す方向性で、性能の良い内釜を低価格で実現できています。

 保証も3年間と長いです。

 201807281930.jpg

 炊き分けは、5段階から可能ですし、おこわを炊くコースや、玄米・雑穀米などを炊飯できるコースも付属です。

 201807281932.jpg

 Jコンセプトシリーズとして、とくにお年寄りに配慮のある機種ですので、味などの点だけでなく、文字盤や掃除の使い勝手を含めて、子育ての終わった2人世帯のご家庭に最もおすすめできる製品です。プレゼントとしても良いでしょう。

 欠点は、充実した保温機能がない点ですが、3合炊飯機という容量を考えると、この部分は度外視してもよいでしょう。

補足・その他のジャンルの炊飯器

 201712282031.jpg

 以上、今回は、3合炊きの低価格な炊飯器の話題でした。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】

3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 また、しっかり納得して選びたい方で、スペック面からの炊飯器の比較方法を、もう少し突っ込んで知りたい方は、上記7番の記事もよろしくお願いします。

 201807271603.jpg

1・新銘柄のブランド米の比較
2・コシヒカリの比較

 続いて「お米」についてです。

 このブログでは、そういったお米のうち、今年度の検定で【食味値特A評価をうけたお米】も紹介しています。興味のある方は、上のリンク記事をご覧ください。

 そのほか炊飯の味を変えることができる【市販のミネラルウォーター】については、【こちら】で、アマゾンで取り扱われている約20種類の天然水ペットボトルを比較する記事を書いています。


 

 ツインバード MR-E520W
  ¥9,965 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 また、自宅用で、玄米から毎日お米を挽きたいと思っている方、【信頼性の高い精米器】を【こちら】で紹介しています。よろしければご覧ください。

ーーーー

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (なお、今回は、前半からの続きですので、前半記事 をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 11:21 | 炊飯機

比較2018'【美味しい】一升炊きの炊飯器28機の性能とおすすめ・選び方(rice cooker-7)

【今回レビューする内容】2018年 一升炊きの大型炊飯器の性能とおすすめ:10合用・ IH・圧力IH・スチーム式: タイガー 炊きたて 機種の違いやランキング:Panasonic IHジャー炊飯器 象印 極め炊き三菱電機 炭炊釜東芝 真空IH保温釜 アイリスオーヤマ

【比較する製品型番】JPE-B180-W JKT-J180-XT JPE-A180-W JPC-B181-W JPB-G182-WA JPC-A181-WH SR-HB187-W SR-HX187-W SR-PB187-W NP-VZ18-TA NP-HG18-XA NP-ZD18-TD NP-BG18-TD NW-JA18-TA NJ-VE189-W NJ-VV189-W RC-18VRM-W RC-18VSL-RS RC-18VXL-R RC-MC10-B RC-IE10-B JPE-B181 JKT-J181-TP JPE-A181-K JPC-B182-WM JPC-A182 SR-HB188 SR-PB188-W NP-ZS18-TD NP-BH18 NW-JB18-TA RC-18VSM

今回のお題
美味しいご飯が炊ける10合炊き炊飯器のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 今日は、一升炊き炊飯器の比較です。2018年最新モデルとなる炊飯器の話になります。

  201807272215.jpg

 なお、このブログ「モノマニア」には、炊飯器について次のような記事があります。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 今回は上記4番の記事になります。

 3万円以下の予算で手に入る、8合〜10合炊きの炊飯器について書きます。

 少量炊きモデルを探している方は、お手数ですが、上記のリンク記事から、ご覧ください。

1・一升炊き炊飯器の選び方の基本!

  今回の記事では、「低価格でも美味しく炊ける」をテーマに、各社の高級炊飯機を比較していきます。 

  201807271247.jpg

 1・沸騰温度の持続性
 2・加熱方式
 3・内釜の素材と厚さ
 4・ご飯の炊き分け機能

 炊き上がりのごはん「味」で、炊飯器を選びたい場合、ポイントとなるのは、以上の4つの要素です。


 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、炊飯器のヒータは、1本だとパワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができない仕様です。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

--

 今回の記事では、「格安でもヒーターの強い機種!」を探していこうと思います。


 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、上述の沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 「3万円以下」の製品でラインナップがあるのは、次の3つです。

1・マイコン式  
 =火力が弱くムラがあり美味しくない
2・IH方式  
 =米そのもの味の個性が出やすい
3・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
4・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意

 具体的な仕組みや得意とする味の傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 

 ただし、マイコン式炊飯器(=底面に電熱線ヒータがあってそれが鍋を加熱する)と、IH式炊飯器(=鍋自体を電磁波で加熱する方式)の間では、「味の面で超えられない高い壁」があることだけ、覚えておきましょう。


 201509301809.jpg

 第3に、内釜の素材と厚さです。

内釜の厚さ」は、比較する場合、とくに重要な要素です。

 基本的に厚みがあるほど沸騰高温状況のキープが可能で、美味しいご飯が炊けます。

 しかし、3万円以下の炊飯器は、厚みを削ることで「コスト削減」している機種が多くあります。特に圧力をかけない炊飯器については、「釜の厚み=味」と言っても良いほど、重要な要素で、注意が必要です。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 3万円以下の炊飯器は、ただし、本体素材自体はあまり工夫の余地がありません。

 しかし、鍋、炭、プラチナなどのコーティング部分の材質に注目すると、機種間の機能差が分かってきます。

--

 今回の記事では、こうした釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


 201609021146.jpg

 第3に、ご飯の炊き分け機能です。 

 安い炊飯器でも、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にした炊き分け機能があります。

 高級炊飯器は、さらに、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感をも指標に加えたものがあります。

 上図のように、立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。

ーーー

  以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

2・アイリスオーヤマの炊飯器の比較

 はじめに、アイリスオーヤマの炊飯器を紹介します。

 同社は2016年から炊飯器事業への参入ですが、特徴ある機種を出しています。

 なお、以下では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していくこととします。


  

 【2018】

 1・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE10-B
  ¥12,443 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH式炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜  
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

  RC-IE10-B は、アイリスオーヤマの10合炊きの炊飯器です。

 201807281115.jpg

 炊飯方式は、IH方式です。

 IHヒーターの段数は、2段です。

 それに加えて、上図のような、ふた部分の上面ヒータ(電熱線)が補う形の構造です。圧力などは使わないものの、電熱線のみのマイコン式に較べれば格段の火力が期待できます。

 201807281236.jpg

 使われている釜は、極厚火釜 です。

 内釜の厚みは厚みも3.1mmと十分です。素材的には熱伝導性の高いステンレスを採用します。

 ただ、熱伝導性を高める銅や炭素系素材のコーティングは施さず、「格安の理由」はあります。

 アルミ2層とステンレスの総計で3層と物足りないです。

 201811180934.jpg

 ご飯の堅さは、調整できません

 ただ、「コシヒカリ・あきたこまち・つや姫・ゆめぴりか・ひとめぼれ・ヒノヒカリ」6種類のお米を炊き分ける「銘柄炊き」機能が付属します。

 合計で31種のブランドへの対応を謳いますが、他の銘柄米については、上述の6種の炊き方のいずれかに分類されます。

 ご飯の保温は、低温保存などの特定の機能はありません。このあたりは、ネックで、改善が求められるでしょう。

  お手入れ は、単純な構造の炊飯器なので、とりたてて問題は感じません。

---

 以上、アイリスオーヤマのRC-IE10-B の紹介でした。

 この機種の5.5合モデルはかなり割安なのですが、10合炊きはさほどでもありません。しかし、もう少し値下がりすると別の評価もあるでしょう。

ーーー

 

 【2018】

 3・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MC10-B
  ¥10,603 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:マイコン炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 RC-MC50-B もアイリスオーヤマの一升炊きです。

 しかし、こちらは、 火力が期待できないマイコン式炊飯器です。選ばない方が良いでしょう。

3・タイガーの一升炊き炊飯器の比較

 続いて、、タイガーの炊飯器を紹介します。


 201807271849.jpg

【2017】

 5・タイガー 炊きたて JPE-B180-W
  ¥18,300 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 5・タイガー 炊きたて JPE-B181-W
  ¥25,693 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 最初に紹介するのは、タイガー社の炊飯器「炊きたてJPE-Bシリーズの1升炊きです。

 IH式の炊飯器で日本で購入できるモデルのうち、最も値段が安いモデルの1つです。

 tuyobi_ih2.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 ヒーターの段数は、タイガーはどの機種についても非公開です。

 ただ、電熱ヒーター(シーズヒーター)は使われないため、「段数」で表現すれば、2段と推定できます。

 なお、タイガーの場合、「鍋底130度」の高温度を、熱伝導性の高い釜で全体に回すのが「効率的」と判断しています(剛火IH)。炊飯器がその再現を目指している「かまど炊きご飯」も下火のみで作りますので、「全面加熱」をしないという考えも、「納得」でしょう。

 10donabe_3sou.jpg

 使われている釜は、タイガーの「銅入り3重層釜」です。

 タイガーは、比較的安い価格帯のこの炊飯器でも、遠赤効果の高い「土鍋コーティング釜」が採用されます。ただし、釜の厚みは1.5mmで、IH炊飯器としてはかなり薄いといえます。あまり性能は高くありません。


201807271851.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。ただ、「おこげモード」が搭載され、芳ばしいおこげご飯を炊くことができます。この機能は、昔からタイガーの「売り」です。

 2018年モデルからは、「押麦」と「保ち麦」という麦3割の「麦めし」に対応します。通常の炊飯器でも炊けますが、ニオイが控えめに炊けます。健康ブームで、こうした機能は各社が競っています。なお、旧機種にも麦飯メニュー自体はありますが、細かい選択肢がありません。

 201807271854.jpg

 ご飯の保温は、つやつや保温という機能を持ちます。これは、少し低めに保温するだけの機能です。見所とは言えないでしょう。

 ただ、2018年型から内ふたの形状を見直し、表面に水分の膜を張って、保温時の乾きを防ぐ「つや艶内ふた機能が付属しました。なお、新機種と旧機種の相違点は、麦めしメニューと「ふた」の部分だけです。

  お手入れ は、IH炊飯器のため、特段面倒な手入れは不要です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたです。蒸気口は必要に応じて、汚れたら手入れすることになります。IH炊飯器は、圧力炊飯器に較べて手入れする部品の点数が少なく、内ぶたなどもフラットで掃除がしやすいです。 

---

 以上、タイガーのJPE-Bシリーズの紹介でした。

 火力は強いのですが、釜のグレードが低いのが難点です。予算が許すならば、もう少し上位の機種が良いでしょう。


  

【2016】

 6・タイガー 炊きたて JKT-J180-XT
  ¥15,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 6・タイガー 炊きたて JKT-J181-TP
  ¥20,839 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JKT-J1シリーズも、タイガーの炊飯器「炊きたて」シリーズ炊飯器です。

 新旧両機種ありますが、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。マイナーチェンジなので、安いほうで良いでしょう。

 炊飯方式は、下位機種と同じくIH炊飯です。

 そのため、ヒーターの段数や、130度の大火力などは下位機種と同じです。

 201506271537.jpg

 使われている釜も、下位機種と同じ土鍋コーティングがなされた銅入3層遠赤釜です。

 実際の土鍋ではありませんが、「遠赤効果」が期待でき、ご飯をより「ふっくら」させる効果があります。

 ただし、内釜の厚さは、下位機種同様の1.5mmで、IH炊飯器としてはかなり薄いと言えます。  

 その他、下位機種と比べると、フタが取り外して洗える点が相違点ですが、違いはこの部分に止まります。

 201609021331.jpg  

 それ以外の基本性能は、下位機種と同等です。

 ただ、こちらは面白い付加機能が付属します。「タクック」という調理用のバスケットが付属し、ご飯を炊きながら余ったスペースで炊飯と同時にロールキャベツなどの調理も可能な機能です。

 以上、JKT-J1シリーズ の紹介でした。炊飯しながら料理ができる「調理かご」が付くのが魅力です。ただ、炊飯器としての実力はさほど高くないでしょう。


 201801261908.jpg

【2017】

 7・タイガー 炊きたて JPE-A180-W 【白】
 7・タイガー 炊きたて JPE-A180-K 【黒】
  ¥17,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 7・タイガー 炊きたて JPE-A181-K 【黒】
  ¥33,209 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

  JPE-A1シリーズも、タイガーの「炊きたて」シリーズの上位機です。

 こちらも、新旧ありますが、違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。

  201709261358.jpg

 また、1つ上の上位機種との違いは「使われている釜」の部分だけです。

 こちらは、釜厚2.5mmとなり、「W銅入り5層遠赤特層釜」と内釜の名称が変わっています。

 5層コーティングで熱伝導率が高まっているほか、コーティングも、熱封中空ガラスビーズを加えた熱封土鍋コーティングに進化しています。

 その他の部分は、下位機種と同じです。ただし、調理かごを使った「タクック」は未付属です。

---

 以上、タイガーのJPE-Aシリーズの紹介でした。釜厚2.5mmに進化した点は見所です。同価格帯の他社のIH式炊飯器と比べると、やや割高感はあります。


  201807271917.jpg

【2017】

 8・タイガー 炊きたて JPC-B181-W【白】
 9・タイガー 炊きたて JPC-B181-K【黒】
  ¥33,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 8・タイガー 炊きたて JPC-B182-WM 【白】
 9・タイガー 炊きたて JPC-B182-TC 【黒】
  ¥37,900 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JPC-B1シリーズ は、タイガーの炊飯器「炊きたて」シリーズの中位機です。

 こちらは新旧両機種あります。違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」だけです。

 201609021338.jpg

 炊飯方式は、この機種からは、最大1.25気圧可変圧力IH炊飯になります。

 圧力炊飯は、鍋の中の高温状態を維持しやすく、コメのアルファ化を促す作用があります。そのため、通常のIH炊飯器よりも、コメの持つ本来の旨みを効率よく引き出すことができます。とくに、コメの甘みを引き出したい人については、圧力炊飯器がオススメです。

 より正確に言えば、この機種は、通常の圧力炊飯器ではなく、「可変圧力IH炊飯器」です。通常の圧力IHは、圧力を逃がす弁が1つです。しかし、こちらは2カ所あります。そのため、炊飯中にも圧力を可変的に切り替えられます。

 とくに炊きあがり終盤で一気に圧力を抜けるため、「中はふっくらのままで、外側にハリのあるご飯」が炊飯できます。そういった点で、タイガーの可変圧力炊飯器は、圧力炊飯器の進化形と言えます。

 ヒーターの段数は、非公開です。 

 ただ、タイガーは、「鍋底130度」の高温度と「内釜の厚み」で勝負するメーカーなので、この部分は重視しなくて良いでしょう。

 201506271537.jpg

 使われている釜は、「5層の熱封土鍋コーティング釜」です。

 こちらは、厚みが3mmとかなり厚くなっています。圧力IH炊飯器は、厚みを持たせるのが難しいのですが、たいへん健闘しています。また、フッ素加工について、3年間の内釜保証も付与されます。

 釜の形状も、熱をよりムラ無く伝えることができる構造になっています。先ほども書いたように、同じ形式の炊飯器ならば、釜の厚みが、最も味に直結する要素です。

 201807271923.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。

 「極うまモード」という、時間をかけて甘さを引き出す「プレミア炊飯器能」は付属しますが、細かい調整はできません。しかし、おこげご飯がたけるモードはこちらも搭載されます。

 一方、2018年モデルからは「麦めし」メニューに「麦がゆメニュー」追加されるほか、時間をかけた玄米の炊飯で、GABAを増量するメニューも加わりました。

 ご飯の保温 は、「つや艶内ふた」のほか、簡易的な保温機能で食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能です。

 201407041712.jpg

 お手入れは、通常のIH炊飯器に較べると洗浄するパーツの点数は多いです。しかし最近の製品は非常にお手入れ性能が向上しています。

 この機種も内ぶたに蒸気孔が付属するタイプであり、柔らかいスポンジがあれば簡単にお手入れ可能です。通常のIH炊飯器と洗う点数はほぼ同じで済みます。

---

 以上、タイガーのJPC-B1シリーズ の紹介でした。3万円を切る価格の製品としては、かけられる圧力や、丸釜の厚みの点で価値が高い機種です。

 長時間保温の機能がやや弱いのが難点ですが、ご飯を炊いた後、冷凍するなど長時間保温をしない方ならば、この機種を選ぶと良いでしょう。美味しいおこげご飯が炊けるのも魅力です。


  201807271929.jpg

【2018】

 10・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A182【各色】
   ¥45,199〜 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2017】

 10・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A181【各色】
   ¥29,480〜 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

  JPC-A1シリーズも、タイガーの炊飯器です。先ほどの機種の上位機にあたります。形状は、こちらのほうがややスリムです。

 新旧ありますが、違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。

 炊飯方式は、同じく最大1.25気圧可変圧力IH炊飯です。この点では先ほどの機種と同じです。ただし、釜包みIHという、新開発のヒータを使っているため、総合的な火力は10%向上しています。

 201611201151.jpg

 使われている釜は、新しい「熱流・熱封土鍋コーティング釜」となります。

 土鍋に近い形状を採用することで、お米の対流をより促す新構造です。ただし、新形状のためコーティングは9層となりますが、厚さは3mmと下位機種と同じです。

 その他の点は、下位機種と同じです。

---

 以上、JPC-A1シリーズの紹介でした。

 火力のアップなど、ご飯の美味しさの部分で性能がアップしている点が見所です。やや価格が高いですが、釜の厚みのほか、形状に工夫を加えた機種は、味の上であきらかに「上位」です。

 底面加熱のタイガーは内釜の性能で大きく味が変わるため、予算があれば選んでよいでしょう。

4・パナソニックの一升炊き炊飯器の比較

 続いて、パナソニック社の8合炊きの炊飯器を見ていきます。


 201801261910.jpg

【2017】

 11・Panasonic SR-HB187-W 【白】
 12・Panasonic SR-HB187-K 【黒】

  ¥21,700 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 11・Panasonic SR-HB188-W  【白】
 12・Panasonic SR-HB188-K  【黒】
  ¥27,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 SR-HBシリーズは、Panasonicの炊飯器です。1升炊きのIH式では同社で最も安い機種です。

 新機種が登場しますが、型番のみの変更です。値下がりしている旧機種がたいへんお買得です。

 201407041603.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。この点では下位機種と同じです。

 ヒーターの段数は、5段式のIHヒーターを搭載します。

 この部分は「強調」してよいこの機種の特性です。圧力は使いませんが、2万円以下では火力に相当優れるといえます。強火で一気においしいごはんを炊きあげることが可能でしょう。

 その上で、次の2つの技術も注目に値します。

 201804041205.jpg

 第1に、「酵素活性浸水技術」です。

 お米の浸水時(炊飯前半)の温度を2段階で浸水することで、米の甘みを引き出す技術です。長時間お米を水に浸す時間がなくても、美味しいお米が炊けます。

 第2に、「うま味キャッチャー」です。

 通常蒸気を通して逃げてしまう「おねば」成分を炊飯器の中に戻す仕組みです。それにより、IH数班でもお米の甘さを感じられる炊飯を実現します。

 5万円クラスの製品は、「新・酵素活性浸水」・「トルネード旨みキャッチャー」とワンランク上の機能を搭載するとはいえ、同種の技術を1万円代の炊飯器に使っている点は好感がもてます。

 201609021424.jpg

 使われている釜は、全面打ち出しのダイアモンド銅釜です。 内釜も1.7mmと十分な厚さが取られています。

 銅は熱伝導率が高い素材のため、ご飯が甘く、ふっくらたけるでしょう。「全面発熱5段IHヒーター」と合わせて、基本性能は高いハイグレード機です。

 201804041210.jpg

 ご飯の堅さは、もうひとつの注文句点です。

 銀シャリコースというプレミア炊飯器能により、米の堅さを「ふつう」「やわらかめ」から設定可能です。「かため」は選べませんが、圧力をかけない炊飯方式なので、基本的にはハリのあるご飯ですし、問題ないでしょう。 

 ご飯の保温は、食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能で、さほど高機能ではありません。

 お手入れ は、圧力炊飯器ではないのでお手入れは簡単です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたと旨みキャッチャーです。蒸気口は必要に応じて、汚れたら手入れすることになります。

---

 以上、PanasonicSR-HBシリーズの紹介でした。

 下位機種に較べると全面発熱5段IHヒーター熱伝導率の良い銅が使われており、米の味に直結する部分でたいへん優秀な機種だと思います。

 一方、圧力は使いませんが、圧力炊飯器は、「しゃっきり堅めの炊飯が苦手」なので、粘つくお米があまり好きではない方は、この機種が合いそうです。火力で十分な甘みも引き出せるでしょう。


  201807272009.jpg

【2017】

 13・パナソニック SR-HX187-W
  ¥32,000 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 13・パナソニック SR-HX188-W
  ¥36,298 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:2.3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2通り

 SR-HXシリーズは、パナソニックの中位機です。

 この製品も新旧で、基本機能の変更はないので、値段で決めて良い機種です。

 炊飯方式は、この機種もIH炊飯です。もちろん、米の甘みを引き出す酵素活性浸水技術旨みキャッチャーも採用されています。

 201807272012.jpg

 ヒーターの段数は、その一方で、「全面発熱5段IHヒーター」も採用します。さらに、こちらは、大火力おどり炊き(高速交互対流)機能が付属します。

 これは、鍋の中のコイルを高速で切り替えて、ご飯お対流を促進することで、ご飯の炊き加減を均質にする新技術です。過去には、最高級の炊飯器にだけ搭載されていた技術ですが、この価格帯にも搭載されました。

 パナソニックの「味の決め手」となる核心的技術なので、搭載は本当に魅力です。

  201609021424.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド銅釜です。ただし、内側の厚さは2.3mmとより厚くなっています。この点も、冒頭で書いたように、味の上で重要です。

 ご飯の堅さは、 「ふつう」「やわらかめ」から設定可能です。

 ご飯の保温は、この機種も、簡易的な保温機能のみ搭載です。

 お手入れは、下位機種同様に、ご飯のお釜内ぶた旨みキャッチャーを洗うだけですね。

---

 以上、PanasonicSR-HXシリーズの紹介でした。

 下位機種に較べると、従来10万円オーバーの機種のみに搭載されている大火力おどり炊き(高速交互対流)機能の搭載は大きな魅力です。

 釜の厚みも十分なので、かためのご飯が好きで、お米の味にこだわりたい方なら、この機種は特にオススメです。


  

 【2017】

 14・パナソニック SR-PB187-W
  ¥28,580 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

 【2018】

 14・パナソニック SR-PB188-W
  ¥33,507 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯  
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.8mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温
堅さ調整:2通り

  SR-PBシリーズは、3万円以内の予算で選ぶ場合、パナソニックでは最も高性能な機種です。

 この製品も新旧で、基本機能の変更はないので、値段で決めて良い機種です。

 201609021458.jpg

 炊飯方式は、タイガーの上位機のように可変圧力IH炊飯を採用します。

 ただ、かけられる気圧は1.2気圧までであり、また、また、可変制御も、1気圧(大気圧)と1.2気圧の2点での繰り返しになる点で、加圧状態で可変できるタイガーの仕組みと異なります。

 ただ、パナソニックは、高温にすると言うよりも、「米を踊らせて温度を均一にする」ために、圧力を利用しているため、一概に比較はできません。

 201609021501.jpg

 一方で、下位機種搭載のうまみキャッチャーを進化させた旨み循環タンクで「おねば」を還元する独自の仕組みを搭載します。米の甘みのを効果的に引き出せます。

 201609021457.jpg

 ヒーターの段数は、フタを含めた5段のIHヒーターで全面加熱する構造です。つまり、パナソニックの場合、圧力だけに頼らずに、あくまで「総合力で勝負」している、とも言えます。


201807272018.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド竈釜です。下位機種に比べると、厚さは1.8mmと薄いです。

 ただ、圧力IH炊飯器の場合、機構的に薄くなるのは仕方のないことで、圧力式としてはだいぶ健闘している厚みです。

 ご飯の堅さ は、「ふつう」と「もっちり」から選べます。「もっちり」という指標に変わったのは、圧力IH方式を採用するからですね。そういった特徴のご飯は得意です。

 ご飯の保温は、エコナビ保温が搭載されます。重量センサーを搭載し、お米の重量により保温温度を適切に保つ仕組みですね。3万円以上の高級機にはこれを上回る水準の製品もありますが、このグレードでは「保温に強い機種」といってよいでしょう。

 お手入れは、圧力炊飯器なので、通常の炊飯器に較べると少し手間がかかります。圧をかける関係で、ふたに調整弁があるからです。ただ、昔に較べると、取り外すパーツの点数は少なく、かなり手軽になりました。現在的に、この点で圧力IH炊飯器を敬遠する必要は感じません。

----

 以上、PanasonicのSR-PBシリーズの紹介でした。

 圧力炊飯器は、IH炊飯器に較べるとワンランク上の炊飯が可能です。ご飯の「旨み」を重視したいのならば、この機種はオススメです。

5・象印の炊飯器の比較

 ここからは象印の炊飯器を紹介します。


 

 【2018】

 15・象印 極め炊き NP-VZ18-TA
  ¥19,230 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 15・象印 極め炊き NP-VJ18-TA
  ¥18,300 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2016】

 15・象印 極め炊き NP-VQ18-TA
  ¥15,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜  
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-VZシリーズは、象印の炊飯器「極み炊き」シリーズの入門機です。現在の最新版は2018年モデルです。

 ネットでは、過去2モデルが残っていますが、2018年モデルと炊飯面での仕様は同様です。炊き込みご飯などのあとのニオイ残りを防ぐクリーニング機能は新機種だけの搭載ですが、本質的な違いではありません。

 201609021521.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。象印というと圧力IH炊飯器のイメージがありますが、下位機種は普通のIH炊飯器です。

 ヒーターの段数は、非公開です。

 おそらくIHヒーターが2段で、補助ヒータが2段となります。いずれにしても、パナソニックよりは弱いです。

 201609021523.jpg

 使われている釜は、「黒まる圧釜」です。

 特にブランド名のあるコーティングなどはなされませんが、丸底形状は米の対流を促しやすい構造です。

 ただ、釜の厚さは1.7mmです。IH炊飯器としては薄い部類といえます。このあたりは、割り引いて評価しないといけないでしょうね。

 201807272105.jpg

 ご飯の堅さは、基本的に調整のできないタイプです。IH炊飯なので、お米にハリのあるタイプの炊飯が得意でしょう。ただ、甘みを引き出す「熟成炊き」というプレミア炊飯モードは搭載されます。

 一方、タイガーのような、麦飯メニューはありませんが、熟成炊きでは、玄米のGABAを引き出すことも可能です。これは象印の機種に共通します。

 ご飯の保温は、「うるつや保温」を搭載します。パナソニックの2万円を超える機種に搭載される、エコナビ保温と同等で、温度センサーによりご飯の保温温度を調整する仕組みです。

 お手入れは、圧力炊飯器に較べて手入れする部品の点数が少なく、内ぶたなどもフラットで掃除がしやすいです。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶただけです。洗う必要のある点数の少なさで言えば、最も少なくて済む機種です。

 以上、象印のNP-VZシリーズの紹介でした。

 温度センサーを使った保温機能が付属している点が他機種に較べての大きな魅力でしょう。この機能は、他社のこの価格帯のモデルにはない機能なので、長時間保温をする人にはおすすめな機種です。一方、その他の部分は、やや「平凡」な機種です。


  

 【2016】

 16・象印 極め炊き NP-HF18-XA
  ¥18,840 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018】

 20・象印 極め炊き NP-HG18-XA
  ¥24,900 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:プラチナ厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-Hシリーズは、NP-VJシリーズの上位機にあたる炊飯器です。

 炊飯方式は、こちらもIH炊飯であり、その他の機能もほぼ下位機種と同じです。

 201509301719.jpg

 大きな相違点は、内釜です。1.7mmと同様の厚みですが、同社の「プレミア釜」であるプラチナ厚釜が採用です。

 象印によれば、プラチナコーティングすることで、中の水を弱アルカリ性にすることで、炊きあげ時の米の甘み成分(還元糖量)を15%ほどアップさせることができます。

 ご飯の堅さは、象印ではこの機種の2018年新型モデルからふつう・やわらかめ・かためと選択可能となっています。

 ただ、4段IHの採用など、その他の点では同じです。また、この値段を出せば、象印の可変圧力IHも狙えるので、あまり購買意欲は湧きません。

後編の予告
1升炊き炊飯器のおすすめは結論的にこの機種!

