2017年07月25日

比較2017' 髪に良い!最新イオンドライヤー28機の風量とおすすめ・選び方 :マイナスイオンヘアドライヤー (Hair Dryer-1):男性・女性対応大風量ドライヤー

今回レビューする製品:2017年 大風量のマイナスイオンドライヤー人気13機の性能とおすすめ・選び方:パナソニック ナノケア イオニティ テスコム シャープ ヤーマン スカルプドライヤー クレイツイオン・ダイソン コイズミ モンスター;ターボドライヤーPanasonic ナノケア EH-NA99 EH-NA59 EH-NA29 EH-NA97 EH-CNA97 EH-XD10 EH-NA57 EH-NA27-PP EH-NA98 EH-NA58 EH-NA28 EH-NE48 EH-NE28 ・ダイソン HD01ULFIIF HD01ULFIIB HD01ULFWSN Dyson Supersonic IB-HD95 IB-HD65-P EH-NE68 HC-6T スタイリスト1400 CID-R15PRO グレイス ムービングドライ CID-S729PG EH-NE67 EH-NE57 EH-NE46 EH-NE26 KHD-W710 ナノイー・プラズクラスターの違いや口コミランキング:美容師・業務用の「最強」ドライヤー

今回のお題
大風量で強力なマイナスイオンドライヤーのおすすめはどの機種?


 どもAtlasです。

 今回は、マイナスイオンドライヤー比較します。髪のつやをアップさせる効果がある、ナノケア(ナノイー)・プラズマクラスターなどに対応するヘアドライヤーです。

 なお、このブログ「モノマニア」には、ドライヤーについて2つの記事があります。

 今回は、1番の記事です。記事合計で全28機の新製品を紹介します。旧機種も紹介しているため、合わせれば、デンキヤにおいてある「ほぼ全機種」をフォローできていると思います。

 

 なお、今回は、ヘアドライヤー(ターボドライヤー)についての記事です。

    

 カールドライヤー(くるくるドライヤー)をお探しの方、お手数ですが、上記2番のリンク記事【こちら】をご覧ください。

 以下、パナソニックテスコムシャープ・ダイソンのモデルを中心に、各社の人気ドライヤーを比較し、最後にAtlasのおすすめ機種を提案するいつもの形式で書いていきます。

パナソニックのナノケアの比較

 最初に、風圧の強いヘアドライヤー(ターボドライヤー)の比較からはじめます。日本の最も売れている機種である、パナソニックのナノケアシリーズの紹介からはじめます。

 なお、ここからの機種紹介では、おすすめできるポイントを赤字で、イマイチな点は青字で書いていきたいと思います。


 

 【2016年モデル】【在庫限り】

 1・Panasonic ナノケア EH-NA98-W 【各色】
  ¥14,503 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 1・Panasonic ナノケア 赤 EH-CNA98-RP 【量販店型番】
 1・Panasonic ナノケア 白 EH-CNA98-W  【量販店型番】
  ¥16,280 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約575g)

 はじめに紹介するのは、パナソニックナノケアシリーズ」に属するEH-NA98です。EH-NA98は、同社の最高級のヘアドライヤーです。特定のデンキヤ(量販店)だけで売られる EH-CNA98もありますが、色以外は同じ性能になります。

 なお、こちらは2016年秋モデルで、後ほど説明するように、新モデルが2017年9月に発売されます。そのため、このモデルは、激しく価格が下落しており、お買得度が高いです。

 

 これらの機種は従来のドライヤーにはないような流線型のデザインを採用しています。本体のプラスチックの質感も良く、高級感があるドライヤーです。本体色は白系のほか、赤系・ピンク系からも選択が可能です。

 風量は、1.3立方メートル/分になります。使用してみると、ターボモードでは相当風量が強く、髪の毛がすぐ乾きます。ターボ・ドライ・セットと、風量は3段階で調節可能です。

 201510232031.jpg

 風温の調節もできます。風温は、5種類の切替が可能です。ホット・コールドの他に、次の3つのモードを搭載します。

 第1に、スカルプモードです。これは、地肌ケアのための低温モードを意味します。約60度の温風に制御することで、毛根へのダメージを軽減する効果があります。

 第2に、温冷リズムモードです。これは、温風と冷風を交互に出すモードです。これにより、髪のつやが約1.2倍向上するほか、髪のうねりを抑える効果があるようです。美容院でも、最後に冷風で髪をまとめてセットする美容師さんがいます。同じような作用ですね。

