2020年09月27日

比較2020'【解説】Apple Watch54機の性能と選び方:バンド別 series6 SE series3の違い (1)

前半からの続きです。前半は→こちら

今回の結論
Apple Watchのおすすめは結論的にこの機種!

 以上、前半記事(こちら)から、アップルのApple Watchを紹介してきました。 

 201809131255.jpg

 最後に、いつものように、予算別・目的別に、Atlasのおすすめ機種!について書いてみたいと思います。


 第1に、Apple Watchの機能を、お手頃価格で楽しみたい方には、

 202009271529.jpg

  シルバーアルミニウムケース

 【Series3・GPSモデル】

 1・ホワイトスポーツバンド 38mm MTEY2J/A
  ¥21,760 Amazon.co.jp (9/27執筆時)
 2・ホワイトスポーツバンド 42mm MTF22J/A
  ¥25,060 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 202009271531.jpg

  スペースグレイアルミニウムケース

 【Series3・GPSモデル】

 7・ブラックスポーツバンド 38mm MTF02J/A
  ¥21,760 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 8・ブラックスポーツバンド 42mm MTF32J/A
  ¥25,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

38ミリ手首サイズ:130-200mm
42ミリ手首サイズ:140-210mm

1・CPUの処理速度 ★★★☆☆
2・画面のみやすさ  ★★★★☆
3・ケースのグレード ★★★★☆
4・バンドのグレード ★★★★☆
5・スポーツ利用   ★★★★★

6・ビジネス利用   ★★★☆☆
7・総合評価     ★★★★☆

 Series3のスポーツバンド仕様のタイプが良いでしょう。

 冒頭書いたように、Apple watch SEとは性能差があります。

 ただ、Apple Watchは間違いなく2年周期で新モデルが出て、所有しているモデルは陳腐化していきます。

 スマホ(iPhone)と同様、2年間で買い換えることを考えれば、月に900円ほどの投資という計算になるこの機種は、入門機として非常にお買得です。

   201805111346.jpg

 2万円前後の他社モデルと比べても、Apple Watchは、アプリの数・機能面で圧倒していますし、「とりあえず2年」試して見たい方は、こちらが良いでしょう。

 また、スポーツシリーズの中では、バンドと、アルミ部分の本体の色の調和が取れているブラックやピンクがおすすめです。

 201503112129.jpg

 サイズは、先ほど書いたように、メールの文面を見たり通知を確認する程度ならば38mmモデルでも問題ありません。

 ただ、メールの簡易的な返信など、何らかの入力操作をする場合は、38mmだと小さすぎるため、42mmモデルをおすすめします。

---

 201808132148.jpg

1・リストバンド型活動量計の比較
2・スマートウォッチの比較
3・ランニングウォッチの比較

 なお、この額を出すのが難しい方については、他社製品を考えましょう。

 歩数や心拍数などのデータを把握したいだけならば、1番で紹介している製品なら、iOSのヘルスケアと連動できるものもあり、価格も10000円以下もあり安めです。

 もちろん、アプリ単位でiOSには互換しませんが、通知などならば受け取れる、時計機能付きの機種もあります。


 第2に、全シリーズを通して、費用対効果が最も高いお買得モデルは、

 202009271529.jpg

  シルバーアルミニウムケース

 【Apple watch SE・GPSモデル】

 3・ホワイトスポーツバンド 40mm MYDM2J/A
  ¥32,780 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 4・ホワイトスポーツバンド 44mm MYDQ2J/A
  ¥36,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 202009271531.jpg

  スペースグレイアルミニウムケース

 【Apple watch SE・GPSモデル】

 9・ブラックスポーツバンド 40mm MYDP2J/A
  ¥32,780 Amazon.co.jp
(9/27執筆時)
 10・ブラックスポーツバンド 44mm MYDT2J/A
  ¥36,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

  202009271533.jpg


 【Apple watch SE・GPSモデル】

  ゴールドアルミニウムケース

 13・ピンクサンドスポーツバンド 40mm MYDN2J/A
  ¥32,780 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 14・ピンクサンドスポーツバンド 44mm MYDR2J/A
  ¥36,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