 以上、前編では、タイガー・パナソニック・象印・アイリスオーヤマの炊飯器を見てきました。記事はまだ後編に続きます。

  201506280928.jpg

 続く後編 では、象印の上位機種及び、日立・三菱電機・東芝の機種を紹介した後で、1万円から3万円代で購入可能な炊飯器全機種から、目的別・予算別に最もオススメでできる機種を選定していきます!

 →後編の記事は【こちら 】のリンクから!

posted by Atlas at 10:30 | 炊飯機

比較2018'【美味しい】一升炊きの炊飯器28機の性能とおすすめ・選び方(rice cooker-8)

今回のお題
美味しいご飯が炊ける一升炊き炊飯器はどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、10合炊きの炊飯器 の比較です。

 201807272215.jpg

 前回の前編では、【こちら 】では、パナソニックやタイガーなどの炊飯器を比較しました。

 今回の後編では、前編で紹介しきれなかった象印の機種などを紹介します。

 その後、全機種のうちから、Atlasのおすすめ機種!を提案していきます。

6・象印の炊飯器の比較(続き)

 後半はじめは、象印の圧力式炊飯器の紹介です。


 201807272039.jpg

 【2018】

 17・象印 極め炊き NP-ZS18-TD
  ¥27,460 Amazon.co.jp(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.15気圧
内釜素材:黒厚まる厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:2通り

   NP-ZDシリーズは、象印の炊飯器「極み炊き」シリーズの上級機です。

  201807272306.jpg

 炊飯方式は、圧力炊飯器です。

 下位機種はIH式炊飯式でしたが、この機種から「象印が得意」とする圧力炊飯となっています。

 かけられる圧力は、最大1.15気圧で、最高温度は104度です。

 これは「強圧が自慢」の象印としては「弱い」数値です。ボールは1つで、圧力の可変機構も付属しません

 ヒーターの段数は、非公開です。おそらくIHヒーターが2段で、補助的なシーズヒーターが2本だと思います。

 なお、象印の炊飯器はかける圧力はかえられます。しかし、タイガーのように、繰り返し可変する構造ではありません。

 その代わりに、気圧を1.3気圧と業界最高にすることに「こだわり」があります。その点でいっても、最高気圧の低いこの炊飯器は「イマイチ」ですね。

 adre04_image.jpg

 使われている釜は、象印では、最もランクの低い「黒まる圧釜」です。

 釜の厚さは1.7mmで、こちらも先ほどと同じです。

 pic008.jpg

 ご飯の堅さは、 一般的に、圧力炊飯器は、圧力炊飯器以外と較べた場合、お米の粘り・甘みが強調された、「ふっくら」系のご飯が得意です。

 また、この機種は、「しゃっきり」モードが搭載されており、ご飯の粘りを抑えた炊飯も可能です。ただ、上位機種のような細かい炊き加減の微調整は不可能です。  

 201807272043.jpg

 さらに、2018年モデルからは、硬さの指標として「やわらか」という、新指標も加わっています。

 ご飯の保温は、こちらも「うるつや保温」が搭載されます。底部の温度センサーで最適な温度でご飯を保存する機能です。このグレードでは、性能は良いと言えます。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。圧力炊飯器のため、蒸気口は毎回手入れが必要です。また、内ぶたは安全弁などの突起部がありますが、他社同様に、最近の圧力IH炊飯器には掃除がしやすいです。

---

 以上、  NP-ZDシリーズの紹介でした。

 格安な圧力IH炊飯器ですが、圧力の高さや、内釜のコーティングなど、価格相応の部分も目立ちます。できれば、より上位の機種のほうが良いでしょう。


  201807272047.jpg

 【2017】

 18・ 象印 極め炊き NP-BG18-TD 【茶】
 19・ 象印 極め炊き NP-BG18-WA【白】
  ¥33,899 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 18・ 象印 極め炊き NP-BH18-TA 【茶】
 19・ 象印 極め炊き NP-BH18-WA 【白】
  ¥35,870 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コートプラチナ圧釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温/保温見張り番
堅さ調整:5通り

  NP-BGシリーズは、象印の圧力IH炊飯器の中位機です。

 新旧両機種ありますが、後述するように「炊き分け」機能の点で「進化」がありました。

 201807272306.jpg

 炊飯方式は、この機種も可変機構のない圧力炊飯器です。

 かけられる圧力は、最高1.3気圧業界最高水準です。圧力IH炊飯器が得意な、もっちり、甘い系のお米の炊飯はかなり得意でしょう。

 なお、象印の場合は、圧力を一定の水準(7通り)で調整します。

 しかし、タイガーの「可変式」のように、高圧・低圧を切り替えて米を対流させる仕組みではなく、あくまで「甘さ」を引き出すための調整です。それが、象印特有の「個性」を生み出しています。

 201807272110.jpg

 IHヒーターの段数は、この機種も、4段です。

 ただ、2018年型から、このグレードにうるおい二重内ぶたが採用されます。従来より密着性が高く吹きこぼれにくいため、火力がより高く設定できています。

 201509301719.jpg  

 使われている釜は、 象印の中級クラスの炊飯器に採用されている鉄器コートプラチナ厚釜になります。

 こちらについては、先ほども紹介しましたが、米の甘み成分をアップさせる効果が期待できます。ただ、圧力IH炊飯方式を採用していることもあり、釜の厚みは1.7mmで、さほど厚いとは言えません。

  201804041230.jpg

 ご飯の堅さは、49通りの選択肢が可能です。

 「しゃっきり」「もちもち」が7段階、「かため」「やわらかめ」が7段階でそれぞれ設定できる仕組みです。

 また、前回食べたお米についての感想(柔らかすぎたなど)を入力することで、それを学習した炊飯器が、次回の炊飯に反映します。「わが家炊き」メニューと名付けられた機能です。

 これは、2018年モデルからの新機能です。とはいえ、旧機種は、「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」5通りの選択肢は可能です。

 いずれにしても、米の堅さにこだわりがある人には特にオススメできます。

 mihariban.png

 炊きあげたご飯の保温 は、下位機種にも搭載される「うるつや保温」のほか、人工知能AIとふた開閉センサーでご飯の温度をセンサーで監視する「保温見張り番」機能が追加されています。保温については下位機種よりもランクが上と言えます。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。こちらは下位機種とかわりません。圧力IH炊飯器にしては掃除がしやすいとはいえます。

---

 以上、極め炊き NP-BHシリーズの紹介でした。

 ポイントは炊きあがりの堅さ調整が容易であることでしょう。

 圧力炊飯器で、いろいろな炊き加減を試したい人はこの機種がオススメです。また、保温機能がさらに充実している点も魅力です。


  201807272101.jpg

 【2017】

 20・ 象印 極め炊き NW-JA18-TA
  ¥42,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 20・ 象印 極め炊き NW-JB18-TA
  ¥39,780 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:プラチナ圧釜
内釜厚さ:2.2mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温/保温見張り番
堅さ調整:5通り

  NP-JBシリーズは、1つ上で紹介した、 NP-BHシリーズ改良版、ないし上位機種と言うべき機種です。

 201509301719.jpg  

 下位機種との相違点は、3点です。

 第1に、内釜です。

 こちらも、鉄器コートプラチナ厚釜を採用しますが、下位機種が1.7mm厚だったのに対して、2.2mm厚と厚みが増しています。

 その点で、よりご飯の甘さ・旨みを引き立てることができます。また、大火力沸とうを搭載し、火力についても向上します。これにより対流を促して、ご飯の甘さを引き出します。

 201807272108.jpg

 第2に、炊き分け機能です。

 わが家炊きメニューが、より細かい9×9の81通りに進化しました。なお、旧機種は、49通りの炊き分けとなります。

 201807272117.jpg

 第3に、沸騰の持続性の強化です。

 その他、IHの段数は変わらないものの、豪熱沸とう(大火力)対応で、沸とう維持工程での加熱力が増加しています。ただ、この部分は、情報不足で、具体的な仕組み・効果の説明は不足しています。

 以上、象印のNP-JBシリーズの紹介でした。

 上述の3点以外は、下位機種と同じです。釜が厚くなっている点や、炊き分けが細かくなった点が魅力ですね。ただ、価格がやや高めなのが残念な部分でしょう。

2・三菱の炊飯器の比較

 続いて、三菱電機の製品です。三菱電機は面白い形の炊飯器を出しています。


 

【2018】

 21三菱電機 炭炊釜 NJ-VE189-W
  ¥26,799 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭コート2層圧釜
内釜厚さ:2.0mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

  NJ-VEシリーズ三菱電機の入門機です。

 201303031332.jpg

 炊飯方式は、IH式の炊飯器です。

 それにしては値段が高いのは、こちらは、カードリッジで蒸気化した水分を還元する「うまさカートリッジ」を使用しているからです。

 これにより、沸騰温度(100度以上)を従来タイプのIH炊飯器よりも長時間維持でき、旨みを逃さず炊きあげることが可能です。これは、ご飯のアルファ化を効果的に引き出し、圧力を使わずに「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯を実現できています。

 こちらは、圧力炊飯より新しい技術です。圧力炊飯器と較べるとより旨みを出すことが可能です。Atlasの感触としては、「しゃっきり系」「かためでハリのある」のご飯は特に得意でしょう。逆に、「ふっくら系」「甘み」を重視したい場合は、可変圧力炊飯器のほうが良いと思います。

 201811180853.jpg

 ヒーターの段数は、IHシーズヒーターを合計して「7本」との数字です。IHヒーターは下面に3段で、側面とふたに、シーズーヒータを4段搭載します。合わせて、「7重全面加熱」です。

 したがって、パナソニック同様の「火力重視」の炊飯器ですが、パナソニックは、「IHヒーターだけで5本」なので、実際の火力はパナソニックのほうが上位でしょう。

 とはいえ、三菱は、タイガーのような底面加熱を重視しつつ、パナソニックのような全面加熱も併用する、折衷的な思想を持つとも取れるでしょう。

 いずれにしても、火力は十分に期待できます。

 201609021623.jpg

 使われている釜は、三菱の「備長炭コート2層圧釜」になります。

 コーティングを炭(炭素)で行うことで熱伝導率を高め、沸騰温度を維持し、旨みを引き出す仕組みです。

 釜の厚さも2.0mm厚めで、十分です。

 201807272125.jpg

 ご飯の堅さは、「普通」「かため」「やわらかめ」の3段階の調整ができるタイプです。堅さの調整は、三菱独自の技術「可変超音波浸水」機能でなされます。

 超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができます。標準でも甘くふっくらしたご飯を炊けることを考えると、とくに、「かため」で「しゃっきり」したご飯が好みの人には、重要ですね。

 ご飯の保温は、ご飯の温度を「低め」に設定することで乾くのを防ぐ「食べ頃保温」モードが付いています。これは簡易的な機能であまり高機能ではないですね。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜と放熱板です。IH式なので洗う点数が少なく楽です。放熱板についているカードリッジは開けて洗う必要がありますが、手間はかかりません。

---

  201807272124.jpg 

 以上、 三菱電機炭炊釜 NJ-VEシリーズの紹介でした。

 超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができますので、「かため」で「しゃっきり」したご飯が好みの人にとくにオススメできます。

 また、「内蔵カードリッジ」による沸騰温度持続作用により、圧力IH炊飯器並の沸騰温度が維持できるため、「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯もたけます。ですから、日によってご飯の炊き加減を替えたい人にもおすすめできます。

 掃除が楽なので、できるだけ食器洗いに時間をかけたくない人にもおすすめできますね。ただ、他機種と同様に、食器洗い乾燥機では洗えません。


 

 【2018】

 22・三菱電機 炭炊釜 NJ-VV189-W
  ¥34,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:ダブル炭コート5層圧釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 三菱電機炭炊釜 NJ-VVシリーズは、1つ上で紹介した三菱の炭炊釜NJ-VE106の上位機種になります。

 201609021631.jpg

 下位機種と比べた場合の相違点は、内釜の素材です。こちらは、5層構造のダブル炭コート5層圧釜を採用し、釜の厚みも3.5mmと相当厚くなっています。

 特に、外装に備長炭コートが2重に掛けてあるため、さらなる遠赤効果が期待できます。ごはんをよりふっくら炊けるでしょう。

201807272127.jpg

 あとは、季節に応じたお米の水分量を反映できる、季節炊きモードが目立つくらいですね。

 以上、三菱電機炭炊釜 NJ-VVシリーズの紹介でした。下位機種との大きな違いは内釜のコーティングと厚さだけです。

 ただ、一番最初にも書きましたが、おいしいごはんを炊くためには、釜の厚みはかなり重要な要素です。そのため、3.5mmの極厚の釜を採用しているこの釜は、性能面でかなり期待できると言えます。   

 「かため」で「しゃっきり」したご飯から「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで、1万円代の普及価格帯の炊飯器よりもワンランク上の炊飯が可能といえます。   

8・東芝の炊飯器の比較

 最後に、東芝の炊飯器の比較です。同社の炊飯器は、保温機能に魅力があります。


 201811181021.jpg

 【2018】

 23・東芝 真空IH保温釜 RC-18VRM-W
 24・東芝 真空IH保温釜 RC-18VRM-RS
  ¥28,103 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 RC-VRMシリーズは、東芝の入門機です。色は、赤と白の2色展開です。

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

   201509302034.jpg  

 ヒーターの段数は、未公開です。

 ただ、東芝も、発送としてタイガーに近く、底面加熱と釜の熱伝導性を重視する設計です。

 東芝は、下面に集中的にヒーターを配置することで、かまどのように、下からの熱対流を促すことで、かくはんを促す仕組みが取られます。そのため、下面に7本のウェーブヒーター搭載します。

201506280940.jpg  

 使われている釜は、全面打ち出しの鍛造かまど銅釜です。

 釜の厚みは、底部に熱源のある関係で、鍋底だけですが釜の厚みが5mmとなります。その他の部分の数値は非開示です。

 201506280947.jpg  

 ご飯の保温は、同社の真空技術が功を奏します。

 これを強調し、この炊飯器は、真空IH炊飯器とも呼ばれます。真空を作り出せることには、いくつか効果がありますが、例えば、「真空パック」と同等の原理で、保温の際の変色を防ぐ効果があります。0.5気圧です。

 また、真空技術は、炊飯時に、お米を水に浸している際に吸水性を高める効果(真空ひたし)、逆にタイマー予約中に水を浸透しすぎないようにする効果があります。

 201811180914.jpg

 ご飯の堅さは、3通り選択できます。

 圧力を欠けない方式なので、しゃっきり系のお米が得意です。火力が強いため、甘みも期待できるでしょう。

 201811180917.jpg

 また、2018年新型モデルからは、真空αテクノロジーを活かしてごはんの甘みを増やす甘み炊きコースが新搭載されました。進化と言えますが、むしろこれ系の味がお好きならば、圧力をかける同社の上位機が良いでしょう。

 そのほか、タイガーの上位機のように、麦飯専用のコースもあります。

 お手入れは、圧力をかけない方式なので楽だと思います。

---

 以上、RC-VRMシリーズの紹介でした。

 圧力をかけないため、「もちもち」系「甘い系」の炊飯はあまり期待できません。しかし、「かため」「しゃっきり」系ならば、高レベルに炊飯できそうです。そうなるとライバルは三菱です。味の面では互角だとおもいますが、ご飯の保温を前提にするならば、東芝の機種は魅力です。


 201509302016.jpg

 【2017年】

 25・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSL-RS
 26・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSL-W  
  ¥39,650 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 25・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSM-RS
 26・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSM-W
  ¥37,680 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

  RC-10VSMは、東芝の炊飯器の中位機種です。

 この機種は、新旧両機種あります。、玄米に関するメニューが多様化した点と、甘みを強調するモードが加わりました。基本機能は変わりませんが、すでに新機種のが安いです。

 炊飯方式は、下位機種と異なり、可変圧力IH方式です。

 かけられる圧力は、1.05気圧までと、他社より相当弱いです。メーカーもこの部分をあまり強調していないように思います。

  201509302034.jpg  

 一方、下位機種同様、引き続き下面に7本のウェーブヒーターを搭載しており、むしろこの部分の火力を活かして、美味しいご飯を炊き上げる機種です。

 201707081631.jpg

 加えて、「真空技術」と「加圧技術」を応用した「真空αテクノロジー」が搭載です。

 下位機種にも同名の機能がありますが、こちらは、真空(0.5気圧)でお米を水に浸している際に、減圧・加圧を繰り返すことで浸水効果を高める点で、より高度です。

 201506280940.jpg  

 使われている釜は、先ほどと同じく、全面打ち出しの鍛造かまど銅釜です。釜の厚みも先ほどの機種と同じ仕様です。コーティングも、内枠リングの部分を除けば同じです。

 その他の点では、一つ上で見た下位機種と同じです。

 お手入れも、可変圧力式ですが、構造はさほど複雑ではありません。

----

 以上、東芝のRC-10VSMの紹介でした。

 「真空αテクノロジー」をどの程度評価するかで評価が変わりそうです。

 ただ、事前にお米を浸す時間を含めた場合の炊飯における「時短効果」は魅力です。同様の技術は、他社の超音波浸水もありますが、どちらかといえば、こちらの方が効果は高そうです。

 忙しいご家庭に向く機種と言えそうです。浸水時間も含めた炊飯時間は、(時短ではない)おすすめコースでも50分を切ります。


 201509302016.jpg

 【2017年】

   27・東芝 真空IH保温釜  RC-18VXL-R  
 28・東芝 真空IH保温釜  RC-18VXL-W
  ¥42,000 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018】

 27・東芝 真空IH保温釜  RC-18VXM-R
 28・東芝 真空IH保温釜  RC-18VXM-W
  ¥47,840 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 RC-10VXMは、東芝の炊飯器の上位機種です。

 基本的には、先ほど紹介したRC-10VSMと同じ機種です。

 201609021703.jpg

 使われている釜は、唯一の違いで、鍛造かまど本丸釜になります。こちらは熱伝導率が銅よりも優れる鉄で作られた丸釜です。下部が丸いのはかまどを摸したからで、熱対流をより促します

 ただ、価格が高いため、「3万円以下」という今回の基準では、「選外」とせざるを得ないでしょう。

今回の結論
一升炊き炊飯器のおすすめは結論的にこの機種!

 というわけで、今回は3万円台までの一升炊き炊飯器を比較しました。

 最後に、いつものように、価格別・目的別にAtlasのおすすめ機種!を提案しておきます。


  第1に、1万円台の普及価格帯の炊飯器で性能的に最もオススメできるのは、

   

 【2018】

 1・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE10-B
  ¥12,443 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH式炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.1mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 総合評価 ★★★★★

 アイリスオーヤマRC-IE10-Bでしょう。

 201807281115.jpg

 炊飯方式は、信頼性の高い「IH式炊飯器」です。これを採用する機種としては、激安です。

 持続的な沸騰温度の維持も、ふたヒーター+IH2段ヒーターを採用し、火力に配慮があります。その上で、3.1mmの厚さの極厚火釜ですから、「美味しく炊ける」要素は、1万円前後の予算で選ぶ場合、兼ね備えています。

 201811180934.jpg

 炊き分けも、簡易的ではありますが、銘柄米の炊き分けができる点で面白みがあります。

 保温面は、ただし、充実しないので、保温後のご飯の味は「あまり美味しくない」でしょう。

ーーー

 

 【2018】

 15・象印 極め炊き NP-VZ18-TA
  ¥19,230 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 15・象印 極め炊き NP-VJ18-TA
  ¥18,300 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2016】

 15・象印 極め炊き NP-VQ18-TA
  ¥15,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜  
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 一升炊きという大きさをふまえて、「朝炊いたご飯を夜も食べる」という場合は、やや高いですが、象印のNP-VJシリーズをむしろ「おすすめ」します。

 炊飯方式は、信頼性の高い「IH式炊飯器」で、多段ヒーター搭載で火力は同等でしょう。

 炊き分けは、じっくり炊く「熟成炊き」以外できませんが、ご飯の保温については、重量センサーを利用しての「うるつや保温」は30時間までの保温を可能にしています。

 その点で言えば、「炊きたて」でないご飯を含めての総合的なご飯の美味しさでは、象印だと思います。


 第2に、米粒が立った、しゃっきり系のご飯を重要視したい人におすすめの炊飯器は、

 

【2018】

 21三菱電機 炭炊釜 NJ-VE189-W
  ¥26,799 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭コート2層圧釜
内釜厚さ:2.0mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 総合評価    ★★★★★★

 三菱電機炭炊釜 NJ-VE108が良いでしょう。家族やご本人がこういった傾向が好きな場合、この炊飯器は、親和性が高いと思います。

 201303031332.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯ですが、水カードリッジ還元方式を採用する機種です。

 そのため、「米の甘み」を感じられる美味しさを得つつ、「かため」、というか、ハリのある「しゃっきり系」の炊飯に実力を発揮します。

 ヒーターも、IHヒーターとシーズヒータ合計で「5重加熱」と、パナソニックには及びませんが、「高レベル」です。包み込むような火力で美味しさを引き出すでしょう。

 201807272125.jpg 

 炊き分けも、また、超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができます。「かため」で「しゃっきり」したご飯だけでなく、「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで、ある程度幅広く対応もできます。

 保温機能は、一方、あまり充実しないです。一升炊きという大きさをふまえると、この部分の使い勝手は「イマイチ」ではあります。

 いずれにしても、圧力IHを使わず、水蒸気を還元する「内蔵カードリッジ」を使って沸騰温度持続させるという仕組みは新しく野心的なものです。

 圧力炊飯器にマンネリ感を感じている人にもおすすめできます。本体デザインも四角形と斬新で、デザイン家電として優れた製品だと思います。


 第3に、炊飯器で、ふっくら系のご飯を重要視したい方が選ぶべき上位機種は、

  201807271929.jpg

【2018】

 10・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A182【各色】
   ¥45,199〜 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2017】

 10・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A181【各色】
   ¥29,480〜 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 総合評価    ★★★★★★

 タイガー可変圧力IH炊飯器 であるJPC-A1シリーズでしょう。もちろん、値下がりしている旧機種が「おすすめ」です。

 201609021338.jpg

 炊飯方式は、最大1.25気圧可変圧力IH炊飯です。

 タイガーは圧力弁が2種ある点で、炊飯中の圧力の可変が他社より自在です。この仕組みが、米の甘みと粘りを効果的に引き出します。

 201611201151.jpg

 使われている釜も、3mmの釜の厚さを確保した「熱流・熱封土鍋コーティング釜」 です。

 タイガーは底面加熱で、内釜で熱を全体に伝える方式なので、この部分はとくに重要です。下位機種もありますが、十分な効果が期待できそうなのは、やはりこちらの機種です。

 201807271851.jpg

 ご飯の炊き分けは、あまり楽しめない機種ですが、その代わりに「麦飯メニュー」と「玄米系」に強いため、健康のために、こうしたご飯も炊こうという方には、より「おすすめ」できます。

 また、おこげご飯がたけるモードは、タイガーが最初に開発した機能ですが、レパートリーを増やすという意味で面白いです。

 保温機能は、一方、あまり充実しないので、冷蔵庫や冷凍庫を上手く使う必要はあるでしょう。

ーーー

  

 【2017】

 14・パナソニック SR-PB187-W
  ¥28,580 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

 【2018】

 14・パナソニック SR-PB188-W
  ¥33,507 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯  
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.8mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温
堅さ調整:2通り

 一方、一升炊きという大きさをふまえて「保温機能」を重視するならば、パナソニックのSR-PBシリーズでしょう。

 保温機能は、エコナビ保温対応で、重量センサーを利用して、「加熱しすぎず」保温ができる機種です。その点で言えば、炊きたてではないご飯の味は、こちらの方が「保証」できます。

 201609021458.jpg

 炊飯方式は、最大1.2気圧可変圧力IH炊飯です。圧力を利用するため、ふっくら系・粘り系は得意です。しゃっきり系も、パナソニックの型式の可変圧力ならば、割と高レベルにこなしてくれるでしょう。

 火力についても、パナソニックの5段IH式による全面加熱は、強力無比と言えます。

 やや高いですが、うまみキャッチャーなど、独自の仕組みも面白く、ご飯の甘みも期待できます。

 炊き分けも、「ふつう」と「もっちり」から選べます。

 いずれにしても、ふっくら系・粘り系は得意ですから、その上で「長時間保温」するならば、この機種でしょう。


 第4に、大型炊飯器で、長時間保温と時短炊飯が両立する機種は、

  201509302016.jpg

 【2017年】

 25・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSL-RS
 26・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSL-W  
  ¥39,650 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018年】

 25・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSM-RS
 26・東芝 真空IH保温釜 RC-18VSM-W
  ¥37,680 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 総合評価    ★★★★★★

 東芝の炊飯器の中位機種となるRC-VSMシリーズが良いでしょう。マイナーチェンジなので旧機種で構いません。

 201509302034.jpg  

 炊飯方式は、タイガー同様、可変圧力IH方式です。

 その上で、下面に7本のウェーブヒーターを搭載し、かまどのように、強火で炊き上げる構造です。ご飯の味は、3万円前後の機種としても「期待値が高い」です。

 底面5mmの鍛造かまど銅釜も、迫力があります。

 201707081631.jpg

 一方、「忙しいご家庭」によい機能として、「真空技術」と「加圧技術」を応用した「真空αテクノロジー」は強調できます。

 お米をといだあとの浸水時間が、真空(0.5気圧)により大幅に節約できます。そのため、浸水まで含めた場合の炊飯時間は、他社機よりもだいぶ短く「炊飯の時短効果」が期待できます。

 他社機でも「早炊き機能」はありますが、味の犠牲を伴わないという点で、この機種は優れるでしょう。

 201506280947.jpg  

 保温機能は、真空を利用して、ご飯の鮮度を最大40時間保存できるため、やはり、この部分も忙しいご家庭に向くと思います。他社の重量センサーを使った本機能は「もって30時間」です。変色についても、真空を利用するこの機種のほうが期待値は高いです。

 とりあえず、「炊きたてのご飯」が美味しい機種は他にもありますが、「保温したご飯」が美味しい大型炊飯器は少なく、貴重だと思います。選んで良いでしょう!