 第3に、インテリジェント温風モードです。これは、「周囲の温度をセンサーで検知し、季節に合わせてドライヤーの温風を自動調整」させる機能です。これを利用すると、「夏場でも風量を確保したまま、自動で風温の熱さを低減しつつ、しっかり髪を乾かすこと」が可能です。

 201510231709.jpg

 マイナスイオン機能は、「ナノイー」が搭載されます。

 「ナノイー」とは、静電霧化技術を利用して空気中から水なしでミスト(マイナスイオン)を作り出す技術です。これは、専門用語では「ベルチェ方式」と呼ばれています。

 ベルチェ方式の場合次の3つの効果を期待できます。

 第1に、髪の補修効果です。髪に水分を浸透させられるので髪が傷んだ状態の際に、水分を補う効果が期待できます。

 第2に、頭皮のケア効果です。同じく水分を補修して皮脂を正常な状態に戻す効果が期待できます。

 第3に、静電気の抑制効果です。マイナスイオンの効果で、静電気が抑えられ、髪の毛がまとまりやすくなる効果があります。

 なお、ナノイーは「縮毛矯正をあてた人」には「効きにくい」と言われますが、私でもそこそこ効きました。

 「ナノイー」に加えてプラチナミネラル発生機能も搭載します。こちらは、亜鉛とプラチナでできた電極から放出されるイオンのことです。

 こちらの場合、「キューティクルの密着性を高め、さらに摩擦ダメージに強い髪」へと改善する効果が期待できます。紫外線に強い髪になります

 以上、パナソニックのナノケアの最上位機のEH-NA97の紹介でした。風量や温度を細かく調節できる点で、最も優秀と言える機種です。高額ではありますが、ヘアサロンというよりヘッドスパに近い、気持ちの良さ・快適性を得られます。

 多少本体の重さがあるのが難点ですが、ナノイーも効果が期待できますので、予算が許せば選んで間違いない機種でしょう。

ーーー

 【2017年9月モデル】

 

 1'・Panasonic ナノケア EH-NA99-W【各色】
  ¥25,674 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 なお、先述のように、2017年9月にこのモデルの後継機となる EH-NA97-Wが発売されます。

 201707250752.jpg

 主な相違点は、2つです。

 第1に、ノズル形状のマイナーチェンジによる気流の変更です。新機種は、風の強弱を拡大し、毛束をほぐれやすくしています。これにより、風量はそのままで乾燥スピードが15%ほど向上しました。

 第2に、温冷リズムモードに室温センサーを利用し、室温に合わせた運転をし、毛先をケアするという毛先集中ケアモードの搭載する点です。

 新モデルは、本体に大きな変更を与えないマイナーチェンジで、風量は同じです。いずれにしても、使用上の差を感じられるレベルの変化ではないため、当面は、価格が下がっている2016年モデルが良いでしょう。


 201601241748.jpg

 2・Panasonic ヘアードライヤー(プレミアム) EH-XD10
  ¥32,400 PanasonicStore
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約595g)

  EH-XD10は、パナソニックの直販限定のプレミアムモデルです。

 201601241755.jpg

 こちらの機種の場合、髪の長さに応じて、風量や風温をコントロールしてくれる機能と、髪のボリュームをアップさせたい場合と、ダウンさせたい場合をコントロールする機能が追加で付属します。

 したがって、ボリューム・長さ・モードの3つの要素を自在に組み合わせてスタイリングできる点で、より優れます。

 この機能に魅力を感じるのならば、選んでも良いと思います。


 

 【2016年モデル】

 3・Panasonic ナノケア EH-NA58 【各色】
  ¥10,480 Amazon.co.jp   (7/25執筆時)

 【2017年モデル】

 3・Panasonic ナノケア EH-NA59  【各色】
  ¥15,900 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★☆
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆ 約545g)

 EH-NA58 は、パナソニックのナノケアシリーズの中位機種です。先ほどの機種の「妹」にあたる機種で、多少パワーが劣ります。こちらも、2015年モデルが併売されていますが、色以外のスペックは同じです。

