2019年03月19日

比較2019' 人気ブランドの鍋37点のおすすめと選び方:ルクルーゼ ストウブ T-Fal バーミキュラ(2)

前半からの続きです。前半は→こちら

今回の結論
人気のブランド鍋のおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今回は、各社の人気鍋を紹介しました。

 後編では、最後にいつものように、Atlasのおすすめ機種!をあげておきます。


 第1に、比較的低価格で品質も期待できる鍋としておすすめできるのは、

  201903191030.jpg

 【18cm ソースパン】

 1・IH ルビー・エクセレンス C62223
  ¥4,381 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 【20cm シチューパン】
 2・IH ルビー・エクセレンス C62244
  ¥6,097 Amazon.co.jp  (3/19執筆時)

 ティファールの「IHルビーエクセレンス」シリーズでしょう。

 201808201440.jpg

 4層コートの「チタンエクストラ」コーティングは、鍋として移用するならば、十分な耐久性を期待できます。

 フライパンならば、もう少しグレードの高いものをオススメしますが、鍋はその調理法を考えれば傷みにくいため、このグレードの製品で十分です。

 ガス火もIHも利用できる製品で、比較的安いモデルを探している方はこれでしょう。

 また、ルビーエクセレンスシリーズは、【フライパンの比較記事】で紹介したように、フライパンのラインナップもあります。

 そちらは、より優秀なコーティングを採用するので、トータルコーディネートする場合もこちらが良いと思います。


 第2に、ガス火用として耐久性と軽量性の点で鍋を選びたい場合は、

  201903191033.jpg

 【18cm ソースパン】

 3・グランブルー プレミア D55123
   
¥3,456 Amazon.co.jp (3/19執筆時)
  

 【24cm シチューパン】

 4・グランブルー プレミア D55144
   ¥4,050 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 こちらは、ティファール「グランブルー プレミア」シリーズでしょう。

  201808201441.jpg

 ガス火専用の製品ですので、外観はガス火に強いエナメルコーティングがなされ、耐久性・汚れにくさに期待できます。また、底面をIHに対応させる必要がないため、鍋はかなり軽量です。

 コーティングのランクは、こちら4層コートの「チタンエクストラ」です、鍋用には十分です。

 こちらも、【フライパンの比較記事】で紹介したように、フライパンのラインナップもあり、トータルコーディネートできます。やはり、フライパンはより上位のコーティングです。


 第3に、煮込み料理に特化して考える場合に、おすすめと言えるモデルは、

 201903191357.jpg

 【14-30cm】(価格は20cm)

 17・ルクルーゼ ココットロンド【オレンジ】
 17・ルクルーゼ ココットロンド【ルビーレッド】
 17・ルクルーゼ ココットロンド【デューン】
 17・ルクルーゼ ココットロンド【イエロー】
 17・ルクルーゼ ココットロンド【パープル】
  ¥21,800〜 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 ルクルーゼココット・ロンドが良いでしょう。

 上位機のシグニチャー ココットロンドも良い製品ですが、販売価格を考えると、お買い得感が高いのは、「ココットロンド」です。

 ルクルーゼの直営やリアル店舗では、最近はシグニチャー ココットロンドしか置かないですが、Amazonをはじめ、ネットでは「お得用」として、国内正規品が流通しています。

 とくに、250度のオーブンを利用しないならば、こちらで問題ないでしょう。

 201903191516.jpg

 ホーロー鍋としての基本的特徴を全て網羅した上で、「できる限り軽量」であることを目指しています。

 実際、重めの調理器具は「面倒で使わなくなる部分」があるため、初めてホーロー鍋を購入する「中級者」にはこれで良いと思います。

 ーー

  201903191530.jpg

 【10-26cm】(価格は20cm)

 24・ストウブ ココット ラウンド【黒】
 24・ストウブ ココット ラウンド【赤】
 24・ストウブ ココット ラウンド【その他】
  ¥17,678〜 Amazon.co.jp (3/19執筆時) 

 ただし、男性などで、重さが気にならない方で、とくに、気密性を活かした無水調理にこだわりたい場合は、ストウブのホーロー鍋が良いでしょう。

 重さは20%以上重いですが、ふたの重さを活かして、高い気密性が期待できますから。


 第4に、鍋料理用に一台ストックして置きたい製品は、

  201903191023.jpg

 【22cm】

 10・T-Fal 両手鍋 「 おうちなべ 」 C64093
  ¥5,378 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 【26cm】

 11・T-Fal 両手鍋 「 おうちなべ 」 C64092
  ¥6,136 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 ティファール「家(おうち)なべ」シリーズでしょう。同社1位の6層コートの「チタンエクセレンスコーティング」を採用するので、後始末は相当楽だと思います。

  

 また、こちらは、IH対応の製品です。そのため、このブログの【ホットプレートの比較記事】で書いたような、鍋用のIHクッキングヒーターなどに合わせる場合にも向きそうです。

ーーー

  

 21・バーミキュラ SUKIYAKI
  
¥35,640 Amazon.co.jp (3/19執筆時)

 一方、予算は必要ですが、バーミキュラのSUKIYAKIも選択肢となるでしょう。

 キッチンウェアとしての完成度はかなり高く、食卓の主役としてふさわしいと思います。

補足:調理器具の関連記事の紹介

 というわけで、今日は、T-Falの鍋の紹介でした。

1・インジニオネオの比較
2・フライパンの比較
3・鍋・ソースパンの比較
4・圧力鍋の比較
5・電気圧力鍋の比較
6・ジューサーの比較
7・肉の筋切り器の比較

 なお、T-Falには、着脱式のハンドルを採用する鍋のセットが別にあります。

  201808201502.jpg

 セットで揃える場合、こちらの方が選びやすいです。上の1番のリンク記事【こちら】で紹介しています。他の記事とあわせて、よろしければご覧ください。

--

 また、最後になりますが、もし今回の記事がお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどから話題を共有していただければ嬉しいです。

 ではでは。

posted by Atlas at 19:21 | キッチン用品
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png