補足・その他のジャンルの炊飯器

 201712282031.jpg

 以上、今回は、10合の低価格な炊飯器の話題でした。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】

3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 なお、もう少し高級な製品と比較されたい場合は、上記5番の記事をご覧ください。

 また、しっかり納得して選びたい方で、スペック面からの炊飯器の比較方法を、もう少し突っ込んで知りたい方は、上記7番の記事もよろしくお願いします。

 201807271603.jpg

1・新銘柄のブランド米の比較
2・コシヒカリの比較

 続いて「お米」についてです。

 このブログでは、そういったお米のうち、今年度の検定で【食味値特A評価をうけたお米】も紹介しています。興味のある方は、上のリンク記事をご覧ください。

 そのほか炊飯の味を変えることができる【市販のミネラルウォーター】については、【こちら】で、アマゾンで取り扱われている約20種類の天然水ペットボトルを比較する記事を書いています。


 

 ツインバード MR-E520W
  ¥9,665 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

 また、自宅用で、玄米から毎日お米を挽きたいと思っている方、【信頼性の高い精米器】を【こちら】で紹介しています。よろしければご覧ください。

ーーーー

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (なお、今回は、前半からの続きですので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 10:29 | 炊飯機

比較2018'【高品質で安い】5合炊きの炊飯器33機の性能とおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】2018年 最新5合炊き炊飯器の性能とおすすめ・選び方(5.5合炊き):新製品と型落ち激安品::IH炊飯器・圧力IH・スチーム式炊飯器 機能の違いや人気ランキング・アイリスオーヤマ・タイガー 炊きたて 象印 極め炊き Panasonic IHジャー炊飯器三菱電機 炭炊釜 東芝 真空IH保温釜

【比較する製品型番】 RC-MA50-B RC-PA50-B RC-IB50-B RC-IE50-B JPE-B100-W JKT-J100-XT JPE-A100-W JPC-B101-W JPC-A101-WH SR-FD107-W SR-FC107-K SR-HB107-W SR-HX107-W SR-PB107-W NP-VZ10-TA NP-HG10-XA NP-ZD10-TD NP-BG10-TD NW-JA10-TA NJ-VE109-W NJ-VV109-W RC-10VRM-W RC-10VSM-RS RC-10VXM-RS RC-IC50-W JPE-B101-W JKT-J101-XT JPE-A101-WJ PC-A102 SR-FD108 SR-HB108-W SR-HX108-W SR-PB108-W NP-ZS10-TD NP-BH10-TA NW-JB10-TA

今回のお題
上手に炊ける!5合炊き炊飯器のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、5.5合炊きの家庭用炊飯器の比較をします。

 201807272215.jpg

1・5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
2・5合炊きの高級炊飯器【3万円〜】

 今回は、「1万円から3万円代の5合炊き(5.5合炊き)炊飯器」を比較し、「安くても美味しく炊ける」炊飯器を提案します。

 実売価格で「3万円以上」の高級モデルは、【高級炊飯機の比較記事】で別にに紹介しました。

 201807271247.jpg

 以下では、いつものように、各機種を比較し、最後に「結論」として、Atlasのおすすめ機種!を提案する形式で書いていきます。

ーーー

1・5合炊きの高級炊飯器【3万円〜】
2・5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
6・糖質カット/麦向き炊飯器

 なお、今回の記事は、このブログの炊飯器比較シリーズの1つとして書きました。

1・5合炊き炊飯器の選び方の基本!

  今回の記事では、「低価格でも美味しく炊ける」をテーマに、各社の炊飯機を比較していきます。 

 201807271035.jpg

 1・沸騰温度の持続性
 2・加熱方式
 3・内釜の素材と厚さ
 4・ご飯の炊き分け機能

 炊き上がりのごはん「味」で、炊飯器を選びたい場合、ポイントとなるのは、以上の4つの要素です。


 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、ヒーター1本ではパワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができないといえます。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

--

 今回の記事では、「格安でもヒーターの強い機種!」を探していこうと思います。


 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、上述の沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 「3万円以下」の製品でラインナップがあるのは、次の3つです。

1・マイコン式  
 =火力が弱くムラがあり美味しくない
2・IH方式  
 =米そのもの味の個性が出やすい
3・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
4・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意

 具体的な仕組みや得意とする味の傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 

 ただし、マイコン式炊飯器(=底面に電熱線ヒータがあってそれが鍋を加熱する)と、IH式炊飯器(=鍋自体を電磁波で加熱する方式)の間では、「味の面で超えられない高い壁」があることだけ、覚えておきましょう。


 201509301809.jpg

 第3に、内釜の素材と厚さです。

内釜の厚さ」は、比較する場合、とくに重要な要素です。

 基本的に厚みがあるほど沸騰高温状況のキープが可能で、美味しいご飯が炊けます。

 しかし、3万円以下の炊飯器は、厚みを削ることで「コスト削減」している機種が多くあります。特に圧力をかけない炊飯器については、「釜の厚み=味」と言っても良いほど、重要な要素で、注意が必要です。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 3万円以下の炊飯器は、ただし、本体素材自体はあまり工夫の余地がありません。

 しかし、鍋、炭、プラチナなどのコーティング部分の材質に注目すると、機種間の機能差が分かってきます。

--

 今回の記事では、こうした釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


 201609021146.jpg

 第4に、ご飯の炊き分け機能です。

 安い炊飯器でも、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にした炊き分け機能があります。

 高級炊飯器は、さらに、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感をも指標に加えたものがあります。

 上図のように、立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。

ーーー

  以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

2・アイリスオーヤマの炊飯器

 201807271820.jpg

 はじめに、日本の家電メーカーであるアイリスオーヤマの炊飯器を紹介します。

 なお、以下では、オススメできるポイントを赤字で、イマイチな点を青字で記していきます。


  201807271825.jpg

 【2017】

 1・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IB50-B
 1・アイリスオーヤマ 炊飯器 ERC-IB50
  ¥9,798 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

 【2018】

 2・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-IE50-B
  ¥11,480 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

炊飯方法:IH式炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:極厚火釜
内釜厚さ:3.0mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 RC-IE50シリーズ は、アイリスオーヤマの炊飯器です。

 同社は、2016年からの炊飯器への参入です。報道されましたが、経営危機時だった際に、シャープの技術者を受け入れて、白物家電の開発力を強化したそうです。

 なお、白色モデルは「Amazonの限定色」です。また、2017年旧型モデルが(ネットでは)多く残っています。新旧の違いは本体の外観デザインの改良にとどまるため、基本的には値段で旧機種を選んで問題ないでしょう。

 201807271826.jpg

 アイリスオーヤマは、面白い炊飯器を多く企画していますが、こちらは、「銘柄炊き分け」という独自色を打ち出したモデルです。

 201804041140.jpg

 炊飯方式は、IH方式です。

 IHヒーターの段数は、2段です。

 それに、上面の電熱線ヒータが補う形です。圧力などは使わないものの、マイコン式に較べて十分な火力が期待できます。

1万円以下の本体価格と考えれば、コスパは非常に良いと言えます。

 201807281236.jpg

 使われている釜は、極厚火釜 です。

 内釜の厚みは厚みも3.1mmと十分です。素材的には熱伝導性の高いステンレスを採用します。

 ただ、熱伝導性を高める銅や炭素系素材のコーティングは施さず、「格安の理由」はあります。

 アルミ2層とステンレスの総計で3層と物足りないです。

 201807271821.jpg

 ご飯の堅さは、調整できません

 ただ、「コシヒカリ・あきたこまち・つや姫・ゆめぴりか・ひとめぼれ・ヒノヒカリ」6種類のお米を炊き分けるボタンが付属します。他の銘柄米については、説明書に「どの米のモードが適しているか」の記載があります。

 ご飯の保温は、低温保存などの特定の機能はありません。

  お手入れ は、単純な構造の炊飯器なので、とりたてて問題は感じません。

---

 以上、アイリスオーヤマのRC-IE50の紹介でした。1万円以下の製品として、IH式を採用する点は魅力でしょう。他社よりも数千円安い水準でIH式が販売できるのは、同社の「強み」です。

 ただ、「味を期待」して買う場合、内釜の層やコーティングの部分に多少値段が見えています。安くて良い機種ではありますが、炊飯器は長く使うものですし、「こだわる」ならば、もう少し上位の製品でも良いでしょう。

 アイリスオーヤマからも上位機種が出ています。

ーーー

 201807271832.jpg

 【2016】

 3・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MA50-B
 3・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MA50AZ-B
  ¥7,051 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

 【2018】

 4・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MC50-B
  ¥8,976 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

 なお、似た形・型番の機種として、RC-MA50-Bが発売されてします。【Amazonの限定色】もあります。

 しかし、こちらについては、火力が期待できないマイコン式炊飯器ですので、選択肢に加える必要はないでしょう。

ーーー

 201807271837.jpg

 【2017】

 6・アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き RC-IC50-W
  ¥18,849 Amazon.co.jp(7/27執筆時)

 一方、同系統の「上位機」としてRC-IC50-Wがあります。

 201807271844.jpg

 こちらはIH式炊飯器ですが、スケール機能が内蔵し、利用する水量をユーザーが調整できる仕様です。

 米の銘柄によって「おすすめ水量が異なる」という理由です。ただ、水分量は、時期や精米からの日にちで変わるため、Atlasとしては「あれば便利」程度の印象です。

 むしろこの値段を出すならば、次に紹介する同社の機種のほうが「味の面」でおすすめです。


 201807271834.jpg

 【2017】

 5・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-PA50-B
  ¥14,800 Amazon.co.jp
(7/27執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:極厚銅釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:対応(6通り)

 RC-PA50-B は、アイリスオーヤマの炊飯器の最上位モデルです。こちらは2017年モデルが最新です。

 201712121937.jpg

 炊飯方式は、圧力IH炊飯になります。

 かけられる圧力は、最大1.25気圧です。これは、他社の格安機に比べての優秀な数値で、釜の中を105度まで高められる性能を持ちます。

 IHヒーターの段数は、2段です。IHヒーター式を2段と、電熱線のふたヒーターという構成です。

 火力・圧力は、お米の甘みを引き出すのに欠かせないと言えます。そのためる、この機種は、下位機種とは段違いの実力を持つ機種と言えそうです。

 201804041149.jpg

 使われている釜は、極厚胴釜です。

 圧力式を採用する機種は、総じて釜の厚みが薄くなります。

しかし、アイリスオーヤマの場合は、3.0mmという厚さを維持しており、同価格帯の他社の炊飯器よりも、味は期待できそうです。一方、アルミ2層とステンレス槽という構造は、下位機と同様ですね。

 201712121948.jpg

 ご飯の堅さは、堅さの指標ではないですが、おむすび用の「粘り気の少なめのご飯」、カレー用の「しゃっきりご飯」、冷凍ご飯に向く「ふんわりご飯」など、6種の炊き分けに対応します。

 2万円以下の価格の製品で、これほど選択肢のある機種は珍しく、その点でもお買得です。また、食物繊維を多めに残す「食物繊維モード」を搭載するという発想はユニークですね。

 その上で、アイリスオーヤマの「売り」である、お米の品種による銘柄炊き分けに対応するわけであり、この価格帯では「楽しめる」炊飯器と言えます。

 ご飯の保温は、一方で、多少弱い部分で、こちらも低温保存などの特定の機能はありません。先ほど書いたような、「冷凍ご飯モードで冷凍保存させておいてほしい」というのが、メーカーの要望かもしれません。

  お手入れ は、圧力炊飯器の場合、それ以外の方式に比べて弁がある分、一手間かかります。ただ、最近の圧力炊飯器は構造が単純化してきており、この部分は大きな弱点にはならないでしょう。

ーー

 以上、アイリスオーヤマのRC-PA50-B の紹介でした。

 こちらは、2018年シーズンにおいて、他社より12月という遅めの発表の製品でしたが、この価格帯で、圧力IHを採用し、釜の厚みをキープし、複数の炊き分けにも対応させたのは、高く評価できます。

 味については、今年度新開発の製品なので、しっかり試食してから改めて追記します。ただ、スペック的に非常に優れており、Atlas的には、かなり期待している機種です。

3・タイガーの炊飯器の比較

 続いて、タイガーの5合炊き機種を紹介します。


 201807271849.jpg

【2017】

 6・タイガー 炊きたて JPE-B100-W
  ¥18,433 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018】

 6・タイガー 炊きたて JPE-B101-W
  ¥20,000 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 最初に紹介するのは、タイガー社の炊飯器「炊きたてJPE-Bシリーズです。

 IH式の炊飯器で日本で購入できるモデルのうち、最も値段が安いモデルの1つです。

 tuyobi_ih2.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 ヒーターの段数は、タイガーはどの機種についても非公開です。ただ、電熱ヒーター(シーズヒーター)は使われないため、「段数」で表現すれば、2段と推定できます。

 なお、タイガーの場合、「鍋底130度」の高温度を、熱伝導性の高い釜で全体に回すのが「効率的」と判断しています(剛火IH)。炊飯器がその再現を目指している「かまど炊きご飯」も下火のみで作りますので、「全面加熱」をしないという考えも、「納得」でしょう。

 10donabe_3sou.jpg

 使われている釜は、タイガーの「銅入り3重層釜」です。

 タイガーは、比較的安い価格帯のこの炊飯器でも、遠赤効果の高い「土鍋コーティング釜」が採用されます。ただし、釜の厚みは1.5mmで、IH炊飯器としてはかなり薄いといえます。あまり性能は高くありません。


201807271851.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。ただ、「おこげモード」が搭載され、芳ばしいおこげご飯を炊くことができます。この機能は、昔からタイガーの「売り」です。

 2018年モデルからは、「押麦」と「保ち麦」という麦3割の「麦めし」に対応します。通常の炊飯器でも炊けますが、ニオイが控えめに炊けます。

 健康ブームで、こうした機能は各社が競っています。ただ、効果は高いものの、味の面で普通に炊くと美味しいとは言えない「麦」に大きく注目しているのは、タイガーの独自性です。なお、旧機種にも麦飯メニュー自体はありますが、細かい選択肢がありません。

 201807271854.jpg

 ご飯の保温は、つやつや保温という機能を持ちます。これは、少し低めに保温するだけの機能です。見所とは言えないでしょう。

 ただ、2018年型から内ふたの形状を見直し、表面に水分の膜を張って、保温時の乾きを防ぐ「つや艶内ふた機能が付属しました。なお、新機種と旧機種の相違点は、麦めしメニューと「ふた」の部分だけです。

  お手入れ は、IH炊飯器のため、特段面倒な手入れは不要です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたです。蒸気口は必要に応じて、汚れたら手入れすることになります。IH炊飯器は、圧力炊飯器に較べて手入れする部品の点数が少なく、内ぶたなどもフラットで掃除がしやすいです。 

 以上、タイガーのJPE-Bシリーズの紹介でした。火力は強いのですが、釜のグレードが低いのが難点です。予算が許すならば、もう少し上位の機種が良いでしょう。


  201807271858.jpg

 【2016】

 7・タイガー 炊きたて JKT-J100-XT  
  ¥12,780 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018】

 7・タイガー 炊きたて JKT-J101-XT   
  ¥15,780 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:1.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JKT-J1シリーズも、タイガーの炊飯器「炊きたて」シリーズ炊飯器です。

 新旧両機種ありますが、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。マイナーチェンジなので、安いほうで良いでしょう。

 炊飯方式は、下位機種と同じくIH炊飯です。

 そのため、ヒーターの段数や、130度の大火力などは下位機種と同じです。

 201506271537.jpg

 使われている釜も、下位機種と同じ土鍋コーティングがなされた銅入3層遠赤釜です。

 実際の土鍋ではありませんが、「遠赤効果」が期待でき、ご飯をより「ふっくら」させる効果があります。

 ただし、内釜の厚さは、下位機種同様の1.5mmで、IH炊飯器としてはかなり薄いと言えます。  

 その他、下位機種と比べると、フタが取り外して洗える点が相違点ですが、違いはこの部分に止まります。

 201609021331.jpg  

 それ以外の基本性能は、下位機種と同等です。

 ただ、こちらは面白い付加機能が付属します。「タクック」という調理用のバスケットが付属し、ご飯を炊きながら余ったスペースで炊飯と同時にロールキャベツなどの調理も可能な機能です。

---

 以上、JKT-J1シリーズ の紹介でした。

 炊飯しながら料理ができる「調理かご」が付くのが魅力です。ただ、炊飯器としての実力はさほど高くないでしょう。


 201801261908.jpg

【2017】

 8・タイガー 炊きたて JPE-A100-W【白】
 8・タイガー 炊きたて JPE-A100-K 【黒】
  ¥17,038 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018】

 8・タイガー 炊きたて JPE-A101-K 【黒】
  ¥23,980 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:

  JPE-A1シリーズも、タイガーの「炊きたて」シリーズの上位機です。こちらも、新旧ありますが、違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。

  201709261358.jpg

 また、1つ上の上位機種との違いは「使われている釜」の部分だけです。

 こちらは、釜厚2.5mmとなり、「W銅入り5層遠赤特層釜」と内釜の名称が変わっています。

 5層コーティングで熱伝導率が高まっているほか、コーティングも、熱封中空ガラスビーズを加えた熱封土鍋コーティングに進化しています。

 その他の部分は、下位機種と同じです。ただし、調理かごを使った「タクック」は未付属です。

---

 以上、タイガーのJPE-Aシリーズの紹介でした。釜厚2.5mmに進化した点は見所です。同価格帯の他社のIH式炊飯器と比べると、やや割高感はあります。


  201807271917.jpg

【2017】

 9・タイガー 炊きたて JPC-B101-W【白】
 10・タイガー 炊きたて JPC-B101-K【黒】
  ¥21,522 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018】

 9・タイガー 炊きたて JPC-B102-WM 【白】
 10・タイガー 炊きたて JPC-B102-TC 【黒】
  ¥29,200 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:土鍋コーティング釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JPC-B1シリーズ は、タイガーの炊飯器「炊きたて」シリーズの中位機です。

 こちらは新旧両機種あります。違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」だけです。

 201609021338.jpg

 炊飯方式は、この機種からは、最大1.25気圧可変圧力IH炊飯になります。

 圧力炊飯は、鍋の中の高温状態を維持しやすく、コメのアルファ化を促す作用があります。そのため、通常のIH炊飯器よりも、コメの持つ本来の旨みを効率よく引き出すことができます。とくに、コメの甘みを引き出したい人については、圧力炊飯器がオススメです。

 より正確に言えば、この機種は、通常の圧力炊飯器ではなく、「可変圧力IH炊飯器」です。通常の圧力IHは、圧力を逃がす弁が1つです。しかし、こちらは2カ所あります。そのため、炊飯中にも圧力を可変的に切り替えられます。

 とくに炊きあがり終盤で一気に圧力を抜けるため、「中はふっくらのままで、外側にハリのあるご飯」が炊飯できます。そういった点で、タイガーの可変圧力炊飯器は、圧力炊飯器の進化形と言えます。

 ヒーターの段数は、非公開です。 

 ただ、タイガーは、「鍋底130度」の高温度と「内釜の厚み」で勝負するメーカーなので、この部分は重視しなくて良いでしょう。

 201506271537.jpg

 使われている釜は、「5層の熱封土鍋コーティング釜」です。

 こちらは、厚みが3mmとかなり厚くなっています。圧力IH炊飯器は、厚みを持たせるのが難しいのですが、たいへん健闘しています。また、フッ素加工について、3年間の内釜保証も付与されます。

 釜の形状も、熱をよりムラ無く伝えることができる構造になっています。先ほども書いたように、同じ形式の炊飯器ならば、釜の厚みが、最も味に直結する要素です。

 201807271923.jpg

 ご飯の堅さは、調整のできないタイプです。

 「極うまモード」という、時間をかけて甘さを引き出す「プレミア炊飯器能」は付属しますが、細かい調整はできません。しかし、おこげご飯がたけるモードはこちらも搭載されます。

 一方、2018年モデルからは「麦めし」メニューに「麦がゆメニュー」追加されるほか、時間をかけた玄米の炊飯で、GABAを増量するメニューも加わりました。

 ご飯の保温 は、「つや艶内ふた」のほか、簡易的な保温機能で食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能です。

 201407041712.jpg

 お手入れは、通常のIH炊飯器に較べると洗浄するパーツの点数は多いです。しかし最近の製品は非常にお手入れ性能が向上しています。

 この機種も内ぶたに蒸気孔が付属するタイプであり、柔らかいスポンジがあれば簡単にお手入れ可能です。通常のIH炊飯器と洗う点数はほぼ同じで済みます。

----

 以上、タイガーのJPC-B1シリーズ の紹介でした。

 3万円を切る価格の製品としては、かけられる圧力や、丸釜の厚みの点で価値が高い機種です。

 長時間保温の機能がやや弱いのが難点ですが、ご飯を炊いた後、冷凍するなど長時間保温をしない方ならば、この機種を選ぶと良いでしょう。美味しいおこげご飯が炊けるのも魅力です。


  201807271929.jpg

【2017】

 11・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A101【各色】
   ¥25,412 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018】

 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【白】
 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【赤】
 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【黒】
   ¥34,980 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JPC-A1シリーズも、タイガーの炊飯器です。先ほどの機種の上位機にあたります。形状は、こちらのほうがややスリムです。

 新旧ありますが、違いはやはり、「つや艶内ふた」と「麦飯メニュー」の追加だけです。

 炊飯方式は、同じく最大1.25気圧可変圧力IH炊飯です。この点では先ほどの機種と同じです。ただし、釜包みIHという、新開発のヒータを使っているため、総合的な火力は10%向上しています。

 201611201151.jpg

 使われている釜は、新しい「熱流・熱封土鍋コーティング釜」となります。

 土鍋に近い形状を採用することで、お米の対流をより促す新構造です。

 厚さは3mmと下位機種と同じです。しかし、コーティングは9層となり、表面のフッ素加工の下に複数の中空層があるため、蓄熱性が高く、湯の対流を促進します。3年間の内釜保証も付与されます。

 その他の点は、下位機種と同じです。

----

 以上、JPC-A1シリーズの紹介でした。

 ポイントは「熱流・熱封土鍋コーティング釜」という利用されている釜の品質の高さです。タイガーの炊飯器は、底面加熱を重視する、その仕組み上、内釜の性能(熱伝導性)は他社より重要です。

 やや価格が高いですが、釜の形状に工夫を加えた機種は、味の上であきらかに「上位」です。底面加熱のタイガーは内釜の性能で大きく味が変わるため、予算があれば選んでよいでしょう。

4・パナソニックの炊飯器の比較

 続いて、ここからは、パナソニック社の5.5合炊きの炊飯器を見ていきます。


 201804041154.jpg

【2017】

 13・Panasonic SR-FD107-W  
  ¥18,332 Amazon.co.jp (11/18執筆時)
 14・Panasonic SR-FC107-K
  ¥16,033 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 13・Panasonic SR-FD108-T   
  ¥17,350 Amazon.co.jp (11/18執筆時)
 14・Panasonic SR-FC108-K
  ¥22,148 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 PanasonicSR-FDシリーズは、パナソニックのIH式ではも安いモデルです。

 2種類ありますが、黒モデルは、色が異なるほか、内装にステンレスを使っており、通常フレームの白モデルよりも拭きやすい点が相違点です。

 また、2018年新モデルが9月に出ます。ただ、性能は同等で、型番のみの変更です。新旧問わず、価格差を考えて、安い方を購入して構いません。

 201804041157.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。

 柔らかく、ふっくらとした炊飯は圧力IH炊飯器に負けますが、しっかりと、米の弾力を感じる炊飯は、割と得意です。

 ヒーターの段数は、2段です。

 アイリスオーヤマと同じですが、ふたヒーターと側面ヒータをダブルで搭載するため、総合的な火力は、パナソニックが上位でしょう。1万円前後で買えるIH式としては優秀です。

 その上で、次の2つの技術も注目に値します。

 201804041205.jpg

 第1に、「酵素活性浸水技術」です。

 お米の浸水時(炊飯前半)の温度を2段階で浸水することで、米の甘みを引き出す技術です。長時間お米を水に浸す時間がなくても、美味しいお米が炊けます。

 第2に、「うま味キャッチャー」です。

 通常蒸気を通して逃げてしまう「おねば」成分を炊飯器の中に戻す仕組みです。それにより、IH炊飯でもお米の甘さを感じられる炊飯を実現します。

 3万円以上する新機種は、「新・酵素活性浸水」・「トルネード旨みキャッチャー」とワンランク上の機能を搭載するとはいえ、同種の技術を1万円代の炊飯器に使っている点は好感がもてます。

  201609021424.jpg

 使われている釜は、ダイヤモンド銅釜です。銅は熱伝導性が高いので、お米の対流がより促されるでしょう。

 また、表面にパナソニック独自のダイヤモンド・コーティングがなされています。土鍋コーティングにせよ、ダイアモンドにせよ、炭素系のコーティングは熱伝導率を高めるので、ふっくらしたご飯を炊くのに有効です。

 ただし、釜の厚みは1.7mmとそれなりの厚みです。もちろん、3.1mm圧のアイリスオーヤマに優位性があります、が、タイガーの下位機よりは厚みはあります。

 ご飯の堅さは、基本的に調整のできないタイプです。ただ、通常よりもご飯が早く炊ける「早炊きコース」を用いた場合、通常よりやや堅めにご飯を炊くことは可能です。

 ご飯の保温は、 いきいき保温という機能を持ちます。こちらも簡易的な保温機能であり、食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能です。また、ご飯の「再加熱」機能も付きます。いずれにしても、簡易的なレベルに止まります。

 お手入れは、簡単です。 洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたです。蒸気口は必要に応じて、汚れたら手入れすることになります。ただし、「旨みキャッチャー」が付いている分、「蒸気ふた」も洗わないといけません。その点で、タイガーに較べれば洗うパーツが1つ多いといえます。

---

 以上、PanasonicSR-FDシリーズの紹介でした。IH炊飯器としてのかなり格安なモデルの1つです。

 しかし、酵素活性浸水技術や、うま味キャッチャーなどの独自技術が取り入れられているなど、性能面でも期待できる機種です。

 釜の厚みはアイリスオーヤマに負けますが、ヒーターの数などの加熱力や、うま味キャッチャーの搭載など、独自性が多い点では、パナソニックが優るでしょう。



 201801261910.jpg

【2017】

 15・Panasonic SR-HB107-W 【白】
 16・Panasonic SR-HB107-K 【黒】
  ¥17,682 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 15・Panasonic SR-HB108-W 【白】
 16・Panasonic SR-HB108-K 【黒】
  ¥25,684 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2通り

 SR-HBシリーズは、上で紹介した機種の上位機種にあたります。

 新機種が登場しますが、こちらも型番のみの変更です。値下がりしている旧機種がたいへんお買得です。

 201407041603.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。この点では下位機種と同じです。

 ヒーターの段数は、しかしながら、下位機種の2.5倍にあたる、5段式のIHヒーターを搭載します。

 この部分は「強調」してよいこの機種の特性です。圧力は使いませんが、2万円以下では火力に相当優れるといえます。強火で一気においしいごはんを炊きあげることが可能でしょう。