  

 新機種については、今年度はやや珍しいと言える青色の新色も選べます。また、こちらもEH-NA59という新モデルが9月に登場します。ただ、こちらについては、色柄の変更に止まり、機能差はないため、旧機種がお買得です。

 風量は、1.2立方メートル/分僅かに弱い風量になります。ただし、こちらも3段階で調整が可能です。

 風温については、この機種はホットとコールドの2段階のみ調節が可能です。上位機種に比べると、夏のドライヤーの熱さを緩和できるインテリジェント温風モードなどが省略されます。また、最高温度についても、ターボ時でも風温が約80度(上位機種は125度)と速乾性は期待できません。

 マイナスイオン機能は、上位機種と同じで、ナノイー発生機能が付きます。髪に水分を浸透させる働き静電気が抑える効果が期待できます。プラチナミネラル発生機能は未搭載です。

 一方、この機種は100〜120V/200〜240Vの変圧ができるため、海外でも使える仕様です。これが、唯一上位機種にない、この機能の特長です。

 以上、ナノケアの中位機種であるEH-NA58の紹介でした。風温の選択肢が少ない点と、風温が低い点が残念なところです。ただし、海外旅行が多い方はこの機種を選んでも良いでしょう。


 

 【2016年モデル】

 4・Panasonic ナノケア EH-NA28  【各色】
  ¥8,963 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 【2017年モデル】

 4・Panasonic ナノケア EH-NA29 【各色】
  ¥13,000 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ  ★★★★★★ 約475g)

  EH-NA27は、パナソニックナノケアシリーズでは最も安いドライヤーです。こちらも、2017年モデルがありますが、色以外の部分は同じです。


 なお、2016年モデルは、ピンク色のほか本体ゴールド色も選択可能です。

 軽量・コンパクト性は、この機種の大きな魅力です。重さが500グラムを切りますので、重いドライヤーが苦手な方にはおすすめしたい機種と言えます。

 風量1.3立方メートル/分です。風量の点で言えば、中位機種のEH-NA57よりこちらが優れます。中位機種は、海外で使えるように電圧が調整されているため、風力が強くできない、という理由からです。

 風温は、こちらもホット・コールドの切替のシンプルな仕様です。ただ、ターボ時の風音が110度であり、最上位機種の120度に迫る風温があります。そのため、冬場の速乾性が期待できます。

 マイナスイオン機能は、上位機種じくナノイーです。髪に水分を浸透させる働きを持ちます。また、静電気が抑えられ、髪の毛がまとまりやすくなります。

 以上、EH-NA28の紹介でした。「ナノケア」シリーズでは格安な機種ですが、風量は最上位機種と同様で、風温も十分です。この点で、「髪を乾かす」という実用面では最高性能に近い機種です。

 一方、小型・軽量で旅行にもって行くのも苦にならないモデルですが、こちらは電圧が海外対応していない点は旅行用としてはネックです。

 また、家庭用として、最上位機種と比べると、温度センサーがないのも、残念な部分です。ただ、自宅でヘッドスパのような快適性を得たい場合でないならば、価格も値頃であるこの機種は良い選択肢でしょう。

ダイソンのドライヤー

 

 【2017年モデル】

 5・ダイソン Dyson Supersonic アイアン/フューシャ HD01ULFIIF
 5・
ダイソン Dyson Supersonic アイアン/ブルー HD01ULFIIB
 5・ダイソン Dyson Supersonic ホワイト/シルバー HD01ULFWSN
  ¥46,490 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★★★
 本体の重さ  ★★★★☆約618g)

 つづいて、イギリスのダイソンスーパーソニックドライヤーです。

 201606261335.jpg

 既存のドライヤーの「常識」的な形状を否定する斬新なデザインで発売された製品の「第二世代」となる製品です。超小型のデジタルモーターの恩恵で、この形が実現できました。本体色は、赤色の他、ブルーとシルバーのモデルも展開しています。

 風量は、2.4立方メートル/分で、パナソニックの最上位機の2倍の風量で、風量については3段階の調整が可能です。最大風速で試しましたが、実際、今までのドライヤーより強力で、乾き残しはまず無さそうです。実際、短髪の方ならば、熱を入れずに風だけで乾きそうです。風量だけ見れば「最強のドライヤー」と言えます。強さは3段階で調整できます。

