2017年08月24日

比較2017' Wi-Fi対応のSDカードの性能・価格とおすすめ:無線LAN対応・東芝 FlashAirとEye-Fi Mobi の違い・ランキング;デジカメ用Wi-Fi SDカード

今回レビューする製品:2017年 Wi-Fi・無線LAN対応のSDカードの価格・性能とおすすめ:東芝・フラッシュエア・アイファイ Eye-Fi ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB FlashAir W-03 SD-WE008G SD-WE016G SD-WE032G SD-R016GR7AL01 SD-R032GR7AL01 SD-AF32GWF[32GB] Eye-Fi Mobi 8GB EFJ-MC-08 16GB EFJ-MC-16 32GB EFJ-MC-32 EFJ-MO-04 EFJ-MO-08 EFJ-MO-16 EFJ-MO-32 Eye-Fi Pro X2 16GB EFJ-PR-16 Flash Air W-04 SD-UWA016G SD-UWA032G SD-UWA064G

今回のお題
無線LAN(Wi-Fi)に対応するおすすめのSDカードはどれ?

 ども、Atlasです。WI-FI(無線LAN)に対応するSDカードを比較・紹介します。

 本ブログには、SDカードに関する以下のような記事があります。

1・ SDカードの比較
2・ Wi-Fi対応カードの比較この記事!  
3・ MicroSDカードの比較
 今回の記事は、2番の記事です。

 もし、普通のSDカード を探している方がいましたら、1番の記事をご覧ください。 

 なお、今回紹介するWi-Fi搭載のSDカードは、以前は、米国のアイファイと東芝が「二強」として、製品を競っていました。

 ただ、最近はデジカメ自体にWi-Fiが搭載されたため市場が狭くなり、すでに、東芝のみが継続的に販売している状況です。Eye-Fiは、写真用のモバイルストレージサービスに経営を集中しているようです。

東芝のフラッシュエアの紹介

 では、紹介をはじめます。

 はじめに東芝フラッシュエアの国内正規品を紹介します。


   
 【国内正規品】

 1・東芝 FlashAir W-03 SD-WE008G [8GB]
  ¥3,783 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 1・東芝 FlashAir W-03 SD-WE016G [16GB]
  ¥4,200 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 1・東芝 FlashAir W-03 SD-WE032G [32GB]
  ¥6,010 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)

 【並行輸入版】

  ¥3,360 Amazon.co.jp (8/24執筆時)
  ¥3,990 Amazon.co.jp (8/24執筆時)


 東芝フラッシュエアW-03シリーズは、東芝のWi-Fi対応のSDカードです。同社はメモリーを自社生産できるため、サムソンから購入する必要があるEye-Fi社よりも価格を抑えて発売ができるというメリットがあり、最終的に生き残りました。

 国内正規品と、並行輸入品があります。並行輸入品は国際保証がないため、基本的には正規品を選ぶべきです。

 読み出し/書込速度は、非開示です。ただし、クラス10という表記から「読み込み/書き込み10MB/秒」を達成していることは分かります。実際のスピードがどのくらいになるかは不明ですが、高速連写のような使い方をしないならばこれでも十分です。

 201407251629.jpg

 この製品は、Wi-Fi対応のSDカードとして、デジカメで撮影した映像をパソコンやスマホに転送できます。スマホに対しては一度に7台まで遅れるため、多人数のシェアにも向きます。
 
 また、WI-FIルーター(親機)としての性能を持ちますので、出先でWI-FI環境がない場所でも、スマホやパソコンなどに画像を直接自動転送できます。

 201407251636.jpg
 東芝フラッシュエアアプリ
  ¥0 itunes Store
 東芝フラッシュエアアプリ
  ¥0 Google Play

 スマホの場合、iPhone/Androidで利用するアプリはこちらです。東芝の場合、アプリを起動して、Wi-Fiを接続し、一括転送を選択するか、転送する写真を選択するかしていきます。

 201702271845.jpg

 パソコンの場合、WindowsとMacの設定ソフトを【こちら】からダウンロードして利用します。フラッシュエアSDカードをPC本体に差し、ネットワークIDとパスワードを設定した後、カードをデジカメに戻します。その後、インターネットブラウザ上で、転送したい写真を選ぶなどの操作をすることになります。

 201702271850.jpg
 FlashAirドライブ機能を設定すれば、Windowsのエクスプローラー、Macのファインダ上から、カード内のファイルに直接アクセスできます。設定は簡単で、SDカードをパソコンに挿し、SDカードに内蔵されるFlashAir設定ソフトウェアをインストールするだけです。

 取り扱えるデータは、制限がありません。動画もRAWも対応可能です。スマホやPCがそのファイル形式に対応していれば、問題ありません。

 以上、東芝 W-03シリーズの紹介でした。さほどスピードがないのが難点です。この点で言えば、2017年から速度が改善された上位機が発売されましたので、そちらを選んだ方が良いでしょう。これについては、次に紹介したいと思います。