 なお、安価で火力の弱いシーズーヒータを併用せず、IHヒーターだけで、全面加熱を実現しているのは、パナソニックのみです。火力の点では秀でるメーカーです。

 201609021424.jpg

 使われている釜は、全面打ち出しのダイアモンド銅釜です。 内釜も1.7mmと十分な厚さが取られています。

 銅は熱伝導率が高い素材のため、ご飯が甘く、ふっくらたけるでしょう。「全面発熱5段IHヒーター」と合わせて、基本性能は高いハイグレード機です。

 201804041210.jpg

 ご飯の堅さは、もうひとつの注文句点です。

 銀シャリコースというプレミア炊飯器能により、米の堅さを「ふつう」「やわらかめ」から設定可能です。「かため」は選べませんが、圧力をかけない炊飯方式なので、基本的にはハリのあるご飯ですし、問題ないでしょう。 

 ご飯の保温は、食べごろ温度より少し低めに保温するだけの機能で、さほど高機能ではありません。

 お手入れ は、圧力炊飯器ではないのでお手入れは簡単です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたと旨みキャッチャーです。蒸気口は必要に応じて、汚れたら手入れすることになります。

---

 以上、PanasonicSR-HBシリーズの紹介でした。

 下位機種に較べると全面発熱5段IHヒーター熱伝導率の良い銅が使われており、米の味に直結する部分でたいへん優秀な機種だと思います。

 一方、圧力は使いませんが、圧力炊飯器は、「しゃっきり堅めの炊飯が苦手」なので、粘つくお米があまり好きではない方は、この機種が合いそうです。火力で十分な甘みも引き出せるでしょう。


  201807272009.jpg

 【2017】

 17・パナソニック SR-HX107-W
  ¥30,650 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018】

 17・パナソニック SR-HX108-W
  ¥33,300 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:2.3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2通り

 SR-HXシリーズは、パナソニックの中位機です。

 この製品も新旧で、基本機能の変更はないので、値段で決めて良い機種です。

 炊飯方式は、この機種もIH炊飯です。もちろん、米の甘みを引き出す酵素活性浸水技術旨みキャッチャーも採用されています。

 201807272012.jpg

 ヒーターの段数は、その一方で、「全面発熱5段IHヒーター」も採用します。さらに、こちらは、大火力おどり炊き(高速交互対流)機能が付属します。

 これは、鍋の中のコイルを高速で切り替えて、ご飯お対流を促進することで、ご飯の炊き加減を均質にする新技術です。過去には、最高級の炊飯器にだけ搭載されていた技術ですが、この価格帯にも搭載されました。

 パナソニックの「味の決め手」となる核心的技術なので、搭載は本当に魅力です。

  201609021424.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド銅釜です。ただし、内側の厚さは2.3mmとより厚くなっています。この点も、冒頭で書いたように、味の上で重要です。

 ご飯の堅さは、 「ふつう」「やわらかめ」から設定可能です。

 ご飯の保温は、この機種も、簡易的な保温機能のみ搭載です。

 お手入れは、下位機種同様に、ご飯のお釜内ぶた旨みキャッチャーを洗うだけですね。

---

 以上、PanasonicSR-HXシリーズの紹介でした。

 下位機種に較べると、従来10万円オーバーの機種のみに搭載されている大火力おどり炊き(高速交互対流)機能の搭載は大きな魅力です。

 釜の厚みも十分なので、かためのご飯が好きで、お米の味にこだわりたい方なら、この機種は特にオススメです。


  

 【2017】

 18・パナソニック おどり炊き SR-PB107-W
  ¥24,370 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

 【2018】

 18・パナソニック おどり炊き SR-PB108-W
  ¥29,200 Amazon.co.jp  (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯  
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.8mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温
堅さ調整:2通り

 SR-PBシリーズは、3万円以内の予算で選ぶ場合、パナソニックでは最も高性能な機種です。

 この製品も新旧で、基本機能の変更はないので、値段で決めて良い機種です。

 201609021458.jpg

 炊飯方式は、タイガーの上位機のように可変圧力IH炊飯を採用します。

 ただ、かけられる気圧は1.2気圧までであり、また、また、可変制御も、1気圧(大気圧)と1.2気圧の2点での繰り返しになる点で、加圧状態で可変できるタイガーの仕組みと異なります。

 ただ、パナソニックは、高温にすると言うよりも、「米を踊らせて温度を均一にする」ために、圧力を利用しているため、一概に比較はできません。

 201609021501.jpg

 一方で、下位機種搭載のうまみキャッチャーを進化させた旨み循環タンクで「おねば」を還元する独自の仕組みを搭載します。米の甘みのを効果的に引き出せます。

 201609021457.jpg

 ヒーターの段数は、フタを含めた5段のIHヒーターで全面加熱する構造です。つまり、パナソニックの場合、圧力だけに頼らずに、あくまで「総合力で勝負」している、とも言えます。


201807272018.jpg

 使われている釜は、ダイアモンド竈釜です。下位機種に比べると、厚さは1.8mmと薄いです。

 ただ、圧力IH炊飯器の場合、機構的に薄くなるのは仕方のないことで、圧力式としてはだいぶ健闘している厚みです。

 ご飯の堅さ は、「ふつう」と「もっちり」から選べます。「もっちり」という指標に変わったのは、圧力IH方式を採用するからですね。そういった特徴のご飯は得意です。

 ご飯の保温は、エコナビ保温が搭載されます。重量センサーを搭載し、お米の重量により保温温度を適切に保つ仕組みですね。3万円以上の高級機にはこれを上回る水準の製品もありますが、このグレードでは「保温に強い機種」といってよいでしょう。

 お手入れは、圧力炊飯器なので、通常の炊飯器に較べると少し手間がかかります。圧をかける関係で、ふたに調整弁があるからです。ただ、昔に較べると、取り外すパーツの点数は少なく、かなり手軽になりました。現在的に、この点で圧力IH炊飯器を敬遠する必要は感じません。

---

 以上、PanasonicのSR-PBシリーズの紹介でした。

 圧力炊飯器は、IH炊飯器に較べるとワンランク上の炊飯が可能です。ご飯の「旨み」を重視したいのならば、この機種はオススメです。

5・象印の炊飯器の比較

 続いて、象印の炊飯器を紹介します。


 201811180953.jpg

 【2018】

 19・象印 極め炊き NP-VZ10-TA
  ¥16,867 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 19・象印 極め炊き NP-VJ10-TA
  ¥16,600 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2016】

 19・象印 極め炊き NP-VQ10-TA
  ¥13,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:黒まる厚釜  
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-VZシリーズは、象印の炊飯器「極み炊き」シリーズの入門機です。現在の最新版は2018年モデルです。

 ネットでは、過去2モデルが残っていますが、2018年モデルと炊飯面での仕様は同様です。炊き込みご飯などのあとのニオイ残りを防ぐクリーニング機能は新機種だけの搭載ですが、本質的な違いではありません。

 値段で決めて良いでしょう。

 201609021521.jpg

 炊飯方式は、IH炊飯です。象印というと圧力IH炊飯器のイメージがありますが、下位機種は普通のIH炊飯器です。

 ヒーターの段数は、非公開です。

 ただ、IHヒーターは、多くて2段で、その他は普通のシーズヒーターでしょう。豪熱沸騰IHという名前が付きますが、あまり強調する部分ではありません。

 201609021523.jpg

 使われている釜は、「黒まる圧釜」です。

 特にブランド名のあるコーティングなどはなされませんが、丸底形状は米の対流を促しやすい構造です。

 ただ、釜の厚さは1.7mmです。IH炊飯器としては薄い部類といえます。このあたりは、割り引いて評価しないといけないでしょうね。

 201807272105.jpg

 ご飯の堅さは、基本的に調整のできないタイプです。IH炊飯なので、お米にハリのあるタイプの炊飯が得意でしょう。ただ、甘みを引き出す「熟成炊き」というプレミア炊飯モードは搭載されます。

 一方、タイガーのような、麦飯メニューはありませんが、熟成炊きでは、玄米のGABAを引き出すことも可能です。これは象印の機種に共通します。

 ご飯の保温は、「うるつや保温」を搭載します。パナソニックの2万円を超える機種に搭載される、エコナビ保温と同等で、温度センサーによりご飯の保温温度を調整する仕組みです。

 お手入れは、圧力炊飯器に較べて手入れする部品の点数が少なく、内ぶたなどもフラットで掃除がしやすいです。

 洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶただけです。洗う必要のある点数の少なさで言えば、最も少なくて済む機種です。

---

 以上、象印のNP-VZシリーズの紹介でした。

 温度センサーを使った保温機能が付属している点が他機種に較べての大きな魅力でしょう。

 この機能は、他社のこの価格帯のモデルにはない機能なので、長時間保温をする人にはおすすめな機種です。一方、その他の部分は、やや「平凡」な機種です。


  201811180959.jpg

 【2016】

 20・象印 極め炊き NP-HF10-XA
  ¥18,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018】

 20・象印 極め炊き NP-HG10-XA
  ¥21,250 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:プラチナ厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:

 NP-Hシリーズは、NP-VJシリーズの上位機にあたる炊飯器です。

 炊飯方式は、こちらもIH炊飯であり、その他の機能もほぼ下位機種と同じです。

 201509301719.jpg

 大きな相違点は、内釜です。1.7mmと同様の厚みですが、同社の「プレミア釜」であるプラチナ厚釜が採用です。

 象印によれば、プラチナコーティングすることで、中の水を弱アルカリ性にすることで、炊きあげ時の米の甘み成分(還元糖量)を15%ほどアップさせることができます。

 ご飯の堅さは、象印ではこの機種の2018年新型モデルからふつう・やわらかめ・かためと選択可能となっています。

 ただ、4段IHの採用など、その他の点では同じです。また、この値段を出せば、象印の可変圧力IHも狙えるので、あまり購買意欲は湧きません。

後編の予告
美味しいご飯が炊ける炊飯器は結論的にこの機種!

 以上、前編では、タイガー・パナソニック・象印の炊飯器を見てきました。記事はまだ後編に続きます。

 201807272124.jpg 

 続く後編では、象印の残り2機種を紹介した後で、日立三菱電機の炊飯器を紹介します。そして、1万円から3万円代で購入可能な炊飯器全機種から、目的別・予算別に最もオススメでできる機種を選定していきます!

 →後編の記事は【こちら】のリンクから!

 なお、この前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook・はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 09:29 | 炊飯機

比較2018'【高品質で安い】5合炊きの炊飯器33機の性能とおすすめ・選び方(2)

今回のお題
美味しいご飯が炊ける5合炊き炊飯器のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今回は5合炊きの炊飯器の比較記事 です。

 201807272215.jpg

 前回の前編では、タイガー・パナソニック・象印の炊飯器を紹介しました。【こちら

 今回の後編では、象印・東芝・三菱の炊飯器を紹介し、その上で、ここまで紹介した炊飯器全体からの「おすすめ機種!」を提案します。

5・象印の炊飯器(続き)

   201807272039.jpg

【2017】

 21・象印 極め炊き NP-ZD10-TD
  ¥20,492 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 21・象印 極め炊き NP-ZS10-TD
  ¥24,990 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.15気圧
内釜素材:黒厚まる厚釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:1年保証
保温機能:うるつや保温
堅さ調整:2通り

  NP-ZDシリーズは、象印の炊飯器「極み炊き」シリーズの上級機です。

  201807272306.jpg

 炊飯方式は、圧力炊飯器です。

 下位機種はIH式炊飯式でしたが、この機種から「象印が得意」とする圧力炊飯となっています。

 かけられる圧力は、最大1.15気圧で、最高温度は104度です。

 これは「強圧が自慢」の象印としては「弱い」数値です。ボールは1つで、圧力の可変機構も付属しません

 なお、象印の炊飯器はかける圧力はかえられます。ただ、1気圧と1.15気圧を繰り返すだけなので、タイガーほど細かくはありません。

 その代わりに、気圧を1.3気圧と業界最高にすることに「こだわり」があります。その点でいっても、最高気圧の低いこの炊飯器は「イマイチ」ですね。

 ヒーターの段数は、非公表です。

 おそらく多くて2段で、あとは、シーズヒーターで補うという方式です。

 adre04_image.jpg

 使われている釜は、象印では、最もランクの低い「黒まる圧釜」です。

 釜の厚さは1.7mmで、こちらも先ほどと同じです。

 pic008.jpg

 ご飯の堅さは、 一般的に、圧力炊飯器は、圧力炊飯器以外と較べた場合、お米の粘り・甘みが強調された、「ふっくら」系のご飯が得意です。

 また、この機種は、「しゃっきり」モードが搭載されており、ご飯の粘りを抑えた炊飯も可能です。ただ、上位機種のような細かい炊き加減の微調整は不可能です。  

 201807272043.jpg

 ただし、2018年モデルについては、硬さの指標として「やわらか」という、新指標が加わっています。

 ご飯の保温は、こちらも「うるつや保温」が搭載されます。底部の温度センサーで最適な温度でご飯を保存する機能です。このグレードでは、性能は良いと言えます。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。

 圧力炊飯器のため、蒸気口は毎回手入れが必要です。また、内ぶたは安全弁などの突起部がありますが、他社同様に、最近の圧力IH炊飯器には掃除がしやすいです。

---

 以上、  NP-ZDシリーズの紹介でした。

 格安な圧力IH炊飯器ですが、圧力の高さや、内釜のコーティングなど、価格相応の部分も目立ちます。できれば、より上位の機種のほうが良いでしょう。


  201807272047.jpg

 【2017】

 22・ 象印 極め炊き NP-BG10-TD 【茶】
 23・
象印 極め炊き NP-BG10-WA【白】
  ¥22,870 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 22・ 象印 極め炊き NP-BH10-TA
 23・ 象印 極め炊き NP-BH10-WA  

  ¥28,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コートプラチナ圧釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温・保温見張り番
堅さ調整:5通り

 NP-BGシリーズは、象印の圧力IH炊飯器の中位機です。

 新旧両機種ありますが、後述するように「炊き分け」機能の点で「進化」がありました。

 201807272306.jpg

 炊飯方式は、この機種も可変機構のない圧力炊飯器です。

 かけられる圧力は、最高1.3気圧業界最高水準です。圧力IH炊飯器が得意な、もっちり、甘い系のお米の炊飯はかなり得意でしょう。

 なお、象印の場合は、圧力を一定の水準(7通り)で調整します。

 しかし、タイガーの「可変式」のように、高圧・低圧を切り替えて米を対流させる仕組みではなく、あくまで「甘さ」を引き出すための調整です。それが、象印特有の「個性」を生み出しています。

 201807272110.jpg

 IHヒーターの段数は、この機種も、非公表です。恐らくIH2段で、総計4重加熱だと思います。

 ただ、2018年型から、このグレードにうるおい二重内ぶたが採用されます。従来より密着性が高く吹きこぼれにくいため、火力がより高く設定できています。

 201509301719.jpg  

 使われている釜は、 象印の中級クラスの炊飯器に採用されている鉄器コートプラチナ厚釜になります。

 こちらについては、先ほども紹介しましたが、米の甘み成分をアップさせる効果が期待できます。ただ、圧力IH炊飯方式を採用していることもあり、釜の厚みは1.7mmで、さほど厚いとは言えません。

 201804041230.jpg

 ご飯の堅さは、49通りの選択肢が可能です。

 「しゃっきり」「もちもち」が7段階、「かため」「やわらかめ」が7段階でそれぞれ設定できる仕組みです。

 また、前回食べたお米についての感想(柔らかすぎたなど)を入力することで、それを学習した炊飯器が、次回の炊飯に反映します。「わが家炊き」メニューと名付けられた機能です。

 これは、2018年モデルからの新機能です。とはいえ、旧機種は、「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」5通りの選択肢は可能です。

 いずれにしても、米の堅さにこだわりがある人には特にオススメできます。

 mihariban.png

 炊きあげたご飯の保温 は、下位機種にも搭載される「うるつや保温」のほか、人工知能AIとふた開閉センサーでご飯の温度をセンサーで監視する「保温見張り番」機能が追加されています。保温については下位機種よりもランクが上と言えます。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。こちらは下位機種とかわりません。圧力IH炊飯器にしては掃除がしやすいとはいえます。

---

 以上、極め炊き NP-BHシリーズの紹介でした。

 ポイントは炊きあがりの堅さ調整が容易であることでしょう。圧力炊飯器で、いろいろな炊き加減を試したい人はこの機種がオススメです。また、保温機能がさらに充実している点も魅力です。


  201807272101.jpg

 【2017】

 24・ 象印 極め炊き NW-JA10-TA
  ¥37,160 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 25・ 象印 極め炊き NW-JB10-TA
  ¥33,475 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:プラチナ圧釜
内釜厚さ:2.2mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温・保温見張り番
堅さ調整:5通り

 NP-JBシリーズは、1つ上で紹介した、 NP-BHシリーズ改良版、ないし上位機種と言うべき機種です。

 201509301719.jpg  

 下位機種との相違点は、3点です。

 第1に、内釜です。

 こちらも、鉄器コートプラチナ厚釜を採用しますが、下位機種が1.7mm厚だったのに対して、2.2mm厚と厚みが増しています。

 その点で、よりご飯の甘さ・旨みを引き立てることができます。また、大火力沸とうを搭載し、火力についても向上します。これにより対流を促して、ご飯の甘さを引き出します。

 201807272108.jpg

 第2に、炊き分け機能です。

 わが家炊きメニューが、より細かい9×9の81通りに進化しました。なお、旧機種は、49通りの炊き分けとなります。

 201807272117.jpg

 第3に、沸騰の持続性の強化です。

 その他、IHの段数は変わらないものの、豪熱沸とう(大火力)対応で、沸とう維持工程での加熱力が増加しています。ただ、この部分は、情報不足で、具体的な仕組み・効果の説明は不足しています。

---

 以上、象印のNP-JBシリーズの紹介でした。

 上述の3点以外は、下位機種と同じです。釜が厚くなっている点や、炊き分けが細かくなった点が魅力ですね。ただ、価格がやや高めなのが残念な部分でしょう。

6・三菱電機の炊飯器の比較

 つづいて、三菱電機の製品です。三菱電機は面白い形の炊飯器を出していますね。  


   

 【2018】

 26三菱電機 炭炊釜 NJ-VE109-W
  ¥22,000 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2017】

 26三菱電機 炭炊釜 NJ-VE108-W
  ¥18,948 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭コート2層圧釜
内釜厚さ:2.0mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 NJ-VEシリーズ三菱電機の入門機です。

 新旧両機種ありますが、この機種は2018年新型モデルから火力面で進化があるので、価格差を考慮してもオススメは、新機種です。

 201303031332.jpg

 炊飯方式は、IH式の炊飯器です。

 それにしては値段が高いのは、こちらは、カードリッジで蒸気化した水分を還元する「うまさカートリッジ」を使用しているからです。

 これにより、沸騰温度(100度以上)を従来タイプのIH炊飯器よりも長時間維持でき、旨みを逃さず炊きあげることが可能です。これは、ご飯のアルファ化を効果的に引き出し、圧力を使わずに「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯を実現できています。

 こちらは、圧力炊飯より新しい技術です。圧力炊飯器と較べるとより旨みを出すことが可能です。Atlasの感触としては、「しゃっきり系」「かためでハリのある」のご飯は特に得意でしょう。逆に、「ふっくら系」「甘み」を重視したい場合は、可変圧力炊飯器のほうが良いと思います。

 201811180853.jpg

 ヒーターの段数は、IHシーズヒーターを合計して「7本」との数字です。IHヒーターは下面に3段で、側面とふたに、シーズーヒータを4段搭載します。合わせて、「7重全面加熱」です。

 したがって、パナソニック同様の「火力重視」の炊飯器ですが、パナソニックは、「IHヒーターだけで5本」なので、実際の火力はパナソニックのほうが上位でしょう。

 とはいえ、三菱は、タイガーのような底面加熱を重視しつつ、パナソニックのような全面加熱も併用する、折衷的な思想を持つとも取れるでしょう。

 いずれにしても、火力は十分に期待できます。

 なお、2017年モデルまでは、ヒータが少ない「5重全面加熱」の製品となるため、選ばない方が良いでしょう。

 201609021623.jpg

 使われている釜は、三菱の「備長炭コート2層圧釜」になります。

 コーティングを炭(炭素)で行うことで熱伝導率を高め、沸騰温度を維持し、旨みを引き出す仕組みです。

 釜の厚さも2.0mmの厚みで十分です。

 201807272125.jpg

 ご飯の堅さは、「普通」「かため」「やわらかめ」の3段階の調整ができるタイプです。堅さの調整は、三菱独自の技術「可変超音波浸水」機能でなされます。

 超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができます。標準でも甘くふっくらしたご飯を炊けることを考えると、とくに、「かため」で「しゃっきり」したご飯が好みの人には、重要ですね。

 ご飯の保温は、ご飯の温度を「低め」に設定することで乾くのを防ぐ「食べ頃保温」モードが付いています。これは簡易的な機能であまり高機能ではないですね。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜と放熱板です。IH式なので洗う点数が少なく楽です。放熱板についているカードリッジは開けて洗う必要がありますが、手間はかかりません。

---

  201807272124.jpg 

 以上、 三菱電機炭炊釜 NJ-VEシリーズの紹介でした。

 超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができますので、「かため」で「しゃっきり」したご飯が好みの人にとくにオススメできます。

 また、「内蔵カードリッジ」による沸騰温度持続作用により、圧力IH炊飯器並の沸騰温度が維持できるため、「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯もたけます。ですから、日によってご飯の炊き加減を替えたい人にもおすすめできます。

 掃除が楽なので、できるだけ食器洗いに時間をかけたくない人にもおすすめできますね。ただ、他機種と同様に、食器洗い乾燥機では洗えません。


  

 【2017】

  27・三菱電機 炭炊釜 NJ-VV108-W
  ¥19,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2018】

  27・三菱電機 炭炊釜 NJ-VV109-W
  ¥29,105 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:ダブル炭コート5層圧釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 三菱電機炭炊釜 NJ-VVシリーズは、1つ上で紹介した三菱の炭炊釜NJ-VE106の上位機種になります。

 新旧両機種ありますが、旧機種は5重加熱、新機種は7重加熱です。価格差もありますが、性能差も相当あるので、選ぶならば新機種でしょう。

 201609021631.jpg

 下位機種と比べた場合の相違点は、内釜の素材です。こちらは、5層構造のダブル炭コート5層圧釜を採用し、釜の厚みも3.5mmと相当厚くなっています。

 特に、外装に備長炭コートが2重に掛けてあるほか、上部の放熱板にも炭コートがなされるため、さらなる遠赤効果が期待できます。ごはんをよりふっくら炊けるでしょう。

201807272127.jpg

 あとは、季節に応じたお米の水分量を反映できる、季節炊きモードが目立つくらいですね。

--

 以上、三菱電機炭炊釜 NJ-VVシリーズの紹介でした。

 下位機種との大きな違いは内釜のコーティングと厚さだけです。

 ただ、一番最初にも書きましたが、おいしいごはんを炊くためには、釜の厚みはかなり重要な要素です。そのため、3.5mmの極厚の釜を採用しているこの釜は、性能面でかなり期待できると言えます。   

 「かため」で「しゃっきり」したご飯から「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで、1万円代の普及価格帯の炊飯器よりもワンランク上の炊飯が可能といえます。   

3・東芝の炊飯器の比較

 続いて、東芝の炊飯器です。

 同社の場合「長時間保温」に注目点があります。


 201811181021.jpg

 【2018】

 28・東芝 真空IH保温釜 RC-10VRM-W【白】
 28・東芝 真空IH保温釜 RC-10VRM-RS【赤】
  ¥22,632 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

 【2017】

 29・東芝 真空IH保温釜 RC-10VRL-RS【赤】
  ¥18,800 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 RC-VRLシリーズは、東芝の入門機です。色は、赤と白の2色展開です。

 新旧両機種ありますが、新機種には、甘み炊きコースという炊飯メニューが加わった点が相違点です。

 炊飯方式は、IH式炊飯です。

   201509302034.jpg  

 ヒーターの段数は、未公開です。

 ただ、東芝も、発送としてタイガーに近く、底面加熱と釜の熱伝導性を重視する設計です。

 東芝は、下面に集中的にヒーターを配置することで、かまどのように、下からの熱対流を促すことで、かくはんを促す仕組みが取られます。そのため、下面に7本のウェーブヒーター搭載します。

201506280940.jpg  

 使われている釜は、全面打ち出しの鍛造かまど銅釜です。

 釜の厚みは、底部に熱源のある関係で、鍋底だけですが釜の厚みが5mmとなります。その他の部分の数値は非開示です。

 201506280947.jpg  

 ご飯の保温は、同社の真空技術が功を奏します。

 これを強調し、この炊飯器は、真空IH炊飯器とも呼ばれます。真空を作り出せることには、いくつか効果がありますが、例えば、「真空パック」と同等の原理で、保温の際の変色を防ぐ効果があります。0.5気圧です。

 また、真空技術は、炊飯時に、お米を水に浸している際に吸水性を高める効果(真空ひたし)、逆にタイマー予約中に水を浸透しすぎないようにする効果があります。

 201811180914.jpg

 ご飯の堅さは、3通り選択できます。

 圧力を欠けない方式なので、しゃっきり系のお米が得意です。火力が強いため、甘みも期待できるでしょう。

 201811180917.jpg

 また、2018年新型モデルからは、真空αテクノロジーを活かしてごはんの甘みを増やす甘み炊きコースが新搭載されました。進化と言えますが、むしろこれ系の味がお好きならば、圧力をかける同社の上位機が良いでしょう。

 そのほか、タイガーの上位機のように、麦飯専用のコースもあります。

 お手入れは、圧力をかけない方式なので楽だと思います。

---

 以上、RC-VRLシリーズの紹介でした。

 圧力をかけないため、「もちもち」系「甘い系」の炊飯はあまり期待できません。しかし、「かため」「しゃっきり」系ならば、高レベルに炊飯できそうです。そうなるとライバルは三菱です。味の面では互角だとおもいますが、ご飯の保温を前提にするならば、東芝の機種は魅力です。


 201807272151.jpg

 【2017】

 30・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSL-R
 31・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSL-W
   ¥26,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 30・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSM-W  【白】
 31・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSM-RS 【赤】
  ¥29,744 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 RC-10VSMは、東芝の炊飯器の中位機種です。

 この機種は、新旧両機種あります。、玄米に関するメニューが多様化した点と、下位機種同様に甘みを強調するモードが加わりました。ただ、基本機能は変わりません。

 炊飯方式は、下位機種と異なり、可変圧力IH方式です。

 かけられる圧力は、1.05気圧までと、他社より相当弱いです。メーカーもこの部分をあまり強調していないように思います。

  201509302034.jpg  

 一方、下位機種同様、引き続き下面に7本のウェーブヒーターを搭載しており、むしろこの部分の火力を活かして、美味しいご飯を炊き上げる機種です。

 201707081631.jpg

 加えて、「真空技術」と「加圧技術」を応用した「真空αテクノロジー」が搭載です。

 下位機種にも同名の機能がありますが、こちらは、真空(0.5気圧)でお米を水に浸している際に、減圧・加圧を繰り返すことで浸水効果を高める点で、より高度です。

 201506280940.jpg  

 使われている釜は、先ほどと同じく、全面打ち出しの鍛造かまど銅釜です。釜の厚みも先ほどの機種と同じ仕様です。コーティングも、内枠リングの部分を除けば同じです。

 その他の点では、一つ上で見た下位機種と同じです。

 お手入れも、可変圧力式ですが、構造はさほど複雑ではありません。

---

 以上、東芝のRC-10VSMの紹介でした。「真空αテクノロジー」をどの程度評価するかで評価が変わりそうです。

 ただ、事前にお米を浸す時間を含めた場合の炊飯における「時短効果」は魅力です。同様の技術は、他社の超音波浸水もありますが、どちらかといえば、こちらの方が効果は高そうです。

 忙しいご家庭に向く機種と言えそうです。浸水時間も含めた炊飯時間は、(時短ではない)おすすめコースでも50分を切ります。


  201807272151.jpg

【2017】

 32・東芝 真空IH保温釜  RC-10VXL-RS
 33・東芝 真空IH保温釜  RC-10VXL-W
  ¥36,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 32・東芝 真空IH保温釜  RC-10VXM-R
 33・東芝 真空IH保温釜  RC-10VXM-W
  ¥46,460 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 RC-10VXMは、東芝の炊飯器の上位機種です。

 基本的には、先ほど紹介したRC-10VSMと同じ機種です。

 201609021703.jpg

 使われている釜は、唯一の違いで、鍛造かまど本丸釜になります。こちらは熱伝導率が銅よりも優れる鉄で作られた丸釜です。下部が丸いのはかまどを摸したからで、熱対流をより促します

 ただ、価格が高いため、「3万円以下」という今回の基準では、「選外」とせざるを得ないでしょう。

今回の結論
5.5合炊きの炊飯器のおすすめは、結論的にこれ!