 また、今回の新型については、前髪のブローなどとくに風量を抑えたい場合、最小風量を弱めに、温度を高め(最高100度)に設定できるようになっています。これは、日本人のニーズに合わせた改良で、今回のバージョンアップの「目玉」となります。

 201606261351.jpg

 奇抜な形ですが、ポイントブローができるようなノズルやディフューザーなどのアタッチメントが付属します。通常のドライヤーと同じように使えます。

 風温の調節も、ボタンにより2段階で調整可能です。風温は、「熱い」設定の際には、弱風=100度、中風=88度、強風=78度となります。また、「熱くない」設定の際は、45度低温モード28度冷風(常温)モードが利用できます。

 一方、センサーで、風温を切り替えるようなモードは搭載されず、エステ的な楽しみは、パナソニックの方があります。ただ、インテリジェントヒートコントロール機能が搭載され、髪の乾かしすぎを防止する機構が備わります。

 マイナスイオン機能も搭載です。特定の名前は付けられませんが、パナソニックと異なり、ベルチェ式ではないようです。それでも、静電気を除去する効果は十分です。この機種は、強風を生かして、熱をさほど入れず、ムラのない髪の乾燥ができるため、この部分を過度に強調しなくても良いのでしょう。

 このほか、通常のドライヤーに比べて静音性の高いのが売りです。個人的には、この部分がこの機種の一番のポイントなのではないかと思います。

 以上、ダイソンのスーパーソニックドライヤーの紹介でした。挑戦的な機種で、Atlasも自分用に欲しくなっている機種です。

 大風量で、地肌から乾いていく感じがあるほどのドライヤーですから、髪の乾かしすぎによるダメージは最も防げる機種でしょう。重量は618gと多少重いですが、重心が持ち手の部分にあるため、使い勝手は逆に良い印象でした。価格が高いのが唯一の難点でしょう。

 【2016年旧モデル】

 5・ダイソン HD01 IIF Dyson Supersonic アイアン/サテンフューシャ
 5・ダイソン WSN Dyson Supersonic ホワイト/シルバー

  ¥48,200 Amazon.co.jp (7/25執筆時

 なお、こちらの製品は、第一世代の旧機種が併売されています。

 性能面では、最高温度が100度ではなく78度である点、弱風時の風量が新型機よりも強い(=前髪のブローなどがやりにくい)点が相違点です。価格差もないので、基本的には新型を選べば良いでしょう。

シャープのプラズマクラスターの比較

 つづいて、シャープのドライヤーの比較です。ナノイーのライバルであるプラズマクラスターを搭載するドライヤーです。


 

 6シャープ プラズマクラスター IB-GP9【各色】
  ¥10,030 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約590g)

 こちらは、シャープの「プラズマクラスター」ヘアードライヤーです。標準タイプのドライヤーとしては、シャープの最上位機種です。

 201611291153.jpg

 は、多色展開で、赤色の他、3色から選べます。


 201510231836.jpg

 風量は、ターボ時に1.7立方メートル/分と、風の強さだけで言えば、ダイソンには及ばないもののナノケアシリーズよりは上位です。シャープは最近、鳥の翼や昆虫の羽根などの研究が盛んで、その構造を扇風機などの家電に応用しています。この製品もアマツバメの翼を応用したファンを採用しており、強い直進風が得られる構造です。

 風温は、最高約115℃ですが、通常は、95度に設定される「ホット」の他に、75度の「いたわりドライ」と50度の「地肌ドライ」を使います。パナソニックの最上位機種並の高機能ですが、風量が強い分、各温度設定は10度ほど低めになっており、髪に優しいです。

 ただ、温度切り替えボタンがタッチパネル式のナノケアに比べると、こちらはスイッチで切り替える方式なので、使いながらのモード変更がやりにくいです。

 風温に関わるこれ以外の機能としては、冷風と温風を交互にだしながら、熱による髪や頭皮へのダメージを軽減できるビューティーモードが付属します。

 マイナスイオン機能は、シャープのほとんどの家電に搭載される、プラズマクラスターを採用します。パナソニックのナノイーと同様のマイナスイオンですが、メカニズムが異なります。