ケースのグレード ★★★☆☆
40ミリ手首サイズ:130-200mm
44ミリ手首サイズ:140-210mm

1・CPUの処理速度 ★★★★★
2・画面のみやすさ  ★★★★★
3・ケースのグレード ★★★☆☆
4・バンドのグレード ★★★★☆
5・スポーツ利用   ★★★★★

6・ビジネス利用   ★★★☆☆
7・総合評価     ★★★★★

 Apple watch SE・GPSモデルのスポーツバンド仕様のタイプが良いでしょう。

 今年度モデルで初登場のグレードですが、上位機Series6と同じサイズのディスプレイを採用します。

 202009271323.jpg

 たしかに、常時表示Retinaディスプレイ血中酸素ウェルネス機能という、Series6のみ搭載の機能は魅力です。

 しかし、逆に言えば、それ以外の部分は同じで、この値段で手に入るのは、費用対効果が高いといわざるを得ないでしょう。

 逆に、下位のSeries3と比較する場合、冒頭示したように、CPUやディスプレイといった基礎部分から差があり、実用性で値段並みの差はあります。

 とくに、初代のシリーズ1などからの数年ぶりの「買換」ならば、このグレード以上なら「今までとの違い」を感じやすいでしょう。

 価格は問題かもしれませんが、4年間大事に使うならば、付き、700円ほどの「利用料」となりますし、問題ないでしょう。


 第3に、性能面で最新となる上位機でおすすめできるのは、

 202009271529.jpg

  シルバーアルミニウムケース

 【Series6・GPSモデル】

 5・ホワイトスポーツバンド 40mm MG283J/A
  ¥47,556 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 6・ホワイトスポーツバンド 44mm M00D3J/A
  ¥50,380 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 202009271531.jpg

  スペースグレイアルミニウムケース

 【Series6・GPSモデル】

 11・ブラックスポーツバンド 40mm MG133J/A
  ¥47,080 Amazon.co.jp
(9/27執筆時)
 12・ブラックスポーツバンド 44mm M00H3J/A
  ¥50,889 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

  202009271533.jpg

 【Series6・GPSモデル】

  ゴールドアルミニウムケース

 15・ピンクサンドスポーツバンド 40mm MG123J/A
  ¥47,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 16・ピンクサンドスポーツバンド 44mm M00E3J/A
  ¥59,889 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

  202009271535.jpg

  ブルーアルミニウムケース

 【Series6・GPSモデル】

 17・ディープネイビースポーツバンド 40mm MG143J/A
  ¥47,060 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 18・ディープネイビースポーツバンド44mm M00J3J/A
  ¥40,380 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

  202009271536.jpg

 REDアルミニウムケース

 【Series6・GPSモデル】

 19・REDスポーツバンド 40mm M00A3J/A
  ¥47,556 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 20・REDスポーツバンド44mm M00M3J/A
  ¥50,380 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

40ミリ手首サイズ:130-200mm
44ミリ手首サイズ:140-210mm

1・CPUの処理速度 ★★★★★★
2・画面のみやすさ  ★★★★★
3・ケースのグレード ★★★☆☆
4・バンドのグレード ★★★★☆
5・スポーツ利用   ★★★★★

6・ビジネス利用   ★★★☆☆
7・総合評価     ★★★★★★

 Series6のGPSモデルで良いでしょう。

 より、上位の製品として「ステンレスケース」を採用している製品があります。 

 傷は付きにくいのですが、値段分の機能差があると言えるか微妙です。

 セルラー対応についても、ランニングコストをふまえると、現状では割高感を感じます。

 結局、中身の性能は「最高」だが、バンドとケースの違いで安い、本機が良いという結論です。

ーーー

 201809131225.jpg

 一方、シリコン素材のスポーツバンドに、ファッション面で抵抗がある場合は、ナイロン素材の「スポーツバンド」製品が選択肢となります。

 ただ、素材的に「チクチクしやすく」Atlasとしてはあまり好きではないです。

 結論的にいえば、Apple Watchはバンドを自分で簡単に交換できるため、安いスポーツバンドモデルを購入し、好きなバンドに取り替えるのが良いと思います。

 202003130030.jpg

 【手首 180-210mm】

 Apple Watch (44mm) ケース用 L ブラックレザーループ
  ¥10,769 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 【手首 150-185mm】