 というわけで、今回は3万円前後までの5合炊き炊飯器を比較しました。

 最後に、目的別、予算別に考えた場合の、Atlasのおすすめ機種!について、まとめておきたいと思います。


 第1に、1万円台のお買得価格の炊飯器で性能的に最もオススメできるのは、

 201801261910.jpg

【2017】

 15・Panasonic SR-HB107-W 【白】
 16・Panasonic SR-HB107-K 【黒】
  ¥17,682 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 15・Panasonic SR-HB108-W 【白】
 16・Panasonic SR-HB108-K 【黒】
  ¥25,684 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2通り

  総合評価    ★★★★★

 パナソニックのSR-HBシリーズでしょう。2万円前後の製品としてはバランスが良く、「味も期待できる」機種です。

 新旧両機種ありますが、性能が変わらないので、旧機種が良いと思います。この時期は、デンキヤでは売り切れている型落ち品が「ネットで相当安く買える時期」なので、「炊飯器の買い時」です。

 201407041603.jpg 

 炊飯方式は、IH式炊飯です。ただ、IHヒーターだけで、5段という大火力です。三菱は、補助ヒータを加えて「5重」ですが、先述のように、IHヒーターのみで5段の方が「強力」です。

 その点で言えば、同価格帯の圧力式に負けない沸騰温度の維持が期待できます。高い熱伝導率を誇る1.7mmダイヤモンド銅釜も、それを補うでしょう。

 201804041205.jpg

 その上で、米の甘みを引き出す酵素活性浸水技術旨みキャッチャーなど安定感のある独自技術がつかわれており、この点も評価できます。

 圧力式ではないので、「粘る、もちもち」した炊飯は傾向としては得意ではないです。しかし、その分、「お米の銘柄そのものの個性」を引き出しやすいという特長があります。

 実際、専門家がお米の食味を検査する場合も、米の個性を感じるため、あえて圧力式は使わないという事実は、言及に値するでしょう。

 米の炊き分けについても、「ふつう」「やわらかめ」から設定可能であり、好みの硬さへの調整も容易です。「かため」という指標はないですが、IH式はもともとそのような性質なので、問題ないでしょう。

 ご飯の保温は、一方で、美味しさを保つ機能がないため、2日間にわたって保温しっぱなしな方は、別の機種が良いでしょう。

 問題点はそこくらいですね。片付けも極めて楽です。

ーーーー

 201804041154.jpg

【2017】

 13・Panasonic SR-FD107-W  
  ¥18,332 Amazon.co.jp (11/18執筆時)
 14・Panasonic SR-FC107-K
  ¥16,033 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 13・Panasonic SR-FD108-T   
  ¥17,350 Amazon.co.jp (11/18執筆時)
 14・Panasonic SR-FC108-K
  ¥22,148 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯  
圧力炊飯:
内釜素材:ダイヤモンド銅釜 
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 ただし、1万円程度に予算が限られる場合は、パナソニックのSR-FDシリーズが良いと思います。

 201609021424.jpg

 上位機SR-HBシリーズと比較して2段ヒーターとなり、火力は弱くなります。しかし、内釜の厚みは同等で、米の甘みを引き出す酵素活性浸水技術旨みキャッチャーなどはこちらも、付属します。

 また、「炊飯器による味付け」が少ない点で、「お米の銘柄そのものの個性」を引き出しやすい点も、SR-HBシリーズと同じでしょう。

 他社の1万円台前半の機種と比較しても機能面で充実すると言えます。

 第2に、米粒が立った、しゃっきり系のご飯を重要視したい人におすすめの炊飯器は、

   

 【2018】

 26三菱電機 炭炊釜 NJ-VE109-W
  ¥22,000 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2017】

 26三菱電機 炭炊釜 NJ-VE108-W
  ¥18,948 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:IH炊飯+水還元
圧力炊飯:
内釜素材:備長炭コート2層圧釜
内釜厚さ:2.0mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:3通り

 総合評価    ★★★★★★

 三菱電機炭炊釜 NJ-VE108が良いでしょう。家族やご本人がこういった傾向が好きな場合、パナソニックより親和性が高いと思います。

 新旧両機種ありますが、先述のように、新機種は、ヒーターが7重に強化されましたので、そちらが良いでしょう。また、三菱には内釜の厚い上位機もありますが、価格的に考えてやや割高のため、こちらを選びました。

 201303031332.jpg

 炊飯方式は、IH式炊飯ですが、水カードリッジ還元方式を採用する機種です。

 そのため、「米の甘み」を感じられる美味しさを得つつ、「かため」、というか、ハリのある「しゃっきり系」の炊飯に実力を発揮します。

 ヒーターも「5重加熱」とパナソニックを除けば、この価格帯では「最高」です。包み込むような火力で美味しさを引き出すでしょう。

 201807272125.jpg 

 炊き分けも、また、超音波により米への水分浸透率を調整することで炊き分けることができます。「かため」で「しゃっきり」したご飯だけでなく、「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで、ある程度幅広く対応もできます。

 保温機能は、一方、あまり充実しないので、炊きたてをほぼ食べきって、あとは冷蔵庫なりで保存、という利用法のかたに向きます。

 いずれにしても、圧力IHを使わず、水蒸気を還元する「内蔵カードリッジ」を使って沸騰温度持続させるという仕組みは新しく野心的なものです。

 圧力炊飯器にマンネリ感を感じている人にもおすすめできます。本体デザインも四角形と斬新で、デザイン家電として優れた製品だと思います。


 第3に、炊飯器で、ふっくら系のご飯を重要視したい方が選ぶべき上位機種は、

  201807271929.jpg

【2017】

 11・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A101【各色】
   ¥25,412 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

【2018】

 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【白】
 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【赤】
 12・TIGER 圧力IH炊飯器 JPC-A102 【黒】
   ¥34,980 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:9層遠赤特厚釜 
内釜厚さ:3mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 総合評価    ★★★★★★

 タイガー可変圧力IH炊飯器 であるJPC-A1シリーズでしょう。もちろん、値下がりしている旧機種が「おすすめ」です。

 201609021338.jpg

 炊飯方式は、最大1.25気圧可変圧力IH炊飯です。

 タイガーは圧力弁が2種ある点で、炊飯中の圧力の可変が他社より自在です。この仕組みが、米の甘みと粘りを効果的に引き出します。

 201611201151.jpg

 使われている釜も、3mmの釜の厚さを確保した「熱流・熱封土鍋コーティング釜」 です。

 タイガーは底面加熱で、内釜で熱を全体に伝える方式なので、この部分はとくに重要です。下位機種もありますが、十分な効果が期待できそうなのは、やはりこちらの機種です。

 201807271851.jpg

 ご飯の炊き分けは、あまり楽しめない機種ですが、その代わりに「麦飯メニュー」と「玄米系」に強いため、健康のために、こうしたご飯も炊こうという方には、より「おすすめ」できます。

 また、おこげご飯がたけるモードは、タイガーが最初に開発した機能ですが、レパートリーを増やすという意味で面白いです

 保温機能は、一方、あまり充実しないので、冷蔵庫や冷凍庫を上手く使う必要はあるでしょう。

ーーー

 201807271834.jpg

 【2017】

 5・アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-PA50-B
  ¥14,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:極厚銅釜  
内釜厚さ:3mm
内釜保証:1年保証
保温機能:
堅さ調整:対応(6通り)

 一方、1万円台で「ふっくら」「粘る」系の炊飯器を選びたい場合は、アイリスオーヤマのRC-PA50はかなり良い機種といえます。

 201712121937.jpg

 炊飯方式は、圧力IH炊飯ですから、この系統の炊飯は「得意」です。

 総合的な火力やコーティングの質ではタイガーに及びませんが、予算を考えると満足度は高いでしょう。

 炊き分けについても、簡易的ながら銘柄炊き分けができたり、気が利いています。

 保温機能は、ただし、あまり充実しませんね。

 いずれにしても、1万円前後の予算で「粘る」ご飯が食べたい場合は、こちらが良いです。


第4に、忙しいご家庭にとくにオススメな高性能機と言えるのは、 

 201807272151.jpg

 【2017】

 30・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSL-R
 31・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSL-W
   ¥26,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 30・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSM-W  【白】
 31・東芝 真空IH保温釜 RC-10VSM-RS 【赤】
  ¥29,744 Amazon.co.jp (11/18執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.05気圧
内釜素材:鍛造かまど銅釜
内釜厚さ:(5mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:真空保温
堅さ調整:3通り

 総合評価    ★★★★★★

 東芝の炊飯器の中位機種となるRC-10VSMシリーズが良いでしょう。マイナーチェンジなので旧機種で構いません。

 201509302034.jpg  

 炊飯方式は、タイガー同様、可変圧力IH方式です。

 その上で、下面に7本のウェーブヒーターを搭載し、かまどのように、強火で炊き上げる構造です。ご飯の味は、3万円前後の機種としても「期待値が高い」です。

 底面5mmの鍛造かまど銅釜も、迫力があります。

 201707081631.jpg

 一方、「忙しいご家庭」によい機能として、「真空技術」と「加圧技術」を応用した「真空αテクノロジー」は強調できます。

 お米をといだあとの浸水時間が、真空(0.5気圧)により大幅に節約できます。そのため、浸水まで含めた場合の炊飯時間は、他社機よりもだいぶ短く「炊飯の時短効果」が期待できます。

 他社機でも「早炊き機能」はありますが、味の犠牲を伴わないという点で、この機種は優れるでしょう。

 201506280947.jpg  

  保温機能は、真空を利用して、ご飯の鮮度を最大40時間保存できるため、やはり、この部分も忙しいご家庭に向くと思います。

 とりあえず、「炊きたてのご飯」が美味しい機種は他にもありますが、「保温したご飯」が美味しい機種は少なく、貴重だと思います。選んで良いでしょう。

ーーーー

  201807272047.jpg

 【2017】

 22・ 象印 極め炊き NP-BG10-TD 【茶】
 23・
象印 極め炊き NP-BG10-WA【白】
  ¥22,870 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 【2018】

 22・ 象印 極め炊き NP-BH10-TA
 23・ 象印 極め炊き NP-BH10-WA  

  ¥28,800 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コートプラチナ圧釜
内釜厚さ:1.7mm
内釜保証:3年保証
保温機能:うるつや保温・保温見張り番
堅さ調整:5通り

 総合評価    ★★★★★★

 一方、朝まで保温はしたいが、「ふっくら系」「やわらか系」のご飯の方が好きな方は、圧力炊飯をする象印のこちらの機種がおすすめです。

 保温性能の面でも「うるつや保温」と「保温見張り番」が付き、3万円台までの機種では高レベルです。

補足・その他のジャンルの炊飯器

 201712282031.jpg

 以上、今回は、5.5合の低価格な炊飯器の話題でした。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】

3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 なお、もう少し高級な製品と比較されたい場合は、上記3番の記事をご覧ください。

 また、しっかり納得して選びたい方で、スペック面からの炊飯器の比較方法を、もう少し突っ込んで知りたい方は、上記7番の記事もよろしくお願いします。

 201807271603.jpg

1・新銘柄のブランド米の比較
2・コシヒカリの比較

 続いて「お米」についてです。

 このブログでは、そういったお米のうち、今年度の検定で【食味値特A評価をうけたお米】も紹介しています。興味のある方は、上のリンク記事をご覧ください。

 そのほか炊飯の味を変えることができる【市販のミネラルウォーター】については、【こちら】で、アマゾンで取り扱われている約20種類の天然水ペットボトルを比較する記事を書いています。


 

 ツインバード MR-E520W
  ¥9,665 Amazon.co.jp
(11/18執筆時)

 また、自宅用で、玄米から毎日お米を挽きたいと思っている方、【信頼性の高い精米器】をツインバード工業の機種など、【こちら】で多く紹介しています。よろしければご覧ください。

ーーーー

  最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (なお、今回は、前半からの続きですので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 09:27 | 炊飯機

2018年11月17日

比較2018'【高性能で安い】10合炊き炊飯器15機の性能とおすすめ・選び方(rice cooker-5)

【今回レビューする製品】2018年 10合対応高性能大型炊飯器の性能とおすすめ(1リットル大容量炊飯 ):極め炊き 大きめ炊飯器の性能の違いと人気ランキング:IH・圧力IH・スチーム圧力IH:象印・パナソニック・タイガー・日立

【比較する製品型番】NP-JT18-TA SR-PA188-T RZ-BV180M-R SR-PW188 SR-SPA188-K SR-VSX188-K NW-KA18-BZ JKX-V152-K

今回のお題
高性能な10合炊き炊飯器のおすすめはどれ?

 どもAtlasです。

 201807271725.jpg

 今日は、10合炊きの大きめ炊飯器を紹介します。

1・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
2・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】

 調査してみたら、意外に機種が多かったので、記事は2つに分けました。

 今回の記事は、2回目です。「3万円以上」で、「高級でより高性能な炊飯器!を紹介します。

 「3万円以下」で、「安くて高性能」な炊飯器!については、前回の(こちら)の記事をご覧ください。

 以下では、いつものように、各機種を紹介し、最後に「結論」として価格や性能から「おすすめの機種」をいくつか提案していきます。

ーー

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 なお、今回の記事は このブログの炊飯器の比較記事の第5回目記事として書きました。

1・炊飯器の選び方の基本!

 今回の記事では、「大型でも美味しく炊ける」をテーマに、各社の高級炊飯機を比較していきます。 

 201807271247.jpg

 炊き上がりのごはん「味」で、炊飯器を選びたい場合、ポイントとなるのは、以下の3つの要素です。

1・沸騰温度の持続性!

 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 家庭用炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、炊飯器のヒータは単独だと、パワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができない仕様です。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

---

 「火力」が味の優劣を生みますので、今回は、こうしたヒーターの本数や種類に注目して比較します。



 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 覚えておくとよい「加熱方式」と「味の傾向」は、次の4つです。

1・IH方式  
 =米そのもの味の個性が出やすい
2・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
3・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意
4・スチームIH炊飯方式
  =しゃっきり/かため系の炊飯が得意

 具体的な仕組みや得意とする味の傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 

 いずれにしても、今回の記事では、これらの区分をふまえて、皆さんの好みに即した炊飯器を皆さんに提案します。


  201509301809.jpg

 第3に、内釜の素材と厚さです。

 高級炊飯器は、内釜の部品代が本体価格の大部分を占めているものもあるほど、メーカーが重要視しています。

内釜の厚さ」は、「最も」重要です。

 それが厚いほど、沸騰温度の維持や温度の均質性において有利であり、味の面でプラス作用があります。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 様々な素材で、釜を独特の形状に加工することで、「かまど炊きの再現」を狙った商品が多く出ています。

 今回の記事では、釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


  201609021146.jpg

 第4に、ご飯を細かく炊き分けられることです。

 安い炊飯器も、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にした炊き分けが可能です。

 高級炊飯器は、しかし、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感も指標に加えます。

 上図のように立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。その他、「おこげご飯」の炊飯ができる機種あります。

 201807271100.jpg

 なお、最近の高級な炊飯器は「どんなお米でも、希望通りの食感で美味しく炊けてしまう」傾向にあります。

 これは「嬉しい」一方で、言い方を変えると、お米本来の個性が分かりにくいともいえます。

 一方で、最近のブランド米ブームで、色々な銘柄のお米の個性をハッキリ感じたい方も増えています。それをふまえて、「お米の銘柄ごとに炊き分ける機能も近年の高級機では流行しています。

ーーー

 以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

2・ハイグレードな大きめ炊飯器の比較

 さて、はじめに、3万円台〜4万円台で購入できるハイグレードな機種について紹介します。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめできるポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記していきます。


  201807271649.jpg

  【2017】

 1・象印 極め炊き NP-JS18-VD 【赤】
 1・象印 極め炊き NP-JS18-WA【白】
  ¥39,800 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

  【2018】

 2・象印 極め炊き NP-JT18-TA  【赤】
 2・象印 極め炊き NP-JT18-WA 【白】
  ¥53,200 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コート豪熱羽釜
内釜厚さ:2.2mm
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:6種類(しゃっきり〜もちもち)

 NP-JS18-VD は、象印極め炊きシリーズに属する中級製品です。

 こちらのモデルは2017年旧モデルが併売中です。明示的な機能差はなく、型番のみ変更されています。旧機種が「お買得」ですね。

 201802191450.jpg

 炊飯方式は、圧力IH炊飯です。

 象印は、7通りの圧力切替に対応します。ただし、気圧調整は、主に米の硬さ・食感を調整するために使われており、基本的に、炊きたいご飯の硬さに応じて、指定した一定の気圧をかけ続けています。

 つまり、パナソニックにように、加圧・減圧を繰り返すような「可変仕様」はありません。ただし、これが「とびきり甘みを出す」という同社の素晴らしい個性を生んでいもいます。「甘み」という部分では、(それが自然かは別として)象印が一番です。

 かけられる圧力は、最高で1.3気圧と高圧にできます。これは、この価格帯で言えば、最高水準の気圧です。

 つまり、味の面では、パナソニックに比して高い圧力をかけるために「ふっくら・甘い」ご飯の炊飯がかなり得意です。一方、「しゃっきり」「ハリがある」ご飯の炊き分けは、傾向としては、やや苦手とするでしょう。

 ヒーターの段数は、IH4段式で、全体を加熱する仕組みです。

 201509301809.jpg

 使われている釜は、鉄器コート豪熱羽釜」です。

 釜の厚みは、圧力炊飯器としては優秀で、2.2mmの厚みと十分です。

 内釜の形状も、羽釜のようなリング形状の部分にヒーターをつけることでヒーティング能力を高め、また、密閉度を高めることで熱を逃さないようにして、沸騰温度をより持続できるようにされています。

 釜のコーティング素材は、IHヒーターと相性が良い鉄器コーティングを採用します。

 201509301812.jpg 

 その上で、内釜には「うまみプラスプラチナコート」がなされます。

 水を弱アルカリ性にする効果があり、東京農大の検証では、うまみ成分が5%、甘み成分が45%アップするようです。粘りがあり「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯が可能になりました。

 201709261526.jpg

 ご飯の堅さは、象印の場合「わが家炊きメニュー」という機能があり自在に選べる仕様です。

 堅さは7段階、粘りは7段階選べ、総計で49通りの炊き分けが可能です。多すぎる気もしますが、AI搭載で、液晶モニターにその日のご飯の評価を入力していくと、次の炊飯に反映していく仕組みです。

 なお、この機能は2017年モデルからこのグレードにも搭載されたもので、旧モデルは、「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」と5通りの選択肢から選ぶ方式でした。

 pic007.png

 ご飯の保温は、象印は「こだわり」があるメーカーのひとつです。

 この機種は、人工知能AIとふた開閉センサーでご飯の温度をセンサーで監視する「保温見張り番」機能が装備されます。さらに「おひつボール」を上部に配置することで水分が逃げにくくする「極め保温」機能が搭載されます。これらにより、前の日に炊いたご飯も美味しく食べられる仕組みです。

 また、内ぶたの工夫により、水分の蒸発量を約40%抑制し、つやのあるご飯を長時間保つことを可能にしています。

 201807271145.jpg

 お手入れも手軽です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。圧力IH炊飯器にしては、かなり掃除がしやすいといえます。

--

 以上、極め炊き NP-YT10の紹介でした。

 ポイントは、羽釜の採用でより美味しい炊飯が可能であること、またヒーティング能力の強化により、沸騰温度の維持がより効果的になっていることです。

 この羽釜は、象印の最高級機にも使われている同社イチオシの技術です。「かため」で「しゃっきり」したご飯から「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで美味しく炊くことができるでしょう。


  201807271106.jpg

 【2017】

 3・パナソニック SR-PA187-T
 3・パナソニック SR-PA187-W
  ¥35,900 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018】

 4・パナソニック SR-PA188-T
 4・パナソニック SR-PA188-K
  ¥41,156 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンドかまど釜
内釜厚さ:2.6mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

  SR-PA188は、パナソニックおどり炊きブランドの炊飯器です。

 「おどり炊き」シリーズは旧三洋電機が出していた人気シリーズです。しかし、統合でパナソニックに引き継がれました。

 こちらは、2017年モデルの在庫が豊富です。ただ、炊飯工程を一部見直した「マイナーチェンジ」です。「加圧追い炊き」「旨み熟成浸水」と名前が付きます。味の差は食べ比べないと分からないレベルなので、(ネットでは)旧機種がお買得です。

 201506271839.jpg

 炊飯方式は、可変圧力IH炊飯です。

 パナソニックの場合、一定の気圧(圧力)が掛けられるだけでなく、炊飯中に加圧・減圧をフレキシブルにできるのが特長です。同社は、これを「可変圧力IH式」と呼んで、普通の圧力式と差を付けています。

 可変圧力IH式は、炊飯の終盤で一気に減圧できるため、中はふっくら・もちもちで、外にハリがあるという美味しいご飯ができやすいという特性があります。また、通常の圧力式がやや苦手とする「しゃっきり・かため」のご飯も割と上手に炊けます。

 かけられる圧力は、最大1.2気圧です。業界最高峰は象印の1.3気圧なので、「最高」ではありません。

 ただ、「おどり炊き」の場合は、炊飯時にお米を「対流」させて、均一に炊く目的で圧力を使うため、単純に比較はできません。

 パナソニックは、お米の内部対流を起こすことが、米の味を増す大きな要素となるという思想から、圧力でほどほどに甘みを引き出しつつ、一粒一粒のお米が立った「ふっくらした」お米の炊飯を炊けるように調整されています。

 結果として、ご飯が他社よりも大粒に炊きあがります。

 201804041746.jpg

 搭載されるIHヒーターは、ふたから底まで5段階で加熱される、5段IHと高性能です。

 沸騰温度の持続性に大きな効果が期待できます。なお、他社の場合、「7重加熱」など、より多い数値を強調する場合がありますが、その場合、IHヒーターと普通のシーズヒーターの「併用」です。

 この部分では、最上位機種までパナソニックが「優位」です。

 201804041747.jpg

 使われている釜は、「ダイヤモンドかまど釜」です。

 厚さは2.4センチと価格相応に厚く、実力が期待できます。形状については、こちらは、「かまど」で使う羽釜の形を摸すことで、発熱効率を向上させています。

 釜のコーティング素材は、ダイヤモンドハードコートです。釜は中空構造になっており、断熱性が高い仕様です。内釜は3年保証が付きます。

  201807271112.jpg

 ご飯の堅さは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」と3通りの選択肢があります。焦げ目を付けた「おこげご飯」にも対応します。

 また、パナソニックは独自の「おどり吸水」という技術があり、沸騰前のご飯の吸水時に、圧を調整することでお米への水の浸透率を調整し、堅さを調整します。

 こちらもサンヨー時代からの伝統的な方法で、定評があります。「おどり炊き」は可変圧力IH炊飯器の中では、「かたい」・「しゃっきりした」ご飯の炊飯も無難にこなせるといえます。もちろん「甘く・ふっくら系」のお米は代の得意の機種になります。

 201807271113.jpg

 ご飯の保温については、重量センサーを用いて保温温度を調整するエコナビ保温機能が付きます。ただ、例えば、温度センサーを搭載する象印に比べると、節電性はともかく、美味しさのキープという点では、やや負けるかもしれません。

 いずれにしても、基本的には炊いたら時間を空けずに食べきるか、冷蔵庫に入れるのが良いでしょう。 また、象印と異なり、炊飯時に蒸気をセーブする機能にも、搭載されません。

 201802191436.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気ガイドです。圧力IH炊飯器にしては、掃除が手軽で、こちらも掃除がしやすいモデルといえます。

--

 以上、パナソニックおどり炊き SR-PA187 の紹介でした。甘くご飯が立った大粒なご飯がたける炊飯器という三洋の炊飯器の傾向が好きだった人は、このモデルが良いでしょう

 また、ふっくら系だけではなく、堅めでしゃっきりしたご飯も、可変圧力方式のためこの炊飯器でもよく炊けます。ただ、それは圧力炊飯器の範疇の話で、やはり堅めの傾向が好みの人は、後ほど紹介するよるスチームIH炊飯器の方が良いと思います。


  201807271159.jpg

【2017】

  5・日立 打込鉄釜 RZ-AV180M-R【赤】
  5・日立 打込鉄釜 RZ-AV180M-W【白】
   ¥36,000 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018】

  6・日立 打込鉄釜 RZ-BV180M-R 【赤】
  6・日立 打込鉄釜 RZ-BV180M-W 【白】
   ¥45,717 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:打ち込み鉄釜
内釜厚さ:3mm
内釜保証:6年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 RZ-AV100M は、日立の「ふっくら御膳」シリーズの炊飯器です。

 日立も2017年夏モデルが残っていますが、機能差はなく型番のみの変更です。ネットでは、割と安く型落ち品が手に入るのが嬉しいところです。

 N-01_img_01.jpg

 炊飯方式は、パナソニックの上位機とほぼ同じのスチーム圧力IH炊飯です。

 ただ、可変圧力(Wおどり炊き)に類する機構は、パナソニックと異なり未付属です。また、圧力調整機構はありますが、炊飯時に加圧・減圧はしませんので、可変式でない点では、象印と同じです。

 日立は、60度の高温の長時間浸しと、高温でのスチーム蒸らしにこだわっていますが、比較すれば、パナソニックの方が、技術投資をしている感じがします。

 ヒーターの段数は、非公開です。実物を見た感じでは、IHは2段だと思います。

 201709251851.jpg

 使われている釜は、厚さ3mmの「高伝熱込鉄釜」です。

 これは、溶かした鉄を「超音速打込製法」で高速で打ち込んで錬成される釜です。熱伝導率の高いゴールドと、遠赤が戦を発する炭素のコーティングをすることで、ヒーターの発熱効率をアップさせています。釜の厚さは2.5mmですが、アルミ合金製の内釜で電熱性は高く、高火力を可能にしています。