 ナノイーの場合、「ベルチェ方式」で、髪に「水分を浸透させる」という効能がありました。しかし、プラズマクラスターは、ベルチェ方式ではないので、「水分子で表面をコート」という多少微妙な効果になっています。保湿性などの効果は原理上あまり期待できません。

 また、プラズマクラスターは「冷風」モードでないと効果がありません。温風時も放出されていますが、効果は低減されます「冷風での使用時」と説明書に記載があります)。効果条件も、縮毛矯正だけではなく、カラーリングやパーマなどの髪については条件が厳しく書かれています。キューティクルでなく、表面コートと言う原理だからです。

 ただ、冷風と温風を交互に出すビューティーモード利用時は、プラズマクラスターの効果も期待できます。そのため、時間をかけて髪を乾燥する場合は、この弱点は問題にならないと言えます。

 また、プラズマクラスターも、静電気の発生を抑えることは可能です。タバコの付着臭についても、(冷風で使う限り)同等の効果が期待できるでしょう。

 以上、シャープのIB-GP9の紹介でした。パナソニックのナノケアに比べると風量が強いのが魅力と言える機種です。その分、風温設定が総じて低くて済むため、髪への優しさにも十分な配慮がみられます。

 一方、温風時にフル性能を発揮できないプラズマクラスターの特性は、多少弱い部分とは言え、新搭載のビューティーモードは、この部分の利便性をある程度改善していると言えますね。


 

 7シャープ プラズマクラスター IB-GX9K  
  ¥12,153 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約595g)

 IB-GX9K は、シャープの「プラズマクラスター」ヘアードライヤーのプレミアムモデルです。パナソニックは直販限定でしたが、こちらは家電量販店でも手に入ります。ただし、色は1色の展開です。

 201611291213.jpg

 ただし、機能面での差は、図のような、頭皮マッサージ用の「かっさブラシ」の有無だけです。

 ドライヤーを利用し髪を乾かした後に、プラズマクラスターを放出しつつ低温で頭皮をマッサージできるパーツになります。皮脂抑制効果などが謳われていますが、ドライヤーとして必ずしも必要なパーツではない点ではあるため、基本的には、下位モデルで良いでしょう。


 

 8シャープ プラズマクラスター 白 IB-HD95-W  
 8・シャープ プラズマクラスター 赤 IB-HD95-R
  ¥9,450 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約575g)

 こちらは、シャープの「プラズマクラスター」ヘアードライヤーです。

 

 色は、ホワイトモデルの他、ドライヤーによく観られる赤色モデルも選べます。


 201510231836.jpg

 風量は、ターボ時に1.5立方メートル/分と、ナノケアシリーズよりも上位です。シャープは最近、鳥の翼や昆虫の羽根などの研究が盛んで、その構造を扇風機などの家電に応用しています。この製品もアマツバメの翼を応用したファンを採用しており、強い直進風が得られる構造です。

 風温は、最高105度のホットとの他に、85度の「いたわりドライ」と50度の「地肌ドライ」が搭載されます。パナソニックの最上位機種並の高機能です。ただ、温度切り替えボタンがタッチパネル式のナノケアに比べると、こちらはスイッチで切り替える方式なので、使いながらのモード変更がやりにくいです。

 風温に関わるこれ以外の機能としては、髪の表面温度を高温にせずキープする「あったかドライモード」と、同じく50度以下の温風に調整して髪のダメージをケアする地肌エステモードが搭載されます。

 マイナスイオン機能は、シャープのほとんどの家電に搭載される、プラズマクラスターを採用します。パナソニックのナノイーと同様のマイナスイオンですが、メカニズムが異なります。

 ナノイーの場合、「ベルチェ方式」で、髪に「水分を浸透させる」という効能がありました。しかし、プラズマクラスターは、ベルチェ方式ではないので、「水分子で表面をコート」という多少微妙な効果になっています。保湿性などの効果は原理上あまり期待できません。

 また、プラズマクラスターは「冷風」モードでないと効果がありません。温風時も放出されていますが、効果は低減されます「冷風での使用時」と説明書に記載があります)。そのため、プラズマクラスターはドライヤーに向いているとは言いがたい部分があります。