 Apple Watch (44mm) ケース用 M ブラックレザーループ
  ¥10,769 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 Atlasが所収しているバンドから、純正のバンドおすすめをあげるとすると、レザーループです。

 表面は、ベネチアンレザーのなめし皮ですが、質感と肌触りが良いです。

 中身はマグネットでピタッと装着できるのは、普通の時計ならばイマイチエレガントではない気もしましたが、近未来的なApple Watchならば、むしろ「あり」だと思い、気に入って使っています。

 ある程度カッチリした格好でも使えるため、重宝しています。とくに、つけ心地は、これまで購入したバンドの中では、最高でした。

 AppleWatchは簡単にバンド交換できるので、スポーツバンドを購入して、サブで本製品を利用するのも「あり」でしょう。

 202003130037.jpg

 【手首 160-180mm】

 Apple Watch (40mm) サドルブラウンモダンバックル L
  ¥17,369 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 【手首 145-165mm】

 Apple Watch (40mm) サドルブラウンモダンバックル M
  ¥17,380 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 【手首 135-150mm】

 Apple Watch (40mm) サドルブラウンモダンバックル S
  ¥17,380 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 一方、レザーループは、44mmバージョンしかないです。

 40mmだと、このタイプがレザー系では唯一です。

 こちらについても、以前使っていましたが、質の良いレザーで、軽量です。デザインはクラシックですので、レザーループとは趣が異なりますが。

 なお、これらについては、単品でも購入できますが、Apple Storeでは、(確認した時点では)セットでの販売も見られました。

 第5に、ビジネスシーンにも利用できるバンドを選ぶならば、

 202009271622.jpg

 ステンレススチールケース

 【Series6・GPS+セルラーモデル】

 49・シルバーミラネーゼループ 40mm M06U3J/A
  ¥86,444 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 50・シルバーミラネーゼループ 44mm M09E3J/A
  ¥92,000 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 202009271623.jpg

  グラファイトステンレススチールケース

 【Series6・GPS+セルラーモデル】

 51・グラファイトミラネーゼループ 40mm M06Y3J/A
  ¥86,444 Amazon.co.jp (9/27執筆時)
 52・グラファイトミラネーゼループ 44mm M09J3J/A
  ¥91,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 202009271624.jpg

  ゴールドステンレススチールケース

 【Series6・GPS+セルラーモデル】

 53・ゴールドミラネーゼループ 40mm M06W3J/A
  ¥80,060 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

 54・ゴールドミラネーゼループ 44mm M09G3J/A
  ¥91,080 Amazon.co.jp (9/27執筆時)

ケースのグレード ★★★★★
40ミリ手首サイズ:130-180mm
44ミリ手首サイズ:150-200mm

1・CPUの処理速度 ★★★★★
2・画面のみやすさ  ★★★★★
3・ケースのグレード ★★★★★
4・バンドのグレード ★★★★★
5・スポーツ利用   ★★★☆☆

6・ビジネス利用   ★★★★★
7・総合評価     ★★★★★

 ミラネーゼループでしょう。

 純正では唯一、ビジネスシーンでも利用できそうなバンドです。

 ただ、本体が「アルミケース」ではなく、「スチールケース」である点がより重要です。

 「アルミケース」は、(Atlasのように不注意な人物だと)ケースが傷ついて、塗装が剥がれることがあるので。

 カジュアル系の利用ならば「傷も愛着」ともいえますが、ビジネスシーンだとそうもいかないでしょう。

 201809131236.jpg

 JEDirect Apple Watch 用バンド
  ¥1,799〜 Amazon.co.jp  (9/27執筆時)