 ご飯の堅さは さほど多彩ではないですが、炊き分けが可能です。標準モードの他に、「しゃっきり/もちもち」が選べるために、好みに合わせて炊飯が可能でしょう。

 炊きあげたご飯の保温については、「スチーム保温」モードが搭載されます。

 スチームを使って効果的にご飯の乾燥を防ぐことが可能です。一度に炊きあげて、保温しておく人には欠かせない機能でしょうね。ご飯を再加熱するモードも付いています。 象印同様、この点では、この機種も高機能といって良いです。最大24時間まで対応します。

201509301915.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜のほか、給水レスオートスチーマープレート蒸気キャップなど4点です。各社の最新機種で比べると、洗浄を要する部品点数は1点多めですね。

 201807271206.jpg

 蒸気カット機能は、搭載です。

 空気中に排出される水分量は4.0mLと、蒸気セーブ機能が無い機種にくらべて90%セーブされます。マンションなどで結露に悩まされている人には、とても便利な機能ですね。置き場所も自由にエラバベ増す。

 少量炊飯モードも搭載です。

 5.5合炊きの炊飯器で少量(2合以下)のご飯を炊くと、ご飯の煮崩れや焦げが生じてしまう場合があります。それを緩和してくれる機能です。電気代もセーブできます。

---

 以上、日立のRZ-BV180M の紹介でした。

 パナソニックと日立がスチーム圧力炊飯器を出しているメーカーです。

 堅めでしゃっきりしたご飯が好きな方は、どちらにするか迷うところですね。炊飯器としての火力は、パナソニックがやや有利ですが、蒸気セーブ機能などの使い勝手では日立も負けていませんね。価格的にもお買得です。

3・最高級な大型炊飯器の比較

 さて、ここからは、4万円以上のハイエンド(最上位機種)のうち、デンキヤで売れ筋の4機種について紹介していきます。


  201807271115.jpg

 【2017】

  7・パナソニック SR-PW187
   ¥ 39,795 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018】

  8・パナソニック SR-PW188
   ¥ 54,200 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

 SR-PWシリーズこちらは、パナソニックの炊飯器の 「大火力おどり炊き」SR-PW108です。

 旧機種のSR-PW187-Wは、先ほどの下位機種と同じく炊飯中の浸水方法の改良「旨み熟成浸水」と、細かい泡を発生しやすくするために内釜の底に凹凸を付けたこと(ディンプル加工)です。

 炊飯方式の抜本的な変化ではないため、味自体は大きく変わらないでしょう。新機種の登場で価格が下がっている旧機種をオススメします。

 201303040651.jpg

 炊飯方式は、パナソニックの下位機と同じで、圧力の高低を切り替えられる、可変IH圧力炊飯器に分類される炊飯器です。

 ただし、高速相互対流という上位機能も採用されます。

 高速相互対流とは、上図のように、コイルを高速で切り替えることで、外向きと内向きの激しい交互対流を発生させ、「釜底全体から強力な泡の熱対流を起こすことで、お米をおどらせる」仕組みです。

 旧三洋の「おどり炊き」は、釜の内部で対流や細かい泡を生み出すことで、炊飯中の米をかき混ぜ、一粒一粒のお米が立った「ふっくらした」お米の炊飯を炊けるように調整されていました。

 この機種も、仕組みはやや異なりますが、相互対流を起こすことで、一粒一粒の芯までしっかり加熱でき、ふっくら大きく、よりうまみと甘みが増したおいしいごはんが炊き上がります。「ふっくら」効果は数値的にも証明されており、ご飯粒の大きさも、約10%アップします。

 201807271119.jpg

 これらの、高速相互対流可変圧力という米を踊らせる2つの工夫がなされていることから、この炊飯器には「Wおどり炊き」というブランド名が付いています。

 同社の下位機種や、他社の可変圧力炊飯器と比べても、1つ1つの米に火が通りやすいため、お米はより美味しくなります。

 ヒーターの段数は、下位機種より1段多い6段IHヒーターを採用しています。その点で言っても、総合的な火力ではこちらの方が下位機種よりも優位と言えます。

 p02_img.jpg

 使われている釜は「ダイヤモンド竈釜」です。厚さは、下位機種同様の2.4mmです。

 ご飯の堅さは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」と3通りの選択ができます。Wおどり炊きモードが付属しますが、基本的には可変圧力炊飯器のため、「ふっくら」と「甘い」炊飯が得意です。

  逆の個性である「かため」で「しゃっきりした」「ハリのある」ご飯も高レベルで炊飯します。ただし、次に紹介するスチーム炊飯器のほうが高レベルです。

  また、この機種は下面に大火力のコイルが使用されているため、いわゆる「おこげご飯」が作れます

 ご飯の保温については、重量センサーを用いて保温温度を調整するエコナビ保温機能が付きます。この点は下位機種と同じで、あり他社より低機能です。

 蒸気セーブ機能は、搭載されません。結露などの面では配慮が必要です。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気ガイドです。炊飯器としては標準的でとりたてて面倒でも楽でもないレベルです。

---

 以上、パナソニックの炊飯器SR-PWシリーズの紹介でした。

 三洋の炊飯器とパナソニックの炊飯器の技術的なコラボレーションが見られる非常に優れた炊飯器です。「ふっくら甘い」系のご飯も、「しゃっきり」系のご飯も、高レベルで炊き分けられるでしょう


  201807271124.jpg

 【2017】

  9・パナソニック SR-SPA187
   ¥45,799 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

 【2018】

  10・パナソニック SR-SPA188-K
   ¥69,700 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:220度スチーム保温
堅さ調整:4種類(しゃっきり〜もちもち)

 SR-SPAシリーズは、10合炊きでは、同社の十合炊きの上位機です。

 こちらも昨年度モデルが残ります。違いは、「旨み熟成浸水」と「ディンプル加工」と1つ上で見た下位機種と同じです。マイナーチェンジですから、価格の下がった旧機種はお買得です。

 201306280922.jpg    

 炊飯方式は、このグレードから、スチーム圧力IH炊飯に代わります。

 こちらも、高速相互対流と最大1.2気圧の可変圧力もかけられる構造になっている「Wおどり炊き」仕様です。ここまでは、下位機種と同じです。

 その上で、この機種は、スチームを使って炊飯をする機能を併せ持ちます。そのため、炊飯器の分類としては、スチーム圧力IH炊飯ないし、スチームW可変圧力IH炊飯器とも呼ぶべきモデルです。

 201506272211.jpg

 スチーム炊飯器は、本体横に水を入れる容器があります。炊飯時にはそこに水を差します。その水が熱で220度のスチーム(蒸気)となります。追い炊きの時、内釜にそのスチームを吹き付けることで高温状態をキープする仕組みです。

 これによって、ごはんのはり、つや、甘みを引き出すことができます。また、メーカーによると、「スチームがごはんの表面をコーティングし、冷めても硬くなりにくく、ふっくら感をキープ」する効果もあります。

 また、炊飯の過程で、フタの部分に逃げ出した水蒸気をキャッチして還元するため、お米の「おねば」に含まれる旨みも同時に釜に戻し、還元できます。メーカーも「濃いおねばがだせる」ことを強調しています。

 そのほか、お米の浸水時(炊飯前半)の温度を高く設定する新・酵素活性浸水などが搭載される点は、パナソニックの下位機種と同じです。

 いずれにしても、スチーム式は、圧力だけに頼らず高温状態を出せるため、「かたい系」「しゃっきり系」の美味しいご飯がやや不得意な(可変)圧力炊飯器の弱点を補う効果があるでしょう。

 ヒーターの段数は、こちらも6段IHヒーターです。

 p02_img.jpg

 使われている釜は、下位機種にも採用されるダイヤモンド竈釜で、厚さが2.4mmである点も同じです。

 ご飯の堅さ4種類の炊き分け機能が付きます。

 またこの機種は可変圧力IH式の機能スチーム炊飯式の機能とを合わせ持つため、「かたい」「やわらかい」といった堅さにかかわる指標だけではなく、「しゃっきり」「もちもち」という食感に関する味の指標も持っています。

 そのため、ご飯の堅さにこだわりのある人は、この機種はとても良い選択肢でしょう。また、下面に大火力のコイルが使用されているため「おこげご飯」が作れます

 201802191448.jpg

 ご飯の保温は、スチーム保温機能が付きます。こちらは、スチームを吹き付けつつ保温するため、ご飯が乾きにくいです。長時間保温した後でも美味しくご飯が食べられる機種です。

 下位機種と同じく、重量センサーを使って、保温温度を調整するエコナビ保温もついていますので、さらに効果的と言えます。

 201306280943.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット水容器です。圧力機能と旨み還元機能がつくため、下位機種にくらべて内ぶたに凹凸があります。

 また、中央部分のフィルターを取り外して洗浄する必要があるため、一手間余計にかかります。ただ、そうたいへんではなく、問題ないレベルです。

---

 以上、パナソニックの炊飯器の SR-SPA107 の紹介でした。

 圧力IHの機能とスチームIHの機能が高度にミックスされた最高機種です。日によって、料理によって、お米の種類によって、ご飯を「ふっくら」「しゃっきり」など炊き分けたいと思っている方は、この機種がおすすめできます。


 201807271236.jpg

【2017年】

 11・パナソニック SR-SPX187-R [レッド]
 11・パナソニック SR-SPX187-W [ホワイト]
  ¥62,047 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

【2018年】

 12・パナソニック SR-VSX188-K 【黒】
 12・パナソニック SR-VSX188-W 【白】
  
¥91,513 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:4種類(しゃっきり〜もちもち)

 SR-SPXシリーズはパナソニックの今年度の最上位機です。

 なお、2017年旧機種が、併売中です。2017年6月に登場した際は10万円を超えていました。現在は新機種の登場で、半値近くになっており、たいへんお買い得感があります。こちらは赤色があります。

 2018年6月登場の新機種との違いは、のちほどお知らせします。

 201807271240.jpg

 炊飯方式は、スチーム圧力IH炊飯器です。

 繰り返しになりますが、高速相互対流と最大1.2気圧の可変圧力もかけられる「Wおどり炊き構造」と、スチームを使って炊飯をする機能を併せ持つ構造で、スチームW可変圧力IH炊飯器といえるものです。

 この点では、同社の下位機種と同じです。「堅めでしゃっきり系」のご飯はひときわ「得意」です。

 ヒーターの段数は、こちらも6段IHヒーターです。

 201506272231.jpg  

 使われている釜は、下位機種と同じ名前のダイヤモンド竈釜です。

 しかし、こちらは中空面を複数持たせ、また高断熱素材を多数使用することで、構造の内釜の断熱性がさらにアップしています。また、底面も凹みを付けたディンブル加工がなされ、米を踊らせる大きな泡を発生させやすくしています。

 201506272241.jpg

 ご飯の堅さは この機種の場合、こだわりがあります。

 なぜなら、「ブランド米」の種類ごとに、銘柄に適した火加減で細かくご飯を炊き分ける機能が付属するからです。40種類以上のお米が登録されます。

 また、銀シャリモードの他「よりかため、かため、やわらか、よりかため」という堅さ系の指標と、「しゃっきり、よりしゃっきり、もちもち、よりもちもと」という食感系の指標で、計8通りの炊き分けが可能です。よりきめ細かい設定でご飯を炊くことができる高級機です。

 201807271355.jpg

 また、さらに細かい銘柄の設定もできます。

 ただ、スマホの無料アプリを介する必要があります。なお、スマホアプリを使って炊飯器の予約操作なども可能です。炊飯器にWi-Fi機能があるため、こうした操作が可能という仕組みですね。

 炊きあげたご飯の保温については、下位機種同様に「スチーム保温」モードが搭載されます。

 201807271241.jpg

 お手入れは、下位機種同様で、洗う必要があるのは、ご飯のお釜給水レスオートスチーマープレート蒸気キャップです。基本的に面倒ではありません。

 以上、SR-SPXシリーズの紹介でした。釜の品質が向上しているため、炊飯のスペックは確実に上がっていると言えます。

 下位機種と1万円以上の価格差がありますが、とくに銘柄米で炊き分けられる機能は、高級機を買おうとする購買層にはかなり魅力かでしょう。ブランド米は今とても流行ってますし、予算があれば、買って後悔することはない機種の1つですね。  

ーーー

 201807271236.jpg

 なお、2018年6月登場の新機種については、5つの改良がなされました。

 第1に、炊飯中の浸水方法の改良(旨み熟成浸水)です。

 第2に、細かい泡を発生しやすくするために内釜の底に凹凸をディンプル加工)です。

 ここまでは、下位機種の場合と同じです。これに加えて最上位機は、次のような改良がなされています。


 201804041033.jpg

 第1に、圧力センサーの改良です。

 1.2気圧と1気圧の中間に2段階(1.1気圧、1.15気圧)を検知できるようになっています。

 第2に、炊き分け機能の強化です。

 圧力制御が細かくできるようになったことで、ご飯の炊き分けが2段階から3段階に細分化されました。

 その他は、炊き分け銘柄の追加(2種類)と操作キーの改良などがポイントとなります。

 第3に、鮮度センシング機能です。

 圧力センサーを利用して、お米の水分(乾燥度)を検知し、精米から時間が経ったお米の炊き方を調整できます。

ーー

 新機種は、圧力系の改良ですので、味の傾向は従来機より変わってくるでしょう。とくに、米の鮮度に全く気を使わない方は、劇的な改善があるかもしれません。

 ただ、旧機種は倍以上安く、内釜や火力の部分は、新型と変わりません。この点から言えば、やはりAtlasとしては、「破格」といえる旧機種が魅力だと思います。


 201807271222.jpg

 【2017年モデル】【8合モデル】

 13・タイガー THE炊きたて JKX-V152-K
  
¥35,334 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:本土鍋
内釜厚さ:4.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 JKX-Vシリーズは、タイガーの炊飯ジャー「炊きたて」シリーズの最上位機種です。タイガーについては「8合」となります。

 本当の「土鍋」を採用する面白い製品です。なお、新旧両機種ありますが、性能面は変わりません。

 炊飯方式は、圧力IH炊飯です。

 タイガーは、圧力を細かく調整しながら炊飯する可変IH圧力炊飯になります。なお、土鍋をつかっているため、メーカーでは土鍋圧力IH炊飯器と表現しています。

 jpx_kahen_w_atsuryoku.jpg

 かけられる圧力は、最高1.25気圧になります。

 一方、可変IH圧力炊飯の構造は、独特です。こちらも、パナソニックのように加圧・減圧を繰り返すタイプですが、目的が異なります。

 パナソニックは、「米を踊らせる」という目的でしたが、タイガーは、気圧・温度を炊飯中に制御することで、お米の甘みと粘りをバランスよく引き出すという、直接的な「味」の意味で利用しています。

 そのため、圧力ボールをわざわざ2つ用意し、1.25気圧・1.05気圧という固定値で可変できる、W圧力仕様にしています。

 ヒーターの段数は、非公開です。問い合わせましたが、教えてくれませんでした。

 ただ、タイガーは、土鍋自体の蓄熱性を使って沸騰温度を維持する仕組みですから、段数はあまり意味ないから、という正当な理由があります。

 加熱にパワーが必要な土鍋のため、鍋底については「280度での高温にできる仕様」です。高温炊きで、「ふっくら・もちもち」感を出しつつ、ご飯のハリも重視すると言う点で、パナソニックのスチームIH式に、メーカーの推奨する「ご飯の理想像」は近いでしょう。

 201807271228.jpg

 使われている釜は、「表面6層コート本土鍋」です。

 こちらは、本物の土鍋(セラミック)です。本体も鉄製の釜よりも重厚感がある感じで、見た目も非常に美味しく炊けそうです。土鍋は、焼成を3度繰り返すことで作られた本格仕様です。本体の値段の数割分はこの釜の値段でしょう。

 土鍋を模した構造のため、「香ばしい」ご飯が炊くことができます。ちなみに、メーカーで「香ばしい」を使っているのはタイガーの炊飯器だけです。

 6soucoat_g.jpg

 コーティングは、6層で、鍋の厚みは、4.5mmになります。。コーティングは3年保証です。ちなみに土鍋にはふたがつきますが、(当たり前ですが)炊飯時には使いません!炊きあがったとき、ご飯を「おひつ」とする場合に使うものです。

 さらに、内ぶたも土鍋コーティングがなされており、釜の中の熱を逃がさない構造担っています。

 象印のプラチナコーティングは、水を弱アルカリ性に変質させることで米の甘み成分を強化するものでした。タイガーの場合は、熱を逃がさず閉じ込めることを最重要視し、土鍋コーティングを施しているといえます。強火力で土鍋で炊いたご飯が美味しいという仕組みを応用したものです。

 201811171704.jpg

 ご飯の堅さは、一方でこの機種は明示的な硬さの炊き分け機能はありません

 ただ、雑穀米や玄米を炊く機能のほか、麦飯専用のモードを搭載するなど、健康米系が充実するのが、タイガーの炊飯器に共通する特長ですね。

 また、「おこげご飯」も炊けます。パナソニックの「おこげご飯」と異なって、こちらは、3段階で焼き目を調整できます。「おこげご飯」を先に取り入れたのはタイガーなので、この方面での優位性があります。

 ご飯の保温は、温度を「低め」に設定することで乾くのを防ぐモードと、ご飯を再加熱するモードが付いています。あまり高機能とは言えません

 蒸気セーブ機能は、未搭載です。

 お手入れ洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口(スチームキャップ)です。内ぶたは安全弁が2つあり、若干掃除が手間かもしれませんね。しかし、許容範囲でしょう。

---

 以上、炊飯ジャー「炊きたて」JKX-Vシリーズの紹介でした。

 土鍋を使い熱を逃がさず高温に保つという、かなり独創的な炊飯器だと思います。また、独創的だけではなく、米の甘み成分をひきだすために沸騰温度を維持するにあたって理に適った正統的な発展形態だと思います。

 ただ、他の上位機種に較べると、お米を美味しく保温する機能が付いていない点はネックです。おひつのふたが付いているので、夏場以外は釜から出して保存はできますが、やはり、炊いたら直ぐ食べたり、ご飯を冷凍するなりする方向けの商品でしょう。


  201807271315.jpg

 【2018】

 14・象印 炎舞炊き NW-KA18-BZ
 
15・象印 炎舞炊き NW-KA18-WZ
  ¥84,600 Amazon.co.jp (7/27執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.5気圧
内釜素材:南部鉄器極め羽釜
内釜厚さ:1.7mm(釜底2.3mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:7通り炊分

 NW-KAシリーズは、象印の2018年の最新モデルです。

 象印は、2018年に最高級機のフルモデルチェンジをし、従来とは大きく仕様を変えてきました。「炎舞炊き」という、キャッチーな愛称を付けた「初号機」となります。

 炊飯方式は、象印の下位機種と同じく、圧力IH炊飯です。

 かけられる圧力は、1.3気圧です。象印は、昨年度は1.5気圧でしたので、圧力の部分ではスペックダウンです。

 201807271325.jpg

 搭載されるIHヒーターは、今までにない新方式です。底IHヒーターを3つ搭載し、独立制御させるローテーションIH式です。

 この場合、内釜の中に、複数の複雑な対流が生じ、米が「激しくおどり」ます。ムラのない熱対流は「美味しいご飯を炊く秘訣」ですが、サーモグラフィを見ても、実際相当に熱が均等です。

 201807271337.jpg

 使われている釜は、新開発の「業炎かまど釜」です。

 アルミ・鉄・ステンレス複数素材を利用したハイブリッド式で、2.2mmの厚さの製品です。

 201807271340.jpg

 なお、この部分で言えば、旧世代機は、「南部鉄器極め羽釜」という鋳鉄製の「伝統工芸」とも言える釜を使っていました。今回のモデルは、工業製品で、釜圧も薄いのです。

 しかし、先述のローテーションIH式の効用で、熱伝導率は相当にパワーアップしています。新機種との対照実験(サーモグラフィ)でそれが示されています。

 なお、Atlasは、鋳鉄(南部鉄器)である技術的必然性について象印から説明がなく、効果に「疑問」がありました。その点でも、新機種の「進化」は、とても良いものだったと思います。

 象印が大事にしてきた羽釜形状も、厚め「ふち」をつける形で、継承しています。

 201807271348.jpg

 ご飯の堅さは、この機種も、かなり自在に選べる仕様です。

 堅さは11段階、粘りは11段階選べ、総計で121通りの炊き分けが可能です。AI搭載で、液晶モニターにその日のご飯の評価を入力していくと、次の炊飯に反映していく仕組みです。なお、「おこげご飯」が炊けますが、タイガーのように焼き加減は調整できません。

 201807271350.jpg

 ご飯の保温については、人工AIが釜内に残ったごはんの量を推測し、温度コントロールをする機能が付きます。これは下位機種に付かないものですが、ご飯の乾燥を防ぐのにとても効果的です。

 これに加えて、下位機種と同じく、「うるおい二重ぶた」により、水分の蒸発量を約40%抑制し、つやのあるご飯を長時間保つことを可能にしています。

 蒸気セーブ機能は、搭載されます。ただ、この機能は、「蒸気セーブ炊飯」という特殊なモードで炊飯した場合に、約80%蒸気セーブができるというものです。

 201807271351.jpg

 お手入れの際、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。

 このうち内ぶたは「二重ぶた」を外して洗う必要があります。内ぶた凹凸があり、若干洗いにくいですが、圧力IH炊飯器にしては掃除がしやすいといえます。

 以上、象印の「炎舞炊き」という最上位機種の紹介でした。

 従来的に象印が強い「加圧」に加えて、ローテーションIH式という、びっくりする新機軸を搭載した機種です。おそらく、数年にわたって評判を呼んでいく「名機」になると思っています。

 伝統工芸の進行も素晴らしいことですが、家電好きとしては「技術の進化」を感じさせるこの機種に、とても交換を持ちました。味も確かです!

後編に続く!
高性能10合炊き炊飯器のおすすめは、結論的にこれ!

 というわけで、今回は、比較的価格の高い炊飯器について比較しました。

 「比較の点数が少ないのではないか?」と思う方もいるかもしれません。しかし、1升炊きは、5合炊き以下と比べると購買層が少ないため、「中級〜高級機」に限定すると、この程度の数となります。

  201807271725.jpg

 次回の後編【こちら】では、ここまで紹介してきた全機種の中から、目的別・予算別に最終的なおすすめ機種についてまとめておきたいと思います。

 後編は→こちら

 なお、この前編記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ幸いです。

posted by Atlas at 18:02 | 炊飯機

比較2018'【高性能で安い】10合炊き炊飯器15機の性能とおすすめ・選び方(rice cooker-6)

今回の結論
高級10合炊き炊飯器のおすすめは結論的にこの機種!

 どもAtlasです。

 今回は、大型の一升炊き炊飯器 の比較をしています。

 【前編】からの続きの記事です。前編では、パナソニック・象印などの炊飯器を紹介しました。

 それをふまえて、最後に、最終的なおすすめ機種についていつものようにまとめておきたいと思います。


 第1に、3万円前後のハイグレード価格帯の炊飯器で性能的に最もオススメできるのは、

  201807271106.jpg

 【2017】

 3・パナソニック SR-PA187-T
 3・パナソニック SR-PA187-W
  ¥35,900 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2018】

 4・パナソニック SR-PA188-T
 4・パナソニック SR-PA188-K
  ¥41,156 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンドかまど釜
内釜厚さ:2.6mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

 1・もちもち炊飯  ★★★★★★
 2・しゃっきり炊飯 ★★★★★
 3・炊飯時間    ★★★★★
 4・保温性能    ★★★★★
 5・手入れの手軽さ ★★★★★

 
6・総合評価    ★★★★★★

 パナソニックの可変圧力IH炊飯器 の「おどり炊きSR-PAシリーズ」の10合モデルでしょう。

 価格と性能のバランスが最も良く、最も「一般向け」です。とくに、今年は「マイナーチェンジ」でしたから、価格が大幅に下がった「旧機種はお買得」です。

 毎年このシーズンは旧機種が「爆発的に安い」ので、この時期に炊飯器を買う方は「賢い」ですね。

 201506271839.jpg

 炊き上がりの味の面では、強力な5段IHヒーターと熱伝導性のよい24mmのダイヤモンドかまど釜の効果で、4万円以下で購入可能な機種としては「最高レベル」の味が期待できます。

 201807271112.jpg

 とくに、炊き分けがうまい「可変圧力」ですから、「ふっくら甘い」「もちもち」系のごはんから、「しゃっきり」系のご飯まで、柔軟に炊き分けられます。

 どのタイプでもそつなく炊けるので「自分の好みがイマイチ分からない方」、「家族で好みが異なる方」などにも最適でしょう。

 保温機能は、他機のが優れるとは言え、重量センサーで温度を変える「エコナビ保温」は付属しますし、この価格帯では十分以上でしょう。

 お手入れも、内ぶたなどが最も洗いやすい製品の1つでおすすめです。

 価格的にも、発売から時間が経過して値頃感あるため、「迷ったらこれを選べば後悔しないだろう」と言える機種です。

ーーー

  201807271159.jpg

【2017】

  5・日立 打込鉄釜 RZ-AV180M-R【赤】
  5・日立 打込鉄釜 RZ-AV180M-W【白】
   ¥36,000 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

【2018】

  6・日立 打込鉄釜 RZ-BV180M-R 【赤】
  6・日立 打込鉄釜 RZ-BV180M-W 【白】
   ¥45,717 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:打ち込み鉄釜
内釜厚さ:3mm
内釜保証:6年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 1・もちもち炊飯  ★★★★★
 2・しゃっきり炊飯 ★★★★★★
 3・炊飯時間    ★★★★★
 4・保温性能    ★★★★★★ 
 5・手入れの手軽さ ★★★★★
 6・総合評価    ★★★★★★

 ただし、「しゃっきり」系で歯ごたえのあるご飯が好みの方は、スチーム可変圧力IH方式を取る日立 極上炊きが良いと思います。

 N-01_img_01.jpg

 炊き上がりの味の面では、可変圧力方式なので「しゃっきり」系だけでなく、「もっちり系」までこなせますが、スチームを利用する分、「しゃっきり系」が得意と言えます。

 保温機能も、長時間保温に力を発揮するスチーム保温と、この部分では、水分率を調整できる点で、パナソニックよりも高度なほどです。

 「10合炊き」して、長時間保温しそうな場合は、この機種の方が良い可能性もあります。

  201807271206.jpg

 また、3万円前後の製品としては、とても優秀な蒸気カット機構も搭載し、設置性も良いです。買って間違いない機種の1つでしょう。

 なお、新機種と機能面での差は、釜の多少の改良で、マイナーバージョンアップです。そのため、旧機種はとくにお買得ですね。


 第2に、値段を度外視して性能的に最もオススメできるのは、

 201807271236.jpg

【2017年】

 11・パナソニック SR-SPX187-R [レッド]
 11・パナソニック SR-SPX187-W [ホワイト]
  ¥62,047 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

【2018年】

 12・パナソニック SR-VSX188-K 【黒】
 12・パナソニック SR-VSX188-W 【白】
  
¥91,513 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:4種類(しゃっきり〜もちもち)

 1・もちもち炊飯  ★★★★★★★
 2・しゃっきり炊飯 ★★★★★★
 3・炊飯時間    ★★★★★
 4・保温性能    ★★★★★ 
 5・手入れの手軽さ ★★★★
 6・総合評価    ★★★★★★★★

