2020年11月24日

比較2020'【解説】USB-C PDバッテリー27機のおすすめ: iPhone Macbook Android Windows PC対応 (2)

前編からの続きです→こちら

今回の結論
USB-C PD対応バッテリーのおすすめは結論的にこれ!

 というわけで、今日はパソコンが充電できるUSB-C出力対応バッテリーを紹介しました。

 最後にいつものように、目的別にAtlasのおすすめ機種について書いておきます。


 第1に、比較的軽量で持ち運べるUSB-PD対応USBバッテリーとしてオススメなのは、

  202008211418.jpg

 10・RAVPower 20000mAh RP-PB201【黒】
 11・RAVPower 20000mAh RP-PB201JP【白】
   ¥7,799 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:20100mAh
ポート数:1+2
入力:30W (15V 2A)
出力:60W (20V 3A) 
本体重量:372グラム
USB-PD充電器:
サイズ:約151.7 x 66.7 x 25.2mm

1・電池の容量 ★★★★★
2・本体の軽さ ★★★★☆
3・充電の速さ ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 米国のRAVPower社RP-PB201【でしょう。

  202008211429.jpg

 重さ372gと、スマホ2台分ほどで収まっており、持ちはこびにも適しています。

 ライバルのアンカーの製品も良いですが、60W機である程度軽量である点を評価しました。

 Macbook13インチはフルスピードで、15インチも低速ながら充電は可能でしょう。

 202005211623.jpg

 RAVPower 61W USB-C 急速充電器
   ¥3,999 Amazon.co.jp (11/24執筆時)  

 Anker PowerPort+ 5 USB-C対応
   ¥3,999 Amazon.co.jp
(11/24執筆時)

 なお、アンカーと異なり対応充電器は別売だという点は注意してください。USB-C対応アダプタを持っている方でも、USB-PD給電に対応しない製品だと充電時間が長く必要です。

 ただ、USB-PDに対応して、30W以上でる製品ならば、サードパーティ製を選んでも良いと思います。


 第2に、容量重視で選ぶ場合にオススメと言える機種は、

 202002051250.jpg

 【2019年発売】

 【型番:AK-B1376111】

 5・Anker PowerCore+ 26800 PD 45W
   ¥9,999 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:26800mAh  
ポート数:2+1
入力 :45W (15V 3A)
出力 :45W (15V 3A) 
本体重量:約580g
USB-PD充電器:付属  
サイズ:約180 x 80 x 24mm

1・電池の容量 ★★★★★★
2・本体の軽さ ★★★☆☆
3・充電の速さ ★★★★★
4・総合評価  ★★★★★★

 アンカーPowerCore+ 26800 PD をオススメします。

 入出力が強化された新型で、現状では本機が最も高性能です。

 また、日本市場に置けるシェア率を考えれば、メーカーとしての安心感も期待できます。

 多少高いですが、USB電源アダプタが付属しているので、「それ込み」と考えたらさほどの割高感もないでしょう。

ーーー

  202011241316.jpg

 【2020年発売】

 【通常版:A1291011】

  8・Anker PowerCore III Elite 25600 87W
   ¥10,490 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

 【65W充電器付:B1291111】

  9・Anker PowerCore III Elite 25600 87W
   ¥12,999 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:26800mAh  
ポート数:2+1
入力 :100W (20V 5A) 
出力 :87W (20V 4.35A) 
本体重量:約573g
USB-PD充電器:(付属)
サイズ:約180 x 82 x 24mm

1・電池の容量 ★★★★★★
2・本体の軽さ ★★★☆☆
3・充電の速さ ★★★★★★
4・総合評価  ★★★★★

 ただし、13インチ以上の大きめのノートPCの(高速な)充電を考える場合は、87Wの上位機を選ぶべきでしょう。

   202011241321.jpg

 【100W対応タイプ A2041121】

  Anker PowerPort Atom PD 4
    ¥9,999 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

 先述のように、充電器付属モデルは65Wで、充電時間が3時間です。2時間の急速充電希望ならば、近日登場の充電器も買いましょう。

ーーー

  202008211449.jpg

 【2020年発売】

 【通常製品:A1290011】

 6・Anker PowerCore III Elite 25600 60W
   ¥8,490 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

 【充電器付:B1290012】

 7・Anker PowerCore III Elite 25600 60W
   ¥10,900 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:26800mAh  
ポート数:2+1
入力 :60W (20V 3A) 
出力 :60W (20V 3A) 
本体重量:約568g
USB-PD充電器:(付属)
サイズ:約180 x 82 x 24mm