 ただ、先ほども書いたように、純正以外でも、鉄製の別売バンドが安くあります。

 そのため、スポーツ系の安めのステンレスケース採用モデルを購入して付け替える手はあります。

ーー

 202003130054.jpg

 Apple Watch (38mm) ケース用リンクブレスレット
 Apple Watch (42mm) ケース用リンクブレスレット  
  ¥41,569〜 Amazon.co.jp  (9/27執筆時)

 Apple Watch (38mm) スペースブラックリンクブレスレット
 Apple Watch (42mm) スペースブラックリンクブレスレット  
  ¥53,669〜 Amazon.co.jp  (9/27執筆時)

 なお、Apple純正のステンレスバンド(リンクブレスレット)は、バンドだけで相当な値段です。

 なお、44mmと40mmサイズがないですが、このバンドだけは、それぞれ38mmと43mmが互換するので、問題ないです。

 ブレスレットは、通常の時計のように、パーツの着脱で長短が調節可能です。135-195mmに対応できます。

 なお、純正のリンクブレスレットは、現在は直販でもセット売りがみられず、別売のみです。

補足1:お買得な購入方法

 というわけで、今回は、Apple Watchの紹介でした。最後に、購入方法などの補足をしておきます。

 値段について言えば、お分かりの方も多いでしょうが、Appleの製品は基本的に定価販売です。

 Apple Watchは、実店舗(デンキヤ)での販売に、Appleは、かなり厳しい販売制限がをかけています。同社が正規ライセンスを付与した、大手電気店の一部のみ置いています。

 ネット販売はさらに厳しく、例えば、楽天市場などのプラットフォームでは販売が許されません

− 

 201812301914.jpg

 しかし、Amazon(直販)も最近、Appleの正規ディーラーの資格を世界的に取得しました。そ

 の結果、Apple Watchの正規販売をはじめています。

 Amazonも定価に近い価格ですが、時期や製品によっては、3%前後のAmazonポイントを付与しています(一部機種は除く)。

ーーー

 201808131902.jpg

 さらに、Amazonの場合、「Amazonギフト券チャージタイプ 」の販売があります。

 銀行経由でプリペイドしておけば、年間ライセンスならば、実質で最大2%引で購入可能です。

 クレジットカードのポイント割を除けば、この方法での購入が一番安い価格だと思います。

 ギフトカードは、Amazonの別の買い物でも利用でき、有効期限は10年です。検討しても良いでしょう。詳しくは【こちら】に解説があります。

 そのほか、ビックカメラも(ネットストアの場合)、Amazonと同じで3%のポイントがつきます。

ーー

 なお、Appleストアは「税引き前価格」の表示です。

 このブログでは、Amazonが「税込み価格」の表示ですので、税込に直しています。

 この部分は注意しましょう。

補足2:あると絶対便利!な周辺機器

 というわけで、今回は、アップルウォッチの紹介でした。

 最後に「おまけ」です。


 202009271706.jpg  


 Apple Watch スタンド
  ¥1,799 Amazon.co.jp
(6/19執筆時)

 別売ですが、時計用スタンドはあった方が良いと思います。

 スタンドに置いた状態だと、デスク上の「置き時計」としても機能するので。

 個人的にはアメリカシュピーゲン社の製品を利用していますが、いつの間にか廃版になっていたので、似たような形状と色目のこちらを推します。

 202009271710.jpg

 【シリーズ3】

 衝撃吸収フィルム Apple Watch【2枚入り】
  ¥1,736 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 【シリーズ6 とSE】

 衝撃吸収フィルム 40mm
 衝撃吸収フィルム 44mm
  ¥1,227〜 Amazon.co.jp (6/19執筆時)

 時計用の保護フィルムはこちらです。

 個人的には不要だと思う(スマホにも貼らない派)ですが、気にする方は、専用製品に貼っても良いでしょう。

posted by Atlas at 17:13 | Mac関連機器
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png