   パナソニックの最高性能の可変圧力IHスチーム式の炊飯器である SR-SPX107でしょう。

 201306280922.jpg    

 炊き上がりの味の面では、こちらは、1.2気圧の圧力と高速相互対流を利用したWおどり炊き対応機種で、ご飯を力強く、均等に対流させますから、「お米」の底力を引き出せます。

 その上で、スチーム炊飯器としての機能を持ち、追い炊きの際の火力にも期待できます。実際、「他社より大粒に炊き上がるご飯」は、パナソニックの「売り」です。

 201506272241.jpg

 炊き分けは、特に自慢で、お米のブランドごとに選べます。新しく登場したお米もスマホからアップデート可能なので、この側面を楽しみたい方に向きます。

 食感の指標も、8通り選択可能です。「しゃっきり系」から「もちもち」「甘い」系のご飯まで、高レベルに炊き分けることが可能といえます。料理ごとにつかえ分けることも可能でしょう。

 保温機能も、このグレードの場合は、重量とスチームをふまえた保温が可能なので、高度です。

 10合炊いて24時間保温するなどの方は、この機種を選ぶと、良いと思います。

 201807271241.jpg

 お手入れも部品点数が少なく楽です。

 いずれにしても、メーカーが「うまい」と思っている米質のご飯ではなく、自分が「好きな」状態のご飯が最大限炊き分けられるのが、パナソニックの大きなメリット性です。

 その上で、保温・お手入れ・炊き分けなど、「欲しい機能」がまとまっているので、「万人の好みに合う一台を選べ!」と言われたら、Atlasはこの機種を選びます。

 新旧両機種あり、新機種には圧力センサーなどが加わりますが、価格的には旧機種がお買得だと思います。Atlasが買うならば、そちらを選びます。

−−

  201807271315.jpg

 【2018】

 14・象印 炎舞炊き NW-KA18-BZ
 
15・象印 炎舞炊き NW-KA18-WZ
  ¥84,600 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.5気圧
内釜素材:南部鉄器極め羽釜
内釜厚さ:1.7mm(釜底2.3mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:7通り炊分

 1・もちもち炊飯  ★★★★★★
 2・しゃっきり炊飯 ★★★★★
 3・炊飯時間    ★★★★★
 4・保温性能    ★★★★★★
 5・手入れの手軽さ ★★★★★

 
6・総合評価    ★★★★★★★

 ただし、十分な予算がある方については、象印が今年度から展開する「炎舞炊き」もよいでしょう。

 201807271325.jpg

 炊き上がりの味の面では、他社以上の1.3気圧の圧力に加えて、底部に3つのIHヒーターを採用して、ご飯を「踊らせる」ローテーションIH式が功を奏するでしょう。

 圧倒的な火力でムラ無く加熱するため、どのようなお米でも「美味しく炊いてしまう」炊飯器です。

 熱伝導性の高さも、データ的・視覚的に説明しているもポイントで新機種ながら「確実にうまさが向上する」機能を網羅しています。

201807271348.jpg

 炊き分けも、121通りの指標で対応でき、「今日は堅すぎた」などの好みも覚えさせるので「自分の好み」にあった食感の炊飯が、できるようになります。

 保温機能も、重量センサーとうるおい二重ふたの工夫があるため、スチーム炊飯器を除けば、高レベルです。

 お手入れも、部品点数が少なくやりやすい機種だと思います。

補足・その他のジャンルの炊飯器

 201712282031.jpg

 以上、今回は、10合の高級炊飯器の話題でした。

1・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
2・
5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】

3・5合炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器〜3万円】
5・一升炊きの高性能炊飯器3万円〜】
6・糖質カット/麦向き炊飯器
7・おすすめ炊飯器の選び方 【まとめ】

 なお、もう少し格安の製品と比較されたい場合は、上記4番の記事をご覧ください。

 また、しっかり納得して選びたい方で、スペック面からの炊飯器の比較方法を、もう少し突っ込んで知りたい方は、上記7番の記事もよろしくお願いします。

 201807271603.jpg

1・新銘柄のブランド米の比較
2・コシヒカリの比較

 続いて「お米」についてです。

 このブログでは、そういったお米のうち、今年度の検定で【食味値特A評価をうけたお米】も紹介しています。興味のある方は、上のリンク記事をご覧ください。

 そのほか炊飯の味を変えることができる【市販のミネラルウォーター】については、【こちら】で、アマゾンで取り扱われている約20種類の天然水ペットボトルを比較する記事を書いています。


 

 ツインバード MR-E520W
  ¥9,660 Amazon.co.jp
(11/17執筆時)

 また、自宅用で、玄米から毎日お米を挽きたいと思っている方、【信頼性の高い精米器】をツインバード工業の機種などを【こちら】で紹介しています。よろしければご覧ください。

----

 最後になりましたが、この記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

 (なお、今回は、前半からの続きですので、前半記事をご紹介いただけると、一層嬉しいです!)

 ではでは。

posted by Atlas at 18:01 | 炊飯機

比較2018’【美味しく炊ける】高性能炊飯器25機の性能とおすすめ・選び方(1)

【今回レビューする内容】2018年 美味しく炊ける!人気の高性能・高級炊飯器の性能とおすすめ・選び方:5合炊き炊飯器:象印・パナソニック・タイガー・日立・三菱電機・東芝:長時間保温が得意な機種など人気機種の違いやランキング

【比較する製品型番】 THE炊きたて 極め炊き 炎舞炊き おどり炊き ふっくら御膳 蒸気レス本炭釜 黒銀蒔 本炭釜 KAMADO バーミキュラ ライスポット 真空IH保温NP-JS10 NW-KA10 RC-10ZWL-W JPH-A100-K JPH-B101-KB JPG-X100-WF SR-PA107-T SR-PW107-W SR-SPA107-K SR-SPX107-RK RZ-AV100M R RZ-AW3000M-R・IH NJ-XS108J-P IH NJ-VW109 NJ-AW109-B NW-AT10-BZ RP23A-SV SR-PW108-W SR-PW108-W SR-VSX108-K SR-PA108SR SPA108-K RZ-BV100M RJPH-A101

今回のお題
美味しいご飯が炊ける!炊飯器のおすすめはどの機種?

 どもAtlasです。

 今日は、家庭用炊飯器(炊飯機)を比較します。

 201807271250.jpg

 記事作成にあたり合計100機種以上調査し、現行機種の炊飯器については、60機以上を解説しています。 

 201807271247.jpg

 今回の記事では、各社の炊飯器のカタログスペックに基づいて、客観的に炊飯器を紹介します。

 また、Atlasは、見本市やデンキヤのイベント、そして、パナソニックの「食べ比べ亭」などのイベントなどで「味見」をし、主観的な調査もしています。

 以下では、いつものように各製品を紹介し、最後にAtlasのおすすめ機種を提案する形式で書いていきます。

1・高性能炊飯器の選び方の基本!

 201712282031.jpg

 今回、Atlasが調査した炊飯器だけでも、100機種を軽く上回りました。

 そのため、読者の皆さんも「自分に最も合う炊飯器」を選ぶのは「一苦労」だと思います。

1・かけられる予算
 1万円・3万円・5万円以上
2・必要なサイズ
 3合・5.5合・1升

 ただ、「かけられる予算」と「必要なサイズ」考えるだけで、皆さんが「検討するべき機種」は、一気に「20機種」ほどに絞れます。

 その場合のポイントは、以下のようになります。


 201807271033.jpg

 第1に、「かけられる予算」についてです。

 1万円3万円が1つの「分岐点」と考えてください。

 1万円以下の場合、性能の良いIHヒーターを搭載しないため、味は30年前とほぼ同等です。

 1万円以上の場合、最新技術ではないものの、信頼できるIH式圧力IH式炊飯器が選べます。

 3万円以上の場合、「各社自慢の最先端の炊飯機能」が搭載された、上位機が選べます。

----

 結論的にいえば、「少なくとも1万円以上」の機種を選ぶのがよいでしょう。


 201807271035.jpg

 第2に、「必要なサイズ」についてです。

 「大は小を兼ねない」点に注意してください。

 大きな炊飯器で少量を炊いても、電気代がかかるばかりで、全く美味しくありません

 例えば、毎回3.5合(約7-10杯分)を炊くならば、「3.5合炊き炊飯器」が最も美味しいと言えます。

 結論的にいえば、原則として、(来客時ではなく)日常食べる杯数あわせて買うのがポイントです。


1・5合炊きの高級炊飯器【3万円〜】
2・5合炊きの格安炊飯器【〜3万円】
3・一升炊きの高性能炊飯器【3万円〜】
4・一升炊きの格安炊飯器【〜3万円】
5・3合炊き小型炊飯器【〜3万円】
6・糖質カット/麦向き炊飯器

 以上、2つの要素をふまえて、このブログでは、炊飯器の記事を6つに分類しています。 

 今回は、1番の記事です。「3万円以上」の「5.5合炊き」の炊飯器を扱います。

 201807272215.jpg

 1万円〜2万円台の炊飯器を探している方は、お手数ですが、2番の記事【こちら】をご覧ください。「安くて性能が期待できる」機種を多く紹介しています。

 また、1人暮らしなどに向いた3合炊きモデルや、世帯用の大きな一升炊きモデルを探している方も、上記のリンク集の各記事をクリックしてご覧ください。

 例えば、最近話題のバルミューダThe Gohanや、シロカのかまどさん電気も「3合炊き」なので、上記の5番のリンクで紹介しています。

2・高級炊飯機を選ぶ際のポイント!

 201807271045.jpg

 では、「3万円以上」の5合炊きの高級炊飯機の紹介に入ります。

 このグレードの製品で、「美味しく炊ける」炊飯器を選ぶための「4つのポイント」は、以下の通りです。

 1・沸騰温度の持続性
 2・加熱方式
 3・内釜の素材と厚さ
 4・ご飯の炊き分け機能

 これらは、デンキヤの量販店で店員さんと相談しながら購入する場合でも、最低限おさえて置いた方がよいと言えるポイントです。 

 そのため「手短に」解説しておきます。


 feature02_image.jpg

 第1に、炊飯器の沸騰温度の持続性です。

 炊飯器で美味しいご飯を炊くには、100度以上の温度を長く続けられることが最大のポイントです。

 しかし、ヒーター1本ではパワーが弱く、持続的な沸騰温度の維持ができないといえます。そのため、性能の高い高級機は、複数のIHヒーターや、補助的な電熱ヒーターを、複数装備します。

 例えば、上図は、底面にIHヒーターが1段と、側面とふたに電熱ヒーターが3本の、総計「4重ヒーター」です。

--

 「火力」が味の優劣を生みますので、今回は、こうしたヒーターの本数や種類に注目して比較します。


 201506271839.jpg

 第2に、炊飯器の加熱方式です。

 これらは、上述の沸騰温度の持続性にも寄与しますが、むしろ、炊飯の味の方向性(個性)を決める要素と、Atlasは考えています。

 覚えておくとよい「加熱方式」と「味の傾向」は、次の4つです。

1・IH方式  
 =米そのもの味の個性が出やすい
2・圧力IH方式
  =ふっくら/もちもち系の炊飯が得意
3・可変圧力IH式
 =かたさの炊き分けが得意
4・スチームIH炊飯方式
  =しゃっきり/かため系の炊飯が得意

 具体的な仕組みや得意とする味の傾向は、各製品を紹介する中で、詳しくふれたいと思います。 

 いずれにしても、今回の記事では、これらの区分をふまえて、皆さんの好みに即した炊飯器を皆さんに提案します。


 201509301809.jpg

 第3に、内釜の素材と厚さです。

 高級炊飯器は、内釜の部品代が本体価格の大部分を占めているものもあるほど、メーカーが重要視しています。

内釜の厚さ」は、比較する場合、とくに重要な要素です。

 それが厚いほど、沸騰温度の維持や温度の均質性において有利であり、味の面でプラス作用があります。

内釜の構造や材質」は「2番目」に重要です。

 様々な素材で、釜を独特の形状に加工することで、「かまど炊きの再現」を狙った商品が多く出ています。

 今回の記事では、釜の品質にも比重を置いてを置いて調査します。


  201609021146.jpg

 第4に、ご飯の炊き分け機能です。

 中級炊飯器も、「かため」「ふつう」「やわらかめ」など、ご飯の堅さを指標にした炊き分けは可能です。

 高級炊飯器は、さらに、「しゃっきり」「もちもち」などご飯の食感も指標に加えます。

 上図のように、立体的にご飯の炊き分けが可能な機種もあります。

 自分の好みのお米の「堅さ」「食感」が表現できる方は、炊飯器の炊き分け機能の有無を重要視するべきでしょう。その他、「おこげご飯」の炊飯ができる機種あります。

 201807271100.jpg

 なお、最近の高級な炊飯器は「どんなお米でも、希望通りの食感で美味しく炊けてしまう」傾向にあります。

 これは「嬉しい」一方で、言い方を変えると、お米本来の個性が分かりにくいともいえます。

 一方で、最近のブランド米ブームで、色々な銘柄のお米の個性をハッキリ感じたい方も増えています。それをふまえて、「お米の銘柄ごとに炊き分ける機能も近年の高級機では流行しています。

ーーー

 以上、美味いご飯を炊ける炊飯器を見極めるポイントを4点紹介しました。

 今回は、これを基準としつつ、「長時間保温機能」や、「蒸気レス機能」・「お手入れの手軽さ」など、利便性に関わる部分を含めて比較します。

2・パナソニックの炊飯機の比較

 はじめに、3万円台〜6万円台ほどで購入できる炊飯器について、メーカーごとに機種していきます。

 はじめにパナソニックの炊飯器です。同社は、「可変圧力炊飯」にこだわるメーカーですが、一部の上位機は、「スチーム」を使った炊飯も併用する点がユニークです。

 なお、以下の記事では、Atlasのおすすめポイントを赤字で、イマイチと思う部分を青字で記しています。


  201807271106.jpg

 【2018】

 1・パナソニック おどり炊き SR-PA108【各色】
  ¥37,924 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2017】

 2・パナソニック おどり炊き SR-PA107【各色】
  ¥35,142 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンドかまど釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

  SR-PA108は、パナソニックおどり炊きブランドの炊飯器です。

 「おどり炊き」シリーズは旧三洋電機が出していた人気シリーズです。しかし、統合でパナソニックに引き継がれました。

 こちらは、2017年モデルの在庫が残っています。主な相違は、炊飯工程を一部見直した点です。すでに価格差はないため、新機種を選ぶべきでしょう。

 201506271839.jpg

 炊飯方式は、可変圧力IH炊飯です。

 パナソニックの場合、一定の気圧(圧力)が掛けられるだけでなく、炊飯中に加圧・減圧をフレキシブルにできるのが特長です。同社は、これを「可変圧力IH式」と呼んで、普通の圧力式と差を付けています。

 この方式は、炊飯の終盤で一気に減圧できるため、中はふっくら・もちもちで、外にハリがあるという美味しいご飯ができやすいという特性があります。また、通常の圧力式がやや苦手とする「しゃっきり・かため」のご飯も割と上手に炊けます。

 かけられる圧力は、最大1.2気圧です。業界最高峰は象印の1.3気圧なので、「最高」ではありません。

 ただ、「おどり炊き」の場合は、炊飯時にお米を「対流」させて、均一に炊く目的で圧力を使うため、単純に比較はできません。

 パナソニックは、お米の内部対流を起こすことが、米の味を増す大きな要素となるという思想から、圧力でほどほどに甘みを引き出しつつ、一粒一粒のお米が立った「ふっくらした」お米の炊飯を炊けるように調整されています。

 結果として、ご飯が他社よりも大粒に炊きあがります。

 201804041746.jpg

 搭載されるIHヒーターは、ふたから底まで5段階で加熱される「5段IH」と高性能です。

 同社の炊飯器のもうひとつ注目ポイントはこの部分です。高価なIHヒータを全面に配置できるのは、IHヒーター生産技術を持つ同社だけでしょう。他社は、全面ヒーターでも、普通のシーズヒーターを併用します。

 この部分も、パナソニックの魅力です。なお、他社の場合、シーズヒーター併用の場合は「」ではなく、「」という表現で表記することもあります。

 使われている釜は、「ダイヤモンドかまど釜」です。

 厚さは2.4センチと価格相応に厚く、実力が期待できます。形状については、こちらは、「かまど」で使う羽釜の形を摸すことで、発熱効率を向上させています。

 釜のコーティング素材は、ダイヤモンドハードコートです。釜は中空構造になっており、断熱性が高い仕様です。内釜は3年保証が付きます。

  201807271112.jpg

 ご飯の堅さは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」と3通りの選択肢があります。焦げ目を付けた「おこげご飯」にも対応します。

 また、パナソニックは独自の「おどり吸水」という技術があり、沸騰前のご飯の吸水時に、圧を調整することでお米への水の浸透率を調整し、堅さを調整します。

 こちらもサンヨー時代からの伝統的な方法で、定評があります。「おどり炊き」は可変圧力IH炊飯器の中では、「かたい」・「しゃっきりした」ご飯の炊飯も無難にこなせるといえます。もちろん「甘く・ふっくら系」のお米は代の得意の機種になります。

 ご飯の保温については、重量センサーを用いて保温温度を調整するエコナビ保温機能が付きます。ただ、例えば、温度センサーを搭載する象印に比べると、節電性はともかく、美味しさのキープという点では、やや負けるかもしれません。

 象印と異なり、炊飯時に蒸気をセーブする機能にも、搭載されません。

 201802191436.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気ガイドです。圧力IH炊飯器にしては、掃除が手軽で、こちらも掃除がしやすいモデルといえます。

--

 以上、パナソニックおどり炊き SR-PA107 の紹介でした。甘くご飯が立った大粒なご飯がたける炊飯器という三洋の炊飯器の傾向が好きだった人は、このモデルが良いでしょう

 また、ふっくら系だけではなく、堅めでしゃっきりしたご飯も、可変圧力方式のためこの炊飯器でもよく炊けます。ただ、それは圧力炊飯器の範疇の話で、やはり堅めの傾向が好みの人は、後ほど紹介するよるスチームIH炊飯器の方が良いと思います。


 201807271115.jpg

 【2017】

 3パナソニック SR-PW107-W
   ¥37,800 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2018】

 4パナソニック SR-PW108-W
   ¥37,560 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:エコナビ保温  
堅さ調整:3種類(しゃっきり〜もちもち)

 こちらは、パナソニックの炊飯器の 「大火力おどり炊き」SR-PW108です。

 旧機種のSR-PW107-Wは、先ほどの下位機種と同じく炊飯中の浸水方法の改良「旨み熟成浸水」と、細かい泡を発生しやすくするために内釜の底に凹凸を付けたこと(ディンプル加工)です。

 価格差もないので、2018年モデルを選ぶと良いでしょう。

 201303040651.jpg

 炊飯方式は、こちらも、圧力の高低を切り替えられる、可変IH圧力炊飯器に分類される炊飯器です。

 ただし、高速相互対流という上位機能も採用されます。

 高速相互対流とは、上図のように、コイルを高速で切り替えることで、外向きと内向きの激しい交互対流を発生させ、「釜底全体から強力な泡の熱対流を起こすことで、お米をおどらせる」仕組みです。

 旧三洋の「おどり炊き」は、釜の内部で対流や細かい泡を生み出すことで、炊飯中の米をかき混ぜ、一粒一粒のお米が立った「ふっくらした」お米の炊飯を炊けるように調整されていました。

 この機種も、仕組みはやや異なりますが、相互対流を起こすことで、一粒一粒の芯までしっかり加熱でき、ふっくら大きく、よりうまみと甘みが増したおいしいごはんが炊き上がります。「ふっくら」効果は数値的にも証明されており、ご飯粒の大きさも、約10%アップします。

 201807271119.jpg

 これらの、高速相互対流可変圧力という米を踊らせる2つの工夫がなされていることから、この炊飯器には「Wおどり炊き」というブランド名が付いています。

 同社の下位機種や、他社の可変圧力炊飯器と比べても、1つ1つの米に火が通りやすいため、お米はより美味しくなります。

 ヒーターの段数は、下位機種より1段多い6段のIHヒーターを採用しています。

 その点で言っても、総合的な火力ではこちらの方が優位と言えます。

 p02_img.jpg

 使われている釜は「ダイヤモンド竈釜」です。厚さは、下位機種同様の2.4mmです。

 ご飯の堅さは、「かため」「ふつう」「やわらかめ」と3通りの選択ができます。Wおどり炊きモードが付属しますが、基本的には可変圧力炊飯器のため、「ふっくら」と「甘い」炊飯が得意です。

  逆の個性である「かため」で「しゃっきりした」「ハリのある」ご飯も高レベルで炊飯します。ただし、次に紹介するスチーム炊飯器のほうが高レベルです。

  また、この機種は下面に大火力のコイルが使用されているため、いわゆる「おこげご飯」が作れます

 ご飯の保温については、重量センサーを用いて保温温度を調整するエコナビ保温機能が付きます。この点は下位機種と同じで、あり他社より低機能です。

 蒸気セーブ機能は、搭載されません。結露などの面では配慮が必要です。

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気ガイドです。炊飯器としては標準的でとりたてて面倒でも楽でもないレベルです。

---

 以上、パナソニックの炊飯器SR-PW107の紹介でした。

 三洋の炊飯器とパナソニックの炊飯器の技術的なコラボレーションが見られる非常に優れた炊飯器です。「ふっくら甘い」系のご飯も、「しゃっきり」系のご飯も、高レベルで炊き分けられるでしょう


  201807271124.jpg

 【2018】

 5パナソニック SR-SPA108-K
   ¥52,088 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.4mm
内釜保証:3年保証
保温機能:220度スチーム保温
堅さ調整:4種類(しゃっきり〜もちもち)

 こちらは、パナソニックの炊飯器の 「Wおどり炊き」SR-SPA108です。パナソニックの上位機です。

 201306280922.jpg    

 炊飯方式は、このグレードから、スチーム圧力IH炊飯に代わります。

 こちらも、高速相互対流と最大1.2気圧の可変圧力もかけられる構造になっている「Wおどり炊き」仕様です。ここまでは、下位機種と同じです。

 その上で、この機種は、スチームを使って炊飯をする機能を併せ持ちます。そのため、炊飯器の分類としては、スチーム圧力IH炊飯ないし、スチームW可変圧力IH炊飯器とも呼ぶべきモデルです。

 201506272211.jpg

 スチーム炊飯器は、本体横に水を入れる容器があります。炊飯時にはそこに水を差します。その水が熱で220度のスチーム(蒸気)となります。追い炊きの時、内釜にそのスチームを吹き付けることで高温状態をキープする仕組みです。

 これによって、ごはんのはり、つや、甘みを引き出すことができます。また、メーカーによると、「スチームがごはんの表面をコーティングし、冷めても硬くなりにくく、ふっくら感をキープ」する効果もあります。

 また、炊飯の過程で、フタの部分に逃げ出した水蒸気をキャッチして還元するため、お米の「おねば」に含まれる旨みも同時に釜に戻し、還元できます。メーカーも「濃いおねばがだせる」ことを強調しています。

 そのほか、お米の浸水時(炊飯前半)の温度を高く設定する新・酵素活性浸水などが搭載される点は、パナソニックの下位機種と同じです。

 いずれにしても、スチーム式は、圧力だけに頼らず高温状態を出せるため、「かたい系」「しゃっきり系」の美味しいご飯がやや不得意な(可変)圧力炊飯器の弱点を補う効果があるでしょう。

 ヒーターの段数は、こちらも全てIHの6段ヒーターです。

 p02_img.jpg

 使われている釜は、下位機種にも採用されるダイヤモンド竈釜で、厚さが2.4mmである点も同じです。

 ご飯の堅さ4種類の炊き分け機能が付きます。

 またこの機種は可変圧力IH式の機能スチーム炊飯式の機能とを合わせ持つため、「かたい」「やわらかい」といった堅さにかかわる指標だけではなく、「しゃっきり」「もちもち」という食感に関する味の指標も持っています。

 そのため、ご飯の堅さにこだわりのある人は、この機種はとても良い選択肢でしょう。また、下面に大火力のコイルが使用されているため「おこげご飯」が作れます

 201802191448.jpg

 ご飯の保温は、スチーム保温機能が付きます。こちらは、スチームを吹き付けつつ保温するため、ご飯が乾きにくいです。長時間保温した後でも美味しくご飯が食べられる機種です。

 下位機種と同じく、重量センサーを使って、保温温度を調整するエコナビ保温もついていますので、さらに効果的と言えます。

 201306280943.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット水容器です。圧力機能と旨み還元機能がつくため、下位機種にくらべて内ぶたに凹凸があります。

 また、中央部分のフィルターを取り外して洗浄する必要があるため、一手間余計にかかります。ただ、そうたいへんではなく、問題ないレベルです。

---

 以上、パナソニックの炊飯器の SR-SPA107 の紹介でした。

 圧力IHの機能とスチームIHの機能が高度にミックスされた最高機種です。日によって、料理によって、お米の種類によって、ご飯を「ふっくら」「しゃっきり」など炊き分けたいと思っている方は、この機種がおすすめできます。

 なお、パナソニックはこれ以外に「最高級機」が1機ありますが、各社の「最高性能機」は最後にまとめて紹介します。

3・象印の炊飯器の比較

 続いて、「高圧力での炊飯」にこだわった人気炊飯器を多く出す「象印」です。

 機能面では、ご飯の保温機能が充実した機種が多いメーカーです。


 201807271138.jpg

 【2018】

 6・象印 極め炊き NW-JT10-TA
 7・象印 極め炊き NW-JT10-WA
  ¥43,990 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.3気圧
内釜素材:鉄器コート豪熱羽釜
内釜厚さ:2.2mm
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:6種類(しゃっきり〜もちもち)

 NW-JT10-TAは、象印極め炊きシリーズに属する中級製品です。

 201804041550.jpg

 炊飯方式は、圧力IH炊飯です。

 象印は、7通りの圧力切替に対応します。ただし、気圧調整は、主に米の硬さ・食感を調整するために使われており、基本的に、炊きたいご飯の硬さに応じて、指定した一定の気圧をかけ続けています。

 つまり、パナソニックにように、加圧・減圧を繰り返すような「可変仕様」はありません。ただし、これが「とびきり甘みを出す」という同社の素晴らしい個性を生んでいもいます。「甘み」という部分では、(それが自然かは別として)象印が一番です。

 かけられる圧力は、最高で1.3気圧と高圧にできます。これは、この価格帯で言えば、最高水準の気圧です。

 つまり、味の面では、パナソニックに比して高い圧力をかけるために「ふっくら・甘い」ご飯の炊飯がかなり得意です。一方、「しゃっきり」「ハリがある」ご飯の炊き分けは、傾向としては、やや苦手とするでしょう。

 201802191450.jpg

 ヒーターの段数は、IH2段です。

 ただし、それを補う、3つのシーズヒーターがあり、総計で「5重加熱」する方式です。

 201509301809.jpg

 使われている釜は、鉄器コート豪熱羽釜」です。

 釜の厚みは、圧力炊飯器としては優秀で、2.2mmの厚みと十分です。

 内釜の形状も、羽釜のようなリング形状の部分にヒーターをつけることでヒーティング能力を高め、また、密閉度を高めることで熱を逃さないようにして、沸騰温度をより持続できるようにされています。