 効果条件も、縮毛矯正だけではなく、カラーリングやパーマなどの髪については条件が厳しく書かれています。キューティクルでなく、表面コートと言う原理だからです。

 ただ、こちらの機種も、静電気の発生を抑えることは可能です。タバコの付着臭についても、(冷風で使う限り)同等の効果が期待できるでしょう。

 以上、シャープのIB-HD95の紹介でした。パナソニックのナノケアに比べると風量が強いのが魅力と言える機種です。

 風温の多彩さもさすが上位機で、1.5万円前後の機種として魅力があります。ただ、プラズマクラスターの効果と、風温の切替の面倒さは、やや改善の余地があります。



 

 9・シャープ プラズマクラスター ピンク IB-HD65-P   
 9・シャープ プラズマクラスタ ゴールド IB-HD65-N    
  ¥7,980 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★☆約580g)

 シャープのHD65シリーズは、上で紹介した機種の下位機種です。 は、ピンクの他、ゴールド色から選択可能です。

 上位機と比較すると、風量1.5立方メートル/分である点と、プラズマクラスター搭載である点は上位機種と同じです。

 ただ、風温は相違点です。こちらには、「あったかドライモード」と「地肌エステモード」が未搭載です。上位機種と価格差も小さいですし、あえてこの機種選ばなくても良いでしょう


 

 10・シャープ プラズマクラスタ ゴールド IB-HD16-W  
  ¥5,180 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★
 本体の重さ 
★★★★★約505g)

 シャープのHD16は、シャープの旅行用小型モデルです。パナソニックの場合、最軽量・小型機種は、海外の電圧に非対応でしたがシャープのこちらの機種は、海外対応となります。

 201611291231.jpg

 サイズも、折りたたんだ際は、新書サイズのため、収納にも有利です。

 風量は、ヨーロッパなど海外の高電圧地域の場合は1.3m3/分ですが、国内利用の場合、電圧の関係で、1.3m3/分と、シャープとしては多少弱めです。ただ、旅行時に利用すると考えるとこれでも十分でしょう。こちらも、プラズマクラスターも搭載されます。

 以上、シャープのHD16の紹介でした。海外のホテルにはドライヤーがない場合もありますので、旅行用として探している方には最もおすすめできる機種ですね。ただ、自宅で普段使う小型機としては、風量が弱い点でおすすめできません

パナソニックのイオニティの比較

 ここからは、パナソニックのイオニティシリーズの紹介をします。「イオニティ」シリーズは、ナノイーを搭載しない点で、同社の下位グレードに位置づけられるドライヤーです。


 

 11・Panasonic イオニティ EH-NE68  【各色】
  ¥4,800 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★
 髪への優しさ ★★★☆☆
 本体の重さ  ★★★★☆ 約530g)


 こちらは、パナソニックの「イオニティ」シリーズのEH-NE67です。このシリーズでは最も高機能なモデルです。
 
 は白色の他、ピンク色も選べます。


 201611051449.jpg

 風量は、1.9立方メートル/分と、ナノケアシリーズよりも大風量が得られるターボドライヤーです。風を使った速乾性を売りにした機種になります。

 風温は、ターボ時の温風温度は85度と、温度面ではナノケアの方が強力です。風による乾燥だけで十分で、さほど髪のボリュームのない方向けの製品といえます。その点で言えば、強風と弱風が同時に出る独自の構造は、速乾性の点で優れた機構ですね。

 マイナスイオン機能は、ナノイーではない通常のマイナスイオンです。左右2カ所から出る点で強力ですが、期待できるのは静電気の抑制効果だけでしょう。要するに、20年ほど前からあるのとイオンドライヤーと同じです。

 ただし、こちらは温冷ツインフロー機能を搭載し、温風と同時に冷風が両サイドから出る構造になっています。「ナノケア」の最上位機種の「温冷リズムモード」ほど高度ではないですが、それに準じるヘッドスパ効果を期待できます。

 以上、パナソニックのEH-NE55の紹介でした。シンプルですが、この価格帯の製品としては風量が強いのが自慢という機種です。風温についても、ユニークが機能が搭載され面白いです。価格重視ならば選んで損はない機種だと思います。


 201611051441.jpg

 12・Panasonic イオニティ EH-NE58   【各色】
  ¥3,132 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★
 髪への優しさ ★★★☆☆
 本体の重さ  ★★★★★ 約475g)

 こちらは、パナソニックの「イオニティ」シリーズのEH-NE57です。

 風量は、1.9立方メートル/分と、こちらも風量の強いタイプのターボドライヤーです。色目を見ても、ハイパワーの速乾性を売りにした男性向けといえる機種です。こちらは、弱風と強風が同時に出る仕組みは不採用ですね。

 風温は、余り高くないです。ターボ時の温風温度は80度とかなり低いです。この点でも、髪がさほど長くなく、風乾燥だけで十分な男性向けの製品の色合いが強い機種です。温度はコールドホットのみです。

 マイナスイオン機能は、こちらも通常のマイナスイオンです。また、マイナスイオンの吹き出し口が2つあるEH-NE55と比べてこちらは1つです。そのため、マイナスイオン機能は「おまけ」程度と考えられます。

 以上、パナソニックのEH-NE55の紹介でした。マイナスイオンドライヤーとしてはシンプルですが、この価格帯の製品としては風量が強いのが自慢という機種です。パワーのあるドライヤーを格安で探している人にはおすすめできそうです。


 

 13・Panasonic イオニティ EH-NE48 【各色】
  ¥1,973 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 14・Panasonic イオニティ EH-NE28 【各色】
  ¥2,980 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★☆
 髪への優しさ ★★☆☆☆
 本体の重さ  ★★★★★

 これらは、「イオニティ」シリーズの下位機種です。パナソニックのイオンドライヤーでは、最も安い機種です。は白系のほか赤系なども選べます。

 風量は、EH-NE481.6立方メートル/分EH-NE281.3立方メートル/分と、イオニティシリーズとしては風量が出ないモデルです。

 風温は、風量が小さい分だけEH-NE48100度EH-NE28110度と出ますが、速乾性は期待できないでしょう。

 マイナスイオン機能は下位機種と同等ランクで、普通のタイプです。

 以上、パナソニックの下位機種の紹介でした。ドライヤーは一度買ってしまえば壊れず長期間使うものなので、ワンランク高いモデルを考えても良いと思います。

その他注目するべきドライヤー

 つづいて、多数ラインナップはしていないメーカだが、面白い機能を持つドライヤーを紹介します。なお、一部の機種は、イオンを搭載しませんが、その場合は、註記します。



 15・コイズミ モンスター ダブルファンドライヤー KHD-W710【各色】
 
  ¥4,710 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★☆
 髪への優しさ ★★☆☆☆
 本体の重さ  ★★★★★

 これは、日本の小泉成器から販売されている「モンスター」ブランドのドライヤーです。伝統的に美容家電に強い中堅メーカーですね。

 201705081108.jpg

 風量は、この機種の「売り」であり、2.0立方メートル/分で、ダイソンには及びませんが、低価格なドライヤーとしては、パナソニックのイオニティシリーズよりも風量はわずかに強いです。ファンを2重にする独自構造で、強い風を起こす方式です。

 風温は、他社と異なりメーカー非公表です。ただ、構造上、さほど高くはないでしょう。

 マイナスイオン機能は下位機種と同等ランクで、普通のタイプです。

 以上、小泉のモンスターの紹介でした。風量の強さが自慢の機種です。ただ、風温についての情報はきちんと公開すべきでしょう。さらに、Wファンということで、使用時の騒音値もきになりますが、この点の情報もありません。


  

 16・ヤーマン スカルプドライヤー HC-6T
  ¥14,040 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★☆
 髪への優しさ ★★★★★★★
 本体の重さ  ★★★☆☆ 約630g)

 続いて、美容家電メーカーのヤーマンのドライヤーです。2015年に新発売された今までにないタイプのドライヤーとして注目されている機種です。

 風量は、最大1.0立方メートル/分と、速乾性は期待できないモデルです。風温も、最大60度とこちらも極めて低温と言えるドライヤーです。さらに言えば、マイナスイオン機能も付属しません

 というのも、この機種は、女性向きのキューティクルケア、男性向けの育毛関連機器として売られているものだからです。 風温や風量を抑えて、地肌を痛めずにじっくり乾燥させることを目的にした機種だからです。

 201601241736.jpg

 極めて特徴的なヘッドの部分は、毎分3700回振動する構造になっており、髪を乾かした後、そのままマッサージができるようになっています。

 さらに内部には、遠赤外線を発生させ、42度の温度で固定できる電熱線が入っており地肌を温めながら、ケアすることが可能です。なお、ドライヤーを使う場合、育毛剤(ミノキシジル含む)を使うと、効果的に地肌に浸透するとのことです。

 また、先ほど書いたように、風量・風温はスペック上は弱いのですが、遠赤外線を発生させる仕組みであるため、時間はかかるものの、髪の内側からしっかり乾くというメリットがあります。

 以上、ヤーマン スカルプドライヤー HC-6Tの紹介でした。特殊なドライヤーですが、髪や頭皮のケアを第一に考えるならば、選択肢にして良い機種です。とくに、育毛中の方には、関連機能が満載のこの機種はおすすめです。


 

 17クレイツイオン スタイリスト1400 CID-R15PRO
  ¥6,950 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★☆☆
 本体の重さ  ★★★★★★★ 約360g)

 クレイツイオンは、美容室向け製品を出しているメーカーで、 CID-R15PROのプロ仕様のモデルです。

 風量は、実数としては公開されていませんが、消費電力が最大1400Wであり、上位機種でも1200Wクラスの家庭用に比べても風量が強いのは確かです。2.0立方メートル/分以上はあると思います。また、風量は2段階で調整が可能です。

 201601241855.jpg

 また、風量は強いですが、サロングレードの薄型ノズルを採用しているため、髪が暴れることなく、スタイルしやすいといえます。風温は、3段階調整で、高音・中温・冷風運転が可能な仕様です。

 マイナスイオン機能は、クレイツイオン発生機能が付属します。これは、通常のマイナスイオンと共に、遠赤外線効果を加味したものとなります。静電気の抑制効果のほか、潤い感と、つや感の付与という効果があるという説明です。

 軽量性も、この機種の売りです。かなり強い風量がでるにもかかわらず、約360gと軽量です。高性能ドライヤーは重さがある機種も多いですが、この重量ならば子どもでも十分使えるでしょう。


 以上、クレイツイオンCID-R15PROの紹介でした。マイナスイオン発生機能については、他社と違って具体的な実証データなどが開示されていないため、過度な期待はできないとはいえ、風量と軽量性とが両立している点で、見所がある機種です。重たいドライヤーが苦手ならば、選んでも良いかもしれません。


 

 18クレイツイオン グレイス ムービングドライ CID-S729PG
  ¥3,998 Amazon.co.jp (7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★★
 髪への優しさ ★★★☆☆
 本体の重さ  ★★★★★★

  ムービングドライ CID-S729PGは、クレイツイオンの下位機種になります。ハイパワーである点や、風量・風温の調節ができる点は同様ですが、クレイツイオン発生機能が付属しません

 201601241913.jpg
 ただ、ノズルを外すと、エアルーパーが自動でスイングするという面白い機能が搭載されており、髪のボリュームを出すための根元の立ち上げや、地肌の乾燥に効果があります。

 以上、グレイス ムービングドライ CID-S729PGの紹介でした。エアールーパーが付属するのが最大の特長です。ただ、やや特殊なドライヤーのため、好みは分かれるかもしれません。

後編記事の予告!
高性能なイオンドライヤーのおすすめは、結論的にこちら!


 というわけで、今回は、ドライヤーを16機種紹介しました。

 

 1・Panasonic ナノケア EH-NA98-W 【各色】
  ¥14,593 Amazon.co.jp
(7/25執筆時)

 風量の強さ  ★★★★★★
 髪への優しさ ★★★★★★
 本体の重さ  ★★★★☆約575g) 

 総合評価 ★★★★★


 次回の後編記事【こちら】では、ここまで紹介した全機種から、目的別・予算別にAtlasのおすすめ機種を提案したいと思います。


 後編記事は→こちら!

posted by Atlas at 08:17 | Comment(0) | 美容家電
          
商品名から本ブログの記事検索ができます!

カスタム検索




          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!
monomani31.png