 一応、中間的なサイズの60Wモデルもありますが、そう大ききくは値段が変わらないですし、形状は同じですから、87Wが良いでしょう。


 第3に、スマホ用・タブレット用の軽量モデルで、高速充電を考える場合は、

 201910261149.jpg

 【型番:AK-A1239011】

 3・Anker PowerCore 10000 PD Redux
   ¥4,299 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:10000mAh  
ポート数:1+1
入力 :18W (9V 2A)
出力 :18W (9V 2A) 
本体重量:約192g
USB-PD充電器:   
サイズ:約169 x 77 x 22mm

  201910261154.jpg

 【型番:AK-A1231011】

 4・Anker PowerCore Slim 10000 PD
   ¥3,999 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

USB-PD:対応
蓄電容量:10000mAh  
ポート数:1+1
入力 :18W (9V 2A)
出力 :18W (9V 2A) 
本体重量:約212g
USB-PD充電器:
サイズ:約159 x 68 x 14mm

1・電池の容量 ★★★★☆
2・本体の軽さ ★★★★★★
3・充電の速さ ★★★★☆
4・総合評価  ★★★★★

 スマホ・タブレットの場合、18W以上の出力があっても現状で無意味です。

 その点で言えば、USB-PDに対応していれば、ある程度重さで決めて良いでしょう。

 軽量機は他社からもありますが、やはり、発熱機器ですから、保証期間と販売年数の点から信頼性のあるアンカーが良いと思います。

 30W出力程度のノートPCも「非常用」としてならば利用できるでしょう。

 なお、2機種ありますが、性能は同等なので、バッグに入れる際の形状の好みで選びましょう。

  201910261634.jpg

 【1メートル】

 Apple Lightning - USB-C 1m MQGJ2FE/A
   ¥1,980 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

 iPhoneユーザーは、片側がUSB-C端子のLightningケーブルがないと、18Wの速度は得れないため、買い忘れには注意しましょう。

 なお、純正は1メートルからですが、サードパーティ製で、10cm 70cmなど短めのUSB-C端子のLightningケーブルも出ています。

 詳しくは【Lightningケーブルの比較記事】で紹介しました。

ーーーー

 というわけで、今日はバッテリーの話でした。

 201810312032.jpg

1・VAIOの比較
2・SurfaceBookの比較

3・Macbookの比較
4・激安ノートPCの比較
5・iPadの比較
6・Android系タブレットの比較

 価格を検討して、この際「本体買い直し」も検討される方は、以上の記事もご覧ください。

 最後になりましたが、今回の記事がもしお役に立ったようならば、Twitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただければ嬉しいです。

補足:比較的「古い」機種についての対処法

 201706100635.jpg

 最後に、USB-C端子を搭載しないPC/Macについての「救済策」をフォローしておきます。 

 比較的古いノートパソコンで、USB-Cでの給電のできない場合は、DC出力ができるモバイルバッテリーの導入が考えられます。

  201910261415.jpg

  ・サンワダイレクト 700-BTL033BK
   ¥13,800 楽天市場 (11/24執筆時)  

重さ:420グラム
蓄電容量:17000WAh
最大電力:57W

 ただ、このタイプのバッテリーは「絶滅危惧種」に近く、国内ではサンワサプライが販売しているほどです。

 201811281407.jpg

 Windows系は、この製品の場合、ある程度の数のDC変換プラグを添付してくれています。

 Mac系は、ただ、Magsafe2と呼ばれるアダプタの特許の関係で、対応できません。以前はサードパーティが出していましたが「絶滅」したようです。

  201811281348.jpg

 【40200mAh】

 Links enerpad AC-40K
  ¥30,352 Amazon.co.jp (11/24執筆時)

 【80400mAh】

 Links enerpad AC-80K
  ¥45,630 Amazon.co.jp (11/24執筆時)  

重さ:920グラム
蓄電容量:上記参照
最大電力:最大120W

 そのため、現状では、USB式のバッテリーではなく、ACコンセントを内蔵する「外部バッテリー」を買った方が、失敗が少ないでしょう。

 大手ではリンクスが国内正規品を販売しています。モバイルPCならば約2-3回は充電できる容量です。

 また、120Wまで対応するため幅が広いです。バッテリーの充電もACアダプターを経由するため、約3時間と高速です。

ーーー

 というわけで、今回の記事は以上です。

 今回の記事がお役に立ったようならば、以下のTwitter Facebook はてなブックマークなどで話題を共有していただけると嬉しいです。 

posted by Atlas at 13:59 | PC周辺機器
          

Googleなどの検索エンジンでは

「モノマニア」「家電ジャンル」or「型番」

の単語入力で、このブログの個別記事検索ができます!





          




 今後の記事は、【Twitter アカウント】でツイートしています。お題も募集中!

monomani31.png