 釜のコーティング素材は、IHヒーターと相性が良い鉄器コーティングを採用します。

 201509301812.jpg 

 その上で、内釜には「うまみプラスプラチナコート」がなされます。

 水を弱アルカリ性にする効果があり、東京農大の検証では、うまみ成分が5%、甘み成分が45%アップするようです。粘りがあり「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯が可能になりました。

 201709261526.jpg

 ご飯の堅さは、象印の場合「わが家炊きメニュー」という機能があり自在に選べる仕様です。

 堅さは7段階、粘りは7段階選べ、総計で49通りの炊き分けが可能です。多すぎる気もしますが、AI搭載で、液晶モニターにその日のご飯の評価を入力していくと、次の炊飯に反映していく仕組みです。

 なお、この機能は2017年モデルからこのグレードにも搭載されたもので、旧モデルは、「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」と5通りの選択肢から選ぶ方式でした。

 pic007.png

 ご飯の保温は、象印は「こだわり」があるメーカーのひとつです。

 この機種は、人工知能AIとふた開閉センサーでご飯の温度をセンサーで監視する「保温見張り番」機能が装備されます。さらに「おひつボール」を上部に配置することで水分が逃げにくくする「極め保温」機能が搭載されます。これらにより、前の日に炊いたご飯も美味しく食べられる仕組みです。

 また、内ぶたの工夫により、水分の蒸発量を約40%抑制し、つやのあるご飯を長時間保つことを可能にしています。

 201807271145.jpg

 お手入れも手軽です。洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。圧力IH炊飯器にしては、かなり掃除がしやすいといえます。

--

 以上、極め炊き NP-YT10の紹介でした。

 ポイントは、羽釜の採用でより美味しい炊飯が可能であること、またヒーティング能力の強化により、沸騰温度の維持がより効果的になっていることです。

 この羽釜は、象印の最高級機にも使われている同社イチオシの技術です。「かため」で「しゃっきり」したご飯から「ふっくら・甘みのある」ご飯の炊飯まで美味しく炊くことができるでしょう。

ーーー

 なお、象印のNW-AB10-TZNW-KA10どの「最高級機」については、この記事の後半で改めて紹介しています。

4・日立の炊飯器の比較

 続いて、日立の炊飯器です。

 日立は、パナソニックと似ており、「圧力」と「スチーム」にこだわったメーカーです。

 また、炊飯時の「蒸気カット」にも力を注いでいます。


 201807271159.jpg

 【2017】

 8・日立 ふっくら御膳 RZ-AV100M R
 9・日立 ふっくら御膳 RZ-AV100M W  
  ¥28,400 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2018】

 10・日立 ふっくら御膳 RZ-BV100M 【各色】
  ¥36,300 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:打ち込み鉄釜
内釜厚さ:3mm
内釜保証:6年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 RZ-AV100M は、日立の「ふっくら御膳」シリーズの炊飯器です。

 日立も2017年夏モデルが残っていますが、機能差はなく型番のみの変更です。安い方で良いでしょう。

 N-01_img_01.jpg

 炊飯方式は、パナソニックの上位機とほぼ同じのスチーム圧力IH炊飯です。

 ただ、可変圧力(Wおどり炊き)に類する機構は、パナソニックと異なり未付属です。また、圧力調整機構はありますが、炊飯時に加圧・減圧はしませんので、可変式でない点では、象印と同じです。

 日立は、60度の高温の長時間浸しと、高温でのスチーム蒸らしにこだわっていますが、比較すれば、パナソニックの方が、技術投資をしている感じがします。

 ヒーターの段数は、非公開です。見た感じでは、2段IHで、シーズヒーターが2.3本だと思います。

 いずれにしても、この部分は強調できません。

 201709251851.jpg

 使われている釜は、厚さ3mmの「高伝熱込鉄釜」です。

 これは、溶かした鉄を「超音速打込製法」で高速で打ち込んで錬成される釜です。熱伝導率の高いゴールドと、遠赤が戦を発する炭素のコーティングをすることで、ヒーターの発熱効率をアップさせています。釜の厚さは2.5mmですが、アルミ合金製の内釜で電熱性は高く、高火力を可能にしています。

 ご飯の堅さは 標準モードの他に、「しゃっきり/もちもち」が選べるために、好みに合わせて炊飯が可能でしょう。

 炊きあげたご飯の保温については、「スチーム保温」モードが搭載されます。

 スチームを使って効果的にご飯の乾燥を防ぐことが可能です。一度に炊きあげて、保温しておく人には欠かせない機能でしょうね。ご飯を再加熱するモードも付いています。 象印同様、この点では、この機種も高機能といって良いです。最大24時間まで対応します。

201509301915.jpg

 お手入れは、洗う必要があるのは、ご飯のお釜のほか、給水レスオートスチーマープレート蒸気キャップなど4点です。各社の最新機種で比べると、洗浄を要する部品点数は1点多めですね。

 蒸気カット機能は、搭載です。

 空気中に排出される水分量は4.0mLと、蒸気セーブ機能が無い機種にくらべて90%セーブされます。マンションなどで結露に悩まされている人には、とても便利な機能ですね。置き場所も自由にエラバベ増す。

 少量炊飯モードも搭載です。

 5.5合炊きの炊飯器で少量(2合以下)のご飯を炊くと、ご飯の煮崩れや焦げが生じてしまう場合があります。それを緩和してくれる機能です。電気代もセーブできます。

---

 以上、日立のRZ-YV100M の紹介でした。パナソニックと日立がスチーム圧力炊飯器を出しているメーカーです。

 堅めでしゃっきりしたご飯が好きな方は、どちらにするか迷うところですね。炊飯器としての火力は、パナソニックがやや有利ですが、蒸気セーブ機能などの使い勝手では日立も負けていませんね。価格的にもお買得です。

5・三菱の炊飯器の比較

 つづいて、三菱の炊飯器です。

 三菱は、「圧力をかける炊飯は不自然」「かまど炊きご飯は圧力など使わない」という逆転の発想で、ユニークなIH式の炊飯器を多く出しています。


  201807271209.jpg

 【2017】

  11・三菱 蒸気レスIH NJ-XS108J-P
   ¥37,980 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:炭炊釜
内釜厚さ:3.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

 NJ-XS108J-P は、三菱の高級機です。

 こちらは「蒸気レス」という点に特長があります。完全に「蒸気レス」を謳うのは、この炊飯器だけであり、この機能が激戦区の炊飯器で、同社が一定のポジションを保っている理由です。

 201707081720.jpg

 炊飯方式は、こちらの場合、圧力を使わないIH炊飯器です。ただし、ヒーターは総計7段と強力であり、圧力を使わない「昔ながらの自然な甘さ・美味しさ」を「売り」にします。

 また、図のような蒸気回収機構があります。三菱によれば、蒸気にご飯の旨み成分である「おねば」が入っており、蒸気を回収してご飯に戻すことで、旨みを高めています。また、「吹きこぼれ」を気にせず火力を投入できるために、強火の持続性の部分でも能力が期待できます。

 そのほか、超音波給水機構で、お米を水にひたす準備を効率化できる構造が目を引きます。

 ヒーターの段数は、3段です。

 ただし、側面に3本と上面に1本の電熱線ヒーターが回してあり、全体で「7重加熱」となります。圧力を併用しない形式なので、この部分が重要ですが、「底力」はある機種です。

 201802191459.jpg

 使われている釜は、厚さ3.5mm炭炊釜です。

 備長炭で表面をコートして、発熱効率をアップしています。ただ、形状的には、旧技術の延長であり、さほど特徴的ではありません。

 ご飯の堅さは 芳潤炊きモードはありますが、高級機としてみた場合、さほど多彩ではないです。

 炊きあげたご飯の保温も、高機能ではなく、温度を低温に設定できるほどに止まります。

 お手入れにおいて洗う必要があるのは、ご飯のお釜・うまみカードリッジ・水タンク・放熱板です。

 カードリッジは、単なる水ではなく、米のエキスが通ることもあり、毎回分解して洗うのは多少面倒です。ただ、圧力炊飯器に比べて点数は多いというわけでもないので、慣れれば問題ないレベルです。

---

 以上、三菱のNJ-XS108J-P の紹介でした。日立よりもさらに徹底して「蒸気レス」な機種です。それを「味」の面に昇華できるうまみカードリッジ構造は、素晴らしい発明でしょう。

 圧力炊飯器で炊ける特有の「粘りが強調された」ご飯が苦手な方には、親和性が高いでしょう。また、蒸気レスにどの程度の価値を見いだせるかが、購入に置けるポイントとなりそうです。


  201807271214.jpg

【2018】

 12・三菱 本炭釜 IH NJ-VW109
    ¥65,591 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

【2017】

 13・三菱 本炭釜 IH NJ-VW108
    ¥39,980 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:IH炊飯
圧力炊飯:
内釜素材:本炭釜
内釜厚さ:10mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:2種類(しゃっきり〜もちもち)

  NJ-VW109は、三菱のもう一つの高級機です。

 こちらも旧モデルが残っています。ただ、今年は型番のみの変更で性能差はないので、旧機種で良いでしょう。

 炊飯方式は、こちらも、圧力を使わないIH炊飯器です。また、こちらは、さきほどの機種のように蒸気回収カードリッジが搭載されますが、蒸気レスではない機種です。

 そのかわりに、この機種は内釜とふたの密閉性を重視し、熱を逃がしにくい構造にしています。圧力をかけずに、IHだけで豪熱を発生させるという思想ですね。一方、超音波給水機構は、こちらは付属しません

 ヒーターの段数は、こちらも「7重加熱」です。

 201807281804.jpg

 使われている釜は、最大10mmの本炭釜です。

 この部分に「最もお金をかけている」製品です。炭素材料を焼成し、職人が中をくりぬき「一点もの」として、釜を作っています。炭コーティングではなく、純度99.9%本物の「炭」です。

 炭素素材はIHと相性が良く、ステンレス素材の40倍の浸透度です。 さらに、ふた部分も炭コートを施し、全体から遠赤を発生させるという方向性です。

 ご飯の堅さは こちらも芳潤炊きモードはありますが、高級機としてみた場合、さほど多彩ではないです。

 炊きあげたご飯の保温についても、やはり、温度を低温に設定できるほどに止まり、この部分では高級機としての魅力がないですね。

 201807271217.jpg

 お手入れにおいて洗う必要があるのは、ご飯のお釜うまみカードリッジ付き放熱板です。蒸気レスモデルに比べると点数が少なく、カードリッジもワンボタンで開くため手入れは簡単と言える製品ですね。

 以上、三菱のNJ-VW108の紹介でした。

 圧力を採用せず、密閉して「本当のかまどの味に近づける」という発想の製品です。また、IH炊飯器として見た場合、釜の厚みは大きなメリットでしょう。圧力炊飯のお米が苦手な人に一定の需要がありそうな機種です。

ーー

 なお、三菱から選ぶならば、さらに徹底して「かまど」に近づけているNJ-AW108という上位機種にむしろ魅力があります。これについては、後ほど別に紹介します。

6・タイガーの炊飯器の比較

 続いて、タイガーの炊飯器の比較です。

 同社は、可変圧力炊飯器が多いのですが、内蔵される釜とその形状にこだわりのあるメーカーです。また、昔から「おこげご飯」の美味しさに定評があります。


 201811171650.jpg

【2018年モデル】

 14・タイガー THE炊きたて PH-B101-KB
  ¥53,990 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:本土鍋
内釜厚さ:5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:
堅さ調整:

 PH-B101シリーズは、タイガーの炊飯ジャー「炊きたて」シリーズの高級炊飯器です。本当の「土鍋」を採用する面白い製品です。

 炊飯方式は、圧力IH炊飯です。

 タイガーは、圧力を細かく調整しながら炊飯する可変IH圧力炊飯になります。なお、土鍋をつかっているため、メーカーでは土鍋圧力IH炊飯器と表現しています。

 jpx_kahen_w_atsuryoku.jpg

 かけられる圧力は、最高1.25気圧になります。

 一方、可変IH圧力炊飯の構造は、独特です。こちらも、パナソニックのように加圧・減圧を繰り返すタイプですが、目的が異なります。

 パナソニックは、「米を踊らせる」という目的でしたが、タイガーは、気圧・温度を炊飯中に制御することで、お米の甘みと粘りをバランスよく引き出すという、直接的な「味」の意味で利用しています。

 そのため、圧力ボールをわざわざ2つ用意し、1.25気圧・1.05気圧という固定値で可変できる、W圧力仕様にしています。

 ヒーターの段数は、非公開です。問い合わせましたが、教えてくれませんでした。

 ただ、タイガーは、土鍋自体の蓄熱性を使って沸騰温度を維持する仕組みですから、段数はあまり意味ないから、という正当な理由があります。

 加熱にパワーが必要な土鍋のため、鍋底については「280度での高温にできる仕様」です。高温炊きで、「ふっくら・もちもち」感を出しつつ、ご飯のハリも重視すると言う点で、パナソニックのスチームIH式に、メーカーの推奨する「ご飯の理想像」は近いでしょう。

 201811171653.jpg

 使われている釜は、「表面6層コート本土鍋」です。

 タイガーの場合、コーティングなどでなく、本物の土鍋(セラミック)が使われます。本体も鉄製の釜よりも重厚感がある感じで、見た目も非常に美味しく炊けそうです。

 土鍋は、焼成を3度繰り返すことで作られた本格仕様です。本体の値段の数割分はこの釜の値段でしょう。

 土鍋を模した構造のため、「香ばしい」ご飯が炊くことができます。ちなみに、メーカーで「香ばしい」を使っているのはタイガーの炊飯器だけです。

 201811171654.jpg

 コーティングは、6層で、鍋の厚みは、最大5mmになります。。コーティングは3年保証です。ちなみに土鍋にはふたがつきますが、(当たり前ですが)炊飯時には使いません!炊きあがったとき、ご飯を「おひつ」とする場合に使うものです。

 象印のプラチナコーティングは、水を弱アルカリ性に変質させることで米の甘み成分を強化するものでした。タイガーの場合は、熱を逃がさず閉じ込めることを最重要視し、土鍋コーティングを施しているといえます。強火力で土鍋で炊いたご飯が美味しいという仕組みを応用したものです。

 201811171704.jpg

 ご飯の堅さは、一方でこの機種は明示的な硬さの炊き分け機能はありません

 ただ、雑穀米や玄米を炊く機能のほか、麦飯専用のモードを搭載するなど、健康米系が充実するのが、タイガーの炊飯器に共通する特長ですね。

 また、「おこげご飯」も炊けます。パナソニックの「おこげご飯」と異なって、こちらは、3段階で焼き目を調整できます。「おこげご飯」を先に取り入れたのはタイガーなので、この方面での優位性があります。

 201811171735.jpg

 ご飯の保温は、つや艶内ふたと名付けられた、内ふたの親水加工が目立ちます。保温中にふたに水の膜を張ることで、ごはんの水分と、つゆたれを防ぐ仕組みです。

 保温は従来タイガーが弱かった部分ですが、これにより一定の配慮が見られるようになりました。ただ、他社機と較べた場合、(それでも)あまり高機能とは言えません

 蒸気セーブ機能は、未搭載です。

 お手入れ洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口(スチームキャップ)です。内ぶたは安全弁が2つあり、若干掃除が手間かもしれませんね。しかし、許容範囲でしょう。

--

 以上、炊飯ジャー「炊きたて」PH-B101シリーズの紹介でした。

 土鍋を使い熱を逃がさず高温に保つという、かなり独創的な炊飯器だと思います。また、独創的だけではなく、米の甘み成分をひきだすために沸騰温度を維持するにあたって理に適った正統的な発展形態だと思います。

 ただ、他の上位機種に較べると、お米を美味しく保温する機能が付いていない点と、硬さの炊き分けができない点はネックです。

 保温については、おひつのふたが付いているので、夏場以外は釜から出して保存はできますが、やはり、炊いたら直ぐ食べたり、ご飯を冷凍するなりする方向けの商品でしょう。


  201802191504.jpg

 【2017年】

 15・タイガー THE炊きたて JPH-A100
  ¥46,980 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2018年】

 15・タイガー THE炊きたて JPH-A101
  ¥64,980 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:可変圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.25気圧
内釜素材:プレミアム本土鍋
内釜厚さ:4.5mm
内釜保証:3年保証

 JHX-Aシリーズは、タイガーの炊飯ジャー「炊きたて」シリーズの上位の炊飯器です。

 ただ、下位機種との相違点は、次の2点だけです。

 jpx_premium_hondonabe.jpg

 第1使われている釜です。

 こちらは、高級なプレミアム本土鍋仕様になります。この機種については、四日市萬古焼である点が明示されます。

 形状的にも、口絞り構造を加えたことで、熱対流をさらに効果的にするという工夫です。また、土鍋の外側に遠赤効果のある釉薬を使うことで、遠赤放射率をさらに上げています。

 本土鍋を囲む土かまど部分(上図の赤色の部分)にも、釉薬をかけた遠赤大土かまどを採用し、遠赤効果がさらに20%ほど高まっています。

 第2に、ご飯の硬さの調整機能です。

 位機種と違ってこの機種は、しゃっきりからもっちりまで、お好みの「ねばり加減」を選べる「米(マイ)チューニング」機能」が搭載されます。

 それ以外の部分は下位機種と同じです。

--

 以上、JPX-Aシリーズの紹介でした。

 釜の品質と炊き分け機能が下位機種との唯一の相違点です。

 価格差も大きいですが、釜形状の違いは、味を大きく変える部分です。また、この機種については、下位機種より先行して発売していたという事情で、下位機種より価格の下がった旧機種があります。タイガーから選ぶならば、これでしょう!

7・各社の「最高級機」の比較

 続いて、ここからは、各社のハイエンドクラス(最上位機)の炊飯器を比較します。

 最先端の技術を使った「最も良い製品」です。

 なお、3万円前後の製品も含めた「最終的なおすすめ機種」は、今回の記事の最後でまとめます。


 201807271236.jpg

 【2017】

 17・パナソニック SR-SPX107-RK 【各色】
   ¥56,897 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【2018】

 18・パナソニック SR-VSX108-K 【各色】
   
¥71,085 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:スチーム圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.2気圧
内釜素材:ダイヤモンド竈釜
内釜厚さ:2.5mm
内釜保証:3年保証
保温機能:スチーム保温
堅さ調整:9種類(しゃっきり〜もちもち)

 SR-SPX107はパナソニックの最上位機です。

 なお、2017年旧機種が、併売中です。2017年6月に登場した際は10万円を超えていました。現在は新機種の登場で、半値近くになっており、たいへんお買い得感があります。こちらは赤色があります。

 2018年6月登場の新機種との違いは、のちほどお知らせします。

 201807271240.jpg

 炊飯方式は、スチーム圧力IH炊飯器です。

 繰り返しになりますが、高速相互対流と最大1.2気圧の可変圧力もかけられる「Wおどり炊き構造」と、スチームを使って炊飯をする機能を併せ持つ構造で、スチームW可変圧力IH炊飯器といえるものです。

 この点では、同社の下位機種と同じです。「堅めでしゃっきり系」のご飯はひときわ「得意」です。

 ヒーターの段数は、全面IHの6段ヒーターです。パナソニックはこの部分にこだわりがあります。

 201506272231.jpg  

 使われている釜は、下位機種と同じ名前のダイヤモンド竈釜です。

 しかし、こちらは中空面を複数持たせ、また高断熱素材を多数使用することで、構造の内釜の断熱性がさらにアップしています。また、底面も凹みを付けたディンブル加工がなされ、米を踊らせる大きな泡を発生させやすくしています。

 201506272241.jpg

 ご飯の堅さは この機種の場合、こだわりがあります。

 なぜなら、「ブランド米」の種類ごとに、銘柄に適した火加減で細かくご飯を炊き分ける機能が付属するからです。40種類以上のお米が登録されます。

 また、銀シャリモードの他「よりかため、かため、やわらか、よりかため」という堅さ系の指標と、「しゃっきり、よりしゃっきり、もちもち、よりもちもと」という食感系の指標で、計8通りの炊き分けが可能です。よりきめ細かい設定でご飯を炊くことができる高級機です。

 201807271355.jpg

 また、さらに細かい銘柄の設定もできます。

 ただ、スマホの無料アプリを介する必要があります。なお、スマホアプリを使って炊飯器の予約操作なども可能です。炊飯器にWi-Fi機能があるため、こうした操作が可能という仕組みですね。

 炊きあげたご飯の保温については、下位機種同様に「スチーム保温」モードが搭載されます。

 201807271241.jpg

 お手入れは、下位機種同様で、洗う必要があるのは、ご飯のお釜給水レスオートスチーマープレート蒸気キャップです。基本的に面倒ではありません。

 以上、SR-SPX107の紹介でした。釜の品質が向上しているため、炊飯のスペックは確実に上がっていると言えます。

 下位機種と1万円以上の価格差がありますが、とくに銘柄米で炊き分けられる機能は、高級機を買おうとする購買層にはかなり魅力かでしょう。ブランド米は今とても流行ってますし、予算があれば、買って後悔することはない機種の1つですね。  

ーーー

 201807271236.jpg

 なお、2018年6月登場の新機種については、5つの改良がなされました。

 第1に、炊飯中の浸水方法の改良(旨み熟成浸水)です。

 第2に、細かい泡を発生しやすくするために内釜の底に凹凸をディンプル加工)です。

 ここまでは、下位機種の場合と同じです。これに加えて最上位機は、次のような改良がなされています。


 201804041033.jpg

 第1に、圧力センサーの改良です。

 1.2気圧と1気圧の中間に2段階(1.1気圧、1.15気圧)を検知できるようになっています。

 第2に、炊き分け機能の強化です。

 圧力制御が細かくできるようになったことで、ご飯の炊き分けが2段階から3段階に細分化されました。

 その他は、炊き分け銘柄の追加(2種類)と操作キーの改良などがポイントとなります。

 第3に、鮮度センシング機能です。

 圧力センサーを利用して、お米の水分(乾燥度)を検知し、精米から時間が経ったお米の炊き方を調整できます。

ーー

 新機種は、圧力系の改良ですので、味の傾向は従来機より変わってくるでしょう。とくに、米の鮮度に全く気を使わない方は、劇的な改善があるかもしれません。

 ただ、旧機種は倍以上安く、内釜や火力の部分は、新型と変わりません。この点から言えば、やはりAtlasとしては、「破格」といえる旧機種が魅力だと思います。


  201807271315.jpg

 【2018】

 19・象印 炎舞炊き NW-KA10【各色】
  ¥82,000 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

 【Amazon限定】

 19・象印 炎舞炊き NW-KA10AM-BZ
  ¥89,446 Amazon.co.jp (11/17執筆時)

炊飯方法:圧力IH炊飯
圧力炊飯:1.5気圧
内釜素材:南部鉄器極め羽釜
内釜厚さ:1.7mm(釜底2.3mm)
内釜保証:3年保証
保温機能:極め保温
堅さ調整:7通り炊分

 NW-KA10-は、象印の2018年の最新モデルです。

 象印は、2018年に最高級機のフルモデルチェンジをし、従来とは大きく仕様を変えてきました。「炎舞炊き」という、キャッチーな愛称を付けた「初号機」となります。

 炊飯方式は、象印の下位機種と同じく、圧力IH炊飯です。

 かけられる圧力は、1.3気圧です。象印は、昨年度は1.5気圧でしたので、圧力の部分ではスペックダウンです。

 201807271325.jpg

 搭載されるIHヒーターは、今までにない新方式です。底IHヒーターを3つ搭載し、独立制御させるローテーションIH式です。

 この場合、内釜の中に、複数の複雑な対流が生じ、米が「激しくおどり」ます。ムラのない熱対流は「美味しいご飯を炊く秘訣」ですが、サーモグラフィを見ても、実際相当に熱が均等です。

 201807282256.jpg

 使われている釜は、新開発の「業炎かまど釜」です。

 アルミ・鉄・ステンレス複数素材を利用したハイブリッド式で、2.2mmの厚さの製品です。 

 なお、この部分で言えば、旧世代機は、「南部鉄器極め羽釜」という鋳鉄製の「伝統工芸」とも言える釜を使っていました。今回のモデルは、工業製品で、釜圧も薄いのです。

 しかし、先述のローテーションIH式の効用で、熱伝導率は相当にパワーアップしています。新機種との対照実験(サーモグラフィ)でそれが示されています。

 なお、Atlasは、鋳鉄(南部鉄器)である技術的必然性について象印から説明がなく、効果に「疑問」がありました。その点でも、新機種の「進化」は、とても良いものだったと思います。

 象印が大事にしてきた羽釜形状も、厚め「ふち」をつける形で、継承しています。

 201807271348.jpg

 ご飯の堅さは、この機種も、かなり自在に選べる仕様です。

 堅さは11段階、粘りは11段階選べ、総計で121通りの炊き分けが可能です。AI搭載で、液晶モニターにその日のご飯の評価を入力していくと、次の炊飯に反映していく仕組みです。なお、「おこげご飯」が炊けますが、タイガーのように焼き加減は調整できません。

 ご飯の保温については、人工AIが釜内に残ったごはんの量を推測し、温度コントロールをする機能が付きます。これは下位機種に付かないものですが、ご飯の乾燥を防ぐのにとても効果的です。

 これに加えて、下位機種と同じく、「うるおい二重ぶた」により、水分の蒸発量を約40%抑制し、つやのあるご飯を長時間保つことを可能にしています。

 蒸気セーブ機能は、搭載されます。ただ、この機能は、「蒸気セーブ炊飯」という特殊なモードで炊飯した場合に、約80%蒸気セーブができるというものです。

 201807271351.jpg

 お手入れの際、洗う必要があるのは、ご飯のお釜内ぶたセット蒸気口です。

 このうち内ぶたは「二重ぶた」を外して洗う必要があります。内ぶた凹凸があり、若干洗いにくいですが、圧力IH炊飯器にしては掃除がしやすいといえます。

 以上、象印の「炎舞炊き」という最上位機種の紹介でした。

 従来的に象印が強い「加圧」に加えて、ローテーションIH式という、びっくりする新機軸を搭載した機種です。おそらく、数年にわたって評判を呼んでいく「名機」になると思っています。

 伝統工芸の進行も素晴らしいことですが、家電好きとしては「技術の進化」を感じさせるこの機種に、とても交換を持ちました。味も確かです!

後編につづく!
高性能な炊飯器のおすすめは、結論的にこれ!

 記事はまだまだ続きます。

 201807271606.jpg

 後編 では、話題のバーミキュラ ライスポットRP23A-SVのほか、タイガーの最高級機でありJPG-100X-WFのほか、東芝の真空IH保温釜RC-10ZPK-Tを紹介します。

 そのほか、日立のふっくら御膳 の上位機、三菱の最上位機である本炭釜 KAMADO NJ-AW109も紹介します。

 その上で、ここまで紹介した炊飯器の全機種から、目的別・予算別に最もオススメでできる機種を選定していきます!

 →後編の記事は【こちら

 最後になりましたが、もしこの記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

posted by Atlas at 17:44 | 炊飯機

今回の記事はいかがだったでしょうか?

モノマニアには「家電やモノの比較記事」が約350本あります!

よろしければ、下部のリンク集もご覧ください。

<広告>

 この記事がお役に立てたようならば、右のリンクから「家電ブログランキング」にクリック投票お願いします。  201302192014.jpg
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!

<PR>

約350記事の完全なリンク集は、【トップページ】の下部にあります。

今後の
記事は【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png