  

 【国内正規品】

 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA016G
  ¥4,568 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA032G
  ¥5,377 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA064G
  ¥8,055 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)  

 【並行輸入版】

 3・東芝 TOSHIBA W-04 FlashAir Wi-Fi SDXCカード 16GB
  ¥4,588 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 3・東芝 TOSHIBA W-04 FlashAir Wi-Fi SDXCカード 32GB
  ¥5,680 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 3・東芝 TOSHIBA W-04 FlashAir Wi-Fi SDXCカード 64GB
  ¥7,980 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)  


 W-04シリーズは、 2017年に新展開された上位版のFlash Airです。国内正規品と並行輸入品がありますが、保証が得られるのは正規品のみです。

 下位機種の W-03シリーズに較べた場合のメリット性は主に2点です。

 第1に、このカードがUHS-1規格U-3規格の基準をクリアする点です。相応の速度を要求する4K動画の撮影についても対応可能です。それに伴い速度の情報も開示されており、こちらは、理論値で、読み出し90MB/秒・書込70MB/秒と、Wi-Fi未搭載のSDカードとと比較しても「高速」と言って良いスピードです。

 価格は多少高いですが、お使いのカメラなどが4K対応の場合は、こちらが必須となります。

 201708241442.jpg

 第2に、無線転送スピードの強化も図られている点です。W-3シリーズに比べて2.9倍の転送速度です。この点は、4Kにかかわらず、全てのフォーマットで有効です。

 以上、W-04 の紹介でした。4K動画の方はこのグレード以上が必須です。また、それ以外でも転送速度が高速で利便性が高いため、予算があればこちらが良いでしょう。



 201407251513.jpg
  ¥-------- Amazon.co.jp (8/24執筆時)
 4・Eye-Fi Mobi 16GB EFJ-MC-16
  ¥−−− Amazon.co.jp (8/24執筆時)
  ¥−−− Amazon.co.jp (8/24執筆時)

  ¥----- Amazon.co.jp (8/24執筆時)
  ¥----- Amazon.co.jp (8/24執筆時)

 なお、先ほど書いたように、米国のEye-Fiについては、2017年現在、日本市場から完全撤退し、正規価格では手に入らない状況です。選択肢としない方がいいでしょう。

今回の結論
無線LANに対応するおすすめのSDカードはこちら!

 というわけで、今回は、無線LAN対応SDカードを紹介しました。最後に、いつものようにAtlasのおすすめ機種!について書いておきたいと思います。

 とそのまえに、SDカードの記録容量についてだけ、補足しておきます。

 記憶できる枚数は、1600万画素の最近のデジタルカメラだと16ギガで、1000枚、32ギガで2000枚ほどです。2000万画素程度の一眼レフカメラの場合、最高画質(Raw)で撮影するとして、16ギガで、500枚、32ギガで1000枚ほどです。

 旅先でデジカメ動画を撮る場合は、16ギガで、2時間、32ギガで4時間ほどになります。味蕾にあるかもしれない長期旅行などを考えると、写真も動画も32ギガ程度あれば安心でしょう!

 さて、オススメ機種についてです。


 第1に、デジカメ用の無線LAN対応SDカードとして、最もおすすめと言える機種は、

  
 【国内正規品】

 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA032G
  ¥5,377 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)
 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA064G
  ¥8,055 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)  

 東芝 FlashAirのW-04シリーズの32GBが良いでしょう。最新機種の上位版で転送速度が高速であるほか、価格面でも値頃感がある点を評価しました。

 容量は32GB以上が良いでしょう。また、4K動画を撮影する可能性がある場合は、64GBが安心です。

 旅行などに行く際、SDカードに前回の旅行画像・動画の「消し忘れ」「保存し忘れ」は往々にしてあります。多少余裕を持ってこのサイズを選ぶのが良いと思います。



 第2に、費用対効果を重視して、デジカメ用の無線LAN対応SDカードを選ぶとすると、

  
 【国内正規品】

 3・東芝 Flash Air W-04 SD-UWA016G
  ¥4,568 Amazon.co.jp
(8/24執筆時)

 16GBのW-04シリーズがおすすめです。より安いモデルがありますが、さほど価格差がないのでこちらが良いでしょう。Wi-Fiの転送速度が高速という点は、やはり重要視するべきです。

ーーー

 というわけで、今日はWI-FI機能を搭載したSDカードについてでした。

 なお、本ブログには、SDカードやデジカメ・ビデオカメラに関する以下のような記事があります。

1・ デジタルカメラの比較
2・ ビデオカメラの比較
 これらの記事もよろしくお願いします。

 また、最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークボタンから記事を共有していただければ幸いです!!(↓)
posted by Atlas at 15:08 | Comment(0) | カメラ
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